株式会社大盛工業 四半期報告書 第53期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第53期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社大盛工業

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年3月15日
      【四半期会計期間】                    第53期第2四半期(自 2018年11月1日 至 2019年1月31日)
      【会社名】                    株式会社大盛工業
      【英訳名】                    OHMORI    CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  和田 明彦
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区神田多町二丁目1番地
      【電話番号】                    東京03(6262)9877(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  及川 光広
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区神田多町二丁目1番地
      【電話番号】                    東京03(6262)9877(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  及川 光広
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
     (注)第1四半期連結会計期間より、日付の表示を和暦表示から西暦表示に変更しております。
                                  1/25













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第52期           第53期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第52期
                              累計期間           累計期間
                              自2017年           自2018年           自2017年
                              8月1日           8月1日           8月1日
              会計期間
                              至2018年           至2019年           至2018年
                              1月31日           1月31日           7月31日
                      (千円)           1,684,813           2,883,770           4,140,641
     売上高
                      (千円)            168,203           203,819           307,049
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            149,203           148,959           260,872
     期)純利益
                      (千円)            149,203           148,959           260,872
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           3,649,171           3,857,782           3,768,782
     純資産額
                      (千円)           6,328,625           8,522,573           6,657,852
     総資産額
                      (円)            10.06           10.04           17.58
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)             9.98           9.95           17.46
     (当期)純利益
                      (%)             57.3           44.8           56.2
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            109,783         △ 1,614,687           △ 678,992
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 151,923          △ 159,323          △ 200,216
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 425,776          1,750,710           △ 164,004
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           2,180,763           1,582,344           1,606,889
     (期末)残高
                               第52期           第53期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                              自2017年           自2018年
                              11月1日           11月1日
              会計期間
                              至2018年           至2019年
                              1月31日           1月31日
                                   1.08           6.35
     1株当たり四半期純利益                 (円)
      (注)1.当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載

           しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/25





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容については、重
       要な変更はありません。
        また、主要な関係会社の異動は以下のとおりであります。
       (建設事業)
        第1四半期連結会計期間において、井口建設株式会社の株式を取得し子会社化したことに伴い、同社を連結の範囲
       に含めております。
        この結果、2019年1月31日現在では、当社グループは、当社及び子会社4社により構成されております。
                                  3/25


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
         なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半
        期連結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値
        で前連結会計年度との比較・分析を行っております。
        (1)財政状態及び経営成績の状況

         ①経営成績の状況
          当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、海外経済の不確実性、金融資本市場の動向などに留意する
         必要があるものの、企業収益及び雇用・所得環境の改善を背景に、景気は緩やかな回復基調で推移いたしまし
         た。
          建設業界におきましては、建設投資は底堅く推移し、設備投資も増加していることから業況は緩やかな回復傾
         向を続けておりますが、依然として施工管理技術者、施工を行う技能労働者不足の状況が続いております。
          このような状況の中、当社は主力の建設事業におきまして、東京地区における上・下水道工事の選別受注を継
         続するとともに、完成工事高、完成工事総利益の増加を図るため、子会社の井口建設株式会社、株式会社山栄テ
         クノにおける受注・施工力強化に注力してまいりました。
          不動産事業におきましては、不動産物件の販売並びにOLY機材リース事業における販売エリアの拡大を継続
         してまいりました。
          通信関連事業におきましては、通信回線の保守・管理業務における売上高及び売上総利益の増加に向け、体制
         整備並びに積極的な営業活動を行ってまいりました。
          クローゼットレンタル事業、鍼灸接骨院事業におきましては、顧客数増加に向けた宣伝活動を継続してまいり
         ました。
          以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は2,883,770千円(前年同期比71.2%増)、営業利益は

         227,540千円(前年同期比19.8%増)、経常利益は203,819千円(前年同期比21.2%増)、親会社株主に帰属する
         四半期純利益は148,959千円(前年同期比0.2%減)となりました。
        セグメント別の経営成績は次のとおりであります。

        (建設事業)
          建設事業におきましては、受注高1,957,965千円(前年同期比93.7%増)、売上高1,951,167千円(前年同期比
         61.4%増)、セグメント利益(営業利益)128,162千円(前年同期比33.2%減)となりました。
        (不動産事業等)

          不動産事業等におきましては、不動産物件の売却並びに賃貸収入、OLY機材のリース販売等により、売上高
         721,980千円(前年同期比145.5%増)、セグメント利益(営業利益)74,325千円(前年同期は26,881千円のセグ
         メント損失)となりました。
        (通信関連事業)

          通信関連事業におきましては、NTT局内の通信回線の保守・管理業務等により売上高204,560千円(前年同
         期比4.5%増)セグメント利益(営業利益)27,566千円(前年同期比3.9%減)となりました。
        (その他)

          その他事業におきましては、クローゼットレンタル事業並びに鍼灸接骨院事業等により、売上高16,449千円
         (前年同期比22.6%減)、セグメント損失(営業損失)2,513千円(前年同期は3,679千円のセグメント損失)と
         なりました。
                                  4/25



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
         ②財政状態の状況

         資産、負債及び純資産の状況
         (資産)
           当第2四半期連結会計期間末の資産の残高は8,522,573千円となり、前連結会計年度末に比べ1,864,721千円
          増加いたしました。増加の主な理由は、受取手形・完成工事未収入金等の増加1,656,864千円、販売用不動産
          の増加95,035千円、のれんの増加89,068千円によるものであります。
         (負債)
           当第2四半期連結会計期間末の負債の残高は4,664,790千円となり、前連結会計年度末に比べ1,775,720千円
          増加いたしました。増加の主な理由は、短期借入金の増加1,421,650千円、未払金の減少51,716千円、賞与引
          当金の減少26,685千円、長期借入金の増加652,390千円、長期未払金の減少209,976千円によるものでありま
          す。
         (純資産)
           当第2四半期連結会計期間末の純資産合計は3,857,782千円となり、前連結会計年度末に比べ89,000千円増
          加いたしました。増加の主な理由は、利益剰余金の増加75,108千円によるものであります。
         ③キャッシュ・フローの状況

          当第2四半期連結会計期間末における「現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の四半期末残高」は
         1,582,344千円となり、前連結会計年度末に比べ24,544千円の減少となりました。当第2四半期連結累計期間に
         おける各キャッシュ・フローの状況等につきましては次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

           営業活動の結果減少した資金は1,614,687千円(前年同四半期は109,783千円の獲得)となりました。資金の
          主な減少は、売上債権の増加1,614,179千円、たな卸資産の増加104,404千円であり、資金の主な増加は、税金
          等調整前四半期純利益203,819千円、減価償却費43,339千円によるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

           投資活動の結果減少した資金は159,323千円(前年同四半期は151,923千円の減少)となりました。資金の主
          な減少は、有形固定資産の取得による支出23,316千円、関係会社株式の取得による支出135,812千円であり、
          資金の主な増加は、貸付金の回収による収入21,432千円、投資有価証券の売却による収入26,106千円によるも
          のであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           財務活動の結果獲得した資金は1,750,710千円(前年同四半期は425,776千円の減少)となりました。資金の
          主な増加は、短期借入れによる収入1,800,000千円、長期借入れによる収入1,000,000千円であり、資金の主な
          減少は、短期借入金の返済による支出425,000千円、長期借入金の返済による支出300,959千円、割賦債務の返
          済による支出246,229千円、配当金の支払額74,477千円によるものであります。
                                  5/25








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
        (2)経営方針・経営戦略等

          当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
         ありません。
        (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第2四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題
         はありません。
        (4)研究開発活動

          該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

         当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/25















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          50,000,000

        A種優先株式                                            277,500

        B種優先株式                                            277,500

                  計                                50,555,000

        ②【発行済株式】

                 第2四半期会計期間                        上場金融商品取引所
                            提出日現在発行数(株)
         種類       末現在発行数(株)                        名又は登録認可金融              内容
                             (2019年3月15日)
                 (2019年1月31日)                       商品取引業協会名
                                         東京証券取引所
                                                   単元株式数      100株
     普通株式               14,848,429            14,848,429
                                         (市場第二部)
          計          14,848,429            14,848,429             -          -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
                                      2018年10月26日

         決議年月日
                                     (第9回新株予約権)
                                 当社取締役(監査等委員を除く)             6名
         付与対象者の区分及び人数
                                 当社取締役(監査等委員)1名
         新株予約権の数(個)※                              688(注)1
                                      普通株式 68,800
         新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※
                                        (注)1
         新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                1
                                      自 2018年11月21日
         新株予約権の行使期間※
                                      至 2048年11月20日
                                      発行価格  205
         新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                      資本組入額 103
         発行価格及び資本組入額(円)※
                                        (注)1
         新株予約権の行使の条件※                               (注)1
                                 譲渡による新株予約権の取得については、
         新株予約権の譲渡に関する事項※
                                 取締役会の承認を要するものとします。
         組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                               (注)2
         ※ 新株予約権証券の発行時(2018年11月20日)における内容を記載しております。
                                  7/25





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
      (注)1.新株予約権の内容

          (1)新株予約権の目的となる株式の種類及び数
           本新株予約権1個あたりの目的である株式の種類及び数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通
           株式100株とする。なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償
           割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただ
           し、かかる調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数
           についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
           調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(または併合)の比率
           また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これら
           の場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整される
           ものとする。
          (2)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、本新株予約権を行使することにより交付を受ける
           株式1株あたりの払込金額を1円とし(以下、「行使価額」という。)、これに付与株式数を乗じた金額
           とする。
          (3)新株予約権を行使することができる期間
           本新株予約権を行使することができる期間(以下、「行使期間」という。)は、2018年11月21日から2048
           年11月20日までとする。ただし、行使期間の最終日が営業日でない場合は、その前営業日とする。
          (4)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条
              第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が
              生じたときは、その端数を切り上げるものとする。
            ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資
              本金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (5)新株予約権の行使の条件
            ① 新株予約権者は、上記(注)1.(3)の期間内において、当社取締役の地位を喪失し                                          た日の   翌日か
              ら10日(ただし、当該日が営業日でない場合には、前営業日)を経過する日までの間に限り、新株予
              約権を一括してのみ行使することができるものとする。
            ② 新株予約権者は、上記①の規定にかかわらず、当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社とな
              る会社分割についての分割契約もしくは分割計画、または当社が完全子会社となる株式交換契約もし
              くは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承認を要しない場合には取締役会決議)がな
              された場合は、当該承認日の翌日から30日(ただし、当該日が営業日でない場合には、前営業日)を
              経過するまでの間に限り、新株予約権を行使できるものとする。
            ③ 新株予約権者が死亡した場合は、相続人がこれを行使することができるものとする。
            ④ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過すること
              となるときは、当該本新株予約権を行使することはできない。
            ⑤ 各本新株予約権1個未満について行使することはできない。
            ⑥ その他の行使条件及び方法は、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」に定
              めるところによる。
          (6)新株予約権の取得に関する事項
            ① 当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計
              画、または当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認
              (株主総会の承認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が
              別途定める日の到来をもって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
            ② 新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)1.(5)に定める規定または新株予約権割当契約
              書により本新株予約権の行使ができなくなった場合は、当社は新株予約権を無償で取得することが
              できる。
                                  8/25




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
      (注)2.組織再編行為の際の新株予約権の取扱い

          当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
         (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。なお、吸収分割または新設分割については当社が分割会社と
         なる場合に限り、株式交換または株式移転については当社が完全子会社となる場合に限る。)を行う場合におい
         て、組織再編行為の効力発生日に残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に
         対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象
         会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存
         新株予約権は消滅し、再編対象会社の新株予約権を新たに交付するものとする。ただし、以下の条件に沿って再
         編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交
         換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)1.(1)に準じて決定する。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、
           上記(注)1.(2)で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(注)2.
           (3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
           上記(注)1.(3)に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から
           上記(注)1.(3)に定める行使期間の末日までとする。
          (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            上記(注)1.(4)に準じて決定する。
          (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
           る。
          (8)その他新株予約権の行使の条件
            上記(注)1.(5)に準じて決定する。
          (9)新株予約権の取得事由及び条件
           上記(注)1.(6)に準じて決定する。
          (10)その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
                                  9/25









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
        ②【その他の新株予約権等の状況】
          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総数(株)                 資本金(千円)              資本準備金(千円)
        年月日
                 増減数        残高       増減額        残高       増減額        残高
      2018年11月1日~

                                    -
                     -   14,848,429                2,765,371           -     167,053
      2019年1月31日
                                 10/25
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2019年1月31日現在
                                                      発行済株式
                                                      (自己株式を
                                               所有株式数       除く。)の総
         氏名又は名称                       住所
                                                (株)      数に対する所
                                                      有株式数の割
                                                      合(%)
     WINBASE         TECH
     NOLOGIES
                   東京都千代田区永田町1丁目11-30                サウスヒル永田町4階            1,041,500          7.02
     LIMITED
     (常任代理人 垣鍔公良)
     株式会社ウィークリーセン

                   東京都千代田区神田北乗物町2              神田乗物町ビル604
                                                 632,300         4.26
     ター
                   神奈川県足柄下郡湯河原町中央3丁目16-1                             600,002         4.04

     株式会社プラス
                   東京都葛飾区南水元1丁目10-8                             228,358         1.54

     有限会社広栄企画
                                                 180,800         1.22

     中島 和信              東京都渋谷区
                                                 127,900         0.86

     大場 健一              埼玉県上尾市
     BANK JULIUS 

     BAER HK FAO 
     KOICHIRO YAM
                   東京都千代田区丸の内2丁目7-1
                                                 110,010         0.74
     ADA AC77021567-01
                   決済事業部
     (常任代理人 株式会社三
     菱UFJ銀行)
                   東京都港区赤坂1丁目12-32                             100,150         0.68
     マネックス証券株式会社
     マイルストーン        キャピタル
                   東京都千代田区大手町1丁目6-1               大手町ビル4階               89,830        0.61
     マネジメント株式会社
                                                 80,500        0.54
     瀧澤 順久              北海道千歳市
                                -                3,191,350         21.51

           計
                                 11/25








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年1月31日現在
             区分                           議決権の数(個)              内容

                           株式数(株)
      無議決権株式                             -          -        -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -          -        -

      議決権制限株式(その他)                             -          -        -

      完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式        13,600             -        -

      完全議決権株式(その他)                    普通株式      14,651,100            146,511           -

                                                  1単元(100株)未満
      単元未満株式                    普通株式       183,729             -
                                                  の株式
      発行済株式総数                         14,848,429               -        -
      総株主の議決権                             -        146,511           -

     (注)1.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式93株が含まれております。
        2.「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式500株が含まれておりま
          す。また、「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数5個が含まれておりま
          す。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年1月31日現在
                                                    発行済株式総数

                              自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                       (%)
                  東京都千代田区神田
     ㈱大盛工業                            13,600          -      13,600          0.09
                  多町二丁目1番地
           計            -          13,600          -      13,600          0.09
     (注)当第2四半期会計期間末日現在の自己株式数は、13,693株となっております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 12/25








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準拠して記載しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2018年11月1日から2019
       年1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年8月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、監査法人大手門会計事務所による四半期レビューを受けております。
                                 13/25

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年7月31日)              (2019年1月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,660,639              1,668,203
         現金及び預金
                                       1,087,601              2,744,465
         受取手形・完成工事未収入金等
                                        142,295              121,457
         未成工事支出金
                                        116,198              146,509
         不動産事業等支出金
                                       1,655,414              1,750,449
         販売用不動産
                                           461              358
         貯蔵品
                                        133,637              112,617
         その他
                                        △ 11,954             △ 11,171
         貸倒引当金
                                       4,784,294              6,532,890
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物・構築物(純額)                              778,495              781,301
          機械・運搬具(純額)                               67,182              88,706
                                        611,876              624,376
          土地
          リース資産(純額)                               13,816              11,927
                                         40,715              32,421
          建設仮勘定
                                       1,512,087              1,538,733
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         31,327              120,396
          のれん
                                         5,687              5,026
          その他
                                         37,015              125,422
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         63,512              48,194
          長期貸付金
                                        337,402              337,402
          固定化営業債権
                                         72,971              75,552
          保険積立金
                                         5,960               538
          退職給付に係る資産
                                         61,268              48,519
          繰延税金資産
                                        129,204              160,118
          その他
                                       △ 346,293             △ 345,156
          貸倒引当金
                                        324,026              325,168
          投資その他の資産合計
                                       1,873,129              1,989,324
         固定資産合計
                                           428              357
       繰延資産
                                       6,657,852              8,522,573
       資産合計
                                 14/25








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年7月31日)              (2019年1月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        418,530              430,728
         工事未払金
                                        321,795             1,743,445
         短期借入金
                                        104,764               53,047
         未払金
                                         51,058              51,899
         未払法人税等
                                        302,820              312,444
         未成工事受入金
                                         54,142              27,456
         賞与引当金
                                         26,706              31,663
         完成工事補償引当金
                                        161,708              124,567
         その他
                                       1,441,526              2,775,253
         流動負債合計
       固定負債
                                       1,199,866              1,852,256
         長期借入金
                                        209,976                 -
         長期未払金
                                         37,701              37,280
         その他
                                       1,447,543              1,889,537
         固定負債合計
                                       2,889,070              4,664,790
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       2,765,371              2,765,371
         資本金
                                        705,162              704,739
         資本剰余金
                                        323,592              398,700
         利益剰余金
                                        △ 54,884             △ 54,604
         自己株式
                                       3,739,241              3,814,207
         株主資本合計
                                         29,540              43,575
       新株予約権
                                       3,768,782              3,857,782
       純資産合計
                                       6,657,852              8,522,573
      負債純資産合計
                                 15/25











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益及び包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年8月1日              (自 2018年8月1日
                                至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
      売上高
       完成工事高                                1,208,971              1,951,167
                                        258,761              711,623
       不動産事業等売上高
                                        195,816              204,560
       通信関連売上高
                                         21,264              16,419
       その他の売上高
                                       1,684,813              2,883,770
       売上高合計
      売上原価
                                        909,556             1,671,172
       完成工事原価
                                        258,756              600,499
       不動産事業等売上原価
                                         98,086              96,951
       通信関連原価
                                         20,349              15,510
       その他の売上原価
                                       1,286,748              2,384,135
       売上原価合計
      売上総利益
                                        299,415              279,994
       完成工事総利益
                                            5           111,123
       不動産事業等総利益
                                         97,730              107,609
       通信関連総利益
                                           914              908
       その他の売上総利益
                                        398,065              499,635
       売上総利益合計
                                       ※1 208,202             ※1 272,094
      販売費及び一般管理費
                                        189,863              227,540
      営業利益
      営業外収益
                                           297             1,735
       受取利息
                                           627             1,471
       貸倒引当金戻入額
                                           -             6,736
       受取補償金
                                           -             1,908
       未払配当金除斥益
                                         4,069              4,398
       その他
                                         4,993              16,249
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         15,652              23,556
       支払利息
                                         10,000              15,000
       支払手数料
                                           -             1,243
       為替差損
                                         1,000               170
       その他
                                         26,653              39,970
       営業外費用合計
                                        168,203              203,819
      経常利益
      特別利益
                                           21              -
       固定資産売却益
                                           21              -
       特別利益合計
      特別損失
                                            0              -
       固定資産除却損
                                            0              -
       特別損失合計
                                 16/25






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年8月1日              (自 2018年8月1日
                                至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
                                        168,225              203,819
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   15,113              41,335
                                         3,908              13,525
      法人税等調整額
                                         19,022              54,860
      法人税等合計
      四半期純利益                                   149,203              148,959
      (内訳)
                                        149,203              148,959
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                        149,203              148,959
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        149,203              148,959
      親会社株主に係る四半期包括利益
                                 17/25
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年8月1日              (自 2018年8月1日
                                至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        168,225              203,819
       税金等調整前四半期純利益
                                         33,810              43,339
       減価償却費
                                         1,904              7,766
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 27,220              △ 1,919
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 4,634                -
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  7,918             △ 28,447
       工事損失引当金の増減額(△は減少)                                △ 103,921                 -
       完成工事補償引当金の増減額(△は減少)                                  3,594              4,956
                                         △ 319            △ 1,735
       受取利息及び受取配当金
                                         15,652              23,556
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                 134,440            △ 1,614,179
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  10,102             △ 104,404
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 38,637             △ 24,656
       未成工事受入金の増減額(△は減少)                                △ 168,246              △ 10,914
                                        101,009              △ 74,175
       その他
                                        133,677            △ 1,576,995
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   319             1,735
                                        △ 15,441             △ 23,410
       利息の支払額
                                           -            21,736
       補償金の受取額
                                         11,324                -
       法人税等の還付額
                                        △ 20,096             △ 37,753
       法人税等の支払額
                                        109,783            △ 1,614,687
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 10,145             △ 23,316
       有形固定資産の取得による支出
                                           21              -
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 95,000                -
       貸付けによる支出
                                         13,944              21,432
       貸付金の回収による収入
                                        △ 15,000                -
       投資有価証券の取得による支出
                                           -            26,106
       投資有価証券の売却による収入
                                        △ 2,850             △ 55,400
       定期預金の預入による支出
                                           -            11,000
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 39,760             △ 135,812
       関係会社株式の取得による支出
                                        △ 3,133             △ 3,335
       その他
                                       △ 151,923             △ 159,323
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        750,000             1,800,000
       短期借入れによる収入
                                      △ 1,005,000              △ 425,000
       短期借入金の返済による支出
       長期借入れによる収入                                  50,000             1,000,000
                                       △ 167,668             △ 300,959
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 21,368             △ 246,229
       割賦債務の返済による支出
                                        △ 2,403             △ 2,479
       リース債務の返済による支出
       配当金の支払額                                 △ 28,620             △ 74,477
                                         △ 716             △ 142
       その他
                                       △ 425,776             1,750,710
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,000             △ 1,243
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 468,916              △ 24,544
                                       2,649,680              1,606,889
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 2,180,763              ※ 1,582,344
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 18/25




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (連結範囲の重要な変更)
          2018年9月に井口建設株式会社の発行済株式の全部を取得したことにより、第1四半期連結会計期間より同社
         を連結の範囲に含めております。
        (追加情報)

         ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
         債の区分に表示しております。
        (四半期連結損益及び包括利益計算書関係)

        ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費用及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自 2017年8月        1日         (自 2018年8月        1日
                              至 2018年1月31日)                   至 2019年1月31日)
       役員報酬                              37,380   千円              49,650   千円
                                     63,057                 70,723
       従業員給料手当
                                      5,693                 6,336
       賞与引当金繰入額
                                       157                1,440
       退職給付費用
                                     21,240                 22,961
       支払手数料
         (売上高の季節的変動)

          前第2四半期連結累計期間(自 2017年8月1日 至 2018年1月31日)及び                                    当第2四半期連結累計期間
          (自 2018年8月1日 至 2019年1月31日)
            当社グループの売上高は、主たる事業である建設事業において、第2四半期連結累計期間までと第3四半
           期連結会計期間以降では、休暇日数の差異があり、第3四半期連結会計期間以降に売上高が多くなるといっ
           た季節的変動要因があります。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    2017年8月1日              (自    2018年8月1日
                              至   2018年1月31日)               至   2019年1月31日)
        現金預金勘定                            2,230,763千円                  1,668,203千円
        預入期間が3カ月を超える定期預金                             △50,000                  △85,858
        現金及び現金同等物                            2,180,763                  1,582,344
                                 19/25






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2017年8月1日 至 2018年1月31日)
          1.配当金支払額
                              1株当たり
                     配当金の総額
              株式の種類                配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
     (決議)                (千円)
                              (円)
     2017年10月27日
               普通株式         29,677           2  2017年7月31日        2017年10月30日         利益剰余金
     定時株主総会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期

          間  の末日後となるもの
             該当事項は     ありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2018年8月1日 至 2019年1月31日)

          1.配当金支払額
                              1株当たり
                     配当金の総額
              株式の種類                配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
     (決議)                (千円)
                              (円)
     2018年10月26日
               普通株式         74,176           5  2018年7月31日        2018年10月29日         利益剰余金
     定時株主総会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期

          間  の末日後となるもの
             該当事項は     ありません。
                                 20/25












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2017年8月1日 至 2018年1月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                      報告セグメント
                                                       損益及び包
                                        その他           調整額
                                                       括利益計算
                                              合計
                                        (注)1           (注)2
              建設事業     不動産事業等      通信関連事業         計
                                                        書計上額
                                                        (注)3
     売上高
      外部顧客への
              1,208,971       258,761      195,816     1,663,549        21,264    1,684,813         -  1,684,813
      売上高
      セグメント間
                  -    35,379        -    35,379        -   35,379    △ 35,379       -
      の内部売上高
      又は振替高
              1,208,971       294,141      195,816     1,698,929        21,264    1,720,193      △ 35,379    1,684,813

        計
     セグメント利益

     又はセグメント          191,743      △ 26,881      28,680     193,543      △ 3,679    189,863        -   189,863
     損失(△)
          (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、クローゼットレンタル事
              業及び鍼灸接骨院事業等を含んでおります。
            2.調整額は以下のとおりであります。
              売上高の調整額△35,379千円は、セグメント間取引消去△35,379千円であります。
            3.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益及び包括利益計算書の営業利益と一致し
              ております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

              (のれんの金額の重要な変動)
                「建設事業」セグメントにおいて、株式会社山栄テクノの発行済株式の全部を取得したことに伴
               い、のれんが発生しております。
                なお、当該事象によるのれんの増加額は、当第2四半期連結累計期間においては26,345千円であ
               ります。
                                 21/25









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2018年8月1日 至 2019年1月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                      報告セグメント
                                                       損益及び包
                                        その他           調整額
                                                       括利益計算
                                              合計
                                        (注)1           (注)2
              建設事業     不動産事業等      通信関連事業         計
                                                        書計上額
                                                        (注)3
     売上高
      外部顧客への
              1,951,167       711,623      204,560     2,867,350        16,419    2,883,770         -  2,883,770
      売上高
      セグメント間
                  -    10,357        -    10,357        30   10,387    △ 10,387       -
      の内部売上高
      又は振替高
              1,951,167       721,980      204,560     2,877,707        16,449    2,894,157      △ 10,387    2,883,770

        計
     セグメント利益

     又はセグメント          128,162       74,325      27,566     230,054      △ 2,513    227,540        -   227,540
     損失(△)
          (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、クローゼットレンタル事
              業及び鍼灸接骨院事業等を含んでおります。
            2.調整額は以下のとおりであります。
              売上高の調整額△10,387千円は、セグメント間取引消去△10,387千円であります。
            3.セグメント利益又はセグメント損失(△)                       は、四半期連結損益及び包括利益計算書の営業利益と一致
              しております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (のれんの金額の重要な変動)
               「建設事業」セグメントにおいて、井口建設株式会社の発行済株式の全部を取得したことに伴い、
              のれんが発生しております。
               なお、当該事象によるのれんの増加額は96,834千円であります。
                                 22/25










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
        のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年8月1日               (自 2018年8月1日
                                 至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                 10円06銭               10円04銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益
                                       149,203               148,959
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       149,203               148,959
       利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                              14,837,648               14,835,027
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                  9円98銭               9円95銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千
                                          -               -
       円)
                                       107,288               134,048
       普通株式増加数(株)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                          -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
     の概要
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 23/25










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 24/25




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年3月15日

     株式会社大盛工業

      取締役会 御中

                         監査法人     大手門会計事務所

                               指定社員

                                      公認会計士
                                              武 川 博 一 印
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士
                                              向 井 真 悟 印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社大盛工

     業の2018年8月1日から2019年7月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2018年11月1日から2019年1月
     31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年8月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益及び包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記につい
     て四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社大盛工業及び連結子会社の2019年1月31日現在の財政状態並
     びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと
     信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.      XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 25/25



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。