株式会社システム ディ 四半期報告書 第38期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第38期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社システム ディ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成31年3月15日
      【四半期会計期間】                    第38期第1四半期(自 平成30年11月1日 至 平成31年1月31日)
      【会社名】                    株式会社システム         ディ
      【英訳名】                    System    D Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役会長  堂山 道生
      【本店の所在の場所】                    京都市中京区烏丸通三条上る場之町603番地
      【電話番号】                    (075)256-7777(代表)
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役管理本部長  藤田 雅己
      【最寄りの連絡場所】                    京都市中京区烏丸通三条上る場之町603番地
      【電話番号】                    (075)256-7777(代表)
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役管理本部長  藤田 雅己
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第37期           第38期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第37期
                              累計期間           累計期間
                              自平成29年           自平成30年           自平成29年

                               11月1日            11月1日            11月1日
              会計期間
                              至平成30年           至平成31年           至平成30年
                               1月31日            1月31日            10月31日
                      (千円)            531,756           488,439          3,399,369

     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           △ 155,736          △ 150,848           389,217
     親会社株主に帰属する四半期純損
                      (千円)           △ 113,288          △ 108,400           258,635
     失(△)又は親会社株主に帰属する
     当期純利益
                      (千円)           △ 114,708          △ 108,881           255,738
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           1,831,394           2,047,510           2,201,842
     純資産額
                      (千円)           3,386,485           3,342,851           3,872,214
     総資産額
     1株当たり四半期純損失金額(△)
                      (円)           △ 17.45          △ 16.70           39.83
     又は1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)            54.08           61.25           56.86
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、第37期第1四半期連結累計期間及び第38期第1四
           半期連結累計期間は、1株当たり四半期純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。第37期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については潜在株式が存在しないため記載して
           おりません。
         4.平成30年5月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っておりますが、第37期の期首に当該株式分
           割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純損失金額(△)                           及び  1株当たり当期純利益金額を算定しておりま
           す。
         5.  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半
           期連結会計期間の期首から適用しており、前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営
           指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/16






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半
       期連結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で
       前連結会計年度との比較・分析を行っております。
       (1)財政状態及び経営成績の状況

          当社は、創業以来パソコン向けのビジネスソフトをパッケージで提供して参りましたが、この数年来自社開発
         パッケージソフトによる利益率の高いソリューションビジネスを核として、顧客ニーズの高度化に対応した大規
         模カスタマイズ製品の提供と、リーズナブルな価格で多くの事業者に提供できるクラウドサービスの拡大に注力
         してまいりました。また、最も情報化ニーズの高い分野として、近年、公共2分野(公教育・公会計)のソ
         リューション事業に取り組んでおります。
          当第1四半期連結累計期間におきましては、売上が第2四半期及び第4四半期に集中するため営業損失を計上
         しておりますが、業績は計画以上に高効率に推移しております。販売種別では、大規模カスタマイズ案件の計上
         はありませんが、パッケージ販売やサポート・クラウド等のストック収入が引き続き増加し、前年同期に比して
         も、より安定的な収益構造が拡大しております。
          学園ソリューション事業におきましては、就学者人口の減少、競合他社の濫立という逆風の中ではあります
         が、『キャンパスプラン.NET              Framework』が引き続きユーザの高い支持を得て、売上、営業利益を伸ばし、受注
         残も順調に増加しております。併せてマイクロソフト社のクラウド基盤の上で提供している『キャンパスプラン
         for  Azure』が利用ユーザを拡大しております。また、将来を見据えた新システムの開発も計画通り進展してお
         ります。
          業界全体が引き続き活況を呈しておりますスポーツ・健康関連施設の会員・会費管理システム『Hello                                               EX』を
         展開しているウェルネスソリューション事業におきましては、昨年受注した大手コンビニエンスストアが新規参
         入したフィットネス施設の2・3号店にも当社システムを納入し、今後の拡がりを期待できる受注となりました。
         さらに、スポーツ関連施設以外の文化・観光市場への事業展開も強化しており、アミューズメント施設向け運営
         支援システム『Hello          Fun』の受注、売上も順調に伸びております。
          民間企業や学校法人向けに、コンプライアンス、ガバナンス支援ソフトとして『規程管理システム』及び『契
         約書作成・管理システム』を提供しているソフトエンジニアリング事業におきましては、高機能かつコストパ
         フォーマンスに優れたこれらのソフトが市場で高い評価を受けており、当四半期も着実に業績を伸ばしました。
         また、業務マニュアルや手順書の作成に最適な機能を多数搭載した『規程・マニュアル管理システム』の引き合
         いが増えつつあり、金融機関向けに特化した『規程管理システム金融機関版』とあわせて、総合文書管理システ
         ム(仮称)の見込み案件が増加しております。
          公共2分野のうち、公立小中高校向け校務支援システム『School                               Engine』を提供している公教育ソリュー
         ション事業におきましては、当社がトップシェアを占める都道府県向け公立高校案件に加えて、複数の大規模自
         治体を含んだ多くの市町村向け公立小・中学校案件のユーザへのサービス提供も行っております。当四半期にお
         いては、小・中・高校に一貫したシステムをクラウドサービスで提供し得る当社ソフトが評価され、都道府県単
         位での県全域にわたる統合型校務支援システムに着手しております。
          同じく公共向け新規事業の公会計ソリューション事業におきましては、公会計ソフトウェアのデファクトスタ
         ンダードとなった地方公会計パッケージソフト『PPP(トリプル・ピー)                                 Ver.5   新統一基準対応版』が、府・県・
         政令市・特別区などの大規模自治体をはじめ、公営企業などを含めて多くの市町村自治体・公共団体に導入頂
         き、圧倒的なシェアを占めております。また、競合製品が近い将来の提供サービスの停止を発表した事も追い風
         となり、一層のシェア拡大を進めるべく営業活動を行っております。
          保険薬局向け事業を営んでいる株式会社シンクにおきましては、引き続き保守サポート収入を安定的に確保し
         ました。
          当社製品によるソリューションビジネスを北海道全域にて展開するべく昨年設立したシステムディ北海道株式
         会社におきましては、既存大規模ユーザへの対応を行い、システムの安定稼働に寄与するとともに、並行して道
         内での積極的な営業活動を進めました。
          これらの結果、当第1四半期連結累計期間の経営成績は、売上高488,439千円(前年同期比8.1%減)、営業損
         失150,673千円(前年同期比4,091千円の赤字縮小)、経常損失150,848千円(前年同期比4,887千円の赤字縮
         小)、親会社株主に帰属する四半期純損失108,400千円(前年同期比4,888千円の赤字縮小)となりました                                                。
          また、当第1四半期連結累計期間における財政状態の概況は次のとおりであります。
                                  3/16

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
          当第1四半期連結会計期間末における資産は、前連結会計年度末に比べて529,362千円減少して3,342,851千円
         となりました。主な要因は、仕掛品の制作等によりたな卸資産が20,145千円増加、次世代システムの開発により
         ソ フトウエア仮勘定が38,424千円増加したこと対して、営業活動に伴う運転資金等により現金及び預金が
         433,115千円減少、代金回収により受取手形及び売掛金が181,898千円減少したことによるものであります。
          負債は、前連結会計年度末に比べて375,031千円減少して1,295,340千円となりました。主な要因は、支払い等
         により支払手形及び買掛金が74,764千円、未払法人税等が64,634千円、その他流動負債が173,207千円、長期借
         入金が34,986千円それぞれ減少したことによるものであります。
          純資産は、前連結会計年度末に比べて154,331千円減少して2,047,510千円となりました。主な要因は、親会社
         株主に帰属する四半期純損失及び配当金の支払により利益剰余金が153,850千円減少した                                         ことによるもの       であり
         ます。
       (2)   経営方針    ・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、経営方針・経営戦略等に重要な変更はありません。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業上及び財務上の対処すべき課題はありません。
       (4)研究開発活動

         ソフトウェア開発業務に関連する調査研究は継続して行っておりますが、特別の研究開発費を投じての活動は
        行っておりません。営業活動及びソフトウェア開発活動を通じて、ノウハウの蓄積及び開発環境の合理化を進め
        ており、次の開発活動に活かしております。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/16












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
      普通株式                                           16,000,000

                  計                               16,000,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          名又は登録認可金融               内容
                           (平成31年3月15日)
              (平成31年1月31日)                          商品取引業協会名
                                         東京証券取引所
                                                   単元株式数は
     普通株式              6,498,000             6,498,000          JASDAQ
                                                   100株であります。
                                         (スタンダード)
        計           6,498,000             6,498,000            -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                              資本準備金        資本準備金
                発行済株式        発行済株式         資本金        資本金
        年月日                                       増減額        残高
                総数増減数        総数残高        増減額        残高
                 (株)        (株)       (千円)        (千円)
                                               (千円)        (千円)
      平成30年11月1日~
                    -    6,498,000           -     484,260          -     619,313
      平成31年1月31日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/16







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成30年10月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】
                                                  平成31年1月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                         -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

     議決権制限株式(その他)                         -            -            -

                         普通株式           5,100

     完全議決権株式(自己株式等)                                     -            -
                         普通株式     6,491,300

     完全議決権株式(その他)                                       64,913          -
                         普通株式           1,600

     単元未満株式                                     -            -
     発行済株式総数                         6,498,000            -            -

     総株主の議決権                         -              64,913          -

      (注)「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が600株含まれております。ま
         た、「議決権の数」には、同機構名義の名義失念株式の完全議決権株式に係る議決権の数6個が含まれておりま
         す。
        ②【自己株式等】

                                                  平成31年1月31日現在
                                                   発行済株式総数に

       所有者の氏名                   自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
                所有者の住所                                   対する所有株式数
        又は名称                  株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
                                                    の割合(%)
               京都市中京区烏丸
      株式会社
                           5,100         -        5,100          0.1
               通三条上る場之町
      システム     ディ
               603番地
         計          -        5,100         -        5,100          0.1
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/16








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成30年11月1日から平
       成31年1月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年11月1日から平成31年1月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、清友監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年10月31日)              (平成31年1月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        732,391              299,275
         現金及び預金
                                        946,482              764,584
         受取手形及び売掛金
                                         32,137              52,282
         たな卸資産
                                         38,133              36,078
         その他
                                        △ 2,750             △ 2,498
         貸倒引当金
                                       1,746,393              1,149,722
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                              156,591              153,599
                                        595,965              595,965
          土地
                                         11,715              10,685
          その他(純額)
                                        764,272              760,250
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         54,149              49,985
          のれん
                                        352,256              342,499
          ソフトウエア
                                        433,067              471,491
          ソフトウエア仮勘定
                                         2,080              2,080
          その他
                                        841,554              866,056
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         18,609              18,218
          投資有価証券
                                        100,961              146,487
          繰延税金資産
                                        367,096              368,749
          保険積立金
                                           169              183
          破産更生債権等
                                         33,283              33,316
          その他
                                         △ 126             △ 133
          貸倒引当金
                                        519,993              566,821
          投資その他の資産合計
                                       2,125,821              2,193,128
         固定資産合計
                                       3,872,214              3,342,851
       資産合計
                                  8/16









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年10月31日)              (平成31年1月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        202,729              127,964
         支払手形及び買掛金
                                        170,001              158,296
         1年内返済予定の長期借入金
                                        376,078              352,384
         前受収益
                                         68,080               3,445
         未払法人税等
                                           -            21,984
         賞与引当金
                                           182               60
         サポート費用引当金
                                         11,292                -
         訴訟損失引当金
                                        266,832               93,624
         その他
                                       1,095,196               757,759
         流動負債合計
       固定負債
                                        281,954              246,968
         長期借入金
                                         91,689              93,166
         役員退職慰労引当金
                                        175,693              179,126
         退職給付に係る負債
                                         25,839              18,320
         その他
                                        575,176              537,580
         固定負債合計
                                       1,670,372              1,295,340
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        484,260              484,260
         資本金
                                        619,313              619,313
         資本剰余金
                                       1,099,804               945,953
         利益剰余金
                                         △ 555             △ 555
         自己株式
                                       2,202,822              2,048,972
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 980            △ 1,461
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 980            △ 1,461
         その他の包括利益累計額合計
                                       2,201,842              2,047,510
       純資産合計
                                       3,872,214              3,342,851
      負債純資産合計
                                  9/16










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年11月1日              (自 平成30年11月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
                                        ※ 531,756              ※ 488,439
      売上高
                                        434,170              386,788
      売上原価
      売上総利益                                   97,586              101,650
                                        252,352              252,324
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 154,765             △ 150,673
      営業外収益
                                           116              141
       受取配当金
                                           91              116
       未払配当金除斥益
                                           147              280
       受取手数料
                                           28              32
       その他
                                           383              570
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                  1,223               744
                                           129               -
       支払保証料
                                            0              0
       その他
                                         1,354               745
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 155,736             △ 150,848
      特別損失
                                            -            1,387
       訴訟関連損失
                                            -            1,387
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 155,736             △ 152,235
      法人税、住民税及び事業税                                    1,945              1,479
                                        △ 44,392             △ 45,314
      法人税等調整額
                                        △ 42,447             △ 43,835
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 113,288             △ 108,400
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 113,288             △ 108,400
                                 10/16










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年11月1日              (自 平成30年11月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
      四半期純損失(△)                                  △ 113,288             △ 108,400
      その他の包括利益
                                        △ 1,419              △ 480
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 1,419              △ 480
       その他の包括利益合計
                                       △ 114,708             △ 108,881
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △ 114,708             △ 108,881
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期連
        結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
        (四半期連結損益計算書関係)

       ※ 前第1四半期連結累計期間(自平成29年11月1日 至平成30年1月31日)及び当第1四半期連結累計期間(自平
        成30年11月1日 至平成31年1月31日)
         当社は顧客の事業年度に合わせて製品・サービスを納入、稼動させる必要があることから、売上が毎年第2四
        半期及び第4四半期に偏重いたします。そのため、第1四半期及び第3四半期の売上高が、第2四半期及び第4
        四半期の売上高に比べて小さくなる傾向にあります。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費、ソフトウエア償却費及びのれんの償却額は、次のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                            (自    平成29年11月1日             (自    平成30年11月1日
                             至   平成30年1月31日)              至   平成31年1月31日)
         減価償却費                         4,313千円                 4,447千円
         ソフトウエア償却費                         95,440                 64,233
         のれんの償却額                         4,164                 4,164
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成29年11月1日 至 平成30年1月31日)
           配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
         決議       株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                               (円)
      平成30年1月30日
                普通株式         32,464         10  平成29年10月31日         平成30年1月31日          利益剰余金
       定時株主総会
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成30年11月1日 至 平成31年1月31日)

           配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
         決議       株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                               (円)
      平成31年1月30日
                普通株式         45,450         7  平成30年10月31日         平成31年1月31日          利益剰余金
       定時株主総会
                                 12/16








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成29年11月1日 至 平成30年1月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                     報告セグメント
                                                     四半期連結損益
                               その他                調整額
                                                     計算書計上額
                                       合計
                     ソフトウェア
                              (注1)                (注2)
                                                      (注3)
                       事業
      売上高
                        525,852         5,903       531,756           -     531,756
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部売上高
                           -        992        992       △ 992         -
       又は振替高
                        525,852         6,896       532,749         △ 992      531,756
             計
      セグメント利益又は損失(△)                 △ 91,358         4,148      △ 87,210       △ 67,555      △ 154,765
          (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、各種広報宣伝の企画・
               制作、テナント賃貸等の業務を行っております。
             2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△67,555千円は、各報告セグメントに配分していない全社費
               用であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
             3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失(△)と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません          。
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成30年11月1日 至 平成31年1月31日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                     報告セグメント
                                                     四半期連結損益
                               その他                調整額
                                                     計算書計上額
                                       合計
                     ソフトウェア
                              (注1)                (注2)
                                                      (注3)
                       事業
      売上高
                        482,760         5,678       488,439           -     488,439
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部売上高
                           -        750        750       △ 750         -
       又は振替高
                        482,760         6,428       489,189         △ 750      488,439
             計
      セグメント利益又は損失(△)                 △ 86,497         3,550      △ 82,947       △ 67,726      △ 150,673
          (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、各種広報宣伝の企画・
               制作、テナント賃貸等の業務を行っております。
             2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△67,726千円は、各報告セグメントに配分していない全社費
               用であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
             3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失(△)と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません          。
                                 13/16





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成29年11月1日               (自 平成30年11月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)                                △17円45銭               △16円70銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)
                                      △113,288               △108,400
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                      △113,288               △108,400
       損失金額(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                 6,492               6,492
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純損失金額であり、また、潜在
           株式が存在しないため記載しておりません。
         2.当社は、平成30年5月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行いましたが、当該株式分割が前連結
           会計年度の期首に行われたと仮定して1株当たり四半期純損失金額を算定しております。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 14/16












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社システム ディ(E05516)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年3月15日

     株式会社システムディ
      取締役会 御中
                              清友監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                              和田       司   印
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士
                                              市田 知史  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社システ

     ムディの平成30年11月1日から平成31年10月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成30年11月1日から
     平成31年1月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年11月1日から平成31年1月31日まで)に係る四半期連結
     財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半
     期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社システムディ及び連結子会社の平成31年1月31日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
     重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.   XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 16/16



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。