株式会社デジタルガレージ 四半期報告書 第24期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第24期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社デジタルガレージ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成31年2月12日
      【四半期会計期間】                    第24期第3四半期(自            平成30年10月1日          至   平成30年12月31日)
      【会社名】                    株式会社デジタルガレージ
      【英訳名】                    Digital    Garage,    Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役      兼  社長執行役員グループCEO                 林      郁
      【本店の所在の場所】                    東京都渋谷区恵比寿南三丁目5番7号
      【電話番号】                    03(6367)1111       (代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役    兼  上席執行役員SEVP             曽   田      誠
      【最寄りの連絡場所】                    東京都渋谷区恵比寿南三丁目5番7号
      【電話番号】                    03(6367)1111       (代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役    兼  上席執行役員SEVP             曽   田      誠
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                     第23期         第24期
                  回次                第3四半期連結         第3四半期連結           第23期
                                    累計期間         累計期間
                                   自   平成29年       自   平成30年       自   平成29年
                                     4月1日         4月1日         4月1日
                 会計期間
                                   至   平成29年       至   平成30年       至   平成30年
                                     12月31日         12月31日         3月31日
                             (百万円)         43,921         50,805         60,168
     売上高
                             (百万円)          4,187         4,845         5,017
     経常利益
                             (百万円)          4,052         3,605         5,460
     親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益
                             (百万円)          4,698         3,653         4,969
     四半期包括利益又は包括利益
                             (百万円)         38,759         37,218         39,017
     純資産額
                             (百万円)         118,170         131,423         108,596
     総資産額
                              (円)         85.97         77.30        115.80
     1株当たり四半期(当期)純利益
                              (円)         85.41         73.53        114.95
     潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益
                              (%)         31.8         26.9         34.8
     自己資本比率
                                     第23期         第24期

                  回次                第3四半期連結         第3四半期連結
                                    会計期間         会計期間
                                   自   平成29年       自   平成30年
                                     10月1日         10月1日
                 会計期間
                                   至   平成29年       至   平成30年
                                     12月31日         12月31日
                              (円)         33.11         10.12
     1株当たり四半期純利益
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度                                         に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/18







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                     平成30年2月16日)等を第1四半期
       連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行ってお
       ります。
       (1)  財政状態及び経営成績の状況

        ①   経営成績
          当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、新興国経済の先行きや米国の政策に関する不確実性等が
         あったものの、企業収益の回復や雇用環境の改善などを背景として緩やかな回復基調で推移しました。また、イ
         ンターネットビジネスを取り巻く環境につきましては、平成29年9月末時点における13歳~59歳の年齢層でのイ
         ンターネット利用率は9割を超えており、端末別の利用者の割合をみるとスマートフォンは59.7%(前年比1.8
         ポイント増)と初めてパソコンを上回りました(注1)。また、平成29年のインターネット広告費は前年比
         27.3%増と高い成長率で拡大している運用型広告が市場を牽引し、前年比15.2%増の1兆5,094億円となり(注
         2)、消費者向け電子商取引(BtoC-EC)の市場規模は前年比9.1%増の16兆5,054億円と堅調に拡大を続けてお
         ります(注3)。
         出所    (注1)総務省「平成29年通信利用動向調査の結果」
            (注2)㈱電通「2017年日本の広告費」
            (注3)経済産業省「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する
                市場調査)報告書」
          このような事業環境の下、当社は前連結会計年度より「Open                             Incubation      toward    2020」をスローガンに掲げ
         た新中期経営計画をスタートしております。「IT/MT/FT×Open                              Innovation」をスローガンとして掲げた前中期
         経営計画の基本方針は変えず、様々な企業と協力しながら技術革新を進める「Open                                       Innovation」をさらに一歩
         進め、将来性のある事業の萌芽をグループ会社や他社との連携によるオープンなエコシステムのなかで育成する
         という意味を「Open          Incubation」という言葉に込めております。スタートアップから大企業まで先進的取り組
         みを行う様々な企業と連携しながら、技術革新がもたらす新しいビジネスをコンテクストで結び、新しい日本を
         インキュベートしていきます。
          当第3四半期連結累計期間の経営成績につきましては、全ての事業において                                   売上が   前年同期を上回った結果、
         売上高は    50,805   百万円(    対前年同期比6,883百万円増、同15.7%増                   )となりました。営業利益は、マーケティン
         グテクノロジー事業において販管費が増加した一方、フィナンシャルテクノロジー事業が好調に推移し業績を牽
         引した   ほか  、インキュベーションテクノロジー事業において、保有する有価証券の売却が順調に進捗し                                           、 2,403
         百万円(    対前年同期比210百万円増、同9.6%増)となりました                         。加えて、     ロングタームインキュベーション事業
         において、持分法による投資利益                2,191   百万円を計上したこと等から、経常利益は                    4,845   百万円(    対前年同期比
         657百万円増、同15.7%増)となりました                   。 税金等調整前四半期純利益は、関係会社株式売却益を特別利益に計
         上した一方、減損損失及び投資有価証券評価損を特別損失に計上したこと等から、                                       5,699   百万円(    対前年同期比
         119百万円減、同2.1%減           )、親会社株主に帰属する四半期純利益は                    3,605   百万円(    対前年同期比447百万円減、同
         11.1%減    )となりました。
          セグメントの業績は、次のとおりであります。
         〔マーケティングテクノロジー事業〕

          マーケティングテクノロジー事業では、ウェブとリアルを融合した総合プロモーション及びインターネット広
         告等のウェブマーケティングやビッグデータを活用したデータマネジメントビジネスを行っております。
          インターネット広告を手掛ける当社マーケティングテクノロジーカンパニーは、パフォーマンスアドの金融分
         野、コスメ・人材分野等の売上は堅調だったものの、スマートフォン/アプリ分野の売上が減少致しました。ま
         た、戦略的な人材の増強等により販管費が増加致しました                           。 一方、不動産広告領域で代理店事業を展開する㈱D
         Gコミュニケーションズを第1四半期連結会計期間から連結子会社としたため、売上高は前年同期比で増加致し
         ました。
          これらの結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は                            28,226百万円      (対前年同期比2,847百万円増、同
         11.2%増)、税金等調整前四半期純利益は853百万円(対前年同期比647百万円減、同43.1%減)                                            となりました。
                                  3/18


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
         〔 フィナンシャルテクノロジー事業〕
          フィナンシャルテクノロジー事業では、Eコマース(EC)をはじめとするBtoCの商取引に必要不可欠なクレ
         ジットカード決済やコンビニ決済等の電子決済ソリューションの提供を行っております。
          決済事業を展開するベリトランス㈱及び㈱イーコンテクストにおいて、EC市場で高成長が続いていることに加
         え、国民年金保険料のカード決済の取扱開始や、訪日外国人によるインバウンド消費に対応した対面決済をはじ
         め、飲食や不動産、葬儀等の市場に特化した非EC決済が増加した結果、決済取扱高は前年同期比35.8%増の1兆
         5,265億円となり、市場成長率を上回って伸長致しました。また、戦略的パートナーとの業務提携による合弁会
         社も堅調に推移し、利益貢献致しました                   。
          これらの結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は                            17,300百万円(対前年同期比1,680百万円増、同
         10.8%増)、税金等調整前四半期純利益は2,292百万円(対前年同期比435百万円増、同23.4%増)                                              となりまし
         た。
         〔インキュベーションテクノロジー事業〕

          インキュベーションテクノロジー事業では、国内外のスタートアップ企業への投資・育成及び当社グループ内
         の事業との連携による投資先の育成などを行っております。
          投資事業において、保有する有価証券の売却が前年同期を上回り                              、業績が着実に伸長致しました。
          これらの結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は3,545百万円(対前年同期比1,189百万円増、同
         50.5%増)、税金等調整前四半期純利益は1,930百万円(対前年同期比109百万円増、同6.0%増)となりまし
         た。
         〔ロングタームインキュベーション事業〕

          ロングタームインキュベーション事業では、当社がこれまで培ってきた投資育成や事業開発のノウハウを活か
         し、中長期的かつ継続的な事業利益の創出に取り組んでおります。                                そのなかで、東京短資㈱と合弁会社の㈱
         Crypto    Garageを設立し、フィンテック分野におけるブロックチェーン金融サービスの開発と事業化に取り組み
         始めました。
          持分法適用関連会社である㈱カカクコムの業績が順調であったこと等により、当第3四半期連結累計期間にお
         ける売上高は1,733百万円(対前年同期比1,166百万円増、同205.6%増)、税金等調整前四半期純利益は2,172百
         万円(対前年同期比336百万円増、同18.4%増)となりました。
        ②   財政状態

         (流動資産)
          当第3四半期連結会計期間末における流動資産の残高は、前連結会計年度末に比べて17,034百万円増加し、
         92,210百万円となりました。この主な要因は、決済事業に係る金銭の信託が978百万円減少した一方、転換社債
         型新株予約権付社債の発行等に伴い現金及び預金が9,004百万円、決済事業等に係る未収入金が5,727百万円、営
         業投資有価証券が2,828百万円、受取手形及び売掛金が493百万円増加したことによるものであります。
         (固定資産)
          当第3四半期連結会計期間末における固定資産の残高は                           、 前連結会計年度末に比べて5,736百万円増加し、
         39,156   百万円となりました。この主な要因は、投資有価証券が4,848百万円、有形固定資産が1,044百万円増加し
         たことによるものであります。
         (流動負債)
          当第3四半期連結会計期間末における流動負債の残高は                           、 前連結会計年度末に比べて6,019百万円増加し、
         55,313   百万円となりました。この主な要因は、1年内返済予定の長期借入金が1,414百万円減少した一方、短期
         借入金が3,500百万円、決済事業等に係る預り金が1,888百万円、支払手形及び買掛金が1,549百万円増加したこ
         とによるものであります。
         (固定負債)
          当第3四半期連結会計期間末における固定負債の残高は                          、 前連結会計年度末に比べて18,606百万円増加し、
         38,890   百万円となりました。この主な要因は、長期借入金が7,116百万円減少した一方、                                      転換社債型新株予約権
         付社債   が25,233百万円増加したことによるものであります。
         (純資産)
          当第3四半期連結会計期間末における純資産の残高は                          、 前連結会計年度末に比べて1,798百万円減少し、
         37,218   百万円となりました。この主な要因は、自己株式が取得により4,999百万円増加した一方、利益剰余金が
         剰余金の配当により1,132百万円減少と親会社株主に帰属する四半期純利益の計上により                                         3,605   百万円増加したこ
         とによるものであります。
                                  4/18


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
       (2)事業上及び財務上の対処すべき課題
         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
         なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
        社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
        会社の支配に関する基本方針について

        ①   会社の支配に関する基本方針
          当社は、上場会社として当社の株主は市場における自由な取引を通じて決定されるものと考えており、大量買
         付者により当社株式の大量買付行為が行われる場合であっても、これを受け入れて当社株式の売却を行うか否か
         は、最終的には当社株式を保有する株主の皆様の判断によるものと考えております。また、大量買付者による経
         営への関与は、必ずしも企業価値を毀損するものではなく、それが当社の企業価値ひいては株主共同の利益の向
         上につながるものであれば、何ら否定するものではありません。しかしながら、対象会社との十分な協議や合意
         のプロセスを経ることなく、一方的に行われる大量買付行為の中には、株主の皆様に対してその目的や買収後の
         経営方針等についての十分な情報開示がなされていないもの、対象会社の取締役会が大量買付行為の内容を検討
         した上で代替案を提供するための十分な時間を提供しないものなど、不適切と考えられる事例も少なくありませ
         ん。
          当社の財務及び事業方針の決定を支配する者の在り方としては、当社の掲げる企業理念を理解し、様々なス
         テークホルダーとの間で、円滑な関係を構築することにより、社会に貢献し、当社の企業価値の最大化を図ると
         ともに、株主の共同の利益を確保するものでなければならないと考えております。したがって、当社の企業価値
         が不用意に毀損され、株主にとって不利益を生じさせる大量買付行為を行う者は、当社の財務及び事業の方針の
         決定を支配する者として適切ではないと考えます。
        ②   会社の支配に関する基本方針の実現に資する取組み
          当社では、当社グループ全体としての事業の拡大と収益性の向上を目指し、また、将来のグループの収益の柱
         となる事業の創造を積極的に行うことにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を目指し、多数の投資家
         の皆様に当社株式を長期継続して保有していただくため、以下の施策を実施しております。
         イ.当社の経営の基本方針
           当社グループでは、「コンテクスト(文脈)」の提供で社会貢献することをミッション(使命)としており
          ます。企業と人、そして情報を有機的に結びつける「コンテクストカンパニー」であることが、業務を行う上
          での基本コンセプトであります。インターネット業界の黎明期からの実績に基づくソリューションノウハウ
          と、最新のネットワーク技術を有効に活用することにより、種々複雑な情報を有機的に結びつけ、企業と人と
          情報、これら三者の存在価値を相互に、より高め得る機能を開発することを、業務の目的として参りました。
          常に時代の数歩先に視点を合わせ、コンテクストの対象を冷静かつ的確に選別し、人と環境とデジタル情報化
          社会が共存できる、快適な社会に貢献し得るサービスを構築することが、当社の経営における基本方針であり
          ます。
         ロ.中長期的な企業価値向上のための取組み
           当社は、「異なるフィールドにある複数の事象をインターネットを使って結びつけ、コンテクスト(文脈)
          を作ることにより、新しい価値を創造し社会に貢献する」ことを企業理念として掲げ、最先端のインターネッ
          ト技術と、世の中の動きの一歩先を読んだマーケティング技術、信頼性の高いファイナンス技術を核とし、リ
          アルスペース(現実空間)とサイバースペース(仮想空間)の接点で新たなコンテクストを編み出すことが、
          当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上させることにつながると考えております。
           こうした考えのもと、当社の企業価値を中長期的に向上させる取り組みとして、平成30年3月期を初年度と
          する中期経営計画を策定し、実施しております。
         ハ.不適切な者によって当該株式会社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組み
           当社は、当社株券等に対して大量買付行為が行われた際には、当社の企業価値及び株主共同の利益を確保す
          るために、積極的な情報収集と適時適切な情報開示に努めるとともに、金融商品取引法、会社法、その他関係
          法令及び当社定款の許す範囲内において適切な処置を講じてまいります。
        ③   上記取組みについての取締役会の判断
          上記の各取組みは、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益を向上させるものであり、当社役員の地
         位の維持を目的とするものではなく、いずれも①の基本方針に沿うものであります。
       (3)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、199百万円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/18



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                        発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 120,000,000

                  計                               120,000,000

        ②【発行済株式】

             第3四半期会計期間末              提出日現在         上場金融商品取引所名
        種類       現在発行数(株)             発行数(株)         又は登録認可金融商品                内容
              (平成30年12月31日)            (平成31年2月12日)             取引業協会名
                                      東京証券取引所

       普通株式          47,334,800            47,335,900                   単元株式数100株
                                       市場第一部
        計         47,334,800            47,335,900             ―            ―

      㬀  「提出日現在発行数」欄には、平成31年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の権利行使により
       発行された株式数は、含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     平成30年10月1日~
                     8,500     47,334,800           12      7,494         12      7,586
     平成30年12月31日           ※
      ※   新株予約権の行使による増加であります。
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/18







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年12月31日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                          -            -          ―

     議決権制限株式(自己株式等)                          -            -          ―

     議決権制限株式(その他)                          -            -          ―

     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式      1,385,800                -   単元株式数100株

     完全議決権株式(その他)                普通株式      45,935,800              459,358     同上

     単元未満株式                普通株式        4,700              -   1単元(100株)未満の株式

     発行済株式総数                      47,326,300                 -          ―

     総株主の議決権                          -          459,358            ―

        ②【自己株式等】

                                                  平成30年12月31日現在
                                                     発行済株式総数

       所有者の氏名                     自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                  所有者の住所                                  に対する所有株
        又は名称                     株式数(株)        株式数(株)         合計(株)
                                                     式数の割合(%)
      (自己保有株式)
                東京都渋谷区恵比寿南
                                          -
                              1,385,800                 1,385,800           2.93
                三丁目5番7号
     ㈱デジタルガレージ
                                          -
          計            ―         1,385,800                 1,385,800           2.93
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/18









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
       府令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から
       平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半
       期連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は、平成30年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更してお
       ります。
                                  8/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         32,922              41,926
         現金及び預金
                                         5,307              4,329
         金銭の信託
                                         7,741              8,234
         受取手形及び売掛金
                                         12,364              15,192
         営業投資有価証券
                                        △ 1,235             △ 1,225
         投資損失引当金
                                           269              266
         商品
                                           221              322
         仕掛品
                                            8              11
         原材料及び貯蔵品
                                         16,889              22,616
         未収入金
                                           718              576
         その他
                                          △ 32             △ 41
         貸倒引当金
         流動資産合計                                75,176              92,210
       固定資産
                                         2,338              3,382
         有形固定資産
         無形固定資産
                                         2,019              2,327
          ソフトウエア
                                         7,822              6,667
          のれん
                                           28              30
          その他
                                         9,869              9,025
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         16,552              21,400
          投資有価証券
                                         4,691              5,380
          その他
                                          △ 31             △ 31
          貸倒引当金
                                         21,211              26,748
          投資その他の資産合計
                                         33,419              39,156
         固定資産合計
                                           -              56
       繰延資産
                                        108,596              131,423
       資産合計
                                  9/18










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         5,018              6,567
         支払手形及び買掛金
                                         1,700              5,200
         短期借入金
                                         2,437              1,022
         1年内返済予定の長期借入金
                                         1,008              1,408
         未払法人税等
                                           291              290
         賞与引当金
                                         36,499              38,387
         預り金
                                         2,339              2,437
         その他
                                         49,294              55,313
         流動負債合計
       固定負債
                                           -            25,233
         転換社債型新株予約権付社債
                                         18,890              11,773
         長期借入金
                                           -              396
         退職給付に係る負債
                                         1,394              1,486
         その他
                                         20,284              38,890
         固定負債合計
                                         69,578              94,204
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         7,464              7,494
         資本金
                                         3,104              3,127
         資本剰余金
                                         25,819              28,291
         利益剰余金
                                          △ 26            △ 5,026
         自己株式
                                         36,363              33,887
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           339              286
         その他有価証券評価差額金
                                         1,100              1,233
         為替換算調整勘定
                                         1,440              1,519
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   844             1,016
                                           369              795
       非支配株主持分
                                         39,017              37,218
       純資産合計
                                        108,596              131,423
      負債純資産合計
                                 10/18









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      売上高                                   43,921              50,805
                                         35,010              39,285
      売上原価
                                         8,910              11,519
      売上総利益
                                         6,717              9,116
      販売費及び一般管理費
                                         2,192              2,403
      営業利益
      営業外収益
                                            8              35
       受取利息
                                         1,914              2,191
       持分法による投資利益
                                           395              558
       その他
                                         2,318              2,785
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           59              67
       支払利息
                                           195              208
       不動産賃貸原価
                                           68              67
       その他
                                           323              343
       営業外費用合計
                                         4,187              4,845
      経常利益
      特別利益
                                           -               3
       固定資産売却益
                                           26              66
       持分変動利益
                                           798             2,061
       関係会社株式売却益
                                           850              124
       その他
                                         1,675              2,256
       特別利益合計
      特別損失
                                           -              665
       減損損失
                                           10              697
       投資有価証券評価損
                                           33              38
       その他
                                           44             1,401
       特別損失合計
                                         5,818              5,699
      税金等調整前四半期純利益
                                         1,470              2,513
      法人税、住民税及び事業税
                                           269             △ 390
      法人税等調整額
                                         1,740              2,123
      法人税等合計
                                         4,078              3,575
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                           25             △ 29
      に帰属する四半期純損失(△)
                                         4,052              3,605
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/18







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                         4,078              3,575
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           578              △ 65
       その他有価証券評価差額金
                                            6             133
       為替換算調整勘定
                                           34              10
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                           620               78
       その他の包括利益合計
                                         4,698              3,653
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         4,672              3,683
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           26             △ 29
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         1.連結の範囲の重要な変更
           従来持分法適用関連会社であった㈱DGコミュニケーションズは、第1四半期連結会計期間より、株式の追
          加取得により子会社となったため、持分法適用の範囲から除外し、連結の範囲に含めております。
         2.持分法適用の範囲の重要な変更

           ㈱DGマーケティングデザインは、第1四半期連結会計期間に、新設分割により新たに設立し、株式の一部
          を譲渡したため、持分法適用の範囲に含めております。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固
          定負債の区分に表示しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
         は、次のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                              (自    平成29年4月1日             (自    平成30年4月1日
                               至   平成29年12月31日)              至   平成30年12月31日)
          減価償却費                             703  百万円              771  百万円
          のれんの償却額                             403                489
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
          1.配当に関する事項
            配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
        (決議)        株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)
                               (円)
      平成29年6月17日
                普通株式          942       20   平成29年3月31日         平成29年6月19日         利益剰余金
       定時株主総会
          2.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
         Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

          1.配当に関する事項
            配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
        (決議)        株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)
                               (円)
      平成30年6月22日
                普通株式         1,132        24   平成30年3月31日         平成30年6月25日         利益剰余金
       定時株主総会
          2.株主資本の金額の著しい変動

           (自己株式の取得)
             当社は、平成30年8月29日開催の取締役会決議に基づき、東京証券取引所における市場買付けにより自
            己株式1,259,400株の取得を行いました。この結果、当第3四半期連結累計期間において自己株式が4,999
            百万円増加し、当第3四半期連結会計期間末において自己株式が5,026百万円となっております。
                                 13/18



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                             報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                 調整額     損益計算書
                 マーケティン      フィナンシャ      インキュベー      ロングターム
                                                 (注)1      計上額
                 グテクノロジー      ルテクノロジー      ションテクノロ       インキュベー
                                            計
                                                        (注)2
                   事業      事業     ジー事業      ション事業
     売上高
                   25,379      15,619       2,355       567     43,921        -    43,921
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     23       ▶     709       15      753     △ 753       -
      売上高又は振替高
                   25,402      15,624       3,065       582     44,674       △ 753     43,921
          計
                    1,501      1,857      1,821      1,835      7,016     △ 1,197      5,818
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額△1,197百万円には、セグメント間取引消去△2,915百万円、各報告セグメントに配分
          していない全社費用△1,790百万円及び全社営業外損益等3,508百万円が含まれております。全社費用は主に報
          告セグメントに帰属しない一般管理費であり、全社営業外損益等は主に本社機能から生ずる金融収支でありま
          す。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の税金等調整前四半期純利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (固定資産に係る重要な減損損失)
              該当事項はありません。
            (のれんの金額の重要な変動)

              当第3四半期連結累計期間において、㈱DG                    Life   Designの株式を追加取得し、連結の範囲に含めたこ
             とに伴い、ロングタームインキュベーション事業ののれんが2,984百万円増加しております。
            (重要な負ののれん発生益)

              該当事項はありません。
                                 14/18










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                             報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                 調整額     損益計算書
                 マーケティン      フィナンシャ      インキュベー      ロングターム
                                                 (注)1      計上額
                 グテクノロジー      ルテクノロジー      ションテクノロ       インキュベー
                                            計
                                                        (注)2
                   事業      事業     ジー事業      ション事業
     売上高
                   28,226      17,300       3,545      1,733      50,805        -    50,805
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     33       9     218       1     262     △ 262       -
      売上高又は振替高
                   28,260      17,309       3,763      1,734      51,067       △ 262     50,805
          計
                     853     2,292      1,930      2,172      7,249     △ 1,549      5,699
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額△1,549百万円には、セグメント間取引消去△2,646百万円、各報告セグメントに配分
          していない全社費用△2,198百万円及び全社営業外損益等3,294百万円が含まれております。全社費用は主に報
          告セグメントに帰属しない一般管理費であり、全社営業外損益等は主に本社機能から生ずる金融収支でありま
          す。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の税金等調整前四半期純利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (固定資産に係る重要な減損損失)
              該当事項はありません。
            (のれんの金額の重要な変動)

              該当事項はありません。
            (重要な負ののれん発生益)

              該当事項はありません。
                                 15/18











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
          1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以
         下のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                                  至   平成29年12月31日)            至   平成30年12月31日)
                                        85円97銭              77円30銭
     (1)1株当たり四半期純利益
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益                   (百万円)               4,052              3,605
                          (百万円)
       普通株主に帰属しない金額                                   -              -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                          (百万円)
                                         4,052              3,605
       四半期純利益
       普通株式の期中平均株式数                    (株)          47,143,641.79              46,635,071.31
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                  85円41銭              73円53銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益
                          (百万円)
                                           -             △11
       調整額
                          (百万円)
       (うち受取利息(税額相当額控除後))                                   (-)             (△11)
       普通株式増加数                    (株)            311,119.28             2,237,029.97
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
     り四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前                                 ―              ―
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
        (重要な後発事象)

         当第3四半期連結会計期間(自                平成30年10月1日          至   平成30年12月31日)
          該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 16/18










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社デジタルガレージ(E05156)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                  平成31年2月12日

     株式会社デジタルガレージ

      取締役会       御中
                             EY  新  日  本  有  限  責  任  監  査  法  人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              高   田   慎   司
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員
                                      公認会計士
                                              表          晃   靖
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員
                                      公認会計士
                                              小   島   亘   司
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社デジ

     タルガレージの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30
     年10月1日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12
     月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括
     利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社デジタルガレージ及び連結子会社の平成30年12月31日
     現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項
     がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。