にいがた未来応援日本株ファンド 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出日:

提出者:にいがた未来応援日本株ファンド

カテゴリ:有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                    有価証券届出書

      【提出先】                    関東財務局長 殿

      【提出日】                    2019年5月13日       提出

      【発行者名】                    明治安田アセットマネジメント株式会社

      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長   大崎 能正

      【本店の所在の場所】                    東京都港区虎ノ門三丁目4番7号

      【事務連絡者氏名】                    植村 吉二

                          連絡場所     東京都港区虎ノ門三丁目4番7号
      【電話番号】                    03-6731-4721
      【届出の対象とした募集内国投資信託受                    にいがた未来応援日本株ファンド

       益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集内国投資信託受                    ①当初申込期間 上限 1,000億円
       益証券の金額】
                          ②継続申込期間 上限 1,000億円
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                  1/74














                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】
      にいがた未来応援日本株ファンド(以下、「当ファンド」ということがあります。)
      ※愛称として、「にいがたの架け橋」という名称を用いることがあります。
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】
      ①追加型証券投資信託の受益権(以下「受益権」といいます。)
      ②当初の1口当たり元本は、1円(1万口当たり元本金額1万円)です。
      ③当ファンドについて、委託会社の依頼により、信用格付業者から提供され、若しくは閲覧に供された信
       用格付、または信用格付業者から提供され、若しくは閲覧に供される予定の信用格付けはありません。
      㬰픰ꄰ줰湓흶쩪⤰漰Ź㹐따Ũ⩟ཻ䤰湣⽦P殕ꈰ夰譬핟诿ࡎର౹㹣⽬픰ര栰䐰䐰縰夰˿र溉轛騰源極
       を受け、受益権の帰属は、後述の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関及び当該振替機
       関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振
       替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口
       座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社であ
       る明治安田アセットマネジメント株式会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権
       を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
     (3)【発行(売出)価額の総額】
      ①当初申込期間:上限 1,000億円とします。
      ②継続申込期間:上限 1,000億円とします。
      㭎ઊᢑ톘䴰欰潵㎏뱢䭥灥餰䨰蠰獵㎏뱢䭥灥餰歏숰譭袌뭺ะ䨰蠰獗づ륭袌뭺໿ࡎର౭袌뭺๻䤰ര栰䐰䐰
       す。)に相当する金額は含まれていません。
     (4)【発行(売出)価格】
      ①当初申込期間:1口当たり1円
      ②継続申込期間:取得申込受付日の基準価額※とします。
      ③取得申込の受付は、販売会社の営業日の午後3時までとします。なお、当該受付時間を過ぎてからの申込
       は、翌営業日の取扱いとします。
      ④基準価額は委託会社の営業日に日々計算されます。基準価額は販売会社または下記へお問合わせくださ
       い。また、原則として、計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。
       㬰౗﩮陏ꆘ䴰ര栰漰İ픰ꄰ줰溌익⍽쾘䴰䬰覌ꁐ땽쾘䴰鉣Ꞗ搰地徑톘䷿ࡽᒌ익⍽쾘䷿र銊ࡻ靥欰䨰儰


       受益権総口数で除して得た1口当たりの価額をいいます。なお、便宜上1万口当たりに換算した価額で
       表示されます。
     (5)【申込手数料】
      ①取得申込受付日の基準価額(当初申込期間中は1口当たり1円)に、3.24%(税抜3.0%)*を上限とし
       て販売会社が定める率を乗じて得た額とします。詳しくは、お申込みの販売会社までお問合わせくださ
       い。
      *消費税率が10%となった場合は3.3%(税抜3.0%)となります。
      ②分配金再投資コース※の場合、収益分配金は税金を差し引いた後、自動的に無手数料で再投資されま
       す。
      
       自動的に行うことに関して、当ファンドの当初取得申込時にあらかじめ指定する契約。販売会社により
       名称が異なる場合があります。)を販売会社と結びます。
     (6)【申込単位】
      ①販売会社が定める単位とします。詳しくは販売会社へお問合わせください。取得申込者が販売会社との
       間で、自動継続投資契約および定時定額購入取引に関する契約等を締結した場合、当該契約に規定する
       単位とします。
      ②当ファンドには、収益分配金の受取方法により「分配金受取りコース」と「分配金再投資コース」があ
       ります。いずれのコースも販売会社が定めるお申込単位となります。なお、収益分配金の受取方法を途
       中で変更することはできません。詳しくは販売会社までお問合せください。
      ※自動継続投資契約に基づく収益分配金の再投資については、1口単位とします。
      ※販売会社により、どちらか一方のコースのみお取扱いとなる場合があります。
     (7)【申込期間】
      ①当初申込期間:2019年5月29日から2019年7月18日まで
      ②継続申込期間:2019年7月19日から2020年9月11日まで
                                  2/74

                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ※継続申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
     (8)【申込取扱場所】
      申込取扱場所は原則として販売会社の本支店、営業所等とします。
      販売会社については下記へお問合わせください。
     (9)【払込期日】


      ①当初申込期間
       取得申込者は、当初申込期間中に申込代金(申込金額(1口当たり1円に申込口数を乗じた額)に申込
       手数料および当該手数料に係る消費税等に相当する金額を加算した額)を、販売会社の指定した期日ま
       でに販売会社に支払うものとします。
       当初申込に係る発行価額の総額は、設定日(2019年7月19日)に委託会社の指定する口座を経由して、受
       託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
      ②継続申込期間
       取得申込者は、販売会社が定める日までに申込代金(申込金額(取得申込受付日の基準価額に申込口数
       を乗じた額)、申込手数料および申込手数料に係る消費税等に相当する金額の合計額)を販売会社に支
       払うものとします。詳しくは販売会社へお問合わせください。
       振替受益権に係る各取得申込日の発行価額の総額は、追加信託が行われる日に委託会社の指定する口座
       を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
     (10)【払込取扱場所】
      申込を受付けた販売会社とします。申込代金は販売会社にお支払いください。
      販売会社につきましては、「(8)申込取扱場所」をご参照ください。
     (11)【振替機関に関する事項】
      振替機関は株式会社証券保管振替機構です。
                                  3/74












                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (12)【その他】
      ①申込証拠金
       該当事項はありません。
      ②本邦以外の地域における発行
       該当事項はありません。
      ③決算日
       年1回(6月15日。休業日の場合は翌営業日。)
      ④振替受益権について
       ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振
       替機関の振替業にかかる業務規程等の規則にしたがって取り扱われるものとします。ファンドの分配
       金、償還金、換金代金は、社振法および上記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関の業
       務規程その他の規則にしたがって支払われます。
                                  4/74

















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】
     1【ファンドの性格】
     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
      ①にいがた未来応援日本株ファンドは、わが国の金融商品取引所に上場されている株式に直接投資すると
       ともに明治安田高配当サステナビリティ日本株マザーファンド(以下、「マザーファンド」ということ
       があります。)を通じて実質的に投資することにより、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行
       います。
      ②当ファンドは一般社団法人投資信託協会が定める分類方法において以下の通りとなっております。

      ■商品分類表

           単位型・追加型                  投資対象地域             投資対象資産(収益の源泉)
                                                株  式

                              国  内
             単位型                                   債  券
                              海  外                 不動産投信

             追加型
                                               その他資産
                              内  外                (    )
                                                資産複合

     (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。
     <商品分類表(網掛け表示部分)の定義>

      追加型
       一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用されるファン
       ドをいいます。
      国内
       目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉と
       する旨の記載があるものをいいます。
      株式
       目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨
       の記載があるものをいいます。
                                  5/74









                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ■属性区分表
           投資対象資産              決算頻度        投資対象地域              投資形態
      株式                  年1回         グローバル

       一般
       大型株                  年2回         日本
       中小型株
                        年4回         北米
      債券
       一般                  年6回         欧州          ファミリーファンド
       公債                  (隔月)
       社債                           アジア
       その他債券                  年12回
        クレジット属性                 (毎月)         オセアニア
        (  )
                        日々         中南米
      不動産投信
                        その他         アフリカ          ファンド・オブ・ファンズ
      その他資産                  (  )
      (投資信託証券(株式 一般))                           中近東
                                 (中東)
      資産複合
      (   )                           エマージング
       資産配分固定型
       資産配分変更型
     (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。
     <属性区分表(網掛け表示部分)の定義>

      その他資産(投資信託証券(株式 一般))
       目論見書または投資信託約款において、投資信託証券(投資形態がファミリーファンドまたはファン
       ド・オブ・ファンズのものをいいます。)を通じて、主として株式に投資する旨の記載があるもので
       あって、大型株属性、中小型株属性にあてはまらない全てのものをいいます。
      年1回
       目論見書または投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいいます。
      日本
       目論見書または投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載が
       あるものをいいます。
      ファミリーファンド
       目論見書または投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資されるもの
       を除く。)を投資対象として投資するものをいいます。
      (注)上記各表のうち網掛け表示のない商品分類および属性区分の定義については、一般社団法人投資信

          託協会のホームページ(アドレス:https://www.toushin.or.jp/)で閲覧が可能です。
      ③信託金の限度額:当初申込期間:上限 1,000億円

                 継続申込期間:上限 1,000億円
        ※委託会社は、受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
      ④ファンドの特色

      ●特色①
      にいがた関連株式および明治安田高配当サステナビリティ日本株マザーファンドを主要投資対象としま
      す。
                                  6/74




                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      



       ファンド」をご覧ください。
      ●特色②

      にいがた関連株式の運用においては、にいがた関連株式の中から財務状況や流動性、バリュエーション等
      を考慮して銘柄を選定します。
      ◆にいがた関連株式とは
                                  7/74
















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ■運用プロセス
     にいがた関連株式とマザーファンドの配分比率については、リスクコントロールの観点から投資対象銘柄の
     時価総額や流動性等を考慮し適宜変更します。
     ※運用プロセスは今後変更される場合があります。







     ※資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
     (2)【ファンドの沿革】

      2019  年7月19日  信託契約締結、ファンドの設定、ファンドの運用開始(予定)
     (3)【ファンドの仕組み】

      ①ファンドの仕組み
                                  8/74










                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②委託会社等及びファンドの関係法人
       1 .委託会社(委託者) : 明治安田アセットマネジメント株式会社
         信託財産の運用指図、投資信託説明書(目論見書)及び運用報告書の作成等を行います。
       2 .受託会社(受託者) : 三菱UFJ信託銀行株式会社
         信託財産の保管・管理業務等を行います。
         (受託会社は信託事務の一部につき日本マスタートラスト信託銀行株式会社に委託することがありま
         す。)
       3 .販売会社
         ファンドの販売会社として募集・販売の取扱い、一部解約実行の請求の受付、収益分配金、償還金等
         の支払い、運用報告書の交付等を行います。
         ※1  信託契約










          委託会社と受託会社との間において「信託契約(信託約款)」を締結しており、委託会社及び受
          託会社の業務、受益者の権利、投資信託財産の運用・評価・管理、収益の分配、信託期間、償還
          等を規定しています。
         ※2  投資信託受益権の取扱に関する契約
          委託会社と販売会社との間において「投資信託受益権の取扱に関する契約」を締結しており、販
          売会社が行う募集・販売等の取扱い、収益分配金及び償還金の支払い、買取り及び解約の取扱い
          等を規定しています           。
                                  9/74





                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ③委託会社等の概況
       1 .資本金の額(本書提出日現在)                    10億円
       2 .委託会社の沿革
          1986  年11月:      コスモ投信株式会社設立
          1998  年10月:      ディーアンドシーキャピタルマネージメント株式会社と合併、商号を「コス
                 モ投信投資顧問株式会社」に変更
          2000  年2月:      商号を「明治ドレスナー投信株式会社」に変更
          2000  年7月:      明治ドレスナー・アセットマネジメント株式会社と合併、商号を「明治ドレ
                 スナー・アセットマネジメント株式会社」に変更
          2009  年4月:      商号を「MDAMアセットマネジメント株式会社」に変更
          2010  年10月:      安田投信投資顧問株式会社と合併、商号を「明治安田アセットマネジメント
                 株式会社」に変更
       3 .大株主の状況(本書提出日現在)

                                                 発行済株式総数
                                             所有
            氏名又は名称                    住所                  に対する所有
                                            株式数
                                                  株式数の割合
         明治安田生命保険相互会社               東京都千代田区丸の内二丁目1番1号                    17,539    株      92.86   %
                        ドイツ,     60323    フランクフルト・
         アリアンツ・グローバル・
         インベスターズ               アム・マイン,        ボッケンハイマー・
                                            1,261   株       6.68  %
         ゲー・エム・ベー・ハー               ラントシュトラーセ           42-44
         富国生命保険相互会社               東京都千代田区内幸町2-2-2                      87 株       0.46  %

                                 10/74













                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【投資方針】
     (1)【投資方針】
      Ⅰ.基本方針
       この投資信託は、わが国の金融商品取引所に上場されている株式に直接投資するとともに明治安田高配
       当サステナビリティ日本株マザーファンドを通じて実質的に投資することにより、信託財産の中長期的
       な成長を目指して運用を行います。
      Ⅱ.投資対象
       にいがた関連株式および明治安田高配当サステナビリティ日本株マザーファンド(以下、「マザーファ
       ンド」ということがあります)受益証券を主要投資対象とします。
        ※にいがた関連株式とは
        わが国の金融商品取引所に上場されている株式(これに準ずるものを含む)のうち
        ・新潟県に本社(これに準ずるものを含む)がある企業
        ・新潟県に工場や店舗等があるなど新潟県の経済に貢献している企業
      Ⅲ.投資態度
       ①にいがた関連株式および明治安田高配当サステナビリティ日本株マザーファンドを主要投資対象と
        し、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
        ・にいがた関連株式の運用においては、にいがた関連株式の中から財務状況や流動性、バリュエー
         ション等を考慮して銘柄を選定します。
        ・マザーファンドの運用においては、わが国の金融商品取引所に上場されている株式(これに準ずる
         ものを含む)の中から、予想配当利回りが市場平均を上回り、配当や業績等の安定性が高いと判断
         される銘柄を厳選します。
       ②にいがた関連株式とマザーファンドの配分比率については、リスクコントロールの観点から投資対象
        銘柄の時価総額や流動性等を考慮し適宜変更します。
       ③株式の実質組入比率は、原則として高位を保ちます。
       ④非株式割合(他の投資信託受益証券を通じて投資する場合は、当該他の投資信託の信託財産に属する
        株式以外の資産のうち、この投資信託の信託財産に属するとみなした部分を含みます。)は、原則と
        して信託財産総額の50%以下とします。
       ⑤資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
      Ⅳ.投資制限
       ①株式への実質投資割合には、制限を設けません。
       ②新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以下としま
        す。
       ③投資信託証券(マザーファンド受益証券および上場投資信託を除きます。)への実質投資割合は、信
        託財産の純資産総額の5%以下とします。
       ④同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       ⑤同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以
        下とします。
       ⑥同一銘柄の転換社債および転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額
        の10%以下とします。
       ⑦外貨建て資産への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以下とします。
       ⑧デリバティブ取引は、約款所定の範囲で行います。
                                 11/74







                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (ご参考)
     明治安田高配当サステナビリティ日本株マザーファンド
      Ⅰ.基本方針
       この投資信託は、わが国の金融商品取引所に上場されている株式に投資することにより、信託財産の中
       長期的な成長を目指して運用を行います。
      Ⅱ.投資対象
       わが国の金融商品取引所に上場されている株式を主要対象とします。
      Ⅲ.投資態度
       ①わが国の金融商品取引所に上場されている株式(これに準ずるものを含む)の中から、将来にわたっ
        て安定的に高い配当利回りが期待できる銘柄に投資します。
       ②銘柄選定にあたっては、予想配当利回りが市場平均を上回り、配当や業績等の安定性が高いと判断さ
        れる銘柄を厳選し投資を行います。
       ③株式の組入れは、原則として、高位を保ちます。
       ④非株式割合は、原則として信託財産総額の50%以下とします。
       ⑤資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
      Ⅳ.投資制限
       ①株式への投資割合には、制限を設けません。
       ②新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以下とします。
       ③投資信託証券(上場投資信託を除きます。)への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下としま
        す。
       ④同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       ⑤同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下と
        します。
       ⑥同一銘柄の転換社債および転換社債型新株予約権付社債への投資割合は、信託財産の純資産総額の
        10%以下とします。
       ⑦外貨建て資産への投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以下とします。
       ⑧信用取引は、約款所定の範囲で行います。
       ⑨有価証券先物取引等は、約款所定の範囲で行います。
       ⑩スワップ取引は、約款所定の範囲で行います。
       ⑪金利先渡取引および為替先渡取引は、約款所定の範囲で行います。
      ※ 資金動向、市況動向等によっては、前記のような運用ができない場合があります。

                                 12/74










                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【投資対象】
      ①この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
       1 .次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定めるも
         のをいいます。以下同じ。)
         イ.有価証券
         ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、約款に定め
           るものに限ります。)
         ハ.約束手形(金融商品取引法第2条第1項第15号に掲げるものを除きます。)
         ニ.金銭債権
       2 .次に掲げる特定資産以外の資産
         イ.為替手形
      ②委託会社は、信託金を、主として、明治安田高配当サステナビリティ日本株マザーファンド                                                   (以下、
       「マザーファンド」ということがあります。)の受益証券のほか、次の有価証券(金融商品取引法第2条
       第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図し
       ます。
       1 .株券または新株引受権証書
       2 .国債証券
       3 .地方債証券
       ▶ .特別の法律により法人の発行する債券
       5 .社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受権付
         社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
       6 .資産の流動化に関する法律に規定する特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものを
         いいます。)
       7 .投資法人債券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。)または外国投資証券で
         投資法人債券に類する証券
       8 .特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定めるも
         のをいいます。)
       9 .協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをいいま
         す。)
       10 .資産の流動化に関する法律に規定する優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融
         商品取引法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
       11 .コマーシャル・ペーパー
       12 .新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)および新
         株予約権証券
       13 .外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号(7.で定めるものを除きます。)の証券
         または証書の性質を有するもの
       14 .投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいいま
         す。)
       15 .投資証券、新投資口予約権証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるも
         のをいい、7.で定めるものを除きます。)
       16 .外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
       17 .オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、有
         価証券に係るものに限ります。)
       18 .預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
       19 .外国法人が発行する譲渡性預金証書
       20 .受益証券発行信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定めるものをいいます。)
       21 .抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
       22 .外国の者に対する権利で第20号の有価証券の性質を有するもの
       なお、1.の証券または証書、13.ならびに18.の証券または証書のうち1.の証券または証書の性質を
       有するものを以下「株式」といい、2.から7.までの証券および13.ならびに18.の証券または証書の
       うち2.から7.までの証券の性質を有するものを以下「公社債」といい、14.および15.の証券を以下
       「投資信託証券」といいます。
      ③委託会社は、信託金を、前②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2
       項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用することを指図
       することができます。
       1 .預金
       2 .指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
       3 .コール・ローン
                                 13/74


                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ▶ .手形割引市場において売買される手形
       5 .貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
       6 .外国の者に対する権利で5.の権利の性質を有するもの
      ④前②の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会社が運
       用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を、前項各号に掲げる金融商品により運用することの
       指図ができます。
      ⑤委託会社は、信託財産に属する新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額とマザーファンドの信
       託財産に属する新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額
       との合計額が、信託財産の純資産総額の100分の20を超えることとなる投資の指図を行いません。
      ⑥委託会社は、信託財産に属する投資信託証券(マザーファンドおよび上場投資信託証券を除きます。)
       の時価総額とマザーファンドの信託財産に属する投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)の時
       価総額のうち、信託財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総額の100分の5を超え
       ることとなる投資の指図を行いません。
      ⑦前⑤、⑥において信託財産に属するとみなした額とは、信託財産に属するマザーファンド受益証券の時
       価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める当該資産の時価総額の割合を乗じて得た額を
       いいます。
                                 14/74















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【運用体制】
      当ファンドの運用体制は以下の通りです。
      ①投資政策委員会にて、マクロ経済環境・市況環境に関する分析、資産配分・資産毎の運用戦略に関する
       検討を行います。
      ②ファンドの運用担当者は、投資政策委員会における分析・検討等を踏まえて運用計画を策定し、運用計
       画に基づき、有価証券等の売買をトレーディング部門に指図します。
      ③ファンドに関する運用の基本規程等の遵守状況の管理、運用資産のリスク管理は、運用部門から独立し
       たコンプライアンス・リスク管理部、運用企画部が行います。
      ④投資管理委員会にて、ファンドの運用パフォーマンスの評価等を行い、これを運用部門にフィードバッ
       クすることにより、より精度の高い運用体制を維持するよう努めています。
     㬰픰ꄰ줰源䭵⡏卒㙻䤰漰ŧⱦ屢ၥ﹗⠰渰舰渰朰䈰訰Ŏ쩟豙०栰樰謰匰栰䰰䈰訰縰夰Ȱ縰弰ř풊ᝏ












      社のホームページ(http://www.myam.co.jp/)の会社案内から、運用体制に関する情報がご覧いただけま
      す。
                                 15/74




                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     <受託会社に対する管理体制>
      当社では、受託会社または受託会社の再信託先に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合など
      を行っています。また、受託業務の内部統制の有効性についての監査人による報告書を、受託会社より受
      け取っております。
     (4)【分配方針】

      ①収益分配方針
       年1回(6月15日。休業日の場合は翌営業日。)決算を行い、原則として以下の方針に基づき分配を行い
       ます。
       1 .分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた利子・配当収入と売買益(評価益を含みます。)
         等の全額とします。
       2 .収益分配金額は、委託会社が基準価額水準等を勘案して決定します。ただし、必ず分配を行うもので
         はありません。
       3 .収益分配にあてず信託財産内に留保した利益については、運用の基本方針に基づき、元本部分と同一
         の運用を行います。
      ②収益の分配方式
       1 .信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
         ▶ .配当金、利子、貸付有価証券に係る品貸料およびこれらに類する収益から支払利息を控除した額
           (以下「配当等収益」といいます。)とマザーファンドの信託財産に属する配当等収益のうち信
           託財産に属するとみなした額(以下「みなし配当等収益」といいます。)との合計額から、諸経
           費、信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等に相当する金額を控除した後、その残金を受益
           者に分配することができます。なお、次期以降の分配金にあてるため、その一部を分配準備積立
           金として積み立てることができます。
         b .売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経費、信託報酬
           および当該信託報酬に係る消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠損金のあるときは、その全
           額を売買益をもって補てんした後、受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配に
           あてるため、分配準備積立金として積み立てることができます。
       2 .前1.におけるみなし配当等収益とは、マザーファンドの信託財産に係る配当等収益の額にマザー
         ファンドの信託財産の純資産総額に占める信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額の割
         合を乗じて得た額とします。
       3 .毎計算期末において信託財産につき生じた損失は、次期に繰越します。
      ③収益分配金の支払い
       収益分配金は、毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日から、毎計算期間の末日におい
       て振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益分配金に係る計算期間の末日
       以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該収益分配金に係る計算期
       間の末日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため委託会社および販売会社の名義で記載ま
       たは記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に支払います。収益分配金の
       支払いは、販売会社において行います。なお、分配金再投資コースでお申込みの受益権にかかる収益分
       配金は、原則として税金を差し引いた後、決算日の基準価額で翌営業日に自動的に再投資され、再投資
       により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
      ※将来の収益分配金の支払いおよびその金額について示唆・保証するものではありません。
                                 16/74







                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)【投資制限】
      <投資信託約款に基づく投資制限>
      ①株式への投資制限
       株式への実質投資割合には制限を設けません。
      ②信用リスク集中回避のための投資制限
       一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
       ジャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、
       それぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場合には、
       委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
      ③新株引受権証券および新株予約権証券への投資制限
       新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以下としま
       す。
      ④投資信託証券への投資制限
       投資信託証券(マザーファンド受益証券および上場投資信託証券を除きます。)への実質投資割合は、
       信託財産の純資産総額の5%以下とします。
      ⑤外貨建資産への投資制限
       外貨建て資産への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以下とします。
      ⑥投資する株式等の範囲
       1 .委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商品取引所
         に上場されている株式の発行会社の発行するものおよび金融商品取引所に準ずる市場において取引さ
         れている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当により取得
         する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではありません。
       2 .前1.の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証券
         で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委託会社が投資する
         ことを指図することができるものとします。
      ⑦同一銘柄の株式等への投資制限
       1 .委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の株式の時価総額とマザーファンドの信託財産に属する当該
         同一銘柄の株式の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総
         額の100分の10を超えることとなる投資の指図をしません。
       2 .委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額とマザー
         ファンドの信託財産に属する当該同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額のうち
         信託財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総額の100分の5を超えることとなる
         投資の指図を行いません。
       3 .前1.、前2.において信託財産に属するとみなした額とは、信託財産に属するマザーファンドの時価
         総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める当該資産の時価総額の割合を乗じて得た額を
         いいます。
      ⑧信用取引の指図範囲
       1 .委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けることの指図をす
         ることができます。なお、当該売付けの決済については、株券の引渡しまたは買戻しにより行うこと
         の指図をすることができるものとします。
       2 .前1.の信用取引の指図は、当該売付けに係る建玉の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内とし
         ます。
       3 .信託財産の一部解約等の事由により、前2.の売付けに係る建玉の時価総額が信託財産の純資産総額
         を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する売付けの一部を決済
         するための指図をするものとします。
      ⑨同一銘柄の転換社債等への投資制限
       1 .委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の転換社債および転換社債型新株予約権付社債(新株予約権
         付社債のうち、会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって
         当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているものなら
         びに会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがあるものをいいます。)
         の時価総額とマザーファンドの信託財産に属する当該同一銘柄の転換社債および当該転換社債型新株
         予約権付社債の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額が信託財産の純資産総額の
         100分の10を超えることとなる投資の指図をしません。
       2 .前1.において信託財産に属するとみなした額とは、信託財産に属するマザーファンドの時価総額に
         マザーファンドの信託財産の純資産総額に占める当該資産の時価総額の割合を乗じて得た額をいいま
         す。
      ⑩先物取引等の運用指図・目的・範囲
                                 17/74


                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       1 .委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクを回避す
         るため、わが国の金融商品取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに
         掲げるものをいいます。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げる
         も のをいいます。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げるも
         のをいいます。)ならびに外国の取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をする
         ことができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めて取扱うものとします(以下同
         じ。)。
       2 .委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに為替変動リスクを回避す
         るため、わが国の金融商品取引所における通貨に係る先物取引ならびに外国の金融商品取引所におけ
         る通貨に係る先物取引およびオプション取引を行うことの指図をすることができます。
       3 .委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクを回避す
         るため、わが国の金融商品取引所における金利に係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の
         取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。
      ⑪スワップ取引の運用指図・目的・範囲
       1 .委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクおよび為
         替変動リスクを回避するため、異なった通貨、異なった受取金利または異なった受取金利とその元本
         を一定の条件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図をする
         ことができます。
       2 .スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として約款に定める信託期間を超え
         ないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限り
         ではありません。
       3 .スワップ取引の指図にあたっては、当該信託財産に係るスワップ取引の想定元本の合計額が、信託財
         産の純資産総額を超えないものとします。なお、信託財産の一部解約等の事由により、上記純資産総
         額が減少して、スワップ取引の想定元本の合計額が信託財産の純資産総額を超えることとなった場合
         には、委託会社は速やかに、その超える額に相当するスワップ取引の一部の解約を指図するものとし
         ます。
       ▶ .スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価するも
         のとします。
       5 .委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保の
         提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
      ⑫金利先渡取引および為替先渡取引の運用指図
       1 .委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクおよび為
         替変動リスクを回避するため、金利先渡取引および為替先渡取引を行うことの指図をすることができ
         ます。
       2 .金利先渡取引金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則とし
         て約款に定める信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が
         可能なものについてはこの限りではありません。
       3 .金利先渡取引および為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出し
         た価額で評価するものとします。
       ▶ .委託会社は、金利先渡取引および為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認
         めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
      ⑬デリバティブ取引等に係る投資制限
       デリバティブ取引等については、一般社団法人投資信託協会の規則に定める合理的な方法により算出し
       た額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。
      ⑭有価証券の貸付けの指図および範囲
       1 .信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を次の各号の範囲内で貸
         付けの指図をすることができます。
         ▶ .株式の貸付けは、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価
           合計額を超えないものとします。
         b .公社債の貸付けは、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する
           公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
       2 .前1.各号に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相
         当する契約の一部の解約を指図するものとします。
       3 .委託会社は、有価証券の貸付けにあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うものとし
         ます。
      ⑮有価証券の空売りの指図範囲
       1 .委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産の計算においてする信託財産に属さな
         い有価証券または約款の規定により借入れた有価証券を売付けることの指図をすることができます。
                                 18/74


                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         なお、当該売付けの決済については、売付けた有価証券の引渡しまたは買戻しにより行うことの指図
         をすることができるものとします。
       2 .前1.の売付けの指図は、当該売付けにかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内
         とします。
       3 .信託財産の一部解約等の事由により、前2.の売付けにかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資
         産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する売付けの一部
         を決済するための指図をするものとします。
      ⑯有価証券の借入れ
       1 .委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、有価証券の借入れの指図をすることができま
         す。なお、当該有価証券の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供の指
         図をするものとします。
       2 .前1.の指図は、当該借入れにかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内としま
         す。
       3 .信託財産の一部解約等の事由により、前2.の借入れにかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資
         産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する借入れた有価
         証券の一部を返還するための指図をするものとします。
       ▶ .前1.の借入れにかかる品借料は信託財産中から支弁します。
      ⑰特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
       外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合に
       は、制限されることがあります。
      ⑱外国為替予約取引の指図および範囲)
       1 .委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、外国為替の売買の予約取引の指図をすることが
         できます。
       2 .前1.の予約取引の指図は、信託財産に係る為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差額につき
         円換算した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財産に属する外貨建
         資産(マザーファンドの信託財産に属する外貨建資産の時価総額のうち信託財産に属するとみなした
         額を含みます。)の為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指図については、この限り
         ではありません。
       3 .前2.の限度額を超えることとなった場合には、委託会社は所定の期間内に、その超える額に相当す
         る為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をするものとします。
       ▶ .前2.において信託財産に属するとみなした額とは、信託財産に属するマザーファンドの受益証券の
         時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める外貨建資産の時価総額の割合を乗じて得
         た額とします。
      ⑲資金の借入れ
       1 .委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支払資金
         の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的とし
         て、および再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール市場を通
         じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用
         は行わないものとします。
       2 .一部解約に伴う支払資金の手当てのための借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財産
         で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から信託財
         産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日から信託
         財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、
         資金借入額は当該有価証券等の売却代金、有価証券等の解約代金および有価証券等の償還金の合計額
         を限度とします。ただし、資金の借入額は、借入れ指図を行う日における信託財産の純資産総額の
         10%を超えないこととします。
       3 .収益分配金の再投資に係る借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日ま
         でとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
       ▶ .借入金の利息は信託財産中から支弁します。
      <法律等で規制される投資制限>

      ①同一法人の発行する株式への投資制限
       委託会社は、同一の法人の発行する株式を、その運用の指図を行う全ての委託会社指図型投資信託につ
       き、投資信託財産として有する当該株式に係る議決権の総数が、当該株式に係る議決権の総数に100分の
       50の率を乗じて得た数を超えることとなる場合においては、投資信託財産をもって取得することを受託
       会社に指図しないものとします。
      ②デリバティブ取引の投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号)
                                 19/74


                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       委託会社は、信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動
       その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定めた合理的な方法によ
       り算出した額が当該信託財産の純資産額を超えることとなる場合において、デリバティブ取引(新株予
       約 権証券またはオプションを表示する証券もしくは証書に係る取引および選択権付債券売買を含みま
       す。)を行い、または継続することを受託会社に指図しないものとします。
                                 20/74



















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【投資リスク】
     (1)ファンドのリスクと留意点
      にいがた未来応援日本株ファンドは、直接あるいはマザーファンドを通じて、国内の株式等、値動きのあ
      る証券に投資しますので、基準価額は変動します。
      したがって、金融機関の預貯金と異なり投資元本は保証されず、元本を割り込むおそれがあります。ま
      た、ファンドの信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。
      なお、ファンドが有する主なリスク等は、以下の通りです。
      1 .値動きの主な要因
      ①株価変動リスク
       株式の価格は、政治・経済情勢、金融情勢・金利変動等および発行体の企業の事業活動や財務状況等の
       影響を受けて変動します。保有する株式価格の下落は、ファンドの基準価額を下げる要因となります。
      ②流動性リスク
       株式を売買しようとする際、需要または供給が少ないため、希望する時期に、希望する価格で、希望す
       る数量を売買できなくなることがあります。ファンドが保有する資産の市場における流動性が低くなっ
       た場合、売却が困難となり、当該資産の本来的な価値より大幅に低い価格で売却せざるを得ず、ファン
       ドの基準価額を下げる要因となります。
      ③信用リスク
       投資している有価証券等の発行体において、利払いや償還金の支払い遅延等の債務不履行が起こる可能
       性があります。
       また、有価証券への投資等ファンドに関する取引において、取引の相手方の業績悪化や倒産等による契
       約不履行が起こる可能性があります。
      ※基準価額の変動要因は上記に限定されるものではありません。
      2 .その他のリスク・留意点

      ●当ファンドは、ファミリーファンド方式で運用を行います。ファミリーファンド方式には運用の効率性
       等の利点がありますが、マザーファンドにおいて他のベビーファンドの追加設定・解約等に伴う売買等
       を行う場合には、当ファンドの基準価額は影響を受けることがあります。
      ●資金動向、市況動向等によっては、投資方針に沿う運用ができない場合があります。
      ●収益分配は、計算期間中に発生した運用収益(経費控除後の配当等収益および売買益(評価益を含みま
       す。))を超えて行われる場合があるため、分配水準は必ずしも当該計算期間中の収益率を示すもので
       はありません。
       投資者の個別元本(追加型投資信託を保有する投資者毎の取得元本)の状況により、分配金額の全部ま
       たは一部が、実質的に元本の一部払戻しに相当する場合があります。
       分配金は純資産から支払われるため、分配金支払いに伴う純資産の減少により基準価額が下落する要因
       となります。当該計算期間中の運用収益を超える分配を行う場合、当期決算日の基準価額は前期決算日
       の基準価額と比べ下落することとなります。
       当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オ
       フ)の適用はありません。
                                 21/74








                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)リスク管理体制
      ファンドの運用にあたっては、社内規程や運用計画に基づき、運用部門が運用プロセスの中でリスクコン
      トロールを行います。また、運用部門から独立した部署により諸リスクの状況が確認され、各種委員会等
      において協議・報告される体制となっています。
      ①コンプライアンス・リスク管理委員会は、法令諸規則・社内規程等の遵守状況、運用資産のリスク管理
       状況等を把握・管理し、必要に応じて指示・指摘を行います。
      ②投資管理委員会は、運用パフォーマンスの評価・分析、トレーディング分析、運用スタイル・運用方針
       との整合性、投資信託財産の運用リスク等を把握・管理し、必要に応じて指導・指摘を行います。
     ※ファンドのリスク管理体制等は、本書提出日現在のものであり、今後変更となることがあります。






                                 22/74












                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)参考情報
                                 23/74




















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     <代表的な資産クラスの指数について>
      東証株価指数(TOPIX)                は、東京証券取引所            市場第一部(以下、東証市場第一部ということがありま

      す。)の時価総額の動きをあらわす株価指数であり、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」
      といいます。)が算出、公表を行っています。東証市場第一部に上場しているすべての銘柄を計算の対象
      としていますので、日本の株式市場のほぼ全体の資産価値の動きを表しています。
      東証株価指数(TOPIX)は東京証券取引所の知的財産であり、株価指数の算出、指数値の公表、利用
      などTOPIXに関する全ての権利およびTOPIXの商標に関する全ての権利は東京証券取引所が有し
      ます。東京証券取引所はTOPIXの指数値の算出若しくは公表の方法の変更、TOPIXの指数値の算
      出若しくは公表の停止またはTOPIXの商標の変更若しくは使用の停止を行うことができます。東京証
      券取引所はTOPIXの商標の使用若しくはTOPIXの指数の利用に関して得られる結果について何ら
      保証、言及をするものではありません。
      MSCI-KOKUSAI       は、MSCI     Inc.が算出する日本を除く世界主要国の株式市場を捉える指数として広く認知され

      ているものであり、MSCI-KOKUSAI                   指数に関する著作権等の知的財産権、その他一切の権利はMSCI                                   Inc.に
      帰属します。MSCI          Inc.は当ファンドの運用成果等に関し一切責任はありません。
      MSCI  エマージング・マーケット・インデックス                       は、MSCI     Inc.が算出する新興国の株価の動きを表す代表的

      な指数であり、MSCI            エマージング・マーケット・インデックスに関する著作権等の知的財産権、その他一
      切の権利はMSCI         Inc.に帰属します。MSCI              Inc.は当ファンドの運用成果等に関し一切責任はありません。
      NOMURA    -BPI(国債)        は、日本国債の市場全体の動向を表す、野村證券株式会社によって計算、公表されて

      いる投資収益指数で、野村證券株式会社の知的財産です。野村證券株式会社は、当ファンドの運用成果等
      に関し一切責任はありません。
      FTSE  世界国債インデックス            は、FTSE     Fixed    Income    LLCにより運営され、世界主要国の国債の総合収益率を

      各市場の時価総額で加重平均した債券インデックスです。このインデックスのデータは、情報提供のみを
      目的としており、FTSE             Fixed    Income    LLCは、当該データの正確性および完全性を保証せず、またデータの
      誤謬、脱漏または遅延につき何ら責任を負いません。このインデックスに対する著作権等の知的財産その
      他一切の権利はFTSE           Fixed    Income    LLCに帰属します。
      JP モルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド                            (JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデック

      ス・エマージング・マーケッツ・グローバル・ダイバーシファイド)は、J.P.Morgan                                               Securities       LLC(JP
      モルガン)が公表している、エマージング諸国の国債を中心とした債券市場の合成パフォーマンスを表す
      指数として広く認知されているものであり、JPモルガンの知的財産です。JPモルガンは当ファンドの
      運用成果等に関し一切責任はありません。
                                 24/74









                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】
     (1)【申込手数料】
      取得申込受付日の基準価額(当初申込期間中は1口当たり1円)に3.24%(税抜3.0%)*を上限として販
      売会社が定める率を乗じて得た額とします。詳しくは販売会社にお問合わせください。
      ※購入時手数料は、購入時の商品説明、事務手続き等の対価として販売会社にお支払いいただきます。
      㭓칶쩒ڑ䶑터鉑赢閌윰夰識㑔࠰œ칶쩒ڑ䶑터潺ຑ터鉝坟ᔰ䐰彟谰Ɓ핶萰歱Ⅲ䭥灥餰村赢閌윰唰谰
       す。
      *消費税率が10%となった場合は3.3%(税抜3.0%)となります。
     (2)【換金(解約)手数料】

      解約手数料、信託財産留保額はありません。
     (3)【信託報酬等】

      ファンドの純資産総額に対し、年1.5444%(税抜1.43%)*の率を乗じて得た額がファンドの計算期間を
      通じて毎日計上され、ファンドの日々の基準価額に反映されます。なお、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日
      (該当日が休業日の場合は翌営業日)および毎計算期末または信託終了のとき、信託財産中から支払われ
      ます。
      *消費税率が10%となった場合は年1.573%(税抜1.43%)となります。
      <内訳>
          配分                        料率(年率)
         委託会社                       0.756   %(税抜0.7%)

         販売会社                       0.756   %(税抜0.7%)

         受託会社                      0.0324    %(税抜0.03%)

          合計                     1.5444    %(税抜1.43%)

      消費税率が10%となった場合

          配分                        料率(年率)
         委託会社                       0.77  %(税抜0.7%)

         販売会社                       0.77  %(税抜0.7%)

         受託会社                       0.033   %(税抜0.03%)

          合計                      1.573   %(税抜1.43%)

                                 25/74









                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <内容>
         支払い先                          役務の内容
         委託会社        ファンドの運用、基準価額の算出、法定書類の作成等の対価
                 購入後の情報提供、運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの
         販売会社
                 管理等の対価
         受託会社        ファンド財産の管理、委託会社からの指図の実行等の対価
          合計       運用管理費用(信託報酬)=運用期間中の日々の基準価額×信託報酬率
     (4)【その他の手数料等】

      ファンドは以下の費用も負担します。
      ① 信託財産の監査にかかる費用(監査費用)として、監査法人に年0.0054%(税抜0.005%)*を支払う
       他、有価証券等の売買の際に売買仲介人に支払う売買委託手数料、先物取引・オプション取引等に要す
       る費用、その他信託事務に要する費用等がある場合には、信託財産でご負担いただきます。
      * 消費税率が10%となった場合は                 年0.0055%(税抜0.005%)となります。
      ②信託財産において一部解約に伴う支払資金の手当て等を目的として資金借入れの指図を行った場合、当
       該借入金の利息は信託財産中より支弁します。
      ※その他の費用については、運用状況等により変動しますので、事前に料率、上限額等を表示することが
       できません。また、監査費用は監査法人等によって見直され、変更される場合があります。
      ※当該手数料等の合計額については、投資者の皆さまの保有期間等に応じて異なりますので、表示するこ
       とができません。
      <寄附>

      ・寄附金額につきましては、委託会社と販売会社が、それぞれ、毎年6月の決算期末を基準に、収受した
       運用管理費用(信託報酬)の中から、当該計算期間中の日々の純資産総額に年0.1%の率を乗じて得た金
       額とします。
      ・寄附の内容につきましては、委託会社が販売会社と協議のうえ決定し、運用報告書等を通じて、受益者
       のみなさまにご報告します。
      ※将来的には状況によって寄附金額が変更になることがあります。
                                 26/74











                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)【課税上の取扱い】
      ①個人、法人別の課税の取扱について
       1 .個人の受益者に対する課税
       <収益分配金(普通分配金)に対する課税>
         個人の受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、以下の税率
         による源泉徴収(申告不要)となります。なお、確定申告による申告分離課税または総合課税を選択
         することもできます。
         収益分配金のうち所得税法上課税対象となるのは普通分配金のみであり、元本払戻金(特別分配金)
         は課税されません。
                     税率
           20.315    %(所得税15.315%、地方税5%)

       <一部解約時および償還時に対する課税>

         一部解約時および償還時の差益(解約価額および償還価額から取得費を控除した利益)については、
         譲渡所得とみなされ、以下の税率による申告分離課税が適用されます。なお、源泉徴収ありの特定口
         座を選択している場合は、源泉徴収(原則として、確定申告は不要)となります。
                     税率
           20.315    %(所得税15.315%、地方税5%)

       <損益通算について>

        一部解約時および償還時の損失については、確定申告等により、上場株式等(特定公社債、公募公社
        債投資信託を含みます。以下同じ。)の譲渡益と相殺することができ、上場株式等の配当所得(申告
        分離課税を選択した収益分配金・配当金に限ります。)および利子所得の金額との損益通算も可能と
        なります。また、翌年以後3年間、上場株式等の譲渡益および配当等・利子から繰越控除することがで
        きます。一部解約時および償還時の差益については、他の上場株式等との譲渡損との相殺が可能とな
        ります。
        詳しくは販売会社にお問合わせください。
       2 .法人の受益者に対する課税

         法人の受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに一部解約時およ
         び償還時の個別元本超過額については、以下の税率で源泉徴収されます。地方税の源泉徴収はありま
         せん。収益分配金のうち所得税法上課税対象となるのは普通分配金のみであり、元本払戻金(特別分
         配金)は課税されません。源泉徴収された所得税は、法人税の額から控除できます。
                     税率
               15.315    %(所得税15.315%)

                                 27/74








                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②個別元本方式について
       1 .追加型株式投資信託について、受益者毎の信託時の受益権の価額等が当該受益者の元本(個別元本)
        にあたります。
       2 .受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を行うつ
        ど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。同一ファンドを複数の販売会社
        で取得する場合については各販売会社毎に、個別元本の算出が行われます。また、同一取扱販売会社
        であっても複数支店で同一ファンドを取得する場合は当該支店毎に、「分配金受取りコース」と「分
        配金再投資コース」の両コースで取得する場合はコース別に、個別元本の計算が行われる場合があり
        ます。
       3 .受益者が元本払戻金(特別分配金)を受取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該元本
        払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
      ③収益分配金の課税について

       収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」
       (受益者毎の元本の一部払い戻しに相当する部分)があります。
       1 .収益分配金落ち後の基準価額が、当該受益者の個別元本と同額の場合または受益者の個別元本を上
        回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となります。
       2 .収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る部分の額が
        元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額
        が普通分配金となります。なお、収益分配金の発生時に、その個別元本から元本払戻金(特別分配
        金)を控除した額がその後の受益者の個別元本になります。
        1 .の場合

        2 .の場合




        㭎ઊᠰ湖漰ꐰﰰ롖朰䈰訰Ő୒║䍧ⰰŗ﩮陏ꆘ䴰䨰蠰獒ڑ䶑터湔Ѭ㑮陻䤰鉹㩕ذ夰謰舰渰朰漰䈰




         ません。
      ※課税上は、株式投資信託として取扱われます。

      ※当ファンドは、配当控除の適用が可能です。益金不算入制度の適用はありません。
      
       の適用対象です。
       <少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)、ジュニアNISA(ニーサ)」をご利用の場合>
       NISA  (ニーサ)をご利用の場合、毎年、年間120万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託等から生
       じる配当所得及び譲渡所得が5年間非課税となります。他の口座で生じた配当所得や譲渡所得との損益通
       算はできません。ご利用になることができるのは、満20歳以上の方で、販売会社で非課税口座を開設す
       る等、一定の条件に該当する方が対象となります。
                                 28/74

                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ジュニアNISA(ニーサ)をご利用の場合、毎年、年間80万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託
       等から生じる配当所得及び譲渡所得が5年間非課税となります。未成年者のために、原則として親権者等
       が 代理で運用を行い、18歳まで払出しが制限されます。ご利用になることができるのは、20歳未満まで
       の方で、販売会社で非課税口座を開設する等、一定の条件に該当する方が対象となります。
       詳しくは、販売会社へお問合わせください。
      ※税法が改正された場合等は、上記内容が変更されることがあります。
      ※課税上の取扱いの詳細につきましては、税務専門家に確認されることをお勧めいたします。
                                 29/74


















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     5【運用状況】
      当ファンドは、2019年7月19日より運用を開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、該当事項はあ

      りません。
     (1)【投資状況】

      該当事項はありません。
     (2)【投資資産】

      ①【投資有価証券の主要銘柄】
      該当事項はありません。
      ②【投資不動産物件】

      該当事項はありません。
      ③【その他投資資産の主要なもの】

      該当事項はありません。
     (3)【運用実績】

      ①【純資産の推移】
      該当事項はありません。
      ②【分配の推移】

      該当事項はありません。
      ③【収益率の推移】

      該当事項はありません。
     (4)【設定及び解約の実績】

      該当事項はありません。
                                 30/74









                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     <参考情報>
      以下の事項は交付目論見書の運用実績に記載されているものです。
                                 31/74




















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】
     1【申込(販売)手続等】
     (1)申込受付
      取得申込の受付は、原則として、販売会社の営業日の午後3時までとします。なお、当該受付時間を過ぎて
      からの申込は、翌営業日の取扱いとします。
      金融商品取引所等における取引の停止、                      決済機能の停止その他やむを得ない事情                      があるときは、申込の受
      付を中止することおよびすでに受付けた申込の受付を取消すことがあります。
     (2)申込単位
      販売会社が定める単位とします。詳しくは販売会社へお問合わせください。
      取得申込者が販売会社との間で、自動継続投資契約(販売会社により名称が異なる場合があります。)およ
      び定時定額購入取引に関する契約等を締結した場合、当該契約に規定する単位とします。
     (3)申込価額
      ①当初申込期間:1口当たり1円
      ②継続申込期間:取得申込受付日の基準価額とします。
      取得申込者は、申込代金(申込金額(取得申込受付日の基準価額(当初申込期間中は1口当たり1円)に申
      込口数を乗じた額)に申込手数料および当該手数料に係る消費税等に相当する金額を加算した額)を、販
      売会社が指定する期日までに支払うものとします。
      基準価額は販売会社または下記へお問合わせください。
      受益者が自動継続投資契約に基づいて収益分配金を再投資する場合の価額は、毎計算期間の末日の基準価


      額とします。
     (4)申込手数料
      取得申込受付日の基準価額(当初申込期間中は1口当たり1円)に3.24%(税抜3.0%)*を上限として販売
      会社が定める率を乗じて得た額とします。詳しくは販売会社へお問合わせください。
      収益分配金を再投資する場合、収益分配金は税金を差し引いた後、自動的に無手数料で再投資されます。
      *消費税率が10%となった場合は3.3%(税抜3.0%)となります。
     㭓흶쩪⤰湞ぜ帰漰ţ⽦ェ徕ꉻ䤰湣⽦sꝼ㼰殊ᢏर縰弰澊ᢓ㈰唰谰謰匰栰欰蠰詛騰縰訰縰夰Ȱ地弰䰰挰昰

      保護預りの形態はありません。
      取得申込者は販売会社に、取得申込と同時にまたはあらかじめ、自己のために開設されたファンドの受益
      権の振替を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の
      記載または記録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込の代金の支払いと引き換えに、当該口座
      に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、追加信託によ
      り分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定
      める事項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知があっ
      た場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行います。受託会
      社は、追加信託により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関
      へ当該受益権に係る信託を設定した旨の通知を行います。
                                 32/74







                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【換金(解約)手続等】
     信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口の解約請求に制限を設けることがあります。
     (1)解約方法
      受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し行うものとします。
     (2)解約受付
      解約申込の受付は、販売会社の営業日の午後3時までとします。なお、当該受付時間を過ぎてからの申込
      は、翌営業日の取扱いとします。
     (3)解約単位
      販売会社が定める単位とします。詳しくは販売会社へお問合わせください。
     (4)解約価額
      解約請求受付日の基準価額とします。
      基準価額は販売会社または下記へお問合わせください。
     (5)信託財産留保額


      該当事項はありません。
     (6)解約代金の支払い
      一部解約金は、受益者の解約請求受付日から起算して、原則として4営業日目以降、販売会社の本支店、営
      業所等で支払います。
     (7)解約に関する留意点
      金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、一部解約
      の実行の請求の受付を中止することおよびすでに受付けた一部解約の実行の請求の受付を取消すことがあ
      ります。一部解約の実行の請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日の
      一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しない場合に
      は、当該受益権の一部解約の価額は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に一部解約の
      実行の請求を受付けたものとして計算された価額とします。
     㮉а溊쭬䈰銈䰰䙓흶쪀԰漰İ崰湓ꜰ䲕變ⴰ唰谰昰䐰譣⽦ェ徕ꉻ䤰歛︰地晟厊牓흶쪀԰溊쭬䈰歏숰謰匰

      信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約に係る受益権の口数と同口数の抹消
      の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載ま
      たは記録が行われます。
      なお、解約の請求を受益者がするときは、振替受益権をもって行うものとします。
     ※買取請求については、販売会社へお問合わせください。

                                 33/74









                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【資産管理等の概要】
     (1)【資産の評価】
      基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券を除きます。)を法
      令および一般社団法人投資信託協会規則に従って時価により評価して得た信託財産の資産総額から負債総
      額を控除した金額(以下「純資産総額」といいます。)を、計算日における受益権総口数で除した金額を
      いいます。便宜上1万口当たりに換算した価額で表示されます。
      なお、ファンドの主な投資対象の評価方法は以下の通りです。
       主な資産の種類             評価方法
       親投資信託受益証券             基準価額計算日の基準価額で評価します。

                    原則として、基準価額計算日※の金融商品取引所の終値で評価しま

                    す。
       株式
                     ※外国で取引されているものについては、原則として、基準価額計算
                     日の前日とします。
      基準価額につきましては、取扱販売会社または下記委託会社にてご確認いただけます。また、原則とし

      て、計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。
     (2)【保管】


      該当事項はありません。
     (3)【信託期間】
      2019  年7月19日から2024年12月13日まで
      ※受益者に有利であると認めたときは、受託会社と協議のうえ、信託期間を延長することができます。
     (4)【計算期間】
      ファンドの計算期間は、原則として毎年6月16日から翌年6月15日までとすることを原則とします。
      ※第1計算期間は信託契約締結日から2020年6月15日までとします。
      㭔Ҋࡻ靧ᾕ鍽䉎虥殊牟匰夰譥䱏ᅩ浥渰栰䴰ŔҊࡻ靧ᾕ鍽䉎虥潿챕뙩浥栰地İ崰湿챥蠰詫ℰ
       計算期間が開始されるものとします。
     (5)【その他】
      ①信託の終了
       1 .信託契約の解約
         ▶ .委託会社は、信託期間中において、信託契約の一部を解約することにより受益権の口数が10億口
          を下回ることとなった場合、またはこの信託契約を解約することが受益者のため有利であると認
          めるとき、もしくはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この信託契約
          を解約し、信託を終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解
          約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
         b .委託会社は、前記a.の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行い
          ます。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解約の理由などの事項
          を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託契約に係る知れている受益者に対し、書面を
          もってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
         ▲ .前記b.の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が
          属するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本項において同じ。)
          は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受
          益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみ
          なします。
         ▼ .前記b.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数
          をもって行います。
         e .前記b.からd.までの規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合において、当
          該提案につき、この信託契約に係るすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表
          示をしたときには適用しません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じ
          ている場合であって、前記b.からd.までの手続を行うことが困難な場合には適用しません。
       2 .信託契約に関する監督官庁の命令
         ▶ .委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信
          託契約を解約し信託を終了させます。
         b .委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、信託約款の変
          更等の規定にしたがいます。
                                 34/74


                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       3 .委託会社の登録取消等に伴う取扱い
         ▶ .委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、
          委託会社は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。
         b .前記a.の規定にかかわらず、監督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委
          託会社に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、「②信託約款の変更等」の書面決議が否決
          された場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
       ▶ .委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
         ▶ .委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この信託契約に関する
          事業を譲渡することがあります。
         b .委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、この信託
          契約に関する事業を承継させることがあります。
       5 .受託会社の辞任および解任に伴う取扱い
         ▶ .受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務
          に違反して信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託会社または
          受益者は、裁判所に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社が辞任した場合、また
          は裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は、「②信託約款の変更等」の規定にしたがい、
          新受託会社を選任します。なお、受益者は、上記によって行う場合を除き、受託会社を解任する
          ことはできないものとします。
         b .委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終了さ
          せます。
      ②信託約款の変更等
       1 .委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受託
        会社と合意のうえ、この信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との併合(投資信託及び
        投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をいいます。以下同
        じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨およびその内容を
        監督官庁に届け出ます。なお、この信託約款は本項に定める以外の方法によって変更することができ
        ないものとします。
       2 .委託会社は、前記1.の事項(前記1.の変更事項にあってはその変更の内容が重大なものに該当する
        場合に限り、併合事項にあってはその併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当する場合
        を除き、以下、合わせて「重大な約款の変更等」といいます。)について、書面決議を行います。こ
        の場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等の内容およびその理由など
        の事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託約款に係る知れている受益者に対し、書面を
        もってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
       3 .前記2.の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が属す
        るときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本項において同じ。)は受益権
        の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権
        を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
       ▶ .前記2.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数をもっ
        て行います。
       5 .書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
       6 .前記2.から5.までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合において、当
        該提案につき、この信託約款に係るすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示を
        したときには適用しません。
       7 .前記1.から6.の規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合にあっ
        ても、当該併合に係る一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決された場合
        は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
      ③反対受益者の受益権買取請求の不適用
       この信託は、受益者が信託約款の規定による一部解約の実行の請求を行なったときは、委託会社が信託契
       約の一部の解約をすることにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金と
       して支払われることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、信託約款に規定する信託契約の解約ま
       たは重大な約款の変更等を行う場合において、                         投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める
       反対受益者による受益権の買取請求の規定の適用を受けません。
      ④信託期間の延長
       委託会社は、信託期間満了前に信託期間の延長が受益者に有利であると認めたときは、受託会社と協議の
       うえ、信託期間を延長することができます。
      ⑤公告
       1 .委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行ない、次のアドレスに掲載します。
         http://www.myam.co.jp/
       2 .前記1.の電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公告
        は、日本経済新聞に掲載します。
      ⑥運用報告書に記載すべき事項の提供
                                 35/74

                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       1 .委託会社は、投資信託及び投資法人に関する法律第14条第1項に定める運用報告書の交付に代えて、
        運用報告書に記載すべき事項を電磁的方法により受益者に提供することができます。この場合におい
        て、  委託会社は、運用報告書を交付したものとみなします。
       2 .前記1.の規定にかかわらず、委託会社は、受益者から運用報告書の交付の請求があった場合には、こ
        れを交付するものとします。
      ⑦その他のディスクロージャー資料について
       委託会社は、通常、月次の運用レポートを作成する予定であり、販売会社にて入手可能です。また、委託
       会社のホームページにおいても入手可能です。
      ⑧関係法人との契約の更改等に関する手続き
       委託会社と販売会社との間で締結された「投資信託受益権の取扱に関する契約」は、契約期間満了日の
       3ヵ月前までに委託会社および販売会社いずれかから別段の意思表示がない限り、1年毎に自動更新され
       ます。また、本契約が終了した場合は、受益者に対する支払事務等において受益者に不測の損害を与えぬ
       よう協議します。
                                 36/74

















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【受益者の権利等】
      受益者の有する主な権利は次の通りです。
      ①収益分配金・償還金の請求権
       受益者は、ファンドの収益分配金・償還金を自己に帰属する受益権の口数に応じて委託会社に請求する
       権利を有します。収益分配金の請求権は支払開始日から5年間、償還金の請求権は支払開始日から10年
       間、その支払いを請求しないときはその権利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属
       します。収益分配金または償還金の支払いは、原則としてファンドの決算日または償還日(償還日が休
       業日の場合は翌営業日。)から起算して5営業日までに開始するものとします。
        㭒ڑ䶑터漰Ŭ穻靥欰䨰䐰晣⽦ェ徕ꉻ䤰湣⽦sꝼ㼰殊ᢏर縰弰澊ᢓ㈰唰谰昰䐰譓흶쪀׿࡟厊牓칶쩒
        配金に係る決算日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該収益
        分配金に係る決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため委託会社および販売会社の
        名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に、原則とし
        て決算日から起算して5営業日までにお支払いを開始します。なお、時効前の収益分配金に係る収益分
        配金交付票は、なおその効力を有するものとし、その収益分配金交付票と引き換えに受益者にお支払
        いします。「分配金再投資コース」をお申込みの場合は、分配金は税引き後無手数料で再投資されま
        すが、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
      ②換金(解約)の実行請求権
       受益者は、販売会社を通じて委託会社に換金(解約)請求する権利を有します。
      ③帳簿閲覧権
       受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当ファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧または謄
       写を請求することができます。
      ④反対者の買取請求権
       信託契約の解約、または重大な約款の変更等を行う場合には、書面決議において当該解約または重大な
       約款の変更等に反対した受益者は、受託会社に対し、自己に帰属する受益権を、信託財産をもって買取
       るべき旨を請求することができます。
       ただし、この信託は、受益者が信託約款の規定による一部解約の実行の請求を行なったときは、委託会
       社が信託契約の一部の解約をすることにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に
       一部解約金として支払われることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、信託約款に規定する信
       託契約の解約または重大な約款の変更等を行う場合において、投資信託及び投資法人に関する法律第18
       条第1項に定める反対受益者による受益権の買取請求の規定の適用を受けません。
                                 37/74











                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】
     当ファンドは、        2019  年7月19日     から運用を開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、該当事項はあり

     ません。当ファンドの監査は、EY新日本有限責任監査法人が行う予定です。
     1【財務諸表】

     (1)【貸借対照表】
      該当事項はありません。
     (2)【損益及び剰余金計算書】

      該当事項はありません。
     (3)【注記表】

      該当事項はありません。
     (4)【附属明細表】

      該当事項はありません。
                                 38/74















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】
     【純資産額計算書】
      当ファンドは、        2019  年7月19日より運用を開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、

      該当事項はありません。
                                 39/74



















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
     (1)名義書換の事務等
       該当事項はありません。
       委託会社は、この信託の受益権を取扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取消された場
       合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存在しない場合
       その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。
       したがって、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名
       式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請
       求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
     (2)受益者に対する特典
       該当事項はありません。
     (3)受益権の譲渡
       ①受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載ま
        たは記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
       ②前項の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数
        の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録
        するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受
        人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法
        の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行われるよう通知
        するものとします。
       ③上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されて
        いる振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等におい
        て、委託会社が必要と認めたときまたはやむをえない事情があると判断したときは、振替停止日や振
        替停止期間を設けることができます。
     (4)受益権の譲渡制限および譲渡の対抗要件
       譲渡制限はありません。ただし、受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委
       託会社および受託会社に対抗することができません。
     (5)受益権の再分割
       委託会社は、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を均等に
       再分割できるものとします。
     (6)質権口記載又は記録の受益権の取扱いについて
       振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、一
       部解約の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定によるほか、
       民法その他の法令等にしたがって取扱われます。
     (7)償還金
       償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前に
       おいて一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益
       権で取得申込代金支払前のため委託会社および販売会社の名義で記載または記録されている受益権につ
       いては原則として取得申込者とします。)に支払います。
                                 40/74








                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】
     1【委託会社等の概況】
     (1)資本金の額
      本書提出日現在の資本金の額:                     10 億円
      会社が発行する株式総数:                    33,220    株

      発行済株式総数:                    18,887    株

      <過去5年間における資本金の額の推移>

       該当事項はありません。
     (2)委託会社の機構

      ①会社の意思決定機構
       経営の意思決定機関として取締役会をおきます。取締役会は、法令、定款に定める事項ならびに本会社
       の業務執行に関する重要事項を決定するほか、執行役員を選任し、本会社の業務執行を委任します。執
       行役員は取締役会において決定された基本方針に則り、本会社の業務執行を行います。
      ②投資運用の意思決定機構
       1 .投資政策委員会にて、マクロ経済環境・市況環境に関する分析、資産配分・資産毎の運用戦略に関す
         る検討を行います。
       2 .ファンドの運用担当者は、投資政策委員会における分析・検討等を踏まえて運用計画を策定し、運用
         計画に基づき、有価証券等の売買をトレーディング部門に指図します。
       3 .ファンドの運用の基本規程等の遵守状況の管理、運用資産のリスク管理は、運用部門から独立したコ
         ンプライアンス・リスク管理部、運用企画部が行います。
       ▶ .投資管理委員会にて、ファンドの運用パフォーマンスの評価等を行い、これを運用部門にフィード
         バックすることにより、より精度の高い運用体制を維持するよう努めています。
     2【事業の内容及び営業の概況】

      「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の設
      定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)およびそ
      の受益権の募集又は私募(第二種金融商品取引業)を行っています。また「金融商品取引法」に定める投
      資助言業務を行っています。
      2019  年3月29日現在、         委託会社が運用の指図を行っている証券投資信託は以下の通りです(ただし、親投資
      信託を除きます。)。
            種     類
                              本数                純資産総額
                                 149           1,622,795,497,886
         追加型株式投資信託                           本                    円
                                  ▶            17,370,622,084

         単位型株式投資信託                           本                    円
            合     計                  153           1,640,166,119,970
                                    本                    円
                                 41/74







                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      3【委託会社等の経理状況】
       1.財務諸表の作成方法について

         委託会社である明治安田アセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」という。)の財務諸表
        は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務
        諸表等規則」という。)第2条の規定により、財務諸表等規則及び「金融商品取引業等に関する内閣府
        令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
       2.監査証明について

         委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2017年4月1日から2018年
        3月31日まで)の財務諸表について、有限責任                         あずさ監査法人により監査を受けております。
                                 42/74

















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】
                                              (単位:千円)
                              前事業年度              当事業年度
                            (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      資産の部
       流動資産
        現金・預金                          8,899,403              8,848,374
        前払費用                           124,738              120,943
        未収入金                              33              -
        未収委託者報酬                           763,283             1,195,215
        未収運用受託報酬                           125,850              121,276
        未収投資助言報酬                           213,802              241,655
        繰延税金資産                               -           57,561
                                      25             171
        その他
        流動資産合計                          10,127,137              10,585,198
       固定資産
        有形固定資産
                                   ※1             ※1
         建物
                                    70,202             183,994
                                   ※1             ※1
         器具備品
                                    63,906             171,123
                                    7,909               258
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                          142,018              355,375
        無形固定資産
         ソフトウェア                           44,445              72,467
         電話加入権                           6,662              6,662
         その他                             49              26
                                    8,000                -
         ソフトウェア仮勘定
         無形固定資産合計                           59,157              79,156
        投資その他の資産
         投資有価証券                           1,153                -
         長期差入保証金                          109,020              181,690
         長期前払費用                           1,315              5,381
                                    48,679              65,364
         前払年金費用
         投資その他の資産合計                          160,168              252,436
        固定資産合計                           361,344              686,968
      資産合計                            10,488,482              11,272,167
                                 43/74








                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                              (単位:千円)
                              前事業年度              当事業年度
                            (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      負債の部
       流動負債
        預り金                            40,627              66,282
        未払金                           473,405              947,328
         未払収益分配金                            124              132
         未払償還金                           7,137              7,137
         未払手数料                          260,130              411,569
         その他未払金                          206,013              528,489
        未払費用                            28,001              34,681
        未払法人税等                           261,995              237,896
        未払消費税等                            48,690              59,288
                                   106,594              111,465
        賞与引当金
        流動負債合計                           959,315             1,456,943
       固定負債
        繰延税金負債                            20,955              33,978
                                    28,843              58,490
        資産除去債務
        固定負債合計                            49,799              92,469
       負債合計                           1,009,114              1,549,412
      純資産の部
       株主資本
        資本金                          1,000,000              1,000,000
        資本剰余金
         資本準備金                          660,443              660,443
                                  2,854,339              2,854,339
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                         3,514,783              3,514,783
        利益剰余金
         利益準備金                           83,040              83,040
         その他利益剰余金
          別途積立金                         3,092,001              3,092,001
                                  1,789,505              2,032,929
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                         4,964,546              5,207,971
        株主資本合計                          9,479,330              9,722,754
       評価・換算差額等
                                      36              -
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                              36              -
       純資産合計                           9,479,367              9,722,754
      負債・純資産合計                            10,488,482              11,272,167
                                 44/74






                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益計算書】
                                             (単位:千円)
                              前事業年度              当事業年度
                           (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                            至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
      営業収益
       委託者報酬                           4,516,577              4,855,026
       受入手数料                             6,587              5,274
       運用受託報酬                           1,682,876              1,999,074
                                   394,935              435,317
       投資  助言報酬
      営業収益合計                            6,600,976              7,294,693
      営業費用
       支払手数料                           1,686,614              1,675,008
       広告宣伝費                             41,134              70,117
       公告費                              258               -
       調査費                           1,111,296              1,378,602
        調査費                           511,550              574,087
        委託調査費                           599,746              804,514
       委託計算費                            329,669              341,672
       営業雑経費                             90,520              98,265
        通信費                            11,759              14,032
        印刷費                            65,240              70,234
        協会費                            7,911              8,466
        諸会費                            5,461              5,531
                                     147               0
        営業雑費
      営業費用合計                            3,259,493              3,563,665
      一般管理費
       給料                           1,413,977              1,504,298
        役員報酬                            62,291              64,993
        給料・手当                          1,096,641              1,163,033
        賞与                           255,044              276,272
       その他報酬                             2,281                -
       賞与引当金繰入                            106,594              111,465
       法定福利費                            219,445              229,143
       福利厚生費                             33,700              37,638
       交際費                             1,863              1,309
       寄付金                              200              200
       旅費交通費                             28,955              29,907
       租税  公課                           58,480              61,257
       不動産賃    借料                        118,968              157,238
       退職給付費用                             43,073              43,818
       固定資産減価償却費                             59,320              75,829
       事務委託費                            115,835              97,645
                                    77,674              78,926
       諸経費
      一般管理費合計                            2,280,370              2,428,681
      営業利益                            1,061,112              1,302,346
                                 45/74




                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                             (単位:千円)
                              前事業年度              当事業年度
                           (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                            至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
      営業外収益
       受取  利息                            403              179
       受取配当金                               2              9
       投資有価証券売却益                               -             98
       投資有価証券償還益                               0              -
       償還  金等時効完成分                             28               28
                                   ※1              ※1
       保険  契約返戻金・配当金
                                    1,097              1,164
       為替差益                              127              631
                                     691              663
       雑益
      営業外収益合計                              2,350              2,775
      営業外費用
       投資有価証券償還損                              372               -
       雑損失                              163              663
                                      -            1,564
       時効成立後支払償還金
      営業外費用合計                               535             2,228
      経常利益                            1,062,927              1,302,892
      特別利益
                                      -              -
      特別損失
                                     ※2           ※2
       固定資産除却損
                                      0           10,559
                                      -           30,245
       移設関連費用
      特別損失合計                                0           40,805
      税引前当期純利益                            1,062,927              1,262,087
      法人税、住民税及び事業税                             325,809              372,601
                                                △  44,522
      法人税等調整額                              10,187
      法人税等合計                             335,997              328,078
      当期純利益                             726,929              934,008
                                 46/74









                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【株主資本等変動計算書】
     前事業年度 (自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)                                                                   (単位:千円)
                                     株主資本
                                         資本剰余金
                      資本金
                              資本準備金         その他資本剰余金           資本剰余金合計
     当期首残高                 1,000,000           660,443          2,854,339          3,514,783
     当期変動額
      剰余金の配当
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                     -          -           -          -
     当期末残高                 1,000,000           660,443          2,854,339          3,514,783
                                     株主資本

                                利益剰余金
                               その他利益剰余金                      株主資本
                                            利益剰余金
                                                      合計
                    利益準備金
                                    繰越利益
                                              合計
                            別途積立金
                                     剰余金
     当期首残高                  83,040      3,092,001        1,924,067        5,099,109        9,613,892
     当期変動額
      剰余金の配当                                △861,492        △861,492        △861,492
      当期純利益                                  726,929        726,929        726,929
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                     -       -    △134,562        △134,562        △134,562
     当期末残高                  83,040      3,092,001        1,789,505        4,964,546        9,479,330
                         評価・換算差額等

                                          純資産合計
                     その他有価証券          評価・換算差額等
                      評価差額金            合計
     当期首残高                      △74          △74        9,613,818
     当期変動額
      剰余金の配当                                        △861,492
      当期純利益                                         726,929
      株主資本以外の項目の
                            111          111          111
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                       111          111       △134,451
     当期末残高                       36          36       9,479,367
     当事業年度 (自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)                                                                   (単位:千円)

                                     株主資本
                                        資本剰余金
                     資本金
                              資本準備金         その他資本剰余金           資本剰余金合計
     当期首残高                 1,000,000            660,443          2,854,339          3,514,783
     当期変動額
      剰余金の配当
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                 47/74


                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当期変動額合計                     -           -           -          -
     当期末残高                 1,000,000            660,443          2,854,339          3,514,783
                                     株主資本

                                利益剰余金
                               その他利益剰余金                      株主資本
                                            利益剰余金
                                                      合計
                    利益準備金
                                     繰越利益
                                              合計
                            別途積立金
                                     剰余金
     当期首残高                  83,040      3,092,001        1,789,505        4,964,546        9,479,330
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △690,584        △690,584        △690,584
      当期純利益                                  934,008        934,008        934,008
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                     -        -    △243,424        △243,424        △243,424
     当期末残高                  83,040      3,092,001        2,032,929        5,207,971        9,722,754
                         評価・換算差額等

                                          純資産合計
                     その他有価証券          評価・換算差額等
                      評価差額金            合計
     当期首残高                       36          36       9,479,367
     当期変動額
      剰余金の配当                                        △690,584
      当期純利益                                         934,008
      株主資本以外の項目の
                           △36          △36          △36
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                      △36          △36         243,387
     当期末残高                        -          -      9,722,754
     [ 注記事項]

     (重要な会計方針)

      1 .有価証券の評価基準及び評価方法
        その他   有価証券
         時価のあるもの
         決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
        均法により算定しております。)
      2 . 固定資産の減価償却方法

        (1)有形固定資産
         定額法
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物   6年~18年
         器具備品 3年~20年
        (2)無形固定資産
         定額法
         なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用してお
        ります。
                                 48/74




                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      3 . 引当金の計上基準
        (1)賞与引当金は、従業員賞与の支給に充てるため、当事業年度に見合う支給見込額に基づき計上しておりま
         す。
        (2)退職給付引当金は、従業員に対する退職金の支払に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び
         年金資産の見込額に基づき、当事業年度末において発生していると認められる額を、簡便法により計上してお
         ります。
      ▶ . その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理方法
         消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
                                 49/74

















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (貸借対照表関係)

      ※1  有形固定資産の減価償却累計額は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         建物                         27,155   千円              33,110   千円
         器具備品                        282,865    千円              233,830    千円
     (損益計算書関係)

      ※1  各科目に含まれている関係会社に対するものは次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
         保険契約返戻金・配当金                         1,097   千円               1,164   千円
      ※2  前事業年度 (自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)

         固定資産除却損の内容は、少額の為記載を省略しております。
        当事業年度 (自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

         固定資産除却損の内容は、主に建物付属設備6,108千円、システム関係3,084千円、什器備品1,362千円であります。
     (株主資本等変動計算書関係)

     前事業年度 (自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
     1. 発行済株式に関する事項
         株式の種類          当事業年度期首             増加           減少        当事業年度末
         普通株式              18,887   株           -          -       18,887   株
     2. 自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
     3. 新株予約権等に関する事項

      該当事項はありません。
     4. 配当に関する事項

     (1)配当金支払額
         決議      株式の種類       配当金の総額        1株当たり配当額          基準日       効力発生日
       2016  年6月30日
               普通株式      861,492,731     円   45,613   円00銭     2016  年3月31日      2016  年6月30日
      定時株主総会
     (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         決議      株式の種類       配当の原資       配当金の総額        1株当たり配当額          基準日       効力発生日
       2017  年6月28日
                普通株式      利益剰余金       690,584,268     円   36,564   円00銭     2017  年3月31日      2017  年6月28日
      定時株主総会
     当事業年度 (自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

     1. 発行済株式に関する事項
         株式の種類          当事業年度期首             増加           減少        当事業年度末
         普通株式              18,887   株           -          -       18,887   株
     2. 自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
     3. 新株予約権等に関する事項

      該当事項はありません。
     4. 配当に関する事項

     (1)配当金支払額
         決議      株式の種類       配当金の総額        1株当たり配当額          基準日       効力発生日
       2017  年6月28日
               普通株式      690,584,268     円   36,564   円00銭     2017  年3月31日      2017  年6月28日
      定時株主総会
                                 50/74


                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
         決議      株式の種類       配当の原資       配当金の総額        1株当たり配当額          基準日       効力発生日
       2018  年6月27日
                普通株式      利益剰余金       933,999,924     円   49,452   円00銭     2018  年3月31日      2018  年6月27日
      定時株主総会
     (リース取引関係)

      該当事項はありません。
     (金融商品関係)

     1. 金融商品の状況に関する事項
      (1)   金融商品に対する取組方針
       当社は、資金運用について財務内容の健全性を損なうことのないよう、主に安全性の高い金融資産で運用しております。
      (2)   金融商品の内容及びそのリスク並びに金融商品にかかるリスク管理体制
       営業債権である未収委託者報酬、未収運用受託報酬は、主に当社が運用指図を行う信託財産より支弁され、当社は当該信
      託財産の内容を把握しており、当該営業債権の回収にかかるリスクは僅少であります。また、営業債権である未収投資助言
      報酬は、顧客の信用リスクに晒されており、投資助言先ごとに期日管理及び残高管理を行うとともに、四半期ごとに回収可
      能性を把握する体制としております。
       営業債務である未払手数料、並びに                   その他未払金      は、1年以内の支払期日です。
     2. 金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
      前事業年度 (2017年3月31日)

                      貸借対照表計上額               時価            差額
                        (千円)            (千円)            (千円)
       (1)   現金・預金                 8,899,403            8,899,403                -
       (2)   未収委託者報酬                  763,283            763,283               -
       (3)   未収運用受託報酬                  125,850            125,850               -
       (4)   未収投資助言報酬                  213,802            213,802               -
       (5)投資有価証券
          その他有価証券                      1,153            1,153              -
       (6)   長期差入保証金                  109,020            107,974           △1,045
       資産計                   10,112,513            10,111,468             △1,045
       (1)   未払手数料                  260,130            260,130               -
       (2)   その他未払金                  206,013            206,013               -
       負債計                     466,143            466,143               -
      当事業年度 (2018年3月31日)

                      貸借対照表計上額               時価            差額
                        (千円)            (千円)            (千円)
       (1)   現金・預金                 8,848,374            8,848,374                -
       (2)   未収委託者報酬                 1,195,215            1,195,215                -
       (3)   未収運用受託報酬                  121,276            121,276               -
       (4)   未収投資助言報酬                  241,655            241,655               -
       (5)投資有価証券
          その他有価証券                        -            -           -
       (6)   長期差入保証金                  181,690            181,208            △481
       資産計                   10,588,211            10,587,730              △481
       (1)   未払手数料                  411,569            411,569               -
       (2)   その他未払金                  528,489            528,489               -
       負債計                     940,058            940,058               -
     (注1)金融商品の時価の算定方法
        資産
        (1)現金・預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)未収投資助言報酬
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        (5)投資有価証券
         投資信託は基準価額によっております。
        (6)   長期差入保証金
                                 51/74


                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         長期差入保証金の時価の算定は、その将来キャッシュフローを、国債の利回り等適切な指標で割り引いた現在価値に
         より算定しております。
        負債
        (1)未払手数料、(2)その他未払金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
     (注2)金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額
      前事業年度 (2017年3月31日)
                                1年超         5年超
                       1年以内                           10年超
                                5年以内        10年以内
                       (千円)                           (千円)
                                (千円)         (千円)
       現金・預金                 8,899,051             -         -         -
       未収委託者報酬                  763,283            -         -         -
       未収運用受託報酬                  125,850            -         -         -
       未収投資助言報酬                  213,802            -         -         -
       投資有価証券
        その他有価証券のうち
                            -        115          -         -
        満期のあるもの
       長期差入保証金                     -         -      109,020            -
       合計                10,001,987            115       109,020            -
      当事業年度 (2018年3月31日)

                                1年超         5年超
                       1年以内                           10年超
                                5年以内        10年以内
                       (千円)                           (千円)
                                (千円)         (千円)
       現金・預金                 8,848,087             -         -         -
       未収委託者報酬                 1,195,215             -         -         -
       未収運用受託報酬                  121,276            -         -         -
       未収投資助言報酬                  241,655            -         -         -
       投資有価証券
        その他有価証券のうち                              -
                            -                  -         -
        満期のあるもの
       長期差入保証金                     -         -      181,690            -
       合計                10,406,234             -      181,690            -
     (有価証券関係)

     1. その他有価証券
      前事業年度 (2017年3月31日)
                       貸借対照表計上額              取得原価             差額
             区分
                         (千円)            (千円)            (千円)
       貸借対照表計上額が取得原
       価を超えるもの
        株式                        -            -            -
        債券                        -            -            -
        その他(投資信託)                     1,153            1,100             53
          小計                   1,153            1,100             53
       貸借対照表計上額が取得原
       価を超えないもの
        株式                        -            -            -
        債券                        -            -            -
        その他(投資信託)                       -            -            -
          小計                     -            -            -
          合計                      1,153            1,100             53
     当事業年度 (2018年3月31日)

       該当事項はありません。
     2. 事業年度中に売却したその他有価証券

      前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
       該当事項はありません。
                                 52/74

                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

           区分             売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
      その他(投資信託)                        1,198               98              -
     3. 減損処理を行った有価証券

      該当事項はありません。
     (デリバティブ取引関係)

     当社はデリバティブ取引を全く利用しておりませんので該当事項はありません。
     (退職給付関係)

     前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
     1 .採用している退職給付制度の概要
      当社は、確定給付型の制度として確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を併用しております。
      なお、当社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付引当金(前払年金費用)及び退職
      給付費用を計算しております。
     2 .簡便法を適用した確定給付制度

      (1)簡便法を適用した制度の、前払年金費用の期首残高と期末残高の調整表
        前払年金費用の期首残高                         △13,563      千円
         退職給付費用                          43,073      〃
         退職給付の支払額                             -   〃
         制度への拠出額                         △78,188       〃
        前払年金費用の期末残高                         △48,679       〃
      (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された前払年金費用の調整表

        積立型制度の退職給付債務                          552,011      千円
        年金資産                         △600,963       〃
                                 △48,952       〃
        非積立型制度の退職給付債務                            273    〃
        貸借対照表に計上された負債と資産の純額                         △48,679       〃
        前払年金費用                         △48,679       〃

        貸借対照表に計上された負債と資産の純額                         △48,679       〃
      (3)退職給付費用

        簡便法で計算した退職給付費用                          43,073     千円
     当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

     1 .採用している退職給付制度の概要
      当社は、確定給付型の制度として確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を併用しております。
      なお、当社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付引当金(前払年金費用)及び退職
      給付費用を計算しております。
     2 .簡便法を適用した確定給付制度

      (1)簡便法を適用した制度の、前払年金費用の期首残高と期末残高の調整表
        前払年金費用の期首残高                         △48,679      千円
         退職給付費用                          43,818      〃
         退職給付の支払額                             -   〃
         制度への拠出額                         △60,503       〃
        前払年金費用の期末残高                         △65,364       〃
      (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された前払年金費用の調整表

        積立型制度の退職給付債務                          618,696      千円
        年金資産                         △684,333       〃
                                 △65,637       〃
        非積立型制度の退職給付債務                            273    〃
        貸借対照表に計上された負債と資産の純額                         △65,364       〃
                                 53/74


                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        前払年金費用                         △65,364       〃
        貸借対照表に計上された負債と資産の純額                         △65,364       〃
      (3)退職給付費用

        簡便法で計算した退職給付費用                          43,818     千円
     (ストック・オプション等関係)

     該当事項はありません。
     (税効果会計関係)

     1 .繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
       繰延税金資産
        賞与引当金繰入限度超過額                         32,894     千円            34,130     千円
        未払事業税                         17,533      〃            16,621     〃
        資産除去債務                          8,831     〃            17,909     〃
                                  11,698      〃            8,629     〃
        その他
                                       〃                 〃
       繰延税金資産小計
                                  70,959                 77,291
                                 △70,959       〃           △19,484      〃
       評価性引当額
                                       〃                 〃
       繰延税金資産合計
                                    -               57,806
       繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                           △16     〃              -   〃
        資産除去費用                         △6,033      〃           △14,208      〃
                                 △14,905       〃           △20,014      〃
        前払年金費用
                                       〃                 〃
       繰延税金負債合計                          △20,955                 △34,222
                                       〃                 〃
       繰延税金負債の純額                          △20,955                     -
                                       〃                 〃
       繰延税金資産の純額                             -               23,583
     2 .法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                前事業年度                当事業年度
                              (2017年3月31日)                (2018年3月31日)
       法定実効税率                            -   %            30.86     %
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                            -   〃             0.02     〃
       評価性引当額の増減                            -   〃            △4.08      〃
       雇用拡大促進税制の特別控除                            -   〃            △1.03      〃
       住民税均等割                            -   〃             0.18     〃
       その他                            -   〃             0.04     〃
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                            -   %            25.99     %
     ( 注) 前事業年度は、法定実効税率と税効果適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるた

        め注記を省略しています。
     (企業結合等関係)

     該当事項はありません。
     (資産除去債務関係)

     資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
     (1)  当該資産除去債務の概要 
      本社施設の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。
     (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

      使用見込期間を主たる資産の取得から耐用年数満了時(15年)としており、割引率は1.314%を適用しております。
     またオフィス増床に伴う原状回復費用増加額は29,266千円であり、使用見込期間を既存資産の耐用年数満了時とし、割引率は
     0.027%を適用しております。
      (3)  当該資産除去債務の総額の増減

                                 54/74


                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                              前事業年度                  当事業年度
                            (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                             至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
        期首残高                      28,469    千円              28,843    千円
        有形固定資産の取得に伴う増加額                        -  〃             29,266     〃
        時の経過による調整額                       374   〃               380   〃
        期末残高                      28,843    千円              58,490    千円
     (持分法損益等)

     該当事項はありません。
     (賃貸等不動産関係)

     該当事項はありません。
     (セグメント情報等)

      [セグメント情報]
       当社の事業は、資産運用サービスの提供を行う単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      [関連情報]

       前事業年度 (自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
       1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:千円)
                     投資信託        投資信託        投資顧問        投資顧問
                                                       合計
                    (運用業務)        (販売業務)        (投資一任)        (投資助言)
         外部顧客への売上高             4,516,577          6,587      1,682,876         394,935       6,600,976
       2. 地域ごとの情報

        (1)売上高
          本邦の外部顧客への売上高に区分した金額が損益計算書の売上高の90%を超えるため、地域ごとの売上高の記載を
          省略しております。
        (2)有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごとの有形
          固定資産の記載を省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
       当事業年度 (自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

       1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:千円)
                     投資信託        投資信託        投資顧問        投資顧問
                                                       合計
                    (運用業務)        (販売業務)        (投資一任)        (投資助言)
         外部顧客への売上高             4,855,026          5,274      1,999,074         435,317       7,294,693
       2. 地域ごとの情報

        (1)売上高
          本邦の外部顧客への売上高に区分した金額が損益計算書の売上高の90%を超えるため、地域ごとの売上高の記載を
          省略しております。
        (2)有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごとの有形
          固定資産の記載を省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
      [報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]

       該当事項はありません。
      [報告セグメントごとののれん償却額及び未償却残高に関する情報]

       該当事項はありません。
                                 55/74

                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      [報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]

       該当事項はありません。
                                 56/74




















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (関連当事者情報)
     1 .関連当事者との取引
     財務諸表提出会社の親会社及び法人主要株主等
     前事業年度 (自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                              議決権等
                  資本金又は
         会社等                    の所有(被      関連当事者      取引の    取引金額         期末残高
      種類        所在地     出資金     事業の内容                            科目
         の名称                    所有)割合      との関係      内容    (千円)         (千円)
                  (百万円)
                              (%)
                                  資産運用サービ
         明治安田                    (被所有)     スの提供、当社
              東京都                           投資助言         未収投資
     親会社    生命保険          310,000     生命保険業       直接    投信商品の販            361,136         197,202
             千代田区                             報酬        助言報酬
         相互会社                     92.86    売、及び役員の
                                  兼任
     当事業年度 (自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                              議決権等
                  資本金又は
         会社等                    の所有(被      関連当事者      取引の    取引金額         期末残高
      種類        所在地     出資金     事業の内容                            科目
         の名称                    所有)割合      との関係      内容    (千円)         (千円)
                  (百万円)
                              (%)
                                  資産運用サービ
                                         投資助言         未収投資
                                               396,472         221,851
         明治安田                    (被所有)     スの提供、当社
                                          報酬        助言報酬
              東京都
     親会社    生命保険          260,000     生命保険業       直接    投信商品の販
             千代田区
                                         支払手数         未払手数
         相互会社                     92.86    売、及び役員の
                                               351,238         114,770
                                          料       料
                                  兼任
     取引条件ないし取引条件の決定方針等

     ①投資助言報酬並びに支払手数料については、契約に基づき決定しております。
     (注)上記取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
     なお、前事業年度の支払手数料については金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
     2 .親会社又は重要な関連会社に関する注記

      親会社情報
       明治安田生命保険相互会社(非上場)
     (1株当たり情報)

                                     前事業年度              当事業年度
                                  (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
      1 株当たり純資産額                                501,899    円03銭           514,785    円55銭
      1 株当たり当期純利益金額                                 38,488   円37銭           49,452   円47銭
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2 .算定上の基礎は、以下のとおりであります。
          1 株当たり純資産額

                                     前事業年度              当事業年度
                                   (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      貸借対照表の純資産の部の合計額(千円)                                   9,479,367              9,722,754
      普通株式に係る純資産額(千円)                                   9,479,367              9,722,754
      差額の主な内訳                                        -              -
      普通株式の発行済株式数(株)                                     18,887              18,887
      普通株式の自己株式数(株)                                        -              -
      1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株式の数(株)
                                           18,887              18,887
          1 株当たり当期純利益金額

                                     前事業年度              当事業年度
                                  (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                   至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
      当期純利益(千円)                                    726,929              934,008
                                 57/74


                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                        -              -
      普通株式に係る当期純利益(千円)                                    726,929              934,008
      普通株式の期中平均株式数(株)                                     18,887              18,887
     (重要な後発事象)

     該当事項はありません。
                                 58/74



















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                 委託会社の最近中間会計期間における経理の状況
       1. 中間財務諸表の作成方法について

         委託会社である明治安田アセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」という。)の中間財務諸表は、「中間財
        務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)並びに同規則第38条・第57条の規定に
        より、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
       2. 監査証明について

         委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当中間会計期間(2018年4月1日から2018年9月30日ま
        で)の中間財務諸表について、有限責任                   あずさ監査法人の中間監査を受けております。
                                 59/74

















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     中間財務諸表等
      中間財務諸表
       ①中間貸借対照表
                                                    ( 単位:千円)
                              当中間会計期間末
                              (2018年9月30日)
        資産の部
         流動資産
          現金・預金                            7,909,737
          未収委託者報酬                            1,649,537
          未収運用受託報酬                             396,767
          未収投資助言報酬                             279,664
                                       145,324
          その他
          流動資産合計                             10,381,030
         固定資産
          有形固定資産
                                      ※1
           建物
                                       175,540
                                      ※1
           器具備品
                                       149,807
           有形固定資産合計                            325,347
          無形固定資産
           ソフトウェア                             62,408
           電話加入権                              6,662
           その他                               15
                                        3,650
           ソフトウェア仮勘定
           無形固定資産合計                            72,735
          投資その他の資産
           投資有価証券                             1,992
           長期差入保証金                            181,690
           長期前払費用                             4,345
           前払年金費用                            73,225
                                       30,472
           繰延税金資産
           投資その他の資産合計                            291,727
          固定資産合計                             689,810
         資産合計                            11,070,841
                                 60/74








                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                              当中間会計期間末

                              (2018年9月30日)
        負債の部
         流動負債
          未払償還金                                7,137
          未払手数料                               630,161
          未払法人税等                               325,746
          賞与引当金                               118,219
                                      ※2
          その他
                                       496,641
          流動負債合計                              1,577,906
         固定負債
                                       58,686
          資産除去債務
          固定負債合計                               58,686
         負債合計                              1,636,593
        純資産の部
         株主資本
          資本金                              1,000,000
          資本剰余金
           資本準備金                               660,443
                                      2,854,339
           その他資本剰余金
           資本剰余金合計                              3,514,783
          利益剰余金
           利益準備金                               83,040
           その他利益剰余金
            別途積立金                              3,092,001
                                      1,744,427
            繰越利益剰余金
           利益剰余金合計                              4,919,469
          株主資本合計
                                      9,434,252
         評価・換算差額等
                                         △4
          その他有価証券評価差額金
          評価・換算差額等合計                                 △4
         純資産合計                              9,434,247
        負債純資産合計                             11,070,841
                                 61/74









                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ②中間損益計算書
                                                    ( 単位:千円)
                               当中間会計期間
                             (自 2018年4月        1日
                              至 2018年9月30日)
        営業収益
         委託者報酬                              3,182,104
         受入手数料                                2,375
         運用受託報酬                               924,396
                                       300,736
         投資助言報酬
        営業収益合計                              4,409,611
        営業費用
         支払手数料                              1,115,521
                                      1,054,974
         その他営業費用
        営業費用合計                              2,170,495
                                     ※1
        一般管理費
                                      1,308,518
        営業利益                               930,597
                                       ※2
        営業外収益
                                        1,665
                                        ※3
        営業外費用
                                         49
        経常利益                               932,214
        特別利益
                                          -
                                          -
        特別損失
        税引前中間純利益                               932,214
        法人税、住民税及び事業税
                                       293,603
                                       △6,886
        法人税等調整額
        法人税等合計                               286,716
        中間純利益                               645,497
                                 62/74











                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ③中間株主資本等変動計算書
     当中間会計期間          (自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)
                                                    (単位:千円)
                                      株主資本
                                         資本剰余金
                      資本金
                              資本準備金          その他資本剰余金           資本剰余金合計
     当期首残高                 1,000,000            660,443          2,854,339           3,514,783
     当中間期変動額
      剰余金の配当
      中間純利益
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計                     -           -           -           -
     当中間期末残高                 1,000,000            660,443          2,854,339           3,514,783
                                     株主資本

                                 利益剰余金
                              その他利益剰余金                        株主資本
                                             利益剰余金
                                                       合計
                    利益準備金
                                     繰越利益
                                              合計
                            別途積立金
                                     剰余金
     当期首残高                                                  9,722,754
                       83,040       3,092,001        2,032,929         5,207,971
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                 △933,999         △933,999        △933,999
      中間純利益                                  645,497         645,497        645,497
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計                    -        -    △288,501         △288,501        △288,501
     当中間期末残高                 83,040       3,092,001        1,744,427         4,919,469        9,434,252
                          評価・換算差額等

                                          純資産合計
                     その他有価証券          評価・換算差額等
                      評価差額金            合計
     当期首残高                       -          -      9,722,754
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                        △933,999
      中間純利益                                         645,497
      株主資本以外の項目の
                            △4          △4          △4
      当中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計                      △4          △4       △288,506
     当中間期末残高                      △4          △4       9,434,247
                                 63/74







                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     [ 注記事項]
     (重要な会計方針)

                            当中間会計期間
                          (自 2018年4月        1日
                           至 2018年9月30日)
        1 .有価証券の評価基準及び評価方法
         その他   有価証券
          時価のあるもの
           中間決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却
          原価は移動平均法により算定しております。)
        2 . 固定資産の減価償却方法

         (1)  有形固定資産
           定額法
            なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
            建物   6年~18年
            器具備品 3年~20年
         (2)  無形固定資産
           定額法
            なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額
            法を採用しております。
        3 .引当金の計上基準

         (1)  賞与引当金は、従業員賞与の支給に充てるため、当中間会計期間に見合う支給見込額に基づき
           計上しております。
         (2)  退職給付引当金は、従業員に対する退職金の支払に備えるため、当中間会計期間末における退
           職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当中間会計期間末において発生していると認めら
           れる額を、簡便法により計上しております。
        ▶ .その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項

         消費税等の会計処理方法
           消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
     (会計方針の変更)

      該当事項はありません。
     (表示方法の変更)

      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第                                 28 号 平成    30 年 2 月 16 日)等を当中間会計期間の期首か
       ら適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更して
       おります。
     (中間貸借対照表関係)

                          当中間会計期間末
                          (2018年9月30日)
         ※1  有形固定資産の減価償却累計額は次のとおりで                      あります。
                       建物                  41,988   千円
                       器具備品                 257,206    千円
         㬀  仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺のうえ、金額的重要性が乏しいため、流動負債の「そ

          の他」に含めて表示しております。
                                 64/74




                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (中間損益計算書関係)
                           当中間会計期間
                         (自 2018年4月        1日
                          至 2018年9月30日)
         ※1  当中間会計期間末の減価償却実施額は次のとおりであります。
                       有形固定資産                  32,254   千円
                       無形固定資産                  10,550   千円
         ※2  営業外収益のうち主なもの

                       保険契約返戻金・配当金                   1,332   千円
        ※3  営業外費用のうち主なもの

                       為替差損                    48 千円
     (中間株主資本等変動計算書関係)

                                 当中間会計期間
                               (自 2018年4月        1日
                                至 2018年9月30日)
        1 . 発行済株式に関する事項
          株式の種類         当事業年度期首             増加          減少       当中間会計期間末
           普通株式             18,887   株          -          -       18,887   株
        2 . 自己株式に関する事項

          該当事項はありません。
        3 . 新株予約権等に関する事項

          該当事項はありません。
        ▶ . 配当に関する事項

        (1)  配当金支払額
           決議      株式の種類       配当金の総額         1 株当たり配当額           基準日        効力発生日
         2018  年6月27日
                  普通株式      933,999,924      円    49,452   円00銭      2018  年3月31日       2018  年6月27日
         定時株主総会
        (2)  基準日が当中間会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間会計期間後となるもの

          該当事項はありません。
     ( リース取引関係)

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                  (単位:千円)
                           当中間会計期間
                         (自 2018年4月        1日
                          至 2018年9月30日)
        1 年内                              8,789
        1 年超                              24,902
            合計                          33,691
                                 65/74






                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ( 金融商品関係)
       金融商品の時価等に関する事項
         2018年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                                               (単位:千円)
                     中間貸借対照表計上額                時価           差額
        (1)  現金・預金                  7,909,737           7,909,737               -
        (2)  未収委託者報酬                  1,649,537           1,649,537               -
        (3)  未収運用受託報酬                   396,767           396,767              -
        (4)  未収投資助言報酬                   279,664           279,664              -
        (5)  投資有価証券
          その他有価証券                     1,992           1,992             -
        (6)  長期差入保証金                   181,690           180,137           △1,553
        資産計                   10,419,389           10,417,836             △1,553
        (1)  未払手数料                   630,161           630,161              -
        負債計                    630,161           630,161              -
      (注1)金融商品の時価の算定方法

        資産
        (1)現金・預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)未収投資助言報酬
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        (5)投資有価証券
         投資信託は基準価額によっております。
        (6)長期差入保証金
         長期差入保証金の時価の算定は、その将来キャッシュフローを、国債の利回り等適切な指標で割り引いた現在価値に
          より算定しております。
        負債
        (1)未払手数料
         短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
     ( 有価証券関係)

     1. その他有価証券
      当中間会計期間末(2018年9月30日)
                                               (単位:千円)
                     中間  貸借対照表計上額            取得原価            差額
       中間  貸借対照表計上額が取
       得原価を超えるもの
        株式                        -           -           -
        債券                        -           -           -
        その他(投資信託)                     1,002           1,000             2
          小計                   1,002           1,000             2
       中間  貸借対照表計上額が取
       得原価を超えないもの
        株式                        -           -           -
        債券                        -           -           -
        その他(投資信託)                      990          1,000            △9
          小計                    990          1,000            △9
          合計                      1,992           2,000            △7
     2. 当中間会計期間中に         売却したその他有価証券 

      該当事項はありません。
     3. 減損処理を行った有価証券

      該当事項はありません。
     ( デリバティブ取引関係)

     該当事項はありません。
     ( ストック・オプション等関係)

     該当事項はありません。
                                 66/74


                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ( 企業結合等関係)
     該当事項はありません。
     ( 持分法損益等)

     該当事項はありません。
     ( 資産除去債務関係)

      当中間会計期間(自          2018年4月1日       至  2018年9月30日)
        資産除去債務のうち中間貸借対照表に計上しているもの
        当中間会計期間における当該資産除去債務の総額の増減は次のとおりであります。
           期首残高                     58,490   千円

           有形固定資産の取得に伴う増加額                          -
                                  195  千円
           時の経過による調整額
           当中間会計期間末残高                     58,686   千円
     ( 賃貸等不動産関係)

     該当事項はありません。
     ( セグメント情報等)

      [セグメント情報]
       当社の事業は、資産運用サービスの提供を行う単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      [関連情報]

       当中間会計期間(自            2018年4月1日       至  2018年9月30日)
       1.製品及びサービスごとの情報
                                                     ( 単位:千円)
                      投資信託        投資信託        投資顧問        投資顧問
                                                       合計
                     (運用業務)        (販売業務)        (投資一任)        (投資助言)
         外部顧客への売上高             3,182,104          2,375       924,396        300,736      4,409,611
       2.地域ごとの情報

        (1)営業収益
          本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域ごとの営業収
          益の記載を省略しております。
        (2)有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごとの
          有形固定資産の記載を省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への営業収益のうち、中間損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
      [報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]

       該当事項はありません。
      [報告セグメントごとののれん償却額及び未償却残高に関する情報]

       該当事項はありません。
      [報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]

       該当事項はありません。
                                 67/74





                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1 株当たり情報)
                           当中間会計期間
                         (自 2018年4月        1日
                          至 2018年9月30日)
        1 株当たり純資産額                                 499,510    円12銭
        1 株当たり中間純利益金額                                 34,176   円83銭
        (注)1.潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載してお
            りません。
           2 . 1 株当たり中間純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                       当中間会計期間
                                     (自 2018年4月        1日
                                      至 2018年9月30日)
        中間純利益金額(千円)                                    645,497
        普通株主に帰属しない金額(千円)                                        -
        普通株式に係る中間純利益金額(千円)                                    645,497
        普通株式の期中平均株式数(株)                                     18,887
     ( 重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 68/74















                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【利害関係人との取引制限】
     委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が
     禁止されています。
     (1)自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投
        資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがな
        いものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
     (2)運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若しく
        は取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定
        めるものを除きます。)。
     (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人
        等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接
        な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)
        (5)において同じ。)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることそ
        の他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当
        する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ取引を行うこ
        と。
     (4)委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用
        財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
     (5)上記(3)(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、
        投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれの
        あるものとして内閣府令で定める行為。
     5【その他】

     (1)定款の変更
        委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要となります。
     (2)訴訟事件その他の重要事項
        該当事項はありません。
                                 69/74












                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【その他の関係法人の概況】
     1【名称、資本金の額及び事業の内容】
     (1)受託会社
                                               (2018年3月末現在)
                         資本金の額

             名称                             事業の内容
                         (百万円)
                                 銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融

       三菱UFJ信託銀行株式会社                     324,279      機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営
                                 法)に基づき信託業務を営んでいます。
     (2)販売会社

                                               (2018年3月末現在)
                         資本金の額
             名称                             事業の内容
                         (百万円)
                                 「金融商品取引法」に定める第一種金融商品
       第四証券株式会社                       600
                                 取引業を営んでいます。
     2【関係業務の概要】

     (1)受託会社
        受託銀行として、ファンドの信託財産の保管・管理・計算、外国証券を保管・管理する外国の保管銀
        行への指図・連絡、その他付随する業務等を行います。なお、受託会社は、信託事務の一部につき                                                      日
        本マスタートラスト信託銀行株式会社                    に委託することがあります。
     (2)販売会社
        ファンドの販売会社として、募集・販売の取扱い、受益者に対する運用報告書の交付、信託契約の一
        部解約に関する事務、収益分配金の再投資に関する事務、一部解約金・収益分配金・償還金の支払い
        に関する事務等を行います。
                                 70/74











                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【資本関係】
     (1)受託会社
        該当事項はありません。
     (2)販売会社
        該当事項はありません。
     (参考情報:再信託受託会社の概要)

      1.  名称、資本金の額及び事業の内容
         名称        :  日本マスタートラスト信託銀行株式会社
         資本金の額        :  2018  年3月末    現在、10,000百万円

         事業の内容        :  銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関

                   する法律(兼営法)に基づき信託業務を営んでいます。
      2.関係業務の概要
         受託会社との信託契約(再信託契約)に基づき、当ファンドの信託事務の一部(信託財産の管理)を
         委託され、その事務を行うことがあります。
      3.資本関係
         該当事項はありません。
                                 71/74














                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【その他】
     (1)目論見書の表紙等に委託会社のロゴ・マーク、図案、キャッチ・コピー、投資家あるいは受益者向け
        メッセージ等を採用し、ファンドの形態等の記載をすることがあります。
     (2)交付目論見書の表紙に、以下の内容を記載することがあります。
        ・金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書である旨
        ・目論見書の使用開始日
        ・委託会社の金融商品取引業者登録番号、設立年月日、資本金、委託会社の投資信託財産の合計純資
         産総額
        ・詳細情報の入手方法
         ①委託会社のホームページアドレス                    (当該アドレスをコード化した図形等も含みます。)                             、電話番
           号および受付時間等
         ②請求目論見書の入手方法および投資信託約款(以下「約款」という。)が請求目論見書に掲載さ
           れている旨
        ・届出の効力に関する事項について、次に掲げるいずれかの内容を記載する場合があります。
         ①届出をした日および当該届出の効力の発生の有無を確認する方法
         ②届出をした日、届出が効力を生じている旨および効力発生日
        ・商品内容に関して重大な変更を行う場合には、投資信託及び投資法人に関する法律                                               (昭和26年法律
         第198号)に基づき事前に受益者の意向を確認する旨
        ・投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨
        ・請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行った場合にはそ
         の旨の記録をしておくべきである旨
        ・「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。」との趣旨を示す記載
     (3)届出書第一部「証券情報」、第二部「ファンド情報」の主たる内容を要約し、「1.ファンドの目
        的・特色」、「2.投資リスク」、「4.手続・手数料等」として、交付目論見書に記載します。
     (4)交付目論見書に商品分類および属性区分の一覧表を掲載します。
     (5)交付目論見書の「3.運用実績」に委託会社のホームページアドレス                                         (当該アドレスをコード化した
        図形等も含みます。)を掲載することがあります。またこれらのアドレスにアクセスすることにより
        最新の運用状況を入手できる旨を記載することがあります。
     (6)請求目論見書に約款を掲載し、届出書第一部「証券情報」、第二部「ファンド情報」の詳細な内容に
        ついては、当該約款を参照する旨を記載することで届出書の内容とすることがあります。
     (7)届出書第一部「証券情報」、                   第二部「ファンド情報」の記載内容については、投資家の理解に資するた
        め、当該内容を説明した図表等を付加し、交付目論見書に記載することがあります。
     (8)    目論見書は電子媒体等として使用されるほかインターネットなどに掲載される場合があります。
     (9)投信評価機関、投信評価会社等からファンドに対するレーティングを取得し、当該レーティングを使
        用することがあります。
     (10)目論見書の別称として、次を用いることがあります。
        「投資信託説明書(目論見書)」
        「投資信託説明書(交付目論見書)」
        「投資信託説明書(請求目論見書)」
     (11)交付目論見書に金融商品取引法第37条の3の規定に基づく契約締結前書面に関する事項を記載する
        ことがあります。
                                 72/74







                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2018年6月8日
     明治安田アセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中
                           有限責任     あずさ監査法人
                           指定有限責任社員

                                       公認会計士        壁 谷 惠 嗣 ㊞
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                       公認会計士        蓑 輪 康 喜 ㊞
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経

     理状況」に掲げられている明治安田アセットマネジメント株式会社の2017年4月1日から2018年3月31日ま
     での第32期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計
     方針、その他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成
     し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正
     に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表
     明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査
     を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を
     得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手
     続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて
     選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではない
     が、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表
     の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその
     適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが
     含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
     て、明治安田アセットマネジメント株式会社の2018年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する
     事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管し

           ております。
        2.  XBRL  データは監査の対象には含まれていません。
                                 73/74




                                                           EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          独立監査人の中間監査報告書

                                                      2018  年11月9日

      明治安田アセットマネジメント株式会社
        取締役会 御中
                           有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                        公認会計士        熊 木 幸 雄 ㊞
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                        公認会計士        蓑 輪 康 喜 ㊞
                            業  務  執  行  社  員
        当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の

      経理状況」に掲げられている明治安田アセットマネジメント株式会社の2018年4月1日から2019年3月31日
      までの第33期事業年度の中間会計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)に係る中間財務諸表、す
      なわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記
      について中間監査を行った。
      中間財務諸表に対する経営者の責任

        経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財
      務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中
      間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用すること
      が含まれる。
      監査人の責任

        当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する
      意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に
      準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の
      有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得
      るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
        中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて
      監査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又
      は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手
      続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意
      見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監
      査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、
      中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
      含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
        当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
      中間監査意見

        当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
      基準に準拠して、明治安田アセットマネジメント株式会社の2018年9月30日現在の財政状態及び同日をもっ
      て終了する中間会計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示
      しているものと認める。
      利害関係

        会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以 上

      (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途

           保管しております。
          2 .XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                 74/74



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。