株式会社ジェネレーションパス 四半期報告書 第18期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第18期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社ジェネレーションパス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年3月15日

    【四半期会計期間】               第18期第1四半期(自            2018年11月1日         至   2019年1月31日)

    【会社名】               株式会社ジェネレーションパス

    【英訳名】               GENERATION      PASS   CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 岡本 洋明

    【本店の所在の場所】               東京都新宿区西新宿六丁目12番1号

    【電話番号】               03-3343-3544

    【事務連絡者氏名】               取締役 鈴木 智也

    【最寄りの連絡場所】               東京都新宿区西新宿六丁目12番1号

    【電話番号】               03-3343-3544

    【事務連絡者氏名】               取締役 鈴木 智也

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/21









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第17期           第18期

             回次              第1四半期           第1四半期            第17期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自   2017年11月1日         自   2018年11月1日         自   2017年11月1日
            会計期間
                          至   2018年1月31日         至   2019年1月31日         至   2018年10月31日
     売上高                (千円)         2,357,886           2,429,490           8,778,122
     経常利益                (千円)           24,959           14,314          203,684

     親会社株主に帰属する
                     (千円)           11,438             861         135,779
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)           12,003          △ 9,890          134,566
     純資産額                (千円)         1,557,208           1,611,904           1,653,170

     総資産額                (千円)         2,770,057           2,975,177           3,285,324

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)            1.40           0.11          16.69
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)            1.39           0.11          16.66
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)            55.0           53.4           48.4
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
    2  【事業の内容】

      当社グループは、ECマーケティング事業、商品企画関連事業及びアクトグループ事業の3つのセグメントで事業活
     動を行っておりましたが、当第1四半期連結累計期間において、当社の連結子会社であるアクトインテリア株式会社
     の全株式を売却したことにより、アクトグループ事業を展開していた同社及び同社の子会社であるヤマセイ株式会
     社、株式会社YARN         HOMEを連結の範囲から除外しております。
      これに伴い、当社グループは、ECマーケティング事業、商品企画関連事業の2つのセグメントで事業活動を行うこ
     ととなります。詳細は、「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載の
     とおりであります。
                                  2/21








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  業績の状況

       当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、所得環境や雇用情勢が堅調であり、個人消費も緩やかな回復
      基調で推移しました。一方、海外におきましては、米中貿易摩擦等により中国経済の減速や長期化が予想される
      等、海外経済の不確実性による世界経済への影響が懸念され、先行きは不透明な状況で推移しました。
       当社グループが関連する小売業界におきましては、暖冬の影響により冬物商材の売れ行きが悪く、また、株価下
      落や景気の先行き不透明感から消費者マインドが悪化し、依然として節約志向が強い状態が継続しました。一方、
      当社グループが属するEC市場におきましては、宅配料金の継続的な値上げや宅配総量の規制等の不安が根強く残る
      ものの、国内外における個人消費は引き続き拡大傾向にあります。
       このような状況の中、当社グループの主力事業であります「ECマーケティング事業」につきましては、ビッグ
      データの継続的な収集とその分析を進め、マーケットニーズに沿った事業展開を推し進めてまいりました。EC店舗
      におきましては、2019年1月31日時点における出店店舗数は、アクトグループの連結除外後の連結合計で59店舗
      (単体:55店舗、子会社合計:4店舗)となりました。
       国内EC事業につきましては、収益の基盤となる当社独自の戦略(EPO:EC                                   Platform     Optimization)のシステム強
      化、当社独自開発のオペレーションシステム(GPMS:Generation                               Pass   Management      System)の新規機能追加・メン
      テナンス、独自開発したWEBマーケティングシステム(MIS                            :Marketing      Information      System)の改善・実装を推進
      いたしました。また、宅配料金の継続的な値上げに対しては、物流拠点の多角化及び商品配置の最適化を推し進め
      るとともに、引き続き売上と利益のバランスを勘案し、宅配料金の一部を商品の販売価格へ転嫁する施策に注力い
      たしました。
       海外EC事業につきましては、株主であるCharoen                        Pokphand     Group   Company    Limitedの協力のもと、越境EC事業を
      積極的に継続していく方針であります。
       ECマーケティング事業のノウハウやビッグデータを活用したECサポート事業につきましては、ユニー・ファミ
      リーマートホールディングス株式会社(以下、「UFHD社」といいます。)との業務提携に伴い、事業遂行を促進す
      る目的で、2018年9月4日付で株式会社カンナート(以下、「カンナート社」といいます。)を買収し、グループ
      の総力を挙げて更に推進してまいりました。なお、当該UFHD社とのサービスのリリース時期は、当下半期を見込ん
      でおり、当第1四半期連結累計期間におきましては、サービスリリースに向けた開発費用が先行する状態となって
      おります。
       商品企画関連事業につきましては、取引先増加に伴い、生産能力を増強すべく新規工場の開拓等の先行投資を
      行っているほか、引き続き新規商材開発、及び新規顧客開拓等、将来を見据えた事業投資を進めてまいりました。
      当第1四半期連結累計期間におきましては、既存の商材の売上が好調に推移したことにより、売上高及び利益とも
      に順調に推移いたしました。また、前第3四半期連結会計期間より連結の範囲に加わった青島新綻紡貿易有限会社
      (以下、「新綻紡社」といいます。)につきましては、新規顧客の開拓費用、及び新規受注に伴う新規商品の開発
      費用が計上されたため、売上面での寄与はあったものの、利益面での寄与は翌四半期以降になる見込みです。
       アクトグループ事業につきましては、2018年11月30日付で連結子会社であるアクトインテリア株式会社(以下、
      「アクト社」といいます。)の株式を全部売却する等、経営資源の選択と集中を進めてまいりました。
       当社グループの連結子会社である株式会社トリプルダブルが展開しているメディア事業につきましては、インテ
      リア・雑貨を紹介するWEBメディア「イエコレクション」(https://iecolle.com)に掲載する記事数やPV数の増加
      を図るために組織体制の強化を進めた結果、当第1四半期連結累計期間におきまして単月黒字を達成し、翌四半期
      以降の当社グループの業績に寄与することが見込まれております。
       また、急激な円高の影響により、保有外貨建資産等におきまして為替差損8百万円が発生しております。
                                  3/21



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
       以上のように今期下半期並びに来期以降の事業成長に必要な投資を先行させた結果、当第1四半期連結累計期間
      における売上高は        2,429百万円      (前年同期比3.0%増)、営業利益は                 17百万円    (同40.5%減)、経常利益は              14百万円
      (同42.6%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は                          0百万円    (同92.5%減)となりました。
       セグメントの業績については、以下のとおりであります。

       なお、当第1四半期連結会計期間期首をみなし売却日として、当社の連結子会社であるアクト社の全株式を売却
      したことにより、アクトグループ事業を展開していた同社及び同社の子会社であるヤマセイ株式会社、株式会社
      YARN   HOMEを連結の範囲から除外したことに伴い、当第1四半期連結累計期間よりアクトグループ事業を報告セグメ
      ントから除外しております。
      ① ECマーケティング事業

       ECマーケティング事業におきましては、収益の基盤となる各種システムの強化・メンテナンスを進めるととも
      に、宅配料金の継続的な値上げに対しては、物流拠点の多角化、及び商品配置の最適化を推し進めるとともに、引
      き続き売上と利益のバランスを勘案し、宅配料金の一部を商品の販売価格へ転嫁する施策に注力いたしました。そ
      の結果、宅配料金上昇前の前年同期と比較して同水準の売上高を達成しております。
       また、利益面につきましては、宅配料金の一部を販売価格へ転嫁したことによる利益改善が図られ、前第4四半
      期連結会計期間より連結の範囲に加わったカンナート社の事業の影響を除いたECマーケティング事業のセグメント
      利益の額、及び利益率は、対前年同期比で19百万円増(前年同期比39.4%増)と順調に推移しております。一方
      で、カンナート社の事業におきましては、UFHD社とのサービスリリースに向けた開発費用の先行計上や受託案件の
      売上計上の多くが年度末に偏っていることから、当第1四半期連結累計期間では19百万円の営業損失を計上してお
      ります。
       以上の結果、売上高は1,860百万円(前年同期比0.3%減)、セグメント利益は48百万円(同0.5%減)となりまし
      た。
      ② 商品企画関連事業

       商品企画関連事業につきましては、当第1四半期連結累計期間で前連結会計年度からの売上計上時期のずれの解
      消が図られたことにより、結果として売上高及び利益は好調に推移したものの、新規工場の開拓のための先行投資
      を行っている等の影響により、販売費及び一般管理費は増加しております。また、新綻紡社につきましては、新規
      顧客の開拓費用、及び新規受注に伴う新規商品の開発費用が計上されたため、売上面での寄与はあったものの、利
      益面での寄与は翌四半期以降になる見込みです。
       以上の結果、売上高は565百万円(前年同期比54.7%増)、セグメント利益は31百万円(同19.3%減)となりまし
      た。
      ③ アクトグループ事業

       当第1四半期連結会計期間期首をみなし売却日として、当社連結子会社であるアクト社を連結の範囲から除外し
      ております。同社の連結除外に伴い、当第1四半期連結累計期間より「アクトグループ事業」を報告セグメントか
      ら除外しております。また、当社の連結子会社であり同社の子会社であるヤマセイ株式会社・株式会社YARN                                                  HOMEも
      連結の範囲から除外しております。
      ④ その他

       「その他」につきましては、インテリア・雑貨を紹介するWEBメディア「イエコレクション」
      (https://iecolle.com)に掲載する記事数やPV数の増加を図るために組織体制の強化を進めた結果、当第1四半期
      連結累計期間におきまして単月黒字を達成し、翌四半期以降の当社グループの業績に寄与することが見込まれてお
      ります。また、当第1四半期連結会計期間期首をみなし売却日として、連結子会社であったITEA株式会社を連結か
      ら除外しており、それに伴い、当第1四半期連結累計期間より「その他」から除外しております。
                                  4/21




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
     (2)  財政状態の分析
      (資産の状況)
       当第1四半期連結会計期間末の総資産は、                    2,975百万円      となり、前連結会計年度末に比べ310百万円の減少となり
      ました。
       流動資産は     2,658百万円      となり、前連結会計年度末に比べ200百万円の減少となりました。主な要因といたしまし
      ては、これは主に、季節商品等の入荷により商品及び製品が181百万円増加しましたが、納税により現金及び預金が
      83百万円、売上高の減少により受取手形及び売掛金が307百万円減少したことのほか、アクト社及び同社の子会社が
      連結子会社から除外されたこと等によるものであります。
       固定資産は、      316百万円     となり、前連結会計年度末に比べ109百万円の減少となりました。主な要因といたしまし
      ては、アクト社及び同社の子会社が連結子会社から除外されたこと等により有形固定資産が51百万円減少したこと
      によるものであります。
      (負債の状況)
       負債は、    1,363百万円      となり、前連結会計年度末に比べ268百万円の減少となりました。
       流動負債は、      1,303百万円      となり、前連結会計年度末に比べ161百万円の減少となりました。主な要因といたしま
      しては、アクト社及び同社の子会社が連結子会社から除外されたこと等により、1年以内返済予定の長期借入金が
      83百万円減少したことによるものであります。
       固定負債は、      60百万円    となり、前連結会計年度末に比べ107百万円の減少となりました。主な要因といたしまして
      は、アクト社及び同社の子会社が連結子会社から除外されたことにより長期借入金が98百万円減少したことによる
      ものであります。
      (純資産の状況)
       純資産は、     1,611百万円      となり、前連結会計年度末に比べ41百万円の減少となりました。主な要因といたしまして
      は、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上により利益剰余金が0百万円増加、アクト社及び同社の子会社が連
      結子会社から除外されたこと等により非支配株主持分40百万円減少したことによるものであります。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
     (4)  研究開発活動

       該当事項はありません。
     (5)  従業員数

      ① 連結会社の状況
        当第1四半期連結累計期間において、アクト社の全株式の売却を行い、同社及び同社の子会社であるヤマセイ
       株式会社、株式会社YARN            HOMEを連結の範囲より除外したことにより、アクトグループ事業の従業員数は0名(前
       連結会計年度末比11名減)となりました。
        当第1四半期連結累計期間において、ITEA株式会社の全株式の売却を行い、同社を連結の範囲より除外したこ
       とにより、その他の事業の従業員数は0名(前連結会計年度末比6名減)となりました。
        なお、従業員数は就業人員であります。
     (6)  生産、受注及び販売の実績

      当第1四半期連結累計期間において、アクトグループ事業の実績が前年同四半期に比べて著しく変動いたしまし
     た。これは、アクト社及び同社の子会社であるヤマセイ株式会社、株式会社YARN                                      HOMEを連結の範囲より除外したこと
     によるものであります。
                                  5/21





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
     (7)  主要な設備
      当第1四半期連結累計期間において、アクト社の全株式を売却し、連結の範囲より除外したことにより、同社の主
     要設備は当社グループにおける主要な設備から除外されております。前連結会計年度末における同社の主要設備は以
     下のとおりであります。
                                              2018年10月31日現在
                                     帳簿価額(千円)
                                                       従業員数
            事業所名
                 セグメント     設備の内容
      会社名
                                                        (名)
                                  機械装置      工具、器
                   名称
                                              リース
            (所在地)
                                                   合計
                             建物    及び運搬      具及び備
                                             資産
                                  具      品
             本社     アクト
      アクト
            (広島県      グルー      事務所      11,791      27,503      2,018     6,537    47,850    9(0)
    インテリア㈱
            廿日市)      プ事業
     (注)   1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        2.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間平均雇用人員(1日8時間換算)を( )外数で記載し
          ております。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/21















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     20,000,000

                 計                                   20,000,000

      ②  【発行済株式】

              第1四半期会計期間末             提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融               内容
               (2019年1月31日)           (2019年3月15日)          商品取引業協会名
                                              完全議決権株式であり、
                                              株主として権利内容に何
                                     東京証券取引所         ら限定のない当社におけ
       普通株式            8,264,440           8,264,440
                                      マザーズ       る標準となる株式であり
                                              ます。また、単元株式数
                                              は100株であります。
        計           8,264,440           8,264,440          ―           ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
     決議年月日                           2018年10月22日

                                 当社の従業員                8

     付与対象者の区分及び人数(名)
                                 子会社の取締役及び
                                               45
                                 従業員
     新株予約権の数(個) ※                           597(注)1

     新株予約権の目的となる株式の種類 ※                           普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数(株) ※                           59,700(注)1

     新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                           574(注)2

     新株予約権の行使期間 ※                           2021年2月1日~2023年1月31日

                                発行価格         574
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                資本組入額       287
     発行価格及び資本組入額(円) ※
                                 新株予約権者は、2019年10月期から2020年10月期までの
                                各事業年度における、監査済みの当社連結損益計算書の経
                                常利益金額に非支配株主損益を加減した額の合計額が500
                                百万円を超過した場合に限り、各新株予約権者に割り当て
                                られた新株予約権を行使することができる。国際財務報告
     新株予約権の行使の条件 ※                           基準の適用等により参照すべき指標の概念に重要な変更が
                                あった場合には、別途参照すべき指標を取締役会にて定め
                                るものとする。
                                 その他の条件は、当社と新株予約権の割り当てを受けた
                                ものとの間で締結した「新株予約権付与契約」で定めると
                                ころによる。
                                 新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の決議によ
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                る承認を要するものとする。
                                  7/21


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                             -
     項 ※
      ※ 新株予約権証券の発行時(2018年11月6日)における内容を記載しております。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
          整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
          により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の
          算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                           1株当たり時価
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2018年11月1日~
                     -   8,264,440           -    625,997          -    614,997
     2019年1月31日
                                  8/21










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
     (6)  【議決権の状況】

      ①  【発行済株式】
                                               2019年1月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     159,700         ―              ―

                                        株主としての権利内容に何ら限定の

                     普通株式       
                                        ない当社における標準となる株式で
     完全議決権株式(その他)                               81,038
                                        あります。また、単元株式数は100
                         8,103,800
                                        株であります。
                     普通株式

     単元未満株式                                  ―          ―
                            940
     発行済株式総数                    8,264,440          ―              ―
     総株主の議決権                     ―           81,038             ―

     (注)    当第1四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(2018年10月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ②  【自己株式等】

                                               2019年1月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
    (自己保有株式)
                  東京都新宿区西新宿六丁目
     株式会社ジェネレーション                            159,700        ―      159,700         1.9
                  12番1号
     パス
          計              ―         159,700        ―      159,700         1.9
    2  【役員の状況】

       2019年1月30日開催の第17回定時株主総会において、新任取締役の選任議案の決議を受け、新たに下記の取締役
      を選任しております。
                                                       所有株式
     役名   職名    氏名      生年月日                  略歴                任期     数
                                                        (株)
                        1975年4月 東京海上火災保険株式会社入社
                        2005年7月 東京海上         日動火災保険株式会社         執行役員経理部長
                        2006年7月 トキオ・マリン・アジア社CEO(在シンガポール)
                        2008年7月 東京海上ホールディングス株式会社・常務取締役
                        2011年7月 東京海上ホールディングス株式会社・専務執行役員
                                                   (注)
                        2012年7月 公益財団法人損害保険              事業総合研究所・理事長
    取締役    -        1952年5月31日
           遠藤 寛                                             5,200
                                                    2
                        2016年7月 公益財団法人警察協会・評議員(現任)
                        2016年7月 公益財団法人損害保険              事業総合研究所・評議員(現
                        任)
                        2017年1月 上村・大平・水野法律事務所・顧問(現任)
                        2019年1月 当社取締役(現任)
     (注)1.遠藤寛氏は、社外取締役であります。
         2.2019年1月30日就任後、2020年の決算期に関する定時株主総会の終結までであります。
                                  9/21



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1   四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
     64号)に基づいて作成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年11月1日から2019年
     1月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                701,211              617,489
        受取手形及び売掛金                                992,278              684,747
        商品及び製品                                967,644             1,148,926
        仕掛品                                 6,919              13,877
        原材料及び貯蔵品                                25,440              22,856
        その他                                167,150              171,375
                                        △ 1,004              △ 335
        貸倒引当金
        流動資産合計                               2,859,641              2,658,937
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                               40,449              11,348
         機械装置及び運搬具                               61,150              14,131
         工具、器具及び備品                               38,086              12,754
         リース資産                               19,333              11,328
                                       △ 83,056             △ 25,202
         減価償却累計額
         有形固定資産合計                               75,963              24,360
        無形固定資産
         のれん                              227,131              201,440
         ソフトウエア                               25,436              25,737
                                          442               23
         その他
         無形固定資産合計                              253,009              227,202
        投資その他の資産
         関係会社株式                               1,000                -
         繰延税金資産                               11,705               4,931
                                        84,004              59,745
         その他
         投資その他の資産合計                               96,710              64,677
        固定資産合計                                425,683              316,239
      資産合計                                3,285,324              2,975,177
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                572,827              561,406
        短期借入金                                420,000              400,000
        1年内返済予定の長期借入金                                104,964               21,636
        リース債務                                 2,821              4,468
        未払金                                213,935              233,318
        未払法人税等                                59,924              27,144
        賞与引当金                                  -             5,493
                                        90,019              49,753
        その他
        流動負債合計                               1,464,493              1,303,220
      固定負債
        長期借入金                                143,148               44,956
        リース債務                                 9,421                -
        資産除去債務                                 4,190              4,195
                                        10,900              10,900
        繰延税金負債
        固定負債合計                                167,660               60,052
      負債合計                                1,632,153              1,363,273
                                                   (単位:千円)

                                 11/21


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                625,997              625,997
        資本剰余金                                615,059              615,059
        利益剰余金                                442,451              443,313
                                       △ 90,588             △ 90,588
        自己株式
        株主資本合計
                                       1,592,919              1,593,781
      その他の包括利益累計額
                                        △ 3,285             △ 5,378
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                △ 3,285             △ 5,378
      新株予約権                                    1             137
      非支配株主持分                                  63,534              23,364
      純資産合計                                1,653,170              1,611,904
     負債純資産合計                                  3,285,324              2,975,177
                                 12/21















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
     売上高                                  2,357,886              2,429,490
                                       1,674,689              1,782,847
     売上原価
     売上総利益                                   683,197              646,643
     販売費及び一般管理費                                   653,021              628,700
     営業利益                                   30,175              17,942
     営業外収益
      受取利息                                    16              166
      助成金収入                                  6,300              4,560
                                         1,720               549
      その他
      営業外収益合計                                  8,037              5,275
     営業外費用
      支払利息                                   770              490
      為替差損                                  12,199               8,288
                                          283              124
      その他
      営業外費用合計                                  13,254               8,903
     経常利益                                   24,959              14,314
     特別利益
                                          -             1,101
      子会社株式売却益
      特別利益合計                                    -             1,101
     税金等調整前四半期純利益                                   24,959              15,416
     法人税、住民税及び事業税
                                        12,063              11,723
                                          892             6,773
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   12,955              18,497
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   12,003              △ 3,081
     非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                          565            △ 3,942
     に帰属する四半期純損失(△)
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   11,438                861
                                 13/21









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   12,003              △ 3,081
     その他の包括利益
                                          -            △ 6,809
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                    -            △ 6,809
     四半期包括利益                                   12,003              △ 9,890
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  11,438              △ 4,517
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   565            △ 5,373
                                 14/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
                         当第1四半期連結累計期間

                     (自 2018年11月1日 至 2019年1月31日)
     (1)  連結の範囲の重要な変更
       当社は、アクトインテリア株式会社の全所有株式を2018年11月30日に売却いたしました。これにより、当第
      1四半期連結会計期間の期首をみなし売却日として連結の範囲から除外しております。また、同社の連結除外
      に伴い、当社の連結子会社であり、同社の子会社であるヤマセイ株式会社、及び株式会社YARN                                            HOMEも、当第
      1四半期連結会計期間の期首において、連結の範囲から除外しております。
       なお、当該連結の範囲の変更は、当四半期連結会計期間の属する連結会計年度の連結財務諸表に重要な影響
      を与えることは確実と認められ、連結貸借対照表における総資産の減少、連結損益計算書における売上高の減
      少になると考えられます。
       また、当社は、ITEA株式会社の全所有株式を2018年11月30日に売却いたしました。これにより、当第1四半
      期連結会計期間の期首をみなし売却日として連結の範囲から除外しております。
       変更後の連結子会社の数は5社であります。
      (追加情報)

                         当第1四半期連結累計期間

                     (自    2018年11月1日         至   2019年1月31日)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期連結会
     計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分
     に表示しております。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1
        四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとお
        りであります。
                         前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                          (自 2017年11月1日                 (自 2018年11月1日
                           至 2018年1月31日)                 至 2019年1月31日)
        減価償却費                         7,159   千円               3,401   千円
        のれんの償却額                         1,240   千円               5,794   千円
      (株主資本等関係)

       前第1四半期連結累計期間(自                2017年11月1日         至   2018年1月31日)
       1.配当金支払額
         該当事項はありません。
       2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の
        末日後となるもの
         該当事項はありません。
       当第1四半期連結累計期間(自                2018年11月1日         至   2019年1月31日)

       1.配当金支払額
         該当事項はありません。
       2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の
        末日後となるもの
         該当事項はありません。
                                 15/21




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       前第1四半期連結累計期間(自                2017年11月1日         至   2018年1月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                       四半期
                     報告セグメント
                                                      連結損益
                                     その他            調整額
                                            合計           計算書
                                     (注)1            (注)2
              ECマーケ            アクト
                                                       計上額
                    商品企画
               ティン           グループ       計
                                                       (注)3
                    関連事業
              グ 事業            事業
     売上高
       外部顧客への
              1,866,129       365,699      104,204     2,336,033       21,853    2,357,886         -  2,357,886
       売上高
       セグメント間
       の内部売上高           -      -     962      962      -      962     △ 962       -
       又は振替高
         計     1,866,129       365,699      105,166     2,336,996       21,853    2,358,849        △ 962   2,357,886
     セグメント利益          48,836      38,982      3,270     91,089      3,828      94,918     △ 64,742      30,175
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ソフトウエアの受託開発、シ
          ステム開発事業及び食品アレルゲン検査・試薬の開発・販売事業を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額△64,742千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△64,742千円が
          含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 16/21












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
       当第1四半期連結累計期間(自                2018年11月1日         至   2019年1月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                     四半期
                    報告セグメント
                                                     連結損益
                                   その他             調整額
                                         合計            計算書
                                  (注)1             (注)2
               ECマーケ
                                                     計上額
                     商品企画関
              ティング                計
                                                     (注)3
                      連事業
                事業
     売上高
       外部顧客への
               1,860,346       565,987     2,426,334        3,156    2,429,490          -  2,429,490
       売上高
       セグメント間
       の内部売上高            -      -      -      -      -      -      -
       又は振替高
         計      1,860,346       565,987     2,426,334        3,156    2,429,490          -  2,429,490
     セグメント利益           48,551      31,434      79,986       2,627      82,613     △ 64,670      17,942
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ソフトウエアの受託開発、シ
          ステム開発事業を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額△64,670千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△64,670千円が
          含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
       3.報告セグメントの変更等に関する事項

        当第1四半期連結会計期間期首をみなし売却日として、当社連結子会社であるアクトインテリア株式会社を連
       結の範囲から除外しております。同社の連結除外に伴い、当第1四半期連結累計期間より「アクトグループ事
       業」を報告セグメントから除外しております。また、当社の連結子会社であり同社の子会社であるヤマセイ株式
       会社、株式会社YARN          HOMEも連結の範囲から除外しております。
        「その他」につきましては、当第1四半期連結会計期間期首をみなし売却日として、当社の連結子会社であっ
       たITEA株式会社を連結から除外しており、それに伴って当第1四半期連結累計期間より「その他」から除外して
       おります。
                                 17/21









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
      は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間

                                 (自    2017年11月1日           (自    2018年11月1日
                 項目
                                 至   2018年1月31日)           至   2019年1月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                    1円40銭             0円11銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)

                                         11,438               861
      普通株主に帰属しない金額(千円)

                                           -             -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         11,438               861
      四半期純利益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)
                                       8,190,235             8,104,693
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                    1円39銭             0円11銭

      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                      -             -

      普通株式増加数(株)

                                         20,671             16,173
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                      -             -
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
                                 18/21












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                 19/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェネレーションパス(E30881)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年3月15日

    株式会社ジェネレーションパス
     取締役会      御中
                          有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士       轟  芳英         ㊞
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士       開内 啓行         ㊞
                            業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ジェネ

    レーションパスの2018年11月1日から2019年10月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2018年11月1日か
    ら2019年1月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ジェネレーションパス及び連結子会社の2019年1月31日
    現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事
    項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。