任天堂株式会社 四半期報告書 第79期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第79期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:任天堂株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        任天堂株式会社(E02367)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     四半期報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     平成31年2月12日

    【四半期会計期間】                     第79期第3四半期(自           平成30年10月1日          至   平成30年12月31日)

    【会社名】                     任天堂株式会社

    【英訳名】                     Nintendo Co., Ltd.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長            古川    俊太郎

    【本店の所在の場所】                     京都市南区上鳥羽鉾立町11番地1

    【電話番号】                     075-662-9600(代表)

    【事務連絡者氏名】                     経営統括本部副本部長               武永    豊

    【最寄りの連絡場所】                     東京都台東区浅草橋5丁目21番5号

                         任天堂株式会社         東京支店
    【電話番号】                     03-5820-2251(代表)

    【事務連絡者氏名】                     総務本部副本部長         兼  東京支店長          吉村    卓哉

    【縦覧に供する場所】                     任天堂株式会社         東京支店

                          (東京都台東区浅草橋5丁目21番5号)
                         株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/13










                                                           EDINET提出書類
                                                        任天堂株式会社(E02367)
                                                             四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

                             第78期            第79期
             回次               第3四半期            第3四半期            第78期
                           連結累計期間            連結累計期間
                          自   平成29年4月1日          自   平成30年4月1日          自   平成29年4月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日          至   平成30年12月31日          至   平成30年3月31日
     売上高                (百万円)            857,012            997,295           1,055,682
     経常利益                (百万円)            194,563            240,268            199,356
     親会社株主に帰属する
                    (百万円)            135,165            168,785            139,590
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)            159,960            178,933            134,090
     純資産額                (百万円)           1,349,461            1,424,396            1,323,574
     総資産額                (百万円)           1,773,164            1,821,251            1,633,474
     1株当たり四半期(当期)純利益                  (円)         1,125.53            1,405.08            1,162.30

     潜在株式調整後

                      (円)             ―            ―            ―
     1株当たり四半期(当期)純利益
     自己資本比率                  (%)           75.81            77.94            80.75
                             第78期            第79期

             回次               第3四半期            第3四半期
                           連結会計期間            連結会計期間
                         自   平成29年10月1日          自   平成30年10月1日
            会計期間
                         至   平成29年12月31日          至   平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益                  (円)          696.45            867.50
     (注)1     当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい

        ません。
       2   売上高には、消費税等を含みません。
       3   「潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益」については、潜在株式が存在しないため記載していませ
        ん。
       4   「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
        計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標等につい
        ては、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等になります。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はありませ
     ん。また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/13






                                                           EDINET提出書類
                                                        任天堂株式会社(E02367)
                                                             四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1 【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証券報
     告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判断
     したものです。
      なお、当社グループは単一セグメントのため、セグメント情報に関連付けた記載を行っていません。
      また、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                   平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
     計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前連結会
     計年度との比較・分析を行っています。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況
       当第3四半期連結累計期間の状況は、Nintendo                      Switchでは、10月に発売した『スーパー                   マリオパーティ』が530
      万本、11月に発売した『ポケットモンスター                      Let’s    Go!  ピカチュウ・Let’s          Go!  イーブイ』が1,000万本、12月
      に発売した『大乱闘スマッシュブラザーズ                     SPECIAL』が1,208万本の販売を記録する大ヒットとなり、プラット
      フォームの活性化に貢献しました。加えて、これら以外のタイトルやソフトメーカー様のタイトルも順調に販売数
      を伸ばし、当期のミリオンセラータイトル数はソフトメーカー様のタイトルを含めて20タイトルとなりました。年
      末商戦ではソフトウェアによるハードウェア販売の大きな牽引も見られ、その結果ハードウェアの販売台数は1,449
      万台(前年同期比19.5%増)、ソフトウェアの販売本数は9,464万本(前年同期比100.9%増)となりました。一
      方、発売から8年目を迎えたニンテンドー3DSでは、ハードウェアの販売台数は231万台(前年同期比60.5%減)、ソ
      フトウェアの販売本数は1,108万本(前年同期比64.5%減)となりました。その他、「ニンテンドークラシックミニ
      ファミリーコンピュータ」および「ニンテンドークラシックミニ                               スーパーファミコン」が合計583万台の販売とな
      りました。
       ゲーム専用機におけるデジタルビジネスでは、主にNintendo                             Switchのパッケージ併売ソフトや追加コンテンツ等
      による売上が順調に伸び、デジタル売上高は842億円(前年同期比95.1%増)となりました。
       スマートデバイスビジネスでは、当期に配信を開始した『ドラガリアロスト』をはじめ、配信済みのアプリも国
      内外で多くのお客様に楽しんでいただいており、スマートデバイス・IP関連収入等の売上高は333億円(前年同期比
      14.7%増)となりました。
       これらの状況により、売上高は9,972億円(前年同期比16.4%増)となり、このうち、海外売上高は7,749億円
      (前年同期比21.1%増、海外売上比率77.7%)となりました。営業利益は2,200億円(前年同期比40.6%増)、経常
      利益は2,402億円(前年同期比23.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は1,687億円(前年同期比24.9%
      増)となりました。
       また、総資産は主に受取手形及び売掛金が増加したことにより、前連結会計年度末に比べ1,877億円増加し、1兆
      8,212億円となりました。負債は、主に支払手形及び買掛金や未払法人税等が増加したことにより、前連結会計年度
      末に比べ869億円増加し、3,968億円となりました。純資産は、主に利益剰余金が増加したことにより、前連結会計
      年度末に比べ1,008億円増加し、1兆4,243億円となりました。
     (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに
      生じた課題はありません。
     (3)  研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は507億64百万円です。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  3/13


                                                           EDINET提出書類
                                                        任天堂株式会社(E02367)
                                                             四半期報告書
    第3 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)
                普通株式                                     400,000,000
                 計                                    400,000,000
      ② 【発行済株式】

              第3四半期会計期間末            提出日現在発行数          上場金融商品取引所名
        種類        現在発行数(株)              (株)       又は登録認可金融商品                内容
              (平成30年12月31日)           (平成31年2月12日)             取引業協会名
                                      東京証券取引所
       普通株式            141,669,000           141,669,000                    単元株式数100株
                                      (市場第一部)
        計          141,669,000           141,669,000            ―            ―
     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
        年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                  (千株)       (千株)       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     平成30年10月1日~
                      ―    141,669          ―     10,065          ―     11,584
     平成30年12月31日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  4/13







                                                           EDINET提出書類
                                                        任天堂株式会社(E02367)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の内容が確認できないため、記載するこ
      とができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしています。
      ①  【発行済株式】
                                                 平成30年12月31日現在
           区分               株式数(株)            議決権の数(個)              内容
     無議決権株式                       ―             ―           ―
     議決権制限株式(自己株式等)                       ―             ―           ―
     議決権制限株式(その他)                       ―             ―           ―
                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)
                    普通株式           21,543,700          ―     単元株式数100株
     完全議決権株式(その他)               普通株式           119,936,000          1,199,360      同上
     単元未満株式               普通株式             189,300         ―     1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                          141,669,000           ―           ―
     総株主の議決権                       ―             1,199,360            ―
     (注)    「完全議決権株式(その他)」には、㈱証券保管振替機構名義の株式100株(議決権1個)が含まれています。

      ②  【自己株式等】

                                                 平成30年12月31日現在
                          自己名義        他人名義        所有株式数        発行済株式総数
      所有者の氏名
                所有者の住所          所有株式数        所有株式数         の合計        に対する所有
       又は名称
                           (株)        (株)        (株)      株式数の割合(%)
     (自己保有株式)
     任天堂株式会社          京都市南区上鳥羽
                          21,543,700                 21,543,700
                                        ―                 15.21
              鉾立町11番地1
        計          ―        21,543,700             ―    21,543,700             15.21
    2 【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                  5/13










                                                           EDINET提出書類
                                                        任天堂株式会社(E02367)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しています。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成30年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表に
     ついて、PwC京都監査法人による四半期レビューを受けています。
                                  6/13

















                                                           EDINET提出書類
                                                        任天堂株式会社(E02367)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                744,555              727,118
        受取手形及び売掛金                                69,829              283,233
        有価証券                                243,431              236,022
        たな卸資産                                141,795              181,839
        その他                                66,405              52,034
                                         △ 87             △ 157
        貸倒引当金
        流動資産合計                               1,265,929              1,480,090
      固定資産
        有形固定資産                                83,926              85,735
        無形固定資産                                14,020              13,843
                                      ※1  269,597            ※1  241,582
        投資その他の資産
        固定資産合計                                367,544              341,160
      資産合計                                1,633,474              1,821,251
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                138,015              156,374
        未払法人税等                                43,390              65,759
        引当金                                 3,217              1,749
                                        93,452              142,257
        その他
        流動負債合計                                278,076              366,141
      固定負債
        退職給付に係る負債                                16,609              14,078
                                        15,213              16,635
        その他
        固定負債合計                                31,822              30,713
      負債合計                                 309,899              396,854
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                10,065              10,065
        資本剰余金                                13,742              13,743
        利益剰余金                               1,564,240              1,654,944
                                       △ 250,679             △ 250,710
        自己株式
        株主資本合計                               1,337,369              1,428,043
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                16,402              18,344
                                       △ 34,736             △ 26,902
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                               △ 18,334              △ 8,558
      非支配株主持分                                  4,540              4,911
      純資産合計                                1,323,574              1,424,396
     負債純資産合計                                  1,633,474              1,821,251
                                  7/13





                                                           EDINET提出書類
                                                        任天堂株式会社(E02367)
                                                             四半期報告書
      (2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     売上高                                   857,012              997,295
                                        530,707              588,222
     売上原価
     売上総利益                                   326,305              409,073
     販売費及び一般管理費                                   169,842              189,043
     営業利益                                   156,462              220,029
     営業外収益
      受取利息                                  6,278              8,899
      為替差益                                  20,264               4,349
      持分法による投資利益                                  8,646              5,132
                                         3,685              2,087
      その他
      営業外収益合計                                  38,874              20,469
     営業外費用
      有価証券償還損                                   733              127
                                          39              103
      その他
      営業外費用合計                                   772              230
     経常利益                                   194,563              240,268
     特別利益
      固定資産売却益                                   821               1
      投資有価証券売却益                                   490               ―
                                         1,929                ―
      訴訟関連損失戻入額
      特別利益合計                                  3,240                1
     特別損失
      固定資産処分損                                   290               62
      投資有価証券評価損                                    ―             641
                                         1,138                ―
      訴訟関連損失
      特別損失合計                                  1,428               703
     税金等調整前四半期純利益                                   196,375              239,566
     法人税等                                   59,253              70,384
     四半期純利益                                   137,122              169,182
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                    1,957               396
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   135,165              168,785
                                  8/13








                                                           EDINET提出書類
                                                        任天堂株式会社(E02367)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     四半期純利益                                   137,122              169,182
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  3,896              1,912
      為替換算調整勘定                                  19,345               7,693
                                         △ 404              145
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                  22,837               9,751
     四半期包括利益                                   159,960              178,933
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 157,900              178,561
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  2,059               371
                                  9/13















                                                           EDINET提出書類
                                                        任天堂株式会社(E02367)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
                                  当第3四半期連結累計期間
                             (自    平成30年4月1日         至   平成30年12月31日)
                      一部の連結子会社については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の
     税金費用の計算                税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前
                     四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しています。
      (追加情報)

        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                平成30年2月16日)等を第1四半期連結会計
       期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
       分に表示しています。
      (四半期連結貸借対照表関係)

        ※1    資産の金額から直接控除している貸倒引当金の額は、次のとおりです。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (平成30年3月31日)                 (平成30年12月31日)
         投資その他の資産「その他」                             30 百万円                29 百万円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していません。なお、第3四半期
       連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりです。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                             (自    平成29年4月1日               (自    平成30年4月1日
                             至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
         減価償却費                           6,740百万円                 6,959百万円
      (株主資本等関係)

       前第3四半期連結累計期間(自               平成29年4月1日         至   平成29年12月31日)
        配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     平成29年6月29日
               普通株式         51,654         430   平成29年3月31日         平成29年6月30日         利益剰余金
     定時株主総会
     平成29年10月30日
               普通株式         13,213         110   平成29年9月30日         平成29年12月1日         利益剰余金
     取締役会
       当第3四半期連結累計期間(自               平成30年4月1日         至   平成30年12月31日)

        配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     平成30年6月28日
               普通株式         57,660         480   平成30年3月31日         平成30年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
     平成30年10月30日
               普通株式         20,421         170   平成30年9月30日         平成30年12月3日         利益剰余金
     取締役会
      (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
         当社グループ(当社及び連結子会社)は単一セグメントのため、記載を省略しています。
                                 10/13




                                                           EDINET提出書類
                                                        任天堂株式会社(E02367)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、次のとおりです。
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
                                至   平成29年12月31日)             至   平成30年12月31日)
     1株当たり四半期純利益                       (円)            1,125.53               1,405.08
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益                    (百万円)               135,165               168,785
      普通株主に帰属しない金額                    (百万円)                  ―               ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                          (百万円)               135,165               168,785
      四半期純利益
      普通株式の期中平均株式数                     (千株)              120,089               120,125
     (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。
    2  【その他】

      中間配当については、平成30年10月30日開催の取締役会で次のとおり決議しました。
       (1)  中間配当による配当金の総額……………………20,421,298,450円
       (2)  1株当たりの金額…………………………………170円
       (3)  支払請求の効力発生日及び支払開始日…………平成30年12月3日
      (注)   平成30年9月30日における最終の株主名簿に記載又は記録されている株主又は登録株式質権者に対し、
        支払いを行いました。
                                 11/13













                                                           EDINET提出書類
                                                        任天堂株式会社(E02367)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 12/13



















                                                           EDINET提出書類
                                                        任天堂株式会社(E02367)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                  平成31年2月8日

    任 天 堂 株 式 会 社
      取 締 役 会 御 中
                               PwC    京  都  監  査  法  人

                                指定社員

                                       公認会計士      松  永  幸  廣            ㊞
                                業務執行社員
                                指定社員

                                             鍵     圭        一  郎
                                       公認会計士                   ㊞
                                業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている任天堂株式会社

    の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年10月1
    日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日
    まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計
    算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、任天堂株式会社及び連結子会社の平成30年12月31日現在の
    財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす
    べての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

         報告書提出会社)が別途保管しています。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 13/13



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。