飯田グループホールディングス株式会社 四半期報告書 第6期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第6期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:飯田グループホールディングス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年2月12日
      【四半期会計期間】                    第6期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    飯田グループホールディングス株式会社
      【英訳名】                    Iida   Group   Holdings     Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  西河 洋一
      【本店の所在の場所】                    東京都西東京市北原町三丁目2番22号
                         (同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄りの連絡場所」で行って
                         おります。)
      【電話番号】                    該当事項はありません。
      【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目6番1号 新宿住友ビル46階
      【電話番号】                    03-5989-0923(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営企画部長  小山 人士
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/34












                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第5期           第6期
               回次               第3四半期           第3四半期            第5期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 2017年4月1日           自 2018年4月1日           自 2017年4月1日

              会計期間
                           至 2017年12月31日           至 2018年12月31日           至 2018年3月31日
                                  945,610           947,600          1,335,386
     売上収益
                     (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 312,303    )       ( 319,231    )
     税引前四半期利益又は
                     (百万円)             75,747           69,969           100,316
     税引前利益
     親会社の所有者に帰属する
                                  51,381           48,002           69,542
     四半期(当期)利益               (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 16,067   )        ( 16,088   )
     親会社の所有者に帰属する
                     (百万円)             51,772           48,475           71,693
     四半期(当期)包括利益
                     (百万円)             689,100           741,654           709,427
     親会社の所有者に帰属する持分
                     (百万円)            1,223,414           1,284,177           1,280,540
     資産合計
     基本的1株当たり四半期
     (当期)利益(親会社の所有者                             178.17           166.46           241.15
                      (円)
     に帰属)
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 55.71   )        ( 55.79   )
     希薄化後1株当たり四半期
     (当期)利益(親会社の所有者                (円)              -           -           -
     に帰属)
                      (%)             56.3           57.8           55.4
     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動による
                     (百万円)            △ 50,140          △ 26,953           17,599
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (百万円)            △ 16,571          △ 13,603          △ 20,570
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (百万円)             16,211          △ 35,769           30,992
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             210,248           212,442           288,768
     (期末)残高
      (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.百万円未満を切り捨てて記載しております。
         4.希薄化後1株当たり四半期(当期)利益(親会社の所有者に帰属)については、希薄化効果を有する潜在株
           式が存在しないため記載しておりません。
         5.上記指標は、国際会計基準(以下「IFRS」)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基
           づいております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
        なお、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4                                             経理の状況1       要
       約四半期連結財務諸表           要約四半期連結財務諸表注記              5.セグメント情報」に記載のとおりであります。
                                  2/34



                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)経営成績の状況
         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、雇用・所得環境の着実な改善、個人消費の持ち直しなどを背
        景に、緩やかな回復基調が続く一方で、通商問題など取り巻く環境の不透明感が強くなる状況で推移しました。
         当不動産業界におきましては、引き続き低金利の住宅ローン等により住宅需要の下支えが期待されるものの、他
        社との競争激化に加え、異常気象や相次ぐ自然災害等を背景とする一時的なセンチメントの停滞等、当社グループ
        を取り巻く環境は依然として厳しい状況が続いております。
         このような状況のもと、当社グループは、第2次中期経営計画(2017年度~2019年度)の2年目として、「総合
        不動産住宅メーカーとして成長する」という経営ビジョンのもと、「コア事業の競争力強化」と「事業ポートフォ
        リオの拡大」を基本戦略に掲げ、引き続き用地仕入の厳選、事業サイクルの短縮、原価管理の徹底、適正な在庫管
        理等により事業効率と収益性の向上に努めてまいりました。
         その結果、当第3四半期連結累計期間の売上収益は9,476億円(前年同期比0.2%増)、営業利益は720億95百万
        円(前年同期比7.7%減)、税引前四半期利益は699億69百万円(前年同期比7.6%減)、親会社の所有者に帰属す
        る四半期利益は480億2百万円(前年同期比6.6%減)となりました。
         セグメント別の業績は、以下のとおりであります。

                                        売上収益(百万円)           前年同期比(%)
              セグメントの名称                     件数
     一建設グループ
                                     8,728         222,646            4.7
              (区分)戸建分譲事業
                                      388         21,987           △1.0
                  マンション分譲事業
                                     1,816          33,264            5.4
                  請負工事事業
                                      -         4,633          130.2
                  その他
                                    10,932          282,531            5.3
                 小計
     飯田産業グループ(注)6
                                     5,121         165,726           △4.4
              (区分)戸建分譲事業
                                      67         2,524          △15.3
                  マンション分譲事業
                                      73          901         △20.0
                  請負工事事業
                                      -         4,710          △2.3
                  その他
                                     5,261         173,862           △4.6
                 小計
     東栄住宅グループ
                                     3,148         104,998           △2.4
              (区分)戸建分譲事業
                  マンション分譲事業                     -          -          -
                                      108         4,290          △7.4
                  請負工事事業
                                      -          638          1.6
                  その他
                                     3,256         109,927           △2.6
                 小計
     タクトホームグループ
                                     3,474          99,673            9.9
              (区分)戸建分譲事業
                                      10          207           -
                  マンション分譲事業
                                      33          665         △42.2
                  請負工事事業
                                      -         5,544           73.9
                  その他
                                     3,517         106,091            11.7
                 小計
                                  3/34




                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
                                        売上収益(百万円)           前年同期比(%)
              セグメントの名称                     件数
     アーネストワン
                                     8,098         183,788            0.6
              (区分)戸建分譲事業
                                      346         14,097          △25.6
                  マンション分譲事業
                                      155         2,342           1.1
                  請負工事事業
                                      -          209          2.0
                  その他
                                     8,599         200,438           △1.8
                 小計
     アイディホームグループ
                                     2,804          69,507          △14.4
              (区分)戸建分譲事業
                                      -          -          -
                  マンション分譲事業
                                      37          743         192.4
                  請負工事事業
                                      -          363          11.1
                  その他
                                     2,841          70,614          △13.6
                 小計
     その他(注)6、7
              (区分)戸建分譲事業                         19          647           -
                  マンション分譲事業                     7         193           -
                  その他                     -         3,294          170.9
                                      26         4,135          240.1
                 小計
                                    31,392          846,989           △0.1
             (区分計)戸建分譲事業
                                      818         39,009          △11.6
                  マンション分譲事業
                                     2,222          42,208            2.9
                  請負工事事業
                                      -        19,393           56.4
                  その他
                                    34,432          947,600            0.2
                 総合計
      (注)1.セグメント間の取引については、相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.戸建分譲事業には、戸建住宅のほか、宅地等が含まれます。マンション分譲事業には、分譲マンションのほ
           か、マンション用地等が含まれます。請負工事事業には、注文住宅のほか、リフォームやオプション工事等
           が含まれます。
         4.当社グループは、「第4              経理の状況      1  要約四半期連結財務諸表            要約四半期連結財務諸表注記              5.セグ
           メント情報」に記載のとおり、IFRS第15号を第1四半期連結会計期間より適用しております。
            なお、当基準の適用にあたっては、経過措置として認められている累積的影響を適用開始日に認識する方
           法を採用しているため、前第3四半期連結累計期間にはIFRS第15号を遡及適用しておりません。
         5.請負工事事業等の売上収益は、一定期間にわたり履行義務が充足されることに伴って認識される収益です
           が、件数はいずれの区分も資産の引渡し件数を記載しております。
         6.第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4                                             経理の状況      1
           要約四半期連結財務諸表            要約四半期連結財務諸表注記              5.セグメント情報」に記載のとおりであります
           が、この変更による影響は軽微であるため、前第3四半期連結累計期間においては従来の区分としたうえで
           前年同期比を算定しております。
         7.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ファーストウッド㈱等の木材製
           造事業、飯田ホームトレードセンター㈱及び当社の事業に係るものであります。
       (2)財政状態の分析

         当第3四半期連結会計期間末の資産合計は1兆2,841億77百万円となり、前連結会計年度末比で36億36百万円の
        増加となりました。これは主に、現金及び預金の減少777億82百万円、棚卸資産の増加732億円、未収還付法人所得
        税の減少114億円及び有形固定資産の増加163億円等によるものであります。
         当第  3 四半期連結会計期間末の負債合計は5,424億99百万円となり、前連結会計年度末比で286億12百万円の減少
        となりました。これは主に、社債及び借入金の減少124億84百万円、未払法人所得税等の減少72億43百万円及びそ
        の他の金融負債の減少58億23百万円等によるものであります。
         当第  3 四半期連結会計期間末の資本合計は7,416億77百万円となり、前連結会計年度末比で322億49百万円の増加
        となりました。これは主に、剰余金の配当175億91百万円に対し、四半期利益480億5百万円を計上したこと等によ
        るものであります。
                                  4/34



                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
       (3)キャッシュ・フローの状況
         当第3四半期連結会計期間末の現金及び現金同等物(以下「資金」という)の残高は2,124億42百万円となり、
        前連結会計年度末比で763億25百万円の減少となりました。
         当第3四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は以下のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果使用した資金は269億53百万円(前年同期は501億40百万円の使用)となりました。
         これは主に、税引前四半期利益699億69百万円、棚卸資産の増加額748億20百万円、法人所得税の支払額367億30
        百万円及び法人所得税の還付額113億60百万円があったことによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は136億3百万円(前年同期は165億71百万円の使用)となりました。
         これは主に、定期預金の預入による支出98億33百万円、定期預金の払戻による収入112億90百万円及び有形固定
        資産の取得による支出150億2百万円があったことによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は357億69百万円(前年同期は162億11百万円の獲得)となりました。
         これは主に、借入金の減少182億62百万円及び配当金の支払額175億73百万円があったことによるものでありま
        す。
       (4)経営方針・経営戦略等

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       ( 5 )事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (6)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間のグループ全体の研究開発費は1億62百万円であります。
         研究開発の主な内容は以下のとおりであり、主に報告セグメントに帰属しない当社において発生した研究開発費
        であります。
        ①IGパーフェクトエコハウスの研究開発
          当社は「水素社会」実現に向け、独自の人工光合成技術により、二酸化炭素と水から水素源となる蟻酸を生
         成・貯蔵し、更にこの蟻酸から生成した水素により発電した電気で家庭の消費電力の全てを賄うことができる住
         宅「IGパーフェクトエコハウス」の研究開発を行っています。
          2020年の技術確立、2025年の装置供給を目指し、公立大学法人大阪市立大学との共同研究を推進、現在、蟻酸
         生成効率の向上や、装置の耐久性向上等に取り組んでいます。
        ②独自工法の開発と活用
         (ⅰ)   日本とは異なる高温多湿な地域での住宅建築向けに、独自形状のコンクリートブロックを採用した「IGス
           トロングCB工法」を昨年度に開発し、インドネシアにて活用を開始しました。
            現在、国内での有効活用、住宅建築工法に留まらない活用範囲の拡大を図るべく、継続研究を行っていま
           す。
         (ⅱ)   北米やオセアニアをはじめ、世界の広範囲で普及しているツーバイフォー工法の構造材を活用し、日本の
           在来工法の「軸組方式」「仕口接合」を作り出した「I.D.S-8型工法」に関し、ロシア連邦沿海州地域にお
           いて本工法を採用した戸建住宅の販売・建築を開始しました。
            本工法採用により、現地技術者の技能に依存することなく、高品質・高性能な木造住宅の供給を実現しま
           す。現在は、日本国内での運用合理化などを目的とした工法評定取得等の活動を行っています。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/34




                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
     普通株式                                           1,100,000,000
                  計                              1,100,000,000
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                       又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年2月12日)
                (2018年12月31日)                        取引業協会名
                                         東京証券取引所          単元株式数は100株
                    294,431,639            294,431,639
     普通株式
                                         (市場第一部)          であります。
                    294,431,639            294,431,639
         計                                   -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                              資本準備金       資本準備金
                発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額       資本金残高
        年月日                                       増減額        残高
                増減数(株)         残高(株)        (百万円)       (百万円)
                                              (百万円)       (百万円)
     2018年10月1日~
                      -    294,431,639            -    10,000         -       2,500
     2018年12月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/34








                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】
                                                   2018年12月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -            -            -
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                       (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                       普通株式                 6,049,700
                       普通株式              288,147,300           2,881,473
     完全議決権株式(その他)                                                -
                       普通株式                    234,639
     単元未満株式                                    -            -
                               294,431,639
     発行済株式総数                                    -            -
                                          2,881,473
     総株主の議決権                        -                        -
      (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が2,900株含まれております。
          また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数29個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年12月31日現在
                                                      発行済株式総

                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                                      合(%)
     (自己保有株式)

     飯田グループホ       ールディン      東京都西東京市北原町

                                  6,049,700           -    6,049,700          2.05
     グス㈱             三丁目2番22号
                                  6,049,700           -    6,049,700          2.05

           計             -
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/34








                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
       閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」(以下、「IAS第34号」という。)に準
       拠して作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る要約四半期連結財
       務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は2018年7月1日付をもって、名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
                                  8/34
















                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度           当第3四半期連結会計期間

                              注記
                                    (2018年3月31日)             (2018年12月31日)
     資産
       流動資産
                              9             298,658             220,875
        現金及び預金
                              9              3,084             4,534
        営業債権及びその他の債権
                                              -            6,189
        契約資産
                                           615,792             688,992
        棚卸資産
                              9             34,339             29,729
        営業貸付金及び営業未収入金
                                           11,401                0
        未収還付法人所得税
                              9              2,746             2,936
        その他の金融資産
                                            9,626             10,630
        その他の流動資産
        流動資産 合計                                   975,648             963,890
       非流動資産

                                           65,954             82,254
        有形固定資産
                                           198,278             198,509
        のれん
                                            1,630             1,531
        無形資産
                              9             31,807             31,678
        その他の金融資産
                                            7,010             6,096
        繰延税金資産
                                             210             216
        その他の非流動資産
                                           304,892             320,287
        非流動資産 合計
                                          1,280,540             1,284,177

       資産 合計
                                  9/34











                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度           当第3四半期連結会計期間

                              注記
                                    (2018年3月31日)             (2018年12月31日)
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                              9             236,974             219,655
        社債及び借入金
                              9             120,159             120,957
        営業債務及びその他の債務
                              9             10,412              4,452
        その他の金融負債
                                           15,832              8,589
        未払法人所得税等
                                              -            5,255
        契約負債
                                           17,928              8,190
        その他の流動負債
                                           401,307             367,099
        流動負債 合計
       非流動負債

                              9             157,353             162,188
        社債及び借入金
                              9               501             638
        その他の金融負債
                                            7,536             8,024
        退職給付に係る負債
        引当金                                    3,707             3,896
                                             484             480
        繰延税金負債
                                             220             170
        その他の非流動負債
        非流動負債 合計                                   169,804             175,400
                                           571,112             542,499

       負債 合計
      資本

                                           10,000             10,000
        資本金
                                           418,913             418,913
        資本剰余金
                                           289,834             323,877
        利益剰余金
                                          △13,200             △13,201
        自己株式
                                            3,880             2,065
        その他の資本の構成要素
        親会社の所有者に帰属する持分合計                                   709,427             741,654
                                              -             23
        非支配持分
                                           709,427             741,677
       資本 合計
                                          1,280,540             1,284,177

      負債及び資本合計
                                 10/34








                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                   (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                              注記
                                    至 2017年12月31日)             至 2018年12月31日)
                              5,6             945,610             947,600
     売上収益
                                          △788,839             △794,229
     売上原価
     売上総利益                                      156,771             153,370
                                          △79,241             △81,898
     販売費及び一般管理費
                                            1,015             1,030
     その他の営業収益
                                            △404             △406
     その他の営業費用
     営業利益                                      78,141             72,095
                                             156             353
     金融収益
                                           △2,549             △2,480
     金融費用
     税引前四半期利益                                      75,747             69,969
                                          △24,277             △21,964
     法人所得税費用
                                           51,470             48,005
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                           51,381             48,002
      親会社の所有者
                                              88              2
      非支配持分
                                           51,470             48,005
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                        8             178.17             166.46
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                       -             -
                                 11/34











                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
         【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結会計期間             当第3四半期連結会計期間

                                   (自 2017年10月1日             (自 2018年10月1日
                              注記
                                    至 2017年12月31日)             至 2018年12月31日)
                              5             312,303             319,231
     売上収益
                                          △261,033             △267,443
     売上原価
     売上総利益                                      51,269             51,788
                                          △26,981             △27,623
     販売費及び一般管理費
                                             337             274
     その他の営業収益
                                            △29             △156
     その他の営業費用
     営業利益                                      24,596             24,283
                                              9             98
     金融収益
                                           △1,043              △980
     金融費用
     税引前四半期利益                                      23,562             23,400
                                           △7,467             △7,306
     法人所得税費用
                                           16,094             16,094
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                           16,067             16,088
      親会社の所有者
                                              27              5
      非支配持分
                                           16,094             16,094
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                        8              55.71             55.79
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                       -             -
                                 12/34











                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                              注記
                                   至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
                                           51,470              48,005
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                             -
                                                          472
       する金融資産
       純損益に振り替えられることのない項目
                                             -
                                                          472
       合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                            387              -
       売却可能金融資産の公正価値の純変動
                                              3              0
       キャッシュ・フロー・ヘッジ
       純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                            390               0
       合計
                                            390              473
     税引後その他の包括利益
                                           51,861              48,478
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                           51,772              48,475
      親会社の所有者
                                             88              2
      非支配持分
                                           51,861              48,478
      四半期包括利益
         【第3四半期連結会計期間】

                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間

                                  (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                              注記
                                   至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
                                           16,094              16,094
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
                                                          △55
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                             -
       する金融資産
       純損益に振り替えられることのない項目
                                             -             △55
       合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                            325              -
       売却可能金融資産の公正価値の純変動
                                             -              -
       キャッシュ・フロー・ヘッジ
       純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                            325              -
       合計
                                            325             △55
     税引後その他の包括利益
                                           16,420              16,038
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                           16,392              16,032
      親会社の所有者
                                             27              5
      非支配持分
                                           16,420              16,038
      四半期包括利益
                                 13/34


                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分

                                                その他の資本の構成要素

                                                       売却可能

                  注記    資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式
                                                確定給付制度       金融資産の
                                                 の再測定       公正価値
                                                       の純変動
     2017年4月1日残高                  10,000      418,503       237,476      △13,198         △3      1,736
                         -       -     51,381         -       -       -
      四半期利益
                         -       -       -       -       -      387
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計                    -       -     51,381         -       -      387
                   7      -       -    △17,591          -       -       -
      配当金
                         -       -       -      △1       -       -
      自己株式の変動
      支配継続子会社に対す
                         -      410       -       -       -       -
      る持分変動
                         -      410    △17,591         △1       -       -
     所有者との取引額等合計
                       10,000      418,913       271,266      △13,200         △3      2,124
     2017年12月31日残高
                                              (単位:百万円)

                       親会社の所有者に帰属する持分

                      その他の資本の構成要素

                                   親会社の
                                         非支配持分       資本合計
                     キャッシュ・              所有者に
                  注記
                     フロー・ヘッ       その他の資本        帰属する
                     ジの公正価値       構成要素合計        持分合計
                      の純変動
     2017年4月1日残高                    △3      1,729      654,511         765     655,276
                         -       -     51,381         88     51,470
      四半期利益
                                390       390       -      390
                          3
      その他の包括利益
                          3      390     51,772         88     51,861
     四半期包括利益合計
                   7      -       -    △17,591         △19     △17,610
      配当金
                         -       -      △1       -      △1
      自己株式の変動
      支配継続子会社に対す
                         -       -      410      △834       △424
      る持分変動
                         -       -    △17,182        △854     △18,037
     所有者との取引額等合計
                         -     2,120      689,100         -    689,100
     2017年12月31日残高
                                 14/34







                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分

                                              その他の資本の構成要素

                                                       その他の包
                                                 売却可能
                  注記   資本金     資本剰余金      利益剰余金      自己株式                 括利益を通
                                           確定給付制      金融資産の
                                                       じて公正価
                                           度の再測定      公正価値の
                                                       値で測定す
                                                  純変動
                                                       る金融資産
     2018年4月1日残高                 10,000     418,913      289,834     △13,200       △185      4,067        -
                        -      -     858      -      -   △4,067        4,067
      会計方針の変更
     修正再表示後の残高                 10,000     418,913      290,692     △13,200       △185       -     4,067
                        -      -    48,002        -      -      -      -
      四半期利益
                        -      -      -      -      -      -      472
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計                   -      -    48,002        -      -      -      472
                   7     -      -   △17,591         -      -      -      -
      配当金
                        -      -      -     △0      -      -      -
      自己株式の変動
      その他の資本の構成要
                        -      -    2,288       -      -      -    △2,288
      素から利益剰余金への
      振替
                        -      -     484      -      -      -      -
      その他
                        -      -   △14,818        △0      -      -    △2,288
     所有者との取引額等合計
                      10,000     418,913      323,877     △13,201       △185       -     2,250
     2018年12月31日残高
                                              (単位:百万円)

                       親会社の所有者に帰属する持分

                      その他の資本の構成要素

                                   親会社の
                                         非支配持分       資本合計
                      キャッシ             所有者に
                  注記          その他の資
                      ュ・フロ             帰属する
                            本構成要素
                       ー・            持分合計
                              合計
                      ヘッジ
                         △0      3,880      709,427         -    709,427
     2018年4月1日残高
                         -       -      858       -      858
      会計方針の変更
     修正再表示後の残高                    △0      3,880      710,286         -    710,286
                         -       -     48,002         2    48,005
      四半期利益
                          0      473       473       -      473
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計                     0      473     48,475         2    48,478
                   7      -       -    △17,591          -    △17,591
      配当金
                         -       -      △0       -      △0
      自己株式の変動
      その他の資本の構成要
                         -    △2,288         -       -       -
      素から利益剰余金への
      振替
                         -       -      484       20      505
      その他
                         -    △2,288      △17,107          20    △17,086
     所有者との取引額等合計
                         -     2,065      741,654         23    741,677
     2018年12月31日残高
                                 15/34





                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                               注記
                                   至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           75,747              69,969
      税引前四半期利益
                                           2,021              2,305
      減価償却費及び償却費
                                             92              29
      減損損失
                                           △156              △353
      金融収益
                                           2,549              2,480
      金融費用
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                    △99,210              △74,820
      営業貸付金及び営業未収入金の増減額(△は増加)                                     7,158              4,568
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                     2,075              △515
                                          △2,050              △3,297
      その他
      小計                                    △11,772                 365
                                             33             166
      補助金の受取額
                                            143              278
      利息及び配当金の受取額
      利息の支払額                                    △2,303              △2,393
                                          △39,448              △36,730
      法人所得税の支払額
                                           3,205             11,360
      法人所得税の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                    △50,140              △26,953
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △11,200              △9,833
      定期預金の預入による支出
                                           6,250             11,290
      定期預金の払戻による収入
                                          △6,571             △15,002
      有形固定資産の取得による支出
                                            334              123
      有形固定資産の売却による収入
                                           △308              △274
      無形資産の取得による支出
                                          △1,562               △570
      投資の取得による支出
                                            133             3,317
      投資の売却、償還による収入
                                          △3,914              △3,680
      貸付による支出
                                            380             1,127
      貸付金の回収による収入
                                           △111              △100
      その他
                                          △16,571              △13,603
      投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           17,987             △18,682
      短期借入金の純増減額
                                           20,308              2,783
      長期借入れによる収入
                                          △4,062              △2,363
      長期借入金の返済による支出
                                7          △17,576              △17,573
      配当金の支払額
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得によ
                                           △424               -
      る支出
                                            △20               66
      その他
                                           16,211             △35,769
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                              2             △0
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     △50,497              △76,325
                                          260,745              288,768
     現金及び現金同等物の期首残高
                                          210,248              212,442
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/34




                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          飯田グループホールディングス株式会社(以下、当社)は日本に所在する企業であります。本社事務所は東京
         都新宿区に所在しております。当社の第3四半期の要約四半期連結財務諸表は、2018年12月31日を期末日とし、
         当社及びその子会社により構成されております。
          当社グループは、戸建分譲事業、マンション分譲事業、請負工事事業及びこれらに関連する事業を主な事業と
         して展開しております。
        2.作成の基礎

         (1)IFRSに準拠している旨
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、国際会計基準審議会によって公表されたIFRSに準拠して作成し
          ております。当社グループは「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
          府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規定を
          適用し、IAS第34号に準拠して作成しております。
           要約四半期連結財務諸表は年次連結財務諸表で要求されている全ての情報が含まれていないため、前連結会
          計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきものであります                             。
           本要約四半期連結財務諸表は、2019年2月12日に取締役会によって承認されております。
         (2)測定の基礎

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定されている特定の金融商品等を除き、取得原価
          を基礎として作成しております。
         (3)機能通貨及び表示通貨

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未
          満の端数を切り捨てて表示しております。
                                 17/34












                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
        3.重要な会計方針
          当社グループの要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下を除き、前連結会計年度に
         係る連結財務諸表において適用した会計方針と同一であります。
          なお、当第3四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積年次実効税率を基に算定しております。
             基準書            基準書名                   新設・改訂の概要

                                   金融資産の分類、測定及び減損
           IFRS第9号        金融商品               金融負債に関する公正価値の変動の取り扱い及び
                                   ヘッジ会計の改訂等
                                   IAS第18号、IAS第11号及び関連する解釈指針の置き
           IFRS第15号        顧客との契約から生じる収益
                                   換えとなる新たな収益認識の基準
        (1)IFRS第9号「金融商品」の適用

          当社グループは、第1四半期連結会計期間よりIFRS第9号「金融商品」(2014年7月改訂、以下「IFRS第9
         号」という。)を適用しております。なお、当基準の適用にあたっては、経過措置として認められている累積的
         影響を適用開始日に認識する方法を採用しているため、前連結会計年度の連結財務諸表にはIFRS第9号を遡及適
         用しておりません。
          当社グループは、IFRS第9号を適用したことにより、適用開始日に金融資産の分類を以下のとおりに変更して
         おります。
          当社グループは、金融資産について、償却原価で測定する金融資産、その他の包括利益を通じて公正価値で測
         定する金融資産、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に分類しております。
          すべての金融資産は、純損益を通じて公正価値で測定する区分に分類される場合を除き、公正価値に取引費用
         を加算した金額で測定しております。
          金融資産は、以下の要件をともに満たす場合には、償却原価で測定する金融資産に分類しております。
          ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基づいて、資
           産が保有されている。
          ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが特定の
           日に生じる。
          償却原価で測定する金融資産以外の金融資産は、公正価値で測定する金融資産に分類しております。
          公正価値で測定する資本性金融資産については、純損益を通じて公正価値で測定しなければならない売買目的
         で保有される資本性金融資産を除き、個々の資本性金融資産ごとに、その他の包括利益を通じて公正価値で測定
         するか、純損益を通じて公正価値で測定するかを指定し、当該指定を継続的に適用しております。なお、その他
         の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に指定した資本性金融資産の変動額は、その他の包括利益とし
         て認識しております。また、認識を中止した場合は、その他の包括利益を通じて認識された利得又は損失の累計
         額を、利益剰余金に振り替えております。
          当該分類変更に伴い、従来「売却可能金融資産」として分類していた金融資産は「その他の包括利益を通じて
         公正価値で測定する金融資産」に分類されます。「売却可能金融資産」に係る減損損失は、従来連結損益計算書
         において純損益として認識しておりましたが、「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産」に係
         る公正価値の変動はその他の包括利益として認識します。
          また、IFRS第9号の適用により、当社グループは償却原価で測定する金融資産の減損の認識にあたって、当該
         金融資産に係る予想信用損失に対して貸倒引当金を認識する方法に変更しております。この方法では、期末日ご
         とに各金融資産に係る信用リスクが当初認識時点から著しく増加しているかどうかを評価しており、当初認識時
         点から信用リスクが著しく増加していない場合には、12ヶ月の予想信用損失を貸倒引当金として認識しておりま
         す。一方で、当初認識時点から信用リスクが著しく増加している場合には、全期間の予想信用損失と等しい金額
         を貸倒引当金として認識しております。
          ただし、重大な金融要素を含んでいない営業債権については、信用リスクの当初認識時点からの著しい増加の
         有無にかかわらず、常に全期間の予想信用損失と等しい金額で貸倒引当金を認識しております。
          ヘッジ会計については、企業のリスク管理活動をより適切に財務諸表に反映させるため、ヘッジの有効性要件
         の見直しが図られております。
          IFRS第9号の適用に伴う金融資産の分類変更及び貸倒引当金の再測定に基づく帳簿価額の変動等は、以下のと
         おりであります。なお、金融負債の分類変更に基づく帳簿価額の変動等はありません。
                                 18/34



                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
                        IAS第39号                     IFRS第9号
                                      貸倒引               2018年4月1日
                        帳簿価額                     帳簿価額
                                分類変更      当金の               現在の利益剰
                      (2018年3月31日)                再測定     (2018年4月1日)          余金への影響
                         百万円        百万円      百万円       百万円         百万円

     金融資産

     償却原価で測定する金融資産

                           298,658     △298,658         -          -         -

      現金及び預金
                            1,302     △1,302        -          -         -

      満期保有投資
                           51,076     △51,076        -          -         -
      貸付金及び債権
                           351,037     △351,037         -          -         -

           合計
     償却原価で測定する金融資産

                             -    298,658        -       298,658           -

      現金及び預金
                             -     3,138      △20         3,118         △14

      営業債権及びその他の債権
                             -    34,339      △40         34,298          △28

      営業貸付金及び営業未収入金
                             -    14,868      △18         14,849          △12
      その他の金融資産
                             -    351,004       △79        350,925          △55

           合計
     償却原価で測定する金融資産の変
                           351,037        △33     △79        350,925          △55
     動 合計
     その他の包括利益を通じて公正価

     値で測定する金融資産
                           19,652     △19,652        -          -         -
      売却可能金融資産
                             -    19,686       △0        19,686          △0
      その他の金融資産
     その他の包括利益を通じて公正価
     値で測定する金融資産の変動
                           19,652        33     △0        19,686          △0
      合計
     2018年4月1日現在の金融資産残
                           370,690         -    △79        370,611
     高、分類変更及び再測定の合計
                                 19/34








                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
        (2)  IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の適用
          当社グループは、第1四半期連結会計期間よりIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」(2014年5月公
         表)及び「IFRS第15号の明確化」(2016年4月公表)(合わせて以下「IFRS第15号」という。)を適用しており
         ます。なお、当基準の適用にあたっては、経過措置として認められている累積的影響を適用開始日に認識する方
         法を採用しているため、前連結会計年度の連結財務諸表にはIFRS第15号を遡及適用しておりません。
          当基準は、前連結会計年度まで適用されていたIAS第11号「工事契約」、IAS第18号「収益」及び関連する適用
         指針を置き換える基準となります。IFRS第15号は、財又はサービスの顧客への移転を当該財又はサービスとの交
         換で権利を得ると見込んでいる対価を反映する金額で収益を認識するという原則を定めています。
          当基準の適用により、当社グループはIFRS第9号「金融商品」に基づく利息及び配当金等並びにIAS第17号
         「リース」に基づく賃貸収入等を除き、以下の5ステップアプローチに基づき収益を認識しております。
          ステップ1:顧客との契約を識別する
          ステップ2:契約における履行義務を識別する
          ステップ3:取引価格を算定する
          ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
          ステップ5:履行義務を充足した時点で(又は充足するに応じて)収益を認識する
          当基準の適用による当社グループの業績及び財政状態に対する主な影響は、請負工事事業における注文住宅等
         において上記のステップ5に基づき履行義務の充足に応じて収益を認識することであります。従来、請負工事の
         対象となる資産の引渡し時点で認識していた請負工事収益及び請負工事原価について、当基準の適用により、履
         行義務が充足するに応じて請負工事収益及び請負工事原価を認識しております。また、請負工事収益に対応する
         完成工事未収入金を契約資産として表示するとともに、従来、その他の流動負債に含めて表示していた前受金等
         を契約負債として表示しております。
          これによる当社グループの業績及び財政状態への主な影響として、第1四半期連結会計期間の期首時点におい
         て、契約資産が4,129百万円、契約負債が3,712百万円それぞれ増加、その他の流動負債が4,845百万円減少する
         とともに、前連結会計年度に計上されていない請負工事収益、請負工事原価、並びにそれらの税効果による利益
         剰余金の増加額913百万円等が第1四半期連結会計期間の利益剰余金期首残高の調整額(累積的影響)として計
         上されております。
          当第3四半期連結累計期間においては、上記の履行義務の充足に応じた収益等の認識の取り扱いの変更等によ
         り、従前の会計基準を適用した場合と比べて、売上収益が2,731百万円、営業利益及び税引前四半期利益がそれ
         ぞれ664百万円、四半期利益が453百万円増加するとともに、基本的1株当たり四半期利益が1.57円増加しており
         ます。
          また、従前の会計基準を適用した場合と比べて、当第3四半期連結会計期間末において、契約資産が6,189百
         万円、契約負債が5,255百万円それぞれ増加するとともに、その他の流動負債が7,056百万円減少しております。
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

          当社グループは、要約四半期連結財務諸表を作成するために、会計方針の適用及び資産、負債、収益及び費用
         の報告額に影響を及ぼす判断、会計上の見積り及び仮定を用いております。見積り及び仮定は、過去の実績や状
         況に応じ合理的だと考えられる様々な要因に基づく経営者の最善の判断に基づいております。しかしながら実際
         の結果は、その性質上、見積り及び仮定と異なることがあります。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されております。これらの見積りの見直しによる影響は、当該
         見積りを見直した会計期間及び将来の会計期間において認識しております。
          当社グループの要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断、見積り及び仮定は、以下を除き、
         原則として前連結会計年度に係る連結財務諸表と同様であります。
         ・金融商品に関する事項(注記「3.重要な会計方針 (1)IFRS第9号「金融商品」の適用」及び注記「9.金
         融商品」)
         ・収益認識(注記「3.重要な会計方針 (2)IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の適用」及び注記
         「6.売上収益」)
                                 20/34





                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
        5.セグメント情報
         (1)報告セグメントの概要
           当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会
          が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
          す。
           当社は、連結子会社単位及び当社の事業単位を事業セグメントとして認識し、「一建設グループ」「飯田産
          業グループ」「東栄住宅グループ」「タクトホームグループ」「アーネストワン」及び「アイディホームグ
          ループ」を報告セグメントとしております。各報告セグメントにおける主な事業内容は以下のとおりでありま
          す。
       報告セグメントの名称                              主な事業内容
     一建設グループ               戸建分譲事業、マンション分譲事業、請負工事事業
     飯田産業グループ               戸建分譲事業、マンション分譲事業、請負工事事業、不動産賃貸事業、スパ温泉事業
     東栄住宅グループ               戸建分譲事業、請負工事事業、不動産賃貸事業
     タクトホームグループ               戸建分譲事業、請負工事事業、不動産賃貸事業
     アーネストワン               戸建分譲事業、マンション分譲事業、請負工事事業
     アイディホームグループ               戸建分譲事業、請負工事事業
         (2)セグメント収益及び業績

           当社グループの報告セグメントによる収益及び業績は以下のとおりであります。
           なお、セグメント間の売上収益は、市場実勢価格に基づいております。
           前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                  一建設      飯田産業      東栄住宅     タクトホーム       アーネスト       アイディ
                                                         計
                  グループ      グループ      グループ      グループ       ワン      ホーム
     売上収益
                  268,404      182,271      112,864       95,017      204,095       81,740      944,394
      外部収益
      セグメント間の内部
                     133      556       0     189      404       -     1,285
      売上収益又は振替高
                  268,537      182,828      112,865       95,207      204,500       81,740      945,679
         合計
     セグメント利益
                   20,956      16,558       8,539      7,615      17,691       6,460      77,822
     (営業利益)
                  その他             調整額

                         合計             連結
                  (注)1             (注)2
     売上収益
                   1,215     945,610         -    945,610
      外部収益
      セグメント間の内部
                   23,232      24,518     △24,518         -
      売上収益又は振替高
                   24,448      970,128      △24,518       945,610
         合計
     セグメント利益
                     470     78,293       △152      78,141
     (営業利益)
                                       156
                              金融収益
                                     △2,549
                              金融費用
                              税引前
                                      75,747
                              四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ファーストウッド㈱及び当社の
           事業に係るものであります。
         2.セグメント利益の調整額△152百万円は、セグメント間取引消去等1,956百万円、各報告セグメントに配分し
           ていない全社(本社)収益及び費用△2,109百万円であります。全社収益は報告セグメントに帰属しない収
           益であり、全社費用は主に報告セグメントに帰属しない当社の一般管理費であります。
                                 21/34


                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                        飯田産業
                  一建設            東栄住宅     タクトホーム       アーネスト     アイディホーム
                        グループ                                 計
                  グループ             グループ      グループ       ワン     グループ
                        (注)3
     売上収益
      外部収益            282,531      173,862      109,927      106,091      200,438       70,614      943,465
      セグメント間の内部
                     122      482       1     623      125       -     1,355
      売上収益又は振替高
                  282,653      174,344      109,929      106,715      200,563       70,614      944,820
         合計
     セグメント利益
                   21,447      13,808       7,861      7,567      16,210       4,697      71,592
     (営業利益)
                  その他             調整額

                         合計             連結
                 (注)1、3             (注)4
     売上収益
                   4,135     947,600         -    947,600
      外部収益
      セグメント間の内部
                   34,030      35,386     △35,386         -
      売上収益又は振替高
                   38,165      982,986      △35,386       947,600
         合計
     セグメント利益
                     523     72,115       △19     72,095
     (営業利益)
                                       353
                              金融収益
                                     △2,480
                              金融費用
                              税引前
                                      69,969
                              四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ファーストウッド㈱等の木材製
           造事業、飯田ホームトレードセンター㈱及び当社の事業に係るものであります。
         2.当社グループは、注記「3.重要な会計方針」に記載のとおり、IFRS第15号を第1四半期連結会計期間より
           適用しております。
            なお、当基準の適用にあたっては、経過措置として認められている累積的影響を適用開始日に認識する方
           法を採用しているため、前第3四半期連結累計期間にはIFRS第15号を遡及適用しておりません。
         3.飯田ホームトレードセンター㈱については、前連結会計年度までは「飯田産業グループ」に含めて記載して
           おりましたが、2018年4月1日付で当社が㈱飯田産業から当該会社の全株式を取得したことにより、第1四
           半期連結会計期間より「その他」に含めて記載しております。これによる影響は軽微であるため、前第3四
           半期連結累計期間のセグメント収益及び業績は組み替えておりません。
         4.セグメント利益の調整額△19百万円は、セグメント間取引消去等2,275百万円、各報告セグメントに配分し
           ていない全社(本社)収益及び費用△2,295百万円であります。全社収益は報告セグメントに帰属しない収
           益であり、全社費用は主に報告セグメントに帰属しない当社の一般管理費であります。
                                 22/34








                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
           前第3四半期連結会計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                  一建設      飯田産業      東栄住宅     タクトホーム       アーネスト       アイディ
                                                         計
                  グループ      グループ      グループ      グループ       ワン      ホーム
     売上収益
                   91,243      59,784      37,669      31,619      63,583      27,985      311,886
      外部収益
      セグメント間の内部
                     34      195       0      71      40      -      341
      売上収益又は振替高
                   91,278      59,980      37,669      31,690      63,623      27,985      312,228
         合計
     セグメント利益
                   6,201      4,705      2,978      2,544      5,806      1,983      24,219
     (営業利益)
                  その他             調整額

                         合計             連結
                  (注)1             (注)2
     売上収益
                     416    312,303         -    312,303
      外部収益
      セグメント間の内部
                   8,136      8,478     △8,478         -
      売上収益又は振替高
                   8,553     320,781      △8,478      312,303
         合計
     セグメント利益
                     539     24,759       △162      24,596
     (営業利益)
                                        9
                              金融収益
                                     △1,043
                              金融費用
                              税引前
                                      23,562
                              四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ファーストウッド㈱及び当社の
           事業に係るものであります。
         2.セグメント利益の調整額△162百万円は、セグメント間取引消去等460百万円、各報告セグメントに配分して
           いない全社(本社)収益及び費用△622百万円であります。全社収益は報告セグメントに帰属しない                                              収益で
           あり、全社費用は主に報告セグメントに帰属しない                        当社の一般管理費であります。
                                 23/34










                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
           当第3四半期連結会計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                        飯田産業
                  一建設            東栄住宅     タクトホーム       アーネスト     アイディホーム
                        グループ                                 計
                  グループ             グループ      グループ       ワン     グループ
                        (注)3
     売上収益
      外部収益            103,422       55,491      38,079      33,309      63,622      23,555      317,480
      セグメント間の内部
                     38      209       0     245       43      -      537
      売上収益又は振替高
                  103,460       55,700      38,080      33,554      63,665      23,555      318,017
         合計
     セグメント利益
                   7,599      4,108      3,067      2,180      5,480      1,479      23,916
     (営業利益)
                  その他             調整額

                         合計             連結
                 (注)1、3             (注)4
     売上収益
                   1,751     319,231         -    319,231
      外部収益
      セグメント間の内部
                   12,883      13,420     △13,420         -
      売上収益又は振替高
                   14,635      332,652      △13,420       319,231
         合計
     セグメント利益
                     130     24,047        235     24,283
     (営業利益)
                                        98
                              金融収益
                                      △980
                              金融費用
                              税引前
                                      23,400
                              四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ファーストウッド㈱等の木材製
           造事業、飯田ホームトレードセンター㈱及び当社の事業に係るものであります。
         2.当社グループは、注記「3.重要な会計方針」に記載のとおり、IFRS第15号を第1四半期連結会計期間より
           適用しております。
            なお、当基準の適用にあたっては、経過措置として認められている累積的影響を適用開始日に認識する方
           法を採用しているため、前第3四半期連結会計期間にはIFRS第15号を遡及適用しておりません。
         3.飯田ホームトレードセンター㈱については、前連結会計年度までは「飯田産業グループ」に含めて記載して
           おりましたが、2018年4月1日付で当社が㈱飯田産業から当該会社の全株式を取得したことにより、第1四
           半期連結会計期間より「その他」に含めて記載しております。これによる影響は軽微であるため、前第3四
           半期連結会計期間のセグメント収益及び業績は組み替えておりません。
         4.セグメント利益の調整額235百万円は、セグメント間取引消去等927百万円、各報告セグメントに配分してい
           ない全社(本社)収益及び費用△692百万円であります。全社収益は報告セグメントに帰属しない収益であ
           り、全社費用は主に報告セグメントに帰属しない当社の一般管理費であります。
                                 24/34








                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
        6.  売上収益
         (1)収益の分解
          ① 顧客との契約及びその他の源泉から認識した収益
                                                    (単位:百万円)

                                        当第3四半期連結累計期間
                                         (自 2018年4月1日
                                          至 2018年12月31日)
                                                        943,213
     顧客との契約から認識した収益
                                                         4,386

     その他の源泉から認識した収益
                                                        947,600

                  合計
      (注)その他の源泉から認識した収益には、IFRS第9号「金融商品」に基づく利息及び配当金等並びにIAS第17号「リ
         ース」に基づく賃貸収入等が含まれております。
          ② 分解した収益とセグメント収益の関連

           主たる事業区分及び収益認識の時期による収益の分解とセグメントとの関連は以下のとおりであります。
           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                 一建設      飯田産業      東栄住宅      タクトホーム       アーネスト      アイディホーム
                                                         計
                 グループ      グループ      グループ      グループ       ワン      グループ
     事業区分
      戸建分譲事業
                  222,646      165,726      104,998       99,673      183,788       69,507      846,341
      マンション分譲事業
                  21,987       2,524        -      207     14,097         -    38,816
      請負工事事業
                  33,264        901     4,290       665     2,342       743     42,208
      その他
                   4,424      1,238       272     5,301       209      315     11,762
         合計
                  282,321      170,390      109,561      105,849      200,438       70,566      939,128
     一時点で移転される財
                  249,057      168,394      104,910      103,324      198,095       69,222      893,005
     一定期間にわたり移転さ
                  33,264       1,995      4,651      2,524      2,342      1,343      46,122
     れるサービス
         合計
                  282,321      170,390      109,561      105,849      200,438       70,566      939,128
                 その他       合計

     事業区分
      戸建分譲事業
                    647    846,989
      マンション分譲事業
                    193     39,009
      請負工事事業
                    -    42,208
      その他
                   3,244      15,006
         合計
                   4,085     943,213
     一時点で移転される財
                   4,085     897,091
     一定期間にわたり移転さ
                    -    46,122
     れるサービス
         合計
                   4,085     943,213
           当社グループは、戸建分譲事業、マンション分譲事業、請負工事事業及びこれらに関連する事業であるその

          他の事業を行っております。これらの事業から生じる収益は顧客との契約に従い計上しており、変動対価等を
          含む売上収益の額に重要性はありません。また約束した対価の金額に重要な金融要素は含まれておりません。
                                 25/34




                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
         戸建分譲事業
           戸建分譲事業は、すべての報告セグメントにて行っており、主に戸建住宅及び宅地の販売等に区分され、主
          な収益を以下のとおり認識しております。
          (戸建住宅及び宅地の販売)

           戸建住宅及び宅地の販売は、用地の仕入から造成、企画、設計、施工までを自社一貫体制にて行った戸建住
          宅(土地付き建物)及び宅地を一般消費者へ販売する事業であり、顧客との不動産売買契約に基づき当該物件
          の引渡しを行う義務を負っております。当該履行義務は物件が引き渡される一時点で充足されるものであり、
          当該引渡時点において収益を計上しております。
           取引価格は不動産売買契約により決定され、当該契約では通常、引渡日は売買代金全額の受領日と同日とし
          ているため、物件引渡しと同時期に売買代金の支払を受けております。
           なお、当社グループの事業には、宅地を販売した顧客と一定期間内に当該宅地に建物を建築するための建物
          請負工事契約を締結し当該契約に基づき住宅の建築工事を請け負う事業があります。これらのうち戸建分譲事
          業には下記の注文住宅事業に区分されない一部の請負工事が含まれますが、当該請負工事における履行義務及
          びその充足時期、取引価格の決定方法、収益の認識時期等については、下記の請負工事事業における注文住宅
          事業と同様であります。
         マンション分譲事業

           マンション分譲事業は、「一建設グループ」「飯田産業グループ」「タクトホームグループ」「アーネスト
          ワン」にて行っており、主な収益を以下のとおり認識しております。
           マンション分譲事業は、用地の仕入から施工まで行ったマンションの各分譲住戸を主に一般消費者へ販売す
          る事業等であります。当該マンション分譲事業における履行義務及びその充足時期、取引価格の決定方法、収
          益の認識時期等については、上記の戸建分譲事業における戸建住宅と同様であります。
         請負工事事業

           請負工事事業は、すべての報告セグメントにて行っており、主に注文住宅事業、リフォーム・オプション工
          事事業に区分され、主な収益を以下のとおり認識しております。
         (注文住宅事業)

           注文住宅事業は、規格型注文住宅及び自由設計注文住宅の建築工事を請け負う事業であり、顧客(一般消費
          者及び法人)との建物請負工事契約に基づき、建築工事を行う義務を負っております。
           当該建物請負工事契約においては、当社グループの義務の履行により資産(仕掛品)が創出され又は増価
          し、資産の創出又は増価につれて顧客が当該資産を支配することから、当該履行義務は一定期間にわたり充足
          される履行義務であり、契約期間にわたる工事の進捗に応じて充足されるものであります。よって注文住宅事
          業においては工事の進捗度に応じて収益を計上しております。なお、進捗度の測定は、発生原価が履行義務の
          充足における企業の進捗度に寄与及び概ね比例していると考えられることから、発生原価に基づくインプット
          法によっております。
           取引価格は建物請負工事契約により決定され、当該契約では通常、引渡日は請負代金全額の受領日と同日と
          しているため、建物引渡しと同時期に請負代金の支払を受けております。
           なお、戸建分譲事業等における販売促進費用等の顧客に支払われる対価の一部については、取引価格の減額

          であるとして売上収益を減額する会計処理を行っております。
                                 26/34






                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
        7.配当金
         (1) 配当金支払額
           前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                         配当金の総額          1株当たり
        決議日        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)         配当額(円)
     2017年6月27日
                             8,939           31
                 普通株式                          2017年3月31日         2017年6月28日
     定時株主総会
     2017年11月10日
                             8,651
                 普通株式                        30   2017年9月30日         2017年12月4日
     取締役会
           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                         配当金の総額          1株当たり
        決議日        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)         配当額(円)
     2018年6月26日
                             8,651
                 普通株式                        30   2018年3月31日         2018年6月27日
     定時株主総会
     2018年11月9日
                             8,939           31
                 普通株式                          2018年9月30日         2018年12月3日
     取締役会
         (2)  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
            該当事項はありません。
           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

            該当事項はありません。
        8.1株当たり利益

          基本的1株当たり四半期利益の計算は以下のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)                 至 2018年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                        51,381                 48,002
                                        288,382                 288,381
     発行済普通株式の加重平均株式数(千株)
                                        178.17                 166.46
     基本的1株当たり四半期利益(円)
      (注)希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため、希薄化後1株当たり四半期利益は記載しておりません。
                              前第3四半期連結会計期間                 当第3四半期連結会計期間

                               (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                                至 2017年12月31日)                 至 2018年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                        16,067                 16,088
                                        288,382                 288,381
     発行済普通株式の加重平均株式数(千株)
                                         55.71                 55.79
     基本的1株当たり四半期利益(円)
      (注)希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため、希薄化後1株当たり四半期利益は記載しておりません。
                                 27/34






                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
        9.金融商品
         (1)金融商品の公正価値
          ① 金融商品の帳簿価額及び公正価値
            金融商品の帳簿価額と公正価値は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                               (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
                              帳簿価額        公正価値        帳簿価額        公正価値
     金融資産

     償却原価で測定する金融資産

                                298,658        298,658        220,875        220,875

      現金及び預金
                                 1,302        1,357          -        -

      満期保有投資
                                51,076        51,078          -        -

      貸付金及び債権
                                  -        -       4,534        4,534
      営業債権及びその他の債権
                                  -        -      29,729        29,731

      営業貸付金及び営業未収入金
                                  -        -      17,914        17,940

      その他の金融資産
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
     金融資産
                                19,652        19,652          -        -
      売却可能金融資産
                                  -        -      16,700        16,700
      その他の金融資産
                                370,690        370,747        289,755        289,783

               合計
     金融負債

     償却原価で測定する金融負債

                                394,328        398,667        381,843        386,462

      社債及び借入金
                                120,159        120,159        120,957        120,957

      営業債務及びその他の債務
                                10,743        10,743         4,872        4,872

      その他の金融負債
     純損益を通じて公正価値で測定する金融負債

      その他の金融負債(金利スワップ)                           170        170        218        218
                                525,401        529,741        507,891        512,510

               合計
          ② 金融商品の公正価値の算定方法

           (現金及び預金)
            満期までの期間が短期であるため、帳簿価額は公正価値に近似しております。
           (営業債権及びその他の債権)

            短期間に決済されるものであるため、帳簿価額は公正価値に近似しております。
                                 28/34





                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
           ( 営業貸付金及び営業未収入金、              償却原価で測定するその他の金融資産)
            短期の貸付金等は、主に変動金利によるものであり、短期間で市場金利を反映するため、貸付先の信用状
           態が実行後大きく異なっていない限り、公正価値は帳簿価額と近似していることから、公正価値は当該帳簿
           価額によっております。
            上記以外の長期の貸付金等の公正価値は、一定の期間ごとに区分し、債権額を満期までの期間及び信用リ
           スクを加味した利率により割り引いた現在価値により算定しております。
            国債等の債券については、取引所の価格又は取引金融機関から提供された価格により算定しております。
           (その他の包括利益を通じて公正価値で測定するその他の金融資産)

            主に株式及び出資金等の資本性金融商品であり、上場株式の公正価値については、期末日の市場価格に
           よって算定し、非上場株式の公正価値については、類似企業比較法、収益還元法及び簿価純資産法を併用し
           て算定しております。類似企業比較法では、対象企業の類似上場企業を選定し、当該類似企業の株式指標を
           用いて公正価値を算定しております。収益還元法では、対象企業の株主資本コストを収益還元率とし、対象
           企業の収益額から公正価値を算定しております。非上場株式の公正価値測定に当たっては、割引率、評価倍
           率等の観察可能でないインプットを利用しており、必要に応じて一定の非流動性ディスカウントを考慮して
           おります。国債等の債券については、取引所の価格又は取引金融機関から提供された価格により算定してお
           ります。
            なお、預託金方式による会員権等の負債性金融商品の公正価値は期末日の市場価額等によって算定してお
           ります。
           (社債及び借入金)

            社債及び借入金の公正価値は、一定の期間ごとに区分し、債務額を満期までの期間及び信用リスクを加味
           した利率により割り引いた現在価値により算定しております。
           (営業債務及びその他の債務)

            当該債務については、主として短期間に決済されるものであるため、帳簿価額は公正価値に近似しており
           ます。
           (その他の金融負債)

            償却原価で測定するその他の金融負債については、主として短期間に決済されるものであるため、帳簿価
           額は公正価値に近似しております。
            純損益を通じて公正価値で測定するその他の金融負債(金利スワップ)は、取引先金融機関から提示                                               され
           た価格に基づいて算定しております。
          ③ 公正価値ヒエラルキー

            公正価値で測定される金融商品について、測定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じた公正
           価値測定額を、レベル1からレベル3まで分類しております。
            レベル1:活発な市場における同一の資産又は負債の市場価格
            レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接又は間接的に使用して算出された公正価値
            レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法から算出された公正価値
            公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、各四半期の期末時点で発生したものとして認識しておりま
           す。
            なお、前連結会計年度及び当第3四半期連結会計期間において、レベル1とレベル2の間における振替は
           ありません。
           (ⅰ)要約四半期連結財政状態計算書において公正価値で測定されていないが、公正価値が開示されている

              金融資産及び金融負債
               上記①の償却原価で測定する金融資産及び償却原価で測定する金融負債は、要約四半期連結財政状
              態計算書(帳簿価額)において公正価値で測定されていないが公正価値が開示されている金融資産及
              び金融負債であり、そのうちその他の金融資産の国債、営業貸付金及び営業未収入金、社債及び借
              入金には帳簿価額と公正価値が乖離するものが含まれます。
               これらのそれぞれの公正価値ヒエラルキーの測定レベルは、国債がレベル1、営業貸付金及び営業
              未収入金、社債及び借入金がレベル2であります。
                                 29/34



                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
           (ⅱ)経常的に公正価値で測定される金融資産の公正価値
            前連結会計年度(2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                          レベル1         レベル2         レベル3

                                                       合計
     金融資産

     その他の包括利益を通じて公正価値で
     測定する金融資産
      売却可能金融資産
                               404          -         -         404

       上場株式
                               338          -       13,595         13,934

       非上場株式
                             1,165           -        4,148         5,313
       その他
                             1,908           -       17,744         19,652

             合計
     金融負債

     純損益を通じて公正価値で測定する金
     融負債
                               -         170          -         170
      その他の金融負債
                               -         170          -         170

             合計
            当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                          レベル1         レベル2         レベル3

                                                       合計
     金融資産

     その他の包括利益を通じて公正価値で
     測定する金融資産
      その他の金融資産
                               316          -         -         316

       上場株式
                               354          -       10,537         10,892

       非上場株式
                             1,160           -        4,331         5,491
       その他
                             1,831           -       14,869         16,700

             合計
     金融負債

     純損益を通じて公正価値で測定する金
     融負債
                               -         218          -         218
      その他の金融負債
                               -         218          -         218

             合計
                                 30/34






                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
            レベル3に分類された金融商品の期首から四半期末までの変動は、以下のとおりであります。
           前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                        決算日時点での公正価値測定
                                                         11,513
     期首残高
     利得及び損失      合計
      純損益(注)1                                                   △168
      その他の包括利益(注)2                                                    469
                                                         1,562
     購入
                                                         △142
     売却
                                                           -
     レベル3への振替
     レベル3からの振替         (注)3                                           △14
                                                         13,220
     四半期末残高
      (注)1.純損益に含まれている利得及び損失は、決算日時点の売却可能金融資産に関するものであります。これらの

           純損益は要約四半期連結損益計算書の「金融収益」及び「金融費用」に含まれております。
         2.その他の包括利益に含まれている利得及び損失は、決算日時点に保有する市場で取引されていない株式等に
           関するものであります。これらは要約四半期連結包括利益計算書の「売却可能金融資産の公正価値の純変
           動」に含まれております。
         3.レベル3からの振替は、投資先が取引所に上場したことによるものであります。
            当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                        決算日時点での公正価値測定
                                                         17,744
     期首残高
     利得及び損失合計
                                                           -
      純損益
      その他の包括利益(注)                                                    835
                                                          570
     購入
                                                        △3,317
     売却
                                                           -
     レベル3への振替
                                                           -
     レベル3からの振替
                                                         △963
     その他
                                                         14,869
     四半期末残高
      (注)その他の包括利益に含まれている利得及び損失は、決算日時点のその他の包括利益を通じて公正価値で測定する
         金融資産に関するものであります。これらは要約四半期連結包括利益計算書の「その他の包括利益を通じて公正
         価値で測定する金融資産」に含まれております。
                                 31/34





                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
            レベル3に分類されている金融資産は、主に非上場株式により構成されています。これらの公正価値につ
           いては、類似企業比較法、収益還元法及び簿価純資産法を併用して算定しております。
            なお、公正価値の測定に主として使用されるインプットは、市場参加者が資産又は負債の価格を決定する
           上で使用している前提条件についての連結会社の判断を反映した観察不能なインプットであり、公正価値は
           EBITDA倍率の上昇(下落)、割引率の下落(上昇)、純資産簿価の上昇(低下)等により増加(減少)する
           こととなります。
            レベル3に分類された資産、負債については公正価値測定の評価方針及び手続きに従い、担当部署が対象
           資産、負債の評価方法を決定し、公正価値を測定しております。公正価値の測定結果については適切な責任
           者が承認しております。
            レベル3に分類された金融商品について、観察可能でないインプットを合理的に考えうる代替的な仮定に
           変更した場合に重要な公正価値の変動は見込まれていません。
          ④ その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の情報

            当社グループの株式等は、公正価値の上昇による便益の獲得を目的とする投機的なものではないため、そ
           の他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に指定しております。
        10.重要な後発事象

          該当事項はありません。
      2【その他】

        2018年11月9日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、以下のとおり決議いたしました。
        (イ)    配当金の総額…………………………………………                       8,939百万円
        (ロ)    1株当たりの金額………………………………………………31円
        (ハ)    支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2018年12月3日
        (注)    2018年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行っております。
                                 32/34












                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 33/34




















                                                           EDINET提出書類
                                              飯田グループホールディングス株式会社(E27759)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     飯田グループホールディングス株式会社
      取 締 役 会  御中
                           EY新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              柴田 憲一
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              江下 聖
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              山本 高揮
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている飯田グループ

     ホールディングス株式会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年
     10月1日から2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る要約
     四半期連結財務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益
     計算書、要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを
     行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、飯田グループホールディングス株式会社及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態、同日をもっ
     て終了する第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッ
     シュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 34/34



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。