株式会社カイカ 訂正公開買付届出書

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正公開買付届出書

提出日:

提出者:株式会社カイカ

提出先:アイスタディ株式会社

カテゴリ:訂正公開買付届出書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カイカ(E05331)
                                                          訂正公開買付届出書
     【表紙】

     【提出書類】                      公開買付届出書の訂正届出書

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      2019年3月28日

     【届出者の氏名又は名称】                      株式会社カイカ

     【届出者の住所又は所在地】                      東京都目黒区大橋一丁目5番1号

     【最寄りの連絡場所】                      東京都目黒区大橋一丁目5番1号

     【電話番号】                      03-5657-3000(代表)

     【事務連絡者氏名】                      代表取締役社長 鈴木 伸

     【代理人の氏名又は名称】                      該当事項はありません。

     【代理人の住所又は所在地】                      該当事項はありません。

     【最寄りの連絡場所】                      該当事項はありません。

     【電話番号】                      該当事項はありません。

     【事務連絡者氏名】                      該当事項はありません。

     【縦覧に供する場所】                      株式会社カイカ

                           (東京都目黒区大橋一丁目5番1号)
                          株式会社東京証券取引所
                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注1) 本書中の「公開買付者」とは、株式会社カイカをいいます。

      (注2) 本書中の「対象者」とは、アイスタディ株式会社をいいます。
      (注3) 本書中の記載において計数が四捨五入又は切り捨てされている場合、合計として記載される数は計数の総和
          と必ずしも一致しません。
      (注4) 本書中の「法」とは、金融商品取引法(昭和23年法律第25号。その後の改正を含みます。)をいいます。
      (注5) 本書中の「府令」とは、発行者以外の者による株券等の公開買付けの開示に関する内閣府令(平成2年大蔵省
          令第38号。その後の改正を含みます。)をいいます。
      (注6) 本書中の記載において、日数又は日時の記載がある場合は、特段の記載がない限り、日本国における日数又
          は日時を指すものとします。
      (注7) 本書の提出に係る公開買付け(以下「本公開買付け」といいます。)は、日本の金融商品取引法で定められた
          手続及び情報開示基準に従い実施されるものです。
                                  1/12







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カイカ(E05331)
                                                          訂正公開買付届出書
     1  【公開買付届出書の訂正届出書の提出理由】
       2019年3月13日付で提出いたしました公開買付届出書について、2019年3月28日付で対象者の第23期に係る有価証
      券報告書が提出されたこと、また、記載内容に不足や誤記載があり、記載事項の一部に訂正すべき事項が生じました
      ので、これを訂正するため、法第27条の8第1項及び第2項の規定に基づき、公開買付届出書の訂正届出書を提出す
      るものであります。
     2  【訂正事項】

       Ⅰ 公開買付届出書
        第1 公開買付要項
         3 買付け等の目的
          (1)  本公開買付けの概要
          (2)  本公開買付けの実施を決定するに至った背景、理由及び意思決定の過程並びに本公開買付け後の経営方
            針
           ① 本公開買付けの実施を決定するに至った背景、理由及び意思決定の過程
          (5)  本公開買付価格の公正性を担保するための措置及び利益相反を回避するための措置等、本公開買付けの
            公正性を担保するための措置
           ① 公開買付者における独立した第三者算定機関からの株式価値算定書の取得
           ④ 対象者における利害関係を有しない取締役全員(監査等委員を含む。)による承認
         10 決済の方法
          (4)  株券等の返還方法
        第2 公開買付者の状況
         1 会社の場合
          (3)  継続開示会社たる公開買付者に関する事項
           ① 公開買付者が提出した書類
            ロ 四半期報告書又は半期報告書
        第5 対象者の状況
         4 継続開示会社たる対象者に関する事項
          (1)  対象者が提出した書類
           ① 有価証券報告書及びその添付書類
           ③ 臨時報告書
       Ⅱ 公開買付届出書の添付書類
     3  【訂正前の内容及び訂正後の内容】

       訂正箇所には下線を付しております。
                                  2/12








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カイカ(E05331)
                                                          訂正公開買付届出書
     Ⅰ 公開買付届出書

     第1   【公開買付要項】
     3  【買付け等の目的】

      (1)  本公開買付けの概要
       (訂正前)
                              <前略>
        2019年2月4日、公開買付者は、デューデリジェンス及び株価算定手続きを開始いたしました。デューデリジェ
       ンスの期間は2019年2月4日から2月12日までであり、株価算定手続きの期間は2019年2月4日から3月11日まで
       であります。これらと並行して、2019年2月4日から3月11日まで、公開買付者は、応募予定株主のファイナン
       シャルアドバイザーである株式会社GDを介して、応募予定株主の保有する対象者株式の取得について、価格及び
       数量等の条件の交渉を行いました。
                              <中略>
        かかる対象者取締役会においては、対象者の取締役全9名のうち、以下の理由により本公開買付けに関する審議
       及び決議に参加していない5名を除く取締役4名の全員一致により決議したとのことです。すなわち、対象者取締
       役のうち、支配株主の元従業員であり本公開買付け成立後に支配株主と雇用契約を締結予定の代表取締役である小
       山田佳裕氏、支配株主の応募予定株主の従業員を兼務する高見耕平氏(応募予定株主の社長室長を兼務)、佐藤岳氏
       (応募予定株主のマーケティング本部長を兼務)、重田政明氏(応募予定株主のグループ・イノベーション室HRビジネ
       スパートナーを兼務)及び熊谷太郎氏(応募予定株主の内部監査室長を兼務)は、本公開買付けに関する対象者取締役
       会の意思決定において、公正性、透明性及び客観性を高め、利益相反を回避する観点から、本公開買付けに関する
       全ての議案について、その審議及び決議には一切参加しなかったとのことです。
                              <中略>
        なお、対象者は、2017年8月7日、株式会社イーフロンティア及び、株式会社實業之日本社(伊藤大介氏が管理本
       部長として兼務)との間で資本業務提携契約を締結し、                         同日、   株式会社フィスコ、株式会社ネクスグループ及び株式
       会社フィスコ仮想通貨取引所(中川博貴氏が取締役として兼務)との間                                で 業務提携契約を締結しております。対象者
       の取締役である中川博貴氏及び伊藤大介氏は、上記の業務提携契約及び資本業務提携契約に従って、フィスコらが
       指名した取締役であります。公開買付者がフィスコらの子会社である等の事情がある場合には、中川博貴氏及び伊
       藤大介氏が特別利害関係人に該当するリスクがあります。しかし、公開買付者と、株式会社實業之日本社及び株式
       会社イーフロンティアとの間に資本関係はありません。また、株式会社フィスコ仮想通貨取引所(中川博貴氏が取締
       役として兼務)は、公開買付者の持分法適用関連会社である株式会社フィスコデジタルアセットグループ(中川博貴
       氏が取締役として兼務)の連結子会社であり中川博貴氏は株式会社フィスコ仮想通貨取引所及び株式会社フィスコデ
       ジタルアセットグループの取締役を兼務してはいるものの代表権は有しておりません。さらに、公開買付者は、
       2015年6月以降、上記の業務提携契約の相手方である株式会社ネクスグループ及び株式会社フィスコの連結子会社
       でした   が、  2018年10月24日に株式会社ネクスグループが保有していた公開買付者の株式58,968,555株(                                           所有割合    :
       16.35%)のうち6,363,400株を売却し、52,605,155株(                         所有割合    :14.59%)の保有になったことにより、株式会社ネ
       クスグループ及び株式会社フィスコは、公開買付者のその他の関係会社に該当しなくなりました。なお、公開買付
       者の直前の事業年度末である2018年10月31日時点においても、株式会社ネクスグループは公開買付者の株式を
       14.59%保有しております。以上のことから、対象者は、中川博貴氏及び伊藤大介氏は特別利害関係人に該当しない
       と判断したものの、中川博貴氏が代表取締役社長となり、伊藤大介氏が取締役CFOになることが内定しているため、
       公正性を担保する観点から、本公開買付けに対する意見表明に係る取締役会において、中川博貴氏及び伊藤大介氏
       は審議には参加せず、一方で、特別利害関係人に該当しないにもかかわらず、取締役会決議に参加させないことに
       よって取締役会の定足数を満たさず決議が無効とされる法的リスクもあることから決議のみ参加したとのことで
       す。
                                  3/12




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カイカ(E05331)
                                                          訂正公開買付届出書
       (訂正後)
                              <前略>
        2019年2月4日、公開買付者は、デューデリジェンス及び株価算定手続きを開始いたしました。デューデリジェ
       ンスの期間は2019年2月4日から2月12日までであり、株価算定手続きの期間は2019年2月4日から3月11日まで
       であります。これらと並行して、2019年2月4日から3月11日まで、公開買付者は、応募予定株主のファイナン
       シャルアドバイザーである株式会社GDを介して、応募予定株主の保有する対象者株式の取得について、                                                 応募予定
       株主と   価格及び数量等の条件の交渉を行いました。
                              <中略>
        かかる対象者取締役会においては、対象者の取締役全9名のうち、以下の理由により本公開買付けに関する審議
       及び決議に参加していない5名を除く取締役4名の全員一致により決議したとのことです。すなわち、対象者取締
       役のうち、     応募予定株主かつ        支配株主の元従業員であり本公開買付け成立後に支配株主と雇用契約を締結予定の代
       表取締役である小山田佳裕氏、支配株主の応募予定株主の従業員を兼務する高見耕平氏(応募予定株主の社長室長を
       兼務)、佐藤岳氏(応募予定株主のマーケティング本部長を兼務)、重田政明氏(応募予定株主のグループ・イノベー
       ション室HRビジネスパートナーを兼務)及び熊谷太郎氏(応募予定株主の内部監査室長を兼務)は、本公開買付けに関
       する対象者取締役会の意思決定において、公正性、透明性及び客観性を高め、利益相反を回避する観点から、本公
       開買付けに関する全ての議案について、その審議及び決議には一切参加しなかったとのことです。
                              <中略>
                                  4/12














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カイカ(E05331)
                                                          訂正公開買付届出書
        なお、対象者は、2017年8月7日、株式会社イーフロンティア及び、株式会社實業之日本社(伊藤大介氏が管理本
       部長として兼務)との間で資本業務提携契約を締結し、                          両社がそれぞれ240,000株(所有割合:12.07%)、61,500株
       (所有割合:3.09%)を所有することとなり、その後、株式会社イーフロンティアは2017年12月29日付で所有する対
       象者株式の全株式を公開買付者に売却しております。株式会社實業之日本社は2018年6月18日付で所有する対象者
       株式のうち15,300株をCCCTに売却し、2018年7月6日付で残りの46,200株を株式会社ネクスグループの連結子
       会社に売却しております。また、                株式会社フィスコ、株式会社ネクスグループ及び株式会社フィスコ仮想通貨取引
       所(中川博貴氏が取締役として兼務)との間                    においては2017年8月7日付で               業務提携契約を締結しております。対象
       者の取締役である中川博貴氏及び伊藤大介氏は、上記の業務提携契約及び資本業務提携契約に従って、フィスコら
       が指名した取締役であります。公開買付者がフィスコらの子会社である等の事情がある場合には、中川博貴氏及び
       伊藤大介氏が特別利害関係人に該当するリスクがあります。しかし、公開買付者と、株式会社實業之日本社及び株
       式会社イーフロンティアとの間に資本関係はありません。また、株式会社フィスコ仮想通貨取引所(中川博貴氏が取
       締役として兼務)は、公開買付者の持分法適用関連会社である株式会社フィスコデジタルアセットグループ(中川博
       貴氏が取締役として兼務)の連結子会社であり中川博貴氏は株式会社フィスコ仮想通貨取引所及び株式会社フィスコ
       デジタルアセットグループの取締役を兼務してはいるものの代表権は有しておりません。さらに、公開買付者は、
       2015年6月以降、上記の業務提携契約の相手方である株式会社ネクスグループ及び株式会社フィスコの連結子会社
       でした   。2017年1月25日付で株式会社ネクスグループは所有する公開買付者株式の一部である13,000,000株を売却
       し、110,428,900株(公開買付者が2019年3月15日に開示した第31期第1四半期報告書において記載された発行済株
       式総数360,858,455株から、公開買付者が所有する自己株式192,900株及び単元未満株式5,955株を控除した株式数
       360,659,600株を分母として算出される割合(小数点以下第三位四捨五入。以下、比率の計算において特別の取扱い
       を定めていない限り、同様に計算しております。以下、「公開買付者株式所有割合」といいます。):30.62%。但
       し、2017年1月25日時点における株式所有割合は43.97%)の所有となりましたが、その時点では、株式会社ネクス
       グループは2017年11月期第1四半期の会計監査において、会計監査人と公開買付者を連結子会社とするか否かの協
       議が終わっておらず、株式会社ネクスグループとしては、公開買付者の新株予約権を51,428,000株分所有してお
       り、この新株予約権全てを権利行使することで、2017年1月25日時点における株式所有割合が53.49%となることか
       ら、株式会社ネクスグループは公開買付者を連結子会社であると認識しておりました。その後、株式会社ネクスグ
       ループは会計監査人と協議を進めた結果、新株予約権の権利行使の意思決定をしていないことから、新株予約権分
       を除いた株式所有割合で対応すべきとの結論に至り、公開買付者を連結子会社から持分法適用関連会社に変更する
       ことを2017年4月14日開催の取締役会で決議したことにより、株式会社ネクスグループは公開買付者の親会社から
       その他の関係会社になり、また、株式会社ネクスグループの親会社である株式会社フィスコも公開買付者の親会社
       からその他の関係会社になりました。その後、2017年6月29日にすべての新株予約権の権利行使及び2018年3月1
       日に株式交換により55,583,455株(公開買付者株式所有割合:15.41%)を取得し、また、2017年4月18日から2018年
       10月19日にかけて107,043,800株を売却し、                    2018年10月24日に株式会社ネクスグループが保有していた公開買付者の
       株式58,968,555株(         公開買付者株式所有割合           :16.35%)のうち6,363,400株を売却し、52,605,155株(                          公開買付者株式
       所有割合    :14.59%)の保有になったことにより、株式会社ネクスグループ及び株式会社フィスコは、公開買付者の
       その他の関係会社に該当しなくなりました。なお、公開買付者の直前の事業年度末である2018年10月31日時点にお
       いても、株式会社ネクスグループは公開買付者の株式を                          52,605,155株(公開買付者株式所有割合:                   14.59%    ) 保有して
       おります。以上のことから、対象者は、中川博貴氏及び伊藤大介氏は特別利害関係人に該当しないと判断したもの
       の、中川博貴氏が代表取締役社長となり、伊藤大介氏が取締役CFOになることが内定しているため、公正性を担保す
       る観点から、本公開買付けに対する意見表明に係る取締役会において、中川博貴氏及び伊藤大介氏は審議には参加
       せず、一方で、特別利害関係人に該当しないにもかかわらず、取締役会決議に参加させないことによって取締役会
       の定足数を満たさず決議が無効とされる法的リスクもあることから決議のみ参加したとのことです。
                                  5/12






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カイカ(E05331)
                                                          訂正公開買付届出書
      (2)  本公開買付けの実施を決定するに至った背景、理由及び意思決定の過程並びに本公開買付け後の経営方針
       ① 本公開買付けの実施を決定するに至った背景、理由及び意思決定の過程
       (訂正前)
                              <前略>
         公開買付者と対象者は2017年12月29日に、公開買付者による対象者株式240,000株の取得を機に資本業務提携契
        約を締結いたしました。これまで、eラーニングにおけるフィンテック関連の研修コンテンツの共同制作や、IT企
        業向けのeラーニング、社員のスキル・資格取得状況の人材育成管理を行うシステム(以下、「LMS」といいま
        す。)の共同検討等を通じて、互いの事業価値の向上に努めてまいりました。
         その後、CCCTが、対象者株式を2018年4月16日に57,000株、2018年6月18日に99,000株を追加取得してお
        ります。なお、対象者株式は2018年10月1日付で株式分割(普通株式1株を2株に株式分割)を行ったことから、
        本日現在、公開買付者は対象者株式を480,000株(所有割合:12.07%)所有し、CCCTは対象者株式を312,000株
        (所有割合:7.85%)所有しております。公開買付者及びCCCTの合算では、792,000株(所有割合:19.92%)を
        所有しております。
                              <中略>
         2019年2月4日、公開買付者は、デューデリジェンス及び株価算定手続きを開始いたしました。デューデリ
        ジェンスの期間は2019年2月4日から2月12日までであり、株価算定手続きの期間は2019年2月4日から3月11
        日までであります。これら作業と並行して、公開買付者は、応募予定株主のファイナンシャルアドバイザーであ
        る株式会社GDを介して、応募予定株主の保有する株式の取得について、価格及び数量等の条件の交渉を行いま
        した。
                              <中略>
         2019年2月7日、応募予定株主の代表取締役副社長である高田雅也氏、対象者の代表取締役社長である小山田
        佳裕氏、取締役である中川博貴氏、公開買付者の代表取締役副社長である山口健治氏及び公開買付代理人である
        IS証券株式会社のアドバイザーである株式会社コア・コンピタンス・コーポレーションのCEO田原弘之氏が参加
        し、今後の日程について確認を行いました。
                              <後略>
                                  6/12











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カイカ(E05331)
                                                          訂正公開買付届出書
       (訂正後)
                              <前略>
         公開買付者と対象者は2017年12月29日に、公開買付者による対象者株式240,000株                                      (所有割合:12.07%)          の取得
        を機に資本業務提携契約を締結いたしました。これまで、eラーニングにおけるフィンテック関連の研修コンテン
        ツの共同制作や、IT企業向けのeラーニング、社員のスキル・資格取得状況の人材育成管理を行うシステム(以
        下、「LMS」といいます。)の共同検討等を通じて、互いの事業価値の向上に努めてまいりました。
         その後、CCCTが、対象者株式を2018年4月16日に57,000株                             (所有割合:2.87%)         、2018年6月18日に99,000
        株 (所有割合:4.98%)         を追加取得しております。なお、対象者株式は2018年10月1日付で株式分割(普通株式1株
        を2株に株式分割)を行ったことから、本日現在、公開買付者は対象者株式を480,000株(所有割合:12.07%)所有
        し、CCCTは対象者株式を312,000株(所有割合:7.85%)所有しております。公開買付者及びCCCTの合算で
        は、792,000株(所有割合:19.92%)を所有しております。
                              <中略>
         2019年2月4日、公開買付者は、デューデリジェンス及び株価算定手続きを開始いたしました。デューデリ
        ジェンスの期間は2019年2月4日から2月12日までであり、株価算定手続きの期間は2019年2月4日から3月11
        日までであります。これら作業と並行して、公開買付者は、応募予定株主のファイナンシャルアドバイザーであ
        る株式会社GDを介して、応募予定株主の保有する株式の取得について、                                   応募予定株主と       価格及び数量等の条件
        の交渉を行いました。
                              <中略>
         2019年2月7日、応募予定株主の代表取締役副社長である高田雅也氏、対象者の代表取締役社長である小山田
        佳裕氏、取締役である中川博貴氏、公開買付者の代表取締役副社長である山口健治氏及び公開買付代理人である
        IS証券株式会社        及び本公開買付け全般          のアドバイザーである株式会社コア・コンピタンス・コーポレーション
        のCEO田原弘之氏が参加し、今後の日程について確認を行いました。
                              <後略>
                                  7/12












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カイカ(E05331)
                                                          訂正公開買付届出書
      (5)  本公開買付価格の公正性を担保するための措置及び利益相反を回避するための措置等、本公開買付けの公正性を
        担保するための措置
       ① 公開買付者における独立した第三者算定機関からの株式価値算定書の取得
       (訂正前)
                              <前略>
         ビヨンド税理士法人は、対象者経営陣から対象者の事業の現状を反映した最新の財務予測等の資料の提供を受
        け、対象者株式について、ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー法(以下「DCF法」といいます。)、類似会社
        比較法及び市場株価法による算定を行い、2019年3月11日、公開買付者はビヨンド税理士法人から、本株式価値
        算定書を取得しました。詳細につきましては、「4 買付け等の期間、買付け等の価格及び買付予定の株券等の
        数」の「(2)      買付け等の価格」をご参照ください。
       (訂正後)

                              <前略>
         ビヨンド税理士法人は、対象者経営陣から対象者の事業の現状を反映した最新の財務予測等の資料の提供を受
        け、対象者株式について、ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー法(以下「DCF法」といいます。)、類似会社
        比較法及び市場株価法による算定を行い、2019年3月11日、公開買付者はビヨンド税理士法人から、本株式価値
        算定書を取得しました。詳細につきましては、「4 買付け等の期間、買付け等の価格及び買付予定の株券等の
        数」の「(2)      買付け等の価格」        の「算定の基礎」        をご参照ください。
                                  8/12














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カイカ(E05331)
                                                          訂正公開買付届出書
       ④ 対象者における利害関係を有しない取締役全員(監査等委員を含む。)による承認
       (訂正前)
                              <前略>
         「(4)   公開買付者と対象者の間の合意」に記載のとおり、中川博貴氏及び伊藤大介氏が、本公開買付け成立後
        に対象者の代表取締役又は取締役CFOとなる予定であることは、対象者における検討の結果であり、それに対して
        公開買付者の合意を得たものの、公開買付者が提案・指名したものではありません。これらの事情に加え、公開
        買付者は、2015年6月以降、上記の資本・業務提携契約の相手方である株式会社ネクスグループ及び株式会社
        フィスコの子会社でした            が、  2018年10月24日に株式会社ネクスグループが保有していた公開買付者の株式
        58,968,500株      ( 所有割合    :16.35%)のうち6,363,400株を売却し、52,605,155株(                          所有割合    :14.59%)となったこと
        で、株式会社ネクスグループ及び                および   株式会社フィスコは、公開買付者のその他の関係会社に該当しなくなり
        ました。なお、公開買付者の直前の事業年度末である2018年10月31日時点においても、株式会社ネクスグループ
        は 公開買付け会社       の株式を14.59%保有しております。以上のことから対象者は、中川博貴氏及び伊藤大介氏は特
        別利害関係人に該当しないものと判断したとのことです。それにより特別利害関係人に該当しないにもかかわら
        ず、取締役会決議に参加させないことによって取締役会の定足数を満たさず決議が無効とされる法的リスクもあ
        ります。対象者は、これらの事情を総合的に勘案し、本公開買付けに対する意見表明に係る取締役会において、
        公正性を担保する観点から中川博貴及び伊藤大介氏は審議には参加せず、一方で、特別利害関係人に該当しない
        にもかかわらず、取締役会決議に参加させないことによって取締役会の定足数を満たさず決議が無効とされる法
        的リスクもあることから決議のみ参加したとのことです。
                                  9/12














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カイカ(E05331)
                                                          訂正公開買付届出書
       (訂正後)
                              <前略>
         「(4)   公開買付者と対象者の間の合意」に記載のとおり、中川博貴氏及び伊藤大介氏が、本公開買付け成立後
        に対象者の代表取締役又は取締役CFOとなる予定であることは、対象者における検討の結果であり、それに対して
        公開買付者の合意を得たものの、公開買付者が提案・指名したものではありません。これらの事情に加え、公開
        買付者は、2015年6月以降、上記の資本・業務提携契約の相手方である株式会社ネクスグループ及び株式会社
        フィスコの     連結  子会社でした      。2017年1月25日付で株式会社ネクスグループは所有する公開買付者株式の一部で
        ある13,000,000株を売却し、110,428,900株(公開買付者株式所有割合:30.62%。但し、2017年1月25日時点に
        おける株式所有割合は43.97%)の所有となりましたが、その時点では、株式会社ネクスグループは2017年11月期
        第1四半期の会計監査において、会計監査人と公開買付者を連結子会社とするか否かの協議が終わっておらず、
        株式会社ネクスグループとしては、公開買付者の新株予約権を51,428,000株分所有しており、この新株予約権全
        てを権利行使することで、2017年1月25日時点における株式所有割合が53.49%となることから、株式会社ネクス
        グループは公開買付者を連結子会社であると認識しておりました。その後、株式会社ネクスグループは会計監査
        人と協議を進めた結果、新株予約権の権利行使の意思決定をしていないことから、新株予約権分を除いた株式所
        有割合で対応すべきとの結論に至り、公開買付者を連結子会社から持分法適用関連会社に変更することを2017年
        4月14日開催の取締役会で決議したことにより、株式会社ネクスグループは公開買付者の親会社からその他の関
        係会社になり、また、株式会社ネクスグループの親会社である株式会社フィスコも公開買付者の親会社からその
        他の関係会社になりました。その後、2017年6月29日にすべての新株予約権の権利行使及び2018年3月1日に株
        式交換により55,583,455株(公開買付者株式所有割合:15.41%)を取得し、また、2017年4月18日から2018年10月
        19日にかけて107,043,800株を売却し、                  2018年10月24日に株式会社ネクスグループが保有していた公開買付者の株
        式 58,968,555株      ( 公開買付者株式所有割合           :16.35%)のうち6,363,400株を売却し、52,605,155株(                          公開買付者株式
        所有割合    :14.59%)となったことで、株式会社ネクスグループ及び株式会社フィスコは、公開買付者のその他の
        関係会社に該当しなくなりました。なお、公開買付者の直前の事業年度末である2018年10月31日時点において
        も、株式会社ネクスグループは               公開買付者     の株式を    52,605,155株(公開買付者株式所有割合:                   14.59%    ) 保有してお
        ります。以上のことから対象者は、中川博貴氏及び伊藤大介氏は特別利害関係人に該当しないものと判断したと
        のことです。それにより特別利害関係人に該当しないにもかかわらず、取締役会決議に参加させないことによっ
        て取締役会の定足数を満たさず決議が無効とされる法的リスクもあります。対象者は、これらの事情を総合的に
        勘案し、本公開買付けに対する意見表明に係る取締役会において、公正性を担保する観点から中川博貴及び伊藤
        大介氏は審議には参加せず、一方で、特別利害関係人に該当しないにもかかわらず、取締役会決議に参加させな
        いことによって取締役会の定足数を満たさず決議が無効とされる法的リスクもあることから決議のみ参加したと
        のことです。
                                 10/12









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カイカ(E05331)
                                                          訂正公開買付届出書
     10  【決済の方法】
      (4)  【株券等の返還方法】
       (訂正前)
        下記「11 その他買付け等の条件及び方法」の「(1)                         法第27条の13第4項各号に掲げる条件の有無及び内容」又
       は「(2)    公開買付けの撤回等の条件の有無、その内容及び撤回等の開示の方法」に記載の条件に基づき応募株券等
       の全部又は一部を買付けないこととなった場合には、公開買付代理人は、返還することが必要な株券等を                                                 決済の開
       始日  (本公開買付けの撤回等を行った場合は撤回等を行った日)以後、速やかに応募が行われた時の状態に戻しま
       す。
       (訂正後)

        下記「11 その他買付け等の条件及び方法」の「(1)                         法第27条の13第4項各号に掲げる条件の有無及び内容」又
       は「(2)    公開買付けの撤回等の条件の有無、その内容及び撤回等の開示の方法」に記載の条件に基づき応募株券等
       の全部又は一部を買付けないこととなった場合には、公開買付代理人は、返還することが必要な株券等を                                                 公開買付
       期間末日の翌々営業日          (本公開買付けの撤回等を行った場合は撤回等を行った日)以後、速やかに応募が行われた時
       の状態に戻します。
                                 11/12















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カイカ(E05331)
                                                          訂正公開買付届出書
     第2   【公開買付者の状況】

     1  【会社の場合】

      (3)  【継続開示会社たる公開買付者に関する事項】
       ①  【公開買付者が提出した書類】
        ロ  【四半期報告書又は半期報告書】
       (訂正前)
          事業年度 第31期第1四半期(自                平成30年11月1日         至  平成31年1月31日)平成31年3月15日 関東財務局長
         に提出   予定
       (訂正後)

          事業年度 第31期第1四半期(自                平成30年11月1日         至  平成31年1月31日)平成31年3月15日 関東財務局長
         に提出
     第5   【対象者の状況】

     4  【継続開示会社たる対象者に関する事項】

      (1)  【対象者が提出した書類】
       ①  【有価証券報告書及びその添付書類】
       (訂正前)
         事業年度     第21期(自     平成28年4月1日         至  平成28年12月31日)         平成29年3月21日 関東財務局長に提出
         事業年度     第22期(自     平成29年1月1日         至  平成29年12月31日)         平成30年3月23日 関東財務局長に提出
         事業年度     第23期(自     平成30年1月1日         至  平成30年12月31日)         平成31年3月28日 関東財務局長に提出                   予定
       (訂正後)

         事業年度     第21期(自     平成28年4月1日         至  平成28年12月31日)         平成29年3月21日 関東財務局長に提出
         事業年度     第22期(自     平成29年1月1日         至  平成29年12月31日)         平成30年3月23日 関東財務局長に提出
         事業年度     第23期(自     平成30年1月1日         至  平成30年12月31日)         平成31年3月28日 関東財務局長に提出
       ③  【臨時報告書】

       (訂正前)
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)の規定に基づき、臨時報告書を平
        成31年3月13日に関東財務局長に提出                  予定
       (訂正後)

         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)の規定に基づき、臨時報告書を平
        成31年3月13日に関東財務局長に提出
     Ⅱ 公開買付届出書の添付書類

      対象者が平成31年3月28日に第23期(自                   平成30年1月1日         至  平成30年12月31日)に係る有価証券報告書を関東財務局
     長に提出したため、府令第13条第1項第12号の規定による書面を本公開買付届出書の訂正届出書に添付いたします。
                                                          以上

                                 12/12




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。