第一屋製パン株式会社 有価証券報告書 第77期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第77期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:第一屋製パン株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券報告書

    【根拠条文】                       金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       平成31年3月28日

    【事業年度】                       第77期(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)

    【会社名】                       第一屋製パン株式会社

    【英訳名】                       FIRST   BAKING    CO.,   LTD.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長   細 貝 正 統

    【本店の所在の場所】                       東京都小平市小川東町3丁目6番1号

    【電話番号】                       042(348)0211(代表)

    【事務連絡者氏名】                       コーポレート本部長 矢野 邦彦

    【最寄りの連絡場所】                       東京都小平市小川東町3丁目6番1号

    【電話番号】                       042(348)0211(代表)

    【事務連絡者氏名】                       コーポレート本部長 矢野 邦彦

    【縦覧に供する場所】                       株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/77









                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

      (1)  連結経営指標等
            回次             第73期       第74期       第75期       第76期       第77期

           決算年月            平成26年12月       平成27年12月       平成28年12月       平成29年12月       平成30年12月

     売上高              (百万円)        24,955       25,074       26,693       26,602       25,145

     経常利益又は経常損失(△)              (百万円)         359       259       553       84      △ 438

     親会社株主に帰属する
     当期純利益又は親会社株主に              (百万円)         303       150       410       57      △ 531
     帰属する当期純損失(△)
     包括利益              (百万円)         375       445       419       72      △ 436
     純資産額              (百万円)        8,384       8,896       9,315       9,385       8,949

     総資産額              (百万円)        19,437       19,670       20,013       20,015       19,470

     1株当たり純資産額               (円)      1,196.99       1,284.74       1,345.26       1,355.61       1,292.59

     1株当たり当期純利益又は1
                    (円)       43.78       21.69       59.29       8.26      △ 76.82
     株当たり当期純損失(△)
     潜在株式調整後
                    (円)         ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率               (%)        42.6       45.2       46.5       46.9       46.0
     自己資本利益率               (%)        3.7       1.7       4.4       0.6      △ 5.8

     株価収益率               (倍)        30.4       53.5       23.1      147.5         ―

     営業活動による
                   (百万円)        1,074        731      1,208        246       348
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                   (百万円)        △ 460      △ 361      △ 579      △ 255      △ 542
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                   (百万円)        △ 399      △ 367      △ 134       42      △ 37
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                   (百万円)        2,398       2,401       2,891       2,924       2,692
     の期末残高
                            780       783       843       885       893
     従業員数
                    (名)
                           ( 981  )     ( 981  )    ( 1,047   )    ( 1,066   )    ( 1,029   )
     (外、平均臨時雇用者数)
     (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
        3   平成29年7月1日付で、普通株式10株につき1株の割合をもって株式併合を実施しております。第73期の期
          首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しておりま
          す。
                                  2/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
            回次             第73期       第74期       第75期       第76期       第77期

           決算年月            平成26年12月       平成27年12月       平成28年12月       平成29年12月       平成30年12月

     売上高              (百万円)        23,767       23,866       25,710       25,609       23,734

     経常利益又は
                   (百万円)         329       130       251       △ 68      △ 529
     経常損失(△)
     当期純利益又は当期純損失
                   (百万円)         302       131       297        28      △ 545
     (△)
     資本金              (百万円)        3,305       3,305       3,305       3,305       3,305
     発行済株式総数               (株)     69,299,000       69,299,000       69,299,000        6,929,000       6,929,900

     純資産額              (百万円)        8,286       8,863       9,116       9,113       8,584

     総資産額              (百万円)        18,924       19,149       19,390       18,984       18,071

     1株当たり純資産額               (円)      1,196.73       1,280.08       1,316.78       1,316.22       1,239.84

                             ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり配当額               (円)
     (内1株当たり中間配当額)               (円)
                           ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)
     1株当たり当期純利益又は1
                    (円)       43.72       18.95       42.94        4.07      △ 78.78
     株当たり当期純損失(△)
     潜在株式調整後
                    (円)         ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率               (%)        43.8       46.3       47.0       48.0       47.5
     自己資本利益率               (%)        3.7       1.5       3.3       0.3      △ 6.2

     株価収益率               (倍)        30.4       61.4       31.9       299.3         ―

     配当性向               (%)         ―       ―       ―       ―       ―

                            651       659       687       711       717
     従業員数
                    (名)
     (外、平均臨時雇用者数)
                           ( 840  )     ( 840  )     ( 883  )     ( 899  )     ( 889  )
     (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
        3   平成29年7月1日付で、普通株式10株につき1株の割合をもって株式併合を実施しております。第73期の期
          首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しておりま
          す。
                                  3/77








                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    2  【沿革】
      当社は昭和36年12月1日(旧)第一屋製パン株式会社の額面を変更するため吸収合併したものであります。従って設
     立年月日は昭和22年5月16日になっておりますが、経営の主体は、従来からの(旧)第一屋製パン株式会社であります
     ので会社の沿革につきましても被合併会社たる(旧)第一屋製パン株式会社について記載いたします。
      昭和22年6月        細貝義雄が東京都大田区において個人経営で「第一屋」の商号をもって製パン業を創設
      昭和23年8月        合資会社第一屋を設立
      昭和30年7月        各種パン類、菓子類の製造並びに販売を目的として第一屋製パン株式会社を設立
      昭和31年6月        横浜市南区に横浜工場を新設
      昭和32年11月        西武鉄道株式会社旭食糧工場(東京都港区)を買収し麻布工場を新設
      昭和34年2月        三福製パン有限会社(東京都三鷹市)を買収し三鷹工場を新設
      昭和36年12月        株式会社中屋に吸収合併(ただし社名は第一屋製パン株式会社とする)
      昭和37年9月        株式を東京証券取引所市場第二部に上場
      昭和38年12月        麻布工場を閉鎖
      昭和39年1月        横浜市戸塚区に横浜工場を新設、旧横浜工場を閉鎖
      昭和40年1月        群馬県高崎市に高崎工場を新設
      昭和42年2月        埼玉県三郷市に金町工場を新設
      昭和44年4月        マルエスパン株式会社(大阪府八尾市)を買収し大阪工場を新設
      昭和44年10月        株式を大阪証券取引所市場第二部に上場
      昭和45年11月        東京及び大阪証券取引所各市場第一部に株式上場指定替え
      昭和47年12月        日本タンパク工業株式会社(株式会社フレッシュハウス)の全株式を取得
      昭和48年1月        株式会社大阪木村屋の営業権を買収
      昭和48年3月        大阪府池田市に大阪空港工場を新設
      昭和49年4月        東京都小平市に小平工場を新設、三鷹工場を閉鎖
      昭和49年8月        クッキー・ビスケット専門会社スリースター製菓株式会社を設立
      昭和52年1月        金町工場敷地内に食パン工場(標準食パン専門工場)を新設
      昭和52年7月        栃木県宇都宮市に宇都宮工場を新設
      昭和54年4月        蒲田工場を改築し工場名を本社工場に変更
      昭和55年4月        宮城県泉市(現仙台市泉区)の株式会社虎屋の卸部門を買収し仙台工場を開設
      昭和55年11月        宮城県黒川郡大和町に仙台工場を新設、旧仙台工場を閉鎖
      昭和56年12月        米国ハワイ州に現地法人ダイイチヤ・ラブスベーカリーインコーポレーテッドを設立
      昭和62年11月        横浜工場完成(旧工場を全面建て替え)
      平成2年3月        米国ハワイ州において新工場(子会社に対する賃貸資産)完成
      平成4年4月        宇都宮工場敷地内に麺類の製造販売会社、関東大徳株式会社を設立
      平成7年5月        当社のインストアベーカリー部門を分離して株式会社ベーカリープチを設立
      平成8年4月        物流子会社株式会社ファースト・ロジスティックスを設立
      平成12年11月        本社移転及び本社工場閉鎖
      平成15年2月        千葉県松戸市に松戸工場を新設
      平成15年12月        大阪証券取引所市場第一部上場廃止(平成15年10月当社より申請)
      平成19年6月        松戸工場及び株式会社フレッシュハウス三田工場をカネ美食品株式会社に事業譲渡
      平成19年12月        株式会社フレッシュハウスを清算結了
      平成20年9月        ダイイチヤ・ラブスベーカリーインコーポレーテッドの保有株式をすべて売却
      平成20年10月        関東大徳株式会社及びデリシャスフーズ株式会社の保有株式をすべて売却
      平成20年10月        宇都宮工場資産を大徳食品株式会社に売却
      平成20年12月        仙台工場を白石食品工業株式会社に事業譲渡
      平成21年5月        本社を小平市に移転
      平成21年12月        豊田通商株式会社と資本業務提携契約を締結
      平成22年1月        豊田通商株式会社に対して第三者割当増資を実施
                                  4/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社の企業集団は、当社、連結子会社3社及びその他の関係会社1社で構成されており、パン類を中心とする食品
     の製造販売を主として営んでおります。
      当グループの事業に関わる位置づけは次のとおりであります。
     食品事業
       パン部門…………         豊田通商㈱より一部原材料等を購入し、当社、㈱ベーカリープチが製造し販売を行ってお
                 ります。
       和洋菓子部門……         豊田通商㈱より一部原材料等を購入し、当社が製造し販売を行っております。

       その他……………

                 豊田通商㈱より一部原材料等を購入し、スリースター製菓㈱にて、クッキー等を製造し販
                 売を行っており、㈱ファースト・ロジスティックスにて、当グループの製品等の配送を
                 行っております。
       事業の系統図は次のとおりであります。

                                  5/77















                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                                     議決権の

                     資本金       主要な事業
        名称        住所                     所有割合           関係内容
                     (百万円)         の内容
                                      (%)
    (連結子会社)
                                          資金の貸付、商品の購入及び建
                          クッキー及び菓子
    スリースター製菓㈱
                東京都
                                          物等の賃貸、物上保証
                        99  類・その他食品の製             100
                小平市
    (注)1
                                          役員の兼任 5名
                          造販売
    ㈱ベーカリープチ                                      資金の貸付及び建物等の賃貸
                東京都                      100
                        80  パン類の製造販売
                小平市                     (18.75)
    (注)2                                      役員の兼任 3名
                                          未経過リース料期末残高に対す
    ㈱ファースト・
                                          る連帯保証、当社及び子会社の
                東京都
    ロジスティックス                    50  製品等の配送            100
                                          製品等の配送及び建物等の賃貸
                小平市
    (注)1
                                          役員の兼任 2名
                                     議決権の

                     資本金       主要な事業
        名称        住所                    被所有割合           関係内容
                     (百万円)         の内容
                                      (%)
                          各種物品の国内取
    (その他の関係会社)
                                           業務提携
                愛知県          引、輸出入取引、外
               名古屋市       64,936    国間取引、建設工事             33.49    当社への原材料の販売
    豊田通商㈱(注)3
                中村区          請負、各種保険代理
                          業務 等
     (注)   1 上記の子会社のうちスリースター製菓㈱及び㈱ファースト・ロジスティックスは特定子会社に該当いたしま
          す。
        2 「議決権の所有割合」欄の( )内書は、間接所有割合であります。
        3 豊田通商㈱は有価証券報告書の提出会社であります。
    5  【従業員の状況】

     (1)  連結会社の状況
                                             (平成30年12月31日現在)
             セグメントの名称                            従業員数(名)
     食品事業                                            893  (1,029)
                合計                                893  (1,029)
     (注)   1 従業員数は就業人員であります。
        2 従業員数欄の( )外書は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
     (2)  提出会社の状況

                                             (平成30年12月31日現在)
        従業員数(名)              平均年齢            平均勤続年数            平均年間給与(円)
             717  (889)          37歳6か月             14年1か月              4,111,631
             セグメントの名称                            従業員数(名)

     食品事業                                             717  (889)
                合計                                 717  (889)
     (注)   1 従業員数は就業人員であります。
        2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3 従業員数欄の( )外書は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
     (3)  労働組合の状況

       特記すべき事項はありません。
                                  6/77



                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

     文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末(平成30年12月31日)現在において当グループが判断したものでありま
    す。
     (1)  経営方針

        当グループは、「おいしさに              まごころこめて」をモットーとし、お客様の期待を超える感動をお届けすること
       を目指しております。
        1947    年創業の歴史の中で培われたパン及び菓子分野における技術力と商品力をベースにしながら、改善活動に
       よる品質向上と原価低減を図り、食を通じたお客様への価値提供に努めてまいりました。
        今後とも、マーケティング力を強化し、独自技術で差別化した商品群を創造し、安全で高品質な商品作りに努
       め、食を通じて社会の発展に貢献してまいります。
     (2)  経営環境

        「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (2)経営
        成績の状況」に記載しております。
     (3)  対処すべき課題

        当連結会計年度は「オンリーワン商品群の創造と供給体制づくり」に取り組み、米パンの新ブランド「FAHAN
       (ふぁはん)」を立ち上げ、「食事パン玄米」を発売いたしました。一方、当社の基軸であるNB商品(自社ブラン
       ド商品)については、主力製品のリニューアルに取り組んだものの売上伸張には結びつかず、前年実績を下回る
       ものもあり、「全社一丸での収益改善」には寄与できませんでした。
        当期の状況を踏まえ、次期におきましては第78期の当グループの基本方針として、「キモチとチカラを合わせ
       る」、「NBを磨く」のスローガンを掲げました。
        長年キャラクター商品を販売してきたことから、一般消費者に「馴染みが深い」という当社のイメージを拠り
       所として、お客様に支持される商品群の研究開発を促進してまいります。
        また、当社の文化として根付いたDPS活動(Daiichi-pan                            Production      System:第一パン生産方式)を通じて生
       産性向上を図り、安心・安全な商品の生産体制を強化すると共に、製造コストの削減を進めてまいります。人件
       費・燃料費等のコストは、引き続き上昇していくことが予想されますが、効率性の高い物流体系の構築を目指
       し、販売費の削減を図ってまいります。
        世界的に恒常化しつつある異常気象の環境を踏まえ、台風・集中豪雨や猛暑により、生産拠点の一部に支障が
       生じた場合には、正常に稼動している他の生産拠点からの代替供給にてカバーするといった手段を講じることや
       一部商品を冷凍品に置き換えることで商品供給力に弾力性を持たせ、当社の継続的な商品供給体制を強化いたし
       ます。
        全員のエネルギーを結集し(キモチとチカラを合わせる)、当社らしい商品群(NB商品)の立ち上げを実現す
       ることで、収益力の向上を目指してまいります。また、当グループが保有している不動産の有効活用にも真摯に
       取り組んで行く所存です。
                                  7/77






                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
     能性のある主な事項は以下のようなものがあります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末(平成30年12月31日)現在において当グループが判断したもの
     であります。
      (1)食の安全性と品質管理について

         お客様に安心して食べていただける商品を提供すべき企業として、食品の安全性と品質管理についてはAI
        B(American       Institute     of  Baking)が全米の食品企業に対して実施している「フードセーフティーシステ
        ム」を導入し、GMP(Good              Manufacturing       Practice:適正製造規範)の遵守に努め、食品安全管理体制の強
        化を徹底させ、万全の体制で臨んでおります。しかし、上記の取り組みの範囲を超えた事象が発生した場合、
        当グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (2)原材料の価格及び運送コストの変動について

         当グループにおける売上原価に占める原材料等の割合は高く、小麦粉・砂糖・油脂・鶏卵等の安定的な調達
        や価格の維持に極力努めておりますが、市場動向や異常気象等によりもたらされる価格高騰が、当グループの
        業績に影響を及ぼす可能性があります。
         また、当グループにおける販売費に占める運送コストの割合も高く、ドライバー不足による人件費高騰や原
        油高など運送コストの増大、或いは得意先主導による配送システムの大幅な変更などにより、当グループの業
        績に影響を及ぼす可能性があります。
      (3)競合するパン市場について

         パン業界の状況については、人口減少による需要減など市場の大きな成長が期待できない中、消費者の節約
        志向・低価格志向を受け、同業他社との価格競争や販売シェア獲得競争により大変厳しい状況となっておりま
        す。
         当グループといたしましては、業務用商品やコンビニエンスストア等の販路開拓を進めると共に、魅力ある
        商品をお客様に提供できるよう競争力強化に取り組んでおりますが、他社商品との厳しい競合の結果、当グ
        ループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (4)自然災害について

         地震や台風等の自然災害が発生し、生産設備の破損、物流機能の麻痺等により生産拠点の操業に支障が生じ
        た時は、他の生産拠点からの商品供給等を受ける対応をいたしますが、当グループの工場が集中している関東
        地区で危機管理対策の想定を超える災害が発生した場合、当グループの業績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
      (5)保有資産の価値変動

         当グループが保有する様々な資産について、土地や有価証券などの資産価値が下落することにより減損処理
        が必要となる場合があり、減損した場合、当グループの業績・財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (6)労働安全衛生上の問題について

         当グループは人員採用・多能工化推進・労働法令遵守に努めておりますが、労働安全衛生上の問題が発生し
        た場合、当グループの業績・信用に影響を及ぼす可能性があります。
                                  8/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (7)その他の主なリスクについて
         当グループは日本国内で事業を展開しておりますが、以下のようなリスクがあります。これらの事象が発生
        した場合、当グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
         ①取引先の経営破綻
         ②生産設備の火災等の事故
         ③各種の法的規制の改廃
         ④必要物資の品不足の発生
         ⑤過度な人材獲得難
         ⑥労働安全衛生上の事故
      (8)各種リスクへの対処

        「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等(3)対処すべき課題」に記載しておりま
        す、生産体制の強化策を進めていくと共に、従業員が働きやすい環境を整備していくことで、安心・安全な食
        品を社会に供給してまいります。
      (9)継続企業の前提に関する重要事象等

         当社は、当事業年度において、営業損失962百万円、経常損失529百万円、当期純損失545百万円を計上しまし
        た。この結果、前事業年度において営業損失549百万円であったことから、継続して営業損失を計上しておりま
        す。これにより、連結業績においても、当連結会計年度において、営業損失571百万円、経常損失438百万円、
        親会社株主に帰属する当期純損失531百万円を計上しました。この結果、前連結会計年度において営業損失41百
        万円であったことから、継続して営業損失を計上しております。このような状況により、継続企業の前提に重
        要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
         しかしながら、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況
        の分析(5)事業等のリスクに記載した重要事象等を改善するための対応策」に記載のとおり、当該重要事象等
        を解消するための対応策を実施してまいります。また資金面での手当が確保できておりますので、継続企業の
        前提に関する不確実性は認められません。
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      当連結会計年度の当グループに関する財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」とい
     う。)の状況の概要並びに経営者の視点による当グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は、
     以下のとおりであります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末(平成30年12月31日)現在において当グループが判断したもの
     であります。
      また、当グループは、食品事業の単一セグメントであるため、セグメント情報に記載された区分ごとの状況につい
     ては、記載を省略しております。
     (1)  財政状態の分析

      ① 事業全体の状況
       a.  資産の部
        当連結会計年度末の資産合計は              19,470   百万円となり前連結会計年度末より545百万円減少しました。
        流動資産は、前連結会計年度末に比べ現金及び預金が232百万円及び売掛金385百万円減少したことなどによ
       り、残高    6,751   百万円と前連結会計年度末より712百万円減少しました。
        有形固定資産は、575百万円の設備投資などにより、残高                           8,127   百万円と前連結会計年度末より192百万円増加し
       ました。
        投資その他の資産は、残高             4,458   百万円となり前連結会計年度末より0百万円増加しました。
       b.  負債の部
        当連結会計年度末の負債合計は              10,520   百万円となり前連結会計年度末より109百万円減少しました。
        流動負債は、前連結会計年度末と比べ未払金212百万円増加したことなどにより、残高                                         4,358   百万円と前連結会
       計年度末より131百万円増加しました。
                                  9/77


                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
        固定負債は、前連結会計年度末と比べ長期借入金208百万円減少したことなどにより、残高                                           6,162   百万円と前連
       結会計年度末より240百万円減少しました。
       c.  純資産の部
        当連結会計年度末の純資産合計は                8,949   百万円となり前連結会計年度末より436百万円減少しました。前連結会
       計年度末に比べ、利益剰余金が531百万円減少したことなどによります。
      (2)  経営成績の状況

       ① 事業全体の状況
        当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善が続く中で、景気は緩やかに回復しております
       が、米中貿易摩擦、英国のEU離脱問題などによる海外経済の不確実性が増しております。また、米国金利の上昇に
       連動して、トルコ・アルゼンチンといった新興国でインフレが加速するなど、金融資本市場での不安感が増大し、
       依然として先行き不透明な状況が続いております。
        食品業界におきましては、消費者の節約・低価格志向は変わる気配がなく、それに伴って価格競争の激化は継続
       するという、厳しい事業環境が続いております。
        このような状況下において、当グループでは基本方針に「ルールの確認と再徹底」、「全社一丸での収益改
       善」、「オンリーワン商品群の創造と供給体制づくり」を掲げ、厳しい経営環境の中でも耐えられる収益基盤の構
       築を行い、更なる企業価値の向上を目指してまいりました。
        オンリーワン商品については、特定原材料7品目(卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生)不使用、国産米
       粉100%を使用した米パンの新ブランド「FAHAN(ふぁはん)」を立ち上げ、「食事パン玄米」を発売いたしました。
       この商品は、『暮らしの質の向上を図ると共に、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすこと』を目的に毎
       年実施されているグッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を平成30年10月に受賞いたしまし
       た。
        また、国内最大級の食品クチコミサイト「もぐナビ」が発表する「ベストフードアワード2018」                                               菓子パン部門
       において、「まるで本物のスイートポテトのような味わい」や「常温でも冷やしてでも焼いてもおいしい」など、
       濃厚な食感や様々な食べ方で楽しめる点が評価され、「スイートポテト蒸し」が2年連続第一位を獲得いたしまし
       た。
        売上高に関しては、当社の売上の柱である「キャラクター商品」は、カードゲームの人気再来等の環境により需
       要が喚起され、映画キャンペーンやゲームと連動した企画により、売上を押し上げました。一方、夏場の記録的猛
       暑によるパン需要の減退や、台風の上陸に伴う、関西地方における大規模な停電により、当社工場も被災したた
       め、短期間ながら商品の製造と供給の中断を余儀なくされた等により、売上が想定通りには推移いたしませんでし
       た。
        コスト面に関しては、原材料コストが上昇するなど、依然として厳しい事業環境が続く中、改善活動による生産
       効率の向上、原価管理の強化、物流費の改善に努めてまいりましたが、エネルギーコスト、働き方改革に伴う充分
       な人材を確保するための労務費・人件費の上昇等、厳しい状況が続きました。
        以上の結果、当連結会計年度のパン部門の売上高は18,652百万円(前連結会計年度比1,436百万円の減少)、和
       洋菓子部門の売上高は3,331百万円(同273百万円の減少)、その他の売上高は3,161百万円(同252百万円の増加)
       となりました。よって売上高は               25,145   百万円(同1,457百万円の減少)となりました。営業損失は                            571  百万円(同
       529百万円の悪化)、経常損失は賃貸収入など営業外収益270百万円、支払利息など営業外費用137百万円を計上し
       た結果   438  百万円(同523百万円の悪化)となりました。親会社株主に帰属する当期純損失につきましては、投資有
       価証券売却による特別利益39百万円、不採算取引撤退に伴う物流拠点の見直しによる特別損失78百万円を計上した
       結果531百万円(同589百万円の悪化)となりました。
        ② 目標とする経営指標の達成状況等

        当社はパン製造工場を保有し、そこで生産される製品を販売することを主たる事業としております。この観点よ
       りお客様への販売実績、製造原価及び販売に関わる管理費用が収益を算定する上での重要項目と認識しており、こ
       れらの項目から算出される営業利益が最も重要な指標と考えております。
        消費者の節約志向が続く中、当連結会計年度の売上高は                          25,145   百万円(前連結会計年度           26,602   百万円)と前連結会
       計年度に比べ5.5%の減収となりました。
        営業損益は、売上の減少に加え、原材料調達価格の上昇、エネルギーコストの上昇、働き方見直しに伴う人件
       費・労務費の増加などにより、571百万円の損失(前連結会計年度41百万円の損失)を計上いたしました。
        この実績より、2年前に掲げた中期計画の最終年度にあたる2019年連結会計年度の指標「売上高35,000百万円、
                                 10/77

                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
       営業利益3%を目指すこと」を見直さざるを得ない状態と考えており、2019年連結会計年度の計画は売上高25,100
       百万円、営業損失50百万円としております。
        しかしながら、2年前に掲げたオンリーワン企業を目指し各種施策に取り組み続けること、具体的には当社独自
       の商品を創り出すと共に、それを支える効率的な生産、物流体制を構築することで着実に採算を改善してまいりま
       す。同時に当社の強みであるキャラクター商品の拡販を促進し、洋菓子、ロングライフ商品など新規周辺領域に取
       り組むことで、2021年連結会計年度に売上高26,000百万円、営業利益2%を目指してまいります。
       ③生産、受注及び販売の状況

       a.    生産実績
       当連結会計年度における生産実績を単一セグメント内の部門別に示すと、次のとおりであります。
               部門名                   金額(百万円)             前年同期比(%)
     食品事業

      パン部門                                    16,977              93.0

      和洋菓子部門                                     3,032              92.5

      その他                                     2,859             107.8

                合計                         22,869              94.6

     (注)   1 金額は、販売価格によっております。
        2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       b.  受注実績

       当連結会計年度において受注実績は、金額に重要性がないため記載を省略しております。
       c.  販売実績

       当連結会計年度における販売実績を単一セグメント内の部門別に示すと、次のとおりであります。
               部門名                   金額(百万円)             前年同期比(%)
     食品事業

      パン部門                                    18,652              92.9

      和洋菓子部門                                     3,331              92.4

      その他                                     3,161             108.7

                合計                         25,145              94.5

     (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 11/77







                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (3)  キャッシュ・フローの状況
        ① 現金及び現金同等物
         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ232百万円
        減少し、    2,692   百万円となりました。
        ② 営業活動によるキャッシュ・フロー
         当連結会計年度における営業活動の資金収支は、減価償却費680百万円などにより                                      348  百万円の資金を得ること
        ができました。
         なお、前連結会計年度に比べ101百万円の収入の増加となりました。
        ③   投資活動によるキャッシュ・フロー
         当連結会計年度における投資活動の資金収支は、有形固定資産の取得による支出575百万円などにより542百万
        円の支出となりました。
         なお、前連結会計年度に比べ287百万円の支出の増加となりました。
        ④ 財務活動によるキャッシュ・フロー
         当連結会計年度における財務活動の資金収支は、短期借入金の返済額133百万円、社債の発行による収入350百
        万円、社債の償還による支出159百万円などにより37百万円の支出となりました。
         なお、前連結会計年度に比べ80百万円の支出の増加となりました。
        ⑤ 資本の財源及び資金の流動性に係る情報
         a.  主要な資金需要
       当グループの資金需要のうち主なものは、製品製造のための原材料の購入、商品の仕入及び、製造経費、販売費
      及び一般管理費等の営業経費によるものであります。営業経費の主なものは、委託運送費、広告宣伝費などであり
      ます。
       また、当グループは、生産設備の合理化・更新など継続的に設備投資を実施しております。
         b.  重要な資本的支出の予定
       重要な資本的支出の予定はありませんが、空調設備及びミキサー等の生産設備の更新560百万円の設備投資を計画
      しております。
       これらの資金需要につきましては、自己資金及び金融機関からの借入及び社債発行等による資金調達にて充当す
      る予定であります。
       また、突発的な資金需要に対しては、迅速かつ確実に資金を調達できるようにコミットメントライン契約を締結
      し、流動性リスクに備えております。
     (4)  重要な会計方針と見積り

       当グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づいて作成しておりま
      す。
       この連結財務諸表の作成にあたり、連結会計年度末における資産、負債の金額、及び連結会計年度における収
      益、費用の金額に影響を与える重要な会計方針及び各種引当金等の見積り方法(計上基準)につきましては、「第
      5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要
      な事項」に記載しております。
     (5)  事業等のリスクに記載した重要事象等を改善するための対応策

       当社は、「第2        事業の状況      2  事業等のリスク        」に記載のとおり、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせる
      ような状況が存在しております。
       しかしながら、以下の資金面を中心とした手当て及び改善策の実施により、現時点では継続企業の前提に関する
      重要な不確実性はないものと判断しております。
       連結での営業キャッシュ・フローはプラスであり、資金面においては、平成29年5月18日に主力行の株式会社み
      ずほ銀行と他の参加行の合意を得て総貸付極度額20億円のコミットメントライン契約を締結いたしました(コミッ
      トメント期間:平成29年5月18日から平成32年5月18日)。これらにより主要取引銀行の支援体制も十分に確保で
      きております。
       また、売上面につきましては、当社の強みであるキャラクター商品に注力し、新しい企画や新キャラクターの採
      用を進め、売上の増大を図ってまいります。生産面につきましては、DPS活動の継続により、品質の安定化と生産効
      率の改善を進めることはもとより、効率化・省人化を企図する設備投資により、労務費等の削減を図ってまいりま
      す。営業面につきましては、配送システムの効率化を促進することでコスト抑制に繋げてまいります。原材料の調
                                 12/77

                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      達価格や労務費・人件費の上昇等、厳しい環境が見込まれますが、これらの施策により、早期の黒字化を目指して
      まいります。
    4  【経営上の重要な契約等】

       特記すべき事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      当グループは、お客様の食生活の多様化、目まぐるしい嗜好の変化に迅速かつ的確に対応し、よりお客様のニーズ
     に応えた商品の発売を目指して、研究開発活動を行っております。また、新商品開発や既存商品の改良の取り組みと
     並行して、中長期的な展望に立った企業の基盤となるようなパン生地製法の開発や食品分析等の基礎研究にも取り組
     んでおります。
      第一パンブランドを高めるために、売り場でお客様に手を伸ばしてもらえる魅力的で説得力のある商品のパッケー
     ジデザイン・ネーミングの開発を行っております。
      研究開発部門として、専従スタッフの強化と設備の充実を図り、お客様が求める・認める価値を備えた商品創りを
     追求し、品質の一層の向上に努め、独自性のあるこだわりを持った商品開発に取り組んでおります。
      当連結会計年度中に支出した研究開発費は185百万円であります。
                                 13/77















                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      当連結会計年度中に実施いたしました設備投資等の総額は575百万円であり、その主なものは生産効率を高めるため
     の包餡ラインの新設であります。
    2  【主要な設備の状況】

      当グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
     (1)  提出会社

                                   帳簿価額(百万円)
      事業所名      セグメント                                           従業員数
                  設備の内容
                         建物    機械装置     工具、器具
      (所在地)       の名称                                           (名)
                                         リース      土地
                                                   合計
                         及び     及び     及び
                                         資産    (面積千㎡)
                         構築物     運搬具      備品
                  パン及び
    横浜工場
                  和洋菓子                             235          85
             食品事業              250     206      13      0         705
    (横浜市戸塚区)              類生産設                             (13)         (170)
                  備
                  パン及び
    高崎工場
                  和洋菓子                              50         110
             食品事業              180     286      ▶     0         521
                  類生産設                             (37)         (133)
    (群馬県高崎市)
                  備
                  パン及び
    金町工場
                  和洋菓子                             191          129
             食品事業              967     598      82     17         1,857
                  類生産設                             (26)         (176)
    (埼玉県三郷市)
                  備
                  パン及び
    大阪空港工場
                  和洋菓子                             728          157
             食品事業              264     574      31      0        1,598
                  類生産設                             (13)         (248)
    (大阪府池田市)
                  備
                  パン及び
    小平工場
                  和洋菓子                             899          108
             食品事業              281     557      11      0        1,749
                  類生産設                             (16)         (146)
    (東京都小平市)
                  備
    本社
                                                126          121
             食品事業     管理業務         196      6     12     28          370
                                                (2)         (15)
    (東京都小平市)
    賃貸設備

                                               2,898            ―
               ─    賃貸設備         313      ―     0     ―        3,212
                                                (25)          (―)
    (千葉県松戸市)
     (注)    1   上記金額には、消費税等は含まれておりません。(以下同じであります)
         2    従業員数の( )は、平均臨時雇用者数を外書しております。(以下同じであります)
                                 14/77







                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     (2)  子会社
                                    帳簿価額(百万円)
          事業所名     セグメント      設備の                                  従業員数
     会社名
                               機械装置     工具、器           土地
          (所在地)      の名称      内容                                  (名)
                          建物及び               リース
                                     具
                                                   合計
                               及び運搬               (面積千
                          構築物               資産
                                具   及び備品           ㎡)
                     クッキー
          高崎工場
     スリース
                     及びその                            ―         74
     ター製菓           食品事業             316     472     29    188         1,006
          (群馬県
                     他食品生                           (―)         (89)
     ㈱
          高崎市)
                     産設備
     (注) 上記の他、連結会社以外から賃借している設備として以下のものがあります。

                                       年間リース料
                 事業所名         セグメント                    従業員数
        会社名                         設備の内容
                                        (百万円)
                 (所在地)          の名称                    (名)
      ㈱ファース
              本社及び営業所
                                                 91
      ト・ロジス                    食品事業      配送用車両           111        リース契約
                                                (24)
              (東京都小平市他)
      ティックス
    3  【設備の新設、除却等の計画】

       重要な設備の新設、除却等の計画はありません。

                                 15/77














                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     13,200,000

                 計                                   13,200,000

       ②  【発行済株式】
              事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

       種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
             (平成30年12月31日)          (平成31年3月28日)          商品取引業協会名
                                          ・権利内容になんら限定のない
                                 東京証券取引所
      普通株式           6,929,900          6,929,900                当社における標準となる株式
                                 (市場第一部)
                                          ・単元株式数100株
        計         6,929,900          6,929,900          ―             ―
      (2)  【新株予約権等の状況】
       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     平成29年7月1日             △62,369         6,929         ―     3,305         ―     3,659
     (注) 平成29年3月30日開催の第75回定時株主総会において、株式併合に関する議案が承認可決されております。

        平成29年7月1日付けで普通株式10株につき1株の割合をもって株式併合を実施しております。これにより提出
        日現在の発行株式総数は62,369千株減少し、6,929千株となっております。
                                 16/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                              平成30年12月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
      区分                            外国法人等                  株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
           地方公共     金融機関                                計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
     株主数
               ―     18     18     58     25      9   9,221     9,349        ―
     (人)
     所有株式数
               ―   8,040      182    30,662       960      13   29,331     69,188      11,100
     (単元)
     所有株式数
               ―   11.620      0.263     44.316      1.387     0.018     42.393       100       ―
     の割合(%)
     (注)   1 自己株式6,241株は、「個人その他」に62単元、「単元未満株式の状況」に41株含めて記載しております。
        2 「その他の法人」の欄には証券保管振替機構名義の株式1単元が含まれております。
     (6)  【大株主の状況】

                                              平成30年12月31日現在
                                                   発行済株式
                                                   (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                            (千株)      総数に対する
                                                   所有株式数
                                                   の割合(%)
     豊田通商㈱                愛知県名古屋市中村区名駅4─9─8                          2,314        33.43
     細貝隆志                東京都大田区                           562       8.12

     MF資産管理合同会社                東京都大田区                           300       4.33

     細貝理栄                東京都大田区                           293       4.24

     ㈱みずほ銀行                東京都千代田区大手町1-5-5                           237       3.44

     昭和産業㈱                東京都千代田区内神田2-2-1                           145       2.10

     日本製粉㈱                東京都千代田区麹町4-8                           142       2.05

     損害保険ジャパン日本興亜㈱                東京都新宿区西新宿1-26-1                           94       1.36

     三井住友信託銀行㈱                東京都千代田区丸の内1-4-1                           92       1.33

     日本マスタートラスト信託銀行
                     東京都港区浜松町2-11-3                           83       1.20
     ㈱(信託口)
           計                    ―                4,266        61.61
     (注)    細貝理栄氏の持株数、持株比率には、第一屋製パングループ役員持株会の自己持分数を含んでおります。
                                 17/77







                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                              平成30年12月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                     普通株式      6,200
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               69,126             ―
                         6,912,600
                     普通株式      11,100
     単元未満株式                              ―              ―
                         6,929,900

     発行済株式総数                              ―              ―
     総株主の議決権                     ―           69,126             ―

     (注)   1 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式100株(議決権1個)が含まれておりま
          す。
        2 「単元未満株式」には当社所有の自己株式41株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                              平成30年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
    (自己保有株式)             東京都小平市小川東町
                                  6,200      ─        6,200       0.09
    第一屋製パン株式会社             3―6―1
          計              ―          6,200      ─        6,200       0.09
                                 18/77










                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】  会社法第155条第7号による普通株式の取得
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

             区分                 株式数(株)               価額の総額(千円)

     当事業年度における取得自己株式                                   52                 58

     当期間における取得自己株式                                   -                 -

     (注) 当期間における取得自己株式には、平成31年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取に
        よる株式数は含まれておりません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                             当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (千円)                  (千円)
     引き受ける者の募集を行った
                              ─         ─         ─         ─
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ─         ─         ─         ─
     合併、株式交換、会社分割に係る
                              ─         ─         ─         ─
     移転を行った取得自己株式
     その他(株式併合による減少)                         ─         ─         ─         ─
     保有自己株式数                        6,241          ─       6,241          ─

     (注) 当期間における保有自己株式には、平成31年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取に
        よる株式数は含まれておりません。
                                 19/77









                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    3  【配当政策】
      当社は、従来より株主への利益還元を重要な課題とし、業績に対応した配当を行うことを基本としております。
      当事業年度は誠に遺憾ながら損失計上のやむなきにいたりましたため、中間配当及び期末配当については見送りと
     いたしました。今後、早期の復配に向け、業績の向上と一段の財務体質の強化を図るよう全力を挙げる所存でありま
     す。
      当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間
     配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
      なお、当社は、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
    4  【株価の推移】

     (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第73期         第74期         第75期         第76期         第77期

      決算年月        平成26年12月         平成27年12月         平成28年12月         平成29年12月         平成30年12月

                                              1,272
      最高(円)             157         136         149                 1,236
                                              (138)
                                              1,171
      最低(円)             113         105         99                 984
                                              (115)
     (注) 1 上記は東京証券取引所市場第一部の市場相場による株価であります。
        2 平成29年7月1日付けで、普通株式10株につき1株の割合をもって株式併合を実施しております。第76
          期 の株価については、株式併合後の最高・最低株価を記載し株式併合前の最高・最低株価は( )にて記
          載しております。
     (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成30年7月          8月       9月       10月       11月       12月

      最高(円)           1,176       1,160       1,137       1,158       1,149       1,150

      最低(円)           1,115       1,085       1,085       1,052       1,060         984

     (注) 上記は東京証券取引所市場第一部の市場相場による株価であります。
                                 20/77









                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    5  【役員の状況】
    男性10名 女性―名 (役員のうち女性の比率―%)
                                                        所有
      役名      職名      氏名      生年月日                略歴             任期   株式数
                                                        (千株)
                             昭和42年4月      当社入社
                             昭和50年1月      横浜工場長
                             昭和52年3月      取締役
                                                    平成33年
    代表取締役
                細貝 理栄     昭和19年6月2日生        昭和54年3月      代表取締役専務                 3月まで     293
      会長
                                                    (2年)
                             昭和60年3月      代表取締役社長
                             平成11年3月      スリースター製菓㈱代表取締役会長
                             平成26年1月      当社代表取締役会長(現任)
                             平成10年4月      ㈱第一勧業銀行(現㈱みずほ銀行)入行
                             平成15年10月      当社入社
                             平成19年1月      管理本部長付兼経営改善プロジェクト
                                   リーダー
                             平成19年3月      執行役員経営改善プロジェクトリーダー
                             平成19年12月      執行役員経営企画室長兼経営改善プロ
                                   ジェクトリーダー
                             平成21年3月      取締役
                             平成22年3月      常務取締役管理本部長
                                                    平成33年
    代表取締役
                細貝 正統     昭和50年5月2日生        平成23年1月      常務取締役営業本部長                 3月まで      36
      社長
                                                    (2年)
                             平成23年3月      ㈱ベーカリープチ代表取締役専務(現
                                   任)
                             平成25年1月      当社常務取締役コーポレート本部長兼経
                                   理部長
                             平成26年1月      スリースター製菓㈱代表取締役社長(現
                                   任)
                             平成27年1月      当社常務取締役社長特命事項担当
                             平成30年7月      MF資産管理合同会社代表社員(現任)
                             平成31年1月      当社代表取締役社長(現任)
                             昭和61年4月      ㈱トーメン(現豊田通商㈱)入社
                             平成22年4月      豊田通商㈱大阪食料部長
                             平成25年4月      Oleos   Menu   Industria     e Comercio
                                   Ltda.取締役
                             平成26年1月      同社取締役社長
                                                    平成33年
     取締役    営業本部・西日
                             平成30年3月      当社常務取締役
                福澤 章博     昭和38年10月25日生                               3月まで
                                                         ―
     副社長    本営業部統括
                                   スリースター製菓㈱取締役(現任)
                                                    (2年)
                             平成31年1月      当社取締役副社長営業本部・西日本営業
                                   部統括(現任)
                             平成31年2月      ㈱ファースト・ロジスティックス取締役
                                   (現任)
                                 21/77









                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有
      役名      職名      氏名      生年月日                略歴             任期   株式数
                                                        (千株)
                             昭和52年4月      ㈱商業界入社
                             昭和64年1月      同社食品商業編集長
                             平成8年8月      同社取締役編集担当
                             平成14年8月      同社専務取締役編集統括
                             平成15年8月      同社代表取締役社長
                             平成20年2月      ㈱商人舎設立、同社代表取締役社長(現
                                                    平成33年
                                   任)
     取締役           結城 義晴     昭和27年9月2日生                               3月まで
                                                         ―
                             平成20年6月      カスタマー・コミュニケーションズ㈱
                                                    (2年)
                                   (現㈱True     Data)取締役(現任)
                             平成21年4月      立教大学大学院ビジネスデザイン研究科
                                   教授
                             平成27年3月      当社取締役(現任)
                             平成28年4月      学習院マネジメントスクール顧問(現
                                   任)
                             昭和61年4月      豊田通商㈱入社
                             平成23年4月      同社渉外広報部長
                             平成24年4月      同社経営企画部長
                                                    平成33年
                             平成26年4月      同社食糧部長
     取締役           服部 治行     昭和39年1月27日生                               3月まで
                                                         ―
                             平成27年4月      同社執行役員食料本部長補佐
                                                    (2年)
                             平成28年4月      同社執行役員食料・生活産業本部長補佐
                                   (現任)
                             平成31年3月      当社取締役(現任)
                                   豊田通商㈱入社
                             平成7年4月
                                   同社農水事業部長
                             平成29年4月
                                                    平成33年
                                   同社食品部長(現任)
                             平成30年4月
     取締役           小野塚千秋     昭和45年7月22日生                               3月まで
                                                         ―
                                   ㈱ベジ・ドリーム栗原代表取締役(現
                             平成30年6月
                                                    (2年)
                                   任)
                             平成31年3月      当社取締役(現任)
                             昭和56年4月      ㈱第一勧業銀行(現㈱みずほ銀行)入行
                             平成19年7月      ㈱みずほ銀行業務監査部副部長兼本部・
                                   関連会社監査室長
                             平成20年9月      みずほ情報総研㈱法務・コンプライアン
                                   ス部長
                             平成20年10月      同社執行役員法務・コンプライアンス部
                                                    平成32年
                                   長
    常勤監査役            大島 誠     昭和33年1月24日生                               3月まで      2
                             平成27年6月      学校法人カリタス学園監事(現任)
                                                    (1年)
                             平成28年1月      みずほ情報総研㈱事務・IT管理部審議役
                             平成28年2月      スリースター製菓㈱監査役(現任)
                                   ㈱ファースト・ロジスティックス監査役
                                   (現任)
                             平成28年3月      当社常勤監査役(現任)
                             平成30年2月      ㈱ベーカリープチ監査役(現任)
                             昭和53年3月      監査法人中央会計事務所入所
                             平成8年8月      中央監査法人代表社員
                             平成19年8月      新日本監査法人(現EY新日本有限責任監
                                   査法人)へ移籍
                                                    平成35年
     監査役           田櫓 孝次     昭和28年1月14日生              同代表社員                 3月まで
                                                         ─
                                                    (4年)
                             平成22年9月      田櫓公認会計士・税理士事務所代表(現
                                   任)
                             平成23年3月      当社監査役(現任)
                             平成24年6月      エンパイヤ自動車㈱監査役(現任)
                                 22/77






                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有
      役名      職名      氏名      生年月日                略歴             任期   株式数
                                                        (千株)
                             昭和58年4月      ㈱トーメン(現豊田通商㈱)入社
                             平成19年4月      豊田通商㈱財務部長
                                                    平成32年
                             平成23年4月      同社ERM部長
     監査役           伊藤 弘     昭和35年11月5日生                               3月まで
                                                         ─
                             平成25年10月      豊通食料㈱コーポレート本部長(現任)
                                                    (1年)
                             平成27年11月      クレードル食品㈱監査役(現任)
                             平成30年3月      当社監査役(現任)
                             昭和51年4月      当社入社
                             平成19年3月      執行役員総務部長
                             平成23年1月      執行役員コーポレート本部長兼経理部長
                             平成23年3月      取締役コーポレート本部長兼経理部長
                                                    平成35年
                             平成25年3月      顧問
     監査役           福井 孝之     昭和28年1月27日生                               3月まで      0
                             平成27年2月      スリースター製菓㈱監査役(現任)
                                                    (4年)
                                   ㈱ファースト・ロジスティックス監査役
                                   (現任)
                             平成27年3月      当社監査役(現任)
                                   ㈱ベーカリープチ監査役(現任)
                           計                              332
     (注)   1 取締役結城義晴、服部治行及び小野塚千秋の3氏は、社外取締役であります。

        2 常勤監査役大島誠、監査役田櫓孝次及び伊藤弘の3氏は、社外監査役であります。
        3 代表取締役社長細貝正統は代表取締役会長細貝理栄の長男であります。
        4 当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
          役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                     所有株式数

           氏名       生年月日                    略歴
                                                      (百株)
                          平成4年4月       弁護士登録・第二東京弁護士会入会
                                 石井法律事務所        パートナー弁護士(現任)
          谷垣 岳人      昭和39年1月28日生                                        ─
                          平成12年6月       金融監督庁(現金融庁)検査局専門検査官
                          平成28年6月       太陽生命保険㈱監査役(現任)
         なお、補欠監査役谷垣岳人は社外監査役の要件を満たしております。
        5 所有株式数には、第一屋製パングループ役員持株会の自己持分数を含んでおります。
                                 23/77











                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
      ①  企業統治の体制
       イ.   企業統治の体制の概要
         当社は「監査役会設置会社制度」を採用し、経営の監視を行っております。
         取締役会は取締役6名(うち社外取締役3名)によって構成されており、経営上の重要事項につきましては、
        グループ会社の経営問題を含め原則月1回の取締役会で審議し、会社の基本方針の決定及び業務遂行の管理・監
        督を行っております。取締役会には、4名の監査役(うち社外監査役3名)が常時出席し、経営の監視を行う体制
        をとっております。
         当社は生産本部・商品本部・営業本部・コーポレート本部・関西統括本部の5本部制を敷き、業務執行取締
        役・監査役・執行役員・本部長による定例会議(本部長会議)を毎週開催し、取締役会で決定した方針の徹底を図
        ると共に、当社の業務執行に関する重要な事項を審議する体制をとっております。引き続き、業務執行の意思決
        定の迅速化に努めてまいります。
         また、当社は、市場の動向にすばやく対応する必要があるため随時、業務執行取締役、執行役員、本部長、部
        長出席の各種会議を開催し、業務運営上必要な事項について迅速な処置・決定を行う体制をとっております。
         なお、取締役の指名・報酬等については、「人事委員会」での審議を必ず行った上で、取締役会に付議する体
        制となっております。
         当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要図は、以下のとおりであります。
                                 24/77














                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
       ロ.   企業統治の体制を採用する理由
         経営環境の変化に対応して迅速な意思決定を行うことがマーケットのニーズに応えることであり、延いては経
        営成果を取り込むことに繋がるとの観点から、少人数による取締役会でスピード感のある経営方針の意思決定が
        可能な体制にしております。
         また、社外取締役3名(うち独立役員1名)選任による経営の意思決定に係る合理性の確保とともに社外監査役
        3名(うち独立役員2名)を含む4名で構成される監査役会の経営監視機能が充分発揮されることにより、透明
        度の高い経営が確保されるものと考えられることから、上記企業統治体制を採用しております。
       ハ.   内部統制システムの整備及び運用の状況
         業務の効率的運用と内部統制が機能する体制を維持すべく、会社の組織・業務分掌・職務権限等を定めた各種
        規定の整備と運用、並びに適格な内部監査の実施に取り組んでおります。
         取締役及び従業員が法令及び定款その他の社内規則及び社会通念を遵守した行動をとるための規範として「第
        一屋製パングループ行動指針」を制定し、その精神を社長自らが全従業員に都度伝えることにより企業活動を
        行っていくうえで果たすべき役割と責任を明確化しております。その他必要に応じて顧問弁護士の助言を得て、
        適法性に留意しております。
         また、コンプライアンス責任者を代表取締役社長とするコンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンス
        上の重要な問題を審議し、その結果を必要に応じて取締役会に報告しております。原則、毎週開催される本部長
        会議では、コンプライアンス上の重要な問題の有無を確認し、その結果をコンプライアンス委員会に報告をして
        おります。
         各本部長は、担当する本部固有のコンプライアンスリスクを分析し、その対策を具体化しており、代表取締役
        社長は当社及び子会社全体のコンプライアンス体制の整備及び問題点の把握に努めております。
       ニ.   リスク管理体制の整備及び運用の状況
         本部長会議規則の報告事項にリスク管理の状況を報告することが明定されております。定期的にコーポレート
        本部長を中心にリスク管理を見直し、コーポレート本部において当社及び子会社の損失の危険を含むリスクを総
        括的に管理するとともに、取締役会規則に基づき、取締役会に報告しております。 
         また、監査役及び監査室が当社及び子会社のリスク管理の状況を監査し、その結果を定期的に取締役会や各本
        部長に報告しております。
         こうした執行ライン、監査ライン両方からの報告を踏まえ、取締役会においては必要に応じ、改善策を審議・
        決定しております。
       ホ.   当社及び子会社の業務の適正を確保するための体制の整備及び運用の状況
         当社及び子会社における内部統制のレベルアップのため、当社及び子会社の内部統制に関する担当部門をコー
        ポレート本部とし、当社及び子会社間での内部統制に関する協議、情報の共有化、指示伝達等が効率的に行われ
        るシステムを含む体制を構築しております。
         当社及び子会社の代表取締役社長は、各社の業務執行の適正を確保する内部統制の確立と運用に関する権限と
        責任を有しております。
         当社及び子会社においては内部監査を実施し、その結果をコーポレート本部長等の管理責任者に報告しており
        ます。コーポレート本部長等の管理責任者は必要に応じ、内部統制の改善策の指導、実施の支援・助言を行って
        おります。また、監査役は会計監査人との緊密な連携により、業務の適正に係る監査を行っております。
       ヘ.   責任限定契約の内容の概要
         当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、社外取締役及び社外監査役との間において、会社法第423条第
        1項の損害賠償責任を限定する契約を締結することができます。なお、現時点では責任限定契約を締結しており
        ません。
      ②  内部監査及び監査役監査

         業務部門から独立した代表取締役社長直轄の監査室を設置し、3名が取締役会で決議された監査方針、年間監
        査計画に基づき定期的に本社、工場、営業所及び関係会社等の監査を実施し、必要な改善を提言するとともに代
        表取締役社長、業務執行取締役、執行役員、本部長及び監査役会に対し監査結果について報告を行っておりま
        す。また、会計監査人と定期的に情報交換を行い、連携強化を図っております。
         監査役監査は、1名の常勤監査役(社外監査役)と3名の非常勤監査役(うち社外監査役2名)により、年度当初
        に監査役会で協議決定した監査方針、年間監査計画に基づき監査を実施しております。監査の有効性確保の一環
        として会計監査人と定期的に情報交換を行う他、内部監査に加え内部統制に関わる業務も実施している監査室か
        ら報告・説明を受ける等、連携を図っております。また、監査役の職務を補助する監査スタッフ1名が置かれて
                                 25/77

                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
        おります。
         なお、大島誠社外監査役は、金融機関・研究機関で培った法務・コンプライアンス等の知見を、田櫓孝次社外
        監査役は、公認会計士として長年培った会計・監査業務の知識・経験を、また伊藤弘社外監査役は、財務等の管
        理全般にわたる幅広い見識・経験を有するものであります。
      ③  会計監査の状況

         当社は、EY新日本有限責任監査法人と監査契約を結び、会社法及び金融商品取引法に基づく会計監査を受けて
        おります。
         なお、会計監査業務を執行した公認会計士は、原口清治、宮沢琢の2名であります。また、継続監査年数につ
        いては、両名とも7年以内であるため記載を省略しております。
         会計監査業務に係る補助者は、公認会計士8名、その他13名であります。
      ④  社外取締役及び社外監査役

      イ.   員数及び会社との利害関係
        当社の社外取締役は3名、社外監査役は3名であります。
        社外取締役の服部治行は豊田通商株式会社の執行役員食料・生活産業本部長補佐に就任しており、また、社外
       取締役の小野塚千秋は豊田通商株式会社食品部長及び株式会社ベジ・ドリーム栗原代表取締役に就任しておりま
       す。
        社外監査役の伊藤弘は豊通食料株式会社コーポレート本部長及びクレードル食品株式会社監査役に就任してお
       ります。
        豊田通商株式会社は当社の主要株主及びその他の関係会社であり、当社は同社と業務提携、原材料の購入があ
       りますが、原材料の購入については市場の実勢価格を勘案して合理的に決定しております。
        社外取締役の結城義晴は株式会社商人舎代表取締役社長、株式会社True                                  Data取締役及び学習院マネジメントス
       クール顧問にも就任しておりますが、当社との間には特別な関係はありません。
        社外監査役の大島誠は平成20年8月まで株式会社みずほ銀行業務監査部副部長兼本部・関連会社監査室長をし
       ておりましたが、その後は銀行を離れ、みずほ情報総研株式会社で執行役員法務・コンプライアンス部長等をし
       ておりまして、当社との間には特別な関係はありません。また、学校法人カリタス学園監事、スリースター製菓
       株式会社監査役、株式会社ファースト・ロジスティックス監査役及び株式会社ベーカリープチ監査役にも就任し
       ておりますが、学校法人カリタス学園と当社との間には特別な関係はありません。後の3社は当社の100%子会社
       です。
        社外監査役の田櫓孝次は平成22年6月まで新日本有限責任監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)に所属し
       ておりましたが、当社との間には特別な関係はありません。また、田櫓公認会計士・税理士事務所代表及びエン
       パイヤ自動車株式会社監査役に就任しておりますが、当社との間には特別な関係はありません。
        なお、社外取締役の結城義晴と社外監査役の大島誠及び田櫓孝次は、東京証券取引所有価証券上場規程に定め
       る独立役員として届出を行っております。
      ロ.   企業統治において果たす機能、役割及び選任状況に関する考え方
        社外取締役3名については、企業経営者としての専門的な知識と豊富な経験に基づき、客観的な視点からの、
       実効性の高い経営の監督が図られております。また、監査役についても4名のうち3名が社外監査役という体制
       で、独立性・客観性の高い執行ラインへの監視・監査がなされております。
        こうした両者の機能と役割が有機的に連携される選任状況にあり、企業価値の向上と持続的な成長にも資する
       ものとなっております。
      ハ.   当社からの独立性に関する基準又は方針の内容
        東京証券取引所の定める独立性基準を踏まえ、社外取締役及び社外監査役を選任するに際しての当社からの独
       立性に関する判断基準等を定めております。形式的な独立性だけでなく、取締役会においても建設的な助言・提
       言ができるという実質面を重視しております。
      ⑤  役員の報酬等

      イ.   提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                    対象となる
                報酬等の総額
        役員区分                                            役員の員数
                 (百万円)
                                ストック
                                             役員退職慰労
                                                      (名)
                        基本報酬               賞与
                                             引当金繰入額
                               オプション
                                 26/77

                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     取締役
                     42       42       -       -       -       7
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                      2       2       -       -       -       1
     (社外監査役を除く。)
     社外役員                 14       14       -       -       -       3
      ロ.   提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等
        連結報酬等の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。
      ハ.   役員の報酬等の額の決定に関する方針
         当社の役員の報酬等については、株主総会で承認された限度額の範囲内で、その個々の具体的な金額を、取締
        役については取締役会が決定し、監査役については監査役の協議で決定しております。
      ⑥   株式の保有状況

      イ.   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
                         23 銘柄
         銘柄数
                         1,189   百万円
         貸借対照表計上額の合計額
      ロ.  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
                                 27/77















                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     (前事業年度)
     特定投資株式
                     株式数         貸借対照表計上額
         銘柄                                      保有目的
                      (株)           (百万円)
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     イオン㈱                    145,008              275
                                         しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱ヤオコー                     39,400              216
                                         しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱ファミリーマート                     11,400              90
                                         しております。
     ㈱セブン&アイ・ホール                                     取引関係の維持・強化等を目的と
                         17,048              79
     ディングス                                     しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     昭和産業㈱                     27,030              79
                                         しております。
     アクシアル      リテイリン
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
                         18,200              77
                                         しております。
     グ㈱ 
     ㈱みずほフィナンシャル                                     取引関係の維持・強化等を目的と
                         352,000               72
     グループ                                     しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱ローソン                     7,078              53
                                         しております。
     ユナイテッド・スーパー
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     マーケット・ホールディ                     46,100              52
                                         しております。
     ングス㈱
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱いなげや                     27,439              51
                                         しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱Olympicグル-プ         (注)
                         44,926              27
                                         しております。
     ㈱関西スーパーマーケッ                                     取引関係の維持・強化等を目的と
                         13,200              16
     ト        (注)                                     しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     豊田通商㈱    (注)                     3,524              15
                                         しております。
     エイチ・ツー・オー リ                                     取引関係の維持・強化等を目的と
                          4,095              9
     テイリング㈱   (注)                                     しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     江崎グリコ㈱   (注)                     1,402              7
                                         しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ミヨシ油脂㈱   (注)                     5,040              7
                                         しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱オークワ    (注)                     4,512              5
                                         しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱マミーマート  (注)                     1,395              3
                                         しております。
     三井住友トラスト・ホー                                     取引関係の維持・強化等を目的と
                           500             2
     ルディングス㈱  (注)                                     しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱エコス     (注)                     1,500              1
                                         しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱カワチ薬品   (注)                      400             1
                                         しております。
     (注)   貸借対照表計上額が資本金の100分の1以下でありますが、全保有銘柄について記載しております。
                                 28/77







                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     (当事業年度)
     特定投資株式
                     株式数         貸借対照表計上額
         銘柄                                      保有目的
                      (株)           (百万円)
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     イオン㈱                    147,051              316
                                         しております
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱ヤオコー                     39,400              236
                                         しております。
     ユニー・ファミリーマー                                     取引関係の維持・強化等を目的と
                          7,000              97
     トホールディングス㈱                                     しております。
     ㈱セブン&アイ・ホール                                     取引関係の維持・強化等を目的と
                         17,048              81
     ディングス                                     しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     昭和産業㈱                     27,030              80
                                         しております。
     アクシアル      リテイリン
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
                         18,200              66
                                         しております。
     グ㈱ 
     ㈱みずほフィナンシャル                                     取引関係の維持・強化等を目的と
                         352,000               59
     グループ                                     しております。
     ユナイテッド・スーパー
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     マーケット・ホールディ                     46,100              55
                                         しております。
     ングス㈱
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱ローソン                     7,078              49
                                         しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱いなげや                     28,299              40
                                         しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱Olympicグル-プ                     47,305              29
                                         しております。
     ㈱関西スーパーマーケッ                                     取引関係の維持・強化等を目的と
                         13,200              13
     ト                                     しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     豊田通商㈱                     3,524              11
                                         しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     江崎グリコ㈱                     1,849              10
                                         しております。
     エイチ・ツー・オー リ                                     取引関係の維持・強化等を目的と
                          4,095              6
     テイリング㈱                                     しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱オークワ                     4,912              5
                                         しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ミヨシ油脂㈱                     5,040              5
                                         しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱エコス                     1,500              3
                                         しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱マミーマート                     1,452              2
                                         しております。
     三井住友トラスト・ホー                                     取引関係の維持・強化等を目的と
                           500             2
     ルディングス㈱                                     しております。
                                         取引関係の維持・強化等を目的と
     ㈱カワチ薬品                      400             0
                                         しております。
     (注)1.貸借対照表計上額が資本金の100分の1以下についても、全保有銘柄について記載しております。
       2.政策保有株式は、個別銘柄毎に保有目的が適切か、保有に伴う便益やリスクが資本コストに見合っている
         かを精査し、保有意義の見直しを行っております。
       ハ.   保有目的が純投資目的である投資株式

           該当事項はありません。
                                 29/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      ⑦   取締役の定数
         当社は、当会社の取締役は12名以内とする旨を定款に定めております。
      ⑧   取締役選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議は、株主総会において、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以
       上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、取締役の選任決
       議は、累積投票によらない旨を定款に定めております。
      ⑨   株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上
       を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会
       における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものでありま
       す。
      ⑩   株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

         当社は、会社法第454条第5項の定めに基づき、機動的な配当政策を遂行できるよう、取締役会の決議によっ
       て中間配当をすることができる旨を定款に定めております。
      (2)  【監査報酬の内容等】

       ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                     当連結会計年度
        区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
       提出会社                 33           ―          33           ―
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―
         計               33           ―          33           ―
      (注)   1.前連結会計年度は、上記以外に前々連結会計年度の監査に係る追加報酬4百万円を会計監査人であるEY新
           日本有限責任監査法人に支払っております。
         2.当連結会計年度は、上記以外に前連結会計年度の監査に係る追加報酬7百万円を会計監査人であるEY新日
           本有限責任監査法人に支払っております。
       ②  【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         該当事項はありません。
       ④  【監査報酬の決定方針】

         該当事項はありませんが、当社の規模・業務の特性・監査日数等を総合的に勘案し決定しております。
                                 30/77






                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
      基づいて作成しております。
     (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号 以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。                          また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表
      等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成30年1月1日から平成30年12月31
     日まで)及び事業年度(平成30年1月1日から平成30年12月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、EY新日
     本有限責任監査法人の監査を受けております。なお、新日本有限責任監査法人は、名称変更により、平成30年7月1
     日をもってEY新日本有限責任監査法人となりました。
    3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、各種団体が主催するセミナー
     に参加しております。
                                 31/77













                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                 2,960              2,728
        受取手形及び売掛金                                 3,752              3,366
        商品及び製品                                  77              61
        仕掛品                                  25              25
        原材料及び貯蔵品                                  402              375
        繰延税金資産                                   7              7
        未収入金                                  148               98
        その他                                  90              88
                                          △ 0             △ 0
        貸倒引当金
        流動資産合計                                 7,464              6,751
      固定資産
        有形固定資産
                                      ※1  10,010            ※1  10,339
         建物及び構築物
                                        △ 7,695             △ 7,850
           減価償却累計額
           建物及び構築物(純額)                              2,314              2,489
                                      ※1  19,652            ※1  20,004
         機械装置及び運搬具
                                       △ 17,010             △ 17,282
           減価償却累計額
           機械装置及び運搬具(純額)                              2,641              2,721
                                       ※1  1,085            ※1  1,088
         工具、器具及び備品
                                         △ 839             △ 900
           減価償却累計額
           工具、器具及び備品(純額)                               245              187
                                       ※1  2,468            ※1  2,468
         土地
         リース資産                                331              369
                                         △ 65             △ 133
           減価償却累計額
           リース資産(純額)                               265              235
         建設仮勘定                                 -              25
         有形固定資産合計                               7,935              8,127
        無形固定資産
                                          158              132
        投資その他の資産
         投資有価証券                               1,163              1,189
                                       ※1  3,665            ※1  3,665
         賃貸固定資産
                                         △ 428             △ 453
           減価償却累計額
           賃貸固定資産(純額)                              3,237              3,212
         その他
                                          59              56
                                          △ 1             △ 0
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               4,457              4,458
        固定資産合計                                12,551              12,718
      資産合計                                  20,015              19,470
                                 32/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                 1,136               979
                                      ※1 ,2  1,233            ※1 ,2  1,308
        短期借入金
        1年内償還予定の社債                                  130              188
                                        ※1  62
        リース債務                                                 64
        未払消費税等                                  75              55
        未払費用                                 1,203              1,138
        未払法人税等                                  88              61
        賞与引当金                                  52              50
                                          245              511
        その他
        流動負債合計                                 4,227              4,358
      固定負債
        社債                                  420              552
                                       ※1  2,108            ※1  1,900
        長期借入金
                                        ※1  220
        リース債務                                                192
        繰延税金負債                                  798              804
        退職給付に係る負債                                 2,372              2,227
                                        ※1  319            ※1  281
        長期預り金
        資産除去債務                                  107              109
                                          54              93
        その他
        固定負債合計                                 6,402              6,162
      負債合計                                  10,630              10,520
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 3,305              3,305
        資本剰余金                                 3,658              3,658
        利益剰余金                                 2,059              1,527
                                          △ 9             △ 9
        自己株式
        株主資本合計                                 9,013              8,481
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  498              515
                                         △ 126              △ 47
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                  372              467
      純資産合計                                  9,385              8,949
     負債純資産合計                                   20,015              19,470
                                 33/77







                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                   26,602              25,145
                                      ※1  18,907            ※1  18,460
     売上原価
     売上総利益                                    7,694              6,684
     販売費及び一般管理費
      配送費                                  3,512              3,257
      広告宣伝費                                   340              287
      貸倒引当金繰入額                                    0              0
      給料及び手当                                  1,867              1,790
      賞与引当金繰入額                                    23              20
      退職給付費用                                    87              93
      減価償却費                                    92              88
                                         1,813              1,717
      その他
                                       ※1  7,736            ※1  7,256
      販売費及び一般管理費合計
     営業損失(△)                                    △ 41             △ 571
     営業外収益
      受取利息                                    0              0
      受取配当金                                    26              22
      賃貸収入                                   161              161
                                          81              85
      その他
      営業外収益合計                                   269              270
     営業外費用
      支払利息                                    34              29
      賃貸費用                                    45              42
      解体撤去費用                                    12              16
                                          50              49
      その他
      営業外費用合計                                   143              137
     経常利益又は経常損失(△)                                     84             △ 438
     特別利益
                                          179               39
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                   179               39
     特別損失
                                          -              78
      解約違約金
      特別損失合計                                    -              78
     税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                          264             △ 478
     失(△)
     法人税、住民税及び事業税                                     77              59
                                          129              △ 6
     法人税等調整額
     法人税等合計                                     207               53
     当期純利益又は当期純損失(△)                                     57             △ 531
     非支配株主に帰属する当期純利益                                      0              -
     親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                          57             △ 531
     帰属する当期純損失(△)
                                 34/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     当期純利益又は当期純損失(△)                                     57             △ 531
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   △ 32              16
                                          46              78
      退職給付に係る調整額
                                        ※1  14            ※1  95
      その他の包括利益合計
     包括利益                                     72             △ 436
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                    72             △ 436
      非支配株主に係る包括利益                                    0              -
                                 35/77
















                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自         平成29年1月1日 至           平成29年12月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                  株主資本
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                3,305         3,659         2,001          △ 9       8,957
     当期変動額
     親会社株主に帰属す
                                       57                 57
     る当期純利益
     連結子会社株式の取
                              △ 0                         △ 0
     得による持分の増減
     自己株式の取得                                          △ 0        △ 0
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計                 ―        △ 0        57        △ 0        56
     当期末残高                3,305         3,658         2,059          △ 9       9,013
                       その他の包括利益累計額

                                          非支配株主持分          純資産合計
                その他有価証券         退職給付に係る        その他の包括利益
                 評価差額金         調整累計額         累計額合計
     当期首残高                 530        △ 173         357          1       9,315
     当期変動額
     親会社株主に帰属す
                                                        57
     る当期純利益
     連結子会社株式の取
                                                        △ 0
     得による持分の増減
     自己株式の取得                                                  △ 0
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純               △ 32         46         14        △ 1        13
     額)
     当期変動額合計                △ 32         46         14        △ 1        70
     当期末残高                 498        △ 126         372          ―       9,385
                                 36/77










                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自         平成30年1月1日 至           平成30年12月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                  株主資本
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                3,305         3,658         2,059          △ 9       9,013
     当期変動額
     親会社株主に帰属す
                                      △ 531                △ 531
     る当期純損失(△)
     連結子会社株式の取
                              -                          -
     得による持分の増減
     自己株式の取得                                          △ 0        △ 0
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計                 -         -       △ 531         △ 0       △ 531
     当期末残高                3,305         3,658         1,527          △ 9       8,481
                       その他の包括利益累計額

                                          非支配株主持分          純資産合計
                その他有価証券         退職給付に係る        その他の包括利益
                 評価差額金         調整累計額         累計額合計
     当期首残高                 498        △ 126         372         -       9,385
     当期変動額
     親会社株主に帰属す
                                                       △ 531
     る当期純損失(△)
     連結子会社株式の取
                                                        -
     得による持分の増減
     自己株式の取得                                                  △ 0
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                16         78         95         -         95
     額)
     当期変動額合計                 16         78         95         -       △ 436
     当期末残高                 515        △ 47        467         -       8,949
                                 37/77










                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期
                                          264             △ 478
      純損失(△)
      減価償却費                                   650              680
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 118              △ 66
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                    2             △ 1
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    1             △ 1
      受取利息及び受取配当金                                   △ 27             △ 22
      支払利息                                    34              29
      投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 179              △ 39
      売上債権の増減額(△は増加)                                   △ 2             385
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                   △ 35              42
      仕入債務の増減額(△は減少)                                    21             △ 157
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                   △ 72             △ 20
      未払費用の増減額(△は減少)                                    21             △ 65
                                         △ 74              70
      その他
      小計                                   484              355
      利息及び配当金の受取額
                                          27              22
      利息の支払額                                   △ 34             △ 29
                                         △ 231              △ 1
      法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                   246              348
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                  △ 586             △ 575
      有形固定資産の除却による支出                                   △ 11              △ 7
      無形固定資産の取得による支出                                   △ 30              -
      投資有価証券の取得による支出                                   △ 12             △ 10
      投資有価証券の売却による収入                                   386               48
                                          △ 1              2
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 255             △ 542
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                    73             △ 133
      長期借入金の返済による支出                                   △ 33              -
      社債の発行による収入                                   150              350
      社債の償還による支出                                  △ 100             △ 159
      ファイナンス・リース債務の返済による支出                                   △ 53             △ 67
      自己株式の純増減額(△は増加)                                   △ 0             △ 0
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                          △ 2              -
      による支出
      その他                                    8             △ 28
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                    42             △ 37
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                     △ 0              -
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     33             △ 232
     現金及び現金同等物の期首残高                                    2,891              2,924
                                       ※1  2,924            ※1  2,692
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 38/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
     (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1 連結の範囲に関する事項
       連結子会社は、スリースター製菓㈱、㈱ベーカリープチ及び㈱ファースト・ロジスティックスの                                            3 社であります。
    2 持分法の適用に関する事項
       該当事項はありません。
    3 連結子会社の事業年度等に関する事項
       連結子会社の事業年度の末日はすべて連結決算日と同一であります。
    4 会計方針に関する事項
     (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
      (イ)有価証券
         その他有価証券
          時価のあるもの…連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売
                    却原価は移動平均法により算定)
          時価のないもの…移動平均法による原価法
      (ロ)たな卸資産
         製品…売価還元法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
         商品…月別総平均法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
         原材料及び仕掛品…同上
         貯蔵品…最終仕入原価法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
      (イ)有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法によっております。
         ただし、平成10年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)、機械及び装置については、定額法に
        よっております。
         なお、平成19年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)、機械及び装置以外の有形固定資産につい
        ても平成19年度税制改正前の定率法によっております。
      (ロ)無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法によっております。
         ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によってお
        ります。
      (ハ)リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引については、リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額
        法を採用しております。
      (ニ)賃貸固定資産
         定額法によっております。
     (3)  重要な引当金の計上基準
      (イ)貸倒引当金
         債権の貸倒発生に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権について
        は個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      (ロ)賞与引当金
         従業員に対する賞与支給に充てるため、支給見込額を計上しております。
                                 39/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     (4)  退職給付に係る会計処理の方法
      (イ)退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
        は、給付算定式基準によっております。
      (ロ)数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
         過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法に
        より費用処理しております。
         数理計算上の差異については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法によ
        り、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
      (ハ)小規模企業等における簡便法の採用
         連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退
        職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
     (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
        外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
       ます。
     (6)   重要なヘッジ会計の方法
      (イ)ヘッジ会計の方法
         特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、特例処理によっております。
      (ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象
         (ヘッジ手段)金利スワップ(ヘッジ対象)借入金
      (ハ)ヘッジ方針
         当社所定の社内承認手続きを行った上で、借入金の金利変動リスクを回避する目的により金利スワップを利
        用しております。
      (ニ)ヘッジの有効性評価の方法
         金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているため、有効性の評価を省略しております。
     (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及
       び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3か月以内に償還期
       限の到来する短期投資からなっております。
     (8)  連結納税制度の適用
        当社及び連結子会社は、連結納税制度を適用しております。
     (9)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
       消費税等の会計処理の方法
        税抜方式によっております。
     (会計方針の変更)

        該当事項はありません。
     (未適用の会計基準等)

        該当事項はありません。
                                 40/77






                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     (表示方法の変更)
       (連結損益計算書関係)
       前連結会計年度において、独立掲記していた「営業外費用」の「支払補償費」は金額的重要性が乏しくなったた
      め、当連結会計年度より「その他」に含めて表示しております。前連結会計年度において、「営業外費用」の「そ
      の他」に含めて表示していた「解体撤去費用」は金額的重要性が増したため、当連結会計年度より区分掲記してお
      ります。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替を行っております。
       この結果、前連結会計年度において、「営業外費用」に表示していた「支払補償費」17百万円、「その他」46百
      万円、は「解体撤去費用」12百万円、「その他」50百万円として組み替えております。
     (追加情報)

        該当事項はありません。

                                 41/77
















                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
     ※1 担保提供資産及びその対応債務は次のとおりであります。
      (1)  担保提供資産
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成29年12月31日)                 (平成30年12月31日)
        建物及び構築物                       2,171百万円(簿価)                 2,366百万円(簿価)
                               706   (         〃  )         598   (            〃  )
        機械装置及び運搬具
                                118   (        〃  )          82   (          〃  )
        工具、器具及び備品
                              2,468   (          〃  )        2,468   (             〃  )
        土地
                               310   (         〃  )         290   (            〃  )
        賃貸固定資産
        計                       5,775                 5,805
      (2)  対応債務
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成29年12月31日)                 (平成30年12月31日)
        短期借入金                        933百万円                1,008百万円
        長期借入金                       2,108                 1,900
        長期預り金                        203                 166
        リース債務                         0                 ―
        計                       3,246                 3,074
       前連結会計年度(平成29年12月31日)

        上記の金額には工場財団抵当(2,101百万円)並びに当該対応債務(3,041百万円)が含まれております。
       当連結会計年度(平成30年12月31日)
        なお、上記の他、未償還社債に関する被保証債務が555百万円あります。
        また、上記の金額には工場財団抵当(1,908百万円)並びに当該対応債務(2,508百万円)が含まれております。
     ※2 財務制限条項

         当社は、運転資金及び設備資金の機動的かつ安定的な調達を可能にするため、取引銀行等とコミットメ
        ント契約を締結しております。これらの契約には下記の財務制限条項が付されております。
        平成29年5月18日付コミットメントライン契約
           融資枠契約の総額
                                                   2,000百万円
           借入実行残高(当連結会計年度末残高)
                                                    300百万円
            差引未実行残高
                                                   1,700百万円
        以上の契約にかかる財務制限条項
        (1
          2017年12月期決算以降、各年度の決算期の末日における連結の貸借対照表上の純資産の部の金額を直前
         )
          の決算期末日における連結の貸借対照表上の純資産の部の金額の75%以上に維持すること。
        (2
          2017年12月期決算以降の決算期を初回の決算期とする連続する2期について、各年度の決算期における
         )
          連結の損益計算書に示される経常損益が2期連続して損失とならないようにすること。
      (連結損益計算書関係)

     ※1 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成29年1月1日              (自    平成30年1月1日
                           至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
        研究開発費                         166  百万円               185  百万円
                                 42/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
     ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    平成29年1月1日              (自    平成30年1月1日
                            至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
       その他有価証券評価差額金
                                 133  百万円                63  百万円
         当期発生額
                                △179                 △39
         組替調整額
         税効果調整前
                                △46                  23
                                 14                △7
         税効果額
         その他有価証券評価差額金                         △32                  16
       退職給付に係る調整額
         当期発生額                          35                 49
                                 11                 29
         組替調整額
         税効果調整前
                                 46                 78
                                  ―                 ―
         税効果額
         退職給付に係る調整額                          46                 78
               その他の包括利益合計                   14                 95
                                 43/77













                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)

     1 発行済株式に関する事項
                当連結会計年度期首           当連結会計年度増加           当連結会計年度減少           当連結会計年度末

       株式の種類
                  株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
     普通株式(注)2               69,299,000               ─       62,369,100           6,929,900

     (注)1.    平成29年7月1日付で、普通株式10株につき1株の割合をもって株式                                併合を実施     しております。

       2.  普通株式の発行済株式総数の減少62,369,100株は、株式                          併合  によるものであります。
     2 自己株式に関する事項

                当連結会計年度期首           当連結会計年度増加           当連結会計年度減少           当連結会計年度末

       株式の種類
                  株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
     普通株式(注)2,3                 61,886             10         55,706           6,189

     (注)1.    平成29年7月1日付で、普通株式10株につき1株の割合をもって株式                                併合を実施     しております。

       2.    普通株式の自己株式数の増加10株は、単元未満株式の買取による増加であります。
       3.    普通株式の自己株式数の減少55,706株は、株式併合によるものであります。
     当連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)

     1 発行済株式に関する事項
                当連結会計年度期首           当連結会計年度増加           当連結会計年度減少           当連結会計年度末

       株式の種類
                  株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
     普通株式                6,929,900              ─           ─       6,929,900

     2 自己株式に関する事項

                当連結会計年度期首           当連結会計年度増加           当連結会計年度減少           当連結会計年度末

       株式の種類
                  株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
     普通株式(注)                  6,189                   52           ─         6,241

     (注)   普通株式の自己株式数の増加52株は、単元未満株式の買取による増加であります。

                                 44/77








                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成29年1月1日              (自    平成30年1月1日
                           至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
        現金及び預金勘定                       2,960   百万円              2,728   百万円
        預入期間が3か月を超える
                                △36                 △36
        定期預金
        現金及び現金同等物                       2,924                 2,692
      (リース取引関係)

       (借主側)
    1 ファイナンス・リース取引
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
     ①  リース資産の内容
      ・有形固定資産
        オフィスコンピューターの機器(工具器具備品)他であります。
      ・無形固定資産
        帳票用のソフトウェアであります。
     ②  リース資産の減価償却の方法
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
    2 オペレーティング・リース取引
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                 (単位:百万円)
                        前連結会計年度                    当連結会計年度
                       (平成29年12月31日)                    (平成30年12月31日)
     1年以内                               74                    63
     1年超                               118                     86

     合計                               192                    149

                                 45/77










                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (金融商品関係)
       1.  金融商品の状況に関する事項
        (1)  金融商品に対する取組方針
          当グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については銀行借入及び社
         債による方針です。なお、デリバティブ取引は内部管理規定に従い、実需の範囲で行うこととしておりま
         す。
        (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
          営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されています。当該リスクに関しては、取引先ごとの期
         日管理及び残高管理を行うとともに、定期的に主な取引先の信用状況を把握することとしております。投資
         有価証券である株式は、市場価格の変動リスクに晒されていますが、主に業務上の関係を有する企業の株式
         であり、定期的にその保有の妥当性を検証しております。営業債務である買掛金は2か月以内の支払期日で
         す。借入金は主に営業取引に係る資金調達であります。変動金利の借入金は、金利の変動リスクに晒されて
         いますが、定期的に経理所管の役員に報告されております。なお一部の長期借入金については、当社所定の
         社内規定手続きを行った上で、金利変動リスクを回避する目的より金利スワップ取引を利用しておりま
         す。 
          借入金は、主に運転資金及び設備投資を目的としております。
       2.  金融商品の時価等に関する事項
          連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
        前連結会計年度(平成29年12月31日)
                                         (単位:百万円)
                       連結貸借対照表
                                 時価(※1)          差額
                        計上額(※1)
          (1)現金及び預金                  2,960         2,960           ―
          (2)受取手形及び売掛金                  3,752         3,752           ―
          (3)投資有価証券
            その他有価証券                  1,147         1,147           ―
          (4)支払手形及び買掛金                (1,136)         (1,136)            ―
          (5)短期借入金                (1,200)         (1,200)            ―
          (6)未払費用                (1,203)         (1,203)            ―
          (7)長期借入金(※2)                (2,141)         (2,139)            2
          (8)デリバティブ取引                    ―         ―         ―
         (※1)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
         (※2)1年内返済予定の長期借入金は長期借入金に含めております。
                                 46/77








                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(平成30年12月31日)
                                         (単位:百万円)
                       連結貸借対照表
                                 時価(※1)          差額
                        計上額(※1)
          (1)現金及び預金                  2,728         2,728           ―
          (2)受取手形及び売掛金                  3,366         3,366           ―
          (3)投資有価証券
            その他有価証券                  1,173         1,173           ―
          (4)支払手形及び買掛金                 (979)         (979)           ―
          (5)短期借入金                (1,100)         (1,100)            ―
          (6)未払費用                (1,138)         (1,138)            ―
          (7)長期借入金(※2)                (2,108)         (2,107)            0
          (8)デリバティブ取引                    ―         ―         ―
         (※1)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
         (※2)1年内返済予定の長期借入金は長期借入金に含めております。
         (注)   1  金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

                  (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
             おります。
                  (3)投資有価証券
              これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に
             関する事項については、注記事項(有価証券関係)をご参照ください。
                  (4)支払手形及び買掛金、(5)短期借入金、(6)未払費用
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
             おります。
           (7)長期借入金
              元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により
             算定しております。変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象とされており、当該
             金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行った場合に適用される合理
             的に見積もられる利率で割り引いて算出する方法によっております。
           (8)デリバティブ取引
              金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理され
             ているため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。(上記(7)参照)。
            2  時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                                        (単位:百万円)
                  区分        平成29年12月31日           平成30年12月31日
                 非上場株式             16           16
              上記については、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投
             資有価証券」には含めておりません。
                                 47/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
            3  金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
            前連結会計年度(平成29年12月31日)
                                     1年以内
                                     (百万円)
              現金及び預金                          2,946
              受取手形及び売掛金                          3,752
              投資有価証券
               その他有価証券のうち満期があるもの                            ―
            当連結会計年度(平成30年12月31日)

                                     1年以内
                                     (百万円)
              現金及び預金                          2,716
              受取手形及び売掛金                          3,366
              投資有価証券
               その他有価証券のうち満期があるもの                            ―
            4  短期借入金及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

            前連結会計年度(平成29年12月31日)
                            1年超2年以      2年超3年以      3年超4年以      4年超5年以
                       1年以内                             5年超(百万
                            内(百万      内(百万      内(百万      内(百万
                      (百万円)                               円)
                             円)      円)      円)      円)
              短期借入金          1,200        ―      ―      ―      ―      ―
              長期借入金           33      208       ―    1,900        ―      ―
            当連結会計年度(平成30年12月31日)

                            1年超2年以      2年超3年以      3年超4年以      4年超5年以
                       1年以内                             5年超(百万
                            内(百万      内(百万      内(百万      内(百万
                      (百万円)                               円)
                             円)      円)      円)      円)
              短期借入金          1,100        ―      ―      ―      ―      ―
              長期借入金           208       ―    1,900        ―      ―      ―
                                 48/77









                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
    1 その他有価証券
     前連結会計年度(平成29年12月31日)
                        連結
                                    取得原価              差額
          区分           貸借対照表計上額
                                    (百万円)             (百万円)
                       (百万円)
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
       株式                        1,119              399             720
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
       株式                         27             29            △1
          合計                  1,147              428             718

     当連結会計年度(平成30年12月31日)

                        連結
                                    取得原価              差額
          区分           貸借対照表計上額
                                    (百万円)             (百万円)
                       (百万円)
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
       株式                        1,138              394             743
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
       株式                         35             36            △1
          合計                  1,173              430             742

    2 連結会計年度中に売却したその他有価証券

      前連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
                        売却額           売却益の合計額             売却損の合計額

          種類
                       (百万円)             (百万円)             (百万円)
     株式                         386             179              ―

          合計                   386             179              ―

      当連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)

                        売却額           売却益の合計額             売却損の合計額

          種類
                       (百万円)             (百万円)             (百万円)
     株式                         48             39              ―

          合計                    48             39              ―

    3 減損処理を行った有価証券

       該当事項はありません。
                                 49/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (デリバティブ取引関係)
     1.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
      (1)金利関連
        前連結会計年度(平成29年12月31日)
                 デリバティブ                    契約額等       契約額等のうち          時価
     ヘッジ会計の方法                     主なヘッジ対象
                 取引の種類等                    (百万円)       1年超(百万円)         (百万円)
      金利スワップ
               金利スワップ取引
                           長期借入金             1,500         1,500     (注)
      の特例処理
               変動受取・固定支払
       (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されている
      ため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
        当連結会計年度(平成30年12月31日)

                 デリバティブ                    契約額等       契約額等のうち          時価
     ヘッジ会計の方法                     主なヘッジ対象
                 取引の種類等                    (百万円)       1年超(百万円)         (百万円)
      金利スワップ
               金利スワップ取引
                           長期借入金             1,500         1,500     (注)
      の特例処理
               変動受取・固定支払
       (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されている
      ため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                 50/77















                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (退職給付関係)
    1.採用している退職給付制度の概要
      当社は、確定拠出年金制度及び退職一時金制度を、連結子会社においては、退職一時金制度を設けております。な
     お、連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
    2.確定給付制度

     (1)   退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                     (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
    退職給付債務の期首残高                                     2,538              2,372
     勤務費用                                     147              150
     利息費用                                     14              13
     数理計算上の差異の発生額                                    △35              △61
     退職給付の支払額                                    △291              △260
     過去勤務費用の発生額                                      ―             11
    退職給付債務の期末残高                                     2,372              2,227
     (2)   退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                                     (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
    非積立型制度の退職給付債務                                     2,372              2,227
    連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                     2,372              2,227
    退職給付に係る負債                                     2,372              2,227

    連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                     2,372              2,227
     (3)   退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                     (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
    勤務費用                                      147              150
    利息費用                                      14              13
    数理計算上の差異の費用処理額                                      11              29
    過去勤務費用の費用処理額                                       ―              0
    出向先負担金受入額                                      △6              △4
    確定給付制度に係る退職給付費用                                      166              188
      (注) 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、勤務費用に計上しております。
     (4)   退職給付に係る調整額

       退職給付に係る調整額(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                     (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
    過去勤務費用                                       ―            △11
    数理計算上の差異                                      46              90
    合計                                      46              78
     (5)   退職給付に係る調整累計額

       退職給付に係る調整累計額(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                     (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
    未認識過去勤務費用                                       ―             11
    未認識数理計算上の差異                                      126              35
    合計                                      126              47
                                 51/77


                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     (6)   数理計算上の計算基礎に関する事項

       主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
    割引率                                     0.6%              0.6%
    予想昇給率                                     2.2%              1.9%
    3.確定拠出制度

      確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度41百万円、当連結会計年度41百万円であります。
                                 52/77

















                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                              (平成29年12月31日)               (平成30年12月31日)
        繰延税金資産
         繰越欠損金                           926  百万円              836  百万円
         退職給付に係る負債                           730               685
         賞与引当金                           16               15
                                   97               89
         その他
         繰延税金資産小計
                                  1,770               1,628
                                 △1,755               △1,607
         評価性引当額
         繰延税金資産合計
                                   15               20
        繰延税金負債

         固定資産圧縮積立金                           575  百万円              575  百万円
         有価証券評価差額                           220               227
                                    3               3
         その他
         繰延税金負債合計
                                   798               805
                                   783               784

        繰延税金負債の純額                            百万円               百万円
       (注) 前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金負債の純額は、連結貸借対照表の以下の項目
           に含まれております。
                               前連結会計年度               当連結会計年度

                              (平成29年12月31日)               (平成30年12月31日)
         流動資産-繰延税金資産                            7 百万円               7 百万円

         固定資産-投資その他の資産-その他                            7               12
         固定負債-繰延税金負債                           798               804
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                               前連結会計年度               当連結会計年度
                              (平成29年12月31日)               (平成30年12月31日)
        法定実効税率                          30.9  %              - %
        (調整)
        交際費等永久に損金に
                                   5.0               -
        算入されない項目
        受取配当金等永久に益金に
                                  △0.6                -
        算入されない項目
        住民税均等割等                          12.1                -
        評価性引当額                          32.0                -
                                  △1.1                -
        その他
         税効果会計適用後の法人税等
                                  78.3  %              - %
         の負担率
        (注)当連結会計年度は、税引等調整前当期純損失のため記載を省略しております。
    (企業結合等関係)

        該当事項はありません。
                                 53/77




                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (資産除去債務関係)
         重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      (賃貸等不動産関係)

         当社では、千葉県において、賃貸用の施設(土地及び建物を含む。)を所有しております。
         平成29年12月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は115百万円(賃貸収入は営業外収益に、賃貸費
        用は営業外費用に計上)であります。
         平成30年12月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は118百万円(賃貸収入は営業外収益に、賃貸費
        用は営業外費用に計上)であります。
         また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。
                                                (単位:百万円)
                             前連結会計年度                当連結会計年度
                           (自    平成29年1月1日              (自    平成30年1月1日
                            至   平成29年12月31日)              至   平成30年12月31日)
                  期首残高                    3,264                3,237
     連結貸借対照表計上額              期中増減額                    △27                △24

                  期末残高                    3,237                3,212

     期末時価                                 2,070                2,070

         (注)1 連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
            2 前連結会計年度の期中増減額のうち、増加額はなく、減少額は減価償却費(27百万円)でありま
              す。
              当連結会計年度の期中増減額のうち、増加額はなく、減少額は減価償却費(24百万円)でありま
              す。
            3 期末時価は、社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価書等に基づく金額であります。
                                 54/77












                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
         当グループは、食品事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       【関連情報】

        前連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
         1.  製品及びサービスごとの情報
           単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えているため
          記載を省略しております。
         2.  地域ごとの情報
           (1)  売上高
           本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
           (2)  有形固定資産
           本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
         3.  主要な顧客ごとの情報
           外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はあ
          りません。
        当連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
         1.  製品及びサービスごとの情報
           単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えているため
          記載を省略しております。
         2.  地域ごとの情報
           (1)  売上高
           本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
           (2)  有形固定資産
           本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
         3.  主要な顧客ごとの情報
           外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はあ
          りません。
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
         該当事項はありません。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

         該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

         該当事項はありません。
                                 55/77







                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     【関連当事者情報】
       1 関連当事者との取引
       (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
        (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る。)等
        前連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
                            議決権等
                  資本金又
        会社等の名称              事業の内容      の所有                  取引金額        期末残高
     種類         所在地    は出資金               関連当事者との関係         取引の内容          科目
         又は氏名              又は職業     (被所有)割合                    (百万円)        (百万円)
                  (百万円)
                             (%)
              愛知県
                                   業務提携
    その他の
                            (被所有)
                      各種物品の                    原材料の
                                                   買掛金      664
        豊田通商㈱     名古屋市     64,936                             6,602
                                  原材料の購入
                                                   未払費用       ▶
                      国内取引等                     購入
    関係会社
                           直接   33.49
              中村区
                                  役員の兼任
     (注)   1 上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2 取引条件及び取引条件の決定方針等
           原材料の購入については、市場の実勢価格を勘案して合理的に決定しております。
        当連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)

                            議決権等
                  資本金又
        会社等の名称              事業の内容      の所有                  取引金額        期末残高
     種類         所在地    は出資金               関連当事者との関係         取引の内容          科目
         又は氏名              又は職業     (被所有)割合                    (百万円)        (百万円)
                  (百万円)
                             (%)
              愛知県
                                   業務提携
    その他の
                            (被所有)
                      各種物品の                    原材料の
                                                   買掛金      571
        豊田通商㈱     名古屋市     64,936                             6,038
                                  原材料の購入
                                                   未払費用       ▶
                      国内取引等                     購入
    関係会社
                           直接   33.49
              中村区
                                  役員の兼任
     (注)   1 上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2 取引条件及び取引条件の決定方針等
           原材料の購入については、市場の実勢価格を勘案して合理的に決定しております。
       (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

         該当事項はありません。   
       2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

         該当事項はありません。   
                                 56/77










                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                          至 平成29年12月31日)                   至 平成30年12月31日)
     1株当たり純資産額                              1,355.61円                  1,292.59円
     1株当たり当期純利益又は1株当た
                                     8.26円                △76.82円
     り当期純損失(△)
     (注)   1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については潜在株式がないため記載しておりません。
        2   平成29年7月1日付で、普通株式10株につき1株の割合をもって株式併合を実施しております。前連結会計
          年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定して
          おります。
        3 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度
             項目
                             (平成29年12月31日)                (平成30年12月31日)
     純資産の部の合計額                (百万円)                 9,385                8,949

     純資産の部の合計額から
                     (百万円)                   ―                ―
     控除する金額
     普通株式に係る期末の純資産額                (百万円)                 9,385                8,949
     1株当たり純資産額の算定に
                      (株)              6,923,711                6,923,659
     用いられた普通株式の数
        4 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度
             項目               (自 平成29年1月1日                (自 平成30年1月1日
                            至 平成29年12月31日)                 至 平成30年12月31日)
     親会社株主に帰属する
                     (百万円)                   57               △531
     当期純利益又は親会社株主に帰属
     する当期純損失(△)
     普通株主に帰属しない金額                (百万円)                   ―                ―
     普通株式に係る親会社株主に
     帰属する当期純利益又は普通株式
                     (百万円)                   57               △531
     に係る親会社株主に帰属する当期
     純損失(△)
     普通株式の期中平均株式数                 (株)              6,923,710                6,923,702
      (重要な後発事象)

     該当事項はありません。
                                 57/77







                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      ⑤  【連結附属明細表】
        【社債明細表】
                              当期首残高       当期末残高       利  率

        会社名          銘柄      発行年月日                         担保     償還期限
                              (百万円)       (百万円)       (%)
               第3回無担保変         平成28年                 300             平成33年
     第一屋製パン㈱                             400          0.106     なし
               動利付社債         11月30日                (100)              11月30日
               第4回無担保変         平成29年                 120             平成34年
     第一屋製パン㈱                             150          0.116     なし
               動利付社債         12月29日                (30)             12月30日
     スリースター製菓          第1回無担保変         平成30年                 135             平成35年
                                  150          0.126     あり
     ㈱          動利付社債         3月30日                (30)             3月31日
     スリースター製菓          第2回無担保社         平成30年                 185             平成36年
                                  200           0.07    なし
     ㈱          債         6月29日                (28)             6月30日
                                        740
        合計          ―       ―        900           ―     ―      ―
                                       (188)
     (注)1       「当期末残高」欄の( )内書は、1年以内償還予定額の金額であります。
         2    連結決算日後5年以内における1年ごとの償還予定額は次のとおりであります。

                     1年超2年以
             1年以内                  2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                      内   
            (百万円)                   (百万円)          (百万円)          (百万円)
                      (百万円)
                  188          188          188          88          43
        【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

           区分                                       返済期限
                       (百万円)         (百万円)          (%)
     短期借入金                      1,200         1,100         0.68            ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                       33        208        0.90            ―

     1年以内に返済予定のリース債務                       62         64         ─           ―

     長期借入金(1年以内に返済予定
                          2,108         1,900         1.15   平成32年~平成33年
     のものを除く)
     リース債務(1年以内に返済予定
                           220         192         ─  平成32年~平成37年
     のものを除く。)
           合計               3,624         3,465          ─           ―
     (注)   1 「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
          なお、リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連結
          貸借対照表に計上しているため、「平均利率」を記載しておりません。
        2 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下
          のとおりであります
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                      (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
          長期借入金                  ―        1,900            ―          ―
          リース債務                 61          52          49          23

        【資産除去債務明細表】

           当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結
          会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
                                 58/77




                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【その他】
       当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

     売上高          (百万円)           6,429         12,759          18,894          25,145

     税金等調整前四半期
     (当期)純損失金額          (百万円)           △191          △255          △421          △478
     (△)
     親会社株主に帰属す
     る四半期(当期)純損          (百万円)           △203          △284          △460          △531
     失金額(△)
     1株当たり四半期
                (円)         △29.33          △41.07          △66.47          △76.82
     (当期)純損失金額
     (△)
         (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純
                (円)         △29.33          △11.74          △25.40          △10.34
     損失金額(△)
                                 59/77















                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    2  【財務諸表等】
     (1)  【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                 2,505              2,327
                                       ※4  3,591            ※4  3,197
        売掛金
        商品及び製品                                  79              59
        仕掛品                                   1              1
        原材料及び貯蔵品                                  344              319
        前渡金                                  28              33
        前払費用                                  47              45
                                        ※4  250            ※4  148
        未収入金
        その他                                   ▶              0
                                          △ 0             △ 0
        貸倒引当金
        流動資産合計                                 6,852              6,134
      固定資産
        有形固定資産
                                       ※1  2,136            ※1  2,047
         建物
                                        ※1  132            ※1  121
         構築物
                                       ※1  2,221            ※1  2,220
         機械及び装置
                                         ※1  9            ※1  9
         車両運搬具
                                        ※1  207            ※1  156
         工具、器具及び備品
                                       ※1  2,468            ※1  2,468
         土地
                                          60              46
         リース資産
         有形固定資産合計                               7,236              7,070
        無形固定資産
         借地権                                 16              16
         ソフトウエア                                110              100
         リース資産                                 3              2
         電話加入権                                 14              14
                                          12              -
         その他
         無形固定資産合計                                157              132
        投資その他の資産
         投資有価証券                               1,163              1,189
         関係会社株式                                288              288
         長期前払費用                                 13               7
                                       ※1  3,237            ※1  3,212
         賃貸固定資産
         その他                                 36              35
                                          △ 0             △ 0
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               4,738              4,734
        固定資産合計                                12,132              11,936
      資産合計                                  18,984              18,071
                                 60/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                       ※4  1,203            ※4  1,026
        買掛金
                                       ※1 ,2  933           ※1 ,2  1,008
        短期借入金
        1年内償還予定の社債                                  130              130
                                        ※1  23
        リース債務                                                 20
        未払金                                  104              309
        未払消費税等                                  52              45
                                       ※4  1,181            ※4  1,093
        未払費用
        未払法人税等                                  78              51
        預り金                                  122              176
                                          39              37
        賞与引当金
        流動負債合計                                 3,868              3,900
      固定負債
        社債                                  420              290
                                       ※1  2,108            ※1  1,900
        長期借入金
                                        ※1  45
        リース債務                                                 33
        繰延税金負債                                  798              805
        退職給付引当金                                 2,147              2,072
                                        ※1  319            ※1  281
        長期預り金
        資産除去債務                                  107              109
                                          54              93
        その他
        固定負債合計                                 6,003              5,586
      負債合計                                  9,871              9,486
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 3,305              3,305
        資本剰余金
                                         3,659              3,659
         資本準備金
         資本剰余金合計                               3,659              3,659
        利益剰余金
         利益準備金                                600              600
         その他利益剰余金
           固定資産圧縮積立金                              1,303              1,303
                                         △ 244             △ 790
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                               1,659              1,113
        自己株式                                  △ 9             △ 9
        株主資本合計                                 8,614              8,069
      評価・換算差額等
                                          498              515
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                  498              515
      純資産合計                                  9,113              8,584
     負債純資産合計                                   18,984              18,071
                                 61/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      ②  【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                   25,609              23,734
                                      ※1  18,633            ※1  17,675
     売上原価
     売上総利益                                    6,975              6,059
                                       ※2  7,524            ※2  7,022
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                    △ 549             △ 962
     営業外収益
                                        ※1  226            ※1  146
      受取利息及び受取配当金
                                        ※1  230            ※1  232
      賃貸収入
                                        ※1  186            ※1  163
      雑収入
      営業外収益合計                                   642              542
     営業外費用
      支払利息                                    32              26
      賃貸費用                                    73              50
                                          56              31
      雑損失
      営業外費用合計                                   162              108
     経常損失(△)                                    △ 68             △ 529
     特別利益
                                          179               39
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                   179               39
     特別損失
                                          -              78
      解約違約金
      特別損失合計                                    -              78
     税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                     110             △ 568
     法人税、住民税及び事業税
                                         △ 30             △ 22
                                          112              △ 0
     法人税等調整額
     法人税等合計                                     82             △ 23
     当期純利益又は当期純損失(△)                                     28             △ 545
                                 62/77










                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
       【製造原価明細書】
                             前事業年度                  当事業年度
                          (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                          至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
                    注記               構成比                  構成比
           区分              金額(百万円)                  金額(百万円)
                    番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 原料費                          9,571      57.91            8,806      55.88
     Ⅱ 労務費                          4,499      27.23            4,436      28.15

                               2,457                  2,516

     Ⅲ 経費                ※1                14.86                  15.97
       当期総製造費用                              100.0                  100.0

                               16,528                  15,759
                                 0                  1

       仕掛品期首たな卸高
           合計

                               16,529                  15,760
                                 1                  1

       仕掛品期末たな卸高
       当期製品製造原価

                               16,527                  15,758
     (注)   ※1 主な内訳は、次のとおりであります。

                項目             前事業年度(百万円)                 当事業年度(百万円)
         減価償却費                              441                432

         水道光熱費                              864                899
      (原価計算の方法)

       当社の原価計算は、実際原価による単純総合原価計算であります。
                                 63/77











                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      ③  【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自        平成29年1月1日 至           平成29年12月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                  株主資本
                         資本剰余金                   利益剰余金
                                          その他利益剰余金
                資本金
                            資本剰余金                         利益剰余金
                     資本準備金            利益準備金
                                        固定資産      繰越利益
                             合計                         合計
                                        圧縮積立金       剰余金
     当期首残高             3,305      3,659      3,659       600     1,303      △ 272     1,631
     当期変動額
     当期純利益                                             28      28
     自己株式の取得
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計               ―      ―      ―      ―      ―      28      28
     当期末残高             3,305      3,659      3,659       600     1,303      △ 244     1,659
                   株主資本           評価・換算差額等

                             その他

                                        純資産合計
                                  評価・換算
                自己株式     株主資本合計       有価証券
                                  差額等合計
                            評価差額金
     当期首残高              △ 9    8,586       530      530     9,116

     当期変動額
     当期純利益                    28                   28
     自己株式の取得             △ 0     △ 0                  △ 0
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                         △ 32     △ 32     △ 32
     額)
     当期変動額合計              △ 0      28     △ 32     △ 32      △ 3
     当期末残高              △ 9    8,614       498      498     9,113
                                 64/77










                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     当事業年度(自        平成30年1月1日 至           平成30年12月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                  株主資本
                         資本剰余金                   利益剰余金
                                          その他利益剰余金
                資本金
                            資本剰余金                         利益剰余金
                     資本準備金            利益準備金
                                        固定資産      繰越利益
                             合計                         合計
                                        圧縮積立金       剰余金
     当期首残高             3,305      3,659      3,659       600     1,303      △ 244     1,659
     当期変動額
     当期純損失(△)                                           △ 545     △ 545
     自己株式の取得
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計               ―      ―      ―      ―      ―    △ 545     △ 545
     当期末残高             3,305      3,659      3,659       600     1,303      △ 790     1,113
                   株主資本           評価・換算差額等

                             その他

                                        純資産合計
                                  評価・換算
                自己株式     株主資本合計       有価証券
                                  差額等合計
                            評価差額金
     当期首残高              △ 9    8,614       498      498     9,113

     当期変動額
     当期純損失(△)                   △ 545                  △ 545
     自己株式の取得             △ 0     △ 0                  △ 0
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                          16      16      16
     額)
     当期変動額合計              △ 0    △ 545       16      16     △ 528
     当期末残高              △ 9    8,069       515      515     8,584
                                 65/77










                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
     (重要な会計方針)
    1 有価証券の評価基準及び評価方法
       子会社株式
         ……移動平均法による原価法
       その他有価証券
        時価のあるもの…決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
                 移動平均法により算定)
        時価のないもの…移動平均法による原価法
    2 たな卸資産の評価基準及び評価方法
       製品…売価還元法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
       商品…月別総平均法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
       原材料及び仕掛品…同上
       貯蔵品…最終仕入原価法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
    3 固定資産の減価償却の方法
     (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法によっております。
        ただし、平成10年4月1日以降取得の建物(建物附属設備を除く)、機械及び装置については、定額法によって
       おります。
        なお、平成19年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)、機械及び装置以外の有形固定資産について
       も平成19年度税制改正前の定率法によっております。
     (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法によっております。
        ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっており
       ます。
     (3)  リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引については、リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法
       を採用しております。
     (4)  賃貸固定資産
        定額法によっております。
    4 外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
       外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
    5 重要なヘッジ会計の方法
     (1)ヘッジ会計の方法
        特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、特例処理によっております。
     (2)ヘッジ手段とヘッジ対象
        (ヘッジ手段)金利スワップ(ヘッジ対象)借入金
     (3)ヘッジ方針
        当社所定の社内承認手続きを行った上で、借入金の金利変動リスクを回避する目的により金利スワップを利用
       しております。
     (4)ヘッジの有効性評価の方法
        金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているため、有効性の評価を省略しております。
    6 引当金の計上基準
     (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒発生に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については
       個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
     (2)  賞与引当金
        従業員に対する賞与支給に充てるため、支給見込額を計上しております。
     (3)  退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
        過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法によ
                                 66/77

                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
       り費用処理しております。
        数理計算上の差異については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法によ
       り、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
    7 退職給付に係る会計処理
       退職給付に係る未認識数理計算上の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理の方
      法と異なっております。
    8 連結納税制度の適用
       当社及び連結子会社は、連結納税制度を適用しております。
    9 消費税等の会計処理の方法
       税抜方式によっております。
     (会計方針の変更)

        該当事項はありません。
     (表示方法の変更)

       (損益計算書関係)
       前事業年度において、独立掲記していた「営業外費用」の「支払補償費」は金額的重要性が乏しくなったため、
      当事業年度より「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務
      諸表の組替を行っております。
       この結果、前事業年度において、「営業外費用」に表示していた「支払補償費」17百万円、「その他」39百万円
      は「その他」56百万円として組み替えております。
     (追加情報)

        該当事項はありません。
                                 67/77












                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
     ※1 担保提供資産及びその対応債務は次のとおりであります。
      (1)  担保提供資産
                              前事業年度                 当事業年度
                            (平成29年12月31日)                 (平成30年12月31日)
        建物                       2,124百万円(簿価)                 2,064百万円(簿価)
                                46   (     〃  )          42   (     〃  )
        構築物
                                704   (      〃  )          596   (      〃  )
        機械及び装置
                                 2   (     〃  )           2   (     〃  )
        車両運搬具
        工具、器具及び備品                        118   (      〃  )          82   (     〃  )
                               2,468   (       〃  )        2,468   (       〃  )
        土地
                                310   (      〃  )          290   (      〃  )
        賃貸固定資産
        計                       5,775                 5,545
        なお、上記担保資産のうち、土地(50,959千円)及び建物(196,212千円)をスリースター製菓株式会社の被保
       証債務の物上保証に供しております。
    (2)  対応債務

                              前事業年度                 当事業年度
                            (平成29年12月31日)                 (平成30年12月31日)
        短期借入金                        933百万円                1,008百万円
        長期借入金                       2,108                 1,900
        長期預り金                        203                 166
        リース債務                         0                 ―
        計                       3,246                 3,074
       前事業年度(平成29年12月31日)
        上記の金額には工場財団抵当(2,101百万円)並びに当該対応債務(3,041百万円)が含まれております。
       当事業年度(平成30年12月31日)
        なお、上記の他、未償還社債に関する被保証債務が420百万円あります。
        また、上記の金額には工場財団抵当(1,908百万円)並びに当該対応債務(2,508百万円)が含まれております。
     ※2 財務制限条項

         当社は、運転資金及び設備資金の機動的かつ安定的な調達を可能にするため、取引銀行等とコミットメ
        ント契約を締結しております。これらの契約には下記の財務制限条項が付されております。
        平成29年5月18日付コミットメントライン契約
           融資枠契約の総額                                        2,000百万円
           借入実行残高(当事業年度末残高)                                          300百万円
            差引未実行残高
                                                   1,700百万円
        以上の契約にかかる財務制限条項
        (1
          2017年12月期決算以降、各年度の決算期の末日における連結の貸借対照表上の純資産の部の金額を直前
         )
          の決算期末日における連結の貸借対照表上の純資産の部の金額の75%以上に維持すること。
        (2
          2017年12月期決算以降の決算期を初回の決算期とする連続する2期について、各年度の決算期における
         )
          連結の損益計算書に示される経常損益が2期連続して損失とならないようにすること。
     3 偶発債務

      (1)  他社のリース取引に係る未経過リース料期末残高に対する連帯保証
                 前事業年度                         当事業年度
               (平成29年12月31日)                         (平成30年12月31日)
        ㈱ファースト・ロジスティックス                   188百万円      ㈱ファースト・ロジスティックス                   156百万円
     ※4 関係会社に対するものが次のとおり含まれております。

                              前事業年度                 当事業年度
                            (平成29年12月31日)                 (平成30年12月31日)
        短期金銭債権                         44百万円                 32百万円
        短期金銭債務                       1,076                  932
                                 68/77


                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (損益計算書関係)
     ※1 関係会社との取引に係る主なもの
                              前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成29年1月1日              (自    平成30年1月1日
                           至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
        仕入高                       8,431百万円                 7,623百万円
        その他の営業取引高                       2,552                 2,346
        営業取引以外の取引高                        377                 303
     ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額

                              前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成29年1月1日              (自    平成30年1月1日
                           至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
        配送費                       4,146   百万円              3,830   百万円
        給料及び諸手当                       1,278                 1,241
        賞与引当金繰入額                         16                 14
        退職給付費用                         78                 85
        減価償却費                         91                 83
       おおよその割合

        販売費                        84.8%                 83.8%
        一般管理費                        15.2%                 16.2%
      (有価証券関係)

        前事業年度(平成29年12月31日)
         子会社株式(貸借対照表計上額288百万円)は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められ
        ることから、記載をしておりません。
        当事業年度(平成30年12月31日)

         子会社株式(貸借対照表計上額288百万円)は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められ
        ることから、記載をしておりません。
                                 69/77










                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度               当事業年度
                              (平成29年12月31日)               (平成30年12月31日)
        繰延税金資産
         繰越欠損金                           926  百万円              836  百万円
         退職給付引当金                           658               634
         関係会社株式評価損                           32               32
         賞与引当金                           12               11
                                   85               83
         その他
         繰延税金資産小計
                                  1,714               1,598
                                 △1,714               △1,598
         評価性引当額
                                    ―
         繰延税金資産合計
                                                   ―
        繰延税金負債

         固定資産圧縮積立金                           575  百万円              575  百万円
         有価証券評価差額                           220               227
                                    3               3
         その他
         繰延税金負債合計
                                   798               805
                                   798               805

        繰延税金負債の純額                            百万円               百万円
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                前事業年度               当事業年度
                              (平成29年12月31日)               (平成30年12月31日)
        法定実効税率                          30.9  %              - %
        (調整)
        交際費等永久に損金に
                                   9.2                -
        算入されない項目
        受取配当金等永久に益金に
                                 △56.7                 -
        算入されない項目
        住民税均等割等                          27.2                -
        評価性引当額                          64.5                -
                                  △0.5                 -
        その他
         税効果会計適用後の法人税等
                                  74.6  %              - %
         の負担率
        (注)当事業年度は、税引前当期純損失のため記載を省略しております。
      (企業結合等関係)

       該当事項はありません。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 70/77






                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
      ④ 【附属明細表】
        【有形固定資産等明細表】
                                                   (単位:百万円)
                                                      減価償却

       区分        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                       累計額
     有形固定資産        建物             8,769        46       1     120     8,813      6,766

             構築物             1,104        ―      ―      10     1,104       982
             機械及び装置            18,430        272       32      270     18,669      16,448
             車両運搬具              175       ―      ―      0     175      166
             工具、器具及び備品              977       5      2      57      979      823
             土地             2,468        ―      ―      ―    2,468        ―
             リース資産              113       8      0      21      121       74
             建設仮勘定              -      296      296       ―      ―      ―
                 計        32,037        628      333      481     32,332      25,262
     無形固定資産        借地権              16       ―      ―      ―      16       ―
             ソフトウェア              165       26       ▶      37      187       87
             リース資産               6      ―      ―      1      6      3
             電話加入権              14       ―      ―      ―      14       ―
             その他              12      12      24       ―      ―      ―
                 計          214       38      29      38      223       91
     (注)   1 有形固定資産当期増加額のうち主なものは、小平工場の機械装置(パン生産設備等)191百万円、高崎工場
          の建物(電気設備等)11百万円及び小平工場の建物(電気設備等)10百万円であります。
        2 有形固定資産当期減少額のうち主なものは、高崎工場の機械装置(パン生産設備等)4百万円、小平工場の
          機械装置(パン生産設備等)4百万円及び横浜工場の機械装置(パン生産設備等)3百万円であります。
        3 「当期首残高」、「当期増加額」、「当期減少額」、及び「当期末残高」は、取得価額により記載しており
          ます。
        【引当金明細表】

                                                   (単位:百万円)
          科目          当期首残高           当期増加額          当期減少額            当期末残高
     貸倒引当金                      0           0           0           0

     賞与引当金                     39           37           39           37

     (2)  【主な資産及び負債の内容】

        連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3)  【その他】

        該当事項はありません。
                                 71/77






                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度              1月1日から12月31日まで

     定時株主総会              3月中

     基準日              12月31日

     剰余金の配当の基準日              6月30日及び12月31日

     1単元の株式数              100株

     単元未満株式の買取り

                  (特別口座)
       取扱場所
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                  (特別口座)
       株主名簿管理人
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社
       取次所              ―
       買取手数料              ―

                  当会社の公告方法は、電子公告とする。但し、事故その他やむを得ない事由によっ
                  て電子公告による公告をすることができない場合の公告方法は、日本経済新聞に掲
     公告掲載方法
                  載する方法とする。(URL             http://www.daiichipan.co.jp/)
     株主に対する特典              該当事項なし
     (注) 当社は、「当会社の単元未満株式を有する株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の
        権利を行使することができない。(1)                  会社法第189条第2項各号に掲げる権利                   (2)  会社法第166条第1項の規定
        による請求をする権利           (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式の割当を受ける権利及び募集新株予約権の割
        当を受ける権利」旨を定款に定めております。
                                 72/77











                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    第7   【提出会社の参考情報】
    1  【提出会社の親会社等の情報】

      当社は親会社等はありません。
    2  【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
    (1)  有価証券報告書

      及びその添付書類            事業年度       自 平成29年1月1日             平成30年3月29日
      並びに有価証券            (第76期)       至 平成29年12月31日             関東財務局長に提出。
      報告書の確認書
    (2)  内部統制報告書            事業年度       自 平成29年1月1日             平成30年3月29日

      及びその添付書類            (第76期)       至 平成29年12月31日             関東財務局長に提出。
    (3)  臨時報告書

       (株主総会における議決権行使の結果)

        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定に基づく臨時報告書を平成30年3月30
       日   関東財務局長に提出。
       (代表取締役の異動)

        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の規定に基づく臨時報告書を平成30年11月14日関東財務
       局長に提出。
    (4)  四半期報告書、             第77期       自 平成30年1月1日             平成30年5月15日

      四半期報告書の            第1四半期        至 平成30年3月31日             関東財務局長に提出。
                   第77期       自 平成30年4月1日             平成30年8月14日
      確認書
                  第2四半期        至 平成30年6月30日             関東財務局長に提出。
                   第77期       自 平成30年7月1日             平成30年11月13日
                  第3四半期        至 平成30年9月30日             関東財務局長に提出。
                                 73/77









                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 74/77



















                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                   平成31年3月28日

    第一屋製パン株式会社
     取締役会 御中
                         EY新日本有限責任監査法人
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       原  口  清  治            ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       宮  沢     琢            ㊞
                         業務執行社員
    <財務諸表監査>

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる第一屋製パン株式会社の平成30年1月1日から平成30年12月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、
    連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
    書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
    策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
    当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
    される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
    ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
    内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
    積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、第
    一屋製パン株式会社及び連結子会社の平成30年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経
    営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 75/77





                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
    <内部統制監査>
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、第一屋製パン株式会社の平成
    30年12月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
    内部統制報告書に対する経営者の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
    を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
    基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
    な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
    することを求めている。
     内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
    ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
    要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
    価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、第一屋製パン株式会社が平成30年12月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上
    記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠し
    て、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
      ※1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

        社)が別途保管しております。
      2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 76/77








                                                           EDINET提出書類
                                                      第一屋製パン株式会社(E00377)
                                                            有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                   平成31年3月28日

    第一屋製パン株式会社
     取締役会 御中
                         EY新日本有限責任監査法人
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       原  口  清  治            ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       宮  沢     琢            ㊞
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる第一屋製パン株式会社の平成30年1月1日から平成30年12月31日までの第77期事業年度の財務諸表、すなわち、貸
    借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行っ
    た。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、第一屋
    製パン株式会社の平成30年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点
    において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

      㯿ᄰNઊᠰ潶ﭘㅔ䩦湓齧ⰰ殊ᢏर唰谰彎讘԰銖ﭛ偓ᘰ地弰舰渰朰䈰訰İ崰湓齧ⰰ潟卹㸀⡧ॏꆊ㱒㡘ㅔ䩦큑祐

        社)が別途保管しております。
      2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 77/77


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。