シリコンスタジオ株式会社 有価証券報告書 第20期(平成29年12月1日-平成30年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第20期(平成29年12月1日-平成30年11月30日)

提出日:

提出者:シリコンスタジオ株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】

    【提出書類】                      有価証券報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      平成31年2月25日

    【事業年度】                      第20期(自 平成29年12月1日 至 平成30年11月30日)

    【会社名】                      シリコンスタジオ株式会社

    【英訳名】                      Silicon    Studio    Corporation

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長 梶谷 眞一郎

    【本店の所在の場所】                      東京都渋谷区恵比寿一丁目21番3号

    【電話番号】                      03-5488-7070

    【事務連絡者氏名】                      コーポレートサービス本部             財務経理部長 長谷川 祐

    【最寄りの連絡場所】                      東京都渋谷区恵比寿一丁目21番3号

    【電話番号】                      03-5488-7070

    【事務連絡者氏名】                      コーポレートサービス本部             財務経理部長 長谷川 祐

    【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                   1/104









                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    第一部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1) 連結経営指標等
           回次           第16期       第17期       第18期       第19期       第20期

          決算年月           平成26年11月       平成27年11月       平成28年11月       平成29年11月       平成30年11月

     売上高            (千円)      8,056,745       8,231,046       7,001,428       6,115,712       5,002,839

     経常利益又は
                 (千円)       832,523       252,929      △ 428,946     △ 1,202,755       △ 804,748
     経常損失(△)
     親会社株主に帰属する
     当期純利益又は
                 (千円)       507,578       146,894      △ 499,349     △ 1,137,815       △ 715,169
     親会社株主に帰属する
     当期純損失(△)
     包括利益            (千円)       512,453       147,618      △ 500,983     △ 1,136,292       △ 715,601
     純資産額            (千円)      1,576,587       3,201,127       2,699,202       1,448,844       1,330,170

     総資産額            (千円)      4,163,425       4,745,496       3,860,523       2,704,689       2,501,876

     1株当たり純資産額             (円)       781.76      1,301.80       1,081.45         577.90       463.17

     1株当たり当期純利益
                 (円)       255.82        64.64      △ 201.91      △ 456.73      △ 264.47
     又は当期純損失(△)
     潜在株式調整後
                 (円)         -      61.68         -       -       -
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率             (%)        37.6       67.5       70.0       53.6       52.7
     自己資本利益率             (%)        38.8        6.2        -       -       -

     株価収益率             (倍)         -      53.1         -       -       -

     営業活動による
                 (千円)       623,914       222,297      △ 118,187      △ 792,089      △ 456,271
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)      △ 293,219      △ 316,018      △ 287,348      △ 251,652       198,631
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)       233,433       730,092      △ 257,890        78,357       400,761
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)      1,541,471       2,177,843       1,514,417         548,974       693,520
     の期末残高
     従業員数
                          278       307       301       308       229
     〔外、平均臨時             (名)
                         〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕
     雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第16期において、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権は存在するものの、当社株
          式が非上場であるため記載しておりません。
        3.第18期、第19期及び第20期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権は存在するもの
          の、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
        4.当社は、平成27年2月23日に東京証券取引所マザーズ市場に上場しているため、第17期の潜在株式調整後1
          株当たり当期純利益は、新規上場日から平成27年11月期末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定し
          ております。
        5.第16期の株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        6.第18期、第19期及び第20期の自己資本利益率及び株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失
          であるため記載しておりません。
                                   2/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
        7.従業員数は当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出向
          者を含む就業人数であります。従業員数欄の(外書)は、臨時従業員(パート・アルバイトを含み、派遣社
          員を除く)の年間平均人員数でありますが、臨時従業員について、その総数が従業員数の100分の10未満で
          あるため記載を省略しております。
        8.当社は、第17期より「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しております。1株当たり当期純利益又は当期純損
          失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数については、
          本制度の信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社が保有する当社株式を控除対象の自己株式に
          含めて算定しております。また、1株当たり純資産額の算定上、期末発行株式総数から控除する自己株式に
          含めております。
                                   3/104


















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     (2) 提出会社の経営指標等
            回次            第16期       第17期       第18期       第19期       第20期

           決算年月           平成26年11月       平成27年11月       平成28年11月       平成29年11月       平成30年11月

     売上高             (千円)      7,114,689       7,102,715       6,324,263       5,353,297       4,484,182

     経常利益又は
                  (千円)       655,914       128,880      △ 387,187     △ 1,245,980       △ 747,508
     経常損失(△)
     当期純利益又は
                  (千円)       394,934        78,934      △ 463,961     △ 1,156,203       △ 650,176
     当期純損失(△)
     資本金             (千円)       100,000       121,543       133,492       146,214       439,428
     発行済株式総数              (株)     2,355,000       2,484,000       2,520,900       2,562,100       2,904,200

     純資産額             (千円)      1,464,215       3,031,898       2,565,362       1,296,615       1,242,935

     総資産額             (千円)      3,829,962       4,371,853       3,624,844       2,502,552       2,373,315

     1株当たり純資産額              (円)       731.19      1,232.98       1,027.83         517.18       432.55

     1株当たり配当額

                          10.00       10.00       10.00         -       -
                  (円)
     (1株当たり中間配当額)
                           ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     1株当たり当期純利益
                  (円)       199.05        34.73      △ 187.60      △ 464.11      △ 240.44
     又は当期純損失(△)
     潜在株式調整後
                  (円)         -      33.15         -       -       -
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率              (%)        38.2       69.4       70.8       51.8       51.9
     自己資本利益率              (%)        31.3        3.5        -       -       -

     株価収益率              (倍)         -      98.9         -       -       -

     配当性向              (%)        10.0       28.8         -       -       -

     従業員数
                           213       244       239       243       169
     〔外、平均臨時              (名)
                          〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕
     雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第16期において、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権は存在するものの、当社株
          式が非上場であるため記載しておりません。
        3.第18期、第19期及び第20期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権は存在するもの
          の、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
        4.当社は、平成27年2月23日に東京証券取引所マザーズ市場に上場しているため、第17期の潜在株式調整後1
          株当たり当期純利益は、新規上場日から平成27年11月期末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定し
          ております。
        5.第16期の株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        6.第18期、第19期及び第20期の自己資本利益率、株価収益率及び配当性向については、当期純損失であるため
          記載しておりません。
        7.従業員数は当社から当社外への出向者を除き、当社外から当社への出向者を含む就業人数であります。従業
          員数欄の(外書)は、臨時従業員(パート・アルバイトを含み、派遣社員を除く)の年間平均人員数であり
          ますが、臨時従業員について、その総数が従業員の100分の10未満であるため記載を省略しております。
        8.当社は、第17期より「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しております。1株当たり当期純利益又は当期純損
          失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数については、
          本制度の信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社が保有する当社株式を控除対象の自己株式に
          含めて算定しております。また、1株当たり純資産額の算定上、期末発行株式総数から控除する自己株式に
          含めております。
                                   4/104




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    2 【沿革】
      当社設立以降の経緯は以下のとおりであります。
       年 月                          概   要

              東京都渋谷区恵比寿西において、リアルタイムグラフィックス(注1)に関する事業を幅広
      平成11年11月
              く展開することを目的に当社を設立(資本金10,000千円)
              日本SGI株式会社、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント、株式会社エヌ・
              ケー・エクサ(現         株式会社エクサ)等を割当先とする第三者割当増資により、資本金を
      平成11年12月
              210,000千円に増資
              日本SGI株式会社より受け入れた移籍社員約30名の陣容で営業を開始、リアルタイムグ
      平成12年1月
              ラッフィクスに関する事業を幅広く展開
              Intrinsic     Graphics     Inc.社(現      Vicarious     Visions社)とゲームソフトウエア開発用ミドル
      平成12年10月
              ウェアに関する業務提携契約を締結。PlayStation2向けにAlchemyの開発を開始(開発推進・
              支援事業を開始)
              ゲームソフトウエア開発用ミドルウェアAlchemyのライセンスをIntrinsic                                   Graphics     Inc.社
      平成13年12月
              から受け、国内各社向けに提供開始
      平成15年12月        コンテンツ・クリエイターの人材派遣サービスを開始(人材事業を開始)
      平成16年7月        コンテンツ・クリエイターの人材紹介サービスを開始
              自社開発ミドルウェアであり画面のクオリティを飛躍的に向上させるポストエフェクトライ
      平成19年2月
              ブラリ(注2)機能を有するYEBISをリリース
      平成19年8月        欠損填補のため、資本金を100,000千円に減資
      平成20年1月        ゲーム開発本部を発足し自社企画ゲームコンテンツ制作を開始(コンテンツ事業を開始)
              3DCGコンテンツの開発を目的として、イグニス・イメージワークス株式会社を設立(出
      平成21年2月
              資比率100.0%、資本金15,000千円、現                   連結子会社)
              オンラインエンターテインメントのサーバーに関するコンサルテーションを開始し、開発推
      平成22年1月
              進・支援事業におけるソリューション事業の開始
              「三国志カードバトル」を株式会社ディー・エヌ・エーが運営する「Mobage」プラット
      平成22年11月
              フォームにおいて提供開始
      平成23年2月        オールインワンゲームエンジン(注3)「OROCHI(オロチ)」発売開始
              「逆襲のファンタジカ」をスマートフォン向けネイティブアプリとして、株式会社ディー・
      平成24年2月
              エヌ・エーが運営する「Mobage」プラットフォームにおいて提供開始
              ソーシャルゲーム(注4)「逆襲のファンタジカ」のグローバル版「FANTASICA」の提供を 
      平成24年8月
              ngmoco,LLC.が運営する「ngmoco」プラットフォームにおいて開始
              カード型ソーシャルゲーム「スマサカ」をGMOインターネット株式会社との協業にて、
      平成25年6月
              Google    Inc.が運営するGoogle           Playにおいて提供開始
              スマートフォンネイティブアプリ(注5)「モンスタータクト」をGoogle                                   Inc.が運営する
      平成25年7月
              Google    Playにおいて提供開始
      平成27年2月        東京証券取引所マザーズに上場
      平成27年8月        リアルタイムレンダリングエンジン「Mizuchi」販売開始
              グローバルイルミネーションミドルウェア(注6)「Enlighten」のライセンス取得及び全世
      平成29年5月
              界においての開発、販売、サポート権利の取得
     (注)   1.リアルタイムグラフィックスとは、コンピュータ上で3D画像を高速に生成する技術を指し、ゲーム等の
          ユーザーによる即時操作が可能な動画を表示するために利用されます。
        2.ポストエフェクトライブラリとは、ポストエフェクトの処理をライブラリで再現したプログラムを指しま
          す。ポストエフェクトとは、描画処理が完了した後の1枚の絵に対してかけるエフェクトを指します。ライ
          ブラリとは、汎用性の高い複数のプログラムを再利用可能な形でひとまとまりにしたものを指します。
        3.オールインワンゲームエンジンとは、ゲーム開発に必要な広範囲の機能を有したツールやライブラリを指
          し、グラフィックス、音響、物理シミュレーション、ゲームロジック等を含みます。ゲーム開発者は開発の
          効率化と高度な技術の導入を目的としてゲームエンジンを利用します。
        4.ソーシャルゲームとは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)等のコミュニティをプラット
          フォームとして、ユーザー同士の交流等を機能に生かしたWEBアプリケーションを指します。
        5.スマートフォンネイティブアプリとは、スマートフォン向けに提供されるアプリを指す語として、端末の
          CPUが直接処理・実行できる形式でコードが記述されているアプリの総称であり、Apple                                         Inc.が運営する
          「App   Store」、Google        Inc.が運営する「Google            Play」上で配信されるアプリのことを指します。
        6.グローバルイルミネーションとは、3DCG空間全体に影響する複雑な照明効果を計算することで、やわら
          かく自然な間接光を生成するレンダリング方法のことです。  
                                   5/104


                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社グループは、当社、連結子会社1社(イグニス・イメージワークス株式会社)及び関連会社1社(株式会社イ

     リンクス)により構成されており、ゲーム業界、メディア業界といったエンターテインメント業界におけるデジタル
     コンテンツの開発等に関する事業を営んでおります。当社グループは、開発推進・支援事業、コンテンツ事業、人材
     事業の3つのセグメントにより構成されております。なお、コンテンツ事業につきましては、平成30年7月4日付
     で、会社分割により新設会社に承継させたうえで、当該新設会社の株式の90%を株式会社クリーク・アンド・リバー
     社に譲渡いたしました。
      当社グループは、技術革新が著しいデジタルエンターテインメント(Digital Entertainment)の事業領域におい
     て、「Entertainment」の一歩先を行く「EnterNext」を生み出し、最先端の感動を提供することを企業コンセプトと
     しております。「Entertainment」の語源は、「Enter(中に)」+「Tain(保つ)」といった「現状維持」の意味が
     含まれるのに対して、「EnterNext」では、より積極的かつ発展的に新たな価値を創出するという概念が含まれており
     ます。
      当社グループは、ミドルウェア製品の開発で培った3次元コンピュータグラフィックス(以下、「3DCG」とい
     います。)技術及びレンダリング技術(注1)に基づき、自社オリジナルタイトルのソーシャルゲーム、スマート
     フォンネイティブアプリの提供及び他社ブランドのコンソールゲーム・オンラインゲームの受託開発から、ゲーム開
     発・映像効果・CG等に関するミドルウェアの開発・販売、オンラインゲームに係るサーバーネットワークの構築・
     運用・監視、ゲーム開発・アミューズメント機器・映像・WEB等の開発技術を有する技術者の人材派遣・人材紹介
     に至るまで、デジタルエンターテインメント業界において幅広い事業を運営しております。
      当社グループでは、デジタルエンターテインメント業界のうち、特にゲーム業界において、ミドルウェアの開発・
     販売、受託開発、自社オリジナルタイトルの開発、ネットワークインフラの構築、人材ビジネスまでをカバーする
     ゲーム制作技術及びそれらにより獲得した顧客基盤を有する「ゲーム制作プラットフォーム」を構築しております。
     当社グループでは、その「ゲーム制作プラットフォーム」を利用して、国内外におけるゲームメーカーやコンテンツ
     プロバイダー、ゲームプラットフォーム運営会社等に対して事業運営の効率化等の事業創造の支援を行っておりま
     す。
      また、当社グループは、AI(機械学習)によるビックデータ解析の結果として、スマートフォンゲームユーザーの
     将来の行動予測の研究を進めており、今後は、ソーシャルゲームのパブリッシャー向けサービスとして展開するとと
     もに、他分野への応用による収益化に向けての研究を進めてまいります。
     (当社グループにおける各社の役割)

      当社及び連結子会社における当社グループ内での役割は以下のとおりであります。なお、関連会社については記載
     を省略しております。
      当社は、コンソールゲーム・オンラインゲーム(ソーシャルゲーム、スマートフォンネイティブアプリ)の開発・
     販売、家庭用ゲーム機・携帯電話・組込機器向けのミドルウェアの開発・販売、サーバーネットワークの構築・運
     用・監視、ゲーム・映像業界の人材紹介・人材派遣を営んでおります。
      連結子会社であるイグニス・イメージワークス株式会社は、3DCGを核として、ゲーム、遊技機、映画映像コン
     テンツ等の幅広いジャンルにおいて、プリレンダームービー(注2)等の提供を行っております。
     (注)   1.レンダリングとは、コンピュータのプログラムを用いて画像・映像・音声などを生成することを指します。

        2.プリレンダームービーとは、あらかじめコンピュータ上で生成された画像を再生する動画を指し、リアルタ
          イムグラフィックスと対になる手法です。一般的にはリアルタイムグラフィックスより高品質な画像を時間
          をかけて生成します。
      当社グループが運営する各事業の内容は以下のとおりであります。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 

     連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント区分と同一であります。
     (1)  開発推進・支援事業

       開発推進・支援事業では、家庭用ゲーム機・スマートフォン・組込機器向けのミドルウェアの開発・販売、コン
      ソールゲーム及びオンラインゲーム(ソーシャルゲーム、スマートフォンネイティブアプリ等)の受託開発、サー
      バーネットワークの構築・運用・監視等のソリューションサービスを提供しております。
       当社グループでは、開発推進・支援事業において、これらの各種サービスの提供を通じて、ゲームメーカーや遊
      戯機器メーカー等のクライアント企業が抱える「製品開発の効率化」、「開発工数の削減」、「ネットワークイン
                                   6/104

                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      フラの構築」等といったデジタルエンターテインメント業界における業務推進上の課題を解決するための業務支援
      を行っております。
       当社グループでは、開発推進・支援事業を、便宜的に①ミドルウェア開発・販売、②他社販売ゲームタイトル及
      びその他コンテンツの開発受託、③ソリューションサービス、の3つに大別しております。
       なお、開発推進・支援事業においては、クライアント企業に対し、これらのサービスについて、それぞれ個別の
      サービスとして提供する場合と、組み合わせて一つのプロジェクトとしてサービス提供する場合があります。
       各種サービスの具体的な内容は以下のとおりであります。
      ① ミドルウェア開発・販売

        当社は、家庭用ゲーム機、スマートフォン、組込機器向けに高品質かつ柔軟性の高いミドルウェアを開発して
       おります。ミドルウェアのライセンス販売やカスタマイズによるツール開発のほか、ユーログラフィックス
       (注)、情報処理学会、電子情報通信学会で論文を発表しているプログラマー集団が開発した最先端ツールを提
       供しております。特にリアルタイムのコンピュータグラフィックス技術を強みとし、クリエイターからのビジュ
       アルクオリティーに対する高い要求に応えられるミドルウェアを開発しております。
        当社グループが提供している主なミドルウェアの内容は以下のとおりであります。
        (注) ユーログラフィックスとは、ヨーロッパで行われ、世界ではSIGGRAPHに次いで大きい学会であり、

          SIGGRAPHよりもアカデミック色が強いものであります。なお、SIGGRAPHとは米国コンピュータ学会におけ
          るコンピュータグラフィックス(CG)を扱う分科会を指します。
                                             平成30年11月30日現在

          製品名          代表的な対応プラットフォーム                          概要
     OROCHI               PlayStation4、3、Vita                 ・ゲーム開発に必要なライブラリやツールを
                                      網羅したオールインワンゲームエンジン。
                    Xbox   360
                                      「YEBIS」「Mizuchi」など当社先端技術を
                    Windows
                                      搭載し最高品質のゲーム制作を実現
                                     ・日本でのローカルサポート
                                     ・マルチプラットフォーム対応
                                     ・導入事例
                                      「WORLD    OF  FINAL   FANTASY」
                                      発売元:株式会社スクウェア・エニックス
                                      「Rise    of  Incarnates」
                                      発売元:株式会社バンダイナムコゲームズ
                                                     その他
     Mizuchi               PlayStation4                 ・あらゆるアプリケーションに世界最先端の
                                      グラフィックスを提供する、リアルタイム
                    Windows
                                      レンダリングエンジン。「YEBIS」を標準搭
                                      載し究極のフォトリアルな映像生成を実現
                                     ・PBR(物理ベースレンダリング)、IBL(イメー
                                      ジベースドライティング)などハイエンドCG
                                      製作で使われる技法をリアルタイムに処理
                                     ・製造業、建築、映像制作などゲーム以外の
                                      業界でのヴィジュアライゼーションに対応
                                     ・VR/ARへの映像出力に対応
                                   7/104




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     YEBIS               PlayStation4、3、Vita                 ・コンピュータ上で生成された画像に対し
                                      て、現実のカメラ撮影で発生する各種画像
                    Xbox   One、Xbox     360
                                      効果を再現するミドルウェア
                    Windows
                                     ・代表的な効果として、眩しい部分の輝き、
                    Mac
                                      ピンボケ、動きのある物体のブレ、レンズ
                    Linux
                                      歪等があり、これらの効果により画像のリ
                    組み込み機器
                                      アリティーが格段に向上
                                     ・リアルタイムでの処理が可能
     VICARIOUS     VISIONS    ALCHEMY™      PlayStation3、2、Vita                 ・プラットフォーム間の差異を隠蔽し、1つの
                                      ソースコードでのマルチプラットフォーム
                    Xbox   360、Xbox
                                      対応を可能とするゲームエンジン
                    Wii
                                     ・ミドルレンジゲーム向け商品
                    iPhone、iPad
                    Android
                    商業用ゲーム機
                    組み込み機
     Motion    Portrait            PlayStation4、3、Vita                 ・一枚の顔写真からいろいろな表情へ変化す
                                      る動画をリアルタイムに生成するツールと
                    Xbox   360
                                      ミドルウェア
                    任天堂3DS、DS
                                     ・実写とアニメの両方に応用可能
                    Windows
                                     ・活き活きとした表情をもつキャラクターを
                    iPhone、iPad
                                      表現することが可能
                    Android
                    組み込み機器
      ② 他社販売ゲームタイトル及びその他コンテンツの開発受託

        当社は、他社製品名で販売される家庭用ゲーム機、業務用ゲーム機、携帯電話用ゲームのコンテンツなどを開
       発しております。当社では、ゲーム開発で培ってきた技術力と豊富な経験を基礎にしていることからゲームのシ
       ナリオ作成などの企画から提案し、単に他社製品の開発にとどまらない、クライアントニーズや市場に合わせた
       提案及びコンサルティングを実施しております。また、独自のミドルウェアを活用し、格段の開発効率を実現す
       るとともに熟練したデザイナーが生み出すエフェクト・2D・3D映像により、革新的な作品を提供しておりま
       す。当社では、代表作として株式会社スクウェア・エニックスより発売された「ブレイブリーデフォルト」の
       ゲーム開発受託をしております。
        イグニス・イメージワークス株式会社は、3DCGを核として、ゲーム、遊技機、映画映像コンテンツ等の幅
       広いジャンルにおいて、プリレンダームービー及び組込みソフト等の提供を行っております。
      ③ ソリューションサービス

        当社では、オンライン対応のコンシューマゲームやソーシャルゲーム等を運営するオンラインエンターテイン
       メント事業者向けに、ネットワークインフラの構築、運用、保守・監視、技術コンサルティングなどのソリュー
       ションを提供しております。また、これらのゲームで使用するサーバーと回線を顧客に貸し出すホスティング
       サービスも提供しております。
                                   8/104






                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     (2)  コンテンツ事業
       コンテンツ事業では、自社オリジナルタイトルのソーシャルゲーム、スマートフォンネイティブアプリの開発・
      提供を行っております。当社は、スマートフォン向けゲームを、国内ユーザー及び海外ユーザーに提供しておりま
      す。また、自社オリジナルタイトルのスマートフォンネイティブアプリをApple                                     Inc.が運営する「App          Store」及び
      Google    Inc.が運営する「Google            Play」等において提供しております。
       なお、当連結会計年度において、会社分割により新設会社に承継させたうえで、新設会社の株式の90%を株式会
      社クリーク・アンド・リバー社へ譲渡いたしました。このため平成30年11月30日現在においては、一部の他社との
      協業タイトルを除き、コンテンツ事業から撤退しております。
     (3)  人材事業

       当社では、CG、ゲーム制作、映像制作、WEB制作の各業界におけるデザイナーやクリエイター等の技術者を
      クライアント企業に対して、有料で紹介する人材紹介サービス、及び登録派遣社員を派遣する人材派遣サービスを
      提供しております。当社は、一般的な人材紹介会社、人材派遣会社とは異なり、エンターテインメント業界に特化
      した人材ビジネスを展開しており、ミドルウェア等の販売、受託案件の営業を行う傍ら、クライアント企業におけ
      る人材ニーズの掘り起しも行っております。当社は自社においてもオリジナルタイトルの開発を行っており、コン
      テンツ制作等に係る人材の見極めに関して、他の人材紹介会社、人材派遣会社に比べ、クライアント企業における
      ニーズを的確に捉えることができることが強みとなっております。
       当社は、人材紹介サービスを提供するにあたって、「職業安定法」に基づき厚生労働大臣より「有料職業紹介事
      業」の許可を受けております。また、人材派遣サービスを提供するに当たって、「労働者派遣事業の適正な運営の
      確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律(以下「労働者派遣法」といいます。)」に基づき、厚生労
      働大臣より「一般労働者派遣事業」の許可を受けております。
       有料職業紹介を行うに当たっては、企業に直接雇用されることを望むデザイナー・クリエイター等の技術者(以
      下「求職者」といいます。)を募集し、クライアント企業の求人依頼における諸条件(業務内容・スキル・雇用条
      件等)と求職者の希望条件とを照合し、クライアント企業へ求職者を紹介・斡旋しております。クライアント企業
      と求職者との間で、面接等の採用手続きが行われた結果、双方の合意により雇用契約が成立した場合、当社はクラ
      イアント企業から対価(紹介手数料)を得ております。
       労働者派遣を行うに当たっては、派遣社員として就業を望む労働者を募集し、当社グループが定めた登録基準及
      び登録手続きに則って登録したデザイナー・クリエイター等の技術者(以下「登録者」という。)の中から、企業
      の依頼内容(期間・業務内容・スキル等)に適した登録者を選定し、クライアント企業と当社との間で労働者派遣
      契約(期間・業務内容等を定めるもの)を締結いたします。登録者と当社との間で、有期の雇用契約を締結したう
      えで、クライアント企業に派遣しております。労働者派遣は、派遣労働者の雇用者(当社)と使用者(派遣先企業)
      が異なることが特徴であり、派遣労働者は派遣先企業から指揮命令を受け、労働者派遣契約で定めた業務を行いま
      す。
       当社は人材紹介サービス及び人材派遣サービスの提供にあたって、技術者とクライアント企業をマッチングする
      ための登録サイト「シリコンスタジオエージェント」を運営しております。平成30年11月30日現在におけるシリコ
      ンスタジオエージェントの登録者数は約6,900名となっております。
                                   9/104







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       当社グループの事業の系統図は以下のとおりであります。
       [事業系統図]

     (注)   1.ユーザーに対する課金額からプラットフォーム運営事業者に対する手数料を差し引いた金額を指します。














        2.当該系統図は、当社及び連結子会社についてのみ記載しており、関連会社は除いております。
                                  10/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
                                   主要な事業      議決権の所有

                              資本金
          名称            住所              の内容     (又は被所有)          関係内容
                              (千円)
                                    (注1)       割合(%)
     (連結子会社)
                                                役員の兼任      2名
     イグニス・イメージワークス                               開発推進・
                    東京都渋谷区           15,000              100.0    従業員の出向
     株式会社(注)2、3                               支援事業
                                                CGの外注等
     (持分法適用関連会社)
                                   開発推進・
     株式会社イリンクス(注)3               東京都渋谷区           10,000              48.0   CGの外注等
                                   支援事業
     (注)   1.「主要な事業の内容」の欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

        2.特定子会社であります。
        3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
                                  11/104
















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    5 【従業員の状況】
     (1) 連結会社の状況
                                              平成30年11月30日現在
             セグメントの名称                            従業員数(名)
     開発推進・支援事業                                           179

     コンテンツ事業                                            -

     人材事業                                            25

     全社(共通)                                            25

                合計                               229

     (注)   1.従業員数は就業人員であります。
        2.臨時従業員数については、その総数が従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
        3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属している者の人員数であります。
        4.従業員数が前連結会計年度末と比べて79名減少しているのは、主としてコンテンツ事業の譲渡によるもので
          あります。
     (2) 提出会社の状況

                                              平成30年11月30日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               169

                            37.5             3.91             6,155
             セグメントの名称                            従業員数(名)

     開発推進・支援事業                                           119

     コンテンツ事業                                            -

     人材事業                                            25

     全社(共通)                                            25

                合計                               169

     (注)   1.従業員数は就業人員であります。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.臨時従業員数については、その総数が従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
        4.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属している者の人員数であります。
        5.従業員数が前事業年度末と比べて74名減少しているのは、主としてコンテンツ事業の譲渡によるものであり
          ます。
     (3) 労働組合の状況

       当社グループは労働組合を有しておりませんが、労使関係は良好であり、特記すべき事項はありません。
                                  12/104






                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末において、当社グループが判断したものであります。
     (1)  経営方針
      当社グループは、「常に顧客視点で考え、世界最先端の技術力と想像力により、エンターテインメントを通じて社
     会に貢献する」ことを経営理念とし、技術革新が著しいデジタルエンターテインメント(Digital Entertainment)
     の事業領域において、「Entertainment」の一歩先を行く「EnterNext」を生み出し、最先端の感動を提供することを
     企業コンセプトとしております。
     (2)  経営戦略等

      当社グループは、上述の経営理念と企業コンセプトに基づき、今後の取り組みにつきましては、セグメント毎に組
     織を再構築し、それぞれの事業の目的及び目標を明確にするとともに、経営と執行を分離し、迅速な意思決定と業務
     執行の実現を基本方針とし、より収益性の高いビジネスへの注力及びコスト意識を高めることにより、利益率改善に
     努めてまいります。
      (開発推進・支援事業)
      新たに取り組んでおります非エンターテインメント領域について、引き続き重点的に伸ばしていく所存です。当社
     の技術力を活かし、安定的な収益が見込まれる非エンターテインメント領域(自動車業界、不動産業界、セキュリ
     ティー業界等)の分野を中心に、より柔軟に様々なシステムと組み合わせられるよう、ミドルウェアに改良を加える
     とともに積極的に拡販活動を行ってまいります。特に自動車分野に関しては、既に組込システムの先行開発から設
     計、実装を視野に入れております。また、データサイエンス(ディープラーニングの活用等)領域に関しては、ゲー
     ムユーザーの未来行動予測に一定の成果をあげることができ、両領域共に今後の事業拡大を進めてまいります。
      (人材事業)
      人材事業においては、引き続き稼働派遣労働者数及び有料職業紹介の成約件数の増加を見込んでおります。また、
     競争力強化のために派遣スタッフ向けの研修センターの開設や人員増強等を行う計画です。
     (3)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標

      当社グループでは、既存事業領域の拡大及び新規事業の開拓により売上高の最大化と効率的なコスト削減を図り、
     売上高営業利益率を重要な経営指標とし、収益性を重視した効率経営を図ることにより、継続的な企業成長を実現し
     てまいります。
      平成31年1月15日に公表いたしました平成31年11月期の連結業績予想におきましては、売上高4,924百万円、営業利
     益121百万円、売上高営業利益率2.5%を計画しております。
     (4)  経営環境並びに事業上及び財務上の対処すべき課題

      当社グループが属するエンターテインメント業界につきましては、スマートデバイス(スマートフォン、タブレッ
     ト端末の総称)の高機能端末の技術革新が日々スピードを増し、機能強化も一段と進んでおります。一方で、スマー
     トフォンの普及は一巡化し、成熟期を迎えております。このような状況の下、当社グループは、技術革新やトレンド
     の変化に対応し、各端末への良質なゲームタイトルやミドルウェアの開発を継続的かつ迅速に行い市場に投入し、多
     様化するユーザー、クライアント企業のニーズに対応する必要があると認識しております。また、エンターテインメ
     ント業界のみにとどまらず、弊社の強みである先端技術を自動車業界や不動産業界、セキュリティ業界等、他業界へ
     提供する収益機会の構築を目指してまいります。
      以上を踏まえ、以下の具体的な課題に取り組んでまいります。
                                  13/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ① 開発推進・支援事業について
        当社グループの主たる事業領域であるゲーム業界においては、技術革新により家庭用ゲーム機器や携帯端末に
       おいて新機種の投入が進み、当社及びクライアント企業であるゲームメーカー各社において、ゲームタイトルを
       投入するプラットフォームも多様化しております。また、他業界においても、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)等
       技術革新が著しく変化しております。そのような環境の下、当社グループでは、研究開発体制の強化を推進し、
       共通描画フレームワークの開発及びそれを用いたミドルウェア製品の強化を進めております。主に、高品質な質
       感表現ができる「Mizuchi」、調和の取れた照明効果を施せる「Enlighten」、ポストエフェクトミドルウェア
       「YEBIS」、次世代ゲーム機へ対応するオールインワン型国産ゲームエンジン「OROCHI」を市場へ投入してまいり
       ます。
      ② 人材事業について

        当社グループの属するエンターテインメント業界においては、技術革新が著しい中で、技術者の確保・人材育
       成へのニーズが高まっております。そのような環境の下、人材事業においては、スタッフに対してコーチング
       セッションやチームビルディング等の各種研修を実施することで成長機会を提供し、サービス内容の質の強化を
       図っております。これにより、クライアント企業とスタッフ間で高付加価値のある最適なマッチングを行い、双
       方の信頼の維持と向上を実現してまいります。また、安定した事業基盤の構築のために、職業安定法及び労働者
       派遣法等の雇用情勢等の外部環境の変化に柔軟に対応できる機動的な体制を維持・強化してまいります。
      ③ 開発体制の強化について

        当社グループでは、今後の更なる事業拡大のために、開発体制の継続的な強化が必要であり、開発技術の向上
       と先端技術へ迅速に適応する技術者の確保が重要であると認識しております。即戦力となる人材の中途採用をす
       ることで効率的な人員体制を拡充するとともに、今後の当社の軸となる人材を育てるために新卒採用も推進して
       まいります。また、海外展開の促進を見据えて、外国人の採用も積極的に行い、多言語に対応できる開発体制の
       増強を図ってまいります。
      ④ 全社的な課題について

        当社グループは、         「2.事業等のリスク           (8)継続企業の前提に関する重要事象等について」に記載のとおり、
       継続企業の前提に関する重要な疑義が存在しており、当該状況を解消するために、収益の確保、費用の削減並び
       に財務基盤の安定化に取り組んでおります。
        また、今後更なる業容拡大、継続的な成長を続けることができる企業体質の確立に向けて、各種業務の標準化
       と効率化の徹底により事業基盤を確立させることが重要な課題であると認識しております。そのために、コーポ
       レート・ガバナンスの充実、リスク管理やコンプライアンスを含む内部統制システムが有効に機能するよう、組
       織体制や整備・運用を推進し、経営基盤の一層の強化を図ってまいります。
                                  14/104








                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
     事項には、以下のようなものがあります。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項につきましても、
     投資者の投資判断上、重要であると考えられる事項につきまして、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下
     のとおり記載しております。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断
     したものであり、将来において発生の可能性があるすべてのリスクを網羅することを保証するものではありません。
     (1)  開発推進・支援事業に関するリスク

      ① ミドルウェア市場の動向について
        当社グループの販売するミドルウェアの販売先の殆どは日本国内であります。ゲーム機等は年々高性能化して
       おり、それとともにゲーム開発に必要なミドルウェアの市場は拡大しております。特に当社グループは、海外の
       競合他社と比較しても大きな引けをとらない技術力を有していることから、日本国内市場でのミドルウェアでの
       優位性を有していると思われます。一方で、当社の顧客と考えられるゲーム開発会社のゲーム開発費も高騰して
       おります。そのような環境の下で、日本国内のゲーム会社がゲームの開発本数を減少させるか、又は撤退した場
       合、当社グループの事業運営及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
      ② 法的規制について

        当社グループが提供する事業においては、既存の法的規制である「不当景品類及び不当表示防止法(以下「景
       品表示法」といいます。)」「個人情報の保護に関する法律」に抵触してしまうリスクと、今後、新規に法的規
       制が行われて事業運営及び業績に影響を与えるリスクが考えられます。また、社会情勢等により、法解釈の変更
       がなされ、当社が何らかの法的規制に抵触した場合、当社グループの事業運営及び業績に影響を及ぼす可能性が
       あります。
      ③ 技術革新について

        当社グループが取り組む事業分野においては、プラットフォームの変遷や多様化が進むとともに、AR(拡張現
       実)やVR(仮想現実)、IoT(インターネット・オブ・シングス)を活用したコンテンツが登場し、今後はAI(人
       口知能)技術の進化が見込まれるなど、技術環境が著しく変化しております。当社グループでは、技術動向を常
       にキャッチアップしており、ノウハウの蓄積に取り組んでおります。
        しかしながら、こうした急速な技術革新への対応に時間がかかった場合、及び革新的な市場の高まりに時間が
       かかった場合には、当社グループの事業運営及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
      ④ 瑕疵担保責任について

        当社グループはクライアントへ納入する成果物を高い品質に保つため、当社グループの開発部門によって、納
       品前に不具合等が生じないか慎重に検査を行っております。また、クライアントとの契約において、瑕疵担保責
       任の範囲を明確にすることでクライアントとのトラブルの発生を回避するよう努めております。
        しかしながら、当社グループがクライアントに納入した成果物に瑕疵が発生しないという保証はなく、さらに
       大規模なリコールなどで当社グループが多額の損害賠償請求を受けることも考えられ、その結果によっては当社
       グループの事業運営及び業績に大きな影響を及ぼす可能性があります。
      ⑤ クライアントの政策により収入が変動するリスク

        当社グループがクライアントから得るゲーム及びその他コンテンツの企画・開発の対価は、開発業務の役務提
       供完了時に得る収入とクライアントからエンドユーザに対してゲーム及びその他コンテンツが販売される毎に販
       売数量に基づき得るロイヤリティ収入から成ります。そのような前提の基で、クライアントから納期に変更の要
       請があった場合は、開発売上の計上時期が変更される可能性があります。販売数量に基づき変動するロイヤリ
       ティ収入については、クライアントが実施する各種の販売促進活動等により大きく影響を受けます。
        このように、当社グループの収入額や収入のタイミングは、クライアントの政策の変更により大きく影響を受
       け、その結果によっては当社グループの業績に大きな変動を及ぼす可能性があります。
                                  15/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      (2)   人材事業に関するリスク
      ① 人材ビジネス業界の動向について
        人材ビジネス業界は、産業構造の変化、社会情勢、景気変動に伴う雇用情勢の変化等に影響を受けます。当社
       グループの事業領域であるエンターテインメント業界における人材ビジネスについては、昨今のスマートフォン
       ネイティブアプリの市場拡大に起因するゲーム業界の市場拡大に伴い、クライアント企業における求人需要は堅
       調に推移しておりますが、今後、様々な要因により雇用情勢ないしは市場環境が悪化した場合、またクライアン
       ト企業における業務縮小・経費削減等による人材需要の大幅減少等が発生した場合には、当社グループの業績に
       影響を及ぼす可能性があります。
      ② 法的規制等について

        人材事業においては、人材紹介サービスにおいて「職業安定法」の法的規制を、人材派遣サービスにおいて
       「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律(以下「労働者派遣法」
       といいます。)」の法的規制を受けております。
        当社グループでは、人材紹介サービスを提供するに当たって、「職業安定法」第32条の4の定めに基づき厚生
       労働大臣より「有料職業紹介事業」の許可を受けております。また、人材派遣サービスを提供するにあたって
       は、「労働者派遣法」第8条に基づき厚生労働大臣より「一般労働者派遣事業」の許可を受けております。
        「職業安定法」においては、人材紹介事業を行う者(法人である場合には、その役員を含む)が有料職業紹介
       事業者としての欠格事由(「職業安定法」第32条)及び当該許可の取消事由(同法第32条の9)に該当した場合
       には、事業の許可を取り消し、または、期間を定めて当該事業の全部若しくは一部の停止を命じることができる
       旨を定めております。「労働者派遣法」においても「職業安定法」と同様に、一般労働者派遣事業の適正な運営
       を確保するために、人材派遣事業を行う者(法人である場合には、その役員を含む)が派遣元事業主としての欠
       格事由(「労働者派遣法」第6条)及び当該許可の取消事由(同法第14条)に該当した場合には、期間を定めて
       当該事業の全部若しくは一部の停止、または事業許可の取り消しを命じることができる旨を定めております。
        現時点において、当社グループにおいては、これらに抵触する事実はないものと認識しておりますが、今後何
       らかの理由により当社グループ各社並びにその役職員がこれらに抵触した場合、当社グループの主要な事業活動
       全体に支障をきたすことが予想され、当社グループの事業運営及び業績に重大な影響を与える可能性がありま
       す。
      ③ 社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入及び料率の影響について

        当社グループは、「派遣元事業主が講ずべき措置に関する指針」を遵守し、雇用する加入資格を有する全ての
       派遣労働者に社会保険に加入させ、当社グループも応分の社会保険を負担する義務があります。社会保険料の料
       率・算出方法は、諸般の条件及び外部環境の変化等に応じて改定が適宜実施されております。今後、社会保険料
       の料率・算出方法を含めた社会保険制度の改正が実施され、社会保険の会社負担率や加入対象者及び被保険者の
       増加により社会保険の会社負担金額が大幅に変動する場合には人材事業に負担が発生する可能性があり、当社グ
       ループの事業運営及び業績に重大な影響を与える可能性があります。
     (3)  コンテンツ事業に関するリスク

      ① 法的規制等について
       イ.コンテンツ事業全般に係る法的規制について
         当社グループが運営するコンテンツ事業においては、「不正アクセスの禁止等に関する法律」の法的規制を
        受け、他のID、パスワードの無断使用の禁止等が定められております。また、「特定商取引に関する法律」、
        「資金決済に関する法律」、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」、「電子消費者契約及び電子
        承諾通知に関する民法の特例に関する法律」など、法定事項の表示義務等を負う場合があります。
         当社グループでは、これらの各種法的規則等への遵守について対応しておりますが、不測の事態により、万
        が一当該法的規制等に抵触しているとして何らかの行政処分等を受けた場合には、当社グループの事業及び業
        績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  16/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       ロ.ソーシャルゲーム内の課金システムに対する法的規制について
         ソーシャルゲームにおける課金方法の一部について、ユーザーの射幸心を過度に煽るとして、特定の課金方
        法については、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)に違反するとの見解が消費者庁より示され、平
        成24年7月1日より、「懸賞による景品類の提供に関する事項の制限」の運用基準が施行されております。
         当社グループは一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会に加入するとともに、各種法的規制や
        業界の自主規制を遵守することに加えて、自社においてコンテンツ開発に係る規程を制定して運用を徹底して
        おります。
         しかしながら、今後、社会情勢の変化によって、既存の法令等の解釈の変更や新たな法令等の制定、並びに
        各種ガイドラインの解釈の変更や新たなガイドラインの制定が行われた場合等には、当社グループの事業運営
        及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
      ② プラットフォーム運営事業者の動向

        当社グループが提供するスマートフォンゲームは、Apple Inc.、Google                                   Inc.等の決裁代行業者(プラット
       フォーマー)を介して、各社のサービス規約に従いサービス提供を行っております。今後、プラットフォーマー
       において、      その業績動向等によって、システム利用料等の料率変更や事業戦略の大幅な転換等が行われる可能性
       があります。そのような事象が発生した場合には、当社グループの事業活動及び業績に影響を及ぼす可能性があ
       ります。
     (4)  全社共通リスク

      ① 特定の役員への依存について
        当社の取締役会長である関本晃靖は、当社の創業者であり、CGをはじめとするIT産業に対し、豊富な経験
       と知識を有しており、当社グループの事業活動全般において重要な役割を果たしております。当社グループでは
       取締役会、各会議体における役員及び幹部社員の情報共有、組織強化を図っており、同氏に過度に依存しない体
       制整備を進めております。しかしながら、何らかの事情により、同氏が業務を継続することが困難になった場合
       には、当社グループの事業運営及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
      ② 人材採用及び人材育成について

        当社グループでは、エンターテインメント業界において、開発推進・支援事業、人材事業を展開し、事業領域
       の拡大を行って参りましたが、今後のさらなる業容拡大、多様化に対応するため、技術開発、営業、管理等、各
       部門において一層の人員の増強が必要と考えております。しかしながら、事業規模の拡大に応じた当社内におけ
       る人材育成、外部からの採用等が計画どおりに進まず、人材の適正配置が困難となることで競争力低下等となる
       場合、当社グループの事業運営及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
      ③ 内部管理体制について

        当社グループは、企業価値の向上を図るためには、コーポレート・ガバナンスが有効に機能することが不可欠
       であるとの認識の下、業務の適正性、財務報告の信頼性確保、及び法令遵守の徹底が必要と認識しております。
       そのため、内部管理体制の充実に努めておりますが、事業の急速な拡大、変化により、十分な内部管理体制の構
       築が追い付かないという事象が生じる場合には、適切な事業運営が困難となり、当社グループの事業運営及び業
       績に影響を及ぼす可能性があります。
      ④ システム障害に関するリスク

        当社グループが運営する事業は、PCやスマートフォンなどのデバイスをインフラとしたネットワークに依存し
       ている部分が多いため、過剰アクセスによるサーバーダウンや通信ネットワーク機器の故障及び自然災害や火
       災・事故等によるシステム障害を回避すべく、サーバーの負荷分散や稼働状況の監視等の未然防止・回避策を実
       施しております。
        しかしながら、このような対策を講じているにも拘らず、自然災害や事故等によるネットワーク障害の発生、
       データセンターにおける障害発生等、予期しない要因によるシステム停止や外部からの攻撃等によるシステム障
       害が発生した場合は、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
                                  17/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ⑤ 情報セキリュティについて
        当社グループでは、人材事業における求職者の情報やコンテンツ事業におけるユーザー情報等、重要な個人情
       報を扱っており、「個人情報の保護に関する法律」が定める個人情報取扱事業者としての義務を課せられており
       ます。当社グループでは、情報セキュリティに関する社内規程を制定し、役職員に対する教育等、情報管理体制
       の強化に取り組んでおります。しかしながら、何らかの理由により重要な情報が外部漏洩した場合には、当事者
       への賠償、社会的信頼の失墜等により、当社グループの事業運営及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
      ⑥ 知的財産権に関するリスク

        当社グループでは、開発推進・支援事業及びコンテンツ事業において開発されたコンテンツやソフトウエアに
       関する知的財産権の獲得に努めております。加えて、第三者の権利を侵害しないよう、顧問弁護士による開発現
       場担当者への教育、規程の周知徹底を行う等、細心の注意を払っております。しかしながら、当社サービスに関
       連する対象物に第三者の権利が成立した場合は、賠償責任等による対価等の支払が発生する可能性があり、ま
       た、当社の知的財産権が侵害された場合等には、当社グループの事業運営及び業績に影響を及ぼす可能性があり
       ます。
     (5)  新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

       当社グループでは、当社役員及び従業員に対するインセンティブを目的として、新株予約権を付与しておりま
      す。また、資金調達を目的として、平成30年3月26日に第三者割当による新株予約権及び行使価額修正条項付新株
      予約権等を発行しており、このうち第8回新株予約権以降については、平成30年11月末時点において行使されてお
      りません。
       これらの新株予約権が行使された場合には、当社株式が発行され、既存の株主が有する株式の価値及び議決権割
      合が希薄化する可能性があります。平成30年11月末時点で新株予約権による潜在株式数の合計は222,700株であり、
      発行済株式総数の7.67%に相当しております。
     (6)  災害等への対応について

       当社グループでは、災害等の発生に備え、定期的な重要データのバックアップ、稼働監視等によりトラブルの事
      前防止または回避に努めておりますが、当社所在地近辺において、災害等が発生した場合には、当社設備において
      支障をきたす可能性があり、そのような場合には、当社グループの事業運営及び業績に影響を及ぼす可能性があり
      ます。
     (7)   財務制限条項について

       当社がソフトウェアライセンスを取得するために金融機関との間で締結した借入契約(当連結会計年度末残高
      158,339千円)には財務制限条項が付されており、全ての債務の履行が完了するまで遵守維持するものとなります。
      これに抵触した場合、借入先金融機関の請求により当該借入金の期限の利益を損失し、一括返済をすることにな
      り、財政状況及び業績等に影響を及ぼす可能性があります。
     (8)  継続企業の前提に関する重要事象等について

       当社グループは、前連結会計年度におきましては、営業損失1,251,537千円、経常損失1,202,755千円、当連結会
      計年度におきましては、営業損失                771,762    千円、経常損失       804,748    千円を計上しております。また、前連結会計年度
      において792,089千円、当連結会計年度において                       456,271    千円の営業キャッシュ・フローのマイナスを計上しており
      ます。併せて、当連結会計年度において、当社が金融機関との間で締結している金銭消費貸借契約の一部に付され
      ている財務制限条項に抵触しております。当該状況等により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事
      象が存在しております。当該状況の対応策に関しましては、「3                                .経営者による財政状態、経営成績及キャッ
      シュ・フローの状況の分析 (8)継続企業の前提に関する重要事象等を改善するための対応策等」に記載のとおりと
      なります。しかしながら、これらの対応策が計画通り進捗しなかった場合には、当社の事業に支障をきたす可能性
      があります。
                                  18/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
    (経営成績等の状況の概要)
     当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッ
    シュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
     (1)  経営成績等の状況の概要
      当連結会計年度(平成29年12月1日~平成30年11月30日)におけるわが国経済は、政府による経済対策や雇用及び
     所得環境の改善を背景に緩やかな景気回復基調が見られましたが、海外経済においては、米国の保護貿易政策や金融
     資本市場の変動等により依然として不透明な環境が続いております。
      そのような状況の下、当社は引続き、主にコンピュータグラフィックス(コンピュータを使って制作された映像、
     以下「CG」)関連ビジネスに多角的に取り組むと同時に、収益性の改善に努めてまいりました。
      当連結会計年度における、開発推進・支援事業においては、当社が強みを持つエンターテインメント(娯楽)業界
     向け案件の着実な獲得、及び成長余地が大きい自動車業界や不動産業界など非エンターテインメント領域における積
     極的な営業展開を進めてまいりました。
      また、平成29年より評価版の提供を開始した、個々のユーザー行動を予測する最先端の機械学習エンジン
     「YOKOZUNA      data」(以下、「本サービス」という)に関する資産を、平成30年7月23日付でKeywords                                          International
     Limitedに譲渡しました。これは、本サービスが予測精度や学術面で高い評価を得ていた一方で、普及拡大のためには
     追加開発や、プロモーション活動の強化等の追加投資が必要と考えていたことから、当社グループの経営リソースを
     考慮した結果、事業譲渡が望ましいと判断したためです。これにより、特別利益に事業譲渡益163,318千円を計上いた
     しました。
      コンテンツ事業においては、平成30年6月18日付適時開示「会社分割(簡易新設分割)および新設会社の株式譲渡
     に関するお知らせ」に記載のとおり、当連結会計年度において、コンテンツ事業を会社分割(簡易新設分割)により
     新設会社に承継させたうえで、新設会社の株式の90%を平成30年7月4日付で株式会社クリーク・アンド・リバー社
     へ譲渡を実施し、特別利益として、関係会社株式売却益54,020千円を計上いたしました。
      これは、近年のスマートフォン向けゲーム市場においては、ゲーム内容の増大及び複雑化、グラフィックの美麗化
     により、ゲーム開発に要する期間は長期化し、開発費用も増大傾向にあること、加えて、他社との競争も激化してお
     り、こうした事業上のリスクが当社グループの業績に与える影響は大きいことから、当社単独でのコンテンツ事業の
     継続は困難と判断したためです。
      人材事業においては、引続き人材派遣及び紹介件数が堅調に推移いたしました。
      その他、固定費削減の為、当連結会計年度において事務所レイアウトの再配置を2回実施し、賃借していた事務所
     の一部を解約したことに伴い、固定資産除却損等の特別損失を137,204千円計上いたしました。
      以上の結果、当連結会計年度における当社グループの業績は、売上高が5,002,839千円(前期比18.2%減)、営業損
     失は771,762千円(前期は1,251,537千円の損失)、経常損失は804,748千円(前期は1,202,755千円の損失)、親会社
     株主に帰属する当期純損失は715,169千円(前期は1,137,815千円の損失)となりました。
       なお、報告セグメントの状況は、以下のとおりであります。
      ① 開発推進・支援事業

       当連結会計年度においては、ミドルウェアライセンス販売については、大型案件の獲得もあり、計画を上回り好
      調に推移しました。注力分野である自動車業界向け事業の売上高については、計画を下回ったものの前年同期比で
      増加しましたが、一部の開発案件において、開発期間の長期化の影響等により、減収となりました。また、長期化
      案件の開発費用増加分につき受注損失引当金を計上しましたが、高採算案件で損失をカバーし増益となりました。
       以上の結果、売上高は2,900,708千円(前期比5.9%減)、セグメント利益は174,827千円(前期は376,345千円の
      損失)となりました。
      ② コンテンツ事業

       当連結会計年度においては、上述のとおり、コンテンツ事業を譲渡した影響により、大幅な減収となりました。
       以上の結果、売上高は          364,626千円      (前期比    76.6%減    )、セグメント損失は          749,338千円      (前期は    627,622千円      の損
      失)となりました。
                                  19/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ③ 人材事業
        当連結会計年度における派遣先企業で稼働中の一般派遣労働者数は延べ3,101名、有料職業紹介の成約実績数は
       232名となりました。
       以上の結果、売上高は          1,737,503     千円(前期比18.0%増)、セグメント利益は                     369,331千円      (同  22.5  %増)となり
      ました。
     (2) キャッシュ・フローの状況

       当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末と比べ                                    144,545千円増加        し、  693,520    千円と
      なりました。
       当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況と要因は以下のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度において営業活動により使用した資金は、                           456,271千円      (前期は    792,089千円      の支出)となりま
       した。これは主に売上債権の減少額                 170,754    千円、前受金の増加額          144,418    千円の計上等の資金の増加要因があっ
       たものの、税金等調整前当期純損失                 716,304    千円等の資金の減少要因があったことによるものであります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度において投資活動により獲得した資金は、198,631千円(前期は251,652千円の支出)となりま
       した。これは主に事業譲渡による収入165,570千円等の資金の増加要因があったことによるものであります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度において財務活動により獲得した資金は、                           400,761    千円(前期は78,357千円の収入)となりまし
       た。これは主に長期借入金の返済による支出                     195,627    千円等の資金減少要因があったものの、新株予約権の行使に
       よる株式の発行による収入            586,428    千円等の資金の増加要因があったことによるものであります。
    (生産、受注及び販売の状況)

     (1) 生産実績
       当社グループはコンソールゲームやミドルウェア等のコンテンツ及びソフトウエアの開発・保守等に関するサー
      ビスを行っており、提供するサービスの性質上、生産実績の記載になじまないため、当該記載を省略しておりま
      す。
     (2) 受注実績

       当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
        セグメントの名称              受注高(千円)         前年同期比(%)         受注残高(千円)         前年同期比(%)

     開発推進・支援事業                     2,930,378            89.7        633,676            94.5

     (注)   1.セグメント間取引については相殺消去しております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        3.コンテンツ事業については、自社オリジナルタイトルのゲームコンテンツの開発を行っており、受注実績の
          記載になじまないため、記載を省略しております。
        4.人材事業については、受注から販売までのリードタイムが短い(1ヶ月未満)場合が多いため、記載を省略
          しております。
                                  20/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     (3) 販売実績
       当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
         セグメントの名称               販売高(千円)           前年同期比(%)

     開発推進・支援事業                       2,900,708             △5.9

     コンテンツ事業                        364,626            △76.6

     人材事業                       1,737,503              18.0

            合計                5,002,839             △18.2

     (注)   1.セグメント間取引については相殺消去しております。
        2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                            前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (自 平成28年12月1日                   (自 平成29年12月1日
                          至 平成29年11月30日)                   至 平成30年11月30日)
            相手先
                        販売高(千円)          割合(%)        販売高(千円)          割合(%)

     任天堂株式会社                       650,881           10.6        594,693           11.9

     株式会社スクウェア・エニックス                       933,182           15.3          -         -

        3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        4.当連結会計年度における株式会社スクウェア・エニックスに対する販売実績は、当該販売実績の総販売実績
          に対する割合が10%未満であるため記載を省略しております。
    (経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)

      経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する分析・検討内容は、以下のとおりであります。
      なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものでありま
     す。
     (1)  重要な会計方針及び見積り

       当社の連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されておりま
      す。この連結財務諸表の作成に当たりまして、重要となる会計方針については、「第5                                         経理の状況      1  連結財務諸
      表等   (1)  連結財務諸表       注記事項     連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載のとおりであります。
       なお、この連結財務諸表の作成に当たりまして、決算日における資産・負債及び連結事業年度の収益・費用の数
      値に影響を与える見積りは、主に資産の評価や引当金の計上であり、これらの見積り及び判断に対して、継続して
      評価を行っております。過去の実績や状況に応じて合理的と考えられる要因等に基づき、見積り及び判断を行って
      おりますが、見積り特有の不確実性があるため、実際の結果は異なる場合があります。
                                  21/104







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     (2)  財政状態の分析
      ① 資産、負債及び純資産の状況
       (資産の部)
         当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末に比べて                           202,812千円減少        (前連結会計年度末比          7.5%減    )
        し、  2,501,876千円       となりました。
         これは主に、仕掛品の増加             219,719    千円、現金及び預金の増加             144,545千円      があったものの、売掛金の減少
        170,754千円      、無形固定資産の減少           186,246千円      、有形固定資産の減少           67,982千円     等があったことによるもので
        あります。
       (負債の部)

         当連結会計年度末の負債は、前連結会計年度末に比べて                          84,139千円減少       (同  6.7%減    )し、   1,171,706千円       と
        なりました。
         これは主に、受注損失引当金の増加                 177,469千円      、前受金の増加       106,618千円      の一方で、買掛金の減少           161,634
        千円  、長期借入金の減少195,347千円等があったことによるものであります。
       (純資産の部)

          当連結会計年度末の純資産は、前連結会計年度末に比べて                            118,673千円減少        (同  8.2%減    )し、   1,330,170千
        円 となりました。
         これは主に、新株予約権行使による資本金及び資本準備金の増加586,428千円の一方で、利益剰余金の                                                減少
        715,169千円      等があったことによるものであります。
         この結果、自己資本比率は、前連結会計年度末比0.9ポイント減少し、                                52.7%   となりました。
     (3)  経営成績の分析

      ① 売上高
        当連結会計年度の売上高は            5,002,839     千円(前連結会計年度比           18.2  %減)となりました。
        これは主に、平成30年7月4日付けでコンテンツ事業の一部を譲渡したことによる影響であります。人材事業
       においては、引き続き順調に社員の採用及び求職者・派遣労働者の確保ができ、業績は安定に推移したものの、
       開発推進・支援事業においては、ミドルウェアライセンス販売では大型案件の獲得が増収に寄与した一方で、受
       託開発において一部の案件で開発期間が長期化したこと等により、売上高は期初計画を下回る結果となりまし
       た。
      ② 営業損失

        当連結会計年度の営業損失は              771,762    千円(前連結会計年度は1,251,537千円の損失)となりました。これは主
       に、開発推進・支援事業の採算性改善によるセグメント利益の黒字転換や人材事業の増益等があったものの、譲
       渡までのコンテンツ事業の損失影響等により、販売費及び一般管理費が                                  1,617,965     千円(前連結会計年度比            3.2  %
       増)と前期比で微増した影響によるものであります。
      ③ 経常損失

        当連結会計年度の経常損失は804,748千円(前連結会計年度は1,202,755千円の損失)となりました。これは主
       に、持分法による投資損失の計上(前連結会計年度は持分法による投資利益)等により営業外費用が45,940千円
       (前連結会計年度比723.6%増)となったことよるものであります。
      ④ 親会社株主に帰属する当期純損失

        当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純損失は715,169千円(前連結会計年度は1,137,815千円の損失)
       となりました。これは主に、事務所レイアウトの再配置に伴う費用等により特別損失137,204千円を計上した一
       方、コンテンツ事業や「YOKOZUNA                data」の譲渡等により特別利益225,648千円があった影響により、税金等調整
       前当期純損失が716,304千円(前連結会計年度は1,049,259千円の損失)となったことによるものであります。
                                  22/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     (4)  キャッシュ・フローの分析
       キャッシュ・フローの分析につきましては、「第2                        事業の状況      3  経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
      シュ・フローの状況の分析(業績の概要) (2)                      キャッシュ・フローの状況」をご参照下さい。
     (5)  経営成績に重要な影響を与える要因について

       当社グループは、「第2            事業の状況      2  事業等のリスク」に記載のとおり、各事業に共通するリスクとして市場
      動向、法的規制、情報セキュリティ等のリスクがあります。また、開発推進・支援事業では技術革新、人材事業で
      は社会保険のリスク要因があります。当社グループではこれらのリスク要因が当社の経営成績に重要な影響を与え
      る可能性があると認識しております。
       そのため、当社グループは、社内管理体制の整備、法令及びコンプライアンス遵守の浸透、優秀な人材の採用と
      教育、情報セキュリティの強化等により、経営成績に重要な影響を与えるリスク要因を分析し、リスクの発生を抑
      え、適切に対応していく所存であります。
     (6)  経営者の問題認識と今後の方針について

       当社の経営者は、「第2            事業の状況      1  経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおり、当社グ
      ループが今後さらなる成長と発展を遂げるためには、厳しい環境の中で諸々の課題に対処していくことが重要であ
      ると認識しております。
       そのためには、ミドルウェア製品の強化、法令等の遵守、開発体制の強化を図ってまいります。
     (7)  経営戦略の現状と見通し

       当社の経営者は、「第2            事業の状況      1  経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおり、当社グ
      ループが今後さらなる成長と発展を遂げるためには、より収益性の高いビジネスへの注力及びコスト意識を高める
      ことにより、利益率改善に努めていくことが重要であると認識しております。
     (8)  継続企業の前提に関する重要事象等を改善するための対応策等

       当社グループには、「第2             事業の状況      2  事業等のリスク」に記載のとおり、継続企業の前提に重要な疑義を生
      じさせるような事象又は状況が当連結会計年度において存在しておりますが、当該事象等を解消するために、以下
      の事項に取り組んでおります。
       開発推進・支援事業においては、受注案件獲得時の意思決定において、中長期にわたり安定した利益獲得に貢献
      できるプロジェクトを厳密に精査したうえでリソースを投入し、全社的に受注後のプロジェクト進捗及び損益管理
      の強化を徹底してまいります。また、過年度より取り組んでおります非エンターテインメント領域の新規開拓につ
      いて、特に自動車業界向けビジネスにおいては、当社の技術力を活かし、自動運転AI開発への貢献や、より簡便な
      操作でレンダリングが行えるようにミドルウェアの改良を加えるとともに積極的に拡販活動を行っており、着実に
      案件が成約しております。更に、全世界においての開発、販売、サポートを開始した『Enlighten』については、全
      世界における売上ランキングの上位に位置する数多くのゲームに利用されている実績より、今後、当社の海外販路
      拡大に寄与するべく営業活動を強化するとともに、自動車業界、不動産業界、映像業界等幅広い市場での案件獲得
      に注力してまいります。
       人材事業においては、翌期以降も売上及び利益の拡大が見込めるため、継続した事業成長を維持するとともに、
      更なる利益率改善のため、人材紹介事業の伸長を図ってまいります。
       今後も引続き事業基盤並びに財務基盤の強化を図り、当該状況の解消、改善に努めてまいります。
                                  23/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
     (1)   スマートフォン・タブレット端末向けアプリプラットフォーム運営事業者との契約

     契約会社名        相手方名称           契約の名称              契約内容             契約期間
     当社       Google    Inc.     Developer            Android搭載端末向けアプ              契約期間は定められて
                                 リケーションの配信及び販              おりません。
                     Distribution
                                 売に関する契約
                     Agreement
     当社       Apple   Inc.      Apple   Developer         iOS搭載端末向けアプリ              1年間 以後1年毎自
                                 ケーションの配信及び販売              動更新。
                     Program    License
                                 に関する契約
                     Agreement
     (2)  会社分割及び株式譲渡

       当社は、平成30年7月4日付で、当社が保有するゲームコンテンツの開発及び運営に係るコンテンツ事業の一部
      を、当社の子会社として新たに設立した株式会社スタジオリボルバー(現                                   株式会社クレイテックワークス)に新設
      分割の方法により承継させたうえで、当該新設会社の株式の90%を株式会社クリーク・アンド・リバー社に譲渡い
      たしました。詳細は、「第5              経理の状況      1連結財務諸表等         (1)  連結財務諸表       注記事項(企業結合等関係)」を
      ご参照下さい。
     (3)  「YOKOZUNA      data」の譲渡

       当社は、平成30年7月23日開催の取締役会において、当社サービス「YOKOZUNA                                      data」に関する資産を、Keywords
      International       Limitedに譲渡する旨を決議し、同日付で譲渡契約を締結いたしました                                。 詳細は、「第5        経理の状
      況  1連結財務諸表等         (1)  連結財務諸表       注記事項(企業結合等関係)」をご参照下さい。
                                  24/104













                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    5  【研究開発活動】
      当社グループの研究開発活動は、全社横断的に技術の開発に努め、相互にノウハウの共有化を図ると共に自社の競
     争力強化を目的として行われております。
      当連結会計年度において当社グループが支出した研究開発費の総額は20,411千円(前連結会計年度比17.1%減)で
     あります。
      研究開発活動の概略を示すと次のとおりであります。なお、当社グループでは、研究開発活動により開発する製品

     は、開発推進・支援事業及びコンテンツ事業の両事業に係る製品となる可能性があるため、セグメントに関連付けた
     費用ではなく、全社費用として管理していることから、セグメント毎の研究開発費の記載を省略しております。
      高品位のCG技術を提供するレンダリングエンジン「Mizuchi」は、昨年に引き続き、自動車、製造住設業界、映像制

     作等のゲーム以外の分野でも応用が進んでおり、それぞれの用途に応じ、実写と見間違えるほどのリアリティのある
     ものから、アニメ調などのノンフォトリアルなものまでの多彩な表現を、リアルタイムCGで実現できるようなレンダ
     リング技術向上の研究を継続的行ってきております。
      VRへの応用の要求も多く、VR空間での高品位CGの表現を実現するための研究開発も実施しております。また、間接
     光を含むライティングの多彩な表現をリアルタイムに実現するグローバルイルミネーションの分野でも、一昨年ライ
     センス取得した「Enlighten」の販売を推し進める一方で、継続的に研究開発を進めております。
                                  25/104














                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当連結会計年度の設備投資(有形固定資産の他、無形固定資産等への投資を含む)の総額は59,689千円でありま
     す。
    2 【主要な設備の状況】

     (1) 提出会社
                                              平成30年11月30日現在
                                 帳簿価額
     事業所名                                              従業員数
          セグメント
                             工具、器具        ソフト
               設備の内容
                        建物                     合計
           の名称
     (所在地)                                               (人)
                              及び備品        ウエア
                       (千円)                     (千円)
                              (千円)       (千円)
      本社
          全セグメ
     (東京都           業務設備         95,602        35,592       184,652        315,846          169
          ント
     渋谷区)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.臨時従業員数については、従業員数に対する割合が100分の10未満であるため、記載を省略しております。
     (2) 国内子会社

                                              平成30年11月30日現在
                                     帳簿価額
           事業所名     セグメント       設備の                             従業員数
                                 工具、器具       ソフト
      会社名
                             建物                  合計
           (所在地)      の名称      内容                              (人)
                                  及び備品      ウエア
                             (千円)                  (千円)
                                  (千円)      (千円)
     イグニス・
            本社
                 開発推進
     イメージ
           (東京都           業務設備          -     4,948       5,833       10,782         60
     ワークス株
                 ・支援
           渋谷区)
     式会社
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.臨時従業員数については、従業員数に対する割合が100分の10未満であるため、記載を省略しております。
     (3)  在外子会社

       該当事項はありません。
    3  【設備の新設、除却等の計画】

     (1) 重要な設備の新設等
       経常的な設備の更新のための新設等を除き、重要な設備の新設等の計画はありません。
     (2) 重要な設備の除却等

       経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                  26/104






                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     9,420,000

                 計                                    9,420,000

      ② 【発行済株式】

                事業年度末現在            提出日現在         上場金融商品取引所

        種類         発行数(株)           発行数(株)         名又は登録認可金融              内容
               (平成30年11月30日)           (平成31年2月25日)           商品取引業協会名
                                               完全議決権株式であ
                                               り、権利内容に何ら
                                               限定のない当社にお
                                      東京証券取引所
       普通株式             2,904,200           2,905,700                 ける標準となる株式
                                      (マザーズ)
                                               であり、単元株式数
                                               は100株でありま
                                               す。
         計           2,904,200           2,905,700           ―           ―
     (注) 提出日現在の発行数には、平成31年2月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発
        行された株式数は、含まれておりません。
                                  27/104












                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
       会社法に基づき発行した新株予約権は次のとおりであります。
      ① 第1回新株予約権 (平成25年8月29日 臨時株主総会決議、平成25年9月17日 発行)
                               事業年度末現在               提出日の前月末現在
                              (平成30年11月30日)                (平成31年1月31日)
                              当社取締役 1名                当社取締役 1名
     付与対象者の区分及び人数
                              当社従業員 7名
                                              当社従業員 6名
                                135(注)6                130(注)6
     新株予約権の数(個)
     新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                 同左

                              40,500(注)1、5、6               39,000(注)1、5、6

     新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                334(注)2、5                334(注)2、5

     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                             自 平成27年9月18日
     新株予約権の行使期間                                            同左
                             至 平成32年7月31日
                             発行価格         334       発行価格         334
     新株予約権の行使により株式を発行する場合
                               (注)2、5                (注)2、5
                             資本組入額         167       資本組入額         167
     の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                               (注)2、5                (注)2、5
                           ① 新株予約権の割当てを受け
                            た者(以下「新株予約権者」
                            という。)は、権利行使時ま
                            での間、当社の取締役、監査
                            役または従業員のいずれかの
                            地位を保有していることを要
                            し、それ以外の場合には新株
                            予約権を行使できないものと
                            する。ただし、当社取締役会
                            が正当な理由があると認めた
                            場合(任期満了、定年による
                            退職等)は、上記地位の喪失
                            後6ヶ月以内または権利行使
                            期間開始日より6ヶ月以内に
                            権利行使をなし得るものとす
     新株予約権の行使の条件                                            同左
                            る。
                           ② 新株予約権者が死亡した場
                            合、その者の相続人は新株予
                            約権を行使することができな
                            い。
                           ③ 権利行使期間内であって
                            も、新株予約権者は、当社が
                            当社株式を取引所へ上場等す
                            るまでの間は、新株予約権を
                            行使することができない。
                           ④ その他の行使の条件につい
                            ては、当社と新株予約権者と
                            の間で締結する新株予約権割
                            当契約に定めるところによ
                            る。
                           譲渡による新株予約権の取得に
     新株予約権の譲渡に関する事項                       ついては、当社取締役会の承認                      同左
                           を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
                               (注)3、4                (注)3、4
     する事項
     (注)   1.新株予約権1個あたりの目的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は、300株であります。
          ただし、当社が当社普通株式につき株式分割(株式無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う
          場合は、次の算式により付与株式数を調整し、調整の結果生ずる1株未満の端数は切り捨てるものとする。
           調整後付与株式数         = 調整前付与株式数         ×  株式分割(または株式併合)の比率

        2.当社が普通株式につき株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整の結

          果生ずる1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                     1
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             株式分割(または株式併合)の比率
          また、新株予約権の割当日後に払込金額を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、

                                  28/104

                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
          次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                     新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                                   既発行株式数+新株発行(処分)株式数
        3.当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、当社が分割会社となる会社分割契約または会社分割計画承認の

          議案、当社が完全子会社となる株式交換契約または株式移転計画承認の議案につき当社株主総会で承認され
          た場合(株主総会決議が不要な場合は、当社の取締役会の決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定
          める日に、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
          また、新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなり権利を行使することができなくなった場合
          は、当社取締役会が別途定める日に、当社は当該新株予約権を無償で取得することができる。
        4.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以下総称して「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の直前の時点に
          おいて残存する新株予約権の新株予約権者に対し、合併後存続する株式会社、合併により設立する株式会
          社、吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全部もしくは一部を承継する株式会社、
          新設分割により設立する株式会社、株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社、また
          は株式移転により設立する株式会社(以下総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件
          に基づき交付することとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸
          収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定め
          た場合に限るものとする。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生の直前の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約
            権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
          ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、上記(注)1.に準じて決定する。
          ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            新株予約権の行使に際して出資される財産は金銭とし、各新株予約権の行使に際して出資される財産の
            価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上で調整した組織再編後の行使価額に、新株予約権の目的であ
            る再編対象会社の株式の数を乗じた金額とする。
          ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
            上表「新株予約権の行使期間」に定める権利行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか
            遅い日から、「新株予約権の行使期間」に定める権利行使期間の満了日までとする。
          ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           イ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じ
             る場合は、この端数を切り上げるものとする。
           ロ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記イ.記載の資
             本金等増加限度額から上記イ.に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          ⑦ 新株予約権の行使の条件
            上表「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
          ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
          ⑨ 再編対象会社による新株予約権の取得
            上記(注)1.に準じて決定する。
        5.当社は、平成26年2月8日付で普通株式1株につき3株の株式分割を、平成26年11月1日付で普通株式1株
          につき100株の株式分割を行っております。これに伴い、「新株予約権の目的となる株式の数」「新株予約
          権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入
          額」が調整されております。
        6.新株予約権付与時の新株予約権の数は765個、新株予約権の目的となる株式の数は765株(株式分割考慮前)
          でしたが、付与対象者の退職による権利の喪失及び権利行使等により、新株予約権の数及び新株予約権の目
          的となる株式の数は変更となっております。
                                  29/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ②第2回新株予約権(平成26年2月26日 定時株主総会決議、平成26年5月29日 発行)
                               事業年度末現在               提出日の前月末現在
                              (平成30年11月30日)                (平成31年1月31日)
     付与対象者の区分及び人数                          当社従業員 16名                当社従業員 16名
                                127(注)6                127(注)6

     新株予約権の数(個)
     新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                 同左

                              12,700    (注)1、5、6              12,700      (注)1、5、6

     新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                800(注)2、5                800(注)2、5

     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                             自 平成28年5月30日
     新株予約権の行使期間                                            同左
                             至 平成33年1月31日
                             発行価格         800       発行価格         800
     新株予約権の行使により株式を発行する場合
                               (注)2、5                (注)2、5
                             資本組入額         400       資本組入額         400
     の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                               (注)2、5                (注)2、5
                           ① 新株予約権の割当てを受け
                            た者(以下「新株予約権者」
                            という。)は、権利行使時ま
                            での間、当社の取締役、監査
                            役または従業員のいずれかの
                            地位を保有していることを要
                            し、それ以外の場合には新株
                            予約権を行使できないものと
                            する。ただし、当社取締役会
                            が正当な理由があると認めた
                            場合(任期満了、定年による
                            退職等)は、上記地位の喪失
                            後6ヶ月以内または権利行使
                            期間開始日より6ヶ月以内に
                            権利行使をなし得るものとす
     新株予約権の行使の条件                                            同左
                            る。
                           ② 新株予約権者が死亡した場
                            合、その者の相続人は新株予
                            約権を行使することができな
                            い。
                           ③ 権利行使期間内であって
                            も、新株予約権者は、当社が
                            当社株式を取引所へ上場等す
                            るまでの間は、新株予約権を
                            行使することができない。
                           ④ その他の行使の条件につい
                            ては、当社と新株予約権者と
                            の間で締結する新株予約権割
                            当契約に定めるところによ
                            る。
                           譲渡による新株予約権の取得に
     新株予約権の譲渡に関する事項                       ついては、当社取締役会の承認                      同左
                           を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
                               (注)3、4                (注)3、4
     する事項
     (注)   1.新株予約権1個あたりの目的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は、100株であります。
          ただし、当社が当社普通株式につき株式分割(株式無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う
          場合は、次の算式により付与株式数を調整し、調整の結果生ずる1株未満の端数は切り捨てるものとする。
           調整後付与株式数         = 調整前付与株式数         ×  株式分割(または株式併合)の比率

        2.当社が普通株式につき株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整の結

          果生ずる1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                     1
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             株式分割(または株式併合)の比率
          また、新株予約権の割当日後に払込金額を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、

          次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                     新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
                                  30/104


                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
                                   既発行株式数+新株発行(処分)株式数
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
        3.当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、当社が分割会社となる会社分割契約または会社分割計画承認の

          議案、当社が完全子会社となる株式交換契約または株式移転計画承認の議案につき当社株主総会で承認され
          た場合(株主総会決議が不要な場合は、当社の取締役会の決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定
          める日に、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
          また、新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなり権利を行使することができなくなった場合
          は、当社取締役会が別途定める日に、当社は当該新株予約権を無償で取得することができる。
        4.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以下総称して「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の直前の時点に
          おいて残存する新株予約権の新株予約権者に対し、合併後存続する株式会社、合併により設立する株式会
          社、吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全部もしくは一部を承継する株式会社、
          新設分割により設立する株式会社、株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社、また
          は株式移転により設立する株式会社(以下総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件
          に基づき交付することとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸
          収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定め
          た場合に限るものとする。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生の直前の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約
            権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
          ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、上記(注)1.に準じて決定する。
          ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            新株予約権の行使に際して出資される財産は金銭とし、各新株予約権の行使に際して出資される財産の
            価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上で調整した組織再編後の行使価額に、新株予約権の目的であ
            る再編対象会社の株式の数を乗じた金額とする。
          ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
            上表「新株予約権の行使期間」に定める権利行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか
            遅い日から、「新株予約権の行使期間」に定める権利行使期間の満了日までとする。
          ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           イ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じ
             る場合は、この端数を切り上げるものとする。
           ロ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記イ.記載の資
             本金等増加限度額から上記イ.に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          ⑦ 新株予約権の行使の条件
            上表「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
          ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
          ⑨ 再編対象会社による新株予約権の取得
            上記(注)1.に準じて決定する。
        5.当社は、平成26年11月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これに伴い、「新
          株予約権の目的となる株式の数」「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を
          発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
        6.新株予約権付与時の新株予約権の数は555個、新株予約権の目的となる株式の数は555株(株式分割考慮前)
          でしたが、付与対象者の退職による権利の喪失及び権利行使等により、新株予約権の数及び新株予約権の目
          的となる株式の数は変更となっております。
                                  31/104






                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ③第3回新株予約権(平成26年8月28日 臨時株主総会決議、平成26年9月26日 発行)
                               事業年度末現在               提出日の前月末現在
                              (平成30年11月30日)                (平成31年1月31日)
     付与対象者の区分及び人数                          当社取締役 1名                当社取締役 1名
                                20(注)6                20(注)6

     新株予約権の数(個)
     新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                 同左

                              2,000(注)1、5、6                2,000(注)1、5、6

     新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                934(注)2、5                934(注)2、5

     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                             自 平成28年9月27日
     新株予約権の行使期間                                            同左
                             至 平成33年7月31日
                             発行価格         934       発行価格         934
     新株予約権の行使により株式を発行する場合
                               (注)2、5                (注)2、5
                             資本組入額         467       資本組入額         467
     の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                               (注)2、5                (注)2、5
                           ① 新株予約権の割当てを受け
                            た者(以下「新株予約権者」
                            という。)は、権利行使時ま
                            での間、当社の取締役、監査
                            役または従業員のいずれかの
                            地位を保有していることを要
                            し、それ以外の場合には新株
                            予約権を行使できないものと
                            する。ただし、当社取締役会
                            が正当な理由があると認めた
                            場合(任期満了、定年による
                            退職等)は、上記地位の喪失
                            後6ヶ月以内または権利行使
                            期間開始日より6ヶ月以内に
                            権利行使をなし得るものとす
     新株予約権の行使の条件                                            同左
                            る。
                           ② 新株予約権者が死亡した場
                            合、その者の相続人は新株予
                            約権を行使することができな
                            い。
                           ③ 権利行使期間内であって
                            も、新株予約権者は、当社が
                            当社株式を取引所へ上場等す
                            るまでの間は、新株予約権を
                            行使することができない。
                           ④ その他の行使の条件につい
                            ては、当社と新株予約権者と
                            の間で締結する新株予約権割
                            当契約に定めるところによ
                            る。
                           譲渡による新株予約権の取得に
     新株予約権の譲渡に関する事項                       ついては、当社取締役会の承認                      同左
                           を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
                               (注)3、4                (注)3、4
     する事項
     (注)   1.新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は、100株であります。
          ただし、当社が当社普通株式につき株式分割(株式無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う
          場合は、次の算式により付与株式数を調整し、調整の結果生ずる1株未満の端数は切り捨てるものとする。
           調整後付与株式数         = 調整前付与株式数         ×  株式分割(または株式併合)の比率

        2.当社が普通株式につき株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整の結

          果生ずる1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                     1
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             株式分割(または株式併合)の比率
          また、新株予約権の割当日後に払込金額を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、

          次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                     新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
                                  32/104


                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
                                   既発行株式数+新株発行(処分)株式数
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
        3.当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、当社が分割会社となる会社分割契約または会社分割計画承認の

          議案、当社が完全子会社となる株式交換契約または株式移転計画承認の議案につき当社株主総会で承認され
          た場合(株主総会決議が不要な場合は、当社の取締役会の決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定
          める日に、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
          また、新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなり権利を行使することができなくなった場合
          は、当社取締役会が別途定める日に、当社は当該新株予約権を無償で取得することができる。
        4.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以下総称して「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の直前の時点に
          おいて残存する新株予約権の新株予約権者に対し、合併後存続する株式会社、合併により設立する株式会
          社、吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全部もしくは一部を承継する株式会社、
          新設分割により設立する株式会社、株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社、また
          は株式移転により設立する株式会社(以下総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件
          に基づき交付することとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸
          収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定め
          た場合に限るものとする。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生の直前の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約
            権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
          ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、上記(注)1.に準じて決定する。
          ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            新株予約権の行使に際して出資される財産は金銭とし、各新株予約権の行使に際して出資される財産の
            価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上で調整した組織再編後の行使価額に、新株予約権の目的であ
            る再編対象会社の株式の数を乗じた金額とする。
          ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
            上表「新株予約権の行使期間」に定める権利行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか
            遅い日から、「新株予約権の行使期間」に定める権利行使期間の満了日までとする。
          ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           イ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じ
             る場合は、この端数を切り上げるものとする。
           ロ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記イ.記載の資
             本金等増加限度額から上記イ.に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          ⑦ 新株予約権の行使の条件
            上表「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
          ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
          ⑨ 再編対象会社による新株予約権の取得
            上記(注)1.に準じて決定する。
        5.当社は、平成26年11月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これに伴い、「新
          株予約権の目的となる株式の数」「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を
          発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
        6.新株予約権付与時の新株予約権の数は130個、新株予約権の目的となる株式の数は130株(株式分割考慮前)
          でしたが、付与対象者の権利行使等により、新株予約権の数及び新株予約権の目的となる株式の数は変更と
          なっております。
                                  33/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ④第4回新株予約権(平成26年8月28日 臨時株主総会決議、平成26年10月21日 発行)
                               事業年度末現在               提出日の前月末現在
                              (平成30年11月30日)                (平成31年1月31日)
     付与対象者の区分及び人数                          当社従業員 2名                当社従業員 2名
                                  25

     新株予約権の数(個)                                              25
     新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                 同左

                               2,500(注)1、5                2,500(注)1、5

     新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                934(注)2、5                934(注)2、5

     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                             自 平成28年10月22日
     新株予約権の行使期間                                            同左
                             至 平成33年7月31日
                             発行価格         934       発行価格         934
     新株予約権の行使により株式を発行する場合
                               (注)2、5                (注)2、5
                             資本組入額         467       資本組入額         467
     の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                               (注)2、5                (注)2、5
                           ① 新株予約権の割当てを受け
                            た者(以下「新株予約権者」
                            という。)は、権利行使時ま
                            での間、当社の取締役、監査
                            役または従業員のいずれかの
                            地位を保有していることを要
                            し、それ以外の場合には新株
                            予約権を行使できないものと
                            する。ただし、当社取締役会
                            が正当な理由があると認めた
                            場合(任期満了、定年による
                            退職等)は、上記地位の喪失
                            後6ヶ月以内または権利行使
                            期間開始日より6ヶ月以内に
                            権利行使をなし得るものとす
     新株予約権の行使の条件                                            同左
                            る。
                           ② 新株予約権者が死亡した場
                            合、その者の相続人は新株予
                            約権を行使することができな
                            い。
                           ③ 権利行使期間内であって
                            も、新株予約権者は、当社が
                            当社株式を取引所へ上場等す
                            るまでの間は、新株予約権を
                            行使することができない。
                           ④ その他の行使の条件につい
                            ては、当社と新株予約権者と
                            の間で締結する新株予約権割
                            当契約に定めるところによ
                            る。
                           譲渡による新株予約権の取得に
     新株予約権の譲渡に関する事項                       ついては、当社取締役会の承認                      同左
                           を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
                               (注)3、4                (注)3、4
     する事項
     (注)   1.新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下「付与株式数」という。)は、100株であります。
          ただし、当社が当社普通株式につき株式分割(株式無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う
          場合は、次の算式により付与株式数を調整し、調整の結果生ずる1株未満の端数は切り捨てるものとする。
           調整後付与株式数         = 調整前付与株式数         ×  株式分割(または株式併合)の比率

        2.当社が普通株式につき株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整の結

          果生ずる1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                     1
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             株式分割(または株式併合)の比率
          また、新株予約権の割当日後に払込金額を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、

          次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                     新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
                                  34/104


                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
                                   既発行株式数+新株発行(処分)株式数
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
        3.当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、当社が分割会社となる会社分割契約または会社分割計画承認の

          議案、当社が完全子会社となる株式交換契約または株式移転計画承認の議案につき当社株主総会で承認され
          た場合(株主総会決議が不要な場合は、当社の取締役会の決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定
          める日に、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
          また、新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなり権利を行使することができなくなった場合
          は、当社取締役会が別途定める日に、当社は当該新株予約権を無償で取得することができる。
        4.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以下総称して「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の直前の時点に
          おいて残存する新株予約権の新株予約権者に対し、合併後存続する株式会社、合併により設立する株式会
          社、吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全部もしくは一部を承継する株式会社、
          新設分割により設立する株式会社、株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社、また
          は株式移転により設立する株式会社(以下総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件
          に基づき交付することとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸
          収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定め
          た場合に限るものとする。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生の直前の時点において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約
            権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
          ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、上記(注)1.に準じて決定する。
          ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            新株予約権の行使に際して出資される財産は金銭とし、各新株予約権の行使に際して出資される財産の
            価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上で調整した組織再編後の行使価額に、新株予約権の目的であ
            る再編対象会社の株式の数を乗じた金額とする。
          ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
            上表「新株予約権の行使期間」に定める権利行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか
            遅い日から、「新株予約権の行使期間」に定める権利行使期間の満了日までとする。
          ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           イ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じ
             る場合は、この端数を切り上げるものとする。
           ロ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記イ.記載の資
             本金等増加限度額から上記イ.に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          ⑦ 新株予約権の行使の条件
            上表「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
          ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
          ⑨ 再編対象会社による新株予約権の取得
            上記(注)1.に準じて決定する。
        5.当社は、平成26年11月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これに伴い、「新
          株予約権の目的となる株式の数」「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を
          発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
                                  35/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ③  【その他の新株予約権等の状況】
         当社は、会社法に基づき新株予約権を発行しております。
                       第8回新株予約権             第9回新株予約権             第10回新株予約権
     決議年月日                                平成30年3月9日
                        25,000    (注)2         70,000    (注)2          70,000    (注)2
     新株予約権の数(個) ※
     新株予約権のうち自己新株予約権
                                        ―
     の数(個) ※
                       普通株式 25,000             普通株式 70,000             普通株式 70,000
     新株予約権の目的となる株式の種
     類、内容及び数(株) ※
                        (注)2、3、4             (注)2、3、4             (注)2、3、4
     新株予約権の行使時の払込金額
                       (注)2、5、6,7             (注)2、5、6,7             (注)2、5、6,7
     (円) ※
                                    自 平成30年4月24日             自 平成30年5月25日
                      自 平成30年3月27日
     新株予約権の行使期間 ※
                      至 平成33年3月26日
                                    至 平成33年4月23日             至 平成33年5月24日
     新株予約権の行使により株式を発
     行する場合の株式の発行価格及び                   (注)2、5、8             (注)2、5、8             (注)2、5、8
     資本組入額(円) ※
     新株予約権の行使の条件 ※                               一部行使はできない。
     新株予約権の譲渡に関する事
                                        ―
     項 ※
     組織再編成行為に伴う新株予約権
                                        ―
     の交付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(平成30年11月30日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月
        末(平成31年1月31日)現在において、これらの事項に変更はありません。
    (注)1.本新株予約権は、行使価額修正条項付新株予約権付社債券等である。

      2.当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の特質
       (1)本新株予約権の目的となる株式の総数は、165,000株(第8回新株予約権25,000株、第9回新株予約権70,000
         株、第10回新株予約権70,000株、交付株式数((注)4                         (1)号に定義する。)は1株で確定しており、株価の上昇
         又は下落により行使価額((注)5                (1)号に定義する。)が修正されても変化しない(但し、(注)4に記載のとお
         り、調整されることがある。)。なお、株価の上昇又は下落により行使価額が修正された場合、本新株予約権
         による資金調達の額は増加又は減少する。
       (2)行使価額の修正基準
         第8回新株予約権の行使価額は、平成31年3月9日を初日として、各1年後の応当日ごとに、その直前の取引
         日の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合には、その直前の終値)に
         相当する金額に修正される。
         第9回新株予約権の行使価額は、平成30年4月24日に、平成30年4月23日の東京証券取引所における当社普通
         株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合には、その直前の終値)の110.4%に相当する金額に修正され、
         以後、平成31年4月24日を初日として、各1年後の応当日ごとに、その直前の取引日の東京証券取引所におけ
         る当社普通株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合には、その直前の終値)に相当する金額に修正され
         る。
         第10回新株予約権の行使価額は、平成30年5月25日に、平成30年5月24日の東京証券取引所における当社普通
         株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合には、その直前の終値)の110.4%に相当する金額に修正され、
         以後、平成31年5月25日を初日として、各1年後の応当日ごとに、その直前の取引日の東京証券取引所におけ
         る当社普通株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合には、その直前の終値)に相当する金額に修正され
         る。
       (3)行使価額の修正頻度:1年に最大1回
       (4)行使価額の下限はない。
       (5)交付株式数の上限:本新株予約権の目的となる株式の総数は165,000株(当事業年度末現在の発行済株式総数に
         対する割合は5.68%)、交付株式数は本新株予約権1個につき1株で確定している(但し、(注)4に記載のとお
         り、調整されることがある。)。
       (6)行使価額の下限は定められていないため、本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額の下限も定められ
         ていない。
       3.新株予約権の目的となる普通株式の内容は「第4                          提出会社の状況        1  株式等の状況       (1)  株式の総数等       ②発
         行済株式」の内容と同一である。
       4.新株予約権の目的となる株式の数
       (1)本新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、本新株予約権1個の行使により当社が当社普通株
         式を新たに発行し又はこれに代えて当社の保有する当社普通株式を処分する(以下「新規発行新株予約権証
         券」において「交付」という。)数は1株とする(以下、「新規発行新株予約権証券」において、本新株予約権
         1個あたりの目的である株式の数を「交付株式数」という。)。ただし、本欄(2)号乃至(5)号により交付株式
         数が調整される場合には、本新株予約権の目的である株式の総数は調整後交付株式数に応じて調整されるもの
         とする。
       (2)当社が(注)6の規定に従って、行使価額((注)5(1)号に定義する。以下「新規発行新株予約権証券」において
         同じ。)の調整を行う場合には、交付株式数は次の算式により調整されるものとする。
                                  36/104


                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
                  調整前交付株式数         ×  調整前行使価額
        調整後交付株式数         =
                        調整後行使価額
         上記算式における調整前行使価額及び調整後行使価額は、(注)7に定める調整前行使価額及び調整後行使価額
         とする。
       (3)前項の調整は当該時点において未行使の本新株予約権に係る交付株式数についてのみ行われ、調整の結果生じ
         る1株未満の端数はこれを切り捨てるものとする。
       (4)調整後交付株式数の適用日は、当該調整事由に係る(注)7                             (2)号、(4)号及び(5)号による行使価額の調整に関
         し、各号に定める調整後行使価額を適用する日と同日とする。
       (5)交付株式数の調整を行うときは、当社は、あらかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前交付株式数、
         調整後交付株式数及びその適用の日その他必要な事項を本新株予約権に係る新株予約権者(以下「本新株予約
         権者」という。)に通知する。ただし、適用の日の前日までに前記の通知を行うことができないときは、適用
         の日以降すみやかにこれを行う。
       5.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
       (1)本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、行使に際して出資される当社普通株式1株あたりの金
         銭の額(以下「新規発行新株予約権証券」において「行使価額」という。)に交付株式数を乗じた金額とする
         が、計算の結果1円未満の端数を生ずる場合は、その端数を切り上げるものとする。
       (2)行使価額は、第8回新株予約権については当初2,264円、第9回新株予約権及び第10回新株予約権については
         当初1,886円とする。ただし、行使価額は(注)6及び(注)7に定めるところに従い修正又は調整される。
       6.行使価額の修正
       (第8回新株予約権)行使価額は、平成31年3月9日を初日として、各1年後の応当日ごとに、その直前の取引
       日の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合には、その直前の終値)に相
       当する金額に修正される。
       (第9回新株予約権)行使価額は、平成30年4月24日に、平成30年4月23日の東京証券取引所における当社普通
       株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合には、その直前の終値)の110.4%に相当する金額に修正され、以
       後、平成31年4月24日を初日として、各1年後の応当日ごとに、その直前の取引日の東京証券取引所における当
       社普通株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合には、その直前の終値)に相当する金額に修正される。
        (第10回新株予約権)行使価額は、平成30年5月25日に、平成30年5月24日の東京証券取引所における当社普通
       株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合には、その直前の終値)の110.4%に相当する金額に修正され、以
       後、平成31年5月25日を初日として、各1年後の応当日ごとに、その直前の取引日の東京証券取引所における当
       社普通株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合には、その直前の終値)に相当する金額に修正される。
       7.行使価額の調整
       (1)当社は、本新株予約権の割当日後、本項(2)号に掲げる各事由が発生し当社の発行済株式数に変更を生じる場
         合又は変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下「新規発行新株予約権証券」において「行使
         価額調整式」という。)により行使価額を調整する                        。
                               交付普通       1株あたりの
                                    ×
                         既発行
                               株式数        払込金額
                             +
                         株式数
                                    時  価
           調整後       調整前
               =       ×
          行使価額       行使価額
                           既発行株式数       +  交付普通株式数
       (2)行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及びその調整後行使価額の適用時期については、次に定める
         ところによる。
         ①下記(3)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を交付する場合(ただし、当社普通株式
          を交付する旨の定めのある証券、又は当社普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債に付
          されたものを含む。)その他の証券又は権利の取得、転換又は行使によって当社普通株式を交付する場合を
          除く。)
          調整後行使価額は、払込期日又は払込期間の末日の翌日以降(株主に当社普通株式の割当てを受ける権利を
          与える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日の翌日以降)、これを適用する。
         ②当社普通株式の分割又は当社普通株式の無償割当て(以下「新規発行新株予約権証券」において「株式分割
          等」という。)を行う場合
          調整後行使価額は、当該株式分割等により株式を取得する株主を定めるための基準日(基準日を定めない場
          合は、効力発生日)の翌日以降、これを適用する。
         ③下記(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株式を交付する旨の定めのある証券若しくは権
          利、又は下記(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付を受けることができる新株予
          約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)その他の証券又は権利を交付する場合(無償割当ての場合
          を含む。)
          調整後行使価額は、交付される証券若しくは権利のすべてが当初の条件で取得、転換又は行使されて当社
          普通株式が交付されたものとみなして行使価額調整式を準用して算出するものとし、当該証券若しくは権
          利の払込期日又は払込期間の末日(無償割当ての場合には、効力発生日)の翌日以降(株主に当該証券若しく
          は権利の割当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日の翌日以降)、
          これを適用する。
       (3)①行使価額調整式の計算については、1円未満の端数が生じたときはこれを切り捨てる。
         ②行使価額調整式で使用する時価は、調整後行使価額を適用する日に先立つ45取引日目に始まる30取引日(終
          値のない日数を除く。)の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値とする。
          この場合、平均値の計算は、1円未満の端数が生じたときはこれを切り捨てる。
         ③行使価額調整式で使用する調整前行使価額は、調整後行使価額を適用する日の前日において有効な行使価
          額とし、行使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に株式の割当てを受ける権利を与える場合は、
          当該権利を与える株主を定めるための基準日(基準日を定めない場合は、その効力発生日)、また、それ以
                                  37/104

                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
          外の場合は、調整後行使価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済株式数から、当該日にお
          ける当社の有する当社普通株式数を控除した数とする。また、当社普通株式の分割が行われる場合には、
          行 使価額調整式で使用する交付株式数は、基準日における当社の有する当社普通株式に割り当てられる当
          社普通株式数を含まないものとする。
         ④行使価額調整式により算出された調整後行使価額と調整前行使価額との差額が1円未満にとどまるとき
          は、行使価額の調整は行わないこととする。ただし、その次に行使価額の調整を必要とする事由が発生し
          行使価額を調整する場合は、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて、調整前行使価額からこの差額
          を差し引いた額を使用するものとする。
       (4)上記(2)号に掲げた場合以外にも、次に掲げる場合には、当社は、必要な行使価額の調整を行う。
         ①株式の併合、合併、会社分割、株式移転又は株式交換のために行使価額の調整を必要とする場合。
         ②前①の他、当社の発行済株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由その他の事由の発生により行使価額
          の調整を必要とする場合。
         ③行使価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後行使価額の算出にあた
          り使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要がある場合。
       (5)本項の他の規定にかかわらず、本項に基づく調整後の行使価額を初めて適用する日が前項に基づく行使価額の
         修正日と一致する場合には、当社は、必要な行使価額の調整を行う。
       (6)前各号の規定により行使価額の調整を行うときは、当社は、あらかじめ書面によりその旨並びにその事由、調
         整前行使価額、調整後行使価額及びその適用の日その他必要な事項を本新株予約権者に通知する。ただし、適
         用の日の前日までに前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降すみやかにこれを行う。
       8.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金
       (1)本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その
         端数を切り上げるものとする。
       (2)本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、前号記載の資本金等増加
         限度額から前号に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
                                  38/104














                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
     第5回新株予約権
                               第4四半期会計期間                   第20期
                              (平成30年9月1日から               (平成29年12月1日から
                               平成30年11月30日まで)               平成30年11月30日まで)
      当該期間に権利行使された当該行使価額修正条
                                          -             50,000
      項付新株予約権付社債券等の数(個)
      当該期間の権利行使に係る交付株式数(株)                                    -             50,000
      当該期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)                                    -              1,886

      当該期間の権利行使に係る資金調達額(千円)                                    -              99,900

      当該期間の末日における権利行使された当該行
      使価額修正条項付新株予約権付社債券等の数の                                    -             50,000
      累計(個)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の交付株式                                    -             50,000
      数(株)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の平均行使                                    -              1,886
      価額等(円)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の資金調達                                    -              99,900
      額(千円)
     第6回新株予約権

                               第4四半期会計期間                   第20期
                              (平成30年9月1日から               (平成29年12月1日から
                               平成30年11月30日まで)               平成30年11月30日まで)
      当該期間に権利行使された当該行使価額修正条
                                          -             140,000
      項付新株予約権付社債券等の数(個)
      当該期間の権利行使に係る交付株式数(株)                                    -             140,000
      当該期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)                                    -              1,766

      当該期間の権利行使に係る資金調達額(千円)                                    -             247,660

      当該期間の末日における権利行使された当該行
      使価額修正条項付新株予約権付社債券等の数の                                    -             140,000
      累計(個)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の交付株式                                    -             140,000
      数(株)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の平均行使                                    -              1,766
      価額等(円)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の資金調達                                    -             247,660
      額(千円)
                                  39/104






                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     第7回新株予約権
                               第4四半期会計期間                   第20期
                              (平成30年9月1日から               (平成29年12月1日から
                               平成30年11月30日まで)               平成30年11月30日まで)
      当該期間に権利行使された当該行使価額修正条
                                          -             140,000
      項付新株予約権付社債券等の数(個)
      当該期間の権利行使に係る交付株式数(株)                                    -             140,000
      当該期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)                                    -              1,676

      当該期間の権利行使に係る資金調達額(千円)                                    -             234,780

      当該期間の末日における権利行使された当該行
      使価額修正条項付新株予約権付社債券等の数の                                    -             140,000
      累計(個)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の交付株式                                    -             140,000
      数(株)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の平均行使                                    -              1,676
      価額等(円)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の資金調達                                    -             234,780
      額(千円)
     第8回新株予約権

                               第4四半期会計期間                   第20期
                              (平成30年9月1日から               (平成29年12月1日から
                               平成30年11月30日まで)               平成30年11月30日まで)
      当該期間に権利行使された当該行使価額修正条
                                          -                -
      項付新株予約権付社債券等の数(個)
      当該期間の権利行使に係る交付株式数(株)                                    -               -
      当該期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)                                    -                -

      当該期間の権利行使に係る資金調達額(千円)                                    -                -

      当該期間の末日における権利行使された当該行
      使価額修正条項付新株予約権付社債券等の数の                                    -                -
      累計(個)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の交付株式                                    -                -
      数(株)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の平均行使                                    -                -
      価額等(円)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の資金調達                                    -                -
      額(千円)
                                  40/104







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     第9回新株予約権
                               第4四半期会計期間                   第20期
                              (平成30年9月1日から               (平成29年12月1日から
                               平成30年11月30日まで)               平成30年11月30日まで)
      当該期間に権利行使された当該行使価額修正条
                                          -                -
      項付新株予約権付社債券等の数(個)
      当該期間の権利行使に係る交付株式数(株)                                    -               -
      当該期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)                                    -                -

      当該期間の権利行使に係る資金調達額(千円)                                    -                -

      当該期間の末日における権利行使された当該行
      使価額修正条項付新株予約権付社債券等の数の                                    -                -
      累計(個)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の交付株式                                    -                -
      数(株)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の平均行使                                    -                -
      価額等(円)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の資金調達                                    -                -
      額(千円)
     第10回新株予約権

                               第4四半期会計期間                   第20期
                              (平成30年9月1日から               (平成29年12月1日から
                               平成30年11月30日まで)               平成30年11月30日まで)
      当該期間に権利行使された当該行使価額修正条
                                          -                -
      項付新株予約権付社債券等の数(個)
      当該期間の権利行使に係る交付株式数(株)                                    -               -
      当該期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)                                    -                -

      当該期間の権利行使に係る資金調達額(千円)                                    -                -

      当該期間の末日における権利行使された当該行
      使価額修正条項付新株予約権付社債券等の数の                                    -                -
      累計(個)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の交付株式                                    -                -
      数(株)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の平均行使                                    -                -
      価額等(円)
      当該期間の末日における当該行使価額修正条項
      付新株予約権付社債券等に係る累計の資金調達                                    -                -
      額(千円)
                                  41/104







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                  (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成26年2月8日
                   15,700       23,550          ―    100,000          ―    299,250
     (注)1
     平成26年11月1日

                  2,331,450       2,355,000           ―    100,000          ―    299,250
     (注)2
     平成26年12月1日~
     平成27年11月30日              129,000      2,484,000         21,543      121,543       21,543      320,793
     (注)3
     平成27年12月1日~
     平成28年11月30日              36,900     2,520,900         11,949      133,492       11,949      332,742
     (注)3
     平成28年12月1日~
     平成29年11月30日              41,200     2,562,100         12,721      146,214       12,721      345,464
     (注)3
     平成29年12月1日~
     平成30年11月30日               342,100       2,904,200         293,214        439,428        293,214        638,678
     (注)3
     (注)   1.平成26年2月8日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行っております。
        2.平成26年11月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。
        3.新株予約権の権利行使による増加であります。
        4.平成30年12月1日から平成31年1月31日までの間に、新株予約権の行使に伴い、発行済株式総数が1,500
          株、資本金が250千円及び資本準備金が250千円増加しております。
     (5)  【所有者別状況】

                                              平成30年11月30日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                      単元未満
                                                      株式の状
      区分                            外国法人等
           政府及び
                                                        況
                      金融商品     その他の                 個人
           地方公共     金融機関                                 計
                                                       (株)
                      取引業者      法人               その他
            団体
                                 個人以外      個人
     株主数
               ―       3      26      38      17      15     3,003      3,102        ―
     (人)
     所有株式数
               ―      300     1,519      3,803      1,006       549     21,852      29,029       1,300
     (単元)
     所有株式数
               ―     1.03      5.23     13.10       3.47      1.89      75.28     100.00        ―
     の割合(%)
     (注)   1.  自己株式30,000       株は、「個人その他」に300単元を含めて記載しております。
        2.「金融機関」の欄には、株式給付信託(J-ESOP)の信託財産として資産管理サービス信託銀行株式会社が保
          有する当社株式250単元が含まれております。なお、当該株式は財務諸表において自己株式として表示して
          おります。
                                  42/104






                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     (6)  【大株主の状況】
                                              平成30年11月30日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                             所有株式数        除く。)の
          氏名又は名称                      住所
                                               (株)      総数に対する
                                                     所有株式数
                                                     の割合(%)
     関本 晃靖                   神奈川県逗子市                        243,000         8.45
     寺田 健彦                   東京都渋谷区                        219,500         7.64

     株式会社ソニー・インタラクティブエ
                        東京都港区港南一丁目7番1号                        120,000         4.17
     ンタテインメント
     SCSK株式会社                   東京都江東区豊洲三丁目2番20号                        95,000         3.30
     株式会社スクウェア・エニックス・
                        東京都新宿区新宿六丁目27番30号                        60,000         2.08
     ホールディングス
     株式会社クリーク・アンド・リバー社                   東京都千代田区麹町二丁目10番9号                        54,000         1.87
                        TAUNUSANLAGE       12,  60325   FRANKFURT,      AM
     BNY  FOR  GCM  CLIENT ACCOUNTS         (E)  BD
                        MAIN   GERMANY                      40,300         1.40
     (常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)
                        (東京都千代田区丸の内二丁目7-1)
     倉垣 二美子                   東京都港区                        32,000         1.11
     永谷 真澄                   東京都多摩市                        32,000         1.11

     クレディ・スイス証券株式会社                   東京都港区六本木一丁目6番1号                        31,400         1.09

             計                                  927,200         32.26

    (注)   1.  当社は「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しており、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)(以下
         「信託E口」という)が当社株式25,000株を取得しております。信託E口が所有する当社株式については、自
         己株式に含めておりません。
       2.  平成30年10月19日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、ニッポン・オポチュニティー・マ
         ネジメント・エルエルシーが平成30年10月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、
         当社として平成30年11月30日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含
         めておりません。
         なお、その大量保有報告書の内容は以下のとおりであります。
                                            保有株券等の数        株券等保有割合
              氏名又は名称                    住所
                                               (株)        (%)
         ニッポン・オポチュニティー・マ
                          アメリカ合衆国デラウェア州ウィル
         ネジメント・エルエルシー
                          ミントン、リトル・フォールズ・ド
                                                197,500         6.44
         (Nippom     Opportunity      Management
                          ライブ251
         LLC)
                                  43/104








                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                              平成30年11月30日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                               ―              ―
                    普通株式       30,000
                    普通株式     2,872,900
                                     28,729
     完全議決権株式(その他)                                             ―
                           1,300

                    普通株式
     単元未満株式                               ―              ―
     発行済株式総数                    2,904,200          ―              ―

                                     28,729

     総株主の議決権                    ―                        ―
    (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式給付信託(J-ESOP)の信託財産として資産管理サービス
       信託銀行株式会社が保有する当社株式25,000株(議決権の数250個)を含めて表示しております。
      ② 【自己株式等】

                                              平成30年11月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                           総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都渋谷区恵比寿一丁目
    シリコンスタジオ株式会社                               30,000       -        30,000         1.03
                      21番3号
          計              ―          30,000        ―       30,000         1.03
    (注)株式給付信託(J-ESOP)の信託財産として資産管理サービス信託銀行株式会社が保有する当社株式25,000株は、
       上記自己株式に含めておりません。 
                                  44/104










                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    (8)  【役員・従業員株式所有制度の内容】
     1.   従業員株式所有制度の概要
       当社は、平成27年1月16日付の取締役会決議に基づいて、従業員と一体となって企業価値と株式価値の向上に邁
      進するためのインセンティブ・プランとして「株式給付信託(J-ESOP)」(以下、「本制度」という。)を導入し
      ております。
       本制度は、予め当社が定めた株式給付規程に基づき、一定の要件を満たした従業員等に対し当社株式を給付する
      仕組みであります。
       当社は、従業員に対し個人の貢献度等に応じてポイントを付与し、一定の条件により受給権の取得をしたときに
      当該付与ポイントに相当する当社株式を給付いたします。従業員に対し給付する株式については、予め信託設定し
      た金銭により将来分も含め取得し、信託財産として分別管理するものといたします。
       本制度の導入により、当社従業員の株価及び業績向上への関心が高まり、これまで以上に意欲的に業務に取り組
      むことに寄与することが期待されます。
      ①  当社は、本制度の導入に際し「株式給付規程」を制定しております。






      ②  当社は、「株式給付規程」に基づき従業員に将来給付する株式を予め取得するために、みずほ信託銀行株式会社
        (再信託先:資産管理サービス信託銀行)(以下、「信託銀行」といいます。)に金銭を信託(他益信託)いた
        します。
      ③  信託銀行は、信託された金銭により、当社株式を取得いたします。
      ④  当社は、「株式給付規程」に基づいて従業員に対し、「ポイント」を付与いたします。
      ⑤  信託銀行は信託管理人からの指図に基づき、議決権を行使いたします。
      ⑥  従業員は、受給権取得後に信託銀行から累積した「ポイント」に相当する当社株式の給付を受けます。
     2.   従業員等に取得させる予定の株式の総数

       25,000株
     3.   当該従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

       「株式給付規程」の定めにより財産給付を受ける権利が確定した者
                                  45/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    2 【自己株式の取得等の状況】
                   普通株式

       【株式の種類等】
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間

            区分
                               処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                  株式数(株)
                                 (千円)                  (千円)
     引き受ける者の募集を行った
                             -          -          -          -
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         -          -          -          -
     合併、株式交換、会社分割に係る
                             -          -          -          -
     移転を行った取得自己株式
     その他
                             -          -          -          -
     ( - )
     保有自己株式数                       30,000            -        30,000            -
     (注)保有自己株式数においては「株式給付信託(J-ESOP)」の信託財産として資産管理サービス信託銀行株式会社
        (信託E口)が保有する当社株式25,000株は含まれておりません。
                                  46/104











                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    3 【配当政策】
      当社グループは、利益配分について、将来の事業展開のための必要な内部留保を確保する一方、利益水準から一定
     割合で株主還元として、継続的かつ安定的な配当を実施することを基本方針としております。
      当社の剰余金配当は、期末配当の年1回を基本方針としておりますが、剰余金の期末配当の決定機関は株主総会と
     しております。また、当社は取締役会決議によって、毎年5月31日を基準日として中間配当を行うことができる旨を
     定款で定めております。
      当事業年度の剰余金の配当につきましては、今般の業績及び財政状態等を鑑み協議した結果、誠に遺憾ながら無配
     とさせていただきました。
      次期の配当につきましても、経営体質・財務体質の強化と安定化を図り、内部留保を高めるよう努めたいことか
     ら、無配とさせていただく予定です。今後黒字化を実現させた上で、経営状況を総合的に判断し、復配時期を決定し
     ていきたいと考えております。
    4 【株価の推移】

     (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第16期         第17期         第18期         第19期         第20期
      決算年月       平成26年11月         平成27年11月         平成28年11月         平成29年11月         平成30年11月
      最高(円)              ―       19,660          8,140         6,940         3,225
      最低(円)              ―       3,200         1,800         2,982          1,002
     (注)    当社株式は、平成27年2月23日付で東京証券取引所マザーズ市場に上場しております。それ以前については、
        該当事項はありません。
     (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成30年6月          7月        8月        9月        10月        11月
      最高(円)           1,812         1,348         1,322         1,308         1,647         1,550
      最低(円)           1,120         1,002         1,096         1,142         1,128         1,209
     (注)    最高・最低株価は、東京証券取引所マザーズ市場におけるものであります。
                                  47/104











                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    5  【役員の状況】
    男性7名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)
                                                        所有株式
      役名     職名      氏名      生年月日                 略歴              任期
                                                        数(株)
                             昭和39年4月      富士自動車販売㈱入社
                             昭和41年7月      ジェイムズ物産㈱入社
                             昭和44年9月      ㈱理経入社
                             昭和54年4月      理経コンピュータ㈱(現          ㈱理経)取締役
                             昭和62年1月      日本シリコングラフィックス㈱(現              日本S
                                   GI㈱)設立、代表取締役
                             平成元年10月      Silicon    Graphics,     Inc.(   現  Silicon
                                   Graphics    International      Corp.)社北太平
                                   洋地区担当副社長
                             平成7年5月      Silicon    Graphics,     Inc.(   現  Silicon
                                   Graphics    International      Corp.)東アジア
                                   地区担当上級副社長
     取締役      会長    関本 晃靖      昭和14年7月12日                               (注)3    243,000
                             平成7年7月      日本シリコングラフィックス㈱(現              日本S
                                   GI㈱) 代表取締役会長
                             平成10年10月      日本シリコングラフィックス㈱(現              日本S
                                   GI㈱) 取締役
                             平成10年10月      Silicon    Graphics,     Inc.(   現  Silicon
                                   Graphics    International      Corp.)シニア・
                                   バイス・プレジデント
                             平成12年1月      当社代表取締役社長
                             平成19年12月      当社取締役会長
                             平成23年5月      ㈱クリーク・アンド・リバー社 監査役
                             平成25年4月      当社代表取締役会長
                             平成30年2月      当社取締役会長(現任)
                             平成23年3月      当社入社
                             平成29年12月      当社コーポレートサービス本部長
                             平成30年2月      当社取締役コーポレートサービス本部長
     代表取締役       社長    梶谷 眞一郎      昭和35年3月3日                               (注)3    10,000
                             平成30年10月      当社代表取締役社長(現任)
                             平成30年11月      イグニス・イメージワークス㈱代表取締役
                                   社長(現任)
                             平成27年6月      当社入社
                             平成27年12月      当社執行役員研究開発統括部長
         テクノロジー
                             平成29年2月      当社取締役技術本部長
          事業本部
     取締役          竹中 康晴      昭和40年4月28日                               (注)3      -
          副本部長兼
                             平成30年2月      当社取締役テクノロジー事業本部副本部長
         経営企画室長
                             平成30年12月      当社取締役テクノロジー事業本部副本部長
                                   兼経営企画室長(現任)
                             昭和49年4月      日本楽器製造㈱(現        ヤマハ㈱)入社
                             平成19年6月      ヤマハ㈱執行役員
                                   ㈱ヤマハミュージックエンターテインメン
     取締役      -    谷口 惠治      昭和27年2月26日              トホールディングス代表取締役社長               兼 ㈱  (注)3      -
                                   ヤマハミュージックメディア代表取締役社
                                   長
                             平成26年9月      当社取締役(現任)
                                  48/104







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式
      役名     職名      氏名      生年月日                 略歴             任期
                                                        数(株)
                             昭和53年12月      Arthur   Andersen&Co.入社
                             昭和58年7月      Bank  of America入社
                             昭和59年7月      Kumagai    International      USA  Corpration
                                   入社、バイスプレジデント
                             平成4年8月      タイムワーナー・エンターテインメン
                                   ト・ジャパン㈱(現        ワーナーエンターテ
                                   インメントジャパン)CFO
                             平成8年4月      日本シリコングラフィックス㈱(現              日本
                                   SGI㈱)常務取締役CFO
    常勤監査役       -    尾関 好良      昭和24年8月27日                               (注)4     1,000
                             平成12年12月      日本アリバ㈱執行役員CFO
                             平成14年3月      コロムビアミュージックエンタテインメ
                                   ント㈱(現     日本コロムビア㈱)取締役専
                                   務執行役CFO
                             平成17年8月      ㈱セールスフォース・ドットコム専務執
                                   行役員CFO
                             平成18年5月      ㈱インテグリティ代表取締役(現任)
                             平成18年5月      グロービス経営大学院教授(現任)
                             平成23年5月      1stホールディングス㈱取締役
                             平成25年8月      当社常勤監査役(現任)
                             昭和44年10月      ディジタルイクイップメントコーポレー
                                   ションインターナショナル(DEC)日本支
                                   社入社
                             昭和62年7月      日本ディジタルイクイップメント㈱取締
                                   役教育事業本部長
                             昭和63年2月      同社取締役企画本部長
                             平成2年8月      米国DEC、ゼネラルインターナショナルエ
                                   リア教育・コンサルティング事業担当副
                                   社長
     監査役
                             平成6年9月      日本シリコングラフィックス㈱(現              日本
            -    成井 弦     昭和19年4月18日                               (注)4     1,500
    (非常勤)
                                   SGI㈱)入社、企画本部長
                             平成10年2月      同社代表取締役副社長
                             平成12年4月      特定非営利活動法人エルピーアイジャパ
                                   ン設立、理事長(現任)
                             平成12年7月      ㈱リーディングエッジ設立、代表取締役
                                   社長
                             平成15年3月      ㈱ピーエイ取締役
                             平成15年9月      ㈱セラーテム・テクノロジー取締役
                             平成25年4月      当社監査役(現任)
                             昭和50年3月      日本鉱業㈱(現       JX日鉱日石金属㈱)入
                                   社
                             平成元年7月      日本人材サービス㈱入社
                             平成3年10月      同社取締役
                             平成7年12月      SAPジャパン㈱入社
                             平成9年1月      SAPノース・イースト・アジア、人事ディ
                                   レクター
                             平成11年7月      日本SGI㈱取締役執行役員人事本部長
     監査役
            -   石渡 晋太郎      昭和27年11月10日                               (注)4     500
    (非常勤)
                             平成18年10月      SGホールディングス㈱入社
                             平成19年11月      トレインジャパン㈱入社、人事ディレク
                                   ター
                             平成23年6月      ナリッジサービスネットワーク㈱入社、
                                   管理本部長(現任)
                             平成25年8月      当社監査役(現任)
                             平成28年2月      イグニス・イメージワークス㈱監査役
                                   (現任)
                             計                           256,000
     (注)   1.取締役谷口惠治は、社外取締役であります。
        2.監査役尾関好良、監査役成井弦、監査役石渡晋太郎は、社外監査役であります。
        3.取締役の任期は、平成30年2月23日の定時株主総会終結の時から2年以内に終了する事業年度のうち、最終
          のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
        4.監査役の任期は、平成30年2月23日の定時株主総会終結の時から4年以内に終了する事業年度のうち、最終
          のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
                                  49/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、株主重視の基本方針に基づき、継続企業として収益の拡大、企業価値の向上のため、経営管理体制を
       整備し、経営の効率化と迅速性を高めて参ります。同時に、社会における企業の責務を認識し、各種サービスを
       通じた社会貢献、当社を取り巻く利害関係者の調和ある利益の実現に取り組んで参ります。これらを踏まえ、経
       営管理体制の整備にあたり、事業活動の透明性及び客観性を確保すべく、業務執行に対するモニタリング体制の
       整備を進め、適時情報公開を行って参ります。
      ② 企業統治の体制の状況

        当社のコーポレート・ガバナンス体制の状況
        当社のコーポレート・ガバナンス体制及び内部統制体制の模式図は以下のとおりであります。
       イ.取締役及び取締役会









         当社の取締役会は、取締役4名により構成されております。当社では原則として定時取締役会を月1回開催
        し、取締役会においては業績の状況、その他の業務上の報告を行い情報の共有を図るとともに、必要に応じ
        て、臨時取締役会を開催しており、監査役からは必要に応じて意見及び指摘を受けております。
       ロ.監査役会

         当社は、監査役会制度を採用しており、毎月1回の監査役会を開催しております。当社の監査役会は、監査
        役3名(うち社外監査役3名)により構成されており、監査役会で定めた監査役監査方針・計画に基づき、重
        要会議の出席、代表取締役・取締役・重要な使用人との意見交換、重要書類の閲覧などを通じ厳格な監査を実
        施しております。
         また、会計監査人の監査計画の把握や内部監査の状況を把握し、定例会合での情報共有により監査の実効性
        確保に努めております。
                                  50/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       ハ.内部監査室
         当社は、代表取締役社長の直轄部署として内部監査室を設置しており、人員は1名となっております。内部
        監査室は代表取締役社長の命を受けて、当社及び子会社全体の業務執行状況を監査しており、内部監査の結果
        につきましては、代表取締役社長に報告しております。
      ③ リスク管理及びコンプライアンス体制の整備状況

        当社グループは、市場、情報セキュリティ、労務、品質・安全等の様々な事業運営上のリスクについて、以下
       の取り組みを行っております。
        重要な投資開発案件について、代表取締役、管掌取締役、関係する部門長が、各案件を審議する投資開発会議
       を開催しております。また、重要な受注案件について、代表取締役、管掌取締役、関係する部門長が、各案件を
       審議する受注会議を開催しております。各案件のマイルストーンの評価について、代表取締役、管掌取締役、関
       係する部門長が、各案件を評価する評価会議を開催しております。
        企業価値向上のためにはコンプライアンスの徹底が必要不可欠であると認識しており、「コンプライアンス規
       程」を制定し、これに従い全役職員が法令等を遵守した行動、高い倫理観をもった行動をとることを周知徹底し
       ております。なお、当社ではコンプライアンスに係る取組み及び研修の推進、コンプライアンス違反発生の場合
       の対処及び再発防止策の決定等のために、コンプライアンス委員会を開催しております。コンプライアンス委員
       会は、原則として年1回開催するものとし、必要に応じて適宜開催することとしております。
        また、人材事業に関して、「個人情報の保護に関する法律」に定める個人情報取扱の要領を遵守しておりま
       す。特に、取得・収集した個人情報の漏洩等は、当社グループの信用力低下に直結することから、個人情報保護
       規程を制定し、個人情報管理統括責任者をコーポレートサービス本部長(コーポレートサービス本部長に事故あ
       る場合は人事部長)として、適正管理に努めております。
      ④ 内部統制システムの整備状況

        当社は、企業経営の透明性及び公平性を担保するため、内部統制に関する基本方針を制定し、内部統制システ
       ムを構築し、運用の徹底を図っております。また、内部統制システムが有効に機能していることを確認するた
       め、内部監査室による内部監査を実施しております。
        当社は、会社法及び会社法施行規則に基づき、業務の適正性を確保するための体制整備の基本方針として、内
       部統制システム整備の基本方針を定めております。概要は次のとおりであります。
       イ.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
        (i)  取締役及び使用人は、社会倫理、法令、定款及び各種社内規程等を遵守するとともに、「シリコンスタジ
          オグループは、常に世界最高の技術をもって社会に貢献します。」との企業理念に基づいた適正かつ健全
          な企業活動を行う。
        (ⅱ)取締役会は、「取締役会規程」「職務権限規程」等の職務の執行に関する社内規程を整備し、使用人は定
          められた社内規程に従い業務を執行する。
        (ⅲ)コンプライアンスの状況は、各部門責任者を兼ねる取締役が参加するコンプライアンス委員会等を通じて
          取締役及び監査役に対し報告を行う。各部門責任者は、部門固有のコンプライアンス上の課題を認識し、
          法令遵守体制の整備及び推進に努める。
        (ⅳ)代表取締役社長直轄の内部監査室を設置し、内部統制システムが有効に機能しているか確認し、各部門の
          業務執行及びコンプライアンスの状況等について定期的に監査を実施し、その評価を代表取締役社長及び
          監査役に報告する。また、法令違反その他法令上疑義のある行為等についての報告体制としては、社内報
          告体制として内部通報制度を構築し運用するものとし、社外からの通報については、コーポレートサービ
          ス本部を窓口として定め、適切に対応する。
       ロ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

        (i)  取締役の職務の執行に係る記録文書、稟議書、その他の重要な情報については、文書又は電磁的媒体に記
          録し、法令及び「文書管理規程」「稟議規程」等に基づき、適切に保存及び管理する。
        (ⅱ)取締役及び監査役は、必要に応じてこれらの文書等を閲覧できるものとする。
                                  51/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       ハ.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
        (i)  取締役会は、コンプライアンス、個人情報、品質、セキュリティ及びシステムトラブル等の様々なリスク
          に対処するため、社内規程を整備し、定期的に見直すものとする。
        (ⅱ)リスク情報等については各部門責任者より取締役及び監査役に対し報告を行う。個別のリスクに対して
          は、それぞれの担当部署にて、研修の実施、マニュアルの作成・配布等を行うものとし、組織横断的リス
          ク状況の監視及び全社的対応はコーポレートサービス本部が行うものとする。
        (ⅲ)不測の事態が発生した場合には、代表取締役社長指揮下の対策本部を設置し、必要に応じて顧問法律事務
          所等の外部専門機関とともに迅速かつ的確な対応を行い、損害の拡大を防止する体制を整える。
        (ⅳ)内部監査室は、各部門のリスク管理状況を監査し、その結果を代表取締役社長に報告するものとし、取締
          役会において定期的にリスク管理体制を見直し、問題点の把握と改善に努める。
       ニ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

        (i)  取締役会は月に1回定期的に、または必要に応じて適時開催し、法令に定められた事項のほか、経営理
          念、経営方針、中期経営計画及び年次予算を含めた経営目標の策定及び業務執行の監督等を行う。各部門
          においては、その目標達成に向け具体策を立案・実行する。
        (ⅱ)各部門長は、代表取締役社長の指示の下、取締役会決議及び社内規程等に基づき自己の職務を執行する。
        (ⅲ)各部門においては、「職務権限規程」及び「業務分掌規程」に基づき権限の委譲を行い、責任の明確化を
          はかることで、迅速性及び効率性を確保する。
       ホ.当社並びにその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

        (i)  グループ会社の経営については「関係会社管理規程」に基づき、当社に対し事業内容の定期的な報告を行
          い、重要案件については事前協議等を行う。
        (ⅱ)グループ会社の管理は財務経理部が行うものとし、必要に応じてグループ会社の取締役または監査役とし
          て当社の取締役、監査役または使用人が兼任するものとする。取締役は当該会社の業務執行状況を監視・
          監督し、監査役は当該会社取締役の職務執行を監査する。
        (ⅲ)当社の監査役及び内部監査室は、グループ会社の監査役や管理部門と連携し、グループ会社の取締役及び
          使用人の職務執行状況の監査や指導を行うものとする。
       ヘ.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項並びにその

         使用人の取締役からの独立性に関する事項
        (i)  監査役は、コーポレートサービス本部の使用人に監査業務に必要な事項を指示することができる。指示を
          受けた使用人はその指示に関して、取締役、部門長等の指揮命令を受けないものとする。
       ト.取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制

        (i)  監査役は、重要な意思決定のプロセスや業務の執行状況を把握するため、取締役会等の重要な会議に出席
          し、必要に応じ稟議書等の重要な文書を閲覧し、取締役及び使用人に説明を求めることができることとす
          る。
        (ⅱ)取締役及び使用人は、監査役に対して、法定の事項に加え、業務または業績に重大な影響を与える事項、
          内部監査の実施状況、内部通報制度による通報状況及びその内容を報告する体制を整備し、監査役の情報
          収集・交換が適切に行えるよう協力する。
       チ.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

        (i)  監査役は、内部監査室と連携を図り情報交換を行い、必要に応じて内部監査に立ち会うものとする。
        (ⅱ)監査役は、法律上の判断を必要とする場合は、随時顧問法律事務所等に専門的な立場からの助言を受け、
          会計監査業務については、会計監査人に意見を求めるなど必要な連携を図ることとする。
       リ.財務報告の信頼性を確保するための体制

        (i)  内部統制システムの構築に関する基本方針及び別途定める「財務報告に係る内部統制の基本方針」に基づ
          き、財務報告に係る内部統制の整備及び運用を行う。
                                  52/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       ヌ.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況
        (i)  反社会的勢力とは一切の関係を持たないこと、不当要求については拒絶することを基本方針とし、これを
          各種社内規程等に明文化する。また、取引先がこれらと関わる個人、企業、団体等であることが判明した
          場合には取引を解消する。
        (ⅱ)コーポレートサービス本部を反社会的勢力対応部署と位置付け、情報の一元管理・蓄積等を行う。また、
          役員及び使用人が基本方針を遵守するよう教育体制を構築するとともに、反社会的勢力による被害を防止
          するための対応方法等を整備し周知を図る。
        (ⅲ)反社会的勢力による不当要求が発生した場合には、警察及び顧問法律事務所等の外部専門機関と連携し、
          有事の際の協力体制を構築する。
       ル.責任限定契約の内容の概要

         有価証券報告書提出日現在、当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条1項の規定に基づき、同
        法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額
        は、法令が定める額を限度としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役及び社外
        監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
      ⑤ 内部監査及び監査役監査の状況

        当社の内部監査につきましては、代表取締役社長直轄の内部監査室1名が内部監査業務を実施しております。
       年間の内部監査計画に則り全部門に対して監査を実施し、監査結果については代表取締役会長、代表取締役社長
       及び監査役に都度報告する体制となっております。
        監査役監査につきましては、監査役は3名により構成されております。監査役監査計画にて定められた内容に
       基づき監査を行い、原則として月1回開催される監査役会において情報共有を図っております。また、監査役は
       定期的に内部監査担当者と共に会計監査人と意見交換等を行っており、三者間で情報共有することで、連携を
       図っております。
      ⑥ 社外取締役及び社外監査役

        当社は、社外取締役として谷口惠治を選任しております。同氏は、経営者としての豊富な経験と専門的な知識
       を有しており、独立役員と当社の関係から一般株主と利益相反が生じる恐れがなく、また経営の監視において経
       営陣からの独立性が十分に確保できると判断し、独立役員として選任しております。なお、同氏に対して新株予
       約権20個を付与しておりますが、それ以外に同氏と当社との間に人的関係、取引関係その他の特別な利害関係は
       ありません。当社は、社外取締役を選任するための独立性に関する基準について明確に定めた者はありません
       が、その選任に際しては、見識や専門的な知見に基づく客観的かつ的確な助言を頂けることを個別に判断してお
       ります。
        また、監査役3名中3名を社外監査役とすることで、取締役会の牽制及び監査機能を強化しております。常勤
       監査役である尾関好良は、当社との利害関係がなく証券取引所が定める独立役員としての条件等を満たしている
       ため、一般株主との間に利益相反が生じる恐れはなく、独立性も高いと考えられるため、取締役もしくは経営に
       対する監視機能としても十分であると判断しております。したがって、社外監査役3名について独立役員として
       選任しております。また、内部監査室及び会計監査人との相互連携につきましては前記のとおり、情報を共有
       し、連携体制をとっております。
        社外監査役尾関好良は、米国公認会計士の資格を有し、また経営大学院での教鞭をとることを通じて、幅広い
       財務及び会計に関する相当程度の知見を有していることから、社外監査役としての職務を遂行頂ける方として選
       任しております。
        社外監査役成井弦は、元米国DEC社の副社長及び特定非営利活動法人エルピーアイジャパンにおけるLinux技術
       の普及での経験を通じて、幅広い会社経営及び技術分野に関する相当程度の知見を有していることから、社外監
       査役としての職務を遂行頂ける方として選任しております。
        社外監査役石渡晋太郎は、米国MBA(経営学修士)の資格を有すると共に他社での管理本部長の経験を通じて、
       人事や管理に関する相当程度の知見を有していることから、社外監査役としての職務を遂行頂ける方として選任
       しております。
                                  53/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
        なお、尾関好良は当社株式を1,000株保有しております。成井弦は当社株式を1,500株保有しております。石渡
       晋太郎は当社株式500株を保有しております。それ以外に、監査役3名と当社との間に人的関係、取引関係その他
       の特別な利害関係はありません。
        また、当社は社外監査役を選任するための独立性に関する基準について明確に定めたものはありませんが、そ
       の選任に際しては、見識や専門的な知見に基づく客観的かつ的確な監督または監査が遂行できることを個別に判
       断しております。
      ⑦ 社外取締役及び社外監査役と内部統制部門との連携

        社外取締役1名は、上場企業の執行役員及びその関連会社における代表取締役としての経験を有し、当社の取
       締役会に出席し、業務執行に関する意思決定等を行っております。
        社外監査役3名は、米国公認会計士、米国MBA(経営学修士)としての幅広い知見や経験、会社経営者としての
       経験を有し、当社の取締役会に出席し、業務執行に関する意思決定について、監督、助言、監査を実施しており
       ます。
        また、社外取締役は、内部統制部門であるコーポレートサービス本部との間で情報交換を行うことで業務の効
       率性、有効性の向上に努めております。社外監査役3名は、内部監査室との間で月に1回情報交換を行うことで
       監査の効率性、有効性の向上に努めております。
      ⑧ 役員報酬

       イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                     対象となる
                     報酬等の総額
             役員区分                                        役員の員数
                                  ストックオ
                      (千円)
                             基本報酬             賞与    退職慰労金
                                                      (名)
                                   プション
          取締役(社外取締役
                        85,533      85,533        -       -       -          7
          を除く。)
          監査役(社外監査役
                           -       -       -       -       -         -
          を除く。)
          社外役員              22,800       22,800         -       -       -          4
              合計          108,333      108,333         -       -       -         11
         (注) 取締役の報酬には使用人分給与を含んでおりません。
       ロ.役員の報酬等の額の決定に関する方針

         取締役報酬の総額については、株主総会決議を経て報酬総額の限度額を決定しております。各取締役及び各
        監査役の報酬額は、取締役会の決議により代表取締役に一任し、監査役については監査役の協議により決定し
        ております。
      ⑨ 株式の保有状況

       イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
         銘柄数                5 銘柄
         貸借対照表計上額の合計額              79,993   千円
       ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

         的
        (前事業年度)
         特定投資株式
              銘柄        株式数(株)        貸借対照表計上額(千円)                   保有目的
         株式会社gumi                  100               107   取引関係等の維持・強化
                                  54/104




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
        (当事業年度)
         特定投資株式
              銘柄        株式数(株)        貸借対照表計上額(千円)                   保有目的
         株式会社gumi                  100                74   取引関係等の維持・強化
       ハ.投資株式の保有目的が純投資目的である投資株式

                       前事業年度                   当事業年度
                       (千円)                   (千円)
                      貸借対照表計        貸借対照表計        受取配当金        売却損益       評価損益
                      上額の合計額        上額の合計額         の合計額       の合計額       の合計額
             非上場株式              2,590        2,540          -        -      (注)
          非上場株式以外の株式                  -        -        -        -        -
        (注)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、

           「評価損益の合計額」は記載しておりません。
      ⑩ 会計監査の状況

        当社は、太陽有限責任監査法人と監査契約を締結しております。会計監査業務を執行した公認会計士は、柴
       谷 哲朗氏、中村 憲一氏であり、いずれも太陽有限責任監査法人に所属しております。また、当社の会計監査
       業務に係る補助者は、公認会計士7名、その他26名であります。同監査法人及び当社監査に従事する同監査法
       人の業務執行役員と当社の間には、特別な利害関係はありません。継続監査年数については、全員7年以内であ
       るため、記載を省略しております。
      ⑪ 取締役の定数

        取締役の員数は9名以内とする旨を定款で定めております。
      ⑫ 取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
       席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。
        また取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。
      ⑬ 株主総会の特別決議の要件

        当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議について、議
       決権を行使することができる株主の議決権を3分の1以上有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上を
       もって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株
       主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
      ⑭ 取締役及び監査役の責任免除

        当社は、取締役及び監査役の責任免除について、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる
       取締役及び監査役(取締役及び監査役であった者を含む)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の
       決議によって免除することができる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役がその期待される役
       割を十分に発揮できることを目的とするものであります。
      ⑮ 責任限定契約

        当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役及び社外監査役との間において、会社法第423条第1項の
       損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める額と
       しております。
                                  55/104




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ⑯ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができるとした事項
       イ.中間配当制度に関する事項
         当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年5月31日を基準日として、中間配
        当を行うことができる旨を定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とす
        るものであります。
       ロ.自己株式の取得

         当社は、自己株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸政策を機動的に遂行する
        ことを可能とするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得するこ
        とができる旨を定款に定めております。
     (2) 【監査報酬の内容等】

      ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                     当連結会計年度

        区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社              28,000             -         28,000              -
       連結子会社                 -           -           -            -

         計             28,000             -         28,000             -

      ② 【その他重要な報酬の内容】

        該当事項はありません。
      ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        前連結会計年度
         該当事項はありません。
        当連結会計年度

         該当事項はありません。
      ④ 【監査報酬の決定方針】

        当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、監査実施計画と同業他社で売上高の同等規模の会社
       の監査報酬水準を比較し、監査役会の同意を得た上で決定しております。
                                  56/104







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
       以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

       「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
       ます。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年12月1日から平成30年11月30
     日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年12月1日から平成30年11月30日まで)の財務諸表について、太陽有限責
     任監査法人により監査を受けております。
    3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、基準等の変更について適切に対応できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ
     加入し、各種セミナーへ参加しております。
                                  57/104













                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ① 【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年11月30日)              (平成30年11月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                554,974              699,520
        売掛金                                876,439              705,685
                                      ※1  159,932            ※1  379,651
        仕掛品
        貯蔵品                                 2,783              1,598
        前渡金                                 5,114              5,836
        未収入金                                61,899              22,289
        前払費用                                108,610               81,220
        繰延税金資産                                  95              -
        その他                                16,494               1,379
                                        △ 3,370             △ 3,152
        貸倒引当金
        流動資産合計                               1,782,973              1,894,029
      固定資産
        有形固定資産
         建物                              282,656              208,074
                                       △ 141,464             △ 112,472
           減価償却累計額
           建物(純額)                             141,192               95,602
         工具、器具及び備品
                                        253,769              222,093
                                       △ 190,835             △ 181,552
           減価償却累計額
           工具、器具及び備品(純額)                             62,934              40,541
         有形固定資産合計                              204,126              136,143
        無形固定資産
         ソフトウエア                              367,049              190,485
                                        23,296              13,613
         その他
         無形固定資産合計                              390,345              204,098
        投資その他の資産
                                      ※2  119,573             ※2  90,333
         投資有価証券
         敷金                              201,243              171,412
         破産更生債権等                                 -            24,766
         その他                               6,427              5,858
                                          -           △ 24,766
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              327,244              267,605
        固定資産合計                                921,716              607,847
      資産合計                                2,704,689              2,501,876
                                  58/104







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年11月30日)              (平成30年11月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                226,652               65,018
        短期借入金                                17,500              66,668
        1年内償還予定の社債                                40,000              10,000
                                      ※3  196,046            ※3  154,895
        1年内返済予定の長期借入金
        未払金                                152,776              149,605
        未払費用                                128,571              132,931
        未払法人税等                                 9,087              15,736
        未払消費税等                                41,692              12,372
        前受金                                53,486              160,104
        預り金                                57,042              66,882
        受注損失引当金                                27,932              205,402
        関係会社清算損失引当金                                 5,900                -
        資産除去債務                                  -            18,293
        その他                                  322              322
        流動負債合計                                957,010             1,058,231
      固定負債
        社債                                10,000                -
                                      ※3  232,397             ※3  78,200
        長期借入金
        繰延税金負債                                 6,758              3,028
                                        49,679              32,245
        資産除去債務
        固定負債合計                                298,835              113,474
      負債合計                                1,255,845              1,171,706
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                146,214              439,428
        資本剰余金                               1,894,204              2,187,418
        利益剰余金                               △ 353,781            △ 1,068,950
                                       △ 236,800             △ 236,800
        自己株式
        株主資本合計                               1,449,837              1,321,095
      その他の包括利益累計額
                                         △ 993            △ 1,424
        その他有価証券評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                                 △ 993            △ 1,424
      新株予約権                                    -            10,500
      純資産合計                                1,448,844              1,330,170
     負債純資産合計                                  2,704,689              2,501,876
                                  59/104







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
     売上高                                  6,115,712              5,002,839
                                     ※1  5,799,566            ※1  4,156,635
     売上原価
     売上総利益                                   316,146              846,203
     販売費及び一般管理費
      役員報酬                                 151,020              121,937
      給料及び手当                                 494,414              553,379
      広告宣伝費                                 195,157              141,032
                                      ※2  24,622            ※2  20,411
      研究開発費
      貸倒引当金繰入額                                  △ 162             24,548
                                        702,632              756,654
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                1,567,683              1,617,965
     営業損失(△)                                 △ 1,251,537              △ 771,762
     営業外収益
      受取利息                                    21              394
      受取配当金                                  2,650              3,000
      持分法による投資利益                                  37,298                -
      助成金収入                                   300             5,465
      為替差益                                  3,825              1,923
                                        10,263               2,172
      その他
      営業外収益合計                                  54,359              12,954
     営業外費用
      支払利息                                  4,752              6,348
      社債保証料                                   511              162
      持分法による投資損失                                    -            29,498
      資金調達費用                                    -             9,707
                                          314              224
      その他
      営業外費用合計                                  5,577              45,940
     経常損失(△)                                 △ 1,202,755              △ 804,748
     特別利益
                                      ※3  183,496            ※3  163,318
      事業譲渡益
      関係会社株式売却益                                    -            54,020
                                          -             8,309
      関係会社清算益
      特別利益合計                                 183,496              225,648
     特別損失
      投資有価証券評価損                                  29,999                -
                                                    ※4  72,078
      固定資産除却損                                    -
      事務所移転費用                                    -            39,845
      事業整理損                                    -            15,337
                                                     ※5  9,943
                                          -
      減損損失
      特別損失合計                                  29,999              137,204
     税金等調整前当期純損失(△)                                 △ 1,049,259              △ 716,304
     法人税、住民税及び事業税
                                         2,490              2,490
                                        86,065              △ 3,624
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   88,555              △ 1,134
     当期純損失(△)                                 △ 1,137,815              △ 715,169
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)                                 △ 1,137,815              △ 715,169
                                  60/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
     当期純損失(△)                                 △ 1,137,815              △ 715,169
     その他の包括利益
                                         1,522              △ 431
      その他有価証券評価差額金
                                       ※  1,522             ※  △  431
      その他の包括利益合計
     包括利益                                 △ 1,136,292              △ 715,601
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                               △ 1,136,292              △ 715,601
                                  61/104

















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自 平成28年12月1日 至 平成29年11月30日)
                                                   (単位:千円)
                          株主資本                その他の包括利益累計額
                                               その他の包括
                                                     純資産合計
                                          その他有価証
                資本金     資本剰余金     利益剰余金      自己株式     株主資本合計           利益累計額合
                                          券評価差額金
                                                 計
     当期首残高            133,492     1,881,482      809,243     △ 122,500     2,701,718      △ 2,515     △ 2,515    2,699,202
     当期変動額
     新株の発行           12,721     12,721                25,443                 25,443
     剰余金の配当                     △ 25,209          △ 25,209                △ 25,209
     親会社株主に帰属す
                         △ 1,137,815          △ 1,137,815                △ 1,137,815
     る当期純損失(△)
     自己株式の取得                          △ 114,300     △ 114,300                △ 114,300
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                       1,522     1,522      1,522
     額)
     当期変動額合計            12,721     12,721   △ 1,163,024     △ 114,300    △ 1,251,881       1,522     1,522   △ 1,250,358
     当期末残高            146,214     1,894,204     △ 353,781     △ 236,800     1,449,837       △ 993     △ 993   1,448,844
     当連結会計年度(自 平成29年12月1日 至 平成30年11月30日)


                                                     (単位:千円)
                                         その他の包括利益累計
                          株主資本
                                             額
                                                  新株予約権     純資産合計
                                         その他有価    その他の包
                資本金    資本剰余金     利益剰余金      自己株式    株主資本合計     証券評価差    括利益累計
                                          額金    額合計
     当期首残高           146,214    1,894,204     △ 353,781    △ 236,800    1,449,837      △ 993    △ 993     -  1,448,844
     当期変動額
     新株の発行          293,214     293,214                586,428                   586,428
     剰余金の配当                                  -                   -
     親会社株主に帰属する
                          △ 715,169          △ 715,169                  △ 715,169
     当期純損失(△)
     自己株式の取得                                  -                   -
     株主資本以外の項目の
                                          △ 431    △ 431   10,500      10,068
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計           293,214     293,214     △ 715,169       -  △ 128,741     △ 431    △ 431   10,500    △ 118,673
     当期末残高           439,428    2,187,418     △ 1,068,950     △ 236,800    1,321,095     △ 1,424    △ 1,424    10,500    1,330,170
                                  62/104








                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純損失(△)                               △ 1,049,259              △ 716,304
      減価償却費                                 456,732              220,416
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 162             24,548
      受注損失引当金の増減額(△は減少)                                  14,814              177,469
      関係会社清算損失引当金の増減額(△は減少)                                 △ 8,500             △ 5,900
      受取利息及び受取配当金                                 △ 2,671             △ 3,394
      支払利息                                  4,752              6,348
      為替差損益(△は益)                                 △ 4,452             △ 1,144
      持分法による投資損益(△は益)                                 △ 37,298              29,498
      移転費用                                    -            39,845
      固定資産除却損                                   301             72,078
      投資有価証券評価損益(△は益)                                  29,999                -
      関係会社株式売却損益(△は益)                                    -           △ 54,020
      事業譲渡益                                △ 183,496             △ 163,318
      売上債権の増減額(△は増加)                                 136,839              170,754
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 51,002             △ 256,695
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 76,142             △ 161,634
      未収入金の増減額(△は増加)                                 △ 25,807              39,309
      未払金の増減額(△は減少)                                  50,932             △ 18,278
      前受金の増減額(△は減少)                                 △ 50,389              144,418
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                  34,704             △ 28,119
                                       △ 24,673              33,424
      その他
      小計                                △ 784,778             △ 450,696
      利息及び配当金の受取額
                                         2,671              3,329
      利息の支払額                                 △ 4,826             △ 6,414
                                        △ 5,155             △ 2,490
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 792,089             △ 456,271
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      事業譲渡による収入                                 194,000              165,570
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 34,983             △ 24,896
      無形固定資産の取得による支出                                △ 404,675              △ 12,324
      敷金の差入による支出                                 △ 5,843             △ 4,784
      敷金の回収による収入                                    -            34,615
      貸付けによる支出                                    -           △ 88,850
      貸付金の回収による収入                                    -            88,850
      子会社株式の売却による収入                                    -            57,744
      資産除去債務の履行による支出                                    -           △ 19,999
      関係会社の清算による収入                                    -             2,409
      その他の投資による支出                                  △ 149               -
      その他の投資による収入                                    -              297
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 251,652              198,631
                                  63/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入れによる収入                                 129,000              489,000
      短期借入金の返済による支出                                △ 111,500             △ 439,832
      長期借入れによる収入                                 400,800                 -
      長期借入金の返済による支出                                △ 157,877             △ 195,627
      社債の償還による支出                                 △ 68,000             △ 40,000
      資金調達に伴う支出                                    -            △ 9,707
      新株予約権の発行による収入                                    -            10,500
      新株予約権の行使による株式の発行による収入                                  25,443              586,428
      自己株式の取得による支出                                △ 114,300                 -
                                       △ 25,209                -
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  78,357              400,761
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                    △ 57             1,423
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 965,442              144,545
     現金及び現金同等物の期首残高                                  1,514,417               548,974
                                      ※  548,974             ※  693,520
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  64/104














                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
     当社グループは前連結会計年度において継続的に営業損失、経常損失及び親会社株主に帰属する当期純損失を計上し
    ており、当連結会計年度においても、営業                    損失771,762千円        、経常   損失804,748千円        、親会社株主に帰属する当期純               損失
    715,169千円      を計上しております。また、前連結会計年度において792,089千円、当連結会計年度においても                                            456,271    千円
    の営業キャッシュ・フローのマイナスを計上しております。
     併せて、当連結会計年度において、当社が金融機関との間で締結している金銭消費貸借契約の一部に付されている財
    務制限条項に抵触しております。
     従って、当連結会計年度において、業績の回復状況及び財務体質の改善を慎重に見極める必要があり、継続企業の前
    提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しているものと認識しております。
     当社グループは、当該状況を解消するために、収益の確保、費用の削減並びに財務基盤の安定化に取り組んでおりま
    す。具体的には、セグメント毎に組織を再構築し、それぞれの事業の目的及び目標を明確にするとともに、経営と執行
    を分離し、迅速な意思決定と業務執行の実現を基本方針とし、より収益性の高いビジネスへの注力及びコスト意識を高
    めることにより、利益率改善に努めてまいります。
     開発推進・支援事業においては、受注案件獲得時の意思決定において、中長期にわたり安定した利益獲得に貢献でき
    るプロジェクトを厳密に精査したうえでリソースを投入し、全社的に受注後のプロジェクト進捗及び損益管理の強化を
    徹底してまいります。また、過年度より取り組んでおります非エンターテインメント領域の新規開拓について、特に自
    動車業界向けビジネスにおいては、当社の技術力を活かし、自動運転AI開発への貢献や、より簡便な操作でレンダリン
    グが行えるようにミドルウェアの改良を加えるとともに積極的に拡販活動を行っており、着実に案件が成約しておりま
    す。更に、全世界においての開発、販売、サポートを開始した『Enlighten』については、全世界における売上ランキン
    グの上位に位置する数多くのゲームに利用されている実績より、当社の海外販路拡大に寄与するべく営業活動を強化す
    るとともに、引合につきましても徐々に増加しております。今後も、建築・不動産業界、映像業界、自動車業界等幅広
    い市場での案件獲得に注力してまいります。
     人材事業においては、翌期以降も売上及び利益の拡大が見込めるため、継続した事業成長を維持するとともに、更な
    る利益率改善のため、人材紹介事業の伸長を図ってまいります。
     これらの施策を講じるための資金調達の手段として、平成30年3月9日の取締役会において第5回新株予約権、第6
    回新株予約権、第7回新株予約権、第8回新株予約権、第9回新株予約権、第10回新株予約権の募集の決議を行いまし
    た。既に第7回まで行使されており第8回以降についても、株価の状況により行使されます。
     以上の対応策の実施により、当第4四半期連結会計期間において営業利益を計上しております。今後も引続き事業基
    盤並びに財務基盤の強化を図り、当該状況の解消、改善に努めてまいります。しかしながら、開発推進・支援事業の収
    益の改善による当社グループの業績について慎重に見極める必要があり、また銀行との関係強化に努めているものの借
    入金の財務制限条項に形式的に抵触している状況などから、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認め
    られます。
     なお、連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を連結
    財務諸表に反映しておりません。
                                  65/104








                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1 連結の範囲に関する事項
      連結子会社の数
       1 社
      連結子会社の名称
       イグニス・イメージワークス株式会社
    2 持分法の適用に関する事項

      持分法を適用した関連会社数
       1 社
       会社等の名称
       株式会社イリンクス
        なお、前連結会計年度において持分法を適用しない非連結子会社であったSilicon                                         Studio    (Thailand)      Co.,

       Ltd.は、当連結会計年度に清算結了したため、持分法を適用しない非連結子会社から除外しております。
    3 連結子会社の事業年度等に関する事項

       連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
    4 会計方針に関する事項

     (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
      ① 有価証券
        関連会社株式
         移動平均法による原価法
        その他有価証券
         ・時価のあるもの
           決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は主と
           して移動平均法により算定しております。)
         ・時価のないもの
           移動平均法による原価法
      ② たな卸資産
        仕掛品
         個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
        貯蔵品
         最終仕入原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
     (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法

      ① 有形固定資産
         定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物        6~15年
          工具、器具及び備品 4~15年
      ② 無形固定資産
         市場販売目的のソフトウエアについては、3年以内での見込み販売収益に基づく償却額、または残存有効期
        間に基づく均等配分額の大きい方を計上する方法としております。
         自社利用のソフトウエアについては、社内における見込利用可能期間(5年以内)による定額法としており
        ます。
                                  66/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     (3)  外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
      外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
     す。
     (4)  重要な引当金の計上基準

      ① 貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権及び破産更生
        債権等については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      ② 受注損失引当金
         受注契約に係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度末における受注契約に係る損失見込額を計上して
        おります。
      ③ 関係会社清算損失引当金
         関係会社の解散及び清算手続に係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度末における損失見込額を計上
        しております。なお、当連結会計年度末においては、引当金の計上はありません。
     (5)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
       負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
     (6)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
      (未適用の会計基準等)

     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員
      会)
     (1) 概要

       国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計
      基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいて
      はTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は平成29年12
      月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する
      包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
       企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
      を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
      点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
      には、比較可能性を損なわない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
     (2) 適用予定日

       平成34年11月期の期首より適用予定であります。
     (3) 当該会計基準等の適用による影響

       影響額については、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
     (表示方法の変更)

     (連結損益計算書) 
     前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「助成金収入」は、営業外費用の総額の100分の
    10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させるため、前連
    結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
     この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表示していた10,563千円は、
    「助成金収入」300千円、「その他」10,263千円として組み替えております。
      (追加情報)

      (従業員インセンティブ・プラン「株式給付信託(J-ESOP)」制度)
                                  67/104


                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       当社は、従業員と一体となって企業価値と株式価値の向上に邁進するためのインセンティブ・プランとして、
      「株式給付信託(J-ESOP)」(以下、「本制度」という。)を導入しております。
      (1)  取引の概要
        本制度は、予め当社が定めた株式給付規程に基づき、一定の要件を満たした当社の従業員に対し当社株式を給
       付する仕組みであります。
        当社は、従業員に対し個人の貢献度等に応じてポイントを付与し、一定の条件により受給権の取得をしたとき
       に当該付与ポイントに相当する当社株式を給付いたします。従業員に対し給付する株式については、予め信託設
       定した金銭により将来分も含め取得し、信託財産として分別管理するものといたします。
        当該株式の取得、処分に関する会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に
       関する実務上の取扱い」(実務対応報告第30号 平成27年3月26日)を適用し、当該指針に従って会計処理を
       行っております。
      (2)  信託に残存する自社の株式

        信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己株
       式として計上しております。当連結会計年度末における当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、122,500千円及び
       25,000株であります。
      (3)  総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額

        該当事項はありません。
       (連結貸借対照表関係)

     ※1 たな卸資産及び受注損失引当金の表示
       損失が見込まれる受注契約に係るたな卸資産と受注損失引当金は、相殺せずに両建てで表示しております。
       受注損失引当金に対応するたな卸資産の額
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成29年11月30日)                 (平成30年11月30日)
        仕掛品                        14,571   千円             296,105    千円
        計                        14,571   千円             296,105    千円
     ※2 関連会社の株式に対するものは次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成29年11月30日)                 (平成30年11月30日)
                               37,298    千円
        投資有価証券(株式)                                         7,800千円
     ※3 財務制限条項

       当社が、ソフトウェアライセンスを取得するために締結した平成29年6月30日付金銭消費貸借契約には、次の財
      務制限条項が付されております。
       本借入において、借入先との間で、主に以下の期限の利益の喪失事項が定められており、全ての債務の履行が完

      了するまで、以下に定める内容を財務制限条項として、遵守維持するものとする。
       なお、借入人が以下のいずれか1項目に2期連続して抵触した場合、貸付人の請求により、借入人が貸付人に対
      して負担する一切の債務について期限の利益を失い、直ちにその債務全額を返済するものとする。
       (1)平成29年11月決算期を初回とする各年度決算期の末日における借入人の連結の貸借対照表において、純資産の
         部の合計額を、平成28年度11月決算期の年度決算期の末日における純資産の部の合計額又は前年度決算期の末
         日における純資産の部の合計額のいずれか大きい方の75%以上に維持すること。
       (2)平成29年11月決算期を初回とする各年度決算期の末日における借入人の連結の損益計算書において、経常損益
         の金額をゼロ円以上に維持すること。
       なお、当連結会計年度末において、上記財務制限条項に抵触しております。当社グループはこのような状況を解

      消するため、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等                          (1)  連結財務諸表       注記事項(継続企業の前提に関する事
      項)」に記載のとおり、今後も引き続き事業基盤並びに財務基盤の強化を図り、当該状況の早期解消に努めてまい
      ります。
                                  68/104




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
     ※1    売上原価に含まれている受注損失引当金繰入額は、次のとおりであります。
                前連結会計年度                         当連結会計年度
              (自    平成28年12月1日                       (自    平成29年12月1日
               至   平成29年11月30日)                       至   平成30年11月30日)
                       14,814千円                         177,469千円
     ※2    一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。

                前連結会計年度                         当連結会計年度
              (自    平成28年12月1日                       (自    平成29年12月1日
               至   平成29年11月30日)                       至   平成30年11月30日)
                       24,622   千円                      20,411   千円
     ※3    事業譲渡益

       前連結会計年度(自 平成28年12月1日 至 平成29年11月30日)
       携帯端末向けゲームタイトルの一部を譲渡したことによるものであります。
       当連結会計年度(自 平成29年12月1日 至 平成30年11月30日)

       ユーザー行動を予測する機械学習エンジン「YOKOZUNA                            data」を譲渡したことによるものであります。
     ※4 固定資産除却損の内容は以下のとおりであります。

                          前連結会計年度               当連結会計年度
                        (自    平成28年12月1日            (自    平成29年12月1日
                         至   平成29年11月30日)             至   平成30年11月30日)
                              ―   千円
       建物                                   68,649千円
                              ―  千円
       工具、器具及び備品                                     279千円
                              ―  千円
       ソフトウエア                                    2,582千円
                              ―  千円
       その他                                     567千円
                              ― 千円
             計                               72,078千円
     ※5 減損損失

        当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
                                 種類
           用途           場所                       減損損失
          遊休資産         東京都渋谷区         無形固定資産(その他)               9,943千円
        当社グループは、原則として事業用資産については全体を一つとしてグルーピングを行っており、処分予定の
       資産や事業の用に供していない遊休資産については、個別資産ごとにグルーピングを行っております。
        当連結会計年度において、コンテンツ事業からの撤退を決定したため、使用見込のない商標権に関して、帳簿
       価格を回収可能額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。なお、当該資産の回収可能価額
       は、正味売却価額により測定しており、転用や売却が困難であることから回収可能価額を零として評価しており
       ます。
       (連結包括利益計算書関係)

     ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                             前連結会計年度                当連結会計年度
                           (自    平成28年12月1日             (自    平成29年12月1日
                           至   平成29年11月30日)              至   平成30年11月30日)
       その他有価証券評価差額金
         当期発生額                          1,533千円                △441千円
                                  -千円                -千円
         組替調整額
           税効果調整前
                                 1,533千円                △441千円
                                 △10千円                 10千円
           税効果額
           その他有価証券評価差額金                          1,522千円                △431千円
              その他の包括利益合計                   1,522千円                △431千円
                                  69/104


                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
    前連結会計年度(自 平成28年12月1日 至 平成29年11月30日)
    1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                2,520,900             41,200              -        2,562,100
      (変動事由の概要) 
      1.普通株式の増加41,200株は、新株予約権(ストック・オプション)の権利行使によるものであります。
    2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 25,000           30,000             -         55,000
     (注)当連結会計年度期首及び当連結会計年度末の自己株式数には、信託が保有する自社の株式がそれぞれ、25,000
        株含まれております。
      (変動事由の概要) 
      1.自己株式の増加30,000株は、取締役会決議による自己株式の取得によるものであります。
    3 新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)
                                                     当連結会計
                       目的となる
      会社名         内訳                                     年度末残高
                             当連結会計                   当連結
                       株式の種類
                                    増加      減少
                                                     (千円)
                             年度期首                 会計年度末
            平成25年第1回ス
      提出会社      トック・オプション             ―        ―      ―      ―      ―      ―
            としての新株予約権
            平成26年第2回ス
      提出会社      トック・オプション             ―        ―      ―      ―      ―      ―
            としての新株予約権
            平成26年第3回ス
      提出会社      トック・オプション             ―        ―      ―      ―      ―      ―
            としての新株予約権
            平成26年第4回ス
      提出会社      トック・オプション             ―        ―      ―      ―      ―      ―
            としての新株予約権
               合計                  ―      ―      ―      ―      ―
     (注)1.上表の新株予約権はすべて権利行使可能なものであります。
    4 配当に関する事項

     (1) 配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (千円)         (円)
     平成29年2月24日
                普通株式           25,209           10  平成28年11月30日         平成29年2月25日
     定時株主総会
     (注)配当金の総額には、株式給付信託(J-ESOP)が保有する当社の株式に対する配当金250千円が含まれております。
     (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

     該当事項はありません。
                                  70/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    当連結会計年度(自 平成29年12月1日 至 平成30年11月30日)
    1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                2,562,100            342,100              -        2,904,200
      (変動事由の概要)普通株式の増加342,100株は、新株予約権の権利行使によるものであります。
    2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 55,000             -            -          55,000
     (注)当連結会計年度期首及び当連結会計年度末の自己株式数には、信託が保有する自社の株式がそれぞれ、25,000
        株含まれております。
    3 新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)
                                                     当連結会計
                       目的となる
      会社名         内訳                                     年度末残高
                             当連結会計                   当連結
                       株式の種類
                                    増加      減少
                                                     (千円)
                             年度期首                 会計年度末
            平成25年第1回ス
      提出会社      トック・オプション             ―        ―      ―      ―      ―      ―
            としての新株予約権
            平成26年第2回ス
      提出会社      トック・オプション             ―        ―      ―      ―      ―      ―
            としての新株予約権
            平成26年第3回ス
      提出会社      トック・オプション             ―        ―      ―      ―      ―      ―
            としての新株予約権
            平成26年第4回ス
      提出会社      トック・オプション             ―        ―      ―      ―      ―      ―
            としての新株予約権
      提出会社      第5回新株予約権           普通株式          ―     50,000       50,000         ―       ―
      提出会社      第6回新株予約権           普通株式          ―    140,000       140,000          ―       ―

      提出会社      第7回新株予約権           普通株式          ―    140,000       140,000          ―       ―

      提出会社      第8回新株予約権           普通株式          ―     25,000         ―     25,000       2,100

      提出会社      第9回新株予約権           普通株式          ―     70,000         ―     70,000       4,200

      提出会社      第10回新株予約権           普通株式          ―     70,000         ―    70,000      4,200

               合計                  ―   495,000       330,000      165,000       10,500

     (注)1.上表の新株予約権はすべて権利行使可能なものであります。
        2.目的となる株式の数は、新株予約権が権利行使されたものと仮定した場合における株式数を記載しており
          ます。
        3.目的となる株式の数の変動事由の概要
          当連結会計年度における増加は、新株予約権の発行によるものであります。
          当連結会計年度における減少は、権利行使によるものであります。
    4 配当に関する事項

      該当事項はありません。
                                  71/104




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     
      す。
                              前連結会計年度               当連結会計年度
                           (自    平成28年12月1日             (自    平成29年12月1日
                            至   平成29年11月30日)             至   平成30年11月30日)
       現金及び預金                        554,974千円               699,520千円
       J-ESOP信託別段預金                        △6,000千円               △6,000千円
       現金及び現金同等物                        548,974千円               693,520千円
      (リース取引関係)

       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      (金融商品関係)

    1 金融商品の状況に関する事項
     (1) 金融商品に対する取組方針
       当社は、必要な資金を主に銀行借入や社債発行により資金を調達し、一時的な余資は、安全性の高い金融資産で
      運用しています。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

       営業債権である売掛金、営業債務である買掛金・未払金・未払費用は、すべて1年以内の支払期日であります。
      借入金のうち、短期借入金は、主に運転資金に必要な資金の調達であり、長期借入金並びに社債は、主に事業のプ
      ロジェクトに係る資金の調達、設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、返済(償還)期日は決算
      後、最長で2年後であります。
       営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されており、与信管理規程に基づき与信限度額水準の見直しを
      年1回以上実施し、取引相手ごとに期日及び残高を管理することにより、財務状況等の悪化等による回収懸念の早
      期把握や軽減を図っております。
       投資有価証券は市場価格の変動リスクに晒されており、四半期ごとに時価等を把握することで、変動リスクを管
      理しております。
       敷金は差入先の信用リスクに晒されており、賃貸借契約に際し差入先の信用状況を把握するとともに、適宜差入
      先の信用状況を把握することにより、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
       営業債務である買掛金・未払金・未払費用、営業外債務である借入金・社債は資金調達に係る流動性リスクに晒
      されており、月次資金繰表を作成・更新することにより流動性リスクを管理しております。
     (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価は、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれて
      おります。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、
      当該価額が変動することがあります。
                                  72/104







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    2 金融商品の時価等に関する事項
      平成30年11月30日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。な
     お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注2)をご参照下さ
     い)。
     前連結会計年度(平成29年11月30日)

                    連結貸借対照表計上額                 時価             差額
                        (千円)             (千円)             (千円)
     (1)  現金及び預金
                           554,974             554,974                -
     (2)  売掛金
                           876,439             876,439                -
     (3)  投資有価証券
       その他有価証券
                              107             107             -
     (4)  敷金
                           201,243             201,888               645
          資産計                 1,632,764             1,633,410                645
     (1)  買掛金
                           226,652             226,652                -
     (2)  未払金
                            152,776              152,776                 -
     (3)  短期借入金
                            17,500             17,500               -
     (4)  長期借入金(※1)
                           428,443             430,774              2,331
     (5)  社債(※2)
                            50,000             49,978              △21
          負債計                  875,372             877,681              2,309
     (※1)1年内返済予定の長期借入金を含めております。
     (※2)1年内償還予定の社債を含めております。
     当連結会計年度(平成30年11月30日)

                    連結貸借対照表計上額                 時価             差額
                        (千円)             (千円)             (千円)
     (1)  現金及び預金
                           699,520             699,520                -
     (2)  売掛金
                           705,685             705,685                -
     (3)  投資有価証券
       その他有価証券
                               74              74              -
     (4)  敷金
                           171,412             171,876                463
          資産計                 1,576,692              1,577,156                 463
     (1)  買掛金
                            65,018             65,018               -
     (2)  未払金
                           149,605             149,605                -
     (3)  未払費用                     132,931             132,931                -
     (4)  短期借入金
                            66,668             66,668                -
     (5)  長期借入金(※1)
                           233,095             228,410             △4,685
     (6)  社債(※2)
                            10,000             10,000                -
          負債計                  657,318              652,633             △4,685
     (※1)1年内返済予定の長期借入金を含めております。
     (※2)1年内償還予定の社債を含めております。
     (注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項

      〔資産〕
       (1)  現金及び預金 (2)         売掛金 
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
       (3)  投資有価証券
         取引所の価格によっております。
       (4)  敷金
         将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標で割り引いた現在価値により算定しております。
                                  73/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      〔負債〕
       (1)  買掛金 (2)未払金 (3)未払費用 (4)短期借入金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
       (5)  長期借入金
         元利金の合計額を新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定してお
         ります。
       (6)  社債
         元利金の合計額を当該社債の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値により算定して
         おります。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                                      (単位:千円)
          区分           平成29年11月30日              平成30年11月30日
        投資有価証券                    82,168              82,459
        関係会社株式                    37,298               7,800
          合計                 119,466               90,259
        これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「2                                               金融商品
        の時価等に関する事項」には含めておりません。投資有価証券は非上場株式に係るものであり、関係会社株式
        は非上場の関連会社に係るものであります。
        なお、前連結会計年度において、投資有価証券について29,999千円の減損処理を行っております。
     (注3)金銭債権の連結決算日後の償還予定額

     前連結会計年度(平成29年11月30日)
                               1年超          5年超
                    1年以内                               10年超
                              5年以内          10年以内
                     (千円)                              (千円)
                               (千円)          (千円)
     (1)  現金及び預金
                       554,974             -          -          -
     (2)  売掛金
                       876,439             -          -          -
          合計             1,431,414              -          -          -
     当連結会計年度(平成30年11月30日)

                               1年超          5年超
                    1年以内                               10年超
                              5年以内          10年以内
                     (千円)                              (千円)
                               (千円)          (千円)
     (1)  現金及び預金
                       699,520             -           -           -
     (2)  売掛金
                       705,685             -          -          -
          合計             1,405,205              -           -           -
     (注4)社債、長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

     前連結会計年度(平成29年11月30日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                  5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                  (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金                17,500         -       -       -       -       -
     長期借入金(※1)               196,046       154,454       77,943         -       -       -
     社債(※2)                40,000       10,000         -       -       -       -
          合計          253,546       164,454       77,943         -       -       -
     (※1)1年内返済予定の長期借入金を含めております。
     (※2)1年内償還予定の社債を含めております。
                                  74/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(平成30年11月30日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                  5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                  (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金                66,668         -       -       -       -       -
     長期借入金(※1)                154,895        78,200         -       -       -       -
     社債(※2)                10,000         -       -       -       -       -
          合計           231,563        78,200         -       -       -       -
     (※1)1年内返済予定の長期借入金を含めております。
     (※2)1年内償還予定の社債を含めております。
      (有価証券関係)

       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      (ストック・オプション等関係)

    1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
      該当事項はありません。
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

      当連結会計年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式
     数に換算して記載しております。
      平成26年2月8日付で普通株式1株につき3株の割合、平成26年11月1日付で普通株式1株につき100株の割合で株
     式分割を行っておりますが、以下は、当該株式分割を反映した数値を記載しております。
     (1) ストック・オプションの内容

     会社名                   提出会社
     決議年月日                   平成25年8月29日

                        当社取締役 4名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社従業員 72名
     株式の種類及び付与数                   普通株式 229,500株
     付与日                   平成25年9月17日

                        「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状
     権利確定条件
                         況」に記載のとおりであります。
     対象勤務期間                   対象期間の定めはありません。
     権利行使期間                   平成27年9月18日~平成32年7月31日

     会社名                   提出会社

     決議年月日                   平成26年2月26日

     付与対象者の区分及び人数                   当社従業員 53名

     株式の種類及び付与数                   普通株式 55,500株

     付与日                   平成26年5月29日

                        「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状
     権利確定条件
                         況」に記載のとおりであります。
     対象勤務期間                   対象期間の定めはありません。
     権利行使期間                   平成28年5月30日~平成33年1月31日

                                  75/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     会社名                   提出会社
     決議年月日                   平成26年8月28日

                        当社取締役 1名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社従業員 6名
     株式の種類及び付与数                   普通株式 13,000株
     付与日                   平成26年9月26日

                        「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状
     権利確定条件
                         況」に記載のとおりであります。
     対象勤務期間                   対象期間の定めはありません。
     権利行使期間                   平成28年9月27日~平成33年7月31日

     会社名                   提出会社

     決議年月日                   平成26年8月28日

     付与対象者の区分及び人数                   当社従業員 3名

     株式の種類及び付与数                   普通株式 3,000株

     付与日                   平成26年10月21日

                        「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状
     権利確定条件
                         況」に記載のとおりであります。
     対象勤務期間                   対象期間の定めはありません。
     権利行使期間                   平成28年10月22日~平成33年7月31日

     (2)   ストック・オプションの規模及びその変動状況

      ① ストック・オプションの数
     会社名                  提出会社         提出会社         提出会社         提出会社
     決議年月日                平成25年8月29日         平成26年2月26日         平成26年8月28日         平成26年8月28日
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末                       -         -         -         -
      付与                       -         -         -         -
      失効                       -         -         -         -
      権利確定                       -         -         -         -
      未確定残                       -         -         -         -
     権利確定後(株)
      前連結会計年度末                     52,500          14,200          2,000         2,500
      権利確定                       -         -         -         -
      権利行使                     12,000            100          -         -
      失効                       -        1,400           -         -
      未行使残                     40,500          12,700          2,000         2,500
                                  76/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ② 単価情報
     会社名                  提出会社         提出会社         提出会社         提出会社
     決議年月日                平成25年8月29日         平成26年2月26日         平成26年8月28日         平成26年8月28日
     権利行使価格(円)                       334         800         934         934
     行使時平均株価(円)                     1,387          1,096            -          -
     付与日における公正な評価単価
                            -         -         -         -
     (円)
    3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      平成25年9月17日、平成26年5月29日、平成26年9月26日及び平成26年10月21日に付与したストック・オプション
     についての公正な評価単価の見積方法は、当社が未公開企業であったことから、ストック・オプション等に関する会
     計基準(企業会計基準第8号 平成17年12月27日)及びストック・オプション等に関する会計基準の適用指針(企業
     会計基準適用指針第11号 平成18年5月31日)により、公正な評価単価に代え、単位当たりの本源的価値の見積り
     よって算出しております。
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
     ます。
    5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の

      合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計
      額
       ①当連結会計年度末における本源的価値の合計額                                           46,369千円
       ②当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの
        権利行使日における本源的価値の合計額                                              12,667千円
                                  77/104











                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                           前連結会計年度                当連結会計年度
                          (平成29年11月30日)                (平成30年11月30日)
      繰延税金資産
       未払賞与                       59,621千円                34,622千円
       資産除去債務                       15,201千円                15,465千円
       ソフトウエア                       55,515千円                30,766千円
       投資有価証券評価損                       12,397千円                12,397千円
       未払事業税                        2,018千円                4,053千円
       受注損失引当金                        8,498千円                62,853千円
       関係会社清算損失引当金                        1,805千円                  -千円
       繰越欠損金                       452,202千円                604,543千円
                              20,555千円                21,322千円
       その他
      繰延税金資産小計
                             627,817千円                786,024千円
      評価性引当額                      △627,722千円                △786,024千円
      繰延税金資産合計                          95千円                -千円
      繰延税金負債

       除去費用                       △6,742千円                △3,022千円
                               △16千円                 △6千円
       その他
      繰延税金負債合計                       △6,758千円                △3,028千円
      繰延税金資産純額                       △6,663千円                △3,028千円
      (注) 繰延税金資産及び繰延税金負債の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

                           前連結会計年度                当連結会計年度

                          (平成29年11月30日)                (平成30年11月30日)
      流動資産-繰延税金資産
                                95千円                -千円
      固定負債-繰延税金負債                        6,758千円                3,028千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
       前連結会計年度及び当連結会計年度において、税金等調整前当期純損失を計上しているため、記載を省略してお
      ります。
                                  78/104








                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      (企業結合等関係)
      事業分離
      (コンテンツ事業の一部譲渡)
       当社は、平成30年6月18日開催の取締役会決議に基づき、平成30年7月4日付で、当社が保有するゲームコンテ
      ンツの開発及び運営に係るコンテンツ事業(以下「本事業」という)の一部を当社の子会社として新たに設立した
      株式会社スタジオリボルバー(現                株式会社クレイテックワークス。以下「新設会社」という)に新設分割の方法に
      より承継させたうえで、同日付で、当該新設会社の株式の90%を株式会社クリーク・アンド・リバー社に譲渡いた
      しました。
      1.会社分割及び株式譲渡の目的
        当社は、本事業を比較的低予算で大きなリターンが期待できる成長事業として捉え、平成20年1月より自社企
       画ゲームコンテンツ制作を開始し、主力事業のひとつに育ててまいりました。しかしながら、近年のスマート
       フォン向けゲーム市場は競争激化の傾向にあります。それに伴い、ゲーム開発に要する期間は長期化し、開発費
       用も増大傾向にあります。当社の事業規模と比して、こうした事業上のリスクが当社業績に及ぼす影響は大き
       く、当社単独での本事業の継続は困難と判断し、本事業の一部を譲渡することといたしました。
        株式会社クリーク・アンド・リバー社においては、当該事業を譲り受けることで、同社の展開するコンテンツ
       開発、プロデュース、エージェンシー事業とのシナジー効果による収益拡大が期待できること等から、当社とい
       たしましては、同社に新設会社の株式の90%を譲渡することが最適と判断いたしました。
      2.会社分割の概要
       (1)  対象となった事業の内容
         ゲームコンテンツの開発及び運営
       (2)  会社分割の時期
         平成30年7月4日
       (3)  新設会社の名称等

        商号            株式会社スタジオリボルバー(注)
        所在地            東京都渋谷区恵比寿一丁目21番3号
        代表者の役職・氏名            代表取締役社長 寺田 健彦(注)
        事業内容            ゲームコンテンツの開発及び運営
        資本金            7,000千円
        設立年月日            平成30年7月4日
        発行済株式数            200株
        決算期            2月末日
        大株主及び持株比率            シリコンスタジオ株式会社(100.0%)
       (注)本件株式譲渡後、平成30年7月4日付で商号及び代表取締役の変更が行われております。
          新商号:株式会社クレイテックワークス
          新代表者の役職・氏名:代表取締役社長                   青木克仁
       (4)  企業結合の法的形式
         当社を分割会社とし、新設会社を承継会社とする新設分割(簡易分割)方式
      3.株式譲渡の概要

       (1)  取引の概要
        ①  譲渡先
          株式会社クリーク・アンド・リバー社
        ②  株式譲渡日
          株式譲渡契約締結日:平成30年7月4日
          株式譲渡日    :平成30年7月4日
        ③  法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
          受取対価を現金のみとする株式譲渡
                                  79/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       (2)  実施した会計処理の概要
        ①  移転損益の金額
          関係会社株式売却益           54,020千円
        ②  移転した事業に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
          流動資産         42,728千円
          固定資産          4,884
          資産合計         47,613
          流動負債         40,613

          負債合計         40,613
       (3)  分離した事業が含まれていた報告セグメントの名称

         コンテンツ事業
       (4)  当連結会計年度の連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る損益の概算額
         売上高   110,665千円
         営業損失  152,550千円
     (「YOKOZUNA        data」の譲渡)

       当社は、平成30年7月23日開催の取締役会において、当社サービス「YOKOZUNA                                      data」に関する資産を、Keywords
      International       Limited(以下「キーワーズ社」という)に譲渡する旨を決議し、同日付で譲渡契約を締結しまし
      た。
      1.事業分離の概要

       (1)  分離先企業の名称
         Keywords     International       Limited
       (2)  分離した事業の内容
         「YOKOZUNA      data」に関する開発・運営及びゲーム業界向けの営業活動
       (3)  事業分離を行った主な理由
          当社は、自社ゲームコンテンツ開発事業から派生した新規ビジネスとして、個々のユーザー行動を予測す
         る最先端の機械学習エンジン「YOKOZUNA                   data」(以下「本サービス」という)を2年以上の開発フェーズを
         経て、平成29年より評価版の提供を開始いたしました。しかしながら、本サービスの発展のためには、追加
         開発による本サービスのブラッシュアップや、普及拡大のためのプロモーション活動の強化等、追加投資が
         必要であると考えております。当社グループの経営リソースを考慮すると、本サービスの成功のためには、
         当社単独で継続するより、成長スピードを優先し、パートナー企業との協業によって普及拡大を目指すこと
         が望ましいと判断いたしました。譲渡先のキーワーズ社の親会社であるKeywords                                       Studios    PLC及びそのグ
         ループ会社は、ワールドワイドで営業実績があり、国内外のゲーム会社と多数取引があることから、本サー
         ビスを同社へ譲渡することが適切との結論に至りました。
       (4)  事業分離日
         平成30年7月23日
       (5)  法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
         受取対価を現金等の財産のみとする事業譲渡
      2.実施した会計処理の概要

       (1)  移転損益の金額
         事業譲渡益 163,318千円
       (2)  移転した事業に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
         固定資産         2,251千円
                                  80/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       (3)  会計処理
          事業を移転したことにより受け取った対価となる財産の時価と、移転した事業に係る資産の適正な帳簿価
         額との差額を移転損益として認識しております。
      3.分離した事業が含まれていた報告セグメント

         開発推進・支援事業
      4.当連結会計年度の連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る損益の概算額

         売上高   747千円
         営業利益  720千円
      5.継続的関与の主な概要

         当社は、キーワーズ社と販売代理店契約を締結し、本サービス導入済の企業及びヘルスケア業界をはじめと
        したゲーム業界以外向けの営業活動を担当する等、本譲渡後も引き続き「YOKOZUNA                                       data」の普及拡大への貢献
        を目指してまいります。
      (資産除去債務関係)

      資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
     (1) 当該資産除去債務の概要
       本社の賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
     (2) 当該資産除去債務の金額の算定方法

       使用見込期間を取得から15年と見積り、割引率は0.7%~1.6%を使用して資産除去債務の金額を計算しておりま
      す。
     (3)  当該資産除去債務の総額の増減

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成28年12月1日              (自    平成29年12月1日
                            至   平成29年11月30日)               至   平成30年11月30日)
        期首残高                        49,119千円                 49,679千円
        資産除去債務の履行による減少額                          -千円              △9,026千円
        時の経過による調整額                          560千円                 401千円
        見積りの変更による増加額                           -千円                9,484千円
        期末残高                        49,679千円                 50,539千円
     (4)  資産除去債務の見積りの変更

       当連結会計年度において、賃貸借契約に伴う原状回復義務として計上していた資産除去債務について、事務所の
      一部解約に伴い、退去時に必要とされる原状回復費用に関して見積りの変更を行いました。これによる増加額9,484
      千円を変更前の資産除去債務に加算しております。
                                  81/104







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
    1 報告セグメントの概要
     (1)  報告セグメントの決定方法
       当社はゲーム業界向けグラフィックス技術等の提供並びに人材派遣業を営んでおり、主要子会社であるイグニ
      ス・イメージワークスは遊技機業界向け各種ソリューションの提供を行っております。
       これらについて、ソーシャルゲームを手掛ける事業はコンテンツ関連とし、グラフィックスに関する開発及び受
      託を手掛ける事業を開発推進・支援関連とし、人材派遣業等を手掛ける事業を人材関連と区分し、最高意思決定機
      関である取締役会へ定期的に報告しております。
       なお、コンテンツ事業につきましては、平成30年7月4日付で会社分割により新設会社に承継させたうえで、新
      設会社の株式の90%を株式会社クリーク・アンド・リバー社へ譲渡いたしました。
     (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

      ・開発推進・支援関連
       ミドルウェア等のグラフィックスに関する開発や、オンライン事業の請負等となります。
      ・コンテンツ関連
       ソーシャルゲームの各タイトルとなります。
      ・人材関連
       人材派遣、人材紹介となります。
    2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

      報告されている事業セグメントの会計処理方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における
     記載と同一であります。報告セグメントの利益は、各事業の営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部
     収益及び振替高は、市場実勢価格に基づいております。
                                  82/104












                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
     前連結会計年度(自 平成28年12月1日 至 平成29年11月30日)
                                                   (単位:千円)
                     開発推進・支援          コンテンツ           人材         合計
     売上高
      外部顧客への売上高                    3,082,713         1,560,463         1,472,535         6,115,712
      セグメント間の内部
                            -         -        1,158         1,158
      売上高又は振替高
           計             3,082,713         1,560,463         1,473,693         6,116,870
     セグメント利益又は損失(△)                    △ 376,345        △ 627,622         301,499        △ 702,468
     (注)   セグメント資産及び負債の金額は、事業セグメントに配分していないため、開示しておりません。
     当連結会計年度(自 平成29年12月1日 至 平成30年11月30日)

                                                   (単位:千円)
                     開発推進・支援          コンテンツ           人材         合計
     売上高
      外部顧客への売上高                    2,900,708          364,626        1,737,503         5,002,839
      セグメント間の内部
                            -         -       10,514         10,514
      売上高又は振替高
           計             2,900,708          364,626        1,748,017         5,013,353
     セグメント利益又は損失(△)                     174,827        △ 749,338         369,331        △ 205,180
     (注)   セグメント資産及び負債の金額は、事業セグメントに配分していないため、開示しておりません。
    4 報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

                                                   (単位:千円)
                売上高                  前連結会計年度             当連結会計年度
     報告セグメント計                                  6,116,870             5,013,353
     セグメント間取引消去                                   △1,158             △10,514
     連結財務諸表の売上高                                  6,115,712             5,002,839
                                                   (単位:千円)

                利益                  前連結会計年度             当連結会計年度
     報告セグメント計                                  △702,468             △205,180
     全社費用(注)                                  △548,760             △566,007
     たな卸資産の調整額                                    △308             △574
     連結財務諸表の営業損失(△)                                 △1,251,537              △771,762
     (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                  83/104







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       【関連情報】
    前連結会計年度(自 平成28年12月1日 至 平成29年11月30日)
    1 製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
    2 地域ごとの情報

     (1) 売上高
                                                   (単位:千円)
          日本             米国             その他              合計
            5,755,908              304,770              55,034            6,115,712
     (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
     (2) 有形固定資産

       本邦以外の国又は地域に所在する有形固定資産はありません。
    3 主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     株式会社スクウェア・エニックス                               933,182     開発推進・支援事業
     任天堂株式会社                               650,881     開発推進・支援事業
    当連結会計年度(自 平成29年12月1日 至 平成30年11月30日)

    1 製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
    2 地域ごとの情報

     (1) 売上高
                                                   (単位:千円)
          日本             米国             その他              合計
            4,573,180              316,262             113,396            5,002,839
     (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
     (2)  有形固定資産

       本邦以外の国又は地域に所在する有形固定資産はありません。
    3 主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     任天堂株式会社                               594,693     開発推進・支援事業
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      前連結会計年度(自           平成28年12月1日          至   平成29年11月30日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自           平成29年12月1日          至   平成30年11月30日)

       固定資産の減損損失9,943千円は遊休資産にかかるものであり、報告セグメントに配分しておりません。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

         該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

         該当事項はありません。
                                  84/104


                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      【関連当事者情報】
    前連結会計年度(自 平成28年12月1日 至 平成29年11月30日)
    1.関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       該当事項はありません。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
    当連結会計年度(自 平成29年12月1日 至 平成30年11月30日)

    1.関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
                             議決権等
                  資本金又
                             の所有(被
         会社等の名              事業の内容           関連当事者             取引金額         期末残高
      種類         所在地    は出資金                      取引の内容            科目
                             所有)割合
         称又は氏名              又は職業           との関係             (千円)         (千円)
                   (千円)
                              (%)
                                       資金の貸付(注)        88,750
                                                   -     -
                             所有
     関連会    株式会社      東京都        開発推進・
                                       資金の回収        88,750
                   10,000               CGの外注等
                             直接  48.0
     社    イリンクス      渋谷区        支援事業
                                       利息の受取(注)          276  -     -
     (注)  資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                  85/104










                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                   当連結会計年度

                          (自    平成28年12月1日                (自    平成29年12月1日
                          至   平成29年11月30日)                 至   平成30年11月30日)
     1株当たり純資産額                               577.90円                   463.17円
     1株当たり当期純損失(△)                              △456.73円                   △264.47円

     潜在株式調整後
                                      -円                   -円
     1株当たり当期純利益
     (注)   1.当社は、「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しております。1株当たり当期純損失の算定上の基礎となる普
          通株式の期中平均株式数については、本制度の信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社が保有
          する当社株式を、控除対象の自己株式に含めて算定しております(前連結会計年度25,000株、当連結会計年
          度25,000株)。また、1株当たり純資産額の算定上、期末発行株式総数から控除する自己株式に含めており
          ます(前連結会計年度末25,000株、当連結会計年度末25,000株)。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失であ
          るため記載しておりません。
        3.1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成28年12月1日            (自    平成29年12月1日
                項目
                                 至   平成29年11月30日)            至   平成30年11月30日)
     1株当たり当期純損失(△)
      親会社株主に帰属する当期純損失(△)(千円)                                 △1,137,815               △715,169

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -              -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       △1,137,815               △715,169
      当期純損失(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                   2,491,207              2,704,158
        4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                項目
                                 (平成29年11月30日)              (平成30年11月30日)
     純資産の部の合計額(千円)                                   1,448,844              1,330,170
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                       -            10,500

     (うち新株予約権(千円))                                       -           (10,500)

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                   1,448,844              1,319,670

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株
                                        2,507,100              2,849,200
     式の数(株)
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                  86/104







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ⑤ 【連結附属明細表】
        【社債明細表】
                               当期首残高      当期末残高       利率

        会社名           銘柄       発行年月日                       担保     償還期限
                                (千円)      (千円)      (%)
     シリコンスタジオ                     平成25年              -              平成30年
               第3回無担保社債                 10,000            0.46    無し
                                     (       -)
     株式会社                     3月29日                           3月30日
     シリコンスタジオ                     平成25年              -              平成30年
               第4回無担保社債                 10,000            0.50    無し
                                     (      -)
     株式会社                     3月29日                           3月30日
     シリコンスタジオ                     平成26年                           平成31年
                                      10,000
               第7回無担保社債                 30,000            0.64    無し
                                     (10,000)
     株式会社                     3月31日                           3月29日
                                      10,000
        合計           -        -     50,000           -     -      -
                                     (10,000)
     (注)   1.    「当期末残高」欄の(内書)は、1年内償還予定の金額であります。
        2. 連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額の総額
           1年以内        1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
            (千円)          (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
               10,000            -          -           -           -
        【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

           区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                     17,500         66,668          2.00        -
     1年以内に返済予定の長期借入金                     196,046         154,895           1.24        -

     長期借入金(1年以内に返済予定
                         232,397          78,200           1.07    平成32年6月30日
     のものを除く)
           合計              445,943         299,763           -      -
     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総額
             1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内         5年超6年以内
       区分
               (千円)         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
     長期借入金             78,200            -          -          -          -
        【資産除去債務明細表】

         明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、記
        載を省略しております。
                                  87/104








                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【その他】
      当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                    1,098,695          2,502,230          3,694,267          5,002,839

     税金等調整前四半期(当期)
                        △401,144          △791,893          △750,219          △716,304
     純損失(△)(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                        △401,661          △791,067          △749,859          △715,169
     (当期)純損失(△)(千円)
     1株当たり四半期(当期)
                         △160.18          △308.82          △282.31          △264.47
     純損失(△)(円)
         (会計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益又は
     1株当たり四半期純損失                    △160.18          △149.03            14.49          12.18
     (△)(円)
                                  88/104















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ① 【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成29年11月30日)              (平成30年11月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                539,670              651,494
                                      ※1  764,581            ※1  625,906
        売掛金
        仕掛品                                103,071              323,488
        貯蔵品                                 2,783              1,598
        前渡金                                15,914                665
                                      ※1  67,918            ※1  26,177
        未収入金
        前払費用                                99,313              71,692
        関係会社短期貸付金                                  -            50,000
                                      ※1  16,412             ※1  1,379
        その他
                                        △ 3,370             △ 3,152
        貸倒引当金
        流動資産合計                               1,606,296              1,749,250
      固定資産
        有形固定資産
         建物                              269,691              208,074
                                       △ 132,442             △ 112,472
           減価償却累計額
           建物(純額)                             137,248               95,602
         工具、器具及び備品
                                        216,460              187,864
                                       △ 161,164             △ 152,271
           減価償却累計額
           工具、器具及び備品(純額)                             55,296              35,592
         有形固定資産合計                              192,544              131,194
        無形固定資産
         ソフトウエア                              355,669              184,652
                                        23,296              13,613
         その他
         無形固定資産合計                              378,965              198,265
        投資その他の資産
         投資有価証券                               82,275              82,533
         関係会社株式                               34,800              34,800
         敷金                              201,243              171,412
         破産更生債権等                                 -             8,505
         その他                               6,427              5,858
                                          -            △ 8,505
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              324,745              294,604
        固定資産合計                                896,256              624,064
      資産合計                                2,502,552              2,373,315
                                  89/104






                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成29年11月30日)              (平成30年11月30日)
     負債の部
      流動負債
                                      ※1  251,466             ※1  62,853
        買掛金
        短期借入金                                17,500              66,668
        1年内償還予定の社債                                40,000              10,000
                                      ※2  177,322            ※2  154,895
        1年内返済予定の長期借入金
                                      ※1  146,028            ※1  139,718
        未払金
                                      ※1  104,092            ※1  119,514
        未払費用
        未払法人税等                                 8,887              15,536
        未払消費税等                                28,197               7,599
        前受金                                53,486              159,124
        預り金                                46,781              56,977
        受注損失引当金                                27,116              205,402
        関係会社清算損失引当金                                 5,900                -
        資産除去債務                                  -            18,293
        その他                                  322              322
        流動負債合計                                907,101             1,016,905
      固定負債
        社債                                10,000                -
                                      ※2  232,397             ※2  78,200
        長期借入金
        繰延税金負債                                 6,758              3,028
                                        49,679              32,245
        資産除去債務
        固定負債合計                                298,835              113,474
      負債合計                                1,205,936              1,130,379
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                146,214              439,428
        資本剰余金
         資本準備金                              345,464              638,678
                                       1,548,740              1,548,740
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                             1,894,204              2,187,418
        利益剰余金
         利益準備金                                981              981
         その他利益剰余金
                                       △ 506,990            △ 1,157,167
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             △ 506,009            △ 1,156,185
        自己株式                               △ 236,800             △ 236,800
        株主資本合計                               1,297,608              1,233,860
      評価・換算差額等
                                         △ 993            △ 1,424
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                 △ 993            △ 1,424
      新株予約権                                    -            10,500
      純資産合計                                1,296,615              1,242,935
     負債純資産合計                                  2,502,552              2,373,315
                                  90/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ② 【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
                                     ※1  5,353,297            ※1  4,484,182
     売上高
                                     ※1  5,144,433            ※1  3,721,454
     売上原価
     売上総利益                                   208,864              762,728
     販売費及び一般管理費
      役員報酬                                 136,395              108,014
      給料及び手当                                 449,127              511,348
      広告宣伝費                                 193,367              139,315
      減価償却費                                  37,128              33,405
      研究開発費                                  24,622              20,411
      貸倒引当金繰入額                                  △ 162             8,287
                                        625,529              685,678
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                1,466,008              1,506,460
     営業損失(△)                                 △ 1,257,144              △ 743,732
     営業外収益
                                        ※1  248            ※1  393
      受取利息
      受取配当金                                  2,650              3,000
      助成金収入                                   300             5,465
      為替差益                                  3,545              1,731
                                         9,610              1,833
      その他
      営業外収益合計                                  16,354              12,423
     営業外費用
      支払利息                                  4,364              6,105
      社債保証料                                   511              162
      資金調達費用                                    -             9,707
                                          314              224
      その他
      営業外費用合計                                  5,190              16,199
     経常損失(△)                                 △ 1,245,980              △ 747,508
     特別利益
      事業譲渡益                                 183,496              163,318
      関係会社株式売却益                                    -            54,020
                                          -             8,309
      関係会社清算益
      特別利益合計                                 183,496              225,648
     特別損失
      投資有価証券評価損                                  29,999                -
                                                    ※2  64,620
      固定資産除却損                                    -
      事務所移転費用                                    -            39,845
      事業整理損                                    -            15,337
                                          -             9,943
      減損損失
      特別損失合計                                  29,999              129,746
     税引前当期純損失(△)                                 △ 1,092,484              △ 651,606
     法人税、住民税及び事業税
                                         2,290              2,290
                                        61,429              △ 3,720
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   63,719              △ 1,430
     当期純損失(△)                                 △ 1,156,203              △ 650,176
                                  91/104




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ③ 【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自 平成28年12月1日 至 平成29年11月30日)
                                              (単位:千円)
                                株主資本
                          資本剰余金                利益剰余金
                                          その他利益剰
                資本金
                                           余金
                          その他資本剰     資本剰余金合                利益剰余金合
                     資本準備金                利益準備金
                            余金      計                計
                                          繰越利益剰余
                                            金
     当期首残高            133,492     332,742    1,548,740     1,881,482        981    674,421     675,403
     当期変動額
     新株の発行            12,721     12,721           12,721
     剰余金の配当                                      △ 25,209    △ 25,209
     当期純損失(△)                                    △ 1,156,203    △ 1,156,203
     自己株式の取得
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計             12,721     12,721       -    12,721       - △ 1,181,412    △ 1,181,412
     当期末残高            146,214     345,464    1,548,740     1,894,204        981   △ 506,990    △ 506,009
                  株主資本         評価・換算差額等

                                    新株予約権     純資産合計

                         その他有価証     評価・換算差
               自己株式    株主資本合計
                         券評価差額金      額等合計
     当期首残高           △ 122,500    2,567,878      △ 2,515    △ 2,515       -  2,565,362

     当期変動額
     新株の発行                25,443                     25,443
     剰余金の配当                △ 25,209                    △ 25,209
     当期純損失(△)              △ 1,156,203                    △ 1,156,203
     自己株式の取得          △ 114,300    △ 114,300                    △ 114,300
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                      1,522     1,522       -    1,522
     額)
     当期変動額合計           △ 114,300    △ 1,270,269       1,522     1,522       - △ 1,268,746
     当期末残高           △ 236,800    1,297,608       △ 993    △ 993      -  1,296,615
                                  92/104








                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
     当事業年度(自 平成29年12月1日 至 平成30年11月30日)
                                              (単位:千円)
                                株主資本
                          資本剰余金                利益剰余金
                                          その他利益剰
                資本金
                                           余金
                          その他資本剰     資本剰余金合                利益剰余金合
                     資本準備金                利益準備金
                            余金      計                計
                                          繰越利益剰余
                                            金
     当期首残高            146,214     345,464    1,548,740     1,894,204        981   △ 506,990    △ 506,009
     当期変動額
     新株の発行           293,214     293,214           293,214
     剰余金の配当                                        -     -
     当期純損失(△)                                     △ 650,176    △ 650,176
     自己株式の取得
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計            293,214     293,214       -   293,214       -  △ 650,176    △ 650,176
     当期末残高            439,428     638,678    1,548,740     2,187,418        981  △ 1,157,167    △ 1,156,185
                  株主資本         評価・換算差額等

                                    新株予約権     純資産合計

                         その他有価証     評価・換算差
               自己株式    株主資本合計
                         券評価差額金      額等合計
     当期首残高           △ 236,800    1,297,608       △ 993    △ 993      -  1,296,615

     当期変動額
     新株の発行                586,428                     586,428
     剰余金の配当                  -                     -
     当期純損失(△)               △ 650,176                    △ 650,176
     自己株式の取得                  -                     -
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                      △ 431    △ 431    10,500     10,068
     額)
     当期変動額合計              -   △ 63,748      △ 431    △ 431    10,500    △ 53,680
     当期末残高           △ 236,800    1,233,860      △ 1,424    △ 1,424     10,500    1,242,935
                                  93/104









                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
       当社は前事業年度において継続的に営業損失、経常損失及び当期純損失を計上しており、当事業年度において
      も、営業損失743,732千円、経常損失747,508千円、当期純損失650,176千円を計上しております。また、前事業年
      度及び当事業年度において、営業キャッシュ・フローのマイナスを計上しております。
       併せて、当事業年度において、当社が金融機関との間で締結している金銭消費貸借契約の一部に付されている財
      務制限条項に抵触しております。
       従って、当事業年度において、業績の回復状況及び財務体質の改善を慎重に見極める必要があり、継続企業の前
      提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しているものと認識しております。
       当社は、当該状況を解消するために、収益の確保、費用の削減並びに財務基盤の安定化に取り組んでおります。
      具体的には、セグメント毎に組織を再構築し、それぞれの事業の目的及び目標を明確にするとともに、経営と執行
      を分離し、迅速な意思決定と業務執行の実現を基本方針とし、より収益性の高いビジネスへの注力及びコスト意識
      を高めることにより、利益率改善に努めてまいります。
       開発推進・支援事業においては、受注案件獲得時の意思決定において、中長期にわたり安定した利益獲得に貢献
      できるプロジェクトを厳密に精査したうえでリソースを投入し、全社的に受注後のプロジェクト進捗及び損益管理
      の強化を徹底してまいります。また、過年度より取り組んでおります非エンターテインメント領域の新規開拓につ
      いて、特に自動車業界向けビジネスにおいては、当社の技術力を活かし、自動運転AI開発への貢献や、より簡便な
      操作でレンダリングが行えるようにミドルウェアの改良を加えるとともに積極的に拡販活動を行っており、着実に
      案件が成約しております。更に、全世界においての開発、販売、サポートを開始した『Enlighten』については、
      全世界における売上ランキングの上位に位置する数多くのゲームに利用されている実績より、当社の海外販路拡大
      に寄与するべく営業活動を強化するとともに、引合につきましても徐々に増加しております。今後も、建築・不動
      産業界、映像業界、自動車業界等幅広い市場での案件獲得に注力してまいります。
       人材事業においては、翌期以降も売上及び利益の拡大が見込めるため、継続した事業成長を維持するとともに、
      更なる利益率改善のため、人材紹介事業の伸長を図ってまいります。
       これらの施策を講じるための資金調達の手段として、平成30年3月9日の取締役会において第5回新株予約権、
      第6回新株予約権、第7回新株予約権、第8回新株予約権、第9回新株予約権、第10回新株予約権の募集の決議を
      行いました。既に第7回まで行使されており第8回以降についても、株価の状況により行使されます。
       以上の対応策の実施により、当第4四半期会計期間において営業利益を計上しております。今後も引続き事業基
      盤並びに財務基盤の強化を図り、当該状況の解消、改善に努めてまいります。しかしながら、開発推進・支援事業
      の収益の改善による当社の業績について慎重に見極める必要があり、また銀行との関係強化に努めているものの借
      入金の財務制限条項に形式的に抵触している状況などから、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が
      認められます。
       なお、財務諸表は継続企業を前提として作成されており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を財務
      諸表に反映しておりません。
       (重要な会計方針)

     1 有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)  子会社株式及び関連会社株式
         移動平均法による原価法
      (2)  その他有価証券
        ・時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は主とし
          て移動平均法により算定しております。)
        ・時価のないもの
          移動平均法による原価法
     2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

       仕掛品
        個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
       貯蔵品
        最終仕入原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
     3 固定資産の減価償却の方法

      (1)  有形固定資産
        定額法を採用しております。
                                  94/104

                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
        なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物        6~15年
         工具、器具及び備品 4~15年
      (2)  無形固定資産

        市場販売目的のソフトウエアについては、3年以内での見込み販売収益に基づく償却額、または残存有効期間
       に基づく均等配分額の大きい方を計上する方法としております。
        自社利用のソフトウエアについては、社内における見込利用可能期間(5年以内)による定額法としておりま
       す。
     4 外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

       外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
     5 引当金の計上基準

      (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権及び破産更生債
       権等については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)  受注損失引当金

        受注契約に係る将来の損失に備えるため、当事業年度末における受注契約に係る損失見込額を計上しておりま
       す。
      (3)  関係会社清算損失引当金

        関係会社の解散及び清算手続に係る将来の損失に備えるため、その損失見込額を計上しております。なお、当
       事業年度末においては、引当金の計上はありません。
     6 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
     (表示方法の変更)

     (損益計算書)
     前事業年度において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「助成金収入」は、営業外費用の総額の100分の10を
    超えたため、当事業年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の
    財務諸表の組替えを行っております。
     この結果、前事業年度の損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表示していた9,910千円は、「助成金収
    入」300千円、「その他」9,610千円として組み替えております。
     (追加情報)

     従業員インセンティブ・プラン「株式給付信託(J-ESOP)」制度
      従業員インセンティブ・プラン「株式給付信託(J-ESOP)」について、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表
     等 注記事項(追加情報)」をご参照下さい。
                                  95/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1    関係会社に対する資産及び負債
       区分表示されたもの以外で当該関係会社に対する金銭債権又は金銭債務の金額は、次のとおりであります。
                            前事業年度                  当事業年度
                          (平成29年11月30日)                  (平成30年11月30日)
        短期金銭債権                          29,642千円                   24,105千円
        短期金銭債務                         86,505千円                  21,962千円
     ※2 財務制限条項

       当社が、ソフトウェアライセンスを取得するために締結した平成29年6月30日付金銭消費貸借契約には、次の財
      務制限条項が付されております。
       本借入において、借入先との間で、主に以下の期限の利益の喪失事項が定められており、全ての債務の履行が完

      了するまで、以下に定める内容を財務制限条項として、遵守維持するものとする。
       なお、借入人が以下のいずれか1項目に2期連続して抵触した場合、貸付人の請求により、借入人が貸付人に対
      して負担する一切の債務について期限の利益を失い、直ちにその債務全額を返済するものとする。
        (1)平成29年11月決算期を初回とする各年度決算期の末日における借入人の連結の貸借対照表において、純資産
        の部の合計額を、平成28年度11月決算期の年度決算期の末日における純資産の部の合計額又は前年度決算期の
        末日における純資産の部の合計額のいずれか大きい方の75%以上に維持すること。
        (2)平成29年11月決算期を初回とする各年度決算期の末日における借入人の連結の損益計算書において、経常損
        益の金額をゼロ円以上に維持すること。
       なお、当事業年度末において、上記財務制限条項に抵触しております。当社はこのような状況を解消するため、

      「第5 経理の状況          1  連結財務諸表等        (2)  財務諸表等 注記事項(継続企業の前提に関する事項)」に記載のと
      おり、今後も引き続き事業基盤並びに財務基盤の強化を図り、当該状況の早期解消に努めてまいります。
      (損益計算書関係)

     ※1 各科目に含まれている関係会社に対するものは、次のとおりであります。
                            前事業年度                  当事業年度
                         (自    平成28年12月1日                (自    平成29年12月1日
                         至   平成29年11月30日)                至   平成30年11月30日)
       営業取引による取引高
        売上高
                                  21,413千円                   11,314千円
        仕入高                           214,413千円                   384,501千円
       営業取引以外による取引高                             227千円                   340千円
     ※2 固定資産除却損の内容は以下のとおりであります。

                           前連結会計年度                  当連結会計年度
                         (自    平成28年12月1日                (自    平成29年12月1日
                         至   平成29年11月30日)                至   平成30年11月30日)
                                ―   千円
      建物                                          61,191千円
                                ―  千円
      工具、器具及び備品                                            279千円
                                ―  千円
      ソフトウエア                                           2,582千円
                                ―  千円
      その他                                            567千円
                                ― 千円
            計                                      64,620千円
                                  96/104




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
       子会社株式及び関連会社株式
        市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価を記載しておりません。
        なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額は以下
        のとおりです。
                                                   (単位:千円)
                           前事業年度                   当事業年度
           区分
                         (平成29年11月30日)                   (平成30年11月30日)
     子会社株式                               30,000                   30,000
     関連会社株式                               4,800                   4,800
           計                        34,800                   34,800
      (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                             前事業年度                当事業年度
                           (平成29年11月30日)                (平成30年11月30日)
      繰延税金資産
                                28,467    千円             24,074    千円
       未払賞与
                                15,201    千円             15,465    千円
       資産除去債務
                                55,515    千円             30,766    千円
       ソフトウエア
                                12,397    千円             12,397    千円
       投資有価証券評価損
                                 2,018   千円              4,053    千円
       未払事業税
                                 7,681   千円             62,853    千円
       受注損失引当金
                                 1,805   千円               -  千円
       関係会社清算損失引当金
                                405,575    千円             579,817     千円
       繰越欠損金
                                17,040    千円             17,151    千円
       その他
      繰延税金資産小計                          545,705    千円             746,579     千円
                               △545,705     千円           △746,579     千円
      評価性引当額
      繰延税金資産合計                            -  千円               -  千円
      繰延税金負債

                                △6,742    千円            △3,022    千円
       除去費用
                                 △16   千円              △6  千円
       その他
                                △6,758    千円            △3,028    千円
      繰延税金負債合計
      繰延税金資産純額                          △6,758    千円            △3,028    千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
       前事業年度及び当事業年度において、税引前当期純損失を計上しているため、記載を省略しております。
      (企業結合等関係)

      「第5 経理の状況            1  連結財務諸表等        (1)  注記事項(企業結合等関係)」をご参照下さい。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                  97/104





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
      ④ 【附属明細表】
        【有形固定資産等明細表】
                                              減価償却累

                 当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額
                                        当期末残高
                                                計額
        資産の種類
                                         (千円)
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
                                               (千円)
     有形固定資産

      建物              137,248      32,938      59,710      14,874      95,602     112,472

      工具、器具及び備品              55,296      9,182      5,068     23,817      35,592     152,271

       有形固定資産計            192,544      42,120      64,778      38,692     131,194      264,744

     無形固定資産

      電話加入権                145      -      -      -     145       -

      ソフトウエア              355,669        240    17,386     153,870      184,652         -

      著作権                766      -      -      -     766       -

                               13,675
      商標権              22,383      6,650            2,658     12,700        -
                              (9,943)
                               31,061
       無形固定資産計            378,965       6,890           156,529      198,265         -
                              (9,943)
     (注)   1.「当期減少額」(           )内は内書きで、減損損失の計上額であります。
        2.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
           建物
                      事務所移転に伴いレイアウト変更を行ったことによるもの
           工具、器具及び備品
           商標権            ロゴ等について、商標登録したことによるもの
        3.当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。

           建物
                      賃貸事務所の一部解約に伴い除却したことによるもの
           工具、器具及び備品
           ソフトウエア            市場販売目的ソフトウエアの一時の損失処理によるもの
           商標権            減損によるもの
        【引当金明細表】

                   当期首残高        当期増加額        当期減少額        当期末残高

          区分
                    (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
     貸倒引当金                  3,370        11,657          3,370        11,657

     受注損失引当金                 27,116        205,402          27,116         205,402

     関係会社清算損失引当金                  5,900          -        5,900          -

     (2) 【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3) 【その他】

       該当事項はありません。
                                  98/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度               12月1日から11月30日まで

     定時株主総会               毎事業年度終了後3か月以内

     基準日               11月30日

     剰余金の配当の基準日               5月31日、11月30日

     1単元の株式数               100株

     単元未満株式の買取り

       取扱場所              東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部

       株主名簿管理人              東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社

       取次所              -

       買取手数料              株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                  当社の公告方法は、電子公告としております。
                  ただし事故その他やむを得ない事由により電子公告をすることができないときは、日
                  本経済新聞に掲載しております。
     公告掲載方法
                  当社の公告掲載URLは次のとおりであります。
                  https://www.siliconstudio.co.jp/
     株主に対する特典              なし
     (注)   当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を有しておりません。
        (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2)  会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                  99/104











                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

      該当事項はありません。
    2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書の提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

       第19期(自       平成28年12月1日          至   平成29年11月30日)平成30年2月26日関東財務局長に提出。
     (2)  四半期報告書及び確認書

       第20期第1四半期(自            平成29年12月1日          至   平成30年2月28日)平成30年4月12日関東財務局長に提出。
       第20期第2四半期(自            平成30年3月1日          至   平成30年5月31日)平成30年7月12日関東財務局長に提出。
       第20期第3四半期(自            平成30年6月1日          至   平成30年8月31日)平成30年10月12日関東財務局長に提出。
     (3)  内部統制報告書及びその添付書類

       第19期(自       平成28年12月1日          至   平成29年11月30日)平成30年2月26日関東財務局長に提出。
     (4)  有価証券報告書の訂正報告書及び確認書

       第19期(自       平成28年12月1日          至   平成29年11月30日)平成30年3月1日関東財務局長に提出。
       第19期(自       平成28年12月1日          至   平成29年11月30日)平成30年3月7日関東財務局長に提出。
     (5)  有価証券届出書及びその添付書類

       新株予約権証券及び新株予約権証券(行使価額修正条項付新株予約権付社債券等)の発行
       平成30年3月9日関東財務局長に提出。
     (6)  臨時報告書

       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基
       づく臨時報告書
       平成30年2月26日関東財務局長に提出。
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第7号の2(新設分割の決定)及び第3号(特定子会社の異動)
       の規定に基づく臨時報告書
       平成30年6月18日関東財務局長に提出。
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)の規定に基づく臨時報告書
       平成30年10月5日関東財務局長に提出。
                                100/104







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                101/104



















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                   平成31年2月22日

    シリコンスタジオ株式会社
     取締役会  御中
                          太陽有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士        柴 谷 哲 朗             ㊞
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士        中 村 憲 一             ㊞
                           業務執行社員
    <財務諸表監査>

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい
    るシリコンスタジオ株式会社の平成29年12月1日から平成30年11月30日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわ
    ち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計
    算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
    策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
    当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
    される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
    ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
    内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
    積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、シ
    リコンスタジオ株式会社及び連結子会社の平成30年11月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度
    の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    強調事項

     継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は、前連結会計年度において営業損失、経常損失及び親
    会社株主に帰属する当期純損失を計上しており、当連結会計年度においても、営業損失771,762千円、経常損失804,748
    千円、親会社株主に帰属する当期純損失715,169千円を計上している。また、前連結会計年度において792,089千円、当
    連結会計年度においても456,271千円の営業キャッシュ・フローのマイナスを計上している。併せて、当連結会計年度に
    おいて、会社が金融機関との間で締結している金銭消費貸借契約の一部に付されている財務制限条項に抵触している。
    これらの状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しており、現時点では継続
    企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該事象又は状況に対する対応策及び重要な不確実性が認め
    られる理由については当該注記に記載されている。連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような
    重要な不確実性の影響は連結財務諸表に反映されていない。
     当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
                                102/104



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
    <内部統制監査>
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、シリコンスタジオ株式会社の平
    成30年11月30日現在の内部統制報告書について監査を行った。
    内部統制報告書に対する経営者の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
    を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
    基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
    な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
    することを求めている。
     内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
    ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
    要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
    価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、シリコンスタジオ株式会社が平成30年11月30日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示し
    た上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠
    して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以 上
     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                103/104










                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                            有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                   平成31年2月22日

    シリコンスタジオ株式会社
     取締役会  御中
                          太陽有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士        柴 谷 哲 朗             ㊞
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士        中 村 憲 一             ㊞