株式会社ハイパー 有価証券報告書 第29期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第29期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社ハイパー

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                   有価証券報告書

      【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                   関東財務局長
      【提出日】                   2019年3月27日
      【事業年度】                   第29期(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                   株式会社ハイパー
      【英訳名】                   HYPER   Inc.
      【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  玉田 宏一
      【本店の所在の場所】                   東京都中央区日本橋堀留町二丁目9番6号
      【電話番号】                   03-6855-8180(代表)
      【事務連絡者氏名】                   取締役  田邉 浩明
      【最寄りの連絡場所】                   東京都中央区日本橋堀留町二丁目9番6号
      【電話番号】                   03-6855-8180(代表)
      【事務連絡者氏名】                   取締役  田邉 浩明
      【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/112













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第25期       第26期       第27期       第28期       第29期
             決算年月             2014年12月       2015年12月       2016年12月       2017年12月       2018年12月

                    (千円)      21,518,336       18,715,567       19,249,564       22,268,215       22,147,210

     売上高
                    (千円)        594,562       361,255       190,316       341,585       348,472

     経常利益
     親会社株主に帰属する当期純
                    (千円)        361,101       226,319       104,159       203,135       183,874
     利益
                    (千円)        362,721       225,957       104,413       206,567       180,354
     包括利益
                    (千円)       2,142,808       2,367,071       2,383,642       2,541,548       2,662,573

     純資産額
                    (千円)       5,905,460       6,027,777       5,799,229       6,493,863       6,280,970

     総資産額
                    (円)        508.16       541.30       547.58       289.10       300.91

     1株当たり純資産額
                    (円)        87.32       54.17       24.76       24.07       21.62

     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)        84.73       52.43       23.97       23.12       20.38
     期純利益金額
                    (%)         35.9       38.3       39.8       37.8       40.9
     自己資本比率
                    (%)        18.56       10.22        4.51       8.53       7.32

     自己資本利益率
                    (倍)         5.70       9.54       19.63       22.02       21.19

     株価収益率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (千円)        790,388       115,366       319,970       563,510       363,378
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 36,489      △ 70,150      △ 83,202      △ 307,017       △ 52,889
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 113,331        68,226      △ 793,639       △ 60,824      △ 51,830
     フロー
     現金及び現金同等物の
                    (千円)       2,086,451       2,199,894       1,643,023       1,838,692       2,097,351
     期末残高
                             199       200       222       261       259
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 33 )      ( 31 )      ( 35 )      ( 36 )      ( 38 )
      (注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2 当社は、2016年1月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、第25期の期首に当該株式分
           割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当
           期純利益金額を算定しております。
         3 当社は、2018年7月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、第28期の期首に当該株式分
           割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当
           期純利益金額を算定しております。
                                   2/112






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第25期       第26期       第27期       第28期       第29期
             決算年月             2014年12月       2015年12月       2016年12月       2017年12月       2018年12月

                    (千円)      21,212,781       18,363,875       18,904,625       21,776,569       21,418,085
     売上高
                    (千円)        540,252       308,327       153,420       351,076       347,154
     経常利益
                    (千円)        294,282       191,451        86,507       206,212       216,534
     当期純利益
                    (千円)        278,628       297,981       299,831       306,768       321,682
     資本金
                    (株)      2,083,800       2,134,200       4,280,600       4,311,000       8,666,400
     発行済株式総数
                    (千円)       2,126,528       2,315,922       2,314,840       2,475,824       2,629,509
     純資産額
                    (千円)       5,823,578       5,921,292       5,657,083       6,308,819       6,118,377
     総資産額
                    (円)        504.26       529.32       531.25       281.36       297.03
     1株当たり純資産額
                            32.00       34.00       18.00       18.00       13.50
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                            ( 13.50   )    ( 16.00   )     ( 9.00  )     ( 8.50  )     ( 9.00  )
     額)
                    (円)        71.16       45.83       20.56       24.43       25.46
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)        68.53       44.35       19.91       23.47       24.00
     期純利益金額
                    (%)         36.1       38.2       39.6       37.9       41.4
     自己資本比率
                    (%)        15.00        8.78       3.85       8.91       8.80
     自己資本利益率
                    (倍)         6.99       11.28       23.64       21.69       17.99
     株価収益率
                    (%)         22.5       37.1       87.5       36.8       53.0
     配当性向
                             195       196       208       212       195
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 32 )      ( 30 )      ( 34 )      ( 34 )      ( 35 )
      (注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2 当社は、2016        年1月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、第25期の期首に当該株式分
           割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当
           期純利益金額を算定しております。
         3 当社は、2018年7月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、第28期の期首に当該株式分
           割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当
           期純利益金額を算定しております。なお、第29期の1株当たり配当額13円50銭については、当該株式分割前
           の中間配当額9円と、当該株式分割後の期末配当金4円50銭を合計した金額であります。
                                   3/112







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       年月                            事項
      1990年5月       電話一体型簡易通信端末「テレメーション」の普及のための企画及びビジネスホン、ファクシミリ、複
             写機の販売を事業目的として、東京都渋谷区に当社設立(資本金10,000千円)
      1991年6月       本社を東京都渋谷区南平台町15-13から東京都板橋区南町8-6エクセル西池903号に移転
      1992年2月       資本金20,000千円に増資

      1992年8月       本社を東京都板橋区南町8-6エクセル西池903号から東京都豊島区東池袋3-20-9に移転

      1993年6月       神田営業所を新設し、パソコン事業に参入

      1993年11月       秋葉原にパソコン・マルチメディアショップ「LITS FACTORY」を出店
             当社オリジナルDOS/Vパソコン「FACTORY」シリーズを発表
      1994年7月       本社を東京都豊島区東池袋3-20-9から東京都千代田区外神田1-15-6に移転
             秋葉原にコンパック専門店、「SOUTH WIND」を出店
      1995年3月       本社を東京都千代田区外神田1-15-6から東京都千代田区外神田1-11-6小暮ビルに移転
      1996年11月       資本金を49,865千円に増資
      1998年4月       本社を東京都千代田区外神田1-11-6小暮ビルから東京都千代田区外神田1-11-5に移転

      2000年2月       店舗を1店舗に統合

      2000年7月       インターネットビジネス関連の子会社、「ハイパーネクスト株式会社」を設立

      2001年12月       アスクル事業に本格進出

      2003年9月       資本金59,865千円に増資

      2003年12月       資本金63,865千円に増資
             決算期を3月から12月に変更
      2004年9月       「ハイパーネクスト株式会社」より営業を譲り受け、デジタルコンテンツ事業に本格進出
             「ハイパーネクスト株式会社」解散(同年12月 清算結了)
      2006年9月
             ジャスダック証券取引所に株式を上場
             資本金250,865千円に増資
      2009年9月
             商号を株式会社ハイパーに変更
             本社を東京都千代田区外神田1-11-5から東京都中央区日本橋堀留町2-9-6(現在地)に移転
      2010年4月
             ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に株式
             を上場
      2010年10月
             大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に
             伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場
      2011年6月       大阪支店及び広島支店を開設
      2012年4月       小規模企業向けにサーバ等の情報通信機器の販売を行う連結子会社、「株式会社リステック」を設立

      2013年3月       沖縄でのアスクル代理店業務を行う連結子会社、「株式会社らくさあ」を設立

      2013年7月
             東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式
             を上場
      2014年8月       名古屋支店を開設
      2015年6月       「株式会社らくさあ」を吸収合併

      2016年1月       放課後等デイサービス事業等を行う連結子会社、「株式会社みらくる」を設立
      2017年7月       「マルチネット株式会社」の全株式を取得し、子会社化
      2017年9月       福岡支店を開設
      2018年1月       セキュリティに特化したソフトウェア製品の販売事業を行う連結子会社、「株式会社セキュリティア」
             を設立
      2019年3月       東京証券取引所       JASDAQ(スタンダード)から同取引所市場第二部へ市場変更
                                   4/112


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び連結子会社4社の計5社で構成され、ITサービス事業、
       アスクルエージェント事業を主たる業務としております。当社グループの事業内容は次のとおりであります。
        なお、当連結会計年度より報告セグメントの名称を従来の「情報機器販売事業」から「ITサービス事業」に変更
       いたしました。
       (1)ITサービス事業
        ① コンピュータ事業
          当社グループは、法人ユーザー(主に上場企業及びその関連会社、従業員が100人以上でかつ情報システム担
         当者が設けられている法人)、システムインテグレータ、その他販売店等をターゲットとして、サーバ、コン
         ピュータをはじめ、プリンタ、トナー、周辺機器、ネットワーク関連機器、ビジネス用ソフトウェア等を販売し
         ております。ユーザーのニーズに合わせ、様々なメーカーの製品からそれぞれ優れたものを選んで組み合わせ、
         販売するマルチベンダーであります。
          また、当社グループは売れ筋商品を大量に仕入れることによって、低価格での販売と早い納品体制を作ってお
         ります。企業の部署単位での入れ替え、機器の故障、従業員の増加、部署移転などに伴う小規模及び随時の需要
         に注目し、電子メール及びFAXにて頻繁に価格情報を提供することにより、ユーザーに需要が発生した際に即
         時に受注につながる体制を作っております。
        ② サービス&サポート事業
          当社グループは、コンピュータ事業において取引を開始したユーザーを中心に、オフィス全般の設置保守業、
         LAN配線等のネットワークインフラ構築、電話配線作業、オフィスレイアウト、ヘルプデスクの運営、デジタ
         ルコンテンツの制作等の付加価値の高いサービス提供を行っております。
          また、当社グループは、中小企業様向けセキュリティシステム等の製造・企画・販売、ITコンサルティン
         グ、セキュリティ対策等、より専門性の高いサービスの提供も行っております。
       (2)アスクルエージェント事業

         当社グループは、アスクル株式会社が行っている通信販売事業「ASKUL」の代理店業務、事務用品、オフィ
        ス家具等の販売を行っております。
         ITサービス事業によって取引を開始したユーザーをはじめ、中小事業所から大手企業に対して、インターネッ
        ト経由並びにFAXでの注文によるオフィス関連用品の翌日配送(一部、当日配送)サービスを提供しておりま
        す。
       (3)その他

         当社グループが行っている就労移行支援事業及び放課後等デイサービス事業等を含んでおります。
      事業内容と各社の当該事業にかかる位置付け及びセグメントとの関係は、次のとおりであります。

              セグメント名称

                                 主要商品・サービス                 主要な会社
         セグメント            主な事業内容
                               ・コンピュータ及び周辺機              当 社

                               器の販売
                               ・通信機器、事務機器、オ
                               フィスオートメイション機
                  コンピュータ事業
                               器の販売
                               ・情報処理サービス業及び
                               ソフトウェアの企画・開
                               発・販売
     ITサービス事業
                               ・コンピュータ及びその周              当 社
                               辺機器の設置設定・保守
                               ・通信機器、事務機器、オ
                               フィスオートメイション機
                  サービス&サポート事業
                               器の設置・保守
                               ・セキュリティ対策ソ
                               リューションの企画・販
                               売・導入サービス
                                   5/112


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
              セグメント名称

                                 主要商品・サービス                 主要な会社
         セグメント            主な事業内容
                               ・中小企業様向けセキュリ              株式会社リステック

                               ティシステム等の製造・企
                               画・販売
                                              マルチネット株式会社
                               ・ITコンサルティング、
     ITサービス事業             サービス&サポート事業
                               ネットワークシステムの構
                               築・保守
                                              株式会社セキュリティア
                               ・セキュリティに特化した
                               ソフトウェア製品の販売
     アスクルエージェント             アスクルエージェント             ・アスクルシステムの代理              当社
     事業             事業             店業務、事務用品、オフィ
                               ス家具等の販売
                               ・就労に必要な知識・能力              株式会社みらくる
                               の向上を目的とした訓練や
                               準備、就職活動支援及び就
                               職後の職場定着支援
                  就労移行支援事業及び
     その他                          ・日常生活における基本的
                  放課後等デイサービス事業
                               動作の指導、独立自活に必
                               要な知識技能の付与または
                               集団生活への適応のための
                               訓練
     事業系統図は、次のとおりであります。

                                   6/112











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                              議決権の所有
                               資本金
           名称            住所            主要な事業の内容         または被所有割         関係内容
                              (百万円)
                                              合(%)
                                    中小企業向けセ
     (連結子会社)
                                    キュリティシステ                  役員の兼任
     株式会社リステック               東京都中央区             50               100.0
                                    ム等の製造・企                      2名
     (注)1
                                    画・販売
                                    就労移行支援事業
                                                      役員の兼任
     株式会社みらくる               東京都中央区             20  放課後等デイサー             100.0
                                                          3名
                                    ビス事業
                                    ITコンサルティ
                                                      役員の兼任
     マルチネット株式会社               東京都千代田区             100   ング、ネットワー             100.0
                                                          2名
     (注)1                               クシステムの構築
                                    セキュリティに特
                                                      役員の兼任
     株式会社セキュリティア               東京都中央区             50  化したソフトウェ             100.0
                                                          2名
     (注)1                               ア製品の販売
                                                  被所有
     (その他の関係会社)
                                                  27.2
     ララコーポレーション株式会社               東京都豊島区              3  資産運用業務                       -
                                                  [3.0]
     (注)2、3
      (注)1 株式会社リステック、マルチネット株式会社及び株式会社セキュリティアは、特定子会社に該当しておりま
           す。
         2 議決権の所有または被所有割合の[ ]内は、緊密な者等の所有割合で外数となっております。
         3 ララコーポレーション株式会社は、創業者である関根俊一の親族が株式を保有する資産管理会社でありま
           す。
                                   7/112












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2018年12月31日現在
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
     ITサービス事業                                                  178  (18)
     アスクルエージェント事業                                                   17  (8)
     その他                                                   15  (2)
     全社(共通)                                                   49 (10)
                  合計                                      259  (38)
      (注)1 従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの
           出向者を含む。)であり、臨時雇用者数は(                     )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2 全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
       (2)提出会社の状況

                                                   2018年12月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(才)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

              195(35)
                              36.5              8.4           4,816,583
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
     ITサービス事業                                                  129  (17)
     アスクルエージェント事業                                                   17  (8)
                                                         -
     その他                                                     (-)
     全社(共通)                                                   49 (10)
                  合計                                      195  (35)
      (注)1 従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時
           雇用者数は(       )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3 全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
       (3)労働組合の状況

         当社は、労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                   8/112








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)基本方針

         当社グループは、「ユーザーニーズ実現企業」として、すべてのステークホルダーとの長期的に安定した共存共
        栄を目指すことを経営理念に掲げております。企業価値の向上を図り、当社グループを支持していただいている株
        主、顧客、取引先の皆様の期待にお応えしていくことを目標として、事業活動を展開しております。
      (2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループは、販売を中心とする企業であり、企業の発展と存続を示すものとの観点から、売上高の安定的拡
        大並びに事業の収益力を示す営業利益、経常利益を指標として重視し、これら指標の継続的向上に努めてまいりま
        す。
      (3)経営環境

         当連結会計年度におけるわが国の経済は、                    雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあり、緩やか
        な回復基調で推移しました。一方、通商問題の動向が世界経済に与える影響や、海外経済の不確実性、金融資本市
        場の変動の影響など、先行き不透明な要素もみられました。
         当社グループが属するコンピュータ販売業界におきましては、スマートフォンやタブレット端末の利活用により
        個人向け市場の国内のパソコン出荷台数は減少傾向にあるものの、パソコンの買い替え需要が顕著化したことによ
        り法人向けパソコン市場においての出荷台数は、増加傾向で推移しました。
         このような環境のもと、当社グループ各社におきましては顧客の要望に可能な限りお応えするとともに、当社グ
        ループの業績並びに企業価値の向上に向け、中期経営計画を推進してまいります。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         業界のマーケットは縮小傾向にあり、インターネットの価格比較サイト等による商品価格情報の提供やメーカー
        直販による低価格販売等、コンピュータ及び周辺機器の価格に対する競争は激しさを増しています。
         当社グループにおきましては、既存事業の収益力の強化に注力するとともに、市場のニーズに呼応した新たな事
        業を展開し、これらの新規事業や新たなサービスの早期収益化の体制を構築、業績の向上を目指してまいります。
         財務上の対処すべき課題といたしましては、当社グループの安定した財政基盤の維持を前提に、更なる企業価値
        向上のための自己資産を活用など、当社グループ資産の一層の有効活用を図るとともに、株主への安定的利益還元
        などにより資本効率の改善を進めてまいります。
                                   9/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況、財務諸表等に関する事項のうち、当連結会計
       年度末現在において、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。な
       お、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)ITサービス事業について

        ① 価格競争の動向について
          事業の中心であるコンピュータ販売では、法人、個人とも国内市場は飽和状態にあり、代替需要が中心となっ
         ております。商品の低価格化も進んでおり、今後、市場全体(販売台数・販売金額)の伸びは緩やかなものにな
         らざるを得ません。その中でインターネットの価格比較サイト等による商品価格情報の提供やメーカー直販によ
         る低価格販売により、コンピュータ及び周辺機器の価格に対する競争は激しさを増しています。
          当社グループは、売れ筋商品に限定した在庫を保有し仕入価格を下げることにより、価格優位性を保ち価格競
         争に巻きこまれることのない経営を行っておりますが、今後のコンピュータ業界の動向によっては当社グループ
         の業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ② 在庫商品の陳腐化について
          当社グループは、在庫商品について適切に管理・運用しておりますが、コンピュータのライフサイクルが比較
         的短いため、保有在庫の陳腐化等により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ③ 業界動向について
          現在多くのコンピュータ製品は特定のOSに依存しており、OSの仕様変更やサポート体制の見直しが、コン
         ピュータ製品の需要に大きく影響します。また、コンピュータ製品は様々なパーツ(CPU、メモリ、ハードディ
         スク等)で構成されていることから、パーツの供給状況如何によっては、コンピュータ製品の流通量が減少する
         ことが考えられます。これらの業界の動向は、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)アスクルエージェント事業について

         当社グループは、アスクル株式会社が行っている事務用品の通信販売事業「ASKUL」の代理店業務を行って
        おります。今後、アスクル株式会社の経営方針の変更や市場での競争激化による利益率の低下等によっては、当社
        グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)特定の仕入先への依存について

         当社グループが取扱う商品は、上位数社の仕入先に大きく依存しております。これら上位仕入先とは現在良好な
        関係を維持しておりますが、何らかの事情により取引が大きく変動した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす
        可能性があります。
       (4)オリジナル商品や新製品について

         当社グループのオリジナル商品や当社グループが企画した新商品が、市場の支持を得ることができず、販売計画
        を大きく下回り収益性を低下させた場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (5)事業投資について

         当社グループでは、既存ビジネスの拡大、新たな事業領域への進出等を目的として、事業譲受、M&A、子会
        社の設立等により組織の変更を行う可能性があります。これらの資金は、自己資金だけでなく、金融機関からの
        融資、借入金等により賄われる場合もあります。これらの意思決定を行う際には、対象会社の財政状態や経営成
        績、進出事業のリスク等を慎重に検討し、総合的な判断のもと決定するよう努めておりますが、当該会社の財政
        状態や経営成績の状況等によって有価証券に評価損が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があり
        ます。
       (6)情報システムのトラブルについて

         予測不能な事象により基幹システムに障害が発生し、復旧作業に一定時間以上を要する事となった場合には、
        当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (7)情報管理について

         当社グループでは業務に関連して多数の企業情報を保有するとともに、個人情報取扱業者として多数の個人情報
        を保有しております。これらの情報の管理については、社内規程を制定し、その遵守に努めております。また、一
        般財団法人日本情報経済社会推進協会よりプライバシーマークの付与認定を受けており、定期的に従業員に対する
        教育を行っております。しかしながら、予期せぬ事態により情報が漏洩した場合には、損害賠償請求や社会的信用
        下落等によって、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  10/112


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
       (8)自然災害について
         当社グループは全国に事業所7拠点と東京に物流センター1拠点を設置し事業展開しており、大地震や台風等の
        巨大な自然災害が発生した場合、各拠点は甚大な被害を受ける恐れがあり、その規模によっては当社グループの業
        績に影響を及ぼす可能性があります。
       (9)人材の確保について

         今後の持続的発展、事業拡大にあたり、人材の確保及び育成は必要不可欠であると考えております。当社グルー
        プは、中長期における人材の確保に注力しておりますが、優秀な人材の確保や人材の育成が計画通りに進まない場
        合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (10)株式価値希薄化について

         当社グループはストックオプション制度を採用しており、当社取締役及び使用人に対して新株予約権779,300株
        相当、潜在株式を含めたシェア8.3%を付与しております。かかる新株予約権は、使用人等の業績向上に対する意
        欲や士気をより一層高めるものでありますが、新株予約権が行使された場合には、1株当たりの株式価値が希薄化
        する可能性があります。また、新株予約権により取得した株式が市場で売却された場合は、需給バランスに変動を
        生じ、適正な株価形成に影響を及ぼす可能性があります。
                                  11/112















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       業績等の概要
       (1)業績
         当連結会計年度におけるわが国の経済は、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあり、緩やか
        な回復基調で推移しました。一方、通商問題の動向が世界経済に与える影響や、海外経済の不確実性、金融資本市
        場の変動の影響など、先行き不透明な要素もみられました。
         当社グループが属するコンピュータ販売業界におきましては、                              スマートフォンやタブレット端末の利活用により
        個人向け市場の国内のパソコン出荷台数は減少傾向にあるものの、パソコンの買い替え需要が顕著化したことによ
        り法人向けパソコン市場においての出荷台数は、増加傾向で推移しました。
         このような環境のもと、当社グループにおきましては、顧客ニーズが高まると予測されるセキュリティ関連事業
        への投資を行うなど、将来の事業基盤強化のための施策を実施いたしました。また、当社独自の在庫販売戦略を継
        続しつつ、エンドユーザーへの販売強化や各メーカーとの協業を図ることなどにより、粗利の確保に努めてまいり
        ました。
         以上の結果、当連結会計年度の業績は、売上高は22,147,210千円(前連結会計年度比0.5%減)、経常利益は
        348,472千円(前連結会計年度比2.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は183,874千円(前連結会計年度比
        9.5%減)となりました。
         各セグメント別の営業の概況は次のとおりであります。
         ①ITサービス事業
         法人向けコンピュータ市場においては、Windows7のサポート終了に伴うWindows10搭載機への入れ替え需要が顕
        著化し、PC出荷台数は増加傾向で推移しました。しかしながら、CPU不足を起因としたPCの供給不足が年末にかけ
        て顕著になり、市場におけるPCの調達が困難な状況が続いております。当社グループにおきましては、状況に応じ
        た在庫の調達を行いつつ、エンドユーザーへの販売を強化し、間接販売から直接販売にシフトすることで販売効率
        を改善する施策を展開してまいりました。また、アスクルエージェント事業の人員を一時的にITサービス事業に集
        中し、積極的な営業活動を行ってまいりました。しかしながら、在庫商品の調達が計画を下回ったことや顧客の買
        い替えタイミングが先延ばしになるケースもあり、PC販売台数は計画値を下回る水準で推移いたしました。その結
        果、売上高は13,695,255千円(前連結会計年度比5.8%減)、営業利益は256,300千円(前連結会計年度比13.3%
        減)となりました。
         なお、当連結会計年度より報告セグメントの名称を従来の「情報機器販売事業」から変更しております。
         ②アスクルエージェント事業
         既存取引先の稼働促進や新規取引先の拡大により売上高、営業利益が堅調に推移しました。また、一時的にIT
        サービス事業に人員を集中したことにより人件費負担が減少しました。その結果、売上高は8,404,626千円(前連
        結会計年度比9.2%増)、営業利益は113,503千円(前連結会計年度比89.9%増)となりました。
         ③その他
         当社グループは、就労移行支援事業及び放課後等デイサービス事業を3施設運営しております。職業訓練・就労
        支援に関するサービス及び児童・生徒の発達支援に関するサービスの提供を行っており、着実に利用者数が増加し
        ております     。 その結果、売上高は47,328千円(前連結会計年度比80.3%増)、営業損失は24,842千円(前連結会
        計年度:営業損失16,860千円)となりました。
       (2)キャッシュ・フロー

         当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べて
        258,659千円増加し、2,097,351千円となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動により得られた資金は363,378千円(前連結会計年度比200,132千円の資金減)となりました。これは主
        に、「売上債権の増減額」が増加したものの、「仕入債務の増減額」が減少したことによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動により使用した資金は52,889千円(前連結会計年度比254,127千円の資金増)となりました。これは主
        に、「事業譲受による支出」及び「連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出」の減少によるもので
        す。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動により使用した資金は51,830千円(前連結会計年度比8,994千円の資金増)となりました。これは主
        に、「短期借入金の増減額」が増加したものの、「長期借入れによる収入」及び「長期借入金の返済による支出」
        が減少したことによるものです。
                                  12/112



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
       生産、受注及び販売の状況
        当社グループは、法人向けの販売を中心に事業を営んでおり、生産状況及び受注状況は記載しておりません。
       (1)商品仕入実績
         当連結会計年度の商品仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                 当連結会計年度
            セグメントの名称                   (自 2018年1月1日                  前年同期比(%)
                                至 2018年12月31日)
                                       11,230,499
     ITサービス事業(千円)                                                   91.7
                                        7,461,392

     アスクルエージェント事業(千円)                                                  109.4
                                         65,177
     その他(千円)                                                  175.3
                                       18,757,068
             合計(千円)                                           98.2
      (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       (2)販売実績

         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                 当連結会計年度
            セグメントの名称                   (自 2018年1月1日                  前年同期比(%)
                                至 2018年12月31日)
     ITサービス事業(千円)                                  13,695,255                 94.2

     アスクルエージェント事業(千円)                                  8,404,626                109.2

     その他(千円)                                    47,328               180.3

                                       22,147,210
             合計(千円)                                           99.5
      (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
                                  13/112












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
       財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       (1)財政状態の分析

        (総資産)
         総資産は「売掛金」及び「商品」の減少等により、前連結会計年度末と比べて212,893千円減少し、6,280,970千
        円となりました。
        (負債)

         負債は「買掛金」の減少等により、前連結会計年度末と比べて333,919千円減少し、3,618,396千円となりまし
        た。
        (純資産)

         純資産は「利益剰余金」の増加等により、前連結会計年度末と比べて121,025千円増加し、2,662,573千円となり
        ました。この結果、自己資本比率は40.9%となりました。
       (2)経営成績の分析

        (売上高)
         当連結会計年度の業績は、売上高は22,147,210千円(前連結会計年度比0.5%減)となりました。ITサービス
        事業は、Windows7搭載パソコン               の買い替え需要の発生等により、法人向けコンピュータ市場においては、パソコ
        ンの出荷台数が増加する状況がみられましたが、年末にはCPU不足に起因するPCの供給不足などのため在庫の調達
        が計画を下回る状況となり、             売上高は13,695,255千円(前連結会計年度比5.8%減)となりました。アスクルエー
        ジェント事業は、既存取引先の稼働促進や新規取引先の拡大が順調に推移し、売上高は8,404,626千円(前連結会
        計年度比9.2%増)となりました。
        (売上総利益)

         当連結会計年度の売上総利益は、3,101,404千円(前連結会計年度比3.4%増)となりました。
        (販売費及び一般管理費)

         当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、2,756,442千円(前連結会計年度比3.5%増)となりました。
        (営業利益)

         当連結会計年度の営業利益は、344,961千円(前連結会計年度比1.9%増)となりました。
        (営業外損益及び経常利益)

         当連結会計年度の営業外収益は広告料収入や助成金収入等で8,817千円(前連結会計年度比4.9%減)、営業外費
        用は支払利息等で5,307千円(前連結会計年度比14.8%減)となりました。また、経常利益は348,472千円(前連結
        会計年度比2.0%増)となりました。
        (親会社株主に帰属する当期純利益)

         当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は183,874千円(前連結会計年度比9.5%減)となりました。
       (3)キャッシュ・フローの状況の分析

         当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況は、「第2事業の状況 3経営者による財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フローの状況の分析 業績等の概要 (2)キャッシュ・フロー」に記載のとおりであります。
                                  14/112





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                  15/112



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度において、重要な設備投資はありません。また、当連結会計年度において、重要な設備の除却及び
       売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は以下のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                   2018年12月31日現在
                                      帳簿価額

       事業所名                 設備の                               従業員数
               セグメントの名称                    工具、器具
       (所在地)                 内容      建物           ソフトウエア         合計      (人)
                                  及び備品
                             (千円)             (千円)       (千円)
                                   (千円)
               ITサービス事業
     本社
               アスクルエージェ         事務所      16,694      10,159       102,178      129,032       160(22)
     (東京都中央区)
               ント事業
               ITサービス事業
     大阪支店
               アスクルエージェ         事務所       1,029       208        -     1,237       14(4)
     (大阪市中央区)
               ント事業
     広島支店         アスクルエージェ

                        事務所        234      859        -     1,094       6(6)
     (広島市中区)         ント事業
               ITサービス事業

     名古屋支店
               アスクルエージェ         事務所        444     1,463         -     1,907       9(2)
     (名古屋市中区)
               ント事業
               ITサービス事業
     福岡支店
               アスクルエージェ         事務所       1,028       831        -     1,859       6(1)
     (福岡市博多区)
               ント事業
      (注)1 金額には消費税等は含んでおりません。
         2 本社、大阪支店、広島支店、名古屋支店及び福岡支店は賃借しております。年間賃借料(共益費等含む)
           は、本社が100,504千円、大阪支店が5,150千円、広島支店が3,216千円、名古屋支店が2,177千円、福岡支店
           が2,685千円であります。
         3 従業員数の( )は、臨時雇用者数の年間平均人員を外数で記載しております。
                                  16/112









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
                                                   2018年12月31日現在
                                           帳簿価額
                  事業所名                                      従業員数
                                設備の
                                         工具、器具
                        セグメントの名称
         会社名
                                              ソフトウエア
                                     建物                合計
                 (所在地)                                       (人)
                                内容
                                         及び備品
                                    (千円)          (千円)     (千円)
                                         (千円)
                本社

                        ITサービス事業
                                      646     376     486    1,510    10(-)
     株式会社リステック                          事務所
                (東京都中央区)
                        その他

                        (就労移行支援事
                直営店
                                     5,499       95     -   5,594    15(2)
     株式会社みらくる                          事務所
                        業及び放課後等デ
                (3店舗)
                        イサービス事業)
                本社

                        ITサービス事業
                                     6,324      570      -   6,894    31(1)
     マルチネット株式会社                          事務所
                (東京都千代田区)
                本社

     株式会社セキュリティ
                        ITサービス事業
                                       -     194      -     194   8(-)
                                事務所
                (東京都中央区)
     ア
      (注)1 金額には消費税等は含んでおりません。

         2 株式会社リステック本社、株式会社みらくる直営店、マルチネット株式会社本社及び株式会社セキュリティ
           ア本社は賃借しております。年間賃借料(共益費等含む)は、株式会社リステック本社が6,000千円、株式
           会社みらくる直営店(3店舗)が7,907千円、マルチネット株式会社本社が22,549千円、株式会社セキュリ
           ティア本社が2,640千円であります。
         3 従業員数の( )は、臨時雇用者数の年間平均人員を外数で記載しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        該当事項はありません。
                                  17/112











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                  26,400,000
                  計                                26,400,000

     (注)2018年7月1日付で株式分割に伴う定款変更が行われ、発行可能株式総数は、13,200,000株増加し、26,400,000株
        となっております。
        ②【発行済株式】

               事業年度末現在            提出日現在         上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)           発行数(株)         名または登録認可金                内容
              (2018年12月31日)           (2019年3月27日)           融商品取引業協会名
                                              権利内容に何ら限定のない当
                                    東京証券取引所         社における標準となる株式で
       普通株式          8,666,400           8,682,400
                                      市場第二部        あり、単元株式数は100株であ
                                              ります。
        計         8,666,400           8,682,400           -             -
     (注)1      「提出日現在発行数」欄には、2019年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使によ
          り発行された株式数は含まれておりません。
        2 2018年7月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。これにより「事業年度末現在発行数」は、
          4,321,700株増加しています。
                                  18/112












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
         会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
        イ 2013年3月28日定時株主総会決議に基づく2013年4月16日取締役会決議
     決議年月日                           2013年4月16日
                                執行役員   1名
     付与対象者の区分及び人数
                                従業員    46名
     新株予約権の数                           219個 [209個](注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数                           87,600株 [83,600株](注)1、6

     新株予約権の行使時の払込金額                           1円(注)2、6

                                自 2016年6月4日
     新株予約権の行使期間
                                至 2019年6月3日
                                発行価格        124円(注)6
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
     行価格及び資本組入額                           資本組入額       62円(注)6
     新株予約権の行使の条件                           (注)3
     新株予約権の譲渡に関する事項                           譲渡する場合には、取締役会の承認を要する。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                           (注)4

       ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
         現在(2019年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
         載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1 本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式100株
           とする。ただし、本株主総会における決議日(以下、「決議日」という。)後、当社が当社普通株式につ
           き、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)または株式併
           合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り
           捨てるものとする。
           調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
           また、上記のほか、決議日後、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、合理的な
           範囲で付与株式数を調整する。
         2 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
           当社普通株式1株当たり1円とし、これに、付与株式数を乗じた金額とする。
         3 新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
          (1)  当社が策定した中期経営計画の目標である2013年12月期から2015年12月期までの3期累計の連結営業利益
            額1,120百万円に対して、新株予約権の行使可能割合を以下のとおり定める。
            ①達成率80%以上90%未満   割当新株予約権の50%まで行使可能
            ②達成率90%以上100%未満              割当新株予約権の75%まで行使可能
            ③達成率100%以上              割当新株予約権の100%まで行使可能
             なお、計算の結果1個に満たない新株予約権の端数が生じた場合には、これを切り捨てるものとし、権
            利行使可能分以外のものは失効することとする。
          (2)  新株予約権者は、権利行使時において、当社、当社子会社または当社関係会社の取締役、監査役、執行役
            員または従業員であることを要する。
          (3)  新株予約権の相続は、これを認めない。
          (4)  各新株予約権の一部行使はできないものとする。
          (5)  新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、当該新株予約権を行使することができない。
                                  19/112




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         4 組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
           (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新
           株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社
           (以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。た
           だし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収
           分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、上記1に準じて決定する。
          (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、再編後行使価額に上記(3)に従って決
            定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。再編後行使価額は、交
            付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たり1
            円とする。
          (5)  新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
          (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            承継前の基準に準じて決定する。
          (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
            る。
          (8)  その他新株予約権の行使の条件
            上記3に準じて決定する。
          (9)  新株予約権の取得事由及び条件
            承継前の基準に準じて決定する。
         5   2015  年11月17日開催の取締役会決議により、2016年1月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
         6 2018年5月15日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  20/112








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ロ 2014年3月25日定時株主総会決議に基づく2014年4月15日取締役会決議
     決議年月日                           2014年4月15日
     付与対象者の区分及び人数                           取締役    6名

     新株予約権の数                           33個 [33個]

     新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数                           13,200株 [13,200株](注)5

     新株予約権の行使時の払込金額                           1円(注)1、5

                                自 2014年5月3日
     新株予約権の行使期間
                                至 2020年5月2日
                                発行価格        251円(注)5
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
     行価格及び資本組入額                           資本組入額       126円(注)5
     新株予約権の行使の条件                           (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                           譲渡する場合には、取締役会の承認を要する。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                           (注)3

       ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
         現在(2019年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
         載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
           当社普通株式1株当たり1円とし、これに、付与株式数を乗じた金額とする。
         2 新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
           (1)  新株予約権者は、割当日の翌日から3年経過後または当社の取締役の地位を喪失した日の翌日のいずれ
            か早い日から新株予約権を行使することができる。
           (2)  上記(1)にかかわらず、新株予約権者は、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完
            全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総
            会決議が不要な場合は、取締役会決議がなされた場合)には、当該承認日(株主総会決議が不要な場合は
            取締役会決議日)の翌日から15日間に限り新株予約権を行使できる。ただし、下記3.に従って新株予約
            権者に再編対象会社の新株予約権が交付される旨が合併契約、株式交換契約若しくは株式移転計画におい
            て定められている場合を除く。
           (3)  上記(1)は、新株予約権を相続により承継した者については適用しない。
           (4)  新株予約権者が新株予約権を放棄した場合、当該新株予約権を行使することができない。
         3 組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
            組織再編における再編対象会社の新株予約権の交付の内容に関する決定方針
            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社                                              が分
            割会社となる場合に限る)または株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
            る)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という)をする場合には、組織再編行為の効力発生日(吸
            収合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分
            割につき吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社の成立の日、株式交換に
            つき株式交換がその効力を生ずる日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下
            同じ)の直前において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という)を保有する新株予約権者
            に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、
            「再編対象会社」という)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再
            編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、
            株式交換契約または株式移転計画において定めることを条件とする。
           (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
                                  21/112



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
           (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、下記に準じて決定する。
            本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式100
            株とする。ただし、株主総会における決議日(以下、「決議日」という。)後、当社が当社普通株式につ
            き、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)または株式
            併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを
            切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
            また、上記のほか、決議日後、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、合理的
            な範囲で付与株式数を調整する。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、再編後行使価額に上記(3)に従って
            決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。再編後行使価額は、
            交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たり
            1円とする。
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            承継前の基準に準じて決定する。
           (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
            る。
           (8)  その他新株予約権の行使の条件
            上記2に準じて決定する。
           (9)  新株予約権の取得事由及び条件
            承継前の基準に準じて決定する。
         4 2015年11月27日開催の取締役会決議により、2016年1月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
         5 2018年5月15日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  22/112









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ハ 2014年3月25日定時株主総会決議に基づく2014年4月15日取締役会決議
     決議年月日                           2014年4月15日
     付与対象者の区分及び人数                           従業員    46名

     新株予約権の数                           142個 [124個]

     新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数                           56,800株 [49,600株](注)5
     新株予約権の行使時の払込金額                           1円(注)1、5

                                自 2016年6月4日
     新株予約権の行使期間
                                至 2019年5月2日
                                発行価格        257円(注)5
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
     行価格及び資本組入額                           資本組入額       129円(注)5
     新株予約権の行使の条件                           (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                           譲渡する場合には、取締役会の承認を要する。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                           (注)3

       ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
         現在(2019年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
         載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
           当社普通株式1株当たり1円とし、これに、付与株式数を乗じた金額とする。
         2 新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
           (1)  当社が策定した中期経営計画の目標である2014年12月期から2015年12月期までの2期累計の連結営業利
            益額   900  百万円に対して、新株予約権の行使可能割合を以下の通り定める。
            ①  達成率    80%以上     90%未満       割当新株予約権の         50%まで行使可能
            ②  達成率    90%以上100%未満           割当新株予約権の         75%まで行使可能
            ③  達成率    100%以上               割当新株予約権の100%まで行使可能
             なお、計算の結果          1 個に満たない新株予約権の端数が生じた場合には、これを切り捨てるものとし、
            権利行使可能分以外のものは失効することとする。
           (2)  新株予約権者は、権利行使時において、当社、当社子会社または当社関係会社の取締役、監査役、執行
            役員または従業員であることを要する。
           (3)  新株予約権の相続は、これを認めない。
           (4)  各新株予約権の一部行使はできないものとする。
           (5)  新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、当該新株予約権を行使することができない。
         3 組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移
            転(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日
            に新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式
            会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとす
            る。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
            約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとす
            る。
           (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
                                  23/112




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
           (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、下記に準じて決定する。
            本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式100
            株とする。ただし、株主総会における決議日(以下、「決議日」という。)後、当社が当社普通株式につ
            き、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)または株式
            併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを
            切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
            また、上記のほか、決議日後、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、合理的
            な範囲で付与株式数を調整する。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、再編後行使価額に上記(3)に従って
            決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。再編後行使価額は、
            交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たり
            1円とする。
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            承継前の基準に準じて決定する。
           (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
            る。
           (8)  その他新株予約権の行使の条件
            上記2に準じて決定する。
           (9)  新株予約権の取得事由及び条件
            承継前の基準に準じて決定する。
         4 2015年11月27日開催の取締役会決議により、2016年1月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
         5 2018年5月15日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  24/112









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ニ 2015年4月14日取締役会決議
     決議年月日                           2015年4月14日
     付与対象者の区分及び人数                           取締役    6名

     新株予約権の数                           83個 [71個]

     新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数                           33,200株 [28,400株](注)5
     新株予約権の行使時の払込金額                           1円(注)1、5

                                自 2015年5月19日
     新株予約権の行使期間
                                至 2021年5月18日
                                発行価格        214円(注)5
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
     行価格及び資本組入額                           資本組入額       107円(注)5
     新株予約権の行使の条件                           (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                           譲渡する場合には、取締役会の承認を要する。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                           (注)3

       ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
         現在(2019年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
         載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
           当社普通株式1株当たり1円とし、これに、付与株式数を乗じた金額とする。
         2 新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
           (1)  新株予約権者は、割当日の翌日から3年経過後または当社の取締役の地位を喪失した日の翌日のいずれ
            か早い日から新株予約権を行使することができる。
           (2)  上記(1)にかかわらず、新株予約権者は、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完
            全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総
            会決議が不要な場合は、取締役会決議がなされた場合)には、当該承認日(株主総会決議が不要な場合は
            取締役会決議日)の翌日から15日間に限り新株予約権を行使できる。ただし、下記3.に従って新株予約
            権者に再編対象会社の新株予約権が交付される旨が合併契約、株式交換契約若しくは株式移転計画におい
            て定められている場合を除く。
           (3)  上記(1)は、新株予約権を相続により承継した者については適用しない。
           (4)  新株予約権者が新株予約権を放棄した場合、当該新株予約権を行使することができない。
         3 組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分
            割会社となる場合に限る)または株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
            る)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という)をする場合には、組織再編行為の効力発生日(吸
            収合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分
            割につき吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社の成立の日、株式交換に
            つき株式交換がその効力を生ずる日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下
            同じ)の直前において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という)を保有する新株予約権者
            に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、
            「再編対象会社」という)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再
            編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、
            株式交換契約または株式移転計画において定めることを条件とする。
           (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
                                  25/112




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
           (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、下記に準じて決定する。
            本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式100
            株とする。ただし、株主総会における決議日(以下、「決議日」という。)後、当社が当社普通株式につ
            き、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)または株式
            併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを
            切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
            また、上記のほか、決議日後、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、合理的
            な範囲で付与株式数を調整する。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、再編後行使価額に上記(3)に従って
            決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。再編後行使価額は、
            交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たり
            1円とする。
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            承継前の基準に準じて決定する。
           (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
            る。
           (8)  その他新株予約権の行使の条件
            上記2に準じて決定する。
           (9)  新株予約権の取得事由及び条件
            承継前の基準に準じて決定する。
         4 2015年11月27日開催の取締役会決議により、2016年1月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
         5 2018年5月15日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  26/112









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ホ 2015年6月16日取締役会決議
     決議年月日                           2015年6月16日
     付与対象者の区分及び人数                           従業員    56名

     新株予約権の数                           487個 [487個]

     新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数                           194,800株 [194,800株](注)5
     新株予約権の行使時の払込金額                           251円(注)1、5

                                自 2017年6月17日
     新株予約権の行使期間
                                至 2025年6月16日
                                発行価格        347円(注)5
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
     行価格及び資本組入額                           資本組入額       174円(注)5
     新株予約権の行使の条件                           (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                           譲渡する場合には、取締役会の承認を要する。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                           (注)3

       ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
         現在(2019年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
         載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
           当社普通株式1株当たりの支払金額に付与株式数を乗じた金額とする。
         2 新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
           新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、新株予約権を行使することができない。
         3 組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移
            転(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日
            に新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式
            会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとす
            る。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
            約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとす
            る。
           (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
                                  27/112








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
           (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、下記に準じて決定する。
            本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式100
            株とする。ただし、株主総会における決議日(以下、「決議日」という。)後、当社が当社普通株式につ
            き、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)または株式
            併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを
            切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
            また、上記のほか、決議日後、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、合理的
            な範囲で付与株式数を調整する。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上、上
            記1で定められる行使価格を調整して得られる再編後の行使価格に、上記(3)に従って決定される当該
            新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            承継前の基準に準じて決定する。
           (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
            る。
           (8)  その他新株予約権の行使の条件
            上記2に準じて決定する。
           (9)  新株予約権の取得事由及び条件
            承継前の基準に準じて決定する。
         4 2015年11月27日開催の取締役会決議により、2016年1月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
         5 2018年5月15日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  28/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        へ 2016年4月19日取締役会決議
     決議年月日                           2016年4月19日
     付与対象者の区分及び人数                           取締役    5名

     新株予約権の数                           79個 [79個]

     新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数                           31,600株 [31,600株](注)4
     新株予約権の行使時の払込金額                           1円(注)1、4

                                自 2016年5月24日
     新株予約権の行使期間
                                至 2022年5月23日
                                発行価格        184円(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
     行価格及び資本組入額                           資本組入額       92円(注)4
     新株予約権の行使の条件                           (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                           譲渡する場合には、取締役会の承認を要する。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                           (注)3

       ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
         現在(2019年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
         載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
           当社普通株式1株当たり1円とし、これに、付与株式数を乗じた金額とする。
         2 新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
           (1)  新株予約権者は、割当日の翌日から3年経過後または当社の取締役の地位を喪失した日の翌日のいずれ
            か早い日から新株予約権を行使することができる。
           (2)  上記(1)にかかわらず、新株予約権者は、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完
            全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総
            会決議が不要な場合は、取締役会決議がなされた場合)には、当該承認日(株主総会決議が不要な場合は
            取締役会決議日)の翌日から15日間に限り新株予約権を行使できる。ただし、下記3.に従って新株予約
            権者に再編対象会社の新株予約権が交付される旨が合併契約、株式交換契約若しくは株式移転計画におい
            て定められている場合を除く。
           (3)  上記(1)は、新株予約権を相続により承継した者については適用しない。
           (4)  新株予約権者が新株予約権を放棄した場合、当該新株予約権を行使することができない。
         3 組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
            組織再編における再編対象会社の新株予約権の交付の内容に関する決定方針
            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分
            割会社となる場合に限る)または株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
            る)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という)をする場合には、組織再編行為の効力発生日(吸
            収合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分
            割につき吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社の成立の日、株式交換に
            つき株式交換がその効力を生ずる日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下
            同じ)の直前において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という)を保有する新株予約権者
            に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、
            「再編対象会社」という)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再
            編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、
            株式交換契約または株式移転計画において定めることを条件とする。
           (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
                                  29/112



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
           (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、下記に準じて決定する。
            本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式200
            株とする。ただし、株主総会における決議日(以下、「決議日」という。)後、当社が当社普通株式につ
            き、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)または株式
            併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを
            切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
            また、上記のほか、決議日後、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、合理的
            な範囲で付与株式数を調整する。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、再編後行使価額に上記(3)に従って
            決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。再編後行使価額は、
            交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たり
            1円とする。
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            承継前の基準に準じて決定する。
           (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
            る。
           (8)  その他新株予約権の行使の条件
            上記2に準じて決定する。
           (9)  新株予約権の取得事由及び条件
            承継前の基準に準じて決定する。
         4 2018年5月15日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  30/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ト 2016年5月17日取締役会決議
     決議年月日                           2016年5月17日
                                執行役員   3名
     付与対象者の区分及び人数
                                従業員    54名
     新株予約権の数                           1,047個 [1,047個]
     新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数                           209,400株 [209,400株](注)4

     新株予約権の行使時の払込金額                           229円(注)1、4

                                自 2018年5月18日
     新株予約権の行使期間
                                至 2026年5月17日
                                発行価格        309円(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
     行価格及び資本組入額                           資本組入額       155円(注)4
     新株予約権の行使の条件                           (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                           譲渡する場合には、取締役会の承認を要する。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                           (注)3

       ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
         現在(2019年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
         載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
           当社普通株式1株当たりの支払金額に付与株式数を乗じた金額とする。
         2 新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
           新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、新株予約権を行使することができない。
         3 組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移
            転(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日
            に新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式
            会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとす
            る。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
            約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとす
            る。
           (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
                                  31/112








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
           (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、下記に準じて決定する。
            本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式100
            株とする。ただし、株主総会における決議日(以下、「決議日」という。)後、当社が当社普通株式につ
            き、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)または株式
            併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを
            切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
            また、上記のほか、決議日後、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、合理的
            な範囲で付与株式数を調整する。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上、上
            記1で定められる行使価格を調整して得られる再編後の行使価格に、上記(3)に従って決定される当該
            新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            承継前の基準に準じて決定する。
           (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
            る。
           (8)  その他新株予約権の行使の条件
            上記2に準じて決定する。
           (9)  新株予約権の取得事由及び条件
            承継前の基準に準じて決定する。
         4 2018年5月15日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  32/112











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        チ 2017年4月13日取締役会決議
     決議年月日                           2017年4月13日
     付与対象者の区分及び人数                           取締役    6名

     新株予約権の数                           85個 [85個]

     新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式

                                34,000株 [34,000株](注)4
     新株予約権の目的となる株式の数
     新株予約権の行使時の払込金額                           1円(注)1、4

                                自 2017年5月17日
     新株予約権の行使期間
                                至 2023年5月16日
                                発行価格        234円(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
     行価格及び資本組入額                           資本組入額       117円(注)4
     新株予約権の行使の条件                           (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                           譲渡する場合には、取締役会の承認を要する。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                           (注)3

       ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
         現在(2019年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
         載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
           当社普通株式1株当たり1円とし、これに、付与株式数を乗じた金額とする。
         2 新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
           (1)  新株予約権者は、割当日の翌日から3年経過後または当社の取締役の地位を喪失した日の翌日のいずれ
            か早い日から新株予約権を行使することができる。
           (2)  上記(1)にかかわらず、新株予約権者は、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完
            全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総
            会決議が不要な場合は、取締役会決議がなされた場合)には、当該承認日(株主総会決議が不要な場合は
            取締役会決議日)の翌日から15日間に限り新株予約権を行使できる。ただし、下記3.に従って新株予約
            権者に再編対象会社の新株予約権が交付される旨が合併契約、株式交換契約若しくは株式移転計画におい
            て定められている場合を除く。
           (3)  上記(1)は、新株予約権を相続により承継した者については適用しない。
           (4)  新株予約権者が新株予約権を放棄した場合、当該新株予約権を行使することができない。
         3 組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
            組織再編における再編対象会社の新株予約権の交付の内容に関する決定方針
            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分
            割会社となる場合に限る)または株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
            る)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という)をする場合には、組織再編行為の効力発生日(吸
            収合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分
            割につき吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社の成立の日、株式交換に
            つき株式交換がその効力を生ずる日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下
            同じ)の直前において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という)を保有する新株予約権者
            に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、
            「再編対象会社」という)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再
            編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、
            株式交換契約または株式移転計画において定めることを条件とする。
           (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
                                  33/112



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
           (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、下記に準じて決定する。
            本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式200
            株とする。ただし、株主総会における決議日(以下、「決議日」という。)後、当社が当社普通株式につ
            き、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)または株式
            併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを
            切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
            また、上記のほか、決議日後、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、合理的
            な範囲で付与株式数を調整する。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、再編後行使価額に上記(3)に従って
            決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。再編後行使価額は、
            交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たり
            1円とする。
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            承継前の基準に準じて決定する。
           (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
            る。
           (8)  その他新株予約権の行使の条件
            上記2に準じて決定する。
           (9)  新株予約権の取得事由及び条件
            承継前の基準に準じて決定する。
         4 2018年5月15日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  34/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         リ 2018年4月12日取締役会決議
     決議年月日                           2018年4月12日
     付与対象者の区分及び人数                           取締役    5名

     新株予約権の数                           24個 [24個]

     新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式

                                9,600株 [9,600株](注)4
     新株予約権の目的となる株式の数
     新株予約権の行使時の払込金額                           1円(注)1、4

                                自 2018年5月9日
     新株予約権の行使期間
                                至 2024年5月8日
                                発行価格        616円(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
     行価格及び資本組入額                           資本組入額       308円(注)4
     新株予約権の行使の条件                           (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                           譲渡する場合には、取締役会の承認を要する。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                           (注)3

       ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
         現在(2019年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
         載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
           当社普通株式1株当たり1円とし、これに、付与株式数を乗じた金額とする。
         2 新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
           (1)  新株予約権者は、割当日の翌日から3年経過後または当社の取締役の地位を喪失した日の翌日のいずれ
            か早い日から新株予約権を行使することができる。
           (2)  上記(1)にかかわらず、新株予約権者は、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完
            全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総
            会決議が不要な場合は、取締役会決議がなされた場合)には、当該承認日(株主総会決議が不要な場合は
            取締役会決議日)の翌日から15日間に限り新株予約権を行使できる。ただし、下記3.に従って新株予約
            権者に再編対象会社の新株予約権が交付される旨が合併契約、株式交換契約若しくは株式移転計画におい
            て定められている場合を除く。
           (3)  上記(1)は、新株予約権を相続により承継した者については適用しない。
           (4)  新株予約権者が新株予約権を放棄した場合、当該新株予約権を行使することができない。
         3 組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
            組織再編における再編対象会社の新株予約権の交付の内容に関する決定方針
            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分
            割会社となる場合に限る)または株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
            る)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という)をする場合には、組織再編行為の効力発生日(吸
            収合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分
            割につき吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社の成立の日、株式交換に
            つき株式交換がその効力を生ずる日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下
            同じ)の直前において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という)を保有する新株予約権者
            に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、
            「再編対象会社」という)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再
            編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、
            株式交換契約または株式移転計画において定めることを条件とする。
           (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
                                  35/112



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
           (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、下記に準じて決定する。
            本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式200
            株とする。ただし、株主総会における決議日(以下、「決議日」という。)後、当社が当社普通株式につ
            き、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)または株式
            併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを
            切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
            また、上記のほか、決議日後、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、合理的
            な範囲で付与株式数を調整する。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、再編後行使価額に上記(3)に従って
            決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。再編後行使価額は、
            交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たり
            1円とする。
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            承継前の基準に準じて決定する。
           (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
            る。
           (8)  その他新株予約権の行使の条件
            上記2に準じて決定する。
           (9)  新株予約権の取得事由及び条件
           承継前の基準に準じて決定する。
         4 2018年5月15日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で1株を2株に株式分割を行っております。
           これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の
           行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  36/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         ヌ 2018年9月12日取締役会決議
     決議年月日                           2018年9月12日
                                執行役員   2名
     付与対象者の区分及び人数
                                従業員          203名
     新株予約権の数                           1,091個 [1,088個]
     新株予約権の目的となる株式の種類                           普通株式

                                109,100株 [108,800株]
     新株予約権の目的となる株式の数
     新株予約権の行使時の払込金額                           578円(注)1

                                自 2020年9月13日
     新株予約権の行使期間
                                至 2028年9月12日
                                発行価格        847円
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
     行価格及び資本組入額                           資本組入額       424円
     新株予約権の行使の条件                           (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                           譲渡する場合には、取締役会の承認を要する。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                           (注)3

       ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
         現在(2019年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
         載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
           当社普通株式1株当たりの支払金額に付与株式数を乗じた金額とする。
         2 新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
           新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、新株予約権を行使することができない。
         3 組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移
            転(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日
            に新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式
            会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとす
            る。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
            約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとす
            る。
           (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
                                  37/112








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
           (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、下記に準じて決定する。
            本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式100
            株とする。ただし、株主総会における決議日(以下、「決議日」という。)後、当社が当社普通株式につ
            き、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)または株式
            併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを
            切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
            また、上記のほか、決議日後、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、合理的
            な範囲で付与株式数を調整する。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上、上
            記1で定められる行使価格を調整して得られる再編後の行使価格に、上記(3)に従って決定される当該
            新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            承継前の基準に準じて決定する。
           (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
            る。
           (8)  その他新株予約権の行使の条件
            上記2に準じて決定する。
           (9)  新株予約権の取得事由及び条件
            承継前の基準に準じて決定する。
                                  38/112












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数
                         数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
      2014年1月1日~
      2014年12月31日              44,400      2,083,800         17,049       278,628        17,005       228,690
         (注)1
      2015年1月1日~
                          2,134,200         19,353                     247,994
      2015年12月31日              50,400                     297,981        19,303
         (注)1
      2016年1月1日
                          4,268,400
                   2,134,200                  -     297,981          -     247,994
         (注)2
      2016年1月1日~
      2016年12月31日                             1,849                     249,843
                     12,200      4,280,600               299,831        1,849
         (注)   1
      2017年1月1日~
      2017年12月31日                             6,936                     256,780
                     30,400      4,311,000               306,768        6,936
         (注)1
      2018年1月1日~
      2018年6月30日                             3,238                     260,018
                     10,700      4,321,700               310,006        3,238
         (注)1
      2018年7月1日
                                     -                   260,018
                   4,321,700       8,643,400               310,006          -
         (注)3
      2018年7月1日~
      2018年12月31日                             2,676                     262,694
                     23,000      8,666,400               312,682        2,676
         (注)1
      (注)1 新株予約権の行使による増加であります。
         2 2016年1月1日付をもって1株を2株に株式分割し、これに伴い発行済株式総数が2,134,200株増加してお
           ります。
         3 2018年7月1日付をもって1株を2株に株式分割し、これに伴い発行済株式総数が4,321,700株増加してお
           ります。
         4 2019年1月1日から2019年2月28日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が16,000株、資本
           金及び資本準備金がそれぞれ1,662千円増加しております。
                                  39/112






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                   2018年12月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数100株)

                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
             政府及び地           金融商品     その他の               個人
                   金融機関                                計     (株)
             方公共団体           取引業者     法人               その他
                                  個人以外      個人
     株主数(人)           -      1     12     33     15     10    5,814     5,885        -
     所有株式数
                 -     26    1,053     29,991       600      29   54,956     86,655        900
     (単元)
     所有株式数の
                 -    0.03     1.22     34.61      0.69     0.03     63.42      100       -
     割合(%)
      (注)1 「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、12単元含まれております。
         2 自己株式132,376株は、「個人その他」に1,323単元、「単元未満株式の状況」に76株含まれております。
       (6)【大株主の状況】

                                                   2018年12月31日現在
                                                     発行済株式(自

                                                     己株式を除
                                              所有株式数
                                                     く。)の総数に
          氏名又は名称                      住所
                                               (株)
                                                     対する所有株式
                                                     数の割合(%)
                      東京都豊島区千早3丁目27-2                         2,325,200          27.24

     ララコーポレーション株式会社
                                               1,275,400          14.94
     玉田 宏一                 千葉県千葉市中央区
                                                652,500          7.64
     遠藤 孝                 東京都八王子市
                      群馬県高崎市倉賀野町3199-1                          265,600          3.11
     株式会社ミートプランニング
                                                256,200          3.00
     関根 俊一                 東京都豊島区
                                                219,700          2.57
     小田 昌平                 宮城県仙台市若林区
                      東京都中央区日本橋堀留町2丁目9-6                          207,000          2.42
     ハイパー従業員持株会
                      東京都中央区八丁堀2丁目26-9
                                                180,000          2.10
     株式会社庚伸
                      グランデビルディング3F
                                                121,400          1.42
     由佐 幸継                 宮城県仙台市青葉区
                                                102,600          1.20
     望月 真貴子                 茨城県守谷市
                                -               5,605,600          65.68

             計
      (注)1 上記のほか、自己株式が132,376株あります。
         2 発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は表示単位未満を切り捨てて表示してお
           ります。
                                  40/112






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年12月31日現在
           区分            株式数(株)           議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                     -            -              -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -            -              -

     議決権制限株式(その他)                     -            -              -

     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式  132,300                 -              -

     完全議決権株式(その他)                普通株式 8,533,200                   85,332           -

     単元未満株式                普通株式    900                 -        一単元(100株)未満の株式

     発行済株式総数                      8,666,400           -              -

     総株主の議決権                     -               85,332           -

      (注)1 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が1,200株含まれております。
           また、「議決権の数」欄には同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数12個が含まれております。
         2 単元未満株式数には当社所有の自己株式76株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年12月31日現在
                                                    発行済株式総数に

     所有者の氏名また                      自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
                 所有者の住所                                  対する所有株式数
     は名称                      式数(株)        式数(株)        計(株)
                                                    の割合(%)
                東京都中央区日本橋
     株式会社ハイパー                         132,300           -      132,300           1.53
                堀留町二丁目9番6号
         計           -          132,300           -      132,300           1.53
      (注)上記の他に単元未満株式として自己株式を76株所有しております。
                                  41/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 普通株式
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -        -        -
     消却の処分を行った取得自己株式                             -        -        -        -

     合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                  -        -        -        -
     取得自己株式
     その他                             -        -        -        -
     保有自己株式数                          132,376           -      132,376           -

                                  42/112













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主に対して業績に対応した利益還元を行うことを基本方針としており、配当に関しましては、将来の経
       営環境の変化に対応していくため、積極的な事業展開や企業体質の強化に必要な内部留保の充実などを勘案して総合
       的に決定する方針であります。
        当社は、中間配当及び期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当
       の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当につきましては株主総会であります。
        当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき当期は1株当たり中間配当9.00円、期末配当4.50円の配当を
       実施することを決定しました。内部留保資金につきましては、今後の事業展開のために活用してまいります。
        当社は、取締役会の決議により、毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めてお
       ります。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
           決議年月日                配当金の総額(千円)                  1株当たり配当額(円)
     2018年8月10日取締役会決議                               38,299                    9.00
                                     38,403

     2019年3月27日定時株主総会決議                                                   4.50
       (注)2018年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。2018年8月10日取締役会決
          議による1株当たり配当額は株式分割前、2019年3月27日定時株主総会決議による1株当たり配当額は株式分
          割後の金額を記載しております。
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第25期         第26期         第27期         第28期         第29期
       決算年月         2014年12月         2015年12月         2016年12月         2017年12月         2018年12月

                                                         2,313
                             1,156
                                                1,350
       最高(円)             1,765                    563
                            ※1 539
                                                        ※2 710
                                                          955
                               811
                                        366         457
       最低(円)              908
                            ※1 510
                                                        ※2 450
      (注)1 最高・最低株価は、2013年7月16日より東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであ
           り、それ以前は大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
         2 第26期の事業年度別最高・最低株価のうち※1は、株式分割(2016年1月1日、1株→2株)による権利落
           後の最高・最低株価を示しております。
           第29期の事業年度別最高・最低株価のうち※2は、株式分割(2018年7月1日、1株→2株)による権利落
           後の最高・最低株価を示しております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別       2018年7月         8月        9月        10月        11月        12月
                    662        618               621        653        710

       最高(円)                            600
                    556               519        503        528        450

       最低(円)                     517
      (注)     最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。

                                  43/112






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性 8名 女性 2名 (役員のうち女性の比率20.0%)
                                                        所有株式数
       役名      職名       氏名       生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 1986年4月 新日本工販株式会社(現株式会社
                                      フォーバル)入社
                                 1992年1月 当社入社
                                 1992年4月 取締役
                                 1996年4月 常務取締役
                                 2008年3月 取締役副社長
                                 2009年4月 代表取締役社長(現任)
                                 2012年4月 株式会社リステック代表取締役
     代表取締役
                                 2013年3月 株式会社らくさあ 代表取締役
             -     玉田 宏一      1964年2月26日生                           (注)1     1,275,400
     社長
                                 2016年1月 株式会社みらくる 取締役(現
                                      任)
                                 2017年7月 マルチネット株式会社 取締役
                                      (現任)
                                 2018年1月 株式会社セキュリティア 代表
                                      取締役(現任)
                                 2018年4月 株式会社リステック取締役(現
                                      任)
                                 1995年11月 当社入社
                                 2007年1月 営業企画部長
                                 2008年5月 販売推進統括部長
                                 2011年1月 購買部長
          販売推進統括部
                                 2013年4月 執行役員
     常務取締役            望月 真貴子       1971年9月24日生                           (注)1      102,600
          長
                                 2014年3月 取締役
                                 2015年7月 営業統括部長
                                 2017年7月 販売推進統括部長(現任)
                                 2018年3月 常務取締役(現任)
                                 1995年3月 当社入社
                                 2008年5月 経営企画室長
                                 2010年7月 総務・経営企画統括部長
                                 2011年4月 執行役員
                                 2012年1月 管理統括部長
                                 2012年3月 取締役(現任)
     取締役     事業企画室長        江守 裕樹      1972年8月26日生        2013年3月 株式会社らくさあ 監査役                   (注)1      26,800
                                 2013年4月 経営企画室長
                                 2014年7月 経理部長
                                 2015年3月 株式会社リステック 監査役
                                 2015年5月 事業企画室長(現任)
                                 2016年1月 株式会社みらくる 代表取締役
                                      (現任)
                                 1995年5月 当社入社
                                 2008年5月 執行役員
                                      特販営業統括部長
                                 2009年4月 広域営業統括部長
                                 2012年1月 アスクル営業統括部長
     取締役     営業統括部長        松村 雅浩      1974年1月1日生        2012年3月 取締役(現任)                   (注)1      20,300
                                 2012年7月 営業統括部長
                                 2013年3月 株式会社らくさあ 取締役
                                 2015年7月 販売推進統括部長
                                 2017年7月 営業統括部長(現任)
                                 2018年7月 DS営業営業部長(現任)
                                 2002年8月 当社入社
                                 2012年1月 業務部長
                                 2014年7月 執行役員
                                 2014年10月 管理統括部 副統括部長
                                      経営企画室長(現任)
                                      業務部長
                                 2016年1月 管理       統括部長(現任)
                                 2016年1月 株式会        社みらくる 監査役(現
     取締役     管理統括部長        田邉 浩明       1976年4月2日                           (注)1      4,900
                                      任)
                                 2016年3月 株式会社リステック 監査役(現
                                      任)
                                 2017年3月 取締役(現任)
                                 2017年7月 マルチネット株式会社 監査役
                                      (現任)
                                 2018年1月 株式会社         セキュリティア 監査役
                                      (現任)
                                  44/112



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名       氏名       生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 1985年3月 新日本工販株式会社(現株式会社
                                      フォーバル)入社
                                 1993年2月 株式会社庚伸 代表取締役(現
                                      任)
                                 1995年3月 当社取締役会長
                                 1997年12月 株式会社パルディア 社外取締役
     取締役        -      宮澤 敏      1964年2月7日生             (現任)              (注)1      30,000
                                 2002年6月 株式会社ドムコス 代表取締役
                                 2006年12月 コウシン・ベトナム有限会社CEO
                                      (現任)
                                 2015年3月 日本オプロ株式会社 社外取締役
                                      (現任)
                                 2016年3月 当社取締役(現任)
                                 1976年4月 検事任官(東京地方検察庁、大阪
                                      地方検察庁等)
                                 1992年4月 最高裁司法研修所 検察長官
                                 1995年4月 札幌法務局 訟務部長
                                 1998年4月 東京高等検察庁 検事
                                 1999年12月 新潟地方検察庁 次席検事
                                 2001年4月 福岡法務局 局長
                                 2002年1月 東京高等検察庁 検事
     取締役        -     安達 敏男       1949年12月21日                           (注)1        -
                                 2004年1月      名古屋法務局 局長
                                 2005年4月 最高検察庁 検事
                                 2005年12月 新潟合同公証人役場 公証人
                                 2008年5月 かすが法律事務所 所属弁護士
                                 2011年4月 東京都足立区公益監察委員
                                 2013年1月 東京アライズ法律事務所 パート
                                      ナー弁護士(現任)
                                 2019年3月 当社取締役(現任)
                                 1978年4月 ホウトク販売株式会社(現株式会
                                      社ホウトク) 入社
                                 1983年6月 日本オフィス・システム株式会
                                      社 入社
                                 1999年12月 ダイワボウ情報システム株式会
                                      社 入社
                                 2000年4月 同社アップル営業1課長
     常勤監査役        -      佐藤 亨      1955年4月25日生                           (注)2        -
                                 2004年4月 同社営業企画部広域統括課長
                                 2005年12月 同社東京総務部総務課長
                                 2010年7月 同社事業管理部東日本管理部長
                                 2015年4月 同社事業管理部東日本管理課
                                 2016年3月 当社監査役
                                 2017年3月 当社常勤監査役(現任)
                                 1976年11月 中央監査法人 入社
                                 1987年2月 株式会社マネジメントクリニック
                                      (現みなとアドバイザーズ株式会
                                      社)設立 代表取締役(現任)
     監査役             若林 和子      1953年12月11日生
             -                                       (注)3      16,500
                                 1988年1月 若林・中川公認会計士事務所(現
                                      みなと公認会計士事務所)設立 
                                      代表(現任)
                                 2000年9月 当社監査役(現任)
                                 1973年3月 株式会社大塚商会 入社
                                 1994年3月 同社理事
                                 1996年3月 同社取締役
                                 2010年3月 同社取締役上席常務執行役員
                                 2017年3月 同社顧問
     監査役        -     塩川 公男      1950年7月1日生                           (注)3        -
                                 2017年4月 ソルフレア株式会社 取締役(現
                                      任)
                                 2017年5月 株式会社ハッシュ 顧問(現任)
                                 2018年3月 当社監査役         (現任)
                              計                           1,476,500
      (注)1 2019年3月27日開催の定時株主総会より1年間。
         2 2016年3月24日開催の定時株主総会より4年間。
         3 2018年3月23日開催の定時株主総会より4年間。
         4 取締役宮澤敏及び安逹敏男は、社外取締役であります。
         5 常勤監査役佐藤亨、監査役若林和子及び塩川公男は、社外監査役であります。
         6 当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しておりま
           す。
                                  45/112



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ① 企業統治の体制
         イ 企業統治の体制の概要
           当社は、取締役会、監査役会を設置しております。取締役は7名(うち社外取締役2名)、監査役は社外監
          査役3名であります。取締役会と監査役会が連携し、ガバナンスの確保を図っております。
           当社では、社会的責任及び株主を重視した経営が企業としての使命と認識し、これにより企業価値の向上を
          図っていく所存であります。従来より社内諸規程及び業務フローの整備を通じて内部管理体制を強化してまい
          りましたが、経営執行の公正性・透明性を図るなど内部牽制機能の一層の強化が必要であると考えておりま
          す。このような観点から、迅速かつ的確な意思決定を行い、透明性の高い経営体制の構築に取り組んでおり、
          コンプライアンスについても、経営陣のみならず全従業員がその重要性を認識し、実践していくことが肝要で
          あると考えております。
         ロ 当該体制を採用する具体的な理由

           当社は、取締役会における意思決定及び業務執行を行いながら、監査役会、内部監査室、会計監査人による
          適正な監視体制の連携がとれ、牽制機能が強化されていることにより、経営監視機能の客観性と中立性は十分
          に確保されていることから現状の体制を採用しております。
         ハ 取締役会

           取締役会は、取締役7名(うち常勤取締役5名、社外取締役2名)で構成され、毎月1回、定時取締役会を
          開催する他、必要に応じて臨時取締役会を開催し、活発な議論を通じてコーポレート・ガバナンスに留意した
          経営の基本方針、経営に関する重要事項並びに法令で定められた事項などの決定、業務執行状況の監督を行っ
          ております。
         ニ 経営会議

           経営会議は、取締役7名(うち常勤取締役5名、社外取締役2名)と常勤監査役1名で構成され、毎月1回
          以上、取締役会付議事項の原案策定や人事・組織等に関する稟議案件の審査、リスク対応策の検討等会社運営
          における重要事項の検討を行っております。
         ホ 内部統制システムの整備の状況

           当社のコーポレート・ガバナンス体制及び内部統制体制の図式は次のとおりであります。
                                  46/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         ヘ リスク管理体制の整備の状況
           当社が抱えるリスク状況につきましては、経営会議にて常に検討事項とし、現状の把握をもとに、対応策の
          検討、管理の強化を図っております。
         ト 子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

           当社は、グループ会社管理の基本的な事項に関する諸規程を定め、グループ会社の内部統制及び業務執行を
          統括するとともに、現状の検証を行い、適切な監視体制及び報告体制を確保しております。
           監査役は、子会社監査役と連携し、定期的に子会社取締役による業務執行状況を監査するほか、内部統制の
          整備及び運用状況を監視しております。また、内部監査室は、当社及び子会社の監査役と連携し、当社グルー
          プ全体の業務執行の適法性、効率性の実施状況を監査しております。
         チ 責任限定契約の内容の概況

           当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償
          責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、社外取締役は500万円
          または法令が規定する額のいずれか高い額、社外監査役は500万円または法令が規定する額のいずれか高い額
          としております。なお、当該社外取締役または社外監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でか
          つ重大な過失がないときに限られます。
         リ その他

           日常業務においては、稟議制度の適切な運用により、独断や権限外の決裁の防止を図っております。
        ② 内部監査及び監査役監査の状況

          内部統制システムとしては、内部管理体制の強化を目的として、組織の見直しに加え社内諸規程の整備や社長
         直轄の内部監査室(内部監査室長1名体制)の設置などを行い、組織的な業務運営を行える体制を構築しており
         ます。特に、内部監査については、監査役や監査法人との連携のもとに定期的に内部統制の状況等について意見
         交換を行い、計画的に業務監査あるいは臨時の監査を実施することで、内部管理体制構築のための一助となって
         おります。
          監査役は常勤監査役1名、非常勤監査役2名の3名体制です。各監査役は職務分担のもと、監査計画に従い、
         毎月開催される定時取締役会及び必要な都度開催される臨時取締役会に出席するほか、随時、経営会議への出
         席、資料の閲覧、取締役社長との定例会合、取締役との意見交換、関係者へのヒアリング、実地調査等を行うこ
         とにより、取締役の職務執行について厳正な監査を行っております。また、監査法人や内部監査室と定期的に意
         見交換を行うとともに、監査役間の情報の共有に努めております。
          監査役若林和子は、公認会計士・税理士の資格を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有して
         おります。
        ③ 社外取締役及び社外監査役

          当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名であります。
          当社の社外取締役宮澤敏は、情報・通信業での経営者としての優れた見識と深い経験に基づき、社内の取締役
         に対する監督機能に加え、経営全般に対する助言を通じて、取締役会の透明性と説明責任の向上に貢献する役割
         を担っております。また、社外取締役安達敏男は、検事及び弁護士としての長年の法律実務の経験により培われ
         たコーポレート・ガバナンス及びリスクマネジメントに関する高い見識に基づき、独立かつ中立の立場から客観
         的に監査意見を表明する役割を担っております。
          当社と社外取締役2名との間には、人的関係、資本的関係及び重要な取引関係その他の利害関係はありませ
         ん。
          当社の監査役3名は、社外監査役であります。                       様々な着眼点から実施される監査は、適法性の監査に留まら
         ず、経営の監視機能として大きな役割を果たしております。また、各監査役は取締役会に出席し、客観的な立場
         から、取締役の職務執行の状況について明確な説明を求めるとともに、業務執行の妥当性や経営の効率性といっ
         た観点から意見を表明し、取締役会の経営判断の一助となっております。
          当社と社外監査役の間には、人的関係、資本的関係及び重要な取引関係その他の利害関係はありません。
                                  47/112




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
          社外取締役と提出会社との関係
           宮澤 敏     2018年12月末日現在で、当社株式30,000株の所有を除き、人的関係、資本的関係、取引関係、そ
                の他の特別な利害関係はありません。なお、宮澤敏氏は、株式会社庚伸の代表取締役を兼任して
                おります。当社は同社との間に製品の販売等の取引関係があります。
                経営者としての       優れた見識と深い経験          を経営全般に反映していただくことを期待し選任しており
                ます。
           安達敏男     安達敏男氏は、東京アライズ法律事務所のパートナー弁護士として在籍しておりますが、同事務
                所と当社との間に特別な関係はありません。
                検事や弁護士として培ってきた高度な専門知識を有しており、当社のガバナンス構築に反映して
                いただくことを期待し選任しております。
          社外監査役と提出会社との関係

           佐藤 亨     当社の主要仕入先であるダイワボウ情報システム株式会社に業務執行者として勤務(2017年3月
                まで在籍)しておりましたが、人的関係、資本的関係、取引関係、その他の特別な利害関係はあ
                りません。
                コンピュータ販売業界における豊富な経験と幅広い見識を当社の監査に反映していただくことを
                期待し選任しております。
           若林和子     2018年12月末日現在で、当社株式16,500株の所有を除き、人的関係、資本的関係、取引関係、そ
                の他の特別な利害関係はありません。なお、若林和子氏は、みなとアドバイザーズ株式会社の代
                表取締役を兼任しております。当社は同社との間に製品の販売の取引関係があります。
                公認会計士・税理士としての高度な専門的知識を当社の監査に反映していただくことを期待し選
                任しております。
           塩川公男     当社の主要仕入先である株式会社大塚商会に顧問として2018年3月まで在籍しておりましたが、
                人的関係、資本的関係、取引関係、その他の特別な利害関係はありません。
                コンピュータ販売業界における豊富な経験と幅広い見識を当社の監査に反映していただくことを
                期待し選任しております。
          なお、社外取締役または社外監査役を選任するための独立性に関する基準または方針として明確に定めたもの

         はありませんが、選任にあたっては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣から独立した立場で社外役員
         としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断しております。
                                  48/112











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ④ 役員の報酬等
         イ 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる役
                  報酬等の総額
         役員区分                                             員の員数
                   (千円)             ストックオプ
                          基本報酬                賞与      退職慰労金        (名)
                                ション
     取締役
                            46,155                 ‐       ‐
                     52,617               6,462                        6
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                       ‐       ‐       ‐       ‐       ‐       ‐
     (社外監査役を除く。)
                     14,550       14,550          ‐       ‐       ‐
     社外役員                                                      5
      (注)取締役の報酬等の額には、使用人兼務役員の使用人分給与は含まれておりません。
         ロ 提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

           報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
         ハ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

            総額(千円)          対象役員数(名)                 内容
                 38,537
                             5  使用人兼務役員の使用人部分の給与
         ニ 役員の報酬等の額の決定に関する方針

           各取締役の報酬については、会社の規模、業績を考慮して公正かつ公平に決定されるよう努めております。
        ⑤ 株式の保有状況

         イ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
           銘柄数                            2銘柄
           貸借対照表計上額の合計額                   14,180千円
         ロ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、保有区分、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

          的
          (前事業年度)

           特定投資株式
           銘柄            株式数(株)           貸借対照表計上額(千円)                  保有目的
     キヤノンマーケティング
                             4,620             14,068
                                               取引関係の維持・強化
     ジャパン(株)
          (当事業年度)

           特定投資株式
           銘柄            株式数(株)           貸借対照表計上額(千円)                  保有目的
     キヤノンマーケティング
                             4,709              9,230
                                               取引関係の維持・強化
     ジャパン(株)
         ハ 保有目的が純投資目的である投資株式

           該当事項はありません。
                                  49/112





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ⑥ 会計監査の状況
          会計監査は、EY新日本有限責任監査法人と監査契約を締結し、定期的な監査の他、会計上の課題については随
         時指導を受け、適正な会計処理に努めております。
          業務を執行した公認会計士の氏名、所属する監査法人名及び継続監査年数

                   公認会計士の氏名等                            所属する監査法人名
                             小野木 幹 久
     指定有限責任社員
                                             EY新日本有限責任監査法人
     業務執行社員
                             石 井 広 幸
      (注) 継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。
          同監査法人はすでに自主的に業務執行社員について、当社の会計監査に一定期間を超えて関与することのない
          よう措置をとっております。
          監査業務に係る補助者の構成

          公認会計士 5名   その他 16名
           (注) その他は、公認会計士試験合格者等であります。
        ⑦ 取締役の定数

          当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。
        ⑧ 取締役の選任及び解任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
          解任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、その議決権
         の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
          また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
        ⑨ 取締役及び監査役の責任免除

          当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役及び監査役(取締役であった者
         及び監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除するこ
         とができる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分
         に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
        ⑩ 中間配当

          当社は、取締役会の決議により、毎年6月30日の最終の株主名簿に記載または記録された株主または登録株式
         質権者に対し、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行
         うことを目的とするものであります。
        ⑪ 自己の株式の取得

          当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができる
         旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市
         場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
        ⑫ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めており
         ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的とするものであります。
                                  50/112




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                          前連結会計年度                     当連結会計年度
           区分
                    監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく          監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく
                    く報酬(千円)          報酬(千円)          く報酬(千円)          報酬(千円)
                                                           ‐
      提出会社                    21,420             -        23,520
      連結子会社                      -          -          ‐          ‐

                                                           ‐

           計              21,420             -        23,520
        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、当社の規模、特性及び監査日数等を勘案
         し、監査公認会計士等と協議の上で決定しております。
                                  51/112












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
        す。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年1月1日から2018年12月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年1月1日から2018年12月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限
       責任監査法人による監査を受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は2018年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、公益財団法人財
       務会計基準機構へ加入し、会計基準等の内容を適切に把握し、連結財務諸表等を適正に作成できる体制を整備してお
       ります。
        また、監査法人等が主催する研修会へ参加し、情報収集に努めております。
                                  52/112













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,848,692              2,107,351
         現金及び預金
                                      ※1 3,114,563             ※1 2,994,324
         受取手形及び売掛金
                                       ※1 127,159             ※1 118,242
         電子記録債権
                                        682,495              393,707
         商品
                                         97,200              106,102
         その他
                                        △ 10,094              △ 9,704
         貸倒引当金
                                       5,860,016              5,710,024
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                               38,874              31,902
                                         18,308              14,731
          工具、器具及び備品(純額)
                                        ※2 57,183             ※2 46,634
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        196,042              153,645
          のれん
                                         98,715              72,000
          顧客関係資産
                                         98,848              104,603
          その他
                                        393,606              330,248
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         39,018              35,160
          投資有価証券
                                         26,936              30,670
          繰延税金資産
                                        201,315              213,419
          その他
                                        △ 84,213             △ 85,187
          貸倒引当金
                                        183,057              194,063
          投資その他の資産合計
                                        633,847              570,945
         固定資産合計
                                       6,493,863              6,280,970
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       2,831,305              2,531,403
         買掛金
                                            -           100,000
         短期借入金
                                        334,317              324,648
         1年内返済予定の長期借入金
                                        132,166               85,540
         未払法人税等
                                         70,979              68,974
         賞与引当金
                                        225,049              221,422
         その他
                                       3,593,817              3,331,989
         流動負債合計
       固定負債
                                        308,576              238,028
         長期借入金
                                         23,630              20,810
         退職給付に係る負債
                                         26,291              26,628
         資産除去債務
                                            -             940
         その他
                                        358,498              286,407
         固定負債合計
                                       3,952,315              3,618,396
       負債合計
                                  53/112





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                        306,768              312,682
         資本金
                                        276,969              282,883
         資本剰余金
                                       1,897,543              2,002,792
         利益剰余金
                                        △ 32,053             △ 32,053
         自己株式
                                       2,449,228              2,566,305
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         5,160              1,640
         その他有価証券評価差額金
                                         5,160              1,640
         その他の包括利益累計額合計
                                         87,158              94,626
       新株予約権
                                       2,541,548              2,662,573
       純資産合計
                                       6,493,863              6,280,970
      負債純資産合計
                                  54/112















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                       22,268,215              22,147,210
      売上高
                                      ※1 19,267,498             ※1 19,045,805
      売上原価
                                       3,000,716              3,101,404
      売上総利益
                                      ※2 2,662,172             ※2 2,756,442
      販売費及び一般管理費
                                        338,543              344,961
      営業利益
      営業外収益
                                           565              503
       受取利息
                                           775              753
       受取配当金
                                         2,000              1,500
       広告料収入
                                         1,320              1,175
       受取手数料
                                            -            1,782
       助成金収入
                                         4,607              3,102
       その他
                                         9,269              8,817
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         5,579              4,186
       支払利息
                                           604              986
       支払手数料
                                           44              135
       その他
                                         6,227              5,307
       営業外費用合計
                                        341,585              348,472
      経常利益
      特別損失
                                                      ※3 5,258
                                            -
       減損損失
                                            -            5,258
       特別損失合計
                                        341,585              343,213
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   142,565              157,599
                                        △ 4,114              1,739
      法人税等調整額
                                        138,450              159,339
      法人税等合計
                                        203,135              183,874
      当期純利益
                                        203,135              183,874
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  55/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                        203,135              183,874
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         3,432             △ 3,519
       その他有価証券評価差額金
                                        ※1 3,432            ※1 △ 3,519
       その他の包括利益合計
                                        206,567              180,354
      包括利益
      (内訳)
                                        206,567              180,354
       親会社株主に係る包括利益
                                            -              -
       非支配株主に係る包括利益
                                  56/112
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                      299,831         270,032        1,768,179         △ 32,053       2,305,990
     当期変動額
      新株予約権の行使                 6,936         6,936                         13,873
      剰余金の配当
                                       △ 73,770                △ 73,770
      親会社株主に帰属する当期
                                        203,135                 203,135
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                       6,936         6,936        129,364           -      143,238
     当期末残高                 306,768         276,969        1,897,543         △ 32,053       2,449,228
                     その他の包括利益累計額

                                     新株予約権         純資産合計
                  その他有価証券評価         その他の包括利益累
                  差額金         計額合計
     当期首残高                  1,728         1,728        75,923       2,383,642
     当期変動額
      新株予約権の行使                                 △ 10,436         3,437
      剰余金の配当                                          △ 73,770
      親会社株主に帰属する当期
                                                203,135
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
                       3,432         3,432        21,672         25,104
      変動額(純額)
     当期変動額合計                  3,432         3,432        11,235        157,905
     当期末残高                  5,160         5,160        87,158       2,541,548
                                  57/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                 306,768         276,969        1,897,543         △ 32,053       2,449,228
     当期変動額
      新株予約権の行使                 5,914         5,914                         11,828
      剰余金の配当                                 △ 78,625                △ 78,625
      親会社株主に帰属する当期
                                        183,874                 183,874
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                  5,914         5,914        105,249           -      117,077
     当期末残高                 312,682         282,883        2,002,792         △ 32,053       2,566,305
                     その他の包括利益累計額

                                     新株予約権         純資産合計
                  その他有価証券評価         その他の包括利益累
                  差額金         計額合計
     当期首残高                  5,160         5,160        87,158       2,541,548
     当期変動額
      新株予約権の行使                                 △ 5,724         6,103
      剰余金の配当
                                                △ 78,625
      親会社株主に帰属する当期
                                                183,874
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
                      △ 3,519        △ 3,519        13,192         9,673
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                      △ 3,519        △ 3,519         7,467        121,025
     当期末残高                  1,640         1,640        94,626       2,662,573
                                  58/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        341,585              343,213
       税金等調整前当期純利益
                                         76,281              79,113
       減価償却費
                                            -            5,258
       減損損失
                                         21,782              43,898
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  19,970               2,509
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  19,053              △ 2,005
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   345            △ 2,819
                                        △ 1,340             △ 1,256
       受取利息及び受取配当金
                                         5,579              4,186
       支払利息
                                         21,672              13,192
       株式報酬費用
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 311,499              126,256
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 159,522              288,359
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 239,914             △ 299,901
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  29,579             △ 12,613
                                         19,078             △ 24,221
       その他
       小計                                 641,525              563,169
       利息及び配当金の受取額                                  1,341              1,254
                                         15,361                 -
       保険解約返戻金
                                        △ 5,625             △ 4,124
       利息の支払額
                                        △ 34,165                 -
       役員退職慰労金の支払額
                                        △ 54,926             △ 196,921
       法人税等の支払額
                                        563,510              363,378
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 8,107             △ 5,615
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 16,702             △ 44,488
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 20,212              △ 1,215
       投資有価証券の取得による支出
                                         30,000                 -
       投資有価証券の償還による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                      ※2 △ 168,349
                                                          -
       支出
                                      ※3 △ 120,000
                                                          -
       事業譲受による支出
                                        △ 3,645             △ 1,569
       その他
                                       △ 307,017              △ 52,889
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減額(△は減少)                                    -           100,000
       長期借入れによる収入                                 500,000              300,000
                                       △ 490,581             △ 380,217
       長期借入金の返済による支出
                                         3,437              6,103
       ストックオプションの行使による収入
                                        △ 73,681             △ 77,716
       配当金の支払額
                                        △ 60,824             △ 51,830
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   195,669              258,659
                                       1,643,023              1,838,692
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 1,838,692             ※1 2,097,351
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  59/112





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数             ▶ 社
            連結子会社の名称 株式会社リステック、株式会社みらくる、マルチネット株式会社、株式会社セキュリ
           ティア
             上記のうち、株式会社セキュリティアについては、当連結会計年度において新たに設立したため、連結
             の範囲に含めております。
          (2)主要な非連結子会社の名称等
             該当事項はありません。
         2.持分法の適用に関する事項

            該当事項はありません。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

           連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
         4.会計方針に関する事項

          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
              その他有価証券
              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
              平均法により算定)を採用しております。
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
           ② たな卸資産
              商品
               移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法によ
              り算定)を採用しております。
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法を採用しております。
               ただし、1998年4月1日以降取得した建物                       (建物附属設備を除く)については定額法によっており
              ます。
               なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物         6~15年
              工具、器具及び備品  4~10年
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。市場販売目的のソフトウエアについては、見込販売数量に基づく償却額と見込有効期間で残存期間
             に基づく均等配分額のいずれか大きい額を計上する方法に基づいております。
              また、顧客関係資産については、将来の収益獲得見込期間(3年又は5年)に基づく定額法によってお
             ります。
                                  60/112





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
          (3)重要な引当金の計上基準
           ① 貸倒引当金
              売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸
             念 債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しておりま
             す。
           ② 賞与引当金
              従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
          (4)退職給付に係る会計処理の方法

             一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要
            支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
          (5)重要な     ヘッジ会計の方法

           ① ヘッジ会計の方法
              金利スワップを実施し、特例処理の要件を満たしておりますので、特例処理を採用しております。
           ② ヘッジ手段とヘッジ対象
             (ヘッジ手段)金利スワップ
             (ヘッジ対象)借入金の利息
           ③ ヘッジ方針
              当社は借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っており、ヘッジ対象の識
            別 は個別契約毎に行っております。
           ④ ヘッジ有効性評価の方法
              金利スワップの特例処理の要件を満たしているため、有効性の判定を省略しております。
          (6)のれんの償却方法及び償却期間

             合理的な年数(5年)で均等償却しております。
          (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少な
            リスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
                                  61/112








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (会計方針の変更)
          該当事項はありません。
         (未適用の会計基準等)

         1.「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等
         ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日改正 企業会計
         基準委員会)
         ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日最終改
         正 企業会計基準委員会)
         (1)  概要
          個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱いが見直され、また(分類1)に該当する
         企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いの明確化が行われています。
         (2)  適用予定日
          2019年12月期の期首から適用します。
         (3)  当該会計基準等の適用による影響
          「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で
         評価中であります。
         2.「収益認識に関する会計基準」等

         ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
         ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準
         委員会)
         (1)  概要
          国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会
         計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおい
         てはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12
         月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関す
         る包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
          企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合
         性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを
         出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目があ
         る場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされています。
         (2)  適用予定日
          2022年12月期の期首から適用予定です。
         (3)  当該会計基準等の適用による影響
          「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
         ります。
                                  62/112








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (表示方法の変更)
          該当事項はありません。
         (会計上の見積りの変更)

          該当事項はありません。
                                  63/112



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (追加情報)
          該当事項はありません。
                                  64/112




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 連結会計年度末日満期手形及び電子記録債権
             連結会計年度末日満期手形及び電子記録債権の会計処理については、手形交換日又は決済日をもって決
            済処理をしております。
             なお、当連結会計年度の末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形及び電子
            記録債権が連結会計年度末残高に含まれております。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2017年12月31日)                  (2018年12月31日)
     受取手形                                7,939千円                  4,960千円
     電子記録債権                                1,457                  7,052
          ※2 有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2017年12月31日)                  (2018年12月31日)
     有形固定資産の減価償却累計額                                78,015   千円              83,808   千円
         (連結損益計算書関係)

          ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含ま
            れております。
               前連結会計年度                             当連結会計年度
             (自 2017年1月1日                            (自 2018年1月1日
              至 2017年12月31日)                              至 2018年12月31日)
                              9 千円                           10 千円
          ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                             (自 2017年1月1日                  (自 2018年1月1日
                             至 2017年12月31日)                    至 2018年12月31日)
      給与手当                              877,773    千円              889,196    千円
                                     53,533                  54,574
      賞与引当金繰入額
                                     531,168                  560,905
      販売手数料
                                     19,970                  2,509
      貸倒引当金繰入額
      減損損失に関する注記
          ※3 減損損失

          ① 当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
                 場所                 用途                 種類
           ハッピーテラス千葉みなと教室                 放課後等デイサービス施設                 建物
           (千葉県千葉市)                                  工具、器具及び備品
                                            投資その他の資産(その他)
          ② 減損損失の認識に至った経緯

            投資効率の低い教室において、将来の回復が見込まれないことが判明したため、減損損失を認識しており
           ます。
          ③ 減損損失の金額及び主な固定資産の種類ごとの当該金額の内訳は、以下の通りであります。

           種類                 金額(千円)
           建物                    3,959

           工具、器具及び備品                      99

           その他                    1,200

           合計                    5,258

          ④ 資産のグルーピング
                                  65/112


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
           当社グループは、事業の種類別に独立したキャッシュ・フローを生み出す最小の単位に基づき、資産をグ
          ルーピング化して減損の検討を行っております。
           なお、放課後等デイサービス事業の事業用資産については、キャッシュ・フローを生み出す最小の単位であ
          る教室に拠って資産のグルーピングを行っております。
          ⑤ 回収可能価額の算定方法

           回収可能価額は使用価値により測定し、将来キャッシュ・フローがマイナスのため、回収可能価額をゼロと
          しております。
         (連結包括利益計算書関係)

          ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日               (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                  4,946千円              △5,073千円
      組替調整額                                    -               -
       税効果調整前
                                        4,946              △5,073
       税効果額                               △1,514                 1,553
       その他有価証券評価差額金
                                        3,432              △3,519
        その他の包括利益合計
                                        3,432              △3,519
                                  66/112













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                       株式数         増加株式数          減少株式数           株式数
                       (株)          (株)          (株)          (株)
     発行済株式
                                                -

      普通株式(注)                 4,280,600            30,400                   4,311,000
                                                -

           合計             4,280,600            30,400                   4,311,000
     自己株式

                                      -          -

      普通株式                   66,188                               66,188
                                      -          -

           合計              66,188                               66,188
          (注)普通株式の発行済株式総数の増加30,400株は、ストック・オプションの権利行使による増加でありま
            す。
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                       当連結会計
                         新株予約権の
       区分       新株予約権の内訳            目的となる                             年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          株式の種類                              (千円)
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
     提出会社
           ストック・オプションとして
                            -      -      -      -      -
                                                        87,158
     (親会社)
           の新株予約権
                            -      -      -      -      -
              合計                                           87,158
          (注)新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                          (千円)          (円)
     2017年3月23日
                 普通株式            37,929          9.00    2016年12月31日         2017年3月24日
     定時株主総会
     2017年8月10日
                 普通株式            35,841          8.50    2017年6月30日         2017年9月1日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
        決議      株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
                      (千円)             当額(円)
     2018年3月23日
               普通株式         40,325     利益剰余金           9.50    2017年12月31日         2018年3月24日
     定時株主総会
                                  67/112






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                       株式数         増加株式数          減少株式数           株式数
                       (株)          (株)          (株)          (株)
     発行済株式
      普通株式(注)1,2                 4,311,000          4,355,400              -       8,666,400

           合計             4,311,000          4,355,400              -       8,666,400

     自己株式(注)1,3

      普通株式                   66,188          66,188            -        132,376

           合計              66,188          66,188            -        132,376

          (注)1.2018年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。
             2.普通株式の発行済株式の増加4,355,400株は、株式分割による増加4,321,700株、ストック・オプ
               ションの権利行使による増加33,700株であります。
             3.普通株式の自己株式の株式数の増加66,188株は、株式分割による増加であります。
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳            目的となる                             年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                                                       (千円)
                          株式の種類
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
     提出会社
           ストック・オプションとして
                            -
                                  -      -      -      -     94,626
     (親会社)
           の新株予約権
                            -
              合計                    -      -      -      -     94,626
          (注)新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                          (千円)          (円)
     2018年3月23日
                 普通株式            40,325          9.50    2017年12月31日         2018年3月24日
     定時株主総会
     2018年8月10日
                 普通株式            38,299          9.00    2018年6月30日         2018年9月3日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
        決議      株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
                      (千円)             当額(円)
     2019年3月27日
               普通株式         38,403     利益剰余金           4.50    2018年12月31日         2019年3月28日
     定時株主総会
                                  68/112






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                  至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
     現金及び預金勘定                                  1,848,692千円              2,107,351千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                  △10,000              △10,000
     現金及び現金同等物                                  1,838,692              2,097,351
          ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

             前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
             株式の取得により新たにマルチネット社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに
            マルチネット社株式の取得価額とマルチネット社取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであり
            ます。
                 流動資産                         264,442     千円
                 固定資産                          52,762
                 のれん                         217,824
                 流動負債                         △88,173
                 固定負債                         △85,256
                                            -
                 非支配株主持分
                 マルチネット社株式の取得価額
                                          361,600
                                         △193,250
                 マルチネット社現金及び現金同等物
                 差引:マルチネット社取得のための支出                         168,349
             当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

             該当事項はありません。
          ※3 事業譲受により増加した資産及び負債の主な内訳

             前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
             事業譲受により増加した資産は無形固定資産の顧客関係資産(120,000千円)であります。
             当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

             該当事項はありません。
         (リース取引関係)

          該当事項はありません。
                                  69/112








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については銀行等の金
            融機関からの借入を基本方針としております。デリバティブ取引は借入金の金利変動リスクを回避するた
            めに利用しており、投機的な取引は行わない方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

             営業債権である受取手形、売掛金及び電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されております。
             投資有価証券は、業務上の関係を有する企業の株式及び債券であり、市場価格の変動リスク及び発行体
            の信用リスクに晒されております。
             営業債務である買掛金は、概ね3ヶ月以内の支払期日であります。
             借入金は、主に運転資金に係る資金調達であり、金利の変動リスクに晒されております。なお、一部の
            長期借入金の金利変動リスクに対して金利スワップ取引を実施して支払利息の固定化を行っております。
             営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されております。
             デリバティブ取引は、借入金の金利変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワップ取引でありま
            す。金利スワップ取引は特例処理の要件を満たしているため、有効性の判定を省略しております。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ①信用リスクの管理
              営業債権については、当社グループにおける債権管理規程に従い、各担当部署において取引先ごとの
             状況をモニタリングし、期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期
             把握や軽減を図っております。
              デリバティブ取引の利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付けの高い金融機関とのみ
             取引を行っております。
             ②市場リスクの管理
              投資有価証券については、定期的に時価や取引先企業の財務状況を把握し、保有状況を継続的に見
             直しております。
              デリバティブ取引の執行・管理については、社内規程に基づき稟議決裁を行っております。
             ③資金調達に係る流動性リスクの管理
              各部署からの報告に基づき、担当部署が適時に資金計画を作成・更新するとともに、手元流動性の
             維持などにより流動性リスクを管理しております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
            用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                  70/112








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前連結会計年度(2017年12月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                           1,848,692           1,848,692               -

     (2)受取手形及び売掛金                           3,114,563           3,114,563               -

     (3)電子記録債権                            127,159           127,159              -

     (4)投資有価証券

        その他有価証券                         14,068           14,068             -
              資産計                  5,104,483           5,104,483               -

     (1)買掛金                           2,831,305           2,831,305               -

     (2)1年内返済予定の長期借入金                            334,317           335,968            1,651
     (3)長期借入金                            308,576           306,287           △2,288

     (4)デリバティブ取引                              -           -           -
              負債計                  3,474,198           3,473,561             △636

            当連結会計年度(2018年12月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                           2,107,351           2,107,351               -

     (2)受取手形及び売掛金                           2,994,324           2,994,324               -

     (3)電子記録債権                            118,242           118,242              -

     (4)投資有価証券

        その他有価証券                          9,230           9,230             -
              資産計                  5,229,150           5,229,150               -

     (1)買掛金                           2,531,403           2,531,403               -

                                 100,000           100,000
     (2)短期借入金                                                     -
     (3)1年内返済予定の長期借入金                            324,648           325,902            1,254

     (4)長期借入金                            238,028           236,835           △1,192

     (5)デリバティブ取引                              -           -           -
              負債計                  3,194,079           3,194,141               61

                                  71/112





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金、(3)電子記録債権
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
          (4)投資有価証券
            これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
         負 債

          (1)買掛金 (2)短期借入金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
          (3)1年内返済予定の長期借入金、(4)長期借入金
            これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて
           算定する方法によっております。
          (5)デリバティブ取引
            金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されている
           ため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                     (単位:千円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

             区分
                            (2017年12月31日)                   (2018年12月31日)
     非上場株式                                 4,950                   5,930

     非上場債券                                20,000                   20,000
            これらについては、市場価格がなく、                  かつ将来キャッシュ・フローを見積もることができず、                          時価を把握
           することが極めて困難と認められることから、「(4)投資有価証券」には含めておりません。
                                  72/112











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
           前連結会計年度(2017年12月31日)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                      1,847,560             -         -         -

     受取手形及び売掛金                      3,114,563             -         -         -
     電子記録債権                       127,159            -         -         -

     投資有価証券

      その他有価証券のうち満期があるも
      の
       債券(社債)                       -       10,000         10,000           -
             合計              5,089,283           10,000         10,000           -

           当連結会計年度(2018年12月31日)

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                      2,106,903             -         -         -

     受取手形及び売掛金                      2,994,324             -         -         -

     電子記録債権                       118,242            -         -         -

     投資有価証券

      その他有価証券のうち満期があるも
      の
       債券(社債)                       -       10,000         10,000           -
             合計              5,219,471           10,000         10,000           -

         4.短期借入金及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(2017年12月31日)
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                 5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                              (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
      1年内返済予定の長期借入金                  334,317         -      -      -      -      -
      長期借入金                    -    224,448       84,128        -      -      -
            合計           334,317      224,448       84,128        -      -      -
          当連結会計年度(2018年12月31日)

                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                 5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                              (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
      短期借入金                  100,000         -      -      -      -      -
      1年内返済予定の長期借入金                  324,648         -      -      -      -      -
      長期借入金                    -    184,328       53,700        -      -      -
            合計           424,648      184,328       53,700        -      -      -
                                  73/112




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券
            前連結会計年度(2017年12月31日)
                              連結貸借対照表
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                              計上額(千円)
                  (1)株式                 14,068           6,630           7,438

                  (2)債券                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計              14,068           6,630           7,438

                  (1)株式                    -           -           -

                  (2)債券                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計                -           -           -

               合計                    14,068           6,630           7,438

            当連結会計年度(2018年12月31日)

                              連結貸借対照表
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                              計上額(千円)
                  (1)株式                  9,230           6,865           2,365

                  (2)債券                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計              9,230           6,865           2,365

                  (1)株式                    -           -           -

                  (2)債券                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計                -           -           -

                                    9,230
               合計                               6,865           2,365
          2.売却したその他有価証券

            前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
             該当事項はありません。
            当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

             該当事項はありません。
                                  74/112






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
           該当事項はありません。
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           前連結会計年度(2017年12月31日)
           該当事項はありません。
           当連結会計年度(2018年12月31日)

           該当事項はありません。
                                  75/112

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
          1.採用している退職給付制度の概要
            一部の連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、確定給付制度を採用しております。
          2.確定給付制度

           (1)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
           退職給付に係る負債の期首残高                              -千円            23,630千円
            子会社株式取得による増加                          23,284                 -
            退職給付費用                          1,350              2,655
            退職給付の支払額                         △1,005               5,475
           退職給付に係る負債の期末残高                           23,630              20,810
           (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付

             に係る資産の調整表
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (2017年12月31日)               (2018年12月31日)
           非積立型制度の退職給付債務                           23,630千円               20,810千円
           連結貸借対照表に計上された負債と資
                                      23,630               20,810
           産の純額
           退職給付に係る負債                           23,630               20,810

           連結貸借対照表に計上された負債と資
                                      23,630               20,810
           産の純額
           (3)退職給付費用

             簡便法で計算した退職給付費用  前連結会計年度 1,350千円  当連結会計年度 2,655千円
                                  76/112











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                                     (単位:千円)
                           前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (自 2017年1月1日                    (自 2018年1月1日
                          至 2017年12月31日)                    至 2018年12月31日)
     一般管理費の株式報酬費                                21,672                    13,192
          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1)ストック・オプションの内容
                              2013年                    2014年
                        第2回ストック・オプション                    第3回ストック・オプション
     付与対象者の区分及び人数                  執行役員1名及び使用人46名                     取締役6名
     ストック・オプションの数
                       普通株式 87,600株                     普通株式 13,200株
     (注)1
     付与日                  2013年6月3日                     2014年5月2日
                                         付与日の翌日から3年経過後または当社
                                         の取締役の地位を喪失した日の翌日のい
                      (注)2
     権利確定条件
                                         ずれか早い日から新株予約権を行使する
                                         ことができる。
                       自 2013年6月3日                     自 2014年5月3日
     対象勤務期間
                       至 2016年6月3日                     至 2017年5月2日
                       自 2016年6月4日                     自 2014年5月3日
     権利行使期間
                       至 2019年6月3日                     至 2020年5月2日
                              2014年                    2015年

                        第4回ストック・オプション                    第5回ストック・オプション
     付与対象者の区分及び人数                  使用人46名                     取締役6名
     ストック・オプションの数
                       普通株式 56,800株                     普通株式 33,200株
     (注)1
     付与日                  2014年5月2日                     2015年5月18日
                                         付与日の翌日から3年経過後または当社
                                         の取締役の地位を喪失した日の翌日のい
                      (注)3
     権利確定条件
                                         ずれか早い日から新株予約権を行使する
                                         ことができる。
                       自 2014年5月2日                     自 2015年5月19日
     対象勤務期間
                       至 2016年6月3日                     至 2018年5月18日
                       自 2016年6月4日                     自 2015年5月19日
     権利行使期間
                       至 2019年5月2日                     至 2021年5月18日
                              2015年                    2016年

                        第6回ストック・オプション                    第7回ストック・オプション
     付与対象者の区分及び人数                  使用人56名                     取締役5名
     ストック・オプションの数
                       普通株式 194,800株                     普通株式 31,600株
     (注)1
     付与日                  2015年7月16日                     2016年5月23日
                                         付与日の翌日から3年経過後または当社
                      権利行使時に当社または当社子会社の取
                                         の取締役の地位を喪失した日の翌日のい
     権利確定条件                 締役、監査役及び使用人の地位にあるこ
                                         ずれか早い日から新株予約権を行使する
                      と。
                                         ことができる。
                       自 2015年7月17日                     自 2016年5月24日
     対象勤務期間
                       至 2017年6月16日                     至 2019年5月23日
                       自 2017年6月17日                     自 2016年5月24日
     権利行使期間
                       至 2025年6月16日                     至 2022年5月23日
                                  77/112


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
                              2016年                    2017年
                        第8回ストック・オプション                    第9回ストック・オプション
     付与対象者の区分及び人数                  執行役員3名及び使用人54名                     取締役6名
     ストック・オプションの数                  普通株式 209,400株                     普通株式 34,000株

     付与日                  2016年6月20日                     2017年5月16日

                                         付与日の翌日から3年経過後または当社
                      権利行使時に当社または当社子会社の取
                                         の取締役の地位を喪失した日の翌日のい
     権利確定条件                 締役、監査役及び使用人の地位にあるこ
                                         ずれか早い日から新株予約権を行使する
                      と。
                                         ことができる。
                       自 2016年6月21日                     自 2017年5月17日
     対象勤務期間
                       至 2018年5月17日                     至 2020年5月16日
                       自 2018年5月18日                     自 2017年5月17日
     権利行使期間
                       至 2026年5月17日                     至 2023年5月16日
                              2018年                    2018年

                        第10回ストック・オプション                    第11回ストック・オプション
     付与対象者の区分及び人数                 取締役5名                     当社執行役員及び従業員205名
     ストック・オプションの数                  普通株式 9,600株                     普通株式 109,100株

     付与日                  2018年5月8日                     2018年10月10日

                      付与日の翌日から3年経過後または当社

                                         新株予約権者が新株予約権を放棄した場
                      の取締役の地位を喪失した日の翌日のい
     権利確定条件                                    合には、当該予約権を行使することがで
                      ずれか早い日から新株予約権を行使する
                                         きない。
                      ことができる。
                       自 2018年5月9日                     自 2018年10月11日
     対象勤務期間
                       至 2021年5月8日                     至 2020年9月12日
                       自 2018年5月9日                     自 2020年9月13日
     権利行使期間
                       至 2024年5月8日                     至 2028年9月12日
      (注)1 株式数に換算して記載しております。なお、2016年1月1日付株式分割(1株につき2株の割合)及び2018

           年7月1日付株式分割(1株につき2株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しております。
         2 新株予約権の行使の条件
          ①当社が策定した中期経営計画の目標である2013年12月期から2015年12月期までの3期累計の連結営業利益
          額1,120百万円に対して、新株予約権の行使可能割合を以下の通り定める。
           ⅰ  達成率80%以上90%未満割当新株予約権の50%まで行使可能
           ⅱ  達成率90%以上100%未満割当新株予約権の75%まで行使可能
           ⅲ  達成率100%以上割当新株予約権の100%まで行使可能
          なお、計算の結果1個に満たない新株予約権の端数が生じた場合には、これを切り捨てるものとし、権利行
          使可能分以外のものは失効することとする。
          ②新株予約権者は、権利行使時において、当社、当社子会社または当社関係会社の取締役、監査役、執行役
          員または従業員であることを要する。
          ③新株予約権の相続は、これを認めない。
          ④各新株予約権の一部行使はできないものとする。
          ⑤新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、当該新株予約権を行使することができない。
         3 新株予約権の行使の条件

          ①当社が策定した中期経営計画の目標のうち2014年12月期から2015年12月期までの2期累計の連結営業利益
          額900百万円に対して、新株予約権の行使可能割合を以下の通り定める。
          ⅰ  達成率80%以上90%未満割当新株予約権の50%まで行使可能
          ⅱ  達成率90%以上100%未満割当新株予約権の75%まで行使可能
          ⅲ  達成率100%以上割当新株予約権の100%まで行使可能
          なお、計算の結果1個に満たない新株予約権の端数が生じた場合には、これを切り捨てるものとし、権利行
          使可能分以外のものは失効することとする。
          ②新株予約権者は、権利行使時において、当社、当社子会社または当社関係会社の取締役、監査役、執行役
                                  78/112


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
          員または従業員であることを要する。
          ③新株予約権の相続は、これを認めない。
          ④各新株予約権の一部行使はできないものとする。
          ⑤新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、当該新株予約権を行使することができない。
                                  79/112



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
             当連結会計年度(2018年12月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
            ションの数については、株式数に換算して記載しております。
            ① ストック・オプションの数
                              2013年                    2014年
                        第2回ストック・オプション                    第3回ストック・オプション
     権利確定前      (株)                                                    -
                                      -                    -
      前連結会計年度末
                                                         -
      付与                               -
      失効                               -                    -

      権利確定                               -                    -

      未確定残                               -                    -

     権利確定後      (株)                                                    -

      前連結会計年度末                             98,000                    18,400

      権利確定                               -                    -

      権利行使                             8,000                    5,200

      失効                             2,400                      -

      未行使残                             87,600                    13,200

      (注)2016年1月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                            及び2018年7月1日付株式分割(1株につき2株の割合)
         による分割後の株式数に換算して記載しております。
                              2014年                    2015年

                        第4回ストック・オプション                    第5回ストック・オプション
     権利確定前      (株)
      前連結会計年度末                               -                 33,200

      付与                               -                    -

      失効                               -                    -

      権利確定                               -                 33,200

      未確定残                               -                    -

     権利確定後      (株)

      前連結会計年度末                             63,600                      -

      権利確定                               -                 33,200

      権利行使                             5,200                      -

      失効                             1,600                      -

      未行使残                             56,800                    33,200

     (注)2016年1月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                            及び2018年7月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                           に
     よる分割後の株式数に換算して記載しております。
                                  80/112





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
                              2015年                    2016年
                        第6回ストック・オプション                    第7回ストック・オプション
     権利確定前      (株)
      前連結会計年度末                               -                 31,600

      付与                               -                    -

      失効                               -                    -

      権利確定                               -                    -

      未確定残                               -                 31,600

     権利確定後      (株)

      前連結会計年度末                            203,200                       -

      権利確定                               -                    -

      権利行使                             6,000                      -

      失効                             2,400                      -

      未行使残                            194,800                       -

     (注)2016年1月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                            及び2018年7月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                           に
        よる分割後の株式数に換算して記載しております。
                              2016年                    2017年

                        第8回ストック・オプション                    第9回ストック・オプション
     権利確定前      (株)
      前連結会計年度末                            233,800                    34,000

      付与                               -                    -

      失効                               -                    -

      権利確定                            233,800                       -

      未確定残                               -                 34,000

     権利確定後      (株)

      前連結会計年度末                               -                    -

      権利確定                            233,800                       -

      権利行使                             20,000                      -

      失効                             4,400                      -

      未行使残                            209,400                       -

     (注)   2018年7月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                         による分割後の株式数に換算して記載しております。
                              2018年                    2018年

                        第10回ストック・オプション                    第11回ストック・オプション
     権利確定前      (株)
      前連結会計年度末                               -                    -

      付与                             9,600                   109,400

      失効                               -                   300

      権利確定                               -                    -

      未確定残                             9,600                   109,100

     権利確定後      (株)

                                  81/112


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
                              2018年                    2018年
                        第10回ストック・オプション                    第11回ストック・オプション
      前連結会計年度末                               -                    -
      権利確定                               -                    -

      権利行使                               -                    -

      失効                               -                    -

      未行使残                               -                    -

     (注)   2018年7月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                         による分割後の株式数に換算して記載しております。
                                  82/112

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
            ② 単価情報
                              2013年                    2014年
                        第2回ストック・オプション                    第3回ストック・オプション
     権利行使価格(注)   (円)                                1                    1
     行使時平均株価     (円)                               559                    602

     公正な評価単価(付与日)(円)                               124                    251

     (注)2016年1月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                            及び2018年7月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                           に
     よる分割後の株式数に換算して記載しております。
                              2014年                    2015年

                        第4回ストック・オプション                    第5回ストック・オプション
     権利行使価格(注)   (円)                                1                    1
     行使時平均株価     (円)                               554                     -

     公正な評価単価(付与日)(円)                               256                    214

     (注)2016年1月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                            及び2018年7月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                           に
     よる分割後の株式数に換算して記載しております。
                              2015年                    2016年

                        第6回ストック・オプション                    第7回ストック・オプション
     権利行使価格(注)   (円)                               251                     1
     行使時平均株価     (円)                               709                     -

     公正な評価単価(付与日)(円)                                96                   183

     (注)2016年1月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                            及び2018年7月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                           に
     よる分割後の株式数に換算して記載しております。
                              2016年                    2017年

                        第8回ストック・オプション                    第9回ストック・オプション
     権利行使価格      (円)                               229                     1
     行使時平均株価     (円)                               674                     -
     公正な評価単価(付与日)(円)                                80                   234
     (注)   2018年7月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                         による分割後の株式数に換算して記載しております。
                              2018年                    2018年

                        第10回ストック・オプション                    第11回ストック・オプション
     権利行使価格      (円)                                1                   578
     行使時平均株価     (円)                                -                    -

     公正な評価単価(付与日)(円)                               616                    269

     (注)   2018年7月1日付株式分割(1株につき2株の割合)                         による分割後の株式数に換算して記載しております。
          3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

           当連結会計年度において付与された2018年第10回ストック・オプションについての公正な評価単価の見積方
          法は以下のとおりであります。
          (1)使用した評価技法                        ブラック・ショールズ式
          (2)主な基礎数値及び見積方法
                               2018年第10回ストック・オプション
           株価変動性(注)1                                52.377%
           予想残存期間(注)2                                  4.5年
           予想配当(注)3                                18円/株
           無リスク利子率(注)4                               △0.110%
          (注)1 2013年11月8日から2018年5月8日までの株価実績に基づき算定しております。
                                  83/112


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
             2   十分なデータの蓄積がなく、合理的な見積りが困難であるため、権利行使期間の中間点において行
               使されるものと推定して見積もっております。
             3   2017年12月期の配当実績によっております。
             4   予想残存期間に対応する国債の利回りであります。
           当連結会計年度において付与された2018年第11回ストック・オプションについての公正な評価単価の見積方

          法は以下のとおりであります。
          (1)使用した評価技法                        ブラック・ショールズ式
          (2)主な基礎数値及び見積方法
                               2018年第11回ストック・オプション
           株価変動性(注)1                                59.306%
           予想残存期間(注)2                                   6年
           予想配当(注)3                                9円/株
           無リスク利子率(注)4                               △0.015%
          (注)1 2012年10月10日から2018年10月10日までの株価実績に基づき算定しております。
             2   十分なデータの蓄積がなく、合理的な見積りが困難であるため、権利行使期間の中間点において行
               使されるものと推定して見積もっております。
             3   2017年12月期の配当実績によっております。
             4   予想残存期間に対応する国債の利回りであります。
          4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
           用しております。
                                  84/112













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
           繰延税金資産
            貸倒引当金繰入限度超過額                             28,901千円              29,056千円
            未払事業税否認                              8,517              6,523
            未払事業所税否認                              1,045               938
            賞与引当金繰入限度超過額                             22,593              21,692
            未払費用否認                              3,181              3,347
            資産除去債務                              6,802              6,896
            退職給付費用否認                              8,225             16,811
            株式報酬費用                             15,928              7,200
            株式取得関連費用                             10,717              10,717
            繰越欠損金                             15,481              76,324
                                          2,751              3,060
            その他
           繰延税金資産小計
                                         124,147              182,570
           評価性引当額                             △51,985             △113,126
           繰延税金資産合計
                                         72,161              69,443
           繰延税金負債
            有形固定資産(資産除去債務)                             △4,494              △4,370
                                         △2,277               △724
            その他
           繰延税金負債合計                              △6,771              △5,094
           繰延税金資産の純額                              65,390              64,349
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
           法定実効税率                               30.86%              30.86%
           (調整)
            交際費等永久に損金算入されない項目                              1.15              1.27
            住民税均等割                              0.89              0.96
            評価性引当額の増減                              6.38              7.96
            税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                              0.04              0.11
            適格株式報酬費用                              1.29              0.41
            のれんの償却額                              1.97              3.92
                                         △2.03               0.94
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                               40.53              46.43
                                  85/112







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
           該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                  86/112



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であ
            り、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となってい
            るものであります。
             当社グループは、主に「ITサービス事業」、「アスクルエージェント事業」により構成されているた
            め、この2つの事業を報告セグメントとしております。
             「ITサービス事業」は主にコンピュータ、プリンター等の販売及びそれに付帯する設置保守のサービ
            ス等を行っており、「アスクルエージェント事業」は、主にアスクル代理店を行っております。
             当連結会計年度より、従来「情報機器販売事業」としていた報告セグメント名称を「ITサービス事
            業」に変更しております。
             この変更はセグメント名称の変更であり、セグメント情報に与える影響はありません。
             なお、前連結会計年度の報告セグメントについても、変更後の名称で表示しております。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
            項」における記載と概ね同一であります。
             報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

             前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                       連結財務
                                    その他  
                                                       諸表計上額
                        アスクル                    合計      調整額
                                     (注)2
                  ITサー
                                                       (注)1
                        エージェン        計
                  ビス事業
                        ト事業
     売上高

                  14,545,018       7,696,943      22,241,962        26,252    22,268,215          -  22,268,215
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                      -      -      -      -      -      -      -
      売上高又は振替高
                  14,545,018       7,696,943      22,241,962        26,252    22,268,215          -  22,268,215
           計
     セグメント利益又は損失
                   295,646       59,756      355,403      △ 16,860      338,543         -    338,543
     (△)
     その他の項目
                    42,260      33,226      75,486        794     76,281        -    76,281
      減価償却費
                    21,782        -    21,782        -    21,782        -    21,782
      のれんの償却額
      (注)1 セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業利益であります。
         2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、放課後等デイサービス事業等を
          含んでおります。
         3 当社グループは、報告セグメントに資産を配分していないため、「セグメント資産」及び「有形固定資産及
           び無形固定資産の増加額」の記載を省略しております。
                                  87/112





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
             当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                       連結財務
                                    その他  
                                                       諸表計上額
                        アスクル                    合計      調整額
                                     (注)2
                  ITサー
                                                       (注)1
                        エージェン        計
                  ビス事業
                        ト事業
     売上高

                  13,695,255       8,404,626      22,099,881        47,328    22,147,210          -  22,147,210
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                      -      -      -      -      -      -      -
      売上高又は振替高
                  13,695,255       8,404,626      22,099,881        47,328    22,147,210          -  22,147,210
           計
     セグメント利益又は損失
                   256,300      113,503      369,804      △ 24,842      344,961         -    344,961
     (△)
     その他の項目
                    45,702      32,544      78,247        865     79,113        -    79,113
      減価償却費
                    43,898        -    43,898        -    43,898        -    43,898
      のれんの償却額
      (注)1 セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業利益であります。

         2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、就労移行支援事業及び放課後等
          デイサービス事業等を含んでおります。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自2017年1月1日 至2017年12月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
              セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)  売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
            (2)  有形固定資産
              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
           3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記
             載を省略しております。
                                  88/112








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自2018年1月1日 至2018年12月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
              セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)  売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
            (2)  有形固定資産
              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
           3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記
             載を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

                                                    (単位:千円)
                     ITサービス        アスクルエー
                                     その他(注)
                                             全社・消去         合計
                       事業      ジェント事業
                          -        -      5,258         -      5,258
            減損損失
           (注)「その他」の金額は、放課後等デイサービス事業に係るものであります。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
                                                    (単位:千円)
                     ITサービス        アスクルエー
                                      その他       全社・消去         合計
                       事業      ジェント事業
                        21,782          -        -        -      21,782
            当期償却額
                        196,042          -        -        -     196,042
            当期末残高
           当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

                                                    (単位:千円)
                     ITサービス        アスクルエー
                                      その他       全社・消去         合計
                       事業      ジェント事業
                        43,898          -        -        -      43,898
            当期償却額
            当期末残高            153,645          -        -        -     153,645
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

            該当事項はありません。
                                  89/112





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

           該当事項はありません。
         (開示対象特別目的会社関係)

           該当事項はありません。
                                  90/112


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日               (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     1株当たり純資産額                                 289円10銭               300円91銭

     1株当たり当期純利益金額                                  24円07銭               21円62銭

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額                                  23円12銭               20円38銭

      (注)1.2018年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。
          1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額および潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、当該
          株式分割が前連結会計年度の期首に行われたと仮定してそれぞれ算定しております。
         2.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおり
          であります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日               (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益金額(千円)                                203,135               183,874

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                      203,135               183,874
      金額(千円)
      期中平均株式数(株)                               8,440,786               8,505,427
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額                                                   -

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額(千円)                                   -               -

      普通株式増加数(株)                                345,991               516,651

      (うち新株予約権        (株)   )                    (345,991)               (516,651)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                                        2018年9月12日開催の取締役会
     たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式                                        の決議による株式会社ハイパー
                                     -
     の概要                                        第11回新株予約権(普通株式
                                              109,100株)
                                  91/112









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
          (役員に対する株式報酬制度の導入について)
           当社は、2019年2月20日開催の取締役会において、当社取締役(社外取締役を除く。以下同じ。)に対し、
          信託を用いた株式報酬制度(以下、「本制度」という。)を導入することを決議し、本制度の導入に関する議案
          を2019年3月27日開催の第29回定時株主総会(以下、「本株主総会」という。)に付議し、本株主総会において
          承認されました。
          1.本制度導入の目的

           本制度は、取締役の報酬と当社の株式価値との連動性をより明確にし、取締役が株価の変動による利益・リ
          スクを株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを
          目的としております。
          2.本制度の概要

           本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下「本信託」という。)が当社株式を取得し、
          当社が各取締役に付与するポイントの数に相当する数の当社株式が本信託を通じて各取締役に対して交付され
          る株式報酬制度です。
           また、本制度は2019年3月28日から2025年3月の定時株主総会終結の日までの6年間(以下「対象期間」と
          いう。)の間に在任する当社取締役に対して当社株式が交付されます。
          なお、取締役が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役の退任時です。
          3.信託契約の内容

           ①信託の種類   金銭信託以外の金銭の信託(他益信託)
           ②信託の目的   株式交付規程に基づき当社株式を受益者へ交付すること
           ③委託者     当社
           ④受託者     三井住友信託銀行株式会社
                    (再信託受託者:日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社)
           ⑤受益者     当社取締役のうち受益者要件を満たす者
           ⑥信託管理人   当社及び当社役員から独立した第三者
           ⑦信託契約日   2019年5月(予定)
           ⑧信託の期間   2019年5月~2025年5月(予定)
           ⑨制度開始日   2019年5月(予定)
           ⑩議決権行使   信託の期間を通じて、本信託内の株式に係る議決権は行使いたしません。
           ⑪取得株式の種類 当社普通株式
           ⑫株式の取得方法 当社からの自己株式処分による取得又は取引所市場からの取得
                    (立会外取引も含む。)
           ⑬信託金の上限額 480百万円(信託報酬・信託費用を含む。)
                                  92/112








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
           該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                                当期首残高       当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (千円)       (千円)       (%)
                                    -

     短期借入金                                   100,000        0.45       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                            334,317       324,648        0.53       -

                                    -       -
     1年以内に返済予定のリース債務                                            -      -
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                            308,576       238,028        0.49    2020年~21年
                                    -       -
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                                            -      -
                                    -       -
     その他有利子負債                                            -      -
                 合計                 642,893       662,676         -      -
      (注)1.「平均利率」については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであ
           ります。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
     長期借入金               184,328            53,700             -           -
         【資産除去債務明細表】

           当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結
          会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規
          定により記載を省略しております               。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                   6,015,099          11,155,463          16,515,511          22,147,210
     税金等調整前四半期(当期)
                         188,060          241,916          269,620          343,213
     純利益金額(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                         119,543          142,805          150,893          183,874
     (当期)純利益金額(千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                                                         21.62
                          14.08          16.81          17.75
     利益金額(円)
         (会計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
                                     2.74          0.95          3.87
                          14.08
     (円)
       (注)2018年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っており、当連結会計年度の期首に当該
          株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しております。
                                  93/112




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,575,023              1,758,524
         現金及び預金
                                       ※1 140,986             ※1 124,328
         受取手形
                                      ※2 2,882,067             ※2 2,782,771
         売掛金
                                       ※1 127,159             ※1 118,242
         電子記録債権
                                        646,501              345,860
         商品
                                           454             1,199
         貯蔵品
                                         1,413               201
         前渡金
                                         26,813              34,441
         前払費用
                                         31,179              28,001
         繰延税金資産
                                        ※2 27,637             ※2 36,462
         その他
                                        △ 10,094              △ 9,704
         貸倒引当金
                                       5,449,143              5,220,331
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         20,722              19,432
          建物
                                         16,372              13,522
          工具、器具及び備品
                                         37,095              32,954
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         93,953              102,178
          ソフトウエア
                                         98,715              72,000
          顧客関係資産
                                         1,273              1,273
          その他
                                        193,943              175,451
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         39,018              34,180
          投資有価証券
                                        446,603              496,603
          関係会社株式
                                         10,000              10,000
          出資金
                                         60,000              110,000
          関係会社長期貸付金
                                         84,214              85,186
          破産更生債権等
                                         18,493              21,806
          繰延税金資産
                                         74,060              75,830
          敷金
                                         5,206              5,069
          その他
                                       △ 108,958             △ 149,037
          貸倒引当金
                                        628,638              689,639
          投資その他の資産合計
                                        859,676              898,045
         固定資産合計
                                       6,308,819              6,118,377
       資産合計
                                  94/112







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                      ※2 2,806,788             ※2 2,494,989
         買掛金
                                            -           100,000
         短期借入金
                                        334,317              324,648
         1年内返済予定の長期借入金
         未払金                                97,367              107,366
                                         62,587              61,156
         未払費用
                                        125,645               67,655
         未払法人税等
                                         1,915               431
         前受金
                                         25,158              22,642
         預り金
                                         53,533              54,574
         賞与引当金
                                       3,507,314              3,233,463
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                                308,576              238,028
                                         17,104              17,376
         資産除去債務
                                        325,680              255,404
         固定負債合計
                                       3,832,995              3,488,867
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        306,768              312,682
         資本金
         資本剰余金
                                        256,780              262,694
          資本準備金
                                         20,188              20,188
          その他資本剰余金
                                        276,969              282,883
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         2,607              2,607
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       1,829,212              1,967,121
            繰越利益剰余金
                                       1,831,820              1,969,728
          利益剰余金合計
                                        △ 32,053             △ 32,053
         自己株式
                                       2,383,505              2,533,241
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         5,160              1,640
         その他有価証券評価差額金
                                         5,160              1,640
         評価・換算差額等合計
                                         87,158              94,626
       新株予約権
                                       2,475,824              2,629,509
       純資産合計
                                       6,308,819              6,118,377
      負債純資産合計
                                  95/112








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                      ※1 21,776,569             ※1 21,418,085
      売上高
      売上原価
                                        792,281              646,501
       商品期首たな卸高
                                      ※1 18,833,451             ※1 18,294,053
       当期商品仕入高
                                       19,625,733              18,940,555
       合計
                                        646,501              345,860
       商品期末たな卸高
                                       18,979,231              18,594,694
       商品売上原価
                                       2,797,338              2,823,390
      売上総利益
                                      ※2 2,440,057             ※2 2,459,368
      販売費及び一般管理費
                                        357,280              364,021
      営業利益
      営業外収益
                                        ※1 1,791             ※1 2,058
       受取利息及び受取配当金
                                         2,000              1,500
       広告料収入
                                        ※1 10,020             ※1 12,480
       受取手数料
                                        ※1 7,290             ※1 8,190
       経営指導料
                                         3,565              3,318
       その他
                                         24,667              27,546
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         5,505              4,186
       支払利息
                                           604              986
       支払手数料
                                         24,744              39,106
       貸倒引当金繰入額
                                           17              135
       その他
                                         30,871              44,413
       営業外費用合計
                                        351,076              347,154
      経常利益
      特別損失
                                         19,999                 -
       関係会社株式評価損
                                         19,999                 -
       特別損失合計
                                        331,076              347,154
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   136,216              129,201
                                        △ 11,352               1,418
      法人税等調整額
                                        124,864              130,620
      法人税等合計
                                        206,212              216,534
      当期純利益
                                  96/112









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                            資本剰余金              利益剰余金
                                           その他利
                                                        株主資本
                    資本金                                自己株式
                                           益剰余金
                            その他資本     資本剰余              利益剰余         合計
                        資本準備金              利益準備金
                             剰余金    金合計              金合計
                                           繰越利益
                                           剰余金
     当期首残高
                    299,831     249,843     20,188    270,032     2,607   1,696,770     1,699,378     △ 32,053   2,237,189
     当期変動額
      新株予約権の行使               6,936     6,936         6,936                       13,873
      剰余金の配当                                     △ 73,770    △ 73,770        △ 73,770
      当期純利益
                                           206,212     206,212         206,212
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                6,936     6,936      -   6,936      -  132,441     132,441       -  146,315
     当期末残高
                    306,768     256,780     20,188    276,969     2,607   1,829,212     1,831,820     △ 32,053   2,383,505
                        評価・換算差額等

                                      新株予約権         純資産合計
                   その他有価証券評価         評価・換算差額等合
                   差額金         計
     当期首残高                    1,728         1,728        75,923       2,314,840
     当期変動額
      新株予約権の行使
                                         △ 10,436         3,437
      剰余金の配当                                           △ 73,770
      当期純利益                                            206,212
      株主資本以外の項目の当期変動
                         3,432         3,432        21,672         25,104
      額(純額)
     当期変動額合計                    3,432         3,432        11,235        160,983
     当期末残高                    5,160         5,160        87,158       2,475,824
                                  97/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                            資本剰余金              利益剰余金
                                           その他利
                                                        株主資本
                    資本金                                自己株式
                                           益剰余金
                            その他資本     資本剰余              利益剰余         合計
                        資本準備金              利益準備金
                             剰余金    金合計              金合計
                                           繰越利益
                                           剰余金
     当期首残高               306,768     256,780     20,188    276,969     2,607   1,829,212     1,831,820     △ 32,053   2,383,505
     当期変動額
      新株予約権の行使
                     5,914     5,914         5,914                       11,828
      剰余金の配当                                     △ 78,625    △ 78,625        △ 78,625
      当期純利益                                     216,534     216,534         216,534
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                5,914     5,914      -   5,914      -  137,908     137,908       -  149,736
     当期末残高               312,682     262,694     20,188    282,883     2,607   1,967,121     1,969,728     △ 32,053   2,533,241
                        評価・換算差額等

                                      新株予約権         純資産合計
                   その他有価証券評価         評価・換算差額等合
                   差額金         計
     当期首残高
                         5,160         5,160        87,158       2,475,824
     当期変動額
      新株予約権の行使                                   △ 5,724         6,103
      剰余金の配当                                           △ 78,625
      当期純利益
                                                  216,534
      株主資本以外の項目の当期変動
                        △ 3,519        △ 3,519        13,192         9,673
      額(純額)
     当期変動額合計                   △ 3,519        △ 3,519         7,467        153,684
     当期末残高
                         1,640         1,640        94,626       2,629,509
                                  98/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.資産の評価基準及び評価方法
          (1)子会社株式及び関連会社株式
            移動平均法による原価法を採用しております。
          (2)その他有価証券
            時価のあるもの
             決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均
            法により算定)を採用しております。
            時価のないもの
             移動平均法による原価法を採用しております。
         (3)たな卸資産
            商品
             移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
            定)を採用しております。
         2.固定資産の減価償却の方法

          (1)有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法を採用しております。
            ただし、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法によっておりま
           す。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物            6~15年
            工具、器具及び備品            4~10年
          (2)無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しております。
            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
            また、顧客関係資産については、将来の収益獲得見込期間(3年又は5年)に基づく定額法によっており
           ます。
         3.引当金の計上基準

          (1)貸倒引当金
            売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
           定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          (2)賞与引当金
            従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
         4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

          (1)消費税等の会計処理
            消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
          (2)ヘッジ会計の処理
            金利スワップを実施し、特例処理の要件を満たしておりますので、特例処理を採用しております。
                                  99/112






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (会計方針の変更)
          該当事項はありません。
         (表示方法の変更)

          該当事項はありません。
         (会計上の見積りの変更)

          該当事項はありません。
                                100/112


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (追加情報)
          該当事項はありません。
                                101/112




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1 期末日満期手形及び電子記録債権
             期末日満期手形及び電子記録債権の会計処理については、手形交換日又は決済日をもって決済処理をし
            ております。
             なお、当事業年度の末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形及び電子記録債権が期末
            残高に含まれております。
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2017年12月31日)                  (2018年12月31日)
     受取手形                                7,939千円                  4,960千円
     電子記録債権                                1,457                   7,052
          ※2 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)

                                前事業年度                 当事業年度
                              (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
      短期金銭債権                                5,580千円                 9,011千円
      短期金銭債務                                1,800                   97
         (損益計算書関係)

          ※1 関係会社との取引高
                                前事業年度                   当事業年度
                             (自 2017年1月1日                  (自 2018年1月1日
                             至 2017年12月31日)                    至 2018年12月31日)
      営業取引による取引高
       売上高                              4,019千円                  5,040千円
                                      4,889                 14,102
       仕入高
                                     17,763                  21,479
      営業取引以外の取引による取引高
          ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度66.7%、当事業年度65.2%、一般管理費に属する費

            用のおおよその割合は前事業年度33.3%、当事業年度34.8%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                   当事業年度
                             (自 2017年1月1日                  (自 2018年1月1日
                             至 2017年12月31日)                    至 2018年12月31日)
     役員報酬                                62,625   千円              60,705   千円
                                     829,130                  798,125
     給料手当
                                     157,705                  158,156
     法定福利費
                                     53,533                  54,574
     賞与引当金繰入額
                                     99,317                 106,378
     荷造発送費
                                     525,899                  554,033
     販売手数料
                                     70,649                  74,578
     減価償却費
                                     118,792                  122,767
     地代家賃
                                     20,128                  2,508
     貸倒引当金繰入額
                                102/112






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
         子会社株式及び関連会社株式
          前事業年度(2017年12月31日)
          子会社株式(貸借対照表計上額               446,603千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認め
          られることから、記載しておりません。
          当事業年度(2018年12月31日)

          子会社株式(貸借対照表計上額               496,603千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認め
          られることから、記載しておりません。
                                103/112


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
           繰延税金資産
            貸倒引当金繰入限度超過額                             36,478千円              48,606千円
            未払事業税否認                              8,114              4,964
            未払事業所税否認                              1,045               938
            賞与引当金繰入限度超過額                             16,520              16,710
            未払費用否認                              2,384              2,416
            資産除去債務                              5,237              5,320
            株式報酬費用                             15,928              16,811
            関係会社株式評価損                              6,123              6,123
                                          1,634              2,118
            その他
           繰延税金資産小計
                                         93,466             104,011
                                        △39,486              △51,759
           評価性引当額
           繰延税金資産合計
                                         53,979              52,252
           繰延税金負債
            有形固定資産(資産除去債務)                             △2,028              △1,720
                                         △2,277               △724
            その他
           繰延税金負債合計                              △4,306              △2,444
           繰延税金資産の純額                              49,673              49,807
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度

                                    (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
           法定実効税率
                                          30.86%              30.86%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                              1.18              1.25
            住民税均等割                              0.67              0.71
            評価性引当額の増減                              5.11              3.56
            税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                              0.04              0.11
            適格株式報酬費用                              1.33              0.60
            その他                             △1.48               0.54
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                               37.71              37.63
         (企業結合等関係)

          該当事項はありません。
                                104/112







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
          (役員に対する株式報酬制度の導入について)
           当社は、2019年2月20日開催の取締役会において、当社取締役(社外取締役を除く。以下同じ。)に対し、
          信託を用いた株式報酬制度(以下、「本制度」という。)を導入することを決議し、本制度の導入に関する議案
          を2019年3月27日開催の第29回定時株主総会(以下、「本株主総会」という。)に付議し、本株主総会において
          承認されました。
          1.本制度導入の目的

           本制度は、取締役の報酬と当社の株式価値との連動性をより明確にし、取締役が株価の変動による利益・リ
          スクを株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを
          目的としております。
          2.本制度の概要

           本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下「本信託」という。)が当社株式を取得し、
          当社が各取締役に付与するポイントの数に相当する数の当社株式が本信託を通じて各取締役に対して交付され
          る株式報酬制度です。
           また、本制度は2019年3月28日から2025年3月の定時株主総会終結の日までの6年間(以下「対象期間」と
          いう。)の間に在任する当社取締役に対して当社株式が交付されます。
          なお、取締役が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役の退任時です。
          3.信託契約の内容

           ①信託の種類   金銭信託以外の金銭の信託(他益信託)
           ②信託の目的   株式交付規程に基づき当社株式を受益者へ交付すること
           ③委託者     当社
           ④受託者     三井住友信託銀行株式会社
                    (再信託受託者:日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社)
           ⑤受益者     当社取締役のうち受益者要件を満たす者
           ⑥信託管理人   当社及び当社役員から独立した第三者
           ⑦信託契約日   2019年5月(予定)
           ⑧信託の期間   2019年5月~2025年5月(予定)
           ⑨制度開始日   2019年5月(予定)
           ⑩議決権行使   信託の期間を通じて、本信託内の株式に係る議決権は行使いたしません。
           ⑪取得株式の種類 当社普通株式
           ⑫株式の取得方法 当社からの自己株式処分による取得又は取引所市場からの取得
                    (立会外取引も含む。)
           ⑬信託金の上限額 480百万円(信託報酬・信託費用を含む。)
                                105/112








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                      (単位:千円)
                                                       減価償却
       区分        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                        累計額
             建物             20,722       1,660        -     2,949      19,432      34,254

     有形
             工具、器具及び備品             16,372       2,510       111     5,249      13,522      46,926
     固定資産
                                                   32,954      81,181
                 計         37,095       4,170       111     8,199
                                46,611                  102,178         -
             ソフトウエア             93,953              23    38,363
                                 1,300        -          72,000
             顧客関係資産             98,715                   28,015              -
     無形
     固定資産
             その他              1,273        -      -      -     1,273        -
                                47,911        23
                 計         193,943                   66,378      175,451         -
         【引当金明細表】

                                                     (単位:千円)
         区分         当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高

     貸倒引当金                119,052           158,741           119,052           158,741

                      53,533           54,574           53,533           54,574
     賞与引当金
       (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                106/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度              1月1日から12月31日まで
     定時株主総会              毎事業年度末日の翌日から3ヶ月以内

     基準日              12月31日

                    6月30日
     剰余金の配当の基準日
                    12月31日
     1単元の株式数              100株
     単元未満株式の買取り

                    (特別口座)
       取扱場所
                    東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                    (特別口座)
       株主名簿管理人
                    東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社
       取次所            -
       買取手数料            株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額
                    電子公告とし、次の当社ホームページアドレスに掲載します。
                    (http://www.hyperpc.co.jp)
     公告掲載方法
                    ただし、事故その他やむを得ない事由により、電子公告をすることができないときは、
                    日本経済新聞に掲載します。
     株主に対する特典              該当事項はありません。
                                107/112













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社には親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第28期)(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)2018年3月23日関東財務局長に提出。
       (2)内部統制報告書及びその添付書類
         事業年度(第28期)(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)2018年3月23日関東財務局長に提出。
       (3)四半期報告書及び確認書
         (第29期第1四半期)(自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)2018年5月11日関東財務局長に提出。
         (第29期第2四半期)(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)2018年8月10日関東財務局長に提出。
         (第29期第3四半期)(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日)2018年11月9日関東財務局長に提出。
       (4)臨時報告書
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基
        づく臨時報告書
        2018年3月29日関東財務局長に提出。
                                108/112














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                109/112




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                     2019年3月27日

     株式会社ハイパー

      取締役会 御中

                       EY新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                  公認会計士
                                         小  野  木  幹  久  印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                  公認会計士
                                         石  井  広  幸  印
                        業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社ハイパーの2018年1月1日から2018年12月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対
     照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸
     表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社ハイパー及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                110/112






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社ハイパーの2018年12
     月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社ハイパーが2018年12月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部
     統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告
     に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

          社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                111/112










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2019年3月27日

     株式会社ハイパー

      取締役会 御中

                       EY新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                  公認会計士
                                         小  野  木  幹  久  印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                  公認会計士
                                         石  井  広  幸  印
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社ハイパーの2018年1月1日から2018年12月31日までの第29期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、
     損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     ハイパーの2018年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適
     正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

          社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                112/112




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。