株式会社大谷工業 四半期報告書 第80期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第80期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社大谷工業

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成31年2月12日
      【四半期会計期間】                    第80期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                    株式会社大谷工業
      【英訳名】                    OTANI   KOGYO   CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  鈴木 和也
      【本店の所在の場所】                    東京都品川区西五反田7丁目22番17号
      【電話番号】                    (03)3494-3731(代表)
      【事務連絡者氏名】                    理事管理グループマネージャー 中澤 忠彦
      【最寄りの連絡場所】                    東京都品川区西五反田7丁目22番17号
      【電話番号】                    (03)3494-3731(代表)
      【事務連絡者氏名】                    理事管理グループマネージャー 中澤 忠彦
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                               第79期           第80期
               回次                                       第79期
                           第3四半期累計期間           第3四半期累計期間
                           自 平成29年4月1日           自 平成30年4月1日           自 平成29年4月1日

              会計期間
                           至 平成29年12月31日           至 平成30年12月31日           至 平成30年3月31日
                      (千円)           4,227,617           4,540,531           5,751,730
     売上高
                      (千円)            262,533           155,258           321,489
     経常利益
                      (千円)            197,126           109,507           232,743
     四半期(当期)純利益
                      (千円)              -           -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)            655,200           655,200           655,200
     資本金
     発行済株式総数                (千株)              880           880           880
     純資産額                (千円)           2,527,932           2,642,885           2,564,511

     総資産額                (千円)           4,715,941           4,964,366           4,902,339

     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            252.98           140.54           298.69
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (円)              -           -          30.00
     1株当たり配当額
                      (%)             53.6           53.2           52.3
     自己資本比率
     営業活動による
                      (千円)            199,324           340,709           328,451
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (千円)           △ 50,212          △ 69,707          △ 83,972
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (千円)           △ 108,051           △ 94,984          △ 160,399
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           1,118,746           1,337,783           1,161,766
     (期末)残高
                               第79期           第80期

               回次
                           第3四半期会計期間           第3四半期会計期間
                           自 平成29年10月1日           自 平成30年10月1日

              会計期間
                           至 平成29年12月31日           至 平成30年12月31日
                                   76.53           59.99
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい
           ては記載しておりません。
         2 売上高には消費税等は含まれておりません。
         3 持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
         4 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
         5 当社は平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前事業年度の期
           首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しております。
     2【事業の内容】

       当第3四半期累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変
      更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/16


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第3四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した
      事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)  業績の状況

        当第3四半期累計期間におけるわが国の経済は、雇用・所得環境の改善が続く中で、各種政策の効果もあり、緩
       やかに回復していくことが期待されています。ただし、通商問題の動向が世界経済に与える影響や、中国を始めア
       ジア新興国等の経済の先行き、政策に関する不確実性、金融資本市場の変動の影響等について留意する必要があり
       ます。
        当社はこのような状況の中、各事業で拡販に努め、当第3四半期累計期間の売上高は4,540百万円と前年同四半期
       比312百万円(7.4%)の増加となりました。
        利益面については、売上総利益が906百万円と前年同四半期比85百万円(8.7%)の減少、営業利益は149百万円と
       前年同四半期比110百万円(42.5%)の減少、経常利益は155百万円と前年同四半期比107百万円(40.9%)の減少、
       四半期純利益は109百万円と前年同四半期比87百万円(44.4%)の減少となりました。
        セグメントの業績は、次のとおりであります。

        ①  電力通信部門
         電力通信部門においては、電力業界では省エネ推進や電力システム改革が進む中、資材調達の全面見直し、修
        繕費の削減が行われ、販売価格、物量がともに下落しました。通信業界においても設備投資抑制が継続した状況
        下で、架線金物需要は低調に推移しております。また、鉄塔・鉄構は、新規鉄塔の基数は多いものの、重量が少
        なく採算性があまりよくない結果となり、部門全体の売上高・利益ともに減少となりました。
         この結果、売上高は3,026百万円と前年同四半期比119百万円(3.8%)の減少、セグメント利益は354百万円と
        前年同四半期比121百万円(25.5%)の減少となりました。
        ②  建材部門

         建材部門においては、インフラ整備や都市再開発の動きが顕在化し始めており、受注数が増加しております。
         この結果、売上高は1,514百万円と前年同四半期比432百万円(40.0%)の増加、セグメント利益は92百万円と
        前年同四半期比20百万円(28.0%)の増加となりました。
      (2)  財政状態の分析

       (総資産)
        総資産は、前事業年度末に比べ62百万円増加し4,964百万円となりました。これは、主に現金及び預金176百万円
       の増加と、有形及び無形固定資産53百万円、売上債権42百万円、繰延税金資産18百万円の減少によるものです。
       (負債)
        負債は、前事業年度末に比べ16百万円減少し2,321百万円となりました。これは、主に仕入債務123百万円の増加
       と、未払法人税等36百万円、長期借入金33百万円、設備関係未払金17百万円の減少によるものです。
       (純資産)
        純資産は、前事業年度末に比べ78百万円増加し2,642百万円となりました。これは、主に四半期純利益109百万円
       の計上による増加と、配当金23百万円の支払によるものです。この結果、有利子負債比率(D/Eレシオ)は0.04倍と
       良好な水準にあります。
                                  3/16






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
      (3)キャッシュ・フローの状況の分析
        当第3四半期累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前事業年度末に比べ176百万
       円増加し1,337百万円となりました。
        当第3四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果得られた資金は340百万円(前年同四半期比141百万円の増加)となりました。これは、主に税引
       前四半期純利益及び減価償却費を288百万円、仕入債務の増加額123百万円、売上債権の減少42百万円、法人税等の
       支払額71百万円によるものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果使用した資金は69百万円(前年同四半期比19百万円の増加)となりました。これは、主に有形及
       び無形固定資産の取得による支出84百万円と保険積立金の解約による収入8百万円によるものです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果使用した資金は94百万円(前年同四半期比13百万円の減少)となりました。これは、主に長期借
       入金の返済による支出33百万円、割賦債務の返済による支出31百万円、配当金の支払額23百万円によるものです。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題はあり
       ません。
      (5)研究開発活動

        当第3四半期累計期間における研究開発活動の金額は、39百万円であります。
        なお、当第3四半期累計期間において、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/16











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
     (1)【株式の総数等】
     ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                  2,800,000
                  計                                2,800,000

     ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末            提出日現在発行数          上場金融商品取引所名
        種類       現在発行数(株)              (株)        又は登録認可金融商品                 内容
              (平成30年12月31日)           (平成31年2月12日)             取引業協会名
                                      東京証券取引所
                                                単元株式数は100株であり
       普通株式             880,000           880,000       JASDAQ
                                                ます。
                                     (スタンダード)
        計            880,000           880,000         -            -
     (2)【新株予約権等の状況】

     ①【ストックオプション制度の内容】
      該当事項はありません。
     ②【その他の新株予約権等の状況】

      該当事項はありません。
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (千株)       (千株)                      (千円)       (千円)
     平成30年10月1日~
                       -       880        -     655,200          -     221,972
     平成30年12月31日
     (5)【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/16








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
     (6)【議決権の状況】
     ①【発行済株式】
                                                  平成30年12月31日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                     -           -              -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -              -

     議決権制限株式(その他)                     -           -              -

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                       普通株式          -              -
                            100,700
                            普通株式
     完全議決権株式(その他)                                   7,789           -
                            778,900
                            普通株式
     単元未満株式(注)                                -       1単元(100株)未満の株式
                               400
     発行済株式総数                       880,000         -              -
     総株主の議決権                     -              7,789           -

      (注) 「単元未満株式」の株式数の欄には、当社所有の自己株式が89株含まれております。
     ②【自己株式等】

                                                  平成30年12月31日現在
                                                      発行済株式

                                 自己名義       他人名義       所有株式数
        所有者の氏名                                             総数に対する
                      所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                             所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
     (自己保有株式)             東京都品川区西五反田
                                  100,700        ―      100,700        11.44
     株式会社大谷工業             7丁目22番17号
           計             -          100,700        ―      100,700        11.44
     2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  6/16









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1 四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号。以下「四半期財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、四半期財務諸表等規則第4条の2第3項により、四半期キャッシュ・フロー計算書を作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(平成30年10月1日から平成30
       年12月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期財務諸表に
       ついて、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
      3 四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  7/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
     1【四半期財務諸表】
     (1)【四半期貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,161,766              1,337,783
         現金及び預金
                                      ※1 1,325,602             ※1 1,228,665
         受取手形及び売掛金
                                       ※1 238,232             ※1 292,800
         電子記録債権
                                        486,629              461,871
         商品及び製品
                                        355,925              342,542
         仕掛品
                                        140,162              175,388
         原材料及び貯蔵品
                                         11,860              32,398
         その他
                                       3,720,178              3,871,452
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                              152,732              150,482
          機械及び装置(純額)                              518,706              450,221
                                        226,722              226,722
          土地
          リース資産(純額)                               1,865              1,321
                                         51,716              85,661
          その他(純額)
                                        951,743              914,408
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                33,109              17,253
         投資その他の資産
                                         92,713              82,782
          投資有価証券
                                         61,681              43,531
          繰延税金資産
                                         42,911              34,938
          その他
                                        197,307              161,252
          投資その他の資産合計
                                       1,182,160              1,092,914
         固定資産合計
                                       4,902,339              4,964,366
       資産合計
                                  8/16











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        449,228              449,355
         支払手形及び買掛金
                                        762,608              885,690
         電子記録債務
                                         15,000              15,000
         短期借入金
                                         66,400              33,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                         8,587                -
         設備関係支払手形
                                         55,885              66,666
         設備関係未払金
                                        212,260              142,836
         未払費用
                                         38,980               2,515
         未払法人税等
                                         95,878              96,465
         その他
                                       1,704,827              1,691,529
         流動負債合計
       固定負債
                                         32,903               4,165
         長期設備関係未払金
                                        477,840              499,724
         退職給付引当金
         役員退職慰労引当金                                38,202              42,114
                                         25,559              18,210
         リース債務
                                         52,520              59,761
         長期預り保証金
                                         5,975              5,975
         その他
         固定負債合計                                633,000              629,950
                                       2,337,827              2,321,480
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        655,200              655,200
         資本金
                                        221,972              221,972
         資本剰余金
                                       1,964,644              2,050,775
         利益剰余金
                                       △ 296,822             △ 296,822
         自己株式
                                       2,544,994              2,631,125
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         19,517              11,760
         その他有価証券評価差額金
                                         19,517              11,760
         評価・換算差額等合計
                                       2,564,511              2,642,885
       純資産合計
                                       4,902,339              4,964,366
      負債純資産合計
                                  9/16









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
     (2)【四半期損益計算書】
     【第3四半期累計期間】
                                                    (単位:千円)
                                前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                       4,227,617              4,540,531
      売上高
                                       3,235,622              3,634,470
      売上原価
                                        991,994              906,061
      売上総利益
                                        732,056              756,576
      販売費及び一般管理費
                                        259,937              149,485
      営業利益
      営業外収益
                                           17              27
       受取利息
                                         2,715              2,431
       受取配当金
                                           965               -
       不動産賃貸料
                                           -             2,500
       受取保険金
                                         2,643              2,654
       雑収入
                                         6,342              7,613
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,153              1,211
       支払利息
                                         1,391                -
       不動産賃貸費用
                                           201              627
       雑損失
                                         3,746              1,839
       営業外費用合計
                                        262,533              155,258
      経常利益
      特別利益
                                            9             139
       固定資産売却益
                                           -             3,344
       保険解約返戻金
                                         32,977                -
       預り保証金返還免除益
                                         32,986               3,483
       特別利益合計
      特別損失
                                         25,564                77
       固定資産除売却損
                                         25,564                77
       特別損失合計
                                        269,955              158,665
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   31,964              27,585
                                         40,865              21,573
      法人税等調整額
                                         72,829              49,158
      法人税等合計
                                        197,126              109,507
      四半期純利益
                                 10/16









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
     (3)【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        269,955              158,665
       税引前四半期純利益
                                        140,635              130,199
       減価償却費
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                 △ 27,604              21,884
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 △ 11,142               3,912
                                        △ 2,733             △ 2,458
       受取利息及び受取配当金
                                           -            △ 2,500
       受取保険金
                                         2,153              1,211
       支払利息
       有形固定資産除売却損益(△は益)                                  25,555               △ 62
                                           -            △ 3,344
       保険解約返戻金
                                        △ 32,012                -
       預り保証金返還免除益
       売上債権の増減額(△は増加)                                  50,047              42,368
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 65,987               2,913
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  23,796              123,209
                                        △ 73,802             △ 67,584
       その他
                                        298,863              408,414
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  2,733              2,458
                                        △ 1,774              △ 984
       利息の支払額
                                       △ 100,497              △ 71,679
       法人税等の支払額
                                           -             2,500
       保険金の受取額
                                        199,324              340,709
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 71,811             △ 84,568
       有形及び無形固定資産の取得による支出
                                         17,414                139
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 1,181             △ 1,248
       投資有価証券の取得による支出
                                         2,400                -
       会員権退会による収入
                                          △ 52              -
       出資金の払込による支出
                                         △ 780               -
       貸付けによる支出
                                           529              614
       貸付金の回収による収入
                                        △ 6,169               △ 75
       預り保証金の返還による支出
                                         9,437              7,316
       預り保証金の受入による収入
                                           -             8,115
       保険積立金の解約による収入
                                        △ 50,212             △ 69,707
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 33,400             △ 33,400
       長期借入金の返済による支出
       配当金の支払額                                 △ 23,194             △ 23,304
                                        △ 6,494             △ 7,276
       ファイナンス・リース債務の返済による支出
                                          △ 48              -
       自己株式の取得による支出
                                        △ 44,913             △ 31,002
       割賦債務の返済による支出
                                       △ 108,051              △ 94,984
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   41,060              176,017
                                       1,077,686              1,161,766
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 1,118,746             ※1 1,337,783
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 11/16





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
     (追加情報)
      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期会計期間
      から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
     (四半期貸借対照表関係)

      ※1 四半期会計期間末日満期手形(電子記録債権を含む)
         四半期会計期間末日満期手形(電子記録債権を含む)の会計処理については、当四半期会計期間末日が金融機関
        の休日でしたが、満期日に決済が行われたものとして処理しております。当四半期会計期間末日満期手形(電子記
        録債権を含む)の金額は、次のとおりであります。
                                前事業年度               当第3四半期会計期間

                             (平成30年3月31日)                  (平成30年12月31日)
      受取手形                               37,448千円                  17,654千円
      電子記録債権                                6,070   〃              27,650    〃
     (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※1    現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                             前第3四半期累計期間                  当第3四半期累計期間
                            (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                             至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
     現金及び預金                              1,118,746千円                  1,337,783千円
     現金及び現金同等物                              1,118,746千円                  1,337,783千円
     (株主資本等関係)

      Ⅰ 前第3四半期累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
       配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年6月28日
               普通株式         23,376         3.0   平成29年3月31日         平成29年6月29日          利益剰余金
     定時株主総会
      Ⅱ 当第3四半期累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

       配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成30年6月27日
               普通株式         23,376        30.0   平成30年3月31日          平成30年6月28日         利益剰余金
     定時株主総会
     (持分法損益等)

      該当事項はありません。
     (企業結合等関係)

      該当事項はありません。
                                 12/16





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
     (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      Ⅰ 前第3四半期累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
       1.  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                             電力通信部門            建材部門            合計
     売上高

                                3,145,973           1,081,643           4,227,617
      外部顧客への売上高
                                    -           -           -
      セグメント間の内部売上高又は振替高
                                3,145,973           1,081,643           4,227,617

               計
                                 475,359            71,927           547,286
     セグメント利益
       2.  報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

         (差異調整に関する事項)
                                                (単位:千円)
                利益                         金額
     報告セグメント計                                              547,286
     セグメント間取引消去                                                -
     全社費用(注)                                             △287,349
     四半期損益計算書の営業利益                                              259,937
     (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
      Ⅱ 当第3四半期累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

       1.  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                             電力通信部門            建材部門            合計
     売上高

                                3,026,468           1,514,062           4,540,531
      外部顧客への売上高
                                    -           -           -
      セグメント間の内部売上高又は振替高
                                3,026,468           1,514,062           4,540,531

               計
                                 354,190            92,097           446,287
     セグメント利益
       2.  報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

         (差異調整に関する事項)
                                                (単位:千円)
                利益                         金額
     報告セグメント計                                              446,287
     セグメント間取引消去                                                -
     全社費用(注)                                             △296,802
     四半期損益計算書の営業利益                                              149,485
     (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                 13/16




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
     (1株当たり情報)
      1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間
                               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 252円98銭               140円54銭
     (算定上の基礎)

      四半期純利益金額(千円)                                 197,126               109,507

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -

      普通株式に係る四半期純利益金額(千円)                                 197,126               109.507

      普通株式の期中平均株式数(千株)                                   779               779

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前事業年度の
          期首に当該株式併合が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
     (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                 14/16













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社大谷工業(E01425)
                                                             四半期報告書
                独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                   平成31年2月6日

     株   式   会   社   大   谷   工   業

      取     締    役    会    御    中

                         有限責任監査法人 ト ー マ ツ

                           指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                         大    中    康    宏    印
                           業 務 執 行 社 員
                           指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                         佐      瀬       剛     印
                           業 務 執 行 社 員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社大谷

     工業の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの第80期事業年度の第3四半期会計期間(平成30年10月
     1日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日ま
     で)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注
     記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社大谷工業の平成30年12月31日現在の財政状態並びに同日をもっ
     て終了する第3四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がす
     べての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 16/16


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。