株式会社日立物流 訂正四半期報告書 第58期第2四半期(平成28年7月1日-平成28年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正四半期報告書-第58期第2四半期(平成28年7月1日-平成28年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社日立物流

カテゴリ:訂正四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      【表紙】

      【提出書類】                      四半期報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第4項

      【提出先】                      関東財務局長

      【提出日】                      2019年2月14日

      【四半期会計期間】                      第58期第2四半期

                            (自    2016年7月1日         至   2016年9月30日)
      【会社名】                      株式会社日立物流

      【英訳名】                      Hitachi Transport System, Ltd.

      【代表者の役職氏名】                      執行役社長          中 谷 康 夫

      【本店の所在の場所】                      東京都中央区京橋二丁目9番2号

      【電話番号】                      03(6263)2800       <代表>

      【事務連絡者氏名】                      経営戦略本部 広報部長 高岡 勲

      【最寄りの連絡場所】                      東京都中央区京橋二丁目9番2号

      【電話番号】                      03(6263)2803

      【事務連絡者氏名】                      経営戦略本部 広報部長 高岡 勲

      【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/31








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      1  【四半期報告書の訂正報告書の提出理由】

        当社は、2019年3月期第3四半期の要約四半期連結財務諸表等に係る決算手続きを進める中で、M&A等の一部会
       計処理がIFRSに準拠していないとの指摘を監査法人より受け、当指摘を踏まえ、当社にて上記会計処理を再検討した
       結果、第56期以降のIFRSに準拠した連結財務諸表等を修正することとした。具体的には、国際会計基準(IAS)第32号
       第23項の定めに従い、非支配持分の所有者に付与している売建プット・オプションに係る金融負債を計上し、その金
       額相当を資本から差引く等の修正を行うこととした。
        これらの決算訂正により、当社が2016年11月14日に提出した第58期第2四半期(自 2016年7月1日 至 2016年
       9月30日)に係る四半期報告書の記載事項の一部を訂正する必要が生じたので、金融商品取引法第24条の4の7第4
       項の規定に基づき、四半期報告書の訂正報告書を提出するものである。
        なお、訂正後の要約四半期連結財務諸表については、EY新日本有限責任監査法人より四半期レビューを受けてお
       り、その四半期レビュー報告書を添付している。
      2  【訂正事項】

       第一部 企業情報
        第1 企業の概況
          1 主要な経営指標等の推移
        第2 事業の状況
          3 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
        第4 経理の状況
         2 監査証明について
          1 要約四半期連結財務諸表
           (1) 要約四半期連結財政状態計算書
           (3) 要約四半期連結持分変動計算書
           要約四半期連結財務諸表注記
            3.過去に発行した要約四半期連結財務諸表の修正再表示
            5.金融商品
      3  【訂正箇所】

        訂正箇所は       を付して表示している。なお、訂正箇所が多数に及ぶことから、上記の訂正事項については、訂正
       後のみを記載している。
                                  2/31









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      第一部     【企業情報】

      第1   【企業の概況】

      1  【主要な経営指標等の推移】

                               第57期           第58期
               回    次               第2四半期           第2四半期            第57期
                              連結累計期間           連結累計期間
                            自 2015年4月1日           自 2016年4月1日           自 2015年4月1日
             会  計  期  間
                            至 2015年9月30日           至 2016年9月30日           至 2016年3月31日
       売上収益                           340,564           324,650
                       (百万円)                                 680,354
       (第2四半期連結会計期間)                           (170,881)           (164,150)
       調整後営業利益                (百万円)            13,012           14,503           28,320
       営業利益                (百万円)            12,873           14,799           28,334

       税引前四半期(当期)利益                (百万円)            11,305           14,362           26,910

       親会社株主に帰属する
                                   5,845           8,856
       四半期(当期)利益
                       (百万円)                                  14,011
       (第2四半期連結会計期間)                            (2,961)           (5,569)
       親会社株主に帰属する
                       (百万円)            4,954           1,791           8,192
       四半期(当期)包括利益
       親会社株主持分                (百万円)           177,108           177,456           175,543
       総資産額                (百万円)           469,648           519,956           464,399

       基本的1株当たり親会社株主に
                                   52.40           79.39
       帰属する四半期(当期)利益
                        (円)                                 125.60
       (第2四半期連結会計期間)                            (26.54)           (49.92)
       希薄化後1株当たり
       親会社株主に帰属する                 (円)             -           -           -
       四半期(当期)利益
       親会社株主持分比率                 (%)            37.7           34.1           37.8
       営業活動による
                       (百万円)            14,592           7,242          38,820
       キャッシュ・フロー
       投資活動による
                       (百万円)           △9,469          △67,983           △10,373
       キャッシュ・フロー
       財務活動による
                       (百万円)           △2,135           61,652          △16,712
       キャッシュ・フロー
       現金及び現金同等物の
                       (百万円)            37,731           44,244           45,146
       四半期(期末)残高
       (注)    1 当社は要約四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
            していない。
          2 売上収益には、消費税等は含まれていない。
          3 希薄化後1株当たり親会社株主に帰属する四半期(当期)利益については、潜在株式が存在しないため、記
            載していない。
          4 上記指標は、国際財務報告基準(以下、「IFRS」)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸
            表に基づいている。
          5 「調整後営業利益」は「売上総利益」から「販売費及び一般管理費」を控除した利益指標である。
      2  【事業の内容】

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更はない。
         また、主要な関係会社の異動は、以下のとおりである。
         2016年5月19日付で、株式会社日立製作所は当社株式の発行済株式総数比(自己株式除く)29.0%をSGホールディン
        グス株式会社に譲渡し、当社の親会社からその他の関係会社になった。また、SGホールディングス株式会社は当社株
        式の取得に伴い、当社のその他の関係会社になった。
                                  3/31


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
         2016年5月20日付で、当社はSGホールディングス株式会社より佐川急便株式会社の株式の発行済株式総数比(自己株

        式除く)20.0%を取得し、同社を当社の持分法適用関連会社としている。
                                  4/31




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      第2   【事業の状況】

      1  【事業等のリスク】

         当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況に関する事項のうち、投
        資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある以下のリスクを伴う事象が発生している。
         なお、文中の将来に関する事象は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであ
        る。
        (1)  M&A及び資本業務提携等のリスク
         当社グループは、持続的な成長の実現のため、M&Aや資本業務提携等を行うことがある。これらの実施にあたっ
        ては、事前に対象企業の財務内容や契約内容等審査を十分行い、リスクを検討したうえで決定しているが、実施後の
        事業環境の変化等により、当初想定していた成果が得られないと判断された場合や、資本業務提携等を解消・変更す
        る場合、のれんや持分法で会計処理されている投資の減損損失等、当社グループの業績と財務状況に影響を及ぼす可
        能性がある。
        (2)  金利変動のリスク

         当社グループは、事業展開に必要な資金を借入等により調達している。変動金利の借入金は、金利の変動リスクに
        晒されているため、固定・変動調達比率を調整すること等でリスク管理しているが、リスクを完全に回避できるもの
        ではなく、予測を上回る金利の上昇等があった場合、調達コストが増加し、当社グループの業績と財務状況に影響を
        及ぼす可能性がある。
      2  【経営上の重要な契約等】

         当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はない。
      3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        (1)  業績の状況
         当第2四半期連結累計期間における連結業績は、売上収益は3,246億50百万円(前年同四半期連結累計期間比5%
        減)、調整後営業利益は145億3百万円(前年同四半期連結累計期間比11%増)、受取利息及び支払利息調整後税引前
        四半期利益は148億96百万円(前年同四半期連結累計期間比27%増)、親会社株主に帰属する四半期利益は88億56百万
        円(前年同四半期連結累計期間比52%増)となった。
         セグメント別の状況は次のとおりである。

        (国内物流)

         当セグメントの売上収益は、顧客の外部環境変化による取扱い物量の減少はあったものの、流通小売、飲食関連
        等における新規案件の稼働や、前連結会計年度に立ち上げた案件の本格稼働等により、前年同四半期連結累計期間
        に比べ2%増加し、2,028億72百万円となった。
         セグメント利益は、増収影響や、作業生産性の向上等により、前年同四半期連結累計期間に比べ16%増加し、106
        億56百万円となった。
        (国際物流)

         当セグメントの売上収益は、海外における日用品、自動車関連等の新規大型案件の稼働による増収寄与はあった
        が、中国・アジアや国内発着のフォワーディング事業の軟調な荷動き、さらには急激な円高進行による為替影響を
        受け、前年同四半期連結累計期間に比べ15%減少し、1,112億46百万円となった。
         セグメント利益は、減収影響はあったものの、海外3PL事業やインターモーダル事業における収益性向上や、
        国内発着フォワーディング事業における構造改革効果等により、前年同四半期連結累計期間に比べ11%増加し、29
        億27百万円となった。
        (その他(物流周辺事業等))

         当セグメントの売上収益は、前年同四半期連結累計期間に比べ3%減少し、105億32百万円となった。
         セグメント利益については、減収影響等により前年同四半期連結累計期間に比べ22%減少し、9億20百万円と
        なった。
         ※第1四半期連結累計期間より、セグメント利益を「営業利益」から「調整後営業利益」へ変更している。
         なお、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報は、当該変更を反映している。
                                  5/31


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
        (2) 財政状態の分析

         当第2四半期連結会計期間末の資産の部合計は、前連結会計年度末に比べ555億57百万円増加し、5,199億56百万
        円となった。流動資産は、その他の金融資産が32億1百万円、売上債権が21億34百万円それぞれ減少したことなど
        により、67億48百万円減少した。非流動資産は、無形資産が25億24百万円、のれんが11億74百万円、有形固定資産
        が10億28百万円それぞれ減少したものの、持分法で会計処理されている投資が673億80百万円増加したことなどによ
        り、623億5百万円増加した。
         当第2四半期連結会計期間末の負債の部合計は、前連結会計年度末に比べ                                   539億16百万円       増加し、    3,397億63百万
        円 となった。流動負債は、その他の流動負債が10億16百万円、その他の金融負債が                                      53億円   増加したものの、償還期
        長期債務が303億7百万円、買入債務が39億12百万円、短期借入金が17億55百万円減少したことなどにより、                                                   306億
        45百万円    減少した。非流動負債は、             その他の金融負債が143億5百万円減少したものの、                         長期債務が996億64百万円
        増加したことなどにより、            845億61百万円       増加した。
         当第2四半期連結会計期間末の資本の部合計は、前連結会計年度末に比べ                                   16億41百万円増加        し、  1,801億93百万円
        となり、また親会社株主持分比率は前連結会計年度末の                          37.8%   から  34.1%   となった。
        (3)  キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」)の残高は、前連結会計年度末に比
        べ9億2百万円減少し、442億44百万円となった。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりである。
         営業活動によるキャッシュ・フローは、72億42百万円の収入となり、前第2四半期連結累計期間に比べ73億50百

        万円減少した。この主な要因は、四半期利益96億29百万円、減価償却費及び無形資産償却費92億69百万円、法人所
        得税費用47億33百万円等による資金の増加と、法人所得税の支払64億24百万円、その他の資産及びその他の負債の
        増減51億38百万円、売上債権の増減18億83百万円、買入債務の増減17億34百万円等により資金が減少したことによ
        るものである。
         投資活動によるキャッシュ・フローは、679億83百万円の支出となり、前第2四半期連結累計期間に比べ585億14

        百万円減少した。この主な要因は、預け金の払戻35億円、有形固定資産及び無形資産の売却16億41百万円等による
        資金の増加と、持分法で会計処理されている投資の取得668億43百万円、有形固定資産及び無形資産の取得69億3百
        万円により資金が減少したことによるものである。
         財務活動によるキャッシュ・フローは、616億52百万円の収入となり、前第2四半期連結累計期間に比べ637億87

        百万円増加した。この主な要因は、長期借入債務の返済508億86百万円、リース債務の返済25億48百万円、非支配持
        分からの子会社持分取得20億85百万円、配当金の支払16億73百万円等による資金の減少と、長期借入債務による調
        達1,193億12百万円により資金が増加したことによるものである。
        (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題は、次の
        とおりである。
         当社は、2016年3月にSGホールディングス株式会社及び同社の子会社である佐川急便株式会社(以下、当社並びに
        SGホールディングス株式会社及び佐川急便株式会社を合わせて「両社」という。)との間で資本業務提携契約(以下、
        「本資本業務提携」という。)を締結し、当社は本資本業務提携に基づき同年5月に佐川急便株式会社の株式の発行
        済株式総数比(自己株式除く)20%を66,318百万円で取得した。また、本資本業務提携の成果を踏まえ、両社の経営統
        合の可能性について協議・検討する。
         本資本業務提携により、両社の3PL事業における強み、豊富なノウハウや顧客基盤、佐川急便株式会社の輸配送
        能力、当社グループのロジスティクス・テクノロジーとを最大限に活用することで、3PLとデリバリーがシームレ
        スにつながる総合物流の提供が可能となり、当社グループの企業価値の最大化を図れると考えている。
        (5)  研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間における当社グループの研究開発費は3億41百万円である。
         なお、当第2四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はない。
                                  6/31


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      第3   【提出会社の状況】

      1  【株式等の状況】

        (1)  【株式の総数等】
         ①  【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)

                 普通株式                                    292,000,000

                   計                                  292,000,000

         ②  【発行済株式】

             第2四半期会計期間末              提出日現在        上場金融商品取引所

         種類      現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              (2016年9月30日)           (2016年11月14日)          商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
       普通株式          111,776,714           111,776,714                 単元株式数は100株である。
                                     (市場第一部)
         計         111,776,714           111,776,714           ―            ―
        (2)  【新株予約権等の状況】

          該当事項なし。

        (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項なし。

        (4)  【ライツプランの内容】

          該当事項なし。

        (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                                資本金増減額        資本金残高
          年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                                 (百万円)       (百万円)
                    (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
       2016年7月1日~
                     ―      111,776        ―       16,802       ―       13,424
       2016年9月30日
                                  7/31






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
        (6)  【大株主の状況】

                                                 2016年9月30日現在

                                                     発行済株式
                                              所有株式数       総数に対する
            氏名又は名称                     住所
                                               (株)      所有株式数
                                                     の割合(%)
       株式会社日立製作所                  東京都千代田区丸の内一丁目6番6号                      33,471,578          29.95
       SGホールディングス株式会社                  京都府京都市南区上鳥羽角田町68番地                      32,349,700          28.94

       日本トラスティ・サービス
                         東京都中央区晴海一丁目8番11号                      5,629,500          5.04
       信託銀行株式会社(信託口)
       全国共済農業協同組合連合会
                         東京都千代田区平河町二丁目7番9号
       (常任代理人 日本マスター                                        2,793,900          2.50
                         (東京都港区浜松町二丁目11番3号)
       トラスト信託銀行株式会社)
       日本マスタートラスト
                         東京都港区浜松町二丁目11番3号                      2,488,600          2.23
       信託銀行株式会社(信託口)
       ジェーピー モルガン チェース
                         25 BANK STREET, CANARY WHARF,
       バンク 380684
                         LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM          1,907,400          1.71
       (常任代理人 株式会社みずほ銀行
                         (東京都港区港南二丁目15番1号)
       決済営業部)
       日本トラスティ・サービス
                         東京都中央区晴海一丁目8番11号                      1,735,500          1.55
       信託銀行株式会社(信託口9)
       日立物流社員持株会                  東京都江東区東陽七丁目2番18号                      1,444,874          1.29
                         388  GREENWICH     STREET,    NEW  YORK,   NY
       CBNY-GOVERNMENT        OF  NORWAY
                         10013   USA                   1,321,300          1.18
       (常任代理人 シティバンク銀行株式
       会社)
                         (東京都新宿区新宿六丁目27番30号)
       ジェーピー モルガン チェース
                         25 BANK STREET, CANARY WHARF,
       バンク 385166
                         LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM          1,048,000          0.94
       (常任代理人 株式会社みずほ銀行
                         (東京都港区港南二丁目15番1号)
       決済営業部)
               計                    ―            84,190,352          75.32
       (注)上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりである。
            日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)                         2,499,200     株 
            日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)                       2,204,000     株
                                  8/31










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
        (7)  【議決権の状況】

         ①  【発行済株式】
                                                 2016年9月30日現在
             区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
       無議決権株式                     ―          ―              ―

       議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

       議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                       (自己保有株式)
       完全議決権株式(自己株式等)                普通株式              ―              ―
                            226,500
                       普通株式
       完全議決権株式(その他)                              1,115,288              ―
                          111,528,800
                       普通株式
       単元未満株式                              ―              ―
                            21,414
       発行済株式総数                   111,776,714           ―              ―
       総株主の議決権                     ―         1,115,288              ―

       (注)    「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式                           38  株が含まれている。
         ②  【自己株式等】

                                                 2016年9月30日現在
                                                      発行済株式
                                  自己名義       他人名義      所有株式数
          所有者の氏名                                            総数に対する
                       所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
           又は名称                                           所有株式数
                                   (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
       (自己保有株式)             東京都江東区東陽七丁目
                                   226,500        ―      226,500        0.20
       株式会社日立物流             2番18号
            計              ―         226,500        ―      226,500        0.20
       (注) 当第2四半期会計期間末の自己株主数は226,538株である。
      2  【役員の状況】

         前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はない。
                                  9/31









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      第4   【経理の状況】

      1 四半期連結財務諸表の作成方法について

        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
       府令第64号。以下、「四半期連結財務諸表規則」)第93条の規定により、国際会計基準(以下、「IAS」)第34号「期中
       財務報告」に準拠して作成している。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2016年7月1日から2016年
       9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2016年4月1日から2016年9月30日まで)に係る要約四半期連結財務諸表
       について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けている。
        また、金融商品取引法第24条の4の7第4項の規定に基づき、四半期報告書の訂正報告書を提出しているが、訂正
       後の要約四半期連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けている。
        なお、従来、当社が監査証明を受けている新日本有限責任監査法人は、2018年7月1日に名称を変更し、EY新日本
       有限責任監査法人となった。
                                 10/31














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      1  【要約四半期連結財務諸表】

       (1)  【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                      (単位:百万円)
                               注記      前連結会計年度           当第2四半期連結会計期間
                 区分
                               番号      (2016年3月31日)              (2016年9月30日)
       (資産の部)

       流動資産

         現金及び現金同等物                                   45,146              44,244

         売上債権                                   118,908              116,774

         棚卸資産                                    1,114              1,285

         その他の金融資産                       5            10,352              7,151

                                             9,330              8,648

         その他の流動資産
          流動資産合計

                                            184,850              178,102
       非流動資産

         持分法で会計処理されている投資                                    1,179             68,559

         有形固定資産                                   177,153              176,125

         のれん                                   29,542              28,368

         無形資産                                   39,038              36,514

         繰延税金資産                                    7,900              8,193

         その他の金融資産                       5            16,504              16,090

                                             8,233              8,005

         その他の非流動資産
          非流動資産合計

                                            279,549              341,854
       資産の部合計                                     464,399              519,956

                                 11/31








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
                                                      (単位:百万円)

                               注記      前連結会計年度           当第2四半期連結会計期間
                 区分
                               番号      (2016年3月31日)              (2016年9月30日)
       (負債の部)

       流動負債

         買入債務                                   48,892              44,980

         短期借入金                       5            12,110              10,355

         償還期長期債務                       5            36,025              5,718

         未払法人所得税                                    6,512              5,525

         その他の金融負債                       5            31,199              36,499

         その他の流動負債                                   27,203              28,219

          流動負債合計

                                            161,941              131,296
       非流動負債

         長期債務                       5            49,666             149,330

         退職給付に係る負債                                   31,254              31,199

         繰延税金負債                                   12,542              11,821

         その他の金融負債                       5            28,361              14,056

                                             2,083              2,061

         その他の非流動負債
          非流動負債合計

                                            123,906              208,467
       負債の部合計                                     285,847              339,763

       (資本の部)

       親会社株主持分

         資本金                                   16,803              16,803

         利益剰余金                                   157,362              167,348

         その他の包括利益累計額                                    1,558             △6,515

                                             △180              △180

         自己株式
          親会社株主持分合計

                                            175,543              177,456
       非支配持分                                      3,009              2,737

       資本の部合計                                     178,552              180,193

       負債・資本の部合計                                     464,399              519,956

                                 12/31





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
       (2)  【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】

         【要約四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                      (単位:百万円)
                                   前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               注記
                 区分                   (自 2015年4月1日              (自 2016年4月1日
                               番号
                                    至 2015年9月30日)              至 2016年9月30日)
       売上収益                         ▶            340,564              324,650
                                           △305,805              △287,944

       売上原価
         売上総利益

                                            34,759              36,706
                                           △21,747              △22,203

       販売費及び一般管理費
         調整後営業利益

                                            13,012              14,503
       その他の収益                                       689             1,227

                                             △828              △931

       その他の費用
         営業利益

                                            12,873              14,799
       金融収益                                       66              76

       金融費用                                     △1,406               △811

                                              156              832

       持分法による投資利益
         受取利息及び支払利息調整後
                                            11,689              14,896
         税引前四半期利益
       受取利息                                       407              341
                                             △791              △875

       支払利息
         税引前四半期利益

                                            11,305              14,362
                                            △4,818              △4,733

       法人所得税費用
         四半期利益

                                             6,487              9,629
       四半期利益の帰属

         親会社株主持分                                    5,845              8,856

         非支配持分                                     642              773

                                   前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間

                               注記
                 区分                   (自 2015年4月1日              (自 2016年4月1日
                               番号
                                    至 2015年9月30日)              至 2016年9月30日)
       1株当たり親会社株主に帰属する四半期利益
         基本                       7            52.40   円           79.39   円

         希薄化後                       7              - 円             - 円

                                 13/31




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
         【第2四半期連結会計期間】

                                                      (単位:百万円)
                                   前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間
                               注記
                 区分                   (自 2015年7月1日              (自 2016年7月1日
                               番号
                                    至 2015年9月30日)              至 2016年9月30日)
       売上収益                                     170,881              164,150
                                           △153,111              △145,308

       売上原価
         売上総利益

                                            17,770              18,842
                                           △10,914              △11,062

       販売費及び一般管理費
         調整後営業利益

                                             6,856              7,780
       その他の収益                                       446              888

                                             △502              △566

       その他の費用
         営業利益

                                             6,800              8,102
       金融収益                                        2              8

       金融費用                                     △1,244               △249

                                              85             527

       持分法による投資利益
         受取利息及び支払利息調整後
                                             5,643              8,388
         税引前四半期利益
       受取利息                                       228              163
                                             △420              △458

       支払利息
         税引前四半期利益

                                             5,451              8,093
                                            △2,219              △2,221

       法人所得税費用
         四半期利益

                                             3,232              5,872
       四半期利益の帰属

         親会社株主持分                                    2,961              5,569

         非支配持分                                     271              303

                                   前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間

                               注記
                 区分                   (自 2015年7月1日              (自 2016年7月1日
                               番号
                                    至 2015年9月30日)              至 2016年9月30日)
       1株当たり親会社株主に帰属する四半期利益
         基本                       7            26.54   円           49.92   円

         希薄化後                       7              - 円             - 円

                                 14/31





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
         【要約四半期連結包括利益計算書】

         【第2四半期連結累計期間】
                                                      (単位:百万円)
                                   前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               注記
                 区分                   (自 2015年4月1日              (自 2016年4月1日
                               番号
                                    至 2015年9月30日)              至 2016年9月30日)
                                             6,487              9,629
       四半期利益
       その他の包括利益

        純損益に組み替えられない項目

         その他の包括利益を通じて測定する
                                              155             △357
         金融資産の公正価値の純変動額
                                               2             △9
         持分法のその他の包括利益
          純損益に組み替えられない項目合計                                    157             △366

        純損益に組み替えられる可能性がある項目

         在外営業活動体の換算差額                                   △1,296              △8,080

         キャッシュ・フロー・ヘッジの
                                              21              36
         公正価値の純変動額
                                               2            △119
         持分法のその他の包括利益
          純損益に組み替えられる可能性がある
                                            △1,273              △8,163
          項目合計
       その他の包括利益合計                                     △1,116              △8,529
       四半期包括利益

                                             5,371              1,100
        四半期包括利益の帰属

         親会社株主持分                                    4,954              1,791

         非支配持分                                     417             △691

                                 15/31









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
        【第2四半期連結会計期間】

                                                      (単位:百万円)
                                   前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間
                               注記
                 区分                   (自 2015年7月1日              (自 2016年7月1日
                               番号
                                    至 2015年9月30日)              至 2016年9月30日)
                                             3,232              5,872
       四半期利益
       その他の包括利益

        純損益に組み替えられない項目

         その他の包括利益を通じて測定する
                                             △226              △87
         金融資産の公正価値の純変動額
                                               1            △15
         持分法のその他の包括利益
          純損益に組み替えられない項目合計                                   △225              △102

        純損益に組み替えられる可能性がある項目

         在外営業活動体の換算差額                                   △3,297              △1,119

         キャッシュ・フロー・ヘッジの
                                              24              47
         公正価値の純変動額
                                               ▶            △70
         持分法のその他の包括利益
          純損益に組み替えられる可能性がある
                                            △3,269              △1,142
          項目合計
       その他の包括利益合計                                     △3,494              △1,244
       四半期包括利益

                                             △262              4,628
        四半期包括利益の帰属

         親会社株主持分                                     40            4,501

         非支配持分                                    △302               127

                                 16/31









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
       (3)  【要約四半期連結持分変動計算書】

                                                 (単位:百万円)
                 前第2四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年9月30日)
                                         親会社

                  注記                                 資本の部
                               その他の
                                         株主持分     非支配持分
                  番号                                  合計
                     資本金    利益剰余金     包括利益     自己株式
                                          合計
                               累計額
       期首残高               16,803     149,335      7,761     △179    173,720      3,006    176,726
       変動額
        四半期利益                    5,845               5,845      642    6,487
        その他の包括利益                         △891          △891     △225    △1,116
        非支配持分との
                           △239      △5         △244      244     -
        取引等
        配当金           6        △1,562               △1,562      △49    △1,611
        自己株式の取得
                                      △0     △0          △0
        及び売却
        非支配株主に係る売建
        プット・オプション           5           97     143          240    △737     △497
        負債の変動等
       変動額合計                 -    4,141     △753      △0    3,388     △125     3,263
       期末残高               16,803     153,476      7,008     △179    177,108      2,881    179,989
                                                 (単位:百万円)

                 当第2四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)
                                         親会社

                  注記                                 資本の部
                               その他の
                                         株主持分     非支配持分
                  番号                                  合計
                     資本金    利益剰余金     包括利益     自己株式
                                          合計
                               累計額
       期首残高               16,803     157,362      1,558     △180    175,543      3,009    178,552
       変動額
        四半期利益                    8,856               8,856      773    9,629
        その他の包括利益                        △7,065          △7,065     △1,464     △8,529
        配当金           6        △1,673               △1,673      △59    △1,732
        自己株式の取得
                                      △0     △0          △0
        及び売却
        非支配株主に係る売建
        プット・オプション           5         2,803    △1,008           1,795      478    2,273
        負債の変動等
       変動額合計                 -    9,986    △8,073       △0    1,913     △272     1,641
       期末残高               16,803     167,348     △6,515      △180    177,456      2,737    180,193
                                 17/31







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
       (4)  【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】

                                                      (単位:百万円)
                                   前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               注記
                 区分                   (自 2015年4月1日              (自 2016年4月1日
                               番号
                                    至 2015年9月30日)              至 2016年9月30日)
       営業活動によるキャッシュ・フロー
        四半期利益                                     6,487              9,629
        四半期利益から営業活動による

        キャッシュ・フローへの調整
         減価償却費及び無形資産償却費                                    9,600              9,269
         減損損失の戻入れ                                     -            △461
         持分法による投資利益                                    △156              △832
         法人所得税費用                                    4,818              4,733
         退職給付に係る負債の増減                                     363              48
         受取利息及び受取配当金                                    △469              △407
         支払利息                                     791              875
         固定資産売却損益                                    △460              △552
         売上債権の増減                                    3,061             △1,883
         棚卸資産の増減                                    △100              △213
         買入債務の増減                                   △3,954              △1,734
         その他の資産及びその他の負債の増減                                   △1,547              △5,138
                                              801              707
         その他
          小計
                                            19,235              14,041
         利息及び配当金の受取                                     546              515
         利息の支払                                    △792              △890
         法人所得税の支払                                   △4,397              △6,424
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                     14,592              7,242
       投資活動によるキャッシュ・フロー
         有形固定資産及び無形資産の取得                                  △10,383              △6,903
         有形固定資産及び無形資産の売却                                    1,825              1,641
         預け金の払戻                                     -            3,500
         持分法で会計処理されている投資の取得                                     -           △66,843
         その他                                    △911               622
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                     △9,469             △67,983
       財務活動によるキャッシュ・フロー
         短期借入金の増減                                    2,318              △314
         長期借入債務による調達                                     -           119,312
         長期借入債務の返済                                    △678            △50,886
         リース債務の返済                                   △2,001              △2,548
         非支配持分からの子会社持分取得                                     -           △2,085
         配当金の支払                       6            △1,562              △1,673
         非支配持分株主への配当金の支払                                    △49              △68
         その他                                    △163              △86
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                     △2,135              61,652
       現金及び現金同等物に係る換算差額                                       199            △1,813
       現金及び現金同等物の増減                                      3,187              △902
       現金及び現金同等物の期首残高                                     34,544              45,146
       現金及び現金同等物の期末残高                                     37,731              44,244
                                 18/31



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      【要約四半期連結財務諸表注記】

      1.報告企業

        株式会社日立物流(以下、「当社」)は日本に所在する株式会社であり、東京証券取引所にて株式を上場している。
       登記している本社及び主要な事業所の住所は、当社のホームページ(                                http://www.hitachi-transportsystem.com                    )で開
       示している。当社の要約四半期連結財務諸表は、2016年9月30日を期末日とし、当社及び子会社、並びにその関連会
       社及び共同支配企業に対する持分(以下、「当社グループ」)により構成されている。当社グループは、国内物流、国
       際物流、その他のセグメントにわたって、総合的かつ高品質な物流サービスの提供を主たる事業としている。
      2.作成の基礎

       (1)  IFRSに準拠している旨
         当社の要約四半期連結財務諸表はIAS第34号に準拠して作成しており、連結会計年度の連結財務諸表で要求されて
        いる全ての情報が含まれていないため、前連結会計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきものである。当社
        は、四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たしていることから、
        同第93条の規定を適用している。
       (2)  見積り及び判断の使用
         当社の要約四半期連結財務諸表は、収益及び費用、資産及び負債の測定並びに四半期連結会計期間末日現在の偶
        発事象の開示等に関する経営者の見積り及び仮定を含んでおり、これらの見積り及び仮定は過去の実績及び四半期
        連結会計期間末日において合理的であると考えられる様々な要因等を勘案した経営者の最善の判断に基づいてい
        る。しかしその性質上、将来において、これらの見積り及び仮定とは異なる結果となる可能性がある。
         見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直され、会計上の見積りの変更は、見積りが変更された会計期間及
        び影響を受ける将来の会計期間において認識される。
         要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える見積り及び判断は、前連結会計年度の連結財務諸表と同様
        である。
       (3)  主要な会計方針
         要約四半期連結財務諸表において適用する主要な会計方針は、前連結会計年度において適用した会計方針と同一
        である。なお、当第2四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積平均年次実効税率を基に算定している。
       (4)  表示方法の変更
        (要約四半期連結損益計算書)
         前第2四半期連結累計期間において、「営業利益」(12,873百万円)は「売上総利益」(34,759百万円)から「販売
        費及び一般管理費」(21,747百万円)、「その他の収益」(689百万円)、「その他の費用」(828百万円)を控除した金
        額として表示していたが、第1四半期連結累計期間より「売上総利益」から「販売費及び一般管理費」を控除した
        「調整後営業利益」と「税引前四半期利益」から受取利息の額を減算し、支払利息の額を加算して算出した「受取
        利息及び支払利息調整後税引前四半期利益」を表示している。
         この変更は、経営者が事業再編等の損益や構造改革費用等の損益を含まない事業活動の成果を反映した「調整後
        営業利益」が目標達成に向けた進捗管理及び成果を把握することに適していると判断し、また資金調達に関する金
        利収支を除いた「受取利息及び支払利息調整後税引前四半期利益」が、他社とのアライアンスの成果を反映してお
        り、当社グループの状況をわかり易く表した指標であると判断したためである。
      3.過去に発行した要約四半期連結財務諸表の修正再表示

        当社グループは、非支配持分の所有者に付与している子会社株式の売建プット・オプションについて、IAS第32号第
       23項の定めに従い、当該オプション付与時に金融負債を認識するとともに非支配持分との差額を資本剰余金又は利益
       剰余金から減額し、当初認識後の変動については資本剰余金又は利益剰余金に認識する処理に修正している。
        当社は、当該処理の修正に伴い、2015年3月期から2018年3月期における連結財務諸表及び2017年3月期から2019
       年3月期第2四半期までの各四半期における要約四半期連結財務諸表を訂正している。2016年11月14日に当社執行役
       社長中谷康夫及び当社最高財務責任者である執行役常務林伸和によって承認された2017年3月期第2四半期の要約四
       半期連結財務諸表は2019年2月14日に訂正されている。
                                 19/31



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      4.  セグメント情報

      (報告セグメント情報)
       前第2四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年9月30日)
                                                     (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                                      要約四半期
                                      その他           調整額
                                             合計          連結財務
                                      (注1)           (注2)
                                                      諸表計上額
                     国内物流      国際物流       計
       売上収益

        外部顧客への売上収益              198,755      130,954      329,709      10,855     340,564        -   340,564

        セグメント間の内部
                        -      -      -    5,521      5,521     △5,521        -
        売上収益又は振替高
       計               198,755      130,954      329,709      16,376     346,085      △5,521      340,564
       セグメント利益                9,197      2,631     11,828      1,184     13,012        -    13,012

       その他の収益                                                   689

       その他の費用                                                  △828

       金融収益                                                   66

       金融費用                                                 △1,406

       持分法による投資利益                                                   156

       受取利息                                                   407

                                                         △791

       支払利息
       税引前四半期利益

                                                        11,305
       (注)   1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、情報システム開発、自
            動車販売・整備、旅行代理店業等を含んでいる。
          2   親会社の管理部門に係る費用等の事業セグメントに帰属しない全社費用は、合理的な基準に基づき各事
            業セグメントへ配分している。
                                 20/31









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
       当第2四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)

                                                     (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                                      要約四半期
                                      その他           調整額
                                             合計          連結財務
                                      (注1)           (注2)
                                                      諸表計上額
                     国内物流      国際物流       計
       売上収益

        外部顧客への売上収益              202,872      111,246      314,118      10,532     324,650        -   324,650

        セグメント間の内部
                        -      -      -    5,100      5,100     △5,100        -
        売上収益又は振替高
       計               202,872      111,246      314,118      15,632     329,750      △5,100      324,650
       セグメント利益               10,656      2,927     13,583       920    14,503        -    14,503

       その他の収益                                                  1,227

       その他の費用                                                  △931

       金融収益                                                   76

       金融費用                                                  △811

       持分法による投資利益                                                   832

       受取利息                                                   341

                                                         △875

       支払利息
       税引前四半期利益

                                                        14,362
       (注)   1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、情報システム開発、自
            動車販売・整備、旅行代理店業等を含んでいる。
          2   親会社の管理部門に係る費用等の事業セグメントに帰属しない全社費用は、合理的な基準に基づき各事
            業セグメントへ配分している。
        第1四半期連結累計期間より、セグメント利益を「営業利益」から「調整後営業利益」へ変更している。

        この変更は、経営者が事業再編等の損益や構造改革費用等の損益を含まない事業活動の成果を反映した「調整後営業
       利益」が目標達成に向けた進捗管理及び成果を把握することに適していると判断したためである。
        なお、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報は、当該変更を反映している。
                                 21/31








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      5.  金融商品

       (1)  重要な資金の借入及び返済、社債の発行及び償還
          前第2四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年9月30日)
           該当事項なし。
          当第2四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)

           2016年9月30日付で、120,000百万円の資金の返済及び、90,000百万円の資金の借入を実行した。当該借入金
          の加重平均利率は0.2%であり、返済期限は2018年から2028年までである。
           発行した社債は次のとおりである。また、社債の償還はない。

                                     発行総額       利率

           会社名         銘柄         発行年月日                    担保      償還期限
                                     (百万円)       (%)
           提出会社       第3回無担保社債           2016年9月28日          10,000      0.100    なし     2021年9月28日
           提出会社       第4回無担保社債           2016年9月28日          10,000      0.330    なし     2026年9月28日

           提出会社       第5回無担保社債           2016年9月28日          10,000      0.750    なし     2031年9月26日

       (2)  金融商品の公正価値

        ①  公正価値の測定方法
          金融資産及び金融負債の公正価値は、次のとおり決定している。なお、公正価値のヒエラルキーに基づく分類
         についての説明は「③           要約四半期連結財政状態計算書において公正価値で測定する金融商品」に記載している。
         現金及び現金同等物、短期借入金、買入債務

          満期までの期間が短いため、公正価値は帳簿価額とほぼ同額である。
         売上債権

          短期で決済される売掛金、受取手形及び電子記録債権は、公正価値は帳簿価額とほぼ同額である。リース債権
         は、一定の期間ごとに区分した債権ごとに、債権額を満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り
         引いた現在価値に基づいて算定しており、レベル2に分類している。
         その他の金融資産

          未収入金は短期で決済されるため、公正価値は帳簿価額とほぼ同額である。市場性のある有価証券の公正価値
         は市場価格を用いて見積っており、レベル1に分類している。市場性のない有価証券の公正価値は、類似の有価
         証券の市場価格及び同一又は類似の有価証券に対する投げ売りでない市場価格、観察可能な金利及び利回り曲
         線、クレジット・スプレッド又はデフォルト率を含むその他関連情報によって公正価値を見積っており、レベル
         2に分類している。公正価値を測定するための重要な指標が観察不能である場合、金融機関により提供された価
         格情報を用いて評価しておりレベル3に分類している。提供された価格情報は、独自の評価モデルを用いたイン
         カム・アプローチあるいは類似金融商品の価格との比較といったマーケット・アプローチにより検証している。
         差入保証金は、契約ごとに分類し、その将来キャッシュ・フローを契約期間に応じて信用リスクを加味した利率
         で割り引いた現在価値に基づいて算定しており、レベル3に分類している。
         その他の金融負債

          デリバティブ負債については、投げ売りでない市場価格、活発でない市場での価格、観察可能な金利及び利回
         り曲線や外国為替及び商品の先物及びスポット価格を用いたモデルに基づき測定しており、レベル2に分類して
         いる。割賦未払金は、一定の期間ごとに区分した債務ごとに、債務額を満期までの期間及び信用リスクを加味し
         た利率により割り引いた現在価値に基づいて算定しており、レベル2に分類している。                                          非支配株主に係る売建
         プット・オプション負債の公正価値は、将来キャッシュ・フローを割り引く方法に基づいて算定しており、レベ
         ル3に分類している。
                                 22/31



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
         長期債務

          当該負債の市場価格、又は同様の契約条項での市場金利を使用した将来のキャッシュ・フローの現在価値を公
         正価値としており、レベル2に分類している。
        ②  償却原価で測定する金融商品

          償却原価で測定する金融資産及び金融負債の帳簿価額及び公正価値は次のとおりである。
                                               (単位:百万円)
                            前連結会計年度             当第2四半期連結会計期間
                           (2016年3月31日)               (2016年9月30日)
                          帳簿価額        公正価値        帳簿価額        公正価値
           資産

            売上債権

             売掛金                 107,248        107,244        104,726        104,722

             リース債権                    6,604        6,710        6,828        7,020

            その他の金融資産

             未収入金                  6,175        6,175        6,309        6,309

             差入保証金                 10,018        10,018        10,102        10,102

           負債

            長期債務

             社債                   -        -      29,841        29,926

             リース債務                 30,137        35,149        31,609        37,344

             長期借入金                 55,554        55,686        93,598        92,906

            その他の金融負債

             割賦未払金                 14,822        15,216        15,485        15,795

                                 23/31









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
        ③  要約四半期連結財政状態計算書において公正価値で測定する金融商品

          下記は、公正価値のヒエラルキーに基づく分類を示しており、使用した指標により測定した公正価値を以下の
         3つのレベルに分類している。
           レベル1:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)市場価格により測定した公正価値
           レベル2:レベル1以外の直接又は間接的に観察可能な指標を用いて測定した公正価値
           レベル3:重要な観察可能でない指標を用いて測定した公正価値
          なお、公正価値に複数の指標を使用している場合には、その公正価値測定の全体において重要な最も低いレベ
         ルの指標に基づいてレベルを決定している。
          公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は各四半期の期首時点で発生したものとして認識している。
          経常的に公正価値で測定する金融資産及び金融負債の公正価値は次のとおりである。

                                                     (単位:百万円)

                                     前連結会計年度(2016年3月31日)
                              レベル1        レベル2        レベル3         合計

           資産

            FVTPL金融資産

             その他の金融資産

                                  -        -        461        461
            FVTOCI金融資産

             資本性証券                      2,129          -       3,631        5,760

           負債

            FVTPL金融負債

             デリバティブ負債

                                  -        60        -        60
            非支配株主に係る売建
                                  -        -      23,740        23,740
            プット・オプション負債
                                                     (単位:百万円)

                                  当第2四半期連結会計期間(2016年9月30日)
                              レベル1        レベル2        レベル3         合計

           資産

            FVTPL金融資産

             その他の金融資産

                                  -        -        339        339
            FVTOCI金融資産

             資本性証券                      1,902          -       3,381        5,283

           負債

            非支配株主に係る売建
                                  -        -      19,382        19,382
            プット・オプション負債
                                 24/31



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
          前第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結累計期間において、レベル3に分類される経常的に公正価値

         で測定する金融商品の増減は次のとおりである。
                                             (単位:百万円)
                          FVTPL金融資産         FVTOCI金融資産            合計
           期首残高(2015年4月1日)                      521        3,181         3,702

            購入                      -         10         10

            売却/償還                     △14          -        △14

            その他の包括利益(注)

                                 -         426         426
            その他

                                △21          -        △21
           期末残高(2015年9月30日)                      486        3,617         4,103

          (注)要約四半期連結包括利益計算書における「その他の包括利益を通じて測定する金融資産の公正価値の純変

            動額」に含まれている。
                                             (単位:百万円)
                          FVTPL金融資産         FVTOCI金融資産            合計
           期首残高(2016年4月1日)                      461        3,631         4,092

            購入                      10         -         10

            売却/償還                     △100           -       △100

            その他の包括利益(注)

                                 -       △253         △253
            その他

                                △32           3       △29
           期末残高(2016年9月30日)                      339        3,381         3,720

          (注)要約四半期連結包括利益計算書における「その他の包括利益を通じて測定する金融資産の公正価値の純変

            動額」に含まれている。
          前第2四半期連結累計期間期首及び前第2四半期連結会計期間末現在の、レベル3に分類される非支配株主に

         係る売建プット・オプション負債残高はそれぞれ20,029百万円、20,526百万円であり、前第2四半期連結累計期
         間における変動は、主に公正価値・為替の変動等である。
          当第2四半期連結累計期間期首及び当第2四半期連結会計期間末現在の、レベル3に分類される非支配株主に
         係る売建プット・オプション負債残高はそれぞれ23,740百万円、19,382百万円であり、当第2四半期連結累計期
         間における変動は、主に決済による減少(1,890百万円)及び公正価値・変動等である。
                                 25/31







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      6.  配当

        前第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結累計期間における配当金支払額は次のとおりである。
        前第2四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年9月30日)

                         配当金の総額
                                   1株当たり
          決議       株式の種類                            基準日        効力発生日
                                   配当額(円)
                          (百万円)
       2015年5月22日
                 普通株式          1,562          14      2015年3月31日         2015年6月8日
         取締役会
        基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

       となるものは次のとおりである。
                      配当金の総額

                                     1株当たり
         決議      株式の種類               配当の原資                基準日       効力発生日
                                     配当額(円)
                       (百万円)
      2015年10月27日
               普通株式        1,673      利益剰余金         15     2015年9月30日        2015年11月27日
        取締役会
        当第2四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)

                         配当金の総額
                                   1株当たり
          決議       株式の種類                            基準日        効力発生日
                                   配当額(円)
                          (百万円)
       2016年5月24日
                 普通株式          1,673          15      2016年3月31日         2016年6月7日
         取締役会
        基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

       となるものは次のとおりである。
                      配当金の総額

                                     1株当たり
         決議      株式の種類               配当の原資                基準日       効力発生日
                                     配当額(円)
                       (百万円)
      2016年10月26日
               普通株式        1,896      利益剰余金         17     2016年9月30日        2016年11月28日
        取締役会
                                 26/31











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      7.  1株当たり利益

        前第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結累計期間における、基本的1株当たり親会社株主に帰属する四半
       期利益の算定上の基礎は次のとおりである。
                                  前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                   (自 2015年4月1日             (自 2016年4月1日
                                    至 2015年9月30日)             至 2016年9月30日)
       親会社株主に帰属する四半期利益(百万円)                                     5,845             8,856
       発行済普通株式の加重平均株式数(千株)                                    111,551             111,550

       基本的1株当たり親会社株主に帰属する四半期利益(円)                                     52.40             79.39

       (注) 希薄化後1株当たり親会社株主に帰属する四半期利益については、潜在株式が存在しないため記載していな
          い。
        前第2四半期連結会計期間及び当第2四半期連結会計期間における、基本的1株当たり親会社株主に帰属する四半

       期利益の算定上の基礎は次のとおりである。
                                  前第2四半期連結会計期間             当第2四半期連結会計期間

                                   (自 2015年7月1日             (自 2016年7月1日
                                    至 2015年9月30日)             至 2016年9月30日)
       親会社株主に帰属する四半期利益(百万円)                                     2,961             5,569
       発行済普通株式の加重平均株式数(千株)                                    111,551             111,550

       基本的1株当たり親会社株主に帰属する四半期利益(円)                                     26.54             49.92

       (注) 希薄化後1株当たり親会社株主に帰属する四半期利益については、潜在株式が存在しないため記載していな
          い。
                                 27/31











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      8.  後発事象

        該当事項なし。
                                 28/31



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      2  【その他】

         第58期(2016年4月1日から2017年3月31日まで)中間配当については、2016年10月26日開催の取締役会におい
        て、2016年9月30日の最終の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議した。
       ①   配当金の総額                           1,896百万円
       ②   1株当たりの金額                             17円00銭
       ③   支払請求権の効力発生日及び支払開始日                          2016年11月28日
                                 29/31


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
      第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

       該当事項なし。

                                 30/31



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                           訂正四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                      2019年2月14日

      株式会社      日   立   物   流
       執行役社長       中   谷   康   夫   殿
                         EY新日本有限責任監査法人

                          指定有限責任社員

                                     公認会計士          尾      﨑      隆      之      印
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                     公認会計士          田      中      卓      也      印
                          業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社日立物

      流の2016年4月1日から2017年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2016年7月1日から2016年9月
      30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2016年4月1日から2016年9月30日まで)に係る訂正後の要約四半期連結財務諸
      表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四
      半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について四半期
      レビューを行った。
      要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準
      第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は
      誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部
      統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に
      対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
      に準拠して四半期レビューを行った。
       四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
      問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
      認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
      監査人の結論

       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務
      報告」に準拠して、株式会社日立物流及び連結子会社の2016年9月30日現在の財政状態、同日をもって終了する第2四
      半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間の経営成績並びに第2四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況
      を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
      強調事項

       要約四半期連結財務諸表注記3.過去に発行された要約四半期連結財務諸表の修正再表示に記載されているとおり、
      会社は、要約四半期連結財務諸表を訂正している。なお、当監査法人は、訂正前の要約四半期連結財務諸表に対して
      2016年11月14日に四半期レビュー報告書を提出した。
       当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以   上

       (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

           報告書提出会社)が別途保管している。
           2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていない。
                                 31/31


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。