株式会社ギフト 四半期報告書 第10期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第10期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社ギフト

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年3月15日

    【四半期会計期間】               第10期第1四半期(自 2018年11月1日 至 2019年1月31日)

    【会社名】               株式会社ギフト

    【英訳名】               GIFT   INC.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 田川           翔

    【本店の所在の場所】               東京都町田市原町田六丁目27番19号

    【電話番号】               042(860)7182       (代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理本部長 末廣            紀彦

    【最寄りの連絡場所】               東京都町田市原町田六丁目27番19号

    【電話番号】               042(860)7182       (代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理本部長 末廣            紀彦

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/18









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                               第10期

               回次               第1四半期            第9期
                             連結累計期間
                            自   2018年11月1日         自   2017年11月1日
              会計期間
                            至   2019年1月31日         至   2018年10月31日
     売上高                   (千円)         2,084,935           6,971,827

     経常利益                   (千円)          302,948           777,832

     親会社株主に帰属する
                       (千円)          196,833           455,692
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                   (千円)          202,607           453,957
     純資産額                   (千円)         2,799,250           2,684,399

     総資産額                   (千円)         4,323,606           4,232,441

     1株当たり四半期(当期)
                        (円)          40.29          111.61
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                        (円)          39.56          109.08
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                   (%)           64.7  %         63.4  %
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3.当社は、2018年8月1日付で普通株式1株につき20株の株式分割を行っております。前連結会計年度の期首
         に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算
         定しております。
       4.当社は、第9期第1四半期連結累計期間については四半期連結財務諸表を作成していないため、第9期第1
         四半期連結累計期間に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。
                                  2/18









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
    2  【事業の内容】
      当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容に
     ついて、重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  3/18



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     なお、当社は、前第1四半期連結累計期間については四半期連結財務諸表を作成していないため、前年同四半期連結
     累計期間との比較は行っておりません。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

       当第1四半期連結累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)におけるわが国経済は、中国の景気減速
      等もあり、輸出に若干の陰りが出てきているものの、低失業率を背景にした賃金上昇の期待が芽生え、企業から家
      計への所得移転、さらには所得から支出への前向きな循環メカニズムが働く等、緩やかに拡大してまいりました。
      国内では、前連結会計年度に発生した集中豪雨、大型台風、大規模地震等、自然災害の景気下押し圧力が一巡し、
      企業収益が堅調に推移する状況下、民間設備投資も増加基調にて推移してまいりました。また、個人消費も雇用、
      所得環境の着実な改善を背景に名目賃金の上昇ペースも僅かながらも加速しつつあり、公共投資も横ばいであるも
      のの高めの水準を維持することとなりました。一方、海外では、中国が景気を減速させる中、米国との貿易摩擦が
      激化し、世界経済への影響が懸念されておりますが、米国は依然個人消費が力強いペースで拡大するとともに企業
      部門も底堅く推移してまいりました。欧州においては、足下の景気が減速しつつあり、米国の保護主義姿勢の強ま
      り、英国のEU離脱交渉の迷走等もあり、景気に不透明感を残す状況にて推移してまいりました。
       当社グループの属する外食産業におきましては、年末、年始のかき入れ時を迎える状況下、2018年12月に有効求
      人倍率が過去最高水準の1.63倍に達する等、労働需給が極めて引き締まる雇用環境に至り、正社員はもとよりパー
      ト、アルバイトといった臨時社員についても適正数を確保することが厳しい状況で推移いたしました。前連結会計
      年度比で増収傾向を維持していくためには社員の適正数確保が絶対条件となることから、正社員の採用コスト、臨
      時社員の時給等、雇用関係コストが依然高止まりする状況にあります。また、当第1四半期連結累計期間において
      は暖冬の影響を少なからず受けた業態が散見される一方で、前連結会計年度においてインバウンド需要にも多大な
      影響を及ぼした各種自然災害の下押しはほぼ一巡することとなりました。
       このような環境の下で当社は、前連結会計年度において東京証券取引所マザーズに上場を果たし、お客様はもと
      より、プロデュース店、仕入先等、当社事業に直接関わる皆様に一定のご信頼をいただくとともに、新たなステー
      クホルダーである一般株主様より当社株式に投資いただくこととなりました。上場翌連結会計年度のスタートとな
      る当第1四半期連結累計期間におきましては、改めて上場企業としての自覚を持ち、社業の発展に真摯に取り組ん
      でまいりました。当第1四半期連結累計期間においては、国内の直営店事業部門における新規出店を加速させると
      ともに、プロデュース店の確実な店舗数の増加により売上拡大を図ってまいりました。また、採算面では製麺工場
      を含めた会社トータルでのコスト削減活動等、当社グループの経営課題に前向きに取り組んでまいりました。
       以上の結果、財政状態及び経営成績は以下の通りとなりました。
      a.財政状態

        当第1四半期連結会計期間末の資産合計は、前連結会計年度末に比べ                                91,164   千円増加し、      4,323,606     千円となり
        ました。
        当第1四半期連結会計期間末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ                                23,686   千円減少し、      1,524,355     千円となり
        ました。
        当第1四半期連結会計期間末の純資産合計は、前連結会計年度末に比べ                                  114,851    千円増加し、      2,799,250     千円と
        なりました。
      b.経営成績

        当第1四半期連結累計期間の経営成績は、売上高                       2,084,935     千円、営業利益       297,956    千円、経常利益       302,948    千
        円、親会社株主に帰属する四半期純利益                   196,833    千円となりました。
        セグメントごとの経営成績については、当社グループの事業が単一セグメントであることから、以下のとおり

       事業部門別に示します。
                                  4/18


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
        直営店事業部門の売上高は1,546,596千円となりました。
        プロデュース事業部門の売上高は538,339千円となりました。
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
       す。
       a.セグメント別の業績の概況

         当第1四半期連結累計期間におけるセグメント別の概況については、当社グループの事業が単一セグメント
        であることから、事業の概況については以下のとおり事業部門別に示します。
         (直営店事業部門)

          国内直営店事業部門においては、当第1四半期連結累計期間を通じて積極的な出店を続け、当第1四半期
         連結累計期間に直営店6店舗の新規出店、2店舗の退店により4店舗の増店を図りました。直営店の新規出
         店は、中部地区に横浜家系ラーメン店舗を4店舗、新業態店豚山を2店舗と成長余力の高いマーケット、業
         態に特化して進めてまいりました。中部地区4店舗の出店は、全てロードサイド店であり、これまでの直営
         店の主要出店地区は、関東、関西でありましたが、当第1四半期連結累計期間においては前連結会計年度末
         で2店舗であった中部地区において、当該既存2店舗の堅調な業績推移を背景として「町田商店名古屋茶屋
         店」「町田商店豊橋店」「町田商店刈谷店」ならびに「町田商店元塩町店」と一挙に4店舗の出店を図りま
         した。また、前連結会計年度に出店し、お客様より非常に高いご評価をいただき早くも繁盛店となっている
         「豚山」(豚骨ベースの醤油スープに、にんにく、野菜、背脂などをお好みで調整し、チャーシューをダイ
         ナミックに載せる、がっつり系のラーメン店)の出店を加速すべく、「豚山平塚店」「豚山大船店」と2店
         舗出店し、いずれも堅調な業績を残すことができました。
          加えて、当社グループの事業成長の鍵を握る商品開発力の底上げにつきましても引き続き精力的に取り組
         んでおり、新たに「Noodles              Facrory」という商品開発拠点を設立し、新メニュー、新業態のためのマーケ
         ティング活動を兼ねた試作ラーメンの限定販売をゲリラ的に展開してまいりました。当該拠点での試作販売
         につきましては、SNS並びに店舗前広告のみの告知にも関わらず、毎回行列の出きる反響を得ており、こ
         こでのマーケティング結果を踏まえた新商品メニュー、新業態店舗への展開も視野に入れ、引き続きマーケ
         ティング、開発活動を積極的に推進してまいります。また、正社員、臨時社員の適正数確保が重要経営課題
         となる中、社員紹介制度の運用強化、アルバイトのスキルに応じた時給アップを図るとともに、勤務場所や
         勤務時間を限定する新たな社員制度を構築する等、厳しい労働需給の状況においても事業拡大を妨げない社
         員数確保を図ることができました。
          海外直営店事業部門においては、アメリカにてE.A.K.RAMENという屋号の横浜家系ラーメン業態店舗をロサ
         ンゼルス、ニューヨークに展開しており、当第1四半期連結累計期間においてもロス排除や食材見直し等の
         徹底した原価改善、シフトコントロールによる人件費削減等を進めるとともに、SNSへの情報発信も積極
         的に行なう等、口コミでの拡散を促し、売上拡大を図ってまいりました。この結果、ロサンゼルス店及び
         ニューヨーク店での本社費用配分前営業利益の月次黒字化は定着し始め、アメリカ法人全体でも月次黒字化
         に移行しつつある状況となってまいりました。また、現在開店準備中のニューヨーク2号店については、今
         後のアメリカ法人全体での売上拡大に寄与するとともに法人としての黒字化実現にとって必須の拠点である
         という認識の下、開店準備を遺漏なく進めてまいりました。
          以上の結果、当第1四半期連結会計期間末の当社グループの店舗数は、直営店62店舗(国内60店舗、海外
         2店舗)、業務委託店5店舗、合計67店舗となりました。また、直営店事業部門の売上高は1,546,596千円と
         なりました。 
         (プロデュース事業部門)

          国内プロデュース事業部門においては、既存出店地域においてはこれまで通り直営店との出店調整を図り
         ながら、既存オーナーを中心とした増店支援の営業活動を推進してまいりました。また、これまで未出店と
         なっている地域のうち、特に当社として直営店を出店させる予定のない地域については、新規オーナーの開
         拓を精力的に行ってまいりました。一方、海外プロデュース事業部門においては、既存オーナーの出店意思
         を確認しながら新規出店地域の検討を行ってまいりました。
          以上の結果、当社グループがプロデュースする店舗数は、当第1四半期連結累計期間に5店舗の純増とな
         り、結果、国内350店舗、海外6店舗、合計356店舗となりました。また、プロデュース事業部門の売上高は
         538,339千円となりました。
       b.財政状態の分析

                                  5/18


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
          (資産)
          当第1四半期連結会計期間末の総資産は、                    前連結会計年度末に比べ91,164千円増加                   し 4,323,606千円       となり
         ました。これは主に、積極的な出店を行ったことなどにより建物及び構築物などの有形固定資産が                                              175,281    千
         円、敷金保証金が        40,985   千円増加したこと等によるものであります。
          (負債)

          当第1四半期連結会計期間末の負債は、                   前連結会計年度末に比べ23,686千円減少                   し 1,524,355千円       となりま
         した。   これは主に、短期借入金の増加により                  56,054   千円増加した一方、法人税等の納付等により未払法人税
         等が  102,627    千円減少したこと等によるものであります
          (純資産)

          当第1四半期連結会計期間末の純資産は、                    前連結会計年度末に比べ114,851千円増加                   し 2,799,250千円       とな
         り、自己資本比率は64.7%となりました。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純利益                                           196,833    千円の計
         上により利益剰余金が増加したこと等によるものであります。
     (3)   事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた課題はありません。
     (4)   研究開発活動

        特に記載すべき事項はありません。 
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/18












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)

                普通株式                                      16,000,000

                 計                                    16,000,000

      ②  【発行済株式】

              第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (2019年1月31日)          (2019年3月15日)          商品取引業協会名
                                    東京証券取引所         単元株式数は100株でありま
       普通株式            4,890,400          4,890,400
                                    (マザーズ)         す。
         計          4,890,400          4,890,400          ―             ―
    (注)提出日現在発行数には、2019年3月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
       た株式数は、含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
                                  7/18









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
        年月日        総数増減数        総数残高       (千円)        (千円)       増減額        残高
                  (株)       (株)                      (千円)       (千円)
     2019年11月1日~
     2019年1月31日               4,800     4,890,400           92     763,562          92     743,562
     (注)
      (注)新株予約権の行使による増加であります。
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
     (6)  【議決権の状況】

      ①  【発行済株式】
                                                 2019年1月31日現在
           区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                          -             -        -

     議決権制限株式(自己株式等)                          -             -        -

     議決権制限株式(その他)                          -             -        -

     完全議決権株式(自己株式等)                          -             -        -

                    普通株式
     完全議決権株式(その他)                                                -
                                          48,853
                           4,885,300
                    普通株式
     単元未満株式                                        -        -
                              300
     発行済株式総数                       4,885,600                 -        -
     総株主の議決権                          -           48,853          -

     (注)   当第1四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
       ることができないことから、直前の基準日(2018年10月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
    EFadYfA8sVqS
      ②  【自己株式等】
        該当事項はありません。
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                  8/18







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1   四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年11月1日から2019年
     1月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,739,814              1,552,368
        売掛金                                183,279              195,378
        商品及び製品                                24,655              22,346
        原材料及び貯蔵品                                17,990              30,763
        その他                                78,013              108,159
                                        △ 2,929             △ 1,929
        貸倒引当金
        流動資産合計                               2,040,822              1,907,088
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                             1,222,590              1,394,992
                                       △ 172,994             △ 195,156
           減価償却累計額
           建物及び構築物(純額)                            1,049,596              1,199,835
         土地                                639              639
         その他                              577,909              619,520
                                       △ 216,746             △ 233,316
           減価償却累計額
           その他(純額)                             361,162              386,204
         有形固定資産合計                             1,411,398              1,586,679
        無形固定資産
                                        33,288              32,644
         その他
         無形固定資産合計                               33,288              32,644
        投資その他の資産
         敷金及び保証金                              455,651              496,637
         その他                              291,868              301,144
                                         △ 588             △ 588
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              746,931              797,193
        固定資産合計                               2,191,619              2,416,518
      資産合計                                4,232,441              4,323,606
                                 10/18









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                201,094              188,724
        短期借入金                                156,828              212,882
        1年内返済予定の長期借入金                                236,384              211,388
        未払法人税等                                229,297              126,669
        賞与引当金                                43,183              22,285
                                        332,807              442,976
        その他
        流動負債合計                               1,199,595              1,204,926
      固定負債
        長期借入金                                223,070              181,346
        資産除去債務                                119,925              130,306
                                         5,451              7,777
        その他
        固定負債合計                                348,446              319,429
      負債合計                                1,548,042              1,524,355
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                763,469              763,562
        資本剰余金                               1,015,597              1,015,689
                                        903,245             1,012,137
        利益剰余金
        株主資本合計                               2,682,312              2,791,389
      その他の包括利益累計額
                                         2,086              7,860
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                 2,086              7,860
      純資産合計                                2,684,399              2,799,250
     負債純資産合計                                  4,232,441              4,323,606
                                 11/18











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年11月1日
                                至 2019年1月31日)
     売上高                                  2,084,935
                                        618,840
     売上原価
     売上総利益                                  1,466,094
     販売費及び一般管理費                                  1,168,138
     営業利益                                   297,956
     営業外収益
      受取利息                                   666
      為替差益                                  2,461
      手数料収入                                  1,533
                                          870
      その他
      営業外収益合計                                  5,531
     営業外費用
      支払利息                                   441
                                          98
      その他
      営業外費用合計                                   539
     経常利益                                   302,948
     特別利益
                                         6,754
      固定資産売却益
      特別利益合計                                  6,754
     税金等調整前四半期純利益                                   309,702
     法人税等                                   112,869
     四半期純利益                                   196,833
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   196,833
                                 12/18











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年11月1日
                                至 2019年1月31日)
     四半期純利益                                   196,833
     その他の包括利益
                                         5,774
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                  5,774
     四半期包括利益                                   202,607
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 202,607
                                 13/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
                               当第1四半期連結累計期間
                           (自    2018年11月1日         至   2019年1月31日)
     税金費用の計算             税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純
                 利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当
                 該見積実効税率を乗じて計算しております。
      (追加情報)

                         当第1四半期連結累計期間
                     (自    2018年11月1日         至   2019年1月31日)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期連結
     会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
     分に表示しております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            当第1四半期連結累計期間

                             (自    2018年11月1日
                              至   2019年1月31日)
        減価償却費                          42,058   千円
       (株主資本等関係)

     当第1四半期連結累計期間(自                2018年11月1日         至   2019年1月31日)
     1   配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
         決議      株式の種類                     基準日       効力発生日        配当の原資
                      (千円)     配当額(円)
      2019年1月30日
               普通株式        87,940      18.00    2018年10月31日        2019年1月31日         利益剰余金
      定時株主総会
     2   基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
                                 14/18








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
      当社グループは、飲食事業の単一セグメントであり、記載を省略しております。
       (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
      以下のとおりであります。
                                 当第1四半期連結累計期間

                                  (自    2018年11月1日
                                  至   2019年1月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益
                                         40円29銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

                                         196,833
      普通株主に帰属しない金額(千円)

                                            -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         196,833
      四半期純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)
                                        4,885,921
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

                                         39円56銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)

                                            -
      普通株式増加数(株)                                     89,424

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                        ―
     会計年度末から重要な変動があったものの概要
                                 15/18











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                 16/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 17/18



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ギフト(E34336)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年3月15日

    株式会社ギフト
     取締役会      御中
                       EY新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士  藥  袋  政  彦  印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士  田  光  完  治  印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ギフト

    の2018年11月1日から2019年10月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2018年11月1日から2019年1月31
    日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、
    四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
    た。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ギフト及び連結子会社の2019年1月31日現在の財政状態
    及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重
    要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。