フィンテック グローバル株式会社 四半期報告書 第25期第1四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第25期第1四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)
提出日
提出者 フィンテック グローバル株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                   四半期報告書

    【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   2019年2月14日

    【四半期会計期間】                   第25期第1四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

    【会社名】                   フィンテック グローバル株式会社

    【英訳名】                   FinTech Global Incorporated

    【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長            玉井    信光

    【本店の所在の場所】                   東京都品川区上大崎三丁目1番1号

                       目黒セントラルスクエア15階
    【電話番号】

                       03-6456-4600
                       取締役    上席執行役員        千田 高

    【事務連絡者氏名】
                       東京都品川区上大崎三丁目1番1号

    【最寄りの連絡場所】
                       目黒セントラルスクエア15階
    【電話番号】                   03-6456-4600

                       取締役    上席執行役員        千田 高

    【事務連絡者氏名】
    【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/29









                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                           第24期            第25期

             回次              第1四半期            第1四半期             第24期
                          連結累計期間            連結累計期間
                         自 2017年10月1日            自 2018年10月1日            自 2017年10月1日
            会計期間
                         至 2017年12月31日            至 2018年12月31日            至 2018年9月30日
     売上高              (千円)           611,489           1,020,148           3,689,183
     経常損失(△)              (千円)          △ 261,016           △ 804,593         △ 1,227,557
     親会社株主に帰属する
     四半期純利益又は
                  (千円)           40,497          △ 599,355          △ 820,104
     親会社株主に帰属する
     四半期(当期)純損失
     (△)
     四半期包括利益又は包括利
                  (千円)           △ 1,241          △ 827,443         △ 1,004,417
     益
     純資産額              (千円)          5,139,264            8,341,492           8,551,151
     総資産額              (千円)          9,304,833           15,893,469           14,016,272
     1株当たり四半期純利益又
     は四半期(当期)純損失               (円)           0.25           △ 3.21          △ 4.79
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)           0.25             -           -
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率               (%)           51.12            43.50           52.16
     (注) 1  当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2  売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3   第25期第1四半期連結累計期間及び第24期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、
          潜在株式は存在しますが、1株当たり四半期(当期)純損失であるため記載しておりません。
        4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/29









                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
    2  【事業の内容】
      当第1四半期連結累計期間における当社グループ(当社及び当社の関係会社)の各区分に係る主な事業内容の変更
     と主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
      (投資銀行事業)

       当社は2018年10月1日付で、企業投資を目的とするFGTベンチャーファンドA号投資事業有限責任組合へ出資しま
      した。これにより、当社は同組合を当第1四半期連結会計期間より連結の範囲に含めております。なお、同組合は
      特定子会社に該当しております。また同組合は、メッツァ2号投資事業有限責任組合に名称変更しております。
      (公共コンサルティング事業)

       事業内容に重要な変更はなく、また主要な関係会社にも異動はありません。
      (エンタテインメント・サービス事業)

       2018年11月より㈱ムーミン物語が、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」の運営を開始しま
      した。
       また日本における「ムーミン」のライセンスを一括管理するために2018年3月に設立された㈱ライツ・アンド・

      ブランズは、重要性が増したため当第1四半期連結会計期間より連結の範囲に含めております。
      (その他)

       事業内容に重要な変更はなく、また主要な関係会社にも異動はありません。
                                  3/29













                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性がある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
      断したものであります。
     (1)  経営成績の状況
       当第1四半期連結累計期間は、2017年7月に着工したメッツァ(メッツァビレッジ及びムーミンバレーパーク)
      が2018年10月に竣工、メッツァビレッジが2018年11月9日に先行して開業し、テナントの賃料や各種施設・サービ
      スの利用料の売上計上を開始いたしました(ムーミンバレーパークは2019年3月16日開業予定)。メッツァビレッ
      ジの来場者は、2018年12月2日に10万人を超え、順調に推移しております。本業の投資銀行事業については、収益
      額は大きいものの時期や規模が計算し難い投資回収(エグジット)中心から、不動産・航空機アセットマネジメン
      ト収入やアレンジメント手数料、メッツァ賃貸収入等を中心とする安定的な収入を確保する体質への改善が進みま
      した。当第1四半期連結累計期間の売上高は、投資回収(エグジット)案件がなかったものの、不動産アセットマ
      ネジメントやM&A関連を中心に業務受託による売上増加に加え、前連結会計年度の第2四半期以降の子会社増加も
      寄与して、     1,020百万円      (前年同期比      66.8%増    )となりましたが、売上原価はメッツァビレッジの運営費用や子会社
      増加によって      564百万円     (前年同期比      223.7%増     )となり、売上総利益は           455百万円     (前年同期比      4.2%増    )にとどまり
      ました。販売費及び一般管理費は、メッツァビレッジの運営費用に加え、ムーミンバレーパークの開業準備費用が
      増加、子会社増加の影響も受けて                1,202百万円      (前年同期比      77.3%増    )となった結果、営業損失は747百万円(前年
      同期は   241百万円の損失        )、経常損失は       804百万円     (前年同期は      261百万円の損失        )となりました。親会社株主に帰属
      する四半期純損失は、非支配株主に帰属する四半期純損失                           211百万円     により、    599百万円     (前年同期は      40百万円の利
      益 )となりました。
                                                    (単位:百万円)
                             2018年9月期
                                         2019年9月期
                                                      増減額
                          第1四半期連結累計期間
                                       第1四半期連結累計期間
     売上高                             611            1,020         408
      投資銀行事業                            480             405       △74
      公共コンサルティング事業                             92             182        90
      エンタテインメント・サービス事業                             43             484        441
      その他                             2             7        5
      消去                            △7             △60        △53
     売上総利益                             436             455        18
      投資銀行事業                             391              249        △141
      公共コンサルティング事業                             37              88         50
      エンタテインメント・サービス事業                             11              131         119
      その他                              2              7        ▶
      消去                             △6              △21         △15
     営業損失(△)                            △241             △747        △505
      投資銀行事業                            229            △128        △358
      公共コンサルティング事業                            △6              10        16
      エンタテインメント・サービス事業                           △183             △392        △208
      その他                            △6             △4         2
      消去又は全社費用                           △274             △232          41
     経常損失(△)                            △261             △804        △543
     税金等調整前四半期純利益又は税金等調整
                                   18            △803        △822
     前四半期純損失(△)
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親
                                              △599
                                   40                    △639
     会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                  4/29

                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
       なお当社は、不動産小口化投資商品組成のための不動産(信託受益権を含む。)取得、新たな投資商品組成及び

      M&A対応のための資金を調達するため、2018年11月8日開催の取締役会で第19回新株予約権(第三者割当)の発
      行を、2018年11月15日付の取締役会で発行条件等をそれぞれ決議し、2019年12月4日に発行しました。本新株予約
      権の発行及び行使による差引手取概算額は、当初行使価額で本新株予約権が全て行使されたと仮定した場合におい
      て1,759百万円となります。
       セグメント別の業績は以下のとおりであり、売上高についてはセグメント間の内部売上高又は振替高を含めた売

      上高で表示しております。
      ① 投資銀行事業

        投資銀行業務の業務受託による売上は、不動産アセットマネジメント業務、M&A関連業務により増加しまし
       た。しかしながら、投融資業務(アセット投資、企業投資)においては投資回収(エグジット)案件がなく、企
       業投資においては評価損が発生しました。新規投融資は子会社への追加の投資を中心に実行しております。な
       お、前連結会計年度の第2四半期から損益計算書を連結しているSGI-Group                                    B.V.及びその子会社4社が行う航空
       機アセットマネジメント業務は、堅調に推移しております。
        また当社は、メッツァビレッジについて連結子会社である㈱ムーミン物語へのマスターリースを開始し、賃料
       収入を計上しました。
        以上の結果、投資銀行事業の売上高は                  405百万円     (前年同期比      15.6%減    )、セグメント損失は          128百万円     (前年
       同期は   229百万円     の利益)となりました。
      ②  公共コンサルティング事業

        公会計事業は、地方公共団体に対する統一的な基準による財務書類作成のコンサルティング業務と並行して、
       市場拡大が見込まれるPPP/PFI手法の導入検討等を推進しております。そして既取引先には、財務書類作
       成に加え、財務分析レポート作成や公営企業の経営戦略策定等のコンサルティング受託の営業活動を推進してお
       ります。
        前連結会計年度の第3四半期から損益計算書を連結している㈱ジオプラン・ナムテックが行う都市インフラ管
       理システム事業は、既存の保守案件が順調に推移し、新規案件も取り込むことによって、着実に業務を拡大させ
       ました。
        公共コンサルティング事業の売上高は、                   182百万円     (前年同期比      97.9%増    )、セグメント利益は          10百万円    (前年
       同期は   6百万円    の損失)となりました。
      ③  エンタテインメント・サービス事業

        エンタテインメント・サービス事業では、メッツァビレッジが開業して、テナント賃貸、レストラン・駐車場
       等の運営を開始しました。2018年12月からは「チームラボ                           森と湖の光の祭」を開催するなど、積極的な集客施策
       を展開しました。2019年3月開業予定のムーミンバレーパークについては、内外装工事により施設整備を進める
       とともに開業後の運営準備を進め、2018年12月には入園料(おとな1500円、こども1000円)及び有料アトラク
       ション料金を決定し、2019年1月から入園チケットの前売りを開始しました。
        また、㈱ムーミン物語が44.5%出資する㈱ライツ・アンド・ブランズについては、重要性が増したため、当第
       1四半期連結会計期間より連結の範囲に含めております。同社は、日本国内におけるムーミンキャラクターに関
       する独占的なサブライセンス権を供与されておりサブライセンス業務を行っておりますが、今後、コンテンツ開
       発やムーミンバレーパークにおけるオリジナル商品へのライセンス管理等へ事業領域を拡大していく予定です。
        エンタテインメント・サービス事業の売上高は、メッツァビレッジ開業及び㈱ライツ・アンド・ブランズの新
       規連結により      484百万円     (前年同期比      1,025.6%増      )となりましたが、メッツァビレッジ運営費用及びムーミンバ
       レーパークの準備費用等によりセグメント損失は                       392百万円     と(前年同期は       183百万円     の損失)となりました。
      ④  その他

        ㈱アダコテックは、解析システムの検証・組み込み等に多数のお引き合いをいただき、複数の適用プロジェク
       トが進捗しております。
        その他の売上高は        7百万円    (前年同期比      195.0%増     )、セグメント損失は           4百万円    (前年同期は      6百万円    の損
       失)となりました。
                                  5/29

                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
     (2)  財政状態の状況

       (総資産)
        当第1四半期連結会計期間末における総資産は前連結会計年度末より                                 13.4%増加     し、  15,893百万円      となりまし
       た。これは主として、現金及び預金が                  1,262百万円      、メッツァビレッジ及びその他の不動産開発案件の竣工等によ
       り仕掛販売用不動産が          2,757百万円      減少したものの、受取手形及び売掛金が                   100百万円     、仕掛販売用不動産からの
       振替等により販売用不動産が              3,932百万円      、ムーミンバレーパークの内外装工事等により建設仮勘定が                             378百万
       円 、㈱ライツ・アンド・ブランズの新規連結によりのれんが                           82百万円    増加したことによるものであります。
       (負債)

        当第1四半期連結会計期間末における負債は前連結会計年度末より                               38.2%増加     し、  7,551百万円      となりました。
       これは主として、メッツァ開業資金の調達のための借入れにより短期借入金が                                     908百万円     、長期借入金が       253百万
       円 増加したことによるものであります。
       (純資産)

        当第1四半期連結会計期間末における純資産は前連結会計年度末より                                 2.5%減少     し、  8,341百万円      となりまし
       た。これは主として、新株予約権の行使等により資本金が                           149百万円     、資本剰余金が       48百万円    、非支配株主持分が
       190百万円     増加したものの、親会社株主に帰属する四半期純損失の計上により利益剰余金が                                      592百万円     減少したこ
       とによるものであります。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四

       半期連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を
       行っております。
     (3)  経営方針・経営戦略等及び経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

       当第1四半期連結累計期間において、経営方針・経営戦略等及び経営上の目標の達成状況を判断するための客観
      的な指標等について、重要な変更はありません。
     (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第1四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
      ありません。
     (5)  研究開発活動

       該当事項はありません。
     (6)  従業員数

      ①  連結会社の状況
        当第1四半期連結累計期間において、前連結会計年度末に比べ連結会社の従業員数は10名増加し、当第1四半
       期連結累計期間末において166名となり、臨時従業員の平均雇用人員数は前連結会計年度から59名増加し、106名
       となりました。これは主に、当第1四半期連結会計期間にメッツァビレッジ運営及びムーミンバレーパーク開業
       準備にあたって、エンタテインメント・サービス事業の従業員数が9名増加し49名となり、臨時従業員の平均雇
       用人員数が61名増加し、90名となったことによるものであります
      ②  提出会社の状況

        当第1四半期累計期間において、提出会社の従業員数の著しい増減はありません。
     (7)  生産、受注及び販売の実績

       当第1四半期連結累計期間において、販売の実績に著しい変動がありました。その内容については「(1)経営成績
      の状況」に記載の通りであります。
       また、生産の実績に著しい変動がありました。生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                  6/29


                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
        セグメントの名称                     内  訳            生産高(千円)        前年同期比(%)
                            不動産開発等                 1,174,569
       投資銀行事業                                                   60.9
      (注)   生産高は、評価損等による減少を除く販売用不動産及び仕掛販売用不動産の増減額に売上原価を加えた金額に
       より表示しております。
     (8)  主要な設備

       当第1四半期連結累計期間において、主要な設備の著しい変動はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第1四半期連結会計期間において、新たに連結の範囲に含んだ連結子会社が締結している経営上の重要な契約は
     以下のとおりであります。
     ライセンス契約

                        相手先の
      契約会社名         相手先の名称                   契約内容               契約期間
                        所在地
                                           2020年1月1日以降は、代理店で

             OY  MOOMIN
                                           あるBulls     Presstjanst      ABの権利
                        フィンラ
             CHARACTERS      LTD.
                        ンド
                                           及び義務は、R&B         Licensing     AB
             (原権利者)
                                           (スウェーデン)に引き継がれる
                             日本国内におけるムーミン
     ㈱ライツ・アン
                                           こととなっております。
                             キャラクターに関する独占
     ド・ブランズ
                                           この引継に伴い、㈱ライツ・アン
                             的なサブライセンス権供与
                                           ド・ブランズは2020年1月1日以
             Bulls   Presstjanst 
                                           降のライセンス契約について、R&
                        スウェー
             AB
                                           B Licensing     AB  と契約する予定で
                        デン
             (代理店)
                                           あります。
      (注)   対価として一定料率のロイヤリティを支払います。

                                  7/29












                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①   【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                          308,400,000
                 計                        308,400,000
      ②   【発行済株式】

               第1四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融              内容
                (2018年12月31日)           (2019年2月14日)           商品取引業協会名
                                      東京証券取引所
       普通株式            189,103,600           196,309,100                  (注)2
                                      (マザーズ)
         計          189,103,600           196,309,100           -           -
     (注)1     提出日現在の発行数には、2019年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
         れた株式数は、含まれておりません。
       2 権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であり、単元株式数は100株であります。
                                  8/29













                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
     (2)  【新株予約権等の状況】
      ①   【ストックオプション制度の内容】
     決議年月日                                     2018年12月19日
                                         当社従業員 47
     付与対象者の区分及び人数(名)                                   当社子会社の取締役 2
                                       当社子会社の従業員 21
     新株予約権の数(個) ※                                      2,085(注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                        普通株式208,500(注)1
     (株)※
     新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                                      145(注)2
     新株予約権の行使期間 ※                                 2020年12月28日~2028年11月30日
                                         発行価格         202
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                         資本組入額       101
     発行価格及び資本組入額(円) ※
                                新株予約権を放棄した場合、当該新株予約権を行使するこ
     新株予約権の行使の条件 ※
                                とはできない。
                                譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                承認を要する。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                                       (注)3
      ※ 新株予約権証券の発行時(2018年12月25日)における内容を記載しております。
      (注)1  当社が株式分割(株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)又は株式併合を行う場合、次
          の算式により本新株予約権の目的となる株式の数(以下、「付与株式数」という。)を調整するものとしま
          す。
          調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 株式分割・株式併合の比率
          また、上記のほか、割当日後、付与株式数を調整することが適切な場合は、当社は、合理的な範囲で付与株
          式数を調整することができます。
          なお、上記の調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てるものとします。
        2  当社が当社普通株式につき、株式分割又は株式併合を行う場合には、行使価額を次の算式により調整し、調
          整の結果生じる1円未満の端数は、これを切り上げます。
                                    1
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                               株式分割・株式併合の比率
          当社が当社普通株式につき、時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合(会社法第194
          条の規定(単元未満株主による単元未満株式売渡請求)に基づく自己株式の売渡し、当社普通株式に転換され
          る証券若しくは転換できる証券の転換、又は当社普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社
          債に付されたものを含む。)の行使による場合を除く。)には、行使価額を次の算式により調整し、調整の結
          果生じる1円未満の端数は、これを切り上げます。
                                       新規発行株式数×1株当たり払込金額
                               既発行株式数+
                                              時価
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                   既発行株式数  +  新規発行株式数
          なお、上記の算式に使用する「既発行株式数」は、当社の発行済普通株式総数から当社が保有する普通株式

          にかかる自己株式数を控除した数とし、また、自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処
          分する自己株式数」に読み替えます。
          さらに、上記のほか、割当日後、他の種類株式の普通株主への無償割当て又は他の会社の株式の普通株主へ
          の配当を行う場合等、行使価額の調整をすることが適切な場合は、かかる割当て又は配当等の条件等を勘案
          の上、当社は、合理的な範囲で行使価額を調整することができます。
        3  当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
          会社となる場合に限る。)、又は株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
          る。)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日
          の直前において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、
          それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会
          社」という。)の新株予約権をそれぞれ交付することとします。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社
          の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約
          又は株式移転計画において定めることを条件とします。
          ⅰ 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          ⅱ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
          ⅲ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
                                  9/29


                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
           組織再編行為の条件等を勘案の上、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」に準じて決定
           する。
          ⅳ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、上記「新株予約権の行使時の払込金
           額」で定められる行使価額を組織再編行為の条件等を勘案の上、調整して得られる再編後払込金額に上
           記ⅲに従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額と
           する。
          ⅴ 新株予約権を行使することができる期間
           上記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行
           為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、上記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使
           することができる期間の満了日までとする。
          ⅵ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           上記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」に準じて決定す
           る。
          ⅶ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要する。
          ⅷ 新株予約権の取得条項
           (注)4に準じて決定する。また(注)5に該当する場合、これに準じて決定する。
          ⅸ その他の新株予約権の行使の条件
           上記「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
        4   以下のⅰ、ⅱ、ⅲ、ⅳ、ⅴ又はⅵの議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合
          は、当社取締役会決議又は代表取締役の決定がなされた場合)若しくはⅶの場合は、当社取締役会が別途定
          める日に、当社は無償で新株予約権を取得することができます。
          ⅰ 当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
          ⅱ 当社が分割会社となる分割契約若しくは分割計画承認の議案
          ⅲ 当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案
          ⅳ 当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することに
           ついての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ⅴ  新株予約権の目的である株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要すること
           若しくは当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについての定
           めを設ける定款の変更承認の議案
          ⅵ  親会社株主に帰属する当期純損失を計上する連結損益計算書を含む連結計算書類(当社第25期事業年度
           に係るものに限る)の承認議案
          ⅶ  新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権を行使することができなくなった場合
      ②   【その他の新株予約権等の状況】

         当第1四半期会計期間において当社は、会社法に基づき新株予約権を発行しております。
                   第19回新株予約権(第三者割当)(2018年12月4日発行)
     決議年月日                                     2018年11月8日
     新株予約権の数(個) ※                                      150,000
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※                                        -
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                     普通株式 15,000,000 (注)2
     (株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                              当初行使価額1株当たり118 (注)3、4
     新株予約権の行使期間 ※                                2018年12月5日~2020年12月4日
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
                                           (注)5
     の発行価格及び資本組入額(円) ※
     新株予約権の行使の条件 ※                          各本新株予約権の一部行使はできない。
                              新株予約権には譲渡制限は付されていない。但し、割当先と
                              の間で締結した第三者割当契約において、割当先の親会社、
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                          子会社又は関連会社以外の者に対して本新株予約権を譲渡す
                              る場合、当社取締役会の決議による承認を要する旨が定めら
                              れている。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                            -
     項 ※
      ※ 新株予約権の発行時(2018年12月4日)における内容を記載しております。

     (注)1  本新株予約権は、行使価額修正条項付新株予約権付社債等であります。

                                 10/29


                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
       2  本新株予約権の目的となる株式の数
        (1)   本新株予約権の目的である株式の総数は、15,000,000株(本新株予約権1個当たりの目的である株式の数
          (以下「交付株式数」といいます。)は100株)とします。但し、下記(2)乃至(4)により交付株式数が調整
          される場合には、本新株予約権の目的である株式の総数は調整後交付株式数に応じて調整されます。
        (2)  当社が下記(注)4の規定に従って行使価額の調整を行う場合には、交付株式数は次の算式により調整されま
          す。但し、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てます。なお、かかる算式における調整前行使価額及
          び調整後行使価額は、下記(注)4に定める調整前行使価額及び調整後行使価額とします。
                        調整前交付株式数         ×  調整前行使価額
           調整後交付株式数         =
                             調整後行使価額
        (3)  調整後交付株式数の適用開始日は、当該調整事由に係る下記(注)4(2)、(5)及び(6)による行使価額の調整
          に関し、各号に定める調整後行使価額を適用する日と同日とします。
        (4)  交付株式数の調整を行うときは、当社は、調整後交付株式数の適用開始日の前日までに、本新株予約権者に
          対し、かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前交付株式数、調整後交付株式数及びその適用開始日その
          他必要な事項を書面で通知します。但し、下記(注)4(2)⑤に定める場合その他適用開始日の前日までに上
          記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降速やかにこれを行います。
       3   行使価額の修正
         2018年12月5日以降、行使価額は、本新株予約権の各行使請求の効力発生日(以下「修正日」といいま
         す。)に、修正日の直前取引日の株式会社東京証券取引所(以下、「東京証券取引所」という。)における
         当社普通株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合には、その直前の終値)(以下「東証終値」とい
         う)の90%に相当する金額に修正されます。但し、かかる計算によると修正後の行使価額が下限行使価額
         (下記(注)6(4)に定めます)を下回ることとなる場合には、下限行使価額を修正後の行使価額とします。下
         限行使価額は、下記(注)4を準用して調整されます。
       4    行使価額の調整
        (1)  当社は、本新株予約権の発行後、下記(2)に掲げる各事由により当社の普通株式数に変更を生じる場合又は
          変更を生じる可能性がある場合には、次に定める算式(以下「行使価額調整式」という。)をもって行使価
          額を調整します。
                                     交付普通株式数×1株当たりの払込金額
                            既発行株式数+
                                              時価
         調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                   既発行株式数        +   交付普通株式数
        (2)  行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及び調整後行使価額の適用時期については、次に定めると
          ころによります。
         ①  下記(4)②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を交付する場合(無償割当てによる場合
           を含みます。)(但し、当社の発行した取得条項付株式、取得請求権付株式若しくは取得条項付新株予約
           権(新株予約権付社債に付されたものを含みます。)                         の取得と引換えに当社普通株式を交付する場合、当
           社普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含みます。)その他の権
           利の行使によって当社普通株式を交付する場合、又は会社分割、株式交換若しくは合併により当社普通株
           式を交付する場合を除きます。)
           調整後行使価額は、         払込期日(募集に際して払込期間を定めた場合はその最終日とします。以下同じ。)
           の翌日以降、又は(無償割当ての場合は)効力発生日の翌日以降これを適用します。但し、株主に割当て
           を受ける権利を与えるための基準日がある場合には、その日の翌日以降これを適用します。
         ②  当社普通株式の株式分割を発行する場合
           調整後行使価額は、当社普通株式の株式分割のための基準日の翌日以降これを適用します。
         ③  ①  下記(4)②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を交付する定めのある取得請求権付株
           式又は①     下記(4)②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約権
           (新株予約権付社債に付されたものを含む。)                      その他の権利を発行する場合(無償割当てによる場合を含
           むが、当社又はその関係会社(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則第8条第8項に定める
           関係会社をいいます。)の取締役その他の役員又は使用人に新株予約権を割り当てる場合を除きます。)
           調整後行使価額は、発行される取得請求権付株式の全部に係る取得請求権又は新株予約権その他の権利の
           全部が当初の条件で行使されたものとみなして行使価額調整式を適用して算出するものとし、払込期日
           (新株予約権の場合は割当日)の翌日以降又は(無償割当ての場合は)効力発生日の翌日以降これを適用
           します。但し、株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある場合には、その日の翌日以降これ
           を適用します。
         ④  当社の発行した取得条項付株式又は取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)
           の取得と引換えに①          下記(4)②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株式を交付する場合
           調整後の行使価額は、取得日の翌日以降これを適用します。
         ⑤  本号①乃至③の場合において、基準日が設定され、且つ、効力の発生が当該基準日以降の株主総会、取締
           役会その他当社の機関の承認を条件としているときには、本号①乃至③にかかわらず、調整後行使価額
                                 11/29

                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
           は、当該承認があった日の翌日以降これを適用します。この場合において、当該基準日の翌日から当該承
           認があった日までに本新株予約権の行使した本新株予約権者に対しては、次の算出方法により、当社普通
           株 式を交付します。
                                        調整前行使価額により
                 (調整前行使価額-調整後行使価額)                  ×
                                      当該期間内に交付された株式数
           株式数     =
                                調整後行使価額
           この場合、1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨て、現金による調整を行いません。
        (3)  行使価額調整式により算出された調整後行使価額と調整前行使価額との差額が1円未満にとどまる場合は、
          行使価額の調整は行いません。但し、その後行使価額の調整を必要とする事由が発生し、行使価額を調整す
          る場合には、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて調整前行使価額からこの差額を差し引いた額を使
          用します。
        (4)   ①  行使価額調整式の計算については、                 1円未満の端数を切り上げます。
          ②  行使価額調整式で使用する「時価」は、調整後行使価額が初めて適用される日に先立つ45取引日目に始
           まる30取引日の東京証券取引所における当社普通株式の終値の平均値(終値のない日数を除く。)とす
           る。平均値の計算については、1円未満の端数を切り上げます。
          ③  行使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある場
           合はその日、また、かかる基準日がない場合は、調整後行使価額を初めて適用する日の1か月前の日にお
           ける当社の発行済普通株式の総数から、当該日において当社の保有する当社普通株式を控除した数とす
           る。また、上記(2)⑤の場合には、行使価額調整式で使用する交付普通株式数は、基準日において当社が
           有する当社普通株式に割り当てられる当社の普通株式数を含まないものとします。
        (5)  上記(2)の行使価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合には、当社は、必要な行使価額の調
          整を行います。
         ①  株式の併合、資本金の額の減少、会社分割、株式交換又は合併のために行使価額の調整を必要とすると
           き。
         ② その他当社の普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由                               等 の発生により行使価額の調整を必要とす
           るとき。
         ③  行使価額を調整すべき複数の事由が相接して発生し、一方の事由に基づく調整後行使価額の算出にあたり
           使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
        (6)  上記(2)の規定にかかわらず、上記(2)に基づく調整後行使価額を初めて適用する日が本新株予約権の各行使
          請求の効力発生日と一致する場合には、当社は、必要な行使価額の調整及び下限行使価額の調整を行いま
          す。
        (7)  行使価額の調整を行うとき(下限行使価額が調整されるときを含みます。)は、当社は、調整後行使価額の
          適用開始日の前日までに、本新株予約権者に対し、かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前行使価額、
          調整後行使価額(調整後の下限行使価額を含みます。)及びその適用開始日その他必要な事項を書面で通知
          します。但し、上記(2)⑤に定める場合その他適用開始日の前日までに上記通知を行うことができない場合
          には、適用開始日以降速やかにこれを行います。
       5    新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額は次のとおりであります。
        (1)  本新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式1株の発行価格
         本新株予約権の行使により発行する当社普通株式1株の発行価格は、行使請求に係る各本新株予約権の行使
         に際して出資される財産の価額の総額に、行使請求に係る各本新株予約権の払込金額の総額を加えた額を、
         上記「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」に記載の株式の数で除した額とします。但し(注)
         2 (2)  乃至(注)2     (4)  及び(注)4によって調整が行われることがあります。
        (2)  本新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金及び資本準備金
         新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、                                  会社計算規則第17条の定めるところ
         に従って算定された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場合は
         その端数を切り上げた額とします。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額より増加する資本金の
         額を減じた額とします。
       6   当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の特質等は次のとおりであります。
        (1)  本新株予約権の目的となる株式の総数は15,000,000株、交付株式数は100株で確定しており、株価の上昇又
          は下落により行使価額が修正されても変化しません(但し、(注)2に記載のとおり、調整されることがあ
          ります。)。なお、株価の上昇又は下落により行使価額が修正された場合、本新株予約権による資金調達の
          額は増加又は減少します。
        (2)  行使価額の修正基準:2018年12月5日以降、行使価額は、本新株予約権の各行使請求の効力発生日の直前取
          引日の東証終値の90%に相当する金額に当該金額に修正されます。但し、かかる計算によると修正後の行使
          価額が下限行使価額(下記(4)に定めます。)を下回ることとなる場合には、下限行使価額を修正後の行使
          価額とします。
                                 12/29


                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
        (3)  行使価額の修正頻度:払込期日の翌取引日以降上記「新株予約権の行使期間」欄に定める期間の満了日ま
          で、本新株予約権の各行使請求の効力発生日に、行使価額は修正されます。
        (4)  行使価額の下限:下限行使価額は、59円とします。(但し、上記(注)4の規定を準用して調整されます。)
        (5)  交付株式数の上限:15,000,000株(2018年9月30日現在の発行済株式総数に対する割合は8.1%(小数点以
          下第2位を四捨五入))
        (6)  本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額の下限:894,750,000円(上記(4)に記載の行使価額の下限
          にて本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額。但し、本新株予約権の全部又は一部は行使されない
          可能性があります。)
        (7)  本新株予約権には、本新株予約権の取得が必要と当社取締役会が決議した場合は、当社が、本新株予約権の
          払込期日の翌日以降、会社法第273条及び第274条の規定に従って通知をしたうえで、当社取締役会で定める
          取得日に、本新株予約権に係る新株予約権者(以下「本新株予約権者」という。)(当社を除く。)の保有する
          本新株予約権の全部又は一部を取得することができる旨の条項が設けられております。自己新株予約権の取
          得事由及び取得の条件は次のとおりであります。
         ①  当社は、本新株予約権の取得が必要と当社取締役会が決議した場合は、本新株予約権の払込期日の翌日以
          降、会社法第273条及び第274条の規定に従って通知をしたうえで、当社取締役会で定める取得日に、本新
          株予約権1個当たり払込金額と同額で、本新株予約権者(当社を除く。)の保有する本新株予約権の全部
          又は一部を取得することができます。一部取得をする場合には、抽選その他の合理的な方法により行うも
          のとします。当社は、取得した本新株予約権を消却するものとします。
         ②  当社は、当社が株式交換又は株式移転により他の会社の完全子会社となることを当社の株主総会で承認決
          議した場合は、会社法第273条の規定に従って通知をしたうえで、当社取締役会で定める取得日(但し、当
          該株式交換又は株式移転の効力発生日よりも前の日とする。)に、本新株予約権1個当たり払込金額と同
          額で、本新株予約権者(当社を除く。)の保有する本新株予約権の全部を取得します。                                         当社は、取得した
          本新株予約権を消却するものとします。
         ③  当社は、2020年12月4日に、本新株予約権1個当たり払込金額と同額で、本新株予約権者(当社を除
          く。)の保有する本新株予約権の全部を取得します。
       7    本新株予約権に表示された権利の行使に関する事項について本新株予約権の所有者                                       との間で締結した取決め
        の内容
         当社は、本新株予約権の所有者(バークレイズ・バンク・ピーエルシー)との間で、下記の内容を含むコ
        ミットメント条項付き第三者割当契約を締結しております。
         (1)   行使コミット条項
         バークレイズ・バンク・ピーエルシーは、2018年12月5日以降、60計算対象日以内に、保有する本新株予約
         権のうち100,000個を行使することを約束しています(以下「行使コミット」といいます。)。但し、上記の
         60計算対象日が発生するより前に2019年6月4日が到来した場合には、バークレイズ・バンク・ピーエル
         シーは行使コミットに係る義務を免除されます。
         この仕組みにより、当社は短期間における一定金額の資金調達の実現性を高めることが可能となります。但
         し、計算対象日とは、以下のいずれかに該当する日を除く取引日をいいます(以下同じです。)。
         (ⅰ)当該取引日の直前取引日の東証終値が当初行使価額の60%に相当する金額以下となった場合
         (ⅱ)当該取引日における当社普通株式の株価(気配値を含みます。)が一度でも直前取引日の東証終値の
           90%以下となった場合
         (ⅲ)当該取引日が行使停止期間(下記(2)「当社による行使停止」をご参照ください。)に該当する場合
         (ⅳ)当該取引日において本新株予約権の行使を行うことにより、適用法令又は裁判所、行政官庁、株式会社
           証券保管振替機構若しくは自主規制機関の規則、決定、要請等に違反する可能性が高いとバークレイ
           ズ・バンク・ピーエルシーが合理的に判断した場合
         (ⅴ)災害、戦争、テロ、暴動等の発生又は売買停止措置等の実施により、当該取引日における本新株予約権
           の行使又は本新株予約権の行使によって取得することとなる当社普通株式の売却が実務上不可能になっ
           た場合又はそのおそれがある場合
         (2)   当社による行使停止
         ・当社は、行使期間中のいずれかの日において、バークレイズ・バンク・ピーエルシーが本新株予約権の全部
          又は一部を行使することができない期間を指定(以下「停止指示」といいます。)することができます。な
          お、当社は、一旦行った停止指示をいつでも取り消すことができます。  
         ・当社は、停止指示を行う際、又は一旦行った停止指示を取り消す際には、それぞれその旨をプレスリリース
          にて開示いたします。 
         (3)   当社による本新株予約権の取得
         当社は、本新株予約権の取得が必要と判断した場合、当社取締役会の決議に基づき、本新株予約権の全部又
         は一部を取得することができます。また、当社は、2020年12月4日において未行使の本新株予約権が残存し
         ている場合、本新株予約権1個当たり払込金額と同額で、本新株予約権者(当社を除きます。)の保有する
         本新株予約権の全部を取得します。
         (4)   ロックアップ
         当社は、本第三者割当締結日以降、未行使の本新株予約権が存在しなくなった日までの間、                                          バークレイズ・
         バンク・ピーエルシー          の事前の書面による承諾を受けることなく、①ロックアップ対象有価証券(以下に定
                                 13/29


                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
         義します。)の発行、分割、併合、無償割当て、募集、貸付け、売付け、売付契約の締結、当社の株主によ
         るロックアップ対象有価証券の売出しについて同意することその他譲渡若しくは処分を行うこと若しくはそ
         れ らのための機関決定を行うこと、②ロックアップ対象有価証券の所有権若しくはその経済的価値の全部若
         しくは一部を直接若しくは間接的に譲渡するような、デリバティブ取引(差金決済若しくは現物決済のいず
         れも含みます。)その他の取引を行うこと、③当社の指示により行為する法人若しくは個人に①若しくは②
         に定める行為を行わせること、又は、④①若しくは②に記載する行為を行うことを企図していること若しく
         はそれに同意することを発表若しくは公表することを行いません。
         なお、「ロックアップ対象有価証券」とは、当社普通株式、当社普通株式に転換又は交換されうる有価証券
         並びに当社普通株式を取得する権利又は義務の付された有価証券(新株予約権、新株予約権付社債及び当社
         普通株式への転換予約権又は強制転換条項の付された株式を含みますがこれらに限られません。)をいいま
         すが、当社及び当社の関係会社(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則に定める意味を有しま
         す。)の取締役その他の役員、使用人及び従業員を対象とする新株予約権の発行及び当該新株予約権の行使
         による当社の株式の交付(但し、その目的である株式数が、2019年9月期事業年度において合計520,000株、
         2020年9月期事業年度において合計600,000株、2021年9月期事業年度において合計600,000株を上回らない
         範囲とします。)、並びに当社及び当社の関係会社の取締役その他の役員、使用人及び従業員を対象とする
         譲渡制限付株式報酬制度に係る譲渡制限付株式の発行及び交付等を除きます。
       8    当社の株券の売買に関する事項について                   の 本新株予約権の所有者          との間の取決めの内容
         該当事項はありません。
       9   当社の株券の貸借に関する事項についての本新株予約権の所有者と当社の特別利害関係者等との間の取決め
        の内容
         該当事項はありません。
       10  その他投資者の保護を図るため必要な事項
         該当事項はありません。
                                 14/29














                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
       当第1四半期会計期間において、行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に係る新株予約権が以下のとおり、
      行使されました。
                                          第1四半期会計期間
                                    (2018年10月1日から2018年12月31日まで)
     当該四半期会計期間に権利行使された当該行使価額修正条項
                                                        30,000
     付新株予約権付社債券等の数(個)
     当該四半期会計期間の権利行使に係る交付株式数(株)                                                 3,000,000
     当該四半期会計期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)                                                    94.95

     当該四半期会計期間の権利行使に係る資金調達額(千円)                                                  284,841

     当該四半期会計期間の末日における権利行使された当該行使
                                                        30,000
     価額修正条項付新株予約権付社債券等の数の累計(個)
     当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付
                                                      3,000,000
     新株予約権付社債券等に係る累計の交付株式数(株)
     当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付
                                                        94.95
     新株予約権付社債券等に係る累計の平均行使価額等(円)
     当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付
                                                       284,841
     新株予約権付社債券等に係る累計の資金調達額(千円)
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                              資本金増減額       資本金残高

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
                                (千円)       (千円)
     2018年10月1日~
     2018年12月31日            3,117,200      189,103,600          149,346       5,700,766         149,346       3,265,988
     (注)1
     (注)1     新株予約権の行使による増加であります。
       2   2019年1月1日から2019年1月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が7,205,500株、
         資本金が437,876千円、資本準備金が437,876千円それぞれ増加しております。
                                 15/29










                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
     (6)  【議決権の状況】

       当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                             2018年12月31日現在
           区分             株式数(株)         議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                     -          -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -          -             -
     議決権制限株式(その他)                     -          -             -
     完全議決権株式(自己株式等)                     -          -             -
     完全議決権株式(その他)                普通株式      185,980,800         1,859,808      単元株式数 100株
     単元未満株式                普通株式         5,600      -     1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                      185,986,400         -             -
     総株主の議決権                     -         1,859,808             -
     (注)     「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が11,500株含まれております。
        また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数115個が含まれております。
      ②   【自己株式等】

        該当事項はありません。
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 16/29










                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
     令第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年
     12月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)の四半期連結財務諸表につい
     て、EY新日本有限責任監査法人により四半期レビューを受けております。
                                 17/29

















                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2018年9月30日)              (2018年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               4,267,738              3,005,450
        受取手形及び売掛金                                644,824              744,827
        営業投資有価証券                               1,017,184               944,856
        営業貸付金                                576,924              561,696
        販売用不動産                                304,516             4,236,779
        仕掛販売用不動産                               2,781,914                24,220
        商品                                15,298               9,672
        原材料及び貯蔵品                                 1,634              20,551
        その他                                386,376              807,256
                                       △ 117,232             △ 106,090
        貸倒引当金
        流動資産合計                               9,879,178              10,249,221
      固定資産
        有形固定資産
         建設仮勘定                             2,455,866              2,834,273
                                        861,847             1,305,933
         その他
         有形固定資産合計                             3,317,713              4,140,206
        無形固定資産
         のれん                              268,344              350,939
                                        74,843              581,788
         その他
         無形固定資産合計                              343,188              932,727
        投資その他の資産
         投資有価証券                               85,248              76,304
         その他                              391,206              495,273
                                         △ 264             △ 266
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              476,191              571,312
        固定資産合計                               4,137,093              5,644,247
      資産合計                                14,016,272              15,893,469
                                 18/29









                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2018年9月30日)              (2018年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                293,215              285,555
        短期借入金                                  -            908,000
        1年内返済予定の長期借入金                               3,586,081              3,969,447
        未払法人税等                                73,216              55,085
        賞与引当金                                114,928              115,332
                                        734,587             1,209,709
        その他
        流動負債合計                               4,802,029              6,543,130
      固定負債
        長期借入金                                532,787              786,238
        退職給付に係る負債                                91,640              96,464
                                        38,664              126,142
        その他
        固定負債合計                                663,091             1,008,846
      負債合計                                5,465,120              7,551,976
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               5,551,419              5,700,766
        資本剰余金                               4,149,561              4,198,048
                                      △ 2,387,101             △ 2,979,984
        利益剰余金
        株主資本合計                               7,313,879              6,918,830
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                11,166              △ 3,200
                                       △ 13,754              △ 1,836
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                △ 2,588             △ 5,036
      新株予約権
                                        54,605              51,996
                                       1,185,254              1,375,702
      非支配株主持分
      純資産合計                                8,551,151              8,341,492
     負債純資産合計                                 14,016,272              15,893,469
                                 19/29










                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     売上高                                   611,489             1,020,148
                                        174,501              564,807
     売上原価
     売上総利益                                   436,987              455,340
     販売費及び一般管理費                                   678,376             1,202,697
     営業損失(△)                                  △ 241,389             △ 747,356
     営業外収益
      受取利息                                  2,818               960
      債務時効益                                  2,979                -
      受取和解金                                    -             5,821
                                           ▶              -
      その他
      営業外収益合計                                  5,802              6,781
     営業外費用
      支払利息                                  16,339              30,332
      支払手数料                                  6,788              21,461
                                         2,301              12,224
      その他
      営業外費用合計                                  25,429              64,019
     経常損失(△)                                  △ 261,016             △ 804,593
     特別利益
      関係会社株式売却益                                 267,387                 -
      新株予約権戻入益                                  11,374               1,448
                                         1,179                -
      その他
      特別利益合計                                 279,941               1,448
     特別損失
                                          -              178
      出資金清算損
      特別損失合計                                    -              178
     税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        18,925             △ 803,323
     純損失(△)
     法人税、住民税及び事業税                                   23,635              10,395
     法人税等調整額                                     -            △ 3,085
     法人税等合計                                   23,635               7,310
     四半期純損失(△)                                   △ 4,710            △ 810,633
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 45,208             △ 211,278
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        40,497             △ 599,355
     に帰属する四半期純損失(△)
                                 20/29







                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     四半期純損失(△)                                   △ 4,710            △ 810,633
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  3,469             △ 14,366
                                          -            △ 2,442
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                  3,469             △ 16,809
     四半期包括利益                                   △ 1,241            △ 827,443
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  43,966             △ 615,559
      非支配株主に係る四半期包括利益                                 △ 45,208             △ 211,884
                                 21/29
















                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         当第1四半期連結会計期間より、当社の連結子会社である㈱ムーミン物語の子会社である㈱ライツ・アンド・
       ブランズの重要性が増したため、連結の範囲に含めております。
       (追加情報)

       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                 2018年2月16日)等を当第1四半期連結
       会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
       の区分に表示しております。
       (四半期連結貸借対照表関係)

         偶発債務
         連結会社以外の会社の金融機関等からの借入に対して、債務保証を行っております。
                                 前連結会計年度             当第1四半期連結会計期間
                                 (2018年9月30日)               (2018年12月31日)
         Tube㈱の借入金                             120,420    千円            119,475    千円
         ㈱葵の借入金                             300,000    千円            296,250    千円
         計                             420,420    千円            415,725    千円
         また、当社の連結子会社である㈱ムーミン物語は、当社の連結子会社である飯能地域資源利活用合同会社の1

        年内返済予定の長期借入金及び長期借入金に関して債務保証を行っております。
         この債務保証に関わる借入金は、飯能地域資源利活用合同会社の第1四半期決算日が、当社の第1四半期連
        結決算日と異なり、第1四半期決算日現在の財務数値を使用しているため、連結上の調整を行っておりませ
        ん。
          債務保証をしている内容は次の通りです。
                                 前連結会計年度             当第1四半期連結会計期間
                                 (2018年9月30日)               (2018年12月31日)
                                         -            5,600,000
         飯能地域資源利活用合同会社の借入金                                 千円               千円
                                         -            5,600,000
         計                                 千円               千円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1
        四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却
        額は、次のとおりであります。
                              前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自    2017年10月1日             (自    2018年10月1日
                                至   2017年12月31日)             至   2018年12月31日)
         減価償却費                              16,571   千円            36,922   千円
         のれんの償却額                               861  千円            31,318   千円
                                 22/29





                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
    前第1四半期連結累計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
     1  配当金支払額
      該当事項はありません。
    2  株主資本の著しい変動

      該当事項はありません。
    当第1四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

    1  配当金支払額
      該当事項はありません。
    2  株主資本の著しい変動

      当第1四半期連結累計期間において、新株予約権の行使により資本金及び資本剰余金がそれぞれ                                             149,346千円      増加し
     ております。この事項とその他の変動を含めた結果、当第1四半期連結会計期間末において、資本金が                                                 5,700,766千
     円 、資本剰余金が       4,198,048千円       となっております。
                                 23/29















                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
    【セグメント情報】
    Ⅰ  前第1四半期連結累計期間(自                2017年10月1日         至   2017年12月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                     報告セグメント
                                                     四半期連結
                         エンタテイ
                                     その他
                                                 調整額     損益計算書
                   公共コンサ
                                            合計
              投資銀行           ンメント・
                                     (注)1           (注)2      計上額
                   ルティング             計
               事業          サービス事
                                                      (注)3
                     事業
                           業
     売上高
      外部顧客への
               474,829      92,168      41,863     608,861       2,628     611,489        -   611,489
      売上高
      セグメント間の
      内部売上高又は          5,825       -    1,185      7,010       -    7,010     △ 7,010       -
      振替高
        計       480,654      92,168      43,048     615,871       2,628     618,499      △ 7,010     611,489
     セグメント利益又
               229,823      △ 6,607    △ 183,630      39,585     △ 6,516     33,069    △ 274,458     △ 241,389
     は損失(△)
     (注)   1   「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、連結子会社が行っているコン
          ピュータソフトウェアの研究、開発、製造及び販売を含んでおります。
        2   セグメント利益又は損失(△)の調整額                   △274,458千円       には、セグメント間取引消去             12,855千円     及び報告セ
          グメントに配分していない全社費用                 △287,313千円       が含まれております。全社費用は、主に報告セグメント
          に帰属しない一般管理費であります。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整しております。
      2.報告セグメントごとの資産に関する情報

        当第1四半期連結会計期間において、当社が保有するベターライフサポートホールディングス㈱の全株式を譲渡
       し、連結の範囲から除外したことにより前連結会計年度の末日に比べ、「不動産事業」のセグメント資産が
       5,740,285千円減少しております。
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
        該当事項はありません。
       (のれんの金額の重要な変動)

         「投資銀行事業」において、当第1四半期連結累計期間に、当社の連結子会社であるフィンテックグローバル
        トレーディング㈱が設立した合同会社SGIインベストメントが、SGI-Group                                   B.V.の株式を新規取得しておりま
        す。これにより「投資銀行事業」にのれんが196,518千円発生しております。
       (重要な負ののれんの発生益)

        重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 24/29




                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
    Ⅱ  当第1四半期連結累計期間(自                2018年10月1日         至   2018年12月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                     報告セグメント
                                                     四半期連結
                         エンタテイ
                                     その他
                                                 調整額     損益計算書
                   公共コンサ
                                            合計
              投資銀行           ンメント・
                                     (注)1           (注)2      計上額
                   ルティング             計
               事業          サービス事
                                                      (注)3
                     事業
                           業
     売上高
      外部顧客への
               351,411      179,377      481,606    1,012,396        7,751    1,020,148         -  1,020,148
      売上高
      セグメント間の
      内部売上高又は          54,432      3,000      2,946     60,378        -    60,378     △ 60,378        -
      振替高(注)4
        計       405,844      182,377      484,552    1,072,774        7,751    1,080,526      △ 60,378    1,020,148
     セグメント利益又
              △ 128,531      10,090    △ 392,341    △ 510,781      △ 4,089    △ 514,870     △ 232,485     △ 747,356
     は損失(△)
     (注)   1   「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、連結子会社が行っているコン
          ピュータソフトウェアの研究、開発、製造及び販売を含んでおります。
        2   セグメント利益又は損失(△)の調整額                   △232,485千円       には、セグメント間取引消去             61,142千円     及び報告セ
          グメントに配分していない全社費用                 △293,628千円       が含まれております。全社費用は、主に報告セグメント
          に帰属しない一般管理費であります。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整しております。
        4 「投資銀行事業」におけるセグメント間の内部売上高又は振替高には、「投資銀行事業」に属する当社が
          「エンタテインメント・サービス事業」に属する連結子会社である㈱ムーミン物語に賃貸するメッツァビ
          レッジの賃料収入47,922千円が含まれております。
      2.報告セグメントごとの資産に関する情報

        該当事項はありません。
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
        該当事項はありません。
       (のれんの金額の重要な変動)

         「エンタテインメント・サービス事業」において、㈱ライツ・アンド・ブランズの新規連結に伴い、のれんが
        107,802千円発生しております。
       (重要な負ののれんの発生益)

        該当事項はありません。
                                 25/29





                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
    1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び
    算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自    2017年10月1日             (自    2018年10月1日
               項目
                                至   2017年12月31日)             至   2018年12月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益又は
                                       0円25銭              △3円21銭
       1株当たり四半期純損失(△)
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                   40,497             △599,355
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                        40,497             △599,355
      純利益又は親会社株主に帰属する四半期純損失
      (△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                161,940,797               186,496,991
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
                                       0円25銭                  -
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する
                                          -               -
      四半期純利益調整額(千円)
      普通株式増加数(株)                                  240,450                 -
                             2014年12月19日開催の株主総会                2008年12月19日開催の株主総
                             の特別決議による2015年1月26                会の特別決議による2008年12
                             日発行の新株予約権(ストッ                月29日発行の新株予約権(ス
                             ク・オプション)                トック・オプション)は、一
                                         935個    部が権利行使され、また一部
                                   (普通株式93,500株)          が権利行使期間満了により
                                             2018年12月1日をもって消滅
                             2017年12月19日開催の株主総会
                                             しております。
                             の特別決議による2017年12月21
                             日発行の新株予約権(ストッ
                                             2018年11月8日開催及び2018
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
                             ク・オプション)
                                             年11月15日付の取締役会決議
     当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株
                                        1,925個
                                             による2018年12月4日発行の
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があった
                                  (普通株式192,500株)
                                             新株予約権
     ものの概要
                                                      120,000個
                                              (普通株式      12,000,000株)
                                             2018年12月19日開催の株主総

                                             会の特別決議による2018年12
                                             月25日発行の新株予約権(ス
                                             トック・オプション)
                                                       2,085個
                                                (普通株式     208,500株)
     (注)    当第1四半期連結累計期間における潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株当たり四半期純損

        失であるため、記載しておりません。
                                 26/29






                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
       (重要な後発事象)
      (新株予約権の権利行使)
       当第1四半期連結会計期間終了後、2019年2月14日までの間に、第19回新株予約権(第三者割当)の一部につい
      て権利行使がありました。当該新株予約権の権利行使の概要は以下のとおりであります。
      1 新株予約権の名称                                 第19回新株予約権(第三者割当)
      2 発行株式の種類及び株式数                             普通株式     8,224,500株
      3 増加した資本金                                             502,586千円
      4 増加した資本準備金                                       502,586千円
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                 27/29
















                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 28/29



















                                                           EDINET提出書類
                                                フィンテック グローバル株式会社(E05492)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                 2019年2月14日
    フィンテック グローバル株式会社
     取締役会      御中
                       EY新日本有限責任監査法人
                        指定有限責任社員

                                          鈴木    一宏
                                   公認会計士                  印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          月本    洋一
                                   公認会計士                  印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているフィンテッ

    ク グローバル株式会社の2018年10月1日から2019年9月30日までの連結会計年度の第1四半期連結会計
    期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年10月1日
    から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計
    算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、フィンテック                                グローバル株式会社及び連結子会社の2018年1
    2月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信
    じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    強調事項

     重要な後発事象に記載されているとおり、当第1四半期連結会計期間終了後、2019年2月14日までの間に、第
    19回新株予約権(第三者割当)の一部について権利行使があった。
     当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

         報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 29/29



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク