東京センチュリー株式会社 発行登録追補書類(株券、社債券等)

このエントリーをはてなブックマークに追加

発行登録追補書類(株券、社債券等)

提出日:

提出者:東京センチュリー株式会社

カテゴリ:発行登録追補書類(株券、社債券等)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
    【表紙】
    【発行登録追補書類番号】                           30-関東1-3
    【提出書類】                           発行登録追補書類
    【提出先】                           関東財務局長
    【提出日】                           2019年4月16日
    【会社名】                           東京センチュリー株式会社
    【英訳名】                           Tokyo   Century    Corporation
    【代表者の役職氏名】                           代表取締役社長        浅田   俊一
    【本店の所在の場所】                           東京都千代田区神田練塀町3番地
    【電話番号】                           03(5209)7055(代表)
    【事務連絡者氏名】                           財務部長     原田   敦
    【最寄りの連絡場所】                           東京都千代田区神田練塀町3番地
    【電話番号】                           03(5209)7055(代表)
    【事務連絡者氏名】                           財務部長     原田   敦
    【発行登録の対象とした募集有価証券の種類】                           社債
    【今回の募集金額】                           30,000百万円
    【発行登録書の内容】
     提出日                                   2018年2月6日
     効力発生日                                   2018年2月14日
     有効期限                                   2020年2月13日
     発行登録番号                                    30-関東1
     発行予定額又は発行残高の上限(円)                                発行予定額 200,000百万円
    【これまでの募集実績】

    (発行予定額を記載した場合)
        番号         提出年月日           募集金額(円)          減額による訂正年月日             減額金額(円)
      30-関東1-1          2018年4月6日            50,000百万円              -           -
      30-関東1-2          2018年10月5日            20,000百万円              -           -
                            70,000百万円
           実績合計額(円)                            減額総額(円)             なし
                           (70,000百万円)
    (注)実績合計額は、券面総額又は振替社債の総額の合計額(下段( )書きは、発行価額の総額の合計額)に基づき
      算出しております。
    【残額】     (発行予定額-実績合計額-減額総額)                           130,000百万円
                                    (130,000百万円)
                                    (注)   残額は、券面総額又は振替社債の総額の合計
                                    額(下段( )書きは、発行価額の総額の合計
                                    額)に基づき算出しております。
    (発行残高の上限を記載した場合)
     該当事項はありません。
    【残高】     (発行残高の上限-実績合計額+償還総額-減額総額)                           -円

    【安定操作に関する事項】                                該当事項はありません。

                                  1/16



                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
    【縦覧に供する場所】                            株式会社東京証券取引所
                                (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                東京センチュリー株式会社 大宮支店
                                (埼玉県さいたま市大宮区錦町682番地2)
                                東京センチュリー株式会社 横浜支店
                                (神奈川県横浜市西区北幸二丁目8番4号)
                                東京センチュリー株式会社 名古屋営業部
                                (愛知県名古屋市中区栄二丁目1番1号)
                                東京センチュリー株式会社 大阪営業部
                                (大阪府大阪市中央区本町三丁目5番7号)
                                東京センチュリー株式会社 神戸支店
                                (兵庫県神戸市中央区三宮町二丁目5番1号)
                                  2/16















                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】
    1  【新規発行社債(短期社債を除く。)】
                      東京センチュリー株式会社第1回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債
     銘柄
                      (劣後特約付)
     記名・無記名の別                  -
     券面総額又は振替社債の総額(円)                  金30,000百万円

     各社債の金額(円)                  1億円

     発行価額の総額(円)                  金30,000百万円

     発行価格(円)                  各社債の金額100円につき金100円

                      1.2019年4月22日の翌日から2024年4月22日までにおいては、年1.00%
     利率(%)                  2.2024年4月22日の翌日以降においては、6ヶ月ユーロ円ライボー(別記
                        「利息支払の方法」欄第1項第(2)号イに定義する。)に2.00%を加えた値
     利払日                  毎年4月22日及び10月22日
     利息支払の方法                  1.利息支払の方法及び期限
                       (1)利息支払の方法
                        イ 本社債の利息は、払込期日の翌日から本社債の満期償還日(別記「償
                          還の方法」欄第2項第(1)号に定義する。)又は期限前償還日(別記
                          「償還の方法」欄第2項第(2)号ハに定義する。)(併せて以下「償還
                          日」という。)までこれをつけ、利払日(下記に定義する。)に、当
                          該利払日の直前の利払日(ただし、当該利払日が初回の利払日の場合
                          は払込期日。)の翌日から当該利払日までの各期間(以下「利息計算
                          期間」という。)について支払う。ただし、利払日が東京における銀
                          行休業日にあたるときは、その支払は前銀行営業日にこれを繰り上げ
                          る。
                          「利払日」とは、初回を2019年10月22日とし、その後毎年4月22日及
                          び10月22日をいう。
                        ロ (ⅰ)2019年4月22日の翌日から2024年4月22日までの本社債の利息
                              は、以下により計算される金額を各利払日に支払う。
                              各本社債の社債権者(以下「本社債権者」という。)が各口座
                              管理機関(別記「振替機関」欄記載の振替機関の業務規程その
                              他の規則(以下「業務規程等」という。)に定める口座管理機
                              関をいう。以下同じ。)の各口座に保有する各本社債の金額の
                              総額に一通貨あたりの利子額を乗じて得られる金額。ただし、
                              円位未満の端数が生じた場合にはこれを切り捨てる。本(ⅰ)に
                              おいて「一通貨あたりの利子額」とは、業務規程等に従い、1
                              円に別記「利率」欄第1項に定める利率を乗じ、それを2で除
                              して得られる金額(ただし、半か年に満たない期間につき一通
                              貨あたりの利子額を計算するときは、かかる金額をその半か年
                              間の日割で計算した金額。)をいう。ただし、小数点以下第13
                              位未満の端数が生じた場合にはこれを切り捨てる。
                                  3/16






                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
                          (ⅱ)2024年4月22日の翌日以降の本社債の利息は、以下により計算
                              される金額を各利払日に支払う。
                              各本社債権者が各口座管理機関の各口座に保有する各本社債の
                              金額の総額に一通貨あたりの利子額を乗じて得られる金額。た
                              だし、円位未満の端数が生じた場合にはこれを切り捨てる。本
                              (ⅱ)において「一通貨あたりの利子額」とは、業務規程等に従
                              い、1円に別記「利率」欄第2項の規定に基づき決定される利
                              率及び当該利息計算期間の実日数を分子とし360を分母とする分
                              数を乗じて得られる金額をいう。ただし、小数点以下第13位未
                              満の端数が生じた場合にはこれを切り捨てる。
                        ハ 本社債の償還日後は、当該償還(本社債の元金の支払が不当に留保若
                          しくは拒絶された場合又は本社債の元金の支払に関して債務不履行が
                          生じている場合を除く。)に係る各本社債の利息は発生しないものと
                          する。なお、当該償還日において残存する経過利息及び任意未払残高
                          (本項第(3)号ハ(ⅰ)に定義する。以下同じ。)は、別記「償還の方
                          法」欄第2項の規定に従い償還とともに支払われる。
                        ニ 本社債の利息の支払については、本項のほか、別記((注)「5.劣
                          後特約」)に定める劣後特約に従う。
                       (2)各利息計算期間の適用利率の決定
                        イ 別記「利率」欄第2項の規定に基づき決定される本社債の利率は、各
                          利息計算期間の開始直前の利払日の2日前(ロンドンにおける銀行休
                          業日はこれに算入しない。以下「利率基準日」という。)のロンドン
                          時間午前11時現在のロイター3750頁(ICE                    Benchmark     Administration
                          Limited(又は下記レートの管理を承継するその他の者。)が管理する
                          円預金のロンドン銀行間オファード・レートを表示するロイターの
                          3750頁又はその承継頁をいい、以下「ロイター3750頁」という。)に
                          表示されているロンドン銀行間市場における円の6ヶ月預金のオ
                          ファード・レート(以下「6ヶ月ユーロ円ライボー」という。)に基
                          づき、別記「利率」欄第2項の規定に従って、各利率基準日の翌日
                          (東京における銀行休業日にあたるときは、その翌日。以下「利率決
                          定日」という。)に当社がこれを決定する。
                        ロ 利率基準日に、6ヶ月ユーロ円ライボーがロイター3750頁に表示され
                          ない場合又はロイター3750頁が利用不能となった場合には、当社は利
                          率決定日に利率照会銀行(ロンドン銀行間市場における主要銀行で
                          あって当社が指定する銀行4行をいい、以下「利率照会銀行」とい
                          う。)の東京の主たる店舗に対し、利率基準日のロンドン時間午前11
                          時現在にロンドン銀行間市場において利率照会銀行が提示していたロ
                          ンドンの主要銀行に対する円の6ヶ月預金のオファード・レート(以
                          下「提示レート」という。)の提示を求め、その平均値(算術平均値
                          を算出したうえ、小数点以下第5位を四捨五入する。)を当該利息計
                          算期間に適用される6ヶ月ユーロ円ライボーとする。
                        ハ 本号ロの場合で、当社に提示レートを提示した利率照会銀行が2行以
                          上ではあるがすべてではない場合、当該利息計算期間に適用される
                          6ヶ月ユーロ円ライボーは、当該利率照会銀行の提示レートの平均値
                          (算術平均値を算出したうえ、小数点以下第5位を四捨五入する。)
                          とする。
                        ニ 本号ロの場合で、当社に提示レートを提示した利率照会銀行が2行に
                          満たない場合、当社は当社が指定する東京における主要銀行4行に対
                          し、利率決定日の日本時間午前11時現在の期間6ヶ月の対銀行円建貸
                          出金利の提示を求め、その平均値(算術平均値を算出したうえ、小数
                          点以下第5位を四捨五入する。)を当該利息計算期間に適用される
                          6ヶ月ユーロ円ライボーとする。ただし、当該銀行のいずれかがかか
                          る貸出金利を提示しなかった場合には、当該利息計算期間に適用され
                          る6ヶ月ユーロ円ライボーは、当該利率基準日が属する利息計算期間
                          に使用された6ヶ月ユーロ円ライボーと同率とする。
                                  4/16



                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
                        ホ 当社は、財務代理人に本号イ乃至ニに定める利率確認事務を委託し、
                          財務代理人は利率決定日に当該利率を確認する。
                        ヘ 当社及び財務代理人はそれぞれその本店において、各利息計算期間の
                          開始日から5日以内(利息計算期間の開始日を含み、東京における銀
                          行休業日はこれに算入しない。)に、上記により決定された本社債の
                          利率を、その営業時間中、一般の閲覧に供する。
                       (3)任意停止
                        イ 利払の任意停止
                          当社は、ある利払日において、その裁量により、当該利払日の12銀行
                          営業日前までに、本社債権者及び財務代理人に対し任意停止金額(下
                          記に定義する。)の通知を行うことにより、当該通知に係る利払日に
                          おける本社債の利息の支払の全部又は一部を繰り延べることができる
                          (当該繰り延べを以下「任意停止」といい、任意停止により繰り延べ
                          られた利息の未払金額を以下「任意停止金額」といい、任意停止がな
                          ければ当該利息が支払われるはずであった利払日を以下「任意停止利
                          払日」という。)。なお、任意停止金額には、任意停止利払日の翌日
                          から任意停止金額の全額が弁済される利払日までの間、当該任意停止
                          利払日における別記「利率」欄に定める利率による利息(以下「追加
                          利息」という。)が付される(なお、当該任意停止金額に関する追加
                          利息に対する利息は生じない。)。
                        ロ 任意支払
                          当社は、ある利払日において、その裁量により、任意未払残高の全部
                          又は一部を支払うことができる。
                        ハ 強制支払
                         (ⅰ)劣後株式への支払による強制支払
                             本号イ及びロの規定にかかわらず、ある利払日に関して、当該利
                             払日の直前利払日の属する月の第2銀行営業日(ただし、当該利
                             払日が初回の利払日の場合は払込期日の翌日。)から当該利払日
                             の属する月の第1銀行営業日までの期間において、以下の①又は
                             ②の事由が生じた場合は、当社は、当該利払日(以下「強制利払
                             日」という。)又は強制利払日の直後の利払日に、当該強制利払
                             日現在の任意未払残高(各本社債に関して、その時点において残
                             存するすべての任意停止金額及びこれに対する追加利息をいい、
                             以下「任意未払残高」という。)の全額を弁済するべく、営利事
                             業として実行可能(下記に定義する。)な限りの合理的な努力を
                             行うこととする。
                          ① 当社が当社普通株式並びに剰余金の配当及び残余財産の分配を受
                             ける権利に関して同順位証券(下記に定義する。)に劣後する当
                             社が今後発行する当社普通株式以外の株式(併せて以下「劣後株
                             式」という。)に関する剰余金の配当(会社法第454条第5項に規
                             定される中間配当及び全額に満たない配当をする場合を含む。)
                             を行う決議をした場合又は支払を行った場合
                          ② 当社が劣後株式の買入れ又は取得をする場合(ただし、以下の事
                             由のいずれかによる場合を除く。)
                             (a)会社法第155条第8号乃至第13号に基づく事由
                             (b)会社法第192条第1項に基づく単元未満株主からの買取請求
                             (c)会社法第469条第1項、第785条第1項、第797条第1項又は第
                               806条第1項に基づく反対株主からの買取請求
                             (d)会社法第116条第1項又は第182条の4第1項に基づく反対株
                               主からの買取請求
                             (e)会社法第135条第3項に対応するための会社法第163条に基づ
                               く子会社からの取得
                             (f)その他当社が買取りを行うことが法令上義務づけられる事由
                                  5/16



                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
                              「営利事業として実行可能」とは、当社の証券(社債を含
                              む。)の発行若しくは募集又は借入れに重大な障害を生じさせ
                              ない場合をいう。ただし、当該証券又は借入れに関して支払わ
                              れ得る価格、利率又は配当率を考慮しない。
                              「同順位証券」とは、最優先株式(下記に定義する。)及び同
                              順位劣後債務(下記に定義する。)をいう。
                              「最優先株式」とは、当社の今後発行する株式であって、剰余
                              金の配当及び残余財産の分配を受ける権利に関して当社普通株
                              式に優先するもの(複数の種類の株式がこれに該当する場合
                              は、剰余金の配当を受ける権利に関して最上位のもの。ただし
                              別記((注)「5.劣後特約」)においては残余財産の分配を
                              受ける権利に関して最上位のもの。)をいう。
                              「同順位劣後債務」とは、当社の債務であって、劣後支払条件
                              (別記((注)「5.劣後特約」)に定義する。)と実質的に
                              類似する当社の清算手続、破産手続、更生手続若しくは再生手
                              続又は日本法によらないこれらに準ずる手続における支払に関
                              する条件及び権利を有し、その利息に係る権利及び償還又は返
                              済条件が、本社債と実質的に同等のもの又は当社の財務状態及
                              び業績に応じて決定されるものをいう。
                         (ⅱ)同順位証券への支払による強制支払
                             本号イ及びロの規定にかかわらず、任意停止利払日から当該任意
                             停止利払日の直後の利払日の前日までの期間において同順位証券
                             に関する配当又は利息が支払われたときは、当社は、当該任意停
                             止利払日の直後の利払日に、当該任意停止利払日に係る任意停止
                             金額及びこれに対する追加利息を弁済するべく、営利事業として
                             実行可能な限りの合理的な努力を行うこととする。
                        ニ 任意未払残高の支払
                         (ⅰ)任意未払残高は、弁済される利払日又は償還日時点の本社債権者
                             に支払われる。
                         (ⅱ)当社は、利払日又は償還日において任意未払残高の全部又は一部
                             を支払う場合、弁済する当該利払日又は償還日の12銀行営業日前
                             までに、支払う任意停止金額(以下「支払金額」という。)及び
                             該当任意停止利払日の通知を本社債権者及び財務代理人に対し行
                             う。その場合、支払われる金額は業務規程等に従い下記の方法に
                             より一通貨あたりの利子額を算出し、各本社債権者が各口座管理
                             機関の各口座に保有する各本社債の金額の総額を乗じて算出され
                             る。
                          ① 支払金額の一通貨あたりの利子額
                             支払金額を残存する本社債の元金で除したものをいう。ただし、
                             小数点以下第13位未満の端数が生じた場合にはこれを切り捨て
                             る。
                          ② 支払金額に対する追加利息の一通貨あたりの利子額
                             支払金額に該当任意停止利払日における別記「利率」欄に定める
                             利率及び任意停止利払日の翌日から任意停止金額を弁済する当該
                             利払日又は償還日までの本項第(1)号ロに準じて算出される金額
                             を、残存する本社債の元金で除したものをいう。ただし、小数点
                             以下第13位未満の端数が生じた場合にはこれを切り捨てる。
                         (ⅲ)当社が、任意未払残高の一部を支払う場合、当該支払は、最も早
                             い任意停止利払日に発生した任意停止金額及びこれに対する追加
                             利息から順に充当される。その場合、当社は、充当する当該任意
                             停止金額及びこれに対する追加利息の内訳を財務代理人に通知す
                             る。
                      2.利息の支払場所
                         別記((注)「15.元利金の支払」)記載のとおり。
                                  6/16



                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
     償還期限                  2054年4月22日
     償還の方法                  1.償還金額
                         各社債の金額100円につき金100円(ただし、期限前償還の場合は、本欄第
                         2項第(2)号に定める金額による。)
                      2.償還の方法及び期限
                       (1)満期償還
                         本社債の元金は、2054年4月22日(以下「満期償還日」という。)に、
                         任意未払残高の支払とともにその総額を償還する。
                       (2)期限前償還
                         前号の規定にかかわらず、当社は以下の場合において、満期償還日前に
                         本社債を償還することができる。
                        イ 当社の選択による期限前償還
                          当社は、2024年4月22日(以下「初回任意償還日」という。)及び初
                          回任意償還日以降の各利払日(初回任意償還日と併せて以下「任意償
                          還日」という。)において、任意償還日より前の30銀行営業日以上60
                          銀行営業日以内に本社債権者及び財務代理人に対し事前の通知(撤回
                          不能とする。)を行うことにより、当社の選択により、その時点で残
                          存する本社債の元金の全部(一部は不可)を、各社債の金額100円につ
                          き金100円で、任意未払残高の支払とともに当該任意償還日に期限前償
                          還することができる。
                        ロ 税制事由による期限前償還
                          払込期日以降に税制事由(下記に定義する。)が生じ、かつ継続して
                          いる場合、当社は、当社が当該期限前償還のために設定する日(以下
                          「税制事由償還日」という。)より前の30銀行営業日以上60銀行営業
                          日以内に本社債権者及び財務代理人に対し事前の通知(撤回不能とす
                          る。)を行うことにより、当社の選択により、その時点で残存する本
                          社債の元金の全部(一部は不可)を、(ⅰ)税制事由償還日が初回任意
                          償還日より前の日である場合には、各社債の金額100円につき金101円
                          の割合で計算される金額で、(ⅱ)税制事由償還日が初回任意償還日以
                          降の日である場合には、各社債の金額100円につき金100円で、税制事
                          由償還日までの経過利息及び任意未払残高の支払とともに当該税制事
                          由償還日に期限前償還することができる。
                          「税制事由」とは、日本の法令又はその運用若しくは解釈により、当
                          社に課される法人税の計算において本社債の利息が法人税法第22条第
                          3項に定める損金に算入されなくなる等、当社にとって著しく不利益
                          な税務上の取扱いがなされ、当社の合理的な努力によってもこれを回
                          避できないことをいう。
                        ハ 資本性変更事由による期限前償還
                          払込期日以降に資本性変更事由(下記に定義する。)が生じ、かつ継
                          続している場合、当社は、当社が当該期限前償還のために設定する日
                          (以下「資本性変更事由償還日」といい、任意償還日、税制事由償還
                          日と併せて以下「期限前償還日」という。)より前の30銀行営業日以
                          上60銀行営業日以内に本社債権者及び財務代理人に対し事前の通知
                          (撤回不能とする。)を行うことにより、当社の選択により、その時
                          点で残存する本社債の元金の全部(一部は不可)を、(ⅰ)資本性変更
                          事由償還日が初回任意償還日より前の日である場合には、各社債の金
                          額100円につき金101円の割合で計算される金額で、(ⅱ)資本性変更事
                          由償還日が初回任意償還日以降の日である場合には、各社債の金額100
                          円につき金100円で、資本性変更事由償還日までの経過利息及び任意未
                          払残高の支払とともに当該資本性変更事由償還日に期限前償還するこ
                          とができる。
                                  7/16




                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
                          「資本性変更事由」とは、信用格付業者(株式会社格付投資情報セン
                          ター及び株式会社日本格付研究所又はそれらの格付業務を承継した者
                          をいう。以下同じ。)のうち1社以上より、各信用格付業者における
                          本社債発行後の資本性評価基準の変更に従い、本社債について、各信
                          用格付業者が認める本社債の発行時点において想定されている資本性
                          より低いものとして取り扱うことを決定した旨の公表がなされ、又は
                          書面による通知が当社に対してなされたことをいう。
                       (3)本社債の償還日が東京における銀行休業日にあたるときは、その支払は
                         前銀行営業日にこれを繰り上げる。
                       (4)本社債の買入消却は、法令又は業務規程等に別途定められる場合を除
                         き、払込期日の翌日以降いつでもこれを行うことができる。
                       (5)本社債の償還については、本項のほか、別記((注)「5.劣後特約」)
                         に定める劣後特約に従う。
                      3.償還元金の支払場所
                         別記((注)「15.元利金の支払」)記載のとおり。
     募集の方法                  一般募集
     申込証拠金(円)                  各社債の金額100円につき金100円とし、払込期日に払込金に振替充当する。申
                      込証拠金には利息をつけない。
     申込期間                  2019年4月16日
     申込取扱場所                  別項引受金融商品取引業者の本店及び国内各支店
     払込期日                  2019年4月22日
     振替機関                  株式会社証券保管振替機構
                      東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
     担保                  本社債には担保及び保証は付されておらず、また本社債のために特に留保され
                      ている資産はない。
     財務上の特約                  該当事項なし
    (注)1.信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付
          (1)株式会社格付投資情報センター(以下「R&I」という。)
            本社債について、当社はR&IからBBB+の信用格付を2019年4月16日付で取得している。
            R&Iの信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定ど
            おりに履行される確実性(信用力)に対するR&Iの意見である。R&Iは信用格付によって、個々の
            債務等の流動性リスク、市場価値リスク、価格変動リスク等、信用リスク以外のリスクについて、何ら
            意見を表明するものではない。R&Iの信用格付は、いかなる意味においても、現在・過去・将来の事
            実の表明ではない。また、R&Iは、明示・黙示を問わず、提供する信用格付、又はその他の意見につ
            いての正確性、適時性、完全性、商品性、及び特定目的への適合性その他一切の事項について、いかな
            る保証もしていない。
            R&Iは、信用格付を行うに際して用いた情報に対し、品質確保の措置を講じているが、これらの情報
            の正確性等について独自に検証しているわけではない。R&Iは、必要と判断した場合には、信用格付
            を変更することがある。また、資料・情報の不足や、その他の状況により、信用格付を保留したり、取
            り下げたりすることがある。
            利息・配当の繰り延べ、元本の返済猶予、債務免除等の条項がある債務等の格付は、その蓋然性が高
            まったとR&Iが判断した場合、発行体格付又は保険金支払能力とのノッチ差を拡大することがある。
            本社債の申込期間中に本社債に関してR&Iが公表する情報へのリンク先は、R&Iのホームページ
            (https://www.r-i.co.jp/rating/index.html)の「格付アクション・コメント」及び同コーナー右下
            の「一覧はこちら」をクリックして表示されるリポート検索画面に掲載されている。なお、システム障
            害等何らかの事情により情報を入手することができない可能性がある。その場合の連絡先は以下のとお
            り。
            R&I:電話番号 03-6273-7471
          (2)株式会社日本格付研究所(以下「JCR」という。)
            本社債について、当社はJCRからAの信用格付を2019年4月16日付で取得している。
            JCRの信用格付は、格付対象となる債務について約定どおり履行される確実性の程度を等級をもって
            示すものである。
            なお、本社債につき、約定により許容される利息の支払停止が生じた場合、当該支払停止は「債務不履
            行」に当たらないが、JCRでは債務不履行の場合と同じ「D」記号を付与することとしている。
                                  8/16



                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
            JCRの信用格付は、債務履行の確実性の程度に関してのJCRの現時点での総合的な意見の表明であ
            り、当該確実性の程度を完全に表示しているものではない。また、JCRの信用格付は、デフォルト率
            や損失の程度を予想するものではない。JCRの信用格付の評価の対象には、価格変動リスクや市場流
            動性リスクなど、債務履行の確実性の程度以外の事項は含まれない。
            JCRの信用格付は、格付対象の発行体の業績、規制などを含む業界環境などの変化に伴い見直され、
            変動する。また、JCRの信用格付の付与にあたり利用した情報は、JCRが格付対象の発行体及び正
            確で信頼すべき情報源から入手したものであるが、当該情報には、人為的、機械的又はその他の理由に
            より誤りが存在する可能性がある。
            本社債の申込期間中に本社債に関してJCRが公表する情報へのリンク先は、JCRのホームページ
            (https://www.jcr.co.jp/)の「ニュースリリース」右端「一覧を見る」をクリックして表示される
            「ニュースリリース」(https://www.jcr.co.jp/release/)に掲載されている。なお、システム障害等
            何らかの事情により情報を入手することができない可能性がある。その場合の連絡先は以下のとおり。
            JCR:電話番号 03-3544-7013
         2.社債、株式等の振替に関する法律の規定の適用
           本社債は、その全部について社債、株式等の振替に関する法律(以下「社債等振替法」という。)第66条
           第2号の定めに従い社債等振替法の規定の適用を受けることとする旨を定めた社債であり、社債等振替法
           第67条第2項に定める場合を除き、社債券を発行することができない。
         3.社債の管理
           本社債には会社法第702条ただし書に基づき、社債管理者は設置されておらず、社債権者は自ら本社債を
           管理し、又は本社債に係る債権の実現を保全するために必要な一切の行為を行う。
         4.財務代理人、発行代理人及び支払代理人
           株式会社みずほ銀行
         5.劣後特約
           当社は、劣後事由(下記に定義する。)の発生後すみやかに、本社債権者及び財務代理人に対して、劣後
           事由が発生した事実を通知する。劣後事由の発生後の当社の清算手続、破産手続、更生手続若しくは再生
           手続又は日本法によらないこれらに準ずる手続において、各本社債権者は、各本社債につき、次の(ⅰ)及
           び(ⅱ)を合計した金額の、本社債に基づく劣後請求権(下記に定義する。)を有するものとし、当社はか
           かる金額を超えて各本社債権者に対する支払義務を負わないものとする。
           (ⅰ)劣後事由発生日において当該本社債権者が保有する未償還の本社債の金額
           (ⅱ)当該劣後事由発生日における当該本社債に関する任意未払残高及び当該劣後事由発生日までの当該
              本社債に関する経過利息
           劣後請求権は、劣後支払条件(下記に定義する。)が成就した場合のみ発生し、かつ劣後事由の発生日に
           おいて最優先株式が存在する場合には、各本社債の同順位劣後債務残余財産分配額(下記に定義する。)
           の範囲でのみ、支払(配当を含む。)の対象となるものとする。
           「劣後事由」とは、以下のいずれかの事由が生じた場合をいう。
           (ⅰ)当社に対して、清算手続(会社法に基づく通常清算手続又は特別清算手続を含む。)が開始された
              場合
           (ⅱ)管轄権を有する日本の裁判所が、当社に対して、破産法の規定に基づく破産手続開始の決定をした
              場合
           (ⅲ)管轄権を有する日本の裁判所が、当社に対して、会社更生法の規定に基づく更生手続開始の決定を
              した場合
           (ⅳ)管轄権を有する日本の裁判所が、当社に対して、民事再生法の規定に基づく再生手続開始の決定を
              した場合
           (ⅴ)当社に対して日本法によらない外国における清算手続、破産手続、更生手続、再生手続又はこれら
              に準ずる手続が開始された場合
           「劣後請求権」とは、当社の清算手続、破産手続、更生手続若しくは再生手続又は日本法によらないこれ
           らに準ずる手続において各本社債権者が有する清算に係る債権、破産債権、更生債権若しくは再生債権又
           はこれらに準ずる債権であって、本社債に基づくものをいう。
           「劣後支払条件」とは、以下に該当する場合をいう。
           (ⅰ)当社の清算手続において、残余財産の株主への分配を開始する前に支払を受け又は弁済される権利
              を有する当社の債権者が保有する債権に係るすべての上位債務(下記に定義する。)が、会社法の
              規定に基づき、全額支払われた場合、又はその他の方法で全額の満足を受けた場合
           (ⅱ)当社の破産手続において、最後配当のために破産管財人により作成される配当表に記載されたすべ
              ての上位債務が、破産法の規定に基づき、全額支払われた場合、又はその他の方法で全額の満足
              (供託による場合を含む。)を受けた場合
                                  9/16



                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
           (ⅲ)当社の更生手続において、会社更生法に基づき最終的かつ確定的となった更生計画に記載されたす
              べての上位債務(当該計画内で修正又は減額された場合はこれに従う。)が、かかる計画の条件に
              従い、全額支払われた場合、又はその他の方法で全額の満足を受けた場合
           (ⅳ)当社の再生手続において、民事再生法に基づき最終的かつ確定的となった再生計画に記載されたす
              べての上位債務(当該計画内で修正又は減額された場合はこれに従う。)が、かかる計画の条件に
              従い、全額支払われた場合、又はその他の方法で全額の満足を受けた場合
           (ⅴ)当社に対する日本法によらない外国における清算手続、破産手続、更生手続、再生手続又はこれら
              に準ずる手続において、上記に準じて上位債務が全額支払われた場合、又はその他の方法で全額の
              満足を受けた場合
           「同順位劣後債務残余財産分配額」とは、劣後事由の発生日において最優先株式が存在している場合に、
           すべての同順位劣後債務(本社債に関する当社の債務を含む。)が、それぞれ最優先株式であったなら
           ば、当社の残余財産から各本社債権者に対して支払がなされたであろう金額と同額である、劣後請求権に
           関し支払われる額をいう。
           「上位債務」とは、同順位劣後債務(本社債に関する当社の債務を含む。)に関する当社の債務を除く、
           劣後債務を含むあらゆる当社の債務をいう。
         6.上位債権者に対する不利益変更の禁止
           本社債の社債要項の各条項は、いかなる意味においても上位債権者に対して不利益を及ぼす内容に変更さ
           れてはならず、そのような変更の合意はいかなる意味においても、またいかなる者に対しても効力を生じ
           ない。この場合に、上位債権者とは、当社に対し、上位債務に係る債権を有するすべての者をいう。
         7.相殺禁止
           当社について破産手続開始の決定がなされ、かつ破産手続が継続している場合、更生手続開始の決定がな
           され、かつ更生手続が継続している場合、再生手続開始の決定がなされた場合(ただし、再生手続開始の
           決定がなされた後、簡易再生の決定若しくは同意再生の決定が確定したとき、再生計画不認可の決定が確
           定したとき、再生手続開始決定の取消若しくは再生手続の廃止により再生手続が終了したとき、又は再生
           計画取消の決定が確定したときを除く。)、又は日本法によらない清算手続、破産手続、更生手続、再生
           手続若しくはこれらに準ずる手続が外国において行われている場合には、劣後支払条件が成就されない限
           りは、本社債権者は、当社に対して負う債務と本社債に基づく元利金の支払請求権を相殺してはならな
           い。
         8.期限の利益喪失に関する特約
           本社債権者は、会社法第739条に基づく決議を行う権利を有さず、本社債に関する債務については、本社
           債の社債要項の規定に基づき期限が到来する場合を除き、期限が繰り上げられ又は期限が到来するもので
           はない。
         9.借換制限
           当社は、当社が本社債を期限前償還又は買入消却(以下「期限前償還等」という。)する場合は、期限前
           償還等を行う日以前12ヶ月間に、借換必要金額(下記に定義する。)につき借換証券(下記に定義す
           る。)を発行若しくは処分又は借入れ(以下「発行等」という。)することにより資金を調達していない
           限り(ただし、期限前償還等を行う日が2024年4月22日以降となる場合において、以下の(ⅰ)及び(ⅱ)を
           いずれも満たす場合を除く。)、本社債につき、期限前償還等をしないことを意図している。
           (ⅰ)期限前償還等を行う時点で、当社より公表(決算短信による公表を含む。以下本項において同
              じ。)されている最新の連結貸借対照表又は四半期連結貸借対照表に係る財務データ(以下「最新
              の財務データ」という。)に基づいて算出される連結自己資本比率が、10.7%以上であること
           (ⅱ)期限前償還等を行う時点における最新の財務データに基づき算出される、連結自己資本の金額(下
              記に定義する。)が、2019年4月22日における最新の財務データに基づいて算出される連結自己資
              本の金額と比較して、300億円以上増加していること
           「借換必要金額」とは、期限前償還等がなされる本社債の金額の総額に、各信用格付業者から承認を得た
           本社債の払込期日における資本性(パーセント表示される。)を乗じた金額(各信用格付業者毎に承認を
           得た資本性が相違することにより算出される金額が異なる場合には、そのうちの大きい方の金額とす
           る。)を、借換証券について各信用格付業者から承認された資本性(パーセント表示される。)(ただ
           し、下記に定める借換証券となる当社普通株式の資本性は、100%とする。)で除して算出される金額
           (各信用格付業者毎に承認を得た資本性が相違することにより算出される金額が異なる場合には、そのう
           ちの大きい方の金額とする。)をいう。
           「借換証券」とは、以下の(ⅰ)乃至(ⅳ)の証券又は債務で、借換証券である旨を当社が公表している
           ものをいう。なお、以下の(ⅰ)乃至(ⅲ)の場合については、当社の子会社又は関連会社以外の者に対
           して発行等されるものに限り、また、以下の(ⅱ)乃至(ⅳ)の場合については、本社債の払込期日にお
           ける本社債と同等以上の資本性を有するものと各信用格付業者から承認を得たものに限る。
            (ⅰ)当社普通株式
            (ⅱ)その他株式
                                 10/16



                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
            (ⅲ)同順位劣後債務
            (ⅳ)上記(ⅰ)乃至(ⅲ)以外の当社のその他一切の証券及び債務
           「連結自己資本の金額」とは、当社の事業年度末又は各四半期末における連結貸借対照表(決算短信によ
           り公表されたものを含む。)に記載された純資産合計から、新株予約権及び非支配株主持分を減じた値を
           いう。
         10.社債権者に通知する場合の公告の方法
           本社債に関し社債権者に対し公告を行う場合は、法令に別段の定めがあるときを除き、当社定款所定の電
           子公告の方法によりこれを行うものとする。ただし、事故その他のやむを得ない事由によって電子公告に
           よる公告をすることができない場合は、当社定款所定の新聞紙並びに東京都及び大阪市において発行する
           各1種以上の新聞紙(ただし、重複するものがあるときはこれを省略することができる。)によりこれを
           行う。
         11.社債要項の公示
           当社は、その本店に本社債の社債要項の謄本を備え置き、その営業時間中、一般の閲覧に供する。
         12.社債要項の変更
           (1)  本社債の社債要項に定められた事項(ただし、本(注)4を除く。)の変更(本(注)6の規定に反
             しない限度とする。)は、法令に定めがあるときを除き、社債権者集会の決議を要する。ただし、社
             債権者集会の決議は、裁判所の認可を受けなければ、その効力を生じない。
           (2)  裁判所の認可を受けた前号の社債権者集会の決議は、本社債の社債要項と一体をなすものとする。
         13.社債権者集会に関する事項
           (1)  本社債及び本社債と同一の種類(会社法の定めるところによる。)の社債(以下「本種類の社債」と
             総称する。)の社債権者集会は、当社がこれを招集するものとし、社債権者集会の日の3週間前まで
             に社債権者集会を招集する旨及び会社法第719条各号所定の事項を本(注)10に定める方法により公
             告する。
           (2)  本種類の社債の社債権者集会は、東京都においてこれを行う。
           (3)  本種類の社債の総額(償還済みの額を除く。また、当社が有する本種類の社債の金額の合計額は算入
             しない。)の10分の1以上にあたる本種類の社債を有する社債権者は、本種類の社債に関する社債等
             振替法第86条第3項に定める書面を当社に提示したうえ、社債権者集会の目的である事項及び招集の
             理由を記載した書面を当社に提出して本種類の社債の社債権者集会の招集を請求することができる。
         14.費用の負担
           以下に定める費用は当社の負担とする。
           (1)  本(注)10に定める公告に関する費用
           (2)  本(注)13に定める社債権者集会に関する費用
         15.元利金の支払
           本社債に係る元利金は、社債等振替法及び業務規程等に従って支払われる。
                                 11/16









                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
    2  【社債の引受け及び社債管理の委託】
     (1)  【社債の引受け】
                                         引受金額
       引受人の氏名又は名称                      住所                     引受けの条件
                                         (百万円)
                                              1.引受人は、本社債の全額
     みずほ証券株式会社                東京都千代田区大手町一丁目5番1号                     21,000
                                               につき、共同して買取引
                                               受を行う。
                                              2.本社債の引受手数料は各
     野村證券株式会社                東京都中央区日本橋一丁目9番1号                      3,000     社債の金額100円につき
                                               金80銭とする。
     SMBC日興証券株式会社                東京都千代田区丸の内三丁目3番1号                      3,000

     三菱UFJモルガン・スタン

                     東京都千代田区丸の内二丁目5番2号                      3,000
     レー証券株式会社
           計                  ―            30,000           ―

     (2)  【社債管理の委託】

       該当事項はありません。
    3  【新規発行による手取金の使途】

     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(百万円)                  発行諸費用の概算額(百万円)                   差引手取概算額(百万円)
                   30,000                     272               29,728

     (2)  【手取金の使途】

       上記差引手取概算額29,728百万円は、2019年4月末までに、全額をコマーシャル・ペーパーの償還資金に充当す
      る予定であります。
    第2   【売出要項】

     該当事項はありません。
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】

     投資者の情報開示について
     本社債の購入を予定している投資者の名称、投資方針や検討状況、需要額・希望価格及び最終的な購入金額等の情報
    (個人情報は除く。)については、主幹事であるみずほ証券株式会社、野村證券株式会社、SMBC日興証券株式会社
    及び三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社に対して投資者より情報開示にかかる不同意の申出がない限り、各
    主幹事を通じて、必要に応じて当社に開示、提供及び共有される予定です。なお、当社は当該情報について、本社債の
    募集又は発行に関する目的以外には使用しません。
    第3   【第三者割当の場合の特記事項】

     該当事項はありません。
    第4   【その他の記載事項】

     該当事項はありません。
                                 12/16



                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
    第二部     【公開買付けに関する情報】
    第1   【公開買付けの概要】
     該当事項はありません。
    第2   【統合財務情報】

     該当事項はありません。
    第3   【発行者(その関連者)と対象者との重要な契約】

     該当事項はありません。
                                 13/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
    第三部     【参照情報】
    第1   【参照書類】
     会社の概況及び事業の概況等金融商品取引法第5条第1項第2号に掲げる事項については、以下に掲げる書類を参照
    すること。
    1  【有価証券報告書及びその添付書類】

      事業年度 第49期(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日) 2018年6月25日関東財務局長に提出
    2  【四半期報告書又は半期報告書】

      事業年度 第50期第1四半期(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日) 2018年8月6日関東財務局長に提出
    3  【四半期報告書又は半期報告書】

      事業年度 第50期第2四半期(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日) 2018年11月9日関東財務局長に提出
    4  【四半期報告書又は半期報告書】

      事業年度 第50期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日) 2019年2月6日関東財務局長に提出
    5  【臨時報告書】

      1の有価証券報告書提出後、本発行登録追補書類提出日(2019年4月16日)までに、金融商品取引法第24条の5第4
     項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定に基づく臨時報告書を2018年6月26日に関
     東財務局長に提出
    6  【臨時報告書】

      1の有価証券報告書提出後、本発行登録追補書類提出日(2019年4月16日)までに、金融商品取引法第24条の5第
     4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第2号の2の規定に基づく臨時報告書を2018年8月6日に
     関東財務局長に提出
    7  【臨時報告書】

      1の有価証券報告書提出後、本発行登録追補書類提出日(2019年4月16日)までに、金融商品取引法第24条の5第
     4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第3号の規定に基づく臨時報告書を2018年11月16日に関東
     財務局長に提出
    8  【訂正報告書】

      訂正報告書(上記6の臨時報告書の訂正報告書)を2018年8月21日に関東財務局長に提出
    第2   【参照書類の補完情報】

      参照書類としての有価証券報告書及び四半期報告書(以下「有価証券報告書等」という。)に記載された「事業等の
    リスク」について、当該有価証券報告書等の提出日以後本発行登録追補書類提出日(2019年4月16日)までの間におい
    て生じた変更その他の事由はありません。
     また、当該有価証券報告書等における将来に関する事項は、本発行登録追補書類提出日現在においてもその判断に変
    更はなく、新たに記載すべき将来に関する事項もありません。なお、当該有価証券報告書等に関する将来に関する事項
    は、一定の経済状況、産業動向その他様々な前提・仮定及び見通しに基づき判断したものであり、様々な要因により異
    なる結果となり得る可能性があります。
                                 14/16




                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
    第3   【参照書類を縦覧に供している場所】
     東京センチュリー株式会社 本店
     (東京都千代田区神田練塀町3番地)
     株式会社東京証券取引所
     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
     東京センチュリー株式会社 大宮支店
     (埼玉県さいたま市大宮区錦町682番地2)
     東京センチュリー株式会社 横浜支店
     (神奈川県横浜市西区北幸二丁目8番4号)
     東京センチュリー株式会社 名古屋営業部
     (愛知県名古屋市中区栄二丁目1番1号)
     東京センチュリー株式会社 大阪営業部
     (大阪府大阪市中央区本町三丁目5番7号)
     東京センチュリー株式会社 神戸支店
     (兵庫県神戸市中央区三宮町二丁目5番1号)
                                 15/16















                                                           EDINET提出書類
                                                    東京センチュリー株式会社(E05346)
                                                   発行登録追補書類(株券、社債券等)
    第四部     【保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                 16/16




















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。