株式会社アクセル 四半期報告書 第24期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第24期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社アクセル

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アクセル(E02077)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年2月12日
      【四半期会計期間】                    第24期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    株式会社アクセル
      【英訳名】                    AXELL   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  松浦 一教
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区外神田四丁目14番1号
      【電話番号】                    (03)5298-1670
      【事務連絡者氏名】                    執行役員 管理グループゼネラルマネージャー  植野 悦匡
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区外神田四丁目14番1号
      【電話番号】                    (03)5298-1670
      【事務連絡者氏名】                    執行役員 管理グループゼネラルマネージャー  植野 悦匡
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/13













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アクセル(E02077)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第23期           第24期
               回次               第3四半期           第3四半期            第23期
                              累計期間           累計期間
                            自2017年4月1日           自2018年4月1日           自2017年4月1日

              会計期間
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日           至2018年3月31日
                     (百万円)              4,613           3,618           8,477
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)               (百万円)              △ 432         △ 1,477            164
     四半期純損失(△)又は当期純
                     (百万円)              △ 145         △ 1,829             80
     利益
     持分法を適用した場合の投資利
                     (百万円)               -           -           -
     益
                     (百万円)              1,018           1,018           1,018
     資本金
                      (株)          11,187,749           11,187,749           11,187,749
     発行済株式総数
                     (百万円)             11,245            9,461           11,418
     純資産
                     (百万円)             11,798           10,026           13,035
     総資産
     1株当たり四半期純損失(△)
                      (円)            △ 12.96          △ 163.51            7.18
     又は1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益
                      (円)              -           -          5.00
     1株当たり配当額
                      (%)             95.3           94.4           87.6
     自己資本比率
                               第23期           第24期

               回次               第3四半期           第3四半期
                              会計期間           会計期間
                            自2017年10月1日           自2018年10月1日
              会計期間
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日
     1株当たり四半期純損失(△)

                      (円)            △ 1.90          △ 75.12
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので連結会計期間にかかる主要な経営指標等の推移につき

          ましては記載しておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.持分法を適用した場合の投資利益につきましては、関連会社がないため記載しておりません。
        4.第23期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、潜在株式が存在しないため記載しておりま
          せん。第23期第3四半期累計期間及び第24期第3四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
          につきましては、1株当たり四半期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
                                  2/13




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アクセル(E02077)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載し
       た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)財政状態及び経営成績の状況
       ① 経営成績の状況
         当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善傾向が続くなか、個人消費も持ち直しの動
        きがみられるなど、緩やかな回復基調が持続いたしました。しかしながら、通商問題等による海外経済の不確実性
        の増大に加え、金融資本市場の変動の影響が懸念されるなど、景気の先行きは不透明な状況が続いております。
         当社の主力市場であるパチンコ・パチスロ機市場は、レジャーの多様化や依存症対策を目的として改正された
        「風適法施行規則等」の影響等により、遊技ホールの新台購入意欲が低迷するなど厳しい市場環境が続いておりま
        す。また、厳しい市場環境を背景にパチンコ・パチスロ機メーカーのコスト削減意識は高く、当社製品を含む構成
        部材のリユース(再利用)が一層浸透するなど、当社を取り巻く事業環境は厳しさが増しております。
         かかる環境の中で当社は、パチンコ・パチスロ機市場での安定収益確保に向けた各種取り組みに加え、組み込み
        機器市場(注)に向けたグラフィックスLSIの販売拡大にも注力いたしました。また、新規事業と位置づけるミド
        ルウェア、暗号技術(セキュリティ、ブロックチェーン)、機械学習の3領域における早期の事業化に向けた活動
        にも注力いたしました。なお、暗号技術に関連してブロックチェーン事業への参入を決定しており、2018年7月2
        日付けにて同事業を推進する100%出資子会社「株式会社VIPPOOL」を設立いたしました。
         当第3四半期累計期間の売上高は前年同四半期比995百万円減(同21.6%減)となる3,618百万円となりました。
        パチンコ・パチスロ機市場に向けた各種LSI製品は、前年同四半期比1,039百万円減(同23.2%減)となる3,439百
        万円の売上高となっております。主力製品である同市場向けグラフィックスLSIは、一時的な市場在庫の調整に加
        え、リユース増加の影響を受け、前年同四半期比約16万個減の約21万個の販売にとどまりました。同市場に向けた
        その他製品(LEDドライバLSI、メモリモジュール製品等)は、LEDドライバLSIは前年同四半期を上回ったものの、
        メモリモジュール製品は採用顧客の需要動向により前年同四半期を下回る販売となり、その他製品全体として前年
        同四半期を下回る結果となりました。
         組み込み機器市場向けグラフィックスLSIは、当社製品採用メーカー各社の需要動向により、前年同四半期比45
        百万円増(同55.5%増)となる126百万円、顧客の開発支援用ソフトウェアや評価基板、その他ミドルウェア製品
        等のその他製品は、前年同四半期比1百万円減(同3.4%減)となる51百万円の売上高となりました。
         売上総利益は売上高の減収に伴い前年同四半期比590百万円減(同31.4%減)となる1,289百万円、売上総利益率
        は主に販売製品の構成比率の変動により、前年同四半期比5.1ポイント低下となる35.6%となっております。販売
        費及び一般管理費は、全般的な経費削減に努めましたが、次世代主力製品に係る試作開発費の一部を計上したこと
        等により、前年同四半期比451百万円増(同19.4%増)となる2,778百万円となりました。販売費及び一般管理費の
        うち研究開発費は、前年同四半期比445百万円増(同26.7%増)となる2,112百万円となっております。なお、次世
        代主力製品に係る開発費用は、第1四半期において概ね収束しております。
         以上により、営業損失は1,488百万円(前年同四半期は営業損失446百万円)、経常損失は1,477百万円(前年同
        四半期は経常損失432百万円)となりました。また、当社が保有する投資有価証券について保守的な評価を実施し
        た結果、特別損失として投資有価証券評価損234百万円を計上するとともに、繰延税金資産の取り崩しによる税金
        費用の負担増により、四半期純損失は1,829百万円(前年同四半期は四半期純損失145百万円)となりました。
        (注)「組み込み機器市場」とは、パチンコ・パチスロ機以外の組み込み機器の製造に係る市場として使用してお
           ります。組み込み機器とはコンピュータが内部に組み込まれており、そのコンピュータに特定のアプリケー
           ションに特化した処理を行わせる電子装置を意味しております。医療機器や自動販売機、生活家電など多種
           多岐にわたる機器が組み込み機器に該当いたします。
       ② 財政状態の状況

         当第3四半期会計期間末の資産合計は、前事業年度末との比較で3,008百万円減少となる10,026百万円(前事業
        年度末比23.1%減)となりました。主な要因は、商品及び製品の増加(826百万円)に対し、現金及び預金の減少
        (366百万円)、売掛金の減少(2,545百万円)、投資その他の資産の減少(419百万円)等によるものでありま
        す。
         当第3四半期会計期間末の負債合計は、前事業年度末との比較で1,051百万円減少となる564百万円(前事業年度
        末比65.1%減)となりました。主な要因は、買掛金の減少(927百万円)等によるものであります。
         当第3四半期会計期間末の純資産合計は、前事業年度末との比較で1,956百万円減少となる9,461百万円(前事業
        年度末比17.1%減)となりました。主な要因は、利益剰余金の減少(1,885百万円)等によるものであります。
                                  3/13


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アクセル(E02077)
                                                             四半期報告書
     (2)経営方針、経営戦略等及び経営者の問題意識と今後の方針について

        当社が掲げております経営方針、経営戦略等につきましては、2018年6月18日に提出の前事業年度有価証券報告書
       「第2 事業の状況 1.経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載の内容から重要な変更はありません。
       また、経営者の問題意識と今後の方針につきましても、現在のところ重要な変更はありません。
     (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
        なお、当社では会社の財務及び事業の方針の決定を支配する者のあり方に関する基本方針を定めておりません
       が、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の企業価値及び株主共同の利益に資する者であると同
       時に、当社の企業価値の源泉を理解し様々なステークホルダーとの間で円滑な関係を構築できる者が望ましいと考
       えております。
        現時点におきまして「敵対的買収防衛策」を導入する計画はありませんが、株主の皆さまから負託された当然の責
       務として、企業価値及び株主共同の利益に資さない買収者に備えた適切な対応も必要であると考えております。「敵
       対的買収防衛策」につきましては、大株主の異動状況や社会的な動向も見極めつつ、弾力的な検討を進めてまいりた
       いと考えております。
     (4)研究開発活動

        当第3四半期累計期間における研究開発活動の金額は、2,112百万円であります。
        なお、当第3四半期累計期間において、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     (5)経営成績に重要な影響を与える要因

        当社の経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、2018年6月18日に提出の前事業年度有価証券報告書
       「第2 事業の状況 2.事業等のリスク」に記載の事項から重要な変更はありません。
     (6)資本の財源及び資金の流動性についての分析

        当第3四半期会計期間末における資金は、6,501百万円となっております。この資金は、当第3四半期会計期間末
       における四半期貸借対照表上の現金及び預金残高であります。
        当第3四半期会計期間末における資金残高は、機動的な経営活動及び積極的な研究開発活動を行なうために当面必
       要と考えられる資金額として問題のない水準にあると分析しております。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/13









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アクセル(E02077)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
         普通株式                                         23,112,000
                  計                               23,112,000
        ②【発行済株式】

            第3四半期会計期間末現在                           上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
       種類     発行数(株)                           又は登録認可金融商品               内容
                           (2019年2月12日)
              (2018年12月31日)                          取引業協会名
                                                  権利内容に何ら限定
                                                  のない当社における
                                         東京証券取引所
      普通株式           11,187,749              11,187,749                   標準となる株式であ
                                         (市場第一部)
                                                  り、単元株式数は
                                                  100株であります。
        計          11,187,749              11,187,749            -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                               資本準備金       資本準備金
                   発行済株式       発行済株式
                                資本金増減額        資本金残高
                                               増減額       残高
          年月日         総数増減数       総数残高
                                 (百万円)       (百万円)
                    (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
      2018年10月1日~
                       -   11,187,749           -      1,018         -       861
      2018年12月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/13





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アクセル(E02077)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」につきましては、株主名簿の記載内容が確認できないた
          め、記載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をして
          おります。
        ①【発行済株式】
                                                   2018年12月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                         -            -            -
      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -
      議決権制限株式(その他)                         -            -            -
                          普通株式                  100
      完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                                                  権利内容に何ら限定
                         普通株式        11,184,700
      完全議決権株式(その他)                                      111,847      のない当社における
                                                  標準となる株式
                         普通株式               2,949
      単元未満株式                                    -            -
      発行済株式総数                         11,187,749           -            -
      総株主の議決権                         -             111,847          -
     (注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が200株含まれております。また、
          「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数2個が含まれております。
        2.「単元未満株式」の欄には、自己株式52株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年12月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                               対する所有株式数
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                    の割合(%)
                  東京都千代田区外神田
     株式会社アクセル                             100        -       100       0.00
                  四丁目14番1号
           計             -           100        -       100       0.00
     (注)   上記のほか     、単元未満株式52株を保有しております                   。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/13







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アクセル(E02077)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第
       63号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2018年10月1日から2018年
       12月31日まで)及び第3四半期累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期財務諸表につい
       て、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は、2018年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しており
       ます。
      3.四半期連結財務諸表について

         四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(平成19年内閣府令第64号)第5条第2項により、
       当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企業集団
       の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏しいもの
       として、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
        なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による割合は次のとおりであります。
         資産基準                 0.5%
         売上高基準               -%
         利益基準                 0.1%
         利益剰余金基準           0.0%
                                  7/13













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アクセル(E02077)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         6,868              6,501
         現金及び預金
                                         3,304               759
         売掛金
                                           480             1,306
         商品及び製品
                                            0              0
         原材料及び貯蔵品
                                           825              405
         その他
                                         11,479               8,973
         流動資産合計
       固定資産
                                           266              186
         有形固定資産
                                           32              29
         無形固定資産
                                         1,256               837
         投資その他の資産
                                         1,556              1,052
         固定資産合計
                                         13,035              10,026
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         1,344               416
         買掛金
                                           43              -
         未払法人税等
                                           193              107
         その他
                                         1,580               524
         流動負債合計
       固定負債
                                           35              37
         資産除去債務
                                           -               2
         その他
                                           35              40
         固定負債合計
                                         1,616               564
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         1,018              1,018
         資本金
                                           861              861
         資本剰余金
                                         9,398              7,512
         利益剰余金
                                           △ 0             △ 0
         自己株式
                                         11,278               9,393
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                           140               69
         その他有価証券評価差額金
                                           -              △ 0
         繰延ヘッジ損益
         評価・換算差額等合計                                  140               68
                                         11,418               9,461
       純資産合計
                                         13,035              10,026
      負債純資産合計
                                  8/13







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アクセル(E02077)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                                 前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                         4,613              3,618
      売上高
                                         2,733              2,328
      売上原価
                                         1,880              1,289
      売上総利益
                                         2,326              2,778
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                    △ 446            △ 1,488
      営業外収益
                                            1              0
       受取利息
                                            6              5
       受取配当金
                                            5              9
       為替差益
                                            3              5
       その他
                                           16              19
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            2              7
       投資事業組合運用損
                                            0              0
       その他
                                            2              8
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                    △ 432            △ 1,477
      特別利益
                                           64              -
       投資有価証券売却益
                                           64              -
       特別利益合計
      特別損失
                                           138              234
       投資有価証券評価損
                                            1              -
       会員権評価損
                                           139              234
       特別損失合計
      税引前四半期純損失(△)                                    △ 506            △ 1,711
                                         △ 361              117
      法人税等
      四半期純損失(△)                                    △ 145            △ 1,829
                                  9/13










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アクセル(E02077)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (会計上の見積りの変更)
        (耐用年数及び資産除去債務の見積りの変更)
          第2四半期累計期間において、賃借している本社オフィスの一部を解約することを決定いたしました。
          これにより     利用見込みのない固定資産について耐用年数を短縮し解約までの期間に変更しております。
          また、   建物賃貸借契約に伴う原状回復費用として計上していた資産除去債務について、より精緻な見積りが可
         能になったため、見積額の変更をしております。
          この見積りの変更により資産除去債務残高が24百万円増加し、従来の方法に比べて、当第3四半期累計期間の
         営業損失、経常損失及び税引前四半期純損失はそれぞれ50百万円増加しております。
        (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用につきましては、当第3四半期会計期間を含む事業年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
         用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
          ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、税引前
         四半期純利益または税引前四半期純損失に法定実効税率を乗じた金額に、繰延税金資産の回収可能性を考慮し
         ております。
        (追加情報)

        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期会計
         期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期
        間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             前第3四半期累計期間                 当第3四半期累計期間
                             (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                              至 2017年12月31日)                 至 2018年12月31日)
         減価償却費                           118百万円                 141百万円
        (株主資本等関係)

        Ⅰ 前第3四半期累計期間(自2017年4月1日 至2017年12月31日)
         配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
     (決議)
                       (百万円)
                             配当額(円)
     2017年6月17日
                普通株式           55       5  2017年3月31日         2017年6月19日         利益剰余金
     定時株主総会
        Ⅱ 当第3四半期累計期間(自2018年4月1日 至2018年12月31日)

         配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
     (決議)
                       (百万円)
                             配当額(円)
     2018年6月16日
                普通株式           55       5  2018年3月31日         2018年6月18日         利益剰余金
     定時株主総会
                                 10/13



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アクセル(E02077)
                                                             四半期報告書
        (持分法損益等)
         該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          当社は、半導体製品の開発、販売事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     1株当たり四半期純損失                                  12.96円               163.51円
      (算定上の基礎)
       四半期純損失(百万円)                                  145              1,829
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -               -
       普通株式に係る四半期純損失(百万円)                                  145              1,829
       普通株式の期中平均株式数(株)                              11,187,597               11,187,597
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益につきましては、1株当たり四半期純損失であり、また、潜在株式が存在
        しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 11/13










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アクセル(E02077)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 12/13




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アクセル(E02077)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     株式会社アクセル

      取締役会 御中

                           EY新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              横 内 龍 也  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              飯 塚   徹  印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アクセ


     ルの2018年4月1日から2019年3月31日までの第24期事業年度の第3四半期会計期間(2018年10月1日から2018年12月31
     日まで)及び第3四半期累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期
     貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アクセルの2018年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する
     第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかっ
     た。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には                   含まれておりません。
                                 13/13




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。