株式会社学情 四半期報告書 第42期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第42期第1四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社学情

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    2019年3月15日
      【四半期会計期間】                    第42期第1四半期(自 2018年11月1日 至 2019年1月31日)
      【会社名】                    株式会社学情
      【英訳名】                    GAKUJO CO.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  中井 清和
      【本店の所在の場所】                    大阪市北区梅田二丁目5番10号
      【電話番号】                    06(6346)6830(代)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員  大西 浩史
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市北区梅田二丁目5番10号
      【電話番号】                    06(6346)6830(代)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員  大西 浩史
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18













                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第41期           第42期
               回次               第1四半期           第1四半期            第41期
                              累計期間           累計期間
                            自2017年11月1日           自2018年11月1日           自2017年11月1日

              会計期間
                            至2018年1月31日           至2019年1月31日           至2018年10月31日
                      (千円)            680,132           801,781          6,448,000

     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           △ 127,699          △ 155,026          1,590,159
     四半期純損失(△)又は当期純利
                      (千円)           △ 91,855          △ 111,244          1,123,904
     益
                      (千円)              -           -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)           1,500,000           1,500,000           1,500,000
     資本金
                      (千株)            15,560           15,560           15,560
     発行済株式総数
                      (千円)           9,472,130           9,664,291           10,144,014
     純資産額
                      (千円)          10,168,181           10,452,304           11,372,254
     総資産額
     1株当たり四半期純損失(△)又
                      (円)            △ 6.17          △ 7.54           75.77
     は1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -          75.59
     (当期)純利益
                      (円)              -           -          34.00
     1株当たり配当額
                      (%)             92.8           92.2           88.9
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度にかかる主要な経営指標等の推移につ
           いては記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.関連会社がないため、持分法を適用した場合の投資利益は記載しておりません。
         4.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失で
           あるため記載しておりません。
         5.  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年(平成30年)2月16日)等を
           当第1四半期会計期間の期首から適用しており、                       前第1四半期累計期間及び前事業年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第1四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
                                  2/18






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年(平成30年)2月16日)等を
       当第1四半期会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前事業年度末の数値で比較を行っ
       ております。
       (1)経営成績の状況

          当第1四半期累計期間(2018年11月1日~2019年1月31日)におけるわが国経済は、2018年秋以降、アメリカ
         の企業の経営成績の減速や世界経済全体の先行き不透明感の影響から、2019年3月期の上場企業の純利益の合計
         が3期ぶりに減益になる見通しへと変化したものの、利益水準は最高益に近い企業も少なくなく、4社に1社が
         最高益を更新する見通しになるなど、情勢はめまぐるしく変化しました。そのような中、2019年1月の有効求人
         倍率は1.63倍と高水準を維持、企業の採用意欲は引き続き強い状態で推移しました。
          このような状況の中、当社におきましては、新卒採用市場につきましては2020年3月卒業予定学生へのイン
         ターンシップ生募集のニーズを対象とした「就職博」を中心に提案活動を実践し、中途採用市場につきましては
         2018年5月以降、TVCM等大規模なプロモーションを展開している「Re就活」の販売が大変好調に進捗した
         結果、当第1四半期累計期間における売上高は、8億1百万円(前年同期比117.9%)と伸ばすことができまし
         た。
          一方、当第1四半期累計期間は、前年同時期には行っていなかった「Re就活」の大規模プロモーションの費
         用計上99百万円等もあり、経常損失は1億55百万円(前年同期は経常損失1億27百万円)となりました。
          なお、主たる事業である「就職情報事業」につきましては、次のとおりであります。

          当第1四半期累計期間(2018年11月1日~2019年1月31日)における新卒採用市場につきましては、早期より

         新卒学生とのコミュニケーションを図ろうとする企業ニーズの高まりを受け、2020年3月卒業予定学生へのイン
         ターンシップ生募集の「就職博」の販売が順調に推移した結果、「就職博」の売上高は3億79百万円(前年同期
         比119.2%)となりました。また、中途採用市場につきましては、若手社会人を採用したいという企業のニーズ
         がさらに拡大しており、20代専門転職サイト「Re就活」の売上高は2億21百万円(前年同期比152.8%)と、
         大きく伸ばすことができました。
          その結果、当第1四半期累計期間における就職情報事業全体の売上高は7億70百万円(前年同期比117.6%)
         となりました。
          なお、2020年3月卒業予定学生を対象とした、各企業のインターンシップ生の募集活動が早期化・活発化した
         ことで、新卒学生の企業への応募はすでに分散傾向にあります。その状況に影響され、就活解禁となった2019年
         3月1日以降、学生の応募数の低下に危機感を募らせている企業が増加しており、採用人数確保のための追加募
         集ニーズが高まりつつあります。当社は、そのようなニーズに対応して、4月以降の「就職博」や「Re就活」
         を効果的に組み合わせた『20代通年採用』の提案を幅広く実践しており、特に「Re就活」については、今後も
         TVCM等の大規模なプロモーションを継続することによって、求職者と企業の双方への認知度拡大を推し進
         め、さらなる経営成績の向上を図ってまいります。
                                  3/18






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析
          当第1四半期会計期間末の総資産の残高は、前事業年度末と比べ9億19百万円減少し、104億52百万円となり
         ました。
         (流動資産)
          当第1四半期会計期間末における流動資産の残高は、前事業年度末と比べ9億41百万円減少し、50億97百万円
         となりました。これは主に、現金及び預金の減少5億1百万円、受取手形及び売掛金の減少5億5百万円があっ
         たことによるものです。
         (固定資産)
          当第1四半期会計期間末における固定資産の残高は、前事業年度末と比べ21百万円増加し、53億54百万円とな
         りました。これは主に、繰延税金資産の増加59百万円、ソフトウエアの減少20百万円、投資有価証券の減少12百
         万円があったことによるものです。
         (流動負債)
          当第1四半期会計期間末における流動負債の残高は、前事業年度末と比べ4億40百万円減少し、5億47百万円
         となりました。これは主に、未払法人税等の減少2億61百万円、賞与引当金の減少1億44百万円があったことに
         よるものです。
         (固定負債)
          当第1四半期会計期間末における固定負債の残高は、前事業年度末と比べ増減がなく、2億40百万円となりま
         した。
         (純資産)
          当第1四半期会計期間末における純資産の残高は、前事業年度末と比べ4億79百万円減少し、96億64百万円と
         なりました。これは、四半期純              損失  1億11百万円、配当金の支払い2億50百万円、自己株式の取得による自己株
         式の増加86百万円、その他有価証券評価差額金の減少31百万円があったことによるものです。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第1四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
          なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等は
         次のとおりであります。
       (会社の支配に関する基本方針)

        1.当社の財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針
          当社は、当社株式に対する大規模買付行為を受け入れるか否かの判断は、最終的には、株主の皆様によってな
         されるべきものと考えております。したがいまして、大規模買付行為につきまして、これを一概に否定するもの
         ではありません。しかしながら、突然の大規模買付行為が発生した場合には、株主の皆様に当該行為を受け入れ
         るか否かについて短期間に判断して頂くことになりかねません。
          当社は、大規模買付行為を受け入れるか否かの株主の皆様の判断が適切に行われるためには、大規模買付者か
         らの一方的に提供される情報のみならず、当社取締役会から提供される情報及び評価・意見等も含めた十分な情
         報が提供され、大規模買付行為に応じるべきか否かを判断して頂くための情報や時間を確保することが不可欠で
         あると考えております。
                                  4/18








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
        2.基本方針の実現に資する特別な取組み
         (1)  企業価値向上への取組み
          当社は、「私達は、仕事を通して社会のお役に立つ企業づくりを目指します。」という基本理念のもと、総合
         就職情報企業として“きめ細かいサービス”“質の高い情報”をタイムリーに提供できるよう全社一丸となり
         日々研鑽を続けております。また、事業の展開にあたりましては、以下を基本方針としております。
          ・新卒採用情報から中途採用情報までの一貫した総合就職情報企業を目指す。
          ・人材紹介事業など、新しい事業の強化と自社商品の継続的な改善により売上・利益の拡大を目指す。
          ・サービス・商品・営業手法のすべてにおいて市場のニーズを先取りした差別化戦略を実行する。
          ・首都圏を中心に社員数を増強し、社員の生産性を向上させることで成長スピードを加速させる。
          ・社会からの信頼や尊敬を集め、上場企業にふさわしい企業であり続けるべくコーポレート・ガバナンス及び
           コンプライアンス体制の一層の強化を図る。
          加えて、当社は2018年10月期をもって4期連続で過去最高売上高を更新、6期連続で増収増益を果たすことが
         できました。これまで到達したことのない業績へ成長を続けていきたい、という思いから、2017年11月に、新た
         な経営ビジョン「世界を相手にビジネスを楽しむ~目指せ1000億円企業」を掲げ、成長スピードをさらに上げる
         べく、新しい戦略・戦術を積極的に取り入れて参ります。全社一丸となって業務に邁進しております。
          当社は1976年の創業以来、一貫して他社にない独自性の高い商品の開発・販売にこだわり、独力で会社を成

         長・発展させてまいった結果、2006年10月には東京証券取引所第一部に上場し、企業としての一つの大きな到達
         点を迎えました。その後、さらなる飛躍のため、創業以来初めての戦略的提携となる、朝日新聞社及び朝日学生
         新聞社と資本・業務提携を2013年1月29日に締結、大きなステージへのステップアップを図っております。
          「あさがくナビ」を中心に展開してきた提携事業を、さらに「Re就活」にも拡大させながら、加えて、
          ・「首都圏でのさらなる営業展開の強化」
          ・「Web商品(あさがくナビ・Re就活)のさらなる改善と販売推進」
          ・「Re就活を中心とした中途採用分野とシナジー効果が期待できる人材紹介事業へのさらなる注力」
          ・「事業のグローバル化」
          等を中長期的な経営戦略として推し進めています。
          特に、2018年5月以降、TVCM等大規模なプロモーションによって「20代が選ぶ、20代向け転職サイト

         No.1」の評価を受けるまでに成長した「Re就活」や20代社会人に特化した「人材紹介事業」は、当社のこれま
         での新卒中心の事業領域を大きく変える成長ドライバーとして期待されます。
          また、2020年4月卒業予定学生対象の「あさがくナビ」は、「Re就活」で好評なダイレクトスカウト機能等
         を多数搭載するフルリニューアルを3月に予定するなど、当社にしかない強みを活かし、市場ニーズに合わせた
         商品開発や積極的な販売促進策、市場への仕掛けを継続してまいります。
          加えて、新しい事業領域への進出や他社との提携・M&Aなどの模索を引き続き行い、将来的には「就職情
         報」という枠だけにとらわれない「総合情報企業」として世界のリーディングカンパニーとなるべく成長を続け
         ていきたいと考えております。
         (2)  コーポレート・ガバナンスについて

          当社は、コーポレート・ガバナンスについて、会社の意思決定機関である取締役会の活性化並びに経営陣に対
         する監視と、不正を防止する仕組みが企業統治であるとの考えを基本としております。
          当社の取締役会は、現在取締役4名で構成され、うち1名は独立性を有する社外取締役です。社外取締役につ
         きましては、2013年10月期より招聘し、当社取締役会における意思決定の客観性を高め、独立した第三者の立場
         から経営を監督する機能を担っております。また、監査役会制度を採用しており、監査役は3名で、うち2名が
         社外監査役です。社外取締役及び社外監査役と当社との間に、当社株式所有を除き、人的、資本的関係又は取引
         関係、その他利害関係はありません。
          また、当社では経営環境の変化に即応するため、毎月開催する定例の取締役会に加え、緊急を要する場合に
         は、臨時取締役会を開催し、議論・審議にあたっております。
          また、業務執行の迅速化と各部署が抱える問題点を把握し速やかに対処するため、取締役・監査役及び全国の
         部署責任者による週間業務報告会議をテレビ会議システムを通じて毎週開催すると共に、月に1回は全員が一堂
         に会し本社にて月間業務報告会議を開催しております。
          監査役(常勤)は常に取締役会及び週間業務報告会議、月間業務報告会議に出席し、適宜、意見の表明を行う
         とともに、内部監査担当者との連携を密にし、監査の実効性を高めております。
                                  5/18



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
        3.基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための
         取組み
          当社は、2017年1月20日開催の当社第39期定時株主総会(以下「本定時株主総会」といいます。)において、
         当社株式の大規模買付行為に関する対応策を更新(以下更新後のプランを「本プラン」といいます。)すること
         について承認可決されました。本プランの概要は以下のとおりです。
         (1)  対象となる大規模買付行為
          「大規模買付行為」とは、以下のいずれかに該当する行為(但し、当社取締役会が予め同意した行為は除きま
         す。)若しくはその可能性のある行為とし、当該行為者を「大規模買付者」といいます。
         ①  当社が発行者である株券等に関する当社の特定の株主の株券等保有割合が20%以上となる当該株券等の買付
          けその他の取得
         ②  当社が発行者である株券等に関する当社の特定の株主の株券等所有割合とその特別関係者の株券等所有割合
          との合計が20%以上となる買付けその他の取得
         ③  上記①又は②に規定される各行為の実施の有無にかかわらず、当社の特定の株主が、当社の他の株主(複数
          である場合を含みます。以下本③において同じとします。)との間で、当該他の株主が当該特定の株主の共
          同保有者に該当するに至るような合意その他の行為、又は当該特定の株主と当該他の株主との間にその一方
          が他方を実質的に支配し若しくはそれらの者が共同ないし協調して行動する関係を樹立する行為。(ただ
          し、当社が発行者である株券等につき当該特定の株主と当該他の株主の株券等保有割合の合計が20%以上と
          なるような場合に限ります。)
         (2)  意向表明書の提出及び情報提供の要求

          大規模買付行為を開始または実行しようとする大規模買付者は、事前に当社取締役会に対し、本プランに従う
         旨の「意向表明書」をご提出して頂きます。                     当社取締役会は、大規模買付者より意向表明書を受領した日から10
         営業日以内に、大規模買付者に対して当初提供していただく「情報提供リスト」を交付します。
          大規模買付者から意向表明書や情報提供リストに係る回答並びに特別委員会からの要求により追加的に提出さ
         れた必要な情報に係る回答を受領した場合、当社取締役会は、特別委員会に諮問した上で、大規模買付情報の提
         供が完了した旨を証する書面を当該大規模買付者に交付することとします。
         (3)  大規模買付行為の内容の検討・大規模買付者との交渉及び代替案の提示

         ①  取締役会における評価検討
          当社取締役会は、大規模買付者からの大規模買付情報の提供が完了した後、大規模買付行為が対価を現金
          (円貨)のみとする公開買付けによる当社株券等の全ての買付けの場合には60日間、その他の大規模買付行
          為の場合には90日間を、当社取締役会による評価検討、交渉、意見形成及び代替案立案のための期間として
          確保されるべきものと考えております。
         ②  特別委員会の設置及び利用
          当社は、本プランが適正に運用されること、並びに当社の企業価値及び株主共同の利益の確保・向上のため
          に適切と考える方策を取る場合において、その判断の客観性、公正性及び合理性を担保するために、当社取
          締役会から独立した第三者機関として特別委員会を設置いたします。
          特別委員会は当社取締役会によって設置され、特別委員は3名以上で構成されることとします。特別委員の
          選任については、公正で合理的な判断を可能とするため、当社の業務執行を行う経営陣から独立している社
          外取締役、社外監査役または社外の有識者等(弁護士、公認会計士、実績ある企業経営者、学識経験者等又
          はこれらに準ずる者を含みます。)の中から選任するものとします。
          当社取締役会は、大規模買付者から提供される大規模買付情報が必要かつ十分であるか否か、大規模買付者
          が本プランに定める手続きを遵守したか否か、大規模買付行為が当社の企業価値及び株主共同の利益を著し
          く毀損するか否か、対抗措置を発動するか否か、本プランの修正又は変更等について、当社取締役会の恣意
          性を排除するために、特別委員会に諮問し客観的な判断を経るものとします。
                                  6/18





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
         (4)  大規模買付行為がなされた場合の対応方針
         ①  本プランに定める手続きを遵守しない場合
          大規模買付者が本プランに定める手続きを遵守しない場合には、大規模買付者の買付方法の如何に関わら
          ず、当社取締役会は当社の企業価値及び株主共同の利益を確保・向上させることを目的として、新株予約権
          の無償割当て等、会社法その他の法律及び当社定款が認める対抗措置(以下「対抗措置」といいます。)の
          発動を決定する場合があります。
          大規模買付者が本プランに定める手続きを遵守したか否か、並びに対抗措置の発動又は不発動の是非につい
          ては、外部専門家等の意見も参考にし、特別委員会の勧告を最大限に尊重して、当社取締役会が決定しま
          す。対抗措置の具体的な手段については、新株予約権の無償割当て等、その時点で最も適切と当社取締役会
          が判断したものを選択することとします。
         ②  本プランに定める手続きを遵守した場合
          大規模買付者が本プランに定める手続きを遵守した場合には、原則として、当社は対抗措置を発動しませ
          ん。
          ただし、本プランに定める手続きが遵守されている場合で、大規模買付行為が当社の企業価値及び株主共同
          の利益を著しく毀損すると判断せざるを得ない場合には、当社取締役会は特別委員会への諮問・特別委員会
          からの勧告を経て、企業価値及び株主共同の利益の確保・向上を目的として対抗措置を発動することがあり
          ます。
          当社取締役会は、対抗措置を発動するか否かの判断に際し、特別委員会の勧告を最大限に尊重するものと
          し、当社取締役会の決議により、対抗措置の発動及び不発動に関する事項について、速やかに開示いたしま
          す。
         (5)  本プランの有効期間、廃止及び変更

          本プランの有効期間は、本定時株主総会終結後3年以内に終結する事業年度のうち最終のものに関する当社の
         定時株主総会の終結の時までとします。ただし、有効期間の満了前であっても、当社の株主総会、または当社取
         締役会により本プランを廃止する旨の決議が行われた場合には、本プランは当該時点で廃止されるものとしま
         す。
                                  7/18












                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
        4.上記の各取組みに対する当社取締役会の判断及びその理由
          上記の各取組みは、当社の企業価値・株主共同の利益を確保・向上させるための具体的方策として策定された
         ものであり、基本方針の実現に資するものです。
          また、当社取締役会は、以下の理由により、本プランは、当社の企業価値・株主共同の利益に沿うものであ
         り、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではないと判断しております。
         (1)  買収防衛策に関する指針の要件を完全に充足していること

          本プランは、経済産業省及び法務省が2005年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確保又は向上
         のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則を充足しています。
         (2)  当社の企業価値及び株主共同の利益の確保・向上の目的をもって更新されていること

          本プランは、大規模買付行為が行われた際に、当該大規模買付行為に応じるべきか否かを株主の皆様に適正に
         判断して頂くために必要な情報や時間、あるいは当社取締役会による代替案の提示を受ける機会を確保すること
         等を可能にするものであり、当社企業価値及び株主共同の利益の確保・向上を目的とするものです。
         (3)  株主の合理的意思に依拠したものであること

          本プランは、本総会における承認を条件として発効するものです。
          また、本プランには有効期間を3年間とするサンセット条項が設けられており、かつ、当該有効期間満了の前
         であっても、当社株主総会において本プランを廃止する旨の決議がなされた場合には、本プランはその時点で廃
         止されることとなりますので、本プランの存続の適否については、株主の皆様のご意向を反映したものとなって
         おります。
         (4)  独立性の高い社外者の判断の重視

          当社は、本プランの運用並びに対抗措置発動等の運用に際して、当社取締役会の恣意的判断を排除し、株主の
         皆様のために実質的な判断を客観的に行う諮問機関として、特別委員会を設置しております。
         (5)  合理的な客観的発動要件の設定

          本プランは、予め定められた合理的かつ詳細な客観的発動要件が充足されなければ対抗措置が発動されないよ
         うに設定されており、当社取締役会による恣意的な発動を防止するための仕組みを確保しているものといえま
         す。
         (6)  デッドハンド型やスローハンド型買収防衛策ではないこと

          本プランは、デッドハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交替させてもなお、発動を阻止できな
         い買収防衛策)ではありません。
          また、当社は期差任期制を採用していないため、本プランはスローハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の
         交替を一度に行うことができないため、その発動を阻止するのに時間を要する買収防衛策)でもありません                                                  。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  8/18







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           50,240,000

                  計                                50,240,000

        ②【発行済株式】

                                      上場金融商品取引所名
             第1四半期会計期間末
                         提出日現在発行数(株)
       種類       現在発行数(株)                          又は登録認可              内容
                          (2019年3月15日)
              (2019年1月31日)
                                      金融商品取引業協会名
                                        東京証券取引所

      普通株式           15,560,000             15,560,000                     単元株式数100株
                                        (市場第一部)
        計         15,560,000             15,560,000             -            -

       (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年3月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
          発行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                      (千円)       (千円)
     2018年11月1日~
                      -   15,560,000            -    1,500,000           -     817,100
     2019年1月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  9/18







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」につきましては、株主名簿の記載内容が確認できないた
          め、記載することができないことから、直前の基準日(2018年10月31日)に基づく株主名簿による記載をして
          おります。
        ①【発行済株式】

                                                   2019年1月31日現在
            区分            株式数(株)           議決権の数(個)                 内容

      無議決権株式                          -            -              -

      議決権制限株式(自己株式等)                          -            -              -

      議決権制限株式(その他)                          -            -              -

                      普通株式         800,800

      完全議決権株式(自己株式等)                                      -              -
      完全議決権株式(その他)                普通株式 14,756,800                   147,568                 -

                      普通株式           2,400
      単元未満株式                                      -              -
      発行済株式総数                      15,560,000                 -              -

      総株主の議決権                          -          147,568                 -

        ②【自己株式等】

                                                    2019年1月31日現在
                                                    発行済株式総数に

     所有者の氏名                   自己名義所有株式         他人名義所有株式         所有株式数の合計
               所有者の住所                                     対する所有株式数
     又は名称                   数(株)         数(株)         (株)
                                                    の割合(%)
     株式会社学情       大阪市北区梅田2-5-10                800,800            -       800,800           5.15

        計          -           800,800            -       800,800           5.15

     (注)当第1四半期会計期間末の自己株式数は870,862株であります。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 10/18









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年(平成19年)
       内閣府令第63号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(2018年11月1日から2019年1
       月31日まで)及び第1四半期累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期財務諸表について
       有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                 11/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第1四半期会計期間
                                 (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       4,671,174              4,169,467
         現金及び預金
                                       1,149,693               643,849
         受取手形及び売掛金
                                        100,270              100,200
         有価証券
                                        ※ 16,310              ※ 62,991
         未成制作費
                                         80,262              99,749
         前払費用
                                         21,523              21,463
         その他
                                         △ 366             △ 205
         貸倒引当金
                                       6,038,867              5,097,516
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        662,891              662,891
          建物
                                       △ 316,301             △ 320,568
            減価償却累計額
            建物(純額)                             346,590              342,323
          構築物                               6,159              6,159
                                        △ 5,647             △ 5,665
            減価償却累計額
            構築物(純額)                               512              494
                                         3,428              3,428
          機械及び装置
                                        △ 3,143             △ 3,153
            減価償却累計額
            機械及び装置(純額)                               285              275
                                         34,421              34,421
          工具、器具及び備品
                                        △ 14,881             △ 16,022
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             19,540              18,398
                                        526,457              526,457
          土地
                                        893,385              887,948
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        238,147              218,001
          ソフトウエア
                                         6,505              6,505
          電話加入権
                                        244,653              224,506
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       3,729,814              3,717,334
          投資有価証券
                                         16,773              15,837
          前払年金費用
                                        200,104              259,804
          繰延税金資産
          差入保証金                               88,560              88,480
                                        150,179              151,141
          保険積立金
                                         16,416              16,233
          その他
                                        △ 6,500             △ 6,500
          貸倒引当金
                                       4,195,348              4,242,332
          投資その他の資産合計
                                       5,333,387              5,354,787
         固定資産合計
                                       11,372,254              10,452,304
       資産合計
                                 12/18






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度            当第1四半期会計期間
                                 (2018年10月31日)              (2019年1月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        203,482              193,772
         支払手形及び買掛金
                                        149,914              136,256
         未払金
                                        266,439               4,940
         未払法人税等
                                        204,000               60,000
         賞与引当金
                                        163,835              152,474
         その他
                                        987,671              547,444
         流動負債合計
       固定負債
                                        217,800              217,800
         長期未払金
                                         22,768              22,768
         長期預り保証金
                                        240,568              240,568
         固定負債合計
                                       1,228,239               788,012
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,500,000              1,500,000
         資本金
                                       3,339,745              3,339,745
         資本剰余金
                                       6,176,955              5,814,805
         利益剰余金
                                       △ 833,557             △ 919,612
         自己株式
                                       10,183,143               9,734,938
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        △ 69,864             △ 101,382
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 69,864             △ 101,382
         評価・換算差額等合計
                                         30,736              30,736
       新株予約権
                                       10,144,014               9,664,291
       純資産合計
                                       11,372,254              10,452,304
      負債純資産合計
                                 13/18











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第1四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間
                                (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                 至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
                                        680,132              801,781
      売上高
                                        298,250              343,814
      売上原価
                                        381,882              457,966
      売上総利益
                                        538,881              647,395
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 156,998             △ 189,429
      営業外収益
                                           285              170
       受取利息
                                         14,233              21,451
       有価証券利息
                                         3,062               680
       受取配当金
                                         10,664              11,717
       受取家賃
                                         3,562              2,846
       その他
                                         31,809              36,866
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,209              2,205
       不動産賃貸原価
                                           300              258
       その他
                                         2,509              2,464
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 127,699             △ 155,026
      税引前四半期純損失(△)                                  △ 127,699             △ 155,026
                                         2,021              2,021
      法人税、住民税及び事業税
                                        △ 37,865             △ 45,803
      法人税等調整額
                                        △ 35,843             △ 43,782
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 91,855             △ 111,244
                                 14/18












                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
         該当事項はありません。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年(平成30年)2月16日)等を当
         第1四半期会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
        (四半期貸借対照表関係)

         ※ 未成制作費
           前事業年度(2018年10月31日)及び当第1四半期会計期間(2019年1月31日)
            就職情報事業及びその他の事業の実施過程において、既に制作等の終了した工程に係る支出額でありま
           す。
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期累計期
        間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             前第1四半期累計期間                  当第1四半期累計期間
                             (自    2017年11月1日              (自    2018年11月1日
                              至   2018年1月31日)               至   2019年1月31日)
     減価償却費                                27,704千円                  27,493千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第1四半期累計期間(自 2017年11月1日 至 2018年1月31日)
          配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
     (決議)                (千円)      当額(円)
     2018年1月26日
               普通株式         238,039          16   2017年10月31日         2018年1月29日         利益剰余金
     定時株主総会
         Ⅱ 当第1四半期累計期間(自 2018年11月1日 至 2019年1月31日)

          配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
     (決議)                (千円)      当額(円)
     2019年1月25日
               普通株式         250,905          17   2018年10月31日         2019年1月28日         利益剰余金
     定時株主総会
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          前第1四半期累計期間(自 2017年11月1日 至 2018年1月31日)及び当第1四半期累計期間(自 2018年
          11月1日 至 2019年1月31日)
           当社の主たる事業は就職情報事業であり、その他の事業の売上高、セグメント利益等の金額は、全事業セグ
          メントの合計額に占める割合が著しく低いため、記載を省略しております。
                                 15/18





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第1四半期累計期間               当第1四半期累計期間
                                (自 2017年11月1日               (自 2018年11月1日
                                 至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
     1株当たり四半期純損失(△)                                 △6円17銭               △7円54銭

     (算定上の基礎)
      四半期純損失(△)(千円)                                 △91,855              △111,244

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -               -

      普通株式に係る四半期純損失(△)(千円)                                 △91,855              △111,244

      普通株式の期中平均株式数(千株)                                  14,877               14,753

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
                                          -               -
     り四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前
     事業年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失であ
         るため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 16/18












                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社学情(E05286)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年3月11日

     株式会社学情

       取締役会        御中

                             有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              和田 稔郎  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              西方  実  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社学情の

     2018年11月1日から2019年10月31日までの第42期事業年度の第1四半期会計期間(2018年11月1日から2019年1月31日ま
     で)及び第1四半期累計期間(2018年11月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借
     対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社学情の2019年1月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1
     四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が四半期

            財務諸表に添付する形で別途保管しております。
          2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。