株式会社宮崎銀行 四半期報告書 第134期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第134期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社宮崎銀行

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                四半期報告書

     【根拠条文】                金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                関東財務局長

     【提出日】                2019年2月12日

     【四半期会計期間】                第134期第3四半期(自           2018年10月1日         至  2018年12月31日)

     【会社名】                株式会社宮崎銀行

     【英訳名】                The Miyazaki Bank,Ltd.

     【代表者の役職氏名】                取締役頭取          平 野 亘 也

     【本店の所在の場所】                宮崎県宮崎市橘通東四丁目3番5号

     【電話番号】                宮崎(0985)27-3131(代表)

     【事務連絡者氏名】                取締役経営企画部長兼収益管理室長兼IT戦略室長                            日 髙 啓 司

     【最寄りの連絡場所】                東京都中央区日本橋本町四丁目4番2号                     東山ビルディング内

                     株式会社宮崎銀行          経営企画部       東京事務所

     【電話番号】                東京(03)3241-5131

     【事務連絡者氏名】                東京事務所長           川 崎 秀 行

     【縦覧に供する場所】                株式会社宮崎銀行          東京支店

                      (東京都中央区日本橋本町四丁目4番2号)

                     株式会社宮崎銀行          福岡支店

                      (福岡市中央区渡辺通二丁目1番82号)

                     株式会社宮崎銀行          鹿児島営業部

                      (鹿児島市山之口町12番9号)

                     株式会社東京証券取引所

                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                     証券会員制法人福岡証券取引所

                      (福岡市中央区天神二丁目14番2号)

                     (注)    福岡支店及び鹿児島営業部は金融商品取引法の規定による縦覧場所では
                       ありませんが、投資者の便宜のため縦覧に供する場所としております。
                                  1/18





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

                          2017年度第3四半期           2018年度第3四半期

                                                  2017年度
                           連結累計期間           連結累計期間
                         (自 2017年4月1日           (自 2018年4月1日
                                               (自 2017年4月1日
                                                至 2018年3月31日)
                          至 2017年12月31日)           至 2018年12月31日)
                                40,243           40,456           54,222
     経常収益               百万円
                                10,308           10,473           12,894
     経常利益               百万円
     親会社株主に帰属する
                                 6,905           7,197
                     百万円                                    ―
     四半期純利益
     親会社株主に帰属する
                                                       8,770
                     百万円              ―           ―
     当期純利益
                                12,356             816
     四半期包括利益               百万円                                    ―
                                                       8,716
     包括利益               百万円              ―           ―
                                150,082           145,748           146,453
     純資産額               百万円
                               3,053,132           3,054,382           2,966,545
     総資産額               百万円
                                401.14           417.76
     1株当たり四半期純利益                円                                   ―
                                                      509.46
     1株当たり当期純利益                円             ―           ―
     潜在株式調整後1株当たり
                                399.89           416.50
                      円                                   ―
     四半期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                                                      507.78
                      円             ―           ―
     当期純利益
                                 4.90           4.76           4.92
     自己資本比率                %
                            2017年度第3四半期                 2018年度第3四半期

                              連結会計期間                 連結会計期間
                            (自    2017年10月1日              (自    2018年10月1日
                             至   2017年12月31日)              至   2018年12月31日)
                                      166.36                 94.65
     1株当たり四半期純利益                円
     (注) 1  当行及び連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       2   自己資本比率は、((四半期)期末純資産の部合計-(四半期)期末新株予約権-(四半期)期末非支配株主持分)を
        (四半期)期末資産の部の合計で除して算出しております。
       3 2017年10月1日付で普通株式10株を1株とする株式併合を実施いたしました。1株当たり四半期純利益、1株
        当たり当期純利益、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益、潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、2017年
        度の期首に当該株式併合が行われたと仮定して算出しております。
     2 【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当行および当行の関係会社が営む事業の内容については、重要な変更はあり
      ません。また、関係会社についても、異動はありません。
                                  2/18






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1 【事業等のリスク】

       前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について、当四半期連結累計期間での重要な変更は該
      当ありません。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      財政状態及び経営成績の状況
       (1)財政状態
        当第3四半期連結会計期間末(2018年12月31日)における財政状態につきましては、総資産は、前連結会計年度
       末に比べ878億円増加して3兆543億円、純資産額は、同7億円減少して1,457億円となりました。
        主要な勘定科目につきましては、貸出金は個人貸出、法人貸出が増加したことから、前連結会計年度末に比べ
       566億円増加して1兆9,867億円、有価証券は同186億円減少して6,667億円、預金・譲渡性預金は法人預金が減少し
       たものの個人預金、公金預金が増加したことから、同427億円増加して2兆5,299億円となりました。
       (2)経営成績
        当第3四半期連結累計期間(2018年4月1日~2018年12月31日)の業績につきましては、経常収益は、受入機能
       提供手数料および金銭の信託運用益の減少により役務取引等収益およびその他経常収益が減少したものの、貸出金
       利息およびリース料収入の増加により資金運用収益およびその他業務収益が増加したことから、前第3四半期連結
       累計期間に比べ213百万円増加して40,456百万円となりました。
        一方、経常費用は、預金等利息や社債利息の減少および人件費の減少により資金調達費用および営業経費が減少
       したものの、リース料収入の増加に伴うリース原価および株式等売却損の増加によりその他業務費用およびその他
       経常費用が増加したことから、前第3四半期連結累計期間に比べ49百万円増加して29,983百万円となりました。
        以上により、経常利益は、前第3四半期連結累計期間に比べ165百万円増加して10,473百万円、親会社株主に帰
       属する四半期純利益は、同292百万円増加して7,197百万円となりました。
        各セグメント別の業績は、次のとおりであります。
        ①銀行業(銀行業務)
          経常収益は、貸出金利息の増加により資金運用収益が増加したものの、受入機能提供手数料および金銭の信
         託運用益の減少により役務取引等収益およびその他経常収益が減少したことから、前第3四半期連結累計期間
         に比べ163百万円減少して36,124百万円となりました。
          一方、経常費用は、株式等売却損の増加によりその他経常費用が増加したものの、預金等利息や社債利息お
         よび人件費の減少により資金調達費用および営業経費が減少したことから、前第3四半期比20百万円減少して
         25,307百万円となりました。
          以上により、経常利益は、前第3四半期連結累計期間に比べ143百万円減少して10,816百万円となりました。
        ②リース業(リース業務)
          経常収益は、リース料収入および割賦収入が増加したことから、前第3四半期連結累計期間に比べ432百万円
         増加して5,080百万円となりました。経常利益は、リース原価等が増加したものの経常収益の増加がそれを上回
         り、前第3四半期連結累計期間に比べ69百万円増加して305百万円となりました。
        ③その他(信用保証業務等)
          経常収益は、前第3四半期連結累計期間に比べ53百万円増加して574百万円となりました。経常利益は、経常
         収益が増加したことならびに与信関連費用が減少したことから、前第3四半期連結累計期間に比べ238百万円増
         加して155百万円となりました。
                                  3/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
      (参考)
      国内業務部門・国際業務部門別収支
        資金運用収益は、貸出金利息が増加したことから、前第3四半期連結累計期間に比べ201百万円増加して25,708
       百万円となりました。資金調達費用は、預金利息および社債利息が減少したことから、前第3四半期連結累計期間
       に比べ371百万円減少して956百万円となりました。その結果、資金運用収支は、前第3四半期連結累計期間に比べ
       572百万円増加して24,752百万円となりました。
        役務取引等収支は、受入機能提供手数料が減少したことおよび支払ローン関係手数料が増加したことから、前第
       3四半期連結累計期間に比べ242百万円減少して2,760百万円となりました。
        その他業務収支は、前第3四半期連結累計期間に比べ208百万円増加して1,080百万円となりました。
                               国内業務部門       国際業務部門       相殺消去額(△)          合計

          種類             期別
                               金額(百万円)       金額(百万円)       金額(百万円)       金額(百万円)
                 前第3四半期連結累計期間                 23,356         824        ―     24,180
     資金運用収支
                 当第3四半期連結累計期間                 24,176         576        ―     24,752
                 前第3四半期連結累計期間                 24,411        1,120         24     25,507
      うち資金運用収益
                 当第3四半期連結累計期間                 24,967         752        11     25,708
                 前第3四半期連結累計期間                 1,055        296        24      1,327
      うち資金調達費用
                 当第3四半期連結累計期間                  791       176        11       956
                 前第3四半期連結累計期間                 2,995         7       ―     3,002
     役務取引等収支
                 当第3四半期連結累計期間                 2,748         11        ―     2,760
                 前第3四半期連結累計期間                 6,208         31        ―     6,239
      うち役務取引等収益
                 当第3四半期連結累計期間                 6,075         32        ―     6,108
                 前第3四半期連結累計期間                 3,213         23        ―     3,237
      うち役務取引等費用
                 当第3四半期連結累計期間                 3,326         21        ―     3,347
                 前第3四半期連結累計期間                 1,004       △131         ―      872
     その他業務収支
                 当第3四半期連結累計期間                 1,203       △123         ―     1,080
                 前第3四半期連結累計期間                 5,896         ―       ―     5,896
      うちその他業務収益
                 当第3四半期連結累計期間                 6,391         ―       ―     6,391
                 前第3四半期連結累計期間                 4,892        131        ―     5,023
      うちその他業務費用
                 当第3四半期連結累計期間                 5,187        123        ―     5,310
      (注)   1   「国内業務部門」は国内店の円建取引並びに子会社の取引、「国際業務部門」は国内店の外貨建取引であり
         ます。ただし、円建対非居住者取引等は、「国際業務部門」に含めております。
        2  「相殺消去額(△)」は、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借利息であります。
        3   資金調達費用は、金銭の信託運用見合費用(前第3四半期連結累計期間4百万円、当第3四半期連結累計期
         間3百万円)を控除して表示しております。
                                  4/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
      (参考)
      国内業務部門・国際業務部門別役務取引の状況
        役務取引等収益は、受入機能提供手数料が減少したことから、前第3四半期連結累計期間に比べ131百万円減少
       して6,108百万円となりました。役務取引等費用は、支払ローン関係手数料の増加により、前第3四半期連結累計
       期間に比べ110百万円増加して3,347百万円となりました。
                                 国内業務部門          国際業務部門            合計

          種類             期別
                                 金額(百万円)          金額(百万円)          金額(百万円)
                  前第3四半期連結累計期間                   6,208           31        6,239
     役務取引等収益
                  当第3四半期連結累計期間                   6,075           32        6,108
                  前第3四半期連結累計期間                   2,776            ―       2,776
      うち預金・貸出業務
                  当第3四半期連結累計期間                   2,552            ―       2,552
                  前第3四半期連結累計期間                   1,596           30        1,627
      うち為替業務
                  当第3四半期連結累計期間                   1,608           32        1,640
                  前第3四半期連結累計期間                   1,125            ―       1,125
      うち代理業務
                  当第3四半期連結累計期間                   1,130            ―       1,130
                  前第3四半期連結累計期間                    423           ―         423
      うち証券関連業務
                  当第3四半期連結累計期間                    440           ―         440
                  前第3四半期連結累計期間                   3,213           23        3,237
     役務取引等費用
                  当第3四半期連結累計期間                   3,326           21        3,347
                  前第3四半期連結累計期間                    285          23         309
      うち為替業務
                  当第3四半期連結累計期間                    286          21         307
      (注)  「国内業務部門」は国内店の円建取引、「国際業務部門」は国内店の外貨建取引であります。
      (参考)

      国内業務部門・国際業務部門別預金残高の状況
       ○  預金の種類別残高(末残)
                                 国内業務部門          国際業務部門            合計

          種類             期別
                                 金額(百万円)          金額(百万円)          金額(百万円)
                  前第3四半期連結会計期間                 2,273,093            3,862       2,276,956
     預金合計
                  当第3四半期連結会計期間                 2,365,418            4,902       2,370,321
                  前第3四半期連結会計期間                 1,487,041              ―     1,487,041
      うち流動性預金
                  当第3四半期連結会計期間                 1,556,165              ―     1,556,165
                  前第3四半期連結会計期間                  779,607             ―      779,607
      うち定期性預金
                  当第3四半期連結会計期間                  793,401             ―      793,401
                  前第3四半期連結会計期間                   6,445          3,862         10,307
      うちその他
                  当第3四半期連結会計期間                   15,851          4,902         20,754
                  前第3四半期連結会計期間                  232,600             ―      232,600
     譲渡性預金
                  当第3四半期連結会計期間                  159,595             ―      159,595
                  前第3四半期連結会計期間                 2,505,694            3,862       2,509,557
     総合計
                  当第3四半期連結会計期間                 2,525,014            4,902       2,529,917
      (注) 1  流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
        2  定期性預金=定期預金+定期積金
        3  「国内業務部門」は国内店の円建取引、「国際業務部門」は国内店の外貨建取引であります。ただし、円建
         対非居住者取引等は「国際業務部門」に含めております。
                                  5/18





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
      (参考)
      貸出金残高の状況
       ○   業種別貸出状況(末残・構成比)
                           前第3四半期連結会計期間                 当第3四半期連結会計期間
             業種別
                           金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
     国内(除く特別国際金融取引勘定分)                        1,908,648        100.00         1,986,713        100.00
      製造業                        117,798        6.17         121,070        6.09
      農業、林業                         30,664        1.61         31,702        1.60
      漁業                         3,584       0.19          3,572       0.18
      鉱業、採石業、砂利採取業                          857      0.05           710      0.04
      建設業                         47,842        2.51         47,441        2.39
      電気・ガス・熱供給・水道業                         60,882        3.19         63,494        3.20
      情報通信業                         9,330       0.49         13,135        0.66
      運輸業、郵便業                         41,946        2.20         43,545        2.19
      卸売業、小売業                        131,971        6.91         138,197        6.96
      金融業、保険業                         38,245        2.00         38,929        1.96
      不動産業、物品賃貸業                        301,634        15.80         320,861        16.15
      学術研究、専門・技術サービス業                         7,084       0.37          7,807       0.39
      宿泊業、飲食サービス業                         18,107        0.95         19,882        1.00
      生活関連サービス業、娯楽業                         23,160        1.21         22,443        1.13
      教育、学習支援業                         7,677       0.40          8,240       0.41
      医療、福祉                        155,018        8.12         159,807        8.04
      その他サービス業                         29,550        1.55         29,386        1.48
      地方公共団体                        301,752        15.81         286,272        14.41
      その他                        581,547        30.47         630,220        31.72
     特別国際金融取引勘定分                            ―       ―          ―       ―
      政府等                           ―       ―          ―       ―
      その他                           ―       ―          ―       ―
              合計                1,908,648         ―        1,986,713         ―
     3  【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
                                  6/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
     第3 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     29,710,000
                  計                                   29,710,000
       ② 【発行済株式】

             第3四半期会計期間             提出日現在

                                    上場金融商品取引所名又は
       種類      末現在発行数(株)            発行数(株)                           内容
                                   登録認可金融商品取引業協会名
              (2018年12月31日)           (2019年2月12日)
                                                   単元株式数は
                                  東京証券取引所市場第一部
      普通株式           17,633,400          同左                       100株であり
                                  福岡証券取引所
                                                   ます。
        計         17,633,400          同左              ―            ―
     (2) 【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。 
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金

         年月日         総数増減数       総数残高       増減額       残高      増減額       残高
                   (千株)       (千株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2018年10月1日~
                       ―    17,633         ―    14,697         ―     8,771
     2018年12月31日
     (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載する
       ことができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ① 【発行済株式】
                                                   2018年9月30日現在
           区分            株式数(株)           議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―            ―              ―
     議決権制限株式(自己株式等)                     ―            ―              ―
     議決権制限株式(その他)                     ―            ―              ―
                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                 ―              ―
                     普通株式      
                            399,400
                     普通株式      
     完全議決権株式(その他)                                   171,322            ―
                           17,132,200
                     普通株式    
     単元未満株式                                 ―       1単元(100株)未満の株式
                            101,800
                           17,633,400
     発行済株式総数                                 ―              ―
     総株主の議決権                     ―              171,322            ―
      (注)   1   「完全議決権株式(その他)」及び「単元未満株式」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が、そ
         れぞれ100株(議決権1個)及び70株含まれております。
        2   「単元未満株式」には、当行所有の自己株式71株が含まれております。
       ② 【自己株式等】
                                                  2018年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)             宮崎市橘通東
                                  399,400          ―    399,400        2.26
     株式会社宮崎銀行             四丁目3番5号
           計              ―         399,400          ―    399,400        2.26
     2 【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  8/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1  当行の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府

      令第64号)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」
      (昭和57年大蔵省令第10号)に準拠しております。
     2  当行は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(自2018年10月1日  至2018

      年12月31日)及び第3四半期連結累計期間(自2018年4月1日  至2018年12月31日)に係る四半期連結財務諸表につ
      いて、有限責任監査法人トーマツの四半期レビューを受けております。
                                  9/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
      1 【四半期連結財務諸表】
       (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
                                         272,941              315,726
       現金預け金
                                          1,066              1,875
       コールローン及び買入手形
                                           93              71
       買入金銭債権
                                         13,000              12,883
       金銭の信託
                                         685,326              666,777
       有価証券
                                      ※1  1,930,172            ※1  1,986,713
       貸出金
                                          2,667              2,016
       外国為替
                                         10,455              10,511
       リース債権及びリース投資資産
                                         30,004              35,075
       その他資産
                                         23,704              23,558
       有形固定資産
                                          2,212              2,436
       無形固定資産
                                           735             2,694
       繰延税金資産
                                          2,894              2,705
       支払承諾見返
                                         △ 8,729             △ 8,665
       貸倒引当金
                                           △ 0
                                                          -
       投資損失引当金
                                        2,966,545              3,054,382
       資産の部合計
      負債の部
                                        2,357,240              2,370,321
       預金
                                         129,968              159,595
       譲渡性預金
                                         39,561              83,885
       コールマネー及び売渡手形
                                         141,059              156,319
       債券貸借取引受入担保金
                                         112,837              113,293
       借用金
                                           10              35
       外国為替
                                         15,000
       社債                                                   -
                                          9,687              11,351
       その他負債
                                           40
       役員賞与引当金                                                   -
                                          9,109              8,489
       退職給付に係る負債
                                           273              206
       睡眠預金払戻損失引当金
                                           108              138
       偶発損失引当金
                                          2,301              2,291
       再評価に係る繰延税金負債
                                          2,894              2,705
       支払承諾
                                        2,820,092              2,908,634
       負債の部合計
      純資産の部
                                         14,697              14,697
       資本金
                                         12,820              12,819
       資本剰余金
       利益剰余金                                 101,915              107,585
                                         △ 1,303             △ 1,240
       自己株式
                                         128,129              133,861
       株主資本合計
                                         18,148              11,260
       その他有価証券評価差額金
                                          3,044              3,022
       土地再評価差額金
                                         △ 3,243             △ 2,748
       退職給付に係る調整累計額
                                         17,949              11,534
       その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   183              150
                                           190              202
       非支配株主持分
                                         146,453              145,748
       純資産の部合計
                                        2,966,545              3,054,382
      負債及び純資産の部合計
                                 10/18



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
      (2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
         【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                  至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                         40,243              40,456
      経常収益
                                         25,507              25,708
       資金運用収益
                                         18,869              19,243
         (うち貸出金利息)
                                          6,552              6,371
         (うち有価証券利息配当金)
                                          6,239              6,108
       役務取引等収益
                                          5,896              6,391
       その他業務収益
                                        ※1  2,598            ※1  2,249
       その他経常収益
                                         29,934              29,983
      経常費用
                                          1,331               959
       資金調達費用
                                           247              139
         (うち預金利息)
                                          3,237              3,347
       役務取引等費用
                                          5,023              5,310
       その他業務費用
                                         19,700              19,210
       営業経費
                                         ※2  642           ※2  1,155
       その他経常費用
                                         10,308              10,473
      経常利益
      特別利益                                     366               0
                                           366               0
       固定資産処分益
                                           526               56
      特別損失
                                           68              45
       固定資産処分損
                                           97              10
       減損損失
                                           359
                                                          -
       固定資産圧縮損
                                         10,149              10,418
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    3,185              2,547
                                           44              661
      法人税等調整額
                                          3,229              3,208
      法人税等合計
                                          6,919              7,209
      四半期純利益
                                           13              12
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                          6,905              7,197
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                          6,919              7,209
      四半期純利益
                                          5,436             △ 6,392
      その他の包括利益
                                          4,783             △ 6,887
       その他有価証券評価差額金
                                           653              495
       退職給付に係る調整額
                                         12,356                816
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         12,342                804
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           13              12
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

      当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
      1.税金費用の処理
         連結子会社の税金費用は、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する
        税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じることに
        より算定しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

      ※1.貸出金のうち、リスク管理債権は次のとおりであります。
                              前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                             (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
           破綻先債権額                        304百万円              672百万円
           延滞債権額                       21,543百万円              20,673百万円
           3ヵ月以上延滞債権額                         ―百万円              ―百万円
           貸出条件緩和債権額                       9,963百万円              11,366百万円
           合計額                       31,810百万円              32,713百万円
        なお、上記債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
      (四半期連結損益計算書関係)

      ※1.その他経常収益には、次のものを含んでおります。
                           前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                             (自  2017年4月1日            (自  2018年4月1日
                             至  2017年12月31日)             至  2018年12月31日)
           償却債権取立益                        117百万円               58百万円
           株式等売却益                       1,397百万円              1,482百万円
      ※2.その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                           前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                             (自  2017年4月1日            (自  2018年4月1日
                             至  2017年12月31日)             至  2018年12月31日)
           貸倒引当金繰入額                        514百万円               ―百万円
           株式等売却損                         21百万円              814百万円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
       期連結累計期間に係る減価償却費は、次のとおりであります。
                           前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                             (自  2017年4月1日            (自  2018年4月1日
                             至  2017年12月31日)             至  2018年12月31日)
           減価償却費                       1,391百万円              1,327百万円
                                 13/18






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
     前第3四半期連結累計期間             (自   2017年4月1日         至  2017年12月31日)
       1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
         (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2017年6月27日
               普通株式          774      4.50    2017年3月31日         2017年6月28日         利益剰余金
     定時株主総会
     2017年11月10日
               普通株式          774      4.50    2017年9月30日         2017年12月8日        利益剰余金
     取締役会
     (注)2017年11月10日の取締役会決議に基づく1株当たり配当額については、基準日が2017年9月30日であるた
       め、2017年10月1日付の株式併合は加味しておりません。
       2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
     当第3四半期連結累計期間             (自   2018年4月1日         至  2018年12月31日)

       1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
         (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2018年6月26日
               普通株式          774      45.00    2018年3月31日         2018年6月27日         利益剰余金
     定時株主総会
     2018年11月8日
               普通株式          775      45.00    2018年9月30日         2018年12月10日         利益剰余金
     取締役会
       2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
                                 14/18












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     前第3四半期連結累計期間(自              2017年4月1日         至  2017年12月31日)
       報告セグメントごとの経常収益及び利益の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                    四半期連結損益
                                      その他     合  計     調整額
                                                    計算書計上額
                        銀行業    リース業      計
       経常収益
                        35,408     4,409    39,818      425   40,243             40,243
        外部顧客に対する経常収益                                          -
        セグメント間の内部経常収益                  879     238    1,117      96   1,214    △ 1,214         -
                        36,287     4,648    40,936      521   41,457     △ 1,214       40,243
              計
                        10,959      236   11,196      △ 83   11,112      △ 804      10,308
       セグメント利益又は損失(△)
       (注) 1  一般企業の売上高に代えて、それぞれ経常収益を記載しております。
         2  「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、信用保証業務等を含んでお
          ります。
         3   セグメント利益又は損失の調整額△804百万円は、セグメント間取引消去であります。
         4   セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
     当第3四半期連結累計期間(自              2018年4月1日         至  2018年12月31日)

       報告セグメントごとの経常収益及び利益の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                    四半期連結損益
                                      その他     合  計     調整額
                                                    計算書計上額
                        銀行業    リース業      計
       経常収益
                        35,269     4,863    40,133      323   40,456             40,456
        外部顧客に対する経常収益                                           ―
                          854     217    1,071      250    1,322    △ 1,322
        セグメント間の内部経常収益                                                   ―
                        36,124     5,080    41,205      574   41,779     △ 1,322       40,456
              計
                        10,816      305   11,121      155   11,277      △ 804      10,473
       セグメント利益
       (注) 1  一般企業の売上高に代えて、それぞれ経常収益を記載しております。
         2  「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、信用保証業務等を含んでお
          ります。
         3   セグメント利益の調整額△804百万円は、セグメント間取引消去であります。
         4   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
                                 15/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、

      次のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                 (自    2017年4月1日           (自    2018年4月1日
                                 至   2017年12月31日)            至   2018年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                       円            401.14              417.76
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益                     百万円              6,905              7,197
      普通株主に帰属しない金額                     百万円                ―              ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                            百万円              6,905              7,197
      四半期純利益
      普通株式の期中平均株式数                      千株             17,215              17,227
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                       円            399.89              416.50
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額                     百万円                ―              ―
      普通株式増加数                      千株               54              52
       うち新株予約権                      千株               54              52
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後
     1株当たり四半期純利益の算定に含めなかっ
                                            ―              ―
     た潜在株式で、前連結会計年度末から重要な
     変動があったものの概要
     (注)2017年10月1日付で普通株式10株を1株とする株式併合を実施いたしました。1株当たり四半期純利益、潜在
       株式調整後1株当たり四半期純利益は、前第3四半期連結累計期間の期首に当該株式併合が行われたと仮定して
       算出しております。
     2 【その他】

       中間配当
       2018年11月8日開催の取締役会において、第134期の中間配当につき次のとおり決議しました。
       中間配当金額                                775百万円
       1株当たりの中間配当金                     45円00銭
                                 16/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 17/18



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社宮崎銀行(E03597)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   2019年2月7日

     株 式 会 社   宮   崎   銀   行

      取     締     役     会         御   中
                          有限責任監査法人  ト  ー  マ  ツ

                          指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                        宮   本   芳   樹
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                        城   戸   昭   博
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社宮

     崎銀行の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年1
     0月1日から2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月
     31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括
     利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
       四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社宮崎銀行及び連結子会社の2018年12月31日現在
     の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が
     すべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当行(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。