株式会社神戸物産 四半期報告書 第34期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第34期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社神戸物産

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    2019年3月15日
      【四半期会計期間】                    第34期第1四半期(自           2018年11月1日        至  2019年1月31日)
      【会社名】                    株式会社神戸物産
      【英訳名】                    KOBE   BUSSAN    CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長        沼田   博和
      【本店の所在の場所】                    兵庫県加古郡稲美町中一色883番地
      【電話番号】                    (079)496-6610
      【事務連絡者氏名】                    経営企画部      部長   坂本   匡浩
      【最寄りの連絡場所】                    兵庫県加古郡稲美町中一色876-1
      【電話番号】                    (079)496-6610
      【事務連絡者氏名】                    経営企画部      部長   坂本   匡浩
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                 第33期          第34期

                  回次             第1四半期連結          第1四半期連結            第33期
                                 累計期間          累計期間
                               自2017年11月1日          自2018年11月1日          自2017年11月1日

                 会計期間
                               至2018年1月31日          至2019年1月31日          至2018年10月31日
                        (百万円)            67,227          70,636          267,175

        売上高
                        (百万円)             3,377          4,045          15,831
        経常利益
        親会社株主に帰属する
                        (百万円)             2,607          2,695          10,363
        四半期(当期)純利益
                        (百万円)             2,795          2,810          10,514
        四半期包括利益又は包括利益
                        (百万円)            31,669          40,897          39,774
        純資産額
                        (百万円)            141,091          139,308          144,267
        総資産額
        1株当たり四半期(当期)
                         (円)            49.33          50.51          195.43
        純利益
        潜在株式調整後1株当たり
                         (円)            48.38          49.69          191.90
        四半期(当期)純利益
                         (%)            18.1          24.9          23.3
        自己資本比率
        (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
           しておりません。
          2.売上高には消費税等は含んでおりません。
          3.  2018年11月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、第33期の期首に当該株式
           分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純
           利益を算定しております。
          4.  1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益の算定の基礎となる自
           己株式数については、「役員向け株式交付信託」の信託財産として日本トラスティ・サービス信託銀行株
           式会社(信託口)が所有する当社株式を含めております。
          5.  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  2018年2月16日)等を当第1四半
           期連結会計期間の期首から適用しており、                    前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経
           営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
      変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記
        載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)経営成績の状況

          当第1四半期連結累計期間(2018年11月1日~2019年1月31日)における我が国の経済は、雇用環境の改善や
         企業の経営成績に緩やかな回復が見られたものの、米国を中心とした通商政策の動向や、新興国の景気減速に
         よる世界経済への影響など依然として先行き不透明な状態で推移いたしました。
          食品小売業界におきましては、消費者の節約志向が根強い中、業界の垣根を越えた競争の激化や、原材料の
         高騰、人件費の上昇及び人手不足などを背景に、経営環境は引き続き厳しい環境が続いております。
          このような状況の中、当社グループは「食の製販一体体制の確立」というグループ目標のもと、積極的な商
         品開発を推し進め、グループ全体の競争力を強化してまいりました。また、製造から販売までを手掛けること
         で、お客様のニーズを素早く商品開発に反映させることにより、プライベートブランド商品(以下、PB商
         品)をはじめとした高品質で魅力のある商品をベストプライスで提供してまいりました。
          この結果、当第1四半期連結累計期間の経営成績につきましては、売上高は                                   706億36百万円       (前年同期比      5.1%

         増 )、営業利益は       42億19百万円(同11.1%増)、経常利益は40億45百万円(同19.8%増)、親会社株主に帰属する四
         半期純利益は26億95百万円(同3.3%増)となりました。
         セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

        ①業務スーパー事業

          当第1四半期連結累計期間の業務スーパー事業における出店状況は、出店13店舗、退店7店舗、純増6店舗
         の結果、総店舗数は819店舗となりました。新規出店の内訳といたしましては、直轄エリア10店舗、地方エリア
         3店舗であります。出店に関しましては関東エリアや九州地方への出店を中心に新規出店を進めており、ま
         た、営業年数が長くなり老朽化してきた店舗の移転などを積極的にフランチャイズ(以下、FC)オーナーに
         勧めております。
          商品戦略につきましては引き続き顧客ニーズに対応したPB商品の開発に注力しており、国内グループ工場
         や自社輸入商品の増強を図り、他社にはない商品の開発を進めております。これらの取り組みが、業務スー
         パーの認知度の向上や新規顧客の獲得に繋がったものと考えております。
          この結果、業務スーパー事業における当第1四半期連結累計期間の売上高は617億93百万円(前年同期比6.2%
         増)となりました。
        ②神戸クック事業

          当第1四半期連結累計期間の神戸クック事業は、外食事業において日本最大級の大型バイキングチェーンで
         ある「神戸クック・ワールドビュッフェ」で、出店2店舗、退店0店舗、純増2店舗の結果、総店舗数は全国
         で21店舗となりました。
          また、中食事業において日常の食卓の代行をコンセプトとして安全・安心・価格にこだわった「馳走菜」で
         出店1店舗、「Green's           K」で退店1店舗、純増0店舗の結果、総店舗数は全国で11店舗となりました。なお、
         「馳走菜」は業務スーパーに併設した出店を進めており、業務スーパー事業とのシナジー効果が期待できると
         考えております。
          この結果、神戸クック事業における当第1四半期連結累計期間の売上高は                                  5億45百万円      (同  17.5%増    )となり
         ました。
                                  3/18





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
        ③クックイノベンチャー事業
          当第1四半期連結累計期間のクックイノベンチャー事業は、QSCの強化を図り、安全・安心でお客様にご
         満足いただける商品提供への取り組み強化と併せ、ブランド力が高い業態への業態転換、新規出店やFC加盟
         開発の強化に努めてまいりました。
          焼肉業態は当事業の主力業態と位置付けており、「肉匠坂井」は計画通り順調に店舗数を伸ばしておりま
         す。
          居酒屋業態は低迷が続いている中、商品の品質向上、お客様目線に立ったサービス向上などに努めておりま
         す。併せて、不採算店舗の閉店を行い、今後の収益の改善に取り組んでおります。
          この結果、クックイノベンチャー事業における                      当第1四半期連結累計期間の売上高は76億88百万円(同8.1%
         減)となりました。
        ④エコ再生エネルギー事業

          当第1四半期連結累計期間のエコ再生エネルギー事業は、全国で14か所の太陽光発電所を運営し、約18.0M
         Wの発電を行っております。また、北海道で木質バイオマス発電所を運営し、約6.25MWの発電を行っており
         ます。
          この結果、エコ再生エネルギー事業における当第1四半期連結累計期間の売上高は5億28百万円(同298.9%
         増)となりました。
       (2)財政状態の分析

         (資産)
          当第1四半期連結会計期間末における総資産は1,393億8百万円となり、前連結会計年度末と比較し49億59百
         万円減少いたしました。主な要因は、流動資産の                       減少57億51百万円        であります。
          流動資産の減少の主な要因は、借入金の返済及び配当金の支払いなどによる現金及び預金の減少53億48百万
         円であります。
         (負債)
          負債は984億10百万円となり、前連結会計年度末と比較し60億83百万円減少いたしました。主な要因は、買掛
         金の減少23億33百万円及び長期借入金の減少17億95百万円であります。
         (純資産)
          純資産は408億97百万円となり、前連結会計年度末と比較し11億23百万円増加いたしました。主な要因は、利
         益剰余金の増加9億61百万円であります。
       (3)経営方針・経営戦略等

          当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更
         はありません。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

          該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

         当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/18






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ① 【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 128,000,000

                  計                               128,000,000

        ② 【発行済株式】

            第1四半期会計期間末現在                               上場金融商品取引所名
                              提出日現在発行数(株)
       種類     発行数(株)                               又は登録認可金融商品             内容
                              (2019年3月15日)
               (2019年1月31日)                              取引業協会名
                                             東京証券取引所          単元株式数
      普通株式              68,400,000                68,400,000
                                             (市場第一部)           100株
                                                         -
        計            68,400,000                68,400,000            -
        (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年3月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発
          行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ① 【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ② 【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                              資本準備金        資本準備金
               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額       資本金残高
        年月日                                       増減額        残高
                増減数(株)         残高(株)        (百万円)       (百万円)
                                               (百万円)        (百万円)
     2018年11月1日
                                  -              -        -
                34,200,000         68,400,000                 64
     (注)
      (注) 株式分割(1:2)によるものであります。
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2018年10月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
          す。
        ① 【発行済株式】

                                                   2019年1月31日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容
      無議決権株式                      -             -             -
      議決権制限株式(自己株式等)                      -             -             -
      議決権制限株式(その他)                      -             -             -
                       (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                   -             -
                       普通株式  7,522,500
                       普通株式       26,671,400
      完全議決権株式(その他)                                     266,714           -
      単元未満株式                 普通株式    6,100                  -             -
      発行済株式総数                       34,200,000            -             -
      総株主の議決権                      -               266,714           -
      (注) 1.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式58株が含まれております。
         2.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、「役員向け株式交付信託」の信託財産として日本トラス
           ティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有する当社株式22,000株(議決権の数220個)が含まれて
           おります。
         3.2018年11月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、発行済株式に記載して
           いる事項は、当該株式分割前の株式数を基準としております。
        ② 【自己株式等】

                                                   2019年1月31日現在
                                                    発行済株式総数に
      所有者の氏名                     自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                  所有者の住所                                 対する所有株式数
      又は名称                     株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
      (自己保有株式)          兵庫県加古郡稲美町
                             7,522,500            -     7,522,500            22.00
      株式会社神戸物産          中一色883番地
          計           -        7,522,500            -     7,522,500            22.00
      (注)1.    「役員向け株式交付信託」の信託財産として日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)が所有す
          る当社株式22,000株については、上記の自己株式等に含まれておりません。
        2.2018年11月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、自己株式等に記載してい
          る事項は、当該株式分割前の株式数を基準としております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
         当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府
        令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年11月1日から
        2019年1月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財
        務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  7/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         74,048              68,699
         現金及び預金
                                         14,267              13,069
         受取手形及び売掛金
                                         5,911              6,672
         商品及び製品
                                           407              276
         仕掛品
                                         1,727              1,681
         原材料及び貯蔵品
                                         2,352              2,569
         その他
                                         △ 117             △ 121
         貸倒引当金
                                         98,598              92,847
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               12,939              13,184
                                         12,059              11,914
          土地
                                         12,321              12,234
          その他(純額)
          有形固定資産合計                               37,320              37,333
         無形固定資産                                 1,447              2,075
         投資その他の資産
                                         3,445              3,535
          敷金及び保証金
                                         4,383              4,453
          その他
                                         △ 928             △ 937
          貸倒引当金
                                         6,900              7,051
          投資その他の資産合計
                                         45,668              46,460
         固定資産合計
                                        144,267              139,308
       資産合計
                                  8/18











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         18,760              16,427
         買掛金
                                        ※ 10,945              ※ 10,413
         短期借入金
                                         1,058              1,058
         1年内償還予定の社債
         未払法人税等                                 2,300              1,303
                                           285              164
         賞与引当金
                                           176              121
         店舗閉鎖損失引当金
                                         4,761              4,687
         その他
                                         38,288              34,176
         流動負債合計
       固定負債
                                         2,997              2,727
         社債
                                        ※ 55,030              ※ 53,234
         長期借入金
                                           498              506
         退職給付に係る負債
         預り保証金                                 5,856              5,860
                                         1,275              1,296
         資産除去債務
                                           10              12
         役員株式給付引当金
                                           538              596
         その他
         固定負債合計                                66,204              64,233
                                        104,493               98,410
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                           64              64
         資本金
                                         8,162              8,205
         資本剰余金
                                         36,796              37,757
         利益剰余金
                                        △ 9,913             △ 9,855
         自己株式
                                         35,109              36,171
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           △ 8             △ 9
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 1,478             △ 1,410
         為替換算調整勘定
                                        △ 1,486             △ 1,420
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   367              345
                                         5,783              5,801
       非支配株主持分
                                         39,774              40,897
       純資産合計
      負債純資産合計                                   144,267              139,308
                                  9/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自  2017年11月1日            (自  2018年11月1日
                                 至  2018年1月31日)             至  2019年1月31日)
      売上高                                   67,227              70,636
                                         56,970              59,820
      売上原価
                                         10,256              10,816
      売上総利益
                                         6,457              6,596
      販売費及び一般管理費
                                         3,799              4,219
      営業利益
      営業外収益
                                           39              46
       受取利息
                                           15               0
       受取配当金
                                           31              19
       受取賃貸料
                                           33              39
       補助金収入
                                           83              185
       その他
                                           203              291
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           130              108
       支払利息
       為替差損                                    33              128
                                           11               5
       賃貸収入原価
                                           411              179
       デリバティブ評価損
                                            9              3
       貸倒引当金繰入額
                                           28              38
       その他
                                           624              465
       営業外費用合計
                                         3,377              4,045
      経常利益
      特別利益
                                           115               -
       投資有価証券売却益
                                           61              157
       固定資産売却益
                                            ▶              1
       新株予約権戻入益
                                          ※ 634
                                                         -
       受取保険金
                                           817              158
       特別利益合計
      特別損失
                                           11               6
       固定資産除却損
                                            1              16
       固定資産売却損
                                            3              1
       減損損失
                                           -               5
       店舗閉鎖損失
                                            9              16
       店舗閉鎖損失引当金繰入額
                                           24              45
       特別損失合計
                                         4,170              4,158
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     782             1,168
                                           639              246
      法人税等調整額
                                         1,422              1,415
      法人税等合計
                                         2,747              2,743
      四半期純利益
                                           139               48
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         2,607              2,695
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/18





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自  2017年11月1日            (自  2018年11月1日
                                 至  2018年1月31日)             至  2019年1月31日)
                                         2,747              2,743
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 58              △ 1
       その他有価証券評価差額金
                                           106               67
       為替換算調整勘定
                                           48              66
       その他の包括利益合計
                                         2,795              2,810
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         2,655              2,762
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           139               47
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
          該当事項はありません。
        (会計方針の変更)

          該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

          該当事項はありません。
        (追加情報)

          当第1四半期連結累計期間(自                2018年11月1日         至   2019年1月31日)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  2018年2月16日)等を当第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固
          定負債の区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※ 財務制限条項
          前連結会計年度(2018年10月31日)
           当社が、金融機関と締結している金銭消費貸借契約(シンジケートローン等)の一部に、以下の財務制限条項
          が付されております。
          (短期借入金のうち231百万円、長期借入金のうち23,751百万円)
          (1)各年度決算期の末日における当社の貸借対照表において、純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算
            期の末日または契約で基準と定める決算期の末日における当社の単体の貸借対照表における純資産の部の
            金額のいずれか大きいほう(*1)の75%の金額以上に維持すること。
          (2)各年度決算期の末日における当社の連結貸借対照表において、純資産の部の金額を、当該決算期の直前の
            決算期の末日または契約で基準と定める決算期の末日における当社の連結の貸借対照表における純資産の
            部の金額のいずれか大きいほう(*1)の75%の金額以上に維持すること。
          (3)各年度決算期の末日における当社の単体の損益計算書上において、2期連続して経常損失を計上しないこ
            と。
          (4)各年度決算期の末日における当社の連結の損益計算書上において、2期連続して経常損失を計上しないこ
            と。
          (5)各年度決算期の末日における当社の連結の貸借対照表における有利子負債の金額から当該貸借対照表にお
            ける「現金及び預金」の合計金額を控除した金額を、当該決算期に係る当社の連結の損益計算書における
            「営業損益」及び「減価償却費」の合計金額で除した数値が、2期連続して6.5以上とならないようにす
            ること。
          (6)  2019年10月期以降に終了する各年度決算期の末日における当社の連結の貸借対照表における有利子負債の
            金額を当該貸借対照表における「株主資本」及び「その他の包括利益累計額」の合計金額で除した数値
            が、直前の決算期の末日における数値以下であること。
          ( *1  )2018年10月末現在における、当該決算期の直前期の末日または契約で基準と定める決算期の末日のいず
             れか大きいほうに該当する決算期は、2017年10月期であります。
                                 12/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
          当第1四半期連結会計期間(2019年1月31日)
           当社が、金融機関と締結している金銭消費貸借契約(シンジケートローン等)の一部に、以下の財務制限条項
          が付されております。
          (短期借入金のうち231百万円、長期借入金のうち23,693百万円)
          (1)各年度決算期の末日における当社の貸借対照表において、純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算
            期の末日または契約で基準と定める決算期の末日における当社の単体の貸借対照表における純資産の部の
            金額のいずれか大きいほう(*1)の75%の金額以上に維持すること。
          (2)各年度決算期の末日における当社の連結貸借対照表において、純資産の部の金額を、当該決算期の直前の
            決算期の末日または契約で基準と定める決算期の末日における当社の連結の貸借対照表における純資産の
            部の金額のいずれか大きいほう(*1)の75%の金額以上に維持すること。
          (3)各年度決算期の末日における当社の単体の損益計算書上において、2期連続して経常損失を計上しないこ
            と。
          (4)各年度決算期の末日における当社の連結の損益計算書上において、2期連続して経常損失を計上しないこ
            と。
          (5)各年度決算期の末日における当社の連結の貸借対照表における有利子負債の金額から当該貸借対照表にお
            ける「現金及び預金」の合計金額を控除した金額を、当該決算期に係る当社の連結の損益計算書における
            「営業損益」及び「減価償却費」の合計金額で除した数値が、2期連続して6.5以上とならないようにす
            ること。
          (6)  2019年10月期以降に終了する各年度決算期の末日における当社の連結の貸借対照表における有利子負債の
            金額を当該貸借対照表における「株主資本」及び「その他の包括利益累計額」の合計金額で除した数値
            が、直前の決算期の末日における数値以下であること。
          ( *1  )2019年1月末現在における、当該決算期の直前期の末日または契約で基準と定める決算期の末日のいず
             れか大きいほうに該当する決算期は、2018年10月期であります。
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 受取保険金
           当社子会社の株式会社朝びき若鶏工場内において発生した火災に対する保険金であります。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む)及びのれんの償却額は次の
         とおりであります。
                              前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                               (自    2017年11月1日             (自    2018年11月1日
                                至   2018年1月31日)              至   2019年1月31日)
           減価償却費                           718百万円                 821百万円
                                                       17
           のれんの償却額                            -
                                 13/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ  前第1四半期連結累計期間(自              2017年11月1日        至  2018年1月31日)
          配当に関する事項
          (1)配当金支払額
                                1株当たり
                         配当金の総額
            (決議)       株式の種類              配当額       基準日       効力発生日       配当の原資
                         (百万円)
                                 (円)
           2018年1月30日
                   普通株式       1,319       50    2017年10月31日        2018年1月31日         利益剰余金
           定時株主総会
          (2)基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計

              期間末後となるもの
              該当事項はありません。
         Ⅱ  当第1四半期連結累計期間(自              2018年11月1日        至  2019年1月31日)

          配当に関する事項
          (1)配当金支払額
                                1株当たり
                         配当金の総額
            (決議)       株式の種類              配当額       基準日       効力発生日       配当の原資
                         (百万円)
                                 (円)
           2019年1月30日
                   普通株式       1,734       65    2018年10月31日        2019年1月31日         利益剰余金
           定時株主総会
          (注)1.2019年1月30日定時株主総会決議による配当金の総額には、役員向け株式交付信託が保有する自社
               の株式に対する配当金1百万円を含めております。
             2.当社は、2018年11月1日付で、普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、1株当
               たり配当額については、基準日が2018年10月31日であるため、株式分割前の金額を記載しておりま
               す。
          (2)基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計
              期間末後となるもの
              該当事項はありません。
                                 14/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
      Ⅰ  前第1四半期連結累計期間(自               2017年11月1日         至  2018年1月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                                       四半期連結
                                         その他          調整額
                                                       損益計算書
              業務         クックイノ      エコ再生
                                               合計
                    神戸
                                                        計上額
                                         (注)1          (注)2
             スーパー          ベンチャー     エネルギー       計
                  クック事業
                                                        (注)3
              事業           事業     事業
     売上高
      外部顧客への
               58,174       463    8,367      132    67,138       88   67,227      -    67,227
      売上高
      セグメント間
                418      0     -     -     418      -     418   △ 418      -
      の内部売上高
      又は振替高
               58,593       464    8,367      132    67,557       88   67,646     △ 418    67,227
        計
     セグメント利益
               3,936       10     353     △ 19    4,281      △ 31    4,250    △ 450     3,799
     又は損失(△)
       (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備賃貸事業、観光事業、ガ
           レオン事業等を含んでおります。
          2.調整額は以下のとおりであります。
           (1)売上高の調整額は、セグメント間の内部取引消去であります。
           (2)セグメント利益又は損失の調整額△450百万円は各報告セグメントに配賦していない全社費用であり
               ます。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係わる重要な減損損失)
          「クックイノベンチャー事業」セグメント                    において、固定資産の減損損失を計上しております。当該減損損
         失の計上額は、当第1四半期連結累計期間において、3百万円であります。
      Ⅱ  当第1四半期連結累計期間(自               2018年11月1日         至  2019年1月31日)

       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                                       四半期連結
                                         その他          調整額
                                                       損益計算書
              業務         クックイノ      エコ再生
                                               合計
                    神戸
                                                        計上額
                                         (注)1          (注)2
             スーパー          ベンチャー     エネルギー       計
                  クック事業
                                                        (注)3
              事業           事業     事業
     売上高
      外部顧客への
               61,793       545    7,688      528    70,555       81   70,636      -    70,636
      売上高
      セグメント間
                433      0     -     -     433      -     433   △ 433      -
      の内部売上高
      又は振替高
               62,226       545    7,688      528    70,988       81   71,070     △ 433    70,636
        計
     セグメント利益
               4,526       28     245      20    4,820      △ 56    4,764    △ 544     4,219
     又は損失(△)
       (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備賃貸事業、観光事業、ガ
           レオン事業等を含んでおります。
          2.調整額は以下のとおりであります。
           (1)売上高の調整額は、セグメント間の内部取引消去であります。
           (2)セグメント利益又は損失の調整額△544百万円は各報告セグメントに配賦していない全社費用であり
               ます。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係わる重要な減損損失)
          「クックイノベンチャー事業」セグメント                    において、固定資産の減損損失を計上しております。当該減損損
         失の計上額は、当第1四半期連結累計期間において、1百万円であります。
                                 15/18


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
          1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以
         下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自   2017年11月1日             (自   2018年11月1日
                                 至  2018年1月31日)              至  2019年1月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                 49円33銭               50円51銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益
                                        2,607               2,695
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                        2,607               2,695
       利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                52,872               53,353
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                 48円38銭               49円69銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                         △0                -
       (百万円)
       (うち連結子会社の発行する潜在株式による調
                                        (△0)                 -
       整額(税額相当額控除後)(百万円))
       普通株式増加数(千株)                                 1,032                 880
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1
       株当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜
                                          -               -
       在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
       あったものの概要
        (注)1.    2018年11月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、前連結会計年度の期首に
           当該株式分割が行われたと仮定し、                 1株当たり四半期純利益           、 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                   を
           算定しております。
          2.1株当たり四半期純利益             及び  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                   の算定の基礎となる自己株式数につ
           いては、「役員向け株式交付信託」の信託財産として日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託
           口)が所有する当社株式を含めております。(当第1四半期連結累計期間44千株)
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
      2【その他】

         該当事項はありません。
                                 16/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社神戸物産(E02999)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年3月14日

     株式会社神戸物産

       取締役会     御中

                            有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              森村     圭志        印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              和田     朝喜        印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社神戸物

     産の2018年11月1日から2019年10月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2018年11月1日から2019年1月
     31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
     た。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社神戸物産及び連結子会社の2019年1月31日現在の財政状態及
     び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な
     点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                    まれておりません。
                                 18/18




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。