プルデンシャル・ファイナンシャル・インク 有価証券届出書(組込方式)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(組込方式)

提出日:

提出者:プルデンシャル・ファイナンシャル・インク

カテゴリ:有価証券届出書(組込方式)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     【表紙】

     【提出書類】                     有価証券届出書

     【提出先】                     関東財務局長

     【提出日】                     2019年4月16日

     【会社名】                     プルデンシャル・ファイナンシャル・インク

                          (Prudential      Financial,      Inc.)
     【代表者の役職氏名】                     取締役会会長兼最高経営責任者兼社長

                          チャールズ・F・ロウリー
                          (Charles     F.  Lowrey,     Chairman,      Chief    Executive      Officer     and
                          President)
     【本店の所在の場所】                     アメリカ合衆国07102ニュージャージー州ニューアーク

                          ブロード・ストリート751
                          (751   Broad   Street,    Newark,    New  Jersey    07102,    U.S.A.)
     【代理人の氏名又は名称】                     弁護士  赤 上  博 人

     【代理人の住所又は所在地】                     東京都千代田区大手町一丁目1-1

                          大手町パークビルディング
                          アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                     (03)6775-1000

     【事務連絡者氏名】                     弁護士  笠 間 周 子

                          弁護士  梶 原 康 平
                          弁護士  小 島   啓
                          弁護士  小 野 領 斗
     【連絡場所】                     東京都千代田区大手町一丁目1-1

                          大手町パークビルディング
                          アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                     (03)6775-1000

     【届出の対象とした募集有価証券の種類】                     プルデンシャル・ファイナンシャル・インク

                          記名式額面0.01ドル普通株式の取得に係る新株予約権証券
                          本プラン(第一部第1           (A)  1(1)摘要1.において定義される。)
                          に基づき付与される新株予約権証券(以下「本新株予約権証券」又は
                          「本オプション」という。)は、行使価額修正条項付新株予約権付社
                          債券等である。
                                   1/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                          募集金額の内訳は以下のとおりである。
     【届出の対象とした募集金額】
                          新株予約権証券(ストックオプション):

                          0米ドル(0円)(注1)
                          42,846,076米ドル(約4,770,053,641円)(見込額)(注2)
                          新株予約権証券(制限付き株式ユニット):

                          0米ドル(約0円)(注1)
                          0米ドル(約0円)(注3)
     【安定操作に関する事項】                     該当事項なし

     【縦覧に供する場所】                     該当事項なし

       (注1) 本新株予約権証券の発行価格の総額

       (注2) 本新株予約権証券の発行価格の総額に本新株予約権証券の行使に際して払い込むべき金額の合計額を合算した金
           額
           オプションの予定行使価額は、募集期間の最初の取引日(つまり2019年7月1日(東部標準時間))における当

           社普通株式の公正市場価格(プルデンシャル・ファイナンシャル・インク国際株式購入プラン(以下「国際株式
           購入プラン」という。)及びプルデンシャル・ファイナンシャル・インク株式購入プラン(以下「株式購入プラ
           ン」という。)(旧名称 プルデンシャル・ファイナンシャル・インク従業員株式購入プラン(「従業員株式購
           入プラン」))に定義する)の85%又は募集期間の最後の取引日(つまり2019年9月30日)の当社普通株式の公
           正市場価格の85%のいずれか低い額とする。2019年3月19日(東部標準時間)の当社普通株式の公正市場価格
           は、本プラン事務局(以下に定義する。)が決定した96.80ドルである。本書では2019年3月19日時点で使用可能
           な情報を価格に関する計算に用いている。
           オプションの行使に際して払い込むべき金額の合計額は、適格参加者の払込総額(日本円)の見込み最高額をも
           とに計算されている。
           括弧書で記載された円換算は、2019年3月19日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信直物相場―仲値である1

           ドル=¥111.33により計算されている。
       (注3) 制限付き株式ユニットの確定時に(制限期間経過時に)適格参加者による支払は予定されていない(しかし、制

           限付き株式ユニットの付与価格(すなわち制限付き株式ユニットの当社における帳簿価格)は、2019年4月15日
           (東部標準時間)におけるニューヨーク証券取引所の当社の普通株式の終値とする)。したがって、第一部第1
           (B)1においても制限付き株式ユニットの価値を0米ドルと表記した。
     注記: 1.      文書中、文脈から別意に解すべき場合を除いて、「プルデンシャル・ファイナンシャル」又は「当社」とは

           ニュージャージー州法に準拠して設立された「プルデンシャル・ファイナンシャル・インク」を意味するものと
           する。
         2.  別段の記載がある場合を除いて、文書中「ドル」又は「$」はそれぞれ米ドルを指すものとする。

         3.文書中一部の財務データについては、便宜を図るためドルから日本円(「円」又は「¥」)への換算がなされて

           いる。この場合の換算は、別段の記載のある場合を除いて、2019年3月19日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客
           電信直物相場―仲値である1ドル=111.33円により計算されている。
         4.  文書中の表で計数が四捨五入されている場合、合計欄に記載されている数値は計数の総和と必ずしも一致しない

           場合がある。
         5.  「参加者」とは、日本におけるプルデンシャルのアソシエイトであり、株式購入プラン、国際株式購入プラン及

           び従業員株式購入プランに基づく参加資格を有し、登録している者を意味する。
                                   2/259



                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】

     (A)

      1【新規発行新株予約権証券】(PSPPのオプション)
       ( 1)  【募集の条件】
      発行数                520,735個(注1)
      発行価額の総額                0ドル
      発行価格                0ドル
      申込手数料                なし
      申込単位                1個(注2)
      申込期間                2019年4月30日から2019年6月30日まで(注3)
      申込証拠金                なし
                      当社本プラン事務局
                      アメリカ合衆国07102
      申込取扱場所
                      ニュージャージー州ニューアーク
                      ブロード・ストリート751
      割当日                2019年7月1日
      払込期日                該当事項なし(付与を受けるための支払を必要としない)
      払込取扱場所                該当事項なし
      摘要                下記に記載のとおり
     (注1)  給与控除対象期間の最初のNYSE取引日である2019年7月1日の公正市場価格又は給与控除対象期間の最後のNYSE
           取引日である2019年9月30日の公正市場価格のいずれか低い額の85%に相当する額が行使価額であるため、行使
           価額はまだ特定できず、また正確な新株予約権証券数は特定できない。上記の付与される新株予約権証券数は
           2019年3月19日現在の当社普通株式の公正市場価格の85%(表紙記載の注2を参照のこと)(すなわち96.80ドル
           ×0.85=82.28ドル)に基づいている。
            計算式は以下のとおりである。
             (参加者の払込総額(日本円)の見込み最高額)÷(2019年3月19日現在の当社普通株式の公正市場価格
             (表紙記載の注2を参照のこと)(株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信直物相場の2019年3月19日付け円ドル
             為替レート(1ドル=111.33円)で日本円に換算)の85%)
     (注2)  端株は新株予約権の行使の時に購入することができる。

     (注3)  申込期間とは適格従業員(以下に定義する。)が本プラン(以下に定義する。)に登録できる期間をいう。

           各現地法人については、まだ本プランに登録していない適格従業員の実際の申込期間は以下の期間を予定してい
           る。
           ジブラルタ生命保険株式会社:2019年6月3日から2019年6月25日

           プルデンシャル生命保険株式会社:2019年6月3日から2019年6月25日
           PGIM  ジャパン株式会社:2019年5月7日から2019年6月4日
           プルデンシャル・ファイナンシャル・インク日本駐在員事務所:2019年5月16日から2019年6月11日
           プルデンシャル・ホールディング・オブ・ジャパン株式会社:2019年6月3日から2019年6月25日
           プルデンシャル・システムズ・ジャパン株式会社:2019年6月3日から2019年6月7日
           プルデンシャル        ジブラルタ      ファイナンシャル生命保険株式会社:                  2019  年6月3日から2019年6月
           7日
           PGIM  リアルエステート・ジャパン株式会社:2019年5月7日から2019年6月4日
                                   3/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
       (摘要)
       1. 本募集は、当社の株式を取得する新株予約権(以下「本オプション」という。)の付与に関するものである。
          当該付与は、2006年6月16日に承認され、2019年4月30日(日本時間)(当該日は、日本の約18,968名の適格従業
          員(2019年4月4日現在の入手可能な情報に基づく。)に対して書類が配送される日である。)以降に行われる予
          定である。2005年3月8日に開催された当社取締役会の決議及び2005年6月7日に開催された当社の株主総会の決
          議により採択され(本プラン(以下に定義する。)について)、2006年6月16日に開催された当社取締役会の報酬
          委員会の決議で採択され(国際株式購入プランについて)、2006年9月12日に開催された当社取締役会の報酬委員
          会の決議で修正され(従業員株式購入プランについて)、2006年11月20日に当社報酬委員会から授権された人事担
          当のシニア・バイス・プレジデントによって修正され、2007年9月13日に当社報酬委員会から授権された人事担当
          のシニア・バイス・プレジデントによって修正され、2008年11月10日に当社報酬委員会から授権された人事担当の
          シニア・バイス・プレジデントによって修正され(国際株式購入プランについて)、2012年1月1日付けで、当社
          報酬委員会から授権された人事担当のシニア・バイス・プレジデントによって修正された(国際株式購入プラン及
          び株式購入プランについて)、2014年3月11日に開催された当社取締役の報酬委員会の決議により修正・再表示さ
          れた(国際株式購入プラン及び株式購入プランについて)、ジブラルタ生命保険株式会社、プルデンシャル生命保
          険株式会社、PGIMジャパン株式会社、プルデンシャル・ホールディング・オブ・ジャパン株式会社、プルデンシャ
          ル・システムズ・ジャパン株式会社、プルデンシャル                          ジブラルタ      ファイナンシャル生命保険株式会社及びPGIMリ
          アルエステート・ジャパン株式会社の従業員のための国際株式購入プラン、又はプルデンシャル・ファイナンシャ
          ル・インク日本駐在員事務所の適格従業員のための株式購入プラン(以下「本プラン」と総称する。)に基づき、
          当社の日本における子会社又は駐在員事務所である(i)PGIMジャパン株式会社(本社所在地:東京都千代田区永田町
          2-13-10 プルデンシャルタワー)、(ii)ジブラルタ生命保険株式会社(本社所在地:東京都千代田区永田町2-13-
          10 プルデンシャルタワー)、(iii)プルデンシャル生命保険株式会社(本社所在地:東京都千代田区永田町2-13-
          10 プルデンシャルタワー)、(iv)プルデンシャル・ファイナンシャル・インク日本駐在員事務所(所在地:東京
          都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー)、(v)プルデンシャル・ホールディング・オブ・ジャパン株式
          会社(本社所在地:東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー)(vi)プルデンシャル・システムズ・
          ジャパン株式会社(本社所在地:東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー)、(vii)プルデンシャル
          ジブラルタ      ファイナンシャル生命保険株式会社(本社所在地:東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタ
          ワー)及び(viii)PGIMリアルエステート・ジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区永田町2-13-10 プルデン
          シャルタワー 16階)の一定の従業員であって、付与日現在最低でも12ヶ月間、当該子会社又は駐在員事務所によ
          り雇用されていた者(プルデンシャル(又はその子会社若しくは関連会社で、本プラン事務局が指定した者)の従
          業員で通常一暦年中5ヶ月以内の期間で定期的に働くことが予定されている一定の季節労働者及びプルデンシャル
          (又はその子会社若しくは関連会社で、本プラン事務局が指定した者)の一定の上席役員は除外される)(以下
          「適格参加者」という。)を対象として行われる。
                                   4/259









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
          報酬委員会は当社又はその子会社の取締役又は従業員の3名以上によって構成される委員会を選任した(以下「本
          プラン事務局」という。)。本プランは本プラン事務局が管理する。本プラン事務局は、本プランを解釈する権限
          を有し、その解釈及び決定は最終的かつ確定的であるものとする。本プラン事務局は、アメリカ合衆国以外の法域
          の法律及び手続に関する特定の要件に対応するための規則及び規程を含め、本プランの管理に関する規則及び規程
          を採択することができる。また、本プラン事務局は、特定の関連会社に適用される規則、手続又はサブプランを採
          択することができる。本プラン事務局は、本プランの日々の運営及び管理に関する責任を、当社又は当社子会社の
          使用人に委任することができる。
          日本において、本募集が、当社の日本における前記子会社又は駐在員事務所の従業員以外の者に対して行われるこ
          とはない。
          本プランはその他の承認フレームワーク(従業員株式購入プランによる承認)がその他の規定により(取締役/委
          員会は本プランを変更又は終了する権限を有する)存在しなくなり、若しくは終了した時まで有効である。なお、
          本プランは、登録が継続し給与控除対象期間が各暦四半期をカバーすることが予定されている継続的なプランであ
          ることが予定されている。しかし、参加者に後続の給与控除対象期間に参加する機会を与えるかどうかは当社の裁
          量によるものであり、また、いかなる場合も、後続の各給与控除対象期間(もしあれば)については、個別の有価
          証券届出書(場合によっては有価証券通知書)が事前に関東財務局長宛に提出されることになる。
       2. 本プランへの参加方法の詳細は以下のとおりである。
          本プランへの参加は完全に任意で、適格従業員は本プランの募集がある間はいつでも参加することができる。2019
          年7月1日から2019年9月30日の給与控除対象期間について登録した参加者は、本プランからの脱退を表明しない
          限り、その後の給与控除対象期間(もしあれば)についても自動的に登録され、また、2019年4月1日から2019年
          6月30日の期間について登録した従業員は、同様に退職しない限り自動的に上記期間について登録される。但し、
          当社が随時単独の裁量により本プランに行う変更と以下の制約に従う。特定の募集期間における日本における当社
          普通株式を購入する権利の募集は、本プランに関する書類にこれに反する規定がある場合にもかかわらず、当社が
          個別の有価証券届出書(又は有価証券通知書)を、必要に応じて、関東財務局長に当該募集期間前に提出した後で
          初めて行う。
          適格従業員は申込期間中いつでも本プランへの登録ができる(日本の各現地法人が設置する申込枠に従う。)。
          本プランからの脱退はいつでも可能であり、その場合、参加者は出資金額の返還を受ける(日本の各現地法人が設
          置する申込、変更又は脱退枠に従う。)。
                                   5/259











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
       (2)   【新株予約権の内容等】
     当該行使価額修正条項付新株予約                 下記のとおり決定される新株予約権の実際の行使価額が下落した場合、新株
     権付社債券等の特質                 予約権行使期間中の新株予約権の行使により発行される株式数は増加する。
                      なお、新株予約権の実際の行使価額の下落によって資金調達額が減少するも
                      のではない。
                      新株予約権の実際の行使価額は、募集期間の最初の取引日である2019年7月

                      1日現在の当社普通株式の公正市場価格又は募集期間の最終日である2019年
                      9月30日の公正市場価格のいずれか低い方の85%に相当する額である。
                      本プランに基づき発行される普通株式の数は、2004年12月31日現在の発行済

                      普通株式の5%に相当する26,367,235株を超過してはならないものとされて
                      いる。
                      本プランの主目的は資金調達ではなく、従業員に対し、任意の税引後給与出

                      資を通じて普通株式を購入する機会を与えることにより、従業員の株式保有
                      を奨励し、株式の購入を容易にすることにあるため、本プランには行使価額
                      等の下限及び資金調達額の下限は設けられていない。なお、新株予約権が行
                      使されない可能性もある。
                      当社には新株予約権を購入する権利はない。(注1)

     新株予約権の目的となる株式の種
                      記名式額面0.01ドルの普通株式(注2)
     類
     新株予約権の目的となる株式の数                 520,735株(見込み)(注3)(上記(1)の注2も参照)
     新株予約権の行使時の払込金額                 1株当たり82.28ドル(約9,160円)(2019年3月19日現在の当社普通株式の
     (「行使価額」)                 公正市場価格(表紙記載の注2を参照のこと)に基づく見込み)(注4)
     新株予約権の行使により株式を発
                      42,846,076ドル(約4,770,053,641円)(見込額)(注5)(上記(1)の注2も
     行する場合の(日本における)株
                      参照)
     式の発行価額の総額
     新株予約権の行使により株式を発                 株式の発行価格:
     行する場合の株式の発行価格及び                 発行価格(ドル)=(オプションの発行価格)(0ドル)+                            (上記のとおり計
     資本組入額
                      算する行使価額)(ドル)(注3)
                      表示資本に組み込まれる金額:

                      1株当たり0.01ドル(1株当たり1.11円)(新株が発行される場合)(注5)
                      2019年9月30日又は当該日直前の最初のNYSE取引日                        (注6)
     新株予約権の行使期間
                      当社本プラン事務局
     新株予約権の行使請求の受付場                 アメリカ合衆国07102
     所、取次場所及び払込取扱場所                 ニュージャージー州ニューアーク
                      ブロード・ストリート751
     新株予約権の行使の条件                 (注6)に記載のとおり
     自己の新株予約権の取得の事由及
                      (注7)に記載のとおり
     び取得の条件
     新株予約権の譲渡に関する事項                 (注8)に記載のとおり
                      日本の適格参加者がオプションを行使する方法は、給与控除による現金支払
     代用払い込みに関する事項
                      の方法であり、それ以外の方法は利用できない。
     組織再編行為に伴う新株予約権の
                      該当事項なし
     交付に関する事項
     摘要                 下記に記載のとおり
                                   6/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     (注1)  本プランの概要
           本プランは当社の適格従業員に対して当社の普通株式を購入するオプション(外国会社によって発行される新株
           予約権証券に類似した証券)を提供する。
           給与控除対象期間は1年で4回(1月から3月、4月から6月、7月から9月、10月から12月)を原則として予
           定しており、本オプションが行使される日(以下「行使日」という。)は本プラン事務局が定める。現時点で
           は、行使日は各暦四半期の末日を予定している。
           各参加者による本プランの登録時に、参加が許された各参加者について個人口座が開設される。本プランに参加
           することを選択した参加者は、当該選択を行った時点で、あらかじめ定められた金額を当社が当該従業員の月給
           (基本給及び残業手当。一定の販売手数料も含まれることがある。)から控除することを当社に許可し、行使日
           (賃金控除の詳細については以下を参照)にオプションを購入するまで、当社は当該控除額を保管する。毎月の
           月給からの控除額は従業員が決定するが、参加者の月給の10%を超えないものとし、年間で適格収入の10%又は
           21,250ドルの日本円相当額(国際株式購入プランの参加者の場合)を超えないものとする(行使日現在の金額
           を、以下「累積金額」という。)。給与控除対象期間中は各個人口座の出資金についての利息は支払われない。
           賃金控除対象は参加者による登録後の最初の給与控除対象期間から開始される。参加者は1ヶ月に1度、出資額
           を変更することができる。参加者は中止を要求した場合には出資を中止することができる。参加者は行使日前に
           請求することによって現在の給与控除対象期間の累積金額を引き出すことを要求することができる(参加者が指
           定された者である場合、取引窓口が開いている間で、かつ当該要求について予備審査を経た場合又は現地の会社
           が定める支払日以降に当該引き出しの要求をした場合にのみ変更ができる。)。
           各給与控除対象期間終了時に、オプションが行使され、累積金額は当社の普通株式及び端株を購入するために利
           用される。参加者の出資により購入された株式は参加者各自の個人口座に保管する。
           参加者(従業員株式購入プランの参加者の場合)は、オプションが付与された暦年中の株式の公正市場価格が
           25,000ドルを超える場合には、本プラン又はその他の株式購入プランに基づくオプションを行使することはでき
           ない。参加者は(A)(i)6,250ドルを(ii)給与控除対象期間の最初の営業日現在の当社普通株式の公正市場価格の
           85%で除して計算した株式数、又は(B)1,000株のいずれか多い方を超過する数の当社普通株式を購入することは
           できない。
           本プランに基づき付与されたオプションは譲渡することはできない。但し、オプションを行使したことにより取
           得した株式の保有期間などの制限はない。
           参加者の有給休暇中も(雇用終了に伴う有給休暇を除く)、本プランに参加することができる。参加者の出資は
           通常の給与から引き続き控除され、有給休暇中も出資率の変更又は参加の中止を行うことができる。参加者が無
           給休暇となった場合は、給与からの控除は中止される。普通株式は行使日の時点で残っている累積金額で購入さ
           れる。復職した際には、すべての適格条件が満たされていることを条件として、本プランへの参加復帰のための
           再登録の必要はない。出資は、適格給与から以前の出資率で再開される。
           当社又は関連会社における参加者の雇用が終了した場合、当該参加者は自動的に(各日本法人において定められ
           た事務ガイドラインに従って)本プランから脱退し、累積金額は手続上可能な限り迅速に返還する。
     (注2)  当社は優先株式及び普通株式を発行する権限がある。

           優先株式
             当社の取締役会は、取締役会が採択した1件又は複数の決議において表示及び明示されるとおりに、1つ以
             上のクラス又はシリーズにおけるすべて又は一部の優先株式を発行し、かかる各クラス又はシリーズに対し
             て議決権を制限なし、若しくは制限付きで、又は議決権なしと設定する権限を有する。
           普通株式
             普通株式は1種類である。普通株式の株主は同一クラスの株主として議決権を行使する。普通株式の株主
             は、保有する普通株式1株につき1議決権を有する。
                                   7/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     (注3)  オプション行使時に発行される株式数は該当する行使期間についてプラン参加者各自の累積金額を該当する行使
           価額(以下に記載する)で割った数とする。
           本プラン事務局は、本プランに基づくオプションの行使により端株を購入できることにした。
           オプション行使により付与される株式は(i)新たに発行された株式、(ii)市場で購入された株式又は(iii)自社株
           などその他の分類の株式により構成される。本プランに基づき発行することのできる当社普通株式の株式数は、
           2004年12月31日現在の当社普通株式の社外発行済総数の5%に相当する26,367,235株を超えることはない。
     (注4)  「行使価額」及び「発行価格」

           行使価額とは
           i)  募集期間の最初の取引日である2019年7月1日現在(東部標準時間)の当社普通株式の公正市場価格の85%又
           はii)   募集期間の最後の取引日である2019年9月30日現在の公正市場価格の85%のいずれか低い方
           発行価格は以下のとおり決定する。
           発行価格(ドル)=(オプションの発行価格)(0ドル)+(上記のとおり計算される行使価額)(ドル)
           上記に仮定した行使価額は2019年3月19日現在の当社普通株式の公正市場価格である$96.80(表紙記載の注2を
           参照のこと。)に基づいている。
     (注5)  上記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価額の総額」の最大見込額は、プラン参加者に

           付与されたすべての本オプションが行使され、本オプションの行使により交付される株式がすべて新規に発行さ
           れる株式であると仮定して計算された額である(下記(注*)参照)。
           上記の「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価額の総額」は2019年3月19日付けの当社普
           通株式の公正市場価格である$96.80(表紙記載の注2を参照のこと。)に基づいている。
           (注*)   当該情報は情報の完全性のために提供するものである。本プランは新規発行株式の利用を認めているが、
              当社はオプションの行使に対しNYSE又はその他から取得した株式も交付する。
     (注6)  「新株予約権の行使期間」及び「新株予約権の行使の条件」

           オプションの各行使期間について、参加者が本プランを脱退しない限り、各参加者の該当する行使期間について
           の累積金額はオプションの行使並びに当社の普通株式及び端株を購入するために使用する。行使価額の支払は現
           金で行うことができる。
           参加者が当社を任意で退職した場合、又は当社との雇用関係が非自発的に終了した場合、当該参加者の未行使の
           オプションは終了し、累積金額は手続上可能な限り迅速に参加者に返還するが、給与控除対象期間中の現金返還
           のために当社が下記のとおり予定する期限より後に雇用が終了した場合には、当該参加者(参加者が死亡した場
           合にはその受益者)は本プラン事務局の裁量により、普通株式を受領する場合がある。
           会社の定める本プランからの脱退期限は以下のとおりである。
             ジブラルタ生命保険株式会社(国際株式購入プラン)については、給与控除対象期間の3ヶ月目の給与計算
             締切日より前の日で、通常は給与控除対象期間の3ヶ月目の5日、
             プルデンシャル生命保険株式会社(国際株式購入プラン)については、給与控除対象期間の3ヶ月目の給与
             計算締切日より前の日で、通常は給与控除対象期間の3ヶ月目の2日、
             PGIMジャパン株式会社(国際株式購入プラン)については、給与控除対象期間の3ヶ月目の給与計算締切日
             より前の日で、通常は給与控除対象期間の3ヶ月目の5営業日目、
             プルデンシャル・ファイナンシャル・インク日本駐在員事務所(従業員株式購入プラン)については、給与
             控除対象期間の3ヶ月目の20日、
                                   8/259








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
             プルデンシャル・ホールディング・オブ・ジャパン株式会社については、給与控除対象期間の3ヶ月目の給
             与計算締切日より前の日で、通常は給与控除対象期間の3ヶ月目の5営業日目、
             プルデンシャル・システムズ・ジャパン株式会社については、給与控除対象期間の3ヶ月目の給与計算締切
             日より前の日で、通常は給与控除対象期間の3ヶ月目の5営業日目、
             プルデンシャル        ジブラルタ      ファイナンシャル生命保険株式会社については、給与控除対象期間の3ヶ月目
             の給与計算締切日より前の日で、通常は給与控除対象期間の3ヶ月目の9日、
             PGIMリアルエステート・ジャパン株式会社(国際株式購入プラン)については、給与控除対象期間の3ヶ月
             目の給与計算締切日より前の日で、通常は給与控除対象期間の3ヶ月目の5営業日目
           上記の期限は、参加者が本プランから脱退した場合又は参加者の雇用関係が任意若しくは強制的に終了となった
           場合に適用する。参加者の退職又は死亡の場合には、脱退期限は運営上の規制に従い、本プラン事務局の裁量に
           より決定される。
           一般的に、給与控除対象期間中に行われた現金の出資は、給与控除対象期間における内部的な期限よりも前に従
           業員の雇用が終了した場合には、参加者に現金が返還される。もし終了が当社の設定した期限よりも後であった
           場合、本プラン事務局の裁量により、現金の代わりに当社普通株式が購入される。この手続は現地の会社の運営
           上の規制に合わせるためである。
           参加者の死亡により雇用が終了された場合、参加者の受益者(参加者が指定する。)は、本プラン事務局の裁量
           により、参加者の死後、普通株式及び/又は現金を受領することができる。
           本プラン事務局がその単独の裁量により別段の規定をしている場合を除き、参加者の死亡又は永久的な就労不能
           状態による終了事由が生じた場合にはそれぞれ、参加者の受益者又は就労不能となった参加者は、死亡又は就労
           不能となった従業員の本プランに基づく個別勘定のすべての現金及び普通株式を引き出すことを選択したものと
           みなす。
     (注7)  「自己の新株予約権の取得の事由及び取得の条件」

           当社は、新株予約権を購入する権利を保有していない。
     (注8)  本オプションは遺言又は遺産相続及び分割に関する法律による場合を除き、売却、移転、質入れ、譲渡その他の

           処分又は担保権設定を行うことができないものとする。
       (摘要)

       1. 括弧内の円金額は、2019年3月19日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信直物相場―仲値である1ドル=111.33
          円により計算されている。
       2. 参加者が本オプションを行使した場合、本プランに基づき取得されたすべての普通株式は当該参加者の名義で登録
          される。コンピュシェア(アメリカ合衆国、08837ニュージャージー州、エジソン、ファーンウッド・アベニュー 
          118、電話:732-491-4315)が当該株主名簿を管理する。
       3. 参加者が本オプションを行使した場合、最初の配当が他の株式と同様になるように、株式の受給権は制限されてい
          ない。
                                   9/259









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     ( 注 )
         (a)   行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の発行により資金の調達をしようとする理由
            本プランの主目的は資金調達ではなく、従業員に対し、任意の税引後給与出資を通じて普通株式を購入する機会
            を与えることにより、従業員の株式保有を奨励し、株式の購入を容易にすることにある。本プランに基づく株式
            の発行により、既存株主が所有する持分は希薄化される。しかしこの希薄化は、本届出書でも説明するとおり、
            発行株式数の上限を設けることにより制限されている。本プランを通じプルデンシャル及び関連会社の従業員に
            よる株式所有を奨励することは、従業員、当社株主及び当社にとって有益な方法で、従業員と当社株主の利益を
            一致させる効果的な方法であると考えている。
         (b)   第19条第9項に規定する場合に該当する場合にあっては、同項に規定するデリバティブ取引その他の取引として

           予定する取引の内容
            該当事項なし
         (c)   当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に表示された権利の行使に関する事項(当該権利の行使を制限す

           るために支払われる金銭その他の財産に関する事項を含む。)について割当予定先(募集又は売出しにより割当
           てを予定している者をいう。)との間で締結する予定の取決めの内容
            本オプションは、本プランに従って行使され、その他適用される特別な取決めは存在しない。
         (d)   提出者の株券の売買(令第26条の2の2第1項に規定する空売りを含む。)について割当予定先との間で締結す

           る予定の取決めの内容
            該当事項なし
         (e)   提出者の株券の貸借に関する事項について割当予定先と提出者の特別利害関係者等との間で締結される予定の取

           決めがあることを知っている場合にはその内容
            該当事項なし
         (f)   その他投資者の保護を図るため必要な事項

            該当事項なし
       (3)   【新株予約権証券の引受け】

      引受人の氏名又は名称                  住所          引受新株予約権数              引受けの条件
        該当事項なし              該当事項なし             該当事項なし             該当事項なし
                                  10/259










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      2【新規発行による手取金の使途】
       ( 1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)
          42,846,076ドル                   70,000ドル                 42,776,076ドル
        (約4,770,053,641円)                   (約7,793,100円)                 (約4,762,260,541円)
     (注)   上記「払込金額の総額」は、付与された本オプションがすべて行使され、本オプションの行使により交付される
           株式がすべて新規に発行された株式であると仮定して(但し、実際は自己株式を交付する予定である)、「発行
           価格」を2019年3月19日の当社普通株式の公正市場価格である96.80ドル(表紙記載の注2を参照のこと。)の
           85%である82.28ドルとして計算されている。
           オプションの行使に際して払い込むべき金額の合計額は、参加者の払込総額(日本円)の見込み最高額をもとに
           計算されている。上記ドル額は2019年3月19日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信直物相場の仲値1ドル=
           111.33円により換算されている。
       ( 2)  【手取金の使途】

        新株予約権の行使により取得するすべての手取金は、通常の営業のための資金及び随時決定されるその他の
        使途のために使用される予定である。現時点で当社が当該手取金の具体的な使用目的、各使用目的に充当さ
        れる具体的な金額を決定することは困難であり、使用の時期を予測することも困難である。
                                  11/259















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     (B)
      1 新規発行新株予約権証券(制限付き株式ユニット)
       ( 1)  募集の条件
      発行数                346個
      発行価額の総額                0米ドル

      発行価格                0米ドル

      申込手数料                なし

      申込単位                1個

      申込期間                2019年4月28日以降(摘要1.参照)

      申込証拠金                なし

                      当社ストック・プラン事務局
                      アメリカ合衆国07102
      申込取扱場所
                      ニュージャージー州ニューアーク
                      ブロード・ストリート751
      割当日                2019年4月28日(注)
      払込期日                該当事項なし(付与を受けるための支払を必要としない)

      払込取扱場所                該当事項なし

      摘要                下記に記載のとおり

      (摘要)
       1.   本募集は、当社の株式を取得する新株予約権(「本制限付き株式ユニット」)の付与に関するものである。
         当該付与は、2019年4月15日に決定され、2019年4月28日(日本時間)(当該日は、日本の幹部従業員に対する報酬
         明細書が配送される日である)以降に行われる予定である。当該付与は、2016年3月8日に開催された当社取締役会
         で採択され、2016年5月10日付けで当社株主によって承認された本プラン及び2019年2月11日に開催された委員会の
         決議に基づき、当社の日本における子会社であるプルデンシャル・ファイナンシャル・インク日本駐在員事務所(本
         社所在地:東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー)において、2019年4月15日(日本時間)現在雇
         用されている1名の適格参加者を対象として行われる。
         日本において、本募集が、当社の日本における前記子会社又は駐在員事務所の適格参加者以外の者に対して行われる
         ことはない。
         当社は、適格参加者に対して、2019年4月28日以降に2019年の報酬明細書を交付する。また、2019年4月28日以降に
         2019年の付与書類を交付する。適格参加者は、付与書類を受け取ったときから2週間以内にこれを辞退する判断をし
         ない限り、当該報償を受け入れたものとみなされる。
       2.   本募集と同様の募集が、アメリカ合衆国において、当社及びその子会社の特定の従業員に対して2019年4月15日頃に
         行われた。
        ( 注) 報酬明細書は、2019年4月28日以降に交付される予定である。報酬明細書には適格参加者が付与日に受領する実
            際の新株予約権証券の数が記載される。適格参加者は付与書類を受領後、当該付与書類受領日に本制限付き株式
            ユニットの付与とその条件に承諾したものとみなされる。適格参加者は付与書類受領日から2週間以内にこれを
            辞退することができる。
                                  12/259






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
       (2)   新株予約権の内容等
      新株予約権の目的となる株式
                      記名式額面0.01米ドルの普通株式(注1)
      の種類
      新株予約権の目的となる株式
                      346株(注2)
      の数
      新株予約権の行使時の払込金
                      1株当たり0米ドル(0円)(注3)
      額(「行使価額」)
      新株予約権の行使により株式
      を発行する場合の(日本にお                 0米ドル(0円)(注4)
      ける)株式の発行価額の総額
                      株式の発行価格:
      新株予約権の行使により株式
                      1株当たり0米ドル(0円)
      を発行する場合の株式の発行
                      資本組入額:
      価格及び資本組入額
                      1株当たり0.01米ドル(約1.11円)(株式の新規発行の場合(注
                      2))
                      2019年4月15日に決定された本制限付き株式ユニットの付与は、
      新株予約権の行使期間
                      2022年4月15日に権利が確定する(注5)
                      当社ストック・プラン事務局
      新株予約権の行使請求の受付
                      アメリカ合衆国07102
      場所、取次場所及び払込取扱
                      ニュージャージー州ニューアーク
      場所
                      ブロード・ストリート751
      新株予約権の行使の条件                 (注5)に記載のとおり
      自己の新株予約権の取得の事

                      該当事項なし
      由及び取得の条件
      新株予約権の譲渡に関する事
                      (注6)に記載のとおり
      項
      代用払込みに関する事項                 該当事項なし
      組織再編成行為に伴う新株予
                      該当事項なし
      約権の交付に関する事項
      摘要                 下記に記載のとおり
      (注1)当社は優先株式及び普通株式を発行する権限がある。
       優先株式

         当社の取締役会は、取締役会が採択した1件又は複数の決議において表示及び明示されるとおりに、1つ以上のクラ
         ス又はシリーズにおけるすべて又は一部の優先株式を発行し、かかる各クラス又はシリーズに対して議決権を制限な
         し、若しくは制限付きで、又は議決権なしと設定する権限を有する。
       普通株式

         普通株式は1種類である。普通株式の株主は同一クラスの株主として議決権を行使する。普通株式の株主は、保有す
         る普通株式1株につき1議決権を有する。
       ( 注2)   適格参加者は1ユニットの権利の確定(つまり、制限期間(注5を参照のこと)の経過)により、1株を取得する。

          本制限付き株式ユニットの権利の確定にあたり交付される株式数は、自社株式又は未発行の授権株式により構成さ
          れる。但し、専ら自己株式の交付を予定している。
       ( 注3)   本制限付き株式ユニットの権利確定時(制限期間の経過時)に適格参加者が支払うべき金額はない。
                                  13/259






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
       ( 注4)   上記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価額の総額」は、適格参加者に付与されたすべて
          の本制限付き株式ユニットが権利確定し、制限期間の経過により交付される株式がすべて新規に発行される株式で
          あると仮定して、下記の計算式に従って計算された最大見込額である(下記注*参照)。
           「発行価額の総額」=
           {0米ドル(プレミアム)+0米ドル(権利確定価格)}×346株=0米ドル
            注*:当該情報は情報の完全性のために提供するものである。本プランは新規発行株式の利用を認めているが、
               実務上は本制限付き株式ユニットの確定に対し自己株式のみを交付している。
       ( 注5)   「新株予約権の行使期間」及び「新株予約権の行使の条件」:
           制限期間は2019年4月15日の3年後の応当日(2022年4月15日)に終了する。
           但し、死亡、身体障害、承認済み退職、又は正当な理由による解雇若しくは辞職以外の理由による雇用関係の終
           了の場合、あるいは当社の支配権の変更(本プランに定義されるとおり)の場合においては、制限期間は下記の
           とおり調整される。
           正当な理由による解雇や辞職による雇用関係の終了の場合、当該従業員に付与された本制限付き株式ユニットは

           当該従業員の雇用の終了時に失効する。
           死亡によって雇用関係が終了した場合には、制限期間は発行済本制限付き株式ユニット全部について終了する。

           委員会の裁量により、本制限付き株式ユニットに関する現金又は普通株式は、適格参加者の雇用の終了後遅滞な
           く、当該適格参加者の遺産財団に一括で支払われる。
           適格参加者の雇用が身体障害により同者の雇用主によって終了された場合、制限期間は当該従業員に付与されて
           いる本制限付き株式ユニット全部について終了する。
           本承認済み退職に該当する状況で適格参加者が退職し、当社が指定した日までに従業員が確定オプション届出書

           を作成し、提出した場合(そしてその後当該確定オプション届出書を撤回しない場合)、当該適格参加者は「RSU
           支払日」後、事務処理上可及的速やかに、発行済みの本制限付き株式ユニットに等しい数の普通株式を受け取る
           (しかし、いかなる場合においてもRSU支払日が発生した暦年末までに受領する。)適格参加者が確定オプション
           届出書を作成しない場合には、すべての本制限付き株式ユニットは雇用の終了時に失効する。
           適格参加者の雇用がこの注記内の上記に記載されているもの以外の理由により権利確定期間中に終了した場合、

           当社が指定した日までに従業員が確定オプション届出書を作成し、提出した場合(そしてその後当該確定オプ
           ション届出書を撤回しない場合)、按分(注**)された数の本制限付き株式ユニットが確定し、適格参加者は、事
           務処理上可及的速やかに普通株式を受領する(74日以内に受領する)。残りの本制限付き株式ユニットは失効す
           る。適格参加者が確定オプション届出書を作成しない場合には、すべての本制限付き株式ユニットは雇用の終了
           時に失効する。
           支配権の変更の場合、           すべての本制限付き株式ユニットは権利が確定し、通常、適格参加者は普通株式を受領す

           る。しかし、支配権を取得した事業体が、委員会が定めた権利、条件、及び価値と実質的又はこれを上回る本制
           限付き株式ユニットについての新たな権利を引き受け、引継ぎ又は代替する場合にはこの限りではない。また、
           委員会は、その裁量によって、支配権の変更時の価格に基づき、現金で支払うこともできる。
           ( 注**)按分は付与日からの勤続月数を36で割って計算する。
       ( 注6)   本制限付き株式ユニットは遺言又は遺産相続及び分割に関する法律による場合を除き、売却、移転、質入れ、譲渡

          その他の処分又は担保権設定を行うことができないものとする。
                                  14/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (摘要)
       1.   括弧内の円金額は、2019年3月19日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信直物相場―仲値である$1=¥111.33に
         より計算されている。
       2.   本制限付き株式ユニットの制限期間経過時に、当社は本制限付き株式ユニットを付与された適格参加者又は(適格参
         加者死亡の場合)当該適格参加者の受益者又は遺産財団に対し、本制限付き株式ユニット1個に対し普通株式1株、
         及び当該本制限付き株式ユニットに付与された配当等価物を付与する。委員会は、その裁量により、本制限付き株式
         ユニットについて普通株式のみを付与する代わりに、現金又は一部現金で支払うことを選択することができる。普通
         株式の付与に代えて現金が支払われる場合、適格参加者が受領する権利を有する普通株式1株に対する現金払いの金
         額は、当該ユニットについて制限期間が経過した日付現在の普通株式の公正市場価格に相当する。
       3.   本制限付き株式ユニットの制限期間経過時に、当社は以前に発行した株券に対して、新たな株券を発行すること(又
         は電子的に設けられた制限を解除すること)ができる。
       4.   本制限付き株式ユニットの制限期間経過時に、当該株式の最初の配当は当該適格参加者及びその他の株主が等しく受
         領し、株式の受給権は制限されていない。
       (3)   新株予約権証券の引受け

      引受人の氏名又は名称                  住所          引受新株予約権数              引受けの条件
        該当事項なし              該当事項なし             該当事項なし             該当事項なし
                                  15/259














                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      2 新規発行による手取金の使途
       ( 1)  新規発行による手取金の額
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

            0米ドル                 15,000米ドル                  -15,000米ドル

           (0円)(注)                 (約1,669,950円)                  (約-1,669,950円)
       ( 注)   上記「払込金額の総額」は、付与された本制限付き株式ユニットがすべて確定し、本制限付き株式ユニットの確定
          により交付される株式がすべて新規に発行された株式であると仮定して(但し、実際は専ら自己株式を交付する予
          定である)、「発行価格」を0米ドルとして計算されている(すなわち、本制限付き株式ユニットが確定した場
          合、適格参加者による株式の取得に対する支払は行われない)。
       ( 2)  手取金の使途

        該当事項なし。
                                  16/259
















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     第2【売出要項】
        該当事項なし
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】

     プルデンシャル・ファイナンシャル・インク、国際株式購入プラン及びプルデンシャル・ファイナンシャル・イン

     ク、株式購入プランに基づく新株予約権証券の募集
      本募集は、当社及びその子会社の一定の従業員に対して、プルデンシャル・ファイナンシャル・インク、国際株

     式購入プラン(以下「国際株式購入プラン」という。)及びプルデンシャル・ファイナンシャル・インク、株式購
     入プラン(以下「株式購入プラン」という。)(旧名称                             プルデンシャル・ファイナンシャル・インク、従業員株式
     購入プラン(以下「従業員株式購入プラン」という。)(総称して「本プラン」という。)に基づく、当社の普通
     株式(以下「株式」という。)の取得に係る新株予約権(以下「本新株予約権」又は「本オプション」という。)
     の付与に関するものである。当該付与は、2005年3月8日に開催された当社取締役会で採択され、2005年6月7日
     に開催された当社の株主総会で採択され、国際株式購入プランについては2006年6月16日に開催された当社取締役
     会の報酬委員会(「委員会」)の決議により修正・再表示され、従業員株式購入プランについては2006年9月12日
     に開催された委員会の決議により修正・再表示され、国際株式購入プランについては2006年11月20日に委員会から
     授権された人事担当のシニア・バイス・プレジデントによって修正され、2007年9月13日に委員会から授権された
     人事担当のシニア・バイス・プレジデントによって修正され、2008年11月10日に委員会から授権された人事担当の
     シニア・バイス・プレジデントによって修正され、国際株式購入プラン及び株式購入プランについては、2012年1
     月1日に委員会から授権された人事担当のシニア・バイス・プレジデントによって修正された国際株式購入プラン
     及び株式購入プランについては、2014年3月11日に開催された取締役会の報酬委員会の決議により修正・再表示さ
     れた。
      2018  年12月31日現在の当社の資本の額は49,031百万ドル(約5,458,621,230,000円)である(本報告書提出日現

     在の情報は入手できないので、直近で入手可能な2018年12月31日現在の数字を記載した。)。
      2019年3月31日現在の発行済株式総数は以下のとおりである(本報告書提出日現在の情報は入手できないので、

     直近で入手可能な2019年3月31日現在の数字を記載した。)。
                                           上場金融商品取引所
         記名・無記名の別及び
                           種類        発行数           又は        摘 要
          額面・無額面の別
                                          登録金融商品業協会名
            記名・額面                       660,111,339株          ニューヨーク
                          普通株式                           注2を参照
         (額面金額0.01ドル)                             (注1)
                                             証券取引所
      (注1)  発行済株式総数とは、自己株式を含む、発行済みの普通株式総数を意味する。

      (注2)  普通株式は1種類である。普通株式の株主は同一クラスの株主として議決権を行使する。普通株式の株主は、保
           有する普通株式1株につき1議決権を有する。
                                  17/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      ①発行数                          合計240,566個(注1)

      ②発行価格                          0ドル(0円)

      ③発行価額の総額:

       本オプションの発行価額の総額                         0ドル(0円)

       本オプションの発行価額の総額に本オプショ                         総額19,793,770ドル(約2,203,640,414円)

       ンの行使に際して払い込むべき金額の合計額                         (注2)
       (見込額)を合算した金額
      ④本オプションの目的となる株式の種類                          当社額面0.01ドル記名式普通株式(注3)

      ⑤本オプションの目的となる株式の数                          合計240,566株(注4)

      ⑥本オプションの行使時の払込金額                          82.28   ドル(約9,160円)(2019年3月19日現

                                在の当社普通株式の公正市場価格(下記注1
                                に定義)に基づく見込み(下記注2を参照の
                                こと))(注5)
      ⑦本オプションの行使期間                          2019  年9月30日又は当該日直前の最初の

                                ニューヨーク証券取引所(NYSE)取引日(注
                                6)
      ⑧本オプションの行使の条件                          (注6)に記載のとおり

      ⑨本オプションの行使により株式を発行する場                          1株当たり0.01ドル(約1.11円)(株式の新

       合の株式の発行価格のうちの資本組入額                         規発行の場合)(注2)
      ⑩本オプションの譲渡に関する事項                          本オプションは遺言又は遺産相続及び分割に

                                関する法律による場合を除き、売却、移転、
                                質入れ、譲渡その他の処分又は担保権設定を
                                行うことができないものとする。
      ⑪発行方法                          本オプション1個を行使することにより、1

                                株を取得する。本オプションの行使にあたり
                                交付される株式数は、自己株式又は未発行の
                                授権株式により構成される。但し、専ら自己
                                株式の交付を予定している。
      ⑫引受人の氏名又は名称                          該当事項なし

      ⑬募集を行う地域                          アメリカ合衆国及び英国

                                  18/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      ⑭新規発行による手取金の額及び使途                          払込金額の総額:

                                 19,793,770      ドル(約2,203,640,414円)
                                発行諸費用の概算額:
                                 5,000   ドル(約556,650円)
                                差引手取概算額:
                                 19,788,770      ドル(約2,203,083,764円)
                                手取金の使途:
                                 本オプションの行使により取得するすべて
                                の手取金は、通常の営業のための資金及び随
                                時決定されるその他の使途のために使用され
                                る予定である。現時点で当社が当該手取金の
                                具体的な使用目的、各使用目的に充当される
                                具体的な金額を決定することは困難であり、
                                使用の時期を予測することも困難である。
      ⑮新規発行年月日                          2019  年7月1日

      ⑯当該有価証券を金融商品取引所に上場しよう                          該当事項なし

       とする場合における当該金融商品取引所の名
       称
      ⑰当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券                          ( 注7)に記載のとおり

       等の特質
      (注1)  給与控除対象期間の最初のNYSE取引日である2019年7月1日の公正市場価格(以下に定義する。)又は給与控除

           対象期間の最後のNYSE取引日である2019年9月30日の公正市場価格のいずれか低い額に基づき実際の行使価額が
           決定されるため、行使価額は特定できず、また正確な新株予約権証券数は特定できない。上記の付与される新株
           予約権証券数は、日本以外の参加者から予想される参加金額に基づいており、報告している株式数は、当社の会
           計部門の仮定する株価を用いた希薄化後EPSの計算の際に使用される予想値に基づいている。
           「公正市場価格」とは、基準日、前取引日、次取引日における当社普通株式のニューヨーク証券取引所又はその
           他の確立された取引所(又は複数の取引所)における始値、終値、出来高、高値、低値、若しくは平均販売価格
           に基づく価格又は複数取引日の平均値に基づき、本プラン事務局がその裁量で決定する価格を意味する。公正市
           場価格の定義は、本プラン事務局がその裁量で定めるとおり、本オプションの付与、行使、権利確定、決済又は
           支払いに関してそれぞれ異なる場合がある。但し、参加者に付与された株式報酬の会計に使用される会計基準が
           本プランの効力発生日以降大幅に変更された場合、本プラン事務局は、該当する事実及び状況に基づき本オプ
           ションの公正市場価格を設定することができる。当社普通株式が確立した取引所において取引されていない場
           合、客観的な基準に基づき本プラン事務局が公正市場価格を決定する。
      (注2)  本オプションの発行価格の総額に本オプションの行使に際して払い込むべき金額の合計額を合算した金額。本オ

           プションの予定行使価額は、給与控除対象期間中の最初の取引日(つまり2019年7月1日(東部標準時間))の
           当社普通株式の公正市場価格又は給与控除対象期間の最後の取引日(つまり2019年9月30日)の当社普通株式の
           公正市場価格のいずれか低い額の85%に相当する額とする。2019年3月19日の当社普通株式の公正市場価格は、
           本プラン事務局(以下に定義する。)が決定した96.80ドルである。本書では2019年3月19日時点で使用可能な
           情報を価格に関する計算に用いている。
           上記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価額の総額」の最大見込額は、参加者に付与さ
           れたすべての本オプションが行使され、本オプションの行使により交付される株式がすべて新規に発行される株
           式であると仮定して計算された額である(下記(注*)参照)。
           「本プラン事務局」とは、委員会が選任した当社又はその子会社の取締役若しくは従業員3名以上により構成さ
           れるコミッティーを意味する。「本プラン事務局」には、当該事務局が国際株式購入プラン及び株式購入プラン
           における委任に基づき指定した者又は受任者が含まれるが、委任された権限の範囲に限定され、別段の解釈が必
           要な場合はこの限りではない。
                                  19/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
            (注*) 当該情報は情報の完全性のために提供するものである。本プランは新規発行株式の利用を認めている
                が、当社はオプションの行使に対しNYSE又はその他から取得した株式も交付する。
      (注3)  当社は優先株式及び普通株式を発行する権限がある。

           優先株式

             当社の取締役会は、取締役会が採択した1件又は複数の決議において表示及び明示されるとおりに、1つ以
             上のクラス又はシリーズにおけるすべて又は一部の優先株式を発行し、かかる各クラス又はシリーズに対し
             て議決権を制限なし、若しくは制限付きで、又は議決権なしと設定する権限を有する。
           普通株式

             普通株式は1種類である。普通株式の株主は同一クラスの株主として議決権を行使する。普通株式の株主
             は、保有する普通株式1株につき1議決権を有する。
      (注4)  本オプション行使時に発行される株式数は該当する行使期間について参加者各自の累積金額を該当する行使価額

           (以下に記載する)で割った数とする。
           本プラン事務局は、本プランに基づく本オプションの行使により端株を購入できることにした。
           本オプション行使により付与される株式は(i)新たに発行された株式、(ii)市場で購入された株式又は(iii)自社
           株などその他の分類の株式により構成される。本プランに基づき発行することのできる当社普通株式の株式数
           は、2004年12月31日現在の当社普通株式の社外発行済総数の5%に相当する26,367,235株を超えることはない。
      (注5)  「行使価額」及び「発行価格」

           行使価額は以下のとおりである。
           i)  募集期間の最初の取引日である2019年7月1日現在(東部標準時間)の当社普通株式の公正市場価格の85%
           又はii)    募集期間の最後の取引日である2019年9月30日現在の公正市場価格の85%のいずれか低い方
           発行価格は以下のとおりである。
           発行価格(ドル)=(本オプションの発行価格)(0ドル)+(上記のとおり計算される行使価額)(ドル)
           上記に仮定した行使価額は2019年3月19日現在の当社普通株式の公正市場価格である$96.80(上記注2を参照
           のこと。)に基づいている。
      (注6)  「本オプションの行使期間」及び「本オプションの行使の条件」

           本オプションの各行使期間について、参加者が本プランを脱退しない限り、各参加者の該当する行使期間につい
           ての累積金額は本オプションの行使並びに当社の普通株式及び端株を購入するために使用する。行使価額の支払
           いは現金で行うことができる。
           参加者が当社を任意で退職した場合、又は当社との雇用関係が非自発的に終了した場合、当該参加者の未行使の
           本オプションは終了し、累積金額は手続上可能な限り迅速に参加者に返還されるが、給与控除対象期間中の現金
           返還のために当社が下記のとおり予定する期限より後に雇用が終了した場合には、当該参加者(参加者が死亡し
           た場合にはその受益者)は本プラン事務局の裁量により、普通株式を受領する場合がある。
           参加者の死亡により雇用が終了された場合、参加者の受益者(参加者が指定する。)は、本プラン事務局の裁量
           により、参加者の死後、普通株式及び/又は現金を受領することができる。
           事務局がその単独の裁量により別段の規定をしている場合を除き、参加する従業員の死亡又は永久的な就労不能
           状態による終了事由が生じた場合にはそれぞれ、従業員の受益者又は就労不能となった従業員は、死亡又は就労
           不能となった従業員の本プランに基づく個別勘定のすべての現金及び普通株式を引き出すことを選択したものと
           みなす。
                                  20/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (注7)
       (a)  当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の特質
         下記のとおり決定される本オプションの実際の行使価額が下落した場合、本オプション行使期間中の本オプションの
         行使により発行される株式数は増加する。
         本オプションの実際の行使価額は、募集期間の最初の取引日である2019年7月1日現在の当社普通株式の公正市場価
         格又は募集期間の最終日である2019年9月30日の公正市場価格のいずれか低い方に基づき決定される。
         本プランに基づき発行される普通株式の数は、2004年12月31日現在の発行済普通株式の5%に相当する26,367,235株
         を超過してはならないものとされている。
         本プランの主目的は資金調達ではなく、従業員に対し、任意の税引後給与出資を通じて普通株式を購入する機会を与

         えることにより、従業員の株式保有を奨励し、株式の購入を容易にすることにあるため、本プランには行使価額等の
         下限及び資金調達額の下限は設けられていない。
         当社には本オプションを購入する権利はない。
       (b)  行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の発行により資金の調達をしようとする理由

         本プランの主目的は資金調達ではなく、従業員に対し、任意の税引後給与出資を通じて普通株式を購入する機会を与
         えることにより、従業員の株式保有を奨励し、株式の購入を容易にすることにある。本プランに基づく株式の発行に
         より、既存株主が所有する持分は希薄化される。しかしこの希薄化は、発行株式数の上限を設けることにより制限さ
         れている。本プランを通じプルデンシャル及び関連会社の従業員による株式所有を奨励することは、従業員、当社株
         主及び当社にとって有益な方法で、従業員と当社株主の利益を一致させる効果的な方法であると考えている。
       (c)  第19条第9項に規定する場合に該当する場合にあっては、同項に規定するデリバティブ取引その他の取引として予定

         する取引の内容
         該当事項なし
       (d)  当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に表示された権利の行使に関する事項(当該権利の行使を制限するた

         めに支払われる金銭その他の財産に関する事項を含む。)について割当予定先(募集又は売出しにより割当を予定し
         ている者をいう。)との間で締結する予定の取決めの内容
         本オプションは、本プランに従って行使され、その他適用される特別な取決めは存在しない。
       (e)  提出者の株券の売買(令第26条の2の2第1項に規定する空売りを含む。)について割当予定先との間で締結する予

         定の取決めの内容
         該当事項なし
       (f)  提出者の株券の貸借に関する事項について割当予定先と提出者の特別利害関係者等との間で締結される予定の取決め

         があることを知っている場合にはその内容
         該当事項なし
       (g)  その他投資者の保護を図るため必要な事項

         該当事項なし
                                  21/259








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     第3【第三者割当の場合の特記事項】
        該当事項なし
                                  22/259




















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     第4【その他】
      1【法律意見】
       当社の秘書役補佐を務めるアンドリュー・ヒューズから、以下の趣旨の法律意見書が提出されている。
       (a)   当社はアメリカ合衆国ニュージャージー州法に基づき適法に設立され、かつ同法のもと有効に存続して

          いること、
       (b)   本届出書に記載される当社普通株式の取得に係る株式購入権の当社による付与は、当社のすべての必要

          な会社手続を経ており、当社は本届出書に従って適法かつ有効に株式購入権を付与できること、及び
       (c)   本届出書に記載され、現時点で施行されているアメリカ合衆国の法令及びニュージャージー州の法令に

          関する事項が、あらゆる重要な点において真実かつ正確であること。
                                  23/259
















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      2【その他の記載事項】
       本プランの内容は以下のとおりである。
                      プルデンシャル・ファイナンシャル・インク

                             国際株式購入プラン
                        (2014年3月11日付けで修正・再表示)
                                第1条

                                 目的

        プルデンシャル・ファイナンシャル・インク国際株式購入プラン(「本プラン」)の目的は、関連会社の従

     業員及び契約社員に対して給与出資及び現金拠出を通じて普通株式を購入するための機会を提供することにより、
     株式保有を奨励及び促進することである。本プランは、内国歳入法第423条に基づく適格従業員株式購入プランと
     なることを企図するものではない。
                                第2条

                                 定義

        2.1    定義  。本プランにおいて使用される場合、以下の用語は、それぞれ以下に定める意味を有する。文脈

     上、別段解釈される場合を除き、本プランで使用する男性詞は女性詞を含み、単数形は複数形を含み、複数形は単
     数形を含む。
            承認休職     。「承認休職」とは、関連会社がその人事方針により従業員に付与する休暇、又は適用法に

     より要求される休暇を意味する。
            取締役会     。「取締役会」とは、当社の取締役会を意味する。

            現金拠出     。「現金拠出」とは、第5.3条及び第5.4条に基づく従業員又は契約社員の税引後の任意の拠

     出(給与出資を除く。)を意味する。事務局は、許容しうる現金拠出の方法(電信振替、関連会社から従業員又は
     契約社員への支払より控除される金銭、個人小切手又はその他の現金同等物を含む場合があるが、これらに限られ
     ない。)を決定する。
            歳入法    。「歳入法」とは、1986年内国歳入法(その後の改正を含む。)(本プランの関係において

     は、歳入法の規定に関して内国歳入庁及びその承継機関が制定した規則(「財務省規則」)を含む。)を意味す
     る。
            委員会   。「委員会」とは、取締役会の報酬委員会又は取締役会が指定する取締役会のその他の委員会

     (証券取引所法に基づき公布される規則16b-3に定義する「非従業員取締役」、歳入法第162条(m)に定義する「社
     外取締役」、及びニューヨーク証券取引所の上場会社マニュアル第303条Aに基づく「独立取締役」である2名以
     上の委員又はその承継人で構成される。)を意味する。
                                  24/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
            普通株式     。「普通株式」とは、当社の額面0.01ドル普通株式を意味する。
            当社  。「当社」とは、ニュージャージー州法人であるプルデンシャル・ファイナンシャル・インク及

     びその承継会社を意味する。
            報酬  。従業員に関して「報酬」とは、当該従業員の年間給与及び残業手当(当該従業員が行った出資

     に関係なく事務局が、又は、当該従業員のために現在又は将来設けられる当社又は関連会社の従業員給付プランに
     基づき当社又は関連会社が決定する。)を意味する。契約社員に関して「報酬」とは、関連会社又は当社が当該契
     約社員に対して支給する賃金を意味する。歩合制で報酬が支給される関連会社の従業員又は契約社員については、
     この報酬は、事務局が制定する規程に基づき基本給また基本賃金として取り扱われる。
            関連会社     。「関連会社」とは、当社が直接又は間接に株式若しくは資本又は利益の持分を有してお

     り、当社がその経営及び方針について指示し又は指示させるための権限を有しており、委員会の承認を得た上で本
     プランの利益を従業員及び/又は契約社員に提供することを選択するアメリカ合衆国以外の法人、パートナーシッ
     プ、ジョイント・ベンチャー又はその他の事業体を意味する。
            カストディアン        。「カストディアン」とは、本プランに基づく保管会社として行為するために事務局

     が選任する銀行、信託会社等を意味する。
            行使日   。「行使日」とは、事務局が行使日に指定する募集期間中の日を意味する。但し、12ヶ月のう

     ちに別の行使日が到来しない時は、当該期間の最終取引日を行使日とする。
            付与日   。「付与日」とは、本プランに従って本オプションが付与される日を意味する。

            効力発生日      。「効力発生日」とは、本プランが取締役会により承認される日を意味する。

            従業員   。「従業員」とは、関連会社のために役務を遂行し、事務局が(i)適用ある法律上当該関連会

     社の使用人であり、かつ、(ii)本プランへの参加資格を有すると判断した各個人を意味する。「従業員」という語
     は、当該個人を従業員以外の者に指定し、分類し又は区分する合意、契約又は取決めに基づき関連会社のために役
     務を遂行する個人を含まない(ある機関(政府機関か否かを問わない。)又は裁判所が当該区分又は分類は誤りで
     あったと結論付けるか否かは考慮しない。)。
            公正市場価格       。「公正市場価格」とは、基準日、前取引日、次取引日における当社普通株式のニュー

     ヨーク証券取引所又はその他の確立された取引所(又は複数の取引所)における始値、終値、出来高、高値、低
     値、若しくは平均販売価格に基づく価格又は複数取引日の平均値に基づき、本プラン事務局がその裁量で決定する
     価格を意味する。公正市場価格の定義は、本プラン事務局がその裁量で定めるとおり、本オプションの付与、行
     使、権利確定、決済又は支払に関してそれぞれ異なる場合がある。但し、参加者に付与された株式報酬の会計に使
     用される会計基準が本プランの効力発生日以降大幅に変更された場合、本プラン事務局は、該当する事実及び状況
     に基づき本オプションの公正市場価格を設定することができる。当社普通株式が確立した取引所において取引され
     ていない場合、客観的な基準に基づき本プラン事務局が公正市場価格を決定する。
                                  25/259






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
            契約社員     。「契約社員」とは、関連会社のために役務を遂行し、事務局が(i)適用ある法律上当該関
     連会社の契約社員であり、かつ、(ii)本プランへの参加資格を有すると判断した各個人を意味する。「契約社員」
     という語は、当該個人を契約社員以外の者に指定し、分類し又は区分する合意、契約又は取決めに基づき関連会社
     のために役務を遂行する個人を含まない(ある機関(政府機関か否かを問わない。)又は裁判所が当該区分又は分
     類は誤りであったと結論付けるか否かは考慮しない。)。
            個別勘定     。「個別勘定」とは、各参加者のためにカストディアンが管理する独立した口座を意味す

     る。
            募集期間     。「募集期間」とは、本オプションの付与日から当該本オプションの本オプション期間の満

     了までの期間を意味する。
            本オプション       。「本オプション」とは、本プランに従って付与される、普通株式を購入するための権

     利を意味する。
            本オプション価格         。「本オプション価格」とは、第5.6条に定める意味を有する。

            参加者。     「参加者」とは本プランへの参加を選択した従業員又は契約社員であり、本プランに基づき

     付与されるオプションに基づき普通株式を購入するための出資を行う者を意味する。
            給与出資     。「給与出資」とは、第5.3条及び第5.4条に基づく給与控除による従業員の税引後報酬の任

     意出資を意味する。
            本プラン。      「本プラン」とは、第1条に定義する意味を有する。

            事務局   。「事務局」とは、委員会が選任する当社又は当社子会社の取締役又は使用人のみで構成され

     る、3名以上の構成員から成る委員会を意味する。「事務局」への言及には、事務局の被指名人又は(第3条によ
     り認められた委任に基づく)受任者を含むが、専ら委任された権限の範囲とし、また、文脈上別段の解釈を要する
     場合はこの限りでない。
            子会社   。「子会社」とは、当社がある法人のすべての種類株式の総議決権又はあるパートナーシップ

     若しくはリミテッド・ライアビリティ・カンパニーの資本持分若しくは利益持分の50パーセント超を直接又は間接
     に保有している場合における当該法人、リミテッド・ライアビリティ・カンパニー又はパートナーシップを意味す
     る。
            終了事由     。「終了事由」とは、参加者の何らかの理由による雇用の終了若しくは役務提供の中止又は

     当該参加者が参加資格を失うこととなるその他の事由を意味する。
            拠出総額     。ある日における従業員又は契約社員に関して「拠出総額」とは、同日以前の当該従業員又

     は契約社員の給与出資及び現金拠出の合計額に、第5.4条により認められた利率による今日までの経過利息を加算
     し、普通株式を購入するためにこれまでに使用された、又は引き出された若しくは分配された金額を減算した金額
     を意味する。
                                  26/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                第3条

                                 運営

        本プランは事務局が運営する。事務局は、本プランを解釈するための権限を有し、その解釈及び決定は最終

     的かつ確定的であるものとする。事務局は、アメリカ合衆国以外の法域の法律及び手続に関する特定の要件に対応
     するための規則及び規程を含め、本プランの管理に関する規則及び規程を採択することができる。また、事務局
     は、特定の関連会社に適用される規則、手続又はサブプランを採択することができる。本プランの運営の潤滑化の
     ため、適用ある法律の要件の範囲内で、事務局は、カストディアンによって保有されている個別勘定内の普通株式
     について支払われる配当の再投資について、準拠地、参加者、又は参加者のクラスごとに異なる手続を作成するこ
     とができる。この手続は、(i)本プランへの参加あるいは継続的な参加の条件として配当の強制再投資を求めるも
     の、(ii)参加者が、事務局が示す方法に積極的に反対の選択をしない限り、自動的な配当再投資を提供するもの、
     又は(iii)各場合において事務局が随時特定する条件や制限のもと、参加者の裁量により配当再投資ができるとす
     るものを含むがこれに限られない。事務局は、本プランの日々の運営及び管理に関する責任を、当社又は当社子会
     社の使用人に委任することができる。
        適用ある法律又は証券取引所の適用ある規則により禁止される場合を除き、委員会は、その単独の裁量によ

     り、本プランに基づく責任及び権限の全部又は一部をその委員の一名又は複数名に割当て、及び/又は本プランに
     基づく責任及び権限の全部又は一部をその選定する者に委任することができる。
                                第4条

                                 資格

        4.1    一般規則     。本プランに別段の定めがある場合を除き、従業員及び契約社員は全員、本プランへの参加

     資格を有する。
        4.2    適用除外     。第4.1条の規定にかかわらず、また適用ある法律により別途禁止される場合を除き、事務

     局は、その単独の裁量により、(i)通常勤務が週20時間以下である従業員、(ii)臨時社員又は季節社員であり、勤
     務が年5ヶ月以内である使用人、(iii)勤続年数が2年に満たない使用人、又は(iv)報酬が高額な使用人又は報酬
     が高額なある区分の使用人(歳入法第414条(q)に定義する。)を、本プランに基づく募集への参加から除外するこ
     とができる(但し、除外する義務はない。)。
                                  27/259









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                第5条

                               株式の購入

        5.1    発行される株式        。本プランに基づき交付される普通株式は、2005年6月7日に当社株主により適式に

     承認されたプルデンシャル・ファイナンシャル・インク従業員株式購入プラン第5.1条に基づく授権株式から発行
     される。
        5.2    本オプションの付与          。当社は、本プランに基づく本オプションを、すべての従業員及び契約社員に提

     供する。本オプションは、事務局が決定する日に付与される。各本オプションの期間は、付与日の24ヶ月後の日
     (又はそれ以前の事務局が決定する日)に終了する。第5.4条の規定に従い、各本オプションの目的となる普通株
     式の数は、(i)(A)各参加者が募集期間において第5.4条に基づいて拠出した拠出総額を(B)当該本オプションにより
     購入した各普通株式の本オプション価格で除した値、又は、(ii)固定値若しくは所定の数式により算出された変動
     値で事務局より割当てられたすべての参加者に対する最大値合計に照らした最大値のいずれか少ない方とする。事
     務局は、本オプションの各付与の目的となる株式を決定する際に、端株が含まれるか否か、また、含まれる場合に
     はその方法について定めることができる。
        5.3    参加  。従業員又は契約社員は、事務局が指定する様式又は形式による登録用紙に記入することによ

     り、かつ、事務局が定めるその他の条件又は制限を満たすことにより、第5条に基づき本プランに参加することが
     できる。本プランへの参加を選択する従業員は、その選択時に、将来の給与期間に従業員の報酬から賃金控除を行
     うことにつき承認を与える。賃金控除を承認する選択は、事務局が指定する方法で登録用紙に記入した日より後
     の、事務局が決定する日に効力を生じる。上記にかかわらず、現地の法律により賃金控除が認められていない法域
     では、従業員は、現金拠出を行うことによりプランに参加することができる。本プランへの参加を選択する契約社
     員は、現金拠出のみ行うことができる。
        5.4    拠出  。参加者の各々について個別勘定が開設され、この個別勘定に(i)給与出資額及び現金拠出額、

     (ii)事務局が決定する利率又は事務局が承認する取決めに基づく利率による、参加者の拠出総額及び既往に預託さ
     れた利息に対する利息(これらの金銭が当該個別勘定に預託された日から行使日における本オプションの行使に充
     当されるまで(又は個別勘定からその他の方法による支払が行われる日まで)の期間に係るもの)、並びに(iii)
     本プランの条件に基づいて当該参加者が購入する普通株式の全株式が預託される。従業員は、報酬の全部(又は事
     務局が定めるその他の基準により、かつ、事務局が定めるその他の制限に基づき)につき、事務局が決定する限度
     額までの給与出資を承認することができる。事務局が許可する限り、給与出資を行った従業員、給与出資が現地の
     法律上認められていない従業員、又は契約社員は、カストディアンに対して一又は複数の現金拠出(いずれも事務
     局が決定する最低金額要件が適用される場合がある。)を行うことができる。給与出資、現金拠出及びこれらに係
     る利息は、関連会社が支払う通貨建てで個別勘定に預託され、事務局が特に決定しない限り、該当する行使日に、
     同日の有効な為替相場を基にしてドルに換算される。事務局は、各行使日について有効な為替相場(当該換算が行
     われる月に当社内部での金融取引のために当社が実際に用いる為替相場を含むが、これに限られない。)を合理的
     な方法で決定するための単独の裁量を有する。
        参加者に対して付与された本オプションが残存している各暦年につき、本プランに基づく本オプションの対

     象となる普通株式を購入するため、当該暦年中に当該参加者が個別勘定について行うことのできる給与出資及び現
     金拠出の総額は、21,250ドル(又は事務局が定めるこれより少ない金額)を超えないものとする。
                                  28/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
        第5.8条に規定する場合を除き、参加者について終了事由が存在する場合、(i)当該参加者は追加の給与出資

     又は現金拠出を行うことができず、(ii)その未行使の本オプションは終了し、その時において個別勘定に預託され
     ている現金は当該参加者に返還される。
        5.5    本オプションの行使          。参加者が行使日までに当該参加者の個別勘定にある現金残高の引き出しを請求

     する場合を除き、当該各行使日の現金残高は、本オプション価格で全株式を購入するのに十分である限り、本オプ
     ションの行使に使用される。事務局は、本オプションの行使により端株を購入できるか否か、また、購入できる場
     合はその方法を定めることができる。
        5.6    本オプション価格         。第5.8条に定める場合を除き、参加者が参加者の本オプションの各行使にあたっ

     て払い込むべき普通株式1株当たりの本オプション価格(「本オプション価格」)は、付与日時点の普通株式の公
     正市場価格の85パーセント(又は委員会若しくは事務局が承認するそれを上回る割合)相当額とし、付与日以前に
     事務局が指定した場合には、(i)付与日時点の普通株式の公正市場価格の85パーセント(又は委員会若しくは事務
     局が承認するそれを上回る割合)又は(ii)行使日時点の普通株式の公正市場価格の85パーセント(又は委員会若し
     くは事務局が承認するそれを上回る割合)のうちいずれか低い方の割合相当額とする。
        5.7    本オプションの消却、終了又は剥奪                  。何らかの理由により普通株式を発行することなく消却、終了又

     はその他の方法で清算される本オプションの目的となる普通株式は、本プランに基づく発行のために保留される株
     式の数を増加させ、本プランに基づく本オプションのために再び授権株式となる。
        5.8    死亡又は就労不能による雇用地位の異動                     。事務局がその単独の裁量により別段の規定をしている場合

     を除き、参加者の死亡又は永久的な就労不能状態による終了事由が生じた場合にはそれぞれ、参加者の受益者(第
     9.3条に定義する。)又は就労不能となった参加者は、死亡又は就労不能となった参加者の本プランに基づく個別
     勘定のすべての現金及び普通株式を引き出すことを選択したものとみなす。
                                第6条

                         控除額の変更、プランからの脱退

        6.1    控除額の変更       。従業員は、ある募集期間につき給与出資を認めた場合には、事務局に対する書面通知

     により所定の給与出資割合を変更することができる。但し、事務局は、従業員がある募集期間について認めた給与
     出資額を増加できない旨を決定することができる。この変更は、当該通知を受領した日より後に、実務上可及的速
     やかに効力が生じる。事務局が別途決定する場合を除き、従業員が募集期間中の終了事由前のいずれかの時に給与
     出資を行わなくなった場合、その時において従業員の個別勘定に保管されている現金残高は、その中止の効力発生
     日後、可及的速やかに、当該従業員に自動的に分配される。但し、従業員が承認休職を取得している場合には、復
     職後直ちに従業員が当該出資を再開する限り、従業員は、当該休暇中は出資を中止することができる。
        6.2    雇用中・役務提供中の離脱              。参加者は、(事務局が定める通知要件に従い)いつでも、いかなる理由

     であっても、本プランへの参加を中止し、第8条に基づき個別勘定にある普通株式又は現金の全部又は一部を引き
     出すことができる。さらに、事務局が同様の状況におかれている人や特定の国や事業部で役務を提供しているすべ
     ての人々について公式の基準で別途定めない限り、参加者の役務についての主要な場所がある国から別の国へ、若
     しくは、ある事業部から別の事業部へ移った場合、参加者は、本プランへの参加を取りやめて、その者が個別勘定
     に有するあらゆる普通株式及び現金を第8条に基づき引き出したものとみなされる。本第6.2条に基づき参加が停
     止した後、参加者は、第5.3条に基づき新たに加入手続を行うことにより、事務局が決定する日に参加を再開する
     ことができる。
                                  29/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                第7条

                              株式保有の証明

        (i)  参加者の請求により、(ii)事務局の単独の裁量により、又は(iii)                                   参加者の終了事由に関連して参加者

     に分配されるまでは、本プランに基づき取得する普通株式は、すべてカストディアンが保管する。カストディアン
     が保管している間は、普通株式はすべて振替決済方式で登録される及び/又はカストディアン若しくはその被指名
     人又は仲買人の名義で保管される。当社は、第8条に基づく株式分配を惹起する事由の後、可及的速やかに、同条
     に基づく分配を受けることとなる参加者の名義で普通株式の登録を行う。事務局がこの要件の適用除外を認める手
     続を採択しない限り、また、事務局がこの要件の適用除外を認める手続を採択する場合に限り、本プランに基づき
     発行される普通株式は、参加者の名義でのみ登録することができる。上記にかかわらず、当社は、参加者の事務局
     に対する請求により、その請求後、可及的速やかに、当該参加者の名義で普通株式を登録する。
        本プランの運営を容易にするために、事務局は本プランに基づき取得された普通株式(参加者の要求により

     保管されていた口座から引き出されたものを除く。)を、事務局が随時指定するカストディアン、又は本プランに
     基づき発行された若しくは今後発行される株式について相応の管理機能を有するその他の適格有資格機関(登録さ
     れたブローカー・ディーラーを含むがこれらに限定されない。)に保管させることができる。本プランへの参加の
     条件として、各参加者は本プランに基づき発行された株式の所有保有方法形態について事務局が指示することを実
     施又はその他の方法で実行するために必要な行為を行い、又はこれを指示することに合意し、これを承認したもの
     とみなす。
                                第8条

                             引き出し及び分配

        参加者の個別勘定に割当てられた普通株式の全部又は一部は、参加者がいつでもこれを引き出すことができ

     る。終了事由、第9.5条に基づき本プランが終了した場合、又は参加者の役務についての主要な場所が別の国や別
     の事業部へと移転された場合で、第6.2条に基づき必要とされる場合には、参加者のために保管する金銭及び普通
     株式はすべて、当該参加者に分配される。引き出し又はその他の分配は、参加者の選択により現金又は普通株式の
     形で実施される。参加者の普通株式の引き出し又は分配が現金の形で実施される場合、参加者は、当該株式の売却
     により受領する金員に相当する1株当たり金額(参加者に割当て可能な関連する仲介手数料、当該株式の売却に関
     連して負担したその他の費用及び該当する源泉税控除後)を受領する。端株は、参加者に代わって売却される当該
     株式の平均売却価格に基づき、当該売却日に現金で支給される。
                                  30/259








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                第9条

                                 雑則

        9.1    源泉徴収     。当社又は関連会社は、参加者に支払うべきすべての金銭又は分配金(本プランに基づくも

     のか否かを問わない。)から、所得税、社会保険又は普通株式を得られる本オプションに関して法令により控除が
     要求されるその他の債務を支払うための金銭(普通株式を含む場合がある。)を控除し、又は、支払うべき金額を
     通知後、かかる金額の迅速な送金を参加者に要求するための権利及び権限を有する。当社は、この源泉徴収要件が
     満たされるまで普通株式の交付を繰り延べることができる。事務局は、その単独の裁量により、参加者が、事務局
     の課する条件に従い、行使の日の直前の日の公正市場価格に鑑みて、源泉税債務を履行するために十分な(但し、
     要求される以上のものでない。)数の、本プランにより発行可能な複数の完全な普通株式(又は事務局の単独の裁
     量により完全な株式及び端株)が源泉徴収されるという選択をすることを許可することができる。
        9.2    譲渡禁止     。本プランに基づいて付与される本オプションは、遺言による場合又は不動産相続及び分配

     に関する法律による場合を除き、これを譲渡(売却、移転、質入れ又は抵当権設定を含むが、これらに限られな
     い。)することはできず、第9.2条に反する譲渡を試みても無効とする。本オプションは、参加者がその生存中に
     限り行使することができる。
        9.3    受益者の指定       。事務局は、その単独の裁量により、各参加者が、その死亡後、普通株式及び/又は現

     金を受領することとなる受益者を指定する旨の書面を提出することを許可することができる。本プランに基づいて
     行う各指定は、従前に付与されたすべての本オプションに関する同一の参加者による従前のすべての指定(専ら本
     プランの関係では、事務局が定める規則が規定するみなし指定を含む。)を無効とし、事務局が指定する形式によ
     り、事務局が指定する方法で行うものとし、事務局が参加者の生存中に書面(又は事務局が認める電子的手段によ
     る同等物)で受領した場合に限り効力を有する。この有効な指定(みなし指定を含む。)がない場合、参加者の死
     亡時の未払給付金は、参加者の生存配偶者又は参加者の遺産財団に支給され、又は、参加者の生存配偶者又は参加
     者の遺産財団により行使される。参加者が死亡した場合、並びに本プランに基づき参加者により有効に指定された
     受益者の身元及び参加者の死亡時におけるその存在に関する証拠を事務局が受領した場合、事務局は、当該普通株
     式及び/又は現金を当該受益者に交付する。受益者は、受益者を指定した参加者の死亡前においては、本プランに
     基づき参加者に帰属する普通株式又は現金に対する持分を取得しない。上記にかかわらず、第9.3条に定める受益
     者の指定は、当該指定は有効でないと現地の法律で定められている場合にはその限りにおいて効力を有しない。
        9.4    資本金の変更に伴う調整             。株式配当、株式の分割・併合、資本の再構成(当社の株式保有者に対する

     特別配当の実施を含むが、これに限られない。)、合併、統合、結合、分割、株式保有者に対する資産の分配(通
     常の現金配当を除く。)、株式交換その他事務局が決定するこれらに準ずる変更又は希薄化事由の場合、(i)各参
     加者の個別勘定に預託されている普通株式は、当該事由に関係するその他すべての発行済普通株式と同様に調整さ
     れ、(ii)委員会は、当該事由後に本プランに基づき取得される株式の種類を決定し、また、(iii)第5.1条に基づき
     付与することができる又は未行使の本オプションの目的となる普通株式の総数及び未行使の本オプションに適用さ
     れる各行使価額について、委員会がその決定する方法により適切な調整を行うこととし、委員会の決定は確定的と
     する。委員会が別段の決定を行う場合を除き、当社が存続しない合併又はこれに準ずる組織再編成、当社の資産の
     換価又は分配、当社の資産の全部又はほぼ全部の売却により本プランは終了し、存続法人が本プランに基づく債務
     の引受けに同意しない限り、参加者の個別勘定にある普通株式及び現金はすべて、第8条に基づき、可及的速やか
     に各参加者に分配される。
                                  31/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
        9.5    本プランの変更及び終了             。委員会は、適用ある法律及び適用ある団体交渉契約により許可される限

     り、従業員若しくは契約社員への通知又は参加者、従業員若しくは契約社員の同意なく、本プランの全部又は一部
     をいつでも変更し、修正し、停止し又は終了することができる。但し、適用ある法律に基づき株主の行為を要する
     変更については、当社の株式保有者の承認を条件とする。本プランの変更、修正又は終了は、従業員又は契約社員
     の同意がない場合であっても、その時において進行している又は従前に終了した募集期間に関する従業員又は契約
     社員の本プランに基づく権利にいかなる悪影響も及ぼさない。但し、本プランが終了した場合には、適用ある法律
     により禁止される場合を除き、募集期間は終了し、未行使の本オプションは消却されることがある。本プランは、
     取締役会又はその受任者の単独の裁量によりいつでも終了する。本プランが終了した場合、従業員及び契約社員の
     個別勘定にある普通株式及び現金はすべて、第8条に基づき、その後可及的速やかに各従業員及び契約社員に分配
     される。
        9.6    法令要件     。本オプションの付与及び普通株式の発行は、適用あるすべての法律、規則及び規制並びに

     政府機関又は国内証券取引所の所要の承認を条件とする。事務局は、事務局がその単独の裁量で決定するところに
     より、適用ある法律の遵守が実施不能である又は実際的ではない法域において本プランを募集しない権利を留保す
     る。
        9.7    保護預り     。本プランに基づき参加者の個別勘定に割当てられる現金及び普通株式はすべて、カスト

     ディアンが、当該現金及び普通株式に関して参加者の保管会社としての資格の下で保管する。本プランに規定する
     事項及び本プランに基づく措置は、当社及びその役員、委員会、事務局又はカストディアンを一方当事者とし、参
     加者、当社又はその他の自然人若しくは法人を他方当事者とする両者の間にいかなる信託又は信認関係も設定し、
     又は設定するとは解釈されない。
        9.8    継続的雇用・役務提供に関する権利の不存在                       。本プランの存在は、当社、関連会社又はその他の関連

     法人と従業員又は契約社員との間の雇用契約又は役務提供契約又は役務提供を継続する権利を設定するその他の契
     約を構成するものとみなされず、当社、関連会社若しくはその他の関連法人における継続的雇用又は当社、関連会
     社若しくはその他の関連法人への役務提供又は役務提供を継続するための権利を構成するものではない。常時又は
     その時々において効力を有する本プランの条件若しくは存在又は本プランに基づき付与される本オプションは、当
     社、関連会社若しくは当社のその他の関連法人における継続的雇用又は当社、関連会社若しくは当社のその他の関
     連法人への役務提供のための権利を従業員又は契約社員に付与するものではない。
        9.9    報酬の自由・責任の範囲             。本プランのいかなる規定も、適用ある法律により許可される場合に適用あ

     る法律により許可される限りでその他のプランを設定するための当社の権利を制限するものと解釈されない。当
     社、関連会社又はその他の関連法人の本プランに基づく責任は、本プランに明記された義務に制限され、本プラン
     の条件又は規定は、本プランに明記されていない更なる又は追加的な職務、義務又は費用を当社、関連会社又はそ
     の他の関連法人に課するものと解釈することはできない。
                                  32/259








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
        9.10    企業活動の自由        。第9.5条に定める場合を除き、本プランのいかなる規定も、当社、関連会社若しく

     はその他の関連法人が適当である又は当社、関連会社若しくはその他の関連法人の最高の利益になると認めるコー
     ポレートアクション(資本構成又は事業構成の調整、区分変更、再編成又は変更、事業又は資産の全部又は一部の
     合併、統合、清算、換価、売却又は譲渡を行うための当社の権利又は権限を含むが、これらに限られない。)を、
     そのアクションが本プラン又は本プランに基づき付与される本オプションに悪影響を及ぼすか否かを問わず、当
     社、関連会社又はその他の関連法人が行うことを妨げるものとは解釈されない。使用人(各従業員を含む。)、契
     約社員(各契約社員を含む)、代理人、受益者又はその他の者は、このアクションの結果、当社、関連会社又はそ
     の他の関連法人に対する請求権を有しない。
        9.11    有価証券法の遵守         。本オプションを証する証券には、本オプションが付与された時又は従業員が当該

     本オプションに係る株式を受領した時(又は委員会が適当であると認めるその他の時)に、参加者が当該本オプ
     ションを受領し、又は専ら投資のために参加者の勘定で当該株式を受領し若しくは取得しており、現時点において
     は当該株式を譲渡し、売却し又はその他の方法で処分する(遺言又は参加者の遺産の管理を行う法域の法律により
     要求されている法律上の代表者による処分を除く。)意思を有していないことを、参加者が当社に対して書面で表
     明する要件を含め、本プランとは一致しないものの、委員会が好ましいと認めるその他の規定を含むことができ
     る。当該株式は、譲渡、売却又はその他の処分が本プランに基づき許可されている場合に限り、かつ、当該時にお
     ける当該譲渡、売却又はその他の処分が適用ある有価証券法を遵守するものであると、当社が満足する弁護士が判
     断した場合には譲渡可能であり、又は売却し若しくはその他の方法で処分することができる。
        9.12    権利の不存在       。本プランに基づく本オプションの付与は、将来において本オプションの付与又は本オ

     プションに代わる給付を受けるための契約上の権利又はその他の権利を設定するものではない。本オプション及び
     本オプションに関して受領する金銭は、いかなる目的(退職金、離職手当、退職手当、解雇手当、勤務終了手当、
     賞与、長期勤続手当、年金若しくは退職年金又はこれらに準ずる給付金の算定を含むが、これらに限られない。)
     であっても通常の、又は予定されている報酬又は給与の一部とはならない。報酬又は損害賠償金に関する請求権
     は、本プランの終了又は本プランに基づき購入した本オプション若しくは普通株式の価値の減少からは生じない。
        9.13    本プランの期間        。本プランは効力発生日から効力を生じる。本プランは、(i)第9.5条に基づく本プラ

     ンの終了、又は(ii)プルデンシャル・ファイナンシャル・インク従業員株式購入プランに基づく本オプションの付
     与に関して授権株式枠がなくなる時のいずれか早い時に終了する。
        9.14    準拠法   。現地法域の法律により別途要求される場合及び本プランに別途規定する場合を除き、本プラ

     ン及び本プランに基づくすべての契約は、抵触法の原則にかかわらず、ニュージャージー州法に準拠し、同法に
     従って解釈される。本プランの規定がある国に関して違法である又は強制執行不能であると管轄裁判所が判断した
     場合、その決定は、その他の国における当該規定の適用又は本プランの残余の規定の適用にはいかなる影響も及ぼ
     さない。
        9.15    見出し    。本プランに記載されている表題及び見出しは、便宜上挿入されているに過ぎない。これら

     は、本プランの規定の範囲又は意図を明確にし、制限し、解釈し、又は述べるものでない。
                                  33/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                      プルデンシャル・ファイナンシャル・インク

                              株式購入プラン
                        (2014年3月11日付けで修正・再表示)
                                第1条

                                 目的

        プルデンシャル・ファイナンシャル・インク株式購入プラン(「本プラン」)の目的は、従業員に対し、任

     意の税引後給与出資及び現金拠出を通じて普通株式を購入する機会を与えることにより、従業員の株式保有を奨励
     し、株式の購入を容易にすることである。本プランは、内国歳入法第423条に基づく適格従業員株式購入プランと
     なることを企図するものである。
                                第2条

                                 定義

        2.1    定義  。本プランにおいて使用される場合、以下の用語は、それぞれ以下に定める意味を有する。文脈

     上、別段解釈される場合を除き、本プランで使用する男性詞は女性詞を含み、単数形は複数形を含み、複数形は単
     数形を含む。
            承認休職     。「承認休職」とは、当社がその人事方針により従業員に認める休暇を意味する。

            取締役会     。「取締役会」とは、当社の取締役会を意味する。

            現金拠出     。「現金拠出」とは、第5.4条に基づき従業員が、給与出資とは別に拠出する現金を意味す

     る。
            歳入法    。「歳入法」とは、1986年内国歳入法(その後の改正を含む。)(本プランの関係において

     は、歳入法の規定に関して内国歳入庁及びその承継機関が制定した規則(「財務省規則」)を含む。)を意味す
     る。
            委員会   。「委員会」とは、取締役会の報酬委員会又は取締役会が指定する取締役会のその他の委員会

     (証券取引所法に基づき公布される規則16b-3に定義する「非従業員取締役」、歳入法第162条(m)に定義する「社
     外取締役」、及びニューヨーク証券取引所の上場会社マニュアル第303条Aに基づく「独立取締役」である2名以
     上の委員又はその承継人で構成される。)を意味する。
            普通株式     。 「普通株式」とは、当社の額面0.01ドル普通株式を意味する。

            当社  。 「当社」とは、ニュージャージー州法人であるプルデンシャル・ファイナンシャル・インク及

     びその承継会社を意味する。
            報酬  。 「報酬」とは、事務局により決定される年間給与及び残業手当の合計額をいい、それぞれ歳入

     法の要件を満たす適格現金、繰延報酬又はカフェテリア・プランに基づく給与の減額分は考慮しない。当社及び子
     会社の従業員のうち、歩合制で報酬が支給される従業員については、この報酬は、事務局が制定する規程に基づき
     基本給として取り扱われる。
                                  34/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
            カストディアン        。「カストディアン」とは、本プランに基づく保管会社として行為するために事務局

     が選任する銀行、信託会社等を意味する。
            行使日   。「行使日」とは、事務局が行使日に指定する募集期間中の日を意味する。但し、12ヶ月のう

     ちに別の行使日が到来しない時は、当該期間の最終取引日を行使日とする。
            付与日   。「付与日」とは、本プランに従って本オプションが付与される日を意味する。

            効力発生日      。「効力発生日」とは、本プランが株主に承認された日を意味する。

            従業員   。 「従業員」とは、当社及び子会社の使用人のうち、事務局が本プランに参加することを明示

     的に許可する者を意味する。事務局が決定する限度において(また歳入法423条で許可される限度において)、当
     社又は子会社の歳入法3121条(d)(3)(B)に定義されるフルタイム生命保険販売員(コモン・ローに基づく使用人に
     該当しない者)も本プランに参加することができる。従業員としての地位は、財務省規定第1.421-1(h)(2)及びそ
     の改正後の条文に基づき決定される。
            雇用主   。 「雇用主」とは、事務局が本プランへの参加を明示的に認める従業員の雇用者である当社及

     び各子会社を意味する。
            公正市場価格       。「公正市場価格」とは、基準日、前取引日、次取引日における当社普通株式のニュー

     ヨーク証券取引所又はその他の確立された取引所(又は複数の取引所)における始値、終値、出来高、高値、低
     値、若しくは平均販売価格に基づく価格又は複数取引日の平均値に基づき、本プラン事務局がその裁量で決定する
     価格を意味する。公正市場価格の定義は、本プラン事務局がその裁量で定めるとおり、本オプションの付与、行
     使、権利確定、決済又は支払に関してそれぞれ異なる場合がある。但し、参加者に付与された株式報酬の会計に使
     用される会計基準が本プランの効力発生日以降大幅に変更された場合、本プラン事務局は、該当する事実及び状況
     に基づき本オプションの公正市場価格を設定することができる。当社普通株式が確立した取引所において取引され
     ていない場合、客観的な基準に基づき本プラン事務局が公正市場価格を決定する。
            個別勘定     。「個別勘定」とは、各参加者のためにカストディアンが管理する独立した口座を意味す

     る。
            募集期間     。「募集期間」とは、本オプションの付与日から当該本オプションの本オプション期間の満

     了までの期間を意味する。
            本オプション       。「本オプション」とは、本プランに従って付与される、普通株式を購入するための権

     利を意味する。
            本オプション価格         。「本オプション価格」とは、第5.6条に定める意味を有する。

            参加者。     「参加者」とは本プランへの参加を選択した従業員であり、本プランに基づき付与されるオ

     プションに基づき普通株式を購入するための出資を行う者を意味する。
            給与出資     。 「給与出資」とは、第5.4条に基づく給与控除による従業員の税引後報酬の出資を意味す

     る。
                                  35/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
            本プラン。      「本プラン」とは、第1条に定義する意味を有する。
            事務局   。「事務局」とは、委員会が選任する当社又は当社子会社の取締役又は使用人のみで構成され

     る、3名以上の構成員から成る委員会を意味する。「事務局」への言及には、事務局の被指名人又は(第3条によ
     り認められた委任に基づく)受任者を含むが、専ら委任された権限の範囲とし、また、文脈上別段の解釈を要する
     場合はこの限りでない。
            子会社   。「子会社」とは、当社がある法人のすべての種類株式の総議決権又はあるパートナーシップ

     若しくはリミテッド・ライアビリティ・カンパニーの資本持分若しくは利益持分の50パーセント超を直接又は間接
     に保有している場合における当該法人、リミテッド・ライアビリティ・カンパニー又はパートナーシップを意味す
     る。
            終了事由     。 「終了事由」とは、参加者の何らかの理由による雇用の終了又は当該参加者が参加資格を

     失うこととなるその他の事由を意味する。
            拠出総額     。 ある日における従業員に関して「拠出総額」とは、同日以前の当該従業員の給与出資及び

     現金拠出の合計額に、第5.4条により認められた利率による今日までの経過利息を加算し、普通株式を購入するた
     めにこれまでに使用された、又は引き出された若しくは分配された金額を減算した金額を意味する。
                                第3条

                                 運営

        本プランは事務局が運営する。事務局は、本プランを解釈し、本プランを運営するための規則及び規程を定

     めるための権限を有し、本プランに関する事務局の解釈及び決定は最終的かつ確定的であるものとする。事務局
     は、本プランの日々の運営及び管理に関する責任を、当社又は当社子会社の使用人に委任することができる。本プ
     ランの運営の潤滑化のため、適用ある法律の要件の範囲内で、事務局は、カストディアンによって保有されている
     個別勘定内の普通株式について支払われる配当の再投資について、準拠地、参加者又は参加者のクラスごとに異な
     る手続を作成することができる。この手続は、(i)本プランへの参加あるいは継続的な参加の条件として配当の強
     制再投資を求めるもの、(ii)参加者が、事務局が示す方法に積極的に反対の選択をしない限り、自動的な配当再投
     資を提供するもの、又は(iii)各場合において事務局が随時特定する条件や制限のもと、参加者の裁量により配当
     再投資ができるとするものを含むがこれに限られない。適用ある法律又は証券取引所の適用ある規則により禁止さ
     れる場合を除き、委員会は、その単独の裁量により、本プランに基づく責任及び権限の全部又は一部をその委員の
     一名又は複数名に割当て、及び/又は本プランに基づく責任及び権限の全部又は一部をその選定する者に委任する
     ことができる。
                                  36/259








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                第4条
                                 資格

        4.1     一般規則     。本書で別段定められている場合を除き、すべての従業員は本プランに参加する資格があ

     る。
        4.2     適用除外     。第4.1条の規定にかかわらず、事務局は、その単独の裁量で、(i)通常の勤務時間が週20

     時間以下の者、(ii)暦年において、5ヶ月超雇用されない派遣又は季節社員、(iii)勤続年数が2年に満たない
     者、又は(iv)高額な報酬を受領している者又は歳入法414条(q)で定義される高額報酬受領者に分類される使用人を
     本プランの募集対象から除外することができるが、除外する義務はない。また第4.1条にかかわらず、従業員が、
     本オプションが付与された結果、当社又は子会社の全種類の株式の総議決権の5%を超えて歳入法423条(b)(3)及
     び424条(d)で定義される株式を保有することとなった場合は、本プランの募集に参加することはできない。また誤
     解を防ぐために、事務局が従業員として指定しないアメリカ合衆国外の子会社を含む子会社の従業員は、本プラン
     に参加することができない。
                                第5条

                               株式の購入

        5.1     発行される株式        。第5.7条及び第9.4条の規定に基づき、本プランのもとで発行されうる普通株式

     は、2004年12月31日現在の当社の発行済普通株式の5%に当たる26,367,235株を超えないものとする。本プランの
     もとで参加者又はその受益者に交付される株式の全部又は一部は、その他の目的のために留保されていない授権未
     発行株式又はカストディアンが本プランのために市場等から購入した株式とすることができる。
        5.2     本オプションの付与          。第4条に基づき、当社は、本プランに基づく本オプションを、すべての従業

     員に提供する。本オプションは、事務局が決定する日に付与される。各本オプションの期間は、付与日の24ヶ月後
     の日(又はそれ以前の事務局が決定する日)に終了する。第5.4条の規定に従い、各本オプションの目的となる普
     通株式の数は、(i)(A)各参加者が募集期間において第5.4条に基づいて拠出した拠出総額を(B)当該本オプションに
     より購入した各普通株式の本オプション価格で除した値、又は、(ii)固定値若しくは所定の数式により算出された
     変動値で事務局より割当てられたすべての参加者に対する最大値合計に照らした最大値のいずれか少ない方とす
     る。事務局は、本オプションの各付与の目的となる株式を決定する際に、端株が含まれるか否か、また、含まれる
     場合にはその方法について定めることができる。
        5.3     参加  。第4条の要件を満たす従業員は、事務局が指定する様式又は形式による登録用紙に記入する

     ことにより、かつ、事務局が定めるその他の条件又は制限を満たすことにより、第5条に基づき本プランに参加す
     ることができる。本プランへの参加を選択する従業員は、その選択時に、将来の給与期間に従業員の報酬から賃金
     控除を行うことにつき承認を与える。賃金控除を承認する選択は、事務局が指定する方法で登録用紙に記入した日
     より後の、事務局が決定する日に効力を生じる。
                                  37/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
        5.4     拠出  。本プランに各参加者には個別勘定が開設され、その勘定に(i)給与出資及び現金拠出額、

     (ii)当該勘定に計上された参加者の拠出総額及び事務局が定める利率あるいは事務局が承認する方法により、当該
     金額がかかる個別勘定に計上された日から本オプションの行使日(あるいは個別勘定から引き落とされた日)まで
     の期間において、既に計上済みであった利息に対して発生する利息、及び(iii)本プランに基づき参加者が購入す
     る普通株式の株数が計上される。参加者は、報酬の全部(又は事務局が定めるその他の基準及び事務局が定める制
     限に基づき)につき、事務局が決定する限度額までの給与出資を承認することができる。事務局が許可する限り、
     給与出資を行った参加者はカストディアンに別途一口100ドル(又は事務局が定めるこれ以下又はこれ以上の金
     額)の現金拠出を個人小切手あるいはカストディアンが受け付けるその他の現金等価物により行うことができる。
     但し、その現金拠出を行うことにより歳入法第423条の要件を満たさなくなる時は、現金拠出は受け付けられな
     い。参加者に付与された本オプションが発行済みである暦年において、当該暦年中に参加者が、本プランに基づく
     本オプションの対象となる普通株式を購入するために、個別勘定に行うことのできる給与出資及び現金拠出の総額
     は、21,250ドル(又は事務局が定めるその他の金額)を超えないものとする。第5.8条で規定される場合を除き、
     参加者に終了事由が生じた時は、(i)参加者は以降給与出資及び現金拠出を行えないものとし、(ii)当該参加者の
     発行済本オプションは終了し、その時点で個別勘定に預託されている現金は参加者に返還される。
        5.5     本オプションの行使          。参加者が行使日までに当該参加者の個別勘定にある現金残高の引き出しを請

     求する場合を除き、当該各行使日の現金残高は、本オプション価格で全株式を購入するのに十分である限り、本オ
     プションの行使に使用される。事務局は、本オプションの行使により端株を購入できるか否か、また、購入できる
     場合はその方法を定めることができる。
        5.6     本オプション価格         。第5.8条に定める場合を除き、各参加者が参加者の本オプションの各行使にあ

     たって払い込むべき普通株式1株当たりの本オプション価格(「本オプション価格」)は、付与日時点の普通株式
     の公正市場価格の85パーセント(又は委員会若しくは事務局が承認するそれを上回る割合)相当額とし、付与日以
     前に事務局が指定した場合には、(i)付与日時点の普通株式の公正市場価格の85パーセント(又は委員会若しくは
     事務局が承認するそれを上回る割合)又は(ii)行使日時点の普通株式の公正市場価格の85パーセント(又は委員会
     若しくは事務局が承認するそれを上回る割合)のうちいずれか低い方の割合相当額とする。
        5.7     本オプションの消却、終了又は剥奪                  。何らかの理由により普通株式を発行することなく消却、終了

     又はその他の方法で清算される本オプションの目的となる普通株式は、本プランに基づく本オプションのために再
     び授権株式となる。
        5.8     死亡又は就労不能による雇用地位の変更                     。事務局がその単独の裁量により別段の規定をしている場

     合を除き、参加者の死亡又は永久的な就労不能状態による終了事由が生じた場合にはそれぞれ、参加者の受益者
     (第9.3条に定義する。)又は就労不能となった参加者は、死亡又は就労不能となった参加者の本プランに基づく
     個別勘定のすべての現金及び普通株式を引き出すことを選択したものとみなす。
                                  38/259








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
        5.9     外国人の参加者        。本プランの別段の定めにかかわらず、委員会は、当社又は子会社が事業を行う外

     国の現地法及び規制を遵守するために、その単独の裁量で(a)アメリカ合衆国外で雇用されている参加者に付与さ
     れた本オプションの条件を、本プランに基づき与えられる利益を超えない範囲で修正し、(b)行使手続が修正され
     たサブプランを設け、その他現地法及び規制による事情に照らし必要又は望ましいとみなされる修正を行い、(c)
     本プラン又は本項に基づき制定されたサブプランについて、要求される行政手続、免除又は承認を、取得し、遵守
     し、あるいは反映するために望ましいとみなされる措置を講じることができる。参加者が主にアメリカ合衆国外で
     雇用されており、ドル以外の通貨で給与が支払われている時は、事務局は、本オプションを行使するために給与出
     資額及び現金拠出額をドル相当に換算する統一手続を定める。
                                第6条

                         控除額の変更:本プランからの離脱

        6.1     控除額の変更       。参加者は、ある募集期間につき給与出資を認めた場合には、事務局に対する書面通

     知により所定の給与出資割合を変更することができる。但し、事務局は、参加者がある募集期間について認めた給
     与出資額を増加できない旨を決定することができる。この変更は、当該通知を受領した日より後に、実務上可及的
     速やかに効力が生じる。事務局が別途決定する場合を除き、参加者が募集期間中の終了事由前のいずれかの時に給
     与出資を行わなくなった場合、その時において参加者の個別勘定に保管されている現金残高は、その中止の効力発
     生日後、可及的速やかに、当該参加者に自動的に分配される。但し、参加者が承認休職を取得している場合には、
     復職後直ちに参加者が当該出資を再開する限り、参加者は、当該休暇中は出資を中止することができる。
        6.2     雇用期間中の離脱         。参加者は、(事務局が定める通知要件に従い)いつでも、いかなる理由であっ

     ても、本プランへの参加を中止し、第8条に基づき個別勘定にある普通株式又は現金の全部又は一部を引き出すこ
     とができる。さらに、事務局が同様の状況におかれている人や特定の国や事業部で役務を提供しているすべての
     人々について公式の基準で別途定めない限り、参加者の役務についての主要な場所がある国から別の国へ、又は、
     ある事業部から別の事業部へ移った場合、参加者は、本プランへの参加を取りやめて、その者が個別勘定に有する
     あらゆる普通株式及び現金を第8条に基づき引き出したものとみなされる。本第6.2条に基づき参加が停止した
     後、参加者は、第5.3条に基づき新たに加入手続を行うことにより、事務局が決定する日に参加を再開することが
     できる。
                                  39/259










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                第7条
                              株式保有の証明

        (i)  参加者の請求により、(ii)事務局の単独の裁量により、又は(iii)参加者の終了事由に関連して参加者に

     分配されるまでは、本プランに基づき取得する普通株式は、すべてカストディアンが保管する。カストディアンが
     保管している間は、普通株式はすべて振替決済方式で登録される及び/又はカストディアン若しくはその被指名人
     又は仲買人の名義で保管される。当社は、第8条に基づく株式分配を惹起する事由の後、可及的速やかに、同条に
     基づく分配を受けることとなる参加者の名義で普通株式の登録を行う。事務局がこの要件の適用除外を認める手続
     を採択しない限り、また、事務局がこの要件の適用除外を認める手続を採択する場合に限り、本プランに基づき発
     行される普通株式は、参加者の名義でのみ登録することができる。上記にかかわらず、当社は、参加者の事務局に
     対する請求により、その請求後、可及的速やかに、当該参加者の名義で普通株式を登録する。本プランの運営を容
     易にするために、事務局は本プランに基づき取得された普通株式(参加者の要求により保管されていた口座から引
     き出されたものを除く。)を、事務局が随時指定するカストディアン、又は本プランに基づき発行された若しくは
     今後発行される株式について相応の管理機能を有するその他の適格有資格機関(登録されたブローカー・ディー
     ラーを含むがこれらに限定されない。)に保管させることができる。本プランへの参加の条件として、各参加者は
     本プランに基づき発行された株式の所有保有方法形態について事務局が指示することを実施又はその他の方法で実
     行するために必要な行為を行い、又はこれを指示することに合意し、これを承認したものとみなす。
                                第8条

                             引き出し及び分配

        参加者の個別勘定に割当てられた普通株式の全部又は一部は、参加者がいつでもこれを引き出すことができ

     る。終了事由、第9.5条に基づき本プランが終了した場合、又は参加者の役務についての主要な場所が別の国や別
     の事業部へと移転された場合で、第6.2条に基づき必要とされる場合には、影響を受ける参加者のために保管する
     金銭及び普通株式はすべて、当該参加者に分配される。引き出し又はその他の分配は、参加者の選択により現金又
     は普通株式の形で実施される。参加者の普通株式の引き出し又は分配が現金の形で実施される場合、参加者は、当
     該株式の売却により受領する金員に相当する1株当たり金額(参加者に割当て可能な関連する仲介手数料、当該株
     式の売却に関連して負担したその他の費用及び該当する源泉税控除後)を受領する。端株は、参加者に代わって売
     却される当該株式の平均売却価格に基づき、当該売却日に現金で支給される。
                                  40/259









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                第9条
                                 雑則

        9.1     源泉徴収     。当社又は子会社は、本プランに基づき支払うべきすべての金銭又は分配金から、連邦

     税、州税、地方税若しくは外国税の額又は普通株式を得られる本オプションに関して法令により控除が要求される
     その他の債務を支払うための金銭(普通株式を含む場合がある。)を控除し、又は、支払うべき金額を通知後、か
     かる金額の迅速な送金を参加者に要求するための権利及び権限を有する。当社は、この源泉徴収要件が満たされる
     まで普通株式の交付を繰り延べることができる。事務局は、その裁量により、参加者が、事務局の課する条件に従
     い、行使の日の直前の日の公正市場価格に鑑みて、源泉税債務を履行するために十分な(但し、要求される以上の
     ものでない。)数の、本プランにより発行可能な複数の完全な普通株式(又は事務局の裁量により完全な株式及び
     端株)が源泉徴収されるという選択をすることを許可することができる。
        9.2     譲渡禁止     。本プランに基づいて付与される本オプションは、遺言による場合又は不動産相続及び分

     配に関する法律による場合を除き、これを譲渡(売却、移転、質入れ又は抵当権設定を含むが、これらに限られな
     い。)することはできず、第9.2条に反する譲渡を試みても無効とする。本オプションは、参加者がその生存中に
     限り行使することができる。
        9.3     受益者の指定       。事務局は、その単独の裁量により、各参加者及び契約社員が、その死亡後、普通株

     式及び/又は現金を受領することとなる受益者を指定する旨の書面を提出することを許可することができる。本プ
     ランに基づいて行う各指定は、従前に付与されたすべての本オプションに関する同一の参加者による従前のすべて
     の指定(専ら本プランの関係では、事務局が定める規則が規定するみなし指定を含む。)を無効とし、事務局が指
     定する形式により、事務局が指定する方法で行うものとし、事務局が参加者の生存中に書面(又は事務局が認める
     電子的手段による同等物)で受領した場合に限り効力を有する。この有効な指定(みなし指定を含む。)がない場
     合、参加者の死亡時の未払給付金は、参加者若しくは契約社員の生存配偶者又は参加者若しくは契約社員の遺産財
     団に支給され、又は、参加者若しくは契約社員の生存配偶者又は参加者若しくは契約社員の遺産財団により行使さ
     れる。参加者が死亡した場合、並びに本プランに基づき参加者により有効に指定された受益者の身元及び参加者の
     死亡時におけるその存在に関する証拠を事務局が受領した場合、事務局は、当該普通株式及び/又は現金を当該受
     益者に交付する。受益者は、受益者を指定した参加者の死亡前においては、本プランに基づき参加者に帰属する普
     通株式又は現金に対する持分を取得しない。
        9.4     資本金の変更に伴う調整             。株式配当、株式の分割・併合、資本の再構成(当社の株式保有者に対す

     る特別配当の実施を含むが、これに限られない。)、合併、統合、結合、分割、株式保有者に対する資産の分配
     (通常の現金配当を除く。)、株式交換その他事務局が決定するこれらに準ずる変更又は希薄化事由の場合、(i)
     各参加者の個別勘定に預託されている普通株式は、当該事由に関係するその他すべての発行済普通株式と同様に調
     整され、(ii)委員会は、当該事由後に本プランに基づき取得される株式の種類を決定し、また、(iii)第5.1条に基
     づき付与することができる又は未行使の本オプションの目的となる普通株式の総数及び未行使の本オプションに適
     用される各行使価額について、委員会がその決定する方法により適切な調整を行うこととし、委員会の決定は確定
     的とする。委員会が別段の決定を行う場合を除き、当社が存続しない合併又はこれに準ずる組織再編成、当社の資
     産の換価又は分配、当社の資産の全部又はほぼ全部の売却により本プランは終了し、存続法人が本プランに基づく
     債務の引受けに同意しない限り、参加者の個別勘定にある普通株式及び現金はすべて、第8条に基づき、可及的速
     やかに各参加者に分配される。
                                  41/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
        9.5     本プランの改正及び終了             。委員会は、適用法令及びその他適用される団体交渉契約で許可される限

     り、従業員への通知又は承諾を得ることなく本プランを全部又はその一部を随時変更し、修正し、停止し又は終了
     することができる。但し、(i)本プランに基づき発行される株式数を増加し、(ii)本オプションが付与される最低
     行使価額を引き下げ、(iii)個別の本オプション限度を変更し、(iv)本プランに参加できる使用人又は役務提供者
     が所属する会社の種別を変更し、(v)関連法令又は普通株式が上場されている取引所の規則により株主の決議を必
     要とする改正を行う場合は、当社の株主の承認を必要とする。本プランのいかなる改正、修正又は中止も参加者の
     承諾を得ずに、現在継続中又は直前に終了した募集期間について本プランに基づく従業員の権利に不利な影響を及
     ぼすものであってはならない。但し、本プランの終了の際に、募集期間が終了し、未行使の本オプションが消却さ
     れる場合を除く。取締役会又はその受任者は、いつでも、本プランをその裁量で終了することができる。本プラン
     が終了した時は、従業員の個別勘定に預託されたすべての普通株式及び現金は、可能な限り速やかに第8条に従っ
     て各従業員に分配されるものとする。
        9.6     法令要件     。本オプションの付与及び普通株式の発行は、適用あるすべての法律、規則及び規制並び

     に政府機関又は国内証券取引所の所要の承認を条件とする。
        9.7     保護預り     。本プランに基づき参加者の個別勘定に割当てられる現金及び普通株式はすべて、カスト

     ディアンが、当該現金及び普通株式に関して参加者の保管会社としての資格の下で保管する。本プランに規定する
     事項及び本プランに基づく措置は、当社及びその役員、委員会、事務局又はカストディアンを一方当事者とし、参
     加者、当社又はその他の自然人若しくは法人を他方当事者とする両者の間にいかなる信託又は信認関係も設定し、
     又は設定するとは解釈されない。
        9.8     継続的雇用に関する権利の不存在                 。本プランの存在は、当社、子会社又はその他の関連法人と従業

     員との間の雇用契約又は役務提供を継続する権利を設定するその他の契約を構成するものとみなされず、当社、子
     会社又はその他の関連法人における継続的雇用又は役務提供を継続するための権利を構成するものではない。常時
     又はその時々において効力を有する本プランの条件若しくは存在又は本プランに基づき付与される本オプション
     は、当社、子会社又は当社のその他の関連法人における継続的雇用又は役務提供の権利を従業員に付与するもので
     はない。
        9.9     報酬の自由、責任範囲           。本プランのいかなる規定も、適用ある法律により許可される場合に適用あ

     る法律により許可される限りでその他のプランを設定するための当社の権利を制限するものと解釈されない。当
     社、子会社又はその他の関連法人の本プランに基づく責任は、本プランに明記された義務に制限され、本プランの
     条件又は規定は、本プランに明記されていない更なる又は追加的な職務、義務又は費用を当社、子会社又はその他
     の関連法人に課するものと解釈することはできない。
        9.10      企業活動の自由        。第9.5条に定める場合を除き、本プランのいかなる規定も、当社、子会社若しく

     はその他の関連法人が適当である又は当社、子会社若しくはその他の関連法人の最高の利益になると認めるコーポ
     レートアクション(資本構成又は事業構成の調整、区分変更、再編成又は変更、事業又は資産の全部又は一部の合
     併、統合、清算、換価、売却又は譲渡を行うための当社の権利又は権限を含むが、これらに限られない。)を、そ
     のアクションが本プラン又は本プランに基づき付与される本オプションに悪影響を及ぼすか否かを問わず、当社、
     子会社又はその他の関連法人が行うことを妨げるものとは解釈されない。使用人(各従業員を含む)、代理人、受
     益者又はその他の者は、このアクションの結果、当社、子会社又はその他の関連法人に対する請求権を有しない。
                                  42/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
        9.11      有価証券法の遵守         。本オプションを証する証券には、本オプションが付与された時又は参加者が

     当該本オプションに係る株式を受領した時(又は委員会が適当であると認めるその他の時)に、参加者が当該本オ
     プションを受領し、又は専ら投資のために参加者の勘定で当該株式(現在有効な1933年有価証券法の登録届出書が
     提出されているものを除く。)を受領し若しくは取得しており、現時点においては当該株式を譲渡し、売却し又は
     その他の方法で処分する(遺言又は参加者の遺産の管理を行う法域の法律により要求されている法律上の代表者に
     よる処分を除く。)意思を有していないことを、参加者が当社に対して書面で表明する要件を含め、本プランとは
     一致しないものの、委員会が好ましいと認めるその他の規定を含むことができる。当該株式は、譲渡、売却又はそ
     の他の処分が本プランに基づき許可されている場合に限り、かつ、当該時における当該譲渡、売却又はその他の処
     分が適用ある有価証券法を遵守するものであると、当社が満足する弁護士が判断した場合には譲渡可能であり、又
     は売却し若しくはその他の方法で処分することができる。
        9.12      利益への影響       。他の従業員給付プラン、方針又はプランにおいて別段定められている場合を除

     き、本オプション及びこれに関連して受領した金額は、当該プラン、方針又はプランに基づく従業員の受給権を計
     算する関係上、報酬とみなされないものとする。
        9.13      本プランの期間        。本プランは、効力発生日をもって効力が生じる。本プランは、(i)第9.5条に基

     づく本プランの終了又は(ii)本プランに基づくオプションのために発行する株式がなくなった時のいずれか早く到
     来する日をもって終了する。
        9.14      準拠法    。本プラン及び本プランに基づくすべての契約は、抵触法の原則にかかわらず、ニュー

     ジャージー州法に準拠し、同法に従って解釈される。
        9.15      見出し   。本プランに記載されている表題及び見出しは、便宜上挿入されているに過ぎない。これ

     らは、本プランの規定の範囲又は意図を明確にし、制限し、解釈し、又は述べるものでない。
                                  43/259












                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     第二部【公開買付けに関する情報】
     第1【公開買付けの概要】

        該当事項なし
     第2【統合財務情報】

        該当事項なし
     第3【発行者(その関連者)と対象者との重要な契約】

        該当事項なし
                                  44/259
















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     第三部【追完情報】
          有価証券報告書に記載すべき事項に関し重要な事実が発生したことを示す書面

     (イ)    2019  年 2 月 15 日、  プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(以下、「プルデンシャル」という)                                          が 1934

        年証券取引法に従い、           2018  年 12 月 31 日に終了した年度についての報告書フォーム                       10K  を米国証券取引委員会
        ( SEC  )へ提出した。以下の財務諸表及び関連する注記並びにその他の情報は、                                      2018  年 12 月 31 日に終了した
        年度についてのフォーム             10K  から抜粋されたものである。
     (ロ)    プルデンシャルおよびその子会社の原文の期財務書類は米ドルで表示されている。日本文の中の円表示額
        は、  1 米ドル=     111.33   円(  2019  年 3 月 19 日現在の株式会社三菱           UFJ  銀行の対顧客電信直物相場―仲値)の換算率
        を用い計算されている。この計算は、この換算率あるいは他のいかなる換算率によっても、表示された金額
        が、円金額に決済された、あるいは決済されうるものであるとの表現と解釈されるべきではない。
                                  45/259
















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      プルデンシャル・ファイナンシャル・インク
     1.  財務書類
      (1)連結財政状態計算書
                                 2018  年 12 月 31 日現在        2017  年 12 月 31 日現在
                            期別
     科目
                                百万ドル       百万円      百万ドル       百万円
      資産の部
      満期固定証券:売却可能有価証券、公正価値(償却原
      価、2018年現在:331,745百万ドル(36,933,171百万
                                  $353,656              $346,780
                                       \ 39,372,522             \ 38,607,017
      円);2017年現在:312,385百万ドル(34,777,822百
      万円))(1)
      満期固定証券:満期保有目的有価証券、償却原価(公
      正価値、2018年現在:2,372百万ドル(264,075百万
                                   2,013      224,107        2,049      228,115
      円);2017年現在:2,430百万ドル(270,532百万
      円))(1)
      満期固定証券:売買目的有価証券、公正価値(償却原
      価、2018年現在:3,392百万ドル(377,631百万円);
                                   3,243      361,043        3,507      390,434
      2017年現在:3,509百万ドル(390,657百万円))(1)
      (2)
      経験料率契約者保険負債に対応する資産、公正価値
                                   21,254      2,366,208        22,097      2,460,059
      (1)(2)
      売却可能株式、公正価値(原価、2018年現在:5,219
                                   6,238      694,477        7,329      815,938
      百万ドル(581,031百万円);               2017年現在:5,154百
      万ドル(573,795百万円))(1)(2)
      商業モーゲージおよびその他貸付(2018年12月31日時
      点の公正価値オプションにて測定される公正価値763
                                   59,830      6,660,874        56,045      6,239,490
      百万ドル(84,945百万円)および2017年12月31日時点
      の公正価値オプションにて測定される公正価値593百
      万ドル(66,019百万円)を含む。)(1)
                                   12,016      1,337,741        11,891      1,323,825
      保険約款貸付
      その他投資(2018年12月31日時点の公正価値オプショ
      ンにて測定される5,524百万ドル(614,987百万円)お
                                   14,526      1,617,180        13,373      1,488,816
      よび2017年12月31日時点の公正価値オプションにて測
      定される3,159百万ドル(351,691百万円)を含む。)
      (1)(2)
                                   6,469      720,194        6,800      757,044
      短期投資(2)
                                  479,245      53,354,346        469,871      52,310,738
        投資合計
                                   15,353      1,709,249        14,490      1,613,172
      現金および現金同等物(1)
                                   3,318      369,393        3,325      370,172
      未収投資収益(1)
                                   20,058      2,233,057        18,992      2,114,379
      繰延保険契約取得費用
                                   1,850      205,961        1,591      177,126
      事業取得価値
                                   16,118      1,794,417        17,250      1,920,443
      その他資産(1)
                                  279,136      31,076,211        306,617      34,135,671
      分離勘定資産
                                  $815,078              $832,136
                                       \ 90,742,634             \ 92,641,701
       資産合計
      (1) 変動持分事業体に関する残高の詳細は注記                 4参照

      (2) 過年度の金額は当年度の表示に合わせるために再分類されている。詳細は注記                                2の「  ASU  2016-01   の適用」を参照
       連結財務書類の注記を参照

                                  46/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      プルデンシャル・ファイナンシャル・インク
      (1)連結財政状態計算書(続き)
                                  2018  年 12 月 31 日現在       2017  年 12 月 31 日現在
                             期別
     科目
                                 百万ドル       百万円      百万ドル       百万円
       負債および資本の部
       負債の部
                                  $273,846              $257,317
                                       \ 30,487,275             \ 28,647,102
       責任準備金
                                  150,338      16,737,130        148,189      16,497,881
       保険契約者預り金勘定
                                   4,110      457,566        6,411      713,737
       契約者配当金
                                   9,950     1,107,734         8,400      935,172
       買戻条件付売却有価証券
                                   3,929      437,416        4,354      484,731
       貸付有価証券見合現金担保預り
                                   7,936      883,515        9,648     1,074,112
       法人所得税
                                   2,451      272,870        1,380      153,635
       短期借入債務
                                   17,378      1,934,693        17,172      1,911,759
       長期借入債務
                                   16,018      1,783,284        16,619      1,850,193
       その他負債(1)
       連結変動持分事業体により発行された債券(2018年12
       月31日時点の公正価値オプションにて測定された公正
                                    955     106,320        1,518      168,999
       価値595百万ドル(66,241百万円)および2017年12月
       31日時点の公正価値オプションにて測定された公正価
       値1,196百万ドル(133,151百万円)を含む)(1)
                                  279,136      31,076,211        306,617      34,135,671
       分離勘定負債
                                  766,047      85,284,013        777,625      86,572,991
         負債合計
       契約債務および偶発債務 (注記22参照)
       資本の部
       優先株式(額面0.01ドル;授権株式 10,000,000株;
                                     0       0       0       0
       発行済株式なし)
       普通株式(額面0.01ドル;授権株式 1,500,000,000
                                     6      668        6      668
       株;発行済株式-2018年12月31日現在および2017年12
       月31日現在:660,111,339株)
                                   24,828      2,764,101        24,769      2,757,533
       資本剰余金
       自己株式(普通株式)、取得原価(2018年12月31日現
                                  (17,593)      (1,958,629)        (16,284)      (1,812,898)
       在:249,398,887株、2017年12月31日現在:
       237,559,118株)
                                   10,906      1,214,165        17,074      1,900,848
       累積その他の包括利益(損失)
                                   30,470      3,392,225        28,671      3,191,942
       利益剰余金
        プルデンシャル・ファイナンシャル・インク資本合
                                   48,617      5,412,531        54,236      6,038,094
       計
                                    414      46,091        275      30,616
       非支配株主持分
                                   49,031      5,458,621        54,511      6,068,710
        資本合計
                                  $815,078              $832,136
                                       \ 90,742,634             \ 92,641,701
        負債および資本合計
      (1) 変動持分事業体に関する残高の詳細は注記                 4参照

      (2) 過年度の金額は当年度の表示に合わせるために再分類されている。詳細は注記                                2の「  ASU  2016-01   の適用」を参照
       連結財務書類の注記を参照

                                  47/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     プルデンシャル・ファイナンシャル・インク
      (2)連結損益計算書
                                   12 月 31 日に終了した事業年度
                           2018  年          2017  年          2016  年
                     期間
     科目
                        百万ドル      百万円     百万ドル      百万円     百万ドル      百万円
      収益の部
                          $35,779            $32,091            $30,964
                              \3,983,276           \3,572,691           \3,447,222
      保険料
                           6,002            5,303            5,906
                                668,203            590,383            657,515
      契約賦課金および報酬収益
                          16,176            16,435            15,520
                               1,800,874            1,829,709            1,727,842
      純投資収益
                           4,100            4,127            3,752
                                456,453            459,459            417,710
      資産運用およびサービス手数料
                          (1,042)     (116,006)        1,301     144,840        443     49,319
      その他収益    (損失  )
      実現投資利益(損失)、純額
        満期固定証券における一時的でない減
                           (279)     (31,061)       (289)     (32,174)       (269)     (29,948)
        損損失
       その他包括利益に振り替えられる
                            0           22            47
                                  0          2,449            5,233
        満期固定証券における一時的でない減
       損損失
                           2,256            699           2,416
                                251,160            77,820           268,973
       その他実現投資利益(損失)、純額
                           1,977            432           2,194
                                220,099            48,095           244,258
        実現投資利益(損失)、純額合計
                          62,992            59,689            58,779
                               7,012,899            6,645,176            6,543,866
       収益合計
      保険金・給付金および費用の部
                          39,404            33,794            33,632
                               4,386,847            3,762,286            3,744,251
      契約者保険金・給付金
                           3,196            3,822            3,761
                                355,811            425,503            418,712
      契約者預り金勘定への付与利息
                           1,336            2,091            2,025
                                148,737            232,791            225,443
      契約者配当金
                           2,273     253,053       1,580     175,901       1,877     208,966
      繰延保険契約取得費用の償却
                          11,949            11,915            11,779
                               1,330,282            1,326,497            1,311,356
      一般管理費
                          58,158            53,202            53,074
                               6,474,730            5,922,979            5,908,728
       保険金・給付金および費用合計
      法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分
                           4,834            6,487            5,705
                                538,169            722,198            635,138
      反映前事業利益(損失)
                           822     91,513      (1,438)     (160,093)        1,335     148,626
       法人所得税費用合計        (利益  )
      運営合弁事業損益に対する持分反映前事業利
                           4,012            7,925            4,370
                                446,656            882,290            486,512
      益(損失)
                            76            49            49
                                 8,461            5,455            5,455
      運営合弁事業損益に対する持分、税引後
                           4,088            7,974            4,419
                                455,117            887,745            491,967
      当期純利益(損失)
                            14     1,559       111     12,358        51     5,678
      非支配株主利益(損失)による減少
                          $4,074            $7,863            $4,368
                               \453,558           \875,388           \486,289
      当社株主に帰属する当期純利益(損失)
                                  48/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                   12 月 31 日に終了した事業年度
                     期間       2018  年          2017  年          2016  年
     科目
                         ドル      円     ドル      円     ドル      円
      1株当たり利益
      基本  1株あたり利益     - 普通株式:
        当社株主に帰属する当期純利益(損
                          $9.64           $18.19            $9.85
                                \1,073           \2,025           \1,097
        失)
      希薄化後     1株あたり利益     - 普通株式:
        当社株主に帰属する当期純利益(損
                          $9.50           $17.86            $9.71
                                \1,058           \1,988           \1,081
        失)
      普通株式   1株当たり配当宣言額
                          $3.60            $3.00            $2.80
                                 \401           \334           \312
       連結財務書類の注記を参照

                                  49/259
















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     プルデンシャル・ファイナンシャル・インク
      (3)連結包括利益計算書
                                   12 月 31 日に終了した事業年度
                           2018  年          2017  年          2016  年
                     期別
      科目
                        百万ドル      百万円     百万ドル      百万円     百万ドル      百万円
                          $4,088            $7,974            $4,419
      当期純利益(損失)                         \ 455,117           \ 887,745           \ 491,967
      その他包括利益(損失)、税引前
                           (68)     (7,570)       751     83,609       256     28,500
       当期における外貨換算調整額
                          (8,393)     (934,393)        2,397     266,858       3,683     410,028
       純未実現投資利益(損失)
       確定給付年金および退職後給付費用の未
                          (320)     (35,626)        71     7,904      (254)     (28,278)
       実現当期純利益(費用)
                          (8,781)     (977,589)        3,219     358,371       3,685     410,251
       合計
       その他包括利益(損失)に関する法人所
                          (1,812)     (201,730)        784     87,283      1,305     145,286
       得税費用(還付)による減少
                          (6,969)     (775,859)        2,435     271,089       2,380     264,965
      その他包括利益(損失)、税引後
      包括利益(損失)                    (2,881)     (320,742)       10,409     1,158,834        6,799     756,933
       非支配株主に帰属する包括利益(損失)
                            19     2,115       93    10,354        95    10,576
       による減少
                         ($2,900)            $10,316            $6,704
      当社に帰属する包括利益(損失)
                              (\ 322,857)           \ 1,148,480            \ 746,356
       連結財務書類の注記を参照

                                  50/259













                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     プルデンシャル・ファイナンシャル・インク
                                               (単位:百万ドル      )
      (4)連結株主資本変動計算書
                                    累積その他
                                自己株式         自己資本    非支配株主
                                    の包括利益
                  普通株式    資本剰余金     利益剰余金                        資本合計
                                (普通株式)          合計     持分
                                     (損失  )
                     $6   $24,482     $18,931    ($13,814)     $12,285     $41,890      $33   $41,923
     2015  年 12 月 31 日現在残高
     ジブラルタ生命の報告期間差の
                              167              167         167
     撤廃
     会計方針変更の適用による累積
                               11              11    (30)     (19)
     効果
                                  (2,000)         (2,000)         (2,000)
     普通株式の取得
                              (119)              (119)         (119)
     クラスB株式の      買戻調整
                                                  7     7
     非支配株主からの出資
                                                (351)     (351)
     非支配株主への配当
     非支配株主の連結化        /(非連結
                                                 471     471
     化)
                         124         498         622         622
     株式に基づく報酬制度
                             (1,245)              (1,245)         (1,245)
     普通株式配当宣言額
     包括利益:
                             4,368              4,368      51    4,419
      当期純利益(損失)
      その他の包括利益(損失)、
                                           2,336      44    2,380
                                       2,336
     税引後
                                           6,704      95    6,799
     包括利益(損失)合計
     2016  年 12 月 31 日現在残高            6   24,606     22,113    (15,316)     14,621     46,030      225    46,255
     会計方針変更の適用による累積
                          5    (5)               0         0
     効果
                                  (1,250)         (1,250)         (1,250)
     普通株式の取得
                                                 10     10
     非支配株主からの出資
                                                 (50)     (50)
     非支配株主への配当
     非支配株主の連結化        /(非連結
                                                 (3)     (3)
     化)
                         158         282         440         440
     株式に基づく報酬制度
                             (1,300)              (1,300)         (1,300)
     普通株式配当宣言額
     包括利益:
                             7,863              7,863     111    7,974
      当期純利益(損失)
      その他の包括利益(損失)、
                                           2,453     (18)    2,435
                                       2,453
     税引後
                                           10,316      93   10,409
     包括利益(損失)合計
                      6   24,769     28,671    (16,284)     17,074     54,236      275    54,511
     2017  年 12 月 31 日現在残高
     ASU  2016-01   の採用による累積影
                              904         (847)      57         57
     響額
     ASU  2018-02   の採用による累積影
                             (1,653)          1,653      0         0
     響額
                                  (1,500)         (1,500)         (1,500)
     普通株式の取得
                                                 147     147
     非支配株主からの出資
                                                 (27)     (27)
     非支配株主への配当
                          59         191         250         250
     株式に基づく報酬制度
                             (1,526)              (1,526)         (1,526)
     普通株式配当宣言額
     包括利益:
                             4,074              4,074      14    4,088
      当期純利益(損失)
      その他の包括利益(損失)、
                                           (6,974)       5   (6,969)
                                      (6,974)
     税引後
                                           (2,900)      19   (2,881)
     包括利益(損失)合計
                     $6   $24,828     $30,470    ($17,593)     $10,906     $48,617      $414    $49,031
     2018  年 12 月 31 日現在残高
       連結財務書類の注記を参照

                                  51/259






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     プルデンシャル・ファイナンシャル・インク
                                                (単位:百万円     )
      (4)連結株主資本変動計算書
                                    累積その他の
                                自己株式          自己資本    非支配株主
                  普通株式    資本剰余金     利益剰余金          包括利益              資本合計
                                (普通株式)          合計     持分
                                     (損失)
     2015 年 12 月 31 日現在残高
                    \668  \2,725,581    \2,107,588    (\1,537,913)    \1,367,689    \4,663,614      \3,674   \4,667,288
                            18,592               18,592         18,592
     ジブラルタ生命の報告期間差の撤廃
                             1,225               1,225    (3,340)     (2,115)
     会計方針変更の適用による累積効果
                                (222,660)         (222,660)         (222,660)
     普通株式の取得
     クラスB株式の    買戻調整                  (13,248)               (13,248)         (13,248)
                                                 779     779
     非支配株主からの出資
     非支配株主への配当                                          (39,077)     (39,077)
     非支配株主の連結化      /(非連結化)
                                               52,436     52,436
                        13,805          55,442         69,247         69,247
     株式に基づく報酬制度
                           (138,606)               (138,606)         (138,606)
     普通株式配当宣言額
     包括利益:
                            486,289               486,289      5,678    491,967
      当期純利益(損失)
                                          260,067      4,899    264,965
                                      260,067
      その他の包括利益(損失)、税引後
                                          746,356     10,576    756,933
     包括利益(損失)合計
     2016 年 12 月 31 日現在残高
                    668   2,739,386     2,461,840     (1,705,130)     1,627,756     5,124,520      25,049    5,149,569
     会計方針変更の適用による累積効果                    557    (557)                0         0
                                (139,163)         (139,163)         (139,163)
     普通株式の取得
                                                1,113     1,113
     非支配株主からの出資
                                               (5,567)     (5,567)
     非支配株主への配当
     非支配株主の連結化      /(非連結化)
                                                (334)     (334)
                        17,590          31,395         48,985         48,985
     株式に基づく報酬制度
                           (144,729)               (144,729)         (144,729)
     普通株式配当宣言額
     包括利益:
                            875,388               875,388     12,358    887,745
      当期純利益(損失)
                                          273,092     (2,004)    271,089
                                      273,092
      その他の包括利益(損失)、税引後
                                          1,148,480      10,354    1,158,834
     包括利益(損失)合計
     2017 年 12 月 31 日現在残高
                    668   2,757,533     3,191,942     (1,812,898)     1,900,848     6,038,094      30,616    6,068,710
                            100,642          (94,297)      6,346         6,346
     ASU 2016-01  の採用による累積影響額
                           (184,028)          184,028       0         0
     ASU 2018-02  の採用による累積影響額
                                (166,995)         (166,995)         (166,995)
     普通株式の取得
                                               16,366     16,366
     非支配株主からの出資
                                               (3,006)     (3,006)
     非支配株主への配当
                        6,568          21,264         27,833         27,833
     株式に基づく報酬制度
                           (169,890)               (169,890)         (169,890)
     普通株式配当宣言額
     包括利益:
                            453,558               453,558      1,559    455,117
      当期純利益(損失)
                                          (776,415)       557   (775,859)
                                     (776,415)
      その他の包括利益(損失)、税引後
                                          (322,857)      2,115   (320,742)
     包括利益(損失)合計
     2018 年 12 月 31 日現在残高
                    \668  \2,764,101    \3,392,225    (\1,958,629)    \1,214,165    \5,412,531     \46,091   \5,458,621
       連結財務書類の注記を参照

                                  52/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     プルデンシャル・ファイナンシャル・インク
      (5)連結キャッシュ・フロー計算書
                                   12 月 31 日に終了した事業年度
                     期間
                            2018  年          2017  年          2016  年
     科目
                        百万ドル      百万円     百万ドル      百万円     百万ドル      百万円
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                          $4,088            $7,974            $4,419
                               \455,117           \887,745           \491,967
     当期純利益(損失)
     営業活動から得た現金(純額)への当期純利益
     (損失  )の調整
                          (1,977)            (432)           (2,194)
                               (220,099)            (48,095)           (244,258)
      実現投資(利益)損失、純額
                          (2,248)            (2,476)            (1,907)
                               (250,270)            (275,653)            (212,306)
      契約賦課金および報酬収益
                           3,196     355,811       3,822     425,503       3,761     418,712
      契約者預り金勘定への付与利息
                           161            222            318
                                17,924            24,715            35,403
      減価償却費および償却費
      経験料率契約者保険負債に対応する勘定資
                           863           (336)             17
                                96,078           (37,407)             1,893
      産による損失(利益)、純額
      勘定残高増減:
                           (597)     (66,464)       (1,240)     (138,049)        (968)    (107,767)
      繰延保険契約取得費用
                          16,481            10,940            10,584
                               1,834,830            1,217,950            1,178,317
      責任準備金およびその他の保険債務
                            49          (1,619)             618
                                 5,455          (180,243)             68,802
      法人所得税
                           968    107,767      (2,268)     (252,496)        1,067     118,789
      デリバティブ、純額
                           680           (1,127)            (839)
                                75,704           (125,469)            (93,406)
      その他、純額     (1)
        営業活動からの(に使用した)キャッ
                          21,664            13,460            14,876
                               2,411,853            1,498,502            1,656,145
        シュ・フロー     (1)
     投資活動からのキャッシュ・フロー
     資産の売却/満期償還/期限前償還による収
     入:
                          59,675            58,244            49,713
                               6,643,618            6,484,305            5,534,548
      満期固定証券、売却可能有価証券
                            94           155            271
                                10,465            17,256            30,170
      満期固定証券、満期保有目的有価証券
                           623           1,406            1,511
                                69,359           156,530            168,220
      満期固定証券、売買目的有価証券             (1)
                          27,383     3,048,549       39,057     4,348,216       32,158     3,580,150
      経験料率契約者保険負債に対応する資産               (1)
                           3,771            4,718            3,866
                                419,825            525,255            430,402
      株式  (1)
                           6,474            6,076            6,342
                                720,750            676,441            706,055
      商業モーゲージおよびその他貸付
                           2,309     257,061       2,403     267,526       2,277     253,498
      保険約款貸付
                           1,549            1,332            1,133
                                172,450            148,292            126,137
      その他投資資産(1)
                          33,846            29,328            43,813
                               3,768,075            3,265,086            4,877,701
      短期投資(1)
     資産の購入    /組成による支払:
                          (77,234)            (68,667)            (66,857)
                              (8,598,461)            (7,644,697)            (7,443,190)
      満期固定証券、売却可能有価証券
                            (9)            0            0
                                (1,002)              0            0
      満期固定証券、満期保有目的有価証券
                          (1,080)            (1,839)            (2,880)
                               (120,236)            (204,736)            (320,630)
      満期固定証券、売買目的有価証券(1)
                          (27,315)            (39,031)            (33,297)
                              (3,040,979)            (4,345,321)            (3,706,955)
      経験料率契約者保険負債に対応する資産               (1)
                          (3,254)            (2,990)            (3,334)
                               (362,268)            (332,877)            (371,174)
      株式(1)
                          (10,328)     (1,149,816)        (8,857)     (986,050)       (8,548)     (951,649)
      商業モーゲージおよびその他貸付
                          (1,970)            (1,929)            (1,882)
                               (219,320)            (214,756)            (209,523)
      保険約款貸付
                          (2,664)            (1,780)            (1,923)
                               (296,583)            (198,167)            (214,088)
      その他投資資産
                          (33,336)     (3,711,297)       (28,405)     (3,162,329)       (43,483)     (4,840,962)
      短期投資(1)
                            0      0     (64)     (7,125)       (532)     (59,228)
      事業買収(取得現金控除後)
                            26           (391)            314
                                 2,895           (43,530)            34,958
      デリバティブ、純額
                           (188)            (723)            (356)
                                (20,930)            (80,492)            (39,633)
      その他、純額(1)
        投資活動からの(に使用した)キャッ
                          (21,628)     (2,407,845)       (11,957)     (1,331,173)       (21,694)     (2,415,193)
        シュ・フロー     (1)
                                  53/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                   12 月 31 日に終了した事業年度
                     期間
                            2018  年          2017  年          2016  年
     科目
                        百万ドル      百万円     百万ドル      百万円     百万ドル      百万円
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                          28,791            26,462            29,642
                               3,205,302            2,946,014            3,300,044
     契約者預り金勘定への預け入れ
                          (27,287)     (3,037,862)       (25,657)     (2,856,394)       (24,143)     (2,687,840)
     契約者預り金勘定からの引出し
     買戻条件付売却有価証券および貸付有価証券見
                           1,125     125,246        815     90,734       561     62,456
     合現金担保預りの純変化
                          (1,521)     (169,333)       (1,296)     (144,284)       (1,300)     (144,729)
     普通株式の現金配当金の支払
                           199            38           292
                                22,155            4,231           32,508
     財務アレンジによる純変化(期間             90 日以下)
                          (1,500)            (1,250)            (2,000)
                               (166,995)            (139,163)            (222,660)
     普通株式の取得
                            0            0          (119)
                                  0            0         (13,248)
     クラス   B 株式の取得
     ストック・オプション行使のための普通株式の
                           132            246            426
                                14,696            27,387            47,427
     再発行
                           2,934            1,225            2,742
                                326,642            136,379            305,267
     借入債務発行による収入(期間            90 日超)
                          (1,810)            (1,827)            (2,753)
                               (201,507)            (203,400)            (306,491)
     借入債務の返済(期間         90 日超)
                            0            0           21
                                  0            0          2,338
     株式に基づく支払による税効果
                           (282)     (31,395)        (14)     (1,559)       (168)     (18,703)
     その他、純額
        財務活動からの(に使用した)キャッ
                           781           (1,258)            3,201
                                86,949           (140,053)            356,367
        シュ・フロー
                           142            110            50
                                15,809            12,246            5,567
     外国為替レートの変動の現金残高への影響
     現金および現金同等物、制限付現金および制限
                           959            355           (3,567)
                                106,765            39,522           (397,114)
     付現金同等物の純増加(減少)額(1)
     現金および現金同等物、制限付現金および制限
                          14,536            14,181            17,748
                               1,618,293            1,578,771            1,975,885
     付現金同等物の期首残高(1)
     現金および現金同等物、制限付現金および制限
                          $15,495            $14,536            $14,181
                               \1,725,058           \1,618,293           \1,578,771
     付現金同等物の期末残高(1)
                                  54/259











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                   12 月 31 日に終了した事業年度
                     期間
                           2018  年          2017  年          2016  年
     科目
                        百万ドル      百万円     百万ドル      百万円     百万ドル      百万円
     キャッシュ・フローについての補足情報
                           $760            $185            $770
                                \84,611           \20,596           \85,724
     法人所得税支払額(還付控除後)
                          $1,443            $1,248            $1,257
                               \160,649           \138,940           \139,942
     利息支払額
     当期非現金取引
                           $138            $104            $115
                                \15,364           \11,578           \12,803
     株式に基づく報酬制度のための自己株式発行
     重要な年金リスク移行取引:
                           $816           $2,726            $3,228
       取得資産(現金および現金同等物以外)                           \90,845           \303,486           \359,373
                           8,395            6,155            5,003
                                934,615            685,236            556,984
       引受負債
                          $7,579            $3,429            $1,775
                               \843,770           \381,751           \197,611
         受取金額純額
     買収  :
                            $0           $196             $0
                                  \0         \21,821             \0
       取得資産(現金および現金同等物以外)
                            0           132             0
                                  0          14,696              0
       引受負債
                            $0           $64            $0
                                  \0          \7,125             \0
         買収のための支払金額純額
     財政状態計算書に対する調整
                          $15,353            $14,490            $14,127
     現金および現金同等物                          \1,709,249           \1,613,172           \1,572,759
     制限付現金および制限付現金同等物(その他資
                           142            46            54
                                15,809            5,121            6,012
     産を含む)
     現金、現金同等物、制限付現金および制限付現
                          $15,495            $14,536            $14,181
                              \1,725,058           \1,618,293           \1,578,771
     金同等物の合計
      (1)  過年度の金額は当年度の表示に合わせるために組替表示されている。詳細は注記                                 2を参照。

       連結財務書類の注記を参照

     次へ

                                  55/259











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     1.  業務および表示の基準
      プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(以下「プルデンシャル・ファイナンシャル」または「                                                    PFI  」)お

     よびその子会社(以下「プルデンシャル」または「当社」と総称)は、米国全土およびその他の多くの国々で、広
     範な保険業務、投資運用業務およびその他の金融商品や金融サービスを個人および法人顧客を対象に提供してい
     る。主な取扱商品およびサービスとしては、生命保険、年金保険、退職金関係のサービス、投資信託および資産運
     用業務がある。
      当社の主たる業務は、            5 つの事業部門の下の          7 つのセグメントと、全社およびその他の業務で構成される。                               PGIM

     部門は、当社のグローバル投資運用事業である                        PGIM   セグメントで構成される(「投資運用部門」および「投資運
     用セグメント」から          2018  年第  2 四半期より名称変更)。米国ワークプレイス・ソリューション部門は退職金と団体
     保険のセグメントで構成される。米国個人ソリューション部門は、個人年金保険と個人生命保険のセグメントで構
     成される。国際保険部門は、国際保険セグメントで構成され、クローズド・ブロック部門は、クローズド・ブロッ
     ク・セグメントで構成される。クローズド・ブロック部門は、当社の全社およびその他の業務に含まれる撤退事業
     およびラン・オフ事業とは別途に報告される撤退事業として会計処理される。当社の「全社およびその他」の業務
     には、事業セグメントには配賦されない全社的項目および取組み、ならびに撤退もしくは撤退予定、またはラン・
     オフもしくはラン・オフ予定の事業(ただし、クローズ・ブロック部門は除く)が含まれる。
     表示の基準

      当社の連結財務書類は、米国で一般に公正妥当と認められた会計原則(以下「                                        U.S.  GAAP   」)に準拠して作成さ

     れている。当社の連結財務書類には、プルデンシャル・ファイナンシャル、当社が支配力を行使する事業体(当社
     の過半数支配子会社および当社がゼネラル・パートナーを務めるリミテッド・パートナーシップ等の当社が少数株
     主である法人を含む)、ならびに当社が主たる受益者であるとみなされる変動持分事業体(以下「                                                   VIE  」)の財務
     書類が含まれている。当社の連結変動持分事業体の詳細は、注記                                  4 を参照のこと。会社間の残高および取引は相殺
     消去している。
     ジブラルタ生命の報告期間差の撤廃

      2018  年 1 月 1 日以前、当社のジブラルタ生命保険株式会社(以下「ジブラルタ生命」)の連結事業は、当社の連結

     財務書類に含める目的上、              11 月 30 日を事業年度末としていた。上記の報告期間差により、ジブラルタ生命の報告期
     間には1ヵ月間の時間差が生じていた。その結果、当社の                              2017  年 12 月 31 日付連結貸借対照表には、ジブラルタ生命
     の 2017  年 11 月 30 日付貸借対照表が、当社の              2017  年および     2016  年 12 月 31 日に終了した連結損益計算書には、それぞれ
     の年に係る      11 月 30 日までの     12 ヵ月間に関するジブラルタ生命の損益が以前は含まれていた。
      2018  年 1 月 1 日をもって、当社はジブラルタ生命の事業年度末を                           12 月 31 日に変更した。この行為により、                 1 ヵ月間

     の報告期間差は撤廃され、ジブラルタ生命の財務収支および業績に関する報告期間は当社のものと一致する。ジブ
     ラルタ生命の新たな事業年度末設定は、会計原則のより適切な方法への変更と考えられ、遡及的適用が求められ
     る。当社は、今回の会計原則の変更は、プルデンシャル・ファイナンシャルとその子会社の報告期間を一致させ、
     ジブラルタ生命の財務状態および業績の報告に適時性と一貫性を与えるものであることから、適切であると考え
     る。今回の撤廃を有効にするため、当社は前期の株主資本を修正し、                                    2015  年、  2016  年、  2017  年の  12 月 31 日付で「利
     益余剰金」を約        167  百万米ドル増額した。報告期間差の解消による、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書、包
     括的利益計算書、およびその他貸借対照表の各項目に対する影響は、提示された報告期間のいずれに関しても重要
     なものではなかった。
                                  56/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     見積の利用
      U. S. GAAP   に準拠した財務書類の作成では、資産や負債の報告金額、さらに決算日時点の偶発資産および偶発債

     務の開示や当期中の収益および費用の報告金額に影響を与えるような見積りおよび仮定を経営者が行うことが要求
     される。実際の結果は、これらの見積値と異なることがある。
      最も重要な見積りとしては、繰延新契約費(以下「                             DAC   」)および関連する償却、買収事業価値(以下

     「 VOBA   」)およびその償却、繰延販売奨励金(以下「                        DSI  」)の償却、営業権および関連する減損の測定、投資
     の評価(デリバティブを含む)および一時的でない減損(以下「                                  OTTI   」)の認識、責任準備金(保証を含む)、
     年金およびその他の退職後給付、法人所得税に対する引当および繰延税金資産の評価、ならびに偶発債務の発生分
     (未決着の訴訟および規制案件に関連する見積額を含む)の算定時に用いられる見積りが挙げられる。
     当期以外の修正

      2016  年 12 月 31 日に終了した事業年度の様式               10-K  による年次報告書で開示したように、                    2016  年に当社は当期以外の

     修正を行い、この結果           2016  年 12 月 31 日に終了した事業年度の「法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反映前
     利益(損失)」は、合計で              134  百万ドル減少した。この修正は、主に個人生命保険事業における特定のユニバーサ
     ル生命保険についての、準備金の増加と関連する                         DAC   の増加の純額での費用            141  百万ドルから成るものであった。
     経営陣はこの修正を個別および総額の両方で評価し、過去に報告されたいずれの四半期または年次財務書類にとっ
     ても、重要性はないと結論した。当社の事業セグメントに対するこれらの修正の影響の詳細については、注記                                                        21 を
     参照のこと。
     組替表示

      過年度における特定の金額は、当年度の表示に合わせて組替表示されている。

     2.  重要な会計方針および会計基準

     資産の部

      満期固定証券、売却可能有価証券、公正価値                       および   満期固定証券、満期保有目的有価証券、償却原価                         は、長期債

     券、短中期債券および償還可能優先株式で構成されている。「売却可能」に分類された満期固定証券は、公正価値
     で計上される。公正価値の決定についての詳細な情報は注記                               6 を参照のこと。関連する税引後未実現損益および未
     実現損益の実現から生じる              DAC   、 VOBA   、 DSI  、責任準備金、保険契約者預り金勘定および契約者配当金に対する
     影響額は、「累積その他の包括利益(損失)」(以下「                             AOCI   」)に算入される。当社が積極的に満期まで保有す
     る意思および能力を持った満期固定証券は償却原価で計上され、「満期保有目的」に分類される。                                                   満期固定証券の
     購入原価は、満期または該当する場合は繰上償還日までのプレミアムの償却額およびディスカウントの増価額で修
     正される。
                                  57/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      利息収入ならびにプレミアムの償却額およびディスカウントの増価額は、実効金利法を用いて「純投資収益」に
     含まれる。また、期限前償還プレミアムも「純投資収益」に含まれる。                                     モーゲージ証券および資産担保証券に関す
     る実効利回りは、一般に認められている第三者機関の情報および社内の見積りに基づく金利および期限前償還の仮
     定を含んだ予想キャッシュ・フローに基づいている。予想キャッシュ・フローは、金利および期限前償還の仮定に
     加えて、デフォルト率や価値の変動などの原担保に関するその他の仮定によっても異なったものとなる。これらの
     仮定は、収益認識ならびに損益およびその他の包括利益(損失)(以下「                                      OCI  」)で認識される         OTTI   の金額に重要
     な影響を与える可能性がある。高格付(                     AA  格以上)のモーゲージ証券および資産担保証券については、キャッ
     シュ・フローは四半期毎に作成され、当該証券の償却原価および実効利回りは、必要に応じて過去の期限前償還実
     績および将来の期限前償還予想の変更を反映して修正される。償却原価の修正は遡及法に基づき、「純投資収益」
     の損益に計上される。信用格付が                 AA  未満のモーゲージ証券および資産担保証券または                         OTTI   が計上されたものの実
     効利回りは、予想キャッシュ・フローに変更があった場合に非遡及的に調整される。減損会計に関する説明につい
     ては後述の実現投資損益に関する記述を参照のこと。
      満期固定証券、売買目的有価証券、公正価値                       は、連結変動持分事業体の中に含まれる機能と資産を組み込んだ満

     期固定証券で構成されている。これらの投資に係る実現損益および未実現損益は、「その他収益(損失)」に計上
     され、これらの投資からの利息収入および受取配当金は「純投資利益」に計上される。
      経験料率契約者保険負債に対応する資産、公正価値                          は、退職金および国際保険の各セグメントに含まれる、投資

     結果が最終的に契約加入者に生じると予想される経験料率の一定の商品に対応し、満期固定有価証券、持分証券、
     短期投資および現金同等物で構成される投資資産を含んでいる。これらの投資に係る実現損益および未実現損益
     は、「その他収益(損失)」の中で報告される。                         これらの投資からの利息収入および受取配当金は「純投資利益」
     の中で報告される。
      持分証券、公正価値           は、普通株式、投資信託受益証券および非償還優先株式で構成され、公正価値で計上され

     る。これらの投資に係る実現損益および未実現損益は、「その他収益(損失)」に計上され、これらの投資からの
     利息収入および受取配当金は配当落ち日付けで「純投資利益」に計上される。
      商業モーゲージおよびその他の貸付                  は、商業モーゲージ・ローン、農業不動産貸付、住宅担保貸付、並びに一部

     のその他担保付および無担保の貸付で構成されている。住宅用不動産を担保とする貸付は、当社の国際保険事業部
     門が保有する償還請求権付貸付が主体である。無担保貸付は、当社の国際保険事業部門が保有するリバース・デュ
     アル・カレンシー・ローンおよび法人貸付が主体である。
      投資目的で組成し保有する商業モーゲージおよびその他の貸付は、一般的に、未返済元本残高から未償却繰延貸

     付組成手数料・費用と貸倒引当金を差し引いた値で評価される。当社は、当社の商業モーゲージ業務に由来する特
     定の商業モーゲージ・ローンに関して公正価値オプションを選択した場合には、当該ローンの公正価値を簿価とし
     ている。売却目的で保有するローンの簿価は、当社が公正価値オプションを選択しなかった場合には低価法で決定
     される。事業の買収などに伴い取得した商業モーゲージおよびその他の貸付は、未返済元本残高に対するプレミア
     ムおよびディスカウントを反映した買取時の公正価値で計上されている。利息収入ならびに関連するプレミアムお
     よびディスカウントの償却額は、実効金利法を用いて「純投資収益」に含まれる。また、期限前償還手数料も「純
     投資収益」に含まれる。
                                  58/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      減損貸付金は、期限が到来した返済額が全額は融資契約の条件に従って回収されないと見られる貸付金を含んで
     いる。当社は、契約上の予定期日を                  30 日以上過ぎても回収されていない元本または利息を、「延滞」と定義してい
     る。減損が生じている貸付金、減損が生じていない貸付金、ならびに不履行貸付金のリストラクチャリングで既に
     条件変更された貸付金を含め、延滞貸付金に係る受取利息は、元本回収可能性に関する当社の評価に基づき、元本
     に対応させるか、あるいは、純投資収益として計上される。当社の延滞貸付金について、詳しくは注記                                                     3 を参照。
      元本または利息の支払いが              90 日以上延滞している貸付金、またはそれ以前でも回収に懸念があると当社が判断し

     た貸付金について、当社は未収利息の計上を停止している。貸付金に係る未収利息の計上を停止した場合、その貸
     付金と他の貸付金が同じ担保であれば、発生していても回収不能な利息は、同じ会計期に利息収入から控除され
     る。一般的に、延滞していた元利返済分が完済されて初めて、貸付金は利息が計上される状態に戻る。利息返済が
     長期間停止している貸付金、または条件が変更された貸付金の場合は、定期的な返済履行が確立されて初めて、利
     息計上状態に戻る。
      当社は、商業モーゲージおよびその他の貸付で構成されたポートフォリオのパフォーマンス並びに信用度を、継

     続的にレビューしている。貸付金はあらかじめ組み合わせて定義された複数の基準に基づいて要監視先リストに登
     録され、     2 つの区分のいずれかに分類される。担保不足や、元本もしくは利息に潜在的損失が生ずる可能性のある
     その他の信用事象が存在するものと判断された場合、貸付金は「厳重監視先」に分類される。「不良」貸付金と
     は、貸付金が延滞している、あるいは差し押さえの手続が行われているなど、元本損失の確率が高いと当社が決定
     した貸付金をいう。後述するように貸倒引当金の設定にあたっては、当社は支払期限が貸付契約の条件に従って到
     来する金額が支払われない可能性があるか否かを判断するため、要監視先リストにある各貸付金の評価を行う。
      融資比率およびデット・サービス・カバレッジ・レシオは、商業モーゲージ・ローンを質的に評価するため、一

     般的に使用されている尺度である。融資比率は、貸付金の金額を、その貸付金を担保している不動産の公正価値と
     比較したもので、一般的にパーセンテージで表示される。融資比率が                                    100%   を超えている場合は、貸付金額が担保
     価値を上回ることを示している。融資比率が                       100%   未満である場合は、担保価値が貸付金額を上回ることを示して
     いる。デット・サービス・カバレッジ・レシオは、不動産の営業純利益をその債務返済の支払額と比較したもので
     ある。デット・サービス・カバレッジ・レシオが                          1.0 倍より小さい場合は、その不動産の運用により、その貸付金
     に係る現行債務支払額をカバーするのに充分な収益が生み出されていないことを示している。デット・サービス・
     カバレッジ・レシオが            1.0 倍より大きい場合、営業純利益が債務の元利返済額を上回ることを示している。これら
     指標の計算に使用される価額は、商業モーゲージ・ローンおよび農業不動産貸付のポートフォリオに対する当社定
     期レビューの一環として算定され、担保となる資産の価値に関する社内の評価を含んでいる。また当社の定期レ
     ビューは質的再格付のプロセスも含んでおり、それにより当初引受時に付与された社内の質的格付は、現在の貸付
     金と不動産および市場の情報に基づき、不動産の質的格付システムを使用してアップデートされる。融資比率は貸
     付金の社内信用格付設定に使用される幾つかの情報の中で最も重要なものであり、その格付により貸倒損失が算定
     される。社内の信用格付の決定において考慮されるその他の主要要因には、デット・サービス・カバレッジ・レシ
     オ、償却額、貸付条件、ならびにその不動産の種類および地域の予測市場価額成長率とボラティリティなどが含ま
     れる。当社の商業モーゲージ・ローンおよび農業貸付のポートフォリオに関する融資比率およびデット・サービ
     ス・カバレッジ・レシオについて、詳しくは注記                         3 を参照。
                                  59/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      住宅用不動産を担保とする貸付および無担保貸付も、定期的にレビューされている。各貸付には、社内の信用格
     付または外部の信用格付が付与されている。社内の信用格付は、財務比率および非財務情報に基づく質的評価な
     ど、様々な要因を考慮する。個人保証や第三者の保証がある場合は、保証人の信用度もレビューされる。これらの
     要因は、貸倒引当金の算定に使用される。これらのカテゴリーに属する貸付金が多様であり重要性に乏しいため、
     当社はこれらの貸付金に関する信用度の指標を注記                          3 で開示していない。
      公正価値で計上されていない貸付に関する貸倒引当金は、損失が個別に特定された減損貸付金についての個別引

     当金と、発生の可能性はあるが特定できない損失に対するポートフォリオとしての一般引当金が含まれている。減
     損商業モーゲージおよびその他貸付金については、当該貸付金の将来の予想キャッシュ・フローをその貸付金の実
     効金利で割り引いた現在価値に基づいて、または当該貸付金が担保付の場合はその担保の公正価値に基づいて、貸
     倒引当金が決定される。商業モーゲージ・ローンおよび農業貸付のポートフォリオにおいて、発生する可能性はあ
     るものの個別に特定できない損失に対するポートフォリオ一般引当金は、前述の通り、内部の信用格付に基づく
     ポートフォリオの現在の信用構成に基づいて設定される。ポートフォリオの一般引当金は、過去の与信推移、貸倒
     の可能性および不動産種類別の損失の大きさに関する係数など、過去の経験を使用して決定される。これらの要素
     は適宜見直しが行われ、更新される。
      商業モーゲージおよびその他の貸付に対する貸倒引当金は、上記の要因により毎期増減する。「実現投資利益

     (損失)、純額」は、貸倒引当金の変動および公正価値オプションに基づいて計上された貸付金に関する価額の変
     動を含んでいる。また、「実現投資利益(損失)、純額」は、販売、一部のリストラクチャリング、および抵当物
     受戻権喪失に係る損益も含んでいる。
      商業モーゲージまたはその他の貸付金が回収不能とみなされた場合、その貸付金に関する個別の評価性引当金は

     取り崩され、直接その貸付金の簿価引下げに充当される。貸付金の簿価は、価額がその後増加しても、それについ
     ての調整はなされない。
      商業モーゲージおよびその他貸付は、時には不履行貸付金のリストラクチャリングで再編されることがある。こ

     れらのリストラクチャリングには、通常、当初の契約条件にない部分的もしくは全額の返済、利率の変更、期限の
     延長または契約条項の追加もしくは修正のうち一つ以上の事象が含まれる。加えて、当社は不履行貸付金のリスト
     ラクチャリングの一環として、貸付金の一部または全額の返済として資産を受け入れる場合もある。リストラク
     チャリングが行われる場合、これらは個別に評価され、当該リストラクチャリングまたは修正が、正式な会計処理
     の指針で定義される「不履行貸付金のリストラクチャリング」に相当するかが判定される。貸付先が財政難に陥っ
     ており、当社が条件の緩和を与えた場合、部分的な返済または貸付金全額の返済のための資産の受入を伴うリスト
     ラクチャリングは、不履行貸付金のリストラクチャリングとみなされる。上記の当社のクレジット・レビューに基
     づくと、通常こうした貸付金は、不履行貸付金のリストラクチャリングの前に減損が発生しているとみなされ、不
     履行貸付金のリストラクチャリングの発生と判定される前に、個別引当金が設定されている。
      当社が貸付金全額の返済として資産を受け入れる不履行貸付金のリストラクチャリングの際には、いかなる個別

     引当金も戻入され、当該引当金の金額だけ貸付金が直接に評価減される。受け入れた資産の公正価値と貸付金への
     投資残高の差額について、回収額控除後で追加損失または利益が計上される。部分返済として資産を受け入れる場
     合、同じプロセスが行われ、残りの貸付金に対しては、それ以降前述したクレジット・レビュー・プロセスに基づ
     く減損評価が行われる。貸付金が、不履行貸付金のリストラクチャリングとして再編された場合、貸付金の減損は
     修正後の条件および貸付金の当初の利回りを用いて再測定され、貸倒引当金が適宜修正される。修正が行われた後
     には、それ以降の収益は前述の収益認識方針に従って、修正後の貸付条件に基づいて認識される。また、当該貸付
     金は引き続き前述のクレジット・レビュー・プロセスの対象となる。
                                  60/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      貸付金が不履行貸付金のリストラクチャリングで再編され、その後債務不履行となった場合には、上記のクレ
     ジット・レビュー・プロセスに従って貸付金の個別貸倒引当金を評価する際に、この要素が考慮に入れられる。
      不履行貸付金のリストラクチャリングで再編された商業モーゲージおよびその他貸付についての詳細な情報につ

     いては、注記       3 を参照のこと。
      保険約款貸付       は、関連する保険契約の解約返戻金の額を上限として保険契約者に貸し付けた資金であり、保険契

     約者から当社に対する未払元本額で計上される。保険約款貸付の利息収入は発生時に契約利率で「純投資収益」に
     計上される。保険約款貸付は、関連保険契約の解約返戻金により全額が担保されている。
      その他投資資産        は、リミテッド・パートナーシップおよびリミテッド・ライアビリティ・カンパニーズ(以下

     「 LPs/LLCs     」)(運営合弁事業を除く)、完全所有投資不動産、デリバティブ資産、その他の投資における当社の
     ノンクーポン投資から構成されている。                     LPs/LLCs     の利益は、持分法会計または、変動分が「その他収益(損失)」
     に計上される公正価値のいずれかで処理される。                         運営合弁事業の運営への投資を除き、持分法を用いて会計処理さ
     れる  LPs/LLCs     の投資から生じる当社の利益は、「純投資利益」に含まれる。                                これらの投資の価値の下落が一時的で
     はないと判断された場合には、帳簿価額は公正価値まで評価減あるいは減損される。持分法の適用(                                                    OTTI   の評価
     を含む)に際し、当社は投資先から通常                     1 ヵ月から     3 ヵ月遅れで提供される財務情報を使用する。公正価値で計上さ
     れ、公正価値の変動分が当期収益に計上される投資に関し、関連する実現損益および未実現損益は「その他収益
     (損失)」に計上される。              当社が支配力を行使できると思われる場合、あるいは当社が変動持分事業体の主要な受
     益者とみなされる場合は、              LPs/LLCs     を連結している。         VIE  の詳細は注記       4 を参照。
      当社の完全所有投資不動産は、収益目的で保有する不動産と売却目的で保有する不動産とで構成される。収益目

     的で保有する不動産は、減価償却累計額控除後の原価から、減損による公正価値までの評価減を控除した後の金額
     で計上され、簿価の回収ができない可能性があるとみられる事象や事態が生じた場合にはいつでも、減損について
     再評価される。売却目的で保有する不動産は、減価償却累計額控除後の原価または公正価値から見積売却費用を控
     除した後の金額のどちらか低い方の値で計上され、売却目的保有と分類され次第、それ以降は減価償却されない。
     投資不動産の簿価が、その投資からの割引前予想将来キャッシュ・フロー(支払利息は除く)を上回る場合は、減
     損が認識される。投資不動産の簿価は、その時点で公正価値まで切り下げられる。収益目的で保有する投資用不動
     産に生じた      OTTI   による簿価の減少は、「実現投資利益(損失)、純額」に計上される。                                     収益目的で保有する不動
     産の減価償却費は、物件の見積耐用年数に亘って定額法で算出され、「純投資利益」に算入される。
      短期投資     は、主として取得時において満期日まで                     3 ヵ月超   12 ヵ月以下の流動性の高い負債証券で構成されている

     が、この定義を満たしていても「経験料率契約者保険負債に対応する資産、公正価値」に算入されている負債証券
     は除かれる。       これらの短期投資は、一般的には公正価値またはほぼ公正価値と一致した償却原価で計上され、特定
     の短期金融商品投資、規制対象マネー・マーケット・ファンドに類似した運用のファンド、政府系機関発行の短期
     負債証券およびその他の流動性の高い負債証券が含まれる。
      実現投資利益(損失)           は、平均原価法を用いる国際保険事業のポートフォリオの一部を除き、個別法で算出され

     る。実現投資利益(損失)は、満期固定証券、合弁事業およびリミテッド・パートナーシップへの投資、および他
     の種類の投資の売却、並びに損益として認識された                           OTTI   による投資の原価ベースの調整額を含め、様々な源泉か
     ら発生する。実現投資利益(損失)は、商業モーゲージおよびその他貸付に対する貸倒引当金の変動、公正価値で
     計上される商業モーゲージ・ローンの公正価値変動、組込デリバティブおよびヘッジ会計適用外の独立したデリバ
     ティブの公正価値変動も反映している。デリバティブの会計処理に関する詳細は、「                                            デリバティブ金融商品           」を参
     照のこと。
                                  61/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      未実現損失が生じている当社の売却可能有価証券および満期保有目的有価証券は、四半期毎にその価値の                                                       OTTI
     の有無が評価される。価値の下落が一時的でないかの評価に当たり、当社はいくつかの要因を検討する。こうした
     要因には次を含むが、これらには限定されない。                          (1) 下落幅が相当な大きさか、下落期間はどのくらいか、                            (2) 価額
     の下落理由は何か(信用事由、通貨あるいは一般的な信用スプレッドの拡大を含む金利関連)、                                                 (3) 発行体の財政状
     態と短期見通しはどうか。
      未実現損失が生じている負債証券について、                       (1) 当該負債証券を売却する意図がある場合、または                          (2) 予期される

     価値の回復の前に当社が当該負債証券を売却しなければならない可能性がそうでない可能性よりも高い場合に、
     OTTI   を損益として認識している。未実現損失が生じていて、これらの                                 2 つの判断基準のいずれかを満たさないすべ
     ての負債証券について、当社は予想将来キャッシュ・フローの正味現在価値と当該有価証券の償却原価を比較する
     ことにより、償却原価の回収可能性を分析する。正味現在価値は、予想キャッシュ・フローの最善の見積りを、当
     該負債証券の減損前での計算上の実効金利を用いて割引くことにより計算される。投資の回収が担保の清算に左右
     されると考える場合は、担保の見積公正価値を正味現在価値の代替として使用することができる。正味現在価値が
     当該投資の償却原価よりも低い場合、                    OTTI   が認識される。上記の状況に加え、当社は為替レート要因により未実
     現損失が発生している機能通貨以外の外貨建て有価証券の価値が満期までに回復しないと見込まれる場合にも、損
     益の中で     OTTI   を認識している。
      負債証券に      OTTI   が発生した場合、損益に認識される                   OTTI   の金額は、当該有価証券を売却する意思があるかどう

     か、またはその償却原価までの価値の回復前に当該負債証券の売却が必要となる可能性の方が高いかどうかに左右
     される。負債証券がこれら              2 つの基準のいずれかを満たす場合、または外国為替換算損失が満期前に回復するとは
     予想されない場合、損益に認識される                    OTTI   は、減損測定日における当該有価証券の償却原価ベースと公正価値の
     差異の全額に等しい金額とする。これらの基準を満たさない負債証券の                                     OTTI   については、損益に認識される金額
     は償却原価と前述の方法で計算された正味現在価値の差額である。減損測定日において負債証券の公正価値と正味
     現在価値との間に生じた差異は、「その他の包括利益(損失)」に計上される。                                          OTTI   が損益に認識された有価証
     券の未実現損益は、          AOCI   の独立した項目として会計処理される。
      負債証券に関して          OTTI   が「その他の包括利益(損失)」で認識されるか損益で認識されるかは、主に、予想

     キャッシュ・フローの金額と時期に関する仮定により決定される。モーゲージ証券および資産担保証券に関する
     キャッシュ・フローの見積りは、特定の証券の担保となっている資産の、一般に認められている第三者機関のデー
     タまたは社内の見積りに基づく金利および期限前償還の仮定を含む支払条件を考慮する。見積キャッシュ・フロー
     は、金利および期限前償還に関する仮定に加えて、デフォルト率および回収率(担保資産の種類と所在地によりば
     らつきがある)、ならびに当該有価証券のビンテージ・イヤーなど、原担保に関するその他の仮定を含んでいる。
     仕組み証券の場合は、トランシェ内における支払優先順位も考慮される。他のすべての負債証券については、見積
     キャッシュ・フローは、デフォルトの確率並びにデフォルト時における回収の時期および金額に関する見積りに
     よって決定される。当社は、産業アナリストの調査報告および予想、セクター信用格付、ならびに当該有価証券の
     一般的支払条件および当該発行体の資本構成における当該有価証券のポジションなど、有価証券の回収可能性に関
     するその他の適切な情報を含む市場で観察可能なデータに加え、過去の経験に基づいた情報を使用してこのような
     見積りを算出している。
      減損処理済証券の新たな原価ベースは、見積公正価値がその後増加しても、それについての調整はなされない。

     OTTI   を認識した後の事業年度においては、減損処理済証券をあたかも減損測定日に取得したかのように会計処理
     する。負債証券については、新たな原価ベースに基づくディスカウント(またはプレミアムの減額)が増額され、
     将来期間のキャッシュ・フローの増加を含め将来の期間の純投資収益に加味される場合がある。キャッシュ・フ
     ローの減少が見込まれる特定の場合、当該有価証券に関してさらなるキャッシュ・フローの減損についての見直し
     が行われる。
                                  62/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      未実現投資損益は、          DAC   、 VOBA   、 DSI  、特定の責任準備金、保険契約者預り金勘定、契約者配当金および繰延
     税金資産または負債を含む、その他の特定の残高の算定の際にも考慮に入れられる。これらの残高は、適宜、未実
     現投資損益があたかも実現したものとして折込み、その影響額をもって調整される。このような場合、対応する損
     益は  AOCI   に含まれる。これらのそれぞれの残高については、以下でより詳細に説明される。
      現金および現金同等物            には、手元現金、銀行預金、一部の短期金融市場商品、規制対象マネー・マーケット・

     ファンドに類似した運用のファンドおよび購入時において満期日まで                                    3 ヵ月以内のその他の債務証券が含まれる。
     ただし、「      経験料率契約者保険負債に対応する資産、公正価値                          」および売戻条件付購入有価証券に関連する債権に
     含まれるものを除く(後述の「買戻条件付売却有価証券」も参照のこと)。
      未収投資収益       には、主として稼得されたが未収となっている投資の利息および配当金収益の未収計上額が含まれ

     ている。
      繰延保険契約取得費用           は、新規の保険や年金契約の獲得または更新の成功に直接的に関連し、将来の利益によっ

     て回収が見込まれる範囲において繰延処理されている費用である。このような                                         DAC   には、主にコミッション、保
     険契約書の発行および引受のコスト、ならびに交渉に成功した契約に直接関連するその他の特定の費用が含まれ
     る。資産化された          DAC   は各会計年度に償却され、償却費は                   DAC   残高に対して算定された金利相当額控除後で
     「 DAC   償却額」に計上される。             DAC   については、定期的に回収可能性テストが行われる。該当商品の場合、                                     DAC
     は未実現投資損益があたかも実現したものとして折込み、その影響額をもって調整される。このような場合、対応
     する損益は      AOCI   に含まれる。
      クローズド・ブロックに含まれる伝統的有配当生命保険契約では、                                   DAC   は予定契約期間にわたり過去および予

     想される将来経験値に基づくグロス・マージンの比率に応じて償却され、定期的に評価される。予想グロス・マー
     ジンの増減が未償却の            DAC   に与える影響は、当該推定グロス・マージンが見直された年度に遡及的に反映され
     る。伝統的無配当個人生命保険および長寿再保険契約に関連する                                 DAC   は、保険料に応じて償却される。
      ユニバーサル生命保険や変額生命保険ならびにある種の固定および変額年金商品についての                                                DAC   は、通常繰延

     べられ、予定契約期間にわたり、主として、過去および予想される将来の経験値に基づき定期的に更新される投資
     の利差損益、死差損益および費差損益、解約控除金、などから生じる見積総利益の比率により償却される。当社は
     将来の株式運用利益率の算定に株式についての平均への回帰アプローチを用いている。しかしながら、このアプ
     ローチを用いて計算された予想株式運用利益率が想定された最大株式運用利益率を上回っている場合は、最大株式
     運用利益率が使用される。総利益には、当社の変額年金保険契約の特定の生前給付特約に付随する組込デリバティ
     ブおよび関連するヘッジ活動の影響も含まれる。総利益合計には、実際の総利益と将来期間の総利益見積額の両方
     が含まれる。当社は定期的に               DAC   残高の評価および修正を行い、実際の総利益および将来の総利益の当社の予測
     の増減の影響についての、過去の全期間の償却額の累積的修正額を表している、対応する費用または収益を当該期
     の損益に計上している。             DAC   残高の修正には、         (i) 将来の期間の総利益の見積りに使用される仮定の総合的な見直し
     を反映した、仮定の年次での見直し、                    (ii) ある期間の実際の総利益と同期間について以前に見積もられた予想総利
     益の間の差異を反映した、当該期実績についての四半期修正(「実績に合わせる」修正とも呼ばれる)、および
     (iii)  実際のファンドの実績と市場の状況を反映した会社の総利益合計の見積りの変更を含めた市場実績についての
     四半期修正(「経験値再測定」とも呼ばれる)が含まれる。
                                  63/259






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      団体年金保険(一時払い団体年金保険を除く)に関する取得費用は通常繰延べられ、総利益に応じて予定契約期
     間にわたり償却される。団体法人・銀行・信託所有生命保険契約に関する取得費用は原則として繰延べられ、被保
     険期間に比例して償却される。一時払い方式の生命保険付即時型年金保険、一時払い方式の団体年金保険(無配当
     の団体年金保険を含む。)、および一時払い方式の生命保険付仕組決済型契約に関しては、一般的に契約時に保険
     料全額が払込まれるため、すべての取得費用が直ちに費用計上される。ファンディング・アグリーメント・ノー
     ト、生命保険が付いていない一時払い方式の仕組決済型契約、および生命保険が付いていない一時払い方式の即時
     型年金保険に関しては、取得費用は繰延べられ、利息法で予定契約期間にわたり償却される。その他の団体生命保
     険、団体所得補償保険ならびに保証付投資契約(以下「                             GIC  」)に関しては、取得費用は発生時に費用計上され
     る。
      一部の商品の場合、保険契約者は、新契約と交換する、契約を変更もしくは裏書きする、特約を付加する、また

     は契約の内容もしくは保障を選定することにより、商品の保険金・給付金、内容、権利または保障範囲の変更を選
     択できる。こうした取引は、内部での契約乗換えとして知られている。契約者が伝統的な生命保険契約を解約し、
     確定保証期間のない生命保険契約と交換する場合、当社は、解約された保険契約に係る                                              DAC   未償却残高を直ちに
     費用計上する。既存の基本契約を変更しないような非総合型の契約特性の追加を伴うものを除き、その他の内部で
     の契約乗換えの場合は、交換後の保険契約条件が交換前と酷似していない限り、                                          DAC   未償却残高は直ちに費用計
     上される。交換後の保険契約条件が交換前と酷似している場合は、                                   DAC   未償却残高は、交換後の保険契約関連の
     ものとして維持され、交換後の保険契約の予定契約期間にわたり償却される。                                         DAC   に関する追加の情報について
     は注記   7 を参照。
      事業取得価値       は、企業結合において、パーチェス法による会計処理の適用の下で購入価格の一部が帰属された識

     別可能な無形資産を表す。              VOBA   は、保有保険契約債務を取得日時点で算定された公正価値で表示するための、表
     示額に対する調整額を示す。               VOBA   残高については、取得時と同じ方法を用いて回収可能性テストが行われる。当
     社は  VOBA   を主に取得した生命保険、定額給付特約付の傷害・医療保険、据置型年金、確定拠出および確定給付事
     業のために設定している。              2018  年 12 月 31 日現在の     VOBA   残高の大半は、        2011  年の  AIG  スター生命保険株式会社、
     AIG  エジソン生命保険株式会社、               AIG  ファイナンシャル・アシュアランス・ジャパン株式会社および                                 AIG  エジソ
     ン・サービス株式会社(以下「スター生命およびエジソン生命の事業」と総称)の買収ならびに                                                  2013  年のハート
     フォード・ファイナンシャル・サービシズ・グループの個人生命保険事業(以下「ハートフォード生命保険事
     業」)の買収に関連している。                VOBA   は、  DAC   の償却に用いたのと同じ方法と仮定を使用して、取得した保険契約
     の予定契約期間にわたって償却される。当社は                         VOBA   の償却費を「一般管理費」に計上している。                        該当商品の場
     合、  VOBA   は未実現投資損益があたかも実現したものとして折込み、その影響額をもって調整される。このような
     場合、対応する損益は           AOCI   に含まれる。       VOBA   に関する追加の情報については注記                  8 を参照。
      その他資産      は主として、前払年金給付費用(注記                    17 を参照)、一定の拘束資産、売掛金、営業権およびその他の

     無形資産、      DSI  、運営合弁事業への当社の投資、有形固定資産、再保険未収金(後述の「                                        再保険    」の説明を参
     照)、ならびに貸借対照表日現在未だ決済していない有価証券売却未収金で構成されている。
      有形固定資産については、取得原価から減価償却累計額を控除した金額で計上している。減価償却は、対象資産

     の耐用年数を基に定額法で行っている。耐用年数は概ね                             3 年から   40 年である。
      一部の買収の結果、当社は営業権に関する資産(取得資産と引受負債を合算した純公正価値を超過する取得原価

     の部分)を認識している。営業権が当初に計上された時点で、営業権は報告単位に割り当てられる。報告単位は事
     業セグメント、またはそれより一段下の単位で、個別の財務情報が作成され定期的に経営者が評価する単位であ
     る。営業権は報告単位に割り当てられた後は、特定の買収との関連性は維持せずに、買収事業、内生事業を問わず
     当該報告単位内のすべての事業活動で営業権の価値を支える。
                                  64/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      当社は、     12 月 31 日付で年     1 回、営業権の減損テストを行っているが、報告単位の公正価値が簿価を下回る可能性
     の高い事象または状況の変化が生じている場合は、これより頻繁に行う。会計指針では、営業権の減損テストに関
     して、企業が定量的な            2 段階から成るテストを省略することを認めた、選択適用の定性評価を規定している。当社
     は、報告単位レベルで実施される定量的な                      2 段階から成るテストを選択している。最初のステップは減損の可能性
     を判定するために用いられ、各報告単位の公正価値と営業権を含む帳簿価額の比較が行われる。報告単位の公正価
     値が帳簿価額を上回っている場合は、当該営業権に減損は発生していないとみなされる。帳簿価額が公正価値を上
     回っている場合は、減損の可能性があり、減損金額を測定するために                                    2 段階目のテストが行われる。
      2 番目のステップでは最初のステップで減損が示された各報告単位について、営業権の公正価値の計算が行われ

     る。営業権の公正価値は企業結合の際に営業権の金額が認識されるのと同じ方法で決定される。当該報告単位が企
     業結合で取得されたかのように、営業権の公正価値は最初のステップで決定された報告単位の公正価値が資産、負
     債および識別可能無形資産の公正価値合計額を超過する額とされる。上記の企業結合の「試算」における営業権の
     公正価値が報告単位に割り当てられた営業権を上回っている場合は、減損は発生していないとみなされる。報告単
     位に割り当てられた営業権が公正価値を上回っている場合は、超過額について減損が「一般管理費」として計上さ
     れる。減損認識額が報告単位に割り当てられた営業権の金額を上回ることはなく、減損の計上により営業権の簿価
     は洗い替えられる。後に減損を戻入することは認められていない。経営者は報告単位の公正価値の決定の際に、こ
     れらには限られないが、予想利益、比較市場価格倍率、および将来正味キャッシュ・フローを割り引くリスク率な
     ど重要な見積りを行うことが求められる。
      当社は、固定および変額繰延年金保険に関する保険契約者に様々な種類の販売報奨金を供与した。販売報奨金は

     繰り延べられ、        DAC   の償却に用いたのと同じ方法と仮定を使用して、保険契約の予想契約期間にわたって償却さ
     れる。販売報奨金残高については、定期的に回収可能性テストが行われる。                                       DSI  の償却費は「保険契約者預り金勘
     定への利息振替」に計上される。                 該当商品の場合、         DSI  は未実現投資損益があたかも実現したものとして折込み、
     その影響額をもって調整される。このような場合、対応する損益は                                   AOCI   に含まれる。販売報奨金について、詳し
     くは注記     12 を参照。
      識別可能無形資産は主に顧客関係およびモーゲージ債権回収権によって構成され、償却費累計額を控除して計上

     している。当社は識別可能無形資産について減損テストを                              12 月 31 日付で毎年1回、または識別可能無形資産の帳簿
     価額が当該無形資産の利用および処分から得られると見込まれる割引前のキャッシュ・フローの合計を超過する可
     能性が高い事象または状況の変化が生じた場合には、その都度行っている。この条件が存在し識別可能無形資産の
     帳簿価額が公正価値を上回った場合、超過額は減損として認識され損益に計上される。無形資産の測定には見積り
     の利用が必要とされる。重要な見積りは規定通り、無形資産に帰属される予想正味キャッシュ・フロー、および公
     正価値見積りのために将来正味キャッシュ・フローの割引に用いられるリスク率などである。識別可能無形資産に
     関する詳細は注記         10 を参照。
      運用合弁事業への投資は一般的に持分法を適用して会計処理される。これらの投資の価値の下落が一時的ではな

     いと判断された場合には、帳簿価額は公正価値まで評価減あるいは減損される。運用合弁事業への投資に関する追
     加の情報については注記             9 を参照。
                                  65/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      分離勘定資産       は、特定の保険契約者、年金基金およびその他の顧客のために投資されている分別保管された資金
     を表す。この資産は、株式、満期固定証券、不動産関連証券、不動産モーゲージ・ローン、短期投資およびデリバ
     ティブ商品で構成され、公正価値で計上される。各勘定の資産は、法律的に分別保管されており、当社の他の業務
     から生ずるいかなる請求に対しても無関係である。市場価格変動に伴う投資リスクは、特定の勘定に関して当社が
     行っている最低保証の範囲を除き、顧客が負担する。分離勘定資産による投資収益および実現投資損益は、一般的
     に契約者に帰属し、当社の業績には計上されない。この勘定に対して課せられた死亡保険料、契約管理料および解
     約控除金は、「契約賦課金および報酬収益」に含まれる。                              この口座に賦課された資産運用手数料は、「資産運用手
     数料」に含まれる。          当社が分離勘定に投資するシード・マネーは、該当する一般勘定資産項目に計上される。分離
     勘定に投資したシード・マネーによる投資収益および実現投資損益は当社に帰属し、当社の業績に計上される。契
     約上の保証がある分離勘定についての補足情報は注記                            12 参照のこと。後述の「           分離勘定負債       」も参照のこと。
     負債の部

      責任準備金      は、主に契約者への将来の見積もり支払額の現在価値から将来の純保険料の現価を差し引いたものに

     より構成される。支払のタイミングと金額は契約者の死亡率または罹患率に依存する。伝統的有配当生命保険商品
     については、使用される死亡率と金利の仮定は、契約の保証解約返戻金を計算するために使用されたものである。
     伝統的有配当生命保険以外の生命保険、年金および所得補償保険商品については、予想死亡率は一般に当社の経
     験、業界のデータおよび/またはその他の要因に基づいている。金利に関する仮定は市場の状況や期待運用リター
     ンといった要素に基づいている。死亡率、罹患率および金利の仮定は固定保証条項付の新たな生命保険あるいは年
     金の発行の時点で「ロックイン」されるが、経験則あるいは仮定の大きな変更が、保険料不足準備金を設定するこ
     とにより将来の予想される損失に備えることを必要とすることがある。保険収益不足準備金は、責任準備金に将来
     の予想総保険料の現在価値を加えた額が、予想される将来の保険金給付額と費用を賄うのに充分でないと認められ
     た場合、必要に応じて計上される。保険収益不足準備金には、逆偏差のリスクに対する引当は含まれていない。短
     期契約に関連した保険収益不足が存在するかを判定する際に、当社は、とりわけ予想投資収益を考慮する。売却可
     能に分類されている有価証券の未実現純利益に関連した責任準備金の修正は、                                         AOCI   に計上される。ある特定の状
     況では、個別の保険種目についての保険契約者債務には総額で損失の認識を必要とするような不足はないかもしれ
     ないが、損益パターンで、契約の早期の年度には利益が認識され、後の方の年度で損失が発生するパターンとなっ
     ている可能性もある。こうした状況では、会計基準は、後の方の年度で認識される損失を十分に相殺するために必
     要な金額で追加債務(利益発生後の損失(以下「                          PFL  」)債務)の認識を要求している。現在、                      PFL  債務はその大
     部分が特定のユニバーサル生命保険契約に伴うものであり、これらの契約では動的アプローチを使用して                                                      GAAP   上
     の準備金を測定し、そのため、測定日現在の負債が見込まれる将来の損失を相殺するために必要な額の現在価値に
     対する会社の最新見積りを表すように、四半期ごとに現有保険契約および市場データを使用して、また年次での仮
     定の更新の一環として更新が行われる。責任準備金について、詳しくは注記                                       11 を参照。
      将来の保険契約給付に関する当社の負債は、未払保険金および保険金支払請求査定費を含む。当社は損失準備金

     を実際に損失が発生するまでは設定しない。しかし、当社が貸借対照表日時点に報告されていない未払保険金が発
     生しうると確信している場合、見積保険金は未払保険金および保険金支払請求査定費に含まれる。将来の保険契約
     給付に関する当社の負債は、注記                 12 でより詳細に記載されている一定の長期生命保険および年金契約に関する保証
     給付ならびに繰延利益に係る純負債も含んでいる。
                                  66/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      保険契約者預り金勘定負債              は、貸借対照表日時点で契約者の給付に生じた契約の価値を表している。この負債は
     主に、累積的な積立額に付与利息を加え、該当するものがあれば、契約者の引出額と残高に対して課せられるその
     他の手数料を差し引いた額に関連する。保険契約者預り金勘定は年金開始後の確定年金の給付および一部の未経過
     収益のための準備金も含んでいる。保険契約者預り金勘定について、詳しくは注記                                          11 を参照。
      契約者配当金負債         に関する当社の負債は、契約者に支払われる配当金およびクローズド・ブロックに含まれる有

     配当契約に関連する契約者配当債務が含まれる。クローズド・ブロックに含まれる契約に支払われる配当金は、法
     定会計上の業績、資本ポジション、格付け、クローズド・ブロックの新たに生起する経験に基づき、プルデンシャ
     ル・インシュアランス・カンパニー・オブ・アメリカ(以下「プルデンシャル・インシュアランス」)の取締役会
     により毎年年度末に翌年について決定される。契約者配当準備金は、追加的な契約者配当としてクローズド・ブ
     ロックの契約者に支払われると見込まれる額を示すが、将来のクローズド・ブロック業績と相殺されることがあ
     る。売却可能に分類されている有価証券の未実現純利益(損失)に関連した契約者配当準備金の修正は、                                                       AOCI   に
     計上される。契約者配当準備金について、詳しくは注記                             14 を参照。クローズド・ブロックに含まれる有配当契約以
     外の契約に支払われる配当金には、一定の団体および個人の保険契約に基づいて支払われる配当金が含まれてい
     る。
      買戻条件付売却有価証券             は、主にスプレッド収入の獲得、資金調達およびトレーディング業務の促進に利用され

     る有価証券の買戻し契約に関連する負債を表す。買戻条件付売却有価証券契約の一環として、当社は米国債および
     政府機関債を第三者に譲渡し、現金を担保として受領する。スプレッド収入の獲得のために利用される買戻条件付
     売却有価証券で受け取った現金は通常、現金同等物、短期投資あるいは満期固定証券で運用される。売戻条件付購
     入有価証券に関連する債権は、一般的には現金同等物に分類される(上記の「                                        現金および現金同等物           」も参照のこ
     と)。売戻条件付購入有価証券契約の一環として、当社は現金を投資して、米国債またはその他の債券を担保とし
     て受領する。
      一定の条件を満たした買戻条件付売却有価証券および売戻条件付購入有価証券は担保付借入取引または担保付貸

     付取引として扱われる。これらは、個々の取引で定められたその後の売戻価額あるいは買戻価額で計上される。当
     社の方針として、売戻条件付購入有価証券を直接的または第三者保管会社を通じて、当該有価証券を所有下または
     支配下に置いている。これらの有価証券は日次で評価され、信用エクスポージャーからの保護のために適当な場合
     は、追加の有価証券または現金の担保の受入れまたは返却を行う。売戻される資産は、譲渡あるいは受取資産と同
     一のもの、もしくは実質的に同一のものである。これらの取引の大半は、大手証券会社および大手銀行との間で
     行っている。買戻条件付売却有価証券については、買戻される有価証券の市場価額をモニターし、与信エクスポー
     ジャー回避のため必要に応じて追加担保を徴求する。当社は、売却された有価証券の公正価値の少なくとも                                                       95%  に
     相当する金額の担保を徴求している。買戻される資産は、これらの資産と同一のもの、もしくは実質的に同一のも
     のである。これらの取引の大半は、高格付のマネー・マーケット・ファンドとの間で行っている。スプレッド収入
     の獲得のために保険会社間で行われる当該取引に関連する収益および費用は「純投資利益」として計上されるが、
     資金調達のために行われる取引に関連する調達費用は支払利息(「一般管理費」に含まれる)として計上される。
     当社デリバティブ業務で行われる当該取引に関連する収益および費用は「その他収益(損失)」に計上される。
                                  67/259








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      貸付有価証券見合現金担保預り                は、有価証券貸付取引で受領した現金を返還する債務を表す。有価証券貸付取引
     は、主にスプレッド収入の獲得または資金調達に利用される。有価証券貸付取引の一環として、当社は米国および
     外国の債券ならびに株式に加えて米国債および米国政府機関債を譲渡し、現金を担保として受領する。有価証券貸
     付取引での現金受領額はスプレッド収入の獲得のために利用され、現金は通常、現金同等物、短期投資あるいは満
     期固定証券で運用される。有価証券貸付取引は金融取引として扱われ、収受した現金額で計上される。貸付有価証
     券に対し、国内有価証券の場合については当該証券の公正価値の                                  102%   に相当する価額、外国有価証券の場合につ
     いては同じく       105%   に相当する価額の担保を徴求している。当社は貸付有価証券の市場価額を日々モニターしてお
     り、必要があれば追加担保を徴求している。当社は実質的にすべての有価証券貸付取引を、大手証券会社および大
     手銀行と行っている。スプレッド収入の獲得のために行われる有価証券貸付取引に関連する収益および費用は「純
     投資収益」に含まれるが、資金調達目的で行われる有価証券貸付取引に関連する代行手数料は支払利息(「一般管
     理費」に含まれる)として計上される。
      当社は、有価証券貸付取引も締結している。この取引では、通常は日本国債を非現金担保として受け入れてい

     る。受け入れた担保は、当社の連結財政状態計算書には報告されていない。これらの取引では、貸付有価証券に対
     し、国内有価証券の場合については当該証券の公正価値の                              102%   に相当する価額、外国有価証券の場合については
     同じく   105%   に相当する価額の手数料を受領し、担保を徴求している。当社は貸付有価証券の市場価額を日々モニ
     ターしており、必要があれば追加担保を徴求している。実質的にすべてのこれらの取引は、大手証券会社および大
     手銀行との間で行っている。収益は「純投資利益」として報告されている。
      法人所得税債務        は、主に正味繰延税金負債および当該年度および監査が終了していない年度の当社の見積未払法

     人所得税を表す。
      当社および米国内の連結税務申告に含めることができる子会社は、生命保険会社および損害保険会社を含む連結

     連邦法人所得税申告書を提出している。一部の米国内の子会社は個別の税務申告書を提出している。米国外で事業
     を営んでいる子会社は、それぞれの国で適用される法令に基づいて課税され、法人所得税費用が計上されている。
     当社が所得の本国送金を仮定している米国以外の法域については注記                                    15 を参照のこと。
      税法によって税務申告書に含めることが義務付けられる項目は、財務書類に含められている項目とは異なる場合

     がある。その結果、財務書類に反映されている実効税率は、税務申告書において適用された実際の税率とは異なる
     場合がある。当社の税務申告書において控除が認められない費用など、こうした差異の一部は永久差異であり、一
     部の差異は保険準備金の評価など、時間とともに戻される一時的差異である。一時的差異に基づいて、繰延税金資
     産および負債が計上される。繰延税金資産は、一般的に将来の年度に税務上の控除項目または税額控除として使用
     することができ、当社がすでに当社の連結損益計算書上でその税務ベネフィットを計上している項目を示してい
     る。繰延税金負債は、一般的に当社の財務書類上で認識されたが支払は繰り延べられている税金費用、または当社
     の税務申告書上すでに控除されているが当社の財務書類においては未認識の支出を示している。
      繰延法人所得税は財務会計上の資産と負債の数値が税務会計上の数値と異なっている場合に、法定税率に基づい

     て認識される。        U. S. GAAP   を適用する場合は、当社の繰延税金資産の回収可能性を評価し、必要であれば、実現し
     ないよりも実現する可能性の方が高くなると見込まれる金額まで当社の繰延税金資産を引き下げるために、評価性
     引当金を設定することが要求される。評価性引当金の設定が必要か否かを決定し、必要となった場合にそのような
     評価引当金の額を決定するには、相当な判断が要求される。評価性引当金の必要性を評価する際に検討する要因に
     ついては、注記        15 を参照。
                                  68/259






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      2017  年米国税制改正法(以下「              2017  年税法」)には、当社の実効税率および将来の期間の税金の納付額に影響を
     及ぼす可能性のある           2 つの新税の規定が含まれている。税源浸食・濫用防止税(以下「                                  BEAT   」)は、     2018  年には
     5%  の税率で修正課税所得に課税し、その税率は                       2019  年に  10%  、 2026  年に  12.5%   に増加する。外国税額控除と一定の
     税額控除の恩恵を考慮することなく計算された                        BEAT   額が、所定の年度の通常法人税より大きい場合、                          BEAT   税の
     期限が到来する。一般に、修正課税所得は、納税者の通常課税所得に、外国関係会社への支払いに関する一定の
     「税源浸食税務ベネフィット」の金額と共に、税務上の繰越欠損金控除の「税源浸食率」の金額を足し戻すことで
     計算される。当社の米国保険事業から、米国関係会社の受再保険に関する当社の外国関係会社に対して支払われた
     利益および給付金が、税源浸食支払額としてみなされることは可能であり、将来的には、米国連結の                                                    PFI  グループ
     を BEAT   の対象とすることができる。グローバル無形資産軽課税所得(以下「                                    GILTI   」)の規定は、外国子会社の
     有形資産みなし利益率            10%  を超える連結外国子会社の利益に米国のミニマム税を適用する。これは、この外国関係
     会社の利益に       50%  の米国の税率を課し、外国法人所得税に部分的な外国税額控除を認めるものである。あらゆる期
     間において、       GILTI   の税額がある場合、その金額は米国の課税所得認識規則と事業を遂行している国の課税所得認
     識規則の差異ならびに米国事業の全体の課税所得と同様に、                               GILTI   規定に基づく米国の税額の削減に適用できる外
     国税額控除額を制限する米国の経費配分規則に左右される可能性がある。特定の状況において、米国事業の課税所
     得について、外国関係会社の利益の                  50%  以上が   GILTI   規定の対象となる可能性がある。米国連結の                       PFI  グループで税
     務上の繰越欠損金または国内事業の損失が発生した年度において、                                   GILTI   規定はこれらの一部またはすべての損失
     に対する米国税務ベネフィットの損失を生じさせ、実質的に外国利益に対する税額を増加させる。当社は、                                                       BEAT
     および   GILTI   規定が発生した場合、その影響を発生時の期間費用として会計処理している。
      2017  年 12 月、証券取引委員会(以下「               SEC  」)スタッフは、「           SAB  第 118  号、米国税制改正法の会計処理への影

     響」(以下「       SAB118    」)を公表し、登録企業が              1 年を超えない「測定期間」中は暫定的な金額を計上することを認
     めた。   SAB118    によって提供されたこの救済に基づき、企業は、この税制改正の会計処理を完了させるために合理
     的な程度に詳細に作成または分析された必要情報を入手できない場合には、暫定的な金額を認識することができ
     る。  2017  年税法に関連して         2017  年に計上した暫定的な金額、および                  2018  年に計上した暫定的な金額の調整に関する
     説明については、連結財務書類の注記                   15 を参照。
      U.S.GAAP     では、企業が税務申告書上でとったまたはとると見込まれる不確実な税務ポジションが、財務書類上

     でどのように認識、測定、表示および開示されるべきかについての包括的なモデルを規定している。この指針の適
     用は  2 段階のプロセスである。最初の段階で、当社は、専門的観点に基づいて、当該税務ポジションが税務監査に
     耐え得る可能性が耐えられない可能性よりも高いかを判定する。税務ポジションがこの耐え得る可能性の方が高い
     かの認識基準を満たさない場合、そのポジションによる税務ベネフィットは財務書類上で認識されない。第                                                        2 段階
     は測定である。当社は、すべての関連する情報について十分な知識を有する税務当局との間での最終的な決着の結
     果実現する確率が、           50%  超であるベネフィットの最大額として、税務ポジションを測定する。この測定では、事
     実、状況および報告日現在で入手可能な情報を使用して、最終的な決着で実現される可能性のある結末の金額と確
     率が考慮に入れられる。
      当社の法人所得税負債には、米国内国歳入庁(以下「歳入庁」)や他の税務当局による調査をまだ受ける可能性

     がある課税年度の未認識税務ベネフィット、利子、および追徴金に係る負債が含まれている。追徴課税請求期限が
     過ぎるまで、当該監査期間には調査を受ける可能性が残存する。一般的に、税務上の繰越欠損金、キャピタル・ロ
     スまたは税額控除の繰越し(以下「税務上の繰越項目」)が発生した課税年度については、それらを残らず使用し
     た課税年度の追徴課税請求期限が終了するまで、それら税務上の繰越項目の範囲で追徴課税の請求があり得る。監
     査期間の調査が終わると、あるいは追徴課税請求期限が到来すると、それを受けて法人所得税負債を修正する可能
     性もある。当社では、税務の不確実性に伴う延滞税および加算税を、すべて法人所得税費用として分類している。
     法人所得税に関する追加の情報については注記                        15 を参照。
                                  69/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      短期および長期借入債務             は、主として未償却のディスカウントまたはプレミアムおよび債券発行費用控除後の未
     決済元本の残高で計上されている。当初発行時のディスカウントまたはプレミアムおよび債券発行費用は当該債務
     の予想期間にわたり利息法を用いて償却され、利息費用の一部として認識される。支払利息は、原則として当社の
     連結損益計算書の「一般管理費」の中で表示される。業界の特別なガイダンスに定められた特定の業務に関して
     は、支払利息が「純投資収益」の中で報告される場合もある。短期借入債務は                                        12 ヵ月以内に返済期限が到来する債
     務で、長期借入債務として分類される債務の                       12 ヵ月以内に返済期限が到来する金額を含む。短期借入債務でも、当
     社が近日中に長期借入債務で借り換えを行う意思および能力がある場合は、短期借入債務として表示されないこと
     もある。短期および長期借入債務についての追加の情報は注記                                16 を参照。
      その他負債      は主として、買掛金、年金およびその他の従業員給付債務(注記                                 17 を参照)、デリバティブ負債(後

     述の「   デリバティブ金融商品           」を参照)、再保険未払金(後述の「                    再保険   」の説明を参照)、ならびに貸借対照表
     日現在で未だ決済していない有価証券購入未払金で構成されている。
      連結変動持分事業体発行債券               は、特定の資産担保投資ビークルが発行した債券で、主としてローン担保証券(以

     下「  CLO  」)を表し、当社は当該債券を連結すること義務付けられている。これら                                       VIE  の債権者は、当社に対し
     VIE  の保有資産を超える金額を償還請求する権利を有していない。当社は、これらの債券の過半数について公正価
     値オプションを選択し、対応する銀行借入担保も公正価値に基づいている。公正価値の変動は、「その他収益(損
     失)」に計上される。
      分離勘定負債       は主に分離勘定資産における保険契約者の勘定残高を示し、また、大きくはないが分離勘定の借入

     金も含まれている。分離勘定負債は、分離勘定資産合計と同額で相殺されるべきものである。上記の「                                                     分離勘定資
     産 」も参照のこと。
      契約債務および偶発債務             は、債務が既に発生している可能性が高く、かつ、その金額が合理的に見積可能である

     場合に計上される。経営者は合理的に見積り可能な事項の最終的解決に関する追加の法的あるいはその他のコスト
     があるかを評価し、その場合それらは発生額に含められる。これらの引当債務は、通常「その他負債」に計上され
     る。
     収益および費用

      保険収益および費用の認識

      ユニバーサル生命保険および変額生命保険を除く個人生命保険、医療保険および長期介護保険から生じる保険料

     は、払込期日に認識される。保険料払込期間が保険金・給付金支払期間より大幅に短い場合は、保険料から純保険
     料を差し引いた分(保険料のうち、すべての見積責任準備金および見積未払費用への充当に要する部分)は一般的
     に繰延べられ、保有契約金額に対して一定の比率で収益に認識される。保険金・給付金は、発生時に費用計上され
     る。責任準備金については、保険料が認識された時点で平準純保険料式による方法を用いて計上される。
      無配当の生命保険付団体年金保険、一時払い方式の生命保険付仕組決済型契約、および一時払い方式の生命保険

     付即時型年金保険から生じる保険料も、払込期日に認識される。保険料払込期間が保険金・給付金支払期間より大
     幅に短い場合は、保険料から純保険料を差し引いた分は原則として繰延べられ、将来の予想給付支払額に基づいて
     収益に認識される。保険金・給付金は、発生時に費用計上される。責任準備金については、保険料が認識された時
     点で平準純保険料式による方法を用いて計上される。
                                  70/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      一部の個人年金保険契約においては、死亡給付金または年金が所定の最低額を下回らない旨の保証を契約者に付
     与している。これらの給付金・年金の会計処理は保険契約として行われる。当社は、組込デリバティブとみなされ
     る特定の生前給付を伴う契約も提供している。これらの契約に関する追加の情報については注記                                                 12 を参照。
      ユニバーサルまたは変額の団体・個人生命保険、据置型の定額または変額年金保険、生命保険の付かない仕組決

     済型契約およびその他の契約、有配当団体年金保険の払込みとして領収した金額は、「保険契約者預り金勘定」へ
     の預入れおよび/または「分離勘定負債」として計上される。                                これらの契約からの収益は「契約賦課金および報酬
     収益」に計上され、主として死亡およびその他の給付の保険料、契約管理料、ならびに解約控除金のための保険契
     約者預り金勘定に対して付保期間内に課される手数料から構成される。一般勘定のポートフォリオ内の預り金の運
     用からは、手数料に加えて、投資収益を稼得する。将来提供されるサービスに対しての当社への報酬として算定さ
     れた手数料、およびその他の手数料は一般的に繰り延べられ、契約期間にわたり見積総利益に比例して償却され
     る。これらの商品に関する保険金・給付金や費用には、関連する預り金勘定残高を上回る保険金、契約管理費用、
     保険契約者の勘定残高への利息収益額、ならびに                         DAC   、 DSI  および   VOBA   の償却額が含まれる。
      団体生命保険(ユニバーサル型および変額の団体生命保険を除く)および団体所得補償保険の保険料は、通常当

     該保険料による付保期間を通じ、保険金額に応じて認識される。保険金および保険金支払請求査定費は、発生時に
     認識される。
      資産運用手数料        に含まれるのは主として、資産残高に基づいた資産運用手数料であり、当該サービス提供が行わ

     れた期間に認識される。一部の資産運用手数料契約では、運用資産のリターンが一定のベンチマークのリターンま
     たは他の目標パフォーマンスを上回ると、成功報酬を受領できるとされている。当社は、これらの資産のベンチ
     マークとの相対での将来のパフォーマンス次第では、このような成功報酬の全部または一部を返還することを義務
     付けられる場合がある。当社は、資産運用手数料の取り決め上の契約条件が満たされ、手数料の大幅な返金が発生
     しないことが予想された時点で、成功報酬を収益計上している。この原則の下では、当社は前に説明した成功報酬
     の収益認識基準を満たす前に成功報酬に関連して現金を受領した範囲で繰延成功報酬負債を計上する。
      その他収益(損失)          には、「満期固定証券、売買目的有価証券」、「経験料率契約者保険負債に対応する資産、

     公正価値」、「持分証券、公正価値」、および公正価値で測定された「その他投資資産」として分類される投資、
     ならびに特別投資会社の公正価値会計を適用する連結会社の実現損益および未実現損益が含まれる。「その他収益
     (損失)」にはまた、下記の「外貨」で詳細が説明されている主に外貨建資産および負債の再測定に関連する損益
     も含まれている。
                                  71/259










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     その他の会計方針
      株式に基づく支払

      当社は、従業員持株制度で保有するエクイティ商品を除き、従業員への株式報酬支払は公正価値測定法を適用し

     て会計処理を行っている。超過税務ベネフィット(不足額)は、損益に計上され、実現した実際の税務ベネフィッ
     トと株式に基づく支払に起因して計上された繰延税金資産の金額の累積的差異を表す。
      当社は、製品・サービスの入手または販売に関連して従業員以外の者に発行されたエクイティ商品の会計処理に

     関する正式指針および関連解釈に準拠し、従業員以外の者を対象に付与したストック・オプションの会計処理を公
     正価値法によっている。
      1 株当たり利益

      2018  年度、   2017  年度および      2016  年度に係る普通株式          1 株当たり利益は、プルデンシャル・ファイナンシャルの連

     結利益を反映している。基本               1 株当たり利益は、普通株主に帰属する利益を期中の発行済普通株式の加重平均数で
     除して計算されている。希薄化後                 1 株当たり利益は、その期間中に発行されているすべての希薄化効果のある潜在
     的普通株式の効果を含んでいる。追加の情報については注記                               19 を参照。
      通貨

      当社が財務諸表の作成にあたって使用した通貨(以下「報告通貨」)は、米ドルである。外国での事業の資産、

     負債および業績は、それぞれの外国事業の機能通貨に基づいて計上されている。機能通貨の決定は、それぞれの外
     国事業に関連する経済的事実および状況に基づく。当社の外国事業の現地通貨がその機能通貨となるのが通常であ
     る。ただし、複数の機能通貨が存在する当社の日本での事業を重要な例外とする。
      当社の財務諸表でこれらの外国取引と残高を表示するにあたって、外貨測定と外貨換算という                                                 2 つの異なるプロ

     セスがある。外貨測定は、外貨で行われた取引が機能通貨として表示されるプロセスをいう。外貨測定から生じる
     損益は、「その他収益(損失)」の当期の損益で報告されている。                                  外貨換算は、外国事業体の機能通貨を、財務諸
     表では報告通貨として表現するプロセスである。米ドル以外の通貨で報告される外国での事業や子会社の資産およ
     び負債は、期末日現在の為替レートで換算される。収益、保険金・給付金、およびその他の費用は、期中の平均
     レートで換算される。米ドル以外の機能通貨を使用している米国外企業の損益計算書および財政状態計算書の換算
     による影響は、関連する適格ヘッジ損益および法人所得税控除後の金額で、                                       AOCI   の項目である「外貨換算差額の
     調整」に計上される。
      デリバティブ金融商品

      デリバティブとは、その価額が金利、為替レート、金融指数、有価証券やコモディティの価格、信用スプレッ

     ド、市場ボラティリティ、予想リターン、および流動性の変動から派生する金融商品である。デリバティブの価額
     はまた、評価モデルで使用される見積りおよび仮定の変更による影響を受け、その見積りおよび仮定の変更には契
     約相手の行動や不履行リスク(以下「                    NPR  」)なども含まれる。当社が利用するデリバティブ金融商品は、スワッ
     プ取引、先物取引、先渡取引、およびオプション取引などで、取引所を通して売買される取引、または店頭市場
     (「  OTC  」)で契約される取引である。デリバティブ持高は、一般的に市場価格または価格決定モデルを用いて、
     公正価値で計上される。
                                  72/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      デリバティブは、資産または負債の金利面および通貨面の特性を管理する目的、ならびに為替レートの変動によ
     る機能通貨以外での見込利益や外国事業への純投資の変動を軽減する目的で利用されている。デリバティブはま
     た、保有資産または購入や売却が予定されている資産、および発生したか発生が見込まれる負債に関連した金利リ
     スク、信用リスク、為替リスク並びに持分リスクを軽減する目的で利用される。下記および注記                                                  5 において記述さ
     れているとおり、デリバティブの公正価値の実現および未実現変動額は、キャッシュ・フロー・ヘッジとしての有
     効部分および外国事業への純投資のヘッジとしての有効部分を除き、すべて当期の損益に計上される。当社はま
     た、連結会社間でデリバティブ契約を締結することがある。連結上、この契約の結果は当該商品の期間にわたって
     消去されるが、デリバティブの損益は必要に応じて事業の総利益に含まれ、この総利益が                                               DAC   やその他の資産が
     償却されるパターンに影響を及ぼす場合がある。デリバティブによるキャッシュ・フローは、同デリバティブの性
     質および目的に基づき、連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動、投資活動または財務活動の区分に計上され
     る。
      デリバティブは、資産であれば資産項目の「その他投資資産」に、負債であれば負債項目の「その他負債」に計

     上される。ただし、関連する主契約に一体で計上される組込デリバティブは除く。当社は、マスター・ネッティン
     グ契約を締結した契約相手とのすべてのデリバティブ金融商品の公正価値を相殺している。
      当社は、マスター・ネッティング契約を締結した契約相手との間では、すべてのデリバティブ金融商品の公正価

     値を純額で表示している。当社はデリバティブを、                          (1) 認識された資産もしくは負債、または未認識確定契約の公正
     価値をヘッジするもの(以下「公正価値ヘッジ」)、                            (2) 予定取引または認識された資産もしくは負債に関連して受
     払いされるキャッシュ・フローの変動可能性をヘッジするもの(以下「キャッシュ・フロー・ヘッジ」)、                                                       (3) 外貨
     建の公正価値またはキャッシュ・フローをヘッジするもの(以下「外貨ヘッジ」)、                                            (4) 外国事業への純投資をヘッ
     ジするもの、または          (5) ヘッジ会計が認められないデリバティブ、のいずれかに指定する。
      ヘッジ会計が認められるためには、デリバティブがヘッジ対象として指定されたリスクを軽減する高い有効性を

     持たなければならない。ヘッジの有効性は、ヘッジ取引の開始時点からヘッジ期間中を通して、正式な評価を受け
     る。デリバティブのヘッジ会計が認められるとしても、ヘッジが有効でない要素が存在する可能性もある。この場
     合、ヘッジが有効ではない部分は「実現投資利益(損失)、純額」に計上している。
      当社はヘッジ手段とヘッジ対象間のすべての関係、または様々なヘッジ取引を実施するリスク管理目的および戦

     略を取引開始時に正式に文書化している。この手続きは公正価値ヘッジ、キャッシュ・フロー・ヘッジ、または外
     貨ヘッジとして指定されたすべてのデリバティブを貸借対照表上の特定資産および負債、または特定の確定契約債
     務あるいは予想される取引と関連付けている。外国事業における純投資のヘッジは、特定の外国事業に関連付けさ
     れる。
      デリバティブが公正価値ヘッジとして指定され、かつ有効性が高いと判定される場合、その公正価値の変動は、

     ヘッジ対象資産または負債の公正価値の変動(確定契約の損益を含む)と共に、基本的には純額で連結損益計算書
     上の「実現投資利益(損失)、純額」に計上される。                            スワップ取引にヘッジ会計が用いられる際、関連する定期的
     決済は、ヘッジ対象の決済と同じ連結損益計算書項目に計上される。
      デリバティブがキャッシュ・フロー・ヘッジとして指定され、かつ有効性が高いと判定される場合、その公正価

     値の変動は、キャッシュ・フローの変動可能性によって損益が影響を受けるまで(例えば、変動金利資産または負
     債の定期的決済が損益に計上される時)                     AOCI   に計上される。その時点で、デリバティブに関する繰延損益のうち
     関連する部分はヘッジ対象と共に連結損益計算書項目に組替えられ計上される。
                                  73/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      デリバティブが外貨ヘッジに指定され、かつ有効性が高いと判定された場合、その公正価値の変動は、そのヘッ
     ジ取引が公正価値ヘッジ(たとえば認識された外国通貨資産または負債のヘッジ)である場合は当該期間の損益
     に、またそのヘッジ取引がキャッシュ・フロー・ヘッジ(たとえば外国通貨建の予定取引)である場合は                                                       AOCI   に
     計上される。外国事業への純投資のヘッジとしてデリバティブが用いられている場合、その公正価値変動の会計処
     理は、ヘッジとして有効な範囲で、外貨換算調整と同一の方法により行われる(すなわち、                                                AOCI   の中の累積外貨
     換算調整勘定の中で報告される)。
      デリバティブが有効な公正価値ヘッジまたはキャッシュ・フロー・ヘッジと認められないと判定された場合、あ

     るいは経営者がヘッジ指定を解除した場合、当該デリバティブは引き続き公正価値で貸借対照表に計上され、同時
     に公正価値の変動が「実現投資利益(損失)、純額」で認識される。                                    この場合で公正価値ヘッジ対象のヘッジされ
     た資産あるいは負債は、公正価値の変動について調整されず、その時点における調整額は、当該資産あるいは負債
     に関連する連結損益計算書項目で償却される。中止されたキャッシュ・フロー・ヘッジに関連する                                                    AOCI   の項目
     は、当初のヘッジ対象のキャッシュ・フローが損益に及ぼす影響と同じ、ヘッジ対象のキャッシュ・フロー関連の
     連結損益計算書項目に組替えられる。
      ヘッジ対象が確定契約の定義を満たさなくなったため、あるいは予定取引が所定期間終了時までに行われない可

     能性が高いために、ヘッジ会計の適用が中止になった場合は、当該デリバティブは引き続き公正価値で貸借対照表
     に計上され、同時に公正価値の変動が「実現投資利益(損失)、純額」で認識される。                                             確定契約の認識に従って計
     上された資産あるいは負債は、貸借対照表上から消去され、同時に「実現投資利益(損失)、純額」で認識され
     る。  予定取引のキャッシュ・フロー・ヘッジに従って                          AOCI   に計上されていた損益は、直ちに「実現投資利益(損
     失)、純額」で認識される。
      デリバティブのヘッジ会計が認められない場合、その公正価値の変動は受取および支払純額を含めすべて「実現

     投資利益(損失)、純額」に計上され、経済的に関連する資産または負債の公正価値の変動は考慮されない。
      当社は、金融商品にデリバティブが「組み込まれた」金融商品の契約当事者である。当社はその契約開始時に、

     組み込まれた商品の経済的性格がその金融商品(つまり主契約)の他の構成要素の経済的性格に明確に、そして密
     接に関連しているか否か、およびその組込商品と同じ条件の個別商品がデリバティブの定義に当てはまるか否かに
     ついて評価する。         (1) 組込デリバティブが主契約の経済的性格に明確にそして密接に関連していない経済的性格を持
     ち、かつ     (2) 同じ条件の個別商品がデリバティブとして認められると判断された場合、その組込デリバティブは、主
     契約と区分して公正価値で評価され、公正価値の変動が「実現投資利益(損失)、純額」に含められる組込デリバ
     ティブとして適格となる。              他の場合であれば区分処理および公正価値による報告が必要となる組込デリバティブが
     含まれる特定の金融商品については、当社は、商品全体を公正価値で計上し、「その他投資資産」または「その他
     負債」に含めて報告する選択を行うことができる。
      再保険

      当社は、適用される会計基準に従って、保険リスクに関連する損失または負債を補償する契約であるか否かを、

     再保険契約ごとに判断している。当社は、契約のあらゆる特性、中でも再保険会社が負担する保険リスクの度合い
     を制限しうる特性、あるいは保険金の適時支払いを遅らせる特性についてレビューしている。
                                  74/259






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      当社は、再保険事業体または再保険者(つまり引受事業体)のいずれかとして、様々な立場で再保険契約に加入
     している。当社の再保険協約について、詳しくは注記                            13 を参照。受再保険事業は、一般に元受保険と同じ方法で会
     計処理される。再保険契約に基づき現在回収可能な金額は「その他資産」に、未払金の金額は「その他負債」に含
     まれている。       収益および費用には、再保険契約に基づき引き受けた金額が含まれ、出再保険控除後の金額を反映し
     ている。
      再保険に出しても、第一義的な保険者としての当社の責任は存続する。出再保険残高は、再保険会社が再保険条

     件に基づく当社への弁済を履行できなくなった場合における、当社の債務を表していると考えることもできる。共
     同保険方式で再保険に出した長期保険契約に関する再保険料、手数料、費用実費支払、給付金および準備金は、原
     保険契約の付保期間にわたり、当該原保険契約の会計処理に用いられたものと同様の基礎率を用いて会計処理され
     る。共同保険協約は、死亡リスクのみが再保険者に移転され、そのリスクを出再するために保険料が再保険者に支
     払われる当社の        1 年毎更新の協約とは対照をなす。                  1 年毎に更新される契約で出再される死亡リスクは、原再保険
     契約に規定されている死亡給付金と、対応する準備金または同契約に関する当社の勘定残高との差異を表してい
     る。再保険者に対して支払われる保険料は、原契約の契約者が当社に支払う実際の保険料に基づくのではなく、交
     渉による金額に基づいている。当社は、再保険契約が原保険契約の期間にわたって有効であることを期待して、通
     常 1 年毎に更新可能な契約を締結するため、これらは長期再保険契約とみなされる。ユニバーサル生命保険商品の
     再保険費用は、一般に、基礎となる元受保険の総評価に基づいて認識される。定期保険商品の再保険費用は、一般
     に、原保険契約の期間にわたって、                   1 年毎に更新される定期保険料に比例して認識される。短期再保険契約関連の
     再保険費用は、再保険契約期間にわたって会計処理される。
      再保険契約によって、再保険者を保険リスクによる重大な損失にさらす合理的な可能性がないと当社が判断した

     場合、当社は預金法を使用して、この契約を会計処理している。受領した預金はその他負債に、預金はその他資産
     に含まれている。金額を支払いまたは受領した場合、原契約と一致するように預金資産または負債は調整される。
     その預金の利息は、その他収益(損失)または一般管理費に適宜計上される。
      個人生命保険事業における特定の再保険契約の会計処理

      2017  年に、当社は個人生命保険セグメントにおいて、ユニバーサル生命保険商品に伴う再保険に係るキャッ

     シュ・フロー見積りの変更、およびこうしたキャッシュ・フローの財務書類における反映方法の変更を反映して、
     237  百万ドルの費用を認識した。従来の会計処理方法の下では、無失効保証に関する回収を除き、再保険のキャッ
     シュ・フロー(すなわち、保険料および回収額)は一般的に発生時に認識されていた。                                              この新しい会計処理方法
     の下では、予想再保険キャッシュ・フローは、基礎となる再保険契約の期間にわたり比例して認識される。                                                        この
     変更に関連して、未経過収益準備金、                   DAC   および   VOBA   の償却に使用される見積総利益に再保険が反映される方法
     も改訂された。この変更は、会計原則の変更によって生じた会計上の見積りの変更であり、当社の仮定の年次での
     見直しおよび更新ならびにその他の改善に含まれている。                               この会計上の見積りの変更は、システムの移行により
     可能となったキャッシュ・フローのモデル化の改訂から得られた洞察を反映しており、このシステムの移行は望ま
     しい会計処理方法の変更を促した。当社は、この新たな手法が再保険活動の成果を基礎となる元受保険活動とより
     密接に一致させること、および上記の残高の償却目的のためにこの事業の利益パターンをより良く反映することに
     よって、再保険取引の経済効果の反映が向上されると考えるため、望ましいとみなされる。
                                  75/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     最近公表された会計基準
      U. S. GAAP   の変更は、米国財務会計基準審議会(以下「                       FASB   」)が   FASB   会計基準編纂書に対する会計基準アッ

     プデート(以下「         ASU  」)の形態で規定する。当社はすべての                     ASU  の適用可能性と影響について検討する。以下に
     挙げた   ASU  には、当事業年度中に適用された                 ASU  および発行されているが本報告書提出時点で未適用の                            ASU  が含ま
     れる。以下に挙げられていない                ASU  は、評価されたが非該当または重要性がないと判定されたものである。
     ASU  2016-01    の適用

      2018  年 1 月 1 日付で当社は、        ASU   2016-01    「 金融商品-全般(サブトピック                 825-10   ):金融資産及び金融負債の認

     識及び測定      」を修正的遡及適用法を用いて適用した。上記                        ASU  の適用は、当社の株式投資に関連した会計および報
     告に影響を与えた。最も大きな影響は、以前は「売却可能」として分類されていた持分証券の公正価値の変動が、
     連結損益計算書の「その他収益(損失)」に純利益として報告される点である。これまでは、「売却可能」として
     分類されていた持分証券の公正価値の変動は、「その他の包括利益(損失)累計額」として報告されていた。
     当社の連結財務書類に対するこのような                     ASU  の影響は以下の通り分類することができる:                       (1)  連結財務状態計算書

     における表示の変更、           (2)  適用後の累積影響額の調整、および                   (3)  会計方針の変更。これら各分類に関しては以下に
     説明する通りである。
                                  76/259














                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (1) 連結財務状態計算書における表示の変更
     下記セクション「-           (3)  会計方針の変更」に記載された根本的な会計基準の変更のため、当社は、連結財務状態計

     算書の投資部門における一部残高表示の変更が、明確かつ論理的な表示を維持するためにも必要であると判断し
     た。以下の表は、         2017  年 12 月 31 日に終了した事業年度の             Form   10-K  の当社年次報告書で既に報告された残高と、今
     回の組替表示を提示することにより、各分類の脚注説明とともに、これらの変更について説明したものである。
                                    2017  年 12 月 31 日現在

                                                       現在の
                      過去の報告                                  報告
                                      組替表示
                              (1)      (2)      (3)       (4)
     連結財務状態計算書の項目番号
                                    (単位:百万ドル)
     満期固定証券:売却可能有価証券、公正
                     $  346,780                               $  346,780
     価値
     満期固定証券:満期保有目的有価証券、
                        2,049                                2,049
     償却原価
     *満期固定証券、売買目的有価証券、
                          0                 3,507              3,507
     公正価値
     保険負債に対応するトレーディング
                        22,097      (22,097   )                          0
     勘定資産、公正価値
     *経験料率契約者保険負債に対応する資
                          0    22,097                          22,097
     産、公正価値
     その他トレーディング勘定資産、
                        5,752                   (5,752  )             0
     公正価値
     売却可能持分証券、公正価値
                        6,174            (6,174  )                    0
     *持分証券、公正価値
                          0           6,174       1,155              7,329
     商業モーゲージおよびその他貸付
                        56,045                                56,045
     保険約款貸付
                        11,891                                11,891
                        12,308                         (12,308   )      0
     その他長期投資
     *その他投資資産
                          0                 1,065      12,308       13,373
     短期投資
                        6,775                    25            6,800
       投資合計
                     $  469,871    $    0   $   0   $    0   $    0   $  469,871
     * — 新しい項目番号は       2018  年 1月 1日より有効。
     抹消線   — 削除された項目番号は         2018  年 1月 1日より有効。
     __________
     (1)  「保険負債に対応するトレーディング勘定資産、公正価値」は「経験料率契約者保険負債に対応する資産、公正価値」に
       持分証券として書き換えられ、この項目番号に含まれ、今後は「トレーディング勘定」と表示されない。
     (2)  「売却可能持分証券、公正価値」は「持分証券、公正価値」に持分証券として書き換えられ、今後は「売却可能」と表示
       されない。
     (3)  「その他トレーディング勘定資産、公正価値」の科目は削除され、各構成要素は別の科目に組替表示される。
     (4)  「その他長期投資」は「その他投資資産」に書き換えられる。
                                  77/259








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (2) 適用後の累積影響額の調整
      ASU   2016-01    の規定により、当社は累積影響額の調整による変更を、適用年度の期首時点で連結財務計算書に適

     用する必要がある。次の表は、                2018  年 1 月 1 日時点で累積影響額の調整を計上したことによる連結財務状態計算書へ
     の影響を説明するものである。
            2018  年 1 月 1 日適用時の      ASU   2016-01    移行の連結財務状態計算書への影響の要約

                          (単位:百万ドル)

                                                 増加/(減少)
                                                 $      229

     その他投資資産
                                                 $      229
       資産合計
     契約者配当金

                                                 $      157
                                                        15
     法人所得税
       負債合計
                                                       172
     累積その他の包括利益           (損失  )

                                                       (847  )
                                                       904
     利益剰余金
       資本合計
                                                        57
                                                 $      229

       負債および資本合計
      (3) 会計方針の変更

      この注記の冒頭にある、当社にとって重要な会計方針の説明は、                                  2018  年 12 月 31 日現在の会計方針を反映してい

     る。これには、        ASU   2016-01    の適用に関連付けられた会計方針も含まれている。
     ASU  2014-09    の適用

      2018  年 1 月 1 日付で当社は、        ASU   2014-09    「 顧客との契約による収益(トピック                   606  )」を修正的遡及適用法を用

     いて適用した。この           ASU  は、企業が、約束した財またはサービスの顧客に対する移転を表すよう、当該財または
     サービスと交換に企業が権利を得ることを見込んだ対価を反映した金額で認識しなければならないという基本原則
     に基づいている。この基本原則は、                  ASU  で詳細に決められた          5 段階の収益認識モデルの適用によって評価される。
      この  ASU  の適用日時点で、財務書類に対する重要な影響は特になかった。将来的には、当社の投資運用事業に関

     する収益認識方針に対する影響が考えられる。投資運用事業の収益は、連結損益計算書の「資産運用およびサービ
     ス手数料」の項目に分類される。金融商品および保険契約(このうちの一部は、「資産運用およびサービス手数
     料」に反映される場合もある)に関連する収益は、この                             ASU  の対象範囲外と指定されているため、本基準の適用に
     よる影響はない。
      2018  年、  2017  年および     2016  年 12 月 31 日に終了した格事業年度で、資産運用およびサービス手数料の収益には、資

     産運用手数料がそれぞれ             3,438   百万ドル、      3,328   百万ドルおよび        3,068   百万ドル、成功報酬がそれぞれ                 56 百万ドル、
     194  百万ドルおよび        106  百万ドル、その他手数料がそれぞれ                   606  百万ドル、      605  百万ドルおよび        578  百万ドル計上され
     た。これらの手数料は資産運用活動に関連するものが大部分だが、保険契約に関連する資産運用手数料も一部含ま
     れる。   ASU  の規定に従い、前年度の比較情報は修正再表示されず、引き続き当年度に有効な会見基準に従って報告
     される。
                                  78/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     2018  年 12 月 31 日に終了した事業年度に適用されたその他の                       ASU
                                 発効日および           財務書類への影響または

       基準書              内容             適用方法           その他の重要な事項
     ASU   2016-15

               この  ASU  は、特定の現金収入            2018  年 1 月 1 日、遡及      この  ASU  の適用は、当社の連
     「 キャッシュ・
               および現金支出をキャッ                 適用法を使用(すべ            結財務書類および連結財務書
     フロー計算書
               シュ・フロー計算書上で表                 ての改訂が同一期間            類の注記に重大な影響を与え
     (トピック
               示・分類する際の実務上の多                 に適用されることを            なかった。
     230  ):特定の現
               様性に対処している。この基                 条件に、早期適用は
               準書により、       8 種類の具体的に         容認される)。
     金収入および現
     金支出の分類
               定義された現金のインフロー
     (発生問題専門
               とアウトフローの取扱いが明
     委員会により到
               確化されている。
     達した合意)       」
     ASU   2016-18
               2016  年 11 月、  FASB   はこの       2018  年 1 月 1 日、遡及      この  ASU  の適用は、当社の連
     「 キャッシュ・
               ASU  を発行して、キャッ              適用法を使用(早期            結財務書類および連結財務書
     フロー計算書
                               適用は容認され            類の注記に重大な影響を与え
               シュ・フロー計算書上で、現
     (トピック
                               る)。            なかった。
               金と制限付現金の間の振替が
     230  ):制限付現
               営業活動、投資活動もしくは
     金 」
               財務活動、またはこれらの活
               動の組合わせとして分類およ
               び表示されている、実務にお
               ける企業間の多様性に対処し
               た。この     ASU  は企業に、現
               金、現金同等物、制限付現金
               および制限付現金同等物の合
               計の変動を、キャッシュ・フ
               ロー計算書上で表示すること
               を義務付けている。結果とし
               て、このような区分間の振替
               はキャッシュ・フロー計算書
               上で表示されなくなる。
                                  79/259










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                 発効日および           財務書類への影響または
       基準書              内容             適用方法           その他の重要な事項
     ASU   2018-02    「 損  2018  年 2 月、本   ASU  が 2017  年税   2019  年 1 月 1 日、早期      当社は、     2018  年 1 月 1 日付でこ

     益計算書-包括          法の施行を受けて発行され                 適用は認められる。            の ASU  を早期適用し、上記説
     利益の報告(ト          た。この     ASU  は、企業が      2017    この  ASU  は、採択時
                                           明の通り、      ASU   2016-01    適用
     ピック   220  ):そ
               年税法から発生した取り残さ                 点で適用されるか、
                                           の影響を計上した後で、適用
     の他の包括利益          れた影響について、          AOCI   から   2017  年税法における
                                           期間において本        ASU  を適用す
     (その他)累計
               利益剰余金への組替を選択す                 米国連邦法人所得税
                                           ることを選択した。結果とし
     額から特定の税
               ることを認めている。                 率の変更の影響が認
                                           て、当社は、       AOCI   を 1,653   百
     効果への組替       」
                               識された各時点にお
                                           万米ドル増額し、同額を利益
                               いてそれぞれ遡及的
                                           余剰金から減額することで、
                               に適用されなければ
                                           2017  年税法から発生した取り
                               ならない。
                                           残された税効果を振り替え
                                           た。  2017  年税法とは無関係の
                                           取り残された税効果は、概し
                                           て、当該取り残された税効果
                                           に関連した種類の項目のポー
                                           トフォリオ全体が現金化、売
                                           却または消滅した際に、
                                           AOCI   から取り崩される(す
                                           なわち、ポートフォリオ・ア
                                           プローチ)。
                                  80/259













                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     2018  年 12 月 31 日現在で発行済だが未適用の               ASU  — ASU  2018-12
      ASU   2018-12    「 金融サービス-保険(トピック                944  ):長期契約の会計処理に関する限定的な改善                        」が  2018  年 8 月

     15 日に  FASB   によって発行されたが、この               ASU  の適用が当社の連結財務書類および連結財務書類の注記に重大な影
     響を与えると見込まれている。この                  ASU  は 2021  年 1 月 1 日より発効し(早期適用は認められる)、                      当社が発行した長
     期の保険契約および投資契約に関する会計処理および開示の要件に、少なくともある程度の影響を及ぼす。以下に
     概説しているのは、変更のあった                 4 つの主要な分野であるが、以下に記載していないより重要性の低いその他の変
     更もある。当社は、適用時の貸借対照表への影響に加えて、それ以降の損益の出現方法にも影響があると見込んで
     いる。
     ASU   2018-12    の修

                                              財務書類への影響または
     正されたトピック                内容              適用方法            その他の重要な事項
     有配当でない伝          企業に対し、将来保険給              企業は、将来保険給付に係る                 適用時の選択肢および

     統的な保険商品          付に係る負債の測定に使              負債について次の         2 つの適用方       それぞれの方式の影響
     および短期払込          用されるキャッシュ・フ                               額については、現在評
                             法から   1 つを選択することがで
     保険商品の将来          ローの仮定を将来の仮定                               価中である。
                             きる。   (1)  企業が、表示されて
     保険給付に係る          と実績値の両方の変動に
                             いる最も古い期間の期首現在
     負債の測定に使          ついて少なくとも         1 年に  1
                             で有効な契約の既存の帳簿価
     用されるキャッ
               度レビューし、必要な場
                             額に基づいた修正を、           AOCI   に
     シュ・フローの
               合は、遡及的修正法を用
                             含まれる関連金額を控除する
     仮定
               いて、累積的な遡及修正
                             調整後で適用する修正遡及移
               分を連結損益計算書の独
                             行方式、または        (2)  完全遡及移
               立項目として計上して更
                             行方式。
               新することを求めてい
               る。
     有配当でない伝          割引率の仮定は、中程度              上記と同様に、企業は将来保                 適用時には、いずれの

     統的な保険商品          の投資適格格付の固定金              険給付に係る負債について、                 方式においても、中程
     および短期払込          利商品の利回りに基づく              修正遡及移行方式または完全                 度の投資適格の固定金
     保険商品の将来          ことが要求され、各四半              遡及移行方式のいずれかを選                 利商品の最新の利回り
     保険給付に係る          期に更新され、その影響              択することができる。いずれ                 を使用して有効な保険
     負債の測定に使          は OCI  を通じて計上され           の方式においても、貸借対照                 契約に係る負債を再測
     用される割引率                        表の再測定目的上、将来保険                 定した結果としての
               る。
     の仮定                        給付に係る負債は表示されて                 AOCI   の調整が生じる。
                             いる最も古い期間の期首現在
                                              適用時の調整は主に、
                             で最新の割引率を使用して再
                                              契約開始時にロックイ
                             測定され、影響額は          AOCI   の累
                                              ンされた割引率と移行
                             積影響額の調整として計上さ                 時の最新の割引率との
                             れる。                 間の差異を反映する。
                                              このような調整額の規
                                              模は、現在評価中であ
                                              る。
                                  81/259






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     ASU   2018-12    の修
                                              財務書類への影響または
     正されたトピック                内容              適用方法            その他の重要な事項
     繰延新契約費          DAC   および未経過収益準            企業は、     2 つの適用時の方式の           適用時の選択肢および

     ( DAC  )および                                     それぞれの方式の影響
               備金や   DSI  などのその他         うち  1 つを適用することができ
                                              額については、現在評
     その他の残高の
               の残高は、収益性の見込              る。  (1)  企業が、表示されてい
                                              価中である。当社は修
     償却
               みとは無関係に、関連す
                             る最も古い期間の期首現在で
                                              正遡及移行方式の下で
               る契約の予想期間にわ
                             有効な契約の既存の帳簿価額
                                              は、  AOCI   における関連
               たって定額ベースで償却
                             に基づいた修正を、          AOCI   に含
                                              金額の控除の影響を除
               することが求められてい
                             まれる関連金額を控除する調
                                              いては、貸借対照表に
               る。
                             整後で適用する修正遡及移行
                                              対する重要な影響は見
                             方式、または       (2)  企業が将来保
                                              込んでいない。
                             険給付について、上記のよう
                             に完全遡及移行方式を選択す
                             る場合、     DAC   およびその他の
                             残高についても、遡及移行方
                             式を使用することが求められ
                             る。
     市場リスクを伴          企業は、すべての市場リ              企業は表示されている最も古                 当社は適用時には、現

     う給付          スクを伴う給付(例え              い期間時点での貸借対照表に                 在公正価値で測定され
               ば、変額年金に伴う生前              累積的影響調整を含める、遡                 ていない給付金(例え
               給付および死亡給付保              及移行方式を適用する。                 ば、変額年金の最低死
               証)を公正価値で測定                               亡給付金保証(以下
               し、企業の      NPR  の変動に                       「 GMDB   」))の公正
               起因する価値変動を          OCI                    価値と帳簿価額の差異
                                              についての利益剰余金
               で認識することが求めら
                                              への影響、および         NPR  の
               れる。
                                              変動の累積的影響であ
                                              る利益剰余金から         AOCI
                                              への組替の影響がある
                                              ことを見込んでいる。
                                              このような調整額の規
                                              模は、現在評価中であ
                                              る。
                                  82/259









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     2018  年 12 月 31 日現在で発行済だが未適用の               その他の     ASU
                                    発効日および

                                              財務書類への影響また
        基準書               内容              適用方法         はその他の重要な事項
     ASU  2016-02    、リー     この  ASU  は、すべての現行リース              2019  年 1 月 1 日、表示      適用に際して、当社は

                                              任意適用の移行法を適
     ス(トピック           契約による資産および負債が、限                   されている最も早い
                                              用し、現存するオペ
     842  )         定的な例外を除き、貸借対照表上                   期間の期首で累積的
                                              レーティング・リース
                で認識されることを確実にしてい                   影響を調整する修正
                                              に関連して、約        600  百
                る。この     ASU  はリース賃借人によ            遡及的用法、または
                                  適用開始の事業年度            万ドルの使用権資産と
                るリースの会計処理を大幅に変更
                                  の期首で累積的影響            負債を計上することを
                し、大部分のリースについて、
                                  を調整する任意適用            見込んでいる。適用日
                「使用権」資産およびリース料支
                                  の移行法のいずれか            以降に締結される新規
                払債務を貸借対照表に計上するこ
                                  を使用。早期適用は            のリースの取決めおよ
                とを義務付けている。リース賃借
                                  容認されている。            び/または重大な取決
                人は、引き続き現行リース会計基
                                              めの修正は、新基準に
                準の下での要件と類似した方法
                                              従って会計処理され
                で、損益計算書上で費用を認識す
                                              る。
                る。リース賃貸人に対しては、こ
                の基準書はセールスタイプリース
                と直接金融リースの分類基準およ
                び会計処理を変更し、リース賃貸
                人に対して、リース賃借人に譲渡
                されたとみなされるリース資産の
                帳簿価額の認識を中止し、リース
                債権と残存資産を計上することを
                求めている(「債権・残存」アプ
                ローチ)。この基準書はまた、現
                行基準の不動産固有の規定(すな
                わち、セール・リースバック)を
                廃止している。
                                  83/259










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                    発効日および
                                              財務書類への影響また
        基準書               内容              適用方法         はその他の重要な事項
     ASU   2016-13    「 金   この  ASU  は、特定の金融資産およ              2020  年 1 月 1 日、累積      当社は現在、この         ASU

     融商品ー信用損失           びオフバランス・エクスポー                   的影響調整を適用事            が当社の連結財務書類
     (トピック           ジャー(例えば、投資目的保有の                   業年度の期首現在で            および連結財務書類の
                貸付金、満期保有目的の負債証                   貸借対照表に計上す            注記に与える影響を評
     326  ):金融商品
                券、再保険未収金、正味リース投                   る修正遡及適用法を            価している。
     に係る信用損失の
                資および貸付コミットメント)に                   使用。しかし、従来
     測定  」
                係る信用損失の会計処理のための                   ASU   310-30   に基づい
                新たな現在予想信用損失モデルを
                                  て会計処理されてい
                規定している。このモデルは、こ
                                  た信用の質が悪化し
                のような金融資産およびエクス
                                  た状態で購入した資
                ポージャーに関連して、報告金額
                                  産および適用日前に
                の回収可能性に影響を及ぼす過去
                                  OTTI   が認識された負
                の事象、現在の状況ならびに合理
                                  債証券については、
                的かつ裏付可能な予測に関する適
                                  非遡及適用が義務付
                切な情報に基づいて、残存期間に
                                  けられている。        2019
                わたる信用損失を見積もることを
                                  年 1 月 1 日より、早期
                企業に要求している。また、この
                                  適用が容認されてい
                基準書は売却可能負債証券につい
                                  る。
                て現行の     OTTI   の基準を修正し、投
                資の直接的な評価減ではなく、引
                当金の使用を義務付け、さらに、
                信用の質が悪化した状態で購入し
                た貸付金および負債証券に係る現
                行基準を置き換えている。
     ASU2017-04      「 無形   この  ASU  は、現行     U.S.GAAP     におけ     2020  年 1 月 1 日、非遡      当社は、この       ASU  の適

     資産-のれんおよ           るのれんの減損テストからステッ                   及適用法を使用(早            用が当社の連結財務書
     びその他(トピッ           プ 2 を削除することによって、のれ                 期適用は容認され            類および連結財務書類
     ク 350  ):のれん                           る)。            の注記に重大な影響を
                んの事後測定を簡素化している。
                                              与えることはないと見
     の減損テストの簡           ステップ     2 では、報告単位に配分さ
                                              込んでいる。
     略化  」
                れたのれんの暗示的公正価値をの
                れんの帳簿価額と比較してのれん
                の減損を測定する。この             ASU  の下
                では、のれんの減損は、報告単位
                の帳簿価額がその公正価値を超過
                する額で計上される(当該報告単
                位に配分されたのれんの総額を上
                限とする)。
     ASU   2017-08    「 債   この  ASU  は、償還可能負債証券の              2019  年 1 月 1 日、累積      この  ASU  の適用は、当

     権-払戻不能手数           一定のプレミアムを最も早い償還                   的影響調整を適用事            社の連結財務書類およ
     料およびその他の           可能日までの期間で償却すること                   業年度の期首現在で            び連結財務書類の注記
     費用(サブトピッ           を求めている。                   貸借対照表に計上す            に重大な影響を与えな
     ク 310-20   )購入し                         る修正遡及適用法を            い。
                                  使用(早期適用は認
     た償還可能負債証
                                  められる)。
     券のプレミアム償
     却 」
                                  84/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                    発効日および
                                              財務書類への影響また
        基準書               内容              適用方法         はその他の重要な事項
     ASU   2017-12    「 デ   この  ASU  は、企業のリスク管理活              2019  年 1 月 1 日、累積      この  ASU  の適用は、当

     リバティブおよび           動の結果をより的確に表し、ま                   的影響調整を適用事            社の連結財務書類およ
     ヘッジ(トピック           た、ヘッジ会計の利用を簡素化す                   業年度の期首現在で            び連結財務書類の注記
     815  ):ヘッジ活         るために、現行のヘッジ会計モデ                   貸借対照表に計上す            に重大な影響を与えな
                ルを限定的に変更している。                   る修正遡及適用法を            い。
     動の会計処理の限
                                  使用(早期適用は認
     定的改善     」
                                  められる)。
     3.  投資

     満期固定証券

      次の表はそれぞれの時点における満期固定証券(トレーディングに分類された投資を除く)の構成を示してい

     る。
                                      2018  年 12 月 31 日現在

                                                     AOCI   に
                                  未実現      未実現
                                                     含まれる
                                                     OTTI(4)
                           償却原価      利益総額      損失総額      公正価値
                                      (単位:百万ドル)
     満期固定証券、売却可能有価証券:
     米国財務省証券および
                           $ 28,242     $  2,994    $   642    $ 30,594     $    0
     米国政府関係機関が発行した負債証券
     米国州および州政府機関が発行する
                             9,880       676       63    10,493         0
     負債証券
     外国政府が発行する負債証券
                             96,710      16,714        314    113,110          0
     米国の公募社債
                             82,257       3,912      2,754      83,415         (2 )
     米国の私募社債        (1)
                             32,450       1,151       581     33,020         0
     外国の公募社債
                             27,671       2,061       531     29,201         (3 )
     外国の私募社債
                             25,314        434      1,217      24,531         0
     資産担保証券       (2)
                             12,888        162       77    12,973        (160  )
     商業モーゲージ証券
                             13,396        99      180     13,315         0
                             2,937        99      32     3,004        (1 )
     住宅モーゲージ証券          (3)
       満期固定証券、売却可能有価証券 合
                           $ 331,745     $ 28,302     $  6,391    $ 353,656     $   (166  )
       計 (1)
                                  85/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                      2018  年 12 月 31 日現在
                                     未実現        未実現
                             償却原価        利益総額        損失総額        公正価値
                                      (単位:百万ドル)
     満期固定証券:満期保有目的有価証券
     外国政府が発行する負債証券
                            $    885   $    269    $      0   $   1,154
     外国の公募社債
                                668        64         0       732
     外国の私募社債        (5)
                                 95        3        0       98
     住宅モーゲージ証券          (3)
                                365        23         0       388
       満期固定証券、満期保有目的有価証券合
                            $   2,013    $    359    $      0   $   2,372
       計 (5)
     ____________
     (1)  ネッティング契約に基づき関連する未払金と相殺された社債(償却原価                                  4,216  百万ドル、公正価値         4,216  百万ドル)を除く。
     (2)  ローン債権、サブプライム・ローン、自動車ローン、クレジット・カード、教育ローン、およびその他の種類の資産を担
       保とする信用トランシェ証券を含む。
     (3)  上場取引されている政府関係機関のパススルー証券およびモーゲージ担保証券を含む。
     (4)  減損測定日以降に発生し、             AOCI   に残っている未実現損失の金額を表している。また、これらの金額には、減損が発生した
       有価証券の減損測定日後の公正価値変動に伴う売却可能有価証券に係る未実現純利益                                        356  百万ドルおよび満期保有有価証
       券に係る未実現純利益          1 百万ドルは含まれていない。
     (5)  ネッティング契約に基づき関連する未払金と相殺された社債(償却原価                                  4,879  百万ドル、公正価値         4,879  百万ドル)を除く。
                                      2017  年 12 月 31 日現在

                                                     AOCI   に
                                  未実現      未実現
                                                     含まれる
                                                     OTTI(4)
                           償却原価      利益総額      損失総額      公正価値
                                      (単位:百万ドル)
     満期固定証券:売却可能有価証券
     米国財務省証券および
                           $ 22,837     $  3,647    $   346    $ 26,138     $    0
     米国政府関係機関が発行した負債証券
     米国州および州政府機関が発行する
                             9,366      1,111        6    10,471         0
     負債証券
     外国政府が発行する負債証券
                             88,062      15,650        293    103,419          0
     米国の公募社債
                             81,967       8,671       414     90,224        (10  )
     米国の私募社債        (1)
                             31,852       2,051       169     33,734        (13  )
     外国の公募社債
                             26,389       3,118        99    29,408         (5 )
     外国の私募社債
                             23,322       1,242       337     24,227         0
     資産担保証券       (2)
                             11,965        278       10    12,233        (237  )
     商業モーゲージ証券
                             13,134        238       91    13,281         0
                             3,491       165       11     3,645        (2 )
     住宅モーゲージ証券          (3)
       満期固定証券、売却可能有価証券 合
                           $ 312,385     $ 36,171     $  1,776    $ 346,780     $   (267  )
       計 (1)
                                  86/259






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                      2017  年 12 月 31 日現在
                                     未実現        未実現
                             償却原価        利益総額        損失総額        公正価値
                                      (単位:百万ドル)
     満期固定証券:満期保有目的有価証券
     外国政府が発行する負債証券
                            $    865   $    265    $      0   $   1,130
     外国の公募社債
                                654        82         0       736
     外国の私募社債        (5)
                                 84        2        0       86
                                446        32         0       478
     住宅モーゲージ証券          (3)
       満期固定証券 満期保有目的有価証券 
                            $   2,049    $    381    $      0   $   2,430
       合計  (5)
     ____________
     (1)  ネッティング契約に基づき関連する未払金と相殺された社債(償却原価                                  2,660  百万ドル、公正価値         2,660  百万ドル)を除く。
     (2)  ローン債権、サブプライム・ローン、自動車ローン、クレジット・カード、教育ローン、およびその他の種類の資産を担
       保とする信用トランシェ証券を含む。
     (3)  上場取引されている政府関係機関のパススルー証券およびモーゲージ担保証券を含む。
     (4)  減損測定日以降に発生し、             AOCI   に残っている未実現損失の金額を表している。また、これらの金額には、減損が発生した
       有価証券の減損測定日後の公正価値変動に伴う売却可能有価証券に係る未実現純利益                                        553  百万ドルおよび満期保有有価証
       券に係る未実現純利益          2 百万ドルは含まれていない。
     (5)  ネッティング契約に基づき関連する未払金と相殺された社債(償却原価                                  4,627  百万ドル、公正価値         4,913  百万ドル)を除く。
     次へ

                                  87/259













                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      次の表は、それぞれの時点において、継続的に未実現損失が生じている状況にあった満期固定証券について、投
     資の種類および未実現損失状況の継続期間別に公正価値および未実現損失総額を示したものである。
                                   2018  年 12 月 31 日現在

                         12 ヵ月未満           12 ヵ月以上
                                                   合計
                       公正     未実現       公正     未実現             未実現
                       価値     損失総額       価値     損失総額       公正価値       損失総額
                                   (単位:百万ドル)
     満期固定証券       (1) :
     米国財務省証券および
     米国政府関係機関が発行した
                      $ 3,007    $   67   $ 6,986    $   575    $  9,993    $   642
     負債証券
     米国州および州政府機関が
                       1,725        25     999       38     2,724        63
     発行する負債証券
     外国政府が発行する負債証券
                       2,369       136     3,515       178      5,884       314
     米国の公募社債
                       34,064       1,570     13,245       1,184      47,309       2,754
     米国の私募社債
                       8,923       225     7,985       356     16,908        581
     外国の公募社債                   7,363       308     2,928       223     10,291        531
     外国の私募社債
                       12,218        692     4,468       525     16,686       1,217
     資産担保証券
                       8,255        70     669        7     8,924        77
     商業モーゲージ証券                   1,781        14    4,733       166      6,514       180
                        194        1    1,042        31     1,236        32
     住宅モーゲージ証券
                      $ 79,899     $  3,108    $ 46,570     $  3,283    $ 126,469     $  6,391
       合計
     ____________
     (1)  2018  年 12 月 31 日現在、満期保有目的に分類されている有価証券についての公正価値                                13 百万ドルおよび未実現損失総額              1 百万
       ドル未満が含まれているが、この金額は「                    AOCI   」には反映されていない。
                                  88/259











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                   2017  年 12 月 31 日現在
                         12 ヵ月未満           12 ヵ月以上
                                                   合計
                       公正      未実現       公正      未実現       公正      未実現
                       価値     損失総額        価値     損失総額       価値     損失総額
                                   (単位:百万ドル)
     満期固定証券       (1) :
     米国財務省証券および
     米国政府関係機関が発行した
                      $ 3,450    $    28   $ 6,391    $   318    $ 9,841    $   346
     負債証券
     米国州および州政府機関が
                         44       0     287        6     331        6
     発行する負債証券
     外国政府が発行する負債証券
                       4,417        55     2,937       238     7,354       293
     米国の公募社債
                       7,914       110     6,831       304    14,745        414
     米国の私募社債
                       4,596        76     2,009        93    6,605       169
     外国の公募社債
                       2,260        21     1,678        78    3,938        99
     外国の私募社債                   1,213        20     5,339       317     6,552       337
     資産担保証券
                        564        2     366        8     930       10
     商業モーゲージ証券
                       2,593        17     2,212        74    4,805        91
                        584        4     286        7     870       11
     住宅モーゲージ証券
                      $ 27,635     $   333    $ 28,336     $  1,443    $ 55,971     $  1,776
       合計
     ____________
     (1)  2017  年 12 月 31 日現在、満期保有目的に分類されている有価証券についての公正価値                                12 百万ドルおよび未実現損失総額              1 百万
       ドル未満が含まれているが、この金額は「                    AOCI   」には反映されていない。
      2018  年および     2017  年 12 月 31 日現在の満期固定証券の未実現損失総額の内訳は、全米保険監督官協会(以下

     「 NAIC   」)の格付またはそれに相当する格付に基づく最高格付「                              1 」または高格付「         2 」の証券に係るものがそれ
     ぞれ  5,391   百万ドルおよび        1,470   百万ドル、それ以外の証券に係る未実現損失総額がそれぞれ                                1,000   百万ドルおよび
     306  百万ドルであった。          2018  年 12 月 31 日現在、     12 ヵ月以上の未実現損失総額              3,283   百万ドルは、米国債ならびに当社
     が保有する公益事業、非景気敏感消費財および金融のセクターの社債に集中していた。                                             2017  年 12 月 31 日現在、     12 ヵ
     月以上の未実現損失総額             1,443   百万ドルは、米国債、外国政府債ならびに当社が保有するエネルギー、公益事業お
     よび非景気敏感消費財のセクターの社債に集中していた。注記                                2 に記載されている方針に準拠し、当社は                     2018  年お
     よび  2017  年の  12 月 31 日現在のいずれにおいても、これらの満期固定証券の                            OTTI   についての利益の調整が必要ない
     と判断した。この判断は、証券ごとに信用状態およびキャッシュ・フローを詳細に分析した結果に基づくもので
     あった。未実現損失総額の発生は主に、全般的な信用スプレッドの拡大、金利の上昇および為替レートの変動によ
     るものである。        2018  年 12 月 31 日現在、当社はこれらの有価証券を売却する意思はなく、予期される償却原価までの
     回復の前に当社がこれらの有価証券の売却を余儀なくされる可能性はどちらかといえば低いと考えている。
                                  89/259








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      次の表は、それぞれの時点での契約上の償還期限別の満期固定証券の償却原価および公正価値を示している。
                                        2018  年 12 月 31 日現在

                                   売却可能             満期保有目的
                                償却原価       公正価値       償却原価       公正価値
                                        (単位:百万ドル)
     満期固定証券:
     1 年以内
                               $   8,943    $   9,336    $    26   $    26
     1 年超  5 年以内
                                 54,419       56,705         154       158
     5 年超  10 年以内
                                 66,490       69,635         586       649
     10 年超  (1)
                                 172,672       188,688         882      1,151
     資産担保証券
                                 12,888       12,973          0       0
     商業モーゲージ証券
                                 13,396       13,315          0       0
                                  2,937       3,004        365       388
     住宅モーゲージ証券
                               $ 331,745     $ 353,656     $   2,013    $   2,372
       合計
     ____________
     (1)  ネッティング契約に基づき関連する未払金と相殺された売却可能社債(償却原価                                      4,216  百万ドル、公正価値         4,216  百万ドル)
       および満期保有目的社債(償却原価                 4,879  百万ドル、公正価値         4,879  百万ドル)を除く。
      実際の償還期日は、発行体が中途償還や期限前償還の権利を有しているために契約上の期日とは異なることがあ

     る。資産担保証券、商業モーゲージ証券、住宅モーゲージ証券の償還期日は単一ではないため、上表では別々に表
     示されている。
      次の表は、それぞれの期間の満期固定証券による手取金および関連する投資利益(損失)、および満期固定証券

     の減損による損失の源泉を示している。
                                        12 月 31 日に終了した事業年度

                                      2018        2017        2016
                                          (単位:百万ドル)
     満期固定証券:売却可能有価証券
       売却による手取金         (1)
                                    $   38,230     $   34,002     $   29,878
       満期/期限前償還による手取金
                                       21,207        24,460        19,710
       売却および満期償還による総投資利益
                                        1,412        1,548        1,433
       売却および満期償還による総投資損失
                                        (905  )      (700  )      (545  )
       損益に認識された         OTTI(2)
                                        (279  )      (267  )      (222  )
     満期固定証券:満期保有目的有価証券
       満期/期限前償還による手取金                (3)
                                    $     94   $    153    $    272
     ____________
     (1)  2018  年、  2017  年および    2016  年 12 月 31 日に終了した年度において、売買決済のタイミングにより生じた非現金の関連手取り
       金それぞれ     (238)  百万ドル、     218  百万ドルおよび       (125)  百万ドルを含む。
     (2)  「その他の包括利益(損失)」に留保された                      OTTI  部分の金額を除いており、減損が発生した負債証券の公正価値と、減損
       時に予測された将来のキャッシュ・フローの現在価値との差額に相当する。
     (3)  2018  年、  2017  年および    2016  年 12 月 31 日に終了した年度それぞれにおいて、売買決済のタイミングにより生じた非現金の関
       連手取り金それぞれ         (1) 百万ドル未満、       (2) 百万ドル未満および         1 百万ドル未満を含む。
                                  90/259





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      次の表は、それぞれの期間の満期固定証券に関連する                            OCI  の税引き前残高、および収益に認められた信用損失の
     減損のロールフォワードを示す。
                                         12 月 31 日に終了した事業年度

                                          2018           2017
                                           (単位:百万ドル)
     新規信用損失による減損
     期首残高
                                       $      319     $      359
     新規信用損失による減損
                                              1          10
     以前に減損が発生していた有価証券についての追加の
                                              0          11
     信用損失による減損
     以前に計上された信用損失の時間の経過による増加
                                             10           15
     期中の満期償還、部分償還、早期償還または売却による
                                            (162  )         (58  )
     有価証券の減少
     期中に公正価値まで減損処理された有価証券の減少                          (1)
                                             (24  )         (13  )
     回収見込キャッシュ・フローの増加による以前に認識された
                                             (4 )          (5 )
     信用損失による減損          の増加
                                       $      140     $      319
       期末残高
     ____________
     (1)  当社が、当該有価証券を売却する意思がある、または有価証券の償却原価まで価値が回復する前に売却せざるを得なくな
       る可能性の方が高いと当該期間中に判断した場合に計上される。
                                  91/259













                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     経験料率契約者保険負債に対応する資産
      次の表は、それぞれの時点における「経験料率契約者保険負債に対応する資産」の構成を示している。

                                   2018  年 12 月 31 日現在      2017  年 12 月 31 日現在

                                  償却原価             償却原価
                                   または             または
                                  取得原価      公正価値      取得原価      公正価値
                                         (単位:百万ドル)
     短期投資および現金同等物
                                  $   215    $   215    $   245    $   245
     満期固定証券:
       社債
                                    13,258      13,119      13,816      14,073
       商業モーゲージ証券
                                    2,346      2,324      2,294      2,311
       住宅モーゲージ証券          (1)
                                     828      811      961      966
       資産担保証券       (2)
                                    1,649      1,665      1,363      1,392
       外国政府が発行する負債証券
                                    1,087      1,083      1,050      1,057
       米国債および米国政府関係機関ならびに
                                     538      577      357      410
       米国の州政府が発行した負債証券
     満期固定証券合計         (3)
                                    19,706      19,579      19,841      20,209
                                    1,378      1,460      1,278      1,643
     持分証券
                                  $ 21,299     $ 21,254     $ 21,364     $ 22,097
       経験料率契約者保険負債に対応する資産合計                       (4)
     ____________
     (1)  上場取引されている政府関係機関のパススルー証券およびモーゲージ担保証券を含む。
     (2)  サブプライム・ローン、自動車ローン、クレジット・カード、教育ローン、およびその他ローンを担保とする信用トラン
       シェ証券を含む。        2018  年および    2017  年 12 月 31 日現在のそれぞれにおいて、すべて                 AAA  格のローン担保証券の公正価値とし
       て、  1,028  百万ドルおよび       943  百万ドルを含む。
     (3)  2018  年および    2017  年 12 月 31 日現在のそれぞれにおいて、償却原価率として、ポートフォリオの                               93%  および   92%  が NAIC   また
       は同等の格付に基づいて高いまたは高品質であるとみなされている。
     (4)  2018  年および    2017  年 12 月 31 日現在のそれぞれにおいて、償却原価率として、ポートフォリオの                               78%  および   80%  が公募社債で
       構成されている。
      期末に保有する経験料率契約者保険負債に対応する資産からの未実現利益(損失)の純増減は「その他収益(損

     失)」に計上される。           2018  年、  2017  年および     2016  年の  12 月 31 日に終了した各事業年度のこれらの損益額はそれぞれ
     (778)  百万ドル、      300  百万ドル、および         75 百万ドルであった。
     持分証券

      期末に保有する持分証券からの未実現利益(損失)の純増減は、「その他収益(損失)」に計上され、                                                     2018  年 12

     月 31 日に終了した事業年度では              (1,157)   百万ドルであった。期末に保有する持分証券からの未実現利益(損失)の純
     増減は、「その他の包括収益(損失)」に計上され、                            2017  年および     2016  年 12 月 31 日に終了した各事業年度ではそれ
     ぞれ  (494)  百万ドルおよび        760  百万ドルであった。
                                  92/259






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     金融商品の集中
      当社は、保有金融商品における集中を監視し、単一発行体へのエクスポージャーが制限されている分散化された

     投資ポートフォリオを維持することによって信用リスクを軽減している。
      以下のそれぞれの時点において、当社は、米国債、特定の米国政府機関債、米国政府保証債および以下に開示さ

     れた有価証券について、単一の発行体に対して当社の株式資本の                                 10%  を超える信用リスク集中のエクスポージャー
     を有している。
                                   2018  年 12 月 31 日現在      2017  年 12 月 31 日現在

                                  償却原価      公正価値      償却原価      公正価値
                                         (単位:百万ドル)
     日本国債および日本政府機関債への投資:
     満期固定証券、売却可能有価証券
                                  $ 71,952     $ 84,461     $ 64,628     $ 76,311
     満期固定証券、満期保有目的有価証券
                                     864     1,127       844     1,103
     満期固定証券、売買目的有価証券
                                     22      22      23      23
                                     691      697      657      667
     経験料率契約者保険負債に対応する資産
                                  $ 73,529     $ 86,307     $ 66,152     $ 78,104
       合計
                                   2018  年 12 月 31 日現在      2017  年 12 月 31 日現在

                                  償却原価      公正価値      償却原価      公正価値
                                         (単位:百万ドル)
     韓国国債および韓国政府機関債への投資:
     満期固定証券、売却可能有価証券
                                  $ 10,339     $ 12,586     $  9,425    $ 10,989
     満期固定証券、満期保有目的有価証券
                                      0      0      0      0
     満期固定証券、売買目的有価証券
                                      0      0      0      0
                                     15      15      15      15
     経験料率契約者保険負債に対応する資産
                                  $ 10,354     $ 12,601     $  9,440    $ 11,004
       合計
                                  93/259











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     商業モーゲージおよびその他貸付
      次の表は、それぞれの時点における「商業モーゲージおよびその他貸付」の構成を示している。

                                  2018  年 12 月 31 日現在      2017  年 12 月 31 日現在

                                   金額             金額
                                  (単位:        割合      (単位:        割合
                                 百万ドル)        合計     百万ドル)        合計
     商業モーゲージおよび農業不動産貸付の
     不動産種類別分類:
     オフィス
                                 $  13,280       22.4  %   $  12,670       22.9  %
     小売
                                   8,639      14.6       8,543      15.5
     アパート     /集合住宅
                                   16,538       28.0      15,465       28.0
     工業用
                                   11,574       19.6       9,451      17.1
     宿泊施設
                                   1,931       3.3      2,067       3.7
                                   3,846       6.5      3,888       7.0
     その他
       商業モーゲージ・ローン合計
                                   55,808       94.4      52,084       94.2
                                   3,316       5.6      3,203       5.8
     農業不動産貸付
       不動産種類別の商業モーゲージおよび
                                         100.0   %           100.0   %
                                   59,124             55,287
       農業不動産貸付合計
                                    (123  )           (100  )
     貸倒引当金
       不動産種類別の商業モーゲージおよび
                                   59,001             55,187
       農業不動産貸付合計          (純額)
     その他貸付
     無担保貸付
                                    660             663
     住宅不動産貸付
                                    157             196
                                     17              5
     その他担保貸付
       その他貸付合計
                                    834             864
                                     (5 )            (6 )
     貸倒引当金
                                    829             858
       その他貸付合計(純額)
                                 $  59,830            $  56,045
       商業モーゲージおよびその他貸付合計                   (1)
     ____________
     (1)  公正価値で計上され、主として集合住宅が担保に供されている売却目的で保有する貸付を含む。                                              2018  年および    2017  年 12 月
       31 日現在のこれらの貸付の正味帳簿価額はそれぞれ、                        763  百万ドルおよび       593  百万ドルであった。
      2018  年 12 月 31 日現在、商業モーゲージおよび農業不動産貸付は、米国中に地理的に分散された不動産を担保とし

     ており、米国内で最も集中しているのは、カリフォルニア州(                                28%  )、テキサス州(         9%  )、およびニューヨーク州
     ( 8%  )であり、ヨーロッパ(             6%  )、オーストラリア(            1%  )およびアジア(         1%  )の不動産を担保とした貸付も含
     まれている。
                                  94/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      それぞれの時点における商業モーゲージおよびその他貸付についての貸倒引当金の変動は下表のとおりである。
                       商業

                             農業       住宅
                     モーゲー
                       ジ・      不動産       不動産       その他
                      ローン       貸付       貸付      担保貸付       無担保貸付        合計
                                   (単位:百万ドル)
     2015  年 12 月 31 日現在残高
                     $   97   $    2   $   3   $     0  $    10   $ 112
     貸倒引当金の追加/
                         0       0      (1 )       0       (5 )    (6 )
     (取崩し)
     貸倒償却額(回収分差引後)
                        (1 )      0      0        0       0    (1 )
                         0       0      0        0       1    1
     外貨換算差額
     2016  年 12 月 31 日現在残高
                        96       2      2        0       6   106
     貸倒引当金の追加/
                         2       1      (1 )       0       (1 )    1
     (取崩し)
     貸倒償却額(回収分差引後)
                        (1 )      0      0        0       0    (1 )
                         0       0      0        0       0    0
     外貨換算差額
     2017  年 12 月 31 日現在残高
                        97       3      1        0       5   106
     貸倒引当金の追加/
                        23       0      (1 )       0       0    22
     (取崩し)
     貸倒償却額(回収分差引後)                    0       0      0        0       0    0
                         0       0      0        0       0    0
     外貨換算差額
                     $  120    $    3   $   0   $     0  $     5  $ 128
     2018  年 12 月 31 日現在残高
      それぞれの時点における商業モーゲージおよびその他貸付についての貸倒引当金の状況および投資の計上額は下

     表のとおりである。
                                2018  年 12 月 31 日現在

                  商業
                         農業       住宅
                 モーゲー
                  ジ・      不動産       不動産       その他
                  ローン       貸付       貸付      担保貸付        無担保貸付         合計
                                (単位:百万ドル)
     貸倒引当金:
     減損を個別に
                 $    19   $     0  $    0  $     0   $      0   $   19
      評価した分
     減損を集合的に
                    101        3      0        0         5      109
      評価した分
                 $   120   $     3  $    0  $     0   $      5   $  128
       期末残高合計       (1)
     投資勘定計上額        (2) :
     減損を個別に
                 $    67   $    35   $    0  $     0   $      2   $  104
      評価した分
     減損を集合的に
                   55,741       3,281       157        17        658     59,854
      評価した分
                 $  55,808     $   3,316    $   157    $     17    $     660    $ 59,958
       期末残高合計       (1)
     ____________
     (1)  2018  年 12 月 31 日現在、信用の質が低下した状態で取得された貸付はなかった。
     (2)  投資勘定計上額は関連引当金控除前の簿価を示している。
                                  95/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                2017  年 12 月 31 日現在
                  商業
                         農業       住宅
                 モーゲー
                  ジ・      不動産       不動産       その他
                  ローン       貸付       貸付      担保貸付        無担保貸付         合計
                                (単位:百万ドル)
     貸倒引当金:
     減損を個別に
                 $    7  $    0   $    0   $     0    $      0   $   7
      評価した分
     減損を集合的に
                    90       3      1        0         5      99
      評価した分
                 $   97   $    3   $    1   $     0    $      5   $  106
       期末残高合計       (1)
     投資勘定計上額        (2) :
     減損を個別に
                 $   75   $    39   $    0   $     0    $      2   $  116
      評価した分
     減損を集合的に
                  52,009       3,164       196         5        661     56,035
      評価した分
                 $ 52,084     $  3,203     $   196    $     5    $    663     $ 56,151
       期末残高合計       (1)
     ____________
     (1)  2017  年 12 月 31 日現在、信用の質が低下した状態で取得された貸付はなかった。
     (2)  投資勘定計上額は関連引当金控除前の簿価を示している。
      次の表は、表示された時点における貸倒引当金控除前の投資勘定計上額に基づいて特定の主要な信用度指標を表

     示したものである。
     商業モーゲージ・ローン

                                       2018  年 12 月 31 日現在
                              デット・サービス・カバレッジ・レシオ
                                      1.0 倍以上
                              1.2 倍以上      1.2 倍未満      1.0 倍未満
                                                      合計
                                       (単位:百万ドル)
     融資比率:
     0%-59.99%
                             $  30,325     $     538    $    161   $  31,024
     60%-69.99%
                                16,538         621         0     17,159
     70%-79.99%
                                6,324         754        41      7,119
                                 332        142        32       506
     80%  以上
                             $  53,519     $    2,055    $    234   $  55,808
       商業モーゲージ・ローン合計
                                  96/259








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     農業不動産貸付
                                       2018  年 12 月 31 日現在
                              デット・サービス・カバレッジ・レシオ
                                      1.0 倍以上
                              1.2 倍以上       1.2 倍未満       1.0 倍未満
                                                      合計
                                       (単位:百万ドル)
     融資比率:
     0%-59.99%
                             $   2,997    $     198    $    57   $   3,252
     60%-69.99%
                                 64         0        0      64
     70%-79.99%
                                  0        0        0       0
                                  0        0        0       0
     80%  以上
                             $   3,061    $     198    $    57   $   3,316
       農業不動産貸付合計
     商業モーゲージおよび農業不動産貸付合計

                                      2018  年 12 月 31 日現在
                             デット・サービス・カバレッジ・レシオ
                                     1.0 倍以上
                             1.2 倍以上       1.2 倍未満       1.0 倍未満
                                                      合計
                                      (単位:百万ドル)
     融資比率:
     0%-59.99%
                            $   33,322     $     736    $    218   $   34,276
     60%-69.99%
                               16,602          621         0     17,223
     70%-79.99%
                                6,324         754        41      7,119
                                332        142        32       506
     80%  以上
       商業モーゲージおよび農業不動産貸付
                            $   56,580     $    2,253     $    291   $   59,124
       合計
      次の表は、表示された時点における貸倒引当金控除前の投資勘定計上額に基づいて特定の主要な信用度指標を表

     示したものである。
     商業モーゲージ・ローン

                                      2017  年 12 月 31 日現在
                             デット・サービス・カバレッジ・レシオ
                                     1.0 倍以上
                             1.2 倍以上       1.2 倍未満       1.0 倍未満
                                                      合計
                                      (単位:百万ドル)
     融資比率:
     0%-59.99%
                            $   30,082     $     639    $    251   $   30,972
     60%-69.99%
                               13,658          530        121      14,309
     70%-79.99%
                               5,994         514        29      6,537
                                 93         54       119        266
     80%  以上
                            $   49,827     $    1,737     $    520   $   52,084
       商業モーゲージ・ローン合計
                                  97/259






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     農業不動産貸付
                                       2017  年 12 月 31 日現在
                               デット・サービス・カバレッジ・レシオ
                                      1.0 倍以上
                               1.2 倍以上      1.2 倍未満      1.0 倍未満
                                                      合計
                                       (単位:百万ドル)
     融資比率:
     0%-59.99%
                              $   2,988    $     170    $     5  $   3,163
     60%-69.99%
                                  40        0        0      40
     70%-79.99%
                                   0        0        0       0
                                   0        0        0       0
     80%  以上
                              $   3,028    $     170    $     5  $   3,203
       農業不動産貸付合計
     商業モーゲージおよび農業不動産貸付合計

                                       2017  年 12 月 31 日現在
                              デット・サービス・カバレッジ・レシオ
                                      1.0 倍以上
                              1.2 倍以上      1.2 倍未満      1.0 倍未満
                                                      合計
                                       (単位:百万ドル)
     融資比率:
     0%-59.99%
                              $  33,070     $     809    $    256   $  34,135
     60%-69.99%
                                13,698         530       121      14,349
     70%-79.99%
                                 5,994         514        29      6,537
                                  93        54       119       266
     80%  以上
       商業モーゲージおよび農業不動産貸付
                              $  52,855     $    1,907    $    525   $  55,287
       合計
                                  98/259











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      次の表は、それぞれの時点における貸倒引当金控除前の投資勘定計上額に基づいた延滞商業モーゲージおよびそ
     の他貸付の延滞期間、ならびに未収利息計上停止状態の商業モーゲージおよびその他貸付の金額を示したものであ
     る。
                                 2018  年 12 月 31 日現在

                                   延滞期間
                                    が 90 日
                      延滞期間が       延滞期間が                        未収利息計上
                       30-59  日     60-89  日    以上  (1)                停止状態   (2)
                延滞なし                         延滞合計      貸付合計
                                 (単位:百万ドル)
     商業モーゲージ・ローン
                $  55,808    $    0   $    0   $   0  $    0   $  55,808    $    66
     農業不動産貸付
                  3,301       0       0     15      15     3,316       18
     住宅不動産貸付
                   154       1       0      2      3     157       3
     その他担保貸付
                   17      0       0      0      0      17       0
     無担保貸付              660       0       0      0      0     660       0
                $  59,940    $    1   $    0   $   17   $    18   $  59,958    $    87
       合計
     ____________
     (1)  2018  年 12 月 31 日現在、未収利息計上状態のこのカテゴリーの貸付はない。
     (2)  貸付に対する未収利息計上の方針についての詳細な情報については、注記                                   2 を参照のこと。
                                 2017  年 12 月 31 日現在

                                   延滞期間
                                    が 90 日
                      延滞期間が       延滞期間が
                                                    未収利息計上停
                       30-59  日     60-89  日    以上  (1)                止状態   (2)
                延滞なし                         延滞合計      貸付合計
                                 (単位:百万ドル)
     商業モーゲージ・ローン
                $  52,084    $    0   $    0   $   0  $    0   $  52,084    $    71
     農業不動産貸付
                  3,201       0       0      2      2     3,203       23
     住宅不動産貸付
                   191      3       0      2      5      196       2
     その他担保貸付
                    5      0       0      0      0      5      0
     無担保貸付              663      0       0      0      0      663       0
                $  56,144    $    3   $    0   $   4  $    7   $  56,151    $    96
       合計
     ____________
     (1)  2017  年 12 月 31 日現在、未収利息計上状態のこのカテゴリーの貸付はない。
     (2)  貸付に対する未収利息計上の方針についての詳細な情報については、注記                                   2 を参照のこと。
                                  99/259









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     その他投資資産
      次の表は、それぞれの時点における「その他投資資産」の構成を示している。

                                               12 月 31 日現在

                                             2018        2017
                                             (単位:百万ドル)
     LPs/LLCs     :
      持分法:
         プライベート・エクイティ
                                           $    3,182    $    2,954
                                               1,337         803
         ヘッジ・ファンド
                                               1,207         972
         不動産関連
         持分法小計
                                               5,726        4,729
      公正価値:
         プライベート・エクイティ
                                               1,684        1,325
                                               2,135        2,419
         ヘッジ・ファンド
                                                296        247
         不動産関連
         公正価値小計       (1)
                                               4,115        3,991
       LPs/LLCs     合計                                   9,841        8,720
     直接保有の不動産         (2)
                                               2,466        2,409
     デリバティブ商品
                                               1,155        1,214
                                               1,064        1,030
     その他   (3)
                                           $   14,526     $   13,373
         その他投資資産合計          (4)
     ____________
     (1)  2017  年 12 月 31 日時点で、     1,572  百万ドルが原価法を使用して会計処理された。
     (2)  2018  年および    2017  年 12 月 31 日現在の直接保有の不動産に伴うモーゲージ借入債務は、それぞれ                               776  百万ドルおよび       799  百万
       ドルであった。
     (3)  主に当社の投資運用業務により実施された戦略的投資、レバレッジドリース、ニューヨークおよびボストンの連邦住宅貸
       付銀行のメンバー株式および活動株式保有が含まれている。ニューヨークおよびボストンの連邦住宅貸付銀行の株式保有
       についての詳細な情報については、注記                   16 を参照のこと。
     (4)  過年度の金額は、当年度の表示に合わせて組替表示されている。追加情報に関しては注記                                          2 参照。
      特定の投資構造では、当社の投資運用業務は他の共同投資家と合同で、フィーダー・ファンドと呼称される投資

     ファンドに投資する。これらの構造では、複数のフィーダー・ファンドへの投資資金は混蔵され、マスター・ファ
     ンドと呼称される別のファンドの所有持分取得に充当される。マスター・ファンドは、これらの投資資金を用いて
     (場合によっては、他のデット・ファイナンスで調達した資金も併せて用いて)、投資家に代わって様々な種類の
     資産を買付ける。投資会社向けの特殊な業種別会計では、フィーダー・ファンドは、マスター・ファンド持分比率
     を問わず、その比率に応じたマスター・ファンド純資産の比例配分に等しい単一の純資産として、マスター・ファ
     ンド投資を表示するよう求めている。当社がフィーダー・ファンドを連結する場合、当社はフィーダー・ファンド
     の純資産表示を維持して、マスター・ファンドの純資産のうち連結したフィーダー・ファンドに比例配分される分
     を「その他投資資産」に計上し、同時に当社関連会社でない投資家が保有するフィーダー・ファンド少数持分を
     「その他の負債」または「非支配持分」に計上している。                               このように純資産ベースで表示されている連結した
     フィーダー・ファンドのマスター・ファンドに対する投資は、                                 2018  年および     2017  年 12 月 31 日現在、それぞれ         349  百
     万ドルおよび       451  百万ドルであった。          2018  年および     2017  年 12 月 31 日現在の連結されたフィーダー・ファンドの非関
     連会社持分はそれぞれ            199  百万ドルおよび        310  百万ドルであり、マスター・ファンドの総資産はそれぞれ                              122,376    百
     万ドルおよび       82,126   百万ドル、総負債はそれぞれ               119,697    百万ドルおよび        79,185   百万ドルで、これらは当社の貸借対
     照表に含まれていない。
                                100/259




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     持分法適用の投資
      持分法に基づいて会計処理される重要な                     LP/LLC    持分(注記      9 でさらに詳述する運営合弁事業に対する当社の投資

     を含む)を合算した財務情報の要約は、以下の表に示すとおりである。以下の表の期間ごとの変化は、運営合弁事
     業および     LP/LLC    内の活動の変化、ならびに当該事業体に対する当社の投資水準の変化を反映している。
                                                12 月 31 日

                                             2018        2017
                                             (単位:百万ドル)
     財政状態計算書
                                           $   78,546     $   62,292
     資産合計     (1)
     負債合計     (2)
                                           $    8,293    $   15,225
                                              70,253        47,067
     パートナー資本
                                           $   78,546     $   62,292
       負債およびパートナー資本合計
     上記に含まれた負債およびパートナー資本合計
                                           $    6,265    $    5,515
                                                790        696
     上記に含まれる        LP/LLC    持分の中の当社の持分
                                           $    7,055    $    6,211
       簿価
     ____________
     (1)  資産は、主に不動産投資、有価証券投資およびその他雑資産からなる。
     (2)  負債は、主に第三者よりの資金借入、買戻条件付売却証券およびその他の雑負債からなる。
                                         12 月 31 日に終了した事業年度

                                         2018       2017       2016
                                            (単位:百万ドル)
     損益計算書
     収益合計     (1)
                                       $  6,264    $  6,392    $  5,360
                                         (3,222   )    (2,300   )    (1,995   )
     費用合計     (2)
                                       $  3,042    $  4,092    $  3,365
       当期純利益(損失)
     上記に含まれる当期純利益(損失)中の当社の持分
                                       $   233   $   409   $   247
     上記に含まれない         LP/LLC    持分の当期純利益(損失)中に
                                           14      123       103
     含まれる当社の持分
                                       $   247   $   532   $   350
       当期純利益(損失)中の持分合計
     ____________
     (1)  収益は、主に不動産投資および有価証券投資からの収益ならびにその他の収益からなる。
     (2)  費用は、主に支払利息、投資運用報酬、給与およびその他の費用からなる。
                                101/259








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     純投資利益
      次の表は、それぞれの期間の投資の種類別の「純投資利益」を示している。

                                         12 月 31 日に終了した事業年度

                                         2018       2017       2016
                                            (単位:百万ドル)
     満期固定証券、売却可能有価証券                 (1)
                                       $  11,989     $  11,482     $  10,920
     満期固定証券、満期保有目的有価証券                   (1)
                                          226       215       208
     満期固定証券、売買目的有価証券
                                          143       163       209
     経験料率契約者保険負債に対応する資産、公正価値
                                          722       736       758
     持分証券、公正価値
                                          164       398       385
     商業モーゲージおよびその他貸付
                                          2,352       2,267       2,243
     保険約款貸付
                                          622       617       627
     その他投資資産
                                          519      1,117        731
                                          345       203       145
     短期投資および現金同等物
       総投資収益                                  17,082       17,198       16,226
                                          (906  )     (763  )     (706  )
     差引:投資費用
                                       $  16,176     $  16,435     $  15,520
       純投資利益      (2)
     ____________
     (1)  相殺権についての条件が満たされていることから、関連するサープラスノートと同一の財務書類科目で計上されている、
       信用連動債に係る収益を含む。
     (2)  過年度の金額は、当年度の表示に合わせて組替表示されている。
      2018  年 12 月 31 日現在、非収益獲得資産の簿価には、満期固定証券、売却可能有価証券                                     156  百万ドル、経験料率契

     約者保険負債に対応する資産               18 百万ドル、ならびに、その他投資資産が                     1 百万ドル未満含まれていた。非収益獲得
     資産は、     2018  年 12 月 31 日直前の     12 ヵ月間に収益をもたらさなかった投資を表す。
                                102/259











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     実現投資利益(損失)、純額
      次の表は、それぞれの期間の投資の種類別の「実現純投資利益(損失)」を示している。

                                         12 月 31 日に終了した事業年度

                                         2018       2017       2016
                                           (単位:百万ドル)
     満期固定証券       (1)
                                       $   228   $    581   $   666
     持分証券     (2)
                                           0     1,066        376
     商業モーゲージおよびその他貸付
                                           49       70       55
     投資不動産
                                           84       12       15
     LPs/LLCs
                                           17       (23  )     (94  )
     デリバティブ       (3)
                                         1,597       (1,275   )    1,175
                                           2       1       1
     その他
                                       $  1,977    $    432   $  2,194
       実現投資利益(損失)、純額
     ____________
     (1)  売却可能および満期保有目的に分類された満期固定証券を含み、売買目的に分類された満期固定証券は除外する。
     (2)  2018  年 1 月 1 日付で、持分証券の実現利益(損失)は「その他収益(損失)」に計上される。
     (3)  適格公正価値ヘッジ会計のヘッジ関係で相殺されるヘッジ対象を含む。
     AOCI   における純未実現投資利益(損失)

      次の表は、それぞれの時点における純未実現投資利益(損失)を示したものである。

                                             12 月 31 日現在

                                         2018       2017       2016
                                            (単位:百万ドル)
     満期固定証券、売却可能有価証券、                  OTTI   計上
                                       $   190   $   286   $   312
     満期固定証券、売却可能有価証券、その他
                                         21,721       34,109       28,526
     売却可能持分証券         (1)
                                            0     2,027       2,599
     キャッシュ・フロー・ヘッジとしてのデリバティブ                          (2)
                                          811       (39  )    1,316
                                           (2 )      15      (21  )
     その他の投資       (3)
                                       $  22,720     $  36,398     $  32,732
       未実現純投資利益(損失)
     ____________
     (1)  2018  年 1 月 1 日付で、持分証券の未実現利益(損失)は「その他収益(損失)」に計上される。
     (2)  キャッシュ・フロー・ヘッジの詳細は注記                     5 を参照。
     (3)  2018  年 12 月 31 日現在、以前に売却可能から満期保有目的に振り替えられた有価証券に係る未実現純損失はなかった。戦略
       的投資の性格を有し、「その他資産」に計上されている特定の合弁事業に関する未実現純利益を含む。
                                103/259







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     買戻契約および有価証券貸付
      当社は、通常の業務過程で、買戻条件付きで有価証券を売却し、有価証券貸付取引を実施する。次の表は、表示

     された時点における「買戻条件付売却有価証券」の構成を示したものである。
                           2018  年 12 月 31 日現在           2017  年 12 月 31 日現在

                        契約上の満期までの                  契約上の満期までの
                           残存期間                  残存期間
                        翌日物                  翌日物
                        および                  および
                               30 日                 30 日
                        満期日                  満期日
                       ローリング        以下      合計    ローリング        以下      合計
                                    (単位:百万ドル)
     米国財務省証券および米国政府
                       $   975   $  8,614    $  9,589    $   911   $  7,349    $  8,260
     関係機関が発行した負債証券
     米国の公募社債
                           19       0     19       1      0      1
     外国の公募社債
                            0      0      0      0      0      0
                            0     342      342       0     139      139
     住宅モーゲージ証券
                            0      0      0      0      0      0
     持分証券
       買戻条件付売却有価証券
                       $   994   $  8,956    $  9,950    $   912   $  7,488    $  8,400
       合計  (1)
     ____________
     (1)  当社には、表示された時点で満期までの残存期間が                         30 日以上の契約残高はない。
                                104/259













                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      次の表は、表示された時点における「貸付有価証券見合現金担保預り」の構成を示したものである。これらは、
     以下の種類の貸付有価証券について受け入れた現金担保を返済する債務を表している。
                           2018  年 12 月 31 日現在           2017  年 12 月 31 日現在

                        契約上の満期までの                  契約上の満期までの
                           残存期間                  残存期間
                         翌日物                  翌日物
                         および                  および
                         満期日                  満期日
                               30 日                 30 日
                        ローリン                  ローリン
                          グ     以下      合計       グ     以下      合計
                                    (単位:百万ドル)
     米国財務省証券および米国政府関係
                        $   105   $    0  $   105   $    87   $   35   $   122
     機関が発行した負債証券
     米国州および州政府機関が発行する
                           88      0     88      103       0     103
     負債証券
                           325       0     325      335       0     335
     外国政府が発行する負債証券
     米国の公募社債
                          2,563        0    2,563      2,961        0    2,961
     外国の公募社債
                           693       0     693      655       0     655
                            0      0      0      0      0      0
     住宅モーゲージ証券
                           155       0     155      178       0     178
     持分証券
       貸付有価証券見合現金担保預り
                        $  3,929    $    0  $  3,929    $  4,319    $   35   $  4,354
       合計  (1)
     ____________
     (1)  当社には、表示された時点で満期までの残存期間が                         30 日以上の契約残高はない。
     担保差入有価証券

      当社は、有価証券貸付、買戻条件付売却有価証券、担保付借入、デリバティブ取引相手への担保供託等の取引を

     通じて、非関係会社に自己が保有する投資有価証券を担保として差入れている。次の表は、第三者に差し入れた投
     資の、それぞれの時点における帳簿価額を示している。
                                               12 月 31 日現在

                                             2018        2017
                                             (単位:百万ドル)
     満期固定証券       (1)
                                           $   15,319     $   13,303
     満期固定証券、売買目的有価証券
                                                 0        0
     経験料率契約者保険負債に対応する資産
                                                123        369
     分離勘定資産
                                               2,811        2,992
                                                152        172
     持分証券
                                           $   18,405     $   16,836
       担保差入有価証券         (2)
     ____________
     (1)  売却可能および満期保有目的に分類された満期固定証券を含み、売買目的に分類された満期固定証券は除外する。
     (2)  過年度の金額は、当年度の表示に合わせて組替表示されている。
                                105/259






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      次の表は、差入担保によって裏付けられた負債の、それぞれの時点における帳簿価額を示している。
                                               12 月 31 日現在

                                              2018        2017
                                              (単位:百万ドル)
     買戻条件付売却有価証券
                                           $    9,950    $    8,400
     貸付有価証券見合現金担保預り
                                               3,929        4,354
     分離勘定負債
                                               2,867        3,064
                                                 0       436
     保険契約者預り金勘定           (1)
                                           $   16,746     $   16,254
       裏付担保の差入れを行った負債合計
     ____________
     (1)  資金協定残高に対応する金額を表す。
      通常の事業活動において、当社は売却または再担保提供が可能な担保を受け入れている。これらの担保の源泉

     は、主として、顧客勘定中の有価証券、売戻条件付購入有価証券、および                                      OTC  デリバティブの契約相手方からの担
     保の差入れである。この担保の公正価値は、                       2018  年 12 月 31 日現在は約      5,309   百万ドル(うち最大の構成要素には、
     OTC  デリバティブの契約相手方からの                 986  百万ドルの有価証券および              4,323   百万ドルの現金が含まれていた)、そし
     て 2017  年 12 月 31 日現在は     5,126   百万ドル(うち最大の構成要素には、                    OTC  デリバティブの契約相手方からの                 599  百万
     ドルの有価証券および            4,527   百万ドルの現金が含まれていた)であった。前記の有価証券の一部は、両方の期間に
     おいて売却または再担保提供の対象となった。
     預託資産、信託保管資産、売却制限

      次の表は、記載された日付現在で保有されている預託資産、信託保管資産、売却制限付有価証券を示している。

                                               12 月 31 日現在

                                              2018        2017
                                              (単位:百万ドル)
     政府機関または受託機関に預託された資産
                                           $     27   $     28
     任意信託で保管されている資産                (1)
                                                609        606
     再保険およびその他の契約に関連して保管されている資産                              (2)
                                              13,259        13,301
                                                40        59
     売却制限付有価証券          (3)
                                           $   13,935     $   13,994
       預託資産、信託保管資産、売却制限の合計
     ____________
     (1)  主に特定の保険契約者への保証配当の積立、および一定の従業員給付の積立目的で設立された任意信託で保管されている
       資産を示している。
     (2)  再保険契約に関連する信託保管資産を示している。ただし、完全子会社間の再保険契約を除く。                                              2018  年および    2017  年 12 月
       31 日現在、完全子会社間の再保険契約に関連する信託保管資産は、それぞれ                                   16.1  十億ドルおよび       12.9  十億ドルで評価され
       ている。
     (3)  ニューヨークおよびボストンの連邦住宅貸付銀行のメンバーシップに関する、メンバー株式および活動基準の株式保有が
       含まれている。
                                106/259






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     4.  変動持分事業体
      当社は、通常の事業活動において、                   VIE  とみなされる様々な特別目的事業体およびその他の事業体と関係を結ん

     でいる。     VIE  とは、(     1 )持分投資家に財政上の支配力(事業体の活動に対する支配力、事業体の予測損失を負担す
     る義務、ならびに事業体の予測残余利益を受け取る権利を含む)の点で一定の基礎的な要素が欠けている、または
     ( 2 )他の事業体による財政支援を受けなければ十分な事業資金を欠き、他の事業体が                                          VIE  の予測損失の少なくとも
     一部を負担す