株式会社東名 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社東名

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         東海財務局長
      【提出日】                         平成31年2月28日
      【会社名】                         株式会社東名
      【英訳名】                         TOUMEI CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  山本 文彦
      【本店の所在の場所】                         三重県四日市市八田二丁目1番39号
      【電話番号】                         059-330-2151(代表)
      【事務連絡者氏名】                         取締役管理本部長  関山 誠
      【最寄りの連絡場所】                         三重県四日市市八田二丁目1番39号
      【電話番号】                         059-330-2151(代表)
      【事務連絡者氏名】                         取締役管理本部長  関山 誠
      【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                               ブックビルディング方式による募集                             838,950,000円
                               売出金額
                               (引受人の買取引受による売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                            164,500,000円
                               (オーバーアロットメントによる売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                            172,725,000円
                               (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                   社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                   券届出書提出時における見込額であります。
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                   1/130










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
         普通株式           300,000(注)2.          標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株でありま
                              す。
      (注)1.平成31年2月28日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、平成31年3月14日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         3.当社は、東海東京証券株式会社に対し、上記引受株式数のうち、7,000株を上限として、福利厚生を目的
           に、当社従業員持株会を当社が指定する販売先(親引け先)として要請する予定であります。
           なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」
           に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)であり
           ます。
         4.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                   2/130














                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【募集の方法】
        平成31年3月26日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受
       け」欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当
       該引受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は平成31年3月14日
       開催予定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価
       額の総額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人
       に対して引受手数料を支払いません。
        なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「東証」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
       233条及び株式会社名古屋証券取引所(以下「名証」という。)の定める「上場前の公募又は売出し等に関する規
       則」第3条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る
       仮条件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)によ
       り決定する価格で行います。
             区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                       300,000           838,950,000             454,020,000

         計(総発行株式)                   300,000           838,950,000             454,020,000

      (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、東証の定める「有価証券上場規程施行規則」及び名証の定
           める「上場前の公募又は売出し等に関する規則」(以下「取引所の有価証券上場規程施行規則等」と総称す
           る。)により規定されております。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、平成31年2月28日開催の取締役会決議に基づき、
           平成31年3月26日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出され
           る資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額で
           あります。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(3,290円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は987,000,000円となります。
         6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条
           件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状
           況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
           ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
           照下さい。
         7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
           しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   3/130








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【募集の条件】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                          申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入                        申込証拠
                          単位         申込期間                  払込期日
      (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
      未定     未定     未定     未定         自 平成31年3月27日(水)              未定
                            100                     平成31年4月2日(火)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.          至 平成31年4月1日(月)             (注)4.
      (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格は、平成31年3月14日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リス
           ク等を総合的に勘案した上で、平成31年3月26日に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けにあたり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、平成31年3月14日開催予定の取締役会において決定される予定で
           あります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び平成31年
           3月26日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人
           の手取金となります。
         3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、平成31年2月28日開催の取締役会におい
           て、増加する資本金の額は、平成31年3月26日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第
           14条第1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生
           じたときは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額か
           ら増加する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
           期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、平成31年4月3日(水)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本
           募集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、平成31年3月18日から平成31年3月25日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考と
           して需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
           販売にあたりましては、東証の「有価証券上場規程」及び名証の「株券上場審査基準」に定める株主数基準
           の充足、上場後の株式の流通性の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われるこ
           とがあります。
           引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分
           に関する基本方針及び社内規程等に従い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については各
           社の店頭における表示またはホームページにおける表示等をご確認下さい。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の本店並びに全国各支店及び
         営業所で申込みの取扱いをいたします。
                                   4/130




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【払込取扱場所】
                  店名                           所在地
     株式会社三重銀行 本店営業部                            三重県四日市市西新地7番8号

      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
      4【株式の引受け】

                                       引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                       引受けの条件
                                        (株)
                                              1.買取引受けによります。
     東海東京証券株式会社             名古屋市中村区名駅四丁目7番1号
                                              2.引受人は新株式払込金とし
     みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                                て、平成31年4月2日まで
                                                に払込取扱場所へ引受価額
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
                                                と同額を払込むことといた
     楽天証券株式会社             東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
                                                します。
                                        未定
                                              3.引受手数料は支払われませ
     岡三証券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目17番6号
                                                ん。ただし、発行価格と引
                   東京都中央区日本橋茅場町一丁目4番7
     極東証券株式会社
                                                受価額との差額の総額は引
                   号
                                                受人の手取金となります。
     いちよし証券株式会社             東京都中央区八丁堀二丁目14番1号
     エース証券株式会社             大阪市中央区本町二丁目6番11号
           計                 -             300,000            -

      (注)1.平成31年3月14日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(平成31年3月26日)に元引受契約を締結する予定であります。
         3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に販売を委託する方針であります。
      5【新規発行による手取金の使途】

       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
               908,040,000                   10,000,000                  898,040,000

      (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(3,290円)を基礎として算出した見込額であ
           ります。
         2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
       (2)【手取金の使途】

           上記の手取概算額898,040千円については、全額を運転資金に充当する予定であります。具体的には、「オ
          フィス光119事業」(注)において、業容拡大を目的とした通信サービスの販売増加分に対応する、東日本電
          信電話株式会社並びに西日本電信電話株式会社からの光回線の仕入れ資金として、平成31年8月期に全額を充
          当する予定であります。
           なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品にて運用する予定であります。
      (注) 事業内容等については、「第二部 企業情報 第1 企業の概況 3 事業の内容」の項をご参照下さい。

                                   5/130





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【売出要項】
      1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
        平成31年3月26日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
       (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
       要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
       格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株
       式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は
       引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
                                        三重県四日市市
              ブックビルディング
     普通株式                     50,000       164,500,000
              方式
                                        山本 文彦          50,000株
     計(総売出株式)            -         50,000       164,500,000                 -

      (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則等により規定されており
           ます。
         2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
           ます。
         3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(3,290円)で算出した見込額でありま
           す。
         4.売出数等については今後変更される可能性があります。
         5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同
           一であります。
         6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
           よる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   6/130









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                        申込株数
     売出価格     引受価額                   申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
      (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                                  引受人及びその
                自 平成31年                  委託販売先金融
      未定                                    名古屋市中村区名駅四丁目
           未定     3月27日(水)              未定    商品取引業者の                       未定
     (注)1.                     100                7番1号
          (注)2.      至 平成31年             (注)2.     本店並びに全国                      (注)3.
     (注)2.                                     東海東京証券株式会社
                4月1日(月)                  各支店及び営業
                                  所
      (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.
           と同様であります。
         2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
           申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(平成31年3月26日)に決定する予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)
           ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                   7/130









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
              ブックビルディング                           名古屋市中村区名駅四丁目7番1号
     普通株式                     52,500       172,725,000
              方式                           東海東京証券株式会社     52,500株
     計(総売出株式)            -         52,500       172,725,000                 -
      (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案し、東海東京証券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売
           出しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があ
           ります。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、東海東京証券株式会社は、東京証券取引所または名古屋
           証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とする当社普通株式の買
           付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.グリーンシューオプションとシ
           ンジケートカバー取引について」をご参照下さい。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則等により規定されており
           ます。
         4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(3,290円)で算出した見込額でありま
           す。
         6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同
           一であります。
                                   8/130











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金              引受人の住所及び
              申込期間                     申込受付場所                 元引受契約の内容
       (円)               (株)       (円)             氏名又は名称
                                   東海東京証券
                                   株式会社及び
             自 平成31年                      その委託販売
       未定      3月27日(水)                 未定     先金融商品取
                         100
                                              -         -
      (注)1.       至 平成31年                (注)1.      引業者の本店
             4月1日(月)                      並びに全国各
                                   支店及び営業
                                   所
      (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日(平成31年3月26日)に決定する予定であります。ただし、申込証拠金に
           は、利息をつけません。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.東海東京証券株式会社及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出し
           の条件(引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方
           針と同様であります。
                                   9/130











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1.東京証券取引所マザーズ及び名古屋証券取引所セントレックスへの上場について
        当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
       について、東海東京証券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所マザーズ及び名古屋証券取引所セントレック
       スへの上場を予定しております。
      2.グリーンシューオプションとシンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
       に、主幹事会社が当社株主である山本文彦(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
       て、主幹事会社は、52,500株を上限として貸株人より追加的に当社株式を取得する権利(以下「グリーンシューオプ
       ション」という。)を、平成31年4月26日を行使期限として貸株人より付与される予定であります。
        また、主幹事会社は、平成31年4月3日から平成31年4月26日までの間、貸株人から借入れる株式の返還を目的と
       して、東京証券取引所または名古屋証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上
       限とするシンジケートカバー取引を行う場合があります。
        主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、グリーン
       シューオプションを行使しない予定であります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判
       断でシンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終
       了させる場合があります。
      3.ロックアップについて

        本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である山本文彦及び当社株主である日
       比野直人、直井慎一、関山誠及び渡邉誠人は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日
       を含む)後180日目の平成31年9月29日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売
       却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡
       すこと及びグリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること等は除く。)等を行わ
       ない旨合意しております。
        また、当社株主である株式会社エフティグループ、株式会社三重銀行及びジャパンベストレスキューシステム株式
       会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成31年7月1日
       までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、その売却価格が「第1 募
       集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所または名古屋証券取引所における初値が形成され
       た後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所または名古屋証券取引所における売却等は除く。)等を行わない旨合
       意しております。
        加えて当社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成31
       年9月29日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは
       交換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行(ただし、本募
       集、株式分割及びストック・オプションとしての新株予約権の発行等を除く。)等を行わない旨合意しております。
        なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
       きる権限を有しております。
        上記のほか、当社は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則等の規定に基づき、上場前の第三者割当等による
       募集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その内容については、
       「第四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                  10/130







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【その他の記載事項】
       新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)表紙に当社のロゴ                       を記載いたします。

       (2)表紙の次に「1.事業の概況」~「3.業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  11/130


















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  12/130





















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  13/130





















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/130





















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/130





















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/130





















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/130





















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/130





















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
               回次              第20期       第21期
              決算年月             平成29年8月       平成30年8月

                       (千円)     7,924,639       9,894,542
     売上高
                       (千円)      150,299       416,819
     経常利益
                       (千円)      130,735       578,183
     親会社株主に帰属する当期純利益
                       (千円)      138,605       590,372
     包括利益
                       (千円)     1,890,116       2,480,489
     純資産額
                       (千円)     4,648,909       5,487,942
     総資産額
                       (円)      900.06      1,181.19
     1株当たり純資産額
                       (円)       62.25      275.33
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)        -       -
     益金額
                       (%)       40.7       45.2
     自己資本比率
                       (%)        7.2      26.5
     自己資本利益率
                       (倍)        -       -
     株価収益率
                       (千円)     △ 404,212       302,135
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)       44,589     △ 146,519
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)      200,000         -
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)     1,396,116       1,551,731
     現金及び現金同等物の期末残高
                               232       315
     従業員数
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                         ( 218  )     ( 195  )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第20期は潜在株式が存在しないため、また、第21期
           は新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場であるため、期中平均株価が把握できませんので記載
           しておりません。
         3.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4.従業員数は就業人員(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グルー
           プへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(アルバイト、パートタイマー、人材会社からの派遣社員を
           含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         5.第20期及び第21期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
           (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、
           仰星監査法人の監査を受けております。
         6.当社は、平成30年12月14日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行っておりますが、第20期の期首に
           当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しておりま
           す。
                                  19/130




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)提出会社の経営指標等
               回次              第17期       第18期       第19期       第20期       第21期
              決算年月             平成26年8月       平成27年8月       平成28年8月       平成29年8月       平成30年8月

                       (千円)      3,406,912       2,825,740       4,287,989       7,335,181       9,302,979
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                 (千円)       96,671     △ 407,943      △ 850,586       76,021      319,329
     当期純利益又は当期純損失(△)                 (千円)       67,324     △ 523,963      △ 857,790       67,101      506,199

                       (千円)       65,972       65,972       65,972       65,972       65,972

     資本金
                       (株)       10,500       10,500       10,500       10,500       10,500
     発行済株式総数
                       (千円)      2,805,737       2,288,688       1,433,751       1,508,722       2,027,111
     純資産額
                       (千円)      3,454,325       3,175,154       3,638,853       4,220,341       4,977,685
     総資産額
                       (円)     267,213.10       217,970.37       136,547.72         718.44       965.29
     1株当たり純資産額
                                -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                          ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
     1株当たり当期純利益金額又は1株
                       (円)      6,411.90     △ 49,901.24      △ 81,694.30         31.95      241.05
     当たり当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)         -       -       -       -       -
     益金額
                       (%)        81.2       72.1       39.4       35.7       40.7
     自己資本比率
                       (%)        2.4       -       -      4.6      28.6
     自己資本利益率
                       (倍)         -       -       -       -       -
     株価収益率
                       (%)         -       -       -       -       -
     配当性向
                                164       191       179       202       288
     従業員数
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                          ( 283  )     ( 173  )     ( 235  )     ( 217  )     ( 193  )
      (注)1.      売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため記載しておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第17期及び第20期は潜在株式が存在しないため記載
           しておりません。第18期及び第19期については1株当たり当期純損失金額であり、潜在株式が存在しないた
           め記載しておりません。また、第21期は新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場であるため、期
           中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         4.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         5.第18期及び第19期の自己資本利益率については、当期純損失を計上しているため記載しておりません。
         6.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(アルバイト、パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数
           で記載しております。
         7.第20期及び第21期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
           年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、仰星監査
           法人の監査を受けております。なお、第17期、第18期及び第19期については、「会社計算規則」(平成18年
           法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しており、当該各数値については金融商品取引法第
           193条の2第1項の規定に            基づく仰星監査法人の監査を受けておりません。
         8.当社は、平成30年12月14日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行っておりますが、第20期の期首に
           当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しておりま
           す。
         9.当社は、平成30年12月14日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行っております。
           そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申
           請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133
           号)及び株式会社名古屋証券取引所の引受担当者宛通知「『上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』
           の作成上の留意点について」(平成20年4月4日付名証自規G第8号及び平成24年10月1日付同取扱い)に
           基づき、第17期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を参考ま
           でに掲げると以下のとおりとなります。
                                  20/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           なお、第17期、第18期及び第19期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、仰星監
           査法人の監査を受けておりません。
               回次              第17期       第18期       第19期       第20期       第21期

              決算年月             平成26年8月       平成27年8月       平成28年8月       平成29年8月       平成30年8月

                       (円)      1,336.07       1,089.85        682.74       718.44       965.29
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益金額又は1株
                       (円)       32.06     △249.51       △408.47        31.95      241.05
     当たり当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)         -       -       -       -       -
     益金額
                                -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                          (-)       (-)       (-)       (-)       (-)
                                  21/130
















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
        平成9年12月        通信回線サービスの取次などの業務を目的として株式会社東名三重(現                                  株式会社東名)を設立
                (三重県四日市市八田二丁目1170番地、資本金1,000万円)
        平成10年3月        ビジネスホン、通信端末機器などの販売を開始し、情報通信機器販売を事業化
        平成11年3月        本社を四日市市羽津町16番18号に移転
        平成13年9月        商号を株式会社東名に変更
        平成16年2月        本社を四日市市八田二丁目1番39号に移転
        平成16年12月        札幌第一コールセンタを札幌市中央区北五条西に開設(その後、札幌第二コールセンタに統合)
        平成17年4月        株式会社岐阜レカム(連結子会社)を設立
        平成17年8月        名古屋支店を名古屋市中村区名駅南一丁目に開設
        平成18年2月        札幌第二コールセンタ(現札幌コールセンタ)を札幌市中央区南一条西に開設
        平成18年12月        名古屋支店を名古屋市中村区名駅三丁目に移転
        平成19年12月        広島営業所を広島市中区立町に開設
        平成20年5月        福岡営業所を福岡市博多区博多駅中央街に開設
        平成20年8月        レカム株式会社の子会社である株式会社コムズ(連結子会社)の発行済株式の80%を取得し子会
                社化
        平成21年10月        来店型ショップによる保険取次業務を開始
        平成21年11月        株式会社コムズの発行済株式の20%を取得し完全子会社化
        平成23年5月        プライバシーマーク認証取得
        平成24年12月        LED照明器具の販売開始
        平成25年2月        新宿支店を東京都新宿区西新宿に開設
        平成27年2月        西日本電信電話株式会社と光コラボレーションモデル(※)に関する契約を締結
        平成27年3月        東日本電信電話株式会社と光コラボレーションモデル(※)に関する契約を締結
        平成27年4月        光回線の販売を開始
        平成28年1月        東燃ゼネラル石油株式会社(現JXTGエネルギー株式会社)と電力販売代理店契約を締結し、
                電力販売取次サービスを開始
        平成30年4月        名古屋支店を名古屋市西区名駅二丁目に移転
       (※)西日本電信電話株式会社並びに東日本電信電話株式会社より仕入れた光回線と自社サービスを組み合わせて提

          供するモデル
                                  22/130










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社及び子会社2社(株式会社岐阜レカム、株式会社コムズ)により構成されており、「オフィ
       ス光119事業」、「オフィスソリューション事業」、「ファイナンシャル・プランニング事業」の3つの事業を主た
       る事業としております。
        当社グループの事業内容、当社と子会社の当該事業にかかる位置付けは次のとおりであります。
        なお、これら3つの事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグ
       メントの区分と同一であります。
       (1)オフィス光119事業
        全国の中小企業・個人事業主に対し、光回線、プロバイダをはじめ、オフィスに関するサービスをワンストップで
       提供する当社オリジナルブランド「オフィス光119」を販売しております。当該サービスは、東日本電信電話株式会
       社並びに西日本電信電話株式会社が提供している光回線に、速度・品質はそのままに、自社サービス(パソコンやイ
       ンターネットの様々なトラブルをサポートするサービス等)を付加することで多機能かつリーズナブルに再販する光
       コラボレーションであります。当社の主要顧客は中小企業・個人事業主であり、創業以来蓄積した100万社を超える
       膨大な顧客データベースから多面的なマーケティング手法を展開し、中小企業・個人事業主のきめ細かいニーズを汲
       み取り、固定電話、インターネット回線の開設、見直しをはじめとした通信インフラにまつわる煩雑な業務を包括し
       て受託し、業態や事業規模、成長過程に見合ったコストとオプションサービスをピンポイントで提案しております。
       これにより、中小企業・個人事業主が本業に集中する環境を構築することでの経営効率の改善と経営品質の向上を目
       指しております。
        当社は、コールセンター、カスタマーセンター及び請求回収部門などを自社で開設、運営をしており、自社内にお
       いて、販売促進、契約、請求回収からクレームなどの顧客対応、解約までの一連の手続きを標準化しております。
        その他、東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社及びエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会
       社などNTTグループの代理店として、光回線サービスを取り次ぐ業務を行っております。
       (2)オフィスソリューション事業

       ①情報通信機器販売
        ビジネスホン・UTM機器(※)・ネットワーク対応型複合機を主要な商材としております。株式会社岐阜レカム
       においてはレカムジャパン株式会社のフランチャイズ加盟店として岐阜地区の中小企業にリース会社等を利用した情
       報通信機器の販売業務を、株式会社コムズにおいてはWeb営業により蓄積したノウハウと顧客データをもとに、首
       都圏の事業会社を中心に中古を含めた情報通信機器の販売業務を行っております。
        ※UTMとはUnified          Threat    Management(統合脅威管理)の略。UTM機器は、コンピュータウイルスやハッキ
         ングなどのネットワークにおけるリスク対策を目的として、ファイアウォールや迷惑ブロックサービスなど複数
         のセキュリティ機能を集約した機器。
       ②エコソリューション
        LED照明器具・電気を主要な商材としております。愛知・岐阜・三重の東海三県と関東地方などの中小企業を中
       心に、テレマーケティングによるLED照明器具及び電気の販売代理業務を行っております。
       ③Webサービス
        企業のPR用ホームページを全国の中小企業にレンタルするサービス「レン太君」の営業事業を行っております。
       (3)ファイナンシャル・プランニング事業

        来店型ショップによる保険の取次業務を行っております。当社は、みつばち保険グループ株式会社のフランチャイ
       ズ加盟店「みつばち保険ファーム」を営業しており、愛知・静岡に全7店舗営業展開しております。
       (4)その他

        その他の事業として、自社保有の賃貸住宅用マンションから賃料収入を得る不動産賃貸業を営んでおります。
                                  23/130






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       [事業系統図]
          (注)東日本電信電話㈱並びに西日本電信電話㈱は、上記事業系統図では「NTT東日本・西日本」と













             記しております。
                                  24/130







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
                                         議決権の所
                            資本金      主要な事業の        有割合又は
          名称           住所                               関係内容
                           (千円)      内容        被所有割合
                                          (%)
     (連結子会社)

                                                情報通信機器の販売を行っ
                                 オフィスソ
     株式会社岐阜レカム
                                                ております。
                  三重県四日市市           10,000    リューション事            100
     (注)2
                                                役員の兼任2名
                                 業
                                                情報通信機器の販売を行っ
                                 オフィスソ
     株式会社コムズ
                                                ております。
                  東京都新宿区           30,000    リューション事            100
     (注)2
                                                役員の兼任2名
                                 業
      (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.特定子会社に該当しております。
                                  25/130
















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成31年1月31日現在
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      オフィス光119事業                                            179   (115)
      オフィスソリューション事業                                            72   (14)

      ファイナンシャル・プランニング事業                                            25   (-)

      全社(共通)                                            34    (7)

                  合計                                310   (136)

      (注)1.従業員数は就業人員(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グルー
           プへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(アルバイト、パートタイマー、人材会社からの派遣社員を
           含む。)は、最近1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理本部に所属している
           ものであります。
         3.従業員数が最近1年間において、45名増加しましたのは、主として業容拡大に伴う定期及び期中採用による
           ものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成31年1月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

           284(128)                                          4,073
                          30.3              3.7
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
                                                  179
      オフィス光119事業                                               (115)
                                                  46
      オフィスソリューション事業                                                (6)
                                                  25
      ファイナンシャル・プランニング事業                                               (-)
                                                  34
      全社(共通)                                                (7)
                                                  284
                  合計                                   (128)
      (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(アルバイト、パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、最近1年間の平均人員を
           ( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理本部に所属している
           ものであります。
         4.従業員数が最近1年間において、49名増加しましたのは、主として業容拡大に伴う定期及び期中採用による
           ものであります。
       (3)労働組合の状況

         当社グループでは労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  26/130





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中における将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)会社の経営の基本方針
        当社グループは、「お客様に感動と満足を提供し続けます」を経営理念に掲げ、中小企業・個人事業主のオフィス
       の課題を解決するパートナーとして、オフィスのライフライン分野で新しい価値の創造や、利便性を生み出せるよう
       に新たな事業領域に挑戦し続け、中小企業・個人事業主を豊かにしてまいります。これにより、当社グループの持続
       的な成長と企業価値の向上を図ることが基本方針であります。
       (2)目標とする経営指標

        当社グループの根幹となる事業は、通信インフラをはじめとするライフラインによるストック型ビジネスモデルで
       あると認識しております。このため、契約獲得数の増加及び契約保有数に対する解約率を意識しております。その上
       で、企業価値の増大を図っていくため「売上高」、「営業利益」を重要な経営指標としております。
       (3)中長期的な会社の経営戦略

        当社グループは、現在、オフィス光119事業へ経営資源を集中させ、顧客である中小企業・個人事業主の通信イン
       フラの環境改善及び顧客満足度向上に注力し、継続的な成長を目指しております。さらに、今後はオフィスのライフ
       ラインに軸を置き、電気、ガス、水等をクロスセルすることで安定的な収益構造を構築してまいります。
       (4)対処すべき課題

        情報通信を取り巻く環境は、技術進歩が非常に早く、また情報通信市場が拡大する中でサービスも多様化してお
       ります。このような環境の中、当社グループは「オフィス光119事業」へ経営資源を集中し、顧客である中小企業・
       個人事業主の通信インフラの環境改善、顧客満足度の飽くなき向上を目指し、事業拡大を推進しております。
        当社グループは、今後においてもこれまでに培ったコールセンターでのデータ蓄積と分析力により顧客を多面的に
       識別し、優良顧客へのクロスセルを基盤に、既存事業の基盤を強化するとともに新規事業へも経営資源を投下し、高
       い成長率を確保することが重要な課題と認識しております。
        また、一方でコンプライアンス体制及び内部管理体制の充実も重要な課題であると認識しております。これらの課
       題に対処するために、当社グループは以下の施策に取り組んでまいります。
        (a)オフィス光119事業(             光コラボレーション事業)の強化

         日本国内の光コラボレーション市場は、携帯電話大手が高いシェアとなっております。当社グループは、中小企
        業・個人事業主を中軸に営業活動を展開し、サービス提供を行っていることから、営業フィールドに関しては、個
        人顧客をターゲットとしている会社との差別化がなされているものの、同市場にて当社が確固たる地位を確立する
        には、顧客との関係性を強化し、長期的な信頼関係の構築が課題であると認識しております。当社グループは、
        コールセンターでの販売チャネルを通し、更なる成長を期するために、サービスの充実と効果的な販売チャネルの
        実現が重要であります。このため、ライフラインとのセット割をサービスの核として、Web集客、外部リソース
        での代理店チャネル、アライアンス(再卸)チャネルなどを展開し、獲得顧客数の増加と継続的な取引関係の構築
        を図り、契約保有数の積み上げによるストック収益の向上に対処してまいります。
        (b)    ライフラインサービスにおけるクロスセル展開

         当社グループは、設立以来、変化の著しい情報通信業界の動向をいち早く捉えて様々な事業に取り組んでまいり
        ました。現在、「オフィス光119事業」において、より割引幅の大きい電気等のライフラインの総合的なセット割
        サービスを推進しております。また、全てのサービスにおいて一括請求と支払が可能となるよう準備を進めてまい
        ります。これにより、ライフラインサービスを利用している顧客が、コスト削減効果を顕在的に把握でき、効率的
        な業務改善が提供し得ると考えております。
        (c)人材の確保・育成

         当社グループは、今後の事業拡大、継続的な成長を目指す上で、社内外の優秀な人材を継続的に確保・育成する
        ことが重要な課題であると認識しております。当社グループの経営理念と企業文化を共有し、能力はもちろんのこ
        と、自主性、主体性に長けた人材を育成すべく社内研修を充実させるとともに、職場環境の見直しを継続的に行
        い、企業と人材との信頼関係の醸成と業務効率の向上に努めてまいります。また、社外の優秀な専門家との人的
        ネットワークの構築により、外部ブレインとして適切な支援を受けられる体制構築にも取り組んでまいります。
                                  27/130



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (d)情報システムの強化
         当社グループは、日々更新される膨大な顧客データ及びコールセンターで蓄積したデータをセキュリティ体制の
        下で保有しております。今後、インターネットやスマートフォンを活用した顧客サービスの利用状況・請求情報の
        開示等、顧客の利便性の充実に向け情報システムの充実を図ることが重要であると認識しております。
         このため、顧客管理、営業活動管理、請求関連業務、セキュリティ機能の向上と、顧客が自社のライフライン状
        況を可視化できるアプリ開発に取り組むなど、中小企業・個人事業主の課題を解決するため、利便性を高めるIT
        投資に注力してまいります。
        (e)    ブランド力の強化及び企業認知度の向上

         光回線をはじめとした通信回線は長期的かつ継続的に費用が掛かるものであり、また、ドメインならびにメール
        アカウントは、社会性を有する記号として、一旦、取得し流通すると変更が容易でないことから、回線事業者の選
        択において、信頼性及び信用力は重要な要素であり、また、業務提携や仕入れなどの対法人取引、条件交渉に際し
        ても、当社グループの信頼性及び信用力が重要な要素となります。
         中小企業・個人事業主の課題を解決するパートナーとしての地位を築くことを目標としている中で、オフィス
        119シリーズというサービス名を確固たる位置づけにしていき、中小企業・個人事業主の頼れるブランドに育てて
        いきたいと考えております。
         また   、営業活動をより効率的に進めるため、当社グループ及び当社グループのサービスが持つ強み・サービスの
        信頼性・ガバナンス体制を戦略的に発信し、企業認知度及びコーポレートブランドを向上させてまいります。
                                  28/130















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【事業等のリスク】
        当社グループの事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
       と考えられる事項には以下のようなものがありますが、これらに限定されるものではありません。当社グループはこ
       れらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針であります。当社株式
       に関する投資判断は、本項及び本項以外の記載内容も併せて、慎重に検討した上で行われる必要があると考えており
       ます。
        なお、本文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであり、将来において
       発生の可能性があるすべてのリスクを網羅したものではありません。
       (1)経済状況等の影響について

        当社グループは、中小企業・個人事業主                    に対しより良いオフィス環境で事業活動を行って頂ける様、「オフィス」
       に特化したサービス・商材の提供を多数展開しております。当社グループが提供しているサービス・商材は、東日本
       電信電話株式会社並びに西日本電信電話株式会社が提供している光回線に自社サービスを付加し再販する「オフィス
       光119」(光コラボレーション)・情報通信機器・LED照明器具・電気等の商材であります。
        しかしながら、中小企業・個人事業主は景気動向、経済状況の影響を受けやすく、これらの変化により当社グルー
       プが提供するサービス・商材に対する需要動向が悪化した場合、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッ
       シュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
       (2)オフィス光119         事業への依存について

        当社グループは、光回線を仕入れ、これに自社サービスを付加し再販する「オフィス光119」(光コラボレーショ
       ン)の提供を行っており、当社グループにおける売上高のうち、当該サービスに係わる売上高の占める割合が当連結
       会計年度で77.9%と高く、当該サービスに依存しております。当社グループは、事業拡大に向け、当該サービスの提
       供を引き続き拡大していくことが必要であると認識しております                              。
        しかしながら、競合するサービス・新たなサービスの台頭により「オフィス光119」の提供が計画通り進まない場
       合には、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
        また、当社グループは、「オフィス光119事業」の拡大とともに、中小企業・個人事業主のオフィス環境の改善に
       向けた情報通信機器・LED照明器具・電気等の商材提供を積極的に展開していく方針であります。
        しかしながら、「オフィス光119」以外の情報通信機器・LED照明器具・電気等の商材提供が計画通り進まない
       場合には、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
       (3)   特定取引先への依存について

        当社グループの基幹事業である「オフィス光119」(光コラボレーション)の提供は、光回線を仕入れ、これに自
       社サービスを付加し再販するサービスであります。光回線は、全て東日本電信電話株式会社並びに西日本電信電話株
       式会社から仕入れております。当社は東日本電信電話株式会社並びに西日本電信電話株式会社との間で、各々「光コ
       ラボレーションモデルに関する契約」を締結しており、当社グループの主要な事業活動の前提となっております。当
       該契約は期限の定めのない契約ですが、双方とも当該契約の終了を希望する日の90日前までに書面で相手方に通知し
       た場合、当該契約は終了するものとなっております。また、解除条項に掲げる以下の事由が生じたときは、双方とも
       解除できるものとなっております。
        ・電気通信事業者でなくなったとき
        ・信用、名誉または信頼関係を毀損させる行為をなしたとき
        ・公序良俗に違反したとき
        ・破産、民事再生、会社更生の申出があったとき
        ・手形交換所の取引停止処分、差押または滞納処分を受けたとき
        ・営業の廃止または解散の決議をしたとき 等
        本書提出日現在、        当該契約の継続に支障を来す要因は発生しておりませんが、                            当該契約の継続に支障を来す要因が
       発生した場合には、事業活動に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       (4)   競合について

        当社グループは、中小企業・個人事業主に対しより良いオフィス環境で事業活動を行って頂ける様、「オフィス」
       に特化したサービス・商材の提供を多数展開しております。
        しかしながら、当社グループが提供する光コラボレーション・情報通信機器・LED照明器具・電気等を取り扱う
       企業は多数存在しており、また、新規参入も比較的容易であり、これら企業との競合が激化した場合には、当社グ
       ループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
       (5)   事業に係るインフラについて

                                  29/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社は、光コラボレーション事業者として、コールセン                          ター、   カスタマーセンター及び請求回収部門などを自社で
       開設、運営しております。コールセンターでは、テレアポ(電話による勧誘)から契約に至るまでを対応しておりま
       す。  アウトバウンド営業(当社からアプローチする営業)の要である営業スクリプト(台本)を確立し、オペレー
       ターが早期に習熟できる体制を構築しております。また、カスタマーセンターでは、顧客からの問い合わせに対し、
       その場で顧客データベースと照合しながらリアルタイムで対応しております。併せて、顧客データベースを最新のも
       のへと更新しております。
        しかしながら、「オフィス光119事業」の拡大に伴う、これらのインフラの強化・更新が対応できない場合には、
       当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
       (6)   顧客ニーズに応じたサービス・商材の提供について

        当社グループは、中小企業・個人事業主に対しより良いオフィス環境で事業活動を行って頂ける様、「オフィス」
       に特化したサービス・商材の提供を多数展開しております。顧客である中小企業・個人事業主のニーズを適確に汲
       み、常に必要なサービス・商材を提案・提供していくことに努めております。
        しかしながら、顧客ニーズに応じたサービス・商材の提供が期待通り行われない場合には、当社グループの財政状
       態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
       (7)   情報管理

        当社グループは、事業運営に際して、顧客の機密情報や個人情報を取り扱っており、当該情報に係る社内規程に基
       づき、細心の注意を払って管理に努めております。
        しかしながら、万が一、当社グループの関係者等の故意または過失により外部に流出した場合には、損害賠償請求
       を受けるリスクや社会的信用失墜に                 より、   当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼ
       す可能性があります。
       (8)   法的規制等について

        当社グループの事業は、「電気通信事業法」、「特定商取引に関する法律」、「保険業法」等の法的規制を受けて
       おります。当社グループは、これらの法令等を遵守して、事業を運営しております。
        しかしながら、法令違反が発生した場合、予期しない法令等の制定により当社グループの事業が何らかの制約を受
       けた場合には、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
        また、当社グループは「古物営業法」に定める古物商の許可、「電気工事業の業務の適正化に関する法律」に定め
       る登録電気工事業者の登録を得ております。「古物営業法」で定める許可の取消し事由に該当した場合は許可の取消
       しまたは営業の停止、「電気工事業の業務の適正化に関する法律」で定める登録の取消し事由に該当した場合は登録
       の取消しとなる可能性があります。現状、当該許認可等の取消しとなる事由はありません。
        しかしながら、何らかの事情により、許認可等の取消しが生じた場合には、当社グループの財政状態、経営成績及
       びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
       ( 許認可等の状況)
        ①当社
                         許認可                    許認可等の
       許認可等の名称          監督官庁等              有効期限       関連法令              該当セグメント
                        登録番号                     取消事由
                                                   オフィス光119、
                三重県
                       551120076600
     古物商許可                           なし     古物営業法        同法第6条       オフィスソリュー
                公安委員会
                                                   ション
                                                   オフィス光119、
                愛知県
     古物商許可                  541051003300         なし     古物営業法        同法第6条       オフィスソリュー
                公安委員会
                                                   ション
                               平成31年
                                     電気工事業の
     登録電気工事業者
                               4月15日                    オフィスソリュー
                愛知県知事        260106            業務の適正化        同法第28条
     (一般用電気工作物)
                               (5年ごと                    ション
                                     に関する法律
                               の更新)
                                  30/130




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②株式会社岐阜レカム
                         許認可                    許認可等の
       許認可等の名称          監督官庁等              有効期限       関連法令              該当セグメント
                        登録番号                     取消事由
                岐阜県                                  オフィスソリュー
                       531021190234
     古物商許可                           なし     古物営業法        同法第6条
                公安委員会                                  ション
                               平成31年
                                     電気工事業の
     登録電気工事業者
                               4月17日                    オフィスソリュー
                岐阜県知事         26088            業務の適正化        同法第28条
     (一般用電気工作物)
                               (5年ごと                    ション
                                     に関する法律
                               の更新)
        ③株式会社コムズ
                         許認可                    許認可等の
       許認可等の名称          監督官庁等              有効期限       関連法令              該当セグメント
                        登録番号                     取消事由
                東京都                                  オフィスソリュー
     古物商許可                  305500007208         なし     古物営業法        同法第6条
                公安委員会                                  ション
       (9)災害について

        当社グループは、名古屋、新宿、札幌、広島及び福岡に分散し、コールセンタ                                    ーを  有しております。
        しかしながら、これらの地域及びその周辺で大規模な災害が発生し、ユーザーへの対応に支障をきたす事態が想定
       されるとともに、復旧のための多大な費用が必要となった場合、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッ
       シュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
       (10)   人材の確保及び育成について

        当社グループは、事業拡大に際して、優秀な人材の確保・育成が必要であると認識しております。このため、当社
       グループでは、新卒者及び中途採用者の採用活動の強化による人材の確保に加え、人材育成に向けた社員の階層に応
       じた研修等を積極的に進めていく方針であります。
        しかしながら、こうした人材採用・人材育成が計画通り進まなかった場合には、当社グループの財政状態、経営成
       績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
       (11)   内部管理体制について

        当社グループは、事業拡大を図る上で内部管理体制の強化が不可欠であると認識しております。このため、今後の
       事業拡大に伴い内部管理体制の一層の強化を図っていく方針であります。
        しかしながら、事業拡大に対して適時適切に組織的対応ができなかった場合、当社グループの財政状態、経営成績
       及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
       (12)   特定人物への依存について

        当社の代表取締役社長山本文彦は、当社グループの経営方針、経営戦略の決定及び推進において重要な役割を果た
       しております。当社グループでは役員及び幹部社員への権限の委譲、取締役会や経営会議等における情報の共有等を
       図り、特定人物に過度に依存しない体制の構築を進めております。
        しかしながら何らかの理由によって、同氏が当社グループの経営に関与することが困難になった場合には、当社グ
       ループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
       (13)   株式価値の希薄化について

        当社は、業績向上への意欲を高めることを目的としてストック・オプション制度を採用し、当社グループの役員及
       び従業員に対し新株予約権を付与しております。これらの新株予約権について行使が行われた場合には、保有株式の
       価値が希薄化する可能性があります。
        なお、本書提出日現在における新株予約権による潜在株式は98,000株であり、発行済株式総数2,100,000株の4.7%
       に相当しております。
       (14)   配当政策について

        当社は、株主への利益配分を経営の重要課題の一つとして認識しております。しかしながら、当社は現在、経営基
       盤の強化、将来の事業展開のための投資等のために内部留保の充実を図り、一層の事業拡大と業績向上に資すること
       を重視し、配当を実施しておりません。
        将来的には、各期の経営成績及び財政状態等を勘案しながら、株主に対して利益還元を実施する方針であります
       が、現時点において配当実施の可能性及び実施時期については未定であります。
       (15)   税務上の繰越欠損金について

                                  31/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社グループは、平成30年8月期末時点において税務上の繰越欠損金872,233千円が存在しております。
        今後、当社グループの業績が順調に推移し、現存する税務上の繰越欠損金が解消され、通常の税率に基づく法人
       税、住民税及び事業税が発生する場合には、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローに影響を及
       ぼす可能性があります。
                                  32/130



















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
          当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
         (以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
         ①財政状態及び経営成績の状況

          a.財政状態
          第21期連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)
          (資産)
           当連結会計年度末の資産合計は5,487,942千円(前連結会計年度                             末 比18.0%増)となりました。これは主に
          受取手形及び売掛金が273,229千円、有形固定資産が114,906千円、現金及び預金が165,636千円増加したこと
          等によるものであります。
          (負債)
           当連結会計年度末の負債合計は3,007,453千円(前連結会計年度                             末 比9.0%増)となりました。これは主に支
          払手形及び買掛金が171,930千円、未払金が80,126千円増加したこと等によるものであります。
          (純資産)
           当連結会計年度末の純資産合計は2,480,489千円(前連結会計年度                              末 比31.2%増)となりました。これは主
          に利益剰余金が578,183千円増加したこと等によるものであります。
          第22期第1四半期連結累計期間(自 平成30年9月1日 至 平成30年11月30日)

          (資産)
           当第1四半期連結会計期間末の資産合計は5,651,788千円(前連結会計年度末比3.0%増)となりました。これ
          は主に現金及び預金が150,859千円、受取手形及び売掛金が129,884千円増加したこと等によるものでありま
          す。
          (負債)
           当第1四半期連結会計期間末の負債合計は2,986,091千円(前連結会計年度末比0.7%減)となりました。これ
          は主に支払手形及び買掛金が20,016千円、賞与引当金が29,450千円増加した一方、未払金が70,496千円減少し
          たこと等によるものであります。
          (純資産)
           当第1四半期連結会計期間末の純資産合計は2,665,697千円(前連結会計年度                                   末 比7.5%増)となりました。こ
          れは主に利益剰余金が185,178千円増加したこと等によるものであります。
          b.経営成績

          第21期連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)
           当連結会計年度における我が国経済は、好調な企業業績を背景に、設備投資の持ち直しや、雇用・所得環境
          にも明るい兆しがみられるなど、景気は緩やかな回復基調で推移したものの、原油価格の上昇や、米中の貿易
          摩擦懸念など、海外の政治・経済動向に不透明感も残りました。
           当社グループの属する情報通信業界では、光回線サービスやLTEサービス、Wi-Fiなどのブロードバ
          ンドを活用したスマートフォン・タブレット端末などの様々な端末機器の普及とともに、クラウドサービスや
          ビッグデータ、AI、IoT関連等の技術進歩に伴う新たなサービスの登場により法人及び個人消費者に対し
          て幅広い変化が起きております。
           このような事業環境の中、当社グループは中小企業・個人事業主を対象に光回線サービス、情報端末機器及
          び環境関連商品等の販売並びにインターネットサービスの提供等を行ってまいりました。
           まず、主力である「オフィス光119事業」につきましては、東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株
          式会社から「光コラボレーションモデル」として、光回線の卸売りを受け、エンドユーザーに当社オリジナル
          サービス「オフィス光119」の販売を行いました。また、顧客基盤の拡大についての取り組みとしては、ライ
          フラインのセット割サービスを提供開始しました。「オフィス光119」を利用中の顧客が、電気等のライフラ
          インサービスを併せて利用することで、「セット割引」を受容でき、拡販に一層注力するとともに、大容量の
          インターネットを利用する企業向けのプロバイダである「オフィスBB119 forビジネス」へのアップグ
          レードを行いました。中小企業におけるインターネット通信のトラフィックも携帯電話と同様に年々増加傾向
          であり大容量通信が不可欠であり、中小企業の需要に対応し、順次提供しております。
           「オフィスソリューション事業」につきましては、LED照明器具、ビジネスホン、複合機、レンタルホー
          ムページサービス「レン太君」、電力自由化における電力小売サービスの取次を愛知・岐阜・三重の東海地方
          及び関東地方を中心に新規顧客の獲得を目指し、営業展開しました。また、電力会社を自由に選べる時代へ突
          入したことに対する関心の高まりもあり、特に、強固な顧客基盤を活かし電力販売の取次に注力し、ライフラ
          インサービスとのセット割を活かしたクロスセルを展開して顧客の囲い込みに取り組みました。
                                  33/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           「ファイナンシャル・プランニング事業」につきましては、集客力の高い、地域密着型のショッピングセン
          ター、ホームセンターへ出店し、立ち寄りやすさをモットーに家族で気軽に楽しめるイベントの企画、顧客の
          き め細かなニーズに応える保険サービスの充実に努めました。
           この結果、当連結会計年度の業績は、売上高9,894,542千円(前年同期比24.9%増)、営業利益350,789千円
          (同577.3%増)、経常利益416,819千円(同177.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益578,183千円(同
          342.3%増)と増収増益となりました。
           セグメント毎の概況は、次のとおりであります。
           (オフィス光119事業)
            オフィス光119事業におきましては、顧客との継続的な取引関係を基盤とするストック収益であることか
           ら、リテンション活動が重要であり、「オフィス光119」の契約後、初期フォローから定期フォローへと段
           階的に顧客への接触を行い、中小企業の課題を聴取し、個別に解決していくのと同時に、課題群を分析し、
           その分布と集積から、総合的なパッケージサービスの組み立てを行いました。見込顧客については、新設法
           人を中心としたリスト分析により、起業時に不可欠な事業用の電話番号の取得、インターネット、WiFi
           スポット等の手続きが煩雑な通信サービスをワンストップで提供する効率的な通信環境の実現をセールスポ
           イントとして打ち出し、顧客獲得に注力してまいりました。また、電気等のライフラインサービスにおける
           クロスセル展開を図るため、「オフィス光119」の新規提案時及び既存顧客に対するフォロー時に電力等の
           提案を行いました(電気等の売上につきましては、「オフィスソリューション事業」にて計上されま
           す。)。
            この結果、オフィス光119事業の売上高は8,118,601千円(前年同期比28.4%増)となり、セグメント利益
           は398,192千円(同275.6%増)となりました。
           (オフィスソリューション事業)
            オフィスソリューション事業におきましては、中小企業、個人事業主の顧客を中心に、電力小売りサービ
           ス、LED照明器具販売、レンタルホームページサービス「レン太君」、情報端末機器等を、当社と顧客と
           の取引規模、関係性に応じて、販売を行いました。取引頻度が高い顧客に対しては、クロスセル活動を行
           い、事業のサイズ、成長ステージに合わせた的確な課題解決に係る提案を行い、効率的なオフィス環境の構
           築をサポートしました。また、電力・ガス自由化等のコスト削減を中心に、顕在的なコストメリットを打ち
           出しました。さらに、ライフラインサービスを軸に、エコソリューション(LED照明器具、省エネ商品
           等)やWebソリューションで集客、セキュリティ対策等の販促にて信頼関係の構築に努めてまいりまし
           た。
            この結果、オフィスソリューション事業の売上高は、1,526,454千円(前年同期比13.9%増)となり、セ
           グメント利益は298,977千円(同103.1%増)となりました。
           (ファイナンシャル・プランニング事業)
            ファイナンシャル・プランニング事業におきましては、FC展開における来店型保険ショップ「みつばち
           ほけん」、「みつばち保険ファーム」を地域のショッピングセンター、ホームセンター等に展開し、地域密
           着を掲げ、保険のコンビニ的な立ち位置として気軽に相談できる店舗づくりを意識し、PR活動や各種イベ
           ントを実施しました。また、若年世帯からのニーズが高まっております、住宅・学資ローン等の相談に対
           し、適切な保険会社と保険商品の提案を実施するなどし、新たな顧客確保に取り組みました。一方、昭和橋
           通店の退店に伴う減収、人員増に伴う費用の増加が影響しました。
            この結果、ファイナンシャル・プランニング事業の売上高は238,363千円(前年同期比4.8%減)となり、
           セグメント利益は39,838千円(同49.9%減)となりました。
          第22期第1四半期連結累計期間(自 平成30年9月1日 至 平成30年11月30日)

           当第1四半期連結累計期間における我が国経済は、個人消費の持ち直し及び設備投資の増加等により、雇
          用・所得環境の改善が続き、緩やかな回復基調で推移したものの、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動
          の影響など不透明感も残りました。
           当社グループの属する情報通信業界では、光回線サービスやWi-Fiなどのブロードバンド契約数が引き
          続き増加基調にあるものの、高速化、大容量化、セキュリティ強化等のニーズがより高まり、急増したデータ
          量への対応やセキュリティ対策が課題となっております。
           このような事業環境の中、当社グループは中小企業・個人事業主を対象に光回線サービス、情報端末機器及
          び環境関連商品等の販売並びにインターネットサービスの提供等を行い、新たにライフラインのセット割引き
          をラインナップすることで、中小事業・個人事業主の潜在的ニーズの掘り起こしに取り組み、顧客データの緻
          密な分析による顧客満足度の向上に努めたところ、オフィス光119事業及びオフィスソリューション事業が好
          調に推移しており、全体として堅調に推移いたしました。
           この結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、売上高2,656,610千円、営業利益195,418千円、経常利益
          209,490千円、親会社株主に帰属する四半期純利益185,178千円となりました。
           セグメント毎の概況は、次のとおりであります。
                                  34/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (オフィス光119事業)
            新たに「オフィス光119」と電気等のライフラインサービスをセットにすることで「オフィス光119」の料
           金を割引するサービスを開始したことにより、「オフィス光119」の利用継続率が安定いたしました。(電
           気等の売上につきましては、「オフィスソリューション事業」にて計上されます。)。
            見込顧客については、新設法人を中心としたリスト分析により、通信だけでなく起業に伴い必要となる各
           種サービスもワンストップで提供することで、他社との差別化も進めてまいりました。さらにインターネッ
           トの高速通信を要望する顧客に対して、企業向け高速プロバイダの強化をし、提供に努めました。
            この結果、オフィス光119事業の売上高は2,161,150千円となり、セグメント利益は125,582千円となりま
           した。
          (オフィスソリューション事業)

            中小企業、個人事業主の顧客を中心に、年々複雑化するサイバー攻撃などの対策商品であるUTM機器と
           電気、LED照明器具と電気といったライフラインとのセット販売に注力したクロスセル活動が堅調に推移
           いたしました。「オフィス光119」の既存顧客を始めとする優良顧客に対しては、継続したリテンション活
           動を行い、オフィス環境改善のためのサポートに努め、信頼関係の構築に努めてまいりました。
            この結果、オフィスソリューション事業の売上高は434,666千円となり、セグメント利益は163,903千円と
           なりました。
          (ファイナンシャル・プランニング事業)

            地域に密着した気軽に相談できる店舗づくりを行い、平成30年10月にはアピタ名古屋北店を新規出店いた
           しました。また、店舗における教育・研修の強化によりライフプランナーの質の高いコンサルティングの提
           供を行う事で、成約率、単価が向上し堅調に推移いたしました。
            この結果、ファイナンシャル・プランニング事業の売上高は57,332千円となり、セグメント利益は7,502
           千円となりました。
         ②キャッシュ・フローの状況

          第21期連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)
           当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
          155,615千円増加し、1,551,731千               円(前年同期比11.1%増)となりました。
           当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
           (営業活動によるキャッシュ・フロー)
            営業活動の結果獲得した資金は、302,135千円(前連結会計年度は404,212千円の使用)となりました。こ
           れは、主に税金等調整前当期純利益539,815千円、仕入債務の増加額171,930千円、たな卸資産の減少額
           74,583千円等によるものであります。
           (投資活動によるキャッシュ・フロー)
            投資活動の結果使用した資金は、146,519千円(前連結会計年度は44,589千円の獲得)となりました。こ
           れは、主に保証金の差入による支出95,412千円、有形固定資産の取得による支出91,380千円等によるもので
           あります。
           (財務活動によるキャッシュ・フロー)
            財務活動による資金の増減はありません(前連結会計年度は200,000千円の獲得)。
         ③生産、受注及び販売の実績

          a.生産実績
          該当事項はありません。
          b.受注実績

          該当事項はありません。
                                  35/130





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          c.仕入実績
          第21期連結会計年度及び第22期第1四半期連結累計期間の仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおり
         であります。
                                第21期                  第22期第1四半期

                               連結会計年度                    連結累計期間
                                         前年同期比
            セグメントの名称
                            (自 平成29年9月1日                    (自 平成30年9月1日
                                          (%)
                             至 平成30年8月31日)                    至 平成30年11月30日)
      オフィス光119事業(千円)

                                 5,455,045           132.7         1,494,963
      オフィスソリューション事業(千円)
                                  550,910           98.7         111,621
      ファイナンシャル・プランニング事業(千円)
                                    -         -           -
      その他(千円)                              -         -           -

              合計(千円)                   6,005,956           128.6         1,606,584

      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
          d.販売実績

           第21期連結会計年度及び第22期第1四半期連結累計期間の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおり
          であります。
                                第21期                  第22期第1四半期
                               連結会計年度                    連結累計期間
                                         前年同期比
            セグメントの名称
                            (自 平成29年9月1日                    (自 平成30年9月1日
                                          (%)
                             至 平成30年8月31日)                    至 平成30年11月30日)
      オフィス光119事業(千円)

                                 8,118,601           128.4         2,161,150
      オフィスソリューション事業(千円)
                                 1,526,454           113.9          434,666
      ファイナンシャル・プランニング事業(千円)
                                  238,363           95.2          57,332
      その他(千円)                            11,123          100.8           3,461

              合計(千円)                   9,894,542           124.9         2,656,610

      (注)    1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合については、総販売実績の10%以上の
           相手先がないため、記載を省略しております。
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

          なお、文中の将来に関する事項は本書提出日現在において、判断したものであります。
         ①重要な会計方針及び見積り

          当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
         ております。この連結財務諸表の作成にあたって、経営者より一定の会計基準の範囲内で見積りが行われている
         部分があり、資産・負債や収益・費用の数値に反映されております。これらの見積りについては、継続して評価
         し、必要に応じて見直しを行っておりますが、見積りには不確実性が伴うため、実際の結果はこれらと異なるこ
         とがあります。当社グループの連結財務諸表の作成にあたり重要な会計方針については、「第5 経理の状況 
         1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載
         のとおりであります。
         ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

          a.経営成績の分析
          当社グループでは、中小企業・個人事業主のニーズを適確に汲み、必要なサービス・商材を提案・提供し、信
         頼を得ることが当社グループの成長に繋がると認識しております。この認識の下、当社グループでは、中小企
         業・個人事業主を対象として、オフィス環境の改善による収益向上に向け、見えない支えとなり、目に見える成
         果と価値を提供する存在を目指しております。
          基幹事業である「オフィス光119事業」では、光回線に自社サービスを付加した当社オリジナルブランド「オ
         フィス光119」の提供を積極的に推進し、当連結会計年度末での保有契約数は前連結会計年度末と比較し13,521
         件増加し86,348件となりました。なお、平成30年8月期における解約率(※)は0.78%となりました。
                                  36/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          また、「オフィスソリューション事業」では、情報通信機器・LED照明器具・電気等の商材を提供してお
         り、「オフィス光119」の既存顧客との継続した関係を構築していく活動の一環として、電気等のライフライン
         と のセット割を開始しました。
          さらに「ファイナンシャル・プランニング事業」では、引き続き店舗毎の収益重視に努めました。
          これらの結果、当連結会計年度における売上高は9,894,542千円、営業利益は350,789千円、経常利益は
         416,819千円、親会社株主に帰属する当期純利益は578,183千円となり、大幅な増収増益となりました。
         (※)平成29年9月から平成30年8月における月間解約率(該当月の解約数÷該当月の末日の保有件数)の平均
          b.経営成績に重要な影響を与える要因について

          「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
          c.経営戦略の現状と見通し

          「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおりであります。
          d.資本の財源及び資金の流動性についての分析

          当社グループの事業活動における資金需要の主なものは、当社グループの主たる事業である「オフィス光119
         事業」に係る光回線の仕入に伴う費用に加え、人件費等の販売費及び一般管理費等があります。これらの資金需
         要に対して安定的な資金供給を行うための財源については、主に内部資金により確保しております。
      4【経営上の重要な契約等】

       契約会社           相手先の名称                  契約の名称                 契約期間

                                                 自 平成27年3月25日
       提出会社       東日本電信電話株式会社                光コラボレーションモデルに関する契約
                                                 期限なし
                                                 自 平成27年2月27日
       提出会社       西日本電信電話株式会社                光コラボレーションモデルに関する契約
                                                 期限なし
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                  37/130











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
       第21期連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)
        当社グループの当連結会計年度における設備投資の総額                           は116,595千円であり、その主なものは、                   当 社名古屋支店
       (名古屋市西区)の移転(48,004千円)及び通信機器の新規購入(42,703千円)であります。主要な設備は各セグメント
       が共有しているものが含まれるため、セグメント別の設備投資の記載を省略しております。
        なお、「オフィス光119事業」及び「オフィスソリューション事業」を営んでおります当社旧名古屋支店(名古屋
       市中村区)の造作        及び通信機器の除却(帳簿価額6,724千円)を行っております。
       第22期第1四半期連結累計期間(自 平成30年9月1日 至 平成30年11月30日)

        当社グループの当第1四半期連結累計期間における設備投資の総額は4,888千円であり、その主なものは、「ファ
       イナンシャル・プランニング事業」を営んでおりますみつばちほけんアピタ名古屋北店の新規出店(2,803千円)で
       あります。
        なお、当第1四半期連結累計期間において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                    平成30年8月31日現在
                                      帳簿価額(千円)
        事業所名       セグメントの                                         従業員数
                      設備の内容
                                      土地
        (所在地)       名称            建物及び     機械装置         工具、器具               (人)
                                               その他     合計
                            構築物    及び運搬具     (面積㎡)     及び備品
      本社
                                      89,077                     14
                全社共通      本社機能
                             11,121     11,199          1,561      -   112,959
     (三重県四日市市)                                (1,278.95)                      (4)
      札幌コールセンタ          オフィス光                         -                     52
                      販売業務        5,665      -         1,602      -   7,267
     (札幌市中央区)          119事業                      ( - )                     (60)
                オフィス光
                119事業
      新宿支店                                   -                     7
                オフィスソ
                      支店機能         0    -          0    -     0
     (東京都新宿区)
                                     ( - )                     (1)
                リューション
                事業
                オフィス光
                119事業
      名古屋支店                                   -                    173
                オフィスソ
                      支店機能       74,183      197         40,159      -   114,540
     (名古屋市西区)                                ( - )                     (76)
                リューション
                事業
      広島営業所          オフィス光
                                        -                     7
                      販売業務         0    -          0    -     0
     (広島市中区)          119事業
                                     ( - )                     (23)
      福岡営業所          オフィス光                         -                     12
                      販売業務         0    -          0    -     0
     (福岡市中央区)          119事業                      ( - )                     (28)
      みつばち保険ファーム          ファイナン
                                        -                     23
      名古屋みなと店他6店          シャル・プラ
                      販売業務        1,162      -          28     -   1,190
                                     ( - )                     (1)
      舗          ンニング事業
      リエス那古野
                                      89,757                     -
                その他      不動産賃貸       34,311     1,788            0    -   125,857
     (名古屋市西区)
                                     (252.91)                     (-)
      ラグーナベイコート倶
                                                           -
                                        -
      楽部
                全社共通      福利厚生         -     -          -   8,572     8,572
                                                          (-)
                                     ( - )
     (愛知県蒲郡市)
      (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         3.コールセンタ・支店等の建物は賃借しており、年間賃借料は113,885千円であります。
         4.帳簿価額のうち「その他」は、建設仮勘定を含んでおります。
         5.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
                                  38/130



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)国内子会社
                                                    平成30年8月31日現在
                                      帳簿価額(千円)

            事業所名                                            従業員数
                 セグメント
       会社名                設備の内容
                                      土地
            (所在地)     の名称          建物及び     機械装置         工具、器具               (人)
                                               その他     合計
                            構築物    及び運搬具     (面積㎡)     及び備品
            岐阜支店      オフィスソ                       -
                      販売業務
                                                           14
     ㈱岐阜レカム      (岐阜県岐阜      リューショ            1,685     1,311    ( - )        9    -   3,005
                      (注)3                                    (1)
           市)      ン事業
                                     〔1,332〕
            本社      オフィスソ     本社機能
                                         -                    13
     ㈱コムズ      (東京都新宿      リューショ     販売業務        -    253           0    -    253
                                      ( - )                     (1)
           区)      ン事業     (注)4
      (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         3.㈱岐阜レカム岐阜支店の土地、建物は賃借しており、賃借している土地の面積については〔 〕で外書きし
           ております。年間賃借料は7,742千円であります。
         4.㈱コムズ本社の設備は提出会社から賃借しており、年間賃借料は9,136千円であります。
         5.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】                  (平成31年1月31日現在)

       (1)重要な設備の新設等
          該当事項はありません。
       (2)重要な設備の除却等

          該当事項はありません。
                                  39/130












                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        8,000,000

                  計                             8,000,000

     (注)平成30年11月27日開催の取締役会決議により、平成30年12月14日付で株式分割に伴う定款の変更が行なわれ、発
        行可能株式総数は7,960,000株増加し、8,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

                                 上場金融商品取引所名又は
           種類            発行数(株)          登録認可金融商品取引業協会                    内容
                                 名
                                                完全議決権株式であ
                                                り、権利内容に何ら限
                                                定のない当社における
      普通株式                  2,100,000          非上場
                                                標準となる株式であり
                                                ます。なお、単元株式
                                                数は100株であります。
            計            2,100,000                -              -
     (注)1.平成30年11月27日開催の取締役会決議により、平成30年12月14日付で普通株式1株を200株に分割しておりま
          す。これにより発行済株式総数は2,089,500株増加し、2,100,000株となっております。
        2.平成30年11月27日開催の取締役会決議により、平成30年12月14日付で1単元を100株とする単元株制度を採用
          しております。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           当社は、ストックオプション制度を採用しております。当該制度は会社法に基づき新株予約権を発行する方
          法によるものであります。当該制度の内容は、以下のとおりであります。
           第4回新株予約権(平成30年6月15日臨時株主総会決議及び平成30年6月15日取締役会決議)
      決議年月日                              平成30年6月15日
                                   当社取締役 3
      付与対象者の区分及び人数(名)                             子会社取締役 2
                                   当社従業員 15
      新株予約権の数(個)※                             500[490](注)1
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                             普通株式 500[98,000](注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                             211,000[1,055](注)2
                                   自 平成32年6月20日
      新株予約権の行使期間           ※
                                   至 平成40年6月10日
                                   発行価格   211,000[1,055]
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
      価格及び資本組入額(円)※
                                   資本組入額  105,500[527.5]
      新株予約権の行使の条件            ※                (注)3
                                   新株予約権を譲渡するには、当社取締役会の承認を要
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                   する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                          ※   (注)5
      ※ 最近事業年度の末日(平成30年8月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前
        月末現在(平成31年1月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[  ]
        内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
                                  40/130



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注)1.新株予約権1個当たりの目的である株式数は、1株であります。
          なお、当社が株式の分割または併合を行う場合、次の算式により株式数を調整するものとする。ただし、か
          かる調整は、新株予約権のうち当該時点で行使されていない株式数についてのみ行われ、調整の結果、1株
          未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。
           調整後株式数        =  調整前株式数       ×  分割・併合の比率
          また、当社が時価を下回る価額で株式を発行または自己株式の処分を行う場合(時価発行として公募増資及
          び新株予約権の行使に伴う株式の発行を除く。)、当社が合併、会社分割、株式交換または株式移転(総称
          して以下、「合併等」という。)を行う場合、その他株式数を調整することが適切な場合は、合理的な範囲
          内で株式数の調整を行うことができるものとする。
        2.当社が株式分割又は株式併合を行う場合、行使価額は次の算式により調整されるものとし、調整の結果生じ
          る1円未満の端数は切り上げる。
                                          1
                    調整後行使価額=調整前行使価額×
                                      分割・併合の比率
          新株予約権の割当日後に、時価を下回る価額で株式を発行又は自己株式の処分を行う場合(時価発行として
          公募増資及び新株予約権の行使に伴う株式の発行を除く。)は、次の算式により1株当たりの行使価額を調
          整し、調整の結果生じる1円未満の端数は切り上げる。なお、「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総
          数から当社が保有する自己株式の数を控除した数とし、自己株式の処分の場合には、次の算式における「新
          規発行」は「自己株式の処分」とそれぞれ読み替えるものとする。
                                     新規発行株式数×1株当たり払込金額

                             既発行株式数+
                                          新規発行前の時価
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                   既発行株式数+新規発行株式数
          また、新株予約権の割当日後に、当社が合併等を行う場合、株式無償割当を行う場合、その他1株当たりの

          行使価額の調整をすることが適切な場合には、当社は合理的な範囲で1株当たりの行使価額の調整を行うこ
          とができるものとする。
        3.①新株予約権1個の一部行使はできないものとする。
          ②新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時において、当社、当社子会社または関連会社の取締役、従
           業員その他これに準ずる地位にあることを要するものとする。ただし、新株予約権の割当てを受けた者が
           任期満了による退任、定年退職その他正当な理由による場合はこの限りではないこととする。
          ③新株予約権の相続はこれを認めないものとする。
          ④新株予約権の質入れその他一切の処分は認められない。
          ⑤その他の条件については、当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結する新株予約権割当契約書
           に定めるとおりとする。
        4.会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件は、次のとおりであります。
          ①当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、当社が分割会社となる吸収分割契約若しくは新設分割計画承
           認の議案または、当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画承認の議案につき、株主総
           会で承認されたとき(株主総会による承認が不要の場合は、当社の取締役会決議がなされたとき)は、当
           社取締役会が別途定める日に新株予約権を無償で取得することができるものとする。
          ②当社は、新株予約権の割当てを受けた者が(注)3に定める新株予約権の行使の条件により、権利を行使
           する条件に該当しなくなった場合は、当社取締役会が別途定める日に新株予約権を無償で取得することが
           できるものとする。
        5.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点に
          おいて残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合に
          つき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新
          株予約権を以下の条件に沿ってそれぞれ交付する。この場合においては、残存する新株予約権は消滅し、再
          編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、本号の取扱いは、本号に定める条件に沿っ
          て再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計
          画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
             残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
                                  41/130



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定する。
           ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上
            調整した再編後の行使価額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である株式の数を乗じて
            得られるものとする。
           ⑤新株予約権を行使することができる期間
             「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為
            の効力発生日のいずれか遅い日から、「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することが
            できる期間の満了日までとする。
           ⑥譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
           ⑦再編対象会社による新株予約権の取得
             (注)4に準じて決定する。
        6.平成30年11月27日開催の取締役会決議により、平成30年12月14日付で普通株式1株につき200株の割合で株式
          分割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の
          行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」
          が調整されております。
        7.付与対象者の退職による権利の喪失、子会社取締役の退任(当社従業員になっております。)により、本書
          提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締役3名、子会社取締役1名、当社従業員は15名と
          なっております。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      平成30年12月14日
                   2,089,500       2,100,000           -     65,972         -     55,972
         (注)
       (注)株式分割(1:200)によるものであります。
       (4)【所有者別状況】

                                                    平成31年1月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計
                                                        (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -      1     -      2     -     -      8     11    -
     所有株式数
                -     400      -    2,200       -     -    18,400      21,000     -
     (単元)
     所有株式数の割
                -     1.90      -    10.48       -     -    87.62      100    -
     合(%)
                                  42/130




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (5)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成31年1月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                             -            -        -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -            -        -
      議決権制限株式(その他)                             -            -        -

      完全議決権株式(自己株式等)                             -            -        -

                                                  完全議決権株式であ
                                                  り、権利内容に何ら
                                                  限定のない当社にお
                                                  ける標準となる株式
                          普通株式     2,100,000
      完全議決権株式(その他)                                      21,000
                                                  であります。なお、
                                                  単元株式数は100株
                                                  であります。
      単元未満株式                             -            -        -
      発行済株式総数                         2,100,000               -        -

      総株主の議決権                             -          21,000          -

        ②【自己株式等】

         該当事項はありません。
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は、株主への利益配分を経営の重要課題の一つと認識しております。しかしながら、当社は現在、経営基盤の
       強化、将来の事業展開のための投資等のために内部留保の充実を図り、一層の事業拡大と業績向上に資することを重
       視し、配当を実施しておりません。
        将来的には、各期の経営成績及び財政状態等を勘案しながら、株主に対して利益還元を実施する方針であります
       が、現時点において配当実施の可能性及び実施時期については未定であります。
        内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、経営基盤の強化及び事業の拡大を実
       現させるための財源として利用していく予定であります。
        当社は剰余金の配当を行う場合、年1回の期末配当を基本方針としており、決定機関は株主総会であります。ま
       た、当社は中間配当を取締役会決議によって行うことができる旨を定款に定めております。
      4【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。
                                  43/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
        男性 8名 女性 -名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                        所有株式数
        役名       職名       氏名     生年月日              略歴            任期
                                                         (株)
                               平成5年4月 ㈱光通信入社
                               平成9年12月 ㈱東名三重(現            当社)設立
                          昭和44年           代表取締役社長(現任)
     代表取締役社長          -     山本 文彦                               (注)3     1,729,600
                          12月22日生
                               平成17年4月 ㈱岐阜レカム代表取締役社長
                                     (現任)
                               平成26年11月 ㈱コムズ取締役(現任)
                               平成4年4月 三菱レイヨン㈱入社
                               平成4年8月 ㈱光通信入社
                               平成12年1月 当社入社、岐阜支店支店長
                               平成12年11月 当社取締役
                          昭和48年
     常務取締役       営業本部長        日比野直人           平成13年2月 当社取締役営業部長
                                                   (注)3      56,000
                          8月24日生
                               平成16年11月 当社取締役営業本部長
                               平成17年4月 ㈱岐阜レカム取締役(現任)
                               平成17年5月 当社常務取締役営業本部長(現任)
                               平成26年11月 ㈱コムズ代表取締役社長(現任)
                               平成8年1月 ㈱光通信入社
                               平成9年10月 ㈲ボワ・エ・デュポン入社
                          昭和50年     平成12年2月 ㈱コールトゥウェブ入社
     取締役       ES事業部担当        直井 慎一                               (注)3      14,000
                               平成14年3月 当社入社
                          9月14日生
                               平成19年11月 当社取締役
                               平成28年11月 当社取締役ES事業部担当(現任)
                               平成9年4月 杉浦会計事務所(現              葵総合税理士
                          昭和46年
                                     法人)入所
     取締役       管理本部長        関山 誠                               (注)3      10,000
                          7月30日生
                               平成17年8月 当社入社、経理部マネージャー
                               平成27年11月 当社取締役管理本部長(現任)
                               平成21年12月 弁護士登録
                               平成23年4月 名古屋大学法科大学院
                          昭和55年            非常勤講師(現任)
     取締役          -     伊東 正晴                               (注)3        -
                          9月15日生     平成30年2月 グランツ法律事務所開設、所長(現
                                     任)
                               平成30年11月 当社取締役(現任)
                               昭和54年4月 ㈱丸麦入社
                               平成10年8月 ㈱ケー・イー・シー入社
                          昭和31年
                               平成14年7月 クリーン開発㈱転籍
     常勤監査役          -     志水 義彦                               (注)4        -
                          11月12日生
                               平成18年7月 ㈱トーシン監査役
                               平成23年8月 当社常勤監査役(現任)
                                  44/130









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有株式数
        役名       職名       氏名     生年月日              略歴            任期
                                                         (株)
                               昭和63年10月 サンワ・等松青木監査法人(現                  有
                                     限責任監査法人トーマツ)入所
                               平成2年10月 サンアイ監査法人(現               有限責任監
                                     査法人トーマツ)入所
                               平成4年8月 公認会計士・税理士登録
                               平成13年4月 監査法人トーマツ(現               有限責任監
                                     査法人トーマツ)三重事務所代表社
                                     員
                          昭和37年
     監査役          -     渡邉 誠人                               (注)4       200
                               平成17年4月 公認会計士渡邉誠人事務所開設、所
                          2月4日生
                                     長(現任)
                                     税理士法人ACT設立、代表社員
                                     (現任)
                                     ACT   CONSULTING㈱設
                                     立、  代表取締役(現任)
                               平成17年11月 当社監査役(現任)
                               平成22年6月 ㈱ファインシンター監査役(現任)
                               平成25年6月 太陽化学㈱監査役(現任)
                               昭和59年4月 自動車ニッポン新聞社入社
                               昭和62年4月 物流産業新聞社入社
                               平成元年4月 ㈱コア入社
                               平成6年7月 葉山社会保険労務士事務所開設、所
                          昭和34年           長(現任)
     監査役               葉山 憲夫
               -                                    (注)4        -
                          7月8日生     平成26年11月 当社監査役(現任)
                               平成28年5月 ㈱医用工学研究所監査役(現任)
                               平成28年8月 シェアリングテクノロジー㈱監査役
                               平成30年6月 ㈱コプロ・ホールディングス取締役
                                     (現任)
                              計
                                                        1,809,800
      (注)1.取締役伊東正晴は、社外取締役であります。
         2.監査役志水義彦、渡邉誠人及び葉山憲夫は、社外監査役であります。
         3.平成30年11月27日開催の定時株主総会の終結の時から選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のもの
           に関する定時株主総会の終結の時までであります。
         4.平成30年11月27日開催の定時株主総会の終結の時から選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のもの
           に関する定時株主総会の終了の時までであります。
                                  45/130










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
          コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
           当社は、長期的な企業価値の向上を図り、株主をはじめとするステークホルダーへの利益還元には、コーポ
          レート・ガバナンスの充実・強化が重要な経営課題と認識しております。コンプライアンス意識を徹底すると
          ともに、経営環境に柔軟に対応できる業務執行体制、牽制がとれた監督・監査体制を確立・強化し、経営の効
          率性、健全性、透明性及び公平性を高めていく方針であります。高い企業倫理と遵法精神による社会からのゆ
          るぎない信頼の獲得に向け対応してまいります。
          ①会社機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等

           イ.会社の機関の基本説明
            a.取締役会
             取締役会は取締役5名(うち、社外取締役1名)で構成され、原則、毎月1回開催する他、必要に応じ
            て臨時に開催しております。取締役会は、経営上の意思決定機関として、法令で定められた事項、経営に
            係る重要事項を決議するとともに、取締役の職務執行の監督を行っております。
            b.監査役会

             監査役会は監査役3名(全員が社外監査役)で構成され、原則、毎月1回開催する他、必要に応じて臨
            時に開催しております。監査役会では、監査に係る重要事項について協議、決議等を行っております。監
            査役は取締役会に出席し、必要に応じて意見陳述を行い、常に取締役を監視できる体制となっておりま
            す。
            c.経営会議

             経営会議は、常勤取締役、常勤監査役で構成され、原則、毎月1回開催する他、必要に応じて臨時に開
            催しております。経営会議で、経営等に関する重要事項を適切・迅速に審議し、当該重要事項の円滑な執
            行を図っております。
            d.コンプライアンス委員会

             コンプライアンス委員会は管理本部長を委員長とし、全ての部署及び全ての子会社から任命された委員
            で構成され、原則四半期ごとに開催する他、必要に応じて臨時に開催しております。コンプライアンス委
            員会では、コンプライアンスに係る事項の検討、審議を行い、当社グループにおけるコンプライアンス体
            制の構築を図っております。
            e.内部監査室

             内部監査は代表取締役社長直属の内部監査室を設置し、内部監査室長(1名)で構成され、内部監査計
            画書に基づき、不正、誤謬の未然防止、正確な情報の提供、財産の保全、業務活動の改善向上を図り、経
            営効率の増進に資することを目的とし実施しております。
            f.会計監査人

             会計監査人として仰星監査法人と監査契約を締結し、会計監査を受けております。
           ロ.当社のコーポレート・ガバナンス体制とその採用理由

             当社は、透明性・健全性の確保、環境変化に迅速に対応するため、現在の体制を採用しております。業
            務執行に対しては、取締役会による監督と監査役による監査を行っております。また、社外取締役(1
            名)及び社外監査役(3名)は、客観的、中立的な立場からの助言・提言等を行い、監視・監督機能の強
            化を図っております。
                                  46/130





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ハ.内部統制システムの整備の状況







            当社は、経営の透明性の向上とコンプライアンス遵守の経営を徹底するため、「内部統制システム構築の
           基本方針」に基づき運営しております。
           (1)  取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
            (a)法令・定款及び社会規範を遵守するための「コンプライアンス方針」を制定し、全社に周知・徹底
               することにより、コンプライアンス意識の維持・向上を図る。
            (b)内部通報規程を適切に運用することにより、内部通報制度を設け、問題の早期発見・未然防止を図
               り、適切かつ迅速に対応する。
            (c)当社グループは、健全な会社経営のため、反社会的勢力とは決して関わりを持たず、また不当な要
               求があった場合には、反社会的勢力排除規程に基づき総務部を対応主管部署とし、警察や弁護士等
               の外部専門機関と連携を取りながら断固としてこれを拒絶する。
            (d)代表取締役社長が直轄する内部監査室を置き、各部門の業務執行及びコンプライアンスの状況等に
               ついて定期的に監査を実施し、その結果を代表取締役社長に報告する。
           (2)  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
            (a)取締役の職務の執行に係る情報については、文書管理規程などの規程に基づき、管理本部が適切に
               保存及び管理を行う。
            (b)取締役及び監査役は、これらの文書等を常時閲覧できるものとする。
           (3)  損失の危険の管理に関する規程その他の体制
            (a)リスク管理及び対策についてはリスク管理規程及びコンプライアンス規程に基づき、管理本部長を
               議長とするコンプライアンス委員会及び取締役会において審議を行い、事業活動における各種リス
               クに対する予防・軽減体制の強化を図る。
            (b)危機発生時には、対策本部等を設置し、社内外への適切な情報伝達を含め、当該危機に対して適切
               かつ迅速対処するものとする。
           (4)  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
            (a)取締役会規程、業務分掌規程、職務権限規程を定め、取締役の職務及び権限、責任の明確化を図
               る。
            (b)取締役会を毎月1回定期的に開催するほか、必要に応じて適宜臨時に開催する。
            (c)常勤取締役及び常勤監査役を構成員とする経営会議を実施し、職務執行における重要事項に関する
               報告、協議を行なう。
           (5)  当社グループにおける業務の適正を確保するための体制
            (a)管理本部が管理担当となり、関係会社管理規程に基づき、関係会社管理を行う。また、職務権限規
               程に基づき、親子間で利益相反が生じる取引、重要な人事等の子会社で決議すべき重要事項を除
               き、子会社の重要な決裁事項は当社にて行う。
            (b)取締役会は、当社グループの経営計画を決議し、管理本部はその進捗状況を毎月取締役会に報告す
               る。
                                  47/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (c)内部監査室は、内部監査規程に基づき、当社グループの内部監査を行い、その結果を代表取締役社
               長に報告する。
           (6)  監査役が職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
             監査役の求めに応じて、取締役会は監査役と協議のうえ、監査役スタッフを任命し、当該監査業務の補
             助に当たらせる。
           (7)  監査役の職務を補助すべき使用人の取締役からの独立性に関する事項
            (a)監査役の職務を補助する使用人の任命、異動、人事考課、処罰等については、監査役会の意見を聴
               取し、尊重するものとする。
            (b)監査役より監査役の補助の要請を受けた使用人は、取締役及び上長等の指揮・命令は受けないもの
               とする。
           (8)  取締役及び使用人等が監査役に報告するための体制並びに報告をした者が当該報告をしたことを理由と
             して不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
            (a)当社グループの取締役及び使用人等は、各監査役の要請に応じて必要な報告及び情報提供を行うと
               ともに、次のような緊急事態が発生した場合には、遅滞なく報告するものとする。
               ①当社グループの経営上に重大な影響を及ぼすおそれのある法律上または財務上に係る諸問題
               ②その他当社グループに著しい損害を及ぼすおそれのある事象
            (b)監査役に報告をした者が、当該報告をしたことを理由として不利益な取扱いを受けないものとす
               る。
           (9)  監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる
             費用又は償還の処理に係る方針に関する事項
            (a)当社グループは、監査役の職務の執行について生ずる費用については速やかに支払う。
            (b)監査役が必要に応じ会計監査人・弁護士等などの外部専門家に相談する場合、その費用を負担す
               る。
           (10)   その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
            (a)監査役は、代表取締役社長と定期的に意見交換を行い、相互の意思疎通を図る。
            (b)監査役は、会計監査人及び内部監査室と定期的に情報交換を行い、相互の連携を図る。
            (c)監査役は、取締役会の他、経営会議その他の重要な会議に出席し、重要な意思決定の過程及び業務
               の執行状況を把握するとともに必要な意見を述べることができる。
           ニ.リスク管理体制の整備状況

            当社は、リスク管理規程に基づき、リスク管理体制の整備及び維持並びに向上を図っております。経営に
           悪影響を与える事項、またはそのおそれのある事項を、各業務部門からの情報収集をもとに、コンプライア
           ンス委員会等において共有し、リスクの早期発見及び防止に努めております。また、必要に応じて、弁護士
           等の専門家から指導・助言等を受ける体制を構築しております。
           ホ.内部監査及び監査役監査の状況

            当社は、代表取締役社長直属の部署として内部監査室を設置し、内部監査室長(1名)が、内部監査規程
           に基づき内部監査計画書を策定し、当社の全部門並びに子会社に対して内部監査を実施しております。
            監査役(常勤監査役1名、非常勤監査役2名)は、監査計画に基づく監査を行うとともに、取締役会への
           出席や重要書類の閲覧を通じて取締役の業務執行と会社経営の適法性等を監視しております。
            内部監査室と監査役は、相互に監査計画書や監査書類の閲覧や聴取により緊密に情報交換を行うととも
           に、重要な会議に出席することによって情報の共有を図っております。また、内部監査室、監査役及び会計
           監査人は、相互に連携を図るため、定期的に情報・意見交換を行い監査の有効性・効率性を高めておりま
           す。
           ヘ.社外取締役と社外監査役との関係

            当社は、社外取締役を1名、社外監査役を3名選任しております。
            社外取締役伊東正晴氏は、弁護士としての知見を有し、客観的、中立的立場から適切な助言・提言等を頂
           けるものと判断し、選任しております。                   社外監査役志水義彦氏は他社での監査役として培われた幅広い見識
           を有し、また、社外監査役渡邉誠人氏は公認会計士・税理士としての知見、社外監査役葉山憲夫氏は社会保
           険労務士としての知見を有しており、各々、客観的、中立的な立場から適切な助言・提言を頂けるものと判
           断し、選任しております。
            当社と社外取締役及び社外監査役との間に人的関係、資本的関係、取引関係及びその他の利害関係は、社
           外監査役渡邉誠人氏が当社株式を200株(議決権割合0.01%)所有していることを除いてありません。当社
           と社外取締役及び社外監査役を選任するための基準または方針は特段定めておりませんが、当社との関係、
           経験等を踏まえ、当社からの独立性が確保できることを前提に判断しております。
                                  48/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ト.会計監査の状況

            当社は、仰星監査法人と監査契約を締結し、会計監査を受けておりますが、同監査法人及び監査に従事す
           る同監査法人の業務執行社員との間には、特別の利害関係はありません。業務を執行した公認会計士の氏名
           及び会計監査業務にかかる補助者の構成は以下のとおりであります。なお、継続監査年数はいずれも7年以
           下であるため記載を省略しております。
            業務を執行した公認会計士の氏名

             指定社員 三宅恵司
             指定社員 小出修平
            監査業務に係る補助者の構成
             公認会計士 13名
             その他   3名
          ②役員の報酬等

           イ.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                   報酬等の種類別の総額(千円)
                                                       対象となる
                       報酬等の総額
                                                       役員の員数
               役員区分
                                     ストック
                        (千円)
                               基本報酬             賞与    退職慰労金
                                                        (人)
                                    オプション
            取締役
                          119,013      119,013         -      -      -       4
           (社外取締役を除く)
            監査役
                            -      -      -      -      -       -
           (社外監査役を除く)
                           9,900      9,900        -      -      -       3
            社外役員
            (注)1.取締役の報酬限度額は、平成30年11月27日開催の定時株主総会において年額300,000千円以内と
                決議しております。
              2.監査役の報酬限度額は、平成17年5月31日開催の臨時株主総会において年額50,000千円以内と決
                議しております。
           ロ.役員ごとの報酬等の総額等

            報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
           ハ.役員報酬等の額の決定に関する方針

            役員報酬等は、株主総会決議により取締役及び監査役それぞれの報酬等の限度額を決定しております。各
           役員の報酬額は、取締役については取締役会の決議により決定し、監査役については監査役会の決議にて決
           定しております。
          ③株式の保有状況

           イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
             銘柄数     3銘柄
             貸借対照表計上額の合計額 34,704千円
                                  49/130






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額、及び
             保有目的
            (前事業年度)
             特定投資株式
                                  貸借対照表計上額
                          株式数(株)
                  銘柄                                保有目的
                                    (千円)
                 レカム㈱             24,000            2,712
                                               取引関係の維持・強化
                              6,000          15,480
                ㈱ビジョン                               取引関係の維持・強化
            (当事業年度)

             特定投資株式
                                  貸借対照表計上額
                          株式数(株)
                  銘柄                                保有目的
                                    (千円)
                 レカム㈱             24,000            6,264
                                               取引関係の維持・強化
                ㈱ビジョン              6,000          28,440      取引関係の維持・強化
          ④ 取締役及び監査役の責任免除

           当社は、職務の執行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするために、会社法第426条第1項
          の規定により、任務を怠ったことによる取締役及び監査役の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会
          の決議により免除することができる旨を定款で定めております。
          ⑤責任限定契約の内容の概要

           当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、業務執行取締役等でない取締役及び監査役との間におい
          て、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任
          の限度額は、同法第425条第1項に定める最低責任限度額となっております。なお、当該責任限定契約が認め
          られるのは、業務執行取締役等でない取締役及び監査役が責任の原因となった職務の遂行について、善意でか
          つ重大な過失がないときに限定されます。
          ⑥取締役の定数

           当社の取締役は7名以内とする旨定款に定めております。
          ⑦取締役及び監査役の選任決議の要件

           当社は、取締役及び監査役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以
          上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって選任する旨を定款で定めております。
           また、取締役の選任決議は累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。
          ⑧株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定め
          ております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行
          うことを目的とするものであります。
          ⑨中間配当

           当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年2月末日を基準日として、中
          間配当を行うことができる旨を定款で定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするため
          であります。
          ⑩自己株式の取得

           当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得できる旨を定款で
          定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行を可能とするため、市場取引等
          により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
                                  50/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                  最近連結会計年度の前連結会計年度                           最近連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
        提出会社              8,000             -          9,500             -

       連結子会社                -           -           -           -

         計            8,000             -          9,500             -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査法人の監査方針、監査内容、監査日
        数、監査業務に携わる人数等を勘案し、監査法人との協議及び監査役会の同意を得たうえで、決定しております。
                                  51/130











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
        以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
       (2)当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)に基づいて作成しております。
       (3)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下
        「財務諸表等規則」という)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

       (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成28年9月1日から平成29年
        8月31日まで)及び当連結会計年度(平成29年9月1日から平成30年8月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業
        年度(平成28年9月1日から平成29年8月31日まで)及び当事業年度(平成29年9月1日から平成30年8月31日ま
        で)の財務諸表について、仰星監査法人により監査を受けております。
       (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成30年9月1日から
        平成30年11月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年9月1日から平成30年11月30日まで)に係る四半
        期連結財務諸表について、仰星監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、連結財務諸表を適切に作成できる体制を整備するため、監査法人等が主催する研修会等への参加
       や会計専門書の定期購読を行っております。
                                  52/130













                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年8月31日)              (平成30年8月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,705,662              1,871,298
         現金及び預金
                                       2,337,758              2,610,988
         受取手形及び売掛金
                                         9,306              4,745
         商品及び製品
                                         79,349              92,143
         原材料及び貯蔵品
                                         65,667              280,180
         その他
                                        △ 25,540             △ 35,302
         貸倒引当金
                                       4,172,203              4,824,054
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        165,995              199,890
          建物及び構築物
                                       △ 103,981              △ 75,565
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             62,013              124,325
          機械装置及び運搬具                               22,576              25,654
                                        △ 17,326             △ 11,100
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                              5,249              14,553
                                        118,276               76,299
          工具、器具及び備品
                                       △ 109,794              △ 33,012
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              8,482              43,287
                                        178,921              178,835
          土地
                                           -             8,572
          建設仮勘定
                                        254,667              369,574
          有形固定資産合計
                                         3,797              1,875
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                         81,761              34,704
          投資有価証券
                                         11,426              67,325
          繰延税金資産
                                        125,053              190,407
          その他
                                        218,240              292,437
          投資その他の資産合計
                                        476,706              663,887
         固定資産合計
                                       4,648,909              5,487,942
       資産合計
                                  53/130









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年8月31日)              (平成30年8月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        885,033             1,056,964
         支払手形及び買掛金
                                        ※ 200,000              ※ 200,000
         短期借入金
                                        249,081              329,208
         未払金
                                         9,420              20,181
         未払法人税等
                                         35,018              42,078
         賞与引当金
                                         15,776               9,909
         販売促進引当金
                                           -              796
         店舗閉鎖損失引当金
                                           -              212
         資産除去債務
                                        126,595               94,676
         その他
                                       1,520,925              1,754,026
         流動負債合計
       固定負債
                                       1,200,000              1,200,000
         社債
                                         23,745              46,346
         資産除去債務
                                         7,042                -
         繰延税金負債
                                         7,079              7,079
         その他
                                       1,237,867              1,253,426
         固定負債合計
                                       2,758,792              3,007,453
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         65,972              65,972
         資本金
                                         55,972              55,972
         資本剰余金
                                       1,756,651              2,334,835
         利益剰余金
                                       1,878,595              2,456,779
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         11,520              23,709
         その他有価証券評価差額金
                                         11,520              23,709
         その他の包括利益累計額合計
                                       1,890,116              2,480,489
       純資産合計
                                       4,648,909              5,487,942
      負債純資産合計
                                  54/130










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                               当第1四半期連結会計期間
                                (平成30年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,022,158
         現金及び預金
                                       2,740,872
         受取手形及び売掛金
                                         5,817
         商品及び製品
                                        111,196
         原材料及び貯蔵品
                                        134,168
         その他
                                        △ 24,438
         貸倒引当金
                                       4,989,775
         流動資産合計
       固定資産
                                        369,270
         有形固定資産
                                         1,714
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                         34,746
          投資有価証券
                                         67,313
          繰延税金資産
                                        188,968
          その他
                                        291,027
          投資その他の資産合計
                                        662,013
         固定資産合計
                                       5,651,788
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       1,076,980
         支払手形及び買掛金
                                        ※ 200,000
         短期借入金
                                        258,712
         未払金
                                         24,543
         未払法人税等
                                         71,528
         賞与引当金
                                         7,018
         販売促進引当金
                                         93,975
         その他
                                       1,732,758
         流動負債合計
       固定負債
                                       1,200,000
         社債
                                         47,008
         資産除去債務
                                         6,323
         その他
                                       1,253,332
         固定負債合計
                                       2,986,091
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         65,972
         資本金
                                         55,972
         資本剰余金
                                       2,520,014
         利益剰余金
                                       2,641,958
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         23,738
         その他有価証券評価差額金
         その他の包括利益累計額合計                                23,738
                                       2,665,697
       純資産合計
                                       5,651,788
      負債純資産合計
                                  55/130





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年9月1日              (自 平成29年9月1日
                                至 平成29年8月31日)               至 平成30年8月31日)
                                       7,924,639              9,894,542
      売上高
                                       4,875,555              6,233,288
      売上原価
                                       3,049,083              3,661,253
      売上総利益
                                      ※1 2,997,294             ※1 3,310,464
      販売費及び一般管理費
                                         51,789              350,789
      営業利益
      営業外収益
                                         3,340              3,549
       受取利息
                                           24              24
       受取配当金
                                        103,951               82,816
       債務等決済差益
                                         3,778                -
       投資有価証券売却益
                                         2,626              6,759
       その他
                                        113,721               93,149
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         10,185              10,289
       支払利息
                                         4,821              13,800
       デリバティブ評価損
                                           -             2,257
       有価証券売却損
                                           203              771
       その他
                                         15,210              27,119
       営業外費用合計
                                        150,299              416,819
      経常利益
      特別利益
                                                      ※2 4,746
                                           -
       固定資産売却益
                                                     ※3 116,236
                                           -
       移転補償金
                                           -             7,224
       資産除去債務戻入益
                                           -            128,207
       特別利益合計
      特別損失
                                                      ※4 1,654
                                           -
       固定資産売却損
                                          ※5 31            ※5 169
       固定資産除却損
                                        ※6 6,090             ※6 2,591
       減損損失
                                           -              796
       店舗閉鎖損失引当金繰入額
                                         6,122              5,211
       特別損失合計
                                        144,177              539,815
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   21,223              28,897
                                        △ 7,782             △ 67,265
      法人税等調整額
                                         13,441             △ 38,367
      法人税等合計
                                        130,735              578,183
      当期純利益
                                        130,735              578,183
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  56/130







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年9月1日              (自 平成29年9月1日
                                至 平成29年8月31日)               至 平成30年8月31日)
                                        130,735              578,183
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         7,870              12,188
       その他有価証券評価差額金
                                         ※ 7,870             ※ 12,188
       その他の包括利益合計
                                        138,605              590,372
      包括利益
      (内訳)
                                        138,605              590,372
       親会社株主に係る包括利益
                                  57/130

















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
          【四半期連結損益計算書】
           【第1四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成30年9月1日
                                至 平成30年11月30日)
                                       2,656,610
      売上高
                                       1,659,466
      売上原価
                                        997,143
      売上総利益
                                        801,724
      販売費及び一般管理費
                                        195,418
      営業利益
      営業外収益
                                           679
       受取利息
                                         14,885
       債務等決済差益
                                         1,058
       その他
                                         16,622
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,550
       支払利息
                                         2,550
       営業外費用合計
      経常利益                                   209,490
      特別損失
                                            0
       固定資産除却損
                                            0
       特別損失合計
                                        209,490
      税金等調整前四半期純利益
                                         24,312
      法人税等
                                        185,178
      四半期純利益
                                        185,178
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                  58/130












                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【四半期連結包括利益計算書】
           【第1四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成30年9月1日
                                至 平成30年11月30日)
                                        185,178
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           29
       その他有価証券評価差額金
                                           29
       その他の包括利益合計
                                        185,207
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        185,207
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                  59/130
















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
                                                      (単位:千円)
                                       株主資本
                        資本金         資本剰余金          利益剰余金          株主資本合計
     当期首残高
                            65,972          55,972         1,625,916          1,747,860
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期純利益

                                               130,735          130,735
      株主資本以外の項目の当期変動額

      (純額)
     当期変動額合計                        -          -        130,735          130,735
     当期末残高                      65,972          55,972         1,756,651          1,878,595
                          その他の包括利益累計額

                                           純資産合計
                     その他有価証券評価差          その他の包括利益累計
                     額金          額合計
     当期首残高                       3,650          3,650        1,751,510

     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期純利益                                         130,735

      株主資本以外の項目の当期変動額

                            7,870          7,870          7,870
      (純額)
     当期変動額合計                       7,870          7,870         138,605
     当期末残高
                            11,520          11,520         1,890,116
                                  60/130











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)
                                                      (単位:千円)
                                       株主資本
                        資本金         資本剰余金          利益剰余金          株主資本合計
     当期首残高                      65,972          55,972         1,756,651          1,878,595
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期純利益                                         578,183          578,183

      株主資本以外の項目の当期変動額

      (純額)
     当期変動額合計                        -          -        578,183          578,183
     当期末残高
                            65,972          55,972         2,334,835          2,456,779
                          その他の包括利益累計額

                                           純資産合計
                     その他有価証券評価差          その他の包括利益累計
                     額金          額合計
     当期首残高                      11,520          11,520         1,890,116

     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期純利益                                         578,183

      株主資本以外の項目の当期変動額

                            12,188          12,188          12,188
      (純額)
     当期変動額合計                      12,188          12,188          590,372
     当期末残高                      23,709          23,709         2,480,489
                                  61/130











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年9月1日              (自 平成29年9月1日
                                至 平成29年8月31日)               至 平成30年8月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        144,177              539,815
       税金等調整前当期純利益
                                         17,129              22,386
       減価償却費
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  6,288              7,060
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 13,011               9,761
       販売促進引当金の増減額(△は減少)                                  7,705             △ 5,866
                                        △ 3,364             △ 3,573
       受取利息及び受取配当金
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 3,778                -
                                       △ 103,951              △ 82,816
       債務等決済差益
                                         10,185              10,289
       支払利息
       有価証券売却損益(△は益)                                    -             2,257
       デリバティブ評価損益(△は益)                                  4,821              13,800
                                           -            △ 4,746
       固定資産売却益
                                           -           △ 116,236
       移転補償金
                                           -            △ 7,224
       資産除去債務戻入益
                                           -             1,654
       固定資産売却損
                                           31              169
       固定資産除却損
                                         6,090              2,591
       減損損失
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 815,132             △ 273,229
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  31,310              74,583
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                  51,450             △ 57,850
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 248,214              171,930
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 2,539              54,912
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  80,039             △ 31,147
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                 △ 47,074              △ 1,329
                                        △ 2,769              △ 892
       その他
                                       △ 384,175              326,298
       小計
                                         3,715              4,161
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 10,214             △ 10,326
       利息の支払額
                                        △ 13,537             △ 17,998
       法人税等の支払額
                                       △ 404,212              302,135
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 106,049              △ 68,021
       定期預金の預入による支出
                                        106,000               58,000
       定期預金の払戻による収入
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 20,275             △ 91,380
                                           -             8,108
       有形固定資産の売却による収入
                                           -            47,510
       有価証券の売却による収入
                                         63,630                -
       投資有価証券の売却による収入
       保証金の差入による支出                                  △ 646            △ 95,412
                                         2,723              4,380
       保証金の回収による収入
                                           -            △ 9,650
       支店移転による支出
                                         △ 720               -
       資産除去債務の履行による支出
                                          △ 72             △ 53
       その他
                                         44,589             △ 146,519
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        200,000                 -
       短期借入れによる収入
                                        200,000                 -
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 159,622              155,615
                                       1,555,738              1,396,116
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,396,116              ※ 1,551,731
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  62/130



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           1.連結の範囲に関する事項
             連結子会社の数 2社
              主要な連結子会社の名称
               株式会社岐阜レカム
               株式会社コムズ
              当連結会計年度において、株式会社あっとサポートは清算結了したため、連結の範囲から除外してお
             ります。ただし、清算結了までの損益計算書については連結しております。
           2.持分法の適用に関する事項

             該当事項はありません。
           3.連結子会社の事業年度等に関する事項

             すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
           4.会計方針に関する事項

            (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             イ 有価証券
               その他有価証券
                時価のあるもの
                 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
                移動平均法により算定)を採用しております。
                時価のないもの

                 移動平均法による原価法を採用しております。
             ロ デリバティブ

                時価法を採用しております。
             ハ たな卸資産

                商品につきまして        は、個別法による        原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿
               価切下げの方法により算定)を採用しております。また、貯蔵品につきましては、最終仕入原価法
               (貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しており
               ます。
            (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             イ 有形固定資産(リース資産を除く)
               定率法によっております。
               ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)及び平成28年4月1日以降
              に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
               なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
               建物及び構築物   8年から31年
               工具、器具及び備品 4年から20年
             ロ 無形固定資産(リース資産を除く)

               定額法によっております。
               なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
              す。
            (3)重要な引当金の計上基準

             イ 貸倒引当金
                債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権
               等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
             ロ 賞与引当金
                                  63/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                従業員に対する賞与の支給に充てるため、賞与支給見込額のうち、当連結会計年度負担額を計上
               しております。
             ハ 販売促進引当金
                販売促進を目的として行うキャンペーンにより発生するキャッシュバックの支出に充てるため、
               将来発生見込額を販売促進引当金として計上しております。
            (4)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

              手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少な
             リスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
            (5)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

              消費税等の会計処理
               税抜方式によっております。
                                  64/130
















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)
           1.連結の範囲に関する事項
             連結子会社の数 2社
              主要な連結子会社の名称
               株式会社岐阜レカム
               株式会社コムズ
           2.持分法の適用に関する事項

             該当事項はありません。
           3.連結子会社の事業年度等に関する事項

             すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
           4.会計方針に関する事項

            (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             イ 有価証券
               その他有価証券
                時価のあるもの
                 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
                移動平均法により算定)を採用しております。
                時価のないもの

                 移動平均法による原価法を採用しております。
             ロ デリバティブ

                時価法を採用しております。
             ハ たな卸資産

                商品につきま      しては、個別法による原           価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿
               価切下げの方法により算定)を採用しております。また、貯蔵品につきましては、最終仕入原価法
               (貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しており
               ます。
            (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             イ 有形固定資産(リース資産を除く)
               定率法によっております。
               ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)及び平成28年4月1日以降
              に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
               なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
               建物及び構築物   8年から31年
               工具、器具及び備品 4年から20年
             ロ 無形固定資産(リース資産を除く)

               定額法によっております。
               なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
              す。
            (3)重要な引当金の計上基準

             イ 貸倒引当金
                債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
               特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
             ロ 賞与引当金

                従業員に対する賞与の支給に充てるため、賞与支給見込額のうち、当連結会計年度負担額を計上
               しております。
             ハ 販売促進引当金
                                  65/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                販売促進を目的として行うキャンペーンにより発生するキャッシュバックの支出に充てるため、
               将来発生見込額を販売促進引当金として計上しております。
             ニ 店舗閉鎖損失引当金

                期末日までに閉店又は閉店の意思決定があった場合、期末日後の損失発生見込額を計上しており
               ます。
            (4)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

              手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少な
             リスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
            (5)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

              消費税等の会計処理
               税抜方式によっております。
                                  66/130
















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (未適用の会計基準等)
          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

           ・「収益認識に関する会計基準」
            (企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
           ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」
            (企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
            1.概要

              国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括
             的な会計基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいては、IFRS
             第15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年
             度から、Topic606は平成29年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会
             計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表され
             たものであります。
              企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15
             号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的原則を取
             り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務
             等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取り扱いを追加するこ
             ととされております。
            2.適用予定日

              平成34年8月期の期首から適用します。
            3.当該会計基準等の適用による影響

              「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評
             価中であります。
         (表示方法の変更)

          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

           (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の早期適用に伴う変更)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会計
          基準一部改正」という。)が当連結会計年度末に係る連結財務諸表から適用できるようになったことに伴い、
          当連結会計年度から税効果会計基準一部改正を適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰
          延税金負債は固定負債の区分に表示しております。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が9,865千円減少
          し、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」が9,865千円増加しております。
           また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係
          る会計基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加し
          ております。ただし、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項
          に定める経過的な取扱いに従って記載しておりません。
         (追加情報)

          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を
          当連結会計年度から適用しております。
          当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

           該当事項はありません。
                                  67/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結貸借対照表関係)
          ※   当座貸越契約及び貸出コミットメント契約
          当社及び連結子会社(㈱岐阜レカム、㈱コムズ)においては、資本効率の向上を図りつつ、必要な時に運転資
         金の効率的な調達を行うため、取引銀行2行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締結しておりま
         す。これらの契約に基づく連結会計年度末における当座貸越契約及び貸出コミットメント契約に係る借入未実
         行残高は次のとおりであります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (平成29年8月31日)                (平成30年8月31日)
                                  1,820,000     千円           1,820,000     千円
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの総額
     借入実行残高                              200,000                 200,000
               差引額                    1,620,000                 1,620,000
         (連結損益計算書関係)

          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成28年9月1日                  (自 平成29年9月1日
                             至 平成29年8月31日)                  至 平成30年8月31日)
                                    834,648    千円            1,018,212     千円
     給料及び手当
     雑給                               518,139                  483,077
     退職給付費用                               14,768                  17,386
     貸倒引当金繰入額                               △9,660                  28,750
     賞与引当金繰入額                               35,018                  42,078
     販売促進引当金繰入額                               15,776                  9,909
          ※2 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成28年9月1日                  (自 平成29年9月1日
                             至 平成29年8月31日)                  至 平成30年8月31日)
                                       -  千円              4,465   千円
     機械装置及び運搬具
      工具、器具及び備品                                  -                 281
               計                        -                4,746
          ※3 移転補償金の内容は次のとおりであります。

           前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

            当社において、都市計画に伴う事業拠点の移転要請により、補償金の受領を合意しております。受領金額
           より移転費用や固定資産除却損を控除した金額を特別利益として計上しております。
          ※4 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成28年9月1日                  (自 平成29年9月1日
                             至 平成29年8月31日)                  至 平成30年8月31日)
                                       -  千円              1,654   千円
     建物及び構築物
               計                        -                1,654
                                  68/130





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ※5 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成28年9月1日                  (自 平成29年9月1日
                             至 平成29年8月31日)                  至 平成30年8月31日)
                                       -  千円               169  千円
     建物及び構築物
      機械装置及び運搬具                                  -                  0
      工具、器具及び備品                                  31                  -
               計                        31                 169
          ※6 減損損失

             当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
             前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
              場所                用途            種類           減損損失
                                                       4,985   千円
                                      建物及び構築物
     新宿支店(東京都新宿区)
                          コールセンターの設備
                                                        107
                                      工具、器具及び備品
                                                        523
                                      建物及び構築物
     広島営業所(広島県広島市中区)                                                  366
                          コールセンターの設備            工具、器具及び備品
                                                        107
                                      ソフトウエア
                                                       6,090
                                      合計
             当社グループは、原則として、事業用資産については各地域に所在する拠点を基準としてグルーピング
            を行っております。
             新宿支店及び広島営業所につきましては、将来の回収可能性を検討した結果、主要な資産の残存年数で
            は、将来キャッシュ・フローがマイナスであるため、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減損し、当
            該減少額を減損損失(6,090千円)として特別損失として計上しました。
             なお、回収可能価額は、使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローがマイナスであ
            るため、備忘価額で評価しております。
             当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。

             当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)
              場所                用途            種類           減損損失
     広島営業所(広島県広島市中区)                                                  331  千円
                          コールセンターの設備            工具、器具及び備品
                                                       1,325
                                      建物及び構築物
     福岡営業所(福岡県福岡市中央区)                                                  903
                          コールセンターの設備            工具、器具及び備品
                                                        31
                                      ソフトウエア
                                                       2,591
                                      合計
             当社グループは、原則として、事業用資産については各地域に所在する拠点を基準としてグルーピング
            を行っております。
             広島営業所及び福岡営業所につきましては、将来の回収可能性を検討した結果、主要な資産の残存年数
            では、将来キャッシュ・フローがマイナスであるため、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減損し、
            当該減少額を減損損失(2,591千円)として特別損失として計上しました。
             なお、回収可能価額は、使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローがマイナスであ
            るため、備忘価額で評価しております。
                                  69/130




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結包括利益計算書関係)
          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成28年9月1日                  (自 平成29年9月1日
                             至 平成29年8月31日)                  至 平成30年8月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                              13,805千円                  22,446千円
      組替調整額                                -                  -
      税効果調整前
                                     13,805                  22,446
      税効果額                              △5,934                  △10,258
      その他有価証券評価差額金
                                     7,870                  12,188
     その他の包括利益合計
                                     7,870                  12,188
         (連結株主資本等変動計算書関係)

          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                       10,500           -         -       10,500

             合計                10,500           -         -       10,500

     自己株式

      普通株式                         -         -         -         -

             合計                  -         -         -         -

           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

             該当事項はありません。
           3.配当に関する事項

             該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                       10,500           -         -       10,500

             合計                10,500           -         -       10,500
     自己株式
      普通株式                         -         -         -         -

             合計                  -         -         -         -

                                  70/130





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
                    新株予約権
                              新株予約権の目的となる株式の数(株)
                    の目的とな                                当連結会計年度末
     区分     新株予約権の内訳
                           当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                    る株式の種                                残高(千円)
                           年度期首      年度増加      年度減少      年度末
                    類
           第4回新株予約権
     提出会     (ストック・オプ
                         -      -      -      -      -         -
     社     ションとしての新
           株予約権)
     (注)当社は未公開企業であり、付与時の単価当たりの本源的価値は0円であるため、当連結会計年度末残高はありませ
        ん。
           3.配当に関する事項

             該当事項はありません。
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成28年9月1日                  (自 平成29年9月1日
                             至 平成29年8月31日)                  至 平成30年8月31日)
                                   1,705,662     千円            1,871,298     千円
     現金及び預金勘定
     預入期間が3か月を超える定期預金                              △309,545                  △319,567
     現金及び現金同等物                              1,396,116                  1,551,731
                                  71/130













                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金を銀行借入や社債発行により調達しておりま
             す。また、資金運用については流動性が高く元本返還が確実であると判断した金融資産で運用しており
             ます。デリバティブ取引は余剰資金運用目的の範囲内で、特性を評価し安全性が高いと判断された複合
             金融商品のみを選択しております。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              投資有価証券は市場価格の変動リスクに晒されております。
              また、組込デリバティブ取引は将来の為替                     変動に伴う元本毀損リスクを有しております。
              営業債務である買掛金、未払金はそのほとんどが1年以内の支払期日であります。
              短期借入金は短期的な運転資金の調達、社債は設備投資資金の調達に伴うものでありますが、いずれ
             も支払金利は固定金利であるため、金利の変動リスクには晒されておりません。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

              営業債権である受取手形及び売掛金に係る顧客の信用リスクは、与信管理規程に沿って、取引におけ
             る不良債権の発生防止、優良取引先の選別、取引基盤の強化等リスクの低減を図っております。また、
             販売管理規程に沿って、取引先ごとに債権の期日及び残高を管理しております。
              投資有価証券は主として業務上の関係を有する株式であり、上場株式については四半期毎に把握され
             た時価が取締役会に報告されております。
              また、組込デリバティブ取引の相手方は、信用度の高い金融機関であり、相手方の契約の不履行から
             生ずる信用損失の発生は予想しておりません。
              営業債務は流動性リスクに晒されておりますが、当社グループは各部署からの報告に基づき、適時に
             資金繰り計画を作成・更新し、流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することもあります。
                                  72/130










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
            することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                         1,705,662            1,705,662               -

      (2)受取手形及び売掛金                         2,337,758            2,337,758               -
      (3)投資有価証券                           81,761            81,761              -
       資産計                        4,125,181            4,125,181               -

      (1)支払手形及び買掛金                          885,033            885,033              -

      (2)短期借入金                          200,000            200,000              -
      (3)未払金                          249,081            249,081              -

      (4)社債                         1,200,000            1,202,106              2,106
       負債計                        2,534,115            2,536,221              2,106

     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (3)投資有価証券
            これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は取引所の価格または取引金融機関から
           提示された価格によっております。
         負 債

          (1)支払手形及び買掛金、(2)短期借入金、(3)未払金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (4)社債
            社債の時価については、元利金の合計額を同様の新規社債発行を行った場合に想定される利率で割り引い
           て算定する方法によっております。
         デリバティブ取引

           注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
           なお、組込デリバティブの時価を区分して測定できない複合金融商品は、複合金融商品自体を時価評価し、
          (3)投資有価証券に含めて記載しております。
                                  73/130







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                     (単位:千円)
                                当連結会計年度

                 区分
                               (平成29年8月31日)
          非上場株式                                0

           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投
          資有価証券」には含めておりません。
        3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                     1,705,662             -         -         -
      受取手形及び売掛金                     2,337,758             -         -         -
      投資有価証券

       その他有価証券のうち満期がある
       もの
        債券(社債)                       -       63,569           -         -
             合計              4,043,420           63,569           -         -

        4.社債及び短期借入金の連結決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      短期借入金              200,000          -       -       -       -       -

      社債                -       -     400,000       800,000          -       -
          合計          200,000          -     400,000       800,000          -       -

                                  74/130










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金を銀行借入や社債発行により調達しておりま
             す。また、資金運用については流動性が高く元本返還が確実であると判断した金融資産で運用しており
             ます。デリバティブ取引は余剰資金運用目的の範囲内で、特性を評価し安全性が高いと判断された複合
             金融商品のみを選択しております。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              投資有価証券は市場価格の変動リスクに晒されて                        おります。
              また、組込デリバティブ取引は将来の為替変動に伴う元本毀損リスクを有しております。なお、当連
             結会計年度末において債券は保有しておりません。
              営業債務である買掛金、未払金はそのほとんどが1年以内の支払期日であります。
              短期借入金は短期的な運転資金の調達、社債は設備投資資金の調達に伴うものでありますが、いずれ
             も支払金利は固定金利であるため、金利の変動リスクには晒されておりません。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

              営業債権である受取手形及び売掛金に係る顧客の信用リスクは、与信管理規程に沿って、取引におけ
             る不良債権の発生防止、優良取引先の選別、取引基盤の強化等リスクの低減を図っております。また、
             販売管理規程に沿って、取引先ごとに債権の期日及び残高を管理しております。
              投資有価証券は主として業務上の関係を有する株式であり、上場株式については四半期毎に把握され
             た時価が取締役会に報告されております。
              また、組込デリバティブ取引の相手方は、信用度の高い金融機関であり、相手方の契約の不履行から
             生ずる信用損失の発生は予想しておりません。
              営業債務や借入金は流動性リスクに晒されておりますが、当社グループは各部署からの報告に基づ
             き、適時に資金繰り計画を作成・更新し、流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することもあります。
                                  75/130










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
            することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                         1,871,298            1,871,298               -

      (2)受取手形及び売掛金                         2,610,988            2,610,988               -
      (3)投資有価証券                           34,704            34,704              -
       資産計                        4,516,991            4,516,991               -

      (1)支払手形及び買掛金                         1,056,964            1,056,964               -

      (2)短期借入金                          200,000            200,000              -
      (3)未払金                          329,208            329,208              -

      (4)社債                         1,200,000            1,199,302              △697
                               2,786,172
       負債計                                    2,785,475              △697
     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (3)投資有価証券
            株式は取引所の価格によっております。
         負 債

          (1)支払手形及び買掛金、(2)短期借入金、(3)未払金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (4)社債
            社債の時価については、元利金の合計額を同様の新規社債発行を行った場合に想定される利率で割り引い
           て算定する方法によっております。
         デリバティブ取引

           該当事項はありません。
                                  76/130








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                     (単位:千円)
                                当連結会計年度

                 区分
                               (平成30年8月31日)
          非上場株式                                0

           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投
          資有価証券」には含めておりません。
        3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                     1,871,298             -         -         -

      受取手形及び売掛金                     2,610,988             -         -         -
             合計              4,482,287             -         -         -

        4.社債及び短期借入金の連結決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      短期借入金              200,000          -       -       -       -       -

      社債                -     400,000       800,000          -       -       -
          合計          200,000       400,000       800,000          -       -       -

                                  77/130












                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (有価証券関係)
          前連結会計年度(平成29年8月31日)
           1.その他有価証券
                                 連結貸借対照表計
                          種類                 取得原価(千円)          差額(千円)
                                 上額(千円)
                      (1)株式                18,192           736        17,455

                      (2)債券
                       ① 国債・地方債等                 -         -         -

     連結貸借対照表計上額が取得原価
                       ② 社債                 -         -         -
     を超えるもの
                       ③ その他                 -         -         -
                      (3)その他                  -         -         -
                          小計            18,192           736        17,455

                      (1)株式                  -         -         -

                      (2)債券
                       ① 国債・地方債等                 -         -         -

     連結貸借対照表計上額が取得原価
                       ② 社債               63,569         63,569           -
     を超えないもの
                       ③ その他                 -         -         -
                      (3)その他                  -         -         -
                          小計            63,569         63,569           -

                  合計                     81,761         64,305         17,455

     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額0千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認
        められることから、上表「その他有価証券」には含めておりません。
           2.売却したその他有価証券

            当連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
                                     売却益の合計額             売却損の合計額
           種類            売却額(千円)
                                      (千円)             (千円)
     (1)株式                           -             -             -

     (2)債券
      ① 国債・地方債等                          -             -             -

      ② 社債                        63,630              3,778               -

      ③ その他                          -             -             -

     (3)その他                           -             -             -

           合計                   63,630              3,778               -

                                  78/130






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(平成30年8月31日)
           1.その他有価証券
                                 連結貸借対照表計
                          種類                 取得原価(千円)          差額(千円)
                                 上額(千円)
                      (1)株式                34,704           736        33,967

                      (2)債券
                       ① 国債・地方債等                 -         -         -

     連結貸借対照表計上額が取得原価
                       ② 社債                 -         -         -
     を超えるもの
                       ③ その他                 -         -         -
                      (3)その他                  -         -         -
                          小計            34,704           736        33,967

                      (1)株式                  -         -         -

                      (2)債券
                       ① 国債・地方債等                 -         -         -

     連結貸借対照表計上額が取得原価
                       ② 社債                 -         -         -
     を超えないもの
                       ③ その他                 -         -         -
                      (3)その他                  -         -         -
                          小計              -         -         -

                  合計                     34,704           736        33,967

     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額0千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認
        められることから、上表「その他有価証券」には含めておりません。
           2.売却したその他有価証券

            当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)
                                     売却益の合計額             売却損の合計額
           種類            売却額(千円)
                                      (千円)              (千円)
     (1)株式                           -             -             -

     (2)債券
      ① 国債・地方債等                          -             -             -

      ② 社債                        47,510               -            2,257

      ③ その他                          -             -             -

     (3)その他                           -             -             -
           合計                   47,510               -            2,257

                                  79/130






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (デリバティブ取引関係)
          前連結会計年度(平成29年8月31日)
           ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
                                    契約額等のうち
                              契約額等                  時価       評価損益
                                    1年超
         区分          取引の種類
                              (千円)                 (千円)        (千円)
                                      (千円)
     市場取引以外の取引             複合金融商品             68,391        68,391        63,569        △4,821

               合計                 68,391        68,391        63,569        △4,821

      (注) 1.時価については、取引金融機関によって提示されたものによっております。
          2.組込デリバティブについて、時価の測定を合理的に区分して測定できないため、当該複合金融商品全体を
            時価評価し、評価差額を損益に計上しております。
          当連結会計年度(平成30年8月31日)

           該当事項はありません。
                                  80/130
















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (退職給付関係)
          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           1.採用している退職給付制度の概要
             当社及び連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、企業型確定拠出年金制度を採用しておりま
            す。
           2.確定拠出制度
             当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は14,768千円であります。
          当連結会計年度       (自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

           1.採用している退職給付制度の概要
             当社及び連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、企業型確定拠出年金制度を採用しておりま
            す。
           2.確定拠出制度
             当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は17,386千円であります。
         (ストック・オプション等関係)

          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                        (単位:千円)
                                   当連結会計年度

                                (自 平成29年9月1日
                                 至 平成30年8月31日)
           売上原価の株式報酬費                               -

           一般管理費の株式報酬費                               -

          (注) 当社は、未公開企業でありストック・オプション等の単価当たりの本源的価値は0円であるため、
               費用計上はしておりません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                               平成30年ストック・オプション
                              当社取締役  3名
           付与対象者の区分及び人数                    子会社取締役 2名
                              当社従業員  15名
           株式の種類別のストック・オプションの
                              普通株式 100,000株
           数(注)
           付与日                    平成30年6月16日
                              付与日(平成30年6月16日)以降、
           権利確定条件                    権利確定日(平成32年6月19日)ま
                              で継続して勤務していること。
                              自平成30年6月16日 至平成32年6
           対象勤務期間
                              月19日
                              自平成32年6月20日 至平成40年6
           権利行使期間
                              月10日
           (注) 株式数に換算して記載しております。なお、平成30年12月14日付株式分割(普通株式1株につき
               200株の割合)による分割後の株式に換算して記載しております。
                                  81/130




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
              当連結会計年度(平成30年8月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・
             オプションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                               平成30年ストック・オプション
           権利確定前               (株)

            前連結会計年度末                                  -

            付与                               100,000

            失効                                  -

            権利確定                                  -

            未確定残                               100,000

           権利確定後               (株)

            前連結会計年度末                                  -

            権利確定                                  -

            権利行使                                  -

            失効                                  -

            未行使残                                  -

          (注) 平成30年12月14日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)による分割後の株式数に換算して
               記載しております。
             ② 単価情報
                               平成30年ストック・オプション
           権利行使価格               (円)                   1,055

           行使時平均株価               (円)                    -

           付与日における公正な評価単価               (円)                    -

          (注) 平成30年12月14日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)による分割後の価格に換算して記
               載しております。
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             ストック・オプション付与時点において当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの公正な
            評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。また、単位当たりの本源的価
            値の算定基礎となる自社の株式価値は、DCF法及び時価純資産価額法に                                  より算出された価格を基礎とし
            て 決定しております。
             なお、当社は未公開企業のため、単位当たりの本源的価値はゼロとなり、ストック・オプションの公正
            な評価単価もゼロと算定しております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
            用しております。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本

             源的価値の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日にお
             ける本源的価値の合計額
            (1)当連結会計年度末における本源的価値の合計額             -千円
            (2)当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの
               権利行使日における本源的価値の合計額                -千円
         (税効果会計関係)

          前連結会計年度(平成29年8月31日)
                                  82/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (平成29年8月31日)
            繰延税金資産
             貸倒引当金                             3,990千円
             関係会社株式評価損                             57,864
             減価償却超過額                             4,024
             資産除去債務                             8,073
             販売促進引当金                             5,395
             賞与引当金                             11,969
             税務上の繰越欠損金                            439,913
             未払費用                             6,568
                                          5,027
             その他
            繰延税金資産小計
                                         542,827
                                        △531,401
            評価性引当額
            繰延税金資産合計
                                          11,426
            繰延税金負債
             建物附属設備                            △1,107
             その他有価証券評価差額金                            △5,934
            繰延税金負債合計                             △7,042
            繰延税金資産の純額                              4,383
            (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。
                                     当連結会計年度
                                    (平成29年8月31日)
            固定資産-繰延税金資産
                                          11,426千円
            固定負債-繰延税金負債                             △7,042
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (平成29年8月31日)
            法定実効税率
                                           34.2%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              1.2
             住民税均等割                              2.6
             評価性引当額の増減                             △28.0
             その他                             △0.7
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                           9.3
                                  83/130








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(平成30年8月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                        当連結会計年度
                                      (平成30年8月31日)
            繰延税金資産
             貸倒引当金                               5,568千円
             関係会社株式評価損                               51,397
             減価償却超過額                               3,147
             資産除去債務                               14,157
             販売促進引当金                               2,992
             賞与引当金                               12,875
             税務上の繰越欠損金(注)2                              265,070
             未払費用                               3,470
                                            7,242
             その他
            繰延税金資産小計
                                           365,922
             税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                              △208,403
                                           △70,470
             将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
            評価性引当額小計(注)1                              △278,873
            繰延税金資産合計
                                            87,048
            繰延税金負債
             建物附属設備                              △9,464
             その他有価証券評価差額金                              △10,258
            繰延税金負債合計                               △19,722
            繰延税金資産の純額                                67,325
             (注)1.評価性引当額は252,527千円減少しております。この減少の主な内容は会社分類の見直しに伴

                 い、税務上の繰越欠損金及び将来減算一時差異等の評価性引当額が減少したことによるもので
                 あります。
             (注)2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
                                                   (単位:千円)
                          1年超      2年超      3年超      4年超
                    1年以内                              5年超      合計
                          2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
           税務上の繰越欠
                     56,667      71,280      96,367      40,755        -      -   265,070
           損金(※1)
           評価性引当額            -   △71,280      △96,367      △40,755         -      -  △208,403
           繰延税金資産          56,667        -      -      -      -      -    56,667

             (※1)税務上の繰越欠損金は法定実効税率を乗じた金額であります。
             (※2)税務上の繰越欠損金265,070千円(法定実効税率を乗じた額)について繰延税金資産56,667千円
                 を計上しております。当該税務上の繰越欠損金については、将来の課税所得の見込みにより、
                 回収可能と判断した部分については評価性引当額を認識しておりません。
                                  84/130







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原
             因となった主要な項目別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (平成30年8月31日)
            法定実効税率
                                           34.2%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              0.6
             住民税均等割                              0.7
             税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                              1.6
             法人税額の特別控除額                             △3.2
             評価性引当額の増減                             △40.8
             その他                             △0.2
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                          △7.1
           3.法人税率の変更等による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

            当社は、新規上場に伴い、資本金が1億円を超え、外形標準課税適用法人となる見込みであるため、繰延
           税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は前連結会計年度の計算において使用した34.2%
           から30.2%となりました。この税率変更により、繰延税金資産(繰延税金負債の金額を控除した金額)は
           7,587千円減少し、法人税等調整額が8,878千円、その他有価証券評価差額金が1,290千円、それぞれ増加し
           ております。
                                  85/130














                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (資産除去債務関係)
          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
            イ 当該資産除去債務の概要
              当社グループが賃借している事業所の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
            ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

              使用可能見込期間は事業所の規模に応じて5~15年と見積り、割引率は取得時点の国債の利子率を使
             用して資産除去債務の金額を算定しております。
            ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                                       当連結会計年度
                                    (自 平成28年9月1日
                                     至 平成29年8月31日)
                                             24,136    千円
              期首残高
              時の経過による調整額                                 209
              資産除去債務の履行による減少額                                △600
              期末残高                               23,745
          当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

           資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
            イ 当該資産除去債務の概要
              当社グループが賃借している事業所の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
            ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

              使用可能見込期間は事業所の規模に応じて5~15年と見積り、割引率は取得時点の国債の利子率を使
             用して資産除去債務の金額を算定しております。
            ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                                       当連結会計年度
                                    (自 平成29年9月1日
                                     至 平成30年8月31日)
                                             23,745    千円
              期首残高
              有形固定資産の取得に伴う増加額                               28,448
              時の経過による調整額                                 236
              原状回復義務免除による減少額                               △8,321
              見積りの変更による増減額(△は減少)                                2,450
              期末残高                               46,558
            ニ 当該資産除去債務の金額の              見積りの変更

              当連結会計年度において、原状回復義務として計上していた資産除去債務について、直近の処理費用
             の実績等の新たな情報の入手に伴い、原状回復費用の見積り額に関して変更を行い、見積りの変更によ
             る増加額2,450千円を変更前の資産除去債務残高から増額しております。
         (賃貸等不動産関係)

          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           重要性がないため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

           重要性がないため、記載を省略しております。
                                  86/130




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
            1.報告セグメントの概要
              当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能で
             あり、当社の取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象と
             なっているものであります。
              当社グループは、オフィスに関するあらゆるサービスをワンストップで提供できる当社オリジナルブ
             ランド「オフィス光119」の販売を主要業務としている「オフィス光119事業」と、ビジネスホン・複合
             機・事務用品カタログ販売・LED照明器具・電力販売代理店・レンタルホームページ等を販売してい
             る「オフィスソリューション事業」、来店型ショップによる生命保険及び損害保険の取次事業を実施し
             ている「ファイナンシャル・プランニング事業」の3事業を報告セグメントとしております。
            2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

              報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な
             事項」における記載と概ね同一であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値でありま
             す。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
              なお、電力の販売代理業務につきましては、「オフィス光119」のクロスセル展開の一環として、
             「オフィス光119事業」のオペレーターが提案から完了に至るまでを担っており、その経費は、「オ
             フィス光119事業」と「オフィスソリューション事業」に区分することが実務上困難であり、「オフィ
             ス光119事業」にて計上しております。
            3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                 その他
                                  ファイナン
                                                        合計
                           オフィスソ
                                                 (注)
                     オフィス光              シャル・プ
                           リューショ                計
                     119事業             ランニング
                             ン事業
                                    事業
     売上高
                     6,322,580       1,340,587        250,438      7,913,606        11,032     7,924,639
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                         11     1,036        -     1,048        -     1,048
      又は振替高
                     6,322,592       1,341,624        250,438      7,914,654        11,032     7,925,687
            計
                      106,021       147,222       79,573      332,816        6,210      339,027
     セグメント利益
                     2,227,720        519,543       27,748     2,775,011        123,891      2,898,903
     セグメント資産
     その他の項目

                       6,329       1,600        443      8,373       2,145      10,519
      減価償却費
      有形固定資産及び無形固定
                       1,110        -       -     1,110        -     1,110
      資産の増加額
      (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、不動産賃貸業であります。
                                  87/130






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事
              項)
                                        (単位:千円)
                   売上高                  当連結会計年度
       報告セグメント計                                  7,914,654
       「その他」の区分の売上高                                    11,032
       セグメント間取引消去                                   △1,048
       連結財務諸表の売上高                                  7,924,639
                                        (単位:千円)
                   利益                  当連結会計年度
       報告セグメント計                                   332,816
       「その他」の区分の利益                                     6,210
       全社費用(注)                                  △287,238
       連結財務諸表の営業利益                                    51,789
      (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                        (単位:千円)
                   資産                  当連結会計年度
       報告セグメント計                                  2,775,011
       「その他」の区分の資産                                   123,891
       全社資産(注)                                  1,750,006
       連結財務諸表の資産合計                                  4,648,909
      (注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金であります。
                                                     (単位:千円)
                   報告セグメント計             その他           調整額       連結財務諸表計上額
         その他の項目
                    当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度
       減価償却費                  8,373           2,145           6,610          17,129

       有形固定資産及び無形
                          1,110            -        19,316           20,426
       固定資産の増加額
      (注)1.減価償却費の調整額は主に、報告セグメントに帰属しない当社の管理部門に係る資産の減価償却費でありま
           す。
         2.有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は主に、本社倉庫に対する設備投資額であります。
                                  88/130








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)
            1.報告セグメントの概要
              当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能で
             あり、当社の取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象と
             なっているものであります。
              当社グループは、オフィスに関するあらゆるサービスをワンストップで提供できる当社オリジナルブ
             ランド「オフィス光119」の販売を主要業務としている「オフィス光119事業」と、ビジネスホン・複合
             機・事務用品カタログ販売・LED照明器具・電力販売代理店・レンタルホームページ等を販売してい
             る「オフィスソリューション事業」、来店型ショップによる生命保険及び損害保険の取次事業を実施し
             ている「ファイナンシャル・プランニング事業」の3事業を報告セグメントとしております。
            2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

              報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な
             事項」における記載と概ね同一であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値でありま
             す。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
              なお、電力の販売代理業務につきましては、「オフィス光119」のクロスセル展開の一環として、
             「オフィス光119事業」のオペレーターが提案から完了に至るまでを担っており、その経費は、「オ
             フィス光119事業」と「オフィスソリューション事業」に区分することが実務上困難であり、「オフィ
             ス光119事業」にて計上しております。
            3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                 その他
                                  ファイナン
                           オフィスソ                             合計
                                                 (注)
                     オフィス光              シャル・プ
                           リューショ                計
                     119事業             ランニング
                             ン事業
                                    事業
     売上高
                     8,118,601       1,526,454        238,363      9,883,419        11,123     9,894,542
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                         11     7,612        -     7,623        -     7,623
      又は振替高
                     8,118,612       1,534,066        238,363      9,891,043        11,123     9,902,166
            計
                      398,192       298,977       39,838      737,008        6,872      743,881
     セグメント利益
                     2,505,226        631,192       24,924     3,161,344        122,185      3,283,529
     セグメント資産
     その他の項目

                       8,008       2,450        408     10,867       1,837      12,705
      減価償却費
      有形固定資産及び無形固定
                       65,399       19,708       1,293      86,401         -     86,401
      資産の増加額
      (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、不動産賃貸業であります。
                                  89/130







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事
              項)
                                        (単位:千円)
                   売上高                  当連結会計年度
       報告セグメント計                                  9,891,043
       「その他」の区分の売上高                                    11,123
       セグメント間取引消去                                   △7,623
       連結財務諸表の売上高                                  9,894,542
                                        (単位:千円)
                   利益                  当連結会計年度
       報告セグメント計                                   737,008
       「その他」の区分の利益                                     6,872
       全社費用(注)                                  △393,092
       連結財務諸表の営業利益                                   350,789
      (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                        (単位:千円)
                   資産                  当連結会計年度
       報告セグメント計                                  3,161,344
       「その他」の区分の資産                                   122,185
       全社資産(注)                                  2,204,412
       連結財務諸表の資産合計                                  5,487,942
      (注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金であります。
                                                     (単位:千円)
                   報告セグメント計             その他           調整額       連結財務諸表計上額
         その他の項目
                    当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度
       減価償却費                  10,867           1,837           9,680          22,386

       有形固定資産及び無形
                         86,401             -        28,421          114,822
       固定資産の増加額
      (注)1.減価償却費の調整額は主に、報告セグメントに帰属しない当社の管理部門に係る資産の減価償却費でありま
           す。
         2.有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は主に、名古屋支店移転のうち管理部門へ按分した設備投
           資額であります。
                                  90/130








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【関連情報】
           前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
            1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
             (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を
             省略しております。
           当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

            1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
             (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を
             省略しております。
                                  91/130










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
                                                     (単位:千円)
                    オフィスソ       ファイナン
            オフィス光119
                   リューション       シャル・プラ          計      その他      全社・消去         合計
              事業
                     事業     ンニング事業
                6,090         -       -     6,090         -       -     6,090
     減損損失
           当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

                                                     (単位:千円)
                    オフィスソ       ファイナン
            オフィス光119
                   リューション       シャル・プラ          計      その他      全社・消去         合計
              事業
                     事業     ンニング事業
                2,591         -       -     2,591         -       -     2,591
     減損損失
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

            該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

           該当事項はありません。
                                  92/130









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (1株当たり情報)
          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
                                   当連結会計年度
                                 (自 平成28年9月1日
                                  至 平成29年8月31日)
                                       900.06    円
         1株当たり純資産額
                                        62.25   円
         1株当たり当期純利益金額
          (注)1.当社は、平成30年12月14日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。当
               連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期
               純利益金額を算定しております。
             2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、                            潜在株式が存在しないため、記載しており
               ません。
             3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   当連結会計年度
                                 (自 平成28年9月1日
                                  至 平成29年8月31日)
           親会社株主に帰属する当期純利益金額
                                       130,735
           (千円)
           普通株主に帰属しない金額(千円)                               -
           普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
                                       130,735
           純利益金額(千円)
           普通株式の期中平均株式数(株)                            2,100,000
                                  93/130













                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)
                                   当連結会計年度
                                 (自 平成29年9月1日
                                  至 平成30年8月31日)
         1株当たり純資産額                             1,181.19円

         1株当たり当期純利益金額                              275.33円

          (注)1.当社は、平成30年12月14日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。前
               連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期
               純利益金額を算定しております。
             2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高はありますが、当社株式
               は非上場であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
             3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   当連結会計年度
                                 (自 平成29年9月1日
                                  至 平成30年8月31日)
           親会社株主に帰属する当期純利益金額
                                       578,183
           (千円)
           普通株主に帰属しない金額(千円)                               -
           普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
                                       578,183
           純利益金額(千円)
           普通株式の期中平均株式数(株)                            2,100,000
         希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                       新株予約権1種類(新株予約権
         1株当たり当期純利益金額の算定に含めな                      の数500個)。
         かった潜在株式の概要                       なお、新株予約権の概要は             「第
                               二部 企業情報 第4 提出会社
                               の状況 1 株式等の状況 (2)
                               新株予約権等の状況 ①ストック
                               オプション制度の内容」           に記載の
                               とおりであります。
                                  94/130










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
          前連結会計年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

           当社は、平成30年11月27日開催の取締役会決議に基づき、平成30年12月14日付をもって株式分割を行ってお
          ります。また、上記株式分割に伴い、定款の一部を変更し単元株制度を採用しております。
          1.株式分割、単元株制度の採用の目的

            当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、1単元
           を100株とする単元株制度を採用いたします。
          2.株式分割の概要

            (1)分割方法
               平成30年12月13日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、普通株式1株につき
               200株の割合をもって分割しております。
            (2)分割により増加する株式数

               株式分割前の発行済株式総数        10,500株
               今回の分割により増加する株式数                        2,089,500株
               株式分割後の発行済株式総数                          2,100,000株
               株式分割後の発行可能株式総数                         8,000,000株
            (3)分割の日程

               基準日公告日    平成30年11月28日
               基準日       平成30年12月13日
               効力発生日     平成30年12月14日
            (4)新株予約権権利行使価格の調整

               株式の分割に伴い、当社発行の新株予約権の1株当たりの行使価格を以下の通り調整いたしまし
               た。
                               調整前行使価格           調整後行使価格
             平成30年6月15日臨時株主総会に
                                   211,000円            1,055円
             基づく新株予約権
            (5)1株当たり情報に与える影響

               「1株当たり情報」は、当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたものと仮定して算出して
               おりますが、これによる影響については、当該箇所に記載しております。
            (6)単元株制度の採用

               上記の株式分割の効力発生日をもって単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株といた
               しました。
            (7)その他

               今回の株式の分割に際して、資本金の額の変更はありません。
                                  95/130





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          3.株式分割に伴う定款の一部変更
            (1)定款変更の理由
               今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、平成30年12月14日をもって、当社
               定款第6条で定める発行可能株式総数を変更いたします。
            (2)定款変更の内容

              (下線は変更箇所を示します。)
                     現行定款                      変更後定款
             (発行可能株式総数)
                                    (発行可能株式総数)
             第6条 当会社の発行可能株式総数は
                                    第6条 当会社の発行可能株式総数は
                 40,000株    とする。
                                        8,000,000株      とする。
            (3)定款変更の日程

               効力発生日     平成30年12月14日
                                  96/130
















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
           (税金費用の計算)
            税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果
           会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しておりま
           す。
          (四半期連結貸借対照表関係)

             ※   当座貸越契約及び貸出コミットメント契約
            当社及び連結子会社(㈱岐阜レカム、㈱コムズ)においては、資本効率の向上を図りつつ、必要な時に運
           転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行2行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締結して
           おります。これらの契約に基づく当座貸越契約及び貸出コミットメント契約に係る借入未実行残高は次の
           とおりであります。
                              当第1四半期連結会計期間

                               (平成30年11月30日)
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの総額                             1,820,000     千円
     借入実行残高                              200,000
               差引額                    1,620,000
          (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                              当第1四半期連結累計期間
                              (自 平成30年9月1日
                               至 平成30年11月30日)
           減価償却費                          6,657   千円
          (株主資本等関係)

           当第1四半期連結累計期間(自 平成30年9月1日 至 平成30年11月30日)
           1.配当金支払額
             該当事項はありません。
           2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期

            間の末日後となるもの
             該当事項はありません。
           3.株主資本の金額の著しい変動

             該当事項はありません。
                                  97/130







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (セグメント情報等)
           【セグメント情報】
            当第1四半期連結累計期間(自 平成30年9月1日 至 平成30年11月30日)
            1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                 その他
                                  ファイナン
                           オフィスソ                             合計
                                                 (注)
                     オフィス光              シャル・プ
                           リューショ                計
                     119事業             ランニング
                             ン事業
                                    事業
     売上高
                     2,161,150        434,666       57,332     2,653,149         3,461     2,656,610
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                         2      373       -      376       -      376
      は振替高
                     2,161,153        435,040       57,332     2,653,526         3,461     2,656,987
            計
                      125,582       163,903        7,502      296,988        2,588      299,577
     セグメント利益
     (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、不動産賃貸業であります。
            2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額

              の主な内容(差異調整に関する事項)
                                      (単位:千円)
                 利益                    金額
                                         296,988
     報告セグメント計
                                          2,588
     「その他」の区分の利益
     全社費用(注)                                  △104,158
                                         195,418
     四半期連結損益計算書の営業利益
      (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                  98/130











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (1株当たり情報)
           1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成30年9月1日
                                至 平成30年11月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 88円18銭

     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                 185,178

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                       185,178
      益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                2,100,000
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株                              -
      当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
      在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
      あったものの概要
      (注)    1.当社は、      平成30   年12月14日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。期首に当該
           株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
         2.  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式としての新株予約権の残高はあります
           が、当社株式は非上場であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
          (重要な後発事象)

             当社は、平成30年11月27日開催の取締役会決議に基づき、平成30年12月14日付をもって株式分割を行っ
            ております。また、上記株式分割に伴い、定款の一部を変更し単元株制度を採用しております。
            1.株式分割、単元株制度の採用の目的

              当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、1
             単元を100株とする単元株制度を採用いたします。
            2.株式分割の概要

              (1)分割方法
                 平成30年12月13日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、普通株式1株に
                 つき200株の割合をもって分割しております。
              (2)分割により増加する株式数

                 株式分割前の発行済株式総数        10,500株
                 今回の分割により増加する株式数                        2,089,500株
                 株式分割後の発行済株式総数                          2,100,000株
                 株式分割後の発行可能株式総数                         8,000,000株
              (3)分割の日程

                 基準日公告日    平成30年11月28日
                 基準日       平成30年12月13日
                 効力発生日     平成30年12月14日
              (4)新株予約権権利行使価格の調整

                 株式の分割に伴い、当社発行の新株予約権の1株当たりの行使価格を以下の通り調整いたしま
                 した。
                                 調整前行使価格           調整後行使価格
               平成  30 年6月15日臨時株主総会に
                                     211,000円            1,055円
               基づく新株予約権
              (5)1株当たり情報に与える影響

                                  99/130


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                 「1株当たり情報」は、当該株式分割が期首に行われたものと仮定して算出しておりますが、
                 これによる影響については、当該箇所に記載しております。
              (6)単元株制度の採用

                 上記の株式分割の効力発生日をもって単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株と
                 いたしました。
              (7)その他

                 今回の株式の分割に際して、資本金の額の変更はありません。
            3.株式分割に伴う定款の一部変更

              (1)定款変更の理由
                 今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、                             平成30   年12月14日をもって、
                 当社定款第6条で定める発行可能株式総数を変更いたします。
              (2)定款変更の内容

                                            (下線は変更箇所を示します。)
                       現行定款                      変更後定款
               (発行可能株式総数)
                                      (発行可能株式総数)
               第6条 当会社の発行可能株式総数は
                                      第6条 当会社の発行可能株式総数は
                   40,000株    とする。
                                          8,000,000株      とする。
              (3)定款変更の日程

                 効力発生日               平成30   年12月14日
                                100/130












                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                                当期首残高      当期末残高
        会社名          銘柄       発行年月日                   利率(%)       担保     償還期限
                                (千円)      (千円)
                          平成27年                              平成32年
     株式会社東名         第1回 無担保社債                    400,000      400,000       0.6    なし
                          5月25日                              5月25日
                          平成28年                              平成33年
     株式会社東名         第2回 無担保社債                    800,000      800,000       0.3    なし
                          8月25日                              8月25日
        合計          -         -     1,200,000      1,200,000         -    -      -
      (注) 連結決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
          1年以内(千円)
                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
                 -        400,000          800,000             -          -

         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                               (千円)       (千円)        (%)
     短期借入金                           200,000       200,000         0.5       -

     1年以内に返済予定の長期借入金                             -       -       -      -

     1年以内に返済予定のリース債務                             -       -       -      -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             -       -       -      -

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             -       -       -      -

     その他有利子負債                             -       -       -      -

                合計                200,000       200,000          -      -

      (注)平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結会計
         年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
       (2)【その他】

          該当事項はありません。
                                101/130








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成29年8月31日)              (平成30年8月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,296,509              1,399,603
         現金及び預金
                                       2,295,605              2,563,001
         売掛金
                                         5,994              2,808
         商品及び製品
                                         78,152              91,158
         原材料及び貯蔵品
                                         2,320              43,921
         前渡金
                                         42,435              67,439
         前払費用
                                         34,582              168,809
         その他
                                        △ 24,607             △ 34,319
         貸倒引当金
                                       3,730,993              4,302,423
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        162,725              196,445
          建物
                                        △ 98,432             △ 70,211
            減価償却累計額
            建物(純額)                             64,293              126,233
                                         2,606              2,606
          構築物
                                        △ 2,355             △ 2,395
            減価償却累計額
            構築物(純額)                               251              210
          機械及び装置                               8,800              8,800
                                        △ 4,790             △ 5,320
            減価償却累計額
            機械及び装置(純額)                              4,009              3,479
          車両運搬具                               10,330              12,971
                                        △ 9,694             △ 3,264
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                               636             9,707
          工具、器具及び備品                              117,183               74,856
                                       △ 108,475              △ 31,505
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              8,707              43,351
          土地                              178,921              178,835
                                           -             8,572
          建設仮勘定
                                        256,820              370,389
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,917               996
          ソフトウエア
                                           879              879
          電話加入権
                                         3,797              1,875
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         81,761              34,704
          投資有価証券
                                         35,982              35,982
          関係会社株式
                                         5,577              6,001
          長期前払費用
                                           -            56,302
          繰延税金資産
                                         88,145              151,512
          差入保証金
                                         17,263              18,493
          その他
                                        228,730              302,997
          投資その他の資産合計
                                        489,347              675,261
         固定資産合計
                                       4,220,341              4,977,685
       資産合計
                                102/130




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成29年8月31日)              (平成30年8月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        867,950             1,038,882
         買掛金
                                        ※ 200,000              ※ 200,000
         短期借入金
                                        232,272              314,771
         未払金
                                         13,599               6,094
         未払費用
                                         3,345              3,180
         未払法人税等
                                         80,393              48,011
         未払消費税等
                                           484              747
         前受金
                                         14,420              20,437
         預り金
                                         14,047              14,426
         前受収益
                                         29,947              37,496
         賞与引当金
                                         15,776               9,909
         販売促進引当金
                                           -              796
         店舗閉鎖損失引当金
                                           -              212
         資産除去債務
                                       1,472,237              1,694,964
         流動負債合計
       固定負債
                                       1,200,000              1,200,000
         社債
                                         21,189              43,790
         資産除去債務
                                         7,042                -
         繰延税金負債
                                         11,148              11,818
         その他
                                       1,239,381              1,255,609
         固定負債合計
                                       2,711,618              2,950,573
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         65,972              65,972
         資本金
         資本剰余金
                                         55,972              55,972
          資本準備金
                                         55,972              55,972
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         2,500              2,500
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       1,400,000              1,400,000
            別途積立金
                                        △ 27,242              478,957
            繰越利益剰余金
                                       1,375,257              1,881,457
          利益剰余金合計
                                       1,497,201              2,003,401
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         11,520              23,709
         その他有価証券評価差額金
                                         11,520              23,709
         評価・換算差額等合計
       純資産合計                                1,508,722              2,027,111
                                       4,220,341              4,977,685
      負債純資産合計
                                103/130






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成28年9月1日              (自 平成29年9月1日
                                至 平成29年8月31日)               至 平成30年8月31日)
                                       7,335,181              9,302,979
      売上高
                                       4,638,713              6,012,015
      売上原価
                                       2,696,468              3,290,964
      売上総利益
                                      ※1 2,724,906             ※1 3,043,480
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                  △ 28,437              247,484
      営業外収益
                                           250             2,027
       受取利息
                                         3,279              1,519
       有価証券利息
                                           24              24
       受取配当金
                                        103,951               82,816
       債務等決済差益
                                         3,778                -
       投資有価証券売却益
                                         8,370              12,532
       その他
                                        119,655               98,919
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,323              2,431
       支払利息
                                         7,854              7,852
       社債利息
                                           -             2,257
       有価証券売却損
                                         4,821              13,800
       デリバティブ評価損
                                           196              731
       その他
                                         15,196              27,074
       営業外費用合計
                                         76,021              319,329
      経常利益
      特別利益
                                                      ※2 4,656
                                           -
       固定資産売却益
                                                     ※3 116,236
                                           -
       移転補償金
                                           -             7,224
       資産除去債務戻入益
                                           -            128,117
       特別利益合計
      特別損失
                                                      ※4 1,654
                                           -
       固定資産売却損
                                          ※5 31            ※5 169
       固定資産除却損
                                         6,275              3,116
       減損損失
                                           -              796
       店舗閉鎖損失引当金繰入額
                                           125               -
       関係会社株式評価損
                                           116               -
       子会社清算損
                                         6,549              5,736
       特別損失合計
                                         69,471              441,711
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    3,345              3,180
                                         △ 974            △ 67,668
      法人税等調整額
                                         2,370             △ 64,488
      法人税等合計
                                         67,101              506,199
      当期純利益
                                104/130






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【売上原価明細書】
                               前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年9月1日                  (自 平成29年9月1日
                             至 平成29年8月31日)                    至 平成30年8月31日)
                     注記                 構成比                  構成比
           区分                金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ 商品原価
      1 期首商品たな卸高                      3,278                  5,994
                         4,457,919                  5,796,751
      2 当期商品仕入高
       合計                    4,461,197                  5,802,746

      3 期末商品たな卸高                          4,455,202       96.06           5,799,938       96.48

                           5,994                  2,808
     Ⅱ 労務費                            4,890      0.10            1,845      0.03
     Ⅲ 外注費                           138,897       2.99           173,246       2.88

                                 39,723      0.85            36,985      0.61
     Ⅳ 経費                 ※
       合計
                                4,638,713       100.00           6,012,015       100.00
     ※ 主な経費の内訳は以下のとおりであります。

                               前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年9月1日                  (自 平成29年9月1日
                             至 平成29年8月31日)                    至 平成30年8月31日)
                                    34,369    千円              32,294    千円
       保険料(原価)
                                105/130













                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成28年8月1日 至 平成29年8月31日)
                                                      (単位:千円)
                                       株主資本
                             資本剰余金               利益剰余金
                                                        株主資本
                                          その他利益剰余金
                      資本金
                          資本準備     資本剰余     利益準備               利益剰余     合計
                          金     金合計     金     別途積立     繰越利益     金合計
                                         金     剰余金
     当期首残高                 65,972     55,972     55,972     2,500   1,400,000     △ 94,343    1,308,156     1,430,100
     当期変動額
      当期純利益                                         67,101     67,101     67,101
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計
                        -     -     -     -     -   67,101     67,101     67,101
     当期末残高                 65,972     55,972     55,972     2,500   1,400,000     △ 27,242    1,375,257     1,497,201
                           評価・換算差額等

                                           純資産合計
                       その他有価証券
                               評価・換算差額等合計
                        評価差額金
     当期首残高
                            3,650          3,650        1,433,751
     当期変動額
      当期純利益                                         67,101
      株主資本以外の項目の当期変動額
                            7,870          7,870          7,870
      (純額)
     当期変動額合計                       7,870          7,870         74,971
     当期末残高
                            11,520          11,520         1,508,722
                                106/130











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)
                                                      (単位:千円)
                                       株主資本
                            資本剰余金               利益剰余金
                                                       株主資本
                                          その他利益剰余金
                      資本金
                          資本準備     資本剰余     利益準備               利益剰余     合計
                          金     金合計     金     別途積立     繰越利益     金合計
                                         金     剰余金
     当期首残高                 65,972     55,972     55,972     2,500   1,400,000     △ 27,242    1,375,257     1,497,201
     当期変動額
      当期純利益                                        506,199     506,199     506,199
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計                   -     -     -     -     -   506,199     506,199     506,199
     当期末残高
                       65,972     55,972     55,972     2,500   1,400,000      478,957    1,881,457     2,003,401
                           評価・換算差額等

                                           純資産合計
                       その他有価証券
                               評価・換算差額等合計
                        評価差額金
     当期首残高                      11,520          11,520         1,508,722
     当期変動額
      当期純利益
                                              506,199
      株主資本以外の項目の当期変動額
                           12,188          12,188          12,188
      (純額)
     当期変動額合計                      12,188          12,188         518,388
     当期末残高                      23,709          23,709         2,027,111
                                107/130











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           1.有価証券の評価基準及び評価方法
            (1)子会社株式及び関連会社株式
             移動平均法による原価法を採用しております。
            (2)その他有価証券

              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
              平均法により算定)を採用しております。
              時価のないもの

               移動平均法による原価法を採用しております。
           2.デリバティブ等の評価基準及び評価方法

            デリバティブ
             時価法を採用しております。
           3.たな卸資産の評価基準及び評価方法

             商品につきましては、個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下
            げの方法により算定)を採用しております。
             また、貯蔵品につきましては、最終仕入原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価
            切下げの方法により算定)を採用しております。
           4.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法を採用しております。
              ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)及び平成28年4月1日以降に
             取得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物        8年から31年
              工具、器具及び備品 4年から20年
            (2)無形固定資産(リース資産を除く)

              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
           5.引当金の計上基準

            (1)貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
             の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
            (2)賞与引当金

              従業員に対する賞与の支給に充てるため、賞与支給見込額のうち、当事業年度負担額を計上しており
             ます。
            (3)販売促進引当金

              販売促進を目的として行うキャンペーンにより発生するキャッシュバックの支出に充てるため、将来
             発生見込額を販売促進引当金として計上しております。
                                108/130



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
            消費税等の会計処理
              税抜方式によっております。
          当事業年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

           1.有価証券の評価基準及び評価方法
            (1)子会社株式及び関連会社株式
             移動平均法による原価法を採用しております。
            (2)その他有価証券

              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
              平均法により算定)を採用しております。
              時価のないもの

               移動平均法による原価法を採用しております。
           2.デリバティブ等の評価基準及び評価方法

            デリバティブ
             時価法を採用しております。
           3.たな卸資産の評価基準及び評価方法

             商品につきましては、個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下
            げの方法により算定)を採用しております。
             また、貯蔵品につきましては、最終仕入原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価
            切下げの方法により算定)を採用しております。
           4.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法を採用しております。
              ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)及び平成28年4月1日以降に
             取得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物        8年から31年
              工具、器具及び備品 4年から20年
            (2)無形固定資産(リース資産を除く)

              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
           5.引当金の計上基準

            (1)貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
             の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
            (2)賞与引当金

              従業員に対する賞与の支給に充てるため、賞与支給見込額のうち、当事業年度負担額を計上しており
             ます。
            (3)販売促進引当金

              販売促進を目的として行うキャンペーンにより発生するキャッシュバックの支出に充てるため、将来
             発生見込額を販売促進引当金として計上しております。
                                109/130



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (4)店舗閉鎖損失引当金
              期末日までに閉店又は閉店の意思決定があった場合、期末日後の損失発生見込額を計上しておりま
             す。
           6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

            消費税等の会計処理
             税抜方式によっております。
         (表示方法の変更)

          前事業年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

           (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の早期適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会計
          基準一部改正」という。)が当事業年度末に係る財務諸表から適用できるようになったことに伴い、当事業年
          度から税効果会計基準一部改正を適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は
          固定負債の区分に表示しております。
           この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」は、「投資その他の資産」
          の「繰延税金資産」に含めて表示しており、「流動負債」の「繰延税金負債」は、「固定負債」の「繰延税金
          負債」に含めて表示しておりますが、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」及
          び「流動負債」の「繰延税金負債」はゼロのため、当該変更による影響額はありません。
           また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第4項に定める「税効果会計に係る会計基
          準」注解(注8)(1)(評価性引当額の合計額を除く。)に記載された内容を追加しております。ただし、
          当該内容のうち前事業年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定める経過的な取扱いに
          従って記載しておりません。
         (追加情報)

          前事業年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
          (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事
          業年度から適用しております。
          当事業年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

           該当事項はありません。
                                110/130









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (貸借対照表関係)
           ※   当座貸越契約及び貸出コミットメント契約
             当社は、資本効率の向上を図りつつ、必要な時に運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行2行と
            当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締結しております。当事業年度末における当座貸越契約及び
            貸出コミットメント契約に係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
                                 前事業年度                 当事業年度

                               (平成29年8月31日)                (平成30年8月31日)
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの総額                               1,800,000     千円           1,800,000     千円
     借入実行残高                                200,000                 200,000
               差引額                      1,600,000                 1,600,000
         (損益計算書関係)

          ※1 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度76.9%、当事業年度74.1%、一般管理費に属する費
            用のおおよその割合は前事業年度23.1%、当事業年度25.9%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年9月1日                  (自 平成29年9月1日
                             至 平成29年8月31日)                  至 平成30年8月31日)
                                    758,814    千円             969,627    千円
     給料及び手当
     雑給                               516,218                  478,933
     退職給付費用                               12,267                  14,914
     減価償却費                               13,884                  19,872
     貸倒引当金繰入額                               △9,780                  28,701
     賞与引当金繰入額                               29,947                  37,496
     販売促進引当金繰入額                               15,776                  9,909
          ※2 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年9月1日                  (自 平成29年9月1日
                             至 平成29年8月31日)                  至 平成30年8月31日)
                                       -  千円              4,465   千円
     車両運搬具
     工具、器具及び備品                                  -                 191
               計                        -                4,656
          ※3 移転補償金の内容は次のとおりであります。

           前事業年度(自 平成28年9月1日 至 平成29年8月31日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 平成29年9月1日 至 平成30年8月31日)

            当社において、都市計画に伴う事業拠点の移転要請により、補償金の受領を合意しております。受領金額
           より移転費用や固定資産除却損を控除した金額を特別利益として計上しております。
          ※4 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年9月1日                  (自 平成29年9月1日
                             至 平成29年8月31日)                  至 平成30年8月31日)
                                       -  千円              1,654   千円
     建物
               計                        -                1,654
                                111/130




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ※5 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年9月1日                  (自 平成29年9月1日
                             至 平成29年8月31日)                  至 平成30年8月31日)
                                       -  千円               169  千円
     建物
     工具、器具及び備品                                  31                  -
               計                        31                 169
         (有価証券関係)

          前事業年度(平成29年8月31日)
           子会社株式(貸借対照表計上額は子会社株式35,982千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極め
          て困難と認められることから、記載しておりません。
          当事業年度(平成30年8月31日)

           子会社株式(貸借対照表計上額は子会社株式35,982千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極め
          て困難と認められることから、記載しておりません。
         (税効果会計関係)

          前事業年度(平成29年8月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (平成29年8月31日)
            繰延税金資産
             貸倒引当金                             3,861千円
             関係会社株式評価損                             57,864
             減価償却超過額                             4,024
             資産除去債務                             7,204
             販売促進引当金                             5,395
             賞与引当金                             10,241
             税務上の繰越欠損金                            416,602
             未払費用                             5,904
                                          2,804
             その他
            繰延税金資産小計
                                         513,903
            評価性引当額                            △513,903
            繰延税金資産合計
                                            -
            繰延税金負債
             建物附属設備                            △1,107
                                         △5,934
             その他有価証券評価差額金
            繰延税金負債合計                             △7,042
            繰延税金負債の純額                             △7,042
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                      当事業年度
                                    (平成29年8月31日)
            法定実効税率
                                           34.2%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              2.5
             住民税均等割                              4.8
             評価性引当額の増減                             △39.0
             その他                              0.9
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                           3.4
                                112/130



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社東名(E34729)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(平成30年8月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生主な原因別の内訳
                                         当事業年度
                                       (平成30年8月31日)
            繰延税金資産
             貸倒引当金                                5,437千円
             関係会社株式評価損                               51,397
             減価償却超過額                                3,147
             資産除去債務                               13,288
             販売促進引当金                                2,992
             賞与引当金                               11,323
             税務上の繰越欠損金                               248,706
             未払費用                                3,250
                                             4,290
             その他
            繰延税金資産小計
                                            343,836
             税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額                               △197,518
                                           △70,292
             将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
            評価性引当額小計                               △267,810
            繰延税金資産合計
                                            76,025
            繰延税金負債
             建物附属設備                               △9,464
             その他有価証券評価差額金                              △10,258
            繰延税金負債合計                               △19,722
            繰延税金資産の純額                                56,302
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                      当事業年度
                                    (平成30年8月31日)
            法定実効税率
                                           34.2%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              0.7
             住民税均等割                              0.7
             税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                              2.0
             法人税額の特別控除額                             △3.9
             評価性引当額の増減                             △48.3
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                          △14.6
           3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

            当社は、新規上場に伴い、資本金が1億円を超え、外形標準課税適用法人となる見込みであるため、繰延
           税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は前事業年度の計算において使用した34.2%から
           30.2%となりました。この税率変更により、繰延