ポエック株式会社 四半期報告書 第31期第2四半期(平成30年12月1日-平成31年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第31期第2四半期(平成30年12月1日-平成31年2月28日)

提出日:

提出者:ポエック株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    中国財務局長
      【提出日】                    平成31年4月15日
      【四半期会計期間】                    第31期第2四半期(自            平成30年12月1日          至   平成31年2月28日)
      【会社名】                    ポエック株式会社
      【英訳名】                    Puequ   CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長            来山    哲二
      【本店の所在の場所】                    広島県福山市南蔵王町二丁目1番12号
      【電話番号】                    084-922-8551
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長            吉本    貞幸
      【最寄りの連絡場所】                    広島県福山市南蔵王町二丁目1番12号
      【電話番号】                    084-922-8551
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長            吉本    貞幸
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/28













                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第30期           第31期
               回次               第2四半期           第2四半期            第30期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成29年9月1日           自平成30年9月1日           自平成29年9月1日

              会計期間
                           至平成30年2月28日           至平成31年2月28日           至平成30年8月31日
                      (千円)           2,721,030           2,788,187           5,730,807
     売上高
                      (千円)            52,201           72,934           159,641

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            44,126           48,459           128,740
     期)純利益
                      (千円)            46,314           62,783           126,234
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           1,128,674           1,424,427           1,271,994

     純資産額
                      (千円)           7,511,174           7,655,984           7,273,676

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)             28.31           25.66           76.02
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)             26.73           24.07           73.01
     (当期)純利益金額
                      (%)             15.0           18.6           17.5
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 69,140          △ 232,980           240,859
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 115,206           △ 50,258          △ 344,112
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            209,523           143,168           △ 3,318
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           1,180,438            908,478          1,048,576
     (期末)残高
                               第30期           第31期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成29年12月1日           自平成30年12月1日

              会計期間
                           至平成30年2月28日           至平成31年2月28日
                      (円)             35.24           33.41
     1株当たり四半期純利益金額
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、                                 第30期第2四半期連結累計期間は、当社
           株式が平成29年11月28日に東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場したため、新規上場日
           から第30期第2四半期連結累計期間の末日までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しております。
                                  2/28





                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  3/28




















                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度
       の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)経営成績の状況

         当第2四半期連結累計期間における事業環境は、日本国内においては内需及び外需とも概ね安定した成長が続
        き、また、政府や日銀による経済・金融政策を背景に企業収益や雇用環境の改善が見られ、景気は緩やかに回復基
        調で推移しました。
         このような状況の中、当社グループでは、環境・エネルギー事業におきまして即戦力の営業増員等、人員体制
        の強化策を講じてきたことで売上は堅調に推移しました。また、各地で景観配慮型防潮堤(シーウォール)の営業
        展開を本格的に実施してきた結果、大型の引合いが複数発生しており、これらが今後、業績に反映されるものと期
        待しております。
         動力・重機等事業におきましては、造船市況が引続き改善傾向にあることから、船舶関連機器の受注、売上と
        も順調に推移し、その結果、経営成績は堅調に推移しました。
         産業機械部品の製造受託事業におきましては、プラント関連機器・部品及び船舶関連機器の製造受託需要は上
        昇傾向で推移し、その結果、経営成績は順調に推移しました。
         なお、同事業の直近の受注実績は前年同期と比較して好調に推移しており、下半期以降の経営成績に反映され
        る案件であるものの、今後に期待がもてる状況です。
         防災・安全事業におきましては、スプリンクラー消火装置の設備補助金関連の需要獲得が前連結会計年度順調
        であった一方、当第2四半期連結累計期間はその反動を受けて自社開発のスプリンクラー消火装置ナイアスの売上
        が減少しました。そのような中、関東、関西地区では継続的に営業展開を実施してきたことで、大型案件の受注、
        引合いとも増加傾向で推移している状況です。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間において、売上高2,788百万円(前年同期比2.5%増)、営業利益67百
        万円(前年同期比4.1%増)、経常利益72百万円(前年同期比39.7%増)となり、親会社株主に帰属する四半期純
        利益は48百万円(前年同期比9.8%増)となりました。
        (環境・エネルギー)

         水処理機器の卸販売に加えて当社の強みである機器の保守・メンテナンスサービスを販売と一貫して行うこと
        で利便性を提供し、顧客を囲い込み継続取引先を拡大していくとともに、これを実践できる人材獲得を図ってまい
        りました。また、新たに北海道地区への営業深耕策を講じてきた一方、これまで手薄であった北陸地区においても
        開拓余地が高いと考え、同地区で市場開拓を加速させるため人材を獲得し、体制整備に着手しました。
         以上の結果、環境・エネルギー事業の当第2四半期連結累計期間の売上高は1,308百万円(前年同期比15.0%
        増)、セグメント利益は39百万円(前年同期比17.6%減)となりました。
        (動力・重機等)

         船舶用エンジン機器・部品の製造受託事業においては、需要環境が好調に推移しており、既存顧客に対して重
        点的な訪問活動を継続的に実施してきたことで需要を掘り起こし受注拡大に努めてまいりました。
         産業機械部品の製造受託事業においては、主に新規開拓に重点をおいた営業展開を実施し堅調に推移しまし
        た。
         プラント機器製造受託事業においては、受注案件の納期が第4四半期後半に偏りが出ているものの、旺盛な受
        注案件について生産効率を高め、実績に反映させることができたことで総じて好調な推移となりました。
         以上の結果、動力・重機等事業の当第2四半期連結累計期間の売上高は1,039百万円(前年同期比18.5%増)、
        セグメント利益は56百万円(前年同期比139.4%増)となりました。
        (防災・安全)

         消防法施行令の一部改正等により、一定規模の有床診療所等に対してスプリンクラーの設置に補助金を支給す
        る制度が創設され、これらの設備需要に対し営業展開を実施してまいりました。
         なお、前年同期において旺盛な需要を獲得し売上高が順調に推移した反動を受け売上高が減少しました。
         一方、関東及び関西都市圏ではこれまでの受注実績が顧客への信頼へとつながり、継続的な大型案件の引合
        い、受注が想定以上推移し、今後に期待がもてる状況であります。
         以上の結果、防災・安全事業の当第2四半期連結累計期間の売上高は440百万円(前年同期比37.6%減)、セグ
        メント利益は34百万円(前年同期比28.7%減)となりました。
                                  4/28


                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
         なお、スプリンクラー消火装置ナイアスは東京電力ホールディングス株式会社柏崎刈羽原子力発電所において
        安全対策に採用され実機導入に向けた業務を継続中であります。
         本機器の仕様決定後に受注が見込まれますが、こうした案件の実績を背景として従来の介護・医療施設のみな
        らず、防火対策を必要とする多方面での営業効果に期待ができます。
       (2)財政状態の分析

        (資産)
         当第2四半期連結会計期間期末における総資産は7,655百万円(前連結会計年度末は7,273百万円)となり、382
        百万円増加しました。
         流動資産は3,937百万円(前連結会計年度末は3,668百万円)となり、268百万円増加しました。これは主に、受
        取手形及び売掛金の増加282百万円、仕掛品の増加70百万円、現金及び預金の減少202百万円等によるものでありま
        す。
         固定資産は3,718百万円(前連結会計年度末は3,605百万円)となり、113百万円増加しました。これは主に、有
        形固定資産その他の増加90百万円等によるものであります。
        (負債)

         当第2四半期連結会計期間末における負債は6,231百万円(前連結会計年度末は6,001百万円)となり、229百万
        円増加しました。
         流動負債は3,594百万円(前連結会計年度末は3,184百万円)となり、410百万円増加しました。これは主に、短
        期借入金の増加746百万円、1年内償還予定の社債の減少410百万円等によるものであります。
         固定負債は2,636百万円(前連結会計年度末は2,817百万円)となり、180百万円減少しました。これは主に、長
        期借入金の減少178百万円等によるものであります。
        (純資産)

         当第2四半期連結会計期間末における純資産は1,424百万円(前連結会計年度末は1,271百万円)となり、152百
        万円増加しました。これは主に、               資本金   の増加85百万円、資本剰余金の増加85百万円等によるものであります。
       (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
        140百万円減少し、908百万円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果使用した資金は、232百万円となりました。これは主に、税金等調整前四半期純利益を73百万円
        及び減価償却費を65百万円を計上し、売上債権の増加額285百万円及びたな卸資産の増加額86百万円等の減少要因
        があったことによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は、50百万円となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出103百万
        円等によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果得られた資金は、143百万円となりました。これは主に、短期借入金の純増加額746百万円、長期
        借入れによる収入460百万円、株式の発行による収入169百万円等があった一方、長期借入金の返済による支出721
        百万円、社債の償還による支出420百万円等があったことによるものであります。
       (4)経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループの経営方針・経営戦略等に重要な変更はありません。
       (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (6)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  5/28


                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/28




















                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                   4,000,000
                 普通株式
                                                   4,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末現
                                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                            (平成31年4月15日)
               (平成31年2月28日)                        取引業協会名
                                         東京証券取引所
                                                   単元株式数
                                          JASDAQ
                     1,977,400             1,987,600
       普通株式
                                                   100株
                                         (スタンダード)
                     1,977,400             1,987,600           -           -
         計
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成31年4月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はりあません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          当第2四半期会計期間において発行した新株予約権は、次のとおりであります。
            第3回新株予約権
     決議年月日                                      2018年12月14日
     新株予約権の数(個)※                                        4,000

     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※                                         -

     新株予約権の目的となる株式の種類※                                       普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数(株)※                                     400,000(注)2
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                 当初行使価額 4,095(注)3、4

                                          自 2019年1月8日
     新株予約権の行使期間※
                                          至 2021年12月30日
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
                                             (注)5
     価格及び資本組入額(円)※
     新株予約権の行使の条件※                                各本新株予約権の一部行使はできない。
                                 当社の事前の同意がない限り、本新株予約権を当社以外の
     新株予約権の譲渡に関する事項※
                                 第三者に譲渡することはできない。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                                         -
      ※新株予約権の発行時(2019年1月7日)における内容を記載しております。
     (注)1.本新株予約権は、行使価額修正条項付新株予約権であり、新株予約権1個(普通株式100株)につき3,400円で
          有償発行しております。
                                  7/28




                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
        2.新株予約権の目的となる株式の数
        (1)   本新株予約権の目的である株式の総数は400,000株とする(交付株式数は、100株とする。)。ただし、(注)
           2.第(2)項乃至第(5)項により交付株式数が調整される場合には、本新株予約権の目的である普通株
           式の総数も調整後交付株式数に応じて調整されるものとする。
        (2)本新株予約権の発行後、(注)4.第(2)項及び第(4)項に掲げる各事由が発生し、当社の発行済普通
           株式数に変更を生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合は、交付株式数は次の算式により調整され
           る。なお、かかる算式における調整前行使価額及び調整後行使価額は、同項に定める行使価額調整式におけ
           る調整前行使価額及び調整後行使価額とする。
                                調整前交付株式数×調整前行使価額
                  調整後交付株式数=
                                    調整後行使価額
        (3)(注)2.        第(2)項の調整は当該時点において未行使の本新株予約権にかかる交付株式数についてのみ行
           われ、調整の結果生じる1株未満の端数はこれを切り捨てるものとする。
        (4)   調整後の交付株式数の適用日は、当該調整事由にかかる(注)4.第(2)項及び第(4)項による行使価
           額の調整に関し、各号に定める調整後の行使価額を適用する日と同日とする。
        (5)   交付株式数の調整を行うときは、当社は、調整後の交付株式数の適用開始日の前日までに、本新株予約権者
           に対し、かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前交付株式数、調整後交付株式数及びその適用開始日そ
           の他必要な事項を書面で通知する。ただし、(注)4.第(2)項第④号に定める場合その他適用開始日の
           前日までに上記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降速やかにこれを行う。
        3.行使価額の修正
        (1)本新株予約権の発行後、行使価額は、時価算定日の修正後行使価額に修正され、修正後行使価額は決定日以
           降これを適用する。ただし、本項に定める修正後行使価額の算出において、かかる算出の結果得られた金額
           が下限行使価額を下回る場合には、修正後行使価額は下限行使価額とする。
        (2)   本新株予約権の行使にあたって上記修正が行われる場合には、当社は、かかる行使の際に、当該本新株予約
           権者に対し、修正後行使価額を通知する。
        4.行使価額の調整
        (1)当社は、本新株予約権の発行後、(注)4.第(2)項に掲げる各事由が発生し、当社の発行済普通株式数
           に変更を生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下「行使価額調整式」とい
           う。)により行使価額を調整する。
                                  新発行・処分普通株式数×1株当たりの払込金額
                         既発行
                               +
                         普通株式数
                                            時価
            調整後       調整前
                 =      ×
            行使価額       行使価額
                               既発行普通株式数+新発行・処分普通株式数
        (2)   行使価額調整式により本新株予約権の行使価額の調整を行う場合及びその調整後の行使価額の適用時期につ
           いては、次に定めるところによる。
           ①(注)4.第(3)項第②号に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を交付する場合(ただ
            し、当社の譲渡制限付株式報酬制度に基づき交付される場合、株式無償割当てにより交付される場合、当
            社の発行した取得条項付株式、取得請求権付株式若しくは取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付
            されたものを含む。)の取得と引換えに交付する場合又は当社普通株式の交付を請求できる新株予約権(新
            株予約権付社債に付されたものを含む。)その他の証券若しくは権利の転換、交換若しくは行使による場
            合を除く。)
            調整後の行使価額は、払込期日又は払込期間の末日の翌日以降、当社株主に割当てを受ける権利を与える
            ための基準日がある場合は当該基準日の翌日以降、これを適用する。
           ②当社普通株式の株式分割又は当社普通株式の無償割当て(以下総称して「株式分割等」という。)をする場
            合調整後の行使価額は、当該株式分割等により株式を取得する株主を定めるための基準日又は株主確定日
            (基準日又は株主確定日を定めない場合は、効力発生日)の翌日以降これを適用する。
           ③(注)4.第(3)項第②号に定める時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付と引換えに取得され
            る証券(権利)若しくは取得させることができる証券(権利)又は当社普通株式の交付を受けることができる
            新株予約権の交付と引換えに取得される証券(権利)若しくは取得させることができる証券(権利)又は行使
            することにより当社普通株式の交付を受けることができる新株予約権(新株予約権付社債に付されたもの
            を含む。)を発行する場合(なお、新株予約権無償割当ての場合(新株予約権付社債を無償で割り当てる場
            合を含む。)は、新株予約権を無償で発行したものとして本第③号を適用する。ただし、当社のストック
            オプション制度に基づき新株予約権を割り当てる場合を除く。)
            調整後の行使価額は、発行される証券(権利)又は新株予約権(新株予約権の交付と引換えに取得される証
            券(権利)若しくは取得させることができる証券(権利)に関して交付の対象となる新株予約権を含む。)の
            全てが当初の行使価額で取得され又は当初の行使価額で行使されたものとみなして行使価額調整式を準用
            して算出するものとし、当該証券(権利)又は新株予約権の払込期日又は払込期間の末日の翌日(当該募集
                                  8/28


                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
            において株主に割当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日又は株
            主確定日(基準日又は株主確定日を定めない場合は、その効力発生日)の翌日)以降これを適用する。
            ただし、本第③号に定める証券(権利)又は新株予約権の発行が買収防衛を目的とする発行である場合にお
            いて、当社がその旨を公表のうえ本新株予約権者に通知し、本新株予約権者が同意したときは、調整後の
            行使価額は、当該証券(権利)又は新株予約権(新株予約権の交付と引換えに取得される証券(権利)若しく
            は取得させることができる証券(権利)に関して交付の対象となる新株予約権を含む。)の全てについてそ
            の要項上取得の請求、取得条項に基づく取得又は行使が可能となる日(以下「転換・行使開始日」とい
            う。)において取得の請求、取得条項による取得又は行使により当社普通株式が交付されたものとみなし
            て行使価額調整式を準用して算出するものとし、転換・行使開始日の翌日以降これを適用する。
           ④本項第①号乃至第③号の場合において、基準日又は株主確定日が設定され、かつ効力の発生が当該基準日
            又は株主確定日以降の株主総会、取締役会、その他当社の機関の承認を条件としているときには、本項第
            ①号乃至第③号にかかわらず、調整後の行使価額は、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。こ
            の場合において、当該基準日又は株主確定日の翌日から当該承認があった日までの期間内に本新株予約権
            の行使請求をした本新株予約権者に対しては、次の算式により算出される株式数の当社普通株式を追加交
            付する。
                (調整前行使価額-調整後行使価額)×
                                  調整前行使価額により当該期間内に交付された株式数
            株式数=
                                  調整後行使価額
             この場合に1株未満の端数が生じたときはこれを切捨て、現金による調整は行わない。
        (3)①    行使価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を切り捨てる。
           ②行使価額調整式で使用する時価は、調整後の行使価額を適用する日(ただし、(注)4.第(2)項第④
            号の場合は基準日又は株主確定日)に先立つ45取引日目に始まる30取引日(終値のない日数を除く。)の東
            京証券取引所における当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値とする。
            この場合、平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を切り捨てる。
           ③行使価額調整式で使用する既発行普通株式数は、当該募集において株主に株式の割当てを受ける権利を与
            える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日又は株主確定日、また、それ以外の場合は、調
            整後の行使価額を適用する日の1か月前の日における当社の発行済普通株式数から、当該日における当社
            の有する当社普通株式の数を控除した数とする。また、(注)4.第(2)項第②号の株式分割の場合に
            は、行使価額調整式で使用する新発行・処分普通株式数は、基準日又は株主確定日において当社が有する
            当社普通株式に割り当てられる当社普通株式数を含まないものとする。
           ④行使価額調整式により算出された行使価額と調整前行使価額との差額が1円未満にとどまるときは、行使
            価額の調整は行わないこととする。ただし、次に行使価額の調整を必要とする事由が発生し行使価額を算
            出する場合は、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて、調整前行使価額からこの差額を差引いた額
            を使用するものとする。
        (4)(注)4.第(2)項の行使価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合には、当社は、必要な
           行使価額の調整を行う。
           ①株式の併合、合併、会社分割又は株式交換のために行使価額の調整を必要とするとき(ただし、(注)
            7.第(2)項に定める場合を除く。)。
           ②その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由の発生により行使価額の調整を必要
            とするとき。
           ③行使価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の行使価額の算出にあ
            たり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
        (5)(注)4.第(2)項の規定にかかわらず、時価算定日が、振替機関(株式会社証券保管振替機構)の定める
           新株予約権行使請求を取り次がない日の初日より前である場合に限り、(注)4.第(2)項に基づく行使
           価額の調整を行うものとする。ただし、下限行使価額については、常にかかる調整を行うものとする。
        (6)(注)4.第(1)項乃至第(5)項により行使価額の調整を行うとき(下限行使価額が調整されるときを
           含む。)は、当社は、あらかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前の行使価額(下限行使価額を含
           む。以下本項において同じ。)、調整後の行使価額及びその適用の日その他必要な事項を本新株予約権者に
           通知する。ただし、適用の日の前日までに前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降すみやか
           にこれを行う。
                                  9/28




                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
        5.本新株予約権の行使により普通株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額
        (1)   本新株予約権の行使により発行する当社普通株式1株の発行価格は、行使請求に係る各本新株予約権の行使
           に際して出資される財産の価額に、行使請求に係る各本新株予約権の払込金額を加えた額を、当該行使請求
           の時点において有効な行使株式数で除した額とする。
        (2)   本新株予約権の行使により普通株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会社計算規則第17条の定める
           ところに従って算定された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じ
           る場合はその端数を切上げた額とする。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資本
           金の額を減じた額とする。
        6.本新株予約権付社債は、行使価額修正条項付新株予約権付社債であります。当該行使価額修正条項付新株予約
          権付社債券等の特質は以下のとおりであります。
        (1)本新株予約権の目的となる普通株式の総数は400,000株、本新株予約権1個当たりの本新株予約権の目的で
           ある普通株式の数(以下「交付株式数」という。)は100株で確定しており、株価の上昇又は下落によって各
           本新株予約権の行使により交付を受けることができる当社普通株式1株当たりの金額(以下「行使価額」と
           いう。)が修正されても変化しない(ただし、(注)2.に記載のとおり、調整されることがある。)。な
           お、株価の上昇又は下落により行使価額が修正された場合には、本新株予約権による資金調達の額は増加又
           は減少する。
        (2)行使価額の修正基準:本新株予約権の発行後、行使価額は、本新株予約権者による本新株予約権の各行使請
           求の効力発生日(以下「決定日」という。)に、決定日の前取引日(ただし、決定日の前取引日に当社普通株
           式の普通取引の終値のない場合には、その直前の終値のある取引日とする。以下「時価算定日」という。)
           の株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」という。)における当社普通株式の普通取引の終値の
           90%に相当する金額(円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を切上げる。以下「修正後行使価額」と
           いう。)に修正され、修正後行使価額は決定日以降これを適用する。ただし、本項に定める修正後行使価額
           の算出において、かかる算出の結果得られた金額が下限行使価額((注)6.第(4)項に定義する。以下
           同じ。)を下回る場合には、修正後行使価額は下限行使価額とする。
        (3)行使価額の修正頻度:本新株予約権者による本新株予約権の行使の都度、(注)6.第(2)項に記載のと
           おり修正される。
        (4)行使価額の下限:2,457円(ただし、(注)4.による調整を受ける。)
        (5)交付株式数の上限:本新株予約権の目的となる普通株式の総数は400,000株(2018年8月31日現在の総議決権
           数18,773個に対する割合は21.31%)、交付株式数は100株で確定している(ただし、(注)2.に記載のとお
           り、調整されることがある。)。
        (6)本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額の下限((注)6.第(4)項に記載の行使価額の下限に
           て本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額):996,400,000円(ただし、本新株予約権の全部又は一
           部は行使されない可能性がある。)
        (7)本新株予約権には、当社の決定により本新株予約権の全部又は一部の取得を可能とする条項が設けられてい
           る(詳細は、(注)7.第(1)項を参照)。
        (8)本新株予約権には、20連続取引日(ただし、終値のない日数を除く。)の東京証券取引所における当社普通株
           式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)が2,047円(本新株予約権の発行後、行使価額が(注)4.
           に従い調整された場合は、同様に調整されるものとする。)を下回った場合、当社が本新株予約権1個につ
           き払込金額と同額を交付して、残存する本新株予約権の全部を取得する旨の条項が設けられている(詳細
           は、(注)7.第(4)項を参照)。
        7.自己新株予約権の取得の事由及び取得の条件
        (1)   当社は、本新株予約権の取得が必要と当社取締役会が決議した場合は、本新株予約権の発行日の翌日以降、
           会社法第273条及び第274条の規定に従って通知をし、当社取締役会で定める取得日に、本新株予約権1個に
           つき払込金額と同額を交付して、残存する本新株予約権の全部又は一部を取得することができる。一部を取
           得する場合には、抽選その他の合理的な方法により行うものとする。当社は、取得した本新株予約権を消却
           するものとする。
        (2)当社は、当社が消滅会社となる合併、吸収分割若しくは新設分割を行うこと、又は当社が株式交換若しくは
           株式移転により他の会社の完全子会社となること(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)を当社
           の株主総会(株主総会の決議を要しない場合は、取締役会)で承認決議した場合、会社法第273条の規定に
           従って通知をし、当該組織再編行為の効力発生日より前で、かつ当社取締役会で定める取得日に、本新株予
           約権1個につき払込金額と同額を交付して、残存する本新株予約権の全部を取得する。当社は、取得した本
           新株予約権を消却するものとする。
                                 10/28



                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
        (3)当社は、当社が発行する普通株式が東京証券取引所により監理銘柄、特設注意市場銘柄若しくは整理銘柄に
           指定された場合又は上場廃止となった場合には、当該銘柄に指定された日又は上場廃止が決定した日から2
           週間後の日(休業日である場合には、その翌営業日とする。)に、本新株予約権1個につき払込金額と同額を
           交付して、残存する本新株予約権の全部を取得する。当社は、取得した本新株予約権を消却するものとす
           る。
        (4)   当社は、本新株予約権の発行後、20連続取引日(ただし、終値のない日数を除く。)の東京証券取引所におけ
           る当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)が2,047円(本新株予約権の発行後、行使価額
           が(注)4.に従い調整された場合は、同様に調整されるものとする。)を下回った場合、当該20連続取引
           日の最終日から起算して11銀行営業日が経過する日に、本新株予約権1個につき払込金額と同額を交付し
           て、残存する本新株予約権の全部を取得する。当社は、取得した本新株予約権を消却するものとする。な
           お、上記20連続取引日の間に(注)4.に定める行使価額の調整の原因となる事由が生じた場合には、当該
           20連続取引日の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の毎日の終値は、本項の適用上、当該事由
           を勘案して調整されるものとする。
                                 11/28
















                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          当第2四半期会計期間において、行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に係る新株予約権が次のとおり行
         使されております。
                                             第2四半期会計期間
                                            (平成30年12月1日から
                                             平成31年2月28日まで)
     当該四半期会計期間に権利行使された当該行使価額修正条項付新株
                                                         517
     予約権付社債券等の数(個)
     当該四半期会計期間の権利行使に係る交付株式数(株)                                                   51,700
     当該四半期会計期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)                                                  2,829.5

     当該四半期会計期間の権利行使に係る資金調達額(百万円)                                                    145

     当該四半期会計期間の末日における権利行使された当該行使価額修
                                                         517
     正条項付新株予約券付社債券等の数の累計(個)
     当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予
                                                        51,700
     約権付社債券等に係る累計の交付株式数(株)
     当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予
                                                       2,829.5
     約権付社債券等に係る累計の平均行使価額等(円)
     当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付新株予
                                                         145
     約権付社債券等に係る累計の資金調達額(百万円)
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
                総数増減数        総数残高                       増減額        残高
        年月日
                                (千円)        (千円)
                 (株)       (株)                      (千円)        (千円)
     平成30年12月1日~
                   96,500      1,977,400         85,046       546,604        85,046       404,304
     平成31年2月28日
     (注)
     (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
        2.平成31年3月1日から平成31年3月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が10,200株、
          資本金及び資本準備金がそれぞれ13,244千円増加しております。
                                 12/28








                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                  平成31年2月28日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                                               319,800          16.17

     来山 哲二                  広島県福山市
                                               179,300           9.06
     釆女 信二郎                  岡山県笠岡市
                       広島県福山市加茂町八軒屋3                        115,000           5.81

     東洋額装株式会社
                       広島県福山市南蔵王町2-1-12                        110,293           5.57

     ポエック従業員持株会
                                                65,500          3.31

     来山 美佐子                  広島県福山市
                                                40,000          2.02

     小林 正明                  広島県福山市
                                                40,000          2.02

     下田 和子                  岡山市南区
                                                23,300          1.17

     藤田 砂智                  広島県福山市
                                                23,000          1.16

     宮地 治夫                  広島県福山市
                       島根県松江市白瀉本町71                         21,000          1.06
     ごうぎんキャピタル株式会社
                                -               937,193          47.39

             計
                                 13/28













                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成31年2月28日現在
                          株式数(株)            議決権の数(個)

             区分                                        内容
                            -             -             -
     無議決権株式
                            -             -             -
     議決権制限株式(自己株式等)
                            -             -             -
     議決権制限株式(その他)
                            -             -             -
     完全議決権株式(自己株式等)
                                                権利内容に何ら限定のない
                        普通株式 1,976,400                   19,764
                                                当社における標準となる株
     完全議決権株式(その他)
                                                式であります。
                        普通株式   1,000                 -             -
     単元未満株式
                              1,977,400            -             -
     発行済株式総数
                            -               19,764          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
                                 14/28













                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
        該当事項はありません。
                                 15/28




















                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年12月1日から平
       成31年2月28日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年9月1日から平成31年2月28日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、EY           新日本有限責任監査法人           による四半期レビューを受けております。
                                 16/28

















                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年8月31日)              (平成31年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,685,362              1,483,065
         現金及び預金
                                       1,393,232              1,675,657
         受取手形及び売掛金
                                         85,511              88,873
         電子記録債権
                                         32,069              47,000
         商品及び製品
                                        383,180              454,127
         仕掛品
                                         16,057              16,891
         原材料及び貯蔵品
                                         73,074              171,783
         その他
                                         △ 104             △ 122
         貸倒引当金
                                       3,668,384              3,937,276
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                              736,002              726,784
                                       1,758,250              1,760,716
          土地
                                        340,093              430,578
          その他(純額)
                                       2,834,346              2,918,079
          有形固定資産合計
                                         5,093              3,847
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                        331,201              354,176
          投資有価証券
                                        439,288              447,197
          その他
                                        △ 4,637             △ 4,593
          貸倒引当金
                                        765,852              796,780
          投資その他の資産合計
                                       3,605,292              3,718,708
         固定資産合計
                                       7,273,676              7,655,984
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        458,985              539,474
         支払手形及び買掛金
                                        934,000             1,680,000
         短期借入金
                                       1,168,656              1,084,954
         1年内返済予定の長期借入金
                                        430,000               20,000
         1年内償還予定の社債
                                         8,014              28,175
         未払法人税等
                                         16,290              18,231
         賞与引当金
                                           -              202
         受注損失引当金
                                        168,483              223,611
         その他
                                       3,184,428              3,594,648
         流動負債合計
       固定負債
                                         40,000              30,000
         社債
                                       2,556,324              2,378,084
         長期借入金
                                         18,838              19,261
         役員退職慰労引当金
                                        113,076              118,703
         退職給付に係る負債
                                         89,015              90,860
         その他
                                       2,817,253              2,636,909
         固定負債合計
       負債合計                                6,001,681              6,231,557
      純資産の部
       株主資本
                                        460,758              546,604
         資本金
                                        318,458              404,304
         資本剰余金
                                        538,838              493,412
         利益剰余金
                                       1,318,055              1,444,322
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 46,060             △ 31,736
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 46,060             △ 31,736
         その他の包括利益累計額合計
                                           -            11,842
       新株予約権
                                       1,271,994              1,424,427
       純資産合計
                                       7,273,676              7,655,984
      負債純資産合計
                                 17/28


                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年9月1日              (自 平成30年9月1日
                                至 平成30年2月28日)               至 平成31年2月28日)
                                       2,721,030              2,788,187
      売上高
                                       2,215,881              2,274,369
      売上原価
                                        505,149              513,817
      売上総利益
                                        ※ 440,036              ※ 446,057
      販売費及び一般管理費
                                         65,113              67,760
      営業利益
      営業外収益
                                           45              33
       受取利息
                                         3,479              11,264
       受取配当金
                                         4,916                -
       投資有価証券売却益
                                         13,688               2,243
       保険解約返戻金
                                         8,717              8,452
       固定資産賃貸料
       補助金収入                                    -            16,777
                                         11,248               9,315
       その他
                                         42,095              48,086
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         19,678              16,538
       支払利息
                                         6,031              13,980
       投資有価証券評価損
                                         10,833                270
       株式交付費
                                           -             6,281
       新株予約権発行費
                                         11,747                -
       上場関連費用
                                         6,716              5,841
       その他
                                         55,007              42,911
       営業外費用合計
                                         52,201              72,934
      経常利益
      特別利益
                                           164              799
       固定資産売却益
                                           164              799
       特別利益合計
      特別損失
                                           73              -
       固定資産除却損
                                           73              -
       特別損失合計
                                         52,291              73,734
      税金等調整前四半期純利益
                                         8,165              25,275
      法人税等
                                         44,126              48,459
      四半期純利益
                                         44,126              48,459
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 18/28








                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年9月1日              (自 平成30年9月1日
                                至 平成30年2月28日)               至 平成31年2月28日)
                                         44,126              48,459
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         2,188              14,323
       その他有価証券評価差額金
                                         2,188              14,323
       その他の包括利益合計
                                         46,314              62,783
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         46,314              62,783
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 19/28
















                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年9月1日              (自 平成30年9月1日
                                至 平成30年2月28日)               至 平成31年2月28日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         52,291              73,734
       税金等調整前四半期純利益
                                         67,442              65,662
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   306              △ 26
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  7,234               423
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 132             1,941
       受注損失引当金の増減額(△は減少)                                  △ 884              202
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 357             5,627
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 4,916                -
       投資有価証券評価損益(△は益)                                  6,031              13,980
                                        △ 13,688              △ 2,243
       保険解約返戻金
                                           73              -
       固定資産除却損
                                        △ 3,525             △ 11,298
       受取利息及び受取配当金
                                         19,678              16,538
       支払利息
                                         10,833                270
       株式交付費
                                           -             6,281
       新株予約権発行費
       為替差損益(△は益)                                   408               27
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 144,950             △ 285,741
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 92,101             △ 86,711
       有形固定資産売却損益(△は益)                                  △ 164             △ 799
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 165,721               80,488
       未払金の増減額(△は減少)                                  △ 379              △ 51
                                        △ 96,430             △ 103,692
       その他
                                        △ 27,507             △ 225,389
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  3,525              11,298
                                        △ 18,868             △ 30,994
       利息の支払額
                                        △ 26,289              △ 4,541
       法人税等の支払額
                                           -            16,646
       法人税等の還付額
                                        △ 69,140             △ 232,980
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 101,805              △ 77,600
       定期預金の預入による支出
                                         67,196              139,799
       定期預金の払戻による収入
                                           -           △ 30,000
       投資有価証券の取得による支出
                                         18,010              14,562
       投資有価証券の払戻による収入
       投資有価証券の売却による収入                                  38,720                -
                                       △ 150,055             △ 103,631
       有形固定資産の取得による支出
                                           -              800
       有形固定資産の売却による収入
                                         13,688               2,243
       保険解約による収入
       貸付金の回収による収入                                    -              900
                                         △ 961             2,667
       その他
                                       △ 115,206              △ 50,258
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 145,000              746,000
                                        510,000              460,000
       長期借入れによる収入
                                       △ 605,085             △ 721,942
       長期借入金の返済による支出
                                        257,783              169,664
       株式の発行による収入
                                        △ 25,000             △ 420,000
       社債の償還による支出
                                        △ 4,794             △ 3,845
       リース債務の返済による支出
                                        △ 68,380             △ 94,026
       配当金の支払額
                                           -             7,318
       新株予約権の発行による収入
                                        209,523              143,168
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 408              △ 27
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   24,768             △ 140,097
                                       1,155,670              1,048,576
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,180,438               ※ 908,478
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 20/28


                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
         適用後の実効税率を合理的に見積もり、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「 『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定
          負債の区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         受取手形及び電子記録債権裏書譲渡高
                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (平成30年8月31日)                  (平成31年2月28日)
     受取手形及び電子記録債権裏書譲渡高                               392,610    千円              369,451    千円
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年9月1日               (自 平成30年9月1日
                                 至 平成30年2月28日)                 至 平成31年2月28日)
           給与手当                           131,476    千円            145,734    千円
                                       76,543               72,152
           役員報酬
                                       12,308                8,070
           賞与引当金繰入額
                                        2,275               2,613
           退職給付費用
                                        7,234                423
           役員退職慰労引当金繰入額
                                         306                18
           貸倒引当金繰入額
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のと
           おりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自    平成29年9月1日            (自    平成30年9月1日
                                至   平成30年2月28日)             至   平成31年2月28日)
           現金及び預金勘定                          1,737,400千円               1,483,065千円
           預入期間が3か月を超える定期預金                          △556,961               △574,586
           現金及び現金同等物                          1,180,438                908,478
                                 21/28






                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年9月1日 至 平成30年2月28日)
         1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
       (決議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      当額(円)
     平成29年11月29日
                        68,380       20,000
               普通株式                    平成29年8月31日         平成29年11月30日          利益剰余金
     定時株主総会
     (注)当社は、平成29年9月29日付で普通株式1株につき400株の株式分割を行っております。上記の1株当たり配当額
        については、当該株式分割前の金額を記載しております。
         2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

         末日後となるもの
           該当事項はありません。
         3.株主資本の金額の著しい変動

           当社は、平成29年11月28日付で東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場いたしました。
          当社は上場にあたり、平成29年11月27日を払込期日とする公募増資により、発行済株式数が320,000株、資本
          金及び資本剰余金がそれぞれ110,400千円増加いたしました。
           また、平成29年12月26日を払込期日とする第三者割当増資(オーバーアロットメントによる売出しに関連
          した第三者割当増資)により、発行済株式数が69,300株、資本金及び資本剰余金がそれぞれ23,908千円増加
          いたしました。
           この結果、当第2四半期連結会計期間末において、資本金が429,058千円、資本剰余金が286,758千円と
          なっております。
        Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年9月1日 至 平成31年2月28日)

         1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
       (決議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      当額(円)
     平成30年11月29日
                        93,885         50
               普通株式                    平成30年8月31日         平成30年11月30日          利益剰余金
     定時株主総会
         2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

         末日後となるもの
           該当事項はありません。
         3.株主資本の金額の著しい変動

           当社は、当第2四半期連結累計期間において、新株予約権の行使に伴い新株式99,700株の発行を行いまし
          た。
           その結果、当第2四半期連結累計期間において資本金及び資本準備金がそれぞれ85,846千円増加し、当第
          2四半期連結会計期間末において、資本金が546,604千円、資本準備金が404,304千円となっております。
                                 22/28







                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年9月1日 至 平成30年2月28日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                     四半期連結損益
                                                調整額
                                                     計算書計上額
                         環境・                      (注)1
                              動力・重機等      防災・安全       計           (注)2
                         エネルギー
           売上高
            外部顧客への売上高              1,138,037      876,797      706,196     2,721,030         -   2,721,030
            セグメント間の内部売上高
                           1,680       -      -    1,680      △ 1,680        -
            又は振替高
                 計         1,139,717      876,797      706,196     2,722,711       △ 1,680     2,721,030
           セグメント利益
                          47,637      23,415      48,032     119,085      △ 53,972      65,113
         (注)1.調整額の内容は以下のとおりであります。
              セグメント利益                (単位:千円)
                                    金額
              セグメント間取引消去                            690
              全社費用※                         △54,662
                    合計                   △53,972
              ※全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります                                。
             2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年9月1日 至 平成31年2月28日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                     四半期連結損益
                                                調整額
                                                     計算書計上額
                         環境・                      (注)1
                              動力・重機等      防災・安全       計           (注)2
                         エネルギー
           売上高
            外部顧客への売上高              1,308,361      1,039,124      440,700     2,788,187         -   2,788,187
            セグメント間の内部売上高
                           2,323       -      -    2,323      △ 2,323        -
            又は振替高
                 計         1,310,685      1,039,124      440,700     2,790,511       △ 2,323     2,788,187
           セグメント利益
                          39,248      56,046      34,228     129,523      △ 61,763      67,760
         (注)1.調整額の内容は以下のとおりであります。
              セグメント利益                (単位:千円)
                                    金額
              セグメント間取引消去                            713
              全社費用※                         △62,476
                    合計                   △61,763
              ※全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります                                。
             2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

                                 23/28




                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年9月1日               (自 平成30年9月1日
                                 至 平成30年2月28日)               至 平成31年2月28日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                  28円31銭               25円66銭

     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                  44,126               48,459

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                        44,126               48,459
      金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                1,558,675               1,888,312
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                  26円73銭               24円07銭

     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                    -               -

      普通株式増加数(株)                                  92,167              125,226

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
     り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式
                                          -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
     概要
        (注)1.当社は、平成29年11月28日付で東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場したため、前
             第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、新規上場日から第2四半期
             連結累計期間末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しております。
                                 24/28











                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
          株式取得による会社等の買収
          当社は、2019年4月15日開催の取締役会において、株式会社ミモト(香川県坂出市、代表取締役味元 勝弘)
          の株式を取得し、子会社化する基本合意書の締結を決議いたしました。
          (1)株式取得の目的

             当社子会社である株式会社三和テスコと、今般の株式取得の対象先である株式会社ミモトは、従前よ
            り取引関係にあり、今後は、両社のグループ内連携による効率的な経営や相乗効果が期待されます。
          (2)株式取得の相手会社の名称、事業の内容、規模

            ①被取得企業の名称:株式会社ミモト
            ②事業の内容:一般産業機械・省力化設備の設計・製作・据付
            ③資本金の額:60,000千円
          (3)株式取得の時期

             2019年5月24日(予定)
          (4)取得する株式の数、取得価額及び取得後の持分比率

            ①取得する株式の数 1,200株
            ②取得価額 未定
            ③取得後の持分比率 100%
                                 25/28














                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 26/28




















                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
        該当事項はありません。
                                 27/28




















                                                           EDINET提出書類
                                                       ポエック株式会社(E33514)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    平成31年4月15日

      ポ  エ  ッ  ク  株  式  会  社

       取  締  役  会   御中

                              EY新日本有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              笹山     直孝        印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              谷間     薫          印
                              業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているポエック株

      式会社の平成30年9月1日から平成31年8月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年1
      2月1日から平成31年2月28日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年9月1日から平成31年2月28
      日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益
      計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
      四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
      財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
      表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
      る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
      拠して四半期レビューを行った。
       四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
      問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
      認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
      監査人の結論

       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
      められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ポエック株式会社及び連結子会社の平成31年2月28日現在の
      財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示
      していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 28/28




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。