株式会社山王 四半期報告書 第61期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第61期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社山王

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年3月15日
      【四半期会計期間】                    第61期第2四半期(自 2018年11月1日 至 2019年1月31日)
      【会社名】                    株式会社 山王
      【英訳名】                    SANNO   Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  鈴木 啓治
      【本店の所在の場所】                    横浜市港北区綱島東五丁目8番8号
      【電話番号】                    (045)542-8241(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長  浜口 和雄
      【最寄りの連絡場所】                    横浜市港北区綱島東五丁目8番8号
      【電話番号】                    (045)542-8241(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長  浜口 和雄
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/19













                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第60期           第61期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第60期
                              累計期間           累計期間
                           自 2017年8月1日           自 2018年8月1日           自 2017年8月1日
              会計期間
                           至 2018年1月31日           至 2019年1月31日           至 2018年7月31日
                      (千円)           4,132,603           3,891,699           8,380,812
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)            86,974          △ 98,624           85,145
     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は親会社株主に帰属                (千円)            73,673          △ 276,665            44,003
     する四半期純損失(△)
                      (千円)            170,032          △ 262,577          △ 141,712
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           5,292,931           4,718,609           4,981,186
     純資産額
                      (千円)           9,501,471           9,772,579           9,728,207
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
     又は1株当たり四半期純損失                 (円)            15.96          △ 59.94            9.53
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)             55.7           48.3           51.2
     自己資本比率
     営業活動による
                      (千円)           △ 148,090           264,823            79,520
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (千円)           △ 194,071          △ 259,816          △ 475,561
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (千円)            177,568           473,887           693,181
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                      (千円)           2,189,907           3,139,188           2,625,005
     四半期末(期末)残高
                               第60期           第61期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自 2017年11月1日           自 2018年11月1日
              会計期間
                           至 2018年1月31日           至 2019年1月31日
     1株当たり四半期純利益又は
                                   8.21
                      (円)                       △ 52.72
     1株当たり四半期純損失(△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
      2【事業の内容】

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
        要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/19



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクとして、継続企業の前提に関する重要事象等が発生
        しております。
         なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであ
        ります。
      (1)継続企業の前提に関する重要事象等について

         当第2四半期連結累計期間においては、産業機器・通信分野での生産調整に伴い、経営環境が厳しさを増してお
        り、国内では前連結会計年度に比べ営業赤字が拡大していることから、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせる
        ような事象又は状況が存在しております。
         しかしながら、当社グループは、                 「2「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
        析」(6)継続企業の前提に関する重要事象等」に記載の通り、当該重要事象等を解消、改善するための対応策を
        講じることにより        、 継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないものと判断しており、継続企業の前提
        に関する注記を記載しておりません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)経営成績の分析

         当第2四半期連結累計期間における世界経済におきましては、米国経済は米中貿易摩擦の影響が顕在化してきて
        いるものの、底堅い個人消費を背景に堅調な景気拡大が続いている状況にあります。また欧州経済についても、英
        国のEU離脱交渉の難航等の政治リスクはあるものの、雇用・所得環境の改善の持続や好調な企業収益を受け、個
        人消費・設備投資ともに堅調に推移しております。
         一方、米国との貿易摩擦本格化を受け、中国経済では製造業を中心に景気減速懸念が広がりつつあり、先行き不
        透明感が高まってきております。
         わが国経済におきましては、雇用・所得環境の改善を受け、個人消費は堅調に推移していますが、中国経済の変
        調に起因し、中国向けを中心に輸出が悪化しており、先行き不透明感が高まっております。
         当社グループが属する電子工業界におきましては、自動車部品の電子化に伴い車載向け市場での部品需要は拡大
        しているものの、産業機器分野での生産調整やスマートフォンの減産の影響を受け、産業機器・通信向け市場では
        受注が低迷しており、総じて厳しい事業環境にありました。
         このような状況のもとで当社グループは、成長する市場・製品及び未開拓市場の拡販、品質管理手法の向上、生
        産能力・生産性強化、海外子会社を含めた一体経営の推進及び新規事業の創出を重点課題に掲げ、その実現に向け
        取り組んでまいりました。
         この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は3,891百万円(前年同期比5.8%減)となりました。また、営業
        損失は57百万円(前年同期は営業利益105百万円)、経常損失は98百万円(前年同期は経常利益86百万円)、親会
        社株主に帰属する四半期純損失は当第2四半期で減損損失を計上したこと等から、276百万円(前年同期は親会社
        株主に帰属する四半期純利益73百万円)となりました。
         なお、セグメント毎の経営成績は次のとおりであります。
        ① 日本

         当第2四半期連計累計期間は、産業機器分野での生産調整やスマートフォンの減産の影響により、受注が減少し
        たことを受け、経費削減等の収益改善施策を実施いたしましたが、売上高の減少を補うには至りませんでした。
         この結果、売上高は2,192百万円(前年同期比20.4%減)、営業損失は299百万円(前年同期は営業利益75百万
        円)となりました。
        ② 中国

         当第2四半期連結累計期間は、中国での環境規制強化により日本品質への評価が高まっている状況を受け、積極
        的な営業活動を展開することで、前年同期を大幅に上回る売上高を確保することが出来、前年同期に比べ大幅に収
        益性が改善し、高水準の営業利益を達成いたしました。
         この結果、売上高は951百万円(前年同期24.9%増)、営業利益は98百万円(前年同期は営業損失10百万円)と
        なりました。
        ③ フィリピン

                                  3/19


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
         当第2四半期連結累計期間は、車載向け製品を中心に部品需要は堅調に推移しており、前年同期において収益性
        の悪化要因になっていた歩留り改善活動を行ってきたことにより収益性が大幅に改善し、高水準の営業利益を達成
        いたしました。
         この結果、売上高は750百万円(前年同期比19.9%増)、営業利益は90百万円(前年同期は営業損失10百万円)
        となりました。
      (2)財政状態の分析

         当第2四半期連結会計期間末の総資産は、受取手形及び売掛金が421百万円減少したものの、現金及び預金が527
        百万円増加したこと等から、前連結会計年度末と比べ44百万円増加し9,772百万円となりました(前連結会計年度
        末は9,728百万円)。
         負債は、短期借入金が372百万円減少したものの、長期借入金が716百万円増加したこと等から、前連結会計年度
        末と比べ306百万円増加し、5,053百万円となりました(前連結会計年度末は4,747百万円)。
         また、純資産は利益剰余金が276百万円減少したこと等から、前連結会計年度末と比べ262百万円減少し、4,718
        百万円となりました(前連結会計年度末は4,981百万円)。
      (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物の残高は前連結会計年度末と比較して514百万円増加
        し、3,139百万円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは、264百万円の増加(前年同期は148百
        万円の減少)となりました。これは主に税金等調整前四半期純損失が256百万円あったものの、減価償却費が134百
        万円、減損損失が145百万円、売上債権の減少が416百万円あったこと等によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは、259百万円の減少(前年同期は194百
        万円の減少)となりました。これは有形固定資産の取得による支出が225百万円あったこと等によるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは、473百万円の増加(前年同期は177百
        万円の増加)となりました。これは主に短期借入金の純増減額が369百万円減少したことに加え、長期借入金の返
        済による支出が208百万円あったものの、長期借入れによる収入が1,105百万円あったこと等によるものです。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は43百万円であります。なお、当第2四
        半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      (6)継続企業の前提に関する重要事象等について

         「1 事業等のリスク」に記載の通り、当第2四半期連結累計期間においては、産業機器・通信分野での生産調
        整に伴い、経営環境が厳しさを増しており、国内では前連結会計年度に比べ営業赤字が拡大していることから、継
        続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。
         しかしながら、当社グループは、新製品受注に向けて東北工場に新ラインを建設することに加え、一層の生産性
        向上・合理化による収益力向上を図るため鈴川工場の生産機能を東北工場に統合するとともに、プレス・めっき一
        貫生産の強化のため、プレス生産を東北工場に集約する生産拠点の再編を決定しており、今後上記施策を着実に実
        行していくことで、当該事象又は状況を解消できると考えております。
         また、当社グループは、今後必要な資金について、取引金融機関から支援を引き続き得られる見通しであり資金
        面で問題ないことから、           継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないものと判断しており、継続企業の
        前提に関する注記を記載しておりません。
      3【経営上の重要な契約等】

         当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/19


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 17,600,000

                  計                                17,600,000

        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年3月15日)
               (2019年1月31日)                           取引業協会名
                                          東京証券取引所
                                           JASDAQ
       普通株式            5,000,000             5,000,000                    単元株式数100株
                                          (スタンダード)
         計           5,000,000             5,000,000             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総数         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残

        年月日
                増減数(株)         数残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
     2018年11月1日~

                   -      5,000,000         -      962,200         -      870,620
     2019年1月31日
                                  5/19









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2019年1月31日現在
                                                     発行済株式(自
                                                     己株式を除
                                              所有株式数
                                                     く。)の総数に
          氏名又は名称                      住所
                                               (株)
                                                     対する所有株式
                                                     数の割合(%)
                                                784,480         16.99

     荒巻 芳幸                 横浜市港北区
                                                528,000         11.44

     ㈲山旺商事                 横浜市港北区綱島東5丁目24番13号
     山王貴金属㈱                                           209,700          4.54

                       横浜市港北区新吉田町3392番38号
                                                192,000          4.16

     ㈱りそな銀行                 大阪市中央区備後町2丁目2番1号
                                                153,000          3.31

     荒巻 拓也                 横浜市港北区
                                                124,140          2.69

     荒巻 喜代子                 横浜市港北区
                                                100,000          2.17

     住友生命保険相互会社                 東京都中央区築地7丁目18番24号
                                                91,660         1.99

     山王従業員持株会                 横浜市港北区綱島東5丁目8番8号
     荒巻     典之                                        73,000         1.58

                       群馬県みどり市笠懸町
     日本高純度化学㈱                                           51,900         1.12

                       東京都練馬区北町3丁目10番18号
                                 -              2,307,880          49.99

             計
     (注)上記のほか、当社所有の自己株式384,050株があります。
                                  6/19












                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年1月31日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                       -             -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -             -

     議決権制限株式(その他)                       -             -             -

                           (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                   -             -
                         普通株式 384,000
                                                権利内容に何ら限定のな
     完全議決権株式(その他)                   普通株式 4,614,700                    46,147    い当社における標準とな
                                                る株式
     単元未満株式                     普通株式 1,300              -            同上

     発行済株式総数                        5,000,000           -             -

     総株主の議決権                       -                46,147          -

        ②【自己株式等】

                                                   2019年1月31日現在
                                                   発行済株式総数に

       所有者の氏名                      自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                  所有者の住所                                 対する所有株式数
        又は名称                     株式数(株)       株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
                 横浜市港北区綱島東
         ㈱  山王
                             384,000         -      384,000         7.68
                  五丁目8番8号
         計            -        384,000         -      384,000         7.68
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/19










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2018年11月1日から2019
       年1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年8月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について有限責任          あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年7月31日)              (2019年1月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,838,600              3,366,408
         現金及び預金
                                       2,365,365              1,944,268
         受取手形及び売掛金
                                        116,209              140,182
         製品
                                       1,299,966              1,341,034
         原材料及び貯蔵品
                                        203,279              205,181
         その他
                                         △ 250             △ 250
         貸倒引当金
                                       6,823,171              6,996,825
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                              143,049              140,997
          機械装置及び運搬具(純額)                              404,798              362,474
                                       1,289,972              1,226,410
          土地
          リース資産(純額)                              180,071              144,042
                                         30,432              119,360
          建設仮勘定
                                        161,935              154,074
          その他(純額)
                                       2,210,259              2,147,359
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                24,588              25,628
         投資その他の資産
                                        516,292              442,859
          投資有価証券
                                        155,080              161,091
          その他
                                        △ 1,184             △ 1,184
          貸倒引当金
                                        670,188              602,765
          投資その他の資産合計
                                       2,905,035              2,775,754
         固定資産合計
                                       9,728,207              9,772,579
       資産合計
                                  9/19











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年7月31日)              (2019年1月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        335,065              291,919
         支払手形及び買掛金
                                       1,516,510              1,143,656
         短期借入金
                                        374,008              544,453
         1年内返済予定の長期借入金
                                         63,404              41,256
         リース債務
                                         22,284              21,044
         未払法人税等
                                        576,465              481,371
         その他
                                       2,887,740              2,523,701
         流動負債合計
       固定負債
                                       1,258,380              1,974,659
         長期借入金
                                        180,321              160,052
         リース債務
                                        213,962              209,183
         退職給付に係る負債
                                         71,376              51,615
         繰延税金負債
                                        135,238              134,758
         その他
                                       1,859,280              2,530,269
         固定負債合計
                                       4,747,020              5,053,970
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        962,200              962,200
         資本金
                                        870,620              870,620
         資本剰余金
                                       2,578,604              2,301,939
         利益剰余金
                                       △ 125,103             △ 125,103
         自己株式
                                       4,286,320              4,009,655
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        176,137              114,701
         その他有価証券評価差額金
                                        514,830              590,389
         為替換算調整勘定
                                         3,897              3,863
         退職給付に係る調整累計額
                                        694,866              708,953
         その他の包括利益累計額合計
                                       4,981,186              4,718,609
       純資産合計
                                       9,728,207              9,772,579
      負債純資産合計
                                 10/19









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年8月1日              (自 2018年8月1日
                                 至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
      売上高                                  4,132,603              3,891,699
                                       3,307,734              3,228,957
      売上原価
                                        824,869              662,741
      売上総利益
                                       ※1 719,675             ※1 720,202
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                   105,194              △ 57,460
      営業外収益
                                         6,755              7,633
       受取利息
                                         16,951              13,456
       その他
                                         23,707              21,090
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         18,798              23,620
       支払利息
                                            -            20,719
       為替差損
                                         23,128              17,913
       その他
                                         41,926              62,254
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   86,974             △ 98,624
      特別損失
                                            -             611
       固定資産売却損
                                            -            12,267
       固定資産除却損
                                                     ※2 145,444
                                            -
       減損損失
                                            -           158,323
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                         86,974             △ 256,948
      純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                   14,203              20,337
                                         △ 902             △ 620
      法人税等調整額
                                         13,301              19,716
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   73,673             △ 276,665
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                         73,673             △ 276,665
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 11/19









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年8月1日              (自 2018年8月1日
                                 至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   73,673             △ 276,665
      その他の包括利益
                                         61,009             △ 61,436
       その他有価証券評価差額金
                                         35,316              75,558
       為替換算調整勘定
                                           33             △ 34
       退職給付に係る調整額
                                         96,359              14,087
       その他の包括利益合計
                                        170,032             △ 262,577
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        170,032             △ 262,577
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 12/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年8月1日              (自 2018年8月1日
                                 至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半
                                         86,974             △ 256,948
       期純損失(△)
                                        108,680              134,061
       減価償却費
                                            -            12,267
       固定資産除却損
                                            -           145,444
       減損損失
                                        △ 9,309             △ 7,633
       受取利息及び受取配当金
                                         18,798              23,620
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                 △ 4,102              6,949
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 8,200             △ 5,151
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 269,193              416,561
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 45,701             △ 61,248
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  22,225             △ 23,539
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  15,961             △ 35,410
       未払費用の増減額(△は減少)                                 △ 10,837             △ 21,465
                                        △ 28,048             △ 26,739
       その他
                                       △ 122,751              300,768
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  9,225              7,633
                                        △ 18,798             △ 23,620
       利息の支払額
                                        △ 15,766             △ 19,958
       法人税等の支払額
                                       △ 148,090              264,823
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 164,459              △ 65,672
       定期預金の預入による支出
                                        198,415               49,034
       定期預金の払戻による収入
                                       △ 219,688             △ 225,551
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 1,461             △ 3,373
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 8,226             △ 7,552
       投資有価証券の取得による支出
                                         1,349             △ 6,701
       その他
                                       △ 194,071             △ 259,816
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 200,000             △ 369,300
                                        586,000             1,105,000
       長期借入れによる収入
                                       △ 239,155             △ 208,095
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 42,986             △ 42,417
       リース債務の返済による支出
                                         92,511                 -
       セール・アンド・リースバックによる収入
                                        △ 18,800             △ 11,300
       その他
                                        177,568              473,887
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         6,620              35,290
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 157,972              514,183
                                       2,347,879              2,625,005
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 2,189,907              ※ 3,139,188
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/19






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
         会計期間の期首から適用しており、繰延税金負債は固定負債の区分に計上しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

        1 コミットメントライン契約
        当社は、安定的かつ機動的な資金調達を行うために、株式会社りそな銀行との間で、コミットメントライン契約を
       締結しております。なお、当第2四半期連結会計期間末において借入は実行しておりません。
                              前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (2018年7月31日)                  (2019年1月31日)
     コミットメントラインの総額                             300,000千円                  300,000千円
     借入実行残高                                -                  -
                                   300,000                  300,000
     差引額
        (四半期連結損益計算書関係)

       ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自 2017年8月1日                  (自 2018年8月1日
                              至 2018年1月31日)                   至 2019年1月31日)
     給与                             197,107    千円              189,127    千円
                                    4,850                 10,616
     退職給付費用
       ※2 減損損失

        当第2四半期連結累計期間において                 、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
          会社名               当社              当社
           用途             事業用資産              事業用資産               合計
           場所          伊勢原市 鈴川工場              秦野市 秦野工場                減損損失

     建物及び構築物                      33,516千円                -千円            33,516千円

                           36,097                -            36,097
     機械装置及び運搬具
                           63,562                -            63,562
     土地
                           11,663               568            12,231
     有形固定資産その他
                             36              -
     無形固定資産                                                   36
        当社を取り巻く経営環境は、産業機器・通信向け分野での生産調整の影響により、厳しい経営環境が続いており、

       このような状況に対応するため、               新製品受注に向けて東北工場に新ラインを建設することに加え、一層の生産性向
       上・合理化による収益力向上を図るため鈴川工場の生産機能を東北工場に統合するとともに、プレス・めっき一貫生
       産の強化のため、プレス生産を東北工場に集約する生産拠点の再編を決定いたしまし                                       た。
        そのため、鈴川、秦野工場の事業用資産については、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失
       として特別損失に計上しております。
        鈴川、秦野工場の固定資産の回収可能価額は、正味売却価額により算定しており、不動産鑑定評価額等に合理的な
       調整を行って測定しております。
                                 14/19





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自    2017年8月1日              (自    2018年8月1日
                              至   2018年1月31日)               至   2019年1月31日)
     現金及び預金勘定                            2,373,743千円                  3,366,408千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                            △183,836                  △227,220
     現金及び現金同等物                            2,189,907                  3,139,188
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2017年8月1日 至 2018年1月31日)
          1.配当金支払額
            該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2018年8月1日 至 2019年1月31日)

          1.配当金支払額
            該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
                                 15/19













                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自                 2017年8月1日 至          2018年1月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                                                調整額
                                                      損益計算書
                       日本      中国     フィリピン        合計
                                               (注)1
                                                     計上額(注)2
     売上高

                      2,747,655       759,055      625,893     4,132,603          -     4,132,603
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                        7,168      2,924        -     10,093     △ 10,093          -
      は振替高
                      2,754,824       761,979      625,893     4,142,697       △ 10,093      4,132,603
            計
     セグメント利益又は損失(△)                  75,306     △ 10,566     △ 10,106      54,633      50,560        105,194
       (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去であります。
          2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自                 2018年8月1日 至          2019年1月31日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                                                調整額
                                                      損益計算書
                       日本      中国     フィリピン        合計
                                               (注)1
                                                     計上額(注)2
     売上高

                      2,189,464       951,638      750,596     3,891,699          -    3,891,699
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                        2,847        -      -     2,847     △ 2,847          -
      は振替高
                      2,192,311       951,638      750,596     3,894,546       △ 2,847      3,891,699
            計
     セグメント利益又は損失(△)                 △ 299,947       98,743      90,948     △ 110,255       52,795       △ 57,460
       (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去であります。
          2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            「日本」において、生産拠点の再編を決定したことに伴い、鈴川、秦野工場の固定資産を回収可能価額
           まで減額し、減損損失145,444千円を計上しております。
                                 16/19







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年8月1日               (自 2018年8月1日
                                 至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
     1株当たり四半期純利益又は1株あたり四半期純損
                                       15円96銭              △59円94銭
     失(△)
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社
                                        73,673              △276,665
       株主に帰属する四半期純損失(△)                (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る       親会社株主に帰属する          四半期
       純利益又は普通株式に係る親会社株主に帰属す                                73,673              △276,665
       る四半期純損失(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                 4,615               4,615
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません          。
                                 17/19













                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
        該当事項はありません。
                                 18/19




















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年3月15日

     株式会社山王

      取締役会 御中

                              有限責任     あずさ監査法人

                               指定有限責任社員

                                          公認会計士
                                                岩  瀬 弘    典  印
                               業  務  執  行  社  員
                               指定有限責任社員

                                          公認会計士
                                                井  上 倫    哉  印
                               業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社山王の

     2018年8月1日から2019年7月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2018年11月1日から2019年1月31日
     まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年8月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、
     四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び
     注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社山王及び連結子会社の2019年1月31日現在の財政状態並びに
     同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じ
     させる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.   XBRLデータは四半期レビューの対象には                   含まれていません。
                                 19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。