エコモット株式会社 四半期報告書 第13期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第13期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:エコモット株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    北海道財務局長
      【提出日】                    2019年2月12日
      【四半期会計期間】                    第13期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    エコモット株式会社
      【英訳名】                    Ecomott    Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役  入澤 拓也
      【本店の所在の場所】                    札幌市中央区北一条東二丁目5番2号
      【電話番号】                    011-558-6600(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長  工藤 貴史
      【最寄りの連絡場所】                    札幌市中央区北一条東二丁目5番2号
      【電話番号】                    011-558-6600(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長  工藤 貴史
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         証券会員制法人札幌証券取引所
                         (札幌市中央区南一条西五丁目14番地の1)
                                  1/19












                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第12期           第13期
               回次                                       第12期
                           第3四半期累計期間           第3四半期累計期間
                            自2017年4月1日           自2018年4月1日           自2017年4月1日

              会計期間
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日           至2018年3月31日
                      (千円)           1,018,769           1,131,928           1,625,664
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           △ 11,060          △ 30,615           115,722
     四半期純損失(△)又は当期純利
                      (千円)           △ 12,990          △ 23,947           79,061
     益
                      (千円)               -           -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)            101,228           295,976           105,668
     資本金
                      (株)          1,325,600           4,530,800           1,384,800
     発行済株式総数
                      (千円)            335,995           793,515           436,929
     純資産額
                      (千円)           1,171,897           1,512,892           1,275,721
     総資産額
     1株当たり四半期純損失(△)又
                      (円)            △ 3.37          △ 5.42           20.19
     は1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -          18.19
     (当期)純利益
                      (円)              -           -           -
     1株当たり配当額
                      (%)             28.7           52.5           34.3
     自己資本比率
                               第12期           第13期

               回次
                           第3四半期会計期間           第3四半期会計期間
                            自2017年10月1日           自2018年10月1日

              会計期間
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日
                      (円)             6.26           6.56
     1株当たり四半期純利益
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい
           ては記載しておりません。
         2.  売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、当社は関連会社を有していないため記載しておりません。
         4.第12期第3四半期累計期間及び第13期第3四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益につい
           ては、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
         5.1株当たり配当額については、配当実績がないため記載しておりません。
         6.  2017年10月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を、2018年4月1日付で普通株式1株につき3株の
           株式分割を行っておりますが、第12期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純損
           失、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、主要な関係会
       社における異動もありません。
                                  2/19




                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した
       事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)経営成績の状況

         当社の属する情報サービス産業では、ビッグデータの活用、AIやIoTの発展等、業界を取り巻く環境は引き続き
        変化を続けております。経済産業省は2017年に「新産業構造ビジョン」を公表し、あらゆる構造的課題を解決し、
        より豊かな社会を実現するための鍵として「第4次産業革命技術(IoT、ビッグデータ、人工知能、ロボット)の
        社会実装」を掲げており、これらの分野に官民一体で取り組む姿勢を強調しております。
         なかでも当社が注力する国内IoT市場は、2022年まで14.9%の年間平均成長率で成長し、2022年には12兆4,634億
        円に達すると予測されています(IDC                  Japan株式会社「国内IoT市場              産業分野別/ユースケース別予測、2018年~
        2022年」)。
         このような環境のもと、当社はインテグレーションソリューションを中核事業として育成するプランを掲げてお

        り、法人向けIoTビジネスのスケール化を目指し、2019年1月15日にKDDI株式会社(以下、「KDDI」とい
        います)と資本提携契約及び業務提携契約を締結いたしました。「KDDI                                    IoTクラウド      Standard」及び
        「FASTIO」の拡販を共通の目的としたこれまでの協力関係を、発展的に当社全社レベルでの提携関係に引き上げ、
        KDDIのネットワークを活用しながら、多様なIoTインテグレーションを提供するとともに、今後インフラの整
        備が急速に進むと見込まれるLPWA・第5世代移動通信システム(5G)といった新たな通信規格や、AI・VRといっ
        た関連テクノロジーを積極的に活用し、事業を展開してまいります。
         なお、当該提携に伴い、KDDIに対し、2019年1月31日に第三者割当による新株式発行を行っておりますが、
        当第3四半期会計期間末における財産状態には影響ありません。当該株式発行に関しましては、第4 経理の状況
        (重要な後発事象)に詳述しております。
         インテグレーションソリューションにおいては、KDDI等のパートナー企業を通じた営業活動が進展し、顧客

        基盤が拡大いたしました。
         コンストラクションソリューションにおいては、土木関連市場の情報化施工案件の獲得が好調に推移し、「現場
        ロイド」の販売が増加したほか、自然災害における二次災害防止に向けたIoTによる対応といったニーズの高まり
        を受け、売上高が増加しております。
         また、モニタリングソリューション、GPSソリューションにおいてもパッケージサービスの導入件数が増加し、
        累計契約数が拡大しております。
         以上の結果、当第3四半期累計期間の業績は、売上高1,131,928千円(前年同四半期比11.1%増)、営業損失
        24,793千円(前年同四半期は営業利益416千円)、経常損失30,615千円(前年同四半期は経常損失11,060千円)、
        四半期純損失23,947千円(前年同四半期は四半期純損失12,990千円)となりました。                                       なお、当社は提供するサービ
        スの性質上、下半期に役務提供が集中することから、上半期の売上高と下半期の売上高との間に著しい相違があり
        ます。季節的変動については以下のとおりであります。
      ソリューション                           季節的変動の説明

     インテグレーション          システムの受託開発は、システム投資動向に左右され、多くの顧客が決算直前期の納品を希望す
     ソリューション          ることから、第4四半期会計期間がソリューション提供及び売上高計上のピークとなります。
     コンストラクション          「現場ロイド」は、公共工事現場に対するサービス提供が中心であり、需要状況が工事現場数に
     ソリューション          相関することから、9月から11月がサービス提供及び売上高計上のピークとなります。
     モニタリング          「ゆりもっと」のロードヒーティング遠隔監視代行業務に係る売上が収益の柱であることから、
     ソリューション          積雪期である12月から3月がサービス提供及び売上高計上のピークとなります。
         当社は、報告セグメントがIoTインテグレーション事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の記

        載を省略しております。以下の説明においては、インテグレーションソリューションの他、同ソリューションから
        派生したソリューションであるコンストラクションソリューション、モニタリングソリューション、GPSソリュー
        ションに区分して表記しております。
        (インテグレーションソリューション)

                                  3/19


                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
         IoTプラットフォーム「FASTIO」を利用したソリューション提供によるイニシャル売上及び通信利用料やアプリ
        ケーション利用料等から構成されるストック売上の積み増しが寄与し、売上高は153,940千円(前年同四半期比
        80.7%   増)となりました。
        (コンストラクションソリューション)

         主なパッケージ製品である「現場ロイド」は、国土交通省が推進する情報化施工、i-Constructionに準じた高速
        道路工事等における安全対策、頻発する自然災害等への防災対策や二次災害防止に向けたIoTによる対応といった
        ニーズの高まりを受け、売上高は505,921千円(前年同四半期比6.1%増)となりました。
        (モニタリング       ソリューション)

         主なパッケージサービスである「ゆりもっと」は、4月1日から11月30日までの8カ月間は遠隔監視サービス提
        供期間外に該当します。当第3四半期累計期間においては端末提供料等のイニシャル売上と1カ月分の遠隔監視
        サービス提供料が売上の中心となります。モニター物件の本導入等が進み、昨年度から引き続き累積契約物件数を
        伸ばしております。その結果、売上高は89,044千円(前年同四半期比8.2%増)となりました。
        ( GPS  ソリュー    ション)

         2017年頃より、交通事故のリスクを軽減するため、法人車両へのドライブレコーダー等のテレマティクス端末を
        導入する企業が増加しております。このような事業環境の下、当事業年度において主なパッケージ製品である
        「Pdrive」は、OEM提供先の新規導入が堅調に進み、売上高は383,022千円(前年同四半期比2.3%増)となりまし
        た。
       (2)財政状態の分析

        (流動資産)
         当第3四半期会計期間末における流動資産は、前事業年度末より189,422千円増加し、                                         1,298,446     千円となりまし
        た。これは主に、現金及び預金の増加143,325千円、受取手形及び売掛金の減少210,045千円、商品及び製品の増加
        55,050千円、原材料及び貯蔵品の増加38,089千円、前渡金の増加154,256千円によるものであります。
        (固定資産)

         当第3四半期会計期間末における固定資産は、前事業年度末より47,748千円増加し、                                        214,446    千円となりまし
        た。これは主に、有形固定資産の増加19,947千円、投資その他の資産の増加24,807千円によるものであります。
        (流動負債)

         当第3四半期会計期間末における流動負債は、前事業年度末より                               52,599   千円減少し、      347,342    千円となりまし
        た。これは主に、買掛金の減少50,392千円、前受金等のその他負債の増加83,314千円、1年内償還予定の社債の減
        少50,000千円、未払法人税等の減少28,760千円によるものであります。
        (固定負債)

         当第3四半期会計期間末における固定負債は、前事業年度末より                               66,815   千円減少し、      372,034    千円となりまし
        た。これは主に、長期借入金の減少66,919千円によるものであります。
        (純資産)

         当第3四半期会計期間末における純資産は、前事業年度末より                              356,585    千円増加し、793,515千円となりました。
        これは主に、資本金の増加190,307千円、資本剰余金の増加190,307千円、四半期純損失23,947千円の計上による利
        益剰余金の減少によるものであります。
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動

         当第3四半期累計期間における研究開発活動の金額は                          4,322   千円であります。
         なお、当第3四半期累計期間において、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/19



                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        当第3四半期会計期間に            おいて、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
        なお、当社は、2019年1月15日開催の取締役会において、KDDI株式会社との間で業務・資本提携契約を締結す
       ること、及び当社による同社に対する第三者割当による新株式発行を決議し、同日付で同社との間で業務・資本提携
       契約を締結、2019年1月31日に払込が完了しております。
        詳細は、「第4 経理の状況 1.四半期財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」をご参照ください
                                  5/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                       14,640,000
                 普通株式
                                                       14,640,000
                  計
        ②【発行済株式】

            第3四半期会計期間末現
                                    上場金融商品取引所名又
                        提出日現在発行数(株)
            在発行数(株)
       種類                             は登録認可金融商品取引                 内容
                         (2019年2月12日)
             (2018年12月31日)                        業協会名
                                                 完全議決権株式であり、
                                      東京証券取引所
                                                 権利内容に何ら限定のな
                                       (マザーズ)
                                                 い当社における標準とな
                  4,530,800            5,030,800
      普通株式
                                      札幌証券取引所          る株式であります。な
                                     (アンビシャス市場)            お、単元株式数は100株
                                                 であります。
       計           4,530,800            5,030,800           -            -
      (注)1.2019年1月31日を払込期日として第三者割当を行い、発行済み株式数が500,000株増加しております。
         2.  「提出日現在発行数」欄には、2019年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
           発行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
                                  6/19











                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
        ②【その他の新株予約権等の状況】
          該当事項はありません。
                                  7/19




















                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                 資本金増減額        資本金残高
                   総数増減数       総数残高                     増減額(千       残高(千
          年月日
                                  (千円)       (千円)
                    (株)      (株)                     円)       円)
     2018年10月1日~
                        -   4,530,800           -    295,976          -    285,976
     2018年12月31日
        (注)     2019年1月15日開催の取締役会において新株式の発行を決議し、2019年1月31日に払込が完了しており、発
           行済株式総数は500,000株増加し5,030,800株となっており、資本金及び資本準備金がそれぞれ315,750千円
           増加し、資本金残高は611,726千円、資本準備金残高は601,726千円となっております。
                                  8/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (6)【議決権の状況】

          当第3四半期会計期間末現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、                                                  記載
         することができないことから             、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】
                                                   2018年12月31日現在
                        株式数(株)         議決権の数(個)

             区分                                      内容
                           -          -              -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                      -          -              -
     議決権制限株式(その他)                      -          -              -

     完全議決権株式(自己株式等)                      -          -              -

                                           権利内容に何ら限定のない当社にお
                           普通株式 
     完全議決権株式(その他)                                  45,299
                                           ける標準となる株式であり、単元株
                           4,529,900
                                           式数は100株であります。
                        普通株式    
                                     -              -
     単元未満株式
                               900
                                     -              -
     発行済株式総数                      4,530,800
                           -                        -
     総株主の議決権                                  45,299
      (注)当第3四半期会計期間末現在の自己株式数は71株となっております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年12月31日現在
                                                     発行済株式総
                              自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        数に対する所
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              株式数(株)        株式数(株)        合計(株)       有株式数の割
                                                      合(%)
           -            -          -        -        -        -

           計            -          -        -        -        -

     (注)   当第3四半期会計期間における単元未満株式の買取請求に伴い、当第3四半期会計期間末現在の自己株式数は71株

       となっております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  9/19






                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1 四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2018年10月1日から2018年12
       月31日まで)及び第3四半期累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期財務諸表について、
       EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は、2018年7月1日をもって名称を変更し、EY新日本有限責任監査法人となりまし
       た。
      3 四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                 10/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        248,561              391,887
         現金及び預金
                                       ※2 608,548             ※2 398,503
         受取手形及び売掛金
                                        134,826              189,877
         商品及び製品
                                         1,581              3,660
         仕掛品
                                         86,708              124,797
         原材料及び貯蔵品
                                           282            154,539
         前渡金
                                         13,896               3,513
         未収入金
                                         14,724              31,736
         その他
                                         △ 108              △ 70
         貸倒引当金
                                       1,109,023              1,298,446
         流動資産合計
       固定資産
                                         85,413              105,361
         有形固定資産
                                         49,368              52,361
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                         32,415              56,726
          その他
                                         △ 499              △ 3
          貸倒引当金
                                         31,916              56,723
          投資その他の資産合計
                                        166,698              214,446
         固定資産合計
                                       1,275,721              1,512,892
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        122,321               71,929
         買掛金
                                         50,000                -
         1年内償還予定の社債
                                         90,120              89,450
         1年内返済予定の長期借入金
                                         29,454                693
         未払法人税等
                                         18,396              12,306
         賞与引当金
                                         89,647              172,962
         その他
                                        399,941              347,342
         流動負債合計
       固定負債
                                        150,000              150,000
         社債
                                        287,949              221,030
         長期借入金
                                           -              284
         退職給付引当金
                                           900              720
         その他
         固定負債合計                                438,849              372,034
       負債合計                                 838,791              719,377
                                 11/19







                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                        105,668              295,976
         資本金
                                         95,668              285,976
         資本剰余金
                                        235,565              211,618
         利益剰余金
                                           -             △ 82
         自己株式
                                        436,903              793,488
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                           26              26
         その他有価証券評価差額金
                                           26              26
         評価・換算差額等合計
                                        436,929              793,515
       純資産合計
                                       1,275,721              1,512,892
      負債純資産合計
                                 12/19















                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                       ※ 1,018,769              ※ 1,131,928
      売上高
                                        688,258              721,625
      売上原価
      売上総利益                                   330,511              410,303
                                        330,094              435,096
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                     416            △ 24,793
      営業外収益
                                            1              1
       受取利息
                                            2              ▶
       受取配当金
                                           -              533
       貸倒引当金戻入額
                                           907             1,905
       違約金収入
                                           -             6,178
       補助金収入
       祝金受取額                                  1,250                -
                                           490              587
       その他
                                         2,652              9,211
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         1,931              2,191
       支払利息
                                         11,635              11,732
       株式公開費用
                                           561             1,109
       その他
                                         14,128              15,032
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 11,060             △ 30,615
      特別損失
                                           341              267
       固定資産除却損
                                           341              267
       特別損失合計
      税引前四半期純損失(△)                                  △ 11,401             △ 30,882
      法人税、住民税及び事業税                                    1,621              1,621
                                          △ 32            △ 8,556
      法人税等調整額
                                         1,588             △ 6,935
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 12,990             △ 23,947
                                 13/19










                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期会
          計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
        (四半期貸借対照表関係)

         1 受取手形裏書譲渡高
                                前事業年度               当第3四半期会計期間
                              (2018年3月31日)                  (2018年12月31日)
     受取手形裏書譲渡高                                1,969   千円               3,637   千円
        ※2 四半期会計期間末日満期手形

           四半期会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
           なお、当第3四半期会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期会計期間末日満期手形が四半
           期会計期間末日残高に含まれております。
                                前事業年度               当第3四半期会計期間
                              (2018年3月31日)                  (2018年12月31日)
     受取手形                                2,786千円                  1,821千円
        (四半期損益計算書関係)

          ※ 売上高の季節的変動
            当社の売上高は、通常の営業形態として、第4四半期会計期間に比較的集中するため、第1四半期会計期
           間から第3四半期会計期間における売上高に比べ第4四半期会計期間の売上高が著しく増加する傾向にあり
           ます。
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期
        間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             前第3四半期累計期間                  当第3四半期累計期間
                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                              至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
     減価償却費                                35,159千円                  47,053千円
                                 14/19









                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
        Ⅰ 前第3四半期累計期間(自2017年4月1日 至2017年12月31日)
         1.配当金支払額
           該当事項はありません。
         2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後と

          なるもの
           該当事項はありません。
         3.株主資本の金額の著しい変動

           当社は、2017年6月21日付で証券会員制法人札幌証券取引所アンビシャスに上場いたしました。当社は上場
          にあたり、2017年6月20日付にて公募増資による払込みを受け、資本金及び資本剰余金がそれぞれ15,069千円
          増加しております。また、2017年7月14日付でオーバーアロットメントによる売出しに関連して、岡三証券株
          式会社から第三者割当増資の払込みを受け、資本金及び資本剰余金がそれぞれ30,139千円増加しております。
          さらに、ストックオプションの行使が行われ、資本金及び資本剰余金がそれぞれ2,520千円増加しておりま
          す。
           これらの結果、当第3四半期会計期間末において資本金が101,228千円、資本剰余金が91,228千円となって
          おります。
        Ⅱ 当第3四半期累計期間(自2018年4月1日 至2018年12月31日)

         1.配当金支払額
           該当事項はありません。
         2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後と

          なるもの
           該当事項はありません。
         3.株主資本の金額の著しい変動

           当社は、2018年6月22日付で株式会社東京証券取引所マザーズ市場に上場いたしました。当社は上場にあた
          り、2018年6月21日に公募増資による払込みを受け、資本金及び資本剰余金がそれぞれ189,647千円増加して
          おります。また、新株予約権の行使により、資本金及び資本剰余金がそれぞれ660千円増加しております。
           これらの結果、当第3四半期会計期間末において資本金が295,976千円、資本剰余金が285,976千円となって
          おります。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          当社は、IoTインテグレーション事業の単一セグメントであり、記載を省略しております。
                                 15/19








                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     1株当たり四半期純損失(△)

                                        △3円37銭               △5円42銭
     (算定上の基礎)
      四半期純損失(△)(千円)

                                        △12,990               △23,947
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -
      普通株式に係る四半期純損失(△)(千円)

                                        △12,990               △23,947
      普通株式の期中平均株式数(株)
                                        3,856,390               4,415,98    ▶
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                     -               -
     式で、前事業年度末から重要な変動があったものの
     概要
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損失
           であるため、記載しておりません。
         2.2017年10月1日付で普通株式1株につき2株、2018年4月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分
           割を行っております。前事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純損失を算
           定しております。
                                 16/19













                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
         (第三者割当による新株式の発行)
          当社は、2019年1月15日開催の取締役会において、次の通り第三者割当による新株式の発行について決議し、
         2019年1月31日に払込が完了しております。
           (1)  発行する株式の種類及び数               普通株式 500,000株
           (2)発行価額                 1株につき1,263円
           (3)発行価額の総額                 631,500,000円
           (4)資本組入額                 1株につき631.5円
           (5)資本組入額の総額                 315,750,000円
           (6)払込期日                 2019年1月31日
           (7)募集又は割当方法                 第三者割当
           (8)割当先及び       割当株式数         KDDI株式会社 500,000株
           (9)資金の使途                 当社は、2019年1月15日にKDDI株式会社との間で資本提携契約
                            及び業務提携契約を締結しております。当該提携の実施に当たり、
                            専任チーム編成のために新規に採用する人材の採用費及び当該専任
                            チームの2019年度から2023年度までの人件費として手取金から
                            300,000,000円を充当し、残額をセンサー端末ラインナップ拡充に
                            向けた製品製造費用(材料費、外注費等)として充当する予定で
                            す。当該製品製造費用の支出予定時期は2019年度から2023年度頃を
                            予定しております。なお、手取金の残額が製品製造費用に不足した
                            場合は、自己資金等により賄うことを考えております。また、実際
                            に支出するまでの手取金につきましては、具体的な充当時期まで
                            は、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 17/19











                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 18/19




















                                                           EDINET提出書類
                                                      エコモット株式会社(E33237)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     エコモット株式会社
      取締役会 御中
                              EY新日本有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                齊藤 揮誉浩  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                林  達郎   印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているエコモット株式

     会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの第13期事業年度の第3四半期会計期間(2018年10月1日から2018年12月
     31日まで)及び第3四半期累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半
     期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、エコモット株式会社の2018年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了す
     る第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかっ
     た。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は、2019年1月15日開催の取締役会において第三者割当による新株式の
     発行を決議し、2019年1月31日に払込が完了している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。