日本テレホン株式会社 四半期報告書 第31期第3四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第31期第3四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:日本テレホン株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                 四半期報告書

      【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                 近畿財務局長
      【提出日】                 平成31年3月15日
      【四半期会計期間】                 第31期第3四半期(自 平成30年11月1日 至 平成31年1月31日)
      【会社名】                 日本テレホン株式会社
      【英訳名】                 NIPPON TELEPHONE INC.
      【代表者の役職氏名】                 代表取締役社長  岡 田 俊 哉
      【本店の所在の場所】                 大阪市北区天満橋一丁目8番30号 OAPタワー9階
      【電話番号】                 06(6881)6611
      【事務連絡者氏名】                 執行役員 企画財務本部 経理財務部長  重 富 崇 史
      【最寄りの連絡場所】                 東京都新宿区西新宿三丁目2番4号 新和ビル2階
      【電話番号】                 03(3346)7811
      【事務連絡者氏名】                 執行役員 企画財務本部 経理財務部長  重 富 崇 史
      【縦覧に供する場所】                 日本テレホン株式会社 東京本社
                       (東京都新宿区西新宿三丁目2番4号 新和ビル2階)
                       株式会社東京証券取引所
                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注)上記の東京本社は金融商品取引法に規定する縦覧場所ではありませんが、投資者の便宜を考慮して、縦覧に供す

        る場所としております。
                                  1/18










                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                     第30期        第31期

                    回次                第3四半期        第3四半期         第30期
                                     累計期間        累計期間
                                    自平成29年        自平成30年        自平成29年

                                     5月1日        5月1日        5月1日
                   会計期間
                                    至平成30年        至平成31年        至平成30年
                                     1月31日        1月31日        4月30日
                              (千円)       3,966,883        3,827,333        5,236,992

        売上高
        経常損失(△)                       (千円)        △ 86,097       △ 65,000       △ 68,807

        四半期(当期)純損失(△)                       (千円)       △ 121,176       △ 68,175      △ 103,554

                              (千円)           -        -        -

        持分法を適用した場合の投資利益
                              (千円)        634,728        634,728        634,728

        資本金
                              (株)       3,409,000        3,409,000        3,409,000

        発行済株式総数
                              (千円)        600,328        549,776        617,951

        純資産額
                              (千円)       1,243,175        1,062,610        1,199,108

        総資産額
        1株当たり四半期(当期)純損失金額(△)                       (円)        △ 35.55       △ 19.99       △ 30.38

        潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利
                              (円)           -        -        -
        益金額
                              (円)           -        -        -
        1株当たり配当額
                              (%)          48.3        51.7        51.5

        自己資本比率
                                     第30期        第31期

                    回次                第3四半期        第3四半期
                                     会計期間        会計期間
                                    自平成29年        自平成30年

                                     11月1日        11月1日
                   会計期間
                                    至平成30年        至平成31年
                                     1月31日        1月31日
        1株当たり四半期純損失金額(△)                                △ 8.27       △ 7.15

                              (円)
       (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度にかかる主要な経営指標等の推移に
            ついては記載しておりません。
          2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
          3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
          4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、1株当たり四半期(当期)純損失金額
            であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                  2/18





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第3四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
                                  3/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第3四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
        投資者の判断に重要な影響をおよぼす可能性のある事項の発生または、前事業年度の有価証券報告書に記載した
        「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
       継続企業の前提に関する重要事象等

         当社におきましては、平成20年4月期から平成30年4月期までの11期間の内、平成24年4月期および平成26年
        4月期、並びに平成28年4月期を除く8期間に亘る営業損失の計上に伴い、累積損失                                        743百万円を計上するに至
        りました。
         また、当第3四半期累計期間におきましても、営業損失                          63百万円を計上し、このため当該状況により、当社
        が将来にわたって事業活動を継続するとの前提に重要な疑義を生じさせるような事象または状況が存在しており
        ます。
         当社といたしましては、当該事象を早期に解消すべく対応を行ってまいります。
         なお、当該事象を解消するための対応策につきましては「2.経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
        シュ・フローの状況の分析 (3)継続企業の前提に関する重要事象等の存在の解消に向けた対応策等」に記載を
        しております。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)業績の状況

          当第3四半期累計期間(平成30年5月1日から平成31年1月31日まで)におけるわが国経済は、政府によ
         る経済政策を背景に企業収益や雇用の改善に伴い、国内景気は緩やかな回復基調にある一方、世界経済にお
         いては、中国やアジア新興国における経済成長の減速懸念や、米中貿易摩擦等による不安定な海外情勢の影
         響により、景気の先行きは依然として不透明な状況が続いております。
          当社の主な事業分野である移動体通信業界およびリユースモバイル業界におきましては、総務省から「モ
         バイルサービス等の適正化に向けた緊急提言」が発表され、通信と端末の完全分離や、販売代理店の届け出
         制導入の方針決定等、同事業分野を取り巻く環境はめまぐるしく変化してきております。
          このような事業環境の中、当社は顧客ニーズの変化に迅速に対応するため、「ビヨンド・イマジネーショ
         ン(注1)」の行動ポリシーのもと、お客様が必要とするサービス・商品を的確に捉え、提供できるよう尽力
         してまいりました。
          当社の主力事業である移動体通信関連事業におきましては、お客様ファーストの接客を実践すべく、利用
         シーンを踏まえた最適な料金プランの提案に注力し、お客様に選ばれる店舗を目指すとともに、各移動体通
         信事業者が推奨するサービス、プラン等を積極的に推進し、                            受取手数料の獲得に注力いたしました。
          また、中古携帯電話機「エコたん(注2)」の販売を主とするリユース関連事業におきましては、需要が堅
         調な国内外の法人向け販売に引き続き注力し、新規取引先開拓を実施するとともに、調達したリユース品の
         商品化に向けた作業効率の改善を実施し、コスト削減を図ってまいりました。
          しかしながら、リユース関連事業は堅調に推移したものの、移動体通信関連事業において、想定以上の販
         売台数減少や、       それに伴う受取手数料減少の影響により、                    当第3四半期累計期間における経営成績は                    、 売上
         高  3,827百万円と前年同期の売上高               3,966百万円に比べ         139百万円、3.5%の減少となりました。
          営業損益につきましては、引き続き一般管理費の削減を始め種々経営効率の改善に努めてまいりました
         が、営業損失       63百万円(前年同期          78百万円の営業損失)となりました。
          また、経常損益につきましては、保険返戻金等の合計                         4百万円の営業外収益、および為替差損等の合計
         6百万円の営業外費用を計上した結果、経常損失                       65百万円(前年同期          86百万円の経常損失)となりまし
         た。
          四半期純損益につきましては、受取賠償金                    5百万円を特別利益に計上したものの、減損損失等                        6百万円
         を特別損失に計上した結果、四半期純損失                    68百万円(前年同期          121百万円の四半期純損失)となりました。
           (注)1   「ビヨンド・イマジネーション」とは、「①お客様の想像を超える ②仲間の期待を超える ③自分の限界を超える」

               をポリシーとした当社の行動ポリシーであります。
              2「エコたん」とは、2次利用で環境にやさしい「エコロジー端末(たんまつ)」、安価で経済的な「エコノミー端末
               (たんまつ)」の意味合いを持った造語であり、当社独自の商標であります。
                                  4/18


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
        当社  の事業は、情報通信関連事業の単一セグメントでありますが、業績の状況を事業部門別に記載しております。

        なお、第1四半期会計期間より、事業部門区分を変更しておりますので、以下の前年同期比較については、前年同
       期の数値を変更後の事業部門区分に組み替えて比較しております。
        (移動体通信関連事業)

          当第3四半期累計期間における移動体通信関連事業におきましては、ご来店いただくお客様のサービス価
         値提案からのスマートフォン販売はもとより、大半の店舗が属する繁華街立地の特性を活かした店前でのイ
         ベント施策等を通して、目的外のお客様にもご来店いただく誘引活動に注力いたしました。
          また、   各移動体通信事業者が独自に採用する各種指標等を基準とした受取手数料においては、                                        お客様に対
         する付加価値提案力を高め、料金節約試算や利用体験を交えた提案に注力し、収益性向上に努めてまいりま
         した。
          しかしながら、想定以上に販売台数が減少したこと等により、                             受取手数料の獲得も減少いたしました。
          この結果、売上高         2,718百万円(販売台数           26,678台)と前年同期における売上高                  3,017百万円(販売台数
         31,411台)に比べ         298百万円減少(販売台数            4,733台減少)、率にして            9.9%減少(販売台数          15.1%減少)と
         なりました。
        (リユース関連事業)

          当第3四半期累計期間におけるリユース関連事業におきましては、引き続き、調達・販売ともに、国内、
         国外問わず新規取引先の開拓や、既存取引先の深耕営業に注力した結果、受注台数が増加いたしました。
          この結果、売上高         1,103百万円(販売台数           46,578台)と前年同期における売上高                  930百万円(販売台数
         43,948台)に比べ         173百万円増加(販売台数            2,630台増加)、率にして            18.6%増加(販売台数          6.0%増加)と
         なりました。
        (その他の事業)

          当第3四半期累計期間におけるその他の事業におきましては、「情報通信ショップ」閉店に伴って、コン
         テンツ等の獲得が縮小したことよって、売上が減少いたしました。
          この結果、売上高         5百万円と、前年同期における売上高                  19百万円に比べ        14百万円減少、率にして            74.3%
         減少となりました。
                                  5/18










                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
      (2)財政状態の状況
        ①  総資産
          当第3四半期会計期間末の総資産は、前事業年度末と比べて136百万円減少し、1,062百万円となりました。
          これは主に、現金及び預金が              86百万円増加し、売掛金が             83百万円、未収入金が           80百万円、商品が         23百万
         円減少したことによるものであります。
        ②  負債
          当第3四半期会計期間末の負債は、前事業年度末と比べて68百万円減少し、512百万円となりました。
          これは主に、短期借入金が             61百万円増加し、買掛金が             76百万円、未払金が          24百万円、社債が         10百万円、
         長期借入金が       10百万円減少したことによるものであります。
        ③  純資産
          当第3四半期会計期間末の純資産は、前事業年度末と比べて68百万円減少し、549百万円となりました。
          これは、利益剰余金が           68百万円減少したことによるものであります。
                                  6/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
       (3)継続企業の前提に関する重要事象等の存在の解消に向けた対応策等
          当社におきましては、平成20年4月期から平成30年4月期までの11期間の内、平成24年4月期および平成

         26年4月期、並びに平成28年4月期を除く8期間に亘る営業損失の計上に伴い、累積損失                                          743百万円を計上
         するに至りました。
          また、当第3四半期累計期間におきましても、営業損失                          63百万円を計上し、このため当該状況により、当
         社が将来にわたって事業活動を継続するとの前提に重要な疑義を生じさせるような事象または状況が存在し
         ております。
          当社といたしましては、当該事象を早期に解消すべく、事業環境や顧客ニーズの変化を迅速に捉えるた
         め、「ビヨンド・イマジネーション」の行動ポリシーのもと、お客様が必要とするサービス価値を提供し続
         ける対応を心掛けており、その基盤である人財の採用と育成、これらを育む社風作りに注力し、お客様への
         総合的な付加価値提案力を高めることにより、収益力向上に努める取り組みを行ってまいります。
          当社の主力事業であります移動体通信関連事業におきましては、スタッフ教育が最重要課題と認識し、研
         修プログラムを充実することによって、スタッフの定着率向上を実現するとともに、店頭接客ではスマート
         フォンの買い替え需要の獲得はもちろんのこと、引き続きタブレットや光回線、アクセサリー等の付帯商材
         の獲得により、お客様に対する付加価値提案力を高め、販売台数の上積みとともに、                                       受取手数料の増加に取
         り組み   、収益力の改善に努めてまいります。                  また、不採算店舗の再評価にも着手してまいります。
          一方、リユース関連事業におきましては、総務省の主導のもと、中古携帯電話の流通促進の機運が高まる
         中で、当社といたしましては、引き続き需要が堅調な法人向け販売に注力するために、国内外の法人企業か
         らの新たな調達ルートの開拓等、仕入元チャネルの最大化に努めるとともに、商品再生におけるコスト削減
         等、収益体制の強化に努めてまいります。
          なお、財務面におきましては、平成30年5月から平成31年1月にかけ取引金融機関2行より運転資金とし
         て合計397百万円を新たに調達し、当第3四半期会計期間の末日現在において、1年以内に償還および返済を
         予定する社債および長短借入金を含め、社債                     20百万円、長期借入金           20百万円、短期借入金           118百万円の合
         計  158百万円の金融負債が存在しております。今後、1年以内の期日において、社債および長短借入金                                              158
         百万円の償還および返済期日を迎えることになっておりますが、全額を手元資金にて対応を行う予定であり
         ます。
          当社といたしましては、継続企業の前提に関する重要事象等が存在しておりますが、引き続き主力の移動
         体通信関連事業および、中古携帯電話機「エコたん」を始めとしたリユース関連事業において業績の安定化
         に向けた各種取組みを実施することにより、当該事象の早期解消を目指し努力を継続してまいります。
          従いまして、継続企業の前提に関する重要な不確実性は、認められないものと判断しておりますので、四
         半期財務諸表の注記には記載をしておりません。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  7/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  8/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                          12,400,000

                  計                              12,400,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                           (平成31年3月15日)
              (平成31年1月31日)                            取引業協会名
                                          東京証券取引所
                                                    単元株式数
     普通株式              3,409,000             3,409,000          JASDAQ
                                                    100株
                                         (スタンダード)
        計           3,409,000             3,409,000             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日       総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (千円)        (千円)
                 (株)        (株)                      (千円)        (千円)
     平成30年11月1日~
                     -    3,409,000           -     634,728          -     304,925
     平成31年1月31日
       (5)【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  9/18





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
        載することができないことから、直前の基準日(平成30年10月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
        す。
        ①【発行済株式】

                                                  平成30年10月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                        -            -            -

     完全議決権株式(その他)                     普通株式3,408,500                  34,085          -

     単元未満株式                     普通株式            500        -            -

     発行済株式総数                         3,409,000           -            -

     総株主の議決権                        -               34,085          -

        ②【自己株式等】

        該当事項はありません。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 10/18











                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について

         当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
        第63号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(平成30年11月1日から平成
        31年1月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成30年5月1日から平成31年1月31日まで)に係る四半期財務
        諸表について仰星監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

         四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(平成19年内閣府令第64号)第5条第2項によ
        り、当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企
        業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏
        しいものとして、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
                                 11/18















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (平成30年4月30日)              (平成31年1月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         80,848              167,788
         現金及び預金
                                        440,284              357,022
         売掛金
                                        199,711              176,590
         商品
                                         1,070               753
         貯蔵品
                                         21,508              23,839
         前払費用
                                        117,327               37,036
         未収入金
                                           458             2,288
         その他
                                        861,210              765,319
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        165,161              161,173
          建物
                                        △ 96,139             △ 100,842
            減価償却累計額
            建物(純額)                             69,021              60,331
          工具、器具及び備品                              153,749              147,965
                                       △ 142,094             △ 137,615
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             11,655              10,350
          リース資産                               6,176              6,503
                                        △ 1,738             △ 2,519
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              4,437              3,983
          レンタル資産                                 -             2,945
                                           -             △ 603
            減価償却累計額
            レンタル資産(純額)                               -             2,342
                                         85,115              77,007
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         1,937               995
          ソフトウエア
                                         2,634               707
          リース資産
                                         5,813              5,813
          電話加入権
                                         10,385               7,515
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           160              160
          出資金
          長期貸付金                               13,696              12,733
                                         49,624              49,624
          破産更生債権等
                                         3,420              3,184
          長期前払費用
                                        224,238              196,389
          差入保証金
                                           242               -
          保険積立金
                                        △ 49,624             △ 49,624
          貸倒引当金
                                        241,758              212,466
          投資その他の資産合計
                                        337,258              296,990
         固定資産合計
       繰延資産
                                           640              301
         社債発行費
                                           640              301
         繰延資産合計
                                       1,199,108              1,062,610
       資産合計
                                 12/18





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (平成30年4月30日)              (平成31年1月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        261,505              184,633
         買掛金
                                         57,000              118,000
         短期借入金
                                         20,000              20,000
         1年内償還予定の社債
                                         20,000              20,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                         3,189              2,755
         リース債務
                                         64,551              39,968
         未払金
                                         23,347              24,166
         未払費用
                                         7,854              4,927
         未払法人税等
                                         2,473              2,067
         未払消費税等
                                         28,047              25,949
         預り金
                                         6,884              4,380
         賞与引当金
                                         3,604              1,696
         短期解約返戻引当金
         資産除去債務                                  -             4,995
                                           39             1,428
         その他
                                        498,498              454,969
         流動負債合計
       固定負債
                                         10,000                -
         社債
                                         10,000                -
         長期借入金
                                         4,526              2,915
         リース債務
                                         2,139              1,862
         繰延税金負債
                                           -             1,749
         役員退職慰労引当金
                                         28,866              28,909
         退職給付引当金
                                         27,126              22,428
         資産除去債務
                                         82,658              57,865
         固定負債合計
                                        581,157              512,834
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        634,728              634,728
         資本金
         資本剰余金
                                        304,925              304,925
          資本準備金
                                        304,925              304,925
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         31,627              31,627
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        390,000              390,000
            別途積立金
                                       △ 743,330             △ 811,505
            繰越利益剰余金
                                       △ 321,703             △ 389,878
          利益剰余金合計
                                        617,951              549,776
         株主資本合計
                                        617,951              549,776
       純資産合計
                                       1,199,108              1,062,610
      負債純資産合計
                                 13/18






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間
                               (自 平成29年5月1日              (自 平成30年5月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
                                       3,966,883              3,827,333
      売上高
                                       3,121,130              3,101,026
      売上原価
                                        845,752              726,306
      売上総利益
                                        924,297              789,390
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 78,545             △ 63,084
      営業外収益
                                            ▶              0
       受取利息
                                           400              207
       受取手数料
                                           330               -
       物品売却益
                                           -             3,968
       保険返戻金
                                           480              287
       その他
                                         1,215              4,463
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         1,822              1,222
       支払利息
       社債利息                                   136               78
                                           338              338
       社債発行費償却
                                         1,119              3,261
       為替差損
                                         3,421                50
       和解金
                                         1,929              1,428
       その他
                                         8,767              6,379
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 86,097             △ 65,000
      特別利益
                                           -             5,350
       受取賠償金
                                           -             5,350
       特別利益合計
      特別損失
                                         3,608                39
       固定資産除却損
                                         5,825              6,785
       減損損失
                                         23,924                -
       損害金
                                         33,358               6,825
       特別損失合計
      税引前四半期純損失(△)                                  △ 119,456              △ 66,476
      法人税、住民税及び事業税                                    2,251              1,975
                                         △ 530             △ 276
      法人税等調整額
                                         1,720              1,698
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 121,176              △ 68,175
                                 14/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
         会計期間の期首から適用しており、繰延税金負債は固定負債の区分に表示しております。
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期
        間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             前第3四半期累計期間                  当第3四半期累計期間

                            (自 平成29年5月1日                  (自 平成30年5月1日
                             至 平成30年1月31日)                  至 平成31年1月31日)
        減価償却費                          13,117千円                  14,756千円

        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前   第3四半期累計期間(自 平成29年5月1日 至 平成30年1月31日)
          1.配当金支払額
             該当事項はありません。
          2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後

            となるもの
             該当事項はありません。
         Ⅱ 当   第3四半期累計期間(自 平成30年5月1日 至 平成31年1月31日)

          1.配当金支払額
             該当事項はありません。
          2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後

            となるもの
             該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          当社は、情報通信関連事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。

                                 15/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間
                               (自 平成29年5月1日               (自 平成30年5月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
       1株当たり四半期純損失金額(△)                              △35円55銭               △19円99銭
      (算定上の基礎)

       四半期純損失金額(△)           (千円)
                                      △121,176                △68,175
       普通株主に帰属しない金額            (千円)                      -               -

       普通株式に係る四半期純損失金額(△)
                                      △121,176                △68,175
       (千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               3,409,000               3,409,000
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純損失金額であり、また、潜在株式が
        存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 16/18












                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
        該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本テレホン株式会社(E05481)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                  平成31年3月15日

      日本テレホン株式会社
        取締役会 御中
                              仰  星  監  査  法  人
                              指     定     社     員

                                        公認会計士        神山 俊一  印
                              業  務  執  行  社  員
                              指     定     社     員
                                        公認会計士        竹村 純也  印
                              業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられてい

     る日本テレホン株式会社の平成30年5月1日から平成31年4月30日までの第31期事業年度の第3四半
     期会計期間(平成30年11月1日から平成31年1月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成30年5月
     1日から平成31年1月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益
     計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠し
     て四半期財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表
     示のない四半期財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び
     運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財
     務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対
     して実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続
     は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の
     監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に
     公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、日本テレホン株式会社の平成31年1月
     31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していな
     いと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
     ない。
                                                      以  上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。