HSBC中国人民元債券オープン(毎月決算型)/(年2回決算型) 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                    有価証券届出書

      【提出先】                    関東財務局長

      【提出日】                    2019年4月26日       提出

      【発行者名】                    HSBC投信株式会社

      【代表者の役職氏名】                    代表取締役  パトリス・コンシコール

      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋三丁目11番1号

      【事務連絡者氏名】                    若狭 直美

      【電話番号】                    代表(03)3548-5690

      【届出の対象とした募集内国投資信託受                    HSBC中国人民元債券オープン(毎月決算型)

       益証券に係るファンドの名称】
                          HSBC中国人民元債券オープン(年2回決算型)
      【届出の対象とした募集内国投資信託受                    当初申込期間(2019年5月13日から2019年5月29日まで)
       益証券の金額】
                          HSBC中国人民元債券オープン(毎月決算型)
                          100億円を上限とします。
                          HSBC中国人民元債券オープン(年2回決算型)
                          100億円を上限とします。
                          継続申込期間(2019年5月30日から2020年8月17日まで)
                          HSBC中国人民元債券オープン(毎月決算型)
                          1兆円を上限とします。
                          HSBC中国人民元債券オープン(年2回決算型)
                          1兆円を上限とします。
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                  1/41











                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】
     (1)【ファンドの名称】
      HSBC   中国人民元債券オープン             ( 毎月決算型      )
      HSBC   中国人民元債券オープン             ( 年2回決算型       )
      (以上を総称して         「 中国人民元債券オープン             」、 個別の各ファンドは          「 当ファンド      」 という場合が       あります。また、「        HS
      BC中国人民元債券オープン(毎月決算型)                     」 を 「 毎月決算型      」、「  HSBC中国人民元債券オープン(年2回決算型)                        」 を
      「 年2回決算型      」 という場合があります           。)
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

      追加型証券投資信託の受益権です。
      委託会社の依頼により、信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付、または信用格付業者か
      ら提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
      ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律                             ( 以下  「 社振法   」 といいます      。) の規定の適用を受け、受益
      権の帰属は      、「(11)    振替機関に関する事項           」 に記載の振替機関および当該振替機関の下位の口座管理機関                               ( 社振法第
      2条に規定する        「 口座管理機関       」 をいい、振替機関を含め、              「 振替機関等      」 といいます      。) の振替口座簿に記載または
      記録されることにより定まります                 ( 振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を                                「 振替受益権      」
      といいます      。)。  委託会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行
      しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

      ①当初申込期間:各ファンドにつき100億円を上限とします。
      ②継続申込期間:各ファンドにつき1兆円を上限とします。
      上記金額には、購入時の申込手数料ならびに当該手数料にかかる消費税および地方消費税に相当する金額                                                 ( 以下  「 消費税等相
      当額  」 といいます     。) は含まれません。
     (4)【発行(売出)価格】

      ①当初申込期間:発行価格              ( 購入価額     ) は、1口当たり1円とします。
                                               *
      ②継続申込期間:発行価格              ( 購入価額     ) は、購入申込受付日の翌営業日の基準価額                      とします。
       * 「 基準価額    」 とは、ファンドの資産総額から負債総額を控除した金額(純資産総額)を受益権総口数で除した1口当たりの
        価額をいいます。ただし、便宜上1万口当たりに換算した価額で表示されます。
       基準価額については、販売会社または                    「(12)   その他   」 に記載の<照会先>にお問い合わせください。その他、原
       則として計算日        ( 基準価額が算出される日             ) の翌日付の      日本経済新聞朝刊に          掲載されます(        略称:   毎月決算型      =
       「 人民元債毎月       」、 年2回決算型       = 「 人民元債年2       」 )。
     (5)【申込手数料】

                                                   *
      申込手数料      ( 購入時手数料       ) は、  購入金額     ( 購入価額に購入口数を乗じて得た額                  ) に、3.24%      ( 税抜3.00%      ) を上限と
      して販売会社が個別に定める手数料率を乗じて得た額とします。購入時手数料には消費税等相当額が加算されま
      す 。
      * 消費税率が10%に引き上げられる場合は、3.30%になります。
     (6)【申込単位】

      申込単位     ( 購入単位     ) は、販売会社が個別に定める単位とします。詳しくは、販売会社へお問い合わせください。
     (7)【申込期間】

      ①当初申込期間:         2019  年5月13日から2019年5月29日まで
      ②継続申込期間:         2019  年5月30日から2020年8月17日まで
      継続申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することにより更新されます。
     (8)【申込取扱場所】

      販売会社においてお申込みの取扱いを行います。販売会社については                                     、 「 ( 12 ) その他    」 に記載の<照会先>へお
      問い合わせください。
      なお  、「中国    人民元債券オープン          」 は2つのタイプのファンドから構成されておりますが、販売会社によっては、
      一部の個別ファンドのみのお取扱いとなる場合があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
                                  2/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      販売会社以外の金融商品取引業者または登録金融機関が販売会社と取次契約を結ぶことにより、ファンドを当該販売会社に
      取り次ぐ場合があります。
     (9)【払込期日】

      ①当初申込期間
       受益権の購入申込者は、当初申込期間中に、申込金                          ( 購入代金     ) を販売会社に支払うものとします。当初申込期
       間における発行価額の総額は、設定日                    ( 2019  年5月30日     )、 販売会社から委託会社の指定する口座を経由して、
       受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
      ②継続申込期間
       受益権の購入申込者は、販売会社が定める期日までに、申込金                                ( 購入代金     ) を販売会社に支払うものとします。
       申込期間における発行価額の総額は、販売会社によって、追加信託が行われる日に委託会社の指定する口座を
       経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
      購入代金は、購入金額に、購入時手数料および当該手数料にかかる消費税等相当額を加えた金額となります。
     (10)【払込取扱場所】

      お申込みの販売会社にお支払いください。
     (11)【振替機関に関する事項】

      ファンドの受益権の          振替機関は、株式会社証券保管振替機構です。
     (12)【その他】

      ①申込証拠金はありません。
      ② 販売会社によっては、個別ファンド間でスイッチングの取扱いを行う場合があります。詳しくは販売会社にご
       確認ください。
      ③日本以外の国・地域における発行はありません。
      ④振替受益権について
       ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け                          、「(11)   振替機関に関する事項            」 に記載の振替機関の振替業に
       かかる業務規程等の規則にしたがって取り扱われるものとします。
       ファンドの分配金、償還金、換金代金は、社振法および                             「(11)  振替機関に関する事項            」 に記載の振替機関の業務
       規程その他の規則にしたがって支払われます。
       ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピューターシステムにより管理する制度を                                             「 投資信託振替制度         」 と
       いいます。ファンドの設定、解約、償還等がコンピューターシステム上の帳簿                                        ( 振替口座簿      ) への記載・記録に
       より行われますので、受益証券は発行されません。
      <照会先>
       HSBC   投信株式会社
       ホームページ:        www.assetmanagement.hsbc.com/jp
       電話番号:      03-3548-5690       ( 受付時間:委託会社の営業日の午前9時~午後5時                         )
                                  3/41








                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】
     第1【ファンドの状況】
     1【ファンドの性格】
     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
      ①ファンドの目的
      ②ファンドの基本的性格



                            *
       当ファンドは       、「 追加型投信/海外/債券             」 に属します。
       * 一般社団法人投資信託協会が定める                 「 商品分類に関する指針          」 に基づく商品分類です。
       当ファンドの商品分類および属性区分は、以下のとおりです。
      <毎月決算型       >
           〔商品分類〕                             〔属性区分〕
      単位型・     投資対象      投資対象資産                     決算      投資対象              為替
                           投資対象資産                       投資形態
      追加型      地域     (収益の源泉)                     頻度       地域             ヘッジ
                          株式 一般
                                            グローバル
                           大型株
                                      年1回
                                             日本
                           中小型株                        ファミリー
                  株   式                                        あ り
                          債券 一般                          ファンド
                                      年2回       北米
           国 内
                           公債
                                             欧州
                  債   券                    年4回
      単位型                     社債
                                             アジア
                                      年6回
                           その他債券
           海 外      不動産投信
                                            オセアニア
                                     (隔月)
                           クレジット属性
                                     年12回       中南米
      追加型                    不動産投信
                 その他資産
                                     (毎月)
                          その他資産(投資信託                          ファンド
                                            アフリカ
           内 外
                          証券(債券))                          ・オブ・
                                      日 々       中近東
                  資産複合                                        な し
                          資産複合                          ファンズ
                                            (中東)
                                      その他
                           資産配分固定型
                                           エマージング
                           資産配分変更型
     属性区分に記載している           「 為替ヘッジ     」 は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しております。

      <年2回決算型        >
           〔商品分類〕                             〔属性区分〕
      単位型・     投資対象      投資対象資産                     決算      投資対象              為替
                           投資対象資産                       投資形態
      追加型      地域     (収益の源泉)                     頻度       地域             ヘッジ
                                  4/41






                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          株式 一般
                                            グローバル
                           大型株
                                      年1回       日本
                           中小型株                        ファミリー
                  株   式                                        あ り
                                      年2回
                          債券 一般                          ファンド
                                             北米
           国 内
                           公債
                                      年4回       欧州
                  債   券
      単位型                     社債
                                             アジア
                                      年6回
                           その他債券
           海 外      不動産投信
                                     (隔月)      オセアニア
                           クレジット属性
                                     年12回
                                            中南米
      追加型                    不動産投信
                 その他資産
                                     (毎月)
                          その他資産(投資信託                          ファンド
                                            アフリカ
           内 外
                          証券(債券))                          ・オブ・
                                      日 々
                                            中近東
                  資産複合                                        な し
                          資産複合                          ファンズ
                                            (中東)
                                      その他
                           資産配分固定型
                                           エマージング
                           資産配分変更型
     属性区分に記載している           「 為替ヘッジ     」 は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しております。

     (注)当ファンドが該当する商品分類および属性区分を網掛け表示しています。
       〔商品分類〕
        1)単位型投信・追加型投信の区分
         「追加型    」 は、一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ、従来の信託財産とともに運用されるファ
         ンドをいいます。
        2)投資対象地域による区分
         「海外   」 は、目論見書または約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨の記
         載があるものをいいます。
        3)投資対象資産による区分
         「債券   」 は、目論見書または約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載があ
         るものをいいます。
       〔属性区分〕
        1)投資対象資産による属性区分
         「その他資産      ( 投資信託証券      ( 債券  ))」  は、投資対象資産による区分がその他資産                    ( 投資信託証券      ) で、投資信託証券への
         投資を通じて債券に実質的に投資するものをいいます。このため、上記                                 〔 商品分類    〕 の 「3)  投資対象資産による区分           」 で
         は、収益の源泉である          「 債券  」 と記載しております。
        2)決算頻度による属性区分
         「 年12回(毎月)       」 は、目論見書または約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるものをいいます。
         「 年2回   」 は、目論見書または約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいいます。
        3)投資対象地域による属性区分
         「アジア    」 は、目論見書または約款において、組入資産による投資収益がアジア地域の資産を源泉とする旨の記載があ
         るものをいいます。
        4)投資形態による属性区分
         「ファンド     ・ オブ  ・ ファンズ    」 は、一般社団法人投資信託協会が定める                   「 投資信託等の運用に関する規則               」 第2条に規定
         するファンド・オブ・ファンズをいいます。
        5)為替ヘッジによる属性区分
         「為替ヘッジなし        」 は、目論見書または約款において、為替のヘッジを行わない旨の記載があるものまたは為替のヘッ
         ジを行う旨の記載がないものをいいます。
        商品分類および属性区分の定義は、当ファンドに該当するものについてのみを記載しています。                                            詳細につきましては、一
        般社団法人投資信託協会のホームページ                  (https://www.toushin.or.jp/)            をご覧ください。
      ③信託金の限度額
       信託金の限度額は、          各ファンドにつき         5,000   億円としますが、受託会社と合意のうえ、限度額を変更すること
       ができます。
      ④ファンドの特色
                                  5/41




                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                ≪ HSBC   グループおよび        HSBC   グローバル・アセット・マネジメント≫






        HSBC   グループの持株会社である              HSBC   ホールディングス         plc は 、英国・ロンドンに本部を置いていま
        す 。HSBCグループ         は 、ヨーロッパ、アジア・          太平洋、南北アメリカ、中東、北アフリカにまたがる66の国
        と地域でお客さまに          サービス    を提供し、その歴史は1865年の創業に遡る世界有数の金融グループです。
        HSBC   投信株式会社が属する            HSBCグローバル・アセット・マネジメントは、                     個人・事業法人・機関投資家に
        投資ソリューションを提供する、                 HSBC   グループにおける資産運用部門の総称です                      。HSBCグローバル・
        アセット・マネジメント          は約26の国と地域に拠点を持ち、それぞれのマーケットを深く理解している国際的
        なネットワークを活かして、お客さまにグローバルな投資機会を提供しています。
        上記は本書提出日現在知りうる情報であり、今後変更になることがあります。
          HSBC   投信株式会社は社内規程に基づき、クラスター爆弾または対人地雷の使用、開発、製造、備蓄、輸送

          または貿易に直接関与する企業への投資は行いません。
     (2)【ファンドの沿革】

      2019  年5月30日  信託契約締結、当ファンドの設定および運用開始(予定)
     (3)【ファンドの仕組み】

      ①ファンドの仕組み
       当ファンドはファンド・オブ・ファンズ形式で運用を行います。
       ファンド・オブ・ファンズとは、複数の投資信託                          ( ファンズ     ) に投資する投資信託           ( ファンド     ) のことをいいま
       す。
       ファンドが組入対象とする投資信託証券は、追加・変更されることがあります。
       イメージ図
        投資対象ファンドの概要につきましては、後掲の「≪参考情報≫当ファンドが投資する投資信託証券およびその概要」



        をご参照ください。
       (注)損益はすべて投資者である受益者に帰属します。
                                  6/41




                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②関係法人の概要
      <委託会社が関係法人と締結している契約等の概要>











       1)受託会社と委託会社の間では                 「 証券投資信託契約         」 が締結されており、信託財産の運用方針、信託報酬の総
         額、募集方法に関する事項等が定められています。
       2)販売会社と委託会社の間では                 「 募集・販売等に関する契約              」 が締結されており、募集および一部解約の取扱
         いに関する事項、収益分配金の再投資に関する事務、収益分配金、換金代金および償還金の支払いの取扱
         いに関する事項等が定められています。
      ③委託会社の概況
       1)資本金の額        ( 本書提出日現在        ) :495百万円
       2)会社の沿革
         1985  年  5月27日  ワードレイ投資顧問株式会社設立
         1987  年  3月12日  投資顧問業の登録
         1987  年  6月10日  投資一任契約にかかる業務の認可
         1994  年  2月17日  エイチ・エス・ビー・シー投資顧問株式会社に商号変更
         1998  年  4月24日  エイチ・エス・ビー・シー投信投資顧問株式会社に商号変更
         1998  年  6月16日  証券投資信託委託業の認可
         2003  年  3月  1日      HSBC   アセット・マネジメント株式会社に商号変更
         2005  年  4月25日        HSBC   投信株式会社に商号変更
         2007  年  9月30日  金融商品取引業の登録
     3)大株主の状況
                                                    (本書提出日現在)
            氏名または名称                    住所         所有株式数(株)           所有比率(%)
      ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バン                     香港クィーンズロード・
                                               2,100          100.00
      キング・コーポレイション・リミテッド                     セントラル1番地
                                  7/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【投資方針】
     (1)【投資方針】
      ①基本方針
       当ファンドは、主として投資信託証券への投資を通じて、「毎月決算型」は安定した収益の確保とともに信託
       財産の中長期的な成長を、「年2回決算型」は信託財産の中長期的な成長を図ることを目標として、ファン
       ド・オブ・ファンズ形式で運用を行います。当ファンドの運用目的を忠実かつ適正に達成するため、投資先投
       資信託証券の選定は、次の点を重視し行います。
         選定基準①
        投資対象国および投資対象資産が、当ファンドの投資方針に合致していること
         選定基準②
        投資先投資信託証券の運用状況の把握、投資環境・市場状況等の情報入手の容易さ等の観点から、当ファン
        ドの運営・管理における事務をスムーズかつ正確に執行できること
      ②投資態度
       1)  主に、中国国内・外で発行される債券等を主要投資対象とする投資信託証券に投資します。
       2)  上記1)の投資信託証券に加えて、中国の債券等を投資対象とする外国籍投資信託証券に投資する場合が
         あります。また、米国の短期債券等を投資対象とするETF(上場投資信託)にも投資します。
       3)上記1)および2)の投資信託証券の投資にあたっては、中国の債券等を投資対象とする投資信託証券の
         組入れを高位に保つことを基本とします。                      なお、ETFの組入れは低位とします。
       4)  外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
       5)当初設定時および償還準備に入った際、大量の設定または解約による資金動向、信託財産の規模等によっ
         ては、上記のような運用ができない場合があります。
     (2)【投資対象】
      ①当ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
       1)次に掲げる特定資産             (「 特定資産     」 とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定めるものをい
         います。以下同じ         。)
         イ.有価証券
         ロ.約束手形(上記イ.に掲げるものに該当するものを除きます。)
         ハ.金銭債権(上記イ.およびロ.に掲げるものに該当するものを除きます。)
       2)特定資産以外の資産で、次に掲げる資産
         イ.為替手形
      ②投資対象とする有価証券の指図範囲
       委託会社は、信託金を、主として                 「中国人民元債券         ファンド     」 のほか、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2
       項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。
       1)コマーシャル・ペーパーおよび短期社債等
       2)外国または外国の者の発行する証券または証書で、前記1)の証券または証書の性質を有するもの
       3)  投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいいます。)
       4)投資証券       、新投資口予約権証券           または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをい
         います。)
       5)指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証券に限り
         ます。)
      ③投資対象とする金融商品の運用指図
       前記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみ
       なされる同項各号に掲げる権利を含みます。以下同じ。)により運用することを指図することができます。
       1)預金
       2)指定金銭信託(前記②に掲げるものを除きます。)
       3)コール・ローン
       4)手形割引市場において売買される手形
       当ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会社が運用上必要と認めるときには、委
       託会社は、信託金を、前記1)から4)までに掲げる金融商品により運用することの指図ができます。
     ≪参考情報≫当ファンドが投資する投資信託証券およびその概要
      ①投資対象ファンドの概要
                                  8/41




                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②中国の債券等を投資対象とする他の外国籍の投資信託証券に投資する場合があります。










      ③上記のほか       、ETF   にも投資します。
       投資対象とする        ETF  は 、iShares    Short   Treasury     Bond   ETF  です。同ファンドは、米国の短期債券等を投資対象と
       する  ETF  です  。(iShares     は、ブラックロック・グループが運用する                      ETF  ブランドです       。)
       投資対象とする        ETF  の内容は、変更されることがあります。また、別の                          ETF  に投資する場合があります。
      (注)上記の内容は本書提出日現在のものです。今後変更される場合があります。また、投資対象ファンドは、委託会社の
        判断により見直しを行うことがあります。
     (3)【運用体制】





                                  9/41




                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ■ 当ファンド      の運用








       委託会社は、投資方針に基づき、投資する投資信託証券を選定し、投資信託証券を通じてファンド・オブ・
       ファンズ形式で運用します。
      ■ 当ファンドの運用管理体制
       運用本部は、投資信託証券に投資することにより、運用します。
       運用本部は、業務本部からの取引報告をもとに、運用内容のチェックを行います。
       投資制限モニタリング責任者は、委託会社のシステムを通じ、当ファンドの運用方針どおりの運用を適正に
       行っているかを日々モニタリングします。
       コンプライアンス部は、投資制限モニタリング責任者からモニタリング結果の報告を受け、チェックを行いま
       す。
      ■運用体制の監督機関
       ・運用委員会
        ファンド運営上の諸方針の立案・決定を行います。
       ・プロダクト委員会
        新ファンドの立案・決定、既存ファンドの商品性管理を行います。
       ・経営委員会
        上記委員会の上部機関として、ファンド運営体制を経営の立場から監督します。
       ・リスク管理委員会
        ファンド運営上の         リスクマネジメント、コンプライアンス、                 法令遵守体制等のチェックを行います。
      ■受託会社に対する管理体制
       信託財産の管理業務に対する正確性、適切性などに関                            して、   定期的に内部統制に関する報告書を受領します。
      ■ファンドの運用に関しては、以下のような原則にしたがいます。
      (法令等の遵守)
       運用業務の遂行にあたっては、金融商品取引業者の業務の公共性を自覚し、金融商品取引法および関連法令、
       一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会等で定める諸規則およびガイドライン等を遵守
       しなければならない。
      (秘密の厳守)
       運用業務に携わる者は職務上知りえた顧客の取引、財産の状況等、もしくは、株価に影響を与えると考えられ
       る法人関係情報等は十分な注意をもって取り扱い、秘密に関する事項を漏洩してはならない。なお、営業部門
       等社内の他部門の役職員に対し、業務上必要とされる場合を除き、不必要な情報の提供を行ってはならない。
      (忠実義務)
       運用業務に携わる者は、顧客資産の保全、増大を第一の目標                               とし、その     目的の達成      のために、     情報の収集、投資
       判断、正確かつ迅速な業務遂行に最善を尽                      くさなければならない。           利益相反の可能性はこれを極力排除する。
      (最良執行方針)
                                 10/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       運用業務の遂行        にあたっては、       投資者にとり最良の取引条件で注文を執行                      しなければならない。          運用業務に携わる
       者は最良執行義務を負い、価格                のみならず、コスト、スピード、              執行の確実性等さまざまな要素を総合的に勘案し
       て執行しなければならない。
      (善管注意義務)
       運用業務の遂行にあたっては、善良なる管理者の注意をもって資産の適正な分別管理を行い、業務を遂行しな
       ければならない。また、市場リスク、流動性リスク、信用リスク、財務リスク、カントリーリスク、決済リス
       ク、オペレーショナルリスク等に配慮しこれを行わなければならない。
      (運用計画の策定および実行)
       運用業務の遂行にあたっては、運用計画を策定し、適宜これを見直さなければならない。運用計画はこれを運
       用委員会で協議し、承認を受けなければならない。
      運用体制等は本書提出日現在のものであり、今後変更になる可能性があります。
     (4)【分配方針】
      ①収益分配方針
                   毎月決算型                           年2回決算型
        年12回の決算時(毎月20日、休業日の場合は翌営                            年2回の決算時(毎年5月、11月の各20日、休業日
        業日)に、原則として以下の方針に基づき、分配                            の場合は翌営業日)に、原則として以下の方針に
        を行います。なお、第1期~第3期は、分配を行い                            基づき、分配を行います。
        ません。
       1)分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた利子・配当等収益と売買益                                           ( 評価益を含みます         。) 等の
         全額とします。
       2)分配金額は、委託会社が基準価額の水準・市況動向などを勘案して決定します。ただし、分配対象額が少
         額の場合等には、分配を行わないことがあります。
       3)留保益の運用については特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運用を行いま
         す。
      ②収益の分配方式



       1)信託財産から生じる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
        (a)  配当金、利子およびこれらに類する収益から支払利息を控除した額(以下「配当等収益」といいま
           す。)は、諸経費、その他諸費用および当該諸費用にかかる消費税等に相当する金額、信託報酬および
           当該信託報酬にかかる消費税等に相当する金額を控除した後、その残額を受益者に分配することができ
           ます。なお、次期以降の分配にあてるため、その一部を分配準備積立金として積み立てることができま
           す。
        (b)  売買損益に評価損益を加減して得た利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経費、その他諸費
           用および当該諸費用にかかる消費税等に相当する金額、信託報酬および当該信託報酬にかかる消費税等
           に相当する金額を控除し、繰越欠損金のあるときは、その全額を売買益をもって補填した後、受益者に
           分配することができます。なお、次期以降の分配にあてるため、分配準備積立金として積み立てること
           ができます。
       2)毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越します。
      ③収益分配金の交付
       「一般コース」の収益分配金は、税金を差し引いた後、原則として決算日から起算して5営業日までに販売会
       社で支払いを開始します。受益者が、支払開始日から5年間支払いの請求を行わない場合はその権利を失い、
       受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
       「 自動けいぞく投資コース             」 の収益分配金は、原則として販売会社が税金を差し引いた後、受益者に代わって決
       算日の基準価額で再投資します。なお、収益分配金の再投資については、無手数料でこれを行います。
       収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者                                               ( 当該収益分配金
       にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該収益分配金に
       かかる決算日以前に設定された受益権で購入代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受
       益権については原則として購入申込者とします                        。) にお支払いします         。「 自動けいぞく投資コース             」 の場合は、再
       投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
                                 11/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       <収益分配金に関する留意事項>
     (5)【投資制限】
















      ①当ファンドの信託約款に定める投資制限は以下のとおりです。
       1)投資信託証券への投資割合には制限を設けません。
       2)投資信託証券以外への投資は信託約款の「運用の指図範囲等」で規定する範囲内で行います。
       3)外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
       4)投資信託証券および短期金融商品                   ( 短期運用の有価証券を含みます。                 ) 以外への直接投資は行いません。
       5)デリバティブの直接利用は行いません。
       6)信用リスク集中回避のための投資制限
                                 12/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
         ジャーおよびデリバティブ取引等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則とし
         て、それぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場合に
         は、  委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行うことと
         します。
       7)特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
         外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合に
         は、制約されることがあります。
       8)外国為替予約取引の指図
         委託会社は、信託財産に属する外貨建資産の為替ヘッジのため、外国為替の売買の予約取引の指図をす
         ることができます。
       9)有価証券売却等の指図
         委託会社は、信託財産に属する投資信託証券にかかる信託契約の一部解約の請求および信託財産に属す
         る有価証券の売却等の指図ができます。
       10 )再投資の指図
         委託会社は、9)の規定による一部解約代金および売却代金、有価証券にかかる償還金等、有価証券等
         にかかる利子等およびその他の収入金を再投資することの指図ができます。
       11 )資金の借入れ
         (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性を図るため、一部解約に伴う支払資金の
           手当て   ( 一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。                                       ) を目的として、
           または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ                                          ( コール市場を通じ
           る場合も含みます。           ) の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は
           行わないものとします。
         (b)  一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財産
           で保有する有価証券等の売却代金の入金日までの間または受益者への解約代金支払開始日から信託財
           産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日から信託
           財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間としま
           す。資金借入額は有価証券等の売却代金、解約代金および償還金の合計額を限度とします。ただし、
           資金の借入額は、借入指図を行う日における信託財産の純資産総額の10%を超えないこととします。
         (c)  収益分配金の再投資にかかる借入期間は、信託財産から収益分配金が支払われる日からその翌営業日
           までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
         (d)  借入金の利息は信託財産より支払います。
       12 )受託会社による資金の立替え
         (a)  信託財産に属する有価証券について、借替がある場合で、委託会社の申出があるときは、受託会社は
           資金の立替えをすることができます。
         (b)  信託財産に属する有価証券かかる償還金等、有価証券等にかかる利子等およびその他の未収入金で、
           信託終了日までにその金額を見積もりうるものがあるときは、受託会社がこれを立替えて信託財産に
           繰り入れることができます。
         (c)  上記(a)および(b)の立替金の決済および利息については、受託会社と委託会社との協議によりそのつ
           ど別にこれを定めます。
      ② 「 投資信託及び投資法人に関する法律                  」 および関係法令に基づく投資制限は以下のとおりです。
       1)同一の法人の発行する株式への投資制限                       ( 投資信託及び投資法人に関する法律                  )
         委託会社は、同一の法人の発行する株式について、運用の指図を行うすべての委託者指図型投資信託に
         つき、信託財産として有する当該株式の議決権数                         ( 株主総会において決議をすることができる事項の全部
         につき議決権を行使することができない株式についての議決権を除き、会社法第879条第3項の規定によ
         り議決権を有するものとみなされる株式についての議決権を含みます。                                     ) が、当該株式の議決権の総数に
         100分の50を乗じて得た数を超えることとなる場合においては、信託財産をもって当該株式を取得するこ
         とを受託会社に指図しないものとします。
       2)デリバティブ取引に             かかる   投資制限     ( 金融商品取引業等に関する内閣府令                  )
         委託会社は、信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に                                                かかる   変動
         その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定めた合理的な方法により
         算出した額が当該信託財産の純資産額を超えることとなる場合において、デリバティブ取引を行うまたは
         継続することを受託会社に指図しないものとします。
     3【投資リスク】

     (1)ファンドのリスク
      投資信託は元本保証のない金融商品です。また、投資信託は預貯金とは異なることにご注意ください。当ファン
      ドは、主に値動きのある外国の有価証券を実質的な投資対象としますので、組入有価証券の価格変動あるいは外
                                 13/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      国為替の相場変動次第では、当ファンドの基準価額が下落し、投資者の皆さまの投資元本を割り込むことがあり
      ます。当ファンドの運用による損益はすべて投資者の皆さまに帰属します。                                       ご購入に際しては、当ファンドの内
      容 およびリスクを十分ご理解のうえご検討いただきますようお願いいたします。
      当ファンド      ( 投資先投資信託証券を含みます                。) の主なリスクおよび留意点は以下のとおりです。
      ①基準価額の変動リスク
       1)金利変動リスク
        債券価格は、市場金利の変動等の影響を受けます。一般的に、金利が低下すると債券価格は上昇します。逆
        に金利が上昇すると債券価格は下落し、基準価額が下落する要因となります。なお、その価格変動は、債券
        の種類、償還までの残存期間、発行条件等により異なり                             ます  。
       2)信用リスク
        債券価格は、発行体の信用力の影響を受けます。債券等への投資を行う場合には、発行体の                                               デフォルト      ( 債
        務不履行     ) により投資資金が回収できなくなることや支払遅延等が発生する場合があります。また、短期金
        融商品についても、債務不履行が発生した場合または予測される場合には価格が下落し、基準価額が下落す
        る要因となります。
       3)為替変動リスク
        外貨建資産の円換算価値は、当該外貨の円に対する為替レートの変動の影響を受けます。為替レートは、各
        国の金利変動、政治・経済情勢、為替市場の需給、その他の要因により大幅に変動することがあります。組
        入外貨建資産について、当該外貨の為替レートが円高方向に進んだ場合には、基準価額が下落する要因とな
        ります。
       4)流動性リスク
        急激かつ多量の売買により市場が大きな影響を受けた場合、または市場を取り巻く外部環境に急激な変化が
        あり、市場規模の縮小や市場の混乱が生じた場合等には、機動的に有価証券等を売買できないことがありま
        す。このような場合には、当該有価証券等の価格の下落により、基準価額が影響を受けることがあります。
       5)カントリーリスク
        投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化等により市場に混乱が生じた場合、または資本取引、外
        貨取引等に関する規制や税制の変更、新たな規制が設けられた場合には、基準価額が影響を受けることや、
        投資方針に沿った運用が困難になることがあります。
        新興国市場は、一般的に先進諸国の市場に比べ、市場規模が小さいことなどから、上記の各リスクが大きく
        なる傾向があります。また、企業情報の開示制度や決済制度などのインフラストラクチャーが未発達なこと
        などから、正確な情報に基づいた投資判断ができない可能性もあります。これにより当ファンドの基準価額
        が影響を受け、損失を被ることがあります。
       6)換金資金の流出に伴うリスク
        短期間に大量の換金申込があった場合には、換金資金を手当てするため組入有価証券を市場実勢より大幅に
        安い価格で売却せざるを得ない場合または売却できない場合があります。                                      この場合、基準価額が下落する要
        因となります。
      ②投資対象ファンドにかかわる留意点
       1)投資対象ファンドの運用方針は、変更される可能性があります。
       2)投資対象ファンドでは、デリバティブ取引を行うことがあります。デリバティブ取引には、ヘッジする商
         品とヘッジされるべき資産との間に相関性を欠いてしまう可能性、流動性を欠く可能性、証拠金を積むこ
         とによるリスクなど様々なリスクを伴います。
      ③その他の留意点
       1)ファンドの購入の申込みに関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(クーリング・オフ)の適用はあ
         りません。
       2)ファンドは預金または保険契約ではなく、預金保険機構または保険契約者保護機構の保護の対象ではあり
         ません。また、登録金融機関で購入の投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
       3)法令・税制・会計方法は、今後変更される可能性があります。
       4)収益分配金、換金代金および償還金の支払いはすべて販売会社を通じて行われます。委託会社は、それぞ
         れの場合においてその金額を販売会社に対して支払った後は、受益者への支払いについての責任を負いま
         せん。
         委託会社は、販売会社とは別法人であり、委託会社は設定・運用を善良なる管理者の注意をもって行う責
         任を負担し、販売会社は販売(購入代金の預り等を含みます。)について、それぞれ責任を負担してお
         り、互いに他について責任を負担しません。
       5)当ファンドにおいて、主要投資対象とする投資信託証券が国内規制上の要件に適合しないこととなる場
         合、または存続しないこととなる場合には、信託を終了します。
                                 14/41



                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (参考情報)
                                 15/41




















                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)運用リスクに対する管理体制
      運用  リスクの管理は、チーフ・インベストメント・オフィサー、コンプライアンス・オフィサー、運用モニタリ




      ングマネジャー、運用から独立したリスク管理担当部署による複眼的な管理体制を採っております。リスク管理
      の状況は、定期的に開催されるリスク管理委員会                          ( 運用拠点により呼称が変わることがあります                        。) において報
      告・審議され、組織的な対応が行われています。
      ・チーフ・インベストメント・オフィサーは、運用プロセスのモニタリングやパフォーマンスの評価を行いま
       す。
      ・コンプライアンス・オフィサーは、法令・諸規則等に基づいた遵守状況のモニタリングを行います。
      ・運用モニタリングマネジャーは、投資ガイドラインの遵守状況をモニタリングしており、必要に応じて運用部
       門に対し改善を求めます。改善の要求と結果はコンプライアンス・オフィサー、リスク管理担当部署にも報告
       されます。
      ・リスク管理担当部署は、上記のモニタリング結果を含め、運用に係わるリスク全般をモニタリングしていま
       す。運用部門と密接にコミュニケーションを取りつつも業務は完全に独立して行い、リスク管理の状況をチー
       フ・インベストメント・オフィサーや定期的に開催されるリスク管理委員会等へ報告しています。
      その他   、HSBC    グループの監査部門による内部監査、外部監査法人による会計監査も行われております。
      以上のとおり、社内外の牽制により、各部門が法令・諸規則およびガイドラインに則って運営されているかどう
      かについてチェックされ、業務方法及び管理体制、運営全般についての精査が行われています。
      運用リスクに対する管理については                  、HSBC    グローバル・アセット・マネジメントの代表的な管理方法について
      記載しております。なお、この体制は、                     本書提出日現在のものであり、今後変更になる可能性があります。
     4【手数料等及び税金】

     (1)【申込手数料】
      購入時手数料は、購入金額              ( 購入価額     ( 当初申込期間は1口当たり1円、継続申込期間は購入申込受付日の翌営業日
                                 *
      の基準価額      ) に購入口数を乗じて得た額              ) に、3.24%      ( 税抜3.00%      ) を上限として販売会社が個別に定める手数料
      率を乗じて得た額とします。購入時手数料には消費税等相当額が加算されています。
      当該費用を対価とする役務の内容は、投資者への商品内容の説明ならびに購入手続き等です。
      お申込みには、分配金の受取方法により                     「 一般コース      」 と 「 自動けいぞく投資コース             」 があり    、 「 自動けいぞく投資
      コース   」 の分配金は、無手数料で再投資されます。購入代金の支払方法および時期、手数料率、取扱いコースに
      つきましては、販売会社へお問い合わせください。
      * 消費税率が10%に引き上げられる場合は、3.30%になります。
     (2)【換金(解約)手数料】
      ①換金手数料
       ありません。
      ②信託財産留保額
       換金申込受付日の翌営業日の基準価額に0.10%の率を乗じて得た額
       ( 換金される投資者に換金で生じるコストを一部負担していただくものです                                      。)
     (3)【信託報酬等】
      ①運用管理費用(信託報酬)の総額
       信託報酬の総額は、各ファンドとも、計算期間を通じて毎日、当該各ファンドの信託財産の純資産総額に年
            *
       0.7992%     ( 税抜年0.74%       ) の率を乗じて得た金額を費用として計上します。
       * 消費税率が10%に引き上げられる場合は、年0.814%になります。
      ②信託報酬の支払い
       上記①の信託報酬         ( 信託報酬にかかる消費税等相当額を含みます                       。) は、日々計上され、ファンドの基準価額に
       反映されます。なお、毎計算期末または信託終了のとき、各ファンドの信託財産から支払うものとします。
       信託報酬の実質的な配分             (税抜)     は次のとおりです。
                                 16/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            委託会社              販売会社             受託会社               計
            年0.11%              年0.60%             年0.03%             年0.74%
       当該費用を対価とする役務の内容は、次のとおりです。
        (委託会社)各ファンドの運用等の対価
        (販売会社)分配金・換金代金の支払い、運用報告書等の送付、口座内での各ファンドの管理等の対価
        (受託会社)運用財産の管理、委託会社からの運用指図の実行等の対価
      ③投資先投資信託証券における信託報酬等
       上記の信託報酬のほかに、各ファンドが投資対象とする投資先投資信託証券において、トラスティフィー、マ
       ネジメントフィーまたは信託報酬がかかります。当該投資信託証券への投資比率を勘案した各ファンドの負担
               *1
       は年0.62%程度         となり、当該投資先投資信託証券において支払われます。
       <参考>     「中国人民元債券         ファンド     」
                                    *2
         信託(管理)報酬等
                    年0.62%(マネジメントフィー                 :年0.55%、トラスティフィー:年0.07%)
                                                              *3

       投資  対象とする投資信託証券を              含めた実質的な信託報酬は、各ファンドの純資産総額に対して年1.4192%
       ( 税抜年1.36%       ) 程度となります。
       *1  本書提出日現在のものであり、今後変更になることがあります。
       *2  HSBC投信株式会社は、当該ファンドへの投資残高に応じてマネジメントフィーの一部を収受します。
       *3  消費税率が10%に引き上げられる場合は、年1.434%になります。なお、実質的な信託報酬は、                                            本書提出日現在のもの
         であり、今後変更になることがあります。
     (4)【その他の手数料等】

      当ファンドから支払われる費用には以下のものがあります。ただし、これらに限定されるものではありません。
      なお、当該費用の上限額については、運用状況等により変動するため、表記できません。
      ①有価証券等の売買委託手数料
      ② 保管銀行等に支払う          外貨建資産の保管費用
      ③借入金の利息、融資枠の設定に要する費用
      ④信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する費用ならびに受託会社の立替えた立替金の利息
      ⑤その他の諸費用
       1)投資信託振替制度にかかる手数料および費用
       2)印刷業者等に支払う以下の費用
         ・有価証券届出書、有価証券報告書、臨時報告書の作成および提出にかかる費用
         ・目論見書の作成、印刷および交付にかかる費用
         ・運用報告書の作成、印刷および交付にかかる費用
       3)当ファンドの監査人、法律顧問および税務顧問に対する報酬および費用
       4)その他、当ファンドの受益者に対してする公告にかかる費用、信託約款作成および届出、信託約款の変更
         または信託契約の解約にかかる事項を記載した書面の作成、印刷および交付にかかる費用など
      委託会社は、前記⑤記載のその他の諸費用の支払いを信託財産のために行い、支払金額の支払いを信託財産から
      受けることができます。この場合、委託会社は、現に信託財産のために支払った金額を受ける際、あらかじめ受
      領する金額に上限を付することができます。また、委託会社は実際に支払う金額を受けるにあたり、かかる諸費
      用の金額をあらかじめ合理的に見積もったうえで、実際の費用額にかかわらず固定率または固定金額にて信託財
      産からその支払いを受けることもできます。その他の諸費用の上限、固定率または固定金額を定める場合、委託
      会社は、信託財産の規模等を考慮して、信託の設定時または期中に、上限、固定率または固定金額を合理的に計
      算された範囲内で変更することができます。固定率または固定金額を定める場合、かかる諸費用の額は、計算期
      間を通じて日々信託財産に計上され、基準価額に反映されます。なお、                                     毎月決算型      については毎年5月および11
      月に到来する計算期末または信託終了のとき、                        年2回決算型       については毎計算期末または信託終了のとき、当該
      諸費用に     かかる   消費税等相当額とともにファンドの信託財産から支払います。
      委託会社は、その他の諸費用の合計額をあらかじめ合理的に見積もった結果、各ファンドの信託財産の純資産総
      額に年0.20%を乗じて得た額をかかる諸費用の合計額とみなして計上し、実際かかった諸費用を信託財産から支
      払いを受けるものとします。委託会社は、信託財産の規模等を考慮して、信託の設定時または期中に、随時かか
      るその他の諸費用の年率を見直し、年率0.20%を上限としてこれを変更することができます。
      (参考)     当ファンドが投資対象とする投資先投資信託証券において支払われるその他の費用には次のものがあり
          ます。これらの費用は当該投資信託証券において支払われます。当該費用の上限額については、事後的
          に発生するものがあるため表記できません。
           ・組入有価証券の売買にかかる手数料、租税、カストディーフィー、ファンドにかかる事務の処理等に
            関する費用、監査報酬、法律顧問費用、法定書類に要する費用等
                                 17/41

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      投資者が支払う手数料等の費用総額については、投資者のファンドの保有期間に応じて異なるため、表記できま
      せん。
     (5)【課税上の取扱い】

      日本の居住者である受益者に対する課税については、次のような取扱いになります。
      なお、課税上は株式投資信託として取り扱われます。
      ①個別元本について
       1)追加型株式投資信託について、受益者毎の信託時の受益権の価額等                                     ( 購入時手数料および当該手数料にか
         かる消費税等相当額は含まれません                  。) が当該受益者の元本          ( 個別元本     ) にあたります。
       2)受益者が同一ファンドの受益権を複数回購入した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を行う都度、
         当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
       3)ただし、同一ファンドを複数の販売会社で購入する場合については販売会社毎に、個別元本の算出が行わ
         れます。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一ファンドを購入する場合は当該支店等毎に                                                     、
         「 一般コース      」 と 「 自動けいぞく投資コース             」 の両コースで購入する場合はコース毎に、個別元本の算出が行
         われる場合があります。
       4)受益者が元本払戻金             ( 特別分配金      ) を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該元本払戻
         金 ( 特別分配金      ) を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります                                。(「  元本払戻金      ( 特別分配
         金 )」 については、後記         「 ②収益分配金について           」 をご参照ください         。)
      ②収益分配金について
       追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる                             「 普通分配金      」 と、非課税扱いになる「             元本払戻金      ( 特
       別分配金     )」(  受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分                       ) の区分があります。
       受益者が収益分配金を受け取る際、a)当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額の場合
       または当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となり、b)当該収
       益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る部分の額が                                                    元本払戻
       金 ( 特別分配金      ) となり、当該収益分配金から当該                 元本払戻金      ( 特別分配金      ) を控除した額が普通分配金となりま
       す。
      ③個人、法人別の課税の取扱いについて
       ≪個人の受益者に対する課税≫
                                             *
        1)収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金は、20.315%                                 ( 所得税    15.315%および地方税5%             ) の税率
           で源泉徴収      ( 申告不要     ) されます。なお、確定申告を行い、総合課税                       ( 配当控除は適用されません              。) また
           は申告分離課税を選択することもできます。
        2)換金時および償還時の差益                ( 換金価額および償還価額から購入費                  ( 購入時手数料および当該手数料にかか
           る消費税等相当額を含みます               。) を控除した利益        ) が譲渡所得とみなされて課税され、申告分離課税が適
                                                          *
           用されます      ( 特定口座     ( 源泉徴収選択口座         ) の利用も可能です         。)。  その場合、20.315%          ( 所得税    15.315%
           および地方税5%         ) の税率となります。
        3)  換金時および償還時の差損              ( 譲渡損失     ) については、確定申告することにより、他の上場株式等                             ( 上場株
           式、上場投資信託         (ETF)、    上場不動産投資信託          (REIT)、     公募株式投資信託など           ) の譲渡益および申告分離
           課税を選択した上場株式等の配当所得ならびに                        特定公社債等(公募公社債投資信託を含みます                        。) の利子
           所得等、譲渡所得等          と損益通算することができます。
           特定口座にかかる課税上の取扱いにつきましては、販売会社にお問い合わせください。
        㭜ᆘ䵢閌잗床뉺๒㙞꛿ࡡ᭹              「NISA(    ニーサ   )」)  、未成年者少額投資非課税制度(愛称:                   「 ジュニア    NISA(   ニーサ   )」)  をご
        利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得・譲渡所得が一定期間非課
        税となります。なお、他の口座で生じた配当所得・譲渡所得との損益通算はできません。販売会社で非課税口座を開設す
        るなど、一定の条件に該当する方が対象となります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
       ≪法人の受益者に対する課税≫
        法人の受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに                                            換金時   および償還時の
                               *
        個別元本超過額については、               15.315   % ( 所得税     のみ  ) の税率で源泉徴収され、法人の受取額となります。
       当ファンドは、益金不算入              制度  は適用されません。
       * 所得税については、基準所得税額に対して2.1%の税率で復興特別所得税が付加されます。
      (注)上記の内容は          2019  年2月末    現在のものであり、税法が改正された場合等には変更になることがあります。
         税金の取扱いの詳細については、税務の専門家等にご確認されることをお勧めします。
     5【運用状況】

     当ファンドは、2019年5月30日に運用を開始する予定であり、本書提出日現在、該当事項はありません。
     (1)【投資状況】
     該当事項はありません。
     (2)【投資資産】
                                 18/41

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ①【投資有価証券の主要銘柄】
     該当事項はありません。
     ②【投資不動産物件】
     該当事項はありません。
     ③【その他投資資産の主要なもの】
     該当事項はありません。
     (3)【運用実績】
     ①【純資産の推移】
     該当事項はありません。
     ②【分配の推移】
     該当事項はありません。
     ③【収益率の推移】
     該当事項はありません。
     (4)【設定及び解約の実績】
     該当事項はありません。
     (参考情報)運用実績

     当ファンドは、2019年5月30日に運用を開始する予定であり、本書提出日現在、以下の①~④について該当事項は
     ありません。なお、当ファンドはベンチマークを設けていません。
     ①  基準価額・純資産総額の推移
     ②  分配の推移
     ③  主要な資産の状況
     ④  年間収益率の推移
     ファンドの運用状況は別途、委託会社ホームページで開示している場合があります。
     第2【管理及び運営】

     1【申込(販売)手続等】
     (1)購入申込
      購入申込は、原則として販売会社の営業日の午後3時                           (「 申込締切時間       」 といいます      。) までに行われます。当該申
      込にかかる販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の申込分とし、申込締切時間を過ぎてからの申込み
      は翌営業日の取扱いとなります。ただし、申込締切時間は販売会社によって異なる場合があります。
      なお  、「中国    人民元債券オープン           」 は 2 つのタイプのファンドから構成されておりますが、販売会社によっては、
      一部のファンドのみのお取扱いとなる場合があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
     (2)取扱いコース
                                 *
      お申込みには、分配金の受取方法により2つのコース                            があります。
      「一般コース」        ・・・・・・・・・          収益分配時に分配金を受け取るコース
      「自動けいぞく投資コース」               ・・・   分配金が税引き後、無手数料で再投資されるコース
      *
        取扱いコースの有無は販売会社によって異なります。また、コースの名称は、販売会社によっては、同様の
        権利義務関係を規定する異なる名称を使用することがあります。
     (3)購入単位
      販売会社によって異なります。
      なお、「自動けいぞく投資コース」で分配金を再投資する際の申込単位は、1口単位となります。
     (4)購入価額
      当初申込期間:1口当たり1円
      継続申込期間:購入申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
      ただし   、 分配金を再投資する場合は、計算期間終了日の基準価額となります。
     (5)購入時手数料
                                    *
      購入金額     ( 購入価額に購入口数を乗じて得た額                   ) に、3.24%      ( 税抜3.00%      ) を上限として販売会社が個別に定める
      手数料率を乗じて得た額とします。購入時手数料には消費税等相当額が加算されます。
      * 消費税率が10%に引き上げられる場合は、3.30%になります。
     (6)購入申込受付不可日
      購入申込日が香港の銀行休業日とその前営業日または中国本土の銀行休業日に該当する場合には、購入申込の受
      付は行いません。
     (7)その他留意事項
      ①購入申込の受付中止・取消
                                 19/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       信託財産の効率的な運用が妨げられる、または信託財産が毀損するおそれがあると委託会社が合理的に判断す
                                                           *
       る場合、取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情                                                     がある
       ときは、委託会社の判断により、購入申込の受付を中止することおよび既に受け付けた購入申込の受付を取り
       消 すことができます。また、委託会社は、投資対象国の株式市場等の流動性を勘案し、購入申込の受付を制限
       することができます。
       *
         やむを得ない事情とは、投資対象国における非常事態による市場の閉鎖または流動性の極端な低下ならび
        に資金の受渡しに関する障害、コンピューターの誤作動等により決済が不能となった場合、基準価額の計算
        が不能となった場合等を指します。投資対象国における非常事態とは、金融危機、デフォルト、重大な政策
        変更および規制の導入、税制の変更、自然災害、クーデター、重大な政治体制の変更、戦争等運用に影響を
        及ぼす事態を指します。
       主要投資対象とする投資信託証券において設定の受付の中止等が行われた場合には、購入申込の受付を中止す
       ることおよび既に受け付けた購入申込の受付を取り消すことができます。
      ②受益権の振替
       購入申込者は、販売会社に購入申込と同時にまたはあらかじめ、当該購入申込者が受益権の振替を行うための
       振替機関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該購入申込者に                                    かかる   口数の増加の記載または記録が行
       われます。
     (8)スイッチング
       当ファンドは       「 中国人民元債券オープン             」 を構成する各ファンド間において、スイッチングの取扱いを行う場合
       があります。上記申込受付不可日の場合は、スイッチングの取扱いは行いません。販売会社によってはスイッ
       チングの取扱いを行わない場合があります。詳しくは販売会社にご確認ください。
     2【換金(解約)手続等】

     (1)換金申込
      受益者は、自己に帰属する受益権につき、購入申込を行った販売会社を通じ、委託会社に一部解約の実行の請求
      ( 換金申込     ) を行うことにより換金することができます。
      換金申込は、原則として販売会社の営業日の午後3時                           (「 申込締切時間       」 といいます      。) までに行われます。当該申
      込にかかる販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の申込分とし、申込締切時間を過ぎてからの申込み
      は翌営業日の取扱いとなります。ただし、申込締切時間は販売会社によって異なる場合があります。
      なお、信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口換金には制限を設ける場合があります。
     (2)換金単位
      販売会社によって異なります。
     (3)換金価額
      換金申込     受付日の翌営業日の基準価額               から、後記(4)記載の信託財産留保額を控除した価額とします。
      ファンドの換金価額に関しては、販売会社または次の<照会先>にお問い合わせください。
       <照会先>
        HSBC   投信株式会社
        電話番号:03-3548-5690(受付時間:委託会社の営業日の午前9時~午後5時)
     (4)換金手数料・信託財産留保額
      換金手数料      ・・・・     ありません。
      信託財産留保額        ・・・   換金申込受付日の翌営業日の基準価額に0.10%の率を乗じて得た額
     (5)支払開始日
      換金  代金は、     換金申込     受付日から起算して、原則として8営業日目以降に販売会社の本支店、営業所等において
      支払います      。
     (6)換金申込受付不可日
      換金申込日が香港の銀行休業日とその前営業日または中国本土の銀行休業日に該当する場合には、換金申込の受
      付は行いません。
     (7)その他留意事項
      ①換金申込の受付中止・取消
       信託財産の効率的な運用が妨げられる、または信託財産が毀損するおそれがあると委託会社が合理的に判断す
                                                           *
       る場合、取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情                                                     がある
       ときは、委託会社の判断により、換金申込の受付を中止することおよび既に受け付けた換金申込の受付を取り
       消すことができます。
       なお、   換金申込     の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日の                                      換金申込     を撤回でき
       ます。ただし、受益者がその               換金申込     を撤回しない場合には、当該受益権の                   換金  価額は、当該受付中止を解除
       した後の最初の基準価額の計算日に                   換金申込     を受け付けたものとして、前記                「 (3) 換金価額     」 に準じて計算され
       た価額とします。
                                 20/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       *
         やむを得ない事情とは、投資対象国における非常事態による市場の閉鎖または流動性の極端な低下ならび
        に資金の受渡しに関する障害、コンピューターの誤作動等により決済が不能となった場合、基準価額の計算
        が 不能となった場合等を指します。投資対象国における非常事態とは、金融危機、デフォルト、重大な政策
        変更および規制の導入、税制の変更、自然災害、クーデター、重大な政治体制の変更、戦争等運用に影響を
        及ぼす事態を指します。
       主要投資対象とする投資信託証券において解約の受付の中止等が行われた場合には、換金申込の受付を中止す
       ることおよび既に受け付けた換金申込の受付を取り消すことができます。
      ②振替受益権の抹消
       換金申込を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して、当該受益者の請求にかかるこの信
       託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約に                                    かかる   受益権の口数と同口数の抹消の申
       請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録
       が行われます。
     3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】
      基準価額とは、信託財産に属する資産                    ( 受入担保金代用有価証券を除きます                  。) を法令および一般社団法人投資信
      託協会規則にしたがって時価または一部償却原価法により評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除
      した金額     (以下「   純資産総額      」 といいます      。) を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。
      基準価額の計算にあたり、外貨建資産(外国通貨表示の有価証券                                 (以下「   外貨建有価証券」といいます               。)、  預金そ
      の他の資産をいいます            。) の円換算については、原則としてわが国における計算日の対顧客電信売買相場の仲値
      によって計算します。なお、予約為替の評価は、原則としてわが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値
      によるものとします。
      <当ファンドの主たる投資対象の評価方法>
       投資信託証券:原則として、計算日に知りうる直近の日の時価で評価します。
      基準価額は委託会社の営業日において日々算出されます。また、基準価額                                      ( 1 万口当たり      ) は翌日の日本経済新聞
      朝刊に   「 毎月決算型      」 は 「 人民元債毎月       」、「年2回決算型」         は 「 人民元債年2       」 の略称で掲載されます。
      基準価額に関しては、販売会社または次の<照会先>にお問い合わせください。
      <照会先>
       HSBC投信株式会社
       ホームページ:www.assetmanagement.hsbc.com/jp
       電話番号:03-3548-5690(受付時間:委託会社の営業日の午前9時~午後5時)
     (2)【保管】
      該当事項はありません。
     (3)【信託期間】
      2019  年5月30日から2029年5月18日までとします。
      ただし、後記「(5)その他」の①の(a)、(b)、②、③の(b)に該当した場合には、信託を終了することができ
      ます。また、信託期間満了前に信託期間の延長が受益者に有利であると認められるときは、受託会社と協議のう
      え、信託期間を延長することができます。
     (4)【計算期間】
                 毎月決算型                            年2回決算型
       原則として、毎月21日から翌月20日までとします。                             原則として、毎年5月21日から11月20日まで、11月21
       ただし、各計算期間終了日に該当する日(「該当                             日から翌年5月20日までとします。
       日」といいます。)が休業日のとき、各計算期間終                             ただし、各計算期間終了日に該当する日(「該当
       了日は該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計                             日」といいます。)が休業日のとき、各計算期間終
       算期間が開始されるものとします。                             了日は該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計
       なお、第1計算期間は信託契約締結日から2019年6月                             算期間が開始されるものとします。
       20日までとし、最終計算期間の終了日は上記                        「(3)   信  なお、第1計算期間は信託契約締結日から2019年11月
       託期間   」 に定める信託期間の終了日とします。                         20日までとし、最終計算期間の終了日は上記                        「(3)   信
                                   託期間   」 に定める信託期間の終了日とします。
     (5)【その他】

      ①信託契約の解約         ( 繰上償還     )
       (a)  委託会社は、信託期間中において、信託契約の一部を解約することにより各ファンドにつき受益権口数が
         30億口を下回ることとなった場合、この信託契約を解約することが受益者のため有利であると認める場
         合、またはやむを得ない事情が発生した場合には、受託会社と合意のうえ、この信託契約を解約し、信託
                                 21/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         を終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督
         官庁に届け出ます。
       (b)  委託会社は、この投資信託において、その主要投資対象とする投資信託証券が国内規制上の要件に適合し
         ないこととなる場合、または存続しないこととなる場合には、この信託契約を解約し、信託を終了させま
         す。この場合において、委託会社はあらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
       (c)  委託会社は、上記(a)の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行います。
         この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解約の理由などの事項を定め、当該決
         議の日の2週間前までに、この信託契約に                     かかる知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を
         記載した書面決議の通知を発します。
       (d)  (c)  の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が属するとき
         の当該受益権に        かかる受益者としての受託会社を除きます。以下(d)において同じ。)は受益権の口数に
         応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使しない
         ときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
       (e)  (c)  の書面決議は、各ファンドの議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多
         数をもって行います。
       (f)  (c)  から(e)の規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合において、当該提案につき、こ
         の信託契約に       かかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用し
         ません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合であって                                                (c)から(e)
         までの手続きを行うことが困難な場合には適用しません。
      ②信託契約に関する監督官庁の命令等による場合の信託終了
       (a)  委託会社は、監督官庁より各ファンドにつき信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたが
         い、信託契約を解約し信託を終了させます。
         なお、委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、後記「⑤信託
         約款の変更等」にしたがいます。
       (b)  委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委託会社
         はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
         当該規定にかかわらず、監督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引き
         継ぐことを命じたときは、この信託は、後記                       「 ⑤信託約款の変更等          」 の書面決議で否決された場合を除き、
         当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
      ③受託会社の辞任および解任による場合の信託終了
       (a)  受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務に違反し
         て信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託会社または受益者は、裁判所
         に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会社を解任
         した場合、委託会社は、後記               「 ⑤信託約款の変更等          」 にしたがい、新受託会社を選任します。
       (b)  委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
      ④委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
       (a)  委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この信託契約に関する事業を譲
         渡することがあります。
       (b)  委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、この信託契約に関
         する事業を承継させることがあります。
      ⑤信託約款の変更等
       (a)  委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社
         と合意のうえ、この信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との併合                                         ( 投資信託及び投資法人に
         関する法律第16条第2号に規定する                  「 委託者指図型投資信託の併合               」 をいいます。以下同じ。             ) を行うことが
         できるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。
         なお、この信託約款はこの信託約款の変更等に定める以外の方法によって変更することができないものと
         します。
       (b)  委託会社は、(a)の事項            ( 信託約款の変更事項にあっては、その変更の内容が重大なものに該当する場合に
         限り、また併合事項にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当する場合を除
         きます。以下、        「 重大な約款の変更等           」 といいます。       ) について、書面決議を行います。この場合におい
         て、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等の内容およびその理由などの事項を定め、当
         該決議の日の2週間前までに、この信託約款にかかる知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事
         項を記載した書面決議の通知を発します。
       (c)  (b)  の書面決議において、各ファンドの受益者                      ( 委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が
         属するときの当該受益権に              かかる受益者としての受託会社を除きます。以下(c)において同じ。                                   ) は受益権
         の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行
         使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
                                 22/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (d)  (b)  の書面決議は、各ファンドの議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多
         数をもって行います。
       (e)  書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
       (f)  (b)  から(e)までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合において、当該提案に
         つき、この信託約款に           かかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときに
         は適用しません。
       (g)  (a)  から(f)の規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合にあっても、当
         該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決された場合は、当該他の
         投資信託との併合を行うことはできません。
      ⑥公告
       委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行い、委託会社のホームページ
       (www.assetmanagement.hsbc.com/jp)                  に掲載します。
       電子公告により公告することができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公告は、日本経済新聞に
       掲載します。
      ⑦関係法人との契約の更改に関する手続き等
       委託会社と販売会社との間で締結する                    「 募集・販売等に関する契約              」( 別の名称で同様の権利義務を規定する契
       約を含みます       。) は、契約期間満了3ヶ月前までに、別段の意思表示のない限り、原則として1年毎に自動的に
       更新されるものとします。
      ⑧他の受益者の氏名等の開示の請求の制限
       この信託の受益者は、委託会社または受託会社に対し                            、「 他の受益者の氏名または名称および住所                     」 および    「 他
       の受益者が有する受益権の内容                」 の開示の請求を行うことはできません。
      ⑨運用報告書
       委託会社は、毎年5月および11月に到来する当ファンドの計算期間終了日および信託終了のときに運用報告書
       を作成します。
       (a)  交付運用報告書は、知れている受益者に対して販売会社を通じて交付されます。
       (b)  運用報告書      ( 全体版   ) は、委託会社のホームページ               (www.assetmanagement.hsbc.com/jp)                  に掲載されます。た
         だし、受益者から運用報告書(全体版)の交付の請求があった場合には、販売会社を通じて交付されま
         す。
     4【受益者の権利等】

      当ファンドの受益権は、その購入口数に応じて、購入申込者に帰属します。この受益権は、信託の日時を異にす
      ることにより差異を生ずることはありません。受益者の有する主な権利は以下のとおりです。なお、信託約款に
      は受益者集会に関する規定はありません。また、信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属しま
      す。
      ①収益分配金に対する請求権
       受益者は、委託会社が決定した収益分配金を持分に応じて請求する権利を有します。収益分配金は、決算日に
       おいて振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者                                   ( 当該収益分配金にかかる決算日以前にお
       いて一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該収益分配金にかかる計算期間の末日以
       前に設定された受益権で購入代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については
       原則として購入申込者とします                。) に、原則として決算日から起算して5営業日までに支払いを開始します。
       収益分配金の支払いは、販売会社の本支店、営業所等において行います。ただし、受益者が収益分配金につい
       て支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利を失い、受託会社から交付を受けた金銭
       は、委託会社に帰属するものとします。「自動けいぞく投資コース                                   」 の場合、収益分配金は税金を差し引いた
       後、無手数料で再投資されます。再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます                                                      。
      ②償還金に対する請求権
       受益者は、償還金を持分に応じて請求する権利を有します。
       償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前において
       一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で購入代金
       支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として購入申込者としま
       す。)に支払います。
       償還金の支払いは、信託終了後1ヶ月以内の委託会社の指定する日(原則として、償還日から起算して5営業日
       まで)から、販売会社の本支店、営業所等において行います。
       受益者が、償還金について支払開始日から10年間その支払いを請求しないときは、その権利を失い、受託会社
       から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属するものとします。
      ③一部解約実行請求権
       受益者は、自己に帰属する受益権について、一部解約の実行の請求                                  ( 換金申込     ) を、販売会社を通じて委託会社
       に請求   することができます。          換金代金の支払いは、           販売会社の本支店、営業所等               において行います。
      ④帳簿閲覧・謄写の請求権
                                 23/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当ファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧・謄写を請求す
       ることができます。
                                 24/41




















                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】
     ・当ファンドは、2019年5月30日に運用を開始する予定であり、本書提出日現在、資産を有していません。
     ・当ファンドの会計監査は、PwCあらた有限責任監査法人により行われる予定です。
     1【財務諸表】
     (1)【貸借対照表】
     該当事項はありません。
     (2)【損益及び剰余金計算書】
     該当事項はありません。
     (3)【注記表】
     該当事項はありません。
     (4)【附属明細表】
     該当事項はありません。
     2【ファンドの現況】

     【純資産額計算書】
     当ファンドは、2019年5月30日に運用を開始する予定であり、本書提出日現在、該当事項はありません。
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

     (1)名義書換
      該当事項はありません。
      委託会社は、当ファンドの信託の受益権を取扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り消された
      場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継するものが存在しない場合等そ
      の他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。
     (2)受益者に対する特典
      該当事項はありません。
     (3)受益権の譲渡
      ①受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録
       されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
      ②前記①の申請のある場合には、前記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受益権の口数の減
       少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するものとし
       ます。ただし、前記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設
       した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振
       替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
      ③前記①に規定する振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されて
       いる振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等において、委
       託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止期間を設
       けることができます。
     (4)受益権の譲渡の対抗要件
      受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗することがで
      きません。
     (5)受益権の再分割
      委託会社は、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を均等に再分割で
      きます。
     (6)償還金
      償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前において一
      部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で購入代金支払
      前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として購入申込者とします。)に支
      払います。
     (7)質権口記載または記録の受益権の取り扱いについて
      振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、換金申込の
      受付、換金代金および償還金の支払い等については、信託約款の規定によるほか、民法その他の法令等にした
      がって取り扱われます。
                                 25/41



                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】
     第1【委託会社等の概況】
     1【委託会社等の概況】
     (1)資本金の額(本書提出日現在)
           資本金                495百万円
           発行可能株式総数    24,000株
           発行済株式総数                   2,100株
         直近5ヶ年における資本金の額の増減
          該当事項はありません。
     (2)委託会社の機構
      ①会社の意思決定機構
       当社業務執行の最高機関である取締役会は3名以上の取締役で構成されます。取締役の選任は株主総会におい
       て、発行済株式総数の2分の1以上にあたる株式を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもってこれを行
       い、累積投票によらないものとします。
       取締役の任期は、選任後2年内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結時までとし、
       補欠または増員のために選任された取締役の任期は、他の取締役の残存任期と同一とします。
       取締役会はその決議をもって、取締役の中から代表取締役1名以上を選任します。
      ②投資運用の意思決定機構
       経営委員会の下部委員会として、運用本部、代表取締役、業務本部、商品企画本部、コンプライアンス部、リ
       スク管理責任部署の代表者を主要メンバーとする                          「 運用委員会      」 において、各ファンドのストラテジー、パ
       フォーマンスおよびリスク、再委託ファンドにかかる左記事項等を協議します。
       運用委員会の方針に基づいて運用本部が運用の指図を行います。
       なお、運用の指図に関する権限を外部の投資顧問会社に委託すること、あるいは外部の投資顧問会社からの助
       言を受けることがあります。その場合には運用本部が委託状況をモニタリングします。
     2【事業の内容及び営業の概況】

      ① 「 投資信託及び投資法人に関する法律                  」 に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の設定を行
       うとともに      、「 金融商品取引法        」 に定める金融商品取引業者              ( 登録番号:関東財務局長             ( 金商  ) 第308号    ) として、
       その運用     ( 投資運用業      ) を行っています。また            、「 金融商品取引法        」 に定める投資助言・代理業、第一種金融商品
       取引業および第二種金融商品取引業を行っています。
      ②2019年2月末現在、委託会社が運用を行っている証券投資信託は以下のとおりです。
       (親投資信託は、ファンド数および純資産総額の合計から除いています。)
               基本的性格               ファンド数               純資産総額
            追加型株式投資信託                    42              1,220,219     百万円
            単位型株式投資信託                     5               25,271   百万円
               合   計                  47              1,245,490     百万円
     3 【委託会社等の経理状況】

     (1)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以
        下「財務諸表等規則」という。)第2条に基づき、財務諸表等規則及び「金融商品取引業等に関する内閣府
        令」(平成19年8月6日内閣府令                 第52号)により作成しております。
     (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当事業年度(自2018年1月1日 至2018年12月31
        日)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により監査を受けております。
     (3)財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。
                                 26/41





                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前事業年度                 当事業年度
                                (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
     資産の部
       流動資産
        現金及び預金                   ※3            1,301,848                 1,494,358
        前払費用                                 1,380                 1,380
        未収入金                                22,122                 22,780
        未収委託者報酬                                966,986                1,073,629
        未収運用受託報酬                                62,293                 63,801
        未収収益                                196,598                 441,121
        繰延税金資産                                169,538                 130,526
        流動資産合計
                                       2,720,768                 3,227,598
       固定資産
        有形固定資産                   ※1
           器具備品                                0                 0
           有形固定資産合計
                                           0                 0
        無形固定資産
           商標権                               316                 216
           無形固定資産合計
                                          316                 216
        投資その他の資産
           敷金                             40,152                 40,152
           繰延税金資産                             14,141                 16,339
           投資その他の資産合計
                                         54,294                 56,492
        固定資産合計
                                         54,611                 56,708
       資産合計
                                       2,775,380                 3,284,307
     負債の部
       流動負債
        預り金                                   -                465
        未払金                   ※3             412,564                 494,203
        未払費用                   ※3             296,643                 655,951
        未払消費税等                                50,382                 16,734
        未払法人税等                   ※2             139,501                  7,565
        賞与引当金                                341,789                 313,298
        流動負債合計
                                       1,240,881                 1,488,218
       負債合計
                                       1,240,881                 1,488,218
     純資産の部
       株主資本
        資本金                                495,000                 495,000
        利益剰余金
          利益準備金                              123,750                 123,750
          その他利益剰余金
           繰越利益剰余金                             915,748                1,177,338
          利益剰余金合計
                                       1,039,498                 1,301,088
                                 27/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        株主資本合計
                                       1,534,498                 1,796,088
       純資産合計
                                       1,534,498                 1,796,088
     負債・純資産合計
                                       2,775,380                 3,284,307
     (2)【損益計算書】

                                                     (単位:千円)
                               前事業年度                    当事業年度
                            (自2017年      1月  1日           (自2018年      1月  1日
                             至2017年12月31日)                     至2018年12月31日)
     営業収益
       委託者報酬                             5,515,309                    5,548,990
       業務受託報酬                              755,935                    731,130
       運用受託報酬                               77,436                    80,700
       その他営業収益                               1,000                      -
       営業収益計
                                    6,349,681                    6,360,821
     営業費用
       支払手数料                             2,271,816                    2,316,045
       広告宣伝費                               30,107                    48,301
       調査費
        調査費                             48,679                    41,212
        委託調査費                            1,054,404                    1,102,124
        調査費計
                                    1,103,083                    1,143,337
       委託計算費
                                     124,216                    128,532
       営業雑費
        通信費                              6,981                    6,185
        印刷費                             33,727                    45,100
        協会費                              4,937                    15,584
        営業雑費計
                                     45,645                    66,870
       営業費用計
                                    3,574,870                    3,703,088
     一般管理費
       給料
        役員報酬                             112,007                    114,290
        給料・手当                             773,587                    735,431
        賞与                              1,668                      -
        賞与引当金繰入額                             310,965                    254,381
        給料計
                                    1,198,229                    1,104,102
       交際費
                                      1,153                    3,209
       旅費交通費                               25,002                    30,046
       租税公課                               22,779                    18,535
       不動産賃借料                               69,931                    78,697
       固定資産減価償却費                                128                    100
       弁護士費用等                               29,439                    38,404
       事務委託費                              825,948                    872,948
       保険料                               9,531                    9,539
       諸経費                               89,864                    82,207
                                 28/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       一般管理費計
                                    2,272,008                    2,237,792
     営業利益
                                     502,802                    419,940
     営業外収益
       受取利息                                  0                    -
       その他                                 84                     -
       営業外収益計
                                        84                     -
     営業外費用
       為替差損                               4,161                    4,173
       雑損失                                516                   3,982
       営業外費用計
                                      4,677                    8,155
     経常利益                                498,208                    411,784

     税引前当期純利益
                                     498,208                    411,784
     法人税、住民税及び事業税
                                     225,284                    113,379
     法人税等調整額                               △53,114                     36,814
     当期純利益
                                     326,038                    261,590
     (3)【株主資本等変動計算書】

     前事業年度 (自2017年1月1日                 至2017年12月31日)
                                                      (単位:千円)
                                  株主資本
                                利益剰余金
                                                株主資本       純資産合計
                                その他利益
                                                合 計
                                 剰余金
                   資本金
                                       利益剰余金
                        利益準備金
                                         合計
                                繰越利益
                                 剰余金
     当期首残高               495,000       123,750        589,709        713,459       1,208,459        1,208,459
     当期変動額
      剰余金の配当                  -       -        -        -        -        -
      当期純利益                  -       -     326,038        326,038        326,038        326,038
     当期変動額合計                  -       -     326,038        326,038        326,038        326,038
     当期末残高               495,000       123,750        915,748       1,039,498        1,534,498        1,534,498
     当事業年度 (自2018年1月1日                 至2018年12月31日)

                                                       ( 単位:千円)
                                  株主資本
                                利益剰余金
                                                株主資本       純資産合計
                                その他利益
                                                合 計
                                 剰余金
                   資本金
                                       利益剰余金
                        利益準備金
                                         合計
                                繰越利益
                                 剰余金
     当期首残高               495,000       123,750        915,748       1,039,498        1,534,498        1,534,498
     当期変動額
      剰余金の配当                  -       -        -        -        -        -
      当期純利益                  -       -     261,590        261,590        261,590        261,590
     当期変動額合計                  -       -     261,590        261,590        261,590        261,590
                                 29/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当期末残高               495,000       123,750       1,177,338        1,301,088        1,796,088        1,796,088
     重要な会計方針

     1 固定資産の減価償却の方法
     (1)  有形固定資産(リース資産除く)
      定額法により償却しております。なお、主な耐用年数は以下の通りです。
        建物付属設備   5年
        器具備品     3~5年
     (2)  無形固定資産(リース資産除く)
      定額法により償却しております。なお、主な耐用年数は以下の通りです。
        商標権      10年
     2 引当金の計上基準

      賞与引当金
      役員及び従業員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額の当期負担額を計上しております。
     3 外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

      外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
     ▶ その他財務諸表作成のための重要な事項

     (1)  消費税等の会計処理
      消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
     未適用の会計基準等

     「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                            平成30年3月30日)
     「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                      平成30年3月30日)
     (1 )概要

     収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
     ステップ1:顧客との契約を識別する。
     ステップ2:契約における履行義務を識別する。
     ステップ3:取引価格を算定する。
     ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
     ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2 )適用予定日

     2022  年1月1日より適用予定であります。
     (3 )当該会計基準等の適用による影響

     当該会計基準等の適用による影響は、今後評価を行います。
     注記事項

     (貸借対照表関係)
       ※1  有形固定資産の減価償却累計額は次の通りです。
                              前事業年度                   当事業年度
                            (2017年12月31日)                   (2018年12月31日)
       建物附属設備                           38,761     千円             38,761      千円
       器具備品                           11,386                  11,386
       ※2  未払法人税等の内訳

                               前事業年度                   当事業年度
                            (2017年12月31日)                   (2018年12月31日)
       法人税                           96,405     千円               249     千円
       事業税                           16,183                   6,822
       地方法人特別税                           11,392                   △21
                                 30/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       住民税                           15,519                    514
       ※3  関係会社に対する債権及び債務

       各科目に含まれているものは、次の通りです。
                              前事業年度                   当事業年度
                            (2017年12月31日)                   (2018年12月31日)
       預金                          1,277,038       千円           1,446,057        千円
       未払金                             339                  238
       未払費用                           65,603                  104,042
     (株主資本等変動計算書関係)

      前事業年度(自         2017年1月1日 至          2017年12月31日)
      1.発行済株式に関する事項
         株式の種類           当事業年度期首              増加          減少         当事業年度末
     普通株式(株)                     2,100            -          -           2,100

      当事業年度(自         2018年1月1日 至          2018年12月31日)

      1.発行済株式に関する事項
         株式の種類           当事業年度期首              増加          減少         当事業年度末
     普通株式(株)                     2,100            -          -           2,100

      2.自己株式に関する事項

         両事業年度とも該当事項はありません。
      3.新株予約権等に関する事項

         両事業年度とも該当事項はありません。
      4.配当に関する事項

         両事業年度とも該当事項はありません。
     (リース取引関係)

         両事業年度とも該当事項はありません。
     (金融商品関係)

      1. 金融商品の状況に関する事項
      (1)金融商品に関する取組方針
         両事業年度とも、当社は、内部管理規程に基づき、資産の安全性及びカウンターパーティー・リスクを重
         視した運用を自己資金運用の基本方針としております。
      (2)金融商品の内容及びそのリスク
         両事業年度とも、営業債権のうち、自社が設定している投資信託から受領する未収委託者報酬は、信託銀
         行により分別管理されているため、一般債権とは異なり、信用リスクは限定的と判断しております。未収
         運用受託報酬は、運用受託先ごとに期日管理及び残高管理をしており、回収期日はすべて債権発生後1年
         以内となっております。海外のグループ会社に対する未収収益は、関係会社ごとに期日管理及び残高管理
         をしております。また、営業債務である未払金、未払費用は、債務発生後1年以内の支払期日となってお
         ります。
      (3)金融商品に係るリスク管理体制
         ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
           両事業年度とも、営業債権である海外のグループ会社に対する未収収益は、担当部署が関係会社ごと
           に決済期日及び残高を定期的に管理し、回収懸念の早期把握を図っております。
         ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          両事業年度とも、外貨建ての債権債務に関する為替の変動リスクに関しては、個別の案件ごとに毎月残
          高管理を行い、原則翌月中に決算が行われることにより、リスクは限定的であると判断しております。
          また、金利変動によるリスクは、借入金がないため僅少であると判断しております。
                                 31/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2. 金融商品の時価等に関する事項
           貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りです。
          前事業年度(2017年12月31日)                                         (単位:千円)
                               貸借対照表
                                            時価          差額
                                計上額
            (1)預金                       1,301,848          1,301,848             -

            (2)未収委託者報酬                        966,986          966,986            -
            (3)未収運用受託報酬                         62,293          62,293           -
            (4)未収収益                        196,598          196,598            -
            (5)未収入金                         22,122          22,122           -
                  資産計                 2,549,850          2,549,850             -
            (1)未払金                        412,564          412,564            -

            (2)未払費用                        296,643          296,643            -
                  負債計                  709,208          709,208            -
          当事業年度(2018年12月31日)                                         (単位:千円)

                               貸借対照表
                                            時価          差額
                                計上額
            (1)預金                       1,494,358          1,494,358             -

            (2)未収委託者報酬                       1,073,629          1,073,629             -
            (3)未収運用受託報酬                         63,801          63,801           -
            (4)未収収益                        441,121          441,121            -
            (5)未収入金                         22,780          22,780           -
                 資産計                 3,095,692          3,095,692             -
            (1)未払金                        494,203          494,203            -

            (2)未払費用                        655,951          655,951            -
                 負債計                 1,150,155          1,150,155             -
          注)金融商品の時価の算定方法に関する事項
           資産項目 (1)預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)未収収益
                (5)未収入金
               両事業年度とも、これらは全て短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似しているこ
               とから、当該帳簿価額によっております。
            負債項目 (1)未払金、(2)未払費用
               両事業年度とも、これらは全て短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似しているこ
               とから、当該帳簿価額によっております。
         金銭債権の決算日後の償却予定額

          前事業年度(2017年12月31日)                                (単位:千円)
                                1年以内            1年超

             現金及び預金                      1,301,848              -

             未収委託者報酬                        966,986             -
             未収運用受託報酬                        62,293            -
             未収収益                        196,598             -
             未収入金                        22,122            -
                  合計                 2,549,850              -

                                 32/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          当事業年度(2018年12月31日)                                (単位:千円)
                                1年以内            1年超

             現金及び預金                      1,494,358              -

             未収委託者報酬                      1,073,629              -
             未収運用受託報酬                        63,801            -
             未収収益                        441,121             -
             未収入金                        22,780            -
                  合計                 3,095,692              -

     (有価証券関係)

      両事業年度とも、該当事項はありません。
     (デリバティブ取引関係)

      両事業年度とも、該当事項はありません。
     (退職給付関係)

      両事業年度とも、該当事項はありません。
     (ストック・オプション等関係)

      両事業年度とも、該当事項はありません。
     (持分法損益等)

      両事業年度とも、該当事項はありません。
     (資産除去債務関係)

      両事業年度とも、重要性がないため、記載を省略しております。
     (セグメント情報等)

      1.  セグメント情報
        両事業年度とも、当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      2.  関連情報

     (1)サービスごとの情報
         前事業年度(自         2017年1月1日 至          2017年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                    委託者報酬        業務受託報酬         運用受託報酬         その他営業収益           合計

        外部顧客への売上高              5,515,309          755,935         77,436           1,000     6,349,681

         当事業年度(自         2018年1月1日 至          2018年12月31日)

                                                     (単位:千円)
                    委託者報酬        業務受託報酬         運用受託報酬         その他営業収益           合計

        外部顧客への売上高              5,548,990          731,130         80,700             0  6,360,821

     (2)地域ごとの情報

         ①営業収益
         前事業年度(自         2017年1月1日 至          2017年12月31日)
                                             (単位:千円)
              日本                その他                合計

                 5,593,746                  755,935             6,349,681

                                 33/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         当事業年度(自         2018年1月1日 至          2018年12月31日)
                                             (単位:千円)
              日本                その他                合計

                 5,629,691                  731,130             6,360,821

         ②有形固定資産

         両事業年度とも、本邦の所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の全ての金額です
         ので地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
     (3)主要な顧客ごとの情報

         両事業年度とも、対象となる外部顧客への営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手
         先がいないため、記載はありません。
         なお、制度上顧客情報を知りえない、または顧客との守秘義務により開示できない営業収益については、
         判定対象から除いております。
      3. 報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

         両事業年度とも、該当事項はありません。
      4. 報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

         両事業年度とも、該当事項はありません。
      5. 報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

         両事業年度とも、該当事項はありません。
     (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度                 当事業年度
                              (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
     繰延税金資産
     減価償却の償却超過額                              14,141    千円             16,339    千円
     未払費用否認                              55,552    千円             32,512    千円
     賞与引当金否認                              105,476     千円             95,931    千円
     未払事業税等                               8,509    千円             2,082    千円
     繰延税金資産の合計
                                  183,680     千円            146,865     千円
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

     なった主要な項目別の内訳
                                前事業年度                 当事業年度
                              (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
     法定実効税率
                                    30.8    %             30.8    %
     (調整)
     評価性引当額                                 -  %               -  %
     住民税均等割                                0.1   %              0.2    %
     交際費等永久に損金に算入されない項目                                3.3   %              5.2    %
     事業税段階税率端数調整                               △0.0     %             △0.0     %
     税率変更による期末繰延税金資産の減額修                                 -  %              0.2    %
     正
     税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                    34.4    %             36.4    %
     (関連当事者との取引)

     1 関連当事者との取引
     (ア)財務諸表提出会社の親会社及び主要株主等

                                 34/41

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      前事業年度       ( 自 2017年1月       1 日 至 2017年        12 月 31 日 )
                              議決権行
                          事業の
                    資本金又は          使等の被      関連当事者              取引金額         期末残高
      種類    会社等の名称      所在地          内容又                 取引の内容            科目
                    出資金          所有者割      との関係              (千円)         (千円)
                          は職業
                              合
          The
                                          *1 資金の預入
                                                   ※   預 金    1,277,038
          Hongkong 
                                   資金の預金・
          and  Shanghai
                    116,102百万               販売委託契約
                                          *2 支払手数料
     親会社           香港          銀行業    直接100%                     2,825    未払金       339
          Banking            香港ドル              ・事務委託・
                                   役員の兼任
          Corporation,
                                          *3 事務委託等       711,436    未払費用      65,603
          Limited *4
      当事業年度      ( 自 2018年1月       1 日 至 2018年12月          31 日 )

                              議決権行
                          事業の
                    資本金又は          使等の被      関連当事者              取引金額         期末残高
      種類    会社等の名称      所在地          内容又                 取引の内容            科目
                    出資金          所有者割      との関係              (千円)         (千円)
                          は職業
                              合
          The
                                          *1 資金の預入
                                                   ※   預 金    1,446,057
          Hongkong 
                                   資金の預金・
          and  Shanghai
                    116,102百万               販売委託契約
     親会社           香港          銀行業    直接100%
          Banking            香港ドル              ・事務委託・
                                   役員の兼任
          Corporation,
                                          *3 事務委託等
                                                  670,607    未払費用     104,042
          Limited *4
     上記金額のうち、人件費など一部の取引金額には消費税が含まれておりませんが、その他の取引金額及び期末残高
     には消費税が含まれております。
     ※ 日常業務に関わる資金の出入りであるため、取引金額の記載を行っておりません。
     取引条件及び取引条件の決定方針

     *1  全額当座預金であり、無利息となっております。
     *2  当該会社との販売に関する契約に基づき、予め定められた料率で計算された金額を支払っております。
     *3  当該会社とのコスト・アロケーション・ポリシーに基づき、予め定められた料率並びに計算方法で計                                                    算された
      金額を支払っております。
     *4  当該会社との取引は、The              Hongkong     and  Shanghai     Banking     Corporation,       Limitedの東京支店に対するもので
      す。
     (イ)財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

     前事業年度      ( 自 2017年1月       1 日 至 2017年12月          31 日 )
                              議決権
                          事業の内     行使等
                     資本金又              関連当事者               取引金額         期末残高
      種類    会社等の名称       所在地         容又は職     の被所             取引の内容             科目
                     は出資金              との関係               (千円)         (千円)
                          業     有者割
                              合
         HSBC  Global
     同一の
         Asset
     親会社          英国     166,275千     投資
                               なし    事務委託等       *3 事務委託        95,505    未払費用     30,651
     を持つ          ロンドン      ポンド    運用業
         Management
     会社
         Ltd
                                          *3 事務委託
                                                   69,331
         HSBC  Global
     同一の                             事務委託・
         Asset
                                          *1 支払投資
     親会社          香港     240,000千     投資         投資運用契約・
                               なし                    514,414    未収収益     29,584
     を持つ    Management            香港ドル     運用業         業務委託契約・
                                           運用報酬
     会社                             役員の兼任
         (HK)  Ltd
                                          *6 業務受託報酬
                                                   291,954
         HSBC  Global
     同一の
                                          *1 支払投資
                                                    8,541
         Asset
     親会社          フランス     8,050千    投資         投資運用契約・
                                           運用報酬
                               なし                        未収収益     143,872
     を持つ          パリ      ユーロ    運用業         業務委託契約
         Management
                                          *6 業務受託報酬
                                                   434,205
     会社
         (FRANCE)
         HSBC  Global
     同一の
          Asset                                *1 支払投資
     親会社          英国     178,103千     投資
                               なし    投資運用契約                426,008    未払費用     138,376
     を持つ    Management      ロンドン      ポンド    運用業                  運用報酬
     会社
         (UK)  Ltd
         HSBC
     同一の
         Services
     親会社                    サービス                人件費・事務所賃
                バハマ     5千米ドル          なし    事務委託               1,071,714     未払費用     2,530
         Japan
     を持つ                    業                借料等
         Limited
     会社
         *4
         HSBC
                                          *2 支払手数料
                                                    2,361   未払金       95
     同一の
         Securities
                                   販売委託契約
     親会社          英国     102,346千
                                          *3 事務委託等
                          証券業     なし    ・事務委託・                 10,448
         (Japan)
     を持つ          ロンドン      ポンド
                                                       未払費用     1,247
                                   役員の兼任
         Limited
     会社
                                          *6 その他営業収益
                                                    1,080
         *5
                                 35/41


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         HSBC  Global
     同一の
                米国
         Asset                                *1 支払投資
     親会社                1,002米    投資
                ニュー               なし    投資運用契約                106,416    未払費用     9,839
     を持つ    Management             ドル   運用業                  運用報酬
                ヨーク
     会社
         (USA)   Inc.
         HSBC
     同一の
         Investment
     親会社                21,000   千  投資
                                          *6 業務受託報酬
         Funds   (Hong    香港               なし    業務委託契約                 19,373    未収収益     14,231
     を持つ                香港ドル     運用業
         Kong)
     会社
         Limited
     同一の
         HSBC  Global
     親会社          英国          サービス
                                          *3 事務委託
         Services            8米ドル         なし    業務委託契約                 4,895
     を持つ          ロンドン          業
         Limited
     会社
         HSBC  Global
                                          *1 支払投資
     同一の
                                                     562
         Asset
                ドイツ
                                           運用報酬
     親会社                2,600  千  投資         投資運用契約・
                デュッセ               なし                        未収収益     8,910
         Management
     を持つ                ユーロ    運用業         業務委託契約
                ルドルフ
         (Deutschland)
     会社
                                          *6 業務受託報酬
                                                    9,473
         Gmbh
     同一の
         HSBC  Bank
     親会社          英国     796,969   千
                                          *3 事務委託
                          銀行業     なし    事務委託                 4,765
     を持つ          ロンドン      ポンド
         PLC
     会社
     当事業年度      ( 自 2018年      1 月 1 日 至 2018年        12 月 31 日 )

                              議決権
                          事業の内     行使等
                     資本金又              関連当事者               取引金額         期末残高
      種類    会社等の名称       所在地         容又は職     の被所             取引の内容             科目
                     は出資金              との関係               (千円)         (千円)
                          業     有者割
                              合
         HSBC  Global
     同一の
         Asset
     親会社          英国     166,275千     投資
                                          *3  事務委託
                               なし    事務委託等                120,525    未払費用     31,783
     を持つ          ロンドン      ポンド    運用業
         Management
     会社
         Ltd
                                          *6 業務受託報酬
                                                   247,250    未収収益     178,536
         HSBC  Global
     同一の                             事務委託・
         Asset
                                          *1 支払投資
     親会社          香港     240,000千     投資         投資運用契約・
                               なし                    494,064
     を持つ    Management            香港ドル     運用業         業務委託契約・
                                           運用報酬
                                                       未払費用     289,528
     会社                             役員の兼任
         (HK)  Ltd
                                          *3 事務委託
                                                   62,284
         HSBC  Global
     同一の
         Asset
     親会社          フランス      8,050千    投資         投資運用契約・
                                          *6 業務受託報酬
                               なし                    427,688    未収収益     213,332
         Management
     を持つ          パリ      ユーロ    運用業         業務委託契約
         (FRANCE)
     会社
         HSBC  Global
     同一の
          Asset                                *1 支払投資
     親会社          英国     178,103千     投資
                               なし    投資運用契約                511,762    未払費用     184,373
     を持つ    Management      ロンドン      ポンド    運用業                  運用報酬
     会社
         (UK)  Ltd
         HSBC
     同一の
         Services
     親会社                    サービス                人件費・事務所賃
                バハマ     5千米ドル          なし    事務委託等               1,056,120
         Japan
     を持つ                    業                借料等
         Limited
     会社
         *4
         HSBC
     同一の
         Securities                         販売委託契約
     親会社          英国     102,346千
                                          *3 事務委託等
                          証券業     なし    ・事務委託・                 12,320
         (Japan)
     を持つ          ロンドン      ポンド
                                   役員の兼任
         Limited
     会社
         *5
         HSBC  Global
     同一の
                米国
         Asset                                *1 支払投資
     親会社                1,002米    投資
                ニュー               なし    投資運用契約                 82,785    未払費用     19,909
     を持つ    Management             ドル   運用業                  運用報酬
                ヨーク
     会社
         (USA)   Inc.
         HSBC
     同一の
         Investment
     親会社                21,000   千  投資
                                          *6 業務受託報酬
         Funds   (Hong    香港               なし    業務委託契約                 26,363    未収収益     22,704
     を持つ                香港ドル     運用業
         Kong)
     会社
         Limited
         HSBC  Global
     同一の
         Asset
                ドイツ
     親会社                2,600  千  投資         投資運用契約・
                                          *6 業務受託報酬
                デュッセ               なし                    29,014    未収収益     23,005
         Management
     を持つ                ユーロ    運用業         業務委託契約
                ルドルフ
         (Deutschland)
     会社
         GmbH
     上記金額のうち、一部の取引金額及び期末残高には消費税が含まれております。
     取引条件及び取引条件の決定方針
                                 36/41

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     *1  当該会社との投資運用契約に基づき、予め定められた料率で計算された金額を支払っております。
     *2  当該会社との販売に関する契約に基づき、予め定められた料率で計算された金額を支払っております。
     *3  当該会社とのパフォーマンス・レベル・アグリーメントに基づき、予め定められた料率並びに計算方法で計算
      された金額を支払っております。
     *4  当該会社との取引は、           HSBC   Services     Japan   Limited    の東京支店に対するものです。
     *5  当該会社との取引は、           HSBC   Securities      (Japan)     Limited     の東京支店に対するものです。
     *6  当該会社とのパフォーマンス・レベル・アグリーメントに基づき、予め定められた料率並びに計算方法で計算
      された金額を受け取っております。
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)親会社情報
        The  Hongkong     and  Shanghai     Banking     Corporation,       Limited    (非上場)
     (1株当たり情報)

                                前事業年度                  当事業年度
                             (自2017年      1月  1日         (自2018年      1月  1日
                              至2017年12月31日)                   至2018年12月31日)
     1 株当たり純資産額                               730,713.61      円            855,280.31      円
     1 株当たり当期純利益                               155,256.47      円            124,566.69      円
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     (注)1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下の通りです。

                                前事業年度                  当事業年度
                             (自2017年      1月  1日         (自2018年      1月  1日
                              至2017年12月31日)                   至2018年12月31日)
     当期純利益(千円)                                   326,038                  261,590
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -                  -
     普通株式に係る当期純利益(千円)                                   326,038                  261,590
     普通株式の期中平均株式数(株)                                    2,100                  2,100
     (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 37/41









                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【利害関係人との取引制限】
      委託会社は      、「 金融商品取引法        」 の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が禁止さ
      れています。
      ①自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと                                                    ( 投資者の
       保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして
       内閣府令で定めるものを除きます                 。)。
      ②運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと                                     ( 投資者の保護に欠け、もしくは取引の
       公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除き
       ます  。)。
      ③通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人等                                                      ( 委託
       会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法
       人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下④⑤において同じ                                               。) または子法人等
       ( 委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有
       する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ                                           。) と有価証券の売買その
       他の取引または金融デリバティブ取引を行うこと。
      ④委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用財産
       の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
      ⑤上記③④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であって、投資者の保護に
       欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるものとして内閣府
       令で定める行為
     5【その他】

     (1)定款の       変更
        委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
     (2)訴訟事件その他の重要事項
        委託会社およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありません。
                                 38/41












                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【その他の関係法人の概況】
     1【名称、資本金の額及び事業の内容】
     (1)受託会社
       ①名称:三菱UFJ信託銀行株式会社
       ②資本金の額:324,279百万円               ( 2018  年3月末現在      )
       ③事業の内容:銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律                                                  ( 兼営法   ) に
               基づき信託業務を営んでいます。
      (参考)再信託受託会社
        名称:日本マスタートラスト信託銀行株式会社
        資本金の額:10,000百万円(2018年3月末現在)
        事業の内容:銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律                                                 ( 兼営法   ) に
               基づき信託業務を営んでいます。
     (2)販売会社
               名称              資本金の額                  事業の内容
                                       金融商品取引法に定める第一種金融商品
        東洋  証券株式会社                    13,494   百万円
                                       取引業を営んでいます           。
        資本金の額は、2018年3月末現在を記載しています。
     2【関係業務の概要】

     (1)受託会社
      当ファンドの信託財産に属する有価証券の保管・管理・計算等およびその信託事務処理の一部の委託等を行いま
      す。
     (2)販売会社
      当ファンドの募集・販売業務、収益分配金の再投資に関する事務、収益分配金、換金代金および償還金の支払い
      等に関する事務等を行います。
     3【資本関係】

      該当ありません。
                                 39/41











                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【その他】
     (1)目論見書は、目論見書の別称として「投資信託説明書」と称して使用する場合があり、以下のとおり称する
        ことがあります。
         「投資信託説明書(交付目論見書)」
         「投資信託説明書(請求目論見書)」
     (2)交付目論見書の表紙もしくは表紙裏に、以下の内容等を記載することがあります。
         ・当ファンドの委託会社ならびに受託会社に関する情報
         ・当ファンドの詳細情報の入手方法
         ・請求目論見書は販売会社に請求することにより販売会社から交付される旨
         ・ 商品内容について重大な変更を行う場合には、当ファンドの受益者に対して事前に変更内容に対する
           意向を確認させていただく旨
         ・投資信託の信託財産が受託会社の固有財産等との分別管理が義務付けられている旨
         ・請求目論見書に当ファンドの信託約款が記載されている旨
     (3)目論見書の表紙に、ロゴマーク、イラストを使用すること、ファンドの形態(商品分類等)、目論見書の使
        用開始日、キャッチコピー等を記載することがあります。
     (4)有価証券届出書の記載内容について、図表等を付加ならびにグラフ化して記載することがあります。また、
        投資信託の特徴や仕組みなどの説明文章や図表などを、目論見書に記載することがあります。
     (5)有価証券届出書に(参考情報)として記載の運用実績につき、目論見書において最新の情報を記載すること
        があります。
     (6)請求目論見書の巻末に、当ファンドの信託約款の全文を掲載することがあります。
     (7)目論見書は電子媒体として使用される他、インターネット等に掲載されることがあります。
                                 40/41














                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                   2019年3月8日

      HSBC投信        株式会社

      取 締 役 会 御 中
                         PwCあらた有限責任監査法人

                          指定有限責任社員
                                    公認会計士 辻 村 和 之 ㊞
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に掲げ


     られているHSBC投信株式会社の2018年1月1日から2018年12月31日までの第34期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借
     対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必
     要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
     る。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監
     査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき
     監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸
     表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際し
     て、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、
     監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財
     務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
     HSBC投信株式会社の2018年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な
     点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                     以   上
     (注)    1.  上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管してお

          ります。
        2.  XBRL  データは監査の対象には含まれていません。
                                 41/41





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。