共栄セキュリティーサービス株式会社 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:共栄セキュリティーサービス株式会社

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                         有価証券届出書

    【提出先】                         関東財務局長

    【提出日】                         平成31年2月12日

    【会社名】                         共栄セキュリティーサービス株式会社

    【英訳名】                         Kyoei   Security     Service    Co.,   Ltd.

    【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  我 妻 文 男

    【本店の所在の場所】                         東京都千代田区九段南一丁目6番17号千代田会館

    【電話番号】                         03-3511-7780(代表)

    【事務連絡者氏名】                         常務取締役 管理本部長  阿 部 克 巳

    【最寄りの連絡場所】                         東京都千代田区九段南一丁目6番17号千代田会館

    【電話番号】                         03-3511-7780(代表)

    【事務連絡者氏名】                         常務取締役 管理本部長  阿 部 克 巳

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額

                             ブックビルディング方式による募集     703,800,000円
                             売出金額
                             (引受人の買取引受による売出し)
                             ブックビルディング方式による売出し                         62,100,000円
                             (オーバーアロットメントによる売出し)
                             ブックビルディング方式による売出し                        133  ,515,000円
                             (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                券届出書提出時における見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                          該当事項はありません。

                                   1/119






                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

        種類         発行数(株)                       内容

                         完全議決権株式であり、株主としての権利内容に何ら限定のない、
       普通株式         400,000(注)2.         当社における標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株
                         であります。
     (注)   1.平成31年2月12日開催の取締役会決議によっております。
        2.発行数については、平成31年2月26日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
        3.  当社は、みずほ証券株式会社に対し、上記発行株式数のうち取得金額40,000千円に相当する株式数を上限と
          して、福利厚生を目的に当社従業員持株会(名称:共栄セキュリティーサービス社員持株会)を当社が指定す
          る販売先(親引け先)として要請する予定であります。
          なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」
          に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)でありま
          す。
        4.上記とは別に、平成31年2月12日開催の取締役会において、みずほ証券株式会社を割当先とする当社普通株
          式64,500株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
          なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
          カバー取引について」をご参照下さい。
        5.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
          名称:株式会社証券保管振替機構
          住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                   2/119












                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      平成31年3月7日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受
     け」欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該
     引受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は平成31年2月26日開催予
     定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総
     額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対し
     て引受手数料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第233
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価
     格で行います。
              区分             発行数(株)        発行価額の総額(円)            資本組入額の総額(円)

     入札方式のうち入札による募集                           ―            ―             ―

     入札方式のうち入札によらない募集                           ―            ―             ―

     ブックビルディング方式                        400,000          703,800,000             380,880,000

     計(総発行株式)                        400,000          703,800,000             380,880,000

     (注) 1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
        2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
          ます。
        3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
        4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、平成31年2月12日開催の取締役会決議に基づき、
          平成31年3月7日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出され
          る資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であ
          ります。
        5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,070円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
          込額)は828,000,000円となります。
        6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「第2 売出要項 
          2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっ
          ては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
          なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
          ロットメントによる売出し)」及び「第2 売出要項 4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売
          出し)」をご参照下さい。
        7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
          しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   3/119








                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                   資本    申込株                   申込

    発行価格     引受価額     払込金額
                   組入額     数単位         申込期間          証拠金        払込期日
     (円)     (円)     (円)
                   (円)     (株)                   (円)
     未定     未定     未定     未定         自 平成31年3月8日(金)              未定
                         100                     平成31年3月15日(金)
    (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.          至 平成31年3月13日(水)             (注)4.
     (注) 1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
          発行価格は、平成31年2月26日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リス
          ク等を総合的に勘案したうえで、平成31年3月7日に引受価額と同時に決定する予定であります。
          仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
          が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
          需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
          関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
        2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、平成31年2月26日開催予定の取締役会において決定される予定で
          あります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び平成31年
          3月7日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人
          の手取金となります。
        3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、平成31年2月12日開催の取締役会におい
          て、増加する資本金の額は、平成31年3月7日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第
          14条第1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生
          じたときは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額か
          ら増加する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
        4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
          期日に新株式払込金に振替充当いたします。
        5.株式受渡期日は、平成31年3月18日(月)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に
          係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
          い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、本募集に係る株券
          は、発行されません。
        6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        7.申込みに先立ち、平成31年2月28日から平成31年3月6日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考と
          して需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
          販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
          の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
          引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分
          に関する基本方針及び社内規程等に従い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については各
          社の店頭における表示又はホームページにおける表示等をご確認下さい。
        8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
      ①  【申込取扱場所】

        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の本店並びに全国各支店及び
       営業所で申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

                店名                          所在地

      株式会社みずほ銀行 池袋西口支店                           東京都豊島区西池袋一丁目15番2号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                   4/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【株式の引受け】
                                        引受株式数

     引受人の氏名又は名称                      住所                     引受けの条件
                                         (株)
     みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                              1.買取引受けによりま
                                                す。
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
                                              2.引受人は新株式払込
                                                金として、平成31年
     岡三証券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目17番6号
                                                3月15日までに払込
                                                取扱場所へ引受価額
     いちよし証券株式会社             東京都中央区八丁堀二丁目14番1号
                                                と同額を払込むこと
                                         未定
                                                といたします。
     あかつき証券株式会社             東京都中央区日本橋小舟町8番1号
                                              3.引受手数料は支払わ
                                                れません。ただし、
     岩井コスモ証券株式会社             大阪府大阪市中央区今橋一丁目8番12号
                                                発行価格と引受価額
                                                との差額の総額は引
                                                受人の手取金となり
                                                ます。
          計                  ―             400,000          ―

     (注)   1.平成31年2月26日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
        2.上記引受人と発行価格決定日(平成31年3月7日)に元引受契約を締結する予定であります。
        3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
          引業者に販売を委託する方針であります。
    5  【新規発行による手取金の使途】

     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

                761,760,000                  13,000,000                 748,760,000

     (注)   1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
          の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,070円)を基礎として算出した見込額であり
          ます。
        2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
        3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額748,760千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算
      額上限122,833千円と合わせた、手取概算額合計上限871,593千円について、人材採用・人材育成等、新規エリア進
      出、社内基幹システム構築、事業生産性向上投資、その他運転資金に充当する予定であります。
       具体的には、以下の使途に使用する予定であります。
      ①人材採用・人材育成等のための投資

        既存エリアの業績拡大を目的とした、各事業所(本社、営業所等)における人材採用活動強化のための投資、
       定着率上昇を企図した福利厚生充実のための投資、警備サービスの品質向上のための教育投資資金として300,000
       千円(2020年3月期に75,000千円、2021年3月期100,000千円、2022年3月期125,000千円)
      ②新規エリア進出のための投資

        新規エリアへの進出を目的とした、新規事業所や社員寮の設置資金、新規エリアで勤務する人材採用活動のた
       めの投資資金として200,000千円(2020年3月期に100,000千円、2021年3月期100,000千円)
      ③社内基幹システム構築のための投資

        業務効率向上を目的とした、社内基幹システム構築のための投資資金として100,000千円(2020年3月期)
      ④事業生産性向上のための投資

                                   5/119


                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        事業生産性向上により当社警備サービスの付加価値を高め、持続的成長を実現することを目的とした、顔認証
       や指紋認証等のセキュリティーシステムの導入等による少人数で高品質かつ効果的な警備サービスを実現するた
       め の投資資金として100,000千円(2021年3月期)
       残額については、事業規模拡大のための運転資金(企業の社会的認知度向上のためのPR等)に充当する方針で

      ありますが、具体化している事項はありません。
       なお、上記調達資金は、各々の具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する予定です。
        (注)   設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の

          項をご参照ください。
                                   6/119

















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      平成31年3月7日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
     (引受人の買取引受による売出し) (2)                   ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要
     項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発
     行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日
     に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手
     取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                          売出しに係る株式の所有者の

                               売出価額の総額
       種類           売出数(株)
                                 (円)
                                           住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち
        ―                    ―         ―           ―
             入札による売出し
             入札方式のうち
        ―                    ―         ―           ―
             入札によらない売出し
                                        東京都練馬区


      普通株式       ブックビルディング方式             30,000       62,100,000
                                        我妻 文男       30,000株
     計(総売出株式)              ―        30,000        62,100,000                ―


     (注) 1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
          す。
        2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
          ます。
        3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(2,070円)で算出した見込額であります。
        4.売出数等については今後変更される可能性があります。
        5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5.に記載した振替機関と同一
          であります。
        6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
          よる売出しを行う場合があります。
          なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
          売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
        7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
          いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   7/119







                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                             申込

                       申込株数
                                         引受人の住所及び氏名            元引受契
     売出価格     引受価額
                        単位
                申込期間            証拠金     申込受付場所
      (円)     (円)
                                             又は名称        約の内容
                        (株)
                             (円)
                                引受人及びその
               自 平成31年                 委託販売先金融
      未定                                    東京都千代田区大手町
           未定    3月8日(金)             未定    商品取引業者の                      未定
     (注)1.                     100                一丁目5番1号
          (注)2.     至 平成31年            (注)2.     本店並びに全国                     (注)3.
     (注)2.                                     みずほ証券株式会社
               3月13日(水)                 各支店及び営業
                                所
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                 ブックビルディング方式」の(注)1.と
          同様であります。
        2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
          申込証拠金には、利息をつけません。
          引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一になります。
        3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
          価格決定日(平成31年3月7日)に決定する予定であります。
          なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
          は引受人の手取金となります。
        4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
        5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
          の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行う
          ことができます。なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
        6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        7.上記引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2) 
          ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                   8/119










                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                         売出しに係る株式の所有者の

                              売出価額の総額
       種類           売出数(株)
                                 (円)
                                           住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち
        ―                     ―        ―           ―
             入札による売出し
             入札方式のうち
        ―                     ―        ―           ―
             入札によらない売出し
                                       東京都千代田区大手町一丁目5番1号
      普通株式       ブックビルディング方式             64,500      133,515,000
                                       みずほ証券株式会社   64,500株
     計(総売出株式)              ―        64,500       133,515,000                ―
     (注) 1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
          況を勘案し、みずほ証券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出
          しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があり
          ます。
        2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、平成31年2月12日開催の取締役会において、み
          ずほ証券株式会社を割当先とする当社普通株式64,500株の第三者割当増資の決議を行っております。また、
          みずほ証券株式会社は、取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とす
          る当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
          なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
          カバー取引について」をご参照下さい。
        3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
          す。
        4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
          いたします。
        5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(2,070円)で算出した見込額であります。
        6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5.に記載した振替機関と同一
          であります。
                                   9/119












                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                   申込株数

     売出価格                   申込証拠金                   引受人の住所及び          元引受契
            申込期間        単位             申込受付場所
      (円)                    (円)                   氏名又は名称        約の内容
                    (株)
           自 平成31年
                              みずほ証券株式会社及び
      未定     3月8日(金)               未定
                              その委託販売先金融商品
                      100                          ―       ―
                              取引業者の本店並びに全
     (注)1.      至 平成31年              (注)1.
                              国各支店及び営業所
            3月13日(水)
     (注) 1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
          れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
          ん。
        2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定であ
          ります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に
          従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オーバーアロッ
          トメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
        3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        4.みずほ証券株式会社及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの
          条件(引受人の買取引受による売出し) (2) ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同
          様であります。
                                  10/119












                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場について

      当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
     について、みずほ証券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場を予定し
     ております。
    2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主である合同会社あっとプラニング(以下「貸株人」という。)より借入れる株式でありま
     す。これに関連して、当社は、平成31年2月12日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式
     64,500株の第三者割当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当
     増資の会社法上の募集事項については、以下のとおりであります。
    (1)   募集株式の種類及び数            当社普通株式64,500株

    (2)   募集株式の払込金額            未定(注)1.

                   増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に基づき
                   算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端
       増加する資本金及び資
    (3)               数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資本準備
       本準備金に関する事項
                   金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とする。
                   (注)2.
    (4)   払込期日            平成31年3月27日(水)
     (注)   1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、平成31年2月26日開催予定の取締役会において決定される予
          定の「第1 募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定でありま
          す。
        2.割当価格は、平成31年3月7日に決定される予定の「第1 募集要項」における新規発行株式の引受価額と
          同一とする予定であります。
      また、主幹事会社は、平成31年3月18日から平成31年3月22日までの間、貸株人から借入れる株式の返還を目的と

     して、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
     バー取引を行う場合があります。
      主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式については、貸株人から借入れている株式の返還
     に充当し、当該株式数については、割当てに応じない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資におけ
     る発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行
     数が減少する、又は発行そのものが全く行われない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内において
     も、主幹事会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジ
     ケートカバー取引を終了させる場合があります。
    3.  ロックアップについて

      本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である我妻文男、貸株人である合同会社あっとプ
     ラニング、並びに当社株主であるマックスコーポレーション株式会社、株式会社ケイ・エス・エス、我妻紀子、合同
     会社K-mac、阿部克巳は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目
     の平成31年9月13日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なし
     には、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当
     社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。
      また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株
     式の発行、当社普通株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社普通株式を取得若しくは受領する権利
     を付与された有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオー
     バーアロットメントによる売出しに関連し、平成31年2月12日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を
     割当先とする第三者割当増資等を除く。)等を行わない旨合意しております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
     きる権限を有しております。
                                  11/119


                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      上記のほか、当社は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等によ
     る募集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その内容については、
     「第  四部    株式公開情報        第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                  12/119




















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項

     (1)  表紙に当社のロゴを記載いたします。

     (2)  裏表紙に当社のロゴマーク


                           を記載いたします。
     (3)  裏表紙に                   を記載いたします。


     (4)  表紙の次に「1.事業の概況」~「4.業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  13/119














                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/119





















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/119





















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/119





















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/119





















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/119





















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  19/119





















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  20/119





















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
           回次            第33期       第34期

          決算年月           平成29年3月       平成30年3月

     売上高             (千円)      5,287,191       5,347,389

     経常利益             (千円)       386,870       388,983

     親会社株主に帰属する
                 (千円)       240,408       260,037
     当期純利益
     包括利益             (千円)       232,410       261,498
     純資産額             (千円)      2,123,132       2,384,631

     総資産額             (千円)      2,897,403       3,063,859

     1株当たり純資産額             (円)      2,037.56       2,288.51

     1株当たり当期純利益             (円)       230.72       249.56

     潜在株式調整後
                  (円)         ―       ―
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率             (%)       73.28       77.83
     自己資本利益率             (%)       11.32       11.54

     株価収益率             (倍)         ―       ―

     営業活動による
                 (千円)       401,590       153,359
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)      △ 73,859      △ 24,359
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)      △ 89,679      △ 19,962
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)       515,511       624,548
     の期末残高
     従業員数
                          408       430
     〔ほか、平均臨時             (名)
                        〔  1,180   〕    〔 1,165   〕
     雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
        3.第33期の自己資本利益率は、連結初年度のため期末自己資本に基づいて計算しております。
        4.株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        5.従業員数については、就業人員数を記載しております。なお、臨時雇用人員であります契約社員、嘱託社員
          は〔 〕内に年間の平均人員を外数で記載しております。
        6.第33期及び第34期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
          (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太
          陽有限責任監査法人により監査を受けております。
        7.当社は、平成30年8月29日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を行っておりますが、第33期
          の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算出しており
          ます。
                                  21/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次            第30期       第31期       第32期       第33期       第34期
          決算年月           平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

     売上高             (千円)      4,078,058       4,160,669       4,416,240       4,895,482       4,973,192

     経常利益             (千円)       169,598       198,650       165,945       395,878       376,103

     当期純利益             (千円)       100,376        90,692       104,520       233,936       243,805

     資本金             (千円)       50,000       50,000       50,000       50,000       50,000

     発行済株式総数             (株)       1,000       1,000       1,042       1,042       1,042

     純資産額             (千円)      1,649,224       1,731,701       1,907,217       2,117,526       2,362,792

     総資産額             (千円)      2,222,093       2,395,952       2,506,184       2,845,943       2,996,387

     1株当たり純資産額             (円)    1,649,224.46       1,731,701.81       1,830,343.52         2,032.17       2,267.55

     1株当たり配当額                    15,000       15,000       15,000          ―       ―
                  (円)
     (1株当たり中間配当額)                      ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)
     1株当たり当期純利益             (円)     100,376.39        90,692.11       102,020.85         224.51       233.98
     潜在株式調整後
                  (円)         ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率             (%)        74.2       72.3       76.1       74.4       78.9
     自己資本利益率             (%)        6.2       5.4       5.7       11.6       10.9

     株価収益率             (倍)         ―       ―       ―       ―       ―

     配当性向             (%)        14.9       16.5       14.7         ―       ―

     従業員数
                          231       216       403       376       417
     〔ほか、平均臨時
                  (名)
                        〔 1,048   〕    〔 1,018   〕     〔 956  〕    〔 1,077   〕    〔 1,042   〕
     雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
        3.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        4.従業員数については、就業人員数を記載しております。なお、臨時雇用人員であります契約社員、嘱託社員
          は〔 〕内に年間の平均人員を外数で記載しております。
        5.  第30期から第32期については、会社計算規則(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記
          載しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を受けておりません。
        6.第33期及び第34期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
          年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限責
          任監査法人により監査を受けております。
        7.当社は、平成30年8月29日付で普通株式1株につき1,000株割合で株式分割を行っておりますが、第33期の
          期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しておりま
          す。
        8.当社は、平成30年8月29日付で普通株式1株につき1,000株の株式分割を行っております。
          そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請
          のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に
          基づき、第30期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を参考ま
          でに掲げると、以下のとおりとなります。
          なお、第30期、第31期及び第32期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については太陽有限責
          任監査法人の監査を受けておりません。
                                  22/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           回次            第30期       第31期       第32期       第33期       第34期

          決算年月           平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

     1株当たり純資産額             (円)      1,649.22       1,731.70       1,830.34       2,032.17       2,267.55

     1株当たり当期純利益             (円)       100.38        90.69       102.02       224.51       233.98

     潜在株式調整後
                  (円)         ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
     1株当たり配当額
                           15       15       15        ―       ―
                  (円)
                          (―)       (―)       (―)       (―)       (―)
     (1株当たり中間配当額)
                                  23/119

















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【沿革】
       年月                           概要

             東京都豊島区西池袋三丁目に交通誘導警備業務を事業目的とした、共栄セキュリティーサービス
     昭和60年5月
             株式会社(資本金300万円)を設立。
     昭和62年8月        資本金を900万円に増資。
     平成7年6月        資本金を1,000万円に増資。

     平成7年7月        本社を東京都豊島区西池袋三丁目から東京都豊島区西池袋五丁目に移転。

     平成12年4月        施設警備部を設置し、大型複合商業施設の施設警備を開始。

             サッカーの世界選手権大会(日韓共催)の宮城会場、埼玉会場、新潟会場、静岡会場の警備を実
     平成14年6月
             施。
     平成14年8月        資本金を5,000万円に増資。
     平成14年8月        ボディーガード(身辺警護)の提供を開始。

     平成14年12月        一般労働者派遣事業許可を取得。

     平成15年1月        本社を東京都豊島区西池袋五丁目から東京都練馬区豊玉北一丁目に移転。

     平成16年6月        本社を東京都練馬区豊玉北一丁目から現在の東京都千代田区九段南に移転。

     平成16年10月        本社及び新宿支社が当社初の国際品質マネジメントシステム規格ISO9001の認証を取得。

     平成18年7月        資本金を7,000万円に増資。

     平成21年9月        資本金を5,000万円に減資。

     平成23年9月        警備業務の資質向上を図るため、東京都品川区に西五反田研修センターを新設。

     平成23年10月        プライバシーマークの認証取得を受ける。

     平成27年7月        株式会社道都機動警備の全株式を取得し完全子会社化。

     平成27年9月        株式会社ティー・エフ・ケイを吸収合併し、駐車場運営管理業務を開始。

     平成27年12月        株式会社道都警備の全株式を取得し完全子会社化。

     平成28年3月        株式会社道都警備を存続会社として株式会社道都機動警備と合併。

     平成28年11月        株式会社CSPパーキングサポートに出資(当社の出資比率33.0%)。

                                  24/119








                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【事業の内容】
      当社グループは、当社及び連結子会社1社、持分法適用関連会社1社で構成され、警備事業を中心とした活動を展
     開しております。当社グループは、警備事業の単一セグメントになっていることから、セグメントごとの記載を省略
     しておりますが、当社グループの事業について、分野別に内容を記載いたします。
     (1)  施設・巡回警備分野

      ① 施設警備
        オフィスビル、商業施設等に警備員を配置し、出入管理、巡回、緊急対処等を行っております。当社グループ
       では、主力の業務となっております。
      ② レセプション・コンシェルジュ
        主に女性警備員による企業受付業務や商業施設のコンシェルジュを行っております。一般的な受付要員ではな
       く、警備員教育を受け警備員を兼ね備えている特長を持っております。
      ③ 駐車場警備
        商業施設等の駐車場に警備員を配置し、出入口等の車両誘導、料金収受などを行っております。
      ④ 空港消防業務
        航空機事故等に備えて空港に警備員を配置し、万が一、航空機事故等が発生した場合には、消火活動と救難活
       動を行います。
     (2)  雑踏・交通誘導警備分野

      ① 交通誘導警備
        路上工事現場や建築現場などに警備員を配置し、一般通行車両や歩行者などの誘導を行っております。
      ② イベント警備
        ラグビー、マラソン等のスポーツ競技大会やコンサートなどのイベント会場において、規制、誘導等の雑踏整
       理を行っております。
      ③ ハイウェイ・セキュリティー
        高速道路や自動車専用道路、サービスエリア・パーキングエリアにおける交通誘導警備、また停車中の故障車
       の後方警戒による安全確保を行っております。
     (3)  その他

      ① ボディーガード
        国内外の要人の身辺警護を行っております。当社は、テコンドー元全日本優勝者や格闘技の現役選手など格闘
       技に精通しているスタッフが在籍しております。これまで、企業役員をはじめ、ハリウッドスターやアーティス
       ト等の身辺警護を多数行っております。
      ② 駐車場運営管理
        商業施設・病院等の駐車場における管理業務(売上金回収や駐車案内・精算補助等の案内業務)を行っており
       ます。また、コインパーキングにおける精算機・発券機・ロック板・ゲート等の機械トラブル発生時に、障害対
       応専門の機動隊員が現場に急行して、トラブルを解決するサービスを行っています(駐車場障害対応)。
      ③ マンション代行管理
        マンション管理会社等の専任管理員の休日(傷病療養や長期欠員等)に、代行員を派遣してマンション管理業
       務の代行を行っております。
      ④ 建物・設備管理
        法定点検・巡回点検の実施及び常駐管理を行うサービスです。
                                  25/119





                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     事業の系統図は次のとおりであります。
                                  26/119




















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【関係会社の状況】
                                      議決権の所有

                         資本金      主要な事業
         名称          住所                    (又は被所有)           関係内容
                         (千円)       の内容
                                       割合(%)
     (連結子会社)
                                              運転資金の貸付
                             施設・巡回警備
     ㈱道都警備
                北海道札幌市                             夜間コールセンター業務
                         30,000    雑踏・交通誘導             100.0
                白石区                             の委託
     (注)1
                             警備
                                              役員の兼任4名
     (持分法適用関連会社)
                                              駐車場障害対応の委託
     ㈱CSPパーキングサ
                東京都渋谷区         89,500    駐車場障害対応             33.0
     ポート
                                              役員の兼任2名
     (注)   1.特定子会社であります。
        2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
    5  【従業員の状況】

     (1)  連結会社の状況
                                              平成30年12月31日現在
             セグメントの名称                            従業員数(名)
               警備事業                           413  (1,198)

                                          413

                合計                           (1,198)
     (注)   1 当社グループは警備事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載をしておりません。
        2 従業員数については、就業人員数であり、臨時雇用者数(契約社員、嘱託社員)は、最近1年間の平均人員を
          ( )外数で記載しております。
     (2)  提出会社の状況

                                              平成30年12月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               398
                             43.8               7.7             3,356
              (1,062)
     (注)   1 当社は警備事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載をしておりません。
        2 従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員数であります。
        3 従業員数欄の( )内は外書きで、契約社員並びに嘱託社員の最近1年間の平均人員を記載しております。
        4 平均年齢、平均勤続年数、平均年間給与については、正社員を対象とした数値を示しております。
        5 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
     (3)  労働組合の状況

       労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  27/119








                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、提出日現在において、当社グループが判断したものであります。
     (1)  会社の経営の基本方針

       当社グループは、「教育のレベルは、会社のレベル。」をスローガンに掲げております。一人ひとりの社員を正
      義感と判断力を兼ね備えたセキュリティーのプロフェッショナルに育て上げ、経営理念である「『誠実』かつ『確
      実』」を基本として、社会の安全に寄与することへの実現に向けた努力が、契約先に顧客満足の向上をもたらし、
      社員が成長を実感し、当社グループの企業価値の増大につながるものと考えております。
     (2)  目標とする経営指標

       当社グループは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関連する警備需要の取り込みを契機に、主
      力業務であり、30余年の実績に基づく施設・巡回警備並びに雑踏・交通誘導警備の展開に積極的に取り組み、当連
      結会計年度においては年間売上高前年比6%増加を目標としておりますが、平成33年3月期に自立的成長として年
      間売上高前年比7%を目指しております。
     (3)  中長期的な会社の経営戦略

       凶悪犯罪や自然災害への対策を背景に、警備業に対する社会的な需要は益々の増大が想定されております。当社
      グループでは、主力業務である施設警備の更なる展開に取り組み、業容の拡大と収益力の強化に取り組んでまいり
      ます。
       また、競合他社との競争力を高めていくために、警備員の資質向上を目的として「One                                        Person,    One  License」と
      のキーワードを掲げ、各種資格取得者の増強を図ってまいります。
     (4)  経営環境及び対処すべき課題

       今後の経済動向につきましては、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響等の不透明な要素はあるもの
      の、企業収益や雇用情勢の改善が続くなかで、景気は緩やかな回復が続くと思われます。
       我が国における警備業につきましては、平成31年のG20サミット、同年のラグビーワールドカップ2019、平成32
      年の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会と、大規模国際的イベントが相次ぐことや、凶悪犯罪や自然
      災害への対策においても大きな期待が寄せられるなど、社会的な需要が増加傾向にあります。その一方で、警備業
      における人手不足は深刻であり、平成30年11月の警備員を含む保安の職業の有効求人倍率は8.52倍(「職業安定業務
      統計」厚生労働省)と高く推移しており、その厳しさがうかがわれるところであります。
       このような我が国経済や業界の将来展望も踏まえ、今後も継続的に警備事業を成長させるために、当社グループ

      は次の課題に取り組んでまいります。
      ①  平成32年までの大規模国際イベントに関連する警備需要を取り込むため、スポーツ大会会場警備など関連する警

        備業務に取り組み、経験値を積み上げてまいります。
      ②  競合他社との競争力を高めていくために、警備員の資質向上を目的として「One                                       Person,    One  License」との
        キーワードを掲げ、各種資格取得者の増強を図ってまいります。
      ③  警備員の採用活動に全力で取り組んでまいります。また、採用活動を円滑にするために、社員寮の設置、サード
        プレイスオフィスにおける採用面接を行っております。
      ④  警備員の離職率の低下を図るため、働き方改革に取り組んでまいります。
                                  28/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
      本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
     事項には、以下のようなものがあります。また、必ずしもそのようなリスク要因には該当しない事項につきまして
     も、投資者の投資判断上、重要であると考えられる事項につきましては、投資者に対する積極的な情報開示の観点か
     ら以下に記載しております。
      なお、文中の将来に関する事項は、提出日現在において当社グループが判断したものであり、当社グループの事業
     又は本株式の投資に関するリスクを全て網羅するものではありません。
     (1)  価格競争に関するリスク

       当社グループが属する警備業界は、市場規模と比較して、警備事業者は約9,500社と多く、同業者間の価格競争が
      年々激しくなっております。当社グループは、これらの同業他社と競合しており、今後の価格競争の動向によって
      は、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。そのような事態に対処するため、契約先のニーズを的
      確に把握し、相手の立場に立った、より質の高いサービスを提供することで、価格競争に打ち勝つとともに、コス
      ト管理の徹底に努めてまいります。
     (2)  大規模災害等に関するリスク

       大規模な地震や風水害などの自然災害、火災や大規模停電、インフラ損壊などの大事故が発生した場合には、公
      共の通信インフラの機能停止、道路、鉄道などの交通インフラの遮断などにより、当社グループのサービス提供や
      業務遂行などに支障をきたす可能性があります。
       そのため、当社グループはこれら大規模災害の発生に備え、リスク管理規程における緊急事態発生時の対応マ
      ニュアルの整備、対策品の備蓄、また、緊急連絡網の確保を目的に、東京と札幌にて、コールセンターを24時間体
      制で稼動しております。
     (3)  特定の契約先への依存に関するリスク

       当社グループの売上は、主要取引先10社(㈱サン総合メンテナンス、㈱アサヒファシリティズ、他)が6割近くを
      占めており、これら取引先の動向によっては、大幅値下げや店舗の統廃合による既存の契約物件の解約等により、
      当社グループの業績に大きな影響を与える可能性があります。
       そのため当社グループは、既存顧客との良好で安定した取引関係の維持と発展を目指すとともに、引き続き新規
      顧客の開拓を進めてまいります。
     (4)  顧客情報の管理に関するリスク

       当社グループは、セキュリティーサービスの提供にあたり、契約先の機密情報等を知り得る立場にあり、その情
      報の機密保持が極めて重要な課題となっております。
       当社グループは、従来から徹底した管理体制と社員教育により、契約先の情報が外部に漏洩しないよう情報の管
      理及びプライバシー保護に努めております。
       また、平成17年4月から施行された個人情報保護法への対応については、当社内で「個人情報保護方針」を定め、
      一連の個人情報保護に関する社内ルールを整備するとともに、プライバシーマークを認証取得し、個人情報管理を
      徹底しております。又、ネットワーク等のシステムやUSBメモリ等の記録媒体についても管理の徹底に努めておりま
      す。
       しかしながら、契約先の情報が外部に漏洩した場合には、当社グループの信用が失墜することとなり、当社グ
      ループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (5)  特定人物への依存について

       代表取締役社長である我妻文男は、当社グループの創業者であり、警備業界で得た豊富な知識と経験を活かし、
      グループの代表として指揮を取っております。当社グループは、同氏に過度に依存しない経営体制の構築を目指
      し、各分野における専門家の採用、人材の育成・強化、権限委譲の推進に注力しておりますが、何らかの理由によ
      り同氏が当社グループにおいて業務を継続することが困難となった場合、当社グループの業績及び今後の事業展開
      に影響を及ぼす可能性があります。
                                  29/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (6)  社員採用に関するリスク
       品質の高いセキュリティーサービスを継続して提供するためには、優秀な人材を確保し、継続的な教育、研修を
      行うことによって、警備に関する知識や技能の維持、向上を図ることが必要であります。当社グループでは年間を
      通じて既卒、中途採用を実施しておりますが、少子化の時代を迎え、必要な人員を確保できなくなった場合、当社
      グ ループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (7)  信用リスクについて

       当社グループは、営業活動や投融資活動などにおいて、主に国内の取引先に対し発生するさまざまな信用リスク
      にさらされております。当社グループは、その状況を定期的に見直し、必要な引当金等の検討ならびに計上を行っ
      ておりますが、今後、取引先の財務状態が悪化した場合は、貸倒引当金等を積み増す可能性もあり、当社グループ
      の業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
     (8)  警備業法に基づく規制について

       当社グループは、「警備業法」による警備業者として、本社所在地を管轄する公安委員会から同法に基づく警備
      業の認定を受けております。また、それに基づき規制を受け、それら事項を遵守しております。
                         当社               株式会社道都警備(連結子会社)
        許認可等の名称         警備業の認定証                     警備業の認定証

        所管官庁等

                東京都公安委員会                     北海道公安委員会
        許認可等の内容         警備業法第3条に基づく警備業の認定                     警備業法第3条に基づく警備業の認定
                (東京都公安委員会 第30000923号)                     (北海道公安委員会 第10000615号)
        有効期限         平成27年6月28日から                     平成30年4月4日から
                平成32年6月27日まで                     平成35年4月3日まで
                (5年毎の更新手続き)                     (5年毎の更新手続き)
        法令違反の要件         警備業法、同法に基づく命令若しくは同法                     警備業法、同法に基づく命令若しくは同法
                第17条第1項の規定に基づく都道府県公安                     第17条第1項の規定に基づく都道府県公安
                委員会規則の規定に違反する行為又は警備                     委員会規則の規定に違反する行為又は警備
                業務に関して行われた他の法令に違反する                     業務に関して行われた他の法令に違反する
                行為があったとき、営業の廃止、又は営業                     行為があったとき、営業の廃止、又は営業
                の停止(警備業法第49条)                     の停止(警備業法第49条)
       現在のところ、同法による規制の強化等が行われるという認識はありませんが、この規制が変更され、または新

      たな法令が適用されることにより事業に対する制約が強化された場合、事業活動が制限され、またはコストの増加
      につながる可能性があります。また、上記認定の取消しや法令違反等の懸念は現時点において生じておりません
      が、それらの事象が発生した場合、当社グループの主要な事業活動に支障をきたすとともに、業績および財務状況
      に影響を及ぼす可能性があります。
                                  30/119







                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経
      営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ① 経営成績の状況
       第34期連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
        当連結会計年度における我が国経済は、企業収益や雇用情勢の改善などから景気は緩やかに回復いたしまし
       た。一方、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響などにより、先行きは不透明な状況で推移しており
       ます。
        当社グループが属する警備業界につきましては、建設投資が順調に推移する中、凶悪犯罪や自然災害への対策
       を背景に、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の警備においても大きな期待が寄せられるなど、警
       備業に対する社会的な需要が増加傾向にあります。その一方で、警備業における人手不足は深刻であり、平成30
       年3月の警備員を含む保安の職業の有効求人倍率は7.37倍(「職業安定業務統計」厚生労働省)と高く推移してお
       り、採用難および雇用維持に伴う労務コストの上昇等、依然として厳しい経営環境下に置かれております。
        このような経営環境の中、当社グループは、「教育のレベルは、会社のレベル。」をスローガンに掲げ、警備
       員の資質向上に取り組み、「『誠実』かつ『確実』」な警備業務の提供拡大を推進しております。さらに、既存
       契約先の料金改定、人事制度改革や長時間労働抑制などの「働き方改革」実施による離職率低下に取り組み、人
       件費や募集広告費の上昇に対応することにより、従業員数は1,595(うち、平均臨時雇用人員数1,165)名となりま
       した。
        エリア戦略として平成27年に進出した北海道は、建設投資が平成28年度から拡大に転じており、北海道新幹線
       関連工事の需要拡大も想定されること等から、提供拡大に取り組んでおります。
        また、コイン式駐車場の機器トラブルの駐車場障害対応業務は、コイン式駐車場が平成19年から平成27年にお
       いて1.8倍増加する等、成長している分野であり、対応エリアを拡大展開して取り組んでおります。
        以上の結果、当社グループの当連結会計年度における業績は、売上高は前連結会計年度比60,198千円増収(+
       1.1%)の5,347,389千円、営業利益は前連結会計年度比21,770千円減益(△6.7%)の305,329千円、経常利益は前連
       結会計年度比2,113千円増益(+0.5%)の388,983千円、親会社株主に帰属する当期純利益は前連結会計年度比
       19,628千円(+8.2%)増益の260,037千円となりました。
       (売上高)

        当連結会計年度の売上高は、前連結会計年度より60,198千円(1.1%)増加し、5,347,389千円となりました。こ
       れは主として、施設警備の新規開始、既存契約先の料金改定に取り組んだ結果、施設・巡回警備分野が堅調に推
       移したことによるものであります。
       (売上原価、売上総利益)

        当連結会計年度の売上原価は、前連結会計年度より94,954千円(2.3%)増加し、4,138,903千円となりました。
       これは主として、警備員のモチベーション向上及び離職率低下を目的とした人事制度改革に伴う警備員の給与水
       準の見直しを行ったことによるものであります。
        この結果、当連結会計年度の売上総利益は、前連結会計年度に比べて34,755千円(2.8%)減少し、1,208,486千
       円となりました。
       (販売費及び一般管理費、営業損益)

        当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べて12,985千円(1.4%)減少し、903,156千円
       となりました。これは主に前連結会計年度に営業所の統合を行ったことに伴う諸経費の削減、減少によるもので
       あります。
        この結果、当連結会計年度の営業利益は、前連結会計年度に比べて21,770千円(6.7%)減少し305,329千円とな
       りました。
                                  31/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (経常損益)
        当連結会計年度の営業外収益は、前連結会計年度に比べて3,608千円(3.3%)減少し、105,199千円となりまし
       た。これは主に助成金収入が減少したことによるものであります。
        当連結会計年度の営業外費用は、前連結会計年度に比べて27,492千円(56.1%)減少し、21,545千円となりまし
       た。これは主に為替差損及び保険解約損の減少によるものであります。
        この結果、当連結会計年度の経常利益は、前連結会計年度に比べて2,113千円(0.5%)増加し、388,983千円とな
       りました。
       (親会社株主に帰属する当期純利益)

        当連結会計年度の法人税等合計は129,062千円となりました。
        この結果、当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度に比べて19,628千円(8.2%)
       増加し、260,037千円となりました。
       なお、当社グループは警備事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しておりますが、分野

      別の業績は以下の通りであります。
      分野別の状況について

      施設・巡回警備分野
       大学、酒造メーカー工場、データセンター、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の会場施設等の新
      規取引開始、また既存先の料金改定が順調に推移しました。その結果、当連結会計年度における当該警備分野の売
      上高は、前連結会計年度比5.7%増収の3,582,873千円となりました。
      雑踏・交通誘導警備分野

       施設・巡回警備分野で新規取引開始に注力、また長時間労働抑制による受注量抑制に取り組んだため、当連結会
      計年度における当該警備分野の売上高は、前連結会計年度比7.1%減収の1,560,884千円となりました。
      その他

       コイン式駐車場の障害対応業務は、当社は平成28年11月に㈱CSPパーキングサポートに出資し、持分法適用関
      連会社としたことから、当社の一部の既契約において、当社を介さず、㈱CSPパーキングサポートと直接の契約
      となったことや、契約満了物件があったことなどから、当連結会計年度におけるその他の分野の売上高は、前連結
      会計年度比6.1%減収の203,629千円となりました。
       第35期第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

        当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、企業収益や雇用情勢の改善などから景気は緩やかに回復い
       たしました。一方、通商問題の動向が世界経済に与える影響や、海外経済の不確実性、金融資本市場の変動の影
       響などにより、先行きは不透明な状況で推移しております。
        当社グループが属する警備業界におきましては、凶悪犯罪や相次いでいる自然災害の影響を背景に、東京オリ
       ンピック・パラリンピック競技大会の警備においても大きな期待が寄せられるなど、警備業に対する社会的な需
       要は益々増大しております。その一方で、警備業における人手不足は深刻であり、平成30年11月の警備員を含む
       保安の職業の有効求人倍率は8.52倍(「職業安定業務統計」厚生労働省)と高く推移しており、雇用環境改善に
       よる採用難および雇用維持に伴う労務コストの上昇等、依然として厳しい経営環境下に置かれております。
        このような経営環境の中、当社グループは「教育のレベルは、会社のレベル。」というスローガンのもと、経
       営理念である「『誠実』かつ『確実』」な警備業務によって社会の安全に寄与するため、新幹線列車内を警戒す
       る警乗警備や、駅ホーム等の警戒を行う鉄道警備隊の展開に取り組みました。また、施設警備の新規開始に取り
       組むとともに、相次いで我が国で開催されるスポーツ国際大会に向けた実績の積み上げとして、ラグビー国際試
       合、マラソン大会、プロゴルフメジャー大会の会場警備などに取り組みました。
        また、首都圏に社員寮を新設し、警備員の採用強化に取り組んでおります。
        その結果、当第3四半期連結累計期間における当社グループの業績は、売上高は4,241,066千円、営業利益は
       355,735千円、経常利益は367,166千円、親会社株主に帰属する四半期純利益は239,749千円となりました。
        なお、当社グループは警備事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
                                  32/119


                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ② 財政状態の状況
       第34期連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
       (流動資産)
        当連結会計年度末における流動資産は、前連結会計年度末に比べて160,048千円(9.5%)増加し、1,851,493千円
       となりました。
        これは主として、現金及び預金が145,896千円増加したことによります。
       (固定資産)

        当連結会計年度末における固定資産は、前連結会計年度末に比べて6,406千円(0.5%)増加し、1,212,365千円と
       なりました。
        これは主として、保険積立金が27,983千円増加したことによります。
       (流動負債)

        当連結会計年度末における流動負債は、前連結会計年度末に比べて89,121千円(12.4%)減少し、631,448千円と
       なりました。
        これは主として、未払金が45,138千円、未払法人税等が41,086千円及び賞与引当金が38,232千円減少したこと
       によるものであります。
       (固定負債)

        当連結会計年度末における固定負債は、前連結会計年度末に比べて5,921千円(11.0%)減少し、47,779千円とな
       りました。
        これは主として、リース債務が4,141千円減少したことによるものであります。
        なお、当連結会計年度における退職一時金制度廃止に伴い、退職給付に係る負債について、従業員に対する確
       定債務として21,185千円をその他に計上しております。
       (純資産)

        当連結会計年度における当連結会計年度末における純資産は、前連結会計年度末に比べて261,498千円(12.3%)
       増加し、2,384,631千円となりました。これは当期純利益の計上に伴い利益剰余金の額が260,037千円増加したこ
       とによるものであります。
       第35期第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

        当第3四半期連結会計期間の総資産は、前連結会計年度末に比べ270,468千円増加し、3,334,327千円(前連結
       会計年度末比8.8%増)となりました。その主な内容は、現金及び預金が286,729千円増加したことなどによるも
       のであります。
        負債は、前連結会計年度末に比べ31,502千円増加し、710,730千円(同4.6%増)となりました。その主な内容
       は、未払金が24,662千円増加したことなどによるものであります。
        純資産は、前連結会計年度末に比べ238,966千円増加し、2,623,597千円(同10.0%増)となりました。その主
       な内容は、利益剰余金が239,749千円増加したことなどによるものであります。
                                  33/119






                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ キャッシュ・フローの状況
       第34期連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、前連結会計年度末に比べ
       109,037千円増加し、624,548千円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれら
       の要因は、次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動の結果得られた資金は153,359千円(前連結会計年度は401,590千円の収入)となりました。この主な要
       因は、税金等調整前当期純利益389,099千円の計上、法人税等の支払額156,731千円、賞与引当金の減少38,232千
       円、未払金の減少46,261千円があったこと等によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果支出した資金は24,359千円(前連結会計年度は73,859千円の支出)となりました。この主な要因
       は、定期預金の純増加額39,910千円及び保険積立金購入による支出47,923千円があった一方で、投資不動産の賃
       貸による収入が50,784千円あったこと等によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果支出した資金は19,962千円(前連結会計年度は89,679千円の支出)となりました。この主な要因
       は、長期借入金の返済による支出15,200千円があったこと等によるものであります。
      ④ 生産、受注及び販売の実績

       a. 生産実績
         当社グループは、警備事業を行っており、生産活動を行っておりませんので、生産実績に関する記載をして
        おりません。
       b. 受注実績
         当社グループは、受注生産を行っておりませんので、受注状況に関する記載をしておりません。
       c. 販売実績
         販売実績は、次のとおりであります。なお、当社グループは警備事業の単一セグメントであります。
                                            第35期第3四半期連結累計期間

                            第34期連結会計年度
                                              (自 平成30年4月1日
                           (自 平成29年4月1日
                           至 平成30年3月31日)
                                              至 平成30年12月31日)
          警備分野の名称
                                   前年同期比
                         販売高(千円)                      販売高(千円)
                                     (%)
     施設・巡回警備分野                         3,582,873          105.7               2,850,035
     雑踏・交通誘導警備分野                         1,560,884          92.9               1,186,377

     その他                          203,629         93.9                204,655

            合計                 5,347,389          101.1               4,241,066

     (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合
                   第33期連結会計年度             第34期連結会計年度

                                            第35期第3四半期連結累計期間
                                             (自 平成30年4月1日
                  (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                                              至 平成30年12月31日)
                  至 平成29年3月31日)             至 平成30年3月31日)
         相手先
                   販売高       割合      販売高       割合       販売高         割合
                   (千円)       (%)      (千円)       (%)       (千円)         (%)
     ㈱サン総合メンテナンス               765,073        14.5     727,175        13.6       496,745          11.7
     ㈱アサヒファシリティズ               630,452        11.9     645,678        12.1       451,880          10.7

                                  34/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。
       なお、文中の将来に関する事項は、提出日現在において判断したものであります。
      ① 重要な会計方針及び見積り

       当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
       おります。この連結財務諸表の作成にあたって、経営者より一定の会計基準の範囲内で見積りが行われている部
       分があり、資産・負債や収益・費用の数値に反映されています。これらの見積りについては、継続して評価し、
       必要に応じて見直しを行っていますが、見積りには不確実性が伴うため、実際の結果はこれらと異なることがあ
       ります。当社グループの連結財務諸表を作成するにあたって採用している重要な会計方針は、「第5 経理の状
       況 1連結財務諸表等 (1)              連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記
       載のとおりであります。
      ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       a 当社グループの経営成績について
        第34期連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
         当連結会計年度における当社グループの経営成績は、売上高が5,347,389千円、経常利益が388,983千円、親
        会社に帰属する当期純利益が260,037千円となり、成長が続いております。この要因として、施設警備の新規取
        引開始、既存契約先の料金改定に取り組んだためと分析しております。
        第35期第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

         当第3四半期連結累計期間における当社グループの経営成績は、売上高が4,241,066千円、経常利益が
        367,166千円、親会社に帰属する四半期純利益が239,749千円となり、当連結会計年度の目標である年間売上高
        前年比6%増達成に向け、概ね順調に推移しております。この要因として、新幹線列車内を警戒する警乗業務
        や、駅ホーム等の警戒を行う鉄道警備隊の展開に取り組んだためと分析しております。
       b 当社グループの資本の財源及び資金の流動性について

         当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)                                 経営成績等の状況の概要            ③ キャッ
        シュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
         当社は、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としており、人件費を主
        とする営業費用(売上原価、販売費及び一般管理費)に用いる運転資金は自己資金を基本としております。な
        お、当連結会計年度末における金融機関からの借入金はありません。
    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                  35/119






                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3 【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      第34期連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
       該当事項はありません。
      第35期第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

       該当事項はありません。
    2  【主要な設備の状況】

      当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      なお、当社グループは警備事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
      (1)  提出会社

                                              平成30年3月31日現在
                                 帳簿価額(千円)
      事業所名                                               従業員数
             設備の内容
      (所在地)                                                (名)
                    建物及び     機械装置      土地     リース     投資
                                             その他     合計
                    構築物    及び運搬具     (面積㎡)      資産     不動産
     本社
             事務所        3,000     2,623       ―   12,076       ―   4,160     21,861      18
     (東京都千代田区)
     軽井沢研修所        研修施設
                              183,559
                     52,069       ―          ―     ―   3,266    238,895       ―
                             (3,660.22)
     (長野県軽井沢町)        及び設備
     五反田賃貸
             賃貸用不動産
     マンション                  ―     ―     ―     ―  454,160      2,938    457,098       ―
             研修施設
     (東京都品川区)
     大府賃貸
             賃貸用不動産
     マンション                  ―     ―     ―     ―   97,512       ―   97,512       ―
             寮・社宅
     (愛知県大府市)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.  上記本社の建物を賃借しております。年間の賃借料は13,478千円であります。
        4.上記五反田賃貸マンションの投資不動産には土地303,766千円(278.76㎡)、建物150,394千円を含んでおりま
          す。
        5.上記大府賃貸マンションは、土地を賃借しております。年間の賃借料は2,640千円であります。
        6.  従業員数は就業人員であります。
      (2)  国内子会社

                                              平成30年3月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
             事業所名        設備の                                 従業員数
      会社名
                          建物
             (所在地)        内容                                 (名)
                              機械装置      土地    リース
                          及び                   その他     合計
                             及び運搬具     (面積㎡)      資産
                          構築物
          倶知安営業所
                                    32,517                     2
     ㈱道都警備                事務所      7,590      0          ―     ―   40,107
                                  (2,309.00)                     (16)
          (北海道虻田郡倶知安町)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.  従業員数は就業人員であり、( )は、臨時雇用者数を外書しております。
                                  36/119





                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【設備の新設、除却等の計画】(平成30年12月31日現在)
       当社は、警備事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
      (1)  重要な設備の新設等

                              投資予定額
                                       資金
             事業所名         設備の                             完了予定      完成後の
      会社名
                                           着手年月
                                       調達
                           総額
                                 既支払額
             (所在地)          内容                              年月     増加能力
                                       方法
                           (千円)       (千円)
              本社
                   社内基幹                        平成31年       平成32年
            (東京都
      提出会社                       100,000        ―      増資                 (注)2
                   システム                         7月       3月
            千代田区)
       (注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         2.完成後の増加能力については合理的な算出が困難であるため、記載を省略しております。
       (2)   重要な設備の除却等

         経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                  37/119















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     3,500,000

                 計                                    3,500,000

     (注) 平成30年8月29日付で普通株式1株につき1,000株の株式分割が行われております。これにより、発行可能株式
        総数は3,496,500株増加し、3,500,000株となっております。
      ②  【発行済株式】

                          上場金融商品取引所名又は

        種類         発行数(株)                               内容
                         登録認可金融商品取引業協会名
                                         完全議決権株式であり、株主とし
                                         て権利内容に何ら制限のない当社
       普通株式            1,042,000           非上場          における標準となる株式でありま
                                         す。
                                         単元株式数は100株であります。
         計           1,042,000             ―                 ―
     (注)   1.平成30年8月29日付で単元株制度導入に伴う定款変更を行い、単元株式数を100株とする単元株制度を導入
          しております。
        2.平成30年8月29日付で普通株式1株につき1,000株の株式分割が行われております。これにより、発行済株
          式数は1,040,958株増加し、1,042,000株となっております。
                                  38/119











                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
     決議年月日                      平成30年9月26日

                          当社取締役  4
                          当社従業員  35
     付与対象者の区分及び人数(名)
                          子会社取締役 1
                          子会社従業員 1
     新株予約権の数(個) ※                      455 (注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及
                          普通株式 45,500 (注)1
     び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円) ※                      1,900 (注)2
                          自 平成32年11月1日
     新株予約権の行使期間 ※
                          至 平成40年9月30日
                          発行価格 1,900
     新株予約権の行使により株式を発行する場合
     の株式の発行価格及び資本組入額(円) ※
                          資本組入額 950
                          新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時においても、当社
                          又は当社子会社の取締役、監査役及び従業員の地位にあることを
     新株予約権の行使の条件 ※                      要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他の正当
                          な理由を取締役会で認めた場合はこの限りではない。また、新株
                          予約権の相続を認めないものとする。
                          新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとす
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                          る。
     組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関す
                          (注)3
     る事項 ※
     ※ 提出日の前月末(平成31年1月31日)における内容を記載しております。
     (注)   1.   新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株数を調
          整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数           =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
        2.   新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株数を調整、調整の
          結果生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                   1

           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                               分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価格で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の

          算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                       新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額

                              既発行株式数       +
                                           募集株式発行前の株価
           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                    既発行株式数       +  新規発行株式数
        3.   組織再編に際して定める契約書または計画書等の条件に従って、以下に定める株式会社の新株予約権を交付

          する旨を定めた場合には、当該組織再編の比率に応じて、以下に定める株式会社の新株予約権を交付するも
          のとする。
          ⅰ 合併(当社が消滅する場合に限る。)
            合併後存続する株式会社または合併により設立する株式会社
          ⅱ 吸収分割
            吸収分割をする株式会社がその事業に関して有する権利義務の全部または一部を承継する株式会社
          ⅲ 新設分割
            新設分割により設立する株式会社
          ⅳ 株式交換
            株式交換をする株式会社の発行済株式の全部を取得する株式会社
          ⅴ 株式移転
            株式移転により設立する株式会社
                                  39/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【ライツプランの内容】
         該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                 (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成27年9月1日
                    42      1,042         ―     50,000          ―     20,000
     (注)1
     平成30年8月29日
                1,040,958       1,042,000           ―     50,000          ―     20,000
     (注)2
     (注)   1. 平成27年9月1日付㈱ティー・エフ・ケイとの合併(合併比率1:0.21)に伴い、普通株式42株の発行により
          発行済株式数が増加しております。
        2. 株式分割(1:1,000)によるものであります。
     (4)  【所有者別状況】

                                              平成30年12月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
      区分                           外国法人等                   株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
     株主数
               ―     ―     ―     5     ―     ―     3      8      ―
     (人)
     所有株式数
               ―     ―     ―   9,140       ―     ―   1,280     10,420        ―
     (単元)
     所有株式数
               ―     ―     ―   87.72       ―     ―   12.28     100.00        ―
     の割合(%)
                                  40/119










                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                              平成30年12月31日現在
          区分           株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                   ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                   ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                   ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                   ―          ―              ―

                    普通株式                    権利内容に何ら限定のない当社にお

     完全議決権株式(その他)                               10,420
                        1,042,000                ける標準となる株式であります。
                    普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                        ―
     発行済株式総数                   1,042,000          ―              ―
     総株主の議決権                   ―            10,420             ―

     (注)   1.平成30年8月29日付で単元株制度導入に伴う定款変更を行い、単元株式数を100株とする単元株制度を導入
          しております。
        2.平成30年8月29日付で普通株式1株につき1,000株の株式分割が行われております。これにより、発行済株
          式数は1,040,958株増加し、1,042,000株となっております。 
      ②  【自己株式等】

        該当事項はありません。
                                  41/119












                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】
       該当事項はありません。
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

       該当事項はありません。
    3  【配当政策】

      当社は、株主の皆さまへの安定的利益還元を経営の重要課題として位置づけており、業績、配当性向、内部留保の
     充実と財務体質の強化等を総合的に勘案して、安定的かつ継続的に利益配分を行うことを基本方針としております。
      当社は、剰余金の配当につきましては、期末配当の年1回を基本的な方針としておりますが、会社法第454条第5項
     の規定に基づき取締役会の決議により、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。これらの配当の決
     定機関は、期末配当は株主総会であり、中間配当は取締役会であります。
      第34期事業年度において、事業基盤の整備を優先することが株主価値の最大化に資するとの考えから、配当は行っ
     ておりません。 
      内部留保資金につきましては、事業展開の原資等に活用し、企業体質の強化および事業の拡大に努めてまいりま
     す。
    4  【株価の推移】

      当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
                                  42/119










                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【役員の状況】
    男性 9名 女性 0名(役員のうち女性の比率 0%)

                                                     所有株式数
      役名     職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                              昭和57年4月      共栄警備保障㈱入社
                              昭和60年5月      当社設立 代表取締役就任
    代表取締役
            ―    我 妻 文 男       昭和33年10月20日        平成24年6月      当社代表取締役会長就任              (注)3    62,000
      社長
                              平成28年9月      ㈱道都警備取締役就任(現任)
                              平成29年6月      当社代表取締役社長就任(現任)
                              昭和61年4月      三芳緑化土木㈲入社
                              平成5年4月      当社入社
                              平成10年7月      当社取締役就任
                              平成24年6月      当社代表取締役社長就任
    専務取締役        ―    我 妻 和 文       昭和37年4月29日                            (注)3     ―
                              平成28年1月      当社取締役社長就任
                              平成28年10月      ㈱CSPパーキングサポート取締役就
                                    任(現任)
                              平成29年6月      当社専務取締役就任(現任)
                              平成9年10月      中央監査法人入所
                              平成18年7月      阿部克巳公認会計士事務所開業
                                    代表就任(現任)
                              平成21年6月      フェニックス監査法人
                                    代表社員就任
    常務取締役     管理本部長     阿 部 克 巳       昭和47年10月6日                            (注)3    23,000
                              平成23年3月       ㈱ダイヤモンドダイニング入社
                              平成23年5月      同社取締役管理本部長就任
                              平成29年2月      当社入社
                              平成29年3月      当社取締役管理本部長就任
                              平成29年6月      当社常務取締役管理本部長就任(現
                                    任)
                              平成5年4月      南駿農業協同組合入社
                              平成12年6月      当社入社
                              平成26年8月      当社取締役就任
                              平成27年4月      当社静岡支社長(現三島営業所)就
                                    任
     取締役    業務本部長     芹 澤 成 美       昭和45年10月26日                            (注)3     ―
                              平成28年1月      当社常務取締役管理本部長就任
                              平成28年6月      ㈱道都警備取締役就任(現任)
                              平成29年3月      当社取締役業務本部長就任(現任)
                              平成29年3月      ㈱CSPパーキングサポート取締役就
                                    任(現任)
                              平成8年10月      ㈱ライジングサンセキュリティー
                                    サービス入社
     取締役    営業本部長     大 亀 北 斗       昭和43年12月24日                            (注)3     ―
                              平成14年8月      当社入社
                              平成28年10月      当社取締役業務本部長就任
                              平成29年3月      当社取締役営業本部長就任(現任)
                                  43/119








                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                     所有株式数
      役名     職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                              平成2年4月      新日本証券㈱(現みずほ証券㈱) 
                                    入社
                              平成8年8月      ㈱ユアーズブレーン・齋藤税理士
                                    事務所入所
                              平成12年10月      新日本監査法人(現EY新日本有限責
                                    任監査法人)入社
     取締役
            ―   河 近 芳 昭       昭和42年12月8日                            (注)3     ―
     (注)1
                              平成19年7月      河近公認会計士事務所開業
                                    代表就任(現任)
                                    ㈱ユアーズブレーン東京設立
                                    代表取締役就任(現任)
                              平成28年9月      当社社外取締役就任(現任)
                              平成29年2月      ㈱道都警備取締役就任(現任)
                              昭和49年4月      新日本証券㈱(現みずほ証券㈱)入
                                    社
                              平成19年5月      三津井証券㈱代表取締役副社長就
                                    任
                              平成20年4月      同社代表取締役社長就任
    常勤監査役
            ―   伊 藤 芳 雄       昭和27年2月15日        平成24年7月      ㈱ベガコーポレーション監査役就              (注)4     ―
     (注)2
                                    任
                              平成27年7月      同社社外取締役(監査等委員)就任
                              平成30年6月      当社常勤監査役就任(現任)
                              平成30年6月      ㈱道都警備非常勤監査役就任(現
                                    任)
                              昭和53年4月      新日本証券㈱(現みずほ証券㈱)入
                                    社
                              平成24年6月      みずほ証券プロパティマネジメン
     監査役
                                    ト㈱常勤監査役就任
            ―   森 本   新       昭和29年10月28日                            (注)4     ―
     (注)2
                              平成28年1月      当社常勤監査役就任
                              平成28年9月      ㈱道都警備非常勤監査役就任
                              平成30年6月      当社非常勤監査役就任(現任)
                              昭和41年5月      警視庁入庁
                              平成20年4月      日本大学総務部勤務
               大 和 田 好 博
     監査役      ―          昭和23年3月30日                            (注)4     ―
                              平成25年4月      当社顧問就任
                              平成28年6月      当社非常勤監査役就任(現任)
                            計                          85,000
     (注)   1 取締役の河近芳昭は、社外取締役であります。
        2 監査役の伊藤芳雄及び森本新は、社外監査役であります。
        3 取締役の任期は、平成30年11月12日開催の臨時株主総会終結の時から選任後2年以内に終了する事業年度の
          うち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        4 監査役の任期は、平成30年11月12日開催の臨時株主総会終結の時から選任後4年以内に終了する事業年度の
          うち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        5 専務取締役 我妻和文は代表取締役社長 我妻文男の弟であります。
                                  44/119








                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
       当社は継続的な企業価値向上と長期安定的な企業価値の向上を実現するため、株主やお客様をはじめ、取引先、
      地域社会、従業員等の各ステークホルダーと良好な関係を築くとともに、経営環境の変化に迅速に対応できる組織
      体制及び健全で透明性の高い経営を構築・維持していくことが重要な経営課題であると考えております。また、経
      営理念である「『誠実』かつ『確実』」を基本として、社会の安全に寄与することの社会的責任と使命を深く認識
      し、全てのステークホルダーの皆様から信頼される企業であり続けるために、法令遵守のもと、コーポレート・ガ
      バナンスの充実に取り組んでおります。
      ① 企業統治の体制

       イ.企業統治の体制の概要

         当社は監査役会設置会社であります。当社は、監査役会を設置し、社外監査役を含めた監査役による監査体
        制が経営監視機能として有効であると判断し、監査役設置会社形態を採用しております。
        a.取締役会
         当社の取締役会は、取締役6名(うち社外取締役1名)で構成され、毎月1回の定例取締役会に加え、必要                                                 に
        応じて開催される臨時取締役会において経営上の重要事項を審議・決定するとともに、取締役の職務執行につ
        いての監督を行っております。
        b.監査役会
         当社の監査役会は監査役3名(うち社外監査役2名)で構成され、うち1名は常勤監査役であります。監査役
        は、取締役会等の重要な会議に常時出席し、業務及び財産等の調査を通じて取締役の職務の執行状況について
        厳正な監査を実施しております。
        c.内部監査室
         社長直轄の内部監査部門として内部監査室を設置し、内部統制システムを円滑に推進するため、監査法人と
        調整を図りながら内部統制システムの更なる整備・向上に取り組んでおります。
         また、期初に策定した内部監査計画に基づき、全部門を対象に内部監査を実施し、これらの監査結果を直接
        代表取締役社長に報告するとともに、監査役とも監査結果を共有することにより連携を図っております。
                                  45/119










                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ロ.当社の業務執行・経営監視・内部統制の仕組み
         本書提出日現在における当社の業務執行・経営監視・内部統制の仕組みは、以下のとおりであります。
        ハ.当該体制を採用する理由










          業務執行において健全かつタイムリーで迅速な意思決定を行うことにより、企業価値の最大化を図るととも
        に、ステークホルダーの利害に配慮した経営に対する監督機能を果たすために、社外監査役2名を含む監査役
        を選任しております。さらに、経営監視機能に社外の視点を取り入れ、客観性及び中立性を確保するため、社
        外取締役1名を選任しております。このように、経営の健全性・透明性の維持・確保を図るため、現状の体制
        を採用しております。
                                  46/119








                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ニ.その他の企業統治に関する事項
        a.内部統制システムの整備の状況
         業務の適正を確保するための体制作りと管理体制の整備を図るため、取締役会にて「内部統制システムに関
        する基本方針」を決議し、この内容に基づき、以下のとおり内部統制システムを整備しております。
        1.取締役・使用人の職務執行が法令・定款に適合することを確保するための体制
         (1)  当社は、法令、定款等の遵守があらゆる企業活動の前提であるとの認識の上で、当社及び子会社の役員
          及び使用人がコンプライアンスに適った企業活動を実践するために「グループ社員行動規範」の遵守徹底
          を図る。コンプライアンスを統括する機関として代表取締役社長を委員長とする「リスク・コンプライア
          ンス委員会」を設置し、コンプライアンスを統括する取締役を定めて、コンプライアンスの推進及び徹底
          を図る。
         (2)  取締役会は、法令、定款及び取締役会規則に基づき、重要事項を決定するとともに、取締役の業務の執
          行を監督する。
         (3)  内部通報規程に基づき、社員等からの法令違反行為の情報提供を受けるとともに、社内および社外相談
          窓口を設けてコンプライアンス体制の強化・充実を図る。
         (4)  代表取締役社長直轄である内部監査室は、内部統制システムの運用状況及びそれが有効に機能している
          ことを定期的な社内モニタリングにより確認し、必要な場合には業務改善の指導を行う。
         (5)  財務報告の信頼性確保のために、内部統制システムの整備・改善を行い、その仕組みが適正に機能する
          ことを評価し、必要な場合には是正を行うと共に、金融商品取引法及び関係法令等との適合性を確保す
          る。
         (6)  当社は、「反社会的勢力対応規程」に基づき、反社会的勢力による不当要求行為に対し、毅然とした態
          度で対応し、取引その他一切の関係を持たない体制を整備することに努める。
        2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         (1)  企業秘密及び個人情報等を管理するため「機密事項管理規程」、「個人情報保護規程」及び「情報セ
          キュリティ基本規程」を定め、適正な取扱いを行う。また、社内外を問わず業務上重要な情報を保存及び
          管理するため「文書管理規程」を定める。
         (2)  取締役会その他重要会議の意思決定、業務執行及び監督の行為に係る記録についても、文書管理規程に
          基づき、文書又は電磁的記録媒体に記録し、適切に保存管理する。取締役は、常時これらの情報を閲覧で
          きるものとする。
        3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         (1)  当社及び子会社において、効率的な業務運営を行うため「リスク管理規程」を制定し、主要なリスクの
          認識リスクの種類に応じた管理を行い、予防的に可能な対策をできる限り施すことを基本とする。
         (2)  当社は、「リスク・コンプライアンス委員会」において、各種リスク管理の方針に関する審議等を行
          い、重要な事項がある場合は、取締役会において報告を行う。
        4.取締役の職務執行が効率的に行われることを確保するための体制
         (1)  当社は、取締役会の運営に関する規程を定めるとともに、毎月1回行われる定時取締役会において重要
          事項を決定し、取締役に業務報告をさせることにより業務執行の監督等を行うほか、必要に応じて適宜臨
          時取締役会を開催する。
         (2)  取締役会は、取締役会規則ならびに職務権限規程を制定し、取締役会決裁、社長決裁等の決裁権限を明
          確に定める。
         (3)  取締役会は、取締役会が定める代表取締役社長及びその他の業務執行を担当する取締役の職務分掌に基
          づき、代表取締役社長及びその他の業務執行を担当する取締役に業務の執行を行わせる。
         (4)  当社は事業計画に基づき、予算期間における計数的目標を明示し、各本部及び子会社の目標と責任を明
          確にするとともに、予算と実績の差異分析を通じて業績目標の達成を図る。
         (5)  管理本部長は、月次の業績を迅速に管理会計としてデータ化し、取締役会に報告する。
         (6)  内部監査室は、当社グループの事業活動の効率性及び有効性について監査を行う。主管部署及び監査を
          受けた部署は、是正、改善の必要があるときには、連携してその対策を講ずる。
                                  47/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        5.当社ならびにその子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制
         (1)「関係会社管理規程」等に基づき、子会社の職務執行状況を管理するとともに、業務運営の適正を確保す
          ることに努める。
         (2)  子会社の重要な意思決定事項については、当社取締役会に報告し承認を得て行う。
         (3)  子会社の取締役は、定期的に子会社の業務運営状況について報告するとともに、情報共有・意思疎通を
          図り親子会社間での適正な取引に努める。
         (4)  当社の内部監査室は、子会社の内部監査を定期的に行う。
        6.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制並びにそ
         の使用人の取締役からの独立性に関する事項
         (1)  監査役がその職務を補助する使用人を置くことを求めた場合、取締役は監査役と協議の上、使用人の中
          から監査役補助者を任命する。
         (2)  監査役補助者は、監査役の専任とし、業務執行に係る役職を兼務せず、監査役以外の指揮命令は受けな
          い。
         (3)  監査役補助者の異動、人事評価及び懲戒等に関する決定は監査役の同意を要する。
        7.取締役及び使用人が監査役に報告するための体制、これら報告をした者が当該報告をしたことを理由とし
         て不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
         (1)  監査役は、重要な意思決定のプロセスや業務の執行状況を把握するため、取締役会その他の重要会議へ
          の出席をはじめとして、監査役が必要と判断した会議に出席できる。
         (2)  監査役は、稟議書等の業務執行に係る重要な文書を閲覧できるとともに、監査役が必要と判断した場
          合、取締役および使用人に該当書類の提示や説明を求めることができる。
         (3)  取締役は、当社グループにおける重大な法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実及び業績
          に影響を与える重要な事項を発見した場合、直ちに監査役に報告する。
         (4)  監査役は、当社の法令遵守体制に問題を認めた場合、取締役会において意見を述べるとともに、改善策
          の策定を求めることができる。
         (5)  内部監査室は、定期的に監査役に対する報告会を実施し、当社における監査計画、結果およびリスク管
          理状況等の現状を報告する。
         (6)  当社グループは、監査役に報告したことを理由として、当該報告者に不利な取り扱いを行うことを禁止
          する。
        8.監査役の職務執行について生じる費用の前払または償還の手続きその他の当該職務の執行について生じる
         費用または債務の処理に係る方針に関する事項
          当社は、監査役がその職務の執行について、当社に対し、会社法に基づく費用の前払い等の請求をしたと
         きは、当該請求に係る費用または債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速
         やかに当該費用又は債務を処理する。
        9.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         (1)  代表取締役社長は、定期的に監査役と意見交換を行う。
         (2)  監査役は、内部監査室及び会計監査人と緊密に連携を保ちつつ、監査役監査の実効性確保を図る。
         (3)  監査役は、監査の実施にあたり必要と認める時は、自らの判断で、弁護士、公認会計士、その他の外部
          専門家を活用することができる。
        b.リスク管理(コンプライアンス)体制の整備状況
         当社は、代表取締役社長を委員長とするリスク・コンプライアンス委員会を組織し、全社的なコンプライア
        ンスの実践を推進するため、重要なコンプライアンス事項に関する審議、協議、決定、連絡等を行っておりま
        す。
         リスク・コンプライアンス委員会は、平成28年に制定したリスク管理規程及びコンプライアンス規程に基づ
        き、役員および従業員に対するコンプライアンス意識の周知徹底に努め、当社の業務運営に関する勧告や是正
        等の必要な処置を行うこととしております。
                                  48/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        c.責任限定契約の内容の概要
         当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役は会社法第427条第1項の規定に基づき、同
        法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額
        は、法令が規定する額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役(業務執行取締役等
        であるものを除く。)又は監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意で重大な過失がないときに限ら
        れます。
      ② 内部監査及び監査役監査

        内部監査につきましては、内部監査室(室長を含めて2名体制)が、内部監査規程及び期初策定の内部監査計画
       に基づき、警備業法等の法令及び社内規程等の遵守状況の監査を実施しております。監査結果は、代表取締役社
       長 に報告されるとともに、被監査部門に対して不備等の改善指示を行い、改善状況を継続的に確認しておりま
       す。
        監査役監査につきましては、常勤監査役1名、非常勤監査役2名を含む3名により実施しております。監査役
       は、監査役会で策定した監査計画に基づいて、当社の業務全般において、常勤監査役を中心として計画的かつ網
       羅的な監査を実施しております。また、取締役会その他重要な会議に出席し、意見を述べるほか、取締役からの
       聴取、重要な決裁書類等の閲覧を通じ監査を実施しております。
        なお、監査役は、内部監査室長より監査実施状況について随時報告を受けるとともに、代表取締役社長と定期
       的に情報交換や意見交換を行い、監査役監査の実効性を高めております。
        また、監査役会は監査法人から決算に関する監査計画についてあらかじめ報告を受け、また、期中監査、期末
       監査終了後の監査報告会において監査結果の報告を受けるほか、適宜監査方法の確認を行い、必要に応じて意見
       交換を行う等、内部監査室も交えて、それぞれ独立性を保ちつつ、連携を図り、定期的に三様監査の協議を行い
       監査の有効性及び効率性の向上を図っております。
      ③ 会計監査の状況

        当社の会計監査業務を執行した公認会計士は以下の通りであります。
            監査法人名                        公認会計士の氏名等

                       指定有限責任社員・業務執行社員                  秋田 秀樹

         太陽有限責任監査法人
                       指定有限責任社員・業務執行社員                  大兼 宏章
       (注) 継続監査年数は、全員7年以内であるため、記載を省略しております。
          監査業務に係る補助者の構成
          公認会計士 8名 その他 17名
      ④ 社外取締役及び社外監査役

        当社の社外取締役は1名、社外監査役は2名であります。
        社外取締役河近芳昭氏は、公認会計士であり、税務・会計事務所の代表として企業経営に幅広く携わってお
       り、当社の経営に対する中立的な立場から公正かつ有用な助言を期待して選任しております。なお、河近氏と当
       社の間に、人的関係、資本的関係、取引関係等の利害関係はありません。
        社外監査役伊藤芳雄氏は、長年企業経営等に携わってきた豊富な経験及び、上場会社における監査等委員経験
       を有していることから、その知見、識見による当社の適切な監査の実施を期待して選任しております。なお、伊
       藤氏と当社の間に、人的関係、資本的関係、取引関係等の利害関係はありません。
        社外監査役森本新氏は、大手証券会社子会社での監査役経験など、監査役としての豊富な経験や知識を有して
       おり、その知見を活かし、当社の適切な監査の実施を期待して選任しております。なお、森本氏と当社の間に、
       人的関係、資本的関係、取引関係等の利害関係はありません。
        なお、当社は社外取締役又は社外監査役の独立性に関する基準や方針について明確な定めはありませんが、株
       式会社東京証券取引所が定める独立役員の基準を参考に、一般株主と利害相反が生じるおそれのない社外取締役
       及び社外監査役を選任しております。
                                  49/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤ 役員報酬等
       イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額(千円)

                                                   対象となる
                  報酬等の総額
         役員区分                                          役員の員数
                   (千円)
                                   ストック
                                                     (人)
                           基本報酬                 賞与
                                   オプション
       取締役
                     101,600        101,600        ―        ―           5
       (社外取締役を除く)
       監査役
                      1,200        1,200       ―        ―           1
       (社外監査役を除く)
       社外役員              10,800        10,800        ―        ―           2
       (注)   1.取締役の報酬限度額は、平成28年9月30日開催の臨時株主総会において、年額500,000千円以内と決議
            しております。
          2.監査役の報酬限度額は、平成28年9月30日開催の臨時株主総会において、年額30,000千円以内と決議し
            ております。
       ロ.役員ごとの報酬等の総額等

         報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
       ハ.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

         該当事項はありません。
       ニ.役員報酬等の額の決定に関する方針

         取締役の報酬額につきましては、株主総会の決議により承認された報酬限度額の範囲内で、当社の経営成績
        及び財政状態、各取締役の職務執行状況等を勘案し、取締役会の決議により決定しております。また、監査役
        の報酬額につきましては、株主総会の決議により承認された報酬限度額の範囲内で、業務の分担等を勘案し、
        監査役の協議により決定しております。
      ⑥ 株式の保有状況

       イ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
         銘柄数                   1 銘柄
         貸借対照表計上額の合計額                25,367   千円
       ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

        的
        (最近事業年度の前事業年度)
         特定投資株式
                        株式数          貸借対照表計上額

            銘柄                                      保有目的
                        (株)            (千円)
       イオンディライト㈱                    5,845.527              20,430    取引関係の維持
        (最近事業年度)

         特定投資株式
                        株式数          貸借対照表計上額

            銘柄                                      保有目的
                         (株)            (千円)
       イオンディライト㈱                    6,588.835              25,367    取引関係の維持
                                  50/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ハ.保有目的が純投資目的である投資株式
         該当事項はありません。
      ⑦ 取締役の定数

        当社の取締役の定数は、10名以内とする旨を定款に定めております。
      ⑧ 取締役選任の決議要件

        取締役の選任決議に関しては、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
       席しその議決権の過半数の決議によって選任すること及び選任は累積投票によらない旨を定款に定めておりま
       す。
      ⑨ 株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
       の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款で定めておりま
       す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
       的とするものであります。
      ⑩ 取締役及び監査役の責任免除

        当社は、会社法第426条第1項の定めにより、取締役会の決議をもって、同法第423条第1項の行為に関する取
       締役及び監査役(取締役及び監査役であった者を含む)の損害賠償責任を法令の限度において免除することができ
       る旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮し
       て、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
      ⑪ 中間配当

        当社は、株主への機動的な利益還元を可能にするため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議に
       よって毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。
      ⑫ 自己株式の取得

        当社は、経営環境の変化に応じた機動的な資本政策の遂行等のため、会社法第165条第2項に基づき、取締役会
       決議によって市場取引等により自己株式を取得することができる旨定款に定めております。
                                  51/119









                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【監査報酬の内容等】
      ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                 最近連結会計年度の前連結会計年度                          最近連結会計年度

        区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社              13,500             ―        18,300             ―
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

         計             13,500             ―        18,300             ―

      ②  【その他重要な報酬の内容】

        最近連結会計年度の前連結会計年度
         該当事項はありません。
        最近連結会計年度

         該当事項はありません。
      ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        最近連結会計年度の前連結会計年度
         該当事項はありません。
        最近事業年度

         該当事項はありません。
      ④  【監査報酬の決定方針】

        太陽有限責任監査法人より提示された監査計画に基づく監査内容や、当該監査に要する業務時間等を勘案し、
       当社と同監査法人で協議の上、監査役会の同意を得て決定しております。
                                  52/119










                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
      基づいて作成しております。
     (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府

      令第64号)に基づいて作成しております。
     (3) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
    2 監査証明について

     (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成28年4月1日から平成29年3
      月31日まで)及び当連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度
      (平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)及び当事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財
      務諸表について、太陽有限責任監査法人により監査を受けております。
     (2)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平

      成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
    3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保する為の特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容
     を適切に把握し、又は会計基準等の変更について的確に対応することができる体制を整備するため、監査法人等が主
     催する研修会への参加並びに会計専門書の定期購読を行っております。
                                  53/119











                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,054,179              1,200,076
        受取手形及び売掛金                                571,990              596,151
        貯蔵品                                 1,675              1,960
        繰延税金資産                                24,235              10,499
        その他                                39,896              43,414
                                         △ 532             △ 609
        貸倒引当金
        流動資産合計                               1,691,445              1,851,493
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                               83,794              83,794
         機械装置及び運搬具                               30,222              29,012
         土地                              213,095              216,716
         リース資産                               1,832              1,832
         その他                               25,276              25,276
                                       △ 53,147             △ 62,014
         減価償却累計額
         有形固定資産合計                              301,073              294,617
        無形固定資産
         のれん                               84,050              60,265
         リース資産                               15,796              12,076
                                         3,941              3,850
         その他
         無形固定資産合計                              103,788               76,192
        投資その他の資産
                                      ※1  44,541            ※1  64,858
         投資有価証券
         長期貸付金                               3,710              3,492
         繰延税金資産                               17,139              16,684
         投資不動産                              574,175              574,175
                                       △ 15,902             △ 22,503
           減価償却累計額
           投資不動産(純額)                             558,272              551,672
         保険積立金
                                        131,248              159,232
         その他                               62,183              61,613
                                       △ 16,000             △ 16,000
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              801,097              841,554
        固定資産合計                               1,205,958              1,212,365
      資産合計                                2,897,403              3,063,859
                                  54/119






                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                33,089              38,669
        1年内返済予定の長期借入金                                15,200                 ―
        未払金                                452,213              407,075
        リース債務                                 4,762              4,141
        未払法人税等                                93,177              52,090
        賞与引当金                                38,232                 ―
                                        83,893              129,471
        その他
        流動負債合計                                720,570              631,448
      固定負債
        リース債務                                13,166               9,025
        退職給付に係る負債                                20,634                 ―
        資産除去債務                                16,492              14,250
        その他                                 3,407              24,504
        固定負債合計                                53,700              47,779
      負債合計                                 774,271              679,228
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                50,000              50,000
        資本剰余金                                101,244              101,244
                                       1,968,349              2,228,387
        利益剰余金
        株主資本合計                               2,119,593              2,379,631
      その他の包括利益累計額
                                         3,538              4,999
        その他有価証券評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                                 3,538              4,999
      純資産合計                                2,123,132              2,384,631
     負債純資産合計                                  2,897,403              3,063,859
                                  55/119










                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,486,805
        受取手形及び売掛金                                604,433
        貯蔵品                                 1,844
        その他                                50,858
                                         △ 645
        貸倒引当金
        流動資産合計                               2,143,296
      固定資産
        有形固定資産                                290,285
        無形固定資産
         のれん                               42,427
                                        18,204
         その他
         無形固定資産合計
                                        60,631
        投資その他の資産
         投資不動産(純額)                              546,722
         その他                              309,390
                                       △ 16,000
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              840,113
        固定資産合計                               1,191,030
      資産合計                                3,334,327
                                  56/119












                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                23,482
        未払金                                431,738
        未払法人税等                                70,761
                                        142,512
        その他
        流動負債合計                                668,494
      固定負債
        資産除去債務                                13,788
                                        28,446
        その他
        固定負債合計                                42,235
      負債合計                                 710,730
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                50,000
        資本剰余金                                101,244
                                       2,468,137
        利益剰余金
        株主資本合計                               2,619,381
      その他の包括利益累計額
                                         4,215
        その他有価証券評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                                 4,215
      純資産合計                                2,623,597
     負債純資産合計                                  3,334,327
                                  57/119












                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     売上高                                  5,287,191              5,347,389
                                       4,043,949              4,138,903
     売上原価
     売上総利益                                  1,243,242              1,208,486
     販売費及び一般管理費
      役員報酬                                 113,925              118,100
      給料手当                                 240,273              253,145
      賞与引当金繰入額                                  9,592                -
      退職給付費用                                  3,531              1,558
                                        548,820              530,353
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                 916,142              903,156
     営業利益                                   327,099              305,329
     営業外収益
      受取利息                                   775              373
      受取配当金                                   730              345
      受取地代家賃                                  34,126              49,366
      保険解約返戻金                                  29,865              17,611
      助成金収入                                  29,435              17,210
      投資有価証券売却益                                  9,401                -
      持分法による投資利益                                    -            15,379
                                         4,473              4,913
      その他
      営業外収益合計                                 108,807              105,199
     営業外費用
      支払利息                                   483              225
      賃貸収入原価                                  22,319              21,315
      為替差損                                  12,304                -
      保険解約損                                  8,100                -
      持分法による投資損失                                  5,388                -
                                          441               5
      その他
      営業外費用合計                                  49,037              21,545
     経常利益                                   386,870              388,983
     特別利益
                                                      ※1  116
                                          -
      固定資産売却益
      特別利益合計                                    -              116
     特別損失
                                       ※2  2,414
      固定資産売却損                                                  -
                                       ※3  3,749
      固定資産除却損                                                  -
      会員権売却損                                  11,997                -
                                       ※4  2,065
      減損損失                                                  -
                                        16,000                -
      貸倒引当金繰入額
      特別損失合計                                  36,227                -
     税金等調整前当期純利益                                   350,642              389,099
     法人税、住民税及び事業税
                                        128,298              115,644
                                       △ 18,064              13,418
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   110,233              129,062
     当期純利益                                   240,408              260,037
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   240,408              260,037
                                  58/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     当期純利益                                   240,408              260,037
     その他の包括利益
                                        △ 7,998              1,460
      その他有価証券評価差額金
                                      ※1  △  7,998            ※1  1,460
      その他の包括利益合計
     包括利益                                   232,410              261,498
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 232,410              261,498
                                  59/119

















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年12月31日)
     売上高                                  4,241,066
                                       3,147,496
     売上原価
     売上総利益
                                       1,093,569
     販売費及び一般管理費
      給料手当                                 223,634
                                        514,199
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                 737,834
     営業利益                                   355,735
     営業外収益
      受取利息                                    53
      受取配当金                                   419
      受取地代家賃                                  34,665
      持分法による投資利益                                   863
                                         3,042
      その他
      営業外収益合計                                  39,044
     営業外費用
      支払利息                                   160
      賃貸収入原価                                  16,617
                                        10,834
      その他
      営業外費用合計                                  27,613
     経常利益                                   367,166
     税金等調整前四半期純利益                                   367,166
     法人税、住民税及び事業税
                                        128,354
                                         △ 938
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   127,416
     四半期純利益                                   239,749
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   239,749
                                  60/119









                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年12月31日)
     四半期純利益                                   239,749
     その他の包括利益
                                         △ 783
      その他有価証券評価差額金
      その他の包括利益合計                                  △ 783
     四半期包括利益                                   238,966
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 238,966
                                  61/119
















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
       前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                   株主資本
                   資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
     当期首残高                  50,000          101,244          1,743,570           1,894,815
     当期変動額
     剰余金の配当                   ―           ―        △ 15,630          △ 15,630
     親会社株主に帰属する
                         ―           ―        240,408           240,408
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                         ―           ―           ―           ―
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                    ―           ―        224,778           224,778
     当期末残高                  50,000          101,244          1,968,349           2,119,593
                     その他の包括利益累計額

                                       純資産合計
                 その他有価証券          その他の包括利益
                  評価差額金           累計額合計
     当期首残高                  11,536           11,536         1,906,351
     当期変動額
     剰余金の配当                   ―           ―        △ 15,630
     親会社株主に帰属する
                         ―           ―        240,408
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                      △ 7,998          △ 7,998          △ 7,998
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 △ 7,998          △ 7,998          216,780
     当期末残高                  3,538           3,538         2,123,132
                                  62/119











                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                   株主資本
                   資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
     当期首残高                  50,000          101,244          1,968,349           2,119,593
     当期変動額
     剰余金の配当                   ―           ―           ―           ―
     親会社株主に帰属する
                         ―           ―        260,037           260,037
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                         ―           ―           ―           ―
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                    ―           ―        260,037           260,037
     当期末残高                  50,000          101,244          2,228,387           2,379,631
                     その他の包括利益累計額

                                       純資産合計
                 その他有価証券          その他の包括利益
                  評価差額金           累計額合計
     当期首残高                  3,538           3,538         2,123,132
     当期変動額
     剰余金の配当                   ―           ―           ―
     親会社株主に帰属する
                         ―           ―        260,037
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                       1,460           1,460           1,460
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  1,460           1,460          261,498
     当期末残高                  4,999           4,999         2,384,631
                                  63/119












                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                 350,642              389,099
      減価償却費                                  21,540              22,868
      減損損失                                  2,065                -
      のれん償却額                                  23,784              23,784
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  16,228                76
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 5,054             △ 38,232
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  3,242             △ 20,634
      受取利息及び受取配当金                                 △ 1,505              △ 718
      支払利息                                   483              225
      持分法による投資損益(△は益)                                  5,388             △ 15,379
      売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 33,017             △ 24,093
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  4,599              △ 285
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  5,297              5,579
      未払金の増減額(△は減少)                                  83,475             △ 46,261
      助成金収入                                 △ 29,435             △ 17,210
      長期未払金の増減額(△は減少)                                    -            21,185
      受取地代家賃                                 △ 34,126             △ 49,366
      賃貸収入原価                                  15,719              14,506
      保険解約返戻金                                 △ 29,865             △ 16,124
                                        36,872              43,365
      その他
      小計                                 436,334              292,384
      利息及び配当金の受取額
                                         4,327               718
      利息の支払額                                  △ 285             △ 222
      法人税等の支払額                                 △ 68,220             △ 156,731
                                        29,435              17,210
      助成金の受取額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 401,590              153,359
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                △ 238,858             △ 839,090
      定期預金の払戻による収入                                  97,957              799,180
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 48,402              △ 5,231
      有形固定資産の売却による収入                                  6,663               116
      事業譲渡による収入                                  48,008                -
      関係会社株式の取得による支出                                 △ 29,500                -
      投資有価証券の取得による支出                                 △ 9,721             △ 2,704
      投資有価証券の売却による収入                                  33,781                -
      保険積立金購入による支出                                 △ 40,508             △ 47,923
      保険積立金の解約による収入                                  76,161              36,064
      投資不動産の賃貸に係る支出                                 △ 15,719             △ 14,144
      投資不動産の賃貸による収入                                  36,712              50,784
                                         9,564             △ 1,410
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 73,859             △ 24,359
                                  64/119





                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 48,000                -
      長期借入金の返済による支出                                 △ 20,276             △ 15,200
      リース債務の返済による支出                                 △ 5,773             △ 4,762
                                       △ 15,630                -
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 89,679             △ 19,962
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   238,051              109,037
     現金及び現金同等物の期首残高                                   277,460              515,511
                                      ※1  515,511            ※1  624,548
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  65/119
















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1 連結の範囲に関する事項
        すべての子会社を連結しております。
        連結子会社の数  1社
        連結子会社の名称
         ㈱道都警備
      2 持分法の適用に関する事項

       (1)  持分法を適用した関連会社数  1社
         会社等の名称
         ㈱CSPパーキングサポート
         なお、㈱CSPパーキングサポートは、株式の新規取得により、当連結会計年度より持分法の適用範囲に含
        めております。
       (2)  持分法の適用の手続について特に記載する必要があると認められる事項
         持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、当該会社の事業年度に係る財務諸表
        を使用しております。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      4 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① 有価証券
          その他有価証券
          時価のあるもの
           決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
          平均法により算定)
        ② たな卸資産
          貯蔵品
           最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ① 有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに
         平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物及び構築物   5~39年
           機械装置及び運搬具 2~17年
        ② 無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。
          なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
                                  66/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③ リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
        ④ 投資その他の資産
          投資不動産については定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物        41~43年
       (3)  重要な引当金の計上基準

        ① 貸倒引当金
          債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につい
         ては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上
         しております。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務(簡便法による期末自己都合要支給
        額)に基づき、当連結会計年度末において発生していると認められる額を計上しております。
       (5)  のれんの償却方法及び償却期間

         のれんの償却については、その効果の発現する期間(5年)にわたり、定額法により償却しております。
       (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
        負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
       (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  67/119









                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
      1 連結の範囲に関する事項
        すべての子会社を連結しております。
        連結子会社の数  1社
        連結子会社の名称
         ㈱道都警備
      2 持分法の適用に関する事項

       (1)  持分法を適用した関連会社数  1社
         会社等の名称
         ㈱CSPパーキングサポート
       (2)  持分法の適用の手続について特に記載する必要があると認められる事項
         持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、当該会社の事業年度に係る財務諸表
        を使用しております。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      4 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① 有価証券
          その他有価証券
          時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
         均法により算定)
        ② たな卸資産
          貯蔵品
           最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ① 有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに
         平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物及び構築物   5~39年
           機械装置及び運搬具 2~17年
        ② 無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。
          なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
                                  68/119






                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③ リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
        ④ 投資その他の資産
          投資不動産については定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物及び構築物   41~43年
       (3)  重要な引当金の計上基準

        ① 貸倒引当金
          債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につい
         ては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上
         しております。なお、当連結会計年度において、賞与制度を廃止したことに伴い、当連結会計年度末の計上
         額はありません。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務(簡便法による期末自己都合要支給
        額)に基づき、当連結会計年度末において発生していると認められる額を計上しております。なお、当連結会計
        年度において、退職一時金制度を廃止したことに伴い、当連結会計年度末の計上額はありません。
       (5)  のれんの償却方法及び償却期間

         のれんの償却については、その効果の発現する期間(5年)にわたり、定額法により償却しております。
       (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
        負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
       (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  69/119









                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (会計方針の変更)
     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
      法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報告
     第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に
     係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
      なお、この変更による当連結会計年度の損益に与える影響は軽微であります。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      該当事項はありません。
       (未適用の会計基準等)

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

     ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日改正 企業会計基準委
      員会) 
     ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日最終改正 企業
      会計基準委員会)
      (1)  概要

        「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等は、日本公認会計士協会における税効果会計に関する実務指針を
       企業会計基準委員会に移管するに際して、基本的にその内容を踏襲した上で、必要と考えられる以下の見直しが
       行われたものであります。
        (会計処理の見直しを行った主な取扱い)
        ・個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱い
        ・(分類1)に該当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱い
      (2)  適用予定日

        平成31年3月期の期首から適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響

        「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で
       評価中であります。
                                  70/119







                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員
      会)
      (1)  概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計基
       準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
       Topic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は平成29年12月
       15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する
       包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合
       性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを
       出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目があ
       る場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
      (2)  適用予定日

        平成34年3月期の期首から適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響

        「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
       ります。
       (追加情報)

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連結会計
     年度から適用しております。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      該当事項はありません。
                                  71/119









                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結貸借対照表関係)
     ※1    関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
        投資有価証券(株式)                        24,111千円                 39,491千円
       (連結損益計算書関係)

     ※1 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                           至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
        機械装置及び運搬具                          ―千円                116千円
     ※2    固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                           至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
        建物及び構築物                         2,216千円                   ―千円
        土地                          198  〃                ― 〃
        計                         2,414千円                   ―千円
     ※3    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                           至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
        建物及び構築物                          789千円                  ―千円
                                2,960   〃                ― 〃
        ソフトウエア
        計                         3,749千円                   ―千円
     ※4 減損損失

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)   
      金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      該当事項はありません。
                                  72/119








                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結包括利益計算書関係)
     ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                      (千円)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                           至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
        その他有価証券評価差額金
         当期発生額
                                △2,826                  2,232
         組替調整額                        △9,401                    ―
          税効果調整前
                                △12,227                  2,232
          税効果額                        4,229                 △772
          その他有価証券評価差額金
                                △7,998                  1,460
             その他の包括利益合計                   △7,998                  1,460
       (連結株主資本等変動計算書関係)

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                  1,042             ―           ―         1,042
     2 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日         効力発生日
                        (千円)         (円)
     平成28年6月27日
               普通株式          15,630         15,000    平成28年3月31日          平成28年6月28日
     定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

        該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                  1,042             ―           ―         1,042
     2 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
        該当事項はありません。
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

        該当事項はありません。
                                  73/119






                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     
      す。
                             前連結会計年度                当連結会計年度

                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                            至   平成29年3月31日)              至   平成30年3月31日)
        現金及び預金                       1,054,179千円                1,200,076千円
                               △560,089     〃           △600,000     〃
        預入期間が3ヶ月を超える定期預金
                                21,420    〃             24,472    〃
        預け金(流動資産その他)
        現金及び現金同等物                        515,511千円                624,548千円
       (リース取引関係)

     前連結会計年度(平成29年3月31日)
     1.ファイナンス・リース取引
       (借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ① リース資産の内容
         有形固定資産
          営業車(車両運搬具)であります。
         無形固定資産
          主として、業務管理用のソフトウェアであります。
       ② リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減
        価償却の方法」に記載のとおりであります。
     2.オペレーティング・リース取引

       (借主側)
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                   (単位:千円)
                             当連結会計年度
                            (平成29年3月31日)
       1年内                                2,916
       1年超                                5,824
             合計                          8,740
                                  74/119








                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(平成30年3月31日)
     1.ファイナンス・リース取引
       (借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ① リース資産の内容
         有形固定資産
          営業車(車両運搬具)であります。
         無形固定資産
          主として、業務管理用のソフトウェアであります。
       ② リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減
        価償却の方法」に記載のとおりであります。
     2.オペレーティング・リース取引

       (借主側)
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                   (単位:千円)
                             当連結会計年度
                            (平成30年3月31日)
       1年内                                4,174
       1年超                                5,327
             合計                          9,502
                                  75/119













                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、事業を行うための設備投資計画に照らして、必要な資金は自己資金で賄っております。一時
       的な余資は主に流動性の高い金融資産で運用しております。デリバティブ取引は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びリスク
        営業債権である受取手形及び売掛金は、取引先の信用リスクに晒されております。
        投資有価証券は、業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である支払手形及び買掛金と未払金は、半年以内の支払期日となっております。借入金は主に営業取
       引に係る資金調達であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制
       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社グループは、与信管理規程に従い、主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに適
        切な与信管理を実施することにより月単位で回収期日及び残高を管理するとともに、財務状況の悪化等により
        回収不能となるリスクの早期把握や軽減を図っております。
       ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         投資有価証券については、定期的に時価を把握しており、その資金運用管理状況を定期的に関係責任者へ報
        告しております。
       ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社グループは、担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持などにより流
        動性リスクを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することがあります。
                                  76/119











                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注)2を参照ください。)。
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額

                         (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                            1,054,179            1,054,179                ―
     (2)  受取手形及び売掛金
                             571,990            571,990               ―
     (3)  投資有価証券
                             20,430            20,430               ―
           資産計                 1,646,599            1,646,599                ―
     (1)  支払手形及び買掛金
                             33,089            33,089               ―
     (2)  1年以内返済予定長期借入金
                             15,200            15,200               ―
     (3)  未払金
                             452,213            452,213               ―
     (4)  未払法人税等
                             93,177            93,177               ―
           負債計                  593,681            593,681               ―
     (注)1    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      資   産
      (1)  現金及び預金 (2)         受取手形及び売掛金
        短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
      (3)  投資有価証券
        これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記
       事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照ください。
      負   債

      (1)  支払手形及び買掛金 (2)            1年内返済予定長期借入金 (3)               未払金 (4)      未払法人税等
        これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
       ております。
     (注)2    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                        (単位:千円)
                     当連結会計年度
          区分
                    (平成29年3月31日)
        関係会社株式                    24,111
       上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投資有価証
      券」には含めておりません。
     (注)3    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                      1年超       5年超

                              1年以内                       10年超
                                     5年以内       10年以内
                              (千円)                      (千円)
                                      (千円)       (千円)
     現金及び預金                          1,054,179            ―       ―       ―
     受取手形及び売掛金                           571,990           ―       ―       ―
               合計               1,626,169            ―       ―       ―
                                  77/119






                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、事業を行うための設備投資計画に照らして、必要な資金は自己資金で賄っております。一時
       的な余資は主に流動性の高い金融資産で運用しております。デリバティブ取引は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びリスク
        営業債権である受取手形及び売掛金は、取引先の信用リスクに晒されております。
        投資有価証券は、業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である支払手形及び買掛金と未払金は、半年以内の支払期日となっております。借入金は主に営業取
       引に係る資金調達であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制
       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社グループは、与信管理規程に従い、主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに適
        切な与信管理を実施することにより月単位で回収期日及び残高を管理するとともに、財務状況の悪化等により
        回収不能となるリスクの早期把握や軽減を図っております。
       ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         投資有価証券については、定期的に時価を把握しており、その資金運用管理状況を定期的に関係責任者へ報
        告しております。
       ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社グループは、担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持などにより流
        動性リスクを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することがあります。
                                  78/119











                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注)2を参照ください。)。
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額

                         (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                            1,200,076            1,200,076                ―
     (2)  受取手形及び売掛金
                             596,151            596,151               ―
     (3)  投資有価証券
                             25,367            25,367               ―
           資産計                 1,821,594            1,821,594                ―
     (1)  支払手形及び買掛金
                             38,669            38,669               ―
     (2)  未払金
                             407,075            407,075               ―
     (3)  未払法人税等
                             52,090            52,090               ―
           負債計                  497,835            497,835               ―
     (注)1    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      資   産
      (1)  現金及び預金 (2)         受取手形及び売掛金
        短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
      (3)  投資有価証券
        これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。また、有価証券に関する注記事項については
       注記事項「有価証券関係」をご参照ください。
      負   債

      (1)  支払手形及び買掛金 (2)            未払金 (3)      未払法人税等
        これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
       ております。
     (注)2    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                        (単位:千円)
                     当連結会計年度
          区分
                    (平成30年3月31日)
        関係会社株式                    39,491
       上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投資有価証
      券」には含めておりません。
     (注)3    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                      1年超       5年超

                              1年以内                       10年超
                                     5年以内       10年以内
                              (千円)                      (千円)
                                      (千円)       (千円)
     現金及び預金                          1,200,076            ―       ―       ―
     受取手形及び売掛金                           596,151           ―       ―       ―
               合計               1,796,228            ―       ―       ―
                                  79/119






                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (有価証券関係)
     前連結会計年度(平成29年3月31日)
    1.  その他有価証券
                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額

            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を
     超えるもの
      株式                          20,430            15,019            5,410
            合計                  20,430            15,019            5,410

    2.  連結会計年度中に売却したその他有価証券

                       売却額           売却益の合計額             売却損の合計額

          区分
                       (千円)             (千円)             (千円)
      株式                       33,781              9,401               ―
          合計                 33,781              9,401               ―

     当連結会計年度(平成30年3月31日)

    1.  その他有価証券
                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額

            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を
     超えるもの
      株式                          25,367            17,723            7,643
            合計                  25,367            17,723            7,643

    2.  連結会計年度中に売却したその他有価証券

      該当事項はありません。
                                  80/119









                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (退職給付関係)
     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度として退職一時金制度を採用しております。
       なお、当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しておりま
      す。
     2.  確定給付制度

      (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
        退職給付に係る負債の期首残高                            17,392千円
                                     4,764   〃
         退職給付費用
                                    △1,522    〃
         退職給付の支払額
                                    20,634    〃
        退職給付に係る負債の期末残高
      (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る

       資産の調整表
        非積立型制度の退職給付債務                            20,634千円
                                    20,634    〃
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
        退職給付に係る負債                            20,634千円

                                    20,634    〃
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
      (3)  退職給付費用

        簡便法で計算した退職給付費用                            4,764千円
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は退職一時金制度を採用しておりましたが、平成29年10月31日付で退職一時金制度を廃止しております。
       なお、当社の退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。制度
      廃止日である平成29年10月31日までに発生している退職給付債務21,185千円は、長期未払金として固定負債の「そ
      の他」に含めて表示しております。
     2.確定給付制度

      (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
        退職給付に係る負債の期首残高                            20,634千円
                                     1,420   〃
         退職給付費用
                                     △869   〃
         退職給付の支払額
         退職一時金制度廃止に伴う
                                   △21,185     〃
         長期未払金への振替額
                                       ― 〃
        退職給付に係る負債の期末残高
      (2)  退職給付費用

        簡便法で計算した退職給付費用                            1,420千円
                                  81/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        賞与引当金                                 13,308千円
                                        8,496   〃
        未払事業税
                                        1,751   〃
        未払事業所税
                                        7,137   〃
        退職給付に係る負債
                                        5,534   〃
        貸倒引当金
                                        5,468   〃
        資産除去債務
                                        4,660   〃
        敷金償却費
                                        15,617    〃
        繰越欠損金
                                        2,522   〃
        その他
       繰延税金資産小計
                                        64,497千円
                                       △17,986     〃
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                        46,511千円
       繰延税金負債

                                        1,871   〃
        その他有価証券評価差額金
                                        3,265   〃
        資産除去債務に対応する除去費用
                                        5,136   〃
       繰延税金負債合計
       繰延税金資産純額                                 41,374千円
     (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

       流動資産-繰延税金資産                                 24,235千円

                                        17,139    〃
       固定資産-繰延税金資産
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

      た主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                   34.8%

       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                   0.4%
       住民税均等割等                                   0.8%
       評価性引当額の増加又は減少                                  △6.7%
       のれん償却額                                   2.3%
       持分法による投資損益                                   0.5%
                                          △0.7%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                   31.4%
                                  82/119





                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                                 4,597千円
                                        1,369   〃
        未払事業所税
                                        7,328   〃
        長期未払金
                                        5,534   〃
        貸倒引当金
                                        4,590   〃
        資産除去債務
                                        4,582   〃
        敷金償却費
                                        8,122   〃
        繰越欠損金
                                        2,637   〃
        その他
       繰延税金資産小計
                                        38,762千円
                                       △  5,759   〃
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                        33,003千円
       繰延税金負債

                                        2,643   〃
        その他有価証券評価差額金
                                        3,174   〃
        資産除去債務に対応する除去費用
                                        5,818   〃
       繰延税金負債合計
       繰延税金資産純額                                 27,184千円
     (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

       流動資産-繰延税金資産                                 10,499千円

                                        16,684    〃
       固定資産-繰延税金資産
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

      た主要な項目別の内訳
       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注
      記を省略しております。
      (資産除去債務関係)

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      当社グループは、不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として認識しております
     が、当該債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      なお、連結貸借対照表に計上しているもの以外の当連結会計年度末における資産除去債務は、負債計上に代えて、
     不動産賃貸契約に関連する敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当連結会
     計年度の負担に属する金額を費用に計上する方法によっております。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      当社グループは、不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として認識しております
     が、当該債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      なお、連結貸借対照表に計上しているもの以外の当連結会計年度末における資産除去債務は、負債計上に代えて、
     不動産賃貸契約に関連する敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当連結会
     計年度の負担に属する金額を費用に計上する方法によっております。
                                  83/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (賃貸等不動産関係)
     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      当社は東京都その他の地域において、賃貸用の物件を有しております。
      平成29年3月期における賃貸等不動産に関する賃貸損益は11,807千円(賃貸収益は営業外収益に、主な賃貸費用は営
     業外費用に計上)であります。
      また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は以下のとおりであります。
                 期首残高                  564,873千円
     連結貸借対照表計上額            期中増減額                  △6,600千円

                 期末残高                  558,272千円

     期末時価                              638,394千円

     (注)   1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
        2.期中増減額のうち、主な減少は、建物の減価償却(6,600千円)であります。
        3.期末の時価は、主として社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価に基づいて自社で算定した結果(指標等
          を用いて調整を行ったものを含む)であります。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      当社は東京都その他の地域において、賃貸用の物件を有しております。
      平成30年3月期における賃貸等不動産に関する賃貸損益は28,051千円(賃貸収益は営業外収益に、主な賃貸費用は営
     業外費用に計上)であります。
      また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は以下のとおりであります。
                 期首残高                  558,272千円
     連結貸借対照表計上額            期中増減額                  △6,600千円

                 期末残高                  551,672千円

     期末時価                              639,000千円

     (注)   1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
        2.期中増減額のうち、主な減少は、建物の減価償却(6,600千円)であります。
        3.期末の時価は、主として社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価に基づいて自社で算定した結果(指標等
          を用いて調整を行ったものを含む)であります。
                                  84/119









                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      当社グループは、警備事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      当社グループは、警備事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       【関連情報】

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略して
      おります。
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外への外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産

        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                  (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                      売上高
     ㈱サン総合メンテナンス                                765,073
     ㈱アサヒファシリティズ                                630,452
     (注) 当社の事業セグメントは、警備事業のみの単一セグメントのため、関連するセグメント名の記載を省略してお
        ります。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

     1.製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略して
      おります。
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外への外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産

        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                  (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                      売上高
     ㈱サン総合メンテナンス                                727,175
     ㈱アサヒファシリティズ                                645,678
     (注) 当社の事業セグメントは、警備事業のみの単一セグメントのため、関連するセグメント名の記載を省略してお
        ります。
                                  85/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
        当社グループは、警備事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

        該当事項はありません。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
        当社グループは、警備事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

        当社グループは、警備事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

        該当事項はありません。
       【関連当事者情報】

       前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
        記載すべき重要な事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

        記載すべき重要な事項はありません。
                                  86/119











                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
                           前連結会計年度                  当連結会計年度

                         (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                          至   平成29年3月31日)                至   平成30年3月31日)
     1株当たり純資産額                             2,037円56銭                  2,288円51銭
     1株当たり当期純利益                              230円72銭                  249円56銭

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.当社は、平成30年8月29日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を行っております。これに伴
          い、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純
          利益を算定しております。
        3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)              至 平成30年3月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                   240,408              260,037
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―              ―

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        240,408              260,037
     当期純利益(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                  1,042,000              1,042,000
       (重要な後発事象)

     前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      (株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更並びに単元株制度の導入)
      当社は、平成30年8月13日開催の取締役会決議に基づき、株式分割を行っております。
      また、上記株式分割に伴い、定款の一部を変更し単元株制度を採用しております。
      1.株式分割の目的

        当社の株式上場に備え、投資家の利便性向上及び当社株式の流動性向上を図るため投資単位当たりの金額を引
       き下げることを目的とするものであります。
      2.株式分割の概要

       (1)  株式分割の方法
         平成30年8月28日を基準日として、同日の最終の株主名簿に記載または記録された株主が所有する当社普通
        株式1株につき、1,000株の割合をもって分割いたしました。
       (2)  株式分割により増加する株式数
         ① 株式分割前の発行済株式総数     1,042株
         ② 今回の分割により増加する株式数 1,040,958株
         ③ 株式分割後の発行済株式総数   1,042,000株
         ④ 株式分割後の発行可能株式総数  3,500,000株
                                  87/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3.株式分割の効力発生日
        平成30年8月29日
      4.1株当たり情報に及ぼす影響

        当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたと仮定した場合、1株当たり情報は、「第5                                             経理の状況 
       1.連結財務諸表等          (1)  連結財務諸表 注記事項            (1株当たり情報)」に記載されているとおりであります。
      5.単元株制度の採用

       (1)  単元株制度採用の目的
         当社の株式上場に備え、投資家の利便性向上及び当社株式の流動性向上を図るため、また、全国証券取引所
        が公表した「売買単位の集約に向けた行動計画」の趣旨に鑑み、当社株式の売買単位を100株とするため、100
        株を1単元とする単元株制度を採用いたしました。
       (2)  効力発生日
         平成30年8月29日
      (新株予約権の発行)

       当社は、平成30年9月26日開催の臨時株主総会において、会社法第236条、第238条及び第239条の規定に基づき、
      当社ならびに当社子会社の取締役および従業員に対し、特に有利な条件をもって新株予約権を発行すること及びそ
      の募集事項の決定を当社取締役会に委任することを決議しました。
       なお、ストック・オプションの詳細につきましては、「第4 提出会社の状況 1.株式等の状況 (2)                                                 新株予
      約権等の状況 ①ストックオプション制度の内容」に記載しております。
                                  88/119













                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (追加情報)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
       会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
       の区分に表示しております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、
       次のとおりであります。
                            当第3四半期連結累計期間

                             (自    平成30年4月1日
                             至   平成30年12月31日)
        減価償却費                             13,623千円
                                     17,838    〃
        のれんの償却額
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
        当社グループの事業セグメントは、警備事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略
       しております。
       (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当第3四半期連結累計期間

                               (自    平成30年4月1日
                項目
                                至   平成30年12月31日)
     1株当たり四半期純利益                                  230円09銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

                                        239,749
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        239,749
      四半期純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 1,042,000
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
                                          -
     り四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)   1.当社は、平成30年8月29日付けで普通株式1株につき普通株式1,000株の割合で株式分割を行っておりま
          す。当連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益を算定しておりま
          す。
        2.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、新株予約権の残高がありますが、当社株式は非上場で
          あるため、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                  89/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤  【連結附属明細表】(平成30年3月31日現在)
       【社債明細表】
        該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     1年以内に返済予定の長期借入金                      15,200           ―         ―      ―
     1年以内に返済予定のリース債務                      4,762         4,141           ―      ―

     リース債務(1年以内に返済予定の
                          13,166         9,025           ―  平成31年~平成34年
     ものを除く)
            合計               33,129         13,166           ―      ―
     (注)   1.「平均利率」については、当期末借入金残高がないため記載しておりません。
        2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
          連結貸借対照表上に計上しているため、記載しておりません。
        3.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであり
          ます。
                    1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

             区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          リース債務               4,017          4,017           989           ―
       【資産除去債務明細表】

        当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結会計
       年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
     (2)  【その他】

       該当事項はありません。
                                  90/119










                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,037,406              1,167,497
        売掛金                                536,487              550,457
        貯蔵品                                 1,601              1,674
        前払費用                                11,930              10,691
        繰延税金資産                                24,235               6,660
        その他                                21,535              21,140
                                         △ 322             △ 330
        貸倒引当金
        流動資産合計                               1,632,874              1,757,792
      固定資産
        有形固定資産
         建物                               72,388              72,388
         機械及び装置                               10,852              10,852
         車両運搬具                               15,806              12,986
         工具、器具及び備品                               25,276              25,276
         土地                              184,199              184,199
                                       △ 49,819             △ 52,795
         減価償却累計額
         有形固定資産合計                              258,704              252,908
        無形固定資産
         ソフトウエア                               2,473              2,578
         リース資産                               15,796              12,076
                                          505              505
         その他
         無形固定資産合計                               18,775              15,159
        投資その他の資産
         投資有価証券                               20,430              25,367
         関係会社株式                               71,500              71,500
         出資金                                103              103
         従業員に対する長期貸付金                               3,710              3,492
         関係会社長期貸付金                               89,169              99,169
         破産更生債権等                               16,000              16,000
         繰延税金資産                               17,139              16,684
         投資不動産                              574,175              574,175
                                       △ 15,902             △ 22,503
           減価償却累計額
           投資不動産(純額)                             558,272              551,672
         保険積立金
                                        131,248              159,232
         その他                               44,014              43,303
                                       △ 16,000             △ 16,000
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              935,589              970,526
        固定資産合計                               1,213,068              1,238,594
      資産合計                                2,845,943              2,996,387
                                  91/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                29,270              35,480
        1年内返済予定の長期借入金                                15,200                 ―
        リース債務                                 4,017              4,017
        未払金                                421,861              375,953
        未払費用                                40,497              75,779
        未払法人税等                                92,535              51,604
        預り金                                35,172              40,968
        前受収益                                 2,585              4,308
        賞与引当金                                38,232                 ―
                                          860              643
        その他
        流動負債合計                                680,233              588,756
      固定負債
        リース債務                                13,042               9,025
        退職給付引当金                                20,634                 ―
        資産除去債務                                11,099              11,309
                                         3,407              24,504
        その他
        固定負債合計                                48,183              44,839
      負債合計                                 728,417              633,595
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                50,000              50,000
        資本剰余金
         資本準備金                               20,000              20,000
                                        81,244              81,244
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                              101,244              101,244
        利益剰余金
         利益準備金                               12,500              12,500
         その他利益剰余金
           別途積立金                            1,540,000              1,540,000
                                        410,243              654,048
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             1,962,743              2,206,548
        株主資本合計                               2,113,987              2,357,792
      評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金                                 3,538              4,999
                                         3,538              4,999
        評価・換算差額等合計
      純資産合計                                2,117,526              2,362,792
     負債純資産合計                                  2,845,943              2,996,387
                                  92/119






                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                       4,895,482              4,973,192
     売上高
     売上原価                                  3,769,029              3,868,137
     売上総利益                                  1,126,453              1,105,055
     販売費及び一般管理費
      役員報酬                                 108,900              113,600
      給与手当                                 195,037              215,745
      賞与引当金繰入額                                  9,592                -
      退職給付費用                                  3,531              1,558
      減価償却費                                  12,982               9,748
      貸倒引当金繰入額                                    18               7
                                        464,420              453,601
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                 794,482              794,262
     営業利益                                   331,970              310,793
     営業外収益
      受取利息                                  1,641              1,136
      有価証券利息                                    56              240
      受取配当金                                   725              343
      受取地代家賃                                  33,867              49,366
      保険解約返戻金                                  28,186              16,124
      助成金収入                                  28,925              16,700
      投資有価証券売却益                                  9,401                -
                                         4,157              2,944
      その他
      営業外収益合計                                 106,961               86,856
     営業外費用
      支払利息及び割引料                                   252              225
      賃貸収入原価                                  22,319              21,315
      為替差損                                  12,304                -
      保険解約損                                  8,100                -
                                          78               5
      その他
      営業外費用合計                                  43,054              21,545
     経常利益                                   395,878              376,103
     特別利益
                                                      ※1  116
                                          -
      固定資産売却益
      特別利益合計                                    -              116
     特別損失
                                       ※2  2,414
      固定資産売却損                                                  -
                                       ※3  3,749
      固定資産除却損                                                  -
      会員権売却損                                  11,997                -
      減損損失                                  2,065                -
      貸倒引当金繰入額                                  16,000                -
      特別損失合計                                  36,227                -
     税引前当期純利益                                   359,650              376,220
     法人税、住民税及び事業税
                                        127,553              115,158
                                        △ 1,839              17,257
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   125,714              132,415
     当期純利益                                   233,936              243,805
                                  93/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【売上原価明細書】
                              前事業年度                 当事業年度

                           (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                            至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
                      注記               構成比                構成比
            区分                金額(千円)                 金額(千円)
                      番号               (%)                 (%)
     Ⅰ 材料費                              ―                 ―
     Ⅱ 労務費                          3,419,983        90.7         3,445,065        89.1

                                349,045                 423,071

     Ⅲ 経費                  ※1                9.3                10.9
       売上原価

                               3,769,029                 3,868,137
     (注)     ※1    主な内訳は、次のとおりであります。

               項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
         外注警備費                            127,783                 216,011

         旅費交通費                            149,236                 153,931

                                  94/119














                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                          (単位:千円)
                              株主資本
                                  資本剰余金
                  資本金
                                   その他
                          資本準備金                資本剰余金合計
                                  資本剰余金
     当期首残高                50,000         20,000         81,244        101,244
     当期変動額
     剰余金の配当                 ―         ―         ―         ―
     当期純利益                 ―         ―         ―         ―
     株主資本以外の項目の
                      ―         ―         ―         ―
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  ―         ―         ―         ―
     当期末残高                50,000         20,000         81,244        101,244
                                   株主資本

                              利益剰余金
                             その他利益剰余金                      株主資本合計
                 利益準備金                         利益剰余金合計
                          別途積立金        繰越利益剰余金
     当期首残高                12,500       1,540,000         191,936        1,744,436         1,895,681
     当期変動額
     剰余金の配当                 ―         ―      △ 15,630        △ 15,630        △ 15,630
     当期純利益                 ―         ―      233,936         233,936         233,936
     株主資本以外の項目の
                      ―         ―         ―         ―         ―
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  ―         ―      218,306         218,306         218,306
     当期末残高                12,500       1,540,000         410,243        1,962,743         2,113,987
                    評価・換算差額等

                                  純資産合計
                その他有価証券         評価・換算
                 評価差額金         差額等合計
     当期首残高                11,536         11,536       1,907,217
     当期変動額
     剰余金の配当                 ―         ―      △ 15,630
     当期純利益                 ―         ―      233,936
     株主資本以外の項目の
                    △ 7,998        △ 7,998        △ 7,998
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 7,998        △ 7,998        210,308
     当期末残高                3,538         3,538       2,117,526
                                  95/119







                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                          (単位:千円)
                              株主資本
                                  資本剰余金
                  資本金
                                   その他
                          資本準備金                資本剰余金合計
                                  資本剰余金
     当期首残高                50,000         20,000         81,244        101,244
     当期変動額
     剰余金の配当                 ―         ―         ―         ―
     当期純利益                 ―         ―         ―         ―
     株主資本以外の項目の
                      ―         ―         ―         ―
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  ―         ―         ―         ―
     当期末残高                50,000         20,000         81,244        101,244
                                   株主資本

                              利益剰余金
                             その他利益剰余金                      株主資本合計
                 利益準備金                         利益剰余金合計
                          別途積立金        繰越利益剰余金
     当期首残高                12,500       1,540,000         410,243        1,962,743         2,113,987
     当期変動額
     剰余金の配当                 ―         ―         ―         ―         ―
     当期純利益                 ―         ―      243,805         243,805         243,805
     株主資本以外の項目の
                      ―         ―         ―         ―         ―
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  ―         ―      243,805         243,805         243,805
     当期末残高                12,500       1,540,000         654,048        2,206,548         2,357,792
                    評価・換算差額等

                                  純資産合計
                その他有価証券         評価・換算
                 評価差額金         差額等合計
     当期首残高                3,538         3,538       2,117,526
     当期変動額
     剰余金の配当                 ―         ―         ―
     当期純利益                 ―         ―      243,805
     株主資本以外の項目の
                     1,460         1,460         1,460
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                1,460         1,460        245,265
     当期末残高                4,999         4,999       2,362,792
                                  96/119







                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1.資産の評価基準及び評価方法
       (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
        ① 子会社株式及び関連会社株式
          移動平均法による原価法
        ② その他有価証券
          時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均
         法により算定)
       (2)  たな卸資産の評価基準及び評価方法
         貯蔵品
         最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
      2.固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平
        成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物        10年~39年
          機械及び装置    9年~17年
          車両運搬具     2年~6年
          工具、器具及び備品 3年~17年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、自社利用ソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
       (3)  リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (4)  投資その他の資産
         投資不動産については定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物及び構築物   41~43年
      3.引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権について貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
        いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上してお
        ります。
       (3)  退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務(簡便法による期末自己都合要支給額)
        を計上しております。
      4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  97/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
      1.資産の評価基準及び評価方法
       (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
        ① 子会社株式及び関連会社株式
          移動平均法による原価法
        ② その他有価証券
          時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平
         均法により算定)
       (2)  たな卸資産の評価基準及び評価方法
         貯蔵品
         最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
      2.固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平
        成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物        15年~39年
          機械及び装置    9年~17年
          車両運搬具     2年~6年
          工具、器具及び備品 3年~17年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、自社利用ソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
       (3)  リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (4)  投資その他の資産
         投資不動産については定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物及び構築物   41~43年
      3.引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権について貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
        いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上してお
        ります。なお、当事業年度において、賞与制度を廃止したことに伴い、当事業年度末の計上額はありません。
       (3)  退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務(簡便法による期末自己都合要支給額)
        を計上しております。なお、当事業年度において、退職一時金制度を廃止したことに伴い、当事業年度末の計
        上額はありません。
      4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  98/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (会計方針の変更)
     前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
      法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報告
     第32号 平成28年6月17日)を当事業年度に適用し、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物に係る
     減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
      なお、この変更による当事業年度の損益に与える影響は軽微であります。
     当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      該当事項はありません。
       (追加情報)

     前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事業年度
     から適用しております。
     当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      該当事項はありません。
       (損益計算書関係)

     ※1    固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度

                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                           至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
        車両運搬具                           ―千円                116千円
     ※2    固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                              前事業年度                 当事業年度

                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                           至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
        建物                         2,216千円                   ―千円
                                 198  〃                ― 〃
        土地
        計                         2,414千円                   ―千円
     ※3    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                              前事業年度                 当事業年度

                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                           至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
        建物                          789千円                  ―千円
                                2,960   〃                ― 〃
        ソフトウエア
        計                         3,749千円                   ―千円
                                  99/119





                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (有価証券関係)
     前事業年度(平成29年3月31日)
      子会社株式及び関連会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式
     及び関連会社株式の時価を記載しておりません。
      なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額は以下のと
     おりです。
                          (単位:千円)
          区分            平成29年3月31日
     子会社株式                         42,000
     関連会社株式                         29,500
           計                   71,500
     当事業年度(平成30年3月31日)

      子会社株式及び関連会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式
     及び関連会社株式の時価を記載しておりません。
      なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額は以下のと
     おりです。
                          (単位:千円)
          区分            平成30年3月31日
     子会社株式                         42,000
     関連会社株式                         29,500
           計                   71,500
                                100/119













                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
     前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        賞与引当金                                 13,308千円
                                        8,496   〃
        未払事業税
                                        1,751   〃
        未払事業所税
                                        7,137   〃
        退職給付引当金
                                        5,534   〃
        貸倒引当金
                                        3,602   〃
        資産除去債務
                                        4,660   〃
        敷金償却費
                                        2,019   〃
        その他
       繰延税金資産合計
                                        46,511千円
       繰延税金負債

                                        1,871   〃
        その他有価証券評価差額金
                                        3,265   〃
        資産除去債務に対応する除去費用
                                        5,136   〃
       繰延税金負債合計
       繰延税金資産純額                                 41,374千円
     (注) 繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。

       流動資産-繰延税金資産                                 24,235千円

                                        17,139    〃
       固定資産-繰延税金資産
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

      た主要な項目別の内訳
       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注
      記を省略しております。
                                101/119









                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                                 4,597千円
                                        1,369   〃
        未払事業所税
                                        7,328   〃
        長期未払金
                                        5,534   〃
        貸倒引当金
                                        3,602   〃
        資産除去債務
                                        4,582   〃
        敷金償却費
                                        2,149   〃
        その他
       繰延税金資産合計
                                        29,164千円
       繰延税金負債

                                        2,643   〃
        その他有価証券評価差額金
                                        3,174   〃
        資産除去債務に対応する除去費用
                                        5,818   〃
       繰延税金負債合計
       繰延税金資産純額                                 23,345千円
      (注) 繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。

       流動資産-繰延税金資産                                 6,660千円

                                        16,684    〃
       固定資産-繰延税金資産
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

      た主要な項目別の内訳
       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注
      記を省略しております。
                                102/119










                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な後発事象)
     前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      該当事項はありません。
     当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

      (株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更並びに単元株制度の導入)
      当社は、平成30年8月13日開催の取締役会決議に基づき、株式分割を行っております。
      また、上記株式分割に伴い、定款の一部を変更し単元株制度を採用しております。
      1.株式分割の目的

        当社の株式上場に備え、投資家の利便性向上及び当社株式の流動性向上を図るため投資単位当たりの金額を引
       き下げることを目的とするものであります。
      2.株式分割の概要

       (1)  株式分割の方法
         平成30年8月28日を基準日として、同日の最終の株主名簿に記載または記録された株主が所有する当社普通
        株式1株につき、1,000株の割合をもって分割いたしました。
       (2)  株式分割により増加する株式数
         ① 株式分割前の発行済株式総数     1,042株
         ② 今回の分割により増加する株式数 1,040,958株
         ③ 株式分割後の発行済株式総数   1,042,000株
         ④ 株式分割後の発行可能株式総数  3,500,000株
      3.  株式分割の効力発生日

        平成30年8月29日
      4.  1株当たり情報に及ぼす影響

        前事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定した場合における(1株当たり情報)の各数値はそれぞれ次
       のとおりであります。
                            前事業年度                  当事業年度

                         (自 平成28年4月1日                  (自 平成29年4月1日
                          至 平成29年3月31日)                  至 平成30年3月31日)
     1株当たり純資産額                             2,032.17円                  2,267.55円
     1株当たり当期純利益                               224.51円                  233.98円
      5.   単元株制度の採用

       (1)  単元株精度採用の目的
         当社の株式上場に備え、投資家の利便性向上及び当社株式の流動性向上を図るため、また、全国証券取引所
        が公表した「売買単位の集約に向けた行動計画」の趣旨に鑑み、当社株式の売買単位を100株とするため、100
        株を1単元とする単元株制度を採用いたしました。
       (2)  効力発生日
         平成30年8月29日
      (新株予約権の発行)

       連結財務諸表に関する注記事項(重要な後発事象)に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
                                103/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【附属明細表】(平成30年3月31日現在)
       【有価証券明細表】
        【株式】
                 銘柄                   株式数(株)         貸借対照表計上額(千円)

     投資有価証券         その他有価証券        イオンディライト㈱                  6,588.835               25,367

                  計                      6,588.835               25,367

       【有形固定資産等明細表】

                                                  (単位:千円)
                                        当期末減価
                                        償却累計額            差引当期末
        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
                                        又は償却累             残高
                                          計額
     有形固定資産
      建物              72,388        ―      ―   72,388      17,185      1,777     55,203
      機械及び装置              10,852        ―      ―   10,852      8,536       350     2,315

      車両運搬具              15,806        ―    2,819     12,986      10,363      1,309      2,623

      工具、器具及び備品              25,276        ―      ―   25,276      16,710      2,358      8,565

      土地              184,199         ―      ―   184,199         ―      ―   184,199
       有形固定資産計            308,523         ―    2,819     305,703      52,795      5,796     252,908

     無形固定資産

      ソフトウェア               9,931       770       ―   10,701      8,122       665     2,578
      リース資産              22,320        ―      ―   22,320      10,243      3,720     12,076

      その他                505       ―      ―     505       ―      ―     505
       無形固定資産計            32,756       770       ―   33,526      18,366      4,385     15,159

     投資その他の資産

      投資不動産              574,175         ―      ―   574,175      22,503      6,600     551,672
      投資その他の資産計             574,175         ―      ―   574,175      22,503      6,600     551,672

     (注)   1.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
          ソフトウェア         税務・会計ソフト追加による増加                      770千円
        2.当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。

          車両運搬具         営業用車両の売却による減少                     2,819千円
       【引当金明細表】

                                                  (単位:千円)
                                   当期減少額        当期減少額
         区分         当期首残高        当期増加額                         当期末残高
                                   (目的使用)         (その他)
     貸倒引当金                 16,322          330         ―       322       16,330

     賞与引当金                 38,232           ―      38,232           ―        ―

     (注)   1.貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
        2.賞与引当金については、賞与制度の廃止に伴い、当事業年度より計上を行っておりません。
                                104/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【主な資産及び負債の内容】(平成30年3月31日現在)
       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3)  【その他】

       該当事項はありません。
                                105/119



















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度              毎年4月1日から翌年3月31日まで

     定時株主総会              事業年度末日の翌日から3ケ月以内に招集

     基準日              毎年3月31日

     株券の種類              ―

                  毎年3月31日
     剰余金の配当の基準日
                  毎年9月30日
     1単元の株式数              100株
     株式の名義書換え(注)1

                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号
       取扱場所
                  みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号
       株主名簿管理人
                  みずほ信託銀行株式会社
                  みずほ信託銀行株式会社 全国各支店
       取次所
                  みずほ証券株式会社 本店および全国各支店
       名義書換手数料              無料
       新券交付手数料              ―

     単元未満株式の買取り

                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号
       取扱場所
                  みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号
       株主名簿管理人
                  みずほ信託銀行株式会社
                  みずほ信託銀行株式会社 全国各支店
       取次所
                  みずほ証券株式会社 本店および全国各支店(注)1
       買取手数料              無料 (注)2
                  当社の公告方法は、電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由により
     公告掲載方法              電子公告によることができないときは、日本経済新聞に掲載して行う。
                  当社の公告掲載URLは次のとおりです。(                    http://www.kyoei-ss.co.jp             )
     株主に対する特典              該当事項はありません。
     (注)   1.当社株式は、東京証券所JASDAQ(スタンダード)への上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法律第
          128条第1項に規定する振替株式となることから、該当事項はなくなる予定です。
        2.単元未満株式の買取手数料は、当社株式が東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場された日から
          「株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額」に変更されます。
        3.当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない
          旨、定款に定めております。
          (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)  会社法第166条第1項の規定による請求をする請求する権利
          (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                106/119






                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第7   【提出会社の参考情報】
    1  【提出会社の親会社等の情報】

      当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2  【その他の参考情報】

      該当事項はありません。
                                107/119


















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第三部     【特別情報】
    第1   【連動子会社の最近の財務諸表】

     当社は連動子会社を有しておりませんので、該当事項はありません。

                                108/119



















                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第四部     【株式公開情報】
    第1   【特別利害関係者等の株式等の移動状況】

                     移動前                 移動後

          移動前     移動前            移動後      移動後
      移動               所有者の                 所有者の     移動株数     価格(単価)
          所有者の     所有者の            所有者の      所有者の                     移動理由
     年月日              提出会社との                 提出会社との       (株)     (円)
         氏名又は名称       住所          氏名又は名称       住所
                     関係等                 関係等
                                     特別利害関係
                                     者等(役員等
                                     により総株主
                                東京都
                          合同会社           等の議決権の
                                豊島区
                   当社の代表取                             61,200,000     役員の経
               東京都                     過半数を所有
    平成30年
                          K-mac
         我妻 紀子          締役社長の配             池袋             34   (1,800,000)      営参加意
                                     されている会
    3月30日
               練馬区          代表社員
                   偶者                             (注)4、6     識向上
                                二丁目
                                     社、大株主上
                          我妻 和文
                                23番15号
                                     位10名)
                                     (注)3
                                     (1)5.
                                     特別利害関係
                                     者等(当社常
                   当社の代表取                             41,400,000     役員の経
               東京都                 千葉県
    平成30年                                務取締役、大
         我妻 紀子          締役社長の配      阿部 克巳                   23   (1,800,000)      営参加意
    3月30日                                株主上位10
               練馬区                 浦安市
                   偶者                             (注)4、6     識向上
                                     名)
                                     (注)5.
                                     特別利害関係
                                東京都
                                     者等(役員等
                                文京区
                          合同会社あっ
                                     により総株主
                                               1,235,000,000      資産管理
               東京都          とプラニング      本駒込
    平成30年               当社の代表取                 等の議決権の
         我妻 文男                                  650,000       (1,900)    会社への
                          代表社員
    10月19日               締役社長                 過半数を所有
               練馬区                 六丁目
                                                  (注)4   株式譲渡
                                     されている会
                          我妻 文男
                                5番14-
                                     社、大株主上
                                203号
                                     位10名)
     (注)   1.当社は、株式会社東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場を予定しておりますが、同取引所が
          定める有価証券上場規程施行規則(以下「同施行規則」という。)第253条の規定に基づき、特別利害関係者
          等(従業員持株会を除く。以下1において同じ)が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して2年
          前の日(平成28年4月1日)から上場日の前日までの期間において、当社の発行する株式又は新株予約権の譲
          受け又は譲渡(上場前の公募等を除き、新株予約権の行使を含む。以下「株式等の移動」という。)を行って
          いる場合には、当該株式等の移動の状況を同施行規則第229条の3第1項第2号に規定する「新規上場申請
          のための有価証券報告書(Ⅰの部)」に記載するものとするとされております。
        2.当社は、同施行規則第254条の規定に基づき、上場日から5年間、上記株式等の移動状況に係る記載内容に
          ついての記録を保存することとし、幹事取引参加者は、当社が当該記録を把握し、かつ、保存するための事
          務組織を適切に整備している状況にあることを確認するものとするとされております。また、当社は、当該
          記録につき、同取引所が必要に応じて行う提出請求に応じなければならないとされております。同取引所
          は、当社が当該提出請求に応じない場合は、当社の名称及び当該請求に応じない状況にある旨を公表するこ
          とができるとされております。また、同取引所は、当該提出請求により提出された記録を検討した結果、上
          記株式等の移動の状況に係る記載内容が明らかに正確でなかったと認められる場合には、当社及び幹事取引
          参加者の名称並びに当該記載内容が正確でなかったと認められる旨を公表することができるとされておりま
          す。
        3.特別利害関係者等の範囲は次のとおりであります。
         (1)  当社の特別利害関係者…………役員、その配偶者及び二親等内の血族(以下、「役員等」という。)、役員
                         等により総株主等の議決権の過半数を所有されている会社並びに関係会社
                         及びその役員
         (2)  当社の大株主上位10名
         (3)  当社の人的関係会社及び資本的関係会社並びにこれらの役員
         (4)  金融商品取引業者(金融商品取引法第28条第8項に規定する有価証券関連業務を行う者に限る。)及びその
           役員並びに金融商品取引業者の人的関係会社及び資本的関係会社
        4.移動価格算定方式は次のとおりです。
          DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー法)及び類似会社比準方式により算出した価格を総合的に勘
          案して、譲渡人と譲受人が協議の上、決定いたしました。
        5.当該移動により、特別利害関係者等(大株主上位10名)となっております。
        6.平成30年8月13日開催の取締役会決議により、平成30年8月29日付で普通株式1株につき1,000株の株式分
          割を行っておりますが、上記「移動株数」及び「価格(単価)」は当該株式分割前の「移動株数」及び「価格
          (単価)」を記載しております。
                                109/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【第三者割当等の概況】
    1  【第三者割当等による株式等の発行の内容】

             項目                         新株予約権

     発行年月日                                平成30年10月23日

                                    第1回新株予約権
     種類
                                   (ストック・オプション)
     発行数                               普通株式 45,500株
                                  1株につき1,900円 (注)            3

     発行価格
     資本組入額                                   950円

     発行価格の総額                                 86,450,000円

     資本組入額の総額                                 43,225,000円

                        平成30年9月26日開催の臨時株主総会において、会社法第236条、第238
     発行方法                   条及び第239条の規定に基く新株予約権(ストック・オプション)の付与
                        に関する決議を行っております。
                                       (注)   2
     保有期間等に関する確約
     (注)   1.第三者割当等による募集株式の割当て等に関する規制に関し、株式会社東京証券取引所の定める規則は、以
          下のとおりであります。
         (1)  同取引所の定める有価証券上場規程施行規則第259条の規定において、新規上場申請者が、新規上場申請
           日の直前事業年度の末日から起算して1年前より後において、役員又は従業員等に報酬として新株予約権
           の割当てを行っている場合には、新規上場申請者は、割当てを受けた役員又は従業員等との間で書面によ
           り報酬として割当てを受けた新株予約権の所有、譲渡時及び同取引所からの当該所有状況に係る照会時の
           同取引所への報告その他同取引所が必要と認める事項について確約を行うものとし、当該書面を同取引所
           が定めるところにより提出するものとされております。
         (2)  当社が、前項の規定に基づく書面の提出等を行わないときは、同取引所は上場申請の不受理又は受理の取
           消しの措置をとるものとしております。
         (3)  当社の場合、上場申請日直前事業年度の末日は、平成30年3月31日であります。
        2.同施行規則第259条第1項第1号の規定に基づき、当社は割当てを受けた役員又は従業員等との間で、報酬
          として割当てを受けた新株予約権を、原則として割当てを受けた日から上場日の前日または新株予約権の行
          使を行う日のいずれか早い日まで所有する等の確約を行っております。
        3.株式の発行価額及び行使に際して払込をなすべき金額は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー
          法)及び類似会社比準方式により算出した価格を総合的に勘案して、決定しております。
        4.新株予約権の行使時の払込金額、行使期間、行使の条件及び譲渡に関する事項については以下のとおりであ
          ります。
                                      新株予約権

     行使時の払込金額                                1株につき1,900円

                                   平成32年11月1日から
     行使請求期間
                                   平成40年9月30日まで
                       「第二部 企業情報 第4 提出会社の状況 1.株式等の状況 (2)
     行使の条件
                        新株予約権等の状況」に記載のとおりであります。
     新株予約権の譲渡に関する事項                   新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要する。
                                110/119





                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【取得者の概況】
                         取得者の

                                      価格
      取得者の                   職業及び                     取得者と提出会社
                               割当株数
               取得者の住所                      (単価)
                                (株)
     氏名又は名称                     事業の                      との関係
                                      (円)
                          内容等
                                           特別利害関係者等
                                    28,500,000
     我妻 和文       東京都豊島区             会社役員       15,000           (当社役員の二親等内の血族)
                                      (1,900)
                                           (当社専務取締役)
                                           特別利害関係者等
                                    19,000,000
     阿部 克巳       千葉県浦安市             会社役員       10,000           (大株主上位10名)
                                      (1,900)
                                           (当社常務取締役)
                                     7,600,000      特別利害関係者等
     芹澤 成美       静岡県沼津市             会社役員        4,000
                                      (1,900)    (当社取締役)
                                     7,600,000      特別利害関係者等
     大亀 北斗       東京都八王子市             会社役員        4,000
                                      (1,900)    (当社取締役)
                                     7,600,000      特別利害関係者等
     佐藤 貞治       神奈川県藤沢市             会社員        4,000
                                      (1,900)    (当社子会社の取締役)
                                     1,900,000
     山内 輝資       千葉県八千代市             会社員        1,000          当社の従業員
                                      (1,900)
                                     1,900,000
     生田 太郎       神奈川県横浜市港北区             会社員        1,000          当社の従業員
                                      (1,900)
                                     1,900,000
     渕辺 玲子       東京都渋谷区             会社員        1,000          当社の従業員
                                      (1,900)
                                      950,000
     金子 明義       神奈川県相模原市中央区             会社員         500         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      380,000
     宮崎 理子       東京都練馬区             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      380,000
     田中 美恵子       東京都豊島区             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      380,000
     坂本 歩       東京都小平市             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                           特別利害関係者等
                                      380,000
     我妻 今日子       東京都練馬区             会社員         200         (当社役員の二親等内の血族)、
                                      (1,900)
                                           当社の従業員
                                      380,000
     大和 千春       山形県東村山郡山辺町             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      380,000
     嶺岸 豊       宮城県富谷市             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      380,000
     鈴木 宏明       福島県白河市             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      380,000
     鈴木 正明       静岡県沼津市             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      380,000
     新井 三徳       千葉県富里市             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      380,000
     菊地 隆志       東京都大田区             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      380,000
     丸 茂樹       神奈川県横浜市磯子区             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      380,000
     八武崎 智大       山梨県笛吹市             会社員         200         当社の従業員
                                       (1,900)
                                      380,000
     池端 学       神奈川県川崎市高津区             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      380,000
     佐藤 隆一       静岡県浜松市中区             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                111/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                         取得者の
                                      価格
      取得者の                   職業及び                     取得者と提出会社
                               割当株数
               取得者の住所                      (単価)
                                (株)
     氏名又は名称                     事業の                      との関係
                                      (円)
                          内容等
                                      380,000
     佐藤 圭一       愛知県名古屋市緑区             会社員         200         当社の従業員
                                       (1,900)
                                      380,000
     今井 正和       大阪府大阪市中央区             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      380,000
     冨岡 雅人       東京都葛飾区             会社員         200         当社の従業員
                                       (1,900)
                                      380,000
     松本 次朗       東京都葛飾区             会社員         200         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      190,000
     佐々木 昭仁       宮城県仙台市泉区             会社員         100         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      190,000
     沼崎 宏一       福島県福島市             会社員         100         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      190,000
     大田原 寛一       福島県郡山市             会社員         100         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      190,000
     大杉 宏行       埼玉県富士見市             会社員         100         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      190,000
     柏崎 陸平       東京都台東区             会社員         100         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      190,000
     北村 洋仁       東京都大田区             会社員         100         当社の従業員
                                      (1,900)
                                           特別利害関係者等
                                      190,000
     山本 いね子       神奈川県横浜市神奈川区             会社員         100         (当社役員の二親等内の血族)、
                                       (1,900)
                                           当社の従業員
                                      190,000
     渋谷 浩平       山梨県甲府市             会社員         100         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      190,000
     北田 琢磨       埼玉県所沢市             会社員         100         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      190,000
     大石 秀一       静岡県磐田市             会社員         100         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      190,000
     夏目 慎也       愛知県日進市             会社員         100         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      190,000
     小川 英紀       大阪府大阪市住吉区             会社員         100         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      190,000
     永井 健一       北海道虻田郡倶知安町             会社員         100         当社の従業員
                                      (1,900)
                                      190,000
     中村 純子       北海道札幌市白石区             会社員         100         当社子会社の従業員
                                      (1,900)
    3  【取得者の株式等の移動状況】

      該当事項はありません。
                                112/119







                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【株主の状況】
                                                  株式(自己株式

                                                  を除く。)の総
                                           所有株式数
          氏名又は名称                     住所
                                                  数に対する所有
                                             (株)
                                                   株式数の割合
                                                     (%)
     合同会社あっとプラニング
                      東京都文京区本駒込六丁目5番14-203号                       650,000         59.77
                ※1.2
     マックスコーポレーション株式会社
                      東京都練馬区石神井町六丁目23番6号                       100,000         9.20
                ※1.2
     株式会社ケイ・エス・エス
                      東京都練馬区石神井町六丁目23番6号                        80,000         7.36
                ※1.2
     我妻 文男      ※1.3                  東京都練馬区                        62,000         5.70
     株式会社サン総合メンテナンス
                      愛知県稲沢市天池五反田町1番地                        50,000         4.60
                 ※1
     我妻 紀子      ※1.4                  東京都練馬区                        43,000         3.95
     合同会社K-mac                ※1.2

                      東京都豊島区池袋二丁目23番15号                        34,000         3.13
                                              33,000         3.03
     阿部 克巳      ※1.6                  千葉県浦安市
                                              (10,000)         (0.92)
                                              15,000         1.38
     我妻 和文      ※5.6                  東京都豊島区
                                              (15,000)         (1.38)
                                               4,000        0.37
     芹澤 成美       ※6                  静岡県沼津市
                                              (4,000)        (0.37)
                                               4,000        0.37
     大亀 北斗       ※6                  東京都八王子市
                                              (4,000)        (0.37)
                                               4,000        0.37
     佐藤 貞治       ※7                  神奈川県藤沢市
                                              (4,000)        (0.37)
                                               1,000        0.09
     山内 輝資       ※8                  千葉県八千代市
                                              (1,000)        (0.09)
                                               1,000        0.09
     生田 太郎       ※8                  神奈川県横浜市港北区
                                              (1,000)        (0.09)
                                               1,000        0.09
     渕辺 玲子       ※8                  東京都渋谷区
                                              (1,000)        (0.09)
                                                500       0.05
     金子 明義       ※8                  神奈川県相模原市中央区
                                               (500)       (0.05)
                                                200       0.02
     宮崎 理子       ※8                  東京都練馬区
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     田中 美恵子      ※8                  東京都豊島区
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     坂本 歩        ※8                  東京都小平市
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     我妻 今日子     ※5.8                  東京都練馬区
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     大和 千春       ※8                  山形県東村山郡山辺町
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     嶺岸 豊        ※8                  宮城県富谷市
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     鈴木 宏明       ※8                  福島県白河市
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     鈴木 正明       ※8                  静岡県沼津市
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     新井 三徳       ※8                  千葉県富里市
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     菊地 隆志       ※8                  東京都大田区
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     丸 茂樹        ※8                  神奈川県横浜市磯子区
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     八武崎 智大      ※8                  山梨県笛吹市
                                               (200)       (0.02)
                                113/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                  株式(自己株式
                                                  を除く。)の総
                                           所有株式数
          氏名又は名称                     住所
                                                  数に対する所有
                                             (株)
                                                   株式数の割合
                                                     (%)
                                                200       0.02
     池端 学        ※8                  神奈川県川崎市高津区
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     佐藤 隆一       ※8                  静岡県浜松市中区
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     佐藤 圭一       ※8                  愛知県名古屋市緑区
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     今井 正和       ※8                  大阪府大阪市中央区
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     冨岡 雅人       ※8                  東京都葛飾区
                                               (200)       (0.02)
                                                200       0.02
     松本 次朗       ※8                  東京都葛飾区
                                               (200)       (0.02)
                                                100       0.01
     佐々木 昭仁      ※8                  宮城県仙台市泉区
                                               (100)       (0.01)
                                                100       0.01
     沼崎 宏一       ※8                  福島県福島市
                                               (100)       (0.01)
                                                100       0.01
     大田原 寛一      ※8                  福島県郡山市
                                               (100)       (0.01)
                                                100       0.01
     大杉 宏行       ※8                  埼玉県富士見市
                                               (100)       (0.01)
                                                100       0.01
     柏崎 陸平       ※8                  東京都台東区
                                               (100)       (0.01)
                                                100       0.01
     北村 洋仁       ※8                  東京都大田区
                                               (100)       (0.01)
                                                100       0.01
     山本 いね子     ※5.8                  神奈川県横浜市神奈川区
                                               (100)       (0.01)
                                                100       0.01
     渋谷 浩平       ※8                  山梨県甲府市
                                               (100)       (0.01)
                                                100       0.01
     北田 琢磨       ※8                  埼玉県所沢市
                                               (100)       (0.01)
                                                100       0.01
     大石 秀一       ※8                  静岡県磐田市
                                               (100)       (0.01)
                                                100       0.01
     夏目 慎也       ※8                  愛知県日進市
                                               (100)       (0.01)
                                                100       0.01
     小川 英紀       ※8                  大阪府大阪市住吉区
                                               (100)       (0.01)
                                                100       0.01
     永井 健一       ※8                  北海道虻田郡倶知安町
                                               (100)       (0.01)
                                                100       0.01
     中村 純子       ※9                  北海道札幌市白石区
                                               (100)       (0.01)
                                             1,087,500         100.00
            計                   ―
                                              (45,500)         (4.18)
     (注)   1.「氏名又は名称」欄の※の番号は次のとおり株主の属性を示します。
          1 特別利害関係者等(大株主上位10名)
          2 特別利害関係者等(役員等により総株主等の議決権の過半数を所有されている会社)
          3 特別利害関係者等(当社の代表取締役社長)
          4 特別利害関係者等(当社の代表取締役社長の配偶者)
          5 特別利害関係者等(当社の代表取締役社長の二親等内の血族)
          6 特別利害関係者等(当社の取締役)
          7 特別利害関係者等(当社子会社の代表取締役社長)
          8 当社の従業員
          9 当社子会社の従業員
        2.株式総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しております。
        3.( )内の数字は、新株予約権による潜在株式数及びその割合であり、内数であります。
                                114/119




                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        独立監査人の監査報告書
                                                   平成31年1月31日

    共栄セキュリティーサービス株式会社
     取締役会 御中
                        太陽有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       秋  田  秀  樹            ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       大  兼  宏  章            ㊞
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる共栄セキュリティーサービス株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸
    表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッ
    シュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監
    査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
    策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
    当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
    される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
    ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
    内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
    積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、共
    栄セキュリティーサービス株式会社及び連結子会社の平成30年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連
    結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                115/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        独立監査人の監査報告書
                                                   平成31年1月31日

    共栄セキュリティーサービス株式会社
     取締役会 御中
                        太陽有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       秋  田  秀  樹            ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       大  兼  宏  章            ㊞
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる共栄セキュリティーサービス株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第34期事業年度の財務諸
    表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表につ
    いて監査を行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、共栄セ
    キュリティーサービス株式会社の平成30年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をす
    べての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                116/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        独立監査人の監査報告書
                                                   平成31年1月31日

    共栄セキュリティーサービス株式会社
     取締役会 御中
                        太陽有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       秋  田  秀  樹            ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       大  兼  宏  章            ㊞
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる共栄セキュリティーサービス株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸
    表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッ
    シュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項及びその他の注記について監査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
    策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
    当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
    される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
    ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
    内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
    積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、共
    栄セキュリティーサービス株式会社及び連結子会社の平成29年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連
    結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                117/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                         独立監査人の監査報告書
                                                   平成31年1月31日

    共栄セキュリティーサービス株式会社
     取締役会 御中
                        太陽有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       秋  田  秀  樹            ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       大  兼  宏  章            ㊞
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる共栄セキュリティーサービス株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの第33期事業年度の財務諸
    表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
    行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、共栄セ
    キュリティーサービス株式会社の平成29年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をす
    べての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                118/119



                                                           EDINET提出書類
                                               共栄セキュリティーサービス株式会社(E34722)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年1月31日

    共栄セキュリティーサービス株式会社
     取締役会  御中
                        太陽有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       秋  田  秀  樹            ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       大  兼  宏  章            ㊞
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている共栄セキュリ

    ティーサービス株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成
    30年10月1日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に
    係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び
    注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、共栄セキュリティーサービス株式会社及び連結子会社の平成30年
    12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じ
    させる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券

          届出書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                119/119



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。