株式会社リーガル不動産 四半期報告書 第19期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第19期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社リーガル不動産

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               近畿財務局長

    【提出日】               2019年3月15日

    【四半期会計期間】               第19期第2四半期(自 2018年11月1日 至 2019年1月31日)

    【会社名】               株式会社リーガル不動産

    【英訳名】               LEGAL   CORPORATION

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 平野 哲司

    【本店の所在の場所】               大阪府大阪市北区堂山町3番3号

    【電話番号】               06-6362-3355(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役 管理本部長 水向 隆

    【最寄りの連絡場所】               大阪府大阪市北区堂山町3番3号

    【電話番号】               06-6362-3355(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役 管理本部長 水向 隆

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/17









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                              第19期

              回次               第2四半期            第18期
                              累計期間
                           自   2018年8月1日         自   2017年8月1日
             会計期間
                           至   2019年1月31日         至   2018年7月31日
     売上高                  (千円)         13,453,949           19,263,467

     経常利益                  (千円)         1,030,539            861,659

     四半期(当期)純利益                  (千円)          621,720           584,064

     持分法を適用した場合の投資利益                  (千円)             -           -

     資本金                  (千円)          651,924           90,000

     発行済株式総数                  (株)         2,885,200           2,000,000

     純資産額                  (千円)         3,577,050           1,817,726

     総資産額                  (千円)         44,249,289           46,599,978

     1株当たり四半期(当期)純利益                  (円)          252.01           292.03

     潜在株式調整後1株当たり
                       (円)          241.07             -
     四半期(当期)純利益
     1株当たり配当額                  (円)            -           -
     自己資本比率                  (%)            8.0           3.9

     営業活動による
                      (千円)         3,456,126          △ 7,798,872
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (千円)         △ 369,198         △ 5,285,509
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (千円)        △ 2,482,164          12,826,344
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                      (千円)         1,080,779            476,016
     四半期末(期末)残高
                              第19期

              回次               第2四半期
                             会計期間
                           自 2018年11月1日
             会計期間
                           至 2019年1月31日
     1株当たり四半期純利益                  (円)          101.77

      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい
          ては記載しておりません。
        2.当社は第18期第2四半期累計期間については四半期財務諸表を作成していないため、第18期第2四半期累計
          期間に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。
        3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        4.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
        5.2017年12月15日付けで普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。第18期の期首に当該
          株式分割が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  2/17


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
        6.第18期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は第18期
          まで非上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
        7.当社は、2018年10月23日に東京証券取引所マザーズ市場に上場したため、第19期第2四半期累計期間の潜在
          株式調整後1株当たり四半期純利益は、新規上場日から第19期第2四半期会計期間末までの平均株価を期中
          平均株価とみなして算定しております。
        8.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          会計期間の期首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡っ
          て適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

      当第2四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容について、重要な変更はありません。
                                  3/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第2四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資
     者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリス
     ク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
      なお、当社は前第2四半期累計期間において四半期財務諸表を作成していないため、経営成績の状況については、
     前年同四半期累計期間との比較・分析は行っておりません。
      また、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
     会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前事業
     年度との比較・分析を行っております。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

       当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、政府の経済政策と日銀の金融政策を背景に、緩やかな回復基調が
      続いている一方、アメリカと中国の両国間における通商問題の動向や政策に関する不確実性が世界経済に与える影
      響及び金融資本市場の変動等に引き続き留意する必要があります。
       この間、当社の属する不動産業界におきましては、開発用地の購入価格や建築コストの高騰等の影響により、一
      部の事業領域で減速感が生じており、また、投資用住宅資金の不正融資等、業界に対する不信感や2019年10月の消
      費税増税等の懸念材料もあり、今後の市場動向に関して予断を許さない見通しとなっております。その一方で、
      2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックや2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)に向けた不動
      産市場の活性化や不動産投資に対する投資意欲は根強いため、今後数年間は堅調に推移するものと考えておりま
      す。
       このような事業環境の下、当社では経営計画に基づき、各目標数値達成に向けて取り組んでまいりました。ま
      た、財務体質の改善とさらなる発展を目指して、2018年10月23日に当社は、東京証券取引所マザーズ市場に上場い
      たしました。
       その結果、当第2四半期累計期間におきましては、                        売上高134億53百万円          、 営業利益16億11百万円          、 経常利益10億
      30百万円    、 四半期純利益6億21百万円            となりました。
       セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

       ① 不動産ソリューション事業
         売上高119億13百万円          、 セグメント利益14億70百万円             となりました。当事業セグメントにおいては、期初に掲
        げた経営計画に基づき、積極的に販売用不動産の仕入及び販売活動を行いました。不動産価額が上昇基調にあ
        る中、販売用不動産の仕入に際しては、当社の目利き力やノウハウを最大限活用し、駅近物件等の希少性の高
        い物件の選定に注力しました。
         一方、販売面においては、当社販売物件に対する引き合いは引き続き強く、販売実績を積み重ねたものの、
        当初当第2四半期会計期間に予定しておりました販売用不動産の売却が下半期にずれ込む物件も一部ありまし
        た。しかしながら、受注状況につきましては売上見込みに対し概ね順調に推移し、当第2四半期累計期間総受
        注高は78億65百万円、当第2四半期会計期間末の受注残高は2億61百万円となりました。
       ② 不動産賃貸事業
         売上高12億16百万円         、 セグメント利益5億78百万円              となりました。当事業セグメントは、当社の安定的な収
        益基盤の指標となるセグメントであり、当社保有の収益不動産及び販売に至るまでの収益不動産からの賃貸収
        入を収益の柱としており、当第2四半期累計期間におきましても引き続き保有不動産の高稼働率を維持し、売
        上高を伸ばしました。今後も継続して保有不動産の高稼働率の維持と物件数の増加による更なる基盤強化を
        図ってまいります。
       ③ その他事業
         売上高3億24百万円         、 セグメント利益5百万円            となりました。主な内容としては、不動産コンサルティング
        事業における任意売却を中心とした不動産仲介及び介護事業としての有料老人ホーム等の運営、管理、介護保
        険法に基づく介護予防支援、居宅介護保健事業を行っております。
                                  4/17



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
       (資産)
        総資産は    442億49百万円       となり、    前事業年度末に比べ23億50百万円減少                  しました。
        流動資産は     356億17百万円       となり、    前事業年度末に比べ23億円減少               しました。これは主として、上場に伴う公募
       による新株の発行、第三者割当増資等により現金及び預金が                            6億16百万円増加        、及び販売用不動産が          41億27百万
       円減少   したものであります。
        固定資産は     86億31百万円      となり、    前事業年度末に比べ49百万円減少                しました。これは主として、土地が                 1億33
       百万円増加     、及び建物が      2億8百万円減少        したものであります。
       (負債)
        負債は   406億72百万円       となり、    前事業年度末に比べ41億10百万円減少                  しました。
        流動負債は     145億70百万円       となり、    前事業年度末に比べ8億25百万円減少                  しました。これは主として、短期借入
       金の  3億32百万円増加        、及び1年内返済予定の長期借入金の                  9億99百万円減少        を反映したものであります。
        固定負債は     261億2百万円       となり、    前事業年度末に比べ32億84百万円減少                  しました。これは主として、借入金返
       済等に伴い長期借入金が           28億94百万円減少        したものであります。
       (純資産)
        純資産は    35億77百万円      となり、    前事業年度末に比べ17億59百万円増加                  しました。これは主として、増資により
       資本金   5億61百万円      、資本剰余金      5億61百万円の増加         、及び   四半期純利益6億21百万円             を計上したためでありま
       す。自己資本比率は、前事業年度末の                  3.9%   から  8.0%   と増加する結果となりました。
     (2)  キャッシュ・フローの状況の分析

       当第2四半期累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、                                       前事業年度末と比較して6億
      4百万円増加      し、  10億80百万円      となりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       営業活動の結果、        増加した資金は34億56百万円              となりました。主な増加要因は、たな卸資産の                      減少額40億16百万
      円 及び税引前四半期純利益           10億30百万円      であります。主な減少要因は、前受金の                   減少額11億18百万円         及び利息の支
      払額  5億6百万円      であります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果、        減少した資金は3億69百万円              となりました。主な減少要因は、有形固定資産(主として賃貸
       用不動産)の取得による支出             3億40百万円      であります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果、        減少した資金は24億82百万円              となりました。主な増加要因は、長期借入れによる収入                          40億45
       百万円   及び株式の発行による収入             11億23百万円      であります。主な減少要因は、長期借入金の返済による支出                            75億
       19百万円    であります。
     (3)  資本の財源及び資金の流動性

       当社の資金需要は、主として販売用不動産の仕入、建築工事費、賃貸用不動産の取得及び運転資金であります。
      販売用不動産の取得、建築工事費及び賃貸用不動産の取得等については、金融機関からの短期借入金及び長期借入
      金により調達を行っており、運転資金については、内部資金を充当し、必要に応じて金融機関からの短期借入金に
      より調達を行っております。
       なお、東京証券取引所マザーズ市場上場(2018年10月23日)に伴う公募による新株発行により9億39百万円、
      オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資により1億84百万円調達いたしました。上記の調
      達手段に加え、今後は第三者割当増資等の直接金融による資金調達も行う予定であります。
     (4)  研究開発活動

       該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/17



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)

                普通株式                                      8,000,000

                 計                                     8,000,000

      ② 【発行済株式】

                           提出日現在        上場金融商品取引所

              第2四半期会計期間
               末現在発行数(株)
        種類                   発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (2019年1月31日)
                         (2019年3月15日)          商品取引業協会名
                                             権利内容に何ら限定のない当
                                    東京証券取引所
                                             社における標準的な株式であ
       普通株式            2,885,200          2,885,200
                                             り、単元株式数は100株であり
                                    (マザーズ)
                                             ます。
         計          2,885,200          2,885,200          ―             ―
     (注) 2018年11月21日を払込期日とするオーバーアロットメントによる当社株式の売出しに関連した第三者割当増資
        により、発行済株式総数が145,200株増加しております。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                      資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)        (株)                     (千円)       (千円)
     2018年11月21日
                  145,200       2,885,200         92,172      651,924        92,172       561,924
     (注)
     (注)    有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
        割当価格          1,269.60円
        資本組入額         634.80円
        割当先              SMBC日興証券株式会社
                                  6/17





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                                 2019年1月31日現在
                                                     発行済株式
                                                    (自己株式を
                                            所有株式数         除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                              (株)      総数に対する
                                                     所有株式数
                                                     の割合(%)
     株式会社リーガルアセット                 大阪府吹田市山田西1丁目16-9                         1,120,000          38.82
     平野    哲司

                     大阪市北区                          430,000         14.90
     株式会社SBI証券                 東京都港区六本木1丁目6番1号                          102,800          3.56

     山名    孝宏

                     東京都港区                          90,000         3.12
     藤原    寛

                     大阪市住之江区                          90,000         3.12
     日本トラスティ・サービス信託銀
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                          71,800         2.49
     行株式会社(信託口)
     楽天証券株式会社                 東京都世田谷区玉川1丁目14番1号                          66,200         2.29
     日本マスタートラスト信託銀行株
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号                          43,800         1.52
     式会社(信託口)
     BNYM   SA/NV   FOR  BNYM   FOR  BNYM   2 KING   EDWARD    STREET,    LONDON    EC1A   1HQ
     GCM  CLIENT    ACCTS   M ILM  FE     UNITED    KINGDOM
                                               22,352         0.77
     (常任代理人        株式会社三菱UF          (東京都千代田区丸の内2丁目7-1                     決
     J銀行)                 済事業部)
     松井証券株式会社                 東京都千代田区麹町1丁目4番地                          20,900         0.72
            計                   -               2,057,852          71.32

     (注)   1.上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。
          日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)                               71,800株
          日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)                               38,100株
        2.2019年1月10日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、アセットマネジメン
          トOne株式会社が2018年12月31日現在で以下の当社株式を保有している旨が記載されておりますが、当社と
          して当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができておりません。なお、大量保有報告
          書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                           保有株券等の数         株券等保有割合
             氏名又は名称                  住所
                                             (株)         (%)
          アセットマネジメントOne
                        東京都千代田区丸の内1丁目8番2号                       144,700          5.02
          株式会社
                                  7/17








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                 2019年1月31日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                         -          -          -

     議決権制限株式(自己株式等)                         -          -          -

     議決権制限株式(その他)                         -          -          -

     完全議決権株式(自己株式等)                         -          -          -

                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                 28,847            -
                          2,884,700
                     普通株式
     単元未満株式                                   -    1単元(100株)未満の株式
                             500
     発行済株式総数                     2,885,200              -          -
     総株主の議決権                         -        28,847            -

      ②  【自己株式等】

        該当事項はありません。
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                  8/17












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期財務諸表の作成方法について

      当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
     号)に基づいて作成しております。
      なお、当四半期報告書は、第2四半期に係る最初に提出する四半期報告書であるため、前年同四半期との対比は
     行っておりません。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2018年11月1日から2019年1月
     31日まで)及び第2四半期累計期間(2018年8月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期財務諸表について、太陽有
     限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
    3.四半期連結財務諸表について

      当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  9/17















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
    1  【四半期財務諸表】
     (1)  【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度            当第2四半期会計期間
                                (2018年7月31日)              (2019年1月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,198,678              1,815,468
        営業未収入金                                104,718              136,983
        販売用不動産                              25,753,607              21,625,949
        仕掛販売用不動産                              10,556,512              10,983,420
        その他                                307,770             1,059,218
                                        △ 2,764             △ 3,353
        貸倒引当金
        流動資産合計                              37,918,524              35,617,688
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                             3,659,034              3,450,064
         土地                             4,474,603              4,608,045
                                        43,896              39,311
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             8,177,535              8,097,421
        無形固定資産
                                         5,843              12,249
                                        498,075              521,929
        投資その他の資産
        固定資産合計                               8,681,454              8,631,600
      資産合計                                46,599,978              44,249,289
     負債の部
      流動負債
        営業未払金                                225,461              300,644
        短期借入金                               7,336,500              7,668,654
        1年内償還予定の社債                                78,000              78,000
        1年内返済予定の長期借入金                               5,637,384              4,638,078
        未払法人税等                                265,564              503,003
        賞与引当金                                43,481              143,376
                                       1,809,325              1,238,379
        その他
        流動負債合計                              15,395,717              14,570,135
      固定負債
        社債                                155,000              116,000
        長期借入金                              28,128,412              25,233,517
                                       1,103,122               752,584
        その他
        固定負債合計                              29,386,535              26,102,102
      負債合計                                44,782,252              40,672,238
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                90,000              651,924
        資本剰余金                                  -            561,924
                                       1,741,480              2,363,200
        利益剰余金
        株主資本合計                               1,831,480              3,577,050
      評価・換算差額等
                                       △ 13,754                -
        繰延ヘッジ損益
        評価・換算差額等合計                               △ 13,754                -
      純資産合計                                1,817,726              3,577,050
     負債純資産合計                                 46,599,978              44,249,289
                                 10/17



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期損益計算書】
      【第2四半期累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第2四半期累計期間
                                (自 2018年8月1日
                                至 2019年1月31日)
     売上高                                 13,453,949
                                      10,016,172
     売上原価
     売上総利益                                  3,437,776
                                     ※  1,826,421
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  1,611,355
     営業外収益
      受取利息                                   242
      受取配当金                                    35
      受取保険金                                  7,546
      固定資産税等還付金                                   581
                                         1,383
      その他
      営業外収益合計                                  9,789
     営業外費用
      支払利息                                 526,304
      支払手数料                                  45,480
                                        18,821
      その他
      営業外費用合計                                 590,605
     経常利益                                  1,030,539
     税引前四半期純利益                                  1,030,539
     法人税、住民税及び事業税
                                        468,480
                                       △ 59,660
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   408,819
     四半期純利益                                   621,720
                                 11/17











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
     (3)  【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                     (単位:千円)
                               当第2四半期累計期間
                                (自 2018年8月1日
                                至 2019年1月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期純利益                                1,030,539
      減価償却費                                 100,972
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   589
      受取利息及び受取配当金                                  △ 278
      支払利息                                 526,304
      支払手数料                                  45,480
      売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 32,264
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                4,016,945
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  75,182
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  99,894
      長期前払費用の増減額(△は増加)                                  38,566
      預り保証金の増減額(△は減少)                                △ 334,197
      前受金の増減額(△は減少)                               △ 1,118,540
      未払金の増減額(△は減少)                                  4,978
      未払費用の増減額(△は減少)                                 △ 20,874
                                       △ 205,810
      その他
      小計                                4,227,486
      利息及び配当金の受取額
                                          278
      利息の支払額                                △ 506,036
                                       △ 265,601
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                3,456,126
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 340,715
      定期預金の預入による支出                                 △ 96,751
      定期預金の払戻による収入                                  78,855
      出資金の払込による支出                                 △ 1,250
                                        △ 9,337
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 369,198
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 87,846
      長期借入れによる収入                                4,045,500
      長期借入金の返済による支出                               △ 7,519,700
      社債の償還による支出                                 △ 39,000
      株式の発行による収入                                1,123,849
                                        △ 4,967
      リース債務の返済による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                               △ 2,482,164
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   604,763
     現金及び現金同等物の期首残高                                   476,016
                                     ※  1,080,779
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 12/17






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (追加情報)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期会
       計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の
       区分に表示しております。
      (四半期損益計算書関係)

     ※   販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                             当第2四半期累計期間
                             (自    2018年8月1日
                              至   2019年1月31日)
        支払手数料                         406,719    千円
        賞与                         429,819     〃
        賞与引当金繰入額                         133,055     〃
      (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

     
     ります。
                             当第2四半期累計期間
                             (自    2018年8月1日
                              至   2019年1月31日)
        現金及び預金                        1,815,468     千円
        預入期間が3か月を超える定期預金                        △734,688      〃
        現金及び現金同等物                        1,080,779     千円
      (株主資本等関係)

      株主資本の著しい変動
       当社は、2018年10月23日に東京証券取引所マザーズ市場に上場いたしました。2018年10月22日を払込期日とする
      有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)による新株式発行740,000株により、資本金及び資本準備金が
      それぞれ469,752千円増加しております。
       また、2018年11月21日を払込期日とする、オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当145,200株
      により、資本金及び資本準備金がそれぞれ92,172千円増加しております。
       この結果、当第2四半期会計期間末において資本金が                          651,924千円      、資本剰余金が        561,924千円      となっておりま
      す。
                                 13/17









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
      当第2四半期累計期間(自              2018年8月1日         至   2019年1月31日)
    1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                          報告セグメント
                                             その他
                                                      合計
                    不動産
                                              (注)
                          不動産賃貸事業           計
                 ソリューション事業
     売上高
       外部顧客への売上高                11,913,351         1,216,550        13,129,901          324,047       13,453,949
       セグメント間の内部
                        -        -        -        -         -
       売上高又は振替高
          計          11,913,351         1,216,550        13,129,901          324,047       13,453,949
     セグメント利益                1,470,684         578,603        2,049,287          5,436       2,054,724
     (注) 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産コンサルティング事業及び介
        護事業を含んでおります。
    2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調

     整に関する事項)
                                      (単位:千円)
                 利益                     金額
     報告セグメント計                                    2,049,287
     「その他」の区分の利益                                      5,436
     セグメント間取引消去                                       -
     全社費用(注)                                    △443,368
     四半期損益計算書の営業利益                                    1,611,355
     (注)   全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない本社費用であります。
                                 14/17











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
      以下のとおりであります。
                                 当第2四半期累計期間

                                 (自    2018年8月1日
                                 至   2019年1月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益
                                        252円01銭
     (算定上の基礎)
      四半期純利益(千円)                                   621,720
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -
      普通株式に係る四半期純利益(千円)                                   621,720
      普通株式の期中平均株式数(株)                                  2,467,034
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
                                        241円07銭
     (算定上の基礎)
      四半期純利益調整額(千円)                                     -
      普通株式増加数(株)                                   111,982
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前事業                                      -
     年度末から重要な変動があったものの概要
     (注) 当社は、2018年10月23日に東京証券取引所マザーズ市場に上場したため、潜在株式調整後1株当たり四半期純
        利益は、新規上場日から当第2四半期会計期間末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しておりま
        す。
    2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 15/17











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。

                                 16/17



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社リーガル不動産(E34322)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年3月14日

    株式会社リーガル不動産
     取締役会      御中
                         太陽有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       荒井 巌            ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       池田 哲雄              ㊞
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社リーガ

    ル不動産の2018年8月1日から2019年7月31日までの第19期事業年度の第2四半期会計期間(2018年11月1日から2019年
    1月31日まで)及び第2四半期累計期間(2018年8月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四
    半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
    正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
    論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
    て四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
    れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社リーガル不動産の2019年1月31日現在の財政状態並びに同日を
    もって終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事
    項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。