日本ホスピスホールディングス株式会社 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:日本ホスピスホールディングス株式会社

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         平成31年2月22日
      【会社名】                         日本ホスピスホールディングス株式会社
      【英訳名】                         Japan Hospice Holdings Inc.
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長 高橋 正
      【本店の所在の場所】                         東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
      【電話番号】                         03-6368-4154(代表)
      【事務連絡者氏名】                         常務取締役管理本部長 加藤 晋一郎
      【最寄りの連絡場所】                         東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
      【電話番号】                         03-6368-4154(代表)
      【事務連絡者氏名】                         常務取締役管理本部長 加藤 晋一郎
      【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                               ブックビルディング方式による募集                             232,050,000円
                               売出金額
                               (引受人の買取引受による売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                          1,209,000,000円
                               (オーバーアロットメントによる売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                            222,300,000円
                               (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                   社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                   券届出書提出時における見込額であります。
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                   1/195










                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
         普通株式           350,000(注)2.          標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株でありま
                              す。
      (注)1.平成31年2月22日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、平成31年3月8日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                   2/195
















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【募集の方法】
        平成31年3月18日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受
       け」欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当
       該引受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は平成31年3月8日
       開催予定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価
       額の総額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人
       に対して引受手数料を支払いません。
        なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
       233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
       件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決
       定する価格で行います。
             区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                       350,000           232,050,000             125,580,000

         計(総発行株式)                   350,000           232,050,000             125,580,000

      (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
           ます。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、平成31年2月22日開催の取締役会決議に基づき、
           平成31年3月18日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出され
           る資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額で
           あります。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(780円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は273,000,000円となります。
         6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条
           件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」に当たっては、需要状
           況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
           ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
           照下さい。
         7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
           しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   3/195








                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【募集の条件】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                          申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入                        申込証拠
                          単位         申込期間                  払込期日
      (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
      未定     未定     未定     未定         自 平成31年3月19日(火)              未定
                            100                     平成31年3月27日(水)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.          至 平成31年3月25日(月)             (注)4.
      (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格は、平成31年3月8日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リス
           ク等を総合的に勘案した上で、平成31年3月18日に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、平成31年3月8日開催予定の取締役会において決定される予定で
           あります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び平成31年
           3月18日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人
           の手取金となります。
         3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、平成31年2月22日開催の取締役会におい
           て、増加する資本金の額は、平成31年3月18日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第
           14条第1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生
           じたときは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額か
           ら増加する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
           期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、平成31年3月28日(木)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本
           募集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、平成31年3月11日から平成31年3月15日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考と
           して需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
           い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示又はホーム
           ページにおける表示等をご確認下さい。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の本店及び全国各支店で申込みの取扱いをいたします。
                                   4/195





                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【払込取扱場所】
                  店名                           所在地
                                 静岡県浜松市中区田町322番地の7
     株式会社静岡銀行 浜松営業部
      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
      4【株式の引受け】

                                       引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                       引受けの条件
                                        (株)
                                              1.買取引受けによります。
                                              2.引受人は新株式払込金とし
                                                て、平成31年3月27日まで
                                                に払込取扱場所へ引受価額
                                                と同額を払込むことといた
     野村證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目9番1号                     350,000
                                                します。
                                              3.引受手数料は支払われませ
                                                ん。ただし、発行価格と引
                                                受価額との差額の総額は引
                                                受人の手取金となります。
           計                 -            350,000             -
      (注)1.引受株式数については、平成31年3月8日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(平成31年3月18日)に元引受契約を締結する予定であります。
                                   5/195













                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【新規発行による手取金の使途】
       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
                                                    246,160,000
               251,160,000                    5,000,000
      (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(780円)を基礎として算出した見込額であり
           ます。
         2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
       (2)【手取金の使途】

           手取概算額246,160千円については、事業拡大のための運転資金として、施設開業又は増室に係る採用活動
          費、人件費、賃借料、及びその他諸経費に充当する予定です。具体的には、平成31年12月期に87,000千円、平
          成32年12月期に159,160千円の充当を予定しております。
           なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。
                                   6/195















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【売出要項】
      1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
        平成31年3月18日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
       (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
       要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
       格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株
       式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は
       引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
                                        東京都千代田区有楽町一丁目12番1号
                                        新有楽町ビル2階
                                        J-STAR二号投資事業有限責任組合
                                                       901,100株
                                        Clifton    House,75     Fort   Street    GT,  P.O.
                                        Box  1350   Grand   Cayman    KY1-1108,     Cayman
              ブックビルディング
                         1,550,000       1,209,000,000
     普通株式
                                        Islands
              方式
                                        MIDWEST    MINATO,    L.P.               336,600株
                                        Clifton    House,75     Fort   Street    GT,  P.O.
                                        Box  1350   Grand   Cayman    KY1-1108,     Cayman
                                        Islands
                                        Pacific    Minato    Ⅱ,  L.P.          312,300株
     計(総売出株式)            -       1,550,000       1,209,000,000                  -
      (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
           ます。
         3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(780円)で算出した見込額であります。
         4.売出数等については今後変更される可能性があります。
         5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
         6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しに当たっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
           よる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   7/195






                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                        申込株数
     売出価格     引受価額                   申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
      (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                                          東京都中央区日本橋一丁目
                                          9番1号
                                          野村證券株式会社
                                          東京都港区六本木一丁目6

                                          番1号
                                          株式会社SBI証券
                                          東京都中央区日本橋一丁目

                                          17番6号
                                          岡三証券株式会社
                                          静岡県静岡市葵区追手町1

                                          番13号
                                          静銀ティーエム証券株式会
                                          社
                自 平成31年

      未定                                    大阪府大阪市中央区今橋一
           未定     3月19日(火)              未定    引受人の本支店                       未定
     (注)1.                     100                丁目8番12号
          (注)2.      至 平成31年             (注)2.     及び営業所                      (注)3.
     (注)2.                                     岩井コスモ証券株式会社
                3月25日(月)
                                          大阪府大阪市中央区本町二

                                          丁目6番11号
                                          エース証券株式会社
                                          東京都中央区八丁堀二丁目

                                          14番1号
                                          いちよし証券株式会社
                                          東京都千代田区麹町一丁目

                                          4番地
                                          松井証券株式会社
                                          東京都港区赤坂一丁目12番

                                          32号
                                          マネックス証券株式会社
      (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.

           と同様であります。
         2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
           申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
                                   8/195


                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(平成31年3月18日)に決定する予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に販売を委託する方針であります。
         6.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。
         7.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         8.引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
           い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示又はホーム
           ページにおける表示等をご確認下さい。
                                   9/195
















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
                                        東京都中央区日本橋一丁目9番1号
              ブックビルディング
     普通株式                     285,000       222,300,000
                                        野村證券株式会社                     285,000株
              方式
     計(総売出株式)            -        285,000       222,300,000                 -
      (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案し、野村證券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出し
           に係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合がありま
           す。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、野村證券株式会社は、東京証券取引所においてオーバー
           アロットメントによる売出しに係る売出株式数を条件とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカ
           バー取引」という。)を行う場合があります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.グリーンシューオプションとシ
           ンジケートカバー取引について」をご参照ください。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(780円)で算出した見込額であります。
         6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
                                  10/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金              引受人の住所及び
              申込期間                     申込受付場所                 元引受契約の内容
       (円)               (株)       (円)             氏名又は名称
             自 平成31年
                                   野村證券株式
       未定      3月19日(火)                 未定
                         100          会社の本店及           -         -
      (注)1.       至 平成31年                (注)1.
                                   び全国各支店
             3月25日(月)
      (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日(平成31年3月18日)に決定する予定であります。ただし、申込証拠金に
           は、利息をつけません。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.野村證券株式会社の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の
           (注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  11/195












                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1.東京証券取引所マザーズへの上場について
        当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
       について、野村證券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しております。
      2.グリーンシューオプションとシンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
       に、主幹事会社が当社株主であるJ-STAR二号投資事業有限責任組合、MIDWEST                                       MINATO,    L.P.及びPacific
       Minato    Ⅱ,  L.P.(以下「貸株人」と総称する。)より借入れる株式であります。これに関連して、主幹事会社は、
       285,000株を上限として貸株人より追加的に当社株式を取得する権利(以下「グリーンシューオプション」という。)
       を、平成31年4月24日を行使期限として貸株人より付与される予定であります。
        また、主幹事会社は、平成31年3月28日から平成31年4月19日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的と
       して、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
       バー取引を行う場合があります。
        主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、グリーン
       シューオプションを行使しない予定であります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判
       断でシンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終
       了させる場合があります。
      3.ロックアップについて

        本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人及び貸株人であるJ-STAR二号投資事業有限
       責任組合、MIDWEST         MINATO,    L.P.及びPacific        Minato    Ⅱ,  L.P.は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場
       (売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成31年6月25日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なし
       には、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために
       当社普通株式を貸し渡すこと及びグリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること
       等は除く。)は行わない旨合意しております。
        当社の株主である高橋正、当社の新株予約権者である加藤晋一郎、稲津隆夫、笹本哲、宮地宗男、関洋晃、小笠原
       利枝及び本田凛太郎は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平
       成31年6月25日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等を行わない旨合意し
       ております。
        また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成31年
       9月23日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは交
       換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(ただし、本募
       集、株式分割及びストックオプションとしての新株予約権の発行等を除く。)を行わない旨合意しております。
        なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
       きる権限を有しております。
        上記のほか、当社は、取引所の有価証券上場規程施行規則等の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募集株
       式等の割当等に関し、当社株式の割当を受けた者(J-STAR二号投資事業有限責任組合、MIDWEST                                               MINATO,    L.P.
       及びPacific      Minato    Ⅱ,  L.P.)及び当社新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っておりま
       す。その内容については、「第四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                  12/195







                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【その他の記載事項】
       新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)表紙に当社の社章                  を記載いたします。

       (2)表紙の次に「1 当社及び当社グループについて」~「6 業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたし

         ます。
                                  13/195


















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/195





















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/195





















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/195





















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/195





















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/195





















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  19/195





















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  20/195





















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
               回次              第1期
              決算年月             平成29年12月

                       (千円)      1,895,428
     売上高
     経常損失(△)                 (千円)      △ 40,821
     親会社株主に帰属する
                       (千円)      △ 60,490
     当期純損失(△)
                       (千円)      △ 60,490
     包括利益
                       (千円)       214,244
     純資産額
                       (千円)      3,177,110
     総資産額
                       (円)       29.38
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純損失金額(△)                  (円)       △ 9.70
     潜在株式調整後
                       (円)         -
     1株当たり当期純利益金額
                       (%)        6.6
     自己資本比率
                       (%)         -
     自己資本利益率
                       (倍)         -
     株価収益率
                       (千円)        4,667
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)       141,915
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)      △ 34,001
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)       426,827
     現金及び現金同等物の期末残高
                                227
     従業員数
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                          ( 69 )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.当社は平成29年1月4日設立であり、第1期は平成29年1月4日から平成29年12月31日までの11か月と28日
           となっております。
         3.第1期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非
           上場であり、期中平均株価が把握できないため、また、1株当たり当期純損失金額であるため記載しており
           ません。
         4.  第1期の自己資本利益率につきましては、親会社株主に帰属する当期純損失を計上しているため、記載して
           おりません。
         5.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
         6.  第1期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大
           蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限責任
           監査法人により監査を受けております。
         7.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平
           均人員を( )外数で記載しております。
         8.平成31年1月14日開催の取締役会決議により、平成31年1月31日付で普通株式1株につき1,000株の株式分
           割を行いましたが、第1期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり
           当期純損失金額を算定しております。
                                  21/195



                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (参考情報)
      当社は、平成29年1月4日に単独株式移転によりナースコール株式会社の完全親会社として設立されました。株式移転
     前の実質的な統括会社であったナースコール株式会社を親会社、カイロス・アンド・カンパニー株式会社を子会社とする
     連結財務諸表が、当社グループの状況をより反映すると考えられるため、参考としてナースコール株式会社の平成28年12
     月期の主要な連結経営指標等を記載しております。
               回次              第12期

              決算年月             平成28年12月

                             997,374
     売上高                 (千円)
                            △208,611
     経常損失(△)                 (千円)
     親会社株主に帰属する
                       (千円)      △197,919
     当期純損失(△)
     包括利益                 (千円)      △197,919
     純資産額                 (千円)      △59,558

     総資産額                 (千円)      2,174,933

     1株当たり純資産額                  (円)      △10.44

     1株当たり当期純損失金額(△)                  (円)      △39.39

     潜在株式調整後
                       (円)          ―
     1株当たり当期純利益金額
     自己資本比率                  (%)       △2.8
     自己資本利益率                  (%)          ―

     株価収益率                  (倍)          ―

     営業活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)      △82,894

     投資活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)      △152,329

     財務活動によるキャッシュ・フロー                 (千円)       272,588

     現金及び現金同等物の期末残高                 (千円)       235,290

     従業員数                          145
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                          (51)
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第12期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非
           上場であり、期中平均株価が把握できないため、また、1株当たり当期純損失金額であるため記載しており
           ません。
         3.第12期の自己資本利益率につきましては、親会社株主に帰属する当期純損失を計上しているため、記載して
           おりません。
         4.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
         5.第12期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大
           蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限責任
           監査法人により監査を受けております。
         6.第12期における経常損失及び親会社株主に帰属する当期純損失については、複数の新規ホスピス施設の開設
           費用、受入体制構築のための人件費等の費用が先行したことによるものであります。
         7.平成31年1月14日開催の当社取締役会決議により、平成31年1月31日付で普通株式1株につき1,000株の株
           式分割を行いましたが、ナースコール株式会社の第12期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当
           たり純資産額及び1株当たり当期純損失金額を算定しております。
                                  22/195



                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第1期
             決算年月             平成29年12月

                     (千円)        93,000
     売上高
                     (千円)        2,401
     経常利益
                     (千円)        1,611
     当期純利益
                     (千円)       100,000
     資本金
                      (株)        7,094
     発行済株式総数
                     (千円)       384,713
     純資産額
                     (千円)       398,351
     総資産額
                      (円)        53.41
     1株当たり純資産額
                               -
     1株当たり配当額
                      (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                         ( -)
                      (円)        0.25
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当期純
                      (円)         -
     利益金額
                      (%)        95.1
     自己資本比率
                      (%)         0.4
     自己資本利益率
                      (倍)         -
     株価収益率
                      (%)         -
     配当性向
                                2
     従業員数
                      (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                         ( -)
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.当社は平成29年1月4日設立であり、第1期は平成29年1月4日から平成29年12月31日までの11か月と28日
           となっております。
         3.平成31年1月14日開催の取締役会決議により、平成31年1月31日付で普通株式1株につき1,000株の株式分
           割を行っており、発行済株式総数は7,094,000株となっております。
         4.第1期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非
           上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
         5.第1期の自己資本利益率は、期末自己資本に基づいて算定しております。
         6.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         7.第1期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令
           第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限責任監査法
           人により監査を受けております。
         8.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載して
           おります。
         9.平成31年1月14日開催の取締役会決議により、平成31年1月31日付で普通株式1株につき1,000株の株式分
           割を行いましたが、第1期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり
           当期純利益金額を算定しております。
                                  23/195





                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (参考情報)
      当社は、平成29年1月4日に単独株式移転によりナースコール株式会社の完全親会社として設立されました。当社の株
     式移転完全子会社であるナースコール株式会社の主要な経営指標等の推移は次のとおりであります。
              回次             第9期       第10期       第11期       第12期

                          平成25年12月       平成26年12月       平成27年12月       平成28年12月

             決算年月
     売上高                (千円)       396,037       425,983       835,602       874,964
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)        22,110       69,878       20,635     △100,696

     当期純利益又は当期純損失(△)                (千円)        14,975      △47,569       △87,494       △89,552

     資本金                (千円)        3,000      62,500       62,500       62,500

                                                 普通株式
                            普通株式       普通株式       普通株式
                                                  5,834
                               60     4,860       4,860
     発行済株式総数                 (株)
                                               A種種類株式
                           A種種類株式       A種種類株式       A種種類株式
                                                    -
                               -     4,760       4,760
     純資産額                (千円)        47,145      224,496       137,001        48,809
     総資産額                (千円)        93,687     1,176,602       1,572,153       1,719,012

                                                   8.13
     1株当たり純資産額                 (円)     785,763.76       46,192.61       28,189.58
     1株当たり配当額                          -       -       -       -
                      (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                         (-)       (-)       (-)       (-)
     1株当たり当期純利益金額又は1
                      (円)     249,588.76      △26,694.57       △18,003.02         △17.82
     株当たり当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後
                      (円)         -       -       -       -
     1株当たり当期純利益金額
     自己資本比率                 (%)        50.3       19.1       8.7       2.8
     自己資本利益率                 (%)        31.8        -       -       -

     株価収益率                 (倍)         -       -       -       -

     配当性向                 (%)         -       -       -       -

     従業員数                          41       37       97       114
                      (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                          (9)       (8)      (21)       (24)
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第9期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非
           上場であり、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
         3.第10期、第11期及び第12期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するも
           のの、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、また、1株当たり当期純損失金額であ
           るため記載しておりません。
         4.第9期の自己資本利益率は、期末自己資本に基づいて算定しております。
         5.第10期における普通株式の増加は、増資及び株式無償割当を実施したことによるものであります。
         6.第10期、第11期、及び第12期の自己資本利益率につきましては、当期純損失を計上しているため、記載して
           おりません。
         7.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
         8.第12期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令
           第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限責任監査法
           人により監査を受けております。
           なお、第9期、第10期及び第11期については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づ
           き算出した各数値を記載しております。また、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1項
           の規定に基づく太陽有限責任監査法人の監査を受けておりません。
         9.第10期における当期純損失は、特別損失として役員退職金、資金調達費用、事業構造再編費用を計上したこ
           とによるものであります。
         10.第11期における当期純損失は、特別損失として関係会社株式評価損、事業構造再編費用を計上したことによ
           るものであります。
                                  24/195


                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         11.  第12期における経常損失及び当期純損失については、複数の新規ホスピス施設の開設費用、受入体制構築の
           ための人件費等の費用が先行したことによるものであります。
         12.  平成31年1月14日開催の当社取締役会決議により、平成31年1月31日付で普通株式1株につき1,000株の株
           式分割を行いましたが、ナースコール株式会社の第12期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当
           たり純資産額及び1株当たり当期純損失金額を算定しております。
         13.  東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請のため
           の有価証券報告書(Iの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に基
           づき、第9期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標の推移を参考まで
           に掲げると、以下のとおりとなります。なお、第9期、第10期及び第11期の数値(1株当たり配当額につい
           てはすべての数値)については、太陽有限責任監査法人の監査を受けておりません。
                    回次             第9期       第10期       第11期       第12期
                                平成25年12月       平成26年12月       平成27年12月       平成28年12月

                   決算年月
                                           46.19       28.18        8.13
            1株当たり純資産額                 (円)       785.76
            1株当たり当期純利益金額又は1
                            (円)       249.58      △26.69       △18.00       △17.82
            株当たり当期純損失金額(△)
            潜在株式調整後
                                     -       -       -       -
                            (円)
            1株当たり当期純利益金額
                                     -
            1株当たり配当額                                 -       -       -
                            (円)
            (うち1株当たり中間配当額)                                (-)       (-)       (-)
                                     (-)
                                  25/195














                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
      当社(日本ホスピスホールディングス株式会社)は、平成29年1月4日に単独株式移転により、ナースコール株式会社
     の完全親会社として設立されました。当社グループ各社の変遷を系統図によって示しますと、次のとおりであります。
                                  26/195




















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当社グループのこれまでの経緯については次のとおりであります。なお、当社の沿革については、子会社であるナース
     コール株式会社及びカイロス・アンド・カンパニー株式会社の沿革と合わせて記載しております。
        年月                            概要
      平成17年5月        訪問看護を目的として、有限会社ナースコール在宅センター訪問サービス(名古屋市千種区、現ナー
             スコール株式会社)を設立
      平成21年1月        有限会社ナースコール在宅センター訪問サービスがナーシングホームJAPANを開設
      平成23年6月        有限会社ナースコール在宅センター訪問サービスが、ナースコール在宅センター訪問サービス尾頭橋
             を開設
      平成23年12月        高齢者向け住宅の企画・設計を目的としてオン・アンド・オン株式会社(神奈川県足柄下郡真鶴町)
             を設立(現カイロス・アンド・カンパニー株式会社)
      平成24年10月        オン・アンド・オン株式会社の社名をカイロス・アンド・カンパニー株式会社に変更し、訪問看護を
             開始するとともに        小田原事務所を開設
      平成25年9月        有限会社ナースコール在宅センター訪問サービスがナーシングホームOASISを開設
      平成26年8月        カイロス・アンド・カンパニー株式会社がファミリー・ホスピス鴨宮ハウスを開設
      平成26年12月        有限会社ナースコール在宅センター訪問サービスの組織形態を株式会社へ変更し、商号をナースコー
             ル株式会社に変更
      平成27年1月        ナースコール株式会社が株式会社ナースコール地域振興ケアコム、株式会社スマイルサーカスの株式
             を100%取得し、経営資源の効率的な配分を目的として吸収合併
             ナースコール株式会社がナースコール緩和ケアセンターを開設
      平成27年5月        ナースコール株式会社がナースコール在宅センター訪問サービスを開設
      平成27年10月        ナースコール株式会社がカイロス・アンド・カンパニー株式会社の株式を100%取得
      平成28年10月        カイロス・アンド・カンパニー株式会社がファミリー・ホスピス本郷台ハウスを開設
      平成29年1月        ナースコール株式会社による単独株式移転により、当社(東京都千代田区)を設立し、ナースコール
             株式会社を完全子会社化
             ナースコール株式会社がナーシングホームOASIS南を開設
      平成29年4月        カイロス・アンド・カンパニー株式会社がファミリー・ホスピス四之宮ハウスを開設
      平成29年5月        ナースコール株式会社がナーシングホームOASIS北を開設
      平成29年7月        当社  がカイロス東京株式会社の株式を100%取得
      平成30年1月        当社がナースコール株式会社よりカイロス・アンド・カンパニー株式会社の株式の100%を取得
      平成30年2月        当社及びカイロス・アンド・カンパニー株式会社が                        東京都千代田区内に本店を移転
             経営資源の効率的な配分を目的として、カイロス・アンド・カンパニー株式会社がカイロス東京株式
             会社を吸収合併
             ナースコール株式会社がナーシングホームOASIS知立を開設
             カイロス・アンド・カンパニー株式会社が小田原事務所を閉鎖
      平成30年3月        ナースコール株式会社がナースコール在宅センター訪問サービス尾頭橋を閉鎖
      平成30年4月        ナースコール株式会社がナーシングホームOASIS志賀公園を開設
             カイロス・アンド・カンパニー株式会社がファミリー・ホスピス成瀬ハウスを開設
      平成30年8月        カイロス・アンド・カンパニー株式会社がファミリー・ホスピス池上ハウスを開設
                                  27/195







                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社、連結子会社であるナースコール株式会社及びカイロス・アンド・カンパニー株式会社で構
       成されており、「在宅ホスピスの研究と普及」をミッションとして掲げ、「看取り」へ対応するケア(=ターミナル
       ケア)を、末期がん患者と難病患者を対象として提供しております。これは、家で自由に過ごしたいという希望、痛
       み苦しみを和らげて欲しいという希望の両方を叶えるためのケアサービスです。
        「看取り」は、超高齢社会における重要課題の一つであり、年々増え続ける日本の死亡者数は、2039年には約167

       万人に達すると予測され、これは2017年の死亡者数と比較して約33万人も多く、この方々の「最期を迎える場所」が
       不足していることが大きな課題となっています。
        [日本の死亡者数の推移と将来推計及び老年人口割合(65歳以上)]

                      (出典:平成28年版厚生労働白書、





                         2017年以前:厚生労働省政策統括官付人口動態・保健社会統計室「人口動態統計」
                         2018年以降:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」)
        死亡原因別では悪性新生物(がん)が長年に亘って増加しており、現在年間約37万人ががんによって亡くなってお

       り、今後もこの傾向は変わらないと予測されています(出典:国立研究開発法人                                      国立がん研究センター           社会と健康
       研究センター       研究予防グループ「がん罹患・死亡・有病数の長期予測」)。末期がん患者にとっては、身体的な痛
       み、苦しみのコントロールはもちろんですが、精神的、社会的、スピリチュアルな痛みを合わせた4つの痛みをコン
       トロール(緩和ケア)することが大事であると考えております。
        また、現在厚生労働省が指定難病としている331疾患の患者は国内に約90万人いるとされており(出典:厚生労働
       省「平成29年度衛生行政報告例」)、難病患者にとっては療養場所の確保が難しいのが現状です。これらの方々に対
       するケアニーズが増加しており、早期の体制整備が必要とされております。
        [主な死因別にみた死亡率(人口10万対)の年次推移]

                                (出典:厚生労働省・平成29年(2017)人口動態統計月報年計)





                                  28/195



                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        一方で、増大する社会保障費の抑制と国民の満足度を上げることを目的に、医療制度改革が推進され、効率的な在
       宅ケアが行われるよう医療と介護の連携に基づく地域包括ケアが求められています。在宅ケアの主な担い手は、在宅
       支援診療と訪問看護であり、地域包括ケアの中心を担うのが看護師及び介護士であります。
        当社グループは、暮らしの場である「自宅」で療養し最期を迎えるために必要な「在宅ホスピス」を、(1)ホスピ
       ス住宅の提供と、(2)在宅ホスピスサービスの提供の形で展開しております。なお、平成29年12月期における当社グ
       ループ売上高の9割以上をホスピス住宅の提供により得ております。
       [ 連携で利用者を支えるホスピス住宅                 ]

        ホスピス住宅の提供は、看護師・リハビリ療法士・介護士がチームを組んで施設ごとにケアサービスを行うことで
       あり、在宅ホスピスサービスの提供は、訪問看護、看護小規模多機能型居宅介護、居宅介護支援事業所、訪問介護、
       通所介護、24時間定期巡回・随時対応型訪問看護介護等を組み合わせる形で行っており、いずれも「地域包括ケアシ
       ステム※」の一翼としてケアサービスを行うことであります。
        ※地域包括ケアシステム
        高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の
       最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービスを提供する体制のこと(出典:厚生労働省ホーム
       ページ)
       [ 人生の仕上げを支えるホスピス住宅                 ]

        当社グループのターミナルケアは、「死」を意識する状況にあって、人生の仕上げ期をどう過ごすかを一緒に考え
       るところから関わっております。命を救うことを目的とする病院、介護サービスの提供を目的とする介護施設とは、
       関わり方や目的が異なり、当社グループでは、「死」は人生のゴールであり、悲しみは伴うものの忌み嫌うべきもの
       ではないと考え、各々が各々の人生の最終段階を迎えられるよう、「死」と向き合い、「死」を恐れず、人生の仕上
       げを実現できる社会の実現に貢献したいと考えております。
       [ 末期がん・難病患者を取り巻く環境                 ]

        高度な医療・急性期医療を担う医療機関の多くは、入院患者を在宅生活に復帰誘導する使命を課せられている一方
       で、病院における入院生活では、患者は少なからず制約を受けるため、自由度の高い自宅へと戻ることは多くの入院
       患者の望みでもあります。しかしながら、現実には医療機能が脆弱で介護力の無い自宅では家族の負担が大きく、ま
       た、痛みや苦しみを和らげてくれる緩和ケアも必要となります。従って、退院後も医療ケアを必要とする多くの患者
       には、24時間365日対応してくれる訪問看護が不可欠となっております。
        特に、末期がん又は難病等の患者は頻回なケアを必要としており、広域事業者の連携だけでは退院直後に必要とな
       るケアの量が確保出来ず、また退院後の病状の進行に伴って自宅療養が限界となることが少なくありません。
       [ 多様なニーズに対応可能なホスピス住宅                   ]

        当社グループでは、厚生労働省の医療政策を背景として入院日数の短縮を迫られている医療機関、自宅に戻り自由
       度の高い生活を過ごしたい患者、これら双方のニーズを満たすことを目的として、24時間365日対応が可能な訪問看
       護、訪問介護及びホスピス住宅を組み合わせて在宅ホスピスを展開しております。また、当社グループの在宅ホスピ
       スは、医療・介護保険、福祉制度に基づいており、具体的には、訪問看護・訪問介護・ホスピス住宅をベースに、地
       域の状況に応じて居宅介護支援事業所によるケアプランニングやその他の在宅ケアを組み合わせたサービスとなって
       おります。
       [ 当社グループの収入について              ]

        当社グループは、在宅ホスピスを提供することにより、訪問看護料、訪問介護料及びホスピス住宅に係る家賃収入
       等を得ております。訪問看護料は、国民健康保険団体連合会、社会保険診療報酬支払基金より支払われる診療報酬及
       び利用者からの自己負担金で構成されており、訪問介護料は、国民健康保険団体連合会から支払われる介護保険料と
       利用者からの自己負担金で構成されております。ホスピス住宅に係る家賃収入は、ホスピス住宅の入居に際して、入
       居者との間で賃貸借契約を締結しており、これに基づいて毎月の家賃等を収入として得ております。
        なお、当社グループの主な収入は、医療保険、介護保険等による保険収入であります。
                                  29/195




                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社グループの提供する「在宅ホスピス」は、(1)ホスピス住宅の提供と、(2)在宅ホスピスサービスの提供の形で
       展開しておりますが、それぞれについては次のとおりです。
       (1) ホスピス住宅の提供

        当社グループの運営するホスピス住宅は、入居者を末期がん患者や難病患者等に限定した賃貸住宅(=ホスピス住
       宅)です。具体的には、サービス付き高齢者向け住宅又は住宅型有料老人ホームの指定を受けた住宅であり、訪問看
       護と訪問介護事業所を併設又は近設し、ケアサービスを提供しております。
        ホスピス住宅のメリットは、緩和ケアを行う看護師が24時間365日傍にいてくれることであります。痛みや苦しみ
       の症状をコントロールすることは簡単ではありませんが、看護師が人生観、死生観を伺い、人生の終盤の過ごし方、
       やりたいこと等を盛り込んで個人ごとに必要なケアをプランニングしていきます。入居者の静かに過ごしたい、音楽
       を聴きたい、人に会いたい等の個々人の生活をサポートし、お花見、お墓参り、お寿司を食べに行く、孫の結婚式に
       出る、家族と温泉に行く等の希望を叶えながら、人生の総仕上げのお手伝いをする場所としてサービスを提供してお
       ります。
        ① ホスピス住宅

         ホスピス住宅は、入居者にとっても、家族にとっても最良であることを願って作ったものであります。末期がん
        患者や難病患者の人生の最終段階には、痛みや苦しみを取るというケアが必要となります。積極的治療の選択肢が
        なくなった最終段階では、患者は「おうちに帰り自由に過ごしたい」と願いますが、それを実現するには家族の協
        力、相当な負担を負うという覚悟が必要となります。この医療面の安心感、おうちで暮らす環境(自由度)の両方
        の実現を目指し、当社グループではホスピス住宅を提供しております。
         ホスピス住宅では、複数の看護師を配置していることから、末期がん患者への緩和ケアサービスの提供が可能で
        あり、入居者が入浴すること、自由に外出することも出来るという特徴があります。また、難病患者も入居する事
        が可能で、食事を楽しみ、家族が自由に出入りできることで家族との関わりを大事に出来るという特徴があり、そ
        のためにもホスピス住宅には、24時間体制でスタッフが常駐し、相談業務、緊急対応を行う等の生活支援サービス
        を提供しております。
         また、当社グループのホスピス住宅の特徴の一つとしては、食事サービスを提供していることが挙げられます。
        食べることは栄養を摂ることだけではなく、人の命、人生と深く関わっていると考えており、大好きなものを食べ
        れば元気が出たり、想い出の食事に思いを馳せたりすることもあります。口から食べられる喜びは、たとえ一口で
        も感じることができ、当社グループではこのことをとても大事な要素と考えております。
         なお、食事サービスは、施設によって委託方式と自社運営方式があり、委託方式の場合には、専門業者に食事
        サービスを委託しており、自社運営方式の住宅には調理スタッフを配置しておりますが、いずれの場合も末期がん
        患者や難病患者のニーズに応え食事を提供しております。
         当社グループのホスピス住宅の展開に関しては、土地オーナーに対して土地活用の一環としての提案をしており
        ますが、居室数が平均して30室前後であるために広い土地を必要とせず、建物投資額(土地オーナーの負担)を低
        く抑える事が出来ると考えております。そのため、立地条件の制約が少なく、ホスピス住宅の候補地をシビアに選
        ぶ必要がないため、新規施設の展開が比較的容易であるという点が特徴であります。
        ② 訪問看護・介護サービス

         ホスピス住宅に併設又は近設する訪問看護及び訪問介護事業所は、24時間必要なケアサービスを提供できる体制
        を整えております。訪問看護や訪問介護に従事する社員にとって、ホスピス住宅を一つのチームとして、組織とし
        て、24時間365日対応の在宅医療を実現することで、安心して働ける職場環境を整えております。特に難病患者の
        人生の最終段階においては、24時間の介護サービスが必要となることから、介護士にも、深い理解やスキルが要求
        されます。
                                  30/195






                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2) 在宅ホスピスサービスの提供
        住み慣れた自宅での療養生活の継続を目的として、訪問看護を中心に、看護小規模多機能型居宅介護、居宅介護支
       援事業所、訪問介護、通所介護、24時間定期巡回・随時対応型訪問看護介護などを組み合せた在宅ホスピスサービス
       を提供しております。
        ① 訪問看護

         訪問看護サービスの対象者は医療的ケアを必要とする方であり、医師から指示書を受け取った看護師は看護計画
        を作成し、医療保険と介護保険による訪問看護サービスを提供しております。在宅支援診療所の医師と連携します
        が、在宅療養のベースを作るのは看護師であり、ホスピス住宅と連携することで、組織的な働き方を可能としてお
        ります。訪問看護事業所には、看護師の他、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士らリハビリ専門スタッフが所属
        しております。
        ② 看護小規模多機能型居宅介護

         看護小規模多機能型居宅介護は、地域包括ケアシステムの中で普及の期待が高いサービスとして、在宅看取り率
        を上げるために平成24年に厚生労働省が新たに創設した「複合型サービス」であり、平成27年に「看護小規模多機
        能型居宅介護」に名称変更された介護保険サービスであります。
         当社グループにおける本サービスの利用者の多くは、人生の最終段階や重篤な疾病を抱えている方であり、ホス
        ピス住宅との連携が欠かせません。本サービスは、訪問看護に併設して運営することで医療的ケアに対応し、「通
        い」「泊り」「訪問」の3つのサービスを組み合せた包括的なケアを特長とするサービスであり、ホスピス住宅と
        の親和性が高いサービスと考えております。また、「泊り」サービスを利用しながらの看取りにも対応しておりま
        す。
        ③ 居宅介護支援事業所

         居宅介護支援事業所ではケアマネージャーを配置しケアプランの作成を行っております。当社グループの利用者
        は、医療保険サービスと介護保険サービスの併用者が多く、難病患者においては障害者総合支援サービスまで利用
        している方も多く、非常に複雑なケアプランを作成する必要があります。
         当社グループの在宅ホスピスサービスの実現には、ケアマネージャーが医療保険や介護保険、障害者総合支援を
        深く理解する必要があるため、当社グループではケアマネージャーの育成も行っております。その他、当社グルー
        プ外のケアマネージャーにケアプランの作成をお願いすることもあり、地域と連携して事業を行っております。
        ④ その他の介護保険サービス

         上記以外の介護保険サービスとして、前述した訪問看護と親和性が高く、利用者に相乗的メリットを提供でき
        る、訪問介護(訪問介護士が利用者宅を訪問し入浴や排せつ、調理、洗濯など日常生活の支援)、通所介護(利用
        者が介護施設に赴き入浴やリクリエーションなどのサービスの提供)、24時間定期巡回・随時対応型訪問看護介護
        (介護士と看護師の連携による、通常の定期的な訪問及び24時間の連絡体制のもとで提供する訪問介護及び訪問看
        護)を提供しております。
         当社グループの訪問看護は、医療ニーズの高い利用者、末期がん患者、難病患者等であることから、利用者の
        ニーズを考慮して、訪問介護や通所介護を、訪問看護と併設すること等によって、複数の介護サービスを組み合わ
        せた一つのチームとしてケアサービスを提供しております。
        また、上記(1)ホスピス住宅の提供と、(2)在宅ホスピスサービスの提供の形で展開する当社グループの                                               在宅ホスピ

       スの特長は次のとおりです。
       [ 看護師を中核とする多職種チーム                ※によるターミナルケア           ]

        当社グループの在宅ホスピスは、看護師を中核とした多職種チームによるケアサービスの提供が特長であり、医療
       的な症状コントロールは、医師と連携して看護師が中核になり行っております。当社グループのターミナルケアは、
       「人生の仕上げ支援」を目的としており、症状をコントロールしながら、残された時間をどう生きるのかをサポート
       しております。
        また、訪問看護は24時間365日の対応を行うこと、訪問介護は医療的な処置である喀痰吸引を可能にしているこ
       と、ホスピス住宅については、食事サービスを提供したり、極力自立した生活を送れるよう全室トイレを設けたり、
       容態に応じてベッドの配置が変更できるレイアウトとする等、生活の持続性を高める機能を有していることも、当社
       グループの在宅ホスピスの特徴となっております。
        ※多職種チームとは、看護師を中核として、介護士、リハビリ療法士、調理師等の専門スタッフで構成されたケア
         サービスを提供するチームのこと。
                                  31/195


                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       [ 働きやすい環境の整備と専門看護師等によるケアサービスの提供                              ]
        訪問看護やホスピスは、看護師にとって働く場所の選択肢の一つでありますが、一人で訪問することへの不安、24
       時間対応を迫られること等の労働条件が就業への高いハードルとなっております。当社グループでは、多職種チーム
       を編成し、それぞれの能力を補完し安心して働けるような組織を作り、福利厚生や教育・研修制度を充実させること
       で働きやすい環境の整備に努めております。
        その結果、当社グループの看護師には、専門看護師や認定看護師等の資格保持者が複数在籍しており、その他に
       も、緩和ケア病棟などでの勤務実績を有する者や、難病看護師の資格保持者が在籍しており、これらの専門性に基づ
       いたケアの提供を可能にしております。
       [ 看護師以外の専門スタッフの存在                ]

        看護師を中核としたケアサービスを提供するため、看護師の他、介護士、リハビリ療法士、調理師等の専門スタッ
       フによるチームがホスピス住宅ごとに編成されており、看護師以外の専門スタッフが在籍していることも当社グルー
       プの特長です。
        当社グループの介護士は、末期がんや難病への理解や知識を習得し、各種研修を受講して喀痰吸引や経管栄養を担
       当する等の業務スキルを求められるため、当社グループではこれらのスキルの習得をサポートしております。介護士
       は、ホスピス住宅における入居者の生活に看護師と同様又はそれ以上に密接に関わっており、ターミナルケアの提供
       には欠かせないチームの一員となっております。
        当社グループが運営するホスピス施設数及び部屋数の推移は次のとおりです。なお、カイロス・アンド・カンパ

       ニー株式会社が運営するファミリー・ホスピスライブクロスは、平成28年10月よりカイロス東京株式会社が運営を承
       継しておりますが、カイロス東京株式会社は平成29年7月1日より連結の範囲に含まれていることから、平成29年12
       月期よりホスピス施設数及び部屋数に含めております。なお、カイロス東京株式会社は平成30年2月にカイロス・ア
       ンド・カンパニー株式会社に吸収合併され消滅しております。
       [当社グループが運営するホスピス施設数の推移(単位:施設)]

                                                        平成31年
                             平成25年     平成26年     平成27年     平成28年     平成29年
                会社名                                        1月末日
                             12月期末     12月期末     12月期末     12月期末     12月期末
                                                         現在
                                                           6
        ナースコール株式会社                        2     2     2     2     ▶
                                                           6
        カイロス・アンド・カンパニー株式会社                       -      1     1     2     ▶
                                                           12
                 合計               2     3     3     ▶     8
        (注)   当社は、平成29年1月4日に単独株式移転によりナースコール株式会社の完全親会社として設立されまし
           た。
       [当社グループのホスピス部屋数の推移(単位:室)]

                                                        平成31年
                             平成25年     平成26年     平成27年     平成28年     平成29年
                会社名                                        1月末日
                             12月期末     12月期末     12月期末     12月期末     12月期末
                                                         現在
                                                          175
        ナースコール株式会社                       62     62     62     62     112
                                                          157
        カイロス・アンド・カンパニー株式会社                       -     12     12     24     111
                                                          332
                 合計               62     74     74     86     223
        (注)   当社は、平成29年1月4日に単独株式移転によりナースコール株式会社の完全親会社として設立されまし
           た。
                                  32/195





                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        [当社グループが運営するホスピス施設(平成31年1月31日現在)]
        ナースコール株式会社
                                              室数
                名称             所在地         開設時期               利用対象者
                                             (室)
        ナーシングホームJAPAN                  名古屋市千種区           平成21年1月           26  がん、難病 他
        ナーシングホームOASIS                  名古屋市東区           平成25年9月           36
        ナーシングホームOASIS南                  名古屋市南区           平成29年1月           34
        ナーシングホームOASIS北                  名古屋市北区           平成29年5月           25
        ナーシングホームOASIS知立                  愛知県知立市           平成30年2月           28
        ナーシングホームOASIS志賀公園                  名古屋市北区           平成30年4月           26
         (注)ナーシングホームOASIS北は平成31年1月に9室増室をしております。
        カイロス・アンド・カンパニー株式会社

                                              室数
                名称             所在地         開設時期               利用対象者
                                             (室)
        ファミリー・ホスピス鴨宮ハウス                  神奈川県小田原市           平成26年8月           12  がん、難病 他
        ファミリー・ホスピス本郷台ハウス                  横浜市栄区           平成28年10月           12
        ファミリー・ホスピス          ライブクロス       東京都府中市           平成28年10月           50
        ファミリー・ホスピス四之宮ハウス                  神奈川県平塚市           平成29年4月           37  がん、難病、透析 他
        ファミリー・ホスピス成瀬ハウス                  東京都町田市           平成30年4月           20  がん、難病 他
        ファミリー・ホスピス池上ハウス                  東京都大田区           平成30年8月           26
        なお、当社グループの事業は、「在宅ホスピス事業」の単一セグメントとなっております。

        また、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当してお

       り、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断すること
       となります。
                                  33/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       [事業系統図]
       当社グループの事業系統図を示すと以下のとおりとなります。
                                  34/195




















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
                                          議決権の所
                            資本金      主要な事業の内         有割合又は
          名称           住所                               関係内容
                           (千円)      容         被所有割合
                                           (%)
     (連結子会社)
     ナースコール株式会社
                  名古屋市千種区           62,500    在宅ホスピス事業            100.0    経営指導
     (注)3、7
     カイロス・アンド・カン
                  神奈川県足柄下郡                               経営指導
     パニー株式会社                        35,000    在宅ホスピス事業            100.0
                  真鶴町                               役員の兼任 1名
     (注)3、4、6、8
     カイロス東京株式会社                                           経営指導
                  東京都千代田区           100,000     在宅ホスピス事業            100.0
     (注)3、5                                           役員の兼任 1名
      (注)1.当社グループの報告セグメントは在宅ホスピス事業のみであるため、「主要な事業の内容」欄には、各会社
           の主要な事業を記載しております。
         2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
         3.特定子会社であります。
         4.カイロス・アンド・カンパニー株式会社は平成30年2月に本店を神奈川県小田原市から東京都千代田区へ移
           転しております。
         5.最近連結会計年度において当社の連結子会社であったカイロス東京株式会社は平成30年2月1日付でカイロ
           ス・アンド・カンパニー株式会社を吸収合併存続会社、カイロス東京株式会社を吸収合併消滅会社とする吸
           収合併を行ったため、消滅しております。
         6.カイロス・アンド・カンパニー株式会社は債務超過会社であり、債務超過額は264,569千円であります。
         7.ナースコール株式会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割
           合が10%を超えております。
           主要な損益情報等                (1)売上高                   1,216,113千円
                      (2)経常利益                      11,694千円
                      (3)当期純損失                     6,013千円
                      (4)純資産額                      41,435千円
                      (5)総資産額                 1,695,703千円
         8.カイロス・アンド・カンパニー株式会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結
           売上高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等                (1)売上高                      511,986千円
                      (2)経常損失                      64,904千円
                      (3)当期純損失                    65,454千円
                      (4)純資産額                 △264,569千円
                      (5)総資産額                    800,861千円
                                  35/195








                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成31年1月31日現在
               事業部門の名称

                                           従業員数(人)
                                                  256
      在宅ホスピス事業                                               (174)
                                                  50
      全社(共通)                                               (28)
                                                  306
                  合計                                   (202)
      (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマーを含み、派遣社員を除いている。)は、年間の平均
           人員を( )外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
         3.  最近日までの1年間において従業員数が79名、臨時雇用者数は91名それぞれ増加しています。主な理由は、
           ホスピス施設4施設を新規開設したことによるものであります。
         4.当社グループは、在宅ホスピス事業のみの単一セグメントであるため、事業部門別に記載しております。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成31年1月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

            9(2)              42.7              0.84             4,535
      (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(    パートタイマーを含み、派遣社員を除いている。                       )は、年間の平均人員を( )外数で記載してお
           ります。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
         4.  最近日までの1年間において従業員数が7名、臨時雇用者数は2名それぞれ増加しています。主な理由は、
           当社は平成29年1月4日設立であり、新規採用による管理部門の強化を図ったことによるものであります。
         5.当社は、当社グループの管理業務のみを行う単一事業であるため、セグメント別の記載は省略しておりま
           す。
       (3)労働組合の状況

        当社グループの労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  36/195









                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
        当社は、平成29年1月4日に単独株式移転により、ナースコール株式会社の完全親会社として設立されました。当
       連結会計年度が第1期となるため、前年同期との比較分析は行っておりません。
       (1)    業績

         第1期連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
         当連結会計年度における我が国経済は、企業業績が改善し、そのことが雇用情勢や所得環境の改善に繋がり、
        全体として緩やかな回復基調が継続しております。一方で、新興国の景気下振れリスクや北朝鮮をめぐる地政学
        的なリスクの高まりなどによる国内経済への影響も懸念され、先行きの見通しは依然として不透明な状況が続い
        ております。
         当社グループの事業が関わる医療・看護・介護の環境につきましては、高齢者の増加と共に市場が拡大し需要
        が増加する一方で、社会保障費の抑制を目的として、病院を中心とした施設から在宅を中心とした医療へのシフ
        トが進み、あわせて医療と介護の連携や地域単位でのケア等が促進されると予想されます。
         このような状況の中、当社グループは「すべては笑顔のために ~                               For  The  Smile   ~」というコーポレートス
        ローガンを掲げ、在宅での看取りを前提とした、在宅ホスピス事業を推進してまいりました。当連結会計年度に
        おいては、これまでの事業所に加えて平成29年1月に「ナーシングホームOASIS南(愛知県名古屋市南区)」、平
        成29年4月に「ファミリー・ホスピス四之宮ハウス(神奈川県平塚市)」、平成29年5月に「ナーシングホーム
        OASIS北(愛知県名古屋市北区)」の3つのホスピス施設を新たに開設するとともに、平成29年7月には住宅型有
        料老人ホーム「ファミリー・ホスピスライブクロス(東京都府中市)」を運営するカイロス東京株式会社(東京
        都千代田区)を完全子会社化し、拠点の拡大を進めてまいりました。
         以上の結果、当連結会計年度における売上高は、1,895,428千円となりました。また、利益に関しては、営業利
        益が49,728千円となったものの、支払利息等の営業外費用94,085千円を計上した結果、経常損失は40,821千円、
        親会社株主に帰属する当期純損失は60,490千円となりました。
         なお、当社グループは、在宅ホスピス事業のみの単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略して
        おります。
         第2期第3四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年9月30日)

         当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、個人消費にも持ち直しの動きや企業業績の持続的な改善が
        見られるものの、労働力不足が深刻化しつつあり、景気は緩やかな回復に留まっております。また、海外経済に
        おいては、米国では大規模減税の効果により、株価が史上最高値を更新する等、景気は好調を維持しており、中
        国をはじめとするアジア新興国の景気についても、依然として下振れリスクは存するものの、持ち直しの動きが
        継続するものと見込まれます。一方景気の先行きにつきましては、国内では、豪雨災害や大型台風による経済へ
        の影響が懸念される状況であり、海外においては、米通商政策の動向が世界経済に与える影響の不確実性を始
        め、同国の政策金利引き上げによる景気冷却懸念、北朝鮮および中東における政情不安等、予断を許さない状況
        での推移が予想されます。
         当社グループの事業が関わる医療・看護・介護の環境につきましては、高齢者の増加と共に市場が拡大し需要
        が増加する一方で、社会保障費の抑制を目的として、病院を中心とした施設から在宅を中心とした医療へのシフ
        トが進み、あわせて医療と介護の連携や地域単位でのケア等が促進されると予想されます。
         このような状況の中、当社グループは「すべては笑顔のために ~                                For  The  Smile   ~」というコーポレートス
        ローガンを掲げ、在宅での看取りを前提とした、在宅ホスピスの事業を推進してまいりました。当第3四半期連
        結累計期間においては、これまでの事業所に加えて、平成30年2月に「ナーシングホームOASIS知立(愛知県知立
        市)」、平成30年4月に「ナーシングホームOASIS志賀公園(愛知県名古屋市)」「ファミリー・ホスピス成瀬ハ
        ウス(東京都町田市)」、平成30年8月に「ファミリー・ホスピス池上ハウス(東京都大田区)」を新たに開設
        し、拠点の拡大を進めてまいりました。
         また、当第3四半期連結累計期間において、ホスピス住宅施設の賃貸借契約の締結に際し、免責的債務引受契
        約を締結していることから、ホスピス住宅施設の賃借取引については通常の賃貸借取引として会計処理を行って
        おります。なお、当連結会計年度以前に締結した免責的債務引受契約はありませんので、当連結会計年度以前に
        賃貸借契約を開始しているホスピス住宅施設については、所有権移転外ファイナンス・リース取引として通常の
        売買取引に係る方法に準じた会計処理を適用しております。
         さらには、ファミリー・ホスピス池上ハウス(東京都大田区)について、従前の事業者からの施設の承継にあ
        たり、当該介護事業者との間で運転資金等に関する負担金契約を締結しており、当該契約に基づき総額130,000千
        円の負担金を受領しております。当該負担金は、対象施設の開設に要する費用に相当するものであり、売上原価
        と対応する部分65,000千円を売上原価から控除することとし、それ以外の部分65,000千円を受取負担金として特
        別利益に計上しております。なお、当第3四半期連結会計期間末において売上原価と相殺されていない24,293千
        円については、連結貸借対照表のその他流動負債に含めて表示しております。
                                  37/195


                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は、2,119,015千円となりました。また、利益に関して
        も、営業利益は160,198千円、経常利益は77,938千円となりました。さらに、特別利益65,000千円を計上した結
        果、  親会社株主に帰属する四半期純利益は111,842千円となりました。
         なお、当社グループは、在宅ホスピス事業のみの単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略して
        おります。
       (2)    キャッシュ・フロー

         第1期連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
         当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、426,827千円となりまし
        た。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果、獲得した資金は4,667千円となりました。これは主に、減価償却費56,229千円、のれん償却額
        55,872千円等があった一方で、税金等調整前当期純損失40,821千円、売上債権の増加額154,321千円が生じたこと
        によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果、獲得した資金は141,915千円となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出
        71,330千円、差入保証金の差入による支出27,036千円等があったものの、有形固定資産の売却による収入235,891
        千円が生じたことによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果、使用した資金は34,001千円となりました。これは主に、短期借入金の借入れによる収入78,300
        千円、長期借入金の借入れによる収入40,000千円、株式の発行による収入250,000千円があったものの、短期借入
        金の返済による支出130,000千円、長期借入金の返済による支出260,744千円があったことによるものであります。
                                  38/195












                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【生産、受注及び販売の状況】
       (1)    生産実績
         該当事項はありません。
       (2)    受注状況

         該当事項はありません。
       (3)    販売実績

         当社グループは、在宅ホスピス事業の単一セグメントであるため、地域別の販売実績を記載しております。
                                 第1期連結会計年度             第2期第3四半期連結累計期間
                  地域別             (自 平成29年1月1日                (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年12月31日)                至 平成30年9月30日)
           中部地区(千円)                          1,216,113                1,194,600

           関東地区(千円)                           679,315                924,414

                合計(千円)                    1,895,428                2,119,015

         (注)1.当社は平成29年1月4日に単独株式移転により、ナースコール株式会社の完全親会社として設立さ
               れました。当連結会計年度が第1期となるため、前年同期比は記載しておりません。
             2.第1期連結会計年度及び第2期第3四半期連結累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実
               績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                                 第1期連結会計年度             第2期第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年1月1日               (自 平成30年1月1日
                     相手先            至 平成29年12月31日)               至 平成30年9月30日)
                               金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)

                愛知県国民健康保険団体連
                                 953,022         50.3       932,884         44.0
                合会
                神奈川県国民健康保険団体
                                                 373,106
                                 346,153         18.3               17.6
                連合会
                東京都国民健康保険団体連
                                                 236,956
                                 101,608         5.4               11.2
                合会
            3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  39/195










                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        本書提出日現在における経営方針、経営指標及び対処すべき課題等は、次のとおりであります。また、文中の将
       来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  経営方針

         1.ミッション
          在宅ホスピスの研究と普及
         2.ビジョン

          年間1万人在宅看取り支援
         3.コーポレートスローガン

          すべては笑顔のために ~             For  The  Smile   ~
       (2)  経営戦略等

         当社グループは、末期がんや難病患者等の「ターミナルケア」に特化したサービスを提供しており、在宅での
        「看取り」を含む同分野での先進的な事業モデルの構築と人材の育成に注力してまいりました。今後、同分野に
        おける社会的ニーズがより一層高まり続ける中で、短期的には、この先進事業モデルを愛知県及び関東地区に展
        開し、中長期的には日本全国への普及を目指すことを計画しております。
         当社グループにおきましては、在宅ホスピス事業を中心とした、地域ニーズに即応しうる機動的な事業推進体
        制を構築し、更なる事業運営効率の向上、収益力の向上を図ってまいります。
       (3)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

          当社グループは、持続的な成長による企業価値の向上を目的として、収益力を高め、経営の効率化を図るた
         め、経常利益率を重要な経営指標と位置づけ、各経営課題の改善に取り組んでまいります。
          また、当社グループは、ホスピス施設における提供可能室数及び月次入居率(月間延べ入居室数÷(提供可能
         室数×月間日数))を経営成績に影響を与える主要な経営指標として捉えております。
       (4)  当社グループの対処すべき課題

        ①   事業展開に伴う課題
          当社グループのサービスは高い専門性によるターミナルケアを特徴としているため、当社グループの事業を地
         域・行政機関・病院などの関係者に理解して頂き、浸透させていくことが重要と考えております。また、当社グ
         ループに共感を持って頂く複数の提携医との関係構築も同じく重要であり、今後の課題であると考えておりま
         す。
        ②   人材の確保と社員育成

          今 後 の事業展開を図る上で、看護師・介護士等の適時適切な採用及び配置が求められ、その中でも各ホスピス
         施設及び事業所の管理者ク            ラスの人材確保が早急の課題となってまいります。
          また、末期がんやALS(筋萎縮性側索硬化症)等の難病のケアには非常に高い専門性が求められることから、
         訪問看護・介護業務に関する経験の浅い看護師                      ・介護士に対して、経験豊富なベテラン社員によるOJT(職場内
         実施研修)をはじめとした、個々人のスキルアップを図る施策を積極的に行ってまいります。
        ③   内部管理体制の強化

          質の高いサービスを提供するために社員1人1人の意識向上を図り、また安定的に事業を拡大するためには内
         部管理体制の更なる強化が不可欠であると考えております。そのために、内部統制体制を構築し、ガバナンスを
         強化するとともに、情報セキュリティ、労務管理、事故防止をはじめとするコンプライアンス体制の構築に取り
         組んでまいります。
        ④   財務基盤の強化

          安定的かつ継続的に当社グループのサービスを提供するため、財務の健全性の確保が不可欠であります。今後
         は、フリーキャッシュフローの確保と有利子負債の圧縮に取り組み、財務基盤の強化に取り組んでまいります。
                                  40/195



                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【事業等のリスク】
        本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性がある
       と考えられる事項には、以下のようなものがあります。また、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において
       当社グループが判断したものであります。
       (1)    事業展開のための人員の確保について

         当社グループは、在宅ホスピス事業を展開するにあたり、看護師及び介護士の積極的な採用を行い、組織体制
        の強化及び質の高いケアサービスを提供することで、医療機関等をはじめとした地域医療との連携を図っていく
        方針であります。
         また、末期がんやALS等の難病のケアには、高い専門性が求められることから、訪問看護または訪問介護の経験
        の浅い看護師ならびに介護士でも安心して働けるように、ベテラン看護師ならびに介護士によるOJT制度による教
        育研修を行ってまいります。またそれと同時に、マネジメント研修など管理職に対する教育体制の充実を図り、
        安定した人員の確保に努めてまいります。しかし、今後、必要とする看護師及び介護士の採用及び確保できない
        場合、十分な研修等を実施できず、看護師及び介護士等の育成が困難となった場合には、当社グループの経営成
        績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)    訪問看護及び訪問介護に関する法的規制について

        ①  訪問看護及び訪問介護の医療及び介護報酬に係るリスク
          当社グループは、「医療保険制度」「介護保険制度」「障害者総合支援法」のそれぞれに基づく訪問看護及
         び訪問介護を行っております。このうち「医療保険制度」に基づく診療報酬は2年に1度、「介護保険制度」
         に基づく介護報酬は3年に1度の頻度で制度の改定が行われます。今後、診療報酬及び介護報酬の見直しによ
         り、大幅な改定が行われた場合には当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ②  訪問看護及び訪問介護等に必要な指定に係るリスク

          当社グループは、訪問看護及び訪問介護を行うために「健康保険法」ならびに「介護保険法」に基づく、各
         サービス事業者の指定を各都道府県知事から受けております。それぞれの指定には、資格要件、人員要件、設
         備要件及び運営要件が規定されており、これらの規定に従って事業を運営しております。
          当社グループでは、看護師・介護士等の有資格者の入退社や新規施設の開設に伴い、自治体等の基準の確認
         及び変更に必要な届け出を怠らないよう細心の注意を払って運営しており、本書提出日現在、事業運営の継続
         に支障を来すような状況は生じておりません。しかしながら、これらの基準を遵守できなかった場合や診療報
         酬及び介護報酬等の不正請求が認められた場合には、指定の取消又は停止等の処分を受けるおそれがありま
         す。特に介護保険法に基づく各種指定について、当社グループ内のいずれかの会社が指定取消を受けた場合、
         当該会社において、指定取消から5年以内における新たな指定の取得及び介護サービス事業所としての更新が
         出来なくなります。その場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があり
         ます。
          当社各事業所が受けている指定は次のとおりです。
      取得     所轄官庁       許認可名称          許認可内容         有効期限          主な許認可取消事由
                                          健康保険法     第95条(指定訪問看護事業者の指
          厚生労働省
                 指定訪問看護事業者         健康保険法の訪問看護事業
          地方厚生局
                                          定の取消し)
          都道府県又は
                                          介護保険法     第77条(指定の取消し等)
                 指定訪問看護事業者         介護保険法の訪問看護事業
          政令指定都市
                                          介護保険法     第77条(指定の取消し等)
          都道府県   又は
                 指定訪問介護事業者         介護保険法の訪問介護
          政令指定都市                                障害者総合支援法       第50条(指定の取消し等)
      当社                                6年毎
     各事業所                                 の更新
          都道府県又は       指定居宅介護支援事
                          介護保険法の居宅介護支援                介護保険法     第77条(指定の取消し等)
          政令指定都市       業者
          都道府県又は
                                          介護保険法     第77条(指定の取消し等)
                 通所介護事業者         介護保険法の通所介護
          政令指定都市
          都道府県又は       看護小規模多機能型         介護保険法の看護小規模多
                                          介護保険法     第77条(指定の取消し等)
          政令指定都市       居宅介護         機能型居宅介護
                                  41/195




                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)    訴訟リスクについて
         当社グループの看護師は、主治医の訪問看護指示書に基づいて訪問看護を行っており、訪問介護士はケアマ
        ネージャーの作成するケアプランに沿って訪問介護を行っております。また、当社グループでは、社内でのOJTに
        よる研修をはじめとした教育研修の充実を図り、安全衛生管理に係る規程や各種の運営マニュアルを遵守するこ
        とにより、事故防止や緊急事態の対応が出来るように取り組んでおります。
         しかしながら、従業員の人為的なミスまたは不測の事態の発生等によって利用者の健康状態が悪化し、利用
        者、そのご家族または主治医等からの信頼が失われる等により訴訟が生じた場合には、当社グループの経営成績
        及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (4)    個人情報の漏洩について

         当社グループは事業を運営するにあたり、利用者あるいはそのご家族の重要な個人情報を取り扱っておりま
        す。当社グループは、「個人情報保護規程」を制定し、個人情報については厳重に管理する等、様々な情報漏洩
        防止対策を講じていますが、万が一情報が流出するなどして、当社の信用が低下した場合には、当社グループの
        経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (5)    風評等の影響について

         当社グループの事業は、利用者やそのご家族に限らず、行政や医療機関等との連携によって円滑な運営が可能
        になっているものと考えております。当社グループでは、安定的かつ質の高いサービスを提供するために、技術
        的な研修を行うとともに、企業方針を浸透させるなどの教育を行っております。しかし、従業員の不祥事等何ら
        かの事象の発生や、当社グループに関する不利益な情報や風評が広まった場合には、利用者、行政、医療機関等
        との関係が悪化し、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (6)    利用者の逝去、退去等について

         当社グループは、行政や医療機関等との連携によって、安定的な利用者の確保に努めており、当社グループの
        サービスは、高齢者の増加と共に市場が拡大し需要が増加している状況にあると認識しております。しかしなが
        ら、新規開設施設等において想定通り入居者が集まらない場合、ターミナルケアに特化した施設であることか
        ら、当社グループが想定する以上の入居者の逝去、退去等があった場合には、当社グループの経営成績及び財政
        状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (7)    差入保証金の返還について

         当社グループは、ホスピス施設又は事務所等を賃借する場合に、契約時に賃貸人に対し保証金を差し入れてい
        る場合があります。当該保証金は期間満了等による契約解消時に契約に従い返還されることになっております
        が、賃貸人の経済的破綻等によりその一部又は全額が回収できなくなる可能性があり、当社グループの経営成績
        及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (8)    賃貸借契約に係る解約違約金について

         当社グループは、ホスピス施設を保有するオーナーと賃貸借契約の締結に際し、株式会社ラ・アトレペイメン
        トとの間で免責的債務引受契約を締結しております。平成30年1月以降に開設したホスピス住宅施設に関して
        は、免責的債務引受契約を締結し、ホスピス住宅施設に係る賃貸借契約の中途解約時の解約違約金支払義務の免
        責を図っておりますが、免責的債務引受契約を締結していないホスピス施設については、賃貸借契約に定められ
        た期間満了日前に中途解約をした場合は、契約内容に従って多額の解約違約金の支払いが必要となります。何ら
        かの理由によりホスピス施設の運営を中止し、多額の解約違約金を支払う場合には、                                       当社グループの       経営成績及
        び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (9)    特定の取引先への依存について

         当社グループは、3つのホスピス施設を株式会社ラ・アトレより賃借しており、同社のグループ会社でありま
        す株式会社ラ・アトレペイメントと4つのホスピス施設に関して免責的債務引受契約を締結しております。当社
        グループとこれらの特定の取引先とは、これまで長年にわたり緊密かつ良好な関係にあり、今後もこれまでの取
        引関係を維持・発展させていく方針でありますが、特定の取引先の経営方針や業績に著しい変化等が生じた場
        合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
       (10)    大規模な災害等の影響について

         当社グループは、東京都、神奈川県及び愛知県にて事業展開を行っておりますが、大規模な地震、台風等の災
        害により、事業所建物や看護師、介護士及び利用者が損害を被った場合には、経営成績及び財政状態に影響を及
        ぼす可能性があります。
                                  42/195


                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (11)   有利子負債について
         当連結会計年度末における有利子負債残高(リース債務を含む)は2,566,860千円、有利子負債依存度(リース
        債務を含む)は80.7%となっており、有利子負債依存度が高い状況となっております。そのため、金利水準が上
        昇した場合や、計画通りの資金調達が出来なかった場合には、支払利息が増加し、当社グループの事業展開のス
        ピードが減速するなど、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループは事業資金の調達を行うに際し、取引金融機関との間でシンジケートローン契約を締結し
        ておりますが、当該契約には一定の財務制限条項が付されております。本書提出日現在においては財務制限条項
        に抵触しておりませんが、今後抵触した場合には、該当する借入金の一括返済及び契約解除となるおそれがあ
        り、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。なお、財務制限条項の詳細については、「第5 
        経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結貸借対照表関係) ※1 財務制限条
        項」に記載のとおりです。
       (12)   特定経営者への依存について

         当社の代表取締役社長である高橋正は、当社グループの経営方針や事業戦略の立案・決定における中枢として
        重要な役割を果たしております。取締役会や経営戦略会議等において、役員及び社員への情報共有や権限移譲を
        進める等、組織体制の強化を図りながら、同氏に過度に依存しない経営体制の整備を進めております。しかしな
        がら、何らかの理由で同氏が当社の業務を継続することが困難になった場合には、経営成績及び財政状態に影響
        を及ぼす可能性があります。
       (13)   新株予約権行使の影響について

         当社は、当社グループの役員及び従業員に対するインセンティブを目的とし、新株予約権を付与しておりま
        す。これらの新株予約権が権利行使された場合、当社の株式が新たに発行され、既存の株主が有する株式の価値
        及び議決権割合が希薄化する可能性があります。なお、本書提出日現在これらの新株予約権による潜在株式数は
        1,150,000株であり、発行済株式総数7,094,000株の16.2%に相当しております。
       (14)   配当政策について

         当社グループは将来に向けた事業の拡大に向け、必要な人材の確保及び新規開設に係る設備投資等の先行投資
        を行うため、また迅速な経営に備えるために、内部留保の充実が重要であると認識しております。そのため、第
        1期の配当金については無配としております。しかしながら、株主に対する利益還元として配当を行うことも重
        要な経営課題の1つであることから、今後につきましては利益を確実に計上できる体制の確立を図ることによっ
        て財務体質の強化を行い、財政状態及び経営成績を勘案しながら、配当を実施していく方針であります。ただ
        し、当社グループの業績が計画通り進展しない場合等、当社グループの業績が悪化した場合には、継続的に配当
        を行えない可能性があります。
       (15)   利益剰余金のマイナスについて

         当社グループの前連結会計年度末の利益剰余金は、平成29年1月4日付の株式移転前に、関係会社で発生した
        親会社株主に帰属する当期純損失の計上等により、△288,838千円となっておりました。当連結会計年度もグルー
        プで新たに4施設をオープン(うち1施設は買収)したことによる先行投資の影響から、親会社株主に帰属する
        当期純損失60,490千円を計上いたしました。その結果、当連結会計年度の利益剰余金は△349,328千円となりまし
        た。
         当社グループは、利益を確実に計上していくことにより、利益剰余金のマイナスを早期に解消することを経営
        の最優先課題として認識しておりますが、事業の進捗が何らかの理由により進まない場合、解消までに時間を要
        する可能性があります。
       (16)   税務上の繰越欠損金について

         当社グループは平成29年12月期末日時点で、302,973千円の税務上の繰越欠損金を有しております。ナースコー
        ル株式会社については平成27年12月期以降、カイロス・アンド・カンパニー株式会社については平成25年11月期
        以降、カイロス東京株式会社については平成28年12月期以降に発生したものであります。なお、カイロス東京株
        式会社は平成30年2月にカイロス・アンド・カンパニー株式会社に吸収合併され、消滅しております。
         今後、当社グループの業績が順調に推移し、課税所得が生じますと法人税等の税負担が軽減されます。しかし
        ながら、将来において連結子会社の当該繰越欠損金が解消された以降は税負担が増加し、当社の当期純利益及び
        キャッシュ・フローに影響を与える可能性があります。
                                  43/195



                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【経営上の重要な契約等】
       (1)免責的債務引受契約
        当社グループは、本書提出日現在においてホスピス住宅施設の賃貸借契約の締結に際し、免責的債務引受契約を以
       下のとおり締結しております。免責的債務引受契約は、ホスピス住宅施設に係る賃貸借契約の中途解約時の解約違約
       金支払義務の免責を目的としたものであります。
        したがって、当該         契約を締結したホスピス住宅施設の賃借取引については、通常の賃貸借取引として会計処理を
       行っております。ただし、当連結会計年度以前に締結した免責的債務引受契約はありませんので、当連結会計年度以
       前に賃貸借契約を開始しているホスピス住宅施設については、所有権移転外ファイナンス・リース取引として通常の
       売買取引に係る方法に準じた会計処理を適用しております。
        当該契約の主な内容は次のとおりです。
       契約締結日              契約締結先               契約期間              対象施設
                                  平成30年1月1日
     平成30年1月1日          株式会社ラ・アトレペイメント(※)                             ナーシングホームOASIS知立
                                 ~平成60年6月30日
                                  平成30年3月16日
     平成30年3月1日          株式会社ラ・アトレペイメント(※)                             ファミリー・ホスピス成瀬ハウス
                                 ~平成60年3月15日
                                  平成30年4月1日
     平成30年4月1日          株式会社ラ・アトレペイメント(※)                             ナーシングホームOASIS志賀公園
                                 ~平成44年10月31日
                                  平成30年7月16日
     平成30年7月16日          株式会社ラ・アトレペイメント(※)                             ファミリー・ホスピス池上ハウス
                                 ~平成60年4月30日
        ※ 株式会社ラ・アトレペイメントの会社概要

          代表者氏名 :代表取締役 脇田 栄一
          所在地   :東京都港区海岸1丁目9番18号
          事業内容  :信用購入あっせん事業
          資本金   :2,000万円
          設立    :平成29年1月13日
       (2)連結子会社の吸収合併

          カイロス・アンド・カンパニー株式会社は                     平成29年12月18日の臨時株主総会において、カイロス東京株式会社
        を吸収合併することを決議し、同社との間で、平成29年12月4日付で合併契約を締結し、平成30年2月1日付で吸
        収合併いたしました。
         合併の概要は以下のとおりです。
         1.本吸収合併の目的
            経営資源の最適配置により、事業展開の拡大を図ることを目的としております。
         2.本吸収合併の条件等

          (1)  本吸収合併の方法
             カイロス・アンド・カンパニー株式会社を存続会社、カイロス東京株式会社を消滅会社とする吸収合併
          (2)  引継資産・負債の状況
             吸収合併の効力発生日をもって、吸収合併消滅会社であるカイロス東京株式会社の一切の資産、負債及
            び権利義務は、吸収合併存続会社であるカイロス・アンド・カンパニー株式会社に引き継いでおります。
         3.本吸収合併に係る割当ての内容

            本吸収合併は、当社の完全子会社であるカイロス・アンド・カンパニー株式会社とカイロス東京との間で
           行うものであることから、無対価合併とし、株式その他金銭等の割当て及び交付は行いません。
                                  44/195





                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         4.本吸収合併の後の吸収合併存続会社となる会社の資本金・事業の内容等
                                      吸収合併存続会社
              商号              カイロス・アンド・カンパニー株式会社
              所在地              東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
              代表者の氏名              代表取締役 宮地 宗男
              資本金の額              35,000千円
                           関東地区における末期がんや難病患者等の「ターミナルケア」
              事業の内容
                           に特化したサービスの提供
      6【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                  45/195
















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
        なお、当社は平成29年1月4日に単独株式移転により、ナースコール株式会社の完全親会社として設立されまし
       た。当連結会計年度が第1期となるため、前年同期との比較分析は行っておりません。
       (1)    重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
        ております。この連結財務諸表の作成にあたっては、経営者により一定の会計基準の範囲内で見積りが行われて
        いる部分があり、資産・負債や収益・費用の数値に反映されております。これらの見積りについては、継続して
        評価し、必要に応じて見直しを行ってまいりますが、見積りには不確実性が伴うため、実際の結果は、これらと
        異なることがあります。この連結財務諸表の作成にあたって重要となる会計方針につきましては、「第5 経理
        の状況 1      連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
        項)」に記載しております。
       (2)    経営成績の分析

        ① 財政状態の分析
          第1期連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
          (資産)
           当連結会計年度末における資産は3,177,110千円となりました。その内訳は、流動資産806,833千円、有形
          固定資産1,561,429千円、無形固定資産678,751千円、投資その他の資産130,095千円であります。
          (負債)

           当連結会計年度末における負債は2,962,865千円となりました。その内訳は、流動負債559,778千円、固定
          負債2,403,087千円であります。
          (純資産)

           当連結会計年度末における純資産は214,244千円となりました。その要因は、親会社株主に帰属する当期純
          損失60,490千円を計上した一方で、株式交換によりカイロス東京株式会社を取得したこと及び第三者割当増
          資を実施したことによるものであります。
          第2期第3四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年9月30日)

          (資産)
           当第3四半期連結会計期間末における流動資産は、912,060千円(前連結会計年度末806,833千円)とな
          り、前連結会計年度末に比べ105,226千円増加しました。その主な要因は、売掛金が増加したことによるもの
          であります。
           当第3四半期連結会計期間末における固定資産は、2,391,555千円となり(前連結会計年度末2,370,276千
          円)、前連結会計年度末に比べ21,278千円増加しました。その主な要因は、有形固定資産及びのれんを償却
          した一方で、有形固定資産の購入により有形固定資産が増加したことによるものであります。
          (負債)

           当第3四半期連結会計期間末における流動負債は、533,145千円(前連結会計年度末559,778千円)とな
          り、前連結会計年度末に比べ26,633千円減少しました。その主な要因は、短期借入金の長期借入金への借換
          や、短期借入金の返済により短期借入金が減少したことによるものであります。
           当第3四半期連結会計期間末における固定負債の残高は、2,444,383千円(前連結会計年度末2,403,087千
          円)となっており、前連結会計年度末に比べて41,296千円増加しました。その主な要因は、短期借入金の長
          期借入金への借換等を実施したことにより、長期借入金が増加したことによるものであります。
                                  46/195





                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (純資産)
           当第3四半期連結会計期間末における純資産は、326,086千円(前連結会計年度末214,244千円)となり、
          前連結会計年度末に比べ111,842千円増加しました。その主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益を
          計上したことにより利益剰余金が増加したことによるものであります。
        ② 経営成績の分析

          第1期連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
          (売上高)
           当連結会計年度における売上高の合計は1,895,428千円となりました。これは主に、3つの新規ホスピス施
          設をオープンさせたこと、及びカイロス東京株式会社を連結グループに加えたことにより、当社グループの
          ホスピス施設における提供可能室数が137室増加し、合計223室となったこと、既存のホスピス施設の入居率
          が向上したことによるものであります。
          (売上原価)

           当連結会計年度における売上原価の合計は1,543,815千円となりました。これは主に新規ホスピス施設に係
          る開設準備費用、新規ホスピス施設のオープンにより看護師・介護士が増加したことによる労務費の増加等
          によるものであります。
          (販売費及び一般管理費)

           当連結会計年度における販売費及び一般管理費の合計は301,884千円となりました。また売上高に対する割
          合は15.9%となりました。これは主に事業拡大に伴う人件費等の増加によるものであります。
          (経常損失)

           当連結会計年度における営業外収益は3,535千円となりました。
           当連結会計年度における営業外費用は94,085千円となりました。これは主に支払利息の増加によるもので
          あります。
           この結果、当連結会計年度における経常損失は40,821千円となりました。
          (税金等調整前当期純損失)

           当連結会計年度における税金等調整前当期純損失は40,821千円となりました。
          (親会社株主に帰属する当期純損失)

           当連結会計年度における法人税等の合計は19,668千円となりました。
           この結果、親会社株主に帰属する当期純損失は60,490千円となりました。
          第2期第3四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年9月30日)

          (売上高)
           当第3四半期連結累計期間における売上高の合計は2,119,015千円となりました。これは主に、4つの新規
          ホスピス施設をオープンさせたことにより、当社グループのホスピス施設における提供可能室数が100室増加
          し、合計323室となったこと、既存のホスピス施設の入居率が向上したことによるものであります。
          (売上原価)

           当第3四半期連結累計期間における売上原価の合計は1,707,395千円となりました。これは主に新規ホスピ
          ス施設に係る開設準備費用、新規ホスピス施設のオープンにより看護師・介護士が増加したことによる労務
          費の増加等によるものであります。
          (販売費及び一般管理費)

           当第3四半期連結累計期間における販売費及び一般管理費の合計は251,421千円となりました。また売上高
          に対する割合は11.9%となりました。これは主に当社グループが運営するホスピス住宅の増加に伴う売上高
          の増加によるものであります。
                                  47/195




                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (経常利益)
           当第3四半期連結累計期間における営業外収益は1,248千円となりました。
           当第3四半期連結累計期間における営業外費用は83,508千円となりました。これは支払利息の増加による
          ものであります。
           この結果、     当第3四半期連結累計期間            における経常利益は77,938千円となりました。
          (税金等調整前四半期純利益)

           当第3四半期連結累計期間における税金等調整前四半期純利益は142,938千円となりました。
          (親会社株主に帰属する四半期純利益)

           当第3四半期連結累計期間における法人税等の合計は31,096千円となりました。
           この結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は111,842千円となりました。
       (3)    経営成績に重要な影響を与える要因について

         当社グループは、在宅ホスピス事業を展開するにあたり、組織体制の強化及び質の高いケアサービスを提供す
        ることで、医療機関等をはじめとした地域医療との連携を図っていく方針でありますが、必要とする看護師及び
        介護士の採用及び十分な人数の確保ができない場合又は十分な研修等を実施できない場合には、当社グループの
        経営成績に重要な影響を及ぼす可能性があると考えております。
         また、従業員の人為的なミス又は不測の事態の発生等による訴訟が生じた場合、個人情報の流出等により当社
        の信用が著しく低下した場合に、経営成績に重要な影響を与えると考えております。
         この対応策として、         看護師及び介護士の積極的な採用を行い、研修                      等を通じて経営理念を浸透させるととも
        に、  質の高いホスピスサービスを提供するよう従業員に対する指導、教育体制の充実を図っております。
       (4)    資本の財源及び資金の流動性についての分析

         当社グループの運転資金需要のうち主なものは、従業員の給与及び手当のほか、販売費及び一般管理費等の営
        業費用であります。
         当社グループは、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。
         短期運転資金は自己資金を基本としており、設備投資や長期運転資金につきましては、金融機関からの長期借
        入やリースによる調達を基本としております。
         なお、当連結会計年度末における有利子負債の残高(リース債務を含む)は2,566,860千円、有利子負債依存度
        (リース債務を含む)は80.7%と高い水準にありますが、事業運営上、必要な資金を安定的に確保していると認
        識しております。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は                                     426,827千円      となっており、事業
        運営上、必要な流動性を確保していると認識しております。
                                  48/195









                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (5)    主要な経営指標等の状況
         当社グループは、ホスピス施設における提供可能室数及び月次入居率(月間延べ入居室数÷(提供可能室数×
        月間日数))を経営成績に影響を与える主要な経営指標として捉えております。
         平成29年12月期においては、当社グループのホスピス施設における提供可能室数は、223室(平成28年12月期は
        86室)となり、3つのホスピス施設を開設し、カイロス東京株式会社を連結グループに加えた結果、合計137室が
        増加しました。
         平成29年12月期における既存のホスピス施設(平成28年12月期以前に開設したホスピス施設)の年平均入居率
        (年間延べ入居室数          ÷  (提供可能室数       ×  年間日数)は86.7%であり、平成28年12月期における同施設の年平均
        入居率85.7%を上回っております。
         また、新規のホスピス施設(平成29年12月期以降に開設した新規のホスピス施設)の年平均入居率は65.9%と
        なりました。      当社グループのホスピス施設は、開設後に順次利用者を受け入れていく運営方法を採用しているた
        め、開設の初年度は年平均入居率が低くなります。
         なお、当社は平成29年1月4日に単独株式移転によりナースコール株式会社の完全親会社として設立されまし
        た。平成28年12月期はナースコール株式会社を親会社とする連結グループの数値を記載しております。
         それぞれの経営指標の具体的な推移は次のとおりです。
        提供可能室数の推移

                                                  平成30年12月期
                        平成28年12月期             平成29年12月期
                                                   (参考情報)
         提供可能室数(室)                       86             223             323
        (注)提供可能室数は各期末時点における数値を記載しております。
        年平均入居率の推移

                                                      (単位:%)
                                                       平成30年
                                    室数     平成  28年     平成29年
                施設名称             開設時期                          12月期
                                   (室)      12月期       12月期
                                                      (参考情報)
         ナーシングホームJAPAN                    平成21年1月        26      86.4       90.4       88.6
         ナーシングホームOASIS                    平成25年9月        36      89.9       82.9       82.0

         ナーシングホームOASIS南                    平成29年1月        34       -      55.5       77.9

         ナーシングホームOASIS北                    平成29年5月        16       -      70.2       90.0

         ナーシングホームOASIS知立                    平成30年2月        28       -       -      60.8

         ナーシングホームOASIS志賀公園                    平成30年4月        26       -       -      71.2

         ファミリー・ホスピス鴨宮ハウス                    平成26年8月        12      71.9       91.9       96.9

         ファミリー・ホスピス本郷台ハウス                    平成28年10月        12      46.8       85.0       95.8

                             平成28年10月

         ファミリー・ホスピス         ライブクロス(注)4                   50       -      92.6       94.2
         ファミリー・ホスピス四之宮ハウス                    平成29年4月

                                     37       -      52.9       88.6
         ファミリー・ホスピス成瀬ハウス                    平成30年4月
                                     20       -       -      49.9
         ファミリー・ホスピス池上ハウス                    平成30年8月
                                     26       -       -      61.9
        (注)1.室数は平成30年12月期末における数値を記載しております。
           2.年平均入居率は下記の方法により算出しております。
               年平均入居率       =  年間延べ入居室数         ÷  (提供可能室数       ×  年間日数)
           3.新規のホスピス施設は、開設後に段階的に利用者を受け入れることにより運営を行っているため、開
              設初年度においては入居率が低くなる傾向があります。
           4.ファミリー・ホスピスライブクロスは、平成28年10月よりカイロス東京株式会社が運営を承継してお
              りますが、カイロス東京株式会社は平成29年7月1日より連結の範囲に含んでおりますので、平成29
              年7月1日以降の数値を記載しております。
                                  49/195



                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
       第1期連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
        当連結会計年度における設備投資の総額は、77,873千円(差入保証金を含んでおります。)であります。
        その主なものは、新たに運営を開始した3つのホスピス施設に伴うもの及び、今後新たに新規開設を予定している
       ホスピス施設に係るものであります。当連結会計年度における新規開設の状況は、次のとおりであります。なお、当
       連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
             事業所名              所在地        事業の名称         区分     室数      開業日

       ナーシングホームOASIS南                 名古屋市南区         在宅ホスピス事業         新規開設      34室    平成29年1月
       ナーシングホームOASIS北                 名古屋市北区         在宅ホスピス事業         新規開設      16室    平成29年5月
                         愛知県知立市         在宅ホスピス事業         新規開設      28室    平成30年2月
       ナーシングホームOASIS知立
       ファミリー・ホスピス四之宮ハウス                 神奈川県平塚市         在宅ホスピス事業         新規開設      37室    平成29年4月
       第2期第3四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年9月30日)

        当第3四半期連結累計期間における設備投資の総額は、142,494千円(差入保証金を含んでおります。)でありま
        す。
        その主なものは、新たに運営を開始した4つのホスピス施設に伴うものであります。当第3四半期連結累計期間に
       おける新規開設の状況は次のとおりであります。なお、当第3四半期連結累計期間において重要な設備の除却、売却
       等はありません。
             事業所名              所在地        事業の名称         区分     室数      開業日

       ナーシングホームOASIS知立                 愛知県知立市         在宅ホスピス事業         新規開設      28室    平成30年2月
       ナーシングホームOASIS志賀公園                 名古屋市北区         在宅ホスピス事業         新規開設      26室    平成30年4月
       ファミリー・ホスピス成瀬ハウス                 東京都町田市         在宅ホスピス事業         新規開設      20室    平成30年4月
       ファミリー・ホスピス池上ハウス                 東京都大田区         在宅ホスピス事業         新規開設      26室    平成30年8月
        当社グループは、在宅ホスピス事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しておりま

       す。
                                  50/195










                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【主要な設備の状況】
        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)    提出会社
         該当ありません。
       (2)    国内子会社

         当社グループは在宅ホスピス事業のみの単一セグメントであるため、セグメントの名称は記載しておりませ
         ん。
                                                   平成29年12月31日現在
                                      帳簿価額(千円)
               事業所名                                         従業員数
       会社名                設備の内容       建物     機械装置
               (所在地)                         リース                 (人)
                             及び      及び           その他      合計
                                        資産
                             構築物      運搬具
           千種事務所            本社兼事業                                    19
                              1,260       ―      ―     373     1,634
           (名古屋市千種区)            所                                    (4)
           尾頭橋事務所                                               10
                       事業所        506      0      ―      ―     506
           (名古屋市中川区)
                                                           (2)
           徳川事務所
                       事業所         ―      ―      ―     912      912      2
           (名古屋市東区)
           ナーシングホームJAPAN            ホスピス施                                    24
                              3,404       39   149,069       317    152,831
           (名古屋市千種区)            設                                    (5)
     ナースコール
     株式会社
           ナーシングホームOASIS            ホスピス施                                    34
                              1,890      352    218,472      11,485     232,200
           (名古屋市東区)            設                                    (7)
           ナーシングホームOASIS南            ホスピス施                                    29
                              4,591      247    232,568        ―   237,407
           (名古屋市南区)            設
                                                           (6)
           ナーシングホームOASIS北            ホスピス施                                    18
                              2,197       ―      ―      ―    2,197
           (名古屋市北区)            設                                    (4)
           ナーシングホームOASIS知立
                       ホスピス施                                    5
                                ―      ―      ―      ―      ―
           (愛知県知立市)            設                                    (1)
           本社                                                3
                       本社         ―     135      ―      ―     135
           (神奈川県小田原市)                                               (1)
           ファミリー・ホスピス鴨宮
                       ホスピス設                                    17
           ハウス
                                ―      ―   192,289        ―   192,289
                       備                                    (9)
           (神奈川県小田原市)
     カイロス・ア
     ンド・カンパ
           ファミリー・ホスピス本郷
                       ホスピス設                                    25
     ニー株式会社
           台ハウス
                                ―      ―   196,838        ―   196,838
                       備                                   (13)
           (横浜市栄区)
           ファミリー・ホスピス四之
                       ホスピス設                                    13
           宮ハウス
                               309     4,034     197,032      15,446     216,823
                       備                                    (7)
           (神奈川県平塚市)
           ファミリー・ホスピスライ
     カイロス東京                  ホスピス設                                    26
           ブクロス                   3,036       ―   302,833      3,363     309,233
     株式会社                  備
                                                           (9)
           (東京都府中市)
      (注)1.上記の金額は消費税等は含まれておりません。
         2.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平
           均人員を( )外数で記載しております。
         3.尾頭橋事務所は継続するメリットが薄れたことによる合理化のため、平成30年3月に閉鎖しました。
         4.カイロス東京株式会社は平成30年2月にカイロス・アンド・カンパニー株式会社を吸収合併存続会社、カイ
           ロス東京株式会社を吸収合併消滅会社とする吸収合併を行ったため、消滅しております。
         5.カイロス・アンド・カンパニー株式会社は平成30年2月に本社を神奈川県小田原市から東京都千代田区へ移
           転しております。
                                  51/195




                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【設備の新設、除却等の計画】                  (平成31年1月31日現在)
        当社グループの設備投資計画につきましては、営業基盤の強化とサービス体制の充実を目的に、投資効率とキャッ
       シュ・フローの動向を検討して策定しております。設備投資計画は原則として連結会社各社が個別に策定し、当社と
       調整の上、実施しております。
        なお、重要な設備の新設、改修計画は次のとおりであります。
       (1)    重要な設備の新設
         当社グループは在宅ホスピス事業の単一セグメントであるため、セグメントの名称は記載しておりません。
                                             着手及び完了予定年
                              投資予定金額
                                                 月
              事業所名
                                       資金調達                 完成後の
      会社名                設備の内容
              (所在地)
                                       方法                 増加能力
                             総額    既支払額
                                              着手      完了
                            (千円)      (千円)
           新設ホスピス施設・
     ナース
                      工具、器具                       平成31年      平成31年       28室
           名称未定
     コール株                        30,000        -  自己資金
                      及び備品                        10月      11月     (注)2
           (名古屋市天白区)
     式会社
           ファミリー・ホスピ
                      工具、器具                       平成31年      平成31年       28室
           ス東林間ハウス(相                  30,000        -  自己資金
                      及び備品                        3月      4月     (注)2
           模原市南区)
     カイロ
           新規ホスピス施設・
     ス・アン                 工具、器具                       平成32年      平成32年       28室
           名称未定
                             30,000        -  自己資金
     ド・カン                 及び備品                        1月      3月     (注)2
           (神奈川県藤沢市)
     パニー株
           新規ホスピス施設・
     式会社
           名称未定
                      工具、器具                       平成32年      平成32年       28室
                             30,000        -  自己資金
           (神奈川県茅ヶ崎
                      及び備品                        3月      5月     (注)2
           市)
      (注)1.     上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         2.本書提出日現在における計画数値であります。
       (2)    重要な改修

         当社グループは在宅ホスピス事業の単一セグメントであるため、セグメントの名称は記載しておりません。
                                             着手及び完了予定年
                              投資予定金額
                                        資金         月
              事業所名
                                                        完成後の
      会社名                設備の内容                  調達
              (所在地)
                                                        増加能力
                             総額    既支払額       方法
                                              着手      完了
                            (千円)      (千円)
                      建物及び構
           ファミリー・ホスピ
                      築物                  自己    平成31年      平成31年       26室
           ス池上ハウス
                             40,000        -
     カイロ
                      工具、器具                  資金     2月      3月     (注)2
           (東京都大田区)
     ス・アン
                      及び備品
     ド・カン
                      建物及び構
     パニー株
           ファミリー・ホスピ
                      築物                  自己    平成32年      平成32年       12室
     式会社
           ス鴨宮ハウス                  10,000        -
                      工具、器具                  資金     1月      2月     (注)3
           (神奈川県小田原市)
                      及び備品
      (注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         2.  ファミリー・ホスピス池上ハウスについては、26室を増室し、合計52室での                                   運営を計画しております。
         3.  ファミリー・ホスピス鴨宮ハウスについては、12室を増室し、合計24室での                                   運営を計画しております。
       (3)    重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                  52/195




                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                                               28,000,000
       普通株式
                                               28,000,000
                  計
      (注)平成30年11月22日開催の臨時株主総会決議により定款を変更し、発行可能株式総数は15,240株増加し、28,000株
         となっております。また、平成31年1月31日開催の臨時株主総会決議により定款を変更し、発行可能株式総数は
         27,972,000株増加し、28,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

                                   上場金融商品取引所名又は登
             種類             発行数(株)                             内容
                                   録認可金融商品取引業協会名
                                                  完全議決権株式であ
                                                  り、権利内容に何ら
                                                  限定のない当社にお
                          7,094,000
      普通株式                              非上場               ける標準となる株式
                                                  であります。1単元
                                                  の株式数は、100株で
                                                  あります。
                          7,094,000
             計                            -             -
      (注)1.平成31年1月14日開催の取締役会決議に基づき、平成31年1月31日付で普通株式1株につき1,000株の株式
           分割を行っております。これにより、発行済株式総数は7,086,906株増加し、7,094,000株となっておりま
           す。
         2.平成31年1月31日開催の臨時株主総会決議により、同日付で1単元を100株とする単元株制度を採用してお
           ります。
                                  53/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【新株予約権等の状況】
           会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
     第1回新株予約権
                                最近事業年度末現在                提出日の前月末現在
                区分
                                (平成29年12月31日)                (平成31年1月31日)
      新株予約権の数(個)                                   200                200

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                              ―                ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                             普通株式                 同左

                                    200  (注)1          200,000    (注)1、3
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                  250,000    (注)2            250  (注)2、3
      新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                平成31年1月1日から
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                平成38年6月15日まで
                              発行価格            256,800         発行価格            257  (注)3
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の
      株式の発行価格及び資本組入額(円)                        資本組入額          128,400         資本組入額          129  (注)3
                              ①  新株予約権者は、平成30年
                               12月期から平成34年12月期
                               までのいずれかの期の営業
                               利益(監査済みの損益計算
                               書(連結財務諸表を作成し
                               ている場合には連結損益計
                               算書)に基づくものとす
                               る。)が310百万円を超過し
                               た場合、権利行使すること
                               ができる。
                              ②  新株予約権者は、新株予約
                               権の権利行使時において
                               も、当社または当社関係会
                               社の取締役、監査役または
                               従業員であることを要す
                               る。ただし、任期満了によ
                               る退任、定年退職、その他
      新株予約権の行使の条件                                              同左
                               正当な理由があると取締役
                               会が認めた場合は、この限
                               りではない。
                              ③  新株予約権者の相続人によ
                               る本新株予約権の行使は認
                               めない。
                              ④  本新株予約権の行使によっ
                               て、当社の発行済株式総数
                               が当該時点における授権株
                               式数を超過することとなる
                               ときは、当該本新株予約権
                               の行使を行うことはできな
                               い。
                              ⑤  各本新株予約権1個未満の
                               行使を行うことはできな
                               い。
                                  54/195




                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                最近事業年度末現在                提出日の前月末現在
                区分
                                (平成29年12月31日)                (平成31年1月31日)
                              譲渡による本新株予約権の取得
                              については、当社取締役会の決
      新株予約権の譲渡に関する事項                                              同左
                              議による承認を要するものとす
                              る。
      代用払込みに関する事項                               ―                ―
                              当社が、合併(当社が合併によ
                              り消滅する場合に限る。)、吸
                              収分割、新設分割、株式交換ま
                              たは株式移転(以上を総称して
                              以下、「組織再編行為」とい
                              う。)を行う場合において、組
                              織再編行為の効力発生日に新株
                              予約権者に対し、それぞれの場
                              合につき、会社法第236条第1
                              項第8号イからホまでに掲げる
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                              株式会社(以下、「再編対象会                      同左
      る事項
                              社」という。)の新株予約権を
                              以下の条件(注5)に基づきそ
                              れぞれ交付することとする。た
                              だし、以下の条件(注5)に
                              沿って再編対象会社の新株予約
                              権を交付する旨を、吸収合併契
                              約、新設合併契約、吸収分割契
                              約、新設分割計画、株式交換契
                              約または株式移転計画において
                              定めた場合に限るものとする。
      (注)    1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度末現在は1株、提出日の前月末現在は1,000株で

           あります。
           ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
           整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てます。
                     =          ×
            調整後付与株式数          調整前付与株式数          分割・併合の比率
         2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
           により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                   1
            調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                                分割・併合の比率
           また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の
           算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                      新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                                     +
                              既発行株式数
                                             1株当たり時価
                   =         ×
            調整後払込金額         調整前払込金額
                                    既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.平成31年1月14日開催の取締役会決議により、平成31年1月31日付で普通株式1株につき1,000株の株式分
           割を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金
           額」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を調整しておりま
           す。
         4.当社は、平成29年1月4日に単独株式移転によりナースコール株式会社の完全親会社として設立されまし
           た。上記は、ナースコール株式会社の平成28年6月6日開催の臨時株主総会における特別決議及び平成28年
           6月13日の取締役会決議に基づいて発行した会社法に基づく新株予約権であり、平成29年1月4日付の単独
           株式移転によりナースコール株式会社第1回新株予約権者に対して割当交付されたものであります。
                                  55/195


                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         5.条件は次の通りです。
          (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
          (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)1                       に準じて決定する。
          (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上
           記(注)2      で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(注)5                                    (1)  に従って決定
           される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
          (5)  新株予約権を行使することができる期間
           上記「   新株予約権の行使期間          」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い
           日から上記「      新株予約権の行使期間          」に定める行使期間の末日までとする。
          (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           ①  本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
             たときは、その端数を切り上げるものとする。
           ②  本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
             金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
          (8)  その他新株予約権の行使の条件
           上記「   新株予約権の行使の条件」            に準じて決定する。
          (9)  新株予約権の取得事由及び条件
           ①  当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計
             画、または当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認(株主
             総会の承認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める
             日の到来をもって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
           ②  新株予約権者が権利行使をする前に、上記「                     新株予約権の行使の条件」            に定める規定により本新株予約
             権の行使ができなくなった場合は、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
          (10)   その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
         6.本新株予約権は、新株予約権1個につき、6,800円にて有償発行しております。
                                  56/195









                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2回新株予約権
                                最近事業年度末現在                提出日の前月末現在
                区分
                                (平成29年12月31日)                (平成31年1月31日)
      新株予約権の数(個)                                   100                100

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                              ―                ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                             普通株式                 同左

                                    100  (注)1          100,000    (注)1、3
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                  250,000    (注)2            250  (注)2、3
      新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                平成30年6月14日から
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                平成38年6月13日まで
                              発行価格            250,000         発行価格            250  (注)3
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の
      株式の発行価格及び資本組入額(円)                        資本組入額          125,000         資本組入額          125  (注)3
                              ①  新株予約権者は、新株予約
                               権の権利行使時において
                               も、当社または当社関係会
                               社の取締役、監査役または
                               従業員であることを要す
                               る。ただし、任期満了によ
                               る退任、定年退職、その他
                               正当な理由があると取締役
                               会が認めた場合は、この限
                               りではない。
                              ②  新株予約権者の相続人によ
      新株予約権の行使の条件                         る本新株予約権の行使は認                     同左
                               めない。
                              ③  本新株予約権の行使によっ
                               て、当社の発行済株式総数
                               が当該時点における授権株
                               式数を超過することとなる
                               ときは、当該本新株予約権
                               の行使を行うことはできな
                               い。
                              ④  各本新株予約権1個未満の
                               行使を行うことはできな
                               い。
                              譲渡による本新株予約権の取得
                              については、当社取締役会の決
      新株予約権の譲渡に関する事項                                              同左
                              議による承認を要するものとす
                              る。
      代用払込みに関する事項                               ―                ―
                                  57/195






                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                最近事業年度末現在                提出日の前月末現在
                区分
                                (平成29年12月31日)                (平成31年1月31日)
                              当社が、合併(当社が合併によ
                              り消滅する場合に限る。)、吸
                              収分割、新設分割、株式交換ま
                              たは株式移転(以上を総称して
                              以下、「組織再編行為」とい
                              う。)を行う場合において、組
                              織再編行為の効力発生日に新株
                              予約権者に対し、それぞれの場
                              合につき、会社法第236条第1
                              項第8号イからホまでに掲げる
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                              株式会社(以下、「再編対象会                      同左
      る事項
                              社」という。)の新株予約権を
                              以下の条件(注5)に基づきそ
                              れぞれ交付することとする。た
                              だし、以下の条件(注5)に
                              沿って再編対象会社の新株予約
                              権を交付する旨を、吸収合併契
                              約、新設合併契約、吸収分割契
                              約、新設分割計画、株式交換契
                              約または株式移転計画において
                              定めた場合に限るものとする。
      (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度末現在は1株、提出日の前月末現在は1,000株で

           あります。
           ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
           整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てます。
                     =          ×
            調整後付与株式数          調整前付与株式数          分割・併合の比率
         2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
           により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                   1
                    =         ×
            調整後払込金額         調整前払込金額
                                分割・併合の比率
           また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の
           算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                      新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                                     +
                              既発行株式数
                                             1株当たり時価
                   =         ×
            調整後払込金額         調整前払込金額
                                    既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.平成31年1月14日開催の取締役会決議により、平成31年1月31日付で普通株式1株につき1,000株の株式分
           割を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金
           額」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を調整しておりま
           す。
         4.当社は、平成29年1月4日に単独株式移転によりナースコール株式会社の完全親会社として設立されまし
           た。上記は、ナースコール株式会社の平成28年6月6日開催の臨時株主総会における特別決議及び平成28年
           6月13日の取締役会決議に基づいて発行した会社法に基づく新株予約権であり、平成29年1月4日付の単独
           株式移転によりナースコール株式会社第2回新株予約権者に対して割当交付されたものであります。
         5.条件は次の通りです。
          (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
                                  58/195


                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)1                       に準じて決定する。
          (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上
           記(注)2      で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(注)5                                    (1)  に従って決定
           される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
          (5)  新株予約権を行使することができる期間
           上記「   新株予約権の行使期間          」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い
           日から上記「      新株予約権の行使期間          」に定める行使期間の末日までとする。
          (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           ①  本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
             たときは、その端数を切り上げるものとする。
           ②  本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
             金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
          (8)  その他新株予約権の行使の条件
           上記「   新株予約権の行使の条件」            に準じて決定する。
          (9)  新株予約権の取得事由及び条件
           ①  当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計
             画、または当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認(株主
             総会の承認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める
             日の到来をもって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
           ②  新株予約権者が権利行使をする前に、上記「                     新株予約権の行使の条件」            に定める規定により本新株予約
             権の行使ができなくなった場合は、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
          (10)   その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
                                  59/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3回新株予約権
                                最近事業年度末現在                提出日の前月末現在
                区分
                                (平成29年12月31日)                (平成31年1月31日)
      新株予約権の数(個)                                   440                440

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                              ―                ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                             普通株式                 同左

                                    440  (注)1          440,000    (注)1、3
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                  500,000    (注)2            500  (注)2、3
      新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                平成33年1月1日から
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                平成39年12月17日まで
                              発行価格            510  ,015       発行価格            511  (注)3
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の
      株式の発行価格及び資本組入額(円)                        資本組入額          255,008         資本組入額          256  (注)3
                              ①  新株予約権者は、平成32年
                               12月期から平成35年12月期
                               までのいずれかの期の営業
                               利益(監査済みの損益計算
                               書(連結財務諸表を作成し
                               ている場合には連結損益計
                               算書)に基づくものとす
                               る。)が1,000百万円を超過
                               した場合、権利行使するこ
                               とができる。
                              ②  新株予約権者は、新株予約
                               権の権利行使時において
                               も、当社または当社関係会
                               社の取締役、監査役または
                               従業員であることを要す
                               る。ただし、任期満了によ
                               る退任、定年退職、その他
      新株予約権の行使の条件                                              同左
                               正当な理由があると取締役
                               会が認めた場合は、この限
                               りではない。
                              ③  新株予約権者の相続人によ
                               る本新株予約権の行使は認
                               めない。
                              ④  本新株予約権の行使によっ
                               て、当社の発行済株式総数
                               が当該時点における授権株
                               式数を超過することとなる
                               ときは、当該本新株予約権
                               の行使を行うことはできな
                               い。
                              ⑤  各本新株予約権1個未満の
                               行使を行うことはできな
                               い。
                                  60/195




                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                最近事業年度末現在                提出日の前月末現在
                区分
                                (平成29年12月31日)                (平成31年1月31日)
                              譲渡による本新株予約権の取得
                              については、当社取締役会の決
      新株予約権の譲渡に関する事項                                              同左
                              議による承認を要するものとす
                              る。
      代用払込みに関する事項                               ―                ―
                              当社が、合併(当社が合併によ
                              り消滅する場合に限る。)、吸
                              収分割、新設分割、株式交換ま
                              たは株式移転(以上を総称して
                              以下、「組織再編行為」とい
                              う。)を行う場合において、組
                              織再編行為の効力発生日に新株
                              予約権者に対し、それぞれの場
                              合につき、会社法第236条第1
                              項第8号イからホまでに掲げる
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                              株式会社(以下、「再編対象会                      同左
      る事項
                              社」という。)の新株予約権を
                              以下の条件(注4)に基づきそ
                              れぞれ交付することとする。た
                              だし、以下の条件(注4)に
                              沿って再編対象会社の新株予約
                              権を交付する旨を、吸収合併契
                              約、新設合併契約、吸収分割契
                              約、新設分割計画、株式交換契
                              約または株式移転計画において
                              定めた場合に限るものとする。
      (注)    1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度末現在は1株、提出日の前月末現在は1,000株で

           あります。
           ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
           整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てます。
                     =          ×
            調整後付与株式数          調整前付与株式数          分割・併合の比率
         2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
           により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                   1
            調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                                分割・併合の比率
           また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の
           算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                      新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                                     +
                              既発行株式数
                                             1株当たり時価
                   =         ×
            調整後払込金額         調整前払込金額
                                    既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.平成31年1月14日開催の取締役会決議により、平成31年1月31日付で普通株式1株につき1,000株の株式分
           割を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金
           額」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を調整しておりま
           す。
         4.条件は次の通りです。
          (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
          新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
                                  61/195


                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)1                       に準じて決定する。
          (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記
            (注)2     で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(注)4                                    (1)  に従って決定
            される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
          (5)  新株予約権を行使することができる期間
          上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日
            から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
          (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          ①  本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
            項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたと
            きは、その端数を切り上げるものとする。
          ②  本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
            等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
          (8)  その他新株予約権の行使の条件
          上記「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
          (9)  新株予約権の取得事由及び条件
          ①  当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計画、
            または当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の
            承認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来
            をもって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
          ②  新株予約権者が権利行使をする前に、上記「新株予約権の行使の条件」に定める規定により本新株予約権
            の行使ができなくなった場合は、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
          (10)   その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
         5.本新株予約権は、新株予約権1個につき、10,015円にて有償発行しております。
                                  62/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4回新株予約権
                                最近事業年度末現在                提出日の前月末現在
                区分
                                (平成29年12月31日)                (平成31年1月31日)
      新株予約権の数(個)                                   410                410

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                              ―                ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                             普通株式                 同左

                                    410  (注)1          410,000    (注)1、3
      新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                  500,000    (注)2            500  (注)2、3
      新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                平成31年12月15日から
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                平成39年12月14日まで
                              発行価格            500,000         発行価格            500  (注)3
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の
      株式の発行価格及び資本組入額(円)                        資本組入額          250,000         資本組入額          250  (注)3
                              ①  新株予約権者は、新株予約
                               権の権利行使時において
                               も、当社または当社関係会
                               社の取締役、監査役または
                               従業員であることを要す
                               る。ただし、任期満了によ
                               る退任、定年退職、その他
                               正当な理由があると取締役
                               会が認めた場合は、この限
                               りではない。
                              ②  新株予約権者の相続人によ
      新株予約権の行使の条件                         る本新株予約権の行使は認                     同左
                               めない。
                              ③  本新株予約権の行使によっ
                               て、当社の発行済株式総数
                               が当該時点における授権株
                               式数を超過することとなる
                               ときは、当該本新株予約権
                               の行使を行うことはできな
                               い。
                              ④  各本新株予約権1個未満の
                               行使を行うことはできな
                               い。
                              譲渡による本新株予約権の取得
                              については、当社取締役会の決
      新株予約権の譲渡に関する事項                                              同左
                              議による承認を要するものとす
                              る。
      代用払込みに関する事項                               ―                ―
                                  63/195






                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                最近事業年度末現在                提出日の前月末現在
                区分
                                (平成29年12月31日)                (平成31年1月31日)
                              当社が、合併(当社が合併によ
                              り消滅する場合に限る。)、吸
                              収分割、新設分割、株式交換ま
                              たは株式移転(以上を総称して
                              以下、「組織再編行為」とい
                              う。)を行う場合において、組
                              織再編行為の効力発生日に新株
                              予約権者に対し、それぞれの場
                              合につき、会社法第236条第1
                              項第8号イからホまでに掲げる
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                              株式会社(以下、「再編対象会                      同左
      る事項
                              社」という。)の新株予約権を
                              以下の条件(注4)に基づきそ
                              れぞれ交付することとする。た
                              だし、以下の条件(注4)に
                              沿って再編対象会社の新株予約
                              権を交付する旨を、吸収合併契
                              約、新設合併契約、吸収分割契
                              約、新設分割計画、株式交換契
                              約または株式移転計画において
                              定めた場合に限るものとする。
      (注)    1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度末現在は1株、提出日の前月末現在は1,000株で

           あります。
           ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
           整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てます。
                     =          ×
            調整後付与株式数          調整前付与株式数          分割・併合の比率
         2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
           により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                   1
                    =         ×
            調整後払込金額         調整前払込金額
                                分割・併合の比率
           また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の
           算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                      新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                                     +
                              既発行株式数
                                             1株当たり時価
                   =         ×
            調整後払込金額         調整前払込金額
                                    既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.平成31年1月14日開催の取締役会決議により、平成31年1月31日付で普通株式1株につき1,000株の株式分
           割を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金
           額」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」を調整しておりま
           す。
         4.条件は次の通りです。
          (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
          (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)1                       に準じて決定する。
                                  64/195



                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上
           記(注)2      で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(注)4                                    (1)  に従って決定
           される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
          (5)  新株予約権を行使することができる期間
           上記「   新株予約権の行使期間          」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い
           日から上記「      新株予約権の行使期間          」に定める行使期間の末日までとする。
          (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           ①  本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
             たときは、その端数を切り上げるものとする。
           ②  本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
             金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
          (8)  その他新株予約権の行使の条件
           上記「   新株予約権の行使の条件」            に準じて決定する。
          (9)  新株予約権の取得事由及び条件
           ①  当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計
             画、または当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認(株主
             総会の承認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める
             日の到来をもって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
           ②  新株予約権者が権利行使をする前に、上記「                     新株予約権の行使の条件」            に定める規定により本新株予約
             権の行使ができなくなった場合は、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
          (10)   その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
                                  65/195












                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)【ライツプランの内容】
           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      平成29年1月4日
                                         100,000
                     5,834       5,834      100,000               10,000       10,000
        (注)1
      平成29年7月1日
                      760      6,594         -     100,000          -     10,000
        (注)2
      平成29年12月22日
                      500      7,094      160,000       260,000        90,000       100,000
        (注)3
      平成29年12月22日
                      -      7,094     △160,000        100,000          -     100,000
        (注)4
       平成31年1月31日
                   7,086,906       7,094,000           -     100,000          -     100,000
        (注)5
      (注)1.平成29年1月4日付の単独株式移転によりナースコール株式会社の完全親会社として、当社が設立されたこ
           とによるものであります。
         2.カイロス東京株式会社の株式を株式交換により100%取得したことによるものであります。なお、カイロス
           東京株式会社は、平成30年2月1日付のカイロス・アンド・カンパニー株式会社を存続会社とする吸収合併
           により消滅しております。
         3.有償第三者割当によるものであります。
           発行価格 500千円 資本組入額 320千円
           主な割当先       J-STAR二号投資事業有限責任組合、MIDWEST                        MINATO,    L.P. 、
                 Pacific    Minato    Ⅱ,  L.P.
         4.資本政策上の柔軟性及び機動性を確保することを目的とした、平成29年11月14日の臨時株主総会の決議に基
           づく、株式数の変更を行わない無償減資(61.5%減資)による資本金の減少であります。
         5.平成31年1月14日開催の取締役会決議に基づき、平成31年1月31日付で普通株式1株につき1,000株の株式分
           割を行っております。
       (5)【所有者別状況】

                                                    平成31年1月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計    (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)           ―     ―     ―     1     2     ―      1      ▶    ―
     所有株式数
                ―     ―     ―   40,080     28,860        ―    2,000     70,940      ―
     (単元)
     所有株式数の割
                ―     ―     ―    56.50     40.68       ―    2.82      100     ―
     合(%)
                                  66/195






                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成31年1月31日現在
               区分              株式数(株)          議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                               ―           ―       ―

      議決権制限株式(自己株式等)                               ―           ―       ―
      議決権制限株式(その他)                               ―           ―       ―

      完全議決権株式(自己株式等)                               ―           ―       ―

                                                  権利内容に何ら限定
                                                  のない当社における
                               普通株式                     標準となる株式であ
                                             70,940
      完全議決権株式(その他)
                                 7,094,000                  ります。1単元の株
                                                  式数は、100株であ
                                                  ります。
      単元未満株式                               ―           ―       ―
                                 7,094,000
      発行済株式総数                                          ―       ―
                                             70,940
      総株主の議決権                               ―                  ―
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
                                  67/195












                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (7)【ストックオプション制度の内容】
           当社は、新株予約権方式によるストックオプション制度を採用しております。
           当該制度の内容は、次の通りであります。
          ① 第1回新株予約権

          会社法に基づき、平成28年6月6日開催の臨時株主総会決議における特別決議並びに平成28年6月13日開催の
          取締役会において決議されたものであります。
      決議年月日                            平成28年6月13日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社の取締役  2

      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                            -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      (注)1.当該新株予約権は、ナースコール株式会社の平成28年6月6日開催の臨時株主総会における特別決議並びに
           平成28年6月13日開催の取締役会決議に基づいて発行した会社法に基づく新株予約権であり、平成29年1月
           4日付の単独株式移転によりナースコール株式会社第1回新株予約権者に対し割当交付されております。
         2.付与対象者の区分及び人数は、平成29年1月4日の単独株式移転により当社が設立された日時点のものであ
           ります。
          ② 第2回新株予約権

          会社法に基づき、平成28年6月6日開催の臨時株主総会決議における特別決議並びに平成28年6月13日開催の
          取締役会において決議されたものであります。
      決議年月日                            平成28年6月13日
                                  当社の取締役    1
                                  当社の従業員    1
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社子会社の取締役 1
                                  当社子会社の従業員 1
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                            -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      (注)1.当該新株予約権は、ナースコール株式会社の平成28年6月6日開催の臨時株主総会における特別決議並びに
           平成28年6月13日開催の取締役会決議に基づいて発行した会社法に基づく新株予約権であり、平成29年1月
           4日付の単独株式移転によりナースコール株式会社第2回新株予約権者に対し割当交付されております。
         2.付与対象者の区分及び人数は、平成29年1月4日の単独株式移転により当社が設立された日時点のものであ
           ります。
                                  68/195



                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ③ 第3回新株予約権
          会社法に基づき平成29年12月11日開催の臨時株主総会における特別決議並びに平成29年12月14日開催の取締役
          会における決議に基づくものであります。
      決議年月日                            平成29年12月14日
                                  当社の取締役    3
                                  当社の監査役    1
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社子会社の取締役 2
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                            -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

          ④ 第4回新株予約権

          会社法に基づき平成29年12月11日開催の臨時株主総会における特別決議並びに平成29年12月14日開催の取締役
          会における決議に基づくものであります。
      決議年月日                            平成29年12月14日
                                  当社の取締役    3
                                  当社の従業員    1
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社子会社の取締役 2
                                  当社子会社の従業員 1
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上
      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

                                  -
      代用払込みに関する事項
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

                                  69/195







                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は将来に向けた事業の拡大に向け、必要な人材の確保及び新規開設に係る設備投資等の先行投資を行うため、
       また迅速な経営に備えるために、内部留保の充実が重要であると認識しております。そのため、第1期の配当金につ
       いては無配としております。しかしながら、株主に対する利益還元として配当を行うことも重要な経営課題の1つで
       あることから、今後につきましては利益を確実に計上できる体制の確立を図ることによって財務体質の強化を行い、
       財政状態及び経営成績を勘案しながら、配当を実施していく方針であります。
        内部留保資金につきましては、経営基盤の長期安定に向けた財務体質の強化及び事業の継続的な拡大発展を実現さ
       せるための資金として、有効に活用していく所存であります。
        なお、剰余金の配当を行う場合は、年1回の剰余金の配当を期末に行うことを基本としており、決定機関は株主総
       会であります。なお、当社は、取締役会の決議によって、毎年6月30日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主
       又は登録株式質権者に対し、会社法第454条第5項に定める中間配当をすることができる旨を定款に定めておりま
       す。
      4【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。
                                  70/195










                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
        男性7名 女性2名 (役員のうち女性の比率22.2%)
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                               昭和59年4月      三宿工房入所
                               昭和62年8月      坂倉建築研究所入所
                               平成3年5月      マニフィールド株式会社          取締役就
                                     任
                               平成3年8月      株式会社丸山工務所        入社
                               平成8年10月      株式会社ラウンズ       取締役就任
                               平成20年8月      株式会社ユーミーケア         代表取締役
     代表取締役      社長       高橋 正     昭和37年1月21日生                            (注)3      200,000
                                     就任
                               平成23年12月      オン・アンド・オン株式会社(現・
                                     カイロス・アンド・カンパニー株式
                                     会社)   代表取締役就任
                               平成26年8月      ナースコール株式会社         代表取締役
                                     就任
                               平成29年1月      当社代表取締役社長就任(現任)
                               平成10年10月      太田昭和監査法人(現・EY新日本有
                                     限責任監査法人)       入所
                               平成18年4月      Avantec   Vascular    Corp.   CEO
                               平成22年4月      グッドマン株式会社入社          執行役員
                               平成25年7月      Reed  Exhibition     Japan   Ltd.    CFO
     常務取締役      管理本部長      加藤 晋一郎      昭和49年9月24日生                            (注)3        -
                               平成27年9月      ナースコール株式会社入社           執行役
                                     員管理本部長
                               平成28年3月      同社取締役就任      常務執行役員管理
                                     本部長
                               平成29年1月      当社常務取締役就任        管理本部長
                                     (現任)
                               昭和59年4月      株式会社グリーンハウス入社
                               平成3年3月      株式会社MMPG総研入社           主任研
                                     究員
                               平成11年9月      株式会社メタボリック         常務取締役
                                     就任
                               平成15年7月      医療法人社団祥和会入職          事務長
                               平成20年4月      株式会社ジャパンケアサービス入社
                                     管理本部長
                               平成23年6月      株式会社ジャパンケアサービスグ
     取締役      内部監査室長      稲津 隆夫     昭和35年7月12日生                            (注)3        -
                                     ループ   常勤監査役就任
                               平成25年4月      株式会社ジャパンケアブレーン            代
                                     表取締役就任
                               平成27年7月      ナースコール株式会社入社           経営企
                                     画本部長
                               平成28年1月      同社執行役員就任       経営企画本部長
                               平成29年1月      当社取締役就任      事業企画室長
                               平成29年8月      当社取締役就任      内部監査室長(現
                                     任)
                                  71/195







                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                               平成7年4月      株式会社GOスペースデザインオフィ
                                     ス 入社
                               平成10年9月      株式会社PDC     入社
                               平成13年9月      株式会社日本エル・シー・エー            入
                                     社
                               平成16年6月      株式会社ケア・リンク         取締役開発
                                     本部長就任
                               平成17年6月      同社  取締役就任     運営本部長
     取締役      事業開発室長       洪 雄吾     昭和47年5月11日生                            (注)3        -
                               平成18年10月      株式会社エヌ・ビー・ラボ設立            常
                                     務取締役就任      管理本部長
                               平成24年10月      同社常務取締役就任        運営本部長
                               平成26年6月      HITOWAケアサービス株式会社            入社
                               平成28年5月      同社取締役就任
                               平成29年5月      同社取締役就任      開発部長
                               平成30年10月      当社取締役就任      事業開発室長(現
                                     任)
                               平成11年4月      株式会社野村総合研究所入社
                               平成19年11月      J-STAR株式会社入社(現任)
     取締役      -       荒川 暁     昭和49年10月31日生                            (注)3        -
                               平成26年8月      ナースコール株式会社         取締役就任
                               平成29年1月      当社取締役就任(現任)
                               昭和62年4月      淀川キリスト教病院入職
                               平成6年4月      昭和大学病院入職
                               平成16年9月      聖路加看護大学臨床教授就任
                               平成18年9月      オフィス梅田開設       代表就任
     取締役      -       梅田 恵     昭和40年5月8日生        平成21年4月      株式会社緩和ケアパートナーズ設立              (注)3        -
                                     代表取締役就任
                               平成26年11月      昭和大学大学院保健医療学研究科
                                     教授就任(現任)
                               平成29年4月      当社取締役就任(現任)
                               昭和45年4月      京セラ株式会社入社
                               昭和61年9月      テンプスタッフ株式会社入社
                               昭和63年6月      同社取締役就任
                               平成6年4月      株式会社ニチイ学館入社
                               平成6年6月      同社取締役就任
                               平成16年8月      株式会社シグマスタッフ          代表取締
                                     役就任
                               平成18年6月      株式会社ヒューマントラスト            代表
                                     取締役就任
                               平成21年10月      ニスコムビジネスサポート株式会社
     常勤監査役      -      本田 凛太郎      昭和22年3月6日生                            (注)4        -
                                     (現・エボルバビジネスサポート株
                                     式会社)代表取締役就任
                               平成24年10月      カイロス・アンド・カンパニー株式
                                     会社  取締役就任
                               平成26年6月      エン・ジャパン株式会社          非常勤監
                                     査役就任
                               平成28年8月      職業訓練法人キャリアバンク職業訓
                                     練協会   理事就任(現任)
                               平成29年1月      当社常勤監査役就任(現任)
                               平成3年10月      中央新光監査法人入所
                               平成9年1月      株式会社ジャフコ入社
     監査役      -       林 高史     昭和41年10月27日生                            (注)4        -
                               平成17年3月      林公認会計士事務所開設(現任)
                               平成29年1月      当社監査役就任(現任)
                               平成9年4月      株式会社ユーラシア旅行社入社
                               平成12年5月      テンプスタッフ株式会社入社
                               平成22年8月      弁護士登録
     監査役      -      加藤 由美     昭和50年3月13日生                            (注)4        -
                                     アレグレット法律事務所入所(現
                                     任)
                               平成30年3月      当社監査役就任(現任)
                              計                           200,000
      (注)1.取締役荒川暁、梅田恵は、社外取締役であります。
         2.監査役林高史、加藤由美は、社外監査役であります。
                                  72/195


                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3.取締役の任期は、平成30年11月22日開催の臨時株主総会終結時から、2年以内に終了する事業年度のうち最
           終のものに関する定時株主定時株主総会終結の時までであります。
         4.監査役の任期は、平成30年11月22日開催の臨時株主総会終結時から、4年以内に終了する事業年度のうち最
           終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
         5.当社は、平成31年3月29日開催予定の定時株主総会の選任議案として、平成31年1月21日開催の取締役会に
           おいて、三重野真氏を取締役候補者とする決議を行いました。取締役候補者三重野真氏の略歴は次のとおり
           です。
       役名      職名      氏名      生年月日                    略歴

                               昭和62年4月      セコム株式会社入社

                               平成15年9月      ベジフルーツ株式会社(セコム株式会社の100%子会社)
                                      代表取締役就任
     取締役      -      三重野 真      昭和39年10月31日生
                               平成17年4月      株式会社荒井商店(セコム株式会社の100%子会社)                     取締
                                     役シニア事業本部長就任
                                     株式会社アライブメディケア(株式会社荒井商店の100%子
                                     会社)専務取締役就任
                                  73/195















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         取締役の業務執行の適正性につき、監査役による会計監査と業務監査などを適時実施しております。監査役会は
        月1回以上開催され、監査役は基本的に社外出身者から構成されております。あわせて社外取締役を置くことで、
        取締役会のガバナンスを強化しております。
         ① 企業統治の体制

          イ 企業統治の体制の概要
            当社グループは、会社法に規定する機関として取締役会、監査役会、会計監査人を設置するとともに、当
           社グループの事業方針を決定する経営戦略会議を毎月1回以上開催しております。
           (a) 取締役会

             当社の取締役会は、社内取締役4名、社外取締役2名で構成され、当社の業務執行を決定し、取締役の
            職務を監督する権限を有しております。社内取締役は、代表権を持つ代表取締役、管理部門、内部監査、
            事業開発の責任者をそれぞれ1名ずつ置いております。社外取締役には、当社の属するホスピス業界への
            深い造詣を有する者のみならず、ビジネスそのものについての理解と経験を有した人物を選任すること
            で、広い視野に基づいた経営意思決定と社外からの経営監視を可能とする体制の構築を推進しておりま
            す。
             なお、取締役会は基本的に月1回以上開催され、取締役会を構成するメンバーは全員出席しておりま
            す。
           (b) 監査役会

             監査役会は、常勤監査役1名、社外監査役2名で構成され、ガバナンスのあり方とその運営状況を監視
            し、取締役の職務執行を含む日常的活動の監査を行っております。社外監査役は公認会計士などであり、
            それぞれの職業倫理の観点より経営監視を実施することとしております。
             また、監査役は、株主総会や取締役会への出席や、取締役・従業員・会計監査人からの報告収受など法
            律上の権利行使のほか、常勤監査役は、重要な経営会議への出席や事業所への往査など実効性のあるモニ
            タリングに取り組んでおります。監査役は、基本的に社外出身者から構成されており、企業経営や会計に
            知識と経験を有する人物を株主総会で選任しております。
             なお、監査役会は基本的に月1回以上開催され、監査役会を構成するメンバーは全員出席しておりま
            す。監査役会開催後は、監査役会議事録を作成し、その内容については、適時取締役会に報告すること
            で、業務改善を促しております。
           (c) 会計監査人

             当社は、太陽有限責任監査法人と監査契約を締結し、独立の立場から会計監査を受けております。
           (d) 経営戦略会議

             経営戦略会議は、当社グループの経営上の課題を共有し、対策や検討を行うことを目的として、月1回
            以上、当社の取締役と、連結子会社の代表取締役全員が集まる形式で開催しています。業務上の協議必要
            事項については、会議前に項目を共有し、会議当日は協議に徹底することが出来るよう工夫しておりま
            す。また、会議結果については、出席者全員で共有し、進捗管理を行っております。
                                  74/195






                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社のコーポレート・ガバナンスの体制を図示しますと、以下の通りであります。
          ロ 当該体制を採用する理由









           当社グループでは、コーポレート・ガバナンスの仕組みは、その時点での会社の目的達成に最適と思われる
          仕組みを採用することとしています。従って、社会環境・法的環境の変化に伴って適宜見直していくこととし
          ております。
           当社は、社外監査役を含めた監査役による経営の監視及び監督機能を適切に機能させることで、経営の健全
          性と透明性を確保しております。また、取締役会による業務執行の決定と経営の監視及び監督機能を向上させ
          るため社外取締役を選任しております。当社は、社外取締役による業務執行から独立した監視及び監督機能
          と、監査役並びに監査役会による当該機能を中心としたガバナンス体制が適切であると判断しており、監査役
          会設置会社を選択しております。
          ハ その他の企業統治に関する事項

           ・内部統制システムの整備の状況
            当社は「内部統制システム構築の基本方針」を定め、当該方針に基づき各種社内規程等を整備するととも
           に、規程等遵守の徹底を図り内部統制システムが有効に機能する体制づくりに努めております。その他、役
           職員の職務遂行に対し、監査役及び内部監査担当者がその業務執行を監視し、随時必要な監査手続きを実施
           しております。
           (a) 取締役、使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

             取締役に対しては、各監査役及び監査役会が職務執行を法令及び定款と照らして監視を行うとともに、
            決裁審議において非適合の事象を確認の際は、意見を行い、執行前に防止する体制となっております。
             使用人に対しては、法令遵守マニュアルを定め、この運用を行っております。また、定款に適合しない
            行為が発生することを防止するため、決裁権限を職務権限規程で定め、執行前の段階で稟議等による審査
            を受けなければ執行できない体制としております。
           (b) 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

             執行に係る情報については、職務権限規程に基づき、稟議書が作成され、当該稟議書は文書管理規程に
            て、その重要度に応じて、保存されております。この書類の管理は、職務分掌規程にて、管理本部が行っ
            ております。
                                  75/195



                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (c) 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
             損失の危険の管理に関する規程は、現段階において制定されておりませんが、当社役員及び関係会社の
            代表取締役で構成されている経営戦略会議において、リスクの洗い出しとその評価を行い、その対応策を
            検討・実施決定を図っております。また、未知の新たなリスクについては、その事象及び確認されている
            リスクが顕在化あるいはその兆候が発生した折りには、当社役員及び関係会社の代表取締役は当会議に報
            告し、現状対応策における不足の有無を確認し、不足の有る場合は、その対処を検討・実施する体制と
            なっております。
           (d) 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

             中期経営計画及び単年度計画を策定し、適正に経営管理を行う体制としております。
             現在は、取締役の効率性が損なわれる状況とはなっておりませんが、今後の事業拡大に伴い、取締役会
            の決議数が増加する等が予測されるため、一定の事項の決定等を委任する体制に移行していくことを前提
            に、経営戦略会議を設置しております。
           (e) 当社並びに関係会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

             内部監査室を設置するとともに、内部監査規程を設けて業務の適正を確保しております。内部監査室
            は、被監査部門から独立した部門として、監査の事務を司る部門としております。
             当該部門は、内部監査規程に基づき監査を行い、その結果を代表取締役及び監査役会に報告します。
           (f) 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び

              その使用人の取締役からの独立性に関する事項
             監査役が補助すべき使用人を置くことを求めた場合は、監査役補助員として使用人を置くこととしま
            す。
             当該使用人は、監査役の指示によりその業務を行うこととします。
             当該使用人の人事考課・異動その他の人事に関する事項の決定は、事前に常勤監査役の同意を得ること
            により、当該使用人の独立性を確保することとします。
           (g) 取締役及び使用人が監査役に報告するための体制及びその他監査役への報告に関する体制

             代表取締役及び取締役は、取締役会その他の監査役が出席する重要な会議において、随時その職務の執
            行状況等を速やかに報告することとしております。
             取締役及び使用人は当社に著しい損害を及ぼす事実、不正行為、又は法令に違反する重大な事実を発見
            したときは、当該事実について監査役に速やかに報告することとしております。
           (h) その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

             監査役は、監査を実行的に行うために必要と判断した時は、取締役及び使用人に対し職務の執行状況に
            ついて報告をいつでも求めることができます。報告を求められた取締役及び使用人は、その求めに応じて
            速やかに報告しなければならない体制としております。
             監査役は取締役会のほか、重要な会議と監査役が判断した会議には出席をし、必要に応じて意見を述べ
            ることができるとともに、議事録その他の関係書類を閲覧できるものとしております。
           (i) 現状において明らかになった課題・改善点

             現状において明らかになっている具体的な課題・改善点はありませんが、内部統制システムが有効に機
            能する体制を構築するため、随時改善してまいります。
           (j) 財務報告の信頼性を確保するための体制

             財務報告の信頼性を確保するために、代表取締役の指示のもと、金融商品取引法に規定された財務報告
            に係る内部統制が有効に行われる体制を構築し、その仕組みが適正に機能することを継続的に評価し、不
            備があれば必要な是正を行っております。
                                  76/195




                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (k) 反社会的勢力との取引排除に向けた基本的考え方及びその整備状況
             当社グループは、社会の秩序、企業の健全な事業活動の脅威となる反社会的な団体・個人とは一切の関
            係を持たず、一切の利益を供与しません。公益財団法人暴力団追放運動推進都民センター、神奈川県暴力
            追放推進センター及び公益財団法人暴力追放愛知県民会議に加盟しており、各団体の会報、各団体が主催
            する研修会等への参加・最新情報の収集を行っていくことを予定しております。また、不当要求等が生じ
            た場合は、顧問弁護士、所轄警察署、公益社団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会等と連携して適切
            な措置を講じていきます。
           ・リスク管理体制の整備の状況

            当社は、各事業子会社がリスク評価を行いその結果を各代表取締役が親会社である当社の取締役会にて報
           告する体制を構築すべく、整備を行っております。
            また、顕在化しつつあるリスクについては、その予兆・兆候が確認された段階で、当社取締役及び各事業
           子会社代表取締役が取締役会に報告しております。報告を受けた取締役会では、リスクの事象実態・リスク
           測定の在り方・リスクへの対処方法の適正を確認し、その実施の可否を決裁することにより、リスク管理を
           行っております。
          ニ 責任限定契約の内容の概要

            当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監
           査役との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約
           に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める限度額の範囲内としております。なお、当該責任限定が認め
           られるのは、当該取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)または監査役が責任の原因となった職務
           の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
         ② 内部監査及び監査役監査

           当社は、業務執行の適法性・効率性を確保するために、通常の業務から独立した機関として代表取締役社長
          直轄の内部監査室を設け、専任者1名が当社及び子会社の全業務について「内部監査規程」に基づいて内部監
          査を実施しております。内部監査担当者及び監査役は、必要に応じ情報交換、意見交換を行っております。ま
          た、監査役、内部監査担当者及び会計監査人は、定期的に開催する報告会等で情報共有を図っており、監査上
          の問題点の有無や今後の課題に関して意見交換等を随時行っております。
           監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名)で構成され、月1回の定時監査役会に加え、重要な決議事
          項が発生した場合には、必要に応じ臨時監査役会を開催しております。監査役監査は、常勤監査役と非常勤監
          査役で連携し、「監査役規程」に基づき監査計画を分担して監査活動を行っております。
         ③ 会計監査の状況

           当社は、太陽有限責任監査法人と監査契約を締結し、会計監査を受けております。当社の監査業務を執行し
          た公認会計士は、佐藤健文氏、柴田直子氏であり、継続監査年数が7年を超える者はおりません。なお、会計
          監査に係る補助者は公認会計士5名であります。
           監査役会は、会計監査人から会計監査内容について説明を受けるとともに、情報の交換を行うなど連携を
          図っております。
         ④ 社外取締役及び社外監査役

           当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。
           社外取締役及び社外監査役と当社との間に、人的関係、資本的関係、取引関係及びその他の利害関係はあり
          ません。
           社外取締役荒川暁は、企業経営に関する幅広い知識と経験から、当社の社外取締役としての職務を遂行可能
          と判断し、選任しております。社外取締役梅田恵は、看護に関する幅広い知識と経験から、当社の社外取締役
          としての職務を遂行可能と判断し、選任しております。
           社外監査役林高史及び加藤由美は、公認会計士並びに弁護士としての専門的な知識と幅広い経験から、当社
          の社外監査役としての職務を適切に遂行可能と判断し、選任しております。
           当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針として明確に定めたもの
          はありませんが、選任に当たっては、経歴や当社との関係性を踏まえて、当社経営陣からの独立した立場で社
          外役員としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断しております。
                                  77/195



                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ⑤ 取締役会で決議できる株主総会決議事項
          (中間配当)
           当社は、取締役会の決議によって、毎年6月30日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主又は登録株式
          質権者に対し、会社法第454条第5項に定める中間配当をすることができる旨を定款で定めております。これ
          は、株主への安定的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
          (取締役及び監査役の責任免除)

           当社は、取締役及び監査役が期待される役割を十分に発揮できることを目的として、会社法第426条第1項
          の規定により、取締役会の決議によって、同法第423条第1項に規定する取締役(取締役であったものを含
          む。)及び監査役(監査役であったものを含む。)の損害賠償責任を法令の限度において免除することができる
          旨を定款に定めております。
          (自己株式の取得)

           当社は、企業環境の変化に応じた機動的な経営を可能にするため、会社法第165条第2項の規定により、取
          締役会の決議によって、市場取引等により自己株式の取得を行うことができる旨を定款に定めております。
         ⑥ 取締役の定数

           当社の取締役は、10名以内とする旨を定款で定めております。
         ⑦ 取締役の選任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
          株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらないものとする旨を定款で定めており
          ます。
         ⑧ 株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める決議について、定款に別段の定めがある場合を除き、議決権を行使
          することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行
          う旨を定款で定めております。
           これは、株主総会における特別決議定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的
          とするものであります。
                                  78/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑨ 役員の報酬等
         イ   提出会社の     役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                  報酬等の総
         役員区分         額
                                                    役員の員数
                                ストック
                          基本報酬              賞与     退職慰労金
                   (千円)
                                                     (人)
                                オプション
     取締役
                     41,000       41,000         -       -       -       3
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                     3,600       3,600        -       -       -       1
     (社外取締役を除く。)
     社外取締役                 450       450       -       -       -       1
     社外監査役                2,400       2,400        -       -       -       1

         ロ 提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

           報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
         ハ 使用人兼役員の使用人給与のうち、重要なもの

           該当事項はありません。
         ニ 役員報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針及び決定方法

           当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりませんが、株主総会において決
           議された報酬の限度内で、取締役については取締役会の決議により決定し、監査役については監査役の協議
           により決定しております。
                                  79/195













                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                  最近連結会計年度の前連結会計年度                           最近連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
        提出会社              4,500             -          8,400             -

       連結子会社                -           -           -           -

         計            4,500             -          8,400             -

      (注)当社は平成29年1月4日に単独株式移転によりナースコール株式会社の完全親会社として設立し、当連結会計年
         度が第1期となるため、最近連結会計年度の前連結会計年度の監査証明業務に基づく報酬は、ナースコール株式
         会社より支払われた報酬を記載しております。
        ②【その他重要な報酬の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

         監査報酬の決定方針は特に定めておりませんが、当社の事業規模、監査日数及び業務の特性等を勘案して、監査
         法人との協議の上で、監査役会の同意を踏まえて報酬額を決定しております。
                                  80/195










                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)に基づいて作成しております。
       (3)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
      2.監査証明について

       (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当連結会計年度(平成29年1月1日から平成29年12
        月31日まで)の連結財務諸表及び当事業年度(平成29年1月4日から平成29年12月31日まで)の財務諸表について、
        太陽有限責任監査法人により監査を受けております。
       (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年7月1日から
        平成30年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半
        期連結財務諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みとして、会計基準等の内容を適切に把握し、会計基
       準等の変更等について的確に対応出来る体制を整備するため、専門的情報を有する団体等が主催する各種セミナー等
       に参加しております。
                                  81/195













                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
          当社は、平成29年1月4日設立であり、当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)に
         係る情報のみ記載しております。
                                     (単位:千円)
                                  当連結会計年度
                                (平成29年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        426,827
         現金及び預金
                                        360,700
         売掛金
                                         4,586
         繰延税金資産
                                         14,719
         その他
                                        806,833
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物                               24,816
                                         7,649
          機械装置及び運搬具
                                         48,011
          工具、器具及び備品
                                       1,583,539
          リース資産
                                         19,627
          建設仮勘定
                                       △ 122,214
          減価償却累計額
                                       1,561,429
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        677,543
          のれん
                                         1,208
          その他
                                        678,751
          無形固定資産合計
                                        130,095
         投資その他の資産
                                       2,370,276
         固定資産合計
                                       3,177,110
       資産合計
                                  82/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                     (単位:千円)

                                  当連結会計年度
                                (平成29年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       ※2 148,300
         短期借入金
                                        ※1 96,504
         1年内返済予定の長期借入金
                                         23,100
         リース債務
                                         39,978
         未払金
                                        115,616
         未払費用
                                         80,289
         預り金
                                         2,675
         未払法人税等
                                         11,165
         賞与引当金
                                         42,147
         その他
                                        559,778
         流動負債合計
       固定負債
                                       ※1 740,897
         長期借入金
                                       1,558,059
         リース債務
                                        104,131
         その他
         固定負債合計                               2,403,087
                                       2,962,865
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        100,000
         資本金
                                        457,806
         資本剰余金
                                       △ 349,328
         利益剰余金
                                        208,478
         株主資本合計
                                         5,766
       新株予約権
                                        214,244
       純資産合計
                                       3,177,110
      負債純資産合計
                                  83/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                               当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        363,497
         現金及び預金
                                        482,191
         売掛金
                                         7,679
         繰延税金資産
                                         58,691
         その他
                                        912,060
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         84,417
          建物及び構築物
                                         11,292
          機械装置及び運搬具
                                         60,598
          工具、器具及び備品
                                       1,583,539
          リース資産
                                       △ 174,770
          減価償却累計額
                                       1,565,077
          有形固定資産合計
         無形固定資産
          のれん                              635,639
                                         5,927
          その他
                                        641,566
          無形固定資産合計
                                        184,910
         投資その他の資産
                                       2,391,555
         固定資産合計
                                       3,303,615
       資産合計
                                  84/195












                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                     (単位:千円)

                               当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        109,704
         1年内返済予定の長期借入金
                                         24,310
         リース債務
                                         39,632
         未払金
                                        175,094
         未払費用
                                         89,637
         預り金
                                         33,762
         未払法人税等
                                         27,028
         賞与引当金
                                         33,975
         その他
                                        533,145
         流動負債合計
       固定負債
                                        800,259
         長期借入金
                                       1,539,489
         リース債務
                                        104,635
         その他
                                       2,444,383
         固定負債合計
                                       2,977,528
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        100,000
         資本金
                                        457,806
         資本剰余金
                                       △ 237,486
         利益剰余金
                                        320,320
         株主資本合計
                                         5,766
       新株予約権
                                        326,086
       純資産合計
                                       3,303,615
      負債純資産合計
                                  85/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
          当社は、平成29年1月4日設立であり、当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)に
         係る情報のみ記載しております。
                                     (単位:千円)
                                  当連結会計年度
                               (自 平成29年1月1日
                                至 平成29年12月31日)
                                       1,895,428
      売上高
                                       1,543,815
      売上原価
                                        351,613
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         65,500
       役員報酬
                                         52,017
       給料及び手当
                                           15
       賞与引当金繰入額
                                         14,698
       法定福利費
                                         37,548
       租税公課
                                         55,872
       のれん償却額
                                         76,233
       その他
                                        301,884
       販売費及び一般管理費合計
                                         49,728
      営業利益
      営業外収益
                                            2
       受取利息
                                         3,445
       助成金収入
                                           87
       その他
                                         3,535
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         92,209
       支払利息
                                         1,875
       その他
                                         94,085
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 40,821
      税金等調整前当期純損失(△)                                  △ 40,821
                                         2,676
      法人税、住民税及び事業税
                                         16,992
      法人税等調整額
                                         19,668
      法人税等合計
      当期純損失(△)                                  △ 60,490
      親会社株主に帰属する当期純損失(△)                                  △ 60,490
                                  86/195









                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【連結包括利益計算書】
           当社は、平成29年1月4日設立であり、当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
          に係る情報のみ記載しております。
                                     (単位:千円)
                                  当連結会計年度
                               (自 平成29年1月1日
                                至 平成29年12月31日)
                                        △ 60,490
      当期純損失(△)
                                        △ 60,490
      包括利益
      (内訳)
                                        △ 60,490
       親会社株主に係る包括利益
                                  87/195

















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
          【四半期連結損益計算書】
           【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成30年1月1日
                                至 平成30年9月30日)
                                       2,119,015
      売上高
                                       1,707,395
      売上原価
                                        411,620
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         52,078
       役員報酬
                                         57,195
       給料及び手当
                                         1,150
       賞与引当金繰入額
                                         14,515
       法定福利費
                                         4,767
       租税公課
                                         41,904
       のれん償却額
                                         79,809
       その他
                                        251,421
       販売費及び一般管理費合計
                                        160,198
      営業利益
      営業外収益
                                           153
       受取利息
                                         1,013
       助成金収入
                                           81
       その他
                                         1,248
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         83,508
       支払利息
                                         83,508
       営業外費用合計
                                         77,938
      経常利益
      特別利益
                                        ※ 65,000
       受取負担金
                                         65,000
       特別利益合計
                                        142,938
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   34,189
                                        △ 3,093
      法人税等調整額
                                         31,096
      法人税等合計
                                        111,842
      四半期純利益
                                        111,842
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                  88/195








                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【四半期連結包括利益計算書】
           【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成30年1月1日
                                至 平成30年9月30日)
                                        111,842
      四半期純利益
                                        111,842
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        111,842
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                  89/195

















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【連結株主資本等変動計算書】
           当社は、平成29年1月4日設立であり、当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
          に係る情報のみ記載しております。
          当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
                                                (単位:千円)
                           株主資本
                                            新株      純資産
                         資本      利益     株主資本
                                            予約権       合計
                  資本金
                         剰余金      剰余金       合計
     当期首残高
                    62,500      165,420     △ 288,838      △ 60,918       1,360     △ 59,558
     当期変動額
      新株の発行
                   160,000       90,000        -    250,000        -    250,000
      減資
                   △ 160,000      160,000        -      -      -      -
      株式移転による増減
                    37,500     △ 37,500        -      -      -      -
      株式交換による増加
                      -     79,886        -     79,886        -     79,886
      親会社株主に帰属する
      当期純損失(△)               -      -    △ 60,490     △ 60,490        -    △ 60,490
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)               -      -      -      -     4,406      4,406
     当期変動額合計
                    37,500      292,386      △ 60,490      269,396       4,406     273,803
     当期末残高
                   100,000      457,806     △ 349,328      208,478       5,766     214,244
                                  90/195













                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
          当社は、平成29年1月4日設立であり、当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)に
         係る情報のみ記載しております。
                                     (単位:千円)
                                  当連結会計年度
                               (自 平成29年1月1日
                                至 平成29年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純損失(△)                                 △ 40,821
                                         56,229
       減価償却費
                                         55,872
       のれん償却額
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 13,396
                                           △ 2
       受取利息
                                         92,209
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 154,321
       未払金の増減額(△は減少)                                  10,501
       未払費用の増減額(△は減少)                                  17,263
       預り金の増減額(△は減少)                                  19,571
                                         46,272
       その他
                                         89,377
       小計
                                            2
       利息の受取額
                                        △ 83,667
       利息の支払額
                                        △ 1,044
       法人税等の支払額
                                         4,667
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 71,330
       有形固定資産の取得による支出
                                        235,891
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 928
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 27,036
       差入保証金の差入による支出
                                         5,318
       差入保証金の回収による収入
                                        141,915
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         78,300
       短期借入金の借入れによる収入
                                       △ 130,000
       短期借入金の返済による支出
                                         40,000
       長期借入金の借入れによる収入
                                       △ 260,744
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 15,964
       リース債務の返済による支出
                                        250,000
       株式の発行による収入
                                         4,406
       新株予約権の発行による収入
                                        △ 34,001
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   112,581
      現金及び現金同等物の期首残高                                   235,290
                                        ※2 78,955
      株式交換による現金及び現金同等物の増加額
                                       ※1 426,827
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  91/195







                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
           当社は、平成29年1月4日設立であり、当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
          に係る情報のみ記載しております。
          当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)

           1.連結の範囲に関する事項
            すべての子会社を連結しております。
             連結子会社の数 3社
             連結子会社の名称
              ナースコール株式会社
              カイロス・アンド・カンパニー株式会社
              カイロス東京株式会社
               カイロス東京株式会社は、平成29年7月1日を効力発生日とする株式交換により、当連結会計年度
              より連結子会社となりました。
           2.持分法の適用に関する事項

            該当事項はありません。
           3.連結子会社の事業年度等に関する事項

            すべての連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
           4.会計方針に関する事項

            (1)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
             ① 有形固定資産(リース資産を除く)
               定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除
              く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法を採用してお
              ります。また、取得価額30万円未満の減価償却資産については、取得時に費用処理しております。
               なお、主な耐用年数については以下のとおりであります。
               建物及び構築物         3~15年
               工具、器具及び備品       2~15年
             ② 無形固定資産(リース資産を除く)

               定額法を採用しております。
               ソフトウエア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(主として5年)に基づく定
              額法を採用しております。
             ③ リース資産

               所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
            (2)  重要な引当金の計上基準

              賞与引当金
               従業員に対する賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当連結会計年度負担額を計上しており
              ます。
            (3)  のれんの償却方法及び償却期間

              20年以内の合理的な年数で定額法により償却しております。
            (4)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

              手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
             スクしか負わない取得日から3カ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
                                  92/195



                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (5)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
              消費税等の会計処理
               税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は当連結会計年度の費用として処理して
              おります。
         (追加情報)

          当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
          (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当
          連結会計年度から適用しております。
         (連結貸借対照表関係)

          ※1 財務制限条項
           当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
            長期借入金(1年内返済予定を含む)のうち、780,540千円には、当社の子会社であるナースコール株式
           会社の単体の財務諸表において次の財務制限条項が付されております。
            (1) 平成28年12月期決算期以降の各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表における純資産の部
               の金額を前年同期比75%以上に維持する。
            (2) 平成28年12月期決算期以降の各年度の決算期における単体の損益計算書に示される経常損益が2期
               連続して損失とならないようにする。
          ※2 当社グループは、運転資金の効率的な調達を行うため金融機関との間で当座貸越契約を締結しておりま

            す。この契約に基づく当連結会計年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高等は次のとおりであ
            ります。
                                当連結会計年度
                              (平成29年12月31日)
             当座貸越極度額                        150,000千円
             借入実行残高                        148,300
             差引額                         1,700
                                  93/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                     当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                        株式数         増加株式数          減少株式数           株式数
                        (株)          (株)          (株)          (株)
      発行済株式
       普通株式 (注)

                           5,834          1,260           -        7,094
         合計

                           5,834          1,260           -        7,094
      (注)   普通株式の株数の増加の内訳は次のとおりであります。
          株式交換による新株の発行による増加  760株
          有償第三者割当増資による増加     500株
           2.自己株式の種類及び株式数に関する事項

            該当事項はありません。
           3.新株予約権に関する事項

                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる株                              年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          式の種類                             (千円)
                                 年度期首      年度増加      年度減少      年度末
            ストック・オプションとして
      提出会社                        -       -       -       -       -      5,766
            の新株予約権
               合計               -       -       -       -       -      5,766
           4.配当に関する事項

            該当事項はありません。
                                  94/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
           現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表の現金及び預金勘定の金額は一致しております。
          ※2 株式交換により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

          当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
           株式交換により新たにカイロス東京株式会社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに
          株式交換による現金及び現金同等物増加額との関係は次のとおりです。
          流動資産                                   125,540千円
          固定資産                                   345,344
           資産合計
                                             470,885
          流動負債
                                             △75,013
          固定負債                                  △315,984
           負債合計
                                            △390,998
           株式の取得価額
                                              79,886
           株式交換による株式の交付価額                                 △79,886
          現金及び現金同等物                                   78,955
           差引:株式交換による現金及び現金同等物の増加額
                                              78,955
          3  重要な非資金取引の内容

          株式交換による資本剰余金増加額
                                    当連結会計年度
                                 (自 平成29年1月1日
                                  至 平成29年12月31日)
          株式交換による資本剰余金増加額                                79,886千円
                                  95/195












                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (リース取引関係)
          当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
           (借主側)
            1.ファイナンス・リース取引
             所有権移転外ファイナンス・リース取引
             ① リース資産の内容
              有形固定資産
               主として、在宅ホスピス事業におけるホスピス施設であります。
             ② リース資産の減価償却の方法

               連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (1)重要な減価償
              却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
                                  96/195

















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
          当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)  金融商品に対する取組方針
              当社グループは、事業計画に基づき、所要資金を金融機関からの借入により調達しております。余剰
             資金については、安全性の高い金融資産である預金等で運用を行っております。デリバティブ取引等は
             行っておりません。
            (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

              営業債権である売掛金は、主に健康保険制度及び介護保険制度に基づく債権であり、その大半が国民
             健康保険団体連合会等の公的機関に対する債権であるためリスクは僅少であります。それ以外の売掛金
             は顧客の信用リスクに晒されておりますが、取引ごとの期日管理及び残高管理を行い、リスク軽減を
             図っております。
              差入保証金は、主に賃貸借契約に係るものであり、差し入れ先の信用リスクに晒されております。当
             該リスクについては、差し入れ先の信用状況を定期的に把握することを通じて、リスクの軽減を図って
             おります。
              営業債務である未払金、未払費用、預り金等は、1年以内の支払期日であります。借入金は組織再編
             における買収費用に係る資金調達や、設備投資に係る資金調達を主な目的としたものであります。
              また、営業債務や借入金は、流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)に晒され
             ていますが、各部署からの報告に基づき、財務経理部が適時に資金繰表を作成・更新すること等によ
             り、流動性リスクを管理しております。
            (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を
             採用することにより、当該価額が変動することもあります。
                                  97/195












                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
            することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)  現金及び預金
                                426,827            426,827              -
      (2)  売掛金
                                360,700            360,700              -
       資産計                         787,527            787,527              -

      (1)  短期借入金

                                148,300            148,300              -
      (2)  未払金
                                 39,978            39,978              -
      (3)  未払費用
                                115,616            115,616              -
      (4)  預り金
                                 80,289            80,289              -
      (5)  未払法人税等
                                 2,675            2,675             -
      (6)  長期借入金(1年内返済予定を含
                                837,401            837,417              16
        む)
      (7)  リース債務(1年内返済予定を含
                               1,581,159            1,552,948            △28,210
        む)
       負債計                        2,805,421            2,777,227            △28,194
      (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項
         資 産
          (1)  現金及び預金、(2)         売掛金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
         負 債

          (1)  短期借入金、(2)        未払金、(3)      未払費用、(4)       預り金、(5)      未払法人税等
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (6)  長期借入金(1年内返済予定を含む)

            長期借入金(1年内返済予定を含む)の時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定
           される利率で割り引いた現在価値により算定しております。なお、長期借入金のうち、変動金利によるもの
           については、短期間で市場金利を反映するため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によっ
           ております。
          (7)  リース債務(1年内返済予定を含む)

            リース債務(1年内返済予定を含む)の時価は、元利金の合計額を、新規に同様のリース取引を行った場
           合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。
                                  98/195






                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                     (単位:千円)
                                当連結会計年度

                 区分
                               (平成29年12月31日)
          差入保証金                             104,139

          賃借期間の延長可能な契約に係る差入保証金は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もるこ
         とが出来ず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価開示の対象としておりません。
        3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      426,827            -         -         -

      売掛金                      360,700            -         -         -
             合計               787,527            -         -         -

        4.長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      短期借入金              148,300          -       -       -       -       -

      長期借入金              96,504       96,120       92,797       89,520       89,520       372,940
      リース債務              23,100       24,558       25,994       27,528       29,168      1,450,811
                           120,678       118,791       117,048       118,688      1,823,751
          合計          267,904
                                  99/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (ストック・オプション等関係)
          当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
            該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                           第1回新株予約権(注)1                  第2回新株予約権(注)1
                                           当社取締役      1名
                                           当社従業員      1名
     付与対象者の区分及び人数                    当社取締役      2名
                                           子会社取締役     1名
                                           子会社従業員     1名
     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式             200,000株         普通株式             100,000株
     数 (注)3
     付与日                    平成28年6月16日                  平成28年6月16日
                         ①  新株予約権者は、平成30年12月期                 ①  新株予約権者は、新株予約権の権
                          から平成34年12月期までのいずれ                  利行使時においても、当社または
                          かの期の営業利益(監査済みの損                  当社関係会社の取締役、監査役ま
                          益計算書(連結財務諸表を作成し                  たは従業員であることを要する。
                          ている場合には連結損益計算書)                  ただし、任期満了による退任、定
                          に基づくものとする。)が310百                  年退職、その他正当な理由がある
                          万円を超過した場合、権利行使す                  と取締役会が認めた場合は、この
                          ることができる。                  限りではない。
                         ②  新株予約権者は、新株予約権の権                 ②  新株予約権者の相続人による本新
                          利行使時においても、当社または                  株予約権の行使は認めない。
                          当社関係会社の取締役、監査役ま                 ③  本新株予約権の行使によって、当
                          たは従業員であることを要する。
                                             社の発行済株式総数が当該時点に
                          ただし、任期満了による退任、定
     権利確定条件
                                             おける授権株式数を超過すること
                          年退職、その他正当な理由がある
                                             となるときは、当該本新株予約権
                          と取締役会が認めた場合は、この
                                             の行使を行うことはできない。
                          限りではない。
                                           ④  各本新株予約権1個未満の行使を
                         ③  新株予約権者の相続人による本新
                                             行うことはできない。
                          株予約権の行使は認めない。
                         ④  本新株予約権の行使によって、当
                          社の発行済株式総数が当該時点に
                          おける授権株式数を超過すること
                          となるときは、当該本新株予約権
                          の行使を行うことはできない。
                         ⑤  各本新株予約権1個未満の行使を
                          行うことはできない。
     対象勤務期間                    定めておりません。                  定めておりません。
                         平成31年1月1日から                  平成30年6月14日から
     権利行使期間
                         平成38年6月15日まで                  平成38年6月13日まで
      (注)1.ナースコール株式会社の平成28年6月6日の臨時株主総会における特別決議並びに平成28年6月13日の取締
           役会決議に基づいて発行した会社法に基づく新株予約権であり、平成29年1月4日付の単独株式移転により
           ナースコール株式会社第1回新株予約権者、第2回新株予約権者にそれぞれ割当交付されております。
         2.付与対象者の区分及び人数は、平成29年1月4日の単独株式移転により当社が設立された日時点のものであ
           ります。
         3.株式数に換算して記載しております。また、平成31年1月31日付株式分割(1株につき1,000株の割合)に
           よる分割後の株式数に換算して記載しております。
                                100/195



                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                             第3回新株予約権                  第4回新株予約権
                                           当社取締役      3名
                         当社取締役      3名
                                           当社従業員      1名
     付与対象者の区分及び人数                    当社監査役      1名
                                           子会社取締役     2名
                         子会社取締役     2名
                                           子会社従業員     1名
     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式             440,000株         普通株式             410,000株
     数 (注)
     付与日                    平成29年12月18日                  平成29年12月18日
                         ①  新株予約権者は、平成32年12月期                 ①  新株予約権者は、新株予約権の権
                          から平成35年12月期までのいずれ                  利行使時においても、当社または
                          かの期の営業利益(監査済みの損                  当社関係会社の取締役、監査役ま
                          益計算書(連結財務諸表を作成し                  たは従業員であることを要する。
                          ている場合には連結損益計算書)                  ただし、任期満了による退任、定
                          に基づくものとする。)が1,000                  年退職、その他正当な理由がある
                          百万円を超過した場合、権利行使                  と取締役会が認めた場合は、この
                          することができる。                  限りではない。
                         ②  新株予約権者は、新株予約権の権                 ②  新株予約権者の相続人による本新
                          利行使時においても、当社または                  株予約権の行使は認めない。
                          当社関係会社の取締役、監査役ま                 ③  本新株予約権の行使によって、当
                          たは従業員であることを要する。
                                             社の発行済株式総数が当該時点に
                          ただし、任期満了による退任、定
     権利確定条件
                                             おける授権株式数を超過すること
                          年退職、その他正当な理由がある
                                             となるときは、当該本新株予約権
                          と取締役会が認めた場合は、この
                                             の行使を行うことはできない。
                          限りではない。
                                           ④  各本新株予約権1個未満の行使を
                         ③  新株予約権者の相続人による本新
                                             行うことはできない。
                          株予約権の行使は認めない。
                         ④  本新株予約権の行使によって、当
                          社の発行済株式総数が当該時点に
                          おける授権株式数を超過すること
                          となるときは、当該本新株予約権
                          の行使を行うことはできない。
                         ⑤  各本新株予約権1個未満の行使を
                          行うことはできない。
     対象勤務期間                    定めておりません。                  定めておりません。
                         平成33年1月1日から                  平成31年12月15日から
     権利行使期間
                         平成39年12月17日まで                  平成39年12月14日まで
      (注)株式数に換算して記載しております。また、平成31年1月31日付株式分割(1株につき1,000株の割合)による
         分割後の株式数に換算して記載しております。
                                101/195







                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
              当連結会計年度(平成29年12月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・
             オプションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                     第1回新株予約権          第2回新株予約権          第3回新株予約権          第4回新株予約権
     権利確定前           (株)

      前連結会計年度末                   200,000          100,000             -          -

      付与                      -          -       440,000          410,000

      失効                      -          -          -          -

      権利確定                      -          -          -          -

      未確定残                   200,000          100,000          440,000          410,000

     権利確定後           (株)

      前連結会計年度末                      -          -          -          -

      権利確定                      -          -          -          -

      権利行使                      -          -          -          -

      失効                      -          -          -          -

      未行使残                      -          -          -          -

      (注)1.第1回新株予約権及び第2回新株予約権については、平成29年1月4日の単独株式移転によりナースコール
           株式会社新株予約権者に対し割当交付されております。
         2.平成31年1月31日付株式分割(1株につき1,000株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しており
           ます。
                                102/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                     第1回新株予約権          第2回新株予約権          第3回新株予約権          第4回新株予約権
     権利行使価格           (円)            250          250          500          500
     行使時平均株価           (円)            -          -          -          -

     付与日における公正な
                (円)            -          -          -          -
     評価単価
      (注)平成31年1月31日付株式分割(1株につき1,000株の割合)による分割後の価格に換算して記載しております。
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             ストック・オプション付与時点において、当社は株式を証券取引所に上場していないことから、ストッ
            ク・オプションの公正な評価単価の見積方法を本源的価値の見積によっております。当社株式の評価方法
            は、DCF方式によって算出した価格から総合的に勘案して決定しております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
            用しております。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本

             源的価値の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日にお
             ける本源的価値の合計額
             (1) 当連結会計年度末における本源的価値の合計額         75,000千円
             (2) 当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値
                の合計額  -千円
                                103/195












                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          当連結会計年度(平成29年12月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当連結会計年度
                                    (平成29年12月31日)
            繰延税金資産
             賞与引当金                             3,742千円
             未払事業税                              39
             税務上の繰越欠損金                            102,829
             その他                             1,036
            繰延税金資産小計
                                         107,647
                                        △103,060
            評価性引当額
            繰延税金資産合計                              4,586
           (注)繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

             流動資産―繰延税金資産                             4,586千円
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
              当連結会計年度は税金等調整前当期純損失であるため記載を省略しております。
                                104/195














                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (企業結合等関係)
          当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
          1.取得による企業結合
          (株式交換によるカイロス東京株式会社の連結子会社化)
          (1)  企業結合の概要
           ①  被取得企業の名称及び事業の内容
             カイロス東京株式会社(事業内容:在宅ホスピス事業)
           ②  企業結合の目的
              当社及びカイロス東京株式会社は、より質の高いケアサービスを提供するために、当社グループの事
             業子会社であるナースコール株式会社及びカイロス・アンド・カンパニー株式会社との間において、研
             修やノウハウの共有等の人的交流を推進すること、また経営資源の効率的な配分と成長を一層加速させ
             ることを目的として、本株式交換によりカイロス東京株式会社の株式の全てを取得し、カイロス東京株
             式会社を連結子会社としました。
           ③  企業結合日
             平成29年7月1日
           ④  企業結合の法的形式
             当社を株式交換完全親会社とし、カイロス東京株式会社を株式交換完全子会社とする株式交換
           ⑤  結合後企業の名称
             名称の変更はありません。
           ⑥  取得した議決権比率
             100%
           ⑦  取得企業を決定するに至った主な理由
             当社がカイロス東京株式会社の議決権の100%を取得し、完全子会社としたことによるものであります。
          (2)  連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間

             平成29年7月1日から平成29年12月31日まで
          (3)  被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

             取得の対価          企業結合日に交付した当社の普通株式の時価                           79,886千円
             取得原価                                    79,886
          (4)  株式の種類別の交換比率及びその算定方法並びに交付した株式数

           ①  株式の種類別の交換比率
             カイロス東京株式会社の普通株式1株に対して、当社の普通株式0.0507株を割当交付しております。
           ②  株式交換比率の算定方法
              当社は、独立した第三者算定機関である税理士法人安部会計から当社が提出を受けた株式交換比率の
             算定結果並びに当社及びカイロス東京株式会社の財務の状況、資産の状況、財務予測等の将来見通しを
             踏まえて、カイロス東京株式会社と慎重に協議を重ねた結果、最終的には上記株式交換比率が、税理士
             法人安部会計が算定した株式交換比率の算定結果のレンジ内であり、それぞれの株主の利益に資するも
             のであるとの判断に至り合意しました。
           ③  交付した株式数
             760株
          (5)  主要な取得関連費用の内容及び金額

             株式交換比率算定費用等                        250千円
          (6)  発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

             該当事項はありません。
                                105/195




                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (7)  企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
             流動資産                                   125,540千円
             固定資産                                   345,344
              資産合計
                                                 470,885
             流動負債
                                                △75,013
             固定負債                                  △315,984
              負債合計
                                                △390,998
          (8)  企業結合が連結会計年度の開始の日に完了した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影響の概

            算額及びその算定方法
              売上高                        147,227千円
              営業損失(△)                        △6,002
              経常損失(△)                        △18,097
            (概算額の算定方法)

              企業結合が連結会計年度の開始日に完了したと仮定して算出された売上高及び損益情報と、取得企業
             の連結損益計算書における売上高及び損益情報との差額を、影響の概算額としております。
              なお、当該注記は監査証明を受けておりません。
          2.共通支配下の取引等

          (単独株式移転による持株会社の設立)
          当社は平成29年1月4日に単独株式移転の方法により、ナースコール株式会社の完全親会社として設立されま
          した。
          (1)  取引の概要
           ①  対象となった事業の名称及び事業の内容
             事業の名称 グループ会社管理事業
             事業の内容 在宅ホスピス事業を行う当社グループ会社の経営管理及びそれに付帯する業務
           ②  企業結合    日
             平成29年1月4日
           ③  企業結合の法的形式
             当社を株式移転設立完全親会社、ナースコール株式会社を株式移転完全子会社とする単独株式移転
           ④  結合後の企業名称
             日本ホスピスホールディングス株式会社
           ⑤  企業結合の目的
              当社グループの属するホスピス業界は、地域ニーズに応じた柔軟かつ機動的な運営が求められ、また
             社会保障財源が限られている中、経営資源の効率的な配分を図ることが必要です。こうした環境のな
             か、戦略的かつ機動的な事業展開を行うためには、地域に根差した経営と、更なる事業責任の明確化が
             必要であると判断し、持株会社体制へ移行することを決定いたしました。
          (2)  実施した会計処理の概要

           「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                         平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及び事
          業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                                平成25年9月13日)に基づき、共通支
          配下の取引として処理しております。
                                106/195






                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
            当社グループは、在宅ホスピス事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略して
            おります。
          【関連情報】

           当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が、連結損益計算書の売上高の90%を超えている
             ため、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
             (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                           (単位:千円)
                   顧客の名称又は氏名                      売上高

                                              953,022
              愛知県国民健康保険団体連合会
                                              346,153
              神奈川県国民健康保険団体連合会
              (注)当社グループは、在宅ホスピス事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の記載

                 を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
            当社グループは単一セグメントであるため、記載を省略しています。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
            該当事項はありません。
                                107/195







                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【関連当事者情報】
          当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
           関連当事者との取引
            (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
             該当事項はありません。
            (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

             ①  連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                              議決権等の
                    資本金又     事業の内
          会社等の名                   所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
       種類          所在地    は出資金     容又は職               取引の内容            科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係           (千円)          (千円)
                         業
                    (千円)
                              (%)
                                        連結子会社
                                        の借入に対
                         当社代表     (被所有)     債務の被保
                                        する債務被
     役員     高橋 正       ―    ―                         56,861     -       -
                         取締役     直接 1.4     証
                                        保証(注)
                                        2
      (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.連結子会社カイロス・アンド・カンパニー株式会社の借入金について、当社の代表取締役である高橋正の債
           務保証を受けております。なお、当該債務被保証について保証料の支払いは行っておりません。また、取引
           金額は債務被保証の期末残高を記載しております。
             ②  連結財務諸表提出会社の連結子会社の役員及びその近親者等

                              議決権等の
                    資本金又     事業の内
                              所有(被所                取引金額          期末残高
          会社等の名                        関連当事者
       種類          所在地    は出資金     容又は職               取引の内容            科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係           (千円)          (千円)
                         業
                    (千円)
                              (%)
                                        連結子会社
                                        の借入に対
     連結子会社                    子会社代          債務の被保
          宮地 宗男                              する債務被
                  ―    ―          ―               48,813     -       -
     役員                    表取締役          証
                                        保証(注)
                                        2
      (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.連結子会社カイロス・アンド・カンパニー株式会社の借入金について、同連結子会社の代表取締役である宮
           地宗男の債務保証を受けております。なお、当該債務被保証について保証料の支払いは行っておりません。
           また、取引金額は債務被保証の期末残高を記載しております。
                                108/195










                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (1株当たり情報)
          当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
                                    当連結会計年度
                                  (自 平成29年1月1日
                                   至 平成29年12月31日)
           1株当たり純資産額                               29.38円

           1株当たり当期純損失金額(△)                              △9.70円

         (注)1.平成31年1月14日開催の取締役会決議により、平成31年1月31日付で普通株式1株につき1,000株の
               株式分割を行いましたが、当連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり
               純資産額及び1株当たり当期純損失金額を算出しております。
             2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非
               上場であり、期中平均株価が把握できないため、また、1株当たり当期純損失金額であるため記載
               しておりません。
             2.1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                        当連結会計年度
                                      (自 平成29年1月1日
                                       至 平成29年12月31日)
             1株当たり当期純損失金額(△)

              親会社株主に帰属する
                                            △60,490
              当期純損失金額(△)(千円)
                                               -
              普通株主に帰属しない金額(千円)
              普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                            △60,490
              当期純損失金額(△)(千円)
                                           6,230,000
              普通株式の期中平均株式数(株)
             希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1                       新株予約権4種類(新株予約権
             株当たり当期純利益金額の算定に含めなかった                       の数1,150個)。
             潜在株式の概要                       なお、新株予約権の概要は「第
                                     4 提出会社の状況、1 株式
                                     等の状況、(2) 新株予約権等の
                                     状況」に記載の通りでありま
                                     す。
                                109/195









                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
          当連結会計年度(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
          共通支配下の取引等
          (連結子会社の合併)
          1.取引の概要
           (1)  対象となった事業の名称及びその事業の内容
            ① 存続会社
              名称   :カイロス・アンド・カンパニー株式会社
              事業の内容:在宅ホスピス事業
            ② 消滅会社
              名称   :カイロス東京株式会社
              事業の内容:在宅ホスピス事業
           (2)  企業結合日
             平成30年2月1日
           (3)  企業結合の法的形式
             カイロス・アンド・カンパニー株式会社を吸収合併存続会社、カイロス東京株式会社を吸収合併消滅会
             社とする吸収合併
           (4)  結合後企業の名称
             カイロス・アンド・カンパニー株式会社
           (5)  その他取引の概要に関する事項
             経営資源の最適配置により、事業展開の拡大を図ることを目的としております。
          2.実施する会計処理の概要

            「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及び
           事業分離等会計基準に関する適用指針(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日)に基づき、共通
           支配下の取引として処理を行っております。
          (株式分割、単元株制度の採用)

           当社は、平成31年1月14日開催の取締役会決議に基づき、平成31年1月31日付をもって株式分割を行ってお
          ります。また、上記株式分割に伴い、平成31年1月31日開催の臨時株主総会決議に基づき、同日付で定款の一
          部を変更し単元株制度を採用しております。
          1.株式分割、単元株制度の採用の目的

            当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに1単元を
           100株とする単元株制度を採用いたします。
          2.株式分割の概要

           (1)  分割方法
             平成31年1月30日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、普通株式1株につき
             1,000株の割合をもって分割しております。
           (2)  分割により増加する株式数

             株式分割前の発行済株式総数                                7,094株
             今回の分割により増加する株式数                      7,086,906株
             株式分割後の発行済株式総数                          7,094,000株
             株式分割後の発行可能株式総数                       28,000,000株
           (3)  株式分割の効力発生日

             平成31年1月31日
           (4)  1株当たり情報に与える影響

             「1株当たり情報」は、当該株式分割が当連結会計年度の期首に行われたものと仮定して算出しており
             ますが、これによる影響については、当該箇所に記載しております。
                                110/195



                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (5)  新株予約権の権利行使価格の調整
             今回の株式分割に伴い、平成31年1月31日より新株予約権の1株当たりの権利行使価格を以下のとおり
             調整いたしました。
                           調整前権利行使価格               調整後権利行使価格
            第1回新株予約権                       250,000円                  250円

            第2回新株予約権                       250,000円                  250円

            第3回新株予約権                       500,000円                  500円

            第4回新株予約権                       500,000円                  500円

          3.単元株制度の採用

            単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株といたしました。
                                111/195
















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
            第1四半期連結会計期間において、当社の連結子会社であったカイロス東京株式会社は、連結子会社であ
           るカイロス・アンド・カンパニー株式会社を存続会社とする吸収合併により消滅したため、連結の範囲から
           除外しております。
          (四半期連結損益計算書関係)

           ※ 特別利益に計上しております「受取負担金」は、施設の承継に伴って従前の介護事業者より受領したも
             のであります。
          (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

           当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3
          四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却
          額は、次のとおりであります。
                              当第3四半期連結累計期間
                              (自 平成30年1月1日
                               至 平成30年9月30日)
           減価償却費                          50,943千円
           のれんの償却額                          41,904千円
          (株主資本等関係)

           当第3四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年9月30日)
           1.配当金支払額
            該当事項はありません。
           2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期

             間の末日後となるもの
            該当事項はありません。
          (セグメント情報等)

           【セグメント情報】
           当第3四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年9月30日)
            当社グループは、在宅ホスピス事業のみの単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                112/195









                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (企業結合等関係)
           共通支配下の取引等
           1.取引の概要
            (1)  対象となった事業の名称及びその事業の内容
             ① 結合企業
               名称   :カイロス・アンド・カンパニー株式会社
               事業の内容:在宅ホスピス事業
             ② 被結合企業
               名称   :カイロス東京株式会社
               事業の内容:在宅ホスピス事業
            (2)  企業結合日
              平成30年2月1日
            (3)  企業結合の法的形式
              カイロス・アンド・カンパニー株式会社を吸収合併存続会社、カイロス東京株式会社を吸収合併消滅
              会社とする吸収合併
            (4)  結合後企業の名称
              カイロス・アンド・カンパニー株式会社
            (5)  その他取引の概要に関する事項
              経営資源の最適配置により、事業展開の拡大を図ることを目的としております。
            2.実施した会計処理の概要

              「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及
             び事業分離等会計基準に関する適用指針(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日)に基づ
             き、共通支配下の取引として処理しております。
          (1株当たり情報)

           1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成30年1月1日
                                至 平成30年9月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                  15.76円

     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                 111,842

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                       111,842
      益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                7,094,000
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                          -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
      (注)1.平成31年1月14日開催の取締役会決議により、平成31年1月31日付で普通株式1株につき1,000株の株式分
           割を行いましたが、当連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益金
           額を算出しております。
         2.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場で
           あり、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
                                113/195




                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (重要な後発事象)
          (株式分割、単元株制度の採用)
           当社は、平成31年1月14日開催の取締役会決議に基づき、平成31年1月31日付をもって株式分割を行ってお
          ります。また、上記株式分割に伴い、平成31年1月31日開催の臨時株主総会決議に基づき、同日付で定款の一
          部を変更し単元株制度を採用しております。
          1.株式分割、単元株制度の採用の目的

            当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、1単元
           を100株とする単元株制度を採用いたします。
          2.株式分割の概要

           (1)  分割方法
             平成31年1月30日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、普通株式1株につき
             1,000株の割合をもって分割しております。
           (2)  分割により増加する株式数

             株式分割前の発行済株式総数                                7,094株
             今回の分割により増加する株式数                      7,086,906株
             株式分割後の発行済株式総数                          7,094,000株
             株式分割後の発行可能株式総数                       28,000,000株
           (3)  株式分割の効力発生日

             平成31年1月31日
           (4)  1株当たり情報に与える影響

             「1株当たり情報」は、当該株式分割が期首に行われたものと仮定して算出しておりますが、これによ
             る影響については、当該箇所に記載しております。
           (5)  新株予約権の権利行使価格の調整

             今回の株式分割に伴い、平成31年1月31日より新株予約権の1株当たりの権利行使価格を以下のとおり
             調整いたしました。
                           調整前権利行使価格               調整後権利行使価格
            第1回新株予約権                       250,000円                  250円

            第2回新株予約権                       250,000円                  250円

            第3回新株予約権                       500,000円                  500円

            第4回新株予約権                       500,000円                  500円

          3.単元株制度の採用

             単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株といたしました。
                                114/195







                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
           該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                            当期首残高       当期末残高        平均利率
               区分                                      返済期限
                             (千円)       (千円)        (%)
     短期借入金                        200,000        148,300         1.5        ―

     1年以内に返済予定の長期借入金                         92,922        96,504         1.2        ―

     1年以内に返済予定のリース債務                         12,020        23,100         5.9        ―

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除                                             平成31年1月1日~
                              965,223        740,897         1.2
     く。)                                             平成36年11月21日
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除                                             平成31年1月1日~
                                               6.5
                              813,629       1,558,059
     く。)                                              平成59年5月31日
     その他有利子負債                           ―        ―       ―       ―
               合計             2,083,794        2,566,860           ―       ―

      (注)1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以
           下のとおりであります。
                            1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
                              (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
                                96,120        92,797        89,520        89,520
           長期借入金
           リース債務                     24,558        25,994        27,528        29,168

         【資産除去債務明細表】

           該当事項はありません。
                                115/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【その他】
        最近の経営成績及び財政状態の概況
         平成31年2月13日開催の取締役会において承認された第2期連結会計年度(平成30年1月1日から平成30年12月
        31日まで)の連結財務諸表は次のとおりであります。
         なお、この連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
        号)に基づいて作成しておりますが、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査は未了であり、監査
        報告書は受領しておりません。
                                116/195


















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ① 連結財務諸表
        イ 連結貸借対照表
                                     (単位:千円)
                                  当連結会計年度
                                (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金                                 386,188
                                        530,370
       売掛金
                                         6,983
       繰延税金資産
                                        32,760
       その他
                                        956,302
       流動資産合計
      固定資産
       有形固定資産
                                        81,970
        建物及び構築物
                                        11,292
        機械装置及び運搬具
                                        59,993
        工具、器具及び備品
                                       1,583,539
        リース資産
                                          104
        建設仮勘定
                                       △190,856
        減価償却累計額
                                       1,546,045
        有形固定資産合計
       無形固定資産
                                        621,671
        のれん
                                         5,587
        その他
                                        627,259
        無形固定資産合計
                                        183,991
       投資その他の資産
                                       2,357,295
       固定資産合計
                                       3,313,598
      資産合計
                                117/195












                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                     (単位:千円)
                                  当連結会計年度
                                (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                       ※ 102,960
       1年内返済予定の長期借入金
                                        24,654
       リース債務
                                        41,634
       未払金
                                        199,951
       未払費用
                                        91,967
       預り金
                                        51,100
       未払法人税等
                                        10,472
       賞与引当金
                                        24,100
       その他
                                        546,841
       流動負債合計
      固定負債
                                       ※ 769,640
       長期借入金
                                       1,533,194
       リース債務
                                        100,221
       その他
                                       2,403,055
       固定負債合計
                                       2,949,896
      負債合計
     純資産の部
      株主資本
                                        100,000
       資本金
                                        457,806
       資本剰余金
                                       △199,871
       利益剰余金
                                        357,934
       株主資本合計
                                         5,766
      新株予約権
                                        363,701
      純資産合計
                                       3,313,598
     負債純資産合計
                                118/195











                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ロ 連結損益計算書及び連結包括利益計算書
          連結損益計算書
                                     (単位:千円)
                                  当連結会計年度
                               (自 平成30年1月1日
                                至 平成30年12月31日)
                                       3,015,192
     売上高
                                       2,373,557
     売上原価
                                        641,634
     売上総利益
     販売費及び一般管理費
                                        72,780
      役員報酬
                                        75,256
      給料及び手当
                                         1,979
      賞与引当金繰入額
                                        20,010
      法定福利費
                                        58,015
      租税公課
                                        55,872
      のれん償却額
                                        114,927
      その他
                                        398,840
      販売費及び一般管理費合計
     営業利益                                   242,793
     営業外収益
                                           3
      受取利息
                                         1,013
      助成金収入
                                         1,000
      受取遅延損害金
                                          107
      その他
                                         2,124
      営業外収益合計
     営業外費用
                                        110,995
      支払利息
                                          337
      その他
                                        111,332
      営業外費用合計
                                        133,585
     経常利益
     特別利益
                                        ※ 65,000
      受取負担金
                                        65,000
      特別利益合計
                                        198,585
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                    51,526
                                        △2,397
     法人税等調整額
                                        49,128
     法人税等合計
                                        149,456
     当期純利益
                                        149,456
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                119/195








                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          連結包括利益計算書
                                     (単位:千円)
                                  当連結会計年度
                               (自 平成30年1月1日
                                至 平成30年12月31日)
                                        149,456
     当期純利益
                                        149,456
     包括利益
     (内訳)
                                        149,456
      親会社株主に係る包括利益
                                120/195


















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ハ 連結株主資本等変動計算書
          当連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
                                                 (単位:千円)
                           株主資本
                                            新 株      純資産
                         資 本      利 益      株主資本
                                            予約権      合 計
                  資本金
                         剰余金      剰余金      合  計
     当期首残高
                   100,000      457,806     △349,328       208,478       5,766     214,244
     当期変動額
      親会社株主に帰属する
      当期純利益               -      -    149,456      149,456        -    149,456
     当期変動額合計
                      -      -    149,456      149,456        -    149,456
     当期末残高
                   100,000      457,806     △199,871       357,934       5,766     363,701
                                121/195
















                                                           EDINET提出書類
                                              日本ホスピスホールディングス株式会社(E34735)
 &nbs