マイクロソフトコーポレーション 半期報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書

提出日:

提出者:マイクロソフトコーポレーション

カテゴリ:半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     企業内容等の開示に関する内閣府令

     第十号様式

     【表紙】

     【提出書類】                    半期報告書
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    平成  31 年3月   29 日
     【中間会計期間】                    自 平成    30 年7月1日 至 平成         30 年 12 月 31 日

     【会社名】                    マイクロソフトコーポレーション

                         ( Microsoft    Corporation     )
     【代表者の役職氏名】

                         会社秘書役補佐
                         ( Assistant    Secretary    )
                         キース・ドリバー
                         ( Keith   Dolliver   )
     【本店の所在の場所】

                         アメリカ合衆国       98052-6399
                         ワシントン州レドモンド            ワン  マイクロソフト       ウェイ
                         ( One  Microsoft    Way,   Redmond,     Washington
                         98052-6399,      U.S.A.   )
     【代理人の氏名又は名称】                    弁護士 大塚 一郎

     【代理人の住所又は所在地】                    東京都港区六本木一丁目           7 番 27 号全特六本木ビル        5 階
                         東京六本木法律特許事務所
     【電話番号】
                         ( 03 ) 5575-2490
     【事務連絡者氏名】                    弁護士 大塚 一郎 弁護士 西岡 志貴

                         弁護士 小野 淳也
     【連絡場所】
                         東京都港区六本木一丁目           7 番 27 号全特六本木ビル        5 階
                         東京六本木法律特許事務所
     【電話番号】                    ( 03 ) 5575-2490
     【縦覧に供する場所】                    該当事項なし

                                  1/71









                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     注記

      1.  文書中、文脈から別意に解すべき場合を除いて、「マイクロソフト」又は「当社」とはワシントン州

        法に準拠して設立された「マイクロソフトコーポレーション」を意味するものとする。
      2.  特段の明記がない限り、本文書中の「ドル」又は「$」は米国ドルを意味する。

        文書中一部の財務データについては、便宜をはかるためドルから日本円(「円」又は「¥」)への換

        算がなされている。この場合の換算は、株式会社三菱UFJ銀行が発表した2019年3月15日現在の対顧
        客電信直物売買仲値である111円94銭の円未満を切り上げた数字である$1=¥112により計算されてい
        る。1円未満の金額は四捨五入されている。
      3.  文書中の表で計数が四捨五入されている場合、合計欄に記載されている数値は計数の総和と必ずしも

        一致しない場合がある。
      4.  将来に関する事項の記載は、現在の見積もりや仮定に基づいており、それらは種々のリスクや不確実

        性に左右され、それらの実際の結果と大きく相違する可能性がある。
     第一部【企業情報】

     第1【本国における法制等の概要】

     2019会計年度上半期中、特に重要な変更はなかった。

                                  2/71













                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     第 2 【企業の概況】
     1 【主要な経営指標等の推移】

     (1)  損益計算書及びキャッシュ・フロー計算書の項目

                               各年度の    12 月 31 日に          各年度の    6 月 30 日に

                            終了した中間会計期間(無監査)                    終了した事業年度
                            2016      2017      2018       2017       2018
     会計年度
                             $47,754       $53,456       $61,555        $96,571        $110,360 
     連結売上高(百万)
                           ¥5,348,448       ¥5,987,072       ¥6,894,160        ¥10,815,952        ¥12,360,320 
                             $14,620       $16,387       $20,213        $29,025        $35,058 
     連結営業利益(百万)
                           ¥1,637,440       ¥1,835,344       ¥2,263,856        ¥3,250,800        ¥3,926,496 
                             $11,934         $274      $17,244           -        - 
     連結中間純利益(百万)
                           ¥1,336,608         ¥30,688      ¥1,931,328            -        - 
                                -       -       -     $25,489        $16,571 
     連結当期純利益(百万)
                                -       -       -    ¥2,854,768        ¥1,855,952 
     普通株式1株当たり中間利益(連結)
                              $1.54       $0.04       $2.24          -        - 
          (1)
                              ¥172         ¥4      ¥251          -        - 
     (基本的)
     普通株式1株当たり当期利益(連結)
                                -       -       -      $3.29        $2.15 
          (1)
                                -       -       -      ¥368        ¥241 
     (基本的)
     普通株式1株当たり中間利益(連結)
                              $1.52       $0.04       $2.22          -        - 
           (1)
                              ¥170         ¥4      ¥249          -        - 
     (希薄化後)
     普通株式1株当たり当期利益(連結)
                                -       -       -      $3.25        $2.13 
           (1)
                                -       -       -      ¥364        ¥239 
     (希薄化後)
                              $0.78       $0.84       $0.92        $1.56        $1.68 
     1株当たり配当(連結)
                              ¥87       ¥94       ¥103        ¥175        ¥188 
     (注1)     金額は加重平均発行済株式数を用いて算出している。

                                各年度の    12 月 31 日に          各年度の    6 月 30 日に

                             終了した中間会計期間(無監査)                    終了した事業年度
                             2016       2017       2018       2017       2018
     会計年度
                             $17,842       $20,315        $22,557        $39,507        $43,884 
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                            ¥1,998,304       ¥2,275,280        ¥2,526,384        ¥4,424,784        ¥4,915,008 
     (百万)
     投資活動によるキャッシュ・フロー                        $(33,221)       $(7,235)       $(7,153)      $(46,781)       $(6,061)
                           ¥(3,720,752)       ¥(810,320)       ¥(801,136)      ¥(5,239,472)        ¥(678,832)
     (百万)
                             $17,345       $(7,893)      $(20,600)        $8,408       $(33,590)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                            ¥1,942,640        ¥(884,016)      ¥(2,307,200)        ¥941,696       ¥(3,762,080)
     (百万)
                              $8,468       $12,859        $6,638        $7,663       $11,946 
     現金及び現金同等物の期末残高(百万)
                             ¥948,416      ¥1,440,208         ¥743,456        ¥858,256       ¥1,337,952 
     (2)  貸借対照表の項目及び従業員数

                             12 月 31 日現在(無監査)                  6 月 30 日現在

                          2016       2017       2018       2017       2018
     会計年度
                           $68,177        $70,192        $77,556        $69,315        $71,223 
     連結普通株式及び株式払込剰余金
                          ¥7,635,824        ¥7,861,504        ¥8,686,272        ¥7,763,280        ¥7,976,976 
     (百万)
                            7,730        7,705        7,683        7,708        7,677 
     発行済社外普通株式総数(百万)
                           $81,829        $78,360        $92,128        $87,711        $82,718 
     連結純資産(株主資本)(百万)
                          ¥9,164,848        ¥8,776,320        ¥10,318,336         ¥9,823,632        ¥9,264,416 
                           $235,298        $256,003        $258,859        $250,312        $258,848 
     連結総資産額(百万)
                         ¥26,353,376        ¥28,672,336        ¥28,992,208        ¥28,034,944        ¥28,990,976 
                                  3/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
                            $10.59        $10.17        $11.99        $11.38        $10.77 
     普通株式1株当たり連結純資産額
                            ¥1,186        ¥1,139        ¥1,343        ¥1,275        ¥1,206 
     株式資本率(総資産に対する
                             35        31        36        35        32 
     株主持分の割合)(%)
                           121,000        126,000        138,000        124,000        131,000 
     従業員数
     2 【事業の内容】

     2019  会計年度上半期中、当社の事業の内容に重要な変更はなかった。

     3 【関係会社の状況】

     2019  会計年度上半期中、当社の関係会社の状況に重要な変更はなかった。

     4 【従業員の状況】

     2018  年 12 月 31 日現在、当社はフルタイムの従業員を約                     138,000    名雇用しており、そのうち              82,000   名は米国内の従

     業員であり、       56,000   名が米国外の従業員である。全従業員のうち、                        45,000   名が製造、販売、製品サポート及びコン
     サルティングサービスを含む事業部門に、                      45,000   名が製品研究・開発部門に、               37,000   名が販売・マーケティング
     部門に、    11,000   名が総務・管理部門に所属していた。
                                  4/71














                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     第3【事業の状況】

     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

     (1)経営方針・経営戦略等

     当社は、経営方針及び経営目標等を定めていない。

     当社は、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標を定めていない。

     (2)経営環境並びに事業上及び財務上の対処すべき課題

     下記「3.経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の(2)                                               「経営者による財政状

     態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 ①概要及び展望」を参照のこと。
     2【事業等のリスク】

     当社の経営や財務成績は、以下に述べる事柄を含む様々なリスクや不確定要素に左右されている。そうしたリスク

     や不確定要素は、当社の事業、財政状態、経営成績、キャッシュ・フロー、及び当社の普通株式の取引価格に悪い
     影響を与える可能性がある。
     当社は、当社の製品及びサービスの全市場において激しい競争に直面しており、これによって売上が減少し又は営

     業利益率が低下する可能性がある。
     テクノロジー       セクターにおける競争 

     当社の競合他社の規模は、大きな研究開発リソースを持った多角的なグローバル企業から、より狭い製品展開に

     よって技術、マーケティング及び財務のリソースを効率的に分配できる専門化された小規模な企業にまでわたって
     いる。当社の事業の多くは、参入する際の障壁が低い。当社が競争を行っている分野の多くは、テクノロジーの変
     化や混乱、ユーザーのニーズの移り変わり、新しい製品やサービスの頻繁な投入によって急激に発達する。当社が
     競争力を維持することができるか否かは、企業及び消費者にとって魅力のある革新的な製品、デバイス及びサービ
     スをつくることに成功するか否かにかかっている。
     プラットフォーム          ベースのエコシステムに関する競争 

     多くの参加者たちが多様なソリューションを構築できるようなプラットフォーム                                          ベースのエコシステムを創造す

     ることが、当社のビジネスモデルにとって重要な要素である。適確に構築されているエコシステムによって、ユー
     ザー、アプリケーションの開発者及び成長を加速させることのできるプラットフォームのプロバイダーの間に有益
     なネットワーク効果が生じる。魅力的な伸びしろを獲得し維持するためには、市場において相当な規模を確立する
     ことが必要である。当社は、競合するプラットフォームを提供している他社との間の激しい競争に直面している。
        当社と競合する垂直統合型モデルが、PC、タブレット、携帯電話、ゲーム用コンソール及びウェアラブルデ

        バイスなどの消費者向け製品において成功している。垂直統合型モデルは、製品及び関連サービスのソフト
        ウェアとハードウェアという双方の要素をひとつの企業がコントロールするモデルである。このようなモデ
        ルを追及している競合他社は、統合された市場を通じて販売されるアプリケーション及びコンテンツを含
        む、ハードウェアとソフトウェアのプラットフォームに統合されたサービスからも売上を得ている。競合他
        社はまた、垂直統合されたオファーからセキュリティとパフォーマンスの利点を主張することができる可能
        性がある。当社も、垂直統合型のハードウェア及びソフトウェア製品並びにサービスを提供している。当社
        が事業の一部を垂直統合型モデルへとシフトする範囲で、当社の売上原価は増加し、営業利益率は減少す
        る。
        当社は、PCに搭載されたWindowsオペレーティング                          システムのライセンスから大きな売上を得ている。当社

        は、スマートフォン及びタブレット                   コンピューターなどの新しいデバイス及びフォームファクタ向けに開
        発された競合プラットフォームからの激しい競争に直面している。このようなデバイスが、価格や、デバイ
        スとそのプラットフォームの有効性の認知など、複数の側面で競争している。ユーザーは、かつてはPCに
        よって行われていた機能を利用するのに、次第にこのようなデバイスへと移行しつつある。多くのユーザー
        がこのようなデバイスはPCの補足品だと考えているとしても、このようなデバイスが普及することにより、
        アプリケーションの開発者を当社のPC用オペレーティング                              システムのプラットフォームに惹きつけること
        がより困難になる可能性がある。低価格又は無償でライセンスされるオペレーティング                                             システムとの競争
        によって、当社のPC用オペレーティング                     システムの利益が減少する可能性がある。競合するプラット
        フォームで提供されている人気のある製品やサービスは、それらの競争力を高めることができる。さらに、
        当社のデバイスのうちの一部は当社の相手先ブランド名製造者(以下「OEM」という。)パートナーが作る
                                  5/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
        製品と競合するので、当該パートナーによる当社のプラットフォームへの参画に影響を及ぼす可能性があ
        る。
        競合するプラットフォームは、コンテンツ及びスケールの大きなインストール                                         ベースを持つアプリケー

        ション    マーケットプレイスを持っている。ひとつのプラットフォームで入手できる多様で統一されたコン
        テンツ及びアプリケーションは、デバイスを購入するかどうかを決めるにおいて重要である。ユーザーは、
        プラットフォームを切り替える際に、時にはデータ移行とコンテンツ及び新アプリケーション購入にかかる
        費用を負担する。当社が競争するためには、開発者をうまく集めて当社のプラットフォーム用のアプリケー
        ションを開発し、そのアプリケーションが確実に高い品質、セキュリティ、消費者への訴求力及び価値を備
        えたものであるようにしなければならない。競合他社のコンテンツ及びアプリケーション                                              マーケットプレ
        イスと競争するための取組みによって、当社の売上原価が増加し、営業利益率が低下する可能性がある。
     ビジネスモデルにおける競争 

     競合他社は、発展する多様なビジネスモデルに基づいて当社と競合している。

        当社は、当社の事業をインフラストラクチャー、プラットフォーム及びSaaSによるビジネスモデルへと変革

        しているが、著作権のあるソフトウェアのライセンスを基本としたビジネスモデルは、なお当社のソフト
        ウェアの売上の相当な部分を生み出している。当社は、オリジナルのアイデアをソフトウェア製品へ変換す
        るための費用を研究開発への投資を通じて負担しており、当社はこの費用を製品のライセンスによる売上と
        相殺している。競業他社の多くも、このモデルに基づいてソフトウェアを開発し、企業及び消費者に販売し
        ている。
        無料アプリケーション、オンライン                   サービス及びコンテンツを提供している競合他社もあり、第三者に対

        し広告を販売することによって利益を上げている。このような競業他社は、広告の売上によって得た資金
        を、ほとんど費用に充てることなく、ユーザーに提供する製品及びサービスの開発に充てており、当社の利
        益を生み出している製品と直接に競合する。
        オープンソースのビジネスモデルを利用して当社と競合している会社もある。その方法は、オープンソース

        のソフトウェアを修正した上でエンドユーザーに対して名目だけの価格で配布し、広告や副次的なサービス
        又は製品で売上を上げるというものである。これらの会社は、そのソフトウェアの研究開発費の全額を負担
        していない。オープンソースソフトウェアのベンダーの中には、当社の製品の特徴や機能を模倣したソフト
        ウェアを開発しているものもある。
     以上のような競争圧力によって、販売量の減少、価格の下落並びに研究開発費、マーケティング及び販売インセン

     ティブなどの営業費用の増加が生じる可能性がある。その結果、売上、粗利益及び営業利益率の減少を招く可能性
     がある。
     当社のクラウドベースのサービスに対する注力化が遂行リスクと競争リスクを引き起こす。                                               当社の事業のうち成長

     している部分には、様々なコンピューター                      デバイスで利用可能なクラウド                 ベースのサービスが含まれている。当
     社の戦略的ビジョンは、インテリジェント                      クラウド及び人工知能(AI)により実現されるインテリジェント                                  エッ
     ジのための最高のプラットフォーム及び生産性のサービスを構築することによって、競争力を生み出し発展すると
     いうものである。同時に、当社の競合他社は、消費者及びビジネス顧客に向けたクラウド                                              ベースのサービスを迅
     速に開発し、配備している。価格設定及び提供のモデルは進化している。デバイス及びフォーム                                                  ファクタは、
     ユーザーがクラウド中のサービスにアクセスする方法に影響を与え、かつ、時には、どのクラウド                                                   ベースのサー
     ビスを利用するかというユーザーの選択にも影響を与える。当社は、競争力のある、当社独自のクラウド                                                      ベース
     戦略を開発・展開するために、相当なリソースを投入している。Windowsエコシステムは、このような変化する環
     境とともに進化しなければならない。当社は、責任を果たし、イノベーションに対する障害を取り除くために、文
     化的及び組織的な変化を行っている。当社のインテリジェント・クラウドとインテリジェント・エッジの世界観
     は、インターネット           オブ   シングス(IoT)の成長と結びついている。IoTにおける当社の成功は、Microsoft
     Azure、Azure       Stack、Azure       IoT  Edge、Azure       Sphereといった当社の製品の採用レベルに依存する。事業目標を達
     成するために必要な規模に達するに十分な市場シェアを確立できない可能性がある。
     ソフトウェア開発費のほかに、当社は、クラウド                          コンピューティング           サービスをサポートするインフラの構築費

     と維持費を負担している。これらの費用は、当社がこれまでに達成した営業利益率を減少させる。当社がクラウド
     ベースのサービスで成功するか否かは、いくつかの領域における当社の遂行度合いにかかっているが、その領域に
     は以下のものが含まれる:
        トラフィック       シェアとマーケット           シェアの増加を生み出す魅力的なクラウド                      ベース体験の市場投入を続

        けること
        PC、スマートフォン、タブレット、ゲームコンソール及びその他のデバイスなどセンサーや他のエンドポイ

        ントと同様に多様化するコンピューター                     デバイスにおける当社のクラウド                  ベース    サービスの有用性、互
                                  6/71

                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
        換性及び性能を維持すること
        サードパーティの開発者が当社のクラウド                      プラットフォームに対して感じる魅力を高め続けること

        当社のクラウド         ベースのサービスが、顧客の期待する信頼性を満たし、顧客のデータのセキュリティを維

        持することを保証すること
        クラウド     ベースのサービスをプラットフォームに依存しないものとし、競合他社のものを含めた様々なデ

        バイス及びエコシステムで利用可能にすること
     当社の戦略がユーザーを引き付け又は成功のために必要となる売り上げを生み出すか否かは不確実である。もし当

     社が組織及び技術の変更を実行して効率性を高めイノベーションを加速することを効率的に行えなかった場合、又
     は、当社が新しい製品及びサービスの十分な利用を生み出すことができなかった場合は、当社は、上記で述べたイ
     ンフラストラクチャ及び開発投資に見合った売上の増加を実現できない可能性がある。
     当社は新しい製品及びサービスに多額の投資を行っているが、それは予想どおりの利益を生じないかもしれない。

     当社は、Windowsオペレーティング                  システム、Microsoft           365  、Office、Bing、Microsoft               SQL  Server、Windows
     Server、Microsoft          Stores、Azure、Office             365、Xbox      Live、Mixer、LinkedIn及びこれら以外のクラウド                          ベース
     のサービスの製品を含む現行の製品の研究、開発及びマーケティングに多額の投資を続けるつもりである。当社
     は、生産性向上、コミュニケーション及びエンターテイメント用の様々なハードウェア(PC、タブレット、ゲーム
     デバイス及びHoloLensを含む。)の開発及び買収に対する投資も行っている。新しいテクノロジーに対する投資に
     はリスクが伴う。商業的に成功するかどうかは、革新性、開発者のサポート並びに効果的な販売及びマーケティン
     グなど、多くの要素によって決まる。顧客が当社の最新の製品は重要な新機能や何らかの価値を提供するものでな
     いと考えた場合には、顧客は新しいソフトウェア及びハードウェアの購入やアップグレードを減らし、売上に悪い
     影響を与える可能性がある。新しい製品及びサービスへの投資から売上が発生したとしても、数年の間は、有意な
     売上にはならないかもしれない。さらに、新しい製品、サービス及び販売チャンネルが利益をあげることができな
     いものである可能性もあるほか、利益が生じる場合であっても、新しい製品及び事業に関する営業利益率が、当社
     がこれまでに経験してきた営業利益率ほどは高くならないことがあるであろう。当社は、Microsoft                                                    Stores、
     Microsoft      Edge,及びBingなど、ライセンス後の収益化の機会を促進する特定の機能に関与することはできない。
     当社の製品及びサービスに関するデータ処理のプラクティスは、引き続き、当社のプラクティス又は製品の体験に
     対する規制当局の活動又は否定的な公の反応を原動力とする不始末に対する監視及び認識の下にあり、それは、製
     品及び機能の導入、製品のデザイン及び製品の品質に悪影響を及ぼすかもしれない。
     新しいテクノロジーの開発は、複雑なものであり、開発と試験に長い時間を要する可能性がある。新製品の発売の

     大幅な遅れ又は新たな製品又はサービスの作成における重大な問題があると、当社の売上に悪影響を及ぼす可能性
     がある。
     買収、合弁事業及び戦略的提携は当社のビジネスに悪影響を及ぼす可能性がある。                                          当社は、長期的な事業戦略の一

     環として、引き続き買収を行い、合弁事業に参加し、及び、戦略的提携を結ぶ予定である。2016年12月、当社は、
     LinkedIn     Corporationの270億ドルでの買収を完了し、2018年10月にはGitHub,Inc.(以下“GitHub”という。)の買
     収を75億ドルで完了した。これらの買収及びその他のこうした取引や取決めは、大きな困難とリスクを伴う。例え
     ば、当該取引が当社の事業戦略を進展させないこと、投資に対する満足なリターンを得ることができないこと、新
     しい従業員、事業システム及びテクノロジーの統合や導入に困難が生じること、又は、経営陣の注意が他の事業か
     らそれることなどである。これらの取決めを行うにあたり、変化する状況や当事者の利害を適切に予測できなかっ
     た場合には、これらが早期に終結したり再交渉が必要になったりする可能性がある。このような取引や取決めが成
     功するか否かは、部分的には、これらを活用して当社の既存の製品及びサービスを向上させ、又は、魅力的な新
     サービス及び新製品を開発できるかどうかにかかっている。売上の増加、効率性の向上、マーケットシェアの増加
     といった十分な利益をこのような取引や取決めから実現するには予想以上に長い時間がかかるかもしれず、また最
     終的に、そうした利益は当社の予期していたものよりも少ないかもしれない。こうした出来事は、当社の経営成績
     や財務状況に悪影響を与えるおそれがある。
     当社ののれん又は償却可能な無形資産が減損した場合、収益に対する相当な損失の計上が必要となるかもしれな

     い。  当社は他の会社及び無形財産を買収するが、買収から生じる経済的な利益をすべて現実化することができない
     可能性があり、このことがのれん又は無形資産の減損を生じさせるかもしれない。事件や状況の変化によって帳簿
     価額の回収が困難になった場合、当社は、償却可能な無形資産の減損を検討している。当社は、のれんの減損テス
     トを少なくとも年に1回は行っている。のれん又は償却可能な無形資産の帳簿価額の回収が困難になったことを示
     す状況の変化となり得る要因には、当社の株価や株式時価総額の減少、今後のキャッシュ・フローの見積り減少、
     及び当社が属する産業セグメントの成長率低迷が含まれる。当社は、これまでに計上した、のれん又は償却可能な
     無形資産の減損が確定された期間の連結財務諸表に相当な損失を計上する必要があるかもしれず、それが当社の経
     営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。当社によるLinkedInの買収は、のれん及び無形資産の計上額に大きな影響
     を与えることになるであろう。
                                  7/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     法改正、進化するビジネスモデル、著作権侵害及びその他の要因により、知的財産の価値が低下する可能性があ

     る。  当社の知的財産権を保護し、当社のソフトウェアその他の知的財産の違法なコピーや使用に世界的レベルで対
     抗することは難しい。著作権侵害は米国の売上に悪影響を及ぼしているが、米国外の売上が被る影響はより深刻で
     あ り、特に法制度によって知的財産権の保護がそれほど強化されていない国において顕著である。これらの市場に
     おける当社の売上の成長は、デバイスの原市場よりもより遅いものになる可能性がある。同様に、特許法の不統一
     は、特許権の一貫した尊重の確保をより難しくしている。世界中のいたるところで、当社は、真正な製品のライセ
     ンスを得て知的財産リスクの補償を得ることの利点について利用者を啓蒙し、また知的財産権が保護されたビジネ
     ス環境の有利性について立法者を啓蒙している。ソフトウェアの知的財産権に対する法的保護が弱まることは、売
     上に悪影響を及ぼす可能性がある。
     当社は、当社がつくりだした知的財産権の特許化に相当なリソースを費やしており、これらの知的財産権を当社の

     製品又はサービスに組み込むことにより、又は、場合によってはロイヤルティを対価として当社の特許権を他者に
     ライセンスすることにより、売上を得ることを予測している。法令の改正により、特許された技術の利用の防止又
     は特許権のライセンスからの売上の回収を行う力が弱くなり続ける可能性がある。これには、差止めの請求を困難
     にするような立法による法改正及び規制の制定や、発行済みの特許に対する異議申立てを行うための法的手続の増
     加を含む。同様に、当社の特許権のライセンシーが、当社に対してロイヤルティを支払う義務を怠る可能性があ
     り、また、ライセンシーがその義務の範囲を争う可能性がある。当社が知的財産権を利益化するために得ることの
     できるロイヤルティは、技術の進化、ライセンスされた特許権が利用される製品の販売価格の変化又は権利侵害の
     発見の困難性によって減少する可能性がある。更に、オープンソースソフトウェアとの関係強化により、特定の状
     況下で広く知的財産権のライセンスを取得され、収益に悪影響を及ぼす可能性がある。
     第三者が当社に対し知的財産権を侵害していると主張する可能性がある。                                      第三者から当社に対し、時々、当社が知

     的財産権を侵害しているという主張がなされる。当社が競争する市場におけるテクノロジーの絶えざる変化、既存
     のテクノロジーが特許で保護される範囲の広さ、新しい特許の発行ペースの速さ及びMicrosoft                                                 Surfaceなどの
     ファースト      パーティのデバイスの提供により、こうした主張が増加する可能性がある。こうしたクレームを解決
     するために、当社は現在よりも不利な条件でロイヤルティ契約やライセンス契約を結び、問題となる製品又はサー
     ビスの販売停止又は設計変更を行い、補償義務の履行として顧客に損害賠償金を支払う可能性がある。その結果、
     営業利益率が減少する可能性がある。金銭的損害だけでなく、国によっては、原告は、技術侵害をしている当社の
     製品及びサービスの輸入、マーケティング及び販売を制限し又は差し止める救済命令を求めることができる。ドイ
     ツのように、対象となる特許権の有効性を当事者が十分に争う前に命令が発令される国もある。当社は、リスク管
     理戦略の一環として、テクノロジーや知的財産権の使用に関するクレームの解決及び知的財産権の獲得に大きな金
     額を支払ってきており、今後もそのようにしていくかもしれない。
     無権限の開示があれば、当社はソース                    コードのコピーを防止することができないかもしれない。                              当社のオペレー

     ティング     システム及びその他のソフトウェア                   プログラムに対する詳細なプログラム                    コマンドであるソース            コー
     ドは、当社のビジネスに不可欠なものである。当社は、複数のライセンシーに対して、当社のアプリケーション及
     びオペレーティング           システムのソース          コードの一部をライセンスしているが、当社のソース                            コードの大部分に
     ついてはその機密を保護するために相当な手段をとっている。仮に当社のソース                                          コードが漏洩すれば、当社はそ
     のコードに対する今後の企業機密保護を潜在的に失う可能性がある。第三者が当社の売上や営業利益率に悪影響を
     及ぼすような機能のコピーを行うことが容易になる可能性がある。ソース                                      コードの無権限の開示はまた、以下で
     説明するセキュリティのリスクを増大させる可能性がある。
     当社は第三者による利用から当社の製品及びサービスに関する情報を防御できないかもしれない。                                                  LinkedIn並びに

     その他の当社の製品及びサービスには、契約上の制約又は技術的な手段によって保護されている価値のある情報及
     びコンテンツが含まれている。一定の状況においては、当社は、当社のメンバー及びユーザーに対し、このような
     情報へのアクセス又はこのような情報の使用を制限する約束をしている。当社が、第三者によるボット又はその他
     の手段を用いた情報又はコンテンツの廃棄又は収集及び第三者によるそのような情報やコンテンツの自己の利益を
     目的とした利用を防ぐことのできる可能性は、法律の改正又は法解釈の変更によって弱まる可能性がある。
     サイバー攻撃及びセキュリティの脆弱性が売上の減少、費用の増加、賠償請求、又は当社の評判若しくは競争力に

     対するダメージにつながる可能性がある。
     当社の情報技術のセキュリティ 

     情報技術(以下「IT」という。)セキュリティに対する脅威には、様々な形態がある。個人やグループのハッカー

     及び能力を持った組織(国家から支援を受けている組織及び国家を含む。)が、当社の顧客及び当社のITに対する
     脅威を生じさせるような攻撃を継続的に行っている。このような者らは、ソーシャル                                            エンジニアリング          テクノロ
     ジーを使って当社の従業員、ユーザー、パートナー又は顧客にパスワードやその他のセンシティブな情報を開示さ
     せ若しくはその他当社、当社のユーザー又は顧客のデータを入手するための行動を起こさせ、又は、共同して行動
     し分散型サービス妨害攻撃やその他の組織的攻撃を行って、当社の製品及びサービスを攻撃し又は当社のネット
     ワークとデータ         センターにアクセスするための様々な手段(悪意あるソフトウェアを開発・配布すること又は
     ハードウェア、ソフトウェア若しくはその他のインフラストラクチャの脆弱性を利用することを含む。)を用いる
     可能性がある。アカウントのセキュリティ対策が不適切な場合も、機密データへの不正アクセスが発生する可能性
                                  8/71

                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     がある。例えば、システム管理者は、もはや適切でなくなったときに、従業員アカウントへのアクセスをタイム
     リーに削除できないことがある。従業員又は第三者は、意図的に、当社又は当社のユーザーのセキュリティやシス
     テ ムを侵害したり、機密情報を漏洩したりする可能性がある。
     サイバー世界の脅威は、常に進化しており、そのため、脅威を探知しうまく防御することが困難になりつつある。

     当社は、現在、特定の脆弱性を検出する機能がないために、それらの脆弱性が長期間にわたって環境中に存続する
     可能がある。サイバー世界の脅威によって、当社だけでなく、当社のパートナーや顧客の内部ネットワーク及びシ
     ステムにまでわたりスピードを増して拡大するような連続的な影響を有する可能性がある。当社の施設、ネット
     ワーク又はデータセキュリティが突破されると、当社のシステム及び業務アプリケーションが混乱及び破壊され、
     当社の顧客に対するサービス提供及び顧客のデータのプライバシー保護の能力が毀損され、製品開発が遅延し、営
     業秘密や技術情報が漏えいして当社の信用及び競争上の地位が低下し、当社の知的財産権若しくはその他の資産が
     盗まれ若しくは悪用され、当社にとって技術の改善に対してより多くの資源を割り当てることを必要にさせ、又
     は、その他当社の事業に悪影響を及ぼす可能性がある。
     さらに、当社の内部IT環境も進化し続けている。当社は新しいデバイスとテクノロジーを早い段階から採用するこ

     とが多い。当社は、社内において、又はソーシャル                           ネットワーキングその他の消費者向けテクノロジーを利用し
     ているパートナーや顧客との間において、データの共有やコミュニケーションを行う新しい方法を受け入れてい
     る。新たな脅威が発生したときは、当社のビジネス                           ポリシーや内部セキュリティ               コントロールが変化に追いつけ
     ない可能性がある。
     当社の製品、サービス、デバイス及び顧客のデータのセキュリティ

     当社の製品及びサービスのセキュリティは、顧客が当社の製品又はサービスを購入し又は使用するかどうかの重要

     な決め手である。セキュリティの脅威は、技術的な製品及びサービスを他者に提供している当社のような会社に
     とって重大な課題である。当社が所有するITインフラに対する脅威は、当社の顧客にも影響する可能性がある。当
     社のクラウドベースのサービスを利用している顧客は、当社のサービスの信頼性と顧客のデータの保護を保証する
     当社のインフラのセキュリティ(サードパーティによって供給されるハードウェア及びその他の要素を含む。)を
     信頼している。敵対者は、当社のものも含め最も普及しているオペレーティング                                          システム、プログラム及びサー
     ビスを標的にする傾向にあり、当社は今後もそうであり続けると予想している。他の企業からユーザーのアカウン
     ト情報を取得した敵対者は、アカウントがパスワード等同一の属性を共有している場合、当該情報を当社のユー
     ザーのアカウントを危険にさらすために利用することができる。アカウントのセキュリティ対策が不適切な場合
     も、不正アクセスの可能性がある。また、オープンソース・ソフトウェアを当社製品に取り入れることも増えてい
     る。オープンソースソフトウェアには、サイバー攻撃の影響を受けやすい脆弱性がある。
     当社の内部ITシステム、当社のクラウド                     ベースのサービス及び当社の顧客のシステムに対するセキュリティの脅

     威に対する防御のため、当社は、継続的にセキュリティのより高い製品及びサービスを開発し、セキュリティと信
     頼性の機能を強化し、当社の製品及び他者が供給した製品におけるセキュリティの脆弱性を解消するためのソフト
     ウェア    アップデートの配信を改善し、ソフトウェア                       アップデートが配信されていない場合であっても顧客を攻撃
     から守るために役立つ緩和技術を開発し、当社のネットワーク、製品及びサービスの完全性を保護するデジタル
     セキュリティ       インフラを維持し、顧客に対してファイアウォールやアンチウィルスソフトウェアなどのセキュリ
     ティツール並びにセキュリティの手段を講じることの必要性及びこれを講じた場合の影響に関する情報を提供しな
     ければならない。
     このようなステップを行うための費用は、当社の営業利益率を減少させる可能性がある。上記のようなことをうま

     く行えなかった場合、当社の製品及びサービスにおける現実の又は認識されたセキュリティの脆弱性、データの破
     損又はパフォーマンスの低下によって、当社の評判が毀損され、顧客による今後の製品購入やサービス利用の減少
     や延期、並びに競合する製品又はサービスの利用につながる可能性がある。顧客が、既存のコンピューター                                                        シス
     テムを攻撃から守るための費用を増額させる可能性もあり、それが製品やサービスの追加採用を遅らせるかもしれ
     ない。顧客は、自分たちのシステムのアップデートを行わず、当社がサポートを終了したソフトウェアやオペレー
     ティング     システムの使用を続ける可能性があり、また、セキュリティパッチを適切なタイミングでインストール
     せず若しくはインストールできない可能性がある。こうした行動のいずれもが、当社の信用及び売上に悪影響を及
     ぼす可能性がある。現実の又は認識された脆弱性は、当社に対する賠償請求を引き起こす可能性がある。当社のラ
     イセンス契約は大抵責任を排除又は制限する条項を含んでいるが、こうした条項が訴訟に対抗しうる保証はない。
     場合によっては、当社は、営業上の目標を達成するため、当社が顧客に対して重い義務を負う契約を締結する可能
     性がある。近年のスペクター(Spectre)とメルトダウン(Meltdown)の問題で明らかになったように、当社の製
     品は、巨大なエコシステムにわたる製品及びコンポーネントと共に動作し、かつ、これらに依存している。このよ
     うなコンポーネントのひとつにセキュリティ上の脆弱性が存在し、かつ、その脆弱性を狙ったセキュリティ上の攻
     撃があった場合、当社は、コストの増加、法的請求、売上の減少又は当社の信用若しくは競争的な地位の毀損に直
     面する可能性がある。
     個人情報の開示及び誤用が、責任を発生させ、当社の信用を損なうかもしれない。                                          クラウドベースの商品の数と規

     模が増加するにつれて、当社は顧客及びユーザーの個人情報をますます大量に蓄積・処理するようになっている。
     注目を集めるデータ漏洩が連続的に発生していることから、外部環境がますます情報セキュリティにそぐわなく
     なってきていることは明らかである。事業グループと事業地全般にわたってセキュリティ                                              コントロールを改善し
                                  9/71

                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     ようとしている当社の努力にかかわらず、当社による個人データに対するコントロール、データ                                                  セキュリティに
     係る従業員とベンダーに対する教育及び当社が行うその他の手段によっても、当社又は当社のベンダーが保存し管
     理 している顧客やユーザーの情報の不正開示を防止することができない可能性がある。さらに、当社の顧客又は
     ユーザーデータへ限定的なアクセス権を持つ第三者が、このデータを不正に使用する可能性がある。不正開示又は
     誤用により、当社の信用が損なわれ、顧客又はユーザーに対する法的リスクが発生し、個人情報を保護する法律に
     基づく責任が当社に課されるかもしれず、その結果、費用の増加と売上の減少が生じるかもしれない。当社のソフ
     トウェア製品及びサービスもまた、顧客及びユーザーが個人データを蓄積・処理することを可能にしており、それ
     はオンプレミスで行われることもあるが、当社がホストするクラウドベースの環境で行われることも増えてきてい
     る。政府の機関が、当社に対して、効力を有する法律上の命令にしたがって顧客又はユーザーのデータを提出する
     よう求めることがある。米国においてもその他の場所においても、当社は、このような要求に関する透明性の確保
     と、政府の機関による開示の強制の制限を提唱している。顧客及びユーザーデータを保護しようとする努力にかか
     わらず、個人情報の収集、利用及び保有が十分に保護されていないと認識されることによって、当社の製品やサー
     ビスの販売が妨げられ、又は、消費者、企業及び政府機関が当社のクラウドベースのソリューションの採用を制限
     する可能性がある。顧客もしくはユーザーの懸念に対するセキュリティ対策を追加的にとること、又は、顧客もし
     くはユーザーの期待や政府の規定若しくは訴訟への対応としてデータセンターの運用場所や運用方法を決定する際
     のフレキシビリティが制限されることにより、営業費用が増加する可能性又は当社の製品及びサービスの成長を妨
     げる可能性がある。
     当社は第三者による利用から当社の製品及びサービスに関する情報を防御できないかもしれない。                                                  LinkedIn並びに

     その他の当社の製品及びサービスには、契約上の制約又は技術的な手段によって保護されている価値のある情報及
     びコンテンツが含まれている。一定の状況においては、当社は、当社のメンバー及びユーザーに対し、このような
     情報へのアクセス又はこのような情報の使用を制限する約束をしている。当社が、第三者によるボット又はその他
     の手段を用いた情報又はコンテンツの廃棄又は収集及び第三者によるそのような情報やコンテンツの自己の利益を
     目的とした利用を防ぐことのできる可能性は、法律の改正又は法解釈の変更によって弱まる可能性がある。
     当社の広告又は社会的プラットフォームの濫用によって当社の信用又はユーザーからの信頼が毀損するかもしれな

     い。  サードパーティによる又はサードパーティによって影響を受けるコンテンツ又はホスト広告を提供している
     LinkedIn、Bing         Ads並びにその他の製品及びサービスについては、第三者に敵対し若しくは第三者にとって不適切
     である活動、他の人々や組織を装ったユーザ、当社のユーザーの意見を誤導し若しくは操作することを意図したも
     のと理解される可能性のある情報を流布する目的での当社の製品又はサービスの使用、又は不適切な若しくは違法
     な目的のための当社のサービス条件への違反若しくはその他の行為などによって、当社の信用及びユーザーからの
     信頼がネガティブな影響を受ける可能性がある。当社がこれらの行為を禁止するためには、人的にも技術的にも相
     当な投資をする必要があり、これらの投資は奏功しない可能性があるため、当社の事業及び業績に悪い影響を及ぼ
     す可能性がある。
     適切なオペレーション            インフラが維持できない場合、当社はオンライン                          サービスについて、サービスの過度の停

     止、データの消失、及びサービスの中断が生じるかもしれない。                                 当社のユーザー         トラフィックの増加、サービス
     の増加並びに当社の製品及びサービスの複雑性により、より高度なコンピューター処理能力が必要となっている。
     当社は、データ         センター及び設備を設置、購入又は賃借するため、また当社の技術とネットワークのインフラを
     アップグレードして、当社のウェブサイトとデータ                           センターにおいてより多くのアクセス量を処理するために、
     多額の費用を支出している。このような需要は、当社が、新しい製品とサービスの導入と、Bing、Exchange
     Online、Azure、Microsoft              アカウント      サービス、Office          365、OneDrive        、SharePoint       Online、SkyDrive、
     Skype、Xbox       Live、Outlook.com、及びMicrosoft                   Storesなどの既存のサービスのサポートを行うにしたがって増
     加し続けている。当社は、サードパーティがそのエンドユーザーに対して提供するサービスについて、プラット
     フォーム及びバックエンド              ホストを提供する事業を急速に拡大している。このインフラの維持、そのセキュリ
     ティ確保及びその拡張は、多額の費用を要し、且つ複雑である。当社は、進化を続ける競争上の及び規制上の制約
     の中で強固で信頼性のあるインターネット接続のインフラストラクチャを維持することを求められている。顧客の
     データの一時的若しくは永久的な消失又はインターネット接続の不十分さを含む非効率やオペレーションの失敗
     は、当社の製品、サービス及びユーザー                     エクスペリエンスの質を低下させる可能性があり、その結果、契約責
     任、顧客及びその他の第三者からの請求、規制措置、当社の信用へのダメージ、並びに既存の又は潜在的なユー
     ザー、会員及び広告主の喪失が生じ、そのいずれによっても当社の経営成績や財務状況が害される恐れがある。
     競争法に関する政府の訴訟及び規制によって当社の製品の設計及び販売の方法が制限される可能性がある。                                                       ソフト

     ウェア及びハードウェアメーカーのグローバルリーダーである当社は、米国及び外国の競争法の下で、政府関連機
     関により厳しい監視を受けている。ますます多くの政府が競争法や規制を積極的に執行しており、これには、欧州
     連合(以下「EU」という。)、米国及び中国などの潜在的な巨大市場における調査も含まれる。いくつかの国で
     は、競合他社や顧客が競争法違反行為を告発して訴訟を起こすことが認められている。米国の連邦及び州政府の競
     争法当局は、当社の事業に対して、かつて強制力を持つ訴訟を起こしたことがあり、現在も調査を続けている。
     欧州委員会は、大容量のMicrosoft製品の設計や、これらの製品に使用されているファイル                                               フォーマット、プログ

     ラミング     インターフェイス、プロトコルといった特定の技術を他の企業に利用させる条件について審査してい
     る。Windows       10のようなフラッグシップとなる製品の発売は、競争法に基づき厳しい審査を受ける可能性がある。
     例えば、2004年、欧州委員会は当社に対して、マルチメディア技術の一部を含まない新しいバージョンのWindows
                                 10/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     オペレーティング          システムを開発すること、また当社独自のWindowsコミュニケーション                                     プロトコルの一部を他
     社製品に実装する方法の仕様書を競合他社に対して提供することを命じた。2009年、欧州委員会は、ウェブブラウ
     ザー・   ソフトウェアの競争に関する同委員会の懸念に対処するために当社が提案した一連のコミットメント(相互
     利用性に関する同委員会の懸念を解決する約束を含む。)を受け入れた。ウェブブラウザーのコミットメントは、
     2014年に失効した。残りの義務が、Windowsやその他の製品を革新させる当社の能力を制限し、Windowsプラット
     フォームの開発者アピールを弱め、当社の製品開発コストを増加させるおそれがある。プロトコルとファイル
     フォーマットに関連するライセンスの提供は、競合他社が当社の製品機能をより精緻に模倣した、当社の製品売上
     を妨害するようなソフトウェア製品を開発できるようにする可能性がある。
     当社のファーストパーティ              デバイス(提供デバイス)のポートフォリオ(品揃え)は拡大を続けている。同時

     に、OEMパートナーが当社のプラットフォームにおいて非常に多様なデバイスを提供している。そのため、当社
     は、次第にOEMパートナーと協力と競争の両方を行うようになってきており、当社が競争法を遵守して協力と競争
     を行うことができないリスクが発生している。この領域に関する定期的な検査が増える可能性がある。一部の外国
     政府(特に中国及びその他のアジアの国々)は、当社の知的財産権のロイヤルティを引き下げる圧力を有する競争
     法に基づいた主張を進めている。
     こうした政府の規制措置や裁判所の決定は、当社に対する罰金をもたらす可能性がある。また、消費者や企業に対

     して自社のソフトウェアの利便性を提供する当社の能力を妨げる可能性があり、当社の製品の魅力とその売上を減
     少させる可能性がある。以前の訴訟を先例として使用して、新たな競争法の訴訟が起こされる可能性は存在する。
     そうした訴訟の結果、或いはそうした訴訟を回避するための措置は、当社に様々な形で悪影響を及ぼしかねず、そ
     れには以下のものが含まれる。
        当社は、罰金を避けるために特定の地域から製品を撤退させるか、政府の決定を遵守してそれらの製品の別

        のバージョンを設計・開発するかを選ばなくてはならないかもしれない。後者を選択した場合、製品のリ
        リースが遅れたり、顧客が望む機能や開発者が依存する機能を取り除かねばならなくなる恐れがある。
        当社は、当社が独自に開発した技術のライセンスを、公正な市場価格が反映されていない条件や、当社の関

        連知的財産が保護されていない条件で付与するよう要求される可能性がある。
        当社は、裁判所若しくは行政からの命令、同意判決又はその他当社が自主的に行った行為による現に効力を

        有する様々な義務に服している。当社がこれらの義務の遵守を怠った場合には、当社は、訴訟費用を負担す
        る可能性があり、かつ、実質的な罰金又はその他の是正措置に服することになる可能性がある。
        予測されているWindows             10の販売後の利益化の機会を実現化するための当社の能力が制限される可能性があ

        る。
     当社のグローバルな業務が、汚職防止若しくは貿易保護に関する法令又はその他の法令に基づく責任を課される可

     能性がある。       米国の海外腐敗行為防止法及びその他の法令(以下「腐敗防止法」という。)により、当社の従業
     員、ベンダー又は代理人が汚職的な支払いをすることが禁じられている。当社は、米国又はその他の場所におい
     て、当社の米国外の営業活動及び汚職防止法の遵守について、当局からの問い合わせや、従業員又は第三者からの
     報告を受けることがある。特に、当社は、様々な国における海外腐敗行為防止法の遵守に関する報告に関して、米
     国の当局に協力してきた。また、当社が事業を展開しているほとんどの国では、競争事業者間の競争を排除するた
     めの談合その他の行為を禁止する競争法が制定されている。当社は、世界的なコンプライアンス                                                  プログラムに大
     きなリソースを投入し、汚職的な支払い及び談合のリスクを軽減するように設計されたポリシー、トレーニング及
     び内部統制を実施してきた。当社が汚職禁止法又は競争法を遵守できなかった場合、多額の課徴金若しくは罰金、
     当社、当社の役員又は従業員に対する刑事上の制裁、事業活動の禁止及び当社の評判の毀損につながる可能性があ
     る。当社の米国外における活動は、貿易保護法、政策、運用、制裁及びその他の貿易と投資に影響を与える規制上
     の条件の変更によって影響を受ける可能性がある。当社が、イラン、北朝鮮、キューバ、スーダン及びシリアなど
     の国に対する米国の貿易制裁に違反して製品やサービスを販売した場合、当社は、法的な責任を負い、当社の評判
     が毀損する可能性がある。
     その他当社の製品及びオンラインサービスの提供に影響する可能性のある規制領域は、ユーザー                                                  プライバシー、

     テレコミュニケーション、データの保存及び保護並びにオンライン                                   コンテンツである。例えば、規制当局が、
     Skypeなどの当社の製品はテレコミュニケーション                          サービスを規制する既存の法律の適用を受け、新しい法律では
     より多くの当社のサービスを規制された電気通信サービスとして定義するという立場をとる可能性がある。データ
     保護の権限を有する当局が、当社が行う顧客データの収集、利用、及び管理がその法令及び規制に違反していると
     主張するかもしれない。サイバーセキュリティ要件に関連する立法上または規制上の措置により、当社の製品及び
     サービスの開発、実施又は安全確保のためのコストが増加する可能性がある。また、人工知能の分野では、法制上
     の措置や規制上の措置が講じられて、コストが増加したり機会が制限されたりする可能性がある。このような法律
     及び規制の適用は不明瞭であることも多く、時間の経過とともに変更され、時には異なる国の間で相互に抵触する
     可能性もある。しかも、このような法律及び各政府によるその適用へのアプローチも、当社の製品及びサービス
     も、進化を続けている。この種の規制に従うことで、多額の費用が発生するかもしれず、また製品やビジネス実務
                                 11/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     の変更を迫られた結果として売上が減少するかもしれない。これらの規制を遵守しない場合には、罰金が課される
     か、或いは違反行為に対する差止命令が出される可能性がある。
     当社は、全ての人々と組織がより多くのことを達成できるようにするために努力しており、当社の製品にアクセス

     可能であることはこの目的においてひとつの重要な要素である。権利擁護団体、規制当局、競合他者及び顧客から
     の、テクノロジーをさらにアクセス可能なものにすべきであるとの圧力は増加している。当社の製品が、顧客の期
     待や新たな世界中のアクセス可能性の要求に応えられないときは、当社は販売機会を喪失し又は規制措置に直面す
     る可能性がある。
     個人データの取扱いに関する法令又は規制が当社のサービスの採用を阻害し又はコスト、訴訟、当社に対する罰金

     若しくは信用毀損を増加させるかもしれない。                        当社のインターネット            ベースのサービス及びクラウド                 ベースの
     サービスの国際的な増加は、国境をまたぐデータの移動への依存を高めつつある。個人データの収集、保存、取扱
     い及び移動に関する法的な要求は、改正が続けられている。例えば、2016年7月、EUと米国は公式に、企業による
     EU加盟国から米国へのデータの移動を可能とするメカニズムを提供する新しい枠組みを締結した。この枠組みは、
     Privacy     Shieldと呼ばれ、欧州司法裁判所によって明らかにされた以前のメカニズムの欠点を取り組むことが期待
     されている。Privacy           Shield及びその他のメカニズムについて、現在、欧州司法裁判所において訴訟が係属してお
     り、それは、大西洋をまたぐデータの移動のための法的根拠の不確実性に結びつくかもしれない。プライバシー・
     シールドや国境を越えたデータの流れに関するその他の潜在的な規則によって、一部の市場で当社の製品やサービ
     スを提供するコストと複雑さが増大する可能性がある。2018年5月、データの取り扱い及びプライバシーについて
     規定する新しいEU法、Data              Protection      Regulation(以下「GDPR」という。)が発効した。EU内の施設で行われ、
     又はEU内で提供されている製品やサービスに関連した当社のすべての活動に適用されるこの法律によって、個人情
     報の取り扱いについてのさまざまな新しいコンプライアンス義務が課される。法律遵守を容易にするために新しい
     能力を構築する技術的努力は、相当な出費及び他のプロジェクトからの技術資源の移動を継続的に課すことになる
     かもしれない。当社がGDPRもしくはその他の規制における当社の義務、もしくは当社の顧客のGDPRもしくはその他
     の規制における義務の履行を助ける製品を設計できない場合又はGDPRに準拠するために実施した変更によって製品
     が魅力的にならない場合、当社は、当社製品に対する需要の減少を経験することになるかもしれない。GDPRは重大
     な新たな義務を課しており、これらの義務の遵守は、特定の規制当局がそれらをどのように適用し、解釈するかに
     かかっている。GDPRを遵守しない場合、又は規制当局がGDPRを遵守しなかったと主張した場合、規制を執行する法
     的措置が執られる可能性があり、その場合には、当社は全世界での売り上げの4%を上限とする金銭的制裁を科さ
     れる可能性があるほか、民事訴訟を提起されたり信用毀損を被る可能性がある。
     データから洞察を得るための当社の投資は、当社が顧客に提供するサービスの価値、業務上の効率性、そして収益

     化における主要な機会、品質に対する顧客の認識及び運用効率にとって中核になりつつある。このような方法で
     データを利用する我々の能力は、この投資から期待されるリターンの実現を妨げる規制の進展によって制約される
     かもしれない。今も継続している規制当局による法的審査は、当社の顧客及び当社の従業員のデータの保管及び移
     動並びにそのようなデータの管理に影響を及ぼすような、データの主権およびローカライゼーションの要件を含
     む、負担の大きい又は不合理な要件をもたらすことになるかもしれない。個人データに関する適用法令を遵守する
     ために、コストの増大、売上の減少、効率性の低下又は外国に本拠を置く他の会社との競争における困難の拡大を
     もたらすような、サービス、事業の方法又は内部的なシステムの変更が必要となるかもしれない。当社が製品の特
     長と機能を変革し提供する能力は、当社が事業を行う地域の一部において、データの規制を遵守することによって
     制限される可能性がある。既存の又は新しい規則を遵守しないときは、風評被害及び経営陣の時間と労力の転用に
     加えて、違反とされる行為を阻止するための相当な金額の罰金を課されたり、違反であるとされた行為の中止命令
     を受けたりする可能性がある。
     当社のビジネスは才能のある従業員を惹きつけ雇用し続ける当社の能力に依存している。                                              当社のビジネスの基礎

     は、才能のある従業員を惹きつけ雇用し続けることにある。この産業界では、高いスキルを持った労働者及び指導
     者の獲得競争が非常に激しい。従業員を採用し維持する能力のためには、当社のブランドと評判を維持することが
     重要である。当社の国外求人能力は、制限的な米国移民法によって制限を受けている。技術及び専門性の高い人材
     の流動性を制限する米国の移民政策の転換は、当社の研究開発努力への十分な人員配置を妨げる可能性がある。人
     材募集がうまくいかない場合、又は、高度な技術を有する従業員や主要なリーダーである従業員を雇用し続けるこ
     とができない場合、ヒット製品及びヒットサービスを開発・提供する当社の能力に悪影響が及ぼされる可能性があ
     る。主要な従業員を参加させた効果的な知識の移行と円滑な承継を確かなものにできなければ、当社の戦略の計画
     や実行が阻害されるかもしれない。労働に関する法令が当社の従業員に対してどのように解釈され又は適用される
     かによって、当社の営業費用の増加及び当社が従業員のニーズに応える方法の柔軟性の低下が生じるかもしれな
     い。
     当社は請求や訴訟を受けており、これは悪い結果をもたらすかもしれない。                                       当社は様々な請求や訴訟を受けてい

     る。これらの請求は、Windows                10のような新たな主要製品の発売、重要なビジネス上の取引、保証又は製品クレー
     ム及び雇用の方法など、様々な業務遂行や取り組みから生じる可能性がある。こうした請求の一部又はすべてにお
     いて悪い結果が出れば、当社は多額の損害賠償責任を負うかもしれず、また当社の業務遂行能力に悪影響を及ぼす
     差止命令を受けるかもしれない。これらの訴訟やその他の請求は元来不確実であり、それらの問題に対する経営陣
     の見解は将来において変わるかもしれない。当社の連結財務諸表への重大な悪影響は、好ましくない最終結果が出
     る可能性が高まり、それを合理的に見積もることが可能になる時期においても生じ得る。
                                 12/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     当社に追加税が課せられる可能性がある。                      当社は、米国及び米国以外の多くの国で法人所得税を課されている。当

     社の全世界的な法人所得税の決定には重要な判断が必要とされる。当社の業務において、最終的な税判断が不明で
     あ る取引や算定が数多く存在している。例えば、2017年アメリカ合衆国の減税・雇用法(TCJA)を遵守するため
     に、当社の内部で通常作成されるものではない情報の収集、当社の連結財務書類の見積りの利用及び当社の準備の
     ために行う会計上の重要な判断などが必要となる可能性がある。TCJAに関する規制及び指針が整備されるにした
     がって、また、当社がより多くの情報を収集しより深く分析を進めるにしたがって、当社の業績は、当社の事前の
     見積りと相違する可能性があり、かつ、当社の連結財務上のポジションに重要な影響を及ぼす可能性がある。
     当社は様々な国において、税務当局により定期的に税務調査されている。当社は、法人税の引当金や税務上の見積

     もりは妥当であると考えているが、税務当局は当社の見解に異議を唱える可能性がある。更に、様々な国におい
     て、税収を増加させようとする経済及び政治の圧力により、租税に関する紛争の有利な解決がより困難になる可能
     性がある。当社は現在移転価格に関する未解決の主な問題を抱えていて、過去の税務年度について内国歳入庁の監
     査を受けている。。これらの監査及びその他の監査又は訴訟の最終的な解決は、当社の連結財務諸表に計上されて
     いる金額とは異なる可能性があり、その決定がなされた期間における当社の業績に重大な影響を及ぼす可能性があ
     る。
     当社は多額の営業利益を米国外から得ている。異なる法定税率を持つ国々における収益と損金の比率の変動、当社

     の事業若しくは構造の変化又は特定の国における租税契約の失効若しくはこれに関する紛争により、当社の実行税
     率が上昇する可能性がある。さらに、多国籍企業に適用される米国の連邦租税法若しくは州租税法又は国際租税法
     の改正、現在米国を含む多くの国が考慮の対象としているその他の重要な法律の改正及び課税する国の課税庁の解
     釈、決定、方針若しくはポジションの変更によって、当社の税金費用とキャッシュ・フローに深刻な悪影響が及ぶ
     可能性がある。
     当社は品質や供給の問題を抱える可能性がある。                         Xbox   コンソール、Surfaceデバイス及び当社が設計、製造及び販

     売するその他のデバイスなど、当社のハードウェア製品は非常に複雑であるため、設計や製造或いは関連ソフト
     ウェアに欠陥がみつかる可能性がある。設計、検査、保証修理によってこうした欠陥を予防し、発見し、解決にあ
     たらなければ、当社は、リコール、安全上の警告、又は製造物責任の結果として、莫大な支出、売上の減少、及び
     信用の悪化を被る可能性がある。
     当社のソフトウェア製品及びサービスにも、品質又は信頼性の問題が生じる可能性がある。当社が開発した非常に

     精巧なソフトウェアには、そのソフトウェアによって意図されていた業務を妨害するようなバグやその他の欠陥が
     あるかもしれない。当社が発売前のテストで発見できず修正していない欠陥によって、販売量及び売上の減少、当
     社の信用の毀損、修理若しくは回復のための費用、新製品若しくは新バージョンの発売の遅延、又は法的責任の発
     生などが引き起こされる可能性がある。当社のライセンス契約は通常はそのような責任を排除又は制限する条項を
     含んでいるが、こうした条項があらゆる訴訟に対抗しうる保証はない。
     当社のデバイス及びデータセンターのコンポーネントのいくつかは、それぞれ単一の供給業者から調達されてい

     る。競合他社が当社と同じ供給業者のうちの何社かを使用しており、競合他社のハードウェア構成部品に対する需
     要が当社が利用可能なキャパシティに影響する可能性がある。仮に、単一の供給業者から得ている構成部品が遅れ
     たり、不可能となったり、業界全体の不足が起こったり、法規制が変化したり或いはその他の事由が生じた場合、
     供給業者の供給能力の縮小が原因であっても業界における欠品が原因であっても、当社は代替物を適時に確保する
     ことができず、当社の売上が減少し又はデータセンターのキャパシティが不足するかもしれない。構成部品の不
     足、過剰在庫若しくは陳腐化した在庫、又は、在庫調整をもたらす価格の低下により、当社の売上原価が増加する
     おそれがある。Xbox           コンソール、Surfaceデバイス、データセンターのサーバー及びその他のハードウェアはアジ
     ア及びその他のサプライチェーンの途絶によって影響を受ける地域で組み立てられており、当社の売上と営業利益
     率に影響を及ぼす欠品につながるおそれがある。これらと同じリスクが、当社の提供するその他のハードウェア&
     ソフトウェア製品に当てはまるであろう。
     当社の世界規模の事業によって、当社が業務上の及び経済上のリスクにさらされる。                                            当社の顧客は、200を超える

     国々に存在しており、当社の収益の相当部分は海外の売上から得られる。当社の事業は世界規模のものであるた
     め、業務上の及び経済上のリスクが生じる。当社の業績は、世界、地域及びローカルの経済の発展、金融政策、イ
     ンフレ、景気後退又は政治的・軍事的紛争の影響を受ける可能性がある。更に、当社の国際成長戦略には特定の市
     場が含まれており、その発展途上の性質上、国や地域における社会情勢、政治情勢、労働情勢及び経済情勢の悪化
     や、海外事業における雇用や管理の難しさなどを含む複数のリスクが生じる。特定の国において国家主義が出現し
     ている傾向は、取引環境を著しく変えるかもしれない。ポピュリズム、保護主義又は経済ナショナリズムの結果と
     しての貿易政策や協定の変更は、関税の引き上げ、現地調達の取り組み、その他海外での当社製品の販売をより困
     難にする可能性がある。先進国市場又は新興国市場におけるこの種の混乱は、当社の製品及びサービスに対する需
     要に悪影響を及ぼすか、営業費用を増加させる可能性がある。当社は国際的な為替リスクの一部をヘッジしている
     が、米国ドルと外国通貨の為替レートの大幅な変動が当社の収益に悪影響を及ぼす可能性がある。
     大惨事や地政学的情勢によって当社の事業に混乱が生じる可能性がある。                                      大地震、天災、サイバーアタック、テロ

     攻撃などの大惨事によって当社のシステムや業務に混乱や不具合が生じた場合、販売の履行やサービスの提供、或
     いはその他の極めて重要な機能の遂行に遅滞が生じる可能性がある。当社の本社、研究開発活動拠点の大部分、並
                                 13/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     びに不可欠な事業拠点の一部はワシントン州のシアトル地区にあり、またその他の事業拠点はカリフォルニア州の
     シリコンバレー地区にあるが、両都市ともに地震の起こりやすい地域である。当社の重要な業務システムやITシス
     テ ムを破壊・切断する大災害は、当社の通常業務遂行能力に悪影響を及ぼす可能性がある。当社が顧客に対してク
     ラウド上でより多くのサービスとソリューションを提供することによって、システムの回復力と事業継続管理計画
     の強固さが重要となり、長期間のサービス停止が経営成績に及ぼす潜在的な影響が増している。突然の政変、テロ
     活動、及び軍事衝突は、その影響下にある国々に経済的混乱のリスクをもたらし、それによって当社の営業費用が
     増加するかもしれない。こうした状況はまた、顧客が技術投資を決定するタイミングとその予算を一層不確かにす
     る可能性があり、また、ハードウェア製造業者のサプライチェーンを途絶させる可能性がある。地政学的な変化に
     よって、当社の事業戦略、グローバル                    マーケットへのアクセス、雇用及び収益性に影響を及ぼすような規制の改
     正が行われるかもしれない。地政学的上の不安定要素により、制裁がなされ、当社がいずれかの市場において又は
     いずれかの政府系の顧客とともに事業を行うことに影響が及ぶ可能性がある。これら変化のいずれもが当社の収益
     に悪影響を及ぼす可能性がある。
     気候変動が世界経済、特にIT産業に対して及ぼす長期的な影響は不明である。環境規制、エネルギーの需要供給の

     変化、又は入手可能なエネルギー源若しくはその他の天然資源の変化は、天然資源など、当社の事業運営に必要な
     物やサービスの入手可能性又は費用に影響を与える可能性がある。当社が事業を行う場所での天気の変化は、ソフ
     トウェアの開発やクラウド              ベースのサービス提供のために当社が使用するコンピューター                                 ハードウェアの起動や
     冷却にかかる費用を増加させる可能性がある。
     経済又は市場の情勢の悪化が当社の事業に悪影響を及ぼす可能性がある。                                      インフレーション、景気後退又はその他

     の経済状況の変化といった経済情勢の悪化は、IT関連の支出を減少させ、当社の売上に悪影響を及ぼす可能性があ
     る。PC、サーバー及びその他のコンピューター                         デバイスの需要が落ち込んだ場合、或いは顧客や企業がそうした
     製品に支出する金額を減らした場合、当社の売上に悪影響が出るであろう。当社は、米国政府との契約から大きな
     売上を上げている。予算案が可決されないこと、継続的な支出に関する決議がされないこと又は負債の上限が増額
     されないこと及びその他の連邦政府の支出を制限し又は遅延させる予算上の決定がされたことによって生じる連邦
     政府機関の閉鎖が延長された場合は、政府による当社の製品及びサービスに対するIT関連支出が減少し、当社の売
     上に悪影響を及ぼす可能性がある。
     当社の製品の販売システムは、パートナー及び小売店の幅広いネットワークに依拠している。当社のソフトウェア

     を稼働させるデバイスを製造しているOEMも、重要な販売の手段である。主要な販売業者、OEM又は小売業者の倒産
     など、経済情勢が当社のパートナーに及ぼす影響は、販売チャンネルの途絶をもたらす恐れがある。
     困難な経済情勢はまた、購入した製品やサービスに対する顧客の支払能力を低下させるかもしれない。その結果、

     貸倒引当金や売掛債権の償却が増加する可能性がある。
     当社は、様々な持分・種類・満期の投資ポートフォリオを保有している。これらの投資は一般的な信用リスク、流

     動性リスク、市場リスク及び金利リスクにさらされているが、こうしたリスクは市況の低迷又は世界的な金融市場
     に影響を及ぼす事態によって悪化する可能性がある。当社の投資ポートフォリオの相当部分は米国債で構成されて
     いる。世界的な金融市場が長期にわたって衰退した場合、又は、国債が現実にデフォルトし若しくはそのおそれが
     あるために米国債が格下げされた場合、当社の投資ポートフォリオは悪影響を受け、公正価値の下落が一時的でな
     いと判断される当社の投資は増加する可能性がある。その場合、当社の財務成績に悪影響を及ぼす減損損失の計上
     が必要となるかもしれない。
     当社の販売組織の変更が売上に影響を与える可能性がある。                               2017年7月、当社は、顧客のデジタル                    トランス

     フォーメーションを可能にし、当社の販売部門により優れた技術的能力を付加し、さらに国及び業界を越えて利用
     可能な蓄積されたリソースを創出するために、世界的な販売組織の再編成計画を発表した。この再編成は、当社の
     歴史上、世界的な販売組織における最も重要な変更であり、従業員の役割の変化を伴っており、才能のある者をさ
     らに増加させ、チームを再編成し、新たなパートナーを引き入れるものである。これらの変更が首尾よく実施され
     ることは、将来の売上を増加させることにおける重要な要素となる。当社がこの変更を進めるにつれて、売上、収
     益性及びキャッシュ           フローに悪影響を与え続けるおそれがある。
     IoTの発展によってセキュリティ、プライバシー及び執行のリスクが生じる。                                        インテリジェント          クラウド及びイン

     テリジェント       エッジの成長を支援するため、当社は、センサー、データ及びAIを含むコンピューティングの能力
     を使用するデバイスの広範で相互に連結したネットワークであるIoTに活力を与える製品、サービス及び技術を開
     発している。IoTの大きな可能性は、相当なリスクをもたらすものでもある。IoTの製品及びサービスは、デザイ
     ン、製造、又は運用に欠陥を有し、その欠陥によって、その意図した目的の達成は不安定又は非効率的なものにな
     るかもしれない。IoTソリューションは、ハードウェア、センサー、プロセッサー、ソフトウェア、及びファーム
     ウェアの複数の階層を有しており、その階層のいくつかについて、当社は、開発もコントロールもできないかもし
     れない。最も脆弱な階層を含む各階層は、システム全体のセキュリティに影響を与えうる。多くのIoTデバイス
     は、限られたインターフェイスしか有さず、アップデート又はパッチの能力にも限りがある。IoTソリューション
     は、大量のデータを集める可能性があり、当社のIoTデータの取扱いは、顧客又は規制当局の要求を満たさないか
     もしれない。IoTの展開は、個人の健康及び安全に影響を及ぼすかもしれない。当社の技術を含むIoTソリューショ
     ンが予定通りに機能せず、法律に違反し、又は、個人又は事業に害をなす場合、当社は、法的請求又は強制的な措
                                 14/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     置の対象になるかもしれない。これらのリスクは、仮に実現した場合、当社の費用の増加、当社の評判及びブラン
     ドの毀損、又は当社の売上及び利益に悪影響を及ぼすかもしれない。
     当社のサービスにおけるAIの利用に関する問題が当社の信用を毀損し、法的責任を発生させるかもしれない。                                                        当社

     は、当社のサービスにAIを組み込んでおり、当社の事業におけるこの領域は成長するものと予想している。当社
     は、将来的に、当社のデバイス、アプリケーション及びクラウドで動作するAIによって、当社の顧客の仕事及び私
     生活をより生産的なものにする支援ができるものと予測している。多くの破壊的な革新から分かるとおり、AIに
     は、その採用に影響を与えうるリスク及び困難があり、そのため、当社の事業にも影響が及び得る。AIのアルゴリ
     ズムには欠陥があるかもしれない。データセットは、不十分であり又は偏りのある情報を含むかもしれない。当社
     又は他者によって不適切又は物議を醸すデータの運用がなされた場合、AIソリューションへの支持が弱まるかもし
     れない。これらの欠陥は、AIアプリケーションが生み出す決定、予測、又は分析を妨げ、当社の競争力の減殺、法
     的責任、及びブランド又は評判の毀損を当社にもたらすかもしれない。いくつかのAIの展開によって倫理的な問題
     が生じている。当社が、人権、プライバシー、雇用又は他の社会問題に影響を与えるため論争の対象となるAIソ
     リューションを利用可能にし、又は販売する場合、当社はブランド又は評判の毀損に直面するかもしれない。
     当社の評判又は当社のブランドがダメージを受けた場合、当社の事業及び営業成績は悪化する。                                                 当社の評判及びブ

     ランドは世界的に認知されており、当社の事業にとって重要なものである。当社の評判及びブランドは、消費者、
     企業顧客及び公的部門の顧客を誘引し、維持する当社の能力に影響を及ぼす。当社の評判又はブランドが毀損され
     るような事態は数多く存在し得る。それらの中には、製品の安全性若しくは品質の問題、又は当社の環境への影
     響、サプライチェーンの実践又は人権問題が含まれている。当社は、顧客、政府機関、人権団体、従業員及びその
     他の当社の製品の供給の決定又は政治的立場に反対する利害関係人から反発を受けるかもしれない。当社の評判又
     は当社のブランドの毀損は、その他の事項によって引き起こされるかもしれない:
        顧客、ユーザー、又はパートナーが好まない新たな機能、製品、サービス、又は契約条件の導入。

        ユーザーのプライバシー、データプラクティス又はコンテンツに関する当社の決定への公の監視。

        パートナー又は個々の従業員によるデータ                      セキュリティの違反、法令順守の怠慢又はその他の行動。

     ソーシャル      メディアの広がりによって、否定的なブランド                         イベントの発生頻度、速さ、大きさが増す可能性があ

     る。当社のブランド又は評判が毀損された場合、当社の売上若しくは利益、又は当社の最も優秀な人材を引き付け
     る能力に悪影響が及ぶかもしれない。
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)経営成績等の状況の概要

     経営成績の状況

                                         12月31日に終了した6ヶ月間

     (単位:百万、1株当たり金額及び変化率を除く)                                     2018年         2017年     変化率
                                         $61,555         $53,456       15%
     売上高
                                        ¥6,894,160         ¥5,987,072          -
                                         $39,227         $34,114       15%
     売上総利益
                                        ¥4,393,424         ¥3,820,768          -
                                         $20,213         $16,387       23%
     営業利益
                                        ¥2,263,856         ¥1,835,344          -
                                         $17,244           $274       *
     純利益
                                        ¥1,931,328           ¥30,688        -
                                          $2.22         $0.04       *
     希薄化後1株当たり利益
                                           ¥249          ¥4      -
                                         $17,401         $14,074       24%
     Non-GAAPの純利益
                                        ¥1,948,912         ¥1,576,288          -
                                          $2.24         $1.80      24%
     Non-GAAPの希薄化後1株当たり利益
                                           ¥251         ¥202       -
     * 意味がないことを表す

                                 15/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     Non-GAAPの純利益及びNon-GAAPの希薄化後1株当たり利益には、TCJAに関する費用(純額)を含んでいない。米国

     において一般に公正妥当と認められた会計原則(以下「米国GAAP」という。)にしたがって報告されている業績と
     Non-GAAPの業績との照合については、「(2)経営者の視点による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの
     状 況の分析、⑥米国のNon-GAAPの財務指標」を参照されたい。
     2018年12月31日に終了した6ヶ月間と2017年12月31日に終了した6ヶ月間の比較

     売上は、当社の各セグメントにおける成長によって81億ドル(15%)増加した。インテリジェントクラウドの売上

     は、サーバー製品及びクラウド                 サービスの売上の増加によって増加した。プロダクティビティ&ビジネス                                      プロセ
     スの売上の増加は、Office及びLinkedInによってもたらされた。モア                                    パーソナル      コンピューティングの売上の増
     加は、ゲーム及びSurfaceによってもたらされた。
     売上総利益は、当社の各セグメントの成長によって51億ドル(15%)増加した。売上総利益率は、モア                                                     パーソナル

     コンピューティング及びプロダクティビティ&ビジネス                             プロセスの利益率の減少によって減少し、この減少がイ
     ンテリジェント         クラウドの利益率の増加及びセグメントの売上のミックスによる好影響によって相殺され、ほと
     んど変動しなかった。売上総利益率には、主として                           Azureに起因する法人向けクラウドの売上総利益の5ポイント
     の改善が含まれている。
     営業利益は、当社の各セグメントの成長によって38億ドル(23%)増加した。

     営業費用における主要な変化は以下の通りであった:

        売上原価は、法人向けクラウド、ゲーム及び検索連動広告の成長によって30億ドル(15%)増加した。

        研究開発費は、クラウド             エンジニアリングへの投資を主たる要因として、969百万ドル(14%)増加した。

        販売費は、販売能力の向上のための投資を主たる要因として増加し、この増加はマーケティング費用の減少

        によって部分的に相殺されて、312百万ドル(4%)の増加となった。
     本会計年度の純利益及び希薄化後1株当たり利益は、TCJAの費用(純額)によってマイナスの影響を受け、純利益

     及び希薄化後1株当たり利益はそれぞれ157百万ドル及び0.02ドル減少した。前会計年度の純利益及び希薄化後1株
     当たり利益は、TCJAの費用(純額)によってマイナスの影響を受け、純利益及び希薄化後1株当たり利益はそれぞ
     れ138億ドル及び1.76ドル減少した。
     キャッシュフローの状況

     「(2)経営者の視点による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析、⑦財政状態」を参照され

     たい。
     セグメント別の経営成績

     当社は、当社の業績を、プロダクティビティ&ビジネス                             プロセス、インテリジェント               クラウド及びモア          パーソ

     ナル   コンピューティングのセグメントにしたがって報告している。本報告書におけるセグメントの額は、当社の
     内部経営報告と一致する基準に基づいて表されている。内部経営報告の基準と米国GAAPとの相違は、すべて、特定
     の全社レベルの活動及びその他の活動とともに、「全社及びその他」に含まれている。
     当社の報告セグメントは、以下のとおりである。

     プロダクティビティ&ビジネス                 プロセス

     プロダクティビティ&ビジネス                 プロセス     セグメントは、様々なデバイス及びプラットフォームにわたる生産性、

     コミュニケーション及び情報サービスのポートフォリオに属する製品及びサービスにより構成される。このセグメ
     ントは、主として、次のものにより構成されている。
        Office    Commercial(Microsoft             Office    365のサブスクリプション及びオンプレミスでライセンスされる

        Office(Office、Exchange、SharePoint、Skype                         for  Business及びMicrosoft             Teamsを含む。)、並びに関
        連するClient       Access    License     (以下「CALs」という。)を含む。)
        Office    Consumer     (Office     365のサブスクリプション及びオンプレミスでライセンスされるOffice、並びに

        Office    Consumer     Services(Skype、Outlook.com、及びOneDriveを含む。)を含む。)
                                 16/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
        LinkedIn(タレント           ソリューション、マーケティング                  ソリューション、及びプレミアム                  サブスクリプ
        ションを含む。)
        Microsoft      Dynamicsビジネス          ソリューション(Dynamics              ERPオンプレミス、Dynamics               CRM  オンプレミス及

        びDynamics      365(ERP及びCRMを一つに統合したクラウドベースのアプリケーション)を含む。)
     インテリジェント          クラウド

     インテリジェント          クラウド     セグメントは、現代のビジネスの動力となる、パブリックな若しくはプライベートな

     又はこれらのハイブリッドなサーバー製品及びクラウド                             サービスにより構成される。このセグメントは、主とし
     て、次のものにより構成されている。
        サーバー製品及びクラウド              サービス(Microsoft           SQL  Server、Windows         Server、Visual         Studio、System

        Center、関連するCALs、Microsoft                  Azure及びGitHubを含む。)
        Enterprise      Services(Premier          サポートサービス及びMicrosoft                 Consulting      Servicesを含む。)

     モア   パーソナル      コンピューティング

     モア   パーソナル      コンピューティング           セグメントは、あらゆるデバイスにわたる、エンドユーザー、開発者及び

     ITプロフェッショナルの利益を調和させることを目指した製品及びサービスにより構成される。このセグメント
     は、主として、次のものにより構成されている。
        Windows     -これには、相手先ブランド名製造者(OEM)向けのWindowsのライセンス(以下「Windows                                               OEM」

        という。)及びWindows             オペレーティング          システムのその他ボリューム               ラインセンスでないライセンス、
        Windowsオペレーティング              システム、Windowsクラウド               サービス、及びその他Windows                commercial製品のボ
        リューム     ライセンスから構成されるWindows                  Commercial、特許権のライセンス、Windows                       Internet     of
        Things    (以下「IoT」という。)、並びに                  MSNの広告を含む。
        デバイス(Microsoft           Surface、PCアクセサリー及びその他のインテリジェント                              デバイスを含む。)

        ゲーム(Xboxのハードウェア並びにXbox                     Liveのトランザクション、サブスクリプション及び広告から構成

        されるXboxのソフトウェア及びサービス(以下「Xbox                            Live」という。)、ビデオゲーム、並びにサード
        パーティからのビデオゲームのロイヤルティを含む。)
        検索

     収益及び費用は、通常、当社セグメントに直接的に帰属する。しかしながら、当社の事業構造が統合されているこ

     とにより、あるセグメントにおいて認識された収益及び費用の一部が他のセグメントに利益をもたらす可能性があ
     る。特定の契約からの収益は、基礎となる製品及びサービスの相対的価値に基づいて各セグメントに配分されてお
     り、実際の請求額、個別の販売価額、又は見積原価に利益率を加算した金額に基づいて配分されている。収益の原
     価は、一定の場合には、相対的な収益の配分方法に基づいて配分される。割り当てられる営業費用には、主に複数
     のセグメントが利益を享受する製品及びサービスのマーケティングに関連する費用が含まれており、一般的には相
     対的な売上総利益に基づいて割り当てられている。
     また、全社レベルで発生している費用であって、特定可能であり、かつ、当社のセグメントに利益をもたらしてい

     る費用については、当該セグメントに割り当てられている。これらの割り当てられた費用には、和解及び罰金を含
     む訴訟関連費用、情報技術、人事、財務、物品税、フィールド                                 セリング、共有施設でのサービス並びにカスタ
     マー   サービス及びサポートが含まれている。各配分金額は、配分される費用の具体的な事実及び状況に基づい
     て、異なる方法で測定される。また、減損費用や再編費用を含む特定の全社的な活動の費用は、当社のセグメント
     には配分されていない。
                                        12月31日に終了した6ヶ月間

     (単位:百万、変化率を除く)                                    2018年          2017年     変化率
     売上高
     プロダクティビティ&ビジネス               プロセス                    $19,871           $17,191         16%
                                       ¥2,225,552           ¥1,925,392 
     インテリジェント         クラウド                          $17,945           $14,717         22%
                                       ¥2,009,840           ¥1,648,304 
                                 17/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     モア   パーソナル      コンピューティング                           $23,739           $21,548         10%
                                       ¥2,658,768           ¥2,413,376 
                                        $61,555           $53,456 
     合計                                                     15%
                                       ¥6,894,160           ¥5,987,072 
     営業利益

     プロダクティビティ&ビジネス               プロセス                     $7,896           $6,343        24%
                                        ¥884,352           ¥710,416 
     インテリジェント         クラウド                           $6,210           $4,969        25%
                                        ¥695,520           ¥556,528 
     モア   パーソナル      コンピューティング                           $6,107           $5,075        20%
                                        ¥683,984           ¥568,400 
                                        $20,213           $16,387 
     合計                                                     23%
                                       ¥2,263,856           ¥1,835,344 
     2018年12月31日に終了した6ヶ月間と2017年12月31日に終了した6ヶ月間の比較

     プロダクティビティ&ビジネス                プロセス

     売上は、27億ドル(16%)増加した

        Office    Commercialの売上は、サブスクリプションの購入者及びユーザーごとの平均売上の増加を主たる要

        因とするOffice         365の売上の増加により増加し、この増加はOffice                          365  Commercialへの移行を反映したオ
        ンプレミスのライセンス製品の売上の減少により部分的に相殺されて、16億ドル(14%)の増加となった。
        Office    Consumerの売上は、サブスクリプションの購入者の増加を主たる要因とするOffice                                           365  consumerの

        売上の増加によって、153百万ドル(8%)の増加となった。
        LinkedInの売上は、LinkedInのセッションの成長によるエンゲージメントの強化によって763百万ドル

        (31%)増加した。
        Dynamicsの売上は、Dynamics               365の成長によって、18%の増加となった。

     営業利益は、16億ドル(24%)の増加となった。

        売上総利益は、Office            Commercialの成長及びLinkedInによって、19億ドル(14%)増加した。売上総利益率

        は、クラウド製品の構成比率(ミックス)の増加を要因として減少し、この減少はLinkedIn及びOffice                                                     365
        commercialにおける売上総利益率の改善によって部分的に相殺され、わずかに減少した。
        営業費用は、LinkedIn及びクラウド                   エンジニアリングに対する投資によって増加し、この増加がマーケ

        ティング費用の減少によって部分的に相殺され、330百万ドル(5%)の増加となった。
     インテリジェント          クラウド

     売上は、32億ドル(22%)増加した。

        GitHubを含む当社のサーバー製品及びクラウドサービスの売上は、Azureを主たる要因として、31億ドル

        (26%)増加した。Azureの売上は、使用量ベース及び利用者数ベースのIaaS及びPaaSの成長を主たる要因と
        して76%増加した。サーバー製品の売上は、Windowsサーバーのためのプレミアム                                          ライセンスの構成比率
        (ミックス)の増加を主たる要因として6%増加した。
        Enterprise      Servicesの売上は、Premier               サポートサービス及びMicrosoft                 Consulting      Servicesの売上が増

        加したことによって165百万ドル(6%)増加した。
     営業利益は、12億ドル(25%)の増加となった。

        売上総利益は、サーバー製品及びクラウド                      サービスの売上の増加、並びにクラウド                     サービスのスケールと

        効率性の向上によって、24億ドル(24%)増加した。売上総利益率は、Azureの売上総利益率の改善を主たる
        要因として増加したが、この増加はクラウド製品の組み合わせ(ミックス)の増加によって部分的に相殺さ
                                 18/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
        れた。
        営業費用は、クラウド及びAIエンジニアリング、販売能力の向上並びにGitHubに対する投資を主たる要因と

        して11億ドル(23%)増加した。
     モア   パーソナル      コンピューティング

     売上は、22億ドル(10%)の増加となった。

        Windowsの売上は、Windows              Commercialの売上が増加したことを主たる要因として増加したが、この増加が

        特許権のライセンスの売上及びWindows                     OEMの売上が減少したことによって部分的に相殺されて、177百万ド
        ル(2%)の増加となった。Windows                   Commercialの売上は、ユーザーがプレミアム製品の利用を継続したこ
        とにより13%増加した。Windows                 OEM  Proの売上は、事業者向けPC市場をわずかに上回って3%成長した。
        Windows     OEM  non-Proの売上は、エントリークラスにおける競争が継続したことにより、消費者向けPC市場
        を下回って、8%の減少となった。
        ゲームの売上は、主としてサードパーティのタイトルの強みによってXboxソフトウェア及びサービスの売上

        が33%増加し、この増加はXboxハードウェアの売上の4%の減少によって部分的に相殺され、12億ドル
        (20%)の増加となった。
        Surfaceの売上は、消費者向け及び法人向けの双方での大幅な成長により668百万ドル(28%)増加した。

        検索連動広告の売上は、305百万ドル(9%)増加した。検索連動広告の売上は、トラフィック獲得費用を除

        き、1検索あたりの売上の増加及び検索量の増加によるBingの成長を主たる要因として、15%増加した。
     営業利益は、10億ドル(20%)増加した。

        売上総利益は、ゲーム、Windows及び検索の成長によって、870百万ドル(8%)増加した。売上総利益率

        は、Surface及びゲームにおける利益率の低い製品へのシフトを主たる要因として減少した。
        営業費用は、Windowsのマーケティング費用の減少を主たる要因として162百万ドル(3%)減少した。

     生産、受注及び販売の状況

     生産能力

     「3.   経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析、(1)                                        経営成績等の状況の概要、経

     営成績の状況及びセグメント別の経営成績の状況」を参照のこと。
     受注状況

     長いリードタイムを要し特定の注文に応じてのみ生産する産業(航空機産業又はその他の重工業など)とは異な

     り、当社は主に、注文ベースではなく柔軟な生産計画の下で、市場の需要に応じて生産している。
     販売実績

     「3.   経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析、(1)                                        経営成績等の状況の概要、経

     営成績の状況及びセグメント別の経営成績の状況」を参照のこと。
     (2)経営者の視点による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析

     ①概要及び展望

     マイクロソフトは、地球上のすべての人々とすべての組織がさらなる成果を達成できる力を与えることを使命とす

     るテクノロジーの企業である。当社は、世界中のすべての国において、その国におけるチャンスと成長とインパク
     トを創造するため努力している。当社のプラットフォーム及びツールは、小規模な企業の生産性、大規模な企業の
     競争力及び公的機関の効率性を向上させるのに役立つ。さらに、起業をサポートし、教育と健康管理の成果を改善
     し、人類の創造力に力を与える。
     当社は、(1)       多岐にわたるソフトウェア製品のライセンシング及びサポート、(2)                                    人々向け及び企業向けの幅広い

     クラウド     ベースのサービス及びその他のサービス提供                       (3)  デバイスのデザイン、製造及び販売、(4)                      世界中の
     オーディエンスに対する関連あるオンライン広告の提供によって収益を得ている。当社の最も重要な費用は、従業
                                 19/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     員への給与支払い、デザイン、製造、当社の製品とサービスのマーケティング及び販売、当社のクラウド                                                      ベース
     のサービスを支えるデータセンターの費用、並びに法人所得税に係る費用である。
     2018会計年度の第1四半期との比較における2019会計年度の第1四半期の主要な事項は次のとおりである。

        法人向けMicrosoft          Office    365、Microsoft         Azure、LinkedIn、Microsoft               Dynamics     365及びその他のクラ

        ウド製品を含む法人向けクラウドの売上は、85億ドル(47%)増加した。
        Office    Commercialの売上は、Office               365  commercialの売上が36%増加したことにより、17%増加した。

        Office    Consumerの売上は16%増加し、Office                   365  consumerのサブスクリプションの購入者は32.5百万まで

        増加した。
        LinkedInの売上は、LinkedInのセッションの34%の成長によるエンゲージメントの強化が継続し、33%増加し

        た。
        Dynamicsの売上は、Dynamics               365の売上が51%増加したことにより、20%増加した。

        サーバー製品及びクラウド              サービスの売上は、Azureの売上が76%増加したことにより、28%増加した。

        Enterprise      Servicesの売上は、6%の増加となった。

        Windows     Commercialの売上は、複数年の契約の売上が増加したことによって12%増加した。

        Windows     OEMの売上は、OEM          Proの売上が8%増加したことにより、3%増加した。

        ゲームの売上は、主としてサードパーティのタイトルの強みによってXboxのソフトウェア及びサービスの売

        上が36%増加し、44%増加した。
        検索連動広告の売上は、トラフィック費用及び獲得費用を除き、17%増加した。

        Microsoft      Surfaceの売上は、14%増加した。

     2018会計年度の第2四半期との比較における2019会計年度の第2四半期における主要な事項は次のとおりである。

        法人向けMicrosoft          Office365、Microsoft            Azure、LinkedInの法人部門、Microsoft                     Dynamics     365及びその

        他のクラウド製品を含む法人向けクラウドの売上は、90億ドル(48%)増加した。
        Office    Commercialの売上は、Office               365  commercialの売上が34%増加したことにより、11%増加した。

        Office    Consumerの売上は1%増加し、Office                   365  consumerのサブスクリプションの購入者は33.3百万まで

        増加した。
        LinkedInの売上は、LinkedInのセッションの30%の成長によるエンゲージメントの強化が継続し、29%増加し

        た。
        Dynamicsの売上は、Dynamics               365の売上が51%増加したことにより、17%増加した。

        GitHubを含むサーバー製品及びクラウド                     サービスの売上は、Azureの売上が76%増加したことにより、24%増

        加した。
        Enterprise      Servicesの売上は、6%増加した。

        Windows     OEMの売上は、5%減少した。

        Windows     Commercialの売上は、13%増加した。

                                 20/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
        Microsoft      Surfaceの売上は、39%増加した。
        ゲームの売上は、Xboxのソフトウェア及びサービスの売上が31%増加したことによって、8%増加した。

        検索連動広告の売上は、トラフィック獲得費用を除き、1検索当たりの売上及び検索量の増加によって14%

        増加した。
     当社は、当社の法人向けクラウド事業の業績を比較検討できるようするため、LinkedInの法人向け事業の一部を算

     定の基礎に含めるよう特定の会計年度の法人向けクラウドの算定基準を再構築した。LinkedInの法人向け事業の一
     部には、LinkedIn          Recruiter、Sales          Navigator、プレミアム             ビジネス     サブスクリプション及びその他の法人向
     けのサービスが含まれる。
     2018年10月25日、当社は、GitHub,                  Inc.を75億ドルの株式交換(既存のGitHubのエクイティ                             アワード及び補償エ

     スクローに関する現金支払総額13億ドルを含む。)により取得した。GitHubの財務諸表は、買収日以降、当社の連
     結財務諸表に含まれている。GitHubは、当社のインテリジェントクラウド事業の一部として報告されている。                                                         詳
     細は、「第6 経理の状況」の注記7「企業結合」を参照されたい。
     2017年12月22日、TCJAが成立した。これは、既存の米国の租税法を大幅に変化させるものであり、当社の事業に影

     響を及ぼす数多くの条項を含んでいる。2018会計年度の第2四半期において、当社は、TCJAに関する純額で138億
     ドル(純額)の費用を計上し、2018会計年度において、TCJAに関する純額で137億ドル(純額)の費用を計上し
     た。当社は、2019会計年度の第2四半期において、暫定的な税金費用として157百万ドルを計上している。詳細
     は、「第6 経理の状況」の注記11「法人所得税」を参照されたい。
     業界の動向

     当社の業界は動的で競争が激しく、テクノロジーとビジネス                                モデルの双方が頻繁に変化する。業界の変化はいず

     れも、業界と当社のビジネスを更に変化させ得る新しい製品、新しいテクノロジー、又は新しいアイデアを着想す
     る機会となる。当社は、顧客及びユーザーの要求の変化、業界の動向及び競争力の特定と取組みを追及する幅広い
     研究開発活動を通じて、可能なことの境界を押し広げている。
     経済的な状況、挑戦及びリスク

     ソフトウェア、デバイス及びクラウドベースのサービスの市場は動的であり、競争が激しい。当社と競合する企業

     は、新しいソフトウェア及びデバイスを開発しており、また、競争力を備えたクラウドベースのサービスも消費者
     及び企業向けに展開している。顧客が好むデバイス及びフォームファクタは、急速に発展し、クラウドにあるサー
     ビスに対するユーザーのアクセス方法と、場合によってはいずれのクラウドベースのサービスのスイート(組み合
     わせ)を使用するかというユーザーの決定にまで影響する。当社は、長期間にわたって、変化する環境に合わせて
     進化し、適応しなければならない。当社がインフラストラクチャ及びデバイスに対して行っている投資は、当社の
     営業費を増加させ、営業利益率を低下させ続ける可能性がある。
     当社の成功は、ふさわしい能力のある従業員を惹きつけ雇用し続ける当社の能力にかかっている。当社は、世界中

     の大学や産業界の優秀な人材を採用している。マイクロソフトは、優れた労働環境、顧客への到達率の高さ、リ
     ソースの規模、様々な製品及び事業にまたがる個人のキャリア構築の可能性並びに競争力のある報酬及び福利厚生
     を提供することによって、世界中で優秀な人材の獲得競争をしている。
     当社の国際的な事業は、当社の全体の収益及び費用の相当な部分を占めている。これらの収益及び費用の多くは、

     米国ドル以外の通貨建てである。そのため、外国為替レートの変動によって、収益及び費用が相当な影響を受ける
     可能性がある。2018会計年度を通じて外国の通貨がが米国ドルに対して高くなったことは、報告される収益に好影
     響を与え、国際的な事業の報告される費用を増加させた。2019会計年度の第1四半期及び第2四半期において米国
     ドルが外国の通貨の一部に対して高くなったことは、当社の国際的事業について報告される収益及び費用に重大な
     影響を与えるものではない。
     これらの要因やその他のリスクについては、「2.                          事業等のリスク」を参照されたい。

     季節性

     当社は、当社の売上は四半期ごとに変動しており、通常当社の会計年度の第2四半期及び第4四半期に売上が増加

     するものと考えている。第2四半期の売上は、当社の主要な市場における企業の年末支出の傾向及び消費者の年末
     休暇シーズンの出費によるものであり、第4四半期の売上は、この期間に締結されるオンプレミスの複数年契約の
     数量が増加することによるものである。
     ②売上高

     「(1)経営成績等の状況の概要」を参照されたい。

                                 21/71

                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     ③営業費用

     研究開発費

                                       12月31日に終了した6ヶ月間

     (単位:百万、変化率を除く)                                 2018年            2017年      変化率
                                      $8,047            $7,078        14%
     研究開発費
                                     ¥901,264            ¥792,736          -
     売上高に対する割合                                  13%            13%      0ppt
     研究開発費には、製品開発に携わる社員の給与、福利厚生費、株式報酬、及びその他の人件費が含まれる。研究開

     発費にはまた、外注した開発とプログラミングの費用、国外市場向けのソフトウェアの翻訳により生じるローカラ
     イズ費用、並びに購入したソフトウェア                     コード及びサービスのコンテンツの償却費が含まれる。
     2018年12月31日に終了した6ヶ月間と2017年12月31日に終了した6ヶ月間の比較

     研究開発費は、クラウドエンジニアリングへの投資の増加を主たる要因として、969百万ドル(14%)の増加となっ

     た。
     販売費

                                       12月31日に終了した6ヶ月間

     (単位:百万、変化率を除く)                                 2018年            2017年      変化率
                                      $8,686            $8,374         4%
     販売費
                                     ¥972,832            ¥937,888          -
     売上高に対する割合                                  14%            16%     (2)ppt
     販売費には、販売担当従業員の給与、福利厚生費、株式報酬及びその他の人件費、並びに広告、宣伝、見本市、セ

     ミナー及びその他のプログラムに係る費用が含まれる。
     2018年12月31日に終了した6ヶ月間と2017年12月31日に終了した6ヶ月間の比較

     販売費は、当社の法人向けの販売能力の向上のための投資が増加したことを主たる要因として増加したが、マーケ

     ティング費用の減少によって部分的に相殺され、312百万ドル(4%)の増加となった。
     一般管理費

                                       12月31日に終了した6ヶ月間

     (単位:百万、変化率を除く)                                 2018年            2017年      変化率
                                      $2,281            $2,275         0%
     一般管理費
                                     ¥255,472            ¥254,800          -
     売上高に対する割合                                   4%            4%     0ppt
     一般管理費には、財務、法務、施設管理、一部の人事及びその他の管理部門の従業員の給与、福利厚生費、株式報

     酬、退職金及びその他の人件費、一定の税金、並びに法務費用及びその他の管理費用が含まれる。
     2018年12月31日に終了した6ヶ月間と2017年12月31日に終了した6ヶ月間の比較

     一般管理費は、わずかに増加した。

     ④その他の収益(費用)、純額

     その他の収益(費用)、純額の内訳は、以下の通りであった。

                                     12月31日に終了した6ヶ月間

     (単位:百万)                                  2018年                 2017年
                                 22/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
                                       $1,385                  $1,003 
     配当金及び受取利息
                                      ¥155,120                  ¥112,336 
                                                       $(1,370)
                                      $(1,346)
     支払利息
                                                      ¥(153,440)
                                     ¥(150,752)
                                        $337                 $1,341 
     投資実現純利益
                                      ¥37,744                 ¥150,192 
                                        $38                 $(134)
     デリバティブ純損失
                                       ¥4,256                 ¥(15,008)
                                        $(69)                 $(69)
     為替差益純額
                                      ¥(7,728)                 ¥(7,728)
                                        $48                  $(5)
     その他
                                       ¥5,376                  ¥(560)
                                        $393                  $766 
       合計
                                      ¥44,016                  ¥85,792 
     当社は、為替、株式、金利及び信用に関連したリスクの管理、投資収益の向上、及びポートフォリオの多様化の促

     進を目的として、デリバティブを利用している。ヘッジ指定されていないデリバティブの公正価値の変動から生じ
     る損益は、主としてその他の収益(費用)、純額に認識される。
     2018年12月31日に終了した6ヶ月間と2017年12月31日に終了した6ヶ月間の比較

     配当金及び受取利息は、確定利付証券からの収益の増加を主な要因として増加した。支払利息は、満期の到来を主

     たる要因とする長期借入債務の残高の減少が主たる要因となって減少したが、この減少は、ファイナンス                                                      リース
     費用の増加によって部分的に相殺された。投資実現純利益は、株式の売却益の減少を主たる要因として減少した。
     デリバティブ純利益には、前会計年度は為替デリバティブの損失を認識したことが、本会計年度は為替デリバティ
     ブの利益が含まれている。
     ⑤法人所得税

     実効税率

     2018年12月31日に終了した6か月間と2017年12月31日に終了した6か月間における当社の実効税率は、それぞれ16%

     と98%であった。当社の2018年12月31日に終了した6か月間における実効税率が対前年同期比で減少したのは、2018
     会計年度の第2四半期にTCJAが制定されたことに関連する純額の費用が主たる要因であった。
     2018年12月31日に終了した6ヵ月間の当社の実効税率が米国連邦法定税率より低かったのは、米国より法人所得税

     率が低いアイルランド、シンガポール及びプエルトリコの海外地域オペレーションセンターを通じて生産及び販売
     したことにより低い税率が適用されたこと並びに株式ベースの報酬の支払に関するタックス                                                ベネフィットを得ら
     れたことが主たる要因であった。
     最近の租税法の改正

     2017年12月22日、TCJAが制定された。これは、米国の既存の租税法を大きく変えるものであり、外国における繰延

     べ売上のみなし本国送金に対する1回限りの移行課税、米国の連邦法定税率の引下げ及び源泉地国課税の採用な
     ど、当社の事業に影響する多くの条項を含んでいる。2018会計年度において、TCJAによって、当社は、従来は米国
     の法人所得税の対象ではなかった外国における繰延べ売上に関し、国外の現金及び正味流動資産については15.5%
     の税率で、その他の収益については8%の税率で、1回限りの移行課税を負担することとなった。TCJAは、2018年
     1月1日付で、米国の連邦法定税率を35%から21%に軽減した。TCJAには、外国子会社の低課税無形資産所得
     (global     intangible      low-taxed      income、以下「GILTI」という。)に対する課税に関する条項及び米国の会社と
     その子会社の間の支払いの一部に課税する税源浸食税(base                                erosion     anti-abuse      tax、以下「BEAT」という。)
     に関する条項が含まれている。TCJAのGILTI及びBEATに関する条項は、2018年7月1日から当社に対して効力を生
     じている。
     TCJAは、2018会計年度の第2四半期に効力を生じた。当社は、TCJAに関連して、2018会計年度の第2四半期におい

     て、138億ドルの暫定的な費用(純額)を計上し、2018会計年度において、137億ドルの暫定的な費用(純額)を計
     上した。当社は、米国証券取引委員会(SEC)スタッフ会計公報(Staff                                    Accounting      Bulletin)第118号に基づき、
     2019会計年度の第2四半期において、GILTIの繰延税金に関連する追加の税金費用157百万ドルを計上し、暫定的な
     費用(純額)を修正した。詳細は、「第6 経理の状況」の注記11「法人所得税」を参照されたい。
     不確実な課税上のポジション

                                 23/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     当社は、2011事業年度の第3四半期に2004~2006課税年度に係る米国歳入庁(以下「IRS」という。)の税務調査の

     一部を、2016事業年度の第1四半期に2007~2009課税年度に係るIRSの税務調査の一部を、2018事業年度の第2四
     半 期に2010~2013課税年度に係るIRSの税務調査の一部をそれぞれ解決したものの、引き続き当該課税年度に係る
     税務調査を受けている。当社は、2014~2017課税年度について、引き続きIRSによる調査を受けている。2012年2
     月、IRSは、2011年発行の2004~2006課税年度に係る歳入庁報告書を撤回し、監査調査を再開した。
     2018年12月31日現在、税務調査及びその他の監査における主要な未解決の争点は移転価格に関連するものである。

     当社は、未解決の争点に関する法人税の偶発債務の計上は十分であると考えているが、不利な決着となった場合に
     は当社の連結財務諸表に影響を及ぼす可能性がある。当社は、未解決の争点に関する評価の提案をまだ受けておら
     ず、これらの争点が今後12か月以内に最終的に解決されることはないと考えている。当社は、現在入手可能な情報
     に基づき、今後12か月以内に税金の偶発債務に対する重大な増加又は減少が生じることは予測していない。
     当社は、アメリカ国外において、様々な国の法人所得税を課せられている。ある国において、1996課税年度から

     2018年課税年度につき、当社の事業が調査の対象となっており、そのうちの一部は現在現地の課税庁による監査を
     受けているところである。これらの監査の各結論は、当社の連結財務諸表に重大な影響を及ぼすことはない見込み
     である。
     ⑥米国のNon-GAAPの財務指標

     Non-GAAPの純利益及び希薄化後1株当たり利益は、米国GAAPではない財務指標であり、これにはTCJAに関する純額

     の費用は含まれていない。当社は、これらの米国GAAPではない指標が、当社の業績に関するさらなる洞察を提供す
     ることによって投資家の役に立ち、かつ、当社の事業に影響するトレンドを明らかにすることに役立つものと考え
     ている。財務報告の比較を可能にするため、経営陣は、業績を評価するにあたり、米国GAAPではない指標を米国
     GAAPに基づく業績と組み合わせて考慮した。これらの米国GAAPでない財務指標は、米国GAAPに準拠して行われた業
     績の指標に代わるものではなく、又は、これに優先するものではない。
     次の表は、当社の米国GAAPに基づく業績を米国GAAPでない業績と照合するものである。

                                        12月31日に終了した6ヶ月間

     (単位:百万、変化率を除く)                                  2018年           2017年      変化率
                                       $17,244            $274       *
     純利益
                                     ¥1,931,328            ¥30,688
                                         $157         $13,800         *
     TCJAに係る費用(純額)
                                       ¥17,584         ¥1,545,600
                                       $17,401           $14,074
     Non-GAAPの純利益                                                     24%
                                     ¥1,948,912           ¥1,576,288
                                                           *
                                        $2.22           $0.04
     希薄化後1株当たり純利益
                                         ¥249            ¥4
                                        $0.02           $1.76        *
     TCJAに係る費用(純額)
                                          ¥2          ¥197
                                        $2.24           $1.80
     Non-GAAPの希薄化後1株当たり純利益                                                     24%
                                         ¥251           ¥202
     ⑦財政状態

     現金、現金同等物及び投資

     現金、現金同等物及び短期投資の総計は、2018年6月30日現在が1,338億ドルであったのに対し、2018年12月31日現

     在は1,277億ドルであった。株式投資は、2018年6月30日現在が19億ドルであったのに対し、2018年12月31日現在は
     23億ドルであった。当社の短期投資は、主に、流動性の促進と資本の温存を目的としている。それは主に、産業界
     ごと及び発行者ごとに分散した、流動性の高い投資適格の固定利付有価証券で構成されている。投資は主に米国ド
     ル建て証券であるが、リスクを分散するため外貨建て証券も含まれている。当社の固定利付投資は、金利リスクと
     信用リスクにさらされる。信用リスクと当社の固定利付ポートフォリオの平均残存期間は、一定の銘柄で構成され
     る債券指数に連動する経済的利益を達成するために管理されている。当該投資に係る決済リスクは、保有する短期
     投資が主に流動性の高い投資適格の固定利付有価証券であることを考慮すると重要ではない。
     評価

                                 24/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     通常、及び該当する場合、当社は同一の資産又は負債について活発な市場の相場価格を使用して当社の金融商品の

     公正価値を決定している。この価格決定方法は、米国国債、普通株式及び優先株式並びに投資信託といった、当社
     のレベル1の投資に適用される。同一の資産又は負債について公正価値を決定するための活発な市場の相場価格が
     入 手不可能である場合には、当社は類似した資産若しくは負債の相場価格、又は相場価格以外のインプットで直接
     的若しくは間接的に観察可能なものを使用する。この価格決定方法は、コマーシャル・ペーパー、譲渡性預金、政
     府機関証券、外国国債、モーゲージ担保証券及び資産担保証券、コーポレート・ノート及び社債並びに地方債と
     いった、当社のレベル2の投資に適用される。レベル3の投資は、観察不能なインプットを用いた内部開発モデルを
     使用して評価される。観察不能なインプットを用いて継続的に公正価格を測定される資産及び負債は、当社のポー
     トフォリオのわずかな部分を占めるのみである。
     当社の投資の大部分は、プライシング・ベンダーによってプライシングされている。これらのベンダーは、プライ

     シングにおいて、大幅な修正を適用せずに活発な市場の相場価格を提供するか或いは観察可能なインプットを使用
     するため、当該投資は通常レベル1かレベル2となる。ブローカー・プライシングは、主に、相場価格が入手不可能
     な場合、投資がプライシング・ベンダーによってプライシングされない場合、或いはブローカー価格が投資取引が
     行われる市場の公正価値をより反映している場合に使用される。ブローカーによってプライシングされる当社の投
     資は、通常レベル2の投資に分類される。なぜなら、ブローカーは大幅な修正を適用せずに、類似した資産に基づ
     いてこれらの投資をプライシングするからである。さらに、ブローカーによってプライシングされる当社の投資す
     べてにおいて、使用される公正価値がこれらの投資にとって適切であることを証明するのに充分なレベルの取引高
     がある。当社の公正価値プロセスには、適切な公正価値の計上を保証することを意図した統制が含まれる。当該統
     制には、モデルの検証、主要なモデル                    インプットの再検討、前期比変動の分析、適宜行われる価格の独立再計算
     が含まれる。
     キャッシュ・フロー

     2018年12月31日に終了した6か月間における営業活動によるキャッシュは、顧客からのキャッシュの受領の増加が

     主たる要因となって増加し、この増加はサプライヤー及び従業員に対して支払われたキャッシュの増加、法人所得
     税として支払われたキャッシュの増加によって部分的に相殺されて、22億ドル増加して226億ドルとなった。2018
     年12月31日に終了した6ヶ月間における財務活動によるキャッシュは、借入債務の発行から返済額控除後の手取り
     金が56億ドル減少し、普通株式の買戻しに使用されたキャッシュが57億ドル増加したことを主たる要因として、
     127億ドル増加して206億ドルとなった。2018年12月31日に終了した6ヶ月間における投資活動によるキャッシュ
     は、購入、売却及び満期によってキャッシュ・フローが42億ドル減少し、この減少が有形固定資産の取得による支
     出が26億ドル増加し、企業買収に使用した現金(純額)、取得した現金及び無形固定資産その他の資産の取得によ
     る支出が16億ドル増加したことによって部分的に相殺され、82百万ドル減少し、72億ドルとなった。
     借入債務

     当社は、前期において、当社の優れた信用格付けと低金利環境を反映した借入債務市場の好ましいプライシングと

     流動性を利用するために、借入債務を発行した。当該発行による手取り金は、全社的な目的(特に、運転資本の増
     額、資本支出、株式の買戻し、買収及び既存債務の返済を含むことがある。)に使用される予定であるか、又は、
     すでに使用された。詳細は、「第6 経理の状況」の財務諸表の注記10「借入債務」を参照されたい。
     前受収益

     2018年12月31日現在の前受収益は、主に、ボリューム                            ライセンス      プログラムに係る前受収益によって構成されて

     おり、ソフトウェア           アシュアランス(Software              Assurance、以下「SA」という。)を含んでいる。前受収益は、
     通常は、複数年契約の対象期間の各年の始めに前払いで請求され、対象期間にわたって按分して認識されている。
     前受収益には、当社が前払いを受けており、当社が製品又はサービスのコントロールを移転した時に収益を稼得す
     るその他の製品に係る受取額も含まれている。
     下の表は、2018年12月31日現在の前受収益について予想される今後の認識の概要を示している。

     (単位:百万)

     以下の各3ヶ月
     2019年3月31日                                                  $11,483 
                                                      ¥1,286,096 
     2019年6月30日                                                   $7,381 
                                                       ¥826,672 
     2019年9月30日                                                   $3,434 
                                                       ¥384,608 
     2019年12月31日                                                   $1,987 
                                                       ¥222,544 
                                 25/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     それ以降                                                   $3,799 
                                                       ¥425,488 
     合計                                                  $28,084 
                                                      ¥3,145,408 
     顧客が、取引ベースの商品及びサービスのライセンスではなく、クラウドベース                                          バージョンの商品及びサービス

     のライセンスを選択した場合、関係する売上は、取引の時点で認識されるのではなく、場合に応じて、サブスクリ
     プション期間にわたって又は消費の時点において認識されるようになる。
     株式の買戻し

     当社は、株式買戻しプログラムに基づき、2018年12月31日に終了した6か月間において、普通株式81百万株を87億

     ドルで買い戻し、2017年12月31日に終了した6か月間において、普通株式44百万株を34億ドルで買い戻した。買戻
     しはすべて現金資金により行われた。詳細は、「第6 経理の状況」の財務諸表の注記15「株主資本」を参照され
     たい。
     配当

     詳細は、「第6 経理の状況」の財務諸表の注記15「株主資本」を参照されたい。

     オフバランスシート取決め

     当社は一定の顧客に対して、当社製品の使用及びその他一定の事柄から生じる第三者による知的財産権侵害の申立

     てにつき、様々な範囲及び規模の補償を提供している。さらに、当社は、当社のクラウド事業において、一定のセ
     キュリティ及びプライバシーに関する規定への違反によって生じた損害を賠償することに合意している。当該義務
     に係る見積損失を評価するにあたり、当社は不利な結果が生じる可能性の程度や、損失金額を合理的に見積る能力
     等の要因を考慮している。これらの義務は、上記の表示期間において当社の連結財務書類に重大な影響を及ぼさな
     かった。
     その他の資本利用計画

     当社は、販売、マーケティング、製品サポートインフラ並びに既存及び先進分野のテクノロジーに対する投資を継

     続し、かつ、当社の業務戦略に従って企業買収も継続する予定である。有形固定資産の取得は引続き行われる予定
     であり、その中には研究開発、販売マーケティング、製品サポート及び管理部門のスタッフのための新しい施設、
     データ    センター及びコンピューター               システムが含まれる。当社は、今後の数年において、当社のクラウド製品の
     発展に対するサポートへの資本投入を増やす予定である。当社は、データセンター、オフィス、研究開発施設、小
     売店舗及び一部の設備に関して、オペレーティング                           リース及びファイナンス             リースを有している。当社は、資本
     資源の流動性若しくは利用可能性に重大な影響を与える合理的な可能性のある関連当事者間取引又は非連結法人若
     しくはその他の個人との契約に従事していない。
     流動性

     TCJAによって、当社は、以前には米国の法人所得税の対象ではなかった外国における繰延べ所得について179億ド

     ルの1回限りの移行課税の支払いが必要となった。当社は、2018年12月31日に終了した6か月間における15億ドル
     の支払いを含め、これまでに約18億ドルの移行課税を支払った。TCJAに基づき、残り161億ドルの移行課税の納税
     が開始され、翌期以降の4年間にそれぞれ8%、2024会計年度に15%、2025会計年度に20%、2026会計年度に25%がそ
     れぞれ履行期となり、この7年間は延滞税は課されない。
     当社は、既存の現金、現金同等物、短期投資、営業活動によるキャッシュ・フロー及び資本市場へのアクセスが、

     少なくとも今後12ヶ月間、その後も当面の間は、当社の事業活動、並びに、配当、株式の買戻し、借入債務の満期
     到来、重大な資本支出、及びTCJAに関する移行課税など当社の投資・財務活動に係るキャッシュ                                                  コミットメント
     への資金供給に十分なものであり続けると予測している。
     ⑧最近の会計指針

     詳細については、財務諸表の注記1「会計方針」を参照のこと。

     ⑨特に重要な会計方針の適用

     当社の連結財務諸表及びその注記は、GAAPに基づいて作成されている。連結財務諸表を作成する上では経営者によ

     る見積りや仮定が必要とされ、資産、負債、収益、及び費用の報告金額はそれにより影響を受ける。それらの見積
     りや仮定は、経営者の会計方針の適用により影響を受ける。当社にとって特に重要な会計方針には、収益の認識、
     投資証券の減損、のれん、研究開発費、偶発事象、法人所得税、及び棚卸資産が含まれる。
                                 26/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     収益の認識

     当社の顧客との契約には、多くの場合、複数の製品及びサービスを顧客に移転する約束が含まれている。製品及び

     サービスを、別々に会計処理する別個の履行義務として扱うか、又は一括して会計処理するかを決定するには、重
     要な判断が要求される場合がある。クラウドベースのサービスがオンプレミスのソフトウェア                                                 ライセンスとクラ
     ウドサービスの両方を含む場合には、当該ソフトウェア                             ライセンスを別個のものと判断して別々に会計処理する
     か、又は別個のものではなくクラウドサービスと併せて会計処理し、時間の経過とともに認識するかを決定するに
     は判断が要求される。主にOffice                  365等の一定のクラウドサービスは、デスクトップ                          アプリケーションとクラウ
     ドサービスの重要な水準での統合、相互依存及び相互関連性に依存しているため、単一の履行義務として一括して
     会計処理されている。Office               365の売上は、クラウドサービスが提供される期間にわたって按分して認識される。
     別個の履行義務ごとの独立販売価格(以下「SSP」という。)を決定するには判断が要求される。当社は、SAと併

     せて販売されるオンプレミス               ライセンス又は追加費用なしで提供されるソフトウェアのアップデートを含む、
     別々に販売されない製品のSSPを見積もるに当たっては、単一の金額を使用している。各製品及びサービスを別々
     に販売している場合に、様々な製品及びサービスの相対的SSPに基づいて配分すべき割引があるかどうかを決定す
     る必要がある場合には、当社はSSPを見積もるために一定範囲内の金額を使用している。
     製品又はサービスを別々に販売しない場合等、SSPが直接的に観察可能でない場合には、当社は市況及びその他の

     観察可能なインプットを含む情報を利用してSSPを決定する。個々の製品及びサービスは顧客別及び状況別に階層
     化されるため、当社は、これらの製品及びサービスに関して通常は複数のSSPを有している。このような場合、当
     社はSSPの決定に際して、顧客の数や地域等の情報を利用することがある。
     当社のSAプログラムから得られる様々な便益及び当該プログラムの性質により、当社の顧客のポートフォリオ全体

     における一定の便益の行使パターンを含む引渡しのパターンの評価には判断が要求される。
     当社の製品は通常、返品権付きで販売されており、当社はその他にも値引又はインセンティブを提供する場合があ

     り、一定の場合には、当社は顧客による当社の製品及びサービスの利用度を見積もっている。これらは認識すべき
     収益の金額を決定する場合に、変動対価として会計処理される。返品及び値引は、契約開始時に見積もられ、追加
     情報が入手可能となった場合には、各報告期間末に更新される。表示期間において、当社の変動対価の見積額の変
     更は重要ではなかった。
     投資証券の減損

     当社は債券投資の一時的でない減損の徴候について、四半期ごとに検討している。この決定には、重要な判断が要

     求される。この判断を行うに当たって、当社は四半期ごとに、投資の潜在的な減損の評価において入手可能な定量
     的及び定性的証拠を考慮する体系的方法を適用している。投資の原価が公正価値を上回る場合には、当社は、市況
     全般、負債証券の発行体の信用度、公正価値が原価を下回る期間及びその程度といった要因について評価する。当
     社はまた、当社に当該投資を売却する計画があるか否か、又は回復前に当該投資の売却が必要となる可能性が50%
     を超えるか否かについての評価も行う。さらに、当社は、投資先の財務健全性及び事業概況(その業界及びセク
     ターの業績、技術的変化、並びに営業活動及び財務活動によるキャッシュ・フロー要因を含む。)に関連した特定
     の不利な状況について考慮する。公正価値の下落が一時的でないと判断された場合には、減損損失が「その他の収
     益(費用)、純額」に計上され、当該投資の新たな取得原価が決定される。市場、産業、及び/又は投資先の状況
     が悪化した場合には、当社は将来において減損を被る可能性がある。
     公正価値を容易に決定できない持分投資は、定性的評価の結果、投資が減損し公正価値が帳簿価額を下回ることが

     示された場合には、公正価値まで評価減される。当社は定性的評価を四半期ごとに実施している。当社は、減損損
     失の金額を決定するために、投資の公正価値を見積ることが要求されている。投資が減損したと決定された時点
     で、減損損失が「その他の収益(費用)、純額」に計上される。
     のれん

     当社は、企業結合から便益を受けると予想される報告単位に基づいて、のれんを報告単位に割り当てている。当社

     は年次ベースで報告単位を評価し、必要な場合には、相対的公正価値配分法を使用してのれんを再配分する。のれ
     んの減損テストは、報告単位レベル(オペレーティング・セグメントあるいはその1つ下位のレベル)で年に一度
     (当社の場合は5月1日に)実施されるが、報告単位の公正価値をその帳簿価額を下回るまで下落させる可能性が
     50%を超える事象又は状況の変化が発生した場合には年次テスト時以外にも実施される。それらの事象や状況に
     は、事業の状況、法的要素、業績指標、競争における重要な変化や、報告単位の重要な一部の売却又は処分が含ま
     れ得る。
     のれんの減損テストの適用には判断を要し、その判断には報告単位の特定、報告単位への資産及び負債の割当、報

     告単位へののれんの割当、及び各報告単位の公正価値の決定が含まれる。各報告単位の公正価値は、主に割引
     キャッシュ・フロー法を使用して見積もられる。この分析には、内部的な予測に左右される将来キャッシュ・フ
                                 27/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     ローの見積り、当社の事業の長期的な成長率の見積り、キャッシュ・フローが生じる耐用年数の見積り、及び当社
     の加重平均資本コストの決定を含む重要な判断が必要とされる。
     報告単位の公正価値の計算に使用される見積りは、経営成績、市況及びその他の要素に基づいて毎年変更される。

     それらの見積り及び仮定の変更は、各報告単位の公正価値の決定及びのれんの減損に重要な影響を与える可能性が
     ある。
     研究開発費

     コンピューターソフトウェア製品の研究開発を行うときに内部で生じるコストは、その製品の技術的実現可能性が

     確立されるまで費用計上される。一旦技術的実現可能性が確立されると、全てのソフトウェアのコストは製品が顧
     客に一般販売されるまでの間は資産計上される。製品の技術的実現可能性の確立時期の決定には、判断が要求され
     る。当社では、ソフトウェア製品の技術的実現可能性は、リスクの高い開発上の問題のすべてがコーディング及び
     テストを通じて解決された時点で確立されると判断している。これは通常、製品が生産工程向けにリリースされる
     直前である。これらのコストの償却額は、製品の見込有効期間にわたって売上原価に計上される。
     法的及びその他の偶発事象

     当社に対して提起されている法的手続及び請求の結果は、極めて不確実である。資産が減損しているか、あるいは

     負債が生じている可能性が高く、かつ、その損失金額を合理的に見積ることができる場合には、その損失をもたら
     しうる偶発事象(法的手続や請求など)から生じる見積損失を、損益を通じて引当計上している。損失を引当計上
     するかどうかを決定する際に、当社はとりわけ不利な結果が生じる可能性の度合いと、損失金額を合理的に見積る
     能力を評価している。それらの要因の変化は、当社の連結財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性がある。
     法人所得税

     法人所得税の会計処理の目的は、当年度に支払うべき又は還付を受けられる税額、並びに企業の財務諸表上又は税

     務申告書上に認識されている事象に係る将来の税効果による繰延税金負債・資産を認識することである。当社は、
     不確実な税務ポジションからの税金ベネフィットを、当該ポジションの技術的利点に基づき、当該税務ポジション
     が税務当局の調査において支持される可能性が50%を超える場合にのみ認識する。財務諸表に認識されるこうした
     ポジションからの税金ベネフィットは、最終的な解決時に実現される可能性が50%超であるベネフィットの最大額
     に基づいて測定される。会計基準等ではまた、法人所得税資産及び負債の認識の中止、繰延法人所得税資産・負債
     の分類、税務ポジションに関連する利息及びペナルティ(加算税)の会計処理、並びに法人所得税の開示について
     の指針も規定している。当社の連結財務諸表上又は税務申告書上に認識されている事象に係る将来の税効果の評価
     には判断が要求される。これらの将来の税効果に関して実際の結果が相違する場合には、当社の連結財務諸表に重
     要な影響を及ぼす可能性がある。
     TCJAは既存の米国の税法を著しく変更し、当社の事業に影響を及ぼす多数の規定を含んでいる。詳細については、

     財務諸表の注記11「法人所得税」を参照のこと。
     棚卸資産

     棚卸資産は平均原価で計上され、原価と正味実現可能価額の低価法が適用される。原価には、棚卸資産の購入・制

     作に係る材料費、労務費及び経費が含まれる。正味実現可能価額は、見積販売価格から完成、処分及び輸送に係る
     見積費用を控除したものである。当社は、手元棚卸資産の数量、当社のサプライヤーとの将来の購入契約、及び当
     社棚卸資産の有用性の見積りを定期的に検討している。こうした検討には、需要予測、製品のライフサイクルの状
     況、製品の開発計画、現在の販売水準、価格決定戦略及び部品コストの動向に関する分析が含まれる。検討の結
     果、帳簿価額を下回る有用性の下落が示された場合には、当該棚卸資産は売上原価への借方計上を通じて新たな取
     得原価まで減額される。
     ⑩市場リスクに関する定量的及び定性的開示情報

     リスク

     当社は、為替レート、金利、信用リスク及び株価から発生する経済的リスクにさらされる。当社は、これらのリス

     クを管理するためにデリバティブを用いるものの、当社の連結財務諸表に影響を与える可能性がある。
     為替

     一定の予定取引、資産及び負債は、為替リスクにさらされる。当社は、為替ポジションの経済的有効性を最大化す

     るために、為替エクスポージャーを日々監視している。主なヘッジ対象通貨にはユーロ、日本円、英ポンド、カナ
     ダ・ドル及びオーストラリア・ドルがある。
     金利

                                 28/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     当社の固定利付ポートフォリオで保持している証券は、その満期によって異なる利率が適用されるリスクがある。

     当社は、固定利付ポートフォリオの平均残存期間を、一定の銘柄で構成されるグローバルの債券指数に連動する経
     済 的利益を達成するために管理している。
     債権

     当社の固定利付ポートフォリオは、多様化されており、主に投資適格証券で構成されている。当社は、ポートフォ

     リオの多様化を進めるため、信用リスクと広範囲にわたる指数が連動するように管理している。
     株式

     当社の株式ポートフォリオは、市場価格変動リスクの影響にさらされる。

     感度分析

     以下の表は、関連する市場利率又は価格が変化するという仮説に基づき、関連するデリバティブを含む将来におけ

     る収益又は公正価値の潜在的な損失を記載している。
     (単位:百万)

     リスク    カテゴリー
                    仮説による変更点                       2018年12月31日             影響
                                                $(2,228)
     外貨収入               外国為替相場の10%の減少                                 収益
                                               ¥(249,536)
                                                 $(120)
     外貨投資               外国為替相場の10%の減少                                 公正価値
                                               ¥(13,440)
                                                $(2,811)
     利率               米国財務省の金利が1%増加                                 公正価値
                                               ¥(314,832)
                                                 $(222)
     信用               信用スプレッドが1%増加                                 公正価値
                                               ¥(24,864)
                                                 $(152)
     株式               株式市場価格の10%の減少                                 収益
                                               ¥(17,024)
     4【経営上の重要な契約等】

     2019会計年度の上半期において、当社の業務における通常の契約以外で当社が締結した重要な契約はなかった。

     5【研究開発活動】

     「3.   経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析、(2)                                        経営者による財政状態、経営

     成績及びキャッシュ・フローの状況の分析、③営業費用、研究開発費」を参照のこと。
                                 29/71








                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     第4【設備の状況】

     1【主要な設備の状況】

     2018会計年度上半期中、当社の設備について、生産能力に大きく影響する重要な変更はなかった。

     2【設備の新設、除却等の計画】

     2018会計年度上半期中、当社の設備計画について重要な変更はなかった。

                                 30/71

















                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     第5【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】

     (1)【株式の総数等】

     ①【株式の総数】(2018年12月31日現在)

         株式の種類           授権株数(株)            発行済株式総数(株)                未発行株式数(株)

        普通株式(額面
                    24,000,000,000              7,682,938,365                16,317,061,635 
       0.00000625ドル)
        優先株式(額面
                       100,000,000                          0                  100,000,000
         0.01ドル)
     ②【発行済株式】(2018年12月31日現在)

                                              上場金融商品取引所名

        記名・無記名の別及び
                       株式の種類          発行数(株)            又は登録認可金融商品
         額面・無額面の別
                                                取引業協会名
                                              ナスダック株式市場
        額面0.00000625ドルの
                        普通株式         7,682,938,365
                                             (NASDAQ    Stock   Market)
           記名株式
     (2)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

     該当なし。

     (3)【発行済株式総数及び資本金の状況】

                               発行済株式総数                  資本金

     (単位:百万)
     2018年6月30日現在の残高                                7,677        $71,223          ¥7,976,976 
     普通株式の発行                                  87       $6,247           ¥699,664 
     普通株式の買戻し                                 (81)      $(2,215)          ¥(248,080)
     株式報酬                                  -       $2,290           ¥256,480 
     その他、純額                                  -        $11          ¥1,232 
      2018年12月31日現在の残高                                7,683        $77,556          ¥8,686,272 
     (ⅰ)新株

     当社の従業員ストック・パーチェス・プラン、並びに当社の取締役、役員及び従業員のためのストック・プランに

     基づいて、2019会計年度上半期に新株が発行された。
     2018年10月25日、当社は、ギットハブ・インク(GitHub,                              Inc.)の買収に関連して、当社の普通株式52,695,909株

     を発行し、1対0.38507の割合によりギットハブ・インクの株主に割り当てた。公募を行わない発行に関する米国証
     券法(Securities          Act)4(a)(2)の規定に基づく登録の免除を根拠として、当該株式の申込み及び割当てについ
     て、米国証券法に基づく登録はなされなかった。
     (ⅱ)株式の買戻し

                                     (c)公表された             (d)プラン又は

                                   プラン又はプログラム             プログラムに基づいた
                          (b)1株当たりの          の一環として購入           未購入の株式の概算価額
        期  間        (a)株式買戻総数          払込平均金額          された株式総数             (単位:百万)
                                 31/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     2018年7月1日から                         $104.13                         $27,241
                    9,206,852                     9,206,852
     2018年7月31日まで                         ¥11,663                        ¥3,050,992
     2018年8月1日から                         $108.56                         $26,325
                    8,439,823                     8,439,823
     2018年8月31日まで                         ¥12,159                        ¥2,948,400
     2018年9月1日から                         $111.98                         $25,600
                    6,474,432                     6,474,432
     2018年9月30日まで                         ¥12,542                        ¥2,867,200
     2018年10月1日から                         $107.58                         $24,113
                   13,825,939                     13,825,939
     2018年10月31日まで                         ¥12,049                        ¥2,700,656
     2018年11月1日から                         $106.45                         $20,762
                   31,471,816                     31,471,816
     2018年11月30日まで                         ¥11,922                        ¥2,325,344
     2018年12月1日から                         $104.79                         $19,500
                   12,047,602                     12,047,602
     2018年12月31日まで                         ¥11,736                        ¥2,184,000
                   81,466,464                     81,466,464
     当社は、2018年12月31日に終了した6か月間において、2016年9月20日に取締役会で承認された株式買戻しプラン

     に基づいて、当社の普通株式81百万株を87億ドルで買い戻した。すべての買戻しは、現金資金を使用して行われ
     た。
     (ⅲ)ストックオプション

     2018年12月31日現在の新株予約権の残高は4,881,603個で、その行使価格は0.01米ドルから107.30米ドルであっ

     た。
     (4)【大株主の状況】(2018年12月31日現在)

                                                   発行済株式総数に

                                                     対する
                                           所有株式数
              氏名又は名称                     住所
                                            (株)
                                                   所有株式数の割合
                                                      (%)
                                アメリカ合衆国
       ザ・ヴァンガード・グループ・インク(The
                                                (1)
                                                      7.80%
                               ペンシルバニア州マル
                                          603,102,597
            Vanguard     Group,    Inc.)
                                  ヴァーン
                                アメリカ合衆国
            ブラックロック・インク
                                                (2)
                                                      6.60%
                               ニューヨーク州ニュー
                                          507,006,157
            (BlackRock,       Inc.)
                                  ヨーク
     (1)  ザ・ヴァンガード・グループ・インクに関する一切の情報は、2019年2月11日に米国証券取引委員会(the

     United    States    Securities      and  Exchange     Commission)に提出されたSchedule                   13G/Aに基づくものである。ザ・
     ヴァンガード・グループ・インクは、普通株式9,324,629株に係る単独の議決権、普通株式592,329,218株に係る単
     独の財産処分権(dispositive                power)、普通株式1,621,471株の共有議決権及び普通株式10,773,379株の共有の財
     産処分権を有すると報告した。
     (2)  ブラックロック・インクに関する一切の情報は、2019年2月6日に米国証券取引委員会に提出されたSchedule

     13G/Aに基づくものである。ブラックロック・インクは、普通株式441,105,259株に係る単独の議決権及び普通株式
     507,006,157株に係る単独の財産処分権を有しており、共有議決権及び共有の財産処分権は有していないと報告し
     た。
     2【株価の推移】

     【当該中間会計期間における月別最高・最低株価】

     次の表は、当該中間会計期間にナスダック株式市場で取引された当社普通株式の株価の最高値及び最安値を表して

     いる。
      月 別      2018年7月        2018年8月        2018年9月        2018年10月        2018年11月        2018年12月

            $111.15        $112.78        $115.29        $116.18        $112.24        $113.42
      最 高
            ¥12,449        ¥12,631        ¥12,912        ¥13,012        ¥12,571        ¥12,703
                                 32/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
             $98.00        $104.84        $107.23        $100.11         $99.35        $93.96
      最 低
            ¥10,976        ¥11,742        ¥12,010        ¥11,212        ¥11,127        ¥10,524
     3【役員の状況】

     最新の有価証券報告書の提出日である2018年12月28日からこの半期報告書の提出日までの間に、当社の取締役及び

     役員に変更はなかった。
                                 33/71


















                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     第6【経理の状況】

     (a) 添付のマイクロソフトコーポレーションと子会社(以下、「当社」という。)の中間財務書類(連結財

     務諸表)は、米国において一般に公正妥当と認められる会計原則に基づいて作成されている。当社が採用す
     る会計処理の原則及び手続並びに表示方法と、日本において一般に公正妥当と認められる基準との主な相違
     点は、第6、3.「日米両国間における会計処理基準等の相違」において説明されている。
     添付の日本語版の中間財務書類は、米国1934年証券取引法に基づいて2019年1月30日に証券取引委員会に提

     出された2019年6月30日終了事業年度(以下、「2019事業年度」という。)の第2四半期会計期間のForm
     10-Qに含まれている英語版の財務書類(無監査)の翻訳に、(b)の円換算額を併記したものであり、当該財務
     書類の公表日以降に生じた事象を反映するための更新は行われていない。当中間財務書類は、「中間財務諸
     表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号。以下、「中間財務諸表等規則」
     という。)第76条第1項の適用を受けている。
     本書に含まれている情報については、マイクロソフトコーポレーションの2018年6月30日終了事業年度(以

     下、「2018事業年度」という。)のForm                      10-K及び2019事業年度の第1四半期会計期間のForm                            10-Qを併せて
     参照されたい。
     米国において一般に公正妥当と認められる会計原則に基づく財務書類を作成するに当たり、経営者は資産、

     負債、収益、費用の金額に影響を与える見積りや仮定を行わなければならない。実際の結果は、これらの見
     積りとは異なる場合があり、また中間期における経営成績は必ずしも年間の経営成績を示唆しているもので
     はない。
     (b) 英語版の財務書類には、2019事業年度及び2018事業年度の各第2四半期会計期間の損益計算書、包括利

     益計算書、キャッシュ・フロー計算書及び資本勘定計算書が含まれている。日本における半期報告書の様式
     に準拠するため、日本語版の中間財務書類にはこれらの英語版の財務書類の翻訳は含まれていない。
     (c) 当社の中間財務書類は、米国ドルで表示されている。日本円で表示された金額は、中間財務諸表等規則

     第79条の規定に従い、2019年3月15日の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信直物売相場と買相場の仲値1ドル
     =112円(111円94銭の円未満を四捨五入した数値)で換算されている。なお、日本円は、日本国内における
     利用者の便宜のためのみを目的として付されており、米国ドルが、現在または将来において、当該為替相場
     又は他のいかなる為替相場によっても日本円に換金可能であることを意味するものではない。
     (d) 添付の中間財務書類は、外国監査法人等(「公認会計士法」(昭和23年法律第103号)第1条の3第7項

     に規定されている外国監査法人等をいう。)から、「金融商品取引法」(昭和23年法律第25号)第193条の2第
     1項第1号に規定されている監査証明に相当すると認められる証明を受けていない。
     1【中間財務書類】(マイクロソフトコーポレーション及び子会社の連結財務諸表)

     損益計算書(無監査)

                              2018年12月31日に                 2017年12月31日に

                              終了した6ヶ月間                 終了した6ヶ月間
                              (百万ドル)         (億円)        (百万ドル)         (億円)
     売上高:
                              $ 33,518                 $ 32,224 
      製品                                 37,540                  36,091 
                               28,037        31,401           21,232        23,780 
      サービス及びその他
       売上高合計                          61,555        68,942           53,456        59,871 
     売上原価:
      製品                           9,534        10,678           8,478        9,495 
                               12,794        14,329           10,864        12,168 
      サービス及びその他
       売上原価合計                          22,328        25,007           19,342        21,663 
       売上総利益
                               39,227        43,934           34,114        38,208 
     研究開発費                           8,047        9,013           7,078        7,927 
                                 34/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     販売費                           8,686        9,728           8,374        9,379 
                                2,281        2,555           2,275        2,548 
     一般管理費
     営業利益
                               20,213        22,639           16,387        18,353 
                                 393        440           766        858 
     その他の収益、純額
     税引前利益
                               20,606        23,079           17,153        19,211 
                                3,362        3,765          16,879        18,904 
     法人所得税
                              $ 17,244                   $ 274 
                                      19,313                    307 
     純利益
                               (ドル)        (円)         (ドル)        (円)

     1株当たり利益:
                               $ 2.24                 $ 0.04 
       基本的                                   251                   4 
                               $ 2.22                 $ 0.04 
       希薄化後                                   249                   4 
                               (百万株)                 (百万株)

     加重平均社外流通株式数:
       基本的                           7,683                  7,709 
                                7,767                  7,799 
       希薄化後
     財務諸表に対する注記参照。
     包括利益計算書(無監査)

                                  2018年12月31日に               2017年12月31日に

                                  終了した6ヶ月間               終了した6ヶ月間
                                  (百万ドル)        (億円)      (百万ドル)        (億円)

                                  $ 17,244                $ 274 

                                         19,313                 307 
     純利益
     その他の包括利益(損失)、税引後:

     デリバティブに係る正味変動額

                                    (60)       (67)       (113)       (127)
     投資に係る正味変動額

                                    620        694       (1,166)       (1,306)
     為替換算調整等

                                    (319)       (357)        253        283 
       その他の包括利益(損失)                               241        270       (1,026)       (1,149)

                                  $ 17,485               $ (752)

                                         19,583                (842)
     包括利益(損失)
     財務諸表に対する注記参照。詳細については、注記16「その他の包括利益(損失)累計額」を参照。

     貸借対照表(無監査)

                                   2018年12月31日現在             2018年6月30日現在

                                 35/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
                                  (百万ドル)       (億 円)      (百万ドル)       (億 円)
     資産
     流動資産:
                                   $ 6,638            $ 11,946 
       現金及び現金同等物                                     7,435             13,380 
       短期投資

                                   121,024       135,547        121,822       136,441 
         現金、現金同等物及び短期投資計

                                   127,662       142,981        133,768       149,820 
       受取債権(貸倒引当金354百万ドル及び

       377百万ドル控除後)
                                    19,680       22,042        26,481       29,659 
       棚卸資産                               1,961       2,196        2,662       2,981 
                                    7,571       8,480        6,751       7,561 
       その他
         流動資産計

                                   156,874       175,699        169,662       190,021 
     有形固定資産(減価償却累計額               33,082百万ドル及び

      29,223百万ドル控除後)
                                    32,717       36,643        29,460       32,995 
     オペレーティング・リース使用権資産                               6,806       7,623        6,686       7,488 
     持分投資                               2,274       2,547        1,862       2,085 
     のれん                               41,577       46,566        35,683       39,965 
     無形資産、純額                               8,482       9,500        8,053       9,019 
                                    10,129       11,344        7,442       8,335 
     その他の固定資産
                                  $ 258,859             $ 258,848 

                                         289,922              289,910 
           資産合計
     負債及び株主資本

     流動負債:

                                   $ 7,563             $ 8,617 
       支払債務                                     8,471              9,651 
       1年以内返済予定の長期借入債務                               3,516       3,938        3,998       4,478 

       未払人件費等                               4,624       5,179        6,103       6,835 
       短期未払法人所得税                               2,033       2,277        2,121       2,376 
       短期前受収益                               24,285       27,199        28,905       32,374 
                                    8,297       9,293        8,744       9,793 
       その他
         流動負債計

                                    50,318       56,356        58,488       65,507 
     長期借入債務                               69,653       78,011        72,242       80,911 
     長期未払法人所得税                               29,161       32,660        30,265       33,897 
     長期前受収益                               3,799       4,255        3,815       4,273 
     繰延法人所得税                               2,062       2,309         541       606 
     オペレーティング・リース負債                               5,683       6,365        5,568       6,236 
                                    6,055       6,782        5,211       5,836 
     その他の固定負債
         負債合計                              166,731       186,739        176,130       197,266 

     コミットメント及び偶発債務

     株主資本:

                                 36/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
       普通株式及び株式払込剰余金
         授権株式数:         24,000百万株
         社外流通株式数:7,683百万株及び7,677百万株                               77,556        86,863         71,223        79,770 
       利益剰余金                               16,585       18,575        13,682       15,324 
                                    (2,013)      (2,255)       (2,187)      (2,449)
       その他の包括損失累計額
         株主資本合計                               92,128      103,183        82,718       92,644 

                                  $ 258,859             $ 258,848 

                                         289,922              289,910 
           負債及び株主資本合計
     財務諸表に対する注記参照。

     キャッシュ・フロー計算書(無監査)

                                     2018年12月31日に            2017年12月31日に

                                     終了した6ヶ月間            終了した6ヶ月間
                                    (百万ドル)       (億円)     (百万ドル)       (億円)

     営業活動

                                    $ 17,244             $ 274 
     純利益                                     19,313              307 
     純利益から営業活動によるキャッシュ・フローへの調整:

       減価償却費、償却費及びその他                                5,832       6,532       5,035       5,639 
       株式報酬費用                                2,290       2,565       1,959       2,194 
       投資及びデリバティブに係る利益純認識額                                 (375)      (420)     (1,207)      (1,352)
       繰延法人所得税                                 (420)      (470)     (2,358)      (2,641)
       営業資産・負債の増減:
         受取債権                                6,798       7,614       4,041       4,526 
         棚卸資産                                 698       782       182       204 
         その他の流動資産                                 (850)      (952)       36       40 
         その他の固定資産                                 (452)      (506)      (622)      (697)
         支払債務                                 (835)      (935)       531       595 
         前受収益                                (4,563)      (5,111)      (2,871)      (3,216)
         法人所得税                                (1,155)      (1,294)      16,635       18,631 
         その他の流動負債                                (1,666)      (1,866)      (1,521)      (1,704)
                                       11       12       201       225 
         その他の固定負債
           営業活動によるキャッシュ・フロー                                22,557       25,264       20,315       22,753 

     財務活動

     90日以内期日到来の短期借入債務の発行による収入

                                        0       0       49       55 
      、純額
     借入債務の発行による収入                                  0       0     7,183       8,045 
     借入債務の返済                                (3,000)      (3,360)      (4,496)      (5,036)
     普通株式の発行                                 560       627       496       556 
     普通株式の買戻し                               (10,157)      (11,376)       (4,578)      (5,127)
     普通株式に係る現金配当支払額                                (6,764)      (7,576)      (6,241)      (6,990)
                                 37/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
                                     (1,239)      (1,388)       (306)      (343)
     その他、純額
           財務活動によるキャッシュ・フロー                               (20,600)      (23,072)       (7,893)      (8,840)

     投資活動

     有形固定資産の取得                                (7,309)      (8,186)      (4,718)      (5,284)

     企業の取得(取得現金控除後)並びに
      無形資産及びその他の資産の購入                                (1,838)      (2,059)       (206)      (231)
     投資の購入                               (36,409)      (40,778)      (78,115)      (87,489)
     投資の期日償還                                8,996      10,076       11,578       12,967 
     投資の売却                                29,407       32,936       64,297       72,013 
                                        0       0      (71)      (80)
     有価証券貸付に係る債務
           投資活動によるキャッシュ・フロー                                (7,153)      (8,011)      (7,235)      (8,103)

     現金及び現金同等物に対する為替レート変動による影響                                 (112)      (125)        9      10 

     現金及び現金同等物の純増(減)

                                     (5,308)      (5,945)       5,196       5,820 
                                     11,946       13,380        7,663       8,583 
     現金及び現金同等物の期首残高
                                    $ 6,638           $ 12,859 

                                           7,435            14,402 
     現金及び現金同等物の中間期末残高
     財務諸表に対する注記参照。

     株主資本計算書(無監査)

                                2018年12月31日に               2017年12月31日に

                                終了した6ヶ月間               終了した6ヶ月間
                                  (百万               (百万

                                        (億円)              (億円)
                                  ドル)               ドル)
     普通株式及び株式払込剰余金
                                $ 71,223               $ 69,315 
     期首残高                                   79,770               77,633 
     普通株式の発行                            6,247        6,997          496       556 

     普通株式の買戻し                            (2,215)       (2,481)        (1,577)      (1,766)
     株式報酬費用                            2,290        2,565         1,959       2,194 
                                   11        12         (1)      (1)
     その他、純額
       中間期末残高                            77,556        86,863         70,192       78,615 

     利益剰余金

     期首残高                            13,682        15,324         17,769       19,901 
     純利益                            17,244        19,313          274       307 
     普通株式現金配当                            (7,074)       (7,923)        (6,471)      (7,248)
     普通株式の買戻し                            (7,944)       (8,897)        (3,005)      (3,366)
                                  677        758          0       0 
     会計処理の変更による累積的影響額
       中間期末残高                            16,585        18,575         8,567       9,595 

     その他の包括利益(損失)累計額

                                 38/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     期首残高                            (2,187)       (2,449)         627       702 
     その他の包括利益(損失)                             241        270       (1,026)      (1,149)
     会計処理の変更による累積的影響額                             (67)       (75)         0       0 

       中間期末残高                            (2,013)       (2,255)         (399)      (447)

                                $ 92,128               $ 78,360 

                                       103,183                87,763 
     株主資本合計
                                (ドル)        (円)       (ドル)       (円)

                                 $ 0.92               $ 0.84 
                                         103                94 
     普通株式1株当たり現金配当宣言額
     財務諸表に対する注記参照。

     財務諸表に対する注記(無監査)

     注記1.     会計方針

     会計原則

     当社の無監査の中間連結財務諸表及び添付の注記は、米国において一般に公正妥当と認められる会計原則

     (以下「GAAP」という。)に準拠して作成される。経営者の意見では、無監査の中間連結財務諸表は、表示
     中間期間の業績を適正に表示するために必要とされる、通常の反復的な修正を全て反映している。中間期に
     おける業績は必ずしも通期の業績を示唆するものではない。このForm                                      10-Qに含まれている情報を読むにあ
     たっては、2018年8月3日に米国証券取引委員会(以下「SEC」という。)に提出されたマイクロソフトコー
     ポレーションの2018事業年度Form                   10-Kに含まれている情報を併せて参照されたい。
     当社は、金融商品に関する新しい会計基準の適用に基づく当期間の表示に合わせる目的で、過去の期間の投

     資、デリバティブ及び公正価値測定に係る金額の一部を再表示している。また、当社のコマーシャル                                                       クラウ
     ド事業業績の比較情報を提供するために、過去の期間のコマーシャル                                      クラウドからの売上高にリンクトイン
     のコマーシャル部分を含めて再表示している。リンクトインのコマーシャル部分には、リンクトインの
     Recruiter、Sales          Navigator、プレミアムビジネス                  サブスクリプション、及びその他の組織向けサービスが
     含まれている。これらの過去の期間の金額の再表示による、当社の連結財務諸表への影響はなかった。
     連結の原則

     連結財務諸表にはマイクロソフトコーポレーション及び子会社の勘定が含まれている。連結会社間の取引及

     び残高は消去されている。
     見積り及び仮定

     財務諸表を作成する上では経営者による見積りや仮定が必要とされ、資産、負債、収益及び費用の報告金額

     はそれにより影響を受ける。見積り及び仮定には、例えば、収益認識の場合には、履行義務の性質及び充足
     時期の決定、履行義務の独立販売価格の決定、変動対価、並びに製品の返品及び返金等のその他の義務、偶
     発損失、製品保証、当社報告単位ののれん及び無形資産の公正価値及び/又は潜在的な減損、製品のライフ
     サイクル、当社の有形及び無形資産の耐用年数、貸倒引当金、当社の棚卸資産の時価及び需要、株式報酬の
     失効率、当社の製品について技術的実現可能性が確立される時期、当社の連結財務諸表上又は税務申告上で
     認識している事象に係る将来の税効果の潜在的結果、及び投資の減損の時期及び金額の判定が含まれる。実
     際の業績及び結果は経営者の見積りや仮定と異なる場合がある。
     金融商品

     投資

     当社は、取得日現在の満期が3ヶ月以内である流動性の高い利付投資をすべて現金同等物としている。これ

     らの投資の公正価値は、その帳簿価額に近似している。通常、当初の満期が3ヶ月超で、満期日までの残存
     期間が1年未満の投資は、短期投資として分類される。満期が1年超の投資は、流動性が高いという性質に
     基づき、及び当該市場性のある有価証券が当期の営業活動に利用できる現金の投資を表すという理由で、短
     期として分類される場合がある。
                                 39/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     債券投資は売却可能に分類され、実現損益は個別法を使用して計上される。公正価値の変動(一時的でない

     減損を除く。)はその他の包括利益(以下「OCI」という。)に計上される。公正価値の下落が一時的でない
     と 判断された場合、当該債券投資には減損が生じている。公正価値は、一般に入手可能な市場情報又はその
     他の経営者が決定した見積りに基づいて計算される。当社は、投資の減損の可能性について評価する際に
     は、入手可能な定量的及び定性的証拠を考慮する体系的方法を四半期ごとに適用している。投資の原価が公
     正価値を上回る場合には、当社は、市況全般、負債証券の発行体の信用度、及び公正価値が原価を下回る期
     間及びその程度といった要因について評価する。当社はまた、当社に当該投資を売却する計画があるか否
     か、又は回復前に当該投資の売却が必要となる可能性が50%を超えるか否かについての評価も行う。さら
     に、当社は、投資先の財務健全性及び事業概況(その業界及びセクターの業績、技術的変化、並びに営業活
     動及び財務活動によるキャッシュ・フロー要因を含む。)に関連した特定の不利な状況について考慮する。
     公正価値の下落が一時的でないと判断された場合には、減損損失が「その他の収益(費用)、純額」に計上
     され、当該投資の新たな取得原価が決定される。
     公正価値を容易に決定できる持分投資は公正価値で測定される。公正価値を容易に決定できない持分投資

     は、持分法を用いて測定されるか、観察可能な価格変動又は減損損失を加減した原価で測定される(以下
     「代替的な測定方法」という)。当社は、定性的評価を四半期ごとに実施しており、投資の公正価値が帳簿
     価額を下回ることを示す十分な兆候があった場合には、減損を認識する。価額の変動は「その他の収益(費
     用)、純額」に計上される。
     当社は、投資収益を高めるため、一定の債券及び株式の貸付を行っている。これらの取引は担保付借入とし

     て会計処理され、貸し付けた有価証券は引き続き当社の連結貸借対照表に投資として計上される。貸し付け
     た有価証券に対しては、担保として現金及び/又は担保権を受領しており、その金額は貸し付けた原証券及
     び借り手の信用度に応じて決定される。受領した現金は資産として、対応する負債と共に計上される。
     デリバティブ

     デリバティブ商品は、資産又は負債のいずれかとして認識され、公正価値で測定される。デリバティブの公

     正価値の変動額の会計処理方法は、当該デリバティブの使用目的及びその結果指定されるヘッジ関係によっ
     て異なる。
     公正価値ヘッジとして指定されたデリバティブ商品の損益は、それを相殺するヘッジ対象の損益と共に「そ

     の他の収益(費用)、純額」に認識される。公正価値ヘッジとして指定されたオプションに係る時間価値の
     変動は、ヘッジの有効性評価から除外され、「その他の収益(費用)、純額」に認識される。
     キャッシュ・フロー・ヘッジとして指定されたデリバティブ商品の場合、損益の有効部分は、当初はOCIの一

     項目として報告され、その後ヘッジ対象エクスポージャーが売上高に認識される時に売上高に認識される。
     デリバティブに係る損益のうち、有効性評価から除外されたヘッジ部分又はヘッジの非有効部分は、「その
     他の収益(費用)、純額」に認識される。
     ヘッジ指定されていないデリバティブ商品の場合、公正価値の変動から生じる損益は、主に「その他の収益

     (費用)、純額」に認識される。
     公正価値測定

     当社は、一定の資産及び負債を公正価値で会計処理している。以下の階層は、公正価値の測定に使用するイ

     ンプットが市場においてどの程度観察可能であるかに基づく、公正価値の3つのレベルを示している。当社
     は、公正価値測定の全体にとって重要であるインプットのうち最低レベルのものに基づいて、個々の公正価
     値測定をこれらの3つのレベルのうちの1つに分類している。これらのレベルは以下の通りである。
        レベル1-インプットは、活発な市場における同一商品の相場価格(調整なし)に基づく。当社のレ

        ベル1の投資には、米国政府証券、普通株式及び優先株式、並びにミューチュアル・ファンドが含ま
        れている。レベル1のデリバティブ資産及び負債には、取引所で活発に取引されるデリバティブ資産
        及び負債が含まれている。
        レベル2-インプットは、活発な市場における類似商品の相場価格、活発でない市場における同一又

        は類似商品の相場価格、及びブラック・ショールズ・モデルといったモデルに基づく評価技法(当該
        モデルにおける全ての重要なインプットが、資産又は負債のほぼ全ての期間にわたり、市場において
        観察可能であるか又は観察可能な市場データによって裏付けられる場合)に基づく。該当する場合、
                                 40/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
        これらのモデルは、金利カーブ、信用スプレッド、外国為替レート、通貨の先渡及び直物価格をはじ
        めとした市場に基づく観察可能なインプットを使用して、将来キャッシュ・フローの見積りや、将来
        の 金額の現在価値への割引を行う。当社のレベル2の投資には、コマーシャル・ペーパー、譲渡性預
        金、米国政府機関証券、外国国債、モーゲージ及び資産担保証券、コーポレート・ノート及び社債、
        並びに地方債が含まれている。当社のレベル2のデリバティブ資産及び負債には、主に一定の店頭オ
        プション及びスワップ契約が含まれている。
        レベル3-インプットは一般に観察不能であり、通常は市場参加者が資産又は負債の価格決定に使用

        するであろう仮定についての経営者の見積りが反映される。このため公正価値は、オプション価格算
        定モデル及び割引キャッシュ・フロー・モデルを含む、モデルに基づく評価技法を用いて算定され
        る。当社のレベル3の資産及び負債には、コーポレート・ノート及び社債に対する投資、並びに減損
        損失の認識により公正価値で計上されている場合ののれん及び無形資産が含まれている。これらのモ
        デルで使用される観察不能なインプットは、当該資産及び負債の公正価値にとって重要である。
     当社は、公正価値を容易に決定できない持分投資を、非経常的に測定している。これらの投資の公正価値

     は、入手可能な最善の情報を使用した評価技法に基づいて決定されており、当該情報には市場相場価格、市
     場における比較対象及び割引キャッシュ・フロー予測が含まれ得る。
     当社のその他の流動金融資産及び流動金融負債の公正価値は、その帳簿価額に近似している。

     契約残高

     2018年12月31日及び2018年6月30日現在、貸倒引当金控除後の固定受取債権は、それぞれ19億ドル及び18億

     ドルであり、当社の連結貸借対照表のその他の固定資産に含まれている。
     最近の会計指針

     最近適用された会計指針

     法人所得税-資産のグループ内譲渡

     2016年10月、財務会計基準審議会(以下「FASB」という。)は、棚卸資産以外の資産のグループ内譲渡に係

     る法人所得税の税効果の認識を、当該資産が外部の者に売却された時点ではなく、グループ内譲渡が行われ
     た時点で行うことを企業に要求する新しい指針を公表した。当社は、当該指針を2018年7月1日から適用し
     た。当該指針は、適用日現在の利益剰余金に累積的影響額を加減する修正遡及適用アプローチを用いて適用
     された。当社は、累積的影響額(純額)を計上し、その結果、利益剰余金が557百万ドル増加した。これによ
     り、税効果に係る過去の繰延法人所得税が戻し入れられ、棚卸資産以外の資産のグループ内譲渡による新た
     な繰延税金資産が計上された(但し、国外低課税無形資産所得(以下「GILTI」という。)に係る米国の繰延
     税金負債によって、当該資産は一部相殺されている。)。 当該基準の適用により、長期繰延税金資産が28億
     ドル増加し、長期繰延税金負債が21億ドル増加し、その他の流動資産が152百万ドル減少した。減税及び雇用
     法(以下「TCJA」という。)の結果、当社は引き続き、当該基準が会計方針、プロセス及びシステムを含
     む、当社の連結財務諸表に与える影響について評価している。当該基準の適用による、当社の連結キャッ
     シュ・フロー計算書上の営業活動、財務活動又は投資活動によるキャッシュ・フローへの影響はなかった。
     金融商品-認識、測定、表示及び開示

     2016年1月、FASBは、金融商品の認識、測定、表示及び開示の特定の側面に関する新しい基準を公表した。

     当該基準における変更のうち最も重要なものは、一定の例外を除き、持分投資の公正価値の変動をOCIではな
     く純利益を通じて認識することを求める規定である。
     当社は、当該基準を2018年7月1日から適用した。当該基準は、累積的影響額をその他の包括利益累計額

     (以下「AOCI」という。)から適用日現在の利益剰余金に加減する修正遡及適用アプローチを用いて適用さ
     れ、当社は、公正価値を容易に決定できない持分投資を、観察可能な価格変動又は減損損失を加減した原価
     で測定することを選択した。累積的影響額には、公正価値で計上される当社の持分投資に関連してAOCIに含
     まれていた過去の未実現利益(損失)のみならず、原価で計上される一定の持分投資の公正価値を計上する
     ことによる影響額も含まれていた。当該基準の適用による当社の連結貸借対照表への影響は、重要ではな
     かった。当該基準の適用による、当社の連結キャッシュ・フロー計算書上の営業活動、財務活動又は投資活
     動によるキャッシュ・フローへの影響はなかった。
     未適用の最近公表された会計指針

                                 41/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     金融商品―ヘッジ活動に関する会計処理の限定的な改善

     2017年8月、FASBは、ヘッジ活動の会計処理に関連した新しい指針を公表した。当該指針は、ヘッジ会計に

     適格となる戦略の範囲を拡大し、財務諸表に表示されるヘッジ関係の数を変更し、一定の状況下における
     ヘッジ会計の適用を簡素化するものである。当該基準は2019年7月1日から当社に適用され、適用日前の期
     中期間又は年次会計期間から早期適用することが認められている。当該基準は、適用日現在の利益剰余金に
     累積的影響額を加減する修正遡及適用アプローチを用いて適用される予定である。当社は現在、当該基準が
     会計方針、プロセス及びシステムを含む、当社の連結財務諸表に与える影響について評価している。
     金融商品-信用損失

     2016年6月、FASBは、現行のGAAPの発生損失減損モデルから予想信用損失を反映したモデルに置き換えると

     ともに、信用損失の見積りに関する情報を提供するために、より幅広い合理的で裏付け可能な情報の検討を
     要求する新しい基準を公表した。当社は受取債権、貸付金、及びその他の金融商品に関して、将来を見通し
     た予想信用損失モデルを使用することが要求される。売却可能負債証券に関連する信用損失は、償却原価に
     基づく減額ではなく、信用損失引当金を通じて計上されることになる。当該基準は、2020年7月1日から当
     社に適用され、2019年7月1日から早期適用することが認められている。当該基準は、新基準に基づく当社
     の信用損失に関する処理方法と整合させるために、適用日現在の利益剰余金に累積的影響額を加減する修正
     遡及適用アプローチを用いて適用される予定である。当社は現在、当該基準が会計方針、プロセス及びシス
     テムを含む、当社の連結財務諸表に与える影響について評価している。
     注記2.     1株当たり利益

     基本的1株当たり利益(以下「EPS」という。)は、期中の社外流通普通株式の加重平均株数に基づいて算出

     している。希薄化後EPSは、普通株式の加重平均株数に、希薄化効果のある潜在普通株式の期中の未行使残高
     による影響を加味して、自己株式方式により算出している。希薄化効果のある潜在普通株式には、ストック
     オプション及びストック              アワードの未行使残高が含まれる。
     基本的及び希薄化後EPSの内訳は以下の通りである。

                               (単位:百万ドル又は百万株、但し1株当たり利益を除く)

                                 12月31日に                12月31日に
                               終了した3ヶ月間                終了した6ヶ月間
                             2018年        2017年         2018年        2017年
                             $ 8,420        $ (6,302)        $ 17,244         $ 274 
     普通株主に帰属する純利益(損失)(A)
     加重平均社外流通普通株式数(B)
                              7,692          7,710          7,683        7,709 
                                76          0         84        90 
     ストック     アワードによる希薄化効果
                              7,768          7,710          7,767        7,799 
     普通株式及び普通株式相当証券(C)
     1株当たり利益(損失):
                              $ 1.09        $ (0.82)        $ 2.24       $ 0.04 
     基本的(A/B)(ドル)
                              $ 1.08        $ (0.82)        $ 2.22       $ 0.04 
     希薄化後(A/C)(ドル)
     希薄化後EPSの計算から除外された、逆希薄化効果を有するストック                                     アワードは、各表示期間において重要

     ではなかった。
     純損失を認識した期間においては、当社は希薄化後1株当たり損失の計算から、逆希薄化効果をもたらすこ

     ととなる、潜在的に希薄化効果を有する未行使株式報酬の影響を除外した。
     注記3.その他の収益(費用)、純額

     その他の収益(費用)、純額の内訳は、以下の通りであった。

                                                  (単位:百万ドル)

                                 42/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
                                12月31日に                12月31日に
                              終了した3ヶ月間                終了した6ヶ月間
                             2018年       2017年        2018年         2017年
     受取利息及び配当金                        $ 704       $ 530        $ 1,385         $ 1,003 
     支払利息                         (672)       (698)        (1,346)         (1,370)
     投資利益純認識額                          94        768          337         1,341 
     デリバティブ純利益(損失)                          41        (84)          38         (134)
     為替差損純額                         (74)       (60)         (69)         (69)
                               34        34          48          (5)
     その他、純額
                             $ 127       $ 490         $ 393         $ 766 
           合計
     投資利益(損失)純認識額

     債券投資に係る利益(損失)純認識額は、以下の通りであった。

                                                  (単位:百万ドル)

                                    12月31日に              12月31日に
                                   終了した3ヶ月間              終了した6ヶ月間
                                 2018年       2017年       2018年       2017年
     売却可能有価証券の売却による実現利益                             $ 6       $ 5      $ 13       $ 18 
     売却可能有価証券の売却による実現損失                              (5)      (259)       (90)       (339)
                                   (7)       (4)       (7)       (5)
     投資の一時的でない減損
                                  $ (6)     $ (258)      $ (84)      $ (326)
           合計
     持分投資に係る利益(損失)純認識額は、以下の通りであった。

                                                  (単位:百万ドル)

                                  12月31日に                12月31日に
                                終了した3ヶ月間                終了した6ヶ月間
                              2018年        2017年        2018年        2017年
     売却した投資に係る実現純利益                          $ 30       $ 1,046        $ 233       $ 1,692 
     保有する投資に係る未実現純利益                           73          0       191           0 
                                (3)        (20)        (3)        (25)
     投資の減損
                               $ 100       $ 1,026        $ 421       $ 1,667 
           合計
     注記4.投資

     投資の内訳

     投資の内訳は、以下の通りであった。

                                                  (単位:百万ドル)

                                 43/71



                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
                                            現金及
                 公正価
                                             び
                            未実現     未実現                       持分投
                 値レベ      原価               帳簿価額            短期投資
                            利益     損失                       資
                                            現金同
                  ル
                                             等物
     2018年12月31日現在

     その他の包括利益に

     計上された公正価値
     の変動
     コマーシャル・ペー            レベル

                       $1,306       $0     $0     $1,306       $1,207       $99       $0
     パー              2
                 レベル

     譲渡性預金                  1,440       0     0     1,440       1,024       416        0
                   2
                 レベル

     米国政府証券                 103,915       422    (707)     103,630          3   103,627          0
                   1
                 レベル

     米国政府機関証券                   290      0     0      290        0     290        0
                   2
                 レベル

     外国国債                  6,412       1    (11)     6,402       1,029      5,373         0
                   2
     モーゲージ及び資産            レベル

                       3,540       3    (15)     3,528         0    3,528         0
     担保証券              2
     コーポレート・ノー            レベル

                       7,445      14    (79)     7,380         15    7,365         0
     ト及び社債              2
     コーポレート・ノー            レベル

                         15     0     0       15       0     15       0
     ト及び社債              3
                 レベル

                        268     35     (1)      302        0     302        0
     地方債
                   2
                      $124,631       $475    $(813)     $124,293        $3,278     $121,015          $0

       債券投資合計
     純利益に計上された

     公正価値の変動
                 レベル

                                       $ 584      $ 321     $ 20     $ 243
     持分投資
                   1
                                       2,031         0      0     2,031

     持分投資            その他
                                       $2,615        $321      $20     $2,274

       持分投資合計
     現金

                                       $3,039       $3,039        $0       $0
     デリバティブ、純額

                                        (11)       0     (11)       0
     (a)
                                      $129,936        $6,638     $121,024        $2,274

       合計
                                                  (単位:百万ドル)


                                 44/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
                                            現金及び
                 公正価
                            未実現     未実現損                       持分投
                 値レベ      原価               帳簿価額           短期投資
                                            現金同等
                            利益      失                       資
                  ル
                                              物
     2018年6月30日現在

     その他の包括利益に

     計上された公正価値
     の変動
     コマーシャル・ペー            レベル

                       $2,513       $0     $0     $2,513      $2,215       $298      $0
     パー              2
                 レベル

     譲渡性預金                  2,058       0     0     2,058      1,865       193      0
                   2
                 レベル

     米国政府証券                 108,120       62   (1,167)      107,015       2,280     104,735        0
                   1
                 レベル

     米国政府機関証券                  1,742       0     0     1,742      1,398       344      0
                   2
                 レベル

     外国国債                    22     0     0       22      0     22      0
                   1
                 レベル

     外国国債                  5,063       1    (10)     5,054        0    5,054       0
                   2
     モーゲージ及び資産            レベル

                       3,864       ▶    (13)     3,855        0    3,855       0
     担保証券              2
     コーポレート・ノー            レベル

                       6,929      21     (56)     6,894        0    6,894       0
     ト及び社債              2
     コーポレート・ノー            レベル

                         15     0     0       15      0     15      0
     ト及び社債              3
                 レベル

                         271     37     (1)      307       0     307      0
     地方債
                   2
                      $130,597       $125    $(1,247)      $129,475       $7,758     $121,717        $0

       債券投資合計
                 レベル

     持分投資                                   $533      $246       $0    $287
                   1
                 レベル

     持分投資                                    18      0      0     18
                   3
                                        1,558        0      1   1,557

     持分投資            その他
                                       $2,109       $246       $1   $1,862

       持分投資合計
     現金

                                       $3,942      $3,942        $0     $0
     デリバティブ、純額

                                         104       0     104      0
     (a)
                                      $135,630      $11,946     $121,822      $1,862

       合計
     (a)  当社のデリバティブ商品の公正価値の詳細については、注記5「デリバティブ」を参照。

                                 45/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     上表の「その他」として表示されている持分投資には、公正価値を容易に決定できない投資で持分法により

     測定するもの又は観察可能な価格変動若しくは減損損失を加減した原価により測定するもの、及び実務上の
     簡 便法として純資産価額を用いて公正価値で測定され、公正価値の階層に分類されない投資が含まれてい
     る。2018年12月31日及び2018年6月30日現在、公正価値を容易に決定できない持分投資で観察可能な価格変
     動又は減損損失を加減した原価により測定するものは、それぞれ11億ドル及び697百万ドルであった。
     2018年12月31日現在、当社が貸付有価証券契約に基づき受領した担保はなかった。2018年6月30日現在、貸

     付有価証券契約に基づき受領した担保は18億ドルで、主に米国政府及び政府機関証券からなる。
     債券投資未実現損失

     12ヶ月未満及び12ヶ月以上にわたって継続的に未実現損失が生じていた債券投資、並びにその関連する公正

     価値は、以下の通りであった。
                                                  (単位:百万ドル)

                         12ヶ月未満             12ヶ月以上

                                                公正価値      未実現損失
                                                 合計      合計
                      公正価値      未実現損失       公正価値      未実現損失
     2018年12月31日現在

                       $ 16,776       $ (93)    $ 52,757      $ (614)    $ 69,533      $ (707)

     米国政府及び政府機関証券
     外国国債                     51      (4)      87      (7)      138      (11)

     モーゲージ及び資産担保証券                   1,825        (8)      359       (7)     2,184       (15)

     コーポレート・ノート及び社債                   4,372       (53)      770      (26)     5,142       (79)

                          29      (1)      13       0       42      (1)

     地方債
                       $ 23,053            $ 53,986      $ (654)    $ 77,039

                               $(159)                         $(813)
      合計
                                                  (単位:百万ドル)

                         12ヶ月未満             12ヶ月以上

                                                公正価値      未実現損失
                                                 合計      合計
                      公正価値      未実現損失       公正価値      未実現損失
     2018年6月30日現在

                       $ 82,352     $ (1,064)      $ 4,459      $ (103)    $ 86,811     $ (1,167)

     米国政府及び政府機関証券
     外国国債                   3,457        (7)      13      (3)     3,470       (10)

     モーゲージ及び資産担保証券                   2,072        (9)      96      (4)     2,168       (13)

     コーポレート・ノート及び社債                   3,111       (43)      301      (13)     3,412       (56)

                          45      (1)       0      0       45      (1)

     地方債
                       $ 91,037     $ (1,124)      $ 4,869      $ (123)    $ 95,906     $ (1,247)

      合計
     債券の未実現損失は、主に金利の変動に起因している。経営者は、入手可能な証拠の評価に基づいて、未実

     現損失の残額はいずれも一時的でない減損を示すものではないと考えている。
     債券投資の満期

                                                  (単位:百万ドル)

                                     原価            見積公正価値
     2018年12月31日現在
                                 46/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     1年以内満期到来                                   $ 39,245               $ 39,040
     1年超5年以内満期到来                                    58,499                58,306
     5年超10年以内満期到来                                    26,009                26,077
                                          878                870
     10年超満期到来
                                       $ 124,631               $ 124,293
      合計
     注記5.     デリバティブ

     当社は、為替、株価、金利及び信用に関連したリスクの管理、投資収益の向上、及びポートフォリオの分散

     化の促進を目的として、デリバティブ商品を利用している。当社のデリバティブの保有目的には、可能な限
     り有効にこれらのエクスポージャーの経済的影響を軽減、排除し、効率的に管理することが含まれる。当社
     のデリバティブ・プログラムには、ヘッジ会計の処理に適格な戦略と適格でない戦略の両方が含まれてい
     る。
     為替

     一定の予定取引、資産及び負債は、為替リスクにさらされる。当社は為替ヘッジ・ポジションの経済的有効

     性を最大化するために為替エクスポージャーを日々監視している。予定される国外収益の一部をヘッジする
     ためにオプション及び先渡契約が利用されており、これらはキャッシュ・フロー・ヘッジ手段として指定さ
     れている。主なヘッジ対象通貨にはユーロ、日本円、英ポンド、カナダ・ドル及び、豪ドルがある。
     米ドル建以外の一定の有価証券に関連した為替リスクは、公正価値ヘッジ手段として指定された先物為替予

     約を用いてヘッジされている。
     また、ヘッジ手段として指定されていない一定のオプション及び先渡取引も、一定の貸借対照表上の金額に

     係る為替変動を管理するため、及びその他の為替エクスポージャーを管理するために利用されている。
     株式

     当社の持分投資ポートフォリオ内の有価証券は、市場価格変動リスクの影響を受ける。市場価格変動リスク

     は、幅広い銘柄で構成される国内外の株価指数と比較して、ヘッジ手段として指定されていない一定の転換
     可能な優先投資、オプション、先物、及びスワップ契約を使用して管理されている。過去にはまた、価格変
     動リスクをヘッジするために、当社は、株式デリバティブ(プット、コール、スワップ及び先渡を含む。)
     をヘッジ手段として利用し、指定していた。
     その他

     金利

     当社の債券ポートフォリオ内の有価証券は、その満期日に基づいて、様々な金利リスクの影響を受ける。当

     社は、一定の幅広い銘柄で構成される債券指数に連動する経済的利益を達成するために、取引所取引オプ
     ション及び先物契約並びに店頭スワップ及びオプション契約(いずれもヘッジ手段として指定されていな
     い。)を使用して、債券ポートフォリオの平均残存期間を管理している。
     更に当社は、政府機関モーゲージ担保証券へのエクスポージャーを獲得する目的で、モーゲージ担保資産の

     TBA(To    Be  Announced)先渡購入コミットメントを使用している。これらは、当該資産の現物引渡しが最も早
     い引渡可能日に行われない場合には、デリバティブ商品の定義を満たす。
     信用

     当社の債券ポートフォリオは分散化されており、主に投資適格証券からなっている。当社は、ヘッジ手段と

     して指定されていないクレジット・デフォルト・スワップ契約を使用して、幅広い銘柄で構成される指数と
     の比較により信用エクスポージャーを管理するとともに、ポートフォリオの分散化を促進している。当社
     は、個々の信用リスク又は信用リスクのグループへのエクスポージャーを低コストで管理する方法としてク
     レジット・デフォルト・スワップを使用している。
     信用リスク関連の偶発的特性

     デリバティブ商品に関する当社の一部のカウンターパーティー契約には、当社の長期無担保借入債務の発行

     済未償還残高が投資適格の信用格付けを維持すること、及び当社が10億ドルの最低流動性を維持することを
                                 47/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     要求する規定が含まれている。当社がこれらの要求を満たさない場合には、その範囲に応じて、店頭デリバ
     ティブに関連した標準的な慣行と同様に、担保の差入れが要求される。2018年12月31日現在、当社の長期無
     担 保借入債務の格付けはAAAであり、現金投資は10億ドルを超過していた。このため、担保の差入れは要求さ
     れなかった。
     以下の表は、米ドル相当額で測定された、当社のデリバティブ商品残高の想定元本を示している。

                                                  (単位:百万ドル)

                                  2018年12月31日現在              2018年6月30日現在
     ヘッジ手段として指定された商品
                                          $8,954             $11,101
     売建為替契約
     ヘッジ手段として指定されていない商品
     買建為替契約                                     10,171              9,425
     売建為替契約                                     12,089              13,374
     買建株式契約                                        51              49
                                             7              5
     売建株式契約
     その他の買建契約
                                           1,302               878
                                            468              472
     その他の売建契約
     デリバティブ商品の公正価値

     以下の表は、当社のデリバティブ商品を示している。

                                                  (単位:百万ドル)

                              2018年12月31日現在                2018年6月30日現在
                           デリバティブ資        デリバティブ負        デリバティブ資        デリバティブ負
                                  産        債        産        債
     公正価値の変動がその他の包括利益に計上さ
     れたもの
       ヘッジ手段として指定された商品
       為替契約                           $112          $0        $174          $0 
     公正価値の変動が純利益に計上されたもの
       ヘッジ手段として指定された商品
       為替契約                            2        (133)         95          0 
       ヘッジ手段として指定されていない商品
       為替契約                           113         (93)        256         (197)
       株式契約                            2        (59)         2         (7)
                                 13         (9)        11         (3)
       その他の契約
     デリバティブ総額
                                242         (294)         538         (207)
     貸借対照表で相殺されているデリバティブの
                                (128)         128         (152)         153 
     総額
                                  0        (112)          0        (235)
     受入現金担保
                                $114         $(278)         $386         $(289)
       デリバティブ純額
     報告金額
                               $ (11)        $ 0       $ 104         $ 0 
     短期投資
     その他の流動資産                           121          0        260          0 
     その他の固定資産                            4         0         22          0 
     その他の流動負債                            0        (269)          0        (288)
                                 48/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
                                  0         (9)         0         (1)
     その他の固定負債
                                $114         $(278)         $386         $(289)
     合計
     当社が相殺することを選択した、法的強制力のあるマスターネッティング契約の対象となるデリバティブ資

     産及び負債の総額は、2018年12月31日現在においてそれぞれ233百万ドル及び294百万ドル、2018年6月30日
     現在においてそれぞれ533百万ドル及び207百万ドルであった。
     以下の表は、当社のデリバティブ商品の公正価値を総額ベースで示している。

                                                  (単位:百万ドル)

                             レベル1         レベル2         レベル3          合計
     2018年12月31日現在
                               $ 2        $ 238          $ 2      $ 242 
     デリバティブ資産
     デリバティブ負債                          (3)        (291)           0       (294)
     2018年6月30日現在
     デリバティブ資産                           1         535           2       538 
     デリバティブ負債                          (1)        (206)           0       (207)
     公正価値ヘッジに係る利益(損失)

     当社は、公正価値ヘッジとして指定された契約及び関連するヘッジ対象に係る以下の利益(損失)を、「そ

     の他の収益(費用)、純額」に認識した。
                                                  (単位:百万ドル)

                                      12月31日に             12月31日に
                                     終了した3ヶ月間             終了した6ヶ月間
                                    2018年      2017年      2018年      2017年
     為替契約
                                     $ (139)      $ 14      $ 11       $ 36 
     デリバティブ
                                       184       12       62        10 
     ヘッジ対象
                                      $ 45      $ 26      $ 73       $ 46 
      非有効部分の合計金額
     株式契約
                                       $ 0     $ (71)      $ 0     $ (307)
     デリバティブ
                                        0      71       0       307 
     ヘッジ対象
                                       $ 0      $ 0      $ 0       $ 0 
      非有効部分の合計金額
      有効性評価から除外された株式契約の金額                                  $ 0     $ 20      $ 0      $ 60 

     キャッシュ・フロー・ヘッジに係る利益(損失)

     当社は、キャッシュ・フロー・ヘッジとして指定された為替契約に関連して、以下の利益(損失)を認識し

     た。
                                                  (単位:百万ドル)

                                             12月31日に        12月31日に
                                            終了した3ヶ月        終了した6ヶ月
                                               間        間
                                            2018年    2017年    2018年    2017年
                                 49/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     有効部分
     その他の包括利益(損失)に認識された利益、3百万ドル、1百万ドル、3百万
                                            $ 70    $ 10    $ 114     $ 15 
     ドル及び1百万ドルの税金を控除後
     その他の包括利益(損失)累計額から売上高に振り替えられた利益                                        88     19     180     130 
     有効性評価から除外された金額及び非有効部分
                                             (14)    (73)    (41)    (164)
     その他の収益(費用)、純額に認識された損失
     当社は2018年12月31日現在AOCIに含まれている116百万ドルのデリバティブ純利益が、翌12ヶ月以内に損益に

     振り替えられると見積っている。2018年12月31日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間において、発生しなかっ
     た予定取引を原因としてAOCIから損益に振り替られた重要な金額の利益(損失)はなかった。
     ヘッジ指定されていないデリバティブに係る利益(損失)

     当社は、以下のヘッジ手段として指定されていないデリバティブに係る利益(損失)を「その他の収益(費

     用)、純額」に認識した。
                                                  (単位:百万ドル)

                           12月31日に                    12月31日に
                          終了した3ヶ月間                    終了した6ヶ月間
                       2018年          2017年          2018年          2017年
     為替契約
                          $ (79)         $ (115)         $ (109)         $ (184)
     株式契約                       0          (49)           1          (78)
                            8           (2)          4           9 
     その他の契約
                          $ (71)         $ (166)         $ (104)         $ (253)
      合計
     注記6.     棚卸資産

      棚卸資産の内訳は以下の通りであった。

                                                  (単位:百万ドル)

                       2018年12月31日現在                     2018年6月30日現在
     原材料                           $ 455                    $ 655
     仕掛品                            61                     54
                                1,445                     1,953
     製品
                               $ 1,961                    $ 2,662
        合計
     注記7.     企業結合

     ギットハブ・インク

     2018年10月25日、当社は、ギットハブ・インク(GitHub,                               Inc.)を75億ドルの株式取引(ギットハブの権利

     確定済みストック          アワード及び補償エスクローに係る現金支払総額13億ドルを含む。)を通じて取得した。
     当該取得によって、開発ライフルサイクルのあらゆる段階でより多くのことが実現できるよう開発者を支援
     し、企業におけるギットハブの利用を推進し、マイクロソフトの開発者向けツール及びサービスを新たな
     ターゲットへ提供することになると期待されている。ギットハブの財務業績は、取得日から当社の連結財務
     諸表に反映されている。ギットハブは、当社のインテリジェント                                   クラウド     セグメントの一部として報告さ
     れている。
     取得日現在の買収価格の配分は暫定的評価に基づくものであり、より詳細な分析が完了し、取得資産及び引

     受負債の公正価値に関する追加情報が入手可能になった時点で修正の対象となる。
     当社が買収価格を暫定的に配分した主要な資産及び負債クラスは以下の通りであった。

                                 50/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
                                                  (単位:百万ドル)
                                                        $ 234 
     現金、現金同等物及び短期投資
     のれん                                                   5,441 
     無形資産                                                   1,298 
     その他の資産                                                    157 
                                                         (206)
     その他の負債
                                                       $ 6,924 
      合計
     当該取得に関連して認識されたのれんは、主に将来の成長により期待されるシナジーに起因しており、税務

     上損金算入不能と見込まれている。当社はのれんをインテリジェント                                      クラウド     セグメントに配分した。
     取得した無形資産に配分された買収価格の詳細は以下の通りである。

                                                  (単位:百万ドル)

                                                   加重平均
                                       金額
                                                   耐用年数
     顧客関連                                       $679              8年
     技術に基づくもの                                       447             5年
     マーケティング関連                                       170             10年
                                             2
     契約に基づくもの                                                    2年
                                          $ 1,298
      合計                                                    7年
     暫定的な買収価格の配分とは別個に認識された取引は約600百万ドルであり、主に関連する勤務期間にわたっ

     て費用として認識されたストック                   アワードに関連していた。
     その他

     2018年12月31日に終了した6ヶ月間において、当社はさらに11件の取得を959百万ドルで完了し、ほぼ全額を

     現金で支払った。これらの事業体は、各取得日から当社の連結経営成績に反映されている。
     注記8.     のれん

     のれんの帳簿価額の増減は以下の通りであった。

                                                  (単位:百万ドル)

                           2018年6月30日現在            取得     その他     2018年12月31日現在
     プロダクティビティ&ビジネス               プロセス
                                 $ 23,823       $ 326      $ (68)         $ 24,081 
                                          (a)
     インテリジェント         クラウド
                                  5,703             (20)          11,167 
                                        5,484
     モア   パーソナル      コンピューティング                     6,157        206       (34)          6,329 
                                 $ 35,683      $ 6,016       $ (122)         $ 41,577 
       合計
     (a)  ギットハブに関連するのれん54億ドルを含む。詳細については、注記7「企業結合」を参照。

     取得資産及び引受負債の評価のための測定期間は、取得日時点で存在していた事実及び状況に関する情報が

     入手され次第終了するが、最長で12ヶ月間となっている。買収価格配分の修正により、当該修正が決定され
     た期間において、のれんに配分された金額の変更が必要となる場合がある。
     為替換算及び買収の会計処理に関する修正から生じたのれんの金額の変動はいずれも、上表の「その他」に

     表示されている。「その他」にはさらに、該当する場合には、事業売却及び事業再編によるセグメント間の
     振替が含まれている。
     注記9.無形資産

     無形資産(耐用年数は全て有限)の内訳は以下の通りであった。

                                 51/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
                                                (単位:百万ドル)
                  帳簿価額              帳簿価額        帳簿価額             帳簿価額

                         償却累計額                     償却累計額
                  (総額)              (純額)        (総額)             (純額)
                      2018年12月31日現在                      2018年6月30日現在

     技術に基づくもの              $ 7,548       $ (5,383)      $ 2,165       $ 7,220     $ (5,018)      $ 2,202

     顧客関連               4,741        (1,487)       3,254        4,031      (1,205)       2,826

     マーケティング関連               4,177        (1,197)       2,980        4,006      (1,071)       2,935

                     574        (491)        83       679      (589)        90

     契約に基づくもの
                      (a)

                          $ (8,558)      $ 8,482      $ 15,936      $ (7,883)      $ 8,053
      合計
                  $ 17,040
     (a)  ギットハブに関連する無形資産13億ドルを含む。詳細については、注記7「企業結合」を参照。

     無形資産償却費は、2018年12月31日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間においてそれぞれ530百万ドル及び11億

     ドル、2017年12月31日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間においてそれぞれ562百万ドル及び11億ドルであっ
     た。
     以下の表は、2018年12月31日現在保有していた無形資産に係る将来の償却費見積額の概要である。

                                                  (単位:百万ドル)

     6月30日に終了する1年間
                                                        $   871
     2019年(2018年12月31日に終了した6ヶ月間を除く)
     2020年                                                    1,503
     2021年                                                    1,282
     2022年                                                    1,182
     2023年                                                    1,009
                                                         2,635
     2024年以降
                                                        $ 8,482
      合計
     注記10.     借入債務

     短期借入債務

     2018年12月31日及び2018年6月30日現在、当社は発行済又は未償還のコマーシャル・ペーパーを有していな

     かった。2018年8月31日付で、当社は、当社のコマーシャル・ペーパー・プログラムのバックアップとなっ
     ていた与信枠を解約した。
     長期借入債務

     2018年12月31日現在、当社の長期借入債務(1年以内返済予定額を含む。)の帳簿価額合計及び見積公正価

     値合計は、それぞれ732億ドル及び742億ドルであった。2018年6月30日現在、当社の長期借入債務(1年以
     内返済予定額を含む。)の帳簿価額合計及び見積公正価値合計は、それぞれ762億ドル及び775億ドルであっ
     た。これらの見積公正価値は、レベル2のインプットに基づいている。
     当社の長期借入債務(1年以内返済予定額を含む。)の内訳、及び関連する金利は以下の通りであった。

                                             (単位:金利を除き百万ドル)

                      2018年12月31日             2018年6月30日
                                              表面金利        実効金利
     期日
                      現在額面金額             現在額面金額
     ノート
     2018年11月3日                         $0           $1,750         1.300%        1.396%
     2018年12月6日                         0           1,250        1.625%        1.824%
                                 52/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     2019年6月1日                       1,000              1,000        4.200%        4.379%
     2019年8月8日                       2,500              2,500        1.100%        1.203%
     2019年11月1日                         18              18       0.500%        0.500%
     2020年2月6日                       1,500              1,500        1.850%        1.952%
     2020年2月12日                       1,500              1,500        1.850%        1.935%
     2020年10月1日                       1,000              1,000        3.000%        3.137%
     2020年11月3日                       2,250              2,250        2.000%        2.093%
     2021年2月8日                        500              500       4.000%        4.082%
     2021年8月8日                       2,750              2,750        1.550%        1.642%
            (a)
                            2,001              2,044        2.125%        2.233%
     2021年12月6日
     2022年2月6日                       1,750              1,750        2.400%        2.520%
     2022年2月12日                       1,500              1,500        2.375%        2.466%
     2022年11月3日                       1,000              1,000        2.650%        2.717%
     2022年11月15日                        750              750       2.125%        2.239%
     2023年5月1日                       1,000              1,000        2.375%        2.465%
     2023年8月8日                       1,500              1,500        2.000%        2.101%
     2023年12月15日                       1,500              1,500        3.625%        3.726%
     2024年2月6日                       2,250              2,250        2.875%        3.041%
     2025年2月12日                       2,250              2,250        2.700%        2.772%
     2025年11月3日                       3,000              3,000        3.125%        3.176%
     2026年8月8日                       4,000              4,000        2.400%        2.464%
     2027年2月6日                       4,000              4,000        3.300%        3.383%
            (a)
                            2,001              2,044        3.125%        3.218%
     2028年12月6日
            (a)
                             629              642       2.625%        2.690%
     2033年5月2日
     2035年2月12日                       1,500              1,500        3.500%        3.604%
     2035年11月3日                       1,000              1,000        4.200%        4.260%
     2036年8月8日                       2,250              2,250        3.450%        3.510%
     2037年2月6日                       2,500              2,500        4.100%        4.152%
     2039年6月1日                        750              750       5.200%        5.240%
     2040年10月1日                       1,000              1,000        4.500%        4.567%
     2041年2月8日                       1,000              1,000        5.300%        5.361%
     2042年11月15日                        900              900       3.500%        3.571%
     2043年5月1日                        500              500       3.750%        3.829%
     2043年12月15日                        500              500       4.875%        4.918%
     2045年2月12日                       1,750              1,750        3.750%        3.800%
     2045年11月3日                       3,000              3,000        4.450%        4.492%
     2046年8月8日                       4,500              4,500        3.700%        3.743%
     2047年2月6日                       3,000              3,000        4.250%        4.287%
     2055年2月12日                       2,250              2,250        4.000%        4.063%
     2055年11月3日                       1,000              1,000        4.750%        4.782%
                            2,250              2,250 
     2056年8月8日                                           3.950%        4.033%
                                 53/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     2057年2月6日                       2,000              2,000        4.500%        4.528%
                           $73,799              $76,898 
      合計
     (a)  ユーロ建負債証券

     上表中のノートは、優先無担保債であり、当社の他の優先無担保債の残高と同等に位置づけられている。こ

     れらのノートに係る利息は、ユーロ建負債証券(1年ごとに利息が支払われる。)を除き、半年ごとに支払
     われている。2018年12月31日及び2018年6月30日現在、当社の長期借入債務(1年以内返済予定額を含
     む。)に関連する借入債務発行費及び未償却ディスカウントの総額は、それぞれ630百万ドル及658百万ドル
     であった。
     注記11.法人所得税

     実効税率

     当社の実効税率は、2018年及び2017年12月31日に終了した3ヶ月間においてはそれぞれ19%及び169%であ

     り、2018年及び2017年12月31日に終了した6ヶ月間においてはそれぞれ16%及び98%であった。2018年12月
     31日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間における当社の実効税率の前年同期に対する減少は、主に2018事業年
     度第2四半期のTCJAの制定に関連した正味費用に起因している。
     2018年12月31日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間における当社の実効税率は、主に国外管轄区域において低

     税率で課税された利益で、アイルランド、シンガポール及びプエルトリコにある国外地域業務センターを経
     由した製品及びサービスの生産及び配布から生じたもの、並びに株式報酬に関連した税金ベネフィットに起
     因して、米国連邦法定税率を下回った。
     最近の税制改正

     2017年12月22日に、TCJAは制定された。同法は既存の米国の税法を著しく変更し、課税が繰り延べられる国

     外所得のみなし本国送金に対する一度限りの移行税の課税、米国の連邦法定税率の引下げ、及び源泉地国課
     税の採用等の当社の事業に影響を及ぼす多数の規定を含んでいた。2018事業年度に、TCJAは、これまでに米
     国の法人所得税が課税されていない課税が繰り延べられた国外所得につき、国外の現金及びその他一定の正
     味流動資産に対して15.5%、それ以外の所得に対して8%で課税する、移行税の負担を当社に義務付けてい
     た。TCJAはさらに、2018年1月1日より、米国連邦法定税率を35%から21%へと引き下げた。TCJAには、国外
     子会社に係る「GILTI」に課税する規定、及び米国企業とその国外子会社の間の一定の支払に対して課税する
     税源浸食租税回避防止税(以下「BEAT」という。)措置が含まれている。TCJAのGILTI規定及びBEAT規定は、
     2018年7月1日より当社に適用された。
     TCJAは、2018事業年度第2四半期に施行された。当社は、TCJAに関連してこれらの税務上の影響額の合理的

     見積りに基づき、2018事業年度第2四半期に138億ドル、2018年6月30日に終了した事業年度において137億
     ドルの正味費用を暫定的に計上した。当社は、SEC職員会計公報第118号に準拠したGILTIの繰延税金に関連し
     て、2019事業年度第2四半期に157百万ドルの追加税金費用を計上し、暫定的な正味費用を修正した。2018年
     12月31日現在、米国財務省及び内国歳入庁(以下「IRS」という。)は、依然としてTCJAの諸規則の公布手続
     を進めている最中である。したがって、今後、諸規則が公布されるに伴い、また、当社が当事業年度にIRS及
     び国外税務当局に対し2018事業年度の税務申告書を提出した際に、財務諸表の修正が必要となる可能性があ
     る。
     当社は、課税が繰り延べられる国外所得のみなし本国送金に係る一度限りの移行税に関連して、2018事業年

     度第2四半期に178億ドル、2018事業年度に179億ドルの見積費用を計上し、連結損益計算書の法人所得税費
     用及び連結貸借対照表の法人所得税に含めている。2018事業年度の税務申告は未了であるか作成時期到来前
     であるため、当社は移行税の計算に当たり、課税が繰り延べられる国外所得について見積りを行った。2018
     事業年度の課税所得は、それぞれの税務申告書の作成及び提出が完了した時点で判明する。さらに、米国及
     び米国外の税務調査の解決により移行税の見積額に著しい影響を及ぼす場合がある。米国及び米国外の税務
     調査による移行税への影響は、当該税務調査の完了時に判明する。
     さらに、当社は、主に繰延税金資産及び負債に対する税率の変更の影響により、2018事業年度第2四半期に

     40億ドル、2018事業年度に42億ドルの見積ベネフィットを計上し、連結損益計算書の法人所得税費用、連結
     貸借対照表の繰延法人所得税及び長期未払法人所得税に含めている。当社は、繰延税金が将来の期間に解消
     又は実現する時点で適用される引下後の税率を反映するために、これらの繰延税金を再測定した。当社は、
     2019事業年度第2四半期に157百万ドルの追加税金費用を計上し、暫定的費用を修正した。
                                 54/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     TCJAは、米国企業に対し、当該企業のGILTIに関して課税するとしている。GAAPに基づき、当社は、GILTIに

     関して支払う税金を当期間の費用に含めるか、又はこれらの金額を繰延税金の測定に算入するかのいずれか
     の 処理を、会計方針として選択することができる。当社は繰延法を選択し、それに基づき対応する繰延税金
     資産及び繰延税金負債を連結貸借対照表に計上した。
     不確実な税務ポジション

     当社は2004~2006課税年度に係るIRSの税務調査について2011事業年度第3四半期中に部分的に解決し、

     2007~2009課税年度に係るIRSの税務調査について2016事業年度中に部分的に解決し、また、2010~2013課税
     年度に係るIRSの税務調査について2018事業年度第2四半期に部分的に解決したものの、これらの課税年度に
     ついて引き続き税務調査を受けている。2014~2017課税年度については、当社は引き続きIRSによる調査を受
     けている。2012年2月、IRSは2004~2006課税年度に係る2011年度の歳入庁報告書を撤回し、当該調査の監査
     段階を再開した。2018年12月31日現在における、当該調査及びその他未決着のIRS調査における主な未解決問
     題は移転価格に関連している。当社は、未解決問題に関する法人所得税の偶発債務に対する当社の引当は適
     切であると考えているものの、当該問題について最終的に不利な決着となった場合には、連結財務諸表に重
     要な影響を及ぼす可能性がある。当社は、未解決問題に関する評価案を受け取っておらず、これらの問題が
     今後12ヶ月間に最終決着すると見込んでいない。現在入手可能な情報に基づいて、当社は今後12ヶ月以内に
     これらの問題に係る当社の法人所得税の偶発債務が大幅に増加又は減少すると見込んでいない。
     当社は、米国外の多数の管轄区域において法人所得税を課されている。一定の管轄区域内の当社の事業は、

     引き続き1996~2018課税年度に関する調査の対象となっており、その中には、現地税務当局による税務調査
     を現在受けているものもある。これらの税務調査の決着は、当社の連結財務諸表にとって重要となることは
     ないと見込まれている。
     当社は、法人所得税の偶発債務に対する当社の引当は適切であると考えているものの、当該問題について最

     終的に不利な決着となった場合には、連結財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性がある。法人所得税の偶発
     債務及びその他の法人所得税負債は、2018年12月31日及び2018年6月30日現在それぞれ154億ドル及び151億
     ドルであり、連結貸借対照表の長期未払法人所得税に含められている。この増加は、主に当期間における連
     結会社間の取引及び利息発生額に関連している。
     注記12.     前受収益

      セグメント別の前受収益は以下の通りである。

                                                  (単位:百万ドル)

                                  2018年12月31日現在              2018年6月30日現在
     プロダクティビティ&ビジネス               プロセス
                                         $ 12,635              $ 14,864 
     インテリジェント         クラウド
                                          12,551               14,706 
                                          2,898               3,150 
     モア   パーソナル      コンピューティング
                                         $ 28,084              $ 32,720 
       合計
     前受収益の増減は以下の通りであった。

                                                  (単位:百万ドル)

                                    2018年12月31日に終了した6ヶ月間
     期首残高                                                  $ 32,720 
       収益の繰延                                                   30,450 
                                                       (35,086)
       前受収益からの収益認識
                                                       $ 28,084 
     期末残高
     残存する履行債務に配分された収益は、まだ認識されていない契約済収益(以下「契約済未認識収益」とい

     う。)を示しており、前受収益及び将来の期間に請求され収益に認識される金額が含まれている。契約済未
     認識収益は、2018年12月31日現在720億ドルであり、当社はそのうち約60%を翌12ヶ月以内に収益に認識し、
     残額をその後の期間に認識すると見込んでいる。
     注記13.リース

                                 55/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     当社は、データセンター、オフィス、研究開発施設、小売店舗、及び一定の設備に関するオペレーティン

     グ・リース及びファイナンス・リースを有している。当社のリースの残存期間は1年から20年の範囲内にあ
     り、  その中にはリース期間を最長で5年まで延長するオプション及び1年以内に打ち切るオプションが付さ
     れたものもある。
     リース費用の内訳は、以下の通りである。

                                                  (単位:百万ドル)

                          12月31日に終了した3ヶ月間                  12月31日に終了した6ヶ月間
                           2018年         2017年         2018年         2017年
                             $ 413         $ 399         $ 823         $ 787 
     オペレーティング・リース費用
     ファイナンス・リース費用:

                              $ 84         $ 57        $ 162         $ 105 
       使用権資産の償却額
                               59          44         114          74 
       リース負債に係る利息
                             $ 143         $ 101         $ 276         $ 179 
     ファイナンス・リース費用合計
     リースに関連した補足キャッシュ・フロー情報は、以下の通りである。

                                                  (単位:百万ドル)

                               12月31日に終了した3ヶ月間               12月31日に終了した6ヶ月間
                                2018年       2017年       2018年       2017年
     リース負債の測定に算入されたキャッシュの支払額
       オペレーティング・リースによる
                                  $ 407       $ 375       $ 804       $ 744 
       営業キャッシュ・フロー
       ファイナンス・リースによる
                                    59        45        114         75 
       営業キャッシュ・フロー
       ファイナンス・リースによる
                                    54        31        101         56 
       財務キャッシュ・フロー
     リース債務との交換で取得した使用権資産
       オペレーティング・リース                              472        308        968        699 
                                   645        650       1,064        1,378 
       ファイナンス・リース
     リースに関連した補足貸借対照表情報は、以下の通りである。

                                     (単位:リース期間及び割引率を除き百万ドル)

                                  2018年12月31日現在              2018年6月30日現在
     オペレーティング・リース
                                         $ 6,806              $ 6,686 
     オペレーティング・リースの使用権資産
     その他の流動負債
                                         $ 1,421              $ 1,399 
                                          5,683               5,568 
     オペレーティング・リース負債
                                         $ 7,104              $ 6,967 
       オペレーティング・リース負債合計
     ファイナンス・リース
                                         $ 5,554              $ 4,543 
     有形固定資産、原価
                                           (566)              (404)
     減価償却累計額
                                         $ 4,988              $ 4,139 
       有形固定資産、純額
     その他の流動負債
                                          $ 245              $ 176 
                                          4,965               4,125 
     その他の固定負債
                                 56/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
                                         $ 5,210              $ 4,301 
       ファイナンス・リース負債合計
     加重平均残存リース期間
       オペレーティング・リース                                      7年               7年 
       ファイナンス・リース                                      13年               13年 
     加重平均割引率
       オペレーティング・リース                                      2.9%               2.7% 
       ファイナンス・リース                                      4.9%               5.2% 
     リース負債の期限到来額は、以下の通りである。

                                                  (単位:百万ドル)

                                  オペレーティング・リース              ファイナンス・リース
     6月30日に終了する年度
                                            $ 799            $ 241 
     2019年(2018年12月31日に終了した6ヶ月間を除く)
     2020年                                       1,503              479 
     2021年                                       1,244              487 
     2022年                                       1,048              495 
     2023年                                        861             498 
                                            2,439             4,934 
     2024年以降
       リース支払額合計
                                            7,894             7,134 
                                             (790)           (1,924)
     控除:利息相当額
                                           $ 7,104            $ 5,210 
       合計
     2018年12月31日現在、当社は上記に加えて、主にデータセンターに係る開始前のオペレーティング・リース

     270億ドル及びファイナンス・リース64億ドルを有している。これらのオペレーティング・リース及びファイ
     ナンス・リースは、2019事業年度から2022事業年度にかけて開始する予定であり、リース期間は1年から16
     年の範囲内にある。
     注記14.偶発事象

     特許権及び知的財産権請求

     2018年12月31日現在、マイクロソフトを相手取った32件の特許権侵害訴訟が係属中である。これらの訴訟

     は、個別にも集計しても重要ではない。
     反トラスト法、不正競争及び過剰請求集団訴訟

     カナダのブリティッシュ・コロンビア州、オンタリオ州及びケベック州において、反トラスト法及び不正競

     争集団訴訟が当社に対して提起された。これら3件の訴訟はすべて、1998年から2010年までの間にマイクロ
     ソフトのオペレーティングシステムソフトウェア及び/又はプロダクティビティ                                            アプリケーションソフト
     ウェアのライセンスを取得したカナダの間接的購入者を代表するものとして認定された。
     ブリティッシュ・コロンビア州の訴訟の正式事実審理は、2016年5月に開始した。調停を受けて、各当事者

     はカナダの3件全ての訴訟に係る包括和解案に合意し、3州全ての管轄区域の裁判所に和解合意案を提出
     し、その承認を求めた。最終的和解は、ブリティッシュ・コロンビア州、オンタリオ州及びケベック州の裁
     判所により承認されており、請求管理手続が開始される予定である。
     その他の反トラスト法訴訟及び請求

     中国国家工商行政管理総局による調査

     2014年に、マイクロソフトは中国の国家市場監督管理局(以下「SAMR」という。)(旧国家工商行政管理総局)

     が中国の独占禁止法に関連した正式調査を開始した旨の通知を受け、SAMRは北京、上海、広州及び成都に所
     在するマイクロソフトの事務所の立ち入り検査を行った。2018年12月、SAMRはマイクロソフトの代表と面会
     し、中国の独占禁止法の侵害があったことの一定の可能性に関する予備的見解を示し、それに対するマイク
     ロソフトの回答を求めた。
                                 57/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     製品関連訴訟

     米国携帯電話訴訟

     マイクロソフトの子会社であるマイクロソフト・モバイルOy(Microsoft                                        Mobile    Oy)は、他の携帯電話機

     メーカー及び通信事業者とともに、携帯電話機からの電波放射が脳腫瘍及び他の健康への悪影響を引き起こ
     したと主張する個人の原告がコロンビア特別区高等裁判所に提起した40件の訴訟において被告となってい
     る。当社は、ノキアのデバイス及びサービス事業取得の一部として、これらの請求に関する責任を引き継
     ぎ、ノキア被告団に代わって被告となっている。これらの訴訟のうち9件は2002年に提起され、一定の正式
     事実審理前手続きの目的で併合されている。残りの手続きは停止されている。2009年の別個の決定におい
     て、コロンビア特別区の控訴裁判所は、米国連邦通信委員会の高周波電磁波放射ガイドライン(以下、「FCC
     ガイドライン」という。)の適用範囲内で動作する携帯電話機の使用から発生した健康への悪影響に係る請
     求については、連邦法により専占されるとしている。原告は、原告の携帯電話機がFCCガイドラインの適用範
     囲外で動作していたか、又はFCCガイドラインが発効する前に製造されたと主張している。当該訴訟ではま
     た、業界全体の共謀により放射ガイドラインに関わる科学及び検査が操作されたと主張している。
     2013年に、併合訴訟の被告は、科学的方法論に欠陥があることを理由に、一般的因果関係に関する原告の専

     門家の証拠を排除するよう申し立てた。2014年に、事実審裁判所は、一般的因果関係に関する原告の専門家
     の証拠の排除を求める被告の申立ての一部を認め、一部を却下した。被告は、コロンビア特別区控訴裁判所
     に専門家の科学的証拠の評価基準に異議を申し立てる中間上訴を提起した。2016年10月、同控訴裁判所は、
     被告の主張した基準を認める判決を下し、同基準に基づく追加審理の実施を求めて本件を事実審裁判所に差
     し戻した。原告は補足的な専門家の証拠を提出し、その一部について被告は削除の申立てを行った。2018年
     8月、事実審裁判所は原告の専門家報告書の一部を削除する旨の命令を下した。
     カナダ携帯電話集団訴訟

     マイクロソフト・モバイルOyは、他の携帯電話機メーカー及び通信事業者とともに、携帯電話を少なくとも

     1,600時間使用したカナダ人の推定クラス(脳腫瘍を患った利用者のサブクラスを含む。)が携帯電話の使用
     による健康への悪影響を訴えブリティッシュ・                          コロンビア州上位裁判所に提起した2013年の集団訴訟の被告
     となっている。マイクロソフトは2014年6月に訴状の送達を受け、ノキア被告団に代わって被告となってい
     る。当該訴訟は、3年を超えて休止状態にある。
     従業員関連訴訟

     Moussouris氏対マイクロソフト

     マイクロソフトの一定のエンジニアリング職及び情報技術職における在職中及び離職後の女性従業員は、給

     与及び昇進に関する組織的性差別を訴え、2015年にシアトル連邦裁判所に集団訴訟を提起した。2017年10
     月、原告は集団の認定を申し立てた。2018年1月、マイクロソフトは反対訴訟を提起し、類似する状況にあ
     る男女間の給与及び昇進に統計的に著しい格差はないことを示す専門家の報告書を提出した。2018年6月、
     裁判所は集団の認定を求める原告の申立てを却下した。原告は、連邦第9巡回区控訴裁判所への中間上訴を
     求め、2018年9月に認められた。
     その他の偶発事象

     当社はまた、通常の事業過程において随時生じることのある他の様々な請求及び訴訟の対象となっている。

     現在、経営者は、当社に対する請求の解決が、個別にも集計しても、当社の連結財務諸表に重大な悪影響を
     及ぼすものではないと考えているが、これらの事件には固有の不確実性がある上、経営者のこれらの事件に
     対する見方は将来変わり得る。
     2018年12月31日現在、当社は合計273百万ドルの法的負債を計上していた。当社はこれらの事件に関して積極

     的に争う意向であるが、当社に不利な結果となる場合には、当社が負担する額は合計で引当計上済金額を約
     10億ドル上回る額に達する合理的可能性があると見込まれる。もし最終的に好まざる結果が生じた場合に
     は、その影響を合理的に見積ることができるようになった期の、当社の連結財務諸表に重大な悪影響を及ぼ
     す可能性がある。
     注記15.     株主資本

     株式の買戻し

                                 58/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     2016年9月20日、当社の取締役会は、400億ドルを上限に株式の買戻しを認める株式買戻しプログラムを承認

     した。当該株式買戻しプログラムは、2016年12月22日に開始し、期限はなく、通知なしにいつでも一時停止
     又は終了され得る。2018年12月31日現在、この400億ドルの株式買戻しプログラムのうち195億ドルが残存し
     て いた。
     当社は株式買戻しプログラムを通じて以下の普通株式を買い戻した。

                                             (単位:百万株及び百万ドル)

                           2019事業年度                    2018事業年度
                       株数          金額          株数          金額
     第1四半期                               $ 2,600                   $ 1,600
                           24                    22
                           57          6,100         22          1,800
     第2四半期
                                    $ 8,700                   $ 3,400
                           81                    44
       合計
     上表からは、ストック             アワードの権利確定に関連した従業員の源泉徴収税の支払いのために買い戻した株式

     が除外されている。買戻しは、すべて、現金資金を使用して行われた。
     配当

     各表示期間において、当社の取締役会は以下の配当を宣言した。

                                         1株当たり配当             金額

                    基準日           支払日
     宣言日
                                          (ドル)          (百万ドル)
     2019事業年度
                                                        $ 3,544
     2018年9月18日             2018年11月15日           2018年12月13日                  $0.46
     2018年11月28日             2019年2月21日           2019年3月14日                  0.46         3,535
                                                        $ 7,079
       合計                                          $0.92
     2018事業年度
                                                        $ 3,238
     2017年9月19日             2017年11月16日           2017年12月14日                  $0.42
     2017年11月29日             2018年2月15日           2018年3月8日                  0.42         3,232
                                                        $ 6,470
       合計                                          $0.84
      2018年11月28日に宣言された配当は、2018年12月31日現在、その他の流動負債に含まれていた。

     注記16.その他の包括利益(損失)累計額

      以下の表は、その他の包括利益(損失)累計額の変動を項目ごとに要約したものである。

                                                  (単位:百万ドル)

                                          12月31日に          12月31日に
                                        終了した3ヶ月間          終了した6ヶ月間
                                        2018年     2017年     2018年     2017年
     デリバティブ
                                         $ 128      $ 28     $ 173     $ 134 
     期首残高
     未実現利益(3百万ドル、1百万ドル、2百万ドル及び1百万ドルの税
                                          71      11      115       15 
     金を控除後)
     売上高への利益の振替調整                                     (88)     (19)     (180)     (130)
                                           2      1      5      2 
     法人所得税に含められた税金費用
      その他の包括利益(損失)累計額からの振替額                                     (86)     (18)     (175)     (128)
                                 59/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
      デリバティブに関連する変動純額
                                          (15)      (7)     (60)     (113)
      (1百万ドル、0百万ドル、(3)百万ドルおよび(1)百万ドルの税金
     を控除後)
                                         $ 113      $ 21     $ 113      $ 21 
     当期間末残高
     投資
                                           $
                                             $ 1,537      $ (850)    $ 1,825 
     期首残高
                                        (1,178)
     未実現利益(損失)((234)百万ドル、(211)百万ドル、148百万ドル及び
                                          879      (390)      556      (317)
     (161)百万ドルの税金を控除後)
     その他の収益(費用)への(利益)損失の振替調整、純額                                      2     (751)      80    (1,306)
                                           0     263      (16)     457 
     法人所得税に含められた税金費用(ベネフィット)
      その他の包括利益(損失)累計額からの振替額                                      2     (488)      64     (849)
     投資に関連する変動純額(234百万ドル、(474)百万ドル、164百万ドルお
                                          881      (878)      620     (1,166)
     よび(618)百万ドルの税金を控除後)
                                           0      0     (67)      0 
     会計処理の変更による累積的影響額
                                        $ (297)     $ 659     $ (297)     $ 659 
     当期間末残高
     為替換算調整等
                                           $     $     $     $
     期首残高
                                        (1,565)     (1,039)     (1,510)     (1,332)
     為替換算調整等((1)百万ドル、0百万ドル、(1)百万ドル及び(1)百万ド
                                         (264)      (40)     (319)      253 
     ルの税金を控除後)
                                           $     $     $     $
     当期間末残高
                                        (1,829)     (1,079)     (1,829)     (1,079)
                                           $          $
                                             $ (399)         $ (399)
     当期間末その他の包括損失累計額
                                        (2,013)          (2,013)
     注記17.セグメント情報及び地域別情報

     経営者(当社の最高経営責任者でもある最高経営意思決定者を含む。)は、事業を運営する上で一定の財務

     情報の検討を行っており、それにはGAAPに準拠しないで作成されたセグメント別の内部損益計算書が含まれ
     る。各表示期間において、当社は、プロダクティビティ&ビジネス                                     プロセス、インテリジェント                クラウ
     ド、及びモア        パーソナル       コンピューティングの各セグメントに基づいて財務業績を報告した。
     当社の報告セグメントは、以下に記載する通りである。

     プロダクティビティ&ビジネス                 プロセス

     当社のプロダクティビティ&ビジネス                     プロセス     セグメントは、様々なデバイス及びプラットフォームにわ

     たる、プロダクティビティ、コミュニケーション及び情報サービスのポートフォリオにおける製品及びサー
     ビスから成る。当セグメントは主に以下から構成される。
        Office    Commercial:        Microsoft      Office    365  のサブスクリプション及びOfficeのオンプレミス                           ライ

        センスを含み、Office、Exchange、SharePoint、Skype                              for  Business、Microsoft            Teams及び関連する
        クライアント        アクセス     ライセンス(以下、「CALs」という。)から成る。
        Office    Consumer:       Office    365  のサブスクリプション及びOfficeのオンプレミス                           ライセンス、及び

        Office    Consumerサービス(Skype、Outlook.com及びOneDriveを含む)を含む。
        リンクトイン:         タレント     ソリューションズ、マーケティング                    ソリューションズ及びプレミアム                   サ

        ブスクリプションを含む。
        Microsoft      Dynamicsビジネス          ソリューション:          Dynamics     ERPオンプレミス、Dynamics                CRMオンプレ

        ミス、Dynamics         365といった、ERP及びCRMの一連のクラウドベース                            アプリケーションを含む。
                                 60/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     インテリジェント          クラウド

     当社のインテリジェント              クラウド     セグメントは、近代ビジネスを支える公開、プライベート及びハイブ

     リッドのサーバー製品及びクラウドサービスから成る。当セグメントは、主に以下から構成される。
        サーバー製品及びクラウドサービス:                     Microsoft      SQL  Server、Windows          Server、Visual         Studio、

        System    Center及び関連するCALs、Microsoft                    Azure及びGitHubを含む。
        エンタープライズ          サービス:       プレミア     サポート     サービス及びMicrosoftコンサルティング                       サービ

        スを含む。
     モア   パーソナル       コンピューティング

     当社のモア       パーソナル       コンピューティング           セグメントは、あらゆるデバイスにわたり、エンドユーザー、

     開発者及びITプロフェッショナルの関心の調和を目指した製品及びサービスから成る。当セグメントは主に
     以下から構成される。
        Windows:      Windowsの相手先ブランド製造者(以下「OEM」という。)ライセンス及びWindowsオペレー

        ティング     システムのその他の非ボリューム                   ライセンス、Windows            コマーシャル(Windowsオペレー
        ティング     システムのボリューム             ライセンス、Windows            クラウド     サービス及びその他のWindows                 コ
        マーシャルの製品・サービスから成る)、特許ライセンス、Windows                                     Internet     of  Things(以下
        「IoT」という。)、及びMSNディスプレイ広告を含む。
        デバイス:       Microsoft      Surface、PCアクセサリー、及びその他のインテリジェント・デバイスを含

        む。
        ゲーム:     Xboxハードウェア並びにXboxソフトウェア及びサービス(Xbox                                  Liveの取引、サブスクリプ

        ション及び広告から成る)(以下「Xbox                      Live」という。)、ビデオゲーム並びにサードパーティのビ
        デオゲームのロイヤルティを含む。
        検索

     売上高及び原価は通常、当社の各セグメントに直接帰属している。しかし、当社の事業は統合された構造を

     持つため、ひとつのセグメントで認識された特定の収益及び発生した特定の費用は、他のセグメントに便益
     をもたらすことがある。一定の契約に係る収益は、それを生み出す製品及びサービスの相対的価値に基づい
     て各セグメントに配分される(これには、請求された実際の価格、別々に販売された場合の価格や、見積原
     価に利益をプラスした額に基づく配分が含まれ得る)。売上原価は、一定の場合には相対的収益法に基づい
     て配賦される。配賦される営業費用には、主に複数のセグメントが便益を受ける製品及びサービスのマーケ
     ティング関連費用が含まれ、通常は相対的売上総利益に基づいて配賦される。
     さらに、全社レベルで発生する一定の識別可能で当社のセグメントに便益をもたらす費用は、各セグメント

     に配賦される。これらの配賦費用には、法務(和解金及び制裁金を含む)、情報技術、人事、財務、消費
     税、実店舗販売、共用施設サービス、並びにカスタマーサービス及びサポートに係る費用が含まれる。各配
     賦額は、配賦される費用に固有の事実及び状況に応じて異なる方法で測定される。減損及び再編費を含む一
     定の全社レベルの活動は、当社のセグメントには配賦されない。
     各表示期間におけるセグメント別の売上高及び営業利益は以下の通りであった。

                                                  (単位:百万ドル)

                                 12月31日に終了した              12月31日に終了した
                                    3ヶ月間              6ヶ月間
                                 2018年       2017年       2018年       2017年
     売上高
     プロダクティビティ&ビジネス               プロセス             $ 10,100        $ 8,953       $ 19,871       $ 17,191 
                                 61/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     インテリジェント         クラウド
                                  9,378        7,795        17,945        14,717 
     モア   パーソナル      コンピューティング                     12,993        12,170        23,739        21,548 
                                 $ 32,471       $ 28,918       $ 61,555       $ 53,456 
      合計
     営業利益

     プロダクティビティ&ビジネス               プロセス             $ 4,015       $ 3,337       $ 7,896       $ 6,343 
     インテリジェント         クラウド                     3,279        2,832        6,210        4,969 
     モア   パーソナル      コンピューティング                     2,964        2,510        6,107        5,075 
                                 $ 10,258        $ 8,679       $ 20,213       $ 16,387 
      合計
     2018年および2017年12月31日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間の単一の顧客及び米国外の国への売上で売上

     高全体の10%超を占めるものはなかった。当社の顧客が所在する主要な地域別の売上高は以下の通りであっ
     た。
                                                  (単位:百万ドル)

                       12月31日に終了した                      12月31日に終了した
                         3ヶ月間                      6ヶ月間
                    2018年           2017年           2018年           2017年
       (a)
                      $ 16,787           $ 15,110           $ 31,527           $ 27,657 
     米国
                       15,684            13,808            30,028            25,799 
     その他の国
                      $ 32,471           $ 28,918           $ 61,555           $ 53,456 
      合計
     (a)OEM及び一定の多国籍企業への請求金額は、その事業の性質、及び売上高の発生地域の判定が実務上可能

     でないことから、本項目に含まれている。
     重要な製品及びサービス別の外部顧客からの売上高は、以下の通りであった。

                                                  (単位:百万ドル)

                                12月31日に終了した               12月31日に終了した
                                   3ヶ月間               6ヶ月間
                               2018年        2017年        2018年        2017年
     Office製品及びクラウドサービス                           $ 7,747        $ 7,075       $ 15,369        $ 13,651 
     サーバー製品及びクラウドサービス                            7,791         6,299        14,849         11,796 
     Windows                            4,758         4,839         9,659         9,482 
     ゲーム                            4,232         3,920         6,970         5,816 
     検索広告                            1,976         1,820         3,764         3,459 
     リンクトイン                            1,693         1,312         3,223         2,460 
     デバイス                            1,948         1,478         3,209         2,632 
     エンタープライズサービス                            1,521         1,435         2,971         2,806 
                                  805         740        1,541         1,354 
     その他
                                $ 32,471        $ 28,918        $ 61,555        $ 53,456 
      合計
     Office    365  commercial、Azure、リンクトインのコマーシャル部分、Dynamics                                    365及びその他のコマーシャ

     ル  クラウドのプロパティーを含む当社のコマーシャル                            クラウドからの売上高は、2018年12月31日に終了し
     た3ヶ月間及び6ヶ月間においてそれぞれ90億ドル及び175億ドルであり、2017年12月31日に終了した3ヶ月
     間及び6ヶ月間においてそれぞれ61億ドル及び119億ドルであった。これらの金額は、上表においては主に
     Office製品及びクラウド              サービス並びにサーバー製品、クラウドサービス及びリンクトインに含まれてい
     る。
                                 62/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     内部報告上は、各セグメントへの資産の配分は行われていない。償却費及び減価償却費の一部は、様々な他

     の費用と合わせて各セグメントへの間接費配賦額に含められている。セグメント別損益の測定に算入される
     セ グメント別償却費及び減価償却費の額を把握することは実務上可能ではない。
     2【その他】

     (1)後発事象

     特になし。

     (2)  訴訟

     当社が関与する法的手続に係る情報については、第6「1.                                中間財務書類」の財務諸表に対する注記14「偶

     発事象」を参照されたい。
     3【日米両国間における会計処理基準等の相違】

     第6「1.      中間財務書類(マイクロソフトコーポレーション及び子会社の連結財務諸表)」は、米国におい

     て一般に公正妥当と認められる会計原則及び慣行に準拠して作成されており、従って、日本において一般に
     公正妥当と認められる会計原則及び慣行に準拠して作成された財務諸表とは異なっている。主な相違は以下
     の通りである。
     (a)  のれん及びのれんの減損

     米国においては、のれんは、のれん及びその他無形資産に関する会計指針に従って、償却されずに最低年1

     回の減損テストの対象となり、また、報告単位の公正価値を、その帳簿価額を下回るまで減少させる可能性
     の高い事象又は状況の変化が発生した場合には、年次テスト時以外においても減損テストの対象となる。こ
     れらの事象又は状況には、事業環境、法的要素、業績指標及び競争における重要な変化や、報告単位の重要
     な一部の売却又は処分が含まれる。のれんの減損テストの適用には、報告単位の識別、資産及び負債の報告
     単位への配分、のれんの報告単位への配分、並びに各報告単位の公正価値の決定を含む判断が要求される。
     各報告単位の公正価値は、割引キャッシュ・フロー法を使用して見積もられる。減損が識別された場合に
     は、報告単位の帳簿価額が公正価値を上回る金額に基づき減損損失が認識される。
     一方、日本においては、のれんは資産に計上し、20年以内のその効果の及ぶ期間にわたり定額法その他の合

     理的方法により規則的に償却される。また、該当する場合に減損処理が行われるが、日本においては、最低
     年1回の減損テストは必要とされず、減損の兆候がある場合に減損損失を認識するかどうかの判定を行うこ
     とが求められている。のれんが帰属する事業の単位に関連する資産グループに減損の兆候がある場合に、そ
     の割引前将来キャッシュ・フローが帳簿価額を下回るときは、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減
     少額を減損損失として計上する。回収可能価額は、資産又は資産グループの正味売却価額(資産又は資産グ
     ループの時価から処分費用見込額を控除して算定される金額)と使用価値(資産又は資産グループの継続的
     使用と使用後の処分によって生じると見込まれる将来キャッシュ・フローの現在価値)のいずれか高い方の
     金額と定められている。
     (b)  無形資産の減損

     米国においては、償却の対象となる無形資産に減損が生じていることを示す事象又は状況がある場合には、

     当該無形資産の回収可能性テストを実施し、同テストの結果に基づき無形資産の帳簿価額が回収可能ではな
     いと判断されたときは、見積公正価値が帳簿価額を上回るまで減損損失を計上する。
     日本においては、適用される会計基準に基づき、無形資産に減損の兆候がある場合にその割引前将来キャッ

     シュ・フローが帳簿価額を下回るときは、帳簿価額を回収可能価額(正味売却価額と使用価値のいずれか高
     い方)まで減額し、当該減少額を減損損失として計上する。
     (c)  非支配持分

     米国においては、非支配持分は資本の一構成要素として親会社の資本とは区別して報告される。また、支配

     の変更を伴わない資本持分の購入及び売却は、資本取引として会計処理される。さらに、非支配持分に帰属
     する純利益は当期純利益に含められる。また、支配の喪失時には、売却した持分は留保持分とともに公正価
     値で計上され、かかる利益又は損失は純利益として認識される。
                                 63/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     日本においても、支配の変更を伴わない資本持分の購入及び売却は資本取引とされ、親会社持分の変動額と

     投資の増減額との差額が資本剰余金に計上される。当期純利益には非支配株主に帰属する当期純利益が含め
     ら れる。ただし、子会社株式の売却により支配を喪失して関連会社となる場合には、当該関連会社株式は持
     分法による投資評価額に修正され、子会社が連結子会社及び関連会社のいずれにも該当しなくなった場合に
     は、残存する当該被投資会社に対する投資は、個別貸借対照表上の帳簿価額をもって評価する。また、連結
     貸借対照表および連結株主資本等変動計算書において、非支配株主持分は株主資本とは区別して報告され
     る。
     (d)  変動持分事業体の連結

     米国においては、財務会計基準審議会(以下、「FASB」という。)が公表した変動持分事業体の連結に関す

     る指針に基づき、事業体が変動持分事業体であるか否かの評価を行い、当該事業体に対する支配について継
     続的に評価し、かつ、変動持分に関する追加的な開示を行うことが要求されている。変動持分事業体(リス
     ク資本投資が活動資金を賄う程十分でなく、いずれのリスク資本の所有者も支配的財務持分の特徴を有さな
     い等の一定の条件を満たす事業体)の定義に適合する事業体は、主たる受益者の定義に適合する事業体に
     よって連結されなければならない。
     日本においては、実質的に支配している事業体は連結の対象となるが、変動持分事業体を定義し、その連結

     について規定する会計基準はない。特別目的会社は、適正な価額で譲り受けた資産から生ずる収益を当該特
     別目的会社が発行する証券の所有者に享受させることを目的として設立されており、当該特別目的会社の事
     業がその目的に従って適切に遂行されているときは、当該特別目的会社に資産を譲渡した企業の子会社に該
     当しないものと推定され、当該企業の連結の対象とならない。子会社に該当しないものと推定された当該特
     別目的会社については、その概要や取引の概要・金額等を開示することが定められている。
     (e)  複数の製品及びサービスを伴う契約に関する収益の認識

     米国においては、収益は、約束された製品又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、これらの製品又は

     サービスと交換に当社が受け取ると見込まれる対価を反映した金額により認識される。当社の顧客との契約
     には、多くの場合、複数の製品及びサービスを顧客に移転する約束が含まれている。製品及びサービスを、
     別々に会計処理する別個の履行義務として扱うか、又は一括して会計処理するかを決定するには、重要な判
     断が要求される場合がある。
     別個の履行義務ごとの独立販売価格(以下「SSP」という。)を決定するには判断が要求される。当社は、ソ

     フトウェア       アシュアランスと併せて販売されるオンプレミス                           ライセンス又は追加費用なしで提供されるソ
     フトウェアのアップデートを含む、別々に販売されない製品のSSPを見積もるに当たっては、単一の金額を使
     用している。各製品及びサービスを別々に販売している場合に、様々な製品及びサービスの相対的SSPに基づ
     いて配分すべき割引があるかどうかを決定する必要がある場合には、当社はSSPを見積もるために一定範囲内
     の金額を使用している。製品又はサービスを別々に販売しない場合等、SSPが直接的に観察可能でない場合に
     は、当社は市況及びその他の観察可能なインプットを含む情報を利用してSSPを決定する。個々の製品及び
     サービスは顧客別及び状況別に階層化されるため、当社は、これらの製品及びサービスに関して通常は複数
     のSSPを有している。このような場合、当社はSSPの決定に際して、顧客の数や地域等の情報を利用すること
     がある。
     日本においては、企業会計基準委員会が公表した実務対応報告第17号「ソフトウェア取引の収益の会計処理

     に関する実務上の取扱い」に基づき、ソフトウェア取引と合わせてサービスの提供や機器(ハードウェア)
     の販売を同一の契約書等で締結している複合取引において、取引の種類ごとに収益認識時点が異なる場合に
     は、各々の成果物の提供が完了した時点またはサービスの提供期間にわたる契約の履行に応じて収益認識を
     行う。その際には、販売する財又は提供するサービスの各々の金額の内訳が顧客との間で明らかにされてい
     る場合には、契約上の対価を適切に分解することとされており、また、顧客との間で金額の内訳が明らかに
     されていない場合についても、管理上の適切な区分に基づき契約上の対価を分解することができる(ただ
     し、管理上の適切な区分に基づいて契約を締結する等の検討を行うことが重要とされている)とされてお
     り、SSPにより決定される公正価値に基づいて契約対価を配分する方法とは異なっている。契約に主たる要素
     と付随して提供される製品・サービスが含まれる場合には、その付随して提供される要素の収益を、主たる
     要素の収益認識時点に一体として認識することができる。
     なお、2018年3月30日に企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」及びその適用指針が公表され、

     2021年4月1日以後開始する連結会計年度及び事業年度の期首からの適用が求められるとともに、2018年4
     月1日以後開始する連結会計年度及び事業年度の期首からの早期適用も認められている。これらの会計基準
     及び適用指針は、実質的に米国における「顧客との契約から生じる収益」と同様の内容となっており、契約
     において顧客への移転を約束した財又はサービスが、所定の要件を満たす場合には別個のものであるとし
                                 64/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     て、当該約束を履行義務として区分して識別すること、契約において約束した別個の財又はサービスの独立
     販売価格の比率に基づき、それぞれの履行義務に取引価格を配分することを求めている。企業会計基準第29
     号 の適用をもって実務対応報告第17号は廃止される。
     (f)  棚卸資産の評価

     米国においては、棚卸資産は取得原価と正味実現可能価額の低価法で計上される。棚卸資産の有用性が帳簿

     価額を下回っていることを示す場合には、当該棚卸資産は新たな取得原価まで減額される。正味実現可能価
     額は、通常の事業過程における見積売価から完成、処分及び運送に係る費用の合理的見積額を控除した価額
     である。
     日本においては、企業会計基準第9号「棚卸資産の評価に関する会計基準」に基づいて、通常の販売目的で

     保有する棚卸資産の期末評価は取得原価によるが、棚卸資産の収益性が低下した場合には、正味売却価額
     (正味実現可能価額と同じで、売価から見積追加製造原価及び見積販売直接経費を控除したもの)まで帳簿
     価額を切り下げることが要求されている。また、後入先出法の適用は認められていない。
     (g)  公正価値測定

     米国では、公正価値測定に関する会計指針において、公正価値が定義され、公正価値測定のための枠組みが

     定められ、公正価値測定に関する開示が拡充されている。当社は、当該指針を、全ての金融資産及び負債並
     びに非金融資産及び負債に対して適用している。また、FASBが公表している経常的及び非経常的な公正価値
     測定に関する開示指針において、公正価値測定の階層のレベル1(活発な市場における同一の資産又は負債
     の相場価格)とレベル2(重要なその他の観察可能なインプット)の間の資産及び負債の振替に関して、振
     替の理由及び時期の開示が要求されている。当該指針はさらに、重要な観察不能なインプット(公正価値測
     定のレベル3)を使用して測定される資産及び負債の購入、売却、発行及び決済に関する変動の明細(ロー
     ルフォワード)を開示することを要求している。
     当該指針は、公正価値を「測定日現在、資産・負債の主要な又は最も有利な市場における市場参加者間の秩

     序ある取引において、資産の売却により受領するか又は負債の移転により支払うであろう価格(すなわち、
     「出口価格」)」と定義している。公正価値は、企業独自の仮定ではなく、市場参加者が資産又は負債の価
     格決定に使用するであろう仮定に基づいて計算されなければならず、さらに、負債の公正価値には、企業自
     身の信用リスクを含む不履行リスクを加味しなければならない。
     公正価値を定義したことに加え、当該指針は、公正価値に関わる開示要求を拡充し、評価のインプットに関

     する公正価値の階層を設定している。この階層は、公正価値測定に使用されるインプットが市場においてど
     の程度観察可能であるかに基づいて、インプットを3つのレベルに優先順位付けしている。個々の公正価値
     測定は、当該3つのレベルのうちの1つに報告されるが、その公正価値測定の全体にとって重要であるイン
     プットのうち最低レベルのものによって決定される。
     日本においては、全ての金融資産・負債並びに非金融資産・負債を適用対象として公正価値測定全般に関し

     て包括的に規定する会計基準はない。時価(公正価値)は、金融商品及び非金融商品の資産・負債に関する
     各会計基準において、市場価格に基づく価額、又は市場価格がない場合の合理的に算定された価額と定義さ
     れている。また、個々の公正価値測定を、その公正価値測定に使用されるインプットが市場においてどの程
     度観察可能であるかに応じて、3つの階層別に開示することは求められない。
     (h)  持分投資の公正価値の変動

     米国では、金融商品の認識、測定、表示及び開示の特定の側面に関するFASBの基準に基づき、一定の例外を

     除き、持分投資の公正価値の変動をその他の包括利益ではなく純利益を通じて認識することが求められる。
     当該基準では、公正価値を容易に決定できない持分投資は、持分法を用いて測定されるか、観察可能な価格
     変動又は減損損失を加減した原価で測定される(以下「代替的な測定方法」という)。当社は、定性的評価
     を四半期ごとに実施しており、投資の公正価値が帳簿価額を下回ることを示す十分な兆候があった場合に
     は、減損を認識する。価額の変動は「その他の収益(費用)、純額」に計上される。
     日本においては、「その他有価証券」に分類される持分投資(売買目的有価証券、子会社株式及び関連会社

     株式以外の持分投資)の時価の変動による評価差額は、全部純資産直入法(評価差益及び評価差損の合計額
     を純資産の部に計上する)又は部分純資産直入法(評価差益は純資産の部に計上し、評価差損は当期の損失
     として処理する)のいずれかの方法により処理する。時価を把握することが極めて困難と認められる株式は
     取得原価をもって貸借対照表価額とするが、当該株式の発行会社の財政状態の悪化により実質価額が著しく
     低下したときは、相当の減額を行い、評価差額は当期の損失として処理(減損処理)しなければならない。
                                 65/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     (i)  デリバティブ金融商品およびヘッジ会計

     米国では、デリバティブ金融商品およびヘッジ活動に関する会計指針に基づき、すべてのデリバティブ商品

     を時価評価し貸借対照表に計上する。ヘッジ取引については、認識済みの資産・負債又は未認識確定契約に
     係る公正価値変動の相殺に使用される一定のデリバティブについては「公正価値ヘッジ会計」が採用され、
     デリバティブ及びヘッジ対象リスクに起因するヘッジ対象項目の公正価値の変動は損益として認識される。
     予定取引のキャッシュ・フロー変動のエクスポージャーをヘッジするために使用される一定のデリバティブ
     については「キャッシュ・フロー・ヘッジ会計」の手法が採用され、デリバティブの公正価値変動のヘッジ
     上有効な部分はその他の包括利益に計上され、ヘッジ対象が損益に影響する時に損益計算書上に認識され
     る。
     日本においてもデリバティブ商品は時価評価され貸借対照表に計上される。しかし、デリバティブ取引につ

     いて、会計基準により定められたヘッジ会計の要件を満たす場合には、原則として、「繰延ヘッジ会計」
     (時価評価されているヘッジ手段に係る損益又は評価差額を、ヘッジ対象に係る損益が認識されるまで純資
     産の部において繰り延べる方法)を適用し、ヘッジ対象である資産又は負債に係る相場変動等を会計基準に
     基づき損益に反映させることができる場合には、「時価ヘッジ会計」(ヘッジ対象である資産又は負債に係
     る相場変動等を損益に反映させることにより、その損益とヘッジ手段に係る損益とを同一の会計期間に認識
     する方法)を適用できる。
     (j)  金融商品に関する相殺権の開示

     米国では、金融商品に関する企業の相殺権及び関連契約の性質に関する開示要求を拡充する指針により、相

     殺されるか又は強制力のあるマスターネッティング契約若しくは類似契約の対象となるデリバティブ、レポ
     契約及び有価証券貸付契約について、相殺権の対象となる総額、準拠した会計基準に基づく相殺金額、及び
     関連する正味エクスポージャーの開示が要求される。
     日本においては、一定の要件を満たす金融資産と金融負債を相殺して表示することが認められているが、上

     記のデリバティブ、レポ契約及び有価証券貸付契約に関する開示を求める会計基準はない。
     (k)  債券の減損

     米国では、一時的でない減損の認識及び表示に関する会計指針に基づき、債券の減損が一時的でないことを

     判断するに当たって、売却の意図があるかどうか、また、回復する前に売却せざるを得なくなる可能性が
     50%を超えるかどうかを評価する。また、売却が想定されない債券について、償却原価までの回復が見込ま
     れない場合は、減損損失を信用損失とその他の損失に区分し、信用損失部分のみを損益に反映し、それ以外
     の要因による損失はその他の包括利益に反映することとされている。
     日本では、債券(満期保有目的の債券及びその他有価証券)のうち時価を把握することが極めて困難と認め

     られる金融商品以外のものについて時価が著しく下落した時は、回復する見込があると認められる場合を除
     き、時価をもって貸借対照表価額とし、評価差額は信用損失部分又はそれ以外の部分に区別することなく、
     すべて当期の損失として処理しなければならない。時価が取得原価に比べて50%程度以上下落した場合には
     著しく下落したときに該当し、下落率が30%未満の場合には一般的に著しく下落したときに該当しないもの
     と考えられている。
     (l)  保証

     保証に関する会計指針に従って、一定の保証を引き受ける米国企業は、その保証により発生する債務の公正

     価値または市場価値を保証開始時に負債として認識しなければならない。
     日本では、金融資産又は金融負債の消滅の認識の結果生じる債務保証を除いて、保証の開始時に保証に係る

     負債の公正価値を認識することは求められない。保証に起因して、将来の損失が発生する可能性が高く、か
     つ、その金額を合理的に見積ることができる場合には、債務保証損失引当金を計上する。
     (m)  再編費用

     米国では、撤退又は処分費用の債務に関する会計指針において、再編費用に係る負債を、当該負債の発生し

     た期間に認識することが要求されている。こうした費用に係る負債は、第三者に対する現在の債務という負
     債の定義を満たした時に発生し、再編計画それ自体では当該定義を満たさない。再編費用の認識には、計画
     された撤退活動に関連する費用の性質、時期及び金額に関する一定の判断及び見積りを要する場合がある。
     処分又は撤退活動に関する実際の結果が見積り及び仮定と異なる場合には、経営者は将来の負債に関する見
                                 66/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     積りを修正しなければならないことがあり、追加の再編費用の認識や既に認識した負債の減額が必要とな
     る。各報告期間末に、経営者は、過剰な引当金が留保されていないこと及び引当金が策定された再編計画に
     沿っ  て意図した目的で取崩しされていることを確実とするために、残存する引当金残高を評価する。
     日本では、再編費用に係る負債について個別に規定する会計基準は公表されていない。一般に、将来の特定

     の費用又は損失であって、その発生が当期以前の事象に起因し、発生の可能性が高く、かつ、その金額を合
     理的に見積ることができる場合には、当期の負担に属する金額を当期の費用又は損失として引当金に計上す
     る。
     (n)  法人所得税の不確実性

     米国では、法人所得税の不確実性に関する会計指針において、税務申告で申告したか、またはその予定であ

     る税務ポジションの財務諸表における認識の閾値及び測定属性について規定している。当該指針に基づい
     て、会社は、不確実な税務ポジションからの税金ベネフィットを、当該ポジションの技術的利点に基づき、
     当該ポジションが税務当局の調査において支持される可能性が50%を超える場合にのみ、認識することがで
     きる。財務諸表に認識されるこうしたポジションからの税金ベネフィットは、最終的な解決時に実現される
     可能性が50%超であるベネフィットの最大額に基づいて測定されなければならない。当該指針はまた、法人
     所得税資産及び負債の認識の中止、当期及び繰延法人所得税資産・負債の分類、税務ポジションに関連する
     利息及びペナルティ(加算税)の会計処理、並びに法人所得税の開示についての指針も規定している。不確
     実な税務ポジションに関連する利息及び加算税は、米国及び米国外の法人所得税、永久的に再投資すると見
     込んでいない米国外子会社の未分配所得に係る米国の税額の引当額とともに、法人所得税費用に含まれてい
     る。
     日本においては、過年度の所得等に対する法人税、住民税及び事業税等の更正等による追徴及び還付につい

     ては、当該追徴税額又は当該還付税額を合理的に見積もることができる場合には、誤謬に該当する場合を除
     き、それぞれ以下のように計上することが求められており、認識の閾値は、追徴の場合と還付の場合とで異
     なっている。
        更正等による追徴の場合は、追徴される可能性が高い場合に、原則として、当該追徴税額を損益に計

        上する。なお、更正等による追徴に伴う延滞税、加算税、延滞金及び加算金については、当該追徴税
        額に含めて処理する。
        更正等による還付の場合、又は、更正等により追徴税額を納付したが当該追徴の内容を不服として法

        的手段を取る場合は、還付されることが確実に見込まれる場合に、当該還付税額を損益に計上する。
     更正等による追徴税額及び還付税額は、法人税、地方法人税、住民税及び事業税(所得割)を表示した科目

     の次に、その内容を示す科目をもって表示する。
     (o)繰延税金の貸借対照表上の分類

     米国では、会計指針により、全ての繰延税金資産及び負債を貸借対照表において流動項目と非流動項目に区

     分して開示するのではなく、非流動項目として分類することが企業に要求される。一つの税務管轄区域内の
     各納税単位に係る繰延税金資産と負債は、相殺することが要求されている。
     日本においては、繰延税金資産及び繰延税金負債は、これらに関連した資産・負債の分類に基づいて、貸借

     対照表において流動項目と非流動項目に区分して表示しなければならない。流動項目に属する繰延税金資産
     と繰延税金負債、非流動項目に属する繰延税金資産と繰延税金負債は、それぞれ相殺して表示する。ただ
     し、異なる納税主体の繰延税金資産と繰延税金負債は、原則として相殺してはならない。なお、2018年2月
     16日に公表された企業会計基準第28号「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」において、繰延税金資
     産は固定資産の投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示することが要求さ
     れており、米国の会計指針における分類との差異は解消される。企業会計基準第28号は、2018年4月1日以
     後開始する連結会計年度及び事業年度の期首から適用することが要求されているが、2018年3月31日以後最
     初に終了する連結会計年度及び事業年度の年度末に係る連結財務諸表及び個別財務諸表から適用することも
     認められている。
     (p)顧客との契約の獲得に係るコストから認識された資産

     米国においては、当社は、顧客との契約の獲得に係る増分コストについて、当社がこれらのコストから1年

     を超えて便益を受けると見込む場合には、当該コストを資産として認識する。当社は、一定の販売インセン
     ティブプログラムが資産計上の要求事項を満たすと判断している。契約獲得のためのコストの資産計上額の
                                 67/71


                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     合計は、表示期間において僅少であり、当社の連結貸借対照表のその他の流動資産及び固定資産に含まれて
     いる。
     当社は、顧客との契約の獲得に係るコストの償却期間が1年以下であると見込む場合には、当該コストを発

     生時に費用処理する実務上の簡便法を適用している。当社は、年間の人件費は当該年の販売活動に対応する
     と判断しているため、これらのコストには、社内販売員報酬プログラム及び一定のパートナー販売インセン
     ティブ    プログラムが含まれている。
     日本においては、顧客との契約の獲得に係る増分コストの会計処理について定める会計基準はない。

     (q)  リース

     米国においては、当社は、契約がリースであるかどうかをその開始時に決定している。オペレーティング・

     リースは、当社の連結貸借対照表のオペレーティング・リース使用権資産、その他の流動負債、及びオペ
     レーティング・リース負債に含まれている。ファイナンス・リースは、当社の連結貸借対照表の有形固定資
     産、その他の流動負債、及びその他の固定負債に含まれている。
     使用権資産はリース期間にわたって原資産を使用する当社の権利を表し、リース負債は当該リースによって

     生じたリース料を支払う当社の義務を表している。オペレーティング・リース使用権資産及び負債は、リー
     ス期間にわたるリース料の現在価値に基づいて、リース開始日に認識される。当社の大部分のリースは計算
     利率を示していないため、当社はリース料の現在価値の算定に際しては、リース開始日現在で入手可能な情
     報に基づく当社の追加借入利子率を使用している。計算利子率が容易に算定可能である場合には、当社は当
     該利子率を使用している。オペレーティング・リース使用権資産にはさらに支払済みのリース料が含まれる
     が、リース・インセンティブは除外される。当社のリースの期間は、当社がリースを延長又は解約するオプ
     ションを行使することが合理的に確実である場合には、当該オプションを反映する場合がある。リース料に
     係るリース費用は、リース期間にわたって定額法で認識される。
     当社はリース要素及び非リース要素を伴うリース契約を有しており、これらは通常は別々に会計処理され

     る。車両等の一定の設備のリースについては、リース要素及び非リース要素を単一のリースの要素として会
     計処理している。さらに、当社はオペレーティング・リース使用権資産及び負債を効率的に会計処理するた
     めに、一定の設備のリースについてポートフォリオ・アプローチを適用している。
     日本においては、オペレーティング・リース取引については通常の賃貸借取引に係る方法に準じて会計処理

     を行うこととされ、米国の会計指針で求められるオペレーティング・リース使用権資産及び負債を貸借対照
     表に計上することは求められていない。また、日本の会計基準においては、基本的に、契約にリース要素と
     非リース要素(サービス要素)の双方が含まれる場合の区分については取り扱っていない。
     (r)  社債発行費

     米国では、借入債務のディスカウントと同様に、借入債務の発行費は当該債務の帳簿価額からの控除項目と

     して計上される。
     日本では、社債発行費は、原則として支出時に費用(営業外費用)として処理する。ただし、社債発行費を

     繰延資産に計上することができ、この場合には、社債の償還までの期間にわたり利息法(または継続適用を
     条件として定額法)により償却しなければならない。
     (s)  長期有給休暇(サバティカル)その他類似給付に関する会計処理

     米国では、長期有給休暇(サバティカル)及びその他の類似した給付に関する会計指針により、長期有給休

     暇及びその他の類似した給付の取決めに基づく有給休暇に係る費用につき、必要な勤務期間にわたり発生主
     義で計上することが企業に要求される。
     日本においては、長期有給休暇及び類似給付に係る費用を必要な勤務期間にわたり発生主義で計上すること

     を要求する上記のような会計基準はない。
                                 68/71




                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     第7【外国為替相場の推移】
     当該半期中の日本円と米ドルの間の為替相場は、日本の日刊新聞2紙以上に掲載されているため、本項の記

     載は省略する。
                                 69/71



















                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     第8【提出会社の参考情報】
     当社は、平成30年7月1日から本半期報告書提出日までの間に、以下の書類を関東財務局長に提出した。

          書 類 名                    提出年月日                    摘  要

                                   企業内容等の開示に関する

     (1) 臨時報告書                  平成30年7月31日
                                   内閣府令第19条第2項第1号
                                   企業内容等の開示に関する

     (2) 臨時報告書                  平成30年9月10日
                                   内閣府令第19条第2項第2号の2
                                   企業内容等の開示に関する

     (3) 臨時報告書                  平成30年10月29日
                                   内閣府令第19条第2項第1号
                                   企業内容等の開示に関する

     (4) 臨時報告書                  平成30年12月7日
                                   内閣府令第19条第2項第2号の2
     (5) 有価証券報告書                  平成30年12月28日

                                   企業内容等の開示に関する

     (6) 臨時報告書                  平成31年2月5日
                                   内閣府令第19条第2項第1号
                                   企業内容等の開示に関する

     (7) 臨時報告書                  平成31年3月20日
                                   内閣府令第19条第2項第2号の2
                                 70/71













                                                           EDINET提出書類
                                                 マイクロソフトコーポレーション(E05817)
                                                              半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
     該当なし。

                                 71/71




















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。