日本エマージェンシーアシスタンス株式会社 有価証券報告書 第16期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第16期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:日本エマージェンシーアシスタンス株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券報告書

      【根拠条文】                         金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         平成31年3月28日
      【事業年度】                         第16期(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                         日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      【英訳名】                         Emergency     Assistance      Japan   Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長 倉田 潔
      【本店の所在の場所】                         東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                         03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                         代表取締役副社長 前川 義和 
      【最寄りの連絡場所】                         東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                         03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                         代表取締役副社長 前川 義和
      【縦覧に供する場所】                         株式会社東京証券取引所
                               (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/97













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
             回次             第12期       第13期       第14期       第15期       第16期
            決算年月            平成26年12月       平成27年12月       平成28年12月       平成29年12月       平成30年12月

                   (千円)      2,199,909       2,530,977       2,509,189       2,567,022       2,869,285

     売上高
     経常利益又は経常損失
                   (千円)       △ 26,440       131,367       118,914        38,912       141,895
     (△)
     親会社株主に帰属する当期
     純利益又は親会社株主に帰              (千円)       △ 35,570       89,507       64,049       25,255       95,469
     属する当期純損失(△)
                   (千円)       △ 10,184       74,826       50,872       34,523       79,463
     包括利益
                   (千円)       594,552       668,653       721,511       750,376       820,489

     純資産額
                   (千円)      1,995,625       2,048,360       2,079,137       2,119,492       2,288,224

     総資産額
     1株当たり純資産額              (円)       244.85       271.24       287.15       296.20       323.34

     1株当たり当期純利益又は
     1株当たり当期純損失              (円)       △ 14.71       36.71       26.06       10.25       38.63
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)         -      35.80       25.42       10.05       38.01
     当期純利益
                   (%)        29.8       32.4       34.0       34.5       34.9
     自己資本比率
                   (%)         -      14.2        9.3       3.5       12.5

     自己資本利益率
                   (倍)         -      30.10       53.68       100.88        40.12

     株価収益率
     営業活動による
                   (千円)        20,369       240,178       421,749       151,098       226,732
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                   (千円)      △ 216,687       △ 94,213      △ 46,132      △ 183,994       △ 85,220
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                   (千円)       352,717       △ 81,838      △ 104,648       △ 24,121      △ 145,740
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                   (千円)       641,591       698,256       957,357       894,481       882,537
     期末残高
                            274       259       268       265       290
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 18 )      ( 24 )      ( 27 )      ( 25 )      ( 31 )
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第12期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失
          であるため記載しておりません。
        3.第12期の自己資本利益率及び               株価収益率     については、親会社株主に帰属する当期純損失が計上されているため
          記載しておりません。
        4.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向
          者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、契約社員、嘱託社員、アルバイトを含む。)は、最近
          1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
        5.当社は平成27年9月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行いましたが、第12期の期首に当該株式分
          割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失及び潜在株式
          調整後1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  2/97



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次             第12期       第13期       第14期       第15期       第16期
            決算年月            平成26年12月       平成27年12月       平成28年12月       平成29年12月       平成30年12月

                   (千円)      2,164,877       2,498,619       2,485,832       2,530,877       2,834,642

     売上高
     経常利益又は
                   (千円)       △ 55,676       80,840       84,349       △ 5,064      112,936
     経常損失(△)
     当期純利益又は
                   (千円)       △ 63,047       61,908       38,410       △ 6,581       73,885
     当期純損失(△)
                   (千円)       297,483       301,108       303,237       303,988       304,739
     資本金
                    (株)      1,213,400       2,450,000       2,463,600       2,468,400       2,473,200

     発行済株式総数
                   (千円)       435,201       495,376       536,498       524,257       588,792

     純資産額
                   (千円)      1,797,194       1,853,572       1,881,153       1,880,685       2,046,565

     総資産額
                    (円)       179.34       202.21       212.05       204.58       229.65

     1株当たり純資産額
                           10.00        5.00       5.00       5.00       5.00
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当額)
                            ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     1株当たり当期純利益又は
     1株当たり当期純損失              (円)       △ 26.08       25.39       15.63       △ 2.67       29.90
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)         -      24.76       15.25         -      29.42
     当期純利益
                    (%)        24.2       26.5       27.8       26.9       27.8
     自己資本比率
                    (%)         -      13.4        7.6        -      13.8

     自己資本利益率
                    (倍)         -      43.52       89.52         -      51.84

     株価収益率
                    (%)         -      19.69       31.99         -      16.72

     配当性向
                            170       163       176       178       188
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 14 )      ( 21 )      ( 24 )      ( 21 )      ( 24 )
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第12期及び第15期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり
          当期純損失であるため記載しておりません。
        3.第12期及び第15期の自己資本利益率、株価収益率及び配当性向については、当期純損失が計上されているため
          記載しておりません。
        4.第12期は、ビジネス拡大により医療アシスタンス事業及びライフアシスタンス事業の売上が堅調に推移                                                  し たも
          のの、円安により海外センターへの支払い金額の増額、及び、業務量増加を見越して先行投資を実施したこと
          により、増収減益となりました。
        5.  第13期は、ビジネス拡大により医療アシスタンス事業及びライフアシスタンス事業の売上が堅調に推移し、円
          安により海外センターへの支払い金額が増額し人材やIT投資を実施したものの、効率的な業務運営を実施で
          きたことにより、増収増益となりました。
        6.第14期は、医療アシスタンス事業及びライフアシスタンス事業の売上が堅調に推移したものの、一部不採算契
          約の更新見送りの影響が出てほぼ前年と同様の売上になりました。費用に関しては円高により海外センターへ
          の支払い金額が抑制され、効率的な業務運営を実施でき増益となりました。また税務上の繰越欠損金が前連結
          会計年度に解消したため法人税等が前期に比べると増加し、当期純利益が前期よりも減少しました。
        7.第15期は医療アシスタンス事業の海外旅行保険の付帯サービスの売上が上期は競争激化と外部環境悪化により
          売上不振でしたが、下期には回復の兆しが見えました。ライフアシスタンス事業の売上は堅調に推移しまし
          た。その結果売上高は若干の増収でした。費用に関しては昇給や人員増による人件費増加、採用コスト上昇等
          に伴って増加し、減益となりました。
        8.第16期は、医療アシスタンス事業の海外旅行保険付帯サービスの売上が営業活動により伸び、法人・大学売
          上、インバウンド売上、国際プロジェクト売上も好調でした。また、ライフアシスタンス事業も堅調に推移し
          ました。費用に関しても人員増による人件費増加、設備投資等に伴って増加しましたが、増収増益となりまし
          た。
                                  3/97


                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        9.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用
          者数(パートタイマー、契約社員、嘱託社員、アルバイトを含む。)は、最近1年間の平均人員を( )外数
          で記載しております。
        10.平成27年9月1日付で株式1株につき2株の株式分割を行いましたが、第12期の期首に当該株式分割が行われ
          たと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失及び潜在株式調整後1株
          当たり当期純利益を算定しております。
                                  4/97



















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        当社は、平成15年1月東京都文京区小石川一丁目21番14号                            において、Europ        Assistance社(本店所在地:フラン
       ス。以下「EA社」という。)の日本法人、EA社の連結子会社として設立され(EA社の出資比率60%)、海外にいる日
       本人のための医療アシスタンス事業を開始いたしました。設立時に、様々な外資系の医療アシスタンス会社で医療ア
       シスタンスサービスに従事してきた経験豊富な日本人が集まり、EA社が有する海外センター(当時世界34カ国)とEA
       社が提携する病院や搬送飛行機会社などアシスタンスサービスを提供する海外プロバイダー(注1)を活用し、設立
       当初より世界各国において医療アシスタンスサービス(注2)を提供してまいりました。
        平成17年6月に当社前代表取締役吉田一正等が、EA社から株式取得を行うことで資本関係を解消し、日本人による
       日本人のための医療アシスタンスサービス提供会社としての体制の確立を図りました。なお、当該株式取得により、
       EA社は日本における当該事業から完全撤退し、当社が当該事業を継続して行っております。
        また、クレジットカード会社からの受託業務としてコンシェルジュサービス(注2)の提供、医療アシスタンス事
       業の一環としての官公庁関連業務の受託等、当社事業基盤を活用した新たな事業展開を積極的に進めております。
        当社の設立から現在に至るまでの沿革は、次のとおりであります。
        年月                            事項

      平成15年1月        東京都文京区に日本エマージェンシーアシスタンス株式会社を設立(資本金24百万円)。
      平成15年4月        24時間体制による医療アシスタンスサービス(注2)開始。
      平成16年7月        アメリカ(バージニア州)にて北中南米大陸での医療アシスタンスサービスを開始(平成17年7月に
             法人化。EMERGENCY         ASSISTANCE      JAPAN   (U.S.A),     INC.を設立、現連結子会社)。
      平成16年11月        シンガポールにてアジア・オセアニアでの医療アシスタンスサービスを開始(平成17年11月に法人
             化。EMERGENCY       ASSISTANCE      JAPAN   (SINGAPORE)      PTE.   LTD.を設立、現連結子会社)。
      平成17年1月        国内損害保険会社に対し海外旅行保険付帯サービスとしての医療アシスタンスサービスの提供を開
             始。
             タイ国(バンコク)にてタイ国及び周辺地域での医療アシスタンスサービスを開始(平成19年5月に
             法人化。EMERGENCY         ASSISTANCE      (THAILAND)      COMPANY    LIMITEDを設立、現連結子会社)。
      平成17年2月        イギリス(ロンドン)にヨーロッパ・アフリカでの医療アシスタンスサービス提供を事業目的として
             イギリスセンターを提携の海外プロバイダー内に設置。
      平成17年6月        当社代表取締役吉田一正等により、EA社が保有する全ての当社株式を取得し、EA社との資本関係を解
             消し、同社の連結子会社から外れる。
      平成17年12月        中国(北京市)に中国での医療アシスタンスサービス提供を事業目的として北京威馬捷国際旅行援助
             有限責任公司を設立(現連結子会社)。
      平成18年10月        第二次世界大戦中に日本軍によって中国国内に遺棄された化学兵器処理事業に係る医療支援サービス
             を内閣府から受託を受けた建設コンサルティング会社より受託(現在は内閣府と直接契約)。
      平成19年5月        国外クレジットカード会社との提携によるコンシェルジュサービス(注2)を開始。
      平成19年9月        コンシェルジュサービス強化のため、東京都より第3種旅行業を取得(東京都知事登録旅行業 第3
             -5955号)。
      平成20年4月        留学生危機管理サービス「OSSMA」のサービス提供を開始。
      平成22年10月        国家戦略プロジェクトである国際医療交流支援事業(外国人患者の受入れ)に関連した支援業務を経
             済産業省から受託を受けた国内シンクタンク会社より受託。
      平成23年2月        国際医療交流支援事業のサービス強化のため、外務省より医療滞在ビザの身元保証機関として認定。
      平成23年5月        JIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)よりプライバシーマークの認証取得(登録番号第
             10862174(01)号)。
      平成24年3月        バングラデシュ(ダッカ)に合弁会社を設立し、バングラデシュ及び周辺地域での医療アシスタンス
             サービスを開始(平成24年10月に事業資本を払込み、子会社化。Emergency                                    Assistance      Bangladesh
             Co.,   Ltd.   現連結子会社)。
      平成24年6月        大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。
      平成24年10月        タイアシスタンスセンターの運営を24時間365日体制とし、東南アジアにおけるサービス提供体制を
             強化。
      平成25年7月        東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上
             場。
      平成25年9月        業務提携関係にあるHill&Associates社(H&A)とアジア地域におけるセキュリティ・アシスタン
             スサービス(注2)の商品を開発・販売開始。
      平成26年1月        イギリス(ロンドン)に事業所設置。
      平成26年4月        ユナイテッド・ヘルスケア・グローバル社と業務提携し、全世界でセキュリティ・アシスタンスサー
             ビスを提供開始。
                                  5/97


                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        年月                            事項
      平成27年1月        イギリス事業所に提携プロバイダーの従業員全員が移籍し、イギリス事業所でイギリスにおける全業
             務の実施を始める。
      平成27年9月        国内で初めて医療渡航支援企業(注3)に認定される。
      平成28年3月        監査等委員会設置会社へ移行する。
      平成31年1月        カナダ(バンクーバー)にて医療アシスタンスサービスを開始し、北中南米大陸での営業を強化(平
             成30年8月に法人化)。
     (注)1.海外プロバイダーとは、他のアシスタンス事業者、搬送会社や葬儀会社など、当社がサービス提供を行うにあ
          たり一部業務を委託する事業者を総称したものです。当社は発生した案件に応じて、各事業者を使い分けアシ
          スタンスサービスを提供します。
        2.医療アシスタンスサービス、セキュリティ・アシスタンスサービス、及びコンシェルジュサービスにつきまし
          ては、3[事業の内容]に詳細を記載しております。
        3.「医療渡航支援企業認証制度」は、日本政府の成長戦略の一環として、来日して治療を受けようとする外国人
          が安心して医療サービスに関する相談や受診の支援が受けられるよう、一定の基準を満たした質の高い支援
          サービスを提供できる企業に日本政府が”お墨付き”を与える制度です。
                                  6/97















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
         当社グループは、当社及び連結子会社により構成されております。当社グループの主たる事業は、医療アシスタ
        ンス事業及びライフアシスタンス事業であり、連結子会社は、主に医療アシスタンス事業を行っております。医療
        アシスタンス事業とライフアシスタンス事業はセグメント情報の区分と同一です。
         当社グループが行っているアシスタンスサービスは主に国境をまたいだ環境におられるユーザーに対するサービ
        スで、海外での問題を解決するサービス(医療アシスタンスサービス)と海外での生活をより楽しくするサービス
        (コンシェルジュサービス、当社のセグメントではライフアシスタンス事業)の両サイドをご提供しています。
         [事業系統図]

        当社の主な事業内容を系統図によって示すと、以下のとおりです。
        ※ 当社及び海外センターがユーザーに対し直接アシスタンスサービスを提供することが基本となります。海外










         サービス提供者(海外プロバイダー)を使用する案件に限り、海外サービス提供者に対する当社からの業務の指
         示・コントロール、及び実費・委託料の支払いが発生します。
        ※ 医療アシスタンスサービスの提供主体(当社または海外センター)は、電話発信があった地域・時間などによ
         り変わります。
        ※ 海外センターのうち、イギリスセンターは2014年から当社の事業所となっております。
        ※ 後述する(2)自社展開のアシスタンスサービスの提供のうち、③                              官公庁受注に関する医療支援サービスはこの
         図には含まれておりません。
                                  7/97





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         当社グループの事業内容は次のとおりです。
        [医療アシスタンス事業]

         医療アシスタンスサービスは、海外旅行や海外駐在、海外渡航中に病気や怪我をされたユーザーが、自国にいる
        ときと比べて不自由なく必要な医療を受けられるように手配し、ご支援するサービスです。当社の世界各国に及ぶ
        医療機関・医療関係者とのネットワーク網や搬送飛行機会社等の各種海外サービス提供者を活用して、国や地域を
        問わず、海外での受診に必要となる様々な手配を行います。例えば、アフリカやアジアの僻地にユーザーがおられ
        る場合でも、受診が可能な地域まで航空機などを使用し搬送を行う手配をいたします。また、重症の場合は日本人
        医療者が現地まで出向き、日本人医療者の付き添いのもと日本まで帰国搬送をいたします。
         医療アシスタンス事業は(1)海外旅行保険の付帯としてのサービス提供(損害保険会社からの受託による医療

        アシスタンスサービス)と(2)自社展開のアシスタンスサービスの提供に分かれます。
        (主な関係会社)

         当社及びEmergency         Assistance      Japan   (U.S.A.),     Inc.
         Emergency     Assistance      Japan   (Singapore)       Pte.   Ltd.
         北京威馬捷国際旅行援助有限責任公司
         Emergency     Assistance      Thailand     Co.,   Ltd.
         Emergency     Assistance      Bangladesh      Co.,   Ltd.
         EAJ  Assistance      Services     Canada,    Inc.
        (1)  海外旅行保険の付帯としてのサービス提供

          損害保険会社のサービス規約に従い、海外旅行保険加入者(被保険者)が自国外において被った怪我や病気に
         対して、電話での対応から受診支援、搬送に至るまでの医療に関する様々なアシスタンスサービスを損害保険会
         社から受託しております。当事業においては、損害保険会社より、年間契約料収入と対応件数に応じた収入を得
         ております。
          当社では、電話発信の時間・地域ごとに当社ないし6つの海外センターにて電話受付及びサービス提供を行っ
         ており、東京本社(当社)においては、海外センターの業務時間外の受電対応に加え、重症者への対応や入院・
         搬送(帰国を含む)といった高度なコーディネートを専門部署が損害保険会社と連携を密にしながら24時間体制
         で行っております。
          海外旅行保険の付帯としてのサービス提供における、標準的なサービス提供の流れを図示すると、以下のとお
         りとなります。
                                  8/97










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        (2)  自社展開のアシスタンスサービスの提供
          自社展開のアシスタンスサービスとして、以下のものがあります。
        ①  事業法人向けアシスタンスサービス

         海外展開している事業法人や官公庁との直接契約で海外駐在者、海外渡航者の医療支援を含めた危機管理と危機
        対応に関するサービスを提供しています。現地の医療状況の調査や予防接種、健康診断の手配、病気の際の受診等
        の様々な医療サービスのコーディネートや旅行保険が効かない際の支援、危機管理情報の提供など、企業が海外に
        いる自社の社員及び家族に提供するべきサービスを企業担当者と連携をとりながら、海外での企業の安全配慮義務
        や従業員満足度向上政策にそった広範囲な対応を幅広く行っております。契約企業より年間契約料収入及び対応件
        数に応じた収入を得ています。
         なお、当サービスは、海外旅行保険の付帯としてのサービスとは異なり、保険適用に関係なくコーディネートを
        行うアシスタンスサービスであります。
        ②  留学生危機管理サービス

         海外留学する学生の危機管理として、医療支援をはじめ、連絡が取れない場合や行方不明時の捜索、海外生活に
        おける身近な問題の解決支援など、広く留学生活を支援するサービスです。契約大学より年間契約料収入、留学生
        数、対応件数に応じた収入を得ています。
        ③  官公庁受注に関する医療支援サービス

         官公庁から東アジア国家に対する第二次世界大戦の一連の事後処理事業に関する医療支援サービスを受託してい
        ます。この事業は日本と東アジア国家との覚書に基づき長期間に亘って行われる予定であります。当該サービスは
        官公庁からの業務受託料を収入としております。
        ④  国際医療事業サービス

         政府が日本の医療の国際展開を強く推進する中、当社はインバウンド事業(外国人患者の受入サポート等)及び
        アウトバウンド事業(医療技術・機器等の輸出)を伸ばし、日本の医療の国際展開をサポートしております。
         インバウンド事業については、当社は外国人患者と日本の医療機関とのマッチング、医療ビザの手配、医療通訳
        派遣等、国内医療機関で治療等を受ける外国人に対する一連のコーディネートサービスを自社で展開しておりま
        す。当社は医療滞在ビザの身元保証機関の登録第1号企業であり、日本がインバウンド事業に力を入れ始めた初期
        からサービス提供を実施しており、また、これまでの外国人患者の受入体制・実績が評価されて、2015年9月4日
        に一般社団法人Medical           Excellence      JAPANより、国内初の「医療渡航支援企業(※)」として認証されました。
         アウトバウンド事業については、日本の医療を海外に紹介するセミナーの運営、例えばアブダビ首長国において
        日本の医療施設や医療技術を紹介するセミナーの運営などを実施しております。
         ※「医療渡航支援企業認証制度」は、日本政府の成長戦略の一環として、来日して治療を受けようとする外国人が安心して医療サービ
         スに関する相談や受診の支援が受けられるよう、一定の基準を満たした質の高い支援サービスを提供できる企業に日本政府が”お墨付
         き”を与える制度です。
        ⑤  セキュリティ・アシスタンスサービス

         経済のグローバル化に伴い、日本企業の海外進出が増加する中で、海外在勤者及び渡航者が現地で遭遇するセ
        キュリティ・リスクが、多様化・複合化・巨大化しており、専門家による危機管理体制の構築が求められておりま
        す。
         当社は2013年9月からセキュリティ・アシスタンス商品を開発・販売し始め、現在では世界展開しているリスク
        マネジメント専門の会社と提携し、世界中でセキュリティ・アシスタンスサ―ビスを提供しております。
         海外医療アシスタンスを通じて培われた当社の危機対応能力と提携各社のセキュリティ・リスク・マネジメント
        能力を融合し、医療アシスタンスとセキュリティアシスタンスを合わせて企業のトータルリスク管理を実施しま
        す。
         具体的には、契約企業は当社本社アラーム・センター内に設置する24時間365日稼働のセキュリティ回線にアク
        セスし、サービス提供対象国におけるセキュリティ関連事案に関して、より詳しい情報やアドバイスを現地事情に
        精通するセキュリティ・プロフェッショナルから受けることができます。
         また、契約企業の担当者にサービス提供対象国で発生するセキュリティ関連事件(内戦、革命、クーデター、政
        変、暴動、テロ、重大犯罪、重大事故等)の内容及び対応のためのアドバイスを簡潔かつ迅速に日本語でEメール
        配信します。
         またオプションで現地の治安状況が悪化した際の最寄りの安全適地への緊急国外避難を支援するサービスも提供
        いたします。
        ⑥  救急救命アシスタンスサービス

         国内外の要医療サービス地に健康危機管理、救助・救急のサービスを提供するとともにエマージェンシ―教育な
        どのサービスを提供します。
                                  9/97

                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         また、救急救命士や看護師が現地プラント、僻地サイトに常駐して現地医療体制を構築し、緊急時の救急対応に
        加え、日常の健康見守りを実施して傷病の発生を未然に防止するプロジェクト型の救急救命アシスタンスサービス
        を これまで官公庁事業で提供してきましたが、これを「EAJプロジェクトアシスト」としてパッケージ化し、民
        間企業に向けて提供開始しております。
        [ライフアシスタンス事業]

         ライフアシスタンス事業では、現在クレジットカード会社からカード会員に対するコンシェルジュサービス(レ
        ストランの予約やイベントチケット等の取得等)を受託しております。
         当該事業で提供しているコンシェルジュサービスとは、医療アシスタンスサービスが病気、怪我をはじめとした
        緊急事態に対応するサービスであることに対して、「より気持ちよく、より楽しい」海外での生活を楽しんでいた
        だくためのお手伝いをするサービスです。
         当該事業は、クレジットカード会社からの年間契約料収入を主たる収入としています。
                                 10/97

















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                 主要な事業      議決権の所

           名称           住所      資本金                       関係内容
                                  の内容     有割合(%)
                                             ・医療アシスタンス事業の業務委託関

     (連結子会社)
                   米国         150,000
                                 医療アシス
                                              係(北中南米でのサービス提供)
     Emergency     Assistance
                                         100.0
                                 タンス事業
                   バージニア州         USドル
                                             ・役員の兼任2名
     Japan   (U.S.A.),     Inc.
                                             ・医療アシスタンス事業の業務委託関

     (連結子会社)
                            165,000
                                              係(アジア地域(中国とタイ国を除
     Emergency     Assistance
                   シンガポール
                                 医療アシス
                          シンガポー               100.0
                                 タンス事業
                                              く)でのサービス提供)
     Japan   (Singapore)       Pte.    シンガポール
                           ルドル
                                             ・役員の兼任1名
     Ltd.
                                             ・医療アシスタンス事業の業務委託関

     (連結子会社)
                                              係(中国でのサービス提供)
                   中国         250,000
                                 医療アシス
     北京威馬捷国際旅行                                    100.0
                                 タンス事業
                                             ・役員の兼任3名
                   北京市         USドル
     援助有限責任公司
                                             ・従業員の出向1名
     (連結子会社)                                        ・医療アシスタンス事業の業務委託関

                   タイ国        7,000,000               100.0
                                 医療アシス
                                              係(タイ国でのサービス提供)
     Emergency     Assistance
                                 タンス事業
                   バンコク         バーツ             (5.7)
                                             ・役員の兼任1名
     Thailand     Co.,   Ltd.
     (注)2
                                             ・国際医療交流支援サービスの業務委

     (連結子会社)
                                             託関係(バングラデシュにおけるプロ
                   バングラデシュ        10,000,000
                                 医療アシス
     Emergency     Assistance
                                          51.0
                                 タンス事業
                                             モーション事業及びインバウンドサー
                   ダッカ          タカ
     Bangladesh      Co.,   Ltd.
                                             ビスの提供)
                                             ・医療アシスタンス事業の業務委託関

     (連結子会社)
                                              係(北米でのサービス提供)
     EAJ  Assistance      Services
                   カナダ         500,000
                                 医療アシス
                                         100.0
                                 タンス事業
                                             ・役員の兼任2名
     Canada,    Inc.          バンクーバー       カナダドル
                                             ・従業員の出向1名
     (注)3
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

        2.「議決権の所有割合」欄の( )内は、間接所有割合で内数となっております。
        3.特定子会社に該当しております。
                                 11/97





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)  連結会社の状況
                                                  平成30年12月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)

       医療アシスタンス事業                                                206(17)

       ライフアシスタンス事業                                                53(8)

       全社(共通)                                                31(6)

                  合計                                    290(31)

     (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向
          者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、契約社員、嘱託社員、アルバイトを含む。)は、年間
          の平均人員数を( )外数で記載しております。
        2.全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門等に所属してい
          るものであります。
       (2)  提出会社の状況

                                                  平成30年12月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

                188
                          39.6              5.3             4,406
               (24)
               セグメントの名称                             従業員数(人)

       医療アシスタンス事業                                                104(10)

       ライフアシスタンス事業                                                53(8)

       全社(共通)                                                31(6)

                  合計                                     188(24)

     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用
          者数(パートタイマー、契約社員、嘱託社員、アルバイトを含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載
          しております。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門等に所属してい
          るものであります。
       (3)  労働組合の状況

         当社グループの労働組合は結成されておりませんが、労使関係は安定しております。
                                 12/97







                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社が判断したものであります。
      (1  )経営方針・経営戦略等

        ①会社の経営の基本方針
        当社グループのサービスは日本人の視点に立った、細やかな「ジャパンスタンダード」のアシスタンスであり、グ
       ローバル化が進む中では日本人のお客様のみならず世界のお客様へ一人一人の気持ちになって真に求められている
       サービスを提供していく必要があります。
        グローバル化の進展に伴い、当社グループが提供するサービスすなわちアシスタンスへの需要は今後も増加するも
       のと考えております。それは一方では当社グループのお客様が世界のあらゆる場所で活躍される機会が増え、慣れな
       い場所での自然災害やパンデミック、テロなど予期しない出来事に遭われる可能性が高まることを意味します。この
       ような事態に迅速に対応するために、世界の隅々までサービスを提供できるオペレーション能力の向上とサービス体
       制の構築が必要であると考えます。
        そのため、変化に対応できる柔軟な組織体制の構築とサービスのより一層の質の向上のための設備投資及び社員教
       育を行ってまいります。
        「アシスタンスでお客様の世界を広げる」を合言葉として、さらなる規模の拡大を目指してまいります。
        ②中長期的な会社の経営戦略
        成長シナリオを進めていくためには、環境の変化に影響を受けることなく安定した利益の確保ができる企業体
       質の確立が経営の重要課題と認識しており、以下の施策により業績の向上に邁進してまいります。
        [医療アシスタンス事業]
        当社グループは、引き続き主力事業である海外旅行保険およびクレジットカードの付帯としてのアシスタンス事業
       の拡充を目指してまいります。引き続き顧客への世界最高品質のサービス提供を追求することで、顧客満足度の向上
       を図り、高い信頼を得ることが目標です。加えて医療アシスタンス事業では国内外の医療機関とのより一層の関係強
       化を図り、顧客に対して信頼性が高くよりきめ細かいサービスを提供していきます。
        また、法人・大学がグローバル化を推し進め、駐在員や留学生が増加する中で、海外で事故や病気になる件数が増
       加しており、医療アシスタンスサービスに対する需要は増加しております。
        また、医療アシスタンスだけでなく、昨今のテロやデモ・暴動など、世界各国において多様化、高度化、複雑化す
       るセキュリティ・リスクへの対応が求められており、セキュリティ分野においても当社サービスを提供することで企
       業様のニーズに対応し、医療アシスタンスとセキュリティアシスタンスを合わせたトータルリスク管理を支援してい
       きたいと考えております。
        日本の医療の国際展開事業においては外国人患者の受入支援事業を中心に着実な売上増加を見込んでおります。当
       社は「医療渡航支援企業」に認定され、「ジャパン インターナショナル ホスピタルズ」の中の多くの医療機関が
       利用する「医療渡航支援企業」にも指定されていることで認知度および信頼性が向上しており、訪日医療患者の数も
       堅調に推移することが予想されます。
        また、円安基調及び2020年までに訪日外国人を4,000万人にするという政府の目標を背景とした訪日外国人の増
       加、外国人を実際に受け入れている医療機関の増加という環境を生かして、これらの人々へのアシスタンス提供事業
       でも万全の処理体制を構築し、更なるビジネス拡大を図りたいと考えております。
        [ライフアシスタンス事業]
        そして、ライフアシスタンス事業については、これまでに培ったノウハウや既存顧客から獲得している高い信用を
       生かし、高品質のサービス提供を武器に事業拡大を進めます。
      ( 2)  目標とする経営指標

        当社グループは、事業の継続的な拡大を通じて、企業価値を向上させていくことを経営の目標としております。
       経営指標としては利益の確保に加え、現金の動きを把握するキャッシュ・フロー経営を重視するとともに、資本効率
       の観点から、ROE(自己資本利益率)向上による企業価値の増大に努めてまいります。また、配当について、将来の
       事業展開や経営環境の変化などを勘案のうえ、安定配当の継続に努めてまいります。
      (3)経営環境及び対処する課題

        平成31年度の当社の事業環境を展望すると、訪日外客数の急増を受けて、インバウンドの医療アシスタンス体制
       整備が緊急の課題となりつつあります。行政機関、医療機関、企業等からインバウンド関連の新たな事業ニーズが数
       多く寄せられており、国内の医療機関との間で強固なネットワークを保有する我々の果たすべき役割は大きなものと
       なっています。こうしたインバウンド関連の新規事業の開拓が今年の第一の課題です。
        また、既存事業分野でも、海外に出国する日本人旅行者等は増加傾向にあり、海外における活動を強化しつつあ
       る企業や大学等からの需要もますます高まる傾向にあります。この期待に応え、大きなニーズを当社の事業として確
       実に取り込み、売上高で大きな成長を達成するとともに、業務品質の向上と効                                    率化の両方を徹底して進め、一層の高
                                 13/97


                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       収益体質を構築しなければなりません。そのためには、従業員のやりがいを高め、快適な職場環境を作り、活気あふ
       れる企業風土づくりを進めなければなりません。
        以上のような基本認識のもと、今年度は下記のような重点事業目標を掲げて、事業推進に取り組んでまいりま
       す。
        <重点事業目標>

        (1)新規インバウンド医療アシスタンス事業の獲得と訪日外国人診療体制整備事業への貢献
        (2)その他インバウンド事業をはじめとした新規事業の開拓・獲得による事業拡大
        (3)既存事業の売上拡大
           ①海外旅行保険付帯医療アシスタンス事業売上の拡大
           ②国際医療コーディネートサービスの拡大
           ③コーポレート契約の大幅増
        (4)全グループあげての業務プロセス見直しの継続
        (5)海外センターの自立推進
        (6)従業員のやりがいを高める仕組みの構築
                                 14/97
















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
       事項には、以下のようなものがあります。なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループ
       が判断したものであります。
       ①在外駐在者、海外渡航者数の急激な減少について

        当社グループの中核的な事業は、主に海外駐在者、海外渡航者に対するアシスタンスサービスの提供であります。
       そのため、国内外の不況、急激な円安、海外の政情不安や治安悪化、地域紛争、戦争、航空運賃の高騰、伝染病の流
       行などにより、海外駐在者、海外渡航者数が急激に減少した場合、アシスタンスサービス提供数が減少し、当社グ
       ループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ②官公庁からの受託業務に係るリスクについて

        官公庁からの受注事業である国際プロジェクト事業等につきましては、官公庁からの発注は一般競争入札にもとづ
       いており、当社が落札できない場合には当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。また、計画どおりに
       予算が執行されず受託業務が減少した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ③個人情報の漏洩について

        当社グループは、業務の性質上多数の個人情報を保有しており、いわゆる個人情報保護法に定める「個人情報取扱
       事業者」に該当し、個人情報の取扱いに関して一定の義務を負っております。そのため、当社では「プライバシー
       マーク」を取得するとともに、個人情報保護関連の諸規程を整備し運用するなど、社内の管理体制には万全を期して
       おります。また、特に要配慮個人情報を扱う部署への入室資格者の制限とビデオカメラ撮影による記録の保存、自社
       サーバー内のデータへのアクセス権限の厳格な管理、従業員への定期的な個人情報保護関連研修などを実施しており
       ます。しかしながら、想定外の理由により万一個人情報が外部へ漏洩するような事態が発生した場合には、当社グ
       ループの信頼低下による大口顧客の契約解除、業務範囲の縮小による売上の減少や損害賠償による費用の発生などに
       より、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ④システムトラブルについて

        当社グループの基幹業務システムのトラブルを防止及び回避するために、データベースサーバ及びWEBサーバの外
       部データセンターへの外出し、冗長化や定期的なバックアップ等を実施しております。しかしながら、万が一予期せ
       ぬ大規模災害や人為的な事故等によるシステムトラブルが発生した場合には、システム回収費用や損害賠償等の費用
       発生により当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑤立替金について

        当社グループでは、医師・医療機関への事前の支払のため保険会社等に対する立替金が発生し、事業拡大に伴いそ
       の金額も大きくなる傾向があります。保険会社に対する立替は、信頼ある保険会社との間の契約に従い実施している
       ものであり、回収にかかるリスクは限定的と考えております。また、保険会社以外につきましては、原則、顧客より
       予想される立替金額を上回る前受金を収受するか、もしくは信用ある法人に対しては当社の与信管理基準に従いつ
       つ、顧客から支払い確約書を入手した上で行う等の対応を行っております。しかしながら、万が一多額の立替金の回
       収遅れや回収不能な事態が生じた場合には、当社グループの財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑥法令・規制の変更について

        現在、当社グループが関連する業界においては特定の許認可制度などはないものの、今後、新たな自主規制が設け
       られたり、公的、準公的資格の取得が義務付けられたりする可能性があります。当社グループの想定を超えた法的規
       制及び自主規制等が設けられた場合、当社グループのビジネスモデル等に影響を及ぼす可能性があります。そのた
       め、業界動向等については十分に注意を払って参ります。
       ⑦人材の確保及び育成について

        医療アシスタンス事業における二カ国語以上を話すスキルと医療や保険などに関する深い知識を持ったアシスタン
       スコーディネーター及びライフアシスタンス事業における、二カ国語以上を話し、且つコンシェルジュサービスに関
       する豊富な知識と経験を持つ従業員は、当社グループの重要な資産であります。しかし、サービス提供に必要な人材
       が早期に確保・育成できなかった場合には事業展開の速度に影響を及ぼす可能性があります。そのため、年齢、性別
       にこだわらず間口を大きく広げた採用活動や内部での研修強化により人材の確保と育成に努めています。
                                 15/97



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       ⑧カントリーリスクについて
        当社グループでは、現在、米国、中国、タイ国、シンガポール、バングラデシュ、カナダに子会社、英国に支店を
       置き、世界各国をサービス提供エリアとした事業展開を行っております。そのため、これらの国々で軍事クーデ
       ター、内乱・大規模な騒乱、国家経済の破綻、法的制度の大幅な変化などが生じた場合、当社グループの業務執行に
       影響が生じる場合があります。また日本人の海外滞在者の多い地域や全世界を範囲とするような上記の事象が生じた
       場合にも、海外渡航者数の減少により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑨自然災害について

        重大な自然災害が発生し当社の事業所が被災した場合には、円滑な業務遂行に影響が出ることは避けられず、その
       結果、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。そのため、このような場合に備えて日本と海外の7カ
       国に設置しているアシスタンスセンター間を結ぶ高機能電話システムを導入し、特定のセンターが被災して受電でき
       なくなっても、他センターで受電し顧客への通常サービスを提供できる体制としています。また、日本に設置して海
       外センターと共同で使用するコンピューターサーバーは万全の安全対策を施したサーバーセンターに外出しし、高機
       能電話システムと合わせて被災時にも顧客への通常サービスを提供できる体制を整えています。
       ⑩訴訟・クレームに関するリスクについて

        これまで当社グループが国内外で行っている事業に関連した訴訟は発生しておりませんが、万一当社グループの提
       供するサービス等をめぐる訴訟やクレーム等が発生した場合には当社グループの財政状態及び業績に影響を及ぼす可
       能性があるため、適切な保険の付帯等によりリスクヘッジ策を講ずるとともに、有力弁護士をかかえる法律事務所と
       顧問契約を締結し、適切なアドバイスを得て、こうしたリスクの顕在化防止に注力しています。
                                 16/97














                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績およびキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等と
      い う。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ①財政状態及び経営成績の状況
        当連結会計年度における我が国経済は、雇用環境や個人所得の改善が続くなど緩やかな回復基調で推移しました。
       一方、英国のEU離脱交渉の不確実性や米国通商政策の先行き不透明感などの懸念要素が継続し、景気の先行きは依
       然として不透明な状況が見込まれます。
        当社グループの主要事業の業績に影響を与える海外出国者数につきましては平成30年全体では18,954千人で前年比
       6.0%増と過去最高の数字となりました                  (日本政府観光局(JNTO)調べ)               。
        海外からの訪日外客数についても前年比8.7%増で過去最高の31,191千人となりました(日本政府観光局(JNTO)
       調べ)。
        当社の主要業務である海外における日本人顧客向けの医療アシスタンスサービスにとって海外出国者数の増加は好
       環境であり、      海外旅行保険の付帯サービス、              事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュ
       リティ・アシスタンスサービスの提供は堅調に推移しました。
        また、外国人患者受入を実施する国際医療事業についても日本の高度医療に対する認知度の向上と外国人受入医療
       機関の増加を受けて着実に実績をあげております。
        以上の結果、当連結会計年度の売上高は2,869百万円(前期比11.8%増)と増収になりました。
        一方で、費用につきましては、カナダセンター開設に伴う初期投資とグループ全体に及ぶ人件費の上昇により増加
       し、当連結会計年度の売上原価は2,139百万円(前期比9.5%増)、販売費及び一般管理費が581百万円(前期比5.7%
       増)となり、営業利益は148百万円(前期比136.9%増)、経常利益は141百万円(前期比264.7%増)、親会社株主に帰
       属する当期純利益は95百万円(前期比278.0%増)となりました。
       セグメントの状況は次のとおりであります。

       (医療アシスタンス事業)
       (ⅰ)海外旅行保険の付帯サービス
        海外旅行保険の付帯サービスに関しましては、海外出国者数の増加という好環境のもとで売上が前年同期比で増加
       しております。
       (ⅱ)事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタンスサービス
        当社は医療アシスタンスサービスとセキュリティ・アシスタンスサービスの両サービスを企業に、留学生危機管理
       サービスを大学に提供しております。企業・大学は海外での危機管理対応のため、サービスの利用が増え、売上高は
       増加しました。
       (ⅲ)救急救命アシスタンス事業
        救急救命アシスタンス事業は、三次元物理探査船運航への医療支援業務や官公庁受注業務を着実に実施することで
       売上は堅調に推移しました。
        また民間企業が海外の僻地で取り組む大規模建設工事現場にサイトクリニックを設置し、医師・救急救命士・看護
       師が常駐して現地医療体制を構築し、病人や怪我人の対応を行う事業(EAJプロジェクトアシスト)を新規に受注
       し、順調に運営しております。当事業に関して今後の拡大が期待されます。
       (ⅳ)国際医療事業
        国際医療事業につきましては、国内医療機関とのネットワーク活動の強化、患者受入環境の好転と相まって患者受
       入数は増加しました。
        受入れ患者が一番多い中国のグループ会社において営業を強化するとともに、WeChat等SNSを利用した情報配信、
       広告宣伝活動に力を入れ、今後の更なる患者受入数増加を期待しています。
        また、日本国内では、海外からの訪日外客数の増加に伴い、日本国内で外国人に病気や怪我など不測の事態が起
       こった場合のスムーズな医療提供が大きな課題となりつつあります。官公庁・保険会社等と協力し、緊急対応型医療
       アシスタンスの拡大に向けてサービス内容の拡充と人材採用等の準備を実施してまいります。
        当セグメントの費用に関しましては、ビジネス拡大のための人材確保と設備投資により増加しました。また、昨今

       の人手不足による採用コスト増や世間の人件費上昇を考慮した昇給により人件費単価も増加しました。
        新たな費用発生要因であるカナダセンターの設置は海外センターを含めたグループ全体の受電業務について同一の
       高品質サービスを提供できるような仕組みである「シングルオペレーションプラットフォーム」を実現するため必要
       な措置であり、同時にこれにより高レベル人材の採用、北米地域における営業活動の強化も可能となります。
        これらの結果、医療アシスタンス事業の売上高は2,369百万円(前期比12.8%増)、セグメント利益は462百万円
       (前期比28.4%増)となりました。
       (ライフアシスタンス事業)

                                 17/97


                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        ライフアシスタンス事業につきましては既存事業については着実な遂行を実施し、新規サービスも順調に軌道にの
       り、売上高は堅調に推移しました。
        一方で増大する顧客対応業務に対応するため人員採用を進め人件費は増加しました。
        この結果、ライフアシスタンス事業の売上高は499百万円(前期比7.2%増)、セグメント利益は113百万円(前期比
       18.8%増)となりました。
       ②キャッシュ・フローの状況

        このような状況下、当連結会計年度における現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度末に比べ11百万円
       減少し、882百万円となりました。
        当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・インフローは、226百万円(前連結                                          会計年度    は151百万円の
       キャッシュ・インフロー)となりました。この主な要因は、税金等調整前当期純利益を139万円計上したこと、減価
       償却費を83百万円計上したことに加え、外国人患者受入れ等に関する前受金133百万円の増加、キャッシュレスサー
       ビス等を実施するための医療機関に対する立替金125百万円の増加によるものであります。
        当連結会計年度における投資活動によるキャッシュ・アウトフローは、85百万円(前連結                                          会計年度    は183百万円の
       キャッシュ・アウトフロー)となりました。この主な要因は、有形固定資産の取得による支出72百万円、定期預金の
       預入による支出20百万円、定期預金の払戻による収入13百万円によるものであります。
        当連結会計年度における財務活動によるキャッシュ・アウトフローは、145百万円(前連結                                           会計年度    は24百万円の
       キャッシュ・アウトフロー)となりました。この主な要因は、短期借入金の返済による支出80百万円、長期借入金の
       返済による支出54百万円、配当金の支払による支出が12百万円あったことによるものであります。
       ③生産、受注及び販売の実績

       (1)  生産実績
        当社グループはアシスタンス業務の提供を主たる事業として行っており、生産に該当する事項はありません。
       (2)  受注  実績

        当社グループの主たる事業であるアシスタンス業務の提供は、提供するサービスの性格上、受注の記載になじまな
       いため、当該記載を省略しております。
       (3)  販売実績

        当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                当連結会計年度
           セグメントの名称                   (自 平成30年1月1日                   前年同期比(%)
                               至 平成30年12月31日)
      医療アシスタンス事業 (千円)                                 2,369,595                 +12.8
      ライフアシスタンス事業(千円)                                  499,690                +7.2

         合計      (千円)                              2,869,285                 +11.8

      (注)1.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりで
           あります。
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                相手先            至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
                         販売高(千円)          割合(%)        販売高(千円)          割合(%)

            損害保険ジャパン日本興亜
                            1,204,495            46.9      1,359,419            47.4
            株式会社(注)3
            American     Express
                             390,263          15.2       306,280          10.7
            International       Inc.
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.損害保険ジャパン日本興亜株式会社の企業集団に属するSompo                               America    Insurance     Services     LLCへの販売高
           を集約して記載しております。
                                 18/97



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①  重要な会計方針及び見積り

          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
         ております。この連結財務諸表の作成にあたり、売掛金等に対する貸倒引当金、及び資産・負債の報告数値なら
         びに財務諸表の開示内容に影響を与えるその他の事項について、過去の実績や状況に応じ合理的と考えられる判
         断や見積りを行っております。従って、実際の結果がこれらの見積り額と異なることがあり、結果として連結財
         務諸表に重要な影響を与えることがあります。重要な会計方針については「第5 経理の状況、1 連結財務諸
         表等」に記載しております。
       ②  当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         (売上高)
          売上高は前年比11.8%増の2,869百万円になりました。
          医療アシスタンス事業において、海外旅行保険の付帯としてのサービス提供に関する売上は増加し、国際医療
         事業サービスにおける受入外国人患者数は増加し、また法人・大学の危機管理意識の高まりにより、事業法人向
         けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタンスサービスの提供数が増加し、
         ライフアシスタンス事業においては提携会社の営業拡大に貢献したため売上が増加しました。
          また、外国人患者受入を実施する国際医療事業についても日本の高度医療に対する認知度の向上と外国人受入
         医療機関の増加を受けて着実に実績をあげております。
         (営業利益)

          売上原価は      カナダセンター開設に伴う初期投資など、                    ビジネス拡大や業務量増加に対応するための人材・設
         備投資、昨今の人件費上昇により人件費単価の影響もあり                           2,139百万円(前年比9.5%増)となりました。
          また、販売費及び一般管理費は                アシスタンスサービス体制強化のための投資及び                       人件費の上昇により         581百万
         円(前年比5.7%増)となりました。
          以上の結果、営業利益は148百万円(前年比136.9%増)と伸長ました。なお、営業利益率は5.2%(前年比
         2.8%ポイント増)と大きく増加しました。
         (親会社株主に帰属する当期純利益)

          営業外収益は受取保険金等により6百万円となりました。
          営業外費用は円高の影響による為替差損9百万円と支払利息3百万円の計上等があり13百万円となりました。
          また、特筆すべき特別利益及び特別損失の計上はありません。
          以上の結果、親会社株主に帰属する当期純利益は95百万円と伸長し、当期純利益率は3.3%(前年比2.3%ポイ
         ント増)と大きく増加しました。
         (財政状態)

          当連結会計年度末の総資産につきましては、前連結会計年度末に比べ168百万円増加し、2,288百万円となりま
         した。主な増減要因としては、ビジネス拡大に伴う医療機関等への立替金125百万円の増加、売掛金64百万円の
         増加、有形固定資産23百万円の増加、無形固定資産                        39 百万円の減少がありました。
          負債につきましては、前連結会計年度末に比べ98百万円増加し、1,467百万円となりました。主な増減要因と
         しては、医療ツーリズムに伴う前受金133百万円の増加、未払法人税等49百万円の増加、短期借入金の返済80百
         万円、前受収益25百万円の増加がありました。
          純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ70百万円増加し820百万円となりました。これは主に、親会
         社株主に帰属する当期純利益が95百万円発生し、為替換算調整勘定が16百万円減少し、前連結会計年度分の配当
         金の支払いのために資本剰余金が12百万円減少したことによるものであります。
          以上の結果、当連結会計年度末における自己資本比率は34.9%(前期比0.4ポイント増)、自己資本利益率は

         12.5%(前期比9.0ポイント増)と向上しました。自己資本比率の低さについては医療機関に対して立替を実施
         するため、ビジネス拡大をするにつれて借入が増えるビジネスモデルとなっているためです。また、自己資本利
         益率を重要な経営指標とし、自己資本利益率を高くするために着実に利益を積み重ねていくよう努めます。
          なお、今後の見通しにつきましては、「1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等に記載のとおりであり
         ます。
                                 19/97


                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         また、当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「2 事業等のリスク」に記載のと
         おりであります。
        (資本の財源及び資金の流動性)

          当社グループは医療機関に対して立替払いを実施するため、また事業規模の拡大と収益源の多様化を求めるた
         めに必要に応じて資金調達を実施いたします。投資のための資金調達は基本的には銀行からの固定金利での長期
         借入金によっております。また機動的な資金確保のため取引銀行9行と当座貸越契約を締結しております。
          当社は、財務基盤を強化するとともに、成長のための投資資金の確保を実現するため、投資計画と立替資金及
         びリスク対応の留保分を考慮したうえで保有すべき現預金水準を設定し、適正レンジで維持しております。
                                 20/97

















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
        契約会社名          相手方の名称               契約内容                 契約期間

     日本エマージェンシー                                        平成27年2月1日より平成28年

                           相手方の海外旅行保険を購入した顧客
                 損害保険ジャパン
     アシスタンス株式会社                                        1月31日まで(以降1年ごとの
                           (被保険者)へのアシスタンスサービ
                 日本興亜株式会社
     (当社)                                        自動更新)
                           スの提供
     日本エマージェンシー

                           相手方は当社コーディネーターの指示
     アシスタンス株式会社
                 海外のプロバイダー                            原則として1年ごとの自動更新
                           に従い顧客へのサービスを提供する。
     (当社)
     日本エマージェンシー

                           相手方がキャッシュレスサービスを提
     アシスタンス株式会社
                 国内外の協力病院                            原則として1年ごとの自動更新
                           供する。(注)
     (当社)
     (注)   相手方が提供するサービスは以下のとおりです。

        キャッシュレスサービスの提供(当社が契約した個人又は当社と契約した法人とアシスタンスサービスの契約を締
        結した個人が医療機関で支払いをすることなく受診できるサービス。当社は医療機関に対し医療費の立替払いを行
        いますが、キャッシュレスサービスに対する医療機関への役務提供料等の支払いはありません)。
      5【研究開発活動】

        当社グループは、研究開発活動は実施しておりませんので該当事項はありません。
                                 21/97












                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度の設備投資については、医療アシスタンス業務の充実及び業務効率向上等を目的とした設備投資を
       継続的に実施しております。当連結会計年度の設備投資額(有形固定資産及び無形固定資産の取得価額)は次のとお
       りであります。
       セグメントの名称                   当連結会計年度

       医療アシスタンス事業                      48,966千円
       ライフアシスタンス事業                      1,081
        計                     50,047
       消去又は全社                      24,646
        合計
                            74,694
        医療アシスタンス事業では、主に子会社の移転及び新設に伴う41,639千円の設備投資を行いました。

        ライフアシスタンス事業では、主に業務効率化のための高性能電話システムへ690千円の設備投資を行いました。
        消去又は全社では、主に本社工事のために12,657千円の設備投資を行いました。
                                 22/97















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      2【主要な設備の状況】
        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                     平成30年12月31日現在
                                          帳簿価額
                                                          従業
       事業所名
              セグメントの名称          設備の内容            器具及び                     員数
       (所在地)                         建物         ソフトウエア       その他      合計
                                     備品                     (人)
                               (千円)          (千円)     (千円)     (千円)
                                    (千円)
                       コーディネート
     本社
             医療アシスタンス事業・                                             182
                       センター設備・         24,972     19,239     92,609       -   136,820
     (東京都文京区)        ライフアシスタンス事業                                             (20)
                       事務所
     イギリス支店
                                                          6
             医療アシスタンス事業          事務所         7,027     1,465       -     -    8,493
     (United   Kingdom)
                                                          (4)
     (注)1    .従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用
          者数(パートタイマー、契約社員、嘱託社員、アルバイトを含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載
          しております。
        2.主要な賃借している設備は本社建物であります。年間賃借料は71,313千円及び土地面積は1,628.29㎡でありま
          す。
       (2)在外子会社

                                                      平成30年12月31日現在
                                          帳簿価額
                                                          従業
             事業所名
                   セグメント
       会社名                  設備の内容                                 員数
                                     器具及び
             (所在地)      の名称             建物         ソフトウエア       その他      合計
                                                          (人)
                                      備品
                               (千円)           (千円)     (千円)     (千円)
                                     (千円)
     Emergency
     Assistance
            EJUS             コーディネー
                   医療アシス
                                                          11
     Japan
            (米国             トセンター設        2,965     4,456       -     -    7,421
                   タンス事業
                                                          (5)
            バージニア州)             備・事務所
     (U.S.A.),
     Inc.
     Emergency
     Assistance
            EJS             コーディネー
                   医療アシス
                                                          3
     Japan
            (シンガポール             トセンター設        2,750     1,820       -     -    4,571
                   タンス事業
                                                          (2)
                         備・事務所
     (Singapore)       シンガポール)
     Pte.  Ltd.
     北京威馬捷       EJC             コーディネー

                   医療アシス
                                                          49
     国際旅行援助       (中国 北京             トセンター設        19,498     20,237      5,288       -    45,024
                   タンス事業                                       (-)
     有限責任公司       市)             備・事務所
     Emergency

            EJT             コーディネー
     Assistance
                   医療アシス
                                                          29
            (タイ国             トセンター設          -    4,858       -     -    4,858
                   タンス事業                                       (-)
     Thailand    Co.,
                         備・事務所
            バンコク)
     Ltd.
     Emergency

            EJB
                         国際医療交流
     Assistance
            (バングラデ       医療アシス
                                                          2
                         支援サービス         133     144      -     -     278
     Bangladesh       シュ       タンス事業                                       (-)
                         事務所
            ダッカ)
     Co.,  Ltd.
     EAJ

            EJCA
                         コーディネー
     Assistance
            (カナダ       医療アシス
                                                          8
                         トセンター設        12,532      6,530       -     109    19,172
     Services       バンクー       タンス事業
                                                          (-)
                         備・事務所
            バー)
     Canada,   Inc.
     (注)従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向
        者を含む。)であり、臨時雇用者数(                  パートタイマー、契約社員、嘱託社員、アルバイトを含む。                            )は、年間
        の平均人員数を( )外数で記載しております。
                                 23/97



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        当社グループの設備投資については、今後の事業展開及び効率化等を総合的に勘案して策定しております。
        なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設計画は次の通りであります。
        (1)重要な設備の新設等
                                            着手及び完了予定
                               投資予定金額
                                        資金        年月
      会社名           セグメント                                        完成後の
           所在地            設備の内容                 調達
     事業所名            の名称                                       増加能力
                               総額   既支払額      方法
                                             着手      完了
                              (千円)    (千円)
                                       自己資金

                医療アシスタ      電話システムアッ
          東京都文京区
      本社                         28,000       -  及び借入     2019年4月      2019年12月      (注1)
                ンス事業      プグレード
                                       自己資金

                医療アシスタ      請求書電子化シス
          東京都文京区
      本社                        20,000       -  及び借入     2019年2月      2019年12月      (注1)
                ンス事業      テム導入
     (注)1.完成後の増加能力につきましては、合理的に算定できないため記載しておりません。

        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       (2)重要な設備の除却等

          該当事項はありません。
                                 24/97














                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 8,304,000

                  計                               8,304,000

        ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所
           事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)
       種類                                  名又は登録認可金融              内容
             (平成30年12月31日)              (平成31年3月28日)
                                        商品取引業協会名
                                                   完全議決権株式であ
                                                   り、権利内容に何ら
                                         東京証券取引所
                                                   限定のない当社にお
      普通株式             2,473,200              2,478,000         JASDAQ
                                                   ける標準となる株式
                                         (スタンダード)
                                                   で、単元株式数は
                                                   100株であります。
       計           2,473,200              2,478,000           -          -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成31年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発
        行された株式数は含まれておりません。
                                 25/97













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
     会社法に基づき発行した新株予約権は次のとおりであります。
     第2回新株予約権(平成22年11月15日開催の臨時株主総会決議及び平成22年12月30日開催の取締役会において決議)
                                事業年度末現在               提出日の前月末現在
               区分
                               (平成30年12月31日)                (平成31年2月28日)
      新株予約権の数(個)                            61 (注)1                 57 (注)1
                               当社取締役    3
                               当社監査役    4
      付与対象者の区分及び人数(名)                                             同左
                               当社従業員    57
                               当社子会社取締役 3
                               当社  子会社従業員 13
      新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                  同左
                              48,800   (注)1、2、5             45,600   (注)1、2、5
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                          313(注)3、5                 313(注)3、5
                               自 平成25年1月1日
      新株予約権の行使期間                                             同左
                               至 平成32年10月31日
                             発行価格   313(注)5                 発行価格   313(注)5
      新株予約権の行使により株式を発行する場合
      の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                             資本組入額  157(注)5                 資本組入額  157(注)5
                            ①  新株予約権者は、権利行使時ま
                             で継続して当社もしくは当社子
                             会社の取締役(監査等委員であ
                             る取締役含む。)、従業員又は
                             これに準ずる地位を有している
                             ことを要する。ただし、任期満
                             了による退任又は定年退職の場
                             合は、この限りではない。
                            ②  新株予約権者が死亡した場合、
                             その者の相続人は新株予約権を
      新株予約権の行使の条件                                             同左
                             行使することができない。
                            ③  当社が新株予約権の行使可能期
                             間中にいずれかの金融商品取引
                             所に上場していない場合は、権
                             利行使ができない。
                            ④  その他の条件は、本総会決議及
                             び取締役会決議に基づき、当社
                             と新株予約権者との間で締結す
                             る「新株予約権割当契約書」に
                             定めるところによる。
                            譲渡による新株予約権の取得につ
      新株予約権の譲渡に関する事項                                             同左
                            いては、当社取締役会の決議によ
                            る承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
                                   (注)4                  同左
      する事項
     (注)1.     「新株予約権の数」及び「新株予約権の目的となる株式の数」は、退職及び新株予約権の行使により権利を喪
         失したものを減じた数であります。
                                 26/97




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、800株とする。
         なお、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の
         数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株
         予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
       3.新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により
         行使価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
         調整後行使価額         =  調整前行使価額        ×
                             分割・併合の比率
          また、当社が行使価額を下回る払込価額で募集株式の発行又は自己株式の処分をする場合は、次の算式によ
         り行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                      新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
         調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×                 1株当たり時価
                                    既発行株式数       +  新規発行株式数
       4.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
         を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残
         存する募集新株予約権の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホ
         までに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付す
         ることとする。この場合において、募集新株予約権は消滅するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編
         対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交
         換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         イ 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
           数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ロ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ハ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、割り当てる新株予約権の目的となる株式数に準じて決定する。
         ニ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、調
           整した再編後の払込金額に新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られる金額とする。
         ホ 新株予約権を行使することができる期間
           募集新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日
           から、募集新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
         ヘ 新株予約権の行使の条件
           当該新株予約権の行使条件に準じて決定する。
         ト 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
         チ 再編対象会社による新株予約権の取得事由
           以下の取得事由が生じた場合、当社は、新株予約権全部又は一部を無償で取得することができるものとす
           る。ただし、新株予約権の一部を取得する場合は取締役会の決議によって取得する新株予約権を決定する
           ものとする。
           当社が消滅会社となる合併についての合併契約書、当社が完全子会社となる株式交換についての株式交換
           契約書又は株式移転の議案について株主総会の承認決議がなされた場合。
       5.平成24年3月5日開催の取締役会決議により、平成24年3月23日付で1株を400株とする株式分割、平成27年8
         月14日開催の取締役会決議により、平成27年9月1日付で1株を2株とする株式分割を行っております。これ
         により「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使に
         より株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                 27/97




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
     第3回新株予約権(平成22年11月15日開催の臨時株主総会決議及び平成23年10月14日開催の取締役会において決議)
                                事業年度末現在               提出日の前月末現在
               区分
                               (平成30年12月31日)                (平成31年2月28日)
      新株予約権の数(個)                             7 (注)1                   5 (注)1
                               当社取締役    1
      付与対象者の区分及び人数(名)                                             同左
                               当社従業員    15
                               当社子会社従業員 12
      新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                  同左
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                           5,600(注)1、2、5                 4,000(注)1、2、5
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            313(注)3、5                 313(注)3、5
                               自 平成25年10月18日
      新株予約権の行使期間                                             同左
                               至 平成32年10月31日
                             発行価格   313(注)5                 発行価格   313(注)5
      新株予約権の行使により株式を発行する場合
      の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                             資本組入額  157(注)5                 資本組入額  157(注)5
                            ①  新株予約権者は、権利行使時ま
                             で継続して当社もしくは当社子
                             会社の取締役(監査等委員であ
                             る取締役含む。)、従業員又は
                             これに準ずる地位を有している
                             ことを要する。ただし、任期満
                             了による退任又は定年退職の場
                             合は、この限りではない。
                            ②  新株予約権者が死亡した場合、
                             その者の相続人は新株予約権を
      新株予約権の行使の条件                                             同左
                             行使することができない。
                            ③  当社が新株予約権の行使可能期
                             間中にいずれかの金融商品取引
                             所に上場していない場合は、権
                             利行使ができない。
                            ④  その他の条件は、本総会決議及
                             び取締役会決議に基づき、当社
                             と新株予約権者との間で締結す
                             る「新株予約権割当契約書」に
                             定めるところによる。
                            譲渡による新株予約権の取得につ
      新株予約権の譲渡に関する事項                                             同左
                            いては、当社取締役会の決議によ
                            る承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
                                   (注)4                  同左
      する事項
     (注)1.     「新株予約権の数」及び「新株予約権の目的となる株式の数」は、退職及び新株予約権の行使により権利を喪
         失したものを減じた数であります。
       2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、800株とする。
         なお、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の
         数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株
         予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
                                 28/97



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       3.新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により
         行使価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
         調整後行使価額         =  調整前行使価額        ×
                             分割・併合の比率
          また、当社が行使価額を下回る払込価額で募集株式の発行又は自己株式の処分をする場合は、次の算式によ
         り行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                      新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
         調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×                 1株当たり時価
                                    既発行株式数       +  新規発行株式数
       4.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
         を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残
         存する募集新株予約権の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホ
         までに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付す
         ることとする。この場合において、募集新株予約権は消滅するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編
         対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交
         換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         イ 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
           数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ロ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ハ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、割り当てる新株予約権の目的となる株式数に準じて決定する。
         ニ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、調
           整した再編後の払込金額に新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られる金額とする。
         ホ 新株予約権を行使することができる期間
           募集新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日
           から、募集新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
         ヘ 新株予約権の行使の条件
           当該新株予約権の行使条件に準じて決定する。
         ト 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
         チ 再編対象会社による新株予約権の取得事由
           以下の取得事由が生じた場合、当社は、新株予約権全部又は一部を無償で取得することができるものとす
           る。ただし、新株予約権の一部を取得する場合は取締役会の決議によって取得する新株予約権を決定する
           ものとする。
           当社が消滅会社となる合併についての合併契約書、当社が完全子会社となる株式交換についての株式交換
           契約書又は株式移転の議案について株主総会の承認決議がなされた場合。
       5.平成24年3月5日開催の取締役会決議により、平成24年3月23日付で1株を400株とする株式分割、平成27年8
         月14日開催の取締役会決議により、平成27年9月1日付で1株を2株とする株式分割を行っております。これ
         により「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使に
         より株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                 29/97






                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
     第4回新株予約権(平成27年3月25日開催の定時株主総会決議及び平成27年8月14日開催の取締役会において決議)
                                事業年度末現在               提出日の前月末現在
               区分
                               (平成30年12月31日)                (平成31年2月28日)
      新株予約権の数(個)                            112(注)1                 112(注)1
                               当社取締役              1
      付与対象者の区分及び人数(名)                                             同左
                               当社従業員              9
      新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                  同左
                                22,400(注)1、2、5                 22,400(注)1、2、5
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                           1,370   (注)3、5              1,370   (注)3、5
                               自 平成29年8月18日
      新株予約権の行使期間                                             同左
                               至 平成37年2月28日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合                       発行価格  1,370(注)5                 発行価格  1,370(注)5
      の株式の発行価格及び資本組入額(円)                       資本組入額  685(注)5                 資本組入額  685(注)5
                            ①  新株予約権者は、権利行使時ま
                             で継続して、当社の取締役(監
                             査等委員である取締役含
                             む。)、使用人またはこれに準
                             ずる地位を有していることを要
                             する。ただし、任期満了による
                             退任又は定年退職の場合は、こ
                             の限りではない。
      新株予約権の行使の条件                                             同左
                            ②  新株予約権者が死亡した場合、
                             その者の相続人は新株予約権を
                             行使することができない。
                            ③  その他の条件は、本総会決議及
                             び取締役会決議に基づき、当社
                             と新株予約権者との間で締結す
                             る「新株予約権割当契約書」に
                             定めるところによる。
                            譲渡による新株予約権の取得につ
      新株予約権の譲渡に関する事項                      いては、当社取締役会の決議によ                       同左
                            る承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
                                   (注)4                  同左
      する事項
     (注)1.     「新株予約権の数」及び「新株予約権の目的となる株式の数」は、退職及び新株予約権の行使により権利を喪
         失したものを減じた数であります。
       2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、200株とする。
         なお、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の
         数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株
         予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
       3.新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により
         行使価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
         調整後行使価額         =  調整前行使価額        ×
                             分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込価額で募集株式の発行又は自己株式の処分をする場合は、次の算式により
         行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                      新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
         調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×                 1株当たり時価
                                    既発行株式数       +  新規発行株式数
                                 30/97



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       4.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
         を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残
         存する募集新株予約権の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホ
         までに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付す
         ることとする。この場合において、募集新株予約権は消滅するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編
         対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交
         換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         イ 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
           数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ロ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ハ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、割り当てる新株予約権の目的となる株式数に準じて決定する。
         ニ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、調
           整した再編後の払込金額に新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られる金額とする。
         ホ 新株予約権を行使することができる期間
           募集新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日
           から、募集新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
         ヘ 新株予約権の行使の条件
           当該新株予約権の行使条件に準じて決定する。
         ト 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
         チ 再編対象会社による新株予約権の取得事由
           以下の取得事由が生じた場合、当社は、新株予約権全部又は一部を無償で取得することができるものとす
           る。ただし、新株予約権の一部を取得する場合は取締役会の決議によって取得する新株予約権を決定する
           ものとする。
           当社が消滅会社となる合併についての合併契約書、当社が完全子会社となる株式交換についての株式交換
           契約書又は株式移転の議案について株主総会の承認決議がなされた場合。
       5.平成27年8月14日開催の取締役会決議により、平成27年9月1日付で1株を2株とする株式分割を行っており
         ます。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
         権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                 31/97










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
     第5回新株予約権(平成30年3月28日開催の定時株主総会決議及び平成30年5月18日開催の取締役会において決議)
                                事業年度末現在               提出日の前月末現在
               区分
                               (平成30年12月31日)                (平成31年2月28日)
      新株予約権の数(個)                            100(注)1                 100(注)1
      付与対象者の区分及び人数(名)                                             同左
                               当社取締役              1
      新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                  同左
                                  10,000(注)1、2                 10,000(注)1、2
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                             1,043   (注)3              1, 043  (注)3
                               自 平成32年5月22日
      新株予約権の行使期間                                             同左
                               至 平成40年2月29日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合                         発行価格  1,043                 発行価格  1,043
      の株式の発行価格及び資本組入額(円)                         資本組入額  522                 資本組入額  522
                            ①  新株予約権者は、権利行使時ま
                             で継続して、当社の取締役(監
                             査等委員である取締役含
                             む。)、使用人またはこれに準
                             ずる地位を有していることを要
                             する。ただし、任期満了による
                             退任又は定年退職の場合は、こ
                             の限りではない。
      新株予約権の行使の条件                                             同左
                            ②  新株予約権者が死亡した場合、
                             その者の相続人は新株予約権を
                             行使することができない。
                            ③  その他の条件は、本総会決議及
                             び取締役会決議に基づき、当社
                             と新株予約権者との間で締結す
                             る「新株予約権割当契約書」に
                             定めるところによる。
                            譲渡による新株予約権の取得につ
      新株予約権の譲渡に関する事項                      いては、当社取締役会の決議によ                       同左
                            る承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
                                   (注)4                  同左
      する事項
     (注)1.     「新株予約権の数」及び「新株予約権の目的となる株式の数」は、退職及び新株予約権の行使により権利を喪
         失したものを減じた数であります。
       2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株とする。
         なお、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の
         数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株
         予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
         調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
       3.新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により
         行使価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
         調整後行使価額         =  調整前行使価額        ×
                             分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込価額で募集株式の発行又は自己株式の処分をする場合は、次の算式により
         行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                      新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
         調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×                 1株当たり時価
                                    既発行株式数       +  新規発行株式数
                                 32/97



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       4.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
         を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残
         存する募集新株予約権の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホ
         までに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付す
         ることとする。この場合において、募集新株予約権は消滅するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編
         対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交
         換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         イ 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
           数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ロ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ハ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、割り当てる新株予約権の目的となる株式数に準じて決定する。
         ニ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、調
           整した再編後の払込金額に新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られる金額とする。
         ホ 新株予約権を行使することができる期間
           募集新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日
           から、募集新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
         ヘ 新株予約権の行使の条件
           当該新株予約権の行使条件に準じて決定する。
         ト 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
         チ 再編対象会社による新株予約権の取得事由
           以下の取得事由が生じた場合、当社は、新株予約権全部又は一部を無償で取得することができるものとす
           る。ただし、新株予約権の一部を取得する場合は取締役会の決議によって取得する新株予約権を決定する
           ものとする。
           当社が消滅会社となる合併についての合併契約書、当社が完全子会社となる株式交換についての株式交換
           契約書又は株式移転の議案について株主総会の承認決議がなされた場合。
                                 33/97











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式         資本金        資本金       資本準備金        資本準備金
        年月日        総数増減数        総数残高        増減額        残高       増減額        残高
                  (株)       (株)       (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
     平成26年1月1日~
      平成26年12月31日             8,400      1,213,400          2,625       297,483         2,625       123,483
        (注)1
      平成27年3月25日
                     -    1,213,400           -     297,483       △40,000         83,483
        (注)2
     平成27年1月1日~
      平成27年8月31日             11,200      1,224,600          3,500       300,983         3,500       86,983
        (注)1
      平成27年9月1日
                 1,224,600        2,449,200           -     300,983          -      86,983
        (注)3
     平成27年9月1日~
      平成27年12月31日              800    2,450,000           125      301,108          125      87,108
        (注)1
     平成28年1月1日~
      平成28年12月31日             13,600      2,463,600          2,128       303,237         2,128       89,237
        (注)1
     平成29年1月1日~
      平成29年12月31日             4,800      2,468,400           751      303,988          751      89,988
        (注)1
     平成30年1月1日~
      平成30年12月31日             4,800      2,473,200           751      304,739          751      90,739
        (注)1
      (注)1.新株予約権の行使によるものであります。
         2.平成27年3月25日開催の定時株主総会において、資本準備金を40,000千円減少し、その他資本剰余金へ振
           替えることを決議しております。
         3.  株式分割(1:2)によるものであります。
         4.平成31年1月1日から平成31年2月28日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が4,800
           株、資本金及び資本準備金がそれぞれ751千円増加しております。
                                 34/97







                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                    平成30年12月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数            100株)
                                                        単元未満
        区分                             外国法人等                   株式の状況
             政府及び地           金融商品     その他の
                                                        (株)
                   金融機関                          個人その他       計
             方公共団体           取引業者     法人
                                   個人以外      個人
     株主数(人)           -      2     18     12     10      2    1,292     1,336       -
     所有株式数
                -     933    1,726      396    3,135      193    18,343     24,726       600
     (単元)
     所有株式数の
                -    3.77     6.98     1.60     12.68      0.78     74.19     100.00       -
     割合(%)
     (注)自己株式211株は「個人その他」に2単元及び「単元未満株式の状況」に11株を含めて記載しております。
       (6)【大株主の状況】

                                                  平成30年12月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
         氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                                               802,000          32.43

     吉田 一正               東京都世田谷区
                     1ST  FLOOR.    KINGS   COURT,    BAY
     ヴァンタークルーズヘルスサー
                     STREET    PO  BOX  N-3944,NASSAU,
     ビスインク                                         294,400          11.90
                     BAHAMAS
     (常任代理人       今津   邦博)
                     (東京都台東区)
     白水   秀樹                                       121,200           4.90
                     東京都江戸川区
     日本トラスティ・サービス信託
                                               90,800          3.67
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行株式会社
                                               41,300          1.67
     氷鉋 健一郎               東京都新宿区
                                               39,000          1.58
     楽天証券株式会社               東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
                                               31,100          1.26
     近藤 仁               東京都八王子市
     三菱UFJモルガン・スタンレー
                                               30,000          1.21
                     東京都千代田区丸の内2丁目5番2号
     証券株式会社
                                               25,100          1.01
     株式会社SBI証券               東京都港区六本木1丁目6番1号
                                               19,400          0.78
     飯田 啓三               大阪府和泉市
                                               19,400          0.78
     カブドットコム証券株式会社               東京都千代田区大手町1丁目3番2号
                               -               1,513,700           61.21

            計
     (注)1.持株比率は自己株式(211株)を控除して計算しております                                。
        2.吉田一正氏(当社前代表取締役社長)は平成30年10月15日に逝去いたしましたが、平成30年12月31日現在、名
          義変更手続が未了のため、株主名簿上の名義に基づき記載しております。
                                 35/97






                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年12月31日現在
              区分              株式数(株)            議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                          -            -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                          -            -           -

      議決権制限株式(その他)                          -            -           -

                             普通株式
      完全議決権株式(自己株式等)                                      -           -
                               200
                                                   権利内容に何ら限
                                                   定のない当社の標
                             普通株式
      完全議決権株式(その他)                                     24,724        準となる株式であ
                             2,472,400
                                                   り、単元株式数は
                                                   100株であります。
                             普通株式
      単元未満株式                                      -           -
                               600
      発行済株式総数                       2,473,200              -           -
      総株主の議決権                         -            24,724            -

     (注)「単元未満株式」の欄の普通株式には、当社所有の自己株式11株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年12月31日現在
                            自己名義        他人名義       所有株式数の        発行済株式総数に

       所有者の氏名
                  所有者の住所         所有株式数        所有株式数          合計      対する所有株式数
        又は名称
                            (株)        (株)        (株)        の割合(%)
     日本エマージェンシー           東京都文京区小石
                             200         -        200         0.00
     アシスタンス株式会社           川一丁目21番14号
          計          -         200         -        200         0.00
                                 36/97










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
        会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
                  区分                  株式数(株)             価額の総額(円)
       当事業年度における取得自己株式                                   63            85,995
       当期間における取得自己株式                                   49            97,412

       (注)1.    単元未満株式の買取りによるものであります。
         2.当期間における取得自己株式には、平成31年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
           買取りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                            株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            -         -         -         -

     消却の処分を行った取得自己株式                            -         -         -         -
     合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                 -         -         -         -
     た取得自己株式
     その他                            -         -         -         -
     保有自己株式数                           211         -        260         -

     (注)当期間における保有自己株式数には、平成31年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
        りによる株式は含まれておりません。
      3【配当政策】

       (1)剰余金の配当等に関する基本方針
          利益分配につきましては、当社は、株主のみなさまへの利益還元を最も重要な課題のひとつと考えて経営にあ
         たっております。従って、経営基盤の強化と長期的な事業発展のための内部留保の充実に留意しながらも、でき
         る限り継続的かつ安定的な配当を実施することを基本方針としております。また、自己株式の取得に関しまして
         は、適切と判断した時期に実施いたします。
       (2)配当について
          当社は「会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができ
         る。」旨を定款に定めており、剰余金の配当の決定機関は取締役会であります。
          平成30年度の期末配当につきましては、1株当たり5円の配当を行うことといたしました。
          この配当によるキャッシュフローの低下は軽微であり、今後のビジネス拡大で吸収できるものと予想しており
         ます。
          当事業年度に係る剰余金の配当は以下の通りであります。

            決議年月日                 配当金の総額(千円)                  1株当たり配当額(円)
       平成31年2月26日取締役会決議                        12,364                    5

                                 37/97




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      4【株価の推移】
       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第12期         第13期         第14期         第15期         第16期
       決算年月        平成26年12月         平成27年12月         平成28年12月         平成29年12月         平成30年12月

                             3,915
       最高(円)             1,750                   3,645         1,794         2,200
                            □1,523
                             1,060
       最低(円)             1,016                    813         995         880
                             □902
      (注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
         2.□印は、株式分割(平成27年9月1日、1株→2株)による権利落後の最高・最低株価を示しております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成30年7月          8月        9月        10月        11月        12月
       最高(円)           1,219        1,198        1,177        1,185        1,230        2,200
       最低(円)            981       1,050        1,084         880        913       1,136

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                 38/97














                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性7名 女性1名 (役員のうち女性の比率12.5%)
                                                          所有
       役名      職名      氏名       生年月日                略歴            任期   株式数
                                                         (株)
                                昭和56年11月 山一證券株式会社入社
                                昭和63年2月 UBS証券株式会社入社               機関投資家営業
                                      部長
                                平成2年8月 JPモルガン証券株式会社入社                  機関投
                                      資家営業部本部長
                                平成6年11月 ドレスナー・クラインオートベンソン
                                      証券会社入社      国内営業本部長
                                平成10年10月 ビー・エヌ・ピー投信株式会社(現
                                      BNPパリバ・アセットマネジメント株
                                      式会社)入社 マネジング・ディレク
                                      ター
            営業部担当
                                平成23年8月 同社        代表取締役就任
            RMS部担当
                                平成26年8月 同社        営業本部顧問
            CA部担当
                                平成27年10月 当社入社          管理部担当部長
            国際医療第
                                平成29年3月 当社        取締役就任、営業部担当(現
            一部担当
                                      任)、B1事業部門(注4)担当、EJC
     代表取締役
            国際プロ      倉田 潔     昭和29年8月7日生                               注13     -
                                      (注7)董事就任
     社長
            ジェクト事
                                平成29年8月 当社        取締役副社長就任、N事業部門管
            業部担当
                                      掌、B2事業部門(注5)担当
            グローバル
                                平成30年2月 当社        N事業部門(注6)担当         、インバ
            サポート事
                                      ウンド戦略・体制整備担当
            業部担当
                                平成30年8月 当社        営業部長
                                平成30年10月       当社  代表取締役社長就任(現任)、
                                      EJUS(注8)取締役就任(現任)、
                                      EJS(注9)取締役就任(現任)、
                                      EJC(注7)董事長就任(現任)、
                                      EJT(注10)取締役就任(現任)、
                                      EJCA(注12)取締役就任(現任)
                                平成31年3月 当社        RMS部担当(現任)、CA部担当
                                      (現任)、国際医療第一部担当(現
                                      任)、国際プロジェクト事業部担当
                                      (現任)、グローバルサポート事業部
                                      担当(現任)
                                昭和44年7月 大阪ガス株式会社入社
                                平成13年6月 株式会社ガスアンドパワーインベスト
                                      メント(現     株式会社ガスアンドパ
                                      ワー)取締役就任
                                平成16年6月 同社 常務取締役就任
            総務人事部
                                平成17年7月 株式会社コーディネイツ大阪 顧問
             担当
                                平成21年12月 当社入社          顧問
            経理企画部
                                平成22年3月 当社        常勤監査役就任
             担当
                                平成25年3月 当社        常務取締役就任、管理部担当
            情報システ
                                平成26年3月 当社        IR室長
     代表取締役
            ム部担当      前川 義和      昭和20年4月21日生                               注13   16,000
                                平成28年3月 当社        取締役副社長就任
     副社長
            医療事業部
                                平成29年8月 当社        医療事業部長
             担当
                                平成30年8月 当社        総務人事部担当(現任)、経理
            国際医療第
                                      企画部担当(現任)、情報システム部
            二部担当
                                      担当(現任)
            IR室担当
                                平成30年10月 当社        医療事業部担当(現任)、          EJC
                                      (注7)董事就任(現任)
                                平成31年3月 当社        代表取締役副社長就任(現
                                      任)、国際医療第二部担当(現任)、
                                      IR室担当(現任)
                                 39/97





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名      職名      氏名       生年月日                略歴            任期   株式数
                                                         (株)
                                平成7年7月 World         Access,   Inc.入社
                                平成17年12月 当社入社          EJS(注9)代表取締役社長
                                      就任
                                平成19年6月 EJC(注7)董事兼総経理就任
                                平成25年3月 当社        取締役就任(現任)、ネット
            ネットワー
                                      ワーク部担当(現任)、ネットワーク
            ク部担当
                                      部長
            国際医療第
                                平成26年2月 当社        N事業部門担当、国際医療事業部
            二部担当
                                      長
     取締役            千代 隆明      昭和46年6月25日生                               注13    6,400
            海外セン
                                平成26年3月 当社        国際プロジェクト事業部長
            ター担当
                                平成28年3月 当社        インバウンド戦略・体制整備担
            ネットワー
                                      当
             ク部長
                                平成30年3月 EJC(注7)董事兼総経理就任(現
                                      任)
                                平成30年8月 当社        ネットワーク部長(現任)
                                平成31年3月 当社        国際医療第二部担当(現任)、
                                      海外センター担当(現任)
                                平成15年2月 当社入社          メディカルオペレーション
                                      部
                                平成18年7月 当社        クレームアドミニストレーショ
           CRMソリュー
                                      ン部長
            ション部担
                                平成24年4月 当社        内部統制室長
             当
     取締役            吉井 眞一      昭和44年7月9日生
                                                      注13    3,800
            ICA部担当                    平成25年4月 当社        管理部長
           CRMソリュー
                                平成30年8月 当社        CRMソリューション部長(現任)
           ション部長
                                平成31年3月 当社        取締役就任(現任)、CRMソ
                                      リューション部担当(現任)、ICA部
                                      担当(現任)
                                昭和48年9月 ピッツバーグ大学メッドセンター勤務
                                昭和56年9月 ジョージワシントン大学医学部教授就
                                      任(現任)
                                平成5年1月 World         Access,   Inc.(現    Allianz
                                      Global   Assistance)      代表取締役就任
                                平成12年4月 Vanter         Ventures    Inc.  (現Vanter
                 ソル・エーデル
                                      Cruise   Health   Services,    Inc.)CEO
                 スタイン
            国際戦略
     取締役                  昭和21年7月6日生                               注13     -
                                      就任(現任)
                 (Sol
             担当
                                平成15年1月 当社        代表取締役就任
                 Edelstein)
                                平成15年10月 当社        代表取締役辞任
                                       当社        取締役就任(現任)
                                平成17年7月 EJUS(注8)取締役就任
                                平成27年4月 EJUS(注8)代表取締役就任(現任)
                                平成28年3月 国際戦略担当(現任)
                                平成30年5月 EJCA(注12)取締役就任(現任)
                                平成12年2月 World         Access,   Inc.入社
                                平成17年2月 当社入社          ロンドンセンターMGR
                                平成20年4月 当社        オペレーション本部        アシスタン
                                      スオペレーション部長
                                平成21年3月 当社        アシスタンス本部長、CRMソ
     取締役
                                      リューション部長
                  土屋 聡美      昭和38年5月2日生
             -                                         注13    3,200
                                平成24年4月 当社        アシスタンス本部長、クレーム
     (監査等委員)
                                      アドミニストレーション部長
                                平成25年3月 当社        クレームアドミニストレーショ
                                      ン部長
                                平成31年3月 当社        取締役(常勤監査等委員)就任
                                      (現任)
                                 40/97





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有

       役名      職名      氏名       生年月日                略歴            任期   株式数
                                                         (株)
                                昭和44年3月 日本生命保険相互会社入社
                                平成12年7月 同社        常勤監査役就任
                                平成13年6月 ニッセイ同和損害保険株式会社(現
                                      あいおいニッセイ同和損害保険株式会
                                      社) 監査役就任
     取締役
                  勝田 和行
                                平成16年6月 同社        常務取締役就任
             -          昭和20年4月12日生                               注14    8,000
                    (注1)
     (監査等委員)
                                平成20年6月 ニッセイ・ビジネス・サービス株式会
                                      社 代表取締役副社長就任
                                平成22年3月 当社        監査役就任
                                平成28年3月 当社        取締役(監査等委員)就任(現
                                      任)
                                昭和55年9月 公認会計士登録 プライスウォーター
                                      ハウス(現     プライスウォーターハウ
                                      スクーパース)入所
                                平成6年7月 青山監査法人代表社員
                                平成7年8月 監査法人トーマツ(現               有限責任監査法
                                      人トーマツ) 代表社員
     取締役
                  三宅 秀夫
                                平成19年11月 三宅秀夫公認会計士事務所
             -          昭和28年1月21日生                               注14    8,000
                    (注1)
     (監査等委員)
                                       所長(現任)
                                       株式会社マネジメントエンジン・ジャ
                                      パン  代表取締役就任(現任)
                                平成22年3月 当社        監査役就任
                                平成28年3月 当社        取締役(監査等委員)就任(現
                                      任)
                                計                         45,400
      (注)1.     取締役勝田和行氏、三宅秀夫氏は、社外取締役であります。なお、当社は、両氏を東京証券取引所の定めに
           基づく独立役員として届け出ております。
         2.  当社の監査等委員会については以下のとおりであります。
           委員長       勝田和行    、委員 土屋聡美、         三宅秀夫
           なお、土屋聡美は、常勤の監査等委員であります。常勤の監査等委員を選定している理由は、常勤の監査等
           委員による高度な情報収集力により、実効性の高い監査活動が可能となるからでありま                                        す。
         3.当社は、法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項
           に定める補欠監査等委員2名を選出しております。補欠監査等委員の略歴は以下のとおりであります。
          (氏名)       (生年月日)    (略歴)                      (所有株式数)
           久保公雄  昭和18年3月12日                  昭和40年4月 大阪ガス株式会社入社         3,200株
                           平成4年10月 オージー警備防災株式会社(現 大阪
                                  ガスセキュリティサービス株式会社)
                                  代表取締役専務就任
                           平成12年6月 同社 代表取締役社長就任
                           平成16年6月 株式会社オージーキャピタル監査役就任
                           平成20年10月 当社内部監査室長
                           平成22年10月 当社顧問
           岡野秀章  昭和44年5月19日                  平成5年10月 監査法人トーマツ入所         200株

                                  (現 有限責任監査法人トーマツ)
                           平成10年8月 大阪ガス株式会社入社
                           平成20年7月 岡野公認会計士事務所開設(現任)
                           平成20年12月 SHO-BI株式会社 監査役
                           平成27年12月 SHO-BI株式会社 取締役(監査等委員)(現任)
         4.B1事業部門とは、RMS部、CA部及びICA部をいいます。

         5.  B2事業部門とは、CRMソリューション部をいいます。
         6.N事業部門とは、国際医療第一部、国際医療第二部及び国際プロジェクト事業部をいいます。
         7.EJCの正式名称は北京威馬捷国際旅行援助有限責任公司であります。
         8.EJUSの正式名称はEmergency               Assistance      Japan   (U.S.A.),     Inc.であります。
         9.EJSの正式名称はEmergency               Assistance      Japan(Singapore)          Pte.   Ltd.であります。
         10.EJTの正式名称はEmergency               Assistance      Thailand     Co.,   Ltd.であります。
         11.EJBの正式名称はEmergency               Assistance      Bangladesh      Co.,   Ltd.であります。
                                 41/97


                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         12.EJCAの正式名称は          EAJ  Assistance      Services     Canada,    Inc.  であります。
         13.平成31年3月26日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         14.平成30年3月28日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
                                 42/97




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ① 企業統治の体制
          イ.企業統治に関する基本的な考え方
            当社は、株主、サービス受益者、取引先、社員、社会など全ステークホルダー(利害関係者)から信頼を
           得ることが、企業価値の持続的向上につながると認識しております。そのためには、経営の効率性と透明性
           を確保し、健全性の高い組織を構築することが必要不可欠であり、コーポレート・ガバナンス(企業統治)
           に対する取り組みが極めて重要だと考えております。従って、当社は、全ての役員及び従業員が当社の基本
           的な価値観や倫理観を共有するために「EAJ行動規範」を制定し、周知徹底を図っております。
            また、経営の効率性を確保するために、事業の拡大に合わせて組織体制を適宜見直し、各組織部門の効率
           的な運営及び責任体制の確立を図っております。
            さらに、経営の透明性を確保するため、取締役の業務執行に対する監査等委員会による監督機能、法令や
           定款、及び当社諸規程の遵守を図るべく内部統制機能を充実させ、迅速かつ適正な情報開示を実現可能にさ
           せる諸施策を講じております。
            今後も業績と社会的責任の調和する誠実な企業活動を展開しながら、全ステークホルダーの利益にかなう
           経営の実現と企業価値の向上を目指して、コーポレート・ガバナンスの充実を図って参ります。
         ロ.企業統治の体制の概要と当該体制を採用する理由

            当社は、経営の効率性と透明性を高めることを目的として、取締役8名(うち3名は監査等委員である取
           締役)で取締役会を構成しております。取締役会は毎月一回定例取締役会を開催するとともに、迅速な意思
           決定を確保するために、必要に応じて適宜、臨時取締役会を開催することにしております。
            取締役会においては、法令や定款、及び当社諸規程類に基づき、経営方針の決定、経営に関する重要事項
           の決議と各取締役の職務執行状況報告を行い、これらを通じて各取締役の相互監視を行っています。
            また当社は、経営の監視を客観的に行うことを目指して、監査等委員会を設置しており、社外取締役2名
           を含む3名の監査等委員(うち常勤監査等委員1名)で構成しております。各監査等委員が取締役会に、常
           勤監査等委員がその他社内会議に出席するほか、各取締役や重要な使用人との面談、及び社内各部署の業務
           監査を通じて、取締役の職務執行について監査を行っております。
           当社の企業統治の体制の概要図は、以下のとおりです。
                                 43/97











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         ハ.内部統制システムの整備状況
            当社の内部統制システムについては、取締役会において内部統制の基本方針を決議しております。また、
           業務を適切かつ効率的に執行するために、社内諸規程により決裁者、決裁基準を明確に定めております。さ
           らに、一部署で業務が完結することがなく、必ず複数部署の関与が生じ内部牽制が働く組織、業務分掌とし
           ております。
            なお、内部統制システムの整備状況は以下のとおりです。
           1.取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

            ①当社は、取締役および社員、その他の従業員が法令および定款を遵守し、社会規範に基づいた行動をと
             るための行動規範を示した「EAJ行動規範」に基づき、職制を通じて適正な業務執行の徹底と監督を行
             い、取締役および使用人が一丸となって法令遵守の徹底や企業倫理の確立に努める。また、コンプライ
             アンス体制の充実・強化を推進するため、社長を委員長とするリスク管理委員会においてコンプライア
             ンスに関連する議題を取り上げて検討し、対応策を講じ、教育、啓蒙等必要な諸活動を推進する。ま
             た、法令違反その他のコンプライアンスに関する事実についての社内相談・報告体制として、「内部通
             報制度運用規程」に基づく、内部通報制度を整備・運用する。
            ②業務執行部門から独立した内部監査室は、定期的に内部監査を実施し、その結果を社長に報告するとと
             もに被監査組織へフィードバックする。
            ③当社は、市民社会の秩序ならびに健全な企業活動に脅威を与える反社会的勢力に対しては、一切の関係
             を遮断し、それらの活動を助長するような行為を行わない。反社会的勢力からの接触や不当要求に対し
             ては、管理部を担当部署とし、不当要求防止責任者を選任のうえ、所轄官庁および関連団体と緊密に連
             携を図りながら、その排除に努めるとともに、組織全体で毅然とした態度で臨むことを徹底する。
            ④当社は、当社および子会社から成る企業集団(以下「当社グループ」という)の財務報告の信頼性を確
             保するため、金融商品取引法に基づく内部統制システムの構築を行う。その仕組みが適正に機能するこ
             とを継続的に評価し、不備があれば必要な是正を行うことにより、金融商品取引法およびその他関係法
             令等の適合性を確保する体制を整備し、運用する。
           2.取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

            ①当社は、取締役会をはじめとする重要な会議の意思決定に係る記録や、取締役が「稟議・決裁規程」に
             基づいて決定した文書など、取締役の職務の執行に係る情報を適正に記録し、法令及び「文書および電
             磁的記録管理規程」に基づき、保存・管理する。
            ②当社は、情報セキュリティに関する基本方針および諸規定の整備ならびにパソコン、データ、ネット
             ワーク等、各種情報のインフラに対して内外からの脅威が発生しないよう、適切な保護対策を実施す
             る。
           3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

            ①当社は、リスク管理体制の基礎として「リスク管理基本規程」を定め、同規程に従ったリスク管理体制
             を整備、構築する。
            ②「リスク管理基本規程」に基づき、社長を委員長とする「リスク管理委員会」を設置し、適切なリスク
             管理を推進する。
            ③不測の事態が発生したときは、社長指揮下の対策本部を設置し、迅速な対応を行い、損失・被害を最小
             限にとどめる努力をする。
           4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

            ①当社は、年度予算を策定し、全社的な目標および各組織の目標を設定すると同時に、予算と実績の対比
             を原則として毎月一回、取締役会で報告し、以後の活動に反映して効率的な職務執行を目指す。
            ②また、定例の取締役会を毎月一回開催し、重要事項の決定ならびに取締役の職務執行状況の監督などを
             行う。また、職務執行に関する基本的事項および重要事項に係る意思決定を機動的に行うために、随
             時、テーマに関連する取締役および組織長を招集し、意思決定会議を行う。
                                 44/97




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
           5.当社グループにおける業務の適正を確保するための体制

            (1)  子会社の取締役の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
              当社は、「子会社管理規程」を定め、同規程に基づき当社グループの事業運営を実施するものとし、
              当社の取締役と子会社の取締役との間で、定期的に会合を行う。また子会社は同規程に定める重要事
              項について当社の承認を受けるとともに、同規程に定める経営状況、経営指標等の報告を行うものと
              する。
            (2)  子会社の    損失の危険の管理に関する規程その他の体制
              当社の「リスク管理基本規程」に基づき、子会社のリスク管理体制を構築させ、適宜報告を受けるも
              のとする。
              また、子会社において損失リスクが顕在化した場合には、「子会社管理規程」に従い速やかに当社に
              報告し、当社および当該子会社間で対策を協議・実施することで損失の拡大を防止する。
            (3)  子会社の    取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
              当社は当社グループを対象とした年度予算を策定し、当社グループの目標および各子会社の目標を設
              定すると同時に、予算と実績の対比を原則として毎月一回、子会社の取締役が参加する組織長会議で
              報告し、以後の活動に反映して子会社の効率的な職務執行を目指す。
              また、職務執行に関する基本的事項および重要事項に係る意思決定を機動的に行うために、随時、
              テーマに関連する当社の取締役および子会社の取締役を招集し、意思決定会議を行う。
            (4)  子会社の取締役および使用人の職務執行が、法令および定款に適合することを確保するための体制
              「EAJ行動規範」、「コンプライアンス規程」および「内部通報制度運用規程」を当社グループ全体
              に適用し、当社グループ全体のコンプライアンス体制の整備・確立を推進する。
              また、当社の内部監査室は、定期的に当社グループの内部監査を実施し、その結果を当社社長に報告
              するとともに、       被監査組織へフィードバックすることにより、当社グループ全体のコンプライアンス
              体制を強化していく。
           6.監査等委員会の職務を補助すべき取締役および使用人に関する事項

             当社は、監査等委員会の職務を補助するため、必要な使用人を配置する。
           7.前項の取締役および使用人の他の取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性に関する事

             項ならびに監査等委員会の当該取締役および使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
             監査等委員会の補助使用人は、監査等委員会の指示命令に従うものとする。
             また当該補助使用人の人事異動・人事評価、懲罰等の決定については、事前に監査等委員会の同意を
             得るものとする。
           8.当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)および使用人ならびに子会社の取締役および使用人

             等が当社の監査等委員会に報告をするための体制その他の監査等委員会への報告に関する体制ならびに
             当社の監査等委員会へ報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを
             確保するための体制
             ①当社グループの取締役および使用人は、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを
              発見したときは、監査等委員会に報告する。
             ②当社グループは、監査等委員会への報告を行った取締役および使用人に対し、当該報告を行ったこ
              とを理由として不利益な扱いをすることを禁止し、その旨を当社グループ内に周知徹底する。
             ③内部監査室は、監査の結果を随時、適切な方法により監査等委員会に報告する。
             ④内部通報窓口への通報を行ったことを理由として不利益な取扱いをすることを禁止するとともに、
              通報状況とその処理の状況は定期的に監査等委員会に報告する。
             ⑤内部通報窓口への通報内容が監査等委員会の職務の執行に必要な範囲に係る場合および通報者が希
              望する場合には、速やかに監査等委員会に報告する。
           9.  監査等委員の職務の執行(監査等委員会の職務の執行に関するものに限る。)について生ずる費用の前

             払または償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する
             事項
             監査等委員が監査等委員会の職務の執行について生ずる費用の前払いまたは償還等の請求をしたとき
             は、当該監査等委員の職務の執行に必要でないと認められる場合を除き、速やかに当該費用または債
             務を処理する。
                                 45/97



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
           10.   その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
              ①当社は、さまざまな機会をとらえて、当社グループの取締役、使用人の監査等委員会監査に対す
               る理解を深めさせ、監査等委員会監査の環境を整備するよう努める。
              ②当社社長は、監査等委員会との定期的な意見交換会を開催し、監査等委員会が意見または情報の
               交換ができる体制とする。
              ③内部監査人は、監査等委員会との連絡会議を定期的または必要に応じて開催し、取締役および使
               用人の業務の適法性、妥当性について監査等委員会が報告を受けられる体制とする。
              ④当社は、監査等委員会が会計監査人と円滑に提携できる体制づくりに向けて必要な施策を実施す
              る。
         ニ.リスク管理体制の整備状況

           当社におけるリスクとは、法務リスク、労務リスク、財務リスク、自然災害リスク、情報システムリスク
          等のうち、会社経営に重大な影響を及ぼすものと定義しております。当社は、リスク管理基本規程を制定
          し、また、事業活動にかかるリスクの把握、評価、分析、対処方法の検討を行い、それを文書化しておりま
          す。
           リスクに関して、全社的な立場で的確に管理するとともに、リスクが具体化したときにおいては、迅速な
          意思決定を行い的確な対応を行うために、社長直属の組織として、リスク管理を統括するリスク管理委員会
          を設けております。リスク管理委員会は、社長を委員長とし、全常勤取締役および組織長を委員として構成
          し、リスクに対する日常的な体制及び緊急時における対応策を講じる体制にしております。
           また、当社は、弁護士、社会保険労務士、税理士と顧問契約を締結することにより、重要な法的判断、労
          務判断、税務判断及びコンプライアンスに関する事項について、必要に応じて指導、助言を受ける体制を整
          えております。
         ホ.コンプライアンス体制の整備状況

           当社におけるコンプライアンスとは、法令、当社の規程類管理規程に定める規程類及び倫理、社会規範等
          のルールに従って行動していくことと定義しております。
           当社は、公正かつ誠実な企業活動を推進し企業の社会的責任を果たすため、コンプライアンス規程を制定
          するとともに、コンプライアンスを経営の最重要課題としており、社内体制の整備や社内教育をはじめとし
          たコンプライアンス体制強化のため、リスク管理委員会においてコンプライアンスに関連する議題を取り上
          げて検討し、対応策を講じております。
           また、コンプライアンス違反及びその可能性がある事案に接した従業員等が、その情報をコンプライアン
          ス相談窓口に直接提供することができる内部通報制度を設けております。
        ② 内部監査及び監査等委員会監査の状況

           内部監査について、海外子会社を含む全部門を対象に会計監査及び業務監査を実施しており、内部統制の有
          効性や業務の執行状況について、諸規程類の遵守状況やコンプライアンスの面から監査を行っております。監
          査結果の報告を社長に行いますが、内部監査の過程で発見された課題で、該当部署に社長から改善指示がなさ
          れた場合には、フォローアップ監査の実施により、改善状況の確認を随時行っております。
           監査等委員会監査については、各監査等委員が取締役会に、常勤監査等委員がその他社内会議に出席するほ
          か、主として常勤監査等委員が各取締役や重要な使用人との面談及び各事業部門に対する監査を通じて、取締
          役の職務執行について監査を行うとともに、その結果を監査等委員会に逐一報告し、監査結果の共有を図って
          おります。
           なお、監査等委員会は、常勤監査等委員を通じて内部監査室から内部監査の状況に関して報告を受けるとと
          もに、監査法人と会計監査の実施状況について意見交換を行うことで、監査の実効性及び効率性の向上に努め
          ております。
           また、常勤監査等委員と内部監査室は監査にかかる諸情報の情報交換を日常的に実施しており、また、内部
          監査室、常勤監査等委員及び監査法人は定期的な情報交換の機会を持ち、相互連携を図ることで、監査の充実
          に努めております。これらの情報についても、常勤監査等委員から監査等委員会に報告し、情報の共有化を
          図っております。
                                 46/97




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        ③ 会計監査の状況
           当社の会計監査につきましては、有限責任                      あずさ監査法人との間で監査契約を締結しております。監査業
          務を執行した公認会計士の氏名及び監査業務に係る補助者の構成は、以下のとおりであります。
           (業務を執行した公認会計士の氏名)

            指定有限責任社員 業務執行社員  栗栖 孝彰
            指定有限責任社員 業務執行社員  大谷 はるみ
            (注)継続監査年数につきましては、両名とも7年以内であるため、記載を省略しております。

           (監査業務に係る補助者の構成)

            公認会計士7名 日本公認会計士協会準会員1名 その他2名
        ④ 社外取締役

           当社の社外取締役は監査等委員である勝田和行氏および三宅秀夫氏の2名であります。
           勝田和行氏は、日本生命保険相互会社及びニッセイ同和損害保険株式会社にて監査役を経験しております。
          また、公益社団法人日本監査役協会にて常任理事を務めた経歴を持っているため、第三者としての立場から取
          締役の業務執行を適切に監視することを期待でき、またコンプライアンス遵守にも寄与するものと判断してお
          ります。
           三宅秀夫氏は、公認会計士として専門的な会計知識、経験を持っており、主に会計面における監査に寄与す
          ることを十分に期待できると判断しております。
           勝田和行氏は当社株式8,000株及び新株予約権2個(1,600株)、三宅秀夫氏は当社株式8,000株所有してお
          りますが、それ以外に当社と社外取締役との人的関係、資本的関係、取引関係、及びその他の利害関係はあり
          ません。
           なお、当社は、社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針として明確に定めたものはありま
          せんが、選任にあたっては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣から独立した立場で社外取締役とし
          ての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断しております。
         ⑤ 役員報酬等

         イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
            平成30年12月期における当社の取締役の役員報酬の金額は、以下のとおりです。
                                    報酬等の種類別総額(千円)
                           報酬等の総額                          対象となる役員
                 区分
                                            ストックオプ
                            (千円)                         の員数(人)
                                     基本報酬
                                            ション
           取締役    (監査等委員を除く。)
                               65,890         63,650         2,240          4
           (社外取締役を除く。)
           取締役    (監査等委員)
                               3,600         3,600          -         1
           (社外    取締役   を除く。)
           社外役員                      3,600         3,600          -         2
         (注)1    . 上記には、平成30年10月15日に逝去により退任いたしました取締役(監査等委員を除く。)1名の
               当事業年度に係る報酬等を含んでおります。
             2.  取締役   (監査等委員を除く。)           の上記人員には       無報酬の取締役1名は含めておりません。
             3.ストックオプションは、会計基準に従い当事業年度において費用計上した金額です。従って、金銭
               として支給された報酬等ではなく、また、金銭の支給が保証された報酬等でもありません。
          ロ.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

            連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
         ハ.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

           該当事項はありません。
                                 47/97



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         ニ.役員報酬等の決定方針
           取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等の額は、株主総会の決議により承認された報酬限度
          額の範囲内で、業績、財務状況及び経済情勢を考慮の上、代表取締役社長に一任しております。
           監査等委員である取締役の報酬等の額は、株主総会の決議により承認された報酬限度額の範囲内で、監査
          等委員会の協議により決定しております。
         ⑥ 取締役との責任限定契約の内容の概要

           当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、取締役(業務執行取締役等を除く。)との間に同法第423条
          第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結できる規定を定款に設けております。当社は、当該定款規定に基
          づき、監査等委員である取締役との間に責任限定契約を締結しております。当該契約に基づく賠償責任の限度
          額は、法令が規定する額としております。
         ⑦ 会計監査人との責任限定契約の内容の概要

           当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、会計監査人との間に同法第423条第1項の損害賠償責任を限
          定する契約を締結できる規定を定款に設けております。当社は、当該定款規定に基づき、有限責任                                               あずさ監
          査法人との間に責任限定契約を締結しております。当該契約に基づく賠償責任の限度額は、法令が規定する額
          としております。
         ⑧ 株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定め
          ております。これは、定足数を緩和し、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものです。
         ⑨ 取締役の定数および取締役の選任の決議要件

           当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は5名以内とする
          旨を定款で定めております。取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以
          上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらない旨を定款で定めており
          ます。
         ⑩ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

         イ.自己株式の取得
            当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することがで
           きる旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行できるよう、
           市場取引等により自己株式を取得することを目的とするものであります。
         ロ.剰余金の配当等

            当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項の各号に掲げる事項については法令に別段の定めがある場
           合を除き、取締役会の決議により定めることができる旨を定款に定めております。これは、その決定を株主
           総会から取締役会へ委任することにより、機動的な株主還元の実施を可能にすることを目的とするものであ
           ります。
         ハ.取締役の責任免除

            当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含
           む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議をもって免除することができる旨を定款に
           定めております。これは、取締役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮し、期待される役割を
           果たし得る環境を整備することを目的とするものであります。
         ⑪ 株式の保有状況

           該当事項はありません。
                                 48/97




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
          区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく
                 報酬(千円)            報酬(千円)            報酬(千円)            報酬(千円)
         提出会社            16,800              -          16,800              -

        連結子会社              -            -            -            -

           計          16,800              -          16,800              -

        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社グループの規模や特性等に照らして監査計画(監査範囲・所要日数等)の妥当性を検討し、双方協議の上
         でその都度報酬を決定しております。
                                 49/97














                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成30年1月1日から平成30年12月
       31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成30年1月1日から平成30年12月31日まで)の財務諸表について、有
       限責任    あずさ監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
       内容を適時・適切に把握し、連結財務諸表等を適正に作成できる体制を整備するため監査法人等が主催する研修会
       への参加並びに会計専門書の購読を行っております。
                                 50/97














                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        976,461              954,239
         現金及び預金
                                        171,906              236,094
         売掛金
                                         32,094              30,337
         仕掛品
                                        519,199              644,782
         立替金
                                         3,978              10,657
         繰延税金資産
                                         89,711              93,346
         その他
                                        △ 1,186              △ 929
         貸倒引当金
                                       1,792,165              1,968,528
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         78,549              113,371
          建物
                                        △ 45,191             △ 43,492
            減価償却累計額
            建物(純額)                             33,358              69,878
          器具及び備品                              240,484              234,358
                                       △ 181,840             △ 175,605
            減価償却累計額
            器具及び備品(純額)                             58,644              58,753
                                         13,296                109
          その他
                                        105,298              128,741
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        137,441               97,897
          ソフトウエア
                                        137,441               97,897
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           405              687
          繰延税金資産
                                         84,180              92,368
          その他
                                         84,586              93,056
          投資その他の資産合計
                                        327,326              319,695
         固定資産合計
                                       2,119,492              2,288,224
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         6,516              6,057
         買掛金
                                        660,000              580,000
         短期借入金
                                         54,988              13,298
         1年内返済予定の長期借入金
                                        100,095               97,645
         未払金
                                         2,504              52,340
         未払法人税等
                                        256,081              281,166
         前受収益
                                        112,106              245,492
         前受金
                                        115,371              141,024
         その他
                                       1,307,663              1,417,024
         流動負債合計
       固定負債
                                         39,420              26,122
         長期借入金
                                         16,872              18,334
         繰延税金負債
                                         5,160              6,253
         その他
                                         61,452              50,710
         固定負債合計
                                       1,369,116              1,467,734
       負債合計
                                 51/97




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                        303,988              304,739
         資本金
                                        205,805              194,215
         資本剰余金
                                        185,729              281,198
         利益剰余金
                                         △ 113             △ 199
         自己株式
                                        695,409              779,954
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         35,675              19,669
         為替換算調整勘定
                                         35,675              19,669
         その他の包括利益累計額合計
                                         19,290              20,866
       新株予約権
                                        750,376              820,489
       純資産合計
                                       2,119,492              2,288,224
      負債純資産合計
                                 52/97















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                       2,567,022              2,869,285
      売上高
                                       1,954,164              2,139,319
      売上原価
                                        612,857              729,965
      売上総利益
                                       ※1 550,214             ※1 581,545
      販売費及び一般管理費
                                         62,643              148,420
      営業利益
      営業外収益
                                           986             1,537
       受取利息
                                           214              732
       助成金収入
                                           -             3,000
       受取保険金
                                           752             1,364
       その他
                                         1,953              6,634
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         4,041              3,337
       支払利息
                                         16,806               9,767
       為替差損
                                           90              30
       株式交付費
                                         4,746                25
       その他
       営業外費用合計                                  25,684              13,159
                                         38,912              141,895
      経常利益
      特別損失
                                         ※2 258
                                                         -
       固定資産売却損
                                         ※3 245            ※3 2,803
       固定資産除却損
                                           503             2,803
       特別損失合計
                                         38,408              139,091
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    9,829              49,964
                                         3,323             △ 6,342
      法人税等調整額
                                         13,153              43,621
      法人税等合計
                                         25,255              95,469
      当期純利益
                                         25,255              95,469
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 53/97










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                         25,255              95,469
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         9,268             △ 16,006
       為替換算調整勘定
                                        ※1 9,268           ※1 △ 16,006
       その他の包括利益合計
                                         34,523              79,463
      包括利益
      (内訳)
                                         34,523              79,463
       親会社株主に係る包括利益
                                 54/97

















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
                                               (単位:千円)
                                   株主資本
                     資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式      株主資本合計
                      303,237       205,054       172,791        △ 113     680,969
     当期首残高
     当期変動額
                        751       751                    1,502
      新株の発行
                                   △ 12,317             △ 12,317
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する当期
                                    25,255              25,255
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
                        751       751     12,938         -     14,440
     当期変動額合計
                      303,988       205,805       185,729        △ 113     695,409
     当期末残高
                    その他の包括利益累計額

                           その他の
                                  新株予約権       純資産合計
                    為替換算
                           包括利益
                    調整勘定
                           累計額合計
                      26,407       26,407       14,135       721,511
     当期首残高
     当期変動額
                                            1,502
      新株の発行
                                           △ 12,317
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する当期
                                            25,255
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
                       9,268       9,268       5,155       14,423
      変動額(純額)
                       9,268       9,268       5,155       28,864
     当期変動額合計
                      35,675       35,675       19,290       750,376
     当期末残高
                                 55/97









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
                                               (単位:千円)
                                   株主資本
                     資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式      株主資本合計
                      303,988       205,805       185,729        △ 113     695,409
     当期首残高
     当期変動額
      新株の発行                  751       751                    1,502
                            △ 12,341                    △ 12,341
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する当期
                                    95,469              95,469
      純利益
      自己株式の取得                                      △ 85      △ 85
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
                        751    △ 11,590       95,469        △ 85     84,544
     当期変動額合計
                      304,739       194,215       281,198        △ 199     779,954
     当期末残高
                    その他の包括利益累計額

                           その他の
                                  新株予約権       純資産合計
                    為替換算
                           包括利益
                    調整勘定
                           累計額合計
                      35,675       35,675       19,290       750,376
     当期首残高
     当期変動額
                                            1,502
      新株の発行
                                           △ 12,341
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する当期
                                            95,469
      純利益
                                             △ 85
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の当期
                     △ 16,006      △ 16,006       1,575      △ 14,430
      変動額(純額)
     当期変動額合計                △ 16,006      △ 16,006       1,575       70,113
     当期末残高                 19,669       19,669       20,866       820,489
                                 56/97









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         38,408              139,091
       税金等調整前当期純利益
                                         74,733              83,001
       減価償却費
                                         5,155              1,575
       株式報酬費用
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   627             △ 257
       為替差損益(△は益)                                  8,900              2,705
                                           258               -
       固定資産売却損
                                           245             2,533
       固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                  30,001             △ 66,968
       仕掛品の増減額(△は増加)                                  15,623               1,757
                                           90              30
       株式交付費
       立替金の増減額(△は増加)                                 △ 10,423             △ 125,771
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  3,169              △ 458
       未払金の増減額(△は減少)                                  29,829               4,165
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  △ 754             12,077
       前受収益の増減額(△は減少)                                  19,388              25,091
       前受金の増減額(△は減少)                                 △ 10,798              133,385
       預り金の増減額(△は減少)                                   711             7,499
                                         △ 986            △ 1,537
       受取利息
                                         4,041              3,337
       支払利息
                                         △ 963             △ 762
       その他
                                        207,257              220,497
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   986             1,431
                                        △ 4,149             △ 3,243
       利息の支払額
                                           -            18,679
       法人税等の還付額
                                        △ 52,995             △ 10,632
       法人税等の支払額
                                        151,098              226,732
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 58,346             △ 20,603
       定期預金の預入による支出
                                         8,346              13,640
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 41,704             △ 72,776
       有形固定資産の取得による支出
                                           34              -
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 54,713              △ 8,197
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 17,771              △ 4,856
       敷金及び保証金の差入による支出
                                         1,799              5,372
       敷金及び保証金の回収による収入
                                        △ 22,000                -
       貸付けによる支出
                                           361             2,200
       貸付金の回収による収入
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 183,994              △ 85,220
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減額(△は減少)                                    -           △ 80,000
                                         58,000                -
       長期借入れによる収入
                                        △ 71,410             △ 54,988
       長期借入金の返済による支出
                                         1,502              1,502
       株式の発行による収入
                                           -             △ 85
       自己株式の取得による支出
                                        △ 12,213             △ 12,168
       配当金の支払額
                                        △ 24,121             △ 145,740
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 5,858             △ 7,716
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 62,875             △ 11,944
                                        957,357              894,481
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1 894,481             ※1 882,537
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 57/97



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
            連結子会社の数               6 社
            連結子会社の名称
             Emergency     Assistance      Japan   (U.S.A.),     Inc.
             Emergency     Assistance      Japan   (Singapore)       Pte.   Ltd.
             北京威馬捷国際旅行援助有限責任公司
             Emergency     Assistance      Thailand     Co.,   Ltd.
             Emergency     Assistance      Bangladesh      Co.,   Ltd.
             EAJ  Assistance      Services     Canada,    Inc.
             EAJ  Assistance      Services     Canada,    Inc.については、新規設立したことに伴い、当連結会計年度より連
             結の範囲に含めております。
          2.持分法の適用に関する事項

            該当事項はありません。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項

            すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
          4.会計方針に関する事項

          (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
            たな卸資産
             仕掛品    個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性低下に基づく簿価切下げの方
                    法)を採用しております。
          (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

           ① 有形固定資産
              当社グループは定率法を採用し、一部の在外連結子会社は定額法を採用しております。
              ただし、当社は、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法を採用しており
             ます。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物      6~15年
             器具及び備品  2~15年
           ② 無形固定資産
              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
              す。
          (3)  重要な繰延資産の処理方法

             株式交付費
            支出時に全額費用処理する方法を採用しております。
          (4)  重要な引当金の計上基準

             貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
           債権については社内基準に従い、回収不能見込額を計上しております。
                                 58/97





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
          (5)  重要なヘッジ会計の方法
           ① ヘッジ会計の方法
               金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているため、特例処理を採用しております。
           ② ヘッジ手段とヘッジ対象
               ヘッジ手段…金利スワップ
               ヘッジ対象…借入金の金利
           ③ ヘッジ方針
               当社は金融機関からの借入金の一部について、金利変動によるリスクを回避するため、金利スワッ
              プ取引を利用しております。
           ④ ヘッジ有効性評価の方法
               金利スワップの特例処理の要件を満たしているため、有効性の評価を省略しております。
          (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
           クしか負わない取得日から3カ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

             消費税等の会計処理
            消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当連
           結会計年度の費用として処理しております。
                                 59/97














                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(                     企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日改正 企業会
           計基準委員会)
          ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針                       」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日最終改
           正 企業会計基準委員会)
          (1)  概要
            「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等は、日本公認会計士協会における税効果会計に関する実務
           指針を企業会計基準委員会に移管するに際して、基本的にその内容を踏襲した上で、必要と考えられる以
           下の見直しが行われたものであります。
           (会計処理の見直しを行った主な取扱い)
            ・個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取り扱い
            ・(分類1)に該当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱い
          (2)  適用予定日
            平成31年12月期の期首から適用します。
          (3)  当該会計基準等の適用による影響
            「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時
           点で評価中であります。
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)

          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計
           基準委員会)
          (1)  概要
            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括
           的な会計基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15
           号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度か
           ら、Topic606は平成29年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準
           委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたもので
           す。
            企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号
           と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り
           入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に
           配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされ
           ております。
          (2)  適用予定日
            平成34年12月期の期首から適用予定であります。
          (3)  当該会計基準等の適用による影響
            「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価
           中であります。
                                 60/97








                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
         当社において、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行9行と当座貸越契約を締結しております。
         当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (平成29年12月31日)                  (平成30年12月31日)
       当座貸越極度額                             1,500,000千円                  1,500,000千円
       借入実行残高                              560,000                  580,000
              差引額                       940,000                  920,000
         (連結損益計算書関係)

      ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年12月31日)                    至 平成30年12月31日)
      役員報酬                               79,477   千円              76,147   千円
                                     182,152                  181,387
      給料手当
                                       726                  17
      貸倒引当金繰入額
      ※2 固定資産売却損の内訳は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
      器具及び備品                                258千円                  -千円
      ※3 固定資産除却損の内訳は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
      建物                                245千円                 1,192千円
      器具及び備品                                 -                1,384
      ソフトウェア                                 -                 227
               計                        245                 2,803
         (連結包括利益計算書関係)

      ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成29年1月1日               (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      為替換算調整勘定:
       当期発生額                                9,268千円              △15,134千円
       組替調整額                                  -               -
        税効果調整前
                                        9,268              △15,134
        税効果額                                  -              △871
       為替換算調整勘定
                                        9,268              △16,006
      その他の包括利益合計
                                        9,268              △16,006
                                 61/97





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度          当連結会計年度末
                      期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)           株式数(株)
      発行済株式
       普通株式(注)                  2,463,600            4,800           -       2,468,400

             合計             2,463,600            4,800           -       2,468,400

      自己株式

       普通株式                     148          -         -          148

             合計                148          -         -          148

      (注)普通株式の発行済株式総数の増加4,800株は、新株予約権の行使によるものであります。
      2.新株予約権に関する事項

                          新株予約権
                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                       当連結会計
                          の目的とな
        区分       新株予約権の内訳                                        年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          る株式の種
                                                        (千円)
                                 年度期首      年度増加      年度減少      年度末
                            類
             ストック・オプションとし
      提出会社                      -      -      -      -      -     19,290
             ての新株予約権
               合計              -      -      -      -      -     19,290
      3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                           配当金の        1株当たり
         (決議)         株式の種類                          基準日         効力発生日
                            総額       配当額
       平成29年2月24日
                   普通株式         12,317千円           5円   平成28年12月31日          平成29年3月29日
         取締役会
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                       配当金の             1株当たり
         (決議)       株式の種類             配当の原資                基準日         効力発生日
                        総額            配当額
      平成30年2月23日
                普通株式      12,341千円      資本剰余金          5円   平成29年12月31日          平成30年3月29日
         取締役会
                                 62/97








                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度          当連結会計年度末
                      期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)           株式数(株)
      発行済株式

       普通株式(注)1                  2,468,400            4,800           -       2,473,200

             合計             2,468,400            4,800           -       2,473,200

      自己株式

       普通株式(注)2                     148          63         -          211

             合計                148          63         -          211

      (注)1.普通株式の発行済株式総数の増加4,800株は、新株予約権の行使によるものであります。
         2.普通株式の自己株式の株式数の増加63株は、単元未満株式の買取りによるものであります。
      2.新株予約権に関する事項

                          新株予約権
                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                       当連結会計
                          の目的とな
        区分       新株予約権の内訳                                        年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          る株式の種
                                                        (千円)
                                 年度期首      年度増加      年度減少      年度末
                            類
             ストック・オプションとし
      提出会社                      -      -      -      -      -     20,866
             ての新株予約権
               合計              -      -      -      -      -     20,866
      3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                           配当金の        1株当たり
         (決議)         株式の種類                          基準日         効力発生日
                            総額       配当額
       平成30年2月23日
                   普通株式         12,341千円           5円   平成29年12月31日          平成30年3月29日
         取締役会
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                       配当金の             1株当たり
         (決議)       株式の種類             配当の原資                基準日         効力発生日
                        総額            配当額
      平成31年2月26日
                普通株式      12,364千円      利益剰余金          5円   平成30年12月31日          平成31年3月27日
         取締役会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                              至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
      現金及び預金勘定                              976,461千円                  954,239千円
      預入期間が3ヶ月を超える定期預金                              △81,980                  △71,701
      現金及び現金同等物                              894,481                  882,537
                                 63/97




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)  金融商品に対する取組方針
         当社グループの所要資金調達は、大きく分けて運転資金及び設備投資資金の調達となっております。運転資金は
        自己資金、短期借入金及び長期借入金で賄っております。また、設備投資資金として、自己資金の充当に加え、長
        期借入金による調達を行っております。
         デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方針であります。
       (2)  金融商品の内容及びそのリスク

         営業債権である売掛金及び立替金は、顧客及び取引先の信用リスクに晒されております。また、海外で事業を行
        う事で生じる外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されております。
         営業債務である買掛金及び未払金は、そのほとんどが1年以内の支払期日であります。
         また、海外で事業を行う事で生じる外貨建ての営業債務は、為替の変動リスクに晒されております。
         長期借入金は、運転資金及び設備投資に係る資金調達を目的としたものであり、返済日は最長で決算日後約3年
        であります。これらについては変動及び固定金利による調達を行っておりますが、その時々の金利の変動によるリ
        スクに晒されております。
       (3)  金融商品に係るリスク管理体制

        ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          当社グループは、営業債権について、債権管理規程に従い、取引先毎に取引開始時における与信調査、期日管
         理及び残高管理を継続的に行い、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
        ②  市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          当社は、借入金に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、固定金利及び金利スワップを適用しておりま
         す。
          デリバティブ取引の失効・管理については、取引権限及び取引限度額等を定めた管理規定に従い、財務担当者
         が管理担当役員の承認を得て行っております。
        ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          各部署からの報告に基づき管理部門が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持などに
         より流動性リスクを管理しております。
          また流動性リスクの備えとして、銀行群と当座貸越契約を締結しております。
       (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
        ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
        り、当該価額が変動することがあります。
       (5)  信用リスクの集中

         当期の連結決算日現在における営業債権のうち、65%が特定の大口顧客に対するものであります。
                                 64/97








                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      2.金融商品の時価等に関する事項
        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
        前連結会計年度(平成29年12月31日)

                         連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)  現金及び預金
                               976,461            976,461               -
      (2)  売掛金
                               171,906            171,906               -
      (3)  立替金
                               519,199            519,199               -
             資産計                 1,667,567            1,667,567                -

      (1)  買掛金

                                6,516            6,516              -
      (2)  短期借入金
                               660,000            660,000               -
      (3)  1年内返済予定の長期借入金
                                54,988            54,988              -
      (4)  未払金
                               100,095            100,095               -
      (5)  未払法人税等
                                2,504            2,504              -
      (6)  長期借入金
                                39,420            39,108             △311
             負債計                  863,523            863,212             △311

      (注)1.金融商品の時価の算定方法

          資 産
           (1)  現金及び預金、       (2)  売掛金、    (3)  立替金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
            額によっております。
          負 債
           (1)  買掛金、    (2)  短期借入金、      (3)  1年内返済予定の長期借入金、              (4)  未払金、    (5)  未払法人税等
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
            額によっております。
           (6)  長期借入金
             元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定
            しております。       なお、金利スワップの特例処理の対象とされている長期借入金については、当該金利ス
            ワップと一体として処理された元利金の合計額を同様の借入を行った場合に適用される合理的に見積ら
            れる利率で割り引いて算定しております。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

           該当事項はありません。
                                 65/97







                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(平成30年12月31日)
                         連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)  現金及び預金
                               954,239            954,239               -
      (2)  売掛金
                               236,094            236,094               -
      (3)  立替金
                               644,782            644,782               -
             資産計                 1,835,116            1,835,116                -

      (1)  買掛金

                                6,057            6,057              -
      (2)  短期借入金
                               580,000            580,000               -
      (3)  1年内返済予定の長期借入金
                                13,298            13,298              -
      (4)  未払金
                                97,645            97,645              -
      (5)  未払法人税等
                                52,340            52,340              -
      (6)  長期借入金
                                26,122            25,920             △201
             負債計                  775,463            775,261             △201

      (注)1.金融商品の時価の算定方法

          資 産
           (1)  現金及び預金、       (2)  売掛金、    (3)  立替金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
            額によっております。
          負 債
           (1)  買掛金、    (2)  短期借入金、      (3)  1年内返済予定の長期借入金、              (4)  未払金、    (5)  未払法人税等
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
            額によっております。
           (6)  長期借入金
             元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定
            しております。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

           該当事項はありません。
                                 66/97









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
        前連結会計年度(平成29年12月31日)
                                     1年超         5年超
                            1年以内                           10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (千円)                          (千円)
                                    (千円)         (千円)
       現金及び預金                      976,461           -         -         -

       売掛金                      171,906           -         -         -
       立替金                      519,199           -         -         -
               合計             1,667,567            -         -         -

        当連結会計年度(平成30年12月31日)

                                     1年超         5年超
                            1年以内                           10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (千円)                          (千円)
                                    (千円)         (千円)
       現金及び預金                      954,239           -         -         -

       売掛金                      236,094           -         -         -

       立替金                      644,782           -         -         -
               合計             1,835,116            -         -         -

      4.長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

        前連結会計年度(平成29年12月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
       短期借入金             660,000          -       -       -       -       -

       長期借入金             54,988       13,298       11,592       11,592        2,938         -
           合計         714,988        13,298       11,592       11,592        2,938         -

        当連結会計年度(平成30年12月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
       短期借入金             580,000          -       -       -       -       -

       長期借入金             13,298       11,592       11,592        2,938         -       -
                            11,592       11,592

           合計         593,298                       2,938         -       -
                                 67/97







                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
      1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
        前連結会計年度(平成29年12月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(平成30年12月31日)

         該当事項はありません。
      2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

       (1)通貨関連
         前連結会計年度(平成29年12月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(平成30年12月31日)

          該当事項はありません。
       (2)金利関連

         前連結会計年度(平成29年12月31日)
          特例処理を採用している金利スワップ取引には重要性がないため、記載を省略しております。
         当連結会計年度(平成30年12月31日)

          特例処理を採用している金利スワップ取引には重要性がないため、記載を省略しております。
                                 68/97














                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
      1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                                     (単位:千円)
                            前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (自 平成29年1月1日                   (自 平成30年1月1日
                           至 平成29年12月31日)                   至 平成30年12月31日)
      販売費及び一般管理費                                5,155                   1,575
      2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       (1)  ストック・オプションの内容
                      平成22年          平成23年          平成27年          平成30年
                   ストック・オプション          ストック・オプション          ストック・オプション          ストック・オプション
                   当社取締役 3名
                   当社監査役 4名
                              当社取締役 1名
                   当社従業員 57名
       付与対象者の区分及び                      当社従業員 15名          当社取締役 1名
                   当社子会社取締役                                当社取締役 1名
       人数                      当社子会社従業員           当社従業員 9名
                   3名
                              12名
                   当社子会社従業員 
                   13名
       株式の種類別のストッ
                   普通株式 145,600
       ク・オプションの数
                              普通株式 30,400株          普通株式 24,000株          普通株式 10,000株
                   株
       (注)
       付与日            平成22年12月31日          平成23年10月17日          平成27年8月17日          平成30年5月21日
                   付与日(平成22年12          付与日(平成23年10          付与日(平成27年8          付与日(平成30年5
                   月31日)以降、権利          月17日)以降、権利          月17日)以降、権利          月21日)以降、権利
                   確定日(平成24年12          確定日(平成25年10          確定日(平成29年8          確定日(平成32年5
                   月31日)まで継続し          月17日)まで継続し          月17日)まで継続し          月21日)まで継続し
                   て勤務しているこ          て勤務しているこ          て勤務しているこ          て勤務しているこ
                   と。          と。          と。          と。
       権利確定条件
                   その他の条件につい          その他の条件につい          その他の条件につい          その他の条件につい
                   ては、当社と付与対          ては、当社と付与対          ては、当社と付与対          ては、当社と付与対
                   象者との間で締結し          象者との間で締結し          象者との間で締結し          象者との間で締結し
                   た新株予約権割当契          た新株予約権割当契          た新株予約権割当契          た新株予約権割当契
                   約の定めによるもの          約の定めによるもの          約の定めによるもの          約の定めによるもの
                   とする。          とする。          とする。          とする。
                   自平成22年12月31日          自平成23年10月17日          自平成27年8月17日          自平成30年5月21日
       対象勤務期間
                   至平成24年12月31日          至平成25年10月17日          至平成29年8月17日          至平成32年5月21日
                   自平成25年1月1日          自平成25年10月18日          自平成29年8月18日          自平成32年5月22日
       権利行使期間
                   至平成32年10月31日          至平成32年10月31日          至平成37年2月28日          至平成40年2月29日
       (注)株式数に換算して記載しております。なお、平成24年3月23日付株式分割(1株につき400株の割合)及び平
          成27年9月1日付(1株につき2株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しております。
                                 69/97







                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
         当連結会計年度(平成30年12月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプション
        の数については、株式数に換算して記載しております。
        ①ストック・オプションの数
                        平成22年          平成23年          平成27年          平成30年
                     ストック・オプショ          ストック・オプショ          ストック・オプショ          ストック・オプショ
                         ン          ン          ン          ン
                 (株)
       権利確定前
                            -          -          -          -

        前連結会計年度末
                            -          -          -        10,000

        付与
                            -          -          -          -

        失効
                            -          -          -          -

        権利確定
                            -          -          -        10,000

        未確定残
                 (株)

       権利確定後
                          53,600          5,600         23,200            -

        前連結会計年度末
                            -          -          -          -

        権利確定
                           4,800            -          -          -

        権利行使
                            -          -         800          -

        失効
                          48,800          5,600         22,400            -

        未行使残
       (注)平成24年3月23日付株式分割(1株につき400株の割合)及び平成27年9月1日付(1株につき2株の割合)
          による分割後の株式数に換算して記載しております。
        ②単価情報

                        平成22年          平成23年          平成27年          平成30年
                     ストック・オプショ          ストック・オプショ          ストック・オプショ           ストック・オプ
                         ン          ン          ン         ション
       権利行使価格
                 (円)           313          313         1,370         1,043
       (注)
                 (円)          1,083            -          -         -
       行使時平均株価
       付与日における公
                 (円)            -          -         831.5        672.17
       正な評価単価
       (注)平成24年3月23日付株式分割(1株につき400株の割合)及び平成27年9月1日付(1株につき2株の割合)
          による分割後の価格に換算して記載しております。
                                 70/97








                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      3.当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
        当連結会計年度において付与された平成30年ストック・オプションについての公正な評価単価の見積方法は以下の
       とおりであります。
       ①  使用した評価技法                      ブラック・ショールズ式
       ②  主な基礎数値及び見積方法
                               平成30年ストック・オプション
         株価変動性(注)1                                 80.08%
         予想残存期間(注)2                                 5.875年
         予想配当(注)3                                 5円/株
         無リスク利子率(注)4                                △0.068%
        (注)1.上場日以降、割当日までの株価実績に基づき算定しております。
           2.十分なデータの蓄積がなく、合理的な見積りが困難であるため、権利行使期間の中間点において行使
              されるものと推定して見積もっております。
           3.平成29年12月期の配当実績によっております。
           4.予想残存期間に対応する期間に対応する国債の利回りであります。
      4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

        基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
       ます。
                                 71/97














                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
        繰延税金資産
         減価償却費超過額                                 637千円              758千円
         敷金償却費                                4,078              4,468
                                                        284
         貸倒引当金                                 366
         貸倒損失                                 914              914
         未払事業税                                1,372              3,984
         未払事業所税                                1,028              1,026
         仕掛品評価損                                1,211              1,639
         清算予定子会社の投資等                                 -            4,594
                                         1,104              1,297
         その他
         繰延税金資産小計
                                        10,712              18,968
                                        △6,328              △6,751
         評価性引当額
         繰延税金資産合計
                                         4,383             12,217
        繰延税金負債
         海外子会社の減価償却費                                △719              △447
         海外子会社の留保利益                              △16,152              △17,886
                                          -            △871
         為替換算調整勘定
         繰延税金負債合計                              △16,872              △19,206
        繰延税金資産(負債)の純額                               △12,488              △6,988
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
        法定実効税率
                                         30.9%               -%
        (調整)
                                          2.6
         交際費等永久に損金に算入されない項目                                               -
                                          2.9
         住民税均等割                                               -
                                          4.1
         株式報酬費用                                               -
                                         △1.7
         国外所得に対する事業税相当額                                               -
                                          3.6
         評価性引当額の増減                                               -
                                          7.7
         海外子会社の留保利益                                               -
         過年度法人税等                               △10.1                -
         海外子会社との税率差異                                △7.0               -
                                          1.2              -
         その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 34.2               -
       (注)当連結会計年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の
          100分の5以下であるため注記を省略しております。
                                 72/97






                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
         1.報告セグメントの概要
          当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会
         が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
          当社は、「医療アシスタンス事業」及び「ライフアシスタンス事業」の2つを報告セグメントとしておりま
         す。
          「医療アシスタンス事業」は損害保険会社からの受託若しくは自社直接提供により、自国外で旅行や出張中に
         病気や怪我をされたお客様が、不自由なく必要な医療を受けられるようにコーディネートする業務を主なものと
         しております。
          「ライフアシスタンス事業」はクレジットカード会社からの受託業務として、カード会員に対する海外コン
         シェルジュサービスを行っております。
         2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」の
         記載と同一であります。
          報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
         3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

           前連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                     連結財務諸表
                                               調整額
                                                       計上額
                                             (注)1、2、3
                      医療アシスタ        ライフアシス
                                                       (注)4
                                        計
                      ンス事業        タンス事業
       売上高

                        2,100,682         466,340       2,567,022           -    2,567,022
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売上高
                            -        -        -        -        -
        又は振替高
                        2,100,682         466,340       2,567,022           -    2,567,022

              計
                         359,966        95,250       455,216       △ 392,573        62,643

       セグメント利益
                        1,143,868         63,792      1,207,660         911,831       2,119,492

       セグメント資産
       その他の項目

                          53,116        19,678        72,794        1,939       74,733
        減価償却費
        有形固定資産及び無形固定

                          35,408        54,608        90,016        11,928       101,944
        資産の増加額
       (注)1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報
             告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          2.セグメント資産の調整額には、各報告セグメントに配分していない全社資産及び連結子会社との債権債務
            の相殺消去が含まれております。全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金でありま
            す。
          3.その他の項目の減価償却費の調整額、有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は全社資産に係る
            ものであります。
          4.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                 73/97





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                     連結財務諸表
                                               調整額
                                                       計上額
                                             (注)1、2、3
                      医療アシスタ        ライフアシス
                                                       (注)4
                                        計
                      ンス事業        タンス事業
       売上高

                        2,369,595         499,690       2,869,285           -    2,869,285
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売上高
                            -        -        -        -        -
        又は振替高
                        2,369,595         499,690       2,869,285           -    2,869,285

              計
                         462,081        113,148        575,230       △ 426,810        148,420

       セグメント利益
                        1,361,066          5,257      1,366,324         921,899       2,288,224

       セグメント資産
       その他の項目

                          62,801        17,979        80,780        2,220       83,001
        減価償却費
        有形固定資産及び無形固定
                          48,966        1,081       50,047        24,646        74,694
        資産の増加額
       (注)1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報
             告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          2.セグメント資産の調整額には、各報告セグメントに配分していない全社資産及び連結子会社との債権債務
            の相殺消去が含まれております。全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金でありま
            す。
          3.その他の項目の減価償却費の調整額、有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は全社資産に係る
            ものであります。
          4.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                 74/97











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       【関連情報】
       前連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
        1.製品及びサービスごとの情報
          セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

        (1)売上高
           本邦の外部顧客への営業収益が連結損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しております。
        (2)有形固定資産
                                                      (単位:千円)
              日本        タイ国         中国       アメリカ         その他         計

             40,699         7,582        35,304        10,831        10,881        105,298

        3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
                顧客の名称又は氏名                   売上高            関連するセグメント

            損害保険ジャパン日本興亜株式会社
                                         医療アシスタンス事業及びライフアシス
                                 1,204,495
                                         タンス事業
            (注)
            American     Express    International       Inc.
                                  390,263       ライフアシスタンス事業
          (注)損害保険ジャパン日本興亜株式会社の企業集団に属するSompo                                America    Insurance     Services     LLCへの売
             上高を集約して記載しております。
       当連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)

        1.製品及びサービスごとの情報
          セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

        (1)売上高
           本邦の外部顧客への営業収益が連結損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しております。
        (2)有形固定資産
                                                      (単位:千円)
             日本       タイ国        中国      アメリカ        カナダ       その他        計

            44,211       4,858       39,735       7,421       19,172       13,342       128,741

        3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
                顧客の名称又は氏名                   売上高            関連するセグメント

            損害保険ジャパン日本興亜株式会社
                                         医療アシスタンス事業及びライフアシス
                                 1,359,419
                                         タンス事業
            (注)
            American     Express    International       Inc.
                                  306,280       ライフアシスタンス事業
          (注)損害保険ジャパン日本興亜株式会社の企業集団に属するSompo                                America    Insurance     Services     LLCへの売
             上高を集約して記載しております。
                                 75/97





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
        前連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)

        該当事項はありません。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

        前連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)

        該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        前連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)

        該当事項はありません。
                                 76/97














                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          該当事項はありません。
                                 77/97




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自    平成29年1月1日             (自    平成30年1月1日
                               至   平成29年12月31日)              至   平成30年12月31日)
     1株当たり純資産額                                 296.20円                323.34円
     1株当たり当期純利益                                 10.25円                38.63円
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                                 10.05円                38.01円
     (注)1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 平成29年1月1日                (自 平成30年1月1日
                               至 平成29年12月31日)                至 平成30年12月31日)
     1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                               25,255                95,469
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
                                      25,255                95,469
      利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                              2,464,135                2,471,193
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                        -                -
      (千円)
      普通株式増加数(株)                               48,557                40,269
       (うち新株予約権(株))                             (48,557)                (40,269)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1                       第4回新株予約権(新株予約権                第4回新株予約権(新株予約権
     株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在
                            の数116個)。なお、新株予約権                の数112個)。なお、新株予約権
     株式の概要
                            の概要は「第4提出会社の状況                の概要は「第4提出会社の状況
                            1.株式等の状況(2)新株予                1.株式等の状況(2)新株予
                            約権等の状況」に記載のとおり                約権等の状況」に記載のとおり
                            であります。                であります。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 78/97










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高        当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                                (千円)        (千円)        (%)
     短期借入金                            660,000       580,000         0.4      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                             54,988       13,298         0.8      -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             39,420       26,122         0.8    平成34年

                合計                 754,408       619,420          -     -

     (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであり
          ます。
                       1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                         (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
         長期借入金                 11,592          11,592          2,938           -

         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
                                 79/97













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
       当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                    697,904         1,391,511          2,119,636          2,869,285
     税金等調整前四半期(当期)
                          24,561          62,098          124,226          139,091
     純利益(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                          18,069          44,474          90,699          95,469
     (当期)純利益(千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                           7.31          18.00          36.70          38.63
     利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益
                           7.31          10.68
                                               18.70           1.93
     (円)
                                 80/97















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        770,119              745,815
         現金及び預金
                                       ※1 172,668             ※1 233,760
         売掛金
                                         32,094              30,337
         仕掛品
                                        514,023              634,990
         立替金
                                           901              641
         前渡金
                                         48,040              51,537
         前払費用
                                         3,978              11,067
         繰延税金資産
                                        ※1 25,052             ※1 21,421
         その他
                                        △ 4,240             △ 3,982
         貸倒引当金
                                       1,562,639              1,725,589
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         29,160              31,999
          建物
                                         21,503              20,704
          器具及び備品
                                         50,663              52,704
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        130,843               92,609
          ソフトウエア
                                        130,843               92,609
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         77,956              120,181
          関係会社株式
                                         19,800              17,600
          長期貸付金
                                           405              494
          繰延税金資産
                                         38,376              37,386
          その他
                                        136,538              175,662
          投資その他の資産合計
                                        318,045              320,975
         固定資産合計
                                       1,880,685              2,046,565
       資産合計
                                 81/97










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         6,516              6,057
         買掛金
                                        660,000              580,000
         短期借入金
                                         54,988              13,298
         1年内返済予定の長期借入金
                                       ※1 157,232             ※1 171,571
         未払金
                                         28,987              32,429
         未払費用
                                           -            50,433
         未払法人税等
                                        112,106              245,492
         前受金
                                         24,589              19,630
         預り金
                                        255,713              280,851
         前受収益
                                           -             4,754
         関係会社事業損失引当金
                                         14,633              27,130
         その他
                                       1,314,769              1,431,650
         流動負債合計
       固定負債
                                         39,420              26,122
         長期借入金
                                         2,239                -
         関係会社事業損失引当金
         固定負債合計                                41,659              26,122
                                       1,356,428              1,457,772
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        303,988              304,739
         資本金
         資本剰余金
                                         89,988              90,739
          資本準備金
                                        115,817              103,476
          その他資本剰余金
                                        205,805              194,215
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        △ 4,714              69,171
            繰越利益剰余金
                                        △ 4,714              69,171
          利益剰余金合計
                                         △ 113             △ 199
         自己株式
                                        504,966              567,926
         株主資本合計
                                         19,290              20,866
       新株予約権
                                        524,257              588,792
       純資産合計
                                       1,880,685              2,046,565
      負債純資産合計
                                 82/97








                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                       2,530,877              2,834,642
      売上高
                                      ※1 1,968,739             ※1 2,139,494
      売上原価
                                        562,138              695,148
      売上総利益
                                       ※2 542,356             ※2 573,539
      販売費及び一般管理費
                                         19,781              121,609
      営業利益
      営業外収益
                                           35              341
       受取利息
                                           -             3,000
       受取保険金
                                           549             1,536
       その他
                                           585             4,878
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         4,041              3,337
       支払利息
                                         16,596              10,173
       為替差損
                                           90              30
       株式交付費
                                         4,703                9
       その他
                                         25,431              13,550
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   △ 5,064             112,936
      特別損失
                                                      ※3 1,678
                                           -
       固定資産除却損
                                         2,239              2,514
       関係会社事業損失引当金繰入額
                                         2,239              4,193
       特別損失合計
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                   △ 7,303             108,743
                                        △ 1,062              42,035
      法人税、住民税及び事業税
                                           340            △ 7,177
      法人税等調整額
                                         △ 721             34,858
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                   △ 6,581              73,885
                                 83/97











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        【売上原価明細書】
                               前事業年度                  当事業年度
                           (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                            至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
                      注記                 構成比                  構成比
            区分                金額(千円)                  金額(千円)
                      番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ.人件費                          797,903         40.8          818,193         38.3
     Ⅱ.経費                 ※2        1,156,940          59.2         1,319,542          61.7
      当期総費用                                  100.0                  100.0

                              1,954,843                  2,137,736
                                45,990                  32,094
      期首仕掛品たな卸高
         合計

                              2,000,834                  2,169,831
                                32,094                  30,337
      期末仕掛品たな卸高
      当期売上原価

                              1,968,739                  2,139,494
      (注) 1 原価計算の方法は、個別原価計算による実際原価計算であります。
         ※2 主な内訳は次のとおりです。

                               前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                            至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
          外注費(千円)                             798,358                  954,960
                                 84/97













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                                     株主資本
                           資本剰余金             利益剰余金
                                      その他利
                  資本金                              自己株式     株主資本合計
                                      益剰余金
                            その他資     資本剰余           利益剰余
                      資本準備金
                            本剰余金      金合計           金合計
                                      繰越利益
                                       剰余金
                  303,237      89,237    115,817     205,054      14,184     14,184      △ 113     522,362
     当期首残高
     当期変動額
      新株の発行              751     751          751                      1,502
      剰余金の配当                                 △ 12,317    △ 12,317           △ 12,317
      当期純損失(△)                                 △ 6,581    △ 6,581           △ 6,581
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               751     751      -    751   △ 18,898    △ 18,898       -    △ 17,396
     当期末残高             303,988      89,988    115,817     205,805      △ 4,714    △ 4,714     △ 113     504,966
                  新株予約権      純資産合計

                   14,135       536,498
     当期首残高
     当期変動額
      新株の発行                     1,502
      剰余金の配当                    △ 12,317
      当期純損失(△)                    △ 6,581
      株主資本以外の項目の
                    5,155       5,155
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               5,155      △ 12,241
                   19,290       524,257
     当期末残高
                                 85/97










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                                     株主資本
                           資本剰余金             利益剰余金
                                      その他利
                  資本金                              自己株式     株主資本合計
                                      益剰余金
                            その他資     資本剰余           利益剰余
                      資本準備金
                            本剰余金      金合計           金合計
                                      繰越利益
                                       剰余金
     当期首残高             303,988      89,988    115,817     205,805      △ 4,714    △ 4,714     △ 113     504,966
     当期変動額
                    751     751          751                      1,502
      新株の発行
                            △ 12,341    △ 12,341                      △ 12,341
      剰余金の配当
      当期純利益                                  73,885     73,885            73,885
                                                   △ 85      △ 85
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
                                                           -
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               751     751  △ 12,341    △ 11,590      73,885     73,885      △ 85     62,960
                  304,739      90,739    103,476     194,215      69,171     69,171      △ 199     567,926
     当期末残高
                  新株予約権      純資産合計

                   19,290       524,257
     当期首残高
     当期変動額
                           1,502
      新株の発行
      剰余金の配当                    △ 12,341
                           73,885
      当期純利益
                            △ 85
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
                    1,575       1,575
      当期変動額(純額)
                    1,575       64,535
     当期変動額合計
                   20,866       588,792
     当期末残高
                                 86/97









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          1.資産の評価基準及び評価方法
          (1)  関係会社株式
             移動平均法による原価法を採用しております。
          (2)  たな卸資産
             仕掛品
             個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を
             採用しております。
          2.固定資産の減価償却の方法

          (1)  有形固定資産
             定率法を採用しております。
             ただし、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物        6~15年
             器具及び備品    2~15年
          (2)  無形固定資産
             定額法を採用しております。
             なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
          3.繰延資産の処理方法

             株式交付費
             支出時に全額費用処理する方法を採用しております。
          4.引当金の計上基準

          (1)  貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
           債権については社内基準に従い、回収不能見込額を計上しております。
          (2)  関係会社事業損失引当金
             関係会社の事業に係る損失に備えるため、当該関係会社の財政状態等を勘案し、必要と認められる額を
           計上しております。
          5.  ヘッジ会計の方法

           (1)  ヘッジ会計の方法
              金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているため、特例処理を採用しております。
           (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
              ヘッジ手段…金利スワップ
              ヘッジ対象…借入金の金利
           (3)  ヘッジ方針
              当社は金融機関からの借入金の一部について、金利変動によるリスクを回避するため、金利スワップ
             取引を利用しております。
           (4)  ヘッジ有効性評価の方法
              金利スワップの特例処理の要件を満たしているため、有効性の評価を省略しております。
          6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当
             事業年度の費用として処理しております。
                                 87/97




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
      ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示されたものを除く)
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成29年12月31日)                  (平成30年12月31日)
      短期金銭債権                               5,333千円                  5,333千円
      短期金銭債務                               60,026                  79,532
       2 当社において、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行9行と当座貸越契約を締結しております。

         当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成29年12月31日)                  (平成30年12月31日)
      当座貸越極度額                             1,500,000千円                  1,500,000千円
      借入実行残高                              560,000                  580,000
              差引額                       940,000                  920,000
         (損益計算書関係)

      ※1 関係会社との取引高
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年12月31日)                    至 平成30年12月31日)
      営業取引による取引高
       業務委託費                           601,683千円                  680,475千円
      ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度2%、当事業年度3%、一般管理費に属する費用のおおよそ

        の割合は前事業年度98%、当事業年度97%であります。
         主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年12月31日)                    至 平成30年12月31日)
      役員報酬                               74,100   千円              70,850   千円
                                     181,544                  180,806
      給料手当
                                     36,064                  35,415
      法定福利費
                                     26,649                  25,990
      支払報酬
                                      3,003                  3,191
      減価償却費
                                     46,435                  46,326
      外注費
                                       810                  17
      貸倒引当金繰入額
      ※3 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年12月31日)                  至 平成30年12月31日)
      建物                                 -千円                1,192千円
      器具及び備品                                 -                 258
                                       -
      ソフトウエア                                                  227
               計                        -                1,678
         (有価証券関係)

          関係会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式120,181千円、前事業年度の貸借対照表計上額は子
         会社株式77,956千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載して
         おりません。
                                 88/97



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成29年12月31日)              (平成30年12月31日)
        繰延税金資産
         減価償却超過額                               637千円              758千円
         敷金償却費                              4,078              4,468
         貸倒引当金                              1,301              1,219
         貸倒損失                              1,093              1,093
         関係会社株式評価損                              1,561              1,561
         未払事業税                              1,372              3,984
         未払事業所税                              1,028              1,026
         関係会社事業損失引当金                               685             1,455
         仕掛品評価損                              1,211              1,639
                                       1,104              1,104
         その他
        繰延税金資産小計
                                      14,074              18,312
                                      △9,690              △6,751
         評価性引当額
        繰延税金資産合計                               4,383             11,561
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
        前事業年度は、税引前当期純損失を計上しているため、記載を省略しております。
        当事業年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以
        下であるため、注記を省略しております。
                                 89/97












                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
          該当事項はありません。
                                 90/97




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:    千円  )
                                                       減価償却累

       区分        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                       計額
                                        922     4,799      31,999
             建物             29,160       8,560                        34,183
     有形固定資産
                                        258     9,795      20,704
             器具及び備品             21,503       9,255                        99,104
                                  618      618             -      -
             建設仮勘定               -                   -
                                       1,799      14,594      52,704
                 計         50,663      18,434                        133,288
                                            48,368      92,609      197,319
             ソフトウエア             130,843       10,361        227
     無形固定資産
                                       4,403
             その他               -     4,403              -      -      -
                                            48,368      92,609      197,319
                 計        130,843       14,764       4,630
     (注)   当期増加額のうち主なものは以下の通りであります。
          有形固定資産
           建物       本社工事に伴う諸費用                                     8,560千円
           器具及び備品       本社工事に伴う諸費用                                     4,815千円
          無形固定資産
           ソフトウエア        社内管理システム                                     9,671千円
         【引当金明細表】

                                                     (単位:    千円  )
           科目           当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高

     貸倒引当金                     4,240          3,982          4,240          3,982

     関係会社事業損失引当金                     2,239          4,754          2,239          4,754

       (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                 91/97








                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                毎年1月1日から12月31日まで

      定時株主総会                事業年度末日の翌日から3か月以内

      基準日                12月31日

                      毎年6月30日

      剰余金の配当の基準日
                      毎年12月31日
      1単元の株式数                100株

      単元未満株式の買取り

                      東京都千代田区丸の内一丁目4番1号                  三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

       取扱場所
                      東京都千代田区丸の内一丁目4番1号                  三井住友信託銀行株式会社

       株主名簿管理人
       取次所               -

       買取手数料               無料

                      電子公告により行う。ただし、やむを得ない事由により、電子公告によることが

                      できない場合は、日本経済新聞に掲載する方法により行う。
      公告掲載方法
                      電子公告は当社のホームページに掲載しており、そのアドレスは次のとおりであ
                      ります。 http://www.emergency.co.jp/
      株主に対する特典                該当事項はありません。

      (注)当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨、

        定款に定めております。
        (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 92/97








                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)有価証券報告書及びその添付書類、有価証券報告書の確認書
          事業年度 第15期(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
          平成30年3月29日関東財務局長に提出。
        (2)内部統制報告書
          事業年度 第15期(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
          平成30年3月29日関東財務局長に提出。
        (3)四半期報告書及び確認書
          第16期第1四半期(自             平成30年1月1日         至  平成30年3月31日)平成30年5月14日 関東財務局長に提出。
          第16期第2四半期(自           平成30年4月1日         至  平成30年6月30日)平成30年8月10日 関東財務局長に提出。
          第16期第3四半期(自           平成30年7月1日         至  平成30年9月30日)平成30年11月12日 関東財務局長に提出。
        (4)臨時報告書
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に
          基づく臨時報告書
          平成30年3月30日関東財務局長に提出。
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)の規定に基づく臨時報告書
          平成30年10月19日関東財務局長に提出。
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第3号(特定子会社の異動)の規定に基づく臨時報告書
          平成31年2月19日関東財務局長に提出。
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号                          (代表取締役の異動)          の規定に基づく       臨時報告書
          平成31年3月26日関東財務局長に提出。
                                 93/97












                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 94/97




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
                  独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成31年3月28日

     日本エマージェンシーアシスタンス株式会社

      取締役会 御中

                            有限責任     あずさ監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               栗栖 孝彰
                              業  務  執  行  社  員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               大谷 はるみ
                              業  務  執  行  社  員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる日本エマージェンシーアシスタンス株式会社の平成30年1月1日から平成30年12月31日までの連結会計年度の連結財
     務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッ
     シュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査
     を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、日本
     エマージェンシーアシスタンス株式会社及び連結子会社の平成30年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する
     連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 95/97




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、日本エマージェンシーアシス
     タンス株式会社の平成30年12月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社が平成30年12月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効
     であると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価
     の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと
     認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

           出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 96/97









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成31年3月28日

     日本エマージェンシーアシスタンス株式会社

      取締役会 御中

                            有限責任     あずさ監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               栗栖 孝彰
                              業  務  執  行  社  員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               大谷 はるみ
                              業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる日本エマージェンシーアシスタンス株式会社の平成30年1月1日から平成30年12月31日までの第16期事業年度の財務
     諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表につ
     いて監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、日本エ
     マージェンシーアシスタンス株式会社の平成30年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績
     をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

           出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 97/97



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。