ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社 四半期報告書 第25期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第25期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年2月12日
      【四半期会計期間】                    第25期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社
      【英訳名】                    JAPAN   ELEVATOR     SERVICE    HOLDINGS     CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役会長兼社長CEO  石田 克史
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋一丁目3番13号
      【電話番号】                    03(6262)1638
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長執行役員CFO経営管理本部長  今村 公彦
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋一丁目3番13号
      【電話番号】                    03(6262)1625
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長執行役員CFO経営管理本部長  今村 公彦
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注)第1四半期連結会計期間より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第24期           第25期
               回次               第3四半期           第3四半期            第24期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自2017年4月1日           自2018年4月1日           自2017年4月1日

              会計期間
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日           至2018年3月31日
                      (千円)          11,161,524           12,823,801           15,326,377
     売上高
                      (千円)            938,539          1,395,145           1,339,096
     経常利益
     親会社株主に帰属する
                      (千円)            534,302           867,234           848,087
     四半期(当期)純利益
                      (千円)            520,210           836,194           820,078
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           2,547,416           3,551,859           2,870,583
     純資産額
                      (千円)          10,064,930           11,216,248           10,624,586
     総資産額
                      (円)            13.34           21.61           21.17
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            13.10           20.58           20.72
     (当期)純利益
                      (%)             24.9           31.3           26.5
     自己資本比率
                               第24期           第25期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自2017年10月1日           自2018年10月1日

              会計期間
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日
                      (円)             4.73           10.34
     1株当たり四半期純利益
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.2017年10月1日付で普通株式1株につき2株の株                         式分割を、また、2018年10月1日付で普通株式1株につき
           2株の株式分割を行っております。そのため、第24期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当た
           り四半期(当期)純利益及び             潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益                       を算定しております。
      2【事業の内容】

        当 第3  四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
        なお、第1四半期連結会計期間において、エレベーターメディア株式会社を新たに設立したため、連結の範囲に含
       めております。
                                  2/16






                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報                                               告書に記載し
       た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
        なお、当社グループはメンテナンス事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
       (1)財政状態及び経営成績の状況

        ①経営成績の状況
         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、                         企業収益が堅調に推移するなか、雇用・所得環境の改善を背
        景に個人消費が持ち直すなど、緩やかな回復基調で推移いたしました。
         エレベーター等のメンテナンス業界においても、公共投資・民間建設投資の堅調な推移に支えられ、市場は緩や
        かな拡大傾向にあると予想されます。
         このような市場環境の下、当社グループは、2017年3月の東京証券取引所マザーズへの上場及び2018年9月の東
        京証券取引所市場第一部への市場変更による認知度・信用力の向上や、入札案件の増加に加え、JES                                              Innovation
        Centerでの施設見学会の実施効果もあり、大手百貨店やスーパー等、新規の大口顧客を獲得することができまし
        た。
         保守・保全業務については、保守契約台数が堅調に推移し、当第3四半期連結累計期間の保守・保全業務の売上
        高は9,976百万円(前年同期比12.4%増)となりました。リニューアル業務については、事業拡大に備えた営業体
        制の強化や部品供給停止物件の提案強化等により、当第3四半期連結累計期間のリニューアル業務の売上高は
        2,806百万円(前年同期比24.1%増)となりました。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の業績につきましては、売上高は12,823百万円(前年同期比14.9%
        増)、営業利益は1,422百万円(前年同期比51.1%増)、経常利益は1,395百万円(前年同期比48.7%増)、親会社
        株主に帰属する四半期純利益は867百万円(前年同期比62.3%増)となりました。
        ②財政状態の状況

        (資産)
         当第3四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末より591百万円増加し、11,216百万円となり
        ました。これは主に、原材料及び貯蔵品が374百万円、受取手形及び売掛金が176百万円増加したこと等によるもの
        であります。
        (負債)

         当第3四半期連結会計期間末における総負債は、前連結会計年度末より89百万円減少し、7,664百万円となりま
        した。これは主に、短期借入金が330百万円増加した一方で、賞与引当金が188百万円、未払法人税等が174百万円
        減少したこと等によるものであります。
        (純資産)

         当第3四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末より681百万円増加し、3,551百万円となりま
        した。これは主に、利益剰余金が586百万円増加したこと等によるものであります。
       (2)経営方針・経営戦略等

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は260百万円(資産計上分含む)であり
        ます。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  3/16


                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/16




















                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                  112,000,000
        普通株式
                                                  112,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               現在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年2月12日)
                (2018年12月31日)                        取引業協会名
                                                   完全議決権株式       であ
                                                   り、権利内容に何ら
                                                   限定のない当社にお
                                         東京証券取引所
                    40,2  90,8  00        40,2  90,8  00
     普通株式                                             ける標準となる株式
                                         (市場第一部)
                                                   であります。なお、
                                                   単元株式数は100株
                                                   であります。
         計           40,2  90,8  00        40,2  90,8  00       -           -
     (注)1.     発行済株式のうち34,000株は、譲渡制限付株式報酬として、金銭報酬債権                                  89,522千円を出資の目的とする              現物
          出資により発行したものであります。
        2.  2018年9月10日付で当社株式は東京証券取引所マザーズ市場から東京証券取引所市場第一部へ市場変更してお
          ります。
        3.  「提出日現在発行数」欄には、2019年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発
          行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                 総数増減数        総数残高                       増減額        残高
         年月日
                                 (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                      (千円)       (千円)
     2018年10月1日
                  20,064,000       40,128,000            -     653,206          -     610,991
     (注)1
     2018年10月1日~
                    162,800      40,290,800          17,989       671,195        17,989       628,980
     2018年12月31日
     (注)2
      (注)1.2018年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。
         2.新株予約権の行使による増加であります。
                                  5/16




                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (6)【議決権の状況】

          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                   2018年12月31日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                        -            -            -

                                                 権利内容に何ら限定
     完全議決権株式(その他)                   普通株式 20,060,900                   200,609
                                                 のない当社における
                                                 標準となる株式
                        普通株式        3,100            -            -
     単元未満株式
                             20,064,000            -            -
     発行済株式総数
                             -              200,609          -
     総株主の議決権
     (注)1.「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式28株が含まれております。
        2.2018年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、上記株式数及び議決権の
          数は当該分割前のものを記載しております。
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/16









                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は2018年7月1日をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しております。
                                  7/16

















                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,295,477              1,289,806
         現金及び預金
                                       1,993,111              2,169,163
         受取手形及び売掛金
                                       1,208,354              1,582,922
         原材料及び貯蔵品
                                        425,121              421,608
         その他
                                        △ 2,131             △ 2,292
         貸倒引当金
                                       4,919,933              5,461,208
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             3,032,019              2,970,970
          工具、器具及び備品(純額)                              510,509              672,930
                                        646,903              506,933
          その他(純額)
                                       4,189,432              4,150,833
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        339,780              510,539
          その他
                                        339,780              510,539
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       1,180,447              1,100,059
          その他
                                        △ 5,006             △ 6,393
          貸倒引当金
                                       1,175,440              1,093,665
          投資その他の資産合計
                                       5,704,653              5,755,039
         固定資産合計
                                       10,624,586              11,216,248
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        458,762              523,874
         買掛金
                                       3,015,550              3,345,550
         短期借入金
                                        426,246              251,953
         未払法人税等
                                        467,849              279,511
         賞与引当金
                                       1,634,386              1,519,573
         その他
                                       6,002,795              5,920,463
         流動負債合計
       固定負債
                                        807,750              825,109
         長期借入金
                                        553,991              609,952
         退職給付に係る負債
                                        225,419              231,997
         資産除去債務
                                        164,046               76,866
         その他
                                       1,751,207              1,743,925
         固定負債合計
                                       7,754,003              7,664,388
       負債合計
                                  8/16







                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                        608,445              671,195
         資本金
                                       1,044,746              1,107,497
         資本剰余金
                                       1,220,046              1,806,861
         利益剰余金
                                          △ 49             △ 49
         自己株式
                                       2,873,189              3,585,504
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         2,721                -
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 14,896             △ 32,918
         為替換算調整勘定
                                        △ 46,480             △ 42,514
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 58,656             △ 75,432
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  23,218              23,218
                                         32,832              18,569
       非支配株主持分
                                       2,870,583              3,551,859
       純資産合計
                                       10,624,586              11,216,248
      負債純資産合計
                                  9/16














                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      売上高                                 11,161,524              12,823,801
                                       7,291,164              8,152,341
      売上原価
                                       3,870,360              4,671,459
      売上総利益
                                       2,928,619              3,248,568
      販売費及び一般管理費
                                        941,740             1,422,891
      営業利益
      営業外収益
                                         8,766              7,505
       保険解約返戻金
                                         16,551              11,418
       その他
                                         25,317              18,923
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         18,613              14,995
       支払利息
                                           130             20,130
       支払手数料
                                         8,695              8,633
       持分法による投資損失
                                         1,079              2,910
       その他
                                         28,519              46,669
       営業外費用合計
                                        938,539             1,395,145
      経常利益
      特別利益
                                            -            4,304
       固定資産売却益
                                            -            4,073
       投資有価証券売却益
                                         1,047                -
       その他
                                         1,047              8,378
       特別利益合計
      特別損失
                                         5,772               113
       固定資産除却損
                                         34,806                704
       その他
                                         40,579                817
       特別損失合計
                                        899,007             1,402,706
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   239,284              464,070
                                        137,971               86,717
      法人税等調整額
                                        377,256              550,787
      法人税等合計
                                        521,751              851,918
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 12,551             △ 15,315
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                   534,302              867,234
                                 10/16








                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                        521,751              851,918
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           880            △ 2,721
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 3,713             △ 16,818
       為替換算調整勘定
                                         2,884              3,966
       退職給付に係る調整額
                                        △ 1,593              △ 149
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 1,540             △ 15,723
       その他の包括利益合計
                                        520,210              836,194
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        531,890              850,457
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        △ 11,679             △ 14,263
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/16















                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         第1四半期連結会計期間において、エレベーターメディア株式会社を新たに設立したため、連結の範囲に含めて
        おります。
        (会計方針の変更)

         (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い等の適用)
          「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号
         平成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)等を2018年4月1日以後適用し、従業員等に対して
         権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引については、「ストック・オプション等に関する会計基準」
         (企業会計基準第8号 平成17年12月27日)等に準拠した会計処理を行うことといたしました。
          ただし、実務対応報告第36号の適用については、実務対応報告第36号第10項(3)に定める経過的な取扱いに
         従っており、実務対応報告第36号の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与し
         た取引については、従来採用していた会計処理を継続しております。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
         債の区分に表示しております。
                                 12/16














                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                              至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
     減価償却費                               297,559千円                  394,938千円
        (株主資本等関係)

          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
          配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
       (決議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      当額(円)
     2017年6月29日
                        80,120          8
               普通株式                     2017年3月31日         2017年6月30日         利益剰余金
     定時株主総会
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

          配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
       (決議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      当額(円)
     2018年6月26日
                       280,419          14
               普通株式                     2018年3月31日         2018年6月27日         利益剰余金
     定時株主総会
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
           当社グループは、メンテナンス事業のみの単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                 13/16












                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
        のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                 13円34銭               21円61銭

      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する
                                       534,302               867,234
       四半期純利益(千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       534,302               867,234
       四半期純利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                              40,059,992               40,130,396
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                 13円10銭               20円58銭

      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する
                                          -               -
       四半期純利益調整額(千円)
       普通株式増加数(株)                                718,642              2,016,477
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                     -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
     の概要
      (注)   当社は、2017年10月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を、また、2018年10月1日付で普通株式1株に
         つき2株の株式分割を行っております。そのため、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、
         1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益を算定しております。
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 14/16









                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                       ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社(E33034)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                     2019年2月8日

     ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社

      取締役会 御中

                              EY新日本有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               善方 正義   印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員
                                        公認会計士
                                               三木 練太郎  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているジャパンエレ

     ベーターサービスホールディングス株式会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結
     会計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日
     まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算
     書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、                        ジャパンエレベーターサービスホールディングス株式会社                           及び連結子
     会社の2018年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示してい
     ないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     その他の事項

      会社の2018年3月31日をもって終了した前連結会計年度の第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間に係る
     四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監査が
     実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して2018年2月7日付けで無限定の結論を表明しており、
     また、当該連結財務諸表に対して2018年6月26日付けで無限定適正意見を表明している。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。