ザインエレクトロニクス株式会社 有価証券報告書 第27期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

有価証券報告書-第27期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:ザインエレクトロニクス株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
                          有価証券報告書

      【提出書類】
      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年3月26日
                          第27期(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
      【事業年度】
      【会社名】                    ザインエレクトロニクス株式会社
                          THine   Electronics,       Inc.
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  高田 康裕
                          東京都千代田区神田美土代町9番地1
      【本店の所在の場所】
                          03(5217)6660
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    取締役総務部長  山本 武男
                          東京都千代田区神田美土代町9番地1
      【最寄りの連絡場所】
                          03(5217)6660
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    取締役総務部長  山本 武男
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注)第27期有価証券報告書より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。

                                  1/86












                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
            回次            第23期        第24期        第25期        第26期        第27期

           決算年月            2014年12月        2015年12月        2016年12月        2017年12月        2018年12月

     売上高           (千円)      3,712,921        3,488,281        2,903,001        3,165,207        3,207,755

     経常利益
                 (千円)        887,474        530,143       △ 275,650       △ 524,932        54,502
     又は経常損失(△)
     親会社株主に帰属する
     当期純利益又は親会社
                 (千円)        660,618        378,763       △ 303,489       △ 523,306        107,160
     株主に帰属する当期純
     損失(△)
                 (千円)        853,937       △ 42,761      △ 226,918       △ 533,552       △ 264,647
     包括利益
                 (千円)      9,478,877        9,359,034        9,132,874        8,554,431        8,414,656

     純資産額
                 (千円)      10,146,224        9,714,314        9,457,714        9,052,286        9,123,722

     総資産額
                 (円)        902.30        888.64        860.78        801.03        772.52

     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益
     金額又は1株当たり当            (円)        57.52        36.09       △ 28.72       △ 49.24        10.06
     期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当
                 (円)        56.82        35.85         -        -        -
     たり当期純利益金額
                 (%)         93.2        96.2        96.4        94.1        91.5
     自己資本比率
                 (%)         6.4        4.0        -        -       1.3

     自己資本利益率
                 (倍)        26.01        37.07         -        -      84.00

     株価収益率
     営業活動による
                 (千円)        918,885        436,482       △ 100,467       △ 162,717        64,436
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)     △ 2,010,917        △ 754,442       △ 32,051      △ 263,219        249,533
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)     △ 2,767,566        △ 77,081       △ 78,828       △ 69,118       △ 95,757
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                 (千円)      6,558,340        6,152,799        5,867,182        5,333,001        5,515,652
     期末残高
                          147        142        138        133        140
     従業員数
                 (名)
     (外、平均臨時雇用者
                          ( 12 )      ( 15 )      ( 13 )      ( 12 )       ( ▶ )
     数)
     (注)     1 売上高には消費税等は含まれておりません。
         2 第25期および第26期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、
           1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。
         3 第27期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在し
           ないため記載しておりません。
         4 第25期および第26期の自己資本利益率および株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失であ
           るため記載しておりません。
                                  2/86




                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
            回次            第23期        第24期        第25期        第26期        第27期

           決算年月            2014年12月        2015年12月        2016年12月        2017年12月        2018年12月

                 (千円)      3,683,476        3,443,920        2,863,603        3,121,819        3,154,382

     売上高
     経常利益
                 (千円)        929,774        579,507       △ 187,622       △ 479,319        73,055
     又は経常損失(△)
     当期純利益
                 (千円)        702,465        429,193       △ 354,003       △ 490,140        71,160
     又は当期純損失(△)
                 (千円)      1,175,267        1,175,267        1,175,267        1,175,267        1,175,267
     資本金
                 (株)     12,340,100        12,340,100        12,340,100        12,340,100        12,340,100

     発行済株式総数
                 (千円)      9,379,391        9,322,131        9,063,913        8,504,014        8,337,055

     純資産額
                 (千円)      10,058,549        9,696,897        9,403,451        9,023,881        8,752,236

     総資産額
                 (円)        892.80        885.13        854.27        796.29        765.52
     1株当たり純資産額
                 (円)          9        9        9        9        9
     1株当たり配当額
     (内1株当たり中間配
                 (円)         ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     当額)
     1株当たり当期純利益
     金額又は1株当たり当            (円)        61.17        40.90       △ 33.50       △ 46.12        6.68
     期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当
                 (円)        60.42        40.63         -        -        -
     たり当期純利益金額
                 (%)         93.0        95.9        96.3        93.9        94.6
     自己資本比率
                 (%)         6.8        4.6        -        -       0.8

     自己資本利益率
                 (倍)        24.46        32.71         -        -      126.50

     株価収益率
                 (%)         14.7        22.0         -        -      134.7

     配当性向
                          125        122        119        112        96
     従業員数
                 (名)
     (外、平均臨時雇用者
                          ( 12 )      ( 15 )      ( 13 )      ( 12 )       ( ▶ )
     数)
     (注) 1 売上高には消費税等は含まれておりません。
         2 第25期および第26期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、
           1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。
         3 第27期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在し
           ないため記載しておりません。
         4 第25期および第26期の自己資本利益率、株価収益率および配当性向については、当期純損失であるため記載
           しておりません。
                                  3/86







                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            事項

      1991年5月        半導体メーカーからの受託設計を目的として、株式会社ザイン・マイクロシステム研究所(本社所
              在地:茨城県つくば市)を設立。
      1992年6月        三星電子株式会社(韓国)向けメモリー開発設計を目的として、三星電子株式会社との合弁でザイ
              ンエレクトロニクス株式会社(本社所在地:東京都中央区日本橋大伝馬町)を設立。
      1993年1月        株式会社ザイン・マイクロシステム研究所の本社を東京都中央区日本橋大伝馬町へ移転。
      1995年6月        台湾の製造委託管理会社として、光友股份有限公司(台湾)・光菱電子股份有限公司(台湾)との
              合弁により、旭展電子股份有限公司(台湾)を設立。(株式会社ザイン・マイクロシステム研究
              所)
      1997年2月        自社ブランドによる液晶ディスプレイ向けデジタル信号処理チップの出荷開始。
      1998年3月        当社代表取締役飯塚哲哉が、三星電子株式会社および株式会社ザイン・マイクロシステム研究所が
              保有する当社株式全部を買い取り、三星電子株式会社との合弁を解消。
         5月     半導体の設計開発に特化、自社工場を持たずチップの製造を専業メーカーに委託するファブレス企
              業のビジネスモデルを構築。
         9月     株式会社ザイン・マイクロシステム研究所の株式を買い取り、100%子会社化を実施。
      2000年1月        株式会社ザイン・マイクロシステム研究所を吸収合併。同時に本社を東京都中央区八丁堀へ移転。
         9月     台湾における当社製品の販売拠点として、100%出資子会社である哉英電子股份有限公司(現 連
              結子会社)を設立。
      2001年8月        日本証券業協会に株式を店頭登録。
      2002年5月        ギガテクノロジーズ株式会社に資本参加。
      2003年2月        ギガテクノロジーズ株式会社に追加出資し、100%子会社化を実施。
         5月     本社を東京都中央区日本橋本町へ移転。
         8月     ギガテクノロジーズ株式会社を解散。
      2004年12月        株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
      2009年1月        ウィンボンド・エレクトロニクス社(台湾)より画像処理用LSI事業の譲受けを行い、ザイン・イ
              メージング・テクノロジ株式会社として発足。
         10月     ザイン・イメージング・テクノロジ株式会社を解散。
      2010年1月        本社を東京都千代田区丸の内へ移転。
         3月     ザインエレクトロニクスコリア株式会社(現 連結子会社)を設立。
         4月     ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に上場。
      2012年5月        本社を東京都千代田区神田美土代町へ移転。
         11月     賽恩電子香港股份有限公司(現 連結子会社)を設立。
      2013年5月        前海賽恩電子(深圳)有限公司(現 連結子会社)を設立。
         7月     東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。
      2016年2月        シリコンライブラリ株式会社と資本業務提携(現 持分法適用会社)。
      2018年2月        THine   Solutions,      Inc.(連結子会社)を設立。
         12月
              キャセイ・トライテック株式会社の発行済株式数の52.39%を取得し、同社および同社の子会社で
              ある深圳泰晨通訊科技有限公司を連結子会社化。
      2019年1月
              キャセイ・トライテック株式会社の株式を追加取得(保有割合:83.87%)。
                                  4/86






                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
       (1)当社グループは、当社(ザインエレクトロニクス株式会社)、連結子会社7社および関連会社1社で構成されて
        おります。当社グループは、LSI事業とAIOT事業の2事業を行っております。
         LSI事業としましては、独自のアナログ設計技術および論理設計技術をもとに、ASSP(特定用途向け標準品)と
        して各種用途向けミックスドシグナルLSIを開発し、自社ブランドで販売しております。また、製品開発によって
        得られたIP(回路設計資産)をライセンスする事業も行っております。具体的には、次の通りであります。
        ① LSIの開発、販売(LSI等)
          当社は独自のアナログ設計技術および論理設計技術を駆使して、情報伝送用のLSIをはじめとして下記のよう
         な製品を開発、販売しております。
         イ)V-by-One®HSおよびLVDS規格品をはじめとする、画像データを高速に伝送するLSIを、事務機器、アミューズ
          メント、セキュリティカメラ、車載機器、薄型テレビ、液晶パネル、パソコンなど広範な市場のメーカー等に
          販売しております。本製品は、その高速処理能力により安定した高解像度表示や優れた色深度対応を可能とす
          ることに加え、低消費電力、低コスト化を実現でき、耐ノイズ性能や小型化、長距離伝送のニーズにも対応し
          ています。
         ロ)上記デジタル画像データ伝送LSI(受信用)と液晶パネルコントローラをワンチップ化したLSIを車載機器な
          どの液晶パネルメーカー等に販売しております。
         ハ)アナログ信号をデジタル信号に高速に変換するビデオ信号処理LSI(ADC)を大手モニターメーカーおよびプ
          ロジェクタメーカーに販売しております。主に高解像度の液晶パネル等においてアナログRGBの入力信号をデ
          ジタルデータに変換する用途で使用されております。
         ニ)電源制御用LSI、LEDドライバおよび電源モジュールの開発を行い、産業機器等の市場において製品を販売し
          ております。
         ホ)画像処理用LSI(ISP)をスマートフォン、セキュリティカメラ、車載カメラなど高解像度カメラ等の市場に
          おいて販売しております。カメラ用画像処理に必要なオートフォーカス等の各種自動補正機能に加えて、霧補
          正や動画手振れ補正、顔検出機能、強力な暗部補正等をハードウェア上に搭載しており、高速化、小型化、低
          消費電力化のニーズの高い機器向けに販売しております。
         ※「V-by-One」はザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。
        ② IPライセンス(設計技術料およびロイヤリティー収入)

          当社は製品として開発したデータ伝送LSI等のコア部分をIPとしてライセンスして設計技術料およびロイヤリ
         ティー収入を得ております。
         AIOT事業としましては、AI/IoT/M2M機器やモバイル通信機器のハードウェア・ソフトウェアの開発・製造・販売

        を行っております。当連結会計年度にキャセイ・トライテック株式会社の株式を取得し、同社およびその子会社を
        連結の範囲に含めたことに伴い、当社と同社の技術的優位性を持ち寄りIoT分野を始めとする事業のイノベーショ
        ンを加速し、新たなソリューション展開を通じて、お客様と世界市場に対してより革新的な付加価値を提供してい
        く方針であります。
       (2)当社グループの事業形態は、製品企画および開発は自社で行うものの、自社で工場は持たず、国内外のファウン

        ドリーに製造を委託するファブレスメーカーであります。販売につきましては、直販または販売代理店経由となっ
        ております。
                                  5/86







                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        事業の系統図は、次のとおりであります。
      (注)1 哉英電子股份有限公司、ザインエレクトロニクスコリア株式会社および賽恩電子香港股份有限公司は当社の








           100%子会社、前海賽恩電子(深圳)有限公司は当社の100%孫会社であります。
         2 2018年2月に米国カリフォルニア州に当社の100%子会社としてTHine                                   Solutions,      Inc.(連結子会社)を設
           立いたしました。
         3 2018年12月にキャセイ・トライテック株式会社の株式の52.39%を取得し、同社および同社子会社である深
           圳泰晨通訊科技有限公司を連結子会社化しております。なお、2019年1月にキャセイ・トライテック株式会
           社の株式の追加取得を行っております(追加取得後の保有割合:83.87%)。
                                  6/86










                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                         議決権の所有(被所有)
                                         割合
                           資本金
           名称           住所            主要な事業の内容                    関係内容
                           又は出資金
                                         所有割合     被所有割合
                                          (%)     (%)
     (連結子会社)
                                                   役員の兼任 4名
     哉英電子股份有限公司               台湾台北市        20,000千NT$       LSI事業        100.0       ― 当社製品のマーケティ
                                                   ングおよび販売支援等
                                                   役員の兼任 4名
     ザインエレクトロニクス               韓国ソウル
                            300,000千KRW        LSI事業        100.0       ― 当社製品のマーケティ
     コリア株式会社                特別市
                                                   ングおよび販売支援等
                                                   役員の兼任 4名
     賽恩電子香港股份有限公司
                    中国香港特別
                            15,000千HK$       LSI事業        100.0       ― 当社製品のマーケティ
     (注)3、4                行政区
                                                   ングおよび販売支援等
                                           100.0        役員の兼任 3名
     前海賽恩電子(深圳)有限公司               中国広東省
                           8,000千人民元        LSI事業       (100.0)        ― 当社製品のマーケティ
                     深圳市
     (注)3
                                           (注 )2       ングおよび販売支援等
                                                   役員の兼任 4名
                      米国
     THine   Solutions,     Inc.
                              500千US$      LSI事業        100.0       ― 当社製品のマーケティ
                   カリフォルニア州
                                                   ングおよび販売支援等
                                                   役員の兼任 なし
     キャセイ・トライテック株式会社                神奈川県                              コンピュータ機器とソ
                            140,000千円       AIOT事業
                                           52.39       ―
     (注)3、5               横浜市港北区                               フトウェアの設計・製
                                                   造・販売
                                           47.15
                                                   役員の兼任 なし
     深圳泰晨通訊科技有限公司               中国広東省
                              800千US$      AIOT事業       (47.15)        ― コンピュータ機器とソ
     (注)5、6                深圳市
                                                   フトウェアの販売
                                           (注 )2
     (持分法適用関連会社)
                     神奈川県                              役員の兼任 1名
     シリコンライブラリ株式会社                       41,251千円       LSI事業        33.4       ―
                    川崎市多摩区                               当社製品の設計開発等
     (注)1 主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
        2 議決権の所有割合の()内は、間接所有割合を内数で表しております。
        3 特定子会社株式に該当しております。
        4      賽恩電子香港股份有限公司については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占め
          る割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等  (           1)  売上高   442,929千円
                    (2)  経常損失         20,541千円
                    (3)  当期純損失        20,541千円
                    (4)  純資産額         24,166千円
                    (5)  総資産額  261,556千円
        5 2018年12月に、キャセイ・トライテック株式会社の発行済株式数の52.39%を取得し、同社を連結子会社といた
          しました。それに伴い、キャセイ・トライテック株式会社の子会社である深圳泰晨通訊科技有限公司の発行済
          株式数の47.15%(うち間接保有割合47.15%)を保有することとなり、同社を連結子会社としております。
          なお、2019年1月に、キャセイ・トライテック株式会社の株式を追加取得し、同社の発行済株式数の83.87%を
          保有するに至っております。それに伴い、キャセイ・トライテック株式会社の子会社である深圳泰晨通訊科技
          有限公司の発行済株式数の75.48%(うち間接保有割合75.48%)を保有するに至っております。
          また、2019年3月に、当社代表取締役会長 飯塚哲哉がキャセイ・トライテック株式会社の取締役会長に、当
          社代表取締役社長 高田康裕がキャセイ・トライテック株式会社の取締役に、当社取締役 山本武男がキャセ
          イ・トライテック株式会社の監査役に、当社執行役員 中原隆志(現 取締役)がキャセイ・トライテック株
          式会社の代表取締役社長に、それぞれ就任しております。
        6 議決権の所有割合は100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため連結子会社としたものでありま
          す。
                                  7/86




                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                 (2018年12月31日現在)
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
     LSI事業                                                 97  (4)

     AIOT事業                                                 30  (-)

     全社(共通)                                                 13  (-)

                  合計                                    140  (4)

      (注)1 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は、当連結会計年度の平均人員を()外数で記載しております。
         2 全社(共通)として記載されている従業員数は、提出会社の管理部門等に所属しているものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                 (2018年12月31日現在)
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

              96(4)              41.0              9.5             6,622

               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
     LSI事業                                                 77  (4)

     AIOT事業                                                  6 (-)

     全社(共通)                                                 13  (-)

                  合計                                     96  (4)

      (注)1 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は、当事業年度の平均人員を()外数で記載しております。
         2 平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
         3 全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門等に所属しているものであります。
         4 従業員数が前事業年度末に比し、16名減少いたしましたのは自然減によるものです。
       (3)労働組合の状況

         労働組合はありませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  8/86









                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)会社の経営の基本方針
        当社グループは、優れた人財が集い、資本・資源を有効に活用し、育ち、力の限り活躍し、豊かな自己実現と社会
       貢献ができる場を提供するという「人資豊燃」を理念として創業された研究開発型ファブレスメーカーであります。
       当社グループの競争力の源泉は研究開発活動にあり、独自のアナログ設計技術をもとに高付加価値な半導体技術を核
       としたソリューションを追求しております。IoT分野においては、当社と当期に連結子会社化しましたキャセイ・ト
       ライテック株式会社の技術的優位性を持ち寄り、IoT分野を始めとする事業のイノベーションを加速し、新たなソ
       リューション展開を通じて、お客様と世界市場に対してより革新的な付加価値を提供してまいります。研究開発型企
       業の性質上、内部留保を充実するほか、資本市場からのタイムリーなリスクマネーの調達が可能な体制を整備してお
       ります。積極的に研究開発活動を実施し、アライアンスを重視しながら事業展開を図り、企業価値を高めることによ
       り、株主へ利益還元していくことを基本方針としております。
       (2)目標とする経営指標

        当社グループは株主価値重視の観点から、営業利益等の指標の向上を通じて企業価値増大に努めていく所存であり
       ます。これを実現する観点から、当社グループの創業理念である「人資豊燃」に対応する経営指標として一人当たり
       利益の向上を目指してまいります。また一方で、キャッシュ・フローを意識した経営を行い、本業の営業活動より得
       たキャッシュ・フローを研究開発等に投下し、さらに将来のキャッシュ・フローにつなげることにより、企業価値増
       大を目指していきたいと考えております。
       (3)経営環境および中長期的な会社の経営戦略と対処すべき課題

        激動する経済状況の中で、エレクトロニクス業界においては低消費電力や低コストなどの特性を兼ね備えた付加価
       値製品へのシフトが伸展しております。当社グループは中期経営戦略「                                 J -SOAR」を掲げ、インターフェースを軸足と
       してお客様の課題を解決し、当社グループ独自の日本発ソリューションを世界市場に提供することにより、ビジネス
       の飛躍を目指すことといたしました。
        これまで高速インターフェースや高解像度カメラ画像処理などの分野で培ってきた技術力と信頼性をより一層向上
       させることにより、お客様に満足いただける製品およびソリューションを提供するとともに、IoT分野においては、
       キャセイ・トライテック株式会社を軸とし、技術のコラボレーションによる新たなソリューション提供を積極的に進
       め、事業の発展に全力をつくしてまいります。
        具体的には、以下の施策を講じてまいります。
       ① お客様の課題を解決するため、インターフェースを軸足として、当社グループ独自の日本発ソリューションを世
         界市場に提供を目指してまいります。
       ② アジアおよび北米を核とした海外のマーケティング、営業の拠点を強化するとともに、世界市場での事業展開に
         向けた活動体制整備を推し進めます。
       ③ 開発能力のさらなる拡大および知的財産権の拡充を図ります。
       ④ ファブレスモデルをさらに磨き、競争力のあるコスト構造の構築、高信頼性化、供給の安定化を進めます。
       ⑤ 他社とのアライアンス案件を積極的に探索し、機動的に新事業の開拓を進めます。
        これらの施策により、中期経営戦略「                   J -SOAR」の達成を目指し、さらなる発展に向けた成長基盤を確立し、企業価
       値の拡大および社会貢献を達成したいと考えております。
                                  9/86







                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        当社グループの財政状況、経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性のあるリスクの一部を以下で取り上げています
       が、全てのリスクを網羅している訳ではありません。当社グループの事業は、現在において未知のリスク、あるいは
       現時点で特筆すべき、または重要とみなされていない他のリスクの影響を将来的に受ける可能性もあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       ① 世界経済の動向
         当社グループの製品は、日本、韓国、台湾および中国を中心とする顧客メーカーに販売された後、日本、北米、
        欧州、東南アジアをはじめとする世界の各地で最終製品として販売されます。世界的な金融危機の深刻化等により
        経済環境の激変が見込まれる中、これら地域における景気の変動、それに伴う需要の拡大、縮小は、当社グループ
        の業績および財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
       ② 価格競争

         当社グループが取り扱う半導体製品およびIoT製品の市場は競争が激しく、かつ技術革新や顧客ニーズの変化お
        よび頻繁な新製品の参入がある点で特徴付けられます。当社グループは、激化する低価格競争や新規参入業者の増
        加を想定しつつ、新技術に根ざした顧客ニーズに対応できる製品の開発を行うとともに、競争力のある価格提示を
        行うことにより、これらの競争に対処しておりますが、これによっても対抗し難い事態が生じる場合には、業績お
        よび財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
       ③ 製造委託

         当社グループは、半導体製品およびIoT製品の製造にあたり、半導体およびIoT製品の製造受託を専門に行うファ
        ウンドリー企業への製造委託を行っております。当社の製品仕様に適合する商品を適時、確実に、優れたコストパ
        フォーマンスで製造できる複数パートナーとの連携関係を維持し、半導体市場およびIoT市場の様々な業況に対し
        ても安定的な製品供給が可能な体制を構築するよう努めておりますが、適切な製造キャパシティ、納期、コストパ
        フォーマンス等が製造委託先から得られない場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。ま
        た、半導体製品の製造に関して、当連結会計年度においては、Advanced                                  Semiconductor       Engineering,Inc.および
        Faraday    Technology      Corporationの2社への製造委託割合が39.1%と高い状況にあります。当社グループの製品の
        製造を委託しているファウンドリーは複数ありますが、何らかの理由により当該企業からの製品供給が安定的に受
        けられない場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ④ 特定顧客への販売割合

         半導体製品に関して、当連結会計年度においては、直接販売および商社経由での販売を行いましたが、そのうち
        株式会社マクニカおよび緑屋電気株式会社の2社への売上高が全体の53.1%を占めております。現時点において当
        該2社向けの販売割合が高いことから、何らかの理由により当該2社を通じた製品提供が困難になった場合、当社
        グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑤ たな卸資産

         当社グループは、客先フォーキャストを考慮しつつ、月次によりたな卸資産の管理を行っており、2018年12月期
        末におけるたな卸資産の総額は3億9百万円であります。たな卸資産は、新規事業の立ち上げ時、または客先
        フォーキャストが安定しない場合等により、増加する可能性があります。また、当社グループは、長期間の在庫
        等、収益性の低下により評価減もしくは廃棄を必要とすべき在庫に関して適切に会計処理を行っております。たな
        卸資産の評価減または廃棄が発生した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 10/86






                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
       ⑥ 研究開発プロジェクトの収益性
         半導体製品に関して、当社グループは、ミックスドシグナルLSI技術に基づき、8Kテレビ、スマートフォン等
        モバイル機器、事務機器、アミューズメント、自動車等の情報利用技術において今後のニーズの変化に対応できる
        新技術と新製品の開発を行っております。このための各研究開発プロジェクトは、成長する市場が必要とする機能
        を想定しながら実施しておりますが、投下した研究開発費の全てを回収できるとは限らず、この場合、当社グルー
        プの収益性に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑦ 製造物責任

         当社グループは、顧客に信頼される製品の供給とブランド価値の創造に努めており、このような観点からも、品
        質マネジメント体制の強化を行い、厳正な品質管理を行っておりますが、全ての製品について欠陥がなく、販売先
        からの損害賠償請求が発生しないという保証はありません。万一損害賠償請求があった場合には、当社グループの
        業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       ⑧ 知的財産権

         当社グループは、独自に開発した技術等について、特許権その他の知的財産権を取得するなど知的財産の確保・
        保護に努めていますが、第三者による当社グループの知的財産の不正流用を防止できない可能性があります。ま
        た、当社グループが使用している技術やノウハウは、他社が保有する特許権等、知的財産権を侵害しないように専
        門の部署を組織し厳重に管理していますが、万一見解の相違等により他社から特許権侵害等で提訴された場合には
        当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       ⑨ 情報管理体制

         当社グループは、研究開発をはじめとする事業活動に際して、情報管理が重要であり、このため、コンピュー
        ター・ウィルスの検知、ファイアウォールの構築等の外部からの侵入に対する予防策を採用するとともに、ハード
        面での障害時に業務への支障が生じないようデータ管理の多重化を行うと共に情報へのアクセス可能な管理者の制
        限を行うなど、情報管理に関するシステムと社内体制の構築を行っておりますが、これらの対策にもかかわらず情
        報漏洩や改ざん・消去等が生じた場合には、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       ⑩ 経営リソース

         当社グループが競争力のある事業展開により企業価値を高めていくためには、将来のキャッシュ・フローを生み
        出す原動力となる新技術と新製品を生み出し、事業を発展させていくことが必要であり、このような方針に適合す
        る研究開発活動をはじめとする各業務において優秀な人材を積極的に拡充することが必要です。このため、優秀な
        人材の確保に注力しておりますが、仮に十分な人材の確保ができない場合や流出がある場合には、当社グループの
        業績に影響を及ぼす可能性があります。なお、当社は、アジア市場を核とする成長を遂げるべく、日本はもとより
        韓国、台湾、中国の各グループ会社を中心に優れた人材を獲得していく方針です。
       ⑪ 為替レートの変動

         当社グループの事業には海外における製品の販売、製造が含まれており、各地域における資産、売上、費用を含
        む現地通貨建ての項目は、連結財務諸表上、円換算されております。2018年12月末日において保有しているドル建
        ての現金及び預金は約12百万米ドルあります。これらドル建て現預金は、換算時の為替レートにより、現地通貨に
        おける価値が変わらなかったとしても、為替変動の影響により円換算後の資産価値が変動し、当社グループの業績
        に影響を及ぼす可能性があります。
                                 11/86







                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績およびキャッシュ・フロー(以下、「経営成績」と
        いう。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態および経営成績の状況
         当連結会計年度におけるわが国の経済環境は、企業収益や雇用環境の改善を背景に緩やかな回復基調が継続した
        一方で、米中貿易摩擦や不安定な欧州情勢等に起因して海外経済の不確実性が高まり、不透明な状況が継続してお
        ります。
         このような環境の下で、当社グループは2019年を目標年次とする中期経営戦略「                                      J -SOAR」を推進しております。
        インターフェース技術を軸足としてお客様の課題を解決し、当社グループ独自の日本発ソリューションを世界市場
        に提供することにより、ビジネスの飛躍を目指してまいります。
         当連結会計年度においては、事業の牽引役の入れ替りが進みました。産業機器市場向けのビジネスは、当連結会
        計年度の売上高の約61%を占めております。そのうち約60%を占める事務機器市場向けのビジネスは国内および北
        米顧客向けを中心に前期比で11%増加した一方、アミューズメント機器市場向けのビジネスは前期を大きく下回っ
        て推移し、産業機器市場向けのビジネスの全体の約9%に減少しました。セキュリティーカメラ等のその他産業機
        器市場向けのビジネスは前期比8%増加し、これらの結果、産業機器市場向け製品の出荷は全体として前期比4%
        の減少となりました。
         車載市場向けのビジネスは、売上高全体の約21%を占めており、前期比57%の増加となり順調に推移しました。
        特に車載フルHDパネル向けの製品出荷が順調に推移し、車載純正品向けのビジネスは前期比で倍増となりました。
         また、民生市場向けのビジネスは売上高全体の約18%を占めております。その過半を占めるディスプレイ等民生
        機器向け製品の出荷は中国市場向けに大幅に進展し、前期比22%の増加となりました。一方、携帯電話を中心とし
        たモバイル機器向けのビジネスは国内顧客向けの高解像度モデル対応製品の出荷が前期比で43%減少し、民生市場
        向けのビジネス全体としては前期比16%の減少となりました。またPC市場向けの新製品について、市場の立ち上が
        りが当社想定を下回り大幅に遅れていることから、一部の在庫について評価減(総額93百万円)を実施することと
        いたしました。
         これらの結果、当連結会計年度における売上高は32億7百万円(前期比1.3%増)、売上総利益は19億15百万円
        (前期比1.4%減)となりました。なお、当連結会計年度に当社独自技術であるV-by-One®技術を搭載した製品が累
        計出荷数で1億個を達成いたしました。V-by-One®技術は、進化する画像・映像機器市場向けを始めとして、情報
        伝送システムに付加価値を提供するために当社が独自開発した高速情報伝送技術です。4Kテレビ等の民生機器、産
        業機器および車載機器等、広範な市場でご活用いただいております。
         2018年度は中期経営戦略「              J -SOAR」の2年目であり、前期に集中投資を行った研究開発によって得られたイノ
        ベーションの核となる技術を、しっかりと成果に結びつけていく活動を強化し、飛躍軌道への復帰を目指してまい
        りました。当連結会計年度においては、4Kテレビ機器内インターフェース技術のデファクトスタンダードである
        Vby-One®HS規格に続く次世代高速インターフェース規格となるV-by-One®US技術を搭載したASSP製品の開発を進
        め、その最初の製品の評価サンプルの出荷を開始しました。またUSBの次世代規格USB3.1                                         Gen2(伝送速度が10Gbps
        (1秒間に100億ビット))およびUSB3.2(同20Gbps)に対応したリドライバ新製品のラインナップ拡充に向けた製
        品開発を行い、同製品技術を活用したVR(仮想現実)等市場向けのアクティブケーブルに対するソリューション開
        発も行いました。その他、高効率・高放熱性かつ低EMIを実現した電源モジュール製品化、IoT等の高解像度カメラ
        ソリューションに対応した製品等の開発を行い、当連結会計年度において、研究開発費9億83百万円(前期比
        35.1%減)を投資しました。
         また、当社の海外事業戦略強化のため、当連結会計年度において、米国カリフォルニア州に当社100%子会社の
        現地法人THine       Solutions,      Inc.を設立いたしました(2018年2月設立)。世界で活用されるリファレンスデザイン
        を構築する協業パートナーとのコラボレーションを確立し、北米地域における営業活動および技術サポート活動を
        より強力かつ迅速に進めてまいります。
         さらに当連結会計年度において、IoT/M2M機器やモバイル通信機器のハードウェア・ソフトウェアの設計開発・
        製造・販売を行うキャセイ・トライテック株式会社と資本業務提携契約を締結し、同社の発行済株式数の52.39%
        を取得し連結子会社化いたしました(2018年12月連結子会社化)。当社とキャセイ・トライテック株式会社の技術
        的優位性を持ち寄り、IoT分野を始めとする事業のイノベーションを加速し、新たなソリューション展開を通じ
        て、お客様と世界市場に対してより革新的な付加価値を提供してまいります。なお、当社は2019年1月にキャセ
        イ・トライテック株式会社の株式の追加取得を行い、現在同社の発行済株式数の83.87%の同社株式を保有してお
        ります。
         これらの活動により、当連結会計年度における営業利益は32百万円(前期は営業損失4億90百万円)となりまし
        た。
                                 12/86



                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         また、受取利息および受取配当金33百万円等を計上した一方で、現預金等の米ドル建て資産の評価替えとして為
        替差損20百万円等を計上した結果、経常利益は54百万円(前期は経常損失5億24百万円)、保有する投資有価証券
        の一部売却を行い投資有価証券売却益76百万円等を計上した結果、親会社株主に帰属する当期純利益は1億7百万
        円(前期は親会社株主に帰属する当期純損失5億23百万円)となりました。なお、当社グループは、当連結会計年
        度末日において、約12百万米ドルのドル建ての現金及び預金を保有しております。
        ※「V-by-One」はザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。
        ② キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローにつきましては、税金等調整前当期純利益を1億31
        百万円計上、その他の流動負債の減少96百万円の計上等により64百万円のプラスとなりました。(前期は1億62百
        万円のマイナス)
         投資活動によるキャッシュ・フローにつきましては、定期預金の払戻による収入や、投資有価証券の取得による
        支出等により2億49百万円のプラスとなりました。(前期は2億63百万円のマイナス)
         財務活動によるキャッシュ・フローにつきましては、配当金の支払い等により95百万円のマイナスとなりまし
        た。(前期は69百万円のマイナス)
         これらの結果により、現金及び現金同等物は全体として1億82百万円増加して、当連結会計年度末残高は55億15
        百万円となりました。当社グループとしては、機動的な研究開発リソースの確保やM&Aの機会に迅速に対応できる
        よう内部留保を厚くする方針であり、資金運用に関しても流動性を重視した運用を行うこととしております。
                                 13/86















                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        ③生産、受注および販売の実績
         当社グループは、LSI事業およびAIOT事業の2つのセグメントから構成されております。AIOT事業につきまして
        は、キャセイ・トライテック株式会社の連結子会社化に伴い、2018年12月31日をみなし取得日とした企業結合(株
        式取得)により新たに加わった報告セグメントであるため、当連結会計年度における実績はありません。
         a.生産実績

         当連結会計年度の生産実績は、次のとおりであります。
                              当連結会計年度
           セグメントの名称                  (自 2018年1月1日                    前期比(%)
                              至 2018年12月31日)
     LSI事業(千円)                              794,203                   100.4
     AIOT事業(千円)                                 ―                  ―

              合計                     794,203                   100.4

      (注)1 金額には、消費税等は含まれておりません。
         2 金額は、製造原価によっております。
         b.商品仕入実績

         当連結会計年度の商品仕入実績は、次のとおりであります。
                              当連結会計年度
           セグメントの名称                  (自 2018年1月1日                    前期比(%)
                              至 2018年12月31日)
     LSI事業(千円)                              420,832                   88.9
     AIOT事業(千円)                                 ―                  ―

              合計                     420,832                   88.9

      (注)1 金額には、消費税等は含まれておりません。
         2 金額は、仕入価格によっております。
         c.受注実績

          当社グループは、一部、受注生産を行っておりますが、基本的には販売先から入手するフォーキャストに基づ
         く見込生産を行っておりますので、記載を省略しております。
         d.販売実績

         当連結会計年度の販売実績は、次のとおりであります。
                              当連結会計年度
           セグメントの名称                  (自 2018年1月1日                    前期比(%)
                              至 2018年12月31日)
     LSI事業(千円)                             3,207,755                    101.3
     AIOT事業(千円)                                 ―                  ―

              合計                    3,207,755                    101.3

      (注)1 金額には、消費税等は含まれておりません。
         2 主な相手先別の販売実績および当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次のとおりであります。
                           前連結会計年度                    当連結会計年度
           相手先
                       金額(千円)          割合(%)         金額(千円)          割合(%)
      株式会社マクニカ                      898,198           28.4       1,118,945            34.9
      緑屋電気株式会社                      742,528           23.5        584,175           18.2
      加賀電子株式会社                      378,607           12.0           ―          ―
      (注)1 金額には、消費税等は含まれておりません。
         2 当連結会計年度の加賀電子株式会社の販売実績および総販売実績に対する割合は、当該割合が100分の10未
           満ですので、記載を省略しております。
                                 14/86



                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①重要な会計方針および見積り
         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        おります。その作成には、経営者による資産・負債および収益・費用の報告金額および開示に影響を与える見積り
        を実施しております。経営者はこれらの見積りについて、過去の実績等を勘案し、合理的に判断しておりますが、
        実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
         当社グループの連結財務諸表を作成するにあたり重要となる会計方針については、「第5 経理の状況 1 連
        結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載されて
        いるとおりであります。
        ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容
        a.経営成績等
        イ.財政状態
        (資産、負債および純資産の状況)
         当連結会計年度末における資産合計は、現金及び預金が減少した一方、のれんの増加等により、前連結会計年度
        末と比較して71百万円の増加となりました。また、負債合計は、買掛金の増加等により2億11百万円の増加となり
        ました。純資産合計は、自己株式の処分をした一方、その他有価証券評価差額金の減少等により1億39百万円減少
        して84億14百万円となりました。
         これらにより、当連結会計年度末における自己資本比率は、前連結会計年度末の94.1%から91.5%となりまし
        た。
        ロ.経営成績
        (売上高および売上総利益)
         当連結会計年度においては、事業の牽引役の入れ替りが進みました。産業機器市場向けのビジネスは、当連結会
        計年度の売上高の約61%を占めております。そのうち約60%を占める事務機器市場向けのビジネスは国内および北
        米顧客向けを中心に前期比で11%増加した一方、アミューズメント機器市場向けのビジネスは前期を大きく下回っ
        て推移し、産業機器市場向けのビジネス全体の約9%に減少しました。セキュリティーカメラ等のその他産業機器
        市場向けのビジネスは前期比8%増加し、これらの結果、産業機器市場向け製品の出荷は全体として前期比4%の
        減少となりました。
         車載市場向けのビジネスは、売上高全体の約21%を占めており、前期比57%の増加となり順調に推移しました。
        特に車載フルHDパネル向けの製品出荷が順調に推移し、車載純正品向けのビジネスは前期比で倍増となりました。
         また、民生市場向けのビジネスは売上高全体の約18%を占めております。その過半を占めるディスプレイ等民生
        機器向け製品の出荷は中国市場向けに大幅に進展し、前期比22%の増加となりました。一方、携帯電話を中心とし
        たモバイル機器向けのビジネスは国内顧客向けの高解像度モデル対応製品の出荷が前期比で43%減少し、民生市場
        向けのビジネス全体としては前期比16%の減少となりました。またPC市場向けの新製品について、市場の立ち上が
        りが当社想定を下回り大幅に遅れていることから、一部の在庫について評価減(総額93百万円)を実施することと
        いたしました。
         これらの結果、当連結会計年度における売上高は32億7百万円(前期比1.3%増)、売上総利益は19億15百万円
        (前期比1.4%減)となりました。
        (販売費及び一般管理費および営業利益)
         当連結会計年度における販売費及び一般管理費の合計は、18億82百万円(前期比22.6%減)となりました。
         2018年度は中期経営戦略「              J -SOAR」の2年目であり、前期に集中投資を行った研究開発によって得られたイノ
        ベーションの核となる技術を、しっかりと成果に結びつけていく活動を強化し、飛躍軌道への復帰を目指してまい
        りました。当連結会計年度においては、4Kテレビ機器内インターフェース技術のデファクトスタンダードである
        Vby-One®HS規格に続く次世代高速インターフェース規格となるV-by-One®US技術を搭載したASSP製品の開発を進
        め、その最初の製品の評価サンプルの出荷を開始しました。またUSBの次世代規格USB3.1                                         Gen2(伝送速度が10Gbps
        (1秒間に100億ビット))およびUSB3.2(同20Gbps)に対応したリドライバ新製品のラインナップ拡充に向けた製
        品開発を行い、同製品技術を活用したVR(仮想現実)等市場向けのアクティブケーブルに対するソリューション開
        発も行いました。その他、高効率・高放熱性かつ低EMIを実現した電源モジュール製品化、IoT等の高解像度カメラ
        ソリューションに対応した製品等の開発を行い、当連結会計年度において、研究開発費9億83百万円(前期比
        35.1%減)を投資しました。
         これらの活動により、当連結会計年度における営業利益は32百万円(前期は営業損失4億90百万円)となりまし
        た。
                                 15/86


                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        (経常利益)
         当連結会計年度における経常利益は54百万円(前期は経常損失5億24百万円)となりました。
         当連結会計年度においては、受取利息および受取配当金を33百万円計上するなど営業外収益は45百万円となった
        一方、現預金等の米ドル建て資産の評価替えとして為替差損20百万円を計上するなど営業外費用は23百万円となり
        ました。
        (税金等調整前当期純利益)
         当連結会計年度における税金等調整前当期純利益は1億31百万円(前期は税金等調整前当期純損失5億20百万円)
        となりました。
         当連結会計年度においては、保有する投資有価証券の一部売却を行い投資有価証券売却益76百万円を計上するな
        ど特別利益は76百万円となりました。
        (親会社株主に帰属する当期純利益)
         当連結会計年度における法人税等の負担額は24百万円(前期比779.60%増)となり、その結果、当連結会計年度
        における親会社株主に帰属する当期純利益は1億7百万円(前期は親会社株主に帰属する当期純損失5億23百万円)
        となりました。
        ※「V-by-One」はザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。
                                 16/86
















                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
                                 17/86




















                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
        当社における研究開発活動は、高速インターフェース技術、表示制御技術、ドライバ技術、画像処理技術などの分
       野に的を絞ったミックスドシグナルLSIの開発および次世代製品のための要素技術開発を行っております。重要な研
       究開発成果については特許等知的財産権の取得を図っております。
        当連結会計年度における研究開発費の金額は9億83百万円で、内容は以下の通りであります。
       (1)  超高速インターフェース技術

         当社は、新たな超高速インターフェース規格としてV-by-One®USの技術仕様を策定しました。V-by-One®US技術
        は、従来のV-by-One®HS技術で培ってきた当社独自の高速伝送技術を革新的に発展させ、1レーンあたり最高
        16Gbps(1秒当たり160億ビットの信号)の超高速伝送速度を可能とすることにより、現在の4K映像を支えるV-by-
        One®HSと比較して4倍の高速化を実現します。V-by-One®US規格の導入により、4K映像の伝送時と比較して、ケー
        ブル本数を増加させず、既存の情報伝送技術の中で最も少ないケーブル本数で8K映像システムを実現することが可
        能となります。当連結会計年度においてV-by-One®US技術を搭載した初めてのASSP製品のサンプル出荷を開始いた
        しました。今後も製品ラインナップの拡充に向けた研究開発を進め、2020年東京オリンピックや高解像度カメラを
        始めとする8K映像を強力にサポートする付加価値を提供してまいります。
       (2)  V-by-One®HS等高速インターフェース技術

         当社は、独自技術を活かしてV-by-One®HSに代表される高速インターフェース技術を開発しています。V-by-
        One®HS技術は、当社が蓄積してきた高速情報伝送技術とCDR技術の優れた長所を融合させ、デジタル信号を僅かな
        本数の情報伝送用ケーブルでリアルタイムに長距離伝送することを可能としています。
         V-by-One®HS技術は、民生機器、産業機器、車載機器など広範囲の市場において、情報伝送部を持つ様々な機器
        内で適用できます。ケーブル、コネクタ、EMI対策部品を削減し、また、安価な部品の使用時にも同等の信号伝送
        品質を達成可能であるなど、機器内の情報伝送システムのトータルコストの削減を図ることが可能となります。
         当連結会計年度においては、産業機器市場での適用に対応するV-by-One®HS製品をラインナップ追加するための
        開発を実施しました。
         また、当社が蓄積している多くの回路設計資産とノウハウを活かし、次世代USB規格(USB3.1                                            Gen2)に対応した
        10Gpbsの高速インターフェース技術を活用したリドライバ製品の開発を行いました。今後の普及が期待される
        USB3.1    Gen2とUSB     Type-C™に対して、当社のシグナル・コンディショニング技術をUSB規格へ応用発展させ、1
        チップで両規格の伝送距離等の課題を解決するソリューションとして顧客製品の付加価値向上に貢献することが可
        能となります。今後も高速信号対応のリドライバ製品ラインナップを拡充し、市場のニーズに応える製品開発をし
        ていく方針です。
       (3)  カメラ用画像処理技術

         拡大する高解像カメラ市場に向けて、1600万画素対応の画像処理用LSI技術を活用し、ドライブレコーダ市場、
        スマートフォン市場、産業機器市場に向けたソリューションを開発しております。当社の画像処理技術は、手振れ
        補正等のために通常必要とされるフレームメモリを不要とする技術を搭載したことにより、高速性能と大幅な低消
        費電力・低コストを両立させました。また、可視光に加えて赤外光センサにも対応した画像処理も同時に行うこと
        ができる特長を持っております。さらに、同技術を搭載したカメラシステムにおいて利用するファームウェアの開
        発を従来手法と比較して、大幅に開発期間と画質調整期間を短縮させることができる開発ソリューションキットの
        開発も行っております。
       (4)  AIOTソリューション技術

         当連結会計年度において、IoT/M2M機器やモバイル通信機器のハードウェア・ソフトウェアの設計開発・製造・
        販売を行うキャセイ・トライテック株式会社と資本業務提携契約を締結し、連結子会社化いたしました。同社の持
        つ通信モジュールソリューション技術と当社の持つ高速情報伝送技術や画像処理技術を組み合わせ、AI(人工知
        能)およびIoT分野に対応した新たなソリューション開発を行っております。当連結会計年度においては、AIや高
        速画像処理などの演算処理能力が必要とされる電子回路基板向けの電源モジュール製品の開発や近距離無線カメラ
        映像伝送システムの開発を行いました。
       ※「V-by-One」は当社の登録商標です。その他の本文中における製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録

       商標です。
                                 18/86



                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度において重要な設備投資はありません。
        また、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

       (1)提出会社
                                                   (2018年12月31日現在)
                                      帳簿価額(千円)
        事業所名        セグメントの                                        従業員数
                       設備の内容
                  名称
        (所在地)                             工具器具       土地            (名)
                               建物                   合計
                                      備品     (面積㎡)
                LSI事業
     本社
                AIOT事業       事業所
                                25,535      26,477             52,012        96
                                               ―
     (東京都千代田区)
                全社(共通)
     保養所施設
                      リゾート会員権                        255
                全社(共通)                 3,027                   3,283
                                        ―                   ―
     (栃木県塩谷郡藤原町)                 持分                        (4)
     保養所施設                 リゾート会員権                       3,020
                全社(共通)                 3,293                   6,313
                                        ―                   ―
     (千葉県勝浦市)                 持分                       (38)
                                             3,275
                合計
                                31,857      26,477             61,609        96
                                              (42)
      (注)1 事業所は賃借しております。
         2 上記金額には消費税等は含まれておりません。
         3 土地の面積は共有部分の当社持分であります。
         4 本社の工具器具備品には、生産委託先(台湾)で使用している固定資産(帳簿価額7,902千円)が含まれて
           おります。
       (2)国内子会社

                                                   (2018年12月31日現在)
                                         帳簿価額(千円)
                 事業所名      セグメント                                 従業員数
         会社名                    設備の内容
                 (所在地)       の名称                                (名)
                                       車両    工具器具     土地
                                  建物                  合計
                                      運搬具     備品   (面積㎡)
               本社等
     キャセイ・トライテック                                            165
               (神奈川県横浜市         AIOT事業     事業所等
                                   2,864    11,597      478        15,105      17
     株式会社                                            (22)
               港北区、等)
                                                 165
                  合計
                                   2,864    11,597      478        15,105      17
                                                 (22)
      (注)1 事業所は賃借しております。
         2 上記金額には消費税等は含まれておりません。
                                 19/86








                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
       (3)在外子会社
                                                   (2018年12月31日現在)
                                         帳簿価額(千円)
                  事業所名      セグメント                                 従業員数
         会社名                    設備の内容
                 (所在地)       の名称                       土地         (名)
                                       車両    工具器具
                                  建物                  合計
                                       運搬具     備品   (面積㎡)
                本社

     哉英電子股份有限公司                   LSI事業     事業所        ―     ―  12,878       ―  12,878       7
                (台湾台北市)
                本社
     ザインエレクトロニクス
                (韓国ソウル特別
                        LSI事業     事業所        9     ―    38     ―    48     5
     コリア株式会社
                市)
                本社
     前海賽恩電子(深圳)
                (中国広東省深圳
                        LSI事業     事業所        ―     ―   1,138      ―   1,138      8
     有限公司
                市)
                本社
     THine   Solutions,     Inc.   (米国   カリフォル
                        LSI事業     事業所        ―   2,482     4,918      ―   7,400      ―
                ニア州)
                本社
     深圳泰晨通訊科技有限
                (中国広東省深圳         AIOT事業     事業所        ―     ―    380     ―    380     7
     公司
                市)
                  合計
                                     9   2,482    19,354       ―  21,845      27
      (注) 事業所は賃借しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設等
         該当事項はありません。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 20/86











                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 48,800,000

                  計                                48,800,000

        ②【発行済株式】

                                           上場金融商品取引所
            事業年度末現在発行数(株)                提出日現在発行数(株)
       種類                                   名又は登録認可金融             内容
              (2018年12月31日)               (2019年3月26日)
                                           商品取引業協会名
                                            東京証券取引所
                                                      単元株式数
      普通株式             12,340,100               12,340,100            JASDAQ
                                                        100株
                                           (スタンダード)
        計            12,340,100               12,340,100             ―          ―
      (注) 提出日現在の発行数には、2019年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の権利行使により
          発行された株式数は、含まれておりません。
                                 21/86














                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
     (第10回ストックオプション)
                                  株主総会の特別決議 2017年3月24日
      決議年月日
                                  取締役会決議    2017年4月17日
                                  当社従業員          103名
      付与対象者の区分および人数(名)
                                  当社子会社および孫会社従業員                 17名
      新株予約権の数(個)※                            2,310
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容および
                                  普通株式     231,000
      数(株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1個あたり96,700(注)
      新株予約権の行使期間           ※
                                  2020年4月1日~2022年4月30日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式                            発行価格  967
      の発行価格および資本組入額(円)※                            資本組入額 484
                                  ①  本新株予約権は、割り当てられる新株予約権の個数
                                   の一部または全部につき、これを行使することがで
                                   きるものとする。各新株予約権の行使は、その目的
                                   たる株式の数が1単元の株式数の整数倍となる場合
      新株予約権の行使の条件            ※
                                   に限り、これを行うことができる。
                                  ②  本新株予約権者は本新株予約権の行使時において、
                                   当社グループの取締役または従業員の地位にあるこ
                                   とを要する。
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  当社取締役会の決議による承認を要する。
                                  組織再編に際して定める契約書または計画書等に以下
                                  に定める株式会社の新株予約権を交付する旨を定めた
                                  場合には、当該組織再編の比率に応じて、以下に定め
                                  る株式会社の新株予約権を交付するものとする。
                                  ①  合併(当社が消滅する場合に限る。)
                                   合併後存続する株式会社または合併により設立する
                                   株式会社
                                  ②  吸収分割
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                   吸収分割する株式会社がその事業に関して有する権
      事項   ※
                                   利義務の全部または一部を継承する株式会社
                                  ③  新設分割
                                   新設分割により設立する株式会社
                                  ④  株式交換
                                   株式交換をする株式会社の発行済株式全部を取得す
                                   る株式会社
                                  ⑤  株式移転
                                   株式移転により設立する株式会社
                                 22/86







                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年2月28日)
        において記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を
        省略しております。
     (注)     本新株予約権発行日後に、当社が株式分割または株式併合を行う場合には、行使価額を以下に定める算式により
         調整し、調整の結果生じる1円未満の端数は、これを切り捨てる。
                            1
           調整後      調整前
               =      ×
          行使価額      行使価額
                        分割・併合の比率
         また、本新株予約権発行日後に、当社が時価を下回る払込価額で新株を発行または自己株式を処分(ただし、新
         株予約権の行使による場合を除く。)する場合には、行使価額を以下に定める算式により調整し、調整の結果生
         じる1円未満の端数は、これを切り捨てる。なお、次の算式において、「既発行株式数」とは、当社の発行済株
         式数から当社の保有する自己株式を控除した数をいうものとする。
                             新規発行株式数×1株当たり払込金額
                      既発行株式数+
                                  1株  当たり   の時価
           調整後      調整前
               =      ×
          行使価額      行使価額
                        既発行株式数+新規発行による増加株式数
         上記のほか、本新株予約権発行日後に、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他これらの場合
         に準じ、行使価額の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、当社の取締役会が行使価額を適切に調整でき
         るものとする。
                                 23/86















                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
     (第11回ストックオプション)
      決議年月日                            取締役会決議 2017年4月17日
                                  当社取締役          4名
                                  当社従業員          44名
      付与対象者の区分および人数(名)
                                  当社子会社および孫会社従業員                 4名
      新株予約権の数(個)※                            3,375
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容および
                                  普通株式     337,500
      数(株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1個あたり96,700(注)
      新株予約権の行使期間           ※
                                  2020年4月1日~2022年4月30日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式                            発行価格  967
      の発行価格および資本組入額(円)※                            資本組入額 484
                                  ①  新株予約権者は、下記(a)、(b)、または(c)
                                   に掲げる条件を満たした場合、各新株予約権者に割
                                   り当てられた新株予約権のうち、それぞれ定められ
                                   た割合の個数を、2019年12月期の有価証券報告書の
                                   提出日の翌月1日から行使することができる。な
                                   お、行使可能な新株予約権の数に1個未満の端数が
                                   生じる場合は、これを切り捨てた数とする。
                                  (a)2019年12月期の当社グループ連結売上総利益が22
                                    億円を超過した場合
                                    割り当てられた新株予約権の30%
                                  (b)2019年12月期の当社グループ連結売上総利益が24
                                    億円を超過した場合
                                    割り当てられた新株予約権の60%
                                  (c)2019年12月期の当社グループ連結売上総利益が26
                                    億円を超過した場合
      新株予約権の行使の条件            ※
                                    割り当てられた新株予約権の100%
                                   なお、上記(a)、(b)、および(c)における連
                                   結売上総利益の判定においては、当社の有価証券報
                                   告書に記載される連結損益計算書(連結損益計算書
                                   を作成していない場合、損益計算書)の数値を用い
                                   るものとし、適用される会計基準の変更等により参
                                   照すべき売上総利益の概念に重要な変更があった場
                                   合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照
                                   すべき適正な指標を取締役会にて定めるものとす
                                   る。
                                  ②  新株予約権者は、新株予約権の権利行使時において
                                   も、当社または当社関係会社の取締役、従業員であ
                                   ることを要する。ただし、任期満了による退任、定
                                   年退職等の場合であって正当な理由があると取締役
                                   会が認めた場合は、この限りではない。
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  当社取締役会の決議による承認を要する。
                                  組織再編行為に際して、一定の条件に沿って再編対象
                                  会社の新株予約権を交付する旨を吸収合併契約、新設
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                  合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契
      事項   ※
                                  約または株式移転計画において定めた場合に限り、当
                                  該新株予約権を交付する。
                                 24/86




                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年2月28日)
        において記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を
        省略しております。
     (注) 本新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整
         による1円未満の端数は切り上げる。
                            1
           調整後      調整前
               =      ×
          行使価額      行使価額
                      分割(または併合)の比率
         また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処
         分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行および自己株式の処分ならびに株式交換による自己株式の
         移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                             新規発行株式数×1株当たり払込金額
                      既発行株式数+
                               新規発行前の1株当たりの時価
           調整後      調整前
               =      ×
          行使価額      行使価額
                           既発行株式数+新規発行株式数
         なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式にかか
         る自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式
         数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他これ
         らの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整を行う
         ことができるものとする。
                                 25/86














                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (千円)        (千円)
                 (株)        (株)                      (千円)        (千円)
     2013年1月1日           12,216,699        12,340,100            ―   1,175,267            ―   1,291,162

      (注)      2013年1月1日付で1株を100株とする株式分割を行ったことによる増加であります。

                                 26/86















                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                    2018年12月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                        単元未満
         区分      政府及び                       外国法人等                  株式の状
                          金融商品     その他の               個人その
                地方公共     金融機関                                計   況(株)
                          取引業者     法人               他
                団体                    個人以外      個人
     株主数(人)              ―     6     25     36     20     ▶   5,407     5,498       ―
     所有株式数(単元)              ―   1,893     3,637     20,987      720     289    95,852     123,378      2,300

     所有株式数の割合(%)              ―    1.54     2.95     17.01     0.58     0.23     77.69     100.00       ―

      (注) 自己株式1,530,021株は「個人その他」に15,300単元、「単元未満株式の状況」に21株含まれております。
          なお、自己株式は、全て当社名義となっており、また全て実質的に所有しております。
       (6)【大株主の状況】

                                                   2018年12月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                             所有株式数
                                                    総数に対する所有
           氏名又は名称                     住所
                                             (千株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                                               2,228         20.61

     飯塚哲哉                  東京都文京区
                        東京都文京区西片2丁目7-13                        1,950         18.04

     有限会社豊人
                                                250         2.31

     松田健太郎                  富山県富山市
                                                179         1.66

     西川典孝                  千葉県千葉市緑区
                                                142         1.32

     中原隆志                  神奈川県横浜市港北区
                                                120         1.11

     田中大樹                  神奈川県横浜市中区
                        東京都千代田区有楽町1丁目13-1                         81        0.75

     第一生命保険株式会社
                        東京都世田谷区三軒茶屋2丁目2-16                         77        0.72

     シリコンテクノロジー株式会社
                                                 70        0.65

     野上一孝                  千葉県市川市
                                                 70        0.65

     金村雄仁                  大阪府大阪市生野区
                                 ―              5,169         47.82

             計
      (注) 有限会社豊人は2005年8月に設立され、当社代表取締役会長飯塚哲哉が取締役を兼務しております。
                                 27/86







                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年12月31日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

      無議決権株式                       ―             ―             ―

      議決権制限株式(自己株式等)                       ―             ―             ―

      議決権制限株式(その他)                       ―             ―             ―

                                                 権利内容に何ら限定の
                       (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                   ―       ない当社における標準
                        普通株式 1,530,000
                                                 となる株式
                        普通株式     10,807,800
      完全議決権株式(その他)                                     108,078          同上
      単元未満株式                  普通株式   2,300                  ―             ―

      発行済株式総数                      12,340,100             ―             ―

      総株主の議決権                       ―              108,078           ―

        ②【自己株式等】

                                                   2018年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に
      所有者の氏名又は                     自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                  所有者の住所                                  対する所有株式数
      名称                     株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)
     ザインエレクトロニ           東京都千代田区神田
                             1,530,000            ―    1,530,000            12.40
     クス株式会社           美土代町9-1
          計           ―        1,530,000            ―    1,530,000            12.40

                                 28/86











                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】         普通株式
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議または取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況および保有状況】

                                   当事業年度                 当期間
                区分
                                     処分価額の総額                処分価額の総額
                              株式数(株)                株式数(株)
                                       (円)                (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                              ―        ―        ―        ―
      消却の処分を行った取得自己株式                              ―        ―        ―        ―

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                    ―        ―        ―        ―
      取得自己株式
      その他
                                170,330      255,154,340             ―        ―
      (第三者割当による自己株式の処分)(注)1
      保有自己株式数 (注)2                          1,530,021            ―    1,530,021            ―
       (注)1      当事業年度における、その他             (第三者割当による自己株式の処分)は、キャセイ・トライテック株式会社
            の株式取得に伴い、2018年12月6日付(みなし取得日:2018年12月31日)で実施した第三者割当による自
            己株式の処分であります。
          2 当期間における保有自己株式数には、2019年3月1日から有価証券報告書提出日までのストックオプショ
            ンの権利行使による株式数は含めておりません。
                                 29/86










                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は経営基盤の一層の強化と今後の積極的な事業展開に備えるために内部留保の充実を重視しておりますが、株
       主に対する積極的かつ安定的な利益還元策の実施も重要な経営課題と認識しております。具体的には業績動向、配当
       性向等を考慮しながら、利益配当(年1回)を実施したいと考えております。剰余金の配当の決定機関は取締役会で
       あります。
        上記の方針に基づき、当社業績と配当金の連動を高める観点から、第26期(2017年12月期)は、1株当たり9円、
       総額95百万円の配当を実施いたしました。
        当社は「取締役会の決議により、毎年6月30日を基準日として中間配当を行うことができる」旨、および「会社法
       第459条第1項の規定に基き、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができる。」旨を定款に定めてお
       ります。
        なお、第27期(2018年12月期)の配当についての取締役会決議は2019年2月6日に行っており、当社普通株式1株
       につき金9円(配当総額97百万円)とさせていただきました。
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第23期         第24期         第25期         第26期         第27期
       決算年月         2014年12月         2015年12月         2016年12月         2017年12月         2018年12月

       最高(円)             1,830         2,072         1,681         1,387         1,337

       最低(円)             1,035         1,088          865         937         705

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別       2018年7月         8月        9月        10月        11月        12月
       最高(円)           1,202        1,178        1,181        1,191        1,153        1,106

       最低(円)           1,069        1,055        1,077        1,055        1,033         705

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                 30/86











                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性 8名 女性           ― 名 (役員のうち女性の比率              ― %)
                                                        所有株式数
      役名     職名     氏名      生年月日                              任期
                                       略歴
                                                         (株)
                             1975年4月      東京芝浦電気株式会社(現、株式会社東
                                   芝)入社
                             1990年4月      ヒルストン株式会社代表取締役(現、有限
                                   会社ヒルストン取締役(現任))
                             1990年5月      株式会社東芝半導体技術研究所第2LSI開
                                   発部長
                             1991年5月      株式会社ザイン・マイクロシステム研究所
                                   設立、代表取締役
      代表
                                                        4,178,200
                             1992年6月      当社設立、代表取締役社長
      取締役         飯塚 哲哉      1947年4月17日生                               (注2)
                                                         (注4)
                             2000年9月      哉英電子股份有限公司董事長
      会長
                             2004年11月      社団法人日本半導体ベンチャー協会会長
                             2005年8月      有限会社豊人取締役(現任)
                             2011年5月      社団法人日本半導体ベンチャー協会最高顧
                                   問
                             2013年3月
                                   当社代表取締役会長(現任)
                             2013年9月      一般社団法人日本電子デバイス産業協会顧
                                   問(現任)
                             1989年4月      通商産業省(現、経済産業省)入省
                             2001年1月      経済産業省産業構造課課長補佐
                             2002年2月      当社入社、業務部長
                             2002年3月      当社取締役
                             2009年1月      当社経営企画部長
                             2012年11月      賽恩電子香港股份有限公司董事(現任)
      代表
                             2016年3月
                                   当社常務取締役
      取締役         高田 康裕      1965年10月11日生                               (注2)      19,600
                             2017年2月
                                   当社代表取締役社長(現任)
      社長
                             2017年7月
                                   前海賽恩電子(深圳)有限公司董事長(現
                                   任)
                             2017年8月
                                   ザインエレクトロニクスコリア株式会社代
                                   表理事(現任)
                             2018年2月
                                   THine   Solutions,Inc.      President(現任)
                             2018年4月
                                   哉英電子股份有限公司董事長(現任)
                             1992年4月      新日本製鐵株式会社入社
                             1999年1月      当社入社
                             2008年4月      当社第1ビジネスデベロップメントユニッ
                                   ト長
                             2011年2月      当社営業企画部長
                             2012年2月      当社製品企画部長
      取締役    開発部長    佐々木 和久      1968年9月11日生                               (注2)      25,800
                             2013年1月      当社開発部担当部長
                             2015年1月
                                   当社開発部長(現任)
                             2016年1月      当社執行役員
                             2016年3月
                                   シリコンライブラリ株式会社社外取締役
                                   (現任)
                             2017年3月
                                   当社取締役(現任)
                             1992年4月      兼松株式会社入社
                             2002年4月      当社入社
                             2003年1月      当社業務部経理グループマネージャ
      取締役    総務部長     山本 武男      1969年1月3日生                               (注2)      1,000
                             2012年2月      当社総務部長(現任)
                             2017年3月
                                   当社取締役(現任)
                             1991年4月      松下電送株式会社入社
                             1993年9月      キャセイ・トライテック株式会社設立、代
                                   表取締役
                             2011年9月      日電(中国)有限公司総裁補佐兼移動通信
                                   端末事業部総経理
                             2011年11月      キャセイ・トライテック株式会社代表取締
                                   役会長
      取締役         中原 隆志      1961年5月14日生
                                                    (注2)     142,984
                             2012年3月      キャセイ・トライテック株式会社相談役社
                                   主
                             2013年3月      キャセイ・トライテック株式会社代表取締
                                   役社長(現任)
                             2015年9月
                                   深圳泰晨通訊科技有限公司董事(現任)
                             2018年12月
                                   当社執行役員
                             2019年3月
                                   当社取締役(現任)
                                 31/86




                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
      役名     職名     氏名      生年月日                              任期
                                       略歴
                                                         (株)
                             1973年4月      三菱電機株式会社入社
                             1990年6月      Mitsubishi     Semiconductor      Europe,    GmbH
                                   副社長兼工場長
                             1995年12月      三菱電機株式会社半導体事業本部半導体海
                                   外第3部部長
                             1999年9月      Mitsubishi     Electric    Europe,GmbH     (ドイ
                                   ツ)半導体カンパニー社長、
                                   Mitsubishi     Electric    Europe   BV (オラン
                                   ダ、イギリス)Director、
                                   Mitsubishi     Semiconductor      Europe,    GmbH
      取締役
                                   Director
     常勤監査          舟田 饒     1946年11月1日生
          (注1)                                          (注3)      2,500
                             2003年4月      Renesas    Technology     Europe   GmbH  (ドイ
      等委員
                                   ツ)社長、
                                   Renesas   Technology     Europe,   Ltd.  (イギ
                                   リス)Director
                             2006年4月      株式会社ルネサステクノロジ取締役兼営業
                                   本部本部長
                             2007年3月      当社常勤監査役
                             2008年1月      イサハヤ電子株式会社顧問
                             2009年6月      イサハヤ電子株式会社取締役兼営業本部長
                             2015年3月      当社常勤監査役
                             2016年3月
                                   当社取締役常勤監査等委員(現任)
                             1982年4月      弁護士登録
                             1987年4月      英国クライド・アンド・カンパニー法律事
                                   務所で執務
                             1988年5月      東京第一弁護士会登録
                                   岡部・山口法律事務所開設、パートナー
                             1990年9月
                             2000年3月      当社監査役
      取締役
                             2004年6月      玉井商船株式会社社外監査役(現任)
      監査等    (注1)     山口 修司      1956年12月27日生                               (注3)      1,000
                                   岡部・山口法律事務所代表パートナー
                             2010年1月
      委員
                                   株式会社住友倉庫社外監査役
                             2014年6月
                             2016年3月      当社取締役監査等委員(現任)
                                   株式会社住友倉庫社外取締役(現任)
                             2017年6月
                                   弁護士法人岡部・山口法律事務所代表弁護
                             2017年7月
                                   士(現任)
                             1981年4月      東京国税局採用
                             1995年8月      松岡章夫税理士事務所開設
      取締役
                             2008年8月
                                   税務大学校講師(現任)
      監査等    (注1)     松岡 章夫      1958年12月29日生                               (注3)        ―
                             2012年6月
                                   税理士法人松岡事務所代表社員(現任)
      委員
                             2015年3月
                                   当社監査役
                             2016年3月
                                   当社取締役監査等委員(現任)
                              計                          4,371,084
      (注)1      取締役    舟田饒、取締役山口修司および取締役松岡章夫の各氏は社外取締役であります                                    。
         2 2019年3月26日開催の定時株主総会における選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する
           定時株主総会の終結の時までであります。
         3 2018年3月29日開催の定時株主総会における選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する
           定時株主総会の終結の時までであります。
         4 代表取締役飯塚哲哉の所有株式数には、飯塚哲哉が取締役を務める有限会社豊人の所有株式数1,950,000株
           を含んでおります。
         5 当社は執行役員制度を導入しており、執行役員は、次の2名であります。
           執行役員        野上 一孝
           執行役員 経営企画部長 村上 芳道
                                 32/86





                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ① 企業統治の体制
         イ.企業統治体制の概要
           当社は、     監査等委員会設置会社であり、               持続的な成長と中長期的な企業価値を向上させつつ、コーポレー
          ト・ガバナンスの強化を図っております。
           当社の取締役会は、          取締役(監査等委員である者を除く)5名および監査等委員である取締役3名(全員が
          社外取締役)      の計8名の取締役により構成されており、取締役が十分な議論の上に適切な意思決定を行うこと
          ができる規模となっております。取締役会は、毎月定例で開催するもののほか、緊急を要する案件があれば機
          動的に臨時の取締役会を開催しております。取締役の定数は12名以内とし、「取締役の選任決議は、議決権を
          行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行
          う。」旨、および「取締役の選任決議は、累積投票によらない。」旨を定款に定めております。
           また、社外取締役である監査等委員3名は、監査等委員会を構成し、取締役会における議決権行使等を通じ
          て監督機能を果たすと共に、取締役の職務執行の監査および監査報告の作成を行います。
           さらに、当社では、業務全般にわたる業務分掌および職務権限に係る規程を整備しており、ルールに基づき
          各職位が業務を遂行し、これをモニタリングする体制によりコンプライアンス遵守の徹底を図っております。
          また、法律上の判断を必要とする場合には、適時、弁護士にアドバイスを受けるなどにより、不測のリスク回
          避に努めております。
         ロ.企業統治体制の採用理由

           健全で透明性が高く、経営環境の変化に対応できる公正な経営システムの構築が重要な経営課題の一つと考
          えております。このような基本的方針のもとに、迅速かつ的確な意思決定を図り、積極的に情報開示を行える
          経営体制構築に取り組んでおります。今後ともコーポレート・ガバナンスの充実を目指しタイムリーディスク
          ロージャーに取り組むことにより、株主等利害関係者に対する経営の透明性を高めていく所存であります。
         ハ.内部統制

           当社は内部統制基本方針を2006年5月に制定し、各部門で自己評価を行うとともに、内部監査室による独立
          的モニタリングを行っております。内部監査室は、                        監査等委員会      と連携しつつ、       監査等委員監査       とは別に、連
          結グループを対象に独自の業務監査と会計監査を実施し、内部統制システムの検証・改善に寄与する役割を
          担っております。
         ニ.リスク管理

           当社はリスク管理体制確立のため関係規程を制定しており、規程整備を含めた組織横断的リスク状況の監視
          および全社的対応は総務部が行うこととしているほか、各分掌業務を担当する部門において、マニュアルの作
          成・配布、研修等を行うこととしています。
         ホ .当社グループにおける           業務の適正を確保するための体制

           当社は、当社グループにおける業務の適正を確保するため、当社グループの事業に関して責任を負う取締
          役を任命し、法令遵守体制、リスク管理体制を構築する権限と責任を与えており、当該取締役は取締役会に
          おいて執行状況を報告するほか、総務部はこれらを横断的に推進し、管理することとしています。また、子
          会社管理については、「関係会社管理規程」に基づく管理体制を構築しております。
                                 33/86







                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        ② 内部監査および監査等委員監査の状況
          当社の内部監査は、3名で構成する内部監査室が担当しております。内部監査規程に基づき社内の適任者によ
         る調査等にあたっては、各部門から選定したメンバーにより内部牽制が効く体制で行っております。内部監査の
         結果については監査終了後に監査報告書を作成し社長へ報告しております。また、内部監査室は                                            監査等委員     と定
         期的な連絡会において情報交換を行うほか、必要に応じて会計監査人へ報告しております。
          各    監査等委員     は取締役会へ出席し、意見具申を行うなど、取締役の業務執行全般にわたって監査を実施してお
         ります。また、会計監査人、内部監査室と緊密な連携を保ち、合理的な監査に努めております。
        ③ 社外取締役

         イ.員数
           当社の社外取締役は3名であり、全員が監査等委員であります。
         ロ.社外取締役の機能・役割、会社との利害関係、選任状況に関する考え方

           当社の社外取締役は3名であります。当社では社外取締役を選任するための独立性に関する基準または方針
          は定めておりませんが、社外取締役は取締役会および監査等委員会に出席し、豊富な経験を通じて培われた見
          識をもって独立した立場から発言を行っております。当社は、社外                               取締役の取締役会における議決権行使や意
          見具申等により、        社外の独立した立場の視点が経営に取り入れられ、取締役会の意思決定に客観性や中立性が
          確保されると考えております。
           当社は、社外取締役として舟田饒、山口修司、松岡章夫の各氏を選任しておりますが、舟田氏は当業界にお
          ける豊富な経験と幅広い知識、山口氏は弁護士としての専門的見識、松岡氏は税務および会計に関する豊富な
          経験と知識を有していると判断しております。
           社外取締役のうち1名は当社株式2,500株、1名は1,000株を所有しておりますが、会社と全社外取締役との
          人的関係または取引関係その他の利害関係はありません。
         ハ.責任限定契約の概要

           当社と各社外取締役との間では、会社法第423条第1項に定める損害賠償責任について、会社法第425条第1
          項に定める最低責任限度額を限度とする契約を締結しております。
        ④ 役員報酬等

         イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                    報酬等の総額
          役員区分                                             役員の員数
                                  ストック
                     (千円)
                           基本報酬             業績連動報酬       退職慰労金
                                                       (人)
                                  オプション
     取締役(監査等委員を除く)
                      60,375       49,986         ―    10,389         ―       ▶
     (社外取締役を除く)
     社外取締役(監査等委員)                 10,056       10,056         ―       ―       ―       3
         ロ.報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等

           該当事項はありません。
         ハ.使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

           該当事項はありません。
                                 34/86






                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         ニ.役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容および決定方法
          a  . 方針の内容および決定方法
            当社では、役員報酬等の決定に関する方針を、以下のとおり定めております。
           〔役員報酬等の決定に関する方針〕
            役員報酬は、当社グループが企業価値を増大させ、事業活動と付加価値を通じて社会貢献しながら持続的
           に発展していくために、個々の役員がその持てる能力を遺憾なく発揮し、意欲的に職責を果たしていくこと
           を可能ならしめる内容のものとしております。
           ・業務執行取締役:月例報酬と業績連動報酬で構成されます。月例報酬は、役位ごとの基準額をベースに会
            社への貢献度等に応じて決定した額を、毎月金銭で支給しております。業績連動報酬は、各事業年度の業
            績に応じて、年一回、原則として金銭で支給しております。
           ・非業務執行取締役および監査等委員である取締役:役位等に応じた一定額の月例報酬のみを、毎月金銭で
            支給しております。
            なお、業績連動報酬については、当該連結会計年度の当期純利益と連動して算定し、これにより確定した
           支給額(ただし、総額1億円を上限とする)を監査等委員(社外取締役)の全員が当該決議に賛成している
           場合における取締役会決議により決定された場合に有効となり、当該連結会計年度にかかる定時株主総会終
           了後1ヶ月以内に支給しております。
          b  . 業績連動報酬の決定方法

           ⅰ)総支給額
             連結当期純利益がある場合において、業績連動報酬の総支給額控除前の連結当期純利益に0.75%を乗じ
            て9.5百万円を加算したもの(ただし、100百万円を上限とする。)とし、連結当期純損失の場合には支給
            しておりません。
           ⅱ)個別支給額
             以下の計算式により算定した額(千円未満切り捨て)としております。
                            (役位ポイント + 実績ポイント)
             個別支給額     =  総支給額     ×
                          対象となる業務執行取締役のポイントの総和
            <役位ポイント>
                 代表取締役              取締役
                   4.0             3.5
            <実績ポイント>
             実績ポイント総計は5.0とし、当期における個別の業務執行取締役の業績実績を踏まえた個別割当案に
            対して、監査等委員(社外取締役)の全員が当該決議に賛成している場合における取締役会決議により決
            定された場合に有効となります。
             ただし、連結対象子会社の取締役を兼務する業務執行取締役で、当該子会社より役員報酬を支給する業
            務執行取締役が生じる場合には、当該業務執行取締役については、役位ポイントおよび実績ポイントとも
            にゼロにすることとしております。
             個別支給額の限度額は下表の通りとしております。
            <個別支給額の限度額>
                 代表取締役              取締役
                 10百万円             5百万円
           なお、2019年3月18日開催の取締役会において、2018年度の業績連動報酬に関して、上記方法に基づき算定

          し、支給額を確定しております。
                                 35/86






                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        ⑤ 株式の保有状況
         イ.保有目的が純投資目的以外である投資株式
           銘柄数                                 1銘柄
           貸借対照表計上額の合計額   7,260千円
         ロ.保有目的が純投資目的以外である投資株式の銘柄、株式数、貸借対照表計上額および保有目的

           前事業年度
            特定投資株式
                                     貸借対照表計上額
                            株式数(株)
                銘柄                                  保有目的
                                       (千円)
        Raydium    Semiconductor       Corporation             583,333          126,362
                                              取引関係の強化
           当事業年度

            該当事項はありません。
        ⑥ 会計監査の状況

          当社の会計監査業務を執行した公認会計士は有限責任監査法人トーマツに所属する松村浩司氏および木村尚子
         氏であり、独立の立場から会計に関する意見表明を受けております。当社の会計監査業務に係る補助者は、公認
         会計士6名およびその他6名であります。
        ⑦ 取締役の定数

          当社の取締役は12名以内(               うち監査等委員である取締役は4名以内                   )とする旨定款に定めております。
        ⑧ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとした事項およびその理由

         イ.自己株式の取得
           当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己株式を取得することができる旨
          を定款に定めております。これは、経営環境に応じた機動的な資本政策の遂行を可能にするためであります。
         ロ.剰余金配当等
           当社は、剰余金の配当等の会社法第459条第1項各号に掲げる事項について、取締役会の決議により定める
          旨を定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会の権限とすることにより株主への機動的な利
          益還元を可能にするためであります。
         ハ.中間配当金
           当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年6月30日を基準日として剰余金
          の配当(中間配当)をすることができる旨を定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会の権
          限とすることにより株主への機動的な利益還元を可能にするためであります。
         ニ.取締役の責任免除
           当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含
          む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定
          めております。これは、職務の遂行にあたって期待される役割を十分に発揮できるようにするためでありま
          す。
        ⑨ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項の規定により、株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することがで
         きる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定
         めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行
         うためであります。
        ⑩ 取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨および取締役の選任決議においては累積投票によらないことと
         する旨を定款に定めております。
                                 36/86



                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
      提出会社                20,000              ―         21,500              ―

      連結子会社                   ―           ―           ―           ―

         計             20,000              ―         21,500              ―

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査日数、会社の規模・業務の特性等の
         要素を勘案して適切に決定しております。
                                 37/86











                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)連結財務諸表
         当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に
        基づいて作成しております。
       (2)個別財務諸表

         当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下、
        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年1月1日から2018年12月31日
       まで)の連結財務諸表および事業年度(2018年1月1日から2018年12月31日まで)の財務諸表について、有限責任監
       査法人トーマツにより監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適正に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、監査法人等が主
       催するセミナーへの参加および刊行物の購読等を行っております。
                                 38/86













                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       6,011,001              5,515,652
         現金及び預金
                                        263,896              430,789
         売掛金
                                        234,284              192,674
         商品及び製品
                                         60,922              70,280
         仕掛品
                                         44,405              46,630
         原材料
                                           -             8,592
         繰延税金資産
                                         94,790              118,767
         その他
                                       6,709,299              6,383,387
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        123,395              123,419
          建物及び構築物
                                        △ 87,301             △ 88,688
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             36,093              34,731
                                           -            18,449
          車両運搬具
                                           -            △ 4,369
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                               -            14,079
                                        483,764              489,853
          工具、器具及び備品
                                       △ 420,122             △ 443,543
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             63,641              46,309
                                         3,275              3,440
          土地
                                        103,010               98,560
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           -            440,462
          のれん
                                         10,417               7,795
          ソフトウエア
                                           551              780
          電話加入権
                                         10,969              449,039
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※1 2,135,792             ※1 2,085,100
          投資有価証券
                                         93,214              107,634
          その他
                                       2,229,006              2,192,735
          投資その他の資産合計
                                       2,342,986              2,740,335
         固定資産合計
                                       9,052,286              9,123,722
       資産合計
                                 39/86








                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        162,600              243,838
         買掛金
                                         11,029              35,085
         未払法人税等
                                         11,905              15,367
         賞与引当金
                                           -            10,389
         役員賞与引当金
                                        265,105              277,326
         その他
                                        450,640              582,007
         流動負債合計
       固定負債
                                         22,813                -
         繰延税金負債
                                           -            18,529
         退職給付に係る負債
                                         24,401              24,735
         資産除去債務
                                           -            83,793
         その他
                                         47,214              127,058
         固定負債合計
                                        497,855              709,065
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,175,267              1,175,267
         資本金
                                       1,291,162              1,291,162
         資本剰余金
                                       8,716,768              8,661,743
         利益剰余金
                                      △ 2,547,037             △ 2,291,882
         自己株式
                                       8,636,160              8,836,289
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                       △ 168,859             △ 529,911
         その他有価証券評価差額金
                                         55,417              44,660
         為替換算調整勘定
                                       △ 113,442             △ 485,250
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  31,713              61,675
                                           -             1,941
       非支配株主持分
                                       8,554,431              8,414,656
       純資産合計
                                       9,052,286              9,123,722
      負債純資産合計
                                 40/86










                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                       3,165,207              3,207,755
      売上高
                                      ※3 1,222,050             ※3 1,292,690
      売上原価
                                       1,943,157              1,915,065
      売上総利益
                                    ※1 , ※2 2,433,975           ※1 , ※2 1,882,998
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                  △ 490,818               32,066
      営業外収益
                                         17,571              18,834
       受取利息
                                         36,857              14,912
       受取配当金
                                           -             8,709
       保険返戻金
                                         5,366              3,231
       雑収入
                                         59,794              45,687
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         12,889                -
       持分法による投資損失
                                         74,315              20,534
       為替差損
                                           -             2,717
       投資事業組合運用損
                                         6,703                -
       雑損失
                                         93,908              23,251
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 524,932               54,502
      特別利益
                                           -            76,605
       投資有価証券売却益
                                         4,358                90
       その他
                                         4,358              76,695
       特別利益合計
      税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                       △ 520,573              131,198
      失(△)
                                         2,732              24,038
      法人税、住民税及び事業税
                                         2,732              24,038
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                  △ 523,306              107,160
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                       △ 523,306              107,160
      帰属する当期純損失(△)
                                 41/86









                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      当期純利益又は当期純損失(△)                                  △ 523,306              107,160
      その他の包括利益
                                        △ 24,868             △ 361,051
       その他有価証券評価差額金
                                         14,621             △ 10,756
       為替換算調整勘定
                                       ※1 △ 10,246           ※1 △ 371,807
       その他の包括利益合計
                                       △ 533,552             △ 264,647
      包括利益
      (内訳)
                                       △ 533,552             △ 264,647
       親会社株主に係る包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る包括利益
                                 42/86
















                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
                                                 (単位:千円)
                                  株主資本
                    資本金       資本剰余金        利益剰余金        自己株式      株主資本合計
     当期首残高
                    1,175,267       1,291,162        9,370,794      △ 2,613,997       9,223,226
     当期変動額
      剰余金の配当                              △ 95,355             △ 95,355
      親会社株主に帰属する当期
                                    △ 523,306             △ 523,306
      純損失(△)
      自己株式の処分                              △ 35,365       66,960       31,595
      株主資本以外の項目の当期
                                                     -
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                       -       -     △ 654,026        66,960      △ 587,066
     当期末残高               1,175,267       1,291,162        8,716,768      △ 2,547,037       8,636,160
                                                        (単位:千円)

                        その他の包括利益累計額
                                         新株予約権      非支配株主持分        純資産合計
                  その他有価証券               その他の包括利益
                         為替換算調整勘定
                   評価差額金               累計額合計
     当期首残高               △ 143,991        40,795       △ 103,195        12,844         -    9,132,874
     当期変動額
      剰余金の配当                                -                   △ 95,355
      親会社株主に帰属する当期
                                       -                  △ 523,306
      純損失(△)
      自己株式の処分                                -                    31,595
      株主資本以外の項目の当期
                     △ 24,868       14,621       △ 10,246       18,869         -      8,622
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                     △ 24,868       14,621       △ 10,246       18,869         -    △ 578,443
     当期末残高               △ 168,859        55,417       △ 113,442        31,713         -    8,554,431
                                 43/86










                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                                                 (単位:千円)
                                  株主資本
                    資本金       資本剰余金        利益剰余金        自己株式      株主資本合計
     当期首残高               1,175,267       1,291,162        8,716,768      △ 2,547,037       8,636,160
     当期変動額
      剰余金の配当                              △ 95,757             △ 95,757
      親会社株主に帰属する当期
                                    107,160              107,160
      純利益
      自己株式の処分
                                    △ 66,427       255,154       188,726
      株主資本以外の項目の当期
                                                     -
      変動額(純額)
     当期変動額合計                  -       -     △ 55,024       255,154       200,129
     当期末残高               1,175,267       1,291,162        8,661,743      △ 2,291,882       8,836,289
                                                        (単位:千円)

                        その他の包括利益累計額
                                         新株予約権      非支配株主持分        純資産合計
                  その他有価証券               その他の包括利益
                         為替換算調整勘定
                   評価差額金               累計額合計
     当期首残高               △ 168,859        55,417       △ 113,442        31,713         -    8,554,431
     当期変動額
      剰余金の配当                                -                   △ 95,757
      親会社株主に帰属する当期
                                       -                   107,160
      純利益
      自己株式の処分
                                       -                   188,726
      株主資本以外の項目の当期
                    △ 361,051       △ 10,756       △ 371,807        29,961        1,941     △ 339,904
      変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 361,051       △ 10,756       △ 371,807        29,961        1,941     △ 139,774
     当期末残高
                    △ 529,911        44,660       △ 485,250        61,675        1,941     8,414,656
                                 44/86










                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純
                                       △ 520,573              131,198
       損失(△)
                                         32,380              35,166
       減価償却費
                                         28,586              30,051
       株式報酬費用
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 7,524              1,741
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                    -            10,389
       持分法による投資損益(△は益)                                  12,889                -
       投資事業組合運用損益(△は益)                                 △ 2,063              2,717
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -           △ 76,605
                                        △ 54,428             △ 33,746
       受取利息及び受取配当金
       為替差損益(△は益)                                  65,486              51,138
       売上債権の増減額(△は増加)                                  49,231             △ 56,647
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 55,457              66,983
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                  12,057             △ 13,739
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  24,452             △ 20,906
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                 157,581              △ 96,789
                                        △ 3,396               576
       その他
                                       △ 260,777               31,527
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  54,548              32,746
                                        △ 9,109             △ 5,995
       法人税等の支払額
                                         52,620               6,157
       法人税等の還付額
                                       △ 162,717               64,436
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        336,000              656,100
       定期預金の払戻による収入
                                       △ 678,000                 -
       定期預金の預入による支出
                                        △ 55,797             △ 11,876
       固定資産の取得による支出
                                           989               -
       敷金の回収による収入
                                        △ 3,125             △ 3,267
       敷金の差入による支出
                                           -            128,464
       投資有価証券の売却による収入
                                        △ 25,000             △ 499,702
       投資有価証券の取得による支出
                                        164,658              104,750
       投資有価証券の償還による収入
                                           -             7,000
       投資事業組合からの分配による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                                    ※2 △ 136,312
                                           -
       支出
                                        △ 2,943              4,377
       その他
                                       △ 263,219              249,533
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 95,355             △ 95,757
       配当金の支払額
                                         23,109                -
       ストックオプションの行使による収入
                                         3,127                -
       その他
                                        △ 69,118             △ 95,757
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 39,125             △ 35,561
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 534,180              182,650
                                       5,867,182              5,333,001
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 5,333,001             ※1 5,515,652
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 45/86




                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1 連結の範囲に関する事項
       (1)連結子会社の数            7 社
          主要な連結子会社名
           哉英電子股份有限公司(台湾)
           ザインエレクトロニクスコリア株式会社(韓国)
           賽恩電子香港股份有限公司(香港)
           前海賽恩電子(深圳)有限公司(中国)
           THine    Solutions,      Inc.(米国)
           キャセイ・トライテック株式会社(日本)
           深圳泰晨通訊科技有限公司(中国)
           上記のうち、THine          Solutions,      Inc.につきましては当連結会計年度において新たに設立したため、キャセ
          イ・トライテック株式会社および深圳泰晨通訊科技有限公司につきましては当連結会計年度においてキャセ
          イ・トライテック株式会社の株式を取得したため、連結の範囲に含めております。
       2 持分法の適用に関する事項

       (1)持分法を適用した非連結子会社の数
          該当事項はありません。
       (2)持分法を適用した関連会社の数                    1 社
          主要な会社名
           シリコンライブラリ株式会社
       3 連結子会社の事業年度等に関する事項

         連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
                                 46/86












                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
       4 会計方針に関する事項
       (1)重要な資産の評価基準および評価方法
         ① 有価証券の評価基準および評価方法
          その他有価証券
           時価のあるもの
            決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
           により算定)を採用しております。
           時価のないもの
            移動平均法による原価法を採用しております。
         ② たな卸資産の評価基準および評価方法
          a 商品及び製品
             総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用
            しております。
          b 原材料及び仕掛品
             個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用し
            ております。
       (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
         ① 有形固定資産
           定率法を採用しております。
           ただし、建物および2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については定額法を採用しております。
           なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
            建物         8~40年
            車両運搬具        6年
            工具器具備品     2~15年
         ② 無形固定資産
           定額法を採用しております。
           なお、ソフトウエア(自社利用分)については社内における利用可能期間(5年)に基づいて償却しており
          ます。
       (3)重要な引当金の計上基準
         ① 貸倒引当金
           債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
          については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         ② 賞与引当金
           従業員の賞与支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当連結会計年度に負担すべき額を計上しておりま
          す。
         ③ 役員賞与引当金
           役員の賞与支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当連結会計年度に負担すべき額を計上しておりま
          す。
       (4)退職給付に係る会計処理の方法
           退職給付に係る負債および退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務と
          する方法を用いた簡便法を採用しております。
       (5)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
           手許現金、要求払預金および取得日から3か月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であ
          り、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資からなっております。
       (6)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
          消費税等の会計処理
           税抜方式を採用しております。
                                 47/86





                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (表示方法の変更)
          (連結損益計算書)
           前連結会計年度において、「特別利益」に区分掲記しておりました「新株予約権戻入益」は、金額的重要性
          が乏しくなったため、当連結会計年度より「特別利益」の「その他」に含めて表示しております。この表示方
          法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「特別利益」に表示しておりました「                                            新株予約権戻
          入益  」4,358千円は「その他」に含めて表示しております。
          (連結キャッシュ・フロー計算書)

           前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めておりました「投資
          事業組合運用損益」は、重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表
          示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           また、前連結会計年度において、独立掲記しておりました「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「新株
          予約権戻入益」は、重要性が低下したため、当連結会計年度より「その他」に含めて表示しております。この
          表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           これらの結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・
          フロー」の「新株予約権戻入益」に表示しておりました△4,358千円は「その他」として、「その他」に表示
          しておりました△1,101千円は、「投資事業組合運用損益」△2,063千円、「その他」962千円として組替えて
          おり、「その他」は△3,396千円となっております。
                                 48/86














                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
     ※1 非連結子会社および関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (2017年12月31日)                  (2018年12月31日)
     投資有価証券(株式)                                   0千円                  0千円
         (連結損益計算書関係)

     ※1 販売費及び一般管理費のうち主なもの
                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                             (自 2017年1月1日                  (自 2018年1月1日
                             至 2017年12月31日)                    至 2018年12月31日)
     研究開発費                              1,514,736     千円              983,092    千円
                                     337,673                  307,427
     給与手当
                                      4,471                  5,920
     賞与引当金繰入額
                                       -               10,389
     役員賞与引当金繰入額
     ※2 一般管理費に含まれる研究開発費

               前連結会計年度                             当連結会計年度
             (自 2017年1月1日                            (自 2018年1月1日
              至 2017年12月31日)                              至 2018年12月31日)
                         1,514,736     千円                        983,092    千円
     ※3 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれておりま

        す。
               前連結会計年度                             当連結会計年度
             (自 2017年1月1日                            (自 2018年1月1日
              至 2017年12月31日)                              至 2018年12月31日)
                           57,891   千円                         95,162   千円
         (連結包括利益計算書関係)

     ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日               (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                △21,080千円               △307,258千円
      組替調整額                                    ―            △76,605
       税効果調整前
                                      △21,080               △383,864
       税効果額                               △3,787                22,813
       その他有価証券評価差額金
                                      △24,868               △361,051
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                 14,621              △10,756
        その他の包括利益合計
                                      △10,246               △371,807
                                 49/86






                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
        前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
         1 発行済株式の種類および総数ならびに自己株式の種類および株式数に関する事項
                                当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                      当連結会計年度
                      期首株式数(株)
                                増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                  12,340,100              ―          ―     12,340,100

            合計             12,340,100              ―          ―     12,340,100

     自己株式

      普通株式(注)                   1,745,051              ―       44,700        1,700,351

            合計             1,745,051              ―       44,700        1,700,351

     (注)     自己株式の数の減少は、           ストック・オプションの行使             による減少44,700株であります              。
         2 新株予約権および自己新株予約権に関する事項

           提出会社
           ストック・オプションとしての新株予約権の連結会計年度末の残高  31,713千円
         3 配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                            配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類      配当の原資                        基準日        効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
     2017年2月3日
                                        9.00
                普通株式      利益剰余金          95,355            2016年12月31日         2017年3月10日
     取締役会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                            配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類      配当の原資                        基準日        効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
     2018年2月6日
                普通株式      利益剰余金          95,757        9.00    2017年12月31日         2018年3月15日
     取締役会
                                 50/86










                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
         1 発行済株式の種類および総数ならびに自己株式の種類および株式数に関する事項
                                当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                      当連結会計年度
                      期首株式数(株)
                                増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                  12,340,100              ―          ―     12,340,100

            合計             12,340,100              ―          ―     12,340,100

     自己株式

      普通株式(注)                   1,700,351              ―       170,330         1,530,021

            合計             1,700,351              ―       170,330         1,530,021

     (注)     自己株式の数の減少は、キャセイ・トライテック株式会社の株式取得に伴い、2018年12月6日付(みなし取得
         日:2018年12月31日)で実施した第三者割当による自己株式の処分170,330株であります                                         。
         2 新株予約権および自己新株予約権に関する事項

           提出会社
           ストック・オプションとしての新株予約権の連結会計年度末の残高  61,675千円
         3 配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                            配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類      配当の原資                        基準日        効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
     2018年2月6日
                                        9.00
                普通株式      利益剰余金          95,757            2017年12月31日         2018年3月15日
     取締役会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                            配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類      配当の原資                        基準日        効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
     2019年2月6日
                普通株式      利益剰余金          97,290        9.00    2018年12月31日         2019年3月12日
     取締役会
                                 51/86










                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                  至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
     現金及び預金勘定                                  6,011,001千円              5,515,652千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                  △678,000                   ―
     現金及び現金同等物                                  5,333,001              5,515,652
     ※2 当連結会計年度に株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産および負債の主な内訳

        株式の取得により新たにキャセイ・トライテック株式会社および同社の子会社である深圳泰晨通訊科技有限公司を
        連結したことに伴う連結開始時の資産および負債の内訳ならびに同社株式の取得価額と同社取得のための支出(純
        額)との関係は次のとおりであります。
                                      335,780
         流動資産                                千円
                                      32,024
         固定資産
                                      440,462
         のれん
                                     △258,627
         流動負債
                                     △196,215
         固定負債
                                      △1,941
         非支配株主持分
          株式の取得価額                             351,482
         自己株式の処分額                            △188,726
                                     △166,270
         新規連結子会社の現金及び現金同等物
         支配獲得日からみなし取得日までの間に
                                      139,828
         実行された当該会社に対する貸付金
                                      136,312
          差引:取得による支出
                                 52/86












                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
              当社グループは、一時的な余資は主に流動性の高い金融資産で運用しており、投機的な取引は行わ
             ない方針であります。
           (2)金融商品の内容およびそのリスク

              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、一部外貨建ての営業債権
             は、為替の変動リスクに晒されております。
              投資有価証券は、主として株式、投資信託、組合出資金等であり、市場価格の変動リスクおよび発行
             体の信用リスクに晒されております。
              営業債務である買掛金は主に2か月以内の支払期日であります。また、一部外貨建ての営業債務は、
             為替の変動リスクに晒されております。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

            ① 信用リスク(取引先の契約不履行に係るリスク)の管理
              当社グループでは、与信管理規程に基づき、取引先の経営状態を定期的にモニタリングし、取引先毎
             に期日および残高を管理することにより回収懸念を早期把握し、リスクの低減を行っております。
            ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
              当社グループでは、外貨建ての現金及び預金については、デリバティブ取引などを利用したヘッジ処
             理は行っておりませんが、外貨建ての営業債権・債務のバランスを管理した上で一部余剰分について為
             替予約を利用することにより、リスクの低減を行っております。
              投資有価証券については、四半期毎に時価の把握を行っております。
            ③ 資金調達に係る流動性のリスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              当社グループでは、資金管理担当部門が資金繰実績表を作成し、手許流動性の維持などによりリスク
             を管理しております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
           (5)信用リスクの集中

              当連結会計年度の連結決算日現在における営業債権のうち24.3%が特定の大口顧客に対するものであ
             ります。
                                 53/86









                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
           することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2参照)。
            前連結会計年度(2017年12月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                           6,011,001           6,011,001               ―

     (2)売掛金                            263,896           263,896              ―

     (3)投資有価証券                           2,031,663           2,031,663               ―
              資産計                  8,306,561           8,306,561               ―

     (1)買掛金                            162,600           162,600              ―

     (2)未払法人税等                            11,029           11,029              ―
              負債計                   173,630           173,630              ―

            当連結会計年度(2018年12月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
                                5,515,652           5,515,652
     (1)現金及び預金                                                      ―
                                 430,789           430,789
     (2)売掛金                                                      ―
     (3)投資有価証券                           1,990,892           1,990,892               ―
              資産計                  7,937,334           7,937,334               ―

                                 243,838           243,838

     (1)買掛金                                                      ―
                                  35,085           35,085
     (2)未払法人税等                                                      ―
              負債計                   278,924           278,924              ―

      (注)1 金融商品の時価の算定方法ならびに有価証券およびデリバティブ取引に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)売掛金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
            によっております。
          (3)投資有価証券
             これらの時価について、取引所の価格または取引金融機関等から提示された価格によっております。
         負 債
          (1)買掛金、(2)未払法人税等
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
            によっております。
                                 54/86






                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         2 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                     (単位:千円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

             区分
                            (2017年12月31日)                   (2018年12月31日)
     非上場株式                                 7,260                   7,260

     出資金                                96,868                   86,948

            これらについては市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから「(3)投資
           有価証券」には含めておりません。
         3 金銭債権および満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

           前連結会計年度(2017年12月31日)
                                        1年超
                           1年以内                         5年超
                                        5年以内
                           (千円)                         (千円)
                                        (千円)
     現金及び預金                         6,011,001                 ―            ―

     売掛金                          263,896               ―            ―

     投資有価証券

      その他投資有価証券のうち満期

      があるもの

      (1)その他                            ―        1,301,343                 ―
             合計                 6,274,898            1,301,343                 ―

           当連結会計年度(2018年12月31日)

                                        1年超
                           1年以内                         5年超
                                        5年以内
                           (千円)                         (千円)
                                        (千円)
     現金及び預金                         5,515,652                 ―            ―

     売掛金                          430,789               ―            ―

     投資有価証券

      その他投資有価証券のうち満期

      があるもの

      (1)その他                            ―        1,124,497             372,827
             合計                 5,946,441            1,124,497             372,827

                                 55/86







                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
      1.その他有価証券
        前連結会計年度(2017年12月31日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                             額(千円)
                  (1)株式                 126,362           51,858           74,504

                  (2)債券                    ―           ―           ―
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                  (3)その他                    ―           ―           ―
                      小計             126,362           51,858           74,504

                  (1)株式                    ―           ―           ―

                  (2)債券                    ―           ―           ―
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                  (3)その他                1,905,300           2,125,851           △220,551
                      小計            1,905,300           2,125,851           △220,551

                合計                  2,031,663           2,177,709           △146,046

     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 7,260千円)および出資金(連結貸借対照表計上額 96,868千円)につい
         ては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
        当連結会計年度(2018年12月31日)

                             連結貸借対照表計上
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                             額(千円)
                  (1)株式                    ―           ―           ―

                  (2)債券                    ―           ―           ―
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                  (3)その他                    ―           ―           ―
                      小計                ―           ―           ―

                  (1)株式                    ―           ―           ―

                  (2)債券                    ―           ―           ―
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                                  1,990,892
                  (3)その他                           2,520,803           △529,911
                      小計            1,990,892           2,520,803           △529,911

                合計                  1,990,892           2,520,803           △529,911

     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 7,260千円)および出資金(連結貸借対照表計上額 86,948千円)につい
         ては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 56/86







                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      2.売却したその他有価証券
        前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

                         売却額(千円)           売却益の合計額(千円)             売却損の合計額(千円)

            種類
                              128,464             76,605               ―

     ( 1)株式
     ( 2)債権
      ①  国債・地方債等                          ―             ―             ―
      ②  社債                          ―             ―             ―
      ③  その他                          ―             ―             ―
                                  ―             ―             ―
     ( 3)その他
                              128,464             76,605               ―
            合計
      3.減損処理を行った有価証券

        前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

         該当事項はありません。
                                 57/86













                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
        1.採用している退職給付制度の概要
           一部の連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、退職一時金制度(非積立型)を設けております。同
          連結子会社では、簡便法により退職給付に係る負債および退職給付費用を計算しております。
           なお、当社は、退職金制度を有しておりませんので、当社についての記載はありません。
        2.簡便法を適用した確定給付制度

        (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                    至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
          退職給付に係る負債の期首残高                               ―千円              ―千円
                                          ―              ―
           退職給付費用
                                          ―              ―
           退職給付の支払額
                                          ―           18,529
          退職給付に係る負債の期末残高
        (2)  退職給付債務および年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
          非積立型制度の退職給付債務                               ―千円           18,529千円
                                          ―           18,529
          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                          ―           18,529

          退職給付に係る負債
                                          ―           18,529
          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
        (3)  退職給付費用

          簡便法で計算した退職給付費用  前連結会計年度―千円  当連結会計年度―千円
        (注)本制度を採用しているキャセイ・トライテック株式会社は、2018年12月31日をみなし取得日としているた

           め、当連結会計年度の貸借対照表のみを連結していることから、前連結会計年度の各情報および当連結会計
           年度の「退職給付に係る負債の期首残高」、「退職給付費用」、「退職給付の支払額」、「簡便法で計算し
           た退職給付費用」は記載しておりません。
                                 58/86










                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
         1 ストック・オプションに係る費用計上額および科目名
                                                     (単位:千円)
                           前連結会計年度                    当連結会計年度

                         (自 2017年1月1日                    (自 2018年1月1日
                          至 2017年12月31日)                    至 2018年12月31日)
     販売費及び一般管理費                                28,586                    30,051
         2 ストック・オプションに係る当初の資産計上額および科目名

                                                     (単位:千円)
                           前連結会計年度                    当連結会計年度

                         (自 2017年1月1日                    (自 2018年1月1日
                          至 2017年12月31日)                    至 2018年12月31日)
     現金及び預金                                3,127                      ―

         3 権利不行使による失効により利益として計上した金額

                                                     (単位:千円)
                           前連結会計年度                    当連結会計年度

                         (自 2017年1月1日                    (自 2018年1月1日
                          至 2017年12月31日)                    至 2018年12月31日)
     特別利益(その他)
                                      4,358                     90
                                 59/86













                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         4 ストック・オプションの内容、規模およびその変動状況
           当連結会計年度(2018年12月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプショ
          ンの数については、株式数に換算して記載しております。
          (1)ストック・オプションの内容
                        第10回ストック・オプション                    第11回ストック・オプション

                                         当社取締役          4名
                      当社従業員        103名
     付与対象者の区分および人数
                                         当社従業員          44名
     (名)                 当社子会社および孫会社従業員                 17名
                                         当社子会社および孫会社従業員                 4名
     株式の種類および付与数
                      普通株式  252,500株                    普通株式  347,500株
     (株)(注)
     付与日                 2017年4月18日                    2017年5月15日
                                         ①新株予約権者は、下記(a)、(b)、
                                          または(c)に掲げる条件を満たした
                                          場合、各新株予約権者に割り当てられ
                                          た新株予約権のうち、それぞれ定めら
                                          れた割合の個数を、2019年12月期の有
                                          価証券報告書の提出日の翌月1日から
                                          行使することができる。なお、行使可
                                          能な新株予約権の数に1個未満の端数
                                          が生じる場合は、これを切り捨てた数
                                          とする。
                                         (a)2019年12月期の当社グループ連結
                                            売上総利益が22億円を超過した場
                      本新株予約権者は本新株予約権の行使時
                                            合
     権利確定条件                 において、当社グループの取締役または
                                            割り当てられた新株予約権の30%
                      従業員の地位にあることを要する。
                                         (b)2019年12月期の当社グループ連結
                                            売上総利益が24億円を超過した場
                                            合
                                            割り当てられた新株予約権の60%
                                         (c)2019年12月期の当社グループ連結
                                            売上総利益が26億円を超過した場
                                            合
                                            割り当てられた新株予約権の100%
                                         ②新株予約権者は、新株予約権の権利行
                                          使時においても、当社または当社関係
                                          会社の取締役、従業員であることを要
                                          する。
     対象勤務期間                 2017年4月18日~2020年4月1日                             ―
     権利行使期間                 2020年4月1日~2022年4月30日                    2020年4月1日~2022年4月30日

     (注) 株式数に換算して記載しております。
                                 60/86






                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
          (2)ストック・オプションの規模およびその変動状況
           ① ストック・オプションの数
                             第10回ストック・オプション                 第11回ストック・オプション
     権利確定前
      期首(株)                                252,500                 347,500
      付与(株)                                   ―                 ―
      失効(株)                                21,500                 10,000
      権利確定(株)                                   ―                 ―
                                                       337,500
      未確定残(株)                                231,000
     権利確定後
      期首(株)                                   ―                 ―
      権利確定(株)                                   ―                 ―
      権利行使(株)                                   ―                 ―
      失効(株)                                   ―                 ―
      未行使残(株)                                   ―                 ―
           ② 単価情報

                             第10回ストック・オプション                 第11回ストック・オプション
     権利行使価格(円)                            1個あたり96,700                 1個あたり96,700

     行使時平均株価(円)                                    ―                 ―

     付与日における公正な評価単価(円)                            1個あたり49,300                  1個あたり900

     (注)新株予約権1個当たりの目的である株式の数は、当社普通株式100株であります。
         5 ストック・オプションの権利確定数の見積方法

           将来の失効数の合理的な見積は困難なため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しております。
                                 61/86









                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
           繰延税金資産(流動)
            棚卸資産評価損否認                             16,481千円              68,168千円
            賞与引当金繰入限度超過額                              4,059              6,635
            未払事業税否認                              2,640              5,350
                                            ―
            繰越欠損金                                            7,833
                                          5,412             10,343
            その他
                小計
                                         28,593              98,331
                                        △28,316              △89,738
            評価性引当額
                繰延税金資産(流動)計
                                           277             8,592
           繰延税金資産(固定)
            投資有価証券評価損                             53,228              24,396
            繰延資産償却超過額                             14,100              11,689
            繰越欠損金                             190,839              208,193
            その他                              9,385             39,567
                小計
                                         267,554              283,846
                                        △267,554              △283,846
            評価性引当額
                繰延税金資産(固定)計                            ―              ―
                繰延税金資産合計
                                           277             8,592
           繰延税金負債(流動)
                                          △277                ―
            未収事業税
                繰延税金負債(流動)計                          △277                ―
           繰延税金負債(固定)
                                        △22,813                  ―
            その他有価証券評価差額金
                繰延税金負債(固定)計                        △22,813                  ―
                繰延税金負債合計                        △23,090                  ―
                繰延税金資産(負債)の純額                        △22,813               8,592
           (注) 前連結会計年度および当連結会計年度における繰延税金資産(負債)の純額は、連結貸借対照表の

               以下の項目に含まれております。
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
           流動資産     ― 繰延税金資産
                                            ― 千円           8,592千円
           固定負債     ― 繰延税金負債                        △22,813                  ―
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

        主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
                                  当連結会計年度において、
           法定実効税率                                             30.9   %
                                  税金等調整前当期純損失を
           (調整)
                                  計上しているため、記載し
            評価性引当額の増減                                           △21.2
                                  ておりません。
            株式報酬費用                                             7.1
            試験研究費税額控除                                            △5.5
            在外子会社の税率差異                                             5.5
            その他                                             1.5
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                                        18.3
                                 62/86



                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
          取得による企業結合
          1.企業結合の概要
          (1)被取得企業の名称およびその事業の内容
             被取得企業の名称 キャセイ・トライテック株式会社
             事業の内容    IoT/M2M機器やモバイル通信機器のハードウェア・ソフトウェアの設計開発・製造・
                      販売
          (2)企業結合を行った主な理由
             IoT分野を始めとする事業のイノベーションを加速し、新たなソリューション展開を図るため。
          (3)企業結合日
             2018年12月31日(みなし取得日)
          (4)企業結合の法的形式
             現金および自己株式を対価とする株式取得
          (5)結合後企業の名称
             変更はありません。
          (6)取得した議決権比率
             52.39%
          (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
             当社が現金および自己株式を対価として、株式を取得したため。
          2.連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間

            2018年12月31日をみなし取得日としているため、当連結会計年度における連結損益計算書に被取得企業の
            業績は含まれておりません。
          3.被取得企業の取得原価および対価の種類ごとの内訳

            取得の対価(現金)
                        162,755千円
            取得の対価(自己株式)            188,726
                        351,482
            取得原価
          4.主要な取得関連費用の内容および金額

            アドバイザリー費用             2,000千円
          5.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法および償却期間

          (1)発生したのれんの金額
             440,462千円
              なお、上記の金額は当連結会計年度末において取得原価の配分が完了していないため、暫定的に算定
             された金額であります。
          (2)発生原因
             主として今後の事業展開により期待される超過収益力であります。
          (3)償却方法および償却期間
             5年間にわたる均等償却
          6.企業結合日に受け入れた資産および引き受けた負債の額ならびにその主な内訳

            流動資産        335,780千円
                     32,024
            固定資産
                    367,804
            資産合計
                    258,627
            流動負債
                    196,215
            固定負債
                    454,843
            負債合計
          7.取得原価の配分

             当連結会計年度末において、企業結合日における識別可能な資産および負債の特定ならびに時価の算定
            が未了であり、取得原価の配分が完了していないため、その時点で入手可能な合理的情報に基づき暫定的
            な会計処理を行っております。
                                 63/86



                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
          8.企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼ
            す影響の概算額およびその算定方法
            売上高        987,765千円
                    △86,693
            営業損益
           (概算額の算定方法)
             企業結合が当連結会計年度開始の日に完了したと仮定して算定された売上高および損益情報と当社の連
            結損益計算書における売上高および損益情報との差額を、影響の概算額としております。また、企業結合
            時に認識されたのれんが当連結会計年度開始の日に発生したものとし、償却額の調整を行い算出しており
            ます。
             なお、当該注記は監査証明を受けておりません。
          (追加情報)

           連結子会社の株式の追加取得
            当社は、2018年12月6日開催の取締役会において、キャセイ・トライテック株式会社の株式9,760株を追加
           取得することを決議し、2019年1月10日付で取得いたしました。
            取得価額は211,235千円、取得後の持分比率は83.87%であります。
         (資産除去債務関係)

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 64/86














                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          1.報告セグメントの概要
            当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であ
           り、取締役会が、経営資源の配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となってい
           るものであります。
            当社グループは、本社に製品・サービス別の事業部門を置き、各事業部門は、取り扱う製品・サービスに
           ついて国内および海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
            したがって、当社グループは、事業本部を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されてお
           り、「LSI事業」および「AIOT事業」の2つを報告セグメントとしております。
            「LSI事業」は、各種用途向けミックスドシグナルLSIの開発・販売をしております。「AIOT事業」は、
           AI/  IoT/M2M機器やモバイル通信機器のハードウェア・ソフトウェアの                              開発・製造・販売をしております。
            当連結会計年度より、キャセイ・トライテック株式会社の株式を取得し、同社およびその子会社を連結の
           範囲に含めたことに伴い、新たな報告セグメントとして「AIOT事業」を追加しております。
          2.報告セグメントごとの売上高、利益または損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

            報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
           項」における記載と概ね同一であります。
            報告セグメントの利益は、営業利益(のれん償却前)ベースの数値であります。
            なお、キャセイ・トライテック株式会社については、2018年12月31日をみなし取得日としているため当連
           結会計年度の連結損益計算書に同社の業績は含まれておりません。
          3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

            前連結会計年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
            当社グループは、LSI事業の単一なセグメントであるため、記載を省略しております。
            当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

                                                     (単位:千円)
                                                     連結財務諸表
                              報告セグメント
                                               調整額
                                                       計上額
                                               (注)1
                                                       (注)2
                        LSI事業        AIOT事業         合計
       売上高

                        3,207,755           -    3,207,755           -    3,207,755
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売上高
                            -        -        -        -        -
        又は振替高
              計          3,207,755           -    3,207,755           -    3,207,755
       セグメント利益                  34,066          -      34,066       △ 2,000       32,066

                        8,455,283         808,266       9,263,550        △ 139,828       9,123,722

       セグメント資産
                         394,050        454,843        848,893       △ 139,828        709,065
       セグメント負債
       その他の項目

                          12,901          -      12,901          -      12,901
        減価償却費
        有形固定資産及び無形固定
                          13,391          -      13,391          -      13,391
        資産の増加額
       (注)1 セグメント利益の調整額△2,000千円は子会社株式取得関連費用であります。セグメント資産の調整額△
            139,828千円およびセグメント負債の調整額△139,828千円はセグメント間の相殺消去によるものであり
            ます。
          2 セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                 65/86



                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
          前連結会計年度(自           2017年1月1日         至   2017年12月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
           単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を
          省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
                                           (単位:千円)
               日本          中国         その他          合計

               2,292,655           356,934          515,617         3,165,207

           (注)     売上高は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類してあります。
           (2)有形固定資産

                                           (単位:千円)
               日本          台湾         その他          合計

                 72,832                    1,313         103,010
                          28,864
          3.主要な顧客ごとの情報

                                           (単位:千円)
               顧客の名称又は氏名                  売上高          関連するセグメント名

            株式会社マクニカ                        898,198      LSI事業

            緑屋電気株式会社                        742,528      LSI事業

            加賀電子株式会社                        378,607      LSI事業

                                 66/86











                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自           2018年1月1日         至   2018年12月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
           単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を
          省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
                                           (単位:千円)
               日本          中国         その他          合計

               2,367,599           442,929          397,226         3,207,755

           (注)     売上高は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類してあります。
           (2)有形固定資産

                                           (単位:千円)
               日本          台湾         その他          合計

                 68,812          20,780          8,967         98,560
          3.主要な顧客ごとの情報

                                           (単位:千円)
               顧客の名称又は氏名                  売上高          関連するセグメント名

            株式会社マクニカ                       1,118,945       LSI事業

            緑屋電気株式会社                        584,175      LSI事業

          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

          前連結会計年度(自           2017年1月1日         至   2017年12月31日)及び当連結会計年度(自                      2018年1月1日         至
           2018年12月31日)
           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

          前連結会計年度(自           2017年1月1日         至   2017年12月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自           2018年1月1日         至   2018年12月31日)

                                                     (単位:千円)
                           報告セグメント
                                             全社・消去          合計
                     LSI事業        AIOT事業          計
                         -        -        -        -        -
            当期償却額
                         -      440,462        440,462           -      440,462
            当期末残高
          (注) 当期末残高の金額は、2018年12月31日をみなし取得日とした企業結合(株式取得)により発生したも
              のであります。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          前連結会計年度(自           2017年1月1日         至   2017年12月31日)及び当連結会計年度(自                      2018年1月1日         至
           2018年12月31日)
           該当事項はありません。
                                 67/86



                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          重要性が    乏しいため     、記載を省略しております。
                                 68/86




















                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日               (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     1株当たり純資産額                                  801円03銭               772円52銭

     1株当たり当期純利益金額
                                       △49円24銭                10円06銭
     又は1株当たり当期純損失金額(△)
     (注)1 当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有する潜在株式が存在
          しないため記載しておりません。また、前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額について
          は、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。
        2 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年1月1日               (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     連結貸借対照表上の純資産の部の合計額(千円)                                 8,554,431               8,414,656

     普通株式に係る純資産額(千円)                                 8,522,717               8,351,039

     差額の主な内訳

      新株予約権(千円)                                   31,713               61,675
      非支配株主持分(千円)                                     ―             1,941
     普通株式の発行済株式数(株)                                 12,340,100               12,340,100
     普通株式の自己株式数(株)                                 1,700,351               1,530,021

     1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株式
                                      10,639,749               10,810,079
     の数(株)
                                 69/86












                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        3 1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自 2017年1月1日               (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     1株当たり当期純利益金額
     又は1株当たり当期純損失金額(△)
      連結損益計算書上の親会社株主に帰属する当期
      純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失                                △523,306                107,160
      (△)(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    ―               ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
      又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)
                                       △523,306                107,160
      (千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                10,628,388               10,651,882
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株                        第10回新株予約権               第10回新株予約権
      当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在                        株主総会の決議日               株主総会の決議日
      株式の概要                        2017年3月24日               2017年3月24日
                               (新株予約権の数 2,525個)               (新株予約権の数 2,310個)
                               第11回新株予約権               第11回新株予約権

                               取締役会の決議日               取締役会の決議日
                               2017年4月17日               2017年4月17日
                               (新株予約権の数 3,475個)               (新株予約権の数 3,375個)
                               詳細については、「第4 提               詳細については、「第4 提

                               出会社の状況 1 株式等の               出会社の状況 1 株式等の
                               状況 (2)新株予約権等の               状況 (2)新株予約権等の
                               状況」に記載の通りでありま               状況」に記載の通りでありま
                               す。               す。
                                 70/86










                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
          該当事項はありません。
        ⑤【連結附属明細表】

         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

          該当事項はありません。
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首および当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首および当連
         結会計年度末における負債および純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の
         規定により記載を省略しております。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
                                             2,340,799          3,207,755
     売上高(千円)                    837,319         1,523,895
     税金等調整前四半期(当期)
                         △44,702          △13,971           179,502          131,198
     純利益又は税金等調整前四半
     期純損失(△)(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
     (当期)純利益又は親会社株
                         △45,635          △15,834           172,625          107,160
     主に帰属する四半期純損失
     (△)(千円)
     1株当たり四半期(当期)純
     利益金額又は1株当たり四半                     △4.29          △1.49           16.22          10.06
     期純損失金額(△)(円)
     (会計期間)

                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期
     1株当たり四半期純利益金額
     又は1株当たり四半期純損失
                          △4.29           2.80          17.71          △6.13
     金額(△)(円)
                                 71/86









                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       5,794,961              5,046,992
         現金及び預金
                                       ※1 327,607             ※1 465,241
         売掛金
                                        234,284              155,717
         商品及び製品
                                         60,922              70,280
         仕掛品
                                         44,405              46,630
         原材料
                                         3,206              21,900
         前渡金
                                         66,509              61,602
         前払費用
                                                      ※1 50,281
                                         23,680
         その他
                                       6,555,577              5,918,646
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物                               36,075              31,857
                                         46,651              26,477
          工具、器具及び備品
                                         3,275              3,275
          土地
                                         86,003              61,609
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         8,401              6,245
          ソフトウエア
                                           551              551
          電話加入権
                                         8,952              6,797
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       2,135,792              2,085,100
          投資有価証券
                                        152,231              502,125
          関係会社株式
                                           -            93,892
          関係会社長期貸付金
                                         7,784              3,403
          長期前払費用
                                         77,540              80,660
          その他
                                       2,373,348              2,765,182
          投資その他の資産合計
                                       2,468,304              2,833,589
         固定資産合計
                                       9,023,881              8,752,236
       資産合計
                                 72/86









                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        162,600              141,693
         買掛金
                                       ※1 256,325             ※1 121,700
         未払金
                                         1,250              2,523
         未払費用
         未払法人税等                                10,846              32,500
                                         11,905              13,646
         賞与引当金
                                           -            10,389
         役員賞与引当金
                                         29,725              67,993
         その他
                                        472,652              390,445
         流動負債合計
       固定負債
                                         22,813                -
         繰延税金負債
                                         24,401              24,735
         資産除去債務
                                         47,214              24,735
         固定負債合計
                                        519,867              415,181
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,175,267              1,175,267
         資本金
         資本剰余金
                                       1,291,162              1,291,162
          資本準備金
                                       1,291,162              1,291,162
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         2,500              2,500
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       9,244,000              8,623,000
            別途積立金
                                       △ 524,730               5,244
            繰越利益剰余金
                                       8,721,769              8,630,744
          利益剰余金合計
                                      △ 2,547,037             △ 2,291,882
         自己株式
                                       8,641,160              8,805,290
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                       △ 168,859             △ 529,911
         その他有価証券評価差額金
                                       △ 168,859             △ 529,911
         評価・換算差額等合計
                                         31,713              61,675
       新株予約権
                                       8,504,014              8,337,055
       純資産合計
                                       9,023,881              8,752,236
      負債純資産合計
                                 73/86








                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                      ※1 3,121,819             ※1 3,154,382
      売上高
                                      ※3 1,222,050             ※3 1,292,690
      売上原価
                                       1,899,769              1,861,692
      売上総利益
                                   ※1 , ※2 , ※3 2,360,158          ※1 , ※2 , ※3 1,823,428
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                  △ 460,388               38,263
      営業外収益
                                         17,238              18,455
       受取利息
                                         36,857              14,912
       受取配当金
                                                      ※1 11,721
                                           -
       業務受託料
                                           -             8,709
       保険返戻金
                                         4,929              3,222
       雑収入
                                         59,025              57,021
       営業外収益合計
      営業外費用
       為替差損                                  71,252              19,510
                                           -             2,717
       投資事業組合運用損
                                         6,703                -
       雑損失
                                         77,955              22,228
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 479,319               73,055
      特別利益
                                           -            76,605
       投資有価証券売却益
                                         4,358                90
       その他
                                         4,358              76,695
       特別利益合計
      特別損失
                                         12,889                -
       投資有価証券評価損
                                           -            56,708
       子会社株式評価損
                                         12,889              56,708
       特別損失合計
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                  △ 487,850               93,043
                                         2,290              21,883
      法人税、住民税及び事業税
                                         2,290              21,883
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                  △ 490,140               71,160
                                 74/86









                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
                                                   (単位:千円)
                                    株主資本
                            資本剰余金                利益剰余金
                                          その他利益剰余金
                     資本金
                               資本剰余金                     利益剰余金
                         資本準備金          利益準備金
                                合計                     合計
                                               繰越利益
                                         別途積立金
                                               剰余金
     当期首残高               1,175,267      1,291,162     1,291,162       2,500    9,518,000     △ 177,870    9,342,629
     当期変動額
      剰余金の配当                            -             △ 95,355    △ 95,355
      別途積立金の取崩
                                  -        △ 274,000     274,000       -
      当期純損失(△)                            -             △ 490,140    △ 490,140
      自己株式の処分                            -             △ 35,365    △ 35,365
      株主資本以外の項目の当期
                                  -                     -
      変動額(純額)
     当期変動額合計                  -      -     -     -  △ 274,000    △ 346,860    △ 620,860
     当期末残高               1,175,267      1,291,162     1,291,162       2,500    9,244,000     △ 524,730    8,721,769
                                              (単位:千円)

                       株主資本         評価・換算差額等
                                その他         新株予約権     純資産合計
                          株主資本          評価・換算
                    自己株式           有価証券
                           合計         差額等合計
                               評価差額金
     当期首残高              △ 2,613,997      9,195,061     △ 143,991    △ 143,991      12,844    9,063,913
     当期変動額
      剰余金の配当                    △ 95,355            -        △ 95,355
      別途積立金の取崩                       -          -           -
      当期純損失(△)                    △ 490,140            -        △ 490,140
      自己株式の処分
                      66,960      31,595            -         31,595
      株主資本以外の項目の当期
                             -   △ 24,868    △ 24,868     18,869     △ 5,998
      変動額(純額)
     当期変動額合計                66,960    △ 553,900     △ 24,868    △ 24,868     18,869    △ 559,898
     当期末残高
                    △ 2,547,037      8,641,160     △ 168,859    △ 168,859      31,713    8,504,014
                                 75/86








                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                                                   (単位:千円)
                                    株主資本
                            資本剰余金                利益剰余金
                                          その他利益剰余金
                     資本金
                               資本剰余金                     利益剰余金
                         資本準備金          利益準備金
                                合計               繰越利益      合計
                                         別途積立金
                                               剰余金
     当期首残高
                    1,175,267      1,291,162     1,291,162       2,500    9,244,000     △ 524,730    8,721,769
     当期変動額
      剰余金の配当                            -             △ 95,757    △ 95,757
      別途積立金の取崩                            -        △ 621,000     621,000       -
      当期純利益
                                  -              71,160     71,160
      自己株式の処分                            -             △ 66,427    △ 66,427
      株主資本以外の項目の当期
                                  -                     -
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                       -      -     -     -  △ 621,000     529,975     △ 91,024
     当期末残高               1,175,267      1,291,162     1,291,162       2,500    8,623,000       5,244   8,630,744
                                              (単位:千円)

                       株主資本         評価・換算差額等
                                その他         新株予約権     純資産合計
                          株主資本          評価・換算
                    自己株式           有価証券
                           合計         差額等合計
                               評価差額金
     当期首残高              △ 2,547,037      8,641,160     △ 168,859    △ 168,859      31,713    8,504,014
     当期変動額
      剰余金の配当                    △ 95,757            -        △ 95,757
      別途積立金の取崩
                             -          -           -
      当期純利益                     71,160            -         71,160
      自己株式の処分               255,154      188,726            -         188,726
      株主資本以外の項目の当期
                             -  △ 361,051    △ 361,051      29,961    △ 331,089
      変動額(純額)
     当期変動額合計                255,154      164,129    △ 361,051    △ 361,051      29,961    △ 166,959
     当期末残高              △ 2,291,882      8,805,290     △ 529,911    △ 529,911      61,675    8,337,055
                                 76/86









                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
       1 資産の評価基準および評価方法
       (1)  有価証券の評価基準および評価方法
        ①  子会社株式
          移動平均法による原価法を採用しております。
        ②  その他有価証券
         時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
         り算定)を採用しております。
         時価のないもの
          移動平均法による原価法を採用しております。
       (2)  たな卸資産の評価基準および評価方法
        ①  商品及び製品
          総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法により算定)を採用して
         おります。
        ②  原材料及び仕掛品
          個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法により算定)を採用してお
         ります。
       2 固定資産の減価償却の方法
       (1)  有形固定資産
          定率法を採用しております。
          ただし、建物および2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
           建物          8~40年
           工具器具備品      2~15年
       (2)  無形固定資産
         定額法を採用しております。
          なお、ソフトウエア(自社利用分)については社内における利用可能期間(5年)に基づいて償却しておりま
         す。
       3 引当金の計上基準
       (1)  貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
         ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金
          従業員の賞与支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当事業年度に負担すべき額を計上しております。
       (3)  役員賞与引当金
          役員の賞与支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当事業年度に負担すべき額を計上しております。
       4 その他財務諸表作成のための重要な事項
         消費税等の会計処理
          税抜方式を採用しております。
         (表示方法の変更)

          (損益計算書)
           前事業年度において、「特別利益」に区分掲記しておりました「新株予約権戻入益」は、金額的重要性が乏
          しくなったため、当事業年度より「特別利益」の「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更
          を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前事業年度の損益計算書において、「特別利益」に表示しておりました「新株予約権戻入益」
          4,358千円は「その他」に含めて表示しております。
                                 77/86




                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
     ※1 関係会社に対する金銭債権および金銭債務(区分表示されたものを除く)
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2017年12月31日)                  (2018年12月31日)
     短期金銭債権                                94,936千円                 211,164千円
     短期金銭債務                                24,858                  28,855
         (損益計算書関係)

     ※1 関係会社との取引高
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2017年1月1日                  (自 2018年1月1日
                              至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
     営業取引による取引高
      売上高                              313,547千円                  389,556千円
      販売費及び一般管理費                              160,029                  123,275
                                                       11,721
     営業取引以外の取引による取引高                                   ―
     ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度15%、当事業年度19%、一般管理費に属する費用のおおよその

        割合は前事業年度85%、当事業年度81%であります。
        販売費及び一般管理費のうち主要な費目および金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                   当事業年度
                             (自 2017年1月1日                  (自 2018年1月1日
                             至 2017年12月31日)                    至 2018年12月31日)
     給与手当                               241,849    千円              216,305    千円
                                    1,514,736                   983,092
     研究開発費
                                      4,471                  5,920
     賞与引当金繰入額
                                       -               10,389
     役員賞与引当金繰入額
                                     10,080                  8,530
     減価償却費
     ※3 他勘定振替高

                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2017年1月1日                  (自 2018年1月1日
                              至 2017年12月31日)                   至 2018年12月31日)
     販売費及び一般管理費                                  930千円                  911千円
         (有価証券関係)

          子会社株式および関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式 502,125千円、関連会社株
         式 0千円、前事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式 152,231千円、関連会社株式 0千円)は、市場価格
         がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 78/86







                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
           繰延税金資産(流動)
            棚卸資産評価損否認                             16,481千円              43,733千円
            賞与引当金繰入限度超過額                              4,059              6,041
            未払事業税否認                              2,640              5,199
                                          5,412             10,245
            その他
                小計
                                         28,593              65,219
                                        △28,316              △65,219
            評価性引当額
                繰延税金資産(流動)計
                                           277               ―
           繰延税金資産(固定)
            投資有価証券評価損                             53,228              24,396
            子会社株式評価損                             33,888              51,252
            繰延資産償却超過額                             14,100              11,689
            繰越欠損金                             190,839              157,661
                                          9,385              9,344
            その他
                小計
                                         301,442              254,344
                                        △301,442              △254,344
            評価性引当額
                繰延税金資産(固定)計                            ―              ―
                繰延税金資産合計
                                           277               ―
           繰延税金負債(流動)
                                          △277                ―
            未収事業税
                繰延税金負債(流動)計                          △277                ―
           繰延税金負債(固定)
                                        △22,813                  ―
            その他有価証券評価差額金
                繰延税金負債(固定)計                        △22,813                  ―
                繰延税金負債合計                        △23,090                  ―
                繰延税金負債の純額                        △22,813                  ―
           (注) 前事業年度および当事業年度における繰延税金負債の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれて

               おります。
                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
           固定負債     ― 繰延税金負債
                                        △22,813千円                  ―千円
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

        主要な項目別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
                                  当事業年度において、税引
           法定実効税率                                             30.9   %
                                  前当期純損失を計上してい
           (調整)
                                  るため、記載しておりませ
            評価性引当額の増減                                           △11.2
                                  ん。
            株式報酬費用                                            10.0
            試験研究費税額控除                                            △7.8
            その他                                             1.6
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                                        23.5
                                 79/86




                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
          取得による企業結合
           連結財務諸表「注記事項(企業結合等関係)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しておりま
          す。
        ④【附属明細表】

         【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:    千円  )
                                                       減価償却

       区分        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                        累計額
                          36,075       1,670            5,811      31,857      79,137
             建物                            76
                          46,651       1,913        42    22,045      26,477      425,447
             工具、器具及び備品
     有形固定資産
                          3,275                         3,275
             土地                      ―      ―      ―            ―
                          86,003       3,583       119     27,857      61,609      504,585
                 計
                          8,401                   2,818      6,245        ―
             ソフトウエア                     663       ―
                           551                         551       ―
     無形固定資産       電話加入権                      ―      ―      ―
                          8,952                   2,818      6,797
                 計                663       ―                   ―
        (注) 当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
                                                  1,670
            建物            社内電話設備                             千円
                                                  1,051
            工具、器具及び備品            社内情報システム設備                             千円
         【引当金明細表】

                                                     (単位:    千円  )
           区分           当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高

     賞与引当金                     11,905          13,646          11,905          13,646

                            ―
     役員賞与引当金                               10,389             ―        10,389
       (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                 80/86








                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度               1月1日から12月31日まで
      定時株主総会               毎年3月

      基準日               12月31日

      剰余金の配当の基準日               中間配当 6月30日 期末配当 12月31日

      1単元の株式数               100株

      単元未満株式の買取り

       取扱場所              東京都千代田区丸の内一丁目4番1号  三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

       株主名簿管理人              東京都千代田区丸の内一丁目4番1号  三井住友信託銀行株式会社

       取次所              ―

       買取手数料              無料

                     電子公告により行う。ただし、やむを得ない事由により、電子公告ができない場

                     合は、日本経済新聞に掲載する方法により行う。
      公告掲載方法
                     公告掲載URL
                     https://www.thine.co.jp/
      株主に対する特典               該当事項はありません。
                                 81/86













                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
       (1) 有価証券報告書およびその添付書類ならびに確認書
         事業年度(第26期)(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)2018年3月29日関東財務局長に提出
       (2) 内部統制報告書およびその添付書類
         2018年3月29日関東財務局長に提出
       (3) 四半期報告書および確認書
         (第27期第1四半期)(自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)2018年5月11日関東財務局長に提出
         (第27期第2四半期)(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)2018年8月10日関東財務局長に提出
         (第27期第3四半期)(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日)2018年11月13日関東財務局長に提出
       (4) 臨時報告書
         2018年3月30日関東財務局長に提出
         金融商品取引法第24条の5第4項および企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定に
         基づく臨時報告書(株主総会における議決権行使の結果)であります。
         2018年11月20日関東財務局長に提出
         金融商品取引法第24条の5第4項および企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第3号の規定に基づ
         く臨時報告書(特定子会社の異動)であります。
       (5) 臨時報告書の訂正報告書
         2018年12月6日関東財務局長に提出
         2018年11月20日提出の臨時報告書(特定子会社の異動)に係る訂正報告書であります。
       (6) 有価証券届出書及びその添付書類
         有価証券届出書(第三者割当増資)2018年11月20日関東財務局長に提出
                                 82/86












                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 83/86




















                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                     2019年3月26日

     ザインエレクトロニクス株式会社

      取締役会 御中

                              有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                        公認会計士       松 村 浩 司  ㊞
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                        公認会計士       木 村 尚 子  ㊞
                             業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いるザインエレクトロニクス株式会社の2018年1月1日から2018年12月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわ
     ち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
     書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ザイ
     ンエレクトロニクス株式会社及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度
     の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 84/86




                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、ザインエレクトロニクス株式
     会社の2018年12月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、ザインエレクトロニクス株式会社が2018年12月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示
     した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠
     して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社が別

          途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 85/86









                                                           EDINET提出書類
                                                 ザインエレクトロニクス株式会社(E02062)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2019年3月26日

     ザインエレクトロニクス株式会社

      取締役会 御中
                              有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                松 村 浩 司  ㊞
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                木 村 尚 子  ㊞
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いるザインエレクトロニクス株式会社の2018年1月1日から2018年12月31日までの第27期事業年度の財務諸表、すなわ
     ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ザインエ
     レクトロニクス株式会社の2018年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要
     な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社が別

          途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 86/86


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。