株式会社アスモ 四半期報告書 第44期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第44期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社アスモ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               平成31年2月13日

    【四半期会計期間】               第44期第3四半期(自            平成30年10月1日          至   平成30年12月31日)

    【会社名】               株式会社アスモ

    【英訳名】               ASMO   CORPORATION

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長            長井    尊

    【本店の所在の場所】               東京都新宿区西新宿二丁目4番1号                 新宿NSビル

    【電話番号】               03(6911)0550

    【事務連絡者氏名】               管理本部長         松尾    勉

    【最寄りの連絡場所】               東京都新宿区西新宿二丁目4番1号                 新宿NSビル

    【電話番号】               03(6911)0550

    【事務連絡者氏名】               管理本部長         松尾    勉

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/21









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第43期           第44期

             回次              第3四半期           第3四半期            第43期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自 平成29年4月1日           自 平成30年4月1日           自 平成29年4月1日
            会計期間
                         至 平成29年12月31日           至 平成30年12月31日           至 平成30年3月31日
     売上高                (千円)         14,620,490           14,765,589           19,418,739
     経常利益                (千円)           787,657           822,030          1,059,491

     親会社株主に帰属する
                     (千円)           502,539           494,598           623,893
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)           497,602           503,940           568,977
     純資産額                (千円)          4,966,732           5,401,706           5,037,974

     総資産額                (千円)          7,615,322           8,292,389           7,623,600

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           35.84           35.28           44.50
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)            63.6           64.0           64.7
                             第43期           第44期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                         自 平成29年10月1日           自 平成30年10月1日
            会計期間
                         至 平成29年12月31日           至 平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益                 (円)           10.36           11.66
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        4.平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行いましたが、前連結会計年度の期首に
          当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重 
     要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/21






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載し
     た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判断
     したものであります。
     (1)   経営成績

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、非常に緩やかな回復基調でありました。
        朝鮮半島非核化への端緒を開き、北東アジアに大きな変化が期待される歴史的な米朝首脳会談が開催される一方
       で、米国による高関税政策の発動に始まる中国、EU、カナダ等を巻き込んだ高関税政策の応酬があり、特に米中
       間では数度に渡る応酬深化の後に90日間の協議に入っております。この異例な対外政策がもたらす世界貿易縮小
       の懸念も広がり、英国のEU離脱をめぐる紆余曲折、野党の発言力が増した米国議会の動向など、先行きは正に予
       断を許さない世界情勢となっております。
        当社グループでは、各事業のストロングポイントを的確に見極めた上でシナジー効果を最大限に発揮していく
       こと、また、国内だけにとどまらず積極的に海外にも進出し、人口減少時代を迎える日本において多角的な収益
       構造を構築し安定した成長を目指すことを目標としております。
        今期においても各事業の強みを確実に伸ばすことで、全体として売上高・経常利益共に伸ばすことが出来まし
       た。
        当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高14,765百万円(前年同四半期比1.0%増)、営業利益810百万円
       (前年同四半期比2.4%増)、経常利益822百万円(前年同四半期比4.4%増)、親会社株主に帰属する四半期純利
       益は、494百万円(前年同四半期比1.6%減)となりました。
        売上高の増加は、主に介護事業売上が増加したことによるものであります。経常利益の増加は、売上の増加に
       加え、食肉販売事業及び給食事業における採算改善、介護事業における有料老人ホーム入居率の上昇や介護の御
       利用者の増加、為替などの営業外収支の改善等によります。売上高営業利益率は前年同四半期より0.1ポイント良
       化の5.5%となりました。
        親会社株主に帰属する四半期純利益が減少しているのは、連結繰越欠損金の消化が順調に進み、繰延税金資産
       への新規計上が無くなったこと等による税金負担の対前年同四半期比増加によります。
        今後におきましても、売上高の増加、売上高営業利益率の更なる改善に加え、グループの目標通り東南アジア
       を含む様々な国や地域に進出し、事業を成長させることに邁進してまいります。
                                  3/21








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        セグメントごとの状況は次のとおりであります。
               セグメント名称
                                         主要な事業の内容
            (セグメントに該当する会社)
                アスモ事業
                                グループ会社の統制・管理、不動産賃貸
              (株式会社アスモ)
            アスモトレーディング事業
                                食肉の輸出入、食肉及び食肉加工品の販売
           (株式会社アスモトレーディング)
            アスモフードサービス事業
           (株式会社アスモフードサービス)
         (株式会社アスモフードサービス首都圏)
                                高齢者介護施設等における給食の提供
         (株式会社アスモフードサービス東日本)
         (株式会社アスモフードサービス中日本)
         (株式会社アスモフードサービス西日本)
             アスモ介護サービス事業
           (株式会社アスモ介護サービス)                     訪問・居宅介護事業所の運営、有料老人ホームの運営
           (株式会社アスモライフサービス)
            ASMO   CATERING     (HK)   事業
                                香港における外食店舗の運営
          (ASMO   CATERING     (HK)   CO.,   LIMITED)
             (サーバントラスト信託株式会社)                   管理型信託商品の販売
      その他        (アスモ少額短期保険株式会社)                   少額短期保険商品の販売

           (ASMO   CATERING(TAIWAN)COMPANY            LIMITED)
                                台湾における外食店舗の運営
      ① アスモトレーディング事業

        アスモトレーディング事業におきましては、従来から最重点販売しております収益力の高い高品質メキシコ産
       チルド牛肉の安定した販売が続いております。価格・数量の安定を図るため、独自の契約方法を現地とダイレク
       トに締結することでさらに効率のよい商品を供給出来るよう心がけてまいりました。また通販事業においても魅
       力ある商品の提案と販売先の増大により徐々に売上を伸ばしてきており、レトルトパックの松坂牛カレーの販売
       においては好評を維持し、継続的に販売出来ております。銘柄牛を使用した年末ギフト用商品においては予想を
       上回る発注をいただき、大きな成果を上げることが出来ました。今後販売拡大においては新たな加工工場を開拓
       して、増産に耐えうる生産ラインの確保が重要となってきますので、今から準備してまいりたいと存じます。
        しかし、昨年頻発した自然災害による影響が未だに残っており、大阪北部地震をはじめ、7月初旬の台風7号
       や9月初旬の台風21号がもたらした豪雨、停電、浸水等の被害によって消費の低迷が続いております。特に台風
       21号は商品の保管倉庫への被害をもたらし、販売不能状態が続きました。新たに商品を保管できなかったため、
       在庫商品への損害と販売不能による機会損失とが発生し、9月においては計画通りの販売が出来ませんでした。
       その影響が10月以降にも及び、物流に関して制約が多くなったこと、また料金改正の影響により、当第3四半期
       連結累計期間における売上高や営業利益等の抑制となりました。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、2,506百万円(前年同四半期比4.3%増)、セグメント利
       益(営業利益)は50百万円(前年同四半期比14.2%増)となりました。
        今後は物流における問題の解決を図り、加工商品の安定した生産が出来るよう加工工場の開拓を実施して安定
       的な商品の供給と、知名度のアップと商品力及び商品提案力で価格の優位性をアピールして顧客満足の拡充を追
       求してまいります。
      ② アスモフードサービス事業

        アスモフードサービス事業におきましては、人件費の上昇を伴った人手不足が継続しており、夏季において台
       風や西日本豪雨、北海道胆振東部地震の影響等による青果仕入価格の高騰があり、厳しい経営環境下で推移いた
       しました。
        研修、講習会(洋菓子講習会や新卒研修会、料理コンテスト等)を積極的に行い、従業員個々の知識・技術を高
       め、様々なニーズに対応出来る人材育成を行って対応しております。
        また、全事業所でタブレット端末を導入し、勤怠管理システム及び販売管理システムについてもタブレット端
       末で行うことで、通信費の削減、ペーパーレス化を進めております。
        以上の結果、第3四半期連結累計期間の売上高は、5,494百万円(前年同四半期比3.4%減)、セグメント利益(営
       業利益)は、395百万円(前年同四半期比21.8%増)となりました。
        今後も、業務の効率化を行うとともに、従業員の就労環境の整備を図りサービスの質の向上及び収益確保に努
       めてまいります。
                                  4/21


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
      ③ アスモ介護サービス事業
        アスモ介護サービス事業におきましては、訪問介護事業所、居宅介護支援事業所及び有料老人ホーム運営事業
       を営んでおり、当第3四半期連結累計期間につきましては、4月に行われた介護保険法の改正による報酬見直し
       及び、恒常的な人手不足に伴う人件費の上昇により、足元・先行きとも非常に厳しい状況で推移しております。
        そのような状況の中、前期より注力している既存事業所での新規利用者の獲得と、機会損失をなくすべく介護
       職員の離職防止策が奏功し、利用者数を増やすことが出来ております。
        これにより、当第3四半期連結会計期間末現在、訪問介護事業所36事業所(前年同四半期末は37事業所)、居
       宅支援事業所12事業所(前年同四半期末は13事業所)となり、介護支援契約者は、2,010名(前年同四半期末は
       1,938名)、有料老人ホーム6施設(前年同四半期末は6施設)、入居者数は328名(前年同四半期末は256名)と
       なりました。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、4,595百万円(前年同四半期比7.1%増)、セグメント利
       益(営業利益)は、505百万円(前年同四半期比4.7%減)と、増収減益となりました。
        今後も利用者の獲得に努めていくとともに、介護人材育成に注力していくことで、より良い人材の確保と定着
       率向上に努め、介護サービスの質の向上を図ってまいります。
      ④ ASMO     CATERING     (HK)   事業

        ASMO   CATERING(HK)事業におきましては、10月に『沙田一田                         秀吉』及び『Yakimasse』が一田百貨店改装に伴う
       フードコート閉鎖により閉店いたしました。
        その他の既存店につきましては、他社のファーストフーズ各店においても、日系スーパー及び百貨店の過剰出
       店による競争激化により、一店舗あたりの集客力が落ちている状況であり、当社の各店の売上も苦戦が続いてお
       ります。
        ファーストフーズ事業においては、これまでは日系スーパー及び百貨店のみ出店先でしたが、10月23日に店舗
       数では香港で最も多い、Park’n                Shop系列のTaste東涌店に、『匠工房                  秀吉』を出店いたしました。地場スー
       パーへのはじめての出店となりますが、非常に好調に推移しております。
        また、レストラン事業におきましては、本年4月にオープンした香港社にとって初の路面立地店となる『和風
       食堂   とら蔵』が引き続き好調に推移しております。同タイプの2号店となる『啓田店』を12月4日に、3号店と
       なる『ウォーチェ店』を12月21日に立て続けにオープンし、両店とも好調に推移しております。今後も同業態の
       出店を進めてまいります。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、1,660百万円(前年同四半期比3.1%減)、セグメント損
       失(営業損失)は、61百万円(前年同四半期はセグメント損失6百万円)と、減収減益となりました。
      ⑤ その他の事業

       a.サーバントラスト信託株式会社
         その他セグメントに含めておりますサーバントラスト信託株式会社は、管理型信託事業を営んでおり、『終
        活信託』と称した法人・個人向けの金銭管理信託(特定贈与信託、遺言代用信託を含む)及び不動産管理信託
        を主力とした高齢者及び葬儀社等の終活事業者向けに信託商品の販売を行っております。
         超高齢化社会の到来により、高齢者の財産管理ニーズや資産承継ニーズが今以上に高まる中、今後更に『信
        託』の活用が高まっていくと予想されます。信託の特長である安心・確実な財産の保全をキーワードに高齢者
        のニーズを取り込み、本事業は今後も成長が期待できるものと考えております。
         当第3四半期連結累計期間の売上高は、金銭管理信託、不動産管理信託を中心とした信託報酬により84百万
        円(前年同四半期比11.5%増)を計上、営業利益は44百万円(前年同四半期比31.4%増)となりました。
         引き続き、グループ会社とのシナジー及び高齢者支援団体等への営業活動を中心としたシニアマーケットの
        開拓により新規契約を獲得し、売上増加に努めてまいります。
       b.アスモ少額短期保険株式会社

         その他セグメントに含めておりますアスモ少額短期保険株式会社は、少額短期保険事業を展開しており、生
        命保険商品4種類(生命定期保険、入院保障付生命定期保険、無選択型生命保険、介護サポート総合保険)及
        び損害保険商品2種類(高齢者施設入居者家財保険、介護サポート総合保険)を販売しております。
         7月には有料老人ホーム入居者専用保険である「転ばぬ先の杖」に認知症の方が起こした賠償事故も補償さ
        れる新特約を付加した「転ばぬ先の杖プラス」の販売を開始いたしました。                                    この新プランが有料老人ホーム事
        業者、入居者に高い評価をいただき、12月までの新規契約件数は926件にのぼっています。
                                  5/21

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
         当第3四半期連結会計期間におきましては、収入保険料は81,931千円となり、計画91,017千円に対し90.0%
        の達成率となっております。また今期累計では収入保険料は241,351千円となり、計画259,187千円に対し
        93.1%   となっております。          収入保険料は計画値を下回っておりますが、今期における保険金支払額が計画比
        83.4%となっていることから、保険事業としては健全な運営ができております。
         第4四半期連結会計期間以降も、当社独自商品による新規マーケット開発に力を入れ、グループ会社とのシ
        ナジー及びシニアマーケットの開拓により、健全な保険事業を行いつつ、新規契約を獲得し収入保険料増加に
        努めてまいります。
       c.ASMO     CATERING     (TAIWAN)     COMPANY    LIMITED

         その他セグメントに含めておりますASMO                    CATERING     (TAIWAN)     COMPANY    LIMITEDは、そごう天母店において
        『日本料理      今助』、そごう復興店に『彩丼屋』の2店舗体制です。
         日系百貨店間の競争が激化しており、当社の2店舗においても厳しい売上、利益状況になっております。現
        状を打開すべく営業内容の見直しを図っております。
        以上の結果、その他の事業における当第3四半期連結累計期間の売上高は、505百万円(前年同四半期比3.4%

       減)、セグメント利益(営業利益)は、47百万円(前年同四半期比124.9%増)となりました。
      (2)   財政状態の分析

      (資産)
        当第3四半期連結会計期間末における総資産は8,292百万円となり、前連結会計年度末に比べ668百万円増加い
       たしました。これは主に現金及び預金が520百万円、受取手形及び売掛金が133百万円、有形固定資産が48百万円
       増加し、繰延税金資産が69百万円減少したことによるものであります。
      (負債)

        当第3四半期連結会計期間末における負債合計は2,890百万円となり、前連結会計年度末に比べ305百万円増加
       いたしました。これは主に支払手形及び買掛金が162百万円、短期借入金が50百万円、未払法人税等が99百万円増
       加したことによるものであります。
      (純資産)

        当第3四半期連結会計期間末における純資産合計は5,401百万円となり、前連結会計年度末に比べ363百万円増
       加いたしました。これは主に利益剰余金が354百万円、為替調整換算勘定が17百万円増加したことによるものであ
       ります。
        この結果、自己資本比率は64.0%(前連結会計年度末は64.7%)となりました。
        受取手形及び売掛金の回収が順調で、商品や差入保証金の増加が限定的で、利益剰余金の増加が、現金及び預

       金の増加に反映しており、順調な増減であると認識しております。
        また、9年前に発生した税務上の連結繰越欠損金を当第3四半期連結累計期間で使い切ることができ、繰延税
       金資産の減少につながっております。
        資本の財源につきましては、当社グループの運転資金・設備投資について一部連結子会社で一時的な借入を行
       うことがありますが、基本的には自己資金により充当しております。当第3四半期連結会計期間末の有利子負債
       残高は、短期借入金50百万円とリース債務62百万円であり、前連結会計年度末と比較して42百万円増加しており
       ます。
        現金及び現金同等物の当第3四半期連結会計期間末残高は3,993百万円であり、資金の流動性は十分に確保出来
       ております。
     (3)   事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
     (4)   研究開発活動

       該当事項はありません。
                                  6/21


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
    3  【経営上の重要な契約等】
      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約の決定又は締結等はありません。
                                  7/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)   【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     60,000,000

                 計                                   60,000,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間末             提出日現在

                                   上場金融商品取引所
        種類        現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融               内容
                                    商品取引業協会名
              (平成30年12月31日)           (平成31年2月13日)
                                     東京証券取引所            単元株式数
       普通株式            15,145,175           15,145,175
                                      市場第二部             100株
        計          15,145,175           15,145,175           ―           ―
     (注) 発行済株式数のうち461千株は、現物出資(貸付金債権299,650千円)によるものであります。
     (2)   【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)   【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)   【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (千株)       (千株)                     (千円)       (千円)
     平成30年10月1日~
                      ―    15,145          ―   2,323,272           ―       ―
     平成30年12月31日
     (5)   【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/21






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     (6)   【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                              平成30年12月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                         1,124,400
                     普通株式
                                    140,188
     完全議決権株式(その他)                                            ―
                        14,018,800
                     普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                           1,975
     発行済株式総数                    15,145,175           ―              ―
                                    140,188

     総株主の議決権                     ―                        ―
      ②  【自己株式等】

                                              平成30年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名
                                                   総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                    所有株式数
         又は名称
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都新宿区西新宿
                                1,124,400              1,124,400         7.42
     株式会社アスモ             二丁目4番1号                         ―
                  新宿NSビル
                                1,124,400              1,124,400         7.42
          計              ―                   ―
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                  9/21









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成
     30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表について、RSM清和監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               3,472,856              3,993,277
        受取手形及び売掛金                               2,100,241              2,233,505
        商品                                302,328              310,046
        貯蔵品                                13,967              12,812
        その他                                386,471              435,122
                                       △ 87,774             △ 91,738
        貸倒引当金
        流動資産合計                               6,188,091              6,893,026
      固定資産
        有形固定資産
                                        203,711              251,962
         その他(純額)
         有形固定資産合計                              203,711              251,962
        無形固定資産
         のれん                               14,897                 ―
                                        41,494              34,071
         その他
         無形固定資産合計                               56,392              34,071
        投資その他の資産
         その他                             1,490,234              1,433,584
                                       △ 314,828             △ 320,255
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             1,175,405              1,113,329
        固定資産合計                               1,435,509              1,399,362
      資産合計                                7,623,600              8,292,389
                                 11/21











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                599,984              762,071
        短期借入金                                   ―            50,000
        未払法人税等                                85,989              185,747
        賞与引当金                                231,058              139,779
                                       1,441,272              1,509,899
        その他
        流動負債合計                               2,358,305              2,647,497
      固定負債
        退職給付に係る負債                                175,647              199,989
                                        51,673              43,195
        その他
        固定負債合計                                227,320              243,184
      負債合計                                2,585,626              2,890,682
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               2,323,272              2,323,272
        利益剰余金                               2,559,223              2,913,614
                                       △ 42,459             △ 42,459
        自己株式
        株主資本合計                               4,840,036              5,194,427
      その他の包括利益累計額
        繰延ヘッジ損益                                 △ 16             △ 419
        為替換算調整勘定                                94,892              112,525
                                        △ 4,139             △ 1,034
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                90,736              111,071
      非支配株主持分                                 107,200               96,208
      純資産合計                                5,037,974              5,401,706
     負債純資産合計                                  7,623,600              8,292,389
                                 12/21










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                 14,620,490              14,765,589
                                      11,101,449              11,267,187
     売上原価
     売上総利益                                  3,519,041              3,498,401
     販売費及び一般管理費                                  2,726,898              2,687,498
     営業利益                                   792,142              810,902
     営業外収益
      受取利息                                  5,233              5,237
      物品賃貸料収入                                  2,506              4,492
      助成金収入                                   200             5,856
                                         7,596              4,769
      その他
      営業外収益合計                                  15,536              20,355
     営業外費用
      支払利息                                   940             1,131
      貸倒引当金繰入額                                  18,643               7,939
                                          438              156
      その他
      営業外費用合計                                  20,022               9,227
     経常利益                                   787,657              822,030
     特別利益
                                           ―              35
      固定資産売却益
      特別利益合計                                    ―              35
     特別損失
      固定資産除却損                                   104             6,830
      投資有価証券評価損                                  27,022                 ―
      店舗解約違約金                                    ―            8,491
                                           ―             276
      その他
      特別損失合計                                  27,127              15,597
     税金等調整前四半期純利益                                   760,529              806,468
     法人税、住民税及び事業税
                                        162,565              258,370
                                        96,418              69,316
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   258,983              327,687
     四半期純利益                                   501,545              478,781
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 993            △ 15,817
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   502,539              494,598
                                 13/21







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     四半期純利益                                   501,545              478,781
     その他の包括利益
      繰延ヘッジ損益                                   △ 7            △ 403
      為替換算調整勘定                                   764             22,457
                                        △ 4,700              3,104
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                 △ 3,943              25,159
     四半期包括利益                                   497,602              503,940
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 498,437              514,933
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  △ 834            △ 10,992
                                 14/21















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        該当事項はありません。
      (会計方針の変更)

        該当事項はありません。
      (追加情報)

       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
      会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

        該当事項はありません。
      (四半期連結損益計算書関係)

        該当事項はありません。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
       は、次のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                           (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                           至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
        減価償却費                       106,816千円                 89,692千円
        のれんの償却額                        14,897                 14,897
                                 15/21











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
      1.配当に関する事項
        配当支払額
                    配当金の総額       1株当たりの

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年5月12日
              普通株式        140,207          1  平成29年3月31日         平成29年6月29日         利益剰余金
     取締役会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
     Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

      1.配当に関する事項
        配当支払額
                    配当金の総額       1株当たりの

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成30年5月14日
              普通株式         140,207           10  平成30年3月31日         平成30年6月27日         利益剰余金
     取締役会
     (注)当社は平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
                                 16/21











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                    報告セグメント
                           アスモトレ       アスモフー       アスモ介護        ASMO
                     アスモ
                           ーディング       ドサービス       サービス       CATERING        計
                     事業
                            事業       事業       事業      (HK)事業
     売上高
      外部顧客への売上高                 3,564     2,403,480       5,687,740      4,288,594       1,713,621      14,097,001

      セグメント間の内部売上高
                         ―    44,574      141,155         ―       ―    185,729
      又は振替高
           計            3,564     2,448,054       5,828,895      4,288,594       1,713,621      14,282,731
     セグメント利益又は損失(△)                △ 120,994       43,965      324,645      530,229       △ 6,712      771,133

                                       (単位:千円)

                                        四半期連結
                     その他
                            合計      調整額      損益計算書
                     (注)
                                         計上額
     売上高
      外部顧客への売上高                523,488     14,620,490           ―  14,620,490

      セグメント間の内部売上高
                         ―    185,729      △ 185,729          ―
      又は振替高
           計           523,488     14,806,219       △ 185,729     14,620,490
     セグメント利益又は損失(△)                  21,144      792,277        △ 134     792,142

     (注)   「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであります。
     2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

      (差異調整に関する事項)
                                                    (単位:千円)
                 利益                            金額
     報告セグメント計                                                   771,133

     「その他」の区分の利益                                                   21,144

     セグメント間取引消去                                                    △134

     四半期連結損益計算書の営業利益                                                   792,142

     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
                                 17/21





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
    Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                    報告セグメント
                           アスモトレ       アスモフー       アスモ介護        ASMO
                     アスモ
                           ーディング       ドサービス       サービス       CATERING        計
                     事業
                            事業       事業       事業      (HK)事業
     売上高
      外部顧客への売上高                 3,564     2,506,506       5,494,345      4,595,089       1,660,613      14,260,119

      セグメント間の内部売上高
                         ―    53,669      180,229         ―       ―    233,898
      又は振替高
           計            3,564     2,560,176       5,674,575      4,595,089       1,660,613      14,494,018
     セグメント利益又は損失(△)                △ 125,828       50,201      395,318      505,353      △ 61,955      763,090

                                       (単位:千円)

                                        四半期連結
                     その他
                            合計      調整額      損益計算書
                     (注)
                                         計上額
     売上高
      外部顧客への売上高                505,469     14,765,589           ―  14,765,589

      セグメント間の内部売上高
                         ―    233,898      △ 233,898          ―
      又は振替高
           計           505,469     14,999,487       △ 233,898     14,765,589
     セグメント利益又は損失(△)                  47,553      810,643         258     810,902

     (注)   「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであります。
     2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

      (差異調整に関する事項)
                                                    (単位:千円)
                 利益                            金額
     報告セグメント計                                                   763,090

     「その他」の区分の利益                                                   47,553

                                                         258

     セグメント間取引消去
     四半期連結損益計算書の営業利益                                                   810,902

     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
                                 18/21






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                                 至   平成29年12月31日)           至   平成30年12月31日)
     1株当たり四半期純利益                                   35円84銭             35円28銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                  502,539             494,598

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                     ―             ― 

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        502,539              494,598
       四半期純利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                  14,020             14,020
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、                                 ―              ―
     前連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行いましたが、前連結会計年度の期首
          に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益を算定しております。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                 19/21











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 20/21



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年2月7日

    株式会社アスモ
     取締役会      御中
                       RSM清和監査法人

                        指定社員

                                          坂      井      浩      史
                                   公認会計士                    ㊞
                        業務執行社員
                        指定社員

                                          岡      村      新      平
                                   公認会計士                    ㊞
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アスモ

    の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成30
    年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アスモ及び連結子会社の平成30年12月31日現在の財政状
    態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
    重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。