ハイアス・アンド・カンパニー株式会社 四半期報告書 第15期第3四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第15期第3四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:ハイアス・アンド・カンパニー株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成31年3月15日
      【四半期会計期間】                    第15期第3四半期(自 平成30年11月1日 至 平成31年1月31日)
      【会社名】                    ハイアス・アンド・カンパニー株式会社
      【英訳名】                    HyAS&Co. Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  濵村 聖一
      【本店の所在の場所】                    東京都品川区上大崎二丁目24番9号
      【電話番号】                    03-5747-9800(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役 執行役員経営管理本部長 西野 敦雄
      【最寄りの連絡場所】                    東京都品川区上大崎二丁目24番9号
      【電話番号】                    03-5747-9800(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役 執行役員経営管理本部長 西野 敦雄
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/17













                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第14期           第15期
               回次               第3四半期           第3四半期            第14期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成29年5月1日           自平成30年5月1日           自平成29年5月1日

              会計期間
                           至平成30年1月31日           至平成31年1月31日           至平成30年4月30日
                      (千円)           3,323,278           4,182,061           4,659,870
     売上高
                      (千円)            179,861           129,703           355,421
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            90,894           37,118           200,638
     期)純利益
                      (千円)            111,856            38,288           230,494
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           1,254,815           1,152,786           1,039,430
     純資産額
                      (千円)           2,008,214           3,190,962           2,542,612
     総資産額
                      (円)             4.06           1.66           8.97
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)             3.84           1.57           8.41
     (当期)純利益
                      (%)             59.8           35.2           40.3
     自己資本比率
                               第14期           第15期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成29年11月1日           自平成30年11月1日

              会計期間
                           至平成30年1月31日           至平成31年1月31日
     1株当たり四半期純利益又は1株
                      (円)             0.57
                                             △ 1.19
     当たり四半期純損失(△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.  平成30年3月1日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行っております。第14期の期首に当該株式分割
           が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利
           益を算定しております。
         4.当社は株式報酬制度を導入するための信託が保有する当社株式を連結財務諸表において自己株式として計上
           しております。株主資本において自己株式として計上されている当該信託が保有する当社株式は、1株当た
           り情報の算定上、期中平均株式数から控除する自己株式に含めております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。          なお、第1四半期連結会計期間より、ハイアス・キャピタルマネジメント株式会社を連結子会
       社としており、第2四半期連結会計期間より、株式会社LHアーキテクチャを連結子会社としており、当第3四半期連
       結会計期間より、SUNRISE株式会社、株式会社HCマテリアル及びGARDENS                                  GARDEN株式会社を連結子会社としておりま
       す。この結果、平成31年1月31日現在の連結子会社は11社であります。
                                  2/17




                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載し
       た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)経営成績の分析

         当第3四半期連結累計期間の日本経済は、個人消費の持ち直し、企業収益や雇用情勢の改善などが進み、全体と
        して緩やかな回復基調で推移しました。
         当社グループの事業領域にかかわる住宅不動産業界におきましては、マイナス金利政策により、住宅ローン金利
        は低水準で推移する一方、持ち家の新設住宅着工戸数が10月から4カ月連続で前年の水準を上回りましたが、貸家
        が前年の水準を下回りました。
         当社グループにおける当第3四半期連結累計期間は、主力の高性能デザイナーズ住宅「R+house」事業を中心
        に、会員企業の成果に連動する「ロイヤルティ等」が伸長する一方、今後の成長のために販売費及び一般管理費が
        増加しました。当第3四半期連結累計期間における「ロイヤルティ等」の売上高は2,433百万円(前期比43.8%
        増)、売上総利益は1,234百万円(前期比72.0%増)となりました(当社グループにおける収益項目は、サービス
        導入時に発生する「初期導入フィー」、毎月発生する「会費」及び導入サービスの成果報酬たる「ロイヤルティ」
        並びに「設計料・保証料等」(以下「ロイヤルティ」と「設計料・保証料等」を併せ、「ロイヤルティ等」とい
        う)に大別されます)。
         「R+house」事業においては、事業の垂直統合強化の投資を行っております。例えば、前連結会計年度には技術
        本部機能の内製化を行い(2018年2月に株式会社アンビエントホールディングス及び株式会社ハウス・イン・ハウ
        スから「R+house」、「アーキテクチャル・デザイナーズ・マーケット(ADM)」、「ハウス・イン・ハウス」事業
        に係る技術本部機能を譲り受けました)、当第3四半期連結累計期間において利益率が改善しております。また8
        月には、株式会社ロジックとの合弁会社である株式会社LHアーキテクチャを設立しました。株式会社ロジックは、
        「R+house」において数多くの実績を残している会社です。共同で「R+house」の空きエリアに進出し、モデルハウ
        スや住宅総合展示場を活用した取り組みを行います。そこで蓄積したノウハウを会員企業にも共有することによ
        り、「R+house」ブランドの認知度向上、集客数アップといった成果の早期創出、ひいては「R+house」事業の成長
        の加速を目指します。さらに12月に、建築部材の企画開発製造を行うファブレスメーカーである株式会社HCマテリ
        アルを完全子会社化しました。部材コストの低減と品質向上、顧客ニーズにあった部材の開発、部材の安定供給体
        制の構築を図っていく考えです。
         「R+house」事業以外では、造園・エクステリア・外構の市場に新たな価値を創出する新規事業「GARDENS
        GARDEN」を2019年2月より展開します。当第3四半期連結累計期間においては、2019年1月にガーデンの設計を行
        うGARDENS     GARDEN株式会社を設立しました。優れたガーデンデザイナーを多く育て、「GARDENS                                       GARDEN」事業が開
        始した際に多くの設計依頼に対応できる体制とキャパシティ確保のための準備を進めることで、新たな事業の垂直
        立ち上げと加速度的な拡大を推進していく役割を担います。
         販売費及び一般管理費については、引き続き将来の成長に向けたブランディング活動や人材の採用を積極的に進
        めました。広告宣伝活動ではウェブを中心に据え、消費者向けに、主に「R+house」ブランドの認知度向上に注力
        しています。具体的には「R+house」などサービスごとに公式ウェブサイトを開設し、住宅・不動産資産の価値向
        上につながる情報を発信しております。当第3四半期連結累計期間においては公式ウェブサイト経由での資料請求
        数、イベント申込数が増加しています。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は4,182百万円(前期比25.8%増)、営業利益は131百万
        円(前期比27.9%減)、経常利益は129百万円(前期比27.9%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は37百万
        円(前期比59.2%減)となりました。
                                  3/17





                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
         セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。
         ・コンサルティング事業

          コンサルティング事業における当第3四半期連結累計期間は、「R+house」を中心としてロイヤルティ等が伸
         長し、売上高は3,876百万円、営業利益は240百万円となりました。
         ・建築施工事業

          建築施工事業における当第3四半期連結累計期間は、「R+house」の受注数が順調に増加した一方、事業立ち
         上げから間もなく投資としてのコストが先行していることから、売上高は373百万円、営業損失は98百万円とな
         りました
         ・その他

          その他における当第3四半期連結累計期間は、不動産特定共同事業等に関する支援業務等として、売上高は3
         百万円、営業損失は5百万円となりました。
       (2)財政状態の分析

         当第3四半期連結会計期間末における資産合計は3,190百万円となり、前連結会計年度末と比べ648百万円増加                                                   し
        ました。その主な要因は、受取手形及び売掛金が71百万円、商品が34百万円、販売用不動産が137百万円、モデル
        ハウスを中心に有形固定資産が275百万円、投資その他の資産に含まれる敷金及び保証金が57百万円増加したこと
        によるものです。
         当第3四半期連結会計期間末における負債合計は2,038百万円となり、前連結会計年度末と比べ534百万円増加                                                   し
        ました。その主な要因は、短期借入金が520百万円増加したことによるものです。
         当第3四半期連結会計期間末における純資産合計は1,152百万円となり、前連結会計年度末と比                                            べ113百万円増加
        しました。その主な要因は、利益剰余金が31百万円減少した一方、新株予約権の行使により資本金及び資本剰余金
        がそれぞれ65百万円増加したことによるものです。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
        ありません。
       (4)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間における研究開発費の金額につきましては、当社グループの研究開発活動が事業開発
        部門の業務の一環として行われているものであることから、区分計上しておりません。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
       (5)主要な設備計画

         前連結会計年度末に計画していた設備計画のうち、当第3四半期連結累計期間に完了したものは、次のとおりで
        す。
                 事業所名        セグメントの                              完成後の
         会社名                            設備の内容            完了
                (所在地)           名称                            増加能力
              モデルハウス           コンサルティ
       提出会社                         モデルハウス用土地、建物              平成30年9月         (注)
              (茨城県守谷市他)           ング事業
         (注)完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
      3【経営上の重要な契約等】

        当 第 3 四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/17





                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                  66,960,000
                 普通株式
                                                  66,960,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末現
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (平成31年3月15日)
               (平成31年1月31日)                        取引業協会名
                                                   完全議決権株式であ
                                                   り、株主としての権
                                                   利内容に何ら限定の
                                         東京証券取引所
                                                   ない当社における標
                    23,277,300            23,277,300
       普通株式
                                         (マザーズ)
                                                   準となる株式であ
                                                   り、単元株式数は
                                                   100株であります。
                    23,277,300            23,277,300           -           -

         計
       (注)「提出日現在発行数」欄には、平成31年3月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使によ
          り発行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                  5/17










                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           当第3四半期会計期間において、行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に係る新株予約権が以下のとお
          り行使されました。
           第6回新株予約権(行使価額修正条項付)
                                           第3四半期会計期間
                                    (平成30年11月1日から平成31年1月31日まで)
           当該四半期会計期間に権利行使された当該行使価額
                                                        1,168
           修正条項付新株予約権付社債券等の数(個)
           当該四半期会計期間の権利行使に係る交付株式数
                                                       116,800
           (株)
           当該四半期会計期間の権利行使に係る平均行使価額
                                                         375
           等(円)
           当該四半期会計期間の権利行使に係る資金調達額
                                                         43
           (百万円)
           当該四半期会計期間の末日における権利行使された
           当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の累                                             2,598
           計(個)
           当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修
           正条項付新株予約権付社債券等に係る累計の交付株                                            259,800
           式数(株)
           当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修
           正条項付新株予約権付社債券等に係る累計の平均行                                              376
           使価額等(円)
           当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修
           正条項付新株予約権付社債券等に係る累計の資金調                                               97
           達額(百万円)
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総       発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残

         年月日
                  数増減数(株)       数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
     平成30年11月1日~

                    332,800      23,277,300         30,049       430,681        30,049       330,681
     平成31年1月31日
     (注)
     (注)    新株予約権の行使による増加であります。
                                  6/17









                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (6)【議決権の状況】

           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成30年10月31日)に基づく株主名簿による記載をして
          おります。
        ①【発行済株式】

                                                  平成31年1月31日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -
                        (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                        普通株式             100
     完全議決権株式(その他)                   普通株式 22,943,000                    229,430          -
                        普通株式           1,400          -            -
     単元未満株式
                        普通株式 22,944,500                 -            -
     発行済株式総数
                             -              229,430          -
     総株主の議決権
      (注)   1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式                       には、   「役員向け株式交付信託」及び「従業員向け株式給交付
           託」制度の信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有してい                                         る当社株式
           446,000株が含まれております。
         2.「   単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式29株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成31年1月31日現在
                                                      発行済株式
                                                      総数に対す
                                 自己名義       他人名義       所有株式数
         所有者の氏名                                               る
                       所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                            所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                       の割合
                                                        (%)
     (自己保有株式)
                     東京都品川区上大崎
     ハイアス・アンド・カンパ                               100        ―      100       0.00
                     二丁目24番9号
     ニー株式会社
            計              ―           100        ―      100       0.00
      (注)   自己名義所有株式には、「役員向け株式交付信託」の信託財産としてみずほ信託銀行株式会社(再信託受託者:
         資産管理サービス信託銀行株式会社)が保有する当社株式114,600株及び「従業員向け株式交付信託」の信託財
         産としてみずほ信託銀行株式会社(再信託受託者:資産管理サービス信託銀行株式会社)が保有する当社株式
         331,400株を含めておりません。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/17




                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年11月1日から平
       成31年1月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年5月1日から平成31年1月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/17

















                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年4月30日)              (平成31年1月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        751,751              743,786
         現金及び預金
                                        352,495              424,067
         受取手形及び売掛金
                                         43,312              78,128
         商品
                                         10,188              147,670
         販売用不動産
                                        161,227              180,003
         その他
                                        △ 19,485             △ 26,245
         貸倒引当金
                                       1,299,490              1,547,411
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                              188,240              468,316
                                        216,082              211,094
          その他(純額)
                                        404,323              679,411
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        503,500              469,014
          のれん
                                         90,772              163,816
          その他
                                        594,272              632,830
          無形固定資産合計
                                        244,526              331,308
         投資その他の資産
                                       ※ 1,243,121              ※ 1,643,551
         固定資産合計
                                       2,542,612              3,190,962
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        236,294              224,134
         買掛金
                                        200,000              720,020
         短期借入金
                                        101,668              101,668
         1年内返済予定の長期借入金
                                         85,575              48,799
         未払法人税等
                                         2,805              4,713
         賞与引当金
                                        459,728              531,365
         その他
                                       1,086,071              1,630,701
         流動負債合計
       固定負債
                                        403,193              326,942
         長期借入金
                                           -            21,687
         役員株式給付引当金
                                           -            31,265
         株式給付引当金
                                         13,917              27,580
         その他
                                        417,110              407,474
         固定負債合計
                                       1,503,181              2,038,175
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        364,839              430,681
         資本金
                                        298,816              364,658
         資本剰余金
                                        660,658              628,719
         利益剰余金
                                       △ 299,525             △ 299,539
         自己株式
                                       1,024,788              1,124,519
         株主資本合計
                                           -             1,456
       新株予約権
                                         14,641              26,810
       非支配株主持分
                                       1,039,430              1,152,786
       純資産合計
                                       2,542,612              3,190,962
      負債純資産合計
                                  9/17




                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年5月1日              (自 平成30年5月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
                                       3,323,278              4,182,061
      売上高
                                       1,281,658              1,460,514
      売上原価
                                       2,041,620              2,721,547
      売上総利益
                                       1,859,733              2,590,419
      販売費及び一般管理費
                                        181,886              131,127
      営業利益
      営業外収益
                                            5              6
       受取利息
                                           -             1,300
       助成金収入
                                           273               -
       業務受託料
                                           521               -
       受取遅延損害金
                                           -              476
       受取保険料
                                         1,416               826
       その他
                                         2,216              2,609
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           241             3,557
       支払利息
                                         4,000                -
       市場変更関連費用
                                           -              475
       その他
                                         4,241              4,033
       営業外費用合計
                                        179,861              129,703
      経常利益
      特別利益
                                           -             3,181
       負ののれん発生益
                                           -             3,181
       特別利益合計
      特別損失
                                           -             3,937
       固定資産除却損
                                           -             3,937
       特別損失合計
                                        179,861              128,948
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   69,010              108,980
                                        △ 1,006             △ 18,320
      法人税等調整額
                                         68,004              90,659
      法人税等合計
                                        111,856               38,288
      四半期純利益
                                         20,961               1,169
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         90,894              37,118
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/17








                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年5月1日              (自 平成30年5月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
                                        111,856               38,288
      四半期純利益
                                           -              -
      その他の包括利益
                                        111,856               38,288
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         90,894              37,118
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         20,961               1,169
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/17

















                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         第1四半期連結会計期間より、ハイアス・キャピタルマネジメント株式会社は新たに設立したため、第2四半期
        連結会計期間より、株式会社LHアーキテクチャは新たに設立したため、当第3四半期連結会計期間より、SUNRISE
        株式会社及びGARDENS          GARDEN株式会社は新たに設立したため、株式会社HCマテリアルは新たに株式を取得し子会社
        としたため、連結の範囲に含めております。
        (追加情報)

         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
         会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※ 資産の金額から直接控除している貸倒引当金の額
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (平成30年4月30日)                  (平成31年1月31日)
     投資その他の資産                                11,375   千円              15,504   千円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                            (自    平成29年5月1日              (自    平成30年5月1日
                             至   平成30年1月31日)               至   平成31年1月31日)
     減価償却費                                40,626千円                  78,381千円
     のれんの償却額                                  -千円               83,592千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年5月1日 至 平成30年1月31日)
          1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決    議)
               株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
      平成29年12月14日
                普通株式        29,869       4.00    平成29年10月31日          平成30年1月22日          利益剰余金
        取締役会
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年5月1日 至 平成31年1月31日)

          1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決    議)
               株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
      平成30年7月30日
                普通株式        30,036       1.33    平成30年4月30日          平成30年7月31日          利益剰余金
     定時株主総会(注)1
      平成30年12月14日
                普通株式        39,005       1.70    平成30年10月31日          平成31年1月21日          利益剰余金
      取締役会(注)2
      (注)1 平成30年7月30日定時株主総会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金
           593千円が含まれております。
         2 平成30年12月14日取締役会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金758千
           円が含まれております。
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
            該当事項はありません。
                                 12/17


                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年5月1日 至 平成30年1月31日)
            報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                               調整額
                                                        合計
                                               (注)1
                      コンサルティン
                              建築施工事業          計
                        グ事業
      売上高

                                  33,883      3,323,278           -
       外部顧客への売上高                 3,289,395                               3,323,278
       セグメント間の内部売上高又
                          16,605                      △49,205           -
                                  32,600        49,205
       は振替高
                        3,306,000                        △49,205

             計                    66,483      3,372,483               3,323,278
      セグメント利益又は損失(△)                   215,662       △27,252        188,409        △6,523
                                                        181,886
          (注)1      セグメント利益又は損失(△)の調整額△6,523千円はセグメント間取引消去額であります。
             2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年5月1日 至 平成31年1月31日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                     その他            調整額
                  コンサル                          合計            合計
                                     (注)1            (注)2
                        建築施工
                  ティング事              計
                          事業
                    業
      売上高
                         345,320     4,181,975          86   4,182,061          -   4,182,061
       外部顧客への売上高           3,836,654
       セグメント間の内部
                    39,384                                       -
                          28,284      67,668       3,600      71,268     △71,268
       売上高又は振替高
                  3,876,039

           計              373,604     4,249,643        3,686    4,253,330       △71,268      4,182,061
      セグメント利益又は
                   240,456                         136,588            131,127
                         △98,431       142,024      △5,436            △5,460
      損失(△)
          (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、宿泊施設に関する管理運
               営及び不動産投資型クラウドファンディング企画運営事業を含んでいます。
             2 セグメント利益又は損失(△)の調整額△5,460千円はセグメント間取引消去額であります。
             3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントの変更等に関する事項

             前第3四半期連結会計期間より、従来「その他」に含まれていた「建築施工事業」について量的な重要
            性が増したため、報告セグメントとして記載する方法に変更しております。
           3.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

             当連結会計年度において、「コンサルティング事業」において3,181千円の負ののれん発生益を計上し
            ております。これは、株式会社HCマテリアルの株式を新たに取得し、連結子会社としたことによるもので
            す。
                                 13/17




                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
        のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年5月1日               (自 平成30年5月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益
                                        4.06円               1.66円
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                 90,894               37,118

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                        90,894               37,118
      益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                               22,378,836               22,409,155

     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                3.84円               1.57円

     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
      (千円)
      普通株式増加数(株)                                1,307,451               1,184,513

                                              平成30年9月14日開催取締役

                                              会決議による第6回乃至第8
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
                                              回新株予約権。(第6回新株
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                              予約権の個数6,597個、第7回
                                          -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
                                              新株予約権の個数4,733個、第
     の概要
                                              8回新株予約権の個数1,610
                                              個)
      (注)1.     平成30年3月1日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行っておりますが、前連結会計年度の期首に当
           該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益を算
           定しております。
         2.当社は株式報酬制度を導入するための信託が保有する当社株式を連結財務諸表において自己株式として計上
           しております。株主資本において自己株式として計上されている当該信託が保有する当社株式は、1株当た
           り情報の算定上、期中平均株式数から控除する自己株式に含めております。
           当第3四半期連結累計期間            において、当該信託が保有する期中平均株式数は446,000株であります。
                                 14/17








                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
         当社は、平成31年3月15日開催の取締役会において、当社のアフターメンテナンス事業を会社分割(簡易新設分
        割)し、新設する株式会社家価値サポート(以下「新設会社」という。)に承継させる(以下「本会社分割」とい
        う。)とともに、当社の子会社とすることを決議いたしました。本会社分割後、新設会社の株式の一部を、同事業
        の提携先である環境機器株式会社及び当社の顧問であり新設会社の代表取締役社長に就任予定の中林昌人に譲渡す
        る予定です。
        (1)会社分割(新設分割)の概要
         ① 対象となった事業の名称及びその事業の内容
           事業の名称:家価値サポート
           事業の内容:戸建住宅のアフターメンテナンス事業
         ② 企業結合日
           平成31年5月7日(予定)
         ③ 企業結合の法的形式
           当社を分割会社とし、新設会社を承継会社とする新設分割(簡易分割)方式
         ④ 結合後企業の名称
           株式会社家価値サポート
        (2)実施した会計処理の概要

          「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づ
         き、共通支配下の取引として処理しております。
      2【その他】

        平成30年12月14日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
       (イ)配当金の総額………………………………………39,005千円
       (ロ)1株当たりの金額…………………………………1.7円
       (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………平成31年1月21日
       (注)     平成30年10月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 15/17











                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年3月15日

     ハイアス・アンド・カンパニー株式会社
      取締役会 御中
                             有限責任     あずさ監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                富永 貴雄  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                木村 純一  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているハイアス・アン

     ド・カンパニー株式会社の平成30年5月1日から平成31年4月30日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成
     30年11月1日から平成31年1月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年5月1日から平成31年1月31日まで)
     に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び
     注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ハイアス・アンド・カンパニー株式会社及び連結子会社の平成31年
     1月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさ
     せる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は、四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

           報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。