株式会社ボルテージ 四半期報告書 第20期第2四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第20期第2四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社ボルテージ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年2月12日
      【四半期会計期間】                    第20期第2四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    株式会社ボルテージ
      【英訳名】                    Voltage    Incorporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役会長兼社長 津谷 祐司
      【本店の所在の場所】                    東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号恵比寿ガーデンプレイスタワー
      【電話番号】                    03(5475)8193
      【事務連絡者氏名】                    財経本部長 古市 守
      【最寄りの連絡場所】                    東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号恵比寿ガーデンプレイスタワー
      【電話番号】                    03(5475)8193
      【事務連絡者氏名】                    財経本部長 古市 守
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/17













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第19期           第20期
               回次               第2四半期           第2四半期            第19期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自2017年7月1日           自2018年7月1日           自2017年7月1日
              会計期間
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日           至2018年6月30日
                      (千円)           3,738,462           3,678,324           7,391,523
     売上高
     経常損失(△)                (千円)           △ 790,536          △ 108,260         △ 1,076,507
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)           △ 757,504          △ 116,250         △ 1,328,030
     期)純損失(△)
                      (千円)           △ 756,244          △ 115,748         △ 1,331,330
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           2,929,297           2,249,592           2,364,900
     純資産額
                      (千円)           3,683,312           2,907,826           3,088,954
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損失
                      (円)           △ 148.35           △ 22.62          △ 259.79
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)             79.5           77.4           76.6
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 546,831           318,236          △ 718,090
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 207,571            61,071          △ 261,855
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 50,697             312         △ 40,160
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           1,331,357           1,487,788           1,107,756
     (期末)残高
                               第19期           第20期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自2017年10月1日           自2018年10月1日
              会計期間
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日
     1株当たり四半期純損失金額
                      (円)           △ 71.52           △ 3.25
     (△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり四
           半期(当期)純損失金額であるため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/17




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)財政状態の分析

        (資産の部)
          当第2四半期連結会計期間末の総資産は、2,907,826千円(前連結会計年度末比181,128千円減)となりまし
         た。
          流動資産は、2,310,194千円(同50,537千円減)となりま                           した。その主な要因は、売掛金の減少253,963千円に
         よるものであります。
          固定資産は、597,632千円(              同 130,591千円減)となりました。その主な要因は、オフィス返却に伴う敷金の返
         却等による     投資  その他   の資産   の減少64,     237  千円  によるものであります。
        (負債の部)
          負債合計は、658,234千円(同65,820千円減)となりました。
          流動負債は、658,234千円(同65,820千円減)となりました。その主な要因は、                                      未払費用    の減少84,631千円に
         よるものであります。
        (純資産     の部  )
         純資産は、2,249,592千円(同115,307千円減)となりました。その主な要因は、親会社株主に帰属する四半期
        純損失の計上による利益剰余金の減少116,250千円によるものであります。
       (2)経営成績の分析

         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、緩やかに回復する中で、企業収益は改善しました。個人消
        費は、消費者マインドが弱含んでいたものの、実質総雇用者所得が緩やかに増加し、持ち直しております。
         また、モバイルコンテンツ業界においては、アプリストアの消費支出は2019年には1,220億ドル超(2016年から
        3年間で平均29%の成長)になると見られ、モ                      バイルゲームは引き続き、アプリストアにおける消費支出の拡大
        を後押しすると見込まれております                 (注1)   。
         当社グループにおきましては、第1四半期連結会計期間より、「日本語女性向け」「英語女性向け」「男性向

        け」「IP展開」の4区分で事業を運営しております。
         当第2四半期連結累計期間における売上は、「男性向け」「IP展開」が増加し、「英語女性向け」が若干増加
        したものの、主力の「日本            語 女性向け」が減少し、3,678,324千円(前年同期比1                        .6%  減)となりました。費用
        は、採用抑制等に伴う労務費の減少や制作・システム外注費の減少、及びテレビCMの出稿を行わなかったことで
        広告宣伝費が減少したこと等により、大幅に減少しました。その結果、営業損失は93,604千円(前年同期は営業
        損失779,374千円)、経常損失は108,260千円(同 経常損失790,536千円)                                   、 親会社株主に帰属する四半期純損失
        は116,250千円(同 親会社株主に帰属する四半期純損失757,504千円)となりました。
                                  3/17







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
         事業区分別     の業績   は、以下の通りであります。なお、第1四半期連結会計期間より、事業区分を変更しておりま
        すので、以下の前年同期比較については、前年同期の数値を変更後の事業区分に組み替えて比較しております。
        事業区分別の主要なタイトル名、及びその略称は次の通りです。

           事業区分        ターゲット・分類                  主要タイトル                  略称
                             100シーンの恋+
                                                     100恋+
                   カジュアル     (注2)
                             ダウト~嘘つきオトコは誰?~
                                                     ダウト
                             天下統一恋の乱        Love   Ballad
                                                     恋乱
                             誓いのキスは突然に          Love   Ring
                                                     誓い
                             眠らぬ街のシンデレラ                        シンデ
        日本語女性向け
                   カジュコア     (注3)
                             鏡の中のプリンセス          Love   Palace           ミラプリ
                                                     王子
                             新◆王子様のプロポーズ            Eternal    Kiss
                                                     魔界
                             魔界王子と魅惑のナイトメア
                                                     あや恋
                             あやかし恋廻り
                   コア  (注4)
                             アニドルカラーズ                        アニドル
                             Love365:     Find   Your   Story   (注5)           Love365
        英語女性向け
                             Lovestruck:      Choose    Your   Romance    (注6)        Lovestruck
        男性向け                     六本木サディスティックナイト                        六本木
                   イベント、グッズ、          「恋乱」天下の宴、「ダウト」宝探し万博出展、
                                                        ―
                   映像・音楽          「アニメ恋乱」CDリリースイベント
        IP展開
                             ポケカレAR、挙式VR                           ―
                   新技術
        ①日本語女性向け

         日本語女性向けは、ターゲットを「カジュアル」「                         カジュコ    ア 」「  コア  」に区分して      展開  しております      。
         「コア」が若干増加したものの、「カジュアル」「                         カジュコア     」が  減少し、売上高は2,233,301千円(前年同期
        比16.4%減)となりました。
        ②英語女性向け

         英語女性向けは、「L           ove365   」「  Lovestruck     」等  が該当します。
         主に  「 Lovestruck     」が増加したことにより、売上高は894,583千円(前年同期比0.4%増)となりました。
        ③男性向け

         主に「六本木       」が大幅に増加したことにより、               売上高は514,201千円(前年同期比244.3%増)となりました。
        ④ IP展開

         IP展開は、      VR・AR技術を用いたコンテンツや、イベント、グッズ、映像・音楽などアプリ外の展開                                        が該当しま
        す。
         主にイベント、グッズ           が増加したことにより、           売上高は    36 , 237  千円(前年同期比        43 . 0 %増)となりました。
        (注)1.出所:       App  Annie   Inc.「モバイル市場年鑑2019」2019年1月16日発表。
           2.    カジュアル    :好きなゲームをライトに楽しむユーザー層。消費単価は月数千円。
           3.カジュコア:         カジュアルとコアの間に位置する             ユーザー   層 。
           4.コア:       好きなゲームに没頭・熱狂するユーザー層。ゲームだけでなくグッズやイベント熱も高い。
           5.    Love365   : Find  Your  Story  : 日本語版恋愛ドラマアプリを翻訳した海外市場向けコンテンツであり、1つのアプリ内で複数の
             タイトルが楽しめる「読み物アプリ」。
           6.    Lovestruck    : Choose   Your  Romance   : SFスタジオ(米国サンフランシスコにある連結子会社)にて海外市場向けに制作した
             「読み物アプリ」。
                                  4/17





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
       (3)キャッシュ・フローの状況
          当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末と
        比較して380,032千円増加し、1,487,788千円となりました。
          当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次の通りであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動によるキャッシュ・フローは、318,236千円の資金を得る結果(前年同期比865,067千円の支出の減
        少)となりました。その主な要因は、税金等調整前四半期純損失の減少682,858千円によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動によるキャッシュ・フローは、61,071千円の資金を得る結果(前年同期比268,643千円の支出の減
        少)となりました。その主な要因は、敷金の回収による収入の増加136,169千円によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動によるキャッシュ・フローは、312千円の資金を得る結果(前年同期比51,009千円の支出の減少)とな
        りました。その主な要因は、配当金の支払額の減少による支出の減少50,586千円によるものであります。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  5/17















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          15,120,000

                  計                                15,120,000

        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末現                         上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年2月12日)
                (2018年12月31日)                        取引業協会名
                                                    完全議決権株式で
                                                   あり、株主としての
                                                   権利内容に何ら限定
                                                   のない当社における
                                         東京証券取引所
                                                   標準となる株式であ
       普通株式             5,231,275            5,231,275
                                         (市場第一部)
                                                   ります。
                                                    また、単元株式数
                                                   は100株となってお
                                                   ります。
         計            5,231,275            5,231,275           -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
        れた株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
         年月日        総数増減数        総数残高        増減額        残高       増減額        残高
                  (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     2018年10月1日~
                     600    5,231,275           110     942,114         110     907,714
     2018  年12月31日
     (注)新株予約権の行使による増加であります。
                                  6/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2018年12月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                                             817,800          15.91
     津谷 祐司                 東京都港区
                                             368,200           7.16
     津谷 奈々子                 東京都港区
                                             250,000           4.86
     株式会社サードストリート                 東京都港区西麻布4丁目8番29号
     特定有価証券信託受託者
                                             200,000           3.89
                      東京都港区西新橋1丁目3番1号
     株式会社SMBC信託銀行
                                             131,700           2.56
     神林 忠弘                 新潟県新潟市中央区
     日本マスタートラスト信託銀行株
                                             116,400           2.26
                      東京都港区浜松町2丁目11番3号
     式会社(信託口)
     BNY    GCM    CLIENT       A
                      PETERBOROUGH             COURT      1
     CCOUNT       JPRD     AC   I
                      33   FLEET      STREET       LOND
                                             114,700           2.23
     SG   (FE-AC)
                      ON   EC4A     2BB    UNITED       KI
     (常任代理人株式会社三菱UFJ
                      NGDOM
     銀行)
     日本トラスティ・サービス信託銀
                                              74,300          1.45
                      東京都中央区晴海1丁目8番11号
     行株式会社(信託口5)
     日本トラスティ・サービス信託銀
                                              62,100          1.21
                      東京都中央区晴海1丁目8番11号
     行株式会社(信託口1)
                                              60,000          1.17
     株式会社三菱UFJ銀行                 東京都千代田区丸の内2丁目7番1号
                               -             2,195,200           42.71
             計
     (注)1.上記のほか、当社所有の自己株式91,581株(1.75%)があります。

        2.     第1位の津谷祐司氏及び第2位の津谷奈々子氏は、第3位の株式会社サードストリート及び第4位の特定有価
          証券信託受託者株式会社                 SMBC    信託銀行の所有株式を実質的に所有しております。
        3.第4位の特定有価証券信託受託者 株式会社SMBC信託銀行の所有株式は、第3位の株式会社サードストリ
          ートが所有していた当社株式を株式会社SMBC信託銀行に信託したもので、議決権は株式会社サードストリ
          ートに留保されております。
       (6)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2018年12月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -            -            -
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -
                        普通株式          91,500
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                                                 権利内容に限定のない
                        普通株式        5,136,700
     完全議決権株式(その他)                                       51,367
                                                   標準となる株式
                        普通株式          3,075
     単元未満株式                                    -            -
     発行済株式総数                         5,231,275           -            -
     総株主の議決権                        -               51,367         -
                                  7/17



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
        ②【自己株式等】
                                                   2018年12月31日現在
                                                    発行済株式総数に

                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                対する所有株式数
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                    の割合(%)
                   東京都渋谷区恵比寿
      株式会社ボルテージ                           91,500         -     91,500          1.75
                    四丁目20番3号
          計            -          91,500         -     91,500          1.75
     (注)当第2四半期連結会計期間末現在の所有自己株式数は、91,581株となっております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/17
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
       第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年7月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、PwCあらた有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年6月30日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,107,756              1,487,788
         現金及び預金
                                       1,016,501               762,537
         売掛金
                                         76,789              51,897
         前払費用
                                        109,099                 -
         未収消費税等
                                         50,836               8,150
         その他
                                         △ 252             △ 179
         貸倒引当金
                                       2,360,731              2,310,194
         流動資産合計
       固定資産
                                         83,386              56,804
         有形固定資産
         無形固定資産
                                        181,410              141,277
          ソフトウエア
                                         3,656              4,018
          コンテンツ
                                        185,066              145,295
          無形固定資産合計
                                        459,770              395,532
         投資その他の資産
                                        728,223              597,632
         固定資産合計
                                       3,088,954              2,907,826
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        100,073               80,553
         買掛金
                                         3,384              1,796
         未払金
                                        561,959              477,328
         未払費用
                                         8,482              10,061
         未払法人税等
                                         9,948              6,660
         賞与引当金
                                         40,205              81,834
         その他
                                        724,054              658,234
         流動負債合計
                                        724,054              658,234
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        941,894              942,114
         資本金
                                        907,494              907,714
         資本剰余金
                                        598,254              482,003
         利益剰余金
                                       △ 100,222             △ 100,222
         自己株式
                                       2,347,420              2,231,609
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         17,480              17,982
         為替換算調整勘定
                                         17,480              17,982
         その他の包括利益累計額合計
                                       2,364,900              2,249,592
       純資産合計
                                       3,088,954              2,907,826
      負債純資産合計
                                 10/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年7月1日              (自 2018年7月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      売上高                                  3,738,462              3,678,324
                                       1,764,916              1,320,164
      売上原価
                                       1,973,546              2,358,160
      売上総利益
                                       ※ 2,752,921              ※ 2,451,764
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 779,374              △ 93,604
      営業外収益
                                           336             1,427
       受取利息
                                           53               0
       受取配当金
                                         1,048              1,828
       雑収入
                                         1,438              3,255
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         4,229              4,734
       為替差損
       固定資産売却損                                  8,232              3,660
                                            0            9,506
       固定資産除却損
                                           137               10
       雑損失
                                         12,599              17,912
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 790,536             △ 108,260
      特別損失
                                         6,591              6,008
       減損損失
                                         6,591              6,008
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 797,127             △ 114,268
      法人税、住民税及び事業税                                    3,633              1,982
                                        △ 43,255                 -
      法人税等調整額
                                        △ 39,622               1,982
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 757,504             △ 116,250
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 757,504             △ 116,250
                                 11/17










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年7月1日              (自 2018年7月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      四半期純損失(△)                                  △ 757,504             △ 116,250
      その他の包括利益
                                           212               -
       その他有価証券評価差額金
                                         1,047               502
       為替換算調整勘定
                                         1,260               502
       その他の包括利益合計
                                       △ 756,244             △ 115,748
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △ 756,244             △ 115,748
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 12/17
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年7月1日              (自 2018年7月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純損失(△)                                △ 797,127             △ 114,268
                                         37,471              24,805
       減価償却費及びその他の償却費
                                        105,745               58,809
       ソフトウエア償却費
                                         6,591              6,008
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 32             △ 72
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                    -           △ 3,365
       固定資産除売却損益(△は益)                                  8,232              13,167
                                            -           △ 3,119
       資産除去債務戻入益
                                         △ 389            △ 1,427
       受取利息及び受取配当金
       為替差損益(△は益)                                 △ 3,603              △ 986
       売上債権の増減額(△は増加)                                  54,689              254,927
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 7,509             △ 19,535
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 23,092              152,172
       未払費用の増減額(△は減少)                                  65,584             △ 72,392
                                         25,569              24,089
       その他
       小計                                △ 527,869              318,810
       利息及び配当金の受取額                                   389             1,427
                                        △ 26,917              △ 2,282
       法人税等の支払額
                                         7,566               280
       法人税等の還付額
                                       △ 546,831              318,236
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 10,916              △ 4,636
       有形固定資産の取得による支出
                                         1,396              1,296
       有形固定資産の売却による収入
                                            -             △ ▶
       有形固定資産の除却による支出
                                        △ 72,766             △ 34,254
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 11,291                 -
       敷金及び保証金の差入による支出
                                           448            136,617
       敷金及び保証金の回収による収入
                                            -           △ 37,947
       資産除去債務の履行による支出
                                       △ 114,440                 -
       投資有価証券の取得による支出
                                       △ 207,571               61,071
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           100              440
       株式の発行による収入
                                          △ 82               -
       自己株式の取得による支出
                                        △ 50,714               △ 127
       配当金の支払額
                                        △ 50,697                312
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         4,032               411
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 801,067              380,032
                                       2,132,425              1,107,756
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,331,357              ※ 1,487,788
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結損益計算書関係)
         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                             (自    2017年7月1日              (自    2018年7月1日
                             至     2017年12月31日)               至     2018年12月31日)
     広告宣伝費                               942,758    千円              847,844    千円
     販売手数料                              1,158,658     千円             1,134,264     千円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の第2四半期連結会計期間末残高と現金及び預金勘定は一致しております。
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2017年7月1日 至 2017年12月31日)
           配当金支払額
                            1株当たり
                     配当金の総額
       (決議)
               株式の種類               配当額        基準日         効力発生日         配当の原資
                      (千円)
                             (円)
      2017年9月28日
               普通株式         51,062       10.0    2017年6月30日          2017年9月29日          利益剰余金
      定時株主総会
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2018年7月1日 至 2018年12月31日)

           配当金支払額
           該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
           当社グループは、モバイルコンテンツ事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                 14/17











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年7月1日               (自 2018年7月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
       1株当たり四半期純損失金額(△)                                △148円35銭                △22円62銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する
                                      △757,504               △116,250
       四半期純損失金額(△)          (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                      △757,504               △116,250
       四半期純損失金額(△)          (千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               5,106,343               5,139,244
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                    ―――               ―――
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの
          1株当たり四半期純損失金額であるため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 15/17











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ボルテージ(E24392)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     株式会社ボルテージ

       取  締  役  会  御  中

                              PwCあらた有限責任監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              岩尾 健太郎         印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              宍戸 賢市        印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ボル

     テージの2018年7月1日から2019年6月30日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
     年12月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年7月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
     フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比                                べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ボルテージ及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態
     並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していない
     と信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以    上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.     XBRL  データは四半期レビューの対象には                 含まれていません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。