株式会社ブロードバンドタワー 有価証券報告書 第20期(平成30年7月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第20期(平成30年7月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社ブロードバンドタワー

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券報告書

    【根拠条文】                       金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       平成31年3月14日

    【事業年度】                       第20期(自 平成30年7月1日 至 平成30年12月31日)

    【会社名】                       株式会社ブロードバンドタワー

    【英訳名】                       BroadBand     Tower,    Inc.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役会長兼社長           CEO 藤 原 洋

                           東京都千代田区内幸町二丁目1番6号

    【本店の所在の場所】
                           日比谷パークフロント
    【電話番号】                       03-5202-4800(代表)
    【事務連絡者氏名】                       常務取締役      法務・経理統括        中  川  美  恵  子

                           東京都千代田区内幸町二丁目1番6号

    【最寄りの連絡場所】
                           日比谷パークフロント
    【電話番号】                       03-5202-4800(代表)
    【事務連絡者氏名】                       常務取締役      法務・経理統括        中  川  美  恵  子

                           株式会社東京証券取引所

    【縦覧に供する場所】
                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/110









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
           回次           第15期      第16期      第17期      第18期      第19期      第20期

                     平成26年6月      平成27年6月      平成28年6月      平成29年6月      平成30年6月      平成30年12月

          決算年月
     売上高            (千円)    26,755,982      31,697,912      34,788,871      38,987,492      10,731,529       6,296,650

     経常利益又は経常損失
                 (千円)      801,372      758,097      553,008      767,304      △ 20,846     △ 663,190
     (△)
     親会社株主に帰属する
     当期純利益又は
                 (千円)      238,744       58,804      △ 9,642     427,091     △ 330,093      165,168
     親会社株主に帰属する
     当期純損失(△)
     包括利益            (千円)      313,294      211,590       61,472      712,860     △ 360,505      114,451
     純資産額            (千円)     6,017,602      7,764,097      8,402,771      8,207,201      9,182,444      10,171,151

     総資産額            (千円)    12,785,717      15,776,584      16,287,621      13,530,995      18,235,982      23,150,094

     1株当たり純資産額             (円)      126.74      145.71      149.81      157.90      136.74      140.42

     1株当たり当期純利益金
     額又は当期純損失金額             (円)       5.49      1.35     △ 0.19      8.37     △ 6.45      3.22
     (△)
     潜在株式調整後1株当た
                 (円)       5.47      1.34        ―     8.35        ―     3.22
     り当期純利益金額
     自己資本比率             (%)       43.1      45.1      46.9      59.6      38.4      31.1
     自己資本利益率             (%)       4.4      0.9     △ 0.1      5.4     △ 4.4      2.3

     株価収益率             (倍)       32.0      233.9        -     30.2       -     87.6

     営業活動による
                 (千円)     1,106,195      1,441,675       741,775      877,034     △ 196,222     △ 303,436
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)    △ 1,158,841      △ 475,133    △ 1,661,455      △ 901,270     △ 866,482    △ 3,074,782
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)      416,022     1,775,232       299,280      712,897      624,855     4,073,813
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)     4,201,423      6,956,490      6,227,905      6,963,851      6,517,920      7,240,975
     の期末残高
     従業員数
                        236      264      261      281      249      319
     〔外、平均臨時             (名)
                        〔 8 〕     〔 9 〕    〔 11 〕     〔 9 〕    〔 22 〕    〔 19 〕
     雇用者数〕
     (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 第17期及び第19期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株
          当たり当期純損失であるため記載しておりません。
        3 第17期及び第19期の株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失を計上しているため記載して
          おりません。
        4 平成30年9月21日開催の第19回定時株主総会決議により、決算期を6月30日から12月31日に変更しました。
          従って、第20期は平成30年7月1日から平成30年12月31日までの6か月間となっております。
                                   2/110




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第15期      第16期      第17期      第18期      第19期      第20期

                     平成26年6月      平成27年6月      平成28年6月      平成29年6月      平成30年6月      平成30年12月

          決算年月
     売上高            (千円)     7,719,980      7,491,633      7,196,421      7,388,934      7,560,149      3,854,685

     経常利益
                 (千円)      447,665      356,411      131,907       94,464      121,953     △ 350,265
      又は経常損失(△)
     当期純利益
                 (千円)      223,141      106,620      △ 78,348      744,224      295,476     △ 143,206
     又は当期純損失(△)
     資本金            (千円)     2,327,560      2,346,403      2,361,424      2,370,701      2,383,721      2,404,404
     発行済株式総数             (株)    51,469,000      51,674,000      51,894,000      51,979,500      52,100,000      52,285,500

     純資産額            (千円)     5,155,367      6,802,666      7,140,332      7,765,529      7,524,060      7,359,047

     総資産額            (千円)     6,754,787      9,907,576      10,789,632      13,077,391      13,781,476      16,083,192

     1株当たり純資産額             (円)      117.81      138.74      139.84      151.86      146.80      143.30

     1株当たり配当額
                 (円)       1.5       2      3      11       2      1
     (内、1株当たり
                 (円)
                        ( 0.5  )     ( 1 )     ( 1 )     ( 1 )     ( 1 )     ( 0 )
     中間配当額)
     1株当たり当期純利益
     金額又は当期純損失金             (円)       5.13      2.45     △ 1.55      14.59       5.78     △ 2.79
     額(△)
     潜在株式調整後1株当
                 (円)       5.11      2.44        ―    14.56       5.77        ―
     たり当期純利益金額
     自己資本比率             (%)       75.8      68.4      66.1      59.3      54.5      45.8
     自己資本利益率             (%)       4.4      1.8     △ 1.1      10.0       3.9     △ 1.9

     株価収益率             (倍)       34.3      129.0        ―     17.3      29.2        ―

     配当性向             (%)       29.2      81.6        ―     75.4      34.6        ―

     従業員数
                        120      127      145      147      138      135
     〔外、平均臨時             (名)
                        〔 2 〕     〔 2 〕     〔 7 〕     〔 6 〕     〔 3 〕     〔 2 〕
     雇用者数〕
     (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 第17期及び第20期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株
          当たり当期純損失であるため記載しておりません。
        3 第17期及び第20期の株価収益率及び配当性向については、当期純損失を計上しているため記載しておりませ
          ん。
        4 第17期の1株当たり配当額3円は、特別配当1円を含んでおります。また、第18期の1株当たり配当額11円
          は、特別配当9円を含んでおります。
        5 平成30年9月21日開催の第19回定時株主総会決議により、決算期を6月30日から12月31日に変更しました。
          従って、第20期は平成30年7月1日から平成30年12月31日までの6か月間となっております。
                                   3/110






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    2  【沿革】
       年月                           事項

     平成12年2月        東京都港区虎ノ門にインターネットデータセンターを事業目的とした、グローバルセンター・
             ジャパン株式会社を設立。
     平成12年4月        東京都港区に「虎ノ門サイト」開設。
     平成12年7月        東京都千代田区に「第1サイト」開設。
     平成13年5月        東京都新宿区西新宿一丁目26番2号新宿野村ビルに本社を移転。
     平成13年11月        ミートミールーム(MMR)を第1サイト内に新設、運用開始。ミートミールームにおいて、日本
             インターネットエクスチェンジ株式会社による「JPIX第二大手町」の稼動開始。
     平成14年3月        第三者割当増資により、株式会社インターネット総合研究所の子会社となる。
     平成14年4月        株式会社ブロードバンドタワーに商号を変更。
     平成15年6月        東京都中央区日本橋本石町三丁目2番2号北越製紙ビルディングに本社を移転。
     平成16年11月        東京都品川区に「第2サイト」開設。
     平成17年8月        株式会社大阪証券取引所ニッポン・ニュー・マーケット-「ヘラクレス」市場へ上場。
     平成17年9月        東京都目黒区に「第3サイト」開設。
     平成17年10月        株式会社ビービーエフを設立。
     平成17年11月        東京都港区赤坂四丁目2番6号住友不動産新赤坂ビルに本社を移転。
     平成17年11月        株式会社インターネット総合研究所が、当社株式の一部を売却し、その他の関係会社となる。
     平成18年3月        データセンター運用受託業務開始。
     平成18年7月        ソリューション事業の拡充を目的として株式会社インデックス・ソリューションズPEの全株式
             を取得し、100%子会社とする。同年10月、当社に吸収合併。
             アイシロン・システムズ社製品「Isilon                   IQシリーズ」の販売代理店契約締結、販売開始。
     平成18年10月
     平成19年1月        マネージドホスティングサービス「FlexHosting(フレックスホスティング)」の提供開始。
     平成19年6月        大阪市福島区に「西梅田(旧関西)サイト」開設。
             連結子会社      株式会社ビービーエフが、TVショッピング支援事業を新たに開始。
     平成21年6月
     平成21年9月        ヤフー株式会社を割当先とする第三者割当増資を実施。
             「Isilon     IQ  シリーズ」の正式代理店として、Isilon                    パートナープログラム最上位である
     平成22年1月
             「Preferred      Partner    Platinum」の資格を取得。
     平成23年7月        クラウドに向けたネットワークインフラの強化を目的として、日本インターネットエクスチェ
             ンジ株式会社へ出資。
             連結子会社      株式会社ビービーエフが衣料品のデザイン企画及び衣料品の販売を行う株式会社ブ
     平成24年8月
             ランチ・アウト・デザインの全株式を取得。
     平成24年9月        東京都千代田区内幸町一丁目3番2号内幸町東急ビルに本社を移転。
             連結子会社      株式会社ブランチ・アウト・デザイン及びその完全子会社である株式会社ブラン
     平成24年12月
             チ・アウトは、子会社間での吸収合併を行い、株式会社ブランチ・アウト(合併後の新商号)
             となる。
     平成25年7月        連結子会社      株式会社ビービーエフが中国上海市に子会社                      上海布藍綺国際貿易有限公司を設
             立。
     平成25年8月        山口県防府市において太陽光発電事業を開始。
     平成25年8月        決済事業者向けソリューション提供を行うため株式会社Lyudia(現Ingenico                                    Japan株式会社、
             資本金50,000千円、当社持株比率100%)を設立。
     平成26年6月        クラウドセキュリティ認証制度「STAR認証」を国内企業として初の取得。
     平成27年2月        当社2か所目となる太陽光発電事業を群馬県利根郡みなかみ町において開始。
     平成27年3月        IoT(モノのインターネット)事業への参入を目的として米国EverySense,Inc.へ出資。
     平成27年4月        東京都江東区に「第5サイト」開設。
     平成27年6月        第三者割当による行使価額修正条項付第9回新株予約権(行使指定・停止指定条項付)による
             資金調達を実施。
                                   4/110





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
       年月                           事項
     平成27年10月        IoT事業の海外拠点として米国カリフォルニア州サンディエゴ市に連結子会社                                      BBTOWER    SAN
             DIEGO   INC.を設立。
     平成27年11月        クラウドセキュリティ認証制度「STAR認証」のゴールドレベルを国内企業として初の取得。
     平成27年12月        次世代に向けた人工知能ソリューション事業を展開するために、連結子会社                                    株式会社エーアイ
             スクエアを設立。
     平成28年2月        国内外のIoTベンチャーの発掘・育成等を目的として連結子会社                              グローバルIoTテクノロジーベ
             ンチャーズ株式会社を設立。
     平成28年3月        CATV事業者共通の情報配信インフラを保有するジャパンケーブルキャスト株式会社と資本業務
             提携を締結。
     平成28年4月        連結子会社である株式会社Lyudia(現Ingenico                       Japan株式会社)の株式の一部をフランスの
             Ingenico     Group   S.Aに譲渡。譲渡後の当社所有割合は30%
     平成28年6月
             当社3か所目となる太陽光発電事業を栃木県日光市において開始。
     平成29年4月
             グローバルIoTテック1号投資事業組合を設立。
     平成29年5月
             連結子会社エーアイスクエアが株式会社メディアドゥと資本業務提携を締結。
     平成29年6月        連結子会社である株式会社ビービーエフ株式の一部を譲渡したことにより、株式会社ビービー
             エフ、株式会社ブランチ・アウト、上海布藍綺国際貿易有限公司は連結子会社から持分法適用
             関連会社へ。
     平成29年10月
             ジャパンケーブルキャスト株式会社を連結子会社化。
     平成29年10月
             新設分割により株式会社IoTスクエアを設立。
     平成29年12月
             東京都千代田区内幸町二丁目1番6号日比谷パークフロントに本社を移転。
     平成29年12月        持分法適用関連会社である株式会社ビービーエフ株式の譲渡により、同社は持分法適用の範囲
             から外れる。
     平成30年1月        LP(Limited      Partner:有限責任組合)出資を推進するために、ケイマン諸島にGiTV                                   FundⅠ
             Investment,L.P.を設立。(国内で組成していたグローバルIoTテック1号投資事業組合は同年
             3月に清算)
     平成30年6月
             栃木県日光市の太陽光発電設備を譲渡。
     平成30年6月
             持分法適用関連会社であるIngenico                 Japan株式会社の全株式を譲渡。
     平成30年7月
             株式会社ビービーエフの保有株式を全て譲渡。
     平成30年8月
             東京都千代田区に「新大手町サイト」開設。
     平成30年10月
             山口県防府市の太陽光発電設備を譲渡。
     平成30年10月        連結子会社であるジャパンケーブルキャスト株式会社が沖縄ケーブルネットワーク株式会社を
             完全子会社化し連結対象へ。
     平成31年1月
             連結子会社である株式会社IoTスクエアの全株式を譲渡。
     平成31年1月
             株式交換により株式会社ティエスエスリンクを完全子会社化し連結対象へ。
                                   5/110










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    3  【事業の内容】
        当連結会計年度における主要な関係会社の異動と当社グループの主な事業の内容は、以下のとおりであります。
      (主要な関係会社の異動)

        ①連結子会社であるジャパンケーブルキャスト株式会社が、平成30年10月に沖縄ケーブルネットワーク株式会社
       (以下、沖縄ケーブル)の全株式を取得したことにより、当社の連結子会社となりました。
        ②当社は、本年(平成31年)1月4日付けで連結子会社である株式会社IoTスクエア(以下、IoTスクエア)の
        全株式を譲渡したことにより、同社は連結子会社から外れました。
        ③当社は、本年1月31日付けで株式交換により株式会社ティエスエスリンクを完全子会社化いたしました。
      (事業内容)

        当社グループでは、当社が営む「コンピュータプラットフォーム事業」、株式会社エーアイスクエア(以下、
       AI2)、IoTスクエア、グローバルIoTテクノロジーベンチャーズ株式会社(以下、GiTV)及びBBTOWER                                                SAN  DIEGO
       INC.(以下、BBT        SD)等を中心とする「IoT/AIソリューション事業」、ジャパンケーブルキャスト株式会社(以
       下、JCC)、沖縄ケーブル、IoTスクエアを中心とする「メディアソリューション事業」の3つのセグメント情報の
       区分で事業活動を展開しております。
        当社グループのセグメントの概要は下記のとおりです。
     (1)  コンピュータプラットフォーム事業

        当社が営むコンピュータプラットフォーム事業では、「データセンター」、「クラウド・ソリューション」、
       「データ・ソリューション」、「その他」にサービス区分し、それぞれ展開しております。各サービスの内容は
       次のとおりであります。
      ①  データセンター(データセンター、ネットワークプロバイダー)
         データセンター用不動産(データセンタービル)を賃借し、同不動産内にデータセンター設備(通常運用時の
        電力供給設備、非常時バックアップ用バッテリー設備(無停電電源装置)、非常用電源設備(小型のディーゼル
        発電機、またはガスタービン発電装置))、情報通信機器(ルータ・スイッチ類、LAN、情報通信セキュリティ
        機器)等を設置して、インターネット情報提供サービスを提供する事業者の保有するコンピュータ機器(サー
        バ)をラック内に収容すると共に、当社の情報通信機器を通じて通信事業者(キャリア等)の通信回線と接続
        し、以下の設備等を提供しております。
        ・スペースの提供
        ・通信回線
        ・電力
        ・コンピュータ機器運用受託
        ・同上各サービスの周辺設備
      ②  クラウド・ソリューション
         当社内データセンターにある当社の保有するコンピュータ資源を顧客に貸し出しております。また、当社と販
        売提携している他社製クラウドサービスの再販、クラウド利用に関するサービスを提供しております。
      ③  データ・ソリューション
         当社が代理店権を有するストレージ装置の販売、大容量ストレージに蓄積されたデータを分析・加工するシス
        テム構築、データ分析、加工するサービスを提供しております。
      ④  その他
         クラウドを中心とした技術を強化するため、当社内に設置したCloud&SDN研究所を中心に、SDN、NFV、
        OpenStackを活用した技術の研究開発を行っております。(SDN:Software                                   Defined    Networking、NFV:Network
        Functions     Virtualization、OpenStack:オープンソースで開発されているクラウド環境構築用のソフトウェア
        群)
                                   6/110




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (2)  IoT/AIソリューション事業
        AI2、IoTスクエア、GiTV、GiTV               FundⅠInvestment,L.P.、BBT              SDを中心に事業を行っております。
        AI2は、自然言語解析技術を活用したAIソリューションを提供しており、IoTスクエアでは、IoT事業及び新規事
       業を行っております。GiTVは業務執行組合員としてGiTV                          FundⅠInvestment,L.P.を組成し、同ファンドは大手企
       業等から出資を募り、AI関連及びIoT関連のベンチャー企業へ出資しております。なお、IoT事業等を行っている
       IoTスクエアは本年1月に連結子会社から外れました。
     (3)  メディアソリューション事業

        JCCは、主に日本全国のケーブルテレビ事業者及び番組供給事業者向けの通信ネットワーク事業を行い、沖縄
       ケーブルは、ケーブルテレビ放送事業、インターネット・固定電話サービスを行っております。コンシューマー
       向け動画配信サービス、ネットシネマ等も展開しているIoTスクエアは本年1月に連結子会社から外れました。
     〔事業系統図〕

     当社グループは、平成30年12月31日現在、当社、連結子会社7社、持分法適用関連会社1社で構成され、「コン
    ピュータプラットフォーム事業」、「IoT/AIソリューション事業」、「メディアソリューション事業」を事業内容とし
    ております。
     なお、当社は、平成31年1月4日付けで株式会社IoTスクエアの全株式を譲渡したため、同社は同日付けで連結子  










    会社から外れました
     また、平成31年1月31日を効力発生日として株式会社ティエスエスリンクと株式交換を行い、同社を当社の完全子会
    社といたしました。
                                   7/110




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                        資本金又は

                                             議決権の所有割
                                   主要な事業
          名称          住所      出資金                    合又は被所有割        関係内容
                                    の内容
                                             合(%)(注)1
    (連結子会社)
                                                   開発の一部受託
                                             所有 
                 東京都千代田                                  託、サービスの
    株式会社エーアイスクエア                    186,250千円      人工知能を活用したサービスの提供
                 区                                  利用
                                             77.32
                                                   役員の兼任1名
                                                   サービスの受
                                                   託・委託、  
                                             所有
                 東京都千代田
    株式会社IoTスクエア(注)8                    150,000千円      IoT関連サービス等の提供                     固定資産の譲受
                 区
                                             100.00
                                                   け      
                                                   役員の兼任2名
                 米国カリフォ
                                             所有
    BBTOWER   SAN  DIEGO   INC.
                 ルニア州サン       200万米ドル      IoT事業等の海外拠点                     役員の兼任1名
                                             100.00
                 ディエゴ市
                                             所有
    グローバルIoTテクノロジーベ             東京都千代田             国内外のIoTベンチャーの発掘・育成
                         165,000千円                           役員の兼任2名
    ンチャーズ株式会社             区             等
                                             80.55
                                             所有
                                              20.83
    GiTV  Fund  ⅠInvestment,L.P.
                              国内外のIoT先端技術ベンチャー企業
                 ケイマン諸島      1,920,000千円                               -
                              等への投資
    (注)2
                                             (3.36)
                                             (注)3
                                             所有
    ジャパンケーブルキャスト株式             東京都千代田             ケーブルテレビ及び番組供給事業者                     サービスの提供
                         379,309千円
    会社(注)2、7             区             向けの通信ネットワーク事業                     役員の兼任5名
                                             50.40
                                             所有
    沖縄ケーブルネットワーク株式                          ケーブルテレビ放送事業、インター
                 沖縄県那覇市        10,000千円                             -
    会社                          ネット・固定電話サービス
                                             (50.40)
    (持分法適用関連会社)
                                             所有
                 東京都世田谷
                                                      -
    株式会社キャンパスナビTV                     36,208千円     コンテンツ企画制作等
                 区
                                             37.23
    (その他の関係会社)
                                             被所有
                                                    クラウドサー
    株式会社インターネット総合研
                 東京都新宿区       100,000千円      コンサル事業、出資先の管理等               21.86      ビスの提供
    究所
                                                    役員の兼任2名
                                             (注)4
                                             被所有
                                              21.86
    Internet    Research    Institute
                 イスラエル              株式会社インターネット総合研究所
                            -                       役員の兼任2名
                 テルアビブ             の持株会社
    Ltd
                                             (21.86)
                                             (注)5、6
     (注)   1 議決権の所有(被所有)割合の( )内は間接所有割合の内数です。
        2 特定子会社であります。
        3 グローバルIoTテクノロジーベンチャーズ株式会社は、GiTV                              FundⅠInvestment,L.P.に対して3.36%の実質
          持分比率を有しております。また、当社グループの持分は100分の50以下でありますが、当社が実質的に支
          配する関係にあるため、「投資事業組合に対する支配力基準及び影響力基準の適用に関する実務上の取扱い
          (企業会計基準委員会実務対応報告第20号 平成18年9月8日 平成23年3月25日改正)」を適用し、連結子
          会社としております。
        4 議決権の被所有割合については自己株式(930,000株)を控除して算出しております。
        5 株式会社インターネット総合研究所の株式を100%保有しております。
        6 Internet       Research     Institute     Ltdはテルアビブ証券取引所に上場しております。
        7 売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等
                      ジャパンケーブルキャスト株式会社
           売上高                  1,841,151千円
           経常損失(△)                  △42,470千円
           当期純損失(△)                  △34,444千円
           純資産額                  2,252,768千円
           総資産額                  4,930,259千円
        8 株式会社IoTスクエアは、平成31年1月4日付で当社が全株式を譲渡し、同日付けで連結子会社から外れて
          おります。
        9 上記以外に非連結子会社が1社あります。
                                   8/110



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                                平成30年12月31日現在
             セグメントの名称                           従業員数(名)
     コンピュータプラットフォーム事業                                     115名   〔2名〕

     IoT/AIソリューション事業                                     36名  〔2名〕

     メディアソリューション事業                                     114名   〔13名〕

     全社(共通)                                     54名  〔2名〕

                合計                         319名   〔19名〕

     (注)   1   従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出
          向者を含めた就業人員数であります。
        2   臨時従業員数は、派遣社員及びパートタイマーを含む人員であり、〔外書〕に年間の平均人員を記載してお
          ります。
        3   全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
        4 従業員数は、連結子会社のジャパンケーブルキャスト株式会社が、沖縄ケーブルネットワーク株式会社を子
          会社化したため、前連結会計年度末と比べ、70名増加しております。
     (2)  提出会社の状況

                                                平成30年12月31日現在
       従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
                                     7年   3か月

        135名   〔2名〕               39.0歳                           6,302
             セグメントの名称                           従業員数(名)

     コンピュータプラットフォーム事業                                     115名   〔2名〕

     全社(共通)                                     20名  〔0名〕

                合計                         135名   〔2名〕

     (注)   1   従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含めた就業人員数であります。
        2   臨時従業員数は、派遣社員及びパートタイマーを含む人員であり、〔外書〕に年間の平均人員を記載してお
          ります。
        3   平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        4   全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
     (3)  労働組合の状況

       労働組合はなく、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。
                                   9/110







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
     (1)会社の経営の基本方針

       当社グループは、IoT/ビッグデータ/人工知能(AI)関連市場が拡大する中、本市場を新たに注力する事業領域と
      位置付け、事業の選択と集中を行っております。
       従来から提供しているデータセンター、クラウド・ソリューションを中心とする既存事業については事業基盤を
      強化し、IoTやAI等の新規事業については新サービスを創出、育成し、社会全体で生成される情報の収集と発信の仕
      組みを提供する企業へと進化してまいります。 
       具体的には、当社の主力事業であるデータセンターについては、新たなデータセンターモデルへの展開として、
      昨年(平成30年)8月の新データセンター開設を機に、製造業等新たな顧客層を開拓してまいります。また、次な
      る事業の柱として注力しているIoT事業、自然言語解析技術をはじめとする人工知能技術を活用したAI事業について
      は、当社が培った事業基盤、知見、専門性を活用し、必要な技術を開発しながら基盤整備、実証実験等を行い、
      サービスの拡充、顧客数の増加に繋げてまいります。
       事業環境の変化に対応するため、事業の選択と集中を推進する中、IoT事業を行っている株式会社IoTスクエアに
      ついては、事業が軌道に乗るまで時間を要することから全株式を本年1月に譲渡いたしました。
       今後も事業ポートフォリオの入れ替え、他の企業とのコラボレーションを実施しながら、既存事業の強化、新規
      事業の育成を図り、グループ全体のバリューチェーンを進化させてまいります。
     (2)目標とする経営指標

       当社グループでは、売上高成長率、営業利益率等、持続的成長性及び収益性に関する財務的指標の向上を目指し
      た事業運営を推進しております。
     (3)中長期的な会社の経営戦略

       IoT/ビッグデータ/人工知能(AI)技術が普及し進展する等、当社の事業を取り巻く環境は急速に変化しており、
      成長機会を逃さないためにも、当社は事業の選択と集中を進めてまいります。日本初の専業インターネット・デー
      タセンター会社(当時の商号はグローバルセンター・ジャパン株式会社)として設立された当社は、インターネッ
      ト・テクノロジー・トレンドを主導するインターネット・データセンター事業者の草分けとして、大きな技術革新
      のフェーズを迎えたことを認識し、既存事業を更に強化するべく5G(第5世代移動通信システム)に対応した新
      データセンターを平成30年8月に開設いたしました。加えて、新規事業としてAI事業等を推進しております。
       インターネットを用いた第1フェーズのビジネスモデルは、ポータル(玄関口)サービスモデルで、ニュース等
      のコンテンツ提供、検索エンジン、ショッピングモール、株式売買等、サービス事業者が集中的に情報提供を行う
      モデルでした。当社は、このポータルサービス事業者のコンピュータ資源を預かるインターネット・データセン
      ター事業者の草分けとして成長してきました。第2フェーズのビジネスモデルは、ソーシャル・メディアサービス
      モデルで、サービス利用者が情報を書き込む利用者参加型のモデルで、ソーシャル・メディアサービス事業者は、
      コンピュータ資源を自社のデータセンター内に構築する傾向にあり、外部のデータセンターを利用せずに内製化し
      ています。第3フェーズのビジネスモデルは、インターネット接続機器が、PC、タブレット、スマートフォンのよ
      うな人間が扱う端末ではなく、監視カメラ、各種センサーや各種機器等あらゆる自動計測・自動制御機器となるIoT
      時代を意味しています。IoTに関連してビッグデータ、AI等も急速に普及する中、サービスに必要なシステムの構
      築、要素技術の開発、技術提携、資本提携等、他の企業とコラボレーションを推進し、自然言語解析技術をはじめ
      とした人工知能技術の開発やサービス化を加速させ、事業を拡大してまいります。
     (4)会社の対処すべき課題

       IoT/ビッグデータ/人工知能(AI)時代が進展する中、これらのビジネス領域を成長機会と捉え、IoT事業、自然
      言語解析技術をはじめとするAI技術を活用したAIサービス等の新規事業を創出、育成してまいりました。新規事業
      の創出、育成には資金、時間等を要しますが、当社グループが培った事業基盤、知見、専門性を活用し、必要な技
      術を開発しながら基盤整備や実証実験等を行ってまいりました。今後は、新規事業を早期に立ち上げるための体制
      の強化が急務であります。
                                  10/110


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
       当社の主力事業であるデータセンターについては、新データセンターの開設を機に新規顧客獲得に向けた受注活
      動を行うとともに、既存顧客との関係強化による取引拡大にも努め、データセンター企業の先駆者として、競争に
      勝 ち残るためにも、多様化する顧客ニーズに対応したデータセンターサービスを今後も提供してまいります。クラ
      ウド・ソリューション、データ・ソリューション等のサービスについても、サービスラインアップの拡充、サービ
      ス品質の維持・向上等により、顧客ニーズに対応してまいります。また、新たに当社グループに加わった子会社等
      とは、早期にシナジー効果を発揮できるように連携を深めてまいります。
       なお、企業価値を向上させる取組みとして、コンプライアンスを始めとする社員教育の充実を通じて組織力を強
      化すると共に、内部統制システムの構築および運用にも更に力を入れ、企業の社会的責任を果たすべく取り組んで
      まいります。
                                  11/110

















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
       当社グループの事業活動に関するリスクについて、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられ
      る主な事項を記載しております。また必ずしもリスク要因に該当しない事項についても、投資家の投資判断上、重
      要であると考えられる事項については、投資家に対する積極的な情報開示の観点から開示しております。
       当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める所
      存です。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。ま
      た、以下の記載は当社グループの事業もしくは本株式への投資に関連するリスクを完全に網羅するものではありま
      せんので、この点にご留意ください。
     ①  当社グループの事業内容について
      a)事業環境について
         富士キメラ総研の調査によると、データセンタービジネス市場は、IoT、人工知能などのシステム基盤として
        の需要増が見込まれるIaaS(Infrastructure                      as  ▶ Service)、PaaS(Platform              as  ▶ Service)の伸びが期待
        されるとともに、BCP(Business                Continuity      Plan)を意識したデータセンターへのシステム運用のアウトソー
        ス化や冗長化を意識した複数センター利用、データセンターの老朽化による新設データセンターへのシステム
        移設等の要因で、今後も成長が望める市場であります。しかしながら、価格競争の激化、顧客の要求の多様化
        等、引き続き厳しい競争環境下にあると認識しております。
         当社は、平成30年8月に新データセンターを開設しましたが、更なるノウハウの蓄積に取り組み、新規事業
        や新サービスを創出し、より付加価値の高いサービスを提供することで競合会社との差別化を図ってまいりま
        すが、このような状況の中で、当社が優位性を発揮し一定の地位を確保できるか否かについては不確実な面が
        あります。
         今後、さらに競争が激化し競合他社の影響を受け、当社もサービス価格引下げに応じざるを得なくなる事態
        が生じたり、新データセンターの受注状況が計画に比べ大幅な乖離が生じた場合には、当社の業績に影響を及
        ぼす可能性があります。
      b)システム障害について
         当社のデータセンターは、大規模地震に耐えられる耐震構造または免震構造、ガス消火設備、停電時に備え
        てバックアップ電源として非常用自家発電装置の設置、ネットワークの冗長構成等、24時間365日安定した運用
        ができるように、最大限の業務継続対策を講じております。
         しかしながら、サイバーアタック、システム・ハードの不具合、電力会社の電力不足や大規模停電、想定し
        た規模をはるかに超える地震、台風、洪水等の自然災害、戦争、テロ、事故等予測不可能な事態によってシス
        テム障害が発生した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      c)データセンターの情報セキュリティ管理について
         当社のデータセンターサービスは、顧客企業がインターネット上でコンテンツを配信するためのサーバを預
        かり、インターネットへの接続環境を提供する他、サーバ運用に伴う様々なサービスを提供しております。
        データセンター設備内部におきましては監視カメラによる監視を行っているほか、顧客ごとに付与する専用入
        館カードによって入退出の制限と記録管理を行う等、厳重なセキュリティ体制を構築し、万全を尽くしており
        ます。 
         しかしながら、何らかの原因で、万一、外部からの不正アクセス等により情報の外部流出等が発生した場合
        には、当社グループに対する損害賠償の請求や社会的信用の失墜等により、当社グループの業績に影響を及ぼ
        す可能性があります。
      d)データセンターの賃貸借契約について
         当社は、データセンターのファシリティを自社で保有することなく、他社のファシリティに自社の仕様にあ
        わせた設備を設置、顧客にサービスを提供するノンアセット型データセンターを中心に展開しております。
         当社としては、ファシリティの所有者との間で賃貸借契約を締結しております。
         しかしながら、所有者が何らかの理由で、契約の継続につき全部もしくは一部を拒絶した場合、または契約
        内容の変更等を求めてきた場合には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  12/110



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      e)電力事情について
         当社のデータセンターでは顧客のサーバを設置するとともに、インターネットへの接続回線や保守・運用
        サービス等を提供しているため、災害や停電等異常時にもサービス継続が可能な設備が必要となります。さら
        に、消費電力量が多い施設であるため、様々な施策のもと、データセンターの省電力化の対策を進めておりま
        すが、今後予想を上回る原油価格の高騰等に起因する電気料金の大幅な引き上げが発生し、それにより顧客と
        の取引に支障が出るような場合、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。また、電力
        消費に関して地球温暖化に係る環境規制等がデータセンター事業者に対してなされた場合も、当社グループの
        事業及び業績に影響が及ぶ可能性があります。
      f)  法的規制について 
         当社は、電気通信事業者として総務省に届出を行っており、電気通信事業法及び関連する省令等を遵守して
        おります。現在のところ、これらの法律による規制の強化等が行われるという認識はありませんが、今後これ
        らの法律及び省令が変更された場合や当社グループの事業展開を阻害する規制がなされた場合には、当社グ
        ループの事業展開に影響を及ぼす可能性があります。
      g)  主要顧客との取引について
         当社グループの主要顧客は、ヤフー株式会社(以下、ヤフー)であり、平成30年12月期の売上高に占めるヤ
        フーの割合は26.4%と特定の顧客に対しての依存度が高い傾向が続いております。今後、ヤフーのデータセン
        ターに対する活用方針の見直しや転換等がなされた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があ
        ります。
      h)  ファンド事業について
         当社の連結子会社であるグローバルIoTテクノロジーベンチャーズ株式会社は、GiTV                                       FundⅠInvestment,L.P.
        を組成しておりますが、ファンド募集において出資者から十分な資金を集めることができない場合、投資活動
        に支障をきたす可能性があるほか、業績に影響を及ぼす可能性があります。
      i)  ケーブルテレビ関連市場について
         連結子会社ジャパンケーブルキャスト株式会社及び沖縄ケーブルネットワーク株式会社の売上高は、ケーブ
        ルテレビ事業者あるいは番組供給事業者といったケーブルテレビ関連市場に依存しております。中でもケーブ
        ルテレビの有料多チャンネル放送契約世帯数の規模は大きいですが、他の動画配信サービス等との競合や、視
        聴者の趣味嗜好の変化、人口減少等によってケーブルテレビの有料多チャンネル放送契約世帯規模が縮小した
        場合、あるいはこのような傾向を受け、当社サービスを利用するケーブルテレビ事業者が有料多チャンネル放
        送サービスの提供を終了するような場合、また料金体系が改定された場合は、当社グループの業績及び財政状
        態に影響を与える可能性があります。
      j)  新規投資について
         当社グループが事業拡大を行うためには、設備投資、シナジー効果を見極めた上での企業再編や資本提携が
        必要であります。しかしながら、投資のための資金、投資後の投資先の管理体制、投資による会計上の減損処
        理の発生の可能性等により、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      k)  借入金について
         当社は新データセンターへの投資のために、取引銀行等5社とコミット型シンジケートローン契約を締結し
        ています。当該契約には一定の財務制限条項が付されており、当該条項に抵触した場合には、期限の利益を喪
        失し当社の資金繰りに影響を及ぼす可能性があります。
                                  13/110






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     ②  その他
      a)人材の確保について
         当社グループが今後も継続して成長していくためには、新人の育成や優秀な人材の確保が必要であると考え
        ており、定期的な新卒採用を行い、あわせて中途採用を実施し、バランスのとれた採用及び人材の育成強化を
        図りながら、優秀な人材の確保に努めております。しかしながら、優秀な人材の流出や採用等が計画通りに進
        まない場合は、事業推進を行う上で、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
      b)配当政策について
         当社は、中長期的に企業価値を向上させるとともに、株主の皆様へ利益還元することを重要な経営課題とし
        て取り組んでおり、さらなる事業拡大を目指しております。当社は、将来の事業展開に必要な内部留保を確保
        しながらも、継続的かつ安定的な配当による株主還元を行う考えでありますが、業績、財政状態及びその他の
        状況の変化によっては、配当政策に影響を及ぼす可能性があります。
      c)内部管理体制について
         当社では、企業価値の向上を図り、企業の社会的責任を果たし、社会やステークホルダーから高い信頼や誠
        実な企業として認識を得るためには、透明性が高く環境の変化に迅速に対応できる経営体制の確立とコンプラ
        イアンス遵守の経営を追求することが不可欠であると考えており、コーポレート・ガバナンス体制の充実を、
        経営の最重要課題と位置づけて積極的に取り組んでおります。
         しかしながら、今後の当社もしくは当社グループの事業の急速な拡大による会社規模の拡大、もしくは子会
        社の増加に伴い、十分な内部管理体制の構築が整備できないという状況が生じることで適切な管理体制に支障
        が出る可能性があります。
      d)筆頭株主との関係について
         当社の筆頭株主である株式会社インターネット総合研究所とは今後も良好な協力関係を継続していく予定で
        すが、同社の経営方針の変更等が生じた場合、当社グループの事業運営に影響を及ぼす可能性があります。
                                  14/110












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)   経営成績等の状況の概要
      ①  経営成績の状況
       当社は、平成30年9月21日開催の第19回定時株主総会の決議により、事業年度を従来の6月30日から12月31日に
      変更いたしました。従いまして、当連結会計年度は平成30年7月1日から平成30年12月31日までの6ヵ月となったた
      め、前連結会計年度との比較は記載しておりません。
       なお、平成31年5月1日より新元号となりますが、現時点で元号の名称が未決定のため、以下の表記につきまし
      ては、平成で表記しております。
       当社グループが属する情報サービス産業においては、インターネット利用の増大とIoT(モノのインターネット)

      の普及により、多種多様なデータの生成・収集・蓄積が進展しており、クラウド市場、IoT/ビッグデータ/人工知能
      (AI)市場等が拡大しております。
       このような環境の下、当社グループは、事業ポートフォリオ組替え及び事業の選択と集中を進めております。具
      体的には、コンピュータプラットフォームセグメントでは、昨年(平成30年)12月に、当社は、サービス基盤の拡
      充のため、株式交換により株式会社ティエスエスリンクを子会社化することを決定いたしました。IoT/AIサービス
      セグメントでは、同年12月に、連結子会社である株式会社IoTスクエアの全株式を譲渡することを決議し、同社は、
      本年(平成31年)第1四半期より連結の範囲から外れることとなりました。メディアソリューションセグメントで
      は、同年10月に、当社の連結子会社であるジャパンケーブルキャスト株式会社がIP(Internet                                            Protocol)映像配信
      等のIP事業を展開するために沖縄ケーブルネットワーク株式会社を子会社化いたしました。
       当連結会計年度におけるセグメント別の概況は以下のとおりであります。

      (コンピュータプラットフォーム事業)

        コンピュータプラットフォーム事業においては、データセンター、クラウド・ソリューション、データ・ソ
       リューション、その他に分け、サービスを展開しております。
        データセンターでは、5G(第5世代移動通信システム)モバイル等のIoTを利用対象とする新世代の情報通信
       インフラに対応した新データセンターの運用を昨年9月より開始しております。新データセンターへのお客様か
       らの引き合いは多く、更なる受注獲得へ向けお客様と交渉を進めております。引き続き、当社データセンターの
       特長を訴求した営業活動、お客様のニーズに合ったサービスの提案等を行い、新規顧客の開拓、既存顧客との関
       係強化を図ってまいります。
        クラウド・ソリューションでは、市場規模の拡大を背景に当社独自のc9サービスに加え、セキュリティ関連の
       SaaS(Software        as  ▶ Service)サービスやパブリッククラウドサービス等が堅調に推移しました。
        データ・ソリューションでは、お客様が保存するデータが増大していることに伴い、ストレージの活用方法の
       提案等を行い、当社の主力プロダクトであるDELL                        EMC社製の「Isilonシリーズ」の販売は順調に推移しました。
       また、これまで以上に大容量のデータを収容できるScality社のSDS(ソフトウェア・デファインド・ストレー
       ジ)製品に加え、その他の製品についても販売を推進しました。
        この結果、コンピュータプラットフォーム事業の売上高は3,834百万円、営業損益は新データセンターの償却費
       等により282百万円の損失となりました。
                                  15/110






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (IoT/AIソリューション事業)
        IoT/AIソリューション事業では、当社、株式会社エーアイスクエア(以下、AI2)、株式会社IoTスクエア(以
       下、IoTスクエア)、グローバルIoTテクノロジーベンチャーズ株式会社(以下、GiTV)等を中心に事業を展開し
       ました。
        AI2では、コンタクトセンター業務、ヘルプデスク業務の自動化・効率化・高度化等を望んでいるお客様に対
       し、独自開発の自然言語解析技術を活用したAIソリューションを提供しております。企業内外の問合わせ応答業
       務を支援する自動応答システム「QuickQA」等の自社ソリューションについて、活用セミナーの実施等により拡販
       を図りました。
        IoTスクエアでは、IoT機器に関するセキュリティサービス等のサービスを逐次提供することを目指しておりま
       したが、本年1月に当社の連結子会社から外れました。
        GiTVが組成したファンドであるGiTV                  FundⅠInvestment,L.P.は、AIやIoT関連のベンチャー企業に投資を実行し
       ております。
        スマート・エネルギーでは、昨年10月に山口県防府市の太陽光設備の譲渡が完了しました。
        この結果、IoT/AIソリューション事業の売上高は178百万円となり、営業損益は、IoTスクエアの開発投資が先
       行する状況であること、投資ファンド事業が赤字であったことから298百万円の損失となりました。
       (メディアソリューション事業)

        メディアソリューション事業は、JCC及びその子会社である沖縄ケーブルネットワーク株式会社、IoTスクエア
       が行っております。
        日本全国のケーブルテレビ事業者及び番組供給事業者向けの通信ネットワーク事業を行うJCCは、デジタル多
       チャンネル配信のプラットフォームサービス「JC-HITS」、ケーブルテレビのコミュニティチャンネル向けデータ
       放送サービス「JC-data」をはじめ多様なサービスを提供しております。加えて、昨年10月に子会社化した沖縄
       ケーブルでIP映像配信サービス等によるIP事業変革のモデル局づくりを推進するとともに、蓄積したノウハウを
       全国のケーブルテレビ事業者に提案してまいります。また、今後の新4K8K衛星放送への対応等、次世代高精細
       放送の普及促進並びにプラットフォームの機能拡充及びオペレーションの効率化のために配信センター設備等の
       更改を実施しております。
        なお、動画配信サービス及びネットシネマを活用したプロモーションの展開や質の高いコンテンツの配信を
       行っておりましたIoTスクエアは、本年1月に当社の連結子会社から外れました。
        この結果、メディアソリューション事業の売上高は2,283百万円、営業利益は23百万円となりました。
        以上の活動により、当連結会計年度における当社グループの売上高は6,296百万円となりました。利益面におき
       ましては、新データセンターの償却費、IoTスクエアの開発投資等により営業損失は601百万円、経常損失は663百
       万円となりました。親会社株主に帰属する当期純利益は、固定資産の減損損失等もありましたが、投資有価証券
       売却益、固定資産売却益等により165百万円となりました。
      ②  資産、負債及び純資産の状況

       当連結会計年度末における総資産は、当社が大手町に開設した新データセンターの設備や敷金及び保証金、JCCの
      配信センター設備等、固定資産等の増加により、前連結会計年度末に比べ4,914百万円増加し23,150百万円となりま
      した。
       負債合計は、借入金の増加、沖縄ケーブルネットワーク株式会社を連結子会社化したことに伴う資産除去債務の
      増加等により、前連結会計年度末に比べ3,925百万円増加し12,978百万円となりました。
       純資産合計は、親会社株主に帰属する当期純利益の計上、非支配株主持分の増加等により、前連結会計年度末に
      比べ988百万円増加し10,171百万円となりました。
       なお、当社は、昨年8月に大手町に開設した新データセンターの投資に伴う資金需要に対し、機動的な資金調達
      を行うため、昨年3月に取引銀行等5社と総額40億円のコミット型シンジケートローン契約を締結しました。当連
      結会計年度末における借入実行額は40億円です。
                                  16/110




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      ③  キャッシュ・フローの状況
       当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は前連結会計年度末と比較して723百
      万円増加し、7,240百万円となりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動によるキャッシュ・フローは、営業損失の計上、非資金取引損益の計上等により303百万円の支出とな
       りました。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動によるキャッシュ・フローは、投資有価証券の売却及び固定資産の売却による収入はありましたが、
       新データセンターへの設備投資等により、3,074百万円の支出となりました。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動によるキャッシュ・フローは、長期借入金の増加、非支配株主からファンド事業を行う子会社への出
       資金が増加したこと等により、4,073百万円の収入となりました。
        なお、当社グループのキャッシュ・フロー指標のトレンドは、次のとおりであります。

                    平成26年6月期      平成27年6月期      平成28年6月期      平成29年6月期      平成30年6月期      平成30年12月期

      自己資本比率(%)                  43.1      45.1      46.9      59.6      38.4      31.1

      時価ベースの
                        59.9      97.8      59.1      95.5      47.4      62.6
      自己資本比率(%)
      キャッシュ・フロー対
                       225.8      216.5      377.7      339.1    △3,151.4      △2,790.7
      有利子負債比率(%)
      インタレスト・
                        23.6      34.8      19.6      30.6      △7.2      △9.4
      カバレッジ・レシオ(倍)
      自己資本比率:自己資本/総資産
      時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
      キャッシュ・フロー対有利子負債:有利子負債/キャッシュ・フロー
      インタレスト・カバレッジ・レシオ:キャッシュ・フロー/利払い
      (注)   1.  各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により算出しております。
         2.  株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後)により算出しております。
         3.  キャッシュ・フローは、連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローを使用して
           おります。有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を
           対象としております。また、利払いにつきましては、連結キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使
           用しております。
                                  17/110








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      ④  生産、受注及び販売の状況
      (生産実績)
        当社グループは、生産に該当する事項がないため、生産実績に関する記載はしておりません。
      (受注実績)

        当社グループは、受注生産を行っておりませんので、受注実績に関する記載はしておりません。
      (販売実績)

        当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                     当連結会計年度
                                   (自 平成30年7月1日
                                   至 平成30年12月31日)
               セグメントの名称                                   前年同期比(%)
                                      金額(千円)
      コンピュータプラットフォーム事業                                      3,834,376               -

      IoT/AIソリューション事業                                       178,734              -

                                                         -

      メディアソリューション事業                                      2,283,538
                                                         -

                  合計                          6,296,650
     (注) 1 セグメント間取引については、相殺消去しております。
        2 主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                          (自 平成29年7月1日                 (自 平成30年7月1日
                           至 平成30年6月30日)                 至 平成30年12月31日)
               相手先
                        販売高(千円)          割合(%)        販売高(千円)          割合(%)
          ヤフー株式会社                3,234,809           30.1       1,659,387            26.4

        3 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
        4 当社は、平成30年9月21日の第19回定時株主総会の決議により、決算期を従来の6月30日から12月31日に変
          更いたしました。これにより、当連結会計年度が平成30年7月1日から平成30年12月31日までの6ヵ月と
          なったため、当連結会計年度の前年同期比(%)の記載を省略しております。
                                  18/110










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
      ①  重要な会計方針及び見積り

       当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
      おります。当社グループの連結財務諸表の作成にあたって採用している重要な会計方針は、「第5 経理の状況 
      1 連結財務諸表等         (1)連結財務諸表        注記事項     連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しており
      ます。
       なお、見積りの評価については、過去の実績や状況に応じ合理的と考えられる様々な要因に基づき行っておりま
      すが、見積り特有の不確実性があるため、実際の報告数値と異なる可能性があります。
      ②  経営成績等の分析

       当連結会計年度は平成30年7月1日から平成30年12月31日までの6ヵ月であるため、前連結会計年度との比較では
      なく前年同期間(平成29年7月1日から平成29年12月31日)と比較し記載しております。
      (売上高)
        売上高は、前年同期間比30.3%増収となる6,296百万円となりました。これは主に、平成29年10月から連結子会
       社となったJCC、平成30年10月に連結子会社となった沖縄ケーブルの売り上げが寄与したためです。
      (営業損益)
        営業損益は、前年同期間に比べ減益となる601百万円の営業損失(前年同期間は57百万円の利益)となりまし
       た。これは主に、当社が平成30年8月に開設した新データセンターの償却費等が増加したこと、IoT事業を行う
       IoTスクエアが開発投資が先行する状況であること、ファンド関連の子会社も赤字であることによるものです。
      (経常損益)
        経常損益は、前年同期間に比べ減益となる663百万円の経常損失(前年同期間は129百万円の利益)となりまし
       た。これは主に、営業損失に加え、為替差損、出資金評価損等を計上したことによるものです。
      (税金等調整前当期純利益)
        税金等調整前当期純利益は、前年同期間比94.9%減益となる38百万円の利益となりました。これは主に、減損
       損失等により特別損失を228百万円を計上したものの、投資有価証券売却益、固定資産売却益等により特別利益を
       930百万円計上したことにより、経常損失から改善し利益となりました。
      (親会社株主に帰属する当期純利益)
        親会社株主に帰属する当期純利益は、前年同期間とほぼ同水準となる165百万円の利益となりました。これは主
       に、税金等調整前当期純利益38百万円に、法人税等調整額50百万円、非支配株主に帰属する当期純損失76百万円
       を加減算した結果です。
      ③  資本の財源及び資金の流動性

       当社グループは、事業に必要な資金を安定的に確保することを基本方針としております。資金調達については、
      自己資金のほか、金融機関からの借入により行っております。資金の流動性については、現金及び現金同等物に加
      え、新データセンターへの投資資金として機動的な資金調達を行うため、取引銀行等とコミット型シンジケート
      ローン契約を締結しております。
                                  19/110






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
     (1)  第1サイトに関する契約
         契約先          契約年月日               契約の内容                契約期間
                                                自:平成18年3月1日
                  平成18年3月1日         建物賃貸借契約                     至:平成20年5月31日
                                                (以後2年毎の自動更新)
                                                自:平成18年3月1日
    株式会社エヌ・ティ・ティ・
                  平成18年3月1日         建物賃貸借契約                     至:平成20年5月31日
    データ
                                                (以後2年毎の自動更新)
                                                自:平成18年3月1日
                  平成18年3月1日         建物賃貸借契約                     至:平成20年5月31日
                                                (以後2年毎の自動更新)
     (2)  第3サイトに関する契約

         契約先          契約年月日               契約の内容                契約期間
                                                自:平成17年9月1日
                                                至:終期なし
     KDDI株式会社              平成17年9月1日         データセンターサービス契約
                                                (ただし、事前通知によ
                                                り解約することが出来
                                                る) 
     (3)  西梅田サイトに関する契約

         契約先          契約年月日               契約の内容                契約期間
                                                自:平成18年1月1日
     住友不動産株式会社              平成17年12月27日         貸室賃貸借契約                     至:平成27年12月31日
                                                (以後2年毎の自動更新)
     (4)  第5サイトに関する契約

         契約先          契約年月日               契約の内容                契約期間
                                                自:平成27年2月1日
     富士ソフト株式会社              平成26年12月26日         データセンターサービス契約                     至:平成32年2月29日
                                                (以後1年毎の自動更新)
     (5)  新大手町サイトに関する契約

         契約先          契約年月日               契約の内容                契約期間
     みずほ信託銀行株式会社

     日本郵政株式会社
     日本郵便株式会社
     株式会社ゆうちょ銀行
                                                自:平成30年8月15日
     株式会社かんぽ生命保険
                  平成30年7月20日         施設等賃貸借契約                     至:平成45年2月14日
     日本電信電話株式会社
                                                (以後2年毎の自動更新)
     独立行政法人都市開発機構東
     日本都市再生本部
     エヌ・ティ・ティ都市開発株
     式会社
                                  20/110







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (6)  販売先とのデータセンターサービス基本契約

      契約先       契約年月日                  契約の内容                   契約期間
                    以下のサービス及び設備の提供

                    (1)  インターネットへの接続(インターネット接続サービス)
                    (2)  インターネット接続サービスを利用するための機器(対象ハード
                      ウェア)の販売
            平成15年3月31日
                                                自:平成21年8月31日
                    (3)  対象ハードウェアを保管・運用するスペースの使用権(スペース
                                                至:平成23年8月30日
                      サービス)
     ヤフー株式会社
                                                (以後原則1年毎の自動
                    (4)  上記(1)から(3)までのサービス及び対象ハードウェアに関する
                                                延長)
                      管理、企画及びコンサルティング(プロフェッショナルサービス)
            平成18年3月22日        データセンター運用受託契約

     (7)  業務・資本提携に関する契約

      契約先       契約年月日                  契約の内容                   契約期間
                    (1)  ヤフー株式会社に対し、データセンターサービスを安定的かつ
                      継続的に、市場競争力のある価格にて提供するよう努める。
                    (2)  ヤフー株式会社と協力して、データセンターサービスの運用に
                      伴うコストの圧縮を行う。
                                                自:平成21年8月31日
                    (3)  ヤフー株式会社が指名した取締役候補者1名の選任を議案とす
                                                至:契約終了を書面で
     ヤフー株式会社       平成21年8月31日
                      るのに必要な法令上の手続を実施する。
                                                  合意するまで
                    (4)  ヤフー株式会社との間で締結されているデータセンターサービ
                      ス関連契約の契約期間を本契約締結日から2年間とする。当該契
                      約期間満了後は、事前に書面による契約終了の通知がない限り、
                      自動的に原則1年間延長され、以後も同様とする。
    5  【研究開発活動】

      当連結会計年度における研究開発費の総額は125百万円であり、主な研究開発活動は以下のとおりであります。
      コンピュータプラットフォームセグメントでは、当社内に設置したCloud&SDN研究所において、産学連携のインター
     ネット研究団体であるWIDEプロジェクトと連携し、SDN(Software                                Defined    Networking)技術を応用したInternet
     eXchange(IX)の研究及び実証実験を進め、IXとクラウド間を相互接続するサービスを開始しておりますが、更なる高
     度化にも取り組んでおります。仮想化技術については、ネットワーク機能を汎用サーバ上で実現するNFV(Network
     Functions     Virtualization)の検証や日本仮想化技術株式会社とOpenStack(オープンソースで開発されているクラウ
     ド環境構築用のソフトウェア群)の検証を進めております。また、ホワイトボックススイッチとネットワークOSの技
     術、DDoS(Distributed           Denial    of  Service    Attack)対策等にも着目し、研究を進めております。
      IoT/AIソリューションセグメントでは、IoTや人工知能関連の基盤開発等を行っております。
      なお、IoTの基盤開発等を行っている株式会社IoTスクエアは本年(平成31年)1月に当社の連結子会社から外れまし
     た。
                                  21/110








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      当連結会計年度の設備投資の総額は4,115百万円であり、その主なものは以下のとおりであります。
      設備投資
      コンピュータプラットフォーム事業
       新大手町サイト        データセンター設備  2,172百万円 
       なお、新大手町サイト           データセンター設備の投資総額には、資産除去費用の有形固定資産計上額154百万円が含
      まれております。
      メディアソリューション事業
       JC-HITS東京メディアセンター設備   1,191百万円
       なお、資産除去費用の有形固定資産計上額はありません。
      当連結会計年度において主要な設備を売却しており、その内容は次のとおりであります。

                                                   前期末帳簿価額

              事業所名
     会社名                    セグメントの名称           設備の内容        売却時期
              (所在地)
                                                    (百万円)
          ベストミックスエナジー防府

      提出会社                   IoT/AIソリューション事業            太陽光発電設備        平成30年10月
                                                         394
          (山口県防府市)
     (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。

      当連結会計年度において、減損損失211百万円を計上しております。減損損失の内容については、「第5 経理の

     状況 1 連結財務諸表等 注記事項(連結損益計算書関係)※5」に記載のとおりであります。
    2  【主要な設備の状況】

     (1)  提出会社
                                                 平成30年12月31日現在
                                      帳簿価額(千円)
      事業所名       セグメントの                                           従業員数
                    設備の内容
      (所在地)         名称                                          (名)
                                    工具、器具           リース
                          建物及び構     機械及び装          ソフトウェ
                                                    合計
                           築物     置          ア
                                     及び備品           資産
                     本社機能
     本社
                ―
                           315,028      1,980    91,071     8,812     1,910    418,803      118
     (東京都千代田区)
                    情報関連機器
             コンピュータプ
     第1サイト                データセン
             ラットフォーム
                            2,531    67,743      5,267     8,747       -   84,289      1
     (東京都千代田区)                ター設備等
               事業
             コンピュータプ
     新大手町サイト                データセン
             ラットフォーム
                          3,883,191       53,806     82,109     4,732       - 4,023,839       -
                    ター設備等
     (東京都千代田区)
               事業
             コンピュータプ
     SJMDC                データセン
             ラットフォーム
                           100,576       158   36,042       -     -  136,776       ▶
     (岐阜県大垣市)                ター設備等
               事業
             コンピュータプ
     西梅田サイト                データセン
             ラットフォーム
                            53,124       158   18,064       -     -   71,347      3
     (大阪市福島区)                ター設備等
               事業
     ベストミックスエ
             IoT/AIソリュー        太陽光発電
     ナジーみなかみ
                             243      -     -    235   280,232     280,710      -
              ション事業        設備
     (群馬県利根郡)
     (注)   1 現在休止中の主要な設備はありません。
        2 本社、およびデータセンター各サイトの建物、ベストミックスエナジーみなかみの土地を賃借しており、当
          連結会計年度の賃借料の総額は1,010,303千円であります。
        3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  22/110



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (2)  連結子会社
                                                 平成30年12月31日現在
                                      帳簿価額(千円)
                  セグメン                                       従業員
           事業所名            設備の
                  トの                                       数
     会社名
           (所在地)            内容
                           建物及び     機械及び     工具、器具      ソフト    リース
                  名称                                      (名)
                                                    合計
                                           ウェア
                            構築物     装置    及び備品          資産
     ジャパン
                       配信
         JC-HITS東京メディ        メディアソ
     ケーブル
         アセンター        リューショ     センター
                              -  1,062,502       3,640   321,189       -  1,387,332       -
     キャスト
         (東京都江東区)         ン事業
                       設備
     株式会社
     (注)    1 現在休止中の主要な設備はありません。
        2 JC-HITS東京メディアセンターは、データセンター設備を賃借しており、当連結会計年度の賃借料の総額
          は、26,503千円であります。
        3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
    3  【設備の新設、除却等の計画】

      当社の設備投資については、経済動向、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。
      平成30年12月31日現在における重要な設備の新設、除却および売却の計画は次のとおりであります。
     (1)  重要な設備の新設

                                     投資予定額

            事業所名                                 資金調達          完了予定
     会社名             セグメントの名称         設備の内容                      着手年月
            (所在地)                                  方法          年月
                                   総額    既支払額
                                   (千円)     (千円)
                          データセンター建
                  コンピュータプ
                                                  平成31年
         新大手町サイト                 築設備、空調・電                             平成31年
     提出会社              ラットフォーム事                2,500,000         ―  借入金
         (東京都千代田区)                 気設備等                                  9月
                                                   2月
                  業
                           (第2期工事)
     ジャパン
         JC-HITS東京メディア
     ケーブル              メディアソリュー         配信センター                       平成30年     平成31年
         センター                          2,326,982     1,535,933     借入金
     キャスト              ション事業          設備等                      4月     7月
         (東京都江東区)
     株式会社
     (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
                                  23/110










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    160,000,000

                 計                                  160,000,000

      ②  【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在

                                 上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)                       内容
                                 名又は登録認可金融
              (平成30年12月31日)          (平成31年3月14日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
                                            単元株式数は100株でありま
       普通株式           52,285,500          52,285,500       JASDAQ
                                            す。
                                  (スタンダード)
        計         52,285,500          52,285,500           ―            ―

                                  24/110













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【新株予約権等の状況】
      ① 【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

       該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

      該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式       発行済株式                    資本準備金       資本準備金

                            資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                              (千円)       (千円)
                 (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成25年7月1日~
     平成26年6月30日             32,000     51,469,000         1,555     2,327,560         1,555     2,310,848
     (注)1
     平成26年7月1日~
     平成27年6月30日            205,000     51,674,000         18,843     2,346,403        18,843     2,329,691
     (注)1
     平成27年7月1日~
     平成28年6月30日            220,000     51,894,000         15,021     2,361,424        15,021     2,344,712
     (注)1
     平成28年10月20日
                  85,500     51,979,500         9,276     2,370,701         9,276     2,353,989
     (注)2
     平成29年10月20日
                  93,000     52,072,500         10,462     2,381,163        10,462     2,364,451
     (注)3
     平成29年7月1日~
     平成30年6月30日             27,500     52,100,000         2,557     2,383,721         2,557     2,367,009
     (注)1
     平成30年7月1日~
     平成30年12月31日             137,500      52,237,500         12,787     2,396,508        12,787     2,379,796
     (注)1
      平成30年10月18日
                  48,000     52,285,500          7,896     2,404,404         7,896      2,387,692
     (注)4
     (注)   1 新株予約権の行使による増加であります。
        2   平成28年10月20日付の譲渡制限付株式の付与による増加であります。
        3   平成29年10月20日付の譲渡制限付株式の付与による増加であります。
        4 平成30年10月18日付の譲渡制限付株式の付与による増加であります。
                                  25/110







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                                 平成30年12月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数               100株)
                                                      単元未満
           政府及び
      区分                            外国法人等
                                                     株式の状況
                      金融商品     その他の                 個人
           地方公共     金融機関                                  計
                                                       (株)
                      取引業者      法人               その他
                                 個人以外      個人
            団体
     株主数
               ―     2      35      65      30      32   14,285      14,449        ―
     (人)
     所有株式数
               ―     1,076     15,581     128,855      13,160      2,250     361,906      522,828       2,700
     (単元)
     所有株式数
               ―     0.20      2.98      24.64       2.51      0.43      69.22     100.00        ―
     の割合(%)
     (注)1 自己株式930,000株は、「個人その他」に含まれております。
       2 「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義として、名義書換失念株式が500株含まれております。
     (6)  【大株主の状況】

                                                 平成30年12月31日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                               所有株式数       除く。)の
          氏名又は名称                       住所
                                                (株)     総数に対する
                                                     所有株式数の
                                                      割合(%)
     株式会社インターネット総合研究所                  東京都新宿区西新宿1丁目6-1                        11,229,500         21.86
     谷本 忠史                  東京都江東区                         3,236,700         6.30

     ヤフー株式会社                  東京都千代田区紀尾井町1-3                         1,304,500         2.54

     後和 信英                  和歌山県和歌山市                          748,600        1.45

     THE  BANK   OF  NEW  YORK   134152       RUE  MONTOYERSTRAAT        46,1000    BRUSSELS,BELGIUM
                                                373,600        0.72
     (常任代理人株式会社みずほ銀行決                  (東京都港区港南2丁目15-1品川インターシ
     済営業部)                  ティA棟)
     松井証券株式会社                  東京都千代田区麹町1丁目4番地                          361,500        0.70
     服部 敏和                  大阪府阪南市                          245,000        0.47

                       東京都千代田区丸の内2丁目7-3 東京ビル
     JPモルガン証券株式会社                                            233,300        0.45
                       ディング
     松島 均                  静岡県焼津市                          215,000        0.41
     田中 義信                  福岡県北九州市八幡西区                          183,600        0.35

             計                     ―             18,131,300         35.30

     (注)      上記のほか当社所有の自己株式930,000株があります。
                                  26/110







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                 平成30年12月31日現在
           区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                      ―            ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―            ―              ―

     議決権制限株式(その他)                      ―            ―              ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                 ―              ―
                     普通株式       930,000
     完全議決権株式(その他)                普通株式      51,352,800             513,528            ―
     単元未満株式                普通株式         2,700         ―              ―

     発行済株式総数                      52,285,500            ―              ―

     総株主の議決権                      ―             513,528            ―

    (注)   「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の名義書換失念株式が500株含まれております。
       また、「議決権の数」欄には、同機構名義の名義書換失念株式の完全議決権株式に係る議決権の数5個が含まれ
       ております。
      ②  【自己株式等】

                                                平成30年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
    (自己保有株式)             東京都千代田区内幸町二丁
    株式会社ブロードバンドタ             目1-6日比谷パークフロ                930,000        ―       930,000         1.77
    ワー             ント
          計              ―         930,000        ―       930,000         1.77
                                  27/110










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】            会社法第155条第3号による普通株式の取得
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

                区分                   株式数(株)             価額の総額(千円)

     取締役会(平成31年2月12日)での決議状況
                                           30               8
     (取得日平成31年2月13日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       ―               ―
     当事業年度における取得自己株式                                       0               0
     残存決議株式の総数及び価額の総額                                       0               0
     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     100.0               100.0
     当期間における取得自己株式                                       30               8
     提出日現在の未行使割合(%)                                      0.0               0.0
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間

            区分
                               処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                  株式数(株)
                                 (千円)                  (千円)
     引き受ける者の募集を行った
                             ―          ―         ―         ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                             ―         ―       616,655          210,279
     移転を行った取得自己株式
     その他(新株予約権の権利行使)                         ―         ―         ―         ―
     保有自己株式数                      930,000            ―       313,375             ―

     (注)    当期間における保有自己株式数には、平成31年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
        りによる株式数は含めておりません。
                                  28/110








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    3  【配当政策】
        当社は、中長期的に企業価値を向上させるとともに、連結業績等を総合的に勘案した上で、株主への利益還元等
       を決定することを基本方針としております。当社は、さらなる事業拡大を目指しており、将来の成長のために必要
       な先行投資を行いつつも、継続的かつ安定的な配当による株主還元を行うバランスの取れた経営戦略が重要である
       と認識しております。このような方針のもと、当期(平成30年12月期)の配当金につきましては、期末配当として
       1円を実施させていただくことといたしました。
        次期(平成31年12月期)につきましては、中間配当として1円、期末配当として1円、合計で2円の配当を予定
       しております。
      (注)    基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                          配当金の総額            1株当たり配当額

             決議年月日
                           (千円)             (円)
          平成31年2月12日
                                51,355               1
          臨時取締役会
    4  【株価の推移】

     (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第15期       第16期       第17期       第18期       第19期       第20期

      決算年月       平成26年6月       平成27年6月       平成28年6月       平成29年6月       平成30年6月       平成30年12月

      最高(円)            350       480       322       332       286       423

      最低(円)            115       128       123       179       163        155

     (注)   1   最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
        2   決算期変更により、第20期は平成30年7月1日から平成30年12月31日までの6か月間となっております。
     (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成30年7月         8月       9月       10月       11月       12月

      最高(円)            195        358        405        423        383        371

      最低(円)            155        179        236        272        276        229

     (注)    最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                  29/110








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    5  【役員の状況】
    男性10名 女性2名 (役員のうち女性の比率16%)
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                               昭和52年4月      日本アイ・ビー・エム株式会社
                                     入社
                               昭和52年12月      日立エンジニアリング株式会社
                                     入社
                               昭和60年2月      株式会社アスキー       入社
                                     株式会社グラフィックス・コミュ
                               昭和62年2月
                                     ニケーション・テクノロジーズ出
                                     向 取締役   研究開発本部長
                               昭和63年9月      米国ベル通信研究所(Bellcore)
                                     訪問研究員
                               平成3年4月      ジー・シー・テクノロジー株式会
                                     社 出向
                                     株式会社グラフィックス・コミュ
                               平成5年3月
                                     ニケーション・ラボラトリーズ
                                     出向  常務取締役研究開発本部長
                               平成5年6月      株式会社アスキー       取締役
                               平成8年4月      慶應義塾大学理工学部         客員教授
                               平成8年12月      株式会社インターネット総合研究
                                     所設立   代表取締役所長(現)
                               平成11年11月      モバイル・インターネットキャピ
                                     タル株式会社      取締役(現)
                               平成14年3月      当社  代表取締役会長
                                     株式会社アイ・アール・アイコマ
                               平成14年10月
                                     ースアンドテクノロジー(現           株式
                                     会社イード)     取締役会長
                               平成16年9月      当社  取締役会長
                                     株式会社IRIユビテック(現           株式
                               平成16年9月
                                     会社ユビテック)       取締役会長
                               平成17年3月      株式会社プロデュース・オン・デ
                                     マンド   取締役会長
                               平成17年11月      株式会社ナノオプトニクス研究所
                                     (現  株式会社ユニモ)設立         代表取
                                     締役 
                               平成18年9月      当社  取締役
     代表取締役
                               平成19年6月      ジャパンケーブルキャスト株式会
             CEO     藤原 洋     昭和29年9月26日                                 68,700
                                                   (注)3
     会長兼社長
                                     社 取締役
                               平成20年4月      SBI大学院大学      副学長(現)
                               平成20年5月      株式会社フロンティアファーマ 
                                     取締役(現)
                               平成20年7月      株式会社ナノオプト・メディア
                                     代表取締役
                               平成21年6月      株式会社大山黒牛TMC(現          株式会
                                     社YAJIN)    代表取締役
                               平成22年8月      ソーラーエナジーソリューション
                                     ズ株式会社     取締役(現)
                               平成23年3月      株式会社プロデュース・オン・デ
                                     マンド   取締役
                               平成23年5年      財団法人日本システム開発研究所
                                     (現  一般財団法人日本システム開
                                     発研究所)    理事(現)
                               平成23年6月      株式会社トリニティーセキュリ
                                     ティーシステムズ(現         株式会社
                                     ティエスエスリンク)         取締役
                               平成23年6月      株式会社ナノオプト・メディア
                                     代表取締役会長
                               平成23年7月      当社  代表取締役会長
                               平成23年9月      当社  代表取締役会長CEO
                               平成23年10月      株式会社ナノオプト・メディア
                                     代表取締役社長(現)
                               平成24年4月      当社  代表取締役会長兼社長CEO
                                     (現)
                               平成24年4月      株式会社ナノオプトニクス・エナ
                                     ジー(現   株式会社ユニモ)       取締役
                               平成24年5月      株式会社ビービーエフ         取締役
                               平成24年6月      株式会社マーベラスAQL         取締役
                               平成24年11月      株式会社ナノオプトニクス・エナ
                                     ジー(現   株式会社ユニモ)       取締役
                                     会長(現)
                                  30/110



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                               平成25年8月
                                     株式会社Lyudia(現          Ingenico
                                     Japan株式会社)       取締役会長
                               平成26年1月      一般社団法人日本データサイエン
                                     ティスト協会      理事(現)
                               平成26年6月      フューチャーベンチャーキャピタ
                                     ル株式会社     取締役
                               平成27年6月      一般財団法人インターネット協会
                                     理事長(現)
                               平成27年7月      特定非営利活動法人ブロ-ドバン
                                     ド・アソシエ-ション         理事
                               平成27年7月      BBTOWER     SAN   DIEGO    INC.
                                     President(現)
                               平成27年12月      株式会社エーアイスクエア           取締
                                     役(現)
                               平成28年2月      グローバルIoTテクノロジーベン
                                     チャーズ株式会社       取締役(現)
                               平成29年6月      公益社団法人東京交響楽団           理事
                                     (現)
                               平成29年8月      Internet     Research     Institute
                                     Ltd  Chairman&CEO(現)
                               平成29年10月      株式会社IoTスクエア         代表取締役
                                     (現)
                               平成29年12月      株式会社チェンジ       取締役(現)
                               平成30年4月      SBI大学院大学      常務理事、金融研
                                     究所所長(現)
                               平成30年6月      株式会社スカパーJSATホールディ
                                     ングス   取締役(現)
                               平成30年6月      ジャパンケーブルキャスト株式会
                                     社 代表取締役会長兼CEO(現)
                               平成30年7月      特定非営利活動法人ブロードバン
                                     ド・アソシエーション         副理事長
                                     (現)
                               平成30年8月      アラクサラネットワークス株式会
                                     社 取締役(現)
                               平成元年4月
                                     株式会社広岡広告事務所          入社
                               平成4年1月
                                     株式会社アスキー       入社
                               平成5年4月
                                     株式会社グラフィックス・コミュ
                                     ニケーション・ラボラトリーズ
                                     出向
                               平成10年8月
                                     株式会社インターネット総合研究
                                     所 入社
                               平成14年9月
                                     同社  取締役   コーポレートガバナ
                                     ンス担当
                               平成15年9月
                                     当社  監査役
                               平成21年9月
                                     株式会社インターネット総合研究
                                     所 執行役員    コーポレートガバナ
                                     ンス担当
           法務・経理
                               平成21年11月
                                     グローバルナレッジネットワーク
     常務取締役            中川 美恵子      昭和38年1月5日                                 59,000
                                                   (注)3
             統括
                                     株式会社    監査役
                               平成23年3月
                                     株式会社インターネット総合研究
                                     所 取締役   コーポレートガバナン
                                     ス担当   兼 総務人事担当
                               平成23年9月
                                     同社  取締役COO(現)
                               平成23年9月
                                     当社  常勤監査役
                               平成24年9月
                                     当社  取締役   法務・経理統括
                               平成28年2月
                                     グローバルIoTテクノロジーベン
                                     チャーズ株式会社       監査役(現)
                               平成28年9月
                                     当社  常務取締役     法務・経理     統
                                     括(現)
                               平成29年11月
                                     Internet     Research     Institute
                                     Ltd  Director(現)
                                  31/110





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                               昭和63年4月
                                     大森薬品株式会社(現         株式会社ス
                                     ズケン)   入社
                               平成2年3月
                                     株式会社ジャレコ(現         株式会社
                                     EMCOMホールディングス)          入社
                               平成6年4月
                                     同社  人事部   課長
                               平成11年4月
                                     同社  人事部   部長
                               平成14年1月
                                     同社  人事部長    兼 総務部長
     常務取締役      人事総務統括       及川 茂     昭和40年12月28日                                 16,500
                                                   (注)3
                               平成16年4月
                                     当社  入社  人事総務部     担当部長
                               平成17年10月
                                     当社  人事総務部     部長
                               平成22年9月
                                     当社  社長室   人事総務(現     人事総
                                     務グループ)     シニアディレクター
                               平成24年9月
                                     当社  取締役   人事総務統括
                               平成28年9月
                                     当社  常務取締役     人事総務統括
                                     (現)
                               平成19年3月
                                     当社  入社  人事総務部
                               平成20年9月
                                     当社  人事総務部     マネージャー2
                               平成21年9月
                                     当社  人事総務部     マネージャー1
                               平成22年9月
                                     当社  管理統括    プロフェッショナ
                                     ル
                               平成23年9月
                                     当社  法務内部統制グループ         ディ
                                     レクター
                               平成24年9月
                                     当社  法務グループ      シニアディレ
                                     クター
             経営戦
                               平成26年9月
                                     当社  事業戦略室     執行役員
    取締役   執行役員
           略・DC事業      李 秀元     昭和49年10月9日                                 12,800
                                                   (注)3
                               平成26年12月
                                     株式会社セキュア        クラウド事業
             担当
                                     推進担当
                               平成28年9月
                                     当社  取締役   執行役員    DC・クラ
                                     ウド・ストレージ戦略         担当
                               平成30年6月
                                     ジャパンケーブルキャスト株式会
                                     社 取締役(現)
                               平成30年7月
                                     株式会社へリックス         代表取締役
                                     (現)
                               平成30年9月
                                     当社  取締役   執行役員    経営戦
                                     略・DC事業     担当(現)
                                     エス・アンド・アイ株式会社            入
                               平成15年4月
                                     社
                                     当社  入社  エンタープライズ営業
                               平成18年7月
                                     当社  エンタープライズ営業         エキ
                               平成20年9月
                                     スパート2
                                     当社  営業グループ      エンタープラ
                               平成21年9月
                                     イズ営業 エキスパート1
                                     当社  営業統括グループ       エンター
                               平成23年9月
                                     プライズ営業      マネージャー
           DC・クラウ
    取締役   執行役員
           ド・ストレー      樋山 洋介      昭和55年8月21日                                 9,400
                                                   (注)3
                                     当社  営業統括グループ       エンター
                               平成24年9月
           ジ営業担当
                                     プライズ営業      ディレクター
                                     当社  営業統括グループ       ディレク
                               平成25年9月
                                     ター
                                     当社  営業統括グループ        シニア
                               平成27年9月
                                     ディレクター
                                     当社  取締役   執行役員    DC・クラ
                               平成28年9月
                                     ウド・ストレージ営業         担当(現)
                                     ジャパンケーブルキャスト株式会
                               平成30年6月
                                     社 取締役(現)
                                  32/110






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                                     エス・アンド・アイ株式会社            入
                               平成14年4月
                                     社
                                     当社  エンジニアリンググループ
                               平成19年7月
                                     プロフェッショナル1
                                     当社  エンジニアリンググループ
                               平成21年9月
                                     プロフェッショナル2
                                     当社エンジニアリング統括グルー
                               平成22年3月
                                     プ プロダクトエンジニアリング
                                     グループ    マネージャー1
                                     当社  エンジニアリング統括グ
                               平成22年9月
                                     ループ   第3システム      プロフェッ
                                     ショナル
                                     当社  プロフェッショナルサービ
                               平成23年12月
                                     スグループ     プロフェッショナル
           クラウド・ス
                                     当社  プロフェッショナルサービ
                               平成24年7月
    取締役   執行役員          樺澤    宏紀
           トレージ技術            昭和53年5月2日                                 8,000
                                                   (注)3
                                     スグループ     コンサルティング
             担当
                                     チーム   プロフェッショナル
                                     当社  プラットフォーム統括グ
                               平成24年12月
                                     ループ   ネットワークソリュー
                                     ション技術     プロフェッショナル
                                     当社  テクニカルセールスグルー
                               平成25年9月
                                     プ ディレクター
                                     当社  テクニカルセールスグルー
                               平成28年9月
                                     プ シニアディレクター
                                     当社  テクニカルデザイン本部          シ
                               平成28年10月
                                     ニアディレクター
                               平成30年6月      ジャパンケーブルキャスト株式会
                                     社 取締役(現)
                                     当社  取締役   執行役員    クラウ
                               平成30年9月
                                     ド・ストレージ技術        担当(現)
                                     東京工業大学総合情報処理セン
                               昭和59年8月
                                     ター助手
                                     工学博士号取得
                               昭和62年3月
                                     東京大学大型計算機センター助手
                               昭和62年4月
                                     慶應義塾大学環境情報学部助教授
                               平成2年4月
                                     同大学環境情報学部教授(現)
                               平成9年4月
                                     ソフトバンク株式会社          取締役
                               平成11年6月
                                     株式会社ワイドリサーチ          代表取
                               平成12年4月
                                     締役(現)
                                     アカデミーキャピタルインベスト
                               平成13年3月
                                     メンツ株式会社      取締役
                                     湘南藤沢インキュベーション株式
                               平成13年11月
                                     会社  取締役(現)
                                     学校法人慶應義塾常任理事
                               平成17年5月
      取締役       ―    村井 純     昭和30年3月29日                                 29,500
                                                   (注)3
                               平成17年6月      財団法人慶応工学会(現          一般財
                                     団法人慶應工学会)        評議員(現)
                                     有限会社情報空間研究機構           代表
                               平成18年9月
                                     取締役(現)
                                     スカパーJSAT株式会社(現          株式会
                               平成19年4月
                                     社スカパーJSATホールディング
                                     ス)取締役
                                     財団法人森記念財団(現          一般財団
                               平成20年3月
                                     法人森記念財団)       理事
                                     慶應義塾大学環境情報学部長
                               平成21年10月
                                     当社  取締役(現)
                               平成23年9月
                                     楽天株式会社      取締役(現)
                               平成24年3月
                               平成29年10月      慶應義塾大学大学院政策・メディ
                                     ア研究科委員長(現)
                                     株式会社ラック      取締役(現)
                               平成30年6月
                                  33/110





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                               昭和59年4月      株式会社日本コンピューター・
                                     サービス・センター(現          情報技
                                     術開発株式会社)入社
                                     (旧)株式会社ラック         入社
                               昭和61年10月
                                     同社  取締役   大阪事業部長
                               平成3年4月
                                     同社  取締役   技術開発本部長
                               平成11年4月
                                     同社  取締役   不正アクセス対策事
                               平成13年1月
                                     業本部長
                                     同社  取締役   セキュアネットサー
                               平成14年5月
                                     ビス事業本部長
                                     同社  取締役   JSOC事業本部長
                               平成15年1月
                                     同社  取締役   兼 執行役員SNS事業
                               平成17年1月
                                     本部長
                                     同社  取締役   兼 執行役員研究開
                               平成19年2月
                                     発本部長
                                     株式会社ラック       執行役員    LACセ
                               平成19年10月
                                     キュリティ研究所担当
                                     (旧)株式会社ラック         取締役   兼
                               平成20年4月
                                     執行役員    サイバーリスク研究所
                                     長
                                     同社  取締役   兼 常務執行役員
                               平成21年4月
                                     同社  取締役   兼 常務執行役員 
                               平成22年4月
                                     サイバーリスク総合研究所長
                               平成23年4月      同社  取締役   兼 セキュリティ事
                                     業統括CTO
                                     株式会社ラック       専務理事    兼 セ
                               平成24年4月
      取締役       ―    西本 逸郎      昭和33年9月28日                                 4,000
                                                   (注)3
                                     キュリティ技術統括
                                     同社  CTO  専務理事
                               平成25年4月
                                     同社  取締役   CTO
                               平成25年6月
                                     同社  取締役   CTO  兼 サイバー・
                               平成26年1月
                                     グリッド・ジャパンGM
                                     同社  取締役   兼 専務執行役員
                               平成26年4月
                                     CTO  兼 スマート・ビジネス・
                                     ファクトリ     GM 兼 サイバー・グ
                                     リッド・ジャパンGM(現)
                                     当社  取締役(現)
                               平成26年9月
                                     株式会社ラック       取締役   兼 専務
                               平成27年4月
                                     執行役員CTO     兼 スマート・ビジ
                                     ネス・ファクトリGM
                                     ネットエージェント株式会社            取
                               平成27年4月
                                     締役
                                     株式会社ラック       取締役   兼 専務
                               平成27年7月
                                     執行役員CTO     兼 スマート・ビジ
                                     ネスファクトリGM       兼 標的型攻撃
                                     対策本部長
                                     同社  取締役   兼 専務執行役員CTO
                               平成28年4月
                                     技術戦略担当      兼 技術戦略担当 
                                     兼 CISO情報セキュリティ担当
                                     同社  代表取締役社長       執行役員社
                               平成29年4月
                                     長CTO
                                     同社  代表取締役社長       執行役員社
                               平成30年7月
                                     長(現)
                                  34/110







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                                     株式会社ジャフコ       入社
                               昭和59年4月
                                     北海道ジャフコ株式会社          出向  投
                               昭和62年2月
                                     資課長
                                     株式会社ジャフコ        東京投資本部
                               平成6年2月
                                     投資第二部第二課課長
                                     株式会社日本テクノロジーベン
                               平成10年7月
                                     チャーパートナーズ設立          代表取
                                     締役(現)
                                     投資事業有限責任組合NTVP           i-1号
                               平成10年11月
                                     設立  無限責任組合員(現)
                 村口    和孝
      取締役       ―          昭和33年11月20日                                 3,000
                                                   (注)3
                                     徳島大学    客員教授
                               平成15年4月
                                     ジャパンケーブルキャスト株式会
                               平成18年9月
                                     社 取締役(現)
                                     慶應義塾大学大学院経営管理研究
                               平成19年4月
                                     科(慶應ビジネススクール:KBS)
                                     講師(現)
                                     株式会社ティエスエスリンク            代
                               平成25年4月
                                     表取締役(現)
                                     当社  取締役(現)
                               平成29年9月
                               昭和56年10月
                                     監査法人サンワ・東京丸の内事務
                                     所(現   有限責任監査法人トーマ
                                     ツ)  入所
                               昭和60年5月
                                     公認会計士登録
                               平成10年6月
                                     監査法人トーマツ(現         有限責任監
      取締役
                                     査法人トーマツ)       社員
                 井上    隆司
              ―          昭和31年8月24日                                   ―
                                                   (注)4
     (監査等委員)
                               平成30年10月
                                     井上隆司公認会計士事務所           開設
                                     (現)
                               平成30年10月
                                     共栄会計事務所        パートナー
                                     (現)
                               平成31年3月
                                     当社   取締役(監査等委員)
                                     (現)
                               昭和37年4月
                                     弁護士登録(第二東京弁護士会)
                               昭和56年4月
                                     第二東京弁護士会副会長
                               平成3年4月
                                     環太平洋法曹協会(IPBA)初代会長
                               平成13年5月
                                     最高裁判所判事      任官
                               平成18年5月
                                     同退官・弁護士再登録(森・濱田
                                     松本法律事務所)
                               平成19年4月
                                     NPO法人朝日カウンセリング研究
                                     会 会員
                               平成19年12月
                                     株式会社陽光      監査役(現)
                               平成20年6月
                                     京浜急行電鉄株式会社         監査役
                               平成22年6月
                                     一般社団法人太陽経済の会           会長
                                     (現)
                               平成22年8月
                                     日本コアパートナー株式会社            取
                                     締役
                               平成23年6月
                                     日比谷パーク法律事務所          客員弁
      取締役
                 濱田    邦夫
              ―          昭和11年5月24日                                 4,000
                                                   (注)4
     (監査等委員)
                                     護士(現)
                               平成24年3月
                                     くにうみアセットマネジメント株
                                     式会社   取締役(現)
                               平成24年3月
                                     エスアイピー・フィナンシャル・
                                     グループ株式会社       監査役(現)
                               平成25年5月
                                     ストラテジック・アイアール・イ
                                     ンサイト株式会社       監査役
                               平成27年4月
                                     くにうみ森林発電株式会社           取締
                                     役
                               平成27年9月
                                     当社   取締役(監査等委員)
                                     (現)
                               平成28年1月
                                     イハラケミカル工業株式会社(現
                                     クミアイ化学工業株式会社)           取締
                                     役
                               平成29年1月
                                     一般社団法人TAKUMI-Art          Vivant
                                     du Japon   監事
                                  35/110




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数

       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                               平成5年4月
                                     中央学院大学法学部        非常勤講師
                               平成5年7月
                                     衆議院議員野田聖子事務所           公設
                                     第一秘書
                               平成10年7月
                                     郵政省   郵政大臣政務秘書官
                               平成10年10月
                                     衆議院議員野田聖子事務所           政策
                                     担当秘書
                               平成20年10月
                                     慶應義塾大学先導研ワークライフ
                                     バランス研究センター         特別研究
                                     准教授
                               平成23年9月
                                     一般社団法人日本政策学校           理事
                               平成24年7月
                                     株式会社島桜子事務所         代表取締
                                     役(現)
                               平成25年10月
                                     一般社団法人チャレンジド・クリ
                                     エイティブラボ      代表理事(現)
      取締役
                               平成25年11月
                                     国立大学法人電気通信大学女性研
              ―    島 桜子     昭和37年4月22日                                 4,500
                                                   (注)4
     (監査等委員)
                                     究者支援室     特任教授
                               平成27年10月
                                     川崎市「かわさきパラムーブメン
                                     ト推進フォーラム」        委員
                               平成28年6月
                                     一般社団法人国際文化都市整備機
                                     構 理事
                               平成28年6月
                                     一般社団法人インターネット協会
                                     監事(現)
                               平成28年9月
                                     当社   取締役(監査等委員)
                                     (現)
                               平成29年4月
                                     拓殖大学大学院地方政治行政研究
                                     科 客員教授
                               平成29年10月
                                     Regina   Global   Holdeings     Pet.
                                     Ltd.  顧問(現)
                               平成30年6月
                                     一般社団法人国際文化都市整備機
                                     構 顧問(現)
                             計                           219,400
     (注)   1 取締役      村井   純及び同     西本   逸郎は、社外取締役であります。
        2 監査等委員である取締役              井上   隆司、同     濱田   邦夫、同     島  桜子は社外取締役であります。
        3 監査等委員以外の取締役の任期は、平成30年12月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年12月期に係る
          定時株主総会終結の時までであります。
        4 監査等委員である取締役の任期は、平成30年12月期に係る定時株主総会終結の時から平成32年12月期に係る
          定時株主総会終結の時までであります。
        5 当社は、監査等委員会設置会社であります。監査等委員会の体制は、次のとおりであります。
          委員長    井上   隆司    委員   濱田   邦夫    委員   島  桜子
                                  36/110









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
      当連結会計年度末における当社のコーポレート・ガバナンスの状況等は以下のとおりであります。
      当社は、経営者に対する取締役会の監督機能とコーポレート・ガバナンスの一層の強化を図り、経営の健全性と効
     率性を高めるため、平成27年9月19日より監査等委員会設置会社へ移行しております。監査等委員会は、監査等委員
     である3名の取締役(うち、3名が社外取締役)で構成され、取締役等の職務の執行の状況の監査を行っておりま
     す。
      ①   企業統治の体制
      (a)   企業統治体制の概要
        当社では、企業価値の最大化を図り、企業の社会的責任(Corporate                                Social    Responsibility)を果たしていく
       ためには、透明性が高く環境の変化に迅速に対応できる経営体制の確立とコンプライアンス遵守の経営を追求す
       ることが不可欠であると考えており、コーポレート・ガバナンス体制の充実を、経営の最重要課題と位置づけて
       積極的に取り組んでおります。
        当社は、取締役会・常勤役員会を設置しております。また、社外取締役を任用することにより、業務執行役員
       等への監視・監督の強化を図っております。
        当社の取締役会は、原則毎月1回開催し、提出日現在において取締役12名で、内5名は社外取締役で構成して
       おり、会社の経営方針、経営戦略、事業計画、組織及び人事に関する意思決定、ならびに当社及び子会社の業務
       執行の監督を行っております。
        取締役会の意思決定を要する重要事項については、事前の審議機関として常勤役員会を設置し、定例で毎週1
       回開催しております。メンバーは、常勤取締役で構成されております。
        当社の監査等委員会は、監査等委員3名で構成されており、毎月1回開催しております。
        監査等委員は、取締役会に出席し、経営全般または個別案件に関する客観的かつ公正な意見陳述を行うととも
       に、監査等委員会で立案した監査方針に従い、取締役の業務遂行に対しての適法性を監査しております。なお、
       監査等委員会、内部統制室及び会計監査人は、情報交換、意見交換を行うなどの連携により、監査機能の向上に
       努めております。
        〔業務執行・監査体制〕
                                  37/110











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (b)   企業統治の体制を採用する理由
        当社は、社外取締役及び監査等委員を任用するとともに、取締役による相互監視及び監査等委員会による監査
       により経営の監視・監督機能の確保が行えるものと考え、取締役会・監査等委員会を設置しております。
      (c)   内部統制システムの整備の状況
        当社は、内部統制システム構築の基本方針を、以下のとおり定めております。
        取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他当社の業務並びに当社及びそ
       の子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するための体制
        1)当社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         ⅰ)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制の基礎として、取締
           役及び使用人が法令、定款及び社会通念等を遵守した行動をとるための行動規範を定めるものとする。ま
           た、その徹底を図るため、取締役及び使用人のコンプライアンス教育等を行うものとする。
         ⅱ)コンプライアンス体制を整備するとともに、内部監査担当部門による内部監査を実施することにより、内
           部統制の有効性と妥当性を確保するものとする。
         ⅲ)取締役が当社取締役及び使用人による法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実を発見した場
           合に直ちに取締役会に報告できるよう連絡体制を確立し、そのための規程を定めるものとする。
         ⅳ)法令違反その他コンプライアンスに関する事実についての社内報告体制の一環として内部通報制度を整備
           し、コンプライアンス規程を定め当該規程に基づきその運用を行うこととする。
        2)  当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         ⅰ)職務権限規程並びに業務分掌規程に基づいた妥当な意思決定ルールを定め、その運用を図るとともに運用
           状況を定期的に検証するものとする。
         ⅱ)経営計画のマネージメントについては、各業務執行部門において経営理念を機軸に予算管理規程に従い策
           定される年度計画に基づき目標達成のために活動することとする。また、全社並びに各業務執行部門の予
           算管理及び月次・四半期の業績管理により適切な対策を講じるものとする。
        3)  当社の取締役の職務に係る情報の保存及び管理に関する体制
         ⅰ)取締役の職務の執行に係る情報は、文書または電子媒体により保存するものとする。
         ⅱ)取締役の職務に係る情報については、文書管理規程に基づきその保存媒体に応じて適切かつ確実に検索性
           の高い状態で、保存・管理し、常時閲覧可能な状態とする。また、必要に応じて、運用状況の検証、各規
           程等の見直しを行う。
        4)  当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         ⅰ)リスク管理体制の基礎として、当社グループを対象とするリスク管理規程を定め、個々のリスクについて
           の管理責任者を決定し、同規程に従ったリスク管理体制を構築する。
         ⅱ)当社グループに不測の事態が発生した場合には、当社社長を本部長とする対策本部を設置し、緊急連絡体
           制を確立させるとともに、必要に応じて顧問弁護士等を含む外部アドバイザリーチームを組織し迅速な対
           応を行い、損害及び被害の拡大を防止しこれを最小限に止める体制を整える。
        5)  当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
         ⅰ)当社は、当社グループの業務の適正を確保するため、関係会社管理規程に従い、子会社が一定の重要事項
           を行う場合には、当社による決裁・当社への報告制度により子会社の経営の監督を行うものとし、定期的
           に当社内部監査担当部門による監査を実施する。
         ⅱ)当社グループ間取引については、市価を基準として公正に行うことを方針としている。
         ⅲ)取締役は、当社グループにおいて、法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事項を発見した場合
           には、代表取締役に報告するものとする。代表取締役は、当社の内部監査担当部門に監査及び調査の指示
           を行う。内部監査担当部門は監査及び調査結果を代表取締役へ報告すると共に監査等委員である取締役に
           も報告を行う。その内容に対して、監査等委員である取締役は意見を述べると共に、改善策の策定を求め
           ることができるものとする。
         ⅳ)当社の子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するため、子会社は、当社の経営理念
           を基軸に当社の予算管理規程に従い、策定される子会社の年度計画に基づき、目標達成のために活動する
           こととする。また当社並びに子会社の各業務執行部門の予算管理及び月次・四半期の業績管理により連結
           ベースの適切な対策を講じるものとする。
         ⅴ)当社の子会社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するためブロードバ
           ンドタワーグループ行動規範を定め、その周知徹底をはかるものとする。
        6)  当社の監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する体制と当該使用人の取締役からの独立性及び指示
                                  38/110

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
          の実効性確保に関する事項
         ⅰ)監査等委員会の事務局に専従者を配置することとする。
         ⅱ)監査等委員である取締役が職務を補助する使用人を置くことを求めた場合、取締役会は、監査等委員であ
           る取締役と協議の上、監査等委員である取締役の要請を尊重し任命することとする。
         ⅲ)当該使用人の取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性及び指示の実効性を確保するた
           め、当該使用人の任命、異動、給与の改定、懲戒処分及び人事考課については、監査等委員会の意見を徴
           し、これを尊重するものとする。
        7)  当社の監査等委員会への報告に関する体制
         ⅰ)当社の取締役及び使用人が当社の監査等委員会に報告すべき事項及び時期についての規程を定めることと
           し、当該規程に基づき、当社の取締役及び使用人は当社の業務または業績に影響を与える重要な事項につ
           いて当社の監査等委員会に都度報告するものとする。
         ⅱ)当社の取締役及び使用人は、当社の監査等委員会から業務執行に関する事項の報告を求められた場合に
           は、速やかに報告を行わなければならないものとする。
         ⅲ)当社の取締役及び使用人は、当社に著しい損害を及ぼす恐れのある事項及び重大な法令・定款違反に関す
           る事実を発見した場合には、直ちに当社の監査等委員会と情報共有するものとする。
         ⅳ)当社の子会社の取締役、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者が、当社の監査等委員会に
           報告するための体制を構築し、周知徹底するものとする。
        8)  前項の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いを受けないことを確保するための
          体制
         ⅰ)当社は、当社及び当社グループ会社の取締役及び使用人が前項の報告をしたことを理由として、不利益な
          取り扱いを行うことを禁止するものとする。
        9)  当社の監査等委員の職務執行について生じる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について
          生じる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
         ⅰ)当社の監査等委員の職務執行について生じる費用又は債務の処理に関しては、監査等委員会に関する当社
           の社内規則にて管理し、当該費用又は債務が当社の監査等委員の職務の執行に必要でないと認められた場
           合を除き、その費用を負担するものとする。
        10)  その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         ⅰ)監査等委員である取締役及び取締役(監査等委員である取締役を除く。)は、相互の意思疎通を図るため
           に定期的に意見を交換する。
         ⅱ)内部監査担当部門を通じ、監査等委員である取締役と当社グループ会社の監査役との連携を進め、より効
           率的な監査の実施が可能な体制を構築する。
        当社の運用状況について、次のとおりであります。

        内部統制システム全般:
        ・ 当社は、「ブロードバンドタワーグループ行動規範」を定め、当社及び子会社へ周知する事で、グループ
          各社の取締役及び従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保しております。また、取締役
          及び従業員に対して定期的にコンプライアンス教育を実施し、取締役及び従業員のコンプライアンスに対
          する意識向上に努めております。
        ・ 当社は、毎月1回開催されるコーポレートガバナンス委員会において重要事項の報告及び連絡を行い、情
          報共有を実施することでグループ経営に対応した効率的なモニタリングを実施しております。
        ・ 当社は、「コンプライアンス規程」を定め、グループ内部通報制度を構築し、問題の早期発見に努めると
          共に、制度を利用した報告者が不利益な取り扱いを受けないよう定めております。
        ・ 当社の内部監査担当部門である内部統制室は、法令や定款、社内規程等への適合や効率的職務遂行の観点
          から、当社の各部門およびグループ各社について、定期的に監査を行い、その結果を代表取締役及び監査
          等委員へ報告しております。
                                  39/110




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
        リスク管理体制:
        ・ 当社は、当社グループの損失の危機を管理するため、「リスク管理規程」を定め、定期的なリスクアセス
          メントを行い、管理責任者を中心としたリスク管理体制を構築し維持しております。
        取締役の職務執行:
        ・ 当社は、「ブロードバンドタワーグループ行動規範」を定め、取締役が法令及び定款を遵守するよう徹底
          し、また、複数名の社外取締役を選任して監督機能を強化しております。
        監査等委員の監査体制:
        ・ 監査等委員は、取締役会に出席し、内部統制の整備、運用状況を確認すると共に、取締役の職務執行に関
          して意見を述べております。また、月に1回開催される内部監査部門との会議に出席して当社の業務また
          は業績に影響を与える重要な事項についての報告を受けているほか、子会社の監査役とも定期的に連携し
          ており、当社グループの効率的な監査が実行出来る体制を構築しております。
        ・ 当社は、「監査等委員会規程」及び「監査等委員監査基準」に基づき、監査等委員に報告すべき事項につ
          き、当社の取締役及び使用人並びに当社グループの取締役、監査等委員及び使用人又はこれらの者から報
          告を受けた者が当社の監査等委員に報告するための体制を構築しております。また、監査等委員の職務執
          行について生じる費用又は債務を負担し、適切に管理を行っております。
      (d)   社外取締役及び監査等委員との責任限定契約の内容の概要

        当社と社外取締役及び監査等委員は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責
       任を限定する契約を締結しております。当社の社外取締役及び監査等委員は、会社法第423条第1項の責任につ
       き、金120万円または同法第425条第1項に規定する最低責任限度額のいずれか高い金額をもって、損害賠償責任
       の限度としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役又は当該監査等委員がその責任
       の原因となった職務の執行について、善意でかつ重大な過失がないときに限るものとしております。
      (e)   取締役の定数
        当社の取締役は、15名以内とする旨定款に定めております。
      (f)   取締役の選任の決議要件
        当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
       主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。なお、取締役の選任については、累積
       投票によらないものと定めております。
      (g)   剰余金の配当等の決定機関
        当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除
       き、取締役会決議により定めることができる旨定款に定めております。これは、いずれも決議を取締役会の権限
       とすることにより、株主への機動的な利益還元、確保を行うことを目的としているものであります。
      (h)   取締役及び監査等委員の責任免除
        当社は、会社法第426条第1項に基づき、取締役会の決議によって、取締役及び監査等委員(取締役及び監査等
       委員であった者を含む。)の会社法第423条第1項の賠償責任について、法令に定める要件に該当する場合には、
       賠償責任額から法令に定める最低責任限度額を控除して得た額を限度として免除することができる旨を定款に定
       めております。これは、取締役及び監査等委員がその期待される役割を十分に発揮できることを目的とするもの
       であります。
      (i)   株主総会の特別決議要件
        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、定款に別段の定めがある場合を除
       き、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2
       以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することによ
       り、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
                                  40/110





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      ②   内部監査及び監査等委員会監査の状況
        内部監査については、業務監査部門である内部統制室に専任の内部監査担当者3名を配置し、社内の各業務が
       経営方針や社内規程・会計方針に準拠して行われているか、法令を遵守しているかについて、「内部監査規程」
       及び内部監査計画に基づき、定期的に内部監査を実施しております。また、常に経営診断の見地に立ち、会社の
       財産保全及び業務運営の実態を適正に調査するとともに、不正等を未然に防止し、経営の合理化並びに効率化に
       寄与することにより、会社の健全な発展を図ることを目的としており、監査結果は、社長に報告するとともに、
       被監査部門に対する具体的な指導とフォローアップを行っております。
        監査等委員会監査については、当社は監査等委員3名全員が社外監査等委員であり、各監査等委員が取締役会
       への出席等を通じて、取締役の職務執行を厳格に監査しております。また、監査等委員会設置会社として、監査
       等委員会が原則毎月1回開催され、業務執行の状況、監査状況の確認を行っております。そのため、監査等委員
       会の事務局に専従者を配置しております。これら監査等委員会監査は、社内規定に基づき、行われております。
       なお、監査等委員の井上隆司は、公認会計士の資格を有し、監査等委員の濱田邦夫は弁護士の資格を有してお
       り、それぞれ専門性を活かした監査をしております。また、監査等委員の島桜子は行政分野における豊富な経験
       を活かした監査をしております。
        監査等委員は、会社の業務及び財産の状況の調査その他職務の遂行にあたり、効率的な監査を実施すべく、内
       部監査担当者と緊密な連携を保ち、また、内部監査担当者より、内部統制システムに係る当社の状況とその監査
       結果について定期的に報告を受けております。
        なお、監査等委員と内部監査担当者は、会計監査人とそれぞれ定期的に会合を持ち、内部監査の概要を報告す
       るとともに、会計監査計画及び実施された会計監査の結果等について聴取を行い、意見交換を実施しておりま
       す。
      ③   会計監査の状況

        会計監査については、PwCあらた有限責任監査法人と監査契約を締結し、会社法監査及び金融商品取引法監査を
       受けております。当連結会計年度における監査の体制は以下のとおりであります。なお、継続監査年数について
       は、7年以内であるため、記載を省略しております。
        会計監査業務を執行した公認会計士の氏名
          指定有限責任社員         業務執行社員       千代田義央
          指定有限責任社員         業務執行社員       鈴木直幸
        会計監査業務に係る補助者の構成
          公認会計士 5名  その他 13名
          (注)その他は、公認会計士試験合格者及びシステム監査担当者等であります。
      ④   社外取締役及び監査等委員との関係

        当社の社外取締役は5名、うち監査等委員は3名であります。社外取締役及び監査等委員と当社との利害関係
       等については以下の通りであります。
       社外取締役について
       ・社外取締役村井純は、株式会社ワイドリサーチ及び有限会社情報空間研究機構の代表取締役、財団法人慶応工
        学会の評議員、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科委員長でありますが、当社との間にはいずれも資本
        関係及び取引関係はありません。また、社外取締役村井純は、楽天株式会社及び湘南藤沢インキュベーション
        株式会社、株式会社ラックの社外取締役であります。なお、当社は楽天株式会社に対してスペースサービス提
        供、株式会社ラックに対してスペースサービス等の提供を行っておりますが、取引の規模に照らして株主等の
        判断に影響を及ぼす恐れはありません。なお、社外取締役村井純は、当社株式を29,500株保有しております。
       ・社外取締役西本逸郎は、株式会社ラックの代表取締役であり、当社は同社にスペースサービス等の提供を行っ
        ております。
                                  41/110




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
       監査等委員について
       ・監査等委員である井上隆司公認会計士事務所を開設、並びに共栄会計事務所のパートナーでありますが、当社
        との間には、資本関係及び取引関係はありません。
       ・監査等委員である濱田邦夫は、日比谷パーク法律事務所の客員弁護士、株式会社陽光の監査役、一般社団法人
        太陽経済の会の会長、くにうみアセットマネジメント株式会社の社外取締役、エスアイピー・フィナンシャ
        ル・グループ株式会社の社外監査役でありますが、当社と同社との間には資本関係及び取引関係はありませ
        ん。
       ・監査等委員の島桜子は、株式会社島桜子事務所                       代表取締役、一般社団法人チャレンジド・クリエイティブラボ
        代表理事、一般社団法人インターネット協会の監事でありますが、当社との間には、いずれも資本関係及び取
        引関係はありません。
        社外取締役及び監査等委員の選任するための独立性に関する当社の考えは、明確な基準及び方針を特段に定め
       てないものの、選任に際しては独立性及び適正性から選任しております。当社においては、独立性が十分に確保
       されているものと認識しており、一般株主と利益相反の恐れはないと考えております。また、当社及び業務執行
       取締役との特別な利害関係がなく一般株主と利益相反の生じる恐れのない独立役員による客観的かつ専門的な視
       点から、当社経営の適法性及び妥当性等の監視及び業務執行取締役等への監視・監督の強化を図っております。
        当社では取締役12名の内の5名が社外取締役であり、監査等委員3名の全てが社外取締役であることから、経営
       に対する監視、監督が十分に機能すると考えております。
        なお、監査等委員及び会計監査人の連携・相互補完のため、情報及び意見交換の機会を設けております。ま
       た、適時、内部統制室による内部統制状況の報告、内部監査担当者による内部監査の状況報告を行っておりま
       す。
      ⑤   株主その他利害関係者に関する状況

        当社は、親会社はおりませんが、株主構成上、約22%を保有する株式会社インターネット総合研究所が大株主で
       あります。また、当社の代表取締役藤原洋は同社の代表取締役を、当社の常務取締役中川美恵子は同社の取締役
       をそれぞれ兼務しております。同社との取引においては、当社取締役会の事前承認を必要とし、実際の取引につ
       いても当社のクラウドサービス利用に関する取引がありますが、当社の事業上の独立性や公正性は十分に確保で
       きていると判断しております。
      ⑥   IR活動に関する状況

        当社は株主からの当社事業の理解を深めるため、株主総会招集通知のビジュアル化を図ったほか、アナリス
       ト、機関投資家向けには、半期毎の決算説明会、個別のIRミーティング、一般投資家向けには動画配信を実施す
       る等、会社の成長戦略や経営情報について説明をしております。
      ⑦株式会社の支配に関する基本方針

        当社は現時点では、当該「基本方針」及び「買収防衛策」につきましては、特に定めておりません。一方で、
       大量株式取得行為のうち、当社の企業価値及び株主共同の利益に資さないものについては適切な対応が必要と考
       えており、今後の法制度の整備や社会的な動向も見極めつつ、今後も慎重に検討を行ってまいります。
                                  42/110







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      ⑧   役員の報酬等
       (a)  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                    報酬等の総額
          役員区分                                          役員の員数
                      (千円)
                                     ストック
                                                     (名)
                             基本報酬                賞与
                                    オプション
     取締役(監査等委員を除く。)
                        62,840        62,840          -         -         7
     (社外取締役を除く。)
     取締役(監査等委員)
                                 -        -        -        -
                          -
     (社外取締役を除く。)
     社外役員                   14,712         14,712           -        -        6
       (b)  提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

         連結報酬等の総額が1億円以上の取締役及び監査役はおりません。
       (c)  使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの
         該当事項はありません。
       (d)  役員の報酬等の額の決定に関する方針
         取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び監査等委員である取締役の報酬等は、株主総会の決議に
        よってそれぞれの総額を決定する旨定款に定めております。各取締役(監査等委員である取締役を除く。)の
        報酬等は、株主総会が決定した報酬等総額の限度内において取締役会で決定し、各監査等委員である取締役の
        報酬等は、株主総会が決定した報酬等総額の限度内において監査等委員会の協議により決定することとしてお
        ります。
      ⑨   株式の保有状況

        (a)   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
         銘柄数               4 銘柄
         貸借対照表計上額の合計額                297,974    千円
        (b)  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、保有区分、株式数、貸借対照表計上額及び保有目
         的
         (前事業年度)
          開示対象に該当する銘柄はありません。
         (当事業年度)

          開示対象に該当する銘柄はありません。
        (c)   保有目的が純投資目的である投資株式

                   前事業年度
                             当事業年度
                              (千円)
                    (千円)
                                            売却損益の       評価損益の
                  貸借対照表計上額          貸借対照表計上額          受取配当金
                    の合計額          の合計額        の合計額
                                             合計額       合計額
          非上場株式             12,687          12,681          -      9,600          -
        (d)   当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更した投資株式

          該当事項はありません。
                                  43/110





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【監査報酬の内容等】
      ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                     当連結会計年度

        区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社               21,500             ―         18,500              ―
       連結子会社               30,000            600          22,000              ―

         計             51,500            600          40,500              ―

      ②  【その他重要な報酬の内容】

       前連結会計年度
        該当事項はありません。
       当連結会計年度
        該当事項はありません。
      ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

       前連結会計年度
        当社の連結子会社は、監査公認会計士等に対してショートレビュー業務を委託し報酬を支払っております。
       当連結会計年度
        該当事項はありません。
      ④  【監査報酬の決定方針】

        監査公認会計士等より当グループの会計監査(会社法、金融商品取引法)の意見表明に必要かつ充分な人員及
       び日数等の監査計画の提出を受け、会社と監査公認会計士等が協議を行い、監査等委員会の同意を得た上で決定
       しております。
                                  44/110










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
      基づいて作成しております。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成30年7月1日から平成30年12月31
     日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成30年7月1日から平成30年12月31日まで)の財務諸表について、PwCあらた
     有限責任監査法人の監査を受けております。
    3 決算期変更について

      平成30年9月21日開催の第19回定時株主総会における定款一部変更の決議により、決算期を6月30日から12月31日
     に変更いたしました。
      したがって、当連結会計年度及び当事業年度は平成30年7月1日から平成30年12月31日までの6か月間となってお
     ります。
    4 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しております。また、監査法人及
     び各種団体が主催するセミナー等に適宜参加するとともに、会計基準等の動向を解説した専門誌の定期購読を行って
     おります。
                                  45/110










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
      ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成30年6月30日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               6,627,920              7,250,975
        受取手形及び売掛金                               1,476,944              1,717,958
        有価証券                                  -            221,964
        商品及び製品                                223,559              282,482
        その他                               1,068,836               744,718
                                        △ 6,702             △ 15,393
        貸倒引当金
        流動資産合計                               9,390,558              10,202,704
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                             2,417,164              6,978,786
                                      △ 1,893,148             △ 2,293,655
           減価償却累計額
           建物及び構築物(純額)                             524,016             4,685,131
         機械及び装置                             4,566,906              2,765,328
                                      △ 3,635,202             △ 1,423,877
           減価償却累計額
           機械及び装置(純額)                             931,704             1,341,451
         工具、器具及び備品
                                       1,101,909              1,242,619
                                       △ 948,242             △ 964,761
           減価償却累計額
           工具、器具及び備品(純額)                             153,667              277,858
         リース資産
                                        383,918              383,909
                                       △ 86,030             △ 97,602
           減価償却累計額
           リース資産(純額)                             297,887              286,306
         建設仮勘定                             2,205,156                50,558
         その他
                                          -             2,027
           減価償却累計額                               -             △ 99
                                          -             1,927
           その他(純額)
         有形固定資産合計                             4,112,432              6,643,234
        無形固定資産
         のれん                              615,207              663,584
         顧客関連資産                             1,265,400              1,221,000
                                        282,585              739,730
         その他
         無形固定資産合計                             2,163,193              2,624,314
        投資その他の資産
                                    ※1  1,597,125            ※1  1,822,665
         投資有価証券
         繰延税金資産                                 -            209,959
         敷金及び保証金                              845,693             1,488,263
                                        126,979              158,952
         その他
         投資その他の資産合計                             2,569,797              3,679,840
        固定資産合計                               8,845,423              12,947,389
      資産合計                                18,235,982              23,150,094
                                  46/110




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成30年6月30日)              (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                418,587              607,429
        短期借入金                                500,000              500,000
        1年内返済予定の長期借入金                               1,263,532              1,331,952
        リース債務                                26,228              25,866
        未払金                               1,293,727               779,206
        未払法人税等                                116,088               45,143
        前受金                                320,519              327,572
        賞与引当金                                20,431              46,979
        関係会社株式売却損失引当金                                  -            14,508
        資産除去債務                                137,031              133,965
                                        223,873              272,167
        その他
        流動負債合計                               4,320,019              4,084,791
      固定負債
                                    ※2  3,195,600            ※2  6,339,164
        長期借入金
        リース債務                                283,776              271,109
        役員退職慰労引当金                                23,576              24,726
        退職給付に係る負債                                64,997              244,442
        資産除去債務                                636,001             1,537,157
        繰延税金負債                                515,988              468,984
                                        13,577               8,567
        その他
        固定負債合計                               4,733,518              8,894,151
      負債合計                                9,053,538              12,978,943
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               2,383,721              2,404,404
        資本剰余金                               2,798,278              2,841,553
        利益剰余金                               2,133,962              2,247,960
                                       △ 259,690             △ 259,690
        自己株式
        株主資本合計                               7,056,272              7,234,229
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  △ 0           △ 3,313
                                       △ 58,957             △ 19,830
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                               △ 58,957             △ 23,144
      新株予約権
                                        11,997                -
                                       2,173,132              2,960,066
      非支配株主持分
      純資産合計                                9,182,444              10,171,151
     負債純資産合計                                 18,235,982              23,150,094
                                  47/110






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成29年7月1日              (自 平成30年7月1日
                                至 平成30年6月30日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                 10,731,529               6,296,650
                                       7,852,886              5,024,647
     売上原価
     売上総利益                                  2,878,642              1,272,002
                                   ※1 , ※2  2,958,854           ※1 , ※2  1,873,502
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                  △ 80,212             △ 601,500
     営業外収益
      受取利息                                  10,415               3,965
      受取配当金                                  19,470                -
      持分法による投資利益                                 108,666                 -
      業務受託手数料                                  15,300               8,700
                                        21,650               8,330
      その他
      営業外収益合計                                 175,503               20,995
     営業外費用
      支払利息                                  27,391              31,866
      持分法による投資損失                                    -              482
      シンジケートローン手数料                                  84,361               6,275
      為替差損                                    -            23,653
      出資金評価損                                  2,111              19,130
                                         2,273              1,277
      その他
      営業外費用合計                                 116,137               82,685
     経常損失(△)                                  △ 20,846             △ 663,190
     特別利益
                                      ※3  74,785            ※3  226,667
      固定資産売却益
      投資有価証券売却益                                  13,301              698,217
      関係会社株式売却益                                 649,933                 -
                                          -             5,260
      新株予約権戻入益
      特別利益合計                                 738,020              930,145
     特別損失
      段階取得に係る差損                                  59,900                -
                                       ※4  9,800            ※4  2,069
      固定資産除却損
                                      ※5  416,867            ※5  211,515
      減損損失
      投資有価証券売却損                                  1,048                -
      関係会社株式売却損失引当金繰入額                                    -            14,508
      特別損失合計                                 487,616              228,092
     税金等調整前当期純利益                                   229,557               38,862
     法人税、住民税及び事業税
                                        528,714                 12
                                        52,294             △ 50,151
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   581,008              △ 50,139
     当期純利益又は当期純損失(△)                                  △ 351,451               89,001
     非支配株主に帰属する当期純損失(△)                                  △ 21,357             △ 76,167
     親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                       △ 330,093              165,168
     帰属する当期純損失(△)
                                  48/110





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成29年7月1日              (自 平成30年7月1日
                                至 平成30年6月30日)               至 平成30年12月31日)
     当期純利益又は当期純損失(△)                                  △ 351,451               89,001
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   △ 0           △ 13,676
      為替換算調整勘定                                 △ 8,481              39,126
                                         △ 571               -
      持分法適用会社に対する持分相当額
                                      ※  △  9,053            ※  25,449
      その他の包括利益合計
     包括利益                                  △ 360,505              114,451
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                △ 339,147              200,982
      非支配株主に係る包括利益                                 △ 21,357             △ 86,531
                                  49/110
















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      ③【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自         平成29年7月1日 至           平成30年6月30日)
                                                    (単位:千円)

                                   株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高              2,370,701         2,768,077         3,234,001         △ 259,690        8,113,090
     当期変動額
     新株の発行               13,020         13,020                           26,040
     剰余金の配当                               △ 561,637                 △ 561,637
     親会社株主に帰属す
                                     △ 330,093                 △ 330,093
     る当期純損失(△)
     持分法適用会社の減
     少に伴う利益剰余金                               △ 208,308                 △ 208,308
     減少高
     非支配株主との取引
     に係る親会社の持分                        17,181                           17,181
     変動
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計                13,020         30,201       △ 1,100,039            -     △ 1,056,818
     当期末残高              2,383,721         2,798,278         2,133,962         △ 259,690        7,056,272
                     その他の包括利益累計額

                                      新株予約権       非支配株主持分        純資産合計
               その他有価証券評               その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                価差額金               累計額合計
     当期首残高               720     △ 52,870       △ 52,149       13,345       132,915       8,207,201
     当期変動額
     新株の発行                                                   26,040
     剰余金の配当                                                 △ 561,637
     親会社株主に帰属す
                                                       △ 330,093
     る当期純損失(△)
     持分法適用会社の減
     少に伴う利益剰余金                                                 △ 208,308
     減少高
     非支配株主との取引
     に係る親会社の持分                                                   17,181
     変動
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純              △ 720      △ 6,087       △ 6,807       △ 1,347      2,040,216       2,032,061
     額)
     当期変動額合計               △ 720      △ 6,087       △ 6,807       △ 1,347      2,040,216        975,242
     当期末残高               △ 0    △ 58,957       △ 58,957       11,997      2,173,132       9,182,444
                                  50/110







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自         平成30年7月1日 至           平成30年12月31日)
                                                    (単位:千円)

                                   株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高              2,383,721         2,798,278         2,133,962         △ 259,690        7,056,272
     当期変動額
     新株の発行               20,683         20,683                           41,367
     剰余金の配当                                △ 51,170                 △ 51,170
     親会社株主に帰属す
                                      165,168                  165,168
     る当期純利益
     非支配株主との取引
     に係る親会社の持分                        22,591                           22,591
     変動
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計                20,683         43,275         113,998           -       177,957
     当期末残高              2,404,404         2,841,553         2,247,960         △ 259,690        7,234,229
                     その他の包括利益累計額

                                      新株予約権       非支配株主持分        純資産合計
               その他有価証券評               その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                価差額金               累計額合計
     当期首残高               △ 0    △ 58,957       △ 58,957       11,997      2,173,132       9,182,444
     当期変動額
     新株の発行                                                   41,367
     剰余金の配当                                                  △ 51,170
     親会社株主に帰属す
                                                        165,168
     る当期純利益
     非支配株主との取引
     に係る親会社の持分                                                   22,591
     変動
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純             △ 3,313       39,126       35,813       △ 11,997       786,933       810,749
     額)
     当期変動額合計              △ 3,313       39,126       35,813       △ 11,997       786,933       988,707
     当期末残高              △ 3,313      △ 19,830       △ 23,144         -    2,960,066       10,171,151
                                  51/110








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成29年7月1日              (自 平成30年7月1日
                                至 平成30年6月30日)               至 平成30年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                 229,557               38,862
      減価償却費                                 762,519              540,193
      減損損失                                 416,867              211,515
      のれん償却額                                  32,379              22,858
      その他の償却額                                  66,600              44,400
      新株予約権戻入益                                    -            △ 5,260
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 239            △ 2,627
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 20,185              16,146
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 135             9,610
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    -             △ 944
      関係会社株式売却損失引当金の増減額(△は減
                                          -            14,508
      少)
      受取利息及び受取配当金                                 △ 29,886              △ 3,965
      支払利息                                  27,391              31,866
      シンジケートローン手数料                                  84,361               6,275
      投資有価証券売却益                                 △ 13,301             △ 698,217
      投資有価証券売却損                                  1,048                -
      持分法による投資損益(△は益)                                △ 108,666                482
      出資金評価損                                    -            19,130
      為替差損益(△は益)                                  2,604              △ 918
      段階取得に係る差損益(△は益)                                  59,900                -
      有形固定資産売却損益(△は益)                                 △ 74,785             △ 226,667
      固定資産除却損                                  9,800              2,069
      売上債権の増減額(△は増加)                                 103,434              △ 75,633
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  26,526             △ 58,984
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 47,546              152,119
      関係会社株式売却損益(△は益)                                △ 649,933                 -
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 1,054             119,101
                                        142,061             △ 209,418
      その他
      小計                                1,019,315               △ 53,498
      利息及び配当金の受取額
                                        25,187               2,150
      利息の支払額                                 △ 27,084             △ 32,190
                                      △ 1,213,641              △ 219,898
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 196,222             △ 303,436
                                  52/110







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成29年7月1日              (自 平成30年7月1日
                                至 平成30年6月30日)               至 平成30年12月31日)
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の払戻による収入                                 110,000              100,000
      有形固定資産の取得による支出                               △ 2,043,410             △ 3,801,534
      ソフトウエアの取得による支出                                 △ 37,086             △ 535,415
      投資有価証券の取得による支出                                △ 746,923             △ 574,971
      投資有価証券の売却による収入                                  64,098              800,340
      投資有価証券の償還による収入                                 100,000                 -
      固定資産の売却による収入                                  29,099             1,308,486
      関係会社株式の取得による支出                                    -            △ 1,300
      関係会社株式の売却による収入                                1,000,000                  -
      長期貸付金の回収による収入                                  50,000                -
      敷金の回収による収入                                  86,409               6,085
      差入保証金の回収による収入                                  2,149                -
      敷金及び保証金の差入による支出                                △ 135,491             △ 662,413
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                      ※2  654,672            ※2  287,560
      る収入
      出資金の払込による支出                                    -            △ 1,620
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 866,482            △ 3,074,782
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入れによる収入                                2,119,992              3,900,920
      長期借入金の返済による支出                               △ 1,323,858              △ 688,936
      シンジケートローン手数料の支払額                                 △ 82,000              △ 4,000
      リース債務の返済による支出                                 △ 29,715             △ 13,029
      株式の発行による収入                                  24,424              34,618
      配当金の支払額                                △ 560,067              △ 51,815
      非支配株主からの払込みによる収入                                 510,000              902,500
      非支配株主への配当金の支払額                                 △ 28,918              △ 6,443
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                        △ 5,000                -
      による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 624,855             4,073,813
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   △ 8,081              27,460
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 445,931              723,054
     現金及び現金同等物の期首残高                                  6,963,851              6,517,920
                                     ※1  6,517,920            ※1  7,240,975
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  53/110








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1. 連結の範囲に関する事項
     (1)連結子会社の数
       7 社
      連結子会社の名称
       BBTOWER    SAN  DIEGO   INC.
       株式会社エーアイスクエア
       グローバルIoTテクノロジーベンチャーズ株式会社
       GiTV   Fund   I Investment,      L.P.
       ジャパンケーブルキャスト株式会社
       株式会社IoTスクエア
       沖縄ケーブルネットワーク株式会社
        平成30年10月3日に連結子会社のジャパンケーブルキャスト株式会社が株式を取得したことにより、沖縄ケーブ

      ルネットワーク株式会社は、当連結会計年度より連結子会社としております。
        (追加情報)
       平成30年12月21日付けの株式譲渡契約に基づき、当社が所有する全ての株式を株式会社インターネット総合研究
      所へ譲渡いたしましたので、株式会社IoTスクエアは、平成31年1月4日に連結子会社ではなくなりました。
     (2)非連結子会社の名称

       株式会社ヘリックス
        連結の範囲から除いた理由
       非連結子会社は、小規模会社であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金
      (持分に見合う額)等は、いずれも連結計算書類に重要な影響を及ぼしていないためであります。
    2. 持分法の適用に関する事項

     (1)  持分法適用関連会社の数及び名称
      持分法適用関連会社の数
       1 社
      持分法を適用した関連会社の名称
       株式会社キャンパスナビTV
     (2)  持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社の名称

       株式会社ヘリックス
       オープンワイヤレスプラットフォーム合同会社
       株式会社LaserLinx(旧HAIFC株式会社)
      持分法を適用しない理由

       持分法非適用会社は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の
      対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないためであります。
                                  54/110






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    3. 連結子会社の事業年度等に関する事項
        連結子会社のうち、株式会社エーアイスクエアの決算日は6月30日でありますが、連結財務諸表の作成にあ
      たっては、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。なお、その他の連結子会社の
      事業年度の末日は連結決算日(12月31日)と一致しております。
    4. 会計方針に関する事項

     (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
      ① 有価証券
       満期保有目的の債券
         償却原価法(利息法)
       その他有価証券
        時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、取得原価は移動平均法に
        より算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
         なお、投資事業有限責任組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券とみなされるもの)に
        ついては、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎とし、持分相当額を純額
        で取り込む方法によっております。
      ② たな卸資産
       商品
         移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

      ① 有形固定資産(リース資産を除く)
       定額法によっております。
       なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
        建物及び構築物                     5~20年
        機械及び装置                       9~17年
        工具、器具及び備品                 4~18年
      ② 無形固定資産(リース資産を除く)
       定額法によっております。
       なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(4~5年間)に基づく定額法、顧客関
      連資産については、効果の及ぶ期間(15年)に基づく定額法によっております。
      ③ リース資産
       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
       リース期間を耐用年数とし、残存価額を零として算定する定額法によっております。
     (3)  重要な引当金の計上基準 

      ① 貸倒引当金
       債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
      いては、個別に回収可能性を検討して回収不能見込額を計上しております。
      ② 賞与引当金
       従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額の当連結会計年度負担額を計上しております。
      ③ 役員退職慰労引当金
       役員への退職慰労金の支払いに備えるため、役員に対する退職慰労金の支給見積額のうち、当連結会計年度末ま
      でに発生していると認められる額を計上しております。
      ④ 関係会社株式売却損失引当金
       関係会社の株式売却に伴う損失に備えるため、当社が負担することとなる損失見込額を計上しております。
                                  55/110



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (4)  退職給付に係る会計処理の方法
       当社および一部の連結子会社において、従業員の退職給付に備えるため、採用する制度に応じた連結会計年度末
      における退職給付債務の見込額に基づき、退職給付費用を計上しております。
     (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

       外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
       外貨建有価証券(その他有価証券)は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は全部純資産直入
      法により処理しております。
       なお、在外子会社の資産及び負債は決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中平均為替相
      場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めております。
     (6)  のれんの償却方法及び償却期間

       のれんの償却については、14年から15年間の定額法により償却しております。
     (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

       手許預金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、か
      つ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資であります。
     (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

      消費税等の会計処理
       消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
      (会計方針の変更)

       該当事項はありません。
                                  56/110












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (未適用の会計基準等)
       ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          平成30年3月30日)
       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   平成30年3月30日)
       (1)概要

         企業会計基準委員会において財務諸表間の比較可能性の観点から、「顧客との契約から生じる収益」(IFRS
       第15号)の基本的な原則を取り入れることを出発点として開発、公表された収益認識に関する包括的な会計基
       準及び適用指針で、収益の認識は5つのステップを適用し、約束した財又はサービスの顧客への移転を、当該
       財又はサービスと交換に企業が権利を得ると見込む対価の額で描写するように行うとされております。
       (2)当該会計基準等の適用予定日

         決算期変更後の平成34年12月期の期首から適用する予定であります。
       (3)当該会計基準等が財務諸表に与える影響に関する事項

         「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中で
       あります。
      (表示方法の変更)

        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会
       計基準一部改正」という。)に伴い、当連結会計年度から税効果会計基準一部改正を適用し、繰延税金資産は投
       資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更するとともに、税効果会
       計関係注記を変更しました。
        この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動負債」の「繰延税金負債」27,243千円は、「固
       定負債」の「繰延税金負債」515,988千円に含めて表示し、当連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動
       資産」の「繰延税金資産」10,450千円は、「固定資産」の「繰延税金資産」209,959千円に、「流動負債」の
       「繰延税金負債」3,500千円は、「固定負債」の「繰延税金負債」468,984百万円に含めてに表示しております。
        また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係る
       会計基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加してお
       ります。
       (連結損益計算書関係)

        前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「業務受託手数料」は、金額的重要性が
       増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させるため、前
       連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
        この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表示していた36,950千
       円は、「業務受託手数料」15,300千円、「その他」21,650千円として組み替えております。
         また、前連結会計年度において、「営業外費用」の「その他」に含めていた「出資金評価損」は、金額的重
       要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させるた
       め、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
         この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外費用」の「その他」に表示していた4,385千
       円は、「出資金評価損」2,111千円、「その他」2,273千円として組み替えております。
                                  57/110





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
     ※1  非連結子会社および関連会社に対するものは、次のとおりであります。 
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成30年6月30日)                 (平成30年12月31日)
        投資有価証券(出資金)                        17,670千円                 17,670千円
        投資有価証券(株式)                        40,441千円                 41,259千円
     ※2 コミット型シンジケートローン契約

       前連結会計年度(自           平成29年7月1日          至   平成30年6月30日)
       当社は、本年8月に開設した新データセンターの投資に伴う資金需要に対し、機動的な資金調達を行うため、本
      年3月に株式会社三井住友銀行をアレンジャーとする取引銀行等5社と総額40億円のコミット型シンジケートロー
      ン契約を締結しております。この契約には、以下の財務制限条項が付されております。
      ①平成30年6月期末日及びそれ以降の各事業年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計額
       を、平成29年6月期末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額の80%に相当する金額、又
       は直近の事業年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額の80%に相当する金額のう
       ち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。
      ②平成30年6月期末日及びそれ以降の各事業年度末日における連結損益計算書に記載される経常損益を2回連続し
       て損失としないこと。
      この契約に係る平成30年6月末日における借入実行額と未実行残高は以下のとおりです。

         契約総額                   4,000,000千円
         借入実行額                   1,100,000千円
         未実行残高                   2,900,000千円
       当連結会計年度(自           平成30年7月1日          至   平成30年12月31日)

       当社は株式会社三井住友銀行をアレンジャーとする取引銀行等5社と総額40億円のコミット型シンジケートロー
      ン契約を平成30年3月26日付で締結し、平成30年12月28日付で変更契約を締結しております。
       変更契約締結後の財務制限条項は以下のとおりです。
      ①平成30年6月期末日及びそれ以降の各事業年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計額
       を、平成29年6月期末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額の80%に相当する金額、又
       は直近の事業年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額の80%に相当する金額のう
       ち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。
      ②平成32年12月期末日及びそれ以降の各事業年度末日における連結損益計算書に記載される経常損益を2回連続し
       て損失としないこと。
      ③平成32年12月期第2四半期末日(平成32年6月末日)における連結損益計算書に記載される経常損益を損失とし
       ないこと。
      この契約に係る平成30年12月末日における借入実行額と未実行残高は以下のとおりです。

         契約総額
                            4,000,000千円
         借入実行残高                   4,000,000千円
         未実行残高                      -千円
                                  58/110






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
     ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。 
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成29年7月1日              (自    平成30年7月1日
                           至   平成30年6月30日)              至   平成30年12月31日)
        給与                       782,178    千円             494,427    千円
        業務委託料                       259,512    千円             155,813    千円
        その他の償却額                        66,600   千円             44,400   千円
        のれん償却額                        32,379   千円             22,858   千円
        退職給付費用                        43,676   千円             31,324   千円
        減価償却費                        40,729   千円             43,134   千円
        賞与引当金繰入額                        10,148   千円             16,672   千円
        貸倒引当金繰入額                        △ 239  千円              △ 122  千円
     ※2    一般管理費に含まれる研究開発費は次のとおりであります。 

                前連結会計年度                         当連結会計年度
              (自    平成29年7月1日                       (自    平成30年7月1日
               至   平成30年6月30日)                       至   平成30年12月31日)
                          217,312    千円                     125,571    千円
     ※3    有形固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。 

                             前連結会計年度                当連結会計年度
                           (自    平成29年7月1日              (自    平成30年7月1日
                           至   平成30年6月30日)              至   平成30年12月31日)
        建物及び構築物                        2,524   千円               ― 千円
        機械及び装置                       47,960    千円            219,900    千円
        工具、器具及び備品                          ― 千円              123  千円
        ソフトウェア                          ― 千円              173  千円
        固定資産(その他)                       24,299    千円             6,469   千円
        計                       74,785    千円            226,667    千円
     ※4    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                当連結会計年度
                           (自    平成29年7月1日              (自    平成30年7月1日
                           至   平成30年6月30日)              至   平成30年12月31日)
        建物附属設備                          ― 千円             2,069   千円
        ソフトウェア仮勘定                        9,800   千円               ― 千円
        計                        9,800   千円             2,069   千円
                                  59/110








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     ※5  減損損失
       前連結会計年度(自           平成29年7月1日          至   平成30年6月30日)
       当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
        用途                     種類             場所
                              建物及び構築物
        データセンター設備                                   東京都千代田区(第1サイト)
                              機械及び装置
        クラウド・ソリューション設備                                   東京都江東区(第5サイト)
                              工具、器具及び備品
        データ・ソリューション設備                                   東京都目黒区(第3サイト)
                              ソフトウェア
        映像中継用設備                                   その他
                              その他
        当社グループは、管理会計上の区分をキャッシュ・フローを生み出す最小の単位として捉え、その単位を基礎

       にグルーピングする方法を採用しております。
        データセンターサービス、クラウド・ソリューションサービス、データ・ソリューションサービス、映像中継
       サービスについては、主に価格競争の影響を受け市場価格は下落傾向にあるなど、同サービスを取り巻く環境は
       厳しい状況が続いております。このような事業環境の下、データセンター(第1サイト、第3サイト、第5サイ
       ト)、クラウド・ソリューション及びデータ・ソリューションに係る検証機器・設備等、映像中継設備等につい
       て、今後の収益を予測した結果、将来において設備投資額の回収が困難な見込みであるため、当該資産グループ
       の帳簿価額を回収可能額まで減額し、当該減少額を減損損失(416,867千円)として特別損失に計上いたしました。
        なお、減損損失の内訳は、建物及び構築物215,422千円、機械及び装置120,175千円、工具、器具及び備品
       57,047千円、ソフトウェア21,867千円、その他2,354千円であります。
       当連結会計年度(自           平成30年7月1日          至   平成30年12月31日)

       当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
        用途                     種類             場所
        データセンター設備                     建物及び構築物             東京都千代田区(第1サイト)
        クラウド・ソリューション設備                     機械及び装置             東京都江東区(第5サイト)
        データ・ソリューション設備                     工具、器具及び備品             東京都目黒区(第3サイト)
        映像中継用設備                     ソフトウェア             その他
        当社グループは、管理会計上の区分をキャッシュ・フローを生み出す最小の単位として捉え、その単位を基礎

       にグルーピングする方法を採用しております。
       データセンターサービス、クラウド・ソリューションサービス、データ・ソリューションサービス、データ放送
       サービス及び回線リセール・ライブ中継サービスについては、主に価格競争の影響を受け市場価格は下落傾向に
       あり、同サービスを取り巻く環境は厳しい状況が続いております。このような事業環境の下、データセンター
       (第1サイト、第3サイト、第5サイト)、クラウド・ソリューション及びデータ・ソリューションに係る検証
       機器・設備等、データ放送及び回線リセール・ライブ中継サービスに係る設備等について、今後の収益を予測し
       た結果、将来において設備投資額の回収が困難な見込みであるため、当該資産グループの帳簿価額を回収可能額
       まで減額し、当該減少額を減損損失(211,515千円)として特別損失に計上いたしました。
       なお、減損損失の内訳は、建物17,000千円、機械及び装置179,730千円、工具、器具及び備品1,533千円、ソフト
       ウェア13,250千円であります。
                                  60/110






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
     ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                            (自    平成29年7月1日             (自    平成30年7月1日
                            至   平成30年6月30日)              至   平成30年12月31日)
        その他有価証券評価差額金
         当期発生額
                                  △0千円             △19,710千円
         組替調整額
                                   ―千円                ―千円
          税効果調整前
                                  △0千円             △19,710千円
          税効果額
                                   0千円              6,033千円
          その他有価証券評価差額金
                                  △0千円             △13,676千円
        為替換算調整勘定
         当期発生額
                                △8,481千円                 39,126千円
         組替調整額
                                   ―千円                ―千円
          税効果調整前
                                △8,481千円                 39,126千円
          税効果額
                                   ―千円                ―千円
          為替換算調整勘定
                                △8,481千円                 39,126千円
        持分法適用会社に対する持分相当額
          当期発生額                         △571千円                  ―千円
           その他の包括利益合計                     △9,053千円                 25,449千円
                                  61/110














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
       前連結会計年度(自           平成29年7月1日          至   平成30年6月30日)
    1. 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)               51,979,500            120,500              ―      52,100,000

     (変動事由の概要)
       増加数の主な内訳は、次のとおりであります。
        平成29年10月20日付の譲渡制限付株式報酬の付与による増加                              93,000株
        新株予約権の権利行使による増加                 27,500株
    2. 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 930,000              ―           ―        930,000

    3. 新株予約権等に関する事項

                                                     当連結
                                  目的となる株式の数(株)
                       目的となる                              会計年度
      会社名         内訳
                                               当連結
                             当連結会計
                       株式の種類                               末残高
                                    増加      減少
                             年度期首
                                              会計年度末
                                                     (千円)
      提出会社      第8回新株予約権           普通株式       262,500         ―   27,500     235,000      11,997
               合計               262,500         ―   27,500     235,000      11,997
    (注)  目的となる株式の数は、権利行使可能数を記載しております。
    4. 配当に関する事項

     (1) 配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
       (決議)        株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成29年8月9日
                普通株式          510,495           10  平成29年6月30日         平成29年9月1日
     臨時取締役会
     平成30年2月9日
                普通株式           51,142           1  平成29年12月31日         平成30年3月5日
     臨時取締役会
     (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                            1株当たり
                     配当金の総額
      (決議)        株式の種類               配当額      配当の原資         基準日        効力発生日
                      (千円)
                             (円)
    平成30年8月8日
               普通株式         51,170          1  利益剰余金       平成30年6月30日         平成30年9月7日
     臨時取締役会
                                  62/110







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自           平成30年7月1日          至   平成30年12月31日)
    1. 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)               52,100,000             185,500              ―        52,285,500

     (変動事由の概要)
       増加数の主な内訳は、次のとおりであります。
        平成30年10月18日付の譲渡制限付株式報酬の付与による増加                              48,000株
        新株予約権の権利行使による増加                 137,500株
    2. 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 930,000              ―            ―         930,000

    3. 新株予約権等に関する事項

                                                     当連結
                                  目的となる株式の数(株)
                       目的となる                              会計年度
      会社名         内訳
                                               当連結
                             当連結会計
                       株式の種類                               末残高
                                    増加      減少
                             年度期首
                                              会計年度末
                                                     (千円)
      提出会社      第8回新株予約権           普通株式       235,000         ―    235,000         ―       ―
               合計               235,000         ―    235,000         ―       ―
    (注)  目的となる株式の数は、権利行使可能数を記載しております。
    4. 配当に関する事項

     (1) 配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
       (決議)        株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成30年8月8日
                普通株式           51,170           1  平成30年6月30日         平成30年9月7日
     臨時取締役会
     (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                            1株当たり
                     配当金の総額
      (決議)        株式の種類               配当額      配当の原資         基準日        効力発生日
                      (千円)
                             (円)
    平成31年2月12日
               普通株式         51,355           1  利益剰余金       平成30年12月31日         平成31年2月26日
     臨時取締役会
                                  63/110








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成29年7月1日              (自    平成30年7月1日
                           至   平成30年6月30日)               至   平成30年12月31日)
        現金及び預金                      6,627,920千円                 7,250,975千円
        預入期間が3ヶ月を超える定期預
                               110,000千円                 10,000千円
        金
        有価証券勘定に含まれるコマー
                                  -千円                 -千円
        シャルペーパー及び譲渡性預金
        現金及び現金同等物                      6,517,920千円                 7,240,975千円
     ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

       前連結会計年度(自           平成29年7月1日          至   平成30年6月30日)
       株式の取得により、新たにジャパンケーブルキャスト株式会社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負 
      債の内訳並びに連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出との関係は次のとおりです。
        流動資産                    3,362,637千円

        固定資産                    1,292,211千円
        流動負債                   △1,054,993千円
        固定負債                   △1,707,000千円
        のれん                     647,587千円
        顧客関連資産                    1,332,000千円
                           △1,602,673千円
        非支配株主持分
         株式の取得価額
                            2,269,767千円
                            △339,900千円
        既存株式の取得価額
        追加取得した株式の取得価額
                            1,929,867千円
        取得に要した費用                     53,900千円
                           △2,638,439千円
        現金及び現金同等物
         差引:取得による収入
                             654,672千円
       当連結会計年度(自 平成30年7月1日 至 平成30年12月31日)

       株式の取得により、新たに沖縄ケーブルネットワーク株式会社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負 
      債の内訳並びに連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出との関係は次のとおりです。
        流動資産                     644,742千円

        固定資産                     738,739千円
        流動負債                    △276,017千円
                           △1,007,465千円
        固定負債
         株式の取得価額
                             100,000千円
        現金及び現金同等物                    △387,560千円
         差引:取得による収入
                             287,560千円
                                  64/110





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (リース取引関係)
    1.  ファイナンス・リース取引
     所有権移転外ファイナンス・リース取引
     ①   リース資産の内容
      有形固定資産
       主として、IoT/AIソリューション事業におけるベストミックスエナジーみなかみの太陽光発電設備(機械及び装
      置)であります。 
     ②   リース資産の減価償却の方法

       連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項(2)重要な減価償却資産の減価
      償却の方法」に記載のとおりであります。
    2.  オペレーティング・リース取引

      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものにかかる未経過リース料
                             前連結会計年度                当連結会計年度
                            (平成30年6月30日)                (平成30年12月31日)
       1年内                               ―千円             4,038千円
       1年超                               ―千円             7,456千円
       合計                               ―千円             11,494千円
                                  65/110














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (金融商品関係)
    1.    金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社グループは、資金運用については短期的な預金や安全性の高い有価証券を基本とし、資金調達については金
      融機関からの借入により調達しております。
       デリバティブは、後述するリスクを回避するために必要に応じて利用しております。投機的な取引は行わない方
      針であります。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク

       営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
       投資有価証券は主に業務上の関係を有する企業の株式であり、時価の変動リスクに晒されております。
       満期保有目的の債券は外貨建の債券であり、信用リスク、価格変動リスク及び為替相場の変動リスクに晒されて
      おります。
       営業債務である買掛金のうち、外貨建て債務は、為替の変動リスクに晒されております。
       ファイナンス・リース取引に係るリース債務は主に設備投資に係る資金調達を目的としたものであり、償還日は
      最長で決算日後6年であります。
       借入金は主に運転資金及び設備資金の調達を目的としたものであり、変動金利による借入は金利変動リスクに晒
      されております。
     (3)  金融商品に係るリスク管理体制
      ①   信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
        当社は、与信・債権管理規程に従い、営業部門が主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引先ごと
       の期日管理及び残高管理を行うことにより、財務状況等の悪化等による債権回収懸念の早期把握やその軽減を
       図っております。満期保有目的の債券は、資金管理規程に従い、格付の高い債券のみを対象としているため、信
       用リスクは低いものと認識しております。
      ②   市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
        有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、また、
       満期保有目的の債券以外のものについては、市況や取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直して
       おります。なお、満期保有目的の債券は、資金管理規程に従い格付の高い債券のみを対象としているため、市場
       リスクは低いものと認識しております。なお、外貨建の金融商品は、為替変動のリスクに晒されております。
        デリバティブ取引の執行・管理については、デリバティブに係わる社内規程に従い、資金担当部門が決裁者の
       承認を得て行っております。また、デリバティブ取引の契約先は、信用度の高い国内の銀行等を選定するため、
       相手先の契約不履行によるいわゆる信用リスクは、ほとんどないと判断しております。
      ③   資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
        当社は、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維
       持などにより流動性リスクを管理しております。
     (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
      ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
      り、当該価額が変動することがあります。
     (5)  信用リスクの集中

       当連結会計年度の連結決算日における営業債権のうち34.1%は大口顧客1社に対するものであります。
                                  66/110





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    2.    金融商品の時価等に関する事項
      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
     極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注)2を参照ください。)。
      前連結会計年度(平成30年6月30日)

                                                    (単位:千円)
                        連結貸借対照表計上額                時価            差額
      (1)  現金及び預金
                              6,627,920             6,627,920                 -
      (2)  受取手形及び売掛金
                              1,476,944            1,476,944                 -
      (3)  有価証券及び投資有価証券
        ①満期保有目的の債券                         220,952            219,308            △1,644
            資産計                 8,325,818            8,324,173             △1,644
      (1)  買掛金
                               418,587            418,587                -
      (2)  短期借入金
                               500,000            500,000                -
      (3)  1年内返済予定の長期借入金
                              1,263,532            1,263,532                 -
      (4)  未払金
                              1,293,727            1,293,727                -
      (5)  長期借入金
                              3,195,600            3,187,449             △8,150
            負債計                 6,671,446            6,663,296             △8,150
      当連結会計年度(平成30年12月31日)

                                                    (単位:千円)
                        連結貸借対照表計上額                時価            差額
      (1)  現金及び預金
                              7,250,975             7,250,975                 -
      (2)  受取手形及び売掛金
                              1,717,958             1,717,958                 -
      (3)  有価証券及び投資有価証券
        ①満期保有目的の債券                         221,964             220,444             △1,519
            資産計                  9,190,898             9,189,378              △1,519
      (1)  買掛金
                               607,429             607,429                -
      (2)  短期借入金
                               500,000             500,000                -
      (3)  1年内返済予定の長期借入金
                              1,331,952             1,331,952                 -
      (4)  未払金
                               779,206             779,206                -
      (5)  長期借入金
                              6,339,164             6,332,825              △6,338
            負債計                  9,557,752             9,551,414              △6,338
     (注)1    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
      資  産
       現金及び預金、受取手形及び売掛金
         すべて短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
       ております。 
       有価証券及び投資有価証券
         株式は取引所の価格によっており、債券は取引金融機関から提示された価格によっております。
      負  債
       買掛金、短期借入金、1年内返済予定の長期借入金、未払金
         すべて短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
       ております。
       長期借入金
         長期借入金のうち、固定金利によるものは、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定され
       る利率で割り引いた現在価値により算定しております。なお、変動金利によるものは、時価は簿価に一致して
       いるとみなしております。
                                  67/110



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (注)2    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額
                                                   (単位:千円)
                              前連結会計年度               当連結会計年度
               区分
                             (平成30年6月30日)               (平成30年12月31日)
       非上場株式                               803,476               1,133,528
       非連結子会社株式
                                      40,441                41,259
       および関連会社株式
       関連会社への出資金                               17,670                17,670
       非上場会社への出資                               260,084                253,833
       非上場債券                               127,378                171,189
       新株予約権                               127,121                205,183
       敷金及び保証金                               845,693               1,488,263
       上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「資産(3)有価証券

      及び投資有価証券」には含めておりません。
       前連結会計年度において、関連会社株式の売却額は1,000,000千円であり、売却益の合計額は649,933千円で
      あります。
       当連結会計年度において、非上場株式の売却額は750,340千円であり売却益の合計額は698,217千円でありま
      す。また、非上場債券の売却額は額面50,000千円であり売却損益の発生はありません。
     (注)3    金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

      前連結会計年度(平成30年6月30日)
                                                   (単位:千円)
                                      1年超       5年超
                               1年以内                     10年超
                                      5年以内       10年以内
       現金及び預金                        6,627,920           ―       ―       ―
       受取手形及び売掛金                        1,476,944           ―       ―       ―
       有価証券及び投資有価証券
        満期保有目的の債券
        ①外貨建債券                          220,952          ―       ―       ―
                 合計              8,325,818           ―       ―       ―
      当連結会計年度(平成30年12月31日)

                                                   (単位:千円)
                                      1年超       5年超
                               1年以内                     10年超
                                      5年以内       10年以内
       現金及び預金                         7,250,975           ―        ―        ―
       受取手形及び売掛金                         1,717,958           ―        ―        ―
       有価証券及び投資有価証券
        満期保有目的の債券
        ①外貨建債券                          221,964          ―        ―        ―
                 合計               9,190,898           ―        ―        ―
                                  68/110






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (注)4    長期借入金の連結決算日後の返済予定額
      前連結会計年度(平成30年6月30日)
                                                   (単位:千円)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                 5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
       長期借入金            1,263,532       1,075,702        718,157       477,332       202,534       721,875
      当連結会計年度(平成30年12月31日)

                                                   (単位:千円)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                 5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
       長期借入金            1,331,952        1,154,072        1,175,742        885,852       656,078       2,467,420
      (有価証券関係)

     1. 満期保有目的の債券
      前連結会計年度(平成30年6月30日)
                            連結決算日における             連結決算日
                                                     差額
               区分
                            連結貸借対照表計上額             における時価
                               (千円)           (千円)          (千円)
      時価が連結貸借対照表計上額を超えないもの                             220,952           219,308         △1,644
               合計                    220,952           219,308         △1,644
      当連結会計年度(平成30年12月31日)

                            連結決算日における             連結決算日
                                                     差額
               区分
                            連結貸借対照表計上額             における時価
                               (千円)           (千円)          (千円)
      時価が連結貸借対照表計上額を超えないもの                             221,964            220,444          △1,519
               合計                    221,964            220,444          △1,519
      (デリバティブ取引関係)

    1.    ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
       該当事項はありません。
    2.    ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引 

       該当事項はありません。 
                                  69/110








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (退職給付関係)
      前連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
    1.採用している退職給付制度の概要
       当社および当社グループの一部連結子会社は、複数事業主制度のキャッシュバランス型企業年金基金制度に加入
      しておりますが、自社の拠出に対応する年金資産の額を合理的に計算できないため、確定拠出制度と同様の会計処
      理を行っております。
       また、当社グループの一部連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため非積立型の確定給付制度および確定拠
      出制度を採用しております。なお、当社グループの一部連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職
      給付に係る負債および退職給付費用を計上しております。
    2.複数事業主制度 

       確定拠出制度と同様に会計処理する複数事業主制度の企業年金基金制度への当連結会計年度の要拠出額は、     
      35,116千円であります。
     (1)  複数事業主制度の直近の積立状況
                         当連結会計年度
                        (平成29年6月30日)
       年金資産の額                      11,706,333       千円
       年金財政上の数理債務の額                      11,271,411       千円
       差引額                        434,922     千円
       注)企業年金基金の公表された直近の財政計算の数値を用いております。
     (2)  複数事業主制度の掛金に占める当社グループの割合

       当連結会計年度0.34%(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
     (3)  補足説明

       上記(1)の差引額の主な要因は、別途積立金(329,206千円)、当年度剰余金(105,716千円)であります。
       なお、(2)の割合は、当社の実際の負担割合とは一致いたしません。
    3.簡便法を適用した確定給付制度

     (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
      退職給付に係る負債の期首残高                             -  千円
       退職給付費用                          9,186    千円
       退職給付の支払額                          9,321    千円
       企業結合の影響による増減額                          65,133    千円
      退職給付に係る負債の期末残高                           64,997    千円
     (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

      非積立型制度の退職給付債務                          64,997    千円
      連結貸借対照表に計上された負債の純額                          64,997    千円
      退職給付に係る負債                          64,997    千円

      連結貸借対照表に計上された負債の純額                          64,997    千円
     (3)  退職給付費用

      簡便法で計算した退職給付費用                           9,186    千円
    4.確定拠出制度

       当社グループの一部連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、10,804千円であります。
                                  70/110



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自 平成30年7月1日 至 平成30年12月31日)
    1.採用している退職給付制度の概要
       当社および当社グループの一部連結子会社は、複数事業主制度のキャッシュバランス型企業年金基金制度に加入
      しておりますが、自社の拠出に対応する年金資産の額を合理的に計算できないため、確定拠出制度と同様の会計処
      理を行っております。
       また、当社グループの一部連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため非積立型の確定給付制度および確定拠
      出制度を採用しております。なお、当社グループの一部連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職
      給付に係る負債および退職給付費用を計上しております。
    2.複数事業主制度 

       確定拠出制度と同様に会計処理する複数事業主制度の企業年金基金制度への当連結会計年度の要拠出額は、     
         18,446千円であります。
     (1)  複数事業主制度の直近の積立状況

                         当連結会計年度
                        (平成29年12月31日)
       年金資産の額                       21,613,136       千円
       年金財政上の数理債務の額                       20,978,709       千円
       差引額                        634,427      千円
       注)企業年金基金の公表された直近の財政計算の数値を用いております。
     (2)  複数事業主制度の掛金に占める当社グループの割合

       当連結会計年度0.30%(自 平成30年7月1日 至 平成30年12月31日)
     (3)  補足説明

       上記(1)の差引額の主な要因は、別途積立金(434,922千円)、当年度剰余金(199,506千円)であります。
       なお、(2)の割合は、当社の実際の負担割合とは一致いたしません。
    3.簡便法を適用した確定給付制度

     (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
      退職給付に係る負債の期首残高                           64,997    千円
       退職給付費用                          10,486    千円
       退職給付の支払額                           875   千円
       企業結合の影響による増減額                         169,834     千円
      退職給付に係る負債の期末残高                          244,442     千円
     (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

      非積立型制度の退職給付債務                          244,442     千円
      連結貸借対照表に計上された負債の純額                          244,442     千円
      退職給付に係る負債                          244,442     千円

      連結貸借対照表に計上された負債の純額                          244,442     千円
     (3)  退職給付費用

      簡便法で計算した退職給付費用                          10,486    千円
    4.確定拠出制度

       当社グループの一部連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、7,673千円であります。
                                  71/110




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (ストック・オプション等関係)
    1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
      該当事項はありません。
    2.権利不行使による失効により利益として計上した金額

      当連結会計年度(平成30年12月期)において、権利行使期間が終了したストックオプションの未行使残高を、新株予
      約権戻入益として利益計上(5,260千円)いたしました。
    3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1) ストック・オプションの内容
           会社名                 提出会社
      決議年月日                    平成23年9月16日
                    当社取締役             6名
      付与対象者の区分及び人数
                    当社監査役             1名
      株式の種類及び付与数           (注)
                     普通株式           560,000株
      付与日              平成23年9月29日
      権利確定条件              定めておりません。

      対象勤務期間              定めておりません。

      権利行使期間              平成25年9月30日~平成30年9月29日
     (注)平成25年4月1日付の株式分割に伴い、付与数を調整した株式数に換算して記載しております。
     (2) ストック・オプションの規模及びその変動状況

       当連結会計年度(平成30年12月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの
      数については、株式数に換算して記載しております。
      ①  ストック・オプションの数
          会社名             提出会社
      決議年月日               平成23年9月16日
      権利確定前
       前連結会計年度末(株)                      ―
       付与(株)                      ―
       失効(株)                      ―
       権利確定(株)                      ―
       未確定残(株)                      ―
      権利確定後
       前連結会計年度末(株)                   235,000
       権利確定(株)                      ―
       権利行使(株)                   137,500
       失効(株)                    97,500
       未行使残(株)                      ―
     (注)平成25年4月1日付の株式分割後の数値で記載しております。
                                  72/110





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      ② 単価情報
          会社名             提出会社
      決議年月日               平成23年9月16日
      権利行使価格(円)          (注)
                           137
      行使時平均株価(円)                     222
      付与日における公正な
                         24,500
      評価単価(円)
     (注)平成25年4月1日付の株式分割に伴い、1株当たり権利行使価格を調整しております。
    4.当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

       該当事項はありません。
    5.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用してお
      ります。
                                  73/110















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1. 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
     (繰延税金資産) 
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成30年6月30日)                 (平成30年12月31日)
         未払費用                       30,087千円                 32,590千円
         未払事業税及び事業所税                       17,515千円                 10,349千円
         たな卸資産                       59,534千円                 36,799千円
         賞与引当金                        6,256千円                14,467千円
         貯蔵品                        4,838千円                 4,203千円
         株式報酬費用                        4,805千円                 2,417千円
         貸倒引当金                        2,052千円                 4,626千円
         投資有価証券譲渡収益                       210,854千円                    ―千円
         資産除去債務                       232,322千円                 466,705千円
         減価償却超過額                       452,147千円                 439,805千円
         投資有価証券評価損                       149,116千円                 157,386千円
         会員権評価損                        1,132千円                 1,132千円
         退職給付に係る負債                       19,902千円                 26,435千円
         役員退職慰労引当金                        7,219千円                 7,607千円
         為替差損                        8,183千円                 7,902千円
         その他有価証券評価差額金                          ―千円               6,033千円
         繰越欠損金                       143,745千円                 417,005千円
         その他                        4,798千円                 4,493千円
         繰延税金資産小計                      1,354,512千円                 1,639,962千円
         繰越欠損金に係る評価性引当額                      △143,745千円                 △415,298千円
         将来減算一時差異の合計に係る
                             △1,210,766千円                 △1,005,493千円
         評価性引当額
         評価性引当額小計                     △1,354,512千円                 △1,420,792千円
         繰延税金資産合計                          ―千円              219,170千円
     (繰延税金負債)

                               前連結会計年度               当連結会計年度
                              (平成30年6月30日)               (平成30年12月31日)
         資産除去債務に対応する除去費用                         61,159千円               100,824千円
         特別償却準備金                         66,646千円                  ―千円
         顧客関連資産                        387,465千円               373,870千円
         その他                          717千円              3,500千円
         繰延税金負債合計                        515,989千円               478,195千円
         差引:繰延税金資産純額                       △515,989千円               △259,024千円

                                  74/110








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    2. 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成30年6月30日)                 (平成30年12月31日)
       法定実効税率                           30.86%                 30.62%
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない
                                   4.04%                126.88%
       項目
       受取配当金等永久に益金に算入されな
                                  △1.05%                 △1.77%
       い項目
       所得拡大促進税制による特別控除                          △16.59%                    ―%
       のれん等の償却額                           4.35%                18.01%
       持分法投資損益                          △14.61%                  0.38%
       関係会社売却益連結修正額                           37.60%                   ―%
       段階取得に係る差損                           8.05%                  ―%
       関係会社株式売却損失引当金繰入額                             ―%               11.43%
       その他の連結修正                             ―%              △5.20%
       評価性引当額の増減                          200.28%                 176.05%
       関係会社株式の減損損失                             ―%             △574.96%
       法人住民税均等割等                           2.60%                 9.69%
       中小法人等適用税率差異                             ―%               7.36%
       海外子会社適用税率差異                             ―%               73.38%
       税率変更差額                          △0.19%                   ―%
       未払法人税等の戻入                          △1.90%                   ―%
       その他                          △0.34%                 △0.89%
       税効果会計適用後の法人税等の
                                  253.10%                △129.02%
       負担率
                                  75/110












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (企業結合等関係)
      取得による企業結合
     1.企業結合の概要
      (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
        被取得企業の名称            沖縄ケーブルネットワーク株式会社
        事業の内容            ケーブルテレビ放送事業、インターネット・固定電話サービス
      (2)  企業結合を行った主な理由
         ケーブルテレビ加入者に対してIP映像配信サービス、双方向型のスマートTVサービス、ハイブリッドキャスト
       技術を用いたデータ放送サービス等を提供することにより、ケーブルテレビ事業者に対するIP事業変革の提案を
       進めることであります。
      (3)  企業結合日
       平成30年10月3日(みなし取得日平成30年10月1日)
      (4)  企業結合の法的形式
       現金を対価とする株式の取得
      (5)  結合後企業の名称
       変更ありません。
      (6)  取得した議決権比率
        企業結合日直前に所有していた議決権比率                              0.0%
        企業結合日に追加取得した議決権比率                             100.0%(50.4%)
        取得後の議決権比率                             100.0%(50.4%)
      (7)  取得企業を決定するに至った主な根拠
       現金を対価とした株式取得により、当社の連結子会社であるジャパンケーブルキャスト株式会社(当社持株比率
       50.4%)が被取得企業の議決権の100.0%を取得したため。
     2.連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間

       平成30年10月1日から平成30年12月31日まで
     3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

        取得の対価            現金及び預金                   100,000千円
        取得原価                                100,000千円
     4.主な取得関連費用の内容及び金額

        アドバイザリーに対する報酬等                                 5,262千円
     5.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法および償却期間

       (1)   発生したのれんの金額
          71,235千円
         なお、のれんの金額は、取得原価の配分が完了していないため、暫定的に算定された金額であります。
       (2)   発生原因
         被取得企業の事業から期待される将来の収益力に関連して発生したものであります。
       (3)償却方法および償却期間
         14年間にわたる均等償却
                                  76/110





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     6.企業結合日に受け入れた資産および負債の額並びにその主な内訳
        流動資産                      644,742千円
                              667,503千円
        固定資産
        資産合計                     1,312,246千円
        流動負債
                              276,017千円
                             1,007,465千円
        固定負債
        負債合計                     1,283,482千円
     7.企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影響

     およびその算定方法
        売上高                      902,359千円

        当期純利益                      119,326千円
      (概算額の算定方法)

         概算額は、企業結合が当連結会計年度開始日に完了したと仮定した場合の被取得企業の平成30年7月1日から
       平成30年12月31日までの業績に、企業結合日に認識された暫定的に算定されたのれんが、当連結会計年度開始日
       に発生したと仮定した償却額等の連結調整を行い算定しております。
         なお、影響の概算額は、監査証明を受けておりません。
                                  77/110













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (資産除去債務関係)
      資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
    1.当該資産除去債務の概要
       主に、オフィスやデータセンター等の不動産賃貸借契約等の原状回復義務とケーブルテレビ事業における伝送路
      (同軸ケーブル)の将来撤去費用であります。
    2.当該資産除去債務の金額の算定方法

       使用見込期間を当該契約期間に応じて個別に見積り、割引率は0.00%から1.874%を使用して資産除去債務の金額
      を計算しております。
    3.当該資産除去債務の総額の増減

                               前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    平成29年7月1日             (自    平成30年7月1日
                             至   平成30年6月30日)             至   平成30年12月31日)
        期首残高                         513,459千円               773,032千円
        有形固定資産の取得に伴う増加額                         164,309千円               154,513千円
        有形固定資産の譲渡に伴う減少額                        △33,046千円               △20,869千円
        時の経過による調整額                         11,087千円                5,350千円
        見積の変更による調整額                         75,894千円                  ―千円
        資産除去債務の履行による減少額                        △37,975千円                △3,422千円
        連結の範囲の変更による増減額                         79,303千円               762,518千円
        期末残高                         773,032千円              1,671,123千円
    4.当該資産除去債務の見積りの変更の内容及び影響額

      前連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
         当連結会計年度において、連結子会社の主要事業所である配信センターの移転を決定いたしました。この決定
       に伴い、不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等として計上していた資産除去債務について、資産の除去時点に
       必要とされる除去費用が、固定資産取得時における除去費用の見積額を超過することが明らかになったことか
       ら、見積額を変更するとともに、償却に係る合理的な期間を短縮して資産除去債務の金額を計算し、変更前の資
       産除去債務残高に75,894千円加算しております。
      当連結会計年度(自 平成30年7月1日 至 平成30年12月31日)

          該当事項はありません。
      (賃貸等不動産関係)

       該当事項はありません。
                                  78/110








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
    1.    報告セグメントの概要
     (1) 報告セグメントの決定方法
       当社グループの報告セグメントは、構成単位のうち分離された財務諸表が入手可能であり、取締役会が、経営資
      源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
     (2) 各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類
       当社グループは、製品・サービス別に包括的な戦略を立案して事業活動を展開しており、「コンピュータプラッ
      トフォーム事業」、「IoT/AIソリューション事業」、「メディアソリューション事業」の3つを報告セグメントと
      しております。
       「コンピュータプラットフォーム事業」は、データセンター、クラウド・ソリューション、データ・ソリュー
      ション、その他事業等を提供しております。「IoT/AIソリューション事業」は、株式会社エーアイスクエア、株式
      会社IoTスクエア、グローバルIoTテクノロジーベンチャーズ、GiTV                                FUND   I Investment,L.P.、BBTOWER             SAN  DIEGO
      INC.を中心に事業を行っております。「メディアソリューション事業」は、IoTスクエアによるコンシューマー向け
      動画配信サービス、ネットシネマ等を展開しております。また、ジャパンケーブルキャスト株式会社は、主に日本
      全国のケーブルテレビ事業者及び番組供給事業者向けの通信ネットワークを行っております。
    2.    報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

      報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
     る記載と概ね同一であります。
      報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
      セグメント間の内部利益及び振替高は市場実勢価額に基づいております。
                                  79/110












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    3.    報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
      前連結会計年度(自           平成29年7月1日          至   平成30年6月30日)
                                                    (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                    連結財務諸表
                                               調整額
                                                      計上額
                           IoT/AIソ
                   コンピュータ              メディアソ
                                               (注)1
                                                     (注)2
                          リューション
                    プラット            リューション         計
                   フォーム事業               事業
                            事業
     売上高
       外部顧客への売上高                7,339,375        603,931      2,788,222      10,731,529           ―  10,731,529

       セグメント間の内部
                      12,461       54,535         5    67,002      △ 67,002         ―
       売上高又は振替高
           計         7,351,837        658,467      2,788,227      10,798,532        △ 67,002     10,731,529
     セグメント利益又は
                     136,876      △ 366,678       221,745       △ 8,056     △ 72,155      △ 80,212
     セグメント損失(△)
     セグメント資産                5,737,558       3,048,692       6,252,516      15,038,767       3,197,214      18,235,982
     その他の項目

       減価償却費                 195,148       109,794       457,576       762,519          ―    762,519

      のれんの償却額                    ―       ―    32,379       32,379         ―    32,379

      顧客関連資産の償却額                    ―       ―    66,600       66,600         ―    66,600

      有形固定資産及び
                    2,277,150        34,934      398,079      2,710,163           ―   2,710,163
      無形固定資産の増加額
     (注)   1 調整額は以下の通りです。
         (1)  セグメント利益の調整額△72,155千円は、セグメント間取引消去額であります。
         (2)  セグメント資産の調整額3,197,214千円は、全社資産3,197,214千円であります。
           全社資産は、主に報告セグメントに配分していない当社の現金及び預金、投資有価証券及び管理部門に係
           る資産等であります。
        2 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                  80/110










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           平成30年7月1日          至   平成30年12月31日)
                                                    (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                    連結財務諸表
                                               調整額
                                                      計上額
                           IoT/AIソ
                   コンピュータ              メディアソ
                                               (注)1
                                                     (注)2
                          リューション
                    プラット            リューション         計
                   フォーム事業               事業
                            事業
     売上高
       外部顧客への売上高                3,834,376        178,734      2,283,538       6,296,650           ―   6,296,650

       セグメント間の内部
                      4,562      67,353         ―    71,916      △ 71,916         ―
       売上高又は振替高
           計         3,838,939        246,088      2,283,538       6,368,566       △ 71,916     6,296,650
     セグメント利益又は
                    △ 282,117      △ 298,458       23,373     △ 557,202      △ 44,298     △ 601,500
     セグメント損失(△)
     セグメント資産                7,527,608       2,761,356       7,937,761      18,226,726       4,923,368      23,150,094
     その他の項目

       減価償却費                 189,211       16,333      334,648       540,193          ―    540,193

      のれんの償却額                    ―       ―    22,858       22,858         ―    22,858

      顧客関連資産の償却額                    ―       ―    44,400       44,400         ―    44,400

      有形固定資産及び
                    2,003,174        355,234      1,228,078       3,586,487           ―   3,586,487
      無形固定資産の増加額
     (注)   1 調整額は以下の通りです。
         (1)  セグメント利益の調整額△44,298千円は、セグメント間取引消去額であります。
         (2)  セグメント資産の調整額4,923,368千円は、全社資産4,923,368千円であります。
           全社資産は、主に報告セグメントに配分していない当社の現金及び預金、投資有価証券及び管理部門に係
           る資産等であります。
        2 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     【関連情報】

      前連結会計年度(自           平成29年7月1日          至   平成30年6月30日)
    1.製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
    2.地域ごとの情報

     (1)  売上高
       本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2) 有形固定資産

       本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
      略しております。
                                  81/110






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    3.主要な顧客ごとの情報
                                                     (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     ヤフー株式会社                              3,234,809      コンピュータプラットフォーム事業

      当連結会計年度(自           平成30年7月1日          至   平成30年12月31日)

    1.製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
    2.地域ごとの情報

     (1)  売上高
       本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2) 有形固定資産

       本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
      略しております。
    3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     ヤフー株式会社                              1,659,387      コンピュータプラットフォーム事業

     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自           平成29年7月1日          至   平成30年6月30日)
                                                    (単位:千円)
                         報告セグメント
              コンピュータ        IoT/AIソ       メディアソ
                                            全社・消去         合計
               プラット      リューション       リューション          計
              フォーム事業         事業      事業事業
     減損損失            407,668          ―     9,198       416,867           ―     416,867
       当連結会計年度(自           平成30年7月1日          至   平成30年12月31日)

                                                    (単位:千円)
                         報告セグメント
              コンピュータ        IoT/AIソ       メディアソ
                                            全社・消去         合計
               プラット      リューション       リューション          計
              フォーム事業         事業      事業事業
     減損損失            177,586          ―    33,928       211,515           ―     211,515
                                  82/110






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
       前連結会計年度(自           平成29年7月1日          至   平成30年6月30日)
                                                    (単位:千円)
                         報告セグメント
                                              全社・消去         合計
             コンピュータプ                 メディアソ
                     IoT/AIソリュー
             ラットフォーム                リューション事           計
                      ション事業
                事業                業
    (のれん)
     当期末残高               ―        ―     615,207        615,207           ―    615,207

     (顧客関連資産)

     当期末残高               ―        ―    1,265,400        1,265,400            ―   1,265,400

     (注)のれん償却額及び顧客関連資産償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を
       省略しております。
     (のれん及び顧客関連資産の金額の重要な変動)

      第2四半期連結会計期間において、ジャパンケーブルキャスト株式会社を取得し、連結の範囲に含めたことによ
     り、「メディアソリューション事業」において、のれんが647,587千円、顧客関連資産が1,332,000千円発生しており
     ます。
       当連結会計年度(自           平成30年7月1日          至   平成30年12月31日)

                                                    (単位:千円)
                         報告セグメント
                                              全社・消去         合計
             コンピュータプ                 メディアソ
                     IoT/AIソリュー
             ラットフォーム                リューション事           計
                      ション事業
                事業                業
    (のれん)
     当期末残高               ―        ―     663,584        663,584           ―    663,584

     (顧客関連資産)

     当期末残高               ―        ―    1,221,000        1,221,000            ―   1,221,000

     (注)のれん償却額及び顧客関連資産償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を
       省略しております。
     (のれんの金額の重要な変動)

      連結子会社であるジャパンケーブルキャスト株式会社が、平成30年10月に沖縄ケーブルネットワーク株式会社の全株
    式を取得し、連結の範囲に含めたことにより、「メディアソリューション事業」において、のれんが71,235千円発生し
    ております。
      なお、この取得取引にかかる取得原価の配分が完了していないため、当該のれんの金額は暫定的に算出された金額で
    あります。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       該当事項はありません。
                                  83/110





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (関連当事者情報)
      前連結会計年度(自           平成29年7月1日          至   平成30年6月30日) 
    1.関連当事者との取引
      (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
        連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                                 議決権
                                                        期末
                       資本金     事業の     等の所     関連当          取引金
          会社等の名称                                取引の内              残高
      種類            所在地     又は出     内容又     有(被所     事者と           額(千    科目
           又は氏名                                 容             (千
                       資金     は職業     有)割合     の関係           円)
                                                         円)
                                 (%)
                                 (被所
                                  有)
                                      社外    子会社株
                   -     -     -                         -    -
           村口   和孝
      役員                                           16,004
                                 直接
                                      取締役     式の取得
                                  0.0
           日本テクノロ
     役員及び
          ジーベンチャー
     その近親
                  東京都
     者が議決
          パートナーズi-                            役員等の     子会社株
                      1,100,000
     権の過半             世田谷         投資事業       -                    -    -
                                                 41,795
                                      兼任    式の取得
          S2号投資事業有限
                        千円
     数を所有
                   区
     している
            責任組合
     会社等
            注4
          日本テクノロジー
     役員及び
          ベンチャーパート
     その近親
                  東京都
     者が議決
          ナーズアイ五号投
                                      役員等の     子会社株
                      1,718,000
     権の過半             世田谷         投資事業       -                    -    -
                                                 42,510
          資事業有限責任組
                                      兼任    式の取得
                        千円
     数を所有
                   区
     している
             合
     会社等
            注4
          日本テクノロジー
     役員及び
          ベンチャーパート
     その近親
                  東京都
     者が議決
          ナーズアイ六号投
                                      役員等の     子会社株
                      1,550,000
     権の過半             世田谷         投資事業       -                    -    -
                                                 42,510
          資事業有限責任組
                                      兼任    式の取得
                        千円
     数を所有
                   区
     している
             合
     会社等
            注4
     役員及び
     その近親
          創業基金エー投資
                  東京都
                       61,000
     者が議決
                                      役員等の     子会社株
            事業組合
     権の過半             世田谷         投資事業       -                    -    -
                        千円                        42,510
                                      兼任    式の取得
     数を所有
                   区
            注4
     している
     会社等
     役員及び
     その近親
          創業基金ビー投資
                  東京都
     者が議決
                                      役員等の     子会社株
                       61,000
            事業組合
     権の過半             世田谷         投資事業       -                    -    -
                                                 42,510
                                      兼任    式の取得
                        千円
     数を所有
                   区
             注4
     している
     会社等
     役員及び
     その近親
          創業基金シー投資
                  東京都
     者が議決
                                      役員等の     子会社株
                       61,000
            事業組合
     権の過半             世田谷         投資事業       -                    -    -
                                                 42,510
                                      兼任    式の取得
                        千円
     数を所有
                   区
             注4
     している
     会社等
     役員及び
     その近親
          創業基金イー投資        東京都
     者が議決
                                      役員等の     子会社株
                       415,000
            事業組合
     権の過半             世田谷         投資事業       -                    -    -
                                                267,111
                                      兼任    式の取得
                        千円
     数を所有
                   区
             注4
     している
     会社等
     (注)1 上記金額には消費税等が含まれておりません。
       2 取引条件および取引条件の決定方針については、業界価格等に鑑み、その都度価格交渉のうえ決定しており
         ます。
       3 子会社株式の取得については第三者機関により算定された価格を基礎として協議の上、合理的に決定してお
         ります。
       4 当社役員村口和孝が、無限責任組合員又は業務執行組合員として、業務執行権限を有しております。
                                  84/110





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (2)  財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
        連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                                 議決権
                                                        期末
                       資本金     事業の     等の所     関連当
          会社等の名称                                取引の内     取引金額      科   残高
      種類            所在地     又は出     内容又     有(被所     事者と
           又は氏名                                 容    (千円)     目   (千
                       資金     は職業     有)割合     の関係
                                                         円)
                                 (%)
     役員及び
                                          東京アンダー
                           東京アン
     その近親
          Tokyo   Undernight
                  米国デ
                         250
     者が議決
                                          ナイト海外テ
                           ダーナイ          役員等の
     権の過半        LLC      ラウェ                -                    -    -
                        千米                         27,635
                                          レビ制作共同
                           ト権利管           兼任
     数を所有
                  ア州
            注4
                        ドル
     している
                                           事業投資
                            理会社
     会社等
     役員及び
     その近親
          株式会社ドリーム
     者が議決
                  東京都                   役員等の     制作委託契
                       10,000
            キッド
     権の過半                       映像制作       -                    -    -
                                                 10,110
                  渋谷区                    兼任      約
                        千円
     数を所有
            注5
     している
     会社等
     (注)1 上記金額には消費税等が含まれておりません。
       2 取引条件および取引条件の決定方針については、業界価格等に鑑み、その都度価格交渉のうえ決定しており
         ます。
       3 子会社株式の取得については第三者機関により算定された価格を基礎として協議の上、合理的に決定してお
         ります。
       4 当社役員大和田廣樹が、業務執行組合員として、業務執行権限を有しております。
       5 当社役員大和田廣樹が、議決権の過半数を保有しております。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記 

        前連結会計年度において、重要な関連会社でありました株式会社ビービーエフ、株式会社ブランチ・アウト
       は、平成29年12月に株式を譲渡したため関連会社ではなくなりました。
      当連結会計年度(自           平成30年7月1日          至   平成30年12月31日)

    1.関連当事者との取引
      (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
        連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
         該当事項はありません。
      (2)  財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

        連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
         該当事項はありません。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記 

        該当事項はありません。
                                  85/110








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (1株当たり情報)
              前連結会計年度                           当連結会計年度
            (自 平成29年7月1日                           (自 平成30年7月1日
            至 平成30年6月30日)                           至 平成30年12月31日)
     1株当たり純資産額                    136円74銭       1株当たり純資産額                    140円42銭
     1株当たり当期純損失金額(△)                    △6円45銭       1株当たり当期純利益額                     3円22銭

     潜在株式調整後1株当たり                           潜在株式調整後1株当たり

                            ―円                         3円22銭
     当期純利益金額                           当期純利益金額
     (注)   1 前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株
          当たり当期純損失であるため記載しておりません。
        2 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                    項目
                                  (平成30年6月30日)            (平成30年12月31日)
          純資産の部の合計額(千円)                              9,182,444            10,171,151

          普通株式に係る純資産額(千円)                              6,997,314             7,211,085

          差額の主な内訳(千円)

           新株予約権                                11,997               ―

           非支配株主持分                              2,173,132             2,960,066

          普通株式の発行済株式数(千株)                                52,100             52,285

          普通株式の自己株式数(千株)                                 930             930

          1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株
                                          51,170             51,355
          式の数(千株)
        3 1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の
          算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                    項目              (自 平成29年7月1日            (自 平成30年7月1日
                                  至 平成30年6月30日)            至 平成30年12月31日)
         1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額
         (△)
          親会社株主に帰属する当期純利益金額又は
                                        △330,093              165,168
          親会社株主に帰属する当期純損失金額(△)
          (千円)
          普通株主に帰属しない金額(千円)                                  ―            ―
          普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
          益金額又は普通株式に係る親会社株主に帰属す                              △330,093              165,168
          る当期純損失金額(△)(千円)
          普通株式の期中平均株式数(千株)                                51,111             51,255
         潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

          親会社株主に帰属する当期純利益調整額(千
                                            ―            ―
          円)
          普通株式増加数(千株)                                  96             23
          (うち新株予約権(千株))                                (96)            (23)

          希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1                          ――――――――            ――――――――
          株当たり当期純利益の算定に含まれなかった潜
          在株式の概要
                                  86/110




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      (重要な後発事象)
     子会社株式の譲渡について
      当社は、平成30年12月21日開催の取締役会において、IoTを活用したサービスを展開する目的で平成29年10月に会社
     分割によって設立した株式会社IoTスクエア(以下、IoTスクエア)について、これまでの事業展開及び今後の事業戦
     略を検討した結果、IoTスクエアを株式会社インターネット総合研究所へ譲渡することを決定し、同日、所有する全て
     の株式を譲渡する契約を締結いたしました。これによりIoTスクエアは、平成31年1月4日に当社の連結子会社ではな
     くなりました。
     譲渡契約の概要
       譲渡する子会社の名称                    株式会社IoTスクエア
       事業内容                    IoT技術を活用した環境データの収集分析やネットシネマ配信など
       セグメント区分                    IoT/AIソリューション事業及びメディアソリューション事業
       取引関係                    社内システムの業務受託、太陽光発電事業の運用業務の委託
       譲渡契約締結日                    平成30年12月21日(取締役会決議日)
       株式譲渡実行日                    平成31年1月4日
       譲渡する株式数                     9,000株
       譲渡前後の当社の議決権比率                    譲渡前100.0%  譲渡後0.0%
       譲渡価額                     7,650,000円
     簡易株式交換による子会社の取得について

      当社は、コンピュータプラットフォーム事業を拡充して競争力の向上を図ることを目的として平成30年12月21日に
     締結した株式交換契約に基づき、当社を株式交換完全親会社、株式会社ティエスエスリンクを株式交換完全子会社と
     する株式交換を平成31年1月31日に完了し、株式会社ティエスエスリンクの議決権の100%を取得して連結子会社とい
     たしました。
     企業結合の概要
       被取得企業の名称                    株式会社ティエスエスリンク
                           情報漏洩対策ソフトウェア製品の開発・販売、ASPのデータバッ
       事業内容
                           クアップサービス、データセンターの監視業務等
       資本金の額                    25百万円(平成30年3月末時点)
       株式交換契約締結日                    平成30年12月21日
       株式交換契約承認臨時株主総会開催日
                           平成31年1月26日
       (被取得企業)
       株式交換効力発生日                    平成31年1月31日
       株式交換比率                    当社1株に対して株式会社ティエスエスリンク1.68株
       交付する株式数                    当社普通株式:616,655株
       取得する株式数                    367,056.9株
       取得前後の当社の議決権比率                    取得前3.1%   取得後100.0%
                           交付した当社普通株式の時価                214,279千円
       取得価額
                           アドバイザリー報酬等                     4,000千円
       主な取得関連費用の内容及び金額
       発生したのれんの金額、発生原因、償却                    識別可能な資産及び負債の特定並びに時価の算定が未了であるた
       方法及び償却期間                    め、現時点では確定しておりません。
       企業結合日に受け入れた資産及び引き受                    識別可能な資産及び負債の特定並びに時価の算定が未了であるた

       けた負債の額並びにその主な内訳                    め、現時点では確定しておりません。
                                  87/110



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      ⑤  【連結附属明細表】
        【社債明細表】
        該当事項はありません。
        【借入金等明細表】

                        当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                      返済期限
                         (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                      500,000          500,000         0.313         ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     1,263,532          1,331,952          0.418         ―

     1年以内に返済予定のリース債務                       26,228         25,866       2.605        ─

                                                平成32年1月1日~
     長期借入金(1年以内に返済予定の
                          3,195,600          6,339,164          0.842
     ものを除く。)
                                                平成40年10月31日
                                                平成32年1月1日~
     リース債務(1年以内に返済予定の
                           283,776         271,109        2.752
     ものを除く。)
                                                平成37年1月31日
            合計              5,269,136         8,468,091           ―      ―
     (注)   1 「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における1年ごとの
          返済予定額の総額
                      1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
              区分
                        (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
          長期借入金              1,154,072          1,175,742           885,852          656,078
          リース債務                24,245         24,461         25,127         25,404

        【資産除去債務明細表】

                  当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高

        区分
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
     不動産賃貸借契約等
                     773,032           922,382           24,292         1,671,123
     の原状回復義務
                                  88/110










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【その他】
       当連結会計年度における四半期情報等
            (累計期間)               第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度

     売上高                 (千円)       2,872,632             ―         ―    6,296,650

     税金等調整前四半期(当期)純利益
                     (千円)        693,849            ―         ―      38,862
     金額
     親会社株主に帰属する四半期(当
                     (千円)        623,753            ―         ―      165,168
     期)純利益金額
     1株当たり四半期(当期)純利益

                      (円)         12.18           ―         ―       3.22
     金額
            (会計期間)               第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額又は
     1株当たり四半期純損失金額                 (円)         12.18        △8.93           ―         ―
     (△)
     (注)当連結会計年度は平成30年7月1日から平成30年12月31日までの6ヵ月となったため、第2四半期、第3四半
        期の四半期情報(累計期間)及び第3四半期、第4四半期情報(会計期間)については記載しておりません。
                                  89/110














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
    2  【財務諸表等】
     (1)  【財務諸表】
      ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成30年6月30日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               2,830,280              4,048,135
                                     ※2  1,074,623            ※2  1,149,379
        売掛金
        有価証券                                  -            221,964
        商品及び製品                                175,291              251,051
        前払費用                                199,594              318,845
                                      ※2  856,118            ※2  124,925
        その他
                                        △ 2,369             △ 2,369
        貸倒引当金
        流動資産合計                               5,133,539              6,111,932
      固定資産
        有形固定資産
         建物                             2,182,554              6,226,011
                                      △ 1,725,759             △ 1,870,965
           減価償却累計額
           建物(純額)                             456,795             4,355,045
         構築物
                                         6,061              6,309
                                        △ 4,142             △ 4,752
           減価償却累計額
           構築物(純額)                              1,919              1,556
         機械及び装置
                                       1,086,230               554,301
                                       △ 624,658             △ 423,727
           減価償却累計額
           機械及び装置(純額)                             461,571              130,574
         工具、器具及び備品
                                       1,031,954              1,149,726
                                       △ 905,985             △ 914,833
           減価償却累計額
           工具、器具及び備品(純額)                             125,969              234,892
         リース資産
                                        15,577              379,010
                                       △ 12,903             △ 96,867
           減価償却累計額
           リース資産(純額)                              2,674             282,142
         建設仮勘定                             1,925,972                1,232
         有形固定資産合計                             2,974,903              5,005,444
        無形固定資産
         商標権                               1,200              1,100
         ソフトウエア                               33,034              36,307
         その他                               4,079              4,079
         無形固定資産合計                               38,313              41,486
                                  90/110







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成30年6月30日)              (平成30年12月31日)
        投資その他の資産
         投資有価証券                              623,534              310,656
         関係会社株式                             3,992,301              2,806,368
         関係会社出資金                              405,328              380,506
         長期前払費用                               7,307              9,712
         敷金及び保証金                              606,237             1,417,075
                                          10              10
         その他
         投資その他の資産合計                             5,634,720              4,924,328
        固定資産合計                               8,647,936              9,971,259
      資産合計                                13,781,476              16,083,192
     負債の部
      流動負債
                                      ※2  261,178            ※2  396,391
        買掛金
        短期借入金                                500,000              500,000
                                      ※1  868,000            ※1  793,000
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                 1,693              24,074
                                     ※2  1,020,119             ※2  501,601
        未払金
        未払法人税等                                84,174              17,295
        前受金                                285,771              296,235
                                        178,698              200,096
        その他
        流動負債合計                               3,199,636              2,728,694
      固定負債
                                     ※1  2,340,000            ※1  4,881,000
        長期借入金
        リース債務                                 1,289             268,251
        資産除去債務                                598,288              751,084
                                        118,200               95,113
        繰延税金負債
        固定負債合計                               3,057,778              5,995,449
      負債合計                                6,257,415              8,724,144
                                  91/110










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成30年6月30日)              (平成30年12月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               2,383,721              2,404,404
        資本剰余金
         資本準備金                             2,367,009              2,387,692
                                        140,969              140,969
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                             2,507,978              2,528,661
        利益剰余金
         その他利益剰余金
           特別償却準備金                             151,009                 -
                                       2,729,044              2,685,677
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             2,880,053              2,685,677
        自己株式                               △ 259,690             △ 259,690
        株主資本合計                               7,512,063              7,359,054
      評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金                                  △ 0             △ 6
        評価・換算差額等合計                                  △ 0             △ 6
      新株予約権                                  11,997                -
      純資産合計                                7,524,060              7,359,047
     負債純資産合計                                 13,781,476              16,083,192
                                  92/110













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 平成29年7月1日              (自 平成30年7月1日
                                至 平成30年6月30日)               至 平成30年12月31日)
                                     ※1  7,560,149            ※1  3,854,685
     売上高
                                     ※1  5,777,271            ※1  3,317,014
     売上原価
     売上総利益                                  1,782,877               537,671
                                   ※1 , ※2  1,662,268            ※1 , ※2  819,527
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                   120,609             △ 281,855
     営業外収益
                                       ※1  5,680            ※1  2,337
      受取利息
      受取配当金                                  42,414               6,547
      為替差益                                  15,749                -
      貸倒引当金戻入額                                  25,000                -
      業務受託手数料                                  12,651               8,434
                                      ※1  11,416             ※1  2,731
      その他
      営業外収益合計                                 112,911               20,051
     営業外費用
      支払利息                                  15,194              24,214
      シンジケートローン手数料                                  84,361               6,275
      為替差損                                    -            33,786
      出資金評価損                                  11,097                -
      関係会社出資金評価損                                    -            22,973
                                        ※1  915           ※1  1,211
      その他
      営業外費用合計                                 111,568               88,461
     経常利益又は経常損失(△)                                   121,953             △ 350,265
     特別利益
      新株予約権戻入益                                    -             5,260
      固定資産売却益                                  74,785              226,667
      投資有価証券売却益                                  13,061              698,217
                                        929,633                 -
      関係会社株式売却益
      特別利益合計                                1,017,480               930,145
     特別損失
      減損損失                                 407,668              177,586
                                        11,849              566,194
      関係会社株式評価損
      特別損失合計                                 419,518              743,781
     税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                   719,915             △ 163,901
     法人税、住民税及び事業税
                                        421,236               2,392
     法人税等調整額                                    3,202             △ 23,086
     法人税等合計                                   424,439              △ 20,694
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   295,476             △ 143,206
                                  93/110







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
     【売上原価明細書】
                             前事業年度                 当事業年度

                           (自 平成29年7月1日                  (自 平成30年7月1日
                           至 平成30年6月30日)                 至 平成30年12月31日)
                    注記                百分比                 百分比
           区分                金額(千円)                 金額(千円)
                    番号                 (%)                 (%)
     Ⅰ 商品原価
      1 期首商品たな卸高                     178,366                 175,291

                        1,079,955                   682,880

      2 当期商品仕入高
        合計

                        1,258,322                   858,172
                         175,291                 251,051

      3 期末商品たな卸高                          1,083,030      18.7            607,120     18.3
     Ⅱ 労務費                           474,273      8.2            236,809      7.1

     Ⅲ 経費                ※2          4,304,047      74.5           2,520,360      76.0

                                △84,079                 △47,276

       他勘定振替高                ※1                △1.4                 △1.4
       当期売上原価                                100.0                 100.0

                               5,777,271                 3,317,014
     (注) ※1 他勘定振替高の内容は、次のとおりであります。

               項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
          研究開発費                           69,154                 37,644

          社内DC利用料                           14,924                 9,631

                計                     84,079                 47,276

         ※2 経費の主な内訳は、次のとおりであります。

               項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
          賃借料                          1,357,593                  981,913

          電気使用料                           859,371                 422,513

          電源設備利用料                           610,099                 305,049

          サイト運営委託費                           434,325                 222,892

          減価償却費                           232,524                 161,498

                                  94/110







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ブロードバンドタワー(E05494)
                                                            有価証券報告書
      ③【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自       平成29年7月1日 至           平成30年6月30日)
                                                     (単位:千円)

                                   株主資本
                            資本剰余金                   利益剰余金
                資本金                           その他利益剰余金
                           その他資本剰余
                      資本準備金            資本剰余金合計                   利益剰余金合計
                              金
                                        特別償却準備金      繰越利益剰余金
     当期首残高            2,370,701      2,353,989       140,969      2,494,958       201,171      2,945,042      3,146,214
     当期変動額
     新株の発行            13,020      13,020             13,020
     剰余金の配当                                           △ 561,637      △ 561,637
     当期純利益                                            295,476      295,476
     特別償却準備金の取
                                          △ 50,162      50,162        -
     崩
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計             13,020      13,020        -     13,020      △ 50,162     △ 215,998      △ 266,160
     当期末残高            2,383,721      2,367,009       140,969      2,507,978       151,009      2,729,044      2,880,053
                    株主資本             評価・換算差額等

                                              新株予約権       純資産合計

                              その他有価証券評       評価・換算差額等
                自己株式       株主資本合計
                               価差額金        合計
     当期首残高             △ 259,690 &n