日本コンクリート工業株式会社 四半期報告書 第88期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第88期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:日本コンクリート工業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                   四半期報告書

    【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   平成31年2月12日

    【四半期会計期間】                   第88期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)

    【会社名】                   日本コンクリート工業株式会社

    【英訳名】                   NIPPON CONCRETE INDUSTRIES CO., LTD.

    【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  土           田  伸  治

    【本店の所在の場所】                   東京都港区芝浦4丁目6番14号 NC芝浦ビル

    【電話番号】                   03(3452)1014

    【事務連絡者氏名】                   取締役常務執行役員 経理部長                今   井  昭  一

    【最寄りの連絡場所】                   東京都港区芝浦4丁目6番14号 NC芝浦ビル

    【電話番号】                   03(3452)1014

    【事務連絡者氏名】                   取締役常務執行役員 経理部長                今   井  昭  一

    【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/23









                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                               第87期           第88期

                             第3四半期           第3四半期
               回次                                     第87期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日
              会計期間
                            至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日         至   平成30年3月31日
      売上高                (千円)         31,148,515           36,801,764           42,450,877
      経常利益                (千円)          1,844,634           1,826,951           2,200,768

      親会社株主に帰属する
                      (千円)          1,153,584           1,009,856           1,383,928
      四半期(当期)純利益
      四半期包括利益又は包括利益                (千円)          2,355,890            965,832          1,793,120
      純資産額                (千円)         36,882,866           38,027,243           36,353,375

      総資産額                (千円)         71,074,462           75,205,945           72,249,640

      1株当たり四半期(当期)
                       (円)           20.15           17.64           24.17
      純利益金額
      潜在株式調整後1株当たり
                       (円)            -           -           -
      四半期(当期)純利益金額
      自己資本比率                 (%)           51.3           48.1           49.6
                               第87期           第88期

                             第3四半期           第3四半期
               回次
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自   平成29年10月1日         自   平成30年10月1日
              会計期間
                            至   平成29年12月31日         至   平成30年12月31日
      1株当たり四半期純利益金額                 (円)           5.90           2.82
     (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
        4 1株当たり四半期(当期)純利益金額の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数は、その計算におい
          て控除する自己株式数に、「役員報酬BIP(信託口)」所有の当社株式数及び「株式給付型ESOP(信
          託口)」所有の当社株式数を含めております。
        5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業内容
      に重要な変更はありません。
                                  2/23




                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」について重要な変更はありません。
      なお、重要事象等は存在しておりません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び当社の関係会社)
     が判断したものであります。
     (1) 業績の状況
       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、人手不足を補うための設備投資や雇用環境、企業収益の改善
      などを背景に、緩慢ながらも国内景気は回復基調で推移しました。一方で、世界経済において米中貿易摩擦や、中
      国などの新興国の成長鈍化など先行き不透明な状況が続いており、国内経済へのその影響が懸念されます。
       当社グループは、このような環境のもと、平成30年5月に2018年中期経営計画(以下「18中経」)を策定しまし
      た。この18中経は「技術の日コン」、「品質の日コン」、「環境の日コン」、「人材の日コン」の「NC4つの
      礎」を事業基盤として強化するとともに、「コンクリート製品事業」、「専門工事事業」、「グローバル事業」の
      「NC新3本柱」を事業戦略とした計画としました。今後はこの18中経に基づき企業としての持続的成長を実現す
      るため、各事業において様々な取組みを進めております。
       当第3四半期連結累計期間における業績は、                     売上高は368億1百万円          ( 前年同四半期比18.1%増           )、  営業利益は16億
      68百万円    ( 前年同四半期比4.8%増           )、  経常利益は18億26百万円           ( 前年同四半期比1.0%減          )、  親会社株主に帰属する
      四半期純利益は10億9百万円             ( 前年同四半期比12.5%減           )となりました。
       セグメントの概況は、次のとおりであります。

      ①基礎事業

        コンクリートパイル業界の全国需要は前年に比べ微増にとどまりましたが、当社では営業・設計・施工など一
       体となった営業活動を行いました結果、関東・九州地区を中心とした各地での需要を取り込むことができ、                                                  売上
       高は217億3百万円        ( 前年同四半期比19.6%増            )、  セグメント利益は13億84百万円               ( 前年同四半期比54.1%増            )と
       なりました。
      ②コンクリート二次製品事業

        コンクリート二次製品事業のうち、ポール製品事業におきまして業界全体で出荷量の減少する厳しい状況が続
       いており、それに伴いまして当社も通信線路用ポール等の出荷が落ち込んだ影響を受けたことにより、売上高は
       71億14百万円(前年同四半期比7.9%減)となりました。土木製品事業につきましては、RCセグメントが安定的
       な生産を継続しており、またPC-壁体が大型案件を受注したことにより、売上高は77億52百万円(前年同四半
       期比52.9%増)となりました。この結果、コンクリート二次製品事業の                                 売上高は148億66百万円           ( 前年同四半期比
       16.2%増    )、  セグメント利益は14億12百万円              ( 前年同四半期比17.0%減           )となりました。
      ③不動産・太陽光発電事業

        不動産・太陽光発電事業においては、                  売上高は2億31百万円          ( 前年同四半期比12.1%増            )、  セグメント利益は1
       億18百万円     ( 前年同四半期比9.8%増           )となりました。
        (注)売上高、その他の金額には消費税等は含まれておりません。

     (2) 財政状態の分析

       当社グループは、売掛債権回収の早期化・製品在庫の適正化・効率的な設備投資戦略等により、総資産の圧縮を
      図り、ROAの向上を目指すこと及び、グループにおける資金・資産の効率化を図り、有利子負債を圧縮すること
      を、財務方針としております。
       当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末比(以下「前期末比」といいます。)                                              29億56百万円
      増 の 752億5百万円      となりました。
                                  3/23


                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
       流動資産は前期末比         36億12百万円増       の 321億17百万円       、固定資産は前期末比          6億55百万円減       の 430億88百万円       となり
      ました。
       流動資産増加の主な要因は、売上高の増加に伴う電子記録債権等の売掛債権の増加によるものであり、固定資産
      減少の主な要因は、上場有価証券の時価差益の減少に伴う投資有価証券の減少によるものであります。
       負債合計は、前期末比          12億82百万円増       の 371億78百万円       となりました。
       流動負債は前期末比         8億10百万円増       の 241億97百万円       、固定負債は前期末比          4億71百万円増       の 129億81百万円       となり
      ました。
       流動負債増加の主な要因は、売上高の増加に伴う電子記録債務等の支払債務の増加によるものであり、固定負債
      増加の主な要因は、長期借入金の増加によるものであります。
       純資産合計は、前期末比           16億73百万円増       の 380億27百万円       となりました。
       主な要因は、北海道コンクリート工業株式会社の連結子会社化に伴う非支配株主持分の増加によるものでありま
      す。
       以上の結果、自己資本比率は、前連結会計年度末の                        49.6%   から  48.1%   となりました。
     (3) 事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
      に生じた課題はありません。
       なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
      社法施行規則第118条各号に掲げる事項)は次のとおりであります。
       株式会社の支配に関する基本方針

       Ⅰ.当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針
       当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の企業価値の源泉を理解し、当社が企業価値ひ
      いては株主共同の利益を継続的かつ持続的に確保、向上していくことを可能とする者である必要があると考えてお
      ります。
       当社は、当社の支配権の移転を伴う買収提案がなされた場合、その判断は最終的には株主全体の意思に基づき行
      われるべきものと考えております。また、当社株式について大量買付がなされた場合、これが当社の企業価値ひい
      ては株主共同の利益の確保・向上に資するものであれば、これを否定するものではありません。しかしながら、株
      式の大量買付の中には、その目的等から見て企業価値・株主共同の利益に対する明白な侵害をもたらすもの、株主
      に株式の売却を事実上強要するおそれがあるもの、対象会社の取締役会や株主が株式の大量買付の内容等について
      検討し、あるいは対象会社の取締役会が代替案を提案するための十分な時間や情報を提供しないもの、対象会社が
      買収者の提示した条件よりも有利な条件をもたらすために買収者との交渉を必要とするもの等、大量買付の対象と
      なる会社の企業価値・株主共同の利益に資さないものも少なくありません。
       当社の企業価値の源泉は、①コンクリートポールのリーディングカンパニーとして長年にわたり蓄積した、コン
      クリート製品や生産設備に関する総合的な技術力、製造・施工技術やノウハウ、②上記①の技術力等により裏打ち
      された、高品質の製品・施工の安定的な供給力、③当社グループ及び当社の製造技術・施工技術の供与先で構成す
      るNCグループにおいて構築された全国的な製造・販売のネットワーク、④仕入先・販売先をはじめとするあらゆ
      る取引先との間に長年にわたり築かれてきた強固な信頼関係、並びに⑤上記①及び②の技術力を支え、向上させる
      経験、ノウハウを有する従業員の存在にあると考えております。当社株式の買付けを行う者がこれら当社の企業価
      値の源泉を理解し、これらを中長期的に確保し、向上させられるのでなければ、当社の企業価値ひいては株主共同
      の利益は毀損されることになります。当社は、このような濫用的な買収に対しては、必要かつ相当な対抗措置を講
      じることにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保する必要があると考えております。
       Ⅱ.当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の基本方針の実現に資する特別な取組みの内容

       1)当社の企業価値の源泉について
       当社は、昭和26年に「NC式」鋼線コンクリートポールを発明して以来今日まで、コンクリートパイル(基礎
      杭)、PC-壁体(土留め製品)及びプレキャスト製品の弛まぬ研究開発を続ける一方、コンクリートパイル等の
      施工についても、経済性・技術的信頼性はもとより環境に優しい低騒音・低振動・低排土工法の開発に注力してお
      り、取引先の高い信頼を得るとともに、快適なインフラの整備に貢献してまいりました。
       当社は、経営理念である「コンクリートを通して、安心・安全で豊かな社会づくりに貢献する」を実践すべく、
      長年にわたり蓄積されたこれらの技術・ノウハウや取引先との間に築かれた強固な信頼を基盤として、高品質な製
                                  4/23

                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
      品を市場に供給し、社会・顧客のニーズに応えることが、企業価値ひいては株主共同の利益の確保、向上につなが
      るものと確信しております。
       かかる当社の企業価値の源泉は、具体的には、以下の点にあると考えております。
       当社は、コンクリートポールの開発先駆者として現在に至るまで、継続的な製品改良と製造技術の向上により、
      配電線路用ポール、通信線路用ポール及び電車線路用ポール等の高品質なポールを広く社会に供給し続け顧客から
      高い評価を得ております。また、コンクリートパイルの分野におきましてもNCS-PCパイルの開発に始まり高
      強度ОNAパイル、さらには最近のОNA123パイルに代表される超高強度パイルの開発等、常に高品質の製品開発
      に取り組んでまいりました。一方、杭打ち工事を中心とした施工法においても、責任施工を基本に施工技術の開発
      にも積極的に取り組み、中掘工法における先駆的工法であるNAKS工法、施工精度、経済性を追求したRОDE
      X工法等に加え、NAKS工法の性能をさらに高めたHyper-NAKSⅡ工法や、施工管理性能を高めたHy
      per-ストレート工法等の最先端の高支持力工法に至るまで、地盤改良を含めあらゆる状況に対応した施工法を
      提供することで社会・顧客のニーズに応えております。さらに、コンクリートパイルの製造技術を活かして、擁壁
      や護岸にスピーディな施工が可能となるPC-壁体を開発するなど、当社はこれらの長年にわたる地道な取り組み
      により蓄積したコンクリート二次製品に関する製造・施工技術及びノウハウは、当社の企業価値を維持・向上させ
      ていくために、極めて重要であると考えております。
       また、当社は、創業直後の昭和28年からコンクリートポールに関する製造技術を全国9社の製造会社に無償供与
      し、国内のポール需要の増加に応えるとともにNCブランドの普及に努めてまいりました。以来、当社はこれらの
      会社と技術の発展、社会的貢献、需要者の利益及び従業員の生活安定を目指すという共通の使命感のもと、技術交
      流を初め、人的、資本的交流を含めた強固な関係を形成しており、国内におけるコンクリートポール分野において
      圧倒的なシェアと競争力を維持しております。また、当社は上記9社を含む13社の製造会社へのコンクリートパイ
      ルの製造技術供与を通して製造及び供給面での強固な協力体制を構築しております。
       これらNCグループ各社との強固な関係の維持は、当社の企業価値を向上させるうえで不可欠な存在となってお
      ります。
       上記の企業価値の源泉を十分理解し、長期的視点にたった継続的な経営資源の投入や、独自技術の開発がこれら
      を着実に強化させていくことにつながり、ステークホルダーからの信頼を高め、当社の企業価値ひいては株主共同
      の利益の確保、向上につながるものと考えております。
       2)当社の企業価値・株主共同の利益の確保、向上のための取組みについて

       当社は、平成30年5月策定の「2018年中期経営計画」において「グローバルな視野とやりぬく力で「チーム日コ
      ン」の成長を目指そう<人を育て、社会に貢献する企業へ>」を基本方針として、企業価値向上に向け種々の諸施
      策に取り組んでおります。本計画では、堅調な建設需要の確実な取り込みと、少子高齢化にともなう社会構造の変
      化による建設需要の減少を見越して、成長の持続を目指します。そのために「コンクリート製品事業」、「専門工
      事事業」、「グローバル事業」を「NC新3本柱」とした事業戦略を推進してまいります。
       ①コンクリート製品事業

       当社の主力製品であるコンクリートポール、RCセグメント等のコンクリート製品の物造りに徹し、顧客が要望
      する性能・品質・価格に応えるべく、製品の開発・改良に注力してまいります。
       ②専門工事事業

       基礎事業及び土木製品事業の工法開発を主軸に、工法にともなう製品開発を展開するとともに、工事の領域・能
      力・品質を強化し差別化の柱とし、工法・製品の競争力を高め、グループ会社との連携や異業種を含めた他社との
      アライアンスを推進し、市場及び事業領域の拡大を図ってまいります。
                                  5/23





                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
       ③グローバル事業
       海外事業において、世界にNCブランドを浸透させ、需要旺盛な海外市場を取り込むことで、成長の基盤構築に取
      り組み、グローバル化を推進してまいります。
       ④「2018年中期経営計画」の目標達成のための体制づくり

       「2018年中期経営計画」各事業における責任体制を明確にしたうえで、業務遂行にあたるとともに、透明・公正・
      迅速・果断な意思決定を行うために、当社では業績連動型の役員報酬制度を導入しております。また、経営理念であ
      る「コンクリートを通して、安心・安全で豊かな社会づくりに貢献する」を実現するため、社会やいろいろな関係者
      と協調しながら、グループで働く一人ひとりが歩むべき道筋として「NC-WAY」を定め、従業員全員に周知徹底
      を図っております。
       3)コーポレート・ガバナンスの強化

       当社は平成27年12月に、株主のみなさまをはじめとする様々なステークホルダーとの信頼関係を維持・発展させる
      とともに、当社の持続的な成長と、中長期的な企業価値の向上を実現するために、「コーポレートガバナンス基本方
      針」を制定いたしました。その後、平成30年12月に本基本方針を改訂いたしました。
       この基本方針に従い、平成25年に定めた経営理念及び行動理念のもと、株主が有する権利が十分に確保され平等性
      が保たれるよう、関連規程の整備を行うとともに、株主以外のステークホルダー、即ち従業員、お客さま、取引先、
      社会・地域のみなさまと良好かつ円滑な関係の維持に努めるよう取り組んでおります。
       また、取締役及び取締役会、監査役及び監査役会の責務と役割を明確に定めるとともに、取締役及び監査役候補者
      の指名方針、手続きを定め、特に独立社外取締役・独立社外監査役の選任にあたっては、東京証券取引所の独立性基
      準に加えて当社独自の基準を満たす者を候補者としております。さらに取締役・監査役に対しては、その役割・責務
      を適切に果たせるよう、就任時及びその後も必要に応じ、トレーニングの機会を提供しております。平成30年8月に
      独立社外取締役を委員長とした独立社外役員が過半数を占める指名諮問委員会を設置し、取締役の選解任などを取締
      役会に諮問する体制を整備いたしました。また、取締役の報酬については平成29年3月に取締役会議長を委員長と
      し、独立社外役員が過半数を占める報酬諮問委員会での審議を行い、業績連動報酬や、信託を利用した自社株付与制
      度も加えるなど、中長期的な業績向上意欲と株主価値の増大への貢献意識を高めるようにしております。
       当社は、以上のような取組みによりコーポレートガバナンスの強化を図ることが、当社グループの企業価値ひい
      ては株主共同の利益を向上させるものと考えております。
      Ⅲ.基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための

        取組みの内容
       当社は、上記Ⅰの「当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針」に照らして不適切
      な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組みとして、平成28年6月29日
      開催の第85回定時株主総会において、当社株式の大量取得行為に関する対応策(買収防衛策)(以下「本プラン」と
      いいます。)を継続することを決議いたしました。
       本プランは、当社株券等の20%以上を買収しようとする者が現れた際に、買収者に事前の情報提供を求める等、
      上記の目的を実現するために必要な手続を定めております。
       買収者は、本プランに係る手続に従い、当社取締役会又は当社株主総会において本プランを発動しない旨が決定
      された場合に、当該決定時以降に限り当社株券等の大量買付を行うことができるものとされています。
       買収者が本プランに定められた手続に従わない場合や当社株券等の大量買付が当社の企業価値ひいては株主共同
      の利益を毀損するおそれがある場合等で、本プラン所定の発動要件を満たす場合には、当社は、買収者等による権
      利行使は原則として認められないとの行使条件及び当社が買収者等以外の者から当社株式と引換えに新株予約権を
      取得できる旨の取得条項が付された新株予約権を、その時点の当社を除く全ての株主に対して新株予約権無償割当
      ての方法により割り当てます。本プランに従って新株予約権の無償割当てがなされ、その行使又は当社による取得
      に伴って買収者以外の株主のみなさまに当社株式が交付された場合には、買収者の有する当社の議決権割合は、最
      大50%まで希釈化される可能性があります。
       当社は、本プランに従った新株予約権の無償割当ての実施、不実施又は取得等の判断については、取締役の恣意
      的判断を排するため、当社経営陣から独立した社外取締役等のみから構成される独立委員会を設置し、その客観的
      な判断を経るものとしております。また、当社取締役会は、これに加えて、本プラン所定の場合には、株主総会を
      開催し、新株予約権の無償割当ての実施に関する株主のみなさまの意思を確認することがあります。
                                  6/23


                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
       こうした手続の過程については、適宜株主のみなさまに対して情報開示がなされ、その透明性を確保することと
      しております。
       Ⅳ.上記Ⅱ及びⅢの取組みについての当社取締役会の判断及びその理由

       上記Ⅱの取組みは当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保、向上させるための具体的施策として策定され
      たものであり、基本方針に沿うものであります。また、上記Ⅲの取組みは以下の理由により基本方針に沿うもので
      あり、当社の株主の共同の利益を損なうものではなく、また、当社役員の地位の維持を目的とするものではありま
      せん。 
       1)企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上

       本プランは、基本方針に基づき、当社株券等に対する買付等がなされた際に、当該買付等に応じるべきか否かを
      株主のみなさまが判断し、あるいは当社取締役会が代替案を提案するために必要な情報や時間を確保したり、株主
      のみなさまのために買付者等と交渉を行うこと等を可能とすることにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利
      益を確保することを目的として継続されるものです。
       2)買収防衛策に関する指針等の要件の充足

       本プランは、経済産業省及び法務省が平成17年5月27日に発表した企業価値ひいては株主共同の利益の確保又は
      向上のための買収防衛策に関する指針(以下「指針」といいます。)の定める三原則(①企業価値ひいては株主共
      同の利益の確保・向上の原則、②事前開示・株主意思の原則、③必要性・相当性の原則)を全て充足しています。
       また、経済産業省に設置された企業価値研究会が平成20年6月30日に発表した報告書「近時の諸環境の変化を踏
      まえた買収防衛策のあり方」の内容も踏まえて運用することが可能なものとなっております。
       3)株主意思の重視

        本プランは、株主のみなさまの意思を反映させるため、定時株主総会における承認を経て継続されております。
       さらに、当社取締役会は、本プランで定めるとおり、一定の場合には株主総会において本新株予約権無償割当て
      決議を行うことができることとしております。
       加えて、本プランには、有効期間を約3年間とするいわゆるサンセット条項が付されており、かつ、その有効期
      間の満了前であっても、当社株主総会において当社取締役会への上記委任を撤回する旨又は本プランを廃止する旨
      の決議が行われた場合には、本プランはその時点で廃止されることになります。その意味で、本プランの消長に
      は、株主のみなさまのご意向が反映されることとなっております。
       4)独立性のある社外取締役等の判断の重視及び第三者専門家の意見の取得

       本プランの発動に際しては、独立性のある社外取締役等のみから構成される独立委員会による勧告を必ず経るこ
      ととされております。
       さらに、独立委員会は、当社の費用において独立した第三者専門家等の助言を受けることができるものとされて
      おり、独立委員会による判断の公正さ・客観性がより強く担保される仕組みとなっております。
       5)合理的な客観的要件の設定

       本プランは、合理的な客観的要件が充足されなければ発動されないように設定されており、当社取締役会による
      恣意的な発動を防止するための仕組みを確保しているものといえます。
       6)デッドハンド型やスローハンド型の買収防衛策ではないこと

       本プランは、当社株券等を大量に買い付けた者の指名に基づき当社の株主総会において選任された取締役で構成
      される取締役会により廃止することが可能であるため、デッドハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を
      交替させてもなお、発動を阻止できない買収防衛策)ではありません。また、当社においては取締役の任期は1年
      であり、期差任期制は採用されていないため、本プランは、スローハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の交替
      を一度に行うことができないため、その発動を阻止するのに時間を要する買収防衛策)でもありません。
     (4) 研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は                       2億67百万円      であります。
                                  7/23


                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
    3  【経営上の重要な契約等】
       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等は行われておりません。
                                  8/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①   【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                          180,000,000
                  計                        180,000,000
      ②   【発行済株式】

               第3四半期会計期間末              提出日現在         上場金融商品取引所

         種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
               (平成30年12月31日)           (平成31年2月12日)            商品取引業協会名
                                       東京証券取引所
        普通株式            57,777,432           57,777,432                  単元株式数は100株
                                        市場第一部
         計           57,777,432           57,777,432           -           -
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①   【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②   【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式      資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                   (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
       平成30年12月31日               -   57,777,432           -   5,111,583           -   2,911,477
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  9/23






                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①   【発行済株式】
                                                平成30年9月30日現在
           区分             株式数(株)            議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                           -         -         -
      議決権制限株式
                                 -         -         -
      (自己株式等)
      議決権制限株式
                                 -         -         -
      (その他)
                   (自己保有株式)
                    普通株式           118,700
      完全議決権株式
                                          -         -
      (自己株式等)
                   (相互保有株式)
                    普通株式            745,400
      完全議決権株式
                   普通株式          56,893,200            568,932            -
      (その他)
      単元未満株式             普通株式            20,132           -   1単元(100株)未満の株式
      発行済株式総数                       57,777,432             -         -
      総株主の議決権                           -       568,932            -
     (注)   1  「単元未満株式」欄には、当社の所有する自己保有株式及び相互保有株式が次のとおり含まれております。
               自己保有株式                  84株
               相互保有株式   北海道コンクリート工業㈱   68株
        2  「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、「役員報酬BIP(信託口)」所有の当社株式が
          73,200株(議決権732個)、「株式給付型ESOP(信託口)」所有の当社株式が87,700株(議決権877
          個)含まれております。
      ②   【自己株式等】

                                                平成30年9月30日現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
         所有者の氏名                                            総数に対する
                      所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                           所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
      (自己保有株式)             東京都港区芝浦
                                   118,700          -     118,700         0.21
      日本コンクリート工業㈱             4丁目6番14号
      (相互保有株式)
      北海道コンクリート
                   北海道札幌市中央区  
                                   430,400          -     430,400         0.74
                   北二条西2丁目40番地
      工業㈱
      九州高圧コンクリート
                   福岡県福岡市南区   
                                   315,000          -     315,000         0.55
                   向野1丁目13番14号
      工業㈱
           計             -          864,100          -     864,100         1.50
     (注)役員報酬BIP信託が所有する当社株式73,206株(議決権数732個)及び株式給付型ESOP信託が所有する
        当社株式87,736株(議決権数877個)は、上記自己保有株式には含めておりません。
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                 10/23




                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1 四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
     令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成
     30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結
     財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 11/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               5,412,964              6,816,057
                                   ※1 , ※2  9,571,420          ※1 , ※2  10,994,276
        受取手形及び売掛金
        商品及び製品                               5,223,803              5,025,202
        仕掛品                               2,367,105              2,959,445
        原材料及び貯蔵品                                968,205             1,145,301
                                   ※1 , ※2  4,961,879           ※1 , ※2  5,180,351
        その他
                                          -            △ 3,100
        貸倒引当金
        流動資産合計                              28,505,379              32,117,535
      固定資産
        有形固定資産
         土地                             16,423,460              16,423,210
                                       9,128,525              9,609,799
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             25,551,986              26,033,010
        無形固定資産                                387,043              367,365
        投資その他の資産
         投資有価証券                             14,810,057              13,565,100
         その他                             3,189,710              3,280,605
                                       △ 194,538             △ 157,671
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             17,805,230              16,688,034
        固定資産合計                              43,744,260              43,088,410
      資産合計                                72,249,640              75,205,945
                                 12/23











                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※2  5,053,116            ※2  5,586,672
        支払手形及び買掛金
                                     ※2  9,176,431            ※2  10,442,239
        電子記録債務
        短期借入金                               2,165,443              2,141,120
        1年内返済予定の長期借入金                               2,034,514              2,026,936
        未払法人税等                                548,020              200,236
                                      ※1  633,395            ※1  410,561
        引当金
                                       3,775,617              3,389,610
        その他
        流動負債合計                              23,386,538              24,197,377
      固定負債
        社債                                85,500              72,000
        長期借入金                               5,491,544              5,752,933
        役員退職慰労引当金                                  -            34,612
        退職給付に係る負債                                527,465              614,439
        その他                               6,405,216              6,507,339
        固定負債合計                              12,509,726              12,981,324
      負債合計                                35,896,264              37,178,702
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               5,111,583              5,111,583
        資本剰余金                               3,536,497              3,533,476
        利益剰余金                              16,523,508              17,074,080
                                       △ 163,383             △ 240,971
        自己株式
        株主資本合計                              25,008,205              25,478,169
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                               4,949,411              4,943,375
        土地再評価差額金                               5,312,368              5,312,368
        為替換算調整勘定                                  -           △ 83,861
                                        588,225              544,368
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                              10,850,004              10,716,250
      非支配株主持分                                 495,165             1,832,823
      純資産合計                                36,353,375              38,027,243
     負債純資産合計                                 72,249,640              75,205,945
                                 13/23








                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                 31,148,515              36,801,764
                                      26,141,348              30,924,283
     売上原価
     売上総利益                                  5,007,166              5,877,481
     販売費及び一般管理費                                  3,415,322              4,209,419
     営業利益                                  1,591,844              1,668,061
     営業外収益
      受取利息                                  4,865              9,677
      受取配当金                                 144,460              173,207
      持分法による投資利益                                 147,939               32,924
                                        36,767              66,493
      その他
      営業外収益合計                                 334,033              282,302
     営業外費用
      支払利息                                  36,281              40,268
                                        44,962              83,144
      その他
      営業外費用合計                                  81,243              123,412
     経常利益                                  1,844,634              1,826,951
     特別利益
      固定資産売却益                                  5,026              20,800
                                      ※1  58,668
      スクラップ売却益                                                  -
                                                    ※2  266,320
      負ののれん発生益                                    -
                                           0             304
      その他
      特別利益合計                                  63,695              287,425
     特別損失
      固定資産除却損                                  2,198              62,603
                                                    ※3  23,412
      減損損失                                    -
                                      ※4  68,654
      工場再編費用                                                  -
                                                    ※5  269,709
      段階取得に係る差損                                    -
                                         6,350              52,588
      その他
      特別損失合計                                  77,203              408,314
     税金等調整前四半期純利益                                  1,831,126              1,706,062
     法人税、住民税及び事業税
                                        584,766              444,489
                                        60,453              161,985
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   645,220              606,475
     四半期純利益                                  1,185,905              1,099,586
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                   32,321              89,729
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                  1,153,584              1,009,856
                                 14/23






                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     四半期純利益                                  1,185,905              1,099,586
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                1,128,788                14,620
      為替換算調整勘定                                    -           △ 83,861
      退職給付に係る調整額                                  15,601             △ 43,856
                                        25,594             △ 20,655
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                1,169,984              △ 133,754
     四半期包括利益                                  2,355,890               965,832
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                2,323,569               875,759
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  32,321              90,072
                                 15/23















                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        (連結の範囲の重要な変更)
         第1四半期連結会計期間より、非連結子会社でありましたNC&MaGa                               Co.,Ltd(NIPPON        CONCRETE     (Myanmar)Co.,
        Ltd.に社名変更)は、重要性が増したため連結の範囲に含めております。
         また、第2四半期連結会計期間において、持分法適用関連会社でありました北海道コンクリート工業株式会社
        の株式を取得し連結子会社化したため、連結の範囲に含めております。
      (追加情報)

        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
        結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
        債の区分に表示しております。
        (従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引)

        (1)取引の概要
           当社は、平成30年8月9日開催の取締役会において、当社の中長期的な業績の向上達成意欲と株主価値の
          増大への貢献意識を高めることを目的として、平成27年8月より導入しております「役員報酬BIP信託」
          (以下「BIP信託」という。)および「株式付与ESOP信託」(以下「ESOP信託」という。)に対
          して、新たな対象期間を3年間(平成30年8月9日から平成33年8月31日まで)とするBIP信託およびE
          SOP信託の継続を決議し、期間延長の契約締結により再導入しております。
        (2)信託に残存する自社の株式

           信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自
          己株式として計上しております。当第3四半期連結会計期間の当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、BI
          P信託が30,983千円、73,206株、ESOP信託が34,607千円、87,736株であります。
                                 16/23











                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結貸借対照表関係)
      ※1 偶発債務
      ① 債権流動化による受取手形の譲渡高のうち遡求義務としての支払いが留保されております。当該支払留保額
       については流動資産の「その他」に含めて表示しております。
                              前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間
                             (平成30年3月31日)                (平成30年12月31日)
        受取手形の譲渡高                          546,326    千円            299,331    千円
        うち支払留保分                          136,581    千円             74,832   千円
      ② 三重県がフジタ・日本土建・アイケーディー特定建設工事共同企業体(JV)に発注し、当社が本JVから

       請け負った工事名「中勢沿岸流域下水道(志登茂川処理区)志登茂川浄化センター北系水処理施設(土木)建
       設工事」において、クレーム処理が生じたため工事が一時中断いたしました。現在、本JVに生じた損失につ
       いて、当社及び本JVの負担額に関し協議を継続しておりますが、両者の損失負担額に関する合意書が締結さ
       れるまで、本JV代表者である株式会社フジタより、同社に対する当社の他物件に係る売掛債権(157,536千
       円)の支払いが留保されております。
        当社は、当該工事において発生すると見込まれる当社の損失額を、工事損失引当金として計上しております
       が、合意の内容次第では上記他物件の売掛債権(157,536千円)の一部が相殺され、回収できない可能性があ
       ります。
      ※2 四半期連結会計期間末日満期手形及び電子記録債務

        四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
        なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手
       形が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                              前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間
                             (平成30年3月31日)                (平成30年12月31日)
        受取手形                          153,860千円                282,295千円
        電子記録債権                           83,945千円                33,066千円
        支払手形                          337,334千円                306,147千円
                                 1,718,614千円                1,836,595千円
        電子記録債務
                                 17/23










                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結損益計算書関係)
     ※1 スクラップ売却益の内訳
       前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
       NCセグメント㈱女方工場拡張に伴い発生したスクラップの処分益58,668千円を計上しております。 
       当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

       該当事項はありません。 
     ※2 負ののれん発生益の内訳

       当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
       北海道コンクリート工業㈱連結子会社化に伴い発生した負ののれん発生益266,320千円を計上しております。
     ※3 減損損失

       当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
       前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)

       該当事項はありません。
       当第3四半期連結累計期間(自                    平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

           場所           用途           種類         減損損失(千円)
        茨城県筑西市            遊休資産            機械装置                 23,412

       (グルーピングの方法)

        当社グループは、事業用資産については基礎事業、ポール及び土木製品にグルーピングをしておりま
       す。また、賃貸資産及び遊休資産については物件ごとにグルーピングしております。
       (減損損失の認識に至った経緯)

        遊休資産については、将来の使用が見込めないため、それぞれの資産の帳簿価額を回収可能額まで減額
       し、当該減少額を減損損失(23,412千円)として特別損失に計上しました。
       (回収可能価額の算定方法等)

        当該資産については、転用ができないため備忘価額1円として評価しております。
     ※4 工場再編費用の内訳

       前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
       NCセグメント㈱女方工場及び三重鈴鹿工場拡張に伴う再編費用68,654千円を計上しております。
       当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

       該当事項はありません。
     ※5 段階取得に係る差損の内訳

       当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)
       北海道コンクリート工業㈱連結子会社化に伴い発生した段階取得に係る差損269,709千円を計上しております。
                                 18/23




                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
      半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであり
      ます。
                              前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
                               至   平成29年12月31日)             至   平成30年12月31日)
        減価償却費                             1,258,914千円               1,208,275千円
        のれんの償却額                                -千円             42,696千円
      (株主資本等関係)

     前第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
     1   配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
         決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
      平成29年5月29日
               普通株式        172,976        3.00   平成29年3月31日         平成29年6月13日          利益剰余金
      取締役会
      平成29年11月13日
               普通株式        201,805        3.50   平成29年9月30日         平成29年12月1日          利益剰余金
      取締役会
     (注)平成29年11月13日の取締役会の決議に基づく配当金の総額には「役員報酬BIP(信託口)」に対する配当金
        221千円及び「株式給付型ESOP(信託口)」に対する配当金201千円を含んでおります。
     2   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

      日後となるもの
       該当事項はありません。
     3  株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
     当第3四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

     1   配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
         決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
      平成30年5月28日
               普通株式        201,805        3.50   平成30年3月31日         平成30年6月11日          利益剰余金
      取締役会
      平成30年11月12日
               普通株式        201,805        3.50   平成30年9月30日         平成30年12月3日          利益剰余金
      取締役会
     (注)平成30年11月12日の取締役会の決議に基づく配当金の総額には「役員報酬BIP(信託口)」に対する配当金
        256千円及び「株式給付型ESOP(信託口)」に対する配当金307千円を含んでおります。
     2   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

      日後となるもの
       該当事項はありません。
     3  株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
                                 19/23



                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                   平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)
    1 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                          報告セグメント
                                                   四半期連結損益
                                             調整額
                                                   計算書計上額
                       コンクリート
                              不動産・太陽               (注1)
                 基礎事業                      計             (注2)
                               光発電事業
                       二次製品事業
     売上高
       外部顧客への売上高             18,146,284       12,796,125        206,105     31,148,515           -    31,148,515

       セグメント間の内部
                    3,597        -       -     3,597      △ 3,597          -
      売上高又は振替高
          計        18,149,881       12,796,125        206,105     31,152,112        △ 3,597      31,148,515
     セグメント利益              898,768      1,701,603        107,646      2,708,019      △ 1,116,175        1,591,844

     (注)   1. セグメント利益の調整額は、主に全社費用であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない
          一般管理費であります。
        2. セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
    2 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
    Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                   平成30年4月1日          至   平成30年12月31日)

    1 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                          報告セグメント
                                                   四半期連結損益
                                             調整額
                                                   計算書計上額
                       コンクリート
                              不動産・太陽               (注1)
                 基礎事業                      計             (注2)
                               光発電事業
                       二次製品事業
     売上高
       外部顧客への売上高             21,703,914       14,866,811        231,038     36,801,764           -    36,801,764

       セグメント間の内部
                    1,794        -       -     1,794      △ 1,794          -
      売上高又は振替高
          計        21,705,709       14,866,811        231,038     36,803,558        △ 1,794      36,801,764
     セグメント利益             1,384,950       1,412,860        118,229      2,916,040      △ 1,247,979        1,668,061

     (注)   1. セグメント利益の調整額は、主に全社費用であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない
          一般管理費であります。
        2. セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
    2 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
       「コンクリート二次製品事業」セグメントにおいて、遊休資産の将来の使用が見込まれないため、帳簿価額を備
      忘価額まで減額し減損損失を計上しております。当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間において、
      23,412千円であります。
       (重要な負ののれん発生益)

       第2四半期連結会計期間より、持分法適用関連会社であった北海道コンクリート工業株式会社の株式を追加取得
      し、連結子会社化いたしました。これに伴い、負ののれん発生益266,320千円を計上しております。なお、負ののれ
      ん発生益は特別利益のため、セグメント利益には含まれておりません。
                                 20/23



                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
      (金融商品関係)
        四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
      (有価証券関係)

        四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
      (デリバティブ取引関係)

        四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
      (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                                (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
                 項目
                                至   平成29年12月31日)             至   平成30年12月31日)
       1株当たり四半期純利益金額
                                        20.15円               17.64円
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                1,153,584               1,009,856

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       1,153,584               1,009,856
       四半期純利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                  57,258               57,235
     (注)1. 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2. 普通株式の期中平均株式数は、その計算において控除する自己株式数に「役員報酬BIP(信託口)」
          所有の当社株式数及び「株式給付型ESOP(信託口)」所有の当社株式数を含めております。
      (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
    2  【その他】

      第88期(平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)中間配当について、平成30年11月12日開催の取締役会にお
     いて、平成30年9月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり第2四半期末配当を行うことを決議いたし
     ました。
             ①配当金の総額                                                 201,805千円
             ②1株当たりの金額                                                      3円50銭
             ③支払請求権の効力発生日及び支払開始日    平成30年12月3日
     (注)配当金の総額には、「役員報酬BIP(信託口)」に対する配当金256千円及び「株式給付型ESOP(信託

        口)」に対する配当金307千円を含んでおります。
                                 21/23




                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                 22/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                  日本コンクリート工業株式会社(E01142)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                  平成31年2月8日

    日本コンクリート工業株式会社
     取  締  役  会 御    中
                      有限責任監査法人         ト ー マ ツ

                       指定有限責任社員

                                         平    野            洋
                                   公認会計士                  印
                       業務執行社員
                       指定有限責任社員

                                         草     野     耕     司
                                   公認会計士                  印
                       業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本コン

     クリート工業株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期
     間(平成30年10月1日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日か
     ら平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計
     算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連
     結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
     に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される
     質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥
     当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本コンクリート工業株式会社及び連結子会社の平成30年
     12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していない
     と信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。