ウインテスト株式会社 四半期報告書 第16期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第16期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:ウインテスト株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成31年3月15日
      【四半期会計期間】                    第26期第2四半期(自 平成30年11月1日 至 平成31年1月31日)
      【会社名】                    ウインテスト株式会社
      【英訳名】                    Wintest    Corp.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  姜 輝
      【本店の所在の場所】                    神奈川県横浜市西区平沼一丁目2番24号
      【電話番号】                    045-317-7888(代表)
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役    樋口 真康
      【最寄りの連絡場所】                    神奈川県横浜市西区平沼一丁目2番24号
      【電話番号】                    045-317-7888(代表)
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役    樋口 真康
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20













                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第25期           第26期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第25期
                              累計期間           累計期間
                           自 平成29年8月1日           自 平成30年8月1日           自 平成29年8月1日

              会計期間
                           至 平成30年1月31日           至 平成31年1月31日           至 平成30年7月31日
                      (千円)           158,664           154,545           426,037
     売上高
                      (千円)          △ 189,479          △ 170,284          △ 285,663
     経常損失
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)          △ 162,820          △ 172,220          △ 358,425
     期)純損失
                      (千円)          △ 173,263          △ 172,220          △ 368,869
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           956,456           588,643           760,863
     純資産額
                      (千円)          1,152,639            734,109           920,128
     総資産額
                       (円)           △ 12.49          △ 13.21          △ 27.48
     1株当たり四半期(当期)純損失
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)             -           -           -
     (当期)純利益
                       (%)            82.9           80.2           82.7
     自己資本比率
                      (千円)          △ 223,855          △ 133,637          △ 254,790
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                      (千円)            50,518           △ 1,070           50,512
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                      (千円)            38,621          △ 14,359           39,494
     財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末(期
                      (千円)           651,379           472,244           621,311
     末)残高
                               第25期           第26期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自 平成29年11月1日           自 平成30年11月1日

              会計期間
                           至 平成30年1月31日           至 平成31年1月31日
     1株当たり四半期純損失                  (円)           △ 5.05          △ 5.12

      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については、記載
           しておりません。
         2.売上高には消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期
           (当期)純損失であるため、記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/20





                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前連結会計年度の有価
       証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
        なお、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況につきましては、次の通りであります。
        当社グループは、前連結会計年度においては、営業損失290,609千円、加えて子会社にかかるのれんの減損損失を
       計上した結果、親会社株主に帰属する当期純損失358,425千円を計上し、営業キャッシュ・フローは254,790千円のマ
       イナスとなりました。また、当第2四半期連結累計期間においては、半導体検査装置事業については、検査装置の効
       率的な機能が評価され追加受注及び中国新規顧客から新規受注を獲得し、将来の複数台受注の足掛かりになるととも
       に、納品も始まり売上高は増加しました。また新エネルギー関連事業については、採算のよい主業務のメンテナンス
       事業に注力しましたが、売上高は低調に推移しました。
        よって、当社グループの連結ベース売上高は154,545千円、及び営業損失170,202千円を計上、親会社株主に帰属す
       る四半期純損失172,220千円を計上し、営業キャッシュ・フローは133,637千円のマイナスとなっております。
        当該状況により、当社グループには継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しており
       ます。
        そこで当社グループは、「第2                事業の状況      2  経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況
       の分析    (4)  継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況を改善するための対応策等」に記載のと
       おり、具体的な対応策を実施し当該状況の解消と改善に向けて努めております。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)経営成績の状況
         当第2四半期連結累計期間における世界の経済情勢は、米国では、個人消費や企業の設備投資の増加などにより
        景気の回復基調が続き、欧州では、個人消費が緩やかに増加し生産や輸出が持ち直すなど、景気は緩やかに回復し
        ています。一方、中国では、各種政策効果もあり景気の持ち直しの動きが続いていましたが、このところ消費、輸
        出の伸びが低下するなど緩やかに減速してきました。米中貿易摩擦の動向、英国EU離脱交渉による影響等により世
        界経済の不確実性及び地政学的リスク等、依然として景気の先行きは不当透明な状況で推移しました。
         わが国経済は、個人消費が底堅く推移し、企業の設備投資が回復基調を維持するなど内需が堅調を維持し、加え
        て輸出が回復力は鈍いながら増加に転じるなど緩やかな回復傾向が続いています。
         当社グループの既存事業である半導体検査装置事業においては、比較的堅調に推移していたスマートフォンやタ
        ブレットなどに使用される表示デバイス関連需要は夏をピークに下降ムードが漂い、米国アップル社の大幅減産な
        どの影響から、市場では設備投資について慎重になる傾向がみられました。しかし、中国市場では、複数のLCDド
        ライバーICの新工場立上げが佳境を迎えており、LCDドライバICテスターの引き合いは継続しております。
         新規事業であるハイエンドオーディオ機器市場においては、DSDなどのハイレゾ規格に加えMQAなどの新高音質規
        格が発表されるなど、話題も多くハイレゾに牽引される第三次オーディオブームに合わせたイベントも活発に開催
        されるなど活況を呈しております。そのような環境下、当社が新たにフィンランド国のamphion                                            loud   speaker社の
        総代理店を務め、国内での販売を開始したハイエンドスピーカーにも大きな注目が集まり、各社専門誌にて特集が
        組まれるなど大きな進展が見られました。
         新エネルギー関連事業においては、新規着工の太陽光発電所数のペースは鈍化しているものの、発電設備を適切
        に保守点検及び維持管理するために必要な体制の整備と、売電に必須となる適切な保守契約の締結が義務化された
        ため、太陽光発電所のオペレーション&メンテナンス(O&M)の引き合いが増加しました。売電価格が下げられた
        事情により、小規模よりも中規模以上の発電所が主体となることから、今後一層のメンテナンス、遠隔監視、発電
        効率向上ニーズが高まると予測しています。さらに、O&Mビジネスに加えて、保険事業とセットで太陽光発電所の
        EPC(設計・調達・建設)事業を開始しました。
         これらの結果、当第2四半期連結累計期間の当社グループの売上高は154,545千円、営業損失170,202千円、経常
        損失170,284千円、親会社株主に帰属する四半期純損失172,220千円となりました。
         なお、セグメントの経営成績は、次のとおりであります。
        ①半導体検査装置事業
         半導体検査装置事業においては、顧客のニーズに対応した装置と機能拡張オプションの開発、改善を継続し、検
        査機能の拡充と高速化を図るとともに、トップダウンの慣習の強い中国アジア方面により攻勢をかけるため、新社
        長の体制のもと、海外での売上拡大と、新規顧客の開拓に向けた積極的な営業活動を開始しました。
         この結果、当第2四半期連結累計期間において、LCDドライバIC検査装置WTS-577等を複数台受注し、この結果、
        当第2四半期連結累計期間における売上高は97,776千円(前年同四半期比46.4%増)、営業損失131,890千円(前
        年同四半期は営業損失147,291千円)となりました。
                                  3/20


                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
        ②新エネルギー関連事業
         新エネルギー関連事業においては、2017年4月に施行された改正FIT法により発電設備の点検が義務付けられた
        ことから、     これを追い風と捉え、          国内における専門分野展示会のO&M                 Japanを運営するなど、O&Mの啓蒙活動を積極
        的に行なった結果、メガソーラー発電所の大規模是正工事などの大型O&M案件等を受注しました。また今期から取
        り扱いを開始したメンテナンス周辺機器の販売体制を整え、代理店等と交渉を開始いたしました。この結果、当第
        2四半期連結累計期間における売上高は55,338千円(前年同四半期比39.8%減)、営業損失25,400千円(前年同四
        半期は営業損失42,231千円)となりました。
       (2)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べて
        149,067千円減少し、当第2四半期連結会計期間末には472,244千円となりました。
         当第2四半期連結累計期間におけるキャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           営業活動の結果使用した資金は133,637千円となりました。これは主に、売上債権の減少額56,512千円等に
          よる資金の増加があったものの、税金等調整前四半期純損失171,552千円及び前渡金の増加額35,710千円等に
          よる資金の減少があったことによるものです。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
           投資活動の結果使用した資金は1,070千円となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出1,040
          千円等によるものです。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
           財務活動の結果使用した資金は14,359千円となりました。これは主に、長期借入金の返済による支出12,742
          千円等によるものです。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題に重要な変更はありません。
                                  4/20












                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
       (4)継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況を改善するための対応策等
         当社グループには、「第2              事業の状況      1  事業等のリスク」に記載のとおり、継続企業の前提に重要な疑義を
        生じさせるような事象又は状況が存在しております。
         当社グループはこうした状況を解消するため、以下の取組みを継続して実施しております。
         まず、半導体検査装置事業におきましては、数年前より、スマートフォン向け半導体分野への精力的な設備投資
        が続くアジア圏(台湾及び中国本土)に新たな商機を求め、現地の顧客ニーズに適合したLCDドライバーIC検査装置
        を開発するとともに、新顧客の開拓に注力しており、その結果、前連結会計年度中に既存の台湾の大手企業及び新
        たな顧客に当該検査装置の採用を決定頂き、当年度には複数台を既存先、新規先から追加受注しております。当該
        検査装置については、検査コスト低減に繋がる検査装置の効率的な機能が評価されており、更なる追加受注の獲得
        に向け交渉中であるとともに、当第2四半期連結累計期間には中国新規先からの受注を獲得し、中国市場にブレー
        クインを果たしました。今後も検査実績を高めて、中国代理店とともに複数台の追加受注に向け営業活動をしてま
        いります。また、新規開発中の汎用ロジックテスターは完成したものの、数年先を見据えた顧客ニーズから、より
        広範囲のロジックIC検査に対応するためアナログオプションなどの追加機能を開発しており(TDDI対応など)、それ
        を強みとして当年度中には、海外顧客からの受注を見込んでおります。
         次に、新たな収益の柱を構築するための成長戦略として、当社グループがこれまで培ってきた検査技術や画像処
        理技術、高精度センサー技術、データ解析技術を応用し、今後の市場拡大が見込まれるロボット分野、オーディオ
        分野、電気自動車関連分野、IoTを使ったヘルスケア(セルフケア)、福祉介護方面を視野に入れた新事業成長分野
        へ、シナジーの高い事業会社との資本・業務提携やM&A、並びに産学連携を積極的に進めて新規参入を計画、事業
        の多角化展開により、抜本的な事業構造の改革と収益基盤の拡充に取り組んでまいります。そのうちロボット分野
        に応用できる自重補償機構技術については、学校法人慶應義塾大学                               慶應義塾先端科学技術研究センターと共同開
        発で進めて、重量キャンセル型搬送装置の試作機を2号機まで完成させており、今後、完成度を高めるとともに本
        年3月までには3号機を完成することで技術的な問題を解決し、製品化に向けて搬送重量を更に大きくし、パワー
        アシスト機器等への応用を目指してまいります。次にIoT分野では太陽光パネルの発電効率向上に役立つモニタリ
        ングシステムの共同開発を茨城大学と行っており、昨年11月には同大学構内に実証実験設備を設置し製品開発を加
        速させて、成長分野における産学連携を進めております。なお、この分野に関しては平成29年5月1日に、太陽光
        発電所の発電パネルのメンテナンス事業を手がける株式会社りょうしんメンテナンスサービス(現社名:オラン
        ジュ株式会社)を連結子会社とし、新エネルギー関連事業分野に進出しました。この事業分野では、一昨年4月か
        らの改正FIT法施行に伴って太陽光発電パネル等の保守管理が義務化の方向となり、高精度、高効率なメンテナン
        スニーズが増しており、今般開発中のモニタリングシステムの技術的優位性を活かして顧客開拓に注力し売上増を
        目指しているところです。
         また、経費水準もM&A関連費用及び研究開発費は増加しつつありますが、これまでの経費節減策の効果は出てお
        り、引き続き経費の削減と部材調達の効率化及び開発工程の見直しによる原価低減を推し進め、営業損益の改善に
        努めてまいります。また協力会社へ委託している製品の製造に関するコストや部材調達に関し、製造委託会社とよ
        り連携を密にすることで最適化を進め、コスト削減、品質管理及び納期の短縮などで協業してまいります。
         さらに、事業戦略であるM&A等に必要な資金の調達と財務基盤の安定化のために、平成28年6月17日開催の当社
        取締役会において決議した第三者割当による第6回及び第7回新株予約権を発行しており、前連結会計年度末まで
        にそのすべての行使により800,003千円の資金調達を実施しました。なお、今後も財務基盤の安定化を図るため、
        各方面から種々の方法での資金調達を検討してまいります。
         これらにより財務面におきまして、今後の運転資金及び新規事業の展開資金のための必要十分な現金預金を確保
        していることに鑑み、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないものと判断しております。
       (5)研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間における研究開発活動の金額は87,431千円であります。
         なお、当第2四半期連結累計期間において、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当社  は、平成31年3月4日開催の臨時取締役会において、山田電音株式会社の事業の一部を譲り受けることを決議
       し、同日付で譲渡契約を締結いたしました。
        詳細は、「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」に記載のとおりでありま
       す。
                                  5/20




                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                                                       34,000,000
                 普通株式
                  計                                     34,000,000

        ②【発行済株式】

                第2四半期会計期間             提出日現在         上場金融商品取引所
         種類       末現在発行数(株)             発行数(株)          名又は登録認可金融               内容
                (平成31年1月31日)           (平成31年3月15日)            商品取引業協会名
                                        東京証券取引所
        普通株式             13,041,000           13,041,000                  単元株式数 100株
                                         市場第二部
         計           13,041,000           13,041,000           -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                     発行済株式       発行済株式                    資本準備金       資本準備金
                                  資本金増減額       資本金残高
           年月日          総数増減数       総数残高                    増減額       残高
                                   (千円)       (千円)
                      (株)       (株)                   (千円)       (千円)
     平成30年11月1日~
                       -     13,041,000        -      1,654,325        -      1,761,574
     平成31年1月31日
                                  6/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                  平成31年1月31日現在
                                                    発行済株式(自己

                                                    株式を除く。)の
                                             所有株式数
                                                    総数に対する所有
           氏名又は名称                      住所
                                              (株)
                                                     株式数の割合
                                                      (%)
                                               826,700           6.33

     奈良 彰治                   神奈川県横浜市港北区
     PHILLIlP     SECURITIES      (HONG    KONG)     UNITED    CTR  11/F,   QUEENSWAY     95,
     LIMITED                   ADMIRALTY,      HONGKONG
                                               392,800           3.01
     LIM  WAH  SAI
                        (東京都中央区日本橋兜町4-2)
     (常任代理人 フィリップ証券株式会
     社 代表取締役社長 下山 均)
                                               370,100           2.83
     渡邉 薫                    東京都港区
     J.P.   Morgan    Securities      plc
                        25 Bank     Street    Canary    Wharf   London    UK
     Director     Andrew    J.  Cox 
                                               327,900           2.51
                        (東京都千代田区丸の内2丁目7番3号 
     (常任代理人 JPモルガン証券株式会
                        東京ビルディング)
     社 李家 輝)
                                               236,200           1.81
     松井証券株式会社                   東京都千代田区麴町1丁目4番地
                                               184,100           1.41
     日本証券金融株式会社                   東京都中央区日本橋茅場町1丁目2-10号
                                               173,400           1.32
     株式会社SBI証券                   東京都港区六本木1丁目6番1号
                                               155,000           1.18
     阿部 裕                    茨城県土浦市
                        東京都千代田区丸の内1丁目11-1                       154,100           1.18
     株式会社ライブスター証券
                        神奈川県横浜市港北区篠原西町2-35                       138,000           1.05
     エイシャント・ウェルフェア合同会社
                                 -             2,958,300           22.68
              計
       (6)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成31年1月31日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                     -             -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -             -             -

     議決権制限株式(その他)                     -             -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                     -             -             -

                      普通株式      13,040,100
     完全議決権株式(その他)                                      130,401          -
                      普通株式                 900
     単元未満株式                                   -       1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                      13,041,000            -             -

     総株主の議決権                     -                130,401          -

        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/20



                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年11月1日から平
       成31年1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年8月1日から平成31年1月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、海南監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年7月31日)              (平成31年1月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        621,311              472,244
         現金及び預金
                                         88,982              32,469
         受取手形及び売掛金
                                         50,788              50,072
         商品及び製品
                                         88,122              88,931
         仕掛品
                                         2,469              1,625
         原材料及び貯蔵品
                                         12,810              48,520
         前渡金
                                         37,698              22,670
         その他
                                        902,182              716,534
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         8,182              8,182
          建物
                                        △ 8,182             △ 8,182
            減価償却累計額
            建物(純額)                               -              -
          車両運搬具                               9,163              9,163
                                        △ 9,163             △ 9,163
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                               -              -
          工具、器具及び備品                              183,739              183,739
                                       △ 183,739             △ 183,739
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                               -              -
          リース資産                               4,391              4,391
                                        △ 4,391             △ 4,391
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               -              -
                                           -              -
          有形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         22,957              22,586
          その他
                                        △ 5,011             △ 5,011
          貸倒引当金
                                         17,945              17,575
          投資その他の資産合計
                                         17,945              17,575
         固定資産合計
                                        920,128              734,109
       資産合計
                                  9/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年7月31日)              (平成31年1月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         2,647              7,544
         買掛金
                                         20,315              11,161
         1年内返済予定の長期借入金
                                         9,390              8,897
         未払法人税等
                                         1,495              1,800
         賞与引当金
                                         56,095              51,996
         その他
                                         89,943              81,399
         流動負債合計
       固定負債
                                         53,764              50,176
         長期借入金
                                         15,557              13,890
         その他
                                         69,321              64,066
         固定負債合計
                                        159,265              145,466
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,654,325              1,654,325
         資本金
                                       1,761,574              1,761,574
         資本剰余金
                                      △ 2,655,036             △ 2,827,256
         利益剰余金
                                        760,863              588,643
         株主資本合計
                                        760,863              588,643
       純資産合計
                                        920,128              734,109
      負債純資産合計
                                 10/20













                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年8月1日              (自 平成30年8月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
                                        158,664              154,545
      売上高
                                        111,784               90,203
      売上原価
                                         46,879              64,341
      売上総利益
                                        235,741              234,544
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 188,862             △ 170,202
      営業外収益
                                           27               3
       受取利息
                                           365             1,010
       その他
                                           393             1,014
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           371              627
       支払利息
                                           347              389
       支払手数料
                                           291               79
       その他
                                         1,010              1,096
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 189,479             △ 170,284
      特別利益
                                         20,175                -
       投資有価証券売却益
                                         20,175                -
       特別利益合計
      特別損失
                                         3,732              1,268
       減損損失
                                         3,732              1,268
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 173,036             △ 171,552
      法人税、住民税及び事業税                                     535              667
                                        △ 10,751                -
      法人税等調整額
                                        △ 10,216                667
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 162,820             △ 172,220
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 162,820             △ 172,220
                                 11/20










                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年8月1日              (自 平成30年8月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
      四半期純損失(△)                                  △ 162,820             △ 172,220
      その他の包括利益
                                        △ 10,443                -
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 10,443                -
       その他の包括利益合計
                                       △ 173,263             △ 172,220
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △ 173,263             △ 172,220
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年8月1日              (自 平成30年8月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純損失(△)                                △ 173,036             △ 171,552
                                         2,316                -
       減価償却費
                                         3,732              1,268
       減損損失
                                         8,003                -
       のれん償却額
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 194              305
                                          △ 27              △ 3
       受取利息及び受取配当金
                                           371              627
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                    0              0
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 20,175                -
       売上債権の増減額(△は増加)                                  81,122              56,512
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 83,643                750
       前渡金の増減額(△は増加)                                  25,746             △ 35,710
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 10,291               4,897
       未収消費税等の増減額(△は増加)                                 △ 18,366              12,000
                                        △ 30,571               △ 972
       その他
                                       △ 215,012             △ 131,876
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    29               3
                                         △ 419             △ 603
       利息の支払額
                                        △ 8,453             △ 1,160
       法人税等の支払額
                                       △ 223,855             △ 133,637
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           -            △ 1,040
       有形固定資産の取得による支出
                                         41,529                -
       投資有価証券の売却による収入
       短期貸付金の純増減額(△は増加)                                  9,000                -
                                          △ 10             △ 30
       その他
                                         50,518              △ 1,070
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         50,000                -
       長期借入れによる収入
                                        △ 10,068             △ 12,742
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 1,310             △ 1,617
       リース債務の返済による支出
                                         38,621             △ 14,359
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            0             △ 0
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 134,715             △ 149,067
      現金及び現金同等物の期首残高                                   786,095              621,311
                                        ※ 651,379              ※ 472,244
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/20








                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
         該当事項はありません。
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

         該当事項はありません。
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年8月1日              (自    平成30年8月1日
                             至     平成30年1月31日)               至     平成31年1月31日)
     役員報酬                                31,477   千円              29,772   千円
                                     26,194                  27,545
     給与手当
                                       358                  416
     賞与引当金繰入額
                                      2,316                   -
     減価償却費
                                     88,123                  87,431
     研究開発費
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年8月1日              (自    平成30年8月1日
                             至   平成30年1月31日)               至   平成31年1月31日)
     現金及び預金                               651,379千円                  472,244千円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                  -                  -
     現金及び現金同等物                               651,379                  472,244
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年8月1日 至 平成30年1月31日)
          1.配当に関する事項
             該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動

             該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年8月1日 至 平成31年1月31日)

          1.配当に関する事項
             該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動

             該当事項はありません。
                                 14/20







                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自                 平成29年8月1日         至  平成30年1月31日)
         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                      四半期連結
                                                調整額      損益計算書
                                                (注)1        計上額
                         半導体検査       新エネルギー
                                          計
                                                       (注)2
                          装置事業       関連事業
         売上高

                            66,794       91,869       158,664          -     158,664
           外部顧客への売上高
           セグメント間の内部売上高
                              -       -       -       -       -
           又は振替高
                            66,794       91,869       158,664          -     158,664

                計
                          △ 147,291       △ 42,231      △ 189,522         660    △ 188,862
         セグメント損失
         (注)1.セグメント損失の調整額660千円は、セグメント間取引消去によるものであります。
            2.セグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれんに関する情報

            重要な減損損失はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自                 平成30年8月1日         至  平成31年1月31日)

         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                       四半期連結
                                            その他      調整額     損益計算書
                               新エネル
                                           (注)3      (注)1       計上額
                         半導体検査
                               ギー関連事        計
                                                       (注)2
                         装置事業
                                 業
         売上高

                           97,776      55,338      153,115       1,430        -   154,545
           外部顧客への売上高
           セグメント間の内部売上高
                             -      -      -      -      -      -
           又は振替高
                           97,776      55,338      153,115       1,430        -   154,545

                計
                         △ 131,890      △ 25,400    △ 157,290      △ 13,931       1,020    △ 170,202
         セグメント損失
         (注)1.セグメント損失の調整額1,020千円は、セグメント間取引消去によるものであります。
            2.セグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
            3.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、当社が行っている
              オーディオ事業を含んでおります。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれんに関する情報

            重要な減損損失はありません。
                                 15/20




                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年8月1日               (自 平成30年8月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
     1株当たり四半期純損失                                 12円49銭               13円21銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失(千円)                                162,820               172,220

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       162,820               172,220
       損失(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                              13,040,900               13,041,000
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                     -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
     の概要
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失であるた
        め記載しておりません。
                                 16/20














                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
        (事業の譲り受け)
         当社は、平成31年3月4日開催の臨時取締役会において山田電音株式会社の事業の一部を譲り受けることを決
        議し、同日付で事業譲渡契約を締結いたしました。
         (1)事業の一部を譲り受ける目的

         当社は、イメージセンサー、ディスプレイ及びディスプレイドライバーICの製造工程の各検査工程(シリコン
        ウェファ検査からパッケージ完成品検査まで、ディスプレイについてはアレイ検査から表示検査まで幅広く提
        供)に使用される検査装置の開発、製造、販売貸与並びに技術サポートを展開しております。加えて、2016年8
        月より新規事業への本格的取り組みとして、オーディオ事業、新エネルギー関連事業ならびにヘルスケア方面へ
        の取組みを行ってまいりました。
         山田電音株式会社は、早くから音響機器事業をはじめ、半導体メーカー向けにコストパフォーマンスの高いL
        SIテスターやパワーデバイステスター、半導体寿命試験器の開発・製造・販売ならびにサービスを行ってお
        り、高い技術を持っています。
         今回の譲り受けにより当社は、オーディオ機器設計開発並びに、大阪以西の販売網充実、また、開発中の太陽
        光モニタリングシステム、そして計画中のヘルスケア事業における各種センシングハードウエア・ソフトウエア
        の製造技術の獲得等、新規事業推進加速に不可欠な、トータルシステム設計製造技術を手に入れるとともに、既
        存事業領域では、開発陣営の強化、営業力の強化、そして海外からの急な大量受注にも余裕をもって対応でき、
        且つ新規、既存両事業の規模の拡大と、よりスピーディーで顧客満足度の高いサービスの提供を確立、新たな付
        加価値の高い製品提供を可能とすることを目指します。このように今回の譲り受けは、新規事業領域、既存事業
        領域ともに高いシナジー効果が見込まれており、企業価値の向上が図れると判断いたしました。
         (2)事業の一部を譲り受ける相手会社の名称

           山田電音株式会社
         (3)事業の一部をを譲り受ける相手会社の概要

             名称               山田電音株式会社
             本店所在地               大阪市北区長柄中3丁目13番10号

             代表者の役職・氏名               代表取締役社長 松井秀夫

                           音響関連機器、半導体テスト装置及び半導体信頼性試験装置の開発設
             主な事業内容               計製造、フラッシュROM書込みサービス、半導体テストサービス、半導
                           体テストプログラムの開発支援、他
             資本金               75,000千円
             設立年月日               昭和33年2月8日
         (4)譲り受ける事業の内容

           音響関連機器、半導体テスト装置及び半導体信頼性試験装置の開発設計製造、フラッシュROM書込みサー
           ビス、半導体テストサービス、半導体テストプログラムの開発支援、他
         (5)譲り受けの時期

           平成31年3月4日 契約締結日
           平成31年3月18日 事業譲り受け(予定)
         (6)譲り受けの価額

           300,000千円
         (7)支払資金の調達及び支払い方法

           自己資金により充当
         (8)発生したのれんの金額、発生要因、償却の方法及び償却期間

           内容を精査中であるため、未確定であります。
                                 17/20



                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 18/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                      ウインテスト株式会社(E02083)
                                                             四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                  平成31年3月14日

     ウ  イ  ン  テ  ス  ト  株  式  会  社
       取   締  役  会   御   中
                           海  南  監  査  法  人

                             指  定  社  員

                                      公認会計士
                                              溝 口 俊 一             印
                             業務執行社員
                             指  定  社  員

                                      公認会計士
                                              畑 中 数 正             印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているウインテスト

     株式会社の平成30年8月1日から平成31年7月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年1
     1月1日から平成31年1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年8月1日から平成31年1月31日
     まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算
     書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ウインテスト株式会社及び連結子会社の平成31年1月31日現在の
     財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示し
     ていないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成31年3月4日開催の臨時取締役会において、山田電音株式会社の
     事業の一部を譲り受けることを決議し、同日付で事業譲渡契約を締結した。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは四半期レビューの対象には                   含まれていません。
                                 20/20




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。