株式会社FUJIジャパン 有価証券報告書 第14期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

提出書類 有価証券報告書-第14期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)
提出日
提出者 株式会社FUJIジャパン
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    北海道財務局長
      【提出日】                    平成31年3月29日
      【事業年度】                    第14期(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                    株式会社FUJIジャパン
      【英訳名】                    FUJI JAPAN CO.LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役  佐々木 忠幸
      【本店の所在の場所】                    札幌市中央区大通東四丁目4番地18
      【電話番号】                    011-209-2005(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部部長  樋口 俊一
      【最寄りの連絡場所】                    札幌市中央区大通東四丁目4番地18
      【電話番号】                    011-299-5361
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部部長  樋口 俊一
      【縦覧に供する場所】                    証券会員制法人札幌証券取引所
                         (札幌市中央区南一条西5丁目14番地の1)
                                  1/59













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
              回次             第10期       第11期       第12期       第13期       第14期
             決算年月            平成26年12月       平成27年12月       平成28年12月       平成29年12月       平成30年12月

                    (千円)       1,045,916       1,079,182       1,053,513       1,235,978       1,322,591
     売上高
                    (千円)        10,752       37,642       31,946       47,883       54,095
     経常利益
                    (千円)         6,035       19,151       21,076       31,594       50,563
     当期純利益
     持分法を適用した場合の投資
                    (千円)          -       -       -       -       -
     利益
                    (千円)        45,000       45,000       45,000       45,000       65,424
     資本金
                    (株)        6,500       6,500       6,500       6,500      710,000
     発行済株式総数
                    (千円)        69,235       88,386       109,462       141,056       232,467
     純資産額
                    (千円)        371,159       400,147       370,234       417,410       487,955
     総資産額
                    (円)      10,651.56       13,597.88         168.40       217.01       327.42
     1株当たり純資産
                              -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                             ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     額)
                    (円)        928.61      2,946.32         32.43       48.61       77.40
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)          -       -       -       -       -
     期純利益
                    (%)         18.7       22.1       29.6       33.8       47.6
     自己資本比率
                    (%)         9.1       24.3       21.3       25.2       27.1
     自己資本利益率
                    (倍)          -       -       -       -      7.74
     株価収益率
                    (%)          -       -       -       -       -
     配当性向
     営業活動によるキャッシュ・
                    (千円)          -       -     40,373       36,562       21,889
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)          -       -     △ 6,768      △ 4,828       28,458
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)          -       -    △ 52,670        6,198       △ 201
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                    (千円)          -       -     48,669       86,602       136,748
     高
                    (人)          43       40       42       52       54
     従業員数
      (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
         4.  当社は、平成30年10月1日開催の取締役会決議により、平成30年10月17日付で普通株式1株につき100株の
           株式分割を行っております。第12期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産及び1株
           当たり当期純利益を算定しております。
         5.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         6.第10期から第13期までの株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         7.従業員数は就業人員であり、使用人兼務役員を含んでおります。臨時雇用者数は臨時雇用者がいないため記
           載しておりません。
         8.1株当たり配当額及び配当性向については、配当実績がありませんので、記載しておりません。
         9.当社は第12期よりキャッシュ・フロー計算書を作成しておりますので、第10期及び第11期のキャッシュ・フ
           ロー計算書の各項目は記載しておりません。
                                  2/59

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
         10.第12期以降の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵
           省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限責任監
           査 法人により監査を受けております。
           なお、第10期及び第11期の財務諸表については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基
           づき算出した各数値を記載しております。また、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1
           項の規定に基づく太陽有限責任監査法人の監査を受けておりません。
                                  3/59



















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            概要
      平成17年3月        外壁リフォーム工事の施工並びに販売を目的として、株式会社FLCジャパンを資本金10,000千円
              で札幌市白石区に設立するとともに同所に札幌支店と、道東支店を北海道帯広市に開設
      平成18年3月        株式会社FUJIジャパンに社名変更
      平成18年4月        二級建築士事務所登録(現:北海道知事登録(石)第4326号)
      平成18年7月        建設業許可登録(現:北海道知事許可(一般-28)石第19219号)
      平成20年1月        仙台支店を仙台市若林区に開設
      平成20年8月        本社を札幌市白石区から札幌市中央区に移転
      平成20年9月        第三者割当増資により資本金を25,000千円に増資
      平成22年2月        建築関連資材の製造・卸会社として株式会社FUJIジャパン商事を設立(100%出資の子会社)
      平成22年3月        札幌物流センターを札幌市東区に開設
      平成25年4月        経営合理化のため株式会社FUJIジャパン商事を吸収合併
      平成25年4月        横浜支店を横浜市中区に開設
      平成25年6月        第三者割当増資により資本金を45,000千円に増資
      平成27年7月        関東物流センターを神奈川県藤沢市に開設
      平成30年2月        道東支店を閉鎖し、札幌支店に統合
      平成30年12月        公募増資により資本金を65,424千円に増資
      平成30年12月        札幌証券取引所アンビシャス市場に株式を上場
                                  4/59














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社は、企画提案から施工、メンテナンスまで一貫した、外壁リフォーム工事の販売並びに施工を目的とし北海道
       でスタートしました。主たる事業は外壁リフォーム工事であり、寒冷地である北海道で実績を積み上げ東北・関東ま
       で事業エリアを拡げております。
        また、外壁リフォーム工事以外にエクステリア及び水廻り等のリフォーム工事を行うその他リフォーム工事があり
       ます。
        外壁リフォーム工事の際に使用する建材は、OEM(注1)先製造会社と協力して開発した当社オリジナルの外壁
       材・施工資材であります。これらの当社オリジナル外壁材・施工資材等は耐久性、耐熱性、防汚性等を備えており、
       外壁リフォーム工事で使用することに留まらず、当社が直接工務店等に卸販売する材料販売でも使用します。
        当社の各事業の概要は、次のとおりであります。各事業区分は、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務
       諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一の区分であります。
       <外壁リフォーム工事>
        外壁リフォーム工事は、当社のオリジナル外壁材「ハッピーエンドシリーズ」を使った外壁リフォームの提案、施
       工、メンテナンスを行っております。
        「ハッピーエンドシリーズ」の外壁材は耐久性、断熱性等の外壁材に求められる機能を追求したものとなっており
       ます。また施工に関しては、寒さの厳しい寒冷地において10年以上にわたる施工実績に裏付けされた技術力を有して
       おります。
        オリジナル外壁材の多くは、ガルバリウム鋼板(注2)という金属を使用した金属サイディング(注3)であり、
       その特性として、1.美観性、2.経済性、3.施工性、4.耐久性、5.耐震性、6.断熱性、7.防水性、8.
       防火性に優れている(注4)と言われております。その中でも、当社のオリジナル外壁材には、「フルフッ素樹脂塗
       装」(注5)を使用した耐久性を備えた製品や、「インクジェット3D印刷」(注6)で表現した重厚感のある外観
       を「セルフクリーン機能」(注7)によって汚れを防ぎ、美しい外観を永く保つことができる製品等があります。ま
       た、金属サイディングの他にも、タイルを1枚1枚貼り合わせた重厚感のある趣の「乾式タイル」(注8)など、耐
       久性を備えたものを取り揃えております。
        また、当社の施工体制については、指定工事店に対する外注によって対応しております。当社が外注する指定工事
       店の開拓にあたっては、外壁リフォーム工事の施工実績や一定の技術水準、顧客満足度に対する高い意識など、当社
       が定める基準を満たした工事店に限定しており、平成30年12月末現在、31社となっております。また、取引開始後も
       施工方法の改善、現場CS(顧客満足度)ルールの周知・徹底に取り組み、施工に関するお客様からのアンケート内
       容を指定工事店にフィードバックするなどサービス及び技術向上にも取り組んでおります。
       (注1) OEMとは、Original                Equipment     Manufacturerの略。納入先(委託者)商標による受託製造でありま
            す。
       (注2) 「ガルバリウム鋼板」とは、アルミ亜鉛合金メッキ鋼板(アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン
            1.6%)と言われ、米国での使用実績と促進試験結果からZ27亜鉛鉄板の3~6倍の耐久力と熱反射性が確
            認されております。
       (注3) 「金属サイディング」とは、柄付けされた金属板と断熱効果のある裏打材によって構成された外壁材であ
            り、表面材には塗装ガルバリウム鋼板、塗装溶融亜鉛メッキ鋼板、アルミニウム合金塗装板、塗装ステン
            レス鋼板のいずれかの塗装金属板が使用されております。
       (注4) これら特性は、日本金属サイディング工業会によります。
       (注5) 「フルフッ素樹脂塗装」とは、金属サイディングの「フルフッ素シリーズ」製品で使用しており、耐候性
            抜群の塗装原料、フッ素樹脂の含有量を極限の70%まで高めることで、外壁の耐久性が高まり自然劣化を
            軽減する塗装であります。
       (注6) 「インクジェット3D印刷」とは、金属サイディングの「レジェンドシリーズ」製品で使用しており、3
            Dアートの画像処理技術を取り入れたインクジェット印刷塗装のデザインによって、外壁に意匠性を持た
            せ、重量感のある外観を演出する印刷技術であります。
       (注7) 「セルフクリーン機能」とは、汚れを防ぐ親水性の特殊クリア塗装の効果で、サイディング表面に付着し
            た汚れを雨水によって洗い流し、美しい外観を永く保ちます。
       (注8) 「乾式タイル」とは、金属サイディングと同様の下地の断熱プレートにタイルをひっ掛けてボンドで接着
            する乾式工法で、タイルを一枚一枚手作業で貼り合せることにより、外壁全体が趣のある外観となりま
            す。下地の断熱プレートの効果で室内の温度を一定に保ち、耐食性も高まります。また取り付けが容易で
            優れた施工性を発揮します。
                                  5/59




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
        外壁リフォーム工事の営業方法としては、当社営業部が各支店において直販営業を行っております。当社のアポイ
       ンターがお客様宅を一軒一軒戸別訪問し、訪問の趣旨を伝え商談時間の設定を行います。設定された日時にアポイン
       ターと共に地区責任者がお客様宅へお伺いし、材料説明と商談を行います。なお、材料説明と商談の際は、塗装など
       の従来の外壁メンテナンスとの違い、オリジナル外壁材の施工方法等を写真資料や材料サンプルを用いて、丁寧に解
       りやすく説明します。
        その後、商談が成立となり外壁リフォーム工事を着工したタイミングで、施工現場を中心とした現場周辺の住宅に
       再度営業を行い、オリジナル外壁材の拡販を行ってまいります。
        各支店は、このような現場作りを、現場周期や季節性などを考慮して行い、担当地区を周期的に網羅してまいりま
       す。
       <その他リフォーム工事>

        その他リフォーム工事は、一般住宅に対して、外壁以外の塗装やエクステリア、内装工事などの総合的なリフォー
       ム工事を行う事業であります。
        既に外壁リフォーム工事を施工させていただいたお客様に対し、当社施工管理担当者が塗装やエクステリア、水廻
       りなどといったリフォーム工事を提案し、下請け工事店が施工しております。また工務店やハウスメーカーなどから
       リフォーム工事を請負い、一般住宅に施工する業務も行っております。
        主な工事内容は、防水塗り壁材「ラコスタ」を使用して施工した塗り壁工事などを中心としたエクステリア工事と
       なっております。
        防水塗り壁材「ラコスタ」は、風力や地震など建物の動きに対応し、ひび割れを防ぎます。防寒性、防水性を備え
       ており、冬場に施工することも可能な製品であります。
       <材料販売>

        材料販売は、当社がOEM先製造会社と協力して開発した当社オリジナルの外壁材・施工資材等を直接、工務店な
       どの法人に対して卸販売をしております。
       [事業系統図]

      4【関係会社の状況】








        該当事項はありません。
                                  6/59



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)提出会社の状況
                                                  平成30年12月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

              54             36.2              5.8           4,494,733

               セグメントの名称                            従業員数(人)

     外壁リフォーム工事                                                  35

     その他リフォーム工事                                                  8

     材料販売                                                  1

     全社(共通)                                                  10

                  合計                                      54

      (注)1.従業員数は就業人員であり、使用人兼務役員を含んでおります。臨時雇用者はおりません。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)は管理部門及びメンテナンスサービス部技術開発室の従業員であります。
       (2)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  7/59













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当事業年度末日現在において当社が判断したものであります。
       (1)経営方針
         当社は「ハッピーエンド創造企業」という基本方針を掲げ、住宅外壁リフォーム事業を平成17年3月に北海道で
        スタートし、寒冷地で実績を積み上げ、本書提出日現在は東北・関東まで展開しております。
         「ハッピーエンド創造企業」とは当社の住宅外壁リフォームというサービスを通して、お客様や取引先に喜んで
        いただくことで、関わるすべての皆様の幸せを目指すものであります。
         また以下に記載する「満足」「絆」「誠意」を三つの柱とする、企業理念「お客様と最後まで歩んでいくため
        に」を社員一人一人に浸透させております。
        「満足」
         私たちは、確かな製品と高い施工技術で、お客様に心からお喜びいただける提案・設計・施工をいたします。
        「絆」
         私たちは、お客さま、業者さま、すべての出会いに感謝し、永く続く「ご縁」となるように心がけていきます。
        「誠意」
         私たちは、外壁リフォームに関わるすべての皆さまの最高の幸せを目指し、最後までお付き合いさせていただき
         ます。
       (2)経営環境及び経営戦略

         リフォーム市場については、公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターの「住宅リフォーム市場規模
        (2016年版)」によると、平成25年をピークに減少傾向となっております。しかし、平成28年3月18日に閣議決定
        された国土交通省の「住生活基本計画(全国計画)」により様々な施策が行われると当社は想定しており、国民の
        リフォームに対する意識向上とともに、潜在需要が高まっていくものと考えられます。
         この状況を踏まえ、当社は今後以下の2点に注力していきたいと考えております。
        ①販売エリアの拡大

         当事業年度末現在、当社は札幌市、仙台市、横浜市にそれぞれ拠点を持っております。
         今後の事業拡大を図るために、関東を中心とした販売エリアの拡大を目指してまいります。
         関東での外壁リフォームは、塗装が一般的となっておりますが、耐久性や断熱性を備えたオリジナル外壁材を営
        業展開することで、当社の外壁リフォーム工事を関東にも広めてまいりたいと考えております。
        ②人員の増強と人材育成

         今後の成長戦略の実現とエリア拡大のためには、営業部の人員確保が必要となります。
         当社では「北の国から大作戦」という名のもとに、平成28年度以降、営業部を中心に高校新卒社員を採用し、今
        後の事業展開を見据えた人員の確保に努めております。また、平成31年度以降は大学新卒社員の採用も予定してお
        ります。
         人材育成については、当社経営理念及び営業技術を浸透させることを主点とし、社員のコミュニケーション能力
        及びスキルを向上させるための社員研修を実施しております。また管理職社員については、人間力を高めるための
        社内・社外含めた教育機会を設け、将来を担える人材に成り得るよう指導してまいります。
       (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社は、事業を継続・発展させていく上で、収益の源泉となる売上高、並びに経営に伴う通常のコストを差し引
        いたあとの収益性を判断するため、経常利益を重要視しております。
         今後は、原価の更なる低減に取り組み、より高い収益性の確保を図ってまいります。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        ①出店エリアの拡大について
         当社は外壁リフォーム工事を、北海道を中心に東北・関東で展開しております。当社の製品を更に社会に認知し
        てもらうため、販売エリアを拡大し、新規出店を継続してまいります。そのためには、人員の確保、材料の物流ラ
        インの確保、地元施工会社の開拓等をスムーズに行う必要があり、各部門の強化に取り組んでまいります。
        ②人材育成の強化について

         企業として成長し、その基盤を強固なものとするためには、人材育成による人材力の強化が必要であると認識し
        ております。お客様のニーズを汲み取り、的確な提案を行えることによって、お客様の信頼をいただけると考えて
        おります。
         そのような人材を育成するための教育、研修に注力することが課題となっております。
                                  8/59


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
        ③施工生産性の強化

         施工現場における生産性を高めるためには、一定の基準を満たす指定工事店の選定と確保が重要な課題と認識し
        ております。昨今、施工職人は人手不足のなか、既存取引先の指定工事店と打合せを密に行うことで連携を図り、
        また紹介や情報交換によって、新たな指定工事店の確保にも努めてまいりたいと考えております。
        ④施工品質の向上

         施工生産性の強化とともに、施工品質の向上も重要な課題として認識しております。当社では、外壁リフォーム
        工事の施工には、10年間保証を付けております。施工水準の徹底による施工技術の向上や、お客様アンケートを指
        定工事店へフィードバックすることにより顧客満足度を高め、施工品質の向上に努めてまいりたいと考えておりま
        す。また、アフターサービスについても迅速かつ誠実な対応を心掛けております。
        ⑤安全性の向上

         施工生産性の強化とともに、安全性の向上も重要な課題と認識しております。現場CS(顧客満足度)ルールを
        指定工事店に周知することで、安全性の意識の向上を図っております。危険予知活動を、組織的に行うことにより
        現場での事故の根絶を目指しております。
        ⑥経営管理機能の強化

         経営の効率化を図るためには、全社的な内部統制システムの整備と運用、コーポレート・ガバナンス機能の強化
        が不可欠と考えております。この課題に対する施策としては、業務フローの精査に加え、内部監査の充実等に取り
        組むことで内部統制機能を高めてまいります。更にコーポレート・ガバナンス機能の強化として、意思決定の明確
        化、組織体制の更なる向上、内部監査及び監査役監査の充実と会計監査人との連携を図ってまいります。
      2【事業等のリスク】

        当社の業務展開上のリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載しております。また、必ずしもリ
       スク要因に該当しないと考えられる事項についても、投資家の投資判断上、有用であると考えられる事項について
       は、投資家に対する積極的な情報開示の観点から以下に記載しております。
        当社は、これらのリスク発生の可能性を認識したうえで、その発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針で
       ありますが、当社株式に関する投資判断は、本項及び本書中の本項以外の記載事項も慎重に検討したうえで行われる
       必要があると考えております。
        なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末日現在において当社が判断したものであり、将来において発生す
       る可能性のある全てのリスクを網羅するものではありません。
       (1)人材の確保と育成について
         当社は今後の事業展開及び拡大を行うためには、それを実行できる人材の確保と育成が必要と考えております。
         当社の主要事業である外壁リフォーム工事については、お客様への提案営業から現場の施工管理まで人的資本に
        よる要素が大きいため、人員の確保とともに、その育成が重要であると考えております。
         特に営業部社員については、お客様への礼儀・礼節・気遣いから商品知識に至るまで独自の研修プログラムを備
        えているため、業界経験や営業経験を必要とせず、様々な人材の採用が可能であります。しかしながら当社が求め
        る人材が充分に確保できなかったり、社員の育成が思うようにできなかった場合は、当社の業績及び事業展開に影
        響を及ぼす可能性があります。
       (2)法的規制について

         当社の主要事業は外壁リフォーム工事であり、「建設業法」、「建築基準法」、「割賦販売法」、「消費者契約
        法」、「下請代金支払遅延等防止法」、「製造物責任法」等の法的規制を受けております。
         また、当社は訪問販売による営業活動を行っていることから、「特定商取引に関する法律」の規制を受けており
        ます。同法は、消費者の利益を守ることを目的とし、事業者に対して氏名等の明示の義務付け、不当な勧誘行為の
        禁止等の規制及びクーリング・オフ制度も規定しております。当社では、顧客アンケートの回収、消費者センター
        からの情報収集、それらを活用した社員教育の徹底を図り、同法を遵守した営業体制を構築、維持しております。
         しかし将来、同法を含め「建設業法」等の上記法令に違反した場合や、改正及び新たな法令の制定、適用基準の
        変更があった場合、当社の業績及び事業展開に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)工事施工等のリスクについて

         当社では、施工中の事故を防止するため、工事を担当する指定工事店への教育や指導を通じて、安全の確保に努
        めております。しかし、危険予知を怠ったことにより発生する事故や、予期せぬ重大な事故が発生した場合など人
        災や損害賠償等に繋がり、当社に対する信用力の低下を招く可能性があります。また、天候不順などによる工期の
                                  9/59


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
        大幅な遅れが発生した場合や施工品質に関する重要な問題が発生した場合にも、当社の業績に影響を及ぼす可能性
        があります。
       (4)職人不足のリスクについて

         当社は、外壁リフォーム工事、その他リフォーム工事における施工を外注に依存しております。当社は、外壁リ
        フォーム工事等の経験や一定の技術水準、顧客満足度向上の意識を持つ外注先の確保に努めております。しかし、
        今後の営業エリアの拡大や施工棟数の増加により、選定基準に合致する外注先を十分に確保できない場合には、工
        期が遅延するなどにより、当社の業績及び事業展開に影響を及ぼす可能性があります。
       (5)特定の仕入先への依存度について

         当社は、日新製鋼建材株式会社(平成31年4月1日より日鉄日新製鋼建材株式会社に社名変更)との間で売買基
        本契約書及びOEM契約書を締結しており、本契約に基づき、オリジナル外壁材を同社から直接、又は商社を通じ
        て仕入れております。同社からの仕入れ割合は、直接・間接合わせて、平成30年12月期においては53.6%でありま
        す。同社との取引は平成19年10月に開始され、それ以来、同社とは良好な関係を築き、取引を継続しております
        が、今後、同社との契約が解除された場合や同社に不測の事態が生じた場合には、他のOEM委託先との取引を増
        加する必要が生じ、新規の取引先の開拓を行う必要に迫られるなど、当社の業績及び事業展開に影響を及ぼす可能
        性があります。
       (6)特定人物への依存度について

         当社の事業の推進者は、代表取締役である佐々木忠幸であります。当社の経営方針及び経営戦略全般の決定等に
        おける同氏の役割は大きく、当社は同氏に対する依存度が高いと認識しております。
         当社では、事業規模の拡大に伴い、経営組織内の権限委譲や人員の拡充、経営組織の強化を推進し、組織力の向
        上に努めております。
         今後も、同氏に過度に依存しない経営体制の構築を進めるべく人材を育成し、役職員の質的レベルの向上に注力
        していく方針であります。しかし、計画どおりの体制構築及び人材強化が達成される前に、同氏が何らかの理由で
        当社の経営に携わることが困難となった場合、当社の業績及び事業展開に影響を及ぼす可能性があります。
       (7)季節変動によるリスクについて

         当社の主要事業である外壁リフォーム工事においては、受注件数が季節によって変動し、冬場と夏場が落ち込
        み、春先及び秋口に増加する傾向があり、当社の第1四半期会計期間及び第3四半期会計期間の売上高は、他の四
        半期会計期間に比較して減少する傾向があります。なお、平成29年12月期及び平成30年12月期における各四半期会
        計期間の売上高及び営業利益の構成は、次のとおりであります。
        (平成29年12月期)
                                                     (単位:千円)
                  第1四半期           第2四半期           第3四半期           第4四半期

                 金額     構成比      金額     構成比      金額     構成比      金額     構成比

     売上高            270,488      21.9%      347,723      28.1%      298,019      24.1%      319,746      25.9%

     営業利益             2,008     4.6%      22,213     51.2%       2,283     5.3%      16,891     38.9%

        (平成30年12月期)

                                                     (単位:千円)
                  第1四半期           第2四半期           第3四半期           第4四半期

                 金額     構成比      金額     構成比      金額     構成比      金額     構成比

     売上高            296,835      22.4%      331,501      25.1%      335,318      25.4%      358,935      27.1%

     営業利益            12,774     21.6%      17,244     29.2%      12,807     21.7%      16,327     27.6%

      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.上記の金額は、太陽有限責任監査法人の四半期レビューを受けておりません。
                                 10/59



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
       (8)個人情報の漏洩リスクについて
         当社は多くの個人情報を扱っており、「個人情報の保護に関する法律」の適用を受け、同法を遵守した情報管理
        を行っております。具体的には、同法への対応として「個人情報保護規程」を策定し、同規程に基づく個人情報保
        護の適切な取り扱いを実施し、また、役職員に対し、個人情報管理に係る啓蒙活動を実施するなど、対応整備を
        図っております。しかし、何らかの原因により個人情報が漏洩した場合には、当社の社会的信用の低下やその対応
        のための費用負担によって、当社の業績及び事業展開に影響を及ぼす可能性があります。
       (9)出店エリアの拡大について

         当社は、北海道を中心に東北・関東で事業を展開しており、今後も更なる出店エリアの拡大を図ってまいりま
        す。新規出店に       あたっては、商圏動向、競合企業の動向、地域特性、採算性等を総合的に検討しておりますが、出
        店条件に合致する物件や地域が見つからない場合は、計画的な出店が進まず、当社の業績及び事業展開に影響を及
        ぼす可能性があります。
         また、新     規出店のための条件が全て充足されない場合でも、戦略的に出店する場合もあります。この場合、計画
        どおりの売上、利益が達成されず、当社の業績及び事業展開に影響を及ぼす可能性があります。
      (10)配当政策について

         当社は、     経営基盤の強化や財務安全性を優先する必要性により、現在は配当は行っておりません。
         しかしな     がら、株主に対する利益還元を重要な経営課題と認識しており、今後の事業展開や財政状態を勘案し、
        将来的には株主への利益の配当を目指していく方針でありますが、現時点において配当実施の可能性及びその実施
        時期等については未定であります。
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)  経営成績等の状況の概要
         当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状
        況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況

         当事業年度におけるわが国経済は、底堅い内外需を背景に緩やかな景気の回復傾向が継続しており、雇用環境や
        個人消費も着実に改善が見られております。一方で、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動等の影響により、
        先行きは不透明な状況が続いております。
         リフォーム業界におきましては、リフォーム工事の事業者数は年々増加しており、専門会社以外のハウスメー
        カーや住宅設備メーカー、ホームセンターなど多岐にわたっております。
         このような経済環境の中、当社では、北海道・東北・関東の三つのエリアの営業展開を引き続き図り、営業活動
        を行ってまいりました。また、先々を見据えたエリア拡大のための基礎を固めるべく積極的に採用活動を行い、人
        材育成及び営業力強化に注力した体制作りを継続してまいりました。
         この結果、当事業年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。
         a.財政状態

           当事業年度末の資産合計は前事業年度末と比べ70,545千円増加し、487,955千円となりました。
           当事業年度末の負債合計は前事業年度末と比べ20,866千円減少し、255,487千円となりました。
           当事業年度末の純資産合計は前事業年度末と比べ91,411千円増加し、232,467千円となりました。
         b.経営成績

           当事業年度の経営成績については、売上高は1,322,591千円(前事業年度比7.0%増)、営業利益は営業部社
          員の雇用増大に伴い販管費が増え、59,153千円(前事業年度比36.3%増)となりました。また営業外収益に賃
          貸収入等6,216千円を計上しましたが、営業外費用に上場関連費用等11,274千円を計上したため、経常利益は
          54,095千円(前事業年度比13.0%増)となりました。当期純利益は法人税等の計上により50,563千円(前事業
          年度比60.0%増)となりました。
           セグメント別の経営成績は、以下のとおりであります。

          (外壁リフォーム工事)
           外壁リフォーム工事については、営業部の人員が増加したことにより、受注数が増加したため、売上高は
          1,175,546千円(前事業年度比8.4%増)、セグメント利益は153,348千円(前事業年度比8.5%増)となりまし
          た。
                                 11/59


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
           なお、地域ごとの売上高の内訳としては、北海道地区(1支店)541,397千円(前事業年度比1.2%増)、東
          北地区(1支店)320,519千円(前事業年度比18.0%増)、関東地区(1支店)313,630千円(前事業年度比
          13.0%増)となりました。
          (その他リフォーム工事)

           その他リフォーム工事については、法人向け工事の受注数が減少したため、売上高は66,254千円(前事業年
          度比13.5%減)、セグメント利益は3,168千円(前事業年度比4.3%増)となりました。
          (材料販売)

           材料販売については、主に北海道での受注数が前期から増加したため、売上高は80,790千円(前事業年度比
          7.6%増)、セグメント利益は12,043千円(前事業年度比12.0%増)となりました。
        ②キャッシュ・フローの状況

         当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、136,748千円であり、前事業年度末と
        比較し50,146千円の増加となりました。
         当事業年度における各キャッシュ・フローの状況は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当事業年度において営業活動の結果獲得した資金は21,889千円(前事業年度は36,562千円の獲得)となりまし
        た。これは、主に税引前当期純利益71,132千円、減価償却費6,975千円等により資金が増加した一方で、売上債権
        の増加23,484千円、たな卸資産の増加13,066千円及び法人税等の支払額17,719千円等により資金が減少したもので
        あります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当事業年度において投資活動の結果獲得した資金は28,458千円(前事業年度は4,828千円の使用)となりまし
        た。これは、主に保険積立金の解約による収入38,487千円により資金が増加した一方で、有形固定資産の取得によ
        る支出7,200千円、保険積立金の積立による支出2,702千円等により資金が減少したものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当事業年度において財務活動の結果使用した資金は201千円(前事業年度は6,198千円の獲得)となりました。こ
        れは、株式の発行による収入40,848千円により資金が増加した一方で、長期借入金の返済による支出20,196千円、
        短期借入金の純減額20,000千円等により資金が減少したものであります。
                                 12/59










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
        ③生産、受注及び販売の実績
         a.生産実績
           当社は生産活動を行っておりませんので、該当事項はありません。
         b.受注実績

           当事業年度の受注状況をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                       当事業年度
                                    (自 平成30年1月1日
          セグメントの名称                           至 平成30年12月31日)
                        受注高(千円)         前年同期比(%)         受注残高(千円)         前年同期比(%)

     外壁リフォーム工事                      1,262,073           115.0        126,419          316.9

     その他リフォーム工事                        67,728          91.5         7,134         126.0

     材料販売                        80,790          107.6           -         -

             合計              1,410,592           113.1        133,553          293.2

      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         c.販売実績

           当事業年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                       当事業年度
                                    (自 平成30年1月1日
          セグメントの名称                           至 平成30年12月31日)
                              金額(千円)                  前年同期比(%)

     外壁リフォーム工事                               1,175,546                     108.4

     その他リフォーム工事                                 66,254                    86.5

     材料販売                                 80,790                   107.6

             合計                        1,322,591                     107.0

      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)  経営者の視点による経営成績の状況に関する分析・検討内容

         経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
         なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。
        ①重要な会計方針及び見積り

         当社の財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。
        この財務諸表の作成にあたりましては、決算日における資産・負債の報告数値及び報告期間における収益・費用の
        報告数値に影響を与える見積り及び仮定設定を行っております。
         当該見積りにつきましては、過去の実績や決算日現在の状況を踏まえた合理的な要因に基づき、見積り金額を計
        算しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性を伴うため、これらの見積りと異なる場合があります。
         財務諸表作成にあたっては、当社が採用しております重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 財務諸表
        等 (1)    財務諸表 注記事項 重要な会計方針」に記載しております。
        ②当事業年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討結果

         a.財政状態の分析
          (流動資産)
           当事業年度末における流動資産は323,941千円となり、前事業年度末と比べ90,608千円増加いたしました。
          これは、主に現金及び預金が50,146千円、完成工事未収入金が20,098千円増加したことによるものでありま
          す。
                                 13/59


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
          (固定資産)
           当事業年度末における固定資産は164,013千円となり、前事業年度末と比べ20,063千円減少いたしました。
          これは、主に保険積立金が18,747千円減少したことによるものであります。
          (流動負債)
           当事業年度末における流動負債は189,665千円となり、前事業年度末と比べ906千円減少いたしました。これ
          は、主に前受金が5,530千円、未払法人税等が4,674千円等増加した一方で、短期借入金が20,000千円減少した
          ことによるものであります。
          (固定負債)
           当事業年度末における固定負債は65,822千円となり、前事業年度末と比べ19,959千円減少いたしました。こ
          れは、主に長期借入金が19,635千円減少したことによるものであります。
          (純資産)
           当事業年度末における純資産合計は232,467千円となり、前事業年度末と比べ91,411千円増加いたしまし
          た。これは、公募増資により資本金が20,424千円、資本準備金が20,424千円増加した他、当期純利益50,563千
          円を計上したことにより、利益剰余金が同額増加したためによるものであります。
         b.経営成績の分析

          (売上高)
           当事業年度における売上高は、1,322,591千円となり、前事業年度に対し86,613千円の増加(前事業年度比
          7.0%増)となりました。その主な要因は高校新卒社員の採用を含めた営業部の人員確保及び社員教育によ
          り、営業力強化に注力した新たな体制作りを行ったためであります。
          (売上原価、売上総利益)
           当事業年度における売上原価は、780,592千円となり、前事業年度に対し35,752千円の増加(前事業年度比
          4.8%増)となりました。これは、前事業年度と比較して、売上高の増加に伴い売上原価も増加しましたが、
          原価低減活動により材料費等の原価が低減できたことにより、売上総利益率は1.3ポイント上昇しました。
           この結果、当事業年度の売上総利益は541,999千円となり、前事業年度に対し50,860千円の増加(前事業年
          度比10.4%増)となりました。
          (販売費及び一般管理費、営業利益)
           当事業年度における販売費及び一般管理費は、482,845千円となり、前事業年度に対し35,103千円の増加
          (前事業年度比7.8%増)となりました。これは、主に高校新卒社員の採用などにより営業部の人員が増加
          し、それに伴う人件費及び経費が増加したことによるものです。
           この結果、当事業年度の営業利益は59,153千円となり、前事業年度に対し15,756千円の増加(前事業年度比
          36.3%増)となりました。
          (営業外損益、経常利益)
           当事業年度における営業外収益は6,216千円となり、前事業年度に対し808千円の減少(前事業年度比11.5%
          減)となりました。これは、主に報奨金収入が611千円減少したことによるものであります。
           当事業年度における営業外費用は11,274千円となり、前事業年度に対し8,736千円の増加(前事業年度比
          344.3%増)となりました。これは、主に上場関連費用9,469千円を計上したことによるものであります。
           この結果、当事業年度の経常利益は54,095千円となり、前事業年度に対し6,211千円の増加(前事業年度比
          13.0%増)となりました。
          (特別損益、当期純利益)
           当事業年度における特別利益は17,037千円となりました(前事業年度-千円)。これは、保険解約益17,037
          千円を計上したことによるものであります。
           この結果、      当事業年度の      当期純利益は50,563千円           となり、前事業年度に対し18,969千円の増加(前事業年度
          比60.0%増)      となりました。
         c.経営成績に重要な影響を与える要因についての分析

           経営成績に重要な影響を与える要因については「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとお
          り、様々なリスク要因が当社の経営成績に重要な影響を与える可能性があると認識しております。
           そのため、当社は常に事業環境に注視するとともに、内部管理体制を強化し、人材の確保と育成などによ
          り、経営成績に重要な影響を与えるリスク要因を分散・低減し、適切に対応を図ってまいります。
         d.経営戦略の現状と見通し

           過去には、営業部の人員不足などにより外壁リフォーム工事の売上はやや減少していた時期がありました
          が、高校新卒社員の採用による営業部社員の増員と社内研修などの人材育成により、前事業年度、当事業年度
          と売上を伸ばすことができました。今後は耐久性や断熱性を備えた当社オリジナル製品と北海道で培った施工
                                 14/59


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
          技術を活かし、現在外壁のリフォームは塗装が一般的である関東圏に営業展開してまいります。これらの成長
          を実現するうえで、引き続き人員の増強と人材の育成及び企業体質の強化に取り組んでまいります。
           リフォーム業界全体に目を向けてみると、平成28年3月18日に閣議決定された国土交通省「住生活基本計画
          (全国計画)」においてリフォーム業界の市場規模が平成25年の実数7兆円から平成37年には12兆円に拡大す
          るという指標が発表されており、今後これらに向けた様々な施策が行われると当社は想定しており、国民のリ
          フォームに対する意識が高まるとともに需要も喚起されると思われます。
           こうした状況のなか、当社は引き続き販売エリア拡大に向けた店舗展開や、仕入先、指定工事店との関係強
          化を行ってまいります。
         e.資本の財源及び資金の流動性についての分析

          (キャッシュ・フロー)
           「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)                                                  経
          営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
          (資金需要)

           当社の資金需要は、工事を施工するための材料費、外注費、また販売費及び一般管理費等の営業費用が主な
          ものになる運転資金需要と、             当社が今後成長していくための人員の確保と教育及び販売エリアの拡大などの                                    事
          業計画を遂行するための資金需要が                あります。新卒社員については毎年10名前後の採用を予定しており、新卒
          社員の給与及び法定福利費、販売エリア拡大のための新規出店については関東を中心に出店を予定しており、
          これらの出店に係る費用(事務所及び寮の家賃・敷金・紹介料、設備、現地中途社員の採用費等)が主なもの
          になります。
           新卒社員は採用初年度は教育期間となり、また新規出店についても採算ベースに乗るまで2、3年要するた
          め、どちらも先行投資という意味合いが強くなりますが、当社が成長していくために積極的に行っていきたい
          と考えております。
          (財務政策)

           当社の運転資金及び事業計画資金につきましては                        、内部資金より充当しており、不足が生じた場合は、借入
          金による外部資金の調達を行っております。
         f.経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

           当社は、事業を継続・発展させていく上で、収益の源泉となる売上高、並びに経営に伴う通常のコストを差
          し引いたあとの収益性を判断するため、経常利益を重要視しております。
           当事業年度における売上高は1,322,591千円と前事業年度から7.0%増加し、経常利益は54,095千円と前事業
          年度から13.0%増加しており、売上高に対する経常利益率は、前事業年度から0.2ポイント上昇して4.1%と
          なっております。今後も引き続き販売エリアの拡大や原価の低減などにより、当該指標の向上に取り組んでい
          く所存でございます。
         g.セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

          (外壁リフォーム工事)
           売上高は、営業部の人員が増加したこととこれまでの社員教育により、社員の底上げができ、一人当たりの
          受注件数が増えたことで、受注数が増加したため、1,175,546千円(前事業年度比8.4%増)となりました。
           セグメント利益は、原価率を前期より減少することができたことと営業部の社員が増員したことにより人件
          費及びそれに伴う経費が増えたため、153,348千円(前事業年度比8.5%増)となりました。
           セグメント資産は、売上債権である完成工事未収入金が前期より18,927千円増加したことや、未成工事出金
          が6,419千円増加したことなどにより、293,649千円(前事業年度比33,507千円増)となりました。
          (その他リフォーム工事)

           売上高は、法人向け工事の受注数が減少したため、66,254千円(前事業年度比13.5%減)となりました。
           セグメント利益は、原価率を約2.2ポイント減少することができたことにより3,168千円(前事業年度比
          4.3%増)となりました。
           セグメント資産は、未成工事支出金が3,247千円増加したことにより、11,991千円(前事業年度比4,328千円
          増)となりました。
                                 15/59



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
          (材料販売)
           売上高は、主に北海道での受注数が前期から増加したため、80,790千円(前事業年度比7.6%増)となりま
          した。
           セグメント利益は、売上高が増加したことと経費が若干減少したことにより、12,043千円(前事業年度比
          12.0%増)となりました。
           セグメント資産は、売掛金が前期より4,010千円増加したことにより、8,350千円(前事業年度比4,141千円
          増)となりました。
         h.経営者の問題認識と今後の方針について

           当社が今後の事業を拡大し、より良いサービスを継続し、販売エリアを拡大していくためには、人材の育成
          や、顧客ニーズに対応した魅力あるオリジナル外壁材の開発に努め、施工後に実施している顧客アンケートで
          のお客様の声を重視していきたいと考えております。また「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び
          対処すべき課題等 (4)事業上及び財務上の対処すべき課題」に記載しております課題に対応していくことが
          重要であると認識しております。それらの課題に対応するために、経営者は、市場動向をはじめとした外部環
          境やその変化に関する情報の収集及び分析を行い、課題に対し最適な解決策を講じていく方針であります。
      4【経営上の重要な契約等】

       主要な仕入先との売買基本契約等の締結
        当社は主要な仕入先である日新製鋼建材株式会社(平成31年4月1日より日鉄日新製鋼建材株式会社に社名変更)
       と売買基本契約書及びOEM契約書を締結しております。その契約の主な内容は下記のとおりであります。
       契約書名         契約締結日              契約内容                   契約期間
                        金属サイディング及びそれに付随する                   契約締結日から1年間。ただし契約期
               平成27年2月1日
     売買基本契約書                   商品、又はその他両社で合意した商品                   間満了の1ヶ月以内に解除の申出がな
               (注)
                        の売買についての基本契約。                   い場合は以後1年ごとの自動更新。
                        日新製鋼建材株式会社が製造する金属
                                          契約締結日から平成31年1月31日ま
                        サイディング製品の当社ブランド
                                          で。ただし契約期間満了の3ヶ月以内
     OEM契約書         平成30年8月1日         「ハッピーエンドシリーズ」のOEM
                                          に解除の申出がない場合は以後1年ご
                        供給につき、製造及び供給の委託等に
                                          との自動更新。
                        ついて定めたもの。
     (注)同社との取引は当初、全て商社を通して仕入れておりましたが、締結日以降特定の地域を除いて、直接同社より仕
        入れております。
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 16/59









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当事業年度に実施した設備投資の総額は、7,200千円であり、本社ビル空調設備機器取得であります。
        なお、当事業年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社における主要な設備は以下のとおりであります。
                                                    平成30年12月31日現在
                                       帳簿価額
       事業所名      セグメントの                                           従業員数
                               工具、器具      土地    ソフトウエ
                    設備の内容
              名称             建物                    その他     合計
       (所在地)                                                 (人)
                               及び備品     (千円)     ア
                          (千円)                    (千円)     (千円)
                               (千円)     (面積㎡)     (千円)
     本社
                                     57,821
                -    統括業務施設        26,027     6,523          5,001      -   95,373       ▶
     (札幌市中央区)
                                     (264.77)
              外壁リフォー
              ム工事
     札幌支店
              その他リ      販売業務施設         -     237     -     -     -     237     27
     (札幌市中央区)
              フォーム工事
              材料販売
              外壁リフォー
              ム工事
     仙台支店
              その他リ      販売業務施設
                             -     138     -     -     -     138     13
     (仙台市若林区)
              フォーム工事
              材料販売
              外壁リフォー
              ム工事
     横浜支店
              その他リ      販売業務施設         406     644     -     -     -    1,050      10
     (横浜市中区)
              フォーム工事
              材料販売
              外壁リフォー
              ム工事
     札幌物流センター
              その他リ      資材倉庫         -     31     -     -     -     31     -
     (札幌市東区)
              フォーム工事
              材料販売
              外壁リフォー
     関東物流センター        ム工事
     (神奈川県藤沢        その他リ      資材倉庫         -     132     -     -     0    132     -
              フォーム工事
     市)
              材料販売
      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.現在休止中の設備はありません。
         3.その他には、車両運搬具を含んでおります。
         4.本社建物の一部を賃貸しております。年間賃貸料は3,566千円であります。
         5.従業員数は就業人員であり、使用人兼務役員を含んでおります。臨時雇用者はおりません。
         6.他の者から賃借している主要な設備の内容は下記のとおりであります。
            事業所名
                           設備の内容            面積(㎡)          年間賃借料(千円)
           (所在地)
      仙台支店
                        販売業務施設                  441.55             5,400
      (仙台市若林区)
      横浜支店
                        販売業務施設                  148.47             4,634
      (横浜市中区)
      札幌物流センター
                        資材倉庫                  163.00             1,696
      (札幌市東区)
      関東物流センター
                        資材倉庫                  340.78             1,088
      (神奈川県藤沢市)
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設等
         該当事項はありません。
                                 17/59


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 18/59




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        2,600,000

                  計                             2,600,000

        ②【発行済株式】

            事業年度末現在発行数                        上場金融商品取引所名又
                        提出日現在発行数(株)
       種類         (株)                     は登録認可金融商品取引                 内容
                        (平成31年3月29日)
            (平成30年12月31日)                        業協会名
                                                 権利内容に何ら限定のな
                                    札幌証券取引所            い当社における標準とな
     普通株式            710,000            710,000
                                    (アンビシャス市場)            る株式であり、単元株式
                                                 数は100株であります。
       計          710,000            710,000           -            -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      平成30年10月17日
                    643,500       650,000          -     45,000         -       -
        (注)1
      平成30年12月12日
                    60,000       710,000        20,424       65,424       20,424       20,424
        (注)2
     (注)1.     普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。
        2.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
          発行価格               740円
          引受価額    680.80円
          資本組入額   340.40円
          払込金総額   40,848千円
                                 19/59





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                    平成30年12月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
                                                       式の状況
       区分                             外国法人等
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計     (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -     -      ▶     1     -      1     333      339    -
     所有株式数
                -     -     66      3     -      3    7,028      7,100
                                                         -
     (単元)
     所有株式数の割
                -     -     0.93     0.04      -     0.04     98.99     100.00     -
     合(%)
       (6)【大株主の状況】

                                                  平成30年12月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                            (千株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                                                 550        77.46

     佐々木 忠幸                  札幌市手稲区
                       札幌市中央区大通東四丁目4-18                           21        2.96
     FUJIジャパン従業員持株会
                                                  10        1.41
     樋口 俊一                  札幌市白石区
                                                  10        1.41
     佐賀 一郎                  仙台市若林区
                                                  5        0.70
     清武 秀男                  広島市中区
                       東京都港区六本木1丁目6-1                           ▶        0.65
     株式会社SBI証券
                                                  ▶        0.56
     三輪 洋照                  東京都渋谷区
                                                  3        0.42
     大内 宏                  札幌市清田区
                                                  3        0.42
     黒川 明則                  札幌市中央区
                                                  3        0.42
     土谷 和博                  東京都台東区
                                -                 613        86.42

             計
                                 20/59









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年12月31日現在
               区分              株式数(株)          議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                          -           -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                          -           -           -
      議決権制限株式(その他)                          -           -           -

      完全議決権株式(自己株式等)                          -           -           -

                                                  権利内容に何ら限定
                                                  のない当社における
                                普通株式
      完全議決権株式(その他)                                       7,100     標準となる株式であ
                                 710,000
                                                  り、単元株式数は
                                                  100株であります。
      単元未満株式                          -           -           -
      発行済株式総数                           710,000          -           -

      総株主の議決権                          -             7,100         -

        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は、経営基盤の強化や財務安全性を優先する必要性により、創業以来配当を実施しておりませんが、株主に対
       する利益還元に関しましては、経営の重要課題の一つとして位置付けております。
        今後につきまして、将来の事業発展のために必要な内部留保の充実を考慮したうえで、各事業年度の経営成績及び
       財政状況を勘案しつつ、利益配当による株主に対する利益還元を検討していく所存であります。なお、内部留保資金
       につきましては、今後の販売エリア拡大のための出店資金に充当してまいります。
        当社は中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。これらの剰余金の配当
       等の決定機関は、取締役会であります。
        当事業年度の配当につきましては、当期純利益を計上いたしましたが、経営体質及び今後の事業展開、内部留保の
       充実を図るために、無配とさせていただきました。
        また、経営の機動性と柔軟性の向上を図ることをもって株主利益の向上に資するため、「剰余金の配当等会社法第
       459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会
       の決議によって定める」旨を定款に定めております。
                                 21/59



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
      4【株価の推移】
       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第10期         第11期         第12期         第13期         第14期
       決算年月        平成26年12月         平成27年12月         平成28年12月         平成29年12月         平成30年12月

       最高(円)              -         -         -         -         981

       最低(円)              -         -         -         -         515

      (注)最高・最低株価は、札幌証券取引所アンビシャス市場におけるものであります。
         なお、平成30年12月13日付をもって同取引所に株式を上場いたしましたので、それ以前の株価については該当事
         項はありません。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成30年7月        平成30年8月        平成30年9月        平成30年10月        平成30年11月        平成30年12月
       最高(円)             -        -        -        -        -       981

       最低(円)             -        -        -        -        -       515

      (注)最高・最低株価は、札幌証券取引所アンビシャス市場におけるものであります。
         なお、平成30年12月13日付をもって同取引所に株式を上場いたしましたので、それ以前の株価については該当事
         項はありません。
                                 22/59














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性 8名 女性 -名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                       所有株式数
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴          任期
                                                        (株)
                                   平成3年4月 ㈱大仁建設入社
                                   平成7年8月 ㈲新日本開発取締役就任
                                   平成7年8月 ㈱富士建材入社
     代表取締役       -        佐々木 忠幸       昭和42年1月3日生                          (注)2    550,000
                                   平成13年4月 同社取締役就任
                                   平成17年3月 当社設立 代表取締役就任
                                          (現任)
                                   平成6年4月 ㈱協関建設入社
                                   平成7年11月 ㈱富士建材入社
                                   平成17年4月 当社入社
                                   平成17年10月 当社取締役就任管理部次長
                                   平成20年8月 当社取締役辞任
     取締役       管理部部長        樋口 俊一      昭和49年1月16日生                          (注)2     10,000
                                   平成22年5月 当社取締役就任(現任)
                                         営業部部長
                                   平成26年9月 当社メンテナンスサービス
                                         部部長
                                   平成28年1月 当社管理部部長(現任)
                                   平成4年4月 ㈱上田商会入社
                                   平成7年4月 ㈱黒川コンクリート工業所
                                         入社
                                   平成11年4月 ㈱富士建材入社
                                   平成20年1月 ㈱ベストサポート代表取締
                                         役就任
            メンテナンス
     取締役               黒川 明則      昭和40年7月20日生         平成21年10月 ㈱マドレウィン・パート
                                                    (注)2     3,000
            サービス部部長
                                         ナーズ入社
                                   平成22年1月 当社入社
                                   平成28年1月 当社MS&商事部(現メン
                                         テナンスサービス部)部長
                                         (現任)
                                   平成28年3月 当社取締役就任(現任)
                                   平成6年3月 ㈱トヨホク入社
                                   平成10年3月 三和舗道㈱入社
                                   平成11年11月 ㈲ゆうサポート入社
                                   平成13年9月 ㈲ササキ管工入社
                                   平成19年4月 トルース㈱代表取締役就任
            関東ブロック
                                   平成22年10月 当社入社
     取締役               大高 誠      昭和49年6月16日生                          (注)2     2,000
            営業部部長
                                   平成28年10月 当社営業部部長
                                   平成29年1月 当社南ブロック営業部部長
                                   平成29年3月 当社取締役就任(現任)
                                   平成29年8月 当社関東ブロック営業部部
                                         長(現任)
                                   平成4年4月 東港サービス㈱入社
                                   平成4年10月 ㈲佐賀入社
                                   平成12年3月 ㈱日本予防医学調査会入社
                                   平成14年11月 ㈱第一東武産業入社
                                   平成16年11月 ㈱ケイジェイシー入社
                                   平成20年1月 ㈱一条工務店仙台入社
     取締役       非常勤        佐賀 一郎      昭和49年3月23日生                          (注)2     10,000
                                   平成20年5月 当社入社
                                   平成25年1月 当社取締役就任(現任)
                                         営業部次長
                                   平成25年7月 当社営業部部長
                                   平成29年1月 当社北ブロック営業部部長
                                 23/59





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴          任期
                                                        (株)
                                   昭和44年4月 ㈱北海道拓殖銀行入行
                                   平成10年4月 ナラサキビーズ㈱代表取締
                                         役就任
                                   平成12年5月 HKIアクシス㈱(現㈱え
     監査役                                    んれいしゃ)常務取締役就
            -         大内 宏      昭和20年5月26日生                          (注)3     3,000
     (常勤)                                    任
                                   平成15年2月 ㈱耕人舎専務取締役就任
                                   平成16年6月 北海道エアポートフーズ㈱
                                         代表取締役就任
                                   平成20年9月 当社監査役就任(現任)
                                   昭和57年7月 ㈱ホンダベルノ香川入社
                                   平成7年10月 ㈱富士建材入社
                                   平成13年11月 同社取締役就任
                                   平成17年3月 当社入社取締役就任営業推
                                         進部部長
                                   平成17年10月 ㈲サンズプロジェクト入社
                                   平成17年11月 当社取締役辞任
     監査役       -        國見 政明      昭和32年4月29日生                          (注)3     1,000
                                   平成20年8月 当社取締役就任管理部部長
                                   平成22年5月 当社取締役辞任
                                   平成22年5月 ㈱北海道マテリアル代表取
                                         締役就任(現任)
                                   平成23年12月 当社取締役就任
                                   平成29年3月 当社監査役就任(現任)
                                   平成4年4月 山一證券㈱入社
                                   平成8年8月 ㈱ビジネスクリニック入社
                                   平成10年4月 佐藤等公認会計士事務所入
                                         所
                                   平成15年3月 データサポート㈱(現:D
     監査役       -        清水 祥行      昭和43年10月11日生                          (注)3       -
                                         サポート㈱)代表取締役就
                                         任(現任)
                                   平成21年3月 当社監査役就任
                                   平成21年6月 当社監査役辞任
                                   平成30年8月 当社監査役就任(現任)
                             計                           579,000
      (注)1.監査役大内宏、清水祥行は、社外監査役であります。
         2.取締役の任期は、平成30年12月期に係る定時株主総会終結の時から1年以内に終了する事業年度のうち、最
           終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
         3.監査役の任期は、平成30年8月7日開催の臨時株主総会終結の時から4年以内に終了する事業年度のうち、
           最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
                                 24/59








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
           コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
            当社はコーポレート・ガバナンスを経営の重要課題と位置づけ、経営の効率化、執行機能の強化、コンプ
           ライアンス体制の充実を図るべく各種施策に取り組んでおります。現在の株主総会、取締役会、監査役会、
           会計監査等の機能強化のために内部統制システムの整備を行いつつ、迅速かつ正確な情報開示を図り、株主
           をはじめとするステークホルダーへの経営の透明性を確保しながら、コーポレート・ガバナンスの充実を
           図っていきたいと考えております。
            かかる基本認識のもと、当社は以下のとおり企業統治の体制を整備しております。
           ①企業統治の体制

            a.企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
              当社は、取締役会の監督機能の一層の強化を図る観点から、平成30年8月7日開催の臨時株主総会に
             おける定款変更により、監査役会設置会社としております。
              会社法に基づく機関として、株主総会、取締役会、監査役会及び会計監査人を設置し、社外監査役2
             名を選任しております。
              外部の視点からの経営監査機能は有効に機能するものと判断し、当該体制を採用しております。
            b.取締役会

              当社の取締役会は5名の取締役で構成されております。経営の最高意思決定機関として、迅速かつ的
             確で合理的な意思決定を図りつつ、経営の妥当性、効率性及び公正性等について適宜検討し、法令、定
             款及び社内規程で定めた事項、並びに重要な業務に関する事項の決議を行う他、取締役間で相互に職務
             の執行を監督しております。毎月1回定時取締役会を開催する他、必要に応じて臨時取締役会を開催し
             ております。
              また、当社は、社外取締役を選任しておりません。
              当社は、迅速でタイムリーな意思決定を行うことを第一に考え、取締役会は少数の人員でお互いの牽
             制機能を有効に働かせながら運営してまいりました。当社といたしましても、社外取締役選任の有効性
             については認識しており、現在、社外取締役の選定を行っているところであります。選定に当たって
             は、企業経営全般に対する知見に加え、当社が属するリフォーム業界の特殊性を理解し、当社経営陣か
             らの独立性を有することを要件としておりますが、現在のところ、これらの要件を満たす適任者の選定
             に至っておりません。
              当社といたしましては、適任者と判断が出来ない人物を社外取締役として選任することは、当社の企
             業価値向上にマイナスの影響があると判断し、社外取締役を置くことは相当ではないと結論づけまし
             た。今後とも当社にとって最適なコーポレート・ガバナンスを目指しつつ、引き続き、当社の社外取締
             役として適切な人材の確保に向けて、検討を行ってまいります。
            c.監査役会

              当社の監査役会は、常勤監査役1名(うち社外監査役1名)と非常勤監査役2名(うち社外監査役1
             名)で構成されております。「監査役会規程」に基づき、毎月1回定時監査役会を開催する他、必要に
             応じて臨時監査役会を開催しております。
            d.内部監査

              当社の内部監査については総合企画室に専任担当者1名を置き、代表取締役の命により、「内部監査
             規程」に基づき、社内諸規程や法令等の遵守状況の確認、内部統制システムの運用状況の確認、効率
             性・安全性等に関する指摘・勧告等を行っております。
              期初に策定した内部監査計画に基づき、業務全般にわたる内部監査を実施し、監査結果は直接代表取
             締役に文書で報告されております。被監査部門に対しては、監査結果を踏まえて改善指示を行い、監査
             後は遅延なく改善状況を報告させることにより、内部監査の実効性を保っております。
            e.監査役監査

              監査役3名は、「監査役監査基準」「内部統制システムに係る監査の実施基準」に従い、期初に策定
             した監査計画に基づき、毎月開催される取締役会等への出席により、意思決定事項や報告事項に対する
             監査を行うとともに、適宜意見具申を行っております。また平素においても、経営全般の適法性及び適
             正性の観点から、重要書類の閲覧等を通じ、取締役の職務執行を監査しております。
                                 25/59


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
            f.当社のコーポレート・ガバナンスに関する体制(模式図)は、以下のとおりであります。

            g.会計監査の状況








              当社は太陽有限責任監査法人と監査契約を締結しております。なお、同監査法人及び当社監査に従事
             する同監査法人の業務執行社員と当社の間には、特別な利害関係はありません。業務執行社員の継続監
             査年数については、いずれも7年未満のため記載を省略しております。
              業務を    執行した公認会計士の氏名等は、以下のとおりであります。
           業務を執行した公認会計士の氏名                               所属する監査法人名
      前田 裕次

                                  太陽有限責任監査法人
      宮崎 哲
      (注) 監査業務に係る補助者の構成:公認会計士4名、その他4名
            h.内部監査、監査役監査及び会計監査人監査の連携

              監査役会と会計監査人との間では、監査役会が会計監査人から監査方針及び監査計画を聴取し、監査
             結果の報告を受け取ることにより、また監査役会と内部監査担当者との間では、相互発見事項の共有な
             どを通じた情報交換及び意見交換を行っております。更に監査役、会計                                 監査人、内部監査担当者による
             定期的な会合を実施し、情報交換及び意見交換を行い、監査の実効性及び効率等の向上を図っておりま
             す。
            i.社外監査役・社外取締役

              当社の社外監査役は2名であります。
              社外監査役の大内宏氏は、他社での取締役の豊富な経験を有しており、取締役会の意思決定の妥当
             性・適正性を確保するための助言・提言を行っております。当社と社外監査役大内宏氏との間には、当
             社株式を3,000株保有している他は特別な利害関係はありません。
              社外監査役の清水祥行氏は、Dサポート㈱の代表取締役を務めており、同社での多くの顧客企業で
             行った業務体制設計などにより、豊富な知識を有しており、取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確
             保するための助言・提言を行っております。当社と社外監査役清水祥行氏との間には、特別な利害関係
             はありません。
              当社は、社外監査役が企業統治において果たす機能及び役割並びに、当該社外監査役を選任するため
             の独立性に関する基準又は方針等は明確に定めておりませんが、選任にあたっては、証券会員制法人札
             幌証券取引所が定める独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしております。
                                 26/59


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
              当社は社外取締役を選任しておりません。当社は経営の意思決定機能と、取締役による業務執行を管
             理監督する取締役会に対し、監査役3名中の2名を社外監査役とすることで経営への監視機能を強化し
             ております。
              コーポレート・ガバナンスにおいて、外部からの客観的、中立の経営監視の機能が重要と考えてお
             り、社外監査役2名による監査が実施されることにより、外部からの経営監視機能が十分に機能する体
             制が整っております。
           ②内部統制システムの整備の状況

            当社は、業務の適正性を確保するための体制として、平成30年2月8日の取締役会にて「内部統制に関す
           る基本方針」を定める決議を行っており、現在その基本方針に基づき内部統制システムの運用を行っており
           ます。その概要は、以下のとおりであります。
            a.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

             (a)取締役及び使用人が法令・定款及び当社の企業理念を遵守することが企業経営における最優先事項
               と位置づけ、取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合するよう周知徹底する。
             (b)取締役及び使用人は、重大な法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実を発見した場
               合、ただちに取締役会に報告するものとする。また内部通報制度として、社内担当部署もしくは社
               外の弁護士に直接通報が可能な「公益通報者保護規程」を運用し、不正行為等の早期発見と是正を
               図り、法令遵守を旨とする当社の健全な経営に資することとする。なお、当該報告をしたことを理
               由として不利な取り扱いを行うことを禁止し、その旨を周知徹底する。
             (c)取締役及び使用人の業務の適法性・妥当性については、監査役及び内部監査人が、「監査役会規
               程」「監査役監査基準」「内部統制システムに係る監査の実施基準」「内部監査規程」等の社内規
               程に従って監査を行い、その指摘に基づいて各部の業務管理・運営制度を整備・拡充する。
             (d)取締役及び使用人は、適正な財務報告を行うことが社会的信用の維持・向上のために極めて重要で
               あることを認識し        、財務報告の適正性を確保するため、財務諸表の作成過程において虚偽記載並び
               に誤謬等が生じないよう実効性のある内部統制を構築する。
            b.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

             (a)「文書管理規程」に基づき、管理責任者は次の各号に定める文書(電磁的記録を含む。)を関連資
               料とともに保存する。なお、取締役及び監査役は、必要に応じてこれらの情報を閲覧することがで
               きるものとする。
               (Ⅰ)株主     総 会議事録
               (Ⅱ)取締役会議事録
               (Ⅲ)その他取締役の職務執行に関する重要な文書
             (b)前号の     他 、会社業務に関する文書の保存及び管理については「文書管理規程」及び「文書保存期間
               一覧表」に基づき適正に保存・管理する。
            c.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

             (a)事業に関わるリスクは、「リスクマネジメント規程」に基づき、リスク管理委員会が評価・分析
               し、対応策を協議する。また協議・承認されたリスクは取締役会に報告するものとする。
             (b)取締役及び使用人は不正や誤謬等の情報を得た場合は、リスク管理委員会に報告するものとする。
             (c)危機が発生した場合には、「経営危機管理規程」に従って、対策本部を設置し、部門責任者、危機
               管理に関する主管部門である管理部及び、代表取締役へ、正確かつ迅速に報告することで、当該危
               機に対して適切に対応する。
            d.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

             (a)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制構築の基礎として、毎月1回定
               時取締役会を開催する他、必要に応じて臨時取締役会を開催することで、取締役の職務の執行を監
               督する。
             (b)取締役の職務の執行に必要な組織及び組織の管理、並びに職務権限、責任については、「取締役会
               規程」「職務権限規程」「職務分掌規程」等の社内規程に従って定め、業務の組織的かつ能率的な
               運営を図る。
             (c)中長期の経営方針の下で、年度計画を立案し、月次で予算管理を行いながら、当該計画達成に向け
               て社内の意思統一を図る。
            e.当社並びにその子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

                                 27/59


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
              当社には現在子会社は存在しないため、企業集団における業務の適正を確保するための体制はありま
             せん。
            f.監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項並びに当該使用人の取締役からの独立性及び指示の実

              効性の確保に関する事項
             (a)監査役がその職務を補助する使用人(以下「補助使用人」)を置くことを求めた場合においては適
               切な人員配置を行う。ただし、その補助使用人は他の部署と兼務とするが、その独立性を確保する
               ため、監査役の指示による職務に関しては、取締役及び補助使用人の属する組織の上長の指揮命令
               は受けないものとする。
             (b)補助使用人の人選は、監査役の職務遂行上必要な知識・能力を勘案し、監査役と協議のうえ決定す
               る。
             (c)補助使用人は、当社の就業規則に従うが、当該職務に関する指揮命令権は監査役に属するものと
               し、異動・評価・懲戒等の人事事項については監査役と事前に協議し、監査役の同意を得たうえ実
               施する。
            g.取締役及び使用人が監査役に報告するための体制

             (a)各監査役は、原則として取締役会に出席し、また取締役会以外の重要な会議体にも出席し、取締役
               及び使用人から職務執行状況の報告を必要に応じて求めることができる。
             (b)取締役及び使用人は、法令・定款及び社内規程、その他重大な倫理に違反したと認められる行為を
               発見した    場合には、直ちに書面もしくは口頭にてリスク管理委員会を経由して監査役に報告する。
               また公益者通報制度を設け通報対応責任者が重大と判断した場合も、直ちに書面もしくは口頭にて
               監査役に報告する。
            h.監査役の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項

              当社は、監査役の職務の執行に協力し監査の実効を担保するため、監査費用のための予算措置を行
             い、監査役の職務の執行に必要でないと認められる場合を除き、監査役の職務の執行に係る費用の支払
             いや債務の処理を行う。
            i.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

             (a )取締役は、監査役監査の実効性を高めるため、重要書類の閲覧、社内各部門の実地調査、会計監査
               人との会合等の調査活動に協力する。
             (b)監査役は、取締役会などの重要会議へ出席し、経営における重要な意思決定及び業務の執行状況を
               把握し、意見を述べることができる。
             (c)監査役は、内部監査人・会計監査人と意見交換の場を持ち、定期的又は随時情報交換を実施する。
             (d)監   査役は、管理部等その他の各部門に対して、随時必要に応じ、監査への協力を指示することがで
               きる。
            j.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

             (a)  当社は、反社会的勢力排除を社会的責任の観点から必要かつ重要であると認識し、いかなる場合に
               おいても反社会的勢力と営業取引及び営業外取引を一切行わず、金銭その他経済的利益を提供しな
               いことを基本方針とする。
             (b)当   社における反社会的勢力排除体制として、「反社会的勢力対策規程」を制定し、主管部署は管理
               部として、運用するものとする。また顧客、取引先、採用予定者に対して、インターネットを利用
               した新聞記事検索や風評確認による属性チェックを行う。
           ③リスク管理体制の整備の状況

            当社は、業務上抱える各種リスクを正確に把握・分析し、適切に対処すべくリスク管理体制の強化に取り
           組んでおります。管理体制としてリスクマネジメント規程を制定し、リスク管理委員会を設置しておりま
           す。リスク管理委員会は最高責任者を代表取締役とし、委員長を管理部長、委員は各部門役職者など代表取
           締役が指名する者とし、リスクマネジメントの推進、課題や対応策を協議しております。
                                 28/59




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
           ④役員の報酬等
            a.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                     報酬等の総額                              対象となる役員の
          役員区分
                      (千円)                             員数(名)
                                 基本報酬           賞与
      取締役                  42,600          42,600            -           5

      監査役
                          600          600           -           1
      (社外監査役を除く。)
      社外監査役                   3,250          3,250            -           2
      (注)1.報酬等の総額には、使用人兼務役員の使用人分給与は含まれておりません。
         2.取締役の報酬限度額は、平成17年3月25日開催の臨時株主総会において年額100百万円以内と決議されてお
           ります。
         3.監査役の報酬限度額は、平成17年8月25日開催の臨時株主総会において年額30百万円以内と決議されており
           ます。
            b.役員ごとの報酬等の総額等

              報酬等の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。
            c.使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

                  対象となる役員の員数
        総額(千円)                                    内容
                      (名)
            28,469               ▶    使用人兼務役員の使用人部分に係る給与(賞与含む。)

            d.役員の報酬等の額の決定に関する方針

              当社の取締役及び監査役の報酬等の額又はその算定方式に関する方針は、株主総会で決定した限度額
             の範囲内で、取締役については取締役会において、監査役については監査役会において、会社及び個々
             の役員の業績を勘案し決定しております。
           ⑤株式の保有状況

            a.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
              該当事項はありません。
            b.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び

              保有目的
              該  当 事項はありません。
            c.保有目的が純投資目的である投資株式

              該当事項はありません。
           ⑥取締役の定数と任期

            当社は、取締役の定数を10名以内とする旨、及び取締役の任期を選任後1年以内に終了する事業年度のう
           ち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとする旨を定款で定めております。
           ⑦取締役の選任の決議要件

            当社の取締役は、株主総会の決議によって選任しております。
            なお、当社は取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を
           有する株主が出席        し、出席した当該株主のその議決権の過半数をもって行い、累積投票によらない旨を定款
           で定めております。
           ⑧剰余金の配当等の決定機関

            当社は、機動的な利益還元を可能とする資本政策を確保するため、剰余金の配当等、会社法第459条第1
           項各号に定める       事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会決
           議によって定める旨を定款で定めております。
           ⑨株主総会の特別決議要件

                                 29/59

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
            当社は会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
           株主の議決権      の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定
           め ております。
            これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
           目的とするものであります。
           ⑩取締役及び監査役の責任免除の概要

            当社は、会社法第426条第1項の規定に基づき、任務を怠ったことによる取締役及び監査役(取締役及び
           監査役であったものを含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除する
           ことができる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が、期待される役割を十分に発揮する
           環境を整備することを目的とするものであります。
           ⑪監査役及び会計監査人との責任限定契約の概要

            当社と監査役及び会計監査人は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責
           任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任額の限度額は、法令が規定する額と
           しております。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                前事業年度                            当事業年度
      監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬

          (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
              4,800               -
                                          6,000              1,480
        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前事業年度)
          該当事項はありません。
         (当事業年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前事業年度)
          該当事項はありません。
         (当事業年度)

          監査公認会計士等の非監査業務に関しては、株式上場申請のためのコンフォートレター作成業務であります。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬は、会計監査人より提示される監査計画の内容をもとに、監査日
         数、当社の規模等を勘案・協議し、監査役会の同意を得て決定しております。
                                 30/59






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.財務諸表の作成方法について
        当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づい
       て作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(平成30年1月1日から平成30年12月31日
       まで)の財務諸表について、太陽有限責任監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
      4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
       適切に把握し、変更について的確に対応できるよう、各種セミナーに積極的に参加し、社内周知を図っております。
                                 31/59















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
      1【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         86,602              136,748
         現金及び預金
                                           625               -
         受取手形
                                        103,856              123,954
         完成工事未収入金
                                         3,262              7,273
         売掛金
                                         27,940              31,339
         原材料及び貯蔵品
                                         3,150              12,817
         未成工事支出金
                                         3,979              4,529
         前払費用
                                         2,433              4,259
         繰延税金資産
                                         3,912              3,019
         その他
                                        △ 2,430                -
         貸倒引当金
         流動資産合計                                233,332              323,941
       固定資産
         有形固定資産
                                         41,489              41,489
          建物
                                        △ 13,743             △ 15,055
            減価償却累計額
            建物(純額)                             27,745              26,434
          車両運搬具                                550              550
                                         △ 549             △ 549
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                                0              0
          工具、器具及び備品                               18,623              25,703
                                        △ 15,812             △ 17,994
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              2,810              7,708
          土地                               57,821              57,821
                                         11,626                -
          リース資産
                                        △ 10,773                -
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               853               -
                                         89,231              91,964
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         7,510              5,001
          ソフトウエア
                                         7,510              5,001
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         59,817              58,467
          敷金及び保証金
                                         25,748               7,000
          保険積立金
          長期前払費用                                519              330
                                         1,250              1,250
          その他
                                         87,335              67,048
          投資その他の資産合計
                                        184,077              164,013
         固定資産合計
                                        417,410              487,955
       資産合計
                                 32/59






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         3,603              6,637
         買掛金
                                         62,586              62,317
         工事未払金
                                         40,000              20,000
         短期借入金
                                         20,196              19,635
         1年内返済予定の長期借入金
                                           853               -
         リース債務
                                         8,861              13,437
         未払金
                                         27,424              30,548
         未払費用
                                         9,971              14,646
         未払法人税等
                                         1,813              1,336
         未成工事受入金
                                         2,130              7,660
         前受金
                                         1,218              1,380
         預り金
                                         3,110              3,100
         完成工事補償引当金
         前受収益                                  346              308
                                         8,456              8,657
         その他
                                        190,572              189,665
         流動負債合計
       固定負債
                                         49,903              30,268
         長期借入金
                                         35,878              35,554
         預り敷金保証金
                                         85,781              65,822
         固定負債合計
                                        276,353              255,487
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         45,000              65,424
         資本金
         資本剰余金
                                           -            20,424
          資本準備金
                                           -            20,424
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                         96,056              146,619
            繰越利益剰余金
                                         96,056              146,619
          利益剰余金合計
                                        141,056              232,467
         株主資本合計
                                        141,056              232,467
       純資産合計
                                        417,410              487,955
      負債純資産合計
                                 33/59








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      売上高
                                       1,160,914              1,241,801
       完成工事高
                                         75,064              80,790
       材料売上高
                                       1,235,978              1,322,591
       売上高合計
      売上原価
                                       ※2 683,682             ※2 714,651
       完成工事原価
                                         61,156              65,941
       材料売上原価
                                        744,839              780,592
       売上原価合計
                                        491,138              541,999
      売上総利益
                                       ※1 447,741             ※1 482,845
      販売費及び一般管理費
                                         43,396              59,153
      営業利益
      営業外収益
                                           726              883
       受取利息
                                         3,636              3,566
       賃貸収入
                                           737              421
       受取保険金
       報奨金収入                                  1,000               388
                                           924              955
       その他
                                         7,024              6,216
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         1,448              1,028
       支払利息
                                           498              189
       支払保証料
                                           509              541
       賃貸収入原価
                                           -             9,469
       上場関連費用
                                           81              44
       その他
                                         2,537              11,274
       営業外費用合計
                                         47,883              54,095
      経常利益
      特別利益
                                           -            17,037
       保険解約益
                                           -            17,037
       特別利益合計
      特別損失
                                         1,317                -
       支店閉鎖損失
                                           15              -
       固定資産除却損
                                         1,333                -
       特別損失合計
                                         46,550              71,132
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   15,591              22,394
                                         △ 635            △ 1,825
      法人税等調整額
                                         14,956              20,568
      法人税等合計
      当期純利益                                   31,594              50,563
                                 34/59







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
        【完成工事原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成29年1月1日                   (自 平成30年1月1日
                           至 平成29年12月31日)                   至 平成30年12月31日)
                     注記                 構成比                   構成比

           区分               金額(千円)                   金額(千円)
                     番号                 (%)                   (%)
     Ⅰ 材料費                          321,430        47.6          336,604        46.5

     Ⅱ 外注費                          329,458        48.8          358,801        49.5
                                23,764                   28,912
     Ⅲ 経費                ※                  3.5                   4.0
       当期総工事費用                               100.0                   100.0

                               674,653                   724,318
                                12,179                   3,150
       期首未成工事支出金
        合計

                               686,832                   727,468
                                3,150                  12,817
       期末未成工事支出金
       完成工事原価
                               683,682                   714,651
      ※ 主な内訳は次のとおりであります。

             項目               前事業年度(千円)                   当事業年度(千円)
     荷造運賃                                9,961                  12,349

     産業廃棄物処理費                                4,773                   6,016
     地代家賃                                3,278                   3,380
        【材料売上原価明細書】

                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成29年1月1日                   (自 平成30年1月1日
                           至 平成29年12月31日)                   至 平成30年12月31日)
                     注記                 構成比                   構成比

           区分               金額(千円)                   金額(千円)
                     番号                 (%)                   (%)
                                61,156                   65,941

     Ⅰ 材料仕入高                                 100.0                   100.0
       材料売上原価                               100.0                   100.0
                                61,156                   65,941
         (原価計算の方法)

          原価計算の方法は実際原価による個別原価計算によっております。
                                 35/59







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
                                                    (単位:千円)
                              株主資本
                              利益剰余金
                                                   純資産合計
                  資本金      その他利益剰余金                  株主資本合計
                                 利益剰余金合計
                         繰越利益剰余金
     当期首残高               45,000         64,462         64,462        109,462         109,462
     当期変動額
      新株の発行
      当期純利益                       31,594         31,594         31,594         31,594
     当期変動額合計                 -       31,594         31,594         31,594         31,594
     当期末残高
                    45,000         96,056         96,056        141,056         141,056
          当事業年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)

                                                      (単位:千円)
                                株主資本
                         資本剰余金             利益剰余金
                                                       純資産合計
                                  その他利益剰余
                資本金                                株主資本合計
                                     金
                      資本準備金      資本剰余金合計              利益剰余金合計
                                  繰越利益剰余金
     当期首残高
                 45,000        -       -     96,056       96,056      141,056       141,056
     当期変動額
      新株の発行           20,424       20,424       20,424                    40,848       40,848
      当期純利益                               50,563       50,563       50,563       50,563
     当期変動額合計
                 20,424       20,424       20,424       50,563       50,563       91,411       91,411
     当期末残高            65,424       20,424       20,424      146,619       146,619       232,467       232,467
                                 36/59










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         46,550              71,132
       税引前当期純利益
                                         8,034              6,975
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   420            △ 2,430
       完成工事補償引当金の増減額(△は減少)                                    60             △ 10
                                         △ 726             △ 883
       受取利息
                                         1,448              1,028
       支払利息
                                           -           △ 17,037
       保険解約益
                                         1,317                -
       支店閉鎖損失
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 18,697             △ 23,484
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  7,854             △ 13,066
       敷金及び保証金の増減額(△は増加)                                 △ 1,688              1,350
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 3,773              2,764
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 1,001              4,575
       未払費用の増減額(△は減少)                                  4,073              3,124
       前受金の増減額(△は減少)                                   730             5,530
       預り敷金保証金の増減額(△は減少)                                  3,618              △ 324
                                         1,175               328
       その他の増減額(△は減少)
                                         49,393              39,572
       小計
       利息の受取額                                   710              811
                                        △ 1,529              △ 775
       利息の支払額
                                        △ 12,011             △ 17,719
       法人税等の支払額
                                         36,562              21,889
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 518            △ 7,200
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 1,009             △ 1,320
       貸付けによる支出
                                           230             1,194
       貸付金の回収による収入
                                        △ 3,530             △ 2,702
       保険積立金の積立による支出
                                           -            38,487
       保険積立金の解約による収入
                                        △ 4,828              28,458
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  20,000             △ 20,000
                                         20,000                -
       長期借入金の借入れによる収入
                                        △ 31,476             △ 20,196
       長期借入金の返済による支出
                                           -            40,848
       株式の発行による収入
                                        △ 2,325              △ 853
       リース債務の返済による支出
                                         6,198              △ 201
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   37,932              50,146
                                         48,669              86,602
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 86,602             ※ 136,748
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 37/59






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          1.たな卸資産の評価基準及び評価方法
           (1)原材料
             総平均法による原価法(貸借対照表の価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しており
            ます。
           (2)未成工事支出金

             個別法による原価法(貸借対照表の価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しておりま
            す。
           (3)貯蔵品

             移動平均法による原価法(貸借対照表の価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用してお
            ります。
          2.固定資産の減価償却の方法

           (1)有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法を採用しております。
             ただし、建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備について
            は、定額法によっております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物        10~38年
             車両運搬具       2年
             工具、器具及び備品 3~20年
           (2)無形固定資産(リース資産を除く)

             定額法を採用しております。なお、自社利用ソフトウエアについては、社内における見込利用可能期間
            (5年)に基づく定額法を採用しております。
          3.引当金の計上基準

           (1)貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
            債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)完成工事補償引当金

             工事のアフターサービスに対する費用の支出に備えるため、工事費用見積額を計上しております。
          4.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動について僅少なリスクし
           か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

            消費税等の会計処理
             税抜方式によっております。
                                 38/59






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
         1.税効果会計に係る会計基準の適用指針等
         ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日改正)
         ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日最終改
          正)
          (1)  概要

            個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱いが見直され、また(分類1)に該当
           する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いの明確化が行われております。
          (2)  適用予定日

            平成31年12月期の期首より適用予定であります。
          (3)  当該会計基準等の適用による影響

            影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
         2.収益認識に関する会計基準等

         ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
         ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
          (1)  概要

            収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
            ステップ1:顧客との契約を識別する。
            ステップ2:契約における履行義務を識別する。
            ステップ3:取引価格を算定する。
            ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
            ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて認識する。
          (2)  適用予定日

            平成34年12月期の期首より適用予定であります。
          (3)  当該会計基準等の適用による影響

            影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
         (表示方法の変更)

          キャッシュ・フロー計算書
           前事業年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他の増減額(△は減少)」に含めて
          おりました「未払金の増減額(△は減少)」及び「前受金の増減額(△は減少)」は金額的重要性が増したた
          め、当事業年度より独立掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の
          組替えを行っております。
           この結果、前事業年度のキャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の
          「その他の増減額(△は減少)」に表示しておりました903千円は、「未払金の増減額(△は減少)」△1,001
          千円、「前受金の増減額(△は減少)」730千円及び「その他の増減額(△は減少)」1,175千円として組み替
          えております。
                                 39/59






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
          ※1 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度39%、当事業年度38%、一般管理費に属する費用の
            おおよその割合は前事業年度61%、当事業年度62%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                   当事業年度
                            (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年12月31日)                    至 平成30年12月31日)
     給与手当                               213,768    千円              235,594    千円
                                      7,702                  6,725
     減価償却費
                                       420               △ 2,430
     貸倒引当金繰入額
     ※2 期末たな卸高は収益性の低下に基づく簿価切下げ後の金額であり、次のたな卸資産評価損が完成工事原価に含まれ

     ております。
                                前事業年度                   当事業年度
                            (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年12月31日)                    至 平成30年12月31日)
     完成工事原価                                  514  千円               2,387   千円
         (株主資本等変動計算書関係)

          前事業年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                        式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式                       6,500           -         -        6,500

             合計                6,500           -         -        6,500

     自己株式

      普通株式                         -         -         -         -

             合計                  -         -         -         -

           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

             該当事項はありません。
           3.配当に関する事項

             該当事項はありません。
          当事業年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)

           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                        式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式 (注)                       6,500        703,500            -       710,000

             合計                6,500        703,500            -       710,000

     自己株式

      普通株式                         -         -         -         -

             合計                  -         -         -         -

     (注)平成30年10月17日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行ったことによる増加643,500株、公募増資に
        よる増加60,000株が増加理由であります。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                 40/59


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
             該当事項はありません。
           3.配当に関する事項

             該当事項はありません。
         (キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
     現金及び預金勘定                                86,602千円                 136,748千円
     預入期間が3ケ月を超える定期預金                                  -                  -
     現金及び現金同等物                                86,602                 136,748
         (金融商品関係)

          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社は、資金運用については、一時的に生じる余資を流動性の高い金融資産で運用し、資金調達につい
            ては短期的な運転資金を銀行借入により調達しております。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

             営業債権である完成工事未収入金及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。営業債務であ
            る工事未払金及び買掛金は、そのほとんどが2ヶ月以内の支払期日です。
             借入金は、営業取引に係る資金調達であり、返済期日は決算日後、最長で3年6ヶ月後であります。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

            ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
             当社は、与信管理規程に従い、営業債権について、取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引先相
            手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化による回収懸念の早期把握や軽減を図って
            おります。
            ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
             投資有価証券等はございません。
             借入金に係る金利の変動リスクに対しては、全て金利を固定化しております。
            ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
             当社は、各部門の報告を受け管理部が月次に資金繰り計画を更新するなどの方法により、流動性リスク
            を管理しております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額の他、市場価格のない場合に合理的に算定された価額が含
            まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用す
            ることにより、当該価額が変動することもあります。
                                 41/59







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握するこ
           とが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前事業年度(平成29年12月31日)
                           貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                           86,602            86,602              -

      (2)受取手形                            625
      (3)完成工事未収入金                          103,856

      (4)売掛金                           3,262

                                △2,430
         貸倒引当金
         差引
                                105,313            105,313              -
       資産計                         191,915            191,515              -

      (1)買掛金                           3,603            3,603             -

      (2)工事未払金                           62,586            62,586              -
      (3)短期借入金                           40,000            40,000              -

      (4)未払金                           8,861            8,861             -

      (5)未払法人税等                           9,971            9,971             -

      (6)リース債務                            853            853            -

      (7)長期借入金(※)                           70,099            70,333             234
       負債計                         195,976            196,210              234

      ※ 1年内返済予定の長期借入金を含めております。
                                 42/59











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
            当事業年度(平成30年12月31日)
                           貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                          136,748            136,748              -

      (2)完成工事未収入金                          123,954            123,954              -
      (3)売掛金                           7,273            7,273             -
       資産計                         267,976            267,976              -

      (1)買掛金                           6,637            6,637             -

      (2)工事未払金                           62,317            62,317              -
      (3)短期借入金                           20,000            20,000              -

      (4)未払金                           13,437            13,437              -

      (5)未払法人税等                           14,646            14,646              -

      (6)長期借入金(※)                           49,903            49,969              66
       負債計                         166,941            167,008              66

      ※ 1年内返済予定の長期借入金を含めております。
     (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金、(2)完成工事未収入金、(3)売掛金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
            よっております。
         負 債
          (1)買掛金、(2)工事未払金、(3)短期借入金、(4)未払金、(5)未払法人税等
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
            よっております。
          (6)長期借入金
            長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規取引を行った場合に想定される利率で割り引
            いた現在価値により算定しております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                        (単位:千円)
                             前事業年度           当事業年度
                          (平成29年12月31日)           (平成30年12月31日)
         敷金及び保証金                       59,817           58,467

         預り敷金保証金                       35,878           35,554
          敷金及び保証金、預り敷金保証金につきましては、市場価格がなく、かつ、償還予定時期及び返還予定時期を
          合理的に見積ることができず、時価を把握することが極めて困難と認められるものであるため、上表に含めて
          おりません。
                                 43/59






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
          3.金銭債権の決算日後の償還予定額
            前事業年度(平成29年12月31日)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                       86,602           -         -         -

      受取手形                        625          -         -         -
      完成工事未収入金                      103,856            -         -         -

      売掛金                       3,262           -         -         -
             合計               194,345            -         -         -

            当事業年度(平成30年12月31日)

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      136,748            -         -         -

      完成工事未収入金                      123,954            -         -         -
      売掛金                       7,273           -         -         -
             合計               267,976            -         -         -

          4.短期借入金、長期借入金及びリース債務の決算日後の返済予定額

            前事業年度(平成29年12月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      短期借入金              40,000         -       -       -       -       -

      長期借入金              20,196       19,635       14,184       11,934        4,150         -
      リース債務                853        -       -       -       -       -
          合計          61,049       19,635       14,184       11,934        4,150         -

            当事業年度(平成30年12月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      短期借入金              20,000         -       -       -       -       -

      長期借入金              19,635       14,184       11,934        4,150         -       -
          合計          39,635       14,184       11,934        4,150         -       -

                                 44/59






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度             当事業年度
                                    (平成29年12月31日)             (平成30年12月31日)
           繰延税金資産
            完成工事補償引当金                              1,041千円             1,031千円
            未払事業税                               950            1,546
            支店閉鎖損失                               441              -
            原材料評価損                                -            1,041
                                            -             639
            見積工事原価計上額
           繰延税金資産計                               2,433             4,259
           繰延税金資産の純額                               2,433             4,259
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

            となった主要な項目別の内訳
                                    当事業年度
                                  (平成30年12月31日)
           法定実効税率
                                         33.3 %
           (調整)
           住民税均等割                               0.8 %
           雇用促進税制特別控除額                              △5.3 %
           法人税軽減税率                              △1.1 %
           適用税率差異                               0.3 %
                                          0.9 %
           その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                              28.9 %
            前事業年度(平成29年12月31日)については、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との

           間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記を省略しております。
         (賃貸等不動産関係)

          当社は札幌市において本社ビル(土地を含む。)の一部を賃貸用として供しているため、自社利用部分を含め
         て当該不動産全体を賃貸用不動産として時価注記の対象としております。
          当該賃貸用不動産として使用される部分を含む不動産に関する賃貸損益は前事業年度については3,126千円、
         当事業年度については3,024千円(いずれも賃貸収益は営業外収益、賃貸費用は営業外費用に計上)でありま
         す。
          また、当該賃貸用不動産として使用される部分を含む不動産の貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次
         のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                                前事業年度                  当事業年度

                            (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
     貸借対照表計上額

        期首残高                              86,272                  85,059

        期中増減額                              △1,213                  △1,210

        期末残高                              85,059                  83,849

     期末時価                                 146,878                  174,188

      (注)1.貸借対照表計上額は、取得価額から減価償却累計額を控除した金額であります。
         2.期中増減額のうち、           前事業年度及び       当事業年度の増加額はなく、減少額は減価償却費であります。
         3.期末の時価は、固定資産税評価額を基に算定した金額であります。
                                 45/59



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、
            経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっております。
             当社は商品・サービス別のセグメントから構成されており、「外壁リフォーム工事」、「その他リ
            フォーム工事」及び「材料販売」の3つを報告セグメントとしております。
             「外壁リフォーム工事」は耐久性や断熱性を備えた当社オリジナル外壁材を使用した外壁リフォーム工
            事、「その他リフォーム工事」は塗装やエクステリア、内装工事などの総合的なリフォーム工事、「材料
            販売」は工務店などに対する材料の卸販売であります。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載と同一でありま
            す。
             報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
             セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

             前事業年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                調整額      財務諸表計上
                                                (注)1      額(注)2
                  外壁リフォー       その他リ
                                 材料販売         計
                  ム工事       フォーム工事
     売上高

                   1,084,275         76,638       75,064      1,235,978           -    1,235,978
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                     7,150         -       -      7,150      △ 7,150         -
      上高又は振替高
                   1,091,426         76,638       75,064      1,243,129        △ 7,150     1,235,978
          計
                    141,343        3,036       10,752       155,133      △ 111,736        43,396
     セグメント利益
                    260,141        7,663       4,208      272,013       145,396       417,410
     セグメント資産
     その他の項目

                     5,634        121        53      5,809       2,023       7,832
      減価償却費
      有形固定資産及び無形
                      349        9       ▶      362       155       518
      固定資産の増加額
      (注)1.調整額は以下のとおりであります。
           (1)セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用△111,736千円であります。
             全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
           (2)セグメント資産の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産145,396千円であります。全
             社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金、本社有形固定資産であります。
           (3)減価償却費の調整額は、各報告セグメントに配分していない減価償却費であります。
           (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、各報告セグメントに配分していない部分でありま
             す。
         2.セグメント利益は、財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                 46/59





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
             当事業年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                調整額      財務諸表計上
                                                (注)1      額(注)2
                  外壁リフォー       その他リ
                                 材料販売         計
                  ム工事       フォーム工事
     売上高

                   1,175,546         66,254       80,790      1,322,591           -    1,322,591
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                     7,176         -       -      7,176      △ 7,176         -
      上高又は振替高
                   1,182,722         66,254       80,790      1,329,768        △ 7,176     1,322,591
          計
                    153,348        3,168       12,043       168,559      △ 109,406        59,153
     セグメント利益
                    293,649        11,991        8,350      313,990       173,964       487,955
     セグメント資産
     その他の項目

      減価償却費               4,947        100        43      5,090       1,683       6,774
      有形固定資産及び無形
                     5,061        115        50      5,227       1,972       7,200
      固定資産の増加額
      (注)1.調整額は以下のとおりであります。
           (1)セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用△109,406千円であります。
             全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
           (2)セグメント資産の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産173,964千円であります。全
             社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金、本社有形固定資産であります。
           (3)減価償却費の調整額は、各報告セグメントに配分していない減価償却費であります。
           (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、各報告セグメントに配分していない部分でありま
             す。
         2.セグメント利益は、財務諸表の営業利益と調整を行っております。
          【関連情報】

           1.商品及びサービスごとの情報
             セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
            (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありま
            せん。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
                                 47/59



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          関連当事者との取引
           財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
            前事業年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
                             議決権等の
                    資本金又
          会社等の名称               事業の内容     所有(被所      関連当事者           取引金額          期末残高
      種類          所在地    は出資金                    取引の内容            科目
          又は氏名               又は職業     有)割合      との関係           (千円)          (千円)
                    (千円)
                              (%)
                                        当社金融機
                        当社     (被所有)           関借入に対
      役員   佐々木 忠幸       -    -              債務被保証            110,099      -     -
                        代表取締役                する債務被
                             直接 92.3
                                        保証
     (注)当社は金融機関借入について、代表取締役佐々木忠幸から債務保証を受けております。取引金額については、被保
        証債務の期末残高を記載しております。なお、保証料の支払いは行っておりません。
            当事業年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)

             該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

                                 前事業年度                 当事業年度
                              (自 平成29年1月1日                 (自 平成30年1月1日
                               至 平成29年12月31日)                至 平成30年12月31日)
     1株当たり純資産                               217.01円                327.42円

     1株当たり当期純利益                                48.61円                 77.40円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.当社は、平成30年10月17日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。前事業年度
           の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産及び1株当たり当期純利益を算定しておりま
           す。
         3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前事業年度                 当事業年度
                              (自 平成29年1月1日                 (自 平成30年1月1日
                               至 平成29年12月31日)                至 平成30年12月31日)
     当期純利益(千円)                               31,594                50,563

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                 -                 -

     普通株式に係る当期純利益(千円)                               31,594                50,563

     普通株式の期中平均株式数(株)
                                    650,000                 653,288
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 48/59







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          該当事項はありません。
         【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
         資産の種類
                                          償却累計額
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)     高(千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
      建物              41,489        -      -    41,489      15,055       1,311      26,434
      車両運搬具
                     550       -      -      550      549       -       0
      工具、器具及び備品              18,623       7,200       120     25,703      17,994       2,300      7,708
      土地              57,821        -      -    57,821        -      -    57,821
      リース資産              11,626        -    11,626        -      -      853       -
        有形固定資産計
                    130,110       7,200      11,746      125,564       33,600       4,466      91,964
     無形固定資産
      ソフトウエア              12,548        -      -    12,548       7,547      2,509      5,001
        無形固定資産計            12,548        -      -    12,548       7,547      2,509      5,001
      長期前払費用
                     519       20      209      330       -      -      330
      (注) 当期増加額及び当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
          工具、器具及び備品の増加額 本社ビル空調設備機器の取得 7,200千円
         【社債明細表】

          該当事項はありません。
                                 49/59












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
         【借入金等明細表】
                               当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                               (千円)       (千円)        (%)
     短期借入金                            40,000       20,000        1.50       -

     1年以内に返済予定の長期借入金                            20,196       19,635        1.07       -

     1年以内に返済予定のリース債務                             853        -       -      -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                            49,903       30,268        0.98    平成32年~34年

                合計                110,952        69,903         -      -

      (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年間の返済予定額は以下のとおりで
           あります。
                            1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
                              (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
           長期借入金                     14,184        11,934         4,150          -

         【引当金明細表】

                                     当期減少額        当期減少額
                     当期首残高        当期増加額                         当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (千円)        (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
      貸倒引当金                  2,430          -        -      △2,430           -

      完成工事補償引当金                  3,110        3,100        3,110          -       3,100

     (注)貸倒引当金の当期減少額(その他)は過去3期間で貸倒が発生しなかったためによる取崩しとなります。
         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
                                 50/59











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
       (2)【主な資産及び負債の内容】
        ①流動資産
         a.現金及び預金
                  区分                          金額(千円)
      現金                                                  9

      預金

       普通預金                                              136,738
                  小計                                   136,738

                  合計                                   136,748

         b.完成工事未収入金

           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      個人顧客 (注)                                               113,148

      ㈱あんじゅう平ちゃん                                                4,920
      ㈱北渡建設                                                4,374

      東京ガスリモデリング㈱                                                1,042

      その他                                                 469
                  合計                                   123,954

     (注)信販会社、クレジット会社向けの割賦債権、ローン債権を含んでおります。
           完成工事未収入金の発生及び回収並びに滞留状況

       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                           回収率(%)         滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)  +  (D)

                                           (C)            2
                                                ×  100
         (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)  +  (B)          (B)
                                                       365
                                                90.2

         103,856        1,164,935         1,144,836          123,954                     35.7
      (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
         c.売掛金

           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      ㈱プラス                                                3,353

      ㈱トップテクサービス                                                1,060
      ㈲永田商会                                                1,038

      ㈱千歳マネジメントサービス                                                 815

      ㈱創建                                                 356

      ㈱北王                                                 341

      その他                                                 306
                  合計                                    7,273

           売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

                                 51/59


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                           回収率(%)         滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)  +  (D)

                                           (C)            2
                                                ×  100
         (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)  +  (B)          (B)
                                                       365
                                                92.0         22.0

          3,262         87,288         83,278          7,273
      (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
         d.原材料及び貯蔵品

                  区分                          金額(千円)
      原材料

       建設資材                                              31,296
                  小計                                    31,296

      貯蔵品

       切手                                                 3
       印紙                                                39

       葉書                                                 0

                  小計                                      42

                  合計                                    31,339

         e.未成工事支出金

                                   完成工事原価への振替額
        当期首残高(千円)              当期支出額(千円)                           当期末残高(千円)
                                      (千円)
                 3,150            758,570             748,903              12,817

      (注) 当期末残高の内訳は次のとおりであります。
          材料費        6,731千円
                  5,740
          外注費
                   344
          経費
                  12,817
          合計
                                 52/59








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
        ②固定資産
         a.敷金及び保証金
                 相手先                          金額(千円)
      保証金

       日新製鋼建材㈱                                              50,000
                  小計                                    50,000

      敷金

       オオツカホーム㈱                                               3,143
       東興産機㈱                                               2,700

       ㈱シーアールイー                                                972

       ㈱エーダイコーポレーション                                                420

       ㈱ケーアイホーム                                                234

       個人他                                                998
                  小計                                    8,467

                  合計                                    58,467

        ③流動負債

         a.買掛金
                 相手先                          金額(千円)
      日新製鋼建材㈱                                                2,660

      田村駒エンジニアリング㈱                                                2,077
      ㈱三洋工業北海道システム                                                1,037

      その他                                                 861
                  合計                                    6,637

         b.工事未払金

                 相手先                          金額(千円)
      日新製鋼建材㈱                                                7,091

      田村駒エンジニアリング㈱                                                6,326
      熊谷技建㈱                                                3,804

      ブリックアンドマテリアル                                                3,591

      ㈱ワールド通商                                                3,112

      ㈱ワークジャパン                                                2,525

      その他                                               35,865

                  合計                                    62,317

                                 53/59




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
         c.未払費用
                  区分                          金額(千円)
      給与手当                                               18,551

      社会保険料                                               11,289
      労働保険料                                                 683

      その他                                                 24
                                                     30,548

                  合計
        ④固定負債

         a.預り敷金保証金
                 相手先                          金額(千円)
      保証金

       熊谷技建㈱                                               3,366
       ㈱ワークジャパン                                               3,000

       笹森栄二                                               3,000

       松井伸夫                                               3,000

       ㈲丸新物流産業                                               2,381

       その他                                              19,672
                  小計                                    34,420

      敷金

       大井電気㈱                                               1,134
                  小計                                    1,134

                                                     35,554
                  合計
                                 54/59










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
       (3)【その他】
           当事業年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          当事業年度
     売上高(千円)                       -          -        963,655         1,322,591

     税引前四半期(当期)純利益
                            -          -        51,959          71,132
     (千円)
     四半期(当期)純利益
                            -          -        34,643          50,563
     (千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                            -          -         53.30          77.40
     利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益
                            -          -         11.25          24.01
     (円)
      (注)1.当社は、平成30年12月13日付で札幌証券取引所アンビシャス市場に上場いたしましたので、当事業年度の四
           半期報告書は提出しておりませんが、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当第3四半期会
           計期間及び当第3四半期累計期間の四半期財務諸表について、太陽有限責任監査法人により四半期レビュー
           を受けております。
         2.当社は、平成30年10月17日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。当事業年度
           の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
                                 55/59













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  毎年1月1日から同年12月31日まで

      定時株主総会                  毎事業年度末日から3ヶ月以内

      基準日                  毎年12月31日

      剰余金の配当の基準日                  毎年6月30日、毎年12月31日

      1単元の株式数                  100株

      単元未満株式の買取り

                       東京都中央区日本橋茅場町一丁目2番4号

       取扱場所
                       日本証券代行株式会社 本店
                       東京都中央区日本橋茅場町一丁目2番4号
       株主名簿管理人
                       日本証券代行株式会社
                       -

       取次所
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                       当会社の公告方法は、電子公告により行う。

                       ただし、やむを得ない事由により電子公告をすることができないときは、日
      公告掲載方法
                       本経済新聞に掲載する。
                       電子公告 https://www.fujijapan.net/
      株主に対する特典                  該当事項はありません。

      (注)     当社の単元未満株式を有する株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使で

          きない旨、定款で定めております。
          (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          (3)株主に有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 56/59









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)有価証券届出書(有償一般募集増資及び売出し)及びその添付書類
          平成30年11月8日北海道財務局長に提出。
        (2)有価証券届出書の訂正届出書
          平成30年11月22日及び平成30年12月4日北海道財務局長に提出。
          平成30年11月8日提出の有価証券届出書に係る訂正届出書であります。
                                 57/59

















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 58/59




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成31年3月25日

     株式会社FUJIジャパン

      取締役会 御中
                               太陽有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               前田 裕次  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               宮崎 哲   印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社FUJIジャパンの平成30年1月1日から平成30年12月31日までの第14期事業年度の財務諸表、すなわち、
     貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属
     明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     FUJIジャパンの平成30年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・
     フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 59/59



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク