ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社 四半期報告書 第1期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第1期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)
提出日
提出者 ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    2019年2月14日
      【四半期会計期間】                    第1期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社
      【英訳名】                    DIAMOND    ELECTRIC     HOLDINGS     Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長        CEO兼グループCEO  小野 有理
      【本店の所在の場所】                    大阪市淀川区塚本1丁目15番27号
      【電話番号】                    06(6302)8211(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務執行役員       グループCFO  徳原 英真
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市淀川区塚本1丁目15番27号
      【電話番号】                    06(6302)8211(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務執行役員       グループCFO  徳原 英真
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/28













                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第1期
               回次               第3四半期
                              連結累計期間
                             自2018年4月1日
              会計期間
                             至2018年12月31日
     売上高                 (百万円)            41,560

     経常損失(△)                 (百万円)             △ 145

     親会社株主に帰属する四半期純損
                      (百万円)             △ 668
     失(△)
                      (百万円)             △ 830
     四半期包括利益
                      (百万円)             6,551

     純資産額
                      (百万円)            33,727

     総資産額
     1株当たり四半期純損失(△)                  (円)          △ 185.20

     潜在株式調整後1株当たり四半期

                       (円)              -
     純利益
                       (%)            19.0
     自己資本比率
                               第1期

               回次               第3四半期
                              連結会計期間
                             自2018年10月1日
              会計期間
                             至2018年12月31日
     1株当たり四半期純損失(△)                  (円)          △ 111.63

     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して

          おりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失であ
          るため記載しておりません。
        4.  当社は、2018年10月1日設立のため、前連結会計年度以前に係る記載はしておりません。
        5.第1期第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表は、単独株式移転により完全子会社となったダイヤモン
          ド電機株式会社の四半期連結財務諸表を引き継いで作成しております。
        6.当四半期連結会計期間は、当社設立後最初の四半期連結会計期間ですが、「第3四半期連結会計期間」として
          記載しております。
                                  2/28






                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当社は2018年10月1日に単独株式移転により、ダイヤモンド電機株式会社の完全親会社として設立され、持株会社
       として傘下グループ会社の経営管理及びそれに付帯する業務を行っております。
        また、当社グループは、当社、連結子会社13社(国内3社、海外10社)、及び持分法非適用会社4社(非連結子会
       社3社(国内1社、海外2社)、関連会社1社)により構成されており、自動車機器、電子機器の製造・販売を主た
       る業務としております。
        当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業にかかる位置づけは次のとおりであります。
        (1)自動車機器事業……ガソリンエンジン用点火コイル、ミッションスイッチ、回転センサー及び車載用制御基板
                   の製造、販売を行っております。
        (2)電子機器事業………ファンヒーター用・エアコン用・給湯器用等の電子制御機器、各電子着火装置及びパワー
                   コンディショナ等の電子制御機器の製造、販売を行っております。
                                  3/28

















                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、新規設立に伴う有価証券届出書に記
       載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において判断したものであります。
        また、当社は、2018年10月1日に単独株式移転によりダイヤモンド電機株式会社の完全親会社として設立されまし
       たが、連結の範囲については、それまでのダイヤモンド電機株式会社の連結の範囲と実質的な変更はありません。
        そのため、前年同四半期と比較を行っている項目につきましては、ダイヤモンド電機株式会社の2018年3月期第3
       四半期連結累計期間(自2017年4月1日 至2017年12月31日)との比較、また、前連結会計年度末との比較を行って
       いる項目につきましては、ダイヤモンド電機株式会社の2018年3月期連結会計年度末(2018年3月31日)との比較を
       行っております。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                    平成30年2月16日)等を第1四半期
       連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行ってお
       ります。
      (1)業績の状況

         当第3四半期連結累計期間(2018年4月1日~2018年12月31日)の世界経済は、堅調な米国経済および欧州経済
        に支えられ、全体としては緩やかな成長基調が継続しているものの、米中間の貿易摩擦激化等、先行き不透明な状
        況がみられます。国内経済は、各種政策の効果を背景として、企業収益や雇用・所得環境の改善の動きがみられ、
        緩やかな回復基調で推移しました。
         このような状況の下、当社グループは、「先進エレクトロニクス技術を駆使して、もっといい車づくり、豊かな
        住まいづくりに貢献するグローバルシステムサプライヤー」を目指し、将来の新規事業展開を見据えた収益構造の
        見直しを図りつつ、現地生産能力の拡充等グローバル対応力の強化、省エネ技術を中心とした研究開発投資に注力
        してまいりました。
         その結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は415億60百万円(前年同期比4.1%減)、営業利益は79百万円
        (前年同期比96.3%減)、経常損失は1億45百万円(前年同期は経常利益22億2百万円)、親会社株主に帰属する
        四半期純損失は6億68百万円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純利益11億53百万円)となりました。これ
        は、自動車機器事業の一部販売低迷、材料費の上昇や将来に向けた技術開発等の先行投資につき計画を上回るペー
        スで推移したことによるものであります。
         セグメントの状況は、以下のとおりであります。
         ① 自動車機器事業
           自動車機器事業は、モデルチェンジによる販売終了や一部メーカー様の厳しい値下げ要求等により、売上高
          が減少しました。日系メーカー様を中心とした新規取引獲得もありましたが、売上高288億円(前年同期比
          7.0%減)となりました。利益面でも上記売上高の減少の影響を受け、また、「省燃費」関連の研究開発活動
          等によりコストが増加したこともあり、セグメント利益は12億96百万円(前年同期比54.2%減)となりまし
          た。
         ② 電子機器事業
           電子機器事業につきましては、タイでの空調室外機用制御基板の販売が好調に推移したこと等により、売上
          高127億59百万円(前年同期比3.2%増)となりました。利益面では、主として「省電力」をキーワードとした
          各種制御に関する研究開発活動等がコストアップの要因となり、セグメント利益は67百万円(前年同期比
          78.6%減)となりました。
      (2)財政状態の分析

         当第3四半期連結会計期間末の総資産は337億27百万円となり、前連結会計年度末に比べて10億55百万円減少し
        ました。主な増加は、原材料及び貯蔵品2億44百万円であり、主な減少は、受取手形及び売掛金16億44百万円、現
        金及び預金1億31百万円であります。
         負債は271億76百万円となり、前連結会計年度末に比べて2億16百万円減少しました。主な増加は、短期借入金
        19億29百万円、1年以内返済予定長期借入金15億87百万円、主な減少は、長期借入金14億44百万円、支払手形及び
        買掛金12億71百万円であります。
         純資産は65億51百万円となり、              前連結会計年度末に比べて8億38百万円減少しました。主な増加は、資本剰余金
        20億49百万円、主な減少は、資本金20億90百万円、利益剰余金6億68百万円、その他有価証券評価差額金1億2百
        万円であります。
         この結果、自己資本比率は前連結会計年度末の20.9%から19.0%となりました。
                                  4/28


                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
      (3)経営方針・経営戦略等
         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)研究開発活動

         当 社グループは、自動車機器事業における開発・生産・品質保証力と電子機器事業における電力変換技術・制御
        技術・実装技術の総合力をもって、燃費向上・省エネ・省資源・環境負荷物質の低減等地球環境問題に対応する新
        技術の開発に努めてまいりました。
         自動車機器事業におきましては、点火系専門メーカーとしてのノウハウを活かして、燃費向上を目的としたエン
        ジン制御の高度化・HVを含む自動車の各種制御に関する製品開発を進めております。当第3四半期連結累計期間
        の研究開発費は、12億21百万円であります。
         電子機器事業におきましては、得意分野である電力変換技術、高電圧発生技術をベースに、従来のホームエレク
        トロニクスだけでなく、新(代替)エネルギー市場の拡大を睨んだ住宅用パワーコンディショナのラインナップ拡
        充及び高付加価値化に取り組んでおります。当第3四半期連結累計期間の研究開発費は5億7百万円であります。
      3【経営上の重要な契約等】

       (シンジケートローン契約の締結)
        当社は、2018年12月28日付で、田淵電機株式会社の第三者割当増資引受資金として、取引銀行7行とコミット型シ
       ンジケートローン契約を締結しております。
                              株式会社三井住友銀行
                              株式会社三菱UFJ銀行
                              株式会社みずほ銀行
                              株式会社りそな銀行
     借入先の名称
                              株式会社鳥取銀行
                              株式会社山陰合同銀行
                              株式会社商工組合中央金庫
     アレンジャー及びエージェント                         株式会社三井住友銀行
     コミットメントラインの総額                         3,000百万円
     契約締結日                         2018年12月28日
     コミットメント期間                         2019年1月8日~2019年3月25日
     実行した借入金の返済期限                         2029年3月30日
        なお、本契約には財務制限条項が付されております。
                                  5/28








                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          14,600,000

                  計                                14,600,000
        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名又
                           提出日現在発行数(株)
        種類      現在発行数(株)                          は登録認可金融商品取引               内容
                            (2019年2月14日)
               (2018年12月31日)                         業協会名
                                        東京証券取引所             単元株式数
       普通株式            3,659,760             3,659,760
                                        市場第二部             100株
         計           3,659,760             3,659,760             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                              資本準備金       資本準備金
                                        資本金残高
                発行済株式総数         発行済株式総数        資本金増減額
        年月日                                      増減額(百万       残高(百万
                増減数(千株)         残高(千株)         (百万円)
                                        (百万円)
                                              円)       円)
     2018年10月1日
                                           100
                    3,659         3,659        100               -       -
          (注)
     (注)発行済株式総数並びに資本金の増加は、2018年10月1日に単独株式移転により当社が設立されたことによるもので
        あります。
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません                                   。
       (6)【議決権の状況】

           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することが出来ません。また、当社は2018年10月1日に単独株式移転により完全親会社として設立された
          ため、直近の基準日である2018年9月30日現在の株主名簿の記載内容も確認できず、記載することができませ
          ん。
                                  6/28






                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
        当社は2018年10月1日に単独株式移転により純粋持株会社として設立され、当事業年度が第1期となるため、当四
       半期報告書の提出日現在における当社役員の状況を記載しております。
        なお、設立日である2018年10月1日から当四半期報告書の提出日までの役員の異動はありません。
        男性 7名 女性 -名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                        所有株式数
       役名       職名      氏名      生年月日               略歴           任期
                                                         ( 株 )
                                  2005年5月 ユーリズムコンサルティング代表

                                  2015年4月 NST株式会社代表取締役社長
                                  2016年6月 ダイヤモンド電機株式会社
                                       代表取締役社長
                                  2016年10月 同社代表取締役社長CEO
      代表取締役        CEO兼
                                  2017年6月 同社代表取締役社長CEO
                    小野 有理      1974年11月3日生                            (注)2    13,300
       社長      グループCEO
                                       兼 グループCEO
                                  2018年10月 当社代表取締役社長CEO
                                       兼 グループCEO(現任)
                                       ダイヤモンド電機株式会社
                                       代表取締役社長CEO(現任)
                                  1973年3月 ダイヤモンド電機株式会社入社
                                  1995年2月 同社取締役
                                  1997年6月 同社取締役 電子機器事業部長
                                  1999年4月 同社常務取締役 電子機器事業部長
                                  2007年4月 同社常務取締役執行役員
                                       営業副本部長      兼 技術副本部長
                                  2008年4月 同社常務取締役執行役員
                                       電子機器事業本部長
       取締役
                                  2013年4月 同社常務取締役執行役員
             グループCOO       前田 真澄      1954年7月13日生                            (注)2    14,000
      専務執行役員
                                       総務本部長     兼 企画・広報・法務・
                                       TQM管掌
                                  2014年6月 同社顧問
                                  2016年6月 同社専務取締役
                                  2017年6月 同社取締役専務執行役員COO
                                       (現任)
                                  2018年10月 当社取締役専務執行役員
                                       グループCOO(現任)
                                  1989年4月 日本生命保険相互会社入社
                                  1993年9月 産興運輸株式会社入社
                                  1999年6月 ミドリ電化株式会社入社
                                  2001年3月 ダイヤモンド電機株式会社入社
                                  2008年4月 同社総務部長
                                  2014年4月 同社管理本部副本部長
                                       兼 総務労安部長
             グループCCO
                                  2014年10月 同社監査室長
       取締役       及び
                    長谷川 純      1960年4月6日生                            (注)2     1,200
                                  2016年6月 同社常務取締役
      常務執行役員       内部統制担当、
                                  2017年6月 同社取締役常務執行役員
              安全担当
                                       国内関係会社及び内部統制担当
                                  2018年10月 当社取締役常務執行役員
                                       グループCCO及び
                                       内部統制担当、安全担当(現任)
                                       ダイヤモンド電機株式会社
                                       取締役常務執行役員CCO及び
                                       内部統制担当、安全担当(現任)
                                  7/28





                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
                                                        所有株式数
       役名       職名      氏名      生年月日               略歴           任期
                                                         ( 株 )
                                  1979年4月 和光証券株式会社
                                       (現みずほ証券株式会社)入社
                                  1999年8月 株式会社和光経済研究所
                                       (現株式会社日本投資環境研究所)
                                       出向
                                  2012年4月 ダイヤモンド電機株式会社入社
       取締役
                                  2014年11月 新潟ダイヤモンド電子株式会社
     (監査等委員・
               -     入江 正孝      1955年10月26日生                            (注)3     2,000
                                       出向
       常勤)
                                  2016年9月 ダイヤモンド電機株式会社
                                       社長室長
                                  2017年6月 同社取締役(監査等委員)
                                  2018年10月 当社取締役(監査等委員)(現任)
                                       ダイヤモンド電機株式会社監査役
                                       (現任)
                                  1966年4月 大東プレス工業株式会社入社
                                  1966年12月 同社専務取締役
                                  1974年7月 同社代表取締役社長
       取締役
                                  2014年5月 同社代表取締役会長(現任)
               -    吉田 夛佳志      1943年11月13日生                            (注)3
                                                           -
     (監査等委員)
                                  2016年6月 ダイヤモンド電機株式会社取締役
                                  2017年6月 同社取締役(監査等委員)
                                  2018年10月 当社取締役(監査等委員)(現任)
                                  1996年4月 弁護士名簿登録
                                  1996年4月 池田法律事務所入所
                                  2004年3月 岡本岳法律事務所所長
                                  2010年4月 岡本・豊永法律事務所
       取締役
               -     岡本 岳     1968年4月2日生                            (注)3
                                                           -
                                       共同パートナー(現任)
     (監査等委員)
                                  2016年6月 ダイヤモンド電機株式会社取締役
                                  2017年6月 同社取締役(監査等委員)
                                  2018年10月 当社取締役(監査等委員)(現任)
                                  1996年6月 株式会社さくら銀行
                                       (現株式会社三井住友銀行)
                                       灘支店長
                                  1998年11月 同行寝屋川支店長
                                  1999年4月 同行寝屋川支店長            兼 香里支店長
                                  2001年4月 同行法人審査第3部上席審査役
                                  2001年7月 同行洲本支店長            兼 法人営業部長
       取締役
               -     古川 雅和      1954年9月25日生                            (注)3
                                  2003年7月 銀泉株式会社出向、
                                                           -
     (監査等委員)
                                       損害保険神戸営業第2部長
                                  2012年4月 同社常務執行役員神戸支店長
                                       兼 神戸法人営業第1部長
                                  2014年6月 同社常勤監査役
                                  2017年6月 ダイヤモンド電機株式会社取締役
                                       (監査等委員)
                                  2018年10月 当社取締役(監査等委員)(現任)
                                           計
                                                         30,500
      (注)1.取締役吉田夛佳志、岡本岳及び古川雅和は、社外取締役であります。
         2.取締役(監査等委員を除く)の任期は、2018年10月1日から2019年3月期に係る定時株主総会終結の時まで
           です。
         3.監査等委員である取締役の任期は、2018年10月1日から2020年3月期に係る定時株主総会終結の時までで
           す。
                                  8/28





                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
        当社は、2018年10月1日設立のため、前連結会計年度以前に係る記載はしておりません。
        なお、当第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表は、単独株式移転により完全子会社となったダイヤモンド
       電機株式会社の四半期連結財務諸表を引き継いで作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、仰星監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/28
















                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:百万円)
                               当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         6,184
         現金及び預金
                                        ※1 6,734
         受取手形及び売掛金
                                           318
         電子記録債権
                                         2,373
         商品及び製品
                                           415
         仕掛品
                                         3,839
         原材料及び貯蔵品
                                         1,630
         その他
                                           △ 7
         貸倒引当金
                                         21,488
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               2,585
          機械装置及び運搬具(純額)                               4,075
                                         2,300
          土地
                                           845
          建設仮勘定
          その他(純額)                                646
                                         10,454
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  135
         投資その他の資産
                                           574
          投資有価証券
                                           81
          関係会社株式
                                            3
          長期貸付金
                                           442
          繰延税金資産
                                           458
          退職給付に係る資産
                                           90
          その他
                                         1,650
          投資その他の資産合計
                                         12,239
         固定資産合計
                                         33,727
       資産合計
                                 10/28









                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
                                    (単位:百万円)

                               当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※1 7,211
         支払手形及び買掛金
                                        ※1 1,858
         電子記録債務
                                        ※2 6,060
         短期借入金
                                           30
         1年内償還予定の社債
                                        ※2 2,512
         1年内返済予定の長期借入金
                                           130
         リース債務
                                         1,833
         未払金
                                           144
         未払法人税等
                                           317
         賞与引当金
                                           743
         その他
                                         20,842
         流動負債合計
       固定負債
                                           75
         社債
                                        ※2 5,137
         長期借入金
         リース債務                                  131
                                           18
         長期未払金
                                           283
         退職給付に係る負債
                                           109
         資産除去債務
                                           559
         繰延税金負債
                                           18
         その他
                                         6,333
         固定負債合計
                                         27,176
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                           100
         資本金
                                         5,737
         資本剰余金
                                           811
         利益剰余金
                                          △ 56
         自己株式
                                         6,592
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          △ 45
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 210
         為替換算調整勘定
                                           61
         退職給付に係る調整累計額
                                         △ 193
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    55
                                           96
       非支配株主持分
                                         6,551
       純資産合計
                                         33,727
      負債純資産合計
                                 11/28







                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:百万円)
                               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日
                                 至 2018年12月31日)
      売上高                                   41,560
                                         35,165
      売上原価
                                         6,394
      売上総利益
                                         6,315
      販売費及び一般管理費
                                           79
      営業利益
      営業外収益
                                           27
       受取利息
                                           12
       受取配当金
                                           22
       為替差益
                                           24
       補助金収入
                                           28
       その他
                                           115
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           86
       支払利息
       支払手数料                                   211
                                           41
       その他
                                           339
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                    △ 145
      特別利益
                                            3
       固定資産売却益
                                            1
       投資有価証券売却益
                                            ▶
       特別利益合計
      特別損失
                                            1
       固定資産売却損
                                            ▶
       固定資産除却損
                                           38
       減損損失
                                           43
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                    △ 184
                                           473
      法人税等
      四半期純損失(△)                                    △ 657
                                           11
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 668
                                 12/28








                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:百万円)
                               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日
                                 至 2018年12月31日)
      四半期純損失(△)                                    △ 657
      その他の包括利益
                                         △ 102
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 80
       為替換算調整勘定
                                           10
       退職給付に係る調整額
                                         △ 172
       その他の包括利益合計
                                         △ 830
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         △ 841
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           11
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/28
















                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
          該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
         適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純損益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
          ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、税引前四
         半期純損益に一時差異等に該当しない重要な差異を加減した上で、法定実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         (四半期連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          当社の四半期連結財務諸表は、当第3四半期連結会計期間から作成しているため、「四半期連結財務諸表作成
         のための基本となる重要な事項」を記載しています。
          1.連結の範囲に関する事項
           (1)連結子会社の数 13社
              ダイヤモンド電機株式会社
              新潟ダイヤモンド電子株式会社
              Diamond    Electric     Mfg.   Corporation(米国)
              Diamond    Electric     Hungary    Kft.(ハンガリー)
              金剛石電機(蘇州)有限公司(中華人民共和国)
              DE  Diamond    Electric     India   Private    Limited(インド)
              金剛石電機国際貿易(蘇州)有限公司(中華人民共和国)
              Diamond    Electric     (Thailand)       Co.,Ltd.(タイ)
              Diamond    Electric     Korea   Co.,Ltd.(韓国)
              PT.Diamond      Electric     Indonesia(インドネシア)
              PT.Diamond      Electric     Mfg  Indonesia(インドネシア)
              Diamond    Electric     Asia   Pacific    Co.,Ltd.(タイ)
              ダイヤモンドビジネス株式会社
           (2)非連結子会社の状況
              主要な非連結子会社の名称
              DE  Diamond    Electric     Luxembourg      S.à  r.l.(ルクセンブルク)
              Diamond    Electric     Vietnam    Company    Limited    (ベトナム)
              他1社
              (連結の範囲から除いた理由)
               非連結子会社はいずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、四半期純損益(持分に見合う
              額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも四半期連結財務諸表に重要な影響を及ぼさ
              ないため、連結の範囲から除外しております。
          2.持分法の適用に関する事項
            持分法を適用していない非連結子会社(DE                    Diamond    Electric     Luxembourg      S.à  r.l.、Diamond       Electric
           Vietnam    Company    Limited、他1社)及び関連会社(株式会社リヴルクス)は、四半期純損益(持分に見合
           う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても四半期連結財務諸表に及
           ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項
            Diamond    Electric     Hungary    Kft.(ハンガリー)、金剛石電機(蘇州)有限公司(中華人民共和国)及び
           金剛石電機国際貿易(蘇州)有限公司(中華人民共和国)の第3四半期決算日は9月30日であり、四半期連
           結決算日とは異なっておりますが、四半期連結決算日との差異が3ヶ月を超えないため、各社の第3四半期
           決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、四半期連結決算日との間に発生した重要な取引につい
           ては、連結上必要な調整を行っております。
                                 14/28




                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
          4.会計方針に関する事項
           (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             ① 有価証券
              その他有価証券
               Ⅰ.時価のあるもの
                 四半期連結決算日        の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、
                売却原価は移動平均法により算定)
               Ⅱ.時価のないもの
                 移動平均法による原価法
             ② デリバティブ
               時価法によっております。
             ③ たな卸資産
               当社及び国内連結子会社は主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づ
              く簿価切下げの方法により算定)、また、在外連結子会社は主として移動平均法による低価法によっ
              ております。
           (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
             ① 有形固定資産(リース資産を除く)
               当社及び国内連結子会社は定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除
              く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物は定額法)、在外連結子会社は定
              額法によっております。なお、主な耐用年数は次のとおりです。
               建物及び構築物   5年~47年
               機械装置及び運搬具 3年~12年
               その他       2年~10年
             ② 無形固定資産(リース資産を除く)
               定額法によっております。
               なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
              す。
             ③ リース資産
               当社及び国内連結子会社は、リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用してお
              ります。
           (3)重要な引当金の計上基準
             ① 貸倒引当金
               債権の貸倒れに備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
              ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
             ② 賞与引当金
               従業員の賞与の支給に充てるため、四半期連結会計期間末に負担すべき支給見込額を計上しており
              ます。
           (4)退職給付に係る会計処理の方法
             ① 退職給付見込額の期間帰属方法
               退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法に
              ついては、給付算定式基準によっております。
             ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
               過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10
              年)による定額法により費用処理しております。
               数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の
              一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理し
              ております。
             ③ 小規模企業における簡便法の採用
               一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る四半期末自
              己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
                                 15/28




                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
           (5)重要な外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算の基準
              外貨建金銭債権債務は、四半期連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益とし
             て処理しております。なお、在外子会社の資産及び負債は在外子会社の四半期決算日の直物為替相場に
             より円貨に換算し、収益及び費用は在外子会社の四半期会計期間に基づく期中平均相場により円貨に換
             算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めております。
           (6)重要なヘッジ会計の方法
             ① ヘッジ会計の方法
               繰延ヘッジ処理によっております。
             ② ヘッジ手段とヘッジ対象
               ヘッジ手段・・・為替予約
               ヘッジ対象・・・製品輸出による外貨建売上債権、原材料輸入による外貨建買入債務及び外貨建予
                       定取引
             ③ ヘッジ方針
               「為替リスク管理規定」及び「為替リスク管理規定運用ガイドライン」に基づき、為替相場の変動
              リスクを回避するため、実需の範囲内で為替予約取引を行っております。
             ④ ヘッジ有効性評価の方法
               ヘッジ対象とヘッジ手段に関する重要な条件が同一であり、かつ、ヘッジ期間を通じて相場変動を
              相殺するものと想定できるため、ヘッジの有効性の評価を省略しております。
           (7)その他四半期連結財務諸表作成のための重要な事項
             消費税の会計処理
              税抜方式によっております。
                                 16/28














                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
       ※1 四半期連結会計期間末日満期手形及び電子記録債務
          四半期連結会計期間末日満期手形及び電子記録債務の会計処理については、手形交換日をもって決済処理して
         おります。なお、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期
         手形及び電子記録債務が四半期連結会計期間末日残高に含まれております。
                          当第3四半期連結会計期間
                            (2018年12月31日)
      受取手形                                0百万円
      支払手形                               74
      電子記録債務                               407
       ※2 財務制限条項

       ① 取引銀行6行とシンジケーション方式による短期コミットメントライン契約を締結しておりますが、当該契約に
        は以下の財務制限条項が付されており、これに抵触した場合、借入先の要求に基づき、借入金を一括返済すること
        があります。
        Ⅰ.  2017年3月期第2四半期           連結  会計期間末日及び2017年3月期末日における連結貸借対照表に記載される純資産
          の部の合計金額を、4,818百万円以上に維持すること。
        Ⅱ.  2018年3月期第2四半期連結会計期間末日及びそれ以降の各連結会計年度の第2四半期連結会計期間末日にお
          ける連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額を、4,818百万円又は直近の連結会計年度の第2四半
          期連結会計期間末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額の75%に相当する金額のう
          ち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。
        Ⅲ.  2018年3月期末日及びそれ以降の各連結会計年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計
          金額を、4,818百万円又は直近の連結会計年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金
          額の75%に相当する金額のうち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。
        Ⅳ.  各 連結会計年度      末日における連結損益計算書に記載される経常損益を損失としないこと。
                            当第3四半期連結会計期間
                             (2018年12月31日)
      コミットメントラインの総額                               6,500百万円
      借入実行残高                               4,875
             差引額                       1,625
       ② 取引銀行5行とコミット型シンジケートローン契約を締結しておりますが、当該契約には以下の財務制限条項が

        付されており、これに抵触した場合、借入先の要求に基づき、借入金を一括返済することがあります。
        Ⅰ.  2017年3月期第2四半期連結会計期間末日及び2017年3月期末日における連結貸借対照表に記載される純資産
          の部の合計金額を、4,818百万円以上に維持すること。
        Ⅱ.  2018年3月期第2四半期連結会計期間末日及びそれ以降の各連結会計年度の第2四半期連結会計期間末日にお
          ける連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額を、4,818百万円又は直近の連結会計年度の第2四半
          期連結会計期間末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額の75%に相当する金額のう
          ち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。
        Ⅲ.  2018年3月期末日及びそれ以降の各連結会計年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計
          金額を、4,818百万円又は直近の連結会計年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金
          額の75%に相当する金額のうち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。
        Ⅳ.  各 連結会計年度      末日における連結損益計算書に記載される経常損益を損失としないこと。
                            当第3四半期連結会計期間
                             (2018年12月31日)
      シンジケートローンの借入実行残高                               4,000百万円
                                 17/28





                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
       ③ 取引銀行2行とシンジケートローン契約を締結しておりますが、当該契約には以下の財務制限条項が付されてお
        り、これに抵触した場合、借入先の要求に基づき、借入金を一括返済することがあります。
        Ⅰ.  2018年3月期第2四半期連結会計期間末日及びそれ以降の各                            連結会計年度      の第2四半期連結会計期間末日にお
          ける連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額を、4,818百万円又は直近の                                       連結会計年度      の第2四半
          期連結会計期間末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額の75%に相当する金額のう
          ち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。
        Ⅱ.  2018年3月期末日及びそれ以降の各連結会計年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計
          金額を、4,818百万円又は直近の連結会計年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金
          額の75%に相当する金額のうち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。
        Ⅲ.  2018年3月期末日及びそれ以降の各連結会計年度末日における連結損益計算書に記載される経常損益を損失と
          しないこと。
                            当第3四半期連結会計期間
                             (2018年12月31日)
      シンジケートローンの借入実行残高                               1,000百万円
       ④ 株式会社りそな銀行と金銭消費貸借契約を締結しておりますが、当該契約には以下の財務制限条項が付されてお

        り、これに抵触した場合、借入先の要求に基づき、借入金を一括返済することがあります。
        Ⅰ.  2018年3月期第2四半期連結会計期間末日及びそれ以降の各連結会計年度の第2四半期連結会計期間末日にお
          ける連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額を、4,818百万円又は直近の連結会計年度の第2四半
          期連結会計期間末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額の75%に相当する金額のう
          ち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。
        Ⅱ.  2018年3月期末日及びそれ以降の各連結会計年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計
          金額を、4,818百万円又は直近の連結会計年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金
          額の75%に相当する金額のうち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。
        Ⅲ.  2018年3月期末日及びそれ以降の各連結会計年度末日における                             連結損益計算書に記載される経常損益を損失と
          しないこと。
        Ⅳ.  2018年3月期末日から2020年3月期末日までにおける連結損益計算書に記載される売上高の金額を、債務者が
          提出した2017年3月20日付「事業計画書」に示される売上高の、それぞれ90%(2018年3                                         月期  )、80%(2019
          年3  月期  )、70%(2020年3         月期  )を維持すること。
                            当第3四半期連結会計期間
                             (2018年12月31日)
      金銭消費貸借契約の         借入実行残高                      500百万円
       ⑤ 株式会社三菱UFJ銀行と実行可能期間付タームローン契約を締結しておりますが、当該契約には以下の財務制

        限条項が付されており、これに抵触した場合、新規に実行する借入の利率が変更になることがあります。
        Ⅰ.  2018年3月決算期を初回とする各連結会計年度末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金
          額を、2017年3月期末日における純資産の部の合計金額又は直近の連結会計年度末日における連結貸借対照表
          に記載される純資産の部の合計金額のいずれか高いほうの75%以上に維持すること。
        Ⅱ.  2018年3月期末日を初回とする各連結会計年度末日における連結損益計算書の経常損益及び税引後当期純損益
          をいずれも損失としないこと。
                            当第3四半期連結会計期間
                             (2018年12月31日)
      実行可能期間付タームローンの総額                                660百万円
      借入実行残高                                660
                                      -
             差引額
                                 18/28





                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
       ⑥  取引銀行5行とコミット型シンジケートローン契約を締結しておりますが、当該契約には以下の財務制限条項が
        付されており、これに抵触した場合、借入先の要求に基づき、借入金を一括返済することがあります。
        Ⅰ.  2019年3月期第2四半期連結会計期間末日及びそれ以降の各                            連結会計年度      の第2四半期連結会計期間末日にお
          ける連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額を、4,818百万円又は直近の                                       連結会計年度      の第2四半
          期連結会計期間末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額の75%に相当する金額のう
          ち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。
        Ⅱ.  2019  年3月期末日及びそれ以降の各              連結会計年度      末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計
          金額を、4,818百万円又は直近の               連結会計年度      末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金
          額の75%に相当する金額のうち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。
        Ⅲ.  2019年3月期末日及びそれ以降の各                連結会計年度      末日における連結損益計算書に記載される経常損益を損失と
          しないこと。
                            当第3四半期連結会計期間
                             (2018年12月31日)
      シンジケートローンの借入実行残高                                485百万円
       ⑦  取引銀行7行とコミット型シンジケートローン契約を締結しておりますが、当該契約には以下の財務制限条項が

        付されており、これに抵触した場合、借入先の要求に基づき、借入金を一括返済することがあります。
        Ⅰ.  2019年3月期末日及び2020年3月期末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額を、
          4,770百万円以上に維持すること。
        Ⅱ.  2021年3月期末日及びそれ以降の各                連結会計年度      末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計
          金額を、2020年3月期末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額の75%に相当する金
          額、又は直近の       連結会計年度      末日における連結貸借対照表に記載される純資産の部の合計金額の75%に相当す
          る金額のうち、いずれか高いほうの金額以上に維持すること。
        Ⅲ.  2019年3月期末日及びそれ以降の各                連結会計年度      末日における連結損益計算書に記載される経常損益を損失と
          しないこと。
        Ⅳ.  借入人及びその子会社等(田淵電機株式会社及びその子会社等を除く。)は、エージェント及び多数貸付人の
          事前承諾なく、本契約締結日以降各                連結会計年度      における各四半期連結会計期間末日時点において、田淵電機
          株式会社及びその子会社等宛貸付金の合計金額を5億円超としないこと。
                            当第3四半期連結会計期間
                             (2018年12月31日)
      シンジケートローンの総額                               3,000百万円
      借入実行残高                                -
                                     3,000
             差引額
        3 債権流動化による譲渡残高

                            当第3四半期連結会計期間
                             (2018年12月31日)
      受取手形及び売掛金                                550百万円
      電子記録債権                                257
        4 訴訟事項等

         (当第3四半期連結会計期間)(2018年12月31日現在)
          2013年7月に米国司法省と締結した司法取引契約に関連して、当社の子会社のダイヤモンド電機株式会社及び
         米国子会社に対して複数の集団訴訟が提起されているほか、一部顧客と損害賠償に関する交渉を行っておりま
         す。当該訴訟の結果として、当社の経営成績等へ影響を及ぼす可能性があります。
                                 19/28





                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりでありま
        す。
                            当第3四半期連結累計期間
                             (自    2018年4月1日
                              至   2018年12月31日)
      減価償却費                               1,284百万円
        (株主資本等関係)

          当第3四半期連結累計期間(自2018年4月1日 至2018年12月31日)
          1 配当金支払額
            当社は2018年10月1日に単独株式移転により設立した完全親会社であるため、配当金の支払額は下記の完
           全子会社の株主総会において決議された金額であります。
                              1株当たり
                      配当金の総額
        (決議)        株式の種類               配当額        基準日         効力発生日        配当の原資
                       (百万円)
                               (円)
                普通株式
     2018年6月22日         (ダイヤモンド
                          45      25    2018年3月31日         2018年6月25日         資本剰余金
     定時株主総会          電機株式会
               社)
           (注)2018年6月22日開催の定時株主総会決議による1株当たり配当額は、記念配当25円になります。
          2 基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

           末日後となるもの
            該当事項はありません。
          3 株主資本の著しい変動

            当社は、単独株式移転の方法により、2018年10月1日付でダイヤモンド電機株式会社の完全親会社として
           設立されました。
            この結果、当第3四半期連結会計期間末において資本金が100百万円、資本剰余金が5,737百万円、利益剰
           余金が811百万円、自己株式が△56百万円となっております。
                                 20/28










                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
            当第3四半期連結累計期間(自2018年4月1日 至2018年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                         (単位:百万円)
                                            四半期連結
                        報告セグメント
                                        調整額     損益計算書
                                  合計
                      自動車機器      電子機器
                                       (注)1      計上額
                       事業      事業
                                             (注)2
           売上高
            外部顧客への売上高           28,800      12,759      41,560        -   41,560
            セグメント間の内部
                          -      -      -      -      -
            売上高又は振替高
                計        28,800      12,759      41,560        -   41,560
           セグメント利益
                        1,296       67    1,364     △ 1,285       79
           (注)1.セグメント利益調整額△1,285百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用△1,285百
                万円であります。なお、全社費用は、各報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
              2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

                                          (単位:百万円)
                             報告セグメント
                                         その他      合計
                        自動車機器      電子機器
                                    合計
                          事業     事業
           減損損失
                            9     26     35      2     38
           (注)その他は報告セグメントに含まれない全社資産であります。
                                 21/28












                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
         共通支配下の取引等
         (単独株式移転による持株会社の設立)
          1.取引の概要
            当社は、2018年10月1日に単独株式移転の方法により、ダイヤモンド電機株式会社の完全親会社として設
           立されました。
          (1)結合当事企業の名称及び事業の内容

             名   称:ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社
             事業の内容:自動車機器及び電子機器の製造・販売を行う当グループ会社等の経営管理及びそれに付帯
                   又は関連する業務等
          (2)企業結合日

             2018年10月1日
          (3)企業結合の法的形式

             単独株式移転による持株会社設立
          (4)結合後企業の名称

             ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社
          (5)企業結合の目的

             当社グループは、主力のガソリンエンジン用点火コイルなどの製造販売を行う「自動車機器事業」と
            ファンヒーター、エアコン、住設用などの電子制御基板や電子着火装置及びパワーコンディショナ等の太
            陽光発電関連製品の製造販売を行う「電子制御機器事業」を行っております。
             昨今の当社グループを取り囲むマーケティング環境は、自動車業界におけるEV(Electric                                          Vehicle)シ
            フトの動きやハイブリッド車などの電動化に向けた技術革新が進んでおります。同じく車載電装や家電業
            界においてもIoT(Internet              of  Things)や持続可能な社会の実現に向け、省電力といったエネルギー変
            換効率追求に加え、小型化、薄型化、軽量化などの高付加価値ニーズが高まっております。
             このような市場環境に対応すべく、当社では2017年4月に新たな中期経営計画「DSA2021」(Diamond
            Shine   Again)をスタートさせ、2021年度には売上高を1,000億円、営業利益率6%に引き上げることを目
            標としており、既存のお客様のご要望にお応えし続けるとともに、新たなニーズを掘り起こし新規領域で
            の早期事業化を推進しております。
             この取り組みをさらに加速させ、迅速、果敢な意思決定による事業展開と、お客様第一を標榜する経営
            理念に基づいた戦略を推進する必要があります。これを実現する上で持株会社体制に移行することが効果
            的であると判断しました。なお、ガバナンス強化の観点からも「経営監督・グループ戦略統括機能」と
            「業務執行機能」を分離する持株会社体制は適していると考えております。
             当社が今後の成長戦略を支える経営体制として持株会社に移行する目的は次のとおりであります。
            ①スピード経営とポートフォリオ経営の推進

             当社グループの全体戦略と各グループ会社の事業領域における業務執行の意思決定を分離することによ
            り、当社グループ全体の経営効率と意思決定のスピード化を実現させていきます。
             また、M&Aを含む新規事業展開、エネルギー変換効率の追究を軸とした技術開発機能やグループ内経
            営資源の配分を最適化するための機能を強化することで、ポートフォリオ経営を推進していきます。
                                 22/28





                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
            ②チャレンジ志向とお客様ニーズ即対応型組織の構築
             持株会社の的確な管理・監督の下、各グループ会社においては市場環境にマッチした事業戦略の推進を
            図るため、「DSA2021」で掲げる目標達成に向け果敢にチャレンジ志向するお客様ニーズ即対応型の組織
            体制を構築しグループ全体の成長を牽引していきます。
            ③優秀な人材の確保、育成による経営基盤の強化

             当社グループの成長においては、優秀な人材の確保と育成は重要な経営課題であります。持株会社化に
            より、経営責任が明確となったグループ会社においては、成長戦略を実現するためにも専門的な人材確保
            とともに、経営推進のためのリーダー人材の確保や育成を推進し経営基盤を強化していきます。
          2.実施した会計処理の概要

            「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及び
           事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日)に基づき、
           「共通支配下の取引等」として会計処理しております。
                                 23/28
















                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日
                                 至 2018年12月31日)
      1株当たり四半期純損失(△)                               △185円20銭

      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純損失                 (△)

                                         △668
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         △668
       四半期純損失      (△)   (百万円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               3,611,878
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
      当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株
                                           -
      式で、前連結会計年度末から重要な変動があった
      ものの概要
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失で
           あるため記載しておりません。
         2.1株当たり四半期純損失は、当社が2018年10月1日に単独株式移転により設立された会社であるため、会社
           設立前の2018年4月1日から2018年9月30日までの期間について、ダイヤモンド電機株式会社の期中平均株
           式数に株式移転比率を乗じた数値を用いて計算しております。
                                 24/28












                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
         (取得による企業結合)
          当社は、2018年11月19日開催の取締役会において、当社の連結子会社であるダイヤモンド電機株式会社(以
         下、「ダイヤモンド電機」という。)が田淵電機株式会社(以下、「田淵電機」という。)の第三者割当増資を
         引き受けることを決議し、2019年1月22日に払込が完了しております。これにより、田淵電機及びその子会社は
         当社の連結子会社となっております。
         1.企業結合の概要

          (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
             名称:田淵電機株式会社
             事業内容:電子機器用変成器、電子機器用電源機器、各種電子機器・部品の製造・販売
          (2)企業結合を行った主な理由

             田淵電機の技術基盤は、ダイヤモンド電機と同じくエレクトロマグネティクス技術やパワーエレクトロ
            ニクス技術を踏まえたものであり、その製品群については、コイル製品やパワーコンディショナなどの一
            定の共通領域を有しております。また、ダイヤモンド電機は、田淵電機が本格的な対応に着手したばかり
            の車載事業において、長い実績と経験を有しております。このため、田淵電機とのパートナー支援関係の
            構築は、今後の事業展開における協業の検討など、両社の競争力と企業価値の向上及び業績発展に大きく
            寄与するものであり、さらに両社の株主価値の向上に資するものと判断いたしました。
          (3)企業結合日

             2019年1月22日
          (4)企業結合の法的形式

             株式取得
          (5)結合後企業の名称

             結合後の企業の名称に変更はありません。
          (6)取得した議決権比率

             66.90%
          (7)取得企業を決定するに至った主な根拠

             当社の連結子会社であるダイヤモンド電機が、第三者割当増資の引受による株式取得により、田淵電機
            の議決権の66.90%を所有することとなったためであります。
         2.被取得企業の取得価額及び対価の種類ごとの内訳

           取得対価                現金            2,999百万円
                                       2,999
           取得原価
         3.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

           現時点では確定しておりません。
         4.支払資金の調達方法

           2018年12月28日に締結したコミット型シンジケートローン契約3,000百万円の実行により調達しておりま
          す。
                                 25/28





                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
       (決算日後の状況)
        該当事項はありません。
       (訴訟)

        四半期連結貸借対照表関係の注記4に記載のとおりであります。
                                 26/28



















                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 27/28




















                                                           EDINET提出書類
                                        ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(E34065)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月14日

     ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社
      取締役会 御中
                              仰星監査法人

                              指定社員

                                        公認会計士
                                               髙田  篤  印
                              業務執行社員
                              指定社員

                                        公認会計士
                                               洪  誠悟  印
                              業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているダイヤモンドエ

     レクトリックホールディングス株式会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計
     期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日ま
     で)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、                                四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書
     及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社及び連結子会
     社の2018年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していな
     いと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社の連結子会社であるダイヤモンド電機株式会社は、田淵電機株式会社の
     第三者割当増資を引き受け、2019年1月22日に払込を完了している。これにより、田淵電機株式会社及びその子会社は会
     社の連結子会社となっている。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

            報告書提出会社)が別途保管しております。
          2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれておりません。
                                 28/28



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク