株式会社ヴィッツ 四半期報告書 第23期第2四半期(平成30年12月1日-平成31年2月28日)

提出書類 四半期報告書-第23期第2四半期(平成30年12月1日-平成31年2月28日)
提出日
提出者 株式会社ヴィッツ
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    東海財務局長
      【提出日】                    平成31年4月12日
      【四半期会計期間】                    第23期第2四半期(自 平成30年12月1日 至 平成31年2月28日)
      【会社名】                    株式会社ヴィッツ
      【英訳名】                    WITZ   Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  服部 博行
      【本店の所在の場所】                    名古屋市中区栄二丁目13番1号
      【電話番号】                    052-220-1218
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役  脇田 周爾
      【最寄りの連絡場所】                    名古屋市中区栄二丁目13番1号
      【電話番号】                    052-220-1218
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役  脇田 周爾
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第23期
               回次               第2四半期            第22期
                             連結累計期間
                           自平成30年9月1日           自平成29年9月1日

              会計期間
                           至平成31年2月28日           至平成30年8月31日
                      (千円)           1,162,691           2,375,816
     売上高
                      (千円)            110,556           223,754
     経常利益
     親会社株主に帰属する
                      (千円)            72,225           135,527
     四半期(当期)純利益
                      (千円)            75,393           140,868
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)            532,831           466,797
     純資産額
                      (千円)           1,048,112           1,101,110
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            49.23           93.95
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)            49.36           41.23
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・
                      (千円)            60,049           136,941
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                      (千円)           △ 24,752          △ 50,827
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                      (千円)           △ 15,865          △ 35,767
     フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)            387,355           367,923
     (期末)残高
                               第23期

               回次               第2四半期
                             連結会計期間
                           自平成30年12月1日

              会計期間
                           至平成31年2月28日
                      (円)            25.86
     1株当たり四半期純利益金額
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は
           平成31年2月28日において非上場であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         4.当社は、第22期第2四半期連結累計期間については四半期連結財務諸表を作成していないため、第22期第2
           四半期連結累計期間に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。
         5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準
           等を遡って適用した後の指標等となっております。
         6.平成30年11月1日付で普通株式1株につき普通株式1,000株の割合で株式分割を行っております。第22期の
           期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しております。
                                  2/21



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  3/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
       当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、平成31年3月1日提出の有価証券届出
       書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。なお、当社は前
       第2四半期連結累計期間については四半期連結財務諸表を作成していないため、前年同四半期連結累計期間との比較
       分析は行っておりません。
       (1)経営成績の状況

        当第2四半期連結累計期間における我が国の経済は、米中貿易問題などに端を発し先行き不透明感、地政学リスク
       の発生などはあるものの、自動車産業を中心とした市場環境は堅調に推移しております。
        当社グループの主たる事業分野である組込ソフトウェア業界は、製品開発や研究開発投資に支えられ、好調な事業
       環境を維持しております。特に自動車産業を中心としたソフトウェア開発、モデルベース開発、仮想環境シミュレー
       タ開発などの需要は旺盛な状況であります。また、自動運転車両の実用化が現実味を帯び、当該分野への技術開発投
       資は急速に拡大しており、当社グループの自動運転技術、人工知能安全活用に関する技術への要望がますます高まっ
       ております。
        このような事業環境を背景に、当第2四半期連結累計期間におきましても、前期に発生した不採算プロジェクトへ
       の対応により、一部業績に影響が及んだものの、自動車電装部品メーカへのソフトウェア開発および組込セキュリ
       ティの技術提供強化や自動運転に関する仮想環境の積極的な提案を実施するとともに、既存事業の継続的な強化を実
       施いたしました。
        また、新技術である自動運転技術に関する研究や自律社会を支える人工知能安全活用に関する研究を進め、新たな
       事業の育成に努めてまいりました。
        この結果、当第2四半期連結累計期間の経営成績は、売上高1,162,691千円、営業利益                                        111,318千円、経常利益

       110,556千円、親会社株主に帰属する四半期純利益                        72,225千円となりました。
         セグメント経営成績は、次のとおりであります。

        1.  組込システム事業
         当セグメントにおいては、自動車・産業製品向けの制御ソフトウェア、リアルタイムオペレーションシステムな
        どのソフトウェアプラットフォーム提供、組込セキュリティなどの受託案件などを行っており、受注状況は堅調に
        推移し   ましたが、前期に発生した不採算プロジェクトへの対応を余儀なくされました。なお、当不採算プロジェク
        トについては、当第2四半期連結累計期間において終結しております。その結果                                     、売上高は633,215千円、セグメン
        ト利益は     85,659千円となりました。
        2.  システムズエンジニアリング事業

         当セグメントにおいては、自動車関連のシミュレーションおよびモデルベース開発技術の提案・開発・提供とデ
        ジタルコンシューマ機器向けの基盤技術提供を行っており、売上高は381,965千円、セグメント利益は122,374千円
        となりました。
        3.  機能安全開発事業

         当セグメントにおいては、近年の電子機器装置の安全性を担保するために必要なコンサルティング・安全性分析
        支援と安全性の高いソフトウェア開発を行うためのソフトウェア開発プロセス作成の支援を行っており、売上高は
        120,813千円、セグメント利益は               42,424千円となりました。
        4.  その他

         当セグメントにおいては、株式会社アトリエ、株式会社ヴィッツ沖縄が含まれており、売上高は73,164千円、セ
        グメント利益は26,951千円となりました。
                                  4/21



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
        計期間の期首から適用しており、財政状態については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前連結会計年
        度末との比較・分析を行っております。
        (資産)

         流動資産は、753,066千円(前連結会計年度末比7.5%減)となりました。主な内訳は、現金及び預金387,355千
        円(前連結会計年度末比5.3%増)、仕掛品159,563千円                          (前連結会計年度末比35.5%減)               であります。
         固定資産は、295,046千円(前連結会計年度末比3.0%増)となりました。主な内訳は、保険積立金128,356千円
        (前連結会計年度末比9.0%増)であります。
         この結果、当第2四半期連結会計期間末における総資産は、1,048,112千円(前連結会計年度末比4.8%減)とな
        りました。
        (負債)

         流動負債は、284,739千円(前連結会計年度末比31.8%減)となりました。主な内訳は、買掛金72,966千円(前
        連結会計年度末比46.2%減)、賞与引当金64,641千円(前連結会計年度末比12.2%減)であります。
         固定負債は、230,541千円(前連結会計年度末比6.4%増)となりました。主な内訳は、平成30年11月29日開催の
        第22期定時株主総会の終結の時をもって、当社の役員退職慰労金制度を廃止したことにより、前連結会計年度まで
        計上しておりました役員退職慰労引当金から振替えた長期未払金114,767千円、退職給付に係る負債107,419千円
        (前連結会計年度末比8.4%増)であります。
         この結果、当第2四半期連結会計期間末における負債合計は、515,280千円(前連結会計年度末比18.8%減)と
        なりました。
        (純資産)

         当第2四半期連結会計期間末における純資産は、532,831千円(前連結会計年度末比14.1%増)となりました。
        主な内訳は、資本金88,589千円(前連結会計年度末比-%)、利益剰余金405,718千円(前連結会計年度末比
        18.5%増)であります。
       (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、387,355千円となりま
        した。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果取得した資金は60,049千円となりました。この主な要因は、仕入債務の減少額62,542千円、受注
        損失引当金の減少額21,261千円、法人税等の支払額57,925千円による資金の減少があったものの、税金等調整前四
        半期純利益の計上110,556千円、たな卸資産の減少額86,111千円による資金の増加があったことによるものであり
        ます。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果支出した資金は24,752千円となりました。この主な要因は、有形固定資産の取得による支出
        6,538千円、差入保証金の差入による支出6,368千円、保険積立金の積立による支出11,628千円等であります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果支出した資金は15,865千円となりました。この主な要因は、長期借入金の返済による支出4,506
        千円、配当金の支払額8,802千円、上場関連費用の支払額2,000千円によるものであります。
       (4)経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (6)研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、27,301千円であります。
        なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  5/21


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                   5,840,000
        普通株式
                                                   5,840,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末現
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (平成31年4月12日)
               (平成31年2月28日)                        取引業協会名
                                                   完全議決権株式であ
                                                   り、権利内容に何ら
                                                   限定のない当社にお
                                         東京証券取引所
                     1,467,000            1,807,000
     普通株式                                             ける標準となる株式
                                         (マザーズ)
                                                   であります。なお単
                                                   元株式数は100株で
                                                   あります。
                     1,467,000            1,807,000           -           -
         計
     (注)1.当社株式は、平成31年4月8日付で、東京証券取引所マザーズ市場に上場しております。
        2.平成31年4月5日を払込期日とする有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)による増資により、
          発行済株式数が340,000株増加しております。
        3.提出日現在発行数には、平成31年4月1日からこの四半期報告書提出日までに新株予約権の行使により発行さ
          れた株式数は含まれておりません。
                                  7/21











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
          当第2四半期会計期間において発行した新株予約権は次のとおりであります。
                                        第2回新株予約権

          決議年月日                    平成30年11月29日

                              当社取締役 5名
          付与対象者の区分及び人数                    当社監査役 1名
                              当社従業員 21名
          新株予約権の権利行使期間 ※                    平成33年1月1日から平成37年12月31日まで
          新株予約権の数(個) ※                                 620

          新株予約権の目的となる株式の種類、内
                              普通株式 62,000株
          容及び数 ※
          新株予約権の行使時の払込金額
                                           769
          (円) ※
          新株予約権の行使により株式を発行する
                              発行価格   769
          場合の株式の発行価格及び資本組入額
                              資本組入額  385
          (円) ※
                              ①新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時において、当
                              社または当社関係会社の取締役、監査役または従業員のいずれ
                              かの地位を有している場合に限り新株予約権を行使することが
                              できる。ただし、任期満了による退任、定年退職その他取締役
                              会が正当な理由があると認めた場合はこの限りではない。
          新株予約権の行使の条件 ※
                              ②新株予約権の割当てを受けた者が死亡した場合、その相続人
                              は新株予約権を行使することができない。
                              ③その他の条件は、株主総会決議及び取締役会決議に基づき、
                              当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結する「新株
                              予約権割当契約」で定めるところによる。
                              譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認
          新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                              を要すものとする。
          組織再編成行為に伴う新株予約権の交付

                                            -
          に関する事項 ※
          ※新株予約権の発行時(平成30年12月1日)における内容を記載しております。

        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                  8/21







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総                             資本準備金増
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                  数増減数                             減額
         年月日
                         数残高(株)        (千円)       (千円)             高(千円)
                   (株)                            (千円)
     平成30年12月1日~
                       -   1,467,000           -     88,589          -     19,089
     平成31年2月28日
     (注)平成31年4月5日を払込期日とする有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)による増資により、発行
        済株式総数が340,000株、資本金及び資本準備金がそれぞれ414,460千円増加しております。
       (5)【大株主の状況】

                                                  平成31年2月28日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                   総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
     株式会社Office        Hat         名古屋市港区福屋二丁目27番地                      420,000           28.63

     株式会社SNA                                       380,000           25.90
                      愛知県一宮市浅井町尾関字寺西3番地
                                            150,000           10.22
     オークマ株式会社                 愛知県丹羽郡大口町下小口五丁目25番1号
                                            150,000           10.22
     アイシン精機株式会社                 愛知県刈谷市朝日町二丁目1番地
                                            100,000            6.82
     森川 聡久                 岐阜県大垣市
                                            100,000            6.82
     大西 秀一                 愛知県知立市
                                            100,000            6.82
     武田 英幸                 名古屋市港区
                                             67,000           4.57
     ヴィッツ従業員持株会                 愛知県名古屋市中区栄二丁目13番1号
                               -            1,467,000            100.00

             計
                                  9/21










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成31年2月28日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                        -            -            -

                                                権利内容に何ら限定のない
                                                当社における標準となる株
                            普通株式
     完全議決権株式(その他)                                  14,670
                                                式であります。なお、単元
                           1,467,000
                                                株式数は100株でありま
                                                す。
                             -            -            -
     単元未満株式
                           1,467,000              -            -
     発行済株式総数
                             -           14,670              -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

           該当事項はありません。
      2【役員の状況】

           該当事項はありません。
                                 10/21











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
        なお、当四半期報告書は、第2四半期に係る最初に提出する四半期報告書であるため、前年同四半期との対比は
       行っておりません。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年12月1日から平
       成31年2月28日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年9月1日から平成31年2月28日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、          仰星監査法人      による四半期レビューを受けております。
                                 11/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年8月31日)              (平成31年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                        367,923              387,355
         現金及び預金
                                        129,734              141,999
         受取手形及び売掛金
                                        247,368              159,563
         仕掛品
                                         70,365              65,007
         その他
                                         △ 840             △ 860
         貸倒引当金
                                        814,552              753,066
         流動資産合計
       固定資産
                                         31,242              27,354
         有形固定資産
                                         21,525              16,807
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                        117,807              128,356
          保険積立金
                                        115,983              122,528
          その他
          投資その他の資産合計                              233,790              250,884
                                        286,558              295,046
         固定資産合計
                                       1,101,110              1,048,112
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        135,509               72,966
         買掛金
                                         7,658              3,656
         1年内返済予定の長期借入金
                                         65,060              41,910
         未払法人税等
                                         73,636              64,641
         賞与引当金
                                         11,272              14,610
         製品保証引当金
                                         21,261                -
         受注損失引当金
                                        103,183               86,953
         その他
                                        417,581              284,739
         流動負債合計
       固定負債
                                         2,648              2,144
         長期借入金
                                        113,908               4,569
         役員退職慰労引当金
                                         99,130              107,419
         退職給付に係る負債
                                           -            114,767
         長期未払金
                                         1,045              1,640
         その他
                                        216,732              230,541
         固定負債合計
       負債合計                                 634,313              515,280
                                 12/21








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年8月31日)              (平成31年2月28日)
      純資産の部
       株主資本
                                         88,589              88,589
         資本金
                                         23,078              23,078
         資本剰余金
                                        342,295              405,718
         利益剰余金
         株主資本合計                                453,962              517,386
                                         12,834              15,445
       非支配株主持分
                                        466,797              532,831
       純資産合計
                                       1,101,110              1,048,112
      負債純資産合計
                                 13/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成30年9月1日
                                至 平成31年2月28日)
                                       1,162,691
      売上高
                                        825,037
      売上原価
                                        337,654
      売上総利益
                                        ※ 226,336
      販売費及び一般管理費
                                        111,318
      営業利益
      営業外収益
                                           616
       保険解約返戻金
                                           435
       保険事務手数料
                                           339
       受取手数料
                                           66
       その他
                                         1,457
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,000
       支払手数料
                                           218
       その他
                                         2,218
       営業外費用合計
                                        110,556
      経常利益
                                        110,556
      税金等調整前四半期純利益
                                         35,163
      法人税等
                                         75,393
      四半期純利益
                                         3,168
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         72,225
      親会社株主に帰属する四半期純利益
        【四半期連結包括利益計算書】


         【第2四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成30年9月1日
                                至 平成31年2月28日)
                                         75,393
      四半期純利益
                                         75,393
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         72,225
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         3,168
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/21







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                     (単位:千円)
                               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成30年9月1日
                                至 平成31年2月28日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        110,556
       税金等調整前四半期純利益
                                         10,341
       減価償却費
                                           42
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 12,264
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  86,111
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 62,542
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 8,995
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  8,289
       製品保証引当金の増減額(△は減少)                                  3,337
       受注損失引当金の増減額(△は減少)                                 △ 21,261
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                △ 109,338
       長期未払金の増減額(△は減少)                                 114,767
                                        △ 1,025
       その他
                                        118,018
       小計
                                          △ 42
       利息の支払額
                                        △ 57,925
       法人税等の支払額
                                         60,049
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 6,538
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 6,368
       差入保証金の差入による支出
                                        △ 11,628
       保険積立金の積立による支出
                                         1,079
       保険積立金の払戻による収入
                                        △ 1,296
       その他
                                        △ 24,752
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 4,506
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 8,802
       配当金の支払額
                                        △ 2,000
       上場関連費用の支出
                                         △ 557
       非支配株主への配当金の支払額
                                        △ 15,865
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   19,432
                                        367,923
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 387,355
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/21








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
         (税金費用の計算)
           税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会
          計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
        会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の
        区分に表示しております。
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            当第2四半期連結累計期間
                            (自 平成30年9月1日
                             至 平成31年2月28日)
     役員報酬                                46,219   千円
     賞与引当金繰入額                                6,480
                                      5,428
     役員退職慰労引当金繰入額
                                      3,631
     退職給付費用
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記の
           とおりであります。
                            当第2四半期連結累計期間
                             (自 平成30年9月1日
                              至 平成31年2月28日)
     現金及び預金勘定                                387,355千円
                                     387,355
     現金及び現金同等物
        (株主資本等関係)

         当第2四半期連結累計期間(自 平成30年9月1日 至 平成31年2月28日)
         配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      当額(円)
     平成30年11月29日
                        8,802       6,000
               普通株式                     平成30年8月31日         平成30年11月30日         利益剰余金
     定時株主総会
     (注)平成30年11月1日付で普通株式1株につき1,000株の株式分割を行っておりますが、1株当たり配当額は株式分割
        前の内容を記載しております。
                                 16/21






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          当第2四半期連結累計期間(自 平成30年9月1日 至 平成31年2月28日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                その他(注)
                           システムズエ                             合計
                     組込システム             機能安全開発
                           ンジニアリン                計
                       事業             事業
                             グ事業
     売上高
                       633,215       381,965       120,813      1,135,994        26,696     1,162,691
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                          -       -       -       -    46,468       46,468
      又は振替高
                       633,215       381,965       120,813      1,135,994        73,164     1,209,159
            計
                       85,659      122,374       42,424      250,459       26,951      277,410
     セグメント利益
      (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、子会社における研究事業の推進やソ
         フトウェア開発の検証事業等であります。
          2.報告セグメント合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関す

            る事項)
                                                     (単位:千円)
                 売上高                            金額

                                                       1,135,994
     報告セグメント計
                                                        73,164
     「その他」の区分の売上高
                                                       △46,468
     セグメント間取引消去
                                                       1,162,691

     四半期連結損益計算書の売上高
                  利益                            金額

                                                        250,459
     報告セグメント計
                                                        26,951
     「その他」の区分の利益
     全社費用(注1)                                                 △172,958
     その他の調整額(注2)                                                   6,866
                                                        111,318

     四半期連結損益計算書の営業利益
      (注1) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費及び研究開発費であります。
      (注2) その他の調整額は、営業取引と営業外取引の消去時に生じる差額等であります。
          3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
                                 17/21





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成30年9月1日
                                 至 平成31年2月28日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 49円23銭

     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                 72,225

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                        72,225
      益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                1,467,000
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株                           第2回新株予約権620個
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも                           (普通株式62,000株         )
     のの概要
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は平成31年2
          月28日において非上場であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
        2.当社は、平成30年10月15日開催の取締役会決議に基づき、平成30年11月1日付で普通株式1株につき1,000株
          の割合で株式分割を行っております。当第2四半期連結累計期間の期首に当該株式分割が行われたと仮定し
          て、1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
        (重要な後発事象)

        (公募による新株の発行)
          当社は、平成31年4月8日に東京証券取引所マザーズ市場へ上場致しました。上場に当たり、平成31年3月1
         日及び平成31年3月18日開催の取締役会において、以下のとおり新株式の発行を決議し、平成31年4月5日に払
         込が完了致しました。
          この結果、資本金は503,049千円、発行済株式総数は1,807,000株となっております。
         1.公募による新株の発行

           (1)募集方法 一般募集(ブックビルディング方式による募集)
           (2)発行する株式の種類及び数 普通株式340,000株
           (3)発行価格 1株につき2,650円
           (4)引受価額 1株につき2,438円
             この金額は、当社が引受人より1株当たりの払込金として受け取った金額であります。
             なお、発行価格と引受価額の差額は、引受人の手取金となります。
           (5)資本組入額 1株につき1,219円
           (6)発行価格の総額 901,000千円
           (7)引受価額の総額 828,920千円
           (8)資本組入額の総額 414,460千円
           (9)払込期日 平成31年4月5日
         2.資金の使途

            運転資金(研究開発費、広告宣伝費等)及び設備資金(敷金等の設備投資を含む)に充当する予定であり
           ます。
                                 18/21





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
        (第三者割当による新株の発行)
          当社は、平成31年3月1日及び平成31年3月18日開催の取締役会において、東海東京証券株式会社が行うオー
         バーアロットメントによる当社株式の売出し(貸株人から借入れる当社普通株式60,000株の売出し)に関連し
         て、同社を割当先とする第三者割当による新株式の発行を以下のとおり決議しました。
         1.第三者割当による新株の発行

           (1)発行する株式の種類及び数 普通株式60,000株
           (2)割当価格 1株につき2,438円
           (3)資本組入額 1株につき1,219円
           (4)割当価格の総額 146,280千円
           (5)資本組入額の総額 73,140千円
           (6)払込期日 平成31年5月9日
           (7)割当先 東海東京証券株式会社
         2.資金の使途

           上記「公募による新株の発行 2.資金の使途」と同様であります。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 19/21














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                             四半期報告書
                      独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年4月9日

      株式会社ヴィッツ
        取締役会 御中
                          仰星監査法人
                               指定社員
                                       公認会計士        三宅恵司          印
                              業務執行社員
                               指定社員

                                       公認会計士        元雄幸人          印
                              業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社

     ヴィッツの平成30年9月1日から平成31年8月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年12月1
     日から平成31年2月28日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年9月1日から平成31年2月28日まで)に係る
     四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半
     期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連
     結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
     に準拠して四半期レビューを行った。
       四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される
     質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥
     当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ヴィッツ及び連結子会社の平成31年2月28日現在の
     財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表
     示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

       重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成31年3月1日及び平成31年3月18日開催の取締役会におい
     て、公募による新株式の発行を決議し、平成31年4月5日に払込が完了している。また、同取締役会において、オー
     バーアロットメントによる株式の売出しに関連して、第三者割当による新株式の発行を決議している。
       当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク