株式会社ビジョン 有価証券報告書 第18期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第18期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社ビジョン

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                      有価証券報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      2019年3月27日

    【事業年度】                      第18期(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

    【会社名】                      株式会社ビジョン

    【英訳名】                      VISION    INC.

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長兼CEO 佐野 健一

    【本店の所在の場所】                      東京都新宿区西新宿六丁目5番1号

    【電話番号】                      03  (5325)    0344

    【事務連絡者氏名】                      取締役    常務執行役員       CFO兼管理本部長 中本 新一

    【最寄りの連絡場所】                      東京都新宿区西新宿六丁目5番1号

    【電話番号】                      03  (5325)    0344

    【事務連絡者氏名】                      取締役    常務執行役員       CFO兼管理本部長 中本 新一

    【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/93









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1) 連結経営指標等
           回次            第14期        第15期        第16期        第17期        第18期

          決算年月            2014年12月        2015年12月        2016年12月        2017年12月        2018年12月

     売上高            (千円)      10,185,258        12,485,285        14,843,725        17,554,838        21,503,668

     経常利益            (千円)       324,007        807,594       1,298,209        1,795,039        2,499,685

     親会社株主に帰属する
                 (千円)       275,405        585,388        813,840       1,208,710        1,529,476
     当期純利益
     包括利益            (千円)       320,829        500,577        815,686       1,234,063        1,496,143
     純資産額            (千円)      1,899,437        6,496,327        7,312,013        8,586,324        9,803,086

     総資産額            (千円)      3,916,911        8,528,194        9,935,083       11,483,804        13,552,015

     1株当たり純資産額             (円)       160.85        400.08        450.32        526.19        602.84

     1株当たり当期純利益
                 (円)        23.32        48.95        50.12        74.30        94.20
     金額
     潜在株式調整後
     1株当たり当期純利益             (円)         -      47.94        49.44        72.62        92.00
     金額
     自己資本比率             (%)        48.5        76.2        73.6        74.6        72.2
     自己資本利益率             (%)        15.8        13.9        11.8        15.2        16.7

     株価収益率             (倍)         -       20.2        30.8        39.0        40.4

     営業活動による
                 (千円)       552,864        799,062       1,492,735        1,617,018        2,888,796
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)      △ 311,798       △ 628,753       △ 472,945      △ 1,415,989       △ 1,457,969
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)      △ 127,752       3,666,632        △ 37,746       △ 8,424      △ 312,490
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)      1,444,451        5,272,957        6,239,962        6,452,374        7,563,234
     の期末残高
     従業員数
                          356        388        452        497        563
     〔ほか、平均臨時             (名)
                        〔 164  〕     〔 149  〕      〔 139  〕     〔 136  〕     〔 145  〕
     雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第14期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非
          上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
        3.第14期の株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        4.当社は、2015年1月1日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割、2017年7月1日付で普通株式1
          株につき2株の割合で株式分割を行っております。これに伴い、第14期の期首に当該株式分割が行われたと
          仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を
          算定しております。
        5.当社株式は、2015年12月21日付で東京証券取引所マザーズに上場しているため、第15期の潜在株式調整後1
          株当たり当期純利益金額は、新規上場日から第15期末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定してお
          ります。
                                  2/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     (2) 提出会社の経営指標等
           回次            第14期        第15期        第16期        第17期        第18期

          決算年月            2014年12月        2015年12月        2016年12月        2017年12月        2018年12月

     売上高            (千円)      9,249,293       11,472,274        13,806,334        16,635,751        20,373,195

     経常利益            (千円)       314,624        595,081       1,107,304        1,522,518        2,244,943

     当期純利益

                 (千円)        76,300       405,007        707,297       1,031,444        1,403,903
     資本金            (千円)       300,000       2,337,064        2,337,064        2,347,376        2,360,330

     発行済株式総数             (株)       59,045      8,118,700        8,118,700       16,278,000        16,329,000

     純資産額            (千円)      1,799,484        6,218,962        6,944,817        8,017,781        9,120,377

     総資産額            (千円)      3,616,904        8,100,551        9,536,092       10,867,206        12,775,279

     1株当たり純資産額             (円)       152.38        383.00        427.71        491.26        560.76

     1株当たり配当額
                           -        -        -        -        -
                 (円)
                          ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     (1株当たり中間配当額)
     1株当たり当期純利益
                 (円)        6.46       33.86        43.56        63.40        86.46
     金額
     潜在株式調整後
     1株当たり当期純利益             (円)         -      33.17        42.97        61.97        84.45
     金額
     自己資本比率             (%)        49.8        76.8        72.8        73.6        71.2
     自己資本利益率             (%)         4.4       10.1        10.7        13.8        16.4

     株価収益率             (倍)         -       29.2        35.5        45.7        44.0

     配当性向             (%)         -        -        -        -        -

     従業員数
                          299        330        374        423        465
     〔ほか、平均臨時             (名)
                        〔 144  〕     〔 133  〕     〔 123  〕     〔 122  〕     〔 128  〕
     雇用人員〕
     (注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第14期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非
          上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
        3.第14期の株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        4.当社は、2015年1月1日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割、2017年7月1日付で普通株式1
          株につき2株の割合で株式分割を行っております。これに伴い、第14期の期首に当該株式分割が行われたと
          仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を
          算定しております。
        5.当社株式は、2015年12月21日付で東京証券取引所マザーズに上場しているため、第15期の潜在株式調整後1
          株当たり当期純利益金額は、新規上場日から第15期末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定してお
          ります。
                                  3/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    2 【沿革】
      国際電話サービスの加入取次ぎを目的に1995年6月静岡県富士宮市に有限会社ビジョンを設立し、事業拡大及び発
     展を目的として1996年4月株式会社に組織変更する形態により設立されました。(2001年12月に設立された株式会社
     ビジョン・ビジネス・ソリューションズが2004年11月に旧株式会社ビジョンを吸収合併し、商号を株式会社ビジョン
     に変更しております。)
      当社創業以後の企業集団にかかる経緯は、次のとおりであります。
        年月                           概要

       1996年4月
               国際電話サービスの加入取次ぎ(固定通信事業)を目的に旧株式会社ビジョン(静岡県富
               士宮市 資本金10,000千円)を設立
       1996年8月        本社を静岡県富士宮市から静岡県富士市に移転
       1997年8月        一般第二種電気通信事業許可取得
               東京都渋谷区にOA機器販売を目的に子会社、株式会社ビジョン・ビジネス・ソリュー
       2001年12月
               ションズを設立
       2002年4月        本社を東京都渋谷区から東京都新宿区に移転
       2003年12月        インターネット広告事業(インターネットメディア事業)を開始
               株式会社ビジョン・ビジネス・ソリューションズが旧株式会社ビジョンを吸収合併し、商
       2004年11月
               号を株式会社ビジョンに変更
       2007年2月        法人携帯電話事業(移動体通信事業)を開始
       2008年1月        東京都新宿区に子会社、株式会社メンバーズネット(現連結子会社)を設立
       2008年7月
               東京都新宿区に子会社、株式会社ベストコミュニケーションズ(現連結子会社)を設立
                ※2012年12月に商号をベストリンク株式会社に変更
               ブロードバンドサービスの加入取次ぎ(ブロードバンド事業)を開始
       2010年1月        国内出張及び旅行者向けWiFiレンタル事業「e-ca」を開始
               国内出張及び旅行者向け高速大容量WiFiレンタル事業「Vision                                   WiMAX」を
       2011年6月
               開始
       2011年7月
               佐賀県佐賀市にお客様サポートデスクとしてコールセンター「ビジョン・フューチャー・
               ビジネスセンター(VFBC)」を開設
               韓国に子会社、Vision Mobile Korea Inc.(現連結子会社)を設立
       2011年10月
               米国(ハワイ)に子会社、Vision Mobile Hawaii Inc.(現連結子会社)を設立
       2011年12月        中国(香港)に子会社、Vision Mobile Hong Kong Limited(現連結子会社)を設立
       2012年1月        シンガポールに子会社、GLOBAL WIFI.COM PTE. LTD.(現連結子会社)を設立
               海外渡航者向けWiFiレンタル事業「グローバルWiFi」を開始
       2012年2月
               中国(台湾)に子会社、無限全球通移動通信股份有限公司(現連結子会社)を設立
               英国に子会社、GLOBAL WIFI.UK LTD(現連結子会社)を設立
       2012年4月
               Find   Japan株式会社を子会社化
       2012年12月        国内出張及び旅行者向け短期利用可能なサービス「WIFI-HIRE」を開始
       2013年10月        ベストリンク株式会社のブロードバンド事業のうちコンシューマー向け事業を事業譲渡
       2013年12月        国内出張及び旅行者向けMVNO(仮想移動体通信事業者)事業を開始
       2014年3月
               ベトナムに子会社、VISION             VIETNAM    ONE  MEMBER    LIMITED    LIABILITY     COMPANY(現連結子会
               社)を設立
       2014年4月        中国(上海)に子会社、上海高效通信科技有限公司(現連結子会社)を設立
       2014年11月        フランスに子会社、Global             WiFi   France    SAS(現連結子会社)を設立
               イタリアに子会社、Vision             Mobile    Italia    S.r.l.(現連結子会社)を設立
       2014年12月
               Find   Japan株式会社の株式売却に伴い、同社を連結子会社から除外
       2015年2月
       2015年3月
               訪日外国人向け日本用WiFiレンタル「NINJA                          WiFi」を開始(「WIFI-H
               IRE」を統合)
       2015年12月        東京証券取引所マザーズ市場へ上場
               米国(カリフォルニア)に子会社、VISION                    MOBILE    USA  CORP.(現連結子会社)を設立
       2016年7月
               ニューカレドニアに子会社、Vision                 Mobile    New  Caledonia     SAS(現連結子会社)を設立
       2016年8月
       2016年12月        東京証券取引所市場第一部へ市場変更
       2018年2月        東京都新宿区に子会社、株式会社アルファーテクノ(現連結子会社)を設立
       2018年3月        東京都新宿区に子会社、株式会社BOS(現連結子会社)を設立
       2018年5月        東京都新宿区に子会社、株式会社ビジョンアド(現連結子会社)を設立
               有限会社ラピド(現連結子会社)を子会社化
     (注)   「MVNO」=仮想移動体通信事業者(Mobile                      Virtual    Network    Operator)携帯電話やPHSなどの物理的
        な移動体回線網を自社では持たないで、実際に保有する他の事業者から借りて(再販を受けて)、自社ブラ
        ンドで通信サービスを行う事業者。
                                  4/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    3 【事業の内容】
      当社グループは、当社(株式会社ビジョン)、連結子会社18社で構成されております。当社・連結子会社におきま
     して、主に「グローバルWiFi事業」及び「情報通信サービス事業」を行っております。当社グループの事業にお
     ける事業の内容、報告セグメント、事業セグメント及び対応する関係会社は次のとおりであります。
        報告         事業

                               事業内容               対応する関係会社
       セグメント         セグメント
                                          当社
                                          ベストリンク株式会社
                        日本から海外及び海外から海外へ渡
                                          Vision    Mobile    Korea   Inc.
                        航される方への海外の各通信キャリ
              海外事業                            Vision    Mobile    Hawaii    Inc.
                        ア等から仕入れたモバイルWi-F
                                          無限全球通移動通信股份有限公司
                        iルーターのレンタル事業
                                          Vision   Mobile   Hong  Kong  Limited
      グローバル
                                          GLOBAL    WIFI.COM     PTE.   LTD.
      WiFi事業
                                          GLOBAL    WIFI.UK    LTD
                                          上海高效通信科技有限公司
                        海外から日本へ渡航される方、国内
                                          Global    WiFi   France    SAS
                        旅行及び出張される方への国内の各
              国内事業
                                          Vision    Mobile    Italia    S.r.l.
                        通信キャリアから仕入れたモバイル
                                          VISION    MOBILE    USA  CORP.
                        Wi-Fiルーターのレンタル事業
                                          Vision    Mobile    New   Caledonia
                                          SAS
                        ソフトバンク株式会社が提供する直
                                          当社
              固定通信事業          収型固定電話サービス「おとくライ
                                          株式会社メンバーズネット
                        ン」の加入取次業務
                        ソフトバンク株式会社の提供する携
              移動体通信事業          帯電話端末等の販売及び移動体通信                  当社
                        サービスの加入取次業務
                                          当社
      情報通信
                        日本電信電話株式会社(NTT)の
              ブロードバンド
      サービス事業
                        提供する「フレッツ」等のブロード
                                          ベストリンク株式会社
              事業
                        バンドサービスの加入取次業務
                                          株式会社メンバーズネット
                        キヤノン(Canon)社製をメインに                  当社
              OA機器販売事業          MFP、ビジネスフォン及びUTM                  株式会社アルファ―テクノ
                        等の販売事業                  株式会社BOS
              インターネット
                        インターネット上における広告商材
                                          当社
                        (ホームページ制作等)の販売
              メディア事業
                        ハイヤータイムシェアリングサービ
                                          当社
                        ス事業(ProDrivers)、メ
      その他                                     有限会社ラピド
                        ディア事業、アスクル株式会社の通
                                          株式会社ビジョンアド
                        信販売事業
      ※ VISION     VIETNAM    ONE  MEMBER    LIMITED    LIABILITY     COMPANYにおきましては、当社グループにおけるシステム開発
       及びデータベース構築の役割を担っております。
                                  5/93








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    (1)  グローバルWiFi事業
      当社、ベストリンク株式会社、Vision                  Mobile    Korea   Inc.、Vision       Mobile    Hawaii    Inc.   、無限全球通移動通信股
     份有限公司を中心に、世界各国の通信キャリア等から現地の方が利用しているローカルネットワーク(データ通信
     サービス)を仕入れ、各地域へ渡航される方へモバイルWi-Fiルーター等をレンタルし、収益を得るサービスを
     行っております。
      㬰0뀰ﰰ퀰㟿䧿⛿䥎譩洰欰䨰儰譭睙ᙎ譩浓쨰獖ﵑ蕎譩洰漰İ따ﰰ팰륣큏鬰꠰ꈰ䱵瀰樰挰昰䨰訰縰夰䰰Ŏ譩洰
       流れは同一となっております。
      事業の流れは、次のとおりであります。

      エンドユーザーは、ダイレクトサイト、アプリ、法人セールス、パートナー※、空港カウンターを介してサービス






     への申込が可能です。
      㬰_卹㸰뀰ﰰ휰欰䨰䐰昰漰Š았㆐ᩏ따ﰰ팰륎譩洰鉔⬰脰터ﰰ젰쨰ﱏũ洰栰地暌꥘ذ湙兽а萰픰섰ꐰ
       契約を協力会社と結んでのサービスも提供しております。
      販売チャネル

      エンドユーザーへの販売チャネルは次のとおりとなっております。
          販売チャネル                            説明
                     サービス(グローバルWiFi)の申込サイトで、WEBマーケティング※を活
       ダイレクトサイト
                     用し、申込サイトへエンドユーザーを誘導しサービスの申込を頂きます。
                     エンドユーザーがスマートフォンからアプリをダウンロードし、アプリからサー
       アプリ
                     ビスの申込を頂きます。
                     アフィリエイター等が運営するWEBサイトにダイレクトサイトへリンクする広
       アフィリエイト              告を掲載し、そのサイトを訪問したエンドユーザーが誘導されサービスの申込を
                     頂きます。(成果報酬型の広告)
                     諸官庁、海外出張が多い企業、及び他の販売チャネルから法人としてご利用頂い
       法人セールス              たエンドユーザーに、法人登録を行って頂き継続的にサービスの申込を頂きま
                     す。(価格の割引や会社請求等サービス提供あり)
                     提携企業(旅行代理店、保険代理店、クレジットカード会社等)、代理店、及び
       パートナー
                     フランチャイズ提携先を経由しサービスの申込を頂きます。
       空港カウンター              直接空港カウンターにてサービスの申込を頂きます。
       ※ WEBマーケティングとは、インターネット上で行うマーケティング活動全般を指します。具体的なWEB

        マーケティングの手段としては、自社のホームページや商品専用のWEBサイトを通じてエンドユーザーに
        対し商品やサービスに関する宣伝活動や啓蒙・普及活動を行うことで、インターネット上に広告を掲載、W
        EBサイトやECサイトにより多くのエンドユーザーが検索エンジン経由で来るようにWEBサイトの最適
        化、インターネット上のユーザーに対するアンケート調査を通じて市場調査を行う活動、及び自社サイトで
        獲得した顧客に対し新製品や新サービスの案内を提供することなどがあげられます。
                                  6/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    (2)  情報通信サービス事業
      当社、ベストリンク株式会社を中心に、スタートアップ、ベンチャー企業、及びその他一般企業向けに、各種通信
     サービスの加入取次ぎ、移動体通信機器の販売、OA機器販売、ホームページ制作等のサービス提供を行っておりま
     す。
      情報通信技術が目まぐるしく進化している時代において、お客様のニーズを的確に捉え、最適な製品やサービスを
     最適なタイミングで提供すべく、WEBマーケティングを法人及びSOHO事業者へ展開するとともに、情報通信
     サービス事業を展開している全国7箇所の営業所及び多数のパートナー企業との連携により全国規模で訪問営業が行
     える強みを活かし、本事業を進めております。
      なお、スタートアップ、ベンチャー企業等の業容拡大に応じて、上記の各サービスを最適なタイミングで提供する
     には各事業間における連携が一番重要であり、従いまして、これら各サービスを同一のセグメントとしております。
     (注)   SOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)事業者:パソコンなどの情報通信機器を利用して、小さなオ
        フィスや自宅などでビジネスを行っている事業者の呼称。
    事業系統図

      以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
       㬀  有限会社ラピドにおきましては、その他に区分しておりますハイヤータイムシェアリングサービス事業(Pr








        oDrivers)、株式会社ビジョンアドにおきましては、その他に区分しておりますメディア事業を行っ
        ております。
       ※ VISION     VIETNAM    ONE  MEMBER    LIMITED    LIABILITY     COMPANYにおきましては、当社グループにおけ
        るシステム開発及びデータベース構築の役割を担っております。
    営業所一覧

      当社グループの国内の営業所は次のとおりであります。
                  札幌、成田、新宿、横浜、名古屋、関西(大阪)、りんくう(大阪)、福岡、
      営業所
                  ビジョン・フューチャー・ビジネスセンター(佐賀)、那覇
                  成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、伊丹空港(大阪国際空港)、
      空港(港)カウンター
                  旭川空港、新千歳空港、新潟空港、静岡空港、小松空港、福岡空港、宮崎空港、
      (委託含む)
                  仙台空港、鹿児島空港(返却BOX)、那覇空港
       ※   成田及びりんくう(大阪)は、グローバルWiFi事業の出荷センターとなっております。
                                  7/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
                                       議決権の所

                           資本金      主要な事業
                                        有(又は被
         名称           住所                             関係内容
                                        所有)割合
                           (千円)       の内容
                                         (%)
     (連結子会社)
                                情報通信
                                             電話回線新設及び請求業
     ㈱メンバーズネット            東京都新宿区            10,000               100
                                             務の代行
                                サービス事業
                                グローバル
                                             管理業務受託、固定通信
                                WiFi事業             事業における業務委託、
     ベストリンク㈱            東京都新宿区            10,000               100
                                             債務保証
                                情報通信
                                             役員の兼任等
                                サービス事業
                                             工事の業務委託
                                情報通信
     ㈱アルファ―テクノ            東京都新宿区            10,000               100   資金の貸付
                                サービス事業
                                             役員の兼任等
                                             移動体通信事業における
                                情報通信
                                             業務委託
     ㈱BOS            東京都新宿区            10,000                100
                                             資金の貸付
                                サービス事業
                                             役員の兼任等
                                             資金の貸付
     ㈱ビジョンアド            東京都新宿区            10,000     その他           60
                                             役員の兼任等
                                             資金の貸付
     ㈲ラピド            東京都渋谷区             3,000    その他          100
                                             役員の兼任等
                                             海外事業の業務委託
     Vision Mobile Korea                            グローバル
                韓国           千ウォン
                                           100   資金の貸付
                ソウル           300,000
     Inc.                            WiFi事業
                                             役員の兼任等
     Vision Mobile Hawaii                            グローバル             海外事業の業務委託
                米国           千USドル
                                           100
                ハワイ             150
     Inc.                            WiFi事業             役員の兼任等
     Vision Mobile                             グローバル             海外事業の業務委託
                中国           千HKドル
                                           100
                香港             300
     Hong Kong Limited                            WiFi事業             役員の兼任等
     GLOBAL WIFI.COM                            グローバル             海外事業の業務委託
                           千SGドル
                シンガポール                          100
                              160
     PTE.LTD.                            WiFi事業             役員の兼任等
     無限全球通移動通信                            グローバル             海外事業の業務委託
                台湾           千NTドル
                                           100
                台北            5,000
     股份有限公司                            WiFi事業             役員の兼任等
     GLOBAL WIFI.UK                            グローバル
                英国           千ポンド
                                           100   海外事業の業務委託
                ロンドン              40
     LTD                            WiFi事業
     VISION    VIETNAM    ONE
                          千ベトナムド
                                IT事業(プ
                ベトナム                             システム及びデータベー
                              ン
     MEMBER    LIMITED
                                ログラムの作          100
                ホーチミン                             スの構築の業務委託
                          2,100,000      成等)
     LIABILITY     COMPANY
                                グローバル             海外事業の業務委託
     上海高效通信科技有限            中国           千USドル
                                           100
     公司            上海            1,700
                                WiFi事業             役員の兼任等
     Global    WiFi   France                    グローバル             海外事業の業務委託
                フランス           千ユーロ
                                           100
                パリ             220
     SAS                            WiFi事業             役員の兼任等
     Vision    Mobile    Italia                    グローバル             海外事業の業務委託
                イタリア           千ユーロ
                                           100
                ミラノ             220
     S.r.l.                            WiFi事業             役員の兼任等
     VISION MOBILE USA            米国           千USドル     グローバル             海外事業の業務委託
                                           100
     CORP.            カリフォルニア             470   WiFi事業             役員の兼任等
                          千CFPフラ
     Vision    Mobile    New
                ニューカレドニア                グローバル             海外事業の業務委託
                              ン
                                           100
     Caledonia     SAS
                ヌメア                WiFi事業             役員の兼任等
                             1,000
     (注)   1.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
        2.特定子会社に該当する会社はありません。
                                  8/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    5 【従業員の状況】
     (1) 連結会社の状況
                                              2018年12月31日現在
              セグメントの名称                             従業員数(名)
                                                     220

     グローバルWiFi事業                                                    (75)
     情報通信サービス事業                                                 231   (66)

              報告セグメント計                                        451   (141)

                                                      22

     その他                                                    (1)
                                                      90

     全社(共通)                                                    (3)
                                                     563

                 合計                                       (145)
     (注)   1.従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの
          出向者を含む就業人員数であります。
        2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        3.全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
        4.  前連結会計年度末に比べ従業員数が66名増加しております。主な理由は、業容の拡大に伴い期中採用が増加
          したことによるものであります。
     (2) 提出会社の状況

                                              2018年12月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
             465

               (128)          32.3               5.4              5,173
              セグメントの名称                             従業員数(名)

     グローバルWiFi事業                                                 184    (68)

     情報通信サービス事業                                                 220    (58)

              報告セグメント計                                        404    (126)

     その他                                                 11    (-)

     全社(共通)                                                 50    (2)

                 合計                                     465    (128)

     (注)   1.従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員数であります。
        2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        4.全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
        5.  前事業年度末に比べ従業員数が42名増加しております。主な理由は、業容の拡大に伴い期中採用が増加した
          ことによります。
     (3) 労働組合の状況

       労働組合はありません。
       なお、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。
                                  9/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      当社グループにおきまして、「進化への挑戦~第2章~」を翌連結会計年度のスローガンに継続して掲げておりま
     す。お客様満足を徹底的に追求することでお客様・市場・時代のニーズを的確に捉え、事業の拡大と周辺ビジネスの
     収益化による差別化、業界における圧倒的な地位の確立を図ることで、当社グループにしかできないビジネスもでる
     へと進化させてまいります。このためには、以下の事項が対処すべき課題と認識し、「世の中の情報通信産業革命に
     貢献します。」という経営理念に沿って永続的な成長を実現するため、各課題に取り組んでまいります。
     (1)  事業の拡大

      「グローバルWiFi事業」
       増加する国内外の渡航者に対し、サービス認知度向上、渡航中の課題を解決するサービス開発、利便性の向上、
      販売体制の強化、世界各国の通信キャリアとの連携強化、及び事業シナジーのある企業との提携等に取り組み、事
      業の拡大を図ってまいります。
      「情報通信サービス事業」
       各販売チャネルの強化、顧客データベースを活用したCRM活動の強化、及び販売効率の向上を課題として取り
      組んでまいります。お客様の成長ステージにあったサービスや製品を適切なタイミングで適正な価格で提供し、事
      業の拡大を図ってまいります。
     (2)継続的な収益性の向上への取り組み

       当社グループは、継続した利益総額及び収益性の向上を図るため、事業の拡大・販売戦略・原価及び販売効率の
      向上を図るとともに、AI・RPA・IoT(注)等の技術を積極的に活用することで業務の効率化を図ってまい
      ります。
       (注)RPA(Robotic           Process    Automation):ロボットによる業務自動化の取り組み
          IoT(Internet         of  Things):さまざまな「モノ」がインターネットに接続され、相互に制御できるよ
          うになる仕組み
     (3)  コンプライアンス経営体制の強化

       当社グループは、コンプライアンス経営に徹することの重要性を認識し行動基準を定めております。そのため、
      役員及び従業員等は、行動基準を共有するとともに、常に倫理観と社会的良識をもって行動し、社会から信頼され
      る会社として評価され、持続的に発展するよう努めてまいります。また、定期的にコンプライアンス委員会を開催
      しており、社内においてコンプライアンスの重要性を議論し発信しております。更に、必要に応じた社内教育を継
      続して実施するとともに、監査機能の充実を図るために、内部監査部門、監査役会、及び会計監査人との連携を強
      化してまいります。
     (4)  人材の確保・育成

       当社グループの「対処すべき課題」の解決には、優秀な人材を継続的に確保・教育することが課題であると認識
      しております。事業拡大及びサービス品質の向上等により、知名度を高めていくことで、当社グループが必要とす
      る優秀な人材を継続的に確保・育成するべく取り組んでまいります。
                                 10/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      以下において、当社グループの事業展開上のリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載しており
     ます。また、必ずしも事業上のリスクに該当しない事項についても、投資家の判断上、重要であると考えられる事項
     については、投資家に対する積極的な情報開示の観点から以下に記載しております。
      当社グループはこれらのリスク発生の可能性を十分認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努めま
     す。
      また、本項の記載内容は当社株式の投資に関するすべてのリスクを網羅しているものではありません。
      以下の記載のうち将来に関する事項は、特段の記載がない限り、本報告書提出日現在において当社グループが判断
     したものであり、不確実性が内在しているため、実際の結果と異なる可能性があります。
     (1)  事業内容に関するリスクについて

      ①  グローバルWiFi事業
       a  通信キャリア等からの仕入条件について
       当社グループは、世界各国の通信キャリア等から通信サービスを仕入れておりますが、当社グループが、従前と
      同様の仕入条件で更新できるという保証はありません。更に、各通信キャリア等の事業方針の変更により、当社グ
      ループが従前より不利な仕入条件への変更を余儀なくされる可能性もあります。当社グループの各通信キャリア等
      からの仕入条件が悪化した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       b  為替レートの変動

       当社グループは、外貨建の取引を行っております。これに伴い外貨建の収益・費用及び資産・負債が発生してお
      ります。為替レートの変動による影響を軽減すべく為替予約等によりリスクヘッジを行っておりますが、急激な為
      替変動があった場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。 
       c  競合他社の影響について

       当社グループと同様に、国内外への渡航者向けにモバイルWi-Fiルーターのレンタル事業を営んでいる競合
      企業が存在しております。当社グループは、提供エリア数、サービス提供価格、通信速度及び通信品質、付加サー
      ビス等の差別化等の取り組みを行っており、今後も更にサービスの向上、ブランド力の強化を図ってまいります。
       しかしながら、異業種からの新規参入者等を含め競合他社との競争激化による収益力の低下や、広告宣伝費の増
      加等により当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       d  提携・協力関係について

       当社グループは国際的な競争力を強化するために、販売代理店、協力企業等のビジネスパートナーと様々な提
      携・協力を行っており、それらを通じて商品やサービスの開発、販売・サービス体制の整備・拡充の展開を図って
      おります。提出日現在においてビジネスパートナーとの関係性は良好でありますが、期待する効果が得られない場
      合や何らかの事情により提携・協力関係が解消された場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及
      ぼす可能性があります。
       e  国際ローミング料金の低廉化等について

       当社グループのサービスに競合するサービスとして、通信キャリアが提供する「国際ローミングサービス」があ
      げられます。現在国内通信キャリアの提供する「国際ローミングサービス」は、1日1,980円~2,980円、当社グ
      ループのサービス提供価格は、平均して1,000円程度であり大幅な価格差とサービスの利便性(複数のスマートフォ
      ンでの接続やスマートフォン、タブレット端末、ノートPCでの接続等)により当社グループの提供するサービス
      は、通信キャリアの提供する「国際ローミングサービス」に劣るサービスではないと考えております。その他、一
      部地域に特化したサービスや通信容量が限定されたサービス等も開始されており、地域や通信容量によっては当社
      グループの提供価格を下回るケースもございますが、当社グループのサービスの利用者は増加の一途を辿っており
      当該サービスに劣るものではないと考えております。
       しかしながら、国を跨いだ通信キャリア間の提携により国際ローミングにかかる通信原価が大幅に引き下げら
      れ、国際ローミングの提供価格が当社グループの提供価格未満で提供された場合には、当社グループの経営成績及
      び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 11/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
       f  Wi-Fiルーターについて
       当社グループは、世界各国の通信キャリア及びメーカーからWi-Fiルーターを仕入れております。Wi-F
      iルーターの使用年数は、電池劣化、基盤劣化、及び筐体劣化により平均2年程度※でありレンタル資産として計
      上し償却を行っております。仕入れたWi-Fiルーターの劣化速度が早まった場合や技術革新等によりWi-F
      iルーターの開発サイクルが短期化された場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性
      があります。
       
        品として見合わなくなる状態になることもあるため2年間程度の使用としております。
       g  季節要因による業績偏重について

       当社グループの業績は、夏季休暇、シルバーウィークといった海外渡航者需要が増加する第3四半期に偏重して
      おります。従いまして、夏季休暇、シルバーウィークにおいて第3四半期のレンタル件数が景気動向の影響等によ
      り減少した場合は、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       h  その他事業を取り巻くリスク

       上記のほか、事業を取り巻くリスクとして、テロや戦争など世界情勢の変化や自然災害による渡航インフラへの
      被害、世界的な感染症が発生・蔓延し、海外渡航に対する意欲の急激な減退が生じた場合には、当社グループの経
      営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      ②  情報通信サービス事業

       通信キャリア等からの受取手数料について
       当社グループは、通信キャリアが提供する通信サービスへの加入契約の取次ぎ等を行うことにより、当該サービ
      スを提供する通信キャリア又は一次代理店より、契約取次ぎの対価として手数料を収受しております。受取手数料
      の取引条件は、通信キャリアによって異なっており、通信キャリアの経営方針の変更等により、大幅な取引条件の
      変更が生じた場合には当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。 
      ③  システム障害

       当社グループの事業におきましては、サービスの基盤をインターネット通信網に依存しております。そのため、
      データベース及び販売用WEBサイトの利用が妨げられるようなシステム障害の発生やサイバー攻撃によるシステ
      ムダウン等を回避すべく、稼働状況の監視等により未然防止対策を実施しております。しかしながら、このような
      対応にもかかわらず大規模なシステム障害が発生した場合には、サービスの提供に支障をきたし、当社グループの
      経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      ④  人材の確保及び育成に係るリスク

       当社グループの更なる販売活動強化及び事業拡大を図るため、新卒者・専門知識保有者・グローバル事業推進の
      ための語学力を有する人材の採用活動の強化に加え、社員の階層に応じた研修を実施する等人的資源の活性化に引
      き続き注力する方針であります。しかしながら、上記方針に基づく採用計画や人材育成が計画どおり進まない場合
      には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      ⑤  法的規制に係るリスク

       当社グループの事業におきましては、「不当景品類及び不当表示防止法」「特定商取引に関する法律」「電気通
      信事業法」等の法的規制を受けております。また、グローバルWiFi事業においては、世界各国の現地通信キャ
      リア等から通信サービスの仕入を行っており、各国の法律等の規制を受けております。今後、これらの法令や規則
      等の予測不可能な変更あるいは新設が、当社グループの事業活動の制限や法的規制の遵守のための費用の増大等に
      つながり、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      ⑥  個人情報保護について

       当社グループでは、個人情報を保有しておりますが、個人情報漏洩防止に関して個人情報保護に関する法令を遵
      守するとともに、個人情報保護方針を定め、個人情報の取扱いには細心の注意を払っております。しかしながら、
      何らかの原因により大規模な個人情報漏洩事故が発生した場合、当社グループの信用失墜や、損害賠償費用が発生
      する可能性があり、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 12/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     (2)  その他
      ①  配当政策について
       当社グループは、財務体質の強化と事業拡大のための投資を優先し、更なる企業価値の向上を目指すことが株主
      に対する最大の利益還元につながると考え、過去において配当を行っておりませんが、株主に対する利益還元も経
      営の重要課題であると認識しております。
       今後、将来の財務体質の強化と事業拡大のために必要な内部留保を確保しつつ、当社グループを取り巻く事業環
      境を勘案して、株主に対して安定的かつ継続的な利益還元を実施する方針ですが、現時点において配当実施の可能
      性及びその実施時期等については未定であります。
      ②  新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

       当社グループは、業績向上への意欲を高めることを目的として、当社グループの役員及び従業員に対して、ス
      トック・オプションによる新株予約権の発行を行っております。2018年12月31日現在、新株予約権の目的となる株
      式数は、「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況」に記載のとおりですが、これらの
      新株予約権が行使された場合、発行済株式総数が増加し、1株当りの株式価値が希薄化する可能性があります。
                                 13/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要

      当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
     (以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ①  財政状態及び経営成績の状況

      経営成績
       当連結会計年度における我が国経済は、緩やかに回復しております。雇用・所得環境の改善が続く中で、各種政
      策の効果もあり、今後も緩やかな回復が続くことが期待されております。世界経済においても、景気は緩やかに回
      復しておりますが、一方で、中国を始めアジア新興国等の経済の先行き、政策に関する不確実性、通商問題の動
      向、金融資本市場の変動の影響など、依然として不透明な状況が続いております。
       このような状況の中、当社グループは、「進化への挑戦~第2章~」を本連結会計年度のスローガンに掲げ、お
      客様満足を徹底的に追求することでお客様・市場・時代のニーズを的確に捉え、事業の拡大と周辺ビジネスによる
      差別化、業界における圧倒的な地位の確立を図るべく積極的な事業活動を行ってまいりました。
       この結果、当連結会計年度における                 売上高は21,503百万円          (前年同期比      22.5%増    )となりました。利益面では、
      増収効果に加えて、継続的な原価効率改善活動、AI(人工知能)、及びRPA(ロボットによる業務自動化)の
      活用などによる業務効率化の取り組みにより                     営業利益は2,484百万円           (前年同期比      38.9%増    )、  経常利益は2,499百
      万円  (前年同期比      39.3%増    )、  親会社株主に帰属する当期純利益は1,529百万円                      (前年同期比      26.5%増    )となりまし
      た。
      (セグメント別の概況)

       当社グループの報告セグメントは、「グローバルWiFi事業」及び「情報通信サービス事業」の計2セグメン
      トでの報告となっております。各区分における概況は以下のとおりです。
       「グローバルWiFi事業」

       当連結会計年度における旅行市場は、日本から海外への渡航者は1,895万人(前年同期比6.0%)、訪日外国人は
      3,119万人(前年同期比8.7%)となりました(出典:日本政府観光局(JNTO))。
       日本から海外への渡航者数は、好調な企業収益を背景とした海外出張の増加や「働き方改革」による余暇時間の
      拡大等に伴う個人旅行の増加により、2012年の海外旅行ブームの際に記録した1,869万人を超え、過去最多を更新し
      ております。
       訪日外国人においても、相次ぐ自然災害の影響で旅行控えが見られましたが、年末までに前年同期を上回るまで
      に回復し過去最多を更新しております。
       このような市場環境の中、法人を中心とした安定したリピート利用を下支えに、新規ユーザーの獲得によりレン
      タル件数は順調に増加し、売上高は                 13,505百万円      (前年同期比      30.0%増    )となりました。増収効果に加えて、原価
      効率とオペレーションコスト各収益性の向上施策の継続的取り組みにより収益性も向上し、                                           セグメント利益は2,413
      百万円   (前年同期比      51.5%増    )となりました。
       実施した収益性向上策は、以下のとおりとなります。
       通信原価の低減

       ・ボリュームディスカウントによる仕入条件の改善。〔通信料金の単価引下げ及び独自条件での契約等〕
       ・クラウド上でSIMを管理する次世代型の通信技術を搭載したWi-Fiルーター(クラウドWiFi)の活
        用。〔Wi-Fiルーター及び通信回線の効率的な稼動〕
       ・クラウドWiFiの出荷比率増加(2017年12月:約51%⇒2018年12月:約88%、単月比較)。〔Wi-Fiルー
        ター及び通信回線の効率的な稼動〕
       ・精度の高い受注予測。〔余剰在庫(通信回線含む)の削減〕
       オペレーションの改善
       ・AI(人工知能)を活用したお問合せ対策。〔コールセンター費用の抑制〕
       ・スマートピックアップ(自動受渡しロッカー)の稼動率向上、スマートエントリー(セルフレジKIOSK端
        末)の活用。〔オペレーションの自動化によるカウンターコストの低減、カウンター窓口の稼動率向上による
        オプションサービス等の付帯率向上〕
       ・スマートピックアップの増設(設置空港:羽田空港、成田空港、伊丹空港、関西国際空港、中部国際空港の計
        5空港、18機)。〔オペレーションの自動化によるカウンターコストの低減、カウンター窓口の稼動率向上に
        よるオプションサービス等の付帯率向上〕
       ・クラウドWiFiの活用。〔出荷オペレーションの省力化〕
                                 14/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
       海外渡航中の課題を解決したり、“あったらいいな”を叶える旅行関連サービスプラットフォームの拡充、サー
      ビスの利便性、及び認知度向上へ向けて以下の取り組みを進めております。
       ・通信規格4G-LTE(82→87の国と地域)及び大容量プラン等の提供エリア拡充〔サービスの利便性向上〕

       ・渡航時に言語をサポートする音声翻訳機「ili(イリー)」「POCKETALK(ポケトーク)」、渡航
        中不足しやすい充電を補うモバイルバッテリー、スーツケースのレンタル及びレンタル機器や携帯品の紛失や
        盗難などのトラブルを保証する安心補償パックなどのオプションサービスの拡充。〔サービスの利便性向上〕
       ・渡航のたびに必要なレンタル手配・受取返却手続きが不要となり、社内に常備の上ご利用頂ける「グローバル
        WiFi     for    Biz」のサービス大幅改訂。新たに国内通信を月間3GBまで無料提供、対応エリアの大
        幅拡張(世界53の国と地域→世界105の国と地域)、及び法人向け付加サービスの拡充(緊急時位置情報確認
        サービス)。〔サービスの利便性向上〕
       ・スマートピックアップ、スマートエントリー、及びスマートチェック(QRコードを活用し店頭でお客様を即
        時に識別可能な受付カウンター)などを活用した店舗スマート化戦略、クラウドWiFi、データベースの連
        携による直前(カウンターの目前でも対応可能)でのWEB申込体制の構築。〔サービスの利便性向上〕
       ・ANA国際線の機内CMの配信、旅行及びモバイルに関連する各種イベントや展示会等への出展。〔認知度向
        上〕
       「情報通信サービス事業」

       当事業におきましては、主要ターゲットである新設法人・ベンチャー企業の獲得、CRMによる継続取引の積み

      上げ、及びクロスセリングによる電力サービス「ハルエネでんき」の加入取次の獲得が引き続き好調に推移し、売
      上高は   7,775百万円      (前年同期比      9.4%増    )、  セグメント利益は1,218百万円              (前年同期比      3.9%増    )となりました。
      当事業におきましては、企業の成長ステージにあわせて、その規模やニーズを踏まえた“ちょうどいい”サービス
      や製品を適切なタイミングで適正な価格で提供することで高い顧客満足度を獲得し、お客様と長期的に取引を続け
      ることで、安定的な成長を実現しております。
       これを支える仕組みは、『WEBマーケティング』×『営業』×『カスタマー・ロイヤリティ・チーム(CL
      T)』の3つを緊密に連携させた効率的な受注スキームにあります。当社の強みである『WEBマーケティング』
      は、受注に結びつきやすい顕在需要を効率的に拾い上げ、サービス提供の要である『CLT』は、既存のお客様と
      のコンタクトで見出した要望や課題を抽出しております。この2つのチャネルで獲得した有望顧客やニーズに対し
      て、『営業』の確かな提案力で受注率を高め、生産性の高い事業活動を行なっております。
        「その他」

       その他は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ProDrivers(プロドラ:ハイヤータ

      イムシェアリングサービス)事業、メディア事業、カタログ販売事業、及び新規事業の探索・育成を含んでおりま
      す。
       当連結会計年度におきまして、今後の更なる成長に向けて主に以下の取り組みを進めており売上高は                                                231  百万円
      (前年同期比      295.8%増     )、  セグメント損失194百万円            (前年同期はセグメント損失102百万円)となりました。
       ・中国・韓国最大クラスWi-Fiルーターレンタル事業者グループとメディア事業の連携。
       ・空港送迎・役員送迎などビジネス・日常共にあらゆる移動を快適にする送迎サービス「ProDrivers
        (プロドラ:ハイヤータイムシェアリングサービス)」の開始。国内(東京)及び海外渡航時の空港送迎予約
        サービス取次ぎ(世界150ヶ国500都市以上対応)。
      財政状態の分析

       (資産)
       資産合計は、      13,552百万円      (前連結会計年度末比          2,068百万円増       )となりました。流動資産は、              10,455百万円      (前連
      結会計年度末比       1,459百万円増       )となり、その主な要因は、現金及び預金が1,307百万円、受取手形及び売掛金が481
      百万円、それぞれ増加したことによるものです。固定資産は、                             3,096百万円      (前連結会計年度末比          608百万円増      )とな
      り、その主な要因は、建物が45百万円、レンタル資産が107百万円、のれんが113百万円、繰延税金資産が220百万
      円、それぞれ増加したことによるものです。
       (負債)

       負債合計は、      3,748百万円      (前連結会計年度末比          851百万円増      )となりました。
       流動負債は、      3,748百万円      (前連結会計年度末比          853百万円増      )となり、その主な要因は、支払手形及び買掛金が72
      百万円、未払金が445百万円、未払法人税等が199百万円、それぞれ増加したことによるものです。
       固定負債は、      0百万円    (前連結会計年度末比          2百万円減     )となり、その主な要因は、リース債務が2百万円減少したこ
      とによるものです。
                                 15/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
       (純資産)
       純資産は、     9,803百万円      (前連結会計年度末比          1,216百万円増       )となりました。その主な要因は、親会社株主に帰属
      する当期純利益の計上により利益剰余金が1,529百万円増加した一方で、自己株式の取得により309百万円減少した
      ことによるものです。
      ②  キャッシュ・フローの状況

       当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前年連結会計年度末に比べ                                                1,110百万
      円増加   し、  7,563百万円      となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       営業活動の結果増加した資金は、                2,888百万円      (前連結会計年度は         1,617百万円の資金の増加            )となりました。これ
      は主として、税金等調整前当期純利益2,192百万円、減価償却費830百万円の計上、投資有価証券評価損309百万円の
      計上、未払金424百万円の増加となった一方、売上債権496百万円の増加、法人税等の支払額639百万円の支出があっ
      たことによるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       投資活動の結果減少した資金は、                1,457百万円      (前連結会計年度は         1,415百万円の資金の減少            )となりました。これ
      は主として、有形固定資産の取得により723百万円、無形固定資産の取得により139百万円、投資有価証券の取得に
      より273百万円、事業譲受により139百万円の支出があったことによるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       財務活動の結果減少した資金は、                312百万円     (前連結会計年度は         8百万円の資金の減少          )となりました。これは主と
      して、自己株式取得により310百万円の支出があったことによるものであります。
      ③  生産、受注及び販売の状況

      a.  生産実績
       該当事項はありません。
      b.  仕入実績

       仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
         セグメントの名称                   仕入高(千円)                 前年同期比(%)
     グローバルWiFi事業                             2,983,111                    103.1

     情報通信サービス事業                             2,625,032                    110.1

            合計                      5,608,143                    106.3

     (注) 1.金額は、仕入価格によっております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      c.  受注実績

       該当事項はありません。
                                 16/93







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      d.  販売実績
       販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
         セグメントの名称                   販売高(千円)                 前年同期比(%)
     グローバルWiFi事業                             13,505,955                    130.0

     情報通信サービス事業                             7,773,658                    109.4

       報告セグメント計                             21,279,613                    121.6

     その他                               224,055                   383.8

            合計                      21,503,668                    122.5

     (注) 1.セグメント間取引については相殺消去しております。
        2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
                           前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自  2017年1月1日                (自  2018年1月1日
                           至  2017年12月31日)                至   2018年12月31日)
             相手先
                       販売高(千円)          割合(%)        販売高(千円)          割合(%)
        ㈱メンバーズモバイル                 3,266,635            18.6      2,960,927            13.8

        ㈱SKY                     -         -     2,917,405            13.6

        3.前連結会計年度における総販売実績に占める㈱SKYの割合は、10%未満であるため記載を省略しておりま
          す。
        4.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

      経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
      ①  重要な会計方針及び見積り

       当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成してお
      ります。この連結財務諸表の作成に当たり、当社グループは期末日における資産及び負債、連結会計年度における
      収益及び費用に影響を及ぼすような会計上の見積りを行う場合があります。これらの見積りについて、当社グルー
      プは過去の実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、見積り根拠となる仮定あるいは条件等の変化により、見
      積り内容が実際の結果と異なる可能性があります。当社グループの連結財務諸表作成のための会計方針については
      「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重
      要な事項」に記載しております。
      ②  当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

      a.  経営成績等の分析
       売上高
        売上高は、     21,503百万円      (前年同期比      22.5%増    )となりました。主にグローバルWiFi事業の成長により当
       該事業の売上高が13,505百万円(前年同期比30.0%増)となったことによるものです。日本からの海外渡航者
       (アウトバウンド)の利用者数が堅調に推移したことと、市場拡大による訪日外国人旅行者(インバウンド)の
       利用者数の大幅な増加したことにより、Wi-Fiルーターのレンタル収入が拡大したことが要因となります。
       売上総利益

        売上総利益は、主に売上高の増加により                   12,650百万円      (前年同期比      24.5%増    )となりました。
       販売費及び一般管理費

        販売費及び一般管理費は、人件費及び支払手数料の増加を主な要因として                                   10,165百万円      (前年同期比      21.4%
       増 )となりました。
                                 17/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
       営業利益
        上記の結果、      営業利益は、2,484百万円            (前年同期比      38.9%増    )となりました。主にグローバルWiFi事業の
       成長により、セグメント利益が2,413百万円(前年同期比51.5%増)となったことが要因となります。
       経常利益

        営業外収益は、為替差益8百万円などを計上しました。
       この結果、     経常利益は2,499百万円           (前年同期比      39.3%増    )となりました。
       親会社株主に帰属する当期純利益

        特別損失は、投資有価証券評価損309百万円を計上し、法人税、住民税及び事業税を847百万円計上した一方
       で、法人税等調整額△180百万円を計上しました。
       この結果、     親会社株主に帰属する当期純利益は1,529百万円                      (前年同期比      26.5%増    )となりました。
     (キャッシュ・フローの状況の分析)

       キャッシュ・フローの状況につきましては、「(1)                        経営成績等の状況の概要 ②              キャッシュ・フローの状況」に
      記載のとおりであります。
      b.  セグメントごとの経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

       事業セグメントごとの経営成績の状況については、「(1)                           経営成績等の状況の概要 ①              財政状態及び経営成績の
      状況」に記載のとおりであります。
      c.  資本の財源及び資金の流動性についての分析

       当社の事業活動における運転資金需要の主なものは、グローバルWiFiの通信仕入やデバイスの購入費、販売
      費及び一般管理費等の営業費用によるものであります。これらの資金需要につきましては、自己資金により賄うこ
      とを基本方針としております。
                                 18/93













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                 19/93



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

       当連結会計年度の設備投資については下記のとおりであります。グローバルWiFi事業においては、主にレン
      タル数の増加に対応すべくレンタル資産及びソフトウェアに投資を実施しており、情報通信サービスにおいては、
      主に連結子会社における事業の譲受けに伴うのれんによる増加となっております。。
       なお、当連結会計年度の設備投資には有形固定資産のほか、無形固定資産への投資を含めて記載しております。
          セグメントの名称                        当連結会計年度

       グローバルWiFi事業                           1,007,064     千円
       情報通信サービス事業                             99,051   千円
          報告セグメント計                        1,106,116     千円
       その他及び全社                            154,958    千円
            合 計                      1,261,075     千円
       なお、重要な設備の除却又は売却ははありません

    2 【主要な設備の状況】

     (1) 提出会社
                                                  2018年12月31日現在
                                  帳簿価額(千円)
     事業所名                                                   従業員数
         セグメント      設備の
                         工具、器
          の名称      内容
     (所在地)                                                    (名)
                              土地   レンタル     リース    ソフトウ    建設仮勘
                     建物    具及び                          合計
                             (面積m²)         資産    エア     定
                                  資産
                          備品
    本社及び新
               事務所設
     宿営業所
          全事業、
               備及び備
                     75,721    40,300      -  650,240     1,598   546,722     4,862   1,319,446       317
     他3箇所
               品、ソフ
          全社
     (東京都
               トウエア
     新宿区)
     コール
     センター
               事務所設              33,752
          全事業          107,061     1,326          -    -    -  37,897     180,038       27
               備               (811)
     (佐賀県
     佐賀市)
     (注) 1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
     (2) 国内子会社

       主要な設備はありません。
     (3)  在外子会社

       主要な設備はありません。
    3 【設備の新設、除却等の計画】

        該当事項はありません。
                                 20/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     41,000,000

                 計                                   41,000,000

      ② 【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在

                                 上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                 内容
                                  商品取引業協会名
              (2018年12月31日)          (2019年3月27日)
                                  東京証券取引所
       普通株式           16,329,000          16,329,000                単元株式数は100株であります。
                                  (市場第一部)
        計         16,329,000          16,329,000          -             -
     (注)   提出日現在の発行数には、2019年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
        れた株式数は、含まれておりません。
                                 21/93













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
       決議年月日                   2012年4月27日臨時株主総会決議(2012年5月1日取締役会決議)

                         当社取締役3名
      付与対象者の区分及び人数
                         当社従業員25名
      新株予約権の数(個) ※                   2,018 (注)1
      新株予約権の目的となる株式の種
                         普通株式403,600 (注)1、3、4
      類、内容及び数(株) ※
      新株予約権の行使時の払込金額
                         508 (注)2、3、4
      (円) ※
      新株予約権の行使期間 ※                   2014年5月2日~2022年5月1日
      新株予約権の行使により株式を発行
                         発行価格  508(注)3、4
      する場合の株式の発行価格及び資本
                         資本組入額 254(注)3、4
      組入額(円) ※
                        (1) 新株予約権の割り当てを受けた者は、権利行使時においても、当
                           社の取締役、監査役若しくは従業員の地位にあることを要する。
                           ただし、行使することができることについての当社の取締役会の
                           承認を得た場合は、この限りではない。
                        (2) 新株予約権者が死亡した場合は、新株予約権の相続を認めないも
      新株予約権の行使の条件 ※                    のとする。ただし、取締役会が認めた場合はこの限りではない。
                        (3) 2014年5月2日あるいは株式が金融商品取引所に上場した日から
                           1年いずれか遅い日から権利行使できるものとする。
                        (4) その他の行使の条件については、当社と新株予約権の割当を受け
                           た者との間で締結した「新株予約権割当契約書」の定めるところ
                           による。
                        新株予約権を譲渡により取得する場合には、当社の取締役会の承認を
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        要するものとする。
                        当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割、新設
                        分割、株式交換又は株式移転(以上を総称して、以下、「組織再編行
                        為」という)を行う場合は、組織再変更に際して定める契約書又は計画
                        書等の条件に従って、以下に定める株式会社の新株予約権を交付する旨
                        定めた場合には、当該組織再編行為の比率に応じて、以下に定める株式
                        会社の新株予約権を交付するものとする。
                        (1) 合併(当社が消滅する場合に限る。)
                           合併後存続する株式会社又は合併により設立する株式会社
      組織再編行為に伴う新株予約権の交
                        (2) 吸収分割
      付に関する事項 ※
                           吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全
                           部又は一部を承継する株式会社
                        (3) 新設分割
                           新設分割により設立する株式会社
                        (4) 株式交換
                           株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社
                        (5) 株式移転
                           株式移転により設立する株式会社
     ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月
       の末日(2019年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に
       記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、200株であります。
         ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式の無償割当を含む。以下同じ。)又は株式併合を行う
         場合、次の算式のより目的たる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は新株予約権のうち、
         当該時点で権利行使していない新株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株未満の
         端数が生じた場合には、これを切り捨てるものとする。
          調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
       2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調

         整の結果により生じる1円未満の端数は、これを切り上げるものとする。
                                  1
          調整後行使価額=調整前行使価額×
                              分割・併合の比率
                                 22/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
         また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で募集株式を発行(株式の無償割当による株式の発行及び自
         己株式を交付する場合を含み、新株予約権(新株予約権付社債も含む)の行使による場合及び当社の普通株式
         に転換できる証券の転換による場合を除く。)を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整の結果
         により生じる1円未満の端数は、これを切り上げるものとする。
                                     新規発行株式数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数+
                                         募集株式発行前の株価
          調整後行使価額=調整前行使価額×
                                   既発行株式数+新規発行株式数
                                 23/93


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
       決議年月日                   2012年4月27日臨時株主総会決議(2013年2月1日取締役会決議)
                         当社取締役1名
      付与対象者の区分及び人数
                         当社従業員8名
      新株予約権の数(個) ※                   130 (注)1
      新株予約権の目的となる株式の種
                         普通株式26,000 (注)1、3、4
      類、内容及び数(株) ※
      新株予約権の行使時の払込金額
                         508 (注)2、3、4
      (円) ※
      新株予約権の行使期間 ※                   2015年2月4日~2023年2月3日
      新株予約権の行使により株式を発行
                         発行価格  508(注)3、4
      する場合の株式の発行価格及び資本
                         資本組入額 254(注)3、4
      組入額(円) ※
                        (1) 新株予約権の割り当てを受けた者は、権利行使時においても、当
                           社の取締役、監査役若しくは従業員の地位にあることを要する。
                           ただし、行使することができることについての当社の取締役会の
                           承認を得た場合は、この限りではない。
                        (2) 新株予約権者が死亡した場合は、新株予約権の相続を認めないも
      新株予約権の行使の条件 ※                    のとする。ただし、取締役会が認めた場合はこの限りではない。
                        (3) 2015年2月4日あるいは株式が金融商品取引所に上場した日から
                           1年いずれか遅い日から権利行使できるものとする。
                        (4) その他の行使の条件については、当社と新株予約権の割当を受け
                           た者との間で締結した「新株予約権割当契約書」の定めるところ
                           による。
                        新株予約権を譲渡により取得する場合には、当社の取締役会の承認を
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        要するものとする。
                        当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割、新設
                        分割、株式交換又は株式移転(以上を総称して、以下、「組織再編行
                        為」という)を行う場合は、組織再変更に際して定める契約書又は計画
                        書等の条件に従って、以下に定める株式会社の新株予約権を交付する旨
                        定めた場合には、当該組織再編行為の比率に応じて、以下に定める株式
                        会社の新株予約権を交付するものとする。
                        (1) 合併(当社が消滅する場合に限る。)
                           合併後存続する株式会社又は合併により設立する株式会社
      組織再編行為に伴う新株予約権の交
                        (2) 吸収分割
      付に関する事項 ※
                           吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全
                           部又は一部を承継する株式会社
                        (3) 新設分割
                           新設分割により設立する株式会社
                        (4) 株式交換
                           株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社
                        (5) 株式移転
                           株式移転により設立する株式会社
     ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月
       の末日(2019年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に
       記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、200株であります。
         ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式の無償割当を含む。以下同じ。)又は株式併合を行う
         場合、次の算式のより目的たる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は新株予約権のうち、
         当該時点で権利行使していない新株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株未満の
         端数が生じた場合には、これを切り捨てるものとする。
          調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
       2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調

         整の結果により生じる1円未満の端数は、これを切り上げるものとする。
                                  1
          調整後行使価額=調整前行使価額×
                              分割・併合の比率
                                 24/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
         また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で募集株式を発行(株式の無償割当による株式の発行及び自
         己株式を交付する場合を含み、新株予約権(新株予約権付社債も含む)の行使による場合及び当社の普通株式
         に転換できる証券の転換による場合を除く。)を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整の結果
         により生じる1円未満の端数は、これを切り上げるものとする。
                                     新規発行株式数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数+
                                         募集株式発行前の株価
          調整後行使価額=調整前行使価額×
                                   既発行株式数+新規発行株式数
                                 25/93


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                  2017年11月13日 取締役会決議
                        当社取締役名3
      付与対象者の区分及び人数
                        当社従業員名160
      新株予約権の数(個) ※                  13,340 (注)1
      新株予約権の目的となる株式の種
                        普通株式1,334,000 (注)1、3、4
      類、内容及び数(株) ※
      新株予約権の行使時の払込金額
                        2,589 (注)2、3、4
      (円) ※
      新株予約権の行使期間 ※                  2019年4月1日~2025年3月31日
      新株予約権の行使により株式を発行
                        発行価格  2,605  (注)3、4
      する場合の株式の発行価格及び資本
                        資本組入額 1,302.5 (注)3、4
      組入額(円) ※
      新株予約権の行使の条件 ※                  (注)3
                        新株予約権を譲渡により取得する場合には、当社の取締役会の承認を
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        要するものとする。
      組織再編行為に伴う新株予約権の交
                        (注)4
      付に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月
       の末日(2019年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に
       記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。
         ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式の無償割当を含む。以下同じ。)又は株式併合を行う
         場合、次の算式のより目的たる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は新株予約権のうち、
         当該時点で権利行使していない新株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株未満の
         端数が生じた場合には、これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(又は併合)の比率
       2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調

         整の結果により生じる1円未満の端数は、これを切り上げるものとする。
                                  1
          調整後行使価額=調整前行使価額×
                            分割(又は併合)の比率
         また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で募集株式を発行(株式の無償割当による株式の発行及び自
         己株式を交付する場合を含み、新株予約権(新株予約権付社債も含む)の行使による場合及び当社の普通株式
         に転換できる証券の転換による場合を除く。)を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整の結果
         により生じる1円未満の端数は、これを切り上げるものとする。
                                     新規発行株式数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数+
                                       新規発行前の1株当たりの株価
          調整後行使価額=調整前行使価額×
                                   既発行株式数+新規発行株式数
       3.(1) 新株予約権者は、当社の営業利益が下記に掲げる条件を充たした場合、充たした条件に応じて、各新株

           予約権者に割り当てられた新株予約権のうち当該各号に掲げる割合(以下、「行使可能割合」という。)
           を乗じた本新株予約権を、当該営業利益の水準を最初に充たした期の有価証券報告書の提出日の翌月1
           日から行使することができる。
           ①  2018年12月期の営業利益が21億円を超過し、且つ2019年12月期の営業利益が26億円を超過した場合
             行使可能割合 30%
           ②  2020年12月期の営業利益が31億円を超過した場合
             行使可能割合 30%
             なお、①及び②の両方の条件を充たした場合の行使可能割合は60%とする。
                                 26/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
           ③  上記①及び②にかかわらず、2018年12月期から2021年12月期のいずれかの事業年度における営業利益
             が36億円を超過した場合
             行使可能割合 100%
             なお、営業利益の判定においては、当社の有価証券報告書に記載される連結損益計算書(連結損益計
             算書を作成していない場合、損益計算書)における営業利益を参照するものとし、国際財務報告基準
             の適用等により参照すべき項日の概念に重要な変更があった場合には、別途参照すべき指標を当社取
             締役会にて定めるものとする(以下同じ。)。また、行使可能割合の計算において、各新株予約権者の
             行使可能な本新株予約権の数に1個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数とする。
         (2) 上記(1)にかかわらず、新株予約権者は、2018年12月期から2021年12月期のいずれかの事業年度における
           営業利益が16億円を下回った場合、上記(1)に基づいて既に行使可能となっている新株予約権を除き、そ
           れ以後、本新株予約権を行使することができない。
         (3) 新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社の取締役(社外取締役を除く。以下、同
           じ。)もしくは従業員又は当社子会社の従業員であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年
           退職、その他正当な理由があると取締役会が認めた場合は、この限りではない。
         (4) 上記(3)の規定にかかわらず、本新株予約権者が死亡した場合で、当社取締役会が諸般の事情を考慮の
           上、当該新株予約権者の相続人による新株予約権の行使を書面により承認した場合は、当該本新株予約
           権の相続人は、本新株予約権者が生存していれば行使できるはずであった本新株予約権を行使すること
           ができる。
         (5) 上記(4)に定める場合を除き、本新株予約権の相続による継承は認めない。また、新株予約権者の相続人
           が死亡した場合の、本新株予約権の再度の相続も認めない。
         (6) 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過する
           こととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
         (7) 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         (8) その他の権利行使の条件は、当社と本新株予約権の割当てを受ける者との間で締結する新株予約権割当
           契約に定めるところによる。
       4.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上

         を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株予約権
         者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編
         対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。ただし、以下の条件
         に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割
         計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         (1) 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
         (2) 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
         (3) 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。
         (4) 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
           え、(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、(注)6(3)に従って決定される
           当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
         (5) 新株予約権を行使することができる期間
           行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から行使期間の末日までとする。
         (6) 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17
             条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端
             数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。
           ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、                                          上記①記載の
             資本金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
                                 27/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      ②  【ライツプランの内容】
         該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                  (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     2015年1月1日
                  5,845,455       5,904,500           -    300,000          -    117,998
     (注)1
     2015年12月18日
                  1,870,000       7,774,500       1,720,400       2,020,400       1,720,400       1,838,398
     (注)2
     2015年12月28日
                   344,200      8,118,700        316,664      2,337,064        316,664      2,155,062
     (注)3
     2017年1月1日~
     2017年6月30日               20,300     8,139,000         10,312     2,347,376         10,312     2,165,375
     (注)4
     2017年7月1日
                  8,139,000      16,278,000           -   2,347,376           -   2,165,375
     (注)5
     2018年1月1日~
     2018年12月31日               51,000     16,329,000         12,954     2,360,330         12,954     2,178,329
     (注)4
     (注)   1.株式分割(1:100)による増加であります。
        2.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
          発行価格      2,000円
          引受価額      1,840円
          資本組入額      920円
        3.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
          発行価格      1,840円
          資本組入額      920円
          割当先         みずほ証券㈱
        4.新株予約権の行使による増加であります。
        5.株式分割(1:2)による増加であります。
     (5)  【所有者別状況】
                                                2018年12月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満
      区分                             外国法人等                   株式の状況
           政府及び
                           その他の                 個人
                      金融商品取
                                                        (株)
           地方公共     金融機関                                  計
                       引業者
                             法人                その他
            団体
                                 個人以外      個人
     株主数
             -       23     33     45     120      2   3,841     4,064     -
     (人)
     所有株式数
             -     42,487      2,398     35,716     21,260        3   61,386     163,250      4,000
     (単元)
     所有株式数
             -      26.03      1.47     21.88     13.02      0.00     37.60     100.00      -
     の割合(%)
     (注)   自己株式102,848株は、「個人その他」に1,028単元、「単元未満株式の状況」に48株含まれております。
                                 28/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     (6)  【大株主の状況】
                                              2018年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                                   (自己株式を
                                            所有株式数        除く。)の
            氏名又は名称                     住所
                                             (千株)      総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
     佐 野 健 一                     東京都新宿区                     4,318        26.61
     株式会社メンバーズモバイル                     東京都豊島区西池袋2-29-16                     3,100        19.10

     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会
                          東京都中央区晴海1-8-11                     1,992        12.27
     社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                          東京都港区浜松町2-11-3                     1,160        7.15
     (信託口)
     資産管理サービス信託銀行株式会社(証券
                          東京都中央区晴海1-8-12                      346       2.13
     投資信託口)
     野村信託銀行株式会社(投信口)                     東京都千代田区大手町2-2-2                      269       1.66
     MORGANSTANLEY&CO.LLC
                          1585   BROADWAY     NEW   YORK,    NEW
                                                192       1.18
     (常任代理人 モルガン・スタンレーMU
                          YORK   10036,    U.S.A
     FG証券株式会社)
     ビジョン従業員持株会                     東京都新宿区西新宿6-5-1                      187       1.15
     株式会社クレディセゾン                     東京都豊島区東池袋3-1-1                      180       1.11

     GOVERNMENTOFNORWAY
                          東京都新宿区新宿6-27-30                      161       0.99
     (常任代理人 シティバンンク、エヌ・エ
     イ東京支店)
              計                   -             11,905        73.35
     (注)   前事業年度末現在主要株主であったSBIインベストメント株式会社は、当事業年度末では主要株主ではな
        くなりました。
     (7)  【議決権の状況】

      ① 【発行済株式】
                                                2018年12月31日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                    -          -              -

     議決権制限株式(自己株式等)                    -          -              -

     議決権制限株式(その他)                    -          -              -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                              -              -
                     普通株式     102,800
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               162,222             -
                        16,222,200
                     普通株式
     単元未満株式                              -              -
                           4,000
     発行済株式総数                    16,329,000          -              -
     総株主の議決権                    -           162,222             -

                                 29/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      ② 【自己株式等】
                                                2018年12月31日現在
                                                    発行済株式
                             自己名義        他人名義       所有株式数
      所有者の氏名                                             総数に対する
                  所有者の住所           所有株式数        所有株式数         の合計
       又は名称                                            所有株式数
                              (株)        (株)        (株)
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)
               東京都新宿区西新宿六丁
                               102,800        -        102,800         0.63
               目5番1号
     株式会社ビジョン
         計            -          102,800        -        102,800         0.63
                                 30/93


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    2 【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】            会社法第155条第3号及び会社法第155条第7号による普通株式の取得

     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

     区分                                株式数(株)            価額の総額(円)

     取締役会(2017年8月16日)での決議状況
                                          217,000           500,000,000
     (取得期間2017年8月17日~2018年8月16日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       700          1,610,000
     当事業年度における取得自己株式                                     102,000           308,937,900
     残存決議株式の総数及び価額の総額                                     114,300           189,452,100
     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      52.67             37.89
     当期間における取得自己株式                                        -             -
     提出日現在の未行使割合(%)                                      52.67             37.89
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

            区分                株式数(株)                 価額の総額(円)

     当事業年度における取得自己株式                                   92                351,687
     当期間における取得自己株式                                   -                  -
     (注)   当期間における取得自己株式には、2019年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式数は含めておりません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                  当期間

     区分
                                  処分価額の総額                 処分価額の総額
                         株式数(株)                 株式数(株)
                                    (円)                 (円)
     引き受ける者の募集を行った
                               -         -         -         -
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                           -         -         -         -
     合併、株式交換、会社分割に係る
                               -         -         -         -
     移転を行った自己株式
     その他( - )                           -         -         -         -
     保有自己株式数                        102,848           -      102,848           -
     (注)   当期間における保有自己株式数には、2019年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        による株式数は含めておりません。
                                 31/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    3 【配当政策】
      当社グループは、財務体質の強化と事業拡大のための投資を優先し、更なる企業価値の向上を目指すことが株主に
     対する最大の利益還元につながると考え、過去において配当を行っておりませんが、株主に対する利益還元も経営の
     重要課題であると認識しております。
      今後、将来の財務体質の強化と事業拡大のために必要な内部留保を確保しつつ、当社グループを取り巻く事業環境
     を勘案して、株主に対して安定的かつ継続的な利益還元を実施する方針ですが、現時点において配当実施の可能性及
     びその実施時期等については未定であります。
      なお、剰余金の配当を行う場合には、年1回の期末配当を基本方針としており、配当の決議機関は株主総会であり
     ます。また、当社は中間配当を取締役会の決議によって行うことができる旨を定款に定めております。
    4 【株価の推移】

     (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第14期         第15期         第16期         第17期         第18期

      決算年月        2014年12月         2015年12月         2016年12月         2017年12月         2018年12月

                                     3,105         5,890
      最高(円)              -       2,390                           5,390
                                    ※2,949         ※2,918
                                     2,580         3,030
      最低(円)              -       1,741                           2,580
                                    ※1,145         ※2,260
     (注)   1.最高・最低株価は、2016年12月21日より東京証券取引所市場第一部におけるものであり、それ以前は東
          京証券取引所マザーズ市場におけるものであります。なお、第16期の最高・最低株価のうち※印は東京
          証券取引所マザーズ市場におけるものであります。
        2.  当社株式は、2015年12月21日から東京証券取引所マザーズに上場しております。それ以前については、
          該当事項はありません。
        3.  第17期の※印は、株式分割(2017年7月1日、1株につき2株)による権利落後の最高・最低株価を示
          しております。
     (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別       2018年7月         8月       9月       10月       11月       12月

      最高(円)           4,575       4,870       5,340       5,390       4,890       4,960

      最低(円)           3,555       3,950       4,455       3,420       3,690       3,270

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                 32/93









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    5 【役員の状況】
    男性9名 女性1名 (役員のうち女性の比率10.0%)
                                                       所有株式数
      役名     職名     氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                             1991年2月      株式会社光通信      入社
                             1995年6月      有限会社ビジョン設立、代表取締役社長
                             1996年4月      旧株式会社ビジョン設立、代表取締役社
                                   長
                             2001年12月      当社設立、取締役
                             2004年11月      当社代表取締役社長(現任)
                             2011年10月      Vision   Mobile   Korea   Inc.  代表理事
                                   (現任)
                                   Vision   Mobile   Hawaii   Inc.
                                   Representative      director    and
                                   president(現任)
                             2011年12月      Vision   Mobile   Hong  Kong  Limited   董事
                                   長(現任)
    代表取締役
                             2012年1月      GLOBAL   WIFI.COM PTE.      LTD.
                                                   (注)  3
           CEO    佐野 健一      1969年11月7日生                                   4,318,000
      社長
                                   Representative      director(現任)
                             2012年2月      無限全球通移動通信股         份 有限公司    董事
                                   長(現任)
                             2014年4月      上海高效通信科技有限公司           董事長(現
                                   任)
                             2014年11月      Global   WiFi  France   SAS
                                   président(現任)
                             2014年12月      Vision   Mobile   Italia   S.r.l.
                                   Presidente     del  CdA(現任)
                             2016年7月      VISION   MOBILE   USA  CORP.
                                   Director    and  President(現任)
                             2016年8月      Vision   Mobile   New  Caledonia    SAS
                                   président(現任)
                             1991年12月      株式会社光通信      入社
                             1995年8月      有限会社ビジョン       入社
                             1996年4月      旧株式会社ビジョン        取締役
                             2004年11月      当社取締役
                             2011年10月      Vision   Mobile   Korea   Inc.  理事(現
                                   任)
                                   Vision   Mobile   Hawaii   Inc.
         常務執行役員
                                   director    and  vice-president(現任)
                                                   (注)  3
     取締役     CFO兼    中本 新一      1972年10月21日生                                   145,000
                             2012年2月      無限全球通移動通信股         份 有限公司    董事
          管理本部長
                                   (現任)
                             2013年6月      Find  Japan株式会社      取締役
                             2014年4月      上海高效通信科技有限公司            董事(現
                                   任)
                             2015年3月      当社取締役管理本部長(現任)
                             2016年7月      VISION   MOBILE   USA  CORP.
                                   Director    Vice-President(現任)
                                 33/93







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数

      役名     職名     氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                                   旧株式会社ビジョン入社
                             1997年11月
                                   当社取締役
                             2001年12月
                                   当社取締役
                             2008年3月
                                   Vision   Mobile   Korea   Inc. 理事(現
                             2011年10月
                                   任)
                                   Vision   Mobile   Hawaii   Inc.
                                   director    and  vice-president(現任)
                                   無限全球通移動通信股         份 有限公司    董事
                             2012年2月
                                   (現任)
                                   ベストリンク株式会社          代表取締役(現
                             2012年10月
                                   任)
                                   上海高效通信科技有限公司            董事(現
                             2014年4月
         常務執行役員
                                   任)
           COO兼                                        (注)  3
     取締役          大田 健司      1971年11月24日生                                    38,600
                                   Global   WiFi  France   SAS
                             2014年11月
          営業本部長
                                   directeur    général(現任)
                                   Vision   Mobile   Italia   S.r.l.
                             2014年12月
                                   Consigliere(現任)
                                   当社取締役営業本部長(現任)
                             2015年3月
                                   VISION   MOBILE   USA  CORP.
                             2016年7月
                                   Director    Vice-President(現任)
                                   Vision   Mobile   New  Caledonia    SAS
                             2016年8月
                                   directeur    général(現任)
                                   株式会社アルファーテクノ           代表取締役
                             2018年2月
                                   (現任)
                                   株式会社BOS     取締役(現任)
                             2018年3月
                                   株式会社ビジョンアド         取締役(現任)
                             2018年5月
                             1991年4月
                                   株式会社リクルート人材センター(現
                                   株式会社リクルートキャリア)入社
                                   株式会社日本リモデル         入社
                             1994年10月
                             1995年12月
                                   ぺルソン・アンド・ぺルソンエンターテ
                                   インメント有限会社(現          株式会社ペル
                                   ソン)設立、取締役
                             1996年12月
                                   株式会社アレスト(現         株式会社ファイ
                                   ンドスター)設立、取締役
                             1998年7月
                                   同社  代表取締役(現任)
                             2009年6月
                                   ターゲットメディア株式会社(現              TM
                                   H)取締役(現任)
                             2009年7月
                                   株式会社MDK      代表取締役(現任)
                                                   (注)  3
     取締役      -   内藤 真一郎      1967年6月13日生                                     -
                             2010年7月
                                   株式会社ディ・ポップス(現            株式会社
                                   ディポップスグループ)取締役(現任)
                             2011年7月
                                   株式会社スタートライズ           取締役(現
                                   任)
                             2012年7月
                                   スタークス株式会社        取締役(現任)
                                   株式会社Shift      取締役(現任)
                             2012年10月
                                   株式会社ワンスター        監査役
                             2015年7月
                             2015年9月
                                   スターアセットコンサルティング株式会
                                   社 代表取締役(現任)
                             2015年11月
                                   株式会社ファインドスターグループ               設
                                   立 代表取締役(現任)
                             2016年3月
                                   当社取締役(現任)
                                 34/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
      役名     職名     氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                             2001年4月
                                   ソフトバンクコマース(現           ソフトバン
                                   ク株式会社)入社
                             2003年9月
                                   デル株式会社      入社
                                   ビジネスデベロップメントマネージャー
                             2006年2月
                                   トレンドマイクロ株式会社           入社
                                   グローバルマーケティングディレクター
                             2013年9月
                                   Tripadvisor株式会社
                                                   (注)  3
     取締役      -    原田 静織      1974年6月21日生                                     -
                                   代表取締役
                             2015年7月
                                   株式会社ランドリーム、設立
                                   代表取締役社長(現任)
                             2016年7月
                                   WILLER株式会社         取締役(現任)
                             2017年3月
                                   当社取締役(現任)
                             2018年6月
                                   スマートキャンプ株式会社           取締役(現
                                   任)
                             1989年4月
                                   ソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社
                                   (現  シティグループ証券株式会社)入
                                   社
                             2004年12月
                                   日興シティグループ証券株式会社(現
                                   シティグループ証券株式会社)常務執行
                                   役員債権本部共同本部長
                             2008年6月
                                   同社  常務執行役員市場営業本部長
                             2009年10月
                                   シティグループ証券株式会社            取締役
                             2009年12月
                                   シティグループ証券株式会社            取締役副
                                   社長
                             2010年12月
                                   ストームハーバー証券株式会社、設立
                                   代表取締役副社長
                             2011年3月
                                   GLM株式会社      監査役(現任)
                             2014年7月
                                   あすかアセットマネジメント株式会社 
                                   取締役(現任)
                                                   (注)  3
     取締役      -    那珂 通雅      1964年8月14日生                                     -
                                   株式会社eWell      取締役(現任)
                             2014年9月
                                   株式会社アイスタイル         取締役(現任)
                             2014年10月
                                   ストームハーバー証券株式会社             取締役
                                   会長
                             2014年11月
                                   株式会社ジーニー       取締役(現任)
                             2015年7月
                                   プリベント小額短期保険株式会社              取締
                                   役(現任)
                             2016年7月
                                   ボードウォーク・キャピタル株式会社
                                   設立、代表取締役社長(現任)
                             2017年6月
                                   株式会社アクセルレーター           設立、代表
                                   取締役社長(現任)
                             2018年12月
                                   株式会社EARCH-YOU           取締役
                                   (現任)
                             2019年3月
                                   当社取締役(現任)
                                 35/93








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
      役名     職名     氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                             1975年4月      東洋信託銀行株式会社(現           三菱UFJ
                                   信託銀行株式会社)入社
                             2006年3月      エム・ユー・トラスト流動化サービス株
                                   式会社   常務取締役
                                                   (注)  4
    常勤監査役       -    梅原 和彦      1953年3月3日生                                      -
                             2008年6月      三菱UFJキャピタル株式会社             常勤監
                                   査役
                             2015年6月      同社  顧問
                             2016年3月      当社常勤監査役(現任)
                             1996年4月      朝日監査法人(現有限責任          あずさ監査法
                                   人)  入所
                             2005年9月      クリフィックス税理士法人           入所
                             2006年6月      株式会社スタートトゥデイ(現             株式会
                                   社ZOZO)      監査役(現任)
                             2008年12月      株式会社アカウンティング・アシスト設
                                   立、代表取締役(現任)
                             2009年9月      株式会社ECナビ(現         株式会社CAR
                                   TA  HOLDINGS)        監査役(現
                                   任)
                                                   (注)  4
     監査役      -   茂田井 純一      1974年3月19日生                                      -
                             2013年6月      株式会社マーテックス(現株式会社Wa
                                   rranty      technology
                                   監査役(現任)
                             2015年3月      当社監査役(現任)
                             2016年3月      フィーチャ株式会社        監査役
                                   サイバーエリアリサーチ株式会社(現G
                                   eolocation          technol
                                   ogy)    監査役(現任)
                             2017年12月      株式会社音楽館      監査役(現任)
                             2018年10月      フィーチャ株式会社        取締役(現任)
                             2004年12月      監査法人トーマツ(現         有限責任監査法
                                   人トーマツ)入所
                             2007年10月      株式会社リガヤパートナーズ入社
                             2010年10月      株式会社ストリーム代表取締役副社長
                                   (現任)
                                                   (注)  4
     監査役      -    寳角 淳     1977年9月1日生                                      -
                             2012年4月      監査法人シェルパートナーズ代表社員
                                   株式会社ファーストロジック監査役(現
                             2014年4月
                                   任)
                                   株式会社トライフォート監査役
                             2014年10月
                                   当社監査役(現任)
                             2018年3月
                             1972年4月      東京地方検察庁      検事
                                   以後各地方検察庁等勤務
                             1999年4月      東京高等検察庁      公判部長
                             2000年9月      福井地方検察庁      検事正
                             2003年4月      岐阜地方検察庁      検事正
     監査役      -    中島 義則      1946年2月1日生                               (注)  4     -
                                   最高検察庁     検事
                             2005年1月
                                   弁護士登録
                             2005年4月
                                   株式会社フルキャスト(現           株式会社フ
                             2007年1月
                                   ルキャストホールディングス)監査役
                                   当社監査役(現任)
                             2019年3月
                             計                          4,501,600
     (注)   1.取締役内藤真一郎氏、原田静織氏、及び那珂通雅氏は、社外取締役であります。
        2.監査役梅原和彦氏、茂田井純一氏、寳角淳氏、及び中島義則氏は、社外監査役であります。
        3.取締役の任期は、2019年3月26日開催の定時株主総会終結の時から選任後2年以内に終了する事業年度の
          うち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        4.監査役の任期は、2019年3月26日開催の定時株主総会終結の時から選任後4年以内に終了する事業年度の
          うち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        5.  当社では、経営の意思決定機能と業務執行機能を分離し、それぞれの効率・迅速化を図り経営体制を強化
          するため、執行役員制度を導入しております。
                                 36/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社グループは、お客様の期待を感動に変えるため、常に自らを磨き、理想を実現させるため、ためらうこと
       なく変革への挑戦を続け、常に多くの人々(ステークホルダー)に支えられていることに感謝し、謙虚な気持ち
       で事業活動を行っております。この行動規範に従って、法令、社内規則、方針を遵守し誠実に取り組み、最適な
       コーポレート・ガバナンスの構築に努めております。
      ② 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等

       ▶ 会社の機関の基本説明
         当社は、監査役設置会社であり、株主総会、取締役会及び監査役会を設置しております。当社の経営上の意
        思決定、執行及び監督に係る機関は以下のとおりであります。
        (a)  取締役会
          取締役会は取締役6名(うち、社外取締役3名)により構成され、毎月1回の定時取締役会のほか、必要
         に応じて機動的に臨時取締役会を開催し、経営全般に関する重要事項を決定するとともに業務執行状況の監
         督を行っております。
        (b)  経営会議
          経営会議は取締役、常勤監査役、執行役員、事業部長等の幹部社員で構成され、毎月1回以上開催してお
         ります。取締役会への付議事項を検討するとともに、日常の業務執行の確認や意思決定を迅速に行い、経営
         活動の効率化を図っております。
        (c)  監査役会
          監査役会は監査役4名(うち4名が社外監査役)により構成され、監査方針・計画に基づき、コーポレー
         ト・ガバナンスの実効性を高めるべく、取締役の職務執行を含む日常的活動の監査を行っております。
        (d)  内部監査室
          内部監査室は3名により構成され、当社グループの組織や制度及び業務が、経営方針並びに法令及び諸規
         程に準拠し、効率的に運営されているかを検証・評価及び助言を行っております。これにより、法令違反・
         不正、誤謬の未然防止、正確な管理情報の提供、財産の保全、業務活動の改善向上に努めております。
        (e)  会計監査人
          当社は、有限責任あずさ監査法人と監査契約を締結しており、適切な監査が実施されております。
        (f)  コンプライアンス委員会 
          コンプライアンス遵守に向けた取り組みを行うための機関として、コンプライアンス委員会を設置し、
         代 表取締役社長、管理部門管掌取締役、常勤監査役その他の部長職以上により構成され、年2回定例での
         開催のほか、必要な都度開催することとしております。
                                 37/93








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
       b コーポレート・ガバナンス体制
       c 内部統制システムの整備状況








        当社は業務の適正性を確保するための体制として、取締役会において、「内部統制システム構築の基本方針」
       を定め決議しております。その概要は以下のとおりです。
        (a)  取締役、使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         イ   取締役及び使用人の業務執行が、法令・定款及び当社の経営理念を遵守することが企業経営における最
          優先事項と位置づけ、「コンプライアンス規程」を定める。
         ロ コンプライアンス活動を徹底させるため、社長を担当役員とするコンプライアンス委員会を設置し、全
          社的な取組みを行う。
         ハ 内部監査室を設置し、代表取締役が承認した監査計画に基づき、業務執行部門の活動全般に関して内部
          監査を実施し、監査結果を代表取締役に報告するとともに監査役に報告する。
         ニ 違反行為や疑義のある行為等を役員及び使用人が直接通報できる手段を確保するものとし、その一つと
          して役員及び使用人が社外に直接通報できるコンプライアンス通報・相談窓口を設置し運営する。この場
          合、通報者の承諾がない限り通報者の氏名を開示しない(匿名性の保障)ことと通報者に不利益がないこ
          とを確保する。
         ホ 取締役会は、適正な財務報告書を作成することが社会的信用の維持・向上のために極めて重要であるこ
          とを認識し、財務報告の適正性を確保するため、財務報告書の作成過程において虚偽記載並びに誤謬等が
          生じないよう実効性のある内部統制を構築する。
        (b) 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         イ 文書管理規程に基づき、管理責任者は次の各号に定める文書(電磁的記録を含む。以下同じ)を関連資
          料とともに保存する。
           (イ) 株主総会議事録及び関連資料
           (ロ) 取締役会議事録及び関連資料
           (ハ) 経営会議議事録及び関連資料
           (ニ) 取締役が主催するその他の重要な会議の議事録及び関連資料
           (ホ) その他取締役の職務の執行に関する重要な文書
         ロ 前号のほか、会社業務に関する文書の保存及び管理については「文書管理規程」及び「文書保存年限
          表」に基づき適正に保存・管理する。
                                 38/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
         ハ 当社が保存又は管理する電磁的記録については、「情報セキュリティ規程」「情報セキュリティ運営規
          程」及び「情報セキュリティ管理規程」に基づきセキュリティを確保し、情報の毀損や外部への流出を防
          止する。
         ニ 取締役及び監査役は各業務執行部門が保存及び管理する情報を常時、直接、閲覧・謄写又は複写するこ
          とができる。
        (c) 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         イ   リスク管理に関しては、「リスク管理規程」を制定し、リスク管理の最高責任者を社長とすると同時
          に、リスク管理委員会を設置し、リスク管理を効果的かつ効率的に実施する。
         ロ 経営上の重大なリスクへの対応方針その他リスク管理の観点から重要な事項については、経営会議にお
          いて十分な審議を行うほか、特に重要なものについては取締役会に対して報告する。
        (d) 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         イ 取締役会は、原則として月1回定時に開催するほか、必要に応じて臨時に開催し、機動的な意思決定を
          行う。
         ロ 取締役の職務執行状況については、適宜、取締役会に対して報告する。
         ハ 取締役及び使用人の職務権限の行使は、「職務権限規程」に基づき適正かつ効率的に行う。
        (e) 当社並びにその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
         イ グループ会社の経営については、各社の自主性を尊重しつつ、当社が制定した「関係会社管理規程」の
          遵守を求める。
         ロ 内部監査室による内部監査を実施し、適宜、グループ会社の適正な業務執行を監視する。
        (f) 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及びその
         使用人の取締役からの独立性に関する事項
         イ   監査役の業務を補助すべき使用人を置くこと及び置く場合の員数については、監査役と取締役会で協議
          の上で決定する。
         ロ   前項の使用人が監査役の職務を補助する際には、取締役の指示命令を受けないものとする。
        (g) 取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他監査役への報告に関する体制
         イ   取締役及び使用人は、監査役の求めに応じて、随時その職務の執行状況その他に関する報告を行う。
         ロ   経理部長等は、その職務の内容に応じ、定期的に監査役に対する報告を行う。
         ハ   監査役は、取締役会に出席するほか、経営会議等の重要な会議に監査役会の指名した監査役が出席す
          る。
        (h) その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
           監査役は、月1回定時に監査役会を開催するほか、必要に応じて臨時に開催し、監査実施状況等について
          情報交換及び協議を行うとともに、内部監査室及び会計監査人から定期的に監査に関する報告を受け、意見
          交換を行う。
        (i) 反社会的勢力との取引排除に向けた基本的考え方及びその整備状況
         イ   反社会的勢力とは関係を持たないことをコンプライアンス方針として定めており、毅然とした姿勢で対
          応する。
         ロ   反社会的勢力による不当要求事案等の発生時は法務部を対応部署とし、警察等関連機関とも連携して対
          応する。
         ハ   事業に関わる契約を締結する際には、取引先が反社会的勢力又はそれと関わりがある個人・法人等でな
          いことの確認を行う。
         ニ   事業に関わる契約を締結する際には、双方において反社会的勢力又は関わりのある個人・法人等でない
          ことを約し、後に違背が発覚した際には、契約の解除と共に損害賠償請求義務を負うなどの「反社会的勢
          力の排除規定」等を契約書面にて交わす。
                                 39/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
       ▼ 内部監査及び監査役監査の状況
         内部監査は、内部監査規程に基づき、年度毎に監査実施計画を作成し、全部門及び全子会社を対象に監査を
        実施しております。内部監査結果は報告書に纏め、被監査部門及び代表取締役、監査役へ提出し、被監査部門
        に対しては必要に応じて改善要請を行い、正常化を図っております。
         監査役監査は、監査役会規則に基づき、年度毎に監査実施計画を作成し、取締役会や経営会議への出席、営
        業所や子会社への往査をはじめとし、重要な人員との面談など、実効性のあるモニタリングに取り組んでおり
        ます。
         内部監査室と監査役は、定期的に相互報告を実施し、会計監査人とも同様に行うことで、常に三者間での連
        携強化を図っております。
       e 会計監査の状況

         当社の会計監査業務を執行した公認会計士の氏名、所属する監査法人名及び補助者の構成は以下のとおりで
        あります。
         業務を執行した公認会計士の氏名等
                     公認会計士の氏名等                         所属する監査法人

          指定有限責任社員
                          上野 直樹
          業務執行社員
                                            有限責任     あずさ監査法人
          指定有限責任社員
                          土屋 光輝
          業務執行社員
         (注)継続監査年数については7年を超えていないため、記載を省略しております。
         監査業務に係る補助者の構成

          当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、その他1名であります。
       f 社外取締役及び社外監査役

         当社の社外取締役は3名、社外監査役は4名であります。社外取締役及び社外監査役は、当社との間に人的
        関係、資本的関係又は取引関係その他利害関係はありません。
         当社においては、社外取締役又は社外監査役を選任するための独立性に関する明確な基準は定めておりませ
        んが、選任にあたっては、会社法及び株式会社東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準を参考に
        しております。
         社外取締役である内藤真一郎氏は、WEBマーケティングに関する豊富な経験及び長年にわたる企業経営者
        としての豊富な経験と幅広い見識を有しております。これらの経験や知見を活かし、経営を監視いただくとと
        もに、当社の経営全般に助言を頂戴することによりコーポレートガバナンス強化に寄与していただくべく、社
        外取締役に選任しております。
         社外取締役である原田静織氏は、インバウンドビジネスに関する豊富な経験及び企業経営者としての豊富な
        経験と幅広い見識を有しております。これらの経験や知見を活かし、経営を監視いただくとともに、当社の経
        営全般に助言を頂戴することによりコーポレートガバナンス強化に寄与していただくべく、社外取締役に選任
        しております。
         社外取締役である那珂通雅氏は、金融業界・グローバルなビジネスに関する豊富な経験及び企業経営者とし
        ての豊富な経験と幅広い見識を有しております。これらの経験や知見を活かし、経営を監視いただくととも
        に、当社の経営全般に助言を頂戴することによりコーポレートガバナンス強化に寄与していただくべく、社外
        取締役に選任しております。
         社外監査役である梅原和彦氏は、金融機関での豊富な経験と高い見識を有しており、また、企業経営者とし
        ての経験から当社の客観的・中立的な監査業務が期待され、その職務を適切に遂行いただけるものと判断し、
        社外監査役に選任しております。
         社外監査役である茂田井純一氏は、公認会計士としての専門知識並びに豊富な経験等を通じ、財務・会計に
        関する適切な知見を有しており、また企業経営者としての経験から当社の客観的・中立的な監査業務が期待さ
        れ、その職務を適切に遂行いただけるものと判断し、社外監査役に選任しております。
         社外監査役である寳角淳氏は、公認会計士としての専門知識並びに豊富な経験等を通じ、財務・会計に関す
        る適切な知見を有しており、また、企業経営者としての経験から当社の客観的・中立的な監査業務が期待さ
        れ、その職務を適切に遂行いただけるものと判断し、社外監査役に選任しております。
         社外監査役である中島義則氏は、検事・弁護士としての高度な専門的知識を有しており、法律・コンプライ
        アンスに関する豊かな経験と適切な知見を、当社のコンプライアンス経営の促進に寄与していただけるものと
        判断し、社外監査役に選任しております。
                                 40/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      ③ リスク管理体制の整備の状況
        当社グループでは、毎月1回以上開催している経営会議においては、事業リスクを顕在化させないよう情報を
       共有する場となっており、必要に応じ取締役会への報告も含めたリスクマネジメントを実施しております。ま
       た、内部監査実施時には、従業員のリスクに対する意識を吸い上げ、代表取締役社長及び監査役に報告される仕
       組みとなっております。
        更に、各分野の専門家である弁護士、税理士法人、社会保険労務士等と契約を締結し、適宜助言・指導を受け
       られる体制とするとともに、自然災害等に備え緊急災害対策本部の設置、個人情報や企業情報の漏洩対策につい
       て情報セキュリティ委員会の設置もそれぞれ行っております。
      ④ 役員の報酬等

       ▶ 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)

                                                    対象となる
                   報酬等の総額
          区 分                                         役員の員数
                                 ストック
                    (千円)
                           基本報酬              賞与     退職慰労金
                                                     (名)
                                 オプション
       取締役
                      54,480      54,480        -      -      -      3
       (社外取締役を除く)
       監査役
                        900      900       -      -      -      1
       (社外監査役を除く)
       社外役員                22,650      22,650        -      -      -      5
      (注)1.取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分は含まれておりません。
         2.監査役の報酬等の総額には、2018年3月29日開催の第17回定時株主総会の終結の時をもって退任し
           た1名を含んでおります。
       b 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

         連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
       ▲ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

                   対象となる役員の

         総額(千円)                                 内 容
                     員数(名)
              41,645             2  給与及び賞与
       ▼ 役員の報酬等の額の決定に関する方針

         取締役の報酬総額は、2004年9月25日開催の臨時株主総会において年額200百万円以内(ただし、使用人兼務
        取締役の使用人給与は含まない)と決議しており、個々の報酬額については、当社の業績や会社への貢献度等
        を勘案し取締役会にて決定しております。また、監査役の報酬総額は、2004年9月25日開催の臨時株主総会に
        おいて年額20百万円以内と決議しており、個々の報酬額については、監査役会にて決定しております。
      ⑤ 取締役の定数

        当社の取締役は8名以内とする旨を定款に定めております。
      ⑥ 取締役の選任及び解任の決議要件

        当社は、取締役の選任及び解任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を
       有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。
        また、取締役の選任決議については、累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。
      ⑦ 中間配当

        当社は、株主への機動的な利益還元を可能にするため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議に
       よって毎年6月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
                                 41/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      ⑧ 株主総会の特別決議要件
        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
       の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めており
       ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
       目的とするものであります。
      ⑨ 取締役及び監査役の責任免除

        当社は、取締役及び監査役の責任免除について、会社法第426条第1項の規定により、取締役(取締役であった
       者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決
       議によって免除することができる旨を定款で定めております。これは、取締役及び監査役がその期待される役割
       を十分に発揮できることを目的とするものであります。
        また当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役であるものを除く)及び監査役との
       間に、損害賠償責任について法令が規定する額を限度とする契約を締結することができる旨を定款で定めており
       ます。
      ⑩ 責任限定契約の内容の概要

        当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役は、会社法第427条第1項の規定により、会
       社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額
       は、法令が定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役又は監査役がその職務
       を行うことにつき善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
      ⑪ 株式の保有状況

       ▶ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
        銘柄数                 22 銘柄
        貸借対照表計上額の合計額              566,938    千円
       b 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

        (前事業年度)
         特定投資株式
         該当事項はありません。
        (当事業年度)

         特定投資株式
                            貸借対照表計上額
           銘柄        株式数(株)                          保有目的
                              (千円)
       ㈱和心                 18,000          18,828    取引関係の維持・強化
       ▲ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
                                 42/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【監査報酬の内容等】
      ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                     当連結会計年度

         区 分
                監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社             19,500           1,500          27,000             -
        連結子会社                -           -           -           -
          計            19,500           1,500          27,000             -
      ② 【その他重要な報酬の内容】

       (前連結会計年度)
        該当事項はありません。
       (当連結会計年度)

        当社連結子会社が、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているKPMGに対して支払った監査報
       酬等の金額は3,902千円であります。
      ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

       (前連結会計年度)
        当社は会計監査人に対して、公認会計士法第2条第1項以外の業務である内部統制に関するアドバイザリー
       業務を委託しその対価を支払っております。
       (当連結会計年度)

        該当事項はありません。
      ④ 【監査報酬の決定方針】

        当社では、監査公認会計士等の監査計画、監査内容、監査日数等を勘案した上で監査報酬を決定しておりま
       す。
                                 43/93










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基
      づいて作成しております。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財務

      諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年1月1日から2018年12月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2018年1月1日から2018年12月31日まで)の財務諸表について、有限責任 あずさ監
     査法人により監査を受けております。
    3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適正に把握できる体制を整備するため、監査法人や税理士法人主催の研修会への参加や会計専門書の購読等を随
     時行っております。
                                 44/93













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ① 【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
     資産の部
      流動資産
                                    ※1  6,256,161
        現金及び預金                                             7,563,234
        受取手形及び売掛金                               1,485,256              1,966,648
        商品                                56,524              74,575
        貯蔵品                                 7,527              3,006
        繰延税金資産                                183,660              192,996
        その他                               1,044,418               701,587
                                       △ 38,081             △ 46,603
        貸倒引当金
        流動資産合計                               8,995,466              10,455,444
      固定資産
        有形固定資産
         建物                              258,584              312,743
                                       △ 45,012             △ 54,073
           減価償却累計額
           建物(純額)                             213,571              258,669
         車両運搬具
                                          -            16,665
                                          -           △ 16,263
           減価償却累計額
           車両運搬具(純額)                               -              402
         工具、器具及び備品
                                        159,316              201,140
                                       △ 107,128             △ 118,478
           減価償却累計額
           工具、器具及び備品(純額)                             52,187              82,661
         レンタル資産
                                       1,110,016              1,736,366
                                       △ 566,934            △ 1,086,125
           減価償却累計額
           レンタル資産(純額)                             543,081              650,240
         土地                               34,392              35,289
         リース資産
                                        36,864              26,917
                                       △ 24,093             △ 25,318
           減価償却累計額
           リース資産(純額)                             12,770               1,598
         建設仮勘定                               3,215              42,905
         有形固定資産合計                              859,219             1,071,768
        無形固定資産
         ソフトウエア                              590,728              563,113
         のれん                                 -            113,388
                                          21              21
         その他
         無形固定資産合計                              590,749              676,523
        投資その他の資産
         投資有価証券                              615,986              565,773
         繰延税金資産                               34,923              255,348
         その他                              409,542              569,638
                                       △ 22,084             △ 42,480
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             1,038,367              1,348,279
        固定資産合計                               2,488,337              3,096,571
      資産合計                                11,483,804              13,552,015
                                 45/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※1  804,611
        支払手形及び買掛金                                              877,495
        1年内返済予定の長期借入金                                 2,400                -
        リース債務                                19,851               2,328
        未払金                                981,774             1,427,604
        未払法人税等                                399,321              598,616
        賞与引当金                                220,353              242,451
        短期解約返戻引当金                                67,704              63,976
                                        399,032              536,421
        その他
        流動負債合計                               2,895,049              3,748,893
      固定負債
        リース債務                                 2,429                -
                                          -              35
        その他
        固定負債合計                                 2,429                35
      負債合計                                2,897,479              3,748,929
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               2,347,376              2,360,330
        資本剰余金                               2,379,835              2,392,789
        利益剰余金                               3,787,538              5,317,015
                                        △ 1,721            △ 311,010
        自己株式
        株主資本合計                               8,513,029              9,759,123
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  -            △ 7,751
        繰延ヘッジ損益                                18,786               8,612
                                        33,165              21,757
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                51,951              22,618
      新株予約権                                  21,344              21,344
      純資産合計                                8,586,324              9,803,086
     負債純資産合計                                 11,483,804              13,552,015
                                 46/93









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     売上高                                 17,554,838              21,503,668
                                       7,393,876              8,853,583
     売上原価
     売上総利益                                 10,160,961              12,650,085
                                     ※1  8,372,436           ※1  10,165,777
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  1,788,524              2,484,308
     営業外収益
      受取利息                                   634              496
      受取配当金                                  1,500              1,502
      為替差益                                    -             8,860
      助成金収入                                  3,823                -
                                         3,959              6,424
      その他
      営業外収益合計                                  9,918              17,283
     営業外費用
      支払利息                                   846              337
      為替差損                                   406               -
      投資事業組合運用損                                    -              628
      自己株式取得費用                                    -              782
                                         2,151               157
      その他
      営業外費用合計                                  3,403              1,905
     経常利益                                  1,795,039              2,499,685
     特別利益
                                                     ※2  2,950
                                          -
      固定資産売却益
      特別利益合計                                    -             2,950
     特別損失
                                                      ※3  109
      固定資産売却損                                    -
                                       ※4  742            ※4  613
      固定資産除却損
                                        39,872              309,829
      投資有価証券評価損
      特別損失合計                                  40,614              310,553
     税金等調整前当期純利益                                  1,754,424              2,192,083
     法人税、住民税及び事業税
                                        576,749              847,421
                                       △ 31,035             △ 180,814
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   545,713              666,606
     当期純利益                                  1,208,710              1,525,476
     非支配株主に帰属する当期純損失(△)                                     -            △ 4,000
     親会社株主に帰属する当期純利益                                  1,208,710              1,529,476
                                 47/93







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     当期純利益                                  1,208,710              1,525,476
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                    -            △ 7,751
      繰延ヘッジ損益                                  1,271             △ 10,173
                                        24,081             △ 11,407
      為替換算調整勘定
                                      ※  25,352            ※  △  29,332
      その他の包括利益合計
     包括利益                                  1,234,063              1,496,143
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                1,234,063              1,500,143
      非支配株主に係る包括利益                                    -            △ 4,000
                                 48/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      ③ 【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
                                       (単位:千円)
                            株主資本
                資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
     当期首残高           2,337,064      2,369,522      2,578,828         -   7,285,414
     当期変動額
     新株の発行(新株予
                 10,312      10,312                   20,624
     約権の行使)
     親会社株主に帰属す
                            1,208,710            1,208,710
     る当期純利益
     自己株式の取得                              △ 1,721     △ 1,721
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計             10,312      10,312     1,208,710       △ 1,721    1,227,614
     当期末残高           2,347,376      2,379,835      3,787,538       △ 1,721    8,513,029
                      その他の包括利益累計額

                                        新株予約権      純資産合計
              その他有価証券            為替換算調整勘      その他の包括利
                     繰延ヘッジ損益
               評価差額金              定    益累計額合計
     当期首残高               -    17,514       9,083      26,598        -   7,312,013
     当期変動額
     新株の発行(新株予
                                                20,624
     約権の行使)
     親会社株主に帰属す
                                               1,208,710
     る当期純利益
     自己株式の取得                                           △ 1,721
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純              -     1,271      24,081      25,352      21,344      46,696
     額)
     当期変動額合計               -     1,271      24,081      25,352      21,344     1,274,311
     当期末残高               -    18,786      33,165      51,951      21,344     8,586,324
                                 49/93










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                                       (単位:千円)
                            株主資本
                資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
     当期首残高           2,347,376      2,379,835      3,787,538       △ 1,721    8,513,029
     当期変動額
     新株の発行(新株予
                 12,954      12,954                   25,908
     約権の行使)
     親会社株主に帰属す
                            1,529,476            1,529,476
     る当期純利益
     自己株式の取得                             △ 309,289     △ 309,289
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計             12,954      12,954     1,529,476      △ 309,289     1,246,094
     当期末残高           2,360,330      2,392,789      5,317,015      △ 311,010     9,759,123
                      その他の包括利益累計額

                                        新株予約権      純資産合計
              その他有価証券            為替換算調整勘      その他の包括利
                     繰延ヘッジ損益
               評価差額金              定    益累計額合計
     当期首残高               -    18,786      33,165      51,951      21,344     8,586,324
     当期変動額
     新株の発行(新株予
                                                25,908
     約権の行使)
     親会社株主に帰属す
                                               1,529,476
     る当期純利益
     自己株式の取得                                          △ 309,289
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純            △ 7,751     △ 10,173     △ 11,407     △ 29,332        -    △ 29,332
     額)
     当期変動額合計            △ 7,751     △ 10,173     △ 11,407     △ 29,332        -   1,216,761
     当期末残高            △ 7,751      8,612      21,757      22,618      21,344     9,803,086
                                 50/93











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                1,754,424              2,192,083
      減価償却費                                 478,886              830,801
      のれん償却額                                    -            19,593
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  18,619              28,944
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  52,560              23,110
      短期解約返戻引当金の増減額(△は減少)                                  14,266              △ 3,728
      受取利息及び受取配当金                                 △ 2,134             △ 1,998
      助成金収入                                 △ 3,823                -
      支払利息                                   846              337
      固定資産売却損益(△は益)                                    -            △ 2,840
      固定資産除却損                                  18,569              46,653
      投資有価証券評価損益(△は益)                                  39,872              309,829
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 253,306             △ 496,420
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  18,886             △ 11,240
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 192,952               73,857
      未払金の増減額(△は減少)                                  80,089              424,614
                                       △ 267,711               93,024
      その他
      小計                                2,142,998              3,526,620
      利息及び配当金の受取額
                                         2,134              1,998
      助成金の受取額                                  3,823                -
      利息の支払額                                  △ 846             △ 337
                                       △ 531,092             △ 639,486
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                1,617,018              2,888,796
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 919,405             △ 723,458
      無形固定資産の取得による支出                                △ 333,303             △ 139,232
      投資有価証券の取得による支出                                △ 152,725             △ 273,028
      投資有価証券の売却による収入                                  16,315                -
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                          -           △ 48,700
      る支出
      事業譲受による支出                                    -           △ 139,126
      敷金保証金の払込による支出                                △ 146,290              △ 92,927
      敷金保証金の回収による収入                                 120,018               22,673
      その他                                  △ 597            △ 64,169
      投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 1,415,989             △ 1,457,969
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入金の返済による支出                                 △ 10,200              △ 8,372
      ストックオプションの行使による収入                                  20,624              25,908
      新株予約権の発行による収入                                  21,344                -
      自己株式の取得による支出                                 △ 1,721            △ 310,072
      リース債務の返済による支出                                 △ 24,991             △ 19,953
                                       △ 13,480                -
      上場関連費用の支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 8,424            △ 312,490
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   19,807              △ 7,477
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   212,412             1,110,859
     現金及び現金同等物の期首残高                                  6,239,962              6,452,374
                                     ※  6,452,374             ※  7,563,234
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 51/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
       連結子会社の数・・・          18 社
        連結子会社の名称
         「第1 企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しているため省略しております。
         当連結会計年度より、株式会社アルファ―テクノ、株式会社BOS、株式会社ビジョンアドを新たに設立し、
        有限会社ラピドの全株式を取得した為、連結の範囲に含めております。
     2.持分法の適用に関する事項

        該当事項はありません。
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項

       連結子会社のうち、Vision             Mobile    Hong   Kong   Limited他6社の決算日は9月30日となっております。連結財務諸
      表の作成にあたっては、連結子会社の決算日現在の決算書を使用し、連結決算日までの期間に発生した重要な取引
      については連結上必要な調整を行っております。
     4.会計方針に関する事項

      (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
       ① 有価証券
         その他有価証券
         時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、
         移動平均法により算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
       ② デリバティブ

         時価法
       ③ たな卸資産

         商品・貯蔵品
          先入先出法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法)
      (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法

       ① 有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、建物(建物附属設備を除く)、レンタル資産及び2016年4月1日以降
        に取得した建物附属設備については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物              5~50年
         車両運搬具              5年
         工具、器具及び備品              2~16年
         レンタル資産              2年
       ② 無形固定資産

         定額法を採用しております。
         なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
       ③ リース資産

         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 52/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      (3) 重要な引当金の計上基準
       ① 貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
        については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       ② 賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
       ③ 短期解約返戻引当金

         インフラサービス加入申込者及び携帯電話契約者の短期解約に係る手数料の返戻金見込額を見積り、短期解
        約返戻引当金として計上しております。
      (4) 重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

        外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
       ます。また、在外子会社等の資産及び負債は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中
       平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上しております。
      (5)  重要なヘッジ会計の方法

       ① ヘッジ会計の方法
         繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、振当処理の要件を満たしている為替予約については、振当処理
        を行っております。
       ② ヘッジ手段とヘッジ対象

         ヘッジ手段・・・・為替予約
         ヘッジ対象・・・・外貨建金銭債権債務及び外貨建予定取引
       ③ ヘッジ方針

         為替相場の変動によるリスクを回避する目的で為替予約取引を行っております。
       ④ ヘッジ有効性評価の方法

         ヘッジ対象のキャッシュ・フロー変動の累計又は相場変動とヘッジ手段のキャッシュ・フロー変動の累計又
        は相場変動を比較し、両者の変動額等を基礎にして、ヘッジ有効性を評価しております。ただし、振当処理に
        よる為替予約取引については、有効性の評価を省略しております。
      (6)  のれんの償却方法及び償却期間

         5年間の定額法により償却しております。
      (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
       負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
      (8)  その他連結財務諸表等作成のための重要な事項

        消費税等の会計処理方法
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
      (会計方針の変更)

      (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱いの適用)
      「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号2018
      年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)等を2018年4月1日以降適用し、従業員等に対して権利確定条
      件付き有償新株予約権を付与する取引については、「ストック・オプション等に関する会計基準」(企業会計基準第
      8号 2005年12月27日)等に準拠した会計処理を行うことといたしました。
      ただし、実務対応報告第36号の適用については、実務対応報告第36号第10項(3)に定める経過的な取扱いに従って
      おり、実務対応報告第36号の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与した取引につ
      いては、従来採用していた会計処理を継続しております。
      (未適用の会計基準等)

     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
                                 53/93

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
     (1) 概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2) 適用予定日

       2022年12月期の期首より適用予定であります。
     (3) 当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
      (連結貸借対照表関係)

      ※1 担保資産及び担保付債務
       担保に供している資産は、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
        定期預金                         2,160   千円                - 千円
       上記に対応する債務は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
        買掛金                         7,587   千円                - 千円
     2 当座貸越契約

       当社グループにおいては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行2行と当座貸越契約を締結しておりま
      す。
       連結会計年度末における当座貸越契約に係る借入金未実行残高等は次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
        当座貸越極度額                        600,000    千円             600,000    千円
        借入実行残高                          - 千円                - 千円
        差引額                        600,000    千円             600,000    千円
                                 54/93








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
      ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年1月1日              (自    2018年1月1日
                            至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
        給与手当                       1,999,164     千円            2,195,885     千円
        販売促進費                       1,130,501     千円            1,680,620     千円
        支払手数料                       1,062,134     千円            1,624,968     千円
        貸倒引当金繰入額                        34,015   千円              50,888   千円
        賞与引当金繰入額                        209,897    千円             224,877    千円
      (表示方法の変更)
       前連結会計年度において、主要な費目として表示しておりました「人材派遣費」は、販売費及び一般管理費の総
      額の100分の10以下となったため、当連結会計年度より主要な費目として表示しておりません。なお、前連結会計年
      度の「人材派遣費」は1,026,624千円であります。
      ※2 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年1月1日              (自    2018年1月1日
                            至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
        車両運搬具                          - 千円              2,950   千円
      ※3 固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年1月1日              (自    2018年1月1日
                            至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
        車両運搬具                          -  千円               60  千円
        レンタル資産                          -  千円               49  千円
        計                          -  千円               109  千円 
      ※4 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年1月1日              (自    2018年1月1日
                            至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
        ソフトウエア                          500  千円               566  千円
        その他                          242  千円                47 千円
        計                          742  千円               613  千円
                                 55/93








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
      ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2017年1月1日              (自    2018年1月1日
                           至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
        その他有価証券評価差額金
        当期発生額                          - 千円             △11,172    千円
        組替調整額                         - 千円                - 千円
         税効果調整前
                                  - 千円             △11,172    千円
         税効果額                        - 千円              3,420   千円
         その他有価証券評価差額金                          - 千円             △7,751    千円
        繰延ヘッジ損益
         当期発生額                        1,838   千円             △14,758    千円
                                  - 千円                - 千円
         組替調整額
         税効果調整前
                                1,838   千円             △14,758    千円
         税効果額                       △567   千円              4,584   千円
         繰延ヘッジ損益
                                1,271   千円             △10,173    千円
        為替換算調整勘定
          当期発生額                        24,081   千円             △11,407    千円
             その他の包括利益合計                   25,352   千円             △29,332    千円
      (連結株主資本等変動計算書関係)

     前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
     1.発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末

     普通株式(株)                8,118,700           8,159,300              -       16,278,000
     (注)   1.当社は、2017年7月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を行っております。
        2.(変動事由の概要)
          普通株式の増加8,159,300株は、株式分割による増加8,139,000株、新株予約権の行使による増加20,300株
          であります。
     2.自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末

     普通株式(株)                   -          756           -          756
     (変動事由の概要)
      2017年8月16日の取締役会決議による自己株式の取得 700株
      単元未満株式の買取による増加 56株
     3.新株予約権等に関する事項

                                 目的となる株式の数(株)

                                                    当連結会計年
                    目的となる
     会社名        内訳                                       度末残高
                           当連結会計                    当連結
                    株式の種類
                                  増加      減少
                                                     (千円)
                           年度期首                   会計年度末
     提出会社     2017年新株予約権           普通株式          -   1,334,000          -   1,334,000        21,344
              合計                 -   1,334,000          -   1,334,000        21,344
     (注)   1.目的となる株式の数は、新株予約権が権利行使されたものと仮定した場合における株式数を記載しており
          ます。
     4.配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                 56/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
     1.発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末

     普通株式(株)               16,278,000             51,000             -       16,329,000
     (変動事由の概要)
      普通株式の増加51,000株は、新株予約権の行使による増加によるものであります。
     2.自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末

     普通株式(株)                   756         102,092             -        102,848
     (変動事由の概要)
      2017年8月16日の取締役会決議による自己株式の取得 102,000株
      単元未満株式の買取による増加 92株
     3.新株予約権等に関する事項

                                 目的となる株式の数(株)

                                                    当連結会計年
                    目的となる
     会社名        内訳                                       度末残高
                           当連結会計                    当連結
                    株式の種類
                                  増加      減少
                                                     (千円)
                           年度期首                   会計年度末
                           1,334,000          -    16,000     1,318,000        21,344
     提出会社     2017年新株予約権           普通株式
                              (-)    (16,000)         -   (16,000)         (-)
                                                      21,344
                           1,334,000          -    16,000     1,318,000
              合計
                              (-)    (16,000)         -   (16,000)
                                                        (-)
     (注)   1.目的となる株式の数は、新株予約権が権利行使されたものと仮定した場合における株式数を記載しており
          ます。
        2.自己新株予約権については、(外書き)により表示しております。
        3.  目的となる株式の数の変動事由の概要
          減少した16,000株は自己新株予約権としての取得によるものであります。
     4.配当に関する事項

       該当事項はありません。
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      
       す。
                               前連結会計年度               当連結会計年度

                             (自    2017年1月1日             (自    2018年1月1日
                              至   2017年12月31日)             至   2018年12月31日)
        現金及び預金                         6,256,161     千円           7,563,234     千円
        預入期間が3ヶ月を超える定期預金                          △2,160    千円              - 千円
        預け金(流動資産「その他」)                          198,373    千円              - 千円
        現金及び現金同等物                         6,452,374     千円           7,563,234     千円
      (リース取引関係)

     1.ファイナンス・リース取引
     (借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ① リース資産の内容
        ・有形固定資産 主として、グローバルWiFi事業に関連するオプション品であります。
       ② リース資産の減価償却の方法
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 57/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     2.オペレーティング・リース取引
     (借主側)
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                          (自    2017年1月1日              (自    2018年1月1日
                           至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
       1年内                        24,743   千円              45,299   千円
       1年超                         6,185   千円              70,628   千円
              合計                 30,928   千円             115,927    千円
      (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項
      (1) 金融商品に対する取り組み方針
        当社グループは、資金運用については預金等に限定し、また、資金調達については主に銀行借入による方針で
       あります。デリバティブ取引は、為替の変動リスクを回避するために利用し、投機的な取引は行わない方針であ
       ります。
      (2) 金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
        投資有価証券は、業務上の関係を有する企業の株式であり、取引先企業の財務状態のリスクに晒されておりま
       す。
        営業債務である支払手形及び買掛金、未払金は、そのほとんどが3ヶ月以内の支払期日であります。
        デリバティブ取引は、外貨建の営業債務に係る為替の変動リスクに対するヘッジを目的とした為替予約取引等
       であります。なお、デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限を定めた社内規程に沿っており、ま
       た、デリバティブ取引の利用に当たっては、信用リスクを軽減するために、格付の高い金融機関とのみ取引を
       行っております。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、営業債権については専任の債権管理部門を設置することにより、取引相手ごとに期日及び残高を管
        理するとともに、財務状況の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。連結子会社について
        も、同様の管理を行っております。
       ② 市場リスク(時価の変動リスク)の管理

         投資有価証券については、定期的に取引先企業の財務状況等を把握し、また、市況や取引先企業との関係を
        勘案して保有状況を継続的に見直しております。
       ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

         当社は、各部署からの報告に基づき適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持などに
        より流動性リスクを管理しております。連結子会社についても、同様の管理を行っております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価格のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することがあります。また、注記事項「デリバティブ取引関係」におけるデリバティブ取
       引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありませ
       ん。
                                 58/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注                               2)をご参照ください。)。
     前連結会計年度(2017年12月31日)
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
     (1) 現金及び預金                       6,256,161            6,256,161                -
     (2)  受取手形及び売掛金
                            1,485,256            1,485,256                -
     (3)  投資有価証券
                                -            -            -
           資産計                 7,741,417            7,741,417                -
     (4)  支払手形及び買掛金
                             804,611            804,611               -
     (5)  未払金
                             981,774            981,774               -
     (6)  長期借入金(※)
                              2,400            2,405              5
           負債計                 1,788,785            1,788,791                5
     ※ 1年内返済予定の長期借入金を含んでおります。
     当連結会計年度(2018年12月31日)

                      連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
     (1) 現金及び預金                       7,563,234            7,563,234                -
     (2)  受取手形及び売掛金
                            1,966,648            1,966,648                -
     (3)  投資有価証券
                              18,828            18,828              -
           資産計                 9,548,710            9,548,710                -
     (4)  支払手形及び買掛金
                             877,495            877,495               -
     (5)  未払金
                            1,427,604            1,427,604                -
     (6)  長期借入金
                                -            -            -
           負債計                 2,305,099            2,305,099                -
     (注  1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
      資 産
       (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金
         これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
        ております。
       (3)   投資有価証券
         投資有価証券の時価については、取引所の価格によっております。
      負 債

       (4)  支払手形及び買掛金、(5)未払金
         これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
        ております。
       (6)  長期借入金
         長期借入金の時価については、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引い
        た現在価値により算定しております。
     (注  2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                                      (単位:千円)
          区分           2017年12月31日             2018年12月31日
        非上場株式                  615,986             546,945
         非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価開示の対
        象としておりません。
                                 59/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     (注  3)金銭債権の連結決算日後の償還予定額
     前連結会計年度(2017年12月31日)
                                       1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
     現金及び預金                            6,256,161          -       -       -
     受取手形及び売掛金                            1,485,256          -       -       -
                 合計                7,741,417          -       -       -
     当連結会計年度(2018年12月31日)

                                       1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
     現金及び預金                            7,563,234          -       -       -
     受取手形及び売掛金                            1,966,648          -       -       -
                 合計                9,529,882          -       -       -
     (注  4)長期借入金の連結決算日後の返済予定額

     前連結会計年度(2017年12月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                 5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                 (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金                 2,400        -       -       -       -       -
          合計           2,400        -       -       -       -       -
     当連結会計年度(2018年12月31日)

       該当事項はありません。
      (有価証券関係)

     1.その他有価証券
     前連結会計年度(2017年12月31日)
       その他有価証券は、すべて市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難であるため、記載を省略しており
      ます。
     当連結会計年度(2018年12月31日)

                       連結貸借対照表金額               取得原価             差額
            区分
                         (千円)             (千円)            (千円) 
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
      株式                          -            -            -
            小計                    -            -            -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
      株式                        18,828            30,000           △11,172
            小計                  18,828            30,000           △11,172
            合計                  18,828            30,000           △11,172
                                 60/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     2.連結会計年度中に売却したその他有価証券
     前連結会計年度(2017年12月31日)
                       売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
          区分
                       (千円)             (千円)             (千円)
      株式                       16,315               -             -
          合計                 16,315               -             -
     当連結会計年度(2018年12月31日)

       該当事項はありません。
     3.減損処理を行った有価証券

       前連結会計年度において、その他有価証券の非上場株式について39,872千円の減損処理を行っております。
       当連結会計年度において、その他有価証券の非上場株式について309,829千円の減損処理を行っております。
       なお、その他有価証券で時価のある株式の減損処理にあたっては、連結会計年度末における時価が取得原価に比
      べ50%以上下落した場合にはすべて減損処理を行い、30%~50%程度下落した場合には、当該金額の回復可能性等
      を考慮して必要と認められた額について減損処理を行っております。
       また、時価を把握することが極めて困難と認められる非上場株式の減損処理に当たっては、財政状態の悪化によ
      り実質価額が著しく低下した場合に、個別に回復可能性を判断し、最終的に減損処理の要否を決定しております。
      (デリバティブ取引関係)

     1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      該当事項はありません。
     2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

      通貨関連
        前連結会計年度(2017年12月31日)
        ヘッジ会計の         デリバティブ                         契約額等のうち
                         主なヘッジ対象          契約額等         1年超         時価
          方法       取引の種類等
                                   (千円)         (千円)        (千円)
                為替予約取引
                 買建
       為替予約等の
                米ドル                     601,650        -          11,442
                           買掛金
       振当処理
                ユーロ                      85,185       -          11,236
                ポンド                      45,441       -          4,492
                   合計
                                     732,277        -          27,171
        (注)     時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
        当連結会計年度(2018年12月31日)

        ヘッジ会計の         デリバティブ                         契約額等のうち
                         主なヘッジ対象          契約額等         1年超         時価
          方法       取引の種類等
                                   (千円)         (千円)        (千円)
                為替予約取引
                 買建
       為替予約等の
                米ドル                     657,831        -          13,821
                           買掛金
       振当処理
                ユーロ                      87,318       -         △1,408
                ポンド                        -     -            -
                   合計
                                     745,150        -          12,413
        (注)     時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
                                 61/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      (ストック・オプション等関係)
     1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
       該当事項はありません。
     2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       2015年1月1日付で株式1株につき100株の分割、2017年7月1日付で株式1株につき2株の分割を行っておりま
      すが、以下は、当該株式分割を反映した数値を記載しております。
      (1) ストック・オプションの内容
     会社名                        提出会社                  提出会社

                            2012年5月1日                  2013年2月1日
     決議年月日                       取締役会決議分                  取締役会決議分
                         第1回ストック・オプション                  第2回ストック・オプション
                       当社取締役3名                  当社取締役1名
     付与対象者の区分及び人数
                       当社従業員25名                  当社従業員8名
     株式の種類及び付与数                  普通株式 494,200株                  普通株式 27,000株

     付与日                  2012年5月2日                  2013年2月4日
     権利確定条件                        (注)1                  (注)2

     対象勤務期間                  対象勤務期間の定めはありません。                  対象勤務期間の定めはありません。

     権利行使期間                  2014年5月2日~2022年5月1日                  2015年2月4日~2023年2月3日
      (注)1.(1) 新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時においても、当社の取締役、監査役若しくは従業員
              の地位にあることを要する。ただし、行使することができることについての当社取締役会の承認を
              得た場合は、この限りではない。
           (2) 新株予約権者が死亡した場合は、新株予約権の相続を認めないものとする。ただし、取締役会が認
              めた場合はこの限りではない。
           (3) 2014年5月2日あるいは株式が金融商品取引所に上場した日から1年のいずれか遅い日から権利行
              使できるものとする。
           (4) その他の行使の条件については、当社と新株予約権の割当を受けたものとの間で締結した「新株予
              約権割当契約書」の定めるところによる。
         2.(1) 新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時においても、当社の取締役、監査役若しくは従業員
              の地位にあることを要する。ただし、行使することができることについての当社取締役会の承認を
              得た場合は、この限りではない。
           (2) 新株予約権者が死亡した場合は、新株予約権の相続を認めないものとする。ただし、取締役会が認
              めた場合はこの限りではない。
           (3) 2015年2月4日あるいは株式が金融商品取引所に上場した日から1年のいずれか遅い日から権利行
              使できるものとする。
           (4) その他の行使の条件については、当社と新株予約権の割当を受けたものとの間で締結した「新株予
              約権割当契約書」の定めるところによる。
                                 62/93







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

       当連結会計年度(2018年12月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの
      数については、株式数に換算して記載しております。
       ① ストック・オプションの数
      会社名                         提出会社                  提出会社

                            2012年5月1日                  2013年2月1日
      決議年月日                        取締役会決議分                  取締役会決議分
                         第1回ストック・オプション                  第2回ストック・オプション
      権利確定前(株)
       前連結会計年度末                                   -                  -
       付与                                   -                  -
       失効                                   -                  -
       権利確定                                   -                  -
       未確定残                                   -                  -
      権利確定後(株)
       前連結会計年度末                                453,600                   27,000
       権利確定                                   -                  -
       権利行使                                 50,000                   1,000
       失効                                   -                  -
       未行使残                                403,600                   26,000
       ② 単価情報
      会社名                         提出会社                  提出会社

                            2012年5月1日                  2013年2月1日
      決議年月日                       取締役会決議分                  取締役会決議分
                         第1回ストック・オプション                  第2回ストック・オプション
      権利行使価格(円)                                  508                  508
      行使時平均株価(円)                                 3,697                  3,205
      付与日における公正な評価単価
                                       -                  -
     (円)
     3.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみを反映させる方式を採用して
      おります。
     4.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算出を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値

       の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の
       合計額
      (1)  当連結会計年度末における本源的価値の合計額1,416,391千円
      (2)  当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額

        162,151千円
                                 63/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
       (追加情報)
     (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱いの適用)
       「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号 
      2018年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有
      償新株予約権を付与した取引については、実務対応報告第36号第10項(3)に基づいて、従来採用していた会計処理を
      継続しております。
    1.権利確定条件付き有償新株予約権の概要

     (1) 権利確定条件付き有償新株予約権の内容
                           第Ⅰ回新株予約権
                     当社取締役3名

     付与対象者の区分及び人数                当社従業員155名
                     当社子会社従業員5名
     株式の種類別のストック・

                     普通株式 1,356,000株
     オプションの数 (注)1
     付与日                2017年11月30日
     権利確定条件                (注)2
     対象勤務期間                対象勤務期間の定めはありません。
     権利行使期間                2019年4月1日~2025年3月31日
      (注)1 株式数に換算して記載しております。
        2  新株予約権の行使の条件については、以下のとおりであります。
         (1) 新株予約権者は、当社の営業利益が下記に掲げる条件を充たした場合、充たした条件に応じて、各新株
           予約権者に割り当てられた新株予約権のうち当該各号に掲げる割合(以下、「行使可能割合」という。)
           を乗じた本新株予約権を、当該営業利益の水準を最初に充たした期の有価証券報告書の提出日の翌月1
           日から行使することができる。
           ①  2018年12月期の営業利益が21億円を超過し、且つ2019年12月期の営業利益が26億円を超過した場合
             行使可能割合 30%
           ②  2020年12月期の営業利益が31億円を超過した場合
             行使可能割合 30%
             なお、①及び②の両方の条件を充たした場合の行使可能割合は60%とする。
           ③  上記①及び②にかかわらず、2018年12月期から2021年12月期のいずれかの事業年度における営業利益
             が36億円を超過した場合
             行使可能割合 100%
             なお、営業利益の判定においては、当社の有価証券報告書に記載される連結損益計算書(連結損益計
             算書を作成していない場合、損益計算書)における営業利益を参照するものとし、国際財務報告基準
             の適用等により参照すべき項日の概念に重要な変更があった場合には、別途参照すべき指標を当社取
             締役会にて定めるものとする(以下同じ。)。また、行使可能割合の計算において、各新株予約権者の
             行使可能な本新株予約権の数に1個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数とする。
         (2) 上記(1)にかかわらず、新株予約権者は、2018年12月期から2021年12月期のいずれかの事業年度における
           営業利益が16億円を下回った場合、上記(1)に基づいて既に行使可能となっている新株予約権を除き、そ
           れ以後、本新株予約権を行使することができない。
         (3) 新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社の取締役(社外取締役を除く。以下、同
           じ。)もしくは従業員又は当社子会社の従業員であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年
           退職、その他正当な理由があると取締役会が認めた場合は、この限りではない。
         (4) 上記(3)の規定にかかわらず、本新株予約権者が死亡した場合で、当社取締役会が諸般の事情を考慮の
           上、当該新株予約権者の相続人による新株予約権の行使を書面により承認した場合は、当該本新株予約
           権の相続人は、本新株予約権者が生存していれば行使できるはずであった本新株予約権を行使すること
           ができる。
         (5) 上記(4)に定める場合を除き、本新株予約権の相続による継承は認めない。また、新株予約権者の相続人
           が死亡した場合の、本新株予約権の再度の相続も認めない。
         (6) 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過する
           こととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
                                 64/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
         (7) 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         (8) その他の権利行使の条件は、当社と本新株予約権の割当てを受ける者との間で締結する新株予約権割当
           契約に定めるところによる。
     (2) 権利確定条件付き有償新株予約権の規模及びその変動状況

       当連結会計年度(2018年11月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数
      については、株式数に換算して記載しております。
      ①  ストック・オプションの数
                             第3回新株予約権
     権利確定前 (株)
       前連結会計年度末                               1,334,000
       付与                                    ―
       失効                                    ―
       権利確定                                    ―
       未確定残                               1,334,000
     権利確定後 (株)
       前連結会計年度末                                    ―
       権利確定                                    ―
       権利行使                                    ―
       失効                                    ―
       未行使残                                    ―
      ②  単価情報

     権利行使価格(円)                                 2,589
     行使時平均株価(円)                                    ―
    2.採用している会計処理の概要

     (権利確定日以前の会計処理)
       (1) 権利確定条件付き有償新株予約権の付与に伴う従業員等からの払込金額を、純資産の部に新株予約権として計
         上する。
       (2) 新株予約権として計上した払込金額は、権利不確定による失効に対応する部分を利益として計上する。
     (権利確定日後の会計処理)

       (3) 権利確定条件付き有償新株予約権が権利行使され、これに対して新株を発行した場合、新株予約権として計上
         した額のうち、当該権利行使に対応する部分を払込資本に振り替える。
       (4) 権利不行使による失効が生じた場合、新株予約権として計上した額のうち、当該失効に対応する部分を利益と
         して計上する。この会計処理は、当該失効が確定した期に行う。
                                 65/93







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前連結会計年度           当連結会計年度
                                   (2017年12月31日)           (2018年12月31日)
        繰延税金資産
         賞与引当金                             62,021   千円        67,208   千円
         未払事業税                             27,501   千円        32,232   千円
         資産調整勘定                               - 千円        34,511   千円
         貸倒引当金                             19,326   千円        28,712   千円
         短期解約返戻引当金                             21,228   千円        20,143   千円
         投資有価証券評価損                             19,450   千円        109,313    千円
         前受金                             17,051   千円        32,792   千円
         未払給与                             20,265   千円        23,107   千円
         資産除去債務                             10,660   千円        11,987   千円
         減価償却超過額                             25,966   千円        61,089   千円
                                       36,465   千円        54,033   千円
         その他
        繰延税金資産小計
                                      259,938    千円        475,133    千円
        評価性引当額                             △32,969    千円       △22,405    千円
        繰延税金資産合計
                                      226,969    千円        452,728    千円
        繰延税金負債

         繰延ヘッジ損益                             △8,385    千円        △4,383    千円
        繰延税金負債合計
                                      △8,385    千円        △4,383    千円
        繰延税金資産純額
                                      218,583    千円        448,345    千円
       (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

                                    前連結会計年度           当連結会計年度
                                   (2017年12月31日)           (2018年12月31日)
        流動資産-繰延税金資産
                                      183,660    千円        192,996    千円
        固定資産-繰延税金資産                              34,923   千円        255,348    千円
       (表示方法の変更)

         前連結会計年度において、繰延税金資産の「その他」に含めて表示しておりました「投資有価証券評価
        損」は、重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記しております。この表示方法の変更を反映させ
        るため、前連結会計年度の注記の組替えを行っております。
        この結果、前連結会計年度の繰延税金資産の「その他」に表示しておりました55,916千円は、「投資有価証
        券評価損」19,450千円、「その他」36,465千円として組み替えております。
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

      た主な項目別の内訳
       前連結会計年度(2017年12月31日)
        法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため
       注記を省略しております。
       当連結会計年度(2018年12月31日)

        法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため
       注記を省略しております。
                                 66/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      (資産除去債務関係)
      当社グループは、事務所等の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として認識し
     ておりますが、当該債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      なお、当連結会計年度末における資産除去債務は、負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関連する敷金の回収が
     最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上する方法
     によっております。
      (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
      (1) 報告セグメントの決定方法
        当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取
       締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであり
       ます。
        当社グループは、製品・サービス別の事業部を置き、事業部を統括する営業本部において取り扱う製品・サー
       ビスについて国内及び海外における事業戦略を立案し、事業活動を展開しております。
        従って、当社グループは、製品・サービス別のセグメントから構成されており、「グローバルWiFi事
       業」、「情報通信サービス事業」の2つを報告セグメントとしております。
      (2) 各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

        「グローバルWiFi事業」は、Wi-Fiルーターの国内外のレンタル等を行っています。「情報通信サー
       ビス事業」は、各種通信サービスの加入取次ぎ、移動体通信機器販売、OA機器販売、ホームページ制作等の
       サービスの提供を行っております。
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
      ける記載と概ね同一であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースでの数値であります。セグメント間の
      内部収益及び振替高は、市場実勢価格に基づいております。
                                 67/93










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報
     前連結会計年度(自          2017年1月1日 至          2017年12月31日)
                                                   (単位:千円)
                   報告セグメント
                                                    連結財務諸表
                                  その他
                                               調整額
                                                      計上額
                                         合計
             グローバル
                   情報通信サー
                                               (注)2
                                  (注)1
                             計
                                                     (注)3
                    ビス事業
             WiFi事業
     売上高
      外部顧客へ
              10,392,099       7,104,359      17,496,459         58,379    17,554,838           -  17,554,838
      の売上高
      セグメント
      間の内部
                  -       -       -       -       -       -       -
      売上高又は
      振替高
        計      10,392,099       7,104,359      17,496,459         58,379    17,554,838           -  17,554,838
     セグメント利益
              1,593,098       1,172,634       2,765,732       △ 102,799      2,662,933       △ 874,408      1,788,524
     又は損失(△)
     セグメント資産         2,908,755       1,707,620       4,616,375        30,863     4,647,239       6,836,564      11,483,804

     その他の項目

      減価償却費         446,045       16,759      462,804        3,179      465,984       12,902      478,886
      のれん償却額            -       -       -       -       -       -       -
      有形固定資産
      及び
               920,436       100,677      1,021,114         5,003    1,026,118        17,952     1,044,070
      無形固定資産
      の増加額
     (注)   1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、カタログ販売事業等を含んでお
          ります。
        2.調整額の内容は以下のとおりであります。
         (1)  セグメント利益の調整額           △874,408千円       は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に
           報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         (2)  セグメント資産の調整額           6,836,564千円       は、各報告セグメントに配分していない全社資産であり、主に
           報告セグメントに帰属しない現預金等であります。
        3.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                 68/93










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自          2018年1月1日 至          2018年12月31日)
                                                   (単位:千円)
                   報告セグメント
                                                    連結財務諸表
                                  その他
                                               調整額
                                                      計上額
                                         合計
             グローバル
                   情報通信サー
                                               (注)2
                                  (注)1
                             計
                                                     (注)3
                    ビス事業
             WiFi事業
     売上高
      外部顧客へ
              13,505,955       7,773,658      21,279,613        224,055     21,503,668           -  21,503,668
      の売上高
      セグメント
      間の内部
                  -     1,569       1,569       6,986       8,555      △ 8,555        -
      売上高又は
      振替高
        計      13,505,955       7,775,227      21,281,183        231,041     21,512,224        △ 8,555    21,503,668
     セグメント利益
              2,413,994       1,218,876       3,632,871       △ 194,220      3,438,651       △ 954,343      2,484,308
     又は損失(△)
     セグメント資産         3,334,159       2,060,298       5,394,457        340,439      5,734,897       7,817,118      13,552,015

     その他の項目

      減価償却費         791,376       17,914      809,290        4,527      813,818       16,982      830,801
      のれん償却額            -    12,403       12,403       7,189      19,593         -    19,593
      有形固定資産
      及び
              1,007,064        99,051     1,106,116        95,532     1,201,648        59,426     1,261,075
      無形固定資産
      の増加額
     (注)   1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ハイヤーシェアリングサービス
          事業、メディア事業、カタログ販売事業等を含んでおります。
        2.調整額の内容は以下のとおりであります。
         (1)  セグメント利益の調整額           △954,343千円       は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に
           報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         (2)  セグメント資産の調整額           7,817,118千円       は、各報告セグメントに配分していない全社資産であり、主に
           報告セグメントに帰属しない現預金等であります。
        3.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                 69/93










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      【関連情報】
     前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1) 売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
       省略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     ㈱メンバーズモバイル                              3,266,635         情報通信サービス事業
     当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

     1.製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1) 売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
       省略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     ㈱メンバーズモバイル                              2,960,927         情報通信サービス事業
     ㈱SKY                              2,917,405        グローバルWiFi事業
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

     前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)

      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

                    報告セグメント
                                     その他       調整額        合計
              グローバル
                    情報通信サービ
                               計
                      ス事業
             WiFi事業
     当期末残高              -     66,654       66,654       46,733          -     113,388
     (注) のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      該当事項はありません。
                                 70/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      【関連当事者情報】
     前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
     1.関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
        ①  連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                            議決権等
                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容         関連当事者           取引金額           期末残高
                             の所有
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容            科目
         又は氏名               又は職業         との関係           (千円)          (千円)
                            (被所有)
                   (千円)
                            割合(%)
                                                売掛金       221,679

                                      固定及び移
                                      動体機器等
                                            3,266,635    差入保証金       124,232
                                 固定通信事
                                      の契約申込
                       移動体通信         業及び移動
                                      の業務受託
               東京都              (被所有)
    主要    ㈱メンバーズ
                    250,000    機器販売事         体通信事業
    株主    モバイル
               豊島区              直接19.0
                                                前受金       58,727
                       業         の業務受託
                                 等
                                      移動体通信
                                      機器等の仕      1,100,470    買掛金       95,547
                                      入
     (注)   1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          価格等の取引条件は、市場の実勢価格等を参考にして、その都度交渉の上で決定しております。
        ②  連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

                            議決権等
                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容         関連当事者           取引金額           期末残高
                             の所有
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容            科目
         又は氏名               又は職業         との関係           (千円)          (千円)
                            (被所有)
                   (千円)
                            割合(%)
                                      ストック・
                         当社
                            (被所有)
        中本 新一
    役員                                 オプション       11,988
                -    -              -                -     -
                             直接0.9
                        取締役
                                      の権利行使
     (注)    当社株主総会の決議に基づき付与されたストック・オプションの当連結会計年度における権利行使を記載して
        おります。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                 71/93










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
     1.関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
        ①  連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                            議決権等
                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容         関連当事者           取引金額           期末残高
                             の所有
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容            科目
         又は氏名               又は職業         との関係           (千円)          (千円)
                            (被所有)
                   (千円)
                            割合(%)
                                                売掛金       259,414

                                      固定及び移
                                      動体機器等
                                            2,960,927    差入保証金       132,753
                                 固定通信事
                                      の契約申込
                       移動体通信         業及び移動
                                      の業務受託
               東京都              (被所有)
    主要    ㈱メンバーズ
                    250,000    機器販売事         体通信事業
    株主    モバイル
               豊島区              直接19.0
                                                前受金       139,803
                       業         の業務受託
                                 等
                                      移動体通信
                                      機器等の仕      1,104,227    買掛金       120,912
                                      入
     (注)   1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          価格等の取引条件は、市場の実勢価格等を参考にして、その都度交渉の上で決定しております。
        ②  連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

                            議決権等
                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容         関連当事者           取引金額           期末残高
                             の所有
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容            科目
         又は氏名               又は職業         との関係           (千円)          (千円)
                            (被所有)
                   (千円)
                            割合(%)
                                      ストック・
                         当社
                            (被所有)
        大田  健司
    役員                                 オプション       11,988
                -    -              -                -     -
                             直接0.2
                        取締役
                                      の権利行使
     (注)    当社株主総会の決議に基づき付与されたストック・オプションの当連結会計年度における権利行使を記載して
        おります。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                 72/93










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      (1株当たり情報)
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自    2017年1月1日              (自    2018年1月1日
                             至   2017年12月31日)              至   2018年12月31日)
     1株当たり純資産額                               526.19円                 602.84円
     1株当たり当期純利益金額                                74.30円                 94.20円

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額                                72.62円                 92.00円

     (注)   1.当社は2017年5月16日開催の取締役会決議に基づき、2017年7月1日付で普通株式1株につき2株の割
          合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当た
          り純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しており
          ます。
        2.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のと
          おりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度

                                  (自    2017年1月1日          (自    2018年1月1日
                                  至   2017年12月31日)           至   2018年12月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                   1,208,710             1,529,476

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -             -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                   1,208,710             1,529,476

      普通株式の期中平均株式数(株)                                  16,268,888             16,237,310

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額(千円)                                      -             -

      普通株式増加数(株)                                    375,545             386,981

       (うち新株予約権(株))                                   ( 375,545    )         ( 386,981    )

                                 2017年11月13日取締役会             2017年11月13日取締役会

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当
                                 決議による新株予約権             決議による新株予約権
     期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要
                                 (普通株式     1,334,000株)        (普通株式     1,334,000株)
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 73/93







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      ⑤ 【連結附属明細表】
       【社債明細表】
        該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高          平均利率

            区分                                         返済期限
                        (千円)         (千円)          (%)
     短期借入金                        -         -         -      -
     1年以内に返済予定の長期借入金                       2,400           -        1.80       -

     1年以内に返済予定のリース債務                      19,851          2,328           -      -

     長期借入金(1年以内に返済予定の
                             -         -         -      -
     ものを除く)
     リース債務(1年以内に返済予定の
                           2,429           -         -      -
     ものを除く)
     その他有利子負債                        -         -         -      -
            合計               24,681          2,328           -      -

     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2.リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額で連結貸借対照表に計上し
          ているため、平均利率の記載を省略しております。
       【資産除去債務明細表】

         当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結会
        計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
                                 74/93












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     (2) 【その他】
       当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

     売上高           (千円)        4,922,277          9,855,554         15,817,102          21,503,668

     税金等調整前四半期
               (千円)         745,595         1,235,439          2,135,959          2,192,083
     (当期)純利益金額
     親会社株主に
     帰属する四半期           (千円)         514,011          809,398         1,432,511          1,529,476
     (当期)純利益金額
     1株当たり四半期
                (円)          31.57          49.80          88.20          94.20
     (当期)純利益金額
         (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり
                (円)          31.57          18.21          38.42          5.98
     四半期純利益金額
                                 75/93















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ① 【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               5,526,831              6,563,619
                                    ※1  1,361,387            ※1  1,801,630
        売掛金
        商品                                56,524              66,859
        貯蔵品                                 4,564              2,423
        前渡金                                504,353              229,646
        前払費用                                101,201              137,682
        繰延税金資産                                168,967              196,260
                                     ※1  463,274            ※1  307,304
        その他
                                       △ 23,667             △ 33,630
        貸倒引当金
        流動資産合計                               8,163,438              9,271,797
      固定資産
        有形固定資産
         建物                              213,571              257,852
         工具、器具及び備品                               51,097              82,123
         レンタル資産                              542,645              650,240
         土地                               34,392              35,289
         リース資産                               12,770               1,598
                                         3,215              42,905
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                              857,693             1,070,010
        無形固定資産
                                        571,230              546,722
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                              571,230              546,722
        投資その他の資産
         投資有価証券                              614,912              566,938
         関係会社株式                              241,409              267,409
         出資金                               4,180              28,551
         関係会社長期貸付金                               14,000              336,200
         破産更生債権等                               16,430              19,884
         長期前払費用                                 -            30,062
         繰延税金資産                               31,734              214,369
         その他                              368,767              447,814
                                       △ 16,589             △ 24,482
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             1,274,844              1,886,749
        固定資産合計                               2,703,768              3,503,482
      資産合計                                10,867,206              12,775,279
                                 76/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※1  853,470            ※1  890,910
        買掛金
        リース債務                                19,851               2,328
                                     ※1  951,910           ※1  1,388,211
        未払金
        未払費用                                86,226              83,912
        未払法人税等                                330,717              535,171
        前受金                                195,974              305,449
                                     ※1  147,261            ※1  192,908
        預り金
        賞与引当金                                192,956              200,035
        短期解約返戻引当金                                59,235              50,026
                                         9,391              5,910
        その他
        流動負債合計                               2,846,995              3,654,866
      固定負債
        リース債務                                 2,429                -
        その他                                  -              35
        固定負債合計                                 2,429                35
      負債合計                                2,849,425              3,654,902
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               2,347,376              2,360,330
        資本剰余金
         資本準備金                             2,165,375              2,178,329
                                        214,460              214,460
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                             2,379,835              2,392,789
        利益剰余金
         その他利益剰余金
                                       3,252,160              4,656,063
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             3,252,160              4,656,063
        自己株式                                △ 1,721            △ 311,010
        株主資本合計                               7,977,650              9,098,172
      評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金                                  -            △ 7,751
                                        18,786               8,612
        繰延ヘッジ損益
        評価・換算差額等合計                                18,786                861
      新株予約権                                  21,344              21,344
      純資産合計                                8,017,781              9,120,377
     負債純資産合計                                 10,867,206              12,775,279
                                 77/93







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      ② 【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                    ※1  16,635,751            ※1  20,373,195
     売上高
                                    ※1  7,358,169            ※1  8,751,916
     売上原価
     売上総利益                                  9,277,582              11,621,279
                                   ※1 , ※2  7,799,890          ※1 , ※2  9,417,950
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  1,477,691              2,203,329
     営業外収益
      受取利息                                   684             3,637
      受取配当金                                  1,500              1,500
      為替差益                                    -             9,728
                                      ※1  30,149            ※1  23,423
      業務受託手数料
      貸倒引当金戻入額                                  10,536                -
                                      ※1  6,305            ※1  5,124
      その他
      営業外収益合計                                  49,177              43,414
     営業外費用
      支払利息                                   748              276
      為替差損                                  2,823                -
      投資事業組合運用損                                    -              628
      自己株式取得費用                                    -              784
                                          778              111
      その他
      営業外費用合計                                  4,350              1,800
     経常利益                                  1,522,518              2,244,943
     特別損失
                                                      ※3  49
      固定資産売却損                                    -
                                       ※4  742            ※4  613
      固定資産除却損
                                        34,997              309,829
      投資有価証券評価損
      特別損失合計                                  35,739              310,492
     税引前当期純利益                                  1,486,778              1,934,450
     法人税、住民税及び事業税
                                        484,549              732,470
                                       △ 29,215             △ 201,923
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   455,334              530,547
     当期純利益                                  1,031,444              1,403,903
                                 78/93









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
       【売上原価明細書】
                             前事業年度                  当事業年度

                          (自 2017年1月1日                  (自 2018年1月1日
                           至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
           区分         注記      金額(千円)          構成比        金額(千円)          構成比
                    番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 商品売上原価
       期首商品たな卸高                        51,542                  56,524

       当期商品仕入高                        4,423,229                  4,785,457

       小計

                             4,474,772                  4,841,982
       期末商品たな卸高

                               56,524                  66,859
       商品売上原価                               60.0                  54.6

                             4,418,247                  4,775,122
     Ⅱ 労務費                            -      -          99,738       1.1

     Ⅲ 経費                ※1        2,939,921        40.0         3,877,055        44.3

       売上原価                                100.0                  100.0

                             7,358,169                  8,751,916
      (注)     ※1    経費の主な内訳は、次のとおりであります。

               項目             前事業年度                 当事業年度

          外注費                        2,408,733                 2,931,793

                                 79/93












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      ③ 【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
                                        (単位:千円)
                             株主資本
                          資本剰余金             利益剰余金
                                     その他利益剰
                資本金
                                      余金
                          その他資本剰     資本剰余金合           利益剰余金合
                     資本準備金
                            余金      計           計
                                     繰越利益剰余
                                       金
     当期首残高           2,337,064     2,155,062      214,460    2,369,522     2,220,716     2,220,716
     当期変動額
     新株の発行(新株予
                 10,312     10,312           10,312
     約権の行使)
     当期純利益                                1,031,444     1,031,444
     自己株式の取得
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計             10,312     10,312       -    10,312    1,031,444     1,031,444
     当期末残高           2,347,376     2,165,375      214,460    2,379,835     3,252,160     3,252,160
                  株主資本            評価・換算差額等

                                          新株予約権     純資産合計

                         その他有価証     繰延ヘッジ損     評価・換算差
               自己株式     株主資本合計
                         券評価差額金        益    額等合計
     当期首残高              -  6,927,302        -    17,514     17,514       -  6,944,817

     当期変動額
     新株の発行(新株予
                      20,624                           20,624
     約権の行使)
     当期純利益               1,031,444                           1,031,444
     自己株式の取得           △ 1,721     △ 1,721                          △ 1,721
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                        -    1,271     1,271     21,344     22,615
     額)
     当期変動額合計            △ 1,721    1,050,347        -    1,271     1,271     21,344    1,072,963
     当期末残高            △ 1,721    7,977,650        -    18,786     18,786     21,344    8,017,781
                                 80/93









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     当事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                                        (単位:千円)
                             株主資本
                          資本剰余金             利益剰余金
                                    その他利益剰
                資本金
                                      余金
                          その他資本剰     資本剰余金合           利益剰余金合
                     資本準備金
                            余金      計           計
                                    繰越利益剰余
                                       金
     当期首残高           2,347,376     2,165,375      214,460    2,379,835     3,252,160     3,252,160
     当期変動額
     新株の発行(新株予
                 12,954     12,954           12,954
     約権の行使)
     当期純利益                                1,403,903     1,403,903
     自己株式の取得
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計             12,954     12,954       -    12,954    1,403,903     1,403,903
     当期末残高           2,360,330     2,178,329      214,460    2,392,789     4,656,063     4,656,063
                  株主資本            評価・換算差額等

                                          新株予約権     純資産合計

                         その他有価証     繰延ヘッジ損     評価・換算差
               自己株式     株主資本合計
                         券評価差額金        益    額等合計
     当期首残高            △ 1,721    7,977,650        -    18,786     18,786     21,344    8,017,781

     当期変動額
     新株の発行(新株予
                      25,908                           25,908
     約権の行使)
     当期純利益               1,403,903                           1,403,903
     自己株式の取得          △ 309,289     △ 309,289                          △ 309,289
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                      △ 7,751    △ 10,173     △ 17,925       -   △ 17,925
     額)
     当期変動額合計           △ 309,289     1,120,521      △ 7,751    △ 10,173     △ 17,925       -  1,102,596
     当期末残高           △ 311,010     9,098,172      △ 7,751     8,612      861    21,344    9,120,377
                                 81/93









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
      (重要な会計方針)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
      (1) 子会社株式及び関連会社株式
        移動平均法による原価法
      (2)  その他有価証券

        時価のあるもの
         決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動
        平均法により算定)
        時価のないもの

         移動平均法による原価法
      (3)  デリバティブ

        時価法
     2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

        商品・貯蔵品
         先入先出法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法)
     3.固定資産の減価償却の方法

      (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。ただし、建物(建物附属設備を除く)、レンタル資産及び2016年4月1日以降に
       取得した建物附属設備については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
        建物              5~50年
        工具、器具及び備品              2~16年
        レンタル資産              2年
      (2)  無形固定資産

        定額法を採用しております。
        なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
      (3)  リース資産

        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     4.引当金の計上基準

      (1) 貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
       ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)  賞与引当金

        従業員に対して支給する賞与に充てるため、当事業年度に見合う支給見込額に基づき計上しております。
      (3)  短期解約返戻引当金

        インフラサービス加入申込者及び携帯電話契約者の短期解約に係る手数料の返戻金見込額を見積り、短期解約
       返戻引当金として計上しております。
                                 82/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     5.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
       外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
     6.重要なヘッジ会計の方法

      (1)  ヘッジ会計の方法
        繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、振当処理の要件を満たしている為替予約については、振当処理を
       行っております。
      (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象

        ヘッジ手段・・・・為替予約
        ヘッジ対象・・・・外貨建金銭債権債務及び外貨建予定取引
      (3)  ヘッジ方針

        為替相場の変動によるリスクを回避する目的で為替予約取引を行っております。
      (4)  ヘッジ有効性評価の方法

        ヘッジ対象のキャッシュ・フロー変動の累計又は相場変動とヘッジ手段のキャッシュ・フロー変動の累計又は
       相場変動を比較し、両者の変動額等を基礎にして、ヘッジ有効性を評価しております。ただし、振当処理による
       為替予約取引については、有効性の評価を省略しております。
     7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理方法
       消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
      (会計方針の変更)

      (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱いの適用)
      「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号2018
      年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)等を2018年4月1日以降適用し、従業員等に対して権利確定条
      件付き有償新株予約権を付与する取引については、「ストック・オプション等に関する会計基準」(企業会計基準第
      8号 2005年12月27日)等に準拠した会計処理を行うことといたしました。
      ただし、実務対応報告第36号の適用については、実務対応報告第36号第10項(3)に定める経過的な取扱いに従って
      おり、実務対応報告第36号の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与した取引につ
      いては、従来採用していた会計処理を継続しております。
      (追加情報)

       (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱いの適用)
       「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号 平
      成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有
      償新株予約権を付与した取引については、実務対応報告第36号第10項(3)に基づいて、従来採用していた会計処
      理を継続しております。
       なお、権利確定条件付き有償新株予約権の概要及び採用している会計処理の概要につきましては「第5 経理の
      状況 1 連結財務諸表(1)連結財務諸表 注記事項(ストック・オプション等関係)」に記載の内容と同一で
      あるため、注記を省略しております。
                                 83/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
      ※1    関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                              前事業年度                 当事業年度

                            (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
        短期金銭債権                        144,590    千円             206,233    千円
        短期金銭債務                        195,603    千円             243,321    千円
      2   当座貸越契約

       当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行2行と当座貸越契約を締結しております。
       事業年度末における当座貸越契約に係る借入金未実行残高等は次のとおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度

                            (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
        当座貸越極度額                        550,000    千円             550,000    千円
        借入実行残高                          - 千円                - 千円
        差引額                        550,000    千円             550,000    千円
      3   保証債務
       下記の関係会社の金融機関等からの借入金に対して、次のとおり債務保証を行っております。
                前事業年度                            当事業年度

              (2017年12月31日)                            (2018年12月31日)
        ベストリンク㈱                 2,400   千円        ベストリンク㈱                   - 千円
      (損益計算書関係)

      ※1    関係会社との取引高
                              前事業年度                 当事業年度
                            (自    2017年1月1日              (自    2018年1月1日
                            至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
        営業取引による取引高
         売上高                       782,118    千円            1,295,720     千円
         仕入高                       899,970    千円            1,064,806     千円
         その他の営業取引高                       268,593    千円             289,687    千円
        営業取引以外の取引による取引高                        31,858   千円              28,290   千円
      ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                              前事業年度                 当事業年度
                            (自 2017年1月1日                 (自 2018年1月1日
                            至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
        給料手当                       1,869,879     千円            1,972,057     千円
        販売促進費                        895,907    千円            1,479,337     千円
        支払手数料                       1,241,207     千円            1,798,709     千円
        減価償却費                        147,249    千円             194,697    千円
        貸倒引当金繰入額                        19,330   千円              34,283   千円
        賞与引当金繰入額                        192,956    千円             194,416    千円
        おおよその割合

        販売費                           36%                 43%
        一般管理費                           64%                 57%
      (表示方法の変更)
       前事業年度において、主要な費目として表示しておりました「人材派遣費」は、販売費及び一般管理費の総額の
      100分の10以下となったため、当事業年度より主要な費目として表示しておりません。なお、前事業年度の「人材派
      遣費」は950,013千円であります。
                                 84/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      ※3 固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度
                           (自    2017年1月1日              (自    2018年1月1日
                            至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
        レンタル資産                          - 千円                49 千円
      ※4 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                              前事業年度                 当事業年度
                           (自    2017年1月1日              (自    2018年1月1日
                            至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
        ソフトウエア                          500  千円               566  千円
        その他                          242  千円                47 千円
        計                          742  千円               613  千円
      (有価証券関係)

        子会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式の時価を記載し
       ておりません。
        なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                                          (単位:千円)
                       前事業年度               当事業年度
          区分
                     (2017年12月31日)               (2018年12月31日)
     子会社株式                        241,409               267,409
      (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前事業年度             当事業年度
                                 (2017年12月31日)             (2018年12月31日)
        繰延税金資産
         賞与引当金                          59,546   千円          61,250   千円
         未払事業税                          21,729   千円          32,232   千円
         関係会社株式評価損                          15,768   千円          15,768   千円
         貸倒引当金                          12,423   千円          17,794   千円
         短期解約返戻引当金                          18,280   千円          15,318   千円
         投資有価証券評価損                          14,444   千円         109,313    千円
         前受金                          17,051   千円          32,792   千円
         未払給与                          19,746   千円          22,449   千円
         資産除去債務                          10,660   千円          11,987   千円
         減価償却超過額                          25,966   千円          60,936   千円
                                    34,343   千円          35,167   千円
         その他
        繰延税金資産小計
                                   249,960    千円         415,013    千円
        評価性引当額                          △40,873    千円            - 千円
        繰延税金資産合計
                                   209,087    千円         415,013    千円
        繰延税金負債

                                   △8,385    千円         △4,383    千円
         繰延ヘッジ損益
        繰延税金負債合計                           △8,385    千円         △4,383    千円
        繰延税金資産純額                           200,701    千円         410,630    千円
       (表示方法の変更)

         前事業年度において、繰延税金資産の「その他」に含めて表示しておりました「投資有価証券評価損」
        は、重要性が増したため、当事業年度より独立掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、
        前事業年度の注記の組替えを行っております。
         この結果、前事業年度の繰延税金資産の「その他」に表示しておりました48,787千円は、「投資有価証券
        評価損」14,444千円、「その他」34,343千円として組み替えております。
                                 85/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ
     た主要な項目別の内訳
                                  前事業年度             当事業年度

                                 (2017年12月31日)             (2018年12月31日)
                                                    %
           法定実効税率
                                                 30.86
           (調整)
                                  法定実効税率と税
                                効果会計適用後の法
                                                    %
           交際費等永久に損金に算入されない項目                                       0.11
                                人税等の負担率との
                                                    %
           住民税均等割等                                       1.41
                                間の差異が法定実効
                                                    %
           評価性引当額の増減                                     △2.11
                                税率の100分の5以
                                                    %
           所得拡大促進税制による税額控除                                     △2.89
                                下であるため注記を
                                                    %
                                                  0.05
           その他
                                省略しております。
                                                    %
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                                      27.43
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 86/93















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
      ④ 【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                                   (単位:千円)
                                                      減価償却
       区分       資産の種類        当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                      累計額
     有形固定資産
            建物          213,571       59,045         -    14,764      257,852       59,777
            工具、器具及び
                       51,097      53,041        234     21,780      82,123      114,694
            備品
            レンタル資産          542,645      808,139       81,851      618,692      650,240     1,079,168
            土地           34,392        896       -      -    35,289         -
            リース資産           12,770         -     1,686      9,485      1,598      25,318
            建設仮勘定           3,215      42,909       3,220        -    42,905         -
                計       857,693      964,033       86,992      664,724     1,070,010      1,278,958
     無形固定資産
            ソフトウエア          571,230      137,456       1,592     160,371      546,722      565,766
                計       571,230      137,456       1,592     160,371      546,722      565,766
     (注)   1.当期増加額の主な内容は次のとおりであります。

        (1)  氷川台営業所物件の取得
          建物           23,206千円
        (2)  レンタル用モバイルWiFiルーター等の取得
          レンタル資産           808,139千円
        (3)  ウェブサイト制作、データベース開発等
          ソフトウエア           101,131千円
        2.当期減少額の主な内容は次のとおりであります。

          レンタル用モバイルWiFiルーター等の除却及び売却
          レンタル資産           81,851千円
       【引当金明細表】
                                                   (単位:千円)
         科目          当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高

     貸倒引当金                  40,256          34,283          16,427          58,113

     賞与引当金                  192,956          200,035          192,956          200,035

     短期解約返戻引当金                  59,235          50,026          59,235          50,026

     (2) 【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3) 【その他】

       該当事項はありません。 
                                 87/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度             毎年1月1日から12月31日まで

     定時株主総会             毎事業年度末日の翌日から3ヶ月以内

     基準日             毎年12月31日

     剰余金の配当の基準日             毎年12月31日、毎年6月30日

     1単元の株式数             100株

     単元未満株式の買取り

       取扱場所             東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部

       株主名簿管理人             東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社

       取次所             -

       買取手数料             株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                 電子公告により行います。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告による

                 公告をすることができない場合には、日本経済新聞に掲載して行います。
     公告掲載方法
                 公告掲載URL:https://www.vision-net.co.jp/
     株主に対する特典             該当事項はありません。

     (注) 当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない
        旨、定款に定めております。
        (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2)  会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
        (4)  株主の有する単元未満株式の数とあわせて単元株式数となる数の株式を売り渡すことを請求できる権利
                                 88/93











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

      当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

       事業年度      第17期(自       2017年1月1日         至   2017年12月31日)2018年3月30日関東財務局長に提出。
     (2)  内部統制報告書及びその添付書類

       2018年3月30日関東財務局長に提出。
     (3)  四半期報告書及び確認書

       事業年度      第18期第1四半期(自            2018年1月1日         至   2018年3月31日)2018年5月11日関東財務局長に提出。
       事業年度      第18期第2四半期(自            2018年4月1日         至   2018年6月30日)2018年8月10日関東財務局長に提出。
       事業年度      第18期第3四半期(自            2018年7月1日         至   2018年9月30日)2018年11月9日関東財務局長に提出。
     (4)  臨時報告書

       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基づ
       く臨時報告書
       2018年3月30日関東財務局長に提出。
     (5)  自己株券買付状況報告書

       報告期間(自        2018年3月1日         至   2018年3月31日)2018年4月2日関東財務局長に提出
       報告期間(自        2018年4月1日         至   2018年4月30日)2018年5月1日関東財務局長に提出
       報告期間(自        2018年5月1日         至   2018年5月31日)2018年6月1日関東財務局長に提出
       報告期間(自        2018年6月1日         至   2018年6月30日)2018年7月2日関東財務局長に提出
       報告期間(自        2018年7月1日         至   2018年7月31日)2018年8月1日関東財務局長に提出
       報告期間(自        2018年8月1日         至   2018年8月31日)2018年9月3日関東財務局長に提出
                                 89/93









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 90/93



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2019年3月27日

    株式会社ビジョン
     取締役会  御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       上野 直樹       印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       土屋 光輝       印
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる株式会社ビジョンの2018年1月1日から2018年12月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借
    対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財
    務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
    策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
    当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
    される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
    ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
    内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
    積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
    式会社ビジョン及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績
    及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    <内部統制監査>

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社ビジョンの2018年12
    月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
    内部統制報告書に対する経営者の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
                                 91/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
    監査人の責任
     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
    を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
    基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
    な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
    することを求めている。
     内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
    ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
    要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
    価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、株式会社ビジョンが2018年12月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内
    部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務
    報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 92/93













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                            有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2019年3月27日

    株式会社ビジョン
     取締役会  御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       上野 直樹       印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       土屋 光輝       印
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる株式会社ビジョンの2018年1月1日から2018年12月31日までの第18期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
    表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
    社ビジョンの2018年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点におい
    て適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 93/93




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。