株式会社原弘産 四半期報告書 第34期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第34期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社原弘産

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                  四半期報告書

     【根拠条文】                  金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                  中国財務局長

     【提出日】                  2019年3月15日

     【四半期会計期間】                  第34期第1四半期(自          2018年11月1日        至  2019年1月31日)

     【会社名】                  株式会社原弘産

     【英訳名】                  HARAKOSAN          CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】                  代表取締役社長            岡 本 貴 文

     【本店の所在の場所】                  山口県下関市細江町二丁目2番1号

     【電話番号】                  083-229-8894(代表)

     【事務連絡者氏名】                  取締役     津 野 浩 志

     【最寄りの連絡場所】                  山口県下関市細江町二丁目2番1号

     【電話番号】                  083-229-8894

     【事務連絡者氏名】                  取締役     津 野 浩 志

     【縦覧に供する場所】                  株式会社東京証券取引所

                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/20








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第33期           第34期

              回次              第1四半期           第1四半期            第33期
                             累計期間           累計期間
                          自  2017年11月1日          自  2018年11月1日          自  2017年11月1日
             会計期間
                          至  2018年1月31日          至  2019年1月31日          至  2018年10月31日
                                232,817           175,937           863,189
     売上高                (千円)
                                △ 8,593          △ 9,102           4,640

     経常利益及び経常損失(△)                (千円)
     当期純利益又は
                                △ 8,244          △ 79,695            4,647
                     (千円)
     四半期純損失(△)
     持分法を適用した場合の
                     (千円)              ―           ―           ―
     投資利益
                                500,000           500,000           500,000
     資本金                (千円)
                              73,692,398           73,692,398           73,692,398

     発行済株式総数                 (株)
                                 61,065             99         71,197

     純資産額                (千円)
                               1,832,257           1,815,783           1,821,039

     総資産額                (千円)
     1株当たり当期純利益金額又は
                                 △ 0.11          △ 1.08           0.06
     1株当たり四半期純損失金額                 (円)
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
     1株当たり配当額                 (円)             ―           ―           ―
                                  3.3          △ 0.54            3.9

     自己資本比率                 (%)
      (注)   1   売上高には消費税等は含まれておりません。
        2 持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
        3   第33期第1四半期累計期間及び第33期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、
          潜在株式が存在しないため記載しておりません。また、第34期第1四半期累計期間の潜在株式調整後1株当
          たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの四半期純損失を計上しているため記載しておりま
          せん。
     2  【事業の内容】

       該当事項はありません。
                                  2/20







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第1四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した
      事業等のリスクについての重要な変更があった事項は以下のとおりです。
       なお、文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
       (上場廃止基準への抵触について)

       当社株式は、平成30年11月の月間平均時価総額及び月末時価総額が10億円未満となりました。東京証券取引所の有
      価証券上場規程第601条第1項第4号a本文では、9ヶ月(事業の現状、今後の展開、事業計画の改善その他東京証券
      取引所が必要と認める事項を記載した書面を3ヶ月以内に東京証券取引所に提出しない場合にあっては、3ヶ月)以
      内に、毎月の月間平均時価総額及び月末時価総額が10億円以上にならないときは、上場廃止になる旨規定されており
      ます。
       (継続企業の前提に関する重要事象等)

       当社は、前事業年度において26,578千円の営業利益を計上しましたが、当第1四半期累計期間においては3,172千円
      の営業損失を計上いたしました。さらには、一部の金融機関等からの借入に関し、事前に状況説明を行った上で約定
      利息の支払いのみを支払い、元金の返済を猶予いただいている状況です。
       これらの状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
       当社は、これらの状況を早急に解消するため、以下の施策を実施しております。
      ①財務面について

       物件を売却して有利子負債の圧縮を進めてまいりましたが、賃料収入がある物件をこれ以上売却することは、黒字
      化に向けた施策とは逆行するため、原則いたしません。また、賃料収入が無く資金繰りへの影響が軽微なたな卸資産
      については販売により資金回収を図ります。
       なお、今後は、再建に向けたご協力を得るべく、個別に交渉を続けていく方針ですが、特に一部金融機関等からの
      借入に関し返済期限が到来したことで期限の利益を喪失した状態の有利子負債が2件存在し、その債権者様との間で
      長らく交渉を続けておりました。その結果、1件は債権譲渡がなされ、新債権者との間で返済期限の延長及び金利の
      変更について合意に至りました。さらには、残りの1件についても新たに締結した金銭消費貸借契約による資金を充
      当し弁済いたしました。これにより、期限の利益を喪失した状態の有利子負債は無くなりました。なお、その他の金
      融機関等からの借入に関しては、事前に状況説明を行った上で約定どおり元金の返済及び利息の支払いを行ってい
      る、又は、借入先と良好な関係を保っており、約定利息の支払いは行った上で、元金の返済を猶予いただいている状
      況であり、弁済の正常化について協議を続けてまいります。
      ②事業活動について

       建売については、今期より、中古住宅の再生再販に注力した事業展開にシフトする計画です。
       不動産賃貸管理事業につきましては、管理会社としての体制を整え、「管理」における手数料収入や管理物件の増
      加、自社物件・ウィークリー事業の高稼働を維持し、安定した利益計上を目指します。
                                  3/20






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
      (1)  経営成績の分析

        当第1四半期累計期間におけるわが国経済は、日本政府による経済政策等を背景として、企業業績や雇用情勢の
       改善が見られており、引き続き緩やかな回復基調で推移する一方で、米国の通商政策や米中貿易摩擦、隣接諸国の
       動向等の懸念材料もあり、経済への影響が不透明な要素も顕在化してまいりました。
        不動産業界におきましては、不動産価格が持ち直しつつあるものの、広く地方まで普及するには時間がかかるも
       のと思われます。
        このような状況下、売買仲介や建売住宅2棟の販売、賃貸住宅の斡旋、管理物件の取得に注力いたしましたが、
       前期のような販売用不動産の売却が無いことや臨時株主総会に関する費用負担、債権者との弁済に合意できたもの
       の当社の認識している債務と弁済額との差額発生により特別損失を計上したこと等から前年同四半期比で減収減益
       となりました。
        その結果、当第1四半期累計期間におきましては、売上高は1億7千5百万円(前年同四半期比24.4%減)、営
       業損失は3百万円(前年同四半期は営業損失3百万円)、経常損失は9百万円(前年同四半期は経常損失8百万
       円)、四半期純損失は7千9百万円(前年同四半期は四半期純損失8百万円)となりました。
        セグメントの業績は、次のとおりであります。
       ①   不動産分譲事業
         不動産の売買仲介については、競売物件関係の媒介委託を数件引き受けており、山口県内や大分県で契約・引
        渡しを進めました。アパート等の収益物件の管理を委託されているオーナー様より、収益物件の売買について委
        託を受け、契約を完了しており、第2四半期に寄与する予定です。完成した建売住宅2棟については、第2四半
        期に売上計上を予定しております。
         この結果、当第1四半期累計期間の売上高は8百万円(前年同四半期比85.3%減)、営業利益は4百万円(前
        年同四半期は営業損失1百万円)となりました。
       ②   不動産賃貸管理事業
         当該セグメントの柱である当社の収益物件やウィークリー事業における家賃収入は、自社ビルに入居していた
        法人テナントが退去したことにより、営繕収入は、前年同四半期のような規模の工事がないためそれぞれ前年同
        四半期比で減少いたました。一方で、アパマンショップにおける斡旋は好調で、手数料売上が前年同四半期で増
        加いたしました。また、人員の配置を変更したことにより前年同期比で人件費が減少したため、当該セグメント
        全体の売上は減収ながら利益は増益となりました。
         この結果、当第1四半期累計期間の売上高は1億6千7百万円(前年同四半期比3.2%減)、営業利益は3千7
        百万円(前年同四半期比22.6%増)となりました。
      (2)  財政状態の分析

       ①   流動資産
         当第1四半期会計期間末における流動資産は2億7千5百万円となり、前事業年度末に比べて7百万円減少し
        ました。前払費用の減少8百万円が主な要因であります。
       ②   固定資産
         当第1四半期会計期間末における固定資産は15億2千7百万円となり、前事業年度末に比べて9百万円減少し
        ました。土地の減少5百万円、その他の減少3百万円が主な要因であります。
       ③   流動負債
         当第1四半期会計期間末における流動負債は6億4千4百万円となり、前事業年度末に比べて8億3千8百万
        円減少しました。短期借入金の減少7億9千6百万円、未払金の減少3千8百万円が主な要因であります。
                                  4/20




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
       ④   固定負債
         当第1四半期会計期間末における固定負債は11億7千万円となり、前事業年度末に比べて9億4百万円増加し
        ました。長期借入金の増加9億3百万円が主な要因であります。
       ⑤   純資産
         当第1四半期会計期間末における純資産は0.09百万円となり、前事業年度末に比べて7千1百万円減少しまし
        た。
         この結果、当第1四半期会計期間末の総資産は18億1千5百万円となり、前事業年度末に比べて5百万円減少
        しました。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題
       はありません。
      (4)  事業等のリスクに記載した重要事象等についての分析・検討内容及び当該重要事象等を解消し、または改善する

      ための対応策
       当社は、前事業年度において26,578千円の営業利益を計上しましたが、当第1四半期累計期間においては3,172千円
      の営業損失を計上いたしました。さらには、一部の金融機関等からの借入に関し、事前に状況説明を行った上で約定
      利息の支払いのみを支払い、元金の返済を猶予いただいている状況です。
       これらの状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
       当社は、これらの状況を早急に解消するため、以下の施策を実施しております。
      ①財務面について

       物件を売却して有利子負債の圧縮を進めてまいりましたが、賃料収入がある物件をこれ以上売却することは、黒字
      化に向けた施策とは逆行するため、原則いたしません。また、賃料収入が無く資金繰りへの影響が軽微なたな卸資産
      については販売により資金回収を図ります。
       なお、今後は、再建に向けたご協力を得るべく、個別に交渉を続けていく方針ですが、特に一部金融機関等からの
      借入に関し返済期限が到来したことで期限の利益を喪失した状態の有利子負債が2件存在し、その債権者様との間で
      長らく交渉を続けておりました。その結果、1件は債権譲渡がなされ、新債権者との間で返済期限の延長及び金利の
      変更について合意に至りました。さらには、残りの1件についても新たに締結した金銭消費貸借契約による資金を充
      当し弁済いたしました。これにより、期限の利益を喪失した状態の有利子負債は無くなりました。なお、その他の金
      融機関等からの借入に関しては、事前に状況説明を行った上で約定どおり元金の返済及び利息の支払いを行ってい
      る、又は、借入先と良好な関係を保っており、約定利息の支払いは行った上で、元金の返済を猶予いただいている状
      況であり、弁済の正常化について協議を続けてまいります。
      ②事業活動について

       建売については、今期より、中古住宅の再生再販に注力した事業展開にシフトする計画です。
       不動産賃貸管理事業につきましては、管理会社としての体制を整え、「管理」における手数料収入や管理物件の増
      加、自社物件・ウィークリー事業の高稼働を維持し、安定した利益計上を目指します。
        当社は、引き続き、安定収益の見込める賃貸管理部門の強化、不動産売買仲介の強化、中古戸建住宅等のリ

       フォーム販売及び新築戸建住宅の販売の積極的推進等を通じて、収益力を上げていく予定です。
      (5)  研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  5/20




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
     3  【経営上の重要な契約等】
       当第1四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    294,700,000

              第1種優先株式                                      29,550,000

                  計                                   294,700,000

      (注) 当社の発行可能種類株式総数は、それぞれ普通株式294,700,000株、第1種優先株式29,550,000株であり、合計
         では324,250,000株となりますが、発行可能株式総数は294,700,000株とする旨定款に規定しております。
       ②  【発行済株式】

               第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (2019年1月31日)          (2019年3月15日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所           単元株式数は100株で
       普通株式           73,692,398          73,692,398
                                    市場第2部            あります。
         計         73,692,398          73,692,398           ―            ―
      (注) 提出日現在において第1種優先株式は発行しておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         当社は、会社法に基づき新株予約権を発行しております。
     決議年月日                   2018年11月9日

     新株予約権の数(個) ※                   2,210,000 (注)1

     新株予約権のうち自己新株予約権の数
                         ―
     (個) ※
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 221,000,000 (注)1
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額
                         442,000,000 (注)2
     (円) ※
     新株予約権の行使期間 ※                   2018年11月13日~2023年11月13日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                         発行価格  2
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額 1
     額(円) ※
     新株予約権の行使の条件 ※                   一部行使はできない。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   当社の取締役会による事前承認を要する。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                         ―
     付に関する事項 ※
       ※ 提出日の前月末(2019年2月28日)における内容を記載しております。
      (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。
         2.行使価額の調整
         (1)  当社は、本新株予約権の割当日後、本項第(2)号に掲げる各事由により当社普通株式が交付され、発行済普
           通株式数に変更を生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下「行使価額調
                                  7/20


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
           整式」という。)により算出される額又は本項第(2)号に掲げる各事由(ただし、本項第(2)号②の事由を
           除く。)により、行使価額の調整が行われる場合の1株当たりの払込金額のうち、いずれか低い価額に行使
           価 額を調整する。
                                      既発行普通株式数
            調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                 既発行普通株式数+交付普通株式数
         (2)  行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及びその調整後行使価額の適用時期については、次に定
           めるところによる。
           ①  本項第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を新たに交付する場合(ただし、
            当社の発行した取得請求権付株式若しくは取得条項付株式の取得と引換えに交付する場合又は当社普通
            株式の交付を請求できる新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利の請求又は行
            使による場合を除く。)、調整後行使価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられているとき
            は、当該払込期間の最終日とする。以下同じ。)の翌日以降、また、募集のための株主割当日がある場
            合はその日の翌日以降これを適用する。
           ②  株式分割又は株式無償割当により当社普通株式を発行する場合、調整後行使価額は、株式分割のための
            基準日の翌日以降、当社普通株式の無償割当について普通株主に割当を受ける権利を与えるための基準
            日があるときはその翌日以降、当社普通株式の無償割当について普通株主に割当を受ける権利を与える
            ための基準日がないとき及び株主(普通株主を除く。)に当社普通株式の無償割当をするときは当該割
            当の効力発生日の翌日以降、それぞれこれを適用する。
           ③  取得請求権付株式であって、その取得と引換えに本項第(4)号②に定める時価を下回る価額をもって当
            社普通株式を交付する旨の定めがあるものを発行する場合(無償割当の場合を含む。)又は本項第(4)
            号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約権若しくは新株予約
            権付社債その他の証券若しくは権利を発行する場合(無償割当の場合を含む。)、調整後行使価額は、
            発行される取得請求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権利の全てが当
            初行使価額で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたものとみなして行使価額調整式を準用して
            算出するものとし、払込期日(新株予約権又は新株予約権付社債の場合は割当日、無償割当の場合は効
            力発生日)の翌日以降これを適用する。ただし、その権利の割当のための基準日がある場合は、その日
            の翌日以降これを適用する。上記にかかわらず、請求又は行使に際して交付される当社普通株式の対価
            が取得請求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権利が発行された時点で
            確定していない場合、調整後行使価額は、当該対価の確定時点で発行されている取得請求権付株式、新
            株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権利の全てが当該対価の確定時点の条件で請求又
            は行使されて当社普通株式が交付されたものとみなして行使価額調整式を準用して算出するものとし、
            当該対価が確定した日の翌日以降、これを適用する。
           ④  当社の発行した取得条項付株式又は取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含
            む。)の取得と引換えに本項第(4)号②に定める時価を下回る価額でもって当社普通株式を交付する場
            合、調整後行使価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
           ⑤  本号①ないし③の各取引において、その権利の割当てのための基準日が設定され、かつ、各取引の効力
            の発生が当該基準日以降の株主総会又は取締役会その他当社の機関の承認を条件としているときは、本
            号①ないし③の定めにかかわらず、調整後行使価額は、当該承認があった日の翌日以降、これを適用す
            る。この場合において、当該基準日の翌日から当該取引の承認があった日までに本新株予約権を行使し
            た新株予約権者に対しては、次の算式に従って当社普通株式の交付数を決定するものとする。
                                         調整前行使価額により当該期間内に
                    (調整前行使価額-調整後行使価額)                  ×
                                             交付された株式数
             株式数     =
                                    調整後行使価額
         (3)  行使価額調整式により算出された調整後行使価額と調整前行使価額との差額が1円未満にとどまる限りは、
           行使価額の調整はこれを行わない。ただし、その後の行使価額の調整を必要とする事由が発生し行使価額
           を算出する場合は、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて、調整前行使価額からこの差額を差引い
           た額を使用する。
         (4)    行使価額調整式の計算については、次に定めるところによる。
           ①  円位未満小数第3位まで算出し、その小数第3位を四捨五入する。
           ②  行使価額調整式で使用する時価は、調整後行使価額を適用する日(ただし、本項第(2)号⑤の場合は基
            準日)に先立つ45取引日目に始まる30取引日の取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値
                                  8/20


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
            (当日付で終値のない日数を除く。)又は、調整後行使価額を適用する日の直前取引日の終値のいずれ
            かの高いものを使用する。この場合、平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四
            捨 五入する。
           ③  行使価額調整式で使用する既発行普通株式数は、基準日がある場合はその日、また、基準日がない場合
            は、調整後行使価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普通株式数から、当該日におけ
            る当社の有する当社普通株式の数を控除した数とする。また、本項第(2)号②の場合には、行使価額調
            整式で使用する交付普通株式数は、基準日における当社の有する当社普通株式に割当てられる当社普通
            株式数を含まないものとする。
         (5)  本項第(2)号の行使価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合には、当社は、必要な行使価額
           の調整を行う。
           ①  株式の併合、当社を存続会社とする合併、当社を承継会社とする吸収分割、当社を完全親会社とする株
            式交換のために行使価額の調整を必要とするとき。
           ②  その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由の発生により行使価額の調整を必
            要とするとき。
           ③  行使価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後行使価額の算出に当
            たり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
         (6)  本項に定めるところにより行使価額の調整を行うときは、当社は、あらかじめ書面によりその旨並びにそ
           の事由、調整前行使価額、調整後行使価額及びその適用の日その他必要な事項を、適用の日の前日までに
           本新株予約権者に通知する。ただし、本項第(2)号②に示される株式分割の場合その他適用の日の前日まで
           に前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降すみやかにこれを行う。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2018年11月1日~
                      ―  73,692,398            ―    500,000          ―    50,000
     2019年1月31日
      (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  9/20









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(2018年10月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                               2018年10月31日現在
           区   分
                        株式数(株)         議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                           ―         ―         ―

     議決権制限株式(自己株式等)                           ―         ―         ―

     議決権制限株式(その他)                           ―         ―         ―
                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    ―         ―
                     普通株式         3,800
                     普通株式      73,675,700
     完全議決権株式(その他)                                736,757            ―
                     普通株式        12,898
     単元未満株式                                    ―   一単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                      73,692,398              ―         ―
     総株主の議決権                           ―      736,757            ―
      (注)   1   「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が2,500株(議決権25個)
          含まれております。
        2   「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式67株が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                                2018年10月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)             山口県下関市細江町二丁
                                   3,800        ─     3,800       0.01
     株式会社原弘産             目2番1号
           計              ―          3,800        ─     3,800       0.01
     2  【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 10/20









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期財務諸表の作成方法について

       当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
      号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(2018年11月1日から2019年1月
      31日まで)及び第1四半期累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期財務諸表について、監査法
      人元和による四半期レビューを受けております。
     3.四半期連結財務諸表について

       当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                 11/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期財務諸表】
      (1)  【四半期貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度            当第1四半期会計期間
                                  (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         175,961              175,859
         現金及び預金
                                          11,010              12,858
         営業未収入金
                                           291              287
         商品
                                          79,435              79,435
         販売用不動産
                                          2,515              1,569
         仕掛販売用不動産
                                          1,761              2,123
         未収入金
                                          11,627               3,308
         前払費用
                                          1,756              1,270
         その他
                                          △ 896             △ 971
         貸倒引当金
                                         283,462              275,739
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         762,784              764,320
           建物(純額)
                                           269              255
           構築物(純額)
                                          1,889              2,265
           車両運搬具(純額)
                                          3,764              3,429
           工具、器具及び備品(純額)
                                         729,357              723,454
           土地
                                          3,333
                                                           -
           その他
                                        1,501,398              1,493,725
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          2,403              2,227
           ソフトウエア
                                          4,265              4,265
           電話加入権
                                          6,669              6,493
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          7,830              5,913
           投資有価証券
                                           950              950
           出資金
                                         213,391              213,350
           破産更生債権等
                                          20,729              20,729
           敷金及び保証金
                                        △ 213,391             △ 213,350
           貸倒引当金
                                          29,509              27,592
           投資その他の資産合計
                                        1,537,577              1,527,811
         固定資産合計
       繰延資産
                                                        12,232
                                            -
         新株予約権発行費
                                                        12,232
         繰延資産合計                                   -
                                        1,821,039              1,815,783
       資産合計
                                 12/20






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                   前事業年度            当第1四半期会計期間
                                  (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         13,557              10,229
         営業未払金
                                        1,176,901               380,543
         短期借入金
                                         76,499              76,546
         1年内返済予定の長期借入金
                                         83,114              44,838
         未払金
                                          1,957              1,228
         未払法人税等
                                          3,882              2,218
         未払消費税等
                                         113,446              117,886
         預り金
                                          8,330              4,200
         賞与引当金
                                          5,510              7,075
         その他
                                        1,483,199               644,766
         流動負債合計
       固定負債
                                         196,231             1,099,729
         長期借入金
         退職給付引当金                                17,060              17,695
         長期預り敷金保証金                                48,409              49,406
                                          1,928              1,356
         繰延税金負債
                                          3,011              2,728
         その他
                                         266,642             1,170,917
         固定負債合計
                                        1,749,841              1,815,683
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         500,000              500,000
         資本金
                                         597,753              597,753
         資本剰余金
                                       △ 1,028,994             △ 1,108,690
         利益剰余金
                                         △ 1,963             △ 1,965
         自己株式
                                         66,795             △ 12,901
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          4,401              3,056
         その他有価証券評価差額金
                                          4,401              3,056
         評価・換算差額等合計
                                                        9,945
       新株予約権                                     -
                                         71,197                99
       純資産合計
                                        1,821,039              1,815,783
      負債純資産合計
                                 13/20








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期損益計算書】
         【第1四半期累計期間】
                                                    (単位:千円)
                                前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間
                                 (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                 至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
                                         232,817              175,937
      売上高
                                         194,099              130,357
      売上原価
                                         38,717              45,580
      売上総利益
                                         42,206              48,753
      販売費及び一般管理費
                                         △ 3,489             △ 3,172
      営業損失(△)
      営業外収益
                                            0
       受取利息                                                   -
                                           466
       貸倒引当金戻入額                                                   -
                                           780
       受取手数料                                                   -
                                           671              478
       雑収入
                                          1,917               478
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          7,003              5,192
       支払利息
                                                        1,112
       新株予約権発行費償却                                    -
                                           18              103
       雑損失
                                          7,021              6,408
       営業外費用合計
                                         △ 8,593             △ 9,102
      経常損失(△)
      特別利益
                                           462              309
       固定資産売却益
                                           462              309
       特別利益合計
      特別損失
                                                       70,789
                                            -
       遅延損害金
                                                       70,789
       特別損失合計                                    -
                                         △ 8,130             △ 79,581
      税引前四半期純損失(△)
                                           114              114
      法人税、住民税及び事業税
                                           114              114
      法人税等合計
                                         △ 8,244             △ 79,695
      四半期純損失(△)
                                 14/20









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       当社は、前事業年度において26,578千円の営業利益を計上しましたが、当第1四半期累計期間においては3,172千円
      の営業損失を計上いたしました。さらには、一部の金融機関等からの借入に関し、事前に状況説明を行った上で約定
      利息の支払いのみを支払い、元金の返済を猶予いただいている状況です。
       これらの状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
       当社は、これらの状況を早急に解消するため、以下の施策を実施しております。
      ①財務面について

       物件を売却して有利子負債の圧縮を進めてまいりましたが、賃料収入がある物件をこれ以上売却することは、黒字
      化に向けた施策とは逆行するため、原則いたしません。また、賃料収入が無く資金繰りへの影響が軽微なたな卸資産
      については販売により資金回収を図ります。
       なお、今後は、再建に向けたご協力を得るべく、個別に交渉を続けていく方針ですが、特に一部金融機関等からの
      借入に関し返済期限が到来したことで期限の利益を喪失した状態の有利子負債が2件存在し、その債権者様との間で
      長らく交渉を続けておりました。その結果、1件は債権譲渡がなされ、新債権者との間で返済期限の延長及び金利の
      変更について合意に至りました。さらには、残りの1件についても新たに締結した金銭消費貸借契約による資金を充
      当し弁済いたしました。これにより、期限の利益を喪失した状態の有利子負債は無くなりました。なお、その他の金
      融機関等からの借入に関しては、事前に状況説明を行った上で約定どおり元金の返済及び利息の支払いを行ってい
      る、又は、借入先と良好な関係を保っており、約定利息の支払いは行った上で、元金の返済を猶予いただいている状
      況であり、弁済の正常化について協議を続けてまいります。
      ②事業活動について

       建売については、今期より、中古住宅の再生再販に注力した事業展開にシフトする計画です。
       不動産賃貸管理事業につきましては、管理会社としての体制を整え、「管理」における手数料収入や管理物件の増
      加、自社物件・ウィークリー事業の高稼働を維持し、安定した利益計上を目指します。
       しかし、これらの対応策は実施途上にあり、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。

      なお、四半期財務諸表は継続企業を前提として作成されており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を四
      半期財務諸表には反映しておりません。
                                 15/20










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
      (会計方針の変更等)
        該当事項はありません。
      (追加情報)

        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期連
       結会計期間の期首から適用しており、繰延税金負債は固定負債の区分に表示しております。
       (四半期貸借対照表関係)

        該当事項はありません。
       (四半期損益計算書関係)

           該当事項はありません。
       (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期累計期
       間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                                前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間

                                (自    2017年11月1日            (自    2018年11月1日
                                至   2018年1月31日)            至   2019年1月31日)
         減価償却費                            6,659千円              8,583千円
       (株主資本等関係)

      前第1四半期累計期間(自              2017年11月1日         至   2018年1月31日)
      1.配当金支払額
        該当事項はありません。
      2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日後となる

       もの
        該当事項はありません。
      当第1四半期累計期間(自              2018年11月1日         至   2019年1月31日)

      1.配当金支払額
        該当事項はありません。
      2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日後となる

       もの
        該当事項はありません。
                                 16/20







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第1四半期累計期間(自              2017年11月1日         至   2018年1月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                     四半期
                        報告セグメント
                                             調整額       損益計算書
                                      合計
                                             (注)1        計上額
                      不動産       不動産賃貸
                                                     (注)2
                     分譲事業        管理事業
     売上高
      外部顧客への売上高                 60,197       172,619        232,817               232,817

                                                 ―
      セグメント間の内部売上高
                          ―        ―        ―        ―        ―
      又は振替高
                        60,197       172,619        232,817               232,817
            計                                      ―
     セグメント利益
                       △ 1,103       30,370        29,266       △ 32,756       △ 3,489
     又は損失(△)
     (注)   1   セグメント利益又は損失(△)の調整額△32,756千円は各報告セグメントに配分していない全社費用であり
          ます。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        2   セグメント利益又は損失(△)は、四半期損益計算書の営業損失と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
     Ⅱ   当第1四半期累計期間(自              2018年11月1日         至   2019年1月31日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                     四半期
                        報告セグメント
                                             調整額       損益計算書
                                      合計
                                             (注)1        計上額
                      不動産       不動産賃貸
                                                     (注)2
                     分譲事業        管理事業
     売上高
      外部顧客への売上高                  8,856       167,080        175,937               175,937

                                                 ―
      セグメント間の内部売上高
                          ―        ―        ―        ―        ―
      又は振替高
                        8,856       167,080        175,937               175,937
            計                                      ―
     セグメント利益
                        4,972       37,243        42,216       △ 45,389       △ 3,172
     又は損失(△)
     (注)   1   セグメント利益又は損失(△)の調整額△45,389千円は各報告セグメントに配分していない全社費用であり
          ます。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        2   セグメント利益又は損失(△)は、四半期損益計算書の営業損失と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第1四半期累計期間             当第1四半期累計期間

                                 (自    2017年11月1日           (自    2018年11月1日
                 項目
                                  至   2018年1月31日)           至   2019年1月31日)
     1株当たり四半期純損失金額                                   0円11銭             1円08銭
     (算定上の基礎)

                                 17/20


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
     四半期純損失金額                                     8,244             79,695
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                       ―             ―

     普通株式に係る四半期純損失金額                                     8,244             79,695

     普通株式の期中平均株式数(株)                                  73,688,530             73,688,430

      (注) 前第1四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため
         記載しておりません。当第1四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在
         株式が存在するものの四半期純損失を計上しているため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 18/20















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社原弘産(E03993)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年3月15日

     株  式  会  社  原  弘  産
      取   締   役   会   御   中
                           監   査   法   人   元   和

                           指定社員

                                    公認会計士        山野井 俊 明         ㊞
                           業務執行社員
                           指定社員

                                    公認会計士        加 藤 由 久         ㊞
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社原弘産

     の2018年11月1日から2019年10月31日までの第34期事業年度の第1四半期会計期間(2018年11月1日から2019年1月31
     日まで)及び第1四半期累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半
     期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
     を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
     正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
     論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社原弘産の2019年1月31日現在の財政状態及び同日をもって終了す
     る第1四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められな
     かった。
     強調事項

      継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は前事業年度において26,578千円の営業利益を計上した
     が、当第1四半期累計期間においては3,172千円の営業損失を計上している。また、一部の金融機関等からの借入に関
     し、元金の返済猶予を受けている。当該状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在して
     おり、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不
     確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。四半期財務諸表は継続企業を前提として作成されてお
     り、このような重要な不確実性の影響は四半期財務諸表に反映されていない。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1   上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
         告書提出会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。