株式会社IGポート 四半期報告書 第30期第3四半期(平成30年12月1日-平成31年2月28日)

提出書類 四半期報告書-第30期第3四半期(平成30年12月1日-平成31年2月28日)
提出日
提出者 株式会社IGポート
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成31年4月12日
      【四半期会計期間】                    第30期第3四半期(自 平成30年12月1日 至 平成31年2月28日)
      【会社名】                    株式会社IGポート
      【英訳名】                    IG  Port,Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  石川 光久
      【本店の所在の場所】                    東京都武蔵野市中町二丁目1番9号
      【電話番号】                    0422-53-0257
      【事務連絡者氏名】                    管理担当執行役員  栗本 典博
      【最寄りの連絡場所】                    東京都武蔵野市中町二丁目1番9号
      【電話番号】                    0422-53-0257
      【事務連絡者氏名】                    管理担当執行役員  栗本 典博
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/19













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第29期           第30期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第29期
                              累計期間           累計期間
                           自平成29年6月1日           自平成30年6月1日           自平成29年6月1日

              会計期間
                           至平成30年2月28日           至平成31年2月28日           至平成30年5月31日
                      (千円)           6,411,855           6,696,437           8,426,163

     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)            596,735          △ 518,637           386,730
     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は四半期純損失                (千円)            242,191          △ 507,899           147,139
     (△)
                      (千円)            336,361          △ 569,586           185,051
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           5,254,980           4,722,639           5,369,062
     純資産額
                      (千円)           9,844,126           9,027,367           10,161,440
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
     又は1株当たり四半期純損失                 (円)            50.71          △ 103.51            30.77
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)             51.1           51.7           51.1
     自己資本比率
                               第29期           第30期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自平成29年12月1日           自平成30年12月1日

              会計期間
                           至平成30年2月28日           至平成31年2月28日
     1株当たり四半期純利益又は1株

                                   21.45
                      (円)                       △ 48.19
     当たり四半期純損失(△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.1株当たり四半期(当期)純利益又は1株当たり四半期純損失については、算定上の基礎となる期中株式数か
           ら控除する自己株式数に、従業員インセンティブプラン「株式給付信託(J-ESOP)」制度の信託口が所有する
           当社株式を含めております。
         4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/19




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)財政状態及び経営成績の状況

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、緩やかな回復基調で推移しているものの、海外の経済・政治
        情勢が不安定なことや金融市場の変動の影響等、先行きについて不透明感が高まっております。
         このような事業環境のもと、当社グループはアニメーション作品の企画・制作を行う映像制作事業、コミック雑
        誌等の企画、製造、販売及び電子コミックスの配信を行う出版事業、作品の二次利用による印税・収益分配金等を
        得る版権事業に取り組んでまいりました。
         これらの結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は6,696,437千円(前年同期比4.4%増)、経常損失は518,637
        千円(前年同期は596,735千円の経常利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失は507,899千円(前年同期は
        242,191千円の親会社株主に帰属する四半期純利益)となりました。
         セグメントの経営成績は次のとおりであります。

        ① 映像制作事業
          映像制作事業におきましては、劇場用アニメーション「バースデー・ワンダーランド」、配信用アニメーショ
         ン「ULTRAMAN」、テレビ用アニメーション「フューチャーカード                              神バディファイト」「風が強く吹いている」
         等、その他ゲーム用のアニメーションを制作しました。
          新規受注の映像制作では、現況に合った確度の高い映像制作予算の策定による受注額の交渉を始めております
         が、前連結会計年度から続いている映像制作については、引き続きCG制作費や外注費の高騰、制作期間の長期
         化により厳しい状況が続いています。
          以上により、当事業の売上高は4,691,978千円(前年同期比30.1%増)、営業損失は531,000千円(前年同期は
         399,470千円の営業損失)となりました。
        ② 出版事業
          出版事業におきましては、新刊の月刊誌「コミックガーデン」、コミックス「魔法使いの嫁                                           10巻」「あまん
         ちゅ!    13巻」「リィンカーネーションの花弁                  9巻」等、定期月刊誌9点並びに新刊コミックス・書籍61点を刊
         行しました。
          また、既刊コミックスの「リィンカーネーションの花弁」シリーズは、特に販売好調でありましたが、前年度
         にメディア化された「魔法使いの嫁」「曇天に笑う」シリーズ等の既刊コミックスの需要が一巡したこともあ
         り、書店流通向けの売上が低調に推移しました。
          以上により、当事業の売上高は778,952千円(前年同期比39.8%減)、営業利益は54,398千円(前年同期比
         84.5  %減  )となりました。
        ③ 版権事業
          版権事業におきましては、「魔法使いの嫁」「進撃の巨人」「銀河英雄伝説                                    Die  Neue   These」「B:      The
         Beginning」等のシリーズタイトルを中心に、二次利用による収益分配を計上しました。
          「魔法使いの嫁」の海外販売が落ち着いた事や、前年同期に比べ映像マスター及びコンテンツ資産等の減価償
         却費が265,326千円増えました。
          以上により、当事業の売上高は1,053,620千円(前年同期比20.1%減)、営業利益は36,104千円(前年同期比
         94.7%減)となりました。
        ④ その他
          その他事業におきましては、雑誌のイラスト描きやキャラクターの商品化、スマートフォン向けアプリ等によ
         り、当事業の売上高は171,886千円(前年同期比10.9%減)となり、営業損失は3,664千円(前年同期は20,846千
         円の営業損失)となりました。
                                  3/19




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
      (2)財政状態の分析
         当第3四半期連結会計期間末の資産につきましては、前連結会計年度末に比べ1,134,073千円減少し9,027,367千
        円となりました。主な要因は受取手形及び売掛金が471,583千円、前渡金が248,190千円増加し、一方、現金及び預
        金が1,154,809千円、仕掛品が575,023千円、コンテンツ資産が287,640千円減少したことによるものであります。
         負債につきましては、前連結会計年度末に比べ487,650千円減少し4,304,727千円となりました。主な要因は短期
        借入金が150,000千円増加し、一方、受注損失引当金が174,556千円、前受金が150,249千円減少したことによるも
        のであります。
         純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ646,422千円減少し4,722,639千円となりました。主な要因は親
        会社株主に帰属する四半期純損失の計上や利益剰余金の配当金の支払いにより利益剰余金が528,985千円、非支配
        株主持分が120,306千円減少したことによるものであります。
      (3)経営方針・経営戦略等

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/19













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           15,000,000

                  計                                15,000,000

        ②【発行済株式】

             第3四半期会計期間末                         上場金融商品取引所名又
                         提出日現在発行数(株)
       種類     現在発行数(株)                         は登録認可金融商品取引                 内容
                         (平成31年4月12日)
             (平成31年2月28日)                        業協会名
                                     東京証券取引所

                                                   単元株式数は100株
     普通株式            5,055,400            5,055,400       JASDAQ
                                                   であります。
                                     (スタンダード)
        計          5,055,400            5,055,400              ―            ―

       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
          年月日        総数増減数       総数残高                      増減額       残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成30年12月1日~
                       -    5,055,400           -     781,500          -    1,952,715
     平成31年2月28日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/19







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成30年11月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                  平成31年2月28日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                      -            -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                      -            -             -

     議決権制限株式(その他)                      -            -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                      -            -             -

     完全議決権株式(その他)                  普通株式 5,053,800                  50,538            -

                       普通株式            1,600

     単元未満株式                                  -             -
     発行済株式総数                       5,055,400            -             -

     総株主の議決権                      -              50,538           -

      (注)「完全議決権株式(その他)」欄には、従業員インセンティブプラン「株式給付信託(J-ESOP)」制度の信託財
         産として資産管理サービス信託銀行㈱が保有している当社株式148,400株を含めて表示しております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成31年2月28日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
          -             -             -       -       -        -

          計             -             -       -       -        -

      (注)上記のほか、連結財務諸表において自己株式として認識している株式が148,400株あります。これは、前記①
         「発行済株式」に記載の資産管理サービス信託銀行㈱が保有している株式であり、会計処理上、当社と信託口は
         一体であると認識し、信託口が所有する株式を自己株式として計上していることによるものであります。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/19







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年12月1日から平
       成31年2月28日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年6月1日から平成31年2月28日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  7/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年5月31日)              (平成31年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                       3,525,861              2,371,052
         現金及び預金
                                        927,199             1,398,783
         受取手形及び売掛金
                                        116,099              153,340
         商品及び製品
                                       2,567,587              1,992,564
         仕掛品
                                         8,498              8,191
         貯蔵品
                                        244,505              492,696
         前渡金
                                        149,668              146,421
         その他
                                        △ 5,210             △ 4,069
         貸倒引当金
                                       7,534,210              6,558,979
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                              527,209              512,797
                                        658,162              658,162
          土地
          映像マスター(純額)                              274,679              280,270
                                         51,644              144,656
          その他(純額)
                                       1,511,695              1,595,886
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        679,522              391,881
          コンテンツ資産
                                         32,374              50,240
          その他
                                        711,897              442,122
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        130,996              152,935
          投資有価証券
                                        312,881              317,683
          その他
                                        △ 40,240             △ 40,240
          貸倒引当金
                                        403,636              430,378
          投資その他の資産合計
                                       2,627,229              2,468,387
         固定資産合計
                                       10,161,440               9,027,367
       資産合計
                                  8/19










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年5月31日)              (平成31年2月28日)
      負債の部
       流動負債
                                        682,363              640,910
         買掛金
                                           -            150,000
         短期借入金
                                         73,320              62,527
         1年内返済予定の長期借入金
                                        531,788              483,870
         未払金
                                         84,153              38,545
         未払法人税等
                                       1,911,311              1,761,061
         前受金
                                        233,204              297,756
         預り金
                                           -            43,914
         賞与引当金
                                         37,666               3,962
         役員賞与引当金
                                           -            28,000
         役員退職慰労引当金
                                         40,663              31,253
         返品調整引当金
                                        348,340              173,784
         受注損失引当金
                                        361,142              175,678
         その他
                                       4,303,953              3,891,264
         流動負債合計
       固定負債
                                        247,002              202,805
         長期借入金
                                         35,496              35,496
         株式給付引当金
                                         57,092              47,178
         退職給付に係る負債
                                         43,694              46,915
         役員退職慰労引当金
                                        105,140               81,068
         その他
                                        488,425              413,463
         固定負債合計
                                       4,792,378              4,304,727
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        781,500              781,500
         資本金
                                       2,132,016              2,132,016
         資本剰余金
                                       2,545,435              2,016,449
         利益剰余金
                                       △ 258,300             △ 258,341
         自己株式
                                       5,200,651              4,671,625
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 3,532              △ 623
         為替換算調整勘定
                                        △ 3,532              △ 623
         その他の包括利益累計額合計
                                        171,943               51,637
       非支配株主持分
                                       5,369,062              4,722,639
       純資産合計
                                       10,161,440               9,027,367
      負債純資産合計
                                  9/19








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年6月1日              (自 平成30年6月1日
                                至 平成30年2月28日)               至 平成31年2月28日)
      売上高                                  6,411,855              6,696,437
                                       5,144,931              6,474,611
      売上原価
                                       1,266,924               221,826
      売上総利益
                                         9,030                -
      返品調整引当金繰入額
                                           -             9,410
      返品調整引当金戻入額
                                       1,257,894               231,236
      差引売上総利益
                                        721,302              748,292
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                   536,592             △ 517,056
      営業外収益
                                           152              177
       受取利息
                                           -             3,229
       為替差益
                                         27,958              19,877
       受取賃貸料
                                         48,986               1,517
       補助金収入
                                         11,019               2,674
       その他
                                         88,116              27,476
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         1,661              1,252
       支払利息
                                         3,214                -
       為替差損
                                         16,763              14,642
       賃貸収入原価
                                         6,334              9,854
       雑損失
                                           -             3,307
       その他
                                         27,973              29,056
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   596,735             △ 518,637
      特別利益
                                         17,880                -
       関係会社清算益
                                         17,880                -
       特別利益合計
      特別損失
                                         29,191               3,261
       減損損失
                                         29,191               3,261
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        585,424             △ 521,898
      純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                   244,542               50,912
                                         8,125              △ 314
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   252,667               50,598
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   332,756             △ 572,496
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                         90,565             △ 64,597
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        242,191             △ 507,899
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 10/19






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年6月1日              (自 平成30年6月1日
                                至 平成30年2月28日)               至 平成31年2月28日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   332,756             △ 572,496
      その他の包括利益
                                         3,604              2,909
       為替換算調整勘定
                                         3,604              2,909
       その他の包括利益合計
                                        336,361             △ 569,586
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        245,796             △ 504,989
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         90,565             △ 64,597
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        (1)連結の範囲の重要な変更
           該当事項はありません。
        (2)持分法適用の範囲の重要な変更

           第1四半期連結会計期間より、「甲鉄城のカバネリ」「あまんちゅ!」「黒子のバスケ総集編」「義経千本
          桜」「ブレイブウィッチーズVR」の製作委員会5社は、四半期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分
          に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体と
          しても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
        (会計方針の変更)

         該当事項はありません。
        (追加情報)

         ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等                       の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定
          負債の区分に表示しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間

                            (自    平成29年6月1日              (自    平成30年6月1日
                             至   平成30年2月28日)               至   平成31年2月28日)
     減価償却費                               507,898千円                  793,752千円
     のれんの償却額                                8,654                   -
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自 平成29年6月1日 至 平成30年2月28日)
           配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年8月29日
               普通株式        24,675          5  平成29年5月31日         平成29年8月30日          利益剰余金
      定時株主総会
      (注)配当金の総額には、「株式給付信託口(J-ESOP)」の導入において設立した資産管理サービス信託銀行㈱(信託
         E口)が保有する当社株式に対する配当金1,000千円を含めて記載しております。
         Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自 平成30年6月1日 至 平成31年2月28日)

           配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成30年8月28日
               普通株式        25,276          5  平成30年5月31日         平成30年8月29日          利益剰余金
      定時株主総会
      (注)配当金の総額には、「株式給付信託口(J-ESOP)」の導入において設立した資産管理サービス信託銀行㈱(信託
         E口)が保有する当社株式に対する配当金742千円を含めて記載しております。
                                 12/19




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年6月1日 至 平成30年2月28日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位   : 千円)
                              報告セグメント
                                                 その他
                                                        合計
                      映像制作
                                                 (注)
                            出版事業       版権事業        計
                       事業
     売上高
                      3,606,035       1,294,560       1,318,393       6,218,989        192,866      6,411,855

        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売

                         -       -       -       -       -       -
        上高又は振替高
                      3,606,035       1,294,560       1,318,393       6,218,989        192,866      6,411,855
            計
     セグメント利益又はセグメン
                      △ 399,470       349,916       687,627       638,073      △ 20,846      617,226
     ト損失(△)
      (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、原稿(雑誌のイラスト)や商品販売等を
        行っています。
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の

             主な内容(差異調整に関する事項)
                                  (単位   : 千円)
             利益                  金額

     報告セグメント計                               638,073

     「その他」の区分の利益                              △20,846
     のれんの償却額                               △8,654

     全社費用     (注)
                                    △71,980
     四半期連結損益計算書の営業利益                               536,592

      (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (固定資産にかかる重要な減損損失)
             当第3四半期連結累計期間において、「映像制作事業」に係る減損損失29,191千円を計上しておりま
             す。
                                 13/19








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年6月1日 至 平成31年2月28日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位   : 千円)
                              報告セグメント
                                                 その他
                                                        合計
                      映像制作
                                                 (注)
                            出版事業       版権事業        計
                       事業
     売上高
                      4,691,978        778,952      1,053,620       6,524,551        171,886      6,696,437

        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売

                         -       -       -       -       -       -
        上高又は振替高
                      4,691,978        778,952      1,053,620       6,524,551        171,886      6,696,437
            計
     セグメント利益又はセグメン
                      △ 531,000       54,398       36,104     △ 440,496       △ 3,664     △ 444,161
     ト損失(△)
      (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、原稿(雑誌のイラスト)や商品販売等を
        行っています。
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の

             主な内容(差異調整に関する事項)
                                  (単位   : 千円)
             利益                  金額

     報告セグメント計                              △440,496

     「その他」の区分の利益                               △3,664
     全社費用     (注)
                                    △72,895
     四半期連結損益計算書の営業損失                              △517,056

      (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (固定資産にかかる重要な減損損失)
             当第3四半期連結累計期間において、「映像制作事業」に係る減損損失3,261千円を計上しておりま
             す。
                                 14/19









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年6月1日               (自 平成30年6月1日
                                至 平成30年2月28日)               至 平成31年2月28日)
       1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半
                                       50円71銭              △103円51銭
       期純損失(△)
     (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社
                                       242,191              △507,899
       株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
       普通株主に帰属しない金額            (千円)                      -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
       利益又は普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       242,191              △507,899
       四半期純損失(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               4,776,055               4,906,958
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、                              潜在株式が存在しないため            記載しておりません。
         2.普通株式の期中平均株式数について、その計算において控除する自己株式に、「株式給付信託(J-ESOP)」制
           度の信託口が所有する当社株式を含めております。
        (重要な後発事象)

         (子会社の事業譲渡)
           当社は、平成30年11月20日開催の取締役会において、当社連結子会社である株式会社ジーベックの映像制作
          事業を株式会社サンライズに譲渡することを決議し、平成31年3月11日に事業譲渡の最終契約を締結、平成31
          年4月1日に事業譲渡いたしました。
           その主な内容は、次のとおりであります。
           (1)譲渡の目的
              当社連結子会社である株式会社ジーベックは、平成7年5月の設立からテレビ向けアニメーション制
             作を中心に事業を行ってまいりました。同社は、映像制作事業の赤字が長期化し、作品への出資等によ
             る収益分配を得る版権事業においてもこれを補填できない状況が続いてきました。
              この間、長期シリーズ作品の受注による収益の安定化、経営体制の見直し、拠点集約を目的とした本
             社移転等による業績の改善策を実施してきましたが、人気コンテンツの制作能力を有しながらも企業グ
             ループ内における成果は停滞し、企業集団の再編を含めて今後の方向性を模索しておりました。
              このような状況において検討を重ねてきた結果、オリジナルの知的財産を数多く保有する譲渡先の主
             導のもとに体制の構築を図ることが同社の本事業と雇用を継続させ、経営資源を有効かつ安定の方向に
             維持させることができるものと判断いたしました。
           (2)譲渡対象事業

              株式会社ジーベックにおけるアニメーション制作を主とする映像制作事業。ただし、一部技術部門
             (ポストプロダクション部門)を除きます。
           (3)譲渡資産、負債の項目

                        資   産
                 項   目             帳簿価額

                 差入保証金               18百万円

                  流動資産               1百万円

                 合   計               19百万円

               負債はありません。
           (4)譲渡価額及び決済方法

              譲渡価額  300百万円
              決済方法  現金による決済
                                 15/19


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
         (連結子会社の吸収合併)
           当社は、平成31年4月5日開催の取締役会において、連結子会社である株式会社プロダクション・アイジー
          と株式会社ジーベックは、株式会社プロダクション・アイジーを存続会社として吸収合併(以下、「本合併」
          といいます。)することを決議いたしました。
           (1)本合併の目的
              本合併の消滅会社となる株式会社ジーベックは、平成30年11月20日公表「連結子会社の事業譲渡に関
             するお知らせ」のとおり映像制作事業の事業譲渡等による組織再編を行い、その後も映像作品の二次利
             用による収益分配を得る版権事業を継続しておりますが、業務の効率化を図るため連結子会社間の吸収
             合併を行うことといたしました              。
           (2)   本合併の要旨

             ①   合併の日程
               取締役会決議日(当社、合併当事会社)                        平成31年4月5日
               合併契約締結日                                              平成31年4月5日
               株主総会決議日(合併当事会社)                              平成31年4月5日
               合併実施予定日(効力発生日)                                令和元年6月1日(予定)
             ②   合併の方式

               株式会社プロダクション・アイジーを存続会社とする吸収合併方式で、株式会社ジーベックは解散
              いたします。
             ③   合併に係る割当の内容

               当社の100%子会社間の合併であるため、本合併による株式、金銭、その他の財産の交付はありませ
              ん。
             ④   消滅会社の新株予約権及び新株予約権付社債に関する取扱い

               該当事項はありません。
           (3)本合併の当事会社の概要

                                存続会社                  消滅会社
              商号           株式会社プロダクション・アイジー                  株式会社ジーベック

              本店の所在地           東京都武蔵野市中町二丁目            1番9号     東京都西東京市西原町一丁目             4番1号

              代表者の役職・氏名           代表取締役社長 石川光久                  代表取締役社長 石川光久

                         アニメーション等映像作品の企画・                  アニメーション企画・制作及び関連
              事業内容
                         制作及び関連事業                  事業
              資本金                 10百万円                  10百万円
              設立年月日               平成19年11月1日                  平成7年5月1日

              発行済株式総数                  200株                  200株

              決算期                 5月31日                  5月31日

              大株主及び持株比率                 当社   100%               当社   100%

           (4)本合併後の状況

              本合併にともなう存続会社の名称、所在地、代表者の役職・氏名、事業内容、資本金の額、決算期は
             変更ありません。
           (5)今後の見通し

              連結子会社間の合併であるため、本合併による当社連結業績への影響は軽微であります。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 16/19


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 17/19




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年4月11日

     株式会社IGポート
      取締役会 御中
                              有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              松村 浩司  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              後藤 英俊  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社IG

     ポートの平成30年6月1日から平成31年5月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年12月1日から
     平成31年2月28日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年6月1日から平成31年2月28日まで)に係る四半期連結
     財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書                                、四半期連結包括利益計算書             及び注記について四半
     期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社IGポート及び連結子会社の平成31年2月28日現在の財政状
     態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重
     要な点において認められなかった。
     強調事項

      重  要な後発事象に記載されているとおり、会社は、平成30年11月20日開催の取締役会において、連結子会社である株
     式会社ジーベックが運営する映像制作事業を株式会社サンライズへ譲渡することを決議し、平成31年3月11日付けで契約
     を締結、平成31年4月1日に譲渡している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
                                 18/19


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社IGポート(E02480)
                                                             四半期報告書
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 19/19




















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク