株式会社髙松コンストラクショングループ 四半期報告書 第54期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第54期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)
提出日
提出者 株式会社髙松コンストラクショングループ
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    四半期報告書
     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                    関東財務局長

     【提出日】                    2019年2月14日

     【四半期会計期間】                    第54期第3四半期(自            2018年10月1日         至   2018年12月31日)

     【会社名】                    株式会社髙松コンストラクショングループ

     【英訳名】                    TAKAMATSU     CONSTRUCTION       GROUP   CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長            吉武 宣彦

     【本店の所在の場所】                    大阪市淀川区新北野一丁目2番3号

     【電話番号】                    (06)6303-8101(代表)

     【事務連絡者氏名】                    常務執行役員グループ統括本部長 井筒 廣之

     【最寄りの連絡場所】                    東京都港区芝四丁目8番2号

     【電話番号】                    (03)3455-8108

     【事務連絡者氏名】                    常務執行役員グループ戦略本部長 角田 稔

     【縦覧に供する場所】                    株式会社髙松コンストラクショングループ                    東京本社

                         (東京都港区芝四丁目8番2号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/15










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】

     1【主要な経営指標等の推移】

                                 第53期          第54期

                回次               第3四半期連結          第3四半期連結            第53期
                                 累計期間          累計期間
                              自   2017年4月1日       自   2018年4月1日       自   2017年4月1日
               会計期間
                              至   2017年12月31日       至   2018年12月31日       至   2018年3月31日
     売上高                    (百万円)           176,561          174,893          245,107
     経常利益                    (百万円)            8,962          5,992         13,702

     親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益                    (百万円)            4,787          3,209          7,957

     四半期包括利益又は包括利益                    (百万円)            6,171          3,447          9,356

     純資産額                    (百万円)           112,691          114,594          113,992

     総資産額                    (百万円)           177,245          174,538          184,895

     1株当たり四半期(当期)純利益                       (円)         133.91          92.16         223.39

     潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)
                           (円)           -          -          -
     純利益
     自己資本比率                       (%)          55.5          57.7          53.9
                                 第53期          第54期

                回次               第3四半期連結          第3四半期連結
                                 会計期間          会計期間
                              自   2017年10月1日       自   2018年10月1日
               会計期間
                              至   2017年12月31日       至   2018年12月31日
     1株当たり四半期純利益                       (円)          55.83          36.04
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
        4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間および前連結会計年度にかかる主要な経営
          指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
     2  【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容につい
       て、重要な変更はありません。
        なお、当第3四半期連結累計期間における主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
       (不動産事業)
        前連結会計年度において、非連結子会社としておりましたTakamatsu                                Construction       Group   USA,Inc.は、重要性
       が増したため、第1四半期連結会計期間より連結子会社としております。
        また、2018年4月2日付けで、株式会社ミブコーポレーションの全株式を取得し、第1四半期連結会計期間よ
       り連結子会社としております。
                                  2/15



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    第2【事業の状況】
      (注)「第2        事業の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示しております。
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       当第3四半期連結累計期間における当社グループ(当社および連結子会社)の経営環境、経営方針の概要及び経
      営成績の分析等は次のとおりです。
       なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グル―プ(当社および連結子
      会社)が判断したものであります。
      (1)経営環境および経営戦略の状況
          当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、前期に引き続き穏やかな回復基調が持続しましたが、外
         需の下振れや一部企業収益のかげりなど、やや足踏み感も見えはじめています。国内建設市場も、前年に大型
         工事を計上した官公庁の反動減に加え、民間企業からの受注も減少が継続し、全体としても△6.7%となりま
         したが、建設市場全体としては、当面は高原状態の継続が予想されています。
          一方、当社グループは2017年10月に創業100周年を迎え、その記念すべき2018年3月期をスタートとして、
         新しい中期経営計画「TRY!             NEXT   CENTURY    2020」を策定いたしました。
          本中期経営計画において髙松建設グループは、好調を持続する首都圏での賃貸マンション建築を中心とした
         土地有効活用事業を拡大し、グループ全体の成長を牽引する計画です。もう一方の中核会社で、中堅ゼネコン
         である青木あすなろ建設グループは、建設業全般の先行きを見据え、堅調な成長・高利益率の持続を目指す計
         画です。
          しかしながら、昨年度までの堅調な業績や積極的な人員の採用などに鑑み、創業101年度目にあたる2019年
         3月期は、「NEXT         CENTURY    101!中計目標を1年前倒しで実現しよう!」をテーマに掲げ、売上高・営業利益
         は中期経営計画の2020年3月期の目標を1年前倒しで達成する増収増益計画といたしました。また、第1四半
         期からM&Aで当社グループ入りした株式会社ミブコーポレーション、および2017年10月に設立したTCG
         USA,Inc.が連結対象に加わったことにより、「スペシャリティ18α」も「スペシャリティ20α」と改め、グ
         ループ事業会社20社(LLCを除く)の更なる成長および積極的なM&Aの実施を通じ、事業の一層の拡大をは
         かる所存です。
      (2)財政状態及び経営成績の状況
          ①経営成績
           上記の経営戦略のもと、当第3四半期連結累計期間の受注高は218,055百万円(前年同期比17.3%増)と
          過去最高となりました。一方売上高は一部工事進捗の遅れもあり174,893百万円と前年同期比△0.9%の微減
          となりました。
           利益につきましては、前年同期に高採算案件が多かった反動減、一部工事進捗の遅れおよび増員に伴う人
          件費増やM&Aによる新会社のグループ入りに伴う販管費増などにより、営業利益は5,963百万円(前年同
          期比33.3%減)、経常利益は5,992百万円(前年同期比33.1%減)となり、親会社株主に帰属する四半期純利
          益は前年同期に比べ33.0%減の3,209百万円となりました。
           当第3四半期連結累計期間におけるセグメント別の業績は、次のとおりであります。
           なお、セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整をおこなっており、本社管理費等の調
          整額△2,665百万円は外数となっております。
          (建築事業)
            受注高は116,810百万円(前年同期比31.1%増)、完成工事高は78,539百万円(前年同期比7.7%減)と
           なり、セグメント利益は3,640百万円(前年同期比34.7%減)となりました。
          (土木事業)
            受注高は84,411百万円(前年同期比0.0%減)、完成工事高は79,520百万円(前年同期比0.6%増)とな
           り、セグメント利益は3,914百万円(前年同期比21.1%減)となりました。 
          (不動産事業)
            不動産の売買および賃貸等による売上高は16,833百万円(前年同期比35.5%増)となり、セグメント利
           益は1,074百万円(前年同期比31.2%増)となりました。 
                                  3/15



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
         ②財政状態
         (資産の部)    
           当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べ10,357百万円減少し、174,538百万円
          となりました。
           その主な要因は、現金預金が18,078百万円、受取手形・完成工事未収入金等が2,423百万円減少した反
          面、新会社のグループ入りなどに伴い、販売用不動産が2,647百万円、のれんを含む固定資産が3,164百万
          円増加したほか、未収入金が1,480百万円増加したことによるものです。
         (負債の部) 
           負債は、前連結会計年度末に比べ10,959百万円減少し、59,944百万円となりました。
           その主な要因は、工事未払金が8,981百万円、未払法人税等が1,936百万円減少したことなどによるもの
          です。
         (純資産の部)   
           純資産は、前連結会計年度末に比べ601百万円増加し、114,594百万円となりました。
           その主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益3,209百万円の計上と配当金の支払2,019百万円な
          どの相殺により、利益剰余金が1,183百万円増加した一方、その他有価証券評価差額金が361百万円減少し
          たことなどによるものです。
           以上の結果、純資産の額から非支配株主持分を控除した自己資本の額は100,684百万円となり、自己資本
          比率は、前連結会計年度末に比べ3.8ポイント増加し57.7%となりました。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題
          当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動
          当第3四半期連結累計期間における当社グループの研究開発活動の金額は317百万円であります。
          なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グル―プの研究開発活動の状況に重要な変更はありませ
         ん。
     3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  4/15











                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】

      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                      発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                52,800,000

                   計                              52,800,000

        ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所名
                第3四半期会計期間末               提出日現在
         種類      現在発行数(株)               発行数(株)          又は登録認可金融商品              内容
                (2018年12月31日)            (2019年2月14日)
                                        取引業協会名
                                          東京証券取引所           単元株式数
        普通株式             38,880,000            38,880,000
                                          (市場第一部)            100株
          計           38,880,000            38,880,000           -          -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
          年月日        総数増減数       総数残高                      増減額       残高
                  (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
       2018年10月1日~
                      -   38,880,000           -      5,000         -       272
       2018年12月31日
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/15







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないた
         め、記載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)にもとづく株主名簿による記載を
         しております。
        ①【発行済株式】

                                                  2018年12月31日現在
              区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
       無議決権株式                            ―            ―       ―

       議決権制限株式(自己株式等)                            ―            ―       ―

       議決権制限株式(その他)                            ―            ―       ―

                        (自己保有株式)
       完全議決権株式(自己株式等)                                        ―       ―
                        普通株式      4,061,300
                        普通株式     34,815,500
       完全議決権株式(その他)                                     348,155          ―
                        普通株式        3,200

       単元未満株式                                        ―       ―
       発行済株式総数                       38,880,000                 ―       ―

       総株主の議決権                      ―              348,155          ―

      (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が4,000株含まれており
           ます。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数40個が含まれてお
           ります。
         2.     「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式が3株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2018年12月31日現在
                                                  発行済株式総数に
       所有者の氏名又
                          自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                 所有者の住所                                 対する所有株式数
                          株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
       は名称
                                                  の割合(%)
       (自己保有株式)
                大阪市淀川区新北
                                                        10.45
       ㈱髙松コンストラ                     4,061,300            -     4,061,300
                野一丁目2番3号
       クショングループ
                                                        10.45
          計         -        4,061,300            -     4,061,300
        (注)当第3四半期会計期間末日現在の自己株式数(単元未満株式を除く)は4,061,300株であります。
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/15







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府
      令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(1949年建設省令第14号)に準じて記載しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定にもとづき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から
      2018年12月31日まで)および第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)にかかる四半期
      連結財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/15

















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金預金                                68,571              50,492
        受取手形・完成工事未収入金等                                68,146              65,723
        販売用不動産                                 7,592              10,240
        未成工事支出金                                  781             1,610
        不動産事業支出金                                  764             1,547
        未収入金                                 5,263              6,743
        その他                                 1,275              2,501
                                         △ 270             △ 256
        貸倒引当金
        流動資産合計                                152,125              138,603
      固定資産
        有形固定資産
         建物・構築物(純額)                               4,016              5,532
         機械、運搬具及び工具器具備品(純額)                               1,199              1,168
         船舶(純額)                               1,595              1,467
         土地                               12,916              13,066
         リース資産(純額)                                152              151
                                          58             1,101
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                               19,938              22,487
        無形固定資産
                                          473             2,078
        投資その他の資産
         投資有価証券                               6,436              5,719
         繰延税金資産                               3,653              2,935
         その他                               2,563              3,000
                                         △ 295             △ 286
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               12,357              11,369
        固定資産合計                                32,770              35,934
      資産合計                                 184,895              174,538
                                  8/15









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        工事未払金                                32,565              23,584
        未払法人税等                                 2,373               436
        未成工事受入金                                11,055              14,326
        完成工事補償引当金                                  690              672
        工事損失引当金                                  175              106
        賞与引当金                                 2,797              1,550
        役員退職慰労引当金                                  50              -
        災害損失引当金                                  240               -
                                         8,326              6,825
        その他
        流動負債合計                                58,274              47,502
      固定負債
        再評価に係る繰延税金負債                                  256              256
        繰延税金負債                                  253              113
        船舶特別修繕引当金                                  52              67
        退職給付に係る負債                                10,660              10,587
                                         1,405              1,416
        その他
        固定負債合計                                12,628              12,441
      負債合計                                  70,903              59,944
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 5,000              5,000
        資本剰余金                                  391              488
        利益剰余金                                102,100              103,283
                                        △ 7,483             △ 7,483
        自己株式
        株主資本合計                                100,008              101,288
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 1,129               768
        土地再評価差額金                                △ 1,266             △ 1,266
        為替換算調整勘定                                  -              57
                                         △ 245             △ 162
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                 △ 382             △ 603
      非支配株主持分                                  14,367              13,909
      純資産合計                                 113,992              114,594
     負債純資産合計                                   184,895              174,538
                                  9/15







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     売上高
      完成工事高                                 164,139              158,059
                                        12,422              16,833
      不動産事業売上高
      売上高合計                                 176,561              174,893
     売上原価
      完成工事原価                                 141,686              138,032
                                        11,273              14,360
      不動産事業売上原価
      売上原価合計                                 152,960              152,393
     売上総利益
      完成工事総利益                                  22,452              20,027
                                         1,148              2,472
      不動産事業総利益
      売上総利益合計                                  23,601              22,499
     販売費及び一般管理費                                   14,659              16,536
     営業利益                                    8,941              5,963
     営業外収益
      受取利息                                    1              0
      受取配当金                                   100              108
      受取賃貸料                                    36              43
                                          33              46
      その他
      営業外収益合計                                   171              198
     営業外費用
      支払利息                                   128              130
                                          21              38
      その他
      営業外費用合計                                   150              169
     経常利益                                    8,962              5,992
     特別利益
      固定資産売却益                                    18              41
                                           5             126
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                    23              167
     特別損失
      訴訟関連損失                                    52              32
      災害による損失                                   126              137
                                           9              50
      その他
      特別損失合計                                   189              221
     税金等調整前四半期純利益                                    8,796              5,939
     法人税、住民税及び事業税
                                         2,513              1,549
                                          662              737
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    3,176              2,286
     四半期純利益                                    5,619              3,652
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     831              443
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    4,787              3,209
                                 10/15




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     四半期純利益                                    5,619              3,652
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   366             △ 364
      為替換算調整勘定                                    -              57
                                          184              102
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                   551             △ 205
     四半期包括利益                                    6,171              3,447
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  5,252              2,988
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   918              459
                                 11/15















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
    【注記事項】
    (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
     (連結の範囲の重要な変更)
        前連結会計年度において、非連結子会社としておりましたTakamatsu                                Construction       Group   USA,Inc.は、重要性
       が増したため、第1四半期連結会計期間より連結の範囲に含めております。
        また、2018年4月2日付けで全株式を取得した株式会社ミブコーポレーションを第1四半期連結会計期間より
       連結の範囲に含めております。
      (追加情報)

       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連結会
      計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
      分に表示しております。
     (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
       なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)およびの
      れんの償却額は、次のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                          (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                           至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
        減価償却費                           641百万円                 812百万円
                                                   126    
        のれんの償却額                           -    
     (株主資本等関係)

      Ⅰ  前第3四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年12月31日)
        1.配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配
           決議      株式の種類                      基準日       効力発生日       配当の原資
                       (百万円)      当額(円)
        2017年5月11日
                 普通株式        1,008       28.0    2017年3月31日        2017年6月23日        利益剰余金
        取締役会
        2017年11月14日
                 普通株式         708      20.0    2017年9月30日        2017年12月12日        利益剰余金
        取締役会
        2.株主資本の著しい変動

          当社は、2017年7月19日開催の取締役会決議にもとづき、自己株式600,300株の取得をおこなっておりま
         す。この結果、当第3四半期連結累計期間において自己株式が1,508百万円増加し、当第3四半期連結会計期
         間末において自己株式が5,805百万円となっております。
      Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年12月31日)

        配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配
           決議      株式の種類                      基準日       効力発生日       配当の原資
                       (百万円)      当額(円)
        2018年5月11日
                         1,253       36.0
                 普通株式                   2018年3月31日        2018年6月28日        利益剰余金
        取締役会
        2018年11月14日
                          766      22.0
                 普通株式                   2018年9月30日        2018年12月11日        利益剰余金
        取締役会
                                 12/15





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
        Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年12月31日)
         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                     四半期連結
                               報告セグメント
                                                調整額     損益計算書
                                                (注)1
                                                      計上額
                        建築事業      土木事業     不動産事業        計
                                                      (注)2
           売上高
            外部顧客への売上高
                         85,131      79,007      12,422     176,561         -   176,561
            セグメント間の内部
                           573      12     282      868     △ 868      -
            売上高又は振替高
                計         85,705      79,020      12,704     177,430       △ 868    176,561
           セグメント利益               5,576      4,960       818    11,355     △ 2,414      8,941
           (注)1.セグメント利益の調整額△2,414百万円には、各報告セグメントに帰属しない一般管理費等 
                △2,400百万円およびその他の調整額△14百万円が含まれております。
              2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整をおこなっております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
        Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年12月31日)

         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                     四半期連結
                               報告セグメント
                                                調整額     損益計算書
                                                (注)1
                                                      計上額
                        建築事業      土木事業     不動産事業        計
                                                      (注)2
           売上高
            外部顧客への売上高
                         78,539      79,520      16,833     174,893         -   174,893
            セグメント間の内部
                           217      12     348      577     △ 577      -
            売上高又は振替高
                計         78,756      79,532      17,181     175,470       △ 577    174,893
           セグメント利益               3,640      3,914      1,074      8,629     △ 2,665      5,963
           (注)1.セグメント利益の調整額△2,665百万円には、各報告セグメントに帰属しない一般管理費
                等  △2,666百万円およびその他の調整額1百万円が含まれております。
              2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整をおこなっております。
         2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          (のれんの金額の重要な変動)
           「不動産事業」セグメントにおいて、2018年4月2日付で株式会社ミブコーポレーションの全株式を取得
          し、連結子会社としました。
          なお、当該事象によるのれんの増加額は、当第3四半期連結累計期間において1,690百万円であります。
                                 13/15






                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
     (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益および算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自    2017年4月1日           (自    2018年4月1日
                                  至   2017年12月31日)            至   2018年12月31日)
      1株当たり四半期純利益                                133円91銭              92円16銭
      (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純利益                   (百万円)              4,787              3,209

        普通株主に帰属しない金額                                                  -

                           (百万円)                -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する
                           (百万円)              4,787              3,209
        四半期純利益
        普通株式の期中平均株式数                    (千株)             35,752              34,818
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
    2【その他】

       2018年11月14日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
         ①中間配当による配当金の総額                                      766百万円
         ②1株当たりの金額                                                22円00銭
         ③支払請求の効力発生日及び支払開始日                              2018年12月11日
        (注)2018年9月30日現在の株主名簿に記載または記録された株主に対し、支払をおこなっております。
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】

         該当事項はありません。
                                 14/15











                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社髙松コンストラクショングループ(E00285)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年2月13日

    株式会社髙松コンストラクショングループ
     取締役会      御中
                              有限責任     あずさ監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       近藤 康仁        印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       桃原 一也        印
                               業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社髙松コ

    ンストラクショングループの2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018
    年10月1日から2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る
    四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記
    について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社髙松コンストラクショングループ及び連結子会社の2018
    年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信
    じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 15/15




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク