エイケン工業株式会社 四半期報告書 第51期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第51期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:エイケン工業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               東海財務局長

    【提出日】               2019年3月15日

    【四半期会計期間】               第51期第1四半期(自            2018年11月1日         至   2019年1月31日)

    【会社名】               エイケン工業株式会社

    【英訳名】               EIKEN   INDUSTRIES      CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 早 馬 義 光

    【本店の所在の場所】               静岡県御前崎市門屋1370番地

    【電話番号】               (0537)86-3105(代表)

    【事務連絡者氏名】               専務取締役 池 田 文 明

    【最寄りの連絡場所】               静岡県御前崎市門屋1370番地

    【電話番号】               (0537)86-3105(代表)

    【事務連絡者氏名】               専務取締役 池 田 文 明

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/16









                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第50期           第51期

             回次                                     第50期
                          第1四半期累計期間           第1四半期累計期間
                          自   2017年11月1日         自   2018年11月1日         自   2017年11月1日
            会計期間
                          至   2018年1月31日         至   2019年1月31日         至   2018年10月31日
     売上高                (千円)         1,365,455           1,444,977           5,957,236
     経常利益                (千円)           127,167           118,023           523,658

     四半期(当期)純利益                (千円)           84,572           84,197          387,104

     持分法を適用した
                     (千円)              ―           ―           ―
     場合の投資利益
     資本金                (千円)           601,800           601,800           601,800
     発行済株式総数                 (株)         1,240,000           1,240,000           1,240,000

     純資産額                (千円)         4,501,971           4,785,486           4,830,246

     総資産額                (千円)         6,182,395           6,422,860           6,502,381

     1株当たり四半期
                      (円)           84.01           83.31          383.59
     (当期)純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
     1株当たり配当額                 (円)             ―           ―           ―
     自己資本比率                 (%)            72.8           74.5           74.3

     (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 持分法を適用した場合の投資利益については、非連結子会社及び関連会社がありますが、利益基準及び利益
          剰余金基準において重要性が乏しいため、記載を省略しております。
        3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益は、潜在株式が存在していないため、記載しておりません。
        4 当社は、2018年5月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。前事業年度の期
          首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
        5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期会
          計期間の期首から適用しており、前第1四半期会計期間及び前事業年度に係る主要な経営指標等について
          は、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

       当第1四半期累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容に重要
      な変更はありません。
       関係会社についても異動はありません。
                                  2/16






                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第1四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期会
      計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前会計年
      度との比較・分析を行っております。
      (1)  経営成績の状況
         当第1四半期累計期間におけるわが国の経済は、政府による経済政策及び日本銀行による金融政策の下、好調
        な企業業績により雇用・所得環境の改善が進み、緩やかながら回復基調がみられましたが、米国との通商交渉に
        よる影響、米中貿易摩擦の動向及びEUからの英国離脱交渉による影響等により、海外経済の不確実性及び地政
        学的リスク等、景気の先行きは不透明な状況で推移しました。
         こうした状況のなかで、フィルター部門の国内におきましては、自動車用フィルター業界は、自動車メーカー
        の生産ライン、カーディーラーに供給するフィルターメーカー(以下、純正メーカー)とカーショップ、ガソリ
        ンスタンド及び整備工場等に供給するフィルターメーカー(以下、市販メーカー)に大きく2つに分かれます。
        純正メーカーは、取引先の自動車メーカー、カーディーラー以外にも他の自動車メーカーのフィルターを品揃え
        して、補修用として市販メーカーの納入先にも販売しております。よって、自動車用フィルター市場は、純正
        メーカー、市販メーカーが入り混じって激しい競争を繰り広げており、特に価格の面では、新興国で製造された
        安価な商品が増加し、激しい価格競争にも晒されております。輸出におきましては、当社ブランド「VIC」を
        約40年間、海外の日本車向けに販売しておりますが、日本のフィルターメーカー、海外のフィルターメーカーと
        品質、価格等で激しい競争を展開しております。さらに、燃焼機器部門におきましては、プレス加工技術を活か
        し、1976年から風呂釜用バーナを製造するようになり、現在は、厨房機器メーカー、ボイラメーカー及びコイン
        ランドリーメーカー等にガスバーナ、熱交換器等を販売しております。最近では、特にコインランドリー用バー
        ナの受注が増加しております。
         このような環境のなかにあって、当社はフィルター部門において国内では、付加価値の高い大型車用フィル
        ター、既存品と差別化した高性能オイルフィルター及びプレス部品の拡販に注力すると共に、新規取引先の開
        拓、既存取引先との取引拡大に取り組んでまいりました。輸出では、主要輸出先への営業活動を強化すると共
        に、新規輸出先の開拓にも取り組みました。さらに、燃焼機器部門では、取引先から依頼を受けたバーナの開
        発、既存のバーナ部品及び熱交換器の拡販に取り組んでまいりました。
         その結果、売上高は前年同四半期に比べ79百万円増加し、14億44百万円(前年同四半期比5.8%増)、売上高
        は増加したものの、原材料価格が上昇したこと及び製造経費が増加したことにより売上原価が増加したことが要
        因となり、営業利益は前年同四半期に比べ7百万円減少し、1億13百万円(前年同四半期比6.4%減)、営業利
        益が減少したことが要因となり、経常利益は前年同四半期に比べ9百万円減少し、1億18百万円(前年同四半期
        比7.2%減)、四半期純利益は前年同四半期に比べ37万円減少し、84百万円(前年同四半期比0.4%減)となりま
        した。
         セグメント別の業績を示すと、次の通りであります。
        (フィルター部門)
           売上高に関しては、国内売上は商社向けが増加しましたが、同業者向けが減少しました。輸出売上は東南
         アジア向け及び中近東向けが増加しました。営業利益に関しては、売上高が増加したものの、原材料価格が上
         昇したこと及び製造経費が増加したことにより売上原価が増加したことが要因となり減少しました。
          その結果、売上高は前年同四半期に比べ84百万円増加し、13億36百万円(前年同四半期比6.8%増)、営業
         利益は前年同四半期に比べ4百万円減少し、1億69百万円(前年同四半期比2.3%減)となりました。
                                  3/16



                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
        (燃焼機器部門)
          売上高に関しては、バーナ部品の売上高が減少しました。営業利益に関しては、売上高が減少したこと及び
         労務費が増加したことが要因となり減少しました。
          その結果、売上高は前年同四半期に比べ5百万円減少し、1億8百万円(前年同四半期比4.7%減)、営業
         利益は、前年同四半期に比べ10百万円減少し、7百万円(前年同四半期比58.3%減)となりました。
        (その他)
          ティッシュケース及び灰皿等の販売をしております。
          その結果、売上高は前年同四半期に比べ6万円増加し、18万円(前年同四半期比46.6%増)、営業損失は27
         万円(前年同四半期は営業損失69万円)となりました。
      (2)  財政状態の分析

       ①資産
         流動資産は、前事業年度末と比べて26百万円減少し、35億49百万円(前事業年度末比0.7%減)となりまし
        た。主な要因は、生産量が増加したことにより商品及び製品が16百万円、原材料価格の上昇により原材料及び貯
        蔵品が22百万円、それぞれ増加したものの、配当金の支払い等により現金及び預金が40百万円、突発的な受注に
        伴う売上債権が減少したことにより、受取手形及び売掛金が15百万円、それぞれ減少したことによるものです。
         固定資産は、前事業年度末と比べて53百万円減少し、28億72百万円(前事業年度末比1.8%減)となりまし
        た。主な要因は、減価償却費を計上したこと等により機械及び装置が33百万円、時価評価の下落により投資有価
        証券が39百万円、それぞれ減少したことによるものです。
         この結果、総資産は、前事業年度末と比べて79百万円減少し、64億22百万円(前事業年度末比1.2%減)とな
        りました。
       ②負債
         流動負債は、前事業年度末と比べて29百万円減少し、14億25百万円(前事業年度末比2.0%減)となりまし
        た。主な要因は、当第1四半期累計期間は賞与の支給がなかったことにより賞与引当金が55百万円増加したもの
        の、税金の支払いを実施したことにより未払法人税等が50百万円減少したこと、前事業年度末に購入した設備の
        支払いを実施したことにより設備関係未払金が50百万円、それぞれ減少したことによるものです。
         固定負債は、前事業年度末と比べて5百万円減少し、2億12百万円(前事業年度末比2.5%減)となりまし
        た。主な要因は、退職給付引当金が3百万円減少したことによるものです。
         この結果、負債合計は、前事業年度末と比べて34百万円減少し、16億37百万円(前事業年度末比2.1%減)と
        なりました。
       ③純資産
         純資産合計は、前事業年度末と比べて44百万円減少し、47億85百万円(前事業年度末比0.9%減)となりまし
        た。主な要因は、四半期純利益の計上により利益剰余金が84百万円増加したものの、配当金の支払いにより利益
        剰余金が1億1百万円、時価評価の下落によりその他有価証券評価差額金が27百万円、それぞれ減少したことに
        よるものです。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課
        題はありません。
      (4)  研究開発活動

         当第1四半期累計期間の研究開発費の総額は、1,285千円であります。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/16



                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     4,960,000

                 計                                    4,960,000

       ② 【発行済株式】

              第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              (2019年1月31日)          (2019年3月15日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
                                           単元株式数は100株でありま
       普通株式           1,240,000          1,240,000         JASDAQ
                                           す。
                                  (スタンダード)
        計          1,240,000          1,240,000          ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2018年11月1日~
                      ―   1,240,000           ―    601,800          ―    389,764
     2019年1月31日
                                  5/16







                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
         当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (6)  【議決権の状況】

         当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
        載することができないことから、直前の基準日である2018年10月31日現在の株主名簿により記載をしておりま
        す。
       ① 【発行済株式】
                                               2018年10月31日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                               ―              ―
                     普通株式      229,300
                     普通株式     1,010,000
     完全議決権株式(その他)                                10,100            ―
                     普通株式        700

     単元未満株式                               ―      1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                     1,240,000          ―              ―

     総株主の議決権                     ―            10,100            ―

     (注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式79株が含まれております。
       ② 【自己株式等】

                                               2018年10月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  静岡県御前崎市門屋1370               229,300        ―      229,300        18.49
     エイケン工業株式会社
          計              ―         229,300        ―      229,300        18.49
    2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  6/16








                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期財務諸表の作成方法について

      当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
     号。以下「四半期財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(2018年11月1日から2019年1月
     31日まで)及び第1四半期累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期財務諸表について、有限責
     任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けております。
    3.四半期連結財務諸表について

      「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第5条第2項により、
     当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目からみて、当企業集団の
     財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏しいものとし
     て、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
       なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による割合は次の通りであり、会社間取引項目消去前
     の数値により算出しております。
       ①資産基準               0.4%
       ②売上高基準             1.5%
       ③利益基準              0.1%
       ④利益剰余金基準         0.0%
                                  7/16












                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
    1  【四半期財務諸表】
      (1)  【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度            当第1四半期会計期間
                                (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,278,450              1,237,743
        受取手形及び売掛金                               1,183,777              1,168,424
        電子記録債権                                375,425              371,682
        商品及び製品                                476,107              492,244
        仕掛品                                35,847              47,037
        原材料及び貯蔵品                                181,314              203,925
        その他                                46,722              30,361
                                        △ 1,575             △ 1,547
        貸倒引当金
        流動資産合計                               3,576,071              3,549,871
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                             1,111,487              1,101,946
         機械及び装置(純額)                              741,225              708,013
                                        507,358              508,818
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             2,360,071              2,318,778
        無形固定資産
                                         6,482              5,903
        投資その他の資産
         繰延税金資産                               18,827              44,432
         その他                              541,979              504,924
                                        △ 1,050             △ 1,050
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              559,757              548,306
        固定資産合計                               2,926,310              2,872,988
      資産合計                                6,502,381              6,422,860
                                  8/16










                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度            当第1四半期会計期間
                                (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                266,362              291,722
        短期借入金                                760,000              760,000
        未払法人税等                                107,781               56,800
        賞与引当金                                30,994              86,906
                                        289,308              229,635
        その他
        流動負債合計                               1,454,447              1,425,064
      固定負債
        退職給付引当金                                178,007              174,530
        役員退職慰労引当金                                 4,386              4,386
        繰延税金負債                                 1,379                -
        資産除去債務                                10,173              10,173
                                        23,740              23,218
        その他
        固定負債合計                                217,687              212,309
      負債合計                                1,672,134              1,637,373
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                601,800              601,800
        資本剰余金                                395,151              395,151
        利益剰余金                               4,245,422              4,228,557
                                       △ 506,297             △ 506,297
        自己株式
        株主資本合計                               4,736,076              4,719,211
      評価・換算差額等
                                        94,170              66,274
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                94,170              66,274
      純資産合計                                4,830,246              4,785,486
     負債純資産合計                                  6,502,381              6,422,860
                                  9/16










                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期損益計算書】
       【第1四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間
                                (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
     売上高                                  1,365,455              1,444,977
                                       1,083,956              1,170,100
     売上原価
     売上総利益                                   281,499              274,876
     販売費及び一般管理費                                   160,321              161,397
     営業利益                                   121,178              113,479
     営業外収益
      受取利息                                   433              302
      受取配当金                                  1,984              1,830
      受取賃貸料                                  3,892              3,395
                                         2,479               804
      その他
      営業外収益合計                                  8,790              6,333
     営業外費用
      支払利息                                   673              858
      売上割引                                   708              674
      投資有価証券評価損                                  1,173                10
                                          246              246
      その他
      営業外費用合計                                  2,801              1,789
     経常利益                                   127,167              118,023
     特別利益
                                          -             1,665
      固定資産売却益
      特別利益合計                                    -             1,665
     特別損失
      固定資産除却損                                  2,968               160
                                          30              -
      投資有価証券償還損
      特別損失合計                                  2,998               160
     税引前四半期純利益                                   124,169              119,529
     法人税、住民税及び事業税
                                        54,510              50,208
                                       △ 14,913             △ 14,877
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   39,596              35,331
     四半期純利益                                   84,572              84,197
                                 10/16









                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項はありません。
      (会計方針の変更等)

        該当事項はありません。
      (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        該当事項はありません。
      (追加情報)

        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期会計期
       間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に
       表示しております。
      (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期累計期
       間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次の通りであります。
                            前第1四半期累計期間                 当第1四半期累計期間

                            (自    2017年11月1日              (自    2018年11月1日
                            至   2018年1月31日)               至   2019年1月31日)
       減価償却費                         62,756千円                 70,175千円
                                 11/16












                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
       前第1四半期累計期間(自            2017年11月1日        至  2018年1月31日)
     1.配当金支払額
                                  1株当たり

                          配当金の総額
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)
                                  配当額(円)
     2018年1月29日
               普通株式      利益剰余金         125,830        25.00    2017年10月31日         2018年1月30日
     定時株主総会
     (注)    当社は2018年5月1日付で当社普通株式5株を1株とする株式併合を行いましたが、1株当たり配当額は基準
        日における純額を記載しております。
     2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日後となる

      もの
        該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

        該当事項はありません。 
       当第1四半期累計期間(自            2018年11月1日        至  2019年1月31日)

     1.配当金支払額
                                  1株当たり

                          配当金の総額
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)
                                  配当額(円)
     2019年1月29日
               普通株式      利益剰余金         101,062        100.00    2018年10月31日         2019年1月30日
     定時株主総会
     2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日後となる

      もの
        該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

        該当事項はありません。 
                                 12/16










                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
      前第1四半期累計期間(自            2017年11月1日        至  2018年1月31日)
       報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                      四半期
                        報告セグメント
                                     その他           調整額
                                                     損益計算書
                                           合計
                                                      計上額
                                     (注1)           (注2)
                   フィルター      燃焼機器
                                 計
                                                      (注3)
                     部門      部門
     売上高
       外部顧客への売上高               1,251,957       113,369     1,365,326         129  1,365,455          ― 1,365,455

       セグメント間の内部売上高
                        ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
       又は振替高
           計        1,251,957       113,369     1,365,326         129  1,365,455          ― 1,365,455
     セグメント利益又は損失(△)                173,309      17,281     190,590       △ 692    189,897     △ 68,719     121,178

     (注)   1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであります。
        2 セグメント利益又は損失の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に総務部等管
          理部門の一般管理費等であります。
        3 セグメント利益又は損失は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      当第1四半期累計期間(自            2018年11月1日        至  2019年1月31日)

       報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                      四半期
                        報告セグメント
                                     その他           調整額
                                                     損益計算書
                                           合計
                                                      計上額
                                     (注1)           (注2)
                   フィルター      燃焼機器
                                 計
                                                      (注3)
                     部門      部門
     売上高
       外部顧客への売上高               1,336,745       108,042     1,444,788         189  1,444,977          ― 1,444,977

       セグメント間の内部売上高
                        ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
       又は振替高
           計        1,336,745       108,042     1,444,788         189  1,444,977          ― 1,444,977
     セグメント利益又は損失(△)                169,285       7,209     176,495       △ 279    176,216     △ 62,736     113,479

     (注)   1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであります。
        2 セグメント利益又は損失の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に総務部等管
          理部門の一般管理費等であります。
        3 セグメント利益又は損失は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      (金融商品関係)

        四半期財務諸表等規則第10条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
      (有価証券関係)

        四半期財務諸表等規則第10条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
      (デリバティブ取引関係)

        四半期財務諸表等規則第10条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
                                 13/16




                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
      (持分法損益等)
        非連結子会社及び関連会社がありますが、利益基準及び利益剰余金基準において重要性が乏しいため、記載を省
       略しております。
      (企業結合等関係)

        該当事項はありません。
      (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は以下の通りであります。
                                前第1四半期累計期間             当第1四半期累計期間

                                (自    2017年11月1日           (自    2018年11月1日
                項目
                                 至   2018年1月31日)           至   2019年1月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                   84円01銭             83円31銭
     (算定上の基礎)

      四半期純利益金額(千円)

                                         84,572             84,197
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     ―             ―

      普通株式に係る四半期純利益金額(千円)

                                         84,572             84,197
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 1,006,646             1,010,621

     (注)   1 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、潜在株式が存在していないため記載しておりません。
        2 当社は、2018年5月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。前事業年度の期
          首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり四半期純利益を算定しております。
      (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
    2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 14/16










                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 15/16



















                                                           EDINET提出書類
                                                      エイケン工業株式会社(E02232)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年3月13日

    エイケン工業株式会社
     取締役会      御中
                       有限責任監査法人トーマツ
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       水      野      雅      史   印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          酒  井         博  康
                                   公認会計士                    印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているエイケン工業株

    式会社の2018年11月1日から2019年10月31日までの第51期事業年度の第1四半期会計期間(2018年11月1日から2019年1
    月31日まで)及び第1四半期累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半
    期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
    正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
    論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
    て四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
    れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、エイケン工業株式会社の2019年1月31日現在の財政状態及び同日をもって
    終了する第1四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認めら
    れなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。