株式会社アルデプロ 四半期報告書 第32期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第32期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社アルデプロ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               平成31年3月15日

    【四半期会計期間】               第32期第2四半期(自            平成30年11月1日          至   平成31年1月31日)

    【会社名】               株式会社アルデプロ

    【英訳名】               ARDEPRO    Co.,   Ltd.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長CEO  塚 本 宏 樹

    【本店の所在の場所】               東京都新宿区新宿三丁目1番24号

    【電話番号】               03(5367)2001 (代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役CFO 佐 藤 憲 治

    【最寄りの連絡場所】               東京都新宿区新宿三丁目1番24号

    【電話番号】               03(5367)2001 (代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役CFO 佐 藤 憲 治

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/31









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                            第31期            第32期

             回次                                       第31期
                       第2四半期連結累計期間            第2四半期連結累計期間
                        自   平成29年8月1日          自   平成30年8月1日          自   平成29年8月1日
           会計期間
                        至   平成30年1月31日          至   平成31年1月31日          至   平成30年7月31日
     売上高               (千円)           3,511,695            12,220,031            11,491,618
     経常損失(△)               (千円)           △ 509,699          △ 1,361,868            △ 722,579

     親会社株主に帰属する四半期
                   (千円)           △ 783,888          △ 2,257,277           △ 1,193,294
     (当期)純損失(△)
     四半期包括利益又は包括利益               (千円)           △ 896,116          △ 2,302,680            △ 135,304
     純資産額               (千円)           7,827,480            5,658,419            7,456,764

     総資産額               (千円)          38,207,769            20,508,752            33,712,454

     1株当たり四半期(当期)
                    (円)            △ 2.91           △ 6.84           △ 4.23
     純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)              ―            ―            ―
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率               (%)             7.9            19.9            17.4
     営業活動による
                   (千円)         △ 8,535,643            10,405,177            △ 3,633,038
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                   (千円)           △ 81,727            66,051          △ 151,355
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                   (千円)           7,444,969          △ 10,502,714             2,350,121
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                   (千円)            979,077            685,799            717,284
     四半期末(期末)残高
                            第31期            第32期

             回次
                       第2四半期連結会計期間            第2四半期連結会計期間
                        自   平成29年11月1日          自   平成30年11月1日
           会計期間
                        至   平成30年1月31日          至   平成31年1月31日
     1株当たり四半期純損失金額
                    (円)            △ 0.25           △ 0.39
     (△)
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        3.第31期第2四半期連結累計期間、第32期第2四半期連結累計期間及び第31期連結会計年度の潜在株式調整後
          1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期(当期)
          純損失であるため、記載しておりません。
    2  【事業の内容】

     当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び連結子会社)が営む事業の内容について、重要な変更
    はありません。
                                  2/31





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
       (1) 経営成績に関する説明
       当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、引き続き好調な企業業績を背景にして雇用や所得環境が改善
      しており、緩やかに回復しております。一方、米中通商摩擦問題の動向が世界経済に与える影響や海外経済の不確
      実性、金融資本市場の変動による日本経済への影響などが懸念される状況となっております。
       当社グループが属する不動産業界におきましては、全国主要都市のオフィスビル市況の情報を提供している三鬼
      商事株式会社の調査による東京都心5区(東京都千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)のオフィス空室率
      は、平成31年1月には1.82%と引き続き低水準で推移しております。また、オフィス平均賃料は平成31年1月には
      21,010円/坪と61カ月連続の上昇となっております。このように不動産に対する需要は依然として旺盛な状況にあ
      ります。
       こうした状況下、当社グループは東京都心部や関西地区を中心に販売用不動産の売却活動を行ってまいりまし
      た。当第2四半期連結累計期間においては、東京都中央区に所在する販売用不動産信託受益権や全国に所在する収
      益レジデンス等を売却いたしました。なお、東京都中央区に所在する販売用不動産信託受益権の売却については、
      債務を圧縮し財務基盤の安定をめざし、当初販売目標額を譲歩してでも投下資金の回収を優先事項としたため、売
      上総利益がマイナスとなりました。
       以上から、連結売上高は122億20百万円(前年同期比248.0%増)、営業損失は6億74百万円(前年同期は3億17
      百万円の営業利益)、支払利息や支払手数料、社債利息などの計上により経常損失は13億61百万円(前年同期は5
      億9百万円の経常損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失は22億57百万円(前年同期は7億83百万円の親会社
      株主に帰属する四半期純損失)となりました。
       当第2四半期連結累計期間における各事業の種類別セグメントの概況は次のとおりであります。
       ①不動産再活事業
       上記のとおり、東京都中央区に所在する信託受益権や全国各地に所在する販売用不動産を売却いたしました。東
      京都中央区に所在する信託受益権については、上記のとおり売上総利益がマイナスで売却いたしました。
       以上から、不動産再活事業の売上高は118億31百万円(前年同期比290.9%増)、営業損失は7億16百万円(前年
      同期は1億56百万円の営業利益)となりました。
       ②不動産賃貸収益等事業
       不動産賃貸収益等事業は、当社が保有する不動産物件に係る受取賃料収入や収入手数料等で構成されておりま
      す。収益用不動産が減少したため賃料収入が減少し、不動産賃貸収益等事業の売上高は3億88百万円(前年同期比
      20.0%減)、営業利益は3億12百万円(同26.2%減)となりました。
       (2)財政状態に関する説明

       (流動資産)
       当第2四半期連結会計期間末における流動資産は202億50百万円(前連結会計年度末は325億68百万円)となりま
      した。主な内訳としては、現金及び預金が13億36百万円(同14億7百万円)、販売用不動産が176億59百万円(同
      185億55百万円)などであります。
       (固定資産)
       当第2四半期連結会計期間末における固定資産は、2億58百万円(同11億43百万円)となりました。主な内訳と
      しては、投資有価証券が2億1百万円(同2億1百万円)などであります。
       (流動負債)
       当第2四半期連結会計期間末における流動負債は、103億72百万円(同211億67百万円)となりました。主な内訳
      としては、短期借入金が58億7百万円(同160億76百万円)、1年内返済予定の長期借入金が42億77百万円(同43億
      47百万円)などであります。
                                  3/31


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
       (固定負債)
       当第2四半期連結会計期間末における固定負債は、44億77百万円(同50億88百万円)となりました。主な内訳と
      しては、社債が41億93百万円(同48億40百万円)、長期借入金が2億13百万円(同2億33百万円)などでありま
      す。
       (純資産)
       当第2四半期連結会計期間末における純資産は、56億58百万円(同74億56百万円)となりました。主な内訳とし
      ては、資本金が24億28百万円(同21億78百万円)、資本剰余金が29億28百万円(同26億78百万円)、利益剰余金が
      △12億62百万円(同18億円)、非支配株主持分が15億45百万円(同16億3百万円)などであります。以上の結果、
      自己資本比率は19.9%となりました。
      (3)キャッシュ・フローの状況

       当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)の残高は6億85百万円
      (前第2四半期連結累計期間末は9億79百万円)となりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       当第2四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは104億5百万円の増加(前第2四半期連
      結累計期間末は85億35百万円の減少)となりました。これは主に、たな卸資産の減少による増加122億58百万円など
      によるものであります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       当第2四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは66百万円の増加(前第2四半期連結累
      計期間末は81百万円の減少)となりました。これは主に、定期預金の払戻による収入80百万円などによるものであ
      ります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       当第2四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは105億2百万円の減少(前第2四半期連
      結累計期間末は74億44百万円の増加)となりました。これは主に、短期借入金の純増減が102億68百万円の減少と
      なったことなどによるものであります。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題 

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
      に生じた課題はありません。
      (5)研究開発活動

       該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/31







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    851,170,520

              A種優先株式                                        8,916

              B種優先株式                                        26,701

              C種優先株式                                      2,160,476

              D種優先株式                                      2,160,410

              E種優先株式                                       138,822

             譲渡制限種類株式                                       1,818,182

                 計                                   857,484,027

       ② 【発行済株式】

              第2四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                 内容
              (平成31年1月31日)          (平成31年3月15日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
       普通株式          337,234,159          337,234,159                 単元株式数は100株であります。
                                  (市場第二部)
      A種優先株式               2,674          2,674        ―     (注)2、3、4
      E種優先株式              138,822          138,822         ―     (注)2、3、5

        計         337,375,655          337,375,655           ―             ―

     (注)   1   「提出日現在発行数」欄には、平成31年3月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使によ
          り発行された株式数は含まれておりません。
        2 A種およびE種優先株式は、現物出資(借入金の株式化 1,316百万円)によって発行されたものでありま
          す。
        3 単元株式数
          単元株式数は1株であります。
        4   A種優先株式の内容は次のとおりであります。
         1.  剰余金の配当
          (1)  A種優先配当金
            当社は、期末配当金の支払いを行うときは、A種優先株式を有する株主(以下「A種優先株主」とい
            う。)またはA種優先株式の登録株式質権者(以下「A種優先登録株式質権者」という。)に対し、第
            9項(1)の定める支払順位に従い、A種優先株式1株につき下記(2)に定める額の金銭(以下「A種優先
            配当金」という。)を支払う。但し、当該期末配当金にかかる基準日の属する事業年度中の日を基準日
            として下記(3)に定めるA種優先中間配当金を支払ったときは、当該A種優先中間配当金を控除した額
            とする。
          (2)  A種優先配当金の額
            A種優先配当金の額は、300,000円に、それぞれの事業年度毎に以下の年率(以下「A種優先配当年
            率」という。)を乗じて算出した額とする。但し、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を
            四捨五入する。
             2011年度および2012年度=0.1%
             2013年度および2014年度=0.3%
             2015年度以降=0.5%
          (3)  A種優先中間配当金
            当社は、中間配当金の支払いを行うときは、A種優先株主またはA種優先登録株式質権者に対し、第9
            項(1)の定める支払順位に従い、上記(2)に定める額の2分の1を限度として、取締役会の決議で定める
                                  5/31


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
            額の金銭(以下「A種優先中間配当金」という。)を支払うものとする。
          (4)  非累積条項
            A種優先株主またはA種優先登録株式質権者に対して支払うA種優先株式1株当たりの剰余金の配当の
            額がA種優先配当金の額に達しないときであっても、そのA種優先株式1株当たりの不足額は翌事業年
            度以降に累積しない。
          (5)  非参加条項
            A種優先株主またはA種優先登録株式質権者に対しては、A種優先配当金を超えて剰余金の配当は行わ
            ない。
         2.  残余財産の分配
          (1)  A種優先残余財産分配金
            当社の残余財産の分配をするときは、第9項(2)の定める支払順位に従い、A種優先株式1株につき、
            300,000円を支払う。
          (2)  非参加条項
            A種優先株主またはA種優先登録株式質権者に対しては、上記(1)のほか残余財産の分配は行わない。
         3.  議決権
            A種優先株主は、株主総会において議決権を有しない。
         4.  普通株式を対価とする取得請求権
            A種優先株主は、2021年11月1日(当該日が営業日ではない場合には、翌営業日)の翌営業日以降2030
            年7月28日(同日を含む。)までの間(以下「A種転換請求期間」という。)いつでも、当社に対し
            て、普通株式の交付と引換えに、その有するA種優先株式の全部または一部を取得することを請求する
            ことができるものとし、当社はA種優先株主が取得の請求をしたA種優先株式を取得するのと引換え
            に、次に定める数の普通株式を、当該A種優先株主に対して交付するものとする。
          (1)  A種優先株式の取得と引換えに交付する普通株式の数
            A種優先株式の取得と引換えに交付する普通株式の数は、転換請求にかかるA種優先株式の数に
            300,000円を乗じて得られる額を、下記に定める取得価額で除して得られる数とする。なお、A種優先
            株式の取得と引換えに交付する普通株式の数に1株に満たない端数があるときは、これを切り捨てるも
            のとし、この場合においては、会社法第167条第3項に定める金銭の交付はしない。
          (2)  取得価額
            当初取得価額は、3,704円とする。
          (3)  取得価額の調整
            (a)  以下に掲げる事由が発生した場合には、それぞれ以下のとおり取得価額を調整する。
             ①普通株式につき株式の分割または株式無償割当てをする場合、以下の算式により取得価額を調整す
              る。なお、株式無償割当ての場合には、下記の算式における「分割前発行済普通株式数」は「無償
              割当て前発行済普通株式数(但し、その時点で当社が保有する普通株式を除く。)」、「分割後発
              行済普通株式数」は「無償割当て後発行済普通株式数(但し、その時点で当社が保有する普通株式
              を除く。)」とそれぞれ読み替える。
                                分割前発行済普通株式数

             調整後取得価額        =  調整前取得価額        ×
                                分割後発行済普通株式数
              調整後の取得価額は、株式の分割にかかる基準日または株式無償割当ての効力が生ずる日(株式無

              償割当てにかかる基準日を定めた場合は当該基準日)の翌日以降これを適用する。
             ②普通株式につき株式の併合をする場合、株式の併合の効力が生ずる日をもって次の算式により、取

              得価額を調整する。
                                併合前発行済普通株式数

             調整後取得価額        =  調整前取得価額        ×
                                併合後発行済普通株式数
             ③下記(d)に定める普通株式1株当たりの時価を下回る払込金額をもって普通株式を発行または当社

              が保有する普通株式を処分する場合(株式無償割当ての場合、普通株式の交付と引換えに取得され
              る株式もしくは新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下本(3)において同
              じ。)の取得による場合、普通株式を目的とする新株予約権の行使による場合または合併、株式交
              換もしくは会社分割により普通株式を交付する場合を除く。)、次の算式(以下「取得価額調整
              式」という。)により取得価額を調整する。調整後の取得価額は、払込期日(払込期間を定めた場
              合には当該払込期間の最終日)の翌日以降、また、株主への割当てにかかる基準日を定めた場合は
              当該基準日(以下「株主割当日」という。)の翌日以降これを適用する。なお、当社が保有する普
              通株式を処分する場合には、次の算式における「新たに発行する普通株式の数」は「処分する当社
              が保有する普通株式の数」、「当社が保有する普通株式の数」は「処分前において当社が保有する
              普通株式の数」とそれぞれ読み替える。
                                  6/31


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
                                     新たに発行する普通株式の数×1株当たり払
                      (発行済普通株式の数-当社
                                              込金額
                                    +
                       が保有する普通株式の数)
                                         普通株式1株当たりの時価
            調整後      調整前
               =      ×
                           (発行済普通株式の数-当社が保有する普通株式の数)
           取得価額      取得価額
                                 +新たに発行する普通株式の数
             ④当社に取得をさせることによりまたは当社に取得されることにより、下記(d)に定める普通株式1

              株当たりの時価を下回る普通株式1株当たりの取得価額をもって普通株式の交付を受けることがで
              きる株式を発行または処分する場合(株式無償割当ての場合を含む。)、かかる株式の払込期日
              (払込期間を定めた場合には当該払込期間の最終日。以下本④において同じ。)に、株式無償割当
              ての場合にはその効力が生ずる日(株式無償割当てにかかる基準日を定めた場合は当該基準日。以
              下本④において同じ。)に、また株主割当日がある場合はその日に、発行または処分される株式の
              全てが当初の条件で取得され普通株式が交付されたものとみなし、取得価額調整式において「1株
              当たり払込金額」としてかかる価額を使用して計算される額を、調整後の取得価額とする。調整後
              の取得価額は、払込期日の翌日以降、株式無償割当ての場合にはその効力が生ずる日の翌日以降、
              また株主割当日がある場合にはその日の翌日以降、これを適用する。
             ⑤行使することによりまたは当社に取得されることにより、普通株式1株当たりの新株予約権の払込
              価額と新株予約権の行使に際して出資される財産の合計額が下記(d)に定める普通株式1株当たり
              の時価を下回る価額をもって普通株式の交付を受けることができる新株予約権を発行する場合(新
              株予約権無償割当ての場合を含む。)、かかる新株予約権の割当日に、新株予約権無償割当ての場
              合にはその効力が生ずる日(新株予約権無償割当てにかかる基準日を定めた場合は当該基準日。以
              下本⑤において同じ。)に、また株主割当日がある場合はその日に、発行される新株予約権全てが
              当初の条件で行使されまたは取得されて普通株式が交付されたものとみなし、取得価額調整式にお
              いて「1株当たり払込金額」として普通株式1株当たりの新株予約権の払込価額と新株予約権の行
              使に際して出資される財産の普通株式1株当たりの価額の合計額を使用して計算される額を、調整
              後の取得価額とする。調整後の取得価額は、かかる新株予約権の割当日の翌日以降、新株予約権無
              償割当ての場合にはその効力が生ずる日の翌日以降、また株主割当日がある場合にはその翌日以
              降、これを適用する。但し、本⑤による取得価額の調整は、当社の取締役、監査役または従業員に
              対してストック・オプション目的で発行される普通株式を目的とする新株予約権には適用されない
              ものとする。
            (b)  上記(a)に掲げた事由によるほか、下記①および②のいずれかに該当する場合には、当社はA種優
             先株主およびA種優先登録株式質権者に対して、あらかじめ書面によりその旨ならびにその事由、調
             整後の取得価額、適用の日およびその他必要な事項を通知したうえ、取得価額の調整を適切に行うも
             のとする。
             ①合併、株式交換、株式交換による他の株式会社の発行済株式の全部の取得、株式移転、吸収分割、
              吸収分割による他の会社がその事業に関して有する権利義務の全部もしくは一部の承継または新設
              分割のために取得価額の調整を必要とするとき。
             ②前①のほか、普通株式の発行済株式の総数(但し、当社が保有する普通株式の数を除く。)の変更
              または変更の可能性を生ずる事由の発生によって取得価額の調整を必要とするとき。
            (c)  取得価額の調整に際して計算が必要な場合は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を
             四捨五入する。
            (d)  取得価額調整式に使用する普通株式1株当たりの時価は、調整後転換価額を適用する日に先立つ45
             取引日目に始まる連続する30取引日の株式会社東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の
             毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を除く。また、平均値の計算は、円位未
             満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)とする。
            (e)  取得価額の調整に際し計算を行った結果、調整後取得価額と調整前取得価額との差額が1円未満に
             とどまるときは、取得価額の調整はこれを行わない。
         5.  金銭を対価とする取得請求権
            A種優先株主は、2015年11月1日以降2021年11月1日(当該日が営業日ではない場合には、翌営業日)
            まで(以下「償還期間」という。)の毎年11月1日(当該日が営業日ではない場合には、翌営業日)、
            法令上可能な範囲で、かつ下記(1)および(2)に定める上限の範囲内において、当社に対して、金銭の交
            付と引換えに、その有するA種優先株式の全部または一部を取得することを請求(以下「償還請求」と
            いう。)することができるものとし、当社はA種優先株主が償還請求をしたA種優先株式を取得するの
            と引換えに、下記(3)に定める額(以下「任意償還価額」という。)の金銭を、当該A種優先株主に対
            して交付するものとする。なお、下記(1)および(2)に定める上限を超えて償還請求が行われた場合、取
            得すべきA種優先株式は、償還請求が行われたA種優先株式の数に応じた按分比例の方法による。
          (1)  任意償還価額の上限
            A種優先株主は、本項に基づくA種優先株主による償還請求がなされた日(以下「償還請求日」とい
            う。)の前日における分配可能額が1億円を上回る場合に限り、当該上回る金額を任意償還価額の上限
            として、償還請求をすることができる。
          (2)  取得株式数の上限
            A種優先株主は、各償還請求日において、A種優先株式1,784株を上限として、償還請求をすることが
            できる。
          (3)  任意償還価額
                                  7/31

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
            任意償還価額は、A種優先株1株につき、300,000円とする。
          6.   普通株式を対価とする取得条項
            当社は、A種転換請求期間中に取得請求のなかったA種優先株式の全部を、A種転換請求期間の末日の
            翌日以降いつでも、当社取締役会が別に定める日(以下「強制転換日」という。)が到来することを
            もって普通株式の交付と引換えに取得するものとし、当社は、かかるA種優先株式を取得するのと引換
            えに、かかるA種優先株式の数に300,000円を乗じて得られる額を、2030年7月28日における取得価額
            で除して得られる数の普通株式をA種優先株主に対して交付するものとする。A種優先株式の取得と引
            換えに交付すべき普通株式の数に1株に満たない端数がある場合には、会社法第234条に従ってこれを
            取扱う。
         7.  金銭を対価とする取得条項
          (1)  当社は、いつでも、当社取締役会が別に定める日(以下「強制償還日」という。)が到来することを
            もって、法令上可能な範囲で、金銭の交付と引換えに、A種優先株式の全部または一部を取得すること
            ができる。この場合、当社は、かかるA種優先株式を取得するのと引換えに、下記(2)に定める額(以
            下「強制償還価額」という。)の金銭をA種優先株主に対して交付するものとする。なお、A種優先株
            式の一部を取得するときは、按分比例の方法による。
          (2)  強制償還価額
            強制償還価額は、A種優先株式1株につき、300,000円とする。
         8.  株式の併合または分割、募集株式の割当て等
          (1)  当社は、A種優先株式について株式の併合または分割は行わない。
          (2)  当社は、A種優先株主には募集株式の割当てを受ける権利または募集新株予約権の割当てを受ける権利
            を与えず、また株式無償割当てまたは新株予約権無償割当ては行わない。
         9.  優先順位
          (1)  A種優先株式、B種優先株式、C種優先株式、D種優先株式、E種優先株式、譲渡制限種類株式および
            普通株式にかかる剰余金の配当の支払順位は、A種優先株式にかかる剰余金の配当を第1順位とし、B
            種優先株式、C種優先株式およびD種優先株式にかかる剰余金の配当を第2順位(それらの間では同順
            位とし、B種優先株主の有するB種優先株式の数にB種優先配当金を乗じて得られる額、C種優先株主
            の有するC種優先株式の数にC種優先配当金を乗じて得られる額およびD種優先株主の有するD種優先
            株式の数にD種優先配当金を乗じて得られる額に応じて配当財産を割り当てる。)とし、E種優先株式
            にかかる剰余金の配当を第3順位とし、譲渡制限種類株式および普通株式にかかる剰余金の配当を第4
            順位(それらの間では同順位かつ同額とする。)とする。
          (2)  A種優先株式、B種優先株式、C種優先株式、D種優先株式、E種優先株式、譲渡制限種類株式および
            普通株式にかかる残余財産の分配の支払順位は、A種優先株式にかかる残余財産の分配を第1順位と
            し、B種優先株式、C種優先株式およびD種優先株式にかかる残余財産の分配を第2順位(それらの間
            では同順位とし、B種優先株主の有するB種優先株式の数にB種優先残余財産分配金を乗じて得られる
            額、C種優先株主の有するC種優先株式の数にC種優先残余財産分配金を乗じて得られる額およびD種
            優先株主の有するD種優先株式の数にD種優先残余財産分配金を乗じて得られる額に応じて残余財産を
            割り当てる。)とし、E種優先株式にかかる残余財産の分配を第3順位とし、譲渡制限種類株式および
            普通株式にかかる残余財産の分配を第4順位(それらの間では同順位かつ同額とする。)とする。
          (3)  本内容におけるB種優先配当金、C種優先配当金、D種優先配当金、B種優先残余財産分配金、C種優
            先残余財産分配金およびD種優先残余財産分配金の用語は、いずれも定款第2章の2で定義される意味
            で用いられる。
         10.  会社法第322条第2項に規定する定款の定めの有無
            種類株主総会の決議を要しない旨の定款の定めはありません。
         11.  株主総会において議決権を有しない理由
            資本の増強にあたり、既存の株主への影響を考慮したためであります。
         12.  株式の種類ごとに異なる数の単元株式数を定めている理由
            平成26年2月1日付で、普通株式について100株を1単元とする単元株制度の採用に当たり、普通株式
            1株につき10株の割合で株式分割を行いました。ただし、優先株式については株式分割は行わず、1株
            を1単元とする単元株制度を採用しました。
            C種優先株主またはC種優先登録株式質権者に対して支払うC種優先株式1株当たりの剰余金の配当の
            額がC種優先配当金の額に達しないときであっても、そのC種優先株式1株当たりの不足額は翌事業年
            度以降に累積しない。
        5   E種優先株式の内容は次のとおりであります。
         1.  剰余金の配当
          (1)  E種優先配当金
            当社は、期末配当金の支払いを行うときは、E種優先株式を有する株主(以下「E種優先株主」とい
            う。)またはE種優先株式の登録株式質権者(以下「E種優先登録株式質権者」という。)に対し、第
            8項(1)の定める支払順位に従い、E種優先株式1株につき下記(2)に定める額の金銭(以下「E種優先
            配当金」という。)を支払う。但し、当該期末配当金にかかる基準日の属する事業年度中の日を基準日
            として下記(3)に定めるE種優先中間配当金を支払ったときは、当該E種優先中間配当金を控除した額
            とする。
          (2)  E種優先配当金の額
            E種優先配当金の額は、3,704円に、事業年度毎に0.05%を乗じて算出した額とする。但し、円位未満小
                                  8/31


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
            数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。
          (3)  E種優先中間配当金
            当社は、中間配当金の支払いを行うときは、E種優先株主またはE種優先登録株式質権者に対し、第8
            項(1)の定める支払順位に従い、上記(2)に定める額の2分の1を限度として、取締役会の決議で定める
            額の金銭(以下「E種優先中間配当金」という。)を支払うものとする。
          (4)  非累積条項
            E種優先株主またはE種優先登録株式質権者に対して支払うE種優先株式1株当たりの剰余金の配当の
            額がE種優先配当金の額に達しないときであっても、そのE種優先株式1株当たりの不足額は翌事業年
            度以降に累積しない。
          (5)  非参加条項
            E種優先株主またはE種優先登録株式質権者に対しては、E種優先配当金を超えて剰余金の配当は行わ
            ない。
         2.  残余財産の分配
          (1)  E種優先残余財産分配金
            当社の残余財産の分配をするときは、第8項(2)の定める支払順位に従い、E種優先株式1株につき、
            3,704円を支払う。
          (2)  非参加条項
            E種優先株主またはE種優先登録株式質権者に対しては、上記(1)のほか残余財産の分配は行わない。
         3.  議決権
            E種優先株主は、株主総会において議決権を有する。
         4.  普通株式を対価とする取得請求権
            E種優先株主は、2019年7月28日以降2030年7月28日(同日を含む。)までの間(以下「E種転換請求
            期間」という。)いつでも、当社に対して、普通株式の交付と引換えに、その有するE種優先株式の全
            部または一部を取得することを請求することができるものとし、当社はE種優先株主が取得の請求をし
            たE種優先株式を取得するのと引換えに、次に定める数の普通株式を、当該E種優先株主に対して交付
            するものとする。
          (1)  E種優先株式の取得と引換えに交付する普通株式の数
            E種優先株式の取得と引換えに交付する普通株式の数は、転換請求にかかるE種優先株式の数に3,704
            円を乗じて得られる額を、下記に定める取得価額で除して得られる数とする。なお、E種優先株式の取
            得と引換えに交付する普通株式の数に1株に満たない端数があるときは、これを切り捨てるものとし、
            この場合においては、会社法第167条第3項に定める金銭の交付はしない。
          (2)  取得価額
            当初取得価額は、3,704円とする。
          (3)  取得価額の調整
            (a)  以下に掲げる事由が発生した場合には、それぞれ以下のとおり取得価額を調整する。
             ①普通株式につき株式の分割または株式無償割当てをする場合、以下の算式により取得価額を調整す
              る。なお、株式無償割当ての場合には、下記の算式における「分割前発行済普通株式数」は「無償
              割当て前発行済普通株式数(但し、その時点で当社が保有する普通株式を除く。)」、「分割後発
              行済普通株式数」は「無償割当て後発行済普通株式数(但し、その時点で当社が保有する普通株式
              を除く。)」とそれぞれ読み替える。
                                分割前発行済普通株式数

             調整後取得価額        =  調整前取得価額        ×
                                分割後発行済普通株式数
              調整後の取得価額は、株式の分割にかかる基準日または株式無償割当ての効力が生ずる日(株式無

              償割当てにかかる基準日を定めた場合は当該基準日)の翌日以降これを適用する。
             ②普通株式につき株式の併合をする場合、株式の併合の効力が生ずる日をもって次の算式により、取
              得価額を調整する。
                                併合前発行済普通株式数

             調整後取得価額        =  調整前取得価額        ×
                                併合後発行済普通株式数
             ③下記(d)に定める普通株式1株当たりの時価を下回る払込金額をもって普通株式を発行または当社

              が保有する普通株式を処分する場合(株式無償割当ての場合、普通株式の交付と引換えに取得され
              る株式もしくは新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下本(3)において同
              じ。)の取得による場合、普通株式を目的とする新株予約権の行使による場合または合併、株式交
              換もしくは会社分割により普通株式を交付する場合を除く。)、次の算式(以下「取得価額調整
              式」という。)により取得価額を調整する。調整後の取得価額は、払込期日(払込期間を定めた場
              合には当該払込期間の最終日)の翌日以降、また、株主への割当てにかかる基準日を定めた場合は
              当該基準日(以下「株主割当日」という。)の翌日以降これを適用する。なお、当社が保有する普
              通株式を処分する場合には、次の算式における「新たに発行する普通株式の数」は「処分する当社
                                  9/31


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
              が保有する普通株式の数」、「当社が保有する普通株式の数」は「処分前において当社が保有する
              普通株式の数」とそれぞれ読み替える。
                                     新たに発行する普通株式の数×1株当たり払込

                      (発行済普通株式の数-当社
                                               金額
                                    +
                       が保有する普通株式の数)
                                          普通株式1株当たりの時価
            調整後      調整前
               =      ×
                            (発行済普通株式の数-当社が保有する普通株式の数)
           取得価額      取得価額
                                 +新たに発行する普通株式の数
             ④当社に取得をさせることによりまたは当社に取得されることにより、下記(d)に定める普通株式1

              株当たりの時価を下回る普通株式1株当たりの取得価額をもって普通株式の交付を受けることがで
              きる株式を発行または処分する場合(株式無償割当ての場合を含む。)、かかる株式の払込期日
              (払込期間を定めた場合には当該払込期間の最終日。以下本④において同じ。)に、株式無償割当
              ての場合にはその効力が生ずる日(株式無償割当てにかかる基準日を定めた場合は当該基準日。以
              下本④において同じ。)に、また株主割当日がある場合はその日に、発行または処分される株式の
              全てが当初の条件で取得され普通株式が交付されたものとみなし、取得価額調整式において「1株
              当たり払込金額」としてかかる価額を使用して計算される額を、調整後の取得価額とする。調整後
              の取得価額は、払込期日の翌日以降、株式無償割当ての場合にはその効力が生ずる日の翌日以降、
              また株主割当日がある場合にはその日の翌日以降、これを適用する。
             ⑤行使することによりまたは当社に取得されることにより、普通株式1株当たりの新株予約権の払込
              価額と新株予約権の行使に際して出資される財産の合計額が下記(d)に定める普通株式1株当たり
              の時価を下回る価額をもって普通株式の交付を受けることができる新株予約権を発行する場合(新
              株予約権無償割当ての場合を含む。)、かかる新株予約権の割当日に、新株予約権無償割当ての場
              合にはその効力が生ずる日(新株予約権無償割当てにかかる基準日を定めた場合は当該基準日。以
              下本⑤において同じ。)に、また株主割当日がある場合はその日に、発行される新株予約権全てが
              当初の条件で行使されまたは取得されて普通株式が交付されたものとみなし、取得価額調整式にお
              いて「1株当たり払込金額」として普通株式1株当たりの新株予約権の払込価額と新株予約権の行
              使に際して出資される財産の普通株式1株当たりの価額の合計額を使用して計算される額を、調整
              後の取得価額とする。調整後の取得価額は、かかる新株予約権の割当日の翌日以降、新株予約権無
              償割当ての場合にはその効力が生ずる日の翌日以降、また株主割当日がある場合にはその翌日以
              降、これを適用する。但し、本⑤による取得価額の調整は、当社の取締役、監査役または従業員に
              対してストック・オプション目的で発行される普通株式を目的とする新株予約権には適用されない
              ものとする。
            (b)  上記(a)に掲げた事由によるほか、下記①および②のいずれかに該当する場合には、当社はE種優
             先株主およびE種優先登録株式質権者に対して、あらかじめ書面によりその旨ならびにその事由、調
             整後の取得価額、適用の日およびその他必要な事項を通知したうえ、取得価額の調整を適切に行うも
             のとする。
             ①合併、株式交換、株式交換による他の株式会社の発行済株式の全部の取得、株式移転、吸収分割、
              吸収分割による他の会社がその事業に関して有する権利義務の全部もしくは一部の承継または新設
              分割のために取得価額の調整を必要とするとき。
             ②前①のほか、普通株式の発行済株式の総数(但し、当社が保有する普通株式の数を除く。)の変更
              または変更の可能性を生ずる事由の発生によって取得価額の調整を必要とするとき。
            (c)  取得価額の調整に際して計算が必要な場合は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を
             四捨五入する。
            (d)  取得価額調整式に使用する普通株式1株当たりの時価は、調整後転換価額を適用する日に先立つ45
             取引日目に始まる連続する30取引日の株式会社東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の
             毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を除く。また、平均値の計算は、円位未
             満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)とする。
            (e)  取得価額の調整に際し計算を行った結果、調整後取得価額と調整前取得価額との差額が1円未満に
             とどまるときは、取得価額の調整はこれを行わない。
         5.  普通株式を対価とする取得条項
            当社は、E種転換請求期間中に取得請求のなかったE種優先株式の全部を、E種転換請求期間の末日の
            翌日以降いつでも、当社取締役会が別に定める日(以下「強制転換日」という。)が到来することを
            もって普通株式の交付と引換えに取得するものとし、当社は、かかるE種優先株式を取得するのと引換
            えに、かかるE種優先株式の数に3,704円を乗じて得られる額を、2030年7月28日における取得価額で
            除して得られる数の普通株式をE種優先株主に対して交付するものとする。E種優先株式の取得と引換
            えに交付すべき普通株式の数に1株に満たない端数がある場合には、会社法第234条に従ってこれを取
            扱う。
         6.  金銭を対価とする取得条項
          (1)  当社は、いつでも、当社取締役会が別に定める日(以下「強制償還日」という。)が到来することを
            もって、法令上可能な範囲で、金銭の交付と引換えに、E種優先株式の全部または一部を取得すること
            ができる。この場合、当社は、かかるE種優先株式を取得するのと引換えに、下記(2)に定める額(以
            下「強制償還価額」という。)の金銭をE種優先株主に対して交付するものとする。なお、E種優先株
            式の一部を取得するときは、按分比例の方法による。
                                 10/31

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
          (2)  強制償還価額
            強制償還価額は、E種優先株式1株につき、3,704円とする。
         7.  株式の併合または分割、募集株式の割当て等
          (1)  当社は、E種優先株式について株式の併合または分割は行わない。
          (2)  当社は、E種優先株主には募集株式の割当てを受ける権利または募集新株予約権の割当てを受ける権利
            を与えず、また株式無償割当てまたは新株予約権無償割当ては行わない。
         8.  優先順位
          (1)  A種優先株式、B種優先株式、C種優先株式、D種優先株式、E種優先株式、譲渡制限種類株式および
            普通株式にかかる剰余金の配当の支払順位は、A種優先株式にかかる剰余金の配当を第1順位とし、B
            種優先株式、C種優先株式およびD種優先株式にかかる剰余金の配当を第2順位(それらの間では同順
            位とし、B種優先株主の有するB種優先株式の数にB種優先配当金を乗じて得られる額、C種優先株主
            の有するC種優先株式の数にC種優先配当金を乗じて得られる額およびD種優先株主の有するD種優先
            株式の数にD種優先配当金を乗じて得られる額に応じて配当財産を割り当てる。)とし、E種優先株式
            にかかる剰余金の配当を第3順位とし、譲渡制限種類株式および普通株式にかかる剰余金の配当を第4
            順位(それらの間では同順位かつ同額とする。)とする。
          (2)  A種優先株式、B種優先株式、C種優先株式、D種優先株式、E種優先株式、譲渡制限種類株式および
            普通株式にかかる残余財産の分配の支払順位は、A種優先株式にかかる残余財産の分配を第1順位と
            し、B種優先株式、C種優先株式およびD種優先株式にかかる残余財産の分配を第2順位(それらの間
            では同順位とし、B種優先株主の有するB種優先株式の数にB種優先残余財産分配金を乗じて得られる
            額、C種優先株主の有するC種優先株式の数にC種優先残余財産分配金を乗じて得られる額およびD種
            優先株主の有するD種優先株式の数にD種優先残余財産分配金を乗じて得られる額に応じて残余財産を
            割り当てる。)とし、E種優先株式にかかる残余財産の分配を第3順位とし、譲渡制限種類株式および
            普通株式にかかる残余財産の分配を第4順位(それらの間では同順位かつ同額とする。)とする。
          (3)  本内容におけるB種優先配当金、C種優先配当金、D種優先配当金、B種優先残余財産分配金、C種優
            先残余財産分配金およびD種優先残余財産分配金の用語は、いずれも定款第2章の2で定義される意味
            で用いられる。
         9.  会社法第322条第2項に規定する定款の定めの有無
            種類株主総会の決議を要しない旨の定款の定めはありません。
         10.  株主総会において議決権を有する理由
            当社のガバナンスの観点から議決権を有しております。
         11.  株式の種類ごとに異なる数の単元株式数を定めている理由
            平成26年2月1日付で、普通株式について100株を1単元とする単元株制度の採用に当たり、普通株式
            1株につき10株の割合で株式分割を行いました。ただし、優先株式については株式分割は行わず、1株
            を1単元とする単元株制度を採用しました。
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
                                 11/31









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
       ②  【その他の新株予約権等の状況】
        第2四半期会計期間において発行した新株予約権は、以下のとおりであります。
     決議年月日                                     平成30年11月15日
     新株予約権の数(個)                                       377,358
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                         ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                                       普通株式
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                                    37,735,800      (注1)
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                                      53(注2)

     新株予約権の行使期間                                平成30年12月4日~平成32年12月3日
                                         発行価格         53.57
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                        資本組入額        26.785
     発行価格及び資本組入額(円)
     新株予約権の行使の条件                               各本新株予約権の一部行使はできない。
                                 本新株予約権の当該権利の譲渡については、禁止され
     新株予約権の譲渡に関する事項
                                る旨の制限を付けております。
                                 当社が、合併(合併により当社が消滅する場合に限
                                る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
                                (以下、総称して「組織再編成行為」といいます。)を
                                する場合、当該組織再編成行為の効力発生の時点におい
                                て残存する本新株予約権(以下、「残存新株予約権」と
                                いいます。)を有する本新株予約権者に対し、会社法第
                                236条第1項第8号のイないしホに掲げる株式会社(以
                                下、総称して「再編成対象会社」といいます。)の新株
                                予約権を、次の条件にて交付できるものとする。この場
                                合においては、以下の条件に沿って再編対象会社の新株
                                予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、
                                吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移
                                転計画において定めた場合に限るものとする。
                                 ①  交付する再編成対象会社の新株予約権の数
                                 残存新株予約権の新株予約権者が保有する残存新株予約
                                権の数を基準に、組織再編成行為の条件等を勘案して合
                                理的に決定される数とする。
                                 ②  新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の種
                                類
                                 再編成対象会社の普通株式とする。
                                 ③  新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の数
                                 組織再編成行為の条件等を勘案して合理的に決定される
                                数とする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                 ④  新株予約権を行使することのできる期間
                                 別欄「新株予約権の行使期間」に定める本新株予約権を
                                行使することができる期間の開始日と組織再編成行為の
                                効力が生ずる日のいずれか遅い日から、別欄「新株予約
                                権の行使期間」に定める本新株予約権を行使することが
                                できる期間の満了日までとする。
                                 ⑤  新株予約権の行使により株式を発行する場合におけ
                                る増加する資本金及び資本準備金に関する事項
                                 別欄「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株
                                式の発行価格及び資本組入額」に準じて決定する。
                                 ⑥  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                                 別欄「新株予約権の行使時の払込金額」第2項に定める
                                行使価額を基準に組織再編成行為の条件等を勘案して合
                                理的に決定される価額に、交付する新株予約権1個当た
                                りの目的である再編成対象会社の株式の数を乗じて得ら
                                れる価額とする。
                                 ⑦  その他の新株予約権の行使条件、新株予約権の取得
                                事由及び取得条件
                                 別欄「新株予約権の行使の条件」及び別欄「自己新株予
                                約権の取得の事由及び取得の条件」に準じて決定する。
                                 ⑧  新株予約権を行使した新株予約権者に交付する株式
                                の数に1株に満たない端数がある場合には、これを切り
                                捨てるものとする。
                                 12/31



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
                                本新株予約権の割当日以降いつでも、当社は取締役会に
                                より本新株予約権を取得する旨及び本新株予約権を取得
                                する日(以下「取得日」という。)を決議することがで
                                きるものとする。当社は、当該取締役会決議の後、取得
                                の対象となる本新株予約権の新株予約権者に対し、取得
     取得条項に関する事項
                                日の通知を当該取得日の14日前までに行うことにより、
                                取得日の到来をもって、本新株予約権1個につき本新株
                                予約権1個当たりの払込価額と同額で、取得日に残存す
                                る本新株予約権の全部又は一部を取得することができる
                                ものとする。
     (注1)新株予約権の目的である株式の種類及び数
     (1) 本新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、その総数は37,735,800株とする(本新株予約権1個
       当たりの目的である株式の数(以下、「割当株式数」といいます。)は100株とする。)。但し、本欄第2項ない
       し第4項により、割当株式数が調整される場合には、本新株予約権の目的である株式の総数は調整後割当株式数
       に応じて調整されるものとする。
     (2) 当社が別欄「新株予約権の行使時の払込金額」欄の規定に従って行使価額の調整を行う場合には、割当株式数は
       次の算式により調整されるものとする。但し、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てるものとする。な
       お、かかる算式における調整前行使価額及び調整後行使価額は、別欄「新株予約権の行使時の払込金額」第3項
       に定める調整前行使価額及び調整後行使価額とする。 
                       調整前割当株式数           ×    調整前行使価額

          調整後割当株式数           =
                              調整後行使価額
     (3) 調整後割当株式数の適用日は、当該調整事由にかかる本表別欄「新株予約権の行使時の払込金額」第3項第(2)

       号及び第(5)号による行使価額の調整に関し、各号に定める調整後行使価額を適用する日と同日とする。
     (4) 割当株式数の調整を行うときは、当社は、調整後割当株式数の適用開始日の前日までに、本新株予約権者に対
       し、かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前割当株式数、調整後割当株式数及びその適用開始日その他必要
       な事項を書面で通知する。但し、適用開始日の前日までに上記通知を行うことができない場合には、適用開始日
       以降速やかにこれを行う。 
     (注2)行使価額の調整

     (1) 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
       各本新株予約権の行使に際して出資される財産は金銭とし、その価額は、行使価額に割当株式数を乗じた額とす
       る。
     (2) 本新株予約権の行使により当社が当社普通株式を交付する場合における株式1株当たりの出資される財産の価額
       (以下、「行使価額」といいます。)は、金53円とする。 
     (3) 行使価額の調整 
      ①  当社は、本新株予約権の割当日後、本欄第3項第(2)号に掲げる各事由により当社の発行済普通株式数に変更を
        生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「行使価額調整式」といいま
        す。)をもって行使価額を調整する。
                            新発行・処分株式数×1株当たりの払込金額

                     既発行普
                         +
                     通株式数
                                  1株当たりの時価
         調整後      調整前
             =      ×
         行使価額      行使価額
                          既発行普通株式数+交付普通株式数
      ②  行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及び調整後行使価額の適用時期については、次に定めるとこ

        ろによる。 
       ⅰ) 本欄第3項第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を新たに発行し、又は当社の有
         する当社普通株式を処分する場合(無償割当てによる場合を含む。)(但し、新株予約権(新株予約権付社
         債に付されたものを含む。)の行使、取得請求権付株式又は取得条項付株式の取得、その他当社普通株式の
         交付を請求できる権利の行使によって当社普通株式を交付する場合、及び会社分割、株式交換又は合併によ
         り当社普通株式を交付する場合を除く。) 
         調整後行使価額は、払込期日(募集に際して払込期間を定めた場合はその最終日とし、無償割当ての場合は
         その効力発生日とする。)以降、又はかかる発行若しくは処分につき株主に割当てを受ける権利を与えるた
         めの基準日がある場合はその日の翌日以降これを適用する。  
       ⅱ) 株式分割により当社普通株式を発行する場合 
         調整後の行使価額は、当社普通株式の分割のための基準日の翌日以降これを適用する。 
       ⅲ) 本欄第3項第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を交付する定めのある取得請求
         権付株式又は本欄第3項第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式の交付を請求できる
         新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)を発行又は付与する場合 
         調整後行使価額は、取得請求権付株式の全部に係る取得請求権又は新株予約権の全部が当初の条件で行使さ
         れたものとみなして行使価額調整式を適用して算出するものとし、払込期日(新株予約権の場合は割当日)
                                 13/31

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
         以降又は(無償割当ての場合は)効力発生日以降これを適用する。但し、株主に割当てを受ける権利を与え
         るための株主割当日がある場合には、その日の翌日以降これを適用する。 
       ⅳ) 当社の発行した取得条項付株式又は取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)
         の取得と引換えに本欄第3項第(4)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株式を交付する場合 
         調整後行使価額は、取得日の翌日以降にこれを適用する。
       ⅴ) 本号①乃至③の場合において、基準日が設定され、かつ、効力の発生が当該基準日以降の株主総会、取締
         役会その他当社の機関の承認を条件としているときには、本号①乃至③にかかわらず、調整後の行使価額
         は、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。この場合において、当該基準日の翌日から当該承認が
         あった日までに本新株予約権の行使請求をした新株予約権者に対しては、次の算出方法により、当社普通株
         式を交付する。
               調整前      調整後        調整前行使価額により当該

                    -        ×
              (            )
               行使価額      行使価額        期間内に交付された株式数
         株式数    =
                         調整後行使価額
         この場合、1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨てるものとする。

      ③  行使価額調整式により算出された調整後の行使価額と調整前の行使価額との差額が1円未満にとどまる場合
        は、行使価額の調整は行わない。但し、その後の行使価額の調整を必要とする事由が発生し行使価額を調整す
        る場合は、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて、調整前行使価額からこの差額を差引いた額を使用す
        る。
      ④  その他
       ⅰ) 行使価額調整式の計算については、円位未満小数第3位まで算出し、小数第3位を切り捨てるものとす
         る。
       ⅱ) 行使価額調整式で使用する時価は、調整後行使価額が初めて適用される日に先立つ45取引日目に始まる30
         取引日(終値のない日数を除く。)の金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値の単純平均値
         とする。この場合、平均値の計算は、円位未満小数第3位まで算出し、その小数第3位を切り捨てるものと
         する。
       ⅲ) 行使価額調整式で使用する既発行普通株式数は、株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある
         場合はその日、また、かかる基準日がない場合は、調整後行使価額を初めて適用する日の1ヶ月前の日にお
         ける当社の発行済普通株式の総数から、当該日において当社の保有する当社普通株式を控除した数とする。
      ⑤  本欄第3項第(2)号の行使価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合には、当社は必要な行使価額
        の調整を行う。
       ⅰ) 株式の併合、資本の減少、会社分割、株式移転、株式交換又は合併のために行使価額の調整を必要とする
         とき。 
       ⅱ) その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由の発生により行使価額の調整を必要
         とするとき。 
       ⅲ) 行使価額を調整すべき複数の事由が相接して発生し、一方の事由に基づく調整後行使価額の算出にあたり
         使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。 
      ⑥  行使価額の調整を行うときは、当社は、調整後行使価額の適用開始日の前日までに、本新株予約権者に対し、
        かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前行使価額、調整後行使価額及びその適用開始日その他必要な事項
        を書面で通知する。但し、適用開始日の前日までに上記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降
        速やかにこれを行う。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
                                 14/31






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成30年12月3日
                  9,433,900      337,375,655         249,998      2,428,102        249,998      2,928,102
     (注1)
     (注1)有償第三者割当増資
          普通株式
          発行価格       53円
                 26.5円
          資本組入額
                 Block   King有限責任事業組合
          割当先
     (注2)平成30年11月15日に提出した有価証券届出書に記載した「手取金の使途」について重要な変更が生じており

          ます。
        (1)  変更理由
         当社連結子会社の合同会社弥生マネジメントは東京都港区に所在する販売用不動産の仕入資金のために国内
        金融機関から500百万円を借入れておりますが、その借入金利は6.2%と当社の平成30年7月期における平均借
        入金利3.0%と比較すると最も高くなっております。当社は、以前から借入金利を3%以下へ低減することを目
        標としております。また、平成30年10月25日付で就任した新たな経営陣が発表した「中期経営計画の基本方針
        に関するお知らせ」のとおり、財務指標の項目で収益性の向上(借入金利の圧縮)を標榜しております。
         当社グループは、上記の経営方針に基づき借入金利の圧縮のため、新株式の発行によって調達する資金によ
        りこの借入金500百万円を早期に返済する計画でありましたが、当社グループは調達した資金の一部を平成31年
        7月期の業績予想に織り込んでおりました東京都港区所在の物件(以下、「当該物件」といいます。)の決済
        代金の支払いに充てることとしました。当該物件の概要は次のとおりです。
            所在地       種類     総床面積(㎡)          地積(㎡)

                 収益ビル            663.58
          東京都港区                            694.38
          (注1)上記地積のうち、対象となるのは建物専有部分の床面積に応じた共有持分となります。
         当社グループは当該物件の売主と、仕入契約締結時期を平成31年2月とする旨合意しておりましたが、売主

        より早期に売買契約を締結したいとの意向を受け、当該物件を巡る競合他社の状況や直近の資金状況等を総合
        的に検討した結果、平成30年12月19日付で仕入契約を締結するに至り、売主に対し売買代金の10%相当額の手
        付金を支払済みです。なお、当該物件について平成31年2月と4月に残代金を支払う予定となっております。
        また、当該物件の取得代金は当社の平成30年7月期連結純資産(74億56百万円)の30%未満の金額であり、そ
        の取得代金は売主との守秘義務契約により公表を控えさせていただきます。
         今回の資金使途の変更に至った理由として、本日付「(開示事項の中止)販売用不動産の売却契約の解除に
        関するお知らせ」でお知らせのとおり、当社は、渋谷区物件の売却による回収資金を今後の物件仕入にも充当
        していく予定でおりましたが、結果的に本日時点ではそれが困難となりました。従って当社の現時点の資金状
        況を鑑みて、平成31年5月20日まで猶予のある上記の子会社の合同会社弥生マネジメントが国内金融機関から
        借入れた借入金500百万円の期限前弁済を実行するよりも、優先して今期の業績向上に寄与する当該物件の仕入
        資金に充当する方が合理的であると判断したことによります。
          平成30年11月15日付「第三者割当により発行される株式及び新株予約権の募集に関するお知らせ」において
        早期弁済する旨を発表した上記の合同会社弥生マネジメントの借入金500百万円は早期弁済しないこととなりま
        すが、本借入金は仕入対象となった販売用不動産の売却代金や手元資金で期日までに返済する計画です。
        (2)  変更内容

         資金使途の変更内容は次のとおりであります。
         (変更箇所は下線で示しております。)
          <変更前>
           <本新株式及び本新株予約権の発行により調達する資金の具体的な使途> 
                                                 (単位:百万円)  
                      具体的な使途                  金額        支出予定時期
                                 15/31


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
            ① 子会社の合同会社弥生マネジメントの借入金の返済                            500    平成30年12月
                                         16
            ② 販売用不動産の仕入資金                                平成30年12月~平成32年11月
          <変更後>

          <本新株式及び本新株予約権の発行により調達する資金の具体的な使途> 
                                                 (単位:百万円)  
                      具体的な使途                  金額        支出予定時期
            ① 販売用不動産の仕入資金                            500    平成31年2月~平成31年4月
                                         16
            ② 販売用不動産の仕入資金                                平成30年12月~平成32年11月
      (5)  【大株主の状況】

       「所有株式数別」
                                              平成31年1月31日現在
                                                   発行済株式
                                                  (自己株式を除
                                           所有株式数
         氏名又は名称                     住所
                                                  く。)の総数に対
                                             (株)
                                                  する所有株式数
                                                   の割合(%)
     秋元 竜弥                東京都目黒区                       99,191,020          29.40
                     東京都渋谷区円山町5番4号

     株式会社ドラゴンパワー                                        57,142,800          16.94
     Block   King有限責任事業組合

                     東京都港区六本木5丁目18番18号                        9,433,900          2.80
     株式会社SBI証券                東京都港区六本木1丁目6番1号                        3,211,600          0.95

     日本証券金融株式会社                東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番10号                        2,999,300          0.89

     江藤 重光                熊本県阿蘇郡小国町                        1,680,000          0.50

     牧間 次夫                千葉県袖ケ浦市                        1,600,000          0.47

     媚山 勝英                千葉県松戸市                        1,250,000          0.37

     崎山 昭仁                兵庫県神戸市西区                        1,232,900          0.37

     中村 智香                大阪府大阪市住吉区                        1,147,800          0.34

            計                    ―            178,889,320           53.03

     (注)1 上記のほか当社所有の自己株式15,252                       株があります。
                                 16/31








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
       「所有議決権数別」
                                              平成31年1月31日現在
                                                  総株主の議決権
                                           所有議決権数       に対する所有議
         氏名又は名称                     住所
                                             (個)      決権数の割合
                                                     (%)
     秋元 竜弥                東京都目黒区                        1,129,317          32.20
     株式会社ドラゴンパワー                 東京都渋谷区円山町5番4号                         571,428         16.29

     Block   King有限責任事業組合

                     東京都港区六本木5丁目18番18号                          94,339         2.69
     株式会社SBI証券

                     東京都港区六本木1丁目6番1号                          32,116         0.92
     日本証券金融株式会社                 東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番10号                          29,993         0.86

     江藤 重光                 熊本県阿蘇郡小国町                          16,800         0.48

     牧間 次夫                千葉県袖ケ浦市                         16,000         0.46

     媚山 勝英

                     千葉県松戸市                         12,500         0.36
     崎山 昭仁                兵庫県神戸市西区                         12,329         0.35

     中村 智香

                     大阪府大阪市住吉区                          11,478         0.33
            計                    ―              1,926,300          54.92

      (6)  【議決権の状況】

       ① 【発行済株式】
                                             平成31年1月31日現在
            区分              株式数(株)           議決権の数(個)             内容
     無議決権株式                 A種優先株式            2,674        ―         (注)

     議決権制限株式(自己株式等)                             ―        ―          ―

     議決権制限株式(その他)                             ―        ―          ―

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                             15,200         ―          ―
                      普通株式
                      普通株式         336,879,800          3,368,798
     完全議決権株式(その他)                                              (注)
                      E種優先株式           138,822         138,822
                                               1単元(100株)
     単元未満株式                            339,159         ―
                                               未満の株式
     発行済株式総数                          337,375,655           ―          ―
     総株主の議決権                             ―       3,507,620           ―

     (注)1      A種優先株式、E種優先株式の内容は、「1(1)②発行済株式」の内容欄に記載しております。
                                 17/31






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
       ② 【自己株式等】
                                              平成31年1月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都新宿区新宿三丁目
      株式会社アルデプロ                            15,200       ―       15,200        0.00
                      1番24号
          計              ―          15,200       ―       15,200        0.00
    2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 18/31

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年11月1日から平成
     31年1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年8月1日から平成31年1月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表について、霞友有限責任監査法人により四半期レビューを受けております。
                                 19/31

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (平成30年7月31日)              (平成31年1月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,407,539              1,336,075
        販売用不動産                              18,555,130              17,659,077
        販売用不動産信託受益権                              11,362,127                   -
        前渡金                                68,566              398,331
                                       1,175,180               856,662
        その他
        流動資産合計                              32,568,542              20,250,146
      固定資産
        有形固定資産                                 8,171              7,995
        無形固定資産                                  690              575
                                       1,135,050               250,035
        投資その他の資産
        固定資産合計                               1,143,912               258,605
      資産合計                                33,712,454              20,508,752
     負債の部
      流動負債
        短期借入金                              16,076,001               5,807,500
        1年内返済予定の長期借入金                               4,347,960              4,277,118
        未払金                                64,752              25,465
        未払費用                                123,146               56,148
        未払法人税等                                173,118               15,813
        賞与引当金                                 7,261              4,398
                                        375,377              186,345
        その他
        流動負債合計                              21,167,617              10,372,789
      固定負債
        社債                               4,840,000              4,193,337
        長期借入金                                233,771              213,697
        退職給付に係る負債                                14,301              16,525
                                           -            53,983
        繰延税金負債
        固定負債合計                               5,088,072              4,477,543
      負債合計                                26,255,690              14,850,332
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               2,178,103              2,428,102
        資本剰余金                               2,678,103              2,928,102
        利益剰余金                               1,800,862             △ 1,262,892
                                       △ 804,485              △ 2,306
        自己株式
        株主資本合計                               5,852,584              4,091,004
      新株予約権                                   280             21,509
      非支配株主持分                                1,603,899              1,545,905
      純資産合計                                7,456,764              5,658,419
     負債純資産合計                                 33,712,454              20,508,752
                                 20/31





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年8月1日              (自 平成30年8月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
     売上高                                  3,511,695              12,220,031
                                       2,742,633              12,376,442
     売上原価
     売上総利益                                   769,062             △ 156,410
                                      ※1  451,733            ※1  517,871
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                   317,329             △ 674,281
     営業外収益
      受取利息                                  10,629               3,825
      未払配当金除斥益                                    -            3,397
      受取保険金                                    -            17,149
                                          476             11,831
      雑収入
      営業外収益合計                                  11,106              36,204
     営業外費用
      支払利息                                 294,432              302,266
      社債利息                                 162,454              116,974
      支払手数料                                  60,601              255,548
      消費税相殺差損                                 264,458               37,229
      株式交付費                                   927             1,500
      社債発行費                                  55,259                 -
                                           -            10,272
      その他
      営業外費用合計                                 838,135              723,791
     経常損失(△)                                  △ 509,699            △ 1,361,868
     特別利益
                                           -             280
      新株予約権戻入益
      特別利益合計                                    -             280
     特別損失
                                           -             390
      投資有価証券清算損
      特別損失合計                                    -             390
     税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 509,699            △ 1,361,978
     法人税、住民税及び事業税
                                         1,254              2,703
                                        385,162              937,998
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   386,417              940,702
     四半期純損失(△)                                  △ 896,116            △ 2,302,680
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 112,228              △ 45,403
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 783,888            △ 2,257,277
                                 21/31







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年8月1日              (自 平成30年8月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
                                       △ 896,116            △ 2,302,680
     四半期純損失(△)
     四半期包括利益                                  △ 896,116            △ 2,302,680
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                △ 783,888            △ 2,257,277
      非支配株主に係る四半期包括利益                                △ 112,228              △ 45,403
                                 22/31

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
      (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年8月1日              (自 平成30年8月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純損失(△)                                △ 509,699            △ 1,361,978
      減価償却費                                   956              918
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 508            △ 2,863
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   473             2,224
      受取利息及び受取配当金                                 △ 10,629              △ 3,825
      支払利息                                 456,887              419,240
      支払手数料                                  52,951              255,538
      株式交付費償却                                   927               -
      社債発行費償却                                  55,259                 -
      たな卸資産の増減額(△は増加)                               △ 8,761,494              12,258,179
      前渡金の増減額(△は増加)                                 636,684             △ 329,765
      その他の流動資産の増減額(△は増加)                                △ 123,535               37,857
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                  40,084             △ 179,429
      前受金の増減額(△は減少)                                 129,971                500
      その他の流動負債の増減額(△は減少)                                 △ 41,268             △ 33,014
                                        △ 4,997             △ 2,871
      その他
      小計                               △ 8,077,937              11,060,710
      利息及び配当金の受取額
                                        10,629               3,825
      利息の支払額                                △ 453,146             △ 496,774
                                       △ 15,189             △ 162,584
      法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
      営業活動によるキャッシュ・フロー                               △ 8,535,643              10,405,177
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                △ 170,000              △ 40,021
      定期預金の払戻による収入                                  80,000              80,000
      貸付けによる支出                                 △ 2,500                -
      貸付金の回収による収入                                  10,722              25,700
      有形固定資産の取得による支出                                    -            △ 627
      差入保証金の回収による収入                                    50               -
                                           -            1,000
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 81,727              66,051
                                 23/31









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年8月1日              (自 平成30年8月1日
                                至 平成30年1月31日)               至 平成31年1月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                1,399,049             △ 10,268,501
      長期借入れによる収入                                 210,000                 -
      長期借入金の返済による支出                                △ 784,912              △ 90,916
      配当金の支払額                                △ 272,379              △ 8,116
      社債の発行による収入                                7,034,740                  -
      社債の償還による支出                               △ 1,500,000              △ 646,662
      株式の発行による収入                                    -           499,996
      新株予約権の発行による収入                                    -            21,509
      自己株式の取得による支出                                  △ 108              △ 24
      非支配株主からの払込みによる収入                                1,700,000                  -
      非支配株主への払戻による支出                                △ 340,491              △ 10,000
                                         △ 927               -
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                7,444,969             △ 10,502,714
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 1,172,401               △ 31,485
     現金及び現金同等物の期首残高                                  2,151,279               717,284
     新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額                                     200               -
                                      ※  979,077             ※  685,799
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 24/31













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
     (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      該当事項はありません。
     (会計方針の変更等)

      該当事項はありません。
     (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

      該当事項はありません。
     (追加情報)

      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
     計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分
     に表示しております。
     (四半期連結損益計算書関係)

        ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な項目及び金額は次のとおりであります。
                          前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                           (自    平成29年8月1日              (自    平成30年8月1日
                           至   平成30年1月31日)               至   平成31年1月31日)
        販売手数料                        73,483   千円              80,479   千円
        給与及び賞与                        78,619                 52,019
        賞与引当金繰入額                        8,536                 7,105
        退職給付費用                         831                2,224
        管理諸費                       181,490                 141,676
     (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       ※現金及び現金同等物の四半期残高と四半期連結貸借対照表に記載されている科目の金額との関係は、次のとおり
       であります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年8月1日              (自    平成30年8月1日
                             至   平成30年1月31日)               至   平成31年1月31日)
       現金及び預金勘定                         1,609,204千円                 1,336,075千円
       預入期間が3か月を超える定期預金                         △630,127                 △650,275
       現金及び現金同等物                          979,077                 685,799
                                 25/31








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
     (株主資本等関係)
     前第2四半期連結累計期間(自                平成29年8月1日          至   平成30年1月31日)
     1.配当金支払額
                     配当金の総      1株当たり配
       決議       株式の種類                       基準日         効力発生日        配当の原資
                     額(千円)       当額(円)
    平成29年10月26日
             普通株式         270,644         1.00   平成29年7月31日          平成29年10月27日          利益剰余金
    定時株主総会
    平成29年10月26日
             A種優先株式          4,011      1,500.00     平成29年7月31日          平成29年10月27日          利益剰余金
    定時株主総会
    平成29年10月26日
             E種優先株式           263       1.90   平成29年7月31日          平成29年10月27日          利益剰余金
    定時株主総会
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。 
     当第2四半期連結累計期間(自                平成30年8月1日          至   平成31年1月31日)

     1.配当金支払額
                     配当金の総      1株当たり配
       決議       株式の種類                       基準日         効力発生日        配当の原資
                     額(千円)       当額(円)
    平成30年10月25日
                       4,011
             A種優先株式                1,500.00     平成30年7月31日          平成30年10月26日          利益剰余金
    定時株主総会
    平成30年10月25日
                        263
             E種優先株式                  1.90   平成30年7月31日          平成30年10月26日          利益剰余金
    定時株主総会
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       当社は、平成30年10月12日開催の取締役会決議に基づき、平成30年10月31日付で、自己株式7,000,000株の消却を
      実施しております。この結果、当第2四半期連結累計期間において利益剰余金及び自己株式がそれぞれ802,202千円
      減少し、当第2四半期連結会計期間末において利益剰余金が△1,262,892千円、自己株式が△2,306千円となってお
      ります。
       当社は、平成30年12月3日付で、Block                   King有限責任事業組合から第三者割当増資の払込みを受けました。この
      結果、当第2四半期連結累計期間において資本金が2億49百万円、資本準備金が2億49百万円増加し、当第2四半
      期連結会計期間末において資本金が24億28百万円、資本準備金が29億28百万円となっております。
                                 26/31







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
     (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
    Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成29年8月1日          至   平成30年1月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                     四半期連結
                                              調整額
                                                     損益計算書
                                             (注)1
                             不動産賃貸
                                                    計上額(注)2
                     不動産再活事業                   計
                             収益等事業
     売上高
       外部顧客への売上高                  3,026,486         485,209       3,511,695            ―    3,511,695

       セグメント間の内部売上高
                           ―        ―        ―        ―        ―
       又は振替高
            計           3,026,486         485,209       3,511,695            ―    3,511,695
     セグメント利益                   156,805        422,803        579,609       △ 262,280        317,329

     (注)   1.セグメント利益の調整額△262,280千円は、各報告セグメントに配分しない全社費用△262,280千円でありま
          す、全社費用は、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整しております。
    Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                平成30年8月1日          至   平成31年1月31日)

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                     四半期連結
                                              調整額
                                                     損益計算書
                                             (注)1
                             不動産賃貸
                                                    計上額(注)2
                     不動産再活事業                   計
                             収益等事業
     売上高
       外部顧客への売上高                  11,831,623         388,408      12,220,031            ―   12,220,031

       セグメント間の内部売上高
                           ―        ―        ―        ―        ―
       又は振替高
            計           11,831,623         388,408      12,220,031            ―   12,220,031
     セグメント利益又は損失(△)                  △ 716,998        312,010       △ 404,988       △ 269,293       △ 674,281

     (注)   1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△269,293千円は、各報告セグメントに配分しない全社費用△
          269,293千円であります、全社費用は、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整しております。
                                 27/31








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
     (1株当たり情報)
      1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                (自    平成29年8月1日          (自    平成30年8月1日
                 項目
                                至   平成30年1月31日)           至   平成31年1月31日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)                                  △2円91銭             △6円84銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)
                                       △783,888            △2,257,277
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)
                                         4,274             4,274
       (うち優先配当額(千円))                                (4,274)              (4,274)

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損失
                                       △788,163            △2,261,552
       金額(△)(千円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                                 270,644,151             330,861,557
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                      ―             ―
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、前第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結累
        計期間については、潜在株式が存在するものの、1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
     (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                 28/31












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
        該当事項はありません。
                                 29/31




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 30/31



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アルデプロ(E04023)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年3月15日

    株式会社アルデプロ
     取締役会      御中
                       霞友有限責任監査法人
                        指定有限責任社員

                                          依 田      友 吉
                                   公認会計士                 印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          山 崎      安 通
                                   公認会計士                 印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アルデプ

    ロの平成30年8月1日から平成31年7月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年11月1日から平成31年
    1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年8月1日から平成31年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
    なわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー
    計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任 

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論 

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アルデプロ及び連結子会社の平成31年1月31日現在の財政
    状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示してい
    ないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 31/31




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。