小林産業株式会社 四半期報告書 第79期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第79期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:小林産業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               近畿財務局長

    【提出日】               2019年3月15日

    【四半期会計期間】               第79期第1四半期(自            2018年11月1日         至   2019年1月31日)

    【会社名】               小林産業株式会社

    【英訳名】               KOBAYASHI     METALS    LIMITED

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  檜 垣 俊 行

    【本店の所在の場所】               大阪市西区南堀江二丁目7番4号

    【電話番号】               (06)6535―3690(代表)

    【事務連絡者氏名】               管理本部長  粕 谷 貢 一

    【最寄りの連絡場所】               大阪市西区南堀江二丁目7番4号

    【電話番号】               (06)6535―3690(代表)

    【事務連絡者氏名】               管理本部長  粕 谷 貢 一

    【縦覧に供する場所】               当社名古屋支店

                     (愛知県清須市阿原北野1番地)

                    当社東京支店

                     (千葉県浦安市鉄鋼通り一丁目8番11号)

                    株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/16






                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第78期           第79期

             回次              第1四半期           第1四半期            第78期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自   2017年11月1日         自   2018年11月1日         自   2017年11月1日
            会計期間
                          至   2018年1月31日         至   2019年1月31日         至   2018年10月31日
     売上高                (千円)         5,707,836           5,577,312          22,777,110
     経常利益                (千円)          147,124           176,467           856,227

     親会社株主に帰属する
                     (千円)           95,684          119,625           592,704
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)          253,508          △ 478,790           169,240
     純資産額                (千円)         12,133,211           11,240,251           11,799,106

     総資産額                (千円)         23,735,570           22,793,915           23,567,333

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)            3.63           4.66           22.77
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)            3.60             ―         22.62
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)            51.1           49.3           50.1
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.第79期第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在
          しないため記載しておりません。
        4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半
          期連結会計期間の期首から適用しており、前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営
          指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

      当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)において営まれている事業の内
     容に重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/16







                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または前事業年度の有価証券報告書に記載し
     た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものでありま
     す。
      なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半
     期連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行って
     おります。
    (業績等の概要)
      (1)  財政状態及び経営成績の状況
        当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益の向上や雇用環境の改善により緩やかな回復基調で
       推移しました。一方で、米中貿易摩擦による世界経済の減速懸念が高まるなど、先行きは不透明な状況が続いてお
       ります。
        当社グループが主に関連いたします業界におきましては、公共投資および民間建設投資は底堅く推移しているも
       のの、慢性的な人手不足に加えて資材価格の高騰や不足が続いています。
        このような状況の下で、当社グループは、全国各拠点での物流改善を進め、在庫品種を増加することにより売上
       高の拡大を図ってまいりました。
        これらの結果、当社グループの当第1四半期連結累計期間における売上高は、5,577百万円で、前年同四半期比
       130百万円、2.3%の減少となりました。営業利益は、155百万円で、前年同四半期比36百万円、30.6%の増加とな
       りました。経常利益は、176百万円で、前年同四半期比29百万円、19.9%の増加となりました。親会社株主に帰属
       する四半期純利益は、119百万円で、前年同四半期比23百万円、25.0%の増加となりました。
        総資産は、前連結会計年度末に比べて773百万円(△3.3%)減少し、22,793百万円となりました。
        負債合計は、前連結会計年度末に比べて214百万円(△1.8%)減少し、11,553百万円となりました。
        純資産合計は、前連結会計年度末に比べて558百万円(△4.7%)減少し、11,240百万円となりました。
       ①  財政状態の分析

        当社グループは適切な流動性の維持、事業活動のための資金確保、および健全なバランスシートの維持を財務方
       針としております。
        (資産)
         流動資産は、前連結会計年度末に比べて34百万円(0.2%)増加し、14,220百万円となりました。これは、有
        価証券が134百万円、商品が71百万円増加し、受取手形及び売掛金が179百万円減少したことなどによります。
         固定資産は、前連結会計年度末に比べて807百万円(△8.6%)減少し、8,572百万円となりました。これは、
        投資有価証券が780百万円減少したことなどによります。
         この結果、総資産は、前連結会計年度末に比べて773百万円(△3.3%)減少し、22,793百万円となりました。
        (負債)

         流動負債は、前連結会計年度末に比べて9百万円(△0.1%)減少し、8,773百万円となりました。これは、そ
        の他が97百万円増加し、賞与引当金が55百万円、短期借入金が30百万円減少したことなどによります。
         固定負債は、前連結会計年度末に比べて205百万円(△6.9%)減少し、2,780百万円となりました。これは、
        繰延税金負債が208百万円減少したことなどによります。
         この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べて214百万円(△1.8%)減少し、11,553百万円となりまし
        た。
        (純資産)

         純資産合計は、前連結会計年度末に比べて558百万円(△4.7%)減少し、11,240百万円となりました。これ
        は、利益剰余金が42百万円増加し、その他有価証券評価差額金が595百万円減少したことなどによります。
                                  3/16


                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
       ②  経営成績の分析
        売上高は、5,577百万円(前期比2.3%の減少)となりました。売上総利益は、1,132百万円(前期比2.3%の減
       少)となりました。販売費及び一般管理費は、976百万円(前期比6.1%の減少)となり、営業利益は155百万円(前
       期比30.6%の増加)となりました。経常利益は176百万円(前期比19.9%の増加)となり、親会社株主に帰属する四
       半期純利益は、119百万円(前期比25.0%の増加)となりました。
      (2)  事業上および財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループの事業上および財務上の対処すべき課題に重要な変更および
       新たに生じた課題はありません。
      (3)  研究開発活動

        該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/16















                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     45,000,000

                 計                                   45,000,000

      ②  【発行済株式】

              第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類      末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              (2019年1月31日)          (2019年3月15日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
       普通株式           28,007,448          28,007,448                単元株式数は100株であります。
                                   市場第一部
        計         28,007,448          28,007,448           ―            ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     自 2018年11月1日
                      ―  28,007,448            ―   2,712,335           ―   1,209,520
     至 2019年1月31日
     (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/16






                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2018年10月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】
                                                2019年1月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                      (自己保有株式)
                     普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                         2,310,900
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               256,853             ―
                        25,685,300
                     普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                          11,248
     発行済株式総数                    28,007,448           ―              ―
     総株主の議決権                     ―          256,853             ―

     (注)単元未満株式数には当社所有の自己株式92株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                                2019年1月31日現在
                               自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
        所有者の氏名
                     所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
         又は名称
                                (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
    (自己保有株式)             大阪市西区南堀江
                               2,310,900          ―  2,310,900            8.3
    小林産業株式会社             二丁目7番4号
          計              ―        2,310,900          ―  2,310,900            8.3
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  6/16









                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年11月1日から2019年
     1月31日まで)および第1四半期連結累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表に
     ついて、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,642,038              1,578,546
        受取手形及び売掛金                               8,180,253              8,001,189
        有価証券                                158,262              292,616
        商品                               4,136,978              4,208,305
        その他                                80,174              148,145
                                       △ 11,267              △ 7,873
        貸倒引当金
        流動資産合計                              14,186,439              14,220,930
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                              594,957              586,765
         機械装置及び運搬具(純額)                               29,486              63,924
         土地                             1,851,974              1,851,974
                                        66,950              49,877
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             2,543,368              2,552,542
        無形固定資産
                                        70,331              90,917
        投資その他の資産
         投資有価証券                             6,257,517              5,477,236
         破産更生債権等                               11,368              11,177
         その他                              509,675              452,289
                                       △ 11,368             △ 11,177
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             6,767,193              5,929,525
        固定資産合計                               9,380,893              8,572,984
      資産合計                                23,567,333              22,793,915
                                  8/16










                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                               4,561,146              4,546,700
        短期借入金                               3,540,000              3,510,000
        賞与引当金                                111,323               55,974
        役員賞与引当金                                 7,000                -
                                        563,450              660,771
        その他
        流動負債合計                               8,782,920              8,773,446
      固定負債
        長期借入金                               1,300,000              1,300,000
        繰延税金負債                               1,474,414              1,265,438
        退職給付に係る負債                                202,852              207,105
        長期預り保証金                                 4,500              4,500
                                         3,538              3,172
        その他
        固定負債合計                               2,985,305              2,780,216
      負債合計                                11,768,226              11,553,663
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               2,712,335              2,712,335
        資本剰余金                               1,728,146              1,728,146
        利益剰余金                               4,468,118              4,510,654
                                       △ 656,121             △ 656,121
        自己株式
        株主資本合計                               8,252,480              8,295,016
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                               3,490,498              2,895,436
                                        53,153              49,799
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               3,543,651              2,945,235
      新株予約権                                  2,975                -
      純資産合計                                11,799,106              11,240,251
     負債純資産合計                                 23,567,333              22,793,915
                                  9/16









                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
     売上高                                  5,707,836              5,577,312
                                       4,547,811              4,444,509
     売上原価
     売上総利益                                  1,160,024              1,132,803
     販売費及び一般管理費                                  1,040,653               976,845
     営業利益                                   119,371              155,957
     営業外収益
      受取配当金                                  7,231              8,427
      受取賃貸料                                  3,266              3,732
      仕入割引                                  23,723              23,683
                                         7,745              7,958
      その他
      営業外収益合計                                  41,967              43,801
     営業外費用
      支払利息                                  5,526              5,018
      売上割引                                  7,233              8,384
      有価証券評価損                                    ―            9,212
                                         1,453               676
      その他
      営業外費用合計                                  14,213              23,291
     経常利益                                   147,124              176,467
     特別利益
      投資有価証券売却益                                    ―              66
                                           ―            2,975
      新株予約権戻入益
      特別利益合計                                    ―            3,041
     税金等調整前四半期純利益                                   147,124              179,508
     法人税、住民税及び事業税
                                        18,055              21,917
                                        33,384              37,965
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   51,439              59,883
     四半期純利益                                   95,684              119,625
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   95,684              119,625
                                 10/16









                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
     四半期純利益                                   95,684              119,625
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 159,306             △ 595,062
                                        △ 1,483             △ 3,353
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                 157,823             △ 598,415
     四半期包括利益                                   253,508             △ 478,790
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 253,508             △ 478,790
                                 11/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期連
       結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
       の区分に表示しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

       受取手形裏書譲渡高
                             前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                            (2018年10月31日)                 (2019年1月31日)
        受取手形裏書譲渡高
                                15,028   千円              9,895   千円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間

                           (自 2017年11月1日                 (自 2018年11月1日
                            至 2018年1月31日)                   至 2019年1月31日)
        減価償却費                        22,246千円                 21,278千円
      (株主資本等関係)

     前第1四半期連結累計期間(自                2017年11月1日         至   2018年1月31日)
     1.配当金支払額
                   配当金の総額        1株当たり

       決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (千円)      配当額(円)
     2018年1月30日
              普通株式         79,232        3.00   2017年10月31日         2018年1月31日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動がありません。
     当第1四半期連結累計期間(自                2018年11月1日         至   2019年1月31日)

     1.配当金支払額
                   配当金の総額        1株当たり

       決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (千円)      配当額(円)
     2019年1月30日
              普通株式         77,089        3.00   2018年10月31日         2019年1月31日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動がありません。
                                 12/16



                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                2017年11月1日         至   2018年1月31日)
        当社グループの事業内容は、鋲螺商品の卸売およびこれに附帯する事業を営む単一事業であり、区分すべき事
       業セグメントが存在しないため、記載を省略しております。
      Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                2018年11月1日         至   2019年1月31日)

        当社グループの事業内容は、鋲螺商品の卸売およびこれに附帯する事業を営む単一事業であり、区分すべき事
       業セグメントが存在しないため、記載を省略しております。
      (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上
      の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間

                                 (自    2017年11月1日           (自    2018年11月1日
                 項目
                                  至   2018年1月31日)            至   2019年1月31日)
     (1) 1株当たり四半期純利益金額                                    3円63銭              4円66銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                   95,684             119,625

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―              ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         95,684             119,625
      四半期純利益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                   26,345              25,696
     (2) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                    3円60銭                 ―

      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                      ―              ―

      普通株式増加数(千株)                                     201               ―

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前
                                            ―              ―
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)   1.当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しな

          いため記載しておりません。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 13/16






                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
       該当事項はありません。
                                 14/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 15/16



















                                                           EDINET提出書類
                                                       小林産業株式会社(E02570)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年3月13日

    小林産業株式会社
     取締役会      御中
                       太陽有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       坂 本   潤           印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       柳   承 煥           印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている小林産業株式会

    社の2018年11月1日から2019年10月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2018年11月1日から2019年1月
    31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
    ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
    行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、小林産業株式会社及び連結子会社の2019年1月31日現在の財政状
    態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
    重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。